KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

伊藤 一明イトウ カズアキ

プロフィール

所属部署名工学部 化学生命工学科 / システム工学研究科
職名教授
学位理学博士
専門環境工学
ジャンル環境/地球環境
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/867-itou-kazuaki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    微量化学物質の環境・プロセス中での動態について研究しています。特に、イオンクロマトグラフィー法を用いて海水中に極微量存在する栄養塩類の高感度測定とその動態について研究しています。

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境動態解析
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 複合化学, 分析化学

研究キーワード

  • クロマトグラフィー, 廃水処理, 化学物質の運命

論文

  • ドデシルアンモニウム陽イオン吸着-逆相系C18カラムを用いたイオンクロマトグラフィーと海水中の微量陰イオンの同時定量, 山根 謙吾,堀岡 祐太,藤野 雅之, 伊藤 一明, 分析化学, 64, 8, 601, 608,   2015年08月, 査読有り
    概要:人工海水中の6種の微量無機陰イオンの分離・検出を可能とし、実際海水に適用した。
  • 牛乳中の過塩素酸イオン-日本と米国との比較-, J.V.Dyke, 伊藤 一明, P.K.Dasgupta, T.Obitsu, Y.Hisamatsu, 環境科学技術誌, 41, 1, 88, 92,   2007年01月
    概要:日本の牛乳中の過塩素酸イオン濃度を測定し、米国の結果と比較した。
  • Pyrohydrolysis coupled to ion chromatography for sensitive determination of iodine in food-related materials, 伊藤 一明, 森川 久, 岡本泰明,藤原照文, 廣川 健, Anal. Lett., 45, 862, 871,   2012年
    概要:熱加水分解/イオンクロマトグラフィー(IC)を用いて食品関連物質中のヨウ素の高感度測定を検討した。熱加水分解ではサンプルを段階的に反応炉に移動させ良好な分解を行いヨウ素をアルカリ溶液に捕集した。測定においてはヨウ素濃縮システムを組み込んだICシステムを構築して高感度測定を達成した。本システムを実サンプルに適用した。
  • Ion Chromatography for determination of nitrite and nitrate in seawater uging monolithic ODS column, 伊藤 一明, 廣川 健, J. Chromatography, A, 1083, 63, 67,   2005年
    概要:CTAC吸着モノリスODSカラムを分離カラムに用いたUV検出ーイオンクロマトグラフィーの最適化により、海水中の亜硝酸・硝酸イオンの高感度・高速検出を達成した。
  • イオンクロマトグラフィーによる海水中の亜硝酸イオン、硝酸イオン、アンモニウムイオンの選択的同時定量, 伊藤 一明, 廣川 健, 分析化学, 61, 8, 685, 690,   2012年08月
    概要:イオンクロマトグラフィーを用いて海水中の亜硝酸イオン、硝酸イオン、アンモニウムイオンの選択的同時定量を検討した。亜硝酸イオン、硝酸イオンはDDAB吸着カラムで分離後UV検出法で直接測定した。アンモニウムイオンはインドフェノール法を用いて直接測定した。測定システムを最適化して、実際海水に適用した。

書籍等出版物

  • Comprehensive Handbook of Iodine:Nutritional, Endcrine and Pathological Aspects, Iodine and Iodine Species in Seawater: Speciation, Distribution, Dynamics, 伊藤 一明, 廣川 健, 共著, Elvevier,   2009年01月
    概要:海水中でのヨウ素成分の特性、分布、動態について概説した。

MISC

  • 広島大学西条キャンパスにおける実験系廃水の処理とその再利用, 第1回大学等廃棄物処理アジア地域国際シンポジウム, 127,   1993年
  • 鉄鋼スラグ散布による沿岸海域でのリン除去の基礎的研究-室内実験と長期現場実験, 伊藤 一明, 西嶋 渉, 正藤 英司, 岡田 光正, 水環境学会誌, 19, 6, 501, 507,   1996年, 10.2965/jswe.19.501

受賞

  •   2000年, イオンクロマトグラフィー技術賞

競争的資金

  • 環境中での化学物質の移動
  • イオン,有キ物の分離・検出
  • 廃水処理