KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岡田 満オカダ ミツル

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/副センター長
学位医学博士
専門医学教育・小児腎臓病・小児内分泌
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/555-okada-mitsuru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/23

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    小児科領域では腎臓病と内分泌が専門で、特に内分泌関連の腎疾患や新規の治療法を研究しています。また、卒後臨床研修について豊富な経験があり、ICTを活用した医学教育法も研究しています 。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/3/8
     NHK大阪「ニュースほっと関西」
     インシュリンについて

学歴・経歴

学歴

  •  - 1990年, 近畿大学, 医学研究科, 内科学系
  •  - 1983年, 近畿大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   1991年,  - 1992年, 近畿大学 助手
  •   1992年,  - 2004年, 近畿大学 講師
  •   2004年,  - 2009年, 近畿大学 助教授
  •   2009年,  - 現在, -   近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 境界医学, 医療社会学, 医歯薬学教育
  • 内科系臨床医学, 小児科学

研究キーワード

  • 医学教育, 小児科学

論文

  • 尿細管機能異常症, 岡田 満, 小児外科, 49, 9, 907, 913,   2017年09月
  • Cyclosporine A induced histological changes of Cathepsin L and CD2AP expression in renal glomeruli and tubules., Sugimoto K, Miyazawa T, Enya T, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 21, 1, 83, 91,   2017年02月, 査読有り
  • Minimal change nephrotic syndrome and prohibitin-2 gene polymorphism., Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Yanagida H, Enya T, Nishi H, Wada N, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology,   2016年11月, 査読有り
  • Heterozygous p.S811F RET gene mutation associated with renal agenesis, oligomeganephronia and total colonic aganglionosis: a case report., Sugimoto K, Miyazawa T, Nishi H, Miyazaki K, Enya T, Okada M, Takemura T, BMC nephrology, 17, 1, 146,   2016年10月, 査読有り
  • Clinical and genetic characteristics of Japanese nephronophthisis patients., Sugimoto K, Miyazawa T, Enya T, Nishi H, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 20, 4, 637, 649,   2016年08月, 査読有り
  • Growth hormone deficiency associated with short stature in a very low birth weight infant after treatment for suspected intracranial cavernous hemangioma, Wada N, Minakata S, Konishi Y, Inoue T, Okada M, Takemura T, 41, 57, 62,   2016年, 査読有り
  • A Patient with renal hypouricemia and acute renal failure after exercise in whom URAT1 gene mutation was demonstrated, Enya T, Sugimoto K Miyazawa T, Nishi H, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, Acta Medical Kinki University, 40, 39, 42,   2015年, 査読有り
  • Tubulointerstitial nephritis complicating IVIG therapy for X-linked agammaglobulinemia., Sugimoto K, Nishi H, Miyazawa T, Wada N, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T, BMC nephrology, 15, 109,   2014年07月, 査読有り
  • Cyclosporin A may cause injury to undifferentiated glomeruli persisting in patients with Alport syndrome., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Enya T, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 18, 3, 492, 498,   2014年06月, 査読有り
  • Non-invasive renal artery embolization for renal dysplasia accompanied by hypertension., Yanagida H, Tabata N, Sugimoto K, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 56, 1, 107, 109,   2014年02月, 査読有り
  • A rare of transition to membranous lupus nephritis from diffuse proliferative lupus nephritis, Nishi H, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Enya T, Izu A,Wada N, Okada M, Takemura T, Acta Medical Kinki University, 39, 119, 122,   2014年, 査読有り
  • A novel OCRL1 mutation in a patient with the mild phenotype of Lowe syndrome., Sugimoto K, Nishi H, Miyazawa T, Fujita S, Okada M, Takemura T, The Tohoku journal of experimental medicine, 232, 3, 163, 166,   2014年, 査読有り
  • Childhood Cogan syndrome with aortitis and anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis., Sugimoto K, Miyazawa T, Nishi H, Izu A, Enya T, Okada M, Takemura T, Pediatric rheumatology online journal, 12, 15,   2014年, 査読有り
  • Periodic fever, aphthous stomatitis, pharyngitis, and adenitis (PFAPA) syndrome and IgA nephropathy., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Okada M, Takemura T, Pediatric nephrology (Berlin, Germany), 28, 1, 151, 154,   2013年01月, 査読有り
  • An adolescent with marked hyperimmuno-globulinemia E shouwing minimal change nephrotic syndrome and STAT3 gene mutation , Miyazaki K, Miyazawa T, Sugimoto K, Fujita S, Yanagida H, Okada M, Takemura T, Clinical nephrology, 75, 369, 373,   2011年, 査読有り
  • Strategies to treat nephrotic syndrome in children, OKADA Mitsuru, Acta Medica Kinki, 34, 2, 63, 70,   2009年12月
  • Severe skeletal muscle damage following the administration of mesalazine to a patient with ulcerative colitis., Tabata N, Sugimoto K, Ueda S, Sakata N, Okada M, Miyake T, Shinohara T, Yagi M, Satou T, Takemura T, Pediatr Int., 51, 5, 759, 760,   2009年10月, 査読有り
    概要:We report an unusual case of severe skeletal muscle damage during the administration of 5-ASA for ulcerative colitis. The specific pathogenesis of this muscle damage is unknown. Additionally a hypersensitive reaction to 5-ASA was also suggested.
  • Nonfunction of the ECT2 gene may cause renal tubulointerstitial injury leading to focal segmental glomerulosclerosis., Izu A, Sugimoto K, Fujita S, Nishi H, Takemura Y, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 16, 6, 875, 882,   2012年12月, 査読有り
  • A tubulointerstitial nephritis antigen gene defect causes childhood-onset chronic renal failure, Takemura Y, Koshimichi M, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, Pediatric Nephrology, 25, 7, 1349, 1353,   2010年07月, 査読有り
  • Effect and therapeutic mechanisms of tonsillectomy for childhood IgA nephropathy., Nishi H, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T, Nephrology, 17, 7, 658, 664,   2012年09月, 査読有り
  • Newly-identified symptoms of left renal vein entrapment syndrome mimicking orthostatic disturbance., Koshimichi M, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T, World journal of pediatrics : WJP, 8, 2, 116, 122,   2012年05月, 査読有り
  • Cyclosporine A causes maturation failure in embryonic-type glomeruli persisting after birth., Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T, Journal of nephrology, 24, 4, 474, 481,   2011年07月, 査読有り
  • Renal tubular dysgenesis and tubulointerstitial nephritis antigen in juvenile nephronophthisis., Sugimoto K, Takemura Y, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T, Nephrology, 16, 5, 495, 501,   2011年07月, 査読有り
  • GSTT1 gene abnormality in minimal change nephrotic syndrome with elevated serum immunoglobulin E., Miyazaki K, Sugimoto K, Tsuji S, Iharada A, Fujita S, Yanagida H, Sakata N, Okada M, Kaneko K, Takemura T, Clinical nephrology, 77, 4, 261, 266,   2012年04月, 査読有り
  • C3 glomerulonephritis associated with a missense mutation in the factor H gene., Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Okada M, Takemura T, The Tohoku journal of experimental medicine, 227, 3, 211, 215,   2012年, 査読有り
  • Pediatric left renal vein entrapment syndrome diagnosed by 99mTc-albumin-conjugate scintigraphy., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Okada M, Takemura T, Nephron. Clinical practice, 122, 3-4, 122, 126,   2012年, 査読有り
  • Low-density lipoprotein adsorption therapy can restore drug sensitivity for immunosuppressants via inhibitory effects upon MDR-1 gene expression., Ueda S, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T, Therapeutic apheresis and dialysis , 15, 5, 499, 503,   2011年10月, 査読有り
  • Pathogenesis of focal segmental glomerular sclerosis in a girl with the partial deletion of chromosome 6p., Izu A, Yanagida H, Sugimoto K, Fujita S, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T, The Tohoku journal of experimental medicine, 223, 3, 187, 192,   2011年03月, 査読有り
  • A patient with Henoch-Schönlein purpura manifesting unusual symptoms and clinical course., Miyazawa T, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T, Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases, 16, 7, 338, 340,   2010年10月, 査読有り
  • A case of renal-coloboma syndrome associated with mental developmental delay exhibiting a novel PAX2 gene mutation, Miyazawa T., Nakano M., Takemura Y., Miyazaki K., Yanagida H., Fujita S., Sugimoto K., Okada M., Takemura T., Clinical nephrology, 72, 497, 500,   2009年, 査読有り
  • Clinical manifestations and analyses of the cytotoxic T-lymphocyte associated-4 gene in two Japanese families with systemic lupus erythematosus., Sugimoto K, Fujita S, Yanagida H, Shimada Y, Tabata N, Yagi K, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 12, 2, 149, 154,   2008年04月, 査読有り
  • Association of INVS (NPHP2) mutation in an adolescent exhibiting nephronophthisis (NPH), and complete situs inversus., Okada M., Sugimoto K., Shimada Y.,Fujita S., Yanagida H., Takemura T, Clinical Nephrology, 69, 135, 141,   2008年, 査読有り
  • Mycophenolate mofetil therapy for children with intractable nephrotic syndrome., Okada M, Sugimoto K, Yagi K, Yanagida H, Tabata N, Takemura T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 49, 6, 933, 937,   2007年12月, 査読有り
  • Chronic renal insufficiency in a boy with cystic renal lymphangiectasia: morphological findings and long-term follow-up., Ueda S., Yanagida H., Sugimoto K., Fujita S., Yagi K., Okada M., Takemura T., Clinical Nephrology , 68, 416, 421,   2007年, 査読有り
  • A boy undergoing maintenance hemodialysis who developed mediastinal lymph node tuberculosis., Okada M, Sugimoto K, Yagi K, Yanagida H, Tabata N, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 10, 2, 152, 155,   2006年06月, 査読有り
  • Clinicopathologic features, outcome, and therapeutic interventions in four children with isolated C3 mesangial proliferative glomerulonephritis., Yagi K, Yanagida H, Sugimoto K, Kuwajima H, Tabata N, Morita K, Okada M, Takemura T, Pediatric nephrology , 20, 9, 1273, 1278,   2005年09月, 査読有り
  • A Japanese family with Alport syndrome associated with esophgeal leiomyomatosis: genetic analysis of COL4A5 to COL4A6 and immunostaing for IV cllagen subtypes. , Sugimoto K.,Yanagida H.,Yagi K.,Kuwajima H.,Okada M.,Takemura T., Clinical Nephrology , 64, 144, 150,   2005年, 査読有り
  • A boy with mitochondrial disease: asymptomatic proteinuria without neuromyopathy., Ueda Y, Ando A, Nagata T, Yanagida H, Yagi K, Sugimoto K, Okada M, Takemura T, Pediatric nephrology, 19, 1, 107, 110,   2004年01月, 査読有り
  • A child with nail-patella syndrome including nephropathy, autism, and epilepsy., Sugimoto K.,Yanagida H.,Yagi K.,Tabata N.,Okada M.,Takemura T., Acta Medical Kinki University, 29, 39, 45,   2004年, 査読有り
  • A boy with japanese dent's disease exhibiting abnormal calcium metabolism and osseous disorder of the spine: defective megalin expression at the brushborder of renal proximal tubules., Yanagida H.,Ikeoka M.,Kuwajima H.,Wada N.,Tabata N.,Sugimoto K.,Okada M.,Takemura T., Clinical Nephrology , 62, 306, 312,   2004年, 査読有り
  • Antiproliferative effect of flubastatin and thiazolidindione in mesangial cells of diabetic rats, Okada M., Yanagida H., Kuwajima H., Yoshioka K., Pediatric Nephrology, 19, 26, 32,   2004年, 査読有り
  • Comparison of antiproteinuric effects of two different combination therapies in children with IgA nephropathy., Yagi K, Okada M, Yanagida H, Kuwajima H, Ikeda M, Sugimoto K, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 7, 4, 270, 274,   2003年12月, 査読有り
  • An adolescent with IgA nephropathy and Crohn disease: pathogenetic implications., Takemura T, Okada M, Yagi K, Kuwajima H, Yanagida H, Pediatric nephrology , 17, 10, 863, 866,   2002年10月, 査読有り
  • Response of mesangial cells to low-density lipoprotein and angiotensin II in diabetic (OLETF) rats., Okada M, Takemura T, Yanagida H, Yoshioka K, Kidney international, 61, 1, 113, 124,   2002年01月, 査読有り
  • Three unrelated boys with mitochondrial disorders : Asymptomatic proteinuria without nephropathy., Takemura T.,Sirahata Y.,Ueda Y.,Ando A.,Yanagida H.,Yagi K.,Okada M.,Yoshioka K., Acta Medica Kinki University, 27, 25, 31,   2002年, 査読有り
  • Regeneration of acutely injured tubules is promoted by a heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor (HB-EGF)., Wada N.,Takemura T.,Okada M.,Yoshioka K., Acta Medica Kinki University , 27, 3, 16,   2002年, 査読有り
  • Identification of two novel mutations in the CLCN5 gene in Japanese patients with familial idiopathic low molecular weight proteinuria(Japanese Dent's Disease), Takemura T.,Hino S.,Ikeda M.,Okada M.,Igarashi T.,Inatomi J.,Yoshioka K., American Journal of Kidney Disease, 37, 1, 138, 143,   2001年01月
    概要:これまでに報告例のなかった日本型デント病における新しいCLCN5遺伝子異常を有する2家系を証明し報告した。(英文)
  • Clinical and radiological features in four adlescents with nutcraker syndrome, Takemura T.,Iwasa Y.,Yamamoto S.,Hino S.,Fukushima K.,Isokawa S.,Okada M.,Yoshioka K., Pediatric Nephrology, 14, 10/11, 1002, 1005,   2001年09月
    概要:高度な起立性低血圧を呈した4名のナットクラッカー現象を有する思春期患児を報告した。
  • Role of membrame-boud heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor(HB-EGF)in renal epithelial cell branching, Takemura T.,Hino S.,Okada M.,Murata Y.,Yanagida H.,Ikeda M.,Yoshioka K.,Harris R.C., Kidney International, 61, 6, 1968, 1979,   2002年07月
    概要:尿細管発生過程における尿管芽からのブランティングにおよばず膜結合型HB-EGFの役割について培養トランスフェクタントを用いて証明した。
  • Three unrelated boys with mitochondrial disorders:Asymptomatic proteinuria without neuromyopathy, Takemura T.,Sirahata Y.,Ueda Y.,Ando A.,Yanagida H.,Yagi K.,Okada M.,Yoshioka K., Acta Med Kinki University, 27, 1, 25, 31,   2002年07月
    概要:無症候性蛋白尿で発見され脳筋症を伴わない3例を経験したのでその臨床所見、組織所見について報告した。
  • An adlescent with IgA nephropathy and crohon disease:pathogenotic implication, Takemura T.,Okada M.,Yagi K.,Kuwajima H.,Yanagida H., Pediatric Nephrology, 17, 10, 863, 866,   2002年10月
    概要:IgA腎症とクローン病を呈した症例において発症における共通メカニズムについて報告した。
  • 腸管出血性大腸菌に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断、治療ガイドライン(日本小児腎臓病学会), 岡田 満, 竹村 司, 日本臨床, 61, 増刊2, 657, 663,   2003年02月
    概要:日本小児腎臓病学会が示した腸管出血性大腸菌に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断、治療ガイドラインについて解説した。
  • 尿細管間質障害の治療 免疫学的治療, 岡田 満, 竹村 司, 腎と透析, 55, 9, 503, 508,   2003年09月
    概要:尿細管間質性腎疾患の一般的治療法と各疾患別による治療法について概説した。
  • Nephrotic syndrome complicated by renal and cerebral infarctions in a 14-year-old girl., Sugimoto K, Iba Y, Fujita S, Sakata N, Okada M, Takemura T, Pediatric International, 54, 4, 549, 552,   2012年08月, 査読有り
  • Alport syndrome and benign familial hematunia (thin basement membrane disease) in two brothers of a family with hematuria., Takemura T.,Yanagida H.,Yagi K.,Moriwaki K.,Okada M., Clinical Nephrology, 60, 3, 195, 200,   2003年09月
    概要:血尿を主訴とする兄弟にアルポート症候群と基底膜ひ薄化病をそれぞれに認められた例を経験し、この2疾患の発症における相同性について論じた。
  • Cure of relapsing nephrosis by an allogeneic marrow graft for chronic myelogenous leukemia., Sugimoto K, Sakata N, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Takemura T, Okada M, Pediatric nephrology , 28, 6, 975, 978,   2013年06月, 査読有り
  • Expression and Chromosomal Localization of a Human Tubulointerstitial Nephritis Antigen (TIN=ag):Relationship to Juvenile Nephronopthisis, TakemuraT.,Yagi K.,Yanagida H.,OkadaM., MOLECULAR CLONING, 24, 57, 62,   2004年, 査読有り
    概要:ヒトTIN抗原の特徴とその疾患関連について報告した。
  • 肥満関連腎症と考えられた3例, 上田 悟史, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会, 19, 60, 63,   2006年11月
    概要:運動不足や食事習慣などのライフスタイルの変化に伴い、肥満児が増加している。今回我々は、肥満関連腎症 (Obesity Related-Glomerulopathy ; ORG) と考えられた3例を経験した。3症例ともに中~高度な蛋白尿、Ccrの増加および高血圧を認め、糸球体肥大を全例に認めた。本症の機序として、腎血流量の増加に伴う糸球体過剰濾過やレニンーアンギオテンシン系の亢進に伴う糸球体高血圧の関与が考えられる。治療の基本は、GFRの正常化を目的とした食事療法や運動療法であるが、これらを生涯にわたって持続することが困難な症例も多い。したがって、薬物療法を必要とする症例も多く、ACE-IやARBが有効であるとの報告があり、我々の症例でも同様であった。小児期において、これまで、肥満児において、臨床的に無症候性蛋白尿としてフォローされている症例や、腎生検が施行されているが組織学的に微小変化群と診断されていた症例の中にもORGが含まれている可能性があり、糸球体径の測定を行
  • 血液透析中に日和見感染(肺真菌症・縦隔結核)を発症した2例, 戸口 直美, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本圭相, 八木 和郎, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 27, 49, 51,   2007年08月
    概要:血液透析中に日和見感染(肺真菌症・縦隔結核)を発症した2例を経験しあた。慢性腎不全患者において血液透析中に発熱や咳が持続する場合には日和見感染を発症している可能性を考える必要があると考えられた。
  • 無水エタノールによる腎動脈塞栓術が著効した低形成腎による腎性高血圧の1女児例, 田端 信忠, 伊豆 亜加音, 井上 智弘, 岡田 満, 篠原 徹, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 栁生 行伸, 村上 卓道, 竹村 司, 小児高血圧研究会誌, 5, 1,   2008年
  • 無水エタノールによる腎動脈塞栓術が著効した低形成腎による腎性高血圧の1女児例, 田端 信忠, 伊豆 亜加音, 井上 智弘, 岡田 満, 篠原 徹, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 栁生 行伸, 村上 卓道, 竹村 司, 小児高血圧研究会誌, 5, 1,   2008年06月
    概要:腎低形成による腎性高血圧に対して、腎機能廃絶を目的とした無水エタノールによる腎動脈塞栓術を実施したが、開腹することなく低侵襲的であり、腎摘除術に比する効果が得られた。症例の適応条件を充分に考慮することで、腎摘除術に代わる治療法であると考えられた。
  • A female infant with Frasier syndrome showing splice site mutation in Wilms' tumor gene (WT1) intron 9., Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Yanagida H, Tabata N, Okada M, Takemura T, Clin Nephrol, 73, 487, 491,   2010年10月
  • 小児期IgA腎症に対する扁桃腺摘出療法の臨床病理学的有効性の検討, 竹村 豊, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 23, 2, 168, 171,   2010年11月
    概要:これまでに、成人におけるステロイドパルス療法及び扁桃腺摘出療法の有効性は多く報告されている。しか、小児期IgA腎症に対する扁桃腺摘出療法の有効性についての報告は少ない。そこで我々は臨床的な有効性に加え、免疫組織学的に検討も加えて検討した。 臨床的検討の対象はIgA腎症31例。その内、扁摘後に再度、腎生検を実施した19例について組織学的な評価を行った。 臨床的検討の結果として、蛋白尿の減少効果、血尿発作の減少効果を認めた。また、発見から扁摘までの期間が短い方が尿所見の改善効果が得られた。組織学的検討の結果として、扁摘はIgAの沈着を減少させることはないが、糸球体局所における補体活性、活性化マクロファージの抑制を介して病変を鎮静化させる可能性が示唆された。 小児においても、慎重な適応選択の上扁桃腺摘出療法を実施することで、IgA腎症を治癒させうる可能性があり、今後さらなる検討が必要である。
  • 6番染色体異常に合併した巣状糸球体硬化症の1例, 伊豆 亜加音, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 31, 172, 173,   2011年07月
  • Cyclosporine A Causes Maturation Failure in Embryonic-type Glomeruli Persisting after Birth., Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N,, Okada M, Takemura T, J Nephrol, 24, 474, 481,   2011年10月
  • Cure of relapsing nephrosis by an allogeneic marrow graft for chronic myelogenous leukemia., Sugimoto K, Sakata N, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Takemura T, Okada M., Pediatric Nephrology,   2013年02月
  • Cyclosporin A may cause injury to undifferentiated glomeruli persisting in patients with Alport syndrome., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Enya T, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura , Clinical and experimental nephrology,   2013年05月
  • Induction of collecting duct morphogenesis in vitro by heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor., Takemura T.,Hino S.,Kuwajima H.,Yanagida H.,Okada M.,Nagata M.,Sasaki S.,Barasch J.,Harris R.C.,Yoshioka K., Journal of American Society of Nephrology , 12, 964, 972,   2001年, 査読有り
  • Course and outcome of tubulointerstitial nephritis and uveitis syndrome., Takemura T.,Okada M.,Hino S.,Fukushima K.,Yamamoto S.,Miyazato H.,Maruyama K.,Yoshioka K., American Journal of Kidney Disease , 34, 1016, 1021,   1999年, 査読有り
  • Coexpression of CD9 augments the abiliy of membrane-bound heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor ( pro HB-EGF ) to preserve renal epithelial cell viability., Takemura T.,Hino S.,Murata Y.,Yanagida H.,Okada M.,Yoshioka K., Harris R.C., Kidney International, 55, 71, 81,   1999年, 査読有り
  • Heparin-binding EGF-like growth factor is expressed by mesangial cells and is involved in mesangial proliferation in glomerulonephritis., Takemura T.,Murata Y.,Hino S.,Okada M.,Yanagida H.,Ikeda M.,Yoshioka K., Journal of Pathology , 189, 431, 438,   1999年, 査読有り
  • Cyclosporine therapy in children with stroid-resistant nephrotic syndrome, Okada.M, Clinical and Experimental Nephrology, 3, S34, S39,   1999年
  • Follow-up study of children with nephrotic syndrome treated with a long-term moderate dose of cyclosporine., Hino S.,Takemura T.,Okada M.,Murakami K.,Yagi K.,Fukushima K.,Yoshioka K., American Journal of Kidney diseases, 31, 932, 939,   1998年, 査読有り
  • Proto-oncogene expression in human glomerular diseases., Takemura T., Okada M.,Akano N.,Murakami K.,Hino S.,Yagi K.,Takegoshi Y.,Yoshioka K., Journal of Pathology , 178, 343, 351,   1996年, 査読有り
  • Giant purulent mesenteric cyst. , Kubota A.,Yonekura T.,Kurida D.,Yasuda T.,Kato M.,Ooyanagi H.,Konno M.,Sato T.,Fukushima K.,Okada M., Pediatric Surgery International, 11, 45, 46,   1995年, 査読有り
  • Combined therapy in children and adolescents with IgA nephropathy., Murakami K.,Yoshioka K.,Akano N.,Takemura T.,Okada M.,Aya N.,Hino S.,Miyazato H.,Yagi K.,Maki S., Japanese Journal of Nephrology , 36, 38, 43,   1994年, 査読有り
  • Cellular localization of inflammatory cytokines in human glomerulonephritis., Takemura T.,Yoshioka K.,Murakami K.,Akano N.,Okada M.,Aya N.,Maki S., Virchows Archiv , 424, 459, 464,   1994年, 査読有り
  • Transforming Growth Factor-β Protein and mRNA in Glomeruli inNormal and Diseased Human kidneys., Yoshioka K.,Takemura T.,Murakami K.,Okada M.,Hino S.,Miyazato H.,Maki S., Labolatory Investigation , 68, 154, 163,   1994年, 査読有り
  • Immunotacoid glomerulopathy in a child with Down syndrome., Takemura T.,Yoshioka K.,Akano N.,Mitibata I.,Okada M.,Maki S., Pediatric Nephrology , 7, 86, 88,   1993年, 査読有り
  • In situ expression of cytokines in IgA nephritis., Yoshioka K.,Takemua T.,Murakami K.,Okada M.,Yagi K.,Miyazato H.,Maki S., Kidney International, 44, 825, 833,   1993年, 査読有り
  • Immunohistochemical localization of C3d fragment of completment and S-protein ( vitronectin ) in normal and diseased human kidneys:association with the C5b-9 complex and ritronectin receptor, Okada M.,Yoshioka K.,Takemura T.,Akano N., Aya N., Murakami K., Maki S., Virchows Archiv A Pathol Anat, 422, 367, 373,   1993年, 査読有り
  • IgA nephropathy in patients with congenital C9 deficiency., Kidney International, 42, 1253, 1258,   1992年, 査読有り
  • Identification of Goodpasture antigen in human alveolar basementmembrane., Yoshioka K.,Iseki T., Okada M.,Morimoto Y.,Eryu N.,Maki S., Clnical and Experimental Immunology, 74, 419, 426,   1988年, 査読有り
  • Ricinus communis Agglutinin I Blocks the Binding of Human anti-Renal Basement Membrane Antibodies to the kidney., The American Journal of Pathology , 129, 592, 598,   1987年, 査読有り

書籍等出版物

  • 最新ガイドライン準拠 小児科 診断・治療指針 改訂第2版, 岡田 満, 分担執筆, 学校保健, 中山書店,   2017年04月
  • 今日の小児治療指針第16版, 岡田 満, 分担執筆, ネフロン癆, 医学書院,   2015年07月
  • 最新ガイドライン準拠 小児科 診断治療指針, 岡田 満, 分担執筆, 学校保健, 中山書店,   2012年06月
  • 小児腎臓病学, 岡田 満, 分担執筆, 小児急性腎不全/急性腎障害の疫学と発症機序, 診断と治療社,   2012年01月
  • 50の典型例で学ぶ 小児の腎泌尿器疾患, 岡田 満, 分担執筆, 肥満関連腎症, 診断と治療社,   2011年06月
  • 全面改訂第5版 小児科学天新生児学テキスト, 岡田 満, 分担執筆, 全身症状と臓器症状,   2003年02月
  • 腎疾患最新の治療 2002-2004, 微小変化型ネフローゼ症候群 a. 小児, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 共著, 南江堂,   2002年02月
    概要:小児微小変化型ネフローゼ症候群の最新治療について概説した。
  • 腎臓病専門医にきく最新の臨床, 膜性増殖性腎炎, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 共著, 中外医学社,   2002年05月
    概要:一次性膜性増殖性腎炎が日本で減少していることについて概説した。
  • 講義録 小児科学, 発達障害の対処, 岡田 満, 共著, メジカルビュー社,   2008年02月
    概要:発達障害について、概説し、その対処について記載した。
  • 講義録 小児科学, 子供虐待, 岡田 満, 共著, メジカルビュー社,   2008年02月
    概要:こどもの虐待について、わかりやすく記載した。
  • 講義録 小児科学, 学校保健, 岡田 満, 共著, メジカルビュー社,   2008年02月
    概要:学校保健について、関係する事柄をわかりやすく記載した。
  • 講義録 小児科学, 予防接種、感染症対策, 岡田 満, 共著, メジカルビュー社,   2008年02月
    概要:小児科で関係する予防接種および感染症対策の概要についてわかりやすく記載した。
  • 講義録 小児科学, フォローアップ発育健診と育児支援, 岡田 満, 共著, メジカルビュー社,   2008年02月
    概要:乳幼児の健康調査とその後の育児支援についてわかりやすく記載した。
  • 研修ノートシリーズ 小児科研修ノート, チーム医療の重要性 小児科医と他科の医師との関係, 岡田 満, 共著, 診断と治療社,   2009年03月
    概要:チーム医療の中において、小児科医として、他科の医師との関係について述べた。 できるだけ、お互いに十分なな連絡を取り合うことが大切であることを強調した。

講演・口頭発表等

  • 小児科シミュレーション実習に反転授業を導入した試み, 岡田 満, 第49回日本医学教育学会大会,   2017年08月18日
  • 反転授業を取り入れた小児科シミュレーション実習, 岡田 満, 平成28年度教育改革ICT戦略大会,   2016年09月08日
  • 小児の糖尿病, 岡田 満, 第9回健康教育フォーラム,   2016年08月03日, 招待有り
  • 小児科クリニカルクラークシップでのSignificant Event Analysis(SEA)の検討, 岡田 満、上田悟史、竹村 司, 第46回日本医学教育学会大会,   2014年07月18日
  • 尿細管の分化誘導と再構築における膜結合型HB-EGF(proHB-EGF)の役割, 竹村 司, 日野 聡, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第43回日本腎臓学会総会,   2000年05月, 第43回日本腎臓学会総会
    概要:膜結合型HB-EGF(pro-HB-EGF)による尿細管発生の機序と尿細管障害後の再構築にかかわる役割について報告した。
  • 膜性増殖性腎炎 シンポジウム「学校検尿は子どもの腎臓病をどう変えたか」, 岡田 満, 竹村 司, 吉岡 加寿夫, 第35回日本小児腎臓病学会,   2000年06月, 第35回日本小児腎臓病学会
    概要:糸球体腎炎のひとつである膜性糸球体腎炎が予後不良と言われていたが、学校検尿の施行により、早期発見されるようになり、軽症化および減少傾向など変化が見られるようになってきことを報告した。(シンポジウム)
  • 小児に対するシクロスポリン療法の適正使用と評価 -ネフローゼ症候群の経験から- (ランチョンセミナー}, 岡田 満, 第24回日本小児皮膚科学会,   2000年06月, 第24回日本小児皮膚科学会
    概要:小児ネフローゼ症候群におけるシクロスポリンの治療経験から、シクロスポリンの適切な使用法および問題点について発表した。
  • アクチビンおよびTGF-βによるマウス培養尿管芽細胞のbranchingの制御, 竹村 司, 日野 聡, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第35回日本小児腎臓病学会,   2000年06月, 第35回日本小児腎臓病学会
    概要:HB-EGFあるいはHGFにより誘導されたマウス尿管芽細胞のbranchingの制御と成熟化におけるアクチビンAとTGF-βの役割について報告した。
  • 起立性調節障害に類似した症状を呈し不登校に至ったNutcracker症候群の4例, 竹村 司, 岩佐泰秀, 山本清一郎, 日野 聡, 磯川貞之, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第35回日本小児腎臓病学会,   2000年06月, 第35回日本小児腎臓病学会
    概要:従来、全身的症状に乏しいと考えられてきたNutcracker症候群の中に、登校不能に至った高度で重篤な起立性調節障害に類似した症状を呈した4名の思春期患者を経験し報告した。
  • Expression and the role of heparin-binding EGF- like growth factor in mesangial cells of diabetic rats., 岡田 満, 竹村 司, 日野 聡, 柳田 英彦, 吉岡 加寿夫, 第33回アメリカ腎臓学会,   2000年10月, 第33回アメリカ腎臓学会
    概要:糖尿病ラットの培養メサンギウム細胞において、成長因子のひとつであるheparin-binding EGF- like growth factorが自然発現していることを証明し、また、heparin-binding EGF- like growth factorを添加することにより、細胞増殖および細胞外基質の増加することを見出し、糖尿病性腎症においてheparin-binding EGF- like growth factorが重要な役割を果たしていることを発表した。(英文)
  • ヘパリン結合性EGF様成長因子による腎集合管の形態形成, 竹村 司, 日野 聡, 岡田 満, 吉岡加寿夫, Raymond C.Harris, 第33回アメリカ腎臓病学会,   2000年10月, 第33回アメリカ腎臓病学会
    概要:尿細管の発生、特に集合管の形成にかかわるHB-EGFの役割について、培養尿管芽細胞を用いて説明した。(英文)
  • 月経を契機に蛋白尿の増悪を繰り返したネフローゼ症候群の1例, 戸口 直美, 竹村 司, 岡田 満, 第21回 近畿小児腎臓病研究会,   2001年03月, 第21回 近畿小児腎臓病研究会
    概要:月経を契機に蛋白尿の出現を繰り返した、ネフローゼ症候群の患児を経験した。蛋白尿出現の機序について考察を述べた。
  • 不登校や起立性調節障害(OD)様症状を呈したナットクラッカー症候群, 竹村 司, 守脇 孝成, 磯川貞之, 日野 聡, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第104回日本小児科学会総会,   2001年05月, 第104回日本小児科学会総会
    概要:不登校や重篤なOD様症状を呈したナットクラッカー症候群の患児8例をまとめて報告した。
  • Heparin-binding EGF-like growth factor(HB-EGF)によるマウス尿細管性腎不全の抑制, 竹村 司, 日野 聡, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 吉岡加寿夫, 第44回日本腎臓学会総会,   2001年05月, 第44回日本腎臓学会総会
    概要:HB-EGFの投与によるマウス尿細管性腎不全の治療的・予防的効果について報告した。
  • シクロスポリンとステロイドの併用を必要とするネフローゼ症候群の検討, 岡田 満, 竹村 司, 日野 聡, 八木 和郎, 柳田 英彦, 池田 優, 桑島 宏彰, 吉岡 加寿夫, 第36回日本小児腎臓病学会,   2001年06月, 第36回日本小児腎臓病学会
    概要:小児ネフローゼ症候群の中でシクロスポリンとステロイドの併用を余儀なくされる症例は、低年齢発症例、初発時にステロイド抵抗性であった例、および巣状氏球体硬化症であることを発表した。
  • シクロスポリンの併用にて良好な経過を呈している膜性増殖性腎炎の3例, 岡田 満, 竹村 司, 日野 聡, 磯川 貞之, 吉岡 加寿夫, 第36回日本小児腎臓病学会,   2001年06月, 第36回日本小児腎臓病学会
    概要:膜性増殖性腎炎に対してシクロスポリンを併用し、良好な経過を示している3例について報告した。
  • アクチビンA - フォリスタチン系によるマウス尿管芽細胞(HBC)のbranching tubulogenesis, 竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第36回日本小児腎臓病学会,   2001年06月, 第36回日本小児腎臓病学会
    概要:HB-EGFにより誘導される培養尿管芽細胞のbranching制御におけるアクチビン-フォリスタチン系の役割について報告した。
  • 小児期IgA腎症(IgAN)と巣状糸球体硬化症(FGS)に対するACE阻害剤(ACEI)とA受容体拮抗剤(ARB)併用療法の効果, 竹村 司, 岡田 満, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 吉岡加寿夫, 第36回日本小児腎臓病学会,   2001年06月, 第36回日本小児腎臓病学会
    概要:難治性のIgANとFGSの蛋白尿の減少と腎機能の保持におけるACEIとARBの併用療法の効果について報告した。
  • IgA腎症に対するミゾリビンを使用したカクテル療法の有効性の検討, 八木 和郎, 日野 聡, 岡田 満, 竹村 司, 吉岡加寿夫, 第36回日本小児腎臓病学会学術集会 ,   2001年06月, 第36回日本小児腎臓病学会学術集会 
  • 成長ホルモン療法の現状, 岡田 満, イーライリリー社学術講演会,   2001年08月, イーライリリー社学術講演会
    概要:成長ホルモン療法について、現状と問題点について解説した。
  • Brothers in one family showing coexistance of autosomal ressive Alport syndrome and thin glomerular basement membrane disease., 岡田 満, 竹村 司, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 八木 和郎, 吉岡 加寿夫, 第12回国際小児腎臓学会,   2001年09月, 第12回国際小児腎臓学会
    概要:常染色体劣性型アルポート症候群と菲薄基底膜病の兄弟例について発表した。(英文)
  • Well-baranced tubulogenesis におけるアクチビン・フォリスタチン系、およびTBF-βの役割とその機序, 竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第10回発達腎研究会,   2001年09月, 第10回発達腎研究会
    概要:バランスのとれた腎尿細管形成に対する、アクチビン、フォリスタチン系とTGF-βの役割について述べた。
  • アクチビンAはHB-EGFによるマウス尿細芽細胞のbranchingを調節する, 竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 吉岡加寿夫, Harris RC, 第34回アメリカ腎臓病学会議,   2001年10月, 第34回アメリカ腎臓病学会議
    概要:HB-EGFにより誘導されるマウス尿管細胞のブランチングにおよぼすアクチビンの役割について報告した。
  • 蛋白尿で発見されたミトコンドリア病の1男児例, 竹村 司, 柳田 英彦, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 岡田 満, 吉岡加寿夫, 第31回日本腎臓病学会西部部会,   2001年10月, 第31回日本腎臓病学会西部部会
    概要:無症候性蛋白尿で発見された、ミトコンドリア病の1男児例を報告した。
  • 小児期慢性腎不全と成長ホルモン療法, 岡田 満, ファルマシア社学術講演会,   2001年11月, ファルマシア社学術講演会
    概要:小児期腎不全、および合併症の成長障害に対する成長ホルモン療法について説明した。
  • 低身長と小児期生活習慣病の対応について, 岡田 満, 教育新聞社特別セミナー,   2001年12月, 教育新聞社特別セミナー
    概要:低身長と小児期生活習慣病について詳しく説明した。(特別講演)
  • 小児期膜性増殖性腎炎およびループス腎炎に対するシクロスポリンの使用経験, 岡田 満, 竹村 司, 八木 和郎, 佐藤 和歌子, 吉岡 加寿夫, 第45回日本腎臓学会学術集会,   2002年05月, 第45回日本腎臓学会学術集会
    概要:小児期膜性増殖性腎炎およびループス腎炎に対して、治療法としてシクロスポリンを使用し、良好な経過を示したことを発表した。
  • ミゾリビン、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)治療 シンポジウム「小児ネフローゼ症候群の治療」, 岡田 満, 竹村 司, 第37回日本小児腎臓病学会,   2002年07月, 第37回日本小児腎臓病学会
    概要:小児ネフローゼ症候群に対する治療として、ミゾリビン、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)の効果や問題点について発表した。(シンポジウム)
  • IgA腎症に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)とアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARA)の併用療法による蛋白減少効果, 岡田 満, 竹村 司, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 第37回日本腎臓病学会,   2002年07月, 第37回日本腎臓病学会
    概要:小児期IgA腎症に対してACEIとARAの併用による蛋白尿減少効果について発表した。
  • 精製抗 gp70 自己抗体静注による糸球体腎炎モデルの確立とその解析, 田端 信忠, 竹村 司, 岡田 満, 宮澤 正顯, 阿部 弘之, 藤澤隆一, 第37回日本小児腎臓病学会学術集会,   2002年07月, 第37回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:我々は正常同系マウスへ精製抗 gp70 自己抗体を静注することによりgp70の沈着による糸球体腎炎を再現した。現在、gp70-抗gp70免疫複合体が腎炎発症に関与している可能性を検討中である。
  • 膜結合型EGF様成長因子(pro HB-EGF )によるラットメサンギウム細胞の生存とアポトーシスの抑制, 八木 和郎, 岡田 満, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 池田 優, 竹村 司, 第36回日本小児腎臓病学会学術集会,   2002年07月, 第36回日本小児腎臓病学会学術集会
  • Therapeutic trial of cyclosporin A (CyA) for children with membranoproliferative glomerulonephritis (MPGN)., 岡田 満, 上田 有香, 竹村 司, 第8回アジア小児腎臓学会,   2002年09月, 第8回アジア小児腎臓学会
    概要:膜性増殖性腎炎に対してシクロスポリン療法を行い、良好な経過が得られたことを報告した。(英文)
  • 起立性調節障害に類似した高度な身体症状を呈したナットクラッカー症候群4例の検討, 竹村 司, 上田 有香, 岡田 満, 8th Asian Congress of Pediatric Nephrology,   2002年09月, 8th Asian Congress of Pediatric Nephrology
    概要:高度な起立性調節障害様の症状を認めた4名のナットクラッカー症候群の思春期を報告した。
  • 低カリウム性周期性四肢麻痺の1例, 永田 多恵子, 岡田 満, 安藤 淳, 竹村 司, 第50回南大阪小児疾患研究会,   2002年10月, 第50回南大阪小児疾患研究会
    概要:突然の脱力発作で発症した低カリウム性周期性四肢麻痺の男児を経験した。その診断、経過、治療につき症例報告した。
  • IgA腎症におけるACEIとARAの併用について, 岡田 満, 萬有社学術講演会,   2002年11月, 萬有社学術講演会
    概要:小児期IgA腎症に対する治療として、ACEIとARAの併用療法について説明した。
  • 子どもの健康 「インフルエンザについて」, 岡田 満, 近畿大学附属幼稚園講演会,   2002年11月, 近畿大学附属幼稚園講演会
    概要:インフルエンザについて、詳しく説明した。(特別講演)
  • 膜結合型HB-EGFの腎集合管形成にかかわる効果 -truncated mutantを用いた検討-, 竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, Harris RC, 35th Congress of American Society for Nephrology,   2002年11月, 35th Congress of American Society for Nephrology
    概要:proHB-EGFの有する腎集合管形態形成作用について切断変異型proHB-EGFを用いて説明した。
  • 糖尿病の経過中に発症した急性間質性腎炎の1女児例, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 杦浦 裕子, 竹村 司, 第37回南大阪インシュリン治療懇話会,   2003年02月, 第37回南大阪インシュリン治療懇話会
    概要:2型糖尿病の経過中に急性間質性腎炎を発症した1例について報告した。
  • アザチオプリンによる汎血球減少を契機に寛解を維持しているIgA腎症の 1 男児例, 田端 信忠, 八木 和郎, 戸田 常仁, 森口 直彦, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第27回近畿小児腎臓病研究会 ,   2003年03月, 第27回近畿小児腎臓病研究会 
    概要:AZP を原因とする高度な汎血球減少を契機に寛解しているIgA腎症の 1 男児例を経験したので報告した。
  • 腎疾患に対するグローバルストラテジー, 岡田 満, ファルマシア社学術講演会,   2003年04月, ファルマシア社学術講演会
    概要:腎疾患に対する新しい治療法について概説した。
  • ギランバレー症候群を合併したクローン病の1例, 永田 多恵子, 杉浦 裕子, 岡田 満, 竹村 司, 野瀬 恵介, 吉田 英樹, 八木 誠, 第106回日本小児科学会,   2003年04月, 第106回日本小児科学会
    概要:ギランバレー症候群を合併したクローン病の女児を経験したので、その診断、経過、治療につき症例報告した。
  • Antiproteinuric and renoprotective effect of combination thrapy with an angiotensin-converting enzyme inhibitor (ACEI) and angiotensin receptor blocker (ARB) for child patients., 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 竹村 司, 第1回世界腎臓学会,   2003年06月, 第1回世界腎臓学会
    概要:小児腎疾患に対して、ACE阻害剤とARBを併用することにより、尿蛋白減少効果および腎機能保護効果があることを発表した。(英文)
  • 見逃してはいけない成長障害 ~発見から保護者への関わり方まで~, 岡田 満, 南大阪子ども健康セミナー,   2003年06月, 南大阪子ども健康セミナー
    概要:成長障害について、発見法から家族への説明の仕方などについてくわしく解説した。(特別講演)
  • 蛋白尿で発見されたミトコンドリア病の1男児例, 戸口 直美, 竹村 司, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病研究会,   2003年06月, 日本小児腎臓病研究会
    概要:蛋白尿のため、原因精査目的で腎生検を施行した。その結果、ミトコンドリア病と診断した。1例報告である。
  • シクロスポリン療法に抵抗性を示す頻回再発型ネフローゼ症候群の臨床的特徴とその対策, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 竹村 司, 第38回日本小児腎臓病学会,   2003年07月, 第38回日本小児腎臓病学会
    概要:頻回再発型ネフローゼ症候群において、長期にシクロスポリンを使用している場合に、慣れ現象(タキフィラキシー)が起こることを発表した。
  • 近畿大学でのPBLチュートリアルによる小児科教育, 岡田 満, 竹村 司, 第35回日本医学教育学会大会,   2003年07月, 第35回日本医学教育学会大会
    概要:近畿大での小児科におけるPBLチュ-トリアルの現状と問題点について発表した。
  • 小児期腎疾患に対するACEIとARBの併用療法について, 岡田 満, 萬有社学術講演会,   2003年09月, 萬有社学術講演会
    概要:小児期腎疾患に対する治療法として、ACEIとARBの併用療法が有効であることを説明した。
  • 長期の成長ホルモン使用後に、行動異常の悪化が認められたPrader-Willi症候群の1例, 岡田 満, 上田 有香, 森口 直彦, 竹村 司, 第33回近畿小児内分泌研究会,   2003年09月, 第33回近畿小児内分泌研究会
    概要:長期の成長ホルモン療法を行っていたPrader-Willi症候群において、成長ホルモンを終了した後に行動異常の悪化を認めた1例を経験したので報告した。
  • 糖尿病の経過中に発症した急性間質性腎炎の1女児例, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 竹村 司, 第33回日本腎臓学会西部学術大会,   2003年10月, 第33回日本腎臓学会西部学術大会
    概要:2型糖尿病の経過中に薬剤性急性間質性腎炎を発症した1例を経験したので報告した。
  • 小児期慢性腎不全と成長ホルモン療法, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2003年10月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:小児期慢性腎不全と合併症としての成長障害に対する成長ホルモン療法について説明した。
  • 門脈閉塞による2次性高ガラクトース血症に合併したIgA腎症の1例, 田端 信忠, 岡田 満, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 第28回近畿小児腎臓病研究会,   2003年11月, 第28回近畿小児腎臓病研究会
    概要:肝硬変を伴わないが、門脈閉塞による2次性高ガラクトース血症に合併したIgA腎症を報告した。腸管由来のIgA二量体や免疫複合体が門脈大循環系のシャントを介し血中に流入・糸球体に沈着した機序が推測された。
  • 成長ホルモン療法の考え方, 岡田 満, イーライリリー社学術講演会,   2003年12月, イーライリリー社学術講演会
    概要:成長ホルモン療法の現状での考え方について解説した。
  • allo-BMT後の慢性GVHDに対するシクロスポリン投与によりインスリン分泌不全を来し糖尿病を発症した1例, 田端 信忠, 森口 直彦, 岡田 満, 杉本圭相, 戸田 常仁, 佐藤和歌子, 磯川貞之, 竹村 司, 宮田 曠, 第26回日本造血細胞移植学会,   2003年, 第26回日本造血細胞移植学会
    概要:慢性GVHDに対し、CyA投与によりインスリン分泌不全をきたし糖尿病が誘発されたallo-BMT後のCMLの1例を報告した。CyAによる膵ランゲルハンス島細胞障害により糖尿病を発症したと結論した。
  • 適応外使用薬品などのチェックリストの活用、小児腎臓病領域, 岡田 満, 本田 雅敬, 服部 元史, 大友 義之, 土屋 正巳, 医薬品など医療技術リスク評価安全総合事業 による「Therapeutic Orphan脱却への道」,   2004年01月, 医薬品など医療技術リスク評価安全総合事業 による「Therapeutic Orphan脱却への道」
    概要:小児腎臓病にいける適応外使用薬品について、チェックリストを活用して実際に保険適応の申請に役立てていくという内容の発表を行った。
  • 家族性巣状糸球対硬化症の男児に施行した生体腎移植の一例, 能勢 和宏, 兼子 美帆, 原 靖, 松浦 健, 栗田 孝, 磯川 貞之, 岡田 満, 竹村 司, 森本 康裕, 大阪透析研究会,   2004年03月, 大阪透析研究会
  • 学校検尿を契機に発見された若年性ネフロン癆の1例, 永田 多恵子, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 岡田 満, 竹村 司, 第17回近畿小児科学会,   2004年03月, 第17回近畿小児科学会
    概要:学校検尿で蛋白尿を指摘され、受診時にすでに腎機能低下を認めた若年性ネフロン癆の男児を経験したので、その診断、経過、治療につき症例報告した。
  • 小児期慢性腎炎に対するACE阻害薬(ACEI)とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の併用療法による治療効果, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 竹村 司, 第47回日本腎臓学会学術総会,   2004年05月, 第47回日本腎臓学会学術総会
    概要:小児期慢性腎炎に対する治療法として、ACEIとARBの併用療法の治療効果について発表した。
  • 多剤抵抗性難治性ネフローゼ症候群に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)の治療効果, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 田端 信忠, 杉本 圭相, 竹村 司, 第39回日本小児腎臓病学会,   2004年07月, 第39回日本小児腎臓病学会
    概要:難治性ネフローゼ症候群に対して新しい免疫抑制剤であるミコフェノール酸モフェチル(MMF)を用いて、良好な結果を得られたことを発表した。
  • Therapeutic effects of mycophenolate mfetil (MMF) on mulutidrug-resistant intractable nephrotic syndrome., 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 桑島 宏彰, 田端 信忠, 杉本 圭相, 竹村 司, 第13回国際小児腎臓学会,   2004年08月, 第13回国際小児腎臓学会
    概要:小児難治性ネフローゼ症候群に対して、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)を使用し、良好な結果得られたことを発表した。(英文)
  • シクロスポリンおよびRAAS系トリプルブロッカーにより改善を認めた重症紫斑病性腎炎の1例, 山本 清一郎, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, KIXカンファレンス,   2004年09月, KIXカンファレンス
    概要:紫斑病性腎炎は比較的多彩な腎組織像を示し、高度の蛋白尿、血尿をみることも多い疾患である。また、ネフローゼ症候群を発症した例では治療抵抗性になることも多く、その治療法が問題になっている。 今回われわれは、難治性の重症紫斑病性腎炎に対し、シクロスポリンおよび、レニン、アンジオテンシン2、アルドステロン系に作用する3つの拮抗剤の併用療法により、蛋白尿の改善が得れた1例を経験したので、文献的考察を加えて報告する。
  • 経験症例からの成長ホルモンのアドバース・イベント, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2004年10月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:成長ホルモン療法におけるアドバース・イベントについて、経験症例を中心に説明した。
  • 熱傷によるMRSA感染後に発症したアレルギー性紫斑病の1例, 田端 信忠, 岡田 満, 井庭慶典, 井上智弘, 竹村 司, 第54回南大阪小児疾患研究会,   2004年10月, 第54回南大阪小児疾患研究会
  • カクテル療法により改善を認めた、門脈閉塞による2次性高ガラクトース血症に合併したIgA腎症の1例 , 田端 信忠, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 杉本圭相, 竹村 司, 第34回日本腎臓学会西部学術大会 ,   2004年10月, 第34回日本腎臓学会西部学術大会 
  • 時間外総合診療部における小児科の現状について, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 第57回近畿大学医学会,   2004年12月, 第57回近畿大学医学会
    概要:時間外総合診療部における小児科での現状と問題点について発表した。
  • 腹部造影CT直後より高血圧発作を認めた褐色細胞腫の一女児例, 戸口 直美, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 第36回 発育異常研究会,   2004年12月, 第36回 発育異常研究会
  • 食道平滑筋腫を伴うアルポート症候群の1幼児例-その遺伝子解析とシクロスポリン療法の反応性-, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 第39回日本小児腎臓学会,   2004年, 第39回日本小児腎臓学会
  • 急性腎不全を発症し、保存的療法にて回復し得たJeune症候群の1例, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 第26回日本小児腎不全学会,   2004年, 第26回日本小児腎不全学会
  • ターナー症候群の多様性 -経験症例から-, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2005年03月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:ターナー症候群について、経験症例をもとに多様性がみられることを発表した。
  • 医療における個人情報保護について, 岡田 満, イーラリリー社学術講演会,   2005年04月, イーラリリー社学術講演会
    概要:医療に関係する個人情報保護について概説した。
  • 小児肥満と低身長について, 岡田 満, 健康ゼミナール 子どものための健康相談会,   2005年04月, 健康ゼミナール 子どものための健康相談会
    概要:小児における肥満症と低身長症についてわかりやしく解説した。(特別講演)
  • NPH1遺伝子のlarge delation を認めた若年性ネフロン癆の1例, 板橋 有香, 永田 多恵子, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 第40回 日本小児腎臓病学会総会,   2005年05月, 第40回 日本小児腎臓病学会総会
  • IgA腎症における扁桃摘出術の臨床的検討, 岡田 満, 八木和郎, 柳田英彦, 杉本圭相, 竹村司, 第40回日本小児腎臓病学会学術集会,   2005年05月, 第40回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:小児期IgA腎症の患者に対して、扁桃摘出術を施行し、その臨床的効果について検討した。Iga腎症病理重症度の軽症~中等度の患者において、扁摘は蛋白尿および血尿を減少させる効果が認められた。特に、早期に施行することが重要と考えられた。
  • ステロイド剤投与中に可逆性後頭葉白質脳症(PRES)を発症し、梗塞性壊死に陥ったIGA腎症の1女児例, 戸口 直美, 八木 和郎, 柳田 英彦, 杉本圭相, 岡田 満, 竹村 司, 3RD WORLD CONGRESS OF NEPHROLOGY,   2005年06月, 3RD WORLD CONGRESS OF NEPHROLOGY
  • 難治性ネフローゼ症候群(ネ症)に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)の治療効果, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 竹村 司, 第48回日本腎臓学会学術総会,   2005年06月, 第48回日本腎臓学会学術総会
    概要:難治性ネフローゼ症候群に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)の治療効果について、報告した。MMFはシクロスポリンにても治療困難な症例に対して試みる価値のある治療法であると考えられた。
  • 子どもの低身長における最近の話題, 岡田 満, 第4回南大阪こども健康セミナー,   2005年07月, 第4回南大阪こども健康セミナー
    概要:低身長についての最近の話題について、わかりやすく説明した。(特別講演)
  • ステロイド剤投与中に可逆性後頭葉白質脳症(PRES)を発症し、梗塞性壊死に陥ったIGA腎症の1女児例, 戸口 直美, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 第35回 日本腎臓学会西部学術大会 ,   2005年09月, 第35回 日本腎臓学会西部学術大会 
  • 発見時、既に腎機能低下を呈していた逆流性腎症の一男児例- 8歳まで発見されなかった高度VURによる逆流性腎症の1例 -, 田端 信忠, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 八木 和郎, 柳田 英彦, 堀川 重樹, 松本 成史, 植村 天受, 南大阪小児疾患研究会,   2005年10月, 南大阪小児疾患研究会
  • 副腎, 岡田 満, 第2回大阪内分泌勉強会,   2005年10月, 第2回大阪内分泌勉強会
    概要:副腎について、問題形式で解説を行った。(教育講演)
  • 腎リンパ管拡張症と思われる1例, 上田 悟史, 岡田 満, 竹村 司, 近畿小児腎研究会,   2005年11月, 近畿小児腎研究会
  • シクロスポリンならびにRAAS系トリプルブロッカーにより改善を認めた重症紫斑病性腎炎の1女児例, 山本 清一郎, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 近畿小児腎臓病学会,   2005年, 近畿小児腎臓病学会
    概要:紫斑病性腎炎は比較的多彩な腎組織像を示し、高度の蛋白尿をみることが多い疾患で、ネフローゼ症候群を発症した例では治療抵抗性になることがあり、その対策に苦慮することがある。 今回われわれは、難治性の重症紫斑病性腎炎に対し、シクロスポリンおよび、レニン、アンジオテンシン、アルドステロン系に作用する3つの拮抗剤の併用療法により、蛋白尿の改善が得れた1例を経験したので報告する。
  • 腹痛と急速に進行する貧血で発症し、腸重積の診断にて緊急手術を要したPeutz-Jeghers症候群の1例, 杉本 圭相, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 第18回近畿小児科学会,   2005年, 第18回近畿小児科学会
  • 重篤かつ多彩な合併症を認め、CTLA-4遺伝子変異が証明された家族性SLEの2男児例, 杉本 圭相, 八木 和郎, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第108回日本小児科学会,   2005年, 第108回日本小児科学会
  • 成長ホルモン投与後にネフローゼ症候群を発症した成長ホルモン分泌不全性低身長症の1例, 田端 信忠, 岡田 満, 三宅 俊治, 竹村 司, 八木 和郎, 柳田 英彦, 第26回近畿小児内分泌研究会,   2006年03月, 第26回近畿小児内分泌研究会
  • 6番染色体異常に起因したと考えられる非IgA型腎症の一例, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 戸口直美, 杉本圭相, 第19回近畿小児科学会,   2006年03月, 第19回近畿小児科学会
  • 特発性僧帽弁逸脱の体型の検討, 三宅 俊治, 篠原 徹, 岡田 満, 橋本 恵, 井上 智弘, 竹村 司, 第109回日本小児科学会学術集会,   2006年04月, 第109回日本小児科学会学術集会
    概要:【はじめに】学齢期の僧帽弁逸脱(MVP)では,一部に軽快例がある.しかし,学齢期・思春期における体型の検討は少ない.5年以上経過観察された例の体型を検討した.【対象と方法】対象は,学齢期以後5年以上追跡された特発性MVPである.心エコーを用いて診断し,初診時の左室拡張末期径(LVDd)<120% of normalの46例(女34,男12)を対象とした.初診時年齢は,6.5-16.3歳(平均11.6歳),終診時年齢は,13-30歳(20.7歳)であった.2000年版性別身長別標準体重から肥満度を求め,学童期性別年齢別Body Mass Index (BMI)パーセンタイル値(伊藤ら)を用いて検討した.6-17歳ではBMIの50パーセンタイル値を,18歳以上では22を基準として,BMIの% of normal(%BMI)を求めた.【結果】初診時肥満度は,女 -10.5±8.1%(平均±SD),男 -3.2±7.5%(p=0.010),-15%以下のやせは,女12(35%),男0であった.初診時%BMIは,女91.4±8.7,男98.4±7.1(p=0.016)であった.初診時に収縮期逆流性雑音(SRM)を有する28例中8例でSRMが消失した.中
  • ネフローゼ症候群におけるポストシクロスポリン療法 - ミゾリビンおよびMMF療法 -, 岡田 満, 八木 和郎, 竹村 司, 第109回日本小児科学会学術集会,   2006年04月, 第109回日本小児科学会学術集会
    概要:シクロスポリン療法を行った小児期ネフローゼ症候群患者に対する治療として、ミゾリビンおよびMMF療法が有効であることを報告した。
  • 重篤な症状で発症し、その後の慢性感染が考えられるEBウイルス感染症の2例, 戸口 直美, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 森口 直彦, 佐藤 恵実子 澤田 明久 河 敬世 , 第109回 日本小児科学会    ,   2006年04月, 第109回 日本小児科学会    
    概要:重篤な症状で発症し、その後の慢性感染が考えられるEBウイルス感染症の2例の報告をした。
  • 慢性腎不全と成長ホルモン療法 - ネフローゼ症候群も含めて-, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2006年05月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:小児期慢性腎不全による成長障害に対しての成長ホルモン療法について解説した。また、ネフローゼ症候群における成長障害と成長ホルモンの関係についても解説した。
  • こどもの低身長について, 岡田 満, 健康ゼミナール 子どものための健康相談会,   2006年05月, 健康ゼミナール 子どものための健康相談会
    概要:低身長についてわかりやすく、説明した。(特別講演)
  • 小児期IgA腎症における扁桃摘出術の臨床的検討, 岡田 満, 第49回日本腎臓学会学術総会,   2006年06月, 第49回日本腎臓学会学術総会
    概要:小児期IgA腎症に対して扁桃摘出術を行い、その効果などについて発表した。
  • バルプロ酸ナトリウム(VPA)投与中にFANCONI症候群を発症した重症心身障害児の2例, 戸口 直美, 岡田 満, 板橋 有香, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 第41回  日本小児腎臓病学会      ,   2006年06月, 第41回  日本小児腎臓病学会      
    概要:バルプロ酸ナトリウム(VPA)投与中にFANCONI症候群を発症した重症心身障害児の2例の報告をした。
  • 血液透析中に日和見感染(縦隔結核・肺真菌症)を発症した2例, 戸口 直美, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 第28回日本小児腎不全学会,   2006年09月, 第28回日本小児腎不全学会
    概要:血液透析中に日和見感染(縦隔結核・肺真菌症)を発症した2例の報告をした。
  • 学校検尿に関する最近の話題, 岡田 満, 第2回南大阪腎疾患談話会,   2006年10月, 第2回南大阪腎疾患談話会
    概要:学校検尿に関する最近の話題を中心に話を行った。(教育講演)
  • 若年発症した混合性結合組織病(MCTD)の1例, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 岡田 満, 八木和郎, 山本清一郎, 第16回日本小児リウナチ学会総会・学術集会,   2006年10月, 第16回日本小児リウナチ学会総会・学術集会
    概要:若年発症したMCTDの症例報告
  • 異常行動を呈したバセドウ病の1例, 丸谷 怜, 山本 清一郎, 岡田 満, 竹村 司, 南大阪小児疾患研究会,   2006年, 南大阪小児疾患研究会
    概要:バセドウ病との診断で入院後、多動を主とした活発行動のみならず、突然消防署に電話するなどの異常行動を呈し、治療とともに軽快した症例に関する報告。
  • 若年発症した混合性結合組織病(MCTD)の1例, 伊豆 亜加音, 八木 和郎, 山本 清一郎, 岡田 満, 竹村 司, 第16回日本小児リウマチ学会学術集会,   2006年, 第16回日本小児リウマチ学会学術集会
  • マイコプラズマ感染が関連したと考えられた重症急性膵炎の1例, 井上 智弘, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 吉田 洋, 野上 隆司, 吉田 英樹, 中村 成宏,   2006年
  • 当科で経験したANCA関連腎炎の2例, 井上 智弘, 岡田 満, 山本 清一郎, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 八木 和郎, 篠原 徹, 竹村 司, 近畿大学医学部堺病院小児科, 大阪南医療センター小児科, 第109回日本小児科学会,   2006年, 第109回日本小児科学会
  • Child growth support の検討, 岡田 満, ファイザー社学術講演会,   2007年01月, ファイザー社学術講演会
    概要:成長障害に関してサポートの仕方について解説した。
  • 小児の感染胃腸炎とその対応, 岡田 満, 講和創薬社学術講演会,   2007年03月, 講和創薬社学術講演会
    概要:小児にみられる感染性胃腸炎について解説し、その対応策についても述べた。
  • 近畿大学医学部附属病院小児科における初期臨床研修の評価について, 岡田 満, 丸谷 怜, 八木 和郎, 竹村 司, 第110回日本小児科学会学術集会,   2007年04月, 第110回日本小児科学会学術集会
    概要:近畿大学医学部附属病院小児科における初期臨床研修について、研修医および指導医にアンケートおよびEPOCの評価を検討した。
  • 慢性的な下痢で発見された好酸球性胃腸炎の2例, 戸口 直美, 岡田 満, 井上 智弘, 竹村 司, 第173回大阪小児科学会,   2007年04月, 第173回大阪小児科学会
    概要:慢性的な下痢で発見された好酸球性胃腸炎の2例を経験し、診断・治療・経過について報告した。
  • コラーゲン染色により診断し得たAlport症候群の弧発例, 柳田 英彦, 岡田 満, 八木 和郎, 竹村 司, 田端 信忠, 第20回近畿小児科学会,   2007年04月, 第20回近畿小児科学会
    概要:家族歴のない5歳のAlport症候群の男児例を経験した。診断に苦慮したが、コラーゲン染色により診断しえた。見逃されやすい症例なので、学会発表した。
  • 肥満関連腎症と考えられた4例, 上田 悟史, 岡田 満, 柳田 英彦, 竹村 司, 日本小児科学会,   2007年04月, 日本小児科学会
    概要:近年運動不足や食事習慣などのライフスタイルの変化に伴い、肥満児が増加している。今回我々は、ORGと考えられた4例を経験したので報告する。今後も、患児自身の生活スタイルにも積極的に介入することによる体重管理を第一とし、症状によっては、ACE-IやARBなどの薬物療法も考慮し、将来の腎機能低下を防止する必要がある。小児期におけるORGの実体を把握するため、全国規模での調査が必要である。
  • 小児期頻回再発型ネフローゼ症候群に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)療法における血中濃度の検討, 岡田 満, 八木 和郎, 柳田 英彦, 竹村 司, 第50回日本腎臓学会学術総会,   2007年05月, 第50回日本腎臓学会学術総会
    概要:小児期頻回再発型ネフローゼ症候群に対して、MMF療法を施行した。その際に、血中濃度を測定し、有効な測定方法および有効な濃度について検討した。
  • 小児期慢性腎疾患に対するRAAS系のトリプルブロッカー療法の効果について, 岡田 満, 八木和郎, 柳田 英彦, 山本 清一郎, 竹村 司, 第41回日本小児腎臓病学会学術集会,   2007年06月, 第41回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:小児期腎疾患に対して、RAAS系を抑制するACEI、ARBおよび抗アルドステロン薬を3者併用することにより、蛋白尿減少効果が認められたことを報告した。
  • 腎リンパ管拡張症に肥満関連腎症を合併した1例, 戸口 直美, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 上田悟史, 42回日本小児腎臓病学会抄録,   2007年06月, 42回日本小児腎臓病学会抄録
    概要:腎リンパ管拡張症に肥満関連腎症を合併した1例について、診断・治療・経過について報告した。
  • 溶血性尿毒症症候群(HUS)の経過中に尿細管性アシドーシス(RTA)4型を併発したと考えられた1例, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 岡田 満, 田端 信忠, 丸谷 怜, 八木和郎, 日本小児腎臓病学会学術集会,   2007年06月, 日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:HUSの経過中にRTA4型を併発した1幼児例について症例報告した。
  • 内臓逆位症とネフロン癆類似所見を呈し、思春期に至った1症例の臨床遺伝子学的検討-乳児ネフロン癆との相同性-, 岡田 満, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 藤田 真輔, 八木 和郎, 竹村 司, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会,   2007年06月, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:乳児ネフロン癆とJeune症候群を合併したと考えられた1例を経験した。乳児ネフロン癆の責任遺伝子の新たな変異により、臨床症状にも多様性がある可能性を示唆する症例と考えられた。
  • 当科において施行した腎生検に伴う合併症についての検討, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 竹村 司, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会,   2007年06月, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:平成15年1月から平成18年12月まで当科において施行した腎生検の合併症について、他施設と比較しながら、検討した。他施設に比較して合併症の発生率は同等ないし、それ以下であった。
  • 低身長小児への心理的配慮, 岡田 満, 第6回南大阪こども健康セミナー,   2007年07月, 第6回南大阪こども健康セミナー
    概要:低身長児における心理社会的問題について、詳しく概説した。(特別講演)
  • ポートフォリオを取り入れた6年小児科クリニカル・クラークシップ, 岡田 満, 八木 和郎, 竹村 司, 第39回日本医学教育学会大会,   2007年07月, 第39回日本医学教育学会大会
    概要:6年生小児科クリニカル・クラークシップにポートフォリオを導入し、その結果を学生からアンケートを行い評価した。6年生からの意見では、ポートフォリオを用いることにより、目標が立てられ、充実したクリニカル・クラークシップを行うことができたと良い評価が得られた。
  • 小児慢性腎不全患者におけるGH治療の現状, 岡田 満, ファイザー社学術講演会,   2007年08月, ファイザー社学術講演会
    概要:小児慢性腎不全に対する成長ホルモン療法の現状について概説した。
  • Clinical features and analysis of CTLA-4 gene in Japanese SLE families, 岡田 満, 杉本 圭相, 池岡 恵, 柳田 英彦, 和田 紀久, 八木 和郎, 竹村 司, 第14回国際小児腎臓学会,   2007年09月, 第14回国際小児腎臓学会
    概要:CTLA-4遺伝子の異常を認めた日本人SLEの2家系について報告した。CTLA-4遺伝子異常に基づくT-cell activationの制御の異常により、家族性SLEの発症に関与している可能性があると考えられた。
  • メタボリックシンドロームと腎疾患, 岡田 満, 竹村 司, 第175回大阪小児科学会,   2007年09月, 第175回大阪小児科学会
    概要:小児期でのメタボリックシンドロームと腎疾患の関連について発表した。小児期から、メタボリックシンドームの患者に対しては腎疾患の合併に注意していかなければならないことを警告した。「全身性疾患と腎病変」(シンポジウム)
  • 抗TNF-αモノクローナル抗体を使用した全身型若年性特発性関節炎(S-JIA)の1幼児例, 飛梅 元, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児リウマチ学会,   2007年09月, 日本小児リウマチ学会
    概要:【はじめに】S‐JIAの治療においてNSAIDs、副腎皮質ステロイド薬、DMARDsの使用でも改善が見られない例やステロイド薬からの離脱が困難な例に免疫抑制剤の投与や抗サイトカイン療法が行われる。今回我々はS‐JIAの患児でPSLの減量が困難であったため抗TNF‐αモノクローナル抗体を使用した症例を経験したので報告する。【症例】4歳女児。2005年10月高熱が持続するため近医入院し白血球、CRPなどの炎症所見の持続する上昇を認めため、S‐JIAが疑われプレドニゾロン(PSL)投与で解熱傾向を認めた。しかし、PSLを減量したところ再び発熱を認め全身に紅斑が出現し肝機能障害も出現してきたため精査加療目的にて2005年11月15日当科に転院となった。入院後骨髄検査にて血球貪食像が認められ血球貪食症候群を合併していた。PSLとシクロスポリンA(CyA)併用療法を施行し、軽快したため退院となった。しかし、2006年6月よりCyAを減量したところ再び発熱し同年6月25日入院。S‐JIA再燃と考えPSL+CyA持続
  • 肝機能障害の原因としてミルクアレルギーが推測された1女児例, 戸口 直美, 村上 佳津美, 板橋 有香, 田端 信忠, 岡田 満, 竹村 司, 第7回 南大阪小児アレルギーカンファレンス,   2007年10月, 第7回 南大阪小児アレルギーカンファレンス
    概要:肝機能障害の原因としてミルクアレルギーが推測された1女児例の報告をした。
  • メタボリックシンドロームと慢性腎臓病, 岡田 満, ノボノルディスクファーマ社内研修会,   2007年11月, ノボノルディスクファーマ社内研修会
    概要:メタボリックシンドロームと慢性腎臓病の関連について、わかりやすく解説した。
  • Alport症候群孤発例の臨床・病理学的検討, 竹村 司, 柳田 英彦, 岡田 満, 第36回近畿小児腎臓病研究会,   2007年11月, 第36回近畿小児腎臓病研究会
    概要:当科で経験したAlport症候群の孤発例の診断確定にいたる経過やその臨床的な特徴について発表した
  • 小児気管支喘息, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2007年12月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:小児気管支喘息の特徴と注意点について解説した。
  • 肝機能障害の原因としてミルクアレルギーが推測された1女児例, 戸口 直美, 村上 佳津美, 板橋 有香, 田端 信忠, 岡田 満, 竹村 司, 小野厚, 日本小児アレルギー学会,   2007年, 日本小児アレルギー学会
    概要:肝機能障害の原因としてミルクアレルギーが推測された1女児例について報告した。
  • A Japanese family with Alport syndrome associated with esophageal leiomyomatosis : genetic analysis of COL4A5 to COL4A6 and immunostaining for type Ⅳ collagen subtypes, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司,   2007年
  • IgA腎症にブドウ膜炎・間質性腎炎(TINU)症候群が合併した1例, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司,   2007年
  • 溶血性尿毒症症候群(HUS)の経過中に尿細管性アシドーシス(RTA)4型を併発したと考えられた1幼児例, 伊豆 亜加音, 岡田 満, 丸谷 怜, 田端 信忠, 八木 和郎, 竹村 司, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会,   2007年, 第42回日本小児腎臓病学会学術集会
  • 習慣性多飲の1歳児例, 宮崎 紘平, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 南大阪小児疾患研究会,   2008年02月, 南大阪小児疾患研究会
    概要:表題について発表した。
  • 当科における単腎5症例の臨床的検討, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第21回近畿小児科学会,   2008年03月, 第21回近畿小児科学会
  • アデノイド・扁桃摘出8年後睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症した11歳男児例, 宮崎 紘平, 戸口 直美, 岡田 満, 竹村 司, 第21回近畿小児科学会,   2008年03月, 第21回近畿小児科学会
    概要:表題について発表した。
  • メタボリックシンドロームと慢性腎臓病, 岡田 満, 第37回近畿小児腎臓病研究会,   2008年03月, 第37回近畿小児腎臓病研究会
    概要:メタボリックシンドロームと慢性腎臓病の関係について、我々の研究成績をもとに概説を行った。(教育講演)
  • 急性腸炎後に発見された尿路結石症の2幼児例, 中野 万智子, 飛梅 元, 戸口 直美, 岡田 満, 竹村 司,   2008年03月
  • ポートフォリオを取り入れた小児科クリニカル・クラークシップ, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 第111回日本小児科学会学術集会,   2008年04月, 第111回日本小児科学会学術集会
    概要:小児科クリニカル・クラークシップにポートフォリオを取り入れた内容について報告した。また、アンケート調査をもとに、ポートフォリオの良かった点および問題点について述べた。
  • IgA腎症に対するカンデサルタン療法と糖尿病性腎症での進展抑制について, 岡田 満, 武田薬品学術講演会,   2008年05月, 武田薬品学術講演会
    概要:小児期IgA腎症に対するカンデサルタン療法の有用性と糖尿病性腎症の進展因子およびそれに対する薬物対応について、わかりやすく解説した。
  • ミゾリビン(MZR)吸収における human Na+/nucleoside cotransporter (hCNT2) に関する検討, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 竹村 司, 小林真規 柴崎敏昭, 第43回日本小児腎臓病学会学術集会,   2008年06月, 第43回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:ミゾリビンの吸収においてhCNT2が関与していることを証明した。また、イノシン酸がミゾリビン吸収に影響を与えることも示した。今回の検討では、hCNT2の遺伝子変異とミゾリビン吸収との関係については明らかではなかった。
  • 小児の肥満症とメタボリックシンドローム, 岡田 満, 第7回南大阪こども健康セミナー,   2008年07月, 第7回南大阪こども健康セミナー
    概要:小児における肥満症ならびに小児期メタボリックシンドロームについて概説した。また、それらの対応策についてもわかりやすく解説した。(特別講演)
  • ワークショップ(WS)を取り入れた初期臨床研修オリエンテーション, 岡田 満, 松尾 理, 竹村 司, 第40回日本医学教育学会大会,   2008年07月, 第40回日本医学教育学会大会
    概要:ワークショップなどを取り入れた初期臨床研修オリエンテーションを施行したので、研修医からのアンケートも含めて報告した。
  • 痙攣発作を契機に発見された低Ca血症の1乳児例, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司,   2008年08月
  • 小児の肥満症, 岡田 満, ノボノルディスク学術講演会,   2008年10月, ノボノルディスク学術講演会
    概要:小児の肥満およびメタボリックシンドロームについて、詳しく解説した。
  • メサラジン投与中にCPK上昇を来たした潰瘍性大腸炎の1女児例, 田端 信忠, 杉本 圭相, 戸田 常仁, 三宅 俊治, 八木 和郎, 篠原 徹, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 第18回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,   2008年10月, 第18回日本小児リウマチ学会総会・学術集会
    概要:今回、潰瘍性大腸炎にてメサラジン投与中に横紋筋融解を認めた1女児例を経験した。自験例では、メサラジンに対するアレルギー反応が横紋筋傷害メカニズムに関与した可能性も推測された。
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモン療法について, 岡田 満, 小児慢性特定疾患事業講演会,   2008年11月, 小児慢性特定疾患事業講演会
    概要:成長ホルモン分泌不全性低身長症とその治療としての成長ホルモン療法について、詳しく解説した。(特別講演)
  • 初期病変からの病理学的所見を観察し得た巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の 1 男児, 上田 悟史, 岡田 満, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 竹村 司, 近畿小児腎臓病学会,   2008年11月, 近畿小児腎臓病学会
    概要:今回、我々は病初期の腎生検組織にて FSGS を疑い、2 年後に確定診断に至った症例を経験したので報告する。FSGS は小児特発性ネフローゼ症候群の約10% を占める疾患であるが、予後不良であり、早期より治療を開始する必要がある。病初期より FSGS の病理所見を観察し得た症例であり、FSGS の病態を解明するうえで示唆に富む症例と考えられる
  • 当科で経験したLowe症候群における臨床遺伝子学的検討, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第111回日本小児科学会,   2008年, 第111回日本小児科学会
  • MDCKII細胞における膜結合型HB-EGFの細胞接着とJuxtacrine活性との関連性, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第52回日本腎臓学会,   2008年, 第52回日本腎臓学会
  • The association between cell attachment and juxtacrine manner of Membrane-Anchored HB-EGF in MDCK Cells., 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第43回日本小児腎臓学会,   2008年, 第43回日本小児腎臓学会
  • Expression of Non-cleavable Membrane-Anchored HB-EGF leads to Focal Complex Processes in MDCK II Cells., 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 10th Asian Congress pediatric of Nephrology,   2008年, 10th Asian Congress pediatric of Nephrology
  • 当科で経験したLowe症候群における臨床遺伝子学的検討, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第111回日本小児科学会,   2008年, 第111回日本小児科学会
  • シクロスポリン(CyA)療法と生後残存未熟糸球体(F-GL)のmaturation failureに関する検討, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 竹村 司, 岡田 満, 杉本 圭相,   2008年
  • WT1遺伝子(WT1)intron9のsplice site mutationが証明されたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の1女児例, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司,   2008年
  • クループ様症状を繰り返し、甲状舌管遺残が強く疑われた1男児例, 田端 信忠, 吉松 豊, 飛梅 元, 井上 徳浩, 上田 悟史, 越道 万智子, 岡田 満, 森 一功, 竹村 司, 第22回近畿小児科学会,   2009年03月, 第22回近畿小児科学会
    概要:甲状舌管遺残により輪状軟骨炎をきたし、クループ様症状を繰り返していると強く疑われる1例を経験した。クループ症候群の多彩な原因の1つとして銘記すべき病態であると考えられた。
  • 慢性腎不全と低身長, 岡田 満, イ-ライリリ-社学術講演会 ,   2009年04月, イ-ライリリ-社学術講演会 
    概要:慢性腎不全の病態とそれに伴う小児における低身長の関連について概説した。
  • 小児頻回再発型ネフローゼ症候群におけるミゾリビン至適投与法とその吸収機序, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 宮沢 朋生, 竹村 司, 第52回日本腎臓学会学術総会,   2009年06月, 第52回日本腎臓学会学術総会
    概要:小児頻回再発型ネフローゼ症候群において、どのような患者でどのような条件により、ミゾリビンが適切に使用できるかを検討した。さらに、ミゾリビン血中濃度の変動には、ミゾリビンの吸収機構により影響を受けることを証明した。
  • 咽後膿瘍類似の所見を呈した川崎病の1例, 田端 信忠, 川内 超矢, 丸谷 怜, 藤田 真輔, 安藤 淳, 竹村 豊, 岡田 満, 三宅 俊治, 篠原 徹, 竹村 司, 第182回大阪小児科学会,   2009年06月, 第182回大阪小児科学会
    概要:有痛性の頸部リンパ節腫大を呈し、CT 検査で咽後膿瘍類似の所見を認めた川崎病の1例を経験した。これまでに報告されている同様な症例の特徴としては、① 年長児例が多い、② 頚部リンパ節腫脹が全例に認められる、③ 炎症反応が高値、④ 抗生剤に反応せず川崎病の診断に至る経過が多い、⑤ 川崎病の治療には反応し冠動脈後遺症を残した症例はない、などが指摘されており、本報告例とも共通点を認めている。顕著な頚部リンパ節腫脹と咽後膿瘍類似病変を呈する例では、常に川崎病をも考慮した対応が必要である。
  • 電子版SPによる臨床推論能力トレーニング, 岡田 満, 松尾 理, 第41回日本医学教育学会大会,   2009年07月, 第41回日本医学教育学会大会
    概要:日本語版臨床推論能力システムDxR Clinicianを、クリニカル・クラークシップ前の4年生と臨床系教員に体験してもらった。本システムは、学生では学習意欲を高める可能性があり、教員にては、楽しく、自宅や授業で使用してみたいとの意見が多く見られた。本システム評価は教員の方が学生より高く、臨床能力の差や操作法の習得状況の違いが影響した可能性が考えられた。
  • 初期臨床研修医のためのワークショップについて, 岡田 満, 松尾 理, 竹山 宜典, 北野 雅之, 岩崎 拓也, 三井 良之, 竹村 司, 第41回日本医学教育学会大会,   2009年07月, 第41回日本医学教育学会大会
    概要:初期臨床研修医のためのワークショップをオリエンテーションの一環として施行した。研修医のアンケート結果より、ワークショップはコミュニケーションや医療安全などの能力を向上させるには効果的であり、研修医同士の交流を深めるなどの相乗作用も認められた。
  • 経時的にMDR-1遺伝子発現を観察しえた巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)の 1 例, 上田 悟史, 岡田 満, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会,   2009年09月, 日本小児腎臓病学会
    概要:今回我々は、FSGS によるステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対して、臨床所見とMDR-1 ( Multiple Drug Resistant gene ? 1: MDR-1) 遺伝子の発現量を比較検討したので、報告した。FSGS は PSL 抵抗性を示す症例が多く、PSL の反応性の指標については尿蛋白選択指数以外にまだ明らかな指標はない。MDR-1 の測定は PSL 療法の有効性を推測できる可能性がある。
  • 医療コミュニケーション, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会,   2009年11月, ノボノルディスク社学術講演会
    概要:コーチングを用いた医療コミュニケーションについて分かり易く講演した。
  • 卒後臨床研修におけるメンタルヘルス, 岡田 満, 大阪府医師会勤務医部会第5ブロック会議,   2009年11月, 大阪府医師会勤務医部会第5ブロック会議
    概要:卒後臨床研修における研修医および指導医のメンタルヘルスについて概説した。さらに、大学などの勤務医におけるメンタルヘルスについても話をした。
  • 女性医師は今、何を求め、何を求められているのか?, 人見 佳枝, 木下 浩二, 岡田 満, 第22回日本総合病院精神医学会,   2009年11月, 第22回日本総合病院精神医学会
    概要:シンポジウム「女性医師は総合病院精神科をもっと輝かせることができる ー女性医師のワークライフバランスを越えて」において発表した。女性のライフスタイルの変化に伴って医師としての働き方が多様化しており、システム整備が急がれること、性差による性格傾向まで視野に入れた支援が必要であること、すべての医師が雇用、働き方、医師としての責任について考える時期に来ていることなどを指摘し、近畿大学医学部附属病院総合医学教育研修センターでの活動を報告した。
  • MDCK細胞においてPAFは核要因kBを介してHB-EGFの発現を誘導する, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第44回小児腎臓病学会,   2009年, 第44回小児腎臓病学会
  • 著明な尿細管間質性腎炎像を呈したSLEの1女児例, 杉本 圭相, 田端 信忠, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第42回日本腎臓病学会西部学術集会,   2009年, 第42回日本腎臓病学会西部学術集会
  • アルポート症候群(AS)患者に対するシクロスポリン(CyA)療法についての検討, 藤田 真輔, 宮沢 朋生, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司,   2009年
  • 入院加療中に発症したラテックスアレルギー女児例の検討, 竹村 豊, 井上 徳浩, 岡田 満, 竹村 司, 近畿小児内分泌研究会,   2010年03月, 近畿小児内分泌研究会
  • 経時的MDR-1遺伝子発現解析からみたネフローゼ症候群の 5 例の臨床症状, 上田 悟史, 岡田 満, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 竹村 司, 宮沢 朋生 藤田 真輔, 日本腎臓病学会,   2010年06月, 日本腎臓病学会
    概要:今回我々は、ネフローゼ症候群 (NS) の 5 例に、臨床所見とMDR-1 ( Multiple Drug Resistant gene ? 1) 遺伝子の発現量を real time PCR にて比較検討した。小児のMDR-1 の正常範囲は示されておらず、個人の正常範囲をもうけ、増加・低下を評価する必要があると考えられる。MDR-1 発現量は初発・再発時に増加することが知られているが、我々の検討では、再発時では一定の傾向はなかった。MDR-1 は PSL の効果を予測しうる指標になる可能性がある。
  • 小児期IgA腎症に対する扁桃摘出療法の臨床病理学的有効性の検討, 竹村 豊, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓学会,   2010年06月, 日本小児腎臓学会
    概要:これまでに、成人におけるステロイドパルス療法及び扁桃腺摘出療法の有効性は多く報告されている。しか、小児期IgA腎症に対する扁桃腺摘出療法の有効性についての報告は少ない。そこで我々は臨床的な有効性に加え、免疫組織学的に検討も加えて検討した。 臨床的検討の対象はIgA腎症31例。その内、扁摘後に再度、腎生検を実施した19例について組織学的な評価を行った。 臨床的検討の結果として、蛋白尿の減少効果、血尿発作の減少効果を認めた。また、発見から扁摘までの期間が短い方が尿所見の改善効果が得られた。組織学的検討の結果として、扁摘はIgAの沈着を減少させることはないが、糸球体局所における補体活性、活性化マクロファージの抑制を介して病変を鎮静化させる可能性が示唆された。 小児においても、慎重な適応選択の上扁桃腺摘出療法を実施することで、IgA腎症を治癒させうる可能性があり、今後さらなる検討が必要である。
  • 小児腎臓病における医学教育, 岡田 満, 第45回日本小児腎臓病学会学術集会,   2010年07月, 第45回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:小児腎臓病における医学教育の重要性およびその方法論について、概説した。(教育講演)
  • 幼少児のネフローゼ症候群に対するシクロスポリン療法の注意点 ~自験例からの考察~, 岡田 満, 竹村 司, 第45回日本小児腎臓病学会学術集会,   2010年07月, 第45回日本小児腎臓病学会学術集会
    概要:幼少児のネフローゼ症候群に対するシクロスポリン療法において、未熟糸球体の成熟障害の可能性があることを報告し、免疫抑制薬の使用法について解説した。(ランチョンセミナー)
  • 研修医に対する中心静脈カテーテル講習会の取り組み, 岩﨑 拓也, 梶川 竜治, 保田 知生, 木下 浩二, 岡田 満, 第42回日本医学教育学会大会,   2010年07月, 第42回日本医学教育学会大会
  • A Patient with Marked Hyper-Immunoglobulinemia E Showing Minimal Change Nephrotic Syndrome and STAT3 Gene mutation, 岡田 満, 宮沢 朋生, 宮崎 紘平, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 竹村 司, 第15回国際小児腎臓病学会,   2010年09月, 第15回国際小児腎臓病学会
    概要:微小変化型ネフローゼ症候群で高IgE症候群を呈する患者において、STAT3の遺伝子異常を見出した。 遺伝子異常により、両疾患を発症した可能性が考えられた。
  • 糖尿病の最近の話題と思春期の問題点, 岡田 満, 小児慢性特定疾患患児・家族の学習・交流会,   2010年10月, 小児慢性特定疾患患児・家族の学習・交流会
    概要:糖尿病家族に、糖尿病での最近の話題と思春期での問題点について、1型糖尿病を中心に分かり易く、解説した。
  • 原因不明の低血糖が認められるモザイク型ターナー症候群の1例, 丸谷 怜, 岡田 満, 井上 智弘, 篠原 徹, 竹村 司, 日本小児内分泌学会,   2010年10月, 日本小児内分泌学会
    概要:【症例】現在2歳の女児。在胎39週2484gで出生。出生直後からチアノーゼを認め、当院NICUに収容した。心エコー上、肺動脈閉鎖、心室中隔欠損を認めた。染色体検査にて、モザイク型ターナー症候群(46,X,+mar[11]/45,X[9])と診断した。心奇形に対しては肺動脈-体動脈短絡手術を施行して退院となった。この間、時折低血糖を認めていたが、すぐに回復していたため、特に問題視されていなかった。外来経過中、2度にわたって嘔吐を伴う低血糖を認め、1歳4か月時に精査目的で入院となった。絶食3時間で血糖値25mg/dlと明らかに低血糖を認め、臨床症状では明らかなものを認めなかった。インスリン、コルチゾール、遊離脂肪酸、ケトン体、成長ホルモン、有機アミノ酸などを検査したが、血中ケトン体のみ明らかに高値を認め、他の検査には明らかな異常は認めなかった。頭部MRIには異常を認めず、1歳4か月で69cm(-3.0SD)と低身長があり、このときより成長ホルモン補充療法を開始した。肺動
  • 医学教育の問題点と今後の展望について, 岡田 満, 第69回近畿大学医学会学術講演会,   2010年12月, 第69回近畿大学医学会学術講演会
    概要:現在の医学教育での問題点とそれに対する今後の展望について、概説した。また、クリッカーを使用して、参加者の意見も取り入れて、発表した。
  • 補体H因子の変異を認めたC3 deposition glomerulopathyの1例, 杉本 圭相, 田端 信忠, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第40回日本西部腎臓病学会,   2010年, 第40回日本西部腎臓病学会
  • ネフロン数過少による腎障害についての検討, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第45回日本小児腎臓病学会,   2010年, 第45回日本小児腎臓病学会
  • 熱傷を契機に発症し、MRSA関連腎症と考えられた1女児例, 杉本 圭相, 井庭 慶典, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第185回大阪小児科学会,   2010年, 第185回大阪小児科学会
  • 腎梗塞および脳梗塞を発症した微小変化型ネフローゼ症候群の1例, 井庭 慶典, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 近畿小児腎臓病研究会,   2010年, 近畿小児腎臓病研究会
  • 成長ホルモン治療中に視神経膠腫が増大した1例, 伊豆 亜加音, 岡田 満, 竹村 司, 第44回日本小児内分泌学会学術集会,   2010年, 第44回日本小児内分泌学会学術集会
  • 6番染色体異常に合併した巣状糸球体硬化症の1例, 伊豆 亜加音, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第32回日本小児腎不全学会,   2010年, 第32回日本小児腎不全学会
  • 慢性腎不全性低身長症と成長ホルモン療法, 岡田 満, ノボノルディスク社学術講演会 ,   2011年01月, ノボノルディスク社学術講演会 
    概要:慢性腎不全全般について説明し、慢性腎不全性低身長症ならびに成長ホルモン療法の有効性などについて概説した。
  • Evaluation of the efficacy of tonsillectomy for ameliorating, 竹村 豊, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, PAS-ASPR,   2011年05月, PAS-ASPR
  • 腎障害にネフロン数過少の関与が考えられた 6 症例についての検討, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 第54回 日本腎臓学会学術総会,   2011年06月, 第54回 日本腎臓学会学術総会
  • HUS発症後継時的に腎組織を観察し得た7歳の1例, 西 一美, 伊豆 亜加音, 丸谷 怜, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 宮沢 朋生, 第41回西部腎臓病学会,   2011年09月, 第41回西部腎臓病学会
  • ネフローゼ症候群で発症し、特異的な組織所見を呈した1女児例, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 第23回 腎と脂質研究会,   2011年10月, 第23回 腎と脂質研究会
  • 塩酸トリエンチンに酢酸亜鉛の追加治療が奏功した肝型Wilson病の1例, 藤田 真輔, 田端 信忠, 岡田 満, 竹村 司,   2011年
  • 発達遅滞の精査で発見された糖原病 Ⅷ 型の 1 例, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 近畿先天性代謝異常症研究会,   2011年, 近畿先天性代謝異常症研究会
  • 咽後膿瘍類似の所見を呈した不全型川崎病の2例, 藤田 真輔, 井庭 慶典, 丸谷 怜, 田端 信忠, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 日本小児科学会,   2011年, 日本小児科学会
  • 脳炎の合併が疑われた 顔面神経麻痺の1例, 井庭 慶典, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司,   2011年
  • 当院で経験した Posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)の7例, 井庭 慶典, 長井 恵, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 田端 信忠, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 大阪てんかん研究会,   2011年, 大阪てんかん研究会
  • 腎梗塞および脳梗塞を発症した微小変化型ネフローゼ症候群の1例, 井庭 慶典, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 近畿小児科学会,   2011年, 近畿小児科学会
  • Pathological of focal segmental glomerular sclerosis in a girl with 6P partial deletion syndrome, 伊豆 亜加音, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 坂田 尚己, 和田 紀久, 岡田 満, 竹村 司, 第11回アジア国際小児腎臓病学会学術集会,   2011年, 第11回アジア国際小児腎臓病学会学術集会
  • ワクチンのメリット・デメリット, 岡田 満, 平成23年度住吉区学校保健大会,   2012年02月, 平成23年度住吉区学校保健大会
    概要:ワクチンの最新の情報とワクチンをする際の注意点などについて、わかりやすく講演した。(特別講演)
  • Gilbert症候群と腎性低尿酸血症を合併した1例, 竹村 豊, 岡田 満, 竹村 司,   2012年02月
    概要:【症例】生後25日の男児。主訴は遷延性黄疸。在胎週数38週6日、アプガールスコア10/10、出生時体重3060gで出生。栄養は完全母乳。他医にて、光線療法を3回実施するも、再び高ビリルビン血症を認め当科紹介となった。皮膚全体と眼球結膜の黄染を認めた。血液検査では、WBC7900,Hb14.5,PLT34.5万, T.Bil24.2,D.Bil1.6,AST37,ALT19,LDH255, UA1.8、血液ガスは、pH7.377と、間接型Bil優位の高ビリルビン血症と、低尿酸血症を認めた。血液型不適合や血球形態も含め溶血所見はなく、肝機能及び甲状腺機能は正常であることから、黄疸は体質性黄疸である可能性が高いと考えられた。生後35日目からフェノバルビタール内服(5mg/kg/日)を開始後、黄疸は速やかに改善し、開始から10日目にはT.Bil2.7まで低下した。その後、遺伝子診断にて、UGT1A1(2q37)の異常を認めGilbert症候群と診断した。生後5か月でフェノバルビタール内服も中止でき、その後の黄疸の再燃は認められていない。 一方、低尿酸血症については、遺伝
  • 小児科の魅力, 岡田 満, e-レジフェアPREMIUM 2012 in 大阪,   2012年03月, e-レジフェアPREMIUM 2012 in 大阪
    概要:臨床研修における小児科の魅力と小児科重点プログラムについて近畿大学医学部附属病院をもとにわかりやすく解説した。
  • 不完全型房室中隔欠損を伴った腎盂尿管移行部狭窄症の1例, 三宅 俊治, 岡田 満, 篠原 徹, 竹村 司, 林 泰司, 植村 天受, 第44回近畿小児腎臓病研究会,   2012年03月, 第44回近畿小児腎臓病研究会
    概要:症例は4歳7か月の女児.主訴:腹痛・嘔吐.既往歴:計8回同様の腹痛・嘔吐.腹痛・嘔吐で受診した急病センターで心雑音・発育不良を指摘され.近医で不完全型房室中隔欠損と診断.心臓精査目的で当科受診前日の夕食後から腹痛・嘔吐を認めた.腹部は平坦で,腸雑音の亢進はなく.左下腹部に便塊を触知.腹部立位XPでは,イレウス像(-).尿検査でアセトン体(+++),潜血(-).浣腸・点滴で,症状は軽快し,便秘症・アセトン血性嘔吐症と診断.心エコーで不完全型房室中隔欠損,僧帽弁閉鎖不全,左上大静脈左房還流と診断.腹痛発作後8日目の腹部超音波検査で左腎盂拡張・腎盂壁の著明な肥厚を認めた.順行性尿路造影で,腎盂尿管移行部狭窄と診断,腹腔鏡下腎盂尿管新吻合術を施行.術後4日の多量の排便後,浣腸は不要となり,以後腹痛・嘔吐を認めず,5歳7か月で心内修復術を施行したが,術後に腹部症状を認めず.結語:繰り返す腹痛・嘔吐症では,間欠的水腎
  • 経時的に MDR-1 遺伝子発現量を測定したステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の 2 例の臨床症状, 上田 悟史, 岡田 満, 杉本 圭相, 竹村 司, 腎と脂質研究会,   2012年03月, 腎と脂質研究会
    概要:ステロイド抵抗性 NS (SRNS) に対する標準的治療法は確立されていないが、高脂血症状態では PSL や CyA などの薬剤反応性が阻害されること、FSGS に対して LDL 療法の有効性が報告されている。がん治療薬の研究より、細胞膜上の P 糖蛋白(MDR-1 遺伝子)は、PSL を細胞外に排出する作用をもつこと、CyA に拮抗作用をもつことが明らかになっている。今回我々は、SRNS の 2 例に対し、LDL 療法と MDR-1 の発現量を比較検討したので報告する。
  • Newly-identified Symptoms of Left Renal Vein Entrapment Syndrome, 岡田 満, 越道 万智子, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 藤田 真輔, 宮崎 絋平, 坂田 尚己, 竹村 司, Pediatric Academic Societies Annual Meeting 2012,   2012年04月, Pediatric Academic Societies Annual Meeting 2012
    概要:ナットクラッカー症候群(LRVES)の新たな症状としての、種々な程度の起立性調節障害(OD)症状が存在することを明らかにした。原因不明の全身倦怠感、不登校に至る高度なOD症状を訴える場合には、LRVESを念頭に置くことが大切である。
  • 低身長症を再度見直そう, 岡田 満, 第11回南大阪こども健康セミナー,   2012年06月, 第11回南大阪こども健康セミナー
    概要:低身長について注意すべき事柄、見逃さないためにはどうしたらようか等を概説した。(特別講演)
  • こどもの低身長を見逃さないために, 岡田 満, 第2回くしもと町立病院子ども健康セミナー,   2012年06月, 第2回くしもと町立病院子ども健康セミナー
    概要:低身長のこどもを見逃さないために、各自の成長曲線を描くことが大切であることを強調した。
  • 6番染色体短腕欠損による糸球体硬化の機序, 伊豆 亜加音, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 宮崎 紘平, 岡田 満, 竹村 司, 第55回日本腎臓学会学術集会総会,   2012年06月, 第55回日本腎臓学会学術集会総会
  • 小児医療倫理教育におけるクリッカーの導入効果, 岡田 満, 岩崎 拓也, 筑後 考章, 竹村 司, 第44回日本医学教育学会大会,   2012年07月, 第44回日本医学教育学会大会
    概要:小児医療倫理授業にクリッカーを導入した効果について検討した。学生からの意見では、クリッカーの操作は簡単であり、用いることにより授業への取り組みが向上することが期待できると考えられた。
  • QT 延長症候群を呈した偽性副甲状腺機能低下症 1b 型の 2 例, 井庭 慶典, 岡田 満, 篠原 徹, 三宅 俊治, 竹村 司, 日本小児内分泌学会,   2012年09月, 日本小児内分泌学会
  • 慢性骨髄性白血病の治療としての骨髄移植により完全寛解した頻回再発型ネフローゼ症候群の1例, 岡田 満, 上田 悟史, 西 一美, 岡野 意浩, 宮崎 絋平, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 竹村 司, 第42回日本腎臓学会西部学術大会,   2012年10月, 第42回日本腎臓学会西部学術大会
    概要:慢性骨髄性白血病の治療としての骨髄移植により、完全寛解した頻回再発型ネフローゼ症候群の1例を経験した。特発性ネフローゼ症候群の病因として、造血幹細胞の異常による可能性が示唆されたことを報告した。
  • 巣状糸球体硬化症(FSGS)の発症とEpitherial cell transforming sequence 2(ECT2)遺伝子異常, 伊豆 亜加音, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 第42回日本腎臓学会西武学術大会,   2012年10月, 第42回日本腎臓学会西武学術大会
  • 1型糖尿病の治療と日常生活での対応, 岡田 満, 子どもの1型糖尿病 学習会,   2012年11月, 子どもの1型糖尿病 学習会
    概要:小児1型糖尿病患者家族に対して、日頃に注意すべき事柄や、将来に対する心構えなど、身近な問題の対応などについて説明した。
  • 若年性ネフロン癆の末期腎不全への進行と尿細管間質性腎炎惹起抗原の異常, 杉本 圭相, 宮崎 紘平, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 第55回日本腎臓病学術集会,   2012年, 第55回日本腎臓病学術集会
  • 小児特発性高カルシウム尿症についての検討, 藤田 真輔, 宮崎 紘平, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児科学会,   2012年, 日本小児科学会
  • 重症インフルエンザ肺炎の3例, 井庭 慶典, 今岡のり, 丸谷 怜, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司,   2012年
  • Posterior reversible encephalopathy syndromeを合併した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の1例, 井庭 慶典, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司,   2012年
  • 乳児神経芽腫(IVs)の治療経験, 宮崎 紘平, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 第26回近畿小児科学会,   2013年03月, 第26回近畿小児科学会
    概要:症例報告
  • ループス腎炎の経過中、ネフローゼ症候群を契機に膜性腎炎様病変を呈した1例, 西 一美, 杉本 圭相, 岡田 満, 井庭 慶典, 宮沢 朋生, 竹村 司, 第26回近畿小児科学会,   2013年03月, 第26回近畿小児科学会
  • 小児特発性高カルシウム尿症の検討, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 岡田 満, 竹村 司, 小児科学会,   2013年04月, 小児科学会
  • 小児メタボリック症候群と腎障害, 岡田 満, 第56回日本腎臓学会学術総会,   2013年05月, 第56回日本腎臓学会学術総会
    概要:小児メタボリック症候群と腎障害について、総括的な講演を行った。(ワークショップ3 The Kidney in Multi-Organ Systematic Disease in Japanese Chidren)
  • MDCK細胞における核要因κBを介したPAF誘導性HB-EGF発現, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 西 一美, 日本腎臓学会,   2013年05月, 日本腎臓学会
  • 小児ネフローゼ症候群におけるミゾリビン至適投与法とミゾリビン吸収機構でのヒトCNT輸送系の関与, 岡田 満, 第13回小児腎臓薬物動態研究会,   2013年06月, 第13回小児腎臓薬物動態研究会
    概要:小児瀕回再発型ネフローゼ症候群におけるミゾリビン療法の適切な投与法について、自験例をもとに検討した結果を報告した。また、ミゾリビン吸収機構でのヒトCNT2輸送系の関与について、我々の実験結果についても報告した。(特別講演)
  • 尿路奇形・眼異常・精神発達遅滞を認め、Angiotensinogen遺伝子(AGT)異常を認めた2症例, 西 一美, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会,   2013年06月, 日本小児腎臓病学会
  • PFAPA症候群(Periodic Fever, Aphthous stomatitis, Pharyngitis, Adenitis;PFAPA)にIgA腎症(IgAN)を合併した小児例, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 西 一美, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会,   2013年06月, 日本小児腎臓病学会
  • 尿路奇形・眼異常・精神発達遅滞を認め、Angiotensinogen遺伝子(AGT)に異常を認めた2症例, 西 一美, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 小児腎臓病学会,   2013年06月, 小児腎臓病学会
    概要:先天性腎尿路形成異常症(CAKUT)の原因の一つに、 レニン・アンギオテンシン 系 (RAS) に関連する遺伝子群異常が報告されている。 RAS は血圧や細胞外液量の調整以外に器官発生にも関与しており、Angiotensinogen は特に眼の発育や中枢神経系の発生にも重要な役割があることが知られている。今回、尿路奇形に眼異常・精神発達遅滞を伴い、Angiotensinogen 遺伝子 (AGT) の異常を認めた 2 例の男児を経験したので報告する。
  • 遺伝性膵炎の姉弟例, 西 一美, 飛梅 元, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 大阪小児栄養消化器懇話会,   2013年06月, 大阪小児栄養消化器懇話会
    概要:小児再発性膵炎は、膵・胆管合流異常などの解剖学的異常に起因するものがもっとも多く、次いで、薬剤性や遺伝子異常などが挙げられる。遺伝子検査の進歩により膵炎発症に関連する遺伝子が同定され、発症機序や臨床像の解析が進んでいる。 今回、姉の再発性膵炎を契機に、遺伝子異常が見つかり、弟の発症時に、早期に診断がついた症例を経験したので報告する。
  • eNOS欠損糖尿病マウスにおいてnitric oxideの生物学的利用能の減少はHB-EGF発現を亢進させる, 宮沢 朋生, 杉本 圭相, 西 一美, 岡田 満, 竹村 司, 第48回日本小児腎臓病学会,   2013年06月, 第48回日本小児腎臓病学会
  • IgA腎症におけるフラクタルカイン発現の検討, 西 一美, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 塩谷 拓嗣, 岡田 満, 竹村 司, 近大医学会,   2013年07月, 近大医学会
    概要:【はじめに】 IgA 腎症は、糸球体メサンギウム領域に IgA がびまん性に沈着する糸球体腎炎である。その発症や進行には上気道炎や腸管感染が契機となることから粘膜組織での免疫応答の異常が示唆されている。メサンギウム増殖には、浸潤した炎症細胞や腎固有細胞から分泌されるサイトカインが関与する。炎症細胞は細胞接着分子と細胞遊走の機能をあわせもち炎症部位に到達する。フラクタルカイン (FKN) は活性化血管内皮細胞に発現する細胞膜結合型ケモカインであり、セレクチンやインテグリンの活性に依存することなく免疫細胞の接着を誘導する。フラクタルカイン受容体 (CX3CR1) は、単球・リンパ球・樹状細胞で発現しており、糸球体腎炎モデルでは、糸球体血管内皮細胞の発現が誘導され、糸球体内に浸潤した炎症細胞に CX3CR1 の発現を認める。 【目的・方法】我々は、小児期に発症した微少変化型ネフローゼ症候群(MCNS) 、紫斑病性腎炎 (HSPN) 、IgA腎症 (IgAN) 、ループス腎
  • 無γグロブリン血症の経過中に高度の尿細管間質性腎炎組織像を示し慢性腎不全を呈した1例, 益海 大樹, 上田 悟史, 藤田 真輔, 西 一美, 宮沢 朋生, 岡田 満, 杉本 圭相, 竹村 司, 日本腎臓病学会,   2013年09月, 日本腎臓病学会
  • Epithelial cell transforming sequence 2 の no-functioning genotype と小児の巣状糸球体硬化症, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 岡田 満, 西 一美, 塩谷 拓嗣, 第4回分子腎臓フォーラム,   2013年09月, 第4回分子腎臓フォーラム
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症の理解と治療について  , 岡田 満, 小児慢性特定疾患患児・家族の学習・交流会,   2013年10月, 小児慢性特定疾患患児・家族の学習・交流会
    概要:患者家族の方に対して、成長ホルモン分泌不全性低身長症についてに、わかりやすく解説した。
  • Bruton型無γグロブリン血症に合併した尿細管間質性腎炎の1例, 西 一美, 塩谷 拓嗣, 益海 大樹, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 上田 悟史, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 小児腎不全学会,   2013年10月, 小児腎不全学会
    概要:【症例】20歳男性【現病歴】生後3カ月時にBruton型無γグロブリン血症と診断され、免疫グロブリン製剤の定期補充を行っている。2年ほど前より腎機能障害が認められ、その後BUN 30㎎/dl、Cr 1.5㎎/dlまで上昇し、尿中β2-MGが32550μg/lを示したため、精査加療目的にて入院となった。発熱や浮腫、高血圧、および多飲・多尿などの症状は認められなかった。尿蛋白(1+)、尿潜血(‐)、尿中decoy cellは陰性。IgG 685㎎/dl、IgG4 5.5㎎/dl、ACE 14.7U/l、ANA陰性、シスタチンc 1.96㎎/l、電解質異常は認めていない。腹部超音波、CTでは尿路奇形は認められず、両腎の腫大が認められた。Gaシンチでは両側の腎にのみ集積を認めた。腎生検では、糸球体数は11個認め、うち6個は線維性硬化、1個は半月体形成が認められた。2個の糸球体に代償性腫大を認めた。間質にはリンパ球を主体とした著明な細胞浸潤と尿細管萎縮が認められ、尿細管細胞内に封入体は認められなかった。蛍光染色ではIgG、IgG4は陰性
  • Ganciclovir耐性が疑われFoscanet治療にて1年かけ治癒しえた先天性サイトメガロウイルス感染症の1例, 宮崎 紘平, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 第45回日本小児感染症学会,   2013年10月, 第45回日本小児感染症学会
    概要:症例報告
  • Nonfunction of ECT2 gene may cause renal tubulointerstitial injury leading to focal segmental glomerulosclerosis, 伊豆 亜加音, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 西 一美, 岡田 満, 竹村 司, ASN Kidney week 2013 annual meeting,   2013年11月, ASN Kidney week 2013 annual meeting
    概要:Backgroud. Secondary focal segmental glomerulosclerosis (FSGS) follows congenital or acquired tubulointerstitial alterations such as in Dent's disease, Lowe syndrome, and reflux nephropathy. The epithelial cell transforming sequence 2 gene (ECT2) contributes to tight junction function in epithelial cells. Results. Renal biopsy specimens showed marked tubulointerstitial nephritis at onset of proteinuria, later progressing FSGS consequent to tubulointerstitial injury. The patients did had no respond to corticosteroids, and attained only incomplete remission upon cyclosporine A administration. One patient received a maternal renal transplant with good function and no rejection. Conclusions. ECT2 is important for tight junction function and maintenance of cell polarity. Nonfunction of this gene may cause renal tubulointerstitial injury, progressing to glomerular sclerosis.
  • PFAPA 症候群と IgA 腎症, 杉本 圭相, 西 一美, 宮沢 朋生, 岡田 満, 竹村 司, American Society of Nephrology,   2013年11月, American Society of Nephrology
  • 甲状腺機能亢進症の母体から出生した先天性十二指腸閉鎖症の1例, 藤田 真輔, 和田 紀久, 岡田 満, 竹村 司,   2013年
  • 小頭症、てんかん、拡張型心筋症、血小板減少症を伴った低ガンマグロブリン血症の一例, 藤田 真輔, 丸谷 怜, 坂田 尚己, 岡田 満, 和田 紀久, 竹村 司, 小児免疫・アレルギー研究会,   2013年, 小児免疫・アレルギー研究会
  • レベチラセタムが奏功した、Epilepsy with continuous spikes and waves during slow wave sleepの1例, 井庭 慶典, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 大阪てんかん研究会,   2013年, 大阪てんかん研究会

MISC

  • 難治性紫斑病性腎炎に対するMMF療法が急性腎障害の原因と考えられた2例, 杉本 圭相, 長井 恵, 宮沢 朋生, 塩谷 拓嗣, 宮崎 絋平, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 36, 191, 194,   2016年07月
    概要:これまで紫斑病性腎炎(HSPN)に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)の使用報告例は少ない。今回、小児期発症難治性HSPNにMMF導入後、急性腎障害をきたした2症例を報告する。【症例】症例1は2歳女児。HSPN(ISKDC grade IVa)。症例2は7歳女児。HSPN(grade IIIb)。2症例とも入院時よりネフローゼ症候群を合併し、血漿交換、多剤併用療法にて寛解が得られず、MMFを導入した。症例1では消化器症状、腎機能障害を呈し、腎組織にて急性尿細管壊死の所見を認めた。症例2も同様に消化器症状、腎機能障害を認めたため、中止した。2症例ともMMF中止後は自然経過した。【考察】HSPNに対するMMFの作用機序にはまだ不明な点が多く、症例の蓄積とともに慎重な経過観察が必要である。(著者抄録)
  • 小児の特発性高Ca尿症 スクリーニングする際の基準値について, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 坂野 一美, 日本小児科学会誌, 90, 12, 2701, 2706,   1986年12月
    概要:健常小児の,1)尿中Ca排泄量は,体重,体表面積,ならびにNaやMg排泄と相関関係を示した.2)尿中Ca/Cr比は,早朝第1尿においては高値を示す場合があり,変動の少ない早朝第2尿が高Ca尿症をスクリーニングするためには適当であると考えられた.3)健常な小児の尿中Ca排泄量の上限(平均+2SD)は,外来受診時尿でCa/Cr比0.26,また24時間蓄尿でCa 4.1 mg/kg/日であった.4)尿中Ca排泄量には日々の変動があり,繰り返し測定して常に基準値を越えている場合のみを高Ca尿症と診断すべきである.5) 2例の特発性高Ca尿症患者を経験し,経口Ca負荷試験により,それぞれrenal type, absorptive typeと診断した.前者には軽度の血尿が認められたが,後者は無症状であった
  • 常染色体優性多発性嚢胞腎に紫斑病性腎炎を合併した1例, 永田 知裕, 宮沢 朋生, 塩谷 拓嗣, 西 一美, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 29, 1, 45, 48,   2016年04月
    概要:今回、我々は紫斑病性腎炎を合併した常染色体優性多発性嚢胞腎(autosomal dominant polycystic kidney disease:ADPKD)の1症例を経験した。症例は7歳の女児。溶連菌感染から3週間後に、下腿の微小出血斑と関節痛が出現し、Henoch-Schoenlein紫斑病と診断された。安静のみで症状は改善したが、紫斑病の発症から8週後の尿検査で尿蛋白、尿潜血がみられたことから、紫斑病性腎炎が疑われた。また、ADPKDの家族歴があり、腹部MRIで両側腎に多数の嚢胞を認めたことから、ADPKDと診断した。全身麻酔下で外科的腎生検を行い、紫斑病性腎炎International Study of Kidney Disease in Children(ISKDC)分類Grade IIIbと診断した。カクテル療法を実施して、臨床的寛解が得られたため、54病日に退院となった。これまでにADPKDに紫斑病性腎炎を合併した報告例は我々が検索した限り存在せず、今後の腎機能の推移について、長期的な注意深い経過観察が必要と考えられた。(著者抄録)
  • 意識障害と低ナトリウム血症をきたした川崎病の1例, 岡田 満, 藤山 忠清, 山本 隆, 小児科臨床, 42, 7, 1473, 1476,   1989年07月
  • 難治性てんかんおよび巣状糸球体硬化症を合併した歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症の1例, 井庭 慶典, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 西郷 和真, 岡田 満, 竹村 司, 大阪てんかん研究会雑誌, 26, 1, 13, 18,   2015年12月
    概要:歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)は小児期発症例では進行性ミオクローヌスてんかん、知的障害、小脳失調などの臨床像を呈する。一方、巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)は糸球体が巣状、分節性に硬化する疾患で、一般に腎予後は不良である。今回我々は難治性てんかんおよびFSGSを合併したDRPLAの1例を経験したため報告する。症例は17歳、女性。母親がDRPLAを持つが、腎疾患の家族歴はない。小学校低学年より学習困難や発語の稚拙さを認め、10歳代後半から歩行障害が出現した。11歳時に複雑部分発作が出現し、バルプロ酸にて発作は完全抑制されていたが、17歳時より、複雑部分発作や二次性全般化発作が頻繁に出現するようになった。また10歳時より尿蛋白を認めた。脳波検査で両側前頭部に棘徐波複合を認め、DRPLA遺伝子のCAGリピートに異常伸長を認めた。腎生検では巣状に分節性硬化を認めた。てんかんの治療として、バルプロ酸及びラモトリギンでは発作の改善を認めず、レベチラセタム(LEV)を追加したところ、発作は完全に抑制された。近年DRPLAに対するLEVの有効性が報告されている。またFSGSを合併したDRPLAの症例は過去に3例報告されている。今後症例の蓄積により、FSGSとDRPLAの合併が単なる偶然ではなく、一元的な要因で発生するのか明らかになることが期待される。(著者抄録)
  • 日本人ネフロン癆患者の実態とその特徴について, 塩谷 拓嗣, 杉本 圭相, 西 一美, 宮沢 朋生, 宮崎 紘平, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 近畿大学医学雑誌, 40, 3-4, 83, 90,   2015年12月
    概要:ネフロン癆は、小児の末期腎不全の原因のうち、約4〜5%を占める重要な疾患である。この研究では、本邦において、臨床・組織学的にネフロン癆が疑われた35名の患者について、発見動機、腎症状の特徴、腎外症状の分析ならびにNPHP遺伝子解析を実施した。疑い例を含む患者発生状況は、47都道府県から大きな偏りなく患者が発生しており、地域偏在性はなかった。また、男女比についても、明らかな性差はなかった。同胞での発症は3家系に認められた。患者年齢の中央値は、12.5歳であった。発見動機は、学校検尿などのマススクリーニング検査によるものの頻度は低く、他の疾患での検査時、あるいは健診で、偶然腎機能障害が発見されたものを含めても全体の50%以下であった。また発見の引き金となった症状も、腎に関連する症状よりもむしろ、身体発育不全や貧血といった腎外症状を呈するものが多かった。尿異常の特徴としては、低比重尿や低分子蛋白尿の頻度が高かった。腎組織所見としては、腎髄質を中心とする尿細管の嚢胞様拡張、尿細管基底膜の不規則性変化は高頻度に存在していた。NPHP遺伝子解析と日本人の特徴としては、NPHP1異常が最も多く、large deletionが多かった。また、NPHP1、NPHP3、NPHP4の各遺伝子にヘテロの異常を1個ずつ有する複合型ヘテロ接合体が、欧米と同じくわが国にも存在することが明らかとなった。(著者抄録)
  • 周期性ACTH・ADH分泌過剰症の1例, 岡田 満, 石渡 淳一, 吉岡 加寿夫, 小児科診療, 55, 9, 1914, 1918,   1992年09月
  • 様々な免疫抑制剤や血漿交換療法に抵抗した2歳発症の紫斑病性腎炎VI型の1例, 西 一美, 長井 恵, 塩谷 拓嗣, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 28, 1, 50, 54,   2015年04月
    概要:紫斑病性腎炎は、Henoch-Schoenlein紫斑病に合併する腎炎で、ステロイド抵抗性の場合、現在のところ確立された治療方法はない。今回我々は、2歳発症の紫斑病性腎炎で、ステロイドパルス療法・カクテル療法(シクロフォスファミド・シクロスポリン・ミゾリビンを含む)・血漿交換療法で十分な効果が得られず、ステロイドとミコフェノール酸モフェチルの併用にて不完全寛解に至った1症例を経験した。本症例は、これまでのHSPNの症例報告のなかでは最年少であり、ISKDC分類VI型を呈し、腎予後不良因子とされている半月体形成、持続する高度蛋白尿、高血圧を認めた。さらに、未熟糸球体が多く残存した状態での発症で、今後の糸球体成熟が障害されて硬化病変が進行することが予想され、腎予後は極めて不良であると思われる。(著者抄録)
  • 特異な糸球体所見を認めた小児腎疾患の3例 脂質沈着症との相同性について, 西 一美, 杉本 圭相, 塩谷 拓嗣, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, Therapeutic Research, 35, 11, 977, 979,   2014年11月
    概要:症例1は14歳女子で、5歳時発症のネフローゼ症候群に対して腎生検を施行し、び漫性に軽度のメサンギウム細胞の増殖と基質の増加、糸球体血管内腔の著明な拡張を認め、内腔には脂肪滴が充満していた。リポ蛋白糸球体症(LPG)を疑って脂質異常症薬、ACE阻害薬、ARBの内服を行い、寛解に至った。症例2は9歳女児で、学校検尿で尿蛋白・潜血を指摘され、CCr高値となった。腎生検でメサンギウム細胞の増殖や基質の増加はなく、糸球体の腫大と毛細血管内腔の拡大を認め、PAS陽性の無構造な脂質が充満していたが、LPGの診断基準は満たさなかった。症例3は14歳男子で、ネフローゼ症候群疑いで腎生検を施行し、び漫性にメサンギウム細胞の増殖とメサンギウム基質の増加を認め、内皮下とメサンギウム領域にPAS陽性の沈着物を認めた。メサンギウム増殖性腎炎の診断でカクテル療法を開始したが、尿蛋白増加のためシクロスポリン導入となった。
  • ヒト腎疾患におけるフィブロネクチンレセプターとヴィトロネクチンレセプターの発現, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 竹村 司, 日本腎臓学会誌, 35, 10, 1139, 1146,   1993年10月
    概要:1)正常腎組織の糸球体上皮細胞においてフィブロネクチンレセプターの存在が確認された。2)各種腎疾患での検討では,種々の病型でフィブロネクチンレセプターとヴィトロネクチンレセプターの糸球体での染色性は,メサンギウムの増殖が高度になるにつれて増強される傾向がみられた。しかし,硬化部位や硝子化糸球体では逆に減弱していた。3)フィブロネクチンとフィブロネクチンレセプター,ヴィトロネクチンとヴィトロネクチンレセプターは,糸球体で一致して認められる場合とそうでない場合があった。4)フィブロネクチンレセプターとヴィトロネクチンレセプターのmRNAレベルでの発現が,腎疾患においてin situハイブリダイゼーション法により確認された
  • Bruton型無ガンマグロブリン血症に合併した尿細管間質腎炎の1例, 西 一美, 塩谷 拓嗣, 益海 大樹, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 上田 悟史, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 34, 63, 65,   2014年07月
    概要:症例は20歳男性で、生後3ヵ月時にBruton型無ガンマグロブリン血症と診断され、以後、免疫グロブリンの定期補充を行っていた。今回、腎機能障害および尿中β2ミクログロブリンの上昇を認めたため、精査加療目的に入院となった。腎生検の結果、尿細管間質腎炎と診断し、ステロイドパルス療法3クールを含む、ステロイド療法を開始したところ、尿中β2ミクログロブリンの低下、腎機能の改善を認めた。
  • ミゾリビン併用療法が有効と思われた小児皮膚筋炎の1例, 岡田 満, 福島 強次, 竹村 司, 小児科臨床, 47, 7, 157, 160,   1994年07月
    概要:副腎皮質ステロイド剤の減量中に皮膚症状の増悪をきたした小児皮膚筋炎の5歳女児。ミゾリビン併用療法を行って有効であった。副作用は認められなかった
  • 【共に学ぼう!診療録記載・プレゼンテーションのすすめ】 診療録 初診診療録の書きかた(入院), 岡田 満, 小児科診療, 76, 4, 527, 533,   2013年04月
  • 血液透析を要した溶連菌感染後糸球体腎炎(PSAGN)の1男児例, 松山 和史, 宮崎 絋平, 杉本 圭相, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 32, 41, 43,   2012年07月
    概要:3歳3ヵ月男児。発熱、乏尿および顔面浮腫を主訴とした。全身状態、尿および血液検査所見がネフローゼ症候群の診断基準を満たしたが、腎機能障害が著明で、ASOも高値であったことから、溶連菌感染に伴う急性糸球体腎炎および急性腎不全と診断した。乏尿、代謝性アシドーシスおよび高カリウム血症を呈していたため、利尿剤、重炭酸ナトリウム、グルコース・インスリン療法といった支持療法を開始した。しかし、効果がなく、翌日より血液透析を導入した。導入後は症状が改善し、3日間で血液透析を離脱した。その後、BUNやクレアチニンは正常化したが、尿蛋白や潜血が遷延していたため、第29病日に腎生検を施行した。溶連菌感染後糸球体腎炎に特徴的な所見を認めなかったが、半月体を伴う管内増殖性腎炎と確定診断し、ACE阻害薬を開始した。潜血尿は持続していたが、蛋白尿が減少傾向を示したため、第50病日に退院となった。
  • 【クローズアップ腎・泌尿器】 診断の基本と進歩 遺伝子診断の臨床応用 嚢胞性腎疾患, 岡田 満, 小児内科, 44, 2, 216, 220,   2012年02月
    概要:<Key Points>(1)現時点では、ADPKDの診断を目的とした遺伝子診断は一般的には行わない。また、ARPKDの遺伝子診断は、わが国ではほとんど行われていない。(2)ネフロン癆に関しては、わが国では遺伝子診断がまだ一般に浸透しておらず、確定診断のために腎生検が実施されることが多い。(3)今後も嚢胞性腎疾患において、新しい原因遺伝子が同定されていく可能性が高いが、遺伝子診断の臨床応用には十分な倫理面での配慮が必要である。(著者抄録)
  • Posterior reversible encephalopathy syndromeが疑われた7例に関する検討, 井庭 慶典, 長井 恵, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 田端 信忠, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 大阪てんかん研究会雑誌, 22, 1, 17, 20,   2011年11月
    概要:Posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)は後頭葉・頭頂葉領域を中心に、皮質および皮質下の血管原性浮腫を来たす疾患である。高血圧を伴うことが多く、背景に腎疾患、子癇などの婦人科疾患、免疫抑制剤(シクロスポリンA、タクロリムス)などにより発症することが知られている。無熱時痙攣を主訴とすることも多く、高血圧も必発ではないので、早期のMRIが時としててんかんとの鑑別診断に有用である。予後は基本的には良好であるが、必ずしも可逆的とはいえない。今回、我々はPRESを来した7症例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • ネフローゼ症候群における血栓合併症, 井庭 慶典, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 24, 1, 54, 59,   2011年04月
    概要:血栓発症の背景にはさまざまな基礎疾患が存在し、さらに動脈血栓と静脈血栓ではその基礎疾患や発症病態も異なる。臨床的には単一因子ではなく、多くのリスク因子が混在し血栓が発症すると考えられる。ネフローゼ症候群は血栓形成の基礎疾患として重要であり、合併症として静脈血栓症はよく知られており、その発症には血液粘稠度の亢進に加え、凝固阻止因子の低下が発症の原因と考えられている。今回、ネフローゼ症候群の再発時に2臓器にわたり動脈血栓をきたした症例を経験したので、その血栓発症における病態と治療法を含めた今後の問題点について述べる。(著者抄録)
  • ネフロン数過少による腎障害についての検討, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, 宮崎 紘平, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 23, 2, 160, 163,   2010年11月
    概要:慢性糸球体腎炎の治療が進歩した今日、小児科領域では腎機能低下をきたす原因として、低形成腎(renal hypoplasia)などの先天性腎疾患の割合が高くなっている。正常腎と比較して機能的ネフロンの絶対数の少ない低形成腎では糸球体への過剰濾過の状態が持続することにより、糸球体硬化症が発症する。過少ネフロン症は病理組織学的にネフロン数の減少を認め、代償性肥大と考えられる糸球体腫大、線維化や硬化病変を生じる。今回われわれは、過少糸球体と腎症発症について、5症例の腎生検組織標本に画像解析装置を用いて検討した。組織学的に巣状糸球体硬化を認めた2症例で単位面積あたりのネフロン数の著明な減少を認め、残りの3症例で軽微な組織所見を呈した。また、全症例にて代償性と思われる糸球体腫大を認めた。(著者抄録)
  • 小児腎臓病における医学教育, 岡田 満, 日本小児腎臓病学会雑誌, 23, 2, 183, 188,   2010年11月
    概要:小児腎臓病における医学教育について、筆者の個人的な経験と見解をもとに概説した。特に、日本小児腎臓病学会において、これまでに行われてきた医学教育関連の内容、現在行われている若手小児腎臓医のためのパワーアップセミナー、これから行うべき医学教育項目について記載した。今後、医学生、初期研修医、および後期研修医に対して、小児腎臓病の魅力や小児腎臓病医としてのキャリアデザインを呈示し、さらに日本小児腎臓病学会における卒前、卒後教育方針もアピールして、少しでも多くの若手医師が小児腎臓病に興味を持っていただきたいと願っている。(著者抄録)
  • 女性医師は何を求め、何を求められているのか, 人見 佳枝, 岡田 満, 総合病院精神医学, 22, 3, 239, 244,   2010年07月
  • 著明な高IgE血症を呈し、STAT3遺伝子に変異を認めた微小変化型ネフローゼ(MCNS)の1例, 宮沢 朋生, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 22, 2, 178, 180,   2009年11月
    概要:STAT3に変異を認めたI型高IgE症候群(HIES)に、微小変化型ネフローゼ(MCNS)を発症した1例を経験した。血清IgE値は、4000〜25000IU/mlと著増していた。ネフローゼは、ステロイド反応性と抵抗性を繰り返した。STAT3の変異は、Trans-activation domain内のexon23に、A744V(GCT→GTT)のヘテロ変異であり、新規の異常であった。われわれの症例では、関節、骨・軟部組織などの異常の合併は認められなかった。その理由としては、変異部位がTrans-activation domain内にあり、シグナル伝達に最も影響するDNA binding domain部ではなかったことなどが推測される。(著者抄録)
  • ミゾリビン吸収におけるhuman Na+/nucleoside cotransporter(hCNT2)に関する検討, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 小林 真規, 柴崎 敏昭, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 21, 2, 122, 125,   2008年11月
    概要:MZRの吸収メカニズムについてはいくつかの報告がみられるが、詳細は不明な点が多い。今回われわれは、ミゾリビン(MZR)吸収におけるhuman Na+/nucleoside cotransporter(hCNT2)輸送系の役割について検討した。MZRの吸収には、腸管におけるhCNT2による輸送機構が関与していることが証明された。イノシン酸が競合的にMZRの吸収を抑制したことから、食事の影響に配慮した投薬法を考慮すべきであると考えられた。また、hCNT2の変異とMZR吸収率との相関は、今回の検討では認められなかった。しかし、今後は症例数を拡大して検討を行う必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 細胞接着における膜結合型Heparin-binding EGF-like growth factorの生物学的機能, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 21, 2, 126, 133,   2008年11月
    概要:HB-EGF,Heparin-binding EGF-like growth factors(HB-EGF)はEGFファミリーに属し、ヘパリン結合EGF様ドメインを含む細胞膜貫通型の前駆体(ProHB-EGF)として合成される。ProHB-EGFとして細胞膜表面に発現した後、プロテアーゼによるプロセッシングをうけ、遊離型HB-EGF(solubleHB-EGF)となり、その受容体であるEpidermal growth factor Receptor(EGFR)に結合し、活性化させる。proHB-EGFはsHB-EGFの単なる前駆体としてだけではなく、膜蛋白質としても機能しており、隣接する細胞表面のEGFRと結合することでその生物学的活性を発現する(Juxtacrine活性)。プロセシングを抑制させた非分泌型膜結合型HB-EGFを強制発現させたMDCK II細胞が、培養plastic dish上において、細胞接着と運動能の促進を認め、さらにEGF様ドメインのチロシンリン酸化を抑制した変異型非分泌型膜結合型HB-EGF細胞では、それらが抑制された。Western Blotting解析では、前者におけるFocal Adhesion Kinase(FAK)、パキシリンのリン酸化発現が高いことが確認され、細胞接着および運動能におけるHB-EGFの関与を示唆するとともに、非分泌型HB-EGF細胞において、EGFR活性が細胞の動態に深く関与していることを根拠づける結果であると考えられた。(著者抄録)
  • シクロスポリン(CyA)療法と生後残存未熟糸球体(F-GL)のmaturation failureに関する検討, 藤田 真輔, 岡田 満, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 21, 2, 134, 137,   2008年11月
    概要:CyAは、適正な血中濃度を厳守した場合、約2年間は腎障害も少なく、安全に使用できる。私たちは、通常のCyA療法を実施したにもかかわらず、約2年間の投与で著明な糸球体虚脱〜硬化に至った複数の症例を経験し、その一因に、未熟糸球体の残存が関与している可能性を見出した。対象は4名の頻回再発型ネフローゼの男児であり、CyAの使用量は、61.4±8.2ng/ml。初回投与年齢は1.4〜5.2歳であった。未熟糸球体の判定は、一般顕微鏡による構造観察と免疫組織学的検討を総合して決定した。CyA療法前腎生検で、全糸球体のうち、23〜39%に未熟糸球体の出現が認められた。2年後の評価では、成熟が停滞している未熟糸球体は、依然10〜25%残存し、さらに5〜17%の糸球体では、未熟糸球体のまま虚脱〜硬化に至る像が観察された。残存未熟糸球体と虚脱〜硬化糸球体の和は、CyA療法前の未熟糸球体の総数とほぼ一致していた。(結論)CyAは、未熟糸球体の生後成熟化障害をきたすことが示唆された。(著者抄録)
  • 新規のPAX2遺伝子変異を有し、精神発育遅滞を伴った腎コロボーマ症候群の1例, 中野 万智子, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 21, 2, 212, 216,   2008年11月
    概要:今回われわれは、新規のPAX2遺伝子異常を有し、精神発育遅滞を伴った腎コロボーマ症候群の1例を経験した。13歳時に、すでに軽度な腎機能低下と中等度の蛋白尿を認めていた。腎生検では、メサンギウム基質の増加と糸球体虚脱、糸球体周囲の繊維化、尿細管基底膜の肥厚や萎縮、間質の細胞浸潤と繊維化を認め、腎コロボーマ症候群に合致する所見であった。両眼ともにコロボーマを認めた。PAX2遺伝子解析を実施したところ、エクソン3の130番目のプロリンがヒスチジンに変化する新規のヘテロの変異を認めた。観察開始後、約5年間で腎機能はほぼ廃絶状態に達しており、最近、血液透析に移行している。(著者抄録)
  • 【腎・泌尿器疾患診療マニュアル 小児から成人まで】 尿検査異常を有する人への生活指導(小児), 岡田 満, 日本医師会雑誌, 136, 特別2, S126, S127,   2007年10月
  • 【腎・泌尿器疾患診療マニュアル 小児から成人まで】 尿細管機能異常症 Dent病, 岡田 満, 日本医師会雑誌, 136, 特別2, S240, S241,   2007年10月
  • 【新感染症学 新時代の基礎・臨床研究】 感染症学総論 感染症の治療 治療指針・ガイドライン 腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断・治療のガイドライン, 岡田 満, 日本臨床, 65, 増刊2 新感染症学(上), 269, 272,   2007年02月
  • ナルコレプシーが疑われた1男児例, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 辻井 農亜, 人見 一彦, 磯川 貞之, 大阪てんかん研究会雑誌, 16, 1, 7, 11,   2005年10月
  • 急性腎不全を併発し,保存的治療にて回復し得たJeune症候群の1例, 杉本 圭相, 岡田 満, 柳田 英彦, 八木 和郎, 篠原 徹, 竹村 司, 日本小児腎不全学会雑誌, 25, 84, 87,   2005年08月
    概要:18歳男.生後6ヵ月時にJeune症候群と診断されており,7年前に心不全で入院した際に腎機能障害を指摘され外来経過観察されていた.今回,発熱,咽頭痛,軟便,悪心が出現し,市販薬を内服したが症状は持続した.血液生化学検査で正球性正色素性貧血,高カリウム血症,肝機能障害,腎機能低下を認め,尿所見ではCCr低下,β-2MG著明上昇を認めた.薬剤誘発性の可能性を考え,既往外来処方薬のACE阻害剤,A-II受容体拮抗薬,フィブラート製剤,ジゴキシンは中止し,球形吸着剤および血清カリウム抑制剤の内服,エリスロポイエチン皮下注射を開始した.入院3日目よりカリウム値および腎機能の改善を認め,肝機能も7日目には改善傾向を示し,22日目に正常化した.腎生検所見では糸球体の半数に硝子化を認め,その周囲の間質では軽度〜中等度の線維化を認めた.残存糸球体ではボウマン嚢の線維性肥厚と,軽度に巣状にメサンギウム細胞およびメサンギウム基質の増加を認めた.定期処方薬および市販薬における薬剤添加リンパ球刺激試験は陰性であった
  • シクロスポリンおよびRAAS系トリプルブロッカーにより改善を認めた重症紫斑病性腎炎の1例, 山本 清一郎, 岡田 満, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 八木 和郎, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 18, 1, 49, 52,   2005年04月
    概要:8歳女児.患者は初め腹痛,下肢の紫斑で近医を受診,投薬を受けるも嘔吐,血便等の消化器症状の増悪で某病院に入院となった.アレルギー性紫斑病の診断でステロイド剤,第XIII因子製剤にて消化器症状は改善したものの,経過中より出現した血尿,蛋白尿の増加で今回,著者らの施設へ紹介入院なった.尿所見ではネフローゼ症候群を呈し,腎生検では糸球体53個中20個に細胞性半月体形成とメサンギウム細胞の増殖,基質の増加を認め,紫斑病性腎炎ISKDC分類IIIbと診断した.シクロフォスファミド(CPM)によるカクテル療法,メチルプレドニゾロンパルス療法,血漿交換療法を行なったが蛋白尿の改善は得られず,CPMをシクロスポリン(CyA)に変更,アンジオテンシンII受容体拮抗剤,抗アルドステロン剤を追加することで蛋白尿は徐々に減少し,退院となった.尚,退院後,CyAの副作用(多毛)で,ミゾリビンに変更したが1日尿蛋白量は0gで維持されている
  • アクチビン・フォリスタチン系によるproper tubulogensisの成立とその機序, 柳田 英彦, 岡田 満, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 田端 信忠, 竹村 司, 発達腎研究会誌, 12, 1, 36, 40,   2004年09月
    概要:アクチビン・フォリスタチン系によるproper tubulogensisの成立とその機序について検討した.方法は,培養尿管芽細胞(UBC)と後腎由来の間葉細胞(MS-7)を用い,RT-PCR法でactivinおよびfollistatinの発現と,UBCのbranching発現状態の変化を検討した.その結果,1)activinはquiescentなUBCで既に認められ,phorbol esterの添加によるprotein kinase C(PKC)経路の刺激で発現が増強したが,follistatinの発現は認めなかった.2)MS-7ではactivinの出現は認めず,follistatinはphorbol esterの添加によるPKC経路の刺激で発現が増強した.3)UBCにrs-HB-EGF添加で高度な樹枝状のbranchingが観察されたが,activinの同時添加でbranchingは完全に抑制され,vivoでの尿細管構造類似の1本の直線状の分化を呈した.4)UBCの先端部ではapoptosisの誘導を認めた.5)UBCのbranchingに必要なPI-3 kinase活性はactivinで抑制され,follistatin添加で中和された
  • 長期に観察し得たDent病の2症例 15〜20年の追跡, 池岡 恵, 池田 優, 八木 和郎, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 岡田 満, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会雑誌, 16, 2, 65, 68,   2003年11月
    概要:Dent病を含めた欧米のCLCN5遺伝子異常症は,骨病変の発症や腎機能低下に至る可能性が強いことを特徴としているが,一方,日本型Dent病(J-Dent)は,欧米でのDent病と比較してこれらの重篤な症状が少なく,比較的予後良好と考えられてきた.しかし,今回,著者等は,欧米のDent病の経過に類似した症状を示したJ-Dentの1例を経験した.そこで,この症例を含め,10年以上にわたる長期の臨床経過を観察しえたJ-Dentの2男児例について報告した
  • 【尿細管間質病変】 尿細管間質障害の治療 免疫学的治療, 岡田 満, 竹村 司, 腎と透析, 55, 3, 503, 508,   2003年09月
  • Noncleavable mutantsを用いた膜結合型HB-EGF(proHB-EGF)のm-IMCD cellに対するbranching tubulogenesisの誘導の検討, 柳田 英彦, Singh Amar, 岡田 満, 竹村 司, Harris Raymond C., 発達腎研究会誌, 11, 1, 16, 18,   2003年09月
    概要:EGF family成長因子であるheparin-binding epidermal growth factor(HB-EGF)のmurine inner medullary collecting duct(m-IMCD3)cellに対するbranching tubulogenesis誘導について検討した。実験ではm-IMCD3に分泌型(s)HB-EGFを発現させ、type I collagen gel内で培養し、一方pro HB-EGF、その細胞外ドメインの12個のアミノ酸(aa)からなるs-HB-EGFの切断部位を含む領域から各々5個・9個・12個のアミノ酸を欠失させたnoncleabable mutantを作成し同様の条件で培養した。その結果、12aa deletion mutantでは短い樹枝状のbranchingのみが観察され、9aa deletion mutantでは短い樹枝状のbranchingと長い樹枝状のbranchingが混在して認められた。5aaとpro HB-EGFでは長い樹枝状のbranchingのみが観察され、s HB-EGFの発現細胞ではstalk lengthの長い樹枝状のbranchingのみが観察された。またこれらのbranchingはPI-3 kinase inhibitorやMAPK inhibitor及びα3β1 integrin blockerの添加により抑制された。以上よりHB-EGFのm-IMCD3 cellのbranchingの誘導はPI-3 kinase、PKC活性などの細胞内伝達や細胞外マトリックスとのインターアクションなどの種々の因子によって規制されることが示唆された。
  • 【血尿・蛋白尿】 慢性糸球体腎炎の発症と進展の機序, 岡田 満, 竹村 司, 小児内科, 35, 5, 820, 825,   2003年05月
  • 【新世紀の感染症学 ゲノム・グローバル時代の感染症アップデート】 グローバル時代の感染症治療法 治療指針 腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断・治療のガイドライン(日本小児腎臓病学会), 岡田 満, 竹村 司, 日本臨床, 61, 増刊2 新世紀の感染症学(上), 657, 663,   2003年02月
  • Well-balanced branching tubulogenesisにおけるアクチビン-フォリスタチン系,及びTGF-βの役割とその機序, 竹村 司, 桑島 宏彰, 柳田 英彦, 八木 和郎, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 発達腎研究会誌, 10, 1, 57, 61,   2002年08月
    概要:成熟した尿細管の最終管腔構造の形成過程におけるactivin-follistatin系とTGF-βの役割について検討した.activin βAは,quiescentな培養尿管芽細胞(UBC)で既に認められ,phorbol esterの添加によるproteinkinase C(PKC)経路の刺激により発現が増強された.MS-7では,activin βAの発現は認められなかった.follistatinとTGF-βの発現は,UBCでは発現されず,後腎由来の間葉系細胞であるMS-7で発現された.UBCへのrecombinant(r) soluble(s) heparin-bindingEGF-like growth factor(HB-EGF)の添加により,高度な樹枝状のbranchingが観察されたが,r-activin A或いはr-TGF-βの同時添加により,branchingがほぼ完全に抑制された.構築された管腔構造物には,アクアポリン2の発現が認められたことから,集合管としての性質を持つことが明らかとなった
  • 【膠原病・血管炎の腎障害】 アレルギー性紫斑病とleucocytoclastic vasculitisの腎障害, 岡田 満, 八木 和郎, 竹村 司, 吉岡 加寿夫, 腎と透析, 51, 1, 89, 93,   2001年07月
  • 月経に関連して蛋白尿を繰り返し,その後再発したネフローゼ症候群の1例, 原田 直美, 岡田 満, 日野 聡, 竹村 司, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病学会雑誌, 14, 1, 23, 26,   2001年04月
    概要:月経に関連して蛋白尿を繰り返し,その後再発したネフローゼ症候群の14歳女で,4歳時にネフローゼ症候群を発症し,頻回の再発を繰り返していた.シクロスポリン療法にて緩解が維持されていたが,初潮が始まる同時期に蛋白尿が出現した.1日蛋白量は3.1g認めたが,シクロスポリン療法を変更することなく経過観察したところ,月経終了後10日目に蛋白尿は消失した.以後も月経前後に蛋白尿を繰り返し,その後にネフローゼ症候群の再発を認めた.月経が蛋白尿の出現や再発に関連したと考えられた
  • 小児に対するシクロスポリン療法の適正使用と評価 ネフローゼ症候群治療の経験から, 岡田 満, 日本小児皮膚科学会雑誌, 19, 2, 159, 164,   2000年11月
  • 【糸球体疾患の病態の理解と治療の最前線】 エビデンスに基づいた治療の最前線 免疫抑制薬cyclosporinの適応と限界, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 内科, 86, 1, 115, 120,   2000年07月
  • ネフローゼ症候群を合併した先天性胆道閉鎖症術後肝硬変症の1男児例, 柳田 英彦, 竹村 司, 岡田 満, 村上 佳津美, 日野 聡, 八木 和郎, 福島 強次, 村田 由佳, 番 浩, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病学会雑誌, 12, 2, 141, 144,   1999年11月
  • 培養メサンギウム細胞と糸球体腎炎におけるheparin-binding EGF-like growth factor(HB-EGF)の発現とその役割, 村田 由佳, 竹村 司, 柳田 英彦, 日野 聡, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病学会雑誌, 11, 2, 157, 160,   1998年10月
    概要:HB-EGFは,メサンギウム増殖刺激ならびに細胞外マトリックス産生促進を介した糸球体腎炎の進展・増悪に関与する.また糸球体内での発現細胞は,メサンギウム細胞と浸潤細胞であり,HB-EGFはparacrine的に,またautocrine的に作用する
  • 膜結合型heparin-binding EGF-like growth factor(proHB-EGF)の尿細管形態形成作用 三次元培養での検討, 竹村 司, 日野 聡, 村田 由佳, 柳田 英彦, 八木 和郎, 福島 強次, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病学会雑誌, 11, 2, 161, 163,   1998年10月
    概要:胎生ラット腎組織では,HB-EGF蛋白は,尿管芽に強く認められ,またmRNAレベルでも強い発現を認めた.Phorbol esterにて,soluble formのHB-EGFを切断した後のproHB-EGF発現細胞は,無血清のplastic dish上のmonolayer cultureにて,branching像を呈した.無血清tyep I collagen gelを用いたthree dimensional culture systemでのproHB-EGF発現細胞の培養では,管腔側にmicrovilliを持つapical surfaceを,外側にはbasal surfaceを示す管腔構造特有の性格を示しながら分裂した
  • 培養OLETFラット・メサンギウム細胞の細胞増殖能と細胞外基質産生能に関する検討, 岡田 満, 竹村 司, 村上 佳津美, 日本小児腎臓病学会雑誌, 11, 1, 75, 77,   1998年04月
    概要:培養OLETFラット・メサンギウム細胞の[3H]-thymidine取り込み能は対照である培養LETOラット・メサンギウム細胞に比較して有意に低下した.又,アンジオテンシンII刺激下では,培養OLETFラット・メサンギウム細胞のmitogenic activityは有意に増加した.一方,OLETFラット・メサンギウム細胞のI型,III型,IV型コラーゲンmRNAの発現量は,LETOラット・メサンギウム細胞に比して増加した.又,アンジオテンシンII刺激下では,OLETFラット,LETOラット・メサンギウム細胞共にこれらのコラーゲンmRNAの発現量は増加したが,OLETFラット・メサンギウム細胞でより顕著であった.このように,OLETFラット・メサンギウム細胞でみられた細胞増殖能の低下と細胞外基質産生能の亢進は,メサンギウム基質増生が細胞増殖より顕著である糖尿病性腎症の組織像に一致する所見と考えられた
  • 【小児のネフローゼ症候群 最近の進歩】 ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の治療, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 小児内科, 29, 11, 1542, 1546,   1997年11月
  • 各種糸球体腎炎の治療(4) ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群のシクロスポリンによる治療, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 小児科, 38, 3, 229, 235,   1997年03月
  • テオフィリンが関与していたと考えられる新生児痙攣の一例, 葭井 操雄, 岡田 満, 島田 善弘, 大阪てんかん研究会雑誌, 6, 1, 27, 32,   1995年06月
  • MR-angiographyがスクリーニングに有用であったモヤモヤ病の1例, 月山 啓, 岡田 満, 竹村 司, 小児科臨床, 48, 3, 523, 526,   1995年03月
  • 難治性ループス腎炎(WHO4型)に対する血漿交換・サイクロフォスファマイド静注併用療法の試み, 竹村 司, 岡田 満, 赤野 則久, 日本小児腎臓病学会雑誌, 7, 2, 233, 238,   1994年11月
    概要:パルス療法を含むステロイド剤や各種の免疫抑制剤にコントロールが不良となり,サイクロフォスファマイド静注療法が施行されたが不応性であった,びまん性ループス腎炎2症例に対し,血漿交換・サイクロフォスファマイド静注併用療法を試みた。開始後2ヵ月頃より,血清補体価の上昇や赤沈値の改善とともに,蛋白尿の減少が認められた。腎機能も維持された。サイクロフォスファマイド静注療法のみでは,症状の改善が得られなかった症例が,この2つの組み合わせにより,サイクロフォスファマイドに対する反応性を再獲得できた
  • てんかんを合併したLanger-Giedion症候群(trichorhino-phalangeal症候群type 2)の1例, 竹村 司, 吉岡 加寿夫, 岡田 満, 脳と発達, 26, 5, 434, 438,   1994年09月
    概要:生後6ヵ月よりてんかんを合併し,24歳までfollow upしているLanger-Giedion症候群の男子例。遺伝性はみられず孤発例であった。身体発育,精神,言語の発達遅滞を認め,CTスキャンにて前頭部のarachnoid cystと脳波異常を伴っていた。多発性軟骨性外骨腫は上腕骨,橈・尺骨,大腿骨,脛骨,肋骨,肩甲骨に認められ,骨折を繰り返した。高精度バンド分析による染色体検査により,8番染色体の長腕部腕内欠失が証明された。現在患者はphenobarbitalとphenytoinにてけいれんは良好にコントロールされ,身障者訓練施設で作業訓練に従事している
  • 細胞接着因子 インテグリンと腎発生,小児腎疾患, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 牧 淳, 腎と透析, 37, 3, 497, 500,   1994年09月
  • 巣状糸球体硬化症(FGS)の兄妹例, 竹村 司, 吉岡 加寿夫, 岡田 満, 日本腎臓学会誌, 35, 7, 875, 880,   1993年07月
  • バファリン(R)によると考えられた急性間質性腎炎の1例 免疫担当細胞,サイトカインの分析を加えて, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 磯川 貞之, 日本腎臓学会誌, 34, 11, 1195, 1199,   1992年11月
  • 腎炎の進展と細胞外基質 組織化学的アプローチ, 吉岡 加寿夫, 岡田 満, 興和医報, 35, 3, 16, 21,   1992年03月
  • ヒト腎におけるterminal complement complexとS-protein(ビトロネクチン)の免疫組織化学的研究, 岡田 満, 近畿大学医学雑誌, 15, 1, 43, 58,   1990年03月
    概要:1)正常腎組織ではC3dは糸球体基底膜の上皮側に線状に,尿細管基底膜の尿細管上皮細胞側の片側に線状に,また,血管壁に強く染色される.2)正常腎組織ではS-proteinは糸球体基底膜の上皮側と内皮側の両側に帯状に認められ,尿細管基底膜の両側とメサンギウム領域の一部および血管壁に強く染色される.3) S-proteinの正常腎組織での存在は,ビトロネクチンの細胞外基質として役割を果している.4)各種腎疾患では種々の病型でC3d, C5b-9, S-proteinの沈着が増強する.C3d, C5b-9, S-proteinの染色程度は,メサンギウムの増殖が高度になるにつれて強くなる.5) S-proteinは,免疫学的機序に基づくと考えられている腎疾患のimmune depositにC3cやC5b-9とともに沈着しており,補体のlate componentsの活性化とその制御がその局所で起こっていることを示唆する.尿細管基底膜上では,S-proteinとC5b-9の沈着とC3cの沈着とは解離しており,この部位に沈着しているSC5b-9は血中からtrapされたものである
  • ELISAによるヒト抗腎基底膜抗体の測定, 吉岡 加寿夫, 井碩 孝博, 岡田 満, 日本腎臓学会誌, 28, 10, 1321, 1328,   1986年10月
    概要:ELISAによるヒト抗GBM抗体,抗TBM抗体の測定法を確立し検討した.抗GBM腎炎患者血清,抗TBM腎炎患者血清はおのおのassayで明らかに他の腎疾患患者あるいは健常人の血清と区別しうる強い反応を示した.この方法は迅速,簡便であり,信頼性も高いと考えられる
  • Incontinentia Pigmenti (Bloch-Sulzberger症候群)の2症例 TBG欠損,尿路奇形を合併した1症例を含めて, 岡田 満, 吉岡 加寿夫, 水野 新一, 小児科臨床, 39, 5, 1218, 1222,   1986年05月
  • 溶血性尿毒症性症候群(HUS)におけるProstacyclinの異常, 吉岡 加寿夫, 大野 秀子, 岡田 満, 日本腎臓学会誌, 28, 4, 461, 467,   1986年04月
    概要:1) HUSの2症例(1例は再発型,他の1例は散発型)においてPGI2の異常の有無を検討した.治療開始前の血漿をratのaortic ringとincubateしたところ,正常人血小板の凝集の抑制(PGI2様作用)が再発型の症例では欠如していた.また,この異常は一過性で回復期には消失した.2) Aortic ringとincubateした正常人血漿に再発型HUS患者の血漿を加えて血小板凝集能をみたところ,凝集の抑制が減弱した.これは,患者血漿中にPGI2のinhibitorあるいは分解促進物質が存在していることを示唆するものである.3)散発型の1例ではPGI2の異常は認められなかった
  • Incontinentia Pigmenti(Bloch-Sulzberger症候群)の2症例, 小児科臨床, 39, 5,   1986年
  • ヒト腎におけるterminal comple ment complexとS-protein(ビトロネクチン)の免疲組織学的研究, 近畿大医誌, 15, 1,   1990年
  • バファリン(]J0278[)によると考えられた急性間質性腎炎の1例-免疫担当細胞,サイトカインの分析を加えて-, 日本腎臓学会誌, 34, 11, 1195, 1199,   1992年
  • インテグリンと腎発生,小児腎疾患, 腎と透析, 37, 3, 497, 500,   1994年
  • 小児膜性増殖性腎炎におけるパルス併用多剤カクテル療法の有効性と予後について, 腎と透析, 38, 6, 877, 882,   1995年
  • ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群のシクロスポリンによる治療, 小児科, 38, 3, 229, 235,   1997年
  • ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の治療, 小児内科, 29, 11, 1542, 1546,   1997年
  • 培養OLETFラット・メサンギウム細胞の細胞増殖能と細胞外基質産生能の検討, 岡田 満, 竹村 司, 村上 佳津美, 日野 聡, 吉岡 加寿夫, 日本小児腎臓病学会誌, 11, 1, 75, 77,   1998年, 10.3165/jjpn.11.75
  • 免疫抑制剤cyclosporinの適応と限界, 臨床雑誌「内科」, 86, 1, 115, 120,   2000年
  • 小児に対するシクロスポリン療法の適正使用と評価-ネフローゼ症候群の経験から-, 日本小児皮膚科学会雑誌, 19, 2, 95, 100,   2000年
  • アレルギー性紫斑病とleucocyto clastic vasculitisの腎障害, 腎と透析, 50(1), 89-93
  • 慢性糸球体腎炎の発症と進展の機序, 東京医学社, 35, 820, 825,   2003年
  • 尿細管問質障害の治療 免疫学的治療, 東京医学社, 55, 503, 508,   2003年
  • 小児慢性腎不全と成長障害, 岡田 満, 山岡 完次, 里村 憲一, 教育医事新聞, 187, 1, 2,   2000年03月
    概要:小児慢性腎不全および慢性腎不全に伴う成長障害について3者にて討論した。
  • 低身長と小児期生活習慣病の対応について, 岡田 満, 教育医事新聞, 200, 1,   2001年04月
    概要:低身長と小児期生活習慣病について説明し、その対応策について述べた。
  • 小児腎臓病専門医の適用外使用医薬品の検討, 岡田 満, 本田 雅敬, 服部 元史, 大友 義之, 土屋 正巳, 小児等の特殊患者群に対する医薬品の用法および用量の確立に関する研究, 148, 153,   2002年
    概要:小児腎臓病において、保険適応外の薬剤で実際には非常に重要な薬剤について検討した。
  • 病は世につれ ~腎疾患の変遷~, 岡田 満, 大阪小児科医会会報, 124, 1, 11,   2003年01月
    概要:小児腎疾患の変遷について、自分の考えを中心に述べた。
  • 成長障害, 岡田 満, 竹村 司, 教育医事新聞, 226, 1,   2003年06月
    概要:成長障害について、解説した。
  • 低身長, 岡田 満, 月刊city ジャーナル, 370, 12, 7,   2004年12月
    概要:低身長についてわかりやすく解説した。
  • 出題と解説, 岡田 満, 近畿大学医学雑誌, 31, 2, 81, 83,   2006年06月
    概要:8歳、男児。胸部異常陰影が出現す。それに対する質問と解説を行った。
  • 生活習慣とアレルギー, 岡田 満, 産経新聞 10月2日 13版,   2006年10月
    概要:小児の2型糖尿病患者についてのインタビュー記事が掲載された。
  • 腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断・治療のガイドライン, 岡田 満, 日本臨床, 65, 増刊号2, 269, 272,   2007年02月
    概要:腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断・治療のガイドラインについて概説した。また、ガイドライン発行後の最新の話題についても述べた。
  • 平成19年度初期臨床研修医のためのワークショップを開催して, 岡田 満, 竹山 宜典, 北野 雅之, 久保 裕一, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 32, 3, 167, 169,   2007年09月
    概要:平成19年度初期臨床研修医のためのワークショップの概要および参加者のアンケート結果について報告した。
  • 尿検査異常を有する人への生活指導(小児), 岡田 満, 日本医師会雑誌, 136, 特別, S126, S127,   2007年10月
    概要:尿異常を有する小児に対して、生活面においてどのように対応したら良いかを解説した。
  • Dent病, 岡田 満, 日本医師会雑誌, 136, 特別, S240, S241,   2007年10月
    概要:Dent病について、わかりやすく解説した。
  • 研修医のメンタルヘルス -第28回医学教育セミナーとワークショップ参加体験記ー, 岡田 満, 近畿大学医学雑誌, 33, 3, 199, 202,   2008年11月
    概要:第28回医学教育セミナーとワークショップに参加し、研修医のメンタルヘルスについて、ワークショップを行い、セミナーに参加した内容について報告した。
  • Strategies to treat nephrotic syndrome in children, 岡田 満, Acta Medica Kinki University, 34, 2, 63, 70,   2009年09月
    概要:小児期ネフローゼ症候群の治療について概説した。
  • 海外論文紹介, 岡田 満, 日本小児腎臓病学会雑誌, 23, 1, 56, 57,   2010年04月
    概要:海外の論文を要約して、コメントを付け紹介した。
  • 医学教育におけるポートフォリオ, 岡田 満, 近畿大学医学雑誌, 35, 2, 77, 82,   2010年06月
    概要:医学教育でのポートフォリオによる評価法、および、我々が経験したクリニカル・クラークシップでのポートフォリオ、臨床研修でのポートフォリオなどについて、概説した。
  • 日経メディクイズ 小児, 岡田 満, 日経メディカル, 519, 2, 85, 86,   2011年02月
    概要:小児において学校検尿でよくみられる良性家族性血尿について、クイズ形式で解説した。
  • 海外文献紹介, 岡田 満, 日本小児腎臓病学会雑誌, 25, 2, 56, 57,   2012年11月
    概要:小児dの尿路結石の海外文献をわかりやすく紹介した。
  • 初診診療録の書き方(入院), 岡田 満, 小児科診療, 76, 4, 527, 533,   2013年03月
    概要:入院における初診診療録の書き方について概説した。

競争的資金

  • 学術研究助成基金助成金, 基盤研究C, ミゾリビン吸収における濃縮型拡散トランスポーターの関与, 岡田 満
  • 森永奉仕会, 平成15年度研究奨励金, ネフローゼ症候群に対するシクロスポリン療法で認められる慣れ現象の原因究明と対応策について, 岡田 満
  • 森永奉仕会, 平成11年度研究助成金, 糖尿病性腎症治療への新しいアプローチ, 岡田 満
  • 大阪腎臓バンク, 平成12年度腎疾患研究助成金, シクロスポリン腎症の診断と防止に関する研究, 岡田 満
  • 森永奉仕会, 平成6年度研究助成金, 糸球体腎炎における接着分子と細胞外基質の発現, 岡田 満
  • 科学研究費助成金, 奨励研究A, ヒト糸球体におけるインテグリンと細胞外基質の発現, 岡田 満

その他

  •   2015年, 平成27年度学内研究助成金, 21世紀教育開発奨励金【教育推進研究助成金】 KS03 レスポンスアナライザーシステムを活用した反転授業(Flipped classroom)-小児科シミュレーション実習での導入―
  •   2012年, 平成24年度学内研究助成金, 21世紀教育開発奨励金【教育推進研究助成金】 KS03 情報通信技術(Information Communication Technology:ICT)を活用したチーム基盤型学習(TBL)による臨床系授業‐特に、小児医療リスクマネジメント教育での実践‐
  •   2011年, 平成23年度学内研究助成金, 21世紀教育開発奨励金【教育推進研究助成金】 KS05 授業応答システム“クリッカー”を活用した医学プロフェショナリズム教育 ‐特に小児倫理教育での応用‐