KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

伊木 雅之イキ マサユキ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任/学部長
学位医学博士
専門疫学、予防医学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/541-iki-masayuki.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50184388.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    骨粗鬆症とそれによる骨折の予防のための研究。骨折する前に骨折リスクの大きい人を特定する評価法の開発、遺伝子レベルの解析から個々人に最も有効な予防策を処方する個別化予防の実現など。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/2/27
     毎日放送「医のココロ」
     骨粗鬆症について
    ●2015/07/19
     日本経済新聞
     任意の検診について

学歴・経歴

学歴

  • 1980年04月 - 1984年03月, 奈良県立医科大学大学院, 医学研究科博士課程, 公衆衛生学専攻
  • 1974年04月 - 1980年03月, 奈良県立医科大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   2014年10月,  - 現在, 近畿大学(学部長)
  •   1997年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学
  • 社会医学, 衛生学・公衆衛生学
  • 人類学, 応用人類学
  • 看護学, 地域・老年看護学
  • 社会医学, 衛生学
  • 人類学, 応用人類学
  • 健康・スポーツ科学, 応用健康科学

研究キーワード

  • 骨粗鬆症, 骨密度, リスク評価, 骨折, コホート研究, 追跡研究, ライフスタイル, リスク要因, 地域保健, 骨折リスク評価, 思春期, 第1次予防対策, 骨代謝マーカー, 無作為抽出標本, 高齢男性, 遺伝要因, ビタミンD受容体遺伝子多型, 生活習慣要因, 椎体骨折, 循環器疾患, 遺伝子多型, 縦断研究, 構造解析, Tailor-madeの予防対策, 絶対リスク, 介入閾値, 複合影響, 腰椎骨密度, スクリーニング法, RFLP

論文

  • Trunk-to-Peripheral Fat Ratio Predicts Subsequent Blood Pressure Levels in Pubertal Children With Relatively Low Body Fat - Three-Year Follow-up Study., Kouda K, Ohara K, Fujita Y, Nakamura H, Iki M, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 80, 8, 1838, 1845,   2016年07月, 査読有り
  • [Risk factors for osteoporosis in men from the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men study]., Fujita Y, Iki M, Clinical calcium, 26, 7, 1031, 1037,   2016年07月, 査読有り
  • Inverse association between height increase and LDL cholesterol during puberty: A 3-year follow-up study of the Fukuroi City., Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Iki M, American journal of human biology : the official journal of the Human Biology Council, 28, 3, 330, 334,   2016年05月, 査読有り
  • A Meta-Analysis of Trabecular Bone Score in Fracture Risk Prediction and Its Relationship to FRAX., McCloskey EV, Odén A, Harvey NC, Leslie WD, Hans D, Johansson H, Barkmann R, Boutroy S, Brown J, Chapurlat R, Elders PJ, Fujita Y, Glüer CC, Goltzman D, Iki M, Karlsson M, Kindmark A, Kotowicz M, Kurumatani N, Kwok T, Lamy O, Leung J, Lippuner K, Ljunggren Ö, Lorentzon M, Mellström D, Merlijn T, Oei L, Ohlsson C, Pasco JA, Rivadeneira F, Rosengren B, Sornay-Rendu E, Szulc P, Tamaki J, Kanis JA, Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research, 31, 5, 940, 948,   2016年05月, 査読有り
  • Relative Importance of Central and Peripheral Adiposities on Cardiometabolic Variables in Females: A Japanese Population-Based Study., Kouda K, Dongmei N, Tamaki J, Iki M, Tachiki T, Kajita E, Nakatani Y, Uenishi K, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, Journal of clinical densitometry : the official journal of the International Society for Clinical Densitometry,   2016年05月, 査読有り
  • Predicting bone mineral acquisition during puberty: data from a 3-year follow-up study in Hamamatsu, Japan., Kouda K, Ohara K, Nakamura H, Fujita Y, Iki M, Journal of bone and mineral metabolism,   2016年03月, 査読有り
  • Increased Ratio of Trunk-to-Appendicular Fat and Decreased Adiponectin: A Population-Based Study of School Children in Hamamatsu, Japan., Kouda K, Nakamura H, Ohara K, Fujita Y, Iki M, Journal of clinical densitometry : the official journal of the International Society for Clinical Densitometry,   2015年12月, 査読有り
  • Significance of baseline bone markers on disease progression and survival in hormone-sensitive prostate cancer with bone metastasis., Nozawa M, Hara I, Matsuyama H, Iki M, Nagao K, Nishioka T, Komura T, Esa A, Uejima S, Imanishi M, Uekado Y, Ogawa T, Kajikawa H, Uemura H, World journal of urology, 33, 9, 1263, 1268,   2015年09月, 査読有り
  • Cohort Profile: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study., Iki M, Tamaki J, Sato Y, Morita A, Ikeda Y, Kajita E, Nishino H, Akiba T, Matsumoto T, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, Matsukura T, Yamagami T, Kitagawa J, JPOS Study Group., International journal of epidemiology, 44, 2, 405, 414,   2015年04月, 査読有り
  • HDL subclasses are heterogeneous in their associations with body fat, as measured by dual-energy X-ray absorptiometry: the Kitakata Kids Health Study., Kouda K, Nakamura H, Fujita Y, Hamada M, Kajita E, Nakatani Y, Sato Y, Uenishi K, Iki M, Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 444, 101, 105,   2015年04月, 査読有り
  • Fat mass is positively associated with bone mass in relatively thin adolescents: data from the Kitakata Kids Health Study., Kouda K, Fujita Y, Sato Y, Ohara K, Nakamura H, Uenishi K, Iki M, Bone, 64, 298, 302,   2014年07月, 査読有り
  • [Epidemiology of bone and joint disease - the present and future - . Epidemiology of osteoporosis and osteoporotic fracture in Japan]., Iki M, Clinical calcium, 24, 5, 657, 664,   2014年05月, 査読有り
  • Trabecular bone score (TBS) predicts vertebral fractures in Japanese women over 10 years independently of bone density and prevalent vertebral deformity: the Japanese Population-Based Osteoporosis (JPOS) cohort study., Iki M, Tamaki J, Kadowaki E, Sato Y, Dongmei N, Winzenrieth R, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research, 29, 2, 399, 407,   2014年02月, 査読有り
  • Growth-related disappearance of the childhood relationship between height and blood pressure levels., Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Nishio N, Takeuchi H, Iki M, Annals of human biology, 41, 1, 91, 93,   2014年01月, 査読有り
  • 地域医療実習による学生の意識変化と地域指向性との関連 : 和歌山県東牟婁郡串本町における地域医療教育, 岩崎 拓也, 竹山 宜典, 伊木 雅之, 伊藤 浩行, 大柳 治正, 塩崎 均, 松尾 理, 医学教育 = Medical education, 医学教育 = Medical education, 42, 2, 101, 112,   2011年04月25日
  • 全国市区町村におけるエビデンスに基づく骨粗鬆症予防対策の実施状況と関連要因, 小松 美砂, 梶田 悦子, 玉置 淳子, 中谷 芳美, 由良 晶子, 伊木 雅之, 民族衞生, 民族衞生, 74, 4, 164, 177,   2008年07月31日
  • [Evidence-based practice guideline for disease prevention and control and its impact on community health]., Iki M, Clinical calcium, 15, 8, 1305, 1311,   2005年08月, 査読有り
  • [Evidence-based, best-practice guidelines for primary prevention of osteoporosis and osteoporotic fractures]., Tamaki J, Iki M, Clinical calcium, 15, 8, 1312, 1318,   2005年08月, 査読有り
  • 新築・改築小学校における室内空気汚染と児童の健康影響実態調査, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 日本公衆衛生雑誌, 日本公衆衛生雑誌, 52, 8, 715, 726,   2005年08月, 査読有り
  • Association between depressive symptoms and metabolic syndrome in Japanese community-dwelling older people: a cross-sectional analysis from the baseline results of the Fujiwara-kyo prospective cohort study., Morikawa M, Okamoto N, Kiuchi K, Tomioka K, Iwamoto J, Harano A, Saeki K, Fukusumi M, Hashimoto K, Amano N, Hazaki K, Yanagi M, Iki M, Yamada F, Kishimoto T, Kurumatani N, International journal of geriatric psychiatry, 28, 12, 1251, 1259,   2013年12月, 査読有り
  • Renal function and bone mineral density in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study., Fujita Y, Iki M, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Bone, 56, 1, 61, 66,   2013年09月, 査読有り
  • A screening model for low bone mass in elderly Japanese men using quantitative ultrasound measurements: Fujiwara-Kyo Study., Minematsu A, Hazaki K, Harano A, Iki M, Fujita Y, Okamoto N, Kurumatani N, Journal of clinical densitometry : the official journal of the International Society for Clinical Densitometry, 15, 3, 343, 350,   2012年07月, 査読有り
  • [Epidemiology of osteoporosis in Japan]., Iki M, Clinical calcium, 22, 6, 797, 803,   2012年06月, 査読有り
  • Effect of distributing an evidence-based guideline for prevention of osteoporosis on health education programs in municipal health centers: a randomized controlled trial., Nakatani Y, Tamaki J, Komatsu M, Iki M, Kajita E, Journal of epidemiology, 22, 2, 103, 112,   2012年, 査読有り
  • Japanese 2011 guidelines for prevention and treatment of osteoporosis--executive summary., Orimo H, Nakamura T, Hosoi T, Iki M, Uenishi K, Endo N, Ohta H, Shiraki M, Sugimoto T, Suzuki T, Soen S, Nishizawa Y, Hagino H, Fukunaga M, Fujiwara S, Archives of osteoporosis, 7, 3, 20,   2012年, 査読有り
  • [Difference in osteoporosis in men and women]., Iki M, Clinical calcium, 21, 9, 1377, 1383,   2011年09月, 査読有り
  • Tracking of appendicular bone mineral density for 6 years including the pubertal growth spurt: Japanese Population-based Osteoporosis kids cohort study., Fujita Y, Iki M, Ikeda Y, Morita A, Matsukura T, Nishino H, Yamagami T, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, Journal of bone and mineral metabolism, 29, 2, 208, 216,   2011年03月, 査読有り
  • Use of anthropometric indicators in screening for undiagnosed vertebral fractures: a cross-sectional analysis of the Fukui Osteoporosis Cohort (FOC) study., Abe K, Tamaki J, Kadowaki E, Sato Y, Morita A, Komatsu M, Takeuchi S, Kajita E, Iki M, Fukui Osteoporosis Cohort., BMC musculoskeletal disorders, 9, 157,   2008年11月, 査読有り
  • [Absolute risk for fracture and WHO guideline. WHO model for assessing absolute risk of fracture]., Iki M, World Health Organization., Clinical calcium, 17, 7, 1015, 1021,   2007年07月, 査読有り
  • 日本における高い自殺死亡率と経済要因、人口学学的要因との生態学的関連, 相原 宏州, 伊木 雅之, Journal of Epidemiology, 13, 1, 56, 61,   2003年01月, 査読有り
  • Biochemical markers of bone turnover may predict progression to osteoporosis in osteopenic women: the JPOS Cohort Study., Iki M, Morita A, Ikeda Y, Sato Y, Akiba T, Matsumoto T, Nishino H, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, JPOS Study Group., Journal of bone and mineral metabolism, 25, 2, 122, 129,   2007年, 査読有り
  • [Primary, secondary and tertiary prevention of osteoporosis]., Iki M, Clinical calcium, 16, 9, 1438, 1443,   2006年09月, 査読有り
  • Efficacy of optimization of vitamin D in preventing osteoporosis and osteoporotic fractures: A systematic review., Nakamura K, Iki M, Environmental health and preventive medicine, 11, 4, 155, 170,   2006年07月, 査読有り
  • 日本人女性を代表する標本においてビタミンD受容体多型による骨密度の予測は不確実である-JPOS studyでの検討-, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, International Journal of Epidemiology, 33, 5, 979, 988,   2004年10月, 査読有り
  • [Osteoporosis and smoking]., Iki M, Clinical calcium, 15, 7, 156, 158,   2005年07月, 査読有り
  • Effects of pubertal development, height, weight, and grip strength on the bone mineral density of the lumbar spine and hip in peripubertal Japanese children: Kyoto kids increase density in the skeleton study (Kyoto KIDS study)., Naka H, Iki M, Morita A, Ikeda Y, Journal of bone and mineral metabolism, 23, 6, 463, 469,   2005年, 査読有り
  • 日本人青少年の健康と幹線道路からの距離との関連, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 由良 晶子, Journal of Epidemiology, 12, 6, 418, 423,   2002年11月, 査読有り
  • [Association of vitamin D receptor gene polymorphisms with osteoporosis]., Morita A, Iki M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 2, 160, 163,   2004年02月, 査読有り
  • Ultrasound bone densitometry of the calcaneus, determined with Sahara, in healthy Japanese adolescents: Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Study., Ikeda Y, Iki M, Morita A, Aihara H, Kagamimori S, Kagawa Y, Matsuzaki T, Yoneshima H, Marumo F, JPOS Study Group., Journal of bone and mineral metabolism, 22, 3, 248, 253,   2004年, 査読有り
  • Ecologic study of water hardness and cerebrovascular mortality in Japan., Miyake Y, Iki M, Archives of environmental health, 58, 3, 163, 166,   2003年03月, 査読有り
  • 10歳代の日本人男女における骨代謝と年齢、第二次性徴との関連, 松倉 知晴, 伊木 雅之, 鏡森 定信, Annals of Human Biology, 30, 1, 13, 25,   2003年02月
  • エビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防, 伊木 雅之, 日本衛生学雑誌, 58, 3, 311, 315,   2003年09月
  • エビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン~その地域保健における意義。骨折骨粗鬆症の1次予防についてのエビデンスに基づく勧告, 玉置 淳子, 伊木 雅之, Clinical Calcium Clinical Calcium, 15, 8, 18, 24,   2005年08月
  • エビデンスに基づく予防対策の評価表, 伊木 雅之, 日本衛生学雑誌 , 58, 3, 311, 316,   2003年09月
  • Effects of socioeconomic factors on suicide from 1980 through 1999 in Osaka Prefecture, Japan., Aihara H, Iki M, Journal of epidemiology, 12, 6, 439, 449,   2002年11月, 査読有り
  • [Diversity in risk factors of osteoporosis]., Iki M, Clinical calcium, 12, 7, 889, 895,   2002年07月, 査読有り
  • 遺伝子多型と生活習慣による骨密度の変化, 伊木 雅之, Osteoporosis Japan, 10, 1, 29, 31,   2002年02月
  • Precision control and seasonal variations in quantitative ultrasound measurement of the calcaneus, 池田 行宏, 伊木 雅之, Journal of Bone and Mineral Metabolism, 22, 6, 588, 593,   2004年12月, 査読有り
  • 血清低カルボキシル化オステオカルシン濃度はインスリン抵抗性指標と関連するか 健常高齢者,ワルファリン服用者,ビスホスホネート服用者での比較検討., 伊木 雅之, 玉置 淳子, 車谷典男, Osteoporosis Japan Osteoporosis Japan, 20, 4, 669, 675,   2012年
  • 健常日本人女性における骨代謝マーカーによる骨密度変化の予測-JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 秋葉 隆, 西野 治身, Osteoporosis Japan, 10, 2, 126, 129,   2002年04月
  • Reference database of biochemical markers of bone turnover for the Japanese female population: Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS)Study, 伊木 雅之, 秋葉 隆, 松本 俊夫, 西野 治身, 鏡森 定信, 香川 芳子, 米増 秀夫, Osteoporosos International, 15, 12, 981, 991,   2004年12月, 査読有り
  • Ecological association of water hardness with prevalence of childhood atopic dermatitis in a Japanese urban area, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 由良 晶子, 横山 徹爾, Environmental Research, 94, 1, 33, 37,   2004年01月, 査読有り
  • Lack of association between water hardness and coronary heart disease mortality in Japan, 三宅 吉博, 伊木 雅之, International Journal of Cardiology, 96, 1, 25, 28,   2004年07月, 査読有り
  • 効率的なエビデンスコミュニケーションの実施方法に関する研究, 伊木 雅之, 玉置 淳子, エビデンスに基づく骨折予防ガイドラインの有効性評価と効率的なエビデンスコミュニケーションの実施方法に関する研究 平成19年度統括・分担研究報告書, 61, 79,   2008年
  • 降圧薬は骨量低下を抑制するか 骨粗鬆症のリスク要因の解明をめざす藤原京スタディ男性骨折コホート研究, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 大和証券ヘルス財団研究業績集, 34, 100, 105,   2011年
  • 高齢大腿骨頸部骨折患者の機能的予後に影響する要因, 伊木 雅之, 高山成子, Environmental Health and Preventive Medicine, 6, 1, 47, 53,   2001年04月
  • 骨粗鬆症は動脈硬化性心血管疾患発症リスクを高めるか-大規模無作為抽出標本の10年追跡調査による検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 15, 19, 26,   2007年
  • 小学生から高校生にいたる中軸骨骨発達の6年間追跡に基づく思春期骨折のリスク要因の解明, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 門脇 英子, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 16, 680, 684,   2008年
  • 小学生から高校生にいたる中軸骨骨発達の6年間追跡に基づく思春期骨折のリスク要因の解明と骨折予防プログラムの立案, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇 英子, 梶田 悦子, 社団法人日本酪農乳業協会、平成19年度牛乳栄養素等調査研究及び牛乳・乳製品機能性実証調査報告書, 51, 88,   2008年
  • Design and baseline characteristics of a prospective cohort study for determinants of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Eiko Kadowaki, Yuho Sato, Jong-Seong Moon, Nozomi Okamoto Norio Kurumatani, BMC Musculoskeletal Disorders, 10, 165,   2009年12月, 査読有り
  • 小中学生男女の腰椎、大腿骨近位部骨密度とその決定要因に関する横断研究, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, Osteoporosis Japan, 11, 2, 86, 89,   2003年04月
  • Development of a Food-Frequency Questionnaire to Measure the Dietary Calcium Intake of Adult Japanese Women, 佐藤 裕保, 玉置 淳子, 伊木 雅之, きたやま ふじこ, 日下 幸則, こでら ゆみ, こうたに あきこ, Tohoku J.Exp.Med., 207, 3, 217, 222,   2005年11月, 査読有り
  • 中国内モンゴールの都市部, 農村部および草原部における閉経前女性の骨粗鬆症関連要因の比較研究 : 生活習慣, 第2中手骨骨量および骨代謝マーカーの関連を中心に, 劉 仲玉, 畢 力夫, 梶田 悦子, 西野 治身, 伊木 雅之, 新村 哲夫, 関根 道和, 〓島 茂, 張 〓, 桑守 豊美, 原田 澄子, 鏡森 定信, 民族衞生, 民族衞生, 66, 1, 14, 27,   2000年01月31日
    概要:One hundred and sixteen community-dwelling premenoposal women aged 35-49 in Inner Mongolia (36 from a city, 39 from a farming village and 41 from a grassland community) were recruited for participation in a study to investigate osteoporosis-related factors. The bone mineral density (BMD) was measured by computed X-ray densitometry (CXD). Hand bone X-rays were taken with an aluminum step-wedge ruler. Anthropometric and several lifestyle data, including workload, exercise, milk drinking, smoking and nutrient intake, were also measured. Markers of bone metabolism, 1, 25 (OH)2D3 and fluoride in drinking water and urine samples were measured. Body height and grip strength were the highest in the city subjects. There were no significant differences in body weight and body mass index (BMI) among the three groups. The percentage of the subjects who were engaged in heavy or moderate workloads was the highest in the village subjects. The village subjects had the lowest percentages of habits of both regular exercise and milk drinking . The percentage of subjects with smoking habit was the highest in the village group. Intakes of calcium and animal protein were the lowest in the village group probably because their diets were mainly composed of grains and vegetables . For both non-dominant and dominant hands, however, the BMD of the second metacarpus were the highest in this group. Univariate logistic regression analysis demonstrated that the subjects who experienced moderate-heavy workload in their 20s and in the present time and those whose grip strength exceeded the average level had significantly higher BMD of non-dominant hand than the remainders, respectively. Multivariate stepwise logistic regression analysis also showed siginificant effects of workload and grip strength on BMD. The levels of bone-alkaline phosphatase (B-Alp) as a marker of bone formation and crosslaps (CL/Cr) as a marker of bone resorption were the highest in the grassland group. The level of 1, 25 (OH)2D3 was about 1.5 times higher in the grassland group compared with the city and village groups. Furthermore, the concentration of fluoride in drinking water and urine samples were about 5 times higher in the grassland group than other two groups . In the grassland group, concentration of fluoride in urine was positively correlated with B-Alp (r=0.34, p<0.05) and CL/Cr (r=0.39, p<0.05), respectively. These findings suggest that high workload and grip strength play important roles on BMD among women living in farming village of Inner Mongolia. Despite higher milk intake, the biological markers of bone metabolism among the grassland subjects showed postmenopausal pattern, suggesting the effects of high fluoride level in drinking water.
  • 腎盂尿管移行上皮癌におけるサイクリン依存性キナーゼ阻害物質p27kipⅠの発現, 増田 光伸, 伊木 雅之, 高野 康雄, Cancer Letters, 150, 183, 189,   2000年
  • 絶食と食餌制限:基礎研究と臨床研究, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 脂質栄養学, 18, 1, 71, 79,   2009年05月
  • 全国市町村におけるエビデンスに基づく骨粗鬆症予防対策の実施状況と関連要因, 小松美砂, 玉置 淳子, 由良 晶子, 伊木 雅之, 梶田悦子, 中谷芳美, 民族衛生, 7, 164, 177,   2008年
  • 全国市町村の骨粗鬆症対策実施状況, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 小松 美砂, エビデンスに基づく骨折予防ガイドラインの有効性評価と効率的なエビデンスコミュニケーションの実施方法に関する研究 平成18年度統括・分担研究報告書, 17, 38,   2007年
  • Trunk Muscle Strength is a Strong Predictor of Bone Loss in Postmenopausal Women, 伊木 雅之, 斉藤 幸江, 梶田 悦子, 西野 治身, 日下 幸則, CLINICAL ORTHOPAEDICS AND RELATED RESERCH, 443, 66, 72,   2006年02月, 査読有り
  • 大規模無作為抽出標本の10年追跡データによる日本人女性におけるFRAXの有用性の検討 JPOSコホート研究, 玉置 淳子, 伊木 雅之, Osteoporosis Japan Osteoporosis Japan, 8, 415, 422,   2010年
  • 大腿骨頸部骨折を起こした日本人高齢者の死亡率とその予後因子, 高山 成子, 伊木 雅之, Environmental Health and Preventive Medicine, 5, 4, 160, 166,   2001年01月
  • Intake of Fermented Soybeans, Natto, Is Associated with Reduced Bone Loss in Postmenopausal Women: Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Study, 池田 行宏, 伊木 雅之, 森田明美, 梶田悦子, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, Journal of Nutrition, 136, 5, 1323, 1328,   2006年05月, 査読有り
  • 第二次性徴期の10歳代健常日本人男女における前腕骨骨密度の標準値, 松倉 知晴, 伊木 雅之, 鏡森 定信, 山上 孝司, Osteoporos International, 11, 10, 858, 865,   2000年10月
  • 男性の骨粗鬆症とそれによる要介護化を防止する知・体・食・住への総合的アプローチ, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 森川 将行, 財団法人総合健康推進財団平成19年度研究報告書, 24, 40, 55,   2009年
  • 中国内モンゴールにおける閉経前女性のビタミンD受容体遺伝子多型と手骨骨密度との関連, 劉 仲玉, 伊木 雅之, 畢 力夫, 民族衛生, 66, 4, 175, 183,   2000年07月
  • 適度の栄養ストレスによる寿命延長と疾病抑制効果, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 日本医事新報, 4440, 37, 40,   2009年05月
  • 動脈硬化性疾患の管理における骨粗鬆症評価の有用性に関する研究-大規模無作為抽出標本による10年間の追跡, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 財団法人健康管理事業団研究助成論文集, 23, 23, 33,   2007年
  • Which element of physical activity is more important for determining bone growth in Japanese children and adolescents: the degree of impact, the period, the frequency, or the daily duration of physical activity?, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 中 比呂志, J Bone Miner Metab, 26, 4, 366, 372,   2008年, 査読有り
  • 日本女性では、強い体幹筋力は年齢、体格、ビタミンD受容体遺伝子型とは独立して腰椎の閉経後骨量減少を減少させる, 伊木 雅之, 斎藤 幸江, 土肥 祥子, Calcified Tissue International, 71, 4, 300, 307,   2002年10月
  • 日本女性における骨密度の変化の様相とその決定要因ーJPOS Cohort Studyー, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 相原 宏州, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 9, 2, 191, 195,   2001年04月
  • Technetium-99m-GSA clearance in mice under long-term dietary restriction, 甲田 勝康, 伊木 雅之, H. Kohno ・ Y. Sonoda, H. Nakamura, S.K. Ha-Kawa, Ann Nucl Med, 23, 2, 123, 129,   2009年02月, 査読有り
  • 日本人女性を代表する標本集団における腰椎、大腿骨、前腕骨の骨密度 JPOS研究, 伊木 雅之, 鏡森 定信, 香川 芳子, Osteoporosis International, 12, 529, 537,   2001年07月
  • Arm span increases predictive value of models for prevalent vertebral deformities: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 門脇 英子, Yuho Sato, Sadanobu Kagamimoric, Yoshiko Kagawad, Hideo Yoneshimae, Maturitas, 20, 4, 241, 245,   2009年12月, 査読有り
  • 閉経後女性のライフスタイル要因からみた骨粗鬆症予防対策に関する研究, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 北陸公衆衛生学会誌, 27, 2, 118, 123,   2001年
  • 膀胱移行上皮癌におけるサイクリンEの過剰発現, 槙山 和秀, 伊木 雅之, 増田 光伸, Cancer Letters, 151, 193, 198,   2000年
  • Trends in body mass index, blood pressure, and serum lipids in Japanese children: Iwata population-based annual screening (1993-2008), 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, J Epidemiol, 20, 3, 212, 218,   2010年05月, 査読有り
  • Beneficial effects of mild stress (hormetic effects): dietary restriction and health, 甲田 勝康, 伊木 雅之, J Physiol Anthropol, 29, 4, 127, 132,   2010年10月, 査読有り
  • Age specific values and cutoff levels for the diagnosis of osteoporosis in quantitative ultrasound measurements at the calcaneus with SAHARA in healthy Japanese women -Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) study-, 池田 行宏, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 相原宏洲, 鏡森定信, 香川芳子, 松崎俊久, 米島秀夫, 丸茂文昭, Calciffied Tissue International, 71, 1, 1, 9,   2002年07月
  • Relationship between height and blood pressure in Japanese schoolchildren, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, Pediatr Int, 52, 5, 689, 693,   2010年10月, 査読有り
  • Ultrasound bone densitometry of the calcaneus with Sahara in healthy Japanese adolescents -Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) study-, 池田 行宏, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 相原宏洲, 鏡森定信, 香川芳子, Journal of Bone and Mineral Metabolism, 22, 3, 248, 253,   2004年06月
  • Smoking among premenopausal women is associated with increased risk of low bone status: the JPOS Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 佐藤 裕保, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 香川 芳子, 米島 秀夫, J Bone Miner Metab, 28, 3, 320, 327,   2010年05月, 査読有り
  • Height-specific serum cholesterol levels in pubertal children: data from population-based Japanese school screening, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, J Epidemiol, 21, 2, 102, 107,   2011年03月, 査読有り
  • Cross-sectional study of allergic disorders in relation to familial factors in Japanese adolescents, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 由良 晶子, Acta Paediatr, 93, 380, 385,   2004年
  • Cut-off values of body mass index, waist circumference, and waist-to-height ratio to identify excess abdominal fat: population-based screening of Japanese school children, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H, J Epidemiol, 21, 3, 191, 196,   2011年05月, 査読有り
  • Relationship between distance of schools from the nearest municipal waste incineration plant and child health in Japan, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 由良 晶子, 池田 行宏, European Journal of Epidemiology, 20, 1023, 1029,   2005年
  • Alcohol intake and bone status in elderly Japanese men: baseline data from the Fujiwara-kyo osteoporosis risk in men (FORMEN) study, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 由良 晶子, Junko Tamaki Eiko Kadowaki, Yuho Sato, Jong-Seong Moon, Masayuki Morikawa, Kimiko Tomioka Nozomi Okamoto Norio Kurumatani, Bone, 49, 2, 275, 280,   2011年08月, 査読有り
  • Effects of pubertal development,height,weight,and grip strenght on the bone mineral density of the lumbar spine and hip in peripubertal Japanese children:Kyoto kids increase density in the skeleton study (Kyoto KIDS study), 中比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, J Bone Miner Metab, 23, 463, 469,   2005年
  • Trends of allergic symptoms in school children: Large-scale long-term consecutive cross-sectional studies in Osaka Prefecture, Japan, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Shimizu T, Pediatr Allergy Immunol, 22, 6, 631, 637,   2011年09月, 査読有り
  • Effects of the Cdx-2 Polymorphism of the Vitamin D Receptor Gene and Lifestyle Factors on Bone Mineral Density in a Representative Sample of Japanese Women:The Japanese Population-based Osteoporosis(JPOS)Study, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥祥子, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, Calcif Tissue Int, 77, 339, 347,   2005年
  • Effect of recovery from obesity on cardiovascular risk factors among Japanese schoolchildren: the Iwata population-based follow-up study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H, Takeuchi H, J Epidemiol, 21, 5, 370, 375,   2011年09月, 査読有り
  • Use of Anthropometric Indicators in Screening for Undiagnosed Vertebral Deformities: A Cross-sectional Analysis of the Fukui Osteoporosis Cohort (FOC) Study, Kiyoko Abe, 玉置 淳子, 伊木 雅之, Eiko Kadowaki, Yuho Sato, Akemi Morita, Misa Komatsu, Sayaka Takeuchi, Etsuko Kajita, BMC Musculodkelet Disord, 157,   2008年
  • Peroxisome proliferator-activated receptor gamma polymorphism is related to peak bone mass: the JPOS study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 森田 明美, 池田 行宏, 佐藤 裕保, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 香川 芳子, 米島 秀夫, Osteoporos Int, 1, 321, 329,   2009年
  • Low bone mass is associated with carotid atherosclerosis in postmenopausal women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 平野 豊, 佐藤 裕保, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 香川 芳子, 米島 秀夫, Osteoporos Int, 20, 53, 60,   2009年
  • Relationship between body mass index at age 3 years and body composition at age 11 years among Japanese children: the Shizuoka population-based study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, J Epidemiol, 22, 5, 411, 416,   2012年09月, 査読有り
  • Increased ratio of trunk to appendicular fat and increased blood pressure: study of a general population of Hamamatsu children, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K, Circ J, 76, 12, 2848, 2854,   2012年12月, 査読有り
  • Prevalent vertebral deformity independently increases incident vertebral fracture risk in middle-aged and elderly Japanese women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 門脇 英子, 玉置 淳子, 伊木 雅之, Y. Sato, Y. Chiba, E. Kajita, S. Kagamimori, Y. Kagawa, H. Yoneshima, Osteoporos Int, 21, 1513, 1522,   2010年
  • Impact of smoking on bone mineral density and bone metabolism in elderly men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, J. Tamaki, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, E. Kadowaki, Y. Sato, J. S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 22, 1, 133, 141,   2011年04月
  • Association of Rapid Weight Gain During Early Childhood With Cardiovascular Risk Factors in Japanese Adolescents, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H, J Epidemiol, 23, 2, 103, 108,   2013年12月, 査読有り
  • Vitamin D status and body fat measured by dual-energy X-ray absorptiometry in a general population of Japanese children., 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura Kumiko Ohara, Nutrition, 29, 10, 1204, 1208,   2013年10月, 査読有り
  • Intermittent fasting ameliorates delayed-type hypersensitivity in NC/Nga mice, Hirao Kohno, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Hiroyasu Ishihara Yutaka Sasaki Yoshiaki Sonoda, Nobuhiro Nishio, Harunobu Nakamura, Food and Nutrition Sciences, 2, 4, 287, 293,   2011年06月
  • Impact of smoking on bone mineral density and bone Risk in Men (FORMEN) study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇 英子, 佐藤 裕保, 文 鐘聲, 冨岡 公子 岡本 希 車谷 典男, Osteoporos Int, 22, 133, 141,   2011年
  • Fracture risk prediction using FRAXR: a 10-year follow-up survey of the Japanese Population-Based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 門脇 英子, 佐藤 裕保, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 香川 芳子, 米島 秀夫, Osteoporos Int, 22, 3037, 3045,   2011年
  • Association between vitamin K intake from fermented soybeans, natto, and bone mineral density in elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.-S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 2, 705, 714,   2012年02月
  • Serum undercarboxylated osteocalcin levels are inversely associated with glycemic status and insulin resistance in an elderly Japanese male population: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 2, 761, 770,   2012年02月
  • Response to "Effects of Vitamin K intake on gamma-carboxylated proteins, bone fractures, and vascular calcifications", 藤田 裕規, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 5, 1639, 1640,   2012年05月
  • Growth-related disappearance of the childhood relationship between height and blood pressure levels., 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, Ann Hum biol, 1, 3,   2013年08月
  • Renal function and bone mineral density in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study., 藤田 裕規, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, Junko Tamaki Eiko Kadowaki, Yuho Sato, Jong-Seong Moon, Kimiko Tomioka Nozomi Okamoto Norio Kurumatani, Bone, 56, 1, 61, 66,   2013年10月
  • Biochemical markers for bone turnover predict risk of vertebral fractures in postmenopausal women over 10 years: the Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, E. Kadowaki, Y. Sato, Y. Chiba, T. Akiba, T. Matsumoto, H. Nishino, S. Kagamimori, Y. Kagawa, H. Yoneshima, Osteoporos Int, 24, 887, 897,   2013年
  • 企業規模ならびに業種からみた高血圧の有所見率に関する研究 : 福井県内事業所健診結果の解析, 平井 一芳, 日下 幸則, 伊木 雅之, 出口 洋二, 佐藤 一博, 海野 浩輔, 河原 和夫, 日本公衆衛生雑誌, 日本公衆衛生雑誌, 43, 9, 806, 814,   1996年09月15日
  • 糖尿病妊婦の奇形児出産に関する疫学的研究, 田邊 美智子, 森田 明美, 日下 幸則, 伊木 雅之, 佐藤 一博, 豊田 長康, 杉山 隆, 出口 月雄, 日本産科婦人科學會雜誌, 日本産科婦人科學會雜誌, 48, 2, 103, 110,   1996年02月01日
    概要:妊娠24週以降の単胎分娩について, 糖尿病妊婦における奇形児出産の相対危険度, および糖尿病妊婦の奇形児発生に関連するリスク要因を臨床疫学的に明らかにすることが本研究の目的である. 三重大学医学部附属病院産科において, 1979年1月から1992年12月までの14年間に出産した妊婦4,353例を調査対象とした. 分娩台帳に奇形児出産の記載のあった妊婦は110例(2.5%)であった. 糖尿病合併と判定されたものは103例で, うち, 身長, 体重, 糖尿病発見時年齢, 血糖値, Hemoglobin A_1(HbA_1)値等の検査値の記載がある71例(68.9%)を対象として奇形児発生のリスク要因を検討した. 糖尿病合併妊婦における奇形児出産率は9.7%と全妊婦に比し有意に高率で, 奇形児出産の相対危険度は非糖尿病妊婦に比し4.6倍と高かった. また, 糖尿病合併妊婦における奇形児出産群(奇形群)では帝王切開や周産期死亡の既往の頻度が有意に高く, 分娩時年齢, 在胎週数, 出生体重, 母体の妊娠中の体重増加のいずれも非奇形児出産群(非奇形群)に比し有意に低値を示した. 多重ロジスティック回帰モデルを用いた糖尿病妊婦の奇形児発生リスクの検討では, 分娩時年齢, 在胎週数, 出生体重, 糖尿病発見時年齢, 分娩歴, HbA_1値(>9%)がリスク要因として有意であった. また分娩時年齢と糖尿病発見時年齢に有意の正の相関, 糖尿病罹患年数と分娩時年齢および糖尿病発見時年齢との間にはそれぞれ有意の負の相関が認められた. さらに糖尿病罹患年数が短いものほど血糖コントロールが不良で, 奇形児出産率が高いことが明らかとなった.
  • 明治時代から昭和時代まで-小学校で観察した学童児の体格と肥満の推移に関する研究, 田邊 美智子, 海野 浩輔, 佐藤 一博, 日下 幸則, 森田 明美, 伊木 雅之, 須藤 正克, 高橋 佳子, 川崎 幸枝, 高橋 義正, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 50, 5, 952, 958,   1995年12月15日
    概要:Data on height and weight were collected at an elementary school in Fukui Prefecture from 1889 through 1934 (observation period). During the observation period, the school area, consisting of a mountainous region and a plain region, was not changed. Using these data, analysis showed that there were: (1) differences in physique between children from the mountainous region and those from the plain region, which was suggested by the school teachers during the observation period, (2) chronological changes in physique, (3) chronological changes in the features of the height velocity curve in the analysis when school children at the same school born in the 1980s were used as a control, (4) chronological changes in the balance of weight to height and (5) changes in the prevalence of obesity.
    The results were as follows:
    (1) during the observation period, the physiques of children in the mountainous region were consistently inferior to those in the plain region, (2) during the period, the average physique of the school children aged 12 was consistently inferior to the overall average for Japanese pupils of the same age, (3) during the observation period, the onset of the adolescent growth spurt was later by one year compared with that of current controls, (4) the ratio of weight to height stratified by 3cm intervals during the observation period was almost the same as that in current controls, (5) during the observation period, the prevalence of obesity in boys (6%) was lower than that in current controls (10%). However, the obesity prevalence in girls during the period was higher than that in the controls. However, this findings might be associated with wearing kimono during measurement.
    By contrast, these differences have recently disappeared. These results suggest that there were consistent differences in physique that persisted between regions in the school area and in Japan as a whole across several eras.
  • 最大酸素摂こそ量と循環器疾患リスク・ファクターとし関係-横断的解析結果-, 飛田 芳江, 大滝 秀穂, 日下 幸則, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 佐藤 一博, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 37, 6, 409, 415,   1995年11月20日
  • 中高年女性の腰椎骨密度とそれに影響する要因(第3報) 有経者と閉経者にみた体力指標及びLifestyle要因と骨密度との関係, 梶田 悦子, 伊木 雅之, 飛田 芳江, 三田村 純枝, 日下 幸則, 緒方 昭, 寺本 路夫, 土田 千賀, 山本 和高, 石井 靖, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 50, 4, 893, 900,   1995年10月15日
    概要:We recruited community-dwelling women for participation in a study to investigate the effects of risk factors in lifestyle on bone mineral density (BMD). The subjects were 177 women aged 35 years and over living in a rural area in Fukui Prefecture. Their BMD of the lumbar spine (L2-L4) was determined by dual energy X-ray absorptiometry (DXA). In addition to measurements of height, body weight and grip strength, the lifestyles of the women, including physical load in work, sporting activities, smoking habits, calcium intake, and history of bone fracture were interviewed in detail.Adjusted for age, the BMD significantly correlated to body weight (r=0.337, p<0.05 for premenopausal women and r=0.289, p<0.01 for postmenopausal women) and body mass index (kg/m2) (r=0.291, p<0.05 for premenopausal women and r=0.190, p<0.05 for postmenopausal women). These results indicated the lower body weight to be a risk factor for the osteoporotic process in middle-aged and aged women. With respect to the grip strength as a physical fitness indicator, a significant correlation coefficient (r=0.267, p<0.01) with BMD was obtained for postmenopausal women independent of age and body weight.In univariate analysis, BMD showed no significant correlations with sporting activities, smoking habits, lower back pain and history of bone fracture for either premenopausal women or postmenopausal women. In multiple regression analysis using age, calcium intake, physical load in work, body weight, grip strength, and sporting activities, the latter three variables had significantly increasing effects on BMD, while aging and menopause had significantly negative effects on BMD.Thus, physical excercise was suggested to protect middle-aged and aged women from the osteoporotic process, probably through either maintaining or enhancing muscle strength.
  • 中高年女性の腰椎骨密度とそれに影響する要因 (第2報) 骨代謝の生化学指標からみた年齢および閉経の骨密度への影響, 西野 治身, 田中 朋子, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 日下 幸則, 鏡森 定信, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 49, 4, 807, 815,   1994年10月15日
    概要:Bone mineral density of the lumbar spine (BMD) and biochemical markers for bone turnover were examined to study the mechanisms of age-related and menopause-related bone loss. We measured BMD of the lumbar spine and serum bone alkaline phosphatase (B-AlP) and bone gla-protein (BGP) as markers of bone formation and fasting urinary creatinine-adjusted hydroxyproline (Hyp/Cr) and calcium (Ca/Cr) as those of bone resorption in 166 community-dwelling Japanese women.A highly significant positive correlation between age and each of the biochemical markers, except for Ca/Cr, was observed. This relationship was not linear. Marked elevation in the levels of the markers was found in women in their sixth decade women compared with those in their fifth.All the markers correlated inversely with the BMD and these relationships remained significant after elimination of the effect of age by partialization. When analyzing the subjects in each five-year age group, the positive correlation of Hyp/Cr with Ca/Cr was significant in the subjects aged 45 to 49 and the negative correlation of Hyp/Cr with BMD was significant in those aged 50 to 54. B-AlP correlated positively with BGP in the subjects aged between 50 and 54 and inversely with BMD in those aged between 55 and 59. These correlations were significant. Thus, intercorrelations between the markers were observed five years earlier than were correlations between the markers and BMD. Such associations appeared earlier in terms of the markers for bone resorption than in terms of the markers for bone formation.In the subjects aged 50 to 54 who had encountered menopause more than three years previously, BGP and Hyp/Cr were elevated compared with those in the premenopausal women of similar age and a significant correlation between Hyp/Cr and BMD was observed. Therefore, menopause seemed to account for the uncoupled activation in the bone metabolism found in the subjects around 50 years of age.The decrease in bone mass observed in our subjects around 50 years of age as a result of uncoupling of bone formation and resorption was suggested to be initiated by activation of bone resorption caused by menopause preceding activation of bone formation.
  • 中高年女性の腰椎骨密度とそれに影響する要因(第1報)腰椎骨密度のDual-energy X-ray absorptiometryによる測定成績と年齢,閉経の影響, 梶田 悦子, 伊木 雅之, 西野 治身, 土肥 祥子, 森山 忠重, 飛田 芳江, 出口 洋二, 日下 幸則, 緒方 昭, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 49, 3, 674, 683,   1994年08月15日
    概要:Bone mineral density (BMD) of the lumbar spine in 198 community-dwelling Japanese women aged 35 years and over was measured by dual-energy X-ray absorptiometry to investigate the effects of aging and menopause on BMD.A highly significant negative correlation between age and BMD was observed in postmenopausal women as widely accepted. We found a weak but statistically significant negative correlation between age and BMD in even premenopausal women, suggesting that their bone loss had commenced before menopause. Marked decrement in BMD was seen during the first ten years after menopause. Menopause clearly accelerated bone loss in the lumbar spine. Two-way analysis of variance of BMD on age and menopausal status showed that these explanatory variables had a significantly decreasing effect on BMD independently of each other. Menopausal status had a greater sum of squares than age, which suggested that menopause played a greater role in bone loss than did aging. Early menopause has been implied as one of the risk factors for bone loss. The women aged 50 to 59 having encountered menopause before 49 years old exhibited significantly lower BMD than those of similar age who experienced menopause at age 49 and older. This difference in BMD was not observed in the women aged 60 and over. Early menopause was no more likely to be a risk factor for bone loss in the elderly wonen.We conclude that bone loss in the lumbar spine begins before menopause and is accelerated markedly by menopause for about ten years, and that menopause has a greater decreasing effect on the bone mass than does chronological age while each of them has an independent effect on the bone mass decrement.

書籍等出版物

  • 「地域保健におけるエビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン」,  コーヒー・嗜好飲料摂取の有効性, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 共著, 日本公衆衛生協会,   2004年
  • 「NEW 予防医学・公衆衛生学」 第9章 生活習慣病の疫学と予防  F 骨粗鬆症、骨折予防, 伊木 雅之, 共著, 南江堂,   2003年10月
  • 「地域保健におけるエビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン」, EBM関連用語解説, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 共著, 日本公衆衛生協会,   2004年
  • 最新の骨粗鬆症学 骨粗鬆症の最新知見, 骨粗鬆症の疫学, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 共著, 日本臨牀社,   2013年
  • 骨粗鬆症診療ハンドブック (改訂3版), 骨粗鬆症診療ハンドブック (改訂3版) Ⅳ骨粗鬆症の危険因子 7 加齢, 伊木 雅之, 共著, 医薬ジャーナル社,   2002年06月
  • 実践骨代謝マーカー, 骨代謝マーカーによる骨量減少の予知, 伊木 雅之, 共著, メディカルビュー社,   2003年04月
  • 産業医学実践講座, 産業医学実践講座 15章 物理的要因による健康障害とその予防 F. 手腕振動, 伊木 雅之, 共著, 南江堂,   2002年05月
  • 産業医学実践講座, 産業医学実践講座 15章 物理的要因による健康障害とその予防 G. 全身振動, 伊木 雅之, 共著, 南江堂,   2002年05月

講演・口頭発表等

  • HMG-CoA還元酵素阻害剤は骨量低下を抑制するか-藤原京スタディ男性骨折コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • 15年間の長期追跡による骨粗鬆症予防検診(骨密度測定結果), 前田 秀一, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 岩佐 勢市, 山崎 巌, 三田村 純枝, 村中 喜代美, 山下 郁恵, 日本農村医学会雑誌,   2006年09月01日
  • VDR遺伝子多型とライフスタイル要因の骨密度に及ぼす相互作用, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, The 1st Joint Meeting of the Int Bone and Mineral Society and the European Calcified Tissue Society,   2001年06月, The 1st Joint Meeting of the Int Bone and Mineral Society and the European Calcified Tissue Society
  • ゲームやパソコン・携帯メールと思春期の体格や血清脂質との関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 由良 晶子, 伊木 雅之, 中村晴信, 第67回日本公衆衛生学会総会,   2008年11月, 第67回日本公衆衛生学会総会
  • ビタミンD受容体遺伝子の開始コドン多型とlifestyleが骨密度に及ぼす影響―大規模無作為抽出標本での検討―, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, 第2回日本骨粗鬆症学会,   2000年10月, 第2回日本骨粗鬆症学会
  • ビタミンD受容体遺伝子多型が日本人女性の骨密度に及ぼす影響 : JPOS Cohort Study, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, 世界骨粗鬆症会議,   2002年05月, 世界骨粗鬆症会議
  • ビタミンD受容体遺伝子多型とライフスタイルが骨密度に及ぼす影響―JPOS Cohort Study―, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, 第12回日本疫学会総会,   2002年01月, 第12回日本疫学会総会
  • ビタミンD受容体遺伝子多型は体幹筋力とは独立して腰椎骨密度に影響する, 伊木 雅之, 土肥 祥子, 第60回公衆衛生学会総会,   2001年10月, 第60回公衆衛生学会総会
  • 遺伝子多型とLifestyle要因による骨密度変化の予測, 伊木 雅之, 第3回骨粗鬆症学会総会ワークショップ,   2001年09月, 第3回骨粗鬆症学会総会ワークショップ
  • 遺伝要因と環境・ライフスタイル要因に基づく骨粗鬆症のリスク評価法を開発する大規模無作為標本コホート研究(第2報), 渡邉 明美, 伊木 雅之, 第9回代謝性骨疾患研究会,   2001年03月, 第9回代謝性骨疾患研究会
  • 遺伝要因と環境・ライフスタイル要因に基づく骨粗鬆症のリスク評価法を開発する大規模無作為標本コホート研究(第3報), 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 第10回代謝性骨疾患研究会,   2002年03月, 第10回代謝性骨疾患研究会
  • 飲料中フッ素濃度と骨吸収マーカーとの間の正相関, 西野 治身, 伊木 雅之, 第24回国際フッ素学会,   2001年09月, 第24回国際フッ素学会
  • 飲料中フッ素濃度と骨吸収マーカーとの関連, 西野 治身, 伊木 雅之, 新村 哲夫, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 第60回公衆衛生学会総会,   2001年10月, 第60回公衆衛生学会総会
  • 家庭ごみ有料化による減量効果の検証, 池田 行宏, 伊木 雅之, 西川光善, 神崎広史, 第63回日本公衆衛生学会総会,   2004年10月, 第63回日本公衆衛生学会総会
  • 学齢期男女の骨密度の経年変化, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 由良 晶子, 相原 宏州, 松倉 知晴, 第60回日本公衆衛生学会総会,   2001年10月, 第60回日本公衆衛生学会総会
  • 乾式超音波骨密度測定機(SAHARA)の季節による測定値の変動と精度, 池田 行宏, 伊木 雅之, 第4回日本骨粗鬆症学会,   2002年11月, 第4回日本骨粗鬆症学会
  • 乾式超音波骨密度測定機の精度と季節による測定値の変動, 池田 行宏, 伊木 雅之, 第61回日本公衆衛生学会総会,   2002年10月, 第61回日本公衆衛生学会総会
  • 乾式超音波骨量評価値の年齢、閉経に伴う変化と他部位骨密度との相関, 池田 行宏, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 相原宏洲, 鏡森定信, 香川芳子, 松崎俊久, 米島秀夫, 丸茂文昭, 第59回日本公衆衛生学会総会,   2000年10月, 第59回日本公衆衛生学会総会
  • 間欠的短期絶食による遅延型アレルギー性皮膚炎の抑制機構, 石原敬康, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 河野比良夫 薗田精昭 , 西尾信宏, 中村晴信, 第79回日本衛生学会学術総会,   2009年04月, 第79回日本衛生学会学術総会
  • 喫煙年数が長いほど骨密度は低い-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 勤労者の運動・スポーツ実施の現状と運動・スポーツ活動支援対策の検討, 中 比呂志, 伊木 雅之, 第59回日本公衆衛生学会総会,   2000年10月, 第59回日本公衆衛生学会総会
  • 蛍光標識プローブを用いたビタミンD受容体遺伝子のプロモーター領域(VDR-SIFI)多型解析および骨密度との関連, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 土肥祥子, 米増國雄 , 日本衛生学会総会,   2001年04月, 日本衛生学会総会
  • 血清オステオカルシンは骨減少症女性の骨粗鬆症への進展を予測する:JPOSコホート研究, 伊木 雅之, 秋葉 隆, The International Conference on Progress in Bone and Mineral Reserch,   2003年11月, The International Conference on Progress in Bone and Mineral Reserch
  • 健常日本人女性における骨代謝マーカーによる骨密度変化の予測 ーJPOS Cohort Studyー, 伊木 雅之, 秋葉 隆, 西野 治身, 松本 俊夫, 第3回骨粗鬆症学会総会シンポジウム,   2001年09月, 第3回骨粗鬆症学会総会シンポジウム
  • 検診/健診をいかに取り入れるか、その活用について 骨密度測定から骨折リスク予測に基づく検診へ 現状と課題, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 第14回骨粗鬆症学会,   2012年09月, 第14回骨粗鬆症学会
  • 降圧薬と骨代謝指標の関連-藤原京スタディ男性骨折コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第13回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会,   2011年11月, 第13回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会
  • 高校生の腰椎及び大腿骨近位部骨密度とライフスタイルの関係, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 佐藤 裕保 , 第62回日本公衆衛生学会総会,   2003年10月, 第62回日本公衆衛生学会総会
  • 高校生の腰椎及び大腿骨骨密度と身長、体重、握力及び第2次性徴の関係, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 相原 宏州, 佐藤 裕保, 第61回日本公衆衛生学会総会,   2002年10月, 第61回日本公衆衛生学会総会
  • 高齢者における慢性腎臓病の有病状況と循環器リスク要因との関連-藤原京スタディ-, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 高齢女性における大腿骨頸部の骨密度低下の決定要因 JPOSコホート研究, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 鏡森 定信, 第17回国際老年学会議,   2001年07月, 第17回国際老年学会議
  • 高齢男性の新規骨折は生命予後を悪化させる:藤原京スタディ男性骨粗鬆症研究, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 原納明博, 羽崎完, 岡本希 車谷典男, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 骨減少症女性の骨粗鬆症への進展を予測する方法:JPOSコホート研究, 伊木 雅之, 1st Joint Meeting of the Int.Bone and Mineral Soc.and the Japanese Soc.for Bone and Mineral Research,   2003年06月, 1st Joint Meeting of the Int.Bone and Mineral Soc.and the Japanese Soc.for Bone and Mineral Research
  • 骨代謝における軽度・中等度腎機能低下の影響 ~藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究~, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • 骨代謝マーカーは閉経後ではなく、閉経前から閉経周辺期の骨量減少の予測要因になる -JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 秋葉隆, 西野治身, 松本俊夫, 第16回日本疫学会学術総会,   2006年01月, 第16回日本疫学会学術総会
  • 骨代謝マーカー値と骨密度変化、並びにいわゆる Fast bone loser との関連-JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 秋葉 隆, 西野 治身, 第12回日本疫学会総会,   2002年01月01日, 第12回日本疫学会総会
  • 骨密度変化とFast bone loserを予測するための骨代謝指標の意義, 伊木 雅之, 秋葉 隆, 西野 治身, 世界骨粗鬆症会議,   2002年05月, 世界骨粗鬆症会議
  • 最大骨量を高める対策と標的集団, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, 第61回日本公衆衛生学会総会,   2002年10月, 第61回日本公衆衛生学会総会
  • 思春期・青年期の全身骨量と体脂肪量および除脂肪量の関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 冬梅, 佐藤裕保, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • 思春期から老年期までの骨量測定:二重エネルギーX線吸収法と乾式超音波骨量測定との比較, 池田 行宏, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 相原宏洲, 鏡森定信, 香川芳子, 松崎俊久, 米島秀夫, 丸茂文昭, 第60回日本公衆衛生学会総会,   2001年10月, 第60回日本公衆衛生学会総会
  • 思春期の体格,血清脂質,血圧:ポピュレーションベースの追跡研究, 甲田 勝康, 由良 晶子, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 思春期の日本人男女の前腕骨密度の変化, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 相原 宏州, 松倉 知晴, The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology,   2001年09月, The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology
  • 思春期児童における腹囲/身長比の肥満指標としての意義, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 岡本敏子, 第19回日本疫学会学術総会,   2009年01月, 第19回日本疫学会学術総会
  • 思春期女子の骨密度に対するスポーツ活動の影響は初経発来時期によって異なるか, 中 比呂志, 伊木 雅之, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 第7回日本骨粗鬆症学会,   2005年10月, 第7回日本骨粗鬆症学会
  • 思春期男女の骨密度の経年変化と関連要因, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 松倉 知晴, 第62回日本公衆衛生学会総会,   2003年10月, 第62回日本公衆衛生学会総会
  • 児童のぜん息有症率と年次推移の地域差, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 井藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 児童の生活習慣および環境要因と自覚症状との関連, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦 井藤 尚之 伯井 俊明, 第63回日本公衆衛生学会総会,   2004年10月, 第63回日本公衆衛生学会総会
  • 児童の疲労感と生活環境要因との関連, 由良 晶子, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 第13回日本疫学会,   2003年01月, 第13回日本疫学会
  • 自動車排ガス汚染緩和の児童の「咳」有訴者率への影響, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 武本優次 松原謙二 伯井俊明, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 捨て置かれし男性の骨を守ろう! 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の発進, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲 , 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 社会経済的要因と骨密度との関連-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の断面検討-, 文鐘聲, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 森川将行, 佐藤裕保, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 若年女性での適正体重の獲得は最大骨量を高めるか-JPOS Cohort Study-, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 森田明美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 習慣的牛乳引用は男性高齢者でも骨密度に関連する-藤原京スタディ男性骨粗鬆症研究-, 佐藤裕保, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 女子中学生における理想の体格と体組成の関係, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 佐藤裕保, DongMei Namiraa, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 小学5年生の体格・血圧・血清脂質:1993年から2005年の年次推移, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 池田行宏 石原敬康, 竹内宏一, 第17回日本疫学会学術総会,   2007年01月, 第17回日本疫学会学術総会
  • 小学校新改築による教室内空気汚染実態調査(第2報), 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 第62回日本公衆衛生学会総会,   2003年10月, 第62回日本公衆衛生学会総会
  • 小学校新改築による児童の健康影響実態調査, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 第61回日本公衆衛生学会総会,   2002年10月, 第61回日本公衆衛生学会総会
  • 小児における骨量獲得の現状とその改善の方策, 伊木 雅之, 第50回南大阪小児疾患研究会,   2002年10月, 第50回南大阪小児疾患研究会
  • 小児の身長と血圧:ポピュレーションベースの追跡研究, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 由良 晶子, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 竹内宏一, 第18回日本疫学会学術総会,   2008年01月, 第18回日本疫学会学術総会
  • 小中学生男女の腰椎、大腿骨近位部骨密度とその決定要因に関する横断研究, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, 第4回日本骨粗鬆症学会,   2002年11月, 第4回日本骨粗鬆症学会
  • 成長期の腰椎体積骨密度上昇の遅れは骨折率の一時的上昇の原因か, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 中 比呂志, 第7回日本骨粗鬆症学会,   2005年10月, 第7回日本骨粗鬆症学会
  • 体脂肪分布パターンと糖尿病および心血管疾患のリスク要因との関連:二重エネルギーX線吸収法による検討, 冬梅, 甲田 勝康, 玉置 淳子, 伊木 雅之, , 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第23回日本疫学会学術総会,   2013年01月, 第23回日本疫学会学術総会
  • 大規模長期縦断研究による児童の「咳」有訴者率と自動車排ガス汚染の関連, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 第16回日本疫学会学術総会,   2006年01月, 第16回日本疫学会学術総会
  • 大規模長期縦断研究による大阪府児童のアレルギー症状の動向, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 井藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第67回日本公衆衛生学会総会,   2008年11月, 第67回日本公衆衛生学会総会
  • 大規模長期縦断研究による大阪府児童のアレルギー症状有症状況の推移, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, 井藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第65回日本公衆衛生学会総会,   2006年10月, 第65回日本公衆衛生学会総会
  • 大規模長期縦断研究による大阪府児童のアレルギー症状有症状況の推移(第2報), 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 清水忠彦, 伊藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 大規模無作為抽出標本におけるVDR遺伝子多型と骨密度との関連, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, 第71回日本衛生学会総会,   2001年04月, 第71回日本衛生学会総会
  • 大規模無作為抽出標本における骨密度関連遺伝子の検索―TGFβ1遺伝子多型の検討, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 池田 行宏, 土肥 祥子, 第10回日本疫学会学術総会,   2000年01月, 第10回日本疫学会学術総会
  • 大豆発酵食品は有経者の骨量獲得を助長し、閉経者の骨量減少を防止する, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 相原宏州, 鏡森定信, First Joint Meeting of the Int. Bone and Mineral Soc.and the European Calcifed Tissue Soc.,   2001年06月, First Joint Meeting of the Int. Bone and Mineral Soc.and the European Calcifed Tissue Soc.
  • 地域保健で使えるエビデンスに基づく疾患予防ガイドライン(骨折・骨粗鬆症予防編), 伊木 雅之, 由良 晶子, 久保田 恵, 吉村 典子, 第62回日本公衆衛生学総会,   2003年10月, 第62回日本公衆衛生学総会
  • 地域保健におけるエビデンスに基づく疾患予防ガイドライン[骨折骨粗鬆症予防編完成], 伊木 雅之, 玉置 淳子, 由良 晶子, 上西 一弘, 中村 和利, 吉村 典子 , 金成 由美子, 安村 誠司, 第63回日本公衆衛生学会総会,   2004年10月, 第63回日本公衆衛生学会総会
  • 中学校期のスポーツ活動と腰椎及び大腿骨近位部骨密度との関係, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 佐藤 裕保, 第63回日本公衆衛生学総会,   2004年10月, 第63回日本公衆衛生学総会
  • 中学生における腰椎及び大腿骨近位部骨密度とその決定要因に関する縦断的研究, 中 比呂志, 伊木 雅之, 第5回日本骨粗鬆症学会,   2003年10月, 第5回日本骨粗鬆症学会
  • 中学生における腰椎及び大腿骨密度と身長、体重及び第二次性徴の関係, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 相原 宏州, 第3回日本骨粗鬆症学会,   2001年09月, 第3回日本骨粗鬆症学会
  • 中学生の骨密度に影響する要因, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 相原 宏州, 第60回公衆衛生学会総会,   2001年10月, 第60回公衆衛生学会総会
  • 中高校生の骨密度に対するスポーツ活動の影響ー3年間の追跡調査, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 中 比呂志, 第64回日本公衆衛生学会総会,   2005年09月, 第64回日本公衆衛生学会総会
  • 中国内モンゴル自治区の有経女性における骨代謝マーカーと年齢、フッ素暴露との関係, 西野 治身, 伊木 雅之, 新村 哲夫, 梶田 悦子 鏡森 定信, 第59回日本公衆衛生学会総会,   2000年10月, 第59回日本公衆衛生学会総会
  • 中国内蒙古の閉経前女性におけるフッ素化合物と骨量および骨代謝に関する追跡調査, 張 ミョウ, 伊木 雅之, 西野 治身, 第4回日本骨粗鬆症学会,   2002年11月, 第4回日本骨粗鬆症学会
  • 適度な飲酒は骨粗鬆症を防ぐ-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究-, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 由良 晶子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 森川将行, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の発進, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 岡本希 車谷典男, 第11回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会,   2009年10月, 第11回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会
  • 同年齢で第2次性徴段階の異なる日本人男女の腰椎と大腿骨頸部の骨量獲得, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, First Joint Meeting of the Int.Bone and Mineral Soc.and the European Calcified Tissue Soc.,   2001年06月, First Joint Meeting of the Int.Bone and Mineral Soc.and the European Calcified Tissue Soc.
  • 日本女性の無作為抽出における骨密度の6年間の追跡 ーJPOS Cohort Studyー, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 秋葉 隆, 第5回日本骨粗鬆症学会,   2003年10月, 第5回日本骨粗鬆症学会
  • 日本人高齢男性では血清オステオカルシン濃度は空腹時血糖値,並びにヘモグロビンA1c値と逆相関する。藤原京スタディ男性骨粗鬆症(FORMEN)研究, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 岡本希 車谷典男, 第28回日本骨代謝学会学術集会,   2010年07月, 第28回日本骨代謝学会学術集会
  • 日本人女性におけるビタミンD受容体遺伝子多型の骨密度とその変化への影響, 伊木 雅之, Second International Workshop on the Genetics of Bone Metabolism and Disease,   2003年02月, Second International Workshop on the Genetics of Bone Metabolism and Disease
  • 日本人女性における遺伝的要因と行動学的要因の骨密度とその変化への複合影響, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 鏡森 定信, 第10回国際環境複合影響会議(ICCEF 2002)特別講演,   2002年08月, 第10回国際環境複合影響会議(ICCEF 2002)特別講演
  • 日本人女性における骨代謝マーカーの年齢、閉経、骨密度との関連-JPOS Study-, 秋葉 隆, 伊木 雅之, 西野 治身, 松本 俊夫, 第2回日本骨粗鬆症学会,   2000年10月, 第2回日本骨粗鬆症学会
  • 日本人女性における骨密度の変化の様相とその決定要因-JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 梶田 悦子 鏡森 定信, 第2回日本骨粗鬆症学会,   2000年10月, 第2回日本骨粗鬆症学会
  • 日本人女性の3年間の骨密度変化とその決定要因, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 相原 宏州, 鏡森 定信, World Congress on Osteoporosis 2000,   2000年06月, World Congress on Osteoporosis 2000
  • 日本人女性の骨密度変化に影響する要因-JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 由良 晶子, 梶田 悦子 鏡森 定信, 第59回日本公衆衛生学会総会,   2000年10月, 第59回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人女性の無作為抽出コホート10年追跡研究で見た骨密度の年齢効果とコホート効果, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子 池田行宏, 佐藤裕保, 森田明美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人小学生における血中25-Hydroxyvitamin D濃度と体組成との関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人小学生における体脂肪分布パターンと第二次性徴との関連:二重エネルギーX線吸収法による検討, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信 小原久未子, 第23回日本疫学会学術総会,   2012年12月, 第23回日本疫学会学術総会
  • 日本人小学生における部位別体脂肪と血清コレステロールとの関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人少年少女における生活習慣要因の骨密度に対する影響, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 相原 宏州, , 世界骨粗鬆症会議,   2002年05月, 世界骨粗鬆症会議
  • 日本人中学生のアレルギー性疾患に対する父母の既往と母乳哺育の影響, 三宅 吉博, 伊木 雅之, 第10回国際環境複合影響会議(ICCEF 2002),   2002年08月, 第10回国際環境複合影響会議(ICCEF 2002)
  • 乳幼児の体重獲得の時期とパターンが思春期の血清脂質に及ぼす影響, 中村晴信, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 小原久未子, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 乳幼児の体重獲得の時期とパターンが思春期の肥満に及ぼす影響, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信 小原久未子, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 乳幼児期の急速な体重増加がその後の心血管疾患リスク要因に及ぼす影響, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 妊娠期の母親の体重変化が中学生の血圧に及ぼす影響, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 納豆摂取による骨密度低下の予防効果~藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究~, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 納豆摂取は有経者の骨量増加と閉経者の骨量減少に寄与するーJPOS Chort Studyー, 伊木 雅之, 森田 明美, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 香川 芳子, 松崎 俊久, 米島 秀夫, 丸茂 文昭, 第5回Vitamin K & Bone 研究会,   2002年02月, 第5回Vitamin K & Bone 研究会
  • 閉経周辺期女性における骨粗鬆症予防要因についての調査, 門脇 英子, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 佐藤 裕保, 第62回公衆衛生学会総会,   2003年10月, 第62回公衆衛生学会総会
  • 閉経女性における体組成と骨密度の関連-JPOS Study 15年次調査による閉経後年数別検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 由良 晶子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 冬梅, 佐藤裕保, 梶田悦子, 中谷芳美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 母子健康手帳からみた小学生・中学生のBMI~大規模ポピュレーション研究~, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信 桑原恵介, 第56回日本学校保健学会,   2009年11月, 第56回日本学校保健学会
  • 有効な対策樹立のための疫学研究-成長と将来展望-骨粗鬆症疫学の研究成果と現場での活用における課題, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 小松美砂, 梶田悦子, 第17回日本疫学会総会シンポジウム,   2007年01月, 第17回日本疫学会総会シンポジウム
  • Quantitative ultrasound in healthy Japanese adolescents: its relation to age, height, weight and pubertal stage, 池田 行宏, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 相原宏洲, 鏡森定信, 香川芳子, 松崎俊久, 米島秀夫, 丸茂文昭, IOF World Congress on osteoporosis,   2002年05月, IOF World Congress on osteoporosis
  • Bone minerral density at the spine and hip and its determinants in peripubertal Japanese children, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, 31st European Symposium on Calcified Tissues,   2004年06月, 31st European Symposium on Calcified Tissues
  • A two-year longitudinal study on the effects of lifestyle factors to bone mass gain in Japanese boys and girls :Kyoto Kids Bone Heslth Study, 中 比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 池田 行宏, 佐藤 裕保, 31st European Symposium on Calcified Tissues,   2004年06月, 31st European Symposium on Calcified Tissues
  • Strength of bone may decreese around 14 yesrs of age during skeletal growth in Japanese boys, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, 24th Japanese Socity of Bone Morphometry, 1st Asian Pacific Congress of Bone Morphometry,   2004年06月, 24th Japanese Socity of Bone Morphometry, 1st Asian Pacific Congress of Bone Morphometry
  • Delay in bone density gain compared with height growth may cause transient increase in fracture in growing Japanese children, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 池田 行宏, 佐藤 裕保, 森田 明美, 中 比呂志, Third International Conference on Children's Bone Health,   2005年05月, Third International Conference on Children's Bone Health
  • A two-year longitudinal study on the relationship between sports activity and bone mass gain in Japanese boys and girls:Kyoto Kids Increase Density in the Skeleton Study(Kyoto KIDS Study), 中 比呂志, 伊木 雅之, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, Third International Conference on Children's Bone Health,   2005年05月, Third International Conference on Children's Bone Health
  • Effect of Mechanical Components of Physical Activity on Bone Mineral Density in Japanese Children:Cross-Sectional Analyses, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 佐藤 裕保, 中 比呂志, 2nd Joint Meeting of ECTS,   2005年06月, 2nd Joint Meeting of ECTS
  • Pattern of change in quantitative ultrasound at the calcaneus during the growth spurt is different from that of bone density in healthy Japanese adolescents., 池田 行宏, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 森田明美, 佐藤裕保, 中比呂志, IEA World Congress of Epidemiology,   2005年08月, IEA World Congress of Epidemiology
  • Weight at the Age of Peak Bone Growth Affects Bone Mass in Japanese Adolescents but Birth Weight dose not, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 中 比呂志, 27th American Society Bone and Mineral Reserch,   2005年09月, 27th American Society Bone and Mineral Reserch
  • Effects of Physical Activity in Elementary School on Bone Mineral Density in Japanese Children and Adolescents:A Three-year Longitudinal S, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 池田 行宏, 森田 明美, 佐藤 裕保, 中 比呂志, 27th American Society Bone and Mineral Reserch,   2006年09月, 27th American Society Bone and Mineral Reserch
  • Relationships between blood pressure and height among Japanese schoolchildren: population-based followup study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H, Nishio N, Takeuchi H, 9th International Congress of Physiological Anthropology,   2008年08月, 9th International Congress of Physiological Anthropology
  • Ten-year change in bone mineral density in a representative sample of Japanese women - JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E Ikeda Y, Sato Y, Morita A, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, ASBMR 30th Annual Meeting,   2008年09月, ASBMR 30th Annual Meeting
  • Body weight at age 1.5 and 3 years affects bone mass of Japanese adolescents but birth weight dose not: Shiokawa Kids Bone Health Study, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, Kadowaki E Ikeda Y, Sato Y, Morita A, Kajita E, 5th International Conference on Children's Bone Health,   2009年06月, 5th International Conference on Children's Bone Health
  • Bone turnover markers predict 10-year risk of developing osteoporosis in postmenopausal Women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 甲田 勝康, Sato Y, Akiba T, Matsumoto T, Nishino H, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Baseline data of a cohort study for determinants of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Morikawa M, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Validity of the cut-off values for waist circumference and waist-to-height ratio for schoolchildren, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H Kuwahara K, Okamoto T, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Impact of smoking on bone mineral density in elderly men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, Clinical Osteoporosis 2010: An ISCD-NOF Symposium,   2010年03月, Clinical Osteoporosis 2010: An ISCD-NOF Symposium
  • An inverse association between serum undercarboxylated osteocalcin levels and blood glucose and hemoglobin A1c levels in an elderly Japanese male population: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-1st Asia Pacific Osteoporosis Meeting,   2010年12月, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-1st Asia Pacific Osteoporosis Meeting
  • GFR estimated with serum creatinine may be misleading in association between subclinical decline in renal function and bone mass in community-dwelling elderly men: FORMEN study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, The 3rd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society and the International Bone and Minera,   2011年05月, The 3rd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society and the International Bone and Minera
  • Incident clinical fracture increases the risk of mortality in community-dwelling elderly men: Fujiwara-Kyo Osteoporosis Risk In Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Harano A, Hazaki K, Okamoto N Kurumatani N , International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-3rd Asia-Pacific Osteoporosis Meeting,   2012年12月, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-3rd Asia-Pacific Osteoporosis Meeting
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with low serum HDL cholesterol levels independently of total adiposity in japanese children, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K , 20th European Congress on Obesity,   2013年05月, 20th European Congress on Obesity
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with decreased adiponectin concentrations independently of whole body fat in a general population of japanese children, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K, 20th European Congress on Obesity,   2013年05月, 20th European Congress on Obesity

MISC

  • 最新用語解説 臨床(第38回)骨代謝マーカーとしてのオステオカルシン, 伊木 雅之, 骨粗鬆症治療, 11, 1, 52, 56,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019301122
  • 血清クレアチニンとシスタチンCで評価した軽度から中等度の慢性腎臓病は骨密度と骨代謝マーカーに影響するか : 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究 (日本骨粗鬆症学会 2010年度研究奨励賞), 藤田 裕規, 伊木 雅之, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, 19, 4, 592, 596,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019160064
  • 健常日本人女性におけるHip Structure Analysis指標値の基本的特性と10年間の変化--JPOSコホート研究 (第11回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight), 伊木 雅之, DM Namiraa, 佐藤 裕保, オステオポローシスジャパン, 18, 2, 257, 260,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017142670
  • 大規模無作為抽出標本の10年追跡データによる日本人女性におけるFRAXの有用性の検討--JPOSコホート研究 (第5回(平成21年度)リリー研究助成成果報告), 玉置 淳子, 伊木 雅之, オステオポローシスジャパン, 18, 3, 415, 422,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017270622
  • HMG-CoA還元酵素阻害剤は骨量低下を抑制するか--骨粗鬆症のリスク要因の解明と骨折リスク評価モデルの構築をめざす藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究 (日本骨粗鬆症学会 2009年度研究奨励賞), 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, オステオポローシスジャパン, 18, 4, 643, 648,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017410454
  • セミナー 女性におけるビタミン摂取と骨粗鬆症性骨折との関係, 伊木 雅之, 日本薬剤師会雑誌, 60, 8, 1085, 1089,   2008年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016186815
  • 小学生から高校生にいたる中軸骨骨発達の6年間追跡に基づく思春期骨折のリスク要因の解明 (第15回(平成19年度)財団法人骨粗鬆症財団 研究助成に関する成果報告), 伊木 雅之, 玉置 淳子, 門脇 英子, オステオポローシスジャパン, 16, 4, 680, 684,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016369275
  • 骨粗鬆症検診 (特集 検診--エビデンスと論争点) -- (各種疾患に対する検診のエビデンス), 伊木 雅之, EBMジャ-ナル, 8, 2, 232, 237,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015306288
  • 骨粗鬆症は動脈硬化性心血管疾患発症リスクを高めるか--大規模無作為抽出標本の10年追跡調査による検討 (第14回(平成18年度)財団法人骨粗鬆症財団 研究助成に関する成果報告), 玉置 淳子, 伊木 雅之, オステオポローシスジャパン, 15, 4, 709, 716,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015703484
  • 動脈硬化性疾患の管理における骨粗鬆症評価の有用性に関する研究--大規模無作為抽出標本による10年間の追跡, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 研究助成論文集, 23, 33,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015896752
  • 運動器虚弱高齢者への対策 (特集 内科医・婦人科医のための整形外科的治療の基礎知識), 伊木 雅之, 骨粗鬆症治療, 5, 4, 299, 304,   2006年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015137690
  • 基礎医学研究者への進路, 松尾 理, 伊木 雅之, 医学教育, 36, 5, 301, 304,   2005年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020425456
  • 高校生における腰椎および大腿骨近位部骨密度とその決定要因の縦断的研究--中学・高校期のスポーツ活動に焦点をあてて, 中 比呂志, 伊木 雅之, 森田 明美, デサントスポ-ツ科学, 26, 85, 94,   2005年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006806225
  • 高校生の牛乳摂取が中軸骨骨密度獲得におよぼす影響に関する追跡研究--平成15年度 牛乳栄養学術研究会委託研究報告書((社)日本酪農乳業協会)より, 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, 畜産の情報 国内編, 186, 22, 27,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006682075
  • 骨量減少・骨折リスクと骨代謝マーカー (特集 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの新たな展開), 伊木 雅之, 骨粗鬆症治療, 3, 3, 221, 227,192,   2004年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006356748
  • エビデンスに基づく予防対策の評価法, 伊木 雅之, 日本衞生學雜誌, 58, 3, 311, 316,   2003年09月15日, 10.1265/jjh.58.311, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011758138
    概要:Copyright (c) 2003 日本衛生学会, right: 本文データは学協会の許可を得てJ-Stageから複写したものである[Abstract] In the present special articles entitled "Evidence-based prevention of osteoporosis and osteoporotic fractures", several preventive procedures for these diseases were evaluated for their effectiveness according to the best available evidence of literature. These procedures included optimization of calcium intake and physical activity as the primary prevention, bone density measurement as the screening, and prevention of falls in the elderly people. The present article described a method for the evaluation of preventive procedures for osteoporosis based on systematic review of the evidence, which was applicable for other preventive services of diseases. The next step to the review of evidence is how to communicate the evidence established to practitioners in the fields of preventive medicine and community health. One of the effective tools for this purpose is evidence-based preventive practice guideline. The Japanese Society for Hygiene should play a leading role in compiling a series of guidelines for the preventive procedures of various kinds of health problems such as lifestyle-related diseases.
  • 小中学生男女の腰椎,大腿骨近位部骨密度とその決定要因に関する横断研究 (第4回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight), 伊木 雅之, 中 比呂志, 佐藤 裕保, オステオポローシスジャパン, 11, 2, 266, 269,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005908798
  • ビタミンD受容体遺伝子多型とライフスタイルが骨密度に及ぼす影響 : JPOS Study, 森田 明美, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 池田 行宏, 鏡森 定信, 香川 芳子, 松崎 俊久, 米島 秀夫, 丸茂 文昭, Journal of epidemiology, 12, 1,   2002年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018969110
  • 小学生アレルギー疾患と水道水硬度との生態学的研究, 三宅 吉博, 横山 徹爾, 由良 晶子, 伊木 雅之, 清水 忠彦, Journal of epidemiology, 12, 1,   2002年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018969247
  • 遺伝子多型と生活習慣による骨密度の変化 (巻頭特集 図でみる骨粗鬆症2002(疫学編)), 伊木 雅之, オステオポローシスジャパン, 10, 1, 29, 31,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005908654
  • 蛍光標識プローブを用いたビタミンD受容体遺伝子のプロモーター領域(VDR-SIF1)多型解析および骨密度との関連, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 米増 國雄, 森田 明美, 梶田 悦子, 日本衞生學雜誌, 56, 1,   2001年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012355652
  • 大規模無作為抽出標本におけるVDR遺伝子多型と骨密度との関連, 森田 明美, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 池田 行宏, 鏡森 定信, 香川 芳子, 松崎 俊久, 米島 秀夫, 丸茂 文昭, 日本衞生學雜誌, 56, 1,   2001年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012355654
  • 日本人女性における骨密度の変化の様相とその決定要因--JPOS cohort study (第2回日本骨粗鬆症学会) -- (学会賞受賞演題), 伊木 雅之, 森田 明美, 池田 行宏, オステオポローシスジャパン, 9, 2, 192, 195,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005908550
  • 中国内モンゴールにおける閉経前女性のビタミンD受容体遺伝子多型と手骨骨密度との関連, 劉 仲玉, 畢 力夫, 梶田 悦子, 西野 治身, 伊木 雅之, 新村 哲夫, 関根 道和, 〓島 茂, 松倉 知晴, 張 〓, 桑守 豊美, 原田 澄子, 鏡森 定信, 民族衞生, 66, 4, 175, 183,   2000年07月31日, 10.3861/jshhe.66.175, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010337737
    概要:The Vitamin D receptor (VDR) gene has been implicated as one of the major genetic components of osteoporosis. We evaluated the relationship between the polymorphism in the VDR gene and the bone mineral density (BMD) of second metacarpus. The Fokl and Bsml genotypes were determined in 109 and 108 premenopausal Inner Mongolian women (35 49 years old), respectively. The BMD of second metacarpus was measured by computed X-ray densitometry(CXD). The bone-alkaline phosphatase (B-Alp) as a marker of bone formation, crosslaps (CL/Cr)as a marker of bone resorption, 25OHD, 1, 25 (OH) 2D3, body mass index (BMI), grip power and intakeof calcium were also measured. With regard to the distribution of Foki in 109 women, 58 (53.2%) women were "FF", 45 (41.3%) women were "Ff" and 6 (5.5%) women were "if". The composition of Bsml genotype in 108 women was 87 (80.6%) for "bb", 18 (16.7%) for "Bb" and 3 (2.8%) for "BB", respectively. The GS/D (BMD of second metacarpus bone), GSmax (BMD of bone cortex of second metacarpus) and GSmin (BMD of bone marrow of second metacarpus) of non-dominant hand with FF genotype were significantly higher than those with ff genotype (2.77 ± 0.23 vs 2.46 ± 0.23 Almm; 3.79 ± 0.28 vs 3.36 ± 0.30 Almm; 2.77 ± 0.34 vs 2.40 ± 0.41 Almm, p < 0.05, respectively). The GS/D and GSmax of dominant hand with FF genotype were significantly higher than those with ff genotype (2.80 ± 0.20 vs 2.51 ± 0.20 Almm; 3.82 ± 0.25 vs 3.46 ± 0.26 Almm, p < 0.05, respectively). GSmin of dominant hand with FF genotype was higher than that with ff genotype (2.77 ± 0.32 vs 2.46 ± 0.44 Almm, p < 0.1). The markers of bone metabolism, 25OHD, 1, 25 (OH) 2D3, BMI, grip power and intake of calcium showed no difference by Foki genotype. The BMD did not show any significant difference among Bsml genotype in premenopausal women in Inner Mongolia. There were no statistically significant interactions to those parameter of bone density between the Foki and Bsml genotypes. These findings suggest that BMD of second metacarpus may be related to Foki genotypes, although there were no evidences that Bsml genotype was associated with BMD of second metacarpus.
  • <特別講演抄録>II.骨粗鬆症の疫学と予防の戦略, 伊木 雅之, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061578
  • 中国・内モンゴル自治区におけるフッ素暴露と骨代謝への影響, 新村 哲夫, 西野 治身, 田中 朋子, 中崎 美峰子, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 劉 仲玉, 鏡森 定信, 〓 力夫, Biomedical research on trace elements, 10, 3, 185, 186,   1999年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10028283202
  • 日本人女性におけるオステオカルシン遺伝子多型と骨密度との関連, 森田 明美, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 鏡森 定信, 香川 芳子, 松崎 俊久, 米島 秀夫, 丸茂 文昭, 日本衞生學雜誌, 54, 1,   1999年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013389249
  • オステオカルシン遺伝子多型性の意義 : 日本人女性におけるその遺伝子型の分布および腰椎骨密度との関連性, 土肥 祥子, 伊木 雅之, 大串 始, 田端 司郎, 米増 國雄, 西野 治身, 日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism, 16, 2,   1998年07月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016508204
  • 10. トラックドライバーにおける労働災害死亡の解析(第49回産業疲労研究会), 堀川 隆志, 三戸 秀樹, 岡本 悦司, 伊木 雅之, 産業衛生学雑誌, 40, 3,   1998年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003836480
  • 骨粗鬆症とカルシウム代謝についての疫学知見, 伊木 雅之, Biomedical research on trace elements, 8, 3, 17, 18,   1997年12月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10028281612
  • 6.福井県におけるビタミンB群摂取状況 : ビタミンB研究委員会第356回会議研究発表要旨, 日下 幸則, 伊木 雅之, 森田 明美, 小寺 由美, 幸谷 昭子, 河原 和夫, ビタミン, 71, 5, 254, 255,   1997年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002874640
  • 浮遊粒子状物質による活性酸素産生 : 超微細二酸化チタニウム粉末を用いて, 張 群衛, 日下 幸則, 佐藤 一博, 伊木 雅之, 森田 明美, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 39,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010998700
  • ラット腎刷子縁膜におけるクエン酸輸送系に対する無機水銀の直接効果の検討, 佐藤 一博, 日下 幸則, 張 群衛, 伊木 雅之, 岡田 謙一郎, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 39,   1997年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010998719
  • 13.高齢者「大腿骨頚部骨折」の発生と予後 : 日常生活活動の回復には何が必要か(大腿骨頚部骨折), 仲田 公彦, 高木 治樹, 玉木 茂行, 高山 成子, 伊木 雅之, 日下 幸則, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 33, 12,   1996年12月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001862880
  • 痴呆性老人の予後に関連する要因及び介護者の負担について, 河原 和夫, 中永 悠子, 深尾 弘子, 白崎 昭一郎, 別所 遊子, 森田 明美, 本多 みよ子, 佐藤 一博, 伊木 雅之, 日下 幸則, 中村 健二, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 2,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504177
  • 福井県民栄養調査の報告 : -その分析結果と方法について-(第1報), 小寺 由美, 幸谷 昭子, 河原 和夫, 北山 富士子, 伊木 雅之, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 2,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504350
  • 福井県民栄養調査の報告 : -その分析結果と方法について-(第2報), 幸谷 昭子, 小寺 由美, 河原 和夫, 北山 富士子, 伊木 雅之, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 2,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504351
  • 医師のアレルギー、特に職業性アレルギーについて, 佐藤 一博, 日下 幸則, 出口 洋二, 森田 明美, 伊木 雅之, 海野 浩輔, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 2,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504433
  • 超音波骨密度測定器の測定値に及ぼす環境温度の影響, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 西野 治身, 三田村 純枝, 山崎 巌, 山上 孝司, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 3,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504786
  • 中高年女性における腰椎骨密度の変化と生活習慣, 梶田 悦子, 伊木 雅之, 西野 治身, 三田村 純枝, 山崎 巌, 飛田 芳江, 北山 富士子, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 55, 3,   1996年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016504788
  • 2.高齢者「大腿骨頸部骨折」の予後調査 : 手術症例256名の検討(第34回北陸リハビリテーション医学集談会), 仲田 公彦, 高木 治樹, 玉木 茂行, 高木 成子, 伊木 雅之, 日下 幸則, リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌, 33, 9,   1996年09月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001863239
  • じん肺の発病と進行に関する疫学的研究:福井県での十年間に亘るじん肺健康診 断結果証明書から, 日下 幸則, 佐藤 一博, 伊木 雅之, 張 群衛, 石井 靖, 本田 貞, 中村 政夫, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 38,   1996年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005053873
  • カドミウム投与ラットの腎刷子縁膜におけるクエン酸の取り込み, 佐藤 一博, 日下 幸則, 張 群衛, 伊木 雅之, 岡田 謙一郎, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 38,   1996年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005053939
  • I型アレルギー疾患とライフスタイル : 医師、医学生における追跡的研究より, 佐藤 一博, 日下 幸則, 海野 浩輔, 森田 明美, 伊木 雅之, 出口 洋二, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016502756
  • 超音波骨密度測定装置の再現性と測定値に影響する要因, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 西野 治身, 三田村 純枝, 山崎 巌, 山上 孝司, 長浜 直樹, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503287
  • 小規模事業所従業員に対する骨粗しょう症予防の試み, 永宮 民恵, 前川 喜美恵, 坂井 順子, 佐竹 直子, 佐藤 一博, 伊木 雅之, 日下 幸則, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503304
  • 高齢者の大腿骨頚部骨折患者の予後、および回復に関わる要因, 高山 成子, 伊木 雅之, 日下 幸則, 高木 治樹, 玉木 茂行, 向野 栄, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503309
  • 踵骨超音波計測値と腰椎骨密度ならびに骨代謝指標との関係, 西野 治身, 伊木 雅之, 田中 朋子, 堀井 裕子, 梶田 悦子, 三田村 純枝, 山崎 巌, 土肥 祥子, 日下 幸則, 鏡森 定信, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503315
  • 福井県奥越地区における低体重児出生に関する疫学的研究, 坂本 澄代, 牛嶋 智恵, 梶山 奈美子, 玉木 篤子, 横山 時夫, 大森 正弘, 桜田 基子, 石田 雅樹, 西岡 聡子, 野田 映子, 樋口 博一, 高橋 秀典, 森田 明美, 日下 幸則, 伊木 雅之, 田邊 美智子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503344
  • 高齢者における腰椎骨密度の変化とライフスタイルの関係, 梶田 悦子, 伊木 雅之, 西野 治身, 三田村 純枝, 山崎 巌, 飛田 芳江, 日下 幸則, 北山 富士子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 54,   1995年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016503545
  • 腰椎骨密度の変化とライフスタイルの関係, 三田村 純枝, 島田 政則, 山崎 巌, 松田 芳子, 北野 美智代, 宮本 智恵, 梶田 悦子, 伊木 雅之, 日下 幸則, 飛田 芳江, 北山 富士子, 日本農村医学会雑誌, 44, 3,   1995年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011005690
  • ヘルスプロモーションのための健康測定(その6) : 職域コホートにおける Peak Vo_2 と循環器疾患リスク・ファクターの関連, 飛田 芳江, 大滝 秀穂, 日下 幸則, 伊木 雅之, 梶田 悦子, 佐藤 一博, 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health, 37,   1995年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016500962
  • 6.福井県勤労者の健康状態(第36回北陸甲信越地方会), 日下 幸則, 伊木 雅之, 出口 洋二, 海野 浩輔, 産業医学, 36, 1, 34, 35,   1994年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006650718
  • 8.ヘルスプロモーションのための健康測定(その3) : ストレス・運動習慣とVO_<2max>の関係(第36回北陸甲信越地方会), 飛田 芳江, 大滝 秀穂, 伊木 雅之, 海野 浩輔, 日下 幸則, 出口 洋二, 梶田 悦子, 高山 成子, 産業医学, 36, 1, 35, 36,   1994年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006650720
  • 2.ヘルスプロモーションのための健康測定(その1) : VO_<2max>と成人病リスクファクターとの関係(第35回北陸甲信越地方会), 飛田 芳江, 大滝 秀穂, 戎 利光, 伊木 雅之, 出口 洋二, 梶田 悦子, 高山 成子, 日下 幸則, 産業医学, 35, 2, 137, 138,   1993年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006650039
  • 8.撚糸・織布工場の騒音と難聴(第35回北陸甲信越地方会), 伊木 雅之, 飛田 芳江, 大滝 秀穂, 緒方 昭, 産業医学, 35, 2,   1993年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006650045
  • こどもの健康調査-児童の自覚症状と大気汚染等-平成15年度, 清水 忠彦, 由良 晶子, 伊木 雅之, 他10名, こどもの健康調査-児童の自覚症状と大気汚染等-平成15年度,   2004年03月
  • こどもの健康調査-児童の自覚症状と大気汚染等-平成18年度報告書, 酒井英雄, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, 井東尚之 高島凱夫 村田省吾 肥塚正宏,   2007年
  • ビタミンD受容体(VDR)遺伝子多型, 渡邉 明美, 伊木 雅之, 日本臨床, 62, Sup2, 160, 163,   2004年
  • 遺伝的リスクを考慮して骨粗鬆症予防対策を立案する大規模無作為標本得コホート研究, 伊木 雅之, 平成10~12年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1)10470114)研究結果報告書,   2001年03月
  • 河東町成人女性骨密度調査事業調査結果報告書, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 武田 英子, 河東町成人女性骨密度調査結果報告書,   2003年03月
  • 牛乳乳製品機能性調査委託事業報告, 伊木 雅之, 農林水産省平成14年度牛乳乳製品機能性調査委託事業報告書, 1, 143,   2003年03月
  • 公衆衛生学2003年度版, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 玉置 淳子,   2003年06月
  • 高校生における腰椎および大腿骨近位部骨密度とその決定要因の縦断的研究-中学・高校期のスポーツ活動に焦点をあてて-, 中比呂志, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 玉置 淳子, 池田 行宏, デサントスポーツ科学, 26, 85, 94,   2005年06月
  • 骨粗鬆症と喫煙, 伊木 雅之, CLINICAL CALCIUM CLINICAL CALCIUM, 15, 7, 156, 158,   2005年07月
  • 骨粗鬆症検診の有効性に関する研究 平成13~14年度総合研究報告書, 伊木 雅之, 平成13~14年度厚生労働科学研究費補助金21世紀型医療開拓推進研究事業・医療技術評価総合研究事業:EBM分野研究報告書, 1, 38,   2003年04月
  • 骨粗鬆症検診の有効性に関する研究-腰椎骨密度の低下は骨折リスクの上昇をどの程度反映するか, 伊木 雅之, 厚生科学研究費補助金21世紀型医療開拓推進研究事業総括研究報告書, 1, 12,   2002年04月
  • 骨粗鬆症検診の有効性に関する研究総括研究報告, 伊木 雅之, 厚生労働科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業:EBM分野平成14年度総括・分担研究報告書, 2, 16,   2003年04月
  • 骨粗鬆症病因の多様性, 伊木 雅之, CLINICAL CALCIUM, 12, 7, 9, 15,   2002年06月
  • 骨粗鬆症予防法のEBM, 伊木 雅之, CLINICAL CALCIUM, 13, 8, 66, 71,   2003年08月
  • 骨量減少・骨折リスクと骨代謝マーカー, 伊木 雅之, 骨粗鬆症治療, 3, 3,   2004年
  • 青少年の腰椎、大腿骨頸部の骨量増加決定要因に関する追跡調査  平成14年度中学生追跡調査報告書, 中 比呂志, 伊木 雅之, 青少年の腰椎、大腿骨頸部の骨量増加決定要因に関する追跡調査 平成14年度中学生追跡調査報告書,   2003年05月
  • 青少年を対象とした、骨量を最大化するための、6年間の縦断研究の貫徹, 相原 宏州, 伊木 雅之, (財)明治生命厚生事業団第18回健康医科学研究助成論文集, 1, 9,   2003年03月
  • 第3回骨粗しょう症予防のための疫学調査結果報告書(小児編), 渡邉 明美, 伊木 雅之, 由良 晶子, 池田 行宏, 第3回骨粗しょう症予防のための疫学調査調査報告書(小児編),   2003年03月
  • 第3回骨粗しょう症予防のための疫学的調査結果報告書(成人編), 伊木 雅之, 渡邉 明美, 由良 晶子, 池田 行宏, 第3回骨粗しょう症予防のための疫学調査結果報告書(成人編),   2003年03月
  • 地域保健におけるエビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 玉置 淳子, 相原 宏州, 吉村 典子, 久保田 恵, 梶田 悦子,   2004年10月
  • 納豆摂取は有経者の骨量増加と閉経者の骨量維持に寄与する, 伊木 雅之, 渡邉 明美, 梶田 悦子, 鏡森 定信, 第5回 Vitamin K & Bone 研究会記念集, 47, 52,   2003年02月
  • 平成13年度塩川町小中学生骨密度調査報告書, 伊木 雅之, 平成13年度塩川町小中学生骨密度調査報告書,   2002年03月
  • 平成19年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 由良 晶子, 伊木 雅之, 小川景子, 中村晴信, 袋井市健康推進部健康づくり政策課,   2008年03月
  • 平成20年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 小川景子,   2009年03月
  • 平成21年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 森下昌恵,   2010年03月
  • 平成22年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 職員,   2011年03月
  • 平成23年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 職員,   2012年03月
  • 平成24年度袋井市小児生活習慣病予防対策,事業とその評価, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 職員,   2013年03月

受賞

  •   2015年10月, 日本骨粗鬆症学会, 日本骨粗鬆症学会森井賞
  •   2013年07月, 近畿大学医学会, 近畿大学医学会賞
  • 2000年度日本骨粗鬆症学会学会賞
  • 2000年度日本医師会医学研究助成受賞
  • 2000年度日本公衆衛生学会優秀ポスター発表賞
  • 2002年度近畿大学医学会賞
  • 2004年度近畿大学医学会賞
  • 2005年度近畿大学医学会賞
  • 2007年度近畿大学医学会賞
  • 2008年度近畿大学医学会賞
  • 2009年度第11回日本骨粗鬆症学会高評価演題賞
  • 2010年度日本骨代謝学会学術賞
  • 2010年度近畿大学医学会賞
  • 2011年度近畿大学医学会賞
  • 2011年度日本骨粗鬆症学会森井賞
  • 2012年度近畿大学医学会賞