KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

塩﨑 麻里子シオザキ マリコ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 心理系専攻 / 総合文化研究科
職名准教授
学位博士(人間科学)
専門家族心理学・サイコオンコロジー
ジャンル医療・健康/メンタルヘルス
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/863-shiozaki-mariko.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40557948.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    がん患者とその家族が直面する問題を心理学的な側面から理解し、現場に即した支援方法を提案することを目的に研究をしています。特に、患者と家族の関係性、治療の意思決定を専門としています。

学歴・経歴

経歴

  •   2010年,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2009年,  - 2010年, 近畿大学国際人文科学研究所(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 社会心理学
  • 心理学, 臨床心理学

研究キーワード

  • ソーシャルサポート, 夫婦関係, 後悔, 意思決定, 遺族, がん患者

論文

  • Background factors associated with problem avoidance behavior in healthy partners of breast cancer patients., Shiozaki M, Sanjo M, Hirai K, Psycho-oncology,   2016年10月, 査読有り
  • 問題解決プロセスを応用した膵臓がん患者の心理社会的問題と対処法リストの作成:外来において化学療法加療中の膵臓がん患者を対象として, 塩﨑 麻里子, 酒見 惇子, 佐藤 貴之, 江口 英利, 種村 匡弘, 北川 透, 伊藤 壽記, 平井 啓, Palliative Care Research, Palliative Care Research, 10, 3, 186, 193,   2015年
    概要:【目的】本研究の目的は,問題解決プロセスを応用し,膵臓がん患者の抱える心理社会的問題を体系的に整理し,問題に対する具体的な対処法リストを作成することであった.【方法】17名の膵臓がん患者を対象に, 1時間程度の半構造化面接を 2回行い,問題をとらえ直し,解決可能な目標設定と対処法を分類したリストを,患者と共に作成した.【結果】問題は,不確実な将来と向き合う(「今の生活・状態を維持する(7名)」,「周囲におよぶ変化に備える(5名)」,「人生に対するコントロール感を保つ(5名)」,「不安な気持ちとつきあう(3名)」)と,病気による喪失と向き合う(「病後の生活に適応する(2名)」)の 2つに大別され,それぞれに対する具体的な対処法リストが作成された.【結論】問題を明確化することで,対処可能な目標設定が可能となることを,リストを用いて情報発信し,患者が機能的な対処を行えるよう支援していくことが望まれる.
  • Practices and evaluations of prognostic disclosure for Japanese cancer patients and their families from the family's point of view., Yoshida S, Shiozaki M, Sanjo M, Morita T, Hirai K, Tsuneto S, Shima Y, Palliative & supportive care, 11, 5, 383, 388,   2013年10月, 査読有り
  • 女性がん患者の男性配偶者が感じる夫婦間コミュニケーションにおける困難 : 乳がん患者に関する検討, 古賀 晴美, 塩崎 麻里子, 鈴木 伸一, 三條 真紀子, 下阪 典子, 平井 啓, 心身医学, 心身医学, 54, 8, 786, 795,   2014年08月01日
    概要:本研究では,乳がん患者の配偶者368名を対象に質問紙調査を実施し,(1)サポートの必要性を感じている配偶者の割合,(2)病気に関連した夫婦間コミュニケーションにおいて感じている困難の内容,(3)困難の程度と関連のある属性を明らかにし,配偶者への心理的支援について提言することを目的とした.調査の結果,乳がん患者の配偶者の半数以上(56.5〜76.1%)が,なんらかのサポートがあれば助けになると回答した.半数以上の配偶者が,妻の診断当時の夫婦間コミュニケーションにおいて,患者の気持ちや何をしてあげられるのかわからないと感じていた.このような困難は,時間の経過により減少するものの,時間が経過しても1〜3割の配偶者が困難を感じていた.また,困難の程度と関連がみられた属性は,再発,抗がん剤治療の経験,配偶者のがん罹患経験であった.これらの結果から,乳がん患者の配偶者への心理支援について考察した.
  • Problem-solving therapy for psychological distress in Japanese early-stage breast cancer patients., Hirai K, Motooka H, Ito N, Wada N, Yoshizaki A, Shiozaki M, Momino K, Okuyama T, Akechi T, Japanese journal of clinical oncology, 42, 12, 1168, 1174,   2012年12月, 査読有り
  • Pros and cons of prognostic disclosure to Japanese cancer patients and their families from the family's point of view., Yoshida S, Shiozaki M, Sanjo M, Morita T, Hirai K, Tsuneto S, Shima Y, Journal of palliative medicine, 15, 12, 1342, 1349,   2012年12月, 査読有り
  • Negative support of significant others affects psychological adjustment in breast cancer patients., Shiozaki M, Hirai K, Koyama A, Inui H, Yoshida R, Tokoro A, Psychology & health, 26, 11, 1540, 1551,   2011年11月, 査読有り
  • Public awareness, knowledge of availability, and readiness for cancer palliative care services: a population-based survey across four regions in Japan., Hirai K, Kudo T, Akiyama M, Matoba M, Shiozaki M, Yamaki T, Yamagishi A, Miyashita M, Morita T, Eguchi K, Journal of palliative medicine, 14, 8, 918, 922,   2011年08月, 査読有り
  • Experience with prognostic disclosure of families of Japanese patients with cancer., Yoshida S, Hirai K, Morita T, Shiozaki M, Miyashita M, Sato K, Tsuneto S, Shima Y, Journal of pain and symptom management, 41, 3, 594, 603,   2011年03月, 査読有り
  • Longitudinal risk of cardiovascular events in relation to depression symptoms after discharge among survivors of myocardial infarction. Osaka Acute Coronary Insufficiency Study., Shiozaki M, Iso H, Ohira T, Nakatani D, Shimizu M, Sakata Y, Komuro I, Sato H, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 75, 12, 2878, 2884,   2011年, 査読有り
  • Caregiving Consequences Inventory: a measure for evaluating caregiving consequences from the bereaved family member's perspective., Sanjo M, Morita T, Miyashita M, Shiozaki M, Sato K, Hirai K, Shima Y, Uchitomi Y, Psycho-oncology, 18, 6, 657, 666,   2009年06月, 査読有り
  • 遺族の後悔と精神的健康の関連 : 行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔, 塩崎 麻里子, 中里 和弘, 社会心理学研究, 社会心理学研究, 25, 3, 211, 220,   2010年03月20日
    概要:The purpose of this study was to examine the differences between regret over actions taken versus regret over inaction vis-a-vis bereaved family. The focal points of the study were as follows: 1) to explore the nature of unreversed regret in the bereaved; 2) to examine the association between the number and intensity of regrets and mental health and grief; and 3) to examine the effect of action and inaction on mental health and grief. Using a mail-in questionnaire, we surveyed and analyzed the results of 89 bereaved respondents. The results showed that participants had more lifetime regrets over inaction than over action taken. The number and intensity of regrets also correlated with mental health and grief. Bereaved participants who expressed regret over inaction had poorer mental health and stronger feelings of grief than those with no regrets over inaction. We discuss the implications of unreversed regret and examine regret prevention for the bereaved.
  • 緩和ケアチームが求める心理士の役割に関する研究-フォーカスグループインタビューを用いて, 岩満 優美, 平井 啓, 大庭 章, 塩崎 麻里子, 浅井 真理子, 尾形 明子, 笹原 朋代, 岡崎 賀美, 木澤 義之, Palliative Care Research, Palliative Care Research, 4, 2, 228, 234,   2009年
    概要:本研究では, がん診療連携拠点病院を中心とした緩和ケアチームで一定の活動経験のある7名の医師および看護師を対象に, フォーカスグループインタビューを実施し, 緩和ケアチームが心理士に求める役割について検討した. インタビュー内容の質的分析の結果, 緩和ケア領域に携わる心理士が役割を果たすために必要な知識として, 第1に, 基本的ならびに専門的な心理学的知識とスキルが挙げられた. 第2に, がんに関する全般的ならびに精神医学的知識が挙げられた. その他に, 他職種の役割と医療システムに関する知識が求められており, 医療者への心理的支援を望む声も認められた. 以上より, 本研究で明らかにされた心理士に求める役割とは, がん医療に関する幅広い知識をもとに他職種と十分にコミュニケーションをとりながら, 心理学的な専門性を活かして, 患者・家族, および医療者に心理的支援を行うことであった. Palliat Care Res 2009; 4(2): 228-234
  • Problem-solving therapy for psychological distress in Japanese cancer patients: preliminary clinical experience from psychiatric consultations., Akechi T, Hirai K, Motooka H, Shiozaki M, Chen J, Momino K, Okuyama T, Furukawa TA, Japanese journal of clinical oncology, 38, 12, 867, 870,   2008年12月, 査読有り
  • Discrimination between worry and anxiety among cancer patients: development of a Brief Cancer-Related Worry Inventory., Hirai K, Shiozaki M, Motooka H, Arai H, Koyama A, Inui H, Uchitomi Y, Psycho-oncology, 17, 12, 1172, 1179,   2008年12月, 査読有り
  • 肺がん患者におけるサポートネットワークサイズとその予測要因, 塩崎 麻里子, 平井 啓, 所 昭宏, 荒井 弘和, 中 宣敬, 心身医学, 心身医学, 46, 10, 883, 890,   2006年10月01日
    概要:肺がん患者98名を対象に質問紙調査を行い,認知しているサポートサイズの実態を把握し,サポートサイズを予測すると考えられる変数を探索した.その結果,認知されたサポートサイズは中央値が3名,平均が4.3±2.8名(男性4.6±3.1名,女性3.5±2.8名),国答範囲が0〜20名であった.また,階層的重国帰分析を行った結果,検討した予測変数のうち情緒的サポートよりもサポートサイズの分散を予測していたのは,患者の病気に対するセルフエフィカシーだけであり,精神的状態(HADS),身体的状態(痛み,PS,代表的な副作用),年齢,性別,受療方法(入院・外来),婚姻状態には,有意な関係が認められなかった.サポートサイズの認知は,患者の認知的特徴に影響を受けることが示唆された.
  • Why are bereaved family members dissatisfied with specialised inpatient palliative care service? A nationwide qualitative study., Shiozaki M, Morita T, Hirai K, Sakaguchi Y, Tsuneto S, Shima Y, Palliative medicine, 19, 319, 327,   2005年06月, 査読有り
  • がん患者の配偶者の用いる対処方略がストレス状態に及ぼす影響, 塩崎 麻里子, 宮野 秀市, 形岡 美穂子, 平井 啓, 塩崎 均, 柏木 哲夫, 坂野 雄二, 心身医学, 心身医学, 42, 11, 713, 720,   2002年11月01日
    概要:本研究の目的は,がん患者の配偶者の属性とストレス状態との関係に対処方略がどのような影響を及ぼしているかを検討することであった.属性として年齢,進行度,術後年数の3変数を用いた.また,ストレス状態を表す指標は精神的健康と主観的負担感を用いた.構造方程式モデル分析の結果,術後年数が回避的対処方略に,回避的対処方略がストレス状態に有意な影響を及ぼしていた.また,年齢が情緒調節的対処に有意な負の影響を及ぼしていること,進行度は有意な影響を及ぼさないことが示された.以上のことから,術後年数が長い配偶者への支援が必要であること,回避的対処を用いるのを予防することがストレス軽減に有効であることが示唆された.

MISC

  • "いのちの教育"を受講した大学生の死生観の量的・質的な変化, 塩﨑 麻里子, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 4, 2, 57, 68,   2016年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005764599
    概要:The purpose of this study was to examine the effectiveness of life-and-death education through 15weeks in college students from both a quantitative and qualitative approach. The education program focused on encouraging a sense of ownership. A questionnaire survey was conducted before (pre) and end of course (post) among students who had registered for a lecture on "The dignity of life". One hundred fifty three students at pre and 155 students at post were analyze. As a result, the scores of "meaning of death for life" and "belief in existence of an after-life" were increased significantly after the course. Content analysis also showed that the number of attitudes categories towards life-and-death increased from 8 to 10 after the course. The students who failed to realize a value of human life decreased from 63% to 11% after the course. Based on these findings, further effective education on life-and-death was suggested.専攻: 医療心理学
  • ワークショップ形式の人権学習会の効果 : 「人権」に対するイメージおよび意見の変容, 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 小川 喜弘, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 2, 49, 60,   2014年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730130
    概要:(Abstract) This paper examined the effectiveness of workshops on attitudes toward human rights. Students who participated in the workshops were surveyed to measure the changes in their views and images of human rights before and after their participation. The results confirmed the effectiveness of the workshops: The workshop participants developed more positive images of human rights, and they felt more involved in human rights. Based on the findings, suggestions were made for further effective human rights education.著者専攻(堀田): 社会心理学, 著者専攻(塩崎): 家族心理学, 著者専攻(小川): 原子力工学, 塩﨑 麻里子
  • ワークショップ形式の人権学習会の効果 : 「人権」に対するイメージおよび意見の変容, 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 小川 喜弘, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 2, 49, 60,   2014年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005467140
    概要:著者専攻(堀田): 社会心理学, 著者専攻(塩崎): 家族心理学, 著者専攻(小川): 原子力工学, 塩﨑 麻里子(Abstract) This paper examined the effectiveness of workshops on attitudes toward human rights. Students who participated in the workshops were surveyed to measure the changes in their views and images of human rights before and after their participation. The results confirmed the effectiveness of the workshops: The workshop participants developed more positive images of human rights, and they felt more involved in human rights. Based on the findings, suggestions were made for further effective human rights education.
  • 加齢および将来展望と感情調整の関連 若年・中年・高齢者の比較, 増本 康平, 太子 のぞみ, 塩崎 麻里子, 老年社会科学, 36, 2, 258, 258,   2014年06月
  • 自施設でできる研究の質を上げよう(研究方法論:初級編) 1-2施設でできる研究のエッセンシャルズ 調査研究のデザイン, 塩崎 麻里子, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 19回, 174, 174,   2014年06月
  • 人権学習会参加は「人権」に対するイメージおよび意見の変容をもたらすか, 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 鈴木 光佑, 加治 増夫, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 1, 1, 12,   2013年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730123
    概要:[Abstract] Each of the second year students in our department participated in a workshop or attended a lecture on human rights. A survey was conducted to the students to measure the changes in their views and images of human rights before and after attending the lecture or workshop. The results revealed that, compared to the students who participated lectures, those who participated in workshops became to have more positive images about human rights, and they become to feel more involved in human rights. However, the effectiveness of the workshops varied depending on the themes, examples, and exercises contained. These results suggested what elements are required for effective human rights education.著者専攻(堀田): 社会心理学, 著者専攻(塩崎): 家族心理学, 塩﨑, 麻里子, 著者専攻(鈴木):文化人類学・政治生態学, 著者専攻(加治):熱・エネルギー工学
  • 人権学習会参加は「人権」に対するイメージおよび意見の変容をもたらすか, 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 鈴木 光佑, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 1, 1, 12,   2013年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019829566
  • 遺族の声を臨床に生かす J-HOPE研究(多施設遺族調査)からの学び(第2回) 療養場所の意思決定, 青木 美和, 三條 真紀子, 塩崎 麻里子, 荒尾 晴惠, 石井 容子, がん看護, 18, 6, 639, 646,   2013年09月
  • 緩和ケア病棟入院中に患者と家族が交わす思いと言葉に関する量的研究(J-HOPE2) 果たして思いは言葉にしないと伝わらないのか?, 中里 和弘, 塩崎 麻里子, 平井 啓, 森田 達也, 多田羅 竜平, 市原 香織, 清水 恵, 宮下 光令, 恒藤 暁, 志真 泰夫, J-HOPE2研究運営委員会, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 18回, 333, 333,   2013年06月
  • がん患者の心配による支障度評価尺度の開発, 伊藤 直, 平井 啓, 塩崎 麻里子, 本岡 寛子, 和田 奈緒子, 吉崎 亜里香, 日本行動療法学会大会発表論文集, 36回, 286, 287,   2010年12月
  • 〈調査・研究〉がん患者と配偶者間の双方向的サポートに関する探索的検討--配偶者の支えとなった患者との関係性, 塩崎 麻里子, 近畿大学臨床心理センター紀要, 3, 37, 47,   2010年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003674820
    概要:[要約] 本研究では、配偶者が患者との関係においてサポートとなる、あるいは支えとなると認知している事象を探索的に検討することを目的に半構造化面接を実施した。対象は、消化器系がん患者の女性配偶者13名であった。内容分析の結果、ソーシャルサポートと同じ概念で説明できる「察知的態度」、「実質的言動」、「承認的態度」という3カテゴリーの他に、「存在」、「成長感」、「共有感」、「病気に対する自律性」、「感情の表出」という5カテゴリーが示された。配偶者が患者との関係において認知している肯定的側面が明らかになったことは、否定的側面の改善だけでなく、肯定的側面の促進を目指す支援を考える上で有益である。今後は、がん患者と配偶者の双方向のサポート関係を、両者の視点から明らかにし、サポート関係に対する認知的不均衡を解消する具体的な手立てを提言することが必要である。
  • 〈論文〉人権学習会参加は「人権」に対するイメージおよび意見の変容をもたらすか, 堀田 美保, 塩崎 麻里子, 鈴木 光佑, 加治 増夫, 総社る: Social=近畿大学総合社会学部紀要, 3, 1, 1, 12,   2013年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005327312
    概要:著者専攻(堀田): 社会心理学, 著者専攻(塩崎): 家族心理学, 塩﨑, 麻里子, 著者専攻(鈴木):文化人類学・政治生態学, 著者専攻(加治):熱・エネルギー工学[Abstract] Each of the second year students in our department participated in a workshop or attended a lecture on human rights. A survey was conducted to the students to measure the changes in their views and images of human rights before and after attending the lecture or workshop. The results revealed that, compared to the students who participated lectures, those who participated in workshops became to have more positive images about human rights, and they become to feel more involved in human rights. However, the effectiveness of the workshops varied depending on the themes, examples, and exercises contained. These results suggested what elements are required for effective human rights education.
  • がん患者に対する問題解決療法 (特集 緩和医療における精神症状への対策), 平井 啓, 塩崎 麻里子, 緩和医療学, 10, 1, 37, 42,   2008年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015792394
  • 積極的治療中止の意思決定前後にがん患者の家族が用いる後悔制御のための対処方略 遺族を対象とした探索的検討, 塩崎 麻里子, 吉田 沙蘭, 道家 瑠見子, 平井 啓, 日本心理学会大会発表論文集, 74回, 950, 950,   2010年08月
  • O-5 不安と心配の識別は可能か?がん患者の心配評価尺度作成(一般演題(オーラル),サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して), 平井 啓, 塩崎 麻里子, 本岡 寛子, 伊藤 直, 和田 奈緒子, 吉崎 亜里香, 日本行動療法学会大会発表論文集, 34, 134, 135,   2008年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009670637
  • 患者に対する予後告知が家族におよぼす影響の探索 遺族への面接調査の結果から, 吉田 沙蘭, 塩崎 麻里子, 三條 真紀子, 平井 啓, 森田 達也, 恒藤 暁, 志真 泰夫, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 15回, 210, 210,   2010年06月
  • ホスピス・緩和ケア病棟への入院検討時の家族のつらさと望ましい支援に関する質的研究 遺族への面接調査の結果から, 三條 真紀子, 塩崎 麻里子, 吉田 沙蘭, 森田 達也, 宮下 光令, 上別府 圭子, 恒藤 暁, 志真 泰夫, 平井 啓, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 15回, 215, 215,   2010年06月
  • 7. 乳癌患者からみた親しい他者との関わり方と関係満足感の関連(第37回 日本心身医学会近畿地方会演題抄録), 塩崎 麻里子, 大橋 陽, 平井 啓, 所 昭宏, 田中 完児, 心身医学, 45, 10,   2005年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003479766
  • がん患者と配偶者の二者間におけるサポート研究の動向と今後の展望, 塩崎 麻里子, シオザキ マリコ, 生老病死の行動科学, 11, 85, 93,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004841070
  • 患者とともに歩む乳癌チーム医療 QOL調査に基づくチーム医療の新しい取り組みと評価, 乾 浩己, 平井 啓, 塩崎 麻里子, 橋本 幸彦, 藤島 成, 平井 今日子, 大和 宗久, 北條 敏也, 綿谷 正弘, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 15回, 189, 189,   2007年06月
  • がん患者の心理的適応にネガティブな影響を及ぼす配偶者の行為とそのメカニズム, 塩崎 麻里子, シオザキ マリコ, 生老病死の行動科学, 10, 139, 146,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004842744
  • がん患者の認知的適応過程におけるポジティブな変化, 塩崎 麻里子, シオザキ マリコ, 生老病死の行動科学, 9, 57, 65,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004843860
  • がん患者の家族の心理状態 : 研究の動向, 塩崎 麻里子, シオザキ マリコ, 臨床死生学年報, 7, 40, 47,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004841792
  • 大学生の主観的義務感がストレス反応に及ぼす影響, 福原 裕一, 野田 万容子, 塩崎 麻里子, フクハラ ユウイチ, ノダ マユコ, シオザキ マリコ, 臨床死生学年報, 7, 12, 21,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004846022