KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮崎 俊一ミヤザキ シュンイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門冠動脈インターベンション(PCI)心不全
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/610-miyazaki-shunichi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本内科学会専門医部会長でもあり、循環器病を内科全般にわたる知識を土台として診療する“ジェネラルなスペシャリスト”です。PCIは技術的に困難な慢性完全閉塞病変を主として実施しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/11/30
     フジテレビ系列「めざましテレビ」
     心筋梗塞の原因について。

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 循環器内科学

論文

  • Particular Morphology of Inferior Pulmonary Veins and Difficulty of Cryoballoon Ablation in Patients With Paroxysmal Atrial Fibrillation, Yasuoka R, Kurita T , Kotake Y, Iwanaga Y, Miyazaki S, Circ J, 81, 5, 668, 674,   2017年
  • The ReACT Trial: Randomized Evaluation of Routine Follow-up Coronary Angiography After Percutaneous Coronary Intervention Trial. , Shiomi H, Morimoto T, Kitaguchi S, Nakagawa Y, Ishii K, Haruna Y, Takamisawa I, Motooka M, Nakao K, Matsuda S, Mimoto S, Aoyama Y, Takeda T, Murata K, Akao M, Inada T, Eizawa H, Hyakuna E, Awano K, Shirotani M, Furukawa Y, Kadota K, Miyauchi K, Tanaka M, Noguchi Y, Nakamura S, Yasuda S, Miyazaki S, Daida H, Kimura K, Ikari Y, Hirayama H, Sumiyoshi T, Kimura T. , JACC Cardiovasc Interv , 10, 2, 109, 117,   2017年
  • Catheter ablation for atrial fibrillation in a patient with unilateral left pulmonary artery agenesis:an enlarged right pulmonary vein caused arrhythmogenicity of atrial fibrillation, Hashiguchi N KuritaT Miyazaki S, europace, euw188, euw188,   2016年, 査読有り
  • Risk stratification for major adverse cardiac events and ventricular tachyarrhythmias by cardiac MRI in patients with cardiac sarcoidosis. , Yasuda M, Iwanaga Y, Kato T, Izumi T, Inuzuka Y, Nakamura T, Miyaji Y, Kawamura T, Ikeguchi S, Inoko M, Kurita T, Miyazaki S., Open Heart , 3, 2, e000437,   2016年
  • Renal denervation mitigates cardiac remodeling and renal damage in Dahl rats: a comparison with beta-receptor blockade. , Watanabe H, Iwanaga Y, Miyaji Y, Yamamoto H, Miyazaki S. , Hypertens Res , 39, 4, 217, 226,   2016年
  • Ectopies from the superior vena cava after pulmonary vein isolation in patients with atrial fibrillation. , Sugimura S, Kurita T, Kaitani K, Yasuoka R, Miyazaki S. , Heart Vessels , 31, 9, 1562, 1569,   2016年
  • Successful Catheter Ablation for Paroxysmal Atrial Fibrillation in a Patient with Double-chambered Right Ventricle., Shioji K, Kurita T, Kawai T, Uegaito T, Motoki K, Matsuda M, Miyazaki S., Intern Med, 55, 9, 1121, 1124,   2016年
  • Effects of CYP2C19 allelic variants on inhibition of platelet aggregation and major adverse cardiovascular events in Japanese patients with acute coronary syndrome: The PRASFIT-ACS study. , Ogawa H, Isshiki T, Kimura T, Yokoi H, Nanto S, Takayama M, Kitagawa K, Nishikawa M, Miyazaki S, Ikeda Y, Nakamura M, Tanaka Y, Saito S. , J Cardiol, 68, 1, 29, 36,   2016年
  • Prognostic impact of spontaneous coronary artery dissection in young female patients with acute myocardial infarction: A report from the Angina Pectoris-Myocardial Infarction Multicenter Investigators in Japan. , Nakashima T, Noguchi T, Haruta S, Yamamoto Y, Oshima S, Nakao K, Taniguchi Y, Yamaguchi J, Tsuchihashi K, Seki A, Kawasaki T, Uchida T, Omura N, Kikuchi M, Kimura K, Ogawa H, Miyazaki S, Yasuda S. , Int J Cardiol , 207, 341, 348,   2016年
  • Cardiovascular efficacy of sitagliptin in patients with diabetes at high risk of cardiovascular disease: a 12-month follow-up., Nakamura T, Iwanaga Y, Miyaji Y, Nohara R, Ishimura T, Miyazaki S., Cardiovasc Diabetol , 15, 1, 54,   2016年
  • Relationship of basal-septal fibrosis with LV outflow tract obstruction in hypertrophic cardiomyopathy: insights from cardiac magnetic resonance analysis. , Nakamura T, Iwanaga Y, Yasuda M, Kawamura T, Miyaji Y, Morooka H, Miyazaki S. , Int J Cardiovasc Imaging , 32, 4, 613, 620,   2016年
  • Antiplatelet therapy discontinuation and stent thrombosis after sirolimus-eluting stent implantation: five-year outcome of the j-Cypher Registry. , Yano M, Natsuaki M, Morimoto T, Nakagawa Y, Kawai K, Miyazaki S, Muramatsu T, Shiode N, Namura M, Sone T, Oshima S, Nishikawa H, Hiasa Y, Hayashi Y, Nobuyoshi M, Mitsudo K, Kimura T., Int J Cardiol , 199, 296, 301,   2015年
  • Acute effects of intravenous nifedipine or azelnidipine on open-loop baroreflex static characteristics in rats. , Yamamoto H, Kawada T, Shimizu S, Kamiya A, Turner MJ, Miyazaki S, Sugimachi M. , Life Sci , 126, 37, 41,   2015年
  • Renal denervation mitigates cardiac remodeling and renal damage in Dahl rats: a comparison with beta-receptor blockade., Watanabe H, Iwanaga Y, Miyaji Y, Yamamoto H, Miyazaki S., Hypertens Res .,   2015年
  • Impact of impaired glucose tolerance on clopidogrel response in patients with coronary artery disease. , Ueno M, Fujita K, Yamamoto H, Ikeda T, Suga T, Yamaji K, Ikuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Angiolillo DJ, Miyazaki S. , J Thromb Thrombolysis .,   2015年
  • Impact of Arterial Access Route on Bleeding Complications in Japanese Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention- Insight From the PRASFIT Trial. , Saito S, Isshiki T, Kimura T, Ogawa H, Yokoi H, Nishikawa M, Miyazaki S, Tanaka Y, Nakamura M. , Circ J, 79, 9, 1928, 1937,   2015年
  • Effects of CYP2C19 allelic variants on inhibition of platelet aggregation and major adverse cardiovascular events in Japanese patients with acute coronary syndrome: The PRASFIT-ACS study. , Ogawa H, Isshiki T, Kimura T, Yokoi H, Nanto S, Takayama M, Kitagawa K, Nishikawa M, Miyazaki S, Ikeda Y, Nakamura M, Tanaka Y, Saito S., J Cardiol ,   2015年
  • No association between on-treatment platelet reactivity and bleeding events following percutaneous coronary intervention and antiplatelet therapy: A post hoc analysis. , Nishikawa M, Isshiki T, Kimura T, Ogawa H, Yokoi H, Miyazaki S, Ikeda Y, Nakamura M, Takita A, Saito S., Thromb Res , 136, 5, 947, 954,   2015年
  • Relationship of basal-septal fibrosis with LV outflow tract obstruction in hypertrophic cardiomyopathy: insights from cardiac magnetic resonance analysis. , Nakamura T, Iwanaga Y, Yasuda M, Kawamura T, Miyaji Y, Morooka H, Miyazaki S. , Int J Cardiovasc Imaging .,   2015年
  • Intravenous amiodarone homogeneously prolongs ventricular repolarization in patients with life-threatening ventricular tachyarrhythmia. , Kotake Y, Kurita T, Akaiwa Y, Yasuoka R, Motoki K, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S. , J Cardiol, 66, 2, 161, 167,   2015年
  • Atheroma Progression in Obese Early-stage Diabetic Japanese Patients in Response to Glycemic Control: Sub-analysis from the DIANA Study. , Kataoka Y, Yasuda S, Miyamoto Y, Sase K, Kosuge M, Kimura K, Yoshimasa Y, Miyazaki S., J Atheroscler Thromb, 22, 7, 697, 705,   2015年
  • Effects of Long-term Blockade of Vasopressin Receptor Types 1a and 2 on Cardiac and Renal Damage in a Rat Model of Hypertensive Heart Failure. , Ikeda T, Iwanaga Y, Watanabe H, Morooka H, Akahoshi Y, Fujiki H, Miyazaki S. , J Cardiovasc Pharmacol, 66, 5, 487, 496,   2015年
  • Difference in statin effects on neointimal coverage after implantation of drug-eluting stents. , Yamamoto H, Ikuta S, Kobuke K, Yasuda M, Ikeda T, Yamaji K, Ueno M, Iwanaga Y, Miyazaki S., Coron Artery Dis , 25, 4, 290, 295,   2014年
  • Backyards of chronic total occlusion: scenery revealed through angioscope. , Yamaji K, Ueno M, Yamamoto H, Ikeda T, Suga T, Ikuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S. , Circulation , 129, 25, 2715, 2716,   2014年
  • Clinical utility of low-pressure implantation of drug-eluting stent into very small vessels., Suga T, Iwanaga Y, Kobuke K, Morimoto K, Ikuta S, Ueno M, Kobayashi N, Yamaji K, Ikeda T, Miyazaki S., J Cardiol , 63, 3, 218, 222,   2014年
  • Efficacy and safety of adjusted-dose prasugrel compared with clopidogrel in Japanese patients with acute coronary syndrome: the PRASFIT-ACS study. , Saito S, Isshiki T, Kimura T, Ogawa H, Yokoi H, Nanto S, Takayama M, Kitagawa K, Nishikawa M, Miyazaki S, Nakamura M., Circ J , 78, 7, 1684, 1692,   2014年
  • Intravenous amiodarone homogeneously prolongs ventricular repolarization in patients with life-threatening ventricular tachyarrhythmia. , Kotake Y, Kurita T, Akaiwa Y, Yasuoka R, Motoki K, Kobuke K, Iwanaga Y, Miyazaki S. , J Cardiol .,   2014年
  • Clinical Predictors of Atheroma Progression Despite Optimal Glycemic Control in Early-Stage Diabetic Patients with Coronary Artery Disease: Insight from the DIANA Study., Kataoka Y, Yasuda S, Miyamoto Y, Sase K, Kosuge M, Kimura K, Yoshimasa Y, Miyazaki S., J Atheroscler Thromb .,   2014年
  • Effects of cilnidipine on sympathetic outflow and sympathetic arterial pressure and heart rate regulations in rats., Yamamoto H, Kawada T, Shimizu S, Kamiya A, Miyazaki S, Sugimachi M. , Life Sci , 92, 24-26, 1202, 1207,   2013年
  • Metastasis-associated protein, S100A4 mediates cardiac fibrosis potentially through the modulation of p53 in cardiac fibroblasts., Tamaki Y, Iwanaga Y, Niizuma S, Kawashima T, Kato T, Inuzuka Y, Horie T, Morooka H, Takase T, Akahashi Y, Kobuke K, Ono K, Shioi T, Sheikh SP, Ambartsumian N, Lukanidin E, Koshimizu TA, Miyazaki S, Kimura T., J Mol Cell Cardiol, 57, 72, 81,   2013年
  • Decreased serum ghrelin levels in patients with acute myocardial infarction. , Matsumoto M, Yasuda S, Miyazaki S, Kataoka Y, hosoda h, Nagaya N, Noguchi T, Morii I, Ogawa H, Kangawa K., Tohoku J Exp Med , 231, 3, 235, 242,   2013年
  • Peri-stent contrast staining and very late stent thrombosis after sirolimus-eluting stent implantation: an observation from the RESTART (REgistry of Stent Thrombosis for review And Re-evaluaTion) angiographic substudy. , Kozuma K, Kimura T, Suzuki N, Miyazawa A, Waseda K, Honda Y, Morimoto T, Aizawa T, Mitsudo K, Miyazaki S, Yamaguchi T, Isshiki T., EuroIntervention .,   2013年
  • Difference in neointimal coverage at chronic stage between bare metal stent and sirolimus-eluting stent evaluated at stent-strut level by optical coherence tomography. , kuta S, Kobuke K, Iwanaga Y, Nakauchi Y, Yamaji K, Miyazaki S, Heart Vessels ., 29, 3, 320, 327,   2013年
  • Quantitative myocardial perfusion analysis using multi-row detector CT in acute myocardial infarction. , Nakauchi Y, Iwanaga Y, Ikuta S, Kudo M, Kobuke K, Murakami T, Miyazaki S. , Heart, 98, 7, 566, 572,   2012年
  • Simultaneous existence of sustained double chamber tachycardias originating from the aortic sinus of Valsalva., Motoki K, Kurita T, Yasuoka R, Miyazaki S. , J Cardiovasc Electrophysiol , 23, 4, 436, 439,   2012年
  • Chronic administration of oral vasopressin type 2 receptor antagonist tolvaptan exerts both myocardial and renal protective effects in rats with hypertensive heart failure., Morooka H, Iwanaga Y, Tamaki Y, Takase T, Akahoshi Y, Nakano Y, Fujiki H, Miyazaki S. , Circ Heart Fail , 5, 4, 484, 492,   2012年
  • Antiplatelet therapy and long-term clinical outcome after sirolimus-eluting stent implantation: 5-year outcome of the j-Cypher registry., Kimura T, Morimoto T, Nakagawa Y, Kadota K, Nozaki Y, Tada T, Take S, Shirota K, Ito A, Nakashima H, Fujita H, Kawasaki T, Inada T, Nakao K, Miyazaki S, Doi O, Isshiki T, Nobuyoshi M, Mitsudo K., Cardiovasc Interv Ther , 27, 3, 181, 188,   2012年
  • Very late stent thrombosis and late target lesion revascularization after sirolimus-eluting stent implantation: five-year outcome of the j-Cypher Registry., Kimura T, Morimoto T, Nakagawa Y, Kawai K, Miyazaki S, Muramatsu T, Shiode N, Namura M, Sone T, Oshima S, Nishikawa H, Hiasa Y, Hayashi Y, Nobuyoshi M, Mitudo K. , Circulation, 125, 4, 584, 591,   2012年
  • Effects of voglibose and nateglinide on glycemic status and coronary atherosclerosis in early-stage diabetic patients. , Kataoka Y, Yasuda S, Miyamoto Y, Sase K, Kosuge M, Kimura K, Yoshimasa Y, Miyazaki S., Circ J, 76, 3, 712, 720,   2012年
  • Involvement of the mechanoreceptors in the sensory mechanisms of manual and electrical acupuncture., Yamamoto H, Kawada T, Kamiya A, Miyazaki S, Sugimachi M. , Auton Neurosci , 160, 1-2, 27, 31,   2011年
  • Three-year outcome of sirolimus-eluting stent implantation in coronary bifurcation lesions: the provisional side branch stenting approach versus the elective two-stent approach., Tamura T, Kimura T, Morimoto T, Nakagawa Y, Furukawa Y, Kadota K, Tatami R, Kawai K, Sone T, Miyazaki S, Mitsudo K., EuroIntervention, 7, 5, 588, 596,   2011年
  • Simultaneous Existence of Sustained Double Chamber Tachycardias Originating from the Aortic Sinus of Valsalva. , Motoki K, Kurita T, Yasuoka R, Miyazaki S., J Cardiovasc Electrophysiol .,   2011年
  • Rhythm control should be better for the management of patients with atrial fibrillation and heart failure--rhythm control vs. rate control: which is better in the management of atrial fibrillation? (Rhythm-side). , Kurita T, Motoki K, Yasuoka R, Hirota T, Akaiwa Y, Kotake Y, Miyazaki S. , Circ J, 75, 4, 979, 985,   2011年
  • Cardiac resynchronization therapy to prevent life-threatening arrhythmias in patients with congestive heart failure. , Kurita T, Noda T, Aiba T, Nakajima I, Shimizu W, Motoki K, Yasuoka R, Miyazaki S, Kamakura S., J Electrocardiol, 44, 6, 736, 741,   2011年
  • Impact of plaque color by angioscopic evaluation on long-term clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention., Saratani K, Iwanaga Y, Hayashi T, Miyazaki S. , Atherosclerosis .,   2010年
  • Incidence and risk factors of late target lesion revascularization after sirolimus-eluting stent implantation (3-year follow-up of the j-Cypher Registry). , Nakagawa Y, Kimura T, Morimoto T, Nomura M, Saku K, Haruta S, Muramatsu T, Nobuyoshi M, Kadota K, Fujita H, Tatami R, Shiode N, Nishikawa H, Shibata Y, Miyazaki S, Murata Y, Honda T, Kawasaki T, Doi O, Hiasa Y, Hayashi Y, Matsuzaki M, Mitsudo K., Am J Cardiol , 106, 3, 329, 336,   2010年, 査読有り
  • Comparisons of baseline demographics, clinical presentation, and long-term outcome among patients with early, late, and very late stent thrombosis of sirolimus-eluting stents: Observations from the Registry of Stent Thrombosis for Review and Reevaluation , Kimura T, Morimoto T, Kozuma K, Honda Y, Kume T, Aizawa T, Mitsudo K, Miyazaki S, Yamaguchi T, Hiyoshi E, Nishimura E, Isshiki T., Circulation , 122, 1, 52, 61,   2010年
  • The first clinical pilot study of intravenous adrenomedullin administration in patients with acute myocardial infarction., Kataoka Y, Miyazaki S, Yasuda S, Nagaya N, Noguchi T, Yamada N, Morii I, Kawamura A, Doi K, Miyatake K, Tomoike H, Kangawa K. , J Cardiovasc Pharmacol , 56, 4, 413, 419,   2010年
  • Sirolimus-eluting stent versus balloon angioplasty for sirolimus-eluting stent restenosis: Insights from the j-Cypher Registry., Abe M, Kimura T, Morimoto T, Taniguchi T, Yamanaka F, Nakao K, Yagi N, Kokubu N, Kasahara Y, Kataoka Y, Otsuka Y, Kawamura A, Miyazaki S, Nakao K, Horiuchi K, Ito A, Hoshizaki H, Kawaguchi R, Setoguchi M, Inada T, Kishi K, Sakamoto H, Morioka N, Imai M, Shiomi H, Nonogi H, Mitsudo K. , Circulation, 122, 1, 42, 51,   2010年
  • Plasma B-type natriuretic peptide levels reflect the presence and severity of stable coronary artery disease in chronic haemodialysis patients., Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Goto Y, Kita T, Miyazaki S, Nakahama H., Nephrol Dial Transplant, 24, 2, 597, 603,   2009年
  • Impact of left ventricular end-diastolic wall stress on plasma B-type natriuretic peptide in heart failure with chronic kidney disease and end-stage renal disease., Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Tamaki Y, Goto Y, Nakahama H, Miyazaki S. , Clin Chem , 55, 7, 1347, 1353,   2009年
  • Significant association of coronary artery calcification in stent delivery route with restenosis after sirolimus-eluting stent implantation., Mori S, Yasuda S, Kataoka Y, Morii I, Kawamura A, Miyazaki S., Circ J, 73, 10, 1856, 1863,   2009年, 査読有り
  • Destructive device removal - sparks and deletion of therapy history from an implantable cardioverter defibrillator. , Kurita T, Ueda S, Okamura H, Noda T, Satomi K, Suyama K, Shimizu W, Aihara N, Miyazaki S, Kamakura S., Int Heart J , 50, 6, 823, 827,   2009年
  • Combined prognostic utility of white blood cell count, plasma glucose, and glomerular filtration rate in patients undergoing primary stent placement for acute myocardial infarction. , Kosuge M, Kimura K, Morita S, Kojima S, Sakamoto T, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Miyazaki S, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Shirai M, Hiraoka H, Honda T, Ogata Y, Ogawa H., Am J Cardiol , 103, 3, 322, 327,   2009年
  • Antiplatelet therapy and stent thrombosis after sirolimus-eluting stent implantation., Kimura T, Morimoto T, Nakagawa Y, Tamura T, Kadota K, Yasumoto H, Nishikawa H, Hiasa Y, Muramatsu T, Meguro T, Inoue N, Honda H, Hayashi Y, Miyazaki S, Oshima S, Honda T, Shiode N, Namura M, Sone T, Nobuyoshi M, Kita T, Mitsudo K. , Circulation, 119, 7, 987, 995,   2009年
  • Improved long-term prognosis of elderly women in the era of sirolimus-eluting stents., Kataoka Y, Yasuda S, Morii I, Kawamura A, Miyazaki S. , Circ J , 73, 7, 1219, 1227,   2009年
  • Significant association between neutrophil aggregation in aspirated thrombus and myocardial damage in patients with ST-segment elevation acute myocardial infarction., Arakawa K, Yasuda S, Hao H, Kataoka Y, Morii I, Kasahara Y, Kawamura A, Ishibashi-Ueda H, Miyazaki S. , Circ J , 73, 1, 139, 144,   2009年
  • Comparison of blood glucose values on admission for acute myocardial infarction in patients with versus without diabetes mellitus. , Ishihara M, Kojima S, Sakamoto T, Kimura K, Kosuge M, Asada Y, Tei C, Miyazaki S, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Shirai M, Hiraoka H, Honda T, Ogata Y, Ogawa H. , Am J Cardiol , 104, 6, 769, 774,   2008年
  • Impact of metabolic syndrome on the long-term survival of patients with acute myocardial infarction: potential association with C-reactive protein. , Takeno M, Yasuda S, Otsuka Y, Morii I, Kawamura A, Yano K, Miyazaki S., Circ J , 72, 3, 415, 419,   2008年
  • Isolated right ventricular dysfunction without myocardial infarction., Otsuka Y, Kawamura A, Miyazaki S. , Int J Cardiol, 124, 1, e1, e3,   2008年
  • Plasma B-type natriuretic peptide levels reflect the presence and severity of stable coronary artery disease in chronic haemodialysis patients. , Niizuma S, Iwanaga Y, Yahata T, Goto Y, Kita T, Miyazaki S, Nakahama H., Nephrol Dial Transplant .,   2008年
  • mpact of body mass index on in-hospital outcomes after percutaneous coronary intervention for ST segment elevation acute myocardial infarction., Kosuge M, Kimura K, Kojima S, Sakamoto T, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Miyazaki S, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Shirai M, Hiraoka H, Honda T, Ogata Y, Ogawa H. , Circ J , 72, 4, 521, 525,   2008年
  • Enhanced cardiac production of matrix metalloproteinase-2 and -9 and its attenuation associated with pravastatin treatment in patients with acute myocardial infarction. , Yasuda S, Miyazaki S, Kinoshita H, Nagaya N, kanda M, Goto Y, Nonogi H. , Clin Sci (Lond) , 112, 1, 43, 49,   2007年
  • Long-term patency of internal thoracic artery grafts for coronary artery stenosis due to Kawasaki disease: comparison of early with recent results in small children. , Tsuda E, Kitamura S, Kimura K, Kobayashi J, Miyazaki S, Echigo S, Yagihara T., Am Heart J, 153, 6, 995, 1000,   2007年
  • Is extracorporeal life support contraindicated in elderly patients? , Saito S, Nakatani T, Kobayashi J, Tagusari O, Bando K, Niwaya K, Nakajima H, Miyazaki S, Yagihara T, Kitamura S. , Ann Thorac Surg , 83, 1, 140, 145,   2007年
  • Weekend onset of acute myocardial infarction does not have a negative impact on outcome in Japan. , Matsui K, Kojima S, Sakamoto T, Ishihara M, Kimura K, Miyazaki S, Yamagishi M, Tei C, Hiraoka H, Sonoda M, Tsuchihashi K, Ooie T, Honda T, Ogata Y, Ogawa H, Circ J , 71, 12, 1841, 1844,   2007年
  • Long-term nitrate therapy after acute myocardial infarction does not improve or aggravate prognosis., Kojima S, Matsui K, Sakamoto T, Ishihara M, Kimura K, Miyazaki S, Yamagishi M, Tei C, Hiraoka H, Sonoda M, Tsuchihashi K, Shimoyama N, Honda T, Ogata Y, Ogawa H., Circ J , 71, 3, 301, 307,   2007年
  • Role of transthoracic Doppler-determined coronary flow reserve in patients with chest pain., Kataoka Y, Nakatani S, Tanaka N, Kanzaki H, Yasuda S, Morii I, Kawamura A, Miyazaki S, Kitakaze M., Circ J , 71, 6, 891, 896,   2007年
  • Intensive treatment of risk factors in patients with type-2 diabetes mellitus is associated with improvement of endothelial function coupled with a reduction in the levels of plasma asymmetric dimethylarginine and endogenous inhibitor of nitric oxide synt, Yasuda S, Miyazaki S, kanda M, Goto Y, Suzuki M, Harano Y, Nonogi H., Eur Heart J , 27, 10, 1159, 1165,   2006年
  • Strategy for localized stenosis caused by Kawasaki disease: midterm results of percutaneous transluminal coronary balloon angioplasty in two infants. , Tsuda E, Miyazaki S, Takamuro M, Fuse S, Tsuji Y, Echigo S., Pediatr Cardiol , 27, 2, 272, 275,   2006年
  • Percutaneous transluminal coronary rotational atherectomy for localized stenosis caused by Kawasaki disease. , Tsuda E, Miyazaki S, Yamada O, Takamuro M, Takekawa T, Echigo S. , Pediatr Cardiol , 27, 4, 447, 453,   2006年
  • Postinfarction cardiac rupture despite immediate reperfusion therapy in a patient with severe aortic valve stenosis. , Tanaka M, Goto Y, Suzuki S, Morii I, Otsuka Y, Miyazaki S, Nonogi H. , Heart Vessels , 21, 1, 59, 62,   2006年
  • Prevention of life-threatening ventricular tachyarrhythmia by a novel and pure class-III agent, nifekalant hydrochloride. , Ohashi J, Yasuda S, Miyazaki S, Shimizu W, Morii I, Kurita T, Kawamura A, Kamakura S, Nonogi H., J Cardiovasc Pharmacol , 48, 6, 274, 279,   2006年
  • Sex differences in early mortality of patients undergoing primary stenting for acute myocardial infarction. , Kosuge M, Kimura K, Kojima S, Sakamoto T, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Miyazaki S, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Ikeda Y, Shirai M, Hiraoka H, Inoue T, Saito F, Ogawa H. , Circ J , 70, 3, 217, 221,   2006年
  • Assessment of genetic effects of polymorphisms in the MCP-1 gene on serum MCP-1 levels and myocardial infarction in Japanese. , Iwai N, Kajimoto K, Kokubo Y, Okayama A, Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Tomoike H. , Circ J , 70, 7, 805, 809,   2006年
  • Usefulness of combined white blood cell count and plasma glucose for predicting in-hospital outcomes after acute myocardial infarction. , Ishihara M, Kojima S, Sakamoto T, Asada Y, Kimura K, Miyazaki S, Yamagishi M, Tei C, Hiraoka H, Sonoda M, Tsuchihashi K, Shinoyama N, Honda T, Ogata Y, Ogawa H. , Am J Cardiol , 97, 11, 1558, 1563,   2006年
  • Validation of the association between the gene encoding 5-lipoxygenase-activating protein and myocardial infarction in a Japanese population. , Kajimoto K, Shioji K, Ishida C, Iwanaga Y, Kokubo Y, Tomoike H, Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Iwai N., Circ J , 69, 9, 1029, 1034,   2005年
  • Acute hyperglycemia is associated with adverse outcome after acute myocardial infarction in the coronary intervention era. , Ishihara M, Kojima S, Sakamoto T, Asada Y, Tei C, Kimura K, Miyazaki S, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Ikeda Y, Shirai M, Hiraoka H, Inoue T, Saito F, Ogawa H. , Am Heart J, 150, 4, 814, 820,   2005年
  • Delayed appearance of coronary artery perforation following cutting balloon angioplasty., 丸尾 健, 宮崎 俊一, 安田 聡, Catheterization & Cardiovascular Interventions, 57, 4, 529, 531,   2002年
  • A promoter variant of the ATP-binding cassette transporter A1 gene alters the HDL cholesterol level in the general Japanese population., 塩路けいすけ, 宮崎 俊一, Nishioka J, Nabara H, 小久保喜弘, Mannami T, Inamoto N, Kamide K, Takiuchi S, Yoshii M, Miwa Y, Kawano Y, Miuyata T, 後藤葉一, 野々木 宏, Tago N, 岩井直温, Journal of Human Genetics, 49, 3, 141, 147,   2002年
  • Late reperfusion (6-24 hours after onset) improves left ventricular function in patients with acute myocardial infarction., 宮本 信三, 宮崎 俊一, 後藤 葉一, 藤田 , 大黒 哲, 永谷 憲歳, 安田 聡, 角田 等, 森井 功, 伊藤 彰, 野々木 宏, Jpn Circ J, 62, 389, 394,   2002年
  • Aldehyde dehydrogenase 2 gene is a risk factor for myocardial infarction in Japanese men., 高木 修一, 宮崎 俊一, 岩井 直温, 山内, 小島 淳, 保野 慎治, 馬場 健, 寺島 正浩, 塘 義明, 鈴木 祥司, 森井 功, 花井 荘太郎, 小野, ばば, 友池, 川村 淳, 野々木 宏, 後藤 葉一, Hypertension Research - Clinical & Experimental, 25, 5, 677, 681,   2002年
  • A GPVI polymorphism is a risk factor for myocardial infarction in Japanese., 高木 修一, 宮崎 俊一, 岩井 直温, ばば, まんなみ, 小野, たなか, 宮田 敏行, 野々木 宏, 後藤 葉一, Atherosclerosis, 165, 2, 397, 398,   2002年
  • Relationship between ABCA1 genetic variation and HDL cholesterol level in subjects with ischemic heart disease in Japanese., 高木 修一, 宮崎 俊一, 岩井 直温, 野々木 宏, 後藤 葉一, Thrombosis & Haemostasis, 88, 369, 370,   2002年
  • Balloon coronary angioplasty and long-term survival of non-diabetic patients with isolated severe left anterior descending coronary artery disease., 富田, 宮崎 俊一, 森井 功, 酢谷 保夫, 安田 聡, 野々木 宏, Jpn Circ J, 66, 6, 589, 594,   2002年
  • Images in cardiovascular medicine. Coronary hematoma visualized by intravascular ultrasound and magnetic resonance imaging., まえはら あきこ, 宮崎 俊一, 山田 直明 瀬口 理 , 瀬口 理, 安田 聡 , 大塚 頼隆 , 山岸 正和 , Circulation, 107, 6, e46,   2003年
  • Percutaneous transluminal coronary angioplasty for anastomotic stenosis after coronary arterial bypass grafting in Kawasaki disease., 宮崎 文, 宮崎 俊一, 津田 悦子, 北村 惣一郎, 富田ひでし, 越後 茂之, Cardiology in the Young, 13, 3, 284, 289,   2003年
  • Ruptured atherosclerotic plaque distant from maximal stenosis in acute myocardial infarction., 瀬口 理, 宮崎 俊一, まえはら あきこ, 森井 功, 大塚 頼隆, 安田 聡, 山岸 正和, Internal Medicine, 42, 1, 53, 55,   2003年
  • Lesion severity and hypercholesterolemia determine long-term prognosis of vasospastic angina treated with calcium channel antagonists., 山岸 正和, 宮崎 俊一, 伊藤 健一, つつい ひろし, 後藤 葉一, 永谷 憲歳, 住吉 徹哉, 深見 健一, 土師 一夫, 北風 政史, 野々木 宏, 友池 仁暢, Circulation Journal, 67, 12, 1029, 1035,   2003年
  • Effects of preinfarction angina pectoris on infarct size and in-hospital mortality after coronary intervention for acute myocardial infarction., 小菅雅美, 宮崎 俊一, 木村一雄, 小島 淳, Sakamoto T, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Sonoda M, Tushihashi K, 山岸正和, Ikeda Y, Shirai M, Hiraoka H, Inoue T, Saito F, Ogawa H, Am J Cardiol, 92, 7, 840, 843,   2003年
  • Investigators CAT. Local delivery of argatroban for the prevention of restenosis after coronary balloon angioplasty: a prospective randomized pilot study., 伊藤 智範, 宮崎 俊一, , 野々木 宏, 伊藤 彰, 大黒 哲, 森井 功, 後藤葉一, Circulation Journal, 68, 7, 615, 622,   2004年
  • p53Arg72Pro polymorphism of tumour suppressor protein is associated with luminal narrowing after coronary stent placement., Kojima S, 宮崎 俊一, Iwai N, Tago N, Ono K, Ohmi K, Tsujimoto G, Takagi S, 野々木 宏, 後藤葉一, Heart (British Cardiac Society), 90, 9, 1069, 1070,   2004年
  • The white blood cell count is an independent predictor of no-reflow and mortality following acute myocardial infarction in the coronary interventional era., 小島 淳, 宮崎 俊一, Sakamoto T, Ishihara M, Kimura K, Tei C, 平岡久豊, Sonoda M, 土橋 和文, 山岸正和, Inoue T, Asada Y, Ikeda Y, Shirai M, Ogawa H, Annals of Medicine, 36, 2, 153, 160,   2004年
  • Three cases of acute myocardial infarction due to coronary embolism: treatment using a thrombus aspiration device., 琴岡憲彦, 宮崎 俊一, 大塚頼隆, 安田 聡, 森井 功, 川村 淳, Jpn Heart J, 45, 5, 861, 866,   2004年
  • Successful treatment of refractory vasospastic angina with corticosteroids: coronary arterial hyperactivity caused by local inflammation?, 高木修一, 宮崎 俊一, 後藤葉一, 広瀬英軌, 寺島正浩, 櫻木 悟, 鈴木祥司, 堤 義明, 野々木 宏, Circulation Journal, 68, 1, 17, 22,   2004年
  • Exercise-induced hepatocyte growth factor production in patients after acute myocardial infarction -its relationship to exercise capacity and brain natriuretic peptide levels-., 安田 聡, 宮崎 俊一, 後藤葉一, 高木 洋, 浅海奏栄, 馬場 健, 野々木 宏, Circulation Journal, 68, 304, 307,   2004年
  • Favourable clinical outcome in patients with cardiogenic shock due to fulminant myocarditis supported by percutaneous extracorporeal membrane oxygenation, 浅海 泰栄, 宮崎 俊一, 安田 聡 , 森井 功 , 角地 祐幸 , 大塚 頼隆 , 川村 淳 , 笹子 佳門 , 中谷 武嗣 , 野々木 宏 , Eur Heart J, 26, 2185, 2192,   2005年
  • Quantitative coronary angiographic studies of patients with angina pectoris and impaired glucose tolerance, 片岡 有, 宮崎 俊一, , 安田 聡 , 森井 功 , 大塚 頼隆 , 川村 淳 , Diabetes Care, 28, 2217, 2222,   2005年
  • Prognostic usefulness of serum uric acid after acute myocardial infarction (The Japanese Acute Coronary Syndrome Study), 小島 淳, 宮崎 俊一, , Sakamoto T, Ishihara M, Kimura K, Yamagishi M, Tei C, Hiraoka H, Sonoda M, Tsuchihashi K, Shimoyama N, Honda T, Ogata Y, Matsui K, Ogawa H, Am J Cardiol, 96, 489, 495,   2005年
  • Effect of glucose abnormalities on in-hospital outcome after coronary intervention for acute myocardial infarction, 小菅 雅美, 宮崎 俊一, , 木村 一雄 , 小島 淳 , Sakamoto T, Matsui K, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Sonoda M, Tsuchihashi K, 山岸 正和 , Ikeda Y, Shirai M, Hiraoka H, Inoue T, Saito F, Ogawa H, Circulation Journal, 69, 375, 379,   2005年
  • Japanese Acute Coronary Syndrome Study (JACSS) Investigators. Beneficial effect of preinfarction angina on in-hospital outcome is preserved in elderly patients undergoing coronary intervention for anterior acute myocardial infarction., Kosuge M, 宮崎 俊一, Kimura K, Kojima S, Sakamoto T, Ishihara M, Asada Y, Tei C, Sonoda M, Tsuchihashi K, Yamagishi M, Ikeda Y, Shirai M, Hiraoka H, Inoue T, Saito F, Ogawa H, Circulation Journal, 69, 6, 630, 635,   2005年
  • Comparison of pharmacokinetics of the sirolimus-eluting stent in japanese patients with those in american patients, 大塚 頼隆, 宮崎 俊一, , Nakamura S, 安田 聡 , Kozuma K, Hara H, 森井 功 , 川村 淳 , 佐瀬 一洋 , J Cardiovasc Pharmacol, 46, 1, 6,   2005年
  • Pronounced HR variability after exercise in inferior ischemia: evidence that the cardioinhibitory vagal reflex is invoked by exercise-induced inferior ischemia, Tahara N, 宮崎 俊一, 高木 洋 , Taguchi A, 須山 和弘 , 栗田 隆志 , 清水 渉 , Kawada T, 砂川 賢治 , American Journal of Physiology - Heart & Circulatory Physiology, 288, 3, H1179, H1185,   2005年
  • Intensive treatment of risk factors in patients with type-2 diabetes mellitus is associated with improvement of endothelial function coupled with a reduction in the levels of plasma asymmetric dimethylarginine and endogenous inhibitor of nitric oxide synt, 安田 聡, 宮崎 俊一, , 神田 宗武 , 後藤 葉一 , Suzuki M, 原納 優 , 野々木 宏 , Eur Heart J, 27, 10, 1159, 1165,   2006年
  • Validation of the association between the gene encoding 5-lipoxygenase-activating protein and myocardial infarction in a Japanese population., 梶本 勝文, 宮崎 俊一, , Shioji K, Ishida C, 岩永 善高 , 小久保 喜弘 , 友池 仁暢 , 野々木 宏 , 後藤 葉一 , 岩井 直温 , Circulation Journal, 69, 9, 1029, 1034,   2006年
  • 大動脈解離に伴う発熱についての研究, 島田 誠二郎, 中村 元, 黒岡 京浩, 西岡 慎夫, 杉村 圭一, 井野 光, 宮崎 俊一, 濱 純吉, 日本循環器学会誌, 74, 5, 766, 771,   2007年05月
    概要:発熱は急性大動脈解離の症候としてしばしば認めるが、まれに長期間持続し急性大動脈解離に伴う発熱かどうか診断に迷う症例がある。現在まで、急性大動脈解離に伴う発熱の長期持続例の報告や、不明熱の原因疾患が大動脈解離であったという報告は散見されるが、急性大動脈解離自体に伴う発熱の一般的な持続期間についての報告はみない。そこで,急性大動脈解離に伴う発熱はどれだけの期間持続するのか調べ、血液学的および 形態学的特徴の有無について検討した.急性大動脈解離に伴う発熱期間は、平均 15.9日で、偽腔の縮小化が良好なほど短いことが示唆され,急性大動脈解離の病状把握には発熱の経過観察が大切であることが示唆された(英文).
  • Cystatin C in a High-Risk Combination, 岩永 善高, 宮崎 俊一, Circulation Journal, 73, 9, 1593, 1594,   2009年09月
    概要:医局登録番号 317
  • 冠動脈ステント治療の進歩と課題, 林 孝浩, 宮崎 俊一, 循環器科, 65, 6, 626, 632,   2009年
    概要:医局登録番号 334
  • 糖尿病に合併する冠動脈疾患に対する治療戦略  PCIの適応と実際, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 月刊 糖尿病 , 2, 8, 90, 95,   2010年07月
    概要:医局番号387
  • 食後高血糖に対するグリニド薬の効果, 安田 聡, 宮崎 俊一, 月刊糖尿病, 3, 5, 80, 85,   2011年05月
    概要:医局論文番号 447
  • 研修医のための教育講座 急性心不全:その複雑な病態と最適な治療, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌, 36, 2, 111, 116,   2011年06月
    概要:医局登録番号 452
  • 術中にモニター心電図でST低下を来たし発見された無症候性心筋虚血の1例, 沖本 奈美, 高瀬 徹, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌, 36, 2, 117, 120,   2011年06月
    概要:医局登録番号 453
  • インターベンションを活かす:非ST上昇型急性冠症候群 最もPCIが有効である時点は?, 宮崎 俊一, 上野 雅史, Heart View Heart View, 15, 13, 97, 102,   2011年12月
    概要:医局登録番号 475
  • 急性心筋梗塞の病態と治療, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌, 36, 3,4, 157, 165,   2011年12月
    概要:医局登録番号 483
  • バルーン血管形成術, 宮崎 俊一, 生田 新一郎, 日本臨牀, 69, 7, 275, 280,   2011年
    概要:医局登録番号 466
  • 総説 高齢者かつ複数の合併症・併存症をもつ循環器疾患患者の治療戦略:総合的「集学的」治療体制の確立, 生田 新一郎, 小林 直也, 安田 昌和, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 日本冠疾患雑誌, 18, 1, 98, 102,   2012年02月
    概要:医局登録番号 489
  • インスリン抵抗性と動脈硬化:食後高血糖の関与, 池田 智之, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 循環器内科, 71, 5, 386, 393,   2012年05月
    概要:医局登録番号 500
  • 文献紹介 :冠動脈バイパス手術患者において複数の動脈グラフト使用が長期生命予後を改善する:8622人の多枝病変患者の解析, 谷口 貢, 宮崎 俊一, Osaka Heart Club Osaka Heart Club, 36, 3, 10, 12,   2012年09月
    概要:医局登録番号 499
  • 糖尿病と冠動脈疾患, 片岡 有, 宮崎 俊一, 循環器内科, 72, 4, 366, 376,   2012年10月
    概要:医局登録番号 507
  • カテコラミン, 岩永 善高, 宮崎 俊一, Heart View Heart View, 16, 12, 238, 243,   2012年11月
    概要:医局登録番号 508
  • PVCの潜行性逆伝導が頻拍中の房室伝導に影響を与えたfast/slow型AVNRTの1例, 安岡 良文, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 野並 有紗, 元木 康一郎, 宮崎 俊一, 心臓, 44, (*)3, 69, 73,   2012年12月
    概要:医局登録番号 512 第44巻(SUPPL.3)号69-73頁
  • 教育病院連絡会議特別シンポジウム 総合医と専門医 6.専門医部会の立場からー総合内科専門医とは何か?, 宮崎 俊一, 日本内科学会雑誌, 101, 12, 3567, 3569,   2012年12月
    概要:医局論文番号 516
  • Guidelines for Secondary Prevention of Myocardial Infarction (JCS 2011) ―Digest Version― JCS Joint Working Group (Chair: Hisao Ogawa), Hitoshi Adachi, 宮崎 俊一, Takahiro Hayashi, Teruo Inoue, Masaharu Ishihara, Hideki Ishii, Hiroyasu Iso, Masaaki Ito, Ken Kanamasa, Kazuo Kimura, Kyoichi Mizuno, Ken Nagao, Yasuyuki Nakamura, Ryuji Nohara, Ken Okumura, Yoshihiko Saito, Tomohiro Sakamoto, Keijiro Saku, Jun Sasaki, Keiji Tanaka, Hiroyuki Tsutsui, Circulation Journal, 77, 1, 231, 248,   2013年01月
    概要:医局登録番号 514
  • 症例検討:陳旧性心筋梗塞患者に合併した重症心室頻拍ストームに対して緊急アブレーションが奏功した1例, 藤田 晃輔, 赤岩 譲, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 磯野 員理, 安田 昌和, 野並 有紗, 安岡 良文, 小林 直也, 生田 新一郎, 元木 康一郎, 谷口 貢, 宮崎 俊一, Osaka Heart Club Osaka Heart Club, 36, 9, 6, 12,   2013年03月
    概要:医局論文番号524
  • 期外収縮, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 医学と薬学, 69, 4, 575, 579,   2013年04月
    概要:医局登録番号 529
  • Guidelines for Elective Percutaneous Coronary Intervention in Patients With Stable Coronary Artery Disease(JCS2011) Published in 2012―Digest Version― JCS Joint Working Group (Chair: Hisayoshi Fujiwara), Hiroyuki Daida, 宮崎 俊一, Atushi Hirayama, Takaaki Isshiki, Takeshi Kimura, Izuru Masuda, Kazuaki Mitsudo, Hiroshi Nishida, Kazuhiko Nishigaki, Masami Ochi, Satoshi Ogawa, , Takayuki Ohno, Ryuzo Sakata, Teruo Shiba, Tetsuya Sumiyoshi, Takahiko Suzuki, Shinichi Takamoto, Hitoshi Yaku, Tsutomu Yamazaki, Circulation Journal, 77, 6, 1590, 1607,   2013年06月
    概要:医局登録番号 533
  • Initial experience with nifekalant hydrochloride (MS-551), a novel class III antiarrythmic agent, in patients with acute extensive infarction and severe ventricular dysfunction. , Takenaka K, Yasuda S, Miyazaki S, Kurita T, Sutani Y, Morii I, Daikoku S, Kamakura S, Nonogi H., 65, 1, 60, 62,   2001年, 査読有り
  • Is inflammation related to the clinical severity of unstable angina? , Kojima S, Nonogi H, Morii I, Sumida H, Sutani Y, Yasuda S, Daikoku S, Goto Y, Miyazaki S., Jpn Circ J , 66, 5, 414, 418,   2001年
  • Usefulness of serum troponin T levels on day three or four in predicting survival after acute myocardial infarction. , Kanna M, Nonogi H, Sumida H, Miyazaki S, Daikoku S, Morii I, Yasuda S, Sutani Y, Baba T, Goto Y. , Am J Cardiol , 87, 3, 294, 297,   2001年
  • Comparison of the effects of alternate-day aspirin 81 mg and daily aspirin 162 mg on in-hospital cardiovascular events after myocardial infarction: An open-label, controlled, randomized clinical trial. , Yasue H, Ogawa H, Tanaka H, Miyazaki S, Hattori R, Saito M, Ishikawa K, Yamaguchi T, Motomiya T, Tamura Y. , Am Heart J , 139, e4, e12,   2000年
  • Enhanced secretion of cardiac hepatocyte growth factor from an infarct region is associated with less severe ventricular enlargement and improved cardiac function., Yasuda S, Goto Y, Baba T, Satoh T, Sumida H, Miyazaki S, Nonogi H., J Am Coll Cardiol , 36, 115, 121,   2000年
  • Abnormal glucose tolerance, not small vessel diameter, is a determinant of long-term prognosis in patients treated with balloon coronary angioplasty. , Otsuka Y, Miyazaki S, Okumura H, Yasuda S, Daikoku S, Morii I, Sutani Y, Goto Y, Nonogi H., Eur Heart J , 21, 21, 1790, 1796,   2000年
  • Refractory coronary spasm relieved by intracoronary administration of Nicorandil., Noguchi T, Nonogi H, Yasuda S, Daikoku S, Morii I, Itoh A, Goto Y, Miyazaki S., Jpn Circ J, 64, 5, 396, 398,   2000年
  • A randomized controlled trial of Prostar Plus for hemostasis in patients after coronary angioplasty. , Noguchi T, Miyazaki S, Yasuda S, Baba K, Sumida H, Daikoku S, Goto Y, Nonogi H. , Eur J Vasc Endovas Surg, 19, 451, 455,   2000年
  • Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty of Chronic Total Occlusions -Determinants of Primary Success and Long -Term Clinical Outcome-. , Noguchi T, Miyazaki S, Morii I, Daikoku S, Goto Y, Nonogi H. , Cathet Cardiovasc Diagn , 49, 3, 258, 264,   2000年, 査読有り
  • Circulating hepatocyte growth factor as a marker of thrombus formation in unstable angina pectoris, Matsumori A, Miyazaki S, Takano H, Ono K, Okada M, Miyamoto T, Nonogi H, Daikoku S, Mitsudo K, Matsunaga Y, Ohnishi T, Daikuhara Y, Sasayama S., Jpn Circ J , 64, 10, 805, 807,   2000年
  • Is preinfarction angina related to the presence or absence of coronary plaque rupture? , Kojima S, Nonogi H, Miyao Y, Miyazaki S, Goto Y, Itoh A, Daikoku S, Matsumoto T, Morii I, Yutani C. , Heart , 83, 1, 64, 68,   2000年
  • Effects of aspirin and trapidil on cardiovascular events after acute myocardial infarction. Japanese Antiplatelets Myocardial Infarction Study (JAMIS) Investigators. , Yasue H, Ogawa H, Tanaka H, Miyazaki S, Hattori R, Saito M, Ishikawa K, Masuda Y, Yamaguchi T, Motomiya T, Tamura Y., Am J Cardiol, 83, 9, 1308, 1313,   1999年
  • Angiotensin-converting enzyme inhibition restores hepatocyte growth factor production in patients with congestive heart failure. , Yasuda S, Goto Y, Sumida H, Noguchi T, Baba T, Miyazaki S, Nonogi H., Hypertension, 33, 1374, 1378,   1999年, 査読有り
  • Exercise-induced QRS prolongation in patients with mild coronary artery disease: computer analysis of the digitized multilead ECGs., Takaki H, Tahara N, Miyazaki S, Sugimachi M, Sunagawa K., Journal of Electrocardiology, 32, Suppl, 206, 211,   1999年
  • Intravascular ultrasound diagnosis of a coronary true aneurysm after Palmaz-Schatz stent implantation. , Noguchi T, Itoh A, Miyazaki S, Yasuda S, Morii I, Daikoku S, Goto Y, Nonogi H. , Circulation, 99, 1, 162, 163,   1999年
  • Plasma adrenomedullin as an indicator of prognosis after acute myocardial infarction., Nagaya N, Nishikimi T, Uematsu M, Yoshitomi Y, Miyao Y, Miyazaki S, Goto Y, Kojima S, Kuramochi M, Matsuo H, Kangawa K, Nonogi H, Heart , 81, 5, 483, 487,   1999年
  • Sustained elevation of plasma brain natriuretic peptide levels associated with progressive ventricular remodeling after acute myocardial infarction. , Nagaya N, Goto Y, Nishikimi T, Uematsu M, Miyao Y, Kobayashi Y, Miyazaki S, Hamada S, Kuribayashi S, Takamiya M, Matsuo H, Kangawa K, Nonogi H., Clin Sci, 96, 129, 136,   1999年
  • Role of cytokines and adhesion molecules in ischemia and reperfusion in patients with acute myocardial infarction. , Miyao Y, Miyazaki S, Goto Y, Itoh A, Daikoku S, Morii I, Matsumoto T, Nonogi H., Jpn Circ J , 63, 5, 362, 366,   1999年
  • Influence of calcium antagonists on long-term survival of patients treated with coronary angioplasty., Kanzaki T, Miyazaki S, Noguchi T, Yasuda S, Sumida H, Daikoku S, Morii I, Itoh A, Goto Y, Nonogi H., Jpn Heart J , 40, 1, 11, 21,   1999年
  • Does coronary artery morphology predict favorable results of intracoronary thrombolysis in patients with unstable angina pectoris? , Itoh T, Nonogi H, Miyazaki S, Daikoku S, Miyao Y, Morii I, Baba T, Itoh A, Goto Y, Jpn Circ J , 63, 1, 13, 18,   1999年
  • Survival using percutaneous cardiopulmonary support after acute myocardial infarction due to occlusion of the left main coronary artery--a report of two cases. , Yuda S, Nonogi H, Itoh T, Daikoku S, Morii I, Sasako Y, Nakatani T, Miyazaki S. , Jpn Circ J , 62, 10, 779, 782,   1998年
  • Efficacy and limitation of F-18-fluorodeoxyglucose positron emission tomography during fasying to assess myocardial viability in the acute phase of myocardial infarction., Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Ishida Y, Uehara T, Nishimura T., Internal Medicine , 37, 8, 653, 661,   1998年
  • Plasma brain natriuretic peptide is a biochemical marker for the prediction of progressive ventricular remodeling after acute myocardial infarction. , Nagaya N, Nishikimi T, Goto Y, Miyao Y, Kobayashi Y, Morii I, Daikoku S, Matsumoto T, Miyazaki S, Matsuoka H, Takishita S, Kangawa K, Matsuo H, Nonogi H., Am Heart J , 135, 1, 21, 28,   1998年
  • Correlation of residual stenosis immediately after coronary angioplasty with long-term prognosis., Miyazaki S, Nakao K, Daikoku S, Itoh A, Miyao Y, Goto Y, Nonogi H., Cathet Cardiovasc Diagn, 43, 3, 262, 270,   1998年
  • Increased plasma adrenomedullin levels in patients with acute myocardial infarction in proportion to the clinical severity., Miyao Y, Nishikimi T, Goto Y, Miyazaki S, Daikoku S, Morii I, Matsumoto T, Takishita S, Miyata A, Matsuo H, Kangawa K, Nonogi H. , Heart , 79, 39, 44,   1998年
  • Previous angina reduces in-hospital death in patients with acute myocardial infarction. , Kobayashi Y, Miyazaki S, Itoh A, Daikoku S, Morii I, Matsumoto T, Goto Y, Nonogi H. , Am J Cardiol , 81, 2, 117, 122,   1998年
  • Cardioprotective effect of intravenous nicorandil in patients with successful reperfusion for acute myocardial infarction. , Kobayashi Y, Goto Y, Daikoku S, Itoh A, Miyazaki S, Ohshima S, Nonogi H, Haze K., Jpn Circ J, 62, 3, 183, 189,   1998年
  • Enhancement of coronary reactive hyperemia in patients with ischemic myocardial tolerance during angioplasty. , Tanaka T, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Itoh A, Daikoku S, Yamamoto Y. , Heart Vessels , 11, 242, 247,   1997年
  • Effect on survival of previous angina pectoris after acute myocardial infarction. , Kobayashi Y, Miyazaki S, Miyao Y, Morii I, Matsumoto T, Daikoku S, Itoh A, Goto Y, Nonogi H., Am J Cardiol , 79, 11, 1534, 1538,   1997年
  • Reperfusion phenomena suggestive of reperfusion injury in patients with acute myocardial infarction., Goto Y, Ito T, Matsumoto T, Morii I, Miyao Y, Ito A, Daikoku S, Miyazaki S, Nonogi H. , Journal of thrombosis and thrombolysis , 4, 39, 41,   1997年
  • Lipoprotein analyses in patients with stable angina and acute coronary syndrome., Yokota C, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Haze K, Hara Y, Shinozaki K, Ikebuchi M, Suzuki M, Harano Y, Int J Cardiol , 57, 161, 166,   1996年
  • Clinical experience of percutaneous cardiopulmonary support. , Sasako Y, Nakatani T, Nonogi H, Miyazaki S, Kito Y, Takano H, Kawashima S., Artificial Organs , 20, 6, 733, 736,   1996年
  • Antiischemic effect of intracoronary diltiazem on myocardial ischemia during PTCA., Saito K, Nonogi H, Goto Y, Itoh A, Daikoku S, Miyazaki S, Haze K., Heart Vessels , 11, 92, 99,   1996年
  • Successful retrieval of unexpanded Palmaz-Schatz stent from left main coronary artery. , Kobayashi Y, Nonogi H, Miyazaki S, Daikoku S, Yamamoto Y, Takamiya M., Cathet Cardiovasc Diagn , 38, 402, 404,   1996年
  • Gadolinium-enhanced magnetic resonance imaging in acute myocardial infarction., Yokota C, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Maeno M, Daikoku S, Itoh A, Haze K, Yamada N. , Am J Cardiol , 75, 577, 581,   1995年
  • Comparison of the therapeutic efficacy of continuous and intermittent injection of isosorbide dinitrate: a randomized study on unstable angina. , Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Sumiyoshi T, Haze K, Hiramori K. , Internal Medicine , 34, 856, 862,   1995年
  • Serum cardiac troponin T in patients with acute myocardial infarction., Kitaoka H, Miyazaki S, Nonogi H, Furuno T, Itoh A, Daikoku S, Nakao K, Yamamoto Y, Haze K., Jpn Heart J, 36, 293, 303,   1995年
  • Angioscopic prediction of successful dilatation and of restenosis in percutaneous transluminal coronary angioplasty: Significance of yellow plaque. , Itoh A, Miyazaki S, Nonogi H, Daikoku S, Haze K., Circulation , 91, 1389, 1396,   1995年, 査読有り
  • Atrial natriuretic peptide secretion in right ventricular infarction (reply). , Yasuda S, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Haze K. , Circulation , 90, 1582, 1583,   1994年
  • Hyposecretion of atrial natriuretic peptide due to associated right atrial infarction in a patient with acute right ventricular infarction?, Yasuda S, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Haze K., Eur Heart J , 15, 718, 719,   1994年
  • Does preconditioning aftect recovery in stunned myocardium? , onogi H, Miyazaki S, Goto Y, Kawase Y, Haze K. , Internal Medicine , 33, 402, 406,   1994年
  • Assessment of left ventricular filling dynamics utilizing doppler echocardiography in acute coronary syndrome. , Nonogi H, Kawase Y, Miyazaki S, Haze K, Hiramori K., Jpn Heart J , 35, 163, 173,   1994年
  • Restenosis of the coronary stenotic lesions treated by Holmium-YAG laser coronary angioplasty, Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Itoh A, Ozono K, Daikoku S, Haze K, SPIE , 2130, 120, 126,   1994年
  • Heart rate and force-frequency effects on diastolic function of the left ventricle in exercising dogs., Miura T, Miyazaki S, Guth BD, Indolfi C, Ross J, Jr. , Circulation, 89, 2361, 2368,   1994年
  • Creatine kinase-MB protein mass is a better indicator for the assessment of acute myocardial infarction in the lower range of creatine kinase level., Seo H, Miyazaki S, Furuno T, Nonogi H, Haze K, Hiramori K., Jpn Heart J , 34, 717, 727,   1993年
  • Left ventricular filling measured by Doppler echocardiography during dynamic exercise in patients with myocardial infarction, Nakamura N, Nonogi H, Miyazaki S, Nakanishi N, Yoshioka K, Haze K, Hiramori K. , Heart Vessels , 8, 23, 32,   1993年
  • Holmium-YAG laser coronary angioplasty in patients with lesions not ideal for the balloon angioplasty., Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y, Itoh A, Ozono K, Daikoku S, Haze K., SPIE , 1878, 76, 82,   1993年
  • mpaired early and intact late diastolic function in stunned myocardium induced by demand ischemia. , 宮崎 俊一, Am J Physiol , 264, H379, H746,   1993年
  • Increased aftereload intensifies asynchronous wall motion and impairs ventricular relaxation., Miura T, Bhargava V, Guth BD, Sunnerhagen KS, Miyazaki S, Indolfi C, Peterson KL. , J Appl Physiol , 75, 389, 396,   1993年
  • Angioscopic and intravascular ultrasound imagings before and after percutaneous holmium-YAG laser coronary angioplasty. , Itoh A, Miyazaki S, Nonogi H, Ozono K, Daikoku S, Saito K, Goto Y, Haze K, Am Heart J , 125, 556, 558,   1993年
  • Influence of the force-frequency relation on left ventricular function during exercise in conscious dogs. , Miura T, Miyazaki S, Guth BD, Kambayashi M, Ross J, Jr. , Circulation , 86, 563, 571,   1993年
  • Pathogenesis, treatment and prognosis of impending myocardial infarction and early post-infarction angina--relation between ST-segment shift during myocardial ischemia and the pathogenesis. , Haze K, Nonogi H, Miyazaki S, Ito A, Daikoku S. , Jpn Circ J , 56, 11, 1150, 1159,   1992年
  • Heart rate reduction improves myocardial ischemia in swine: Role of interventricular blood flow redistribution. , Indolfi C, Guth BD, Miyazaki S, Miura T, Schulz R, Ross J, Jr., Am J Physiol , 261, H910, H917,   1991年
  • Changes of left ventricular diastolic function in exercising dogs without and with ischemia., Shunichi Miyazaki, Guth BD, Miura T, Indolfi C, Schulz R, Ross J, Jr., Circulation, 81, 1058, 1070,   1990年
  • Kinetic analyses of creatine kinase release patterns in patients with acute myocardial infarction undergoing emergency coronary arteriography. , Horie M, Miyazaki S, Nonogi H, Takizawa A, Nagao M, Nishida S, Kubota J, Kawai C. , Jpn Circ J, 54, 5, 478, 486,   1990年
  • Consequences of regional inotropic stimulation of ischemic myocardium on regional myocardial blood flow and function in anesthetized swine., Schulz R, Miyazaki S, Thaulow E, Heusch G, Ross J, Jr., Guth BD, Circ Res, 64, 1116, 1126,   1989年
  • Mechanisms of impaired ischemic regional dysfunction by bradycardia: studies on UL-FS 49 in swine. , ndolfi C, Guth BD, Miura T, Miyazaki S, Schulz R, Ross J, Jr., Circulation, 80, 983, 993,   1989年
  • Acceleration of cell necrosis following reperfusion after ischemia in the pig heart without collateral circulation., Fujiwara H, Onodera T, Tanaka M, Miyazaki S, Wu DJ, Matsuda M, Kawamura A, Ishida M, Takemura G, Fujiwara Y, et al., Am J Cardiol , 63, 10, 14E, 18E,   1989年
  • Acute hemodynamic effects of MDL 19205 on conscious dogs with mitral regurgitation., Susawa T, Kihara Y, Miyazaki S, Nakamura Y, Sasayama S, Kawai C., Cardio Drugs and Ther , 2, 305, 311,   1988年
  • Role of left atrium in adaptation of the heart to chronic mitral regurgitation in conscious dogs., Kihara Y, Sasayama S, Miyazaki S, Onodera T, Susawa T, Nakamura Y, Fujiwara H, Kawai C. , Circ Res , 62, 543, 553,   1988年
  • Detection of early myocardial infarction in formalin-fixed, paraffin-embedded tissue., Fujiwara H, Fujiwara T, Tanaka M, Onodera T, Miyazaki S, Wu DJ, Matsuda M, Sasayama S, Kawai C, Am J Cardiovasc Pathol, 2, 1, 57, 61,   1988年
  • An analysis of regional left ventricular function utilizing pressure-length relationship in patients with coronary artery disease. , Nonogi H, Sasayama S, Miyazaki S, Kawai C. , Jpn Circ J , 51, 1, 83, 89,   1987年
  • Effects of pacing-induced ischemia on early left ventricular filling and regional myocardial dynamics and their modification by nifedipine. , Nakamura Y, Sasayama S, Nonogi H, Miyazaki S, Fujita M, Kihara Y, Konishi T, Kawai C. , Circulation , 76, 1232, 1244,   1987年
  • uantitative analysis of contraction band and coagulation necrosis after ischemia and reperfusion in the porcine heart., 宮崎俊一  Fujiwara H, Onodera T, Kihara Y, Matsuda M, Wu DJ, Nakamura Y, Kumada T, Sasayama S, Kawai C, Hamashima H. , Circulation, 1074, 1082,   1987年
  • Limitation of coronary thrombolysis: experimental study of reperfusion after ischemia., Fujiwara H, Miyazaki S, Onodera T, Tanaka M, Matsuda M, Wu DJ, Fujiwara T, Kawai C. , Jpn Circ J, 51, 9, 1077, 1081,   1987年
  • Acute hemodynamic effects of a new positive inotropic agent, (OPC-8212) in conscious and anesthetized dogs., 宮崎俊一, Sasayama S, Nakamura Y, Kihara Y, Susawa T, Kawai C., J Cardiovasc Pharmacol, 8, 14, 20,   1986年
  • Changes in diastolic properties of the regional myocardium during pacing induced ischemia in human subjects. , Sasayama S, Nonogi H, Miyazaki S, Sakurai T, Kawai C, Eiho S, Kuwahara M., J Am Coll Cardiol, 5, 599, 606,   1985年
  • Modification of pacing-induced alteration of the regional myocardium by Nifedipine in patiants with coronary artery disease., Nonogi H, Sasayama S, Miyazaki S, Asanoi H, Yamagishi K, Kawai C, Eiho S, Kuwahara M. , Heart Vessels , 1, 232, 238,   1985年
  • Reversible asymmetric septal hypertrophy in acute myocarditis. Serial findings of two-dimensional echocardiogram and thallium-201 scintigram., Kondo M, Takahashi M, Shimono Y, Fujiwara H, Miyazaki S, Matsuda T. , Jpn Circ J , 49, 6, 589, 593,   1985年
  • A simple method for quantitative analysis of microscopic tissue findings detected at magnification over x 100., Fujiwara H, Onodera T, Miyazaki S, Tanaka M, Wu DJ, Matsuda M, Kawai C, Fujiwara T, Hamashima Y. , Japanese Archives of Internal Medicine, 32, 305, 307,   1985年
  • Assessment of viable myocardium within infarct zone by exercise thallium-201 scintigraphy., Kondo M, Miyazaki S, Takahashi M, Shimono Y., Jpn Circ J, 48, 3, 219, 224,   1984年
  • Changes in regional myocardial function and external work in exercising dogs with ischemia., Miyazaki S, Goto Y, Guth BD, Miura T, Indolfi C, Ross J, Jr., Am J Physiol, 264, H110, H116
  • Coronary reperfusion enhances recovery of atrial natriuretic peptide secretion: Salvaging endocrine function in patients with acute right ventricular infarction., Yasuda S, Nonogi H, Miyazaki S, Goto Y, Haze K, Circulation , 89, 558, 566
  • Transient left ventricular apical ballooning without coronary artery stenosis: a novel heart syndrome mimicking acute myocardial infarction. Angina Pectoris-Myocardial Infarction Investigations in Japan. , Tsuchihashi K, Ueshima K, Uchida T, Oh-mura N, Kimura K, Owa M, Yoshiyama M, Miyazaki S, Haze K, Ogawa H, Honda T, Hase M, Kai R, Morii I, Angina Pectoris-Myocardial Infarction Investigations in Japan. , J Am Coll Cardiol, 38, 1, 11, 18
  • Heart failure, chronic kidney disease, and biomarkers--an integrated viewpoint--. , Iwanaga Y, Miyazaki S., Circ J , 74, 7, 1274, 1282
  • Prasugrel, a third-generation P2Y12 receptor antagonist, in patients with coronary artery disease undergoing elective percutaneous coronary intervention. , Isshiki T, Kimura T, Ogawa H, Yokoi H, Nanto S, Takayama M, Kitagawa K, Nishikawa M, Miyazaki S, Ikeda Y, Nakamura M, Saito S. , Circ J , 78, 12, 2926, 2934

書籍等出版物

  • DATA UPDATE CARDIOVASCULAR 4th EDITION, CABG Surgery Study, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 共著,   2009年05月
    概要:医局登録番号 313
  • DATA UPDATE CARDIOVASCULAR 4th EDITION, Long-DES Ⅱ, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 共著,   2009年05月
    概要:医局登録番号 314
  • 最新循環器診療マニュアル, 急性冠症候群の概念, 宮崎 俊一, 共著, 中山書店,   2009年09月
    概要:医局登録番号 318
  • EBM循環器疾患の治療 2010-2011  , DESはすべての患者、病変に必要なのか?BMSは必要ないか? , 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 共著, 中外医学社,   2009年09月
    概要:医局登録番号 333
  • 重症心不全の予防と治療, 急性心不全の内科的治療 非薬物治療, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 共著, 中外医学社,   2009年09月
    概要:医局登録番号 335
  • 循環器臨床サピア2 最新アプローチ 急性冠症候群 , 冠動脈造影の意義, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 共著, 中山書店,   2009年10月
    概要:医局登録番号 331 
  • 循環器検査のグノーティ・セアウトン  過信せず侮らず、謙虚で緻密な検査とは, 心筋Viabilityの考え方と評価, 宮崎 俊一, 共著, 株式会社シナジー ,   2009年10月
    概要:医局登録番号 336
  • 糖尿病と心臓病 基礎知識と実践患者管理 Q&A 51, 糖尿病の合併症としての心血管病変, 安田 聡, 宮崎 俊一, 共著, 医学書院,   2010年10月
    概要:医局論文番号417
  • 新しい診断と治療のABC4/循環器1 急性心筋梗塞 改定第2版 2011年 最新医学別冊 , 概念・定義, 宮崎 俊一, 共著, 最新医学社,   2011年02月
    概要:医局論文番号438
  • 新・心臓診療プラクティス 16.動脈硬化の内科治療に迫る ー薬物治療とインターベンションー , 冠動脈造影, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 共著, 分光堂,   2011年03月
    概要:医局論文番号441
  • 今日の診療のために ガイドライン外来診療 2011 , 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞), 岩永 善高, 宮崎 俊一, 共著, 日経メディカル開発(日経BPマーケティング),   2011年03月
    概要:医局論文番号443
  • 成功に導くPCI治療戦略 -optimal medical treatmentの実践 , 再灌流障害に対するcyclosporineの作用, 宮崎 俊一, 更谷紀思, 共著, 南光堂,   2011年04月
    概要:医局登録番号444
  • 循環器疾患最新の治療2012-2013, 無症候性心筋虚血, 森本 啓介, 宮崎 俊一, 共著, 南江堂,   2012年03月
    概要:医局登録番号 498
  • 循環器医から寄せられる「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問, 糖尿病患者の薬剤溶出ステント(DES)治療転帰は、ベアメタルステント(BMS)より良好ですか? (回答), 上野 雅史, 宮崎 俊一, 共著, メディカルレビュー社,   2012年05月
    概要:医局登録番号 496
  • 循環器医から寄せられる「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問, 糖尿病患者の薬剤溶出ステン治療転帰について教えてください。パクリタキセル、エベロリムス、シロリムス溶出ステント間で効果に違いがありますか?(回答), 上野 雅史, 宮崎 俊一, 共著, メディカルレビュー社,   2012年05月
    概要:医局登録番号 497
  • 今日の循環器疾患治療指針 第3版, 急性心筋梗塞合併症とその対策, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 共著, 医学書院,   2013年01月
    概要:医局論文番号520
  • コモンデイジーズブックー日常外来での鑑別と患者への説明のためにー, 狭心症, 日村好宏 , 宮崎 俊一, 共著, 日本内科学会,   2013年04月
    概要:医局登録番号 528

講演・口頭発表等

  • 病理所見により診断できたPVODの一例, 高瀬 徹 谷口 貢 大郷恵子 植田初江 平野 豊 宮崎俊一, 第2回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,   2017年06月02日
  • 自然発祥の無症候性コレステロール塞栓症の1例, 嶋村卓人 米田雅美 谷口貢 宮地佑希 山本広之 窪田剛 嶋津秀紀 宮崎俊一, 第216回 日本内科学会近畿地方会,   2017年06月02日
  • 内科専門医とは何か?ー地域医療における内科専門医制度の重要性ー, 宮崎 俊一, 第56回 日本内科学会四国支部生涯教育講演会,   2017年05月21日
  • Choice of revascularization in diabetic patient:Current status , 宮崎 俊一, 26th Annuak Scientific Meeting of Indonesian Heart Association (ASIHA),   2017年04月22日
  • 冠動脈インターベンションとバイパス術の適応決定ーハートチームの重要性ー, 宮崎 俊一, 第114回 日本内科学会総会・講演会,   2017年04月14日
  • 心原性ショックを合併したたこつぼ型心筋症の1例, 松浦剛郎 岩永善高 藤田晃輔 河村尚幸 渡邉平太郎 中村貴 栗田隆志 宮崎俊一 , 第114回 日本内科学会総会・講演会,   2017年04月14日
  • 乖離性大動脈瘤に対して人工血管置換術後に左冠動脈主幹部に狭窄を来たした1例, 鍵岡賛典 更谷紀思 河村尚幸 池田智之 高瀬 徹 山治憲司 上野雅史 藤井公輔 金田敏夫 佐賀俊彦 宮崎俊一, 第28回 日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2017年03月11日
  • 中等度狭窄病変でのFFR値とiFR値についての検討, 池田智之 上野雅史 河村尚幸 渡邉平太郎 高瀬徹 山治憲司 小夫家和宏 岩永善高 宮崎俊一, 第30回 日本冠疾患学会学術集会,   2016年12月10日
  • Cryoablationによる肺静脈隔離術後に著明なST上昇を伴う心膜炎を生じた一例, 安岡良文 栗田隆志 橋口直貴 小竹康仁 元木康一郎 宮崎俊一, 第122回 日本循環器学会近畿地方会,   2016年11月26日
  • 妊娠悪阻を契機に深部静脈血栓症を発症し、プロテインC欠乏症が判明した一例, 八木英次郎 中村 貴 小夫家和宏 岩永善高 栗田隆志 宮崎俊一, 第122回 日本循環器学会近畿地方会,   2016年11月26日
  • 急性心筋梗塞・心不全に肺胞出血を合併した一例, 堀川亮太 丸山将広 藤田晃輔 上野雅史 岩永善高 宮崎俊一, 第122回 日本循環器学会近畿地方会,   2016年11月26日
  • 新内科専門医制度と内科系サブスペシャリティ専門医制度の関係, 宮崎 俊一, 第24回日本消化器関連学会週間 第16回医療セミナー(JDDW2016),   2016年11月05日
  • 慢性冠動脈疾患に対する冠血行再建術適応を考える, 宮崎 俊一, 大阪府医師会医学会学術講演会,   2016年10月20日
  • 総腸骨動脈高度石灰化病変に対してRotablatorを使用しEVTに成功した1例, 鍵岡賛典 山治憲司 河村尚幸 池田智之 上野雅史 岩永善高 平野 豊 宮﨑俊一, 第27回 日本心血管インターベンション治療学会,   2016年10月08日
  • 大動脈二尖弁に感染性新内膜炎と感染性動脈瘤を合併した一症例, 高瀬 徹 藤田晃輔 山本裕美 岩永善高 宮崎俊一, 第64回 日本心臓病学会学術集会,   2016年09月24日
  • 心房細動における脳梗塞のリスク評価としての経食道エコーによる大動脈プラーク評価の有用性, 更谷紀思 岩永善高 山本裕美 谷和孝昭 山本干城 吉村隆喜 宮崎俊一, 第64回 日本心臓病学会学術集会,   2016年09月23日
  • Impact of papillary muscle hypertrophic cardiomypathy: insights from cardiac magnetic resonance analisis, T. Kawamura Y.Iwanaga M.Yasuda Y.Miyaji T.Nakamura S. Miyazaki , ヨーロッパ心臓病学会学術集会European Society of Cardiology Congress 2016,   2016年08月28日
  • Why carvedilol improve the long-term survival in heart failure patients? -A difference in barorecepter-mediated blood pressure regulation between β and αβ blockers-, Hiromi Yamamoto, Toru Kawada, Yusuke Sata, Shuji Shimizu, Shunichi Miyazaki, Masaru Sugimachi, ヨーロッパ心臓病学会学術集会European Society of Cardiology Congress 2016,   2016年08月28日
  • 血中遊離κ/λの測定が心アミロイドーシスの診断に有用であった症例, 半田康平 池田智之 山本裕美 八木英次郎 平野 豊 岩永善高 宮崎俊一, 第121回 日本循環器学会近畿地方会,   2016年07月16日
  • くも膜下出血による脳血管戀縮を合併した感染性心内膜炎の一例, 筧 和剛 宮崎俊一 岩永善高 小夫家和宏 山本広之, 第121回 日本循環器学会近畿地方会,   2016年07月16日
  • 無輸血にて経皮的心肺補助装置を用いて救命し得た劇症型心筋炎の1症例, 河村尚幸 更谷紀思 鍵岡賛典 藤田晃輔 安田昌和 池田智之 山治憲司 上野雅史 生田新一郎 小夫家和宏 岩永善高 宮崎俊一, 第61回 日本集中医療医学会近畿地方会,   2016年07月09日
  • PRASFIT-ACS/Elective 第Ⅲ相試験における出血事象のBleeding Academic Research Consortium Criteriaを用いた再分類, 宮崎 俊一, 第25回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会  CVIT2016,   2016年07月07日
  • 学会ジョイントプログラム 日本内科学会 虚血性心疾患における冠血行再建術適応ーガイドラインの変遷から考えるー, 宮崎 俊一, 第7回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,   2016年06月12日
  • 新専門医制度前夜, 宮崎 俊一, 第34回臨床研修研究会,   2016年04月23日
  • 新・内科専門医制度説明会ー内科専門医研修プログラムのことを中心に, 宮崎 俊一, 第113回日本内科学会,   2016年04月16日
  • 早期糖尿病を合併した冠動脈疾患に対する治療についてーDIANA研究とSIRKAS研究ー, 宮崎俊一, 第120回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • 外傷性大動脈弁閉鎖不全症に対して自己心膜で閉鎖した一例, 杉本啓一郎 筧 和剛 山本広之 池田智之 小夫家和宏 岩永善高 宮崎俊一, 第120回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • アドリアマイシンとベバシズマブの併用療法後、急性心不全を発症した1例, 坂田花美 鍵岡賛典 河村尚幸 岩永善高 宮崎俊一, 第120回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • 食後高血糖介入による糖尿病性冠動脈硬化進展予防とその限界:多施設前向き無作為研究DIANAからの知見, 片岡 有 安田 聡 中尾一泰 宮本恵宏 佐瀬一洋 小菅雅美 木村一雄 宮崎俊一  , 第29回 日本冠疾患学会学術集会,   2015年11月21日
  • Proarrhythmic effect of steroid therapy in patients with cardiac sarcoidosis, Yasuhito Kotake Ryobun Yasuoka Naotaka Hashiguchi  Koichiro Motoki Takashi Kurita Shunichi Miyazaki, アジア太平洋不整脈学会APHRS2015Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Sessions,   2015年11月21日
  • ストロングスタチン使用による薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度改善に対する検討, 山本広之 生田新一郎 小夫家和宏 池田智之 上野雅史 岩永善高 宮崎俊一, 第29回 日本冠疾患学会学術集会,   2015年11月20日
  • Renal Sympathetic denervation improves both progressive cardiac remodeling and renal damages in hypertensive heart failure rats:Comparison with βreceptor blockade, Heitaro Watanabe Yoshitaka Iwanaga Yuki Miyaji Hiromi Yamamoto Shunichi Miyazaki, American Heart Association Scientific Sessions 2015,   2015年11月10日
  • Clinical impact of left ventricular trabeculae in hypertrophic cardiomyopathy : insights from cardiac magnetic resonance analysis, Masakazu Yasuda Yoshitaka Iwanaga Takayuki Kawamura Yuki Miyaji Takashi Nakamura Shunichi Miyazaki, American Heart Association Scientific Sessions 2015,   2015年11月09日
  • Risk stratification for ventricular tachyarrhythmias in patients with cardiac sarcoidosis by cardiac magnetic resonance imaging, Masakazu Yasuda  Yoshitaka Iwanaga  Takao Kato  Toshiki Izumi  Yasutaka Inuzuka Takashi Nakamura Takayuki Kawamura Shigeru Ikeguchi Moriaki Inoko Takashi Kurita Shunichi Miyazaki , American Heart Association Scientific Sessions 2015,   2015年11月09日
  • Impact of Systolic pressure response on measurement of fractional flow reserve, Tomoyuki Ikeda Masafumi Ueno Shinichiro Ikuta Kosuke Fujita Masakazu Yasuda Takashi Nakamura Kazuhiro Kobuke Yoshitaka Iwanaga Shunichi Miyazaki, American Heart Association Scientific Sessions 2015,   2015年11月08日
  • Very late stent thrombosis assessed by coronary angioscopy and histopathology of aspirated thrombus, Kosuke Fujita Masafumi Ueno Shinichiro Ikuta Takayuki Kawamura Masakazu Yasuda Tomoyuki Ikeda Takashi Nakamura Kazushi Saratani Yoshitaka Iwanaga Shunichi Miyazaki, American Heart Association Scientific Sessions 2015,   2015年11月08日
  • SES留置7年後に超遅発性ステント血栓症を生じた一例, 宮地佑希 藤田晃輔 更谷紀思 安田昌和 中村 貴 上野雅史 岩永善高 宮崎俊一, 第25回 日本心血管インターベンション治療学会 近畿地方会,   2015年10月03日
  • 浅大腿動脈慢性完全閉塞病変に対して順行性と逆行性両側アプローチでEVTを施行し、順行性側から病変真腔をとらえて通過したWireを逆行側から血管内視鏡で観察できた1例, 山治憲司 上野雅史 池田智之 小夫家和宏 岩永善高 宮崎俊一 , 第29回 日本心臓血管内視鏡学会総会,   2015年09月26日
  • 肥大型心筋症患者における高度/完全房室ブロックと心臓MRI所見の関連, 中村 貴 岩永善高 河村尚幸 安田昌和 栗田隆志 宮崎俊一, 第63回 心臓病学会学術集会,   2015年09月20日
  • 予後改善からみたDESの現状と展望ー多枝病変例の予後改善における冠血行再建術の役割ー, 宮崎俊一, 第63回 心臓病学会学術集会,   2015年09月19日
  • 運動耐容能の低い症例は運動負荷により左房容積が増加する, 高瀬 徹 平野 豊 石瀬卓郎 益永信隆 岩永善高 猪木 達 宮崎俊一, 第63回 心臓病学会学術集会,   2015年09月19日
  • 大動脈弁狭窄症 肥大型心筋症にて失神を来した1例, 河村尚幸 岩永善高 中村 貴 栗田隆志 宮崎俊一, 第63回 心臓病学会学術集会,   2015年09月18日
  • 僧房弁輪後退運動と左心耳入口部の収縮は関連する, 安岡良文 栗田隆志 小竹康仁 赤岩 譲  橋口直貴 元木康一郎 山本裕美 平野豊 岩永善高 宮崎俊一, 第63回 心臓病学会学術集会,   2015年09月18日
  • The Efficacy of the standard iv-Amio Protocol, Yasuhito Kotake Takashi Kurita Yuzuru Akaiwa Ryobun Yasuoka Koichiro Motoki Shunichi Miyazaki, 第30回 日本不整脈学会学術大会・第32回 日本心電学会学術集会 合同学術大会,   2015年07月31日
  • 最早期興奮部位の同定に左室ペーシングが有効であった斜走を有する左側副伝導路の一例, 安岡良文 栗田隆志 小竹康仁 赤岩 譲  元木康一郎 宮崎俊一, 第119回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年06月20日
  • リチウム中毒にて洞不全症候群、心不全を来した1例 , 河村尚幸  安田昌和 渡邉平太郎 山本広之 植木博之 池田智之 中村貴 上野雅史 生田新一郎 岩永善高 宮崎俊一, 第119回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年06月20日
  • 敗血症心機能低下により重症心不全を呈した2例, 藤本昴 渡邉平太郎 鍵岡賛典 宮地佑希 磯野員理 岩永善高 宮崎俊一, 第119回 日本循環器学会近畿地方会,   2015年06月20日
  • Pre-diabetes status and coronary artery disease, Shunichi Miyazaki, The American College of Cardiology 64th Annual Scientific Session and TCT@ACC-i2,   2015年03月15日
  • メシル酸ガベキサートを用いたPCPS治療にて救命し得た腹腔内出血を合併した心室細動の1例, 藤田晃輔 中村 貴 安田昌和 更谷紀思 上野雅史 生田新一郎 宮崎俊一 荒川未友希 西本拓真 髙田 裕, 第42回 日本集中治療医学会学術集会,   2015年02月10日
  • 冠攣縮が原因と考えられる心肺停止、心原性ショックに対してPCPSを導入し救命し得た1例, 藤田晃輔 上野雅史 八木英次郎 渡邉平太郎 安田昌和 中村 貴 更谷紀思 生田新一郎 宮崎俊一, 第28回 日本冠疾患学会学術集会,   2014年12月12日
  • 完全房室ブロックを伴う心サルコイドーシス患者にステロイド治療を行い継時的な心電図変化を捉えられた1例, 宮地佑希 岩永善高 諸岡花子 中村 貴 栗田隆志 宮崎俊一, 第118回 日本循環器内科学会近畿地方会  ,   2014年11月29日
  • リード断線によるノイズをVFと誤認した2症例の検討~遠隔モニタリングとリードインテグリティの有効性~, 小竹康仁 栗田隆志 赤岩 譲 安岡良文 元木康一郎 宮崎俊一 , 第118回 日本循環器内科学会近畿地方会  ,   2014年11月29日
  • たこつぼ型心筋症に急性心膜炎を合併した一例, 田中基英 河村尚幸 藤田晃輔 池田智之 中村 貴 小夫家和宏 宮崎俊一 , 第118回 日本循環器内科学会近畿地方会  ,   2014年11月29日
  • 心臓MRI検査が診断に有用であった非ST上昇型心筋梗塞の1例, 河村尚幸 安田昌和 上野雅史 生田新一郎 岩永善高 宮崎俊一, 第118回 日本循環器内科学会近畿地方会  ,   2014年11月29日
  • ステロイドパルス療法が奏功したアミオダロン肺炎の一例, 有馬智之 安岡良文 小竹康仁 赤岩 譲 元木康一郎 栗田隆志 宮崎俊一 , 第118回 日本循環器内科学会近畿地方会  ,   2014年11月29日
  • Comparison of Wave- Free Ratio with Fractional Flow Reserve in Patients with Diabetes Mellitus and with Prior Myocardial Infarction, Tomoyuki Ikeda Masafumi Ueno Shinichiro Ikuta Takashi Nakamura Kazuhiro Kobuke Yoshitaka Iwanaga Shunichi Miyazaki, Tomoyuki Ikeda Masafumi Ueno Shinichiro Ikuta Takashi Nakamura Kazuhiro Kobuke Yoshitaka Iwanaga Shunichi Miyazaki,   2014年11月17日
  • 当院におけるFFRとiFR, Resting Pd/Paの関係について, 河村尚幸 池田智之 生田新一郎 上野雅史 岩永善高 宮崎俊一, 第23回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会近畿地方会,   2014年10月
  • Application of acupuncture to cardiovascular disease, Hiromi Yamamoto  Shunichi Miyazaki, International Scientific Acupuncture and Meridian Symposium 2014 ,   2014年10月
  • Toward application of acupuncture to cardiovascular disease, Hiromi Yamamoto  Shunichi Miyazaki, 計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014,   2014年09月17日
  • Collaterals and microcirculation, 宮崎 俊一, The ESC (Europian Society of Cardiology)Congress Barcelona 2014,   2014年09月, 招待有り
  • Insulin resistance affects pharmacodynamic profiles in patients with stable coronary artery disease treated with dual antiplatelet therapy, M.Ueno K.Fujita H.Yamamoto T.Ikeda T.Suga K.Yamaji S.Ikuta K.Kobuke Y.Iwanaga S.Miyazaki, The ESC (Europian Society of Cardiology)Congress Barcelona 2014,   2014年09月
  • Residual Coronary Risk Factors in Early-stage Diabetic Patients-Sub-Analysis from the DIANA study- , 宮崎 俊一, 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • ASとHOCMの合併患者の病態把握に対して心臓カテーテル検査が有用であった1例, 松浦剛郎 山本広之 諸岡花子 山本裕美 平野 豊 宮崎俊一, 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • 肥大型心筋症における心房細動と心臓MRI所見の関連, 中村 貴 岩永善高 河村尚幸 安田昌和 宮崎俊一, 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • 当院で経験した門脈肺高血圧症の3症例, 鍵岡賛典 谷口 貢 植木博之 平野 豊 宮崎俊一, 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • 臥位エルゴメーター運動負荷心エコーによる肺高血圧の診断, 植木博之 平野 豊 谷口 貢 諸岡花子 山本裕美 宮崎俊一, 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • 左心耳低位起始が心房細動中の左心耳血流を低下させる, 安岡良文 栗田隆志 小竹康仁 赤岩 譲 元木康一郎 山本裕美 小夫家和宏 宮崎俊一 , 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • アンジオテンシンⅡ受容体遮断薬への利尿薬増加による左室肥大の退縮効果, 佐和琢磨  佐藤幸人 松田光雄 上垣内 敬  田中 昌  稲田 司 宮崎俊一  谷口 貢  古川 裕  北 祥男  鷹津良樹  藤原久義  , 第62回 日本心臓病学会学術集会,   2014年09月
  • 異なる種類の血栓が吸引された、遅発性ステント血栓症治療中にHITを発症した一例, 更谷紀思 生田新一郎 八木英次郎 藤田晃輔 河村尚幸 山本広之 安田昌和 池田智之 中村 貴 上野雅史 小夫家和宏 宮崎俊一 , 第28回 日本心臓血管内視鏡学会,   2014年09月
  • 異なる臨床経過を示した肺気心の2例, 藤田 晃輔 岩永 善高 八木 英次郎 植木 博之 池田 智之 菅 竜也 上野 雅史 生田 新一郎 宮崎 俊一 , 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • イソプロテレノールおよび心房ペーシング下での通電にて根治しえた心外膜起源心室頻拍の一例, 元木 康一郎 栗田 隆志 小竹 康仁 赤岩 譲 安岡 良文 宮崎 俊一 , 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • 洞停止を契機に形成された左心耳内血栓によって、急性上腸間膜動脈塞栓症を呈した1例, 法里 慧 藤田 晃輔 菅 竜也 岩永 善高 宮崎 俊一, 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • 心不全に重度偶発性低体温症を合併した一例, 木村 隆幸 平野 豊 安田 昌和 渡邉 平太郎 岩永 善高 宮崎 俊一, 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に合併した高度肺高血圧症の1例, 鍵岡 賛典 谷口 貢 植木 博之 平野 豊 岩永 善高 栗田 隆志 宮崎 俊一, 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • 当院でのTrousseau症候群の2例, 松浦 剛郎 河村 尚幸 磯野 員理 植木 博之 諸岡花子 小夫家和宏 岩永 善高 宮崎 俊一, 第117回 日本循環器学会近畿地方会,   2014年07月
  • Effect of Anti-Postprandial Hyperglycemic Agents on the Coronary Atherosclerosis in Early Stage Diabetic Patients Who Underwent Percutaneous Coronary Intervention, 宮崎 俊一, The 23rd Annual Scientific Meeting of Indonesian Heart Association,   2014年04月18日, 招待有り
  • 外腸骨動脈に対するEVT施行時に合併した急性動脈解離に対して、逆行性穿刺を追加する事でbailoutに成功した1症例, 池田 智之, 山治 憲司, 植木 博之, 上野 雅史, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT近畿地方会,   2014年02月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT近畿地方会
  • 急性心筋梗塞の閉塞血管の同定に造影CTによる心筋造影所見が有用であった1例, 山本 広之, 安田 昌和, 山治 憲司, 上野 雅史, 生田 新一郎, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT近畿地方会,   2014年02月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT近畿地方会
  • 当院における急性心筋梗塞の生存退院率と来院時血圧の関係, 宮地 佑希, 植木 博之, 山本 広之, 山治 憲司, 上野 雅史, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 第27回 日本冠疾患学会学術集会,   2013年12月, 第27回 日本冠疾患学会学術集会
  • BMS留置術部に生じた超遅発性ステント血栓症に対して血管内視鏡検査を用いて評価し得た1例, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第27回 日本冠疾患学会学術集会,   2013年12月, 第27回 日本冠疾患学会学術集会
  • 重症大動脈弁狭窄症に急性心筋梗塞を発症した一例, 山本 広之, 山治 憲司, 安田 昌和, 藤井 公輔, 谷口 貢, 佐賀 俊彦, 宮崎 俊一, 第27回 日本冠疾患学会学術集会,   2013年12月, 第27回 日本冠疾患学会学術集会
  • 冠血行再建術適応における内科と外科の共通認識について, 宮崎 俊一, 第27回 日本冠疾患学会学術集会,   2013年12月, 第27回 日本冠疾患学会学術集会
  • 慢性虚血性心疾患に対する治療戦略ーガイドラインの変遷と今日の治療適応ー, 宮崎 俊一, 第103回 日本循環器学会四国地方会,   2013年12月, 第103回 日本循環器学会四国地方会
  • 僧房弁両弁尖の著明な肥厚を認めたTrousseau症候群の一例, 藤島 理沙, 植木 博之, 諸岡 花子, 磯野 員理, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第116回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年11月, 第116回 日本循環器学会近畿地方会
  • 陳旧性心筋梗塞症にて左室内血栓の出現・消退を繰り返した一例, 筧 和剛, 渡邉 平太郎, 小夫家 和宏, 磯野 員理, 菅 竜也, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第116回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年11月, 第116回 日本循環器学会近畿地方会
  • 3つの独立した心房細動気質を確認出来た発作性心房細動の1例, 小竹 康仁, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 安岡 良文, 元木 康一郎, 宮崎 俊一, 第116回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年11月, 第116回 日本循環器学会近畿地方会
  • The Onset of Heart Failure is Associated With The Extent of LV Fibrosis in Hypertrophic Cardiomyopathy: Insights From Cardiac Magnetic Resonance Analysis, 中村 貴, 宮崎 俊一, American Heart Association Scientific Sessions 2013,   2013年11月, American Heart Association Scientific Sessions 2013
  • Pathological Mechanism of LV Outflow Obstruction in Hypertrophic Cardiomyopathy : Insights From Cardiac Magnetic Resonance Analysis, 中村 貴, 宮崎 俊一, American Heart Association Scientific Sessions 2013,   2013年11月, American Heart Association Scientific Sessions 2013
  • Impact of Antiplatelet Therapy in Patients With Impaired Glucose Tolerance, 上野 雅史, 宮崎 俊一,   2013年11月
  • Obesity Contributes to Accelerated Disease Progression in the Japanese Patients With Early-Stage Diabetes: Sub-Analysis From the DIANA Study, Yu Kataoka, 宮崎 俊一, American Heart Association Scientific Sessions 2013,   2013年11月, American Heart Association Scientific Sessions 2013
  • Different Pathophysiology of Clinical Events in Cardiac Sarcoidosis:Insights From Cardiac Magnetic Resonance Analysis, 安田 昌和, 宮崎 俊一, American Heart Association Scientific Sessions 2013,   2013年11月, American Heart Association Scientific Sessions 2013
  • 浅大腿動脈慢性完全閉塞病変に対して順行性と逆行性両側アプローチでEVTを施行し、閉塞病変の末梢側を血管内視鏡を用いて評価し得た2例, 山治 憲司, 上野 雅史, 山本 広之, 池田 智之, 菅 竜也, 生田 新一郎, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第27回 日本心臓血管内視鏡学会,   2013年10月, 第27回 日本心臓血管内視鏡学会
  • Best Intra-coronary imaging Competition(BIC) Session2, 宮崎 俊一, Rajesh M.Dave    , Yuetsu Kikuta, Kee-Sik Kim, Takafumi Ueno, Shiro Uemura, Complex Cardiovascular Therapeutics 2013,   2013年10月, Complex Cardiovascular Therapeutics 2013
    概要:Judges:6名 Rajesh M.Dave Yuetsu Kikuta  Kee-Sik Kim   Shunichi Miyazaki  Takafumi Ueno Shiro Uemura
  • 肝細胞癌に対するラジオ波施行後に生じた、たこつぼ型心筋障害の1例, 河村 尚幸, 池田 智之, 上野 雅史, 藤田 晃輔, 八木 英次郎, 磯野 員理, 生田 新一郎, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第21回 日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2013年10月, 第21回 日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会
  • 当院における超遅発性ステント内血栓症に対する血管内視鏡からの検討, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第21回 日本血管生物医学会学術集会,   2013年09月, 第21回 日本血管生物医学会学術集会
  • アイゼンメンジャー症候群に伴う肺高血圧症に対して肺血管拡張薬を使用した3症例, 河村 尚幸, 谷口 貢, 植木博之, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第61回 日本心臓病学会学術集会,   2013年09月, 第61回 日本心臓病学会学術集会
  • 経皮的冠動脈インターベンション施行患者における急性冠動脈血栓症発症へのヘパリン起因性血小板減少症の関与, 上野 雅史, 宮崎 俊一, Dominick J.Angiolillo , 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 当院において膝下病変に治療を受けた患者における予後と死亡原因についての検討, 池田 智之, 山治 憲司, 諸岡 花子, 森本 啓介, 小夫家 和宏, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • DES留置後のvery late stent thrombosisに対してNeoatherosclerosisを検出した一例, 山本 広之, 磯野 員理, 生田 新一郎, 八木 英次郎, 植木 博之, 安田 昌和, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • PCI後に超遅発性ステント血栓症を起こした症例に対して血管内視鏡を用いて得られた特徴的所見および検討, 藤田 晃輔, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • スタチン使用による脂質低下療法と薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度に対するOCTを用いた検討, 生田 新一郎, 上野 雅史, 山治 憲司, 藤田 晃輔, 山本 広之, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 経静脈的アドレノメジュリン投与による心筋保護的治療:急性心筋梗塞症に対するadjunctive therapyの可能性, 安田 聡 , 宮崎 俊一, 浅海 泰栄 野口 照夫 , 永谷 憲歳 寒川 賢治, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • PCIライブデモンストレーション  , 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
    概要:オペレーター
  • 糖尿病のOMT, 小夫家 和宏, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 待機的冠動脈内ステント治療を要する冠動脈疾患患者におけるプラスグレルの有効性及び安全性:PRASFIT-Elective試験, 中村 正人, 宮崎 俊一, 一色 高明, 小川 久雄, 木村 剛, 横井 宏佳, 南都 伸介, 高山 守正, 北川 一夫, 西川 政勝, 池田 康夫, 斉藤 滋, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 失敗例から学ぶ冠動脈内高度石灰化病変に対しての治療戦略:ロータブレーターを使用したPCIを施行するべきであったか?, 山治 憲司, 生田 新一郎, 上野 雅史, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 造影剤腎症における重炭酸ナトリウム投与の予防効果の解析, 渡邉 平太郎, 菅 竜也, 八木 英次郎, 山本 広之, 池田 智之, 山治 憲司, 上野 雅史, 生田 新一郎, 森本 啓介, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 負荷心エコーによる冠動脈疾患の診断, 平野 豊, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013,   2013年07月, 第22回 日本心血管インターベンション治療学会学術集会 CVIT2013
  • 左室-右房交通症を認めた高齢者の1例, 宮地 佑希, 岩永 善高, 中村 貴, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 冠動脈瘤内血栓により心筋梗塞を発症した1例, 八木 英次郎, 磯野 員理, 河村 尚幸, 渡邉 平太郎, 中村 貴, 上野 雅史, 生田 新一郎, 山本 裕美, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 交代性脚ブロックから完全房室ブロックへ進行した過程が詳細に記録された1症例, 堀江 勝博, 栗田 隆志, 安岡 良文, 赤岩 譲, 小竹 康仁, 元木 康一郎, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 植込み型心電計にて失神原因が診断できた2例, 御勢 久也, 安岡 良文, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 僧房弁閉鎖不全の原因同定に苦慮した1例, 長束 一紘, 山本 裕美, 河村 尚幸, 中村 貴, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 限局性強皮症に原発性胆汁性肝硬変を合併した肺高血圧症の1例, 鍵岡 賛典, 谷口 貢, 磯野 員理, 植木 博之, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • 左房_肺静脈のinteractionが心房細動成立に寄与していることが、ATP投与により証明された1例, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 第115回 日本循環器学会近畿地方会,   2013年06月, 第115回 日本循環器学会近畿地方会
  • Effect of anti-postprandial hyperglycemic agents on the coronary atherosclerosis in early stage diabetic patients who underwent PCI, 宮崎 俊一, Cardio Alex 2013,   2013年06月, Cardio Alex 2013
  • OCTを用いたストロングスタチン使用による薬剤溶出性ステント留置後のストラット被覆度改善に対する検討, 山本 広之, 生田 新一郎, 池田 智之, 菅 竜也, 山治 憲司, 上野 雅史, 安田 昌和, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第16回 AP・MI研究会,   2013年05月, 第16回 AP・MI研究会
  • Revascularization in Multivessel Disease, Andy Wai-Kwong Chan, 宮崎 俊一, Natsuhiko Ehara, James Flaherty, Shun Kohsaka, Chul Soo Park, David Paul Taggart, Robaayah Zambahari, Jian-an Wang, CARDIOVASCULAR SUMMIT TCTAP2013,   2013年04月, CARDIOVASCULAR SUMMIT TCTAP2013
    概要:Panelists 計9名
  • 左主幹部急性心筋梗塞に対してPCPSと低体温療法を併用することで救命できた一例, 植木 博之, 生田 新一郎, 山治 憲司, 安田 昌和, 池田 智之, 菅 竜也, 上野 雅史, 森本 啓介, 荒川 未友希, 柴田 幸美, 西本 拓真, 高田 裕, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第23回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会,   2013年03月, 第23回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会
  • 冠動脈バイパス術後に左冠動脈主幹部に高度石灰化を伴う狭窄病変が出現し、治療方針が悩まれた1症例, 池田 智之, 上野 雅史, 藤田 晃輔, 安田 昌和, 諸岡 花子, 生田 新一郎, 森本 啓介, 小夫家 和宏, 宮崎 俊一, 第35回 循環器内科・外科フォーラム,   2013年02月, 第35回 循環器内科・外科フォーラム
  • 陳旧性心筋梗塞に伴う薬剤抵抗性持続性心室頻拍に対して緊急PCIを施行した心不全および呼吸不全の1例, 植木 博之, 生田 新一郎, 上野 雅史, 山本 広之, 安田 昌和, 菅 竜也, 山治 憲司, 森本 啓介, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 第20回 CVIT日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2013年02月, 第20回 CVIT日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会
  • 経皮的心外膜カテーテルアブレーションが無効であった致死性不整脈に対する外科的直達手術の有効性, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 西野 貴子, 佐賀 俊彦, 里見和浩, 第25回 臨床不整脈研究会,   2013年01月, 第25回 臨床不整脈研究会
  • 再灌流フォーラム 再灌流を原点から学ぶー基礎からイメージングまでー  心筋再灌流の基礎と臨床, 宮崎 俊一, 第26回 日本冠疾患学会学術集会,   2012年12月, 第26回 日本冠疾患学会学術集会
  • 心筋炎の経過を辿った不整脈源性右室心筋症の一例, 小竹 康仁, 生田 新一郎, 安田 昌和, 山治 憲司, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 第114回 日本循環器学会近畿地方会,   2012年12月, 第114回 日本循環器学会近畿地方会
  • Very long term evaluation in patients with atrio-ventricular nodal reentrant tachycardia undergoing radiofrequency catheter Ablation, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 高井 博之, 宮崎 俊一, International Symposium on Progress in Clinical Pacing 2012,   2012年12月, International Symposium on Progress in Clinical Pacing 2012
  • Simultaneous ipsilatetal superior and inferior pulmonary vein Isolation does not predict the clinical outcome in patients with paroxysmal atrial fibrillation, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 高井 博之, 宮崎 俊一, International Symposium on Progress in Clinical Pacing 2012,   2012年12月, International Symposium on Progress in Clinical Pacing 2012
  • 学生・初期研修医セッション 陳旧性心筋梗塞の加療中に完全房室ブロックが出現しMRI・PET-CTにて心サルコイドーシスと診断された1例, 田中 寛樹, 安田 昌和, 八木 英次郎, 河村 尚幸, 中村 貴, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第114回 日本循環器学会近畿地方会,   2012年12月, 第114回 日本循環器学会近畿地方会
  • 全身の動脈硬化性病変を有し特徴的な皮膚所見と生検結果から弾性繊維性仮性黄色腫と診断し得た1例, 宮地 佑希, 諸岡 花子, 小夫家 和宏, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第114回 日本循環器学会近畿地方会,   2012年12月, 第114回 日本循環器学会近畿地方会
  • 狭心症診療の実際, 宮崎 俊一, 平成24年度(第36回) 大阪府医師会医学会総会 および第44回 医療近代化シンポジウム,   2012年11月, 平成24年度(第36回) 大阪府医師会医学会総会 および第44回 医療近代化シンポジウム
    概要:主題:心血管病の最新治療
  • Complex Coronary Intervention:Case Presentations, 宮崎 俊一, Takeshi Kimura, Masato Nakamura, Yutaka Hikichi, Koichi Nakao, Takafumi Ueno , TCT(Transcatheter Cadiovascular Therapeutics)2012,   2012年10月, TCT(Transcatheter Cadiovascular Therapeutics)2012
  • 脳梗塞と二回の心筋梗塞を連日発症した心脳卒中の一例, 山本 広之, 磯野 員理, 植木 博之, 菅 竜也, 上野 雅史, 森本 啓介, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 第19回 日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2012年10月, 第19回 日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会
  • Does Simultaneous Ipsilatetal Superior and Inferior Pulmonary Vein Isolation Improve the Clinical Outcome in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation?, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 第5回 アジアパシフィックハートリズム学会,   2012年10月, 第5回 アジアパシフィックハートリズム学会
  • 静脈グラフトへDES留置後に生じた再狭窄に対して血管内視鏡を施行した1例, 生田 新一郎, 上野 雅史, 山治 憲司, 山本 広之, 磯野 員理, 安田 昌和, 菅 竜也, 森本 啓介, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 第26回 日本心臓血管内視鏡学会総会,   2012年10月, 第26回 日本心臓血管内視鏡学会総会
  • JCC-ASIAジョイントシンポジウム, 宮崎 俊一, 第60回 日本心臓病学会学術集会 ,   2012年09月, 第60回 日本心臓病学会学術集会 
  • 運動負荷心エコー検査で薬効評価が確認できた肺高血圧症の一例, 山本 広之, 谷口 貢, 植木 博之, 生田 新一郎, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第60回 日本心臓病学会学術集会 ,   2012年09月, 第60回 日本心臓病学会学術集会 
  •  Effects of Anti-postplandial Treatment in Early Stage Diabetic Patients with Coronary Artery Disease, 宮崎 俊一, 第60回 日本心臓病学会学術集会 ,   2012年09月, 第60回 日本心臓病学会学術集会 
    概要:JCC-ASIAジョイントシンポジウム
  • 運動負荷心エコー検査で薬効評価が確認できた肺高血圧症の一例, 山本 広之, 谷口 貢, 植木 博之, 生田 新一郎, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第60回 日本心臓病学会学術集会 ,   2012年09月, 第60回 日本心臓病学会学術集会 
  • 急速に左室へと進展した不整脈源性右室心筋症の一例, 小竹 康仁, 安田 昌和, 山治 憲司, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 第3回 重症心不全治療研究会,   2012年09月, 第3回 重症心不全治療研究会
  • 早期糖尿病を合併した冠動脈疾患への治療についてーDIANA研究ー, 宮崎 俊一, 日本内科学会 北陸支部 第57回生涯教育講演会,   2012年09月, 日本内科学会 北陸支部 第57回生涯教育講演会
  • Effects of Cilnidipine on carotid sinus baroreflex in rats, 山本 裕美, 宮崎 俊一, Toru Kawada, Yusuke Sata, Shuji Shimizu, Masaru Sugimachi, The ESC (Europian Society of Cardiology)Congress 2012,   2012年08月, The ESC (Europian Society of Cardiology)Congress 2012
  • 大腿静脈の血栓閉塞に対して留置パルススプレーカテよりウロキナーゼを投与し溶解に成功した一例, 磯野 員理, 生田 新一郎, 小竹 康仁, 植木 博之, 山治 憲司, 山本 裕美, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第18回 日本血管内治療学会総会,   2012年07月, 第18回 日本血管内治療学会総会
  • 急性冠症候群の長期予後ープラーク色による検討ー, 宮崎 俊一, 第18回 日本血管内治療学会総会,   2012年07月, 第18回 日本血管内治療学会総会
  • 房室結節回帰性頻拍に対するカテーテルアブレーションの長期的有効性と安全性, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 野並 有紗, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 高井 博之, 第27回 日本不整脈学会学術大会,   2012年07月, 第27回 日本不整脈学会学術大会
  • 腰椎手術中に心室細動を発症した2症例, 渡邉 平太郎, 菅 竜也, 宮地 佑希, 磯野 員理, 赤岩 譲, 諸岡 花子, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 動機を主訴に来院し、冠動脈瘤と3枝病変が発見された1症例, 宮地 佑希, 小夫家 和宏, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, 小川 達也, 佐賀 俊彦, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • MDCTが術前評価に有用であった胸部大動脈瘤の1例, 中内 祥文, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 陳旧性心筋梗塞患者に合併した重症心室頻拍ストームに対して緊急アブレーションが奏功した1例, 藤田 晃輔, 栗田 隆志, 安田 昌和, 赤岩 譲, 野並 有紗, 安岡 良文, 元木 康一郎, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 不安定狭心症で入院して偶然発見された心筋内脂肪腫の一症例, 渡邉 平太郎, 小夫家 和宏, 宮地 佑希, 磯野 員理, 安田 昌和, 中村 貴, 諸岡 花子, 菅 竜也, 森本 啓介, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 小林 直也, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 完全左脚ブロック患者に生じた急性下壁心筋梗塞:補充調律時のQRS波とT波の興味ある心電図変化に関する考察, 池田 智之, 谷口 貢, 安岡 良文, 安田 昌和, 中村 貴, 生田 新一郎, 岩永 善高, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 小林 直也, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 下大静脈フィルター留置後のため、鎖骨下静脈と内頸静脈からのアプローチにてアブレーションを施行した発作性上室性頻拍の一例, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 野並 有紗, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 ,   2012年06月, 第113回 日本循環器学会近畿地方会 
  • 糖尿病を合併する狭心症例の治療, 宮崎 俊一, 第46回 生涯教育講演会,   2012年06月, 第46回 生涯教育講演会
  • 偶発的低体温症によって生じた壁運動低下が復温によって改善を認めた一例, 植木 博之, 生田 新一郎, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第85回 日本超音波医学会 学術集会,   2012年05月, 第85回 日本超音波医学会 学術集会
  • Responders To Life Style Modification And/Or Drug Therapy In Early Stage Diabetic Patients Show The Suppression Of Atheroma Progression, Yu Kataoka, 宮崎 俊一, Satoshi Yasuda , Yoshihiro Miyamoto , Kazuo Sase , Masami Kosuge , Kazuo Kimura , Yasunao Yoshimasa,   2012年03月, ELSEVIER
    概要:医局登録番号 492
  • 心血管イベント抑制のための血糖管理:強化療法は是か非か, 宮崎 俊一, 第76回 日本循環器学会学術集会,   2012年03月, 第76回 日本循環器学会学術集会
  • 冠動脈再閉塞との鑑別を有した心筋梗塞後左室自由壁破裂の一例, 生田 新一郎, 小林 直也, 安田 昌和, 上野 雅史, 森本 啓介, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第22回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会,   2012年03月, 第22回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会
  • 低左心機能の重症大動脈弁狭窄症の1例, 植木 博之, 平野 豊, 山治 憲司, 赤岩 譲, 磯野 員理, 小夫家 和宏, 宮崎 俊一, 第33回 循環器内科・外科フォーラム,   2012年03月, 第33回 循環器内科・外科フォーラム
  • Sirolimus-eluting stent留置後のPeri-Stent Contrast Stainingを伴ったVery Late StentThrombosis症例に対し血管内視鏡で観察し得た1例, 赤岩 譲, 上野 雅史, 生田 新一郎, 高瀬 徹, 植木 博之, 山治 憲司, 小林 直也, 森本 啓介, 谷口 貢, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT 近畿地方会,   2012年02月, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT 近畿地方会
  • MDCTを用いた心筋血流イメージングの定量解析ー心筋虚血検出への応用の可能性ー, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 中内 祥文, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • 同一症例の二本のSVGに留置したSESのステント遠位端の再狭窄に対し血管内視鏡、OCTを行った一症例, 安田 昌和, 森本 啓介, 宮地 佑希, 磯野 員理, 小林 直也, 上野 雅史, 生田 新一郎, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • SES留置後3年半を経て発症したステント内血栓症に対して、血管内視鏡とOCTでの評価を行えた一症例, 菅 竜也, 森本 啓介, 生田 新一郎, 植木 博之, 池田 智之, 中村 貴, 小林 直也, 小夫家 和宏, 谷口 貢, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • 新しいイメージングを日常診療に如何に生かしていくか, 生田 新一郎, 小夫家 和宏, 小林 直也, 山治 憲司, 森本 啓介, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • 不安定狭心症で入院となり、冠動脈造影で左主幹部に乖離を伴う不安定プラークを認めた一症例, 森本 啓介, 宮地 佑希, 磯野 員理, 小林 直也, 上野 雅史, 生田 新一郎, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • 血小板機能検査からみた抗血小板療法のテーラーメイド医療の可能性, 上野 雅史, 宮崎 俊一, Dominick J. Angiolillo, 第25回 日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回 日本冠疾患学会学術集会
  • ドプラー心エコー法でシルデナフィルの急性効果を判定したVSDアイゼンメンジャー症候群の一例, 植木 博之, 谷口 貢, 菅 竜也, 小夫家 和宏, 山本 裕美, 平野 豊, 宮崎 俊一, 日本超音波医学会 第38回関西地方学術集会,   2011年11月, 日本超音波医学会 第38回関西地方学術集会
  • マムシ咬傷後に心尖部壁運動低下を来した症例, 安田 昌和, 生田 新一郎, 小林 直也, 池田 智之, 中村 貴, 菅 竜也, 岩永 善高, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第111回 日本循環器学会近畿地方会,   2011年11月, 第111回 日本循環器学会近畿地方会
  • 多臓器に好酸球の浸潤が認められた好酸性心筋炎の一例, 渡邉 平太郎, 山本 裕美, 山治 憲司, 植木 博之, 牛嶋 北斗, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第111回 日本循環器学会近畿地方会,   2011年11月, 第111回 日本循環器学会近畿地方会
  • アブレーション終了直後にたこつぼ型心筋症を発症した通常型房室結節回帰性頻拍の一例, 小竹 康仁, 元木 康一郎, 赤岩 譲, 安岡 良文, 栗田 隆志, 宮崎 俊一, 第111回 日本循環器学会近畿地方会,   2011年11月, 第111回 日本循環器学会近畿地方会
  • 当院における妊娠合併肺塞栓症の治療経験, 谷口 貢, 釣谷 充弘, 島岡 昌生, 保田 知生, 平野 豊, 塩田 充, 星合 昊, 宮崎 俊一, 第18回 肺塞栓症研究会・学術集会,   2011年11月, 第18回 肺塞栓症研究会・学術集会
  • Chronic Administration of Oral Vasopressin Type 2 Receptor Blocker, Tolvaptan Exerts Both Myocadial And Renal Protective Effcts in Rats with Hypertensive Heart Failure, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, American Heart Association Scientific Sessions 2011,   2011年11月, American Heart Association Scientific Sessions 2011
  • Cardiac resynchronization therapy to prevent life-threatening arrhythmias in patients with congestive heart failure, 栗田 隆志, 元木 康一郎, 安岡 良文, 宮崎 俊一, Takashi Noda , Takeshi Aiba, Ikutaro Nakajima , Wataru Shimizu , Shiro Kamakura,   2011年11月
    概要:医局登録番号 478
  • LMTが責任病変である3枝病変の急性心筋梗塞に対して、急性期に長期予後を考慮したPCIストラテジーを選択し、慢性期にCABGを施行した症例, 磯野 員理, 森本 啓介, 宮地 佑希, 池田 智之, 中村 貴, 上野 雅史, 小林 直也, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第17回 日本心血管インターベンション治療学会  近畿地方会 (Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics,   2011年10月, 第17回 日本心血管インターベンション治療学会  近畿地方会 (Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics
  • Effect of Anti-postplandial Hyperglycemic Agents on the Coronary Narrowing, 宮崎 俊一, The 7th China-Japan Caediovascular Forum(第7回 日中心血管フォーラム)  The 22th GREAT WALL International Congress,   2011年10月, The 7th China-Japan Caediovascular Forum(第7回 日中心血管フォーラム)  The 22th GREAT WALL International Congress
  • 心室頻拍(VT)中のvery late systolic potentialを指標に通電し、根治に成功した不整脈原性右室心筋症(ARVC)の1例, 安岡 良文, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 宮崎 俊一, 堂上友紀 永井義幸  , 第23回 カテーテル・アブレーション委員会公開研究会,   2011年10月, 第23回 カテーテル・アブレーション委員会公開研究会
  • Flow Velocity in the Left Atrial Appendage Can Predict Complete Cure of Paroxysmal Atrial Fibrillation after Pulmonary Vein Isolation, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 安岡 良文, 生田 新一郎, 山本 裕美, 宮崎 俊一, Venice Arrhythmias 2011,   2011年10月, Venice Arrhythmias 2011
  • IVUSからみたステント血栓症の特徴的所見:RESTART-IVUSサブ゙スタディーより, 久米輝善 , 宮崎 俊一, 上妻謙 宮澤亮義 鈴木伸明 一色高明, 相澤忠範, 光藤和明, 山口 徹 , 木村 剛, 早稲田勝久 Peter Fitzgerald, 第59回 日本心臓病学会学術集会,   2011年09月, 第59回 日本心臓病学会学術集会
  • Clinical Parameters Associated with Complete Cure of Atrial Fibrillation Undergoing Extensive Pulmonary Vein Isolation, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹 康仁, 赤岩 譲, 安岡 良文, 宮崎 俊一, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session,   2011年09月, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
  • Trans-esophageal Echocardiography Is Not Required in All Patients before Pulmonary Vein Isolation, 安岡 良文, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 山本 裕美, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session,   2011年09月, 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
  • 若手インターベンショナリストに伝えておきたいこと ~PCIの“これまで”と“これから”, 宮崎 俊一, 第18回 日本心血管インターベンション治療学会 九州沖縄地方会,   2011年08月, 第18回 日本心血管インターベンション治療学会 九州沖縄地方会
  • Is Trans-esophageal Echocardiography Required in All Patients with Atrial Fibrillation who Undergo Catheter Ablation Using Pulmonary Vein Isolation?, 安岡 良文, 栗田 隆志, 赤岩 譲, 元木 康一郎, 山本 裕美, 小夫家 和宏, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 中内 祥文, 弘田 隆省, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • Myocardial Protective Effects of Oral Vasopressin Type 2 Receptor Blocker, Tolvaptan in Rat Experimental Model with High Salt Diet, 諸岡 花子, 岩永 善高, 高瀬 徹, 宮崎 俊一, Yodo Tamaki, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • Vasopressin Type 1a Receptor and Myocardial Fibrosis in Heart Failure, 高瀬 徹, 岩永 善高, 諸岡 花子, 宮崎 俊一, Yodo Tamaki, Takaaki Koshimizu, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会,   2011年08月, 第75回 日本循環器学会総会・学術集会
  • バイパスグラフトが開通しているにも関わらず、狭心症を繰り返した1症例, 池田 智之, 小林 直也, 山治 憲司, 上野 雅史, 生田 新一郎, 森本 啓介, 宮崎 俊一, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011,   2011年07月, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011
  • Arterial Response in Stent Thrombosis After Sirolimus-Eluting Stent Implantation:Final IVUS Results from RESTART-A Nationwide Stent Thrombosis Registry, Teruyoshi Kume (belongs to Kawasaki Medical School and Stanford University), 宮崎 俊一, Katsuhisa Waseda Fitzgerald Peter Yasuhiro Honda, Ken Kozuma Akiyoshi Miyazawa Nobuaki Suzuki Takaaki Isshiki, Tadanori Aizawa , Kazuaki Mitsudo, Tetsu Yamaguchi, Takeshi Kimura, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011,   2011年07月, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011
  • 遠位部主幹部病変の治療はPCIかCABGか , 宮崎 俊一, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011,   2011年07月, 第20回 日本心血管インターベンション治療学会CVIT2011
  • 院外心肺停止蘇生後の著明な低左心機能の急性心筋梗塞にelectrical stormを合併したため、補助循環、低体温療法を施行し救命しえた高齢者の一例, 宮地 佑希, 森本 啓介, 安田 昌和, 池田 智之, 中村 貴, 小林 直也, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 第56回 日本集中治療医学会近畿地方会,   2011年07月, 第56回 日本集中治療医学会近畿地方会
  • 初回アブレーション6年後に右下肺静脈の不整脈源性基質獲得により再発したと考えられた発作性心房細動の一例, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 小竹康仁, 赤岩譲, 安岡良文, 宮崎 俊一, 第14回 臨床難治性不整脈研究会 ,   2011年06月, 第14回 臨床難治性不整脈研究会 
  • 急性冠疾候群における白色プラークの意義, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 第14回 AP・MI研究会,   2011年05月, 第14回 AP・MI研究会
  • 高齢者の重症大動脈弁狭窄症に対して急性憎悪期に非浸襲的陽圧換気療法を施行した一例, 生田 新一郎, 高瀬 徹, 磯野員理, 菅 竜也, 森本 啓介, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, JSUM 2011 日本超音波医学会第84回学術集会,   2011年05月, JSUM 2011 日本超音波医学会第84回学術集会
  • 心房中核欠損症により肺塞栓症に急性下肢動脈塞栓症が合併した一症例, 高瀬 徹, 平野 豊, 生田 新一郎, 森本 啓介, 谷口 貢, 宮崎 俊一, JSUM 2011 日本超音波医学会第86回学術集会,   2011年05月, JSUM 2011 日本超音波医学会第86回学術集会
  • 運動負荷心エコー検査で薬効評価が確認できたSLEに合併した肺高血圧症の一例, 谷口 貢, 平野 豊, 菅 竜也, 高瀬 徹, 生田 新一郎, 森本 啓介, 山本 裕美, 宮崎 俊一, 第22回 日本心エコー図学会学術集会,   2011年04月, 第22回 日本心エコー図学会学術集会
  • 冠動脈再閉塞との鑑別を有した心筋梗塞後左室自由壁破裂の一例, 生田 新一郎, 小林 直也, 安田 昌和, 上野 雅史, 森本 啓介, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第22回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会,   2011年03月, 第22回 日本経皮的心肺補助(PCPS)研究会
  • 連合弁膜症の低左心機能の一例, 磯野員理, 山治 憲司, 岩永 善高, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第31回 循環器内科・外科フォーラム,   2011年03月, 第31回 循環器内科・外科フォーラム
  • 遺伝性球状赤血球症に合併した肺動脈性肺高血圧症の一例, 小竹 康仁, 谷口 貢, 高瀬 徹, 山本 裕美, 平野 豊, 宮崎 俊一, 第192回 日本内科学会 近畿地方会  ほか ,   2011年02月, 第192回 日本内科学会 近畿地方会  ほか 
    概要:医局論文番号437
  • 講演(2010/11/4)案内:「急性冠症候群における責任病変プラーク性状と長期予後の関連」ー血管内視鏡を用いた検討ー, 岩永 善高, 更谷紀思, 林 孝浩, 宮崎 俊一,   2010年12月
    概要:医局論文番号430
  • 講演(2010/11/4)案内:「急性冠症候群における責任病変プラーク性状と長期予後の関連」ー血管内視鏡を用いた検討ー, 岩永 善高, 大学院生, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 大阪ハートクラブ 循環器学術セミナー,   2010年11月, 大阪ハートクラブ 循環器学術セミナー
  • 急性冠症候群責任病変における白色プラークの臨床的意義, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 第58回 日本心臓病学会学術集会,   2010年09月, 第58回 日本心臓病学会学術集会
  • Glucose/Lipid metabolism in heart failure/Myocardial Iymophangiogenesis “Effects of anti-postprandial hyperglycemia drug on the coronary atherosclerosis in early stage diabetic parients with coronary artery disease”, 宮崎 俊一, World Congress of Cardiology  Scientific Sessions 2010,   2010年06月, World Congress of Cardiology  Scientific Sessions 2010
  • Joint Symposium IHA-Asian Pasific Sosiety of Cardiology lesson learned from clinical trials applied to Asia Pacific region “The effect of anti-postprandial hyperglycemia drugs:A study of the diabetes and diffuse coronary narrowing(DIANA)”, 宮崎 俊一, 19th Annual Scientific Meeting of Indonesian Heart Association <19th ASMIHA>,   2010年04月, 19th Annual Scientific Meeting of Indonesian Heart Association <19th ASMIHA>
  • “Plaque color in the culprit lesion is associated with incidence of revascularization after percutaneous coronary intervention for acute myocardial infarction”, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 83th AHA (American Heart Association) Scientific Sessions,   2009年11月, 83th AHA (American Heart Association) Scientific Sessions
  • “Long-term impact of plaque color by angioscopic evaluation on clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction”, 更谷紀思, 岩永 善高, 宮崎 俊一, 林 孝浩, 82th ESC (European Society Cardiology) Congress,,   2009年08月, 82th ESC (European Society Cardiology) Congress,
  • 一過性に両方向性伝導障害がみられた副伝導路症候群の一例, 元木 康一郎, 栗田 隆志, 安岡 良文, 生駒興平, 谷口 貢, 木村 彰男, 宮崎 俊一, 第107回日本循環器学会近畿地方会,   2009年06月, 第107回日本循環器学会近畿地方会
  • 64列MDCTは冠動脈グラフト評価に優れる, 生田 新一郎, 中内祥文, 谷口 貢, 宮崎 俊一, 第107回日本循環器学会近畿地方会,   2009年06月, 第107回日本循環器学会近畿地方会
  • Optical Coherence Tpmography(OCT)を用いた、Drug Eluting Stent 留置後の新生内膜の検討, 生田 新一郎, 中内 祥文, 山治 憲司, 宮崎 俊一, 第12回AP・MI研究会,   2009年05月, 第12回AP・MI研究会
  • PCIとバイパスの選択基準, 宮崎 俊一, 近畿心血管治療ジョイントライブ KCJL2009,   2009年04月, 近畿心血管治療ジョイントライブ KCJL2009
  • 僧帽弁穿孔を伴った感染性内膜炎の一例, 池田 智之, 生田 新一郎, 木村 彰男, 平野 豊, 宮崎 俊一, 西岡 慎夫 辻本 俊和, 超音波学会 関西地方会,   2008年12月, 超音波学会 関西地方会
  • 組織ドプラ法を用いたpost systolic shorteningの評価は運動負荷心エコー法の診断に有用か, 平野 豊, 生田 新一郎, 谷口 貢, 小谷 敦志, 木村 彰男, 宮崎 俊一, 第56回日本心臓病学会,   2008年09月, 第56回日本心臓病学会
  • 3次元スペックルトラッキング法による壁運動の定量的評価;2次元法との比較, 平野 豊, 生田 新一郎, 小谷敦志, 宮崎 俊一, 第56回日本心臓病学会,   2008年09月, 第56回日本心臓病学会
  • 冠動脈石灰化の原因と薬物溶出性ステント再狭窄に及ぼす影響, 片岡 有  , 宮崎 俊一, 森 俊平, 安田 聡, 国分宣明 笠原洋一郎 阿部 充 安賀裕二 大塚頼隆 野々木宏 後藤葉一, 第25回 循環器内科・外科フォーラム,   2008年04月, 第25回 循環器内科・外科フォーラム
  • 「糖尿病と循環器疾患」の病態, 宮崎 俊一, 第72回日本循環器学会,   2008年03月, 第72回日本循環器学会
  • 100% Restenosis Rate Induced by Polymer Coating Stene without Drua in Porcine Coronary Arteries, 辻本俊和, 宮崎 俊一, 第72回日本循環器学会,   2008年03月, 第72回日本循環器学会
  • 糖尿病を合併した冠動脈疾患における動脈硬化進展予防について, 宮崎 俊一, 平成19年度秋田県医師会基本健診研修会並びに秋田県肺がん検診研修会,   2008年02月, 平成19年度秋田県医師会基本健診研修会並びに秋田県肺がん検診研修会
  • 組織ドプラ法を用いた運動負荷心エコーの有用性, 平野 豊, 生田 新一郎, 宮崎 俊一, 中村 元, 第55回日本心臓病学会,   2007年09月, 第55回日本心臓病学会
  • An association between proteinuria and coronary atherosclerosis in patients with abnormal glucose tolerance, 片岡 有, 宮崎 俊一, , 安田 聡 , 武野 正義 , 宮本 信三 , 森井 功 , 川村 淳 ,   2005年
  • Decreased serum Ghrelin and insulin-like growth factor-I levels associated with insulin resistence in patients with acute heart failure: analysis by steady-state plasma glucose method, 安田 聡, 宮崎 俊一, , 細田 瑳一 , 永谷 憲歳, 神田 宗武 , Hasegawa M, 原納 優 , 後藤 葉一 , Nonogi H, Kangawa K,   2004年
  • Pathological features found postmortem in 53 patients with cardiac rupture complicating acute myocardial infarction, 安田 聡, 宮崎 俊一, , 浅海 泰栄 , 奥村 啓之 , 大塚 頼隆 , 森井 功 , 川村 淳 , 由谷 親夫, 野々木 宏 ,   2004年
  • Favorable clinical outcome in patients with cardiogenic shock due to fulminant myocarditis supported by extracorporeal membrane oxygenation: comparison with those with acute (nonfulminant) myocarditis., 浅海 泰栄, 宮崎 俊一, 安田 聡, 森井 功, 角地 祐幸, 大塚 頼隆, 川村 淳, 野々木 宏, 笹子 佳門,   2003年
  • Small vessel and diffuse coronary narrowing developed in patients wit impaired glucose tolerance: Analysis by quantitative coronary angiography., 片岡 有, 宮崎 俊一, 森井 功, 安田 聡, 大塚 頼隆, 川村 淳,   2003年
  • Enhanced cardiac production of matrix metalloproteases-2 and -9 in patients with acute myocardial infarction: its attenuation by hydroxymethylglutaryl coenzyme A reductase inhibitors, Statins., 安田 聡, 宮崎 俊一, 木下 秀之, 後藤 葉一, 神田 宗武, 野々木 宏,   2003年

MISC

  • 平成21年度 厚生労働科学研究費補助金  (循環器疾患等生活病対策総合研究事業) 分担研究報告書 長期遠隔成績からみた糖尿病患者に対する至適冠血行再建法に関する研究 (多施設共同レトロスペクティブコホート研究), 宮崎 俊一, 78, 78,   2010年03月
    概要:医局保管番号 423
  • 平成21年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業) 分担研究報告書(H22年度) 心血管病の実地診療からみた循環器専門医の必要数に関する研究, 宮崎 俊一, 厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進研究事業  医療連携モデルを基盤とした総合診療系医と領域別専門医の必要数算定法と専門医制度の検討 平成22年度 総括・分担研究報告書 研究代表者 渡辺 毅, 34,   2011年03月
    概要:医局登録番号 458
  • 平成21年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業) 分担研究報告書(H21-22年度) 心血管病の実地診療からみた循環器専門医の必要数に関する研究, 宮崎 俊一, 厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進研究事業  医療連携モデルを基盤とした総合診療系医と領域別専門医の必要数算定法と専門医制度の検討 平成22年度 総括・分担研究報告書 研究代表者 渡辺 毅, 55, 56,   2011年03月
    概要:医局登録番号 459
  • Clinical Science:Special Reports Ⅰ, 宮崎 俊一, AHA Highlights2010, 26, 28,   2011年04月
    概要:医局論文番号 451
  • 9/29(木)は「ワールド・ハート・デー」世界中で、心血管病への関心を高める1日に, 宮崎 俊一, 朝日新聞   2011年8月28日付朝刊, 28,   2011年08月
  • 冠疾患学研究の進歩 ー内科系の進歩ー, 宮崎 俊一, 日本循環器学会専門医誌 循環器専門医, 20, 2, 317, 319,   2012年09月
    概要:医局登録番号 502
  • 学会印象記 第61回米国心臓病学会(ACC.12), 宮崎 俊一, 日本循環器学会専門医誌 循環器専門医, 20, 2, 347, 350,   2012年09月
    概要:医局登録番号 503
  • 井出論文に対するEditorial Comment, 宮崎 俊一, 生田 新一郎, 心臓, 44, 10, 1325, 1326,   2012年10月
    概要:医局登録番号 505
  • オープニング・リマークス 心筋虚血と心不全, 宮崎 俊一, 日本冠疾患学会雑誌, 18, 3, 220,   2012年10月
    概要:医局登録番号 506
  • 日本人の“変”と外国人の“変”, 宮崎 俊一, Osaka Heart Club Osaka Heart Club, 36, 7, 2, 3,   2013年01月
    概要:医局論文番号517
  • 年頭所感, 宮崎 俊一, Osaka Heart Club Osaka Heart Club, 36, 7, 10,   2013年01月
    概要:医局論文番号518
  • 巻頭言, 宮崎 俊一, コモンデイジーズブックー日常外来での鑑別と患者への説明のためにー, 1,   2013年04月
    概要:日本内科学会 専門医部会会長 医局登録番号 527