KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大久保 貴志オオクボ タカシ

プロフィール

所属部署名理工学部 理学科 / 総合理工学研究科 / 理工学総合研究所
職名教授
学位博士(理学)
専門錯体化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/345-ookubo-takashi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90322677.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2018/10/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    金属錯体の合成、構造解析、電気伝導性などの機能性。

学歴・経歴

学歴

  • 1987年04月 - 1990年03月, 栃木県立足利高等学校
  • 1990年04月 - 1994年03月, 東京都立大学, 理学部, 化学科
  • 1994年04月 - 1996年03月, 東京都立大学大学院, 理学研究科, 化学専攻修士課程
  • 1996年04月 - 1999年03月, 東京都立大学大学院, 理学研究科, 化学専攻博士課程

経歴

  •   1996年04月,  - 1999年03月, 日本学術振興会(特別研究員(DC1))
  •   1999年04月,  - 2000年02月, 理化学研究所(基礎科学特別研究員)
  •   2000年03月,  - 2007年03月, 北陸先端科学技術大学院大学(助手)
  •   2004年04月,  - 2006年03月, 日本学術振興会(海外特別研究員(兼任))
  •   2007年04月,  - 2011年03月, 近畿大学(講師)
  •   2007年10月,  - 2011年03月, 科学技術振興機構(「さきがけ」研究員(兼任))
  •   2011年04月,  - 2018年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2012年10月,  - 2016年03月, 科学技術振興機構(「さきがけ」研究員(兼任))
  •   2018年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎化学, 無機化学
  • 複合化学, 機能物質化学

研究キーワード

  • 誘電率, 配位高分子, 混合原子価層間化合物, 多孔性金属錯体, 電気伝導性, イオン伝導, インピーダンス測定, 多核金属錯体, 銅I-II混合原子価金属錯体, 電界効果トランジスタ, 混合原子価配位高分子, 有機EL素子, スイッチング素子, 混合原子価金属錯体, 電子伝導体, 燐光, 電気伝導, 強誘電性, Au2核錯体, イオン伝導体, イオン伝導性, 誘電測定, キャリア移動度, 有機レーザ, エレクトロルミネッセンス, パルス発光, EL素子, Alq_3, 有機金属錯体

論文

  • Crystal Structure and Band-Gap Engineering of a Semiconducting Coordination Polymer Consisting of Copper(I) Bromide and a Bridging Acceptor Ligand., Okubo T, Himoto K, Tanishima K, Fukuda S, Noda Y, Nakayama M, Sugimoto K, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Inorganic chemistry, 57, 5, 2373, 2376,   2018年03月05日, 査読有り
  • Crystal structure of a new mixed-metal coordin-ation polymer consisting of NiII piperidine-di-thio-carbamate and penta-nuclear CuI-I cluster units., Himoto K, Horii T, Oda S, Suzuki S, Sugimoto K, Okubo T, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Acta crystallographica. Section E, Crystallographic communications, 74, Pt 2, 233, 236,   2018年02月, 査読有り
  • A new semiconducting coordination polymer consisting of copper(I)-iodide and 3-pyridinecarboxaldehyde, Himoto Kento, Horii Toshiya, Syoji Takumi, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, INORGANIC CHEMISTRY COMMUNICATIONS, 88, 34, 37,   2018年02月, 査読有り
  • Variety of spin transition temperatures of iron(II) spin crossover complexes with halogen substituted Schiff-base ligands, Hqsal(X) (X = F, Cl, Br, and I), Kuroda-Sowa Takayoshi, Isobe Rina, Yamao Norifumi, Fukumasu Tomohiro, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, POLYHEDRON, 136, 74, 78,   2017年11月04日, 査読有り
  • Rapid Removal and Mineralization of Bisphenol A by Heterosupramolecular Plasmonic Photocatalyst Consisting of Gold Nanoparticle-Loaded Titanium(IV) Oxide and Surfactant Admicelle., Naya SI, Yamauchi J, Okubo T, Tada H, Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids, 33, 40, 10468, 10472,   2017年10月10日, 査読有り
  • Structural diversity of copper(I) cyclodiene complexes bridged by 3,6-bis (2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazine, Maekawa Masahiko, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, INORGANICA CHIMICA ACTA, 467, 204, 211,   2017年10月, 査読有り
  • Structurally Diverse Polynuclear Copper(I) Complexes Bridged by Pyrimidine-, Pyrazine-, and Triazine-based Ligands with Several 2-Pyridyl Groups, Maekawa Masahiko, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, CHEMISTRYSELECT, 1, 13, 3812, 3822,   2016年08月16日, 査読有り
  • Heterometallic Ag-I-Ir-III Hydride Coordination Polymers Bridged by Ir-III Metalloligands, Maekawa Masahiko, Kubo Yukimi, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 1, 78, 91,   2016年01月, 査読有り
  • Synthesis, Crystal Structure, and Electroconducting Properties of a 1D Mixed-Valence Cu(I)-Cu(II) Coordination Polymer with a Dicyclohexyl Dithiocarbamate Ligand, Nakatani Kenji, Himoto Kento, Kono Yuki, Nakahashi Yuuki, Anma Haruho, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, CRYSTALS, 5, 2, 215, 225,   2015年06月, 査読有り
  • Dinuclear and polymeric copper(I) ethylene adducts bridged by bis-pyridyl derivatives of 1,2,4-triazole and 1,2,4,5-tetrazine, Maekawa Masahiko, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, INORGANICA CHIMICA ACTA, 426, 64, 70,   2015年02月24日, 査読有り
  • Crystal Structure and Characterization of Trinuclear Cobalt(III) Complex with 2,3,6,7,10,11-Hexahydroxytriphenylene, Suenaga Yusaku, Inada Honami, Inomata Masataka, Yamaguchi Ryotaro, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, CHEMISTRY LETTERS, 43, 4, 562, 564,   2014年04月05日, 査読有り
  • The first copper(I) coordination polymers self-assembled by 4,4 '-biquinazoline, Maekawa Masahiko, Minamino Ai, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, INORGANICA CHIMICA ACTA, 414, 257, 263,   2014年04月01日, 査読有り
  • New one-dimensional mixed-valence coordination polymers including an iodine-bridged pentanuclear copper(I) cluster unit, Okubo Takashi, Anma Haruho, Nakahashi Yuuki, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, POLYHEDRON, 69, 103, 109,   2014年02月17日, 査読有り
  • Preparations and structural diversity of copper(I) ethylene adducts with related 3,6-bis(2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazine ligands, Maekawa Masahiko, Miyazaki Takeshi, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, Kitagawa Susumu, INORGANICA CHIMICA ACTA, 410, 46, 53,   2014年01月30日, 査読有り
  • Halido-Bridged 1D Mixed-Valence CuI-CuII Coordination Polymers Bearing a Piperidine-1-carbodithioato Ligand: Crystal Structure, Magnetic and Conductive Properties, and Application in Dye-Sensitized Solar Cells, Tanaka Naoya, Okubo Takashi, Anma Haruho, Kim Kyung Ho, Inuzuka Yoshie, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 19, 3384, 3391,   2013年07月, 査読有り
  • Tris-(μ4-azepane-1-carbodi-thio-ato)bis-(μ3-azepane-1-carbodi-thio-ato)-μ9-bromido-tetra-μ2-bromido-octa-copper(I)-copper(II)., Okubo T, Anma H, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Acta crystallographica. Section E, Structure reports online, 69, Pt 5, m275, 6,   2013年05月, 査読有り
  • Crystal structure and carrier transport properties of a new semiconducting 2D coordination polymer with a 3,5-dimethylpiperidine dithiocarbamate ligand., Okubo T, Anma H, Tanaka N, Himoto K, Seki S, Saeki A, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Chemical communications (Cambridge, England), 49, 39, 4316, 4318,   2013年05月, 査読有り
  • Structural diversity among copper(I) ethylene adducts of 3,6-bis(2-pyridyl)-1,2,4,5-tetrazine., Maekawa M, Miyazaki T, Sugimoto K, Okubo T, Kuroda-Sowa T, Munakata M, Kitagawa S, Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 42, 12, 4258, 4266,   2013年03月, 査読有り
  • Dye-sensitized Solar Cells with New One-Dimensional Halide-Bridged Cu(I)-Ni(II) Heterometal Coordination Polymers Containing Hexamethylene Dithiocarbamate Ligand, Okubo Takashi, Tanaka Naoya, Anma Haruho, Kim Kyung Ho, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, POLYMERS, 4, 3, 1613, 1626,   2012年09月, 査読有り
  • Influence of NiO anode buffer layer prepared by solution on performance of bulk-heterojunction solar cells, Kim Kyung Ho, Takahashi Chiaki, Okubo Takashi, Abe Yoshio, Kawamura Midori, APPLIED SURFACE SCIENCE, 258, 20, 7809, 7812,   2012年08月01日, 査読有り
  • Syntheses, crystal structures, spectroscopic characterization and unusual thermal robustness of mono- and di-nuclear Iridium(III) hydride complexes of 2,2 '-bipyrimidine, Maekawa Masahiko, Kubo Yukimi, Sugimoto Kunihisa, Minematsu Toshie, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, POLYHEDRON, 40, 1, 145, 152,   2012年06月19日, 査読有り
  • Structural controls of 2D sheet copper(I) ethylene and carbonyl coordination polymers directed by anions and solvents, Maekawa Masahiko, Tominaga Toshi, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, Kitagawa Susumu, CRYSTENGCOMM, 14, 18, 5955, 5962,   2012年, 査読有り
  • Framework dimensionality of copper(I) coordination polymers of 4,4 '- bipyrimidine controlled by anions and solvents, Maekawa Masahiko, Tominaga Toshi, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, Kitagawa Susumu, CRYSTENGCOMM, 14, 4, 1345, 1353,   2012年, 査読有り
  • Effects of weak interactions on spin crossover properties of iron(II) complexes with extended pi-conjugated Schiff-base ligands, Kuroda-Sowa Takayoshi, Kimura Kana, Kawasaki Jun, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, POLYHEDRON, 30, 18, 3189, 3192,   2011年11月28日, 査読有り
  • Synthesis and Conducting Properties of a New Mixed-valence Cu(I)-Cu(II) 1-D Coordination Polymer Bridged by Morpholine Dithiocarbamate, Kim Kyung Ho, Ueta Takashi, Okubo Takashi, Hayami Shinya, Anma Haruho, Kato Kazuya, Shimizu Tetsuya, Fujimori Jyunji, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, CHEMISTRY LETTERS, 40, 10, 1184, 1186,   2011年10月05日, 査読有り
  • Intervalence charge-transfer system by 1D assembly of new mixed-valence octanuclear CuI/CuII/CuIII cluster units., Okubo T, Kuwamoto H, Kim KH, Hayami S, Yamano A, Shiro M, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Inorganic chemistry, 50, 7, 2708, 2710,   2011年04月04日, 査読有り
  • Crystal structure and carrier transport properties of a new 3D mixed-valence Cu(I)-Cu(II) coordination polymer including pyrrolidine dithiocarbamate ligand., Okubo T, Tanaka N, Kim KH, Anma H, Seki S, Saeki A, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 40, 10, 2218, 2224,   2011年03月, 査読有り
  • Supramolecularly engineered aggregation of a dipolar dye: vesicular and ribbonlike architectures., Yagai S, Nakano Y, Seki S, Asano A, Okubo T, Isoshima T, Karatsu T, Kitamura A, Kikkawa Y, Angewandte Chemie (International ed. in English), 49, 51, 9990, 9994,   2010年12月, 査読有り
  • Novel 1D Cu(I) coordination polymers formed by the combination of Cu(I) halides and 4-(2-pyridyl)pyrimidine, Maekawa Masahiko, Sugimoto Kunihisa, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, POLYHEDRON, 29, 14, 2807, 2813,   2010年09月22日, 査読有り
  • Dye-sensitized Solar Cells with Halide-bridged Mixed-valence Cu(I)-Cu(II) Coordination Polymers with Hexamethylenedithiocarbamate Ligand, Kim Kyung Ho, Okubo Takashi, Tanaka Naoya, Mimura Naoto, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, CHEMISTRY LETTERS, 39, 7, 792, 793,   2010年07月05日, 査読有り
  • Magnetic and conducting properties of new halide-bridged mixed-valence Cu(I)-Cu(II) 1D coordination polymers including a hexamethylene dithiocarbamate ligand., Okubo T, Tanaka N, Kim KH, Yone H, Maekawa M, Kuroda-Sowa T, Inorganic chemistry, 49, 8, 3700, 3702,   2010年04月19日, 査読有り
  • Columnar Structure Formed by Dimeric Fe-II Schiff Base Complex: Twisted-Overlap Salophen Platforms and Ferromagnetic Interaction, Yu Zhong, Shimizu Toshiyuki, Tominaga Toshi, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Kuroda-Sowa Takayoshi, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 82, 10, 1274, 1276,   2009年10月15日, 査読有り
  • Novel Cu-I Ethylene Complexes with 6,6 '-Diphenyl-4,4 '-bipyrimidine Three-Dimensionally Self-Assembled by an Intermolecular pi-pi Stacking Interaction and a C-H center dot center dot center dot N Contact, Maekawa Masahiko, Tominaga Toshi, Okubo Takashi, Kuroda-Sowa Takayoshi, Munakata Megumu, EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 28, 4225, 4231,   2009年10月, 査読有り
  • Ferromagnetic interaction in iron(II)-bis-Schiff base complexes, Nabei Atsuhiro, Kuroda-Sowa Takayoshi, Shimizu Toshiyuki, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Munakata Megumu, POLYHEDRON, 28, 9-10, 1734, 1739,   2009年06月22日, 査読有り
  • Effects of Metal Doping on the Spin-Crossover Properties of an Iron(II) Complex with Extended pi-Conjugated Schiff-Base Ligand Having an N4O2 Donor Set, Yu Zhong, Kuroda-Sowa Takayoshi, Kume Hiroaki, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Munakata Megumu, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 82, 3, 333, 337,   2009年03月15日, 査読有り
  • {6,6'-Dimeth-oxy-2,2'-[naphthalene-2,3-diylbis(nitrilo-methyl-idyne)]diphenolato}thio-cyanato-cobalt(III) diethyl ether dichloro-methane solvate., Yu Z, Kuroda-Sowa T, Nabei A, Maekawa M, Okubo T, Acta crystallographica. Section E, Structure reports online, 65, Pt 3, m257, 8,   2009年02月, 査読有り
  • A unique chair-shaped hexanuclear Cu(I) metallamacrocyclic C2H4 adduct encapsulating a BF4- anion., Maekawa M, Nabei A, Tominaga T, Sugimoto K, Minematsu T, Okubo T, Kuroda-Sowa T, Munakata M, Kitagawa S, Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 3, 415, 417,   2009年01月, 査読有り
  • {6,6'-Dimeth-oxy-2,2'-[o-phenyl-enebis(nitrilo-methyl-idyne)]diphenolato}cobalt(II) dichloro-methane disolvate., Nabei A, Kuroda-Sowa T, Okubo T, Maekawa M, Munakata M, Acta crystallographica. Section E, Structure reports online, 65, Pt 2, m188, 9,   2009年01月, 査読有り
  • The effect of molecular packing on the occurrence of spin crossover phenomena in one-dimensional Fe(II)-bis-Schiff base complexes, Nabei Atsuhiro, Kuroda-Sowa Takayoshi, Okubo Takashi, Maekawa Masahiko, Munakata Megumu, INORGANICA CHIMICA ACTA, 361, 12-13, 3489, 3493,   2008年09月01日, 査読有り
  • Cobalt(II) and cobalt(III) complexes with 4'-(4-cyanophenyl)-2,2':6',2''-terpyridine., Yu Z, Nabei A, Izumi T, Okubo T, Kuroda-Sowa T, Acta crystallographica. Section C, Crystal structure communications, 64, Pt 5, m209, 12,   2008年05月, 査読有り
  • Hysteresis loops in dielectric properties of the thermochromic copper(II) compounds, Hayami Shinya, Motokawa Natsuko, Shuto Aya, Masuhara Naoji, Umebayashi Yasuhiro, Maeda Yonezo, Sato Osamu, Inoue Katsuya, Kawajiri Ryo, Kumura Yui, Okubo Takashi, Mitani Tadaoki, CHEMISTRY LETTERS, 35, 10, 1114, 1115,   2006年10月05日, 査読有り
  • Structural and magnetic studies on a new mixed-valence Cu(I)-Cu(II) octanuclear cluster with a dithiocarbarnate derivative, Kawajiri Ryo, Okubo Takashi, Mitani Tadaoki, POLYHEDRON, 25, 13, 2650, 2654,   2006年09月11日, 査読有り
  • A mixed-valence coordination polymer featuring two-dimensional ferroelectric order: {[Cu(I)4Cu(II)(Et2dtc)2Cl3][Cu(II)(Et2dtc)2]2(FeCl4)}n (Et2dtc- = diethyldithiocarbamate)., Okubo T, Kawajiri R, Mitani T, Shimoda T, Journal of the American Chemical Society, 127, 50, 17598, 17599,   2005年12月, 査読有り
  • Effect of the metal-assisted assembling mode on the redox states of hexaazatriphenylene hexacarbonitrile., Furukawa S, Okubo T, Masaoka S, Tanaka D, Chang HC, Kitagawa S, Angewandte Chemie (International ed. in English), 44, 18, 2700, 2704,   2005年04月, 査読有り
  • Framework control by a metalloligand having multicoordination ability: new synthetic approach for crystal structures and magnetic properties., Noro S, Miyasaka H, Kitagawa S, Wada T, Okubo T, Yamashita M, Mitani T, Inorganic chemistry, 44, 1, 133, 146,   2005年01月, 査読有り
  • Hydrogen-bonded charge-transfer complexes of TTF containing a uracil moiety: crystal structures and electronic properties of the hydrogen cyananilate and TCNQ complexes., Morita Y, Maki S, Ohmoto M, Kitagawa H, Okubo T, Mitani T, Nakasuji K, Organic letters, 4, 13, 2185, 2188,   2002年06月, 査読有り
  • A New Anion-Trapping Radical Host, [(Cu-dppe)3 {hat-(CN)6 }]2+  ., Okubo T, Kitagawa S, Kondo M, Matsuzaka H, Ishii T, Angewandte Chemie (International ed. in English), 38, 7, 931, 933,   1999年04月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • bis-Schiff塩基配位子を有するFeおよびCo錯体の構造とスピンクロスオーバー挙動, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
  • シアノ基を有するFe-terpy系錯体で架橋された配位高分子の合成と物性, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
  • Synthesis and characterization of metal-organic frameworks with Mn12 SMM’s as guests, Yu Zhong, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第57回錯体化学討論会,   2007年09月, 第57回錯体化学討論会
  • アニオンテンプレート法による新規なCu(I)およびAg(I)配位高分子の自己集積化, 前川 雅彦, 富永登志, 鍋井淳宏, 黒田 孝義, 宗像 惠, 大久保 貴志, 北川 進, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
    概要:アニオンテンプレート法を用いて4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)および4,4'-ビピリミジン(bpm)を配位子とする新規な銅(I)および銀(I)配位高分子を自己集積化させることを試み、特にエチレン雰囲気下、[Cu(CH3CN)]BF4とbpmを反応さた場合、空孔内にBF4-アニオンを捕捉したC2H4の脚を有するメタラカリックス[3]アレンエチレ付加体が2次元シート構造状に繋がった興味深い{{[Cu3(pprd)3(C2H4)3](BF4)3}[Cu(CH3CN)]BF4}が自己集積化することを見出した。
  • bis-Schiff塩基配位子を有するFe錯体の構造とスピンクロスオーバー挙動, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
  • シアノ基を有するコバルトSCO錯体で架橋された配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
  • Bis-Schiff 塩基配位子と架橋配位子から構成される一次元鉄(II)錯体の合成とそのスピンクロスオーバー, 清水 俊行, 辻 博貴, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第88春季年会,   2008年03月, 日本化学会第88春季年会
  • 新規なCu(I)メタラマクロサイクリックエチレン付加体の合成および構造, 前川 雅彦, 富永登志, 鍋井淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
    概要:[Cu(CH3CN)4]BF4と4,4'-ビピリミジン(bpm)をエチレン下反応させ空孔内にBF4アニオンを捕捉したメタラカリックスアレンが繋がった2次元Cu(I)-bpm-エチレン付加体の構築に成功した。本研究ではさらに6,6'-ジフェニル-4,4'-ビピリミジン(Ph2bpm)を用い、同様に合成を行ない黄色針状結晶を得た。IR測定などからCu(I)-Ph2bpm-C2H4錯体の生成を確認した。
  • Bis-Schiff 塩基配位子を用いたFe(III)錯体と架橋配位子との一次元鎖錯体の磁性および構造におよぼすアニオン効果, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
  • Bis-Schiff 塩基配位子と架橋配位子からなる一次元鎖Fe(II)スピンクロスオーバー錯体の合成と物性, 清水 俊行, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
  • qsal 誘導体を用いた多核FeSCO 錯体の合成と物性, 玉浦 裕貴, 鍋井 淳宏, 富永 登志, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
  • 架橋能を有するコバルトSCO 錯体によるCu(I)配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第58回錯体化学討論会,   2008年09月, 第58回錯体化学討論会
  • 4,4'-ビピリミジン類縁配位子による新規なCu(I)メタラマクロサイクリック-エチレン付加体の自己集積化, 前川 雅彦, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    概要:C2H4雰囲気下、[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジメチル-4,4'-ビピリミジン(Me2bpm)を反応させた場合、三核Cu(I)メタラマクロサイクリック-エチレン付加体が、[Cu(CH3CN)]+に繋げられ、その空孔内にBF4-アニオンを捕捉した二次元Cu(I)配位高分子 {[Cu4(Me2bpm)3(C2H4)3(CH3CN)](BF4)4}nが自己集積化した。また[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジフェニル-4,4'-ビピリミジン(Ph2bpm)を反応させた場合、単核Cu(I)-エチレン錯体[Cu(Ph2bpm)(C2H4)]BF4が生成した。
  • アニオンテンプレート法による新規なCu(I)メタラマクロサイクリック-カルボニル付加体の自己集積化, 前川 雅彦, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
    概要:CO雰囲気下、[Cu(CH3CN)4]BF4と6,6'-ジメチル-4,4'-ビピリミジン(Me2bpm)を反応させた場合、四核Cu(I)メタラマクロサイクリックCO付加体[Cu4(Me2bpm)4(CO)4](BF4)4が、一方[Cu(CH3CN)4]PF6とMe2bpmを反応させた場合、メタラカリックス[3]アレン型の三核Cu(I)-CO付加体が連結された2次元Cu(I)配位高分子{{[Cu3(Me2bpm)3(CO)3](PF6)3}[Cu(CH3CN)]BF4}がアニオン選択的に自己集積化されることを見出した。
  • 強磁性的相互作用を示すbis-Schiff塩基配位子を有 した新規Fe(II)錯体の合成及び構造, 清水 俊行, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • bis-Schiff塩基配位子を有する一次元鎖Fe錯体の構造と磁気特性, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 宗像 惠, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane (TCNQ) 由来のイソシアニド配位を有するシッフ塩基コバルト錯体の合成, 川崎 惇, Yu Zhong, 鍋井 淳宏, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • カルボキシル基を有するN2O型Schiff Base配位子によるFe錯体の合成とその多核化, 木村 佳樹, 玉浦 裕貴, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第89春季年会,   2009年03月, 日本化学会第89春季年会
  • 4,4'-ビピリミジン類を配位子とする新規なCu(I)配位高分子の合成と構造, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 杉本 邦久, 北川 進, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
    概要:Ar/C2H4雰囲気下、MeOH中、[Cu(CH3CN)4]BF4と4,4'-ビピリミジン (bpm)を反応させたところ、そのゲージ内にガラス管由来のSiF6アニオンを捕捉した3次元Cu(I)-bpm配位高分子が自己集積化した。またC2H4雰囲気下、同様の反応を試みたところ、その空孔内にBF4アニオンを捕捉したメタラマクロサイクルが連結された2次元Cu(I)-bpm-C2H4付加体が生成した。
  • N4O2型配位環境を有する一次元鎖Fe(II)スピンクロスオーバー錯体の合成と構造, 清水 俊行, 富永 登志, 鍋井 淳宏, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
  • 架橋能を有するterpy系Co(II)及びCu(II)錯体による配位高分子の合成と物性, 泉 貴文, 富永 登志, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
  • S字型架橋配位子を用いた多核鉄錯体の合成, 諸富 匠, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
  • Salphen系配位子を用いた平面性コバルト(II)錯体の構造と物性, 川崎 惇, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
  • N2O型Schiff塩基配位子による鉄錯体の合成と物性, 木村 佳樹, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第59回錯体化学討論会,   2009年09月, 第59回錯体化学討論会
  • Synthesis of Cu(I) and Ag(I) Metallamacrocycles as Structurally and Functionally New Inorganic Anion Receptors, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 北川 進, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC),   2009年11月, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC)
  • Novel Cu(I) Ethylene Complexes Three?Dimensionally Self?Assembled by an Intermolecular π?π Stacking Interaction and a C?H???N Contact, 前川 雅彦, 富永 登志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC),   2009年11月, The second Asian Conference on Coordination Chemistry (2nd ACCC)
  • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第90回春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90回春季年会
    概要:C2H4雰囲気下、アセトン中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン (bptz)を反応させたところ、2種類の針状結晶{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2 (1)および板状結晶[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2 (2)が得られた。X線構造解析の結果、bptzが還元されてテトラジンアニオンラジカルを生成し、錯体1はアニオンラジカルを配位子とする始めての二核Cu(I)-エチレン錯体である。
  • チオシアン酸コバルトとbpb架橋配位子により構築された3次元相互貫入フレームワーク錯体の構造とゲスト分子吸脱着特性, 増田 隆之, 大島 有紀子, 富永 登志, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • 平面性コバルト(II)Salphen系錯体の積層構造と物性, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • カルボキシル基を有するFe(II)SCO錯体における水素結合の効果, 木村 佳樹, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 日本化学会第90春季年会,   2010年03月, 日本化学会第90春季年会
  • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成と構造, 前川 雅彦, 宮崎武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
    概要:エチレン雰囲気下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させたところ、テトラジンアニオンラジカルを有する二核Cu(I)- -bptz/C2H4錯体が生成することを見出し、その構造および性質を明らかにした。あせてシス形配置を有する二核Cu(I)-bptz/C2H4錯体の単離・構造解析も明らかにした。
  • クロラニル酸を架橋基とした新規な一次元鎖鉄錯体の合成と磁気的性質, 諸富 匠, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
  • 平面性Schiff塩基配位子を有するFe錯体の合成・構造とSCO挙動, 木村 佳樹, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
  • CN架橋基を有するCoシッフ塩基錯体の合成と構造, 川崎 惇, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
  • チオシアン酸鉄と架橋配位子bpbによって構築されたフレームワーク構造を有する錯体の構造と物性, 増田 隆之, 鈴木 詩織, 大久保 貴志, 前川 雅彦, 黒田 孝義, 第60回錯体化学討論会,   2010年09月, 第60回錯体化学討論会
  • Novel Cu(I) metallamacrocycles toward structurally and functionally new inorganic anion receptors, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 京都大学大学院工学研究科, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010),   2010年12月, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010)
  • テトラジンアニオンラジカルを有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
    概要:C2H4雰囲気下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させることにより、テトラジンアニオンラジカルを有する二核Cu(I)-エチレン錯体が生成することを見出し、その構造および性質を明らかにした。あわせて、ラジカル化していないbptzが配位した2種類の二核Cu(I)-エチレン錯体が生成することを見出した。
  • ビピリミジン系配位子により構築された新規なCu(I)配位高分子の合成、構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
    概要:C2H4雰囲気下、メタノール中、[Cu(CH3CN)4]X (X=BF4, PF6)と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を反応させたところ、{[Cu4(biqz)2(CH3CN)4(MeOH)4](BF4)4}n (1)および{[Cu4(biqz)2(CH3CN)8](PF6)4}n (2)が得られた。X線構造解析の結果、錯体1および2はいずれもbiqzのキレート部位と橋架け部位がCu(I)イオンに配位し、Cu2C6N6骨格からなる14員環構造が繋げられた新規なCu(I)ポリマー錯体であることがわかった。
  • ビピリミジン系架橋配位子を用いた新規なIr(III)ヒドリド錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第91春季年会(2011),   2011年03月, 日本化学会第91春季年会(2011)
    概要:Ar雰囲気下、CHCl3中、[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]X (X=BF4, PF6)と4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)および4,4’-ビキナゾリン(biqz)を反応させたところ、[Ir(H)2(PPh3)2(pprd)]BF4 (1)および[Ir(H)2(PPh3)2(biqz)]PF6 (2)が得られた。X線構造解析の結果、錯体1および2はIr原子にヒドリド、PPh3および窒素配位子が配位した単核錯体であることがわかった。溶液中において環電流効果に伴う特徴的な1H NMRシフトを観測した。
  • アニオンラジカルを配位子とする始めてのCu(I)-エチレン錯体の合成、構造およびキャタクタリゼーション, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
    概要:C2H4下、Me2CO中、Cu(ClO4)2、金属Cuおよび3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させると、アニオンラジカルを配位子とする始めての二核Cu(I)-C2H4錯体{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2が生成することを見出し、そのX線構造および性質を明らかにした。あわせてbtpzが極めて珍しいcis形構造を取った二核錯体[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2が生成することを見出した。
  • アニオンおよび溶媒に導かれた4,4'-ビピリミジン類を配位子とする新規なCu(I)配位高分子の自己組織化, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
    概要:C2H4雰囲気下、MeOH中、[Cu(CH3CN)4]X (X=BF4, PF6)と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を反応させると、biqzのキレート部位と橋かけ部位がCu(I)イオンに配位し、Cu2C6N6骨格からなる14員環構造が繋げられた新規なCu(I)ポリマー錯体{[Cu4(biqz)2(CH3CN)4(MeOH)4(BF4)4}n (1)および{[Cu4(biqz)2(CH3CN)8](PF6)4}n(2)が自己組織化されることを見出した。同様に、Me2CO中において[Cu(C2H4)n]ClO4とbiqzを反応させると、錯体1および2とは異なり、アニオンおよび溶媒選択的に、一次元ジグザグ鎖構造を有するCu(I)エチレン付加体{[Cu2(biqz)(C2H4)2](ClO4)2}n(3)が自己組織化されることを見出した。
  • ビピリミジン系多座窒素配位子を有する新規なイリジウム(III)ヒドリド錯体の合成と構造化学的特徴付け, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 宗像 惠, 黒田 孝義, 第61回錯体化学討論会,   2011年09月, 第61回錯体化学討論会
    概要:Ar下、CHCl3中、[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]BF4と4-(2-ピリジル)ピリミジン(pprd)を反応させ、新規な単核錯体[Ir(H)2(pprd)(PPh3)2]BF4を合成した。同様に2,2'-ビピリミジン(bpym)を反応させると、単核錯体[Ir(H)2(bpym)(PPh3)2]BF4および二核錯体[Ir2(H)4(bpym)(PPh3)4](BF4)2が生成することを見出した。いずれの錯体も溶液内において環電流効果に基づく特徴的な磁気異方性シフトが観測された。
  • 3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジンを配位子とする様々なCu(I)-エチレン錯体の合成および構造, 前川 雅彦, 宮崎 武志, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
    概要:C2H4雰囲気下,Me2CO中,Cu(ClO4)2,金属銅および3,6-ビス(2-ピリジル)-1,2,4,5-テトラジン(bptz)を反応させると,3種の新規なCu(I)-bptz/C2H4錯体および4核Cu(I)-bptz錯体が生成することを見出し,その構造および性質を明らかにした。特にテトラジン環がアニオンラジカル化した{[Cu2(bptz)(C2H4)2]ClO4}2ならびにテトラジン環が大きく歪んだ[Cu2(bptz)(C2H4)2](ClO4)2は興味が持たれる。
  • 多座窒素配位子を用いた新規なCu(I)-エチレン錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
    概要:C2H4雰囲気下,アセトン溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピリミジン (bppym)を反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](BF4)2?Me2CO (1)が得られた。同様に[Cu(C2H4)n]ClO4とbppymを反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](ClO4)2?Me2CO (2)が得られた。X線構造解析の結果,錯体1および2はいずれも新規な二核Cu(I)-エチレン錯体であることが明らかとなった。
  • 多座窒素配位子を有する新規なIr(III)ヒドリド錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 日本化学会第92春季年会,   2012年03月, 日本化学会第92春季年会
    概要:Ar雰囲気下,CHCl3溶液中,[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]X(X=BF4, PF6)と様々なビピリミジン系配位子を反応させ,5種の新規なIr(III)ヒドリド錯体を単離することに成功し,その構造ならびに性質をX線構造解析,IR, TG-DTA, 固体UV-VIS, 1H NMR法より特徴付けた。例えば,2,2'-ビピリミジン (bpym)を用いた場合,合成溶媒選択的に単核Irヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(bpym)]BF4および二核Irヒドリド錯体[Ir2(H)4(PPh3)4(bpym)](BF4)2が生成することが明らかとなった。
  • Novel mono- and dinuclear Iridium(III) hydride complexes of 2,2’-bipyrimidine, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
  • Structural controls of Cu(I) C2H4 coordination polymers of 4,4’-bipyrimidine, 前川 雅彦, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, (財)高輝度光科学研究センター(JASRI), 京都大学大学院工学研究科, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
  • First Cu(I) coordination polymers of 4,4’-biquinazoline and the C2H4 adduct, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月, The 40th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40)
  • 多座窒素配位子を有する新規なCu(I)-エチレン錯体の合成,構造および性質, 前川 雅彦, 南野 愛, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 第62回錯体化学討論会
    概要:C2H4雰囲気下,アセトン溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピリミジン (bppym)を反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](BF4)2?Me_2CO (1)が得られた。同様に[Cu(C2H4)n]ClO4とbppymを反応させたところ,[Cu2(bppym)(C2H4)2](ClO4)2?Me2CO (2)が得られた。またC2H4雰囲気下,メタノール溶媒中,[Cu(MeCN)4]BF4と4,6-ビス(2-ピリジル)-ピラジン (bppz)を反応させたところ,[Cu2(bppz)(C2H4)2](BF4)2?MeOH (3)が得られた。X線構造解析の結果,錯体1, 2および3はいずれも新規な二核Cu(I)-エチレン錯体であることが明らかとなった。
  • Ir(III)ヒドリド錯体を連結した新規な一次元Ir(III)-Ag(I)配位高分子の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第62回錯体化学討論会,   2012年09月, 第62回錯体化学討論会
    概要:[Ir(H)2(PPh3)2(Me2CO)2]BF4と4,4'-ビキナゾリン(biqz)を用いて、錯体配位子として配位不飽和なIr(III)-ヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(biqz)]BF4を合成し、さらにCF3COOAgと反応させることにより、新規な一次元Ag(I)-Ir(III)-biqz混合金属配位高分子を合成し、そのX線構造および性質を明らかにした。
  • 新規なヘテロ金属Ag(I)-Ir(III)ヒドリド配位高分子の合成および構造, 前川 雅彦, 久保 有希実, 大久保 貴志, 黒田 孝義, 宗像 惠, 第63回錯体化学討論会,   2013年11月, 第63回錯体化学討論会
    概要:3種の2,2'-ビピリジン類縁配位子(L)を用いて、配位不飽和なIr(III)-ヒドリド錯体[Ir(H)2(PPh3)2(L)]BF4を合成し、さらにCF3COOAgと反応させることにより、3種の新規なヘテロ金属Ag(I)-Ir(III)ヒドリド配位高分子を合成し、そのX線構造および性質を明らかにした。

MISC

  • 配位化合物からEL素子への展望 (特集 光化学の課題と展望), 大久保 貴志, 三谷 洋興, 化学工業, 52, 7, 548, 553,   2001年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000415827