KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松野 純男マツノ スミオ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科
職名教授
学位博士(薬学)
専門医療・臨床統計学
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/799-matsuno-sumio.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp
メールアドレス
Last Updated :2018/08/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    臨床検査値やアンケートを統計学的に解析することで、患者さんに最適な医療のあり方とは何かを研究しています。医療における「数値」にだまされない、客観的な判断を心がけています。

学歴・経歴

学歴

  • 1988年04月 - 1990年03月, 大阪大学大学院, 薬学研究科, 応用薬学
  • 1984年04月 - 1988年03月, 大阪大学, 薬学部, 薬学科

経歴

  •   1990年04月,  - 1997年08月, 株式会社ミドリ十字
  •   1997年09月,  - 2010年03月, 武庫川女子大学(准教授)
  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 医療系薬学
  • 情報学, 統計科学
  • 薬学, 生物系薬学
  • 薬学, 医療系薬学
  • 境界医学, 応用薬理学

研究キーワード

  • メタボリック症候群, レプチン, PPARγ, ストレスマーカー, 細胞分化, 脂肪細胞分化, 第2世代抗精神病薬, 臨床薬学, 医療・福祉, ビタミンK3, , 細胞周期調節, 酵素, CDC25フォスファターゼ, 新規抗癌剤, シグナル伝達, 細胞・組織, 医療系薬学, 生物系薬学

論文

  • Development of hemiacetal esterified levofloxacin to prevent chelation with metal-containing drugs., Otori T, Matzno S, Kawase A, Iwaki M, Kimachi T, Nishiwaki K, Figoni WC, Tominaga R, Asahide M, Nishikata M, Ishii Y, Matsuyama K, The Journal of pharmacy and pharmacology, 68, 12, 1527, 1534,   2016年12月, 査読有り
  • Skb5, an SH3 adaptor protein, regulates Pmk1 MAPK signaling by controlling the intracellular localization of the MAPKKK Mkh1., Kanda Y, Satoh R, Matsumoto S, Ikeda C, Inutsuka N, Hagihara K, Matzno S, Tsujimoto S, Kita A, Sugiura R, Journal of cell science, 129, 16, 3189, 3202,   2016年08月, 査読有り
  • 薬剤師の禁煙支援に関する意識調査の多変量解析による問題点の抽出, 高橋 直子, 松野 純男, 伊藤 栄次, 高橋 裕子, 禁煙科学, 10, 2, P1, P12,   2016年02月
    概要:目的:タバコの煙には約4000種類の化学物質が含まれており、喫煙は多くの疾患の危険因子であるため、大きな課題である。薬剤師にとって禁煙支援は医療費削減および国民の健康維持をサポートする上で重要な業務となっている。そこで、薬剤師に喫煙や禁煙に関する意識調査を行って問題点を抽出し、禁煙支援に必要なものが何か検討した。方法:201X年および、201X+1年に某県薬剤師会禁煙支援薬剤師養成研修会に参加した薬剤師を対象に、『コーチングを活用した禁煙支援プログラム』の講義後、禁煙支援に関する意識調査を5段階尺度および自由記述形式で実施した。回収した意識調査の回答結果の項目分析を行うとともに、因子分析およびクラスター分析を用いて、各設問間の関連性についての検討を行った。単純集計処理後、因子分析およびクラスター分析にはR-3.2.3を使用し、禁煙支援薬剤師の意識および禁煙支援時の問題点を抽出した。結果:415人(回収率97.5%)から得られた意識調査を解析した。単純集計では、禁煙患者が禁煙支援薬剤師に相談する内容は、「本当に禁煙できるのか」という禁煙に対する不安や、「何度も失敗して辛い」という苦しみが約40%を占めていた。また、「禁煙支援時に配慮が必要なこと」に回答があった「傾聴」「励まし」というコーチングの技法を活用したコミュニケーションは不安や苦しみに非常に有効であることが示された。因子分析では、5つの因子(禁煙支援、健康への影響、タバコの被害、防煙教育、「禁煙すべき」)が抽出された。また、クラスター分析から回答者を3つのグループ(1)禁煙支援に積極的、(2)禁煙支援の必要性は感じているが積極的ではない、(3)その他と分類することができた。結論:薬剤師の抱えている問題点を抽出することができた。その結果、薬剤師は患者ひとりひとりにあわせたテーラーメイドのコミュニケーションを円滑にとれるようにトレーニングをする必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 豊中市民健康展で実施した乳房自己検診啓発活動の評価(アンケート調査の解析), 奥村睦子, 田中歡子, 野崎京子, 谷野桂子, 行岡陽子, 松野純男, 大阪医学, 46, 1, 1, 4,   2015年09月, 査読有り
  • 中心静脈栄養法(TPN)施行時に脂肪乳剤が血清アルブミン値へ与える影響, 森住 誠, 坂本 千代子, 石原 美加, 松田 光弘, 松野 純男, 北小路 学, 日本病院薬剤師会雑誌, 51, 6, 747, 750,   2015年06月
    概要:静脈栄養時における脂肪乳剤の併用は、糖質の投与量や、総水分量を抑えた高エネルギー投与が可能となる。このようなメリットがあるにもかかわらず、我が国での脂肪乳剤併用率は低いのが実状である。そこで我々は、4週間以上の中心静脈栄養法(TPN)施行患者を対象に、脂肪乳剤の血清アルブミン(albumin:以下、Alb)値に影響を与える因子を重回帰分析にて探索した。その結果、Alb値に影響を与える因子として、非蛋白熱量(non-protein calorie:以下、NPC)における脂肪含有率、開始時Alb値、開始時C-reactive protein(以下、CRP)値、4週間後CRP値が挙げられた。以上の結果から、中心静脈栄養法開始時に低Alb血症でない場合や何らかの炎症性疾患を有する場合でのAlb値改善は困難だが、単に総エネルギー量を上げるのではなく、NPCにおける脂肪含有率がAlb合成に関与することを確認した。本研究から、静脈栄養時における脂肪乳剤の併用は栄養状態の改善に寄与する因子の1つであると考えられた。(著者抄録)
  • チェーン薬局を対象とした診療科別におけるジェネリック 使用傾向の解析とその評価法の確立, 長井 紀章, 金 裕生, 松野 純男, 松山 賢治, 大鳥 徹, 医薬品情報学, 医薬品情報学, 16, 3, 137, 142,   2014年11月
    概要:The creation of the National Health Insurance program has greatly contributed to giving Japan the world's highest level of life expectancy.  However, the cost of medical care in Japan has increased as a result of an aging society.  In response to this reality, the Japanese government initiated a campaign to promote the use of generic drugs (GEs).  In order to clarify some of the trends that contribute to different clinical medicine department usages of GEs, we carried out a survey of 400 pharmacies.  The survey data was analyzed using linear regression analysis.  Analysis of linear equations derived "utilization" that indicated ease of use of GEs, and a "saturation acceptable value (maximum allowed)" that indicated usage of GEs.  The breakdown for different clinical medicine department usages of GEs was determined as the following: psychosomatic medicine or psychiatry was 11±0.13%, internal medicine was 29±0.18%, orthopedics was 18±0.14%, ophthalmology or otolaryngology was 15±0.14%, other departments was 17±0.15%.  Furthermore, the highest utilization derived by linear regression analysis was orthopedics.  The highest acceptable saturation value was for psychosomatic medicine or psychiatry, while the lowest acceptable saturation value was orthopedics.  The results of the study confirm the importance of establishing evaluation methods for GE usage, and that linear regression analysis is a powerful tool for revealing trends in GE usage among different departments.  Additionally, the study suggests that determining GE spread measures is valuable, since they can serve as an aid to future pharmaceutical administration consideration.
  • FTY720 stimulated ROS generation and the Sty1/Atf1 signaling pathway in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe., Hagihara K, Mizukura A, Kitai Y, Yao M, Ishida K, Kita A, Kunoh T, Masuko T, Matzno S, Chiba K, Sugiura R, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 19, 4, 325, 337,   2014年04月, 査読有り
  • アミオダロンおよびデスエチルアミオダロン血中濃度に及ぼす肥満,服用期間の影響, 堀部 明美, 松山 賢治, 松野 純男, 薬局薬学, 薬局薬学, 6, 1, 37, 42,   2014年
  • [Multivariate quantification of acupuncture and moxibustion treatment in combination with questionnaire and salivary stress markers]., Matzno S, Ikeda C, Watanabe K, Nakamura R, Takamatsu H, Haginaka J, Matsuyama K, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 134, 5, 655, 663,   2014年, 査読有り
  • 後発医薬品の使用状況に関するアンケートの多変量解析による問題点の抽出, 大鳥徹, 長井紀章, 橋本佳幸, 金裕生, 松野純男, 松山賢治, 医薬品情報学, 15, 3, 124, 132,   2013年11月30日
  • 病院薬剤師を対象とした漢方意識調査による効果的な生涯教育の提案, 草薙みか, 岩政かおり, 門間智恵, 山本倫数, 西山和香子, 高田充隆, 松野純男, 大里恭章, 日本病院薬剤師会雑誌, 49, 11, 1181, 1186,   2013年11月01日
  • Stability of Polaprezine-containing oral rinse and its clinical effectiveness against radiotherapy-induced oral mucositis, Nakayama M, Fujiwara M, Nakamura T, Azuma T, Matzno S, Kamikonya N, Kimura T, Matsuyama K, Kawabata A, Jpn. J. Drug Inform., 15, 3, 133, 138,   2013年11月, 査読有り
  • 調剤薬局アンケートから見えてくる後発医薬品の使用状況, 大鳥徹、長井紀章,橋本佳幸、金裕生、ウィリアム フィゴーニ、松野純男、松山賢治, 薬局薬学, 5, 2, 107, 115,   2013年09月, 査読有り
  • CDDP化学療法における吃逆発現因子の探索と制吐療法の評価―クラスター分析を用いて―, 浅野肇, 渡辺瑞貴, 川口明範, 柳江正嗣, 船上仁範, 和田哲幸, 松野純男, 山添譲, 西田升三, 市田成志, 癌と化学療法, 40, 8, 1031, 1036,   2013年08月15日, 査読有り
  • Fingolimod (FTY720) stimulates ca(2+)/calcineurin signaling in fission yeast., Hagihara K, Kita A, Mizukura A, Yao M, Kitai Y, Kunoh T, Masuko T, Matzno S, Chiba K, Sugiura R, PloS one, 8, 12,   2013年, 査読有り
  • Evaluation of injectable generic drugs using thermogravimetry and the influence of d-mannitol on the stability of gabexate mesilate, Otori T, Matzno S, Hyodo M, Sugimoto S, Kimura T, Matsuyama K, Intl. J. Pharm.Tech., 4, 2, 4549, 4559,   2012年02月, 査読有り
  • Evaluation of higher clearance of serum vancomycin (VCM) after treatment of dilated cardiopathy with left ventricular assist system (LVAS) together with carperitide, Horibe A, Matzno S, Matsuyama K, Kurosawa N, Nakamura I, Yamashita D, Wada K, Okada H, Kohara N, Nakatani T, Jpn J.TDM, 28, 1, 7, 13,   2011年01月
  • The potential of vitamin K3 as an anticancer agent against breast cancer that acts via the mitochondria-related apoptotic pathway., Akiyoshi T, Matzno S, Sakai M, Okamura N, Matsuyama K, Cancer chemotherapy and pharmacology, 65, 1, 143, 150,   2009年12月, 査読有り
  • アルベカシン硫酸塩のピーク値に影響を与える因子, 池田 桂子, 松野 純男, 松山 賢治, 池田 智絵, 加藤 克洋, 冨山 直樹, 岡村 昇, 医療薬学, 35, 10, 701, 705,   2009年10月
    概要:アルベカシンの血中濃度に体液量の影響が最も大きい事を示した。
  • Synergistic action of statins and nitrogen-containing bisphosphonates in the development of rhabdomyolysis in L6 rat skeletal myoblasts., Matzno S, Nishiguchi T, Akiyoshi T, Anami S, Nakabayashi T, Matsuyama K, The Journal of pharmacy and pharmacology, 61, 6, 781, 788,   2009年06月, 査読有り
  • Methods of preventing vinorelbine-induced phlebitis: an experimental study in rabbits., Kohno E, Murase S, Nishikata M, Okamura N, Matzno S, Kuwahara T, Matsuyama K, International journal of medical sciences, 5, 4, 218, 223,   2008年07月, 査読有り
  • An attempt to evaluate the effect of vitamin K3 using as an enhancer of anticancer agents., Matzno S, Yamaguchi Y, Akiyoshi T, Nakabayashi T, Matsuyama K, Biological & pharmaceutical bulletin, 31, 6, 1270, 1273,   2008年06月, 査読有り
  • The possibility of simvastatin as a chemotherapeutic agent for all-trans retinoic acid-resistant promyelocytic leukemia., Tomiyama N, Matzno S, Kitada C, Nishiguchi E, Okamura N, Matsuyama K, Biological & pharmaceutical bulletin, 31, 3, 369, 374,   2008年03月, 査読有り
  • Effects of quinine on the intracellular calcium level and membrane potential of PC 12 cultures., Akiyoshi T, Tanaka N, Nakamura T, Matzno S, Shinozuka K, Uchida T, The Journal of pharmacy and pharmacology, 59, 11, 1521, 1526,   2007年11月, 査読有り
  • Flow cytometric evaluation of synergistic pro-apoptotic effects of statins and clofibrates in IM-9 human lymphoblasts., Tomiyama N, Yasuda N, Iwano C, Matzno S, Matsuyama K, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 34, 9, 876, 880,   2007年09月, 査読有り
  • キマーゼ : その奇妙なる多様性(バイオミディア), 松野 純男, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 85, 7,   2007年07月25日
  • Integrin beta4 regulates migratory behavior of keratinocytes by determining laminin-332 organization., Sehgal BU, DeBiase PJ, Matzno S, Chew TL, Claiborne JN, Hopkinson SB, Russell A, Marinkovich MP, Jones JC, The Journal of biological chemistry, 281, 46, 35487, 35498,   2006年11月, 査読有り
  • Statistical analysis of the adverse effects of glycopeptide antibiotics, based on pharmacokinetics and toxicokinetics (PK/TK)., Yoshida M, Matzno S, Namba H, Nishikata M, Matsuyama K, Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 12, 3, 114, 118,   2006年06月, 査読有り
  • Clofibrate-induced apoptosis is mediated by Ca2+-dependent caspase-12 activation., Matzno S, Yasuda S, Kitada Y, Akiyoshi T, Tanaka N, Juman S, Shinozuka K, Nakabayashi T, Matsuyama K, Life sciences, 78, 16, 1892, 1899,   2006年03月, 査読有り
  • Statin-induced apoptosis linked with membrane farnesylated Ras small G protein depletion, rather than geranylated Rho protein., Matzno S, Yasuda S, Juman S, Yamamoto Y, Nagareya-Ishida N, Tazuya-Murayama K, Nakabayashi T, Matsuyama K, The Journal of pharmacy and pharmacology, 57, 11, 1475, 1484,   2005年11月, 査読有り
  • Evaluation of apoptosis and necrosis induced by statins using fluorescence-enhanced flow cytometry., Yasuda N, Matzno S, Iwano C, Nishikata M, Matsuyama K, Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, 39, 3-4, 712, 717,   2005年09月, 査読有り
  • サプリメントとしてのビタミンとHMG-CoA還元酵素阻害剤による横紋筋融解症発症のリスク, 村山(田鶴谷) 惠子, 松野 純男, 山田 和子, 中林 利克, 内田 亨弘, 松山 賢治, 三嶋 基弘, 日本食品化学学会誌, 10, 2, 78, 84,   2003年08月29日
    概要:HMG-CoA (3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A) reductase (EC 1.1.1.34) inhibitors (statins) are used for hypercholestemia. HMG-CoA reductase is the rate-limiting enzyme of cholesterol biosynthesis. Rhabdomyolysis is one of the most serious side effects by statins. On the other hand, vitamins are used widely and easily for supplements of nutrition in daily use. Statins are one of the most marketable drugs for hypercholesterolemia. Vitamins are taken without prescription as supplements of nutrition ; the patient who prescribed statins may take vitamins. So the interaction with statins and vitamins were studied by using the in vitro assay system with L6 rat myoblasts. The myopathy was increased by the presence of vitamin A, vitamin D and nicotinic acid. Especially the severe injury was induced to the cells by vitamin A and vitamin D. The other vitamins, vitamin B_1, B_6, B_<12>, vitamin C and vitamin E did not show the reaction on the L6 cells. Taking vitamins together with statins increase the risk of rhabdomyolysis. The results of this study suggest that it is desirable for the person takes statins not to take vitamin A, vitamin D and nicotinic acid.
  • Evaluation of the synergistic adverse effects of concomitant therapy with statins and fibrates on rhabdomyolysis., Matzno S, Tazuya-Murayama K, Tanaka H, Yasuda S, Mishima M, Uchida T, Nakabayashi T, Matsuyama K, The Journal of pharmacy and pharmacology, 55, 6, 795, 802,   2003年06月, 査読有り
  • ラット骨粗鬆症モデルにおけるエストラジオールの骨量に及ぼす効果(共著), 日本骨形態誌, 2, 233, 238,   1992年

書籍等出版物

  • PRACTICAL薬学統計解析(第2版), 松野 純男, 単著, 京都廣川書店,   2017年03月, 9784906992928
  • 薬学生・薬剤師のための基礎統計学, 松野 純男, 棚橋 浩太郎, 共著, ムイスリ出版,   2016年10月04日, 4896412516
  • 薬学領域の放射科学, 飯田 靖彦, 中西 徹, 上田 真史, 佐治 英郎, 廣川書店,   2015年, 9784567261708
  • 医療系のための実践的基礎統計学, 北脇 知己, 松野 純男, 共著, ムイスリ出版,   2013年03月, 4896412109
  • SCIENTIFIC : 疾患分解解析, 松山 賢治(編), 分担執筆, 京都廣川書店,   2012年, 9784901789950
  • Practical薬学統計解析―現場で必要に迫られて…、, 松野純男, 単著, 京都廣川書店,   2011年08月, 4901789732
  • 医薬品情報・評価学(第3版), 河島 進, 政田 幹夫, 松山 賢治, 内田 享弘, 分担執筆, 南江堂,   2011年, 9784524402649

講演・口頭発表等

  • 薬学部学生の薬剤師在宅医療参画に関する問題点の抽出, 村瀬 惇, 松野 純男, 長楽 寿子, 大鳥 徹, 北小路 学, 社会薬学,   2017年09月
  • 薬学部学生の薬剤師在宅医療参画に関する問題点の抽出, 村瀬 惇, 松野 純男, 長楽 寿子, 大鳥 徹, 北小路 学, 社会薬学,   2017年09月
  • 2016年度薬学共用試験報告, 石川 さと子, 伊藤 智夫, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 橋詰 勉, 宮崎 智, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 入江 徹美, 野田 幸裕, 飯島 史朗, 松野 純男, 奥 直人, 医学教育,   2017年08月
  • 薬学共用試験CBTの結果解析(2016), 石川 さと子, 伊藤 智夫, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 奥 直人, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • ヒューマニズム教育の一環としての人体臓器観察の有用性, 和田 哲幸, 中村 武夫, 伊藤 栄次, 松野 純男, 大内 秀一, 八軒 浩子, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • 早期体験学習を通しての地域薬局見学における学生の意識調査, 八軒 浩子, 伊藤 栄次, 中村 武夫, 大内 秀一, 和田 哲幸, 松野 純男, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • ポリスチレンスルホン酸ナトリウム製剤の適正使用に関する検討, 中田 美樹, 片峰 祐矢, 飯田 浩子, 松野 純男, 中野 行孝, 片岡 裕美, 田鶴谷(村山) 惠子, 日本薬学会年会要旨集,   2017年03月
  • 高カリウム血症治療薬としてのポリスチレンスルホン酸ナトリウムの適正使用に関する検討, 飯田 浩子, 田鶴谷 惠子[村山], 中田 美樹, 片峰 裕矢, 松野 純男, 中野 行孝, 日本腎臓病薬物療法学会誌,   2016年10月
  • 2015年度薬学共用試験CBT報告, 石川 さと子, 奥 直人, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 伊藤 智夫, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 山元 弘, 医学教育,   2016年07月
  • 2015年度薬学共用試験CBT報告, 石川 さと子, 奥 直人, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 伊藤 智夫, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 山元 弘, 医学教育,   2016年07月
  • 3Dプリンタを用いた医薬品分子模型出力の有用性, 中谷明嗣, 松野純男, 大星直樹, 情報処理学会全国大会講演論文集,   2016年03月10日
  • 薬学共用試験CBTの結果解析 2015, 石川 さと子, 奥 直人, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 伊藤 智夫, 前田 定秋, 山口 正俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 山元 弘, 日本薬学会年会要旨集,   2016年03月
  • 多職種連携における医療・介護従事者のコミュニケーション向上のためのアンガーマネジメント, 高橋 直子, 安藤 俊介, 松野 純男, 伊藤 栄次, 高橋 裕子, 日本薬学会年会要旨集,   2016年03月
  • 3Dプリンタを用いた分子模型作成システムの構築と医薬品構造理解に関する有用性, 中谷明嗣, 松野純男, 大星直樹, 前川智弘, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 薬学部学生を対象としたコーチングスキル教育実践のための検討, 幸松健二, 幸松健二, 岡本千絵, 坂原通仁, 松本彰布, 松本彰布, 北小路学, 松野純男, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年03月
  • 基礎薬学分野の知識定着を志向した参加型学修システム構築の試み, 大内秀一, 松野純男, 和田哲幸, 仲西功, 前川智弘, 多賀惇, 伊藤栄次, 大鳥徹, 川崎直人, 西田升三, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 人体臓器観察(早期体験学習)を通してのヒューマニズム教育の検証, 和田哲幸, 中村武夫, 伊藤栄次, 松野純男, 大内秀一, 八軒浩子, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年03月
  • 地域薬局薬剤師による早期体験学習参加学生の評価およびその解析, 八軒浩子, 伊藤栄次, 松野純男, 大内秀一, 和田哲幸, 中村武夫, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年03月
  • 薬剤師の在宅医療への取り組みに対する介護職の認識調査, 北小路学, 堀野智美, 大鳥徹, 松野純男, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年03月
  • 免疫抑制薬FTY720の遺伝子発現プロファイリングの解析, 北井 佑樹, 萩原 加奈子, 水庫 彩, 八百 麻里子, 石田 紘基, 喜多 綾子, 佐藤 亮介, 益子 高, 松野 純男, 千葉 健治, 杉浦 麗子, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,   2015年12月
  • ワルファリンと静注用脂肪乳剤の併用によるRT‐INR値の減少について, 黒川建吾, 汐見紘明, 湊聖一郎, 松野純男, 北小路学, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2015年10月23日
  • 腎機能推算式に用いる血清クレアチニン値補正方法の前向き研究での検討, 森住誠, 松野純男, 松宮美沙, 今岡寛美, 池田理沙, 金丸絵理, 石原美加, 松田光弘, 北小路学, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2015年10月23日
  • 2014年度薬学共用試験CBT報告, 石川 さと子, 奥 直人, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 伊藤 智夫, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 山元 弘, 医学教育,   2015年07月
  • 2014年度薬学共用試験CBTの結果解析, 石川 さと子, 奥 直人, 中村 明弘, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 宮崎 智, 伊藤 智夫, 前田 定秋, 山口 政俊, 出口 芳春, 石塚 忠男, 三田 智文, 飯島 史朗, 松野 純男, 山元 弘, 日本薬学会年会要旨集,   2015年03月
  • テキストマイニングによる早期体験学習レポートの年度変化の解析, 松野 純男, 八軒 浩子, 伊藤 栄次, 中村 武夫, 大内 秀一, 日本薬学会年会要旨集,   2015年03月
  • 人命救助意識の向上を指向した早期体験学習の教育効果, 八軒 浩子, 伊藤 栄次, 松野 純男, 大内 秀一, 中村 武夫, 日本薬学会年会要旨集,   2015年03月
  • 構造活性相関と分子構造の理解における3Dアニメーションの有効性の検討, 中谷 明嗣, 松野 純男, 大星 直樹, 日本薬学会年会要旨集,   2015年03月
  • 28-P3AM-007 CS分析・因子分析によるフィジカルアセスメント実習の問題点の抽出(薬学教育(その他),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア), 大鳥 徹, 松野 純男, 金 裕生, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2014年08月25日
  • 薬学生の災害時支援・救援活動への参加意識, 中村 武夫, 伊藤 栄次, 松野 純男, 大内 秀一, 八軒 浩子, 日本薬学会年会要旨集,   2014年03月
  • 薬学共用試験 CBT/OSCEの現状と課題, 伊藤 智夫, 奥 直人, 前田 定秋, 中村 明弘, 山口 政俊, 増野 匡彦, 伊藤 喬, 石塚 忠男, 三田 智文, 出口 芳春, 入江 徹美, 木内 祐二, 橋詰 勉, 宮崎 智, 飯島 史朗, 松野 純男, 石川 さと子, 山元 弘, 日本薬学会年会要旨集,   2014年03月
  • 初期救命救急講習を通しての救命意識の向上, 八軒 浩子, 伊藤 栄次, 松野 純男, 大内 秀一, 中村 武夫, 日本薬学会年会要旨集,   2014年03月
  • 日-P1-094 入職5年次における薬剤師研修制度の評価(卒後研修・研修制度,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来), 草薙 みか, 村尾 奈苗, 加藤 貴由, 橋詰 めぐみ, 宮森 勇昌, 山本 哲也, 奥野 健一, 西村 知朗, 近藤 薫, 亀本 浩司, 岸井 昭人, 松浦 靖, 橋本 昌幸, 松野 純男, 大里 恭章, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2013年08月28日
  • 入職5年次におむる薬剤師研修制度の評価, 草薙みか, 村尾奈苗, 加藤貴由, 橋詰めぐみ, 宮森勇昌, 山本哲也, 奥野健一, 西村知朗, 近藤薫, 亀本浩司, 岸井昭人, 松浦靖, 橋本昌幸, 松野純男, 大里恭章, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2013年08月28日
  • 薬剤師の在宅医療参画に関する薬学部生の意識~実務実習前後及び実習中の在宅医療体験による相違~, 長楽寿子, 堀野智美, 大和幹枝, 李繭花, 岸田充生, 松野純男, 北小路学, 高田充隆, 医療薬学フォーラム講演要旨集,   2013年07月
  • 加速度センサを用いた調剤技能の動作解析, 松野純男, 朝倉南美, 齊藤美穂, 波部斉, 細見光一, 大星直樹, 高田充隆, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 心肺蘇生講習を通してのヒューマニズム教育, 中村武夫, 伊藤栄次, 松野純男, 桑島博, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 全国徳洲会グループの薬剤師を対象とした漢方薬意識調査―効果的な漢方教育の実現に向けて―, 岩政かおり, 草薙みか, 門間智恵, 山本倫数, 西山和香子, 松野純男, 大里恭章, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 学校薬剤師における薬物乱用防止教育講師養成に関する意識調査, 高橋直子, 松野純男, 伊藤栄次, 藤垣哲彦, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 生命倫理の参加型学習による薬学生の死生観の変化, 伊藤栄次, 中村武夫, 松野純男, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • P1-603 薬剤師が参画する在宅医療に対する一般市民の意識(地域・在宅医療・薬薬連携,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!), 堀野 智美, 大和 幹枝, 森 十久子, 鴨池 伸治, 佐伯 和彦, 岸田 充生, 高橋 直子, 北小路 学, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2012年10月10日
  • P-0787 ナファモスタットメシル酸塩製剤の安定性に対するD-マンニトール添加の影響(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 大鳥 徹, 原 朱香, 松野 純男, 木村 良隆, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • P-1138 在宅医療へ薬剤師が参画するための問題解決策の探索及び提案(一般演題 ポスター発表,地域・在宅医療,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 李 繭香, 堀野 智美, 大和 幹枝, 山村 万里子, 高橋 直子, 北小路 学, 細見 光一, 岸田 充生, 近藤 直緒美, 菅濱 淳仁, 乾 英夫, 藤垣 哲彦, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • P-1137 在宅医療の周辺状況および薬剤師の在宅医療参画に対する市民の意識について : クラスター分析を主とした解析結果から(一般演題 ポスター発表,地域・在宅医療,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 堀野 智美, 大和 幹枝, 李 繭香, 佐伯 和彦, 鴨池 伸治, 森 十久子, 岸田 充生, 高橋 直子, 北小路 学, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • P-0798 ジェネリック医薬品普及と薬局薬剤師の意識に関する調査研究(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 長井 紀章, 大野 ひかる, 大和 幹枝, 堀野 智美, 北小路 学, 伊藤 吉將, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • 統合失調症意識調査と薬学部生・他学部生間の疾患認識の違い(一般演題(口頭)35,精神科領域(1),Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 大和 幹枝, 阪口 寛子, 堀野 智美, 上垣 千波, 北小路 学, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • O2-11 バンコマイシン塩酸塩のAUCに影響を与える因子(一般演題 口頭発表,薬物動態・TDM・投与設計,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 池田 桂子, 池田 智絵, 加藤 克洋, 冨山 直樹, 松野 純男, 松山 賢治, 岡村 昇, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2010年10月25日
  • 01P2-017 Statinによる急性骨髄性白血病への抗腫瘍効果の基礎的検討 : ATRA耐性APLへのStatin有効性について(薬物療法(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた), 冨山 直樹, 北田 千裕, 西口 絵理, 松野 純男, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2006年09月01日
  • 01-D-06 Doxorubicin誘発性心毒性に関する研究 : ERストレス経路の関与(有害事象・副作用(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた), 鈴木 智弓, 秋好 健志, 鳴戸 郁江, 禰占 奈美江, 西方 真弓, 篠塚 和正, 松野 純男, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2006年09月01日
  • P-34 酔芙蓉(スイフヨウ)の花色変化のメカニズム(ポスター発表の部), 三島 鮎美, 高橋 裕美, 奥 尚枝, 松野 純男, 十万 佐知子, 中林 利克, 石黒 京子, 天然有機化合物討論会講演要旨集,   2005年09月15日
    概要:The petal of Hibiscus mutabilis L. f. versicolor MAKINO shows a white color after the flowering, and it gradually changes in the red. Though it is reported that the color changes are due to the storage of the anthocyanin in the petal vacuole, the mechanism has not been clarified. Thus, the mechanism of the color change was elucidated by expression analysis of mRNA of anthocyanidin synthetase (ANS) in the petal. Extraction and purification of mRNA: petals of white, pink and red organization of freezed fresh H. mutabilis were crushed in the liquid nitrogen and total RNA was extracted using the CTAB method, followed by the refinement of each mRNA by Purification Kit (TaKaRa). The several kinds of primer of actin and ANS were designed from the homology with other plants respectively and then RT-PCR was done using these primers. On cDNA fragment amplified by RT-PCR, the base sequence was analyzed by the conventional mannner. Using the primer which efficiently amplified the cDNA fragment, the expression of mRNA of the ANS with the change of the flower color was examined by RT-PCR. The amplified fragment of about 600bps was assigned to that of actin and the amplified fragment of about 500bps expressed only in the deep red petal was assigned to that of the ANS of H. mutabilis, referring to the sequence of actin and the ANS respectively. The amino acid sequence of mRNA of actin of H. mutabilis showed a homology over 91% with those of the other type plant and that of the ANS showed a homology over 82%. The expression level of mRNA of the ANS was consistent with the increase in the deep red from the white color. Furthermore, the color change was dependent on temperature but not the light.
  • P-508 ビスホスホネート系骨粗鬆症治療薬による筋障害発症リスクの検討(8.有害事象・副作用(基礎と臨床),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-), 石橋 美紀, 流矢 規子, 秋好 健志, 難波 祐美, 安田 典子, 松野 純男, 西方 真弓, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2004年09月01日
  • 2-III-7 高脂血症治療薬とビタミンの併用による横紋筋融解症発症のリスク(第56回大会一般研究発表), 吉元 広美, 村田(田鶴谷) 惠子, 松野 純男, 安田 晋也, 岩佐 容子, 山田 和子, 松山 賢治, 三嶋 基弘, ビタミン,   2004年04月25日
  • 28-04-09 感度増強性フローサイトメトリーを用いた statins 誘発性アポトーシスの定量的検討, 安田 典子, 松野 純男, 西方 真弓, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2003年09月01日
  • 1-II-8リンパ芽細胞に対する放射線障害とビタミンの影響(第55回大会一般研究発表), 村山(田鶴谷) 惠子, 井ノ口 由貴, 八尋 由紀, 岩佐 容子, 山田 和子, 松野 純男, 松山 賢治, 梅崎 典良, 三嶋 基弘, ビタミン,   2003年04月25日
  • HMG-CoA還元酵素阻害剤による細胞障害に対するビタミン類の影響, 村山(田鶴谷) 惠子, 松野 純男, 山田 和子, 田中 宏美, 松山 賢治, 八尋 由紀, 岩佐 容子, 三嶋 基弘, ビタミン,   2002年03月25日
  • 神経細胞内カルシウムレベルを指標とした塩酸キニーネ苦味強度の予測, 秋好 健志, 中村 智子, 田中 直子, 篠塚 和正, 松野 純男, 中林 利克, 宮永 陽子, 松山 賢治, 内田 享弘, 薬剤学,   2002年03月05日
  • スタチン系薬剤とフィブラート系薬剤併用時における筋芽細胞のアポトーシス増強に関する研究, 松山 賢治, 田中 宏美, 村山 恵子, 松野 純男, 安田 晋也, 内田 享弘, 中林 利克, 薬剤学,   2002年03月05日
  • Statins 及び Fibrates 投与時における細胞内 Ca 上昇と筋芽細胞 L6 のアポトーシス誘導との関連, 安田 晋也, 松野 純男, 鎌倉 弥生, 流矢 規子, 田中 宏美, 田中 直子, 篠塚 和正, 中林 利克, 松山 賢治, 日本薬物動態学会年会講演要旨集,   2002年
  • O-18 高脂血症治療薬多剤併用時における筋障害発症機序の筋芽細胞による検討, 田中 宏美, 安田 晋也, 松野 純男, 村山 恵子, 内田 享弘, 中林 利克, 松山 賢治, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2001年09月01日
  • 新しいIII群抗不整脈剤E-4031の内向き整流K^+電流(I)に対する作用 : 日本循環器学会第73回近畿地方会, 愛田 良樹, 佐藤 良一, 坂口 好秀, 高井 博之, 松野 純男, 小柳津 美樹, 唐崎 専也, 香取 瞭, Japanese circulation journal,   1994年04月20日
  • 薬局薬剤師の在宅医療への参画の現状~アンケート調査結果の単純集計ならびに因子分析による検討~, 李 繭香, 北小路 学, 細見 光一, 松野 純男, 高田充隆, 岸田充生, 高橋直子, HIP研究会第7回フォーラム,   2010年09月, HIP研究会第7回フォーラム
    概要:薬局薬剤師の在宅医療への参画について、薬剤師へのアンケート調査結果の単純集計ならびに因子分析による検討を行い、参画への現状と阻害要因を明らかにした。
  • 早期体験学習における車イス体験を通してのヒューマニズム教育, 中村 武夫, 伊藤 栄次, 松野 純男, 第43回日本薬剤師会学術大会,   2010年10月, 第43回日本薬剤師会学術大会
  • 薬学部教員による小学生中学年児童に対する「くすりの授業」, 伊藤 栄次, 中村 武夫, 松野 純男, 第43回日本薬剤師会学術大会,   2010年10月, 第43回日本薬剤師会学術大会
  • 平成21年度近畿大学薬学部生涯教育研修会受講者に対するアンケート結果の解析, 島倉 知里, 松野 純男, 髙田 充隆, 伊藤 栄次, 西脇 敬二, 松田 秀秋, 掛樋 一晃, 森本佳明, 第60回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年, 第60回日本薬学会近畿支部総会・大会
    概要:【目的】近畿大学薬学部は近畿大学薬友会(同窓会)と協力し,卒業生を含む薬剤師が薬の専門家として高い水準を維持し続けることを目的とし,その時々の変化に応じた課題をテーマとして取り上げ,平成5年度から「生涯教育研修会」を開催している。研修会のプログラムは,前年度受講者のアンケートを元に作成している。このアンケート結果を分析することにより,受講生にとってさらに有意義な研修会を開催できると考え,今回解析を行った。 【方法】2009年9月から11月の間に3回開催した研修会の受講者合計1,846名を対象に無記名にてアンケート調査を実施,その結果を集計し,多変量解析手法を用いて受講者の特徴などについて解析した。 【結果と考察】合計391名からの回答があった。 アンケートの主成分分析を行った結果,薬学部ホームページや日本薬剤師研修会ホームページなど積極的な方法で研修会を知った受講者ほど受講料を安いと感じ,知人からの紹介,職場
  • 平成22年度近畿大学薬学部生涯教育研修会受講者に対するアンケート結果の解析, 島倉 知里, 松野 純男, 八軒 浩子, 髙田 充隆, 伊藤 栄次, 西脇 敬二, 掛樋 一晃, 森本佳明, 日本薬学会第131年会,   2011年03月, 日本薬学会第131年会
    概要:【目的】近畿大学薬学部は近畿大学薬友会(同窓会)と協力し,卒業生を含む薬剤師が薬の専門家として高い水準を維持し続けることを目的として平成5年度から「生涯教育研修会」を開催している。研修会のプログラムは,前年度受講者のアンケートを元にその時々の変化に応じた課題をテーマとして取り上げているが,さらに受講生に有意義な研修会を目指して,多変量解析により詳細なアンケート分析を行う事とした。 【方法】学生を除く研修会受講者を対象に無記名にてアンケート調査を実施,その結果を集計し,多変量解析手法を用いて受講者の特徴などについて解析した。 【結果と考察】平成21年度のアンケートについて主成分分析を行った結果,「内容についての理解度」,「テーマに対する興味」,「新しく得た知識の量」,「業務に対して役立つ程度」の4項目の間には正の相関があった。また,積極的な方法で研修会を知った受講者ほど受講料を安いと感じ,受動的

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 第2世代抗精神病薬投与時におけるメタボリック症候群誘発機序の解明, 松野 純男, 培養細胞を用いて、第2世代(非定型)抗精神病薬(SGAs)のメタボリックシンドローム(MS)誘発機序の検討を行った。神経細胞株を用いた検討では、運動神経系よりも交感神経系細胞株である PC12において、オランザピンが他の SGAよりも 5HT_<2C>受容体の mRNA発現を活性化することを認め、セロトニンを介した交感神経系の刺激により MSを誘発する可能性を示した。さらに、脂肪前駆細胞株 3T3L1を用いた検討によって、オランザピンが PPAR_γの活性化によって脂肪分化を促進することを認めた。以上のように、 SGAsのうち、特にオランザピンが脂肪細胞を直接刺激して脂質の取り込みを亢進させるとともに、交感神経系を活性化するという相乗効果によって肥満を引き起こすことを、培養細胞を用いて明らかにすることができた。
  • 医薬品による筋障害発症機構の解明
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), CDC25フォスファターゼを阻害するビタミンK3誘導体の新規抗癌薬としての評価, 松山 賢治, ビタミンK3は、投与量依存的に肝癌細胞(Hep G2)に障害を与え、そのIC50は13.7μMと既存の抗癌剤に比較しやや低い殺細胞効果を示した。そのメカニズムとして別冊に添付したアクセプト英文論文にも記した如く、細胞周期のS期を短縮し、G2/M期を投与量依存的に延長するという注目すべき知見を得た。生化学的検討の結果、ビタミンK3は、cyclinA/cdk1とcyclinA/cdk2コンプレックスの増加を惹起するとともに、cyclinB/cdk1に関しては減少を起し、その結果、G2/M期の延長をもたらすとの結論を得た。G2/M期が有意に延長するという知見は、他のG2/M期に働く抗癌薬との併用に於いて相乗効果をもたらすことが期待され、その点について、G2/M期に働く抗癌剤であるエトポシドとビタミンK3の併用効果を検討した結果、ビタミンK3はエトポシドの効果を相乗的に増強することが判明した。一方、S期に働く、イリノテカンについては、ビタミンK3のS期を短縮する効果により、相乗効果は認められなかった(Biol.Pharm.Bull,31(6)inpress)。さらにビタミンK3の臨床応用を目指して、毒性を示さない濃度のVK3とビタミンC(VC)を併用することで、大腸癌細胞株に対して短時間から相乗的な細胞毒性を示し、その細胞毒性はVK3単独処理とは異なり特徴的な形態変化を伴うことを明らかにした。その際、細胞毒性を引き起こす要因には活性酸素種(ROS;reactive oxygen species)が関与していることが示唆され、VK3/VC併用による細胞毒性機序にはVK3単独による細胞毒機序と同様に、apoptosisが関与していることが示唆された。本研究によりVK3/VC併用も、また、大腸癌患者に対する抗癌剤としての使用を期待できる結果となった。また、生体の必須物質であり、経口投与可能なvitamin類を使用していることから、詳細な作用機序についてのさらなる検討を行うことで、重篤な副作用を回避でき、利便性の高い新規の薬物療法としての使用が期待でき、今後、この点に関し、臨床研究を行う必要があると考えている。
  • 脂質代謝異常およびストレスへの音楽療法の軽減効果
  • 多変量解析を用いた癌患者の情動的支援の検証

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生化学, 武庫川女子大学
  • 細胞生物学, 武庫川女子大学
  • 医薬品開発論, 武庫川女子大学
  • 薬学統計学, 近畿大学,武庫川女子大学
  • 放射化学, 近畿大学