KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

旗手 稔ハタテ ミノル

プロフィール

所属部署名工学部 機械工学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名教授/次世代基盤技術研究所長,学部長補佐
学位博士(工学)
専門材料工学(特に、鋳鉄材料や鋳造材料)
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/399-hatate-minoru.html
ホームページURLhttp://www.hiro.kindai.ac.jp/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    鋳造材料は産業の基盤となる素形材を供給しており、古くは鍋・釜や大仏・梵鐘など、現在では自動車や建設機械、大型機械の部品などの製造に応用され、その材料特性について研究している。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1988年, 近畿大学, 工学研究科, 機械工学
  •  - 1983年, 近畿大学, 理工学部, 金属工学科

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 機械材料・材料力学
  • 材料工学, 金属生産工学

研究キーワード

  • 鉄鋼材料学, 鋳造工学及び鋳造材料

論文

  • 窒化及び軟窒化した球状黒鉛鋳鉄の疲労特性, 信木 関、旗手 稔、生田明彦、河崎裕介、浜坂直治, International Journal of Metalcasting,, 11, 1, 52, 30,   2017年01月, 査読有り
  • 球状黒鉛鋳鉄の引張と衝撃特性に及ぼすCu添加及び熱処理の影響, 信木 関、旗手 稔、烏谷 豪、奥隅友規, Foundry Trade Journal, 190, 3740, 294, 298,   2016年12月, 査読有り
  • 砂型鋳物及び連続鋳造材を素材としたオ-ステンパ球状黒鉛鋳鉄の切削性, 生田明彦、旗手 稔、信木 関, Materials Transactions,, 57, 8, 1339, 1344,   2016年05月, 査読有り
  • 精密鋳造法による合金工具鋼鋳鋼の強度,硬さ及び摩耗特性に及ぼす焼戻し温度の影響, 遠藤栄治、生田明彦、信木 関、旗手 稔、中山英樹, 鋳造工学, 88, 5, 276, 281,   2016年05月, 査読有り
  • 鋳鉄鋳物は安定系共晶反応を伴って凝固する, 旗手 稔, ふぇらむ, 20, 9, 423, 428,   2015年09月, 査読有り
  • 窒化及び軟窒化した球状黒鉛鋳鉄の疲労特性, 旗手 稔、信木 関、生田明彦、河崎裕介、浜坂直治, 鋳造工学, 87, 6, 382, 387,   2015年06月, 査読有り
  • 砂型鋳物及び連続鋳造材を素材としたオ-ステンパ球状黒鉛鋳鉄の切削性, 生田明彦、旗手 稔、信木 関, 鋳造工学, 87, 4, 231, 238,   2015年04月, 査読有り
  • 黒鉛化触媒を用いた超微粉砕木質の炭化, 信木 関、奥隅友規、旗手 稔、竹中啓恭, 日本機械学会論文集, 81, 821, 14-00411,   2015年01月, 査読有り
  • 窒化処理した球状黒鉛鋳鉄の疲労特性に及ぼす合金元素の影響, 河崎裕介, 旗手 稔, 信木関, 隅岡純一, 浜坂直治, 山口泰文, 鋳造工学, 87, 1, 3, 8,   2015年01月, 査読有り
  • Accurancy Improving Methods in Estimation of Graphite Nodularity of Ductile Cast iron by Measurement of Ultrasonic Velocity, 旗手 稔, 信木 関, 小松 眞一郎, Science And Technology of Cassting Processes, 265, 283,   2012年12月
  • Thermal expansion of Fe-TM-B (TM=transition metal) bulk amorphous forming alloys, 旗手 稔, J.S.Garitaonandia, K. Suzuki, Journal of Applied Physics, 103, 07B909-1, 07B909-3,   2008年05月, 査読有り
  • Low Thermal-expansion Gray Cast Iron Strengthened by Crystallizing Dispersed Carbide Particles, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 小松 眞一郎, 炭本 治喜, 中村幸吉, International J. of Cast Metals Reserch, 16, 1~3, 377, 381,   2003年12月
    概要:最大5%までの範囲でNb、Cr、W、V、Ti、Mo を添加した低熱膨張ねずみ鋳鉄を溶製し、熱膨張特性及び静的機械的性質を調査したところ、形成する炭化物によって熱膨張特性に対する影響が異なるが、高強度化に対して炭化物の形成は有効であることを認めた。
  • Mechanical Properties and Thermal Expansion Characteristics of Low Thermal Expansion Ductile Cast Iron with Same Nikel Equivalent(NiE), 旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, Kazumichi SHIMIZU, Key Engineering Materials, 457, 380, 385,   2010年12月
  • Mechanical characteristics of spheroidal graphite cast irons containing Ni and Mn with mixed ferrite and bainitic ferrite microstructure, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, International Journal of Cast Metals Research, 21, 31, 38,   2008年12月
  • Notch Effects on Impact and Bending Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrices, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, Key Engineering Materials, 457, 392, 397,   2010年12月
  • オ-ステンパ球状黒鉛鋳鉄の乾式ころがり摩耗特性に及ぼすレ-ザ硬化処理の影響, 大田垣 崇, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 佐藤高浩, 石川隆寛, 栗熊勉, 鋳造工学, 76, 9, 741, 747,   2004年09月
  • パ-ライト基地球状CV黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 76, 7, 555, 561,   2004年07月
  • フェライト基地球状およびCV黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 75, 749, 756,   2003年12月
  • フェライト基地球状及びCV 黒鉛鋳鉄の切欠衝撃・曲げ特性, 信木関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 75, 11, 749, 756,   2003年11月
    概要:フェライト基地球状及びCV 黒鉛鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に及ぼす外部切欠きの影響について、破壊に要するエネルギー解析及びき裂の発生・伝播の観察、破面解析の観点から考察した。
  • フェライト基地球状及びCV黒鉛鋳鉄の切欠き衝撃・曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 75, 11, 749, 756,   2003年11月
  • 切欠を付したフェライト基地球状黒鉛鋳鉄の靱性特性に及ぼす負荷速度の影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 鋳造工学, 77, 9, 601, 607,   2005年09月
  • 炭化物を晶出させた高強度及び耐摩耗性合金工具鋼鋳鋼の開発, 遠藤 栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山 英樹, 鋳造工学, 83, 2, 86, 92,   2011年02月
  • 炭化物生成元素添加による合金工具鋳鋼の強度と摩耗特性, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 鋳造工学, 82, 8, 465, 471,   2010年08月
  • 炭化物生成元素添加による高炭素・高クロム鋳鋼の組織変化, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 近畿大学工学部研究報告, 43, 43, 53,   2009年12月
  • 精密鋳造法による合金工具鋼鋳鋼の材料特性に及ぼすバナジウムの影響, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 鋳造工学, 81, 9, 429, 435,   2009年09月

書籍等出版物

  • 第5版 鉄鋼便覧 第3巻 材料の組織と特性, 旗手 稔, 共編者, 第1編 鋳鉄・鋳鋼, (一社)日本鉄鋼協会,   2014年08月
  • 新版 鋳鉄の材質 (第3章3節), 旗手 稔, 信木 関, 共著, (公社)日本鋳造工学会,   2012年12月
  • 新版 鋳鉄の生産技術, 旗手 稔, 共著, 第2章, 素形材センタ-,   2012年10月

講演・口頭発表等

  • メカニカルアロイング法によるMg系水素吸蔵合金の創製, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 東海大学工学部 応用化学科, (一社)水素エネルギー協会 第32回(HESS)大会,   2012年12月, (一社)水素エネルギー協会 第32回(HESS)大会
  • 耐熱性球状黒鉛鋳鉄の高温強度と耐酸化性評価, 兵景, 旗手 稔, 信木 関, 笠原康正, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会,   2009年12月, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会
  • 高強度球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCuの影響, 宮本諭卓, 旗手 稔, 信木 関, 加納慎也, 山口泰文, 為井大輔, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会,   2009年12月, (社)日本鋳造工学会 中国四国支部 支部研究発表会
  • 高強度化した高Cr,Cr鋳鋼の機械的性質および耐摩耗性, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤栄治, 安成祐貴, (社)日本鋳造工学会 第156回全国講演大会,   2010年06月, (社)日本鋳造工学会 第156回全国講演大会
  • Mechanical Properties and Thermal Expansion Characteristics of Low Thermal Expansion Ductile Cast Iron with Same Nikel Equivalent(NiE), 旗手 稔, 信木 関, 木口 昭二, 清水一道, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9),   2010年11月, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)
  • Notch Effects on Impact and Bending Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrices, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9),   2010年11月, 9th International Symposium on SCIENCE and Processing of Cast Iorn (SPCI'9)
  • Development of Mg based Hydrogen Absorbing Alloys Prepared by Mechanical Alloying, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 近畿大学大学院システム工学研究科M2, International Symposium on Metal-Hydrogen Syatems(MH2012),   2012年10月, International Symposium on Metal-Hydrogen Syatems(MH2012)
  • Mechanical Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Irons Containing Ni and Mn with Mixture of Ferrite and Bainitic-ferrite, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, The 10th Asian Foundry Congress, (AFC-10),,   2008年05月, The 10th Asian Foundry Congress, (AFC-10),
  • Microstructures and mechanical properties of alloy tool steel castings with carbides stabilizer elements, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 中山 英樹, The 11th Asian Foundry Congress,   2011年11月, The 11th Asian Foundry Congress
  • Impact and Bending Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Iron with External Notch, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, The 1st Korea-Japan Conference for YFE,   2003年04月, The 1st Korea-Japan Conference for YFE
  • High Strengthened alloy tool steel castings by addition of carbide stabilizing elements, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers,   2009年10月, The 3rd Japan-Korea Workshop for Young Foundry Engineers
  • Impact characteristics of copper alloyed ductile cast irons, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 諭卓, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • Influence of alloying elements on fatigue properties of nitrided ductile cast irons, 旗手 稔, 信木 関, 河崎 裕介, 隅岡 純一, 奥隅 友規, 浜坂 直治, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • Mechanical propeties of alloy tool steel castings, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 花房 龍男, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE),   2013年09月, The 5th Japan-Korea workshop for Young Foundry Engineers(YFE)
  • Strength and Abrasion Characeristics of Alloy Tool Steel Castings Produced by Investent Casting Process, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, The 69th World Foundry Congress,   2010年10月, The 69th World Foundry Congress
  • Development of High Toughness Austempered Ductile Irons, 信木 関, 旗手 稔, 木口 昭二, 清水 一道, The 70th World Foundry Congress,   2012年04月, The 70th World Foundry Congress
  • Notch Effects on Impact Characteristics of Spheroidal and Compacted Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrix, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 小松 眞一郎, The 8th Asian Foundry Congress,(AFC-8),   2003年10月, The 8th Asian Foundry Congress,(AFC-8)
  • メカニカルアロイング法を用いたMg-Al,Ti-Fe系合金創製とその水素親和性, 金川 昌平, 旗手 稔, 信木 関, 日本機械学会 中国四国支部 第50期講演会,   2012年03月, 日本機械学会 中国四国支部 第50期講演会
  • 粉末冶金法を用いたMg系合金の創製, 金川 昌平, 信木 関, 旗手 稔, 日本鉄鋼協会第54回・日本金属学会第51回中国四国支部講演大会,   2011年08月, 日本鉄鋼協会第54回・日本金属学会第51回中国四国支部講演大会
  • 低熱膨張鋳鉄の1273K以下での熱処理による熱膨張係数の低下, 冨田 義弘, 旗手 稔, 中村 幸吉, 三重県工研, (株)ナベヤ, (株)ナベヤ, 日本鋳造工学会,   2009年05月, 日本鋳造工学会
    概要:鋳鉄の熱膨張係数は大きいが、合金化することで低熱膨張化することが可能である。さらに、1273K以下の低い温度で熱処理を行うことで、さらなる低熱膨張化に成功した。
  • 黒鉛形状の異なるパーライト地鋳鉄の衝撃及び曲げ特性に及ぼす外部切欠きの影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会138回全国講演大会,   2001年05月, 日本鋳造工学会138回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会139回全国講演大会,   2001年10月, 日本鋳造工学会139回全国講演大会
  • 黒鉛形状の異なるオーステンパ処理鋳鉄の切欠き衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会140回全国講演大会,   2002年05月, 日本鋳造工学会140回全国講演大会
  • CV黒鉛鋳鉄の衝撃及び曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会141回全国講演大会,   2002年10月, 日本鋳造工学会141回全国講演大会
  • Si鋳鋼の衝撃および曲げ特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会142回全国講演大会,   2003年05月, 日本鋳造工学会142回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の靭性特性に及ぼす荷重速度の影響, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会144回全国講演大会,   2004年05月, 日本鋳造工学会144回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄とSi鋳鋼の破面解析, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会145回全国講演大会,   2004年10月, 日本鋳造工学会145回全国講演大会
  • Ni添加球状黒鉛鋳鉄の機械的性質と衝撃特性, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会146回全国講演大会,   2005年05月, 日本鋳造工学会146回全国講演大会
  • 24%Ni-12%Co低熱膨張球状黒鉛鋳鉄のマルテンサイト変態に関する臨界冷却速度, 旗手 稔, 信木 関, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会153回全国講演大会,   2008年10月, 日本鋳造工学会153回全国講演大会
  • 低熱膨張球状黒鉛鋳鉄の熱膨張特性と熱処理条件との関係, 滝元 弘樹, 旗手 稔, 信木 関, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会,   2011年10月, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会
  • 高強度球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすNi,Cuの影響, 烏谷 豪, 旗手 稔, 信木 関, 宮本 論卓, 浜坂 直治, 加納 慎也, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会,   2011年11月, 日本鋳造工学会 第159回全国講演大会
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCu添加と熱処理の効果, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 論卓, 日本鋳造工学会 第160回全国講演大会,   2012年05月, 日本鋳造工学会 第160回全国講演大会
  • 球状及びCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす切欠き効果, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会,   2002年12月, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす基地組織の影響, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会,   2004年12月, 日本鋳造工学会中国四国支部研究発表会
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすCu添加と熱処理の影響, 信木 関, 旗手 稔, 日本鋳造工学会中国四国支部第34回いいもの研究部会,   2012年08月, 日本鋳造工学会中国四国支部第34回いいもの研究部会
  • ADI材料の被削性が工具寿命におよぼす影響, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 日本鋳造工学会平成20年度中国四国支部研究発表会,   2008年12月, 日本鋳造工学会平成20年度中国四国支部研究発表会
  • ADI材料における切削特性の定量化, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 日本鋳造工学会第153回全国講演大会,   2008年10月, 日本鋳造工学会第153回全国講演大会
  • インバー組成のNi当量とした低熱膨張鋳鉄の性質に及ぼすニッケルとコバルトの影響, 旗手 稔, 信木 関, 塩田 俊雄, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • オーステンパ球状黒鉛鋳鉄の切削性におよぼす鋳造方法の影響, 生田 明彦, 旗手 稔, 信木 関, 京極 秀樹, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2012年10月, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • 機械的性質および組織を考慮した材料との比較におけるADI材料の切削特性, 生田 明彦, 旗手 稔, 京極 秀樹, 信木 関, 深谷 保博, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • 炭化物生成元素添加による高炭素・高クロム鋳鋼の強度の改善, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会,   2009年05月, 日本鋳造工学会第154回全国講演大会
  • Cr、Mo、V 系炭化物を粒子晶出法で分散させた低熱膨張球状黒鉛鋳鉄の性質, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 第143 回全国講演大会(富山),   2003年10月, 第143 回全国講演大会(富山)
    概要:粒子晶出法を活用して炭化物生成傾向がFe やNi より強い合金元素であるCr、Mo、Vを添加した低熱膨張球状黒鉛鋳鉄を溶製し、黒鉛球状化が阻害しない添加量を決定すると共に、熱膨張特性、静的機械的性質及び摩耗特性に及ぼすこれら元素の影響を調査した。
  • ADI材料と他材料との切削現象の比較, 生田 明彦, 旗手 稔, 深谷 保博, 京極 秀樹, 信木 関, 精密工学会第67回難削材加工専門委員会,   2008年11月, 精密工学会第67回難削材加工専門委員会

MISC

  • Impact characteristics of copper alloyed ductile cast irons, 信木 関, 旗手 稔, 烏谷 豪, 宮本 諭卓, Reports of the 5th Japan-Korea workshop for young foundry engineers, 57, 60,   2013年09月
  • メカニカルアロイング法によるMg系水素吸蔵合金の創製, 信木 関, 旗手 稔, 竹中 啓恭, 東海大学工学部 応用化学科, 水素エネルギー協会大会論文, 32, 93, 96,   2012年12月
  • Development of High Toughness Austempered Ductile Irons, 信木 関, 旗手 稔, 木口 昭二, 清水 一道, Proceedings of the 70th World Foundry Congress, 100, 106,   2012年04月
  • Microstructures and mechanocal properties of alloy tool steel castings with carbides stabilizer elements, 信木 関, 旗手 稔, 遠藤 栄治, 中山 英樹, Proceedings of the 11th Asian Foundry Congress, 207, 213,   2011年11月
  • Strength and Abrasion Characeristics of Alloy Tool Steel Castings Produced by Investent Casting Process, 遠藤栄治, 旗手 稔, 信木 関, 中山英樹, Proceedings of 69th World Foundry Congress, 441, 445,   2010年10月
  • メカニカルアロイング法を用いたLaAl系合金の創製とその水素親和性, 信木 関, 旗手 稔, 久慈俊郎, 近畿大学工学部研究報告, 43, 55, 60,   2009年12月
  • Mechanical Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Irons Containing Ni and Mn with Mixture of Ferrite and Bainitic-ferrite, 信木 関, 旗手 稔, 塩田 俊雄, Proc. 10th Asian Foundry Congress(AFC10), 168, 173,   2008年05月
  • 衝撃試験における球状黒鉛鋳鉄及びSi鋳鋼の破面解析, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 39, 27, 33,   2005年12月
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第8講鋳鉄のブランド化(その3)~いぐるむ~, 冨田 義弘, 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 572, 3, 12, 16,   2004年03月
    概要:銅鐸に始まる鋳ぐるみの文化について説明し、最新の鋳鉄によるセラミックスの鋳ぐるみ技術について解説を行った。
  • 球状およびCV 黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす黒鉛の影響, 信木関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 37, 59, 67,   2003年12月
    概要:フェライト基地球状及びCV 黒鉛鋳鉄とそれらの鋳鉄と同様のSi 量をもつ黒鉛の存在しないSi 鋳鋼を溶製し、衝撃特性に及ぼす黒鉛の有無及び黒鉛形状の影響を検討した。黒鉛の存在は衝撃値を低下させるが、衝撃遷移挙動には有効に働くことを明らかにした。
  • Notch Effects on Impact Characteristics of Spheroidal and Compact Vermicular Graphite Cast Irons with Various Matrix, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 小松 眞一郎, 信木関, The 8th Asian Foundry Congress, 8, 48, 57,   2003年10月
    概要:外部切欠きを付したフェライト、パーライト、ベイナイト基地球状及びCV 黒鉛鋳鉄の衝撃特性について、黒鉛が存在することによる内部切欠きの効果及び外部切欠きの効果に分けて切欠き効果を総合的に評価した。
  • Electron Beam Welding of Spheroidal Graphite Cast Iron and Steel, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 阿部信行, 天野昌春 田中俊夫, Advances in Applied Plasma Science, 4, 361, 366,   2003年09月
    概要:球状黒鉛鋳鉄の溶接技術は非常に難しい。電子ビーム溶接法を適用して鋼材との溶接できる工法を検討した。
  • Impact and Bending Characteristics of Spheroidal Graphite Cast Iron with External Notch, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, Proc. 1st Korea-Japan Conference for YFE, 1, 9, 12,   2003年04月
  • 基地組織の異なる球状およびCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性における切欠き効果, 信木関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 36, 37, 44,   2002年12月
    概要:試験片に切欠きを付した外部切欠きの効果と、鋳鉄の組織中に存在する黒鉛形状の違いに起因する内部切欠きの効果を衝撃特性の観点から総括的にまとめた。
  • 基地組織の異なる球状およびCV黒鉛鋳鉄の衝撃特性における切欠効果, 信木 関, 塩田 俊雄, 旗手 稔, 近畿大学工学部研究報告, 36, 37, 44,   2002年10月
  • Fe-Ni-C系低熱膨張材の平均線膨張係数に及ぼすC,Niの影響, 日本金属学会誌, 54, 9,   1990年
  • 酸化物系セラミツクスに溶射した皮膜中への鋳鉄溶湯の侵食性とその融着現象, 高温学会誌, 16, 6,   1990年
  • 球状黒鉛鋳鉄の肉厚感受性、特に薄肉試片における機械的性質, 鋳物, 58, 12,   1986年
  • 低熱膨張鋳鉄における平均線膨張係数とNIの偏析について, 日本学術振興会,   1991年
  • 低熱膨張鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼすSI,Cの影響とNI,SIの偏析について, 日本学術振興会,   1991年
  • 超微粒グラフアイト鉄合金の作製とその生成条件について, 近畿大学理工学部研究報告, 23,   1987年
  • 薄肉球状黒鉛鋳鉄の強度,伸びに及ぼす黒鉛粒径の影響, 近畿大学理工学部研究報告, 24,   1988年
  • 鋳鉄と金属皮膜を介した酸化物系セラミツクスとの固液接合について, 近畿大学理工学部研究報告, 25,   1989年
  • 熱分析曲線の解析による鋳鉄のチル化傾向の判定, 近畿大学理工学部研究報告, 25,   1990年
  • ねずみ鋳鉄のチル化傾向に対する黒鉛化及びセメンタイト化元素の挙動, 第57回国際鋳物会議プロシーディング, 51,   1990年
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼす炭素量の影響, 鋳物, 65, 10, 771,   1993年
  • 高品位浸炭・ショットピーニング鋼における疲労強度の向上, 近畿大学工学部研究報告, 27,63,   1993年
  • 球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性に及ぼすC,Si,Mn,P量の影響, 413,   1993年
  • 球状黒鉛鋳鉄の各種負荷条件による破面の特徴, 鋳物, 66, 8, 579,   1994年
  • 低熱膨張鋳鉄の熱膨張の測定について, 近畿大学工学部研究報告, 28, 63,   1994年
  • 低熱膨張鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす黒鉛の影響, 鋳物, 66, 11, 809,   1994年
  • インバー型FeーNi鋳造合金の平均線膨張係数に及ぼすSi,Cの影響, 高温学会誌, 21, 4, 155,   1995年
  • 低熱膨張鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす熱処理の効果, 鋳物, 67, 11, 775,   1995年
  • オーステナイト系低熱膨張鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす炭素、ニッケルの影響, 第3回アジア鋳物会議, 3, 215,   1995年
  • 低熱膨張鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす成分元素の影響, 近畿大学工学部研究報告, 30, 55,   1996年
  • オーステナイト系低熱膨張鋳鉄の熱膨張特性及び機械的性質に及ぼすNiとSiの影響, 第4回アジア鋳物会議, 145,   1996年
  • 球状黒鉛鋳鉄の静的及び疲労強度に及ぼす鋳肌表面粗さの影響, 塩田俊雄, 旗手稔, 竹本勝昭, 鋳造工学, 69, 11, 904, 910,   1997年, 10.11279/jfes.69.904
  • Fe-C合金の片状黒鉛から過冷黒鉛への遷移臨界凝固速度に及ぼす第3元素の影響, 11, 5, 313, 318,   1999年
  • オーステナイト系低熱膨張鋳鉄の熱膨張特性及び機械的性質に及ぼす熱処理の効果, 11, 6, 545, 549,   1999年
  • オーステンパ処理球状黒鉛鋳鉄の乾式ころがり摩耗特性に及ぼす恒温処理温度の影響, 近畿大学工学部研究報告, 32, 1, 8,   1998年
  • オーステンパ処理した鋳鉄のころがり摩耗及びころがり疲労特性に及ぼす黒鉛形状の影響, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 高橋 直希, 鋳造工学, 72, 1, 31, 36,   2000年, 10.11279/jfes.72.31
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」-鋳鉄の減哀能-, 鋳物ダイジェスト (日本鋳物工業会), 524, 10, 14,   2000年
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」鋳鉄の電気的,熱的性質, 鋳物ダイジェスト (日本鋳物工業会), 526, 1, 5,   2000年
  • オーステンパ処理した鋳鉄の静的機械的性質及び衝撃特性に及ぼす恒温処理温度の影響, 51, 56,   2000年
  • 球状黒鉛鋳鉄の切欠き引張及び疲労特性に及ぼす基地組織の影響, 旗手 稔, 塩田 俊雄, 高橋 直希, 鋳造工学, 73, 1, 9, 13,   2001年, 10.11279/jfes.73.9
  • Development and Validity of CAI Teaching Materials for Foundry Engineering, J. of Japan Foundry Engineering Society , 74(6), 357-362,   2002年
  • Influences of graphite shapes on wear characteristics of austempered Cast iron, Wear , 251, 885-889,   2001年
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第7 講 鋳鉄の溶解(その6), 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 565, 12, 17,   2003年08月
    概要:鋳鉄の溶解方法はキュポラ溶解と電気炉溶解に大別され、その中で、電気炉溶解、特には低周波炉溶解方法の操業及び特徴について解説した。
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第7 講 鋳鉄の溶解(その7), 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 566, 13, 17,   2003年09月
    概要:鋳鉄の電気炉溶解方法について、高周波炉操業と低周波炉操業との相違点について解説した。
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第7 講 鋳鉄の溶解(その8), 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 567, 13, 17,   2003年10月
    概要:鋳鉄はキュポラ、高周波炉及び低周波炉のいずれかの炉でほとんどが溶解され、それぞれ特徴をもった溶湯となる。溶け方や溶けた後の溶湯のかく拌などについて解説した。
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第7 講 鋳鉄の溶解(その9), 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 568, 9, 14,   2003年11月
    概要:鋳鉄の溶湯性状について、溶解温度や保持時間が変わった場合に黒鉛の核生成に対する影響といった観点から解説した。
  • 経営者のための「鋳鉄の科学」第7 講 鋳鉄の溶解(その10), 旗手 稔, 中村 幸吉, 鋳物ダイジェスト, 569, 5, 9,   2003年12月
    概要:ねずみ鋳鉄の理想的な材質が得られるのは、菊目組織いわれる黒鉛が自形成長して、共晶セル内でよく曲がりくねったA 型黒鉛とする結論となる、ことを凝固現象及び引張強度特性の観点から解説した。
  • 超高エネルギー密度ビームを利用した高Ni 鋳鉄の溶接性, 旗手 稔, 大阪大学接合科学研究所共同研究報告, 164,   2003年12月
    概要:35% Ni を含有する球状黒鉛鋳鉄(板厚15 mm)に適切な条件で電子ビームをビードオンプレートで照射した。母材の硬さはHv200 に対して、溶接部の硬さは400Hv であり、十分溶接後にも加工が可能な溶接性の良好なものが得られる結果を報告した。

受賞

  •   2014年04月, (公社)日本鋳造工学会中国四国支部, 支部功労賞
  •   1995年, 日下賞(日本鋳物協会)
  • 平成元年 日本鋳物協会関西支部研究助成
  • 平成14年 日本鋳造工学会中国四国支部50周年記念式典表彰

競争的資金

  • 低熱膨張合金の物性及び機械的性質について
  • 鋳鉄材料の静的,動的及び疲労,摩耗特性について