KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

磯貝 典孝イソガイ ノリタカ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門形成外科専門医、手外科専門医
ジャンル医療・健康/生命倫理
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/744-isogai-noritaka.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    再生医学という科学的アプローチを駆使して、新しい形成外科手術手技の開発を目指しています。ヒト耳介形状軟骨およびヒト指骨・指関節の再生誘導技術について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1988年, 近畿大学, 医学研究科, 形成外科学
  •  - 1982年, 近畿大学, 医学部, 医学

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 形成外科学, 再生医学

研究キーワード

  • マイクロサージェリー, 組織工学

論文

  • 血管吻合のない再接着;graft on flap法, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 26, 10, 24, 30,   2013年09月
  • Long term result of a biodegradable osteo-inductive copolymer for the treatmnet of orbital blowout fracture, 諸富 公昭, 伊谷 善仁, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 鹿児島大学大学院医歯総合研究科口腔顎顔面外科学分野, Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery,   2013年07月
  • Is it truly necessary to add the epicanthoplasty for the correction of the epiblepharon?, 朝村 真一, 中尾 仁美, 磯貝 典孝, 柿崎裕彦, Journal of Craniofacial Surgery, 24, 4, 1137, 1140,   2013年04月
  • The pectoralis major myocutaneous pedicled flap revisited, 朝村 真一, 森 一功, 和田 充弘, 磯貝 典孝, 柿崎裕彦, Surgical Science, 4, 9, 380, 384,   2013年04月
  • Coincidental tumors in the main and an accessory parotid gland, 朝村 真一, 和田 仁孝, 磯貝 典孝, 二村 聰, 柿崎裕彦, Journal of Case Report in Medicine, 2,   2013年02月
  • 総排泄腔外反症の術後膀胱再外反に対し連合筋腱膜弁で閉鎖した1例, 中尾 仁美, 磯貝 典孝, 埼玉県立小児医療センター 形成外科, 埼玉県立小児医療センター 形成外科, 埼玉県立小児医療センター 形成外科, 形成外科, 56, 1, 95, 100,   2013年01月
  • Usefulness of poly glycolic acid-polypropylene composite scaffolds for the 3-demensional cartilage regeneration in a large animal autograft, 遠所 瑞拡, 上原 真紀, 伊谷 善仁, 磯貝 典孝, 寺田伸一, Plastic Reconstructive Surgery, 131, 1, 335, 342,   2013年01月
  • Dermoscopic assessment for a brushing treatment for a patient pelted with metal fragments in an industrial explosion., 大磯 直毅, 川田 暁, 諸富 公昭, 七部 史, 磯貝 典孝, 辰巳 陽一, J Dermatol 2012, 39, 12, 1104, 1105,   2012年
  • 舌再建後皮弁修正術により嚥下機能が改善した1例, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 橋本 隆宏, 上石 弘, 日本形成外科学会誌, 26, 6, 394, 398,   2006年
  • 頚部食道再建後瘻孔閉鎖に難渋した1例, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 今野 元博, 塩崎 均, 上石 弘, 日本外科系連合学会誌, 30, 6, 856, 861,   2006年
  • 三次元レーザー形状計測装置を用いた広背筋皮弁採取部の形状評価, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 松永 和秀, 蔡 顯眞, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 形成外科, 49, 5, 559, 563,   2006年
  • 自家骨膜・生分解性ポリマーを用いた骨再生 イヌ眼窩床骨折モデルへの応用, 磯貝 典孝, 草田 朗子, 傅 栄, 松永 吉真, 森 廣政, 望月 祐一, 朝村 真一, ティッシュエンジニアリング 2006, 168, 174,   2006年
  • 指尖部切断術後に生じたcold intoleranceに対するPGl2の治療効果, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 宮里 裕, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 日本サーモロジー学会誌, 25, 3, 80, 83,   2006年
  • Quantitative analysis on the postoperative cosmesis of the reconstructed breast using three-dimensional laser light scanner, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 上石 弘, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩崎 均, Annals of Plastic Surgery, 56, 3, 1, 5,   2006年
  • 三次元レーザー形状計測装置を用いた顔面陥凹変形に値する治療効果の判定, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 松永 和秀, 蔡 顯眞, 上石 弘, 形成外科, 26, 3, 182, 187,   2006年
  • 虐待による熱傷と鑑別が困難であった幼児熱傷の1例, 牡丹千明, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 橋爪慶人, 形成外科, 48, 11, 1257, 1260,   2005年
  • 指尖部切断におけるcomposite graftの検討 , 磯貝 典孝, 楠原 廣久, 上石 弘, 日本手の外科学会雑誌, 22, 3, 163, 165,   2005年
  • 大胸筋皮弁の生着率向上に向けての1考察, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 大瀧 小百合, 上石 弘, 日本熱傷学会会誌, 30, 4, 605, 607,   2005年
  • 再建乳房の整容性の定量的評価法, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 上石 弘, 治療学, 39, 2, 24, 25,   2005年
  • リンパ管腫と診断された巨大な透明細胞汗腺腫の1例, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 形成外科, 48, 10, 1147, 1150,   2005年
  • 三次元レーザー形状計測装置を用いた熱傷後乳房の定量的評価について, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 上石 弘, 日本熱傷学会会誌, 31, 3, 138, 146,   2005年
  • Design and assessment of a tissue-engineered model of human phalanges and a samall joint, W.J.Landis, 磯貝 典孝, 朝村 真一, R.Jacqet J.Hilyer E.Lowder A.Yanke L.Siperko K.Potter, S.Chubinskaya, Orhodontics and Craniofacial Research, 8, 4, 303, 312,   2005年
  • The potential of tissue engineering in orthopedics, W.J.Landis, 磯貝 典孝, 朝村 真一, R.jacqet, J.Hilyer, J.Zhang, S.Chubinskaya, Orthopedic Clinics of Northe America, 36, 1, 97, 104,   2005年
  • Combined chondrocyte-copolymer implantation with slow-release of basic fibroblast growth factor for tissu engineering an auricular cartilage construct, 磯貝 典孝, 諸富公昭, 早川 清雄, 宗像 浩, 上石 弘, 田畑泰彦, 筏 義人, Journal of Biomedical Materials Reserach, 74, 3, 408, 418,   2005年
  • 口腔癌の血管柄付遊離皮弁再建症例における皮弁生着不良因子の検索, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 長田哲次 大部一成 笹栗正明 大石正道, 日本口腔外科学会会誌, 50, 7, 434, 437,   2004年
  • 画像解析装置を用いた片側全頚部郭清術症例の嚥下機能評価-舌骨位置および食道入口部開大の解析-, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 大部一成 大石正道, 顎機能誌, 11, 35, 40,   2004年
  • 組織を併用して形態維持が可能となった培養軟骨モデル, 宮里 裕, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 形成外科, 47, 9, 965, 973,   2004年
  • 指の再生, 磯貝 典孝, 諸富 公昭, J. Nppon. Med. Sch. J. Nppon. Med. Sch., 70, 5, 965, 973,   2004年
  • Prostacyclin analogue (beraprost) relief of cold intolerance after digital replantation and revascularization, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 朝村 真一, Journal of Hand Surgery (British and European Volume), 29B, 4, 406, 408,   2004年
  • Thrombosis and altered expression of intercellular adhesion molecule (ICAM-1) after avulsion injury in rat vessels, 磯貝 典孝, 田中 英俊, 朝村 真一, Journal of Hand Surgey(British and European Volume), 29 B, 3, 230, 234,   2004年
  • Characterization of the cellular origin of a tissue-engineered human phalanx model by in Situ Hybridization, S.Chubinskaya, 磯貝 典孝, 朝村 真一, R.Jacquet W.J.Landis, Tissue Engineering, 10, 7/8, 1204, 1213,   2004年
  • 組織工学により作製した指骨の細胞由来, 磯貝 典孝, 上石 弘, 日本手の外科学会雑誌, 18, 4, 480, 481,   2003年12月
    概要:再生指骨の細胞由来について、in situ hybridization法を用いて検討した。
  • 指の再生, 磯貝 典孝, 諸富 公昭, Journal of Nippon Medical School, 70, 5, 425, 427,   2003年
    概要:再生指と耳介軟骨について臨床応用する上での問題点について述べた。
  • バイオマテリアルと再生医療 指骨・指関節, 磯貝 典孝, 中澤 学, バイオマテリアル - 生体材料 -, 21, 3, 181, 184,   2003年
    概要:再生技術の臨床応用への展望について解説した。
  • Tissue engineeringによって作製した指骨の微細構造および分子生物学的解析, 磯貝 典孝, 上石 弘, 日本手の外科学会雑誌, 19, 5, 572, 573,   2002年10月
    概要:分化誘導された再生指骨の組織学的・生物学的検討を行った結果について述べた。
  • 指再生の試み - 再生指骨格の長期結果 -, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 筏 義人, バイオマテリアル ― 生体材料, 20, 5, 310, 317,   2002年09月
    概要:再生指の長期結果について述べた。
  • Carpal Archを介した逆行性前腕皮弁におけるPivot Point (回転中心)の設定について, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, 日本形成外科学会誌, 22, 7, 500, 505,   2002年07月
    概要:Carpal Archを介した逆行性前腕皮弁の自験例6例を元に、Pivot Pointについて検討した。本皮弁は、手部の重度損傷に対して一期的な再建が可能で、他の遊離皮弁や腹部皮弁と比較しても有用であると考えられた。
  • 指関節の再生, 磯貝 典孝, Clinical calcium, 12, 2, 34, 38,   2002年02月
    概要:指関節の再生技術について解説した。
  • ヒト組織工学の臨床応用を目指して - 指の再生・骨・軟骨・腱の再生技術 -, 磯貝 典孝, 環境と健康, 15, 4, 150, 155,   2002年
    概要:再生した指の臨床応用への展望について述べた。
  • 指骨格形成におけるtissue engineeringの現状と問題点, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 形成外科, 45, 5, 413, 418,   2002年
    概要:指骨格のTissue engineeingの現状と問題点について解説した。
  • 関節のtissue engineeringの現状と問題点, 磯貝 典孝, 形成外科, 45, 4, 413, 418,   2001年12月
    概要:指のTissue engineeringの新しい展開について解説した。
  • 骨格を再建する再生医工学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 化学と生物, 39, 820, 824,   2001年12月
    概要:指骨格のTissue engineeringと問題点について解説した。
  • 指関節の組織工学, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 上石 弘, 医学のあゆみ, 196, 5, 333, 336,   2001年02月
    概要:組織工学の現状と今後の課題について解説した。
  • 骨芽細胞・ポリマー複合体より生じた骨組織の細胞由来, 磯貝 典孝, 上石 弘, William J. Landis, Tissue Engineering, 6, 6, 684, 684,   2000年12月
    概要:骨芽細胞・ポリマー複合体より生じた骨組織の細胞由来について調べた結果、播種細胞が大きく関与していることが判明した。
  • バイオ人工指骨・指関節, 磯貝 典孝, 上石 弘, 医学のあゆみ, 195, 3, 175, 178,   2000年10月
    概要:人工指骨、指関節について解説した。
  • トビックス-ティッシュエンジニアリングの発展 骨と軟骨, 磯貝 典孝, 朝村真一, 上石 弘, 外科治療, 82, 4, 953, 963,   2000年04月
    概要:骨と軟骨の組織工学の現況について解説した。

書籍等出版物

  • 血管の創傷治癒, 創傷の治療:最近の進歩,   1993年
  • 末節部再接着, マイクロサージェリー:最近の進歩,   1995年
  • 周産期の画像診術・顔面のCT診断, 周産期の画像診断,   1995年
  • Phalanges and small joints, Methods of tissue engineering, Academic Press,   2002年
  • Methods of Tissue Engineering, 指骨・指関節の組織工学, 磯貝 典孝, W.Landis, 共著, Academic Press,   2000年04月
    概要:指骨・指関節の組織工学の手技を詳細に解説した。(英文)
  • 再生医療工学の最先端, 耳介軟骨, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 楠原 廣久, 朝村 真一, 共著, シーエムシー出版,   2002年06月
    概要:再生医工学の第4章(耳介軟骨)を分担執筆した。
  • プロスタサイクリンの多様性と臨床応用, 形成外科領域におけるプロスタサイクリンの応用, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 共著, メディカルビュー社,   2002年08月
    概要:手外傷術後にcold intoleranceを訴えた患者に対し、ベラプロストナトリウムを経口投与した。その結果、疼痛、冷感等の臨床症状の改善及びサーモグラフィーによる幹部の温度上昇を認め、本剤の有用性が示唆された。
  • Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery, 完全頭皮剥離の再接着, 上石 弘, 磯貝 典孝, 共著, Springer,   2003年01月
    概要:頭部の完全剥離再接着例を中心としてマクロサージャリーの手技を述べた。(英文)
  • シリーズ21世紀の健康と医生物学, からだをなおす。手指を再生する。, 磯貝 典孝, 単著, 昭和堂,   2003年01月
    概要:手指の再生について解説した。
  • Experimental and Clinical Reconstructive Microsurgery, 耳介の再接着, 磯貝 典孝, 上石 弘, 共著, Springer,   2003年01月
    概要:マイクロサージャリーを用いた耳介再接着について解説した。(英文)
  • ここまで進んだ再生医療の実際, 耳介および指骨格の組織再生, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 共著, 羊土社,   2003年03月
    概要:再生耳介軟骨と指骨格について解説した。
  • ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線 古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS) , 再生医療 b-FGF徐放システムを導入した軟骨移植法, 伊谷 善仁, 中尾 仁美, 磯貝 典孝, 共著, メディカルドゥ,   2013年09月

講演・口頭発表等

  • 硬膜と硬組織の再建を要した開頭術後感染創に対する頭蓋形成の検討, 諸富 公昭, 橋本 隆宏, 平野 成彦, 福田 智一, 松島 星夏, 眞田 寧皓, 木村 貴明, 磯貝 典孝, 第31回日本頭蓋顎顔面外科学会,   2013年10月, 第31回日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 広背筋を用いた乳房一次再建における整容性の客観的定量評価の検討, 伊谷 善仁, 遠所 瑞拡, 橋本 幸彦, 安積 達也, 菰池 佳史, 磯貝 典孝, 第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,   2013年09月, 第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 乳腺部分切除後の欠損部位に応じた広背筋による乳房一次再建, 遠所 瑞拡, 伊谷 善仁, 橋本 幸彦, 安積 達也, 菰池 佳史, 磯貝 典孝, 第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,   2013年09月, 第1回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 炎症が波及した指尖部損傷における逆行性指動脈交叉皮弁の有用性, 楠原 廣久, 和田 仁孝, 徳井 琢, 西脇 仁, 伊谷 善仁, 平野 成彦, 福田 智一, 進藤 恵美, 磯貝 典孝, 第40回日本マイクロサージャリー学会,   2013年09月, 第40回日本マイクロサージャリー学会
  • 指に用いる皮弁 - 指体部における皮弁の選択について -, 楠原 廣久, 和田 仁孝, 徳井 琢, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 第40回日本マイクロサージャリー学会 パネルディスカッション,   2013年09月, 第40回日本マイクロサージャリー学会 パネルディスカッション
  • bFGFを利用した組織再生のfront line, 磯貝 典孝, 第40回日本マイクロサージャリー学会 企画講演,   2013年09月, 第40回日本マイクロサージャリー学会 企画講演
  • 広範囲ケロイドに対する皮弁の減張効果とその評価について, 橋本 隆宏, 諸富 公昭, 伊谷 善仁, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝, 第8回瘢痕ケロイド治療研究会,   2013年08月, 第8回瘢痕ケロイド治療研究会
  • 中頭蓋窩の硬膜外血腫を伴った下顎骨関節突起骨折の一例, 西脇 仁, 諸富 公昭, 福田 智一, 平野 成彦, 木村 貴明, 磯貝 典孝, 第5回日本創傷外科学会,   2013年07月, 第5回日本創傷外科学会
  • ティッシュー・エキスパンター法における伸展皮弁のうっ血に対してb-FGF徐放化システムを用いた1例, 伊谷 善仁, 諸富 公昭, 橋本 隆宏, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 第104回関西形成外科学会,   2013年07月, 第104回関西形成外科学会
  • Hughes 変法による眼瞼脂腺癌の治療経験, 朝村 真一, 平野 成彦, 福田 智一, 磯貝 典孝, 第37回日本頭頚部癌学会,   2013年06月, 第37回日本頭頚部癌学会
  • Advancement of tissue engineering research and the perspective for clinical application in Plastic and Reconstructive Surgery, 磯貝 典孝, International Conference in Medicaine and Public Health (ICMPH 2013),   2013年06月, International Conference in Medicaine and Public Health (ICMPH 2013)
  • 指尖部切断における徐放化basic fibroblast growth factorの有用性 -perionychial graft on flap法への応用-, 楠原 廣久, 徳井 琢, 伊谷 善仁, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 第56回日本手外科学会学術集会,   2013年04月, 第56回日本手外科学会学術集会
  • 広背筋を用いた乳房一次再建における漿液貯留の検討, 遠所 瑞拡, 朝村 真一, 伊谷 善仁, 磯貝 典孝, 第57回日本形成外科学会学術集会,   2013年04月, 第57回日本形成外科学会学術集会
  • 頭蓋顎顔面外科領域におけるナビゲーション手術の適応について, 諸富 公昭, 橋本 隆宏, 松島 星夏, 福田 智一, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 丹羽幸司, 第57回日本形成外科学会学術集会,   2013年04月, 第57回日本形成外科学会学術集会
  • 当科における手の再建の実際, 楠原 廣久, 徳井 琢, 西脇 仁, 磯貝 典孝, 第103回関西形成外科学会学術集会 主題企画,   2013年04月, 第103回関西形成外科学会学術集会 主題企画
  • 指尖部損傷に対する治療方針-指尖部軟部組織欠損に対する皮弁の実際-, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 第57回日本形成外科学会学術集会 ミニシンポジウム,   2013年04月, 第57回日本形成外科学会学術集会 ミニシンポジウム
  • オキュラーサーフェスを考慮した退行性眼瞼下垂症手術, 朝村 真一, 平野 成彦, 福田 智一, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 第57回日本形成外科学会学術集会,   2013年04月, 第57回日本形成外科学会学術集会
  • 軟骨微細化技術を応用した自家移植モデル(イヌ)におけるヒト耳介形状軟骨の再生誘導, 西脇 仁, 伊谷 善仁, 中尾 仁美, 磯貝 典孝, 第12回日本再生医療学会,   2013年03月, 第12回日本再生医療学会
  • 頭頂正中部を超える側頭頭頂筋膜弁を用いた頭蓋底再建の一例, 松島 星夏, 諸富 公昭, 眞田 寧皓, 磯貝 典孝, 第103回関西形成外科学会,   2013年03月, 第103回関西形成外科学会
  • subzoneⅡ切断におけるbFGF徐放システム組み込み型graft on flap法を用いた新しい治療法, 徳井 琢, 楠原 廣久, 西脇 仁, 平野 成彦, 磯貝 典孝, 第18回日本形成外科手術手技学会,   2013年03月, 第18回日本形成外科手術手技学会
  • 胃癌術後の難治性皮膚瘻に対し前外側大腿皮弁をflow through flapとして用いた1例 , 和田 仁孝, 松島 星夏, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 第103回関西形成外科学会,   2013年03月, 第103回関西形成外科学会
  • 最先端の形成外科治療から期待するものづくり, 磯貝 典孝, (公社)京都工業会 平成24年度 第7回ウエルネス研究科,   2013年02月, (公社)京都工業会 平成24年度 第7回ウエルネス研究科
  • B型肝炎抗体獲得者における抗体価低下の様相, 池田 行宏, 磯貝 典孝, 第59回日本学校保健学会,   2012年11月, 第59回日本学校保健学会
  • Efficacy of hepatitis B surface antigen vaccination of Japanese healthcare workers and the importance of immunosurveillance., 池田 行宏, 磯貝 典孝, The 140th american public health association annual meeting,   2012年10月, The 140th american public health association annual meeting
  • B型肝炎抗体獲得者における2年間の追跡調査, 池田 行宏, 磯貝 典孝, 第50回全国大学保健管理研究集会,   2012年10月, 第50回全国大学保健管理研究集会
  • 医療従事者においてB型肝炎抗体獲得から2年後、抗体価低下による追加接種は1回で十分である, 池田 行宏, 磯貝 典孝, 第85回日本産業衛生学会,   2012年05月, 第85回日本産業衛生学会
  • 医学部学生における麻疹抗体保有率の比較―2012年度排除へ向けて―, 池田 行宏, 磯貝 典孝, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 麻疹排除に向けた医学部生のワクチン接種歴調査と抗体保有率, 池田 行宏, 磯貝 典孝, 第49回全国大学保健管理研究集会,   2011年11月, 第49回全国大学保健管理研究集会
  • 再生医学における最近の知見, 磯貝 典孝, 第72回日本形成外科学会九州支部(特別講演),   2006年07月, 第72回日本形成外科学会九州支部(特別講演)
  • 乳房再建における広背筋皮弁の切離時の自動縫合器の使用経験, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 朝村 真一, 上石 弘, 橋本 幸彦, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 塩崎 均, 第31回日本外科系連合学会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学会
  • 高齢者における顔面骨骨折観血的手術症例の検討, 松永 和秀, 朝村 真一, 楠原 廣久, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 第31回日本外科系連合学会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学会
  • 骨膜・生分解性ポリマーを用いた眼窩吹き抜け骨折10例の検討, 朝村 真一, 松永 和秀, 遠所 瑞拡, 橋本 隆宏, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 第31回日本外科系連合学会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学会
  • bFGF(フィプラストスプレー)を用いて保存的に治療した広範な腿組織欠損の1例, 楠原 廣久, 木暮 倫久, 溝口 貴之, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 第4回OWH(Osaka Wound Healing)研究会,   2006年05月, 第4回OWH(Osaka Wound Healing)研究会
  • 指尖部切断再接着における除法化basic fibroblast factorの有用性, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 草田 朗子, 和田 仁孝, 森 廣政, 松永 吉真, 上石 弘, 田畑 泰彦, 第49回日本形成外科学会,   2006年04月, 第49回日本形成外科学会
  • 広背筋皮弁の切離時におけるリニヤカッター(プロキシメイト)の有用性, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 朝村 真一, 上石 弘, 第49回日本形成外科学会,   2006年04月, 第49回日本形成外科学会
  • 遊離空腸食道再建後嚥下障害をきたした症例の検討 - 経時的嚥下機能の定量解析 -, 松永 和秀, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 第36回日本顎口腔機能学会,   2006年04月, 第36回日本顎口腔機能学会
  • 食道癌再建後の食道 閉鎖不全症例に対する大胸筋皮弁の有用性, 松永 和秀, 朝村 真一, 木暮倫久, 上石 弘, 磯貝 典孝, 第49回日本形成外科学会,   2006年04月, 第49回日本形成外科学会
  • 骨膜・生分解性ポリマーを用いた眼窩拭き抜け骨折の治療経験, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 遠所 瑞拡, 楠原 廣久, 松永 和秀, 橋本 隆宏, 上石 弘, 第49回日本形成外科学会,   2006年04月, 第49回日本形成外科学会
  • 広背筋皮弁の切離時におけるリニヤーカッター(プロキシメイト)の有用性, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 朝村 真一, 上石 弘, 橋本 幸彦, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 塩崎 均, 第11回形成外科内視鏡手術手技研究会,   2006年02月, 第11回形成外科内視鏡手術手技研究会
  • 除法化塩基性線維芽細胞増殖因子を用いた血管新生療法の指尖部切断再接着への応用, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 草田 朗子, 和田 仁孝, 上石 弘, 田畑 泰彦, 第32回日本マイクロサージャリー学会,   2005年12月, 第32回日本マイクロサージャリー学会
  • 舌可動部亜全摘・下顎区域切除、腓骨遊離皮弁即時再建症例の嚥下機能評価 - 皮弁作成術の効果について -, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 橋本 隆宏, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 第32回日本マイクロサージャリー学会,   2005年12月, 第32回日本マイクロサージャリー学会
  • 頚部食道癌切除・遊離空腸再建後嚥下障害をきたした症例の検討, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 塩崎 均, 上石 弘, 川西堅秀 彭 英峰, 第32回日本マイクロサージャリー学会,   2005年12月, 第32回日本マイクロサージャリー学会
  • Successful reconstruction of clown nose using a periosteal cell-seeded copolymer implant, 蔡 顯眞, 川田 暁, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 森 一功, Ikada Y, The 14th Japan -Korea Joint Meeting of Dermatology,   2005年11月, The 14th Japan -Korea Joint Meeting of Dermatology
  • 眼窩床骨折モデルにおけるBMP-2除放ゼラチンハイドロゲルシートの有用性, 望月祐一, 磯貝 典孝, 草田 朗子, 上石 弘, 田畑泰彦, 筏 義人, 第35回日本創傷治癒学会,   2005年11月, 第35回日本創傷治癒学会
  • 生分解性ポリマーを用いた眼窩吹き抜け骨折再建の3例, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 遠所 瑞拡, 楠原 廣久, 松永 和秀, 上石 弘, 第35回日本創傷治癒学会,   2005年11月, 第35回日本創傷治癒学会
  • Laser Light Scannerを用いた広背筋皮弁採取部の形状評価, 蔡 顯眞, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第15回日本シュミレーション学会,   2005年10月, 第15回日本シュミレーション学会
  • 広背筋皮弁を用いた一期的乳房再建における切開線の評価, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩崎 均, 第28回日本美容外科学会,   2005年10月, 第28回日本美容外科学会
  • 再生ヒト耳介形状軟骨における三次元形状と力学的特性の長期的結果, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第8回日本組織工学会,   2005年09月, 第8回日本組織工学会
  • 舌可動部亜全摘・下顎区域切除、腓骨遊離皮弁即時再建症例の嚥下機能評価 - 皮弁作成術の効果について -, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 橋本 隆宏, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 笹栗正明 中村誠司, 第73回日本口腔外科学会九州地方会,   2005年09月, 第73回日本口腔外科学会九州地方会
  • 切断指にみられた損傷血管の組織学的変化, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 溝口 貴之, 上石 弘, 第21回大阪マイクロサージャリー研究会,   2005年07月, 第21回大阪マイクロサージャリー研究会
  • 指尖部切断術後に生じたClold intoleranceに対するPGL2の治療効果, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 遠所 瑞拡, 上石 弘, 第22回日本サーモロジー学会,   2005年06月, 第22回日本サーモロジー学会
  • 三次元レーザー形成計測装置を用いた再建乳房形状の定量的評価法-モアレ稿による等高線パターンの解析からー, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩崎 均, 第13回日本乳癌学会,   2005年06月, 第13回日本乳癌学会
  • メカニカルテストから見た再生耳介軟骨の長期結果, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第30回日本外科系連合学会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会
  • 食道再建後吻合部治療不全をきたした症例の検討-嚥下機能解析効果-, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 今野 元博, 塩崎 均, 上石 弘, 第30回日本外科系連合学会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会
  • 悪性黒色腫の局所浸潤により ’道化師の鼻 ’を呈した1例, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 森 一功, 上石 弘, 筏 義人, 第29回日本頭頚部癌学会,   2005年06月, 第29回日本頭頚部癌学会
  • まれな片側乳房熱傷の治療経験, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 蔡 顯眞, 上石 弘, 第31回日本熱傷学会,   2005年06月, 第31回日本熱傷学会
  • 骨膜・ポリマー複合体を用いた骨再生の基礎的研究と眼窩床骨折モデルへの応用, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第3回OWH(Osaka Wound Healing)研究会,   2005年05月, 第3回OWH(Osaka Wound Healing)研究会
  • 指尖部切断におけるcomposite graftの検討, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 和田 仁孝, 草田 朗子, 上石 弘, 第48回日本形成外科学会,   2005年04月, 第48回日本形成外科学会
  • 画像解析装置を用いた舌亜全摘腹直筋皮弁再建症例における嚥下機能評価, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第48回日本形成外科学会,   2005年04月, 第48回日本形成外科学会
  • 広背筋皮弁を用いて再建した熱傷後乳房変形の定量的評価, 朝村 真一, 蔡 顯眞, 森 廣政, 徳井 琢, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第48回日本形成外科学会,   2005年04月, 第48回日本形成外科学会
  • 骨膜・Poly(CL-LA)複合体を用いた骨再生の基礎的研究と眼窩床骨折モデルへの応用, 草田 朗子, 磯貝 典孝, 諸富 公昭, 朝村 真一, 上石 弘, 第4回日本再生医療学会,   2005年03月, 第4回日本再生医療学会
    概要:シンポジウム
  • 耳介のTissue engineering - ヒト鼻中隔軟骨細胞を用いた基礎的実験, 小野由美子, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第4回日本再生医療学会,   2005年03月, 第4回日本再生医療学会
  • 大咬傷による上口唇切断の再接着, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 和田 充弘, 木暮 倫久, 上石 弘, 第20大阪マイクロサージャリー研究会,   2005年01月, 第20大阪マイクロサージャリー研究会
  • 指尖部切断におけるcomposite graftの検討。再接着術との比較検討, 木田 昌隆, 磯貝 典孝, 楠原 廣久, 上石 弘, 第20回大阪マイクロサージャリー研究会,   2005年01月, 第20回大阪マイクロサージャリー研究会
  • 中咽頭癌切除後の前腕遊離皮弁再建症例の嚥下機能評価について, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 大石 正道, 第17回大阪マイクロサージャリー研究会,   2005年, 第17回大阪マイクロサージャリー研究会
    概要:広範囲におよぶ中咽頭切除でも、前腕皮弁を用いて十分なボリュームで口狭部を狭くするように、また、皮弁に可能性をもたせるように工夫すれば、口腔期の嚥下機能は良好であると考えられた。
  • Attempts for break through to make phalanx and phalangeal joint, 磯貝 典孝, BIOCHEMISTRY SEMINAR SERIES at Northeastern Ohio Universities College of Medicine,   2004年12月, BIOCHEMISTRY SEMINAR SERIES at Northeastern Ohio Universities College of Medicine
    概要:特別講演
  • 三次元レーザー形状装置を用いた再建乳房の整容性の定量的評価法。モアレ縞による等高線パターンの解析, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第83回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2004年12月, 第83回日本形成外科学会関西支部学術集会
  • Attempts for break through to make human ear-shaped cartilage, 磯貝 典孝, BIOCHEMISTRY SEMINAR SERIES at Northeastern Ohio Universities College of Medicine,   2004年11月, BIOCHEMISTRY SEMINAR SERIES at Northeastern Ohio Universities College of Medicine
    概要:特別講演
  • Tissue engineeringのbreak through, 磯貝 典孝, 第103回中部日本整形外科災害外科学会,   2004年11月, 第103回中部日本整形外科災害外科学会
    概要:特別講演
  • 軟骨採取別にみた再生耳介形状軟骨の長期観察と力学的評価の検討, 遠所 瑞拡, 磯貝 典孝, 第34回日本創傷治癒学会,   2004年11月, 第34回日本創傷治癒学会
  • Quantitative Analysis on the Postoperative Cosmesis of the Reconstructed Brest Using Three-Dimensional Laser Light Scanner, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, The 4th International and the 14th Japan Society for Simulation Surgery 2004 Joint Meeting,   2004年11月, The 4th International and the 14th Japan Society for Simulation Surgery 2004 Joint Meeting
    概要:(英文)
  • 耳介のTissue engineering - ヒト鼻中隔軟骨細胞を用いた基礎的実験 -, 小野由美子, 磯貝 典孝, 早川 清雄, 宗像 浩, 上石 弘, 第13回日本形成外科学会基礎学術集会,   2004年10月, 第13回日本形成外科学会基礎学術集会
    概要:シンポジウム
  • 再生医療, 磯貝 典孝, 愛知医科大学講演,   2004年10月, 愛知医科大学講演
    概要:特別講演
  • 三次元レーザー形状計測解析による顔面陥凹変形の客観的評価の試み, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第31回日本マイクロサージャリー学会,   2004年10月, 第31回日本マイクロサージャリー学会
  • 眼窩底における(CL/LA)シートを用いた骨再生の検討, 草田 朗子, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 諸富 公昭, 上石 弘, 第13回日本形成外科学会基礎学術集会,   2004年10月, 第13回日本形成外科学会基礎学術集会
  • Enhanced auricular cartilage regeneration by sustained release of basic fibroblast growth factor impregnated in gelatin microspheres, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 早川 清雄, 上石 弘, 田端泰彦, 筏 義人, Joint Meeting of the Tissue Engineering Society International and the European Tissue Engineering So,   2004年10月, Joint Meeting of the Tissue Engineering Society International and the European Tissue Engineering So
    概要:(英文)
  • Comparison of chondrocyte sources for use in tissue-engineered human auricle-shaped cartilage, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 上石 弘, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery,   2004年09月, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery
    概要:英文
  • Molecular mechanisms of cleft lip formation in Cl/Fr mice, 中澤 学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 村垣泰光 大島 章, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery,   2004年09月, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery
    概要:(英文)
  • Enhanced auricular cartilage regeneration by sustained release of basic fibroblast growth factor impregnated in gelatin microspheres, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, 早川 清雄, 宗像 浩, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery,   2004年09月, The 14th Japanese-Chinese International Meeting of Plastic Surgery
    概要:(英文)
  • Enhanced auricular cartilage regeneration by sustained release of basic fibroblast growth factor impregnated in gelatin microspheres., 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, 早川 清雄, 宗像 浩, 田畑泰彦, 筏義人, 第14回日中形成外科学会,   2004年09月, 第14回日中形成外科学会
  • 当院における上肢新鮮外傷についての検討, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第19回大阪マイクロサージャリー研究会,   2004年07月, 第19回大阪マイクロサージャリー研究会
  • 眼窩床骨折モデルにおける骨再生の基礎的研究, 草田 朗子, 磯貝 典孝, 諸富 公昭, 朝村 真一, 上石 弘, 第7回日本組織工学会,   2004年07月, 第7回日本組織工学会
    概要:シンポジウム
  • 再生医学による小耳症再建のモデルシステム, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 楠原 廣久, 上石 弘, 第44回日本先天異常学会,   2004年07月, 第44回日本先天異常学会
    概要:シンポジウム
  • 多指症の切除指を用いて再建した母指形成不全の長期観測例, 和田 仁孝, 磯貝 典孝, 楠原 廣久, 朝村 真一, 上石 弘, 第44回日本先天異常学会,   2004年07月, 第44回日本先天異常学会
  • ヒト鼻中隔軟骨を用いた耳介の再生, 小野由美子, 磯貝 典孝, 早川 清雄, 宗像 浩, 上石 弘, 第7回組織工学会,   2004年07月, 第7回組織工学会
  • 形態不全をもつ先天異常(特に小耳症、欠指症)に対するtisuue engineeringの応用, 磯貝 典孝, 第11回皮膚創傷治癒フォーラム,   2004年06月, 第11回皮膚創傷治癒フォーラム
    概要:特別講演
  • 骨、軟骨領域の再生医療, 磯貝 典孝, バイオ部会定例セミナー 再生医療の現状と必要な研究と技術,   2004年06月, バイオ部会定例セミナー 再生医療の現状と必要な研究と技術
    概要:特別講演
  • 耳介・指関節の再生, 磯貝 典孝, 再生医療材料研究会発足記念講演会,   2004年06月, 再生医療材料研究会発足記念講演会
    概要:特別講演
  • 熱湯に続発した乳児の右上腕骨骨髄炎, 橋本 隆宏, 和田 充弘, 中澤 学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第82回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2004年06月, 第82回日本形成外科学会関西支部学術集会
  • 腋窩に生じリンパ管腫と診断された汗腺腫の1例, 和田 充弘, 朝村 真一, 森 廣政, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第82回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2004年06月, 第82回日本形成外科学会関西支部学術集会
  • 耳介再建のためのTissue engineering軟骨採取部位による検討, 楠原 廣久, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第47回日本形成外科学会,   2004年04月, 第47回日本形成外科学会
  • in situ hybridization法を用いた再生指骨における細胞由来の検討, 磯貝 典孝, 上石 弘, S.Chubinskaya W.J.Landis, 第47回日本手の外科学会,   2004年04月, 第47回日本手の外科学会
  • 再建乳房における術式選択と三次元レーザー形状計測装置による整容性の定量的評価法, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 乳癌学会研究会,   2004年04月, 乳癌学会研究会
  • 再建乳房のゆがみ率から検討した乳房の整容性の評価, 蔡 顯眞, 真鍋 幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第104回日本外科学会定期学術集会,   2004年04月, 第104回日本外科学会定期学術集会
  • 再建乳房の整容性に関するアンケート調査, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 黒田 幸作, 塩﨑 均, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,   2004年04月, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会
  • 道化師の鼻を呈した悪性黒色腫の稀な1例, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 森 廣政, 橋本 隆宏, 上石 弘, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,   2004年04月, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会
  • 広背筋皮弁による即時再建を行った乳房の客観的評価, 真鍋 幸嗣, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会,   2004年04月, 第47回日本形成外科学会総会・学術集会
  • 深在性エリテマトーデスによる顔面陥凹変形の治療経験 - 三次元レーザー形状計測解析による顔面陥凹変形症例の評価 -, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第18回大阪マイクロサージャリー研究会,   2004年01月, 第18回大阪マイクロサージャリー研究会
  • 耳介軟骨のTissue engineeringにおける軟骨採取部位の検討 : in vivoの検討, 楠原 廣久, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第33回日本創傷治癒学会,   2003年12月, 第33回日本創傷治癒学会
    概要:耳介の軟骨再生における至適な軟骨採取部位を検討した。生分解性ポリマーに仔牛の鼻中隔、関節、肋軟骨、耳介軟骨の細胞を播種し、ヌードマウス皮下にて再生誘導した。耳介軟骨細胞に由来する軟骨は弾性線維を含み、正常耳介軟骨の性状に極めて近似していた。
  • 組織工学の臨床応用をめざした ― 指骨および耳介軟骨の再生技術 ―, 磯貝 典孝, 第55回近畿大学医学会学術講演,   2003年12月, 第55回近畿大学医学会学術講演
    概要:組織工学の最新の知見を報告した。(特別講演)
  • 三次元レーザー形状計測装置を用いた再建乳房の非対称率, 蔡 顯眞, 真鍋 幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第13回日本シュミレーション外科学会,   2003年11月, 第13回日本シュミレーション外科学会
    概要:我々は、三次元レーザー形状計測装置を用い、乳房の三次元表面形状を完量的解析するとため、今回、乳房再建術の術後画像より、再建乳房の非対称率を算出し、再建乳房の対称性について比較検討した。
  • 再建乳房の非対称率・ゆがみ率を用いた乳房の整容性の評価, 蔡 顯眞, 真鍋 幸嗣, 小坂 正明, 磯貝 典孝, 上石 弘, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 黒田 幸作, 塩﨑 均, 第13回日本シュミレーション外科学会,   2003年11月, 第13回日本シュミレーション外科学会
    概要:我々は三次元レーザー形状計測装置を用いて乳房の三次元表面形状を視覚し、再建側と健側乳房の定量的解析を行っている。今回、再建側と健側乳房の形状差を非対称率・ゆがみ率として求め、乳房の整容性を定量的に評価した。
  • 創傷治癒と消毒法の最近の動向, 磯貝 典孝, 富田林医師会,   2003年11月, 富田林医師会
    概要:最近の消毒法の概念について講演した。(特別講演)
  • 細胞増殖因子を用いた耳介軟骨組織の再生, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, 仲谷 達也, 宗像 浩, 櫛引 俊弘 田畑 泰彦, 第12回日本形成外科学会基礎学術集会,   2003年10月, 第12回日本形成外科学会基礎学術集会
    概要:再生耳介軟骨組織の移植に際し、b-FGFの新生血管増生作用を利用するため、DDS技術によるb-FGF投与を行い、5週目で評価した。b-FGF投与群は良好な組織形成を認めた。
  • CL/Mrマウスの口唇形成異常と分子組織化学的検索, 中澤 学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 村垣 泰光 大島 章, 第12回日本形成外科学会基礎学術集会,   2003年10月, 第12回日本形成外科学会基礎学術集会
    概要:口唇口蓋裂のモデルマウスとして知られるCL/Frマウスを用いて、口唇裂発症のメカニズムとして内側鼻隆起・外側鼻隆起癒合部位におけるアポトーシスの抑制や上皮間葉転換の欠如が考えられた。
  • 片側全頸部郭清術の摂食・嚥下機能評価 - 手術および術後放射腺照射の影響 -, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 小坂 正明, 朝村 真一, 真鍋 幸嗣, 上石 弘, 大部 一成 大石 正道, 第9回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会,   2003年09月, 第9回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
    概要:片側の全頸部郭清術および片側の全頸部郭清術後50Gyの術後照射を行っても著明な嚥下能の低下はなく、誤嚥の危険性はないと考えられた。
  • 腓骨列形成不全を伴った趾変形の治療経験, 小野由美子, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第43回日本先天異常学会,   2003年07月, 第43回日本先天異常学会
    概要:第5趾欠損と第4趾形成不全に対してmicro surgeryを利用し、趾移行術を施行して、良好な結果を得た。
  • 口腔癌切除後の遊離皮弁再建症例における皮弁生着因子の検討, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 大石正道, 第17回大阪マイクロサージャリー研究会,   2003年07月, 第17回大阪マイクロサージャリー研究会
    概要:皮弁の生着には手術時間と術後の顎下部・頚部の腫脹による減圧開創の有無、脈圧値が関与していることが示唆された。(パネル)
  • 乳房再建における三次元レーザー形状計測の有用性, 蔡 顯眞, 真鍋 幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 綿谷 正弘, 上田 和毅, 第28回日本外科系連合学会,   2003年06月, 第28回日本外科系連合学会
    概要:三次元レーザー形状計測装置を用いて、乳房再建の術前・術後における形態計測を施行し、乳房の形状や体積を客観的に評価しようと試みた。
  • 整形外科の再生医療, 磯貝 典孝, 第28回日本外科系連合学会,   2003年06月, 第28回日本外科系連合学会
    概要:整形外科領域、特に手の外科領域への再生技術の応用について講演した。(特別講演)
  • 耳介軟骨及び指骨格の組織再生, 磯貝 典孝, 日本医科大学医学会第13回公開「公開シンポジウム」,   2003年06月, 日本医科大学医学会第13回公開「公開シンポジウム」
    概要:再生技術を用いた指骨・耳介軟骨について講演した。(特別講演)
  • 乳房再建における術前の非接触型三次元レーザー形状計測の意義, 蔡 顯眞, 小野由美子, 木田 昌隆, 真鍋 幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第46回日本形成外科学会総会・学術集会,   2003年04月, 第46回日本形成外科学会総会・学術集会
    概要:乳房再建に際し、術前に乳房を非接触型三次元レーザー形状計測装置を用い撮影し、形状を解析した。そして、実際の手術時の形態を予測すべく術前シュミレーションの意義を検討した。
  • 再生医学による変形性関節症の治療の可能性, 磯貝 典孝, 第47回日本リューマチ学会,   2003年04月, 第47回日本リューマチ学会
    概要:変形性関節症の治療に再生技術を導入できる可能性について講演した。(特別講演)
  • Tissue engineeringによって作成した再生指骨の長期結果 - 超高分解能X線断層撮影法を用いた検討, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第46回日本手の外科学会,   2003年04月, 第46回日本手の外科学会
    概要:再生指骨の長期結果について報告した。
  • 余剰趾を伴った欠趾症の治療経験, 小野 由美子, 新田 匡章, 安村 和則, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第16回マイクロサージェリー研究会,   2003年01月, 第16回マイクロサージェリー研究会
    概要:第5趾欠損と第4趾形成不全に対してmicro surgeryを利用し、趾移行術を施行し、良好な結果を得た。
  • 片側全頸部郭清術症例の嚥下機能評価 - 画像解析について -, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第81回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2003年, 第81回日本形成外科学会関西支部学術集会
    概要:片側全頸部郭清術症例の術前、術後1ヶ月、術後6ヶ月の咽頭通過時間および舌骨挙上量の定量的解析を行った。咽頭通過時間の遅滞や舌骨挙上量の低下は認められなかった。
  • 口腔癌切除後の遊離皮弁再建症例における皮弁生着因子の検討, 松永 和秀, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 長田 哲次, 大石 正道, 第30回日本マイクロサージャリー学会,   2003年, 第30回日本マイクロサージャリー学会
    概要:皮弁の生着には、手術時間と術後の顎下部・頚部の腫脹による減圧開創の有無、脈圧値が関与していることが示唆された。(パネル)
  • 母娘にみられた指骨外骨腫の一家族例, 大森 秀之, 森 廣政, 真鍋 幸嗣, 朝村 真一, 小坂 正明, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第79回日本形成外科学会 関西地方会,   2002年12月, 第79回日本形成外科学会 関西地方会
    概要:遺伝性を認める外骨腫で、母娘間において指骨に同種の外骨腫を経験したのでこれを報告する。
  • 腓骨列形成不全を伴った趾変形の治療経験, 小野由美子, 新田 匡章, 安村 和則, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第79回日本形成外科学会 関西地方会,   2002年12月, 第79回日本形成外科学会 関西地方会
    概要:第5趾欠損と第4趾形成不全に対してmicro surgeryを利用して、趾移行術を施行し、良好な結果を得た。
  • 組織工学により作製した耳介の長期観察, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, The 5th Annual Meeting of the Tissue Engineering Society International,   2002年12月, The 5th Annual Meeting of the Tissue Engineering Society International
    概要:組織工学により作製した耳介形態について組織学的・分子生物学的に検討した。(英文)
  • 血管柄付骨膜による再生耳介軟骨のtissue engineering, 宮里 裕, 諸富 公昭, 楠原 廣久, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第29愛日本マイクロサージャリー学会,   2002年11月, 第29愛日本マイクロサージャリー学会
    概要:イヌの肋膜骨より採取した軟骨細胞をPCL/PLLAポリマーに播種した。その際、ポリマー裏面にイヌ骨膜を経着して自家移植を行った。移植後40週目にて、肉眼的及び組織学的に三次元形態を維持した(耳介型)軟骨組織の再生を認めた。
  • 指の再生, 磯貝 典孝, 近畿大学公開講座,   2002年10月, 近畿大学公開講座
    概要:指の再生について解説した。(特別講演)
  • 指再生における戦略, 磯貝 典孝, 奈良県立大学整形外科セミナー講演,   2002年10月, 奈良県立大学整形外科セミナー講演
    概要:指再生における今後の戦略について講演した。(特別講演)
  • 再生耳介における長期結果, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, The 4th APCA Conference,   2002年10月, The 4th APCA Conference
    概要:再生耳介の長期結果について報告した。(英文)
  • 培養軟骨細胞を用いた再生耳介軟骨の長期安定性, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 諸富 公昭, 上石 弘, The 13th China-Japan Joint Meeting of Plastic and Reconstructive Surgery,   2002年09月, The 13th China-Japan Joint Meeting of Plastic and Reconstructive Surgery
    概要:培養軟骨細胞を用いて耳介軟骨を再生し、その長期安定性を検討した。
  • 骨芽細胞・生分解性ポリマー複合体より生じた新生骨の細胞由来, 植村冨美子, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第42回日本先天異常学会,   2002年07月, 第42回日本先天異常学会
    概要:組織工学の手法において、再生された新生組織が播種細胞由来なので、あるいは母床細胞由来なのかについて組織学的・免疫組織化学的に研究した結果を述べた。
  • 骨芽細胞・生分解性ポリマー複合体より生じた新生骨の細胞由来, 植村冨美子, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第52回近畿大学医学会,   2002年07月, 第52回近畿大学医学会
    概要:組織工学の手法において、再生された新生組織が播種細胞由来なので、あるいは母床細胞由来なのかについて組織学的・免疫組織化学的に研究した結果を述べた。
  • CL/Frマウスにおける口唇口蓋形成異常とその関連遺伝子発現, 中澤 学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第52回近畿大学医学会,   2002年07月, 第52回近畿大学医学会
    概要:口唇口蓋裂を自然発生するCL/Frマウスを用いて、そのマウスに生じる口唇裂・口蓋裂を組織学的・分子生物学的に検索することにより、その病因を解明する。
  • 尺側列形成不全の1例, 諸富 公昭, 蔡 顯眞, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第42回日本先天異常学会,   2002年07月, 第42回日本先天異常学会
    概要:尺度列形成不全は先天性の尺骨形成不全、尺側指列の形成不全などをまとめてSWANSONが1976年に報告した非常にまれな先天異常である。本疾患で、骨切り術を伴った経過観察の中の症例を1例報告した。
  • Tissue engineeringの手法を用いて作製した再生指骨。微細構造および分子生物学的解析, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 宮里 裕, 上石 弘, 第42回日本先天異常学会,   2002年07月, 第42回日本先天異常学会
    概要:再生指骨における微細構造および遺伝子発現について検討した。
  • 再生指骨・指関節の微細構造および分子生物学的解析, 磯貝 典孝, 第23回日本炎症・再生医学会,   2002年07月, 第23回日本炎症・再生医学会
    概要:再生指骨・指関節の電顕像およびPCRの結果について講演した。(特別講演)
  • 当科における熱傷瘢痕癌の検討, 蔡 顯眞, 草田 朗子, 上出 泰夫, 丹羽 幸司, 小坂 正明, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第28回日本熱傷学会,   2002年06月, 第28回日本熱傷学会
    概要:熱傷に起因する瘢痕癌はMarjolin's ulcerと呼ばれ比較的稀な疾患である。今回、当科において20年間に加療した熱傷患者は884例であったが、そのうち熱傷瘢痕癌を4例経験したのでその概要を報告する。
  • Carpal archを血管茎として用いた逆行性前腕皮弁 - DSAによる血行評価, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第45回日本形成外科学会総会,   2002年04月, 第45回日本形成外科学会総会
    概要:手部の再建において、逆行性前腕皮弁は有用であるが、手掌動脈弓の障害の程度により、皮弁挙上が困難と思われる場合がある。今回、皮弁挙上に際し、血管造影所見を再検討し、血行動態について考察してみた。
  • 経口PGI誘導体のcold intolerance治療効果 - サーモグラフィーおよびVASを用いた検討, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第45回日本形成外科学会総会,   2002年04月, 第45回日本形成外科学会総会
    概要:手外傷術後にcold intoleranceを訴えた症例に対し、経口PGI誘導体(ベラプロストナトリウム)を用い、VAS平均値の著明な低下及びサーモグラフィーで患側の著明な温度上昇を認め、本剤の有効性が認められた。
  • 深在性エリテマドーデスによる顔面陥凹変形の治療効果 - Laser light scannerを用いた顔面軟部組織の評価, 朝村 真一, 楠原 廣久, 丹羽幸司, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第45回日本形成外科学会総会,   2002年04月, 第45回日本形成外科学会総会
    概要:あらかじめ術前に顔面に顔面陥凹変形による組織不足に対して、Laser light scannerを用いることにより、客観的に組織充填量を知ることが出来た。よって今後有用な検査法になりうること考えられた。
  • 手掌動脈弓を介する逆行性前腕皮弁, 磯貝 典孝, 諸富 公昭, 上石 弘, The 6th Annual Meeting of Korea-Japan Plastic Reconstructive Surgery,   2002年04月, The 6th Annual Meeting of Korea-Japan Plastic Reconstructive Surgery
    概要:手掌動脈弓を介する逆行性前腕皮弁の有用性について報告した。(英文)
  • Tissue engineeringによって作成した指骨の微細構造および分子生物学的解説, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第45回日本手の外科学会,   2002年04月, 第45回日本手の外科学会
    概要:再生指骨の微細構造・分子生物学的所見を報告した。
  • CL/Frマウスにおける口蓋形成異常とその形態形成に関与する遺伝子発現, 中澤 学, 磯貝 典孝, 上石 弘, 村垣泰光 畑村育次 大島 章, 第91回日本病理学会総会,   2002年03月, 第91回日本病理学会総会
    概要:CL/Frマウスを用いて、そのマウスに生じる口唇裂・口蓋裂を組織学的・分子生物学的に検索することにより、その病因を解明する。
  • Tissue engineeringによって作成した指骨の微細構造および分子生物学的解析, 磯貝 典孝, 日本医工学治療学会 第18回学術集会,   2002年03月, 日本医工学治療学会 第18回学術集会
    概要:再生指骨の電顕・PCR所見を述べた。
  • イヌ軟骨細胞を用いた耳介軟骨のTissue Engineering の試み, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 渡辺伸介, 水口信行, 江川賢太郎, 第51回近畿大学医学会,   2002年01月, 第51回近畿大学医学会
    概要:形成外科領域において、三次元的に複雑な形態を有する耳介の再建は困難なことが多い。今回、培養軟骨細胞を生分解性ポリマーに播種し、三次元幸三を有する耳介軟骨組織再生を試みた。
  • 骨格を再建する再生医工学, 磯貝 典孝, 第7回リューマチフォーラム,   2002年01月, 第7回リューマチフォーラム
    概要:指・指関節のTissue engineeringについて講演した。
  • イヌ軟骨細胞を用いた耳介軟骨のTissue Engineeringの試み, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第31回日本創傷治癒学会,   2001年12月, 第31回日本創傷治癒学会
    概要:イヌの培養関節軟骨細胞を用いたTissue Engineeringの手技を用いることで、肉眼的に新生軟骨形成、及びヒト耳介に類似した三次元刑下愛の付与を認めた。
  • ヒト組織工学の臨床応用をめざして, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第27回健康指標プロジェクト講演会,   2001年12月, 第27回健康指標プロジェクト講演会
    概要:指の再生技術を紹介し、臨床応用への問題点を解説した。
  • 深在性エリテマトーデスによる顔面陥凹変形の治療経験, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司, 和田 仁孝, 上石 弘, 松田 光弘, 第77回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2001年11月, 第77回日本形成外科学会関西支部学術集会
  • Tissue engineeringにおける関節の作成, 磯貝 典孝, マルホ整形外科セミナー,   2001年11月, マルホ整形外科セミナー
  • 逆行性前腕皮弁における血行動態の検討, 諸富 公昭, 磯貝 典孝, 上石 弘, The 12th Japan-China Joint Meeting of Plastic Surgery,   2001年11月, The 12th Japan-China Joint Meeting of Plastic Surgery
    概要:一般に逆行性前腕皮弁は、浅・深手掌動脈弓を軸血管として挙上されるため、手掌動脈弓同時断裂症例においては、挙上が困難と考えられた。我々はこのような症例に対し、carpal archを軸血管として挙上し得、その血行動態を検討した。(英文)
  • マイクロサージャリーにむけてのtissue engineering.  軟骨組織のtissue engineeringにおける骨膜の重要性, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第13回日本マイクロサージャリー学会,   2001年11月, 第13回日本マイクロサージャリー学会
    概要:パネルティスカッション「マイクロサージャリーにむけてのTissue engineering」において軟骨組織のTissue engineeringについて講演した。
  • 骨格を再建する再生医学 : 指骨格の再生, 磯貝 典孝, 上石 弘, 日本バイオメカニクス研究会連絡協議会第7回ジョイント講演会,   2001年11月, 日本バイオメカニクス研究会連絡協議会第7回ジョイント講演会
    概要:講演会「骨・関節・歯周組織の再生医工学」にて指骨格の再生について講演した。
  • 組織工学の手法を用いた指骨の細胞由来, 磯貝 典孝, 上石 弘, The 12th Japan-China Joint Meeting,   2001年11月, The 12th Japan-China Joint Meeting
    概要:パネルディスカッション「Tissue engineeringの現況と展望」にて講演した。(英文)
  • 指骨・指関節のTissue engineering, 磯貝 典孝, 上石 弘, 富山リューマチと免疫研究会,   2001年11月, 富山リューマチと免疫研究会
  • 指の組織工学, 磯貝 典孝, 上石 弘, The 13th World Congress of International Society for Artificial Organs,   2001年11月, The 13th World Congress of International Society for Artificial Organs
    概要:指の組織工学について講演した。(英文)
  • 再接着後における耳介形態の比較検討, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第28回日本マイクロサージャリー学会,   2001年10月, 第28回日本マイクロサージャリー学会
    概要:耳介切断の再接着では血管茎が細く、吻合血管が発見できない場合は多い。また、複合組織移植術では不完全生着を生じ、術後形態に影響する。そこで、我々は耳介切断再接着後における耳介形態をレーザーライトスキャナーを用いて比較検討した。
  • 組織工学(指・軟骨形成), 磯貝 典孝, 上石 弘, 第44回日本形成外科学会学術集会,   2001年10月, 第44回日本形成外科学会学術集会
    概要:学術講演会「組織工学」において、骨・軟骨組織のTissue engineeringについて講演した。
  • LEPの顔面陥凹変形に対して用いたadipofascial flapの治療経験, 楠原 廣久, 磯貝 典孝, 丹羽 幸司, 和田 仁孝, 上石 弘, 松田 光弘, 第13回マイクロサージャリー研究会,   2001年09月, 第13回マイクロサージャリー研究会
  • Tissue Engineeringによる耳介軟骨作製の試み, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第41回日本先天異常学会,   2001年07月, 第41回日本先天異常学会
    概要:ヒト耳介を金鋳にして作成したイヌ関節軟骨細胞・ポリマー複合体をヌードマウス皮下に移植した結果、3週目にてヒト耳介に類似した的確な三次元形態の付与を認めた。
  • 耳介切断の3例, 楠原 廣久, 丹羽 幸司, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2001年06月, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会
    概要:耳介切断に対して行ったcomposite graftおよび再接着術の3例における術後形態を比較検討した。結果、composite graftと比較して再接着術例では耳介の形態が維持された。
  • 悪性腫瘍を疑わせたpalmar fibrosisの1例, 遠所瑞拡, 中澤 学, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2001年06月, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会
    概要:手術の拘縮を伴わないで手掌中央部に急速に増大したpalmar fibrosisを経験したので若干の考察を加えて報告した。
  • Carpal arch を血管茎として用いた逆行性前腕皮弁による手部の再建, 諸富 公昭, 真鍋幸嗣, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会,   2001年06月, 第76回日本形成外科学会関西支部学術集会
    概要:逆行性前腕皮弁は、浅・深手掌動脈が同時に損傷されている場合は、一般に挙上が困難とされている。我々はそのような症例に対し、carpal archを血管茎として用いた逆行性前腕皮弁を利用している。
  • Tissue engineeringによる耳介軟骨作製の試み, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第50回近畿大学医学会学術講演会,   2001年06月, 第50回近畿大学医学会学術講演会
    概要:今回、我々は培養イヌ軟骨細胞を生分解性ポリマーに播種し、三次元形態を有する耳介軟骨作製を試みた。
  • 組織工学の手法を用いて作成した指骨の表現形, 磯貝 典孝, William J. Landis, 4th International Conference of the Orthopaedic Research Society,   2001年06月, 4th International Conference of the Orthopaedic Research Society
    概要:組織工学により再生した指骨の分子生物学的解析を報告した。(英文)
  • Tissue Engineering の手法を用いた顎裂部への骨移植の研究, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第25回日本口蓋裂学会総会・学術集会,   2001年05月, 第25回日本口蓋裂学会総会・学術集会
    概要:Tissue Engineering の手法を用いて再生した新生骨組織の構成する細胞群に着目し、基礎的検討を行った。その結果、新生組織は播種細胞由来から構成され、母床由来の細胞はnegativeであった。
  • 組織工学により作成した指骨の細胞由来, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第44回日本手の外科学会,   2001年05月, 第44回日本手の外科学会
    概要:新生指骨の細胞由来について発表した。
  • 切断指再接着後の知覚回復に及ぼす諸因子の影響について, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第44回日本形成外科学会総会・学術集会,   2001年04月, 第44回日本形成外科学会総会・学術集会
    概要:再接着後の知覚回復に影響を及ぼす因子(年齢、受傷レベル、受傷機転、血行動態、Colod Intoleraceの有無)を自験例を用い再検討した。
  • エキスパンダー法を用いた前腕皮弁採取部の整容的再建例の検討, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第44回日本形成外科学会総会・学術集会,   2001年04月, 第44回日本形成外科学会総会・学術集会
    概要:今回は我々は、前腕皮弁採取部の植皮部に対してエキスパンダーを用いて整容的改善を試みた。30歳未満の患者の約40%が本法を希望され、神経圧迫賞状、感染、皮弁壊死などエキスパンダー法に伴う合併症を生じた症例は認めなかった。
  • 再生骨と in situ hybridization, 磯貝 典孝, 8th Asin Pacific Congress of IPRAS,   2001年04月, 8th Asin Pacific Congress of IPRAS
    概要:再生骨のin situ hybridization の結果について発表した。(英文)
  • 生分解性高分子を用いたバイオ人工指骨格, 磯貝 典孝, 日本バイオマテリアル学会特別シンポジウム,   2001年03月, 日本バイオマテリアル学会特別シンポジウム
    概要:指の再生について講演した。(特別講演)
  • 指の再生, 磯貝 典孝, 神戸大学形成外科セミナー,   2001年01月, 神戸大学形成外科セミナー
    概要:組織工学と指の再生について講演した。(特別講演)
  • Tissue engineering, 磯貝 典孝, 第18回中部日本手の外科研究会,   2001年01月, 第18回中部日本手の外科研究会
    概要:現在までの組織工学の発展と指モデルについて講演した。(シンポジウム)
  • 指の再生工学, 磯貝 典孝, 東北大学形成外科同門学術集会プログラム,   2001年01月, 東北大学形成外科同門学術集会プログラム
    概要:指の再生工学について講演した。(特別講演)
  • 骨芽細胞・ポリマー複合体より生じた骨組織の細胞由来, 磯貝 典孝, 上石 弘, William J. Landis, 米国組織工学会,   2000年12月, 米国組織工学会
    概要:骨芽細胞・ポリマー複合体より生じた骨組織の細胞由来について報告した。(英文)
  • 骨芽細胞・生分解性ポリマー複合体より生じた新生骨の細胞由来, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 上石 弘, 第30回日本創傷治癒学会,   2000年12月, 第30回日本創傷治癒学会
    概要:組織再生に播種細胞がどの程度関与しているかという事に関して実験した結果を報告した。
  • ティッシュエキスパンダーを用いた前腕皮弁採取部の再建, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 上石 弘, The 11th China-Japan Joint Meeting of Plastic Surgery,   2000年10月, The 11th China-Japan Joint Meeting of Plastic Surgery
    概要:再建外科に用いる前腕皮弁採取部の再建法について発表した。(英文)
  • 骨膜・軟骨細胞・ポリマー複合体より作成した下顎骨関節突起部の形態的検討, 磯貝 典孝, 宮里 裕, 上石 弘, 第9回日本形成外科学会基礎学術集会,   2000年10月, 第9回日本形成外科学会基礎学術集会
    概要:シンポジウム「組織工学」にて、骨・軟骨組織の組織工学について報告した。
  • 形成外科領域におけるTissue Engineeringの展望, 磯貝 典孝, 第11回大阪形成外科医会総会,   2000年09月, 第11回大阪形成外科医会総会
    概要:形成外科領域に応用されうる組織工学の手法について講演した。(教育講演)
  • Helical rim部での耳介部分切断再接着の経験, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第27回日本マイクロサージャリー学会,   2000年08月, 第27回日本マイクロサージャリー学会
    概要:今回我々は、Helican rim部での耳介部分切断に対し、0.2mmの微小血管吻合による再接着術を施行し、生着させることができた。整容的にも満足いく結果であり、若干の文献的考察を加え報告した。
  • 手外傷術後に生じたCold Intoleranceに対する経口PGI製剤プロサイリンの効果, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 上石 弘, 第27回日本マイクロサージャリー学会,   2000年08月, 第27回日本マイクロサージャリー学会
    概要:今回我々は、手外傷術後のCold Intoleranceを訴えた症例に対し、経口PGI誘導体の一つであるプロサイリンを用い、69%の症例に著効例を認めたため、本剤の有効性について検討した。
  • 損傷形態が再接着術後の知覚回復および血行動態におよぼす影響について, 宮里 裕, 磯貝 典孝, 朝村 真一, 丹羽幸司, 上石 弘, 第11回大阪マイクロサージャリー研究会,   2000年07月, 第11回大阪マイクロサージャリー研究会
    概要:再接着後の知覚回復に影響を及ぼす因子として、患者因子、損傷因子、外科的因子、術後因子の4つが知られているが、今回その中の損傷因子に着眼し、それが再接着術後の知覚回復及び血行動態に及ぼす影響について検討した。
  • 骨膜細胞による骨形成能について, 朝村 真一, 磯貝 典孝, 上石 弘, 田中英俊, 第48回近畿大学医学会学術講演会,   2000年07月, 第48回近畿大学医学会学術講演会
    概要:骨化の機転は、内軟骨性骨化と膜性骨化がある。今回、骨膜細胞・ポリマー複合体を移植した(動物体内)。ヌードマウス皮下移植した場合には内軟骨性骨化が生じ、頭部に作製した骨欠損部へ移植した場合は膜性骨化が観察された。
  • Triple X-syndromeに合併した片側完全耳介欠損の1例, 蔡 顯眞, 前田幸弘, 日下志 厳, 小坂 正明, 磯貝 典孝, 上石 弘, 第40回日本先天性異常学会学術集会,   2000年07月, 第40回日本先天性異常学会学術集会
    概要:性染色体異常を来たす疾患の一つとしてTriple X-Syndromeがあり、今回VSO、右顔面形成不全、珍しく右耳介欠損という多彩な先天異常を認めた症例を経験した。本症例を供覧し、若干の文献的考察を加え報告した。
  • 指の再生医工学, 磯貝 典孝, 再生医工学推進シンポジウム,   2000年07月, 再生医工学推進シンポジウム
    概要:組織工学の中で、指の作成手順、結果について講演した。(特別講演)

MISC

  • マイクロサージェリーを利用した各種血管付自家複合組織移植, 総合臨床, 40,1848-1853,   1991年
  • 顔面外傷, エマージェンシーナーシング, 55,277-279,   1993年
  • 英語と私, 10, 4, 44, 45,   1993年
  • 国際学会での分かりやすい発表とコツ, 形成外科, 36, 4, 389, 395,   1993年
  • 高血圧症と微小血管吻合部の創傷治癒, 3, 2, 55,   1994年
  • 切断手指再接着術のモニタリングシステムへの術中サーモグラフィーの導入, 10, 2, 79,   1990年
  • Frey症候群における味覚反射性発汗の新しい診断法, 14, 1, 39,   1994年
  • RSDにおける星状神経節ブロックのサーモグラフィーによる効果判定, 14, 3, 276,   1995年
  • 指末節切断におけるComposite graftと再接着術のcold intolerance発生頻度について, 日本手の外科学会雑誌,   1995年
  • 手部剥脱創における重複逆行性前腕皮弁の経験, 日本マイクロサージェリー学会会誌, 8, 1, 17, 18,   1995年
  • 組織別創傷治癒の基礎知識 血管, 形成外科,   1995年
  • 切断耳介再接着の経験と血管の吻合部位および再建方法に関する文献的考察(共著), 日本マイクロケージェリー学会誌, 9, 1, 34,   1996年
  • Tissue Engineering, 日本外科学会雑誌, 100, 539, 543,   1999年
  • 培養細胞と生体内吸収性ポリマーの複合体移植による指関節の組織工学, Progress in medicine, 19, 275, 276,   1999年
  • 引き抜き損傷モデルにおける静脈内圧の形態変化, 日本マイクロサージェリー学会誌, 13, 1, 72, 78,   2000年
  • 外科医に役立つ形成外科の治療手抜, 外科治療, 82, 4, 465, 469,   2000年
  • バイオ人工指骨, 医学のあゆみ, 193, 3, 175, 178,   2000年
  • 再生医学と組織工学, 医学のあゆみ, 196, 5, 333, 336,   2001年
  • 組織工学により作成した指骨の細胞由来, 日本手の外科学会誌, 18, 102-103,   2001年
  • 指骨格の再生, 化学と生物, 39, 820-824,   2001年
  • 指関節のtissue engineering, まるほ整形外科セミナー, 149, 32-35,   2001年
  • 耳介および指骨格の組織再生, ここまで進んだ再生医療の実際,   2003年
  • 耳介軟骨, 再生医療工学の最先端,   2002年
  • からだをなおす。 手指を再生する, シリーズ21世紀の健康と医生物学4, 78-89,   2003年
  • 21世紀の医療, 磯貝 典孝,   2001年01月
    概要:21世紀の医療として再生医学、特に指の再生について放送された。
  • 神への挑戦(生命を再生する), 磯貝 典孝,   2001年01月
    概要:指の再生について紹介された。
  • 指の組織工学, 磯貝 典孝,   2001年06月
    概要:指の組織工学の現況と今後の展望について述べた。
  • 組織工学による耳介軟骨作製の試み, 磯貝 典孝, 上石 弘, 科学研究費補助金 研究成果報告書,   2001年
    概要:耳介軟骨のTissue engineeringを試みた。
  • 手指欠損の再建治療, 磯貝 典孝, ドクターズマガジン, 40, 40, 42,   2003年03月
    概要:手指欠損における再生医療について解説した。

受賞

  •   2002年, 第45回日本手の外科学会優秀賞
  •   2000年, 近畿大学医学会賞
  •   1999年, 第23回日本口蓋裂学会-学会賞
  •   1997年, Dr.Joseph Murray,M.D.Award
  •   1992年, Award of Excellence(米国マイクロサージェリー学会)

競争的資金

  • 微小血管吻合部の創傷治癒
  • 移植組織の血行動態
  • 骨・軟骨の組織工学