KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

村尾 佳則ムラオ ヨシノリ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門救急外科、外傷、熱傷、救急集中治療
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/613-murao-yoshinori.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    一般外科10年のあと救命救急センターでの勤務を23年間続けています。救急一般に対応可能ですが、外傷外科、救急集中治療、出血性ショックなど重症救急疾患に関連することが得意分野です。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/05/01
     日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」
     地震発生後のカトマンズでの生存者について。

学歴・経歴

経歴

  •   2005年04月,  - 2010年03月, 関西医科大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 麻酔・蘇生学
  • 外科系臨床医学, 救急医学

研究キーワード

  • 出血性ショック, アポトーシス, 高張食塩液, TUNEL法, DNA ladder, Caspase-3, HSP 70, HSP 40, 血性ショック, JNK, 脾臓, 胸腺, FAS, マウス, 免疫賦活作用, CD4+CD25+制御性T細胞, CD4+CD25+制性T細胞, DNAladden, 総合失調症, 統合失調症, ストレス, 侵襲, カテコラミン, ノルエピネフリン, TNFα, エピネフリン

論文

  • Effects of hypertonic saline on CD4+CD25+Foxp3+ regulatory T cells after hemorrhagic shock in relation to iNOS and cytokines., Isayama K, Murao Y, Saito F, Hirakawa A, Nakatani T, The Journal of surgical research, 172, 137, 145,   2012年01月, 査読有り
  • Administration of cultured autologous bone marrow stromal cells into cerebrospinal fluid in spinal injury patients: a pilot study., Saito F, Nakatani T, Iwase M, Maeda Y, Murao Y, Suzuki Y, Fukushima M, Ide C, Restorative neurology and neuroscience, 30, 127, 136,   2012年, 査読有り
  • [Extreme hyperkalemia in a patient with a new glyphosate potassium herbicide poisoning: report of a case]., Bando H, Murao Y, Aoyagi U, Hirakawa A, Iwase M, Nakatani T, Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology, 23, 246, 249,   2010年09月, 査読有り
  • Effect of hypertonic saline resuscitation on CD4+CD25+ regulatory T cells and gammadelta T cells after hemorrhagic shock and resuscitation in relation to apoptosis and iNOS., Murao Y, Isayama K, Saito F, Hirakawa A, Nakatani T, The Journal of trauma, 67, 975, 982,   2009年11月, 査読有り
  • Spinal cord injury treatment with intrathecal autologous bone marrow stromal cell transplantation: the first clinical trial case report., Saito F, Nakatani T, Iwase M, Maeda Y, Hirakawa A, Murao Y, Suzuki Y, Onodera R, Fukushima M, Ide C, The Journal of trauma, 64, 53, 59,   2008年01月, 査読有り
  • Neurogenic pulmonary edema caused by a medulla oblongata lesion after head trauma., Matsuyama T, Okuchi K, Nishiguchi T, Seki T, Murao Y, The Journal of trauma, 63, 700, 702,   2007年09月, 査読有り
  • Clinical analysis of seven patients of crushing head injury., Takeshi M, Okuchi K, Nishiguchi T, Seki T, Watanahe T, Ito S, Murao Y, The Journal of trauma, 60, 1245, 1249,   2006年06月, 査読有り
  • Perimesencephalic nonaneurysmal subarachnoid hemorrhage caused by physical exertion., Matsuyama T, Okuchi K, Seki T, Higuchi T, Murao Y, Neurologia medico-chirurgica, 46, 277, 81; discussion 281,   2006年06月, 査読有り
  • Magnetic resonance images in hanging., Matsuyama T, Okuchi K, Seki T, Higuchi T, Ito S, Makita D, Watanabe T, Murao Y, Resuscitation, 69, 343, 345,   2006年05月, 査読有り
  • [Acute penetrating neck trauma presenting with laryngotracheal injury]., Konobu T, Nakamura T, Hata M, Ueyama T, Norimoto K, Fukushima H, Murao Y, Okuchi K, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 58, 475, 480,   2005年06月, 査読有り
  • Prognostic factors in hanging injuries., Matsuyama T, Okuchi K, Seki T, Murao Y, The American journal of emergency medicine, 22, 207, 210,   2004年05月, 査読有り
  • Hypertonic saline resuscitation reduces apoptosis and tissue damage of the small intestine in a mouse model of hemorrhagic shock., Murao Y, Hata M, Ohnishi K, Okuchi K, Nakajima Y, Hiasa Y, Junger WG, Hoyt DB, Ohnishi T, Shock (Augusta, Ga.), 20, 23, 28,   2003年07月, 査読有り
  • Effect of dose of hypertonic saline on its potential to prevent lung tissue damage in a mouse model of hemorrhagic shock., Murao Y, Loomis W, Wolf P, Hoyt DB, Junger WG, Shock (Augusta, Ga.), 20, 29, 34,   2003年07月, 査読有り
  • Clinical analysis of 16 patients with brachial plexus injury., Matsuyama T, Okuchi K, Akahane M, Inada Y, Murao Y, Neurologia medico-chirurgica, 42, 114, 21; discussion 122,   2002年03月, 査読有り
  • Laparoscopic treatment for peripheral pancreatic duct injury after blunt abdominal trauma: report of a case., Hata M, Murao Y, Konobu T, Okuchi K, Nakajima Y, Surgery today, 32, 659, 662,   2002年, 査読有り
  • Transorbital penetrating injury by a chopstick--case report., Matsuyama T, Okuchi K, Nogami K, Hata M, Murao Y, Neurologia medico-chirurgica, 41, 345, 348,   2001年07月, 査読有り
  • [Penetrating lung and diaphragmatic injuries with no abnormal finding of chest X-ray: a case report]., Konobu T, Hata M, Imanishi M, Inada Y, Murao Y, Okuchi K, Miyamoto S, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 53, 1049, 1051,   2000年11月, 査読有り
  • Does the timing of hypertonic saline resuscitation affect its potential to prevent lung damage?, Murao Y, Hoyt DB, Loomis W, Namiki S, Patel N, Wolf P, Junger WG, Shock (Augusta, Ga.), 14, 18, 23,   2000年07月, 査読有り
  • [Surgical treatment for spontaneous hemopneumothorax complicated by delayed re-bleeding: a case report]., Konobu T, Hata M, Yokota Y, Fukushima H, Inada Y, Imanishi M, Murao Y, Miyamoto S, Nakamura T, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 53, 254, 257,   2000年03月, 査読有り
  • Continuous arterial infusion therapy for severe acute pancreatitis: correlation between CT arteriography and therapeutic effect., Anai H, Sakaguchi H, Uchida H, Matsuo N, Tanaka T, Yoshioka T, Ohishi H, Murao Y, Miyamoto S, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 10, 1335, 1342,   1999年11月, 査読有り
  • Increased plasma levels of adrenomedullin in patients with systemic inflammatory response syndrome., Ueda S, Nishio K, Minamino N, Kubo A, Akai Y, Kangawa K, Matsuo H, Fujimura Y, Yoshioka A, Masui K, Doi N, Murao Y, Miyamoto S, American journal of respiratory and critical care medicine, 160, 132, 136,   1999年07月, 査読有り
  • [Thoraco-abdominal impalement injury with diaphragmatic injury: a case report]., Konobu T, Murao Y, Nakamura T, Imanishi M, Inada Y, Nosaka Y, Ueda S, Miyamoto S, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 52, 247, 250,   1999年03月, 査読有り
  • Posttraumatic intestinal stenosis presenting as a perforation: report of a case., Konobu T, Murao Y, Miyamoto S, Nakamura T, Imanishi M, Ueda S, Nosaka Y, Konishi N, Surgery today, 29, 564, 567,   1999年, 査読有り
  • Primary adenocarcinoma of appendix, colonic type associated with perforating peritonitis in an elderly patient., Yamada T, Murao Y, Nakamura T, Tabuse H, Miyamoto S, Imai S, Nakano H, Journal of gastroenterology, 32, 658, 662,   1997年10月, 査読有り
  • [Cerebral infarction due to bacterial emboli associated with methamphetamine abuse]., Imanishi M, Sakai T, Nishimura A, Konobu T, Nishio K, Murao Y, Tabuse H, Miyamoto S, Sakaki T, Nagaike C, Hatake K, Itou H, No to shinkei = Brain and nerve, 49, 537, 540,   1997年06月, 査読有り
  • Increased plasma concentrations of adrenomedullin correlate with relaxation of vascular tone in patients with septic shock., Nishio K, Akai Y, Murao Y, Doi N, Ueda S, Tabuse H, Miyamoto S, Dohi K, Minamino N, Shoji H, Kitamura K, Kangawa K, Matsuo H, Critical care medicine, 25, 953, 957,   1997年06月, 査読有り
  • [A case report of spontaneous hemopneumothorax]., Konobu T, Nakamura T, Murao Y, Nishio K, Imanishi M, Miyamoto S, Konishi N, Tabuse IL, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 50, 425, 427,   1997年05月, 査読有り
  • Preoperative administration of antibiotics in patients with suspected acute appendicitis., Murao Y, Ueda S, Miyamoto S, Surgery today, 26, 314, 322,   1996年, 査読有り
  • [A successful management of acute ruptures of the right atrium and left ventricle due to blunt trauma]., Nakamura T, Konobu T, Murao Y, Tabuse H, Miyamoto S, Kitamura S, [Zasshi] [Journal]. Nihon Kyobu Geka Gakkai, 43, 407, 412,   1995年03月, 査読有り
  • Neurofibroma of the stomach: report of a case., Murao Y, Miyamoto S, Nakano H, Imai S, Ozawa T, Hirai A, Nunotani R, Surgery today, 25, 436, 439,   1995年, 査読有り
  • [2 cases of the tension pneumopericardium following blunt chest trauma resulting in the cardiac tamponade]., Nakamura T, Tabuse H, Murao Y, Konobu T, Nishimura A, Miyamoto S, [Zasshi] [Journal]. Nihon Kyobu Geka Gakkai, 42, 1242, 1246,   1994年08月, 査読有り
  • Prominent prolongation of islet xenograft survival in combination therapy with FK 506 and 15-deoxyspergualin., Yabuuchi H, Nakajima Y, Segawa M, Kanehiro H, Murao Y, Hisanaga M, Yoshimura A, Wada T, Nakagawa K, Nakano H, Transplantation proceedings, 23, 859, 861,   1991年02月, 査読有り
  • Evaluation of initial hepatic allograft function with changes of free plasma amino acids in canine orthotopic liver transplantation., Hisanaga M, Nakajima Y, Segawa M, Kanehiro H, Murao Y, Matsumoto M, Wada T, Fukuoka T, Yabuuchi H, Nakano H, The Journal of surgical research, 50, 139, 145,   1991年02月, 査読有り
  • The immunosuppressive effect of hepatocytes in rats--assessment by heart allograft survival and delayed-type-hypersensitivity reactions., Murao Y, Nakajima Y, Kanehiro MS, Matsumoto M, Fukuoka T, Hisanaga M, Wada T, Yabuuchi H, Nakano H, The Japanese journal of surgery, 21, 63, 68,   1991年01月, 査読有り
  • A canine model for orthotopic combined hepatopancreatic transplantation., Nakajima Y, Segawa M, Kanehiro H, Murao Y, Hisanaga M, Nakano H, Lie TS, Transplantation, 49, 996, 997,   1990年05月, 査読有り
  • Triple-combination therapy with cyclosporine, antithymocyte serum, and silica in pancreatic islet xenografting., Kanehiro H, Nakano H, Nakajima Y, Segawa M, Murao Y, Nakagawa K, Shiratori T, Transplantation proceedings, 19, 1276, 1278,   1987年02月, 査読有り
  • Effect of hybrid artificial pancreas on glucose regulation in diabetic dogs., Segawa M, Nakano H, Nakajima Y, Kanehiro H, Murao Y, Nakagawa K, Shiratori T, Transplantation proceedings, 19, 985, 988,   1987年02月, 査読有り
  • Immunologic significance of hepatocytes in tolerance induction after liver transplantation., Nakano H, Nakajima Y, Segawa M, Kanehiro H, Murao Y, Nakagawa K, Shiratori T, Transplantation proceedings, 19, 511, 513,   1987年02月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 出血性ショック後早期の胸腺および脾臓において高張食塩液蘇生がCD4+CD25+制御性T細胞及びγδT細胞とアポトーシスに及ぼす影響, 第124回関西医科大学大学内学術集談会,   2008年
  • 頸椎脱臼骨折を契機に発見されたForestier病の1例, 第13回日本脳神経外科救急学会,   2008年
  • 当救命センターにおける院外心停止、蘇生患者の検討, 日本集中治療学会,   2008年
  • ヘパリン起因性血小板減少症を呈した7例の検討, 第35回日本集中治療学会,   2008年
  • 動脈圧心拍出量測定(APCO)モニターにより血行動態を評価したautonomic dysreflexiaの一例, 第35回日本集中治療医学会学術集会,   2008年
  • 災害訓練中に過換気症し対処に苦慮した模擬患者スタッフ, 第13回日本集団災害医学会総会,   2008年
  • 保存的に対処したForestier病による嚥下障害の1例, 第97回近畿救急医学研究会,   2008年
  • 内腹斜筋断裂を伴う外傷性ヘルニアの1例, 第44回日本腹部救急医学会総会,   2008年
  • M-Shped Transiliac Plate設置に難渋した一例, 第22回日本外傷学会,   2008年
  • 鈍的外傷により右室破裂を生じた一治験例, 第22回日本外傷学会,   2008年
  • 右横隔膜損傷を伴う肝損傷症例(当センターにおける横隔膜破裂の検討を加えて), 第22回日本外傷学会,   2008年
  • 出血性ショック後の高張食塩液蘇生が制御性T細胞とアポトーシスに及ぼす影響について, 第22回日本外傷学会,   2008年
  • 出血性ショック後早期において高張食塩液蘇生がγδT細胞とアポトーシスに及ぼす影響, 第22回日本外傷学会,   2008年
  • 当救命センターで経験した頚部感染症例, 第11回日本臨床救急医学会総会・学術集会,   2008年
  • 当センターにおける身体合併症のある精神疾患患者への対応, 第30回日本中毒学会,   2008年
  • 出血性ショックにおける臓器障害とアポトーシス関連蛋白について, 第7回大阪侵襲と主体反応研究会,   2007年
  • フッ化水素による顔面化学熱傷の一例, 第15回日本熱傷学会近畿地方会,   2007年
  • 経腸栄養を契機にautonomic dysref I exiaをきたした脊髄損傷の1例, 第12回日本脳神経外科救急学会,   2007年
  • 予期せぬ血小板減少での検査診断マーカー ~CHDFに伴うHIT症例を経験して~, 第7回TTM フォーラム,   2007年
  • 外傷性脾損傷の検討, 第43回日本腹部救急医学会,   2007年
  • エホバ証人の肝損傷例の経験, 第43回日本腹部救急医学会,   2007年
  • 腐食性食道炎・胃炎に対する早期内視鏡検査の有用性について, 第43回日本腹部救急医学会,   2007年
  • 出血性ショックにおける臓器障害とアポートシス関連蛋白について, 第22回日本ショック学会,   2007年
  • 不安定骨盤輪骨折に対するM-shaped pelvis plateの使用経験, 第21回日本外傷学会,   2007年
  • 外傷性脾損傷の診断と治療戦略, 第21回日本外傷学会,   2007年
  • 関西医科大学滝井病院高度救命救急センターにおける眼科救急の統計学的考案, 第21回日本外傷学会,   2007年
  • 土砂の生き埋めによる心肺停止より完全社会復帰しえた一治験例, 第21回日本外傷学会,   2007年
  • DICに合併し診断に苦慮したHIT3例, 第10回日本臨床救急医学会,   2007年
  • 頭部外傷にBrown-Sequard型神経障害を伴った頸髄損傷の1例, 第10回日本臨床救急医学会,   2007年
  • 神経性食思不振症加療中にタコツボ型心筋症、心室性不整脈を合併し失った一例, 第10回日本臨床救急医学会,   2007年
  • 環軸椎後方固定術と環軸関節固定術及び後頭頸椎固定術を行った逸脱型外傷性環軸椎脱臼の1例, 第10回日本臨床救急医学会,   2007年
  • 開腹手術とTAEを併用することにより救命し得た腹部多臓器損傷の1例, 第10回日本臨床救急医学会,   2007年
  • 骨盤輸骨折に対するM-shaped transiliac plateの使用経験, 第17回近畿外傷診療フォーラム,   2007年
  • 慢性維持透析中に特発性急性硬膜下血腫を発症した1例, 第96回近畿救急医学研究会,   2007年
  • 急性期脊髄損傷に対する培養自家骨髄間質細胞移植, 第35回日本救急医学会,   2007年
  • 本院高度救命救急センターにおける眼科および精神科救急の取り組み, 第35回日本救急医学会,   2007年
  • 口腔内ガーゼパッキングで出血を制御した顔面多発性骨折の1例, 第35回日本救急医学会,   2007年
  • 急性期脊髄損傷に対する自家骨髄間質細胞移植, 第16回河内救急医療懇話会,   2007年
  • 膵・胃吻合再建術を施行した外傷性膵損傷2例, 第69回日本臨床外科学会,   2007年
  • Clinical trial of spinal cord regeneration with bone marrow stromal cell transplantation by lumbar puncture, Shanghai International Conference on Emergency Medicine and Trauma,   2007年
  • Hypertonic saline resuscitation reduces damage and apoptosis ofthe liver in the mouse model of hemmorrhagic shock, The 30th Annual Conference on Shock,   2007年
  • Spinal cord regeneration with bone marrow stromal cell administration in the cerebro-spinal fluid: report of the first case at 6 months, American Association for the Surgery of Trauma Sixty-Sixth Meeting,   2007年
  • Effect of hypertonic saline resuscitation on CD4+CD25+ regulatory T cells and apoptosis after hemorrhagic shock and resuscitation in mice, 2007 Annual Meeting of Korean Society of Emergency Medicine; Korea-Japan joint session,   2007年
  • Effect of hypertonic saline resuscitation on T cells and apoptosis after hemorrhagic shock and resuscitation in mice, 2007 Annual Meeting of Korean Society of Emergency Medicine; Korea-Japan joint session,   2007年
  • Report of the first clinical trial of spinal cord injury treatment with autologous bone marrow stromal cells intrathecal transplantation, 2007 Annual Meeting of Korean Society of Emergency Medicine, Korea-Japan joint session,   2007年
  • 非骨傷性脊髄損傷の現状と問題点, 第16回近畿外傷診療フォーラム,   2006年
  • 当院における災害医療活動・教育への取り組み パキスタン地震など国際緊急援助隊(JMTDR)参加経験から, 第93回近畿救急医学研究会,   2006年
  • 精神疾患を有する腹部救急診療の問題点 精神疾患を有する腹部刺創例の検討, 第42回日本腹部救急医学会,   2006年
  • 乳糜腹水を呈した胃切除後内ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例, 第42回日本腹部救急医学会,   2006年
  • 膵持続動注療法を中心とした重症急性膵炎治療と今後の課題, 第33回日本集中治療医学会,   2006年
  • ドライアイスによる二酸化炭素中毒の1例, 第9日本臨床救急医学会,   2006年
  • 上肢からの圧搾空気注入により縦隔気腫を生じた1例, 第9回日本臨床救急医学会,   2006年
  • 大動脈ー上腸間膜動脈バイパス術により腸管切除を回避し得た急性上腸間膜動脈閉塞症の1例, 第9回日本臨床救急医学会,   2006年
  • 肩関節脱臼整復にて発生した腋窩動脈断裂の1例, 第9回日本臨床救急医学会,   2006年
  • 当センターにおける腹部刺創例の検討, 第15回近畿外傷フォーラム,   2006年
  • 精神科救急ネットワーク構築の試み, 第94回近畿救急医学研究会,   2006年
  • 自家骨髄間質細胞移植による脊髄再生治療の開始, 第34回日本救急医学会,   2006年
  • 当施設における一酸化炭素中毒に対する検討, 第34回日本救急医学会,   2006年
  • 出血性ショックにおける臓器障害と分子生物学的研究, 第34回日本救急医学会,   2006年
  • CHDF施行時DICにHITを合併し診断に苦慮した2例, 第17回日本急性血液浄化学会,   2006年
  • TTP,HITさらにDICの鑑別診断が困難であった一症例, 第53回日本臨床検査医学会総会,   2006年
  • 大学併存型救命救急センターにおける救急医の役割, 第34回日本救急医学会,   2006年
  • 急性大動脈解離術後のシベレスタットナトリウム投与の有効性, 第34回日本救急医学会,   2006年
  • 当科における頚髄損傷の治療成績, 第16回近畿外傷フォーラム,   2006年
  • Hypertonic saline resuscitation reduces damage of the liver in the mouse model of hemorrhagic shock: Histological assessment, 29th Annual Conference on Shock,   2006年
  • Report of the first clinical trial of spinal cord regeneration with bone marrow stromal cell transplanation by lumbar puncture, The 8th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine,   2006年
  • The effectiveness of medical and logistic partnership in disaster relief, The 8th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine,   2006年
  • 自殺企図図例における救命救急センター常勤精神科医の役割, 第27回日本中毒学会,   2005年
  • 食道穿孔・破裂の診断と治療, 第33回日本救急医学会,   2005年
  • 出血性ショックにおけるHypertonic salineの臓器障害防御果一臓器による時間的差異についてー, 第33回日本救急医学会,   2005年
  • 腹部大動脈瘤破壊における腸管虚血症の内視鏡的検討, 第33回日本救急医学会,   2005年
  • 上肢からのスタンドプラスターによるair injectionにより縦隔気腫を生じた1例, 第12回河内救急医療懇談会,   2005年
  • 腹部刺創症例の検討, 第67回日本臨床外科学会,   2005年
  • 特発性食道破裂に対し開腹的アプローチ経腹的Tチューブ留置、有茎大網弁被覆術が有効であった1例, 第67回日本臨床外科学会,   2005年

作品

  • 同種ラ氏島移植における特異的免疫抑制療法の研究,   1989年05月 - 1990年03月
  • 異種ラ氏島移植におけるハイブリッド型人工膵臓の研究,   1990年05月 - 1991年03月
  • 肝臓移植における二層(UW液/PFC)浸漬保存法の応用,   1991年05月 - 1992年03月
  • 出血性ショックにおけるアポトーシス発現に関する研究ー高張食塩液の投与方法の検討,   2000年05月 - 2002年03月
  • 出血性ショックにおけるアポトーシス発現と臓器障害出現のメカニズムに関する研究,   2002年05月 - 2004年03月
  • 出血性ショックにおけるアポトーシス発現と高張食塩液の免疫賦活作用に関する研究,   2005年05月 - 2008年03月
  • 重度侵襲ストレス応答とアポトーシス発現のメカニズムの解析(iNOSノックアウトマウスを用いた出血性ショックモデルと熱傷モデルにおける検討),   2006年05月 - 2007年03月
  • 出血性ショック後と高張食塩液蘇生における制御性T細胞とγδT細胞への影響(アポトーシス発現とiNOSとの関連について),   2008年05月 - 2009年03月

MISC

  • Prognostic factors in hanging injury, Matsuyama T, Okuchi K, Seki T, Murao Y, The American journal of emergency medicine, 22, 207, 210,   2004年
  • Increased plasma levels of adrenomedullin in patients with systemic infalammatory response syndrome, Ueda S, Nishio K, MInamino N, Kubo A, Akai Y, Kangawa K, Mastuo H, Fujimura Y, Yoshioka A, Masui K, Doi N, Murao Y, MIyamoto S, American journal of respiratory and critical care medicine, 160, 132, 136,   1999年
  • Increased plasma concentration of adrenomedullin correlate with relaxation of vascular tone in patients with septic shock, Nishio K, Akai Y, Murao Y, Doi N, Ueda S, Tabuse H, Miyamoto S, Dohi K, Minamino N, Shoji H, Kitamura K, Kangawa K, Matsumoto H, Critical care medicine, 25, 853, 957,   1997年
  • Neurogenic pulmonary edema caused by a medulla oblongata lesion after head trauma, Matsuyama T, Okuchi K, Nishiguchi T, Seki T, Murao Y, The Journal of Trauma, 63, 700, 702,   2007年
  • Clinical analysis of seven patients of crushing head injury., Takeshi M, Okuchi K, Nishiguchi T, Seki T, Watanahe T, Ito S, Murao Y, The Journal of Trauma, 60, 1245, 1249,   2006年
  • Continuous arterial infusion therapy for severe acute pancreatitis: Correlation between CT angiography and therapeutic effect, Anai H, Sakaguchi H, Uchida H, Matsuo N, Tanak T, Yoshioka T, Ohishi H, Murao Y, Miyamoto S, Journal of Vascular Interventinal Radiology, 10, 1335, 1342,   1999年
  • Primary adenocarcinoma of appendix, colonic type associated with perforating peritonitis in an elderly patient, Yamada T, Murao Y, Nakamura T, Tabuse H, Miyamoto S, Imai S, Nakano H, Journal of gastroenterology, 32, 658, 662,   1997年
  • Spinal cord injury treatment with intrathecal autologous bone marrow stromal cell transplantation: the first clinical trial case report., Saito F, Nakatani T, Iwase M, Maeda Y, Hirakawa A, Murao Y, Suzuki Y, Onodera R, Fukushima M, Ide C, The Journal of trauma, 64, 1, 53, 59,   2008年
  • Perimesencephalic nonaneurysmal subarachnoid hemorrhage caused by physical exertion., Matsuyama T, Okuchi K, Seki T, Higuchi T, Murao Y, Neurol Med Chir (Tokyo), 46, 6, 277, 282,   2006年, 10.2176/nmc.46.277
  • Magnetic resonance images in hanging, Takeshi M, Okuchi K, Nishiguchi T, Seki T, Watanahe T, Ito S, Murao Y, Resuscitation, 69, 343, 345,   2006年
  • Does the timing of hypertonic saline resuscitation affect its potential to prevent lung damage?, Murao Y, Hoyt DB, Loomis W, Namiki S, Patel N, Paul W, Junger WG, Shock, 14, 18, 23,   2000年
  • Preoperative administration of antibiotics in patients with suspected acute appendicitis, Murao Y, Ueda S, Miyamoto S, Surgery today, 26, 5, 314, 322,   1996年, 10.1007/BF00311599
  • 【カラーで診る 臨床現場で役立つ 病棟必携!心不全診療マニュアル】 急性心不全 急性心不全の初期対応 まず、最初に何をすべきか? ショックの患者(収縮期血圧<90mmHg)の初期対応, 村尾佳則, 中谷壽男, CIRCULATION Up-to-Date, 3, 増刊, 33, 41,   2008年
  • 【すぐ対応!救急患者のアラームサイン バイタル 急変 ME機器】 症状編 ショック, 村尾佳則, EMERGENCY CARE, 2006新春増刊, 244, 256,   2006年
  • 抗凝固薬・症例 持続的血液濾過透析(CHDF)施行時、播種性血管内凝固(DIC)にヘパリン起因性血小板減少症(HIT)を合併し診断に苦慮した2例, 波柴尉充, 梶本心太郎, 前田裕仁, 平川昭彦, 村尾佳則, 中谷壽男, 小宮山豊, ICUとCCU, 31, 別冊, S192-S194,   2007年
  • 出血性ショックにおける臓器障害とアポトーシス関連蛋白について(高張食塩液とラクテートリンゲル液の比較より), 村尾佳則, 諫山憲司, 齊藤福樹, 平川昭彦, 中谷壽男, Shock: 日本Shock学会雑誌, 22, 2, 84, 89,   2007年
  • 【止血のひけつ】 内因性出血に対する止血法 肝癌破裂(肝細胞癌破裂), 村尾佳則, 中谷壽男, 救急医学, 31, 8, 953, 957,   2007年
  • ドライアイスによる急性二酸化炭素中毒の1例, 平川昭彦, 波柴尉充, 齊藤福樹, 岩瀬正顕, 村尾佳則, 中谷壽男, 日本職業・災害医学会会誌, 55, 5, 229, 231,   2007年
  • 特発性食道破裂に対し経腹的Tチューブ留置、有茎大網弁被覆術が有用であった1例, 梶本心太郎, 村尾佳則, 平川昭彦, 岩瀬正顕, 中谷壽男, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 2, 323, 326,   2007年, 10.3919/jjsa.68.323

受賞

  •   2015年11月, The 8th Asian Conference for Emergency Medicine, Outstanding Paper Award, "Effect of hypertonic saline on acute kidney injury in relation to apoptosis and HSPs after hemorrhagic shock in mice model"

競争的資金

  • 出血性ショックの病態生理