KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

秋田 求アキタ モトム

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/遺伝子組換え実験安全小委員会委員長
学位博士(農学)
専門植物細胞工学、農芸化学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/881-akita-motomu.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物のもつ多彩な性質を引出し利用する方法について様々な研究を行っています。植物細胞・組織培養技術、植物遺伝子組換え技術を主に利用し、増殖法の開発や有用物質生産などに取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1983年, 筑波大学, 農林学類, 応用生物化学(土壌微生物学)

経歴

  •   2010年, 近畿大学生物理工学部(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用生物化学
  • 農業工学, 農業環境工学
  • 境界農学, 応用分子細胞生物学

研究キーワード

  • 応用微生物学・応用生物化学, 植物組織培養, 応用植物分子生物学

論文

  • C3/C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaを用いたC4光合成を成立させる遺伝子の網羅的探索, 原田大士朗・坂本智昭・倉田哲也・大和勝幸・泉井桂・秋田求, 植物科学最前線(BSJ-Review), 7A, 35, 41,   2016年
  • ガス状のホルムアルデヒドにシロイヌナズナなどの小植物体を曝露させるためのシステムの作成, 久保 森, 杉村 暢大, 中桐 紘治, 秋田 求, 泉井 桂, 植物環境工学, 27, 3, 162, 170,   2015年09月, 査読有り
  • 光条件がイヌガヤの成育とアルカロイド生産におよぼす影響, 高山真策, 植松聖陽, 秋田求, 植物環境工学, 26, 1, 25-29 (J-STAGE),   2014年, 査読有り
  • エゾスナゴケ(Racomitrium japonicum)原糸体の低温長期保存法, 秋田求, 関大輔, 村瀬治比古, 植物環境工学, 26, 1, 30-34 (J-STAGE),   2014年, 査読有り
  • ガス透過性フィルム製容器を用いたヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)の液体静置培養, 谷垣悠介, 濱中将人, 西野祐輔, 大和義幸, 秋田求, 植物環境工学, 26, 3, 160-162 (J-STAGE),   2014年, 査読有り
  • Application of gas permeable film for cultivation of aquatic plants, Daijiro Harada, Masato Hamanaka, Ryoichi Tsuga, Motomu Akita, IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline), 1,   2013年01月, 査読有り
    概要:Completely closed bags made with a gas permeable film are available for culture of two aquatic plants, Eleocharis vivipara and Sphagnum nemoreum. E. vivipara, the C3-C4 photosynthesis interconvertible plant, was successfully grown in a sugar free liquid medium and developed C3 type culms even under relatively high intensity of illumination. Growth of S. nemoreum was clearly stimulated in the bag using a sugar containing medium. The film system is promising for further study of responses to environmental factors such as intensity and wavelength of illumination.
  • Eleocharis viviparaからの効率的RNA抽出法の検討, 原田大士朗, 泉井桂, 秋田求, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 30, 49, 59,   2012年09月, 査読有り
  • Fungi infecting cultivated moss can also cause diseases in crop plants, Mikko T. Lehtonen, Eeva M. Marttinen, Motomu Akita, Jari P T Valkonen, Annals of Applied Biology, 160, 298, 307,   2012年05月, 査読有り
    概要:Bryophytes (mosses) are non-vascular plants inhabited by a large number of fungal species, but whether mosses can act as reservoirs of fungal pathogens of crop plants has gained little attention. A few moss species including the Sunagoke moss (Racomitrium japonicum; family Grimmiaceae) are found to have modern economical applications in uses such as greening of urban environments. In a previous study, we identified fungi causing symptoms of varying severity in the commercially grown Sunagoke moss. The aim of this study was to test whether the same fungal isolates are pathogenic to vascular plants. An isolate of Fusarium avenaceum lethal to the Sunagoke moss caused root and crown rot in barley (Hordeum vulgare) and reduced germination of tomato (Solanum lycopersicum) and carrot (Daucus carota) grown in the infested soil. An isolate of Cladosporium oxysporum causing mild symptoms in moss reduced growth and caused reddening and premature death of carrot seedlings. On the other hand, isolates of Alternaria alternata and Fusarium oxysporum lethal to the Sunagoke moss caused no detectable symptoms in any tested vascular plant, suggesting specialisation of these isolates to moss. Chloroplast repositioning was observed in the neighbouring cells towards the initially infected cell following infection with F. avenaceum and A. alternata in Physcomitrella patens (family Funariaceae), a model moss used to study microscopic symptoms. Infection of P. patens with a non-virulent Apiospora montagnei isolate induced formation of papillae in the moss cells, indicating activation of host defence as described in vascular plants. Results suggest that mosses and vascular plants may be linked by a common microbial interface constituted by pathogenic fungi. The findings have epidemiological implications that have gained little previous attention. © 2012 Association of Applied Biologists.
  • 工業生産のための植物バイオテクノロジー, 高山真策, 米良信昭, 秋田求, 植物環境工学, 24, 4, 224-232 (J-STAGE),   2012年, 査読有り
  • スキムミルクなどを助剤とする植物体からの酵素タンパク質の抽出法の開発―Eleocharis viviparaのPEPの抽出を例として―, 永松裕章, 阪上綾, 山崎恭央, 吉村一恵, 関井愛, 秋田求, 泉井桂, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 25, 7, 16,   2010年03月, 査読有り
  • カビに対する防御においてコケが放出するペルオキシダーゼ, Mikko T. Lehtonen, 秋田 求, Jari P. T. Valkonen, Mattias Thelander, Nisse Kalkkinen Elina Ahola-Iivarinen Gunilla Ronnholm Panu Somervuo, New Phytologist, 183, 2, 432, 443,   2009年05月, 査読有り
    概要:Physcomitrella patensをキトサン処理するとすばやく培地中にペルオキシダーゼが放出されることを見出した。このペルオキシダーゼは、コケがカビによる攻撃から自らを防御するうえで重要であることを証明した(英文)。
  • Protein secretome of moss plants (Physcomitrella patens) with emphasis on changes induced by a fungal elicitor., Lehtonen MT, Takikawa Y, Rönnholm G, Akita M, Kalkkinen N, Ahola-Iivarinen E, Somervuo P, Varjosalo M, Valkonen JP, Journal of proteome research, 13, 2, 447, 459,   2014年02月, 査読有り
  • Physcomitrella patens has kinase-LRR R gene homologs and interacting proteins., Tanigaki Y, Ito K, Obuchi Y, Kosaka A, Yamato KT, Okanami M, Lehtonen MT, Valkonen JP, Akita M, PloS one, 9, 4, e95118,   2014年, 査読有り
  • メチロトローフ細菌のRibulose Monophosphate経路の遺伝子を導入した植物によるホルムアルデヒド固定, Chen, Li-mei, 秋田 求, 泉井 桂, Li, Kun-zhi, Yurimoto, Hiroya Orita, Izumi Kato, Nobuo, Kato, Nobuo, Li, Kun-zhi Sakai, Yasuyoshi, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 74, 3, 627, 635,   2010年05月, 査読有り
    概要:メチロトローフ細菌のRibulose Monophosphate経路にかかわる2つの遺伝子を導入した植物では、ホルムアルデヒドを固定して利用できることを明らかにした。(英文)
  • Involvement of a class III peroxidase and the mitochondrial protein TSPO in oxidative burst upon treatment of moss plants with a fungal elicitor., Lehtonen MT, Akita M, Frank W, Reski R, Valkonen JP, Molecular plant-microbe interactions : MPMI, 25, 3, 363, 371,   2012年03月, 査読有り
  • Practical application of methanol-mediated mutualistic symbiosis between Methylobacterium species and a roof greening moss, Racomitrium japonicum., Tani A, Takai Y, Suzukawa I, Akita M, Murase H, Kimbara K, PloS one, 7, 3, e33800,   2012年, 査読有り
  • Infection of the Sunagoke moss panels with fungal pathogens hampers sustainable greening in urban environments., Akita M, Lehtonen MT, Koponen H, Marttinen EM, Valkonen JP, The Science of the total environment, 409, 17, 3166, 3173,   2011年08月, 査読有り
  • Culturable bacteria in hydroponic cultures of moss Racomitrium japonicum and their potential as biofertilizers for moss production., Tani A, Akita M, Murase H, Kimbara K, Journal of bioscience and bioengineering, 112, 1, 32, 39,   2011年07月, 査読有り
  • 植物工場生産の高効率化と高付加価値化のための生物学的およびシステム工学的アプローチ, 秋田 求, 鈴木 高広, 近畿大学生物理工学部紀要, 26, 26, 23, 37,   2010年09月, 査読有り
    概要:植物工場生産を高効率化・高付加価値化するための2つのアプローチ、すなわち、植物を改変するための生物学的アプローチ、および、空間や光の効率的利用などに関する工学的アプローチの2つについて概説した。
  • カイコ細胞質多角体病ウイルス由来ポリヘドリン遺伝子のタバコBY‐2細胞における発現, 秋田求, 山崎恭央, 斎藤直也, 黒田敏章, Mem Sch Biol Orient Sci Technol Kinki Univ, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 18, 18, 9, 14,   2006年09月, 査読有り
    概要:カイコ細胞質多角体病ウイルス由来のポリヘドリン遺伝子と、ポリヘドリンと相互作用して多角体に包埋されるタンパク質であるVP3遺伝子とを植物細胞内で同時に発現させ、多角体を形成させることを試みた。ポリヘドリン遺伝子と、GUS遺伝子に連結したVP3遺伝子とが同時に発現するように各々CaMV35Sプロモーター下においた。このように作成したベクターを用いてタバコBY-2細胞を形質転換したところ、選抜マーカーに対する耐性を示す細胞塊が複数得られた。顕微鏡観察したところ、GUS染色しても多角体と明らかにわかる粒子を含む細胞はなかった。ポリヘドリン抗体を用いたウエスタン解析の結果から、このタンパク質が組換えタバコBY-2細胞で生産されていることが明らかになった。
  • Mass propagation of cherry (Cerasus×yedoensis Matsum. cv. Yedoensis) through shoot primordia, Akita, M., Negishi,,K., Kitano,,A., Iwasaki, M., Komae, R., Ohta, Y., Kuriu, T., Takii, T., Acta Horticulturae, 725, 579, 584,   2006年, 査読有り
  • 遺伝子組換え作物の安全性と倫理的考察, 太田喜元, 秋田求, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 15, 15, 1, 13,   2005年03月, 査読有り
    概要:古代ギリシアの医師ヒポクラテス(BC460頃-377頃)は、医術に携わることを志す者が立てる誓いを定めた。「医術の神アポロン、アクレピオス、ヒギエイア、バナケイアおよびすべての神々に誓う、私の能力と判断に従ってこの誓いと約束を守ることを」という言葉で始まるヒポクラテスの誓い(Hippocratic oath)の中に、「私の能力と判断に従って患者に利益すると思う医術の療法を用い、悪くて有害と知る方法を決して用いない」という言葉がある。すなわち、生命はかけがえのないものであり、生命に加えるすべての行為から生じる利益は害悪を上回るものでなければならないということである。この誓いは、生命体に影響を及ぼす医術という行為にっいて、倫理的な配慮が必要であることを古代ギリシアの時代から医師という専門家が認識していたことを示すものである。現代に至り、生命の神秘さを遺伝子のレベルで解明し、更には遺伝子を取り出したり組み換えたりする技術を手にした科学者は、古代ギリシアの医師と同じように、生命体に影響を及ぼす行為がもたらす利益(善)と弊害(悪)のバランスについて真剣に考えねばならない。特に農作物は人類を養う食糧の根幹であって生命体に直接影響するがゆえに、その遺伝子組換えにっいては注意深い検討が必要である。また、例え善を目的として研究が行われたとしても、遺伝子組換え作物の是非に対する最終的な判断は、消費者が受け入れるか否かである。消費者がその是非についての判断を下すためには、正しい情報が消費者に提供されなければならない。特に、遺伝子組換え技術を用いて研究し、かつ学生を教育する立場にある者には、安全性や倫理的側面について十分に考え、学生の教育を通じて世の中に正しい情報を提供する責務がある。本論文では、遺伝子組換え作物とはどのようなものであるか、そして遺伝子組換え作物栽培の現状について簡単に述べた後に、遺伝子組換え作物に対する倫理的側面-特に安全性、そして将来に向けての展望-について考察する。
  • Moss- Erwinia pathosystem reveals possible similarities in pathogenesis and pathogen defense in vascular and nonvascular plants (共著), Robert A. Andersson · Motomu Akita · Minna Pirhonen Elin Gammelgård · Jari P.T. Valkonen, Journal of General Plant Pathology, 71, 23-28,   2005年, 査読有り
  • 種子感染法によるリーフレタスへの外来遺伝子導入(共著), 秋田 求, 梶原 久資, 太田 喜元, 植物工場学会誌, 16, 4, 215, 219,   2004年12月, 査読有り
  • Moss as a model system for studies on plant-pathogen interactions, M. Akita, R.A. Andresson, M. Pirhonen, E. Gammelgard and J.P.T.Valkonen, Biology of Plant-Microbe Interactions, 4, 244, 247,   2004年12月, 査読有り
  • リーフレタス(Lactuca sativa L.)の形質転換系の確立, LUO S P, 秋田求, 太田喜元, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 12, 12, 23, 29,   2003年09月, 査読有り
    概要:リーフレタスのシュート誘導系とそれを利用した遺伝子導入系の開発を試みた.茎頂組織を材料としサイトカイニンとしてBAを含む培地により液体回転培養した結果,苗条原基を効率よく誘導することができた.得られた苗条原基からは容易にシュートが誘導でき発根させることができた.また,苗条原基に対してAgrobacterium tumefaciensによるGUS遺伝子の導入を試みたところ,選択マーカー(カナマイシンとハイグロマイシン)に耐性を示す個体が得られた.これらの個体から葉を採取し,GUS活性を測定した結果,強い活性を示した.
  • 植物による異種タンパク質生産, 太田喜元, 秋田求, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 11, 11, 1, 23,   2002年12月
    概要:植物を宿主として生理活性タンパク質や医療用タンパク質を生産する技術が、近年長足の進歩を遂げつつある。植物には異種タンパク質生産系として、低コストでの大量生産、分離精製の容易さ、安全性など多くの利点がある。本総説では植物がもつこのような利点を生かして、生理活性タンパク質や食べるワクチン、抗体、自己免疫疾患治療タンパク質など、主として医療用タンパク質を植物に生産させるmoleculasfarmingに関する研究の動向を述べる。
  • A simple bioreactor system for production of storage organs of chinese yam (Dioscorea opposita thumb.)(共著), 秋田 求、太田喜元, Plant Biotechnology, 19, 5, 335, 356,   2002年, 査読有り
  • A novel gene family in moss (Physcomitrella patens) shows sequence homology and a phylogenetic relationship with the TIR-NBS class of plant disease resistance genes (共著), M.Akita, J.P.T.Valkonen, Journal of Molecular Evolution, 55, 595-605,   2002年, 査読有り
  • 培養条件下におけるサツマイモ根の生育促進法について, 山田紫保, 秋田求, 太田喜元, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 6, 25, 28,   2001年06月, 査読有り
    概要:Growth of root of sweet potato (Ipomoea batatas Lam) was significantly stimulated using a Ebb and Flow type culture system.
  • Conditions for efficient protoplast release in moss (Physcomitrella patens)(共著), M.Akita, J.P.T.Valkonen, Memoirs of the school of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 8, 49, 55,   2001年, 査読有り
  • The effect of Tiron, a water soluble radical scavenger, on growth, morphology and alkaloid content of adventitious roots in Atropa belladonna, M. Akita, M. Akita, Y. Ohta, Plant Cell Reports, 19, 7, 705, 709,   2000年06月, 査読有り
    概要:The effect of Tiron (disodium 1,2-dihydroxybenzene-3,5-disulfonate) on the growth, morphology and alkaloid content of adventitious roots in Atropa belladonna was investigated. High concentrations of Tiron had an inhibitory effect on growth of the root. The appearance of cultured roots was significantly changed from rough roots accompanied with callus-like tissue in control cultures to fine roots without callus formation. Alkaloid content was drastically increased by the addition of 1 mM Tiron to the medium. The influence of NAA, which has an inhibitory effect on alkaloid production, was partially restored by Tiron treatment, indicating that this radical scavenger may affect the production of alkaloids through modulation of the mode of action of auxin. Glutathione content of the root was not influenced by Tiron.
  • タイム(Thymus vulgaris)の培養によるチモールの生産(共著), 秋田 求, 太田 喜元, 高井 豪樹, 植物工場学会誌, 12, 1, 18, 22,   2000年03月, 査読有り
  • 組織培養由来のサトイモの苗質に関する研究, 秋田求, 太田喜元, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 2, 33, 37,   1999年03月, 査読有り
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University培養由来のサトイモ貯蔵器官(球茎)の苗質を評価する目的で、培養直後の球茎の乾燥耐性および球茎中に含まれる貯蔵物質(デンプン、レクチン)の含量を測定した。培養由来の球茎は、実験室内において速やかに萎れた。貯蔵物質の含量は市販の球茎よりも著しく低かった。これらの結果から、培養由来の球茎は貯蔵器官としての発達が不十分と判断された。培養条件によって貯蔵物質の含量は影響され、その含量は順化率に関係する可能性が示唆された。  (英文) Quality of in vitro propagated corms of yam (Colocasia esculenta cv. Ishikawawase) as the seed plants was estimated. In vitro derived corms were easily wilted when they were kept under the room condition. The contents of two kinds of reserve substances, starch and lectin, were significantly less than those in the field grown corms. These results indicate that development as the storage organ is insufficient in in vitro propagation of corms. Composition of the medium influenced on the content of these reserve substances which may affect on the efficiency of acclimatization of the corms.
  • A simple method for mass propagation of potato (Solanum tuberosum L) using a bioreactor without forced aeration., 秋田 求、太田喜元, Plant Cell Reports, 18, 284, 287,   1998年12月, 査読有り
  • 磁気または蛍光標識抗体を利用したイチイ由来タキソール高含量細胞の選抜, 川村道生, 重岡武雄, 田原誠, 高見正道, 大橋広明, 秋田求, 小林義典, 坂本哲雄, 生物工学会誌, 76, 1, 3, 7,   1998年01月, 査読有り
  • Bioreactor techniques for large-scale culture of plant propagules(共著), 高山真策、秋田 求, Advances in Horticultural science, 12, 2, 93, 100,   1998年, 査読有り
  • 植物の分化組織および器官培養用培養装置開発とその二次代謝物生産への利用, 秋田 求, 三輪 敬之, 今泉 清, 浦林 竜太, 高山 真策, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 1, 31, 42,   1997年02月, 査読有り
    概要:植物の分化した組織および器官を培養するための装置を開発し、Atropa belladonna(ベラドンナ)の不定根培養系を用いて、その有用性を確かめた。この新たに開発された10-L容の培養装置内では、ベラドンナ根は集塊を形成することなく良好に増殖した。一般的な通気型培養槽で培養した場合と比較し、この培養装置を用いた場合には、培養開始後72日目で、根量については約1.5倍、アルカロイド含量については約2倍に増大させることができた。
  • 植物培養細胞による有用物質生産 : ベラドンナ細胞の還元力制御によるアルカロイド生産, 太田 喜元, 秋田 求, 近畿大学環境科学研究所研究報告, 近畿大学環境科学研究所研究報告, 25, 133, 134,   1997年
  • Newly developed apparatus for inoculating plant organs into large- scale fermentor, M. Kawamura, T. Shigeoka, M. Akita, Y. Kobayashi, Journal of Fermentation and Bioengineering, 82, 6, 618, 619,   1996年12月, 査読有り
    概要:We developed an apparatus for inoculation of a large number of plantlets or plant paris such as shoots or roots into a large-scale fermentor at one time. Atropa belladonna adventitious routs (2.4 kg FW) were inoculated into a 5001 fermentor under sterile conditions, and 35 kg FW of the roots were obtained after 60-d cultivation. There were no differences in proliferation rate and scopolamine content between a 10 l fermentor culture used as control and the 500 l fermentor culture. The success of large-scale root culture was considered to be dependent on the use of the new inoculation apparatus.
  • 植物組織培養技術を利用したジャガイモマイクロチューバーの大量供給法に関する研究, (筑波大学・博士論文),   1996年
  • Development of a system for mass propagation of Colocasia esculenta in large scale without forced aeration(共著), 秋田 求、太田喜元, Acta Horticulturae, 440, 554, 559,   1996年, 査読有り
  • 大型培養槽を用いた多芽体の大量増殖に関する研究(共著), 秋田求, 重岡武雄, 小泉蓉子, 川村道生, 植物工場学会誌, 6, 2, 113, 121,   1994年06月, 査読有り
  • 多孔質担体への苗条原基の捕捉と種苗大量増殖への応用(共著), 秋田 求, 小泉 蓉子, 川村 道生, 植物工場学会誌, 6, 2, 122, 127,   1994年06月, 査読有り
  • Stimutation of potato (┣DBSolanum tuberosum(/)-┫DB L. ) tuberization by semicontinuous liquid medium surface level control(共著), 秋田 求、高山真策, Plant Cell Report, 13, 184, 187,   1994年, 査読有り
  • The types of bioreactors using for shoots and embryos(共著), 高山真策、秋田 求, Plant Cell, Tissue and Organ Culture, 39, 147, 156,   1994年, 査読有り
  • Induction and development of potato tubers in a jar fermentor(共著), 秋田 求、高山真策, Plant Cell, Tissue and Organ Culture, 36, 177, 182,   1994年, 査読有り
  • Mass propagation of shoots of ┣DBStevia rebaudiana(/)-┫DB using a large scale bioreactor(共著), M.Akita, T.Shigeoka, Y.Koizumi, M.Kawamura, Plant Cell Report, 13, 180, 183,   1994年, 査読有り
  • Effects of medium surface level control on the mass propagation of potato tubers using a jar fermentor culture technnique, 秋田 求、高山真策, 植物組織培養, 10, 177, 182,   1993年12月, 査読有り
  • Large-scale production of anthocyanin by ┣DBAralia(/)-┫DB ┣DBcordata(/)-┫DB cell suspension cultures.(共著), Y.Kobayashi, M.Akita, K.Sakamoto, H.Liu, T.Shigeoka, T.Koyano, M.Kawamura, T.Furuya, Applied Microbiology and Biotechnology, 40, 213, 215, 218,   1993年, 査読有り
  • Mass propagation of potato tubers using jar fermentor techniques, (共著), 秋田 求、高山真策, Acta Horticulturae, 230, 55, 61,   1988年, 査読有り
  • 稲根圏における硝化‐脱窒活性のin situ測定, 秋田求, 吉田冨男, 日本土壌肥料学雑誌, 58, 4, 440, 443,   1987年08月, 査読有り
  • 上郷池における炭酸・重炭酸イオン及び溶存酸素濃度の経時変化とその相関性(共著), 国府田悦男,荒川健司,秋田求,芦田直子,飯島雅,北川貴子,白鳥康彦,幸重雅也,前田修, 筑波の環境研究, 8, 86, 90,   1984年, 査読有り
  • Resting period and the field performance of potato tubers propagated in a jar fermenter, 秋田 求、高山真策, 植物組織培養, 10, 255, 259,   1993年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • Bioengineering aspects of bioreactor application in plant propagation(共著), Plant Tissue Culture Engineering. (Focus on Biotechnology, Vol. 6), Springer Verlag,   2005年
  • Practical aspects of bioreactor application in mass propagation (共著), Liquid Culture Systems for in vitro Plant Propagation, Springer Verlag,   2005年
  • マイクロプロパゲーション「新農業情報工学-21世紀のパースペクティブ」(農業情報学会編) , 養賢堂,   2004年
  • 遺伝子発現解析による環境ストレスの検出 「新農業環境工学-21世紀のパースペクティブ」(日本生物環境調節学会編), 養賢堂,   2004年
  • 培養液の組成を測る 「ファイテクHow to みる・きく・はかる −植物環境計測−」(ファイトテクノロジー研究会著), 養賢堂,   2002年
  • Development of culture techniques for mass propagation of Colocasia esculenta (共著), Potential of root crops for food and industrial resources, International Society for Tropical Root Crops,   2002年
  • Bioreactor culture of plant organs, The Encyclopedia of Cell Technology, Wiley,   2000年
  • 大型培養槽を用いた植物器官の大量培養, 植物工場技術の新しい展開(SHITA Report NO.7),   1994年
  • マイクロチューバー大量培養法, 「最新バイオテクノロジー全書2・野菜の組織,細胞培養と増殖」,農業図書,   1990年
  • 食用イモ類, 「植物工学要覧」R&Dプランニング(刊),   1989年
  • 植物バイオテクノロジー, 遺伝子操作, 秋田 求, 高山真策, 共著, 幸書房,   2009年05月
    概要:植物の遺伝子操作について、その原理や応用、および、研究手法を紹介した。

講演・口頭発表等

  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)由来ペルオキシダーゼ(Prx34)のPichia pastoris によ る生産, 鶴川 倫子、秋田 求、中山 翔平、Jari P.T. Valkonen, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会,   2017年08月29日, 日本植物細胞分子生物学会
    概要:発表番号 P-107、要旨集 p182
  • Sclerotium delpniniiはスナゴケに感染する, 田邊 未夏、田村 真子、秋田 求, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会,   2017年08月29日, 日本植物細胞分子生物学会
    概要:発表番号 P-049, 要旨集 p153
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)はXanthomonas oryzaeに対して防御応答を活性化 させる, 櫻井 陽菜、田村 真子、秋田 求, 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会,   2017年08月29日, 日本植物細胞分子生物学会
    概要:発表番号P-047, 要旨集p152
  • C3-C4型光合成転換植物Eleocharis viviparaのC3型/C4型特異的遺伝子の解析, 秋田 求, 平成28年度形質転換植物デザイン研究拠点成果報告会,   2017年03月13日
  • ヒヨス毛状根のトロパンアルカロイド高生産条件の検討, 平井俊充,馬場智也,秋田求, 日本生物環境工学会2016年金沢大会,   2016年09月12日
  • Stimulation of bud induction of Racomitrium japonicum by CO2 enrichment and red light illumination, 秋田 求、橘みゆき, Moss2016,   2016年09月02日
  • Sclerotium as a harmful pathogen of sunagoke moss (Racomitrium japonicum) and its biological control using Bacillus, 田村真子、田邊未夏、Jari P. T. Valkonen、秋田 求, Moss2016,   2016年09月02日
  • C4光合成の炭酸固定酵素と脱炭酸酵素のC3植物への導入による代謝系の改変:水ストレス耐性の向上とその基盤のメタボローム解析, 西村隆秀、高木祐子、中山泰宗、傳寶雄大、福崎英一郎、蘆田弘樹、陀安一郎、秋田求、泉井桂, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月27日
  • 植物に刺激を与えて有用物質の生産性を高める, 秋田 求, 平成27年度スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール植物工場講演会,   2016年02月10日, 招待有り, 若狭東高等学校
    概要:若狭東高等学校において高校生対象に表記タイトルの講演を行った。
  • C3, C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaの遺伝子発現解析, 原田大士朗,坂本智昭,倉田哲也,大和勝幸,泉井桂,秋田求, 第5回日本光合成学会年会,   2015年05月
  • C4光合成のCO2代謝酵素の導入によるC3植物の水利用効率(WUE)および乾燥ストレス耐性の向上:アミノ酸分析とメタボローム解析による性格づけ, 西村隆秀、高木祐子、平野博人、三輪哲也、中山泰宗、傳寶雄大、福崎英一郎、秋田求、泉井桂, 第5回光合成学会年会,   2015年05月
  • ホルムアルデヒド (FAL)によるストレスに対する植物(アラビドプシスとタバコ)の分子応答とそのシグナル伝達機構の解析, 西村隆秀、久保森、秋田求、泉井桂、且原真木、西村秀希, 第31回資源植物科学シンポジウム・第7回植物ストレス研究シンポジウム,   2015年03月03日
  • C3, C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaの遺伝子発現解析, 原田大士朗,坂本智昭,倉田哲也,大和勝幸,泉井桂,秋田求, 第31回資源植物科学シンポジウム・第7回植物ストレス研究シンポジウム,   2015年03月
  • Improvement of water use efficiency (WUE) and drought tolerance in tobacco by genetic engineering: Further analyses by metabolomics profiling and δ13C measurement under stress, Takahide Nishimura、Hiroki Kitaoka、Yuko Takagi、Yasumune Nakayama、Yudai Denpo、Eiichiro Fukusaki、Ichiro Tayasu、Motomu Akita、Kathura Izui, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月
  • C3/C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaを用いたC4光合成成立遺伝子の探索, 原田大士朗, 坂本智昭, 倉田哲也, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日, 招待有り
  • C4光合成のCO2代謝酵素及び輸送系の導入によるC3植物のC4化への試み―4種類の遺伝子を導入した組換え体トマトの作出―, 西村隆秀, 林功貴, 明渡絵里朱, 高木祐子, 中川強, 谷口光隆, 松倉千昭, 江面浩, 陀安一郎, 秋田求, 泉井桂, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2014年07月30日
  • ‘C4化’タバコにおける水利用効率および乾燥ストレス耐性の向上:δ13Cの測定およびメタボローム解析とアミノ酸分析による性格付け, 泉井桂, 西村隆秀, 高木祐子, 明渡絵里朱, 秋田求, 蘆田弘樹, 横田明穂, 陀安一郎, 中山泰宗, 傅寶雄大, 福崎英一郎, 平野博人, 三輪哲也, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaのDe novoトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • Findings of plant disease resistance gene (R-gene) homologues in moss (Physcomitrella patens), 秋田 求, MOLECULAR BIOLOGY AND BIOTIC INTERACTIONS OF MOSSES,   2013年10月31日, 招待有り
  • ヒヨス毛状根の生育とアルカロイドの代謝特性, 高山真策, 米良信昭, 秋田求, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2013年09月
  • イヌガヤの生育環境とアルカロイドの代謝特性, 高山真策, 植松聖陽, 川本博輝, 藤田悠, 秋田求, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2013年09月
  • 酸素供給条件がヒヨス毛状根の培養特性に及ぼす影響, 高山真策, 米良信昭, 秋田求, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2013年09月
  • C3,C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaの成長点におけるトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 坂本智昭, 倉田哲也, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2013年09月
  • Comparision of transcriptome between C3/C4 types of photosynthesis on Eleocharis vivipara by the next-generation sequencer, Daijiro Harada, Tomoaki Sakamoto, Tetsuya Kurata, Katsuyuki Yamato, Katsura Izui, Motomu Akita, The 16th International Congress on Photosynthesis,   2013年08月
  • 遺伝情報の利用による植物の機能改変, 秋田 求, 日本生物環境工学会西日本支部シンポジウム,   2013年07月05日, 招待有り
  • Isolation of antagonistic bacterium against fungi from Sunagoke moss (Racomitrium japonicum), Yoshihiro Morita, Yusuke Tanigaki, Kenji Ito, Wataru Kobori, Akio Tani, Mikko T Lehtonen, Eeva Marttinen, Jari P.T. Valkonen, Ikko Suzukawa,Haruhiko Murase, Motomu Akita, The 16th Annual Moss International Conference,   2013年06月
  • Characterization of the chitosan-responsive peroxidase Prx34 of Physcomitrella patens, Kenji Ito, Yusuke Tanigaki, Mikko T. Lehtonen, Jari P. T. Valkonen, Motomu Akita, The 16th Annual Moss International Conferenc,   2013年06月
  • Physcomitrella patens has OsXa21 type membrane receptor homologs, Yusuke Tanigaki, Kenji Ito, Mikko T Lehtonen, Akiko Kosaka, Katsuyuki Yamato, Jari P. T. Valkonen, Motomu Akita, The 16th Annual Moss International Conferenc,   2013年06月
  • Application of Gas Permeable Film for Cultivation of Aquatic Plant, Daijiro Harada. Masato Hamanaka. Ryoichi Tsuga. Motomu Akita, 2013 IFAC Bio-Robotics Conference,   2013年04月
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaトランスクリプトームの比較, 原田大士朗, 平田樹, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 光合成における13C/12Cの同位体分別の測定による“C4化”植物の性格づけ, 泉井桂, 明渡絵里朱, 蘆田弘樹, 橋詰恵丞, 横田明穂, 秋田求, 陀安一郎, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • C4ミニサイクルのC3植物(トマト)への導入による光合成能の増強を目指して, 林功貴, 明渡絵里朱, 橋詰恵丞, 高木祐子, 中川強, 谷口光隆, 松倉千昭, 江面浩, 秋田求, 泉井桂, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • Transcriptome analysis of C3-C4 photosynthesis interconversion plant Eleocharis vivipara using the next-generation sequencers, Daijiro Harada, Itsuki Hirata, Akane Sato, Katsuyuki Yamato, Katsura Izui, Motomu Akita, The 10th International Congress on Plant Molecular Biology,   2012年10月
  • 和歌山県天然記念物キイシモツケの分子系統分類学的および生理形態的性格付け:イワシモツケおよびトサシモツケとの比較, 明渡絵里朱, 平田智子, 上井和幸, 高木裕子, 水野隆文, 小林真, 小池孝良, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本植物学会大会研究発表記録,   2012年09月14日
  • 葉緑体内にホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを高発現させた Atropa belladonna の特性, 御前省吾,川口佳美,多田朋弘,泉井桂,秋田 求, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2012年09月06日
  • ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを高発現させたAtropa belladonnaの特性, 御前昇吾, 川口佳美, 多田朋弘, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2012年08月03日
  • C4ミニサイクルのC3植物(トマト)への導入による光合成能の増強を目指して, 泉井桂, 明渡絵里朱, 高木祐子, 橋詰恵丞, 林功貴, 永松裕章, 中川強, 谷口光隆, 松倉千昭, 江面浩, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2012年08月03日
  • Arabidopsis thaliana培養細胞によるC1資化植物作出モデル系の構築―ホルムアルデヒド固定のための遺伝子コンストラクト検討―, 久保森, 明渡絵里朱, 中川強, 石原健志, 小西美稲子, 柳澤修一, 笠岡昌美, 蒔田由布子, 豊田哲郎, 由里本博也, 阪井康能, 秋田求, 泉井桂, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2012年08月03日
  • 次世代シーケンサーによるC3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 平田樹, 佐藤茜, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2012年08月03日
  • C3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのin vitroにおける光合成型の切換え, 原田大士朗, 溝端夏季, 横山加奈子, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • 葉緑体においてPEPカルボキシラーゼとPEPカルボキシキナーゼを過剰発現させることによるタバコ(C3植物)の高CO2条件下での水利用効率(WUE)の向上, 泉井桂, 蘆田弘樹, 橋詰恵丞, 有川慶大, 濱口祐子, 横正健剛, 横田明穂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • キトサン処理時にヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)で観察されるROS生成, 伊藤健司, 谷垣悠介, LEHTONEN Mikko, VALKONEN Jari, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • シロイヌナズナのホルムアルデヒドストレス応答と活性酸素種(ROS)の関与に関する解析, 久保森, 榊原均, 来須孝光, 朽津和幸, 由理本博也, 阪井康能, 秋田求, 大和勝幸, 泉井桂, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • C3‐C4光合成の相互転換植物Eleocharis viviparaの先端分裂組織からの培養系の誘導とin vitroにおけるC3型とC4型の切り換え, 原田大士朗, 溝端夏季, 横山加奈子, 吉村一恵, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • イネへのホルムアルデヒドの同化代謝系(リブロースモノリン酸経路)の導入, 鈴木詩織, 明渡絵里朱, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)に見出された病害抵抗性遺伝子(R遺伝子)に関する研究, 谷垣悠介, 伊藤健司, 小阪安希子, LEHTONEN Mikko, THELANDER Mattias, 大和勝幸, 秋田求, VALKONEN Jari P. T., 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)に見出された病害抵抗性遺伝子(R遺伝子)に関する研究, 谷垣悠介, 小阪安希子, 伊藤健司, LEHTONEN Mikko, THELANDER Mattias, 橘川麻衣, 秋田求, VALKONEN Jari, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • リブロースモノリン酸経路(RuMP)の2種類の酵素の融合体をコードする合成遺伝子を導入したイネの作成と解析, 鈴木詩織, 明渡絵里朱, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • シロイヌナズナを用いた植物のホルムアルデヒド応答のトランスクリプトーム解析, 久保森, 陳麗梅, 榊原均, 由里本博也, 加藤暢夫, 阪井康能, 秋田求, 泉井桂, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • スナゴケ(Racomitrium japonicum)から単離される微生物とそのスナゴケの生育に対する影響, 秋田求, 小堀航, 谷垣悠介, 宇土寛文, 森田佳宏, 谷明生, 鈴川一行, LEHTONEN Mikko, VALKONEN Jari, 村瀬治比古, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • C3/C4光合成の相互転換植物,カヤツリグサ科のEleocharis viviparaのcDNAライブラリーの作成とC4型PEPCのゲノムDNA塩基配列の決定, 原田大士朗, 近藤知栄, 米原亮, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 生化学,   2011年
  • イネとタバコへのホルムアルデヒド固定能の付与:C1微生物のリブロースモノリン酸経路(RuMP)の2つの酵素の葉緑体における高発現にむけて, 明渡絵里朱, 鈴木詩織, 福井崇人, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 生化学,   2011年
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)にみられる植物病害抵抗性遺伝子ホモログ(PpC24)の特徴, 秋田 求, Mikko T. Lehtonen Jari P. T. Valkonen, Mattias Thelander, MOSS 2010, The 13th annual international conference,   2010年07月, MOSS 2010, The 13th annual international conference
    概要:ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)には、植物病害抵抗性遺伝子のホモログ(PpC24)が見られる。これまで明らかでなかった部分配列を明らかにした。また、そのノックアウト株の性質を明らかにした。
  • ホルムアルデヒド耐性を付与した遺伝子組換えシロイヌナズナと野生株におけるホルムアルデヒド応答のトランスクリプトーム解析, 秋田 求, 泉井 桂, Biotechnology Research Center, Kunming University of Science and Technology, China, 理研・PSC, 東京工業大・院・生命理工学, 京都大・院・農, 京都大・院・農, 京都大・院・農, International Conference on Arabidopsis Research 2010,   2010年06月, International Conference on Arabidopsis Research 2010
    概要:HPSとPHIを導入することによってホルムアルデヒド耐性を付与した遺伝子組換えシロイヌナズナと野生株をホルムアルデヒドに暴露した。暴露実験には、この目的に特注したシステムを用いた。暴露後の植物のトランスクリプトームを解析した。結果、ホルムアルデヒド暴露時にみられる特徴的な遺伝子発現レベルの変化を観察でき、そのいくつかは、形質転換株で応答性が低かった。(英文)
  • コケに秘められた可能性 ~緑化資材から遺伝子資源まで~, 秋田 求, 生物理工学部公開講座,   2009年10月24日
  • 分子レベルから植物の応答を調べる(コケの病害応答を例にして), 秋田 求, 日本生物環境工学会2008年大会・オーガナイズドセッション,   2009年09月10日
  • エゾスナゴケ(Racomitrium japonicum)無菌培養系の特性, 秋田 求, 村瀬治比古, 日本植物細胞分子生物学会,   2009年07月29日, 日本植物細胞分子生物学会
    概要:エゾスナゴケ(Racomitrium japonicum)の原糸体の無菌培養系を誘導した。その培養特性を報告した。
  • スナゴケ(Racomitrium japonicum)に対する病原性を有するカビの単離, 秋田 求, 村瀬治比古, Mikko T. Lehtonen Jari P. T. Valkonen, 日本農芸化学会大会,   2009年03月05日, 日本農芸化学会大会
    概要:スナゴケ(Racomitrium japonicum)がカビによる被害を受けることを紹介し、その際に検出されるカビのうちin vitroでコケが被害を受けると同定できたものを報告した。
  • チオレドキシンを包埋した多角体を用いたタンパク質分離法の開発, 秋田 求, 泉井 桂, 本橋 健 久堀 徹, 池田敬子 森 肇, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会,   2008年12月, 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会
    概要:ポリヘドリンからなる多角体に変異型チオレドキシンを包埋させることにより、チオレドキシンと相互作用するタンパク質を分離しうることを明らかにした。
  • 分子レベルから植物の応答を調べる(コケの病害応答を例にして), 秋田 求, 日本生物環境工学会,   2008年09月07日, 日本生物環境工学会
    概要:「未来型植物工場-分子情報利用技術からロボット利用技術まで-」と題したオーガナイズドセッションにおいて、コケの病害応答を例に植物を分子レベルから調べる研究法について概説した。
  • 緑化資材および生理学的研究材料としてのスナゴケ, 秋田 求, Haruhiko Murase, Akio Tani, Mikko T. Lehtonen Jari PT Valkonen, MOSS 2008, The annual international symposium for moss experimental research 2008,   2008年08月18日, MOSS 2008, The annual international symposium for moss experimental research 2008
    概要:スナゴケが緑化用の資材として、および、植物とカビ性の病原菌との関係を調べる材料として価値があることを紹介した(英文)。
  • Physcomitrella responds to chitosan with release of a specific peroxidas, MOSS 2008, The annual international symposium for moss experimental research 2008,   2008年08月16日
  • ヒメツリガネゴケはキトサンに応答して特異的なペルオキシダーゼを放出する, Mikko T. Lehtonen, 秋田 求, Jari P. T. Valkone, Nisse Kalkkinen Elina Ahola-Iivarinen Gunilla Ronnholm Panu Somervuo, Mattias Thelander, MOSS 2008, The annual international symposium for moss experimental research 2008,   2008年08月, MOSS 2008, The annual international symposium for moss experimental research 2008
    概要:ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)がキトサンに応答してすばやく培地中にペルオキシダーゼを放出すること、および、そのペルオキシダーゼをノックアウトしたときの影響を報告した(英文)
  • スナゴケの生育を促進する微生物, 谷 明生, 秋田 求, 金原和秀, 村瀬治比古, 日本生物工学会,   2008年08月, 日本生物工学会
    概要:スナゴケから、その生育を促進するメチロトローフを単離しその効果を確かめた。
  • スナゴケの生育を促進する微生物, 谷明生, 秋田求, 村瀬治比古, 金原和秀, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2008年07月11日
  • 微生物のC1代謝の分子的基盤-メチロバクテリアによる植物の生育促進, Akio Tani, 秋田 求, Kosuke Kawaguchi Hiroya Yurimoto Yasuyoshi Sakai Kazuhide Kimbara, Haruhiko Murase, Gordon Conference,   2008年07月, Gordon Conference
    概要:コケ(Racomitrium japonicum)から単離されたメチロバクテリウムが植物の生育を促進することを紹介し、その分子的基盤について考察した(英文)。
  • スナゴケの生育を促進する微生物, 谷 明生, 秋田 求, 金原和秀, 村瀬治比古, 日本農芸化学会中四国支部,   2008年05月, 日本農芸化学会中四国支部
    概要:スナゴケ(Racomitrium japonicum)の生育を促進するメチロトローフ細菌を単離し、その効果を確かめた。
  • C3,C4光合成転換植物(Eleocharis vivipara)のC4型ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ(PEPC)の抽出法の開発, 阪上綾, 山崎恭央, 吉村一恵, 秋田求, 泉井桂, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • 植物組織培養の素敵な世界, 秋田 求, 生物理工学部公開講座,   2007年10月20日
  • 培養槽による胞子嚢からのシダの大量増殖, 加藤聖隆, 岡田瑞穂, 秋田求, 泉井桂, 日本生物環境工学会2007年創立記念大会,   2007年06月25日
  • スナゴケのプロトプラスト培養法の開発, 高城一会, 秋田求, 村瀬治比古, 日本生物環境工学会2007年創立記念大会,   2007年06月25日
  • カイコ細胞質多角体病ウイルスの多角体を利用したタンパク質分離法の開発:チオレドキシンをベイトとして, 黒田敏章, 齋藤直也, 池田敬子, 本橋健, 久堀徹, 泉井桂, 森肇, 秋田求, 日本農芸化学会平成18年度大会,   2006年03月05日
  • ペチュニアの組織培養における通気と光照射条件が生育に及ぼす影響, 高山真策, 池本真理子, 秋田求, 大城閑, 農業環境工学関連7学会2006年合同大会,   2006年
  • Elicitor responses in Physcomitrella patens, Moss 2006,   2006年
  • ペチュニアの組織培養における通気と光照射条件が培養容器内のガス環境におよぼす影響, 高山真策, 池本真理子, 谷晃, 秋田求, 大城閑, 農業環境工学関連7学会2006年合同大会,   2006年
  • ペチュニアの組織培養における通気と光照射条件が酸化ストレスとその防御におよぼす影響, 高山真策, 池本真理子, 秋田求, 大城閑, 農業環境工学関連7学会2006年合同大会,   2006年
  • レタスの種子感染による遺伝子組換え法, 秋田求, 農業環境工学関連7学会合同大会講演要旨集,   2005年09月12日
  • 農業工学分野の研究者・技術者のための先端バイオテクノロジー講座「植物の生命情報工学」第3回 植物の遺伝子操作 講演資料集, 秋田 求, 日本生物環境調節学会研究事業委員会、日本生物環境調節学会近畿支部,   2005年09月12日
    概要:「レタスの種子感染による遺伝子組換え法」について報告した
  • コケ無菌培養系の有用性, 秋田 求, 第35回大阪府立大学先端科学研究所生物資源開発センターセミナー,   2004年11月, 招待有り, 第35回大阪府立大学先端科学研究所生物資源開発センターセミナー
    概要:コケの無菌培養系を利用した研究の実例を紹介し、その可能性を明らかにした。
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)相同組換え系を利用した物質生産技術に関する研究, 小前るみ, 秋田求, 太田喜元, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2004年03月05日
  • Mass propagation of cherry (Cerasus yedoensis Matum.) through shoot primordia (jointly worked), 5th In Vitro Culture and Horticultural Breeding - Biotechnology, as Theory and Practice in Horticulture,   2004年
  • 植物のDNAやRNAを扱う意義と基本的方法, 秋田求, 農業環境工学関連5学会2003年合同大会,   2003年09月08日
  • 農業工学分野の研究者・技術者のための先端バイオテクノロジー講座「植物の生命情報工学」第1回講演資料集, 日本生物環境調節学会研究事業委員会、日本生物環境調節学会近畿支部,   2003年
    概要:「植物のDNAやRNAを扱う意義と基本的方法」というタイトルで研究の概要を解説した。
  • Moss as a model system for studies on plant-pathogen interactions (jointly worked), Ⅺ International Conference on Molecular Plant-microbe Interactions,   2003年
  • 各種前駆体投与がベラドンナ根のアルカロイド含量に及ぼす影響, 渡辺隆志, 秋田求, 太田喜元, 日本農業気象学会全国大会日本生物環境調節学会大会合同大会講演要旨,   2002年08月06日
  • ヤマノイモの貯蔵組織の簡易大量培養法, 秋田求, 太田喜元, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2002年07月29日
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)を利用した有用代謝物生産に関する研究 (第1報) 遺伝子組換え条件の検討, 小前るみ, 秋田求, 太田喜元, VALKONEN J P T, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • カイコ細胞質多角体病ウイルスを利用した有用タンパク質生産に関する研究, 星野真輝, 一法師幹也, 秋田求, 太田喜元, 池田敬子, 森肇, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • A novel gene family in moss(Physcomitrella patens)shares high sequence homology with TIR-NBS class of plant disease resistance genes(共著), Moss 2001 International Meeting on Moss Biology,   2001年
  • Development of culture techniques for mass propagation of corms of Colocasia esculenta, 秋田 求、太田喜元, Twelfth symposium of the International society for tropical root crops,   2000年09月
  • Bioreactorを用いた植物器官大量培養技術, 秋田 求, 日本植物工場学会関西支部平成10年度講演会,   1998年10月, 招待有り
  • 組織培養によるサトイモ種苗生産に関する研究, 秋田求, 太田喜元, 日本農業気象学会全国大会日本生物環境調節学会大会合同大会講演要旨,   1998年07月
  • 組み換え体サトイモの育成:I.サトイモ品種石川早生の黄化茎におけるカルス誘導条件(共著), 育種学雑誌(別冊),   1998年
  • タイム(Thymus vulgaris)のシュート培養によるThymolの生産, 秋田求, 太田喜元, 高井豪樹, 日本植物工場学会大会学術講演要旨集,   1998年
  • 還元性物質の投与がベラドンナのアルカロイド生産に及ぼす影響, 秋田求, 小椋一輝, 長尾友昭, 太田喜元, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   1997年07月
  • 植物貯蔵器官大量培養用の簡易培養装置の開発, 秋田求, 畑光典, 栗原将彦, 太田喜元, 日本農業気象学会全国大会日本生物環境調節学会大会合同大会講演要旨,   1997年06月
  • チロン処理がベラドンナ不定根およびアルカロイド生産に及ぼす影響, 秋田求, 太田喜元, 植物細胞分子生物シンポジウム講演要旨集,   1996年07月
  • Development of a system for mass propagation of Colocasia esculenta in large scale without forced aeration, International symposium on Plant Production in Closed Ecosystems -Automation,Culture,and Environment,   1996年
  • Bioreactor advances for the large-scale production of propagules.(共著), COST 822,Workshop on somatic Embryogenesis,Artificial Seeds and Bioreactors,   1996年
  • 大型培養槽を用いた植物器官の大量培養, 秋田求, SHITA Rep,   1994年01月, 招待有り
  • 多孔質担体への植物組織の捕捉とその応用に関する研究, 秋田求, 小泉蓉子, 川村道生, 日本植物工場学会大会学術講演要旨集,   1993年
  • 大型培養槽を用いた植物器官培養技術に関する研究(共著), 日本植物工場学会平成4年度大会,   1992年
  • Large scale culture of plant organs for production of the secondary metabolites(共著), Phytochemical Potential of Tropical Plants, Second Joint Meeting of the Phytochemical Societies of Europe & North America,   1992年
  • 担体への捕捉がベラドンナ破砕根の生育とアルカロイド生産に及ぼす影響, 秋田求, 高山真策, 田中秀夫, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集,   1991年07月
  • ジャーファーメンターによるサトイモ科植物の大量増殖に関する研究 第2報-サトイモ球茎の大量増殖-(共著), 園芸学会平成1年度春季大会,   1989年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎形成に関する研究 第5報-培養由来の塊茎の性状について-(共著), 園芸学会平成1年度春季大会,   1989年
  • 植物器官大量培養装置の開発に関する研究(共著), 1989年度精密工学会春季大会,   1989年
  • 植物器官大量培養装置の開発(共著), 1989年度日本農芸化学会大会,   1989年
  • ジャーファーメンターによるジャガイモ塊茎の大量培養に関する研究(共著), 第11回日本植物組織培養学会大会,   1989年
  • ジャーファーメンターによるサトイモの大量増殖に関する研究(共著), 第11回日本植物組織培養学会大会,   1989年
  • Development of bioreactor specialized for differentiated plant tissue and organ cultures and its application for secondary metabolite production(共著), International Symposium on Application of Biotechnological Methods and Recent Accomplishments of Economic Value in Asia,   1989年
  • 植物の器官大量培養用培養槽に関する研究(共著), 第11回日本植物組織培養学会大会,   1989年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎の大量増殖に関する研究, 秋田 求, 植物の組織培養技術部会第33回定例会,   1988年11月, 招待有り
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎形成に関する研究 第3報-培養方法による塊茎形成部位の変化-(共著), 園芸学会昭和63年春季大会,   1988年
  • Mass propagation of potato tubers using jar fermentor techniques (jointly worked), Symosium on High Technology in Protected Cultivation, Internationa Society for Horiticultural Science,   1988年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎の大量培養, 秋田求, 高山真策, 第1回植物組織培養コロキウム・植物組織培養技術の実用化の現状と今後の展望,   1988年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎形成に関する研究 第4報-塊茎形成におよぼすホルモン条件の影響-, 園芸学会昭和63年秋季大会,   1988年
  • ジャーファーメンターを用いた植物の大量増殖技術, 秋田 求, 日本農業気象学会若手研究者の会winter seminar,   1987年11月, 招待有り
  • 液体培養法によるグラジオラスの繁殖に関する研究(共著), 第10回日本植物組織培養学会大会,   1987年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎形成に関する研究 第1報-無菌培養系の確立と塊茎形成に関する諸条件の検討-(共著), 園芸学会昭和62年秋季大会,   1987年
  • 組織培養法によるジャガイモ塊茎形成に関する研究 第2報-液体培養法を用いた塊茎の形成-(共著), 園芸学会昭和62年秋季大会,   1987年
  • 植物根圏における脱窒活性のin situ測定, 秋田求,吉田冨男, 昭和61年度日本土壌肥料学会大会,   1986年04月
  • Mass propagation of plants by fermenter culture techniques (jointly worked), VI International Congress of Plant Cell, Tissue and Organ Culture,   1986年

作品

  • コケの分子生物学(特に他微生物との相互作用)に関する共同研究,   1999年

MISC

  • 遺伝子操作による新型遺伝資源の生産とその応用に関する技術開発 植物遺伝資源と異種生物との相互作用の探索及び植物遺伝資源の産業化への利用に関する研究, 太田喜元, 外村弁一郎, 行永寿二郎, 渡辺和男, 秋田求, 堀端章, 遺伝子操作による新型遺伝資源の生産とその応用に関する技術開発 平成8-12年度 近畿大学生物理工学研究所研究成果報告書, 389(1),389-689,   2001年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171535044393
  • 特集 苗生産技術の自動化 ジャーファーメンターおよびタンク培養による種苗生産, 高山真策, 秋田求, 月刊組織培養, 20, 11, 413, 416,   1994年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902145116334739
  • バレイショの組織培養におけるホルモン条件, 秋田求, 高山真策, ポテトサイエンス, 9, 3/4, 97, 98,   1989年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902014624306697
  • ジャーファーメンターおよびタンク培養による種苗生産(共著), 月刊組織培養, 20, 11, 413, 416,   1994年
  • 液体培養法による花卉の急速増殖, 新花卉, 139,42-49,   1988年

特許

  • スナゴケ及び種子植物の生育促進方法及び生育促進菌, 谷明男、秋田 求、他(出願人・国立大学法人岡山大学), 特願PCT/JP2009/051034
  • イモ類の増殖法, 高山真策、秋田 求, 特願PCT/JP87/00923, 特開WO88/04136, PCT/JP87/00923
  • 目的タンパク質の分離または検出用タンパク質粒子およびその使用方法 , 泉井桂、秋田求、森肇、池田敬子, 特願2006-170486, 特願2006-170486

受賞

  •   1993年, 日本植物工場学会奨励賞
  •   2006年, 日本植物工場学会学術会長賞
  •   2007年, 日本生物環境工学会西日本支部支部功績賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 代謝工学による環境浄化植物の開発:ホルムアルデヒドやメタノールの除去能の増強, 泉井 桂, 環境中のホルムアルデヒド(HCHO)を吸収・同化する能力を植物に付与することにすでに成功しているが、本研究では実用化をめざして、この能力のさらなる増強のための導入遺伝子の改良を行い、HCHO の毒性発現機構の一部を解明し、シロイヌナズナ、タバコに加えてイネにもこの能力を付与することに成功した。将来メタンの資化能を植物に付与するための次のステップとしてメタノールの資化能を付与する試みを行った。
  • (独)農業・食品産業技術総合研究機構, 民間実用化研究促進事業, 緑化用培養スナゴケの大規模栽培と利用技術の実用化研究, 本庄 浩二, コケ緑化の事業化を目指す諸課題のうち、種苗の無菌培養法、肥料開発、病害の発生可能性について分担した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), ホルムアルデヒドとその関連化合物を吸収除去する植物の開発と観葉植物への応用, 泉井 桂, メタノール資化性細菌のホルムアルデヒド(HCHO)固定に関与する2種類の酵素の遺伝子をシロイヌナズナ(At)およびタバコに導入し、形質転換体を取得した。形質転換体はHCHOの吸収能が増強され、高い耐性を示した。Atを用いてHCHOに応答して発現量が変化する遺伝子を網羅的に解析し、毒性および組換え体の耐性機構について手がかりを得た。植物において最も強く発現できるように遺伝子を合成し、これをAtおよび数種類の観葉植物に導入して、シックハウスガスの低減化に役立つ植物の作出を試みた。
  • 近畿経済産業局, 地域新生コンソーシアム研究開発事業, 屋上・壁面緑化用多機能性バイオ苔のLED 活用高効率生産技術, 川本 八郎, 緑化用のスナゴケの無菌増殖系の誘導とその効率的な増殖条件、分化条件の検討を行った。また、スナゴケの液体増殖に適当な肥料の開発も試みた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 組み換え多角体を用いた相互作用するタンパク質の検出と分離, 太田 喜元, 秋田 求, カイコ細胞質多角体病ウイルスの多角体形成に関与するポリヘドリン遺伝子と、VP3にマウス由来のFosBを接続したキメラ遺伝子を含むバイナリーベクターを作成し、アグロバクテリウムを介してレタスやタバコBY-2細胞などを形質転換した。結果、ウエスタン法による検出ができたものの含量が少なく、生産物のサイズが小さくなっていたなど、さらに検討を要する問題が多いことが明らかになった。そこで、当初の予定を変更し、相互作用するタンパク質の分離が多角体を用いて可能かどうかをカイコ培養細胞を使って調製した多角体を使って確かめることにした。研究では、ホウレンソウ由来のチオレドキシン(Trx-m)を提示させた多角体を作成し、これを用いてTrx-mと相互作用するタンパク質群の分離を試みた。Trx-mとして、S-S結合の形成に関与するシステイン残基の一つをセリンに置換したTrx-m_を用いた。これをVP3遺伝子に連結し、カイコ培養細胞を使用して組換え多角体を生産した。この多角体を用いて、ホウレンソウ葉緑体の粗抽出液からTrx-mと相互作用するタンパク質のいくつか(Rubisco Activaseなど)を分離することに成功した。具体的には、多角体をDTTで前処理して洗浄し、次にタンパク質と反応させ、最後にDTT処理して多角体から溶出させることで相互作用するタンパク質の分離を行うことができた。この洗浄方法や特異性の高さ、繰り返し利用性のなどについては今後も検討を続け、洗練された方法とする価値があると考えられた。
  • その他の研究制度, 植物の有用代謝物生産方法に関する研究
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 組織培養技術を利用した植物貯蔵器官の簡易大量供給システムの開発, 太田 喜元, 植物の貯蔵器官を対象とした簡易な培養装置を開発することによって、新たな種苗生産体制の構築をめざした。モデル植物として主にサトイモを用いた。まず、サトイモの大量培養条件を明らかにした。大量培養装置開発に関して、特に強制通気の問題点に注目した。すなわち、強制通気は成育を促進する反面、培養装置の構造や培養の管理作業を複雑化させる。また、植物器官は一般に酸素消費速度が遅いため、強制通気によって酸素供給量を確保する必要がない可能性があった。そこで、実際に、サトイモを液体培地中に沈めた状態で静置培養し、このような酸素供給が制限される条件下でも成育可能であることを確かめた。次に、回転ドラム型培養装置を利用し、強制通気を行わないで大量培養する培養装置を試作した。この培養装置内では、培養物は、培地中に没したり気相中に露出したりすることを繰り返す。この装置を用いて、サトイモ植物体が良好に生育することを確かめた。また、同じ原理でさらに簡易な培養装置を試作し、かつ、培養形態が全く異なる材料のモデルとしてジャガイモを用いて培養した結果、やはり良好な塊茎形成が観察された。本研究の培養条件下で得られたサトイモ植物体の貯蔵物質含量を測定した結果、球茎(貯蔵器官)としては未成熟と考えられた。植物体は、培養後は直ちに順化する必要があった。順化は容易であったが、発根が弱く長期栽培中に枯死する株が目立った。この問題に対し、水、あるいは、ある種の抗酸化剤の水溶液中で短期間培養することによって、発根を促進できることがわかった。以上の研究結果を総合し、簡易培養装置を利用した大量培養を中心とする種苗生産体制を構築する可能性が示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 組織培養技術を利用した植物器官における二次代謝制御メカニズム測定系の開発, 秋田 求, 1.器官培養用の培養装置の開発実験材料として、ベラドンナの不定根を用いた。ドラム型培養装置、および、通気撹拌型培養槽を用いて、ベラドンナ不定根培養系に適した装置の試作を試みた。まず、気相中に不定根を保持し培地を霧状にして供給する方法を試みたが、安定して培養でき、かつ、培養条件を容易に制御できるような実験用装置の構築は困難であった。種々の検討の結果、ドラム型培養槽内に金網などメッシュ状の内筒を設置し、これに、分化した器官を捕捉させるようにして培養する方法が、本研究目的に最も近い形と考えられた。この方法では、培養中に、金網や金網表面に張り付けた多孔質担体(大孔径のスポンジ等)に自動的に植物器官が付着した。培地量や回転数を変化させれば、培地中への浸漬時間やそのタイミングを制御することが可能である。また、通気撹拌型培養槽の撹拌軸に金網からなるカゴを固定し、これに不定根を付着させ培養する方法について、現在、検討を行っている。2.実験に適した培養系の開発実験に用いた培養系は、きわめて安定に分化することが確かめられている。ここから、全く同じく条件下でも分化せず、かつ液体振とう培養可能な細胞を分離し、増殖させることに成功した。さらに、この脱分化細胞を分離する過程で、一旦は脱分化するものの、全く同じ培地条件で継代すると分化し始める株が確認された。このように、「分化」という現象に関連した生化学的な変化を解析するうえで、有用な培養系が得られた。しかし、培養槽を用いてこれらの系を培養することに関しては、特に最後に述べた培養系の維持が困難であり、詳細な条件検討を進めている。3.環境条件の変化に対する反応さらに、活性酸素に関連する物質の影響について検討する予定であったが、これについては、実施に至らなかった。
  • その他の研究制度, 植物の二次代謝制御機構に関する研究
  • その他の研究制度, 植物の大量増殖法に関する研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生物工学の基礎, 放送大学
  • 細胞工学特殊研究, 近畿大学
  • 細胞工学特論, 近畿大学
  • 生物工学基礎実験, 近畿大学
  • 生物工学基礎生物学実験, 近畿大学
  • 生物と地球環境, 近畿大学
  • 細胞生物学, 近畿大学
  • 生物工学基礎, 近畿大学
  • 細胞培養工学, 近畿大学
  • 植物細胞工学, 近畿大学