KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

河井 克之カワイ カツユキ

プロフィール

所属部署名理工学部 社会環境工学科 / 総合理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門地盤工学
ジャンル科学・技術/建設
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1373-kawai-katsuyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    地盤構造物の強度や変形に関する研究をしています。特に、河川堤防や盛土、斜面など、陸上の地盤構造物が、降雨などによる含水率変化が生じた場合の、安定性評価,変形予測を専門としています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/09/16
     産経新聞
     河川の堤防について。

研究活動情報

研究分野

  • 土木工学, 地盤工学

研究キーワード

  • 地盤工学 環境工学 防災工学

MISC

  • 締固め土の圧縮挙動に対する弾塑性構成モデルの適用, 本田 道識, 軽部 大蔵, 飯塚 敦, 河井 克之, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要. B, 18, 51, 59,   2000年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000327088
  • 非排水条件下での不飽和土のせん断挙動及び水分特性, 河井 克之, 軽部 大蔵, 加藤 正司, 嘉戸 善胤, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 4, 231, 239,   2000年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120000944769
  • 不飽和土の応力〜ひずみ関係式, 本田 道識, 飯塚 敦, 河井 克之, 軽部 大蔵, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 659, 153, 164,   2000年09月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004745413
  • DEFORMATION CHARACTERISTICS OF A COMPACTED CLAY IN COLLAPSE UNDER ISOTROPIC AND TRIAXIAL STRESS STATE, 加藤 正司, 河井 克之, 地盤工学会論文報告集, 40, 5, 75, 90,   2000年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003946241
    概要:Deformation behavior of an unsaturated soil in collapse was studied using a modified triaxial test apparatus. Three kinds of wetting test were conducted on compacted clay specimens. (i) wetting tests under isotropic stress state, (ii) wetting tests under constant shear stress, and (iii) repeated wetting during shear test under a constant mean net stress. Collapse occurred later in comparison to isotropic stress state conditions under triaxial stress state when shear stress was kept constant. This phenomenon is due to the decrease of the coefficient of permeability, which relates to the changes associated with bulk water to meniscus water. The relationship between void ratio change and increase in water content observed under the different stress states tested showed similar behavior. In the repeated wetting during shear test, a continuous decrease in void ratio was observed with water absorption and drainage. This phenomenon is also related to the change of the bulk water to meniscus water. The secondary wetting process is observed in the experimental testing program discussed in this paper. The presently available constitutive models do not take into account the secondary wetting process. The research studies presented in this paper provide more insight into the collapse behavior.
  • A Proposal for the Method of Formulation of Water Retention Curve for Unsaturated Soils, 軽部 大蔵, 河井 克之, 建設工学研究所論文報告集, 42, 1, 12,   2000年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000078066
  • 締固め粘性土の等方およびせん断応力条件下におけるコラプス時の変形特性(『地盤工学会論文報告集』Vol.40,No.5 (2000年10月発行)掲載論文の概要), 加藤 正司, 河井 克之, 土と基礎, 48, 11,   2000年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003976570
  • 海上埋立て地盤および立地建物の長期沈下挙動について, 軽部 大蔵, 深川 義隆, 本田 周二, 河井 克之, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 665, 1, 18,   2000年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005122012
  • 間隙比の影響を考慮した水分特性曲線モデル, 河井 克之, 軽部 大蔵, 芦田 渉, 嘉戸 善胤, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 666, 291, 302,   2000年12月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005121938
  • 不飽和土の一軸圧縮試験時の強度特性に及ぼすサクションの影響, 加藤 正司, 吉村 優治, 河井 克之, 寸田 亘, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 687, 201, 218,   2001年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007554918
    概要:一定エネルギーで締固めた, さまざまな飽和度のシルト質土供試体を用いて, サクションおよび体積変化を測定した一軸圧縮試験を行った. 得られた応力~ひずみ関係は初期飽和度に依存した傾向を示した. また, 破壊時のサクション応力~サクション関係の実測値は水分特性曲線より得られる予測値に近い傾向を示した. この結果はサクション~粘着力関係を一軸圧縮試験により予測できる可能性を示している. さらに, 破壊時の応力状態は, 破壊時のサクション応力を拘束応力とした場合, Fredlund, Morgenstern & Widger により提案されている不飽和土の破壊規準に従うことが判明した. このことは, 非排水状態で得られる一軸圧縮試験の強度が, 排水試験に基づいて得られた破壊規準に従うことを意味している.
  • 水分特性曲線ヒステリシスと不飽和土力学挙動に影響を及ぼす応力成分, 河井 克之, 建設工学研究所論文報告集, 43, 187, 196,   2001年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000078117
  • 不飽和土の非排水三軸圧縮試験における変形強度特性および水分特性, 河井 克之, 軽部 大蔵, 嘉戸 善胤, 加藤 正司, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 715, 287, 296,   2002年09月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009726893
    概要:不飽和供試体の非排水三軸圧縮試験を行い, 不飽和土の非排水変形強度特性および水分特性について調べた. 試験は, まず飽和状態にある供試体を加圧板法で不飽和化し, その後供試体の間隙空気圧を一定に保ち, 非排水状態で軸圧縮を行った. 比較的飽和度が高い供試体では, 間隙水圧は, せん断による体積圧縮とともに増加し, 膨張とともに消散した. しかしながら, せん断による体積膨張量が顕著になってくると, 再び間隙水圧は増加した. 一方, 飽和度が低い供試体では, 体積変化とは無関係に, 間隙水圧が増加するという傾向が現れた. これは, バルク水とメニスカス水の骨格変形に対する作用の違いとして説明できることが分かった. また, サクション応力を用いれば排水試験と同様の破壊基準を用いることができ, 飽和土の限界状態線と一致することがわかった.
  • Changes in the Instantaneous Shear Modulus of Normally Consolidated Clay with Shear History (IWS-ATHENS 2003「地盤力学における予測とシュミレーション手法」特集号), 飯塚 敦, 橘 伸也, 河井 克之, 太田 秀樹, 地盤工学会論文報告集, 45, 2, 135, 143,   2005年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003969746
    概要:Changes in the instantaneous shear modulus associated with the non-coaxiality of NC clay materials are presented. A series of hollow cylindrical shear tests was performed to measure the changes in the instantaneous shear modulus with shear history. After each normally consolidated clay specimen was compressively sheared until a prescribed shear level, it was continuously torsionally sheared under a constant volume to measure the instantaneous shear modulus. Coaxial constitutive relations, such as these of the conventional Cam-clay type of models, predict that the instantaneous shear modulus obtained, does not change regardless of the compressive shear history. On the contrary, it is known that non-coaxial constitutive relations theoretically bring about changes in the instantaneous shear modulus in relation to the compressive shear history. The test results supported the predictions made by the non-coaxial constitutive models. Finally, the proper formulation for the non-coaxiality between the stress and the incremental plastic strain is discussed.
  • タイ東北部における塩害と地盤変状シミュレータを用いた国際協力の可能性, ピパットポンサー ティラポン, 飯塚 敦, 河井 克之, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 11, 43, 50,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120000943174
  • タイ東北部の塩害調査と「ジグソー・ピーシス作戦」(<小特集>国際貢献・交流), ティラポン ピパットポンサー, 飯塚 敦, 河井 克之, 土と基礎, 55, 3, 22, 24,   2007年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006239357
    概要:By a consequence of surveys on salt damage areas in the northeastern part of Thailand during October, 13-20, 2005 and November 26-29, 2006, a co-organized workshop on numerical method for unsaturated soil behaviors prediction was held in Bangkok on November 27, 2006. The sites and related organizations were visited to investigate the backgrounds of salt disaster. It was found that though each organization has clear different missions, there are some missing links among organizations to solve the salt disaster which is caused by multiple factors. It is expected that the workshop will be benefit to Thai experts while promoting mutual cooperation together.
  • 不飽和土 /水連成解析による築堤シミュレーション, 河井 克之, 田中 麻穂, 金澤 伸一, 橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 竹山 智英, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 13, 1, 9,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002023100
  • 不飽和土の力学理論から見た土の締固め (特集 盛土の設計と締固め), 河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦, 基礎工, 37, 7, 32, 35,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016746944
  • 不飽和土のせん断強度に与える間隙水分布の影響, 本田道識, 河井克之, 加藤正司, 軽部大蔵, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-1, 627, 628,   1994年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902104867700996
  • 不飽和土の三軸圧縮強度に及ぼす間隙水分布の影響, 河井克之, 本田道識, 藤原照幸, 軽部大蔵, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要, 1994, III.45.1-III.45.2,   1994年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902138527212247
  • 間隙水分布を考慮した非排水状態における不飽和土の力学挙動, 嘉戸善胤, 河井克之, 芦田渉, 軽部大蔵, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要, 1996, III.17.1-III.17.2,   1996年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162892089452
  • 不飽和土の水分特性曲線とその定量化, 芦田渉, 河井克之, 嘉戸善胤, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-2, 2071, 2072,   1996年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902176022007966
  • 非排水条件における不飽和供試体の三軸圧縮試験, 河井克之, 芦田渉, 嘉戸善胤, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-1, 825, 826,   1996年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177283785580
  • 不飽和土の力学特性と水分特性曲線の関係について, 軽部大蔵, 田中泰雄, 河井克之, 芦田渉, 建設工学研究所論文報告集, 39-A, 25, 35,   1997年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100598302622
  • 土の水分保持特性に及ぼす拘束圧の影響, 吉牟田竜太, 本田道識, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要, 1999, III.37.1-III.37.2,   1999年05月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902199833595795
  • 温度変化に伴う粘土の間隙水圧挙動, 藤原照幸, 吉田高之, 村田識至, 河井克之, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 34th, 475, 476,   1999年06月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902124689507762
  • 不飽和土の応力~ひずみ関係の定式化, 本田道識, 軽部大蔵, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 34th, 747, 748,   1999年06月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902144703386729
  • 間隙比の影響を考慮に入れた水分特性モデル, 河井克之, 瀬口均, 吉牟田竜太, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 34th, 727, 728,   1999年06月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902153391446876
  • 粘土の沈降挙動に及ぼす温度と塩分の影響, 吉田高之, 藤原照幸, 森大助, 河井克之, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 34th, 473, 474,   1999年06月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902185579449170
  • 高温条件下における粘土の沈降挙動に及ぼす塩分濃度の影響, 藤原照幸, 吉田高之, 村田識至, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 54th, A, 376, 377,   1999年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902147907480456
  • 不飽和土の一軸圧縮試験時の力学的挙動に対するサクションの影響の評価方法, 寸田亘, 加藤正司, 河井克之, 吉村優治, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 54th, A, 88, 89,   1999年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902166061416401
  • 高温下で沈降した超軟弱粘土の一次元圧縮挙動, 吉田高之, 藤原照幸, 村田識至, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 54th, A, 378, 379,   1999年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902181122587432
  • 水分特性曲線の形状に与える拘束圧の影響, 吉牟田竜太, 河井克之, 瀬口均, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 54th, A, 592, 593,   1999年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902181366998795
  • 高温条件下で堆積した粘土の構造と圧縮性, 藤原照幸, 吉田高之, 村田識至, 河井克之, 軽部大蔵, 地盤工学シンポジウム論文集, 44th, 63, 66,   1999年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902151351664630
  • 土の水分特性曲線に及ぼす要因の検討, 河井克之, 軽部大蔵, 芦田渉, 嘉戸善胤, 建設工学研究所論文報告集, 41-A, 177, 184,   1999年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162349114935
  • 締固め土の圧縮挙動に対する弾塑性構成モデルの適用, 本田道識, 軽部大蔵, 飯塚敦, 河井克之, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, 18-B, 51, 59,   2000年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101784380575
  • 非排水条件下での不飽和土のせん断挙動及び水分特性, 河井克之, 軽部大蔵, 加藤正司, 嘉戸善胤, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 4, 231, 239,   2000年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902126256607757
  • サクション制御下での不飽和土の異方圧密挙動, 河井克之, 瀬口均, 流田寛之, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 35th, 1281, 1282,   2000年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902118375799050
  • 締固め土の圧縮特性に及ぼす供試体作成条件の影響, 瀬口均, 本田道識, 河井克之, 飯塚敦, 軽部大蔵, 地盤工学研究発表会発表講演集, 35th, 1283, 1284,   2000年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192825276821
  • 不飽和粘性土の異方圧密によるせん断強度, 流田寛之, 河井克之, 瀬口均, 軽部大蔵, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要, 2000, III.42.1-III.42.2,   2000年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167959997474
  • 間隙水分布の違いを考慮した不飽和土の土/水連成解析, 飯塚敦, 本田道識, 西田博文, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会論文集, 659, 165, 178,   2000年09月21日, 10.2208/jscej.2000.659_165, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902136319110543
  • 不飽和土の応力~ひずみ関係式, 本田道識, 飯塚敦, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会論文集, 659, 153, 164,   2000年09月21日, 10.2208/jscej.2000.659_153, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902147142123897
  • 定サクション下での不飽和土の異方圧密挙動, 河井克之, 瀬口均, 流田寛之, 軽部大蔵, 建設工学研究所論文報告集, 42-A, 151, 158,   2000年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902107013110728
  • 不飽和土の一軸圧縮強度に及ぼすサクション応力の影響, 加藤正司, 吉村優治, 河井克之, 寸田亘, 建設工学研究所論文報告集, 42-A, 121, 130,   2000年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902112491966780
  • 海上埋立て地盤および立地建物の長期沈下挙動について, 軽部大蔵, 深川義隆, 本田周二, 河井克之, 土木学会論文集, 665, 1, 18,   2000年12月20日, 10.2208/jscej.2000.665_1, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177733460902
  • 間隙比の影響を考慮した水分特性曲線モデル, 河井克之, 軽部大蔵, 芦田渉, 嘉戸善胤, 土木学会論文集, 666, 291, 302,   2000年12月21日, 10.2208/jscej.2000.666_291, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902145701273621
  • 水分特性曲線に基づくサクション‐粘着力関係の推定方法, 加藤正司, 吉村優治, 河井克之, 寸田亘, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2409, 2410,   2001年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902138747015965
  • 低拘束圧状態における不飽和土の強度特性, 寸田亘, 加藤正司, 河井克之, 吉村優治, 平川雄一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 897, 898,   2001年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902161835622180
  • 中央遮水壁型ロックフィルダムの築堤および湛水シミュレーション, 吉牟田竜太, 本田道識, 早川英司, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 1399, 1400,   2001年05月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184372946801
  • 不飽和土の非排水等方圧縮試験による最乾燥水分線の定量化について, 河井克之, おう偉川, 小川圭亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 56th, A, 294, 295,   2001年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902195720079582
  • 不飽和土の一軸圧縮試験時の強度特性に及ぼすサクションの影響, 加藤正司, 吉村優治, 河井克之, 寸田亘, 土木学会論文集, 687, 201, 218,   2001年09月21日, 10.2208/jscej.2001.687_201, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902114064641295
  • 軸対称応力条件下における不飽和砂のせん断時の変形強度特性に与えるサクションの影響, 加藤正司, 畑中憲彦, 河井克之, 建設工学研究所論文報告集, 43-A, 153, 160,   2001年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902134364014919
  • 等方応力状態における不飽和土の降伏関数に関する一考察, 河井克之, 加藤正司, 森田寿, 建設工学研究所論文報告集, 43-A, 197, 204,   2001年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902168076635382
  • 水分特性曲線ヒステリシスと不飽和土力学挙動に影響を及ばす応力成分, 河井克之, 建設工学研究所論文報告集, 43-A, 187, 196,   2001年11月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902173914992994
  • 施工過程の違いによる人工島の品質への影響, 西田博文, 井内崇也, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 961, 962,   2002年06月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902114116171845
  • 土/水連成弾塑性動的有限要素解析手法の開発, 大野進太郎, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 1885, 1886,   2002年06月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902146964622244
  • せん断に伴う応力‐塑性ひずみ増分の非共軸性, 辰巳雅俊, 高木智哉, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 247, 248,   2002年06月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902160891437675
  • 非排水条件下での等方応力載荷による不飽和土の水分特性, WANG W, 河井克之, 桜井健一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 947, 948,   2002年06月17日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902189048579199
  • 下負荷面弾塑性構成モデルを用いた土/水連成動的FE解析, 飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, 建山和由, 応用力学論文集, 5, 601, 610,   2002年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902172436071970
  • 締固め土における圧密降伏応力の推定, 金銀羅, 河井克之, 飯塚敦, 谷内世衣子, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, III-352,   2002年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902141981365717
  • 締固め土のサクション発生機構に関する考察, 流田寛之, 河井克之, 森田寿, 萩原正人, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, III-802,   2002年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902162931476442
  • 非排水条件下での等方応力載荷による不飽和土の変形特性, おう偉川, 河井克之, 桜井健一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, III-338,   2002年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902195895910586
  • 不飽和土の非排水三軸圧縮試験における変形強度特性および水分特性, 河井克之, 軽部大蔵, 嘉戸善胤, 加藤正司, 土木学会論文集, 715, 287, 296,   2002年09月21日, 10.2208/jscej.2002.715_287, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902181131087566
  • Mises規準から見た境界非排水粘土供試体の破壊シミュレーション―Mises規準かMohr‐Coulomb規準か―, 橘伸也, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 293, 294,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210456428076
  • 谷地形盛土の不同沈下シミュレーション, 早川英司, 霜永勝之, 小羽根憲司, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 911, 912,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214006058681
  • 荷重履歴の違いによる過剰間隙水圧の発生, 西田博文, 和泉大祐, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 1351, 1352,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218415117962
  • 地下水位変動履歴が地盤内のサクション変化に及ぼす影響, 梅原久嗣, 桜井健一, 河井克之, 垣本徹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 1201, 1202,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233799295454
  • 地盤改良時期および位置が残留沈下に及ぼす影響, 和泉大祐, 西田博文, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 1353, 1354,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902237528208136
  • 上・拡張下負荷面,回転硬化を導入した弾塑性構成モデルによる砂の再液状化特性の表現, 大野進太郎, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 495, 496,   2003年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282785062865
  • 8.メインテナンスの力学問題 施工履歴の違いを考慮したCAES地下空洞掘削シミュレーション, 西田博文, 飯塚敦, 河井克之, 伊藤文雄, 応用力学論文集, 6, 1131, 1139,   2003年08月28日, 10.2208/journalam.6.1131, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902246924846063
  • 初期値境界値問題における地表面水理境界による降雨表現の検討, 桜井健一, 藤川和彦, おう偉川, 河井克之, 飯塚敦, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 59th, Disk 1, 3, 328,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902203004507207
  • 降雨に伴う土槽内の飽和度サクション分布の変化, 藤川和彦, おう偉川, 桜井健一, 河井克之, 飯塚敦, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 59th, Disk 1, 3, 326,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214561967085
  • 不飽和地盤に及ぼす植物の吸水作用の影響, 霜永勝之, 岸本康照, 河井克之, 飯塚敦, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 59th, Disk 1, 3, 052,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260621825040
  • 正規圧密粘土の瞬間せん断剛性の軸圧縮履歴依存性, 高木智哉, 岸本鉄太郎, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 59th, Disk 1, 3, 276,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285655645884
  • 不飽和地盤への降雨のモデル化, 杉田芙紗子, WANG Weichuan, 飯塚敦, 河井克之, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2005, III-35,   2005年05月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902221078810791
  • 実験土槽における降雨浸透特性, 須谷元保, 飯塚敦, 河井克之, WANG Weichuan, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2005, III-34,   2005年05月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271020180639
  • 締固め土の圧縮特性に関する評価方法, 本田道識, 飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, WANG W., 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 899, 900,   2005年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902202290576699
  • 関口・太田モデルの圧密特性と粘塑性パラメータ, 西田博文, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 983, 984,   2005年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902240453161717
  • 植生による蒸発散量を考慮した不飽和地盤の変形挙動予測, WANG Weichuan, 小羽根憲司, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 941, 942,   2005年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291765335945
  • 締固め土の体積圧縮挙動に着目した応力ひずみ関係の定式化, 本田道識, 飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, おう偉川, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.3-124,   2005年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223861068022
  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の排気非排水せん断挙動の表現方法, 古村隆博, 大野進太郎, 本田道識, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 849, 850,   2006年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217137816505
  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の等体積せん断挙動の表現方法, 本田道識, 大野進太郎, 古村隆博, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 847, 848,   2006年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902255047309352
  • タイ東北部における塩害と地盤変状シミュレータを用いた国際協力の可能性, THIRAPONG Pipatpongsa, 飯塚敦, 河井克之, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 11, 43, 50,   2007年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226783617307
  • 数値シミュレーションによる地圏・気圏間水循環に影響を及ぼす地下ダムの影響検討, 大昇弘樹, 飯塚敦, 河井克之, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2007, III-27,   2007年05月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902253844746714
  • 境界端面の潤滑性に注目した粘土供試体のせん断シミュレーション, 三好絵里子, 橘伸也, 飯塚敦, 河井克之, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2007, III-37,   2007年05月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902276717588778
  • 締固め曲線と圧縮曲線の関連性について, 本田道識, 大野進太郎, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 737, 738,   2007年06月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233587792741
  • 地球環境問題の階層的整理と砂漠化問題の位置付け, 杉田芙紗子, 飯塚敦, 河井克之, PIPATPONGSA Thirapong, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1, 2,   2007年06月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902277250746915
  • 植生の吸水作用が地盤に及ぼす効果, 河井克之, 飯塚敦, 霜永勝之, 橘伸也, 応用力学論文集, 10, 375, 381,   2007年08月29日, 10.2208/journalam.10.375, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220238470198
  • 植生の吸水作用が地盤の変形に及ぼす影響, 山田竜太郎, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 2155, 2156,   2008年06月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282074661782
  • 土/水連成有限要素解析を用いた各種外的要因による地盤内水分布変化, 寺島裕樹, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 715, 716,   2008年06月12日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287605706320
  • 汚泥焼成土の基礎力学特性, 渡瀬梓, AGUNG Djoko S, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-451,   2008年08月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214043515316
  • 不飽和土/水連成解析による築堤シミュレーション, 河井克之, 田中麻穂, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 竹山智英, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 13, 1, 9,   2009年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002277388926362
  • 不飽和土弾塑性構成モデルを用いた築堤シミュレーション, 田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 973, 974,   2009年07月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902216384811510
  • 多孔質セラミック粒状体の一次元圧縮特性と破砕性, 河津次郎, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 481, 482,   2009年07月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241413577836
  • 気候条件に伴う塩害の被害及び対策, 野村瞬, 河井克之, 大野進太郎, PIPATPONGSA Thirapong, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 913, 914,   2009年07月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241441210824
  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた締固め曲線の表現, 柴田昌輝, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 655, 656,   2009年07月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254266211850
  • 盛土の設計と締固め 不飽和土の力学理論から見た土の締固め, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦, 基礎工, 37, 7, 032, 035,   2009年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902230869879204
  • 斜面形状による築堤時の発現応力の違い, 田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 64th, Disk 1, ROMBUNNO.III-335,   2009年08月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209885238430
  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた静的締固めシミュレーション, 河井克之, 柴田昌輝, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 本田道識, 応用力学論文集, 12, 429, 436,   2009年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902283003347870
  • 耐塩害性地盤構造及び塩害地盤浄化手法の検討, 河井克之, 野村瞬, 大野進太郎, THIRAPONG Pipatpongsa, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦, 応用力学論文集, 12, 421, 428,   2009年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287987135491
  • 築堤シミュレーションにおける設定条件が盛土内応力分布に及ぼす影響, 田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 竹山智英, 応用力学論文集(CD-ROM), 13, 423, 430,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102233367099849
  • 締固め方法の違いが締固め土構造物の品質に及ぼす影響, 柴田昌輝, 河井克之, 尾崎早希子, 金澤伸一, 橘伸也, 飯塚敦, 応用力学論文集(CD-ROM), 13, 363, 370,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102238610488311
  • 不飽和土/水/空気連成解析を用いた締固めシミュレーション, 河井克之, 山田竜太郎, 金澤伸一, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 14, 45, 59,   2010年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302213769947971
  • 不飽和土の力学から観た締固めによって生じる供試体内不均一性の把握, 河井克之, 寺島裕樹, 後藤浩司, 金澤伸一, 大谷順, 椋木俊文, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 14, 23, 43,   2010年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302225695048366
  • 地下水位変動に伴う経年的地盤沈下メカニズムの推定, 籠橋慶太, 島本恵梨子, 飯塚敦, 河井克之, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.III-19,   2010年05月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002252812376014
  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた締固め土の品質の検討, 尾崎早希子, 柴田昌輝, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 1, 699, 700,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002231935483829
  • 不飽和土の力学から観た締固めによって生じる供試体内部状況の把握, 後藤浩司, 河井克之, 寺島裕樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 1, 669, 670,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002251729515197
  • 土/水/空気連成有限要素解析による締固めシミュレーション, 山田竜太郎, 金澤伸一, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 1, 675, 676,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002265123754367
  • 地下水位変動による地盤挙動の解釈, 島本恵梨子, 籠橋慶太, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 1, 745, 746,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002295893328591
  • 下負荷面を用いた不飽和土における降伏面内の弾塑性挙動のモデル化, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 1, 667, 668,   2010年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002298728591856
  • X線CT法を用いた静的締固め試験の可視化, 寺島裕樹, 河井克之, 椋木俊文, 大谷順, 柴田昌輝, 後藤浩司, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.III-097,   2010年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002220905351870
  • 締固めメカニズムの解明および新しい締固め管理手法の提案, 河井克之, ひょうご科学技術協会学術研究支援事業研究成果報告書, 2009, 98(1),99-102,   2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002239180335582
  • 荷重載荷条件下における飽和/不飽和地盤内における溶解物質の移動表現, 野村瞬, 角井駿祐, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 46th, ROMBUNNO.502,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102222640922527
  • 弾塑性構成理論に基づくベントナイトの吸水膨潤特性の表現, 高山裕介, 前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 大野進太郎, 橘伸也, 金澤伸一, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 46th, ROMBUNNO.339,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102228691800459
  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムを用いた「締固め」の力学的説明, 柴田昌輝, 大槻剛瑠, 後藤浩司, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 46th, ROMBUNNO.346,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102238976036294
  • 飽和/不飽和地盤内における水溶性物質移動モデルの構築, 野村瞬, 河井克之, 角井駿祐, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 67, 2, I.231-I.240 (J-STAGE),   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248812988408
  • 盛土材料の初期含水条件が初期応力状態に及ぼす影響, 田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 15, 29, 40,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302211091923713
  • スマート三軸試験装置を用いた三軸圧縮せん断試験, 河津次郎, 安原昇平, 河井克之, 飯塚敦, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 15, 41, 50,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302243132379798
  • 土/水/空気/溶解物質連成問題の定式化とその応用, 野村瞬, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 飯塚敦, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 15, 21, 28,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302273421351474
  • ベントナイト材料の力学挙動のモデル化, 飯塚敦, 河井克之, 高山裕介, 前田圭介, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 15, 13, 20,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302278807062932
  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムを用いた締固め土の強度発現メカニズムの検討, 柴田昌輝, 大槻剛瑠, 河井克之, 飯塚敦, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 15, 51, 58,   2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302278926061146
  • 不飽和三軸圧縮試験における供試体内不均一性, 後藤浩司, 河井克之, 門田美咲, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.III-146,   2011年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102220897649926
  • 神戸空港島の経年沈下解析, 荒金延明, 宮本郁美, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.374,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202218993979832
  • 沈降海浜部地盤内の塩分移動予測及び一本松保護, 杉山友理, 河井克之, 野村瞬, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.19,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202221277245730
  • 不飽和土三軸圧縮試験におけるせん断速度の妥当性, 家永康平, 後藤浩司, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.329,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202233297501692
  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムによる締固め施工を考慮した築堤シミュレーション, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 佐藤武斗, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.11,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202255186118320
  • 締固めシミュレーションに及ぼす土質物性の影響, 坂本諭, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.12,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202264835398972
  • 東日本大震災の津波による地盤塩害の調査・分析, 野村瞬, 河井克之, 杉山友理, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.983,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202276379894936
  • TRU廃棄物処分場における緩衝材の力学・化学連成解析, 鶴見修平, 飯塚敦, 高山裕介, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 47th, ROMBUNNO.977,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202297976793110
  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムによる含水比を変えた締固め盛土施工シミュレーション, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 佐藤武斗, 飯塚敦, 理論応用力学講演会講演論文集(Web), 61st, WEB ONLY OS11-06,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302220869509641
  • 土/水/空気連成有限要素法を用いた締固め土の力学挙動の解析, 金澤伸一, 豊嶋拓馬, 河井克之, 橘伸也, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 68, 2, I.291-I.298 (J-STAGE),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402216954464975
  • 土/水/空気連成有限要素解析による締固め特性に及ぼす土質定数の影響の検討, 河井克之, 坂本諭, PHOMMACHANH Viradeth, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 68, 2, I.299-I.306 (J-STAGE),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402222811480791
  • 地盤内塩分移動シミュレーションによる陸前高田一本松の生育環境評価, 河井克之, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 68, 2, I.345-I.352 (J-STAGE),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402226356290607
  • 自硬性を考慮した石炭灰のモデル化及び埋立て模型地盤の解析シミュレーション, PHOMMACHANH Viradeth, 前川太, 河井克之, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 68, 2, I.307-I.315 (J-STAGE),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402260232408620
  • 不飽和土の力学によるジオテキスタイル補強効果の検討, 藤原鉄也, 飯塚敦, 河井克之, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 16, 45, 53,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302225883499766
  • 地下水位変動に伴う地盤の長期沈下, 籠橋慶太, 飯塚敦, 河井克之, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 16, 23, 31,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302252719566875
  • 自硬性を考慮した石炭灰のモデル化, PHOMMACHANH Viradeth, 前川太, 河井克之, 飯塚敦, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 16, 63, 73,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254307908898
  • 神戸空港島の経年品質評価, 荒金延明, 宮本郁美, 飯塚敦, 河井克之, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 16, 33, 43,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302279794669758
  • 土/水/空気連成有限要素解析による不飽和土室内試験における供試体内部状況の把握, 後藤浩司, 家永康平, 河井克之, 神戸大学都市安全研究センタ-研究報告, 16, 55, 62,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302296863459932
  • 東日本大震災における津波由来土壌汚染調査, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.VII-066,   2012年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202254962703584
  • 締固めメカニズムに着目した道路盛土の効率的な施工および維持管理計画, 河井克之, 高速道路と自動車, 55, 9, 50, 51,   2012年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271327087003
  • 降雨強度および勾配,層厚がキャピラリーバリアの性能に及ぼす影響, 檜達也, 野村瞬, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.531,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302204149159419
  • 土/水連成有限要素法を用いた降雨時斜面安定に関する各種要因の検討, 松尾直人, 家永康平, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.980,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302205267583531
  • 粒度分布を考慮した土粒子のイオン吸着試験, 西門優, 吉井大貴, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.1080,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302211464992028
  • 締固めによるサクション発現傾向の把握とその理解, 坂本諭, 余西佐知子, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.431,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302214212051122
  • 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英, 理論応用力学講演会講演論文集(Web), 62nd, WEB ONLY OS20-01,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302251476106653
  • キャピラリーバリア内浸透流が変形に及ぼす影響, 野村瞬, 檜達也, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.530,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302275320864600
  • 構造物に近接する埋立て工事に対するロバスト制御アプローチの適用, 綿地規文, 田中琢, 佐藤毅, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.115,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302283270652359
  • 過圧密粘土の三軸繰返しせん断による変形強度特性の変化, 吉富力, 安原昇平, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.233,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287110320479
  • 数値計算による異なる含水比で締固め度の等しい締固め地盤の品質評価, 佐藤武斗, VIRADETH Phommachanh, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 48th, ROMBUNNO.196,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302290976305356
  • 土壌種類に起因する塩類の移動性の違い, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.III-187,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221553496170
  • 廃砂たい積場の覆土設置による沈下及び覆土の排水機能の評価, 生田勇輝, 飯塚敦, 高山裕介, 河井克之, 鶴見修平, 瀧富弘, 市川康明, 坂尾亮太, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.III-189,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302234953736654
  • ベントナイト材料の実験結果から得た構成モデルを用いた各種室内試験の解析, 前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 高山裕介, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.CS11-030,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302249978563565
  • 土質力学から見たベントナイト材料の特異性と構成モデル化, 高山裕介, 前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 小林一三, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.CS11-029,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302259888334198
  • 長期的化学変質作用を考慮するためのベントナイト緩衝材の力学モデル化, 高山裕介, 鶴見修平, 飯塚敦, 河井克之, 小林一三, 大和田仁, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.CS11-021,   2013年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287824374530
  • 締固めメカニズムに着目した道路盛土の効率的な施工および維持管理計画, 河井克之, 高速道路と自動車, 56, 11, 53, 55,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302252523063964
  • 降雨浸透シミュレーションにおける浸透能の影響について, 川勝拓哉, PHOMMACHANH Viradeth, 家永康平, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.448,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402206205253113
  • 液相への間隙空気溶解を考慮した室内要素シミュレーション, 田中博之, 杉山友里, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.352,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402207883113298
  • 土/水/空気連成有限要素解析を用いた河川堤防における浸潤面形成過程の再現(1), 戎健次, 坂本諭, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.348,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402213795525675
  • 土/水/空気連成モデルによる降雨浸透解析, 中谷奈央, PHOMMACHANH Viradeth, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.447,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402236658068232
  • ベイズ推定を用いた災害時の被災者数予測, 小谷稔, 飯塚敦, 河井克之, 日本災害情報学会研究発表大会予稿集, 16th, 64, 65,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402238204892774
  • タイ東北部における塩害抑制手法の検討, 田中琢, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.445,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402246601775841
  • 土/水/空気連成有限要素解析を用いた河川堤防における浸潤面形成過程の再現(2), 坂本諭, 戎健次, 河井克之, 飯塚敦, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.347,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402256424210737
  • 化学変質を考慮したベントナイト緩衝材の力学モデル, 森本晃樹, 高山裕介, 鶴見修平, 飯塚敦, 河井克之, 大和田仁, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.1051,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402263278520385
  • 長期化学的変質を考慮したベントナイト緩衝材の力学モデルと境界値問題の定式化, 鶴見修平, 飯塚敦, 高山祐介, 河井克之, 生田勇輝, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 49th, ROMBUNNO.1052,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402283518689120
  • 土/水/空気三相連成モデルによる間隙圧係数B値の解釈, 杉山友理, 河井克之, 田中博之, 飯塚敦, 土木学会論文集 A2(応用力学)(Web), 70, 2, I.145-I.153 (J-STAGE),   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502210737942574
  • 廃砂たい積場の覆土設置による沈下の評価, 佐々木陽亮, 飯塚敦, 高山裕介, 河井克之, 生田勇輝, 坂尾亮太, 瀧富弘, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 69th, ROMBUNNO.III-364,   2014年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402276004007929
  • 土の粒度分布に注目した放射性物質吸着土壌の減容化に関する検討, 吉井大貴, 飯塚敦, 西門優, 河井克之, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 69th, ROMBUNNO.CS9-010,   2014年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402276535592834
  • 不飽和土の応力 ひずみ関係の定式化, 第34回地盤工学研究発表会講演集, pp.747-748,   1999年
  • 不飽和土の応力-ひずみ関係式-, 本田 道識, 飯塚 敦, 河井 克之, 軽部 大蔵, 土木学会論文集, 659, 153, 164,   2000年, 10.2208/jscej.2000.659_153
  • 間際水分布の違いを考慮した不飽和土/水連成解析, 飯塚敦, 本田道識, 西田博文, 河井克之, 軽部大蔵, 土木学会論文集, 659, 659, 165, 178,   2000年, 10.2208/jscej.2000.659_165, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004745440
  • 締固め土の圧縮挙動に関する弾朔性構成モデルの適用, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要, Vol.18-B,pp.51-59,   2000年
  • 施工履歴の違いを考慮した人工島の品質評価に対する検討, 応用力学論文集, Vol.5,pp.601-610,   2002年
  • 下負荷面弾朔性構成モデルを用いた土/水連成弾朔性動的有限要素解析手法の開発, 応用力学論文集, Vol.5,pp.601-610,   2002年
  • 水分特性曲線ヒステリシスの表現と不飽和土の応力変化, 応用力学論文集, Vol.5,pp.777-784,   2002年
  • 不飽和土の力学を用いた締固め土における圧密降伏応力の簡易予測手法, 応用力学論文集, Vol.5,pp.785-792,   2002年
  • 締固め土のサクションと圧密降伏応力の関係について, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第6号,pp.397-408, 397, 407,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000074748
  • Unsaturated Soils -Geotechnical and Geoenvironmental Issues-, TC6 of International Society of Soil Mechanics and Geotechnical Engineering,   2003年
  • Proceedings of the 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, Organizing committee of the 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils,   2003年
  • Effect of suction on shear strength and deformation of unsaturated sand in triaxial test, Proceedings of the 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, 247-252,   2003年
  • 施工履歴の違いを考慮したCAES地下空洞掘削シミュレーション, 応用力学論文集, Vol.6, pp.1131-1139,   2003年
  • The deformation and the moisture characteristics of unsaturated soils under isotropic loading and undrained condition, Proc. 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, pp.171-176,   2003年
  • Estimation of the consolidated yielding stress of compacted soil considering the effects of suction, Proc. 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, pp.271-276,   2003年
  • Computational soil/water coupled unsaturated soil behavior, Proc. 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, pp.299-304,   2003年
  • Suction change of compacted soil during static compaction test, Proc. 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, pp.429-434,   2003年
  • Influence of water level change on the behavior of unsaturated zone, Proc. 13th European Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Vol.1, pp.735-738,   2003年
  • The change of instantaneous shear modulus associated with non-coaxiality of normally consolidated clays, Proc. International Workshop on Prediction and Simulation Methods in Geomechanics, pp.21-24,   2003年
  • 施工履歴の違いを考慮したCAES地下空洞堀削シミュレーション, 応用力学論文集, Vol.6,pp.1131-1139,   2003年
  • A study of the relation between volume change characteristics of compacted soil and the condition of compaction, Proc. 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils, pp.177-180,   2003年
  • Numerical assessment of long term non-uniform settlement of man-made island, Proc. 13th European Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Vol.1, pp.709-712,   2003年
  • Modeling of the confining effect due to the geosynthetic wrapping of compacted soil specimens, Journal of Geotextiles and Geomembranes, Elsevier, 22, 5, 329-358,   2004年
  • 既存の不飽和土構成モデルの解釈および水分特性曲線ヒステリシスを考慮したモデルの一般的な表現方法, 応用力学論文集, Vol.7,No.1,pp.505-513,   2004年
  • Changes in the instantaneous shear modulus of normally consolidated clay with shear history, Soils and Founadtions, Vol.45, No.2,   2005年
  • 締固め土の圧縮特性に関する評価手法の検討, 土木学会論文集 第3部門, No.806, III-73,   2005年
  • 軟弱盛土基礎地盤の挙動予測における地盤調査結果の差異の影響, 建設工学研究所論文報告集, 第47号,87-100, 87, 99,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004084754
  • Changes in the instantaneous modulus of normally consolidated clay with shear history, Soils and Foundations, Vol.45, No.2, pp.135-143,   2005年
  • 締固め土の圧縮特性に関する評価手法の検討, 本田 道識, 飯塚 敦, 大野 進太郎, 河井 克之, 汪 偉川, 土木学会論文集, 806, 33, 44,   2005年, 10.2208/jscej.2005.806_33, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016726648
  • 締固め土の圧縮特性に関する評価手法の検討, 本田 道識, 飯塚 敦, 大野 進太郎, 河井 克之, 汪 偉川, 土木学会論文集, 806, 33, 44,   2005年, 10.2208/jscej.2005.806_33
  • The non-coaxiality induced by stress rate on the instantaneous shear modulus of clays, in the book of Dislocations, Plasticity, Damage and Metal Forming : Material Response and Multiscale Modeling, Key-note-lecture, Proc. Of PLASTICITY'05 : the 11th International Symposium on Plasticity and its Current Applications, edited by A.S.Khan an・・・, 265-267,   2005年
    概要:in the book of Dislocations, Plasticity, Damage and Metal Forming : Material Response and Multiscale Modeling, Key-note-lecture, Proc. Of PLASTICITY'05 : the 11th International Symposium on Plasticity and its Current Applications, edited by A.S.Khan and A.R.Khoei.
  • Elasto-plastic constitutive equation to describe re-liquefaction phenomenon, Plasticity, Damage and Metal Forming : Material Response and Multiscale Modeling, Proc. Of PLASTICITY'05: the 11th International Symposium on Plasticity and its Current Applications, edited by A.S.Khan and A.R.Khoei., 286-288,   2005年
  • The effect of evapo-transpiration through vegitation on unsaturated ground deformation, Proc. of Symposium on Elasto-plasticity, Fukuoka, Feb.28, pp.37-46,   2005年
  • Influence of ground improvement on the quality of man-made islands, Proc. of 11th International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics, 327-332,   2005年
  • Influence of ground improvement on the quality of man-made islands,   2005年
  • 植生による蒸発散量を考慮した不飽和地盤の変形挙動予測,   2005年
  • 締固め土の圧縮特性に関する評価方法,   2005年
  • 関口・太田モデルの圧密特性と粘塑性パラメータ,   2005年
  • 締固め土の体積圧縮挙動に着目した応力ひずみ関係の定式化,   2005年
  • 物質移動を考慮した不飽和土/水連成問題の数理モデルと有限要素解析手法, 応用力学論文集, Vol.9, pp.377-384,   2006年
  • An evaluation method for the volume change characteristics of compacted soil, Proc 4th International Conference on Unsaturated Soil, pp.837-848,   2006年
  • タイ東北部の塩害調査と「ジグソー・ピーシズ作戦」, 土と基礎, Vol.55, No.3, SerNo.590, pp.22-24,   2006年
  • 物質移動を考慮した不飽和土/水連成問題の数理モデルと有限要素解析手法, 応用力学論文集, Vol.9,pp.377-384,   2006年, 10.2208/journalam.9.377
  • Non-uniform settlement of compacted earth structures caused by the deformation characteristics of unsaturated soil on wetting, Soils and Foundations, Vol.47, No.2, pp.195-206,   2007年
  • 植生の吸水作用が地盤に及ぼす影響, 応用力学論文集, Vol.10, pp.375-382,   2007年
  • Numerical investigation on the failure criterion of normally consolidated clays, International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics, Vol.31, pp.809-833,   2007年
  • A study on yield stress in unsaturated clay, Proc. 3rd Asian Conf. on Unsaturated Soils, pp.219-233,   2007年
  • The salt disaster problem and its mathematical modeling, Proc. 3rd Asian Conf. on Unsaturated Soils, pp.347-352,   2007年
  • The influences of evapo-transpiration on the ground, Proc. 3rd Asian Conf. on Unsaturated Soils, pp.359-364,   2007年
  • Inhomogeneous Deformation Developing in a Clay Specimen, Proc 16th Southeast Asian Geotechnical Conference, pp.289-296,   2007年
  • An application of performance-based design concept to design of compacted ground, Proc. 1st International Symposium on Geotechnical Safety & Risk,   2007年
  • タイ東北部の塩害調査と「ジグソー・ピーシス作戦」, 土と基礎, Vol.55,No.3,Ser.No.590,pp.22-24,   2007年
  • 締固め曲線と圧縮曲線の関連性について,   2007年
  • 地球環境問題の階層的整理と砂漠化問題の位置付け,   2007年
  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の排気非排水せん断挙動の表現方法,   2007年
  • 上負荷面を用いた締固め粘性土のせん断挙動の表現方法,   2007年
  • タイ東北部における塩害と地盤変状シミュレータを用いた国際協力の可能性, 神戸大学都市安全研究センター研究報告, 第11号,pp.43-50,   2008年
  • 有効飽和度を剛性に関する状態量とした不飽和土の弾塑性構成モデル, 大野進太郎, 河井克之, 橘伸也, 土木学会論文集, 63, 4, 1132, 1141,   2008年, 10.2208/jscejc.63.1132
  • Laboratory hydraulic testing in unsaturated soils, Geotechnical and Geological Engineering, doi:10.10007, s10706-008-9202-7,   2008年
  • 不飽和土/水連成有限要素解析における空間離散化手法の検討, 応用力学論文集, Vol.11, pp.331-338, 331, 338,   2008年, 10.2208/journalam.11.331, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016270015
  • 植生の吸水作用が地盤の安定性に及ぼす影響, 応用力学論文集, Vol.11, pp.443-450, 443, 450,   2008年, 10.2208/journalam.11.443, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016270026
  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の排気非排水せん断挙動の表現方法,   2008年
  • 地球環境問題の階層的整理と砂漠化問題の位置付け,   2008年
  • 締固め曲線と圧縮曲線の関連性について,   2008年

受賞

  •   2001年, 土木学会論文奨励賞
  •   2003年, 前田工学賞
  •   2008年, 地盤工学技術奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 締固め土構造物の変形挙動予測手法の開発, 河井 克之, 間隙に空気相と液相を含む不飽和土は、土構造物の設計の際に締固め土という形で材料として用いられる。本研究の目的は、従来の飽和土の力学ではなく、不飽和土の力学を用いて締固め土構造物の変形挙動予測を行うことにある。前年の、締固め土の圧密降伏応力算定手法の開発に続き、本年は水理境界条件が土内部の含水状態に及ばす影響を検討するために、模型土槽を作成し、土柱試験を行った。ここでは、特に地下水位以上の領域での、含水状態に焦点を絞っている。模型土槽は、直径20cm、高さ100cmの土柱内の水位が下部ポーラスメタルを介して連続するマリオット管を用いて制御できるもので、負の間隙水圧を測定できるようにテンシオメーターと含水率測定のためのADR水分計を設置した。水位変動履歴の影響を検討するために、3種類の水位変動パターンを与えた。また、既存の不飽和土/水連成解析プログラムDACSAR-Uを用いて、解析を行い試験結果との比較を行った。一般的に、地下水位以上の間隙水圧を計測することはまれであるため多くの場合、地下水位以上の飯域に対して、静水圧分布に準じた負の間隙水圧を仮定するが、試験結果は静水圧分布ほどの大きな負の水圧は見られなかった。しかし、時間とともに水位変動とは独立に静水圧分布へと接近していく様子が伺えた。解析でも同じ結果が得られたことから、不飽和化によって土の透水係数が劇的に小さくなるため、容易に静水圧分布を呈することができなくなっていると考えられる。実現場では、地表面の乾湿などさらに境界条件が複雑になることから、間隙水圧分布はさらに複雑になっていると考えられ、本研究は、現場計測の必要性を問うている。しかし、測定される負の間隙水圧と含水率の関係は、別途試験によって得た水分特性曲線と一致しており、負の間隙水圧が測定できれば、含水率は算出可能であることを示した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 不飽和地盤の保水特性に及ぼす地下水位変動および降雨の影響, 河井 克之
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 不飽和地盤における各種水理境界変動の影響, 河井 克之, 自然,人工問わず地盤構造物の多くは土粒子間隙に水と空気を含む三相構造で存在している.間隙が水で満たされている場合を飽和状態と呼び,空気が存在する一般的な不飽和状態とは区別する.しかしながら,地盤工学の発展は飽和状態にある土の挙動を表現することで発展してきたため,未だに不飽和土の力学が実問題へ適用されることは少ない.本研究は,申請者らが究明してきた不飽和土の力学体系を初期値境界値問題として定式化し,実用化するために実現象における各種水理境界変動の解析上の表現法を確立し,その影響を明確にすることを目的としている.前年度,行った土柱試験により地下水位変動と降雨による地盤内含水率変化を実験により求め,解析結果との比較を行った.今年度は,蒸発と外力が地盤内含水率分布に及ぼす影響を検討した.蒸発に関してはモニタリング法という水分特性曲線を求める方法が提案されており,蒸発時の含水率低減とサクション変動が水分保持特性に一致するのは明らかにされている.ここではその影響深度に関して,模型実験と解析の結果を比較した.その結果,地盤表面が乾燥してくると,実蒸発量が低下するため土内部での含水率低下がかなり抑制されることが明らかとなった.また初期の含水率分布によって,地盤のサクション増加挙動が大きく異なることが分かった.外力に関しては,シミュレーションによる検討を行った.非排水条件下で不飽和状態にある地盤に外力を加えると,外力や初期含水状態に依存した,異なる含水率分布を呈することが分かった.この結果は,締固めなどの外部との水収支がない状態で外力が作用する条件で,締固厚さや外力の大きさによって,品質が異なる可能性があることを示唆している.以上,本研究で得られた知見は,不飽和土の力学を地盤工学上の問題へ適用するための一助となったと思われる.今後は,定量的な表現において解析精度を高めていくことを目的とする.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(A)), 塩害メカニズムの解明への地盤工学的アプローチ及び高塩害抑制地盤の提案, 河井 克之, 沙漠化の主要因の一つである塩害は,不適切な灌漑などの人為的要因と長期の乾湿繰り返しといった自然要因によって起こるため,地盤に及ぼす複雑な外的要因を考慮した対策が必要となる.本研究では,地盤の変形,地下水流れ,物質移動を同時に表現できるシミュレータの開発を行った.また,解析精度の向上を図るため,ライシメーターを用いた地盤からの蒸発量計測も行い,塩害抑制地盤の提案も行っている.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 物質移動を考慮した土/水/空気連成解析による汚染土砂締固め管理手法の確立, 河井 克之, 東日本大震災によって発生した福島原子力発電所事故によって,大気に放出された放射性物質は拡散しながら降下し土壌を汚染するだけでなく,各用水,農畜水産物への混入が予想され,早期の除染が社会的に焦眉の問題となっている.今後,大量の放射能汚染土砂を含有放射性物質の漏出を抑制しながら,特定の限られた領域内に力学的に安定した状態で保管するために,広範な地盤工学の知見を結集した締固め施工による,盛土建設が必要となることは明らかである.これまで,土壌汚染問題は浸透拡散問題として扱われ,地盤の変形の影響は考慮されることはなかった.しかしながら,地上で地盤材料を保管するには,体積を小さくし,力学的安定性を確保できる締固めによる盛土施工が必要であり,材料の変形は無視できない.ここでは,理論,解析,実験を駆使し,自然環境(降雨浸透,蒸発散など)の中で汚染物質の漏出を抑制し得る,安全な盛土構築手法の確立を目指す.まず,既往の土/水/空気連成有限要素解析コードに物質輸送方程式を適用し,土/水/空気/溶解物質連成有限要素解析コードを開発した.締固めを模擬する際には,締固め層内での含水率の局所的な分布が生じる可能性があり,同時に物質移動を表現する本研究においては,精緻な空間離散化を行う必要がある.研究者らがこれまで有していた物質輸送を表現し得る解析コードは,応力~変形に関する変数四角形要素の各節点で,水頭や状態量は要素中心で代表していたため,解析精度に問題があった.本研究では,新たにアイソパラメトリック要素を用いた空間離散化を行った.その結果,解析精度が向上するとともに,濃度フラックスが卓越する条件での解析の不安定化を抑制できるようになった.
  • 不飽和地盤の挙動評価
  • 植生が地盤に及ぼす影響
  • 塩害と砂漠化
  • 締固めメカニズムの解明