KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

伊藤 哲夫イトウ テツオ

プロフィール

所属部署名原子力研究所 / 社会連携推進センター
職名特任教授/所長
学位博士(農学)
専門放射線生物学・原子力安全工学
ジャンル科学・技術/原子力・原発
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/254-itou-tetsuo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/05/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    放射線及び原子力全般の安全工学の研究を行っており、現在は主に放射線の生物影響、放射線の防護及び放射能除染に関する研究を行っている。元日本原子力学会理事。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/5/8
     日本経済新聞
     「大学の教育用原子炉は必要か」について
    ●2017/4/13
     読売新聞
     原子炉再稼働について
    ●2017/4/13
     朝日新聞
     原子炉再稼働について
    ●2017/4/13
     毎日新聞
     原子炉再稼働について
    ●2017/3/24
     NHK福井「ニュースザウルスふくい」
     もんじゅが廃炉になり今後人材育成の施設にする計画で、近大では研究用の原子炉でどのような人材育成を しているのかについて
    ●2017/3/18
     毎日新聞
     原子炉再稼働について
    ●2016/6/5
     読売テレビ「そこまで言って委員会NP」
     近畿大学原子力研究所所長としてゲスト出演
    ●2016/3/10
     日本経済新聞
     原発再稼働について
    ●2016/3/10
     毎日新聞
     汚染水問題について
    ●2016/3/4
     毎日新聞
     浄化汚染水について
    ●2015/12/21
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     高浜原発の再稼働について
    ●2015/11/5
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     高速増殖炉「もんじゅ」について 
    ●2015/05/11
     毎日新聞 夕刊
     研究用原子炉について
    ●2015/04/24
     日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」
     公園の遊具から周辺より高い放射線量が検出されたことについて●2015/01/20
     TBS「ひるおび」
     原子力規制委員会の現地調査について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1969年, 近畿大学, 理工学部, 原子炉工学科

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境影響評価・環境政策

研究キーワード

  • エネルギー工学, 放射線生物学

講演・口頭発表等

  • 近畿大学におけるエネルギー教育への取り組み (2)体験型原子力・エネルギー教育の実践, 渥美 寿雄, 大澤 孝明, 藤 堅正, 中田 早人, 堀口 哲男, 杉浦 紳之, 伊藤 哲夫, 日本原子力学会「2007年秋の大会」,   2007年09月, 日本原子力学会「2007年秋の大会」
  • 放射線照射によるゼオライトの抗菌効果の増強について, 巽 純子, 米崎 淳, 上田 章吾, 末永 勇作, 納富 昭弘, 杉浦 紳之, 伊藤 哲夫, 日本保健物理学会 第43回研究発表会,   2009年06月, 日本保健物理学会 第43回研究発表会
    概要:ゼオライトは、アルミノケイ酸塩の微細結晶であるが、これだけでも制菌作用が認められる。ゼオライトへの50Gyから500GyまでX線照射を行うことにより照射線量に依存抗菌作用が認められた。また、照射されたゼオライトのESR信号を測定した結果、ラジカル量も増加していることが分かったため、微細格子にトラップされたラジカルの作用により、大腸菌が制菌されたと考えられた。
  • 放射線照射によるゼオライトの抗菌効果の増強について, 巽 純子, 米崎 淳, 上田 章吾, 末永 勇作, 納富 昭弘, 杉浦 紳之, 伊藤 哲夫, 日本保健物理学会 第43回研究発表会,   2009年06月, 日本保健物理学会 第43回研究発表会
    概要:ゼオライトは、アルミノケイ酸塩の微細結晶であるが、これだけでも制菌作用が認められる。ゼオライトへの50Gyから500GyまでX線照射を行うことにより照射線量に依存抗菌作用が認められた。また、照射されたゼオライトのESR信号を測定した結果、ラジカル量も増加していることが分かったため、微細格子にトラップされたラジカルの作用により、大腸菌が制菌されたと考えられた。
  • シアノバクテリアの放射性セシウム除染能力:ストロマトライト形成実験からの応用, 吉田 繁, 山西 弘城, 伊藤 哲夫, 福島県川俣町長, 古生物学会第162回例会,   2013年01月, 古生物学会第162回例会
  • シアノバクテリアの放射性セシウム除染能力, 吉田 繁, 山西 弘城, 伊藤 哲夫, 福島県川俣町長, 第4回日本光合成学会年会:公開シンポジウム「30年後の光合成研究」,   2013年05月, 第4回日本光合成学会年会:公開シンポジウム「30年後の光合成研究」
  • Mat-forming cyanobacteria effectively decontaminate radioactive cesium., 吉田 繁, 山西 弘城, 伊藤 哲夫, 福島県川俣町長, 日本地球惑星科学連合2013年大会,   2013年05月, 日本地球惑星科学連合2013年大会

MISC

  • 大豆Xantha類似遺伝子の体細胞後帰変異の速中性子とX線による誘発, 日本遺伝学会, 66, 4,   1991年
  • 幼若細胞の突然変異標識による大豆の葉原基の発生の追跡, 日本遺伝学会, 67, 2,   1992年

競争的資金

  • 放射線による高等植物の突然変異
  • 生物学における放射線測定