KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山根 浩二ヤマネ コウジ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門作物学 植物超微形態学 植物生理学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/167-yamane-kouji.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50580859.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物の塩ストレス、 乾燥ストレスにおける光合成への影響、または葉緑体微細構造変化に対する影響。ダイズにおける栽培研究と湛水ストレスがダイズに及ぼす影響について。

学歴・経歴

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2010年,  - 2016年03月, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 農学, 作物学・雑草学

研究キーワード

  • 作物, 塩ストレス, 過酸化水素, 電子顕微鏡, 植物, ストレス, 組織化学, 活性酸素, 作物学

論文

  • Seed vigor contributes to yield improvement in dry direct-seeded rainfed lowland rice, Yamane K, Garcia R, Imayoshi K, Mabesa-Telosa RC, Banayo NPMC, Vergara G, Yamauchi A, Sta. Cruz P, Kato Y, Annals of Applied Biology, In Press,   2017年, 査読有り
  • Oxygen transfer from rice (Oryza sativa) to mixed planted drought-adapted upland crops., Iijima M, Hirooka Y, Kawato Y, Watanabea Y, Wada KC, Shinohara N, Nanhapo PI, Wanga MA, Yamane K, Plant Production Science, In Press,   2017年, 査読有り
  • Isolation, functional characterization and stress responses of raffinose synthase genes in sugar beet, Kito K, Yamane K, Yamamori T, Matsushita H, Tanaka Y and Takabe T, Journal of Plant Biochemistry and Biotechnology,   2017年, 査読有り
  • Three-dimensional intracellular structure of a whole rice mesophyll cell observed with FIB-SEM, Oi T, Enomoto S, Nakao T, Arai S, Yamane K, Taniguchi M, Annals of Botany, 120, 21, 28,   2017年06月, 査読有り
  • Mixed cropping with ice plant alleviates the damage and the growth of cowpea under consecutive NaCl treatment and after the recovery from high salinity., Nanhapo PI, Yamane K, Iijima M, Plant Production Science, 20, 111, 125,   2017年, 査読有り
  • Field evaluation of mixed-seedlings with rice to alleviate flood stress for semi-arid cereals., Awala SK, Yamane K, Izumi Y, Fujioka Y, Watanabe Y, Wada KC, Kawato Y, Mwandemele OD, Iijima M, European Journal of Agronomy, 80, 105, 112,   2016年, 査読有り
  • Nodulation control of crack fertilization technique reduced the growth inhibition of soybean caused by short-term waterlogging at early vegetative stage., Yamane K., Iijima M, Plant Production Science, 19, 438, 448,   2016年, 査読有り
  • Performance of double cropping and relay intercropping for black soybean production in small scale farms., Yamane K, Ikoma A, Iijima M, Plant Production Science, 19, 449, 457,   2016年, 査読有り
  • Mixed cropping has the potential to enhance flood tolerance of drought-adapted grain crops., Iijima M, Awala SK, Watanabe Y, Kawato Y, Fujioka Y, Yamane K, Wada KC, Journal of Plant Physiology, 192, 21, 25,   2016年, 査読有り
  • Visualization of water transport into soybean nodules by Tof-SIMS cryo system., Iijima M, Watanabe T, Yoshida T, Kawasaki M, Kato T, Yamane K, Journal of Plant Physiology, 178, 64, 68,   2015年, 査読有り
  • Continuous application of biochar inoculated with root nodule bacteria to subsoil contributes yield enhancement of soybean by the nodulation control of crack fertilization technique., Iijima M, Yamane K, Izumi Y. Daimon H. and Motonaga T, Plant Production Science, 18, 197, 208,   2015年, 査読有り
  • Field evaluation of coffee grounds application for crop growth enhancement, weed control, and soil improvement., Yamane K, Kono M, Fukunaga, T, Iwai K, Sekine R, Watanabe Y, Iijima M, Plant Production Science, 17, 93, 102,   2014年, 査読有り
  • Role of canopy coverage in water use efficiency of lowland rice in early growth in semi-arid region., Suzuki T, Ohta T, Izumi Y, Kanyomeka L, Mwandemele O, Sakagami J, Yamane K, Iijima M, Plant Production Science, 16, 12, 23,   2013年, 査読有り
  • Salt-induced chloroplast protrusion is the process of exclusion of ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase from chloroplasts into cytoplasm in leaves of rice., Yamane K, Mitsuya S, Taniguchi M, Miyake H, Plant, cell & environment, 35, 1663, 1671,   2012年09月, 査読有り
  • Salinity-induced subcellular accumulation of H(2)O (2) in leaves of rice., Yamane K, Taniguchi M, Miyake H, Protoplasma, 249, 301, 308,   2012年04月, 査読有り
  • Transcription Profiles of Genes Encoding Catalase and Ascorbate Peroxidase in the Rice Leaf Tissues under Salinity, Yamane K, Mitsuya S, Taniguchi M, Miyake H, Plant Production Science, 13, 2, 164, 168,   2010年, 査読有り
  • Preferential accumulation of betaine uncoupled to choline monooxygenase in young leaves of sugar beet--importance of long-distance translocation of betaine under normal and salt-stressed conditions., Yamada N, Promden W, Yamane K, Tamagake H, Hibino T, Tanaka Y, Takabe T, Journal of plant physiology, 166, 2058, 2070,   2009年12月, 査読有り
  • Antioxidant capacity and damages caused by salinity stress in different regions of rice leaf, Yamane K, Mitsuya S, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Plant Production Science, 12, 3, 319, 326,   2009年, 査読有り
  • Correlation between Chloroplast Ultrastructure and Chlorophyll Fluorescence Characteristics in the Leaves of Rice (Oryza sativa L.) Grown under Salinity, Yamane K, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Plant Production Science, 11, 1, 139, 145,   2008年, 査読有り
  • Pretreatment with a low concentration of methyl viologen decreases the effects of salt stress on chloroplast ultrastructure in rice leaves (Oryza sativa L.)., Yamane K, Rahman MS, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Plant Production Science, 7, 435, 441,   2004年, 査読有り
  • Pretreatment with antioxidants decreases the effects of salt stress on chloroplast ultrastructure in rice leaf segments (Oryza sativa L.)., Yamane K, Rahman MS, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Plant Production Science, 7, 292, 300,   2004年, 査読有り
  • Bundle sheath chloroplasts of rice are more sensitive to drought stress than mesophyll chloroplasts., Yamane K, Hayakawa K, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Journal of Plant Physiology, 160, 1319, 1327,   2003年, 査読有り
  • Differential effect of NaCl and polyethylene glycol on the ultrastructure of chloroplasts in rice seedlings., Yamane K, Kawasaki M, Taniguchi M, Miyake H, Journal of Plant Physiology, 160, 573, 575,   2003年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • Exploration of suitable rice cultivars for close mixed planting with upland-adapted cereal crop, Shinohara, N., Shimamoto, H., Kawato, Y., Wanga, A. M., Hirooka, Y., Yamane, K., Iijima, M, 9th Asian Crop Science Association Conference,   2017年06月
  • Enhancement of flood stress tolerance for upland-adapted cereal crops by the close mixed-planting with rice, Iijima, M., Awala, S.K., Hirooka, Y., Yamane, K, 9th Asian Crop Science Association Conference,   2017年06月
  • Drought stress mitigation on sorghum by the close mixed-planting with pearl millet, Wanga, M.A., Kawato, Y., Shimamoto, H., Hirooka, Y., Yamane, K., Iijima, M, 第243回日本作物学会,   2017年03月
  • Flooding mitigation for cowpea by the close mixed-planting with rice in the paddy field, Nanhapo, P.L., Yamane, K., Wanga, M.A., Kawato, Y., Iijima M, 第243回日本作物学会,   2017年03月
  • イネ葉肉細胞葉緑体の塩ストレスに伴う形態変化の三次元解析, 大井崇生・榎本早希子・中尾知代・荒井重勇・山根浩二・谷口光隆, 第243回日本作物学会,   2017年03月
  • イネ根圏における酸素放出能の品種間比較, 篠原和・島本雅之・川戸良将・Maliata A. Wanga・廣岡義博・山根浩二・飯嶋 盛雄, 第243回日本作物学会,   2017年03月
  • イネ/トウジンビエ混植作物間での根を介した酸素の受け渡しの評価, 川戸良将・Maliata A. Wanga・篠原和・Pamwenafye I. Nanhapo・渡邊芳倫・ 和田楓・山根浩二・飯嶋盛雄, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • 根冠除去と根端切断処理によるダイズとトウモロコシの湿害緩和効果, 鞠山未貴・山根浩二・飯嶋盛雄, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • アイスプラントとの混植によるササゲの塩ストレス緩和効果, Pamwenafye I. Nanhapo・山根浩二・飯嶋盛雄, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • 混作による湛水ストレス緩和能力のイネ品種間差, Maliata A. Wanga・篠原和・川戸良将・山根浩二・飯嶋盛雄, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • 水ストレス条件下における作物の生育と水分生理に及ぼす混作の効果, 岡市真治・泉泰弘・Simon AWALA・山根浩二・飯嶋盛雄, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • 三次元再構築法を用いた塩ストレスに伴うイネ葉肉細胞の微細構造変化の観察, 大井崇生・小田昌宏・森健策・山根浩二・谷口光隆, 第242回日本作物学会,   2016年09月
  • FIB-SEMによる植物試料観察:イネ葉肉細胞の三次元微細構造解析, 大井崇生, 榎本早希子, 中尾知代, 山根浩二, 荒井重勇, 谷口光隆, 日本顕微鏡学会第72回学術講演会,   2016年06月
  • フィリピンの天水田用イネ新品種の乾燥ストレス耐性に関する研究, 山根浩二・Ricardo Garcia・Ranee C Mabesa-Telosa・Niño PMC Banayo・加藤洋一郎, 第241回日本作物学会,   2016年03月
  • FIB-SEMによる次世代形態観察法: イネ葉肉細胞の三次元微細構造解析, 大井崇生・榎本早希子・中尾知代・山根浩二・荒井重勇・谷口光隆, 第241回日本作物学会,   2016年03月
  • イネと雑穀との混作栽培に関する日本とナミビアにおける圃場評価:洪水ストレスを受けた雑穀の生存率と収量, Simon Awala・泉泰弘・藤岡悠一郎・渡邊芳倫・山根浩二・和田楓・川戸良将・Osmund Mwandemele・飯嶋盛雄, 第241回日本作物学会,   2016年03月
  • イネ/トウジンビエ混作における根の酸素消費特性: 開放系における経時的変化, 川戸良将・渡邊芳倫・藤岡悠一郎・山根浩二・飯嶋盛雄, 第240回日本作物学会,   2016年03月
  • 混作による乾燥ストレスの回避:トウジンビエからイネへの水の受け渡し, 川戸良将・渡邊芳倫・山根浩二・泉泰弘・飯嶋盛雄, 第241回日本作物学会,   2015年09月
  • イネ-トウジンビエ混作栽培における水利用効率の検討, 岡市真治・山根浩二・泉泰弘・飯嶋盛雄, 第241回日本作物学会,   2016年03月
  • ナミビア北中部におけるイネ・雑穀混作栽培試験:トウジンビエとモロコシの短期湛水ストレス条件下における生存, Simon Awala・泉泰弘・藤岡悠一郎・山根浩二・Osmund Mwandemele・飯嶋盛雄, 第240回日本作物学会,   2015年09月
  • FIB-SEMによるイネ葉肉細胞の三次元構造解析, 大井崇生・榎本早希子・中尾知代・谷口光隆・山根浩二・荒井重勇, 日本植物形態学会第27回総会・大会,   2015年09月
  • 塩ストレス下におけるイネの葉緑体微細構造変化とその生理的意義に関する研究, 山根浩二, 第239回日本作物学会,   2015年03月
  • 不耕起条件下におけるダイズ根粒着生制御: 水田転換畑における多段式亀裂形成, 炭, 根粒菌投与が収量に及ぼす影響, 札埜 喜嗣, 杉山 高世, 大門 弘幸, 泉 泰弘, 山根 浩二, 飯嶋 盛雄, 第239回日本作物学会,   2015年03月
  • Mix-cropping with tolerant plant species can relieve rice growth from salinity stress., Okazaki, Y., Yamane, K. Iijima, M. and Izumi, Y., International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • Drought and flooding resistance of Oryza sativa, Oryza glaberrima and their interspecific progenies, Okazaki, Y. Yamane, K., Iijima, M. and Izumi, Y., International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • Nutrient competition between pearl millet and cowpea under excess moisture condition: Nitrogen use efficiency derived from organic manure, Watanabe, Y., Awala, S.K., Nanhapo, P. Mwandemele, O.D., Yamane, K. and Iijima, M., International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • Water source and water use efficiency of intercropped rice and pearl millet, Watanabe, Y., Araki, C., Awala, S.K., Yamane, K. and Iijima, M., International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • Soil fertility of seasonal wetlands in northern Namibia, Awala, S.K., Ausiku, P.A., Izumi, Y., Fujioka, Y., Yamane, K., Watanabe, Y., Mwandemele, O.D. and Iijima, M, International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • Growth of mix-cropped pearl millet, sorghum and rice in the model sloped field with both wetland and upland environments in semiarid north-central Namibia, Awala, S.K., Izumi, Y., Fujioka, Y., Yamane K., Mwandemele, O.D. and Iijima, M, International Symposium on Agricultural Use of Seasonal Wetlands in Southern Africa,   2014年09月
  • 葉緑体Stromuleは塩ストレス下におけるオルガネラを含む葉緑体陥入構造の形成に関与している, 山根浩二・大井崇生・谷口光隆・三宅博, 第238回日本作物学会,   2014年09月
  • トウモロコシ根におけるRoot Graftingの観察, 岡田泰史・渡邊芳倫・山根浩二・飯嶋盛雄, 第238回日本作物学会,   2014年09月
  • 亀裂施肥はダイズが生育初期に受けた湿害を緩和する効果がある, 山根浩二・飯嶋盛雄, 第237回日本作物学会,   2014年03月
  • イネ-トウジンビエ混作栽培における作物の水利用特性: ライシメーター法による深層水依存率と水利用効率の検討, 荒木千絵・山根浩二・飯嶋盛雄, 第237回日本作物学会,   2014年03月
  • 貧栄養条件下のトウジンビエ/ササゲ混作における養分競合: 有機肥料由来窒素の利用効率, 渡邊芳倫・Awala Simon K.・Nanhapo Pamwenafye I.・Mwandemele Osmund O.・山根浩二・飯嶋盛雄, 第237回日本作物学会,   2014年03月
  • イネ-トウジンビエ混作条件における作物の水利用特性: ポット栽培による表層水と深層水依存率の同時検討, 岡市真治・荒木千絵・山根浩二・渡邊芳倫・飯嶋盛雄, 第237回日本作物学会,   2014年03月
  • 亀裂処理によるダイズ湿害軽減効果の検討, 山根浩二・飯嶋盛雄, 第236回日本作物学会,   2013年09月
  • 塩ストレス下で観察されるChloroplast protrusionはルビスコの細胞質基質への排出に関与している, 山根浩二・大井崇生・三屋史朗・谷口光隆・三宅博, 第236回日本作物学会,   2013年09月
  • ダイズ多段式根粒着生制御が根粒着生と収量に及ぼす影響, 高尾暢之・泉泰弘・山根浩二・大門弘幸・飯嶋盛雄, 第236回日本作物学会,   2013年09月
  • ナミビア北中部の傾斜実験圃場による混作栽培:湛水ストレス下におけるトウジンビエ、モロコシ、イネの成長, Simon Awala・泉泰弘・藤岡悠一郎・山根浩二・Osmund Mwandemele・飯嶋盛雄, 第236回日本作物学会,   2013年09月
  • Agricultural use of seasonal wetland formed in semiarid region of Africa., Fujioka Y., Watanabe Y., Yamane K., Hiyama T., Nishikawa Y. and Iijima M., SATREPS International Symposium,   2013年07月
  • 乾燥、塩、濁冠水ストレスに対するアジアイネ、アフリカイネおよびネリカを含む種間交雑系統の耐性評価, 岡崎勇樹・Cisse Amara・泉泰弘・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄, 近畿作物・育種研究会第175回例会,   2013年07月
  • イネ-トウジンビエ混作条件下における作物の水源と水分生理に及ぼす土壌水ストレスの影響, 荒木千絵・渡邊芳倫・山根浩二・飯嶋盛雄, 第235回日本作物学,   2013年03月
  • 寒冷地におけるダイズの根粒着生制御の可能性, 高尾暢之・辻博之・村上則幸・林怜史・杉山高世・泉泰弘・山根浩二・大門弘幸・飯嶋盛雄, 第235回日本作物学会,   2013年03月
  • 土壌の水ストレスがイネ-雑穀混作に及ぼす影響, 荒木千絵・山根浩二・飯嶋盛雄, 第234回日本作物学会,   2012年09月
  • 塩ストレスがイネ-雑穀混作に及ぼす影響, 岡崎勇樹・山根浩二・飯嶋盛雄, 第234回日本作物学会,   2012年09月
  • ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における摘心・表層追肥との複合効果, 道端真沙・杉山高世・上田直也・大門弘幸・泉泰弘・山根浩二・飯嶋盛雄, 第234回日本作物学会,   2012年09月
  • ダイズの根粒着生制御:水田転換畑における施肥資材の検討, 元永崇之・山根浩二・大門弘幸・泉泰弘・飯嶋盛雄, 第234回日本作物学会,   2012年09月
  • ダイズの根粒着生制御:不耕起による増収効果と経年効果, 泉泰弘・稲葉奈津希・山根浩二・飯嶋盛雄, 第234回日本作物学会,   2012年09月
  • ダイズの根粒着生制御:施肥資材による増収効果と経年効果, 飯嶋盛雄・元永崇之・山根浩二・大門弘幸・泉泰弘, 第233回日本作物学会,   2012年03月
  • 黒ダイズにおける間作栽培の意義:二期作との比較, 山根浩二・生駒篤祥・西岡秀明・飯嶋盛雄, 第233回日本作物学会,   2012年03月
  • 塩ストレス下におけるイネ葉緑体内の過酸化水素の局在, 山根浩二・谷口光隆・三宅博, 第233回日本作物学会,   2012年03月
  • 日本とナミビアにおけるイネの気孔コンダクタンスに対する環境要素の影響, 鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・山根浩二・飯嶋盛雄, 第232回日本作物学会,   2011年09月
  • 根箱法によるNERICA根系発達の検討:とくに乾燥ストレス耐性評価, 林剛志・泉泰弘・鈴木哲司・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄, 第232回日本作物学会,   2011年09月
  • 黒ダイズにおける間作と二期作体系の検討, 生駒篤祥・西岡秀明・山根浩二・飯嶋盛雄, 第232回日本作物学会,   2011年09月
  • コーヒー抽出残渣と有機質資材の混合施用が作物生育と土壌の化学性に及ぼす影響, 河野充晃・岩井和也・福永泰司・山根浩二・飯嶋盛雄, 第232回日本作物学会,   2011年09月
  • コーヒー抽出残渣施用が雑草と緑肥作物生育に及ぼす影響, 山根浩二・河野充晃・岩井和也・福永泰司・飯嶋盛雄, 第232回日本作物学会,   2011年09月
  • アジアイネとアフリカイネは貧栄養ストレスに対して異なる生育反応を示した, Petrus Ausiku・Amara Cisse・吉鶴孝志・泉泰弘・鈴木哲司・林剛志・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄, 第231回日本作物学会,   2011年03月
  • バイオマスによるより大きな被覆は半乾燥地においてより高い水利用効率を可能にする, 鈴木哲司・太田岳史・泉泰弘・Luke Kanyomeka・Osmund Mwandemele・坂上潤一・山根浩二・飯嶋盛雄, 第231回日本作物学会,   2011年03月
  • アフリカイネ, アジアイネおよびネリカを含む種間交雑系統の濁冠水ストレス耐性, Amara Cisse・泉泰弘・山根浩二・坂上潤一・飯嶋盛雄, 第230回日本作物学会,   2010年09月
  • 亀裂施肥によるダイズの根粒着生制御:投入資材が窒素固定に及ぼす影響, 竹内洸貴・泉泰弘・大門弘幸・山根 浩二・飯嶋 盛雄, 第230回日本作物学会,   2010年09月
  • 塩ストレスを受けたイネの根におけるスーパーオキシドと過酸化水素の分布, Ferdose Jannatul・山根浩二・谷口光隆・三宅博, 第230回日本作物学会,   2010年09月
  • 甜菜の適合溶質の合成・蓄積機構, 西川貴士・山田奈々・山根浩二・日比野隆・玉掛秀人・高倍昭洋, 第50回日本植物生理学会,   2009年03月
  • 3-ホスホグリセリン酸脱水素酵素の過剰発現によるベタイン蓄積の増加, 山根浩二・山田奈々・田中義人・日比野隆・高倍昭洋, 第31回日本分子生物学会・第81回日本生化学会大会 合同大会,   2008年12月
  • 甜菜の適合溶質およびイオン蓄積の制御機構, 山田奈々・山根浩二・日比野隆・田中義人・玉掛秀人・高倍昭洋, 第49回日本植物生理学会,   2008年03月
  • Functional analysis of plasma membrane protein 3 (PMP3) homologs in salt tolerance of rice and Arabidopsis plants. , Mitsuya, S., Yamane, K., Miyake, H. and Takabe, T. , The 2nd International Conference on Rice for the Future,   2007年11月
  • Antioxidant capacity and damages caused by salinity stress in the leaf tissues with different age in rice plants (Oryza sativa L.)., Yamane, K., Mitsuya, S., Kawasaki, M., Taniguchi, M. and Miyake, H., The 2nd International Conference on Rice for the Future.,   2007年11月
  • 塩ストレスが引き起こすイネ葉緑体微細構造変化とクロロフィル蛍光変化の関係, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第222回日本作物学会,   2006年10月
  • 塩ストレスによるイネ葉緑体微細構造変化とクロロフィル蛍光変化の関係, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第137回日本作物学会中部支部会,   2006年09月
  • 組織の齢の違いが塩ストレス下における抗酸化酵素活性に及ぼす影響., 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第47回日本植物生理学会年会,   2006年03月
  • 塩ストレスがイネ葉身基部・先端部の抗酸化酵素活性に及ぼす影響, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第220回日本作物学会,   2005年09月28日
  • 塩ストレス下におけるイネ葉緑体の構造変化に関する研究, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第46回植物生理学会年会,   2005年03月24日
  • 抗酸化剤前処理がイネ葉緑体の塩ストレス障害に及ぼす影響, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第218回日本作物学会,   2004年10月20日
  • Light dependency of salinity-induced chloroplast damages., Mitsuya, S., Yamane, K., Kawasaki, M., Taniguchi, M. and Miyake, H., 4th International Crop Science Congress,   2004年09月
  • Salinity-induced chloroplast damages in rice leaves (Oryza sativa L.) are reduced by pretreatment with methyl viologen, Yamane, K., Mitsuya, S., Kawasaki, M., Taniguchi, M. and Miyake, H, 4th International Crop Science Congress,   2004年09月
  • メチルビオロゲン前処理がイネの葉緑体の塩ストレス障害に及ぼす影響, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第216回日本作物学会,   2003年09月17日
  • 塩ストレスにおけるイオンおよび浸透圧がイネの葉緑体に及ぼす影響, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第214回日本作物学会,   2002年08月25日
  • 塩ストレスがイネの葉の抗酸化酵素に及ぼす影響, 山根浩二・川崎通夫・谷口光隆・三宅博, 第212回日本作物学会,   2001年09月27日

MISC

  • Evaluation of the Resistance to "Multiple Environmental Stress" of Oryza sativa, O. glaberrima and their Interspecific Progenies. -Effect of Drought and Re-watering on the Growth and Physiological Parameters of Rice Cultivars-, Izumi Y, Okazaki Y, Yamane K, Iijima M, Journal of Crop Research, 61, 7, 12,   2016年, 査読有り
  • Drought salinity and flooding tolerance of Oryza sativa, Oryza glaberrima and their interspecific cultivars., Okazaki Y, Yamane K, Izumi Y, Iijima M, Journal of Crop Research, 59, 23, 29,   2014年, 査読有り
  • Co-expression of cytosolic-DnaK and chloroplastic-fibrillin from halotolerant organisms increased salt tolerance of tobacco plants, Hibino T, Fujita M, Shimada T, Kajita H, Uchida A, Yamane K, Mitsuya S, Takabe T, Takabe T, Journal of Research Institute of Meijo University, 6, 106, 114,   2007年, 査読有り

受賞

  •   2015年03月, 日本作物学会, 第19回日本作物学会研究奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究B), C4光合成細胞におけるオルガネラの細胞内配置機構の解明, 谷口光隆
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究A), 葉緑体Stromuleの細胞内3次元構造の構築と塩ストレス耐性との関連性の解明, 山根浩二
  • 独立行政法人 国際協力機構、科学技術振興機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム, 半乾燥地の水環境保全を目指した洪水-干ばつ対応農法の提案, 飯嶋盛雄
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究B), ダイズ子実への持続的な窒素供給を目指した根粒着生制御理論の提案, 飯嶋盛雄
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究B), イネの次世代耐塩性品種育成に重要な組織耐性の生理機構の解明, 三屋 史朗
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (若手研究B), ダイズ湿害における過剰活性酸素生成源の特定, 山根浩二
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (基盤研究A), 季節性湿地帯の水環境と人間活動に調和した粗放稲作の導入, 飯嶋盛雄
  • 文部科学省: 科学研究費補助金 (挑戦的萌芽研究), 作物細胞における過酸化水素の分布を観察する電顕レベル組織化学手法の確立, 三宅 博