KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

板倉 修司イタクラ シュウジ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授/応用生命化学科長
学位博士(農学)
専門昆虫生理・生態学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/883-itakura-shuuji.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/interview-staff/ivs03-02.html
メールアドレスitakura[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    主に木質構造物を加害するシロアリについて研究しています。扱っている種はイエシロアリ、ヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリです。生態・生理を中心に研究しています。

研究活動情報

研究分野

  • 基礎生物学, 動物生理・行動
  • 森林学, 木質科学

研究キーワード

  • 昆虫生化学, 林産化学

論文

  • Identification and differential expression analysis of microRNAs in worker and nymph of the termite Reticulitermes speratus, 板倉 修司, Jpn J. Environ. Entomol. Zool., 28, 3, 143, 154,   2017年10月, 査読有り
  • シロアリを食べる, 板倉 修司, Agreeable, 42, 22, 23,   2017年
  • Do northern populations of Reticulitermes speratus (Kolbe) possess an additional physiological capacity to cold-acclimate that enhances cold tolerance during the winter?, Journal of Asia-Pacific Entomology , 19, 643, 649,   2016年, 査読有り
  • Presence of extracellular NAD+ and NADH in cultures of wood-degrading fungi, 城戸 竜太、武田、真鍋、宮川、板倉 修司、田中 裕美, Biocontrol Science, 20, 105, 113,   2015年, 査読有り
  • シロアリ駆除へのRNA干渉技術の応用, 板倉 修司, 昆虫と自然, 50, 34, 37,   2015年
  • RNA interference in the termite Reticulitermes speratus: a comparison of the effects of single siRNAs and a long dsRNA on the silencing of the hexamerin gene, 23, 3, 151, 156,   2012年10月, 査読有り
    概要:シロアリにおけるsiRNAの有効性を評価するため,ヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子を標的とした3種類のsiRNA (21bp)と1種類の長鎖dsRNA (585 bp)を調製し,職蟻とニンフに注入した.シロアリ1頭あたり3 ngのsiRNAあるいは長鎖dsRNAを注入した際に,各siRNAと長鎖dsRNAはヤマトシロアリ職蟻とニンフにおけるヘキサメリン遺伝子の発現を効果的に抑制した.
  • タカサゴシロアリとタイワンシロアリの栄養価, 板倉 修司, 森山 仁史, 福田 未央, 環動昆, 環動昆, 22, 2, 87, 91,   2011年
  • RNA Interference in the Termite Reticulitermes speratus: Silencing of the Hexamerin Gene Using a Single 21 Nucleotide Small Interfering RNA-Promoted Differentiation of Nymph to Nymphoid, 南部由美子, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, Sociobiology, 55, 2, 527, 546,   2010年04月
    概要:ヤマトシロアリのニンフに対してヘキサメリンを対象としたRNA干渉実験を行った。血リンパの大部分が存在する腹におけるヘキサメリン遺伝子の発現量が注入1日後に減少した後,2日から9日にかけて有意に増加した。またヘキサメリンsiRNAを注入したニンフからの幼形生殖虫への分化時期が早まり,幼形生殖虫の数も増大した。ヘキサメリンによる幼若ホルモン隔離仮説と実験結果が一致した。
  • RNA interference in the termite Reticulitermes speratus: silencing of the hexamerin gene using a single 21 nucleotide small interfering RNA-promoted differentiation of nymph to nymphoid, 板倉 修司, Sociobiology, 55, 527, 546,   2010年
  • Degradation of wood and enzyme production by Ceriporiopsis subvermispora, 田中 裕美, 板倉 修司, 榎 章郎, 小池 健児, Enzyme and Microbaial Technology, 45, 384, 390,   2009年09月
    概要:選択的にリグニンを分解する白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermisporaを用いて、スギ材、ブナ材、セルロース基質としてロ紙に対する分解能を経時的に測定した。また、スギ材、ブナ材の構成成分であるセルロース、へミセルロース、リグニンに対する分解能とセルロース分解酵素およびリグニン分解酵素の活性を測定した。その結果、この菌は結晶性の天然のセルロースに対する酵素活性が低いため、選択的にリグニンを分解してることがわかった。
  • RNA Interference in Symbiotic Protists of the Termite Coptotermes formosanus (Isoptera: Rhinotermitidae) Through Ingestion of siRNA by the Host Termite, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 村山聡, 鎌田康孝, Sociobiology, 54, 1, 77, 87,   2009年07月
    概要:腸内共生原生生物のセルラーゼを標的としたsiRNAを宿主シロアリの摂食により腸内へ取り込ませ,さらにエンドサイトーシスにより原生生物に取り込ませることでsiRNAによるセルラーゼのサイレンシングを行った。この結果,摂食3日後に原生生物の破裂が観察され,また宿主シロアリの死虫率も摂食1週間後から急激に増加した。
  • 食用きのこ廃菌床抽出物のヤマトシロアリ幼形生殖虫による産卵への影響, 板倉修司・松本隆・藤原勇輝・南部由美子・浜田章弘・城戸竜太・田中裕美・榎章郎, 環動昆, 20, 2, 63, 69,   2009年
  • RNA Interference in symbiotic protists of the termite Coptotermes formosanus (Isoptera: Rhinotermitidae) through ingestion of siRNA by the host termite, 板倉修司・村山聡・鎌田康孝・田中裕美・榎章郎, Sociobiol., 54, 1, 77, 87,   2009年
  • 研究資源としてのシロアリ (特集:シロアリ研究の最前線), 板倉 修司, 環動昆, 環動昆, 20, 4, 165, 177,   2009年
  • Effect of norharmane in vitro on juvenile hormone epoxide hydrolase activity in the lower termite, Reticulitermes speratus, 板倉 修司,川端諭史, 田中 裕美, 榎 章郎, Journal of Insect Science, 8, 13, 1, 11,   2008年
  • Possible Function of Norharmane in Egg-Laying by Ergatoids and Nymphoids of the Lower Termite, Reticulitermes speratus (Kolbe), 板倉 修司,川端諭史,田中 裕美, 榎 章郎, The Open Entomology Journal, 2, 1, 5,   2008年
  • The waste of edible mushrooms (Hypsizigus marmoreus) affects differentiation and oviposition of the termite Reticulitermes speratus (Isoptera: Rhinotermitidae), 板倉 修司,寒川 敏行,西口 裕文,田中 友絵, 田中 裕美, 榎 章郎, Sociobiology, 52, 1, 67, 80,   2008年
  • Characterization of a hydroxyl-radical-producing glycoprotein and its presumptive genes from the white-rot basidiomycete Phanerochaete chrysosporium, 田中 裕美, 吉田 剛, 馬場 庸介, 松村 賢太, 早田 裕志, 村田 二郎, 阿川 真奈, 板倉 修司, 榎 章郎, Journal of Biotechnology, 128, 500, 511,   2007年01月
    概要:白色腐朽菌Phanerochaete chrysosporiumは木材を分解する際に、水酸化ラジカルを生成する2価の鉄を含んだ糖タンパク質を分泌する。生成された水酸化ラジカルによってセルロースの結晶構造やリグニンを変質させ、フェノールオキシダーゼ活性をもつ酵素類と協奏的に作用し、リグニンを分解する。この糖タンパク質はアマドリ構造をもつことを明らかにし、タンパク質部分のアミノ酸配列および公表されたゲノムの塩基配列を用いて、glp1およびglp2遺伝子を解析した。
  • Analysis of colony structure of Incisitermes minor Hagen using microsatellite markers, 南部由美子, Yuliati Indrayani, 松村圭,榎 章郎, 吉村剛, 今村祐嗣, 板倉 修司, Jpn J. Environ. Entomol. Zool., 18, 3, 137, 141,   2007年
  • Identification of two subterranean termite species (Isoptera: Rhinotermitidae) using cellulase genes, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学農学部, Journal of Economic Entomology, 99, 1, 123, 128,   2006年02月
    概要:イエシロアリとヤマトシロアリのセルラーゼ遺伝子を同時に増幅するプライマーを設計し、PCRと塩基配列の解析によりこれら2種類のシロアリを同定することに成功した。
  • Identification of Two Subterranean Termite Species (Isoptera: Rhinotermotodae) Using the Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP) Method, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学農学部農芸化学科, Sociobiology, 47, 1, 99, 113,   2006年01月
    概要:日本の主要な家屋害虫であるイエシロアリとヤマトシロアリの腸内共生原生生物のゲノムDNAを利用して、宿主であるシロアリを同定する技術を開発した。
  • Idenitification of two subteranean termite species (Isoptera: Rhinotermitidae) using cellulase gene, 板倉 修司, 益田貴文, 田中 裕美, 榎 章郎, J. Econ. Entomol., 99, 1, 123, 128,   2006年
  • Identification of two subteranean termite species (Isoptera: Rhinotermitidae) using the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) method, 板倉 修司, 寒川敏行, 田中 裕美, 榎 章郎, Sociobiology, 47, 1, 99, 113,   2006年
  • シロアリの木質バイオマス資源化機能を活用したきのこ廃菌床からのバイオディーゼル燃料の生産, 板倉 修司 , ウッディエンス メールマガジン, 2, 1, 4,   2006年
  • Identification of Reticulitermes speratus (Kolbe) and Coptotermes formosanus Shiraki using the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) method with primers consisting of partial sequences of cellulase genes of hindgut symbionts, 板倉 修司, 寒川敏行, 田中 裕美, 榎 章郎, Jpn. J. Environ. Entomol. Zool., 17, 1, 9, 16,   2006年
  • Nutritional value of two subterranean termite species, Coptotermes formosanus Shiraki and Reticulitermes speratus (Kolbe) (Isoptera: Rhinotermitidae), 板倉 修司, 奥田純子, 宇田川加苗, 田中 裕美, 榎 章郎, Jananese Journal of Environmental Entomology and Zoology, 17, 3, 107, 115,   2006年
  • Development of microsatellite markers for the drywood termite Incisitermes minor (Hagen), Yuliati Indrayani, 松村圭,吉村剛, 今村祐嗣, 板倉 修司, Molecular Ecology Notes, 6, 4, 1249, 1251,   2006年
  • Relationship of phenol oxidase activity and hydroxyl-radical generation to wood degradation by white-rot basidiomycetes, Biocontrol Science, 10, 85-90,   2005年
  • Relationship between production of hydroxyl radicals and degradation of wood, crystalline cellulose, and a lignin-related compounds or accumulation of oxalic acid in cultures of brown-rot fungi, J. Wood Sci., 51, 262-269,   2005年
  • 大腸菌を用いたシロアリ由来エンドグルカナーゼの発現, 板倉 修司, 益田貴文, 田中 裕美, 榎 章郎, 環動昆, 16, 113-118,   2005年
  • Physical and chemical properties of an extracellular low-molecular-weight substance from the brown-rot basidiomycete Fomitopsis palustris, Biocontrol Science, 9, 11-19,   2004年
  • シロアリのピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体に関する研究, 環動昆, 15、19-30,   2004年
  • シロアリ-微生物共生系における新しい展開, 木材保存, 29, 42-52,   2003年
  • 高等シロアリNasutitermes walkeri (Hill)ミトコンドリア内のピルビン酸デヒドロゲナーゼ(PDH)複合体の活性型-不活性型相互変換の阻害ならびに活性型PDH複合体活性の定量, 環動昆, 14, 9-17,   2003年
  • Activity of pyruvate dehydrogenase complex in active and inactive forms in mitochondria of the lower termite Coptotermes formosanus Shiraki, Jpn. J. Environ. Entomol. Zool., 14, 87-96,   2003年
  • Pyruvate and acetate metabolism in termite mitochondria, J. Insect Physiol., 49(10), 917-926,   2003年
  • イエシロアリのミトコンドリアにおける活性型および不活性型ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体の活性, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 環動昆, 環動昆, 14, 2, 87, 96,   2003年
  • イエシロアリ体内でのピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体の存在ならびに代謝上の役割, Insect Biochemistry and Molecular Biology, 29, 625, 633,   1999年
  • 下等シロアリ消化管内でのセルラーゼ系酵素の分布とそれら酵素の部分精製, 近畿大学農学部紀要, 31, 19, 28,   1998年
  • イエシロアリのセルラーゼ系酵素の部分精製およびそれら酵素による結晶性セルロースの分解特性, 日本環境動物昆虫学会誌, 9, 4, 148, 157,   1998年
  • イエシロアリ体内でのセルラーゼの分布ならびにシロアリによるエネルギー源や炭素源としてのグルコースの利用の可能性の検討, 木材保存国際学会, Doc. No. IRG, WP 97-10202,   1997年
  • Distribution of Cellulases, glucose and related substances in the body of Coptotermes formosanus, Material und Organismen, 31, 17, 29,   1997年
  • イエシロアリ体内におけるピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体の存在の証明, 木材学会誌, 43, 800, 802,   1997年
  • イエシロアリにおける木材構成成分の分解, 木材学会誌, 41, 6, 580, 586,   1995年
  • 褐色腐朽菌のシュウ酸蓄積量または一電子酸化活性と木材,セルロース,リグニン分解量の関係, 木材保存国際学会, Doc. No. IRG, WP 94-10062,   1994年
  • 擬似出土木材の調製の試み(第1報), 木材学会誌, 36, 5, 389, 397,   1990年

書籍等出版物

  • Physical and chemical characteristics of glycopeptide from wood decay fungi, American Chemical Society,   2003年
  • Wood degradation and preservation, Physical and chemical characteristics of glycopeptide from wood decay fungi, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 共著, American Chemical Society,   2003年
    概要:木材腐朽菌が菌体外に分泌する糖ペプチドが木材分解に関与していることを述べた。
  • シロアリの事典, 板倉 修司, 吉村 剛, 岩田隆太郎, 大村和香子, 杉尾幸司, 竹松葉子, 徳田 岳, 松浦健二, 三浦 徹, 共著, シロアリにおけるノルハルマンの役割, 海青社,   2012年11月
    概要:日本のシロアリ研究における最新の成果を集成した。野外での調査方法、生理・生態に関する最新の知見、建物の防除対策、セルラーゼの産業利用、食料としての利用、教育教材としての利用などを紹介した。

講演・口頭発表等

  • イエシロアリとヤマトシロアリは同一遺伝子Comm2, BobA, 825-Oak, FucTA, nub, HLHm3, Npc2d, ss, ara, caup, cas を異なるmicroRNAで制御する?, 板倉修司、服部一哉、梅澤 究, 第29回日本環境動物昆虫学会年次大会,   2017年11月18日
  • ヘキサメリンdsRNAによるヤマトシロアリの分化制御, 浅井源二郎、田中裕美、板倉修司, 日本木材保存協会第33回年次大会,   2017年05月23日
  • 摂食法を用いたRNA干渉技術によるヤマトシロアリの分化制御, 浅井源二郎、田中裕美、板倉修司, 第67回日本木材学会大会,   2017年03月19日, 招待有り
  • 2本鎖RNAによるシロアリ制御, 浅井 源二郎、村林 陽太郎、田中 裕美、板倉 修司, 第28回日本環境動物昆虫学会年次大会,   2016年11月11日
  • ヤマトシロアリとイエシロアリのmicroRNA解析, 板倉 修司、服部 一哉、市田 裕、田中 裕美, 日本木材保存協会第32回年次大会,   2016年05月24日
  • ヤマトシロアリのヘキサメリンdsRNAの大腸菌による大量生産, 浅井 源二郎、村林 陽太郎、田中 裕美、板倉 修司, 日本木材保存協会第32回年次大会,   2016年05月24日
  • ヤマトシロアリのmicroRNA解析, 服部 一哉、市田 裕、田中 裕美、板倉 修司, 第66回日本木材学会年次大会,   2016年03月28日
  • アメリカカンザイシロアリの被害発生の局在と遺伝子マーカーを用いたコロニーの特定, 板倉 修司, 日本木材保存協会年次大会シンポジウム,   2015年05月, 招待有り
  • CTによるシロアリの蟻道構築パターンの解析, 板倉 修司, 日本木材保存協会年次大会,   2015年05月
  • アメリカカンザイシロアリに対するホウ酸化合物の効果, 板倉 修司, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 第25回 日本環境動物昆虫学会年次大会 要旨集,   2013年11月, 第25回 日本環境動物昆虫学会年次大会 要旨集
    概要:アメリカカンザイシロアリに対しホウ砂とDOTを経口・経皮投与し,シロアリへの影響を観察した。経口投与ではホウ砂でノックダウンと致死が観察された。経皮投与では,ほとんど影響が現れなかった。他個体の表皮に投与されたホウ酸塩をグルーミングにより摂取する現象は観察されなかった。
  • アメリカカンザイシロアリのコロニー構造について, 板倉 修司, 田中 裕美, 岡崎昌也, 山田晋太郎, 日本木材保存協会第29回年次大会,   2013年05月, 日本木材保存協会第29回年次大会
    概要:和歌山県で採集したアメリカカンザイシロアリのコロニー構造をマイクロサテライトマーカーで解析した。実験結果よりコロニーには1組以上の生殖虫が存在するあるいはコロニーの融合が起こっていることが示された。
  • RNA干渉技術を用いたシロアリ駆除の可能性を探る, 板倉 修司, 田中 裕美, 中尾翔午, 日本木材保存協会第29回年次大会,   2013年05月, 日本木材保存協会第29回年次大会
    概要:シロアリを対象としたヘキサメリン遺伝子のRNA干渉ならびに共生原生生物を対象としたセルラーゼ遺伝子のRNA干渉がともいに有効であることを報告した。シロアリあるいは共生生物の遺伝子を標的としたRNA干渉技術によりシロアリ駆除できる可能性について述べた。
  • ヤマトシロアリにおけるRNA干渉:短鎖RNAと長鎖RNAのヘキサメリン遺伝子抑制効果の比較, 板倉 修司, 田中 裕美, 辰馬佐保, 寺西俊博, 橋詰草, 金田美優, 第24回日本環境動物昆虫学会年次大会,   2012年11月, 第24回日本環境動物昆虫学会年次大会
    概要:21塩基長のsiRNAと527塩基長のdsRNAを3ngずつヤマトシロアリに注入し標的遺伝子であるヘキサメリンのmRNA量を比較した。siRNAの配列により効果に差が認められたが、siRNAとdsRNAのヘキサメリン抑制効果はほぼ同等であった。
  • 1億年の歴史をもつシロアリ-文化財保存の敵を知る, 板倉 修司, セルロース学会関西支部 第8回若手セミナー,   2012年10月, セルロース学会関西支部 第8回若手セミナー
    概要:シロアリの生物的特徴、共生、セルラーゼ、生物資源としての利用可能性などについて講演した。
  • RNA interference in the termite Reticulitermes speratus: a comparison of effect on silencing the hexamerin gene between single 21 nt siRNAs and a long dsRNA, 板倉 修司, 辰馬佐保, 寺西俊博, 橋詰草, 金田美優, XXIV International Congress of Entomology,   2012年08月, XXIV International Congress of Entomology
    概要:単一のsiRNAの効果を確かめるために,3種類の21鎖長siRNAと長鎖dsRNA(585 bp)を,ヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子配列を基に調製した。ヘキサメリンを抑制するために用いたsiRNAとdsRNA注入処理(注入体積2.3 nl, 3.0 ng)は,職蟻の注入後3日目でヘキサメリン遺伝子の抑制を引き起こした。単一の21鎖長siRNAおよび長鎖dsRNAは,ヤマトシロアリ職蟻でのヘキサメリン遺伝子を同程度に抑制することが示された。
  • 過熱蒸気処理竹材の耐久性, 板倉 修司, 田中 裕美, 田坂 龍, 林 哲司, 伊藤 貴文, 第28回日本木材保存協会年次大会,   2012年05月, 第28回日本木材保存協会年次大会
    概要:230,240℃で2時間過熱蒸気処理したモウソウチクの耐腐朽菌性能ならびに耐シロアリ性能が向上する機構を考察した。ヘミセルロースの減少や低分子化したセルロースの一部カルボキシル基化などが耐久性向上の要因であると推定した。
  • 過熱蒸気竹材の耐久性発現機構, 板倉 修司, 田中 裕美, 田坂 龍, 林 哲司, 伊藤 貴文, 第62回日本木材学会大会,   2012年03月, 第62回日本木材学会大会
    概要:200,210,220,240℃で2時間過熱蒸気処理を行ったモウソウチクの成分分析とX線回折の結果と耐朽性の関連を検討した。ヘミセルロースの分解とリグニンの熱変性による再配置が耐朽性発現の主な要因であると推測した。
  • 過熱蒸気処理竹の耐久性, 田坂龍, 板倉 修司, 田中 裕美, 伊藤貴文, 第23回 日本環境動物昆虫学会年次大会,   2011年11月, 第23回 日本環境動物昆虫学会年次大会
    概要:200℃前後で過熱蒸気処理すると,モウソウチクの木材腐朽菌に対する抵抗力が増加すること,シロアリにも食べられにくくなることがわかった。主な原因はヘミセルロースの分解より成分の変化が起こるためであると推測した。
  • アメリカカンザイシロアリのコロニーは簇出(budding)で広がるのか, 板倉 修司, 吉村剛, 森 拓郎, Emiria Chrysanti, 簗瀬佳之, 大村和香子, 日本木材保存協会第27回年次大会,   2011年05月, 日本木材保存協会第27回年次大会
    概要:マイクロサテライト解析により同一部材の中に遺伝的組成が異なるアメリカカンザイシロアリのコロニーができていることが分かった。小さなコロニーが分かれ出るところであると推定された。
  • 過熱蒸気処理竹の耐久性, 田坂龍, 板倉 修司, 田中 裕美, 眞田元貴, 伊藤貴文, 日本木材保存協会第27回年次大会,   2011年05月, 日本木材保存協会第27回年次大会
    概要:モウソウチクを200~240℃の過熱蒸気で処理すると、シロアリや腐朽菌による生物劣化を軽減できることが明らかなった。
  • 過熱蒸気処理した竹材の耐久性向上について, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学大学院農学研究科, 奈良県森林技術センター, 第61回日本木材学会大会,   2011年03月, 第61回日本木材学会大会
    概要:モウソウチクを200℃~240℃で過熱蒸気処理すると,木材腐朽菌に対する耐久性が向上した。抗菌活性成分は認められなかったので,ヘミセルロースなどの多糖が分解し,腐朽されにくいセルロースやリグニンが残存するため,耐久性が向上したと推測される。
  • 高等シロアリと下等シロアリの成分比較, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 森山仁史, 福田未央, 第61回日本木材学会大会,   2011年03月, 第61回日本木材学会大会
    概要:高等シロアリであるタカサゴシロアリとタイワンシロアリの食品成分分析を行い,下等シロアリであるイエシロアリとヤマトシロアリの成分と比較した。高等シロアリは高タンパク質・低脂質,下等シロアリは低たんぱく質・高脂質であった。成人一人の一日の必要なエネルギーの目安である2000kcalを得るためには,シロアリが約30,000匹必要である。
  • 軟腐朽菌Graphium sp.ラッカーゼの遺伝子解析と培養条件の検討, 田中 裕美, 杉本 晴美, 山本 貴義, 板倉 修司, 榎 章郎, 第61回日本木材学会大会,   2011年03月, 第61回日本木材学会大会
    概要:軟腐朽を起こす不完全菌のGraphium sp.を用いてラッカーゼ遺伝子の解析と、ラッカーゼ生産を高めるための培養条件を検討した。
  • 木材腐朽菌の分泌する水酸化ラジカル生成物質遺伝子の解析, 田中 裕美, 隼田 庸介, 土肥 拓未, 板倉 修司, 榎 章郎, 第61回日本木材学会大会,   2011年03月, 第61回日本木材学会大会
    概要:数種の木材腐朽菌を用いて、木材腐朽に関与する水酸化ラジカル生成物質遺伝子の解析を行った。
  • アメリカカンザイシロアリ加害木材中でのコロニー展開様式の推定, 板倉 修司, 吉村 剛, 森 拓郎, Emiria Chrysanti, 簗瀬佳之, 大村和香子, 第22回日本環境動物昆虫学会年次大会,   2010年11月, 第22回日本環境動物昆虫学会年次大会
    概要:被害家屋を解体して得られた胴差しを11分割し、生息する個体を採集した。そのマイクロサテライト解析を行った結果、そう出(Budding)により、新たな集団が分離し、複数の幼形生殖虫による繁殖により、遺伝的組成の異なる集団が新たに形成されることが示唆された。
  • RNA interference in the termite Reticulitermes speratus: silencing of the hexamerin gene using a single 21 nt siRNA, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 南部由美子, the XVI Congress of the International Union for the Study of Social Insects,   2010年08月, the XVI Congress of the International Union for the Study of Social Insects
    概要:ヘキサメリンを標的としたRNA干渉により,ヘキサメリンに幼若ホルモンを隔離する作用があることが推定された。RNA干渉でいったんヘキサメリンが抑制されたのち,mRNAレベルが急激に上昇した。この結果,ニンフのニンフォイド(幼形生殖虫)への変態が促進された。
  • 昆練型WPCの生物劣化抵抗性, 田坂 龍, 板倉 修司, 高谷 政広, 市川 照, 日本木材保存協会第26回年次大会,   2010年05月, 日本木材保存協会第26回年次大会
    概要:過熱蒸気処理した竹粉とポリプロピレンから成型したWPCに木材腐朽菌とシロアリに対する生物劣化抵抗性があることを見出し報告した。「優秀ポスター賞」受賞。
  • 木粉・プラスチック複合体に対する生物劣化作用の検討, 田坂 龍, 板倉 修司, 高谷 政広, 市川 照, 第59期日本材料学会学術講演会,   2010年05月, 第59期日本材料学会学術講演会
    概要:過熱蒸気処理した木粉ろポリプロピレンあるいはポリ乳酸を80~85:20~15で混練したWPCのオオウズラタケとカワラタケならびにイエシロアリに対する生物劣化抵抗性を調べた。いずれの試料もJISの性能基準を満たさなかった。しかし,木粉率50であれば高い生物劣化抵抗性を示した。
  • 白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermisporaが分泌する糖タンパク質から生成される水酸化ラジカルの測定, 田中 裕美, 牛島 慶太, 野中 康平, 板倉 修司, 榎 章郎, 第60回日本木材学会大会,   2010年03月, 第60回日本木材学会大会
    概要:選択的にリグニンを分解できる白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermisporaは木材を分解する際に、水酸化ラジカルを生成する糖タンパク質を分泌する。この水酸化ラジカルの測定法について検討した。
  • RNA によるヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子の抑制, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 南部由美子, 第54回日本応用動物昆虫学会,   2010年03月, 第54回日本応用動物昆虫学会
    概要:cDNAとタンパク質のN末端解析によりヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子を同定した。ヘキサメリンを標的とした21塩基長からなる1種類のsiRNAを用いて、ヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子の発現抑制を行った。siRNA注入により、職蟻ではヘキサメリンの抑制が観察されたが、ニンフではヘキサメリン遺伝子の発現量が増大した。このとき、ニンフからニンフ型幼形生殖虫への分化が促進された。ヤマトシロアリ近縁種のR. flavipesでは、ヘキサメリンは職蟻を職蟻の形態に留まらせる働きがあると報告されている。ニンフにおいては、ヘキサメリン遺伝子発現量の増大とニンフ型幼形生殖虫への分化との関連が示唆された。
  • 宿主シロアリによるsiRNA摂食を利用したシロアリ共生原生生物に対するRNA干渉, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 濱隼貴, 伊東孝, 村山聡, 鎌田康孝, 第60回日本木材学会大会,   2010年03月, 第60回日本木材学会大会
    概要:原生生物を標的としたsiRNAを添加したろ紙を宿主シロアリに摂食させた。シロアリ後腸内で,siRNA添加ろ紙はエンドサイトーシスにより原生生物内に取り込まれ,siRNAとして機能すると推測される。イエシロアリでは3種類の原生生物のセルラーゼ(PgEG,HmEG,SlEG)を,ヤマトシロアリでは原生生物由来GHF5,7,45セルラーゼを標的として,各々21塩基長のsiRNAを設計・合成した。イエシロアリにPgEG,HmEG siRNAを与えた場合,数日間で原生生物の破裂が観察された。SlEG siRNAでは原生生物の破裂は観察されなかった。ヤマトシロアリにRsGHF5,RsGHF7,RsGHF45 siRNAを与えても原生生物の破裂は観察されなかった。
  • RNA interference in the termite Reticulitermes speratus: silencing of the hexamerin gene using a single 21 nucleotide small interfering RNA, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 南部由美子, Pacific Rim Termite Research Group,   2010年03月, Pacific Rim Termite Research Group
    概要:ヘキサメリンを標的としたRNA干渉実験をヤマトシロアリに対して実施した。職蟻では幼形生殖虫や兵蟻への変態は観察されなかったが,ニンフでは幼形生殖虫への分化促進が認められた。
  • 遺伝子解析による被害拡大の様相の推定, 板倉 修司, 2009年秋期生物劣化研究会(講演会),   2009年11月, 2009年秋期生物劣化研究会(講演会)
    概要:アメリカカンザイシロアリのマイクロ遺伝子座解析により,同一家屋内に数百頭単位の小さなコロニーをつくっていること,各コロニーは複数組の補充生殖虫の子孫であると考えられることが示された。
  • アメリカカンザイシロアリ近縁コロニー間の関連性の推定, 板倉 修司, 吉村 剛, 森 拓郎, Emiria Chrysanti, 簗瀬佳之, 大村和香子, 日本環境動物昆虫学会,   2009年11月, 日本環境動物昆虫学会
    概要:和歌山県南部の被害家屋内のアメリカカンザイシロアリ3コロニーと付近の被害家屋から採集した1コロニーのマイクロサテライト分析を行った。同一家屋内でもコロニー間に遺伝的組成の偏りがあり,別々に生息していることが明らかになった。
  • RNA干渉を用いたシロアリ駆除の可能性, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 鎌田康孝, 村山聡, 第53回日本学術会議材料工学連合講演会,   2009年10月, 第53回日本学術会議材料工学連合講演会
    概要:原生生物のセルラーゼを標的としたRNA干渉で宿主シロアリを駆除できる可能性を提示。一旦,原生生物を死滅させても元気な他シロアリ個体から原生生物が再供給されることで,もとの状態に回復してしまう可能性があることを報告。
  • RNA interference in symbiotic protists of the termite Coptotermes formosanus Shiraki through ingestion of siRNA by the host termite, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 鎌田康孝, 村山聡, VIth International Conferenc on Arthropods: Chemical, Physiological, Biotechnological and Environmen,   2009年06月, VIth International Conferenc on Arthropods: Chemical, Physiological, Biotechnological and Environmen
    概要:イエシロアリの共生生物のセルラーゼをターゲットとしたsiRNAを,宿主シロアリによるsiRNA摂食により行った。共生原生生物の破壊がsiRNA摂食の数日後に現れ,これまでにない新規のシロアリ駆除法の開発につながる事実を発見した。
  • 食用きのこ廃菌床および廃菌床抽出物によるヤマトシロアリの飼育, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 寒川敏行, 西口裕文, 第53回日本応用動物昆虫学会大会,   2009年03月, 第53回日本応用動物昆虫学会大会
    概要:ブナシメジ,エノキタケ,マイタケの廃菌床でシロアリを飼育するとシロアリが死滅することが多く,殺蟻物質が含まれている可能性が推測された。また廃菌床の50%エタノール抽出物に,ヤマトシロアリの幼形生殖虫への分化の促進ならびに幼形生殖虫による産卵の促進活性が認められた。
  • 近縁種間の遺伝子情報による木材腐朽菌種の検討, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第59回日本木材学会大会,   2009年03月, 第59回日本木材学会大会
    概要:公的機関の保存株などとDOL保存株との間でITS配列を比較し,実験開始前に株あるいは種の置き換わりが起こっていないことを確認することが必要なことを報告した。
  • ブナシメジ,エノキタケ,マイタケ廃菌床と廃菌床抽出物によるヤマトシロアリの飼育, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 第59回日本木材学会大会,   2009年03月, 第59回日本木材学会大会
    概要:廃菌床で飼育するとヤマトシロアリが全滅してしまうこと,廃菌床の溶媒抽出物では50%エタノール抽出物にヤマトシロアリの幼形生殖虫の出現を促進し,幼形生殖虫による産卵を促進する成分が含まれていることを報告した。
  • RNA interference in symbiotic protists of the termite Coptotermes formosanus Shiraki through ingestion of siRNA by the host termite, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 村山 聡, 鎌田康孝, 6th Coference of the Pacific Rim Termite Research Group,   2009年03月, 6th Coference of the Pacific Rim Termite Research Group
    概要:共生原生生物セルラーゼを標的としたsiRNAを添加したセルロースを宿主シロアリに食べさせ,さらに原生生物のエンドサイトーシスを利用して原生生物に取り込ませることで,原生生物での遺伝子発現を抑制することに成功した。原生生物を死滅させるので,シロアリ自身を絶食状態に導くことができる。RNA干渉を利用した新規殺蟻剤の開発につながる技術を見出したことを報告した。
  • 木材腐朽菌の遺伝資源データベース構築, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第116回 生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会,   2009年02月, 第116回 生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会
    概要:DOL保存株117種のITS領域の配列を解析し、遺伝子レベルで各株の同定を行った。情報がデータベースになかった25株について菌株保存機関より入手可能な株を入手し、ITS領域のDNA配列を決定し、DOL菌株と比較した種を検討した。
  • 地下性シロアリの防除に向けての最新の知見, 板倉 修司, 日本家屋害虫学会30周年記念大会,   2009年02月, 日本家屋害虫学会30周年記念大会
    概要:今後10年程度で開発されるであろう,卵認識フェロモンを応用したベイト工法,RNA干渉を利用したシロアリ特異的あるいは共生生物特異的なmRNAの破壊によるシロアリ駆除方法について報告した。
  • 食用きのこ廃菌床抽出物のヤマトシロアリへの影響, 板倉 修司, 榎 章郎, 日本環境動物昆虫学会,   2008年11月, 日本環境動物昆虫学会
    概要:ブナシメジ,エノキタケ,マイタケの廃菌床から,水,50%エタノール,エタノールで抽出した成分のヤマトシロアリへの影響を調べた。50%エタノール抽出物に,幼形生殖虫への分化促進作用と特にブナシメジでは産卵促進作用が見出された。
  • Possible function of norharmane in egg-laying by ergatoids and nymphoids of the lower termite, Reticulitermes speratus (Kolbe), 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 川端 諭史, 国際昆虫学会 ICE 2008,   2008年07月, 国際昆虫学会 ICE 2008
    概要:ヤマトシロアリの体内に存在するノルハルマンが幼形成熟による産卵を促進することを報告した。
  • 木材腐朽菌のデータベース構築における遺伝子情報の整備, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第24回日本木材保存協会年次大会,   2008年06月, 第24回日本木材保存協会年次大会
    概要:木材腐朽担子菌のITS領域を解析し,データベースを構築した
  • 蛍光性アルカロイドnorharmaneのヤマトシロアリに対する効果, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 川端諭史, 第24回日本木材保存協会年次大会,   2008年06月, 第24回日本木材保存協会年次大会
    概要:ノルハルマンがヤマトシロアリの産卵に対して促進作用があることを報告した
  • ヤマトシロアリにおけるノルハルマンの作用, 板倉 修司, 榎 章郎, 川端諭史, 第52回日本応用動物昆虫学会大会,   2008年03月, 第52回日本応用動物昆虫学会大会
    概要:ヤマトシロアリ体内に存在する蛍光性アルカロイドであるノルハルマンによるJHEH(幼若ホルモンエポキシドハイドロラーゼ)活性の上昇と幼形成熟(neotenics)による産卵促進作用を報告した。
  • 木材腐朽菌データベース構築のための情報整備, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第58回日本木材学会大会,   2008年03月, 第58回日本木材学会大会
    概要:京都大学生存圏研究所が保管する木材腐朽菌のITS領域の塩基配列を解析し,さらに菌株保存機関から標準菌を取り寄せその塩基配列を解析した。
  • ブナシメジ廃菌床に含まれる産卵誘引物質の解析およびシロアリの大量飼育への応用, 板倉 修司, 寒川敏行, 西口裕文, 第58回日本木材学会大会,   2008年03月, 第58回日本木材学会大会
    概要:ブナシメジ廃菌床に含まれるヤマトシロアリの職蟻の幼形成熟への分化促進ならびに産卵促進物質の候補として2-hydroxysinapic acidとarabino-xylobioseのエステル(シス型)を推定した。
  • ヤマトシロアリのhexamerin遺伝子のクローニング, 南部由美子, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 下田麻容子, 第58回日本木材学会大会,   2008年03月, 第58回日本木材学会大会
    概要:ヤマトシロアリのヘキサメリン遺伝子の完全長を解読した。この部分配列を用いてRNAiによるdown regulationを行い,ニンフのニンフォイドあるいは有翅虫への変態におけるhexamerinの機能を解析する
  • 食用きのこ廃培地を用いたシロアリの飼育, 板倉 修司, 榎 章郎, 寒川敏行, 西口裕文, Pacific Rim Termite Research Group,   2008年03月, Pacific Rim Termite Research Group
    概要:ブナシメジ廃菌床を餌としてヤマトシロアリを飼育した。ヤマトシロアリは廃菌床に含まれる多糖類を主に消化していることが分かった。また廃菌床を餌として飼育したシロアリでは産卵が起こった。廃菌床に含まれる産卵誘引物質ならびに階級分化促進物質の精製と同定を行った。
  • ヤマトシロアリに対するノルハルマンの作用, 板倉 修司, 榎 章郎, 川端諭史, 第19回日本環境動物昆虫学会年次大会,   2007年10月, 第19回日本環境動物昆虫学会年次大会
    概要:ノルハルマンにヤマトシロアリの幼形成熟であるエルガトイドとニンフォイドの産卵促進効果があることを見出した。
  • 木材腐朽菌データベース構築のための種の多角的検討, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第57回日本木材学会大会,   2007年08月, 第57回日本木材学会大会
    概要:ITS領域を増幅し,木材腐朽菌の種を同定した。一般公開する予定で,木材腐朽菌のデータベースを構築する予定である。
  • ブナシメジ廃菌床を用いたヤマトシロアリの飼育, 寒川敏行, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 第57回日本木材学会大会,   2007年08月, 第57回日本木材学会大会
    概要:市販されている廃菌床を餌としてヤマトシロアリの飼育・産卵に成功した。ブナシメジ廃菌床に含有される産卵促進物質の検索を行った。
  • ヤマトシロアリにおけるノルハルマンの役割-局在性と幼若ホルモンエポキシヒドロラーゼ活性の促進-, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 川端諭史, 第57回日本木材学会大会,   2007年08月, 第57回日本木材学会大会
    概要:蛍光性アルカロイドであるノルハルマンがヤマトシロアリの脂肪体に局在し,幼若ホルモンエポキシヒドロラーゼ活性を促進することを見出した。この作用によりシロアリ体内の幼若ホルモンの力価が減少し,分化に関して何らかの影響を及ぼしていると推定した。
  • マイクロサテライトマーカーを用いたアメリカカンザイシロアリのコロニー構造の解析, 板倉 修司, 榎 章郎, 松村圭, Yuliati Indrayani, 吉村剛, 今村祐嗣, 日本木材保存協会第23回年次大会,   2007年05月, 日本木材保存協会第23回年次大会
    概要:アメリカカンザイシロアリのコロニー構造をマイクロサテライトマーカーによって解析した。アメリカカンザイシロアリは近親交配と異系交配を行い,一次生殖虫と補充生殖虫の交配によってコロニーが構成されていることが明らかになった。
  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライトマーカーの開発, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 松村圭, Yuliati Indrayani, 吉村剛, 今村祐嗣, 第51回日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,   2007年03月, 第51回日本応用動物昆虫学会大会講演要旨
    概要:アメリカカンザイシロアリ向けに開発したマイクロサテライトマーカーを用いてコロニーの遺伝構造を解析した。近交係数が0.5以上と高く、近親交配を行っていることが明らかになった。
  • 木材腐朽菌の遺伝資源データベース構築, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第71回生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会,   2007年03月, 第71回生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会
    概要:DOL保存株117種のITS領域の配列を解析し、遺伝子レベルで各株の同定を行った。今後は一般公開できるデータベースを構築する。
  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライトマーカーの開発, 板倉 修司, 松村圭, 寒川敏行, 吉村剛, Yuliati Indrayani, 第71回生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会,   2007年03月, 第71回生存圏シンポジウム DOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会
    概要:外来種のアメリカカンザイシロアリから10種類のマイクロサテライト遺伝子座を同定した。これらの遺伝子座を増幅するプライマー対を設計した。コロニー構造や遺伝子構造の解析に有効であることが分かった。
  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライト遺伝子座の同定, 板倉 修司, Yuliati Indrayani, 松村 圭, 吉村 剛, Pacific Rim Termite Research Group,   2007年02月, Pacific Rim Termite Research Group
    概要:外来種であるアメリカカンザイシロアリ向けに10個のマイクロサテライトマーカーを開発した。対立遺伝子数は2~7本/遺伝子座、ヘテロ接合体率の期待値は0.43-0.84、観察値は0.16-0.83であった。
  • イエシロアリとヤマトシロアリの栄養価, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 2006年11月応用環境生物系3学会連携大会,   2006年11月, 2006年11月応用環境生物系3学会連携大会
    概要:日本産シロアリの成分を分析した。乾燥重量の約60%が脂質であった。構成脂肪酸を分析した結果、菜種油と類似していることが明らかになった。シロアリを絞って油を生産し、バイオディーゼル燃料として利用できることを示した。
  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライトマーカーの開発, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学大学院農学研究科, 京都大学生存圏研究所, 京都大学生存圏研究所, 京都大学生存圏研究所, 第56回日本木材学会,   2006年08月, 第56回日本木材学会
    概要:アメリカを原産とする新入種であるアメリカカンザイシロアリ向けのDNAマーカーを開発した。国内への新入経路には複数の経路があることが分かった。
  • シロアリによる未利用木質資源の食料への変換, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 奥田純子, 宇田川加苗, 第56回日本木材学会大会,   2006年08月, 第56回日本木材学会大会
    概要:ヤマトシロアリとイエシロアリの職蟻とニンフの栄養価を分析した。シロアリには必須脂肪酸や必須アミノ酸が含まれ優れた飼料あるいは食品となりうることが明らかになった。
  • 後腸原生生物のエンドグルカナーゼを用いたLAMP法による宿主シロアリの同定, 板倉 修司, 榎 章郎, IUSSI 2006,   2006年08月, IUSSI 2006
    概要:Horomastigotoides mirabileとReticulitermes speratus Symbiontのエンドグルカナーゼあるいはエンドグルカナーゼホモログの塩基配列を用いたLAMPで宿主シロアリ種を正確に識別できた。
  • 後腸共生生物のセルラーゼ遺伝子を用いたLAMP法によるイエシロアリとヤマトシロアリの識別, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 寒川敏行, 第22回日本木材保存協会年次大会,   2006年05月, 第22回日本木材保存協会年次大会
    概要:共生原生生物のセルラーゼ(GHF7とGHF45)をコードするDNA部分配列を用いてLAMPプライマーを設計した。原生生物ゲノムDNAを鋳型としたときには、各宿主シロアリを正確に識別できた。蟻道のゲノムDNAを鋳型にしたときには、シロアリを識別できなかった。シロアリは蟻道の構築材料に原生生物を使用しない可能性が示された。
  • Identification of two subterranean termite species using the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) method with sequences of endo-beta-1,4-glucanase genes of hindgut protozoa, 板倉 修司, 榎 章郎, The Third Conference of Pacific Rim Termite Research Group,   2006年03月, The Third Conference of Pacific Rim Termite Research Group
    概要:イエシロアリとヤマトシロアリの後腸内に共生する原生生物のエンドグルカナーゼ遺伝子を用いて宿主シロアリを同定する方法を開発した。
  • LAMP法によるイエシロアリとヤマトシロアリの識別, 板倉 修司, 京都大学生存圏研究所プロジェクト共同利用研究集会シンポジウム,   2006年01月, 京都大学生存圏研究所プロジェクト共同利用研究集会シンポジウム
    概要:日本の主要な家屋害虫である2種のシロアリの簡便な識別法を開発した。シロアリのDNAあるいは共生原生生物のDNAを用いて1時間程度で種を同定できる。
  • LAMP法によるイエシロアリとヤマトシロアリの識別, 板倉 修司, 榎 章郎, 寒川敏行, 日本環境動物昆虫学会年次大会,   2005年11月, 日本環境動物昆虫学会年次大会
    概要:日本の主要な家屋加害シロアリであるイエシロアリとヤマトシロアリの識別を、LAMP法を用いて行った。シロアリから抽出したゲノムDNAを鋳型とした場合には、効率よく2種類のシロアリを識別できた。蟻道から抽出したDNAを鋳型とした場合には、検出に失敗した。
  • イエシロアリのエンドグルカナーゼの大腸菌での発現と精製, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 近畿大学農学部, セルロース学会第12回年次大会,   2005年07月, セルロース学会第12回年次大会
    概要:イエシロアリと共生原生動物のエンドグルカナーゼを大腸菌で発現させた。イエシロアリのエンドグルカナーゼと原生生物の組換え体の活性をザイモグラフィーで確認した。イエシロアリの組換えエンドグルカナーゼをHisタグを用いたアフィニティークロマトグラフィーで精製した。
  • イエシロアリの高効率糖化機構の解明を目的としたシロアリセルラーゼの大量発現, 板倉 修司, 田中 裕美, 榎 章郎, 第21回日本木材保存協会年次大会,   2005年05月, 第21回日本木材保存協会年次大会
    概要:シロアリの腸内に存在する効率的な木材セルロースの糖化機構を明らかにするため、シロアリの唾液腺セルラーゼと共生原生生物セルラーゼを大腸菌で発現させた。シロアリ唾液腺セルラーゼの発現に成功した。
  • 褐色腐朽菌が分泌する木材分解物質の免疫電子顕微鏡法による観察, 森若 専太, 田中 裕美, 榎 章郎, 板倉 修司, 金子 昌平, 第55回日本木材学会大会,   2005年03月, 第55回日本木材学会大会
    概要:褐色腐朽菌Fomitopsis palustrisによる木材腐朽機構を解明するために、低分子の水酸化ラジカル生成糖ペプチドとセルラーゼに対する抗体を作成し、免疫電子顕微鏡法で観察した。その結果、腐朽初期には低分子の水酸化ラジカル生成糖ペプチドが細胞壁で観察され、その後セルラーゼが観察された。
  • Phanerochaete chrysosporiumの分泌する水酸化ラジカル生成糖物質遺伝子の解析, 吉田 剛, 田中 裕美, 榎 章郎, 板倉 修司, 松村 賢太, 第55回日本木材学会大会,   2005年03月, 第55回日本木材学会大会
    概要:木材腐朽に関与するとされる水酸化ラジカル生成糖ペプチドの遺伝子を解析するためcDNAクローニングを行った。その結果と公開されているPhanerochaete chrysosporiumのゲノム情報から、水酸化ラジカル生成糖ペプチドの遺伝子の塩基配列を推定した。
  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライト遺伝子座を増幅するPCRプライマーの開発, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 京都大学生存圏研究所, 京都大学生存圏研究所, 日本木材学会,   2005年03月, 日本木材学会
    概要:外来種であるアメリカカンザイシロアリに国内での生息域拡大経路を明らかにするため、マイクロサテライトマーカーを開発した。5種類のマーカーが有効であることが明らかになった。
  • ヤマトシロアリのJHE(幼若ホルモンエステラーゼ)遺伝子, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 日本農芸化学会,   2005年03月, 日本農芸化学会
    概要:ヤマトシロアリのJHE遺伝子のdegenerate PCRでのクローニングを試みた。キイロショウジョウバエのJHE遺伝子と88%の相同性を示す35塩基長からなる部分DNA配列を得た。3’-RACE法、5’-RACE法で全長cDNAの解析を試みている。
  • Pyruvate and acetate metabolism in the termite, 板倉 修司, 榎 章郎, The second conference of Pacific Rim Termite Research Group,   2005年02月, The second conference of Pacific Rim Termite Research Group
    概要:シロアリのピルビン酸と酢酸の代謝を、腸内の共生微生物との共生関係とシロアリの代謝の観点から解説した。
  • セルラーゼ遺伝子を用いたイエシロアリとヤマトシロアリの識別, 板倉 修司, 榎 章郎, 日本環境動物昆虫学会,   2004年10月, 日本環境動物昆虫学会
    概要:セルラーゼ遺伝子の部分配列を利用して、形態からは識別の難しいヤマトシロアリとイエシロアリの職蟻を正確に識別する方法を見出した。
  • 軟腐朽菌Graphium sp.からのラッカーゼの分離・精製及び諸性質について, 伊藤 昭仁, 田中 裕美, 榎 章郎, 板倉 修司, 第54回日本木材学会大会,   2004年08月, 第54回日本木材学会大会
    概要:木材に軟腐朽を起こす不完全菌のGraphium sp.から、リグニン分解に関与するラッカーゼの分離・精製を行い、その物理化学的性質を検討した。
  • 白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermisporaの木材分解と酵素活性, 小池 健児, 田中 裕美, 榎 章郎, 板倉 修司, 第54回日本木材学会大会,   2004年08月, 第54回日本木材学会大会
    概要:リグニンを選択的に分解する白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermisporaを用いてブナ材、スギ材に対する木材分解力を測定し、その後木材構成成分の定量を行い組成変化を検討した。さらにセルロース分解酵素、リグニン分解酵素活性を経時的に測定した結果、この菌はセルロースに対して分解力が弱いことを明らかにした。
  • 大腸菌で発現させたイエシロアリセルラーゼの解析, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 日本木材学会,   2004年08月, 日本木材学会
    概要:イエシロアリ唾液腺からcDNAを合成し発現ベクターに組み込むことで、昆虫セルラーゼを大腸菌で発現させることに成功した。
  • ヤマトシロアリの幼若ホルモンエステラーゼ遺伝子の解析, 板倉 修司, 榎 章郎, 田中 裕美, 日本木材学会,   2004年08月, 日本木材学会
    概要:昆虫のゲノムデータベースを利用して、幼若ホルモンエステラーゼ、幼若ホルモンエポキシヒドラーゼ、エクダイソンレセプター各遺伝子のdegenerate PCRを行った。ヤマトシロアリの幼若ホルモンエステラーゼの候補が見つかった。
  • Pyruvate and acetate metabolism in termite mitochondria, 板倉 修司, 榎 章郎, D. J. Chappell, M. Slaytor, International Congress of Entomology,   2004年08月, International Congress of Entomology
    概要:シロアリのミトコンドリアにおける代謝を研究した。下等シロアリでは酢酸塩が呼吸を維持するためには必用であり、高等シロアリではグルコースだけを基質として呼吸を維持できることが明らかになった。

MISC

  • アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライトマーカーをつくる, 板倉 修司,   2004年10月
    概要:木工機械展で、日本に侵入してきた外来種であるアメリカカンザイシロアリの脅威について説明した
  • 床下環境「良好な床下環境って何やねん?」, 板倉 修司, 健康住宅シンポジウム2004 快適に暮らす住まいづくり これだけは聞き逃せない!健康住宅まるごと解説, 42, 47,   2004年11月
    概要:住宅を建築するに当たって床下を快適に保つための条件を一般向けに講演。
  • Wood Deterioration and Preservation, Advances on Our Changing World, 板倉 修司, 木材保存, 31, 3, 133,   2005年05月
    概要:木材腐朽菌による木材腐朽機構と腐朽の初期段階での検出方法ならびに新しいコンセプトに基づいた木材保存剤の開発に関する書籍である。シロアリと海産性木材穿孔動物(海虫)の生態に関しても述べられている。初心者にも分かり易くかかれており入門書として最適(英文)
  • 第17回日本環境動物昆虫学会年次大会の概要, 板倉 修司, 木座保存 Wood Preservation, 32, 1, 20, 23,   2006年01月
    概要:日本環境動物昆虫学会での「住環境と昆虫」と題したシンポジウムの内容を中心に、レポートを作成した。
  • 2020年 シロアリを食す, 板倉 修司,   2006年04月
    概要:食料としてシロアリを利用できるかどうか検討した結果を口頭で発表した。シロアリには必須アミノ酸、必須脂肪酸が全て含まれており、優れた食料となりうることが明らかになった。2020年に起こるであろう食料危機時に、人間が直接摂取するあるいは家畜に餌とした与え間接的に利用することが可能である。
  • 第3回環太平洋シロアリ学会大会の概要, 板倉 修司, 木材保存 Wood Preservation, 32, 3, 104, 108,   2006年05月
    概要:環太平洋シロアリ学会大会で発表された、特別記念講演2件、一般講演10件の概要を報告した。
  • 住宅メインテナンス技術の最前線「ブラックライトによるヤマトシロアリとイエシロアリの簡易識別法」, 板倉 修司, 近畿大学農学部農芸化学科,   2006年10月
    概要:ヤマトシロアリとイエシロアリの(紫外線照射により蛍光を発する)ノルハルマン含有量の違いに着目し、ブラックライトを用いたヤマトシロアリとイエシロアリの簡易識別法を考案した。展示会で実演を行い、蛍光発光機構などをポスターで発表した。
  • ウッドワンダーランド2006「応用生命化学科森林生物化学研究室、シロアリの腸内共生原生生物、シロアリの栄養価」, 板倉 修司, 近畿大学大学院農学研究科応用生命化学専攻, 近畿大学大学院農学研究科応用生命化学専攻, 近畿大学農学部農芸化学科, 近畿大学農学部農芸化学科, 近畿大学農学部農芸化学科, 近畿大学農学部農芸化学科,   2006年10月
    概要:展示会で、研究室の紹介、研究成果の紹介を行った。研究室紹介と研究内容の紹介で各々1枚ずつポスターを作製し、発表した。また、シロアリの腸内共生原生生物の顕微鏡観察を実演した。
  • アメリカカンザイシロアリ用マイクロサテライトマーカーの開発, 松村圭, 板倉 修司, 京都大学生存圏研究所, しろあり, 147, 1, 4,   2007年01月
    概要:外来種であるアメリカカンザイシロアリの血縁度を推定するためのマイクロサテライトマーカーの開発結果を記述した
  • 木材腐朽菌の遺伝資源データベース構築, 堀沢栄, 板倉 修司, 本田与一, 土居修一, 第91回生存圏シンポジウムDOL/LSFに関する全国共同利用研究成果発表会, 14, 15,   2008年02月
    概要:京都大学生存圏研究所の保存標準株のITS領域を解析しデータベース化した。IFO標準株を取り寄せ同じくITS領域を解析した。大部分は名称とDNA配列が一致したが,一部株の置き換えが疑われる事例もあった。
  • 第5回環太平洋シロアリ学会大会の概要, 板倉 修司, 木材保存 Wood Prerservation, 34, 3, 124, 130,   2008年05月
    概要:バリ島で開催されたシロアリ学会大会の研究報告内容の要約を報告した。
  • 分解者としてのシロアリ-そしてシロアリ利用の可能性を探る, 板倉 修司,   2008年09月
    概要:シロアリの生態などの説明,最近の研究トピックスを話題提供した。
  • 食用きのこ廃菌床で飼育したシロアリをエネルギー資源として利用する, 板倉 修司,   2008年11月
    概要:食用きのこ廃菌床を用いて飼育したヤマトシロアリをバイオディーゼル燃料として利用する提案を行った。
  • ノルハルマンは何のためにヤマトシロアリに存在するのか, 板倉 修司, しろあり Termite Journal, 151, 30, 33,   2009年02月
    概要:幼若ホルモンエポキシヒドラーゼ活性とノルハルマンの関係から,幼形生殖虫の産卵をノルハルマンが促進する可能性があることを解説した。
  • 日本家屋害虫学会30周年記念大会の概要, 板倉 修司, 木材保存, 35, 4, 171, 175,   2009年07月
    概要:日本大学で開催された標記学会大会の概要を紙上で報告した。
  • 研究資源としてのシロアリ, 板倉 修司, 環動昆 Jpn.J.Environ.Entomol.Zool., 20, 4, 165, 177,   2009年12月
    概要:シロアリに関する最近の分子生物学的研究の総説
  • アメリカカンザイシロアリの診断・防除法の確立(アメリカカンザイシロアリ委員会), 吉村 剛, 板倉 修司, 飯島 倫明, 大村 和香子, 簗瀬 佳之, 平成21年度林野庁補助事業 住宅分野への地域材供給シェア拡大総合対策事業報告書, 57, 76,   2010年03月
    概要:外来種であるアメリカカンザイシロアリを防除・駆除する方法の確立をめざして,3カ年で研究を開始した。この中で,コロニーの繁殖様式の研究を担当した。同一家屋内にも,遺伝的組成の異なる複数の小規模コロニーが多く存在することが明らかになった。
  • 床下環境とシロアリ-シロアリを知り、資源として利用する-, 板倉 修司,   2010年11月
    概要:住宅の床下での生物劣化を防ぐための考え方ならびに最近の研究事例を講演した。
  • 第16回国際社会性昆虫学会に参加して, 板倉 修司, 木材保存 Wood Preservation, 37, 2, 74, 79,   2011年03月
    概要:デンマークで開催された題記学会での発表の内,木材保存と関連が高いと思われる研究発表の概要を報告した。
  • RNA干渉技術を用いたシロアリ駆除の可能性, 板倉 修司, しろあり, 160, 7, 13,   2013年07月
    概要:RNA干渉技術のイエシロアリとヤマトシロアリへの適用事例を紹介した。また,アメリカなどで臨床段階にあるRNA干渉によるウィルス駆除についても紹介した。

受賞

  •   2013年11月, 日本しろあり対策協会, 表彰
  •   2003年, 日本環境動物昆虫学会研究奨励賞

競争的資金

  • 科学研究費補助金, RNA干渉を用いたシロアリ駆除技術の開発, 板倉 修司
  • 科学研究費補助金, 外来種アメリカカンザイシロアリの繁殖様式と総合防除法の確立, 板倉 修司
  • 科学研究費補助金, きのこ廃菌床を用いたシロアリ養殖とエネルギー資源としての利用, 板倉修司, 食用きのこ廃菌床を餌としてシロアリを増殖させ,シロアリオイルを搾油して,バイオディーゼル燃料として利用する
  • 科学研究費補助金, アメリカカンザイシロアリのマイクロサテライトマーカーの開発, 板倉修司
  • 近畿大学農学部学内特別研究費, 新規侵入外来シロアリの生息域拡大経路の解明, 板倉修司
  • 近畿大学農学部特別研究費, 社会性昆虫であるシロアリの階級分化に関する基礎的研究, 榎 章郎
  • 近畿大学学内研究助成金, シロアリによる木材消化機構の解明, 板倉修司

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 分子生物学, 近畿大学農学部応用生命化学科
  • 物理化学, 近畿大学農学部応用生命化学科
  • 森林資源科学, 近畿大学農学部応用生命化学科
  • 生命情報学, 近畿大学農学部応用生命化学科