KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉田 浩二ヨシダ コウジ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 医用工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位医学博士
専門生化学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1351-yoshida-koji.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/tea/bme/index_news.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    臓器線維症(結合組織が過剰に増えて臓器が機能不全に陥る疾患)がどのようにして起こるのか、また、どのようにすれば過剰な線維化を抑えることができるのかを生化学的に研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1986年04月 - 1990年03月, 近畿大学, 医学研究科, 生理学系生化学専攻
  • 1978年04月 - 1984年03月, 近畿大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学生物理工学部(教授)
  •   2007年04月,  - 2015年03月, 近畿大学医学部(准教授)
  •   2001年04月,  - 2007年03月, 近畿大学医学部(講師)
  •   1990年04月,  - 2001年03月, 近畿大学医学部(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学
  • 基礎医学, 医化学一般
  • 基礎医学, 病態医化学

研究キーワード

  • 生化学, 病態医化学, 分子生物学

論文

  • A Case of Waldenstrom Macroglobulinemia withTemporary Appearance of 7S IgM Half Molecule, Mayumi Imoto, Koji Yoshida, Yasuhiro Maeda, Ken-Ichi Nakae, Masatoshi Kudo,Ikunosuke Sakurabayashi, Toshiyuki Yamada, Toshinori Kamisako, Clin. Lab., 63, 983, 989,   2017年06月, 査読有り
  • 細胞外コラーゲンはヒト角膜線維芽細胞におけるIL-1誘導性のuPA産生を促進する, Koji Sugioka, Aya Kodama-Takahashi, Koji Yoshida, Keiichi Aomatsu, Kiyotaka Okada, Teruo Nishida, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 58, 3, 1487, 1498,   2017年03月, 査読有り
  • 難治性炎症性腸疾患におけるヒートショックタンパク質a4/apg-2の関与, Adachi T, Sakurai T, Kashida H, Mine H, Hagiwara S, Matsui S, Yoshida K, Nishida N, Watanabe T, Itoh K, Fujita J, Kudo M, Inflamm. Bowel Dis., 21, 1, 31, 39,   2015年01月, 査読有り
  • The Roles of Urokinase-Type Plasminogen Activator in Leukocyte Infiltration and Inflammatory Responses in Mice Corneas Treated With Lipopolysaccharide, Sugioka K, Kodama A, Yoshida K, Okada K, Mishima H, Aomatsu K, Matsuo O, Shimomura Y., Invest Ophthalmol Vis Sci, 55, 8, 5338, 5350,   2014年08月, 査読有り
  • Interaction of calcium- and integrin-binding protein 1 with integrin α11 and its possible involvement in pulmonary, Koji Yoshida, Ah-Mee Park, Shingen Ozaki, Hiroshi Munakata, Advances in Biological Chemistry, 4, 59, 66,   2014年02月, 査読有り
  • TGF-β2 promotes RPE cell invasion into a collagen gel by mediating urokinase-type plasminogen activator (uPA) expression., 杉岡 孝二, 児玉 彩, 岩田 美穂子, 吉田 浩二, 日下 俊次, 松本 長太, 梶 博史, 下村 嘉一, 岡田 清孝, Experimental Eye Research, 115, 13, 21,   2013年10月, 査読有り
    概要:増殖性硝子体網膜症(PVR)の増殖組織では網膜色素上皮細胞(RPE)は線維芽細胞様の形態をしており、RPEの上皮間葉移行(EMT)がPVRの病態に関与していると考えられている。ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子(uPA)は、細胞線溶により、細胞運動やECMの分解を促進し、細胞のECMへ侵入を助長する作用を持つ。そこで、本研究では、TGF-beta2でEMT様変化を起こしたRPEがコラーゲンゲル内に侵入するメカニズムにuPAが関与しているかを検討した。RPEはARPE19を用いた。TGF-beta2刺激によりARPE19のゲル内侵入は促進され、またその細胞形態は線維芽細胞様であった。またその作用はuPA阻害剤により抑制されたことから、uPAがRPEのゲル内侵入や形態変化に関与していると考えられた。さらにTGF-beta2の刺激によりARPE19のuPAの発現とuPAとARPE19の結合力が増強することを確認した。これらの結果からTGF-beta2の刺激によるARPE19のコラーゲンゲル内細胞遊走作用にuPAは促進的に作用し、uPAがPVRの発症に関与し
  • Epigallocatechin-3-gallate suppresses transforming growth factor-beta signaling by interacting with the transforming growth factor-beta type Ⅱ receptor., 田渕 正樹, 本田 映子, 大島 佳奈, 伊藤 龍生, 吉田 浩二, 朴 雅美, 東野 英明, 宗像 浩, 早川清雄, 伊勢村護, World J Exp Med, 3, 4, 100, 107,   2013年08月, 査読有り
  • Myofibroblasts: biochemical and proteomic approaches to fibrosis., 本田 映子, 朴 雅美, 吉田 浩二, 田渕 正樹, 宗像 浩, Tohoku J. Exp. Med., 230, 2, 67, 73,   2013年, 査読有り
  • Immunohistochemical localization of urokinase-type plasminogen activator, urokinase-type plasminogen activator receptor and alpha2-antiplasmin in human corneal perforation: a case report., 杉岡 孝二, 児玉 彩, 吉田 浩二, 岡田 清孝, 福田 昌彦, 下村 嘉一, BMC ophthalmology, 12, 1, 60,   2012年11月, 査読有り
    概要:原因不明の角膜潰瘍による角膜穿孔例に対するurokinase type plasminogen activator (uPA)、uPA receptor (uPAR)、alpha2-antiplasmin(A2AP)の角膜内局在について検討した。 症例:77歳女性、10数年前から角膜混濁を指摘されていた。右眼に熱い涙がでるとのことで近医受診、角膜穿孔と診断され当科紹介となった。方法:角膜移植時に得られた角膜片のパラフィン切片を作成、ヘマトキシリンエオジン染色(HE染色)、蛍光染色を行った。蛍光染色は、抗uPA抗体と抗uPAR抗体、抗CD68抗体、抗alpha smooth muscle actin (alphaSMA)抗体、および抗A2AP抗体と抗CD68抗体、抗alphaSMA抗体との二重染色を行った。結果:HE染色では角膜潰瘍部に炎症細胞と線維芽細胞の浸潤を認めた。蛍光二重染色では、同部位にuPA/uPAR陽性の細胞浸潤を認めた。uPAは浸潤したCD68陽性細胞に多くの共発現を認めたが、一部、alphaSMA陽性細胞にも共発現を認めた。一方、A2APは角膜潰瘍の周囲にみられた角膜瘢痕部に存在するalphaSMA陽性細胞に多く共発現を認
  • Conditioned media from lung cancer cell line A549 and PC9 inactivate pulmonary fibroblasts by regulating protein phosphorylation, Park AM, Hayakawa S, Honda E, Mine Y, Yoshida K, Munakata H, Arch. Biochem. Biophys., 518, 2, 133, 141,   2012年02月, 査読有り
  • Connective tissue growth factor cooperates with fibronectin in enhancing attachment and migration of corneal epithelial cells., 杉岡 孝二, 吉田 浩二, 児玉 彩, 三島 弘, 阿部 考助, 宗像 浩, 下村 嘉一, Tohoku J. Exp. Med., 222, 1, 45, 50,   2010年09月, 査読有り
    概要:We investigated the coordinated function of CTGF and FN in the attachment and migration of corneal epithelial cells. CTGF cooperates with FN in enhancing the attachment and migration of corneal epithelial cells.
  • 人肺筋線維芽細胞MRC-5細胞におけるTGF-βによるインテグリン、その関連蛋白質の発現の増加, Honda E, Yoshida K, Munakata H, Tohoku J.Exp.Med, 220, 4, 319, 327,   2010年04月, 査読有り
  • Connective tissue growth factor binds to fibronectin through the type I repeat modules and enhances the affinity of fibronectin to fibrin, Koji Yoshida, Hiroshi Munakata, Biochim. Biophys. Acta - General Subjects, 1770, 4, 672, 680,   2007年, 査読有り
  • Cyclic Tensile Stretch Load and Oxdized Low Density Lipoprotein Synergistically Induce Lectin-Like Oxidized LDL Receptor-1 in Cultured Bovine Chondrocytes, Resulting in Decreased Cell Viability and Proteoglycan Synthesis, 赤木 将男, 濵西 千秋, 吉田 浩二, 宗像 浩, 西村 俊司, 柿沼 工, 沢村 達也, J.Orthop Res., 24, 8, 1782, 1792,   2006年08月, 査読有り
  • Oxidized LDL binding to LOX-1 upregulates VEGF expression in cultured bovine chondrocytes through activation of PPAR-r, 金田 宗也, 赤木 将男, 早川 清雄, 吉田 浩二, 宗像 浩, 濵西 千秋, 沢村 達也, 西村 俊司, Biochem Biophys Res Commun., 348, 1003, 1010,   2006年07月, 査読有り
  • Aggrecanase-1(ADAMTS-4) interacts with α1-antitrypsin, Koji Yoshida, Yasuyuki Suzuki, Akio Saito, Kanji Fukuda, Chiaki Hamanishi ,Hiroshi Munakata, 1725, 2, 152, 159,   2005年, 査読有り
  • Role of the heme regulatory motif in the heme-mediated inhibition of mitochondrial import of 5-aminolevulinate synthase, 宗像 浩, 本田 映子, 仲谷 達也, 早川 清雄, 吉田 浩二, 孫 継英 古山 和道, 林 典夫, J Biochem, 136, 2, 233, 238,   2004年08月, 査読有り
  • Hypoxia-induced nitric oxide protects chondrocytes from damage by hydrogen peroxide, 松下 哲尚, 福田 寛二, 山﨑 顕二, 朝田 滋貴, 濵西 千秋, 吉田 浩二, 宗像 浩, 山本 憲廣, Inflamm. Res., 53, 8, 344, 350,   2004年08月, 査読有り
  • Oxideze low-density lipoprotein(ox-LDL)binding to lectin-like ox-LDL receptor-1(LOX-1) in cultured bovine articular chondrocytes increses production of intracellular reactive oxygen species(ROS) resulting in the activation of NF-kB, 西村 俊司, 赤木 将男, 吉田 浩二, 早川 清雄, 宗像 浩, 濵西 千秋, 沢村 達也, Osteoarthritis and Cartilage, 12, 7, 568, 576,   2004年07月
  • Enhancement of nitric oxide and proteoglycan synthesis due to cyclic tensile strain loaded on chondrocytes attached to fibronectin, Matsukawa M,Fukuda K,Yamasaki K, Yoshida K, Munakata H, Hamanishi C, Inflamm. Res., 53, 6, 239, 244,   2004年06月, 査読有り
  • Cyclic tensile stretch loaded on bovine chondrocytes caused depolymerization of hyaluronan: Involvement of reactive oxygen species, Kenji Yamazaki, Kanji Fukuda, Tetsunao Matsusita, Norihiro Yamamoto, Masataka Matsukawa, Fumihiko Hara, Chiaki Hamanishi, Koji Yoshida,Hiroshi Munakata, Arthritis Rheum., 48, 11, 3151, 3158,   2003年, 査読有り
  • Reactive oxygen species depolymerize hyaluronan: involvement of the hydroxyl radical, Kenji Yamazaki, Kanji Fukuda, Masataka Matsukawa, Fumihiko Hara, Koji Yoshida, Masao Akagi, Hiroshi Munakata, Chiaki Hamanishi, Pathophysiology, 9, 4, 215, 220,   2003年, 査読有り
  • Leucine-rich repeat region of decorin binds to filamin-A, Biochimie, 84, 4, 303, 308,   2002年, 査読有り
  • 学生, 教員から見たテュートリアル教育の効果と問題点, 上硲 俊法、岡本 悦司、上嶋 繁、吉田 浩二、佐藤 隆夫、松尾 理, 医学教育, 33, 4, 239, 246,   2002年, 査読有り
  • Molecular cloning and sequence analysis of C57BL/6 mouse contrapsin cDNA, DNA Seq., 12, 4, 289, 291,   2001年, 査読有り
  • Molecular evolution in the hypervariable regions of fetuin : comparison between human and African green monkey fetuin, Biol. Chem., 381, 8, 773, 776,   2000年, 査読有り
  • cDNA sequencing of guinea pig α2-HS glycoprotein, its expression in various tissues and acute phase expression, Biol. Chem., 380, 1, 95, 99,   1999年, 査読有り
  • Two types of aggregate in the cerebral cortex of a seizure-sensitive strain of the Mongolian gerbil, Neurosci. Lett., 277, 3, 177, 180,   1999年, 査読有り
  • Guinea pig α1-microglobulin/bikunin : cDNA sequencing, tissue expression and expression during acute phase, Comp. Biochem. Physiol. B., 122, 2, 165, 172,   1999年, 査読有り
  • Cloning and comparative sequence analysis of Xenopus laevis α1-antiproteinase, J. Biochem. Mol. Biol. Biophys., 3, 1, 59, 63,   1999年, 査読有り
  • DNA-hydrolyzing activity of Bence Jones proteins, Kinji Matsuura, Shinya Ikoma , Koji Yoshida, Hyogo Sinohara, Biochem. Biophys. Res. Commun., 243, 3, 719, 721,   1998年, 査読有り
  • Molecular Cloning and sequencing of cDNA encoding plasma countertrypin, a member of mammalian fetuin family, from the Mongolian gerbil, Meriones unguiculatus, Kana Goto, Koji Yoshida, Yasuyuki Suzuki, Kazuhiko Yamamoto, Hyogo Sinohara, J. Biochem., 121, 3, 619, 625,   1997年, 査読有り
  • Sequencing of cDNA encoding serum albumin and its extrahepatic synthesis, DNA Res., 4, 5, 351, 354,   1997年, 査読有り
  • Cystatin-like domain of mouse countertrypin, a member of mammalian fetuin family, is responsible for the inhibition of trypsin, Evidence from site-directed mutagenesis, Biochem Mol Biol Int, 39, 5, 1023, 1028,   1996年, 査読有り
  • Molecular cloning and sequence analysis of cDNA encoding plasma α-1-antiproteinase from Syrian hamster : implications for the evolution of Rodentia, Tatsuya Nakatani, Yasuyuki Suzuki, Koji Yoshida, Hyogo Sinohara, Biochim Biophys Acta, 1263, 3, 243, 248,   1995年, 査読有り
  • Plasma α-1-Antiproteinase from the Mongolian Gerbil, Meriones unguiculatus : Isolation, Partial Characterization, Sequencing of cDNA, and Implications for Molecular Evolution, Kana Goto, Yasuyuki Suzuki, Koji Yoshida, Kazuhiko Yamamoto, Hyogo Sinohara, J. Biochem., 116, 3, 582, 588,   1994年, 査読有り
  • Sequencing of A Urinary Stone Protein, Identical to Alpha-1 Antitrypsin, Which Lacks 22 Amino Acids, Tohru Umekawa, Kenjiro Kohri, Naoya Amasaki, Takanori Yamate, Koji Yoshida, Kazuhiko Yamamoto, Yasuyuki Suzuki, Hyogo Sinohara, Takashi Kurita, Biochem. Biophys. Res. Commun., 193, 3, 1049, 1053,   1993年, 査読有り
  • Molecular Cloning and Sequencing of cDNA Encoding Urinary Stone Protein, which is Identical to Osteopontin, Kenjiro Kohri, Yasuyuki Suzuki, Koji Yoshida, Kazuhiko Yamamoto, Naoya Amasaki, Takanori Yamate,Tohru Umekawa, Masanori Iguchi, Hyogo Sinohara, Takashi Kurita, Biochem. Biophys. Res. Commun., 184, 2, 859, 864,   1992年, 査読有り
  • Molecular Cloning and Sequence Analysis of cDNAs Coding for Guinea Pig α1-Antiproteinases S and F and Contrapsin, Yasuyuki Suzuki, Koji Yoshida, Eiko Honda, Hyogo Sinohara, J. Biol. Chem., 266, 2, 928, 932,   1991年, 査読有り
  • 形質細胞異常症に出現したμ鎖の免疫化学的特性, 丸田真由美、山本和彦、櫻林郁之介、竹中清悟、尾鼻康朗、古田格、, 生物物理化学, 35, 1, 33, 38,   1991年, 査読有り
  • Trypsin Inhibitors in Guinea Pig Plasma : Isolation and Characterization of Contrapsin and Two Isoforms of α-1-Antiproteinase and Acute phase Response of Four Major Trypsin Inhibitors, J. Biochem., 107, 2, 173, 179,   1990年, 査読有り
  • モルモット血漿中のシステインプロテイナーゼインヒビター:  その精製、性質および急性相反応, 近畿大医誌 (近畿大学), 15, 1, 105, 117,   1990年, 査読有り
  • Isolation and Partial Characterization of a Novel form of Low Molecular Weight Kininogen from Guinea Pig Plasma, Biochem. Int., 19, 6, 1339, 1344,   1989年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • 生活習慣病の病態生理, 吉田 浩二, 平成29年度 和歌山大学教員免許状更新講習,   2017年08月24日
  • 臓器線維症を知る~線維化の功罪~, 吉田 浩二, 近畿大学生物理工学部公開講座,   2017年06月24日
  • Forskolinの抗酸化作用を介した筋線維芽細胞への分化抑制作用, 本田 映子、朴 雅美、吉田 浩二, 第88回日本生化学会大会,   2015年12月03日
  • エピガロカテキンガレートはTGF-βII型受容体に結合することによりTGF-βシグナルを抑制する, 吉田浩二、田渕正樹、早川清雄、宗像浩, 第87回日本生化学会大会,   2014年10月16日
  • TGF-β2 enhances urokinase type plasminogen activator (uPA), uPA receptor (uPAR) expression and binding activity of uPA to reinal pigment epithelial (RPE) cells and promotes RPE cell invasion into collagen gels by mediating uPA expression., 杉岡 孝二, 児玉 彩, 岩田 美穂子, 吉田 浩二, 岡田 清孝, 日下 俊次, 松本 長太, 下村 嘉一, ARVO 2013 Annual Meeting,   2013年05月, The Association for Reserch
    概要:Transforming growth factor-beta (TGF-β)は、epithelial-mesenchymal transition (EMT)の主要関連分子のひとつであり、TGFβはEMTを促進し、細胞の移動、浸潤に関与している。今回我々は uPAのヒト培養網膜色素上皮細胞(ARPE19)のTGFβを介したEMTおよびtype1コラーゲンゲル内遊走に与える影響について検討した。ゲル内にARPE19を包埋し、uPAがTGFbeta2による細胞形態変化に与える影響および、ゲル内細胞遊走評価モデルにより、TGFb処理ARPE19のゲル内遊走抑制効果について検討した。TGFb刺激によるuPA, uPA receptor (uPAR)の発現をfibrin enzymography, western blot法およびreal time PCR法を用いて検討した。ARPE19とuPAの結合反応を生体分子間相互作用解析装置でそれぞれ検討した。ゲル内の細胞はTGFb刺激により線維芽細胞様の形態を示し,その形態変化はuPA阻害剤により抑制された。TGFb(10ng/ml)刺激によりuPAの産生は増加した。ゲル内に遊走する細胞数はuPA阻害剤により有意に抑制された(p<0.01)。uPA, uPARは、TGFbの刺激により依存的に発現上
  • 原因不明の角膜潰瘍による角膜穿孔症例における線溶系因子の免疫学的局在の検討, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 吉田 浩二, 岡田 清孝, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 第37回日本角膜学会総会(角膜カンファランス),   2013年02月, 第37回日本角膜学会総会(角膜カンファランス)
    概要:原因不明の角膜潰瘍による角膜穿孔症例に対するurokinase type plasminogen activator(uPA),uPA receptor(uPAR),alpha-2-antiplasmin(A2AP)の角膜内局在について検討した。 角膜移植時に得られた角膜片のパラフィン切片を作成し、HE染色、蛍光染色を行った。HE染色では角膜潰瘍部に多数の炎症細胞と線維芽細胞を認めた。蛍光二重染色では同部位にuPA/uPAR陽性の細胞浸潤を認めた。A2APは角膜潰瘍周囲にみられた角膜瘢痕部に存在するαSMA細胞に多く共発現を認めた。
  • マトリックスメタロプロテイナーゼ2はα2-antiplasminを分解する, 吉田 浩二, 朴 雅美, 齋藤 昭夫, 宗像 浩, 第85回日本生化学会大会,   2012年12月, 第85回日本生化学会大会
    概要:臓器の線維化は、組織が障害された後の修復過程においてコラーゲンをはじめとする細胞外マトリックス(ECM)が過剰に沈着し、臓器の機能障害をきたす病態である。plasminはfibrinを分解して血栓溶解作用を示すが、それ以外にECMを構成するフィブロネクチンやプロテオグリカンを分解する機能をもつ。その活性はセリンプロテアーゼインヒビター(セルピン)のひとつであるα2-antiplasmin(AP)によって抑制される。APが皮膚組織における線維化を促進することが報告されているが、その機序については不明な点も多い。APが組織線維化にどのように関与するのかを明らかにするために、APと相互作用するタンパク質を探索した。 APのsignal peptideを除いた部分をbaitタンパク質として、ヒト肺線維芽細胞 (WI-38)由来cDNA libraryに対して酵母two-hybrid法によるスクリーニングを行った。 その結果、マトリックスメタロプロテイナーゼ2 (MMP-2) がpreyタンパク質のひとつとして同定された。APとMMP-2の結合は
  • L鎖に糖鎖付加が示唆された特異な熱反応性を持つλ型BJPの特性, 井本 真由美、渡辺 勝紀、齋藤 昭夫、吉田 浩二、金星 智世、森嶋 祥之、中江 健市、上硲 俊法, 第59回日本臨床検査医学会学術集会,   2012年11月
  • 線溶系遺伝子欠損マウスを用いた角膜上皮創傷治癒過程の検討, 児玉 彩、杉岡 孝二、三島 弘、吉田 浩二、岡田 清孝、下村 嘉一, 第116回日本眼科学会総会,   2012年04月
  • 角膜上皮細胞の伸長、接着に対するconnective tissue growth factorとfibronectinの相互作用, 杉岡 孝二、児玉 彩、吉田 浩二、三島 弘、阿部 考助、宗像 浩、下村 嘉一, 第83回日本生化学会大会・第33回日本分子生物学会年会 合同大会 (BMB2010),   2010年12月
  • インテグリンalpha11とcalcium and integrin binding protein 1の相互作用, 吉田 浩二, 朴 雅美, 本田 映子, 尾崎 信源, 宗像 浩, 第83回日本生化学会大会・第33回日本分子生物学会年会 合同大会 (BMB2010),   2010年12月, 第83回日本生化学会大会・第33回日本分子生物学会年会 合同大会 (BMB2010)
    概要:インテグリンα11β1はコラーゲン結合性のインテグリンで、歯根膜線維芽細胞において歯の萌出時に必要とされること、また、αサブユニットであるインテグリンα11 (ITGA11) は非小細胞肺癌において高発現していることなどが報告されているが、その他の生理的・病理的役割についてはよくわかっていない。線維化を促進する主要な分子であるTGF-βでヒト肺線維芽細胞を刺激したとき、ITGA11の発現が著明に亢進することを我々はプロテオーム解析で見出した。今回我々はITGA11の細胞内ドメインと相互作用するタンパク質を探索し、線維化との関連を検討した。 ITGA11の細胞内ドメインをbaitとして、ヒト肺線維芽細胞cDNA libraryに対して酵母two-hybrid法によるスクリーニングを行った。その結果、calcium and integrin binding protein 1 (CIB1) がpreyタンパク質のひとつとして同定された。ITGA11との結合にはCIB1のC末側で2か所のEF-hand motifを含む領域が必要であった。ITGA11とCIB1の結合は免疫沈降法でも確認された
  • 肺線維化におけるHSP27の役割, 朴 雅美, 吉田 浩二, 宗像 浩, 本田 映子, 尾崎信源, 第83回日本生化学会大会・第33回日本分子生物学会年会 合同大会 (BMB2010),   2010年12月
  • 肝切除後に一過性にIgG型M蛋白が出現しPIVKA-Ⅱ偽高値を示した患者血清の非特異反応について, 井本 真由美、鷹家 優美子、渡辺 勝紀、吉田 浩二、 中居 卓也、森嶋 祥之、内藤 昭智、上硲 俊法, 第61回日本電気泳動学会総会,   2010年09月
  • 角膜上皮細胞の伸長、接着に対するConnective tissue growth factor(CTGF)とフィブロネクチンの相互作用, 杉岡 孝二、児玉 彩、吉田浩二、三島 弘、阿部 考助、宗像 浩、下村 嘉一, 第15回 眼創傷治癒研究会,   2010年08月
  • Role of Connective Tissue Growth Factor (CTGF) in Corneal Epithelial Migration, 杉岡 孝二, 児玉 彩, 吉田 浩二, 三島 弘, 阿部 考助, 下村 嘉一, 19th Biennial Meeting of the International Society for Eye Research,   2010年07月, International society for eye research
    概要:connective tissue growth factor(CTGF)がフィブロネクチンによる角膜上皮細胞の接着と角膜上皮の伸長にどのような作用を与えるかを培養ヒト角膜上皮細胞(HCEC)とウサギ角膜ブロックを用いた角膜器官培養法により検討した。
  • 血中および尿中に低分子IgMが出現し、アガロース結合能をもつIgM-κ型M蛋白の免疫化学的特性, 本 真由美、森嶋 祥之、内藤 昭智、吉田 浩二、前田 裕弘、上硲 俊法、田中 裕滋、櫻林 郁之介, 第56回日本臨床検査医学会学術集会,   2009年08月
  • 角膜上皮細胞の接着、伸長に対するCTGFとフィブロネクチンの相互作用, 杉岡 孝二, 児玉彩, 吉田 浩二, 三島 弘, 下村 嘉一, 第113回日本眼科学会総会,   2009年04月, 第113回日本眼科学会総会
    概要:目的: connective tissue growth factor(CTGF)はフィブロネクチン(FN)と結合し細胞活性に影響を与えることが指摘されている。今回、角膜上皮の創傷治癒に対するCTGFとFNの相互作用を検討した。対象と方法:不死化ヒト培養角膜上皮細胞(HCEC)を用いた。CTGFを特異的に抑制するshRNAプラスミドを用いて、HCECのCTGF、FN産生量を検討した。またHCECの接着能に対するFN、CTGFの相互作用を検討するため、FNとBSAをコーティングしたプレートに、CTGF を含む培養液で24時間培養したHCEC1x103を播種し、45分後に接着細胞数をcountした。角膜上皮の伸長に対するFNとCTGFの相互作用を検討するため、角膜器官培養法を用い、CTGFとFNを単独または同時に添加し、24時間後に角膜片の伸長を測定した。結果:CTGF特異的shRNAプラスミド導入後48時間でCTGF、FNの産生量は低下した。細胞接着能はFNコート群、BSAコート群のいずれにおいてもCTGFの刺激により、接着能は増強した。角膜器官培養では、CTGF単独群、CTGF+FN群ともに
  • transgelinノックダウンが肺線維芽細胞MRC-5に及ぼす効果, 吉田 浩二, 尾崎 信源, 本田 映子, 宗像 浩, 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会,   2008年12月, 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会
    概要:MRC-5細胞において、細胞骨格タンパク質の1種であるtransgelinをノックダウンするとtransgelinのみならずα-smooth muscle actin(SMA)の発現も低下し細胞形態が変化した。MRC-5細胞をTGF-β処理した場合のSMAやfibronectinの誘導発現も抑制された。
  • TGF-bによる筋線維芽細胞(MRC-5)の活性化に伴う発現変化, 本田 映子、吉田 浩二、宗像 浩, 第81回 日本生化学会大会 第31回 日本分子生物学会年会 合同大会,   2008年12月, 第81回 日本生化学会大会 第31回 日本分子生物学会年会 合同大会
  • Connective Tissue Growth Factor (CTGF) Effectively Facilitates TGF-β-induced Fibronectin Production in Human Corneal Fibroblasts, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 三島 弘, 吉田 浩二、下村 嘉一, ARVO Annual Meeting,   2008年04月
  • 近畿大学における薬学生と医学生の合同PBLの試み, 木村 健, 関口 富美子, 大鳥 徹, 上硲 俊法, 木村 雅友, 吉田 浩二, 日本薬学会第128年会,   2008年03月, 日本薬学会第128年会
    概要:近畿大学薬学部・医学部合同学習会におけるPBL教育に関する報告。
  • CTGFの角膜実質細胞におけるフィブロネクチン産生とコラーゲンゲル収縮に及ぼす影響, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 下村 嘉一, 吉田 浩二, 三島 弘, 第32回角膜カンファランス・第24回日本角膜移植学会,   2008年02月
  • 結合組織成長因子はフィブロネクチンと結合し、フィブロネクチンのフィブリンへの親和性を増強する。, 吉田 浩二, 宗像 浩, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会,   2007年12月, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会
    概要:結合組織成長因子(CTGF)がフィブロネクチン(FN)と結合することを酵母two-hybrid法を用いて見出した。両者の結合に関わる領域はCTGFのC-terminal domainとFNのtype I repeat領域であった。この結合は表面プラズモン法とELISA法でも確認された。また、CTGFはFNのfibrinへの結合を促進し親和性を増強した(英文)。
  • The interaction between aggrecanase-1 (ADAMTS-4) and α1-antitrypsin, 吉田 浩二, 鈴木 淳夫, 斉藤 昭夫, 福田 寛二, 濵西 千秋, 宗像 浩, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress,   2006年06月, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
    概要:To identify an endogenous inhibitor of aggrecanase-1 (ADAMTS-4), we performed a yeast two-hybrid screen using the catalytic domain of human ADAMTS-4 as a bait, and transformed an EGY48 yeast strain carrying the bait plasmid with a human liver cDNA library plasmid. This screen identified α1-antitrypsin (AT), a member of the family of plasma serine proteinase inhibitors, as a prey. Recombinant ADAMTS-4 and AT were expressed in mammalian cells and the cell lysates were used in coimmunoprecipitation experiments, which showed that full-length ADAMTS-4 and AT are also associated in vivo. However, ADAMTS-4 did not interfere with the inhibitory activity of AT against elastase, and AT had no effect on the proteolytic activity of ADAMTS-4. Taken together, these data suggest that ADAMTS-4 and AT bind in vivo, although the physiological significance of the interaction between ADAMTS-4 and AT remains unclear.(英文)
  • 形質細胞腫患者に認められた半分子IgGの免疫化学的特性, 井本 真由美、嶋村 純、前田 和成、古田 格、佐野 徹明、前田 裕弘、金丸 昭久、吉田 浩二、篠原 兵庫、櫻林 郁之介, 第52回日本臨床検査医学会総会・第45回日本臨床化学会年会 連合大会,   2005年11月
  • Connective tissue growth factor interacts with fibronectin, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 早川 清雄, 仲谷 達也, 宗像 浩, 第78回日本生化学会大会,   2005年10月, 第78回日本生化学会大会
    概要:結合組織成長因子(CTGF)がフィブロネクチンと結合することを酵母ツーハイブリド法で発見した。その結合にはCTGFのドメイン4とフィブロネクチンのtypeI repeat領域が関与する。(英文)
  • Role of the heme regulatory motif in the heme-mediated inhibition of mitochondrial import of 5-aminolevulinate synthase, 宗像 浩, 孫 継英, 吉田浩二, 仲谷達也, 本田 映子, 早川 清雄, 古山 和道, 林 典夫, First Congress of of the International Bioiron Society (IBIS),   2005年05月
  • アグリカナーゼ-1はα1-アンチトリプシンと相互作用する, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 宗像 浩, 仲谷 達也, 鈴木 淳夫, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第77回日本生化学会大会,   2004年10月, 第77回日本生化学会大会
    概要:アグリカナーゼ-1(ag-1)と相互作用するタンパク質を酵母two-hybrid法を用いて探索したところα1-antitrypsin(AT)がpreyタンパク質として同定された。この結合は免疫沈降法でも確認された。ag-1はATのエラスターゼ阻害活性に影響を与えず、ATはag-1のaggrecan分解活性を阻害しなかった(英文)。
  • SHRSP胸部大動脈におけるNADPH oxidase mRNAの発現について, 田渕 正樹, 吉田 浩二, 宗像 浩, 大島 佳奈, 丹羽 淳子, 東野 英明, 第56回近畿大学医学会,   2004年07月, 第56回近畿大学医学会
    概要:20週齢のWKY,SHRSPの胸部大動脈を用いて,NADPH oxidaseサブユニット(Nox1, Nox2, p22phox, p47phox)mRNA発現を比較したところ,すべてのサブユニットにおいてSHRSPで発現の亢進が認められた.また,胸部大動脈のsuperoxide産生もSHRSPで亢進していたことから,高血圧の進展に活性酸素種が関与していることが明らかになった.
  • メカニカルストレスは軟骨細胞におけるLectin-like Oxidized LDL Receptor-1(LOX-1)の発現を誘導する, 西村 俊司, 赤木 将男, 濵西 千秋, 早川 清雄, 吉田 浩二, 宗像 浩, 第55回近畿大学医学会学術講演会,   2003年12月, 第55回近畿大学医学会学術講演会
  • SHRSP胸部大動脈におけるNO合成酵素mRNAの発現について, 田渕 正樹, 吉田 浩二, 宗像 浩, 大島 佳奈, 丹羽 淳子, 東野 英明, 第55回近畿大学医学会,   2003年12月, 第55回近畿大学医学会
    概要:6および20週齢のWKYおよびSHRSPを用いて,胸部大動脈のNO合成酵素mRNAの発現について比較したところ,差異は認められなかった.
  • aggrecanase-1と相互作用するタンパク質の探索, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 宗像 浩, 仲谷 達也, 鈴木 淳夫, 福田 寛二, 濵西 千秋, HUPO 2nd Annual & IUBMB XIX World Congress,   2003年10月, HUPO 2nd Annual & IUBMB XIX World Congress
    概要:アグリカンの分解に関与する主要な酵素であるaggrecanase-1と相互作用するタンパク質を酵母two-hybrid法を用いて探索したところ、ヒト肝臓cDNAライブラリーからα1-antitrypsin、α1-antichymotrypsinなどのセリンプロテアーゼインヒビターがpreyタンパク質として同定された(英文)。
  • 軟骨細胞に対する酸化LDLの影響-LOX-1の関与-, 西村 俊司, 赤木 将男, 濵西 千秋, 仲谷 達也, 吉田 浩二, 宗像 浩, 第54回近畿大学医学会,   2003年07月, 第54回近畿大学医学会
  • 軟骨細胞に対する機械的ストレスのヒアルロン酸に対する影響―ヒドロキシラジカルの関与について―, 山﨑 顕二, 福田 寛二, 濵西 千秋, 吉田 浩二, 宗像 浩, 第53回近畿大学医学会学術講演会,   2002年12月, 第53回近畿大学医学会学術講演会
  • デコリンのロイシンリッチリピート領域はフィラミンAと結合する, 吉田 浩二, 宗像 浩, 仲谷 達也, 鈴木 淳夫, 本田 映子, 海老名 雅仁 鳴海 晃 佐藤 研, 雨宮 科名, 第75回日本生化学会大会,   2002年10月, 第75回日本生化学会大会
    概要:プロテオグリカンであるデコリンのleucine-rich repeat配列と相互作用するタンパク質の探索を酵母two-hybrid法を用いて行った。preyタンパク質としてアクチン架橋タンパク質のひとつであるfilamin-Aが同定された。
  • ヒドロキシルラジカルによるヒアルロン酸低分子化について, 山﨑 顕二, 福田 寛二, 濵西 千秋, 吉田 浩二, 宗像 浩, 第52回近畿大学医学会学術講演会,   2002年07月, 第52回近畿大学医学会学術講演会
  • aggrecanase-1と相互作用するタンパク質の探索, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 宗像 浩, 仲谷 達也, 福田 寛二, 濵西 千秋, 鈴木 淳夫, 第74回日本生化学会大会,   2001年10月, 第74回日本生化学会大会
    概要:アグリカンの分解に関与する主要な酵素であるaggrecanase-1と相互作用するタンパク質を酵母two-hybrid法を用いて探索したところ、ヒト肝臓cDNAライブラリーからα1-antitrypsin、α1-antichymotrypsinなどがpreyタンパク質として同定された。
  • 5-アミノレブリン酸合成酵素のミトコンドリア移行のヘムによる阻害, 宗像 浩、 仲谷 達也、本田 映子、雨宮 科名、吉田 浩二、孫 継英、 古山 和道、林 典夫, 第74回日本生化学会大会,   2001年10月, 第74回日本生化学会
  • IL-1における軟骨細胞のヒアルロン酸合成調節機構, 原 文彦、吉田 浩二、仲谷 達也、本田 映子、福田 寛二、宗像 浩、浜西 千秋, 第74回 日本生化学会大会,   2001年10月
  • 軟骨細胞に対する機械的ストレスとヒアルロン酸合成調節機構, 原 文彦、福田 寛二、浜西 千秋、吉田 浩二、仲谷 達也、宗像 浩、本田 映子, 近畿大学医学会学術講演会,   2001年06月
  • 軟骨細胞に対する機械的ストレスと一酸化窒素, 松川 将隆、福田 寛二、浜西 千秋、吉田 浩二、仲谷 達也、宗像 浩、本田映子, 第50回 近畿大学医学会学術講演会,   2001年06月
  • 軟骨細胞におけるヒアルロン酸合成酵素の発現と調節機構, 吉田 浩二, 第45回日本リウマチ学会総会,   2001年05月
  • IL-1による軟骨細胞のヒアルロン酸合成調節機構, 原 文彦、吉田 浩二、仲谷 達也、本田 映子、福田 寛二、宗像 浩、浜西 千秋, 第14回 日本軟骨代謝学会,   2001年03月
  • デコリンのロイシンリッチリピート領域と相互作用するタンパク質の探索, 吉田 浩二, 宗像 浩, 鈴木 淳夫, 海老名 雅仁 鳴海 晃 佐藤 研, 第73回日本生化学会大会,   2000年10月, 第73回日本生化学会大会
    概要:デコリンのロイシンリッチリピート配列と相互作用するタンパク質を酵母two-hybrid法を用いて探索したところ、ヒト線維芽細胞cDNAライブラリーからfilamin(AB-280)、Mss4などが同定された。
  • 赤血球型および非赤血球型5-アミノレブリン酸合成酵素のミトコンドリア移行とそのヘムによる阻害, 吉田 浩二、宗像 浩、孫 継英、林 典夫, 第72回 日本生化学会大会,   1999年10月
  • モルモットα2-HS glycoproteinのcDNA塩基配列決定と解析, 吉田 浩二、鈴木 康之、山本 和彦、篠原 兵庫, 第71回日本生化学会大会,   1998年10月
  • ラット腎移植モデルにおけるFTY720の生着延長効果, 国方 聖司、西岡 伯、秋山 隆弘、栗田 孝、吉田 浩二、鈴木 淳夫, 第93回米国泌尿器科学会腎移植・血管外科分科会,   1998年06月
  • ラット腎移植におけるFTY720の免疫抑制効果の検討, 国方 聖司、西岡 伯、秋山 隆弘、栗田 孝、吉田 浩二、鈴木 淳夫, 第33回日本移植学会総会,   1997年09月
  • モルモットα1-microglobulin/bikuninのcDNA塩基配列決定と解析, 吉田 浩二、鈴木 康之、山本 和彦、大友 貴志、篠原 兵庫, 第70回日本生化学会大会,   1997年09月
  • モルモットおよびフグのアンチトロンビンⅢのcDNA塩基配列決定と解析, 鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第70回日本生化学会大会,   1997年09月
  • ハムスター血漿α-マクログロブリンcDNA塩基配列決定と解析, 岩崎 弘充、鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫、三宅 義雅, 第70回日本生化学会大会,   1997年09月
  • ハムスターinter-alpha-trypsin inhibitor heavy chainsのcDNAの全塩基配列の決定と各臓器におけるmRNAの発現の検討, 仲谷 達也、山本 敬、鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第70回日本生化学会大会,   1997年09月
  • リンパ球活性化シグナルの化学的修飾による移植腎への免疫寛容、移植腎のサイトカインの発現, 能勢 和宏、西岡 伯、国方 聖司、秋山 隆弘、栗田 孝、吉田 浩二、鈴木 淳夫, 日本泌尿器科学会総会,   1997年04月
  • 尿路結石中のcalprotectinの由来とその意義, 梅川 徹、吉田 浩二、鈴木 淳夫、杉本 賢治、紺屋 英児、石川 泰章、井口 正典、栗田 孝, 日本泌尿器科学会総会,   1997年04月
  • ラット腎移植におけるFTY720の生着延長効果の検討, 国方 聖司、原 靖、今西 正昭、秋山 隆弘、栗田 孝、吉田 浩二、鈴木 淳夫, 第46回日本泌尿器科学会中部総会,   1996年11月
  • WAS細胞におけるmRNA変異, 吉田 浩二、鈴木 康之、山本 和彦、篠原 兵庫、渡辺 雅保, 第69回日本生化学会大会、第19回日本分子生物学会年会合同年会,   1996年08月
  • モルモット血漿中のα1-アンチプロテアーゼ(APS、APF、CP)の遺伝子構成, 鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第69回日本生化学会大会、日本分子生物学会年会合同年会,   1996年08月
  • モルモット血漿αマクログロブリンとムリノグロブリンのcDNA塩基配列の決定と解析, 岩崎 弘充、鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第69回日本生化学会大会、日本分子生物学会年会合同年会,   1996年08月
  • モルモット血漿中のα1-アンチプロテアーゼ(APS、APF、CP)の性質・構造および遺伝子構成, 鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第43回日本生化学会近畿支部例会,   1996年05月
  • Cloning and sequence analysis of cDNAs encoding plasma α-macroglobulin and murinoglobulin from guinea pig, Hiromitsu Iwasaki, Atsuo Suzuki, Koji Yoshida, Hyogo Sinohara, 第2回世界炎症会議,   1995年09月
  • Sequencing of cDNA encoding α-1-antiproteinase from Syrian hamster: its implication for the evolution of rodents, Tatsuya Nakatani, Atsuo Suzuki, Koji Yoshida, Hyogo Sinohara, 第2回世界炎症会議,   1995年09月
  • Plasma α-1-antiproteinases from Syrian hamster and Mongorian gerbil: isolation, partial characterization and sequence analysis of cDNA, Tatsuya Nakatani, Kana Goto, Koji Yoshida, Atsuo Suzuki, Syuji Amemiya, Kazuhuko Yamamoto, Hyogo Sinohara, 第16回国際生化学会議,   1994年09月
  • Isolation and sequence analysis of cDNAs coding for plasma α-macroglobulins from guinea pig and Syrian hamste, Hiromitsu Iwasaki, Atsuo Suzuki, Koji Yoshida, Hyogo Sinohara, Yoshimasa Miyake, 第16回国際生化学会議,   1994年09月
  • モルモット血漿プロテアーゼインヒビター(APS、CP)の遺伝子構造の比較, 鈴木 淳夫、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第67回日本生化学会大会,   1994年09月
  • ハムスター血漿α-マクログロブリンについて, 三宅 義雅、榎本 やよい、鈴木 淳夫、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第66回日本生化学会大会,   1993年10月
  • Sama sequence between osteopontin and urinary stone protein, 郡 健二郎、尼崎 直也、山手 貴詔、梅川 徹、井口 正典、栗田 孝、鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第7回尿路結石に関する国際シンポジウム,   1992年08月
  • スナネズミ血漿α-1-アンチプロテイナーゼの精製、性質および一次構造, 五島 科名、吉田 浩二、山本 和彦、鈴木 康之、篠原 兵庫, 第64回日本生化学会大会,   1991年10月
  • モルモットcontrapsinの炎症によるスプライシング異常について, 鈴木 康之、吉田 浩二、篠原 兵庫, 第64回日本生化学会大会,   1991年10月
  • Acute phase response of eight plasma proteinase inhibitors in the guinea pig. comparison with other mammals, 吉田 浩二、鈴木 康之、篠原 兵庫, 第15回国際生化学会議,   1991年08月
  • モルモット血漿プロテアーゼインヒビター(APF, APS, CP)の一次構造, 鈴木 康之、吉田 浩二、本田 映子、篠原 兵庫, 第63回日本生化学会大会,   1990年09月
  • 炎症モルモット血漿中に新しく見いだされたα-1-アンチプロテアーゼの精製とその性質, 鈴木 康之、吉田 浩二、山本 哲也、篠原 兵庫, 第62回日本生化学会大会,   1989年11月
  • モルモットにおけるα-1-アンチプロテイナーゼとキニノーゲンの急性相反応, 吉田 浩二、斉藤 昭夫、鈴木 康之、山本 哲也、篠原 兵庫, 第 5 回アジア・オセアニア生化学会議,   1989年08月
  • 炎症時におけるモルモット血漿プロテアーゼインヒビターの変動, 吉田 浩二、、斉藤 昭夫、鈴木 康之、篠原 兵庫, 第61回日本生化学会大会,   1988年10月
  • モルモット血清中のチオールプロテアーゼインヒビターの精製および性質, 吉田 浩二、、斉藤 昭夫、篠原 兵庫, 第60回日本生化学会大会,   1987年10月

MISC

  • 眼創傷治癒におけるTGF‐βとインテグリンの相互作用の役割解明とその応用, 吉田 浩二, 2011-2013科研費(基盤C, 課題番号:23592596)研究成果報告書,   2014年04月
    概要:角膜線維芽細胞(keratocyte)はTGF-β刺激を受けると、活性化し、筋線維芽細胞様の形態を示すようになった。また、TGF-β処理によりkeratocyteのインテグリンα11(ITGA11)、α-SMA、fibronectinの発現は亢進した。ITGA11およびcalcium- and integrin-binding protein 1(CIB1)を高発現させた細胞はTGF-βに対する感受性が亢進した。また、緑茶成分epigallocatechin-3-gallate (EGCG)はTGF-βtype IIレセプターに結合し、TGF-βの作用を阻害することが判明した。
  • 筋線維芽細胞の活性化・不活性化機構の解明, 宗像 浩、吉田 浩二、斉藤 昭夫、早川 清雄、佐藤 真弓、朴 雅美、尾崎 信源, 近畿大学大学院医学研究科研究プロジェクト「細胞・組織工学を駆使した先端治療学の研究・開発」平成19年度-平成21年度私立大学学術研究高度化推進事業(ハイテク・リサーチ・センター整備事業)研究成果報告書, 265, 288,   2010年05月
  • 細胞外基質成分の生理作用と細胞・組織工学への応用, 宗像 浩、斉藤 昭夫、吉田 浩二、早川 清雄、佐藤 真弓, 近畿大学大学院医学研究科研究プロジェクト「細胞・組織工学を駆使した先端治療学の研究・開発」平成14年度-平成18年度私立大学学術研究高度化推進事業(ハイテク・リサーチ・センター整備事業)研究成果報告書, 493, 554,   2007年04月
  • Basic approaches to the protective effect of decorin on pulmonary fibrosis, 宗像 浩, 斉藤 昭夫, 吉田 浩二, 仲谷 達也, 海老名 雅仁 鳴海 晃 佐藤 研, 厚生省科学研究補助金・特定疾患対策事業平成11年度研究報告書, 39, 43,   2002年
  • アグリカナーゼの内因性インヒビターによる慢性関節リウマチ治療のための基礎的研究, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 仲谷 達也, 福田 寛二, 平成13年度~平成15年度科学研究補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書,   2004年01月
    概要:アグリカンを分解する主要な酵素であるaggrecanase-1(ag-1)の内因性インヒビターの探索を目的として、ag-1のcatalytic domainをbaitとして酵母two-hybrid法をおこなったところ、ag-1がα1-antitrypsin(AT)やα1-antichymotrypsin(ACT)と相互作用することがわかった。ATやACTはセリンプロテアーゼインヒビターであり、これらはag-1のような金属プロテアーゼとは反応しないという従来の概念に反する興味深い知見が得られた。
  • 結合組織成長因子(CTGF)の制御による臓器線維症治療のための基礎的研究, 吉田 浩二, 平成16年度~18年度科学研究補助金(基盤研究(C))研究成果報告書,   2007年02月
    概要:酵母two-hybrid法を用いてCTGFと結合するタンパク質を探索した。preyタンパク質のひとつとしてフィブロネクチン(FN)が同定された。両者の結合に関与する領域はCTGFのC-terminal domainとFNのtype I repeat moduleであった。両者の結合は表面プラズモン法、ELISA法でも確認された。また、CTGF存在下ではFNのfibrinへの結合は促進された。
  • 臓器線維化における細胞骨格タンパク質の役割解明とその応用, 吉田 浩二, 2008~2010年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書,   2011年03月
    概要:transgelinをノックダウンした筋線維芽細胞は活性化が抑制された。また、TGF-βでヒト肺線維芽細胞を刺激したとき、インテグリンα11(ITGA11)の発現が著明に亢進した。calcium and integrin binding protein 1 (CIB1)はITGA11の細胞内ドメインと結合した。TGF-β処理した肺線維芽細胞およびブレオマイシンにより肺線維症を起こしたマウスの肺組織においてCIB1の発現が増加する傾向が見られたことから、CIB1が線維化に関与している可能性が示唆された。
  • デコリンの肺線維化抑制機能の基礎的研究, 海老名 雅仁, 宗像 浩, 仲谷 達也, 吉田 浩二, 斉藤 昭夫, 鳴海 晃, 佐藤 研, 臓器線維症における線維化抑制物質の誘発を活用した治療法開発に関する研究班 平成11年度研究報告書, 39, 43,   2000年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902103336535900

受賞

  •   2008年, 近畿大学医学会賞
  •   2006年, 近畿大学医学会賞
  •   2003年, 近畿大学医学会賞
  •   2002年, 近畿大学医学会賞
  •   2000年, 近畿大学医学会賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 眼創傷治癒におけるTGF‐βとインテグリンの相互作用の役割解明とその応用, 吉田 浩二, 角膜線維芽細胞(keratocyte)はTGF-β刺激を受けると、活性化し、筋線維芽細胞様の形態を示すようになった。また、TGF-β処理によりkeratocyteのインテグリンα11(ITGA11)、α-SMA、fibronectinの発現は亢進した。ITGA11およびcalcium- and integrin-binding protein 1(CIB1)を高発現させた細胞はTGF-βに対する感受性が亢進した。また、緑茶成分epigallocatechin-3-gallate (EGCG)はTGF-βtype IIレセプターに結合し、TGF-βの作用を阻害することが判明した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 臓器線維化における細胞骨格タンパク質の役割解明とその応用, 吉田 浩二, transgelinをノックダウンした筋線維芽細胞は活性化が抑制された。また、TGF-βでヒト肺線維芽細胞を刺激したとき、インテグリンα11(ITGA11)の発現が著明に亢進した。calcium and integrin binding protein 1 (CIB1)はITGA11の細胞内ドメインと結合した。TGF-β処理した肺線維芽細胞およびブレオマイシンにより肺線維症を起こしたマウスの肺組織においてCIB1の発現が増加する傾向が見られたことから、CIB1が線維化に関与している可能性が示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 活性化、不活性化筋線維芽細胞のプロテオーム解析, 宗像 浩, 活性化に関して、我々は以前にWestern Blot法によりTGF-β刺激によってintegrin αv、β1、β3が増加することを明らかにしている。そしてfibronectin、FAKなどの増加も確認している。今回はさらにDIGE法によるプロテオミクス解析を行い、以下の結果を得た。TGF-β刺激により、発現が増加するタンパク質として種々のアクチン結合性タンパク質やシャペロンタンパク質等を同定した。さらに、何種類かのタンパク質の発現増加は、RT-PCR、Western Blot法で確認した。プロテオミクス解析の結果とそれらの結果はTGF-β刺激による細胞の接着やアクチン線維の形成、細胞の形態変化の活性化と一致する。すなわち、細胞外基質からの情報がインテグリンを介して、細胞骨格の再構成、情報伝達系の変化を促すという図式が想定される。不活性化に関して、A549細胞の培養上清で不活性化させたMRC-5細胞より継時的にmRNAを得、low density arrayのキナーゼパネルを用い発現解析を行った。何種類かの遺伝子の発現減少、発現増加が見られたが、他の細胞で突起形成にかかわるタンパク質の発現変化が見られたことは興味深い。(不活性化により細胞形態は星状に変化する)また、不活性化にいたるシグナルにはcAMPが関与するのでフォルスコリン処理MRC-5細胞について二次元電気泳動によるプロテオーム解析を行った。大きく変化したタンパク質はF actin capping protein subunit α-1と同定された
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 結合組織成長因子(CTGF)の制御による臓器線維症治療のための基礎的研究, 吉田 浩二, 臓器線維症の治療を目標として、酵母two-hybrid法を用いてconnective tissue growth factor(CTGF)と結合するタンパク質を探索した。ヒト肺線維芽細胞由来cDNAライブラリーをスクリーニングし、preyタンパク質としてfibronectin(FN)が同定された。複数のFN遺伝子が同定されたが、いずれもFNタンパク質のC末端側に存在するtype I repeat(F1)領域に相当する部分であった。さらにCTGFはFNのN末端側に存在するF1領域とも結合したが、F1配列を含まないその他の領域とは結合しなかった。このことから、FNのF1領域はCTGFと結合するモチーフをもつことが示唆された。CTGFは4つのドメインから構成されているので、各ドメインごとにFNとの結合を検討したところ、C-terminal(CT)domainのみが単独でもFNと結合し、このドメインがFNとの結合に重要であることが推定された。baitとpreyを入れ替えて行ったtwo-hybrid実験でもF1領域とCT domainとの結合が確認された。さらに、表面プラズモン法、ELISA法などの実験結果もCTGFとFNが結合することを示した。なお、本実験で用いたrecombinant CTGFが生理的活性を保持していることも、培ヒト肺線維芽細胞を用いた実験で確認した。FNのF1領域はfibrinと結合することが報告されているので、CTGFがFNとfibrinの結合に及ぼす影響についてELISA法を用いて検討した。その結果、CTGFは濃度依存的にFNのfibrinへの結合量を増加させた。このことからCTGFが組織修復や線維化を促進する機序のひとつとして、FNとfibrinの結合増強作用が考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アグリカナーゼの内因性インヒビターによる慢性関節リウマチ治療のための基礎的研究, 吉田 浩二, 我が国での患者数が約80万人と推定される関節リウマチ(RA)は原因不明の全身性自己免疫性疾患であり、その主病変は滑膜炎に始まる多関節炎である。関節軟骨は細胞成分である軟骨細胞と細胞外基質から成り立っている。軟骨基質の破壊が軟骨細胞の傷害につながり、軟骨組織の崩壊喪失へと進む。軟骨組織の破壊には多数の分解系酵素が関与していることが報告されている。関節軟骨の基質の主たる構成成分はタイプIIコラーゲンとプロテオグリカン(その90%がアグリカン)である。アグリカンの分解に関わる酵素として従来からよく研究されてきたのはマトリックスメタロプロテアーゼであった。しかし、最近では変形性関節症やRAに関連した軟骨変性(アグリカンの分解)に関与する主要な酵素はaggrecanase-1(agg-1)であることが明らかになりつつある。そこで、本研究ではRAなどの軟骨変性に関与するagg-1の内因性インヒビターを同定し、それを生体内で発現させ、軟骨変性を制御するということを最終的な目的とした。agg-1のcatalytic domainをbaitとして酵母two-hybrid法を行ったところ、agg-1がα1-antitrypsin(AT)やα1-antichymotrypsin(ACT)と相互作用した。ATやACTはセリンプロテアーゼインヒビターであり、これらはagg-1のような金属プロテアーゼとは反応しないという従来の概念に反する興味深い知見が得られた。また、本研究遂行中に、細胞外基質を構成するプロテオグリ,カンの一種であるデコリンのロイシンリッチリピート領域が細胞骨格タンパク質であるfilamin-Aと結合すること、ウシ軟骨細胞に牽引負荷を与えると軟骨細胞表面に存在するヒアルロン酸の低分子化が起こることなどを明らかにした。今後、in vivoにおいてagg-1の酵素活性をATやACTが阻害するかどうか、阻害するならば、その活性中心ドメインの同定や活性に糖鎖が及ぼす影響などが検討課題になると考えられる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ヘムによる転写後調節の分子機構, 宗像 浩, 5-アミノレブリン酸合成酵素(ALAS)はヘム生合成経路の最初の反応を触媒するミトコンドリア(Mt)酵素で,非特異型(ALAS-N)と赤血球型(ALAS-E)の2種のイソ酵素が存在する.ALAS-NのMt移行については,ヘムによるフィードバック調節が知られており,これにはCys-Proを含む配列(ヘム調節モチーフ,HRM)が関与している.また,このヘム調節には,N末端側の3つのHRM(N末側よりHRM1,HRM2,HRM3とする)のうち,特にHRM1とHRM3の存在が重要である.一方,ALAS-E発現培養細胞でのヘム添加実験では,ALAS-EにもHRMが存在するにもかかわらず,明白なMt移行阻害が見られない.このように両イソ酵素におけるMt移行についてのヘムによる調節のされ方は異なっており,この違いの分子レベルでの理解を深めるため,以下の検討を行った.ALAS-EとALAS-Nの一次構造の差は主としてN末側のHRMを含む領域にあり,前者ではHRM2とHRM3(従ってHRM1とHRM3)の間隅が前者より約40アミノ酸残基短い.そこで,このような領域を改変したラットALAS変異体を各種,また,N末プレ配列がALASE,C末成熟酵素部分がALASNからな留融合タンパク質を作成し,QT6細胞を用いた一過性発現系でヘムの影響を解析した.その結果,ALAS-NのHRM2とHRM3の間のアミノ酸配列の一部39残基を欠失させた変異体では,ALAS-Nで認められたヘム添加によるMt移行阻害が消失した.しかし,ALAS-Nの上記39残基をALAS-Eの対応する部位(HRM2とHRM3の間)に挿入しても,ALAS-Nにおけるようなヘム添加の影響は観察されなかった.一方,スクシニルアセトン(SA)添加によりヘム合成を阻害した細胞では,ALAS-N,ALAS-E上記の変異体のいずれについてもMt移行の増加が見られた.また,SA存在下においても,ALAS-Eには明白なヘム添加効果は見られなかった.また融合タンパク質ではヘム添加効果が観察された. [結論]HRMのヘムに対する感受性は,各イソ酵素の生理的役割を反映して,ALAS-Nの方が著しく高い.ヘム調節には,二つのHRMの存在とともに,HRMを含むN末領域の高次構造も重要であることが示唆された.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 解剖学, 近畿大学生物理工学部
  • 生化学, 近畿大学医学部, 近畿大学生物理工学部, 近畿大学附属看護専門学校,堺看護専門学校
  • 臨床検査, 関西女子短期大学, 堺看護専門学校
  • 生命倫理, 近畿大学生物理工学部
  • 病理学, 近畿大学生物理工学部
  • 生理学, 近畿大学生物理工学部