KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山口 健太郎ヤマグチ ケンタロウ

プロフィール

所属部署名建築学部 建築学科  / 総合理工学研究科
職名教授
学位博士(工学)
専門居住福祉計画、建築計画
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1142-yamaguchi-kentarou.html
ホームページURLhttp://www.yamaguchi-lab.org/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    高齢者施設や高齢者向け住宅の研究を行っています。特に要介護高齢者向けの施設について、政策との関係性を踏まえながらハード・ソフトの両面から研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2002年, 京都大学, 工学研究科, 地球環境工学専攻
  •  - 2000年, 広島大学, 工学部, 第四類(建設系)

経歴

  •   2011年, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 都市計画・建築計画
  • 建築学, 都市計画・建築計画

研究キーワード

  • 高齢者向け住宅, サービス圏域, 要介護高齢者, ケアハウス, 行動観察調査, 高齢者住宅, 地域密着型サービス, 小規模多機能型居宅介護

論文

  • 施設利用特性から見た高齢者施設のエンド・オブ・ライフケアに関する研究, 朴宣河, 山口 健太郎, 大原一興, 日本建築学会計画系論文集, 630, 1675, 1682,   2008年08月
    概要:本研究では個室ユニット型の高齢者介護施設におけるエンドオブライフケア(ターミナルケア)の実態を捉え、ターミナル期における個室および共同生活室の役割について明らかにした。

MISC

  • 地域交流拠点の時系列変化と活性化要因に関する研究―市内全域に地域交流拠点が面的に整備された福岡県大牟田市を事例として―, 山口健太郎, 井上由起子, 本間里見, CHEN Chen, 日本建築学会計画系論文集, 723, 1089, 1099,   2016年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602206308351274
  • 図面分析から見たサービス付き高齢者向け住宅の平面構成に関する研究, 永浜正貴, 絹川麻理, 山口健太郎, 志垣智子, 日本建築学会計画系論文集, 720, 271, 279,   2016年02月28日, 10.3130/aija.81.271, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602216109369209
  • 図面分析から見たサービス付き高齢者向け住宅の平面構成に関する研究, 永浜 正貴, 絹川 麻理, 山口 健太郎, 志垣 智子, 日本建築学会計画系論文集, 81, 720, 271, 279,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005128247
    概要: This study performed analyses of floor plans using 490 floor plans of Elderly Housing with Supportive Services (hereinafter, Sakojyu), obtained by a complete enumeration survey on all Sakojyu as of Dec. 31st, 2012 to see the current physical settings. The key results are as follows: 1) The area of dwelling units were focused on 18.0‐19.0 m2 adopting the relaxed criterion. The unit plans of 18‐19 m2 were focused in 1R type, and facilities set were limitied, 2) Comparison between areas of dwelling unit and common space led four groups: small unit & small common, small unit & large common, large unit only, and large unit & common. The small unit & small common group occupied 27.8% of the the 490 Sakyojyu , and had machinery baths in 21.0% of the group, kitchens were set in less than 70%. The results shows some of current Sakojyu is similar to the spatial composition of nursing homes based on lump treatment before the introduction of Unit Care.
  • 地域交流拠点の時系列変化と活性化要因に関する研究:-市内全域に地域交流拠点が面的に整備された福岡県大牟田市を事例として-, 山口 健太郎, 井上 由起子, 本間 里見, 陳 晨, 日本建築学会計画系論文集, 81, 723, 1089, 1099,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005153347
    概要: 1. Introduction In the field of care insurance, Continue Living is required in regions that have long existed on an ideal of a community-based integrated care system. To support Continue Living for the elderly, we need a system that not only provides medicine and care but also prevention, health, life support and that can use systems integrally and appropriately in areas of daily living. Out of these, (1) cooperation in provision of medicine and care and (2) prevention, health, life support, and various preparations of counseling services are important problems of the future. Especially, the latter services concerning prevention and health, and life support, are required to develop in each region. However, this service has been established in the insurance system. Omuta city started the Community Center Project in 2006, and this project has worked on the prevention of a long-term care state and health class in the core of community centers. It is located throughout the city: the number of community centers was 36 and 40 facilities in 2010 and 2014, respectively. This study aims to clarify the time series change of facility management and the factors that activate it. The investigation period was between 2010 and 2014, five and nine years since the project started. 2. Research Method The objects of this study were all the community centers opened in Omuta city as of April 2014. The methods used included a questionnaire, interview, and location survey. The questionnaire comprised facility management and actual performance for each facility. The recovery rate of the questionnaires was 100% in 2010 and 92.5% (actual performance rate was 87.5%) in 2014. Interviews were conducted on 10 facilities. The locational survey rate was 40/40 and the analyses of floor plans were 39/40. 3. Discussion 1) The facility of "Opening at amount of time hours" in 2010 and 2014 was more than 80%. The facility operated from six to nine hours. The percentage for opening hours was about 60%. 2) A steering group in action decreased proprietary activities by corporations and increased group activities by citizens. 3) In 2014, the average monthly number of openings per facility was 20 counts; the average monthly number of participants per facility was 163 people. A comparison of 2010 and 2014 show a significant difference of 1% for both indexes. 4) In the case study, community centers served the function of providing consultation services from social welfare workers and residents, finding problems, and noticing changes of local residents. It also acted as an intermediary to specialized agencies and coordinated with various organizations. 5) Factors influencing the revitalization of community centers from statistical investigation were as follows: (a) Having staff on duty at all times in the community center, and always being open in the daytime; (b) Conducting original activities for children and commissioned projects from local governments; (c) Advertising facilities in the area to create public relations papers; (d) Developing a relationship between human resources, such as regarding volunteer; and (e) Participating in neighborhood community associations and community activities.
  • 高齢者向け住宅への住み替えにおける物品の希望持参量に関する研究, 山田 雅之, 山口 健太郎, 髙田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 80, 709, 475, 483,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005062883
    概要:The purpose of this study was to clarify the quantity of personal belongings that soon-to-be residents of serviced housing for the elderly wished to bring with them. The following points were clarified. (1) On average, they wished to bring 1.8 platters, 3.9 small plates, 1.5 bowls, 3.6 small bowls and 3.2 rice bowls. Concerning cookware, they expressed a desire to bring one of every type of item that they owned. In the case of electrical appliances used for cooking, they wished to bring all the items that they possessed to the new dwelling. (2) They expressed a preference for a table for two people, together with chairs, for situations when they received visitors. (3) They wished to bring the bed that they currently possessed. They did not intend to bring a sofa, but instead a low table and a "kotatsu" with cushions. (4) For each type of clothing item, they intended to reduce the number sharply when moving into their new dwelling. Instead of bringing a large chest of drawers, they wished to bring an average of 2.7 storage cases. (5) They intended to choose a small number from the many books, photograph albums and accessories that were in their existing dwelling.
  • 高齢者向け住宅への入居経緯と入居前後における生活の変化に関する研究, 山田 雅之, 山口 健太郎, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 79, 695, 11, 20,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004512788
    概要:This paper aimed to clarify the process of moving into rental housing for the elderly and the effect of living environment after relocation. To make clear these point, the interviews was repeated several times, from 2008 to 2009, in two rental housing for the elderly.
    Consequently it was shown that
    1. Many of the motivation for moving was a vague sense of unease felt in old age. And changes in circumstances to feel anxiety were diverse and complex.
    2. Many elderly people moved to the housing without obtaining the property information by themselves.
    3. The degree of involvement of the elderly for moving was divided into three from the relationship with children.
    4. Circumstances leading to the housing was divided into eight types from the relation between psychological transition and active involvement of the elderly on the move.
    5. The elderly who have moved aggressively were easy to maintain the living environment of the past. On the other hand, the elderly who have moved negatively did not get used to the new living environment.
  • 複合型福祉施設の利用実態と交流様態に関する研究, 奥田 欣也, 山口 健太郎, 日本建築学会計画系論文集, 79, 705, 2375, 2385,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004713728
    概要:The aims of this study are to clarify the actual condition of a complex of different businesses such as a spa facility, restaurants and shops as well as welfare service and to investigate the effect of the complex on social interactions. We tracked the behavor of users and staffs and, interviewed the service manager of the complex. It is shown that the S-facility is used by not only customers of welfare service but also various other users. Both direct and indirect social interactions are seen. The S-facility satisfies the requirements for an attractive place where many people gather.
  • 高齢者向け住宅の設計過程における実寸大家具模型を用いた生活シミュレーションワークショップの実践, 山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花, 日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design, 20, 45, 671, 676,   2014年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020131225
  • 高齢者向け住宅の建築計画過程における職員参加型ワークショップの実践, 山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花, 日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design, 20, 45, 647, 652,   2014年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020131133
  • 5002 公営住宅団地におけるコミュニティ活動の構築プロセスに関する研究(建築計画), 小西 翔太, 山口 健太郎, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 54, 5, 8,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009857093
  • 高齢者向け住宅の設計過程における実寸大家具模型を用いた生活シミュレーションワークショップの実践, 山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花, 日本建築学会技術報告集, 20, 45, 671, 676,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004507387
    概要:This paper the reports results of workshop with full scale furniture models in the design process of the senior housing with services. Participants in the workshop were care staffs of residential facilities for the elderly. As a result, it were extracted the following: 1) This workshop considers various life styles and functions of the dwelling unit. 2) It is able to check the connection of the room, such as the presence or absence of partition wall. 3) It is able to consider the size of domestic sanitary spaces when the resident needs the care.
  • 高齢者向け住宅の建築計画過程における職員参加型ワークショップの実践, 山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花, 日本建築学会技術報告集, 20, 45, 647, 652,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004507383
    概要:The aim of this paper is to extract of the life style of the senior housing with services using workshops by care staffs in the planning process. The methods are the following three types. It were three-choice multiple questions and KJ method, brainstorming technique. In any method, care staffs discussed from resident's point of view in workshops. As a result, it were extracted the following: 1) Resident's the age and household composition, long-term care need, life style based on local circumstances. 2) Life and care support to stay living in senior housing with services.
  • 5637 高齢期の住み替えを想定した際のモノ・家具の持参量 : 高齢者向け住宅の住戸に関する研究(その1)(高齢者住宅,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 山田 雅之, 山口 健太郎, 高田 光雄, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1297, 1298,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679432
  • 東日本大震災における高齢者施設の被災と事業継続の実態に関する研究, 山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子, 日本建築学会計画系論文集, 78, 690, 1733, 1742,   2013年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019719189
  • 5635 共用空間における入居者の行為についての考察 : サービス付き高齢者向け住宅の共用空間に関する研究 その2(高齢者住宅,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 金子 哲也, 山田 雅之, 西下 勇己, 永浜 正貴, 山口 健太郎, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1293, 1294,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679430
  • 東日本大震災における高齢者施設の被災と事業継続の実態に関する研究, 山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子, 三浦 研, 日本建築学会計画系論文集, 78, 690, 1733, 1742,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004512744
    概要:The aim of this study is to clarify the damages and the Business Continuity caused by The Great East Japan Earthquake about facilities for the elderly through visiting and interview survey. The results are as follows; 1) Residents in community-based facilities evacuated from tsunami were using cars. Those in large-scale facilities evacuated to the upper floors using the staircases being carried by care staff. 2) Residents in facilities, their rooms' windows or sprinklers were broken caused by the earthquake, were forced to evacuate to another floors or buildings. 3) Even in the facilities with no or less damaged, the care system had to be changed and the residents were forced to move to another room in the same facilities for a certain period of time. This was caused for providing accommodation for refugees in the area, lifeline cutoff and staff shortages.
  • 5634 共用空間の滞在頻度と姿勢についての考察 : サービス付き高齢者向け住宅の共用空間に関する研究 その1(高齢者住宅,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 永浜 正貴, 山田 雅之, 西下 勇己, 金子 哲也, 山口 健太郎, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1291, 1292,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679429
  • 5633 高齢者向け住宅の間取りに関する検討 : 職員参加型ワークショップの有効性に関する研究 その2(高齢者住宅,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花, 奥田 欣也, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1289, 1290,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679428
  • 5632 高齢者向け住宅の設計条件の抽出に関する考察 : 職員参加型ワークショップの有効性に関する研究 その1(高齢者住宅,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 奥田 欣也, 出島 利一, 山口 健太郎, 塩山 智花, 学術講演梗概集, 2013, 0, 1287, 1288,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679427
  • 高齢者向け住宅における生活支援サービスの実態把握, 山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 77, 677, 1545, 1552,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004512515
    概要:In this case study, we aimed to revealed the reality of life support services quantitatively in the rental housing for the elderly. Conclusions were as follows :
    1. Agency, description of how to use appliance, consultation was required in order of life support services.
    2. The elderly requiring care needed about 1.7 times as many services as the self-supported elderly.
    3. In view of the time series of the day, emergency response was required regardless of buisiness hours. Therefore, it is important to place the resident staff. And, in view of time series of months of residence, it had been confirmed that is cost nearly 5 months in response to the service demand from them.
    4. According to the questionnaire survey, in service in the residence, many elderly wanted the service with a dangerous behavior such as changing light bulbs. And, in the service outside the housing, they wanted the service to help out, such as courtesy van.
  • 5205 小規模多機能型居宅介護における住まいの要素に関する研究(小規模高齢者施設,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 奥田 欣也, 山口 健太郎, 学術講演梗概集, 2012, 0, 451, 452,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009651159
  • 5043 小規模多機能型居宅介護における住まいの要素に関する研究(建築計画), 奥田 欣也, 山口 健太郎, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 52, 169, 172,   2012年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009571985
  • 5081 小規模多機能型居宅介護のサービス利用実態に関する研究(高齢者の地域生活,建築計画I), 奥田 欣也, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011, 195, 196,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009521601
  • 公営住宅団地における多職種連携型のコミュニティ活動の運営実態と参加意識に関する研究 (公益社団法人都市住宅学会 : 第23回学術講演会) -- (研究発表梗概集), 小西 翔太, 山口 健太郎, 三浦 研, 都市住宅学 = Urban housing sciences, 91, 139, 144,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020642798
  • 5088 大牟田市地域交流施設の運営特性と建築特性に関する考察 : 地域包括ケアを支える地域交流施設に関する研究 その1(高齢者の地域ケア施設,建築計画I), 山口 健太郎, 井上 由起子, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011, 209, 210,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009521608
  • 5089 大牟田市地域交流施設の活動評価と地域指標・運営指標に関する考察 : 地域包括ケアを支える地域交流施設に関する研究 その2(高齢者の地域ケア施設,建築計画I), 井上 由起子, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2011, 211, 212,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009521609
  • 5684 業務記録閲覧調査による管理業務の量的実態把握 : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その5)(高齢者の集合住宅,建築計画II), 山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2011, 319, 320,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009522204
  • 5009 高齢者施設の被災実態に関するヒアリング調査の結果報告 : 東日本大震災における高齢者介護施設の被災実態に関する調査研究 その2(選抜梗概,高齢者施設の被害,オーガナイズドセッション,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子, 三浦 研, 学術講演梗概集, 2012, 0, 33, 36,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009650963
  • 小規模多機能型居宅介護併設型の高齢者住宅における入居者の生活様態とケア内容の把握に関する研究(第17回大会ワークショップ・発表論文要旨), 山口 健太郎, MERA Journal=人間・環境学会誌, 13, 2,   2010年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009665807
  • 高齢者向け住宅における生活支援サービスの実態把握, 山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 日本建築学会計画系論文集, 77, 677, 1545, 1552,   2012年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019378054
  • 平面分析からみた建築的特徴に関する考察--小規模多機能サービス拠点の建築計画に関する研究(2), 山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研, 日本建築学会計画系論文集, 75, 656, 2307, 2314,   2010年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017301381
  • 5685 入居者アンケート調査による管理業務に対するニーズ把握 : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その6)(高齢者の集合住宅,建築計画II), 沖村 卓哉, 山田 雅之, 山口 健太郎, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2011, 321, 322,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009522205
  • 5010 被災高齢者施設における避難者の受け入れと支援に関する調査 : 東日本大震災における高齢者介護施設の被災実態に関する調査研究 その3(選抜梗概,高齢者施設の被害,オーガナイズドセッション,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子, 学術講演梗概集, 2012, 0, 37, 40,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009650964
  • サテライト型特別養護老人ホームの運営実態と入居者への効果に関する研究, 山口 健太郎, 井上 由起子, 日本建築学会計画系論文集, 75, 649, 559, 568,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016989878
  • 5024 ものの配置状況から見た行為と空間の関係性に関する研究 : 個室ユニット型特別養護老人ホームを対象として(高齢者施設(1),建築計画I), 中島 正城, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2010, 93, 94,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008111708
  • サテライト型特別養護老人ホームの運営実態と入居者への効果に関する研究, 山口 健太郎, 井上 由起子, 日本建築学会計画系論文集, 75, 649, 559, 568,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004512122
    概要:This study aims to clarify the actual condition of facility management and the residents' life in satellite nursing home. The method of this study is questionnaire and interviews of staff and residents' family.The results are as follows:
    1) The number of units is decided by the system of care staffs during night. As a result, many satellite nursing homes adopt 2 units and a 24-hours' home service.
    2) Most of the residents moved into the satellite nursing home from the range of 5km.
    3) Family can easily visit the satellite nursing home often and stay a longer time in it. They can relax carrying chairs and sofas in the resident's room.
  • 5493 動作解析から見た完全開放型歩行器の歩行特性に関する研究(ユニバーサルデザイン・動作・操作,建築計画I), 田中 孝, 山口 健太郎, 三浦 研, 斎藤 芳徳, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2010, 1031, 1032,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008112177
  • 5294 歩行車を用いた高齢者の立ち座りスペースに関する研究(動作解析,建築計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 田中 孝, 山口 健太郎, 三浦 研, 齋藤 芳徳, 学術講演梗概集, 2012, 0, 629, 630,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009651248
  • 5496 介護施設における個別入浴介護を支える環境の検討(ユニバーサルデザイン・動作・操作,建築計画I), 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2010, 1037, 1038,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008112180
  • 5717 高齢者専用賃貸住宅における入居プロセス : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その3)(高齢者専用賃貸住宅,建築計画II), 山田 雅之, 武市 千歩, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2010, 241, 242,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008112401
  • 5718 高齢者専用賃貸住宅の生活実態からみた課題把握 : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その4)(高齢者専用賃貸住宅,建築計画II), 武市 千歩, 山田 雅之, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2010, 243, 244,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008112402
  • 平面分析からみた建築的特徴に関する考察:小規模多機能サービス拠点の建築計画に関する研究(2), 山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研, 日本建築学会計画系論文集, 75, 656, 2307, 2314,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004895310
    概要:The aim of this study is to clarify the architectural features of community base small multi care facilities from layout plan view analysis. Investigation performed the questionnaire including the request of the institution plan view for 908 facilities. The collection rate was 27.4 percent. The results are following.
    (1) The rate of "all private rooms" was 39.8 %.
    (2) As for living and dining area, 3 to 4 sq m per person occupied many.
    (3) The width of a corridor, area of bathrooms or lavatories in the practical use of existing house were narrower than an ideal value.
  • 全国悉皆アンケート調査からみた建築的特徴に関する分析 : 小規模多機能サービス拠点の建築計画に関する研究(1), 石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎, 日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering, 635, 17, 24,   2009年01月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030845010
  • 全国悉皆アンケート調査からみた建築的特徴に関する分析 : 小規模多機能サービス拠点の建築計画に関する研究(1), 石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎, 日本建築学会計画系論文集, 74, 635, 17, 24,   2009年01月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007028958
    概要:The aims of this paper is acquiring planned knowledge through present and actual condition grasp of "community base small multi care facilities" which is a place to support the aged people requiring care of being home that was newly appeared by the public-nursing-care-insurance revision in April, 2006. Investigation is based on the actual condition grasp investigation by the questionnaire in a nationwide scale. The management of institutions and the actual condition of a construction outline which have been just institutionalized became clear. Since there are many examples using especially the existing building, it is necessary to grasp from now on in nearby details, such as the method of practical use of the existing building, and a subject in that case. Moreover, since the state of the space composition of "visiting" and "night staying" portion, the kind of compound function, etc. are also the points which lead to the state of the plan of the facilities directly, analysis is advanced and pursuit of a planned subject and pursuit of planned knowledge are needed.
  • 事業展望 小規模多機能型居宅介護サービスの役割と事業構造からみた併設施設のあり方 (特集 「小規模多機能」再発見!--高齢者にやさしい複合住宅開発の試み), 山口 健太郎, シニアビジネスマーケット, 64, 32, 35,   2009年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016795030
  • 5022 高齢者専用賃貸住宅における管理業務の実態把握と入居者評価に関する研究(建築計画), 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 51, 85, 88,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008901360
  • 5734 高齢者専用賃貸住宅における入居者の属性及び生活内容の実態把握 : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その1)(高齢者居住,建築計画II), 武市 千歩, 山口 健太郎, 山田 雅之, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2009, 225, 226,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981456
  • 多様化する小規模多機能型居宅介護--増加する住まいとの併設 (高齢者・障害者の暮らしと住まい(53)), 山口 健太郎, 住宅会議, 76, 22, 24,   2009年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016747825
  • 5735 高齢者専用賃貸住宅への入居プロセスが入居後の生活に及ぼす影響 : 自立高齢者を対象とした高齢者専用賃貸住宅に関する研究(その2)(高齢者居住,建築計画II), 山田 雅之, 山口 健太郎, 武市 千歩, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2009, 227, 228,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981457
  • 増える住まい併設型 現状は4つの類型「生活の質」「経営」を両立--住み慣れた地域で最期まで (特集 地域でカタチはいろいろ--多様化する小規模多機能), 山口 健太郎, 月刊ケアマネジメント, 20, 5, 22, 25,   2009年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016671358
  • 5094 平面分析による所要室の面積および寸法に関する考察 : 小規模多機能サービス拠点の計画に関する研究(その3)(小規模多機能,建築計画I), 山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2009, 211, 212,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007988107
  • ワークショップ 住宅と福祉の連携と居住安定 ([都市住宅学会]第18回学術講演会報告), 所 道彦, 佐藤 由美, 山口 健太郎, 都市住宅学, 72, 79, 85,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018709704
  • 地域包括ケア」で成功するために事業者に求められる考え方--地域と高齢者をつなぐ「5つのヒント」 (特集 2012年ダブル改定の核心 「地域包括ケア」事業化のヒント), 山口 健太郎, シニアビジネスマーケット, 75, 54, 57,   2010年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017397931
  • 重度要介護高齢者の姿勢および生活展開と睡眠-覚醒リズムの関係性について(2010年日本建築学会奨励賞), 山口 健太郎, 建築雑誌, 125, 1607,   2010年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007703257
  • 5250 前方への移乗が可能な高齢者向け歩行器の動作解析による評価(動作・歩行,建築計画I), 今井 香苗, 三浦 研, 山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 山下 久仁子, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2008, 525, 526,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007077596
  • 5720 高齢者専用賃貸住宅における管理業務の実態把握に関する研究(高齢者専用賃貸住宅,建築計画II), 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2010, 247, 248,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008112404
  • 5183 既存特別養護老人ホームの改修と施設運営に関する考察 : 特別養護老人ホームにおけるサテライト居住と本体改修に関する研究(その4)(特別養護老人ホームのユニット化,建築計画I), 井上 由起子, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2008, 391, 392,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078784
  • 5182 サテライト化およびユニット型が家族の訪問に与える影響 : 特別養護老人ホームにおけるサテライト居住と本体改修に関する研究(その3)(特別養護老人ホームのユニット化,建築計画I), 山口 健太郎, 井上 由起子, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2008, 389, 390,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078785
  • 5008 高齢者施設の建築特性と"くつ脱ぎ" : 民家改修型の小規模多機能ホームに着目して(選抜梗概,転用・改修等による公的施設の再編,オーガナイズドセッション,建築計画I), 上野 麻衣, 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2008, 29, 32,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078951
  • 5039 高齢者施設の建築特性と「はきもの」の使用 : 小規模多機能ホームを対象として(建築計画), 上野 麻衣, 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 48, 153, 156,   2008年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007053142
  • 510 個別処遇に向けた介護浴槽の適応について : 介護施設の小規模処遇における人権を尊重した入浴環境の検討その2(建築計画), 太田 明彦, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富, 日本建築学会中国支部研究報告集, 31, "510, 1"-"510-4",   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007111150
  • 5018 高齢者専用賃貸住宅における管理業務の実態把握に関する研究(建築計画), 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 50, 69, 72,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008901108
  • 5109 特別養護老人ホームにおける入居者の心身状況と利用浴槽の実態 : 高齢者施設における小規模処遇に向けた入浴環境に関する研究 その1(特別養護老人ホーム,建築計画I), 太田 明彦, 川本 悠人, 野上 直紀, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 217, 218,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647059
  • 5110 シャワーキャリーを利用した昇降式座位入浴介助における浴室空間に関する検討 : 高齢者施設における小規模処遇に向けた入浴環境に関する研究 その2(特別養護老人ホーム,建築計画I), 松本 正富, 川本 悠人, 太田 明彦, 野上 直紀, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 219, 220,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647060
  • 5111 特別養護老人ホームにおける浴室の分散化が入居者に対するケアに及ぼす効果に関する研究(特別養護老人ホーム,建築計画I), 森 勇樹, 三浦 研, 山口 健太郎, 斉藤 芳徳, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 221, 222,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647061
  • 5112 移動・移乗能力および空間構成からみた自立移動可能な支持具使用高齢者の移動特性に関する研究(特別養護老人ホーム,建築計画I), 山本 真由美, 山口 健太郎, 三浦 研, 齋藤 芳徳, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 223, 224,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647062
  • 5122 既存特別養護老人ホームの改修とサテライト居住に関する考察 : 特別養護老人ホームにおけるサテライト居住と本体改修に関する研究(その1)(特養・環境改善,建築計画I), 井上 由起子, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 243, 244,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647072
  • 5007 高齢者専用賃貸住宅における入居者の実態把握および入居プロセスに関する研究(建築計画), 武市 千歩, 山口 健太郎, 山田 雅之, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 49, 25, 28,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008014310
  • 5123 サテライト型特別養護老人ホームの空間構成と運営状況に関する考察 : 特別養護老人ホームにおけるサテライト居住と本体改修に関する研究(その2)(特養・環境改善,建築計画I), 山口 健太郎, 井上 由起子, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 245, 246,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647073
  • 5136 小規模多機能サービスのサービス利用実態と空間の使われ方 : 小規模多機能サービスのケアと空間の使われ方に関する研究(その1)(小規模多機能(3),建築計画I), 眞田 琴美, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 271, 272,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647086
  • 5137 民家転用型小規模多機能施設における利用者数の違いが姿勢及び関わりに及ぼす影響について : 小規模多機能サービスのケアと空間の使われ方に関する研究(その2)(小規模多機能(3),建築計画I), 今井 香苗, 眞田 琴美, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 273, 274,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647087
  • 重度要介護高齢者の姿勢および生活展開と睡眠-覚醒リズムの関係性について, 山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 608, 27, 34,   2006年10月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004809799
    概要:This study clarified relation of posture, behavioral patterns and sleep-wake rhythm of nursing home residents with deteriorated ADL. The methods utilized were a behavioral tracking survey, a questionnaire survey and observation by actigram.The results are as follows: 1) Changes of posture from lying, to sitting on a floor, and to sitting on a chair increased the ratio of awakening state accordingly. 2) When time of ambulation became below "about 150-210 minutes", Physical activity during day and night were reversed or Physical activity during night increased. 3) Sleep-wake rhythm is formed regularly by dispersing the time of ambulation for a certain duration in a day.
  • 5138 運営および建築概要に関する分析 : 小規模多機能サービス拠点の計画に関する研究(その1)(小規模多機能(3),建築計画I), 石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 275, 276,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647088
  • 優秀賞 : TERAKOYA真駒内(2008年度日本建築学会技術部門設計競技入選作品「公共建築の再構成と更新のための計画技術」), 森 傑, 横山 隆, 堀 雅弘, 原田 慎一, 大澤 一彦, 浅井 政弘, 菅野 克, 鈴木 淳, 内藤 純, 佐藤 正博, 清水 郁江, 木村 有里, 桐 圭佑, 小林 暁子, 坂井 友美, 野中 志帆, 松島 泰裕, 山口 健太郎, 建築雑誌, 123, 1582,   2008年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006990007
  • 5139 新築・改修別の実態把握 : 小規模多機能サービス拠点の計画に関する研究 その2(小規模多機能(3),建築計画I), 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏, 上野 麻衣, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2007, 277, 278,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006647089
  • 高齢者居住施設における認知症居住者の錯誤行動と環境 : 個室型特別養護老人ホームとグループホームの相違, 横山 ゆりか, 古賀 紀江, 三浦 研, 山口 健太郎, MERA Journal=人間・環境学会誌, 11, 2, 1, 10,   2008年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009665628
    概要:本論では、特別養護老人ホームとグループホームの2種類を取り上げ、両者における錯誤行動の違いを検証することによって、環境が認知症高齢者の行動におよぼす影響を考察する。施設の介護スタッフに日常見られる錯誤行動の事例を聞くフォーカスインタビュー調査を行い、その結果を8つのカテゴリーに分類した。分析の結果、8つのカテゴリーの錯誤行動には、2)建物内の探索・迷込のように特別養護老人ホームに多く見られる傾向のものと、逆に1)外出・出入、6)作業のようにグループホームに多く見られる傾向のあるものとがあることが示唆された。また、3)排泄・不潔行動、5)物品関連などは、有意に多い施設がみられるが、特別養護老人ホームとグループホームで傾向が分かれないカテゴリーと考えられる。カテゴリーごとに事例の特徴を検討し考察した結果、特別養護老人ホームとグループホームの間の物理的環境の差異が施設による報告の多寡の背景にある可能性がいくつか指摘された。
  • 住宅を転用した高齢者居住施設(<連載>今日の現場-18), 山口 健太郎, 建築雑誌, 122, 1563,   2007年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006314118
  • 個別入浴を想定したケアと空間が高齢者に与える影響 : 特別養護老人ホームにおける入浴に関する研究(その1), 山中 直, 山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄, 齊藤 芳徳, 日本建築学会計画系論文集, 599, 49, 56,   2006年01月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004836841
    概要:This study aims to clarify the effect of the introduction of the bathing corresponding to the individual care for the elderly. The results are as follows; 1) After reparing the bathrooms and dressinng rooms, the circulation was dispersed and the number of the elderlies in the same rooms reduced. On the other hand, the elderly's waiting time became long and the care worker's care patterns didn't improve. 2) Afterward by introducing the individual bathing care system, waiting time became short and the care appropriate to the eldely's situations was brought into practice.
  • 高齢者居住施設における身体活動数と睡眠-覚醒リズム調査(<特集>高齢者居住研究部会), 山口 健太郎, 三浦 研, 日本生理人類学会誌, 12, 2, 75, 82,   2007年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006317868
  • 特別養護老人ホームにおける調整機能付き車いすの導入が重度要介護高齢者の身体活動数および生活展開に与える影響, 山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 595, 49, 56,   2005年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004836713
    概要:This study clarified the effects generated by introduction of the innovated modular wheelchair on the activities and the behavioral patterns of the nursing home residents with deteriorated ADL. The methods utilized were a behavioral tracking survey, a questionnaire survey and observation by actigraph. The results were as follows: 1) Time of ambulation of the bedridden residents was promoted. 2) By increased time of ambulation time, the residents showed mode of counts of activities and increased number of activity counts. 3) Behavioral patterns of the residents also changed from "no ambulation per day type"to"one-time ambulation per day type".
  • 519 高齢者介護施設における入浴ケアの実態 : 介護施設の小規模処遇における人権を尊重した入浴環境の検討 その1(建築計画), 川本 悠人, 太田 明彦, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富, 日本建築学会中国支部研究報告集, 30, 549, 552,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007021508
  • 介護単位の小規模化が個別ケアに与える効果 : 既存特別養護老人ホームのユニット化に関する研究(その1), 山口 健太郎, 山田 雅之, 三浦 研, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 587, 33, 40,   2005年01月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004849487
    概要:This study clarifies the effects of downsizing of care units on individual care. To make it clear, the behavioral tracking surveys for staff and residents were carried out at an existing nursing home. The results are as follows: 1) The staff members go to other units less frequently, and stay longer at their own units. 2) The amount of physical care given to residents maintains, and that of communication increases. Staff members give care residents twice as long as before. 3) Staff members shared information at a meeting room where all of them attended, but now they do by communicating each other within their own units.
  • 5097 高齢者施設におけるエンド・オブ・ライフの実態 : 高齢者施設におけるエンド・オブ・ライフに関する研究(その1)(ユニットケアと生活, 建築計画I), 山口 健太郎, 小滝 一正, 大原 一興, 朴 宣河, 山田 あすか, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2006, 205, 206,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006328052
  • 5098 エンド・オブ・ライフの期間における空間の使い方に関する考察 : 高齢者施設におけるエンド・オブ・ライフに関する研究(その2)(ユニットケアと生活, 建築計画I), 朴 宣河, 小滝 一正, 大原 一興, 山口 健太郎, 山田 あすか, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2006, 207, 208,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006328053
  • 移動・移乗能力と痴呆度からみた車いす使用高齢者の生活展開 : 車いす使用高齢者の周辺環境のあり方に関する研究 その2, 大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 絹川 麻里, 三浦 研, 日本建築学会計画系論文集, 576, 9, 16,   2004年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004658453
    概要:The purpose of this study is to suggest environment for the wheelchair users in a nursing home. This study focuses on behavioral patterns of elderlies from viewpoints of moving ability, transfer ability and degree of dementia, and on care of staffs. The results are as follows. (1)For the elderlies who cannot transfer by themselves, it is necessary to improve care environment and develop the tools that support transfer ability. (2)For the elderly with severe dementia, it is necessary to make a living base smaller size.
  • 5157 重度要介護高齢者の姿勢が睡眠-覚醒リズムおよび身体活動数に及ぼす影響についての考察(高齢者介護施設における生活,建築計画I), 山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2005, 347, 348,   2005年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078487
  • 特別養護老人ホームにおける車いす使用者の車いす操作・車いす座位の向上と生活展開 : 車いす使用高齢者の周辺環境のあり方に関する研究 その1, 大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山脇 博紀, 山口 健太郎, 三浦 研, 外山 義, 日本建築学会計画系論文集, 569, 47, 54,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004658369
    概要:The purpose of this study is to clarify the effects of introducing adjustable wheelchairs in a nursing home.For this objective, a nursing home was surveyed by means of observations and interviews.The results are as follows. 1) The mobility of the elderly improved relatively by the use of adjustable wheelchairs. 2) The support of the seating posture became possible by the effect of the seating. The restraining straps of the wheelchair came off by the use of adjustable wheelchairs. 3) The elderlies whose behavioral patterns are improved by the use of adjustable wheelchairs are only few.lt is considered that the improvement of conciousness to the care staffs and of the surroundings which adjust the new type wheelchairs are necessary.
  • 5197 重度要介護高齢者の睡眠-覚醒リズムからみた離床の効果に関する事例考察(施設内行動・動作,建築計画I), 山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004, 393, 394,   2004年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078032
  • 5166 個別介助システムの導入が高齢者と介護職員に及ぼす影響 : 高齢者介護施設における個別入浴システムの導入に関する研究(その2)(施設のケア・プログラム,建築計画I), 山中 直, 山口 健太郎, 富田 啓介, 三浦 研, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004, 331, 332,   2004年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078057
  • 5165 個別浴場システムの導入が高齢者に及ぼす影響 : 高齢者介護施設における個別入浴システムの導入に関する研究(その1)(施設のケア・プログラム,建築計画I), 富田 啓介, 山中 直, 山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2004, 329, 330,   2004年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007078058
  • 高齢者居住施設と環境適応 : 高齢者が適応しやすい施設計画の取り組みを通して(<特集>高齢者居住研究部会特集), 山口 健太郎, 三浦 研, 日本生理人類学会誌, 8, 4, 183, 190,   2003年11月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002510461
  • 5245 特別養護老人ホームにおける高齢者の姿勢と空間および家具の関係性に関する研究(施設空間(1),建築計画I), 山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2003, 489, 490,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675450
  • 5246 高齢者居住施設における車いす仕様高齢者の生活環境のあり方に関する研究 : 移動・移乗能力と痴呆度からみた生活展開の比較を通して(施設空間(1),建築計画I), 大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2003, 491, 492,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675451
  • 5263 介護単位の小規模化がケアおよび入居者の生活展開に与える影響に関する研究 : 既存型特別養護老人ホームにおける事例研究を通して(ユニットケア(2),建築計画I), 山田 雅之, 山口 健太郎, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2003, 525, 526,   2003年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675468
  • 高齢者居住施設のユニット化に伴うワークショップの可能性に関する研究(第13回大会発表論文), 山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄, 山田 雅之, 山中 直, 富田 啓介, MERA Journal=人間・環境学会誌, 10, 2,   2007年05月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009665654
  • 個室型と多床室型特別養護老人ホームにおける居室内での入居者と家族の交流行為の比較(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 米山 剛史, 三浦 研, 山口 健太郎, 外山 義, 絹川 麻里, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2002, 333, 334,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004540593
  • 重度要介護高齢者の睡眠-覚醒リズムからみた個室ユニット化の有効性に関する研究(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集), 山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2002, 335, 336,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004540594
  • 重度要介護高齢者の睡眠-覚醒リズムと居住環境の関わりについて : 個室ユニット型と多床室大規模型の比較から(高齢者居住研究部会特集), 山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 日本生理人類学会誌, 7, 2, 65, 72,   2002年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002510699
  • 5004 特別養護老人ホームにおける居室と共用空間のあり方が入居者と家族との日常的交流に及ぼす影響に関する研究 : 個室型と多床室型特別養護老人ホームの比較を通して, 米山 剛史, 山口 健太郎, 絹川 麻里, 三浦 研, 外山 義, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 42, 13, 16,   2002年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003880280
  • 5005 重度要介護高齢者の睡眠-覚醒リズムからみた個室ユニット化の有効性に関する研究, 山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 42, 17, 20,   2002年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003880281
  • 5711 痴呆性高齢者グループホームにおける入居者の空間利用の時系列的変化 : 痴呆性高齢者のケア環境のあり方に関する研究 その1(グループホーム・特養,建築計画II), 境野 健太郎, 鈴木 健二, 山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2001, 309, 310,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597286
  • 5712 痴呆性高齢者グループホームにおける入居者の生活の再編過程 : 痴呆性高齢者のケア環境のあり方に関する研究 その2(グループホーム・特養,建築計画II), 山口 健太郎, 鈴木 健二, 境野 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2001, 311, 312,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597287
  • 5713 痴呆性高齢者グループホームにおける入居者の生活とスタッフのケアの相互浸透 : 痴呆性高齢者のケア環境のあり方に関する研究 その3(グループホーム・特養,建築計画II), 鈴木 健二, 山口 健太郎, 境野 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育, 2001, 313, 314,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006597288
  • 5109 高齢者居住施設における囲炉裏の導入が入居者の生活展開へ与える影響に関する研究(その1) : 温度実測から考察する囲炉裏の有効性(生活展開とユニットケア,建築計画I), 山本 恭史, 山田 雅之, 三浦 研, 辻原 万規彦, 山口 健太郎, 外山 義, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2001, 217, 218,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006599831
  • 5110 高齢者居住施設における囲炉裏の導入が入居者の生活展開へ与える影響に関する研究(その2) : 入居者の行動観察から考察する囲炉裏の有効性(生活展開とユニットケア,建築計画I), 山田 雅之, 三浦 研, 辻原 万規彦, 山本 恭史, 山口 健太郎, 外山 義, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎, 2001, 219, 220,   2001年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006599832
  • 5044 痴呆性高齢者グループホームにおける入居者の生活とスタッフのケアの相互浸透 : 痴呆性高齢者のケア環境のあり方に関する研究 その2(建築計画), 鈴木 健二, 山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 173, 176,   2001年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007051580
  • 5043 痴呆性高齢者グループホームにおける入居者の生活の再編過程 : 痴呆性高齢者のケア環境のあり方に関する研究 その1(建築計画), 山口 健太郎, 鈴木 健二, 外山 義, 三浦 研, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 169, 172,   2001年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007051581
  • 5039 高齢者居住施設における囲炉裏の導入が入居者の生活展開へ与える影響に関する研究 : 温度実測と入居者の行動観察から考察する囲炉裏の有効性(建築計画), 山田 雅之, 三浦 研, 辻原 万規彦, 山本 恭史, 山口 健太郎, 外山 義, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系, 41, 153, 156,   2001年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007051585
  • 40431 屋外空間における被験者の心理・生理的反応に関する研究 : その1 実験概要及び心理的評価の分析, 山本 聡美, 村川 三郎, 西名 大作, 山口 健太郎, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 875, 876,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004150488
  • 40432 屋外空間における被験者の心理・生理的反応に関する研究 : その2 心理的評価と生理的反応の関連, 山口 健太郎, 村川 三郎, 西名 大作, 山本 聡美, 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境, 2000, 877, 878,   2000年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004150489
  • 421 屋外空間における被験者の生理・心理的反応 : その1.実験概要と心理的反応(環境工学), 村川 三郎, 西名 大作, 山本 聡美, 山口 健太郎, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 381, 384,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970531
  • 特別養護老人ホームにおける高齢者の姿勢変換に関する研究, 山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 山田 雅之, 三浦 研, 高田 光雄, 日本建築学会計画系論文集, 第582号, 582, 33, 40,   2004年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004659829
    概要:The purpose of this study is to clarify the circumstances in which the residents' postures are changed in a nursing home. The residents' behavior tracking survey and the interviews with the staff were performed for this study. The results are as follows. 1)As the body functional capacity declines, the ratio of staying in a common space decreases. Some with akathisia or with dysphagia were observed bedridden for the whole day. 2)As the body functional capacity declines, the variation and the number of the residents' postures decreases. 3)Among the postures observed of those who are unable to transfer or with akathisia and dysphagia. "sitting on a wheelchair" holds 100% of the data in the common spaces. And some were observed staying seated for quite a long time in one day
  • 422 屋外空間における被験者の生理・心理的反応 : その2.心理的反応と生理的反応の関連(環境工学), 村川 三郎, 西名 大作, 山本 聡美, 山口 健太郎, 日本建築学会中国支部研究報告集, 23, 385, 388,   2000年03月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006970532
  • 重度要介護高齢者の睡眠・覚醒 リズムと居住環境の関わりについて ―個室ユニット型と多床室大規模型の比較から―, 日本生理人類学会誌, Vol 7, NO.2, 2002年5月,   2002年
  • 高齢者居住施設と環境適応  -高齢者が適応しやすい施設計画への取り組みを通して-, 日本生理人類学会誌, Vol8,   2003年

受賞

  • 日本建築学会奨励賞 2010年

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 互助組織を加えた高齢者住宅における生活支援サービスのあり方に関する研究, 山口 健太郎, 高齢者向け住宅における互助活動を活性化していくためには、住民相互の関係性を醸成していく「出来事」や「場所」が必要となる。本年度は、高齢化が進み高齢者向け住宅と同じ問題を抱える公営住宅におけるコミュニティ活動の実態調査を実施した。本調査対象施設の特徴は、住民の自治機能だけに依存するのではなく、行政、地域包括支援センター、介護事業所といった地域機能が連携しコミュニティ活動を推進している点にある。具体的な活動は、月1回のサークル活動、独居高齢者に対する見守り活動、認知症に対する研修やまちづくりイベント等である。調査方法は、関係者に対するヒアリング調査や現地における記録調査であり、これらの活動を詳細に記録することを目的とする。その結果、1)コミュニティ活動の推進は、中立的な立場である行政からの働きかけと補助金等の資金援助が重要であり、これらの支援により初期活動が円滑に行われていた。2)地域包括支援センターや介護事業所は健康体操や各種のレクリエーション活動に対する経験が豊富であり継続的な会を維持していくことに大きな貢献を果たしていた。3)各種のボランティアサークルを招くことにより経済的に多様な活動を取り込むことができていた。4)見守り活動を行うことにより住民相互の関心と理解が深まっていた。5)高齢者の自治活動には継続的な外部からの支援が必要である。ということが明らかとなった。本研究の結果から住民によるコミュニティ活動は引きこもりの防止や、住民同士の理解にはつながっていたが、助け合い活動までは進展していなかった。会の継続についても外部からの支援による部分が多く、完全に自主的に運営してくことは困難であることが分かった。また、本研究ではこれらの活動を詳細に表現し、第三者にも理解しやすい資料の作成を行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 小規模多機能型居宅介護併設の高齢者向け住宅の実態把握と建築計画的留意点の抽出, 山口 健太郎, 本研究では、高齢者向け住宅併設型および、サービス圏域が小規模化された地域における小規模多機能型居宅介護の実態把握を行った。主な調査方法は、介護職員ヒアリング調査、介護記録閲覧調査、入居者行動観察調査である。その結果、高齢者向け住宅併設型では、(1)高齢者向け住宅への頻繁な夜間の訪問介護が可能となる。(2)退院後の在宅復帰が早まるということが明らかとなり、サービス圏域を小規模化した施設では個別の状況に対応した訪問介護が提供されていた。