KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

ラミレズ カルロスCarlos Ramirez

プロフィール

所属部署名国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名准教授
学位Master of Arts(カナダ)
専門国際関係、国際異文化
ジャンル国際情勢/国際社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1-ramiresu-karurosu.html
ホームページURL
メールアドレスcarloskindai[at]gmail.com
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    世界の経済と文化の一体化で国際社会が直面している問題を研究しています。特に国際関係と国際発展論などの理論、分析、現実の問題についてです。又、英語コミュニケ―ションも研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1991年09月 - 1994年06月, カナダ国立カールトン大学大学院 (M.A.), 国際関係学部, 国際発展・貿易学科
  • 1992年09月 - 1993年05月, 関西外国語大学, 交換留学 , アジアンスターディスプログラム (Diploma)
  • 1985年01月 - 1989年06月, カナダ国立ヨーク大学, 総合社会学部 (B.A.), 政治学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2010年04月,  - 2016年03月, 近畿大学(専任講師)
  •   1998年04月,  - 2010年03月, 近畿大学(非常勤講師)
  •   1994年10月, 大阪大学(非常勤講師)

研究活動情報

論文

  • Abe's Cul-de-Sac Foreign Policy: Between Entrapment and Abandonment, ラミレズ カルロス, The Diplomat,   2017年09月, 査読有り
  • Abe's Trump Challenge and Japan's Foreign Policy Choices, ラミレズ カルロス, The Diplomat,   2017年03月, 査読有り
  • A 'Can Do' framework-based curriculum in a university-level English language learning programme: Course goals, activities and assessment, ラミレズ カルロス, 下絵津子, 新田香織, Critical, Constructive Assessment of CEFR-informed Language Teaching in Japan and Beyond,   2017年02月, 査読有り
  • Interdependence, Institutions and Smart Power: Obama's Neoliberal Foreign Policy in a Neoliberal World, ラミレズ カルロス, 近畿大学総合社会学部紀要, 4, 1,   2015年09月
  • Obama's Neo-liberal Foreign Policy in a Neo-liberal World, ラミレズ カルロス, International Affairs Forum Online,   2015年08月
  • Balancing Validity, Practicality and Reliability on an University Oral English Test, ラミレズ カルロス, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 外国語編, 5, 1,   2014年07月
  • Re-examining Development Strategy: The Role of Agriculture in the Early Stages of Industrialization, ラミレズ カルロス, 近畿大学総合社会学部紀要第, 2, 1,   2012年07月
  • Some Initial Considerations of Unified Oral Testing in a Japanese University Context, ラミレズ カルロス, 近畿大学教養・外国語教育センター紀要 (外国語編), 2, 1,   2011年12月
    概要:A discussion of concepts and strategies of oral testing in theory and practise.

講演・口頭発表等

  • Review of a Can-Do-Framework-based Curriculum in a University-level English Language Learning Program, 全国語学教育学会 FLPSIG 名古屋,   2014年05月31日
  • Back to Basics: What and why are we testing?, 近畿大学総合社会学部 英語研究会,   2013年03月19日
  • Unified Oral Testing in a University Oral English Program, JACET 兵庫県西宮 ,   2010年11月27日, JACET
    概要:Current status of oral testing at the university level.