KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

辰己 勝タツミ マサル

プロフィール

所属部署名教職教育部
職名特任教授
学位文学修士
専門自然地理学、地形学、地理教育
ジャンル環境/環境と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/914-tatsumi-masaru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    平野の地形環境の変遷を中心に研究をしています。琵琶湖周辺、京都盆地、河内平野が主なフィールドで、平野の地形形成と低地での自然災害の危険性や防災対策にも取り組んでいます。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/07/10
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     土砂災害について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1976年, 立命館大学, 文学研究科, 地理学

経歴

  •   2009年04月,  - 現在, 近畿大学教職教育部(教授)
  •   2002年04月,  - 2009年03月, 近畿大学教職教育部助教授

研究活動情報

研究分野

  • 地理学, 地理学

研究キーワード

  • 地形学

論文

  • 大学での自然地理教育の実践―教職課程における自然地理学の授業と身近な地域の調査を中心として, 辰己 勝, 地理教育研究, 11,   2012年
  • 平野の微地形調査から地形環境の変遷を探る―野洲川下流平野を中心として, 辰己 勝, 月間地球, 33, 11,   2011年11月, 査読有り
  • 琵琶湖湖岸における地形環境の変遷について―その2、北湖の湖岸を中心として, 辰己 勝, 近畿大学教育論叢, 21, 1,   2009年10月
  • 琵琶湖湖岸における地形環境の変遷について―その1、南湖沿岸を中心として, 辰己 勝, 近畿大学教育論叢, 20, 1,   2008年09月
  • 社会科教育法における「地域調査」の実践について, 近畿大学教育論叢, 18, 2,   2007年
  • 大学での「地理学」受講生の現状と講義内容, 近畿大学教育論叢, 16, 2,   2005年
  • 琵琶湖湖岸平野の地形形成について―野洲川下流平野を事例として―, 自然と環境, Vol.5、9-17,   2003年
  • 河川環境のとらえ方―兵庫県市川を中心として(他1名と共著), 立命館地理学, 第14号、63-73,   2002年
  • オランダの国土と人々―低地の開発・防災と囲郭集落の建設・変容について, 古今書院、『歴史と建設のあいだ』浅香勝輔教授退官記念刊行会編、所収, 409-418,   2001年
  • 南山城の景観変遷に関する若干の考察―加茂盆地の地形とくに恭仁京の立地について―(他1名と共著), 岐阜地理, 43号、114-120,   1999年
  • 木津川下流平野の地形環境と水害, 京都地域研究, 11, 95-109,   1996年
  • 世界地誌授業の展開例, 立命館地理学, 第7号、61-68,   1995年
  • 遺跡分布調査における地理学の役割, 立命館地理学, 第6号、61-71,   1994年
  • 尾道市の地形と災害(他1名と共著), 立命館文学, 391-393(合併号)、87-108,   1977年

書籍等出版物

  • 地理教育研究の新展開, 辰己 勝, 分担執筆, 第21章 高等学校地理教員採用の現状と大学での授業実践, 古今書院,   2016年11月
  • 図説 世界の地誌 改訂版, 辰己 勝, 共著, 古今書院,   2016年03月
  • 図説 世界の自然環境, 辰己 勝, 単著, 古今書院,   2013年11月
  • 防災教育のすすめ―災害事例から学ぶ, 辰己 勝, 分担執筆, 液状化災害, 古今書院,   2013年11月
  • 図説 世界の地誌, 辰己 勝, 共著, 古今書院,   2012年05月
  • 琵琶湖―その自然と人間の関わり(英語本), 辰己 勝, 分担執筆,   2012年
  • 記録しておきたい滋賀県の地形・地質, 辰己 勝, 分担執筆, 滋賀県琵琶湖博物館,   2011年03月
  • 教師を育てる―大学教職課程の授業研究, 辰己 勝, 分担執筆, ナカニシヤ出版,   2010年06月
  • 近畿を知る旅―歴史と風景, 辰己 勝, 分担執筆,   2010年01月
  • シネマ世界めぐり, 辰己 勝, 分担執筆, ナカニシヤ出版,   2009年03月
  • 京都地図絵巻, 分担執筆, 古今書院,   2007年
  • 教員採用試験のための論作文―合格へのEメール講座―、近畿大学教職教育部編、、平成16年, 共著, 大阪教育図書,   2006年
  • 日本の地誌8 近畿圏(分担執筆), 朝倉書店,   2006年
  • 近畿Ⅰ 地図で読む百年 京都・滋賀・奈良・三重(共著), 古今書院,   2006年
  • 地形と人間(共著), 古今書院,   2005年
  • 地形環境と歴史環境―自然と人間の地理学-(分担執筆), 古今書院,   2004年
  • 世界の風土と人びと(共著), ナカニシヤ出版,   2000年
  • 地表空間の組織(分担執筆), 古今書院,   1981年

講演・口頭発表等

  • 琵琶湖湖岸の地形変遷, 辰己 勝, 日本地理学会,   2010年10月
  • 琵琶湖湖岸における最近20年間の地形環境の変遷, 辰己 勝, 日本地理学会,   2009年03月
  • 琵琶湖の湖岸地形と最近20年間における地形環境の変遷, 第5回湖岸生態系保全・修復研究会,   2008年
  • 教職「自然地理学」の授業内容について, 日本地理教育学会大会,   2007年
  • 教職課程における環境地理教育の実践―身近な地域の調査を中心として―, 日本地理学会2006年秋季学術大会,   2006年
  • 教職課程における地理学関係授業と学生の現状, 地域地理科学会,   2006年
  • 大学での地理学授業の現状と課題―教職教育・一般教育の場合, 人文地理学会大会(会場:九州大学)、,   2005年

作品

  • 湖岸環境変遷調査(土地条件)、平成19年度滋賀県琵琶湖環境科学研究センター委託研究,   2007年

MISC

  • 教職課程におけるアクティブ・ラーニングの実践, 辰己 勝, 地理 , 60, 12,   2015年12月
  • 液状化災害と低地の地形, 辰己 勝, 地理, 58, 3,   2013年03月
  • 琵琶湖湖岸の地形変遷, 辰己 勝, 地理, 56, 7,   2011年07月
  • 琵琶湖湖岸の改変―南湖を中心として, 辰己 勝, 地理, 56, 9,   2009年09月
  • メキシコ合衆国―大気汚染の緩和にむけて, 地理, 53, 1,   2008年
  • 高等学校で地理を履修したか?―大学での受講生のアンケートから」、月間「地理」50-7、平成17年7月。, 地理, 50, 7,   2005年
  • プライメイトシティから第三世界の都市問題を読む, 地理11月増刊、『統計から地域の変化を読む』所収, 26-27,   2001年
  • オランダの国土開発, 地理, 46巻1号,   2001年
  • 巨椋池干拓地から伏見へ, 地理, 45巻1号、70-75,   2000年
  • 草津市の天井川と宿場町を歩く, 地理, 44巻8号、60-65,   1999年

競争的資金

  • 平野地形に関する研究