KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉野 成美ヨシノ ナルミ

プロフィール

所属部署名経済学部 教養・基礎教育部門
職名准教授
学位博士(文学)
専門英米文学における小説研究、英米の女性史
ジャンル文化/本と文芸
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1089-yoshino-narumi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    19世紀末から20世紀前半にかけての英米文学における小説で主に女性作家やヒロインの描かれ方について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2002年, 大阪大学大学院, 文学研究科, 英文学

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 各国文学・文学論
  • 史学, 西洋史

研究キーワード

  • ジェイン・マーセット, ハリエット・マーティノー, 経済学大衆化, イーディス・ウォートン, セオドア・ドライサー, アメリカ小説

論文

  • イーディス・ウォートンの『子供たち』における「子供」の多義性, 吉野 成美, 近畿大学教養・外国語教育, 5, 2,   2014年11月, 査読有り
  • 児童教本作家としてのマーセットとその相互影響, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 8, 3,   2011年03月, 査読有り
  • 家庭に入ったB夫人―『富と貧困』と晩年のマーセット作品, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 7, 3,   2010年03月, 査読有り
  • 似て非なる「アダム・スミスの娘たち」―マルティノー著『経済学実例集』にみるマーセットの影響, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 6, 3,   2009年03月, 査読有り
  • ジェイン・マーセットの小説教本『経済学に対するジョン・ホプキンズの見解』(1833)―その物語性とイデオロギー, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 5, 3,   2008年03月, 査読有り
  • ジェンダー、感傷、そして科学―ジェイン・マーセットの『経済学対話』(1816)におけるレトリック, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 4, 3,   2007年03月, 査読有り
  • アブナ―からエルマーへ, 吉野 成美, 『アメリカ文学研究』英文号, 41,   2005年03月, 査読有り

書籍等出版物

  • ヒロインの妊娠ーイーディス・ウォートンとセオドア・ドライサーの小説における「娘」像とその選択, 吉野 成美, 単著, 音羽書房鶴見書店,   2017年05月, 978-4-7553-0400-2
  • メイ・ウェランドの妊娠-『無垢の時代』にみるテクストの裏側, 藤井治彦教授退官記念論文集(仮題),   1999年
    概要:1999-

MISC

  • ドライサーの小説『シスターキャリ』におけるキャリーの自立とフェミニズム, 大阪大学大学院英文学談話会, 37,   1998年
  • 新世紀アメリカ文学史:マップ・キーワード・データ, 森岡裕一, 吉野 成美, 片渕悦久, 杉田和巳, 沖野泰子, 小久保潤子, 高橋信隆, 橘幸子, 阪口瑞穂, 松岡信哉, 松原陽子, 田中沙織, 隠岐尚子, 森本道孝, 澤邊興平,   2007年01月
  • ジェンダー、感傷、そして科学―ジェイン・マーセットの『経済学対話』(1816)におけるレトリック, 吉野 成美, 生駒経済論叢, 4, 3, 121, 138,   2007年04月
    概要:19世紀初頭のイギリスにおいて古典派経済学の大衆化に貢献した人物として、女性著述家であるジェイン・ハルディマンド・マーセットとその著書の一つ『経済学対話』を取り上げる。女子高等教育の制度が整っていなかった当時において、この著書は特に女性読者にとって経済学を学習する上で大きな役割を果たした。本論では、その貢献を、マーセットのジェンダー意識や文学テクストへの言及に顕著な作品内の様々なレトリックに注目し、それらを精読・分析しながら、当時の女性読者を「感傷的」文学の世界から、いかにして経済学といういわゆる「科学的」学問の世界に導くことに成功したかを考察する。
  • “Abner to Elmer: Eternal Daughterhood as Undine’s Marriage Strategy in The Custom of the Country.”, 吉野 成美, The Journal of the American Literature Society of Japan, 5, 39, 56,   2005年11月

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C), イーディス・ウォートンの小説におけるイメージとしての少女, 吉野 成美
  • 日本学術振興会, 生殖機能としての女性性と社会制度の関わりから読むアメリカ・リアリズム小説研究, 高木成美
  • 日本学術振興会, 19世紀英国におけるジェイン・マーセットの経済学大衆化への貢献とその意義, 高木成美