KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

白坂 憲章シラサカ ノリフミ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門応用微生物学、酵素利用学、食品機能学
ジャンルくらし/食生活
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1058-shirasaka-norifumi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    最新の科学的手法を駆使して、マツタケの人工栽培法の開発や麹菌、酵母、きのこ、乳酸菌などの食品微生物が生産する酵素を利用した機能性食品素材の開発について研究しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/4/27
     NHK総合「ガッテン!」
     「タンパク質分解酵素」を多く含む食品を調べ比較する実験について
    ●2015/09/18
     読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
     マツタケの自家栽培やキノコの疑問点等について
    ●2014/10/14
     読売テレビ「朝生ワイドす・またん!」
     松茸の農作について
    ●2014/09/22
     毎日放送「Nスタ」
     ツキヨタケの毒性について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1993年, 京都大学, 農学研究科, 農芸化学
  •  - 1991年, 京都大学, 農学部, 農芸化学

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用微生物学
  • 農芸化学, 応用生物化学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • マツタケ, 食品微生物学, 食品機能学, 応用きのこ学, 応用微生物学, 脂質栄養学, 食品科学

論文

  • Antiosteoporotic activity of a syringic acid diet in ovariectomized mice , 田中照佳・白坂 憲章, J Nat Med,   2017年, 査読有り
  • Antagonistic activity of endo-β-1,3-glucanase from a novel isolate, Streptomyces sp. 9X166, against black rot in orchids, Sakdapetsiri Chatsuda, 白坂 憲章, J Basic Microbiol, 56, 469, 479,   2016年, 査読有り
  • Draft Genome Sequence of the Basidiomycetous Fungus Flammulina velutipes TR19, 倉田淳史、白坂 憲章, Genome announcement, 4,   2016年, 査読有り
  • 野生きのこに含まれる放射性セシウムに関する研究, 白坂 憲章, スマートプロセス学会誌, 4, 275, 279,   2015年, 査読有り
  • マイタケ由来グルタミン酸脱炭酸酵素の精製と性質, 岩本和子・吉田敬洋・楠田瑞穂・福田泰久・寺下隆夫・白坂 憲章, 日本きのこ学会誌, 21, 1, 16, 22,   2013年, 査読有り
  • トキイロヒラタケの色素の評価, 白坂 憲章, 日本きのこ学会誌, 20, 3, 147, 153,   2012年, 査読有り
  • Aspergillus oryzae KSK-3由来線溶酵素の精製と性質, 白坂 憲章, マイコサイエンス, 53, 5, 354, 364,   2012年, 査読有り
  • タモギタケ由来黄色色素の評価, 白坂 憲章, 日本きのこ学会誌, 19, 4, 175, 180,   2012年, 査読有り
  • タモギタケ子実体中の黄色色素生成酵素の精製と性質, 白坂 憲章, 日本きのこ学会誌, 20, 3, 141, 146,   2012年, 査読有り
  • B16メラノーマ細胞のメラニン生成に対するウイスキーポリフェノールの阻害効果, 吉岡 早香、白坂 憲章, 75, 12, 2278, 2282,   2011年, 査読有り
  • シイタケ栽培培地へ添加したトレハロースの子実体への影響 Ⅲ, 寺嶋芳江・白坂憲章, 日本きのこ学会誌, 18, 2, 57, 62,   2010年, 査読有り
  • 梅酢抽出物が高コレステロール食飼育脳卒中易発症生高血圧自然発症ラットの血圧と脂質代謝に及ぼす影響, 高寺恒慈, 小川 博, 目黒 忠道, 白坂 憲章, 吉栖 肇, 日本栄養・食糧学会誌, 57, 6, 249, 255,   2004年12月
    概要:梅干しの製造過程における梅果実からの浸出液(梅酢)から調製した梅酢抽出物を高コレステロール食飼育により食事性高脂血症を誘導した脳卒中易発症生高血圧自然発症ラット(SHRSP)に摂取させ血圧と脂質代謝に及ぼす影響を検討した。その結果、梅酢抽出物はSHRSPの血圧上昇並びに血清過酸化脂質上昇、そして肝臓トリグリセライド蓄積のいずれに対しても抑制作用を有することを明らかにした。
  • Effects of arachidonic acid analogues on FceRI-mediated activation of mast cells. Biochim. Biophys. Acta 1738 19-28 (2005), 中野信広, 白坂 憲章, 吉栖 肇, Biochim. Biophys. Acta, 1738, 19, 28,   2005年
  • Horseradish peroxidase (HRP) degrades lipid hydroperoxides and suppresses lipid peroxidation of polyunsaturated fatty acids in the presence of phenolic antioxidant, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, J. Biosci. Bioeng., 100, 653, 656,   2005年
  • The characteristics of desaturation of Trichoderma sp. AM076 and formation of 9,12,15-hexadecatrienoic acid (16:3w1) through delta-15 desaturase of 9,12-hexadecadienoic acid, 白坂 憲章, 吉栖 肇, 清水昌, Mycoscience, 46, 329, 333,   2005年
  • Effect of Cyanocobalamin and p-Toluic Acid on the Fatty Acid Composition of Schizochytrium limacinum (Thraustochytriaceae, Labyrinthulomycota), 白坂 憲章, 吉栖 肇, Mycoscience, 46, 358, 363,   2005年
  • ペットボトル入り清涼飲料におけるZygosaccharomyces属酵母の増殖特性, 白坂 憲章, 吉栖 肇, 日本食品科学工学会誌 53 80-84 (2006),   2006年
  • Effect of trehalose on the heat-tolerance of Lentinula edodes mycelia, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, Mush. Sci. Biotechnol., 14, 11, 18,   2006年
  • Reactive Oxygen Scavenging Activity of Matured Whickey and Its Active Polyphenols, K. Koga, 白坂 憲章, A. Taguchi, J. Food Sci. 72 S212-S217 (2007),   2007年
  • Deciphering Pactamycin Biosynthesis and Engineered Production of New Pactamycin Analogues, T. Mahmud, 白坂 憲章, ChemBioChem, 10, 2253, 2265,   2009年
  • Fatty Acid Desaturation and Elongation Reactions of Trichoderma sp. 1-OH-2-3, A. Ando, 白坂 憲章, J. Ogawa, J. Am. Oil Chem. Soc. 86, 227-233(2009), 86, 227, 233,   2009年, 査読有り
  • 広葉樹林から分離されたマツタケ菌糸体が生産する菌体外β-グルコシダーゼの精製と性質, 楠田瑞穂, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, 日本きのこ学会誌, 18, 99, 101,   2010年
  • マツタケの菌糸体生育に及ぼすトレハロースの影響とトレハラーゼの生産性, 楠田瑞穂, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, 日本菌学会会報, 51, 59, 67,   2010年
  • Food restriction improves glucose and lipid metabolism through Sirt1 expression:A study using a new rat model with obesity and severe hypertension, 竹森 久美子, 木村 孝志, 白坂 憲章, 井上 敬夫, 増野 功一, 伊藤 浩行, Life Science, 88, 1188, 1194,   2011年06月
    概要:新規メタボリックシンドロームラットモデルラットであるSHRSP/fattyへの食餌制限は、Sirt1の活性化に基づくPPARの発現亢進とadipokine分泌不全の改善をもたらし、さらに肝臓におけるPPARαの活性化によるGLUT2の活性化による糖・脂質代謝の改善が生じることを報告した。

講演・口頭発表等

  • Search for compounds from maitake mushroom, Grifola frondosa that protect against the mutagenic effect of Trp-P.2, 吉川 賢太郎, 白坂 憲章, 寺下隆夫, 8th International conference on mechanisms of antimutagenesis and anticarcinogenesis(イタリア),   2003年10月, 8th International conference on mechanisms of antimutagenesis and anticarcinogenesis(イタリア)
    概要:まいたけの子実体中のD. グルカンに顕著な抗変異原作用があることが示唆された。
  • ウイスキーのlyoniresinol含量と抗酸化性, 白坂 憲章, 日本農芸化学会大会,   2004年03月, 日本農芸化学会大会
  • オーク樽材抽出物のlyoniresinol含量と抗酸化性、抗変異原性, 白坂 憲章, 日本栄養食糧学会大会,   2004年05月, 日本栄養食糧学会大会
  • 食用きのこ菌糸体のトレハロース蓄積および抗酸化活性に及ぼすトレハロース添加培養の影響, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, 日本きのこ学会大会,   2004年09月, 日本きのこ学会大会
  • 高度不飽和脂肪酸の酸化分解に及ぼすペルオキシダーゼの影響, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, 日本農芸化学会大会,   2005年03月, 日本農芸化学会大会
  • Study on the yellow pigment of Pleurotus cornucopiae, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, The 6th meeting of east asia for mushroom science,   2010年11月, The 6th meeting of east asia for mushroom science
  • Properties of glutamic acid decarboxylase from edible mushroom, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, The 6th meeting of east asia for mushroom science,   2010年11月, The 6th meeting of east asia for mushroom science
  • 麹菌の生産するタンパク質分解酵素の繊維素溶解活性, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, 日本生物工学会,   2010年, 日本生物工学会
  • Purification of glutamic acid decarboxylase from Flammulina velutipes, 白坂 憲章, 寺下 隆夫, The 6th meeting of east asia for mushroom science,   2010年, The 6th meeting of east asia for mushroom science

作品

  • ウイスキーに含まれる抗酸化リグナンLyoniresinolおよび類縁化合物の効能評価,   2003年 - 2005年

MISC

  • 梅果実由来抗酸化成分リオニレシノールの梅加工品中の含量および調味梅干し製造工程における含量変化, 日本食品科学工学会誌, 52 (10), 495-498,   2005年
  • 食用きのこ菌糸体のトレハロース蓄積および抗酸化活性に及ぼすトレハロース添加培養の影響, 日本きのこ学会誌, 13 (2), 103-108,   2005年
  • Microbial Synthesis of trans Isomer of Eicosapentaenoic Acid (EPA) from the Chemically Synthesized Trans Isomer of Linolenic Acid by a delta-12 Desaturase-defective Mutant of Mortierella alpina 1S-4, Bioscience Biotechnology and Biochemistry, 67 (5) , 1164-1167,   2003年
  • 梅酢中のアリルテトラリン化合物の抗酸化活性および抗変異原性, 日本食品科学工学会誌, 50 (4), 203-206,   2003年
  • Inhibitory Effects of Capsaicinoids on Fatty Acid Desaturation in Rat Liver Cell Line, Biosci. Biotechnol. Biochem., 65 (8), 1859-1862,   2001年
  • Competitive Incorporation of Arachidonic Acid Analogs by Cultured Rat Keratinocytes, Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 47 (1), 69-77,   2001年
  • 梅酒の抗酸化性と抗酸化物質の単離と同定, 日本食品科学工学会誌, 46, 12, 792,   1999年
  • ラット肝細胞株におけるC19奇数鎖高度不飽和脂肪酸のC21高度不飽和脂肪酸への代謝およびクルクミン・没食子酸の構造類似化合物による脂肪酸不飽和化の阻害, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 64, 8, 1641, 1650,   2000年, 10.1271/bbb.64.1641

競争的資金

  • 微生物による有用油脂類の生産
  • 動物細胞の細胞内情報伝達における高度不飽和脂肪酸の役割の解明
  • 食用きのこ類の機能性強化に関する研究
  • 新規有用発酵微生物の分離と発酵食品への利用, 食品より抗酸化性、抗アレルギー性、またはGABAなどの機能性化合物の生産能を有する新規の微生物を食品などから分離し、酒類やその他の食品素材への機能性の強化法の開発を目指す

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 食品衛生学, 近畿大学
  • 食品分析学, 近畿大学
  • 食品機能学, 近畿大学
  • 食品化学, 近畿大学
  • 食品微生物工学, 近畿大学