KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

江口 陽子エグチ ヨウコ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門微生物学、分子生物学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1354-eguchi-yoko.html
ホームページURL
メールアドレスeguchi[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    細菌が環境に適応するために必要な情報伝達系である二成分制御系について研究しています。二成分制御系は病原菌の病原性などの発現に関わり、抗病原性薬の標的としての候補になります。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2004年03月, 近畿大学, 農学研究科, 応用生命化学専攻
  • 1986年04月 - 1988年03月, 京都大学, 農学研究科, 食品工学専攻
  • 1982年04月 - 1986年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2006年10月,  - 2015年03月, 近畿大学(研究員)
  •   2014年04月,  - 2014年09月, 近畿大学(非常勤講師)
  •   2004年04月,  - 2006年08月, 近畿大学(博士研究員)
  •   1994年09月,  - 1995年03月, 同志社国際高等学校(非常勤講師)
  •   1988年04月,  - 1991年03月, 住友製薬株式会社

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用微生物学, 微生物情報伝達

研究キーワード

  • バクテリオファージ, カンピロバクター, 薬剤耐性, ヒスチジンキナーゼセンサー, 酸耐性, 二成分情報伝達系

論文

  • Characterization of H-box region mutants of WalK inert to the action of waldiomycin in Bacillus subtilis., A. Kato, S. Ueda, T. Oshima, Y. Inukai, T. Okajima, M. Igarashi, Y. Eguchi and R. Utsumi, J. Gen. Appl. Microbiol., 63, 212, 221,   2017年07月, 査読有り
  • Angucycline antibiotic waldiomycin recognizes common structural motif conserved in bacterial histidine kinases, Y. Eguchi, T. Okajima, N. Tochio, Y. Inukai, R. Shimizu, S. Ueda, S. Shinya, T. Kigawa, T. Fukamizo, M. Igarashi and R. Utsumi., J. Antibiotics. (Tokyo), 70, 251, 258,   2017年, 査読有り
  • Validation of Cis and Trans Modes in Multistep Phosphotransfer Signaling of Bacterial Tripartite Sensor Kinases by Using Phos-tag SDS-PAGE., E. Kinoshita-Kikuta, E. Kinoshita, Y. Eguchi, and T. Koike, PLoS One, e0148294,   2016年, 査読有り
  • Identification of the three genes involved in controlling production of a phytotoxin tropolone in Burkholderia plantarii, S. Miwa, E. Kihira, A. Yoshioka, K. Nakasone, S. Okamoto, M. Hatano, M. Igarashi, Y. Eguchi, A. Kato, N. Ichikawa, M. Sekine, N. Fujita, Y. Kanesaki, H. Yoshikawa and R. Utsumi, J. Bacteriol., 198, 1604, 1609,   2016年, 査読有り
  • Study on in vivo effects of bacterial kinase inhibitor, Waldiomycin, in Bacillus subtilis and Staphylococcus aureus., Md Fakhruzzaman, Y Inukai, Y Yanagida, H Kino, M Igarashi, Y Eguchi and R Utsumi, J. Gen. Appl. Microbiol., 61, 177, 184,   2015年08月, 査読有り
  • Functional Characterization of the Receiver Domain for Phosphorelay Control in Hybrid Sensor Kinases, Kinoshita-Kikuta E, Kinoshita E, Eguchi Y, Yanagihara S, Edahiro K, Inoue Y, Taniguchi M, Yoshida M, Yamamoto K, Takahashi H, Sawasaki T, Utsumi R and Koike T, PLoS One, 10, 7, e0132598,   2015年, 査読有り
  • Alkali metals in addition to acidic pH activate the EvgS histidine kinase sensor in Escherichia coli, Y. Eguchi and R. Utsumi, J. Bacteriol., 196, 3140, 3149,   2014年, 査読有り
  • 細菌情報伝達阻害剤(TCS阻害剤)開発の現状, 江口陽子、内海龍太郎, 化学療法の領域, 29, 100, 105,   2013年
  • コネクターがつなぐ細菌情報伝達ネットワーク, 江口陽子、加藤明宣、石井英治、内海龍太郎, 化学と生物, 51, 241, 249,   2013年, 査読有り
  • Activation mechanism of the PhoQ/PhoP two-component signal transduction by SafA, an auxiliary protein of the PhoQ histidine kinase in Escherichia coli, E. Ishii, Y. Eguchi, R. Utsumi, Biosci. Biotechnol. Biochem., 77, 814, 819,   2013年, 査読有り
  • Isolation and Characterization of Signermycin B, an Antibiotic That Targets the Dimerization Domain of Histidine Kinase WalK, T. Watanabe, M. Igarashi, T. Okajima, E. Ishii, H. Kino, M. Hatano, R. Sawa, M. Umekita, T. Kimura, S. Okamoto, Y. Eguchi, Y. Akamatsu, and R. Utsumi, Antimicrob. Agents Chemother., 56, 3657, 3663,   2012年, 査読有り
  • The connector SafA interacts with the multi-sensing domain of PhoQ in Escherichia coli., Y. Eguchi, E. Ishii, M. Yamane and R. Utsumi, Mol. Microbiol., 85, 299, 313,   2012年, 査読有り
  • Regulation of Acid Resistance by Connectors of Two-component Signal Transduction Systems in Escherichia coli., Y. Eguchi, E. Ishii, K. Hata, and R. Utsumi., J. Bacteriol., 193, 1222, 1228,   2011年, 査読有り
  • Development of an Antivirulence Drug against Streptococcus mutans: Repression of Biofilm Formation, Acid Tolerance, and Competence by a Histidine Kinase Inhibitor, Walkmycin C., Y. Eguchi, N. Kubo, H. Matsunaga, M. Igarashi, and R. Utsumi, Antimicrob. Agents Chemother., 55, 1475, 1484,   2011年, 査読有り
  • Two-component signal transduction as potential drug targets in pathogenic bacteria, Y. Gotoh, Y. Eguchi, T. Watanabe, S. Okamoto, A. Doi and R. Utsumi, Curr. Opin. Microbiol., 13, 232, 239,   2010年, 査読有り
  • 細菌情報伝達ネットワークとその阻害剤の開発, 江口陽子、内海龍太郎, 日本乳酸菌学会誌, 21, 36, 41,   2010年
  • Molecular mechanism of transcriptional cascade initiated by the EvgS/EvgA system in Escherichia coli K-12, J. Itou, Y. Eguchi and R. Utsumi, Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, 870, 878,   2009年, 査読有り
  • Role of a serine residue (S278) in the pore-facing region of the housefly L-glutamate-gated chloride channel in determining sensitivity to noncompetitive antagonists, K. Hirata, C. Ishida, Y. Eguchi, K. Sakai, F. Ozoe, Y. Ozoe, K. Matsuda, Insect Mol. Biol., 17, 341, 350,   2008年, 査読有り
  • B1500, a small membrane protein, connects the two-component systems EvgS/EvgA and PhoQ/PhoP in Escherichia coli, Y. Eguchi, J. Itou, M. Yamane, R. Demizu, F. Yamato, A. Okada, H. Mori, A. Kato and R. Utsumi, Proc Natl Acad Sci USA, 104, 18712, 18717,   2007年, 査読有り
  • Transcriptional regulation of the Na+-NADH:quinone oxidoreductase gene, nqr, in Vibrio anguillarum, a fish pathogen, in the stationary phase. , E. Fujiwara-Nagata, Y. Eguchi, R. Utsumi, and M. Eguchi., Fisheries Science, 73, 348, 355,   2007年, 査読有り
  • Functional characterization of Musca glutamate- and GABA-gated chloride channels expressed independently and coexpressed in Xenopus oocytes, Y. Eguchi, M. Ihara, E. Ochi, Y. Shibata, K. Matsuda, S. Fushiki, H. Sugama, Y. Hamasaki, H. Niwa, M. Wada, F. Ozoe and Y. Ozoe., Insect Mol. Biol., 15, 773, 783,   2006年, 査読有り
  • A novel mechanism for connecting bacterial two-component signal-transduction systems, Y. Eguchi and R. Utsumi, Trends Biochem. Sci., 30, 70, 72,   2005年, 査読有り
  • Signal transduction cascade between EvgA/EvgS and PhoP/PhoQ two-component system in Escherichia coli, Y. Eguchi, T. Okada, S. Minagawa, T. Ohshima, H. Mori, K. Yamamoto, A. Ishihama and R. Utsumi, J. Bacteriol., 186, 3006, 3014,   2004年, 査読有り
  • Identificition and molecular characterization of the Mg2+ stimulon of Escherichia coli., S. Minagawa, H. Ogasawara, A. Kato, K. Yamamoto, Y. Eguchi, T. Ohshima, H. Mori, A. Ishihama and R. Utsumi, J. Bacteriol., 185, 3696, 3702,   2003年, 査読有り
  • Transcriptional regulation of drug efflux genes by EvgAS, a two-component system in Escherichia coli, Y. Eguchi, T. Ohshima, H. Mori, R. Aono, K. Yamamoto, A. Ishihama and R. Utsumi, Microbiology, 149, 2819, 2828,   2003年, 査読有り
  • Protective activity of anti-exotoxinA monoclonal antibody against mice infected with toxin-producing Pseudomonas aeruginosa., T. Kohzuki, Y. Eguchi, M.Kato, K. Irie, H. Ohtsuka, A. Higuchi and H. Noguchi., J. Infect. Dis., 167, 119, 125,   1993年, 査読有り

書籍等出版物

  • Stress and Environmental Control of Gene Expression in Bacteria, Eguchi Y, Utsumi R, 共著, Chapter 16.3. Two-component systems in sensing and adaptation to acid stress in Escherichia coli, Wiley-Blackwell Publishers,   2016年07月
  • Two component systems in bacteria, Y. Eguchi, E. Ishii, and R. Utsumi, 分担執筆, pp 149-162, Molecular mechanism of bacterial two-component signal transduction networks via connectors, Two component systems in bacteria, R. Gross and D. Beier (Ed.), Horizon Scientific Press,   2012年
  • Adv. Exp. Med. Biol.,631, Y. Eguchi and R. Utsumi, 分担執筆, pp 1-6, Introduction to bacterial signal transduction networks,   2008年
  • Survival and Death in Bacteria, Y. Eguchi, S. Minagawa, H. Ogasawara, K. Yamamoto and R. Utsumi, 分担執筆, pp 69-76, Signal transduction network for environmental adaptation in Escherichia coli, M. Yamada (Ed.), Research Signpost (Kerara, India),   2005年

講演・口頭発表等

  • 食中毒予防のサイエンス, 江口 陽子, 近畿大学生物理工学部公開講座,   2017年08月27日, 招待有り
  • カンピロバクターの株間における酸耐性能の比較, o 稲田慎也、江口陽子, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月18日
  • 酸応答性ヒスチジンキナーゼセンサーの活性化と酸耐性誘導機構, 江口 陽子, 日本生化学会大会(仙台)、シンポジウム「バクテリアの環境応答:見え始めた2成分系リン酸化シグナル分子の新たな側面」,   2016年09月26日
  • 大腸菌ハイブリッドセンサーキナーゼにおけるリン酸基転移反応様式の検証, ○木下英司、木下恵美子、江口陽子、小池 透, 日本生化学会大会(仙台),   2016年09月
  • Angucycline antibiotic waldiomycin recognizes common structural motif conserved in bacterial histidine kinases., o Y. Eguchi, T. Okajima, N. Tochio and R. Utsumi., Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2016年07月20日
  • 酸応答性ヒスチジンキナーゼセンサーの活性化機構の解析, 江口陽子º、内海龍太郎, 第13回21世紀大腸菌研究会,   2016年06月
  • Bacterial Two-Hybrid 法による二成分制御系のヒスチジンキナーゼ間の相互作用の探索, ○羽田朋子、江川広紀、江口陽子、内海龍太郎, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • 枯草菌のヒスチジンキナーゼに対する H-box 阻害剤 waldiomycin の作用機構, ○植田修平、犬飼洋一、江口陽子、大島拓、清水莉子、岡島俊英、木下英司、木下恵美子、五十嵐雅之、梅北まや、内海龍太郎, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • 3成分情報伝達システムによる病原性因子トロポロンの生産制御, ○三輪瞬平、吉岡誠訓、紀平絵梨、仲曽根薫、五十嵐雅之、波多野和樹、吉川博文、兼崎友、江口陽子、内海龍太郎, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • ハイブリッドセンサーキナーゼのリン酸化リレー情報伝達機構におけるレシーバードメインの制御機能, ○木下(菊田) 恵美子、木下 英司、江口 陽子、吉多 美祐、山本 兼由、内海 龍太郎、小池 透, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会 BMB2015,   2015年12月
  • 食中毒菌に対する抗病原性能を有する農産物のスクリーニング, 江口 陽子, 第11回農産物有用化合物活用研究会,   2015年05月14日, 招待有り
  • 細菌ヒスチジンキナーゼのH-boxを標的とする新規抗生物質、waldiomycin, ○清水 莉子1、江口 陽子1、犬飼 洋一1、栃尾 尚哉2、岡島 俊英 3、新家 粧子1、深溝 慶1、五十嵐 雅之4、木川 隆則5、内海 龍太郎, 生化学会関西支部大会,   2015年05月
  • Waldiomycin と大腸菌ヒスチジンキナーゼ EnvZ の DHp ドメイン間の相互作用, ○清水 莉子、江口 陽子、犬飼 洋一、栃尾 尚哉、木川 隆則、岡島 英俊、新家 粧子、, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月
  • 細菌のヒスチジンキナーゼの H box を標的とする新規抗生物質 waldiomycin, ○犬飼 洋一、江口 陽子、清水 莉子、岡島 俊英、梅北 まや、五十嵐 雅之、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月
  • Mode of action of bacterial histidine kinase inhibitor, waldiomycin in Staphylococcus aureus., ○MD Fakhruzzaman, H. Kino, Y. Inukai, M. Igarashi, Y. Eguchi and R. Utsumi, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月
  • イネ苗立枯細菌病 Burkholderia plantarii における三成分制御系 TroK, TroR1, TroR2 によるトロポロン合成制御システム, ○三輪 瞬平、吉岡 誠訓、紀平 絵梨、仲曽根 薫、五十嵐 雅之、波多野 和樹、吉川 博文、兼崎 友、江口 陽子、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月
  • 酸応答性ヒスチジンキナーゼセンサー EvgS の活性化と細胞内pH, O 江口 陽子、山中 芽衣、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月
  • Structural changes of the sensory domain of PhoQ histidine kinase upon activation, ○ Y. Eguchi, K. Yoshitani, R. Utsumi, Cold Spring Harbor Asia, “Mechanisms of Transmembrane Signaling”,   2014年10月
  • Signal recognition sites of the acid responding EvgS histidine kinase sensor in Escherichia coli, ○Y. Eguchi, M. Yamanaka, R. Utsumi, Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2014年07月
  • EvgS のシグナル認識領域の解析, 江口 陽子、山中 芽衣、内海 龍太郎, 第11回21世紀大腸菌研究会,   2014年06月
  • 「酸応答性ヒスチジンキナーゼセンサー EvgS の解析」, 江口陽子, 2013年度国立遺伝学研究所研究会 「単細胞システムの細胞構築・運動・増殖機構の研究」,   2014年03月, 招待有り
  • 「細菌情報伝達阻害剤 walkmycin類のヒスチジンキナーゼ阻害機構」, ○江口 陽子、栃尾 尚哉、梅北まや、五十嵐 雅之、木川 隆則、内海 龍太郎, 日本分子生物学会年会 (神戸),   2013年12月
  • 「細菌情報伝達阻害剤 walkmycin類のヒスチジンキナーゼ阻害機構」, ○江口 陽子,栃尾 尚哉,五十嵐 雅之,木川 隆則,内海 龍太郎, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月
  • 「細菌情報伝達コネクターSafAによるセンサーヒスチジンキナーゼPhoQの活性化機構: sensory domain のNMR解析」, ○江口陽子、石井英治、新家粧子、深溝 慶、内海龍太郎, 日本生化学会 2012 年度大会 (博多),   2012年12月
  • 「細菌情報伝達による酸耐性機構の制御」, 江口陽子, 奈良女子大学生活環境学部 「酵素クラブ」,   2012年11月, 招待有り
  • The connector SafA interacts with the multi-sensing domain of PhoQ in E. coli, ○Y. Eguchi, E. Ishii, R. Utsumi, Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2012年07月
  • 「大腸菌二成分制御系 EvgS/EvgA 系のセンサー EvgS におけるシグナル認識領域の解析」, O 江口 陽子、村上 絵津、内海 龍太郎, 日本農芸化学会 2012 年度大会,   2012年03月
  • Signals sensed by the sensor EvgS histidine kinase in the EvgS/EvgA two-component signaling system in Escherichia coli, ○Yoko Eguchi, Chiaki Kishi, Etsu Murakami and Ryutaro Utsumi, 日本分子生物学会年会 (博多),   2011年12月
  • 大腸菌二成分制御系 EvgS/EvgA におけるセンサータンパク質 EvgS のシグナル探索, O 江口 陽子、岸 千瑛、石井 英治、内海 龍太郎, 第8回21世紀大腸菌研究会,   2011年05月
  • ヒスチジンキナーゼ阻害剤 Walkmycin C のう蝕菌に対する病原性抑制機構, O 江口 陽子、松永 弘子、五十嵐 雅之1、内海 龍太郎, 日本農芸化学会 2011 年度大会,   2011年03月
  • Mechanisms of acid resistance conferred by the EvgS/EvgA two-component signal transduction system in Escherichia coli, ○Yoko Eguchi, Eiji Ishii, Kensuke Hata, Chiaki Kishi and Ryutaro Utsumi, 日本分子生物学会総会(神戸),   2010年12月
  • Novel Antibacterial Agents Targeting WalK/WalR, Two-Component Signal Transduction System, Essential for Cell Growth of Staphylococcus aureus, O R. Utsumi, A. Doi, Y. Gotoh, T. Okajima, T. Watanabe, Y. Eguchi and M. Igarashi, International Conference on Antimicrobial Research (ICAR2010),   2010年11月
  • EvgS/EvgA signal transduction: transcriptional cascades and acid resistance in Escherichia coli, Y. Eguchi, E. Ishii and O R. Utsumi., SGM2010 symposium: Acid stress: surviving and responding,   2010年09月
  • EvgS/EvgA signal transduction: transcriptional cascades and acid resistance in Escherichia coli, Y. Eguchi, E. Ishii and O R. Utsumi., ACT11,   2010年07月
  • Regulation of acid resistance by connectors of two-component signal transduction systems in Escherichia coli, ○Y. Eguchi, E. Ishii, R. Utsumi, Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2010年07月
  • 大腸菌二成分情報伝達系間のコネクターによる酸耐性能の制御, O 江口 陽子、石井 英治、畑 健介、岸 千瑛、内海 龍太郎, 第7回21世紀大腸菌研究会,   2010年06月
  • 大腸菌二成分情報伝達系間のコネクターによる酸耐性能の制御, O 江口 陽子、石井 英治、内海 龍太郎, 生化学会近畿支部例会,   2010年05月
  • う蝕菌 Streptococcus mutans に対するヒスチジンキナーゼ阻害剤の病原性抑制効果, O 江口 陽子,松永 弘子,小島 徳子,五十嵐 雅之,内海 龍太郎, 日本農芸化学会 2010 年度大会,   2010年03月
  • Walkmycins, the novel histidine kinase inhibitors, ○M. Igarashi, Y. Eguchi, M. Umekita, T. Watanabe, R. Sawa, R. Utsumi, ICAAC,   2010年
  • Inhibition mechanism of Walkmycin C, a novel histidine kinase inhibitor, ○Yoko Eguchi, Norihiro Kubo, Masayuki Igarashi, Ryutaro Utsumi, 日本分子生物学会総会(横浜),   2009年12月
  • 細菌情報伝達阻害剤によるう蝕菌 Streptococcus mutans のバイオフィルム形成阻害, 江口 陽子○、久保 範洋、近藤 恵里香、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年03月
  • Walkmycins (A, B, C): A new type of histidine kinase inhibitors from “Streptomyces” sp, ○M. Igarashi, A. Okada, T. Watanabe, N. Kinoshita, M. Umekita, R. Sawa, H. Hashizume, T. Kimura, K. Inoue, Y. Eguchi, Y. Nishimura, Y. Akamatsu, R. Utsumi., ICAAC,   2009年
  • 「細胞膜小タンパク質による TCS ネットワーク制御機構」, 江口陽子, 日本分子生物学会総会(神戸)、シンポジウム”Bacterial Signal Transduction: Networks and Drug targets",   2008年12月, 招待有り
  • Functional analysis of SMP (B1500), a small membrane protein connecting two-component systems in Escherichia coli, ○Y. Eguchi, M. Yamane, E. Ishii and R. Utsumi, Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2008年07月
  • 大腸菌二成分制御系間をつなぐ small protein, B1500 の機能解析, O 江口 陽子、山根 昌丈、加藤 明宣、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月
  • 大腸菌二成分制御系をつなぐ small protein, B1500, O 江口 陽子、伊東 潤二、出水 怜、大和 文公、山根 昌丈、岡田 在郎、内海 龍太郎, 第4回21世紀大腸菌研究会,   2007年06月
  • 細菌情報ネットワークを制御する新規 small protein の発見, O 江口 陽子、伊東 潤二、出水 怜、大和 文公、山根 昌丈、岡田 在郎、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2007年度大会,   2007年03月
  • A signal transduction cascade between EvgA/EvgS and PhoP/PhoQ two-component systems of Escherichia coli, ○Y. Eguchi and R. Utsumi, Gordon Research Conference on Microbial Stress Response,   2004年07月
  • Multi-drug resistance conferred by a linker mutation of a sensor, EvgS, in Escherichia coli, ○Y. Eguchi and R. Utsumi, Gordon Research Conference on Multi-drug Efflux Systems,   2003年03月
  • 二成分制御系、EvgA/S により制御される多剤排出システム, o 江口 陽子、大島 拓、森 浩禎、内海 龍太郎, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月
  • 「DNA マイクロアレイを用いた新しい情報伝達網の発見」, ○江口 陽子、大島 拓、森 浩禎、内海 龍太郎, 形質統御実験施設ワークショップ「DNAチップとリソースの現状と将来」 (基生研),   2002年03月, 招待有り

受賞

  •   2015年05月, 生化学会第62回近畿支部例会, 優秀発表賞, クラスI ヒスチジンキナーゼのH-boxを標的とする新規抗生物質、waldiomycin
  •   2011年03月, 日本農芸化学会, トピックス賞, 「う蝕菌バイオフィルム形成に対するアロマデンドレン類縁化合物の阻害機構」
  •   2010年03月, 日本農芸化学会, トピックス賞, 「う蝕菌 Streptococcus mutans に対するヒスチジンキナーゼ阻害剤の病原性抑制効果」

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究C, 酸応答性センサーの活性化機構の解析, 江口 陽子
  • 公益信託林女性自然科学者研究助成基金, 細菌情報伝達制御剤の開発を目指したヒスチジンキナーゼ, 江口 陽子
  • 公益信託林女性自然科学者研究助成基金 林フェロー, 新しい情報伝達の発見:薬剤耐性菌出現の分子機構の解明と応用, 江口 陽子
  • 笹川科学研究助成, 細菌の環境適応応答と情報伝達:薬剤耐性菌出現の分子機構の解明, 江口 陽子

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 食品生物学実験, 近畿大学生物理工学部
  • 公衆衛生学, 近畿大学生物理工学部
  • 食品衛生管理学, 近畿大学生物理工学部