KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

益子 高マスコ タカシ

プロフィール

所属部署名薬学部 創薬科学科 / 薬学研究科 / 薬学総合研究所
職名教授
学位薬学博士
専門癌免疫
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/761-masuko-takashi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    分子標的医薬品、特に、抗体医薬品の開発研究を行っています。癌幹細胞の機能解析や癌ペプチドワクチンも研究課題です。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2016/10/18
     日経新聞
     がん抗体について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1982年, 東北大学, 薬学研究科, 薬学
  •  - 1977年, 東北大学, 薬学部, 薬学

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, 腫瘍生物学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 薬学, 生物系薬学
  • 基礎医学, 免疫学

研究キーワード

  • 抗体医薬品, モノクローナル抗体, 癌抗原, 癌遺伝子, トランスポーター, 癌幹細胞, 癌免疫

論文

  • Inhibition of tumor formation and metastasis by a monoclonal antibody against lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor 1., Hara Y, Torii R, Ueda S, Kurimoto E, Ueda E, Okura H, Tatano Y, Yagi H, Ohno Y, Tanaka T, Masuko K, Masuko T, Cancer science,   2018年07月, 査読有り
  • Promotion of malignant phenotype after disruption of the three-dimensional structure of cultured spheroids from colorectal cancer., Piulats JM, Kondo J, Endo H, Ono H, Hagihara T, Okuyama H, Nishizawa Y, Tomita Y, Ohue M, Okita K, Oyama H, Bono H, Masuko T, Inoue M, Oncotarget, 9, 22, 15968, 15983,   2018年03月, 査読有り
  • Negative regulation of amino acid signaling by MAPK-regulated 4F2hc/Girdin complex., Weng L, Han YP, Enomoto A, Kitaura Y, Nagamori S, Kanai Y, Asai N, An J, Takagishi M, Asai M, Mii S, Masuko T, Shimomura Y, Takahashi M, PLoS biology, 16, 3, e2005090,   2018年03月, 査読有り
  • Identification of ACA-28, a 1'-acetoxychavicol acetate analogue compound, as a novel modulator of ERK MAPK signaling, which preferentially kills human melanoma cells., Satoh R, Hagihara K, Matsuura K, Manse Y, Kita A, Kunoh T, Masuko T, Moriyama M, Moriyama H, Tanabe G, Muraoka O, Sugiura R, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 22, 7, 608, 618,   2017年07月, 査読有り
  • CD44 variant-dependent redox status regulation in liver fluke-associated cholangiocarcinoma: A target for cholangiocarcinoma treatment., Thanee M, Loilome W, Techasen A, Sugihara E, Okazaki S, Abe S, Ueda S, Masuko T, Namwat N, Khuntikeo N, Titapun A, Pairojkul C, Saya H, Yongvanit P, Cancer science, 107, 7, 1000, 1000,   2016年07月, 査読有り
  • The EGF Receptor Promotes the Malignant Potential of Glioma by Regulating Amino Acid Transport System xc(-)., Tsuchihashi K, Okazaki S, Ohmura M, Ishikawa M, Sampetrean O, Onishi N, Wakimoto H, Yoshikawa M, Seishima R, Iwasaki Y, Morikawa T, Abe S, Takao A, Shimizu M, Masuko T, Nagane M, Furnari FB, Akiyama T, Suematsu M, Baba E, Akashi K, Saya H, Nagano O, Cancer research, 76, 10, 2954, 2963,   2016年05月, 査読有り
  • Development of an ErbB4 monoclonal antibody that blocks neuregulin-1-induced ErbB4 activation in cancer cells., Okazaki S, Nakatani F, Masuko K, Tsuchihashi K, Ueda S, Masuko T, Saya H, Nagano O, Biochemical and biophysical research communications, 470, 1, 239, 244,   2016年01月, 査読有り
  • Ouabain exerts cytoprotection by diminishing the intracellular K(+) concentration increase caused by distinct stimuli in human leukemic cells., Takechi M, Wada T, Yagi H, Masuko T, Kawabata A, The Journal of pharmacy and pharmacology, 67, 1, 126, 132,   2015年01月, 査読有り
  • Immuno-PET Imaging of HER3 in a Model in which HER3 Signaling Plays a Critical Role., Yuan Q, Furukawa T, Tashiro T, Okita K, Jin ZH, Aung W, Sugyo A, Nagatsu K, Endo H, Tsuji AB, Zhang MR, Masuko T, Inoue M, Fujibayashi Y, Saga T, PloS one, 10, 11, e0143076,   2015年, 査読有り
  • S1P lyase in thymic perivascular spaces promotes egress of mature thymocytes via up-regulation of S1P receptor 1., Maeda Y, Yagi H, Takemoto K, Utsumi H, Fukunari A, Sugahara K, Masuko T, Chiba K, International immunology, 26, 5, 245, 255,   2014年05月, 査読有り
  • Identification of anti-CD98 antibody mimotopes for inducing antibodies with antitumor activity by mimotope immunization., Saito M, Kondo M, Ohshima M, Deguchi K, Hayashi H, Inoue K, Tsuji D, Masuko T, Itoh K, Cancer science, 105, 4, 396, 401,   2014年04月, 査読有り
  • FTY720 stimulated ROS generation and the Sty1/Atf1 signaling pathway in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe., Hagihara K, Mizukura A, Kitai Y, Yao M, Ishida K, Kita A, Kunoh T, Masuko T, Matzno S, Chiba K, Sugiura R, Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 19, 4, 325, 337,   2014年04月, 査読有り
  • Functional role of CD44v-xCT system in the development of spasmolytic polypeptide-expressing metaplasia., Wada T, Ishimoto T, Seishima R, Tsuchihashi K, Yoshikawa M, Oshima H, Oshima M, Masuko T, Wright NA, Furuhashi S, Hirashima K, Baba H, Kitagawa Y, Saya H, Nagano O, Cancer science, 104, 10, 1323, 1329,   2013年10月, 査読有り
  • Sip1, an AP-1 Accessory Protein in Fission Yeast, Is Required for Localization of Rho3 GTPase, 杉浦 麗子, 于 陽, 李 翠芳, 喜多 綾子, 片山 雄大, 窪内 康二, 有働 雅子, 今中 由花子, 上田 詩歩, 益子 高, PLoS ONE, 8, 7, 68488,   2013年07月, 査読有り
  • xCT inhibition depletes CD44v-expressing tumor cells that are resistant to EGFR-targeted therapy in head and neck squamous cell carcinoma., Yoshikawa M, Tsuchihashi K, Ishimoto T, Yae T, Motohara T, Sugihara E, Onishi N, Masuko T, Yoshizawa K, Kawashiri S, Mukai M, Asoda S, Kawana H, Nakagawa T, Saya H, Nagano O, Cancer research, 73, 6, 1855, 1866,   2013年03月, 査読有り
  • [An efficient method for producing monoclonal antibodies against multi-pass membrane proteins]., Yagi H, Masuko T, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 133, 9, 939, 945,   2013年, 査読有り
  • Imaging the L-type amino acid transporter-1 (LAT1) with Zr-89 immunoPET., Ikotun OF, Marquez BV, Huang C, Masuko K, Daiji M, Masuko T, McConathy J, Lapi SE, PloS one, 8, 10, e77476,   2013年, 査読有り
  • Fingolimod (FTY720) stimulates Ca(2+)/calcineurin signaling in fission yeast., Hagihara K, Kita A, Mizukura A, Yao M, Kitai Y, Kunoh T, Masuko T, Matzno S, Chiba K, Sugiura R, PloS one, 8, 12, e81907,   2013年, 査読有り
  • Involvement of intestinal intraepithelial lymphocytes in turnover of intestinal epithelial cells: morphological and functional alterations due to daily administration of FK506., Hidaka M, Nakamura M, Ohmichi Y, Itoh J, Fukuzawa K, Masuko T, Yagi H, Cellular immunology, 279, 2, 124, 133,   2012年10月, 査読有り
  • NIH3T3 cells overexpressing CD98 heavy chain resist early G1 arrest and apoptosis induced by serum starvation., Hara K, Ueda S, Ohno Y, Tanaka T, Yagi H, Okazaki S, Kawahara R, Masayuki T, Enomoto T, Hashimoto Y, Masuko K, Masuko T, Cancer science, 103, 8, 1460, 1466,   2012年08月, 査読有り
  • 癌幹細胞で発現する変異型CD44を認識する完全ヒト抗体の抗腫瘍効果, 益子 高, PLoS ONE,   2012年07月, 査読有り
  • Alternative splicing of CD44 mRNA by ESRP1 enhances lung colonization of metastatic cancer cell., Yae T, Tsuchihashi K, Ishimoto T, Motohara T, Yoshikawa M, Yoshida GJ, Wada T, Masuko T, Mogushi K, Tanaka H, Osawa T, Kanki Y, Minami T, Aburatani H, Ohmura M, Kubo A, Suematsu M, Takahashi K, Saya H, Nagano O, Nature communications, 3, 883,   2012年06月, 査読有り
  • Anti-tumor effect against human cancer xenografts by a fully human monoclonal antibody to a variant 8-epitope of CD44R1 expressed on cancer stem cells., Masuko K, Okazaki S, Satoh M, Tanaka G, Ikeda T, Torii R, Ueda E, Nakano T, Danbayashi M, Tsuruoka T, Ohno Y, Yagi H, Yabe N, Yoshida H, Tahara T, Kataoka S, Oshino T, Shindo T, Niwa S, Ishimoto T, Baba H, Hashimoto Y, Saya H, Masuko T, PloS one, 7, 1, e29728,   2012年, 査読有り
  • Oncogenicity of L-type amino-acid transporter 1 (LAT1) revealed by targeted gene disruption in chicken DT40 cells: LAT1 is a promising molecular target for human cancer therapy., Ohkawa M, Ohno Y, Masuko K, Takeuchi A, Suda K, Kubo A, Kawahara R, Okazaki S, Tanaka T, Saya H, Seki M, Enomoto T, Yagi H, Hashimoto Y, Masuko T, Biochemical and biophysical research communications, 406, 4, 649, 655,   2011年03月, 査読有り
  • CD44 variant regulates redox status in cancer cells by stabilizing the xCT subunit of system xc(-) and thereby promotes tumor growth., Ishimoto T, Nagano O, Yae T, Tamada M, Motohara T, Oshima H, Oshima M, Ikeda T, Asaba R, Yagi H, Masuko T, Shimizu T, Ishikawa T, Kai K, Takahashi E, Imamura Y, Baba Y, Ohmura M, Suematsu M, Baba H, Saya H, Cancer cell, 19, 3, 387, 400,   2011年03月, 査読有り
  • Towards therapeutic antibodies to membrane oncoproteins by a robust strategy using rats immunized with transfectants expressing target molecules fused to green fluorescent protein., Masuko T, Ohno Y, Masuko K, Yagi H, Uejima S, Takechi M, Hashimoto Y, Cancer science, 102, 1, 25, 35,   2011年01月, 査読有り
  • Significance of integrin αvβ5 and erbB3 in enhanced cell migration and liver metastasis of colon carcinomas stimulated by hepatocyte-derived heregulin., Yoshioka T, Nishikawa Y, Ito R, Kawamata M, Doi Y, Yamamoto Y, Yoshida M, Omori Y, Kotanagi H, Masuko T, Enomoto K, Cancer science, 101, 9, 2011, 2018,   2010年09月, 査読有り
  • CD44+ slow-cycling tumor cell expansion is triggered by cooperative actions of Wnt and prostaglandin E2 in gastric tumorigenesis., Ishimoto T, Oshima H, Oshima M, Kai K, Torii R, Masuko T, Baba H, Saya H, Nagano O, Cancer science, 101, 3, 673, 678,   2010年03月, 査読有り
  • The Cell Surface Protein Gene ecm33+ Is a Target of the Two Transcription Factors Atf1 and Mbx1 and Negatively Regulates Pmk1 MAPK Cell Integrity Signaling in Fission Yeast., 杉浦 麗子, 高田 宏文, 西田藍子, 堂前 光宏, 喜多 綾子, 山野 友希, 内田 篤史, 石渡 俊二, 益子 高, 木下 充弘, 掛樋 一晃, Yue Fang Xin Ahou, Mol Biol Cell., 21, 4, 674, 685,   2010年02月, 査読有り
  • Characteristics for enhanced response of serotonin-evoked ion dynamics in differentiated NG108-15 cells., 今西 孝至, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 船上 仁範, 益子 高, Neurochemical Research, 34, 5, 1011, 1019,   2009年05月, 査読有り
  • Antibody epitope peptides as potential inducers of IgG antibodies against CD98 oncoprotein., Itoh K, Ohshima M, Sonobe M, Saito M, Yoshida A, Hayashi H, Inoue K, Masuko T, Cancer science, 100, 1, 126, 131,   2009年01月, 査読有り
  • Production and characterization of highly tumor-specific rat monoclonal antibodies recognizing the extracellular domain of human L-type amino-acid transporter 1., Ohno Y, Suda K, Masuko K, Yagi H, Hashimoto Y, Masuko T, Cancer science, 99, 5, 1000, 1007,   2008年05月, 査読有り
  • Cell-death-inducing monoclonal antibodies raised against DT40 tumor cells: identification of chicken transferrin receptor as a novel cell-death receptor., Ohno Y, Yagi H, Nakamura M, Masuko K, Hashimoto Y, Masuko T, Cancer science, 99, 5, 894, 900,   2008年05月, 査読有り
  • Simultaneous induction of apoptotic, autophagic, and necrosis-like cell death by monoclonal antibodies recognizing chicken transferrin receptor., Ohno Y, Yagi H, Nakamura M, Masuko K, Hashimoto Y, Masuko T, Biochemical and biophysical research communications, 367, 4, 775, 781,   2008年03月, 査読有り
  • Identification of cell proliferation-associated epitope on CD98 oncoprotein using phage display random peptide library., Itoh K, Inoue K, Hayashi H, Suzuki T, Masuko T, Cancer science, 98, 11, 1696, 1700,   2007年11月, 査読有り
  • A protective role of hydrogen sulfide against oxidative stress in rat gastric mucosal epithelium., Yonezawa D, Sekiguchi F, Miyamoto M, Taniguchi E, Honjo M, Masuko T, Nishikawa H, Kawabata A, Toxicology, 241, 1-2, 11, 18,   2007年11月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide inhibits activity of three isoforms of recombinant nitric oxide synthase., Kubo S, Kurokawa Y, Doe I, Masuko T, Sekiguchi F, Kawabata A, Toxicology, 241, 1-2, 92, 97,   2007年11月, 査読有り
  • Development of an apparatus for rapid release of oligosaccharides at the glycosaminoglycan-protein linkage region in chondroitin sulfate-type proteoglycans., Matsuno YK, Yamada K, Tanabe A, Kinoshita M, Maruyama SZ, Osaka YS, Masuko T, Kakehi K, Analytical biochemistry, 362, 2, 245, 257,   2007年03月, 査読有り
  • Colonic hyperalgesia triggered by proteinase-activated receptor-2 in mice: involvement of endogenous bradykinin, 川畑 篤史, 河尾 直之, 益子 高, Neurosci Lett, 402, 1-2, 167, 172,   2006年07月, 査読有り
  • Enhancement of veratridine-induced sodium dynamics in NG108-15 cells during differentiation., 今西 孝至, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 益子 高, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 29, 4, 701, 704,   2006年04月, 査読有り
  • Studies on Palauan medicinal herbs. IV. Immunopotentiatory activities of Ongael, leaves of Phaleria cumingii (Meisn.) F. Vill. in diabetic mice., 久保 道德, 松田 秀秋, 得永 雅士, 益子 高, 八木 秀樹, 他2名, 成戸 俊介, 和漢医薬学雑誌, 23, 24, 26,   2006年
  • Studies on palauan medicinal herbs. II. Activation of mouse macrophages RAW 264.7 by Ongael, leaves of Phaleria cumingii (Meisn.) F. Vill. and its acylglucosylsterols., Matsuda H, Tokunaga M, Iwahashi H, Naruto S, Yagi H, Masuko T, Kubo M, Biological & pharmaceutical bulletin, 28, 5, 929, 933,   2005年05月, 査読有り
  • Characteristics of omega-conotoxin GVI A and MVIIC binding to Cav 2.1 and Cav 2.2 channels captured by anti-Ca2+ channel peptide antibodies., Ichida S, Abe J, Komoike K, Imanishi T, Wada T, Masuko T, Minami T, Neurochemical research, 30, 4, 457, 466,   2005年04月, 査読有り
  • Screening method of carbohydrate-binding proteins in biological sources by capillary affinity electrophoresis and its application to determination of Tulipa gesneriana agglutinin in tulip bulbs., Nakajima K, Kinoshita M, Oda Y, Masuko T, Kaku H, Shibuya N, Kakehi K, Glycobiology, 14, 9, 793, 804,   2004年09月, 査読有り
  • Activation of trigeminal nociceptive neurons by parotid PAR-2 activation in rats., Kawabata A, Itoh H, Kawao N, Kuroda R, Sekiguchi F, Masuko T, Iwata K, Ogawa A, Neuroreport, 15, 10, 1617, 1621,   2004年07月, 査読有り
  • Capturing of acidic macromolecules from biological samples using a temperature-responsive polymer modified with poly-l-lysine., Hayashi T, Yasueda S, Nakanishi Y, Ohta H, Kinoshita M, Miki Y, Masuko T, Kakehi K, The Analyst, 129, 5, 421, 427,   2004年05月, 査読有り
  • A confirmation of 125I-omega-conotoxin labeled sites in a crude membrane fraction from chick brain as the alpha1 subunit of N-type calcium channels., Wada T, Abe J, Minami T, Masuko T, Ichida S, Neurochemical research, 28, 5, 705, 710,   2003年05月, 査読有り
  • Role of N-methyl-D-aspartate receptors and the nitric oxide pathway in nociception/hyperalgesia elicited by protease-activated receptor-2 activation in mice and rats., Kawabata A, Kawao N, Itoh H, Shimada C, Takebe K, Kuroda R, Masuko T, Kataoka K, Ogawa S, Neuroscience letters, 329, 3, 349, 353,   2002年09月, 査読有り
  • Time-resolved fluorometric analysis of carbohydrates labeled with amino-aromatic compounds by reductive amination., Nakajima K, Oda Y, Kinoshita M, Masuko T, Kakehi K, The Analyst, 127, 7, 972, 976,   2002年07月, 査読有り
  • Collection of alpha1-acid glycoprotein molecular species by capillary electrophoresis and the analysis of their molecular masses and carbohydrate chains. Basic studies on the analysis of glycoprotein glycoforms., Sei K, Nakano M, Kinoshita M, Masuko T, Kakehi K, Journal of chromatography. A, 958, 1-2, 273, 281,   2002年06月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高, 日本農芸化学関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学関西支部大会(奈良)
    概要:ガン特異的タンパク質であるCD98の全長遺伝子を植物へ導入した。組み込まれたCD98遺伝子の発現をRT?PCR法で検出するとともに、発現タンパク質の生産をウエスタンブロット分析で調べた。
  • ヒアルロン酸オリゴマーとヒアルロン酸結合性タンパク質との相互作用解析   分子サイズと相互作用の関係   , 掛樋 一晃, 木下 充弘, 林友典, 益子 高, 日本薬学会第123年会(長崎),   2003年03月, 日本薬学会第123年会(長崎)
    概要:我々はヒアルロン酸(HA)を中性ポリマーを含む緩衝液を用いて表面修飾キャピラリー中で電気泳動を行うことによりあるサイズで泳動順序の逆転現象が起こることを見出し、この現象が生理活性と密接な関係があることを既に明らかにしている。本研究ではHAオリゴ糖とヒアルロン酸結合性タンパク質(HABP)との相互作用に着目し、HAオリゴ糖の重合度とHABP結合性の関係についてキャピラリー電気泳動を用い詳細な解析を行った結果について報告した。
  • Digitoxinに対するモノクローナル抗体の作製, 武智 昌幸, 高杉康江, 八木 秀樹, 益子 高, 日本薬学会第123年会(長崎),   2003年03月, 日本薬学会第123年会(長崎)
    概要:digitoxin.BSAと反応する6種類のmAbを得た。抗体H鎖のクラスは4種類がIgMで、2種類がIgGであった。22Gと11Bはジキタリス葉を染色し、15Bはdigitoxinによるヒト白血病細胞の細胞死誘導を阻害した。
  • ガン細胞特異タンパク質CD98遺伝子を導入した機能性農作物の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 岩崎健太, 畑太一, 益子 高, 日本植物生理学会2003年度年会(大阪),   2003年03月, 日本植物生理学会2003年度年会(大阪)
    概要:ガン細胞特異タンパク質であるCD98の遺伝子をミヤコグサに導入し、その遺伝子の発現とタンパク質の翻訳について報告した。これらの植物はガン予防を目的とした経口ワクチンとしての利用が示唆された。
  • 強心配糖体の抗癌活性と癌細胞表面ATPase に対する結合性との関係, 武智 昌幸, 八木 秀樹, 益子 高, 第62 回日本癌学会総会(名古屋),   2003年09月, 第62 回日本癌学会総会(名古屋)
    概要:digitoxin の細胞毒性と細胞膜ATPase に対する結合性との間には相関性がみられた。digitoxin はマウス白血病細胞やヒト正常リンパ球よりもヒト白血病細胞により選択的に結合し、強い細胞毒性を示した。
  • ミヤコグサにおけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, かずさDNA研, かずさDNA研, 日本農芸化学学会平成15年度大会,   2004年08月, 日本農芸化学学会平成15年度大会
  • パラオ産薬用資源の開発研究(第6報)糖尿病時の免疫能に及ぼす“Ongael”(Phaleria cumingii)の影響, 松田 秀秋, 久保 道德, 得永 雅士, 益子 高, 八木 秀樹, 鶴岡 智代, 成戸 俊介, 日本薬学会第126年回,   2006年03月, 日本薬学会第126年回
  • 強心配糖体の抗癌作用に対する陽イオンの影響, 武智 昌幸, 中尾浩司, 八木 秀樹, 益子 高, 127回 日本薬学会,   2007年03月, 127回 日本薬学会
  • 腫瘍細胞表面で発現するCD98hc抗原領域の探索, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • 分裂酵母Pmk1-Atf1シグナルによって制御される新規遺伝子tap1+の機能解析, 杉浦 麗子, 高田 宏文, 西田 藍子, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 益子 高, 益子 和恵, 酵母遺伝学フォーラム 第41回研究報告会,   2008年09月, 酵母遺伝学フォーラム 第41回研究報告会
  • The Atf1 Transcription Factor Is a Target of the Mitogen-activated Protein Kinase Pmk1 and Regulates the Expression of the tpa1+ Gene, which Encodes a Novel Cell Surface Protein in Fission Yeast, 杉浦 麗子, 高田 宏文, 西田 藍子, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 益子 高, 益子 和恵, 8th International Conference on Protein Phosphatases,   2008年11月, 8th International Conference on Protein Phosphatases
  • 新規免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の同定と細胞内Ca2+シグナル伝達経路における役割の解析, 杉浦 麗子, 萩原 加奈子, 喜多 綾子, 益子 高, 佐藤 亮介, 千葉 賢治, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年10月, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • MAPK/Atf1(CREB)シグナルの新たな標的遺伝子tpa1+のプロモーター解析とMAPKシグナル伝達経路における役割, 杉浦 麗子, 堂前 光宏, 高田 宏文, 西田 藍子, 喜多 綾子, 益子 高, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年10月, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ゲノム薬理学的手法とケミカルバイオロジーを用いた新規免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の発現と細胞内カルシウムシグナル伝達経路に与える影響の解析, 杉浦 麗子, 萩原 加奈子, 水庫 彩, 喜多 綾子, 佐藤 亮介, 植田 真理, 益子 高, 千葉 賢治, 日本薬学会第130年会,   2010年03月, 日本薬学会第130年会
  • 細胞表面膜タンパク質Ecm33による細胞統御シグナル制御機構, 杉浦 麗子, 堂前 光宏, 高田 宏文, 西田 藍子, 喜多 綾子, 益子 高, 酵母遺伝学フォーラム 第43回研究報告会,   2010年09月, 酵母遺伝学フォーラム 第43回研究報告会
  • 新規免疫抑制薬FTY720のターゲット遺伝子の同定と作用メカニズムの解析 , 杉浦 麗子, 水庫 彩, 萩原 加奈子, 喜多 綾子, 佐藤 亮介, 植田 真理, 石渡 俊二, 益子 高, 千葉 賢治, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • 膜表面タンパク質Ecm33による細胞統御シグナル制御機構, 杉浦 麗子, 堂前光宏, 高田宏文, 園田健展, 喜多 綾子, 益子 高, 西田藍子, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会合同大会,   2010年12月, 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会合同大会
  • 免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の同定と遺伝子発現メカニズムの解析―FTY720とCa2+シグナル伝達機構の関係, 杉浦 麗子, 八百 麻里子, 萩原 加奈子, 喜多 綾子, 植田 真理, 水庫 彩, 佐藤 亮介, 益子 高, 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2011年10月, 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • SIP受容体調節薬FTY720の標的遺伝子の同定と遺伝子発言機構の解明, 杉浦 麗子, 水庫 彩, 萩原 加奈子, 喜多 綾子, 植田 真理, 八百 麻里子, 岡田 千聖, 高塚 三恵, 佐藤 亮介, 益子 高, 日本薬学会第132年会,   2012年03月, 日本薬学会第132年会
  • S1P受容体調節剤FTY720の標的遺伝子の解析から導き出されるシグナル伝達経路機構, 杉浦 麗子, 萩原 加奈子, 水庫 彩, 八百 麻里子, 岡田 千聖, 髙塚 三恵, 喜多 綾子, 石渡 俊二, 益子 高, 千葉 健治, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会,   2012年06月, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会
  • S1P受容体調節剤FTY720の細胞内シグナル伝達経路の解明-FTY720とストレス応答シグナルとの関係-, 杉浦 麗子, 北井 祐樹, 萩原 加奈子, 水庫 彩, 八百 麻里子, 岡田 千聖, 髙塚 三恵, 喜多 綾子, 益子 高, 千葉 健治, 第63回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2013年10月, 第63回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • 酵母モデル生物を用いたMAPK パスウェイ阻害薬探索系の確立, 杉浦 麗子, 小野 太貴, 久能 樹, 野口 大輝, 山中 真之, 喜多 綾子, 益子 高, 佐藤 亮介, 第124回日本薬理学会近畿部会,   2013年11月, 第124回日本薬理学会近畿部会
  • S1P 受容体調節剤FTY720の細胞内シグナル伝達経路の解明, 杉浦 麗子, 北井 祐樹, 萩原 加奈子, 水庫 彩, 久能 樹, 喜多 綾子, 益子 高, 千葉 健治, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月, 第36回日本分子生物学会年会

MISC

  • UVレーザー搭載フローサイトメーター(BDLSR)を用いた多重染色解析-アミノ酸トランスポーターCD98の発現を中心に-, Cytometry Research, 12, 65-72,   2002年
  • Phage display cloning and characterization of monoclonal antibody genes and recombinant Fab fragment against the CD98 oncoprotein, Jpn. J. Cancer Res., 92, 1313-1321,   2001年
  • FK506(タクロリムス)連続投与によるマウス小腸上皮細胞の形態的及び 機能的変化 -UV励起アルカリ性フォスファターゼ基質ELF97 phoshateのflow cytometryへの応用-, Cytometry Research, 14, 41-46,   2004年

特許

  • 抗腫瘍剤, 益子 高、丹羽眞一郎、進藤孝之、押野太智、佐谷秀行、永野修、石本崇胤, 特願2011-005311, 特許第6041333号

受賞

  •   1987年, 日本薬学会東北支部奨励賞

競争的資金

  • 癌細胞に対するモノクローナル抗体の作成と応用研究
  • 癌関連タンパク・遺伝子の機能解析
  • 抗癌抗体医薬品開発を目指した基礎研究