KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

髙杉 嘉弘タカスギ ヨシヒロ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名講師
学位歯学博士
専門歯科麻酔 有病者歯科 障害者歯科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/703-takasugi-yoshihiro.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/07/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    手術室での頭頸部手術麻酔、外来歯科診療室での患者管理と研究を行っています。テーマは、循環器疾患や血液疾患の管理、外来での全身疾患や精神的問題を抱えた患者の管理、局所麻酔方法です。

学歴・経歴

学歴

  • 1972年 - 1978年, 日本歯科大学, 歯学部

経歴

  •   2001年,  - 現在, 近畿大学医学部(講師)
  •   1978年,  - 1984年, 日本歯科大学歯学部助手
  •   1984年,  - 2001年, 日本歯科大学歯学部講師

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 麻酔・蘇生学

研究キーワード

  • 疼痛, 血液凝固, 血栓

論文

  • Asymptomatic hemilateral pneumothorax and pneumomediastinum following surgical tracheostomy in a patient with hyponatremia and zolpidem withdrawal delirium, Yoshihiro Takasugi, Risa Aoki, Shota Tsukimoto, JA Clinical Reports, 4, 29,   2018年04月, 査読有り
  • Role of tube size and intranasal compression of the nasotracheal tube in respiratory pressure loss during nasotracheal intubation: a laboratory study, Futagawa K, Takasugi Y, Kobayashi T, Morishita S, Okuda T, BMC Anesthesiology, 17, 141,   2017年, 査読有り
  • 周術期に著しい血糖値変動を示した1型糖尿病患者に対する口腔外科手術症例, 青木理紗,月本翔太,湯浅あかね,鹿島悠子,濱田傑,高杉嘉弘, 日歯麻誌, 45, 2, 232, 234,   2017年, 査読有り
  • 近位伝達麻酔で舌神経損傷を生じた1例, 諏訪一郎,高杉嘉弘, 日歯麻誌, 44, 2, 168, 170,   2016年, 査読有り
  • Roles of endotracheal tubes and slip joints in respiratory pressure loss: A laboratory study, Takasugi Yoshihiro, Futagawa Koichi, Kazuhara Kouhei, Morishita Satoshi, Okuda Takahiko, J Anesth, 30, 5, 795,   2016年, 査読有り
  • Possible association between successful intubation via the right nostril and anatomical variations of the nasopharynx during nasotracheal intubation: a multiplanar imaging study, Takasugi Yoshihiro, Futagawa Koichi, Konishi Tatsuo, Morimoto Daisuke, Okuda Takahiko, J Anesth, 30, 6, 993,   2016年, 査読有り
  • Efficacy of intravenous sedation and oral nifedipine in dental implant patients with preoperative hypertension - a retrospective study of 516 cases, International Journal of Implant Dentistry, 1, 6,   2015年, 査読有り
  • Periodontal pathogens participate in synovitis in patients with rheumatoid arthritis in clinical remission: Retrospective case-control study, Hanafusa T., Kimura Y., Takeuchi T., Yoshida S., Yoshikawa A., Kimura M., Ishida T., Hiramatsu Y., Takasugi Y., Makino S., Rheumatology, 54, 12, 2257, 2263,   2015年, 査読有り
  • 小児心臓移植術後患者に対する全身麻酔下口腔外科手術の1症例, 湯浅あかね,高杉嘉弘,初岡和樹,松下容子,鹿島悠子, 日歯麻誌, 42, 5, 632, 633,   2014年, 査読有り
  • Fatal pulmonary embolism following spinal surgery in a patient with permanent inferior vena cava filter placement, TAKAI Noriko, TAKASUGI Yoshihiro, KAJIKAWA Ryuji, TAKASE Toru, YAMAMOTO Yoshio, NAKAO Shinichi, J Anesth, 28, 4, 606, 609,   2014年, 査読有り
  • Role of tube size and intranasal compression of the nasotracheal tube in respiratory pressure loss during nasotracheal intubation: a laboratory study, BMC Anesthesiology, 17, 141,   2014年, 査読有り
  • Massive recurrent melena in a patient with combined partial deficiencies of Factor XIII and a2-plasmin inhibitor, Medicine and Biology, 157, 2, 251, 256,   2013年, 査読有り
  • 線維性骨異形成症患者の全身麻酔において困難な喉頭展開と鼻腔狭窄により経鼻挿管を断念した1例, 湯浅あかね,高杉嘉弘,大内謙太郎,松下容子,鹿島悠子, 日歯麻誌, 39, 1, 26, 30,   2011年, 査読有り
  • Antinociceptive action of carbamazepine on thermal hypersensitive pain at spinal level in a rat model of adjuvant-induced chronic inflammation, IWAMOTO Tatsushige, TAKASUGI Yoshihiro, HIGASHINO Hideaki, ITO Hiroyuki, KOGA Yoshihisa, NAKAO Shinichi, J Anesth, 25, 1, 78, 86,   2011年, 査読有り
  • Gabapentin produces antinociceptive effects on the spinal cord with simultaneous activation of descending facilitation in spinal nerve-ligated rats, Acta Medica Kinki University, 36, 1, 7, 14,   2011年, 査読有り
  • 反回神経麻痺を伴う橋状声帯癒着症患者に対する声門開大術におけるビデオ喉頭鏡の有用性, 梶川竜治, 重盛沙恵, 宇野洋史, 髙杉嘉弘, 古賀義久, 麻酔, 59, 4, 511, 513,   2010年04月, 査読有り
    概要:63歳女。上気道炎時に増悪する呼吸困難を主訴に受診した。35歳時の左聴神経腫瘍手術後の左反回神経麻痺および58歳時の甲状腺右葉切除術後の右反回神経麻痺による気管切開治療の既往があった。喉頭ファイバー検査で喉頭は浮腫状で左声帯は完全に固定し、右声帯の可動性もやや不良で、左反回神経麻痺および両側声帯ポリープと診断した。経過観察としたが、呼吸困難は徐々に増悪した。再度の経鼻喉頭ファイバーより、声帯後部で橋上形成を伴う声帯癒着と披裂軟骨の脱臼を認め、直達鏡下声門開大術を施行した。プロポフォールを投与しマスク換気を確認しロクロニウム投与後、酸素、セボフルラン、フェンタニルで麻酔を維持した。マッキントッシュ型ビデオ喉頭鏡を用いて喉頭展開し、橋上癒着部を切離してマーフィスパイラル気管チューブを気管挿管した。SpO2は99%に保たれており直達喉頭鏡下で声門形成を行い、手術終了後に自発呼吸の再開を確認しアトロピンとネオスチ
  • Tracheal intubation in a patient with undetectable tracheal narrowing on chest radiography, HAKUMOTO Yoko, TAKASUGI Yoshihiro, KAMAMOTO Hiromichi, SHIGEMORI Sae, KOGA Yoshihisa, MORI Kazunori, J Anesth, 24, 1, 128, 131,   2010年, 査読有り
  • 経鼻挿管のためのビデオ硬性挿管用咽頭鏡エアウェイスコープの改良, 岩元辰篤, 髙杉嘉弘, 大内謙太郎, 箔本陽子, 湯浅あかね, 古賀義久, 日本臨床麻酔学会誌, 29, 5, 652, 656,   2009年09月
  • Suppression of the descending inhibitory pathway by continuous thoracic intrathecal lidocaine infusion reduces the thermal threshold of the tail-flick response in rats, TAKASUGI Yoshihiro, IWAMOTO Tatsushige, FUYUTA Masaki, KOGA Yoshihisa, TABUCHI Masaki, HIGASHINO Hideaki, J Anesth, 23, 3, 399, 402,   2009年, 査読有り
  • Difficult laryngoscopy caused by massive mandibular tori, TAKASUGI Yoshihiro, SHIBA Mayuka, OKAMOTO Shinji, HATTA Koji, KOGA Yoshihisa, J Anesth, 23, 2, 278, 280,   2009年, 査読有り
  • Three-dimensional CT image analysis of a tracheal bronchus in a patient undergoing cardiac surgery with one-lung ventilation, IWAMOTO Tatsushige, TAKASUGI Yoshihiro, HIRAMATSU Kenji, KOGA Yoshihisa, KONISHI Tatsuo, KOZUKA Kensuke, MURAKAMI Takamichi, J Anesth, 23, 2, 260, 265,   2009年, 査読有り
  • Transient lower limb pain following accidental thoracic subarachnoid insertion of an epidural catheter, FUYUTA Masaki, TAKASUGI Yoshihiro, MORIMOTO Masahiro, SHIRAI Toru, MORIMOTO Mitsuo, KOGA Yoshihisa, J Anesth, 23, 4, 601, 604,   2009年, 査読有り
  • 頭蓋骨線維性骨異形成症患者に対する経鼻挿管において気管チューブの狭窄を生じた症例, 髙杉嘉弘, 岩元辰篤, 上原圭司, 柴麻由佳, 古賀義久, 麻酔, 57, 6, 742, 744,   2008年06月, 査読有り
    概要:42歳女。線維性骨異形成症で7回の手術既往があり、今回、上下顎骨形成術目的に来院した。頭部CTでは上顎骨、上顎洞、下顎頭、鼻中隔の骨の著明な肥厚、および骨硬化像と骨透亮像の混在を認め、右側の鼻腔は周囲骨の肥厚により著しく狭窄していた。左鼻孔での呼吸に問題はなかった。開口は1.5横指であり挿管困難と考え、経鼻挿管を選択した。ミダゾラム、プロポフォール、ベクロニウムを投与し、酸素・セボフルラン吸入下に左鼻孔からリドカインゼリーを塗布した8 mmID経鼻挿管用気管チューブの挿入を試みた。2cm挿入位置で抵抗があったが、鼻腔の通過は可能であり、経鼻挿管できた。麻酔は亜酸化窒素・酸素・セボフルランで維持し、フェンタニルを併用した。手術終了後、気管吸引のため気管チューブから14Fr吸引カテーテルを挿入したところ、鼻孔より2cm以上挿入できず、最終的に8Frの胃管で気管まで到着させることができた。気管および口腔内吸引後に抜管し、気管チュー
  • 自己血回収装置による赤血球への影響, 境真生子, 上原圭司, 梶川竜治, 髙杉嘉弘, 体外循環技術, 35, 1, 6, 10,   2008年03月, 査読有り
    概要:自己血回収装置による洗浄赤血球の機能低下は臨床上重要な問題である。本研究は、回収処理による赤血球膜の脆弱化と保存時間の影響について赤血球形態、浸透圧抵抗性、血清カリウムイオン濃度の経時的変化、更にグルコース添加の効果について検討した。1.血液に10回の回収処理を行い、回収処理による赤血球形態の比較、保存時間による赤血球形態変化、処理血へのグルコース添加の影響を光顕によって観察した。2.赤血球浸透圧抵抗試験(Parpart法)によって室温(25℃)と37℃保存による赤血球膜の脆弱化について検討した。3.未処理血と処理血の血清カリウムイオン濃度変化を測定した。この結果、回収処理によって赤血球形態変化が生じたが、グルコース添加により形態変化は回復した。処理血の浸透圧抵抗性は、室温保存では未処理血との間に相違は認めなかったが、37℃保存では低下した。処理血の血清カリウムイオン濃度は経時的に増加した。回収処理血はATPレベルの低下によ
  • The effect of Sub-MAC anesthesia and the radiation setting on repeated tail flick testing in rats, TAKASUGI Yoshihiro, FUYUTA Masaki, SUGIURA Junko, YABUTA Koichi, IWAMOTO Tatsushige, KOGA Yoshihisa, Exp Anim, 57, 1, 65, 72,   2008年, 査読有り
  • Hypersensitivity caused by suppression of descending inhibitory pathways following lumbar intrathecal injection of lidocaine in rats injection of lidocaine in rats", 高杉 嘉弘, Acta Medica Kinki University, 33, 1・2, 47, 54,   2008年, 査読有り
  • 脳卒中易発症性自然発症高血圧ラットへのタウリン長期投与による降圧効果に対する脳内神経伝達物質の関与, 吉岡愛,高杉嘉弘,古賀義久, 麻酔, 56, 2, 139, 147,   2007年, 査読有り
  • 挿管困難症の舌癌手術患者にデクスメデトミジン鎮静法下に気管チューブ交換用カテーテルを用いて抜管した症例, 諏訪一郎,二川晃一,奥田隆彦,高杉嘉弘, 日歯麻誌, 34, 3, 282, 283,   2006年, 査読有り
  • 先天性無フィブリノーゲン血症患者に対する全身麻酔下口腔外科手術2症例の経験, 高杉嘉弘,濱田傑,辻洋史,中島昌宗,大谷朋弘,大槻晃子,福井知子, 日歯麻誌, 34, 1, 30, 34,   2006年, 査読有り
  • 長期クロニジン投与による降圧効果への脳内モノアミン,アミノ酸神経伝達物質の関与, 岩崎英二,高杉嘉弘,古賀義久, 麻酔, 55, 3, 330, 337,   2006年, 査読有り
  • 当科における術前深部静脈血栓症の術前術後管理, 土井裕美, 大村元, 堂國日子, 釣谷充弘, 小畑孝四郎, 星合昊, 塩川泰啓, 梶川竜治, 髙杉嘉弘, 保田知生, Therapeutic Research, 26, 6, 1156, 1158,   2005年06月
    概要:産婦人科領域の手術患者501症例(良性疾患341例・悪性疾患160例)を対象にD-dimerを測定し,基準値以上の症例では下肢静脈エコーを行い術前深部静脈血栓症(DVT)の頻度について検討した.その結果,D-dimer上昇率は19.2%以上と高く,D-dimer上昇患者の36.4%にDVTを認め,悪性疾患症例ではD-dimer上昇例の50%にDVTを認めた.下肢診察での有所見率は35例中12例(34.3%)のみであり,DVT症例にのみHomans徴候を認めた.血栓症例と非血栓症例のD-dimerのカットオフ値をROC曲線により解析したところ0.62で感度100%・特異度86.4%であった.以上より,術後新生される血栓の予防に弾性ストッキング,間歇的空気圧迫法やヘパリンは有効であることから術前にVDT診断を行うことは重要であり,総合的な周術期管理により術後の肺塞栓症を予防できるものと考えられた
  • Transcutaneous cisternal puncture for sampling of cerebrospinal fluid in awake rat, Takasugi Y, Shirai T, Futagawa K, Koga Y, Egawa K, Watanabe S, Umeda T, Exp Anim, 54, 2, 193, 196,   2005年, 査読有り
  • Mesenteric venous thrombosis in a patient with congenital afibrinogenemia and diffuse peritonitis, Takasugi Y, Shiokawa Y, Kajikawa R, Oh J, Yamamoto Y, Sakata I, Koga Y, Ann Hematol, 84, 2, 129, 130,   2005年, 査読有り
  • ペントバルビタールおよびケタミン麻酔のラット中枢神経系におけるアミノ酸およびモノアミン神経伝達物質放出に及ぼす効果, 白井達, 髙杉嘉弘, 古賀義久, 近畿大学医学雑誌, 29, 3,4, 93, 107,   2004年11月, 査読有り
    概要:麻酔薬は中枢神経系においてアミノ酸とモノアミンの放出に影響を与えることで興奮性神経伝達を抑制するとともに神経伝達物質の代謝に影響を与えると考えた。さらにペントバルビタール群とケタミン群間での神経伝達物質濃度の相違が、麻酔薬の生理的効果の違いを裏付けるものと考えられた。
  • Tracheobronchopathia Osteochondroplastica の麻酔経験, 吉岡愛,白井達,岩崎英二,宇野洋史,高杉嘉弘,古賀義久, 近畿大学医学誌, 29, 2, 89, 91,   2004年, 査読有り
  • Duchenne型進行性筋ジストロフィー患者の大腿骨骨折に対する麻酔経験, 東澤知輝, 髙杉嘉弘, 杉浦順子, 臨床麻酔, 27, 3, 607, 608,   2003年03月
    概要:Duchene型進行性筋ジストロフィー(DMD)の17歳男.左大腿骨頸部内側を骨折した.術前所見では頭部挙上は不可能であったが,上肢運動は日常生活範囲内で可能であった.下肢の運動は両側共に不可能であったが,知覚は保たれていた.X線写真上,胸椎及び腰椎の強い側彎が認められた.心電図では心拍数87/min,洞調律であった.右下側臥位の維持が可能であった.麻酔は脊髄クモ膜下麻酔を選択した.L3/4間から穿刺し,テトラカイン末を蒸留水に溶解した0.3%水溶液2.0mlを調整し,クモ膜下腔に投与した.強い側彎を伴っていたためベッドの角度を細かく調節し,15分後の下半身の無痛領域がT9以下であることを確認した.仰臥位に戻した後に体位を固定して手術を開始した.Multiple pinning術を施行し,手術時間は16分,麻酔時間は51分であった.術直後の左半身の知覚低下がcold signでT7以下であることを確認し,病棟に帰室させた.術後経過は良好であった.
  • ポリオによる麻痺患者に対する脊髄クモ膜下麻酔, 東澤知輝, 髙杉嘉弘, 杉浦順子, 麻酔, 52, 12, 1335, 1337,   2003年
  • Strain differences to effects of aging on concentrations of amino acids in cerebrospinal fluid between Sprague Dawley rat and Wistar Kyoto rat, Takasugi Y, Kawata K, Okuda T, Koga Y, Mizuguchi N, Yamanaka S, Watanabe N, Exp Anim, 52, 5, 429, 432,   2003年, 査読有り
  • 長時間頭頸部悪性腫瘍手術における凝固異常への血管損傷の関与, 髙杉嘉弘, 古賀義久, 荒井千明, 古屋英毅, 麻酔, 51, 4, 387, 393,   2002年07月, 査読有り
    概要:8時間以上を要した長時間手術に伴う血液凝固線溶活性の推移と,手術侵襲,血管損傷との関連を知る目的で,頭頸部悪性腫瘍手術を対象に,手術中ならびに術後2日目までの分子マーカーによる検討を行った.その結果,プロトロンビンフラグメント1+2,インターロイキン-6(IL-6)と組織型プラスミノゲンアクチベータは手術経過に伴って増加し,手術終了時に最大となり,術後に減少した.プラスミンα2プラスミンインヒビタ複合体とトロンボモジュリンは手術中ならびに術後においても一定の変動は示さなかった.これらの結果より,長時間頭頸部悪性腫瘍手術における凝固亢進に,手術侵襲に伴う炎症性サイトカインと血管内皮刺激が大きく関与することが示唆され,血管の器質的損傷は軽度で凝固亢進への関与は少ないものと考えられた.
  • 長時間手術の血液凝固能に及ぼす影響 長時間手術における血液凝固活性の推移とヘパリン持続静注の効果, 髙杉嘉弘, 荒井千明, 住友雅人 古屋英毅, 麻酔, 50, 8, 847, 853,   2001年08月, 査読有り
    概要:10時間以上を要した頭頸部悪性腫瘍手術例を対象に,ヘパリン持続投与併用群12名(ヘパリン群)と非併用群10名(対照群)に分け,手術中の凝固線溶系の推移について検討した.その結果,対照群では麻酔開始2~4時間後より麻酔終了まで凝固能,線溶能の著明な亢進を認め,ヘパリン群では凝固線溶マーカーの抑制効果がみられた.以上より,長時間頭頸部悪性腫瘍手術において術中の凝固線溶活性の著しい亢進が生じることが明らかとなり,ヘパリンの持続投与が凝固異常に対し有効と思われた。
  • 免疫抑制療法を予定した小児再生不良性貧血患者に対する全身麻酔下歯科治療経験, 髙杉嘉弘, 河上 智美 三代 冬彦 長谷 川譲 松田 寿靖 中村 仁也, 荒井千明, 日歯麻誌, 29, 3, 410, 411,   2001年07月, 査読有り
    概要:5歳8ヵ月男児.肺炎のため入院した.精査の結果,汎血球減少症と診断され,2回の輸血と抗生剤の投与を受けた.進行性の貧血状態であったことから,免疫抑制療法或いは骨髄移植を予定し,歯性病巣感染の予防を目的に歯科治療を行った.術中術後に感染予防の目的で合成ペニシリンを投与したが,抜糸等による菌血症が原因と考えられた術後の発熱をきたした.小児科に転送し3日間の入院加療後,緩解退院した.歯科治療の約1ヵ月後より抗胸腺細胞免疫グロブリン療法とシクロスポリン療法による免疫抑制療法を開始している。
  • 長時間頭頸部手術における凝固異常の成因に関する研究 インターロイキン6と組織因子の関与について, 小谷田宏, 髙杉嘉弘, 古屋英毅, 荒井千明, 日歯麻誌, 29, 3, 328, 335,   2001年07月, 査読有り
    概要:8時間以上を要した顕微鏡下遊離皮弁移植による即時再建術を含む悪性腫瘍手術11例を対象とし,手術侵襲,軟組織損傷にかかわる分子マーカーを手術中ならびに術後2日まで測定した.測定した分子マーカーは,fragment 1+2(F1+2),インターロイキン6(IL-6),TF,組織因子系凝固阻止物質(TFPI)とし,採血した試料について分析,検討し以下の結果を得た.1)F1+2は手術経過に伴って亢進し,手術終了時に最大となり,以後低下した.2)IL-6は手術経過に伴って増加し,術後1日に最大となり,以後低下した.3)手術中ならびに術後のTFとTFPIは一定の変動を示さなかった。
  • 二重蛇管回路(Uni-circuit 1500 mm)の内管閉塞により換気不能をきたした症例, 髙杉嘉弘, 長又基之 関慎太郎 長谷川譲 古屋英毅, 日歯麻誌, 29, 2, 239, 240,   2001年04月, 査読有り
    概要:51歳男.左側舌癌と診断され,腫瘍摘出・頸部郭清・遊離前腕皮弁による即時再建術を予定した.麻酔は前投薬トリアゾラム,導入はプロポフォールで行い,ベクロニウム投与で8.0mmIDの金属螺旋入りシリコンチューブで経鼻挿管を行い,二重蛇管回路Uti-circuit 1500mmに接続した.笑気-酸素-イソフルレンで麻酔を維持し,胃管挿入後,呼吸回路を頭部に固定し,体位の固定,蛇管の手術台への固定を行ったところ突然,回路内圧が急上昇した.人工呼吸器から用手換気として吸気は可能となったが呼気は不能で,気管内チューブより二重蛇管回路を切り離したところ呼気の排出があり,AMBUバッグによる人工換気では吸気,呼気とも異常はなかった.呼吸回路をF呼吸回路に交換し,再度麻酔回路を固定して手術を開始した.手術時間9時間,麻酔時間10時間45分で,術中の呼吸,循環系の合併症なく覚醒も良好であった.換気不能のUti-circuitは二重蛇管の麻酔器側接続部付近の内管がねじれて内腔が閉塞していた。
  • 末梢性顔面神経麻痺を初発症状とした肝臓癌の脳転移症例, 髙杉嘉弘, 関慎太郎 入交重雄 入江修充 中村仁大 吉江稔 古屋英彦, 日歯麻誌, 29, 2, 195, 200,   2001年04月, 査読有り
    概要:末梢性顔面神経麻痺の3~12.5%は腫瘍性であると報告されている.症例は20数年前に輸血後C型肝炎の既往がある55歳男で,下顎臼歯の抜歯後の顔面神経麻痺を主訴に来院した.左側末梢性顔面神経麻痺と右側三叉神経第3枝麻痺を呈していた為,星状神経節ブロックとステロイド投与を行った.治療開始から6日後に患者は側頭部の腫脹と疼痛を自覚し,頭部CTにおいて左側頭部と右側後頭部に骨欠損を認めた.その後,患者は側頭部疼痛の増強,複視など神経症状を訴え,23日目に呼吸困難により緊急入院したが,CT所見で肝臓と脳実質内にlow-density areaを認めると共に腹水と胸水が確認され,32日目に多臓器不全により死亡した.本症例の末梢神経麻痺と多発性神経症状は,転移性脳腫瘍に起因したと考えられ,発症に際して抜歯の関与が疑われた
  • Inferior alveolar nerve block by injection into the pterygomandibular space anterior to the mandibular foramen : radiographic study of local anesthetic spread in the pterygomandibular space, Okamoto Y, Takasugi Y, Moriya K, Furuya H, Anesthesia Progress, 47, 4, 130, 133,   2000年, 査読有り
  • Clinical evaluation of inferior alveolar nerve block by injection into the pterygomandibular space anterior to the mandibular foramen, Takasugi Y, Furuya H, Moriya K, Okamoto Y, Anesthesia Progress, 47, 4, 125, 129,   2000年, 査読有り
  • 血液凝固スクリーニング検査から凝固異常を疑い第XI因子低下症を確認した外来全身麻酔症例, 高杉嘉弘,西田麻子,阿部恵一,長又基之,古屋英毅,荒井千明, 日歯麻誌, 27, 1, 69, 70,   1999年, 査読有り
  • Blood coagulation activity during microsurgery, Komuro Y, Sekiguchi J, Nomura S, Ohmori K, Takasugi Y, Arai C, Annals of Plastic Surgery, 40, 1, 53, 58,   1998年, 査読有り
  • Inspired nitrous oxide concentration and sensory changes in nitrous oxide and oxygen sedation, Maki M, Takasugi Y, Yoshie M, Furuya H, Dentistry in Japan, 33, 122, 127,   1997年
  • 術後にpre-DIC状態を併発した悪性腫瘍手術症例における血液凝固活性の推移, 高杉嘉弘,森谷健一,大川内 誠、入江修充,入交重雄,古屋英毅,鈴木宗一,井上健和,荒井千明, 日歯麻誌, 24, 3, 504, 511,   1996年, 査読有り
  • 笑気吸入鎮静法における吸入笑気濃度と感覚変化について, 牧 雅保,高杉嘉弘,吉江 誠,古屋英毅, 日歯麻誌, 23, 4, 675, 685,   1995年, 査読有り
  • インタビューテクニック演習教育の導入 -第3報 低学年教育における効果-, 干川政人,佐藤田鶴子,野村篤,川合俊弘,吉田 誠,岡安大仁,高杉嘉弘,古屋英毅, 日歯教誌, 11, 1, 108, 112,   1995年, 査読有り
  • インタビューテクニック演習教育の導入 -第2報 高学年への対応-, 佐藤田鶴子,干川政人,柳井知恵,藤田裕紀,高杉嘉弘,岡安大仁,古屋英毅, 日歯教誌, 10, 2, 128, 134,   1994年, 査読有り
  • 全身麻酔下口腔外科手術にともなう歯科補綴物気管内吸引症例, 高杉嘉弘,西沢克哉,今村知代,鍋谷大史,吉江 誠,古屋英毅, 日歯麻誌, 22, 3, 545, 546,   1994年, 査読有り
  • 歯学教育における隣接医学教育の充実, 古屋英毅,高杉嘉弘, 日歯教誌, 9, 1, 38, 47,   1993年, 査読有り
  • 川崎市歯科医師会心身障害児(者)歯科診療の評価, 西条清隆,内藤尚孝,上原純,林美千夜,関口哲夫,田辺久衛,高杉嘉弘, 障害者歯科, 13, 1, 48, 57,   1992年, 査読有り
  • 川崎市歯科医師会における心身障害者歯科診療体系と活動状況について, 大久保典彦,大津為夫,平尾譲,大塚隆,安元三教,増田美紀,三浦直美,神野淑人,田辺久衛,高杉嘉弘, 障害者歯科, 12, 2, 210, 215,   1991年, 査読有り
  • 長時間麻酔における血清蛋白,膠質浸透圧の変動に関する研究, 佐藤朋彦,高杉嘉弘,古屋英毅, 麻酔, 38, 5, 643, 653,   1989年, 査読有り
  • 顕微鏡下血管吻合術を用いた顎顔面外科における麻酔管理について, 江能訓,柏恒亮,張永明,高杉嘉弘, 日歯麻誌, 17, 2, 391, 397,   1989年, 査読有り
  • 局所麻酔薬中毒に関する実験的研究-家兎の総頚動脈内リドカイン投与における中毒発現濃度について-, 荒井裕,高杉嘉弘, 日歯麻誌, 17, 1, 22, 35,   1989年, 査読有り
  • 甲状腺機能低下症を有する患者の麻酔経験, 風間久徳,今村知代,今村 靖,小林敏伸,高杉嘉弘,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 15, 3, 558, 563,   1987年, 査読有り
  • 顎顔面外科における長時間麻酔の検討, 岡田美紀,風間久徳,木幡孝,阿部郷,高杉嘉弘,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 15, 2, 267, 273,   1987年, 査読有り
  • 心身障害児(者)に対する全身麻酔下歯科集中治療と問題点, 高杉嘉弘,古屋英毅,村上あつ子,菊池進,三枝富司夫,武田茂,井川淑子,斉藤俊文, 障害者歯科, 7, 1, 108, 115,   1986年, 査読有り
  • ジアゼパム投与後の脳波変化-高速フ-リエ変換法による分析-, 渡辺潔,高杉嘉弘,古屋英毅, 麻酔, 35, 11, 1612, 1618,   1986年, 査読有り
  • 全身麻酔下の歯科治療における舌圧排の工夫, 高杉嘉弘,高橋誠治,佐藤朋彦,西岡史明,住友雅人,古屋英毅,大出祥幸,関本恒夫,菊池進, 日歯麻誌, 13, 2, 287, 290,   1985年, 査読有り
  • 著しい肥満を伴った心身障害児の外来全身麻酔経験, 河合貴久,長谷川秀行,菊池純子,白川正順,高杉嘉弘,高橋誠治,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 13, 4, 631, 636,   1985年, 査読有り
  • 経鼻挿管用スパイラルチュ-ブの開発-成人における外鼻孔-声門間距離-, 高杉嘉弘,今村靖,佐藤充宏,渡辺潔,河合貴久,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 13, 2, 268, 273,   1985年, 査読有り
  • 衝動性眼球運動の定量分析に関する研究-Diazepam投与後の眼球運動の変化について-, 高杉嘉弘, 日歯麻誌, 12, 1, 88, 101,   1984年, 査読有り
  • Succinylcholine chlorideによる筋肉痛の発現と非脱分極性筋弛緩薬の効果, 高杉嘉弘,塩谷泰宏,有海司郎,伊藤努,新崎裕一,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 9, 1, 71, 83,   1981年, 査読有り
  • 口腔外科手術患者の疼痛管理に持続脊髄硬膜外麻酔を応用して, 梶川昌幸,高杉嘉弘,伊藤努,高橋誠治,田中修,浜田晃実,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 8, 2, 297, 302,   1980年, 査読有り
  • Diazepam静脈内鎮静法におけるCDP-cholineの覚醒に及ぼす影響, 伊藤努,高杉嘉弘,矢木久己,佐野公人,新崎裕一,佐々木清,住友雅人,古屋英毅, 日歯麻誌, 8, 1, 44, 50,   1980年, 査読有り

書籍等出版物

  • Advanced Side Readerおさえておきたい全身疾患のポイント, 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2014年
  • 歯科診療で知っておきたい疼痛管理と全身管理の基本, 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2013年
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第6版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2009年
  • 血栓塞栓症研究の新展開, 高杉嘉弘, 編者, 長時間手術での凝固線溶マーカーの推移とヘパリン投与の効果, 近畿臨床血栓性疾患研究会,   2007年
  • 麻酔実践テキスト, 高杉嘉弘,古屋英毅, 分担執筆, 歯科・口腔外科手術の麻酔, 南江堂,   2008年
  • 手術に欠かせない臨床麻酔のスキル―各科手術の麻酔に役立つ最新のワザと知恵―, 高杉嘉弘,古賀義久, 分担執筆, 1術前リスク評価のスキル, 真興交易,   2007年
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第4版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2002年
  • 歯科臨床医のための疼痛管理と全身管理の基本, 髙杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2000年08月
    概要:日常診療に携わる歯科臨床医が患者管理と基本的な知識と手技の見直しに、また臨床の場に初めて臨む研修医が大学で学んだ知識を容易に臨床に応用できることを目的に、写真とイラストで丁寧に解説する。
  • 臨床研修医のための鎮痛・鎮痛薬ハンドブック2003, 髙杉嘉弘, 坂口雅彦, 梶川竜治, 分担執筆, 主な鎮痛薬の薬理作用と副作用1麻薬およびその類似物質(オピオイド), 真興交易㈱,   2003年11月
    概要:麻薬およびその類似物質の作用機序と適応、副作用について解説した。
  • 最新ラリンジアルマスク, 古賀義久, 髙杉嘉弘, 分担執筆, ラリンジアルマスク類似器具, 克誠堂出版,   2005年05月
    概要:ラリンジアルマスク類似器具として食道閉鎖式エアウェイを中心に各種気道確保のディバイスを掲げ、その適応と選択について概説した。
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第5版), 髙杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2005年09月
    概要:歯科医学生のための歯科麻酔学テキスト。
  • 歯科診療で知っておきたい全身疾患の知識と対応, 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2013年01月
    概要:本書は,歯科臨床で出会う可能性のある多くの疾患をもった患者が歯科診療室を受診したときの対応法,疾患についてのできるだけ新しいエビデンス,ガイドラインをもとにした知識,さらに疾患にかかわる話題(基礎知識)という構成をとり,日常診療に携わる歯科臨床医が,全身疾患をもった患者をみるときのガイドブックとして著した。
  • 歯科臨床医のための疼痛管理と全身管理の基本(第1版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2000年
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第3版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   2000年
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第2版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   1999年
  • ベルの口腔顔面痛(第5版), 古屋英毅,住友雅人,高橋誠治,山城三喜子,高杉嘉弘,中村仁也,波多野泰夫,丸茂義二,岡田智雄,原節宏,田外貴弘, 分担執筆, 痛みの診断と対処法,10 皮膚と歯肉粘膜の痛み,11 歯に由来する痛み, クインテッセンス出版,   1998年
  • 歯科におけるくすりの使い方1999-2002(第1版), 高杉嘉弘, 分担執筆, 自己免疫疾患・シェーグレン症候群,自己免疫疾患・慢性関節リウマチ,自己免疫疾患・全身性エリトマトーデス,自己免疫疾患・副腎皮質ホルモンが投与されている患者への注意事項, デンタルダイヤモンド,   1998年
  • 歯科麻酔学サイドリーダー(第1版), 高杉嘉弘, 単著, 学建書院,   1997年
  • 有病者・高齢者歯科治療マニュアル(第1版), 高杉嘉弘,古屋英毅, 分担執筆, Ⅱ編高齢者の歯科治療7章歯科治療リスクの回避と指導・管理/局所麻酔, 医歯薬出版,   1996年
  • 症例から学ぶ, 高杉嘉弘,古屋英毅, 分担執筆, 患者の不安,恐怖心をどう取り除くか,全身疾患を有する患者の対処法, 日本歯科評論,   1996年
  • 新歯科麻酔学の手びき(第1版), 古屋英毅,柬理十三雄,住友雅人,佐野公人,高橋誠治,山城三喜子,高杉嘉弘,中村仁也,北野智丸,三浦誠,阿部 郷,砂田勝久,藤井一維, 分担執筆, 麻酔に必要な呼吸の生理,麻酔に必要な循環の生理, 学建書院,   1995年
  • 日常臨床における全身管理の指針(第1版), 住友雅人,高杉嘉弘, 共著, Ⅱ全身的不快事項,症状別対処法, デンタルフォーラム,   1991年
  • 歯科麻酔マニュアル(第1版), 青野一哉,雨宮義弘,上田裕,金子譲,柬理十三雄,北野智丸,高北義彦,佐野公人,新家昇,鈴木長明,高杉嘉弘,野口政宏,廣瀬伊佐夫,古屋英毅, 分担執筆, E局所麻酔, 南山堂,   1990年
  • カラーアトラス 歯科麻酔の臨床, 野口いづみ,雨宮義弘,古屋英毅,住友雅人,高杉嘉弘, 分担執筆, 2章全身麻酔8.麻酔中の管理と合併症,9.輸液と輸血,10.術後管理と合併症, 医歯薬出版,   1988年
  • 歯科麻酔の臨床(第1版), 金子譲,野口いずみ,雨宮義弘,古屋英毅,住友雅人,高杉嘉弘,柬理十三雄,吉村節,新家昇,上田裕,大沢昭義,広瀬伊佐夫, 2章全身麻酔8.麻酔中の管理と合併症,9.輸液と輸血,10.術後管理と合併症, 医歯薬出版,   1988年
  • 臨床歯学研修ビデオライブラリ-62 局所麻酔薬中毒の予防と処置, 高杉嘉弘,古屋英毅, 共著, 日本歯科医師会,   1984年
  • 歯科麻酔学の手びき(第1版), 高杉嘉弘, 分担執筆, X. 2循環器系蘇生法 3 ショック, 学建書院,   1984年

講演・口頭発表等

  • 局所麻酔薬リドカインの凝固に対する影響, 湯浅 晴之, 梶川 竜治, 森本 昌宏, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 第31回日本ペインクリニック学会関西地方会,   2002年04月, 第31回日本ペインクリニック学会関西地方会
  • ラット神経因性疼痛モデルにおける脳脊髄液中の神経伝達物質に及ぼす硬膜外脊髄電気刺激の影響, 蔵 昌宏, 髙杉 嘉弘, 森本 昌宏, 奥田 隆彦, 河田 圭司, 村上 晴也, 土屋 典夫, 坂口 雅彦, 古賀 義久, 水口 信行, 日本ペインクリニック学会,   2002年06月, 日本ペインクリニック学会
  • SDラットとWKYラットの脳脊髄液中アミノ酸濃度の週齢による比較, 山中 重明, 江川 賢太郎, 太田 恒充, 水口 信行, 渡辺 信介, 河田 圭司, 髙杉 嘉弘, 奥田 隆彦, 古賀 義久, 近畿大学医学会第53回学術講演会,   2002年12月, 近畿大学医学会第53回学術講演会
    概要:SDラットとWKYラットの脳脊髄中のアミノ酸濃度における系統差の有無を8週から20週までを週齢ごとに比較検討した。SDラット、WKYラットの脳脊髄液中アミノ酸濃度に系統差、週齢差を認めた。
  • ラット神経因性疼痛モデルにおける脳脊髄液中神経伝達物質の変動, 蔵 昌宏, 髙杉 嘉弘, 森本 昌宏, 河田 圭司, 奥田 隆彦, 古賀 義久, 日本麻酔科学会,   2002年, 日本麻酔科学会
    概要:(はじめに)神経因性疼痛の発症機序には脊髄レベルでの神経伝達物質の機能異常が関与すると考えられている.今回,無麻酔無拘束下で神経因性疼痛モデルである坐骨神経部分損傷(PSI)ラットとシャム手術(対照)ラットの脳脊髄液(CSF)を採取し,神経伝達物質を高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いて同時定量し,検討した.(対象と方法)9週齢雄性SDラットを用いて,Seltzerの方法に準じたPSIラットと,対照ラットを作成し,その7日後にくも膜下カテーテルの留置を行った.5日間の回復期間後,無麻酔無拘束下でCSFを40μl採取し,-80度で凍結保存した.分析にはHPLC(CoulArray analyzer,ESA)を用い,モノアミンおよびその関連物質9種(TYR,DOPA,DA,NE,MHPG,TRP,5HTP,5HT,5HIAA)並びにアミノ酸10種(ASP,GLU,ASG,GLN,ARG,GLY,THR,TAU,ALA,GABA)を同時定量し,PSI群と対照群間のCSF中濃度をMann-Whitney-U-testを用いて比較した.(結果)PSIラットでは対照ラットと比較して,5HTP,TYRが有意に高く,NEと
  • SDラットとWKYラットによる脳脊髄液中アミノ酸の系統差について, 山中 重明, 江川 賢太郎, 太田 恒充, 水口 信行, 渡辺 信介, 河田 圭司, 髙杉 嘉弘, 奥田 隆彦, 古賀 義久, 第50回日本実験動物学会総会 第37回日本実験動物技術者協会総会 合同大会,   2003年05月, 第50回日本実験動物学会総会 第37回日本実験動物技術者協会総会 合同大会
    概要:SD・WKYラットの脳脊髄液中アミノ酸10種を定量分析し、系統差、週齢差によるアミノ酸濃度を比較した。系統差(同一週)において多くのアミノ酸で差を認めた。週齢による変化においてもSD・WKYラット共に多くのアミノ酸で差を認めた。
  • 胸腔鏡補助下漏斗胸挙上術(NUSS法)の周術期管理を行った7症例の検討, 白井 達, 宇野 洋史, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 第48回日本集中治療医学会近畿地方会,   2003年06月, 第48回日本集中治療医学会近畿地方会
    概要:NUSS法の周術期管理においては、胸腔鏡操作時に起こり得る隣接臓器損傷、呼吸器合併症に注意し、適切な呼吸器管理を必要とする。また術後体動によるバーの不安定性、疼痛による胸郭運動制限予防に充分な術後鎮痛を必要とする。
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSP)における脳脊髄液中アミノ酸濃度の加齢変化, 河田 圭司, 髙杉 嘉弘, 奥田 隆彦, 白井 達, 岩崎 英二, 吉岡 愛, 古賀 義久, 山中 重明, 水口 信行, 渡辺 信介,   2003年10月
  • Sprague DawleyラットとWistar Kyotoラットの脳脊髄液中アミノ酸濃度の週齢による比較, 山中 重明, 髙杉 嘉弘, 水口 信行, 太田 恒充, 江川 賢太郎, 渡辺 信介, 河田 圭司, 奥田 隆彦, 古賀 義久,   2003年10月
  • M-SHRSP RATとWKY RAT脳脊髄液中アミノ酸濃度の比較, 山中 重明, 江川 賢太郎, 太田 恒充, 水口 信行, 渡辺 信介, 古河 惠一, 白井 達, 髙杉 嘉弘, 奥田 隆彦, 古賀 義久, 第38回日本実験動物技術者協会総会,   2004年05月, 第38回日本実験動物技術者協会総会
    概要:若齢で高血圧を発症するM-SHRSPラットおよび、そのコントロールであるWKYラットを対象に脳脊髄液を採取しアミノ酸濃度を定量分析した。結果、グルタミン酸濃度は各週齢においてM-SHRSPラットが高値を示し、タウリン濃度は各週齢においてWKYラットが高値を示した。
  • 抜歯と2回の腹部手術を受けた無フィブリノーゲン血症患者の周術期管理, 髙杉 嘉弘, 濱田 傑, 初岡 和樹, 諏訪 一郎, 奥田 隆彦,   2004年09月
  • 麻酔覚醒時の少量プロポフォール投与は快適な覚醒をもたらすか?, 高橋 佳代子, 髙杉 嘉弘, 岡本 慎司, 鎌本 洋通, 稲森 雅幸, 藪田 浩一, 青木 宏明, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会,   2004年10月, 日本臨床麻酔学会
    概要:プロポフォール使用時に夢を見たり,気分の高揚を発現する報告があるが,多くの場合,術中の麻酔方法はプロポフォールの持続注入を行ったTIVAを用いている.そこで,今回麻酔方法を揮発性吸入麻酔とし,麻酔覚醒時に少量のプロポフォールを投与し,快適な覚醒をもたらすか否かについて検討した.【対象と方法】開腹あるいは腹腔鏡視下の婦人科定期手術で,ASA1あるいは2の患者50名を対象とし,覚醒時にプロポフォールを投与しない群(対照群)25名とプロポフォールを投与する群(プロポフォール群)25名に分けた.麻酔導入はプロポフォール2mg/kgを投与し,気管挿管あるいはラリンジアルマスクを挿入した.麻酔維持は硬膜外麻酔と亜酸化窒素,酸素,セボフルランによる吸入麻酔で行い,調節呼吸,補助呼吸あるいは自発呼吸により麻酔管理を行った.硬膜外麻酔は,Th11からL2の間で硬膜外カテーテルを留置し,両群とも硬膜外カテーテルからの局所麻酔あるいはモルヒネ以外
  • 急性腹症をきたした無フィブリノーゲン血症患者へのフィブリノーゲン補充により腸間膜静脈血栓症を生じた症例, 髙杉 嘉弘, 梶川 竜治, 白井 達, 王 仁成, 打田 智久, 塩川 泰啓, 湯浅 晴之, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会,   2004年10月, 日本臨床麻酔学会
    概要:無フィブリノーゲン血症は常染色体劣性遺伝による稀な疾患であり,血中フィブリノーゲンは著しく減少あるいは検出されない.先天性無フィブリノーゲン血症の頻度は1~2/1,000,000人とされ,これまで250~300例が報告されている.無フィブリノーゲン血症患者ではさまざまな程度の出血性合併症を生じ,フィブリノーゲンの補充によって手術は可能である.一方,血栓性合併症が特発的あるいはフィブリノーゲン補充後に生じたという報告がある. 本報告では,汎発性腹膜炎とフィブリノーゲン補充を契機に生じたと考えられた腸間膜静脈血栓症を併発した無フィブリノーゲン血症患者における凝固線溶マーカー,炎症性マーカーの推移を調べ,無フィブリノーゲン血症患者における血栓性合併症発症の機序について検討した.【症例】患者は19歳,男性.0歳時に先天性無フィブリノーゲン血症と診断され,11歳時の原因不明の脾破裂に対する手術,15歳時の頭部外傷による脳内出血に対
  • 当院婦人科術前血栓症の診断と術後肺塞栓症の予防対策について, 土井 裕美, 保田 知生, 小畑 孝四郎, 上嶋 繁, 岡田 清孝, 松尾 理, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 塩川 泰啓, 星合 昊, 第27回 日本血栓止血学会学術集会,   2004年10月, 第27回 日本血栓止血学会学術集会
  • 人工膝関節置換術における術中血栓形成の検討 ターニケット使用による凝固線溶への影響, 保田 知生, 森 成志, 赤木 将男, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第27回 日本血栓止血学会学術集会,   2004年10月, 第27回 日本血栓止血学会学術集会
  • 手術室における停電, 王 仁成, 古賀 義久, 湯浅 晴之, 髙杉 嘉弘, 佐伯 美帆, 野本 真生, 第57回近畿大学医学会,   2004年12月, 第57回近畿大学医学会
  • 頭頸部手術での吸入全身麻酔覚醒時の少量プロポフォール投与はよい覚醒をもたらす, 福井 知子, 髙杉 嘉弘, 諏訪 一郎, 奥田 隆彦, 日本歯科麻酔学会,   2005年10月, 日本歯科麻酔学会
    概要:吸入麻酔頭頸部手術における麻酔覚醒時の少量プロポフォール投与の覚醒状態に及ぼす作用について検討した。その結果、麻酔覚醒時の少量プロポフォール投与は質の高い覚醒をもたらすことが明らかであった。
  • 先天性無フィブリノーゲン血症患者に対する全身麻酔下口腔外科手術2症例の経験, 髙杉 嘉弘, 福井 知子, 諏訪 一郎, 初岡 和樹, 奥田 隆彦, 濱田 傑, 日本歯科麻酔学会,   2005年10月, 日本歯科麻酔学会
    概要:先天性無フィブリノーゲン血症はきわめて稀な出血傾向を示す疾患である。先天性無フィブリノーゲン血症患者対する全身麻酔下口腔外科手術2症例を経験し、周術期の管理方法について報告した。
  • 手術室の停電と医療従事者の意識調査(会議録), 王 仁成, 古賀 義久, 鎌本 洋通, 打田 智久, 平松 謙二, 髙杉 嘉弘, 第27回日本手術医学会総会,   2005年10月, 第27回日本手術医学会総会
  • PD:周術期静脈血栓塞栓症対策の標準化を目指して, 保田 知生, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 宇野 洋史, 塩川 泰啓, 古賀 義久, 第53回日本麻酔科学会,   2006年06月, 第53回日本麻酔科学会
    概要:【背景】本邦における周術期血栓症の発症患者は増加し,臨床医は適切な予防方法を選択することが急務となっている.【目的】病院全体の周術期血栓予防対策は誰が主導し,どのように管理するのがよいのかを,当院でおこなった対策を紹介し現状での予防の限界を検証する.【方法と手段】安全管理委員会血栓対策部会を結成し2002年10月より院内血栓対策を開始した.2003年9月下旬からは,手術申し込み時にPEリスクの判定を義務化した.血栓予防対策法は各科別に推奨方法をあげ,手術前に相談するシステムを作成した.またPCPSの装着や下大静脈フィルターの挿入のときは,CCUやICUへ移送できるよう循環器内科と麻酔科を含めた対策チーム作成をマニュアル化した.期間を2002年10月から2003年9月(第1期)と2003年10月から2004年9月(第2期)および2004年10月から2005年9月(第3期)までの期間に分けた.各期間の有症状PEの頻度を集計した.急性期症状のある場合は短期抗凝固療法を行
  • 婦人科疾患における術前VTEとその後, 土井 裕美, 堂 國日子, 釣谷 充弘, 星合 昊, 保田 知生, 塩川 泰啓, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 大村 元, 小畑 孝四郎, 第12回肺塞栓症研究会・学術集会,   2006年06月, 第12回肺塞栓症研究会・学術集会
  • 体外循環時の輸液、回路内充填液としての重炭酸リンゲル液の周術期酸塩基平衡への影響, 冬田 昌樹, 髙杉 嘉弘, 梶川 竜治, 王 仁成, 岩﨑 英二, 吉岡 愛, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会 第26回大会,   2006年10月, 日本臨床麻酔学会 第26回大会
  • 劇症型溶連菌感染症が原因と考えられた産褥後心筋炎の1症例, 冬田 昌樹, 塩川 泰啓, 平松 謙二, 髙杉 嘉弘, 宇野 洋史, 古賀 義久, 第34回日本集中治療医学会学術集会,   2007年03月, 第34回日本集中治療医学会学術集会
  • 経鼻挿管において著明な気管チューブの狭窄を生じた症例, 冬田 昌樹, 梶川 竜治, 上原 圭司, 王 仁成, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 日本麻酔科学会第52回関西支部学術集会,   2007年07月, 日本麻酔科学会第52回関西支部学術集会
  • 著しい下顎隆起により挿管困難をきたした麻酔経験, 柴 麻由佳, 髙杉 嘉弘, 吉岡 愛, 打田 智久, 梶川 竜治, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会 第27回大会,   2007年09月, 日本臨床麻酔学会 第27回大会
  • 当院における周術期肺血栓塞栓症例30例の検討, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第30回日本血栓止血学会,   2007年10月, 第30回日本血栓止血学会
  • コーナーキューブ・リフレクタ加工によりエコー輝度を高めた静脈穿刺針の試作, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 白井 達, 宇野 洋史, 塩川 泰啓, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会第28回大会,   2008年10月, 日本臨床麻酔学会第28回大会
  • 先天性第XIII因子欠乏症患者に対する回盲部切除術における周術期管理の1例, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 平松 謙二, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会第28回大会,   2008年10月, 日本臨床麻酔学会第28回大会
  • 経鼻挿管のためのビデオ硬性挿管用喉頭鏡エアウェイスコープの改良, 岩元 辰篤, 髙杉 嘉弘, 大内 謙太郎, 八田 幸治, 湯浅 あかね, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会第28回大会,   2008年10月, 日本臨床麻酔学会第28回大会
  • 洗浄回収処理血への血液保存液(MAP液)添加の効果, 上原 圭司, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 第22回日本自己血輸血学会学術総会,   2009年02月, 第22回日本自己血輸血学会学術総会
  • 肺癌術後に発生した重症肺血栓塞栓症の1救命例, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 廣畑 健, 南 憲司, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第33回日本血栓止血学会学術集会,   2009年04月, 第33回日本血栓止血学会学術集会
  • 血液保存液添加の洗浄回収処理への効果, 上原 圭司, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 第57回日本輸血・細胞治療学会総会,   2009年04月, 第57回日本輸血・細胞治療学会総会
  • 慢性炎症性疼痛に対するカルバマゼピンの鎮痛効果, 岩元 辰篤, 髙杉 嘉弘, 冬田 昌樹, 森本 昌宏, 古賀 義久, 日本ペインクリニック学会第43回大会,   2009年06月, 日本ペインクリニック学会第43回大会
  • 食道癌手術における心筋障害マーカーによる周術期微小心筋障害の評価, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 平松 謙二, 宇野 洋史, 打田 智久, 上原 圭司, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会第29回大会,   2009年09月, 日本臨床麻酔学会第29回大会
  • 胸部X線像では確認できなかった気管狭窄の一症例, 箔本 陽子, 髙杉 嘉弘, 鎌本 洋通, 重盛 沙恵, 八田 幸治, 古賀 義久, 日本臨床麻酔学会第29回大会,   2009年09月, 日本臨床麻酔学会第29回大会
  • 予防対策開始後の当院における術後肺血栓塞栓症27例の検討, 保田 知生, 谷口 貢, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 竹山 宜典, 大柳 治正, 塩﨑 均, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 松尾 理, 第33回日本血栓止血学会学術集会,   2010年04月, 第33回日本血栓止血学会学術集会
  • 人工呼吸管理中にスパイラルチューブの閉塞断裂をきたした症例, 湯浅 あかね, 白井 達, 打田 智久, 梶川 竜治, 髙杉 嘉弘, 平松 謙二, 塩川 泰啓, 中尾 慎一, 日本臨床麻酔学会第30回大会,   2010年11月, 日本臨床麻酔学会第30回大会
  • PCPSを必要とした中枢気道病変(狭窄)を有する2症例の麻酔管理, 岩元 辰篤, 白井 達, 上原 圭司, 重盛 沙恵, 平松 謙二, 髙杉 嘉弘, 森本 昌宏, 中尾 慎一, 日本臨床麻酔学会第30回大会,   2010年11月, 日本臨床麻酔学会第30回大会
  • 集中治療室における静脈血栓塞栓症とカテーテル血栓症の実態 集中治療時における肺血栓塞栓症の現状, 保田 知生, 髙杉 嘉弘, 梶川 竜治, 谷口 貢, 石丸 英三郎, 塩川 泰啓, 第38回日本集中治療医学会学術集会,   2011年01月, 第38回日本集中治療医学会学術集会
  • 手術,麻酔因子を加味した8段階方式による術前リスク分類の検討, 打田 智久, 梶川 竜治, 柴 麻由佳, 太田好紀, 高杉 嘉弘, 中尾 慎一, 日本麻酔科学会第60回学術集会,   2013年05月, 日本麻酔科学会第60回学術集会

MISC

  • 経鼻挿管に起因する合併症と鼻咽頭構造, 高杉 嘉弘, 臨床麻酔, 41, 8, 1109, 1116,   2017年08月, 招待有り
  • 【ICUにおける重症肺疾患の早期診断・治療および予防】 肺血栓塞栓症, 髙杉 嘉弘, 保田 知生, 梶川 竜治, ICUとCCU, 34, 1, 69, 77,   2010年01月, 招待有り
    概要:急性肺血栓塞栓症の多くは下肢や骨盤内に生じた深在静脈血栓が遊離して肺動脈を閉塞することで生じる。急性肺血栓塞栓症は致死性の疾患であり、その死亡率は心筋梗塞より高く、広範性肺血栓塞栓症患者では4~9割が発症後1時間以内に死亡する。集中治療室患者の静脈血栓塞栓症の発症率は10~80%と報告され、静脈血栓塞栓症の危険性の高い外科手術に比較しても高い。集中治療患者は原疾患、手術に伴う凝固亢進などとともに静脈血栓形成をきたしやすい中心静脈アクセスなど重複した危険因子を有する。急性肺塞栓血栓症に対しては迅速な診断と治療を行うことが重要であり、さらに抗凝固療法を中心とした予防法によって発症率、再発率を著しく低下させることが可能である。急性肺塞栓血栓症の診断の遅れは致死的となり得る。突然の呼吸困難、胸痛、酸素飽和度の低下などをみたらまず急性肺塞栓血栓症を疑い、直ちに診断と治療を行うことが重要である。
  • 予防は何をどこまですればよいのか (特集 周術期静脈血栓塞栓症対策の標準化を目指して-ここまでやろう,血栓塞栓症対策), 保田知生,梶川竜治,高杉嘉弘,宇野洋史,塩川泰啓,古賀義久, 麻酔, 56, 7, 769, 779,   2007年, 招待有り
  • 合併症を起さない局所麻酔 下歯槽神経近位伝達麻酔法の理論と実際, 日本歯科医師会雑誌, 53, 5, 419, 424,   2000年, 招待有り
  • 肺血栓塞栓症〔特集〕ICUにおける重症肺疾患の早期診断・治療および予防, 高杉嘉弘,保田知生,梶川竜治, ICUとCCU, 34, 1, 69, 77,   2010年, 招待有り
  • 質疑応答 医療費削減のための薬剤使用について, 髙杉 嘉弘, 古賀 義久, 臨床麻酔, 27, 2, 215, 216,   2003年05月, 招待有り
  • 安全な下歯槽神経伝達麻酔 近位伝達麻酔法, 高杉嘉弘,岡本順孝,古屋英毅, 歯学, 85, 764, 765,   1998年, 招待有り
  • 聴診法で血圧測定を行う場合の正しい測定法, 高杉嘉弘,古屋英毅, デンタルダイヤモンド, 22, 103, 105,   1997年, 招待有り
  • 診断力テスト 全身の膨疹,発赤と胸内苦悶,血圧低下, 高杉嘉弘,古屋英毅, デンタルダイヤモンド, 22, 21, 22,   1997年, 招待有り
  • 近位注射法のすすめ―下歯槽神経伝達麻酔を見直す―, 高杉嘉弘, ザ・クインテッセンス, 16, 9, 6, 13,   1997年, 招待有り
  • 歯科インプラント手術と循環管理, 古屋英毅,高杉嘉弘, 日本医事新報, 3788, 111, 112,   1996年, 招待有り
  • シュミレーションを用いた全身管理治療, 高杉嘉弘,古屋英毅, ザ・クインテッセンス, 14, 5, 189, 197,   1995年, 招待有り
  • 治療中に,突然,手足に痙攣が起こった,Q&A 患者の急変と救急処置, 古屋英毅,高杉嘉弘, 歯界展望 別冊'94, 115, 118,   1994年, 招待有り
  • 痙攣-痙攣している-,Q&A 患者の急変と救急処置, 古屋英毅,高杉嘉弘, 歯界展望 別冊'94, 106, 109,   1994年, 招待有り
  • 高齢者患者管理の現状, 古屋英毅,高杉嘉弘, 別冊 The Quintessence YEAR BOOK 1994, 86, 94,   1994年, 招待有り
  • Effect on Serum Protein and Serum Colloid Osmotic Pressure, 古屋英毅,高杉嘉弘, Anesthesia Today, 1, 2, 9, 14,   1992年, 招待有り
  • 高齢者に対する歯科診療時の全身管理, 古屋英毅,高杉嘉弘, 歯学会会報, 17, 2, 19, 22,   1991年, 招待有り
  • 内側からみた中国事情-10ヵ月間中国に滞在した歯科麻酔医の目からみた現状と問題点-, 高杉嘉弘, 歯界展望, 76, 2, 427, 434,   1990年, 招待有り
  • 血管収縮薬と全身疾患, 高杉嘉弘, デンタルダイヤモンド, 12, 1, 70, 73,   1987年, 招待有り
  • 救急蘇生と薬剤, 高杉嘉弘, 歯科ジャ-ナル, 26, 5, 671, 677,   1987年, 招待有り
  • 気管内チュ-ブの特性, 高杉嘉弘, 歯科ジャ-ナル, 26, 7, 116, 123,   1987年
  • 新しい舌圧排装置”オ-ラルガ-ド”の臨床応用, 高杉嘉弘,関本恒夫,榎本貞司, 日本歯科評論, 528, 221, 226,   1986年
  • 中心静脈カテーテルに起因する深部静脈血栓症, 高杉嘉弘、塩川泰啓、平松謙二、宇野洋史、有光正史、梶川竜治、白井 達、打田智久、鎌本洋通、岩元辰篤、上原圭司、柴麻由佳、八田幸治、重盛沙恵、森本昌宏、古賀義久, 臨床麻酔, 34, 5, 873, 879, 招待有り

競争的資金

  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, 修正電気痙攣療法における血中逸脱酵素の変動, 鎌本洋通
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, カルバマゼピンの脊髄における鎮痛効果, 上原圭司
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, TNS発症への脊髄下行性抑制系の関与について, 岩本辰篤
  • 大阪難病研究財団, 海外派遣助成金, 肺塞栓症の予防と脊椎麻酔・硬膜外麻酔について, 高杉嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 局所麻酔薬急性中毒時における抗痙攣薬の効果について, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 局所麻酔薬急性中毒時におけるジアゼパムの至適投与量について, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 中枢神経系に対する少量リドカイン投与の影響, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 局所麻酔薬中毒時のジアゼパム投与による換気量の変化, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2), 精神鎮静法における鎮静深度モニターとしての脳波解析について, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(B)(2), 長時間手術の血液凝固能におよぼす影響, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2), 翼突下顎隙近位注射による下歯槽神経伝達麻酔における局所麻酔薬分布解析と臨床評価, 高杉 嘉弘
  • 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2), サイトカインとトロンボモジュリン分析による長時間手術での凝固異常要因の解析, 高杉 嘉弘
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, 自然発症高血圧ラットの加齢に伴う脳内神経伝達物質の変動, 高杉 嘉弘
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, 自然発症高血圧ラットにおける高血圧発症への脳内タウリンの関与, 高杉 嘉弘
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, 坐骨神経結紮モデルにおける慢性疼痛の脳内神経伝達物質への影響, 薮田浩一
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, 自然発症高血圧ラットへのクロニジン長期投与の効果, 冬田昌樹
  • 大阪難病研究財団, 医学研究助成金, カルバマゼピンの慢性炎症疼痛に対する疼痛抑制効果, 岩本辰篤