KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

米谷 俊コメタニ タカシ

プロフィール

所属部署名農学部 食品栄養学科 / 農学研究科
職名教授
学位農学博士
専門食品機能学、栄養学、生化学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/830-kometani-takashi.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/
メールアドレスkomet03242[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    動物を用いて食品成分や運動の生活習慣病(高血圧、糖代謝異常など)への影響について研究しています。また、胎児期の栄養状態が成長後の生活習慣病発症に及ぼす影響についても研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1978年04月 - 1980年03月, 京都大学, 大学院農学研究科, 食品工学専攻
  •  - 1978年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2009年10月,  - 2012年03月, 江崎グリコ株式会社(技術参与)
  •   2007年06月,  - 2009年09月, 江崎グリコ株式会社(所長)
  •   2000年01月,  - 2007年05月, 江崎グリコ株式会社(所長)
  •   1986年04月,  - 1999年12月, 江崎グリコ株式会社
  •   1980年04月,  - 1986年03月, 江崎グリコ株式会社

研究活動情報

論文

  • Prophylactic effects of elastin peptide derived from the bulbus arteriosus of fish on vascular dysfunction in spontaneously hypertensive rats., Takemori K, Yamamoto E, Ito H, Kometani T, Life sciences, 120, 48, 53,   2015年01月, 査読有り
  • Changes of thioredoxin, oxidative stress markers, inflammation and muscle/renal damage following intensive endurance exercise., Sugama K, Suzuki K, Yoshitani K, Shiraishi K, Miura S, Yoshioka H, Mori Y, Kometani T, Exercise immunology review, 21, 130, 142,   2015年, 査読有り
  • Possible involvement of oxidative stress as a causative factor in blood-brain barrier dysfunction in stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Takemori K, Murakami T, Kometani T, Ito H, Microvascular research, 90, 169, 172,   2013年11月, 査読有り
  • Effects of oxidative stress on vascular reactivity in the offspring of protein-restricted stroke-prone spontaneously hypertensive rats., Takemori K, Tahara A, Murakami T, Kometani T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 8, 1689, 1693,   2013年, 査読有り
  • Urinary excretion of cytokines versus their plasma levels after endurance exercise., Sugama K, Suzuki K, Yoshitani K, Shiraishi K, Kometani T, Exercise immunology review, 19, 29, 48,   2013年, 査読有り
  • 米糠含有成分の機能性とその向上, 谷口 久次, 橋本 博之, 細田 朝夫, 米谷 俊, 築野 卓夫, 安達 修二, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 59, 7, 301, 318,   2012年07月15日
    概要:米糠の中には種々の成分があり,中には重要な機能性食品となり得る成分のあることが分かってきた。本総説は,有機合成的手法や生化学的手法(酵素)を用いたフェルラ酸誘導体の合成法とその誘導体の各種機能を詳しく解説した。また,脱脂糠の亜臨界処理技術と得られた抽出物の特性と機能についても詳しく解説した。
  • Bioavailability of orally administered water-dispersible hesperetin and its effect on peripheral vasodilatation in human subjects: implication of endothelial functions of plasma conjugated metabolites., Takumi H, Nakamura H, Simizu T, Harada R, Kometani T, Nadamoto T, Mukai R, Murota K, Kawai Y, Terao J, Food & function, 3, 389, 398,   2012年04月, 査読有り
  • Promotion of non-rapid eye movement sleep in mice after oral administration of ornithine, OMORI Ken, KAGAMI Yoshiaki, YOKOYAMA Chikako, MORIYAMA Tomoko, MATSUMOTO Naomi, MASAKI Mika, NAKAMURA Hiroyasu, KAMASAKA Hiroshi, SHIRAISHI Koso, KOMETANI Takashi, KURIKI Takashi, HUANG Zhi‐Li, URADE Yoshihiro, Sleep Biol Rhythm, 10, 1, 38, 45,   2012年01月
  • Effects of long-term feeding of .ALPHA.-glucosylhesperidin on the mechanical properties of rabbit femoral arteries, NAIKI Takeru, KUROSE Yuki, HAYASHI Kozaburo, TAKUMI Hiroko, KOMETANI Takashi, Biorheology, 49, 5/6, 353, 363,   2012年
  • IL-17, neutrophil activation and muscle damage following endurance exercise., Sugama K, Suzuki K, Yoshitani K, Shiraishi K, Kometani T, Exercise immunology review, 18, 116, 127,   2012年, 査読有り
  • Effects of long-term feeding of α-glucosylhesperidin on the mechanical properties of rabbit femoral arteries., Naiki T, Kurose Y, Hayashi K, Takumi H, Kometani T, Biorheology, 49, 353, 363,   2012年, 査読有り
  • ラット好塩基球白血病細胞における生薬抽出液の脱顆粒抑制作用, 浅野 真理子, 土肥 愛, 矢澤 一良, 米谷 俊, 高橋 享子, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 58, 7, 330, 334,   2011年07月15日
    概要:本研究では,生薬のI型アレルギー抑制作用を明らかにすることを目的として,83種類の生薬について脱顆粒抑制作用を検討した.試料は,一般的な服用方法である熱水抽出物とした.RBL-2H3を用いて,抗原架橋形成による脱顆粒を誘発し,生薬による抑制効果を検討したところ,30種類の生薬に有意な濃度依存性の脱顆粒抑制効果が認められた.なかでも,根・根茎由来の粉防己,狗背,遠志,また樹皮由来の肉桂が高い効果を示し,そのIC50値はそれぞれ79.1μg/ml, 187.6μg/ml, 288.1μg/mlおよび215.7μg/mlであった.
  • 糖転移ヘスペリジンの血流改善作用, 宅見央子, 中村弘康, 釜阪寛, 米谷俊, 灘本知憲, 寺尾純二, 栗木隆, 応用糖質科学, 1, 2, 186, 193,   2011年04月20日
  • Tissue distribution of hesperetin in rats after a dietary intake., Takumi H, Mukai R, Ishiduka S, Kometani T, Terao J, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, 1608, 1610,   2011年, 査読有り
  • 高齢者用菓子類の食感に求められる要素, 宅見 央子, 中村 弘康, 白石 浩荘, 米谷 俊, 榮養學雑誌, 榮養學雑誌, 68, 2, 131, 140,   2010年04月01日
  • Production of novel bioactive compounds by enzymes, and their application to food, KOMETANI Takashi, Pure Appl Chem, 82, 1, 269, 287,   2010年01月
  • Evaluation of the Distribution and Orientation of Remineralized Enamel Crystallites in Subsurface Lesions by X-Ray Diffraction, TANAKA T., YAGI N., OHTA T., MATSUO Y., TERADA H., KAMASAKA K., TO‐O K., KOMETANI T., KURIKI T., Caries Res, 44, 3, 253, 259,   2010年
  • Effects of alpha-glucosylhesperidin on the peripheral body temperature and autonomic nervous system., Takumi H, Fujishima N, Shiraishi K, Mori Y, Ariyama A, Kometani T, Hashimoto S, Nadamoto T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, 707, 715,   2010年, 査読有り
  • 付着性の異なるビスケットと摂食・嚥下機能との関係―咀嚼と嚥下の回数・時間,口腔内残留量―, 宅見央子, 中村弘康, 福田真一, 松田紫緒, 小城明子, 大野友久, 白石浩荘, 米谷俊, 藤島一郎, 植松宏, 日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌, 13, 3, 183, 191,   2009年12月31日
  • Effect of 4G-alpha-glucopyranosyl hesperidin on brown fat adipose tissue- and cutaneous-sympathetic nerve activity and peripheral body temperature., Shen J, Nakamura H, Fujisaki Y, Tanida M, Horii Y, Fuyuki R, Takumi H, Shiraishi K, Kometani T, Nagai K, Neuroscience letters, 461, 30, 35,   2009年09月, 査読有り
  • Evaluation of enamel crystallites in subsurface lesion by microbeam X-ray diffraction., Yagi N, Ohta N, Matsuo T, Tanaka T, Terada Y, Kamasaka H, To-o K, Kometani T, Kuriki T, Journal of synchrotron radiation, 16, 398, 404,   2009年05月, 査読有り
  • Psychological stress-reducing effect of chocolate enriched with gamma-aminobutyric acid (GABA) in humans: assessment of stress using heart rate variability and salivary chromogranin A., Nakamura H, Takishima T, Kometani T, Yokogoshi H, International journal of food sciences and nutrition, 60 Suppl 5, 106, 113,   2009年, 査読有り
  • 付着性の低い食品の高齢者を対象とした口腔内残留量に関する検討, 宅見央子, 南利子, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 小城明子, 大野友久, 藤島一郎, 松田紫緒, 植松宏, 日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌, 12, 3, 478, 479,   2008年12月31日
  • 口どけ感のあるビスケットの咀嚼中の物性特性, 宅見央子, 中村弘康, 福田真一, 水木雄亮, 住野広明, 白石浩荘, 米谷俊, 森戸光彦, 塩澤光一, 日本そしゃく学会雑誌, 18, 2, 112, 121,   2008年11月30日
  • 口どけ感のあるビスケットの物性評価 : (2)「口腔内崩壊錠試験器」によるビスケット崩壊性の計測, 中村 弘康, 宅見 央子, 福田 真一, 白石 浩荘, 米谷 俊, 前田 泰明, 日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion, 日本咀嚼学会雑誌 : 咀嚼と健康 = Journal of Japanese Society for Masticatory Science and Health Promotion, 18, 2, 179, 180,   2008年11月30日
  • 口どけ感のあるビスケットの物性評価 1)咀嚼時の食塊物性の特長, 宅見央子, 中村弘康, 福田真一, 水木雄亮, 住野広明, 白石浩荘, 米谷俊, 森戸光彦, 塩澤光一, 日本そしゃく学会雑誌, 18, 2, 177, 178,   2008年11月30日
  • A formation mechanism for 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine mediated by peroxidized 2'-deoxythymidine., Goto M, Ueda K, Hashimoto T, Fujiwara S, Matsuyama K, Kometani T, Kanazawa K, Free radical biology & medicine, 45, 1318, 1325,   2008年11月, 査読有り
  • 冷えを訴える女性に及ぼす酵素処理ヘスペリジンの効果, 吉谷 佳代, 南 利子, 宅見 央子, 鏡 義昭, 白石 浩荘, 米谷 俊, 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science, 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science, 61, 5, 233, 239,   2008年10月10日
    概要:ヘスペリジンは柑橘類に多く含まれ,末梢血管強化作用が知られている。サイクロデキストリン合成酵素によってヘスペリジンを配糖化し,吸収性を向上させた酵素処理ヘスペリジンを用いて,冷え症女性に与える影響について検討した。冷えを訴える女性11名(29.6±3.9歳)を対象に酵素処理ヘスペリジン(250 mg/日)またはプラセボ(粉糖,250 mg/日)を二重盲検交差法により摂取させ単回摂取40分後と7日間継続摂取後において,手掌部に15°C,1分間の冷却負荷を与え,その後の皮膚表面温,皮膚血流量,血管幅の変化を評価した。その結果,酵素処理ヘスペリジン単回摂取時は,プラセボに比べて冷却負荷後の温度変化量,血流変化率が有意に高く,酵素処理ヘスペリジン継続摂取時においても,冷却負荷後の温度変化量,血流変化率が有意に高値を示した。よって,酵素処理ヘスペリジンを摂取することで,末梢の血流量が増加して,皮膚表面温度を回復させると考えられる。また,継続的に摂取することでその効果が維持され,冷えを緩和する可能性があることが示唆された。
  • Effects of alpha-glucosylhesperidin, a bioactive food material, on collagen-induced arthritis in mice and rheumatoid arthritis in humans., Kometani T, Fukuda T, Kakuma T, Kawaguchi K, Tamura W, Kumazawa Y, Nagata K, Immunopharmacology and immunotoxicology, 30, 117, 134,   2008年, 査読有り
  • [Application of simultaneous determination method of residual veterinary drugs to processed foods]., Fujita M, Tamura W, Tozawa T, Kometani T, Shokuhin eiseigaku zasshi. Journal of the Food Hygienic Society of Japan, 49, 416, 421,   2008年, 査読有り
  • 糖質を主体とする間食が糖尿病患者の血糖値に与える影響‐食物繊維を添加する意義について‐, 大屋道洋, 大串美奈子, 黒江彰, 谷口中, 清野裕, 北谷直美, 辻とも子, 山崎祥史, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 日本病態栄養学会誌, 10, 2, 177, 182,   2007年06月20日
  • プロテアーゼ配合タブレットの口臭抑制効果, 吉松大介, 杉村真司, 井岡俊之, 白石浩荘, 米谷俊, 山賀孝之, 宮崎秀夫, 口腔衛生学会雑誌, 57, 1, 22, 27,   2007年01月30日
  • Purification and Structure Determination of Glucosides of Capsaicin and Dihydrocapsaicin from Various Capsicum Fruits, HIGASHIGUCHI Fumiharu, NAKAMURA Hiroyasu, HAYASHI Hideo, KOMETANI Takashi, J Agric Food Chem, 54, 16, 5948, 5953,   2006年08月09日
  • Suppression of collagen-induced arthritis by oral administration of the citrus flavonoid hesperidin., Kawaguchi K, Maruyama H, Kometani T, Kumazawa Y, Planta medica, 72, 477, 479,   2006年04月, 査読有り
  • プロテアーゼ含有タブレットの舌苔除去効果, 吉松大介, 杉村真司, 井岡俊之, 白石浩荘, 米谷俊, 山賀孝之, 宮崎秀夫, 口腔衛生学会雑誌, 56, 1, 37, 41,   2006年01月30日
  • そしゃく・えん下が容易な食品に関する研究‐官能評価,物性測定,生体計測による検討‐, 南利子, 中村弘康, 福田真一, 松田賢一, 向井美恵, 米谷俊, 日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌, 9, 2, 213, 220,   2005年08月31日
  • そしゃく・えん下が容易な食品に関する研究‐高齢者調査における検討‐, 南利子, 白石浩荘, 米谷俊, 石川健太郎, 向井美恵, 日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌, 9, 2, 221, 227,   2005年08月31日
  • A New, Easy and Objective Method of Evaluating the Total Food Residue after Swallowing, MATSUDA Shio, OHNO Tomohisa, FUJISHIMA Ichiro, MINAKUCHI Shunsuke, MINAMI Toshiko, NAKAMURA Hiroyasu, KOMETANI Takashi, UEMATSU Hiroshi, 老年歯科医学, 20, 1, 17, 24,   2005年06月30日
  • Fluids containing a highly branched cyclic dextrin influence the gastric emptying rate., Takii H, Takii Nagao Y, Kometani T, Nishimura T, Nakae T, Kuriki T, Fushiki T, International journal of sports medicine, 26, 314, 319,   2005年05月, 査読有り
  • 新規配糖体の開発に関する研究 : 平成16年度日本食品科学工学会技術賞, 米谷 俊, 西村 隆久, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 52, 3, 95, 101,   2005年03月15日
  • 口腔残留量の客観的評価法に関する検討, 松田紫緒, 大野友久, 藤島一郎, 植松宏, 南利子, 米谷俊, 日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌, 8, 2, 263, 264,   2004年12月30日
  • Effect of a soybean product on serum lipid levels in female university students., Takahashi K, Kamada Y, Hiraoka-Yamamoto J, Mori M, Nagata R, Hashimoto K, Aizawa T, Matsuda K, Kometani T, Ikeda K, Yamori Y, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 31 Suppl 2, S42, 3,   2004年12月, 査読有り
  • A Sports Drink Based on Highly Branched Cyclic Dextrin Generates Few Gastrointestinal Disorders in Untrained Men during Bicycle Exercise, TAKII Hiroshi, KOMETANI Takashi, NISHIMURA Takahisa, KURIKI Takashi, FUSHIKI Tohru, Food science and technology research, Food science and technology research, 10, 4, 428, 431,   2004年11月01日
    概要:Gastrointestinal disorders after ingesting a sports drink were investigated during bicycle exercise. The experiment consisted of a preliminary exercise, a 10 min rest, and 30 min of exercise. Seven healthy untrained volunteers ingested either water or a sports drink based on highly branched cyclic dextrin (HBCD), commercially available dextrin of DE16 or glucose immediately after the preliminary exercise. The mean gastric emptying time after ingestion of the HBCD-based sports drink was significantly faster than that of the glucose-based drink. Gastrointestinal disorders were monitored by a questionnaire. The mean degree of subjective flatulence and the mean number of belches were few with the HBCD-based drink during exercise. When volunteers drank the sports drink based on 10% HBCD during bicycle exercise, they experienced few gastrointestinal disorders and consequently could continue the exercise comfortably with little fatigue.
  • 健常者のためのし好食品を含めた食品交換表の活用, 宅見央子, 大西律子, 鏡義昭, 松田賢一, 高山英子, 田中恵子, 山内睦子, 福田泰樹, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会誌, 56, 6, 341, 354,   2003年12月10日
  • Oxidative Stability, Structure, and Physical Characteristics of Microcapsules Formed by Spray Drying of Fish Oil with Protein and Dextrin Wall Materials., KAGAMI Y, SUGIMURA S, FUJISHIMA N, MATSUDA K, KOMETANI T, MATSUMURA Y, J Food Sci, 68, 7, 2248, 2255,   2003年09月
  • 健常者のためのし好食品を含めた食品交換表の作成とその精度, 宅見央子, 大西律子, 鏡義昭, 松田賢一, 高山英子, 田中恵子, 山内睦子, 福田泰樹, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会誌, 55, 1, 1, 10,   2002年02月10日
  • Antidiabetic effect of glycyrrhizin in genetically diabetic KK-Ay mice., Takii H, Kometani T, Nishimura T, Nakae T, Okada S, Fushiki T, Biological & pharmaceutical bulletin, 24, 484, 487,   2001年05月, 査読有り
  • Preparation of Glyceroglycolipids from Pumpkin and Their Effects on Polymorphic Transformation of Cocoa Butter., NAKAE T, KOMETANI T, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 6, 4, 263, 268,   2000年11月
  • Effects of Glyceroglycolipids Prepared from Various Natural Materials on Polymorphic Transformation of Cocoa Butter., NAKAE T, KOMETANI T, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 6, 4, 320, 323,   2000年11月
  • Effect of Glycolipid Fraction on Fat Bloom in Dark and Milk Chocolates., NAKAE T, KOMETANI T, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 6, 4, 269, 274,   2000年11月
  • Enhancement of swimming endurance in mice by highly branched cyclic dextrin., Takii H, Ishihara K, Kometani T, Okada S, Fushiki T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 63, 2045, 2052,   1999年12月, 査読有り
  • Permeation of hesperidin glycosides across Caco-2 cell monolayers via the paracellular pathway., Kim M, Kometani T, Okada S, Shimuzu M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 63, 2183, 2188,   1999年12月, 査読有り
  • A Method for Preparation of Soluble Carthamin, Red Pigment from Safflower, Using Glycosyl Hesperidin., KOMETANI T, NISHIMURA T, NAKAE T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 5, 3, 265, 270,   1999年08月
  • ヘスペリジン配糖体によるオレンジ果汁飲料中のヘスペリジンの沈殿抑制効果, 西村隆久, 米谷俊, 中江貴司, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会誌, 46, 6, 389, 394,   1999年06月15日
  • Synthesis of Monoacylglycerol Monoglucoside by Rice .ALPHA.-Glucosidase and Its Foaming Power., NAKAE T, KOMETANI T, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 5, 2, 214, 219,   1999年05月
  • Effects of Salt and pH on Property of Emulsion Prepared with Monolaurin Monoglucoside., NAKAE T, KOMETANI T, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Food Sci Technol Res, 5, 2, 220, 222,   1999年05月
  • ヘスペリジン配糖体によるヘスペリジンの沈殿抑制, 西村 隆久, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 小林 善則, 福本 俊一, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 45, 3, 186, 191,   1998年03月15日
    概要:The canned satsuma mandarin together with hesperidin glycosides was stored at room temperature for 6 months. The turbidity in its syrup was analyzed at intervals of 1, 3 and 6 months. Very low concentration of the glycosides, 0.004%, inhibited effectively cloudiness of the syrup. The amount of soluble hesperidin in the syrup was also analyzed by HPLC. Much amount of hesperidin was solubilized in the clear syrup. From these results, the inhibition of turbidness was caused by solubilization effects. The inhibition was not affected by high temperature and acidity. Solubilization of hesperidin by hesperidin glycosides was applied to 50% orange juice. After storage for 1 month, ninety percent of the total hesperidin of the orange juice containing hesperidin glycosides remained in the supernatant. The effects were kept more than 6 month-storage of the orange juice. From these results, it is confirmed that hesperidin glycosides solubilize hesperidin in canned satsuma mandarin and in orange juice and inhibit crystal formation of hesperidin.
  • Effects of Salts and pH on the Emulsion Stabilities of Digalactosylmonoacylglycerol and Trigalactosylmonoacylglycerol., NAKAE Takashi, KOMETANI Takashi, NISHIMURA Takahisa, TAKII Hiroshi, OKADA Shigetaka, Food Science and Technology International, Tokyo, Food Science and Technology International, Tokyo, 4, 3, 230, 234,   1998年
    概要:The effects of salts and pH on the emulsion stabilities of water/kerosene (1:1, w/w) emulsions prepared with digalactosylmonoacylglycerol (DGMG) and trigalactosylmonoacylglycerol (TGMG) were investigated. The creaming stabilities of the emulsions prepared with 0.05% DGMG and TGMG did not change up to 0.2 M CaCl2, and their medium droplet sizes were constant. The creaming stabilities of their emulsions with salts were higher, and the medium droplet sizes of their emulsions were smaller than those of the sucrose esters of fatty acids and lysolecithin. The ratio of the oil phase weight to total weight separated by centrifuging the DGMG and TGMG emulsions were constant up to 0.2 M CaCl2, and were smaller than those of the sucrose esters of fatty acids and lysolecithin. The creaming stabilities of the emulsions prepared with 0.05% DGMG and TGMG did not change with various pHs, and their medium droplet sizes were constant. The creaming stabilities of their emulsions in an acidic pH were higher than those of the sucrose esters of fatty acids. The oil phase separation by centrifuging the DGMG and TGMG emulsions were constant at various pHs.
  • Foaming Power and Emulsifying Properties of the Hydrolyzates by Lipase from Rhizopus arrhizus on Digalactosyldiacylglycerol and Trigalactosyldiacylglycerol Extracted from Pumpkin., NAKAE Takashi, KOMETANI Takashi, NISHIMURA Takahisa, TAKII Hiroshi, OKADA Shigetaka, Food Science and Technology International, Tokyo, Food Science and Technology International, Tokyo, 4, 3, 235, 240,   1998年
    概要:Digalactosyldiacylglycerol (DGDG) and trigalactosyldiacylglycerol (TGDG) were extracted from pumpkin and then hydrolyzed to the corresponding monoacylglycerols by 1,3-specific lipase from Rhizopus arrhizus. The hydrolyzates from DGDG and TGDG were identified as digalactosylmonoacylglycerol (DGMG) and trigalactosyl-monoacylglycerol (TGMG) by TLC analysis, acid hydrolysis and GC analysis, respectively. The surface tensions of the aqueous DGMG and TGMG solutions significantly decreased up to 0.005% DGMG and TGMG, and then decreased slightly at more than that concentration. The foamabilities increased with the DGMG and TGMG contents. The foamabilities and the foaming stabilities of DGMG and TGMG were superior to those of the other commercial emulsifiers. The interfacial tensions at the water/kerosene interface of DGMG and TGMG significantly decreased up to 0.001% DGMG and TGMG, and then slightly decreased at more than that concentration. The types of water/kerosene (1:1, w/w) emulsions prepared with DGMG and TGMG were O/W, respectively. The creaming stabilities and the strength of the interfacial film of the emulsions increased with the DGMG and TGMG contents. The emulsifying properties of the DGMG and TGMG emulsions were almost equal to those of the commercial emulsifiers.
  • A Novel Acid Phosphatase from Aspergillus niger KU-8 That Specifically Hydrolyzes C-6 Phosphate Groups of Phosphoryl Oligosaccharides., TO‐O K, KAMASAKA H, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 61, 9, 1512, 1517,   1997年09月
  • Lowering effect of phenolic glycosides on the rise in postprandial glucose in mice., Takii H, Matsumoto K, Kometani T, Okada S, Fushiki T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 61, 1531, 1535,   1997年09月, 査読有り
  • 馬鈴薯澱粉から調製したリン酸化オリゴ糖へのネオプルラナーゼの作用様式, 釜阪 寛, 戸尾 健二, 日下 要, 栗木 隆, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience, 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience, 44, 3, 275, 283,   1997年08月31日
  • CGTaseの転移反応によるリン酸化オリゴ糖のカルシウムリン酸沈澱阻害能の増強, 釜阪 寛, 戸尾 健二, 日下 要, 栗木 隆, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience, 応用糖質科学 : oyo toshitsu kagaku = Journal of applied glycoscience, 44, 3, 285, 293,   1997年08月31日
  • Inhibitory Effect on the Formation of a Calcium Phosphate Precipitate by the Conjugates of Ovalbumin and Phosphoryl Oligosaccharide., KAMASAKA H, TO‐O K, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, OKADA S, 応用糖質科学, 44, 3, 295, 302,   1997年08月
  • Action Pattern of Neopullulanase on Phosphoryl Oligosaccharides Prepared from Potato Starch., KAMASAKA H, TO‐O K, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, OKADA S, 応用糖質科学, 44, 3, 275, 283,   1997年08月
  • A Way of Enhancing the Inhibitory Effect of Phosphoryl Oligosaccharides on the Formation of a Calcium Phosphate Precipitate Using the Coupling Reaction of Cyclomaltodextrin Glucanotransferase., KAMASAKA H, TO‐O K, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, OKADA S, 応用糖質科学, 44, 3, 285, 293,   1997年08月
  • Effect of Phosphoryl Oligosaccharides on Iron Solubility under Neutral Conditions., KAMASAKA H, TOO K, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 61, 7, 1209, 1210,   1997年07月
  • Studies of Phosphoryl Oligosaccharides Prepared from Potato Starch., KAMASAKA H, TO‐O K, UCHIDA M, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, HAYASHI H, OKADA S, ICHIKAWA T, 応用糖質科学, 44, 2, 253, 261,   1997年06月
  • The Structures of Phosphoryl Oligosaccharides Prepared from Potato Starch., KAMASAKA H, TO‐O K, KUSAKA K, KURIKI T, KOMETANI T, HAYASHI H, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 61, 2, 238, 244,   1997年02月
  • Acceptor Specificity of Cyclodextrin Glucanotransferase from an Alkalophilic Bacillus Species and Synthesis of Glucosyl Rhamnose., KOMETANI T, TERADA Y, NISHIMURA T, NAKAE T, TAKII H, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 60, 7, 1176, 1178,   1996年07月
  • Synthesis of Neohesperidin Glycosides and Naringin Glycosides by Cyclodextrin Glucanotransferase from an Alkalophilic Bacillus Species., KOMETANI T, NISHIMURA T, NAKAE T, TAKII H, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 60, 4, 645, 649,   1996年04月
  • Cyclic .ALPHA.-1,4-Glucan Formation by Bacterial .ALPHA.-Amylases., NISHIMURA T, KOMETANI T, NAKAE T, TAKII H, OKADA S, J Ferment Bioeng, 81, 1, 26, 31,   1996年01月
  • Comparison of Some Properties of Kojic Acid Glucoside with Kojic Acid., NISHIMURA T, KOMETANI T, TAKII H, TERADA Y, OKADA S, 日本食品科学工学会誌, 42, 8, 602, 606,   1995年08月
  • [Inhibitory effects of hydroquinone-alpha-glucoside on melanin synthesis]., Nishimura T, Kometani T, Okada S, Ueno N, Yamamoto T, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 115, 626, 632,   1995年08月, 査読有り
  • Glucosylation of Caffeic Acid with Bacillus subtilis X-23 .ALPHA.-Amylase and a Description of the Glucosides., NISHIMURA T, KOMETANI T, TAKII H, TERADA Y, OKADA S, J Ferment Bioeng, 80, 1, 18, 23,   1995年07月
  • Synthesis of 3,4-Dimethoxyphenyl .BETA.-D-Glucopyranoside and Its Related Glycosides by Cultured Plant Cells., KOMETANI T, TANIMOTO H, TAKII H, NISHIMURA T, TERADA Y, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 59, 6, 1007, 1011,   1995年06月
  • Synthesis of Hesperidin Glycosides by Cyclodextrin Glucanotransferase and Stabilization of the Natural Pigments., KOMETANI T, TERADA Y, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, 日本食品科学工学会誌, 42, 5, 376, 382,   1995年05月
  • Prevention of Hesperidin Crystal Formation in Canned Mandarin Orange Syrup and Clarified Orange Juice by Hesperidin Glycosides., TERADA Yoshinobu, KOMETANI Takashi, NISHIMURA Takahisa, TAKII Hiroshi, OKADA Shigetaka, Food Science and Technology International, Tokyo, Food Science and Technology International, Tokyo, 1, 1, 29, 33,   1995年
    概要:Hesperidin glycosides are the transglycosylated products of hesperidin by CGTase (cyclodextrin glucanotransferase, EC 2.4.1.19). They are significantly more soluble in water than hesperidin and can be used as the stabilizer of natural pigments against ultraviolet irradiation. Furthermore, it was revealed that hesperidin glycosides could prevent the formation of hesperidin crystals, which cause turbidity in canned mandarin orange syrup or cloud in clarified mandarin orange juice, in aqueous solutions. Hesperidin glycosides were more effective than β-CD in preventing the turbidity in the model syrup of canned mandarin orange, and were also effective in preventing the cloud in the model orange juice. The use of hesperidin glycosides only involves adding them to the solution in order to prevent turbidity or cloud. As they were autoclavable and did not have any taste, hesperidin glycosides could be used as an agent to prevent turbidity in canned mandarin orange syrup or the cloud in clarified mandarin orange juice.
  • Transglycosylation to Hesperidin by Cyclodextrin Glucanotransferase from an Alkalophilic Bacillus Species in Alkaline pH and Properties of Hesperidin Glycosides., KOMETANI T, TERADA Y, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 58, 11, 1990, 1994,   1994年11月
  • Acceptor Specificity in the Glucosylation Reaction of Bacillus subtilis X-23 .ALPHA.-Amylase towards Various Phenolic Compounds and the Structure of Kojic Acid Glucoside., NISHIMURA T, KOMETANI T, TAKII H, TERADA Y, OKADA S, J Ferment Bioeng, 78, 1, 37, 41,   1994年07月
  • Purification and Some Properties of .ALPHA.-Amylase from Bacillus subtilis X-23 That Glucosylates Phenolic Compounds Such as Hydroquinone., NISHIMURA T, KOMETANI T, TAKII H, TERADA Y, OKADA S, J Ferment Bioeng, 78, 1, 31, 36,   1994年07月
  • Purification and Characterization of Cyclodextrin Glucanotransferase from an Alkalophilic Bacillus Species and Transglycosylation at Alkaline pHs., KOMETANI T, TERADA Y, NISHIMURA T, TAKII H, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 58, 3, 517, 520,   1994年03月
  • Glucosylation of Capsaicin by Cell Suspension Cultures of Coffea arabica., KOMETANI T, TANIMOTO H, NISHIMURA T, KANBARA I, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 57, 12, 2192, 2193,   1993年12月
  • Glucosylation of Vanillin by Cultured Plant Cells., KOMETANI T, TANIMOTO H, NISHIMURA T, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 57, 8, 1290, 1293,   1993年08月
  • A New Method for Precipitation of Various Glucosides with Cyclodextrin Glucanotransfarse., KOMETANI T, TANIMOTO H, NISHIMURA T, OKADA S, Biosci Biotechnol Biochem, 57, 7, 1185, 1187,   1993年07月
  • Crosslinking of soybean 7S and 11S proteins by transglutaminase., IKURA K, KOMETANI T, SASAKI R, CHIBA H, Agric Biol Chem, 44, 12, 2979, 2984,   1980年12月
  • Crosslinking of casein components by transglutaminase., IKURA K, KOMETANI T, YOSHIKAWA M, SASAKI R, CHIBA H, Agric Biol Chem, 44, 7, 1567, 1573,   1980年

講演・口頭発表等

  • 胎児期の低栄養曝露による生活習慣病の増悪化とその予防  -脳卒中易発症性高血圧自然発症ラットを用いて-, 上西 梢, 竹森 久美子, 木戸 慎介, 米谷 俊, 村上 哲男, 第17回日本病態栄養学会年次学術集会,   2014年01月, 第17回日本病態栄養学会年次学術集会
  • 胎児期の栄養制限による発育遅延がラット情動性と学習能に及ぼす影響, 宮本あんな, 竹森久美子, 松尾拓哉, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2013年10月01日
  • 幼若期からの継続的なグルタミン酸ナトリウム摂取が糖・脂質代謝に及ぼす影響, 竹森 久美子, 宮本あんな, 松本千恵美, 上西美貴奈, 米谷 俊, 第10回小児栄養研究会,   2013年03月, 第10回小児栄養研究会
    概要:【目的】旨味成分として知られているグルタミン酸ナトリウム(MSG)はエネルギー消費亢進に基づく抗肥満作用を持つことが知られており,近年グルタミン酸配合の粉ミルク摂取により,小児肥満が解消されることが報告されている。そこで,本研究では,離乳後からの高エネルギー食負荷ラットに対するMSG投与が糖・脂質代謝に及ぼす影響を検討した。 【方法】動物は生後3週齢のWistar ratを用いた。Control群には普通食(10% of Calories of fat, 3.8 kcal/g)を,高脂肪食群(HF群)には高脂肪食(45% of Calories of fat, 4.7 kcal/g)を飼料として与えた。またHF群は3群に分け,それぞれイオン交換水,1%MSGおよび4%MSGを飲料水として自由摂取させ,18週齢まで飼育した。血圧,体重,摂餌量,内臓皮下脂肪および除脂肪量(X線CT装置)を継時的に測定するとともに,糖負荷試験による血糖値およびインスリンの変動,血中adipocytokineの測定を行った。 【結果】①HF群に比べMSGを投与した2群では体重上昇
  • 水溶性フェルラ酸誘導体の合成とその性質, 細田朝夫, 森一, 三宅靖仁, 大崎秀介, 多中良栄, 小畑俊嗣, 築野卓夫, 安達修二, 滝井寛, 米谷俊, 谷口久次, 和歌山医学,   2012年12月31日
  • 胎児期に低栄養暴露を受けたSHRSPの糖代謝異常増悪化に対するRAS阻害の影響, 宮本あんな, 上西梢, 竹森久美子, 村上哲男, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2012年10月01日
  • SHRSPの糖代謝異常に対するライフステージ別の運動の影響, 金井康貴, 山本佑紀, 福田尚志, 竹森久美子, 村上哲男, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2012年10月01日
  • 抗ヘスペリジンモノクローナル抗体の作製とELISA,イースタンブロッティングへの応用, 松尾圭佑, 藤田啓三, 宇都拓洋, 森永紀, 正山征洋, 田中宏幸, 米谷俊, 宅見央子, 日本生薬学会年会講演要旨集,   2012年08月31日
  • 酵素を用いた新規な機能性素材,機能性食品の開発, 米谷俊, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2012年06月21日
  • 抗アレルギー性生薬がCHR誘発モデルマウスのサイトカイン産生に及ぼす影響, 浅野真理子, 佐藤詩保莉, 谷口莉奈, 矢澤一良, 米谷俊, 高橋享子, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • オルニチンと糖転移ヘスペリジンを配合した食品の睡眠改善効果, 大森健, 宅見央子, 寺田喜信, 釜阪寛, 米谷俊, 栗木隆, 黄志力, 裏出良博, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • ミルクチョコレートに含まれる遊離脂肪酸と嗜好性の関係, 吉松大介, 鈴木大介, 中村愛, 山崎祥史, 釜阪寛, 米谷俊, 栗木隆, 伏木亨, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • ミルクチョコレートに含まれる遊離脂肪酸の定性および定量分析, 鈴木大介, 吉松大介, 中村愛, 釜阪寛, 米谷俊, 栗木隆, 伏木亨, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 食を通じて人々の健康の維持,向上に貢献することを目指して, 米谷俊, 日本食品科学工学会産官学交流シンポジウム講演要旨集,   2011年12月12日
  • フラボノイドのin vivo投与が家兎大腿動脈の収縮弛緩に及ぼす効果, 黒瀬裕貴, 内貴猛, 林紘三郎, 宅見央子, 米谷俊, 日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集,   2011年10月06日
  • A201 フラボノイドのin vivo投与が家兎大腿動脈の収縮弛緩に及ぼす効果(A2-1 軟組織のバイオメカニクス3), 黒瀬 裕貴, 内貴 猛, 林 紘三郎, 宅見 央子, 米谷 俊, バイオフロンティア講演会講演論文集,   2011年10月06日
  • 分散ヘスペレチンの血流改善作用および冷え性改善作用, 宅見央子, 原田僚子, 清水洸美, 藤嶋昇, 米谷俊, 栗木隆, 灘本知憲, 日本食品科学工学会大会講演集,   2011年09月09日
  • 糖転移ヘスペリジンの血流改善作用に関する研究, 宅見央子, 中村弘康, 釜阪寛, 米谷俊, 灘本知憲, 寺尾純二, 栗木隆, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,   2011年04月26日
  • 生薬による脱顆粒抑制作用に関する研究, 浅野真理子, 柏原淑江, 崎川由美子, 矢澤一良, 米谷俊, 高橋享子, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • 食を通して人々の健康の維持,増進に貢献する~江崎グリコ(株)の機能性食品の研究開発事例~, 米谷俊, 近畿地域マッチングフォーラム,   2011年
  • 糖転移ヘスペリジンの血流改善作用, 宅見央子, 中村弘康, 釜阪寛, 米谷俊, 灘本知憲, 寺尾純二, 栗木隆, J Appl Glycosci,   2010年07月20日
  • 糖転移ヘスペリジンの機構解明(1)皮膚温上昇効果~ラットの自律神経活動測定での検討~, 中村弘康, 沈嬌, 宅見央子, 藤崎芳幸, 谷田守, 堀井裕子, 冬木梨沙, 白石浩荘, 永井克也, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 生薬の脱顆粒抑制作用及び接触過敏反応抑制効果について, 浅野真理子, 土肥愛, 矢澤一良, 米谷俊, 高橋享子, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 夕方からのストレス負荷によるGABA摂取の影響, 堀江典子, 吉田善廣, 中村弘康, 米谷俊, 尹崇燮, 横越英彦, 金武祚, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 糖転移ヘスペリジンの機構解明(2)血流改善作用~血管内皮細胞由来NO産生促進作用の検討, 宅見央子, 中村弘康, 釜阪寛, 室田佳恵子, 米谷俊, 寺尾純二, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 家兎大腿動脈におけるヘスペレチンの血管拡張作用, 古川育代, 宅見央子, 藤嶋昇, 白石浩荘, 米谷俊, 内貴猛, 林紘三郎, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2010年01月08日
  • 0216 家兎大腿動脈におけるヘスペレチンの血管拡張作用(OS2:心臓血管壁のバイオエンジニアリング), 古川 育代, 宅見 央子, 藤嶋 昇, 白石 浩荘, 米谷 俊, 内貴 猛, 林 紘三郎, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2010年01月08日
  • 高校ラクビー選手における効果的な栄養サポートプログラムの事例報告, 吉谷佳代, 佐々木将太, 恵美真子, 白石浩荘, 米谷俊, 日本スポーツ栄養研究誌,   2009年12月30日
  • 低濃度フッ素とリン酸化オリゴ糖カルシウム(POs‐Ca)併用による再石灰化効果の検証, 田中智子, 滝井寛, 釜阪寛, 北迫勇一, 田上順次, 米谷俊, 日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集(Web),   2009年10月14日
  • 舌清掃が味覚に与える影響, 吉松大介, 古川育代, 白石浩荘, 米谷俊, 口腔衛生学会雑誌,   2009年08月30日
  • 糖転移酵素の機能性素材開発への利用, 米谷俊, 食品新素材研究会講演資料,   2009年07月16日
  • 糖転移ヘスペリジンのNC/Ngaマウス皮膚炎抑制効果, 永汐永汐, 松浦祐未, 保地里美, 松山佳世, 釜阪寛, 米谷俊, 田辺創一, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2009年05月01日
  • L‐オルニチンの睡眠改善効果, 大森健, 松本直実, 中村弘康, 鏡義昭, 白石浩荘, 米谷俊, 黄志力, 裏出良博, Program Abstr 6th Congr Asian Sleep Res Soc 34th Annu Meet Jpn Soc Sleep Res 16th Annu Meet Jpn Soc Chronobiol Jt Congr 2009,   2009年
  • 食育の概念を活かした食品の研究開発, 米谷俊, 日本食品科学工学会関西支部シンポジウム,   2009年
  • 脱脂カカオ抽出物の潰瘍性大腸炎抑制作用, 松山佳世, 滝井寛, 東口文治, 滝島亨, 釜阪寛, 米谷俊, 日本食品科学工学会大会講演集,   2008年09月05日
  • 糖転移ヘスペリジンを配合した温かい飲料の経口摂取による体表温および自律神経に及ぼす影響, 古川育代, 宅見央子, 藤嶋昇, 有山愛, 梅村由貴, 樹神結花, 白石浩荘, 米谷俊, 橋本進一, 灘本知憲, 日本食品科学工学会大会講演集,   2008年09月05日
  • 菓子の嗜好性と食感についての調査〈1.年代別での考察〉, 宅見央子, 中村弘康, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 栄養学雑誌,   2008年09月
  • 菓子の嗜好性と食感についての調査〈2.高齢者の咀嚼機能別での考察〉, 中村弘康, 宅見央子, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 栄養学雑誌,   2008年09月
  • ラグビー選手の夏季合宿期における栄養摂取実態調査, 吉谷佳代, 大西律子, 白石浩荘, 米谷俊, 日本スポーツ栄養研究誌,   2008年04月30日
  • 口どけ感のあるビスケットの物性評価 2)「口腔内崩壊錠試験器」によるビスケット崩壊性の計測, 中村弘康, 宅見央子, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 前田泰明, 日本咀嚼学会学術大会・総会プログラム・抄録集,   2008年
  • 口どけ感のあるビスケットの物性評価 1)咀嚼時の食塊物性の特長, 宅見央子, 中村弘康, 福田真一, 水木雄亮, 住野広明, 白石浩荘, 米谷俊, 森戸光彦, 塩澤光一, 日本咀嚼学会学術大会・総会プログラム・抄録集,   2008年
  • DNA塩基グアノシンの新たな酸化経路について, 上田啓輔, 後藤美保, 藤原慎司, 松山佳世, 米谷俊, 橋本堂史, 金沢和樹, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   2008年
  • 222. ヘム鉄サプリメントの摂取が女子サッカー選手の血液性状とコンディションに与える影響(栄養・消化,第62回日本体力医学会大会), 吉谷 佳代, 南 章子, 白石 浩荘, 米谷 俊, 清成 則久, 体力科學,   2007年12月01日
  • 2,4‐D及びその類縁体のグループ分析法の開発, 田村航, 戸澤孝大, 米谷俊, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2007年10月01日
  • 加工原料の残留農薬検査について 2)GC/MS/MSを用いた一斉分析試験法について, 藤田光穂, 戸澤孝大, 米谷俊, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2007年10月01日
  • 加工原料の残留農薬検査について 1)検査方法と検査体制について, 宮崎芳栄, 田村航, 藤田光穂, 戸澤孝大, 米谷俊, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2007年10月01日
  • 加工原料の残留農薬検査について 3)LC/MS/MSを用いた一斉分析試験法について, 田村航, 戸澤孝大, 米谷俊, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2007年10月01日
  • 高強度持久遊泳運動における高度分岐環状デキストリンの持久力増強効果, 滝井寛, 米谷俊, 藤本佳則, 小川浩一, 日本食品科学工学会大会講演集,   2007年09月06日
  • 酵素処理ヘスペリジンの経口摂取が女性の冷房冷えを抑制する効果, 南利子, 吉谷佳代, 濱野珠美, 山下由里子, 森由佳, 吉田真由子, 白石浩荘, 米谷俊, 灘本知憲, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2007年04月20日
  • 糖転移ヘスペリジンの継続摂取による肌質改善効果, 南利子, 白石浩荘, 米谷俊, 日本薬学会年会要旨集,   2007年03月05日
  • ラグビー選手のトレーニング期におけるサプリメントを含めた栄養素摂取実態調査, 吉谷佳代, 大西律子, 米谷俊, 体力科学,   2006年12月01日
  • LC/MS/MSによる抗菌剤の一斉分析法, 藤田光穂, 田村航, 戸澤孝大, 米谷俊, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2006年09月25日
  • プロテアーゼ含有トローチを用いた舌の化学的清掃法に関する検討 第1報 舌苔付着量の変化について, 吉松大介, 藤嶋昇, 白石浩荘, 米谷俊, 石川健太郎, 村田尚道, 向井美惠, 口腔衛生学会雑誌,   2006年08月30日
  • プロテアーゼ含有トローチを用いた舌の化学的清掃法に関する検討 第2報 舌苔の変化に関与する要因について, 石川健太郎, 村田尚道, 吉松大介, 白石浩荘, 米谷俊, 向井美惠, 口腔衛生学会雑誌,   2006年08月30日
  • GABAを配合したカカオ含有食品のストレス緩和効果, 中村弘康, 滝島亨, 佐藤信之, 米谷俊, 吉田善廣, 金武祚, 横越英彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2006年08月28日
  • 種々のトウガラシからのカプサイシン配糖体およびジヒドロカプサイシン配糖体の単離・同定, 東口文治, 中村弘康, 林英雄, 米谷俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • GABA配合コーヒーのリラックス効果, 横越英彦, 柳先玉, 松岡康浩, 中村佳子, 吉田善廣, 堀江健二, 米谷俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • 酵素処理ヘスペリジンの継続的摂取が女性の冷え症に与える影響, 吉谷佳代, 南利子, 鏡義昭, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2005年04月01日
  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取による自覚的疲労度の変化~2週間の競泳強化合宿において~, 白木孝尚, 米谷俊, 野村武男, 体力科学,   2004年12月01日
  • 新規配糖体の開発に関する研究, 米谷俊, 西村隆久, 日本食品科学工学会大会講演集,   2004年09月01日
  • GABAを配合したチョコレートによるリラックス効果, 中村弘康, 岡浩司, 東口伸二, 米谷俊, 金武そ, 横越英彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2004年09月01日
  • 女性の冷え症に対する酵素処理ヘスペリジンの効果, 吉谷佳代, 中村弘康, 宅見央子, 鏡義昭, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2004年04月01日
  • ヘスペリジン配糖体摂取によるヒトのリウマチ症状改善効果について, 米谷俊, 角間辰之, 福田孝昭, 川口基一郎, 熊沢義雄, 永田見生, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • ヘスペリジン配糖体のリウマチモデルマウスでの治療効果について, 川口基一郎, 丸山弘子, 米谷俊, 角間辰之, 福田孝昭, 永田見生, 熊沢義雄, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • HBCD(Highly Branched Cluster Dextrin)ドリンクがエリート競泳選手の運動パフォーマンスに与える影響, 白木孝尚, 米谷俊, 野村武男, 体力科学,   2003年12月01日
  • 高度分岐環状デキストリン含有スポーツ飲料が運動中のヒトに与える効果, 滝井寛, 米谷俊, 西村隆久, 中江貴司, 栗木隆, 伏木亨, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2003年03月05日
  • 高分岐環状デキストリンを用いた粉末化による高度不飽和脂肪酸含有脂質の酸化安定化効果 (第一報), 鏡義昭, 杉村真司, 藤嶋昇, 松田賢一, 米谷俊, 日本食品科学工学会大会講演集,   2002年08月29日
  • 高分岐環状デキストリンを用いた粉末化による高度不飽和脂肪酸含有脂質の酸化安定化効果 (第二報), 鏡義昭, 杉村真司, 藤嶋昇, 松田賢一, 米谷俊, 日本食品科学工学会大会講演集,   2002年08月29日
  • 酵素による乳化剤の改変, 米谷俊, 食品ハイドロコロイドシンポジウム,   2002年05月24日
  • 体格別および減量実施の有無により分類した群間の食物摂取状況ならびに食習慣の違い 栄養調整食品購入者の内の減量プラン希望者を対象とした調査結果より, 宅見央子, 大西律子, 鏡義明, 谷本秀典, 宮木康有, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2001年04月01日
  • グリセロ糖脂質によるチョコレートの改質(1) ココアバターの結晶多形転移に対するグリセロ糖脂質の効果, 中江貴司, 米谷俊, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   2000年03月28日
  • グリセロ糖脂質によるチョコレートの改質(3) チョコレートのファットブルーム抑制に対するグリセロ糖脂質の影響, 中江貴司, 米谷俊, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   2000年03月28日
  • グリセロ糖脂質によるチョコレートの改質(2) ココアバターの結晶多形転移遅延効果に対するグリセロ糖脂質の構造の影響, 中江貴司, 米谷俊, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   2000年03月28日
  • ヘスペリジン配糖体のオレンジ果汁飲料への応用 (2), 西村隆久, 米谷俊, 中江貴司, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   1999年09月06日
  • ヘスペリジン配糖体による紅花由来の赤色色素,カルタミンの可溶化, 米谷俊, 西村隆久, 中江貴司, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   1999年09月06日
  • ヘスペリジン配糖体のオレンジ果汁飲料への応用, 西村隆久, 米谷俊, 加藤克佳, 岡田茂孝, 綱脇由紀, 小林善則, 福本俊一, 日本食品科学工学会大会講演集,   1998年
  • ヘスペリジン配糖体のミカン加工品への応用, 西村隆久, 米谷俊, 岡田茂孝, 小林善則, 福本俊一, 日本食品科学工学会大会講演集,   1997年
  • 米由来のα‐Glucosidaseにより配糖化されたグルコシルモノグリセライドの乳化特性, 中江貴司, 米谷俊, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   1997年
  • グリセロ糖脂質の乳化特性 : 食品, 中江 貴司, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 岡田 茂孝, 日本農藝化學會誌,   1996年03月05日
  • クラスターデキストリンのマウス持久力におよぼす効果 : 動物, 滝井 寛, 石原 健吾, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 伏木 亨, 日本農藝化學會誌,   1996年03月05日
  • Bacillus subtilis X-23の生産する転移型α-アミラーゼ(HGE)及びBSAの新規な反応について : 酵素, 西村 隆久, 米谷 俊, 滝井 寛, 中江 貴司, 岡田 茂孝, 日本農藝化學會誌,   1995年07月05日
  • CGTaseによるラムノースおよびラムノースを含有する化合物への配糖化 : 酵素, 米谷 俊, 西村 隆久, 寺田 喜信, 滝井 寛, 中江 貴司, 岡田 茂孝, 日本農藝化學會誌,   1995年07月05日
  • 配糖体の糖吸収阻害 : マウスによるスクリーニング系の確立 : 食品, 滝井 寛, 松本 圭太郎, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 伏木 亨, 日本農藝化學會誌,   1995年07月05日
  • 配糖体の糖吸収阻害; マウスを用いたスクリーニング系の確立, 滝井寛, 松元圭太郎, 米谷俊, 岡田茂孝, 伏木亨, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   1995年02月
  • ヘスペリジン配糖体の大量調製法および天然色素の安定化, 米谷俊, 寺田喜信, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本食品科学工学会大会講演集,   1995年
  • Bacillus subtilis X‐23の生産する転移型α‐アミラーゼの受用体特異性及び,コウジ酸グルコサイドの諸性質について, 西村隆久, 米谷俊, 滝井寛, 寺田喜信, 岡田茂孝, 日本農芸化学会誌,   1994年03月
  • アルカリ性細菌の生産するCGTaseとアルカリ域での糖転移反応, 米谷俊, 寺田喜信, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本農芸化学会誌,   1994年03月
  • アルカリ性細菌の生産するCGTaseによるヘスペリジンの可溶化, 米谷俊, 寺田喜信, 西村隆久, 滝井寛, 岡田茂孝, 日本農芸化学会誌,   1994年03月
  • 植物培養細胞によるメトキシフェノール類の配糖化, 米谷俊, 谷本秀典, 西村隆久, 滝井寛, 寺田喜信, 岡田茂孝, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集,   1993年07月
  • 植物培養細胞によるカプサイシンの配糖化, 米谷俊, 谷本秀典, 西村隆久, 滝井寛, 寺田喜信, 岡田茂孝, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集,   1993年07月
  • 配糖化による食品成分の改良 バニリルケトン類の配糖化とその性質, 谷本秀典, 米谷俊, 西村隆久, 岡田茂孝, 植物組織培養学会大会,シンポジウム講演要旨集,   1991年07月
  • 植物の再分化を促進する物質について(植物-細胞培養-), 米谷 俊, 岡田 茂孝, 安田 武司, 山口 禎, 日本農藝化學會誌,   1988年03月15日

MISC

  • 低出生体重ラットへのL‐グルタミン酸ナトリウム投与による生活習慣病改善効果, 竹森久美子, 宮本あんな, 米谷俊, 日本体質医学会雑誌, 78, 3, 217, 217,   2016年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602266823125776
  • 若齢ラットへの高脂肪負荷による糖代謝異常発症に対するL‐グルタミン酸ナトリウム持続摂取の影響, 竹森久美子, 竹森久美子, 宮本あんな, 米谷俊, 米谷俊, 機能性食品と薬理栄養, 10, 5, 301‐308,   2017年02月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702221550449631
  • 短期食餌制限が高血圧性臓器障害発症に及ぼす影響, 竹森 久美子, 長野 紗也加, 巽 都香沙, 米谷 俊, 日本体質医学会雑誌, 78, 2, 146, 147,   2016年06月
  • 柿ポリフェノールの機能性 (研究小集会(第24回)果汁部会), 米谷 俊, 竹森 久美子, 日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 63, 7, 331, 337,   2016年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020880651
  • SHRSPの血管障害に対するカツオ動脈球由来エラスチンペプチドの効果, 竹森久美子, 堀内喜高, 赤星保光, 米谷俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 2E070 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602252183438763
  • 柿ポリフェノールの機能性, 米谷俊, 日本食品科学工学会大会講演集, 62nd, 177,   2015年08月27日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602214735487431
  • 小麦グルテン加水分解物の血糖上昇抑制効果, 嵯峨根里穂, 三矢沙貴奈, 竹森久美子, 竹森久美子, 米谷俊, 米谷俊, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 2E066 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602254107697955
  • 柿ポリフェノールによる糖質の消化・吸収抑制作用, 大久保麻里, 赤穂慧介, 石井和弘, 森本正則, 竹森久美子, 竹森久美子, 米谷俊, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 54th, 62,   2015年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602207897611075
  • 生後高脂肪食摂取による代謝異常に対するグルタミン酸ナトリウム(MSG)の作用―胎児期栄養環境の影響―, 巽都香沙, 松本氣寧子, 竹内康晃, 竹森久美子, 竹森久美子, 米谷俊, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 54th, 56,   2015年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602206696422464
  • 短期食餌制限が高血圧性臓器障害発症に及ぼす影響, 竹森久美子, 長野紗也加, 巽都香沙, 米谷俊, 日本体質医学会雑誌, 77, 2, 121,   2015年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502205704873078
  • 胎児期の低栄養が成長後の健康に与える影響と機能性成分によるその改善, 米谷俊, 竹森久美子, お菓子フォーラム, 125, 1, 4,   2014年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402209059356109
  • 新規に調製した柿ポリフェノールの糖代謝異常改善効果について, 赤穂慧介, 川島未紗子, 川口大貴, 村上哲男, 石井和弘, 竹森久美子, 米谷俊, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 486th, 48,   2014年09月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402206238962667
  • 胎児期の栄養制限と生後の高脂肪食摂取による代謝異常およびグルタミン酸ナトリウム(MSG)投与によるその改善, 宮本あんな, 井上晴賀, 阪田佳鈴巳, 竹森久美子, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 68th, 277,   2014年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402268099307220
  • SHRSPにおける成長期短期間食餌制限の影響, 竹森久美子, 巽都香沙, 長野紗也加, 米谷俊, 伊藤浩行, 高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集, 50th, 52,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502255761183840
  • 胎児期の低栄養が成長後の健康に与える影響と機能性成分によるその改善, 米谷俊, 竹森久美子, 食品新素材研究会講演資料, 59th, 31, 35,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402213322657345
  • 胎児期の栄養制限による発育遅延がラット情動性と学習能に及ぼす影響, 宮本あんな, 竹森久美子, 松尾拓哉, 米谷俊, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 52nd, 45,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402298521781719
  • HACCP教育講座(4)酵素を用いた新規な機能性素材,機能性食品の開発, 米谷俊, 日本食品保蔵科学会誌, 39, 4, 229, 235,   2013年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302283074156840
  • 食品と疾病 食物繊維 10.小麦フスマと血糖コントロール, 米谷俊, Funct Food, 7, 1, 53, 59,   2013年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302223017414619
  • 酵素を用いた新規な機能性素材,機能性食品の開発, 米谷 俊, 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science, 39, 4, 229, 235,   2013年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019792528
  • 小麦フスマと血糖コントロール (特集 食品と疾病 食物繊維), 米谷 俊, Functional food : 機能性食品の基礎から臨床へ, 7, 1, 53, 59,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019734408
  • 機能性おやつの研究開発 (特集 機能性おやつの開発と展望), 米谷 俊, Bio industry, 29, 4, 23, 29,   2012年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019231773
  • A201 フラボノイドのin vivo投与が家兎大腿動脈の収縮弛緩に及ぼす効果(A2-1 軟組織のバイオメカニクス3), 黒瀬 裕貴, 内貴 猛, 林 紘三郎, 宅見 央子, 米谷 俊, バイオフロンティア講演会講演論文集, 2011, 22, 79, 80,   2011年10月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009663340
  • 無塩醤油様調味料とその高血圧予防作用, 松井 利郎, 大森 健, 米谷 俊, 植木 達朗, 野田 義治, 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan, 106, 9, 587, 596,   2011年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029707145
    概要:健康で、健やかな生活を達成することを目的として,厚生労働省では2000年より「健康日本21」運動を展開している。その一方で,近年,メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が糖尿病,高血圧症,高脂血症などの生活習慣病とリンクした疾患との認識が高まり,いかに動脈硬化や心・脳疾患リスクを低減するかが重要な課題となりつつある。食生活の改善はその解決策のひとつであり,疾病の改善をサポートする保健機能食品(栄養機能食品や特定保健用食品)の効率的な利用も一助と考えられる。しかしながら,これら疾病を未然に防ぐにはやはり食生活の質が重要となる。本稿では,日本人の食生活には欠かせない醤油について,無塩醤油様調味料の開発を通して分かった潜在的な抗高血圧作用と関与成分のひとつと考えられるペプチドの生理作用について総論を述べたい。
  • 糖転移ヘスペリジンの血流改善作用(糖質関連酵素化学シンポジウム), 宅見 央子, 中村 弘康, 釜阪 寛, 米谷 俊, 灘本 知憲, 寺尾 純二, 栗木 隆, 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌, 1, 2, 186, 193,   2011年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009691181
    概要:ヘスペリジンは,柑橘類の果皮に多く含まれるフラボノイドで,多岐にわたる生理作用を有するものの水溶性が極めて低いために食品への利用に制限があった。われわれは,シクロデキストリン合成酵素により,ヘスペリジンにα-1,4結合でグルコースを転移させ,水溶性を高めた糖転移ヘスペリジンの生理活性に着目し,血流改善作用について研究を行ってきた。冷え性をモデルとした試験では,局部急速冷却負荷試験および全身緩慢冷却負荷試験の両方において,糖転移ヘスペリジンが末梢の血流や皮膚表面温度を高く維持する作用がみられた。また,糖転移ヘスペリジンを継続摂取することにより,目の下の「くま」が軽減され,肌のハリや柔らかさが改善する傾向が示唆された。血流改善作用の機構として,血管内皮細胞由来のNO(血管拡張物質)の産生促進作用に関する機構と,自律神経を介した機構の2つの関与が示唆された。実際に,糖転移ヘスペリジンをヒトが継続摂取することで,血流や自律神経に関する項目で体調の改善がみられた。以上の結果より,糖転移ヘスペリジンは,冷えや肩こり,腰痛,肌荒れなどの婦人科疾患の改善をはじめ,人々の健康増進に役立つ成分である可能性が示された。
  • 糖尿病者向け菓子の研究開発, 米谷 俊, 食品加工技術, 31, 3, 138, 144,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019040430
  • 糖質関連酵素の機能性素材開発への利用―糖転移ヘスペリジンの血流改善効果を中心に―, 米谷俊, 日本食品新素材研究会誌, 13, 1, 28, 33,   2010年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002215343739833
  • 0216 家兎大腿動脈におけるヘスペレチンの血管拡張作用(OS2:心臓血管壁のバイオエンジニアリング), 古川 育代, 宅見 央子, 藤嶋 昇, 白石 浩荘, 米谷 俊, 内貴 猛, 林 紘三郎, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2009, 22,   2010年01月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008064406
  • チョコレートとその機能性, 米谷 俊, 食品加工技術, 30, 3, 116, 123,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017417616
  • ビスケットのテクスチャーとおいしさ--高齢者向けの咀嚼、嚥下が容易な食品の開発 (特集 テクスチャーとおいしさ), 米谷 俊, おいしさの科学, 13, 30, 35,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017188443
  • リン酸化オリゴ糖カルシウム配合ガム摂取による初期う蝕の再石灰化および再結晶化促進効果, 滝井寛, 田中智子, 釜阪寛, 藤井裕子, 石塚紗和子, 浅井一久, 米谷俊, 薬理と治療, 37, 10, 849, 856,   2009年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273947017223
  • 糖転移ヘスペリジン含有コラーゲン飲料の継続摂取による皮膚状態の改善効果, 南利子, 宅見央子, 藤嶋昇, 白石浩荘, 米谷俊, Fragr J, 36, 4, 68, 71,   2008年04月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228398525801
  • この人に聞く 研究最前線 安全・安心を保証し、健康を科学して「おいしさと健康」を実現する 江崎グリコ健康科学研究所所長 米谷俊氏, 米谷 俊, Food style 21, 12, 1, 12, 14,   2008年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015792008
  • もろみ酢の機能性とその利用, 嘉数 なおみ, 米谷 俊, 食品加工技術, 28, 3, 104, 109,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016383830
  • 業界の動き 食品の品質保証における一考察--「安全・安心」の保証は,業界共通の課題, 米谷 俊, 戸澤 孝大, 食品加工技術, 28, 3, 126, 130,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016383834
  • 222. ヘム鉄サプリメントの摂取が女子サッカー選手の血液性状とコンディションに与える影響(栄養・消化,第62回日本体力医学会大会), 吉谷 佳代, 南 章子, 白石 浩荘, 米谷 俊, 清成 則久, 体力科學, 56, 6,   2007年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006652516
  • 糖質を主体とする間食が糖尿病患者の血糖値に与える影響 : 食物繊維を添加する意義について, 大屋 道洋, 大串 美奈子, 黒江 彰, 谷口 中, 清野 裕, 北谷 直美, 辻 とも子, 山崎 祥史, 福田 真一, 白石 浩荘, 米谷 俊, 日本病態栄養学会誌, 10, 2, 177, 182,   2007年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019831703
  • 糖尿病患者における菓子の摂取実態と意識について―糖尿病患者および医師を対象としたインターネットアンケート調査から―, 綿田裕孝, 山崎祥史, 福田真一, 白石浩荘, 米谷俊, 高橋徳江, 弘世貴久, 河盛隆造, プラクティス, 24, 1, 73, 78,   2007年01月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298260315189
  • 特別寄稿 αGヘスペリジンの生活習慣病改善効果--メタボリックシンドロームへの展開, 岡本 俊博, 冨永 知之, 米谷 俊, Food style 21, 9, 12, 20, 22,   2005年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007036741
  • 酵素を用いた新規配糖体の合成とその利用, 米谷俊, バイオサイエンスとインダストリー, 62, 10, 657, 662,   2004年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298246724432
  • 油脂の粉末化―マイクロカプセル化による機能性の付与―, 米谷俊, 生物工学会誌, 82, 4, 159,   2004年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902238557624307
  • 小麦ふすまおよび難消化性デキストリンを含有するビスケットの摂取がヒトの排便状況に及ぼす影響, 松田賢一, 宅見央子, 大西律子, 米谷俊, 木村靖子, 島田玲子, 石川秀樹, 健康・栄養食品研究, 6, 2, 13, 24,   2003年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225066355563
  • クラスターデキストリンの持久力増強効果 (特集 スポーツと疲労回復), 米谷 俊, 滝井 寛, 白木 孝尚, Food style 21, 7, 10, 62, 65,   2003年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005958041
  • 糖質関連酵素による生理活性物質の改良に関する研究, 米谷 俊, 食品加工技術, 23, 1, 1, 9,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005745325
  • 新しいスポーツドリンクの開発, 米谷 俊, 滝井 寛, 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine, 20, 2,   2000年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012987514
  • 次世代デザート・飲料を創る最新技術 ヘスペリジン配糖体の新しい用途 食品の味質改善について, 米谷俊, 西村隆久, 浜芳明, 福本俊一, 岡田茂孝, 月刊フードケミカル, 16, 3, 58, 65,   2000年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902122890931553
  • ヘスペリジン配糖体の新しい用途--食品の味質改善について (特集 次世代デザート・飲料を創る最新技術), 米谷 俊, 西村 隆久, 濱 芳明, 月刊フ-ドケミカル, 16, 3, 58, 65,   2000年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004556744
  • 新規な環状澱粉の特性とその応用, 米谷 俊, 岡田 茂孝, 月刊フ-ドケミカル, 13, 11, 104, 109,   1997年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004556232
  • 新規な環状澱粉の特性とその応用, 米谷俊, 岡田茂孝, 月刊フードケミカル, 13, 11, 104, 109,   1997年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101726605605
  • ヘスペリジン配糖体のミカン産業への応用, 米谷俊, 西村隆久, 小林善則, 福本俊一, 岡田茂孝, 食品工業, 40, 2, 52-56,57,   1997年01月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902173341206921
  • ヘスペリジン配糖体の食品への利用 (特集 食品化学研究) -- (1997年注目食品素材の動向), 米谷 俊, 月刊フ-ドケミカル, 13, 1, 108, 115,   1997年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004556391
  • 食品化学研究1997年注目食品素材の動向 ヘスペリジン配糖体の食品への利用, 米谷俊, 月刊フードケミカル, 13, 1, 108, 115,   1997年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902175971506950

特許

  • リウマチの症状改善用飲食品, 米谷 俊, 酒井 京子, 熊沢 義雄, 川口 基一郎, 特願2009-244588, 特開2010-031033
  • 高吸収性薬剤組成物およびその製造方法, 戸塚 裕一, 内山 博雅, 竹内 洋文, 飯田 純久, 米谷 俊, 特願2009-202898, 特開2011-051938
  • 高吸収性薬剤組成物およびその製造方法, 戸塚 裕一, 内山 博雅, 竹内 洋文, 飯田 純久, 米谷 俊, 特願2009-202898, 特開2011-051938, 特許第5653602号
  • 体調を改善する効果を持つ新規もろみ酢, 米谷 俊, 嘉数 なおみ, 特願2006-299853, 特開2007-186495
  • カプサイシン類配糖体の分離精製方法, 中村 弘康, 松山 佳世, 吉谷 佳代, 田村 航, 鏡 義昭, 米谷 俊, 特願2004-113275, 特開2005-298360
  • 可溶性フラボノイド類の製造方法, 中村 弘康, 谷本 秀典, 宮木 康有, 米谷 俊, 特願2003-099472, 特開2004-305027
  • リウマチの症状改善用飲食品および医薬, 米谷 俊, 酒井 京子, 熊沢 義雄, 川口 基一郎, 特願2002-342848, 特開2004-002284
  • リウマチの症状改善用飲食品および医薬, 米谷 俊, 酒井 京子, 熊沢 義雄, 川口 基一郎, 特願2002-342848, 特開2004-002284, 特許第4592249号
  • 高度分岐環状デキストリンを含む飲料, 滝井 寛, 米谷 俊, 西村隆久, 中江貴司, 栗木 隆, 特願2002-280617, 特開2003-169642
  • 新規な高分岐環状デキストリンを含有する粉末状油脂及びその製造方法及びそれを利用した飲食物, 中井 威, 井 上 浩 一, 米谷 俊, 特願2001-241320, 特開2003-049190
  • 新規な高分岐環状デキストリンを含有する粉末調味料及びその製造方法, 中井 威, 井 上 浩 一, 米谷 俊, 特願2001-241321, 特開2003-047430
  • 新規な高分岐環状デキストリンを含有する粉末状油脂及びその製造方法及びそれを利用した飲食物, 米谷 俊, 中井 威, 井上 浩一, 特願2001-235629, 特開2003-049189
  • 新規な高分岐環状デキストリンを含有する粉末状油脂及びその製造方法及びそれを利用した飲食物, 米谷 俊, 中井 威, 井上 浩一, 特願2001-235629, 特開2003-049189, 特許第3865294号
  • 飲食物および医薬品, 米谷 俊, 酒井 京子, 田中 卓二, 特願2001-226834, 特開2003-040781
  • 糖転移物の製造方法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, JP2001002601, WO2001-073106
  • 糖転移物の製造方法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願2001-570821, 特許第4043015号
  • 皮膚外用剤, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中山 宏基, 特願2001-033212, 特開2001-316268
  • 高血糖状態により引き起こされる症状を改善する食品, 岡田茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願2000-262621, 特開2002-065207
  • ファットブルーム防止剤およびその利用, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願2000-137887, 特開2001-029014
  • ファットブルーム防止剤およびその利用, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願2000-137887, 特開2001-029014, 特許第4101433号
  • 飲食物および薬品, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平11-214117, 特開2000-078955
  • 飲食物および薬品, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平11-214118, 特開2000-078956
  • イソフラボン誘導体ならびに動植物由来の有用成分の製造法, 岡田茂孝, 米谷 俊, 西村隆久, 中江貴司, 滝井 寛, 特願平11-138916, 特開2000-327691
  • 新規イソフラボン誘導体, 岡田茂孝, 米谷 俊, 西村隆久, 中江貴司, 滝井 寛, 特願平11-138923, 特開2000-327692
  • 柑橘系果汁ならびに果汁飲料の製造方法, 岡田茂孝, 米谷俊, 西村隆久, 中江貴司, 滝井寛, 特願平11-045944, 特開2000-236856
  • 柑橘系果汁ならびに果汁飲料の製造方法, 岡田茂孝, 米谷俊, 西村隆久, 中江貴司, 滝井寛, 特願平11-045944, 特開2000-236856, 特許第3878763号
  • 飲食物, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平10-280555, 特開2000-083621
  • カルタミンの可溶化法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平10-223574, 特開2000-038520
  • カルタミンの可溶化法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平10-223574, 特開2000-038520, 特許第4327920号
  • 乳化剤およびこれを添加した食品, 中江 貴司, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 特願平9-091637, 特開平10-262575
  • フラボノイド可溶化法、その糖転移法及び高濃度フラボノイド溶液, 西村 隆久, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平8-281442, 特開平10-101705
  • フラボノイド可溶化法、その糖転移法及び高濃度フラボノイド溶液, 西村 隆久, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 中江 貴司, 滝井 寛, 特願平8-281442, 特開平10-101705, 特許第4202439号
  • 金属イオン存在下及び/又は酸性条件下において乳化能のある界面活性剤, 中江 貴司, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 特願平8-071320, 特開平9-234357
  • ヘスペリジンの結晶析出防止法並びにみかん又はみかん果汁を含む液状食品の白濁防止法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平6-255998, 特開平8-080177
  • ヘスペリジンの結晶析出防止法並びにみかん又はみかん果汁を含む液状食品の白濁防止法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平6-255998, 特開平8-080177, 特許第3536138号
  • 着色料及び/又はビタミンを含む食品等の安定化法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平6-072449, 特開平7-241181
  • 着色料及び/又はビタミンを含む食品等の安定化法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平6-072449, 特開平7-241181, 特許第3398463号
  • コウジ酸配糖体の製造法及びコウジ酸モノグルコサイドの製造法, 岡田 茂孝, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平6-068890, 特開平7-236496
  • 可溶性フラボノイド類の製造方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-256141, 特開平7-107972
  • 可溶性フラボノイド類の製造方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-256141, 特開平7-107972, 特許第3989561号
  • カプサイシン配糖体、ジヒドロカプサイシン配糖体、それらの製造法及びそれらを含む食品, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平5-254635, 特開平7-082289
  • カプサイシン配糖体、ジヒドロカプサイシン配糖体、それらの製造法及びそれらを含む食品, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平5-254635, 特開平7-082289, 特許第3506466号
  • アミラーゼX−23およびその製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-109706, 特開平6-277053
  • 配糖体の製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-109705, 特開平6-277087
  • 配糖体の製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-109705, 特開平6-277087, 特許第2805273号
  • アミラーゼX−23およびその製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 滝井 寛, 寺田 喜信, 特願平5-109706, 特開平6-277053, 特許第2662667号
  • 動植物中の有用成分を濃縮し精製する方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平4-109283, 特開平5-276971
  • 新規な糖化合物を含有する飲食物の製造方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平4-109282, 特開平5-276883
  • 動植物中の有用成分を濃縮し精製する方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平4-109283, 特開平5-276971, 特許第3238192号
  • 新規な糖化合物を含有する飲食物の製造方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平4-109282, 特開平5-276883, 特許第3156056号
  • 糖化合物及びその製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平3-262847, 特開平5-070502
  • 糖化合物及びその製造法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平3-262847, 特開平5-070502, 特許第3104084号
  • 植物培養細胞に水難溶性及び不溶性の物質を導入する方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 西村 隆久, 特願平3-207342, 特開平5-023177
  • アーモンド樹の育成方法, 岡田 茂孝, 神原 績, 米谷 俊, 谷本 秀典, 特願平1-258467, 特開平3-119931

受賞

  •   2004年, 日本食品科学工学会, 技術賞, 新規配糖体の開発に関する研究