KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

桝井 貴史マスイ タカシ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名診療講師
学位博士(医学)
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレスmasui[at]naramed-u.ac.jp
Last Updated :2017/11/22

学歴・経歴

学歴

  • 2011年04月 - 2015年03月, 奈良県立医科大学 大学院
  • 1996年04月 - 2002年03月, 奈良県立医科大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   2015年10月,  - 現在, 近畿大学医学部奈良病院 耳鼻咽喉科

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 耳鼻咽喉科学

研究キーワード

  • 頭頸部癌

論文

  • Snail-induced EMT promotes cancer stem cell-like properties in head and neck cancer cells., Ota I, Masui T, Kurihara M, Yook JI, Mikami S, Kimura T, Shimada K, Konishi N, Yane K, Yamanaka T, Kitahara T, Oncology reports,   2015年10月, 査読有り
  • Snail-induced epithelial-mesenchymal transition promotes cancer stem cell-like phenotype in head and neck cancer cells., Masui T, Ota I, Yook JI, Mikami S, Yane K, Yamanaka T, Hosoi H, International journal of oncology, 44, 3, 693, 699,   2014年03月, 査読有り
  • Heparin-binding EGF-like growth factor enhances the activity of invasion and metastasis in thyroid cancer cells., Ota I, Higashiyama S, Masui T, Yane K, Hosoi H, Matsuura N, Oncology reports, 30, 4, 1593, 1600,   2013年10月, 査読有り
  • Expression of REG III and prognosis in head and neck cancer., Masui T, Ota I, Itaya-Hironaka A, Takeda M, Kasai T, Yamauchi A, Sakuramoto-Tsuchida S, Mikami S, Yane K, Takasawa S, Hosoi H, Oncology reports, 30, 2, 573, 578,   2013年08月, 査読有り
  • Impact of positron emission tomography with the use of fluorodeoxyglucose on response to induction chemotherapy in patients with oropharyngeal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma., Kawakita D, Masui T, Hanai N, Ozawa T, Hirakawa H, Terada A, Nishio M, Hosoi H, Hasegawa Y, Acta oto-laryngologica, 133, 5, 523, 530,   2013年05月, 査読有り
  • Low-intensity ultrasound enhances the anticancer activity of cetuximab in human head and neck cancer cells., Masui T, Ota I, Kanno M, Yane K, Hosoi H, Experimental and therapeutic medicine, 5, 1, 11, 16,   2013年01月, 査読有り
  • Therapeutic strategies for head and neck cancer based on p53 status., Ota I, Okamoto N, Yane K, Takahashi A, Masui T, Hosoi H, Ohnishi T, Experimental and therapeutic medicine, 3, 4, 585, 591,   2012年04月, 査読有り
  • Intraoperative diagnosis of cancer metastasis in sentinel lymph node of oral cancer patients., Terada A, Hasegawa Y, Yatabe Y, Hyodo I, Ogawa T, Hanai N, Ikeda A, Nagashima Y, Masui T, Hirakawa H, Nakashima T, Oral oncology, 44, 9, 838, 843,   2008年09月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • Snailによる癌幹細胞様特性の獲得と幹細胞性の維持, 桝井 貴史,   2014年06月
  • Snailによる上皮間葉移行の誘導と癌幹細胞様特性の獲得, 桝井 貴史,   2014年05月
  • 下咽頭癌におけるREGⅢの発現と治療感受性, 桝井 貴史,   2013年06月
  • 下咽頭癌におけるREG遺伝子ファミリーの発現と予後, 桝井 貴史,   2012年06月
  • Combination of cetuximab and low-intensity ultrasound causes an additive enhancement in apoptosis induction in human head and neck cancer cells., 桝井 貴史,   2012年04月
  • Combination of cetuximab and low-intensity ultrasound causes an additive enhancement in apoptosis induction in human head and neck cancer cells., 桝井 貴史,   2011年12月
  • 血球貪食症候群を発症した亜急性壊死性リンパ節炎の1例, 桝井 貴史,   2011年06月
  • 両喉頭肉芽腫の1例, 桝井 貴史,   2010年11月
  • 鰓弓耳腎症候群(BORS)の1例, 桝井 貴史,   2010年07月
  • 鼻前庭に発生した神経鞘腫の1例, 桝井 貴史,   2010年02月
  • 原発不明頸部転移癌の検討, 桝井 貴史,   2009年11月
  • 当科における甲状腺未分化癌の治療方針について, 桝井 貴史,   2009年05月
  • 当科における甲状腺未分化癌の治療方針について, 桝井 貴史,   2008年10月
  • 中下咽頭癌におけるFDG/PET-CTの化療効果と予後予測因子の検討, 桝井 貴史,   2007年11月
  • 当科で経験した原発不明頸部転移癌の検討, 桝井 貴史,   2006年06月

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 耳鼻咽喉科, 近畿大学医学部奈良病院