KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大和 勝幸ヤマト カツユキ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門植物分子遺伝学、比較ゲノム学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/499-yamato-katsuyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ゼニゴケを使って、有性生殖のしくみを研究しています。雌雄を決定する性染色体の進化・機能、精子が卵に誘引され、卵と融合するしくみを中心に、「ゲノム」という視点で研究を進めています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1993年, 京都大学, 農学研究科, 農芸化学
  •  - 1988年, 京都大学, 農学部, 農芸化学

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2010年04月,  - 2016年03月, 近畿大学(准教授)
  •   1999年04月,  - 2010年03月, 京都大学(助手/助教)
  •   1997年08月,  - 1999年03月, 京都大学(助手)
  •   1997年06月,  - 1997年08月, ミズーリ大学コロンビア校(研究員)
  •   1995年06月,  - 1997年05月, ミズーリ大学コロンビア校(日本学術振興会 海外特別研究員)
  •   1993年06月,  - 1995年05月, ミズーリ大学コロンビア校(研究員)
  •   1993年04月,  - 1993年05月, 京都大学(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 境界農学, 応用分子細胞生物学
  • ゲノム科学, ゲノム生物学
  • ゲノム科学, 基礎ゲノム科学
  • 農芸化学, 応用生物化学
  • 基礎生物学, 植物分子生物・生理学
  • 境界農学, 応用分子細胞生物学

研究キーワード

  • 性染色体, ゼニゴケ, Y染色体, 基部陸上植物, コケ植物, 半数体, 雌雄異株, EST, 反復配列, 生殖器官誘導, 生殖器官, 生殖, 形質転換, PACクローン, RDA, PACライブラリ, X染色体, プロテオーム, 栄養成長相, トランスクリプトーム, 生殖成長相, 精子, 進化, 生殖器誘導, 変異体解析, 雌特異的遺伝子, 環境応答, シロイヌナズナ, 遺伝子発現, フィトクロム, 植物分子生物学

論文

  • "Fusion" in fertilization: interdisciplinary collaboration among plant and animal scientists, YAMATO Katsuyuki T., KUCHITSU Kazuyuki, Journal of Plant Research, 130, 3, 419‐421,   2017年05月
  • n-Hexanal and (Z)-3-hexenal are generated from arachidonic acid and linolenic acid by a lipoxygenase in Marchantia polymorpha L., Tawfik MM, Yamato KT, Kohchi T, Koeduka T, Matsui K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 1, 8,   2017年02月, 査読有り
  • Dynamic reorganization of the endomembrane system during spermatogenesis in Marchantia polymorpha., Minamino N, Kanazawa T, Nishihama R, Yamato KT, Ishizaki K, Kohchi T, Nakano A, Ueda T, Journal of plant research,   2017年02月, 査読有り
  • Transcriptome and proteome analyses provide insight into laticifer's defense of Euphorbia tirucalli against pests., Kitajima S, Miura K, Aoki W, Yamato KT, Taira T, Murakami R, Aburaya S, Plant physiology and biochemistry : PPB / Societe francaise de physiologie vegetale, 108, 434, 446,   2016年08月, 査読有り
  • An Evolutionarily Conserved Plant RKD Factor Controls Germ Cell Differentiation., Koi S, Hisanaga T, Sato K, Shimamura M, Yamato KT, Ishizaki K, Kohchi T, Nakajima K, Current biology : CB, 26, 13, 1775, 1781,   2016年07月, 査読有り
  • 和歌山県固有植物キイシモツケの蛇紋岩土壌への適応と分子系統学によるイワシモツケおよびトサシモツケとの比較, 明渡絵里朱, 平田智子, 上井和幸, 高木祐子, 水野隆文, 水野直治, 小林真, 小池孝良, 大和勝幸, 大和勝幸, 秋田求, 秋田求, 泉井桂, 泉井桂, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 21, 33‐48,   2016年05月31日
  • Abscisic acid-induced gene expression in the liverwort Marchantia polymorpha is mediated by evolutionarily conserved promoter elements., Ghosh TK, Kaneko M, Akter K, Murai S, Komatsu K, Ishizaki K, Yamato KT, Kohchi T, Takezawa D, Physiologia plantarum, 156, 4, 407, 420,   2016年04月, 査読有り
  • Transcriptional Framework of Male Gametogenesis in the Liverwort Marchantia polymorpha L., Higo A, Niwa M, Yamato KT, Yamada L, Sawada H, Sakamoto T, Kurata T, Shirakawa M, Endo M, Shigenobu S, Yamaguchi K, Ishizaki K, Nishihama R, Kohchi T, Araki T, Plant & cell physiology, 57, 2, 325, 338,   2016年02月, 査読有り
  • Identification of miRNAs and Their Targets in the Liverwort Marchantia polymorpha by Integrating RNA-Seq and Degradome Analyses., Lin PC, Lu CW, Shen BN, Lee GZ, Bowman JL, Arteaga-Vazquez MA, Liu LY, Hong SF, Lo CF, Su GM, Kohchi T, Ishizaki K, Zachgo S, Althoff F, Takenaka M, Yamato KT, Lin SS, Plant & cell physiology, 57, 2, 339, 358,   2016年02月, 査読有り
  • The naming of names: guidelines for gene nomenclature in Marchantia., Bowman JL, Araki T, Arteaga-Vazquez MA, Berger F, Dolan L, Haseloff J, Ishizaki K, Kyozuka J, Lin SS, Nagasaki H, Nakagami H, Nakajima K, Nakamura Y, Ohashi-Ito K, Sawa S, Shimamura M, Solano R, Tsukaya H, Ueda T, Watanabe Y, Yamato KT, Zachgo S, Kohchi T, Plant & cell physiology, 57, 2, 257, 261,   2016年02月, 査読有り
  • Cryopreservation of Gemmae from the Liverwort Marchantia polymorpha L., Tanaka D, Ishizaki K, Kohchi T, Yamato KT, Plant & cell physiology, 57, 2, 300, 306,   2016年02月, 査読有り
  • Molecular Genetic Tools and Techniques for Marchantia polymorpha Research., Ishizaki K, Nishihama R, Yamato KT, Kohchi T, Plant & cell physiology, 57, 2, 262, 270,   2016年02月, 査読有り
  • SNARE Molecules in Marchantia polymorpha: Unique and Conserved Features of the Membrane Fusion Machinery., Kanazawa T, Era A, Minamino N, Shikano Y, Fujimoto M, Uemura T, Nishihama R, Yamato KT, Ishizaki K, Nishiyama T, Kohchi T, Nakano A, Ueda T, Plant & cell physiology, 57, 2, 307, 324,   2016年02月, 査読有り
  • Arachidonic acid-dependent carbon-eight volatile synthesis from wounded liverwort (Marchantia polymorpha)., Kihara H, Tanaka M, Yamato KT, Horibata A, Yamada A, Kita S, Ishizaki K, Kajikawa M, Fukuzawa H, Kohchi T, Akakabe Y, Matsui K, Phytochemistry, 107, 42, 49,   2014年11月, 査読有り
  • Phototropin encoded by a single-copy gene mediates chloroplast photorelocation movements in the liverwort Marchantia polymorpha., Komatsu A, Terai M, Ishizaki K, Suetsugu N, Tsuboi H, Nishihama R, Yamato KT, Wada M, Kohchi T, Plant physiology, 166, 1, 411, 427,   2014年09月, 査読有り
  • 生殖研究のモデル植物としてのゼニゴケ, 大和 勝幸, 作物研究, 作物研究, 59, 1, 10,   2014年07月15日
    概要:受精は有性生殖の根幹をなすプロセスである.多くの生物種で,卵は精子走化性物質によって精子を誘引し,卵に到達した精子は卵と融合して受精が成立する.精子走化性を含む受精のしくみを理解するために,ウニなどの水棲生物や,ほ乳類が研究に用いられてきた.しかし,これらは生化学の材料としては優れているものの,分子遺伝学的アプローチには不利なものが多い.そのため,受精を支える分子機構の理解も未だに限定的である.そこで著者らが注目したのが,精子を用いて受精する,基部陸上植物ゼニゴケである.ゼニゴケと動物には一部の受精関連遺伝子が保存されており,両者に共通する受精のしくみの存在が期待されている.また,被子植物の重複受精は複雑であるが,元は基部陸上植物の生殖機構に近いものから進化したと考えられる.従って,陸上植物に共通する受精のしくみを理解するためにも,ゼニゴケは有用なモデルとなりうる.ゼニゴケは,制御系遺伝子に重複が少ない,形質転換系が確立されているなど,実験生物としても優れている.これらを受け,ゼニゴケは精子走化性や動植物に共通する受精のしくみを明らかにするためのモデルとして期待される.
  • Co-option of a photoperiodic growth-phase transition system during land plant evolution., Kubota A, Kita S, Ishizaki K, Nishihama R, Yamato KT, Kohchi T, Nature communications, 5, 3668,   2014年04月, 査読有り
  • Physcomitrella patens has kinase-LRR R gene homologs and interacting proteins., Tanigaki Y, Ito K, Obuchi Y, Kosaka A, Yamato KT, Okanami M, Lehtonen MT, Valkonen JP, Akita M, PloS one, 9, 4, e95118,   2014年, 査読有り
  • Plastid transformation of sporelings and suspension-cultured cells from the liverwort Marchantia polymorpha L., Chiyoda S, Yamato KT, Kohchi T, Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1132, 439, 447,   2014年, 査読有り
  • Visualization of auxin-mediated transcriptional activation using a common auxin-responsive reporter system in the liverwort Marchantia polymorpha., Ishizaki K, Nonomura M, Kato H, Yamato KT, Kohchi T, Journal of plant research, 125, 5, 643, 651,   2012年09月, 査読有り
  • 見えてきたゼニゴケゲノム, 大和勝幸,河内孝之, 植物科学の最前線, 3, 71, 83,   2012年07月
  • Comparative study of gene expression and major proteins' function of laticifers in lignified and unlignified organs of mulberry., Kitajima S, Taira T, Oda K, Yamato KT, Inukai Y, Hori Y, Planta, 235, 3, 589, 601,   2012年03月, 査読有り
  • ANGUSTIFOLIA, a plant homolog of CtBP/BARS, functions outside the nucleus., Minamisawa N, Sato M, Cho KH, Ueno H, Takechi K, Kajikawa M, Yamato KT, Ohyama K, Toyooka K, Kim GT, Horiguchi G, Takano H, Ueda T, Tsukaya H, The Plant journal : for cell and molecular biology, 68, 5, 788, 799,   2011年12月, 査読有り
  • Evolutionarily conserved regulatory mechanisms of abscisic acid signaling in land plants: characterization of ABSCISIC ACID INSENSITIVE1-like type 2C protein phosphatase in the liverwort Marchantia polymorpha., Tougane K, Komatsu K, Bhyan SB, Sakata Y, Ishizaki K, Yamato KT, Kohchi T, Takezawa D, Plant physiology, 152, 3, 1529, 1543,   2010年03月, 査読有り
  • Application of Lifeact Reveals F-Actin Dynamics in Arabidopsis thaliana and the Liverwort, Marchantia polymorpha, Era, A., Yamato, K.T., Ebine, K. Nakano, A. Ueda, T., Tominaga, M. Awai, C. Saito, C. Nakano, A. , Ishizaki, K. Kohchi, T., Plant Cell Physiol., 50, 6, 1041, 1048,   2009年06月, 査読有り
  • Cloning and characterization of a squalene synthase gene from a petroleum plant, Euphorbia tirucalli L., Uchida H, Yamashita H, Kajikawa M, Ohyama K, Nakayachi O, Sugiyama R, Yamato KT, Muranaka T, Fukuzawa H, Takemura M, Ohyama K, Planta, 229, 6, 1243, 1252,   2009年05月, 査読有り
  • 極小Y染色体 - コケの性染色体に印された♂♀の設計図, 大和 勝幸, 遺伝, 63, 5, 36, 41,   2009年05月
  • ゼニゴケの培養法, 大和 勝幸,石崎 公庸,河内 孝之, 低温科学, 67, 23, 29,   2009年03月
  • Gene content, organization and molecular evolution of plant organellar genomes and sex chromosomes: insights from the case of the liverwort Marchantia polymorpha., Ohyama K, Takemura M, Oda K, Fukuzawa H, Kohchi T, Nakayama S, Ishizaki K, Fujisawa M, Yamato K, Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences, 85, 3, 108, 124,   2009年, 査読有り
  • Direct transformation of the liverwort Marchantia polymorpha L. by particle bombardment using immature thalli developing from spores., Chiyoda S, Ishizaki K, Kataoka H, Yamato KT, Kohchi T, Plant cell reports, 27, 9, 1467, 1473,   2008年09月, 査読有り
  • Agrobacterium-mediated transformation of the haploid liverwort Marchantia polymorpha L., an emerging model for plant biology., Ishizaki K, Chiyoda S, Yamato KT, Kohchi T, Plant & cell physiology, 49, 7, 1084, 1091,   2008年07月, 査読有り
  • Production of arachidonic and eicosapentaenoic acids in plants using bryophyte fatty acid Delta6-desaturase, Delta6-elongase, and Delta5-desaturase genes., Kajikawa M, Matsui K, Ochiai M, Tanaka Y, Kita Y, Ishimoto M, Kohzu Y, Shoji S, Yamato KT, Ohyama K, Fukuzawa H, Kohchi T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 72, 2, 435, 444,   2008年02月, 査読有り
  • Gene organization of the liverwort Y chromosome reveals distinct sex chromosome evolution in a haploid system., Yamato KT, Ishizaki K, Fujisawa M, Okada S, Nakayama S, Fujishita M, Bando H, Yodoya K, Hayashi K, Bando T, Hasumi A, Nishio T, Sakata R, Yamamoto M, Yamaki A, Kajikawa M, Yamano T, Nishide T, Choi SH, Shimizu-Ueda Y, Hanajiri T, Sakaida M, Kono K, Takenaka M, Yamaoka S, Kuriyama C, Kohzu Y, Nishida H, Brennicke A, Shin-i T, Kohara Y, Kohchi T, Fukuzawa H, Ohyama K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 15, 6472, 6477,   2007年04月, 査読有り
  • Simple and efficient plastid transformation system for the liverwort Marchantia polymorpha L. suspension-culture cells., Chiyoda S, Linley PJ, Yamato KT, Fukuzawa H, Yokota A, Kohchi T, Transgenic research, 16, 1, 41, 49,   2007年02月, 査読有り
  • Isolation and functional characterization of fatty acid delta5-elongase gene from the liverwort Marchantia polymorpha L., Kajikawa M, Yamato KT, Sakai Y, Fukuzawa H, Ohyama K, Kohchi T, FEBS letters, 580, 1, 149, 154,   2006年01月, 査読有り
  • A front-end desaturase from Chlamydomonas reinhardtii produces pinolenic and coniferonic acids by omega13 desaturation in methylotrophic yeast and tobacco., Kajikawa M, Yamato KT, Kohzu Y, Shoji S, Matsui K, Tanaka Y, Sakai Y, Fukuzawa H, Plant & cell physiology, 47, 1, 64, 73,   2006年01月, 査読有り
  • Cloning and characterization of a cDNA encoding beta-amyrin synthase from petroleum plant Euphorbia tirucalli L., Kajikawa M, Yamato KT, Fukuzawa H, Sakai Y, Uchida H, Ohyama K, Phytochemistry, 66, 15, 1759, 1766,   2005年08月, 査読有り
  • Expressed sequence tags from callus of Euphorbia tirucalli: A resource for genes involved in triterpenoid and sterol biosynthesis, KAJIKAWA M, YAMATO K T, KOHZU Y, SAKATA R, FUKUZAWA H, UCHIDA H, OHYAMA K, Plant Biotechnol, 21, 5, 349, 353,   2004年12月, 査読有り
  • Plant regeneration from internode explants of Euphorbia tirucalli, UCHIDA H, NAKAYACHI O, OTANI M, KAJIKAWA M, KOHZU Y, YAMATO K T, FUKUZAWA H, SHIMADA T, OHYAMA K, Plant Biotechnol, 21, 5, 397, 399,   2004年12月, 査読有り
  • Expression profiling-based identification of CO2-responsive genes regulated by CCM1 controlling a carbon-concentrating mechanism in Chlamydomonas reinhardtii., Miura K, Yamano T, Yoshioka S, Kohinata T, Inoue Y, Taniguchi F, Asamizu E, Nakamura Y, Tabata S, Yamato KT, Ohyama K, Fukuzawa H, Plant physiology, 135, 3, 1595, 1607,   2004年07月, 査読有り
  • Isolation and characterization of delta(6)-desaturase, an ELO-like enzyme and delta(5)-desaturase from the liverwort Marchantia polymorpha and production of arachidonic and eicosapentaenoic acids in the methylotrophic yeast Pichia pastoris., Kajikawa M, Yamato KT, Kohzu Y, Nojiri M, Sakuradani E, Shimizu S, Sakai Y, Fukuzawa H, Ohyama K, Plant molecular biology, 54, 3, 335, 352,   2004年02月, 査読有り
  • A mutant with constitutive sexual organ development in Marchantia polymorpha L., Yamaoka S, Takenaka M, Hanajiri T, Shimizu-Ueda Y, Nishida H, Yamato KT, Fukuzawa H, Ohyama K, SEXUAL PLANT REPRODUCTION, 16, 5, 253, 257,   2004年01月, 査読有り
  • MpFAE3, aβ-Ketoacyl-CoA Synthase Gene in the Liverwort Marchantia polymorpha L., Is Preferentially Involved in Elongation of Palmitic Acid to Stearic Acid(Biochemistry & Molecular Biology), Kajikawa Masataka, Yamato Katsuyuki T., Kanamaru Hiroyuki, SAKURADANI Eiji, SHIMIZU Sakayu, FUKUZAWA Hideya, SAKAI Yasuyoshi, OHYAMA Kanji, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 8, 1667, 1674,   2003年08月, 査読有り
    概要:Fatty acid chain elongation is a crucial step in the biosynthesis of long chain fatty acids. An essential reaction in the elongation process is condensation of malonyl-CoA with acyl-CoA, which is catalyzed by β-ketoacyl-CoA synthase (KCS) in plants. We have isolated and characterized the MpFAE3 gene, one of the KCS gene family in the liverwort Marchantia polymorpha. Transgenic M. polymorpha plants overexpressing Mp-FAE3 accumulate fatty acids 18 : 0, 20 : 0, and 22 : 0. In these plants, the amount of 16 : 0 is reduced to 50% of wild type. In a heterologous assay, transgenic methylotrophic yeast expressing the MpFAE3 gene accumulates fatty acid 18 : 0 and generates several longer fatty acids which are not detectable in the control, accompanied by a decrease of 16 : 0. These observations indicate that the MpFAE3 protein is preferentially involved in the elongation of 16 : 0 to 18 : 0 and also in the subsequent steps of 18 : 0 to 20 : 0 and 20 : 0 to 22 : 0 in M. polymorpha.
  • Functional analysis of a beta-ketoacyl-CoA synthase gene, MpFAE2, by gene silencing in the liverwort Marchantia polymorpha L., Kajikawa M, Yamaoka S, Yamato KT, Kanamaru H, Sakuradani E, Shimizu S, Fukuzawa H, Ohyama K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 3, 605, 612,   2003年03月, 査読有り
  • Evolution of ribosomal DNA unit on the X chromosome independent of autosomal units in the liverwort Marchantia polymorpha., Fujisawa M, Nakayama S, Nishio T, Fujishita M, Hayashi K, Ishizaki K, Kajikawa M, Yamato KT, Fukuzawa H, Ohyama K, Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology, 11, 7, 695, 703,   2003年, 査読有り
  • MpFAE3, a beta-ketoacyl-CoA synthase gene in the liverwort Marchantia polymorpha L., is preferentially involved in elongation of palmitic acid to stearic acid., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 67(8):1667-74,   2003年
  • Multicopy genes uniquely amplified in the Y chromosome-specific repeats of the liverwort Marchantia polymorpha., Ishizaki K, Shimizu-Ueda Y, Okada S, Yamamoto M, Fujisawa M, Yamato KT, Fukuzawa H, Ohyama K, Nucleic acids research, 30, 21, 4675, 4681,   2002年11月, 査読有り
  • Isolation of X and Y chromosome-specific DNA markers from a liverwort, Marchantia polymorpha, by representational difference analysis., Fujisawa M, Hayashi K, Nishio T, Bando T, Okada S, Yamato KT, Fukuzawa H, Ohyama K, Genetics, 159, 3, 981, 985,   2001年11月, 査読有り
  • The Y chromosome in the liverwort Marchantia polymorpha has accumulated unique repeat sequences harboring a male-specific gene., Okada S, Sone T, Fujisawa M, Nakayama S, Takenaka M, Ishizaki K, Kono K, Shimizu-Ueda Y, Hanajiri T, Yamato KT, Fukuzawa H, Brennicke A, Ohyama K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 98, 16, 9454, 9459,   2001年07月, 査読有り
  • Bryophyte 5S rDNA was inserted into 45S rDNA repeat units after the divergence from higher land plants., Sone T, Fujisawa M, Takenaka M, Nakagawa S, Yamaoka S, Sakaida M, Nishiyama R, Yamato KT, Ohmido N, Fukui K, Fukuzawa H, Ohyama K, Plant molecular biology, 41, 5, 679, 685,   1999年11月, 査読有り
  • Group I introns in the liverwort mitochondrial genome: the gene coding for subunit 1 of cytochrome oxidase shares five intron positions with its fungal counterparts., Ohta E, Oda K, Yamato K, Nakamura Y, Takemura M, Nozato N, Akashi K, Ohyama K, Michel F, Nucleic acids research, 21, 5, 1297, 1305,   1993年03月, 査読有り
  • Cloning and nucleotide sequence of a frxC-ORF469 gene cluster of Synechocystis PCC6803: conservation with liverwort chloroplast frxC-ORF465 and nif operon., Ogura Y, Takemura M, Oda K, Yamato K, Ohta E, Fukuzawa H, Ohyama K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 56, 5, 788, 793,   1992年05月, 査読有り
  • Gene organization deduced from the complete sequence of liverwort Marchantia polymorpha mitochondrial DNA. A primitive form of plant mitochondrial genome., Oda K, Yamato K, Ohta E, Nakamura Y, Takemura M, Nozato N, Akashi K, Kanegae T, Ogura Y, Kohchi T, Journal of molecular biology, 223, 1, 1, 7,   1992年01月, 査読有り
  • Mitochondrial genome structure of rice suspension culture from cytoplasmic male-sterile line (A-58CMS): Reappraisal of the master circle., Theoretical and Applied Genetics, 83, 279, 288,   1992年01月, 査読有り

書籍等出版物

  • 動植物の受精学, 大和 勝幸, 分担執筆, コケ・シダ植物の受精, 化学同人,   2014年02月, 9784759815146
  • 農芸化学の事典, 農芸化学の事典, 大和 勝幸, 共著, 朝倉書店,   2009年03月
    概要:「ミトコンドリアDNA」「オルガネラ」の2項目について解説
  • オルガネラゲノムの進化, 大山莞爾,小倉 豊,小田賢司,大和勝幸,太田英史,中村保一,竹村美保,野里直子,明石欣也,鐘ヶ江健,山田康之, 共著, シュプリンガー・フェアラーク,   1991年01月

講演・口頭発表等

  • ゼニゴケのPARNはミトコンドリアmRNAポリA鎖長を制御する, 金澤まい, 池田陽子, 西浜竜一, 山岡尚平, 大和勝幸, 河内孝之, 平山隆志, 平山隆志, 日本RNA学会年会要旨集,   2017年07月19日
  • ゼニゴケを「スリープ」させる, 大和 勝幸, Cryopreservation Conference 2016,   2016年11月11日, 招待有り
  • トランスクリプトームとプロテオーム解析によるミドリサンゴの乳液の防御機能の研究, 北島佐紀人, 三浦謙治, 青木航, 青木航, 大和勝幸, 平良東紀, 村上隆太, 油屋駿介, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   2016年09月15日
  • ゼニゴケX染色体に存在するREPRESSOR OF SILENCING 1ホモログMpROS1Xの機能解析, 十川太輔, 原田大士朗, 池田陽子, 塚本成幸, 石崎公庸, 丹羽優喜, 荒木崇, 山口勝司, 重信秀治, 河内孝之, 大和勝幸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2016年09月01日
  • ゼニゴケの栄養繁殖器官におけるトランスクリプトーム解析, 塚本成幸, 大和勝幸, 山口勝司, 重信秀治, 深城英弘, 三村徹郎, 河内孝之, 石崎公庸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2016年09月01日
  • トランスクリプトーム解析による苔類ゼニゴケの造精器および精子の発生に機能する因子の探索, 肥後あすか, 大和勝幸, 遠藤求, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2016年09月01日
  • 植物の雄性配偶子形成に関する転写因子の進化:苔類ゼニゴケを用いた研究によりわかってきたこと, 肥後あすか, 河島友和, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, BERGER Frederic, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2016年09月01日
  • Genome and Genomics in Marchantia polymorpha, Takayuki Kohchi, Katsuyuki Yamato, Kimitsune Ishizaki3, Shohei Yamaoka, Ryuichi Nishihama, John Bowman, EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • Analysis of the genes for plant spermiogenesis using a liverwort Marchantia polymorpha, Asuka Higo, Katsuyuki Yamato, Tomokazu Kawashima, Kimitsune Ishizaki, Takayuki Kohchi, Frederic Berger, Takashi Araki, EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • Cell type-specific reorientation of a trafficking pathway led to acquisition of new organelles during land plant evolution, Kanazawa et al., EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • Membrane trafficking system plays important roles in sperm function of Marchantia polymorpha, Minamino et al., EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • RNA processing in plastids and mitochondria with a limited number of pentatricopeptide repeat (PPR) proteins in Marchantia polymorpha, Takenaka et al., EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • Critical role of the R2R3-MYB gene GEMMA CUP-ASSOCIATED MYB1 for vegetative propagation in the liverwort Marchantia polymorpha L., Tsukamoto et al., EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • The transcription factor BONOBO plays a central role in transition from vegetative to reproductive growth in the liverwort Marchantia polymorpha, Yamaoka et al., EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution,   2016年06月
  • Functional diversification of SYP1 members in Marchantia polymorpha, KANAZAWA Takehiko, ERA Atsuko, ERA Atsuko, MINAMINO Naoki, MORINAKA Hatsune, NORIZUKI Takuya, FUJIMOTO Masaru, UEMURA Tomohiro, NISHIHAMA Ryuichi, YAMATO Katsuyuki T., ISHIZAKI Kimitsune, NISHIYAMA Tomoaki, KOHCHI Takayuki, NAKANO Akihiko, NAKANO Akihiko, UEDA Takashi, UEDA Takashi, 日本植物生理学会年会要旨集,   2016年03月11日
  • Functional characterization of GCAM1, an R2R3-MYB essential for the development of gemma cup in the liverwort Marchantia polymorpha L., TSUKAMOTO Shigeyuki, SUGAYA Tomomi, YAMATO Katsuyuki T., NISHIHAMA Ryuichi, KUBO Hiroyoshi, FUKAKI Hidehiro, MIMURA Tetsuro, KOHCHI Takayuki, ISHIZAKI Kimitsune, 日本植物生理学会年会要旨集,   2016年03月11日
  • Day length- and light quality-dependent expression of BONOBO, a master regulatory gene for growth-phase transition in the liverwort Marchantia polymorpha, YAMAOKA Shohei, INOUE Keisuke, TOMOGANE Hirokazu, NISHIHAMA Ryuichi, YAMAGUCHI Katsushi, SHIGENOBU Shuji, ISHIZAKI Kimitsune, YAMATO Katsuyuki T., KOHCHI Takayuki, 日本植物生理学会年会要旨集,   2016年03月11日
  • Characterization of MpROS1X, an X-chromosomal homolog of REPRESSOR OF SILENCING 1, in the liverwort Marchantia polymorpha, TOGAWA Taisuke, HARADA Daijiro, TSUKAMOTO Shigeyuki, ISHIZAKI Kimitsune, NIWA Masaki, ARAKI Takashi, YAMAGUCHI Katsushi, SHIGENOBU Shuji, KOHCHI Takayuki, YAMATO Katsuyuki T., 日本植物生理学会年会要旨集,   2016年03月11日
  • 陸上植物固有のR‐SNAREに存在する挿入配列の機能とその起源, 藤本優, 海老根一生, 石崎公庸, 大和勝幸, 深尾陽一朗, 植村知博, 丸山桃子, 井坂奈々子, 堤伸浩, 河内孝之, 中野明彦, 中野明彦, 上田貴志, 上田貴志, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),   2016年
  • ゼニゴケゲノムから見える受精関連遺伝子群, 大和 勝幸、河内 孝之, 第38回 日本分子生物学会年会,   2015年12月04日
  • ゼニゴケ精子超低温保存法の開発, 十川 太輔,安達 徹,田中 大介,石崎 公庸,河内 孝之,大和 勝幸, Cryopreservation Conference 2015,   2015年10月, 招待有り
  • ゼニゴケ遺伝資源の-80℃保存技術の開発, 田中大介,福元達也,加藤愛,石崎公庸,河内孝之,大和勝幸, Cryopreservation Conference 2015,   2015年10月
  • ゼニゴケ精子超低温保存法の開発, 十川太輔, 安達徹, 田中大介, 石崎公庸, 河内孝之, 大和勝幸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2015年09月01日
  • ゼニゴケ初期胚発生を制御する因子の探索, 丹羽優喜, 酒井友希, 石田喬志, 西浜竜一, 石崎公庸, 大和勝幸, 澤進一郎, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2015年09月01日
  • ゼニゴケの杯状体形成を制御するGCAM1の機能解析, 塚本成幸, 菅谷友美, 大和勝幸, 西浜竜一, 久保浩義, 深城英弘, 三村徹郎, 河内孝之, 石崎公庸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2015年09月01日
  • ゼニゴケのSNARE分子から観る膜融合装置の保存性と多様性, 金澤建彦, 恵良厚子, 恵良厚子, 南野尚紀, 鹿野悠, 藤本優, 植村知博, 西浜竜一, 大和勝幸, 石崎公庸, 西山智明, 河内孝之, 中野明彦, 中野明彦, 上田貴志, 上田貴志, 日本植物学会大会研究発表記録,   2015年09月01日
  • The Sexy Genome and Cool Cryopreservation of Marchantia polymorpha, 大和 勝幸, German-Japanese Joint Seminar 2015,   2015年09月, 招待有り
  • Toward understanding the molecular mechanism of spermatogenesis in plants using a liverwort Marchantia polymorpha as a model, Higo Asuka,Ishizaki Kimitsune,Yamato Katsuyuki,Kohchi Takayuki,Araki Takashi, 日本植物学会大会,   2015年09月
  • Membrane traffic in spermatogenesis of Marchantia polymorpha, Minamino Naoki,Kanazawa Takehiko,Era Atsuko,Nishihama Ryuichi,Yamato Katsuyuki,Ishizaki Kimitsune,Kohchi Takayuki,Nakano Akihiko,Ueda Takashi, 日本植物学会大会,   2015年09月
  • 転写因子BONOBOは苔類ゼニゴケの有性生殖器官形成を制御する, 山岡尚平, 友金寛和, 西浜竜一, 山口勝司, 重信秀治, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • R2R3‐MYB型転写因子GCAM1は苔類ゼニゴケの杯状体形成を制御する, 塚本成幸, 菅谷友美, 大和勝幸, 西浜竜一, 久保浩義, 七條千津子, 深城英弘, 三村徹郎, 河内孝之, 石崎公庸, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • ゼニゴケゲノムアノテーションデータベースの構築, 長崎英樹, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中村保一, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • 苔類ゼニゴケの雄性配偶子形成過程を制御する分子機構の解析, 肥後あすか, 丹羽優喜, 大和勝幸, 坂本智昭, 倉田哲也, 白川一, 重信秀治, 石崎公庸, 西浜竜一, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおけるRAB GTPaseの網羅的解析, 南野尚紀, 金澤建彦, 恵良厚子, 西浜竜一, 大和勝幸, 石崎公庸, 西山智明, 河内孝之, 中野明彦, 上田貴志, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • ゼニゴケ精子凍結保存法の開発, 十川太輔, 安達徹, 田中大介, 石崎公庸, 河内孝之, 大和勝幸, 日本植物生理学会年会要旨集,   2015年03月09日
  • ゼニゴケアラキドン酸由来炭素数8揮発性化合物の代謝経路, 木原弘友, 田中摩耶, 大和勝幸, 山田晶示, 喜多沙也加, 石崎公庸, 河内孝之, 赤壁善彦, 肥塚崇男, 松井健二, 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web),   2015年01月24日
  • The Marchantia genome: the final progress report., 大和 勝幸, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月, 招待有り
  • Cryopreservation of Marchantia polymorpha., 大和 勝幸, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月, 招待有り
  • Toward understanding of the molecular mechanism regulating the formation of the male gametophyte, A. Higo, M. Niwa, T. Sakamoto, K. Ishizaki, K. Yamato, M. Shirakawa, M. Endo, T. Kurata, R. Nishihama, T. Kohch), T. Araki, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • Phototropin encoded by a single-copy gene mediates chloroplast photorelocation movements in Marchantia polymorpha L., A. Komatsu, M. Terai, K. Ishizaki, N. Suetsugu, H. Tsuboi, R. Nishihama, K. T. Yamato, M. Wada, T. Kohchi, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • Transformation of Marchantia polymorpha using the bar gene as a selection selection marker, T. Nishimura, T. Nakagawa, K. T. Yamato, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • Phenotypic analyses of MpLFY knockout plants, M. Niwa, Y. Sakai, A. Higo, M. Endo, A. Yamaguchi, K. Ishizaki, K. T. Yamato, R. Nishihama, T. Kohchi, T. Araki, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • PPR proteins in Marchantia polymorpha - key factors of RNA processing in plant organelles, M. Takenaka, K. T. Yamato, Y. Matsuda, M. Shirakawa, S. Yamaoka, K. Ishizaki, T. Kohchi, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • Sperm cryopreservation in Marchantia polymorpha L., T. Togawa, T. Adachi, D. Tanaka, K. Ishizaki, T. Kohchi, K. T. Yamato, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • GEMMA CUP-ASSOCIATED MYB1 is essential for the development of gemmacup in the liverwort Marchantia polymorpha L., S. Tsukamoto, T. Sugaya, K.T. Yamato, K. Yamaguchi, S. Shigenobu, H. Kubo, H. Fukaki, T. Mimura, T. Kohchi, K. Ishizaki, Marchantia Workshop 2014,   2014年12月
  • 新興モデル生物ゼニゴケの長期安定保存法の開発, 大和 勝幸,田中 大介,安達 徹,十川 太輔,塚本 成幸,平田千穂, 石崎 公庸,河内 孝之, Cryopreservation Conference 2014,   2014年10月, 招待有り
  • ゼニゴケ精子凍結保存法の開発, 十川 太輔,安達 徹,田中 大介,石崎 公庸,河内 孝之,大和 勝幸, Cryopreservation Conference 2014,   2014年10月
  • ガラス化法を用いたゼニゴケ無性芽および葉状体組織の超低温保存技術の確立, 田中 大介,塚本成幸,平田千穂,大和勝幸,河内孝之,石崎公庸, Cryopreservation Conference 2014,   2014年10月
  • C3/C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaを用いたC4光合成成立遺伝子の探索, 原田大士朗, 坂本智昭, 倉田哲也, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日
  • ゼニゴゲの接合子におけるMpLFYの機能解析, 丹羽優喜, 酒井友希, 肥後あすか, 遠藤求, 山口礼子, 石崎公庸, 大和勝幸, 西浜竜一, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日
  • ゼニゴケの栄養繁殖器官で発現するR2R3型MYB遺伝子の単離と機能解析, 塚本成幸, 菅谷友美, 大和勝幸, 山口勝司, 重信秀治, 西浜竜一, 七條千津子, 久保浩義, 河内孝之, 深城英弘, 三村徹郎, 石崎公庸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日
  • ゼニゴケ無性芽の-80°Cフリーザーでの長期保存法の開発, 田中大介, 大和勝幸, 石崎公庸, 河内孝之, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日
  • 苔類ゼニゴケの造精器および精子の発生過程に関与する遺伝子発現プログラムを制御する機構の解析, 肥後あすか, 丹羽優喜, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 西浜竜一, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2014年09月01日
  • ゼニゴケ炭素数8揮発性化合物の生合成経路の解明, 木原弘友, 田中摩耶, 大和勝幸, 山田晶示, 喜多沙也加, 石崎公庸, 河内孝之, 赤壁善彦, 肥塚崇男, 松井健二, 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集,   2014年05月31日
  • ゼニゴケ研究地平への投射:オーキシン信号伝達を例に, 河内孝之, 加藤大貴, 西浜竜一, 大和勝幸, 石崎公庸, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • 新興モデル生物ゼニゴケ無性芽の超低温保存法の開発, 田中大介, 大和勝幸, 石崎公庸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • ゼニゴケMpLFYノックアウト株の表現型解析, 丹羽優喜, 酒井友希, 肥後あすか, 遠藤求, 山口礼子, 石崎公庸, 大和勝幸, 西浜竜一, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaのDe novoトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • ゼニゴケゲノムアノテーションデータベースの構築, 長崎英樹, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中村保一, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),   2014年
  • ゼニゴケ無性芽のガラス化法による超低温保存, 田中大介, 大和勝幸, 石崎公庸, 河内孝之, 低温生物工学会セミナー及び年会講演要旨集,   2014年
  • Sex in Marchantia polymorpha., 大和 勝幸, Marchantia Workshop 2013,   2013年12月, 招待有り
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計を介した成長相制御機構, 久保田茜, 喜多祥吾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 西浜竜一, 河内孝之, 時間生物学,   2013年10月30日
  • ゼニゴケ炭素数8揮発性化合物の生合成経路の解明, 木原弘友, 田中摩耶, 大和勝幸, 山田晶示, 喜多沙也加, 石崎公庸, 河内孝之, 赤壁善彦, 松井健二, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集,   2013年10月05日
  • C3,C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaの成長点におけるトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 坂本智昭, 倉田哲也, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2013年08月20日
  • 陸上植物固有のR‐SNAREに存在する挿入配列の起源とその機能, 藤本優, 海老根一生, 丸山桃子, 井坂奈々子, 植村知博, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中野明彦, 上田貴志, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 次世代シーケンサーによるC3/C4光合成型Eleocharis viviparaトランスクリプトームの比較, 原田大士朗, 平田樹, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計の分子ネットワーク, 久保田茜, 喜多祥吾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 原核生物型PEBPファミリータンパク質CORのシロイヌナズナとゼニゴケにおける機能解析, 森花小百合, 竹本覚, 辻井由香, 有手友嗣, 竹村美保, 酒井友希, 山口礼子, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • ゼニゴケゲノム解析とゲノムアノテーションデータベースの構築, 長崎英樹, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中村保一, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),   2013年
  • Function of ANGUSTIFOLIA, a plant homolog of CtBP/BARS, in bryophytes, N. Minamisawa, Y. Hashida, K. Takechi, M. Kajikawa, K.T. Yamato, T. Ueda, H. Tsukaya, H. Takano, Marchantia Workshop 2012,   2012年11月
  • Molecular analysis of circadian clock and growth-phase transition in M. polymorpha, A. Kubota, S. Kita, T. Muranaka, K. Ishizaki, K. T. Yamato, T. Oyama, S. Aoki, T. Kohchi, Marchantia Workshop 2012,   2012年11月
  • Functional analysis of a Y chromosomal gene with a cytochrome b5 domain in Marchantia polymorpha L., T. Hasegawa, K. Ishizaki, T. Kohchi and K. T. Yamato, Marchantia Workshop 2012,   2012年11月
  • Transcriptomic and proteomic analyses on spermatozoa of Marchantia polymorpha., S. Tsukamoto, S. Hirao, L. Yamada, H. Sawada, K. Ishizaki, T. Kohchi and K.T. Yamato, Marchantia Workshop 2012,   2012年11月
  • Sexual reproduction in Marchantia polymorpha - sex chromosomes and sperm chemotaxis., 大和 勝幸, Marchantia Workshop 2012,   2012年11月
  • Sperm Chemotaxis in the Liverwort Marchantia polymorpha L., 大和 勝幸, International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plants. Joint Meeting of the 2nd Allo-Authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting,   2012年11月, 招待有り
  • 和歌山県天然記念物キイシモツケの分子系統分類学的および生理形態的性格付け:イワシモツケおよびトサシモツケとの比較, 明渡絵里朱, 平田智子, 上井和幸, 高木裕子, 水野隆文, 小林真, 小池孝良, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本植物学会大会研究発表記録,   2012年09月14日
  • 次世代シーケンサーによるC3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのトランスクリプトーム解析, 原田大士朗, 平田樹, 佐藤茜, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2012年08月03日
  • C3‐C4光合成相互転換植物Eleocharis viviparaのin vitroにおける光合成型の切換え, 原田大士朗, 溝端夏季, 横山加奈子, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • 遺伝子機能を自在に研究できるモデルへ~ゲノム・突然変異体・形質転換~, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • 苔類ゼニゴケを用いた基部陸上植物の概日時計因子の解析, 久保田茜, 喜多祥吾, 久保田佐綾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • 花芽形成のマスター制御因子LEAFYの祖先的機能の探索, 酒井友希, 伊藤美沙, 川本麻美, 宮下結衣, 宇山和樹, 辻井由香, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • シロイヌナズナのホルムアルデヒドストレス応答と活性酸素種(ROS)の関与に関する解析, 久保森, 榊原均, 来須孝光, 朽津和幸, 由理本博也, 阪井康能, 秋田求, 大和勝幸, 泉井桂, 日本植物生理学会年会要旨集,   2012年03月09日
  • DDBJパイプラインによるゼニゴケゲノム解析とゲノムアノテーションデータベースの構築, 長崎英樹, 藤澤貴智, 望月孝子, 猿橋智, 神沼英里, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中村保一, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),   2012年
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの直接制御標的の探索, 川本麻美, 酒井友希, 宇山和樹, 辻井由香, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2011年09月10日
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析, 酒井友希, 宮下結衣, 宇山和樹, 辻井由香, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2011年09月10日
  • “基部陸上植物”の光応答戦略―フィトクロムを介した光形態形成の分子機構―, 石崎公庸, 井上佳祐, 保坂将志, 片岡秀夫, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物学会大会研究発表記録,   2011年09月10日
  • ヒメツリガネゴケ(Physcomitrella patens)に見出された病害抵抗性遺伝子(R遺伝子)に関する研究, 谷垣悠介, 伊藤健司, 小阪安希子, LEHTONEN Mikko, THELANDER Mattias, 大和勝幸, 秋田求, VALKONEN Jari P. T., 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • イネへのホルムアルデヒドの同化代謝系(リブロースモノリン酸経路)の導入, 鈴木詩織, 明渡絵里朱, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • C3‐C4光合成の相互転換植物Eleocharis viviparaの先端分裂組織からの培養系の誘導とin vitroにおけるC3型とC4型の切り換え, 原田大士朗, 溝端夏季, 横山加奈子, 吉村一恵, 大和勝幸, 泉井桂, 秋田求, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • The Genome of Marchantia polymorpha., 大和 勝幸, XVIII International Botanical Congress, Melbourne, Australia,   2011年07月, 招待有り
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析, 酒井友希, 宮下結衣, 川本麻美, 宇山和樹, 辻井由香, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケの青色光受容体フォトトロピンの単離と青色光応答の解析, 小松愛乃, 坪井秀憲, 末次憲之, 石崎公庸, 大和勝幸, 和田正三, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備:T‐DNAタギング法による順遺伝学的解析手法の確立, 増田晃秀, 石崎公庸, 齊田有桂, 水谷未耶, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケにおける赤色光受容体フィトクロムを介した生長制御, 井上佳祐, 石崎公庸, 保坂将志, 片岡秀夫, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケにおける計時機構と生長相制御の解析, 久保田茜, 久保田佐綾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケにおけるMpIAAを介したオーキシン信号伝達の機能解析, 加藤大貴, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • ゼニゴケVAMP72スプライシングバリアントの機能解析, 藤本優, 丸山桃子, 海老根一生, 井坂奈々子, 植村知博, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中野明彦, 上田貴志, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • γ線照射胞子より単離したゼニゴケオーキシン耐性株の解析, 野々村麻衣子, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケにおけるアブシジン酸応答性遺伝子発現機構の解析, 金子緑, 小松憲治, AKTER Khaleda, 坂田洋一, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 竹澤大輔, 日本植物生理学会年会要旨集,   2011年03月11日
  • 苔類ゼニゴケの光受容体フィトクロムを介した細胞分裂制御, 井上佳祐, 石崎公庸, 保坂将志, 片岡秀夫, 大和勝幸, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 苔類ゼニゴケにおける計時機構と生長相制御の解析, 久保田茜, 久保田佐綾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 苔類ゼニゴケの青色光応答と青色光受容体フォトトロピンの解析, 小松愛乃, 坪井秀憲, 末次憲之, 石崎公庸, 大和勝幸, 和田正三, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • リブロースモノリン酸経路(RuMP)の2種類の酵素の融合体をコードする合成遺伝子を導入したイネの作成と解析, 鈴木詩織, 明渡絵里朱, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 半数体植物ゼニゴケにおける順遺伝学的解析手法の確立, 石崎公庸, 増田晃秀, 齊田有桂, 水谷未耶, 大和勝幸, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • γ線照射胞子から単離した苔類ゼニゴケオーキシン低感受性変異株の解析, 石崎公庸, 野々村麻衣子, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2011年
  • 苔類ゼニゴケにおける青色光依存的な葉緑体光定位運動と青色光受容体フォトトロピン, 小松愛乃, 芦原悠紀子, 坪井秀憲, 末次憲之, 石崎公庸, 大和勝幸, 和田正三, 河内孝之, 生化学,   2011年
  • 苔類ゼニゴケにおける赤色光依存的な細胞分裂制御, 井上佳祐, 石崎公庸, 保坂将志, 片岡秀夫, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2011年
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおける概日時計関連因子の比較ゲノム解析, 久保田茜, 喜多祥吾, 久保田佐綾, 村中智明, 石崎公庸, 大和勝幸, 青木摂之, 小山時隆, 河内孝之, 生化学,   2011年
  • T‐DNAタギング法により単離された苔類ゼニゴケ気室形成異常株の解析, 水谷未耶, 増田晃秀, 齊田有桂, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2011年
  • イネとタバコへのホルムアルデヒド固定能の付与:C1微生物のリブロースモノリン酸経路(RuMP)の2つの酵素の葉緑体における高発現にむけて, 明渡絵里朱, 鈴木詩織, 福井崇人, 中川強, 榊原均, 由里本博也, 阪井康能, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 生化学,   2011年
  • C3/C4光合成の相互転換植物,カヤツリグサ科のEleocharis viviparaのcDNAライブラリーの作成とC4型PEPCのゲノムDNA塩基配列の決定, 原田大士朗, 近藤知栄, 米原亮, 大和勝幸, 秋田求, 泉井桂, 生化学,   2011年
  • 苔類ゼニゴケにおけるPEBP family遺伝子の機能解析, 竹本覚, 辻井由香, 有手友嗣, 竹村美保, 酒井友希, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2010年09月08日
  • モデル実験生物ゼニゴケのゲノム情報およびリソースの現状, 大和勝幸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2010年09月08日
  • 陸上植物に固有の転写因子LFY, 荒木崇, 酒井友希, 辻井由香, 宇山和樹, 宮下結衣, 川本麻美, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物学会大会研究発表記録,   2010年09月08日
  • 苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析, 酒井友希, 宮下結衣, 宇山和樹, 辻井由香, 大門靖史, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2010年09月08日
  • 苔類ゼニゴケにおけるアブシジン酸応答性遺伝子発現の解析, 金子緑, 小松憲治, 坂田洋一, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 竹澤大輔, 日本植物学会大会研究発表記録,   2010年09月08日
  • ゼニゴケ―アロ認証研究におけるモデル生物としての可能性, 大和勝幸, 日本動物学会大会予稿集,   2010年08月20日
  • 緑藻クラミドモナスのストレス応答をゲノムで見る:次世代シーケンサーを用いたゲノム発現データベースの構築, 福澤秀哉, 久保雄昭, 大和勝幸, 鈴木穣, 菅野純夫, 伊藤武彦, 谷口丈晃, 黒木陽子, 豊田敦, 小原雄治, 藤山秋佐夫, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 新規ゼニゴケ核ゲノム形質転換選抜用マーカーの開発, 上田実, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 鹿内利治, 西村芳樹, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 種子植物特異的なR‐SNAREの進化細胞生物学的解析, 藤本優, 海老根一生, 井坂奈々子, 植村知博, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 中野明彦, 上田貴志, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 基部陸上植物ゼニゴケにおけるオーキシン生理応答の観察と可視化, 野々村麻衣子, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備V:核ゲノム情報解析とT‐DNAタグライン, 増田晃秀, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 苔類ゼニゴケを用いたフィトクロムを介する細胞応答の調節機構の解析, 保坂将志, 石崎公庸, 井上佳祐, 片岡秀夫, 大和勝幸, 松永幸大, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の機能解析, 宇山和樹, 宮下結衣, 辻井由香, 大門靖史, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 福澤秀哉, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2010年03月12日
  • 苔類ゼニゴケにおけるオーキシン応答の観察と可視化, 野々村麻衣子, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2009年09月25日
  • 苔類ゼニゴケにおけるオーキシン信号伝達因子の同定, 加藤大貴, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2009年09月25日
  • 苔類ゼニゴケのフィトクロムを介する光応答, 保坂将志, 片岡秀夫, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 生化学,   2009年09月25日
  • 苔類ゼニゴケにおける光屈性と青色光受容体フォトトロピン遺伝子の解析, 小松愛乃, 久保田茜, 末次憲之, 石崎公庸, 大和勝幸, 和田正三, 河内孝之, 生化学,   2009年09月25日
  • コケ植物におけるオルガネラ動態の解析, 恵良厚子, 海老根一生, 富永基樹, 石崎公庸, 大和勝幸, 桧垣匠, 朽名夏麿, 馳澤盛一郎, 中野明彦, 河内孝之, 上田貴志, 日本植物学会大会研究発表記録,   2009年09月17日
  • 苔類ゼニゴケにおけるABI1様プロテインホスファターゼの機能解析, 東金賢, 小松憲治, BHYAN Salma Begum, 坂田洋一, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 竹澤大輔, 日本植物学会大会研究発表記録,   2009年09月17日
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の機能解析, 宇山和樹, 辻井由香, 宮下結衣, 大門靖史, 遠藤求, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2009年09月17日
  • 微細藻類の遺伝子資源をゲノムから探る:緑藻クラミドモナスのゲノムデータベースの構築と有用遺伝子の探索, 福澤秀哉, 久保雄昭, 大和勝幸, 藤山秋佐夫, 豊田敦, 黒木陽子, 伊藤武彦, 谷口丈晃, 鈴木穣, 菅野純夫, 小原雄治, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集,   2009年05月30日
  • プラスチドDNAはrRNAオペロンの下流領域に複製フォーク障壁をもつ, 千代田将太, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • プロテインホスファターゼ2Cによる苔類アブシジン酸応答の制御, 東金賢, 小松憲治, 坂田洋一, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 竹澤大輔, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • 苔類ゼニゴケにおける青色光応答の解析, 久保田茜, 小松愛乃, 片岡秀夫, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 III〈EST情報の蓄積と遺伝地図の作製〉, 友金寛和, 大和勝幸, 千代田将大, 石崎公庸, 鈴木穣, 菅野純夫, 新井理, 小原雄治, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 IV〈GatewayバイナリーベクターとT‐DNAタグライン〉, 石崎公庸, 湯川嘉康, 増田晃秀, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • 苔類ゼニゴケのフィトクロムを介する光応答, 保坂将志, 片岡秀夫, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • 緑藻クラミドモナスの完全長cDNA配列解析とゲノム構造解析, 久保雄昭, 大和勝幸, 山野隆志, 鈴木穣, 菅野純夫, 藤山秋佐夫, 小原雄治, 伊藤武彦, 福澤秀哉, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の単離と解析, 辻井由香, 宇山和樹, 大門靖史, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • ゼニゴケにおけるアクチン繊維のユニークな動き, 惠良厚子, 海老根一生, 石崎公庸, 富永基樹, 齊藤知恵子, 大和勝幸, 中野明彦, 河内孝之, 上田貴志, 日本植物生理学会年会要旨集,   2009年03月16日
  • ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の単離と解析, 辻井由香, 大門靖史, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 荒木崇, 日本植物学会大会研究発表記録,   2008年09月25日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 II〈簡便かつ高効率なアグロバクテリウムによる形質転換〉, 石崎公庸, 千代田将大, 大和勝幸, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • 苔類ゼニゴケにおけるプラスチドDNAの複製と遺伝様式の解析, 千代田将大, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • 苔類ゼニゴケをモデルとしたフィトクロムシグナル伝達の解析, 片岡秀夫, 石崎公庸, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • 苔類ゼニゴケにおける分子遺伝学の基盤整備 I〈交配法の確立と遺伝地図の作製〉, 友金寛和, 大和勝幸, 千代田将大, 片岡秀夫, 石崎公庸, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2008年03月15日
  • 苔類ゼニゴケクリプトクロム遺伝子の単離と構造解析, 久保田茜, 片岡秀夫, 石崎公庸, 大和勝幸, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • 可変領域および動物型DNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつゼニゴケLTR‐レトロトランスポゾン様転移因子DREの構造解析, 大和勝幸, 八巻新, 土本卓, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2008年03月05日
  • 緑藻クラミドモナスのゲノムから見た光合成と生殖機能, 福澤秀哉, 山野隆志, 佐竹知也, 藤田晃光, 大西紀和, 小日向務, 山原洋佑, 辻川友紀, 大和勝幸, 日本植物学会大会研究発表記録,   2007年09月06日
  • ゼニゴケ染色体の全構造に基づく性染色体の進化様式, 大山莞爾, 大和勝幸, 石崎公庸, 藤澤雅樹, 岡田祥子, 中山繁樹, 藤下まり子, 坂東弘樹, 淀谷幸平, 林紀和子, 坂東倫行, 蓮見明子, 西尾朋久, 坂田亮子, 山本昌幸, 八巻新, 西出拓, CHOI Seung‐Hyuk, 新井理, 小原雄治, 河内孝之, 福澤秀哉, 日本植物学会大会研究発表記録,   2007年09月06日
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつ新規転移因子が存在する, 大和勝幸, 八巻新, 土本卓, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2007年03月15日
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをコードするLTR‐レトロトランスポゾン様の転移因子が存在する, 大和勝幸, 八巻新, 土本卓, 福澤秀哉, 河内孝之, 生化学,   2007年
  • 緑藻クラミドモナスのゲノム構造解析と完全長cDNA配列解析, 佐竹知也, 山野隆志, 豊田敦, 成田貴則, 新井理, 黒木陽子, 鈴木穣, 伊藤武彦, 菅野純夫, 小原雄治, 藤山秋佐夫, 大和勝幸, 福澤秀哉, 生化学,   2007年
  • ゼニゴケのアラキドン酸およびエイコサペンタエン酸に対する鎖長延長酵素遺伝子の単離と機能解析, 梶川昌孝, 大和勝幸, 阪井康能, 大山莞爾, 福澤秀哉, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • ゼニゴケゲノムにはDNAメチルトランスフェラーゼドメインをもつ新規転移因子が存在する, 大和勝幸, 八巻新, 福澤秀哉, 河内孝之, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • 緑藻クラミドモナスの脂肪酸不飽和化酵素を用いた高度不飽和脂肪酸ピノレン酸のタバコにおける生産, 梶川昌孝, 松井啓祐, 大和勝幸, 田中良和, 福澤秀哉, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • 苔類ゼニゴケにおけるフィトクロムと光形態形成の解析, 片岡秀夫, 村本拓也, 大和勝幸, 河内孝之, 日本植物生理学会年会要旨集,   2006年03月
  • 比較ゲノム解析に向けた緑藻クラミドモナスのゲノム情報の確立, 山野隆志, 佐竹知也, 甲津嘉人, 鈴木穣, 菅野純夫, 藤山秋佐夫, 大和勝幸, 河内孝之, 福澤秀哉, 日本植物生理学会年会要旨集,   2006年03月
  • 苔類ゼニゴケフィトクロムの遺伝子同定と大腸菌再構成系を用いた分光学的解析, 片岡秀夫, 向川佳子, 駒井信洋, 大和勝幸, 河内孝之, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   2006年
  • ゼニゴケ培養細胞を用いた高効率プラスチド形質転換系, 千代田将大, LINLEY Philip J., 大和勝幸, 福澤秀哉, 横田明穂, 河内孝之, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   2006年
  • ゼニゴケY染色体の構造と進化, 八巻新, 大和勝幸, 淀谷幸平, 坂東弘樹, 梶川昌孝, 中山繁樹, 藤下まり子, 新井理, 小原雄治, 河内孝之, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本分子生物学会年会講演要旨集,   2005年11月25日
  • ゼニゴケ由来酵素遺伝子の導入による高度不飽和脂肪酸生産タバコの創出, 梶川昌孝, 松井啓祐, 田中良和, 大和勝幸, 大山莞爾, 福沢秀哉, 河内孝之, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • ゼニゴケY染色体の構造, 大和勝幸, 八巻新, 淀谷幸平, 坂東弘樹, 梶川昌孝, 中山繁樹, 藤下まり子, 新井理, 小原雄治, 河内孝之, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • 緑藻クラミドモナスのピノレン酸生合成を担うω13不飽和化酵素遺伝子の単離と機能解析, 梶川昌孝, 大和勝幸, 甲津嘉人, 庄司信一郎, 阪井康能, 福沢秀哉, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   2004年11月25日
  • ゼニゴケY染色体のドラフト塩基配列, 大山莞爾, 八巻新, 大和勝幸, 淀谷幸平, 坂東弘樹, 中山繁樹, 藤下まり子, 新井理, 小原雄治, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   2004年11月25日
  • 生殖器官を恒常的に形成するゼニゴケ変異体の単離と解析, 山岡尚平, 竹中瑞樹, 葉名尻勤, 清水(上田)木綿, 西田浩之, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本植物生理学会年会要旨集,   2004年03月20日
  • ゼニゴケ高度不飽和脂肪酸生合成経路のメタノール資化性酵母Pichia pastorisでの再構成, 梶川昌孝, 大和勝幸, 甲津嘉人, 庄司信一郎, 野尻増俊, 桜谷英治, 清水昌, 阪井康能, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2004年03月05日
  • ゼニゴケY染色体の構造解析:Y染色体DNAマーカーrsm40を含む530kbの遺伝子領域の推定, 八巻新, 淀谷幸平, 坂東弘樹, 大和勝幸, 福沢秀哉, 新井理, 小原雄治, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2004年03月05日
  • ゼニゴケY染色体の構造解析:ドラフト塩基配列の取得と解析, 大山莞爾, 大和勝幸, 淀谷幸平, 坂東弘樹, 八巻新, 石崎公庸, 中山繁樹, 藤下まり子, 新井理, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2004年03月05日
  • クラミドモナスcDNAマクロアレイを用いたCO2シグナル伝達因子CCM1標的遺伝子の検索, 三浦謙治, 小日向務, 能岡智, 浅水恵理香, 中村保一, 田畑哲之, 大和勝幸, 大山莞爾, 福沢秀哉, 日本植物生理学会年会要旨集,   2002年03月20日
  • 高等植物の葉の極性伸長制御遺伝子ANGUSTIFOLIAのゼニゴケ(Marchantia polymorpha)における相同遺伝子MpANの単離と解析, 上野華子, KIM G‐T, 塚谷裕一, 梶川昌孝, 大和勝幸, 大山莞爾, 小野莞爾, 高野博嘉, 日本植物生理学会年会要旨集,   2002年03月20日
  • クラミドモナスcDNAマクロアレイを用いたCO2濃度変化に応答する遺伝子の網羅的解析, 福沢秀哉, 三浦謙治, 小日向務, 能岡智, 浅水恵理香, 中村保一, 田畑哲之, 大和勝幸, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • ゼニゴケ性染色体のゲノム解析 X X染色体特異的rDNAクラスターの構造解析, 藤沢雅樹, 西尾朋久, 中山繁樹, 藤下まり子, 林紀和子, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • ゼニゴケの性染色体のゲノム解析 XI X色染体特異的クローンpMF28‐62B12にコードされる遺伝子, 石崎公庸, 坂田亮子, 藤沢雅樹, 林紀和子, 西尾朋久, 坂東弘樹, 淀谷幸平, 大和勝幸, 大山莞爾, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • 植物進化における受容体型プロテインキナーゼ遺伝子族の多様化, 佐々木剛, 加藤和貴, 岩部直之, 大和勝幸, 大山莞爾, 宮田隆, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集,   2001年08月22日
  • ゼニゴケの性の分化・決定機構に関する研究 V PACクローンpMM2D3にコードされる遺伝子群, 石崎公庸, 上田木綿, 岡田祥子, 安田智晴, 坂東倫行, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本農芸化学会誌,   2001年03月05日
  • ゼニゴケの性の分化・決定機構に関する研究 IV RDA法を用いたXおよびY染色体の構造解析, 藤沢雅樹, 中山繁樹, 林紀和子, 藤下まり子, 岡田祥子, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本農芸化学会誌,   2001年03月05日
  • ゼニゴケY染色体由来PACクローンpMM2D3にコードされる遺伝子群, 石崎公庸, 大和勝幸, 岡田祥子, 藤沢雅樹, 上田木綿, 坂東倫行, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   2000年11月25日
  • パーティクルガンを用いたゼニゴケ葉状体の形質転換系の確立, 竹中瑞樹, 山岡尚平, 葉名尻勤, 清水木綿, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1999年11月22日
  • ゼニゴケのRLK(Receptor Like protein Kinase)遺伝子族に属する遺伝子の単離と解析, 佐々木剛, 岩部直之, 大和勝幸, 大山莞爾, 宮田隆, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1999年11月22日
  • 高等陸上植物と異なり下等陸上植物の苔類ゼニゴケ(Marchantia polymorpha)では, 55rDNAと18S-5.8S-26S rDNAが同一繰り返し配列内に存在する, 曽根 岳史, 藤澤 雅樹, 竹中 瑞樹, 中川 菜子, 大和 勝幸, 福澤 秀哉, 大山 莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1998年12月01日
  • ゼニゴケゲノム解析 -未熟雌性生殖器官由来ESTの解析, 大和 勝幸, 長井 純一, 坂井田 恵美, 福澤 秀哉, 大山 莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1998年12月01日
  • 高等陸上植物と異なり下等陸上植物の苔類ゼニゴケ(Marchantia polymorpha)では,5S rDNAと18S‐5.8S‐26S rDNAが同一繰り返し配列内に存在する, 曽根岳史, 藤沢雅樹, 竹中瑞樹, 中川菜子, 大和勝幸, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1998年11月
  • ゼニゴケゲノム解析 未熟雌性生殖器官由来ESTの解析, 大和勝幸, 長井純一, 坂井田恵美, 福沢秀哉, 大山莞爾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1998年11月
  • イネミトコンドリアゲノムにおいてリボソームタンパク質遺伝子はクラスターを成していない, 石川繭子, 門脇光一, 大和勝幸, 大山莞爾, 中園幹生, 平井篤志, 内藤忠雄, 原田久也, Jpn J Breed,   1993年

特許

  • Δ5脂肪酸不飽和化活性を有するポリペプチドおよびそのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドならびにそれらの利用, 福澤 秀哉, 大和 勝幸, 梶川 昌孝, JP2005013200, WO2006-006710
  • Δ5脂肪酸不飽和化活性を有するポリペプチドおよびそのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドならびにそれらの利用, 福澤 秀哉, 大和 勝幸, 梶川 昌孝, 特願2006-529205, 特許第4691032号

受賞

  •   2013年09月, 日本植物学会, 論文賞2013, Visualization of auxin-mediated transcriptional activation using a common auxin-responsive reporter system in the liverwort Marchantia polymorpha.
  •   2009年03月, 2008年度日本農芸化学会論文賞

競争的資金

  • 基礎生物学研究所IBBPセンター, 生物遺伝資源新規保存技術開発共同利用研究, 新興モデル生物ゼニゴケの長期安定保存法の開発, 大和 勝幸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), ゼニゴケ性染色体の構造解析, 大和 勝幸, 前年度から単離したY染色体由来PACクローンpMM4G7には、BamHl2.4kbの反復配列が存在する。この反復配列はサザンハイブルダイゼーションおよびPCRの結果より、Y染色体に特異的であることが明らかになった。すなわちBamHl2.4kb断片と相同な配列を持つPACクローンはY染色体由来であると考えられる。そこで、この反復配列をプローブとしてコロニーハイブリダイゼーションを行い、PACクローン429個を得た。これらのうち、雄ゲノムDNAにのみハイブリダイズするPACクローンは70個であった。クローン整列化に必要な分子マーカーを得るため、Y特異的PACクローンからpMM4G7とそれを含むpMM29D7を除いた68個のDNA混合物のショットガンシークエンスを行い、その塩基配列情報からマーカーとして利用できるプライマーセットを53組設計した。これらのプライマーセットを利用し、pMM4G7を起点に総全長1.6Mbpにわたる5つのコンティングを作製した。これらのコンティングに属する雄特異的PACクローンの一部については塩基配列を決定し、遺伝子コード領域を発見した。この中には、転写因子やリングフィンガーモチーフをもつタンパク質がコードされていた。Y染色体DNA中に見いだされた新奇な遺伝子の機能を解析するため、ゼニゴケの形質転換系を開発した。無性芽播種後約2週間のゼニゴケ葉状体に、パーティクルガンを用いてCaMV35Sプロモ-タで発現するハイグロマイシン耐性遺伝子を導入した。約2ヶ月でハイグロマイシン耐性株が得られ、その過程で植物ホルモンの調製による脱分化・再分化操作の必要がないことから、遺伝子操作による機能解析に極めて有用であると言える。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), モデル生物ゼニゴケにおけるマイクロインジェクションを用いたゲノム編集技術の開発, 大和 勝幸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ゼニゴケにおける性決定遺伝子の探索, 大和 勝幸, 平成25年度も前年度に引き続き,X染色体配列の探索を行った。まず,X染色体遺伝子の一部は雌生殖器官特異的に発現していると考えられるので,造卵器あるいは雌器床特異的に発現している遺伝子を探索した。RNA-seqデータの解析により,雌生殖器特異的遺伝子を23個見いだした。これらの遺伝子を含むゲノム配列を米国Joint Genome Instituteの未公開ゲノムデータ(JGI ver 0.6)より取得し,それぞれの配列に対するPCR用プライマーを作成した。しかし,いずれのプライマーも雄株および雌株で増幅が見られたため,今回評価した雌生殖器官特異的遺伝子は常染色体に存在すると結論づけた。次に,雌ゲノム(BC4;標準雌株Takaragaike-2を4回戻し交配して得られた株)情報から雄ゲノム(標準雄株Takaragaike-1)情報を差し引いて,X染色体の配列を探索したところ,8 kb以上の配列が12本得られた。それぞれについて,雌雄特異性を雌雄標準株およびそれらのF1個体を用いたゲノミックPCRにより判定を行い,5配列が雌特異であることが判明した。これまでに得られたX染色体配列について,類似性検索およびRNA-seqデータのマッピングにより遺伝子コード領域を探索している。見いだされた遺伝子についてRNA-seqおよびRT-PCR法による発現解析を行い,雌特異的遺伝子を絞り込んでいる。さらに,これらの遺伝子のプロモーターを単離し,レポーター遺伝子による発現解析も進行中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), ゼニゴケ精子特異的膜タンパク質の受精における役割, 大和 勝幸, トランスクリプトーム解析で得られた雄器床特異的配列のうち,実際に精子でタンパク質として発現しているものを探索した。得られた候補配列の中に,電位依存性イオンチャンネル遺伝子が含まれていた。興味深いことに,この遺伝子のホモログは動物や藻類など鞭毛を有する生物種には広く分布し,被子植物には存在しない。従って,このイオンチャネルの鞭毛機能への関与が示唆される。雄器床特異的に発現する転写産物に,塩基性アミノ酸に富むプロタミン様タンパク質をコードする遺伝子MpPRMが見いだされた。一般に,プロタミンは精子においてヒストンの代わりにDNAに結合している。MpPRM遺伝子に蛍光タンパク質Citrine遺伝子を融合させたコンストラクトPRMCを発現させたところ,精子そのものに強い蛍光が観察された。目視ではPRMC発現精子の運動能に異常は見られず,KClに対する正の走化性も観察された。野生株雌株とPRMC発現株を交配したところ,正常に胞子が形成された。得られた胞子の約半数がハイグロマイシン耐性を示した。以上の結果より,PRMC精子の稔性は正常であると結論づけた。さらに,野生株雌器床にPRMC精子懸濁液をかけ,30分後に造卵器を観察したところ,多数のPRMC精子が造卵器内に認めらた。一部のPRMC精子は卵に到達していた。コケ植物やシダ植物において,これまで造卵器内進入後の精子の挙動をリアルタイムで追跡することは難しかったが,今回作成したPRMC精子によりそれが容易になると期待される。さらに,配偶子が融合した後の精子核の挙動の観察にも利用できる。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), 比較ゲノム的アプローチによる配偶子認識因子の探索, 大和 勝幸, 被子植物に見られる重複受精のしくみは複雑であるが,元は基部陸上植物の生殖機構に近いものから進化したと考えられる。従って,陸上植物に共通する配偶子認識・融合のしくみを理解するために,基部陸上植物ゼニゴケは有用なモデルとなりうると考えた。精子が卵に到達・融合するには,精子細胞膜に存在する膜タンパク質が重要である。そこで,ゼニゴケ精子特異的に発現する膜タンパク質遺伝子を探索するため,まず次世代シーケンサを用いて約60万リードの雄器床由来ESTを取得した。これまでに得た葉状体や受精前後の雌器床などに由来する約250万リードのESTとの比較および整列化により,雄器床由来ESTのみに存在する4,099配列を得た。これらのうち,37配列は他生物種の膜タンパク質と相同性を示し,かつ推定膜貫通ドメインを有していた。これらのうち,少なくとも10配列は実際に雄器床特異的に発現していることをRT-PCRにより確認した。米国Joint Genome Instituteとのゲノムプロジェクトで予備的なゲノム情報が利用可能となり,推定膜貫通ドメインをもつ他の配列についても同様に解析している。さらに,ゼニゴケ精子が卵そのものではなく,造卵器基部に強く誘引されることを見いだし,精子誘引実験系として利用できるようになった。また,Kイオンに対する走化性をもつという古い報告があったが,その再現性も確認した。最近可能となったゼニゴケ遺伝子破壊系と併せて,精子膜タンパク質遺伝子の機能解析を行っている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 一倍体ゲノムにおける性染色体の進化, 大和 勝幸, 本研究で注目するY染色体領域に存在する遺伝子のうち、8個は発現パターンから必須遺伝子と予測される。これらのうち、M547D3.1のホモログであるM547D3.1FがX染色体にも存在する。他の7個の遺伝子についてもX染色体にホモログが存在すると期待された。JGIより提供されたゲノムデータを解析した結果、これらの7遺伝子以外の39遺伝子についてもそのX染色体ホモログと考えられる候補を得ることができた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 半数体ゲノムにおける性染色体遺伝子の機能, 大和 勝幸, これまでに見いだしたゼニゴケY染色体上の遺伝子群のうち、雄ゲノムにのみ存在し、かつ雄生殖器官のみで発現している14個を「雄の生殖機能に必要な遺伝子」の候補とした。本年度はF-boxタンパク質をコードするM350E4.4遺伝子について機能解析を実施した。これまでゼニゴケの形質転換にはパーティクルボンバードメントを利用していたが、胞子を発芽させて得られた未成熟葉状体およびアグロバクテリウムを用いた高効率の形質転換法の開発に成功した(Ishizaki et al.,投稿中)。また、GFPの改変種であるmCitrineがゼニゴケにおけるレポーターとしてsGFPよりも優れていることを見いだした。M350E4.4遺伝子の発現部位を特定するため、上流約2kbをGUS遺伝子に連結したコンストラクトを作成し、アグロバクテリウム法によりゼニゴケに導入した。これまで葉状体でのGUS遺伝子の発現は認められず、生殖器官については現在解析中である。CaMV35Sプロモーターを用いて、M350E4.4遺伝子の異所発現株、発現抑制株(雄生殖器官におけるM350E4.4遺伝子の発現抑制については確認中)、F-boxドメイン部分のみあるいはF-boxドメインを欠失させたコンストラクトの過剰発現株を作成したが、これまで形態異常を示す株は得られていない。しかし、CaMV35SプロモーターでGUS遺伝子あるいはmCitrine遺伝子を発現させた形質転換体の解析から、少なくともメリステム付近でこのプロモーターが十分に機能していないことが判明した。従って、メリステム同様分裂中の細胞が多いと考えられる雄生殖器官、特に造精器においてもCaMV35Sプロモーターが十分に機能していない可能性がある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ゼニゴケにおける生殖成長への移行機構, 大和 勝幸, 植物において、花成などの有性生殖器官の分化誘導は、栄養生長相から生殖生長相への転換点であり、その遺伝的制御機構の解明は発生学上重要な研究対象である。本研究では、下等植物における有性生殖器官の分化誘導の制御に関わる遺伝子を探索するためにゼニゴケ生殖器官誘導変異株の解析を行った。ゼニゴケ変異株hpt2040は、野性型が生殖器官を形成しない培養条件でも生殖器官を形成する。昨年度、2040p-169株(hpt2040株と野生株との交配で得られたF1株の1つ)において、ゲノム中の3箇所の欠失がhpt2040株の表現型と連鎖していることを明らかにした。そこで、これらの欠失領域近傍にあたる野生株のゲノム配列中のタンパク質コード遺伝子を探索した。複数の遺伝子モデル予測プログラムを用いて配列を解析し、エキソンの予測が集中する7個の領域を見いだした。RT-PCRを行ったところ、いずれの領域についても2040p-169では転写産物は検出されなかったが、野生株においては3個の領域で検出した。これら3領域が変異原因遺伝子の候補であると仮定し、二重鎖RNA発現コンストラクトの導入によるRNA干渉実験、およびそれぞれの遺伝子候補を含むゲノミッククローンの導入による相補実験を実施した。いずれのコンストラクトについても形質転換体は得られたが、RNA干渉による変異表現型の再現および変異の相補を示す形質転換体は得られなかった。変異原因遺伝子を同定するには、他の変異アレルを単離することが必要であると考えられる。
  • ゼニゴケの脂肪酸生合成機能の活用

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 分子生物学実験, 京都大学
  • 生物工学基礎生化学実験, 近畿大学
  • バイオインフォマティクス, 近畿大学
  • 細胞工学, 近畿大学
  • 細胞生物学, 近畿大学