KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

谷山 佳弘タニヤマ ヨシヒロ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門腎臓内科学、高血圧学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/648-taniyama-yoshihiro.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70441079.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    腎臓内科学、高血圧学について診療、研究、教育を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2012年,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2008年,  - 2012年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 腎臓内科学

研究キーワード

  • NADPHオキシダーゼ, I型コラーゲン, 皮質集合管, 高血圧性腎症, 糖尿病性腎症, TGF-β, 高血圧性腎障害, Poldip2, メサンジウム細胞, 性差, 輸出入細動脈, 血管内皮機能, 老化, 性ホルモン, 慢性腎臓病, 糸球体血行動態

論文

  • 急性肝不全に対するPlasma filtration with dialysis(PDF)の施行経験, 竹田圭、藤堂敦、中野健一、吉岡正訓、増田善文、用具俊和、田坂雪菜、西村昌美、谷山佳弘、能勢和弘、有馬秀二, 大阪透析研究会会誌, 35, 1, 37, 42,   2017年03月, 査読有り
  • Efficacy of Cryofiltration for Treatment of Mixed Cryoglobulinemia : A Report of Four Cases, Yoshihiro Taniyama,Yosihisa Nakatani,Tosiaki Matuoka,Miyo Takahasi,Kazuyuki Simizu,Satiyo Yamamoto,Yuki Inoue,Sayoko Oonisi,Norihiro Kobayashi,Yukihito Nakano,Masahiro Takami,Syuji Arima, Ther Apher Dial. , 21, 238, 242,   2017年
  • Management of hypertension for patients undergoing dialysis therapy, Yoshihiro Taniyama, Renal Replacement Therapy, 2, 6,   2016年, 査読有り
  • MRSAによるPDカテーテルトンネル感染に対して出口部変更術を施行した一例, 中野 志仁, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 大阪CAPD研究会会誌, 25, 33, 35,   2012年10月, 査読有り
  • Vascular smooth muscle insulin resistance,but not hypertrophic signaling,is independent of angiotensin Ⅱ-induced IRS-1 phosphorylation by JNK, Hirofumi Hitomi, Yoshihiro Taniyama, Puja K.Mehta, Bernard Lassegue, Bonnie Seidel-Rogol, Alejandra San Martin, Kathy K. Griendling, Am J Physiol Cell Physiol, 301, 6, C1415, C1422,   2011年09月
  • Poldip2, a Novel Regulator of Nox4 and Cytoskeletal Integrity in Vascular Smooth Muscle Cells., Lyle An, Yoshihiro Taniyama, Deshpande NN, Seidel-Rogol, Pounkova L, Du P, Papaharalambus C, Lassegue B, Griendling KK, Circulation Research, 105, 249, 259,   2009年
  • Mechanisms of reactive oxygen spiecies-dependent downregulation of IRS-1 by angiotensinⅡ., Taniyama Y, Hitomi H, Shah A, Alexander RW, Griendiling KK, Arterioscler Thromb Vasc Biol, 25, 1142, 1147,   2005年
  • Phosphoinositide-dependent kinase 1 and p21-activated protein kinase mediate reactive oxygen species-dependent regulation of platelet-derived growth factor-induced smooth muscle cell migration., Weber DS,Taniyama Y, Rocic P, Seshiah PN, Dechert MA, Gerthoffer WT, Griendling KK, Circ Res, 94, 1219, 1226,   2004年
  • Functional association of Nox 1 with p22phox in vascular smooth muscle cells., Hanna IR,Taniyama Y, Hilenski LL, Dikalova A, Dikalov S, Lyle A, Quinn MT, Lassegue B, Griendling KK, Free Rad Biol Med, 37, 1542, 1549,   2004年
  • Role of p38MAPK and MAPKAPK-2 in angiotensin Ⅱ-induced Akt activation in vascular smooth muscle cells., Taniyama Y, Ushio-Fukai M, Rocic P, Kingsley MJ, Hitomi H, Pfahnl C, Weber DS, Alexander RW, Griendling KK, Am J Physiol Cell Physiol, 287, C494, C499,   2004年
  • Hepatocyte growth factor stimulates nitric oxide production through endothelial nitric oxide synthase activation by the phosphoinositide 3-kinase / Akt pathway and possibly by mitogen-activated protein kinase kinase in vascular endothelial cells., Uruno A, Arima S, Taniyama Y, Sugawara A, Kanatsuka H, Kudo M, Takeuchi K, Ito S, Hypertens Res, 27, 887, 895,   2004年
  • Reactive oxygen species in the vasculature: Molecular and cellular mechanisms., Taniyama Y, Griendling KK, Hypertension, 42, 1075, 1081,   2003年
  • Pyk2-and Src-dependent tyrosine phosphorylation of PDK1 regulates focal adhesions., Taniyama Y, Weber DS, Rocic P, Hilenski L, Akers ML, Park J, Hemmings BA, Alexander RW, Griedling KK, Mol Cell Biol, 23, 8019, 8029,   2003年
  • Transcription suppression of thromboxane receptor gene by peroxisome proliferator-activated receptor-gamma via an interaction with Spl in vascular smooth muscle cells., Sugawara A,Taniyama Y, Uruno A, Kudo M, Ikeda Y, Sato K, Ito S, Takeuchi K., J Biol Chem, 277, 9676, 9683,   2002年
  • Angiotensin Ⅱstimulation of NAD(P)H oxidase activity: upstream mediators., Seshiah PN, Taniyama Y, Weber DS, Rocic P, Valppu L, Griendling KK., Circ Res, 91, 406, 413,   2002年
  • NAD(P)H oxidase-derived reactive oxygen species as mediators of Angiotensin Ⅱ signaling., Hanna IR, 谷山 佳弘, Szocs K, Rocic P, Griendling KK., Antioxid Redox Signal, 4, 899, 914,   2002年
  • Biphasic vasodilator action of troglitazone on the renal microcirculation., Arima S,Taniyama Y, Kohagura K, Takeuchi K, Sugawara A, IKeda Y, Abe M, Omata K, Ito S, J Am Soc Nephrol, 13, 342, 349,   2002年
  • ラットサイアザイド感受性NaCl共輸送体遺伝子の腎尿細管組織特異的遺伝子転写機構:トランスジェニックラットによる解析, 佐藤和則, 谷山 佳弘, 竹内和久,池田勧夫,宇留野晃,工藤正孝,菅原晃,伊藤貞嘉, 血圧, 8, 3, 251, 254,   2001年, 査読有り
  • Renal tubul-specific transcription and chromosomal localization of rat thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter gene., Taniyama Y, Sato K, Sugawara A, Uruno A, Ikeda Y, Kudo M, Ito S, Takeuchi K, J Biol Chem, 276, 26260, 26268,   2001年
  • Transcriptional suppression of type 1 angiotensin II receptor gene by peroxisome proliferator- activated receptor-gamma in vascular smooth muscle cells., Sugawara A, Arima S,Taniyama Y, Takeuchi K, Uruno A, Ikeda Y, Kudo M, Sato K, Ito S, Endocrinology, 142, 3125, 3134,   2001年
  • Differential effects among thiazolidinediones on the transcription of thromboxane receptor and angiotensin II type 1 receptor genes., Sugawara A, Arima S,Taniyama Y, Takeuchi K, Uruno A, Ikeda Y, Sato K, Kudo M, Ito S, Hypertens Res, 24, 229, 233,   2001年
  • ラットサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体の部位特異的発現調節機構についての検討, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原明,池田勧夫,佐藤和則,宇留野晃,工藤正孝,近藤泰輝,伊藤貞嘉, セラピューティック・リサーチ, 21, 5, 1055, 1058,   2000年, 査読有り
  • サイアザイド感受性Na-Cl共輸送体の修飾、発現異常がギテルマン症候群の原因となる, 谷山 佳弘, 竹内和久,伊藤貞嘉, 臨床高血圧, 6, 2, 106, 107,   2000年, 査読有り
  • Effect of steroid hormones on gene transcription of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter: Taniyama Y, Hitomi H, Shah H, Alexander RW, Griendling KK, Taniyama Y, Takeuchi K, Sugawara A, Ikeda Y, Sato K, Kondo Y, Kudo A, Uruno A, Ito S, Control and Disease of Sodium Dependent Transporter Proteins and Ion Channels. ed. by E. Calafoli, M, 53, 54,   2000年
  • Loss of function by a mutation in thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter gene found in Gitelman's syndrome., Taniyama Y, Takeuchi K, Sugawara A, Ikeda Y, Sato K, Ito S, Control and Disease of Sodium Dependent Transporter Proteins and Ion Channels. ed. by E. Carafoli, M, 55, 56,   2000年
  • Suppression of rat thromboxane synthase transcription by peroxisome proliferator activated-receptor (PPAR)-g in macrophages via an interaction of NF-E2 related factor 2., Ikeda Y, Arima S,Taniyama Y, Sugawara A, Uruno A, Igarashi K, Ito S, Takeuchi K, J Biol Chem, 275, 33142, 33150,   2000年
  • Transcriptional suppression of rat angiotensin ATla receptor gene expression by interferon-gamma in vascular smooth muscle cells., Ikeda Y, Taniyama Y, Takeuchi K, Kato T, Sato K, Takahashi N, Sugwara A, Ito S., Biochem Biophys Res Commun, 262, 494, 498,   1999年
  • ヒトサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体(hTSC)機能発現系の確立とこれを用いた構造機能連関の検討, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原明,池田勧夫,加藤太郎,高橋信行,伊藤貞嘉, セラピューティック・リサーチ, 20, 5, 1364, 1367,   1999年, 査読有り
  • プロスタグランジン受容体, 竹内和久, 谷山 佳弘, 高橋信行,伊藤貞嘉, セラピューティック・リサーチ, 19, 5, 1565, 1568,   1998年, 査読有り
  • Structure and transcriptional function of the 5'-flanking region of rat thromboxane receptor gene., Takahashi N, Taniyama Y, Takeuchi K, Sugawara A, Kato T, Wilcox CS, Abe K, Ito S., Biochem Biophys Res Commun, 244, 489, 493,   1998年
  • IL-6によるラット・トロンボキサン受容体遺伝子の発現調節, 谷山 佳弘, 竹内和久,高橋信行,菅原 明,加藤太郎,阿部倫明,阿部圭志,伊藤貞嘉, 血圧, 5, 3, 250, 254,   1998年, 査読有り
  • Three cases of Gitelman's syndrome possibly caused by different mutations in the thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter., Takeuchi K,Taniyama Y, Kato T, Tsunoda K, Takahashi N, Ikeda Y, Omata K, Imai Y, Saito T, Ito S, Abe K., Intern Med, 36, 582, 585,   1997年
  • Fnctional difference between two isoforms of rat kidney prostaglandin receptor EP3 subtype., Takeuchi K, Taniyama Y, Takahashi N, Abe T, Ito O, Tsutsumi E, Abe K., Biochem Biophys Res Commun, 203, 1897, 1903,   1997年
  • Assigment of the gene for rat thromboxane receptor (Tbxa2r) to chromosome 7q11 by fluorescence in situ hybridization., Abe T, Taniyama Y, Takeuchi K, Takahashi N, Tsutsumi E, Abe K., Cytogenet Cell Genet, 73, 79, 80,   1997年
  • Intrarenal mRNA expression of the rat MDCK-type chloride channel., Abe T,Taniyama Y, Takeuchi K, Tsutsumi E, Abe K., Nephron, 73, 23, 26,   1997年
  • Functional analysis and chromosomal gene assigment of rat kidney prostaglandin EP3 receptor., Takeuchi K, Taniyama Y, Takahashi K, Takahashi N, Kato T, Abe T, Tsutsumi E, Ito S, Nakagawara K, Abe T., Kidney Int (Suppl), 55, S183, S186,   1997年
  • Association of a mutation in thiazide-sensitive Na-Cl cotransportor with familial Gitelman's syndrome., Takeuchi K, Taniyama Y, Kure S, Kato T, Tkahashi N, Ikeda Y, Abe T, Narisawa K, Murmatsu Y, Abe K., J Clin Endocrinol Metab, 81, 4496, 4499,   1997年
  • Aggisment of rat thromboxane synthase gene (Tbxas) to chromosome 4q21-->q22 by fluorrescence in situ hybridization., Takeuchi K, Taniyama Y, Tsutsumi E, Abe T, Takahashi N, Kato T, Ikeda Y, Abe K., Cytogenet Cell Genet, 76, 47, 48,   1997年
  • Rat kidney thromboxane synthase: cDNA cloning and gene expresion regulation in hydronephrotic kidney., Tsutsumi E, Taniyama Y, Takeuchi K, Abe T, Takahashi N, Kato T, Ikeda Y, Ito S, Abe K., Prostaglandins, 53, 423, 431,   1997年
  • Rat kidney thromboxane receptor:molecular cloning,signal transduction,and intrarenal expression localization, Abe T,Takeuchi K,Takahashi N,Tsutsumi E,Taniyama Y, Abe K., J Clin Invest, 96, 657, 664,   1995年
  • Functional difference between two isoforms of rat kidney prostaglandin receptor EP3 subtype, Takeuchi K, Takahashi N, Abe T, Ito O,Tsutsumi E, Taniyama Y, Abe K, Biochem Biophys Res Commun, 203, 1897, 1903,   1994年

書籍等出版物

  • 臨床麻酔,低ナトリウム血症, 谷山 佳弘、有馬 秀二, 共著, 真興交易㈱医書出版部,   2017年04月
  • インターベーショナルネフロロジー,1.カテーテル挿入術 4)傍正中切開ノンスタイレットセミロングカテーテル使用法, 谷山 佳弘, 共著, 東京医学社,   2016年06月
  • 近畿大医誌,血液浄化療法, 谷山 佳弘, 単著, 近畿大学医学部雑誌編集室,   2014年04月
  • 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡病態のとらえ方とトラブルシューティング50症例 2013年6月,浮腫の発症機序, 谷山 佳弘、有馬 秀二, 共著, 中山書店,   2013年06月
  • 臨床腎臓内科学, 高血圧緊急症, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 共著, 南山堂,   2013年05月
  • 臨床腎臓内科学, 加速型ー悪性高血圧, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 共著, 南山堂,   2013年05月
  • Fluid Management Renaissance,血圧と体液の病態生理, 谷山 佳弘, 単著, メディカルレビュー社,   2012年10月
  • 腎臓病,エビデンスに基づく循環器病予防医学-慢性心不全を防ぐ予防戦略とは?-, 谷山 佳弘, 単著,   2012年03月
  • 血圧,臓器保護の指標はアルブミン尿かeGFRか, 中野 志仁、谷山 佳弘、有馬 秀二, 共著, 先端医学社,   2012年02月
  • 腎臓症候群(第2版)上ーその他の腎臓疾患を含めてー,腎動静脈瘻 Renal arteriovenous fistula, 谷山 佳弘, 単著, 日本臨牀社,   2012年01月
  • M.P Medical Practice26(10),血圧異常への対応, 髙見 勝弘、谷山 佳弘、有馬 秀二, 共著,   2009年10月
  • 血圧16(7),CKDにおける利尿薬の意義, 有馬 秀二、谷山 佳弘、済生会 富田林病院, 共著, 先端医学社,   2009年09月
  • 高血圧 治療薬ハンドブック, 主な降圧薬の特徴と使用法, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, 共著, 羊土社,   2009年04月
  • 内分泌・糖尿病科 Endocrinology & Diabetology28(4),糖尿病患者に対する利尿薬、β遮断薬、α遮断薬のエビデンスと実際, 谷山 佳弘、有馬 秀二, 共著, 科学評論社,   2009年04月
  • 開業医のための高血圧診療 疑問・難問解決策65, 共編者, 診断と治療社,   2008年07月01日, 4787816128
  • 臨床病理47(12),Na代謝異常:Gitelman's syndoromeとNaトランスポータ遺伝子異常, 竹内 和久, 谷山 佳弘, 伊藤 貞嘉,保嶋 実, 共著, 克誠堂,   1999年
  • セラピューティック・リサーチ19(5),プロスタグランジン受容体, 竹内和久,谷山佳弘,髙橋信行,伊藤貞義, 共著, ライフサイエンス出版,   1998年

講演・口頭発表等

  • Fallot四微症術後の低心拍出性心不全に対し腹膜透析が有効であった一例, 谷山佳弘、古林法大、髙見勝弘、中谷嘉寿、松岡稔明、市川昌志、髙橋実代、清水和幸、山本祥代、大西佐代子、中野志仁、有馬秀二, 第62回日本透析医学会学術集会・総会,   2017年06月17日
  • よくわかるシリーズ8 心腎連関, 谷山佳弘, 第60回日本腎臓学会学術総会,   2017年05月27日
  • アンジオテンシン受容体拮抗薬中止によりネフローゼ症候群を呈した高レニン性高血圧の一例, 谷山佳弘、中谷嘉寿、松岡稔明、山本祥代、髙橋実代、清水和幸、古林法大、大西佐代子、中野志仁、髙見勝弘、有馬秀二, 第6回臨床高血圧フォーラム,   2017年05月13日
  • 妊娠中膿疱性乾癬患者に対してGCAPを施行した1症例(T), 田坂雪菜、用具俊和、増田善文、吉岡正訓、中野健一、竹田圭、藤堂敦、西村昌美、谷山佳弘、能勢和宏、有馬秀二, 第88回 大阪透析研究会,   2017年03月05日, 東 治人
    概要:【症例】26歳、女性。第1子妊娠時に皮疹増加のため、近医受診。膿疱性乾癬の診断を受け、プレドニゾロン(PSL)内服開始も病態悪化し、当院紹介。汎発型膿疱性乾癬重症度判定スコア(スコア)10点、PSL30mg/日で経過し、出産。第2子妊娠時に再度病態悪化し、妊娠11週目にGCAP開始。治療は1クール5回、処理量2000mL。GCAP3回目終了時スコアが3点から9点へと上昇し、PSL30mg/日およびシクロスポリン(CYA)200mg/日の投与開始。妊娠23週目よりGCAP2クール目開始し、スコアは5~6点で推移した。妊娠31週目よりGCAP3クール目開始。スコアは6~8点で推移するが、CYA200mg/日から150mg/日へ減量でき、妊娠37週目に出産。【考察・結語】妊娠中膿疱性乾癬患者へのGCAP施行による著明な改善を認めなかったが、治療選択しの1つとなり得ると考えられた。また、妊娠に対し、GCAPを安全に施行できた。
  • 当院における持続緩徐式血液濾過器による患者重症度評価と予後の比較, 用具俊和、田坂雪菜、増田善文、吉岡正訓、中野健一、竹田圭、藤堂敦、西村昌美、谷山佳弘、能勢和宏、有馬秀二, 第88回 大阪透析研究会,   2017年03月05日, 東 治人
    概要:【目的】AN69ST(S)膜とPMMA(c)膜を使用した患者の重症度評価と予後を比較検討。【対象】2015年9月から2016年12月までの15ヵ月間でCRRTを導入した症例。CRRT実施中に持続緩徐式血液濾過器を変更しなかった非維持透析患者31例(S膜:25例、C膜:6例)。【方法】CRRT導入時のSOFA、APACHEⅡスコアやCRRT実施期間、集中治療室からの退室期間などを比較検討した。【結果】導入時のスコアに有意な差を示さなかった。CRRT実施期間などに有意な差を示さなかった。【考察】S膜とC膜使用時の患者への効果に差を示さなかったことから、持続緩徐式血液濾過器によって患者状態へ影響を与えなかったと考えられた。ただし、調査期間が短いことから今後も検討が必要であると考えられた。【結語】二つの持続緩徐式血液濾過器の違いによる重症度と予後に差を示さなかった。
  • 急性肝不全に対するPlasma filtration with dialysis(PDF)の施行経験(T), 竹田圭、藤堂敦、中野健一、吉岡正訓、増田善文、用具俊和、田坂雪菜、西村昌美、谷山佳弘、能勢和宏、有馬秀二, 第88回 大阪透析研究会,   2017年03月05日, 東 治人
  • 当院でクライオフィルトレーションを施行した4症例の検討, 谷山佳弘、中谷嘉寿、松岡稔明、髙橋実代、清水和幸、山本祥代、井上裕紀、大西佐代子、古林法大、中野志仁、高見勝弘、有馬秀二, 第39回日本アフェレシス学会学術大会,   2016年11月27日
    概要:【はじめに】クリオグロブリン血症はC型肝炎ウィルス(HCV)をはじめ、膠原病や悪性腫瘍など様々な疾患に続発し、血管炎を発症することにより臓器障害を引き起こす。クライオフィルトレーションは血液中のクリオグロブリンを除去する血液浄化療法である。 【対象】2008年から2014年にかけてクライオフィルトレーションを施行した4症例を対象とする。症例1  40歳代 男性。症例2 60歳代 男性。症例3 40歳代 男性。症例4 70歳代 男性。症例1,2,3はいずれもHCV感染に続発したクリオグロブリン血症で、症例1,3では膜性増殖性糸球体腎炎によるネフローゼ症候群を呈していた。 症例2では末梢神経障害を生じていた。症例4は本態性Ⅱ型クリオグロブリン血症で膜性増殖性糸球体腎炎によるネフローゼ症候群を呈していた。 【結果】症例1に対しては3回、症例2,3,4に対しては4回のクライオフィルトレーションを行った。また、いずれの症例においてもステロイド、また症例1,2,3ではインターフェロンを併用した。症例2,3では施行後に血中クリオグロブリンは陰性化したが、症例1,4では減少をみたものの陰性化はしなかった。いずれの症例においても、尿蛋白の減少、神経障害の改善あるいは紫斑の消失といった臨床的治療効果がみられた。 【結論】クリオグロブリン血症の治療において、クライオフィルトレーションの有効性が示唆された。
  • 大動脈解離による左腎動脈閉塞、高レニン性高血圧および心不全を発症した一症例, 谷山佳弘、中野志仁、髙橋実代、清水和幸、山本祥代、井上裕紀、大西佐代子、髙見勝弘、松岡稔明、中谷嘉寿、有馬秀二, 第39回日本高血圧学会,   2016年10月01日
  • 移植腎機能廃絶により腹膜透析を導入した2症例の検討, 谷山佳弘、中野志仁、髙橋実代、清水和幸、山本祥代、井上裕紀、大西佐代子、古林法大、髙見勝弘、松岡稔明、中谷嘉寿、有馬秀二, 第22回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2016年09月24日
  • 急性肝不全に対するPlasma Filtration with dialysis(PDF)の施行経験, 竹田圭, 藤堂敦, 中野健一, 吉岡正訓, 増田善文, 用貝俊和, 田坂雪菜, 西村昌美, 谷山佳弘, 能勢和宏, 有馬秀二, 第87回 大阪透析研究会,   2016年09月04日
  • 血液透析から腹膜透析へ移行した2症例の検討, 谷山 佳弘、中野 志仁、松岡 稔明、中谷 嘉寿、兵頭 俊武、井上 裕紀、大西 佐代子、髙見 勝弘、清水 和幸、山本 祥代、有馬 秀二, 第21回日本腹膜透析医学会学術総会,   2015年11月28日
  • 選択的血漿交換が著効した小児中毒性表皮壊死症の1症例, 谷山 佳弘、有馬 秀二、武田 圭、田坂 雪菜、用具 俊和、増田 善文、中野 健一、藤堂 敦、宮澤 朋生、竹村 司、能勢 和宏, 第36回日本アフェレシス学会学術大会,   2015年10月30日, 野村 恭一
    概要:【緒言】中毒性表皮壊死症(TEN)の多くは薬剤が起因とされ、死亡率は20~30%であり、失明などの重篤な後遺症を残す可能性がある.今回,小児TENに対して選択的血漿交換(SPE)が著効した症例を経験したので報告する. 【症例】5歳,男児,体重17kg.抗菌薬が原因と思われるTENのため転院.転院時,全身の皮膚は発赤腫脹,水泡化.表皮の脱落,40℃の高熱,骨髄抑制による汎血球減少,肝機能障害,炎症所見の上昇を認めた.入院時よりγ-グロブリン大量静注療法と副腎皮質ステロイドを併用し,解熱傾向を認めた.しかし,再度発熱および炎症所見の上昇を認めたため,アルブミン(Alb)の篩係数0.75であるEvacure®EC-4A(川澄化学工業)を用いSPEを施行した.置換液量は,4%Alb溶液1250mlを使用し,処理量は1150mLとした(回路内充填に100mL使用).IgG除去率57.3%,排液血漿中フィブリノゲン(Fib)は検出されなかった.同時にステロイドパルス療法も併用し,皮疹および炎症所見は改善傾向となり,体温も37℃台で推移した.以降,ステロイドを漸減し約1ヵ月後に投与終了,その後症状の再燃はなく軽快退院となった. 【考察】EC-4Aを用いたSPEは,Fibを保持しつつサイトカイン以下の分子量物質を効率よく除去できたと考えられた.またSPEは,単純血漿交換と比較して血液製剤による感染や副作用発現を軽減,Albの使用料を減量できると考えられた. 【結語】SPEが著効した小児TENの1症例を経験した.小児TENに対して,SPEは有効かつ安全に施行できる.
  • カテーテル抜去1ヶ月後に腹水貯留をきたした腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘、中野 志仁、松岡 稔明、中谷 嘉寿、兵頭 俊武、井上 裕紀、大西 佐代子、髙見 勝弘、有馬 秀二, 第60回日本透析医学会学術集会・総会,   2015年06月26日
    概要:【症例】58歳男性。 【病歴】糖尿病腎症による腎不全のため、20xx年より腹膜透析が開始された。体液管理不良のため2年を経過した時点で血液透析併用、さらに3年で血液透析に移行した。移行後8ヶ月間腹膜洗浄を継続し、PETカテゴリーはhighであったが、腹膜中皮細胞診では低リスクと評価された。20yy年4月2日に腹膜透析カテーテルを抜去した。抜去時に施行した腹膜生検では、中皮細胞の脱落および下層の線維性結合織の軽度肥厚が観察された。同年5月7日腹痛を主訴に来院し、腹水貯留とイレウス所見を認めたため精査・加療目的に入院となった。腹水は滲出性でヒアルロン酸およびCA125の上昇を認めた。被嚢性腹膜硬化症(EPS)の炎症期と判断し、ステロイド投与を開始した。ステロイド開始後は炎症の消退と腹水の減少がみられ、外来にて治療継続の方針となった。 【結語】カテーテル抜去後比較的早期に発症したEPSの一例を経験した。文献的考察の上で報告する。
  • 片側腎動脈塞栓を施行した多発嚢胞腎PD患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 有馬 秀二, 第27回大阪CAPD研究会,   2013年12月, 第27回大阪CAPD研究会
  • 浮腫、心不全を繰り返しきたし、血糖コントロール不良であった肥満2型糖尿病の一例, 大西 佐代子, 中谷 嘉寿, 井上 裕紀, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会
  • 透析終了業務時におこったコミュニケーションエラーについてTeamSTEPPSで振り返る, 第8回医療の質・安全学会 学術集会,   2013年11月, 第8回医療の質・安全学会 学術集会
    概要:【背景と目的】人工透析業務には、迅速な対応が必要とされる場面が多く、医師の指示を待たずに看護師や臨床工学技士の判断で対応することがある。今回、医師の透析継続指示に反し、患者の終了希望を優先し透析を終了するという事例が発生した。医師の指示に従うことは業務上重要であるが、透析続行により患者の安全が保たれない可能性もあり得る。医師と看護師の間に確執を残さず、かつ、看護師・技師が安易に透析終了の判断を下す傾向にないよう、TeamSTEPPSにのっとっりコミュニケーション上の問題点や改善策をチームで再検討した。【取り組み】透析終了業務時に起こった事例について、TeamSTEPPSの考え方をもとに振り返りを行った。【結果】患者が透析終了を希望した際、他患者の透析終了時間が重なっており、担当看護師が一人で医師への連絡や患者の対応をしていた。医師に透析を終了したい事を電話で報告するが、SBARで報告ができず、医師から「何の情報もなく、困
  • 維持透析患者に対するカルニチン製剤補充療法の検討, 米田 雅美, 原 弘道, 早川 敬, 嶋津 秀紀, 今西 正昭, 畑中 祐二, 安田 宗生, 佐藤 弘章, 石井 徳味, 谷山 佳弘, 植村 天受, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年10月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • トルバプタン投与後に透析除水量が増加した腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • 透析導入患者の不安状態, 河村 明子, 上田 由美子, 尾家 美弥子, 李 京子, 六条 律子, 西村 昌美, 石井 徳味, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • モーニングセミナー「腹膜透析患者の血圧管理」, 谷山 佳弘, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • 「PD腹膜炎発症後にカテーテル閉塞による注排液不良を呈した2例」, 中野 志仁, 井上 裕紀, 大西 佐代子, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,   2013年09月, 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
  • 腹膜炎発症後カテーテルの被包化により注液不能となった腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 腹膜透析中に左腰背部痛を契機として診断された左腎癌の一例, 中野 志仁, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 石井 徳味, 小林 泰之, 植村 天受, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • 血液浄化におけるHMGBI除去に対する検討, 尾崎 美和, 西村 昌美, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第58回日本透析医学会学術集会・総会,   2013年06月, 第58回日本透析医学会学術集会・総会
  • メチルグリオキサールによるマクロファージ食作用抑制, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 有馬 秀二, 第56回日本腎臓学会学術総会,   2013年05月, 第56回日本腎臓学会学術総会
  • 悪性腎高血圧状態における小胞体ストレス(ERS)、オートファジーについての検討, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第42回日本心脈管作動物質学会,   2013年02月, 第42回日本心脈管作動物質学会
  • 多発性単神経炎に大量免疫グロブリン静注療法(IVIg)が奏功したChurg-Strauss症候群(CSS)の1例, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 大西 佐代子, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第199回日本内科学会近畿地方会,   2012年12月, 第199回日本内科学会近畿地方会
  • IgG4関連腎臓病にネフローゼ症候群を呈した1例, 大西 佐代子, 中谷 嘉寿, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 筑後 孝章, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 長田 道夫, 第42回日本腎臓学会西部学術大会,   2012年10月, 第42回日本腎臓学会西部学術大会
  • 悪性高血圧状態における腎オートファージーについての検討, 中谷 嘉寿, 有馬秀二, 谷山 佳弘, 松岡 稔明, 髙見 勝弘, 中野志仁, 第35回日本高血圧学会総会,   2012年09月, 第35回日本高血圧学会総会
  • Adaptive-servo ventilation導入により透析効率の改善をみた腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 第57回日本透析医学会学術集会・総会,   2012年06月, 第57回日本透析医学会学術集会・総会
  • 悪性高血圧モデルラットの病態解明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第17回アンジオカンファレンス,   2012年02月, 第17回アンジオカンファレンス
  • 腎生検にて診断したIntravascular large B-cell lymphoma(IVL)の1例, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 有馬 秀二, 第197回日本内科学会近畿地方会,   2012年, 第197回日本内科学会近畿地方会
  • Malignant hypertensionモデルMSHRSPラットにおける腎での小胞体ストレスシグナルおよびRASの関与についての検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第34回 日本高血圧学会総会,   2011年10月, 第34回 日本高血圧学会総会
  • ボルテゾミブにて蛋白尿改善を認めた、多発性骨髄腫続発アミロイド腎症の1例:腎小胞体ストレスからの検討, 中野 志仁, 中谷 嘉寿, 朝戸 佳世, 志賀 俊彦, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 鮫島 謙一, 第54回 日本腎臓学会学術総会,   2011年06月, 第54回 日本腎臓学会学術総会
  • 高血圧モデルラットにおける腎臓での小胞体ストレス(ERS)の検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 有馬 秀二, 第54回 日本腎臓学会学術総会,   2011年06月, 第54回 日本腎臓学会学術総会
  • 胸腔鏡下横隔膜閉鎖術により腹膜透析を継続しえた横隔膜交通症の1例, 中野 志仁, 谷山 佳弘, 中谷 嘉寿, 松岡 稔明, 高見 勝弘, 南 憲司, 岩崎 拓也, 廣畑 健, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第56回 日本透析医学会学術集会・総会,   2011年06月, 第56回 日本透析医学会学術集会・総会
  • 脳血管障害, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 岩本 一郎, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第56回日本透析医学会学術集会・総会,   2011年06月, 第56回日本透析医学会学術集会・総会
  • NOX4を制御するNADPHoxidase調整タンパク質Poldip2(polymerase delta-interacting protein)の糖尿病性腎臓に対する検討, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月, 第54回 日本糖尿病学会年次学術集会
  • 4型尿細管性アシドーシスを合併したループス腎炎の一例, 志賀 俊彦, 生駒 真也, 中野 志仁, 岸本 和也, 野﨑 祐史, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第193回日本内科学会近畿地方会,   2010年12月, 第193回日本内科学会近畿地方会
  • PD腹膜炎の予防と対処に関する患者の行動変化, 谷山 佳弘, 河村 明子, 上田 由美子, 李 京子, 西村 昌美, 石井 徳味, 第16回日本腹膜透析学会学術集会,   2010年11月, 第16回日本腹膜透析学会学術集会
  • 抜歯を契機に鬱血性心不全症状を発症、急性腎不全を合併した劇症型抗リン脂質抗体症候群の1例, 鮫島 謙一, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 中谷 公彦 岩野 正之 斉藤 能彦, 第40回 日本腎臓学会西部学術大会,   2010年10月, 第40回 日本腎臓学会西部学術大会
  • Malignant HypertensionモデルmSHR-spラットにおける腎での臓器障害と酸化ストレス・小胞体ストレスとの関与、機序の検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 高見 勝弘, 有馬 秀二, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • 正常血圧を呈した原発性アルドステロン症の一例, 髙見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 第33回 日本高血圧学会総会,   2010年10月, 第33回 日本高血圧学会総会
  • Poldip2の糖尿病性腎症(DN)における病態生理学的意義に関する検討, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 岸本 和也, 嶋津 秀紀, 木下 浩二, 船内 正憲, 有馬 秀二, 金藤 秀明 松久 宗英, Griendling Kathy K, 第53回 日本腎臓学会学術総会,   2010年06月, 第53回 日本腎臓学会学術総会
  • PTRA後対側に狭窄をきたしたFMDによるRVHの1例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 船内 正憲, 第32回 近畿「内分泌と高血圧」研究会,   2009年11月, 第32回 近畿「内分泌と高血圧」研究会
  • クライオフィルトレーションが著効したネフローゼ症候群を呈したクリオグロブリン血症の1例, 鮫島 謙一, 中野 志仁, 樋野 尚一, 矢野 智洋, 岸本 和也, 嶋津 秀紀, 松岡 稔明, 杉山 昌史, 谷山 佳弘, 木下 浩二, 有馬 秀二, 船内 正憲, 中谷 公彦 岩野 正之 斎藤 能彦, 佐藤 弘章, 第39回日本腎臓学会西部学術大会,   2009年10月, 第39回日本腎臓学会西部学術大会
  • 意識消失を契機に診断された高齢者後期ダンピング症候群の1例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 中坊 麻利, 前嶋 哲也, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, 第19回 日本老年医学会近畿地方会,   2008年11月, 第19回 日本老年医学会近畿地方会
  • 両側副腎腫瘍を伴ったサブクリニカルクッシング症候群の一例, 髙見 勝弘, 谷山 佳弘, 田中 康史, 濱田 征宏, 中坊 麻利, 前嶋 哲也, 中納 一衛, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, 第185回 日本内科学会近畿地方会,   2008年06月, 第185回 日本内科学会近畿地方会
  • アンジオテンシンⅡによるPDK1の機能制御~Focal adhesion形成における役割, 谷山 佳弘, 第18回細胞病態研究会,   2006年, 第18回細胞病態研究会
  • Reactive oxygen species- and PDK1- dependent downregulation of IRS-1 by angiotensin Ⅱ as a cause of insulin resistance, 谷山 佳弘, Angiotensin Gordon Conference 2004,   2004年, Angiotensin Gordon Conference 2004
  • A Mechanism of Angiotensin ⅡInduced Insulin Resistance, 谷山 佳弘, R. Wayne Alexander, Kathy K. Griendling, Sadayoshi Ito, 第68回 日本循環器学会総会・学術集会,   2004年, 第68回 日本循環器学会総会・学術集会
  • A molecular mechanism of Angiotensin Ⅱ-induced insulin resistance, 谷山 佳弘, Anand Shah, R. Wayne Alexander, Kathy K. Grienling, Scientific Session 2003, American Heart Association,   2003年, Scientific Session 2003, American Heart Association
  • Pky2-dependent tyrosine phosphorylation of PDK1 mediates cell spreading, 谷山 佳弘, Petra Rocic, Lula Hilenski, David S. Weber, Marjorie L. Akers, Jongsun Park, Brian A. Hemmings, R Wayne Alexander, Kathy K. griendling, Experimental Biology-FASEB 2003,   2003年, Experimental Biology-FASEB 2003
  • Angiotensin Ⅱ regulation of 3-phosphoinositide-dependent protein kinase-1 (PDK-1) in vascular smooth muscle cells, 谷山 佳弘, R. Wayne Alexander, Kathy k. griendling, Scientific Session 2001, American Heart Association,   2001年, Scientific Session 2001, American Heart Association
  • Site-specific gene Expression of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter, 谷山 佳弘, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Sadayoshi Ito, 18th Scientific Meting of the International Society of Hypertension,   2000年, 18th Scientific Meting of the International Society of Hypertension
  • バーター症候群類縁疾患の1例, 谷山 佳弘, 竹内和久,遠藤好美,加藤太郎,矢尾板啓,今井 潤,尾股 健,杉村和彦,阿部文明,伊藤貞嘉, 第160回 日本内科学会東北地方会,   2000年, 第160回 日本内科学会東北地方会
  • Transcriptional regulation of rat thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter gene, 谷山 佳弘, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Sadayoshi Ito, 53rd Annual Fall Conference and Scientific Sessions of the Council for High Blood Pressure Research,   1999年, 53rd Annual Fall Conference and Scientific Sessions of the Council for High Blood Pressure Research
  • Gene transcription of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter : Effect of steroid hormnes, 谷山 佳弘, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Kazunori Sato, Yasuteru Kondo, Masataka Kudo, Akira Uruno, Sadayoshi Ito, 1st International Conference on Control and Disease of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion C,   1999年, 1st International Conference on Control and Disease of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion C
  • Loss of function by a mutation of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter gene causes Gitelman's syndrome., 谷山 佳弘, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Kazunori Sato, Sadayoshi Ito, 1st International Conference on Control and Disease of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion C,   1999年, 1st International Conference on Control and Disease of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion C
  • Steroid hormone-induced gene transcription of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter (International Session), 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第22回 日本高血圧学会総会,   1999年, 第22回 日本高血圧学会総会
  • インターロイキン6によるトロンボキサン受容体発現調節, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,高橋信行,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第20回 日本炎症学会総会,   1999年, 第20回 日本炎症学会総会
  • ラットサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体遺伝子の転写調節領域の検討, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第42回 日本腎臓学会学術総会,   1999年, 第42回 日本腎臓学会学術総会
  • ラットサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体遺伝子の転写調節機構, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第5回 分子腎臓研究会,   1999年, 第5回 分子腎臓研究会
  • 腎電解質代謝とサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第27回 高血圧と内分泌カンファランス,   1999年, 第27回 高血圧と内分泌カンファランス
  • Mutation analysis of human thiazide sensitive Na-Cl cotransporter, 谷山 佳弘, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Sadayoshi Ito, 17th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   1998年, 17th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
  • ヒトサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体(hTSC)の構造機能関連と血圧調節における意義, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第21回  日本高血圧学会総会,   1998年, 第21回  日本高血圧学会総会
  • ヒトサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体(hTSC)機能発現系の確立とこれを用いた構造機能連関の検討, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第4回 腎と高血圧研究会,   1998年, 第4回 腎と高血圧研究会
  • ヒトサイアザイド感受性Na-Cl共輸送体(hTSC)機能発現系の確立, 谷山 佳弘, 竹内和久,菅原 明,池田勧夫,伊藤貞嘉, 第4回 分子腎臓研究会,   1998年, 第4回 分子腎臓研究会

MISC

  • トルバプタン投与後に透析除水量が増加した腹膜透析患者の一例, 谷山 佳弘, 中野 志仁, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 大西 佐代子, 井上 裕紀, 有馬 秀二, 腎と透析2014, 77, 別冊 腹膜透析2014, 115, 116,   2014年
    概要:63歳男。腎硬化症による慢性腎不全、陳旧性心筋梗塞および慢性心房細動による低心機能のため通院中であった。著しい低心機能のため腹膜透析を選択したが、透析開始後より体液量コントロールに難渋した。透析開始後3年を経た頃より、再度下腿浮腫の増強、胸水の増加がみられたため加療目的で入院となった。第3病日よりトルバプタンを投与したところ、腹膜透析での除水量が1000→2500mL程度まで増加した。除水量増加に伴い、1週間で約4kgの体重減少と胸水の消失を認めた。BNPは4232.1→77.5pgへ著明に低下した。尿量は明らかな増加を認めなかった。血中尿素窒素およびクレアチニン値に有意な変化はなかった。血清ナトリウム濃度は131→134mEq/Lへ上昇した。
  • 118)腹部大動脈に急性動脈血栓症を発症した1症例(第103回日本循環器学会近畿地方会), 田中 康史, 中納 一衛, 前嶋 哲也, 濱田 征宏, 中坊 麻利, 小玉 忠知, 谷山 佳弘, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 71, 0,   2007年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006479261
  • 2.降圧薬の中断により高血圧性脳症をきたした1例(一般演題抄録,第62回近畿大学医学会学術講演会), 前嶋 哲也, 谷山 佳弘, 田中 康史, 中坊 麻利, 濱田 征宏, 小玉 忠知, 中納 一衛, 甲斐 達也, 有馬 秀二, 金政 健, 近畿大学医学雑誌, 32, 3,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025582
  • 特集 AII受容体の機能解明とAII受容体拮抗薬 アンジオテンシンII・AII受容体の基礎医学 2. AII 受容体の細胞内情報伝達機構, 竹内和久, 有馬 秀二, 谷山 佳弘, Prog Med, 20, 1194, 1200,   2000年
  • "Functional exprssion of human thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter", Yoshihiro Taniyama, Kazuhisa Takeuchi, Akira Sugawara, Yukio Ikeda, Sadayoshi Ito, 31st Annual Meeting of the American Sosiety of Nephrology,   1998年