KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

澤邊 昭義サワベ アキヨシ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名准教授
学位工学博士
専門生物環境学、毒性学、分析化学
ジャンルくらし/食生活
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/159-sawabe-akiyoshi.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/03ouyou/seibutsu_kankyo/sawabe.htm
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    「生命と環境を守る」をテーマに、化粧品や食品の安全性や有用性評価を行っています。また有用植物資源を対象に、クローン技術を用いて有用植物から香料生産や機能成分生産を実施しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 近畿大学, 大学院 工学研究科, 応用化学
  •  - 1985年, 近畿大学, 理工学部, 応用化学

経歴

  •   1991年,  - 1993年, 米国マサチューセッツ工科大学 博士研究員
  •   1993年,  - 1996年, 近畿大学農学総合研究所 助手
  •   1996年,  - 1999年, 近畿大学農学総合研究所 講師
  •   1999年,  - 2000年, 近畿大学農学総合研究所 助教授
  •   2007年,  - 2011年, 独立行政法人 国立環境研究所(客員研究員(兼任))

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境技術・環境材料
  • 生物分子科学, 生物分子科学
  • 複合化学, 生体関連化学
  • 生物科学, 構造生物化学
  • 農芸化学, 生物生産化学・生物有機化学

研究キーワード

  • 環境ストレス, メタローム, 植物, 生物活性物質, 食品, 食品添加物, 化粧品, 香料, 分離, 分析, バイオアッセイ, 環境浄化, 重金属, PAHs, ファイトレメディエーション

論文

  • Role of GPx4 in human vascular endothelial cells, and the compensatory activity of brown rice on GPx4 ablation condition, 澤邊 昭義, Pathophysiology, 24, 1, 9, 15,   2017年03月, 査読有り
  • Suppressive Effect of Acacia Polyphenol on Postprandial Blood Glucose Elevation in Non-diabetic Individuals - A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Crossover Study –, 澤邊 昭義, Jpn. Pharmacol. Ther., 44, 10, 1463, 1469,   2016年10月, 査読有り
  • Soy peptides exhibit superior absorption compared with protein beverages, 澤邊 昭義, Jpn. J. Med Pharm Sci,, 72, 7, 1227, 1230,   2015年07月, 査読有り
  • 大麦エキス乳酸菌発酵物の摂取がレストレスレッグス症候群および腸内菌叢に及ぼす影響, 澤邊 昭義, 応用薬理, 88, 5/6, 69, 74,   2015年06月, 査読有り
  • 香りが与えるエストロゲン様活性とストレス軽減・緩和効果について, 澤邊 昭義, Aroma Research, 49, 58, 63,   2012年02月, 査読有り
  • クローン技術を用いた香料生産について - 植物毛状根から香りがする! -, 澤邊 昭義, 香料, 250, 35, 47,   2011年06月
  • 乳酸菌配合レンコン食品の抗アレルギー効果, 澤邊 昭義, 食生活研究, 34, 6, 343, 348,   2014年09月, 査読有り
  • 成人男性を対象とした、アルギン酸カルシウム含有食品の単回摂取による食後の血中中性脂肪値および血糖値におよぼす影響, 澤邊 昭義, 竹田 竜嗣, 福田靖 河内幸枝, 米虫節夫, 食生活研究, 33, 2, 109, 114,   2013年01月, 査読有り
  • Nutrition and absorption of soy peptide, comparison with chicken extract, 澤邊 昭義, Jpn. J. Med. Pharm. Sci., 67, 6, 843, 848,   2012年06月, 査読有り
  • 播州葡萄園跡 出土液体入り栓つきボトルの内容物分析, 沢辺 昭義, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 22, 3, 143, 147,   2011年12月, 査読有り
  • Effect of various food additives and soy constitutes on high CoQ10 absorption, 澤邊 昭義, Jpn J Med Pharm Sci, 64, 4, 613, 620,   2010年10月, 査読有り
  • Polycyclic aromatic hydrocarbons for the soil-plant-environment system, 澤邊 昭義, J. Agric. Meteorol., 60, 1137, 1140,   2005年10月, 査読有り
  • 重金属集積植物セイヨウカラシナのカルスにおける重金属の挙動, 澤邊 昭義, 分析化学, 54, 9, 929, 933,   2005年09月, 査読有り
  • Elucidation of a Carotenoid Biosynthesis Gene Cluster Encoding a Novel Enzyme, 2,2-b-Hydroxylase, from Brevundimonas sp. Strain SD212 and Combinatorial Biosynthesis of New or Rare Xanthophylls, 澤邊 昭義, Appl. Environ. Microbiol., 71, 8, 4286, 4296,   2005年08月, 査読有り
  • Glycosides in African Dietary Leaves, ┣DBHibiscus sabdariffa(/)-┫DB, 澤邊 昭義, J. Oleo Sci., 54, 3, 185, 191,   2005年03月, 査読有り
  • Inhibitory actions of several natural products on proliferation of rat vascular smooth muscle cells induced by Hsp60 from ┣DBChlamydia pneumoniae(/)-┫DB J138, 澤邊 昭義, J. Agric. Food Chem., 52, 20, 6326, 6329,   2004年10月, 査読有り
  • 奈良市近郊における土壌中の多環芳香族炭化水素類の挙動調査, 澤邊 昭義, 分析化学, 53, 9, 1003, 1008,   2004年09月, 査読有り
  • Terpenoids of the volatile oil of ┣DBBursera graveolens(/)-┫DB, 澤邊 昭義, Flavour Fragr. J., 19, 565, 570,   2004年04月, 査読有り
  • Eudesmane-type Sesquiterpenoids in the Volatile Oil from ┣DBBursera graveolens(/)-┫DB, 澤邊 昭義, J. Oleo Sci., 53, 7, 343, 348,   2004年, 査読有り
  • Synthesis and Cosmetic Whitening Effect of Glycosides Derived from Anacardic Acids, 澤邊 昭義, Journal of Oleo Science, 52, 3, 141, 147,   2003年03月, 査読有り
  • Constituents of Volatile Oil from Melon Hairy Roots Produced by the Infection with ┣DBAgrobacterium rhizogenes(/)-┫DB, 澤邊 昭義, Journal of Oleo Science, 52, 3, 171, 174,   2003年03月, 査読有り
  • Evaluation for Efficient Hairy Root Production Assessed by GFP-gene Expression in Tomato Cultivars Inoculated with ┣DBAgrobacterium rhizogenes(/)-┫DB MAFF07-20001, 澤邊 昭義, Plant Biotechnology, 20, 3, 257, 261,   2003年, 査読有り
  • Isolation and Synthesis of Cosmetic Substances from African Dietary Leaves, ┣DBCelosia argentea(/)-┫DB L. for Skin Depigmentation, 澤邊 昭義, Journal of Oleo Science, 51, 203, 206,   2002年, 査読有り
  • A New Carotenoid Glycosyl Ester Isolated from a Marine Microorganism, ┣DBFusarium(/)-┫DB Strain T-1, 澤邊 昭義, Journal of Natural Products, 65, 11, 1683, 1684,   2002年, 査読有り
  • アルギニン・グルタミン混合物による高齢者の褥瘡および低栄養改善効果の検討, 沢辺 昭義, 臨床栄養, 118, 2, 188, 204,   2001年02月, 査読有り
  • The feasibility of using introduced freshwater fish, mosquitofish (Gambusia affinis), for detecting endocrine disruption in the water environment, 澤邊 昭義, Environmental Toxicology and Chemistry, 30, 12, 2778, 2785,   2011年11月, 査読有り
  • Behavioral evidence for beneficial effects of soy peptide supplementation on higher brain function in healthy young volunteers, 澤邊 昭義, Jpn Pharmacol Ther., 41, 5, 457, 464,   2013年05月, 査読有り
  • 成人女性を対象とした、アルギン酸カルシウム含有食品の摂取による脚のむくみに及ぼす影響, 澤邊 昭義, 竹田 竜嗣, 福田 靖, 河内 幸枝, 米虫節夫, 食生活研究, 33, 2, 102, 108,   2013年01月, 査読有り
  • マイクロバブル発生装置を用いた溜め池の水質改善, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 29, 6, 41, 47,   2011年12月
  • コメ・水稲および土壌の重金属迅速測定法について, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 29, 5, 31, 39,   2011年10月
  • 奈良市近郊の溜め池の水質調査とミジンコによる生物評価, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 29, 5, 40, 47,   2011年10月
  • カボチャのPb暴露における無機元素とグルタチオンの挙動, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 27, 4, 36, 42,   2009年08月, 査読有り
  • 美に挑む! 植物性化粧品原料, 沢辺 昭義, Foods & Food Ingredients J. Jpn., 213, 897, 909,   2008年10月
  • 澱粉由来食品マロニーにおけるグリセミック・インデックスおよびグリセミック・ロードに関する研究, 沢辺 昭義, 食生活研究, 28, 39, 44,   2008年03月, 査読有り
  • Phylogenetic analysis of carotenoid-producing marine microorganisms around the coral reefs of the Kerama Islands of Okinawa, 澤邊 昭義, Biocontrol Science, 13, 1, 17, 22,   2008年01月, 査読有り
  • Antibacterial Activity of Stilbene Oligomers aga-inst Vancomycin -Resistant Enterococci (VRE) and Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA) and Their Synergism with Antibiotics, 澤邊 昭義, Biocontrol Science, 12, 1, 7, 14,   2007年01月, 査読有り
  • Culture Characteristics of Carotenoid-producing Filamentous Fungus T-1, and Carotenoid Production, 澤邊 昭義, J. Oleo Sci., 56, 12, 649, 652,   2007年12月, 査読有り
  • ファイトレメディエーション.Ⅵ -土壌中における汚染物質(TPHおよびPAHs)の分解と代謝-, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 24, 2, 24, 27,   2006年04月
  • ファイトレメディエーション.Ⅶ -閉鎖系水域の環境問題-, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 24, 3, 35, 38,   2006年06月
  • ファイトレメディエーション.Ⅴ -土壌中におけるPAHsの挙動-, 沢辺 昭義, 環境管理技術, 24, 1, 44, 48,   2006年02月
  • Chemical composition of three extracts of Bursera graveolens, 澤邊 昭義, Flavour Fragr. J., 21, 2, 234, 238,   2006年08月, 査読有り
  • Toward use of the leaves of Perilla frutescens (L.) Britton var. acuta Kudo (red perilla) with Japanese dietary pickled plum (Umeboshi), 澤邊 昭義, J. Oleo Sci., 55, 8, 413, 422,   2006年08月, 査読有り
  • Mono- and sesquiterpenoids of the volatile oil of Bursera graveolens, 澤邊 昭義, Flavour Fragr. J., 20, 6, 653, 658,   2005年07月, 査読有り
  • Constituenta of Volatile Oil from Melon Hairy Roots Produced by the Infection with Agrobacterium rhizogenes, 澤邊 昭義, Journal of Oleo Science, 52, 3, 171, 174,   2003年03月, 査読有り
    概要:Agrobacterium rhizogenesを用いた微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを示した。(英文)
  • Evaluation for efficient hairy root production assessed by GFP.gene expression in tomato cultivars inoculated with Agrobacterium rhizogenes MAFF 07-20001, 澤邊 昭義, Plant Biotechnology, 20, 3, 257, 261,   2003年03月, 査読有り
    概要:アグロインフェクション法をトマトに適用し、導入遺伝子の発現解析を行うこととしたが、トマトの場合、毛状根誘導に関する報告は必ずしも多くない。本実験では、トマトにおける毛状根作出系を確立することとした。
  • Accumulation of Heavy Metals by Japanese Weeds and their Seasonal Movement, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 竹田 竜嗣, 吉邑 典承, Soil & Sediment Contamination, 13, 222,   2004年04月
    概要:近畿大学農学部キャンパス(奈良市)をはじめ,木津川河原,車通りの多い奈良市内県道周辺,奈良市内ガソリンスタンド跡地など様々な立地環境における30種類以上の草本植物を採取し,季節間の重金属の集積量を調査した。(英文)
  • Carotenoids and Flavonoids from Saffron (Crocus sativus L.): Assessment of cosmetic use, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 石河 千紘, 高橋 一弘 山村 明子, Carotenoid Rresearch, 7, 37, 38,   2004年04月
    概要:サフランに含まれる2種類のカロテノイド,2種類のフラボノイドおよび2種類のものテルペノイドの合計6種の成分を抽出・単離し,それらの構造を明確にした。得られた成分の光・温度・pHの耐性テストを行うとともにチロシナーゼ活性阻害試験および活性酸素抑制試験により化粧品有用性について検討した。
  • ファイトレメディエーション.Ⅳ -植物の重金属集積メカニズム2-, 澤邊 昭義, 竹田 竜嗣, 米虫 節夫, 環境管理技術, 23, 5, 47, 51,   2005年10月
  • A Hairy Root Culture of Melon Produces Aroma Compounds, 澤邊 昭義, J. Agric. Food Chem., 48, 4, 1417, 1420,   2000年10月, 査読有り
  • Sturctural analyses of a Precursory Substance of Bitterness : New Polyisoprenepolyols Isolated from an Edible Mushroom by Fast Atom Bombardment Mass Spectrometry, 澤邊 昭義, J. Agric. Food Chem., 47, 2, 588, 593,   1999年02月, 査読有り
  • Isolation and Characterization of New Limonoid Glycosides from ┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB Peels, 澤邊 昭義, Carbohydrate Research, 315, 1/2, 142, 147,   1999年02月, 査読有り
  • Effects of Acetylenes and Terpenoids from Solidago altissima L. on Seed Germination, 澤邊 昭義, J. Jpn. Oil. Chem. Soc., 48, 2, 139, 142,   1999年, 査読有り
  • 質量分析法によるきのこに含まれる苦味成分前駆体,新規ポリイソプレンポリオールの構造解析, 沢辺 昭義, 日本応用きのこ学会誌, 7, 2, 49, 56,   1999年, 査読有り
  • Glycosides in the Leaves of African Celosia Argentea L., 澤邊 昭義, J. Jpn. Oil Chem. Soc., 47, 1, 25, 30,   1998年, 査読有り
  • 複合脂質のFAB/MSによる構造解析, 森田 全律, 沢辺 昭義, 質量分析, 46, 3, 204, 210,   1998年, 査読有り
  • Terpenoid- and Pheny1 Propanoid-Glycosides Isolated from Leaves of Hiba (┣DBThujopsis dolabrata(/)-┫DB SEIB. et ZUCC. ), 澤邊 昭義, J. Jpn. Oil Chem. Soc., 46, 2, 139, 144,   1997年, 査読有り
  • Characterization of the Z┣D5-┫D5 and E┣D5-┫D5 Isomers of Dehydromatricaria Lactones, 澤邊 昭義, J. Jpn. Oil Chem. Soc., 46, 4, 413, 417,   1997年, 査読有り
  • 甘夏柑(┣DBCitrus natsudaidai(/)-┫DB)およびスダチ(┣DBC.sudachi(/)-┫DB)果皮中のテルペノイド配糖体, 沢辺 昭義, 日本農芸化学会誌, 70, 1, 37, 39,   1996年01月, 査読有り
  • Fast Arom Bombardment Mass Spectrometry and Linked Scan Analyses at Constant B/E in the Structural Characterization of New Polyisoprenpolyols Isolated from an Edicle Mushroom (┣DBHypsizigus marmoreus(/)-┫DB), 澤邊 昭義, J.Mass Spectrom., 31, 8, 921, 925,   1996年, 査読有り
  • B/E constant Linked Scan Fast Atom Bombardment Analysis of a New Type of Glycosy Phosphosphingolipid Isolated from Edible Fungi (Mushroom), 澤邊 昭義, Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, 43, 2, 115, 120,   1995年, 査読有り
  • キノコ類に含まれる天然有機化合物の質量分析法による構造解析, 沢辺 昭義, きのこの科学, 2, 4, 157, 166,   1995年, 査読有り
  • ゲットウ(┣DBAlpina speciosa(/)-┫DB K.Schum.)の葉から単離されたいくつかのステロイドおよびフェニルプロパノイド配糖体, 沢辺 昭義, 油化学, 44, 11, 1012, 1014,   1995年, 査読有り
  • The Location of Double Bonds in a Cerebroside from Edible Fungi (Mushroom) Estimated by B/E Linked Scan Fast Atom Bombardment Mass Spectrometry, 澤邊 昭義, Biological Mass Spectrometry, 23, 11, 660, 664,   1994年, 査読有り
  • The Synthesis of Naturally Occurring (-)-Calyculin A, 澤邊 昭義, Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 33, 6, 673, 675,   1994年, 査読有り
  • ゲットウ(┣DBAlpina speciosa(/)-┫DB K. Schem. )の葉および花の精油成分, 沢辺 昭義, 油化学, 43, 5, 424, 427,   1994年, 査読有り
  • Towards the Synthesis of Calyculin : A Synthetic Intermediate Corresponding to the C(26)-C(37) Fragment, 澤邊 昭義, Tetrahedron Lett., 33, 1937, 1940,   1992年, 査読有り
  • Use of 2-trimethylsilylethyl as a Protecting Group in Phosphate Monster Synthesis, 澤邊 昭義, Tetrahedron Lett., 33, 7685, 7686,   1992年, 査読有り
  • ハッサク,ザボン及び甘夏柑果皮中のクマリンの構造と生理活性, 沢辺 昭義, 油化学, 41, 3, 249, 251,   1992年, 査読有り
  • Structure of New Cyclic Peptides in Young Unshiu(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB MARCOV. ), Orange(┣DBCitrus sinensis(/)-┫DB OSBECK. ), and Amanatsu(┣DBCitrusnatsudaidai(/)-┫DB)Peelings, 沢辺 昭義, Agric. Biol. Chem., 55, 12, 2923, 2929,   1991年, 査読有り
  • Structures and Physiological Activity of Phenyl Propanoid Glycosides in Lemon (┣DBCitrus limon(/)-┫DB BURM. ┣DBf(/)-┫DB. )Peel, 沢辺 昭義, Agric. Biol. Chem., 55, 3, 647, 650,   1991年, 査読有り
  • Structures of New Limonoid Glycosides in Lemon (┣DBCitrus limon(/)-┫DB BURM. ┣DBf(/)-┫DB. )Peelings, 沢辺 昭義, Agric. Biol. Chem., 54, 5, 1143, 1148,   1990年, 査読有り
  • Structures of Terpenoid Glycosides in the Leaf of Hinoki (┣DBChamaecyparies obtusa(/)-┫DB SIEB. et ZUCC. ), 沢辺 昭義, Agric. Biol. Chem., 54, 2, 555, 556,   1990年, 査読有り
  • Structures and Physiological Activity of Phyl Propanoid Glycosides in the Leaf of Hinoki (┣DBChamaecyparies obtsusa(/)-┫DB SIEB. et ZUCC. ), 沢辺 昭義, Agric. Biol. Chem., 54, 2, 557, 559,   1990年, 査読有り
  • Structures and Hypotensive Effect of Flavonoid Glycosides in Young ┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB Peelings, 沢辺 昭義, J. Jpn. Oil Chem. Soc. (YUKAGAKU), 38, 1, 53, 59,   1989年, 査読有り
  • レモン(┣DBCtrus limon(/)-┫DB BURM. ┣DBf(/)-┫DB. )果皮中のステロイドの構造, 沢辺 昭義, 日本農芸化学会誌, 63, 6, 1115, 1117,   1989年, 査読有り
  • レモン(┣DBCitrus limon(/)-┫DB BURM. f. ), 温州みかん(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB MARCOV. ), ハッサク(┣DBCitrus hassaku(/)-┫DB HORT. ), ユズ(┣DBCitrus junos(/)-┫DB SIEB. )およびイヨカン(┣DBCitrus iyo(/)-┫DB)果皮中の含窒素化合物およびアルキル配糖体の構造と生理活性, 沢辺 昭義, 日本農芸化学会誌, 63, 8, 1373, 1377,   1989年, 査読有り
  • Structures of Monoterpenoid Glyosides in Orange (┣DBCitrus sinensis(/)-┫DB Osbeck. ), Hassaku (┣DBCitrus hassaku(/)-┫DB Hort. )and yuzu (┣DBCitrus junos(/)-┫DB Sier. )Peelings, 沢辺 昭義, J. Jpn. Oil Chem. Soc. (YUKAGAKU), 37, 1, 13, 18,   1988年, 査読有り
  • レモン(┣DBCitrus limon(/)-┫DB BURM. ┣DBf(/)-┫DB. ), 温州みかん(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB)およびキンカン(┣DBFortunella japonica(/)-┫DB )果皮中のフェニルプロパイド配糖体の構造と生理活性, 沢辺 昭義, 日本農芸学会誌, 62, 7, 1067, 1071,   1988年, 査読有り
  • 温州みかん(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB MARCOV. )および摘果温州みかん(Young ┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB MARCOV.)果皮中のテルペノイドおよびテルペノイド配糖体の構造, 沢辺 昭義, 日本農芸学会誌, 62, 1475, 1477,   1988年, 査読有り
  • ハッサク(┣DBCitrus hassaku(/)-┫DB HORT. )およびオレンジ(┣DBCitrus sinensis(/)-┫DB OSBECK. )果皮中のフェニルプロパノイド配糖体の構造と生理活性, 沢辺 昭義, 日本農芸化学会誌, 60, 8, 593, 599,   1986年, 査読有り

書籍等出版物

  • 環境毒性学, 澤邊 昭義, 共著, 朝倉書店,   2011年03月, 978-4-254-40020-5
  • Advances in Plant Glycosides, Chemistry and Biology, Bioactive Glycosides in Citrus Fruit Peels, 沢辺 昭義, 共著, Elsevier Science,   1999年, ISBN 0-4444-50180-0
  • 機能性配糖体の合成と応用, 澤邊 昭義, 野村 正人, 共著, バイオテクノロジーシリーズ (185頁~194頁)、シーエムシー出版,   2013年06月, 978-4-7813-0802-9
    概要:植物由来のクロロゲン酸代謝物を用いて化粧品素材としての配糖体合成とその機能性について、これまでの実験結果を論文にしたデータをまとめたものである。
  • 身近に学ぶ化学の世界, 澤邊 昭義, 共著, 共立出版,   2009年10月, 978-4-320-04384
  • Proceedings of First AFSSA Conference on Food Safety and Food Security, GEO-REX RAPID ANALYSIS ASSESSMENT OF HEAVY METALS IN RICE, PADDY-RICE, AND SOILS., 澤邊 昭義, 仲川 一彰, 竹田 竜嗣, 飯田 彰, 米虫 節夫, 玉木 聡史 岩佐 航一郎, 共著, Asian Food Safety and Security Association,   2013年01月
  • Contaminated soils, Sediments and Water: Science in the Real World, vol. 9, Accumulation of Heavy Metals by Japanese Weeds and their Seasonal Movement, 沢辺 昭義, 共著, Springer, USA ,   2004年11月, 0-387-23036-X
  • Contaminated soils, Sediments and Water: Science in the Real World, Vol. 11, Field investigation of PAHs in Soils around Nara City in Japan , 沢辺 昭義, 共著, Springer, USA,,   2006年
  • 植物を利用した有用物質の生産 −1. 工業原料の生産と利用 −;新農業環境工学−21世紀のパースペクティブ−;日本生物環境調節学会編, 松田克礼,沢辺昭義,野々村照雄,豊田秀吉, 共著, 養賢堂発行,   2004年, 4-8425-0359-9
  • Contaminated soils, Sediments and Water: Science in the Real World, Vol. 11, Accumulation of Heavy Metals by Cucumber and Brassica juncea Under Different Cultivation Conditions., 澤邊 昭義, 竹田 竜嗣, 佐藤 有希子, 吉村 留美, 米虫 節夫, 共著, Springer, USA,   2006年11月, 0-9787640-0-5
    概要:重金属集積機構の解明の一助として、無毒化に関与する物質を探索した。実験では水耕栽培にて重金属の鉛を曝露させたキュウリ(Cucumis sativus)とカボチャ(Cucurbita maxima)を用いて、①鉛集積量、元素濃度の分析(原子吸光分光光度計)、②グルタチオンの測定(蛍光強度計およびHPLC)、③アミノ酸の分析(GC-MS)を行った。(英文)
  • Proceedings of the 4th European Conference on Chemistry for Life Science, Food additives or Cosmetic ingredients in Plygonum cuspidatum, 澤邊 昭義, 中村 貴俊, 藤井 善之, 竹田 竜嗣, 飯田 彰, 共著, Medimond s.r.l.,   2011年12月
  • Research Advances in Agricultural & Food Chemistry, Hypotensive and hypertensive compounds from citrus fruit peels, 沢辺 昭義, Hypotensive and hypertensive compounds from citrus fruit peels,   2000年
  • Advances in Plant Glycosides, Chemistry and Biology, Structural Analyses of Glycolipids from Edible Mushroom by Fast Atom Bombardment Mass Spectrometry, 沢辺 昭義, 共著, Elsevier Science,   1999年
  • Advances in Plant Glycosides, Chemistry and Biology, Investigation of Functional Molecules in African Celosia argentea L., 沢辺 昭義, 共著, Elsevier Science,   1999年
  • Recent Research Developments in Agricultural & Biological Chemistry, Vol. 2, Structure-function relationship of bioactive compounds in citrus fruit peels, 沢辺 昭義, 共著, Research Signpost, India,   1998年, 81-86481-65-6

講演・口頭発表等

  • ワイン成分のアンチエイジング効果とワイン残渣の有効利用について, 沢辺 昭義, セミナー“化学千一夜”「あすの夢を語ろう」,   2014年06月13日, 招待有り
  • ピノ・ノワールワイン圧搾残渣に含まれる抗糖化作用物質の探索, 沢辺 昭義, 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN)2014 年大会,   2014年08月18日
  • Evaluation of RAR binding activity materials in Azolla with yeast two hybrid assay, 沢辺 昭義, 4th International Conference on Environmental Pollution and Remediation,   2014年08月12日
  • ブドウ樹液、葉および茎を利用した化粧品素材の新規有効性について, 沢辺 昭義, 日本ブドウ・ワイン学会2013 年大会,   2013年11月09日
  • クローン技術を用いた香料生産について - 植物毛状根,治験研究 -, 沢辺 昭義, 日本香料協会講演会,   2011年01月26日, 招待有り, 日本香料協会
  • アゾラのRAR結合活性物質, 沢辺 昭義, 第23回環境化学討論会,   2014年05月14日
  • Rapid analysis assessment of heavy metals , 沢辺 昭義, 4th International Conference and Exhibition on Analytical & Bioanalytical Techniques,   2013年10月16日
  • Evaluation of the alpha-glucosidase inhibitory activity of flavonoids in the peelings of Citrus Dekopon [(Citrus unshiu × C. Sinensis) × C. Reticulata], 沢辺 昭義,川端 博美, 4th International Conference and Exhibition on Analytical & Bioanalytical Techniques,   2013年10月16日
  • Evaluation of RAR binding activity materials in plant with Yeast Two Hybrid Assay, 沢辺 昭義,向井 涉子, 4th International Conference and Exhibition on Analytical & Bioanalytical Techniques,   2013年10月16日
  • Antiinflammatory evaluation of proanthocyanidins in Litchi chinensis seeds, 沢辺 昭義, 7th International Workshop on Anthocyanins,   2013年09月10日
  • マタタビ果実に含まれる成分の抗糖化作用評価, 沢辺 昭義, 日本食品科学工学会 第60回記念大会,   2013年08月30日
  • オクラ毛状根の重金属吸収能力測定, 沢辺 昭義, 第22回環境化学討論会,   2013年07月31日
  • ワイン圧搾残渣に含まれる抗糖化作用物質の探索, 沢辺 昭義,川村 晴希, ASEV 日本ブドウ・ワイン学会2012 年大会,   2012年11月17日
  • ワイン圧搾残渣含有成分の動脈硬化抑制作用, 沢辺 昭義,川村 晴希, 日本油化学会フレッシュマンサミット OSAKA 2012,   2012年11月11日
  • デコポン果皮に含まれるα‐グルコシダーゼ阻害活性物質の探索, 沢辺 昭義,川端 博美, 日本油化学会フレッシュマンサミットOSAKA2012,   2012年11月11日
  • Heavy Metal Accumulation of Phytolacca americana Hairy Root, 沢辺 昭義, NERM 2012 American Chemical Society 38th Northeast Regional Meeting ,   2012年10月01日
  • EVALUATION OF ATHEROSCLEROSIS INHIBITORY EFFECT ON POLYPHENOLS IN WINE COMPRESSION RESIDUE, 沢辺 昭義, 川村 晴希, NERM 2012 American Chemical Society 38th Northeast Regional Meeting ,   2012年10月01日
  • Geo-REX rapid analysis assessment of heavy metals in rice, paddy-rice, and soils, 沢辺 昭義, 1st AFSA Conferences on Food Safety and Food Security,   2012年09月15日
  • ワイン残渣の利用について, 沢辺 昭義, ASEV日本ブドウ・ワイン学会西日本地域研究会 第6回研究集会,   2012年07月21日, 招待有り
  • 酵母Two-Hybrid Assay法を用いた植物由来環境ホルモン様物質の探索(2), 沢辺 昭義, 第21回環境化学討論会,   2012年07月12日
  • リノール酸から光学活性ラクトンへの微生物変換と生成ラクトンの抗菌活性, 岸本 憲明, 藤田 藤樹夫, 吉岡 佐知子, 澤邊 昭義, 米虫節夫, 日本防菌防黴学会第30回年次大会,   2003年05月, 日本防菌防黴学会第30回年次大会
    概要:乳酸菌を用いてリノール酸をヒドロキシ脂肪酸に、ついでパン酵母を用いてγラクトンに変換できる条件を確立した。得られた側鎖の長さやラクトン環の大きさ、光学活性の異なるラクトン類について抗菌活性を明らかにした。
  • クチナシの化粧品有用性評価について, 相沢 亮介, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 石河 千紘, 高橋一弘 山口隆司 山村明子, 2004年度日本農芸化学会大会,   2004年04月, 2004年度日本農芸化学会大会
    概要:クチナシに含まれる色素,そのほかの成分を抽出・単離し,得られた成分の光・温度・pH耐性テストを行うとともにチロシナーゼ活性阻害試験および活性酸素抑制試験により化粧品有用性について検討した。
  • 奈良市近郊のおける土壌中の多環芳香族炭化水素類(PAHs)の動態調査, 竹田 竜嗣, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 幾馬 功昌, 相沢 亮介, 第65回分析化学討論会,   2004年05月, 第65回分析化学討論会
    概要:奈良市近郊の立地環境の異なる地点から土壌を採取し,多環芳香族炭化水素類(PAHs)の季節変動による挙動を調査した。その結果,物質循環において興味ある知見を得た。
  • 奈良市周辺の土壌中のPAHsの挙動と暴露源について, 幾馬 功昌, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 竹田 竜嗣, 第13回環境化学討論会,   2004年07月, 第13回環境化学討論会
    概要:奈良市近郊の立地環境の異なる地点から土壌を採取し,多環芳香族炭化水素類(PAHs)の季節変動による挙動を調査した。その結果,物質循環において興味ある知見を得た。
  • 重金属暴露が植物細胞に与える影響-ファイトレメディエーションへの応用, 竹田 竜嗣, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 山田 亮, 蜂谷 健, 日置 和也, 福岡 勘介, 第13回環境化学討論会,   2004年07月, 第13回環境化学討論会
    概要:ファイトレメディエーションは近年の研究によって,様々な植物種を用いて数多くの元素に対する土壌修復法が報告されている。我々はアブラナ科植物の重金属集積能力に注目し,これを用いた作用機構の解明を目指している。本研究で用いたセイヨウカラシナ(Brassica juncea) はCd耐性を持つことで知られていたが,Pb集積においても興味ある知見を得た。
  • A New Carotenoid Glycoside Isolated from a Marine Microorganism, Strain T-1: Structural Determination and Cultural Characteristic, 金野 弘和, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 藤田 藤樹夫, 岸本 憲明, 住谷 保治, 津島 己幸, 榊 秀之, 幹 渉, 2004 International Congress on Natural Products,   2004年08月, 2004 International Congress on Natural Products
    概要:鹿児島県種子島海域からダイビングにより採取した微生物は,Fusarium sp. であり,培養によりオレンジ色の色素を生産した。我々は,その色素を分析した結果,新規カロテノイド配糖体化合物として Neurosporaxantin β-D-glucopyranoside を発見した。また,T-1株のカロテノイド生合成経路について検討した結果,lycopeneの存在が確認されたことから,neurosporeneからlycopeneを通りγ-caroteneへ合成される経路があることが推定されることがわかった。
  • ブナシメジの苦味成分に対するアミノ酸の影響(その2), 吉邑 典承, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 寺下 隆夫, 坂下 卓, 松永 基, 堀内 まゆ子 木村 栄一, 日本きのこ学会第8回大会,   2004年09月, 日本きのこ学会第8回大会
    概要:アミノ酸20種類を1種ずつ添加した培地条件の異なるブナシメジの苦味成分について検討した結果,ある種のアミノ酸を添加すると苦味成分が増加することを見出した。これらの知見に基づき,今後,生産過程における苦味成分の生成機構に関与する酵素を特定できると考える。
  • クチナシ由来のカロテノイドなどの化粧品有用性評価について, 相沢 亮介, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 石河 千紘, 高橋 一弘 山口 隆司 山村 明子, 第18回カロテノイド研究談話会,   2004年09月, 第18回カロテノイド研究談話会
    概要:クチナシに含まれる成分を抽出・単離し,それらの構造を明確にした。得られた成分の光・温度・pH耐性テストを行うとともにチロシナーゼ活性阻害試験および活性酸素抑制試験により化粧品有用性について検討した。
  • 重金属暴露が植物細胞に与える影響, 山田 亮, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 竹田 竜嗣, 2004年度(第100回)日本土壌肥料学会関西支部講演会,   2004年12月, 2004年度(第100回)日本土壌肥料学会関西支部講演会
    概要:ファイトレメディエーションは近年の研究によって,様々な植物種を用いて数多くの元素に対する土壌修復法が報告されている。我々はアブラナ科植物の重金属集積能力に注目し,これを用いた作用機構の解明を目指している。本研究で用いたセイヨウカラシナ(Brassica juncea) はCd耐性を持つことで知られていたが,Pb集積においても興味ある知見を得た。

作品

  • 未利用植物資源のアンチエイジング効果の科学的評価, 沢辺 昭義, その他
  • 有用植物資源中の機能性物質の探索,   1997年 - 1998年

MISC

  • 機能性表示のための研究レビューの進め方, 澤邊 昭義, 食品と開発, 50, 8, 66, 69,   2015年08月
  • 統計学の視点から見た化粧品有用性評価と取っておきたいデータ, 澤邊 昭義, Cosmetic Stage, 8, 6, 10, 14,   2014年08月
  • カテキン茶でダイエット, 澤邊 昭義, 日経ヘルス 2004.1号, 88, 89,   2003年12月
    概要:お茶に含まれるカテインについて取材を受けた内容が記事として掲載された。
  • 柑橘類果皮中の生物活性物質, 松原義治, 沢辺昭義, 有機合成化学協会誌, 52, 4, 318, 327,   1994年, 10.5059/yukigoseikyokaishi.52.318
  • MSによりキノコ類の機能性分子の構造を探る, 澤邊 昭義,岡本 忠, ニューフードインダストリー, 38, 11, 45,   1996年, 招待有り
  • 被験者に「適正・定時・適量」使用を促すコツ, 沢辺 昭義, Cosmetic Stage, 9, 6, 27, 30,   2015年06月
  • 有機合成におけるリン酸基の保護, 澤邊 昭義,岡本 忠, 近畿大学農学総合研究所報告, 3, 17,   1995年
  • 皮膚測定試験の種類に応じた被験者選定の考え方, 澤邊 昭義, Cosmetic Stage, 9, 5, 63, 66,   2015年06月
  • 天然能性フェノール.II. -抗真菌活性をもつフェノール性抗生物質-, 近畿大学農学総合研究報告, 3, 9,   1995年
  • 天然機能性フェノール.I. -抗酸化剤および血圧降下作用を持つ植物性フェノール誘導体-, 近畿大学農学総合研究所報告, 2, 1,   1994年
  • 温州みかん(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB MARCOV. ), ハッサク(┣DBCitrus hassaku(/)-┫DB HORT. ), ユズ(┣DBCitrus junos(/)-┫DB SIEB. )およびイヨカン(┣DBCitrus iyo(/)-┫DB)果皮中の含窒素化合物およびアルキル配糖体の構造と生理活性, 近畿大学医学雑誌, 13, 4, 61,   1988年
  • イヨカン(┣DBCitrus iyo(/)-┫DB), 温州みかん(┣DBCitrus unshiu(/)-┫DB)およびキンカン(┣DBFortunella japonica(/)-┫DB)果皮中のフラボノイド配糖体および数種の柑橘類果皮中のアデノシンの構造とそれらの血圧降下作用, 近畿大学医学雑誌, 12, 4, 89,   1987年
  • キンカン,スダチ,ユズ,ザボンおよび温州みかん果皮中のフェニルプロパノイド配糖体の構造と生理活性, 近畿大学医学雑誌, 11, 4, 65,   1986年
  • レモンおよび温州みかん果皮中のリモノイド配糖体の構造, 近畿大学医学雑誌, 10, 4, 59,   1985年
  • レモン,温州みかん オレンジ果皮中のフェニルプロパノイド配糖体の構造と生理活性, 近畿大学医学雑誌, 10, 4, 51,   1985年
  • 柑橘類果皮中の生物活性物質, FFI ジャーナル, 169, 37,   1996年
  • 天然機能性フェノール.III.-タンニン-, 近畿大学農学総合研究所報告, 4, 1,   1996年
  • MSによりキノコ類の機能性分子の構造を探る, 近畿大学農学総合研究所報告, 5, 105,   1997年
  • 植物の香りとその化学構造, 近藤大学農学総合研究所報告, 6, 115,   1998年
  • アフリカ産食用葉,ノゲイトウに含まれる美白物質, Fragrance Journal, 28, 9, 54, 58,   2000年
  • アフリカ産食用葉, ノゲイトウに含まれる化粧品・美白作用物質, 近畿大農総研報, 9, 141, 146,   2001年
  • 植物由来のクロロゲン酸代謝産物を用いた化粧品素材としての配糖体の合成とその美白効果に関する研究 , Cosmetology, 10, 2-7 ,   2002年
  • 微生物遺伝子の利用による香気成分生産とその利用開発, Foods Food Ingredients J. Jpn, 207, 23-30,   2002年
  • ファイトレメディエーション -環境浄化能力の高い植物を求めて-, 環境管理技術, 23 (2), 49-56,   2005年
  • ファイトレメディエーション.Ⅱ -植物の重金属集積能力-, 環境管理技術, 23 (3), 38-42,   2005年
  • ATPアナライザーAccuPointによる微生物・食品残渣の簡易測定法について, News Letter “Daiichi”, 6, 7-9,   2005年
  • ファイトレメディエーション.Ⅲ -植物の重金属集積メカニズム-, 環境管理技術, 23 (4), 29-33,   2005年

特許

  • Isolation of physiologically active cyclic peptides from citrus fruits and rinds, JP 04 46,195 [92 46,195]
  • シトラシンCを配合した化粧料,医薬外品,医薬品および食品, 特開2000-169358
  • 毛状根を用いたメロン香気成分,その製造法および用途, 特開2000-297291
  • アテローム性動脈硬化抑制剤ならびにこれを含む食品および医薬, 特願2004-014836

受賞

  •   2014年03月, 優秀論文賞, 成人男性を対象とした、アルギン酸カルシウム含有食品の単回摂取による食後の血中中性脂肪値および血糖値におよぼす影響

競争的資金

  • 未利用植物資源のアンチエイジング効果の科学的評価, 沢辺 昭義
  • 機能性天然物分子の探索
  • 柑橘類果皮中の生物活性物質
  • 機能性配糖体の単離と合成
  • 植物による環境修復
  • 有用植物資源の利用開発