KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田中 賢二タナカ ケンジ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門微生物工学、応用微生物学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/886-tanaka-kenji.html
ホームページURLhttp://www.fuk.kindai.ac.jp/07kaku-gakka/frame-chemistry.htm
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    新たな微生物を発見してその能力を解き明かし、CO2削減やグリーンプラスチック、プロバイオティクス乳酸菌、資源管理型漁業など産業や医薬、環境保全に利用する方法を研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 九州大学, 農学研究科, 食糧化学工学
  •  - 1987年, 九州大学, 農学部, 食糧化学工学

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 食品科学
  • プロセス工学, 生物機能・バイオプロセス
  • 農芸化学, 応用生物化学

研究キーワード

  • CO2固定, Ideonella, 乳酸菌, 硝酸還元菌, Ralstonia eutropha, ポリヒドロキシ酪酸, ワムシ, 乳酸発酵, 高密度培養, 水素酸化細菌, グリーンプラスチック

論文

  • BIOSYNTHESIS OF POLY (3-HYDROXYBUTYRATE -CO- 3-HYDROXYHEXANOATE) FROM FRUCTOSE AND CO2 BY THE ENGINEERED RALSTONIA EUTROPHA, 田中 賢二, Proceedings of Biomaterials International 2017, Fukuoka Japan, 1, 4,   2017年08月, 査読有り
  • Effect of fatty acid in culture medium on growth of acid tolerant lactic acid bacterium, Lactobacillus acetotolerans strain HT, 田中 賢二, Proceedings of The 6th International Congress o Natural Sciences and Engineering (2017 ICNSE), 129, 135,   2017年07月, 査読有り
  • Biosynthesis of poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) with high C6-monomer composition from CO2 by recombinant of Ralstonia eutropha. Journal of Bioremediation & Biodegradation, Journal of Bioremediation & Biodegradation, 7, 5(suppl), 64,   2016年09月, 査読有り
  • Growth characteristics of newly isolated xylose-assimilating bacterium and accumulation of green plastic, polyhydroxyalkanoate in the genetic engineered strain, Proceedings of the International Symposium on Life Science & Biological Engineering 2016 (I SLSBE2016), August 25-27, Tokyo, 628, 638,   2016年08月, 査読有り
  • Preparation of genetic engineered Enterobacter strain TF to produce green plastic from xylose, Shunya Mori, Kojiro Yamamoto, Kastuki Matsumoto, Ayaka Hokamura, Hiromi Mastusaki, Kenji Tanaka, REPORTS of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering KINDAY UNIVERSITY, 24, 6, 10,   2016年06月
  • Autotrophic Growth of Paracoccus denitrificans in Aerobic Condition and the Accumulation of Biodegradable Plastics from CO2, Kenji Tanaka, Syunya Mori, May Hirata, and Hiromi Matsusaki, 4, 4, 231, 236,   2016年, 査読有り
  • Inhibitory effect to pathogenic bacteria of visible light responsive type nanosilver photocatalyst, Shintaro Tajiri, Megumi Miyazaki, Kenji Tanaka, Kengo Ito, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Section ORG 937,   2015年12月
  • Acid-tolerant lactic acid bacterium isolated from rice vinegar, Kenji Tanaka, Shintaro Tajiri, Ryo Sawada, Yoshihiro Kawamoto, Teruaki Matsubara, Munehiro Hosihino and Hiromi Matsusaki, International Journal of Research in Applied,Natural and Social Sciences, 3, 10, 29, 36,   2015年10月, 査読有り
  • Acid-tolerant lactic acid bacterium isolated from rice vinegar, Kenji Tanaka, Shintaro Tajiri, Ryo Sawada, Yoshihiro Kawamoto, Teruaki Matsubara, Munehiro Hosihino and Hiromi Matsusaki, Proceeding of The Annual Conference on Life Sciences and Engineering 2015(2015 ACLSE), Part 3, 118, 125,   2015年08月, 査読有り
  • The Effect of Visible Light with Different Wavelength and Intensities on Population Growth of Marine Zooplankton, Brachionus Plicatilis, Kenji Tanaka, Tomohito Amai, Tomohiro Kuratomi, Katsuki Matsumoto, Shintaro Tajiri, Proceedings of The 2nd International Biotechnology, Chemical Engineering and Life Science Conference (IBCELC 2015), Part 3, 98, 104,   2015年07月, 査読有り
  • Isolation of extremely acid-resistant acetic acid bacterium and its application to production of high-acid vinegar in mesophilic condition, Shintaro Tajiri, Katsuki Matsumoto, Tomohiro Kuratomi, Kenji Tanaka, Hideo Iwai, Hiro Ueno and Munehiro Hoshino, REPORTS of Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering KINKI UNIVERSITY, 22, 1, 6,   2015年06月
  • 第2章 LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物培養の省エネルギー生産技術の開発. 有用水産生物の光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発. , 田中 賢二, 農林水産省研究成果, 536, 44, 49,   2015年02月
  • Biosynthesis of poly (3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyalkanoates) by recombinant Escherichia coli from glucose. Journal of Bioscience and Bioengineering, Journal of Bioscience and Bioengineering, 120, 3, 305, 310,   2015年, 査読有り
  • YB1 binds to and represses the p16 tumor suppressor gene, Yojiro Kotake, Yuichi Ozawa, Masanori Harada, Kyoko Kitagawa, Hiroyuki Niida, Masayuki Fujii, Yasutaka Morita, Kenji Tanaka, Tetsuaki Nishida, Takafumi uda and Masatoshi Kitagawa, Genes to Cells, 18, 11, 999, 1006,   2013年11月, 査読有り
  • 水産における光利用技術と基礎研究の動向.  Ⅲ-3.光照射とシオミズツボワムシの増殖および栄養環境, 田中 賢二, 水産学会誌., 79, 5, 888,   2013年09月, 査読有り
  • 硝酸還元菌によるたらこ及び辛子明太子の製造・保管中の亜硝酸根増加, 相馬さやか、金岡正裕、中村誠、田中賢二, 日本食品科学工学会誌, 60, 6, 270, 277,   2013年06月, 査読有り
  • Microbial production of poly(hydroxybutyrate) from C1 carbon sources, Khosravi-Darani, Zahra-Beigom Mokhtari, Tomohito Amai, Kenji Tanaka, Appl Microbiol Biotechnol, 97, 4, 1407, 1424,   2013年, 査読有り
  • 光照射がワムシ増殖とビタミンB12生成に及ぼす効果, 田中 賢二, アクアネット, 16, 7, 31, 35,   2013年, 査読有り
  • 水素と酸素を栄養源に生育する微生物 ~その有用性と培養方法~, 田中賢二、天井友仁, 近畿大学産業理工学部研究報告, 16, 1, 7,   2012年
  • 産業排水中の硫酸還元菌叢の属特異性に硝酸添加が及ぼす影響, 森下由唯、原田奏也、水野康平、安東晶子、平田舞、田中 賢二, 北九州工業高等専門学校研究報告, 44, 69, 72,   2012年
  • Genus-specific and phase-dependent effects of nitrate on a sulfate-reducing bacterial community as revealed by dsrB-based DGGE analyses of wastewater reactors, Kouhei Mizuno, Yui Morishita, Akiko Ando, Naofumi Tsuchiya, Mai Hirata, Kenji Tanaka, World Journal of Microbiology and Biotechnology, 28, 2, 677, 686,   2012年, 査読有り
  • 資源管理型漁業のための微生物餌料とその利用技術の開発, 田中 賢二, 平成22年度科学研究費補助金 基盤研究(C)研究成果報告書,   2011年
  • Cell growth and P(3HB) accumulation from CO2 of a carbon monoxide-tolerant hydrogen-oxidizing bacterium, Ideonella sp. O-1, Kenji Tanaka, Kenta Miyawaki,, Akane Yamaguchi, Kianoush Khosravi-Darani, Hiromi Matsusaki, Appl Microbiol Biotechnol, 92, 6, 1161, 1169,   2011年, 査読有り
  • Diversity Analysis of Sulfate-Reducing Bacterial Communities in a Wastewater Treatment Plant Using Dissimilatory Sulfite Reductase (dsrB) Gene as a Molecular Marker, Takanori Sada, Kouhei Mizuno, Yui Morishita, Akiko Andou, Naofumi Tsuchiya, Takahiro Aoyagi, and Kenji Tanaka, Proceedings of The second Japan-Korea joint symposium on bio-microsensing technology (2nd JKBT) Increasing Importance of Bio-microsensing Technology in Medical and Dental Areas Kitakyushu, Japan, 27, 28,   2009年11月
  • 発電所排水の窒素処理工程の停止条件に関する検討, 安東晶子、土谷直史、田中賢二、水野康平、潮田直城, 平成20年度九州電力株式会社総合研究所研究報告, No.09045, 1, 74,   2009年
  • Preliminary trials on the effect of lighting for the population growth of the rotifer, Brachionus plicatilis, Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Yuji Hamasaki, and Kenji Tanaka, Japan Agricultural Research Quaterly, 42, 2, 131, 136,   2008年
  • High density culture of marine zooplankton, Brachionus plicatilis as initial food organism for aquaculture, Kenji Tanaka, Hiroyuki Takahashi1, Yuji Hamasaki1 and Takao Yoshimatsu, Current Topics in Biotechnology, 4, 41, 46,   2008年, 査読有り
  • スケトウダラ卵中の亜硝酸根定量のための試料液調製法の最適化, 相馬さやか、森永詞子、吉本宇子、三池美佳、中村 誠、田中賢二, 日本食品科学工学会誌, 54, 3, 128, 132,   2007年, 査読有り
  • Hydrogen oxidizing bacteria as poly(hydroxybutyrate) producers, Kainoosh Khosravi Darani, Ebrahim Vasheghani-Farahani, Kenji Tanaka, Iran. J. Biotechnol., 4, 3, 193, 196,   2007年, 査読有り
  • Effect of dietary cobalt supplementation on the population growth of rotifer Brachionus rotundiformis., Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Dongming Zhang, Norma R. Fortes, Kenji Tanaka, and Kenji Yoshimura, Fisheries Science, 72, 1, 214, 216,   2006年, 査読有り
  • Effect of Co supplementation on the vitamin B12 production and population growth of rotifer, Brachionus plicatilis: A preliminary report., Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, Dongming Zhang, Norma R. Fortes, Yuji Hamasaki, Kenji Tanaka, Tsugino Yukino and Masahiro Hayashi, 近畿大学産業理工学部研究報告 , 3, 1, 6,   2005年
  • 海産ワムシの大量培養法とその利用, 田中 賢二, 用水と廃水, 46, 5, 3, 11,   2004年
  • コバルト塩の添加と光照射が海産L型ワムシの増殖に及ぼす影響, Takao Yoshimatsu, Takahiro Higuchi, D.M. Zhang, Yuji Hamasaki, Kenji Tanaka, T. Yukino and Masahiro Hayashi, Proceedings of 11th International Symposium on Nutrition and Feeding in Fish, 250,   2004年
  • 溶存酸素濃度制御による栽培漁業用餌料ワムシの超高密度培養法の開発と実用化, 田中賢二、吉村研治、吉松隆夫, 生物工学会誌, 81, 3, 1, 7,   2003年, 査読有り
  • A novel culture system for the ultra-high-density production of the rotifer, Brachionus rotundiformis ミ a preliminary report, Kenji Yoshimura, Kenji Tanaka, Takao Yoshimatsu, Aquaculture, 227, 165, 172,   2003年, 査読有り
  • 膜分離システムを用いた餌料用動物プランクトン、ワムシの超高密度培養と細菌数低減効果, 田中賢二、武田憲亨、南優次、倉本将毅、吉村研治、吉松隆夫, 生物工学会誌, 80, 5, 181, 187,   2002年, 査読有り
  • Ultra-high-density Culture of a marine zooplankton Brachionus rotundiformis (Rotifer) using a membrane filtration., Kenji Tanaka, Takao Yoshimastu, and Kenji Yoshimura, Proceedings of current biotechnology and Bioengineering (XI),Korea. p514., 514,   2002年
  • Effect of cobalt compound on population growth of rotifer., Takao YOSHIMATSU, Takahiro HIGUCHI, Kazuto SHIRAKAWA, Masahiro HAYASHI, Kenji TANAKA, and Kenji YOSHIMURA, Proceeding of the 5th Korea-Japan (Japan-Korea) Biannual Joint Meeting, 68,   2002年
  • Two different pathways for D-xylose metabolism and the effect of xylose concentration on the yield coefficient of L-lactate in mixed-acid fermentation by the lactic acid bacterium Lactococcus lactis IO-1, Kenji Tanaka, Akiko Komiyama, Kenji Sonomoto, Ayaaki Ishizaki, Steve J. Hall and Peter F. Stanbury, Appl. Microbiol. Biotechnol, 60, 1/2, 160, 167,   2002年, 査読有り
  • Ultrahigh-density Culture System of the Rotifer, Brachionus rotundiformis. Yoshimatsu Takao, Yoshimatsu Takao. Kenji Yoshimura. Kenji Tanaka, Proceedings of 3rd International Fish & Shellfish Larviculture Symposium "Larvi 2001", Belgium, 638, 639,   2001年
  • Microbial production of poly-D-3-hydroxybutyrate from CO2., Ayaaki Ishizaki, Kenji Tanaka and Naohiko Taga, Appl. Microbiol. Biotechnol., 57, 1/2, 6, 12,   2001年, 査読有り
  • Development of a novel method for feeding a mixture of L-lactic acid and acetic acid In fed batch culture of Ralstonia eutropha for poly-D-3-hydroxybutyrate production., Takeharu Tsuge, Kenji Tanaka, and Ayaaki Ishizaki, J. Biosc. & Bioeng., 91, 6, 545, 550,   2001年, 査読有り
  • ワムシ高密度培養系におけるバクテリアの挙動と制御, 田中賢二, 日本水産学会誌, 67, 6, 1142, 1143,   2001年, 査読有り
  • ワムシ培養方法の類別と培養事例, 吉村研治、吉松隆夫、田中賢二, 月刊養殖, 479,, 90, 95,   2001年
  • 酵母クリームと濃縮淡水クロレラ併用給餌によるワムシの高密度大量培養, 安部謙、吉村研治、双田祟、酒本秀一、吉松隆夫、田中賢二, 水産増殖, 49, 4, 489, 494,   2001年, 査読有り
  • The fermentation characteristics of hydrogen-oxidizing bacterium, Ralstania eutropha and cultivation system to produce poly-D-3-hydroxybutyrate from CO2., Kenji Tanaka, Toshihiro Takeshita and Ayaaki Ishizaki, Res.Adv. in Biosci.& Bioeng., 1, 7, 17,   2000年, 査読有り
  • Control of acetic acid concentration by pH-stat continuous substrate feeding in heterotrophic culture phase of two-stage cultivation of Alcaligenes eutrophus for production of P(3HB) from CO2, H2 and O2 under non-explosive condition, Toshikazu Sugimoto, Takeharu Tsuge, Kenji Tanaka, and Ayaaki Ishizaki, Biotechnol. Bioeng, 62, 6, 625, 631,   1999年, 査読有り
  • Optimization of L-lactic acid feeding for the production of poly-D-3-hydroxybutyric acid by Alcaligenes eutrophus in fed-batch culture, Takeharu Tsuge, Kenji Tanaka, Mitsuya Shimoda, and Ayaaki Ishizaki, J. Biosc. & Bioeng., 88, 4, 404, 409,   1999年, 査読有り
  • ポストペトロケミストリーとしてのLactate industryを実現するための高速高効率L-乳酸発酵., 石崎文彬、小林元太、Phenjun Vontaveesuk、柘植丈治、田中賢二, 化学工学論文集, 25, 2, 136, 142,   1999年, 査読有り
  • Preliminary investigation of the effect of the use of pineapple juice and the waste on ethanol production by Zymomonas mobilis, Zakpaa D. Hilary, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki, J. Fac. Agric., Kyushu Univ, 43, 433, 439,   1999年
  • Investigation on the utility of pineapple juice and the waste as low cost substrate for ethanol fermentation by Zymomonas mobilis., Kenji Tanaka, Zakpaa D. Hilary and Ayaaki Ishizaki., J. Biosci. Bioeng, 87, 5, 642, 646,   1999年, 査読有り
  • ワムシの高密度培養におけるアンモニアと懸濁物およびワムシ現在量の変化, 吉村研治、臼杵孝志、吉松隆夫、田中賢二、石崎文彬、上村英樹, 水産増殖, 46, 2, 183, 192,   1998年, 査読有り
  • Effects of rheological change by addition of carboxymethylcellulose in culture media of an air-lift fermentor on poly-D-3-hydroxybutyric acid productivity in autotrophic culture of hydrogen-oxidizing bacterium, Alcaligenes eutrophus, Naohiko Taga, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki, Biotechnol. Bioeng, 53, 5, 529, 533,   1997年, 査読有り
  • L-乳酸からのP(3HB)生産, 生物工学会誌, 75, 380, 382,   1997年, 査読有り
  • ワムシ高密度培養で懸濁物質の定量とその除去, 吉村研治、臼杵孝志、 吉松隆夫、田中賢二、石崎文彬, 日本水産学会誌, 63, 6, 912, 919,   1997年, 査読有り
  • 遠沈法によるワムシの定量, 吉村研治、臼杵孝志、吉松隆夫、田中賢二、石崎文彬, 水産増殖, 45, 2, 171, 177,   1997年, 査読有り
  • 炭酸ガスから化学合成独立栄養的にPHBを生産する安全な培養プロセスの開発., 田中賢二, 生物工学会誌, 75, 3, 185, 195,   1997年, 査読有り
  • Microbial production of biodegradable plastics from carbon dioxide and agricultural waste material., Ayaaki Ishizaki, Naohiko Taga, Toshihiro Takeshita, Toshikazu Sugimoto, Takeharu Tsuge and Kenji Tanaka, ACS Symposium Series (Fuels and Chemicals from Biomass), 666, 294, 306,   1997年, 査読有り
  • 海産小型ワムシBrachionus rotundiformisの高密度培養における好適通気法, 吉村研治、大森庸子、吉松隆夫、田中賢二、石崎文彬, 日本水産学会誌, 62, 6, 897, 903,   1996年, 査読有り
  • Continuous cultures with xylose for lactic acid production by Lactococcus lactis IO-1, Chainanrong Rattanakreetakul, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki, ICBiotech, 19, 150, 160,   1996年
  • Effect of nitrogen sources in culture medium on L-lactate fermentation employing Lactococcus lactis IO-1, Kenji Tanaka, Tomomi Ohta and Ayaaki Ishizaki, J. Fac. Agric., Kyushu Univ., 39, 131, 138,   1995年
  • 微生物による炭酸ガスの資源化, 石崎文彬、田中賢二、金丸利壽, 学術月報, 48, 1235,   1995年
  • 非解離アンモニア抑制のためのpH制御によるシオミズツボワムシの高密度培養, 吉村研治、岩田剛、 田中賢二、北島力、石崎文彬, 日本水産学会誌, 61, 4, 602, 607,   1995年, 査読有り
  • Effects of rheologic conditions in the culture medium on the autotrophic production of a poly(D-3-hydroxybutyric acid) in an airlift fermentor, Naohiko Taga, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki, J. Fac. Agric., Kyushu Univ., 40, 197, 207,   1995年
  • Fermentative production of poly--hydroxybutyric acid from xylose via L-lactate by a two stage culture method employing Lactococcus lactis IO-1 and Alcaligenes eutrophus, Kenji Tanaka, Kouji Katamune and Ayaaki Ishizaki, Can. J. Microbiol., 41(suppl.1), 257, 261,   1995年, 査読有り
  • Production of poly(D-3-hydroxybutyrate) from CO2, H2, and CO2 by high cell density autotrophic cultivation of Alcaligenes eutrophus, Kenji Tanaka, Ayaaki Ishizaki, Toshihisa Kanamaru and Takeharu Kawano, Biotechnol. Bioeng, 45, 3, 268,   1995年, 査読有り
  • Fermentative production of poly--hydroxybutyric acid from xylose by a two-stage culture method employing Lactococcus lactis IO-1 and Alcaligenes eutrophus, Kenji Tanaka, Kouji Katamune and Ayaaki Ishizaki., Biotechnol. Letters, 15, 12, 1217, 1222,   1994年, 査読有り
  • Production of poly-D-3-hydroxybutyric acid from carbon dioxide by a two-stage culture method employing Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki, J. Ferment. Bioeng., 77, 4, 425, 427,   1994年, 査読有り
  • Fermentative production of L-lactate from xylose, Tomoko Ueda, Kenji Tanaka and Ayaaki Ishizaki., Proceedings of the 6th International Congress on Engineering and Food, Tokyo, 552, 554,   1994年
  • 木材資源廃棄物からエコマテリアルを生産する微生物プロセスに関する研究, 田中 賢二, 日産科学振興財団研究報告書, 18, 129, 132,   1994年
  • Equipment and operation for fermentative PHB production using gaseous substrate to guarantee safety from explosion, Kenji Tanaka, Ayaaki Ishizaki, Toshihiro Takeshita, Toshihisa Kanemaru, Takashi Shimoji and Takeharu Thusge, Kawano, J. Chem. Eng. Japan, 26, 2, 225, 227,   1993年, 査読有り
  • Development of a dissolved hydrogen sensor and its application to evaluation of hydrogen mass transfer, Toshihiro Takeshita, Kenji Tanaka, Ayaaki Ishizaki and Peter F. Stanbury, J. Ferment. Bioeng., 76, 2, 148,   1993年, 査読有り
  • The kinetics of end product inhibition of L-lactate production from xylose and glucose by Lactococcus lactis IO-1, Ayaaki Ishizaki, Tomoko Ueda, Kenji Tanaka and Peter F. Stanbury, Biotechnol Letters, 15, 5, 489, 494,   1993年, 査読有り
  • Studies on dissolved hydrogen behavior in autotrophic culture of Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T, Toshihiro Takeshita, Kenji Tanaka, Ayaaki Ishizaki and Peter F. Stanbury, J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 38, 55, 64,   1993年
  • Accumulation of polyphosphate and substrate gas utilization efficiency in PHB accumulation phase of autotrophic batch culture of Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T, Kenji Tanaka, Ayaaki Ishizaki and Peter F. Stanbury, J. Ferment. Bioeng, 74, 5, 288, 291,   1992年, 査読有り
  • L-Lactate production from xylose employing Lactococcus lactis IO-1., Ayaaki Ishizaki, Tomoko Ueda, Kenji Tanaka and Peter F. Stanbury, Biotechnol. Letters, 14, 7, 599, 604,   1992年, 査読有り
  • Production of PHB from carbon dioxide employing Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T using a two stage culture system, Ayaaki Ishizaki and Kenji Tanaka, FEMS Microbiology Reviews, 103, 412,   1992年, 査読有り
  • Production of poly--hydroxybutyric acid from carbon dioxide by Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T, Ayaaki Ishizaki and Kenji Tanaka, J. Ferment. Bioeng, 71, 4, 254, 257,   1991年, 査読有り
  • Batch culture of Alcaligenes eutrophus ATCC 17697T using recycled gas closed circuit culture system, Ayaaki Ishizaki and Kenji Tanaka, J. Ferment. Bioeng., 69, 3, 170, 174,   1990年, 査読有り
  • Production of biopolymer for biodegradable plastic from carbon dioxide by using new fermentation system for gaseous substrate, Ayaaki Ishizaki and Kenji Tanaka, The proceeding for global environment and energy issues, Fukuoka International Symposium 1990, 137, 143,   1990年

書籍等出版物

  • ポリヒドロキシ酪酸発酵。醗酵ハンドブック, 共立出版,   2001年
  • ヘテロ乳酸発酵代謝マップ。醗酵ハンドブック, 共立出版,   2001年
  • エネルギー代謝。農芸化学ハンドブック, 朝倉書店,   2003年
  • 農芸化学の事典(鈴木昭憲、荒井綜一編), エネルギー代謝, 田中 賢二, 単著, 朝倉書店,   2003年10月
    概要:農芸化学における基礎領域のうち、微生物のエネルギー獲得機構全般を担当・解説した。

講演・口頭発表等

  • 新規な塗料状光半導体材料の暗所と可視光及び近赤外光照射下での抗菌特性に関する研究, 辻塚 誠一郎、 山本 幸次郎、 伊東 謙吾、 田中 賢二, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月13日
  • 可視光・近赤外光応答性光半導体加工フィルムの抗菌特性に関する研究, 山本 幸次郎、 辻塚 誠一郎、 伊東 謙吾、 田中 賢二, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月13日
  • CO2 からの共重合ポリエステル P(3HB-co-3HHx)生合成と PhaJAc 遺伝子の導入効果, 森 舜也、 丸尾 浩希、 折田 和泉、 福居 俊昭、 田中 賢二, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月12日
  • 組換え微生物による生分解性共重合ポリエステルの生合成, 森 恵美、 倉富 優季、 後藤 早希、 脇田 和、 外村 彩夏、 阿部 英喜、 田中 賢二, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月12日
  • 組換え大腸菌による新規モノマー組成からなる乳酸ベースポリマーの生合成, 後藤 早希、 外村 彩夏、 田口 精一、 松本 謙一郎、 阿部 英喜、田中 賢二 、 松崎 弘美, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月12日
  • BIOSYNTHESIS OF POLY (3-HYDROXYBUTYRATE -CO- 3-HYDROXYHEXANOATE) FROM FRUCTOSE AND CO2 BY THE ENGINEERED RALSTONIA EUTROPHA, Biomaterials International 2017, Fukuoka Japan,   2017年08月22日
  • 新規の生分解性乳酸ベースポリマーの生合成, 後藤早希,外村彩夏,田口精一,松本謙一郎,阿部英喜,田中賢二,松崎弘美, 第54回化学関連支部合同九州大会,   2017年07月01日
  • BC光半導体の暗所と近赤外光照射下における抗菌活性に関する研究, 山本 幸次郎,辻塚 誠一郎,伊東 謙吾,田中 賢二, 第54回化学関連支部合同九州大会,   2017年07月01日
  • 可視光応答型光半導体様化合物の暗所と光照射下における抗菌活性に関する研究, 辻塚 誠一郎,山本 幸次郎,伊東 謙吾,田中 賢二, 第54回化学関連支部合同九州大会,   2017年07月01日
  • 遺伝子組換え株によるCO2からの共重合グリーンプラスチック生合成におけるモノマー組成の改善, 森 舜也,丸尾 浩希,折田 和泉,福居 俊昭,田中 賢二, 第54回化学関連支部合同九州大会,   2017年07月01日
  • Effect of fatty acid in culture medium on growth of acid tolerant lactic acid bacterium, Lactobacillus acetotolerans strain HT, Kenji Tanaka, Kiko Sakai, Ryo Sawada, Saki Goto and Hiromi Matsusaki, The 6th International Congress o Natural Sciences and Engineering (2017 ICNSE), Kitakyuhu Japan,   2017年06月07日
  • 組換え大腸菌による新規乳酸ベースポリマーの生合成, 後藤早希、留野菜月、外村彩夏、田口精一、松本謙一郎、阿部英喜、田中賢二、松崎弘美, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月19日
  • 組換えRalstonia eutrophaによる糖からのP(3HB-co-3HA)の生合成, 倉富優季、脇田和、後藤早希、森恵美、外村彩夏、田中賢二、松崎弘美, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月19日
  • Ralstonia eutrophaを宿主とした糖からのP(3HB-co-3HA)の生合成, 森恵美、倉富優季、後藤早希、脇田和、外村彩夏、田中賢二、松崎弘美, 第23回日本生物工学会九州支部大会,   2016年12月03日
  • 糖から共重合ポリエステルを合成する大腸菌の分子育種, 倉富優季、森恵美、後藤早希、脇田和、外村彩夏、田中賢二、松崎弘美, 第23回日本生物工学会九州支部大会,   2016年12月03日
  • Lactobacillus acetotolerans HTの乳酸脱水素酵素遺伝子のクローニングと新規乳酸ベースポリマーの生合成, 後藤早希、留野菜月、外村彩夏、松本謙一、田口精一、阿部英喜、田中賢二、松崎弘美, 第23回日本生物工学会九州支部大会,   2016年12月03日
  • 銀ナノ粒子・ボロン樹脂・クレイからなる新規光触媒の近赤外光照射下における殺菌効果, 山本 幸次郎, 深野木 伸太, 宮﨑 愛, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月30日
  • 銀ナノ粒子・ボロン樹脂・クレイからなる新規光触媒の暗所と可視光照射下における病原細菌殺菌効果, 宮﨑 愛, 深野木 伸太, 山本 幸次郎, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月30日
  • 銀ナノ粒子・ボロン樹脂・クレイからなる新規光触媒の暗所と可視光照射下におけるカビ胞子に対する殺菌効果, 深野木 伸太, 宮﨑 愛, 山本 幸次郎, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月30日
  • 3HHx を高含有率で含む共重合ポリエステルの遺伝子組換え水素細菌による CO2 からの生合成, 森 舜也, 丸尾 浩希, 折田 和泉, 福居 俊昭, 田中 賢二 , 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月29日
  • 組換え大腸菌による乳酸ユニットを含む新規モノマー組成からなる生分解共重合ポリエステルの生合成, 後藤 早希、中上 美歩、外村 彩夏、田口 精一、松本 謙一郎、田中 賢二、松崎 弘美, 日本農芸化学会2016年度西日本支部大会,   2016年09月16日
  • 糖を唯一の炭素源として共重合ポリエステルを合成する細菌の分子育種, 倉富優季、脇田和、後藤早希、外村彩夏、田中賢二、松崎弘美, 日本農芸化学会2016年度西日本支部大会,   2016年09月16日
  • Biosynthesis of poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) with high C6-monomer composition from CO2 by recombinant of Ralstonia eutropha, 3rd International Conference and Exhibition on Biopolymers & Bioplastics,   2016年09月13日
  • Growth characteristics of newly isolated xylose-assimilating bacterium and accumulation of green plastic, polyhydroxyalkanoate in the genetic engineered strain, International Symposium on Life Science & Biological Engineering 2016 (I SLSBE2016),   2016年08月27日
  • 乳酸ユニットを含む新規モノマー組成からなる生分解性プラスチックの生合成, 後藤 早希、外村 彩夏、田口 精一、松本 謙一郎、岡部英喜、田中 賢二、松崎 弘美, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 水素細菌の遺伝子組換え株によるC6モノマーを高モル分率で含む共重合ポリエステルのCO2からの生合成, 森 舜也、丸尾 浩希、折田 和泉、福居 俊昭、田中 賢二, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 平板状銀ナノ粒子を用いた近赤外光応答型光触媒の細菌に対する殺菌効果, 山本幸次郎、深野木伸太、宮﨑 愛、伊東謙吾、田中 賢二, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 平板状銀ナノ粒子を用いた可視光応答型光触媒のカビ胞子に対する殺菌効果, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • 平板状銀ナノ粒子を用いた可視光応答型光触媒の病原細菌に対する殺菌効果, 宮崎 愛、深野木 伸太、山本 幸次郎、伊東 謙吾、田中 賢二, 第53回化学関連支部合同九州大会,   2016年07月02日
  • Autotrophic Growth of Paracoccus Denitrificans in Aerobic Condition and the Accumulation of Biodegradable Plastics from CO2, The Global Conference on Life Science and Biological Engineering 2016(GLSBE 2016),   2016年03月30日
  • 組換え大腸菌による乳酸ユニットを含む新規モノマー組成からなる生分解共重合ポリエステルの生合成, 後藤早希、中上美歩、外村彩夏、田口精一 、松本謙一郎、田中賢二、松崎弘美, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • 組換えRalstonia eutrophaによる糖からのP(3HB-co-3HA)共重合ポリエステルの生合成, 倉富優季、脇田和、外村彩夏、田中賢二、松崎弘美, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月28日
  • Inhibitory effect to pathogenic bacteria of visible light responsive type nanosilver photocatalyst, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Section ORG,   2015年12月16日
  • 組換え大腸菌による新規モノマー組成からなる共重合ポリエステルの生合成, 中上美歩, 後藤早希, 西村綾乃, 外村彩夏, 田口精一, 松本謙一郎, 田中賢二, 松崎弘美, 第22回日本生物工学会九州支部大会,   2015年12月05日
  • 共重合ポリエステルを合成するRalstonia eutrophaの分子育種, 倉富優季, 脇田和, 外村彩夏, 田中賢二, 福居俊昭, 柘植丈治, 松崎弘美, 第22回日本生物工学会九州支部大会,   2015年12月05日
  • 乳酸ユニットを含む新規モノマー組成からなる生分解共重合ポリエステルの生合成, 後藤 早希, 外村 彩夏, 西村 綾乃, 田口 精一, 松本 謙一郎, 田中 賢二, 松崎 弘美, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 遺伝子組換え菌による糖からのP(3HB-co-3HA)共重合ポリエステルの生合成に関する研究, 脇田 和, 外村 彩夏, 柘植 丈治, 田中 賢二, 松崎 弘美, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 可視光応答型銀ナノ粒子光触媒のカビに対する抗菌効果, 宮﨑 愛, 深野木 伸太, 田尻 晋太郎, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 可視光応答型銀ナノ粒子光触媒の病原細菌に対する抗菌効果, 宮﨑 愛 , 深野木 伸太, 田尻 晋太郎, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • Enterobacter sp.TF 株の遺伝子組換え株によるキシロースからの生分解性ポリエステル蓄積率改善に関する研究, 松本 活樹, 藏冨 友博, 外村 彩夏, 松崎 弘美, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 銀ナノ粒子を用いた可視光応答型光触媒の抗菌活性~フィルム密着法による評価~, 田尻 晋太郎, 宮﨑 愛, 深野木 伸太, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 水素酸化細菌によるCO2 からのポリエステル合成における3-ヒドロキシアシルCoA リガーゼ遺伝子の導入効果, 藏冨 友博, 松本 活樹, 外村 彩夏, 松崎 弘美, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • 耐酸性乳酸菌の増殖に対する培地脂肪酸の影響, 沢田 僚, 深野木 伸太, 田尻 晋太郎, 田中 賢二, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • Acid-tolerant lactic acid bacterium isolated from rice vinegar, The Annual Conference on Life Sciences and Engineering (2015 ACLSE),   2015年08月26日
  • The Effect of Visible Light with Different Wavelength and Intensities on Population Growth of Marine Zooplankton, Brachionus Plicatilis, The 2nd International Biotechnology, Chemical Engineering and Life Science Conference (IBCELC 2015),   2015年07月21日
  • CO2から新奇な共重合ポリエステルを合成する遺伝子組換え微生物の創製, 藏冨 友博、松本 活樹、田中 賢二, 第5回近畿大学サイエンスネットワーク院生サミット,   2015年07月11日
  • 銀ナノ粒子を用いた可視光応答型光触媒の抗菌効果に関する研究, 宮﨑 愛、田尻 晋太郎、深野木 伸太、田中 賢二, 第5回近畿大学サイエンスネットワーク 院生サミット,   2015年07月11日
  • 銀ナノ粒子光触媒の病原細菌に対する抗菌活性と可視光照射の効果, 宮崎愛、田尻晋太郎、深野木伸太、伊東謙吾、田中賢二, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 食酢から分離された乳酸菌の増殖に対する脂肪酸の影響, 沢田僚、深野木伸太、田尻晋太郎、田中 賢二, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 可視光応答型銀ナノ粒子光触媒のフィルム密着法による抗菌力評価, 田尻晋太郎、宮崎愛、深野木伸太、伊東謙吾、田中賢二, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • キシロース資化性エンテロバクター属組換え株のPHA蓄積率に重合酵素が及ぼす影響, 松本活樹、藏冨友博、外村彩夏、松崎弘美、田中 賢二, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 3HA-CoAリガーゼを導入した水素酸化細菌によるCO2からのPHA合成. 藏冨友博, 藏冨友博、松本活樹、外村彩夏、松崎弘美、田中 賢二, 第52回化学関連支部合同九州大会,   2015年06月27日
  • 組換え大腸菌による糖からの生分解性共重合ポリエステルの生合成., 外村 彩夏、西村 綾乃、後藤 早希、脇田 和、田口 精一、松本 謙一郎、柘植 丈治、田中 賢二、松崎 弘美, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 耐酸性乳酸菌Lactobacillus acetotolerans HTの乳酸脱水素酵素遺伝子のクローニングと生分解性共重合ポリエステルの生合成, 後藤 早希、外村 彩夏、田口 精一、松本 謙一郎、田中 賢二、松崎 弘美, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 脂肪酸合成経路を介した糖からの共重合ポリエステルの生合成, 外村 彩夏、西村 綾乃、柘植 丈治、福居 俊昭、田中 賢二、松崎 弘美, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 銀ナノ粒子を用いた可視光応答型光半導体の病原細菌に対する抗菌効果, 田尻 晋太郎、宮﨑 愛、伊東 謙吾、田中 賢二, 日本農芸化学会2015年度大会,   2015年03月28日
  • 乳酸ユニットを含む生分解性共重合ポリエステルの生合成, 後藤早希、外村彩夏、田口精一、松本謙一郎、田中賢二、松崎弘美, 第21回日本生物工学会九州支部大会,   2014年12月06日
  • 糖および炭酸ガスからの共重合ポリエステル生合成に関する研究, 脇田 和、外村彩夏、西村綾乃、田中賢二、福居俊昭、柘植丈治、松崎弘美, 第21回日本生物工学会九州支部大会,   2014年12月06日
  • 銀ナノ粒子を用いた新規な可視光応答型光触媒の抗菌効果, 田尻 晋太郎, 宮﨑 愛, 伊東 謙吾, 田中 賢二, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月09日
  • Lactobacillus acetotolerans HT の乳酸脱水素酵素遺伝子を利用した乳酸ユニットを含む生分解性プラスチックの生合成, 後藤 早希, 佐藤 美咲, 田中 賢二, 松本 謙一郎, 田口 精一,松崎 弘美, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月09日
  • Ralstonia eutrophaを宿主とした糖および炭酸ガスからのポリヒドロキシアルカン酸生合成, 脇田 和, 外村 彩夏, 岩崎 美佳, 田中 賢二, 福居 俊昭,柘植 丈治, 松崎 弘美, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月09日
  • CO2から共重合PHA を合成する水素酸化細菌組換え株の育種, 藏冨 友博, 平尾 崚, 松崎 弘美, 外村 彩夏, 田中 賢二, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月09日
  • キシロース資化性Enterobacter属細菌の遺伝子組換えによるPHA 生合成, 松本 活樹, 南部 友香, 松崎 弘美, 田中 賢二, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月09日
  • キシロース資化性細菌の分離と生分解性ポリエステル合成遺伝子の導入, 松本活樹、南部友香、松崎弘美、田中賢二, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • 水素酸化細菌の遺伝子組換え株における共重合ポリエステル合成の問題点, 藏冨友博、平尾崚、松崎弘美、田中賢二, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • 食酢から分離された乳酸菌の耐酸性と細胞膜脂肪酸組成の関連, 田尻晋太郎、沢田僚、田中賢二, 第51回化学関連支部合同九州大会,   2014年06月28日
  • 127. 脂肪酸合成経路を介した糖からの共重合ポリエステルの生合成, 外村 彩夏、岩崎 美佳、村田 和歌子、明智 聡、福居 俊昭、柘植 丈治、田中 賢二、松崎 弘美, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月28日
  • Lactobacillus acetotolerans HTの乳酸脱⽔素酵素遺伝⼦のクローニングと乳酸ユニットを含む⽣分解性プラスチックの⽣合成, 125. 後藤早希,佐藤美咲,⽥中賢⼆,松本謙⼀郎,⽥⼝精⼀,松崎弘美, 第20回日本生物工学会九州⽀部⼤会,   2013年12月07日
  • 組換えRalstonia eutrophaにおける脂肪酸合成経路を介したポリヒドロキシアルカン酸の生合成, 岩崎 美佳, 外村 彩夏,村田 和歌子, 田中 賢二, 柘植 丈治, 松崎 弘美, 第65回日本生物工学会大会,   2013年09月20日
  • 資源管理型漁業のための動物性初期餌料生物の培養生産の現状と光利用による生産効率化の可能性, 田中 賢二, 日本農芸化学会関西,中四国,西日本支部2013年度合同広島大会,   2013年09月05日
  • 光照射とシオミズツボワムシの増殖および栄養環境 シンポジウム「水産における光利用技術と基礎研究の動向」, 田中 賢二, 平成25 年度日本水産学会春季大会,   2013年03月30日
  • 脂肪酸合成経路を介したポリヒドロキシアルカン酸の⽣合成, 113. 坂本⽇名⼦,外村彩夏,岩崎美佳,⽥中賢⼆,松崎弘美( 熊本県⼤・環境共⽣, 第19回日本生物工学会九州支部大会,   2012年12月01日
  • 酢酸耐性乳酸菌Lactobacillus acetotolerans HT株のL型およびD型乳酸脱⽔素酵素遺伝⼦のクローニング, 112. 佐藤美咲,元村あかね,⽥中賢⼆,松崎弘美, 第19回日本生物工学会九州支部大会,   2012年12月01日
  • Ralstonia eutropha における脂肪酸合成経路を介した共重合ポリエステルの生合成, 岩崎 美佳,外村 彩夏,松崎 弘美, 田中 賢二, 柘植 丈治, 第64回日本生物工学会大会,   2012年10月, 第64回日本生物工学会大会
  • 排水処理槽より分離した硫酸還元菌の微好気条件下での増殖と硫化水素産生, 福本 圭,原田 奏也,水野 康平, 田中 賢二, 第64回日本生物工学会大会,   2012年10月, 第64回日本生物工学会大会
  • 伝統食品と発酵, 田中 賢二, 飯塚市 食のセミナー講演会,   2012年10月, 飯塚市 食のセミナー講演会
  • 動物性海産餌料生物の増殖に光照射が及ぼす影響とビタミンB12産生細菌の関与, 田中 賢二, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部合同大会合同大会,   2012年09月, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部合同大会合同大会
  • 排水処理汚泥の細菌叢解析による硫化水素発生プロセスとその影響因子に関する研究, 森下 由唯, 田中 賢二, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • 光照射は海産種苗の初期餌料動物プランクトン、ワムシの増殖密度を増加させる, 田中 賢二, 三重大学, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • L型ワムシの増殖の比較, 田中 賢二, 三重大学, 平成24年度日本水産学会春季大会,   2012年03月, 平成24年度日本水産学会春季大会
  • 鍾乳洞より分離した新種細菌 Jeongeupia sp. HS -3 の分類同定, 田中 賢二, 北九州工業高等専門学校, 日本大学, 東京工業大学, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • 栽培漁業用初期餌料動物プランクトンの光照射下での増殖促進とビタミンB12の関係, 田中 賢二, 第49回化学関連支部合同九州大会,   2012年, 第49回化学関連支部合同九州大会
  • 微好気排水より分離した高過酸化水素耐性硫酸還元菌の性状分析, 田中 賢二, 北九州工業高等専門学校, 日本生物工学会第18回九州支部大会,   2011年12月, 日本生物工学会第18回九州支部大会
  • Ralstonia eutrophaにおける脂肪酸合成経路からの共重合ポリエステル生合成に関する検討, 田中 賢二, 熊本県立大学, 東京工業大学, 日本生物工学会第18回九州支部大会,   2011年12月, 日本生物工学会第18回九州支部大会
  • 鍾乳洞より分離した新種細菌Jeongeupia sp. HS-3の分類同定, 田中 賢二, 北九州工業高等専門学校, 日本大学, 東京工業大学, 日本生物工学会第18回九州支部大会,   2011年12月, 日本生物工学会第18回九州支部大会
  • 辛子めんたいこ調味液より分離した細菌のGABA 生成能について, 田中 賢二, (株)やまやコミュニケーションズ, 日本食品科学工学会,   2011年09月, 日本食品科学工学会
  • 排水処理汚泥の細菌叢解析による硫化水素発生プロセスとその影響因子に関する研究, 田中 賢二, 北九州工業高等専門学校, 九州電力(株)総合研究所生物資源研究センター, 第63回日本生物工学会大会,   2011年09月, 第63回日本生物工学会大会
  • 水産餌料動物プランクトン培養におけるLED光の増殖促進効果, 田中 賢二, 三重大学, 第63回日本生物工学会大会,   2011年09月, 第63回日本生物工学会大会
  • 共重合P H A 生合成遺伝子を導入したRalstonia eutropha組換え株の独立栄養条件下での菌体合成, 田中 賢二, 熊本県立大学, 平成23 年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会,   2011年09月, 平成23 年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会
  • 脂肪酸合成経路を介した組換えRalstonia eutrophaによる共重合ポリエステルの生合成, 田中 賢二, 熊本県立大学, 東京工業大学, 第63回日本生物工学会大会,   2011年09月, 第63回日本生物工学会大会
  • 独立栄養条件下で増殖可能なParacoccus属細菌の探索に関する研究, 田中 賢二, 第48回化学関連支部合同九州大会,   2011年07月, 第48回化学関連支部合同九州大会
  • 水素酸化細菫の独立栄養条件下での増殖に対する壼素源の影響, 田中 賢二, 熊本県立大学, 第48回化学関連支部合同九州大会,   2011年07月, 第48回化学関連支部合同九州大会
  • テラヘルツ分光法による微生物菌体内生産物の検出, 田中 賢二, 第48回化学関連支部合同九州大会,   2011年07月, 第48回化学関連支部合同九州大会
  • 脂肪酸合成経路を介した組換えRalstonia eutrophaによるポリヒドロキシアルカン酸合成, 田中 賢二, 熊本県立大学, 東京工業大学, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月, 日本農芸化学会2011年度大会
  • CO2からの共重合体PHA合成を目的とした水素酸化細菌の育種と独立栄養条件下での培養特性, 田中 賢二, 熊本県立大学, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月, 日本農芸化学会2011年度大会
  • 組換えRalstonia eutropha による糖および炭酸ガスからの共重合ポリエステルの生合成, 田中 賢二, 日本生物工学会大会2010年度大会,   2010年10月, 日本生物工学会大会2010年度大会
  • たらこにおける細菌の亜硝酸根生成とその抑制に関する研究, 田中 賢二, 日本食品科学工学会2010年度大会,   2010年09月, 日本食品科学工学会2010年度大会
  • O2から共重合ポリエステルを合成するためのRalstonia eutrophaの組換え株の作成と独立栄養条件下での増殖, 田中 賢二, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年07月, 第47回化学関連支部合同九州大会
  • Paracoccus denitrificansのCO2とH2を基質とする菌体増殖と物質生産, 田中 賢二, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年07月, 第47回化学関連支部合同九州大会
  • 排水処理汚泥における硫化水素発生とその影響因子の細菌叢解析による研究, 田中 賢二, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 共重合ポリエステルの生合成における微生物育種に関する研究, 田中 賢二, 第16回日本生物工学会九州支部大会,   2009年12月, 第16回日本生物工学会九州支部大会
  • 排水処理汚泥における硫化水素発生の可能性とその影響因子に関する研究, 田中 賢二, 第16回日本生物工学会九州支部大会,   2009年12月, 第16回日本生物工学会九州支部大会
  • 排水処理汚泥の細菌叢解析による硫化水素発生プロセスとその影響因子に関する研究, 田中 賢二, 第16回日本生物工学会九州支部大会,   2009年12月, 第16回日本生物工学会九州支部大会
  • 水素酸化細菌R.eutrophaとA.latusの独立栄養条件下での生育特性比較, 田中 賢二, 第16回日本生物工学会九州支部大会,   2009年11月, 第16回日本生物工学会九州支部大会
  • 初期餌料生物Brachionus plicatilis生産の高密度化技術の開発, 田中 賢二, 近畿大学サイエンスネットワーク・院生サミット,   2009年11月, 近畿大学サイエンスネットワーク・院生サミット
  • 食酢より分離した耐酸性乳酸菌の増殖と乳酸生産に関する研究, 田中 賢二,   2009年11月
  • 離島発電所で発生する廃油分解微生物の探索, 田中 賢二, 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品化学工学会西日本支部合同大会,   2009年10月, 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品化学工学会西日本支部合同大会
  • たらこから分離した細菌の亜硝酸根生成能について, 田中 賢二, 日本食品科学工学会第56回大会,   2009年09月, 日本食品科学工学会第56回大会
  • Ideonella sp.Ongaの旺盛なキシロース資化性と有用物質生産の可能性, 田中 賢二, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • 水素酸化細菌Alcaligenes latusの独立栄養条件下における増殖とPHB蓄積, 田中 賢二, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年07月, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • もろみ酢から分離された乳酸菌の高濃度乳酸発酵, 田中 賢二, 第45回化学関連支部合同九州大会,   2008年07月, 第45回化学関連支部合同九州大会
  • 高密度培養における海産餌料プランクトンS型ワムシとL型ワムシの増殖特性の違い, 田中 賢二, 第45回化学関連支部合同九州大会,   2008年07月, 第45回化学関連支部合同九州大会
  • 松原輝明、緒方祐夏、星野宗広、上野裕、田中賢二, 田中 賢二, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
  • PHB産生化学合成独立栄養細菌Idenonella sp.Ongaは多様な糖資化性を持つ, 田中 賢二, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
  • 水産初期餌料動物プランクトンL型ワムシの高密度培養に出現したワムシに特異的な有害菌について, 田中 賢二, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
  • 新規に発見された高酸度酢酸発酵優良菌の発酵特性, 田中 賢二, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年07月, 第42回化学関連支部合同九州大会
  • 一酸化炭素に強い耐性をもつ水素酸化細菌の諸性質と増殖特性, 田中 賢二, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
  • 水産初期餌料動物プランクトンから分離された細菌群のビタミンB12生成能について, 田中 賢二, 第42回化学関連支部合同九州大会,   2005年, 第42回化学関連支部合同九州大会
  • 水産餌料用動物プランクトン、ワムシの増殖因子獲得における海洋細菌の関与, 田中 賢二, 平成16年度日本生物工学大会,   2004年09月, 平成16年度日本生物工学大会
  • マイナス空気イオンの抗菌効果に関する研究, 田中 賢二, 平成16年度日本生物工学大会,   2004年09月, 平成16年度日本生物工学大会
  • これだけは知っておきたい微生物 -食と健康のキーワード-, 田中 賢二, シニアサマーカレッジ「高齢社会と環境」,   2004年09月, シニアサマーカレッジ「高齢社会と環境」
  • 水産餌料用動物プランクトン,L型ワムシの大量培養法に関する研究, 田中 賢二, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
  • 遠賀川から分離した化学合成独立栄養細菌の分子生物学的手法による分類同定, 田中 賢二, 浅野徳太郎, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
  • 福岡県田川郡の食酢メーカーで受け継がれてきた高酸度酢酸発酵用種酢の菌学的解析, 田中 賢二, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
  • 水産餌料用動物プランクトン,L型ワムシに対する塩化コバルト添加の増殖促進効果, 田中 賢二, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
  • マイナス空気イオン発生器の抗菌への利用 -抗菌活性の評価-, 田中 賢二, 第41回化学関連支部合同九州大会,   2004年07月, 第41回化学関連支部合同九州大会
  • なぜコバルト塩添加や光照射でワムシの増殖が向上するのか - ビタミンB12産生からの説明, 田中 賢二, 2004年度 日本水産学会大会,   2004年03月, 2004年度 日本水産学会大会
  • 水産餌料用動物プランクトン、ワムシの換水培養において換水率が細菌相に及ぼす影響, 田中 賢二, 倉本将毅, 吉村研治, 平成15 年度日本生物工学大会(熊本),   2003年09月, 平成15 年度日本生物工学大会(熊本)
    概要:水産餌料用動物プランクトンであるワムシの換水培養において換水率によってワムシ体内や培養水中の細菌数がどのように増減するか調べた。また、各換水率での優占菌種を簡易同定法や16S rRNA 遺伝子相同性によって道程することにより、どの換水率がワムシの衛生状態に最も良好か明らかにした。
  • 水素酸化細菌Ideonella sp. の化学合成独立栄養条件下での増殖とPHB 蓄積, 田中 賢二, 宮田典久, 平成15 年度日本生物工学大会(熊本),   2003年09月, 平成15 年度日本生物工学大会(熊本)
    概要:当研究室で分離した水素酸化細菌Ideonella sp. の独立栄養条件下での増殖特性、生分解性プラスチックであるPHB の生産特性、一酸化炭素耐性等について報告した。
  • A Comparison Between Plackett-Burman and Taguchi Designs for Production of Polyhydroxybutyrate, 田中 賢二, Khosravi Darani, K Vasheghani Farahani, E. Shojaosadati, S. A., 平成15 年度日本生物工学大会(熊本),   2003年09月, 平成15 年度日本生物工学大会(熊本)
    概要:糖質を原料とするPHB 発酵生産の培養条件最適化のための実験計画法について検証した。
  • 水素酸化細菌によるCO2 固定化とグリーンプラスチック生産, 田中 賢二, 浅野徳太郎, 宮田典久, 第40 回化学関連支部合同九州大会,   2003年07月, 第40 回化学関連支部合同九州大会
    概要:新しく分離した化学合成独立栄養細菌の増殖能とCO2 からのグリーンプラスチック生産力、および一酸化炭素耐性について培養工学的な見地から研究報告を行った。
  • 水素酸化細菌Ideonella sp.の独立栄養条件下における増殖とPHB蓄積特性, 田中 賢二, 宮田典久, 日本生物工学会九州支部大会(第9回) (那覇),   2002年12月, 日本生物工学会九州支部大会(第9回) (那覇)
    概要:先に、水素・酸素・炭酸ガスおよび無機塩だけを栄養源にして生育する水素酸化細菌Ideonella sp.を分離したことを報告した。今回、本菌の独立栄養条件下における増殖特性や、生分解性プラスチック素材であるPHB(ポリヒドロキシ酪酸)の二酸化炭素からの生成特性について、培養工学的な見地から検討を行った。
  • 高密度培養による栽培漁業用餌料プランクトンの生産効率化, 田中 賢二, 近畿大学産学連携オープンフォーラム(東大阪),   2002年11月, 近畿大学産学連携オープンフォーラム(東大阪)
    概要:資源再生型漁業における動物プランクトンの超高密度培養技法の応用と、産学連携の実際について紹介した。
  • 動物プランクトン大量生産技術の進展と栽培漁業における重要性, 田中 賢二, 倉本将毅, 平成14年度日本生物工学会大会(兼・学会創立80周年記念展示会) (大阪),   2002年10月, 平成14年度日本生物工学会大会(兼・学会創立80周年記念展示会) (大阪)
    概要:海産動物プランクトンであるワムシの生態や、資源再生型漁業における初期餌料としての重要性および生産技術向上の歴史について論じた。
  • 溶存酸素濃度制御による栽培漁業用餌料ワムシの超高密度培養とその実用化(日本生物工学会技術賞受賞講演), 田中 賢二, 吉松隆夫, 吉村研治, 平成14年度日本生物工学大会(大阪),   2002年10月, 平成14年度日本生物工学大会(大阪)
    概要:我々は、資源再生型漁業において仔稚魚の初期餌料として極めて重要な動物プランクトンであるワムシの大量生産技術について研究開発を行ってきた。我々の開発した培養技術はワムシ生産効率を格段に向上させ、現在では海外も含め多くの種苗生産の現場で利用されている。その研究成果に対して、日本生物工学会より平成14年度の技術賞を授与された。
  • ワムシ培養水へのコバルト塩の添加効果, 田中 賢二, 吉松隆夫 樋口貴大, 吉村研治 その他, 日本水産増殖学会大会第一回大会(長崎),   2002年09月, 日本水産増殖学会大会第一回大会(長崎)
    概要:先に我々は初期餌料動物プランクトンであるワムシの培養において、パン酵母など安価なワムシ餌料にコバルト塩を添加するとワムシ増殖量が向上することを明らかにし、ワムシ大量生産のコスト削減につながる可能性があることを報告した。今回、ワムシ増殖に最適なコバルト濃度について検証を行った。
  • ワムシ餌料へのコバルト塩の添加効果, 田中 賢二, 樋口貴大, 吉松隆夫, 吉村研治, 林雅弘, 日本水産学会平成 14 年度大会 (奈良),   2002年04月, 日本水産学会平成 14 年度大会 (奈良)
    概要:ビタミン B12 は、 コリン環がコバルトイオンに配位した構造を持ち、 自然界では通常産生菌の働きにより富化される。 ワムシ増殖に関しても、 培養系内のビタミン B12 との関係がこれまでに明らかにされている。 しかし、 その構成ミネラルであるコバルトの量とワムシ増殖の関係は、 現在までのところ調べられていない。 そこで、 ワムシの生産効率の向上と生産コスト削減を目的とし、 ワムシ餌料へのコバルト塩の添加効果を検討した。
  • 旧産炭地の河川から分離した水素酸化細菌の増殖諸特性, 田中 賢二, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台),   2002年03月, 日本農芸化学会 2002 年度大会 (仙台)
    概要:遠賀川から水素・酸素・炭酸ガスおよび無機塩だけを栄養源にして生育する水素酸化細菌を分離した。 本菌は、 他の水素酸化細菌に較べて増殖速度が速く、 比較的酸性条件下でも良好に増殖した。 また、 増殖速度は溶存酸素濃度の増殖による影響を受けず、 酸素毒耐性があることが分かった。 さらに、 本菌は二酸化炭素から、 生分解プラスチック素材である PHB を合成できることが分かった。 16SrRNA の遺伝子解析の結果、 本菌は Ideonella sp. のグラム陰性菌と推定された。
  • 換水培養分システムを用いたプランクトンワムシの超高密度生産と汚染細菌数の低減, 田中 賢二, 倉本将毅, 吉村研治, 吉松隆夫, 日本生物工学会九州支部大会 (第 8 回) (福岡),   2001年12月, 日本生物工学会九州支部大会 (第 8 回) (福岡)
    概要:連続換水培養システムを用いるプランクトンワムシの培養では、 16 万個体/ml という超高密度培養が可能なだけでなく、 培養水中の有機質濃度を低下させ、 それによって汚染細菌の数を著しく減少させる効果があることを示した。
  • 膜分離システムを用いた水産餌料動物プランクトンの超高密度培養, 田中 賢二, 吉村研治, 吉松隆夫, 日本生物工学会 2001 年度大会 (甲府),   2001年09月, 日本生物工学会 2001 年度大会 (甲府)
    概要:固液膜分離装置を組み込んだ連続換水培養システムによるワムシ超高密度培養について検討を行った。 このシステムを用いてワムシ排泄物であるアンモニアを除去することにより、 16 万個体/ml というワムシ密度が得られた。
  • ワムシ高密度培養系におけるバクテリアの挙動と制御, 田中 賢二, 平成 13 年度日本水産学会春季大会 (シンポジウム講演) (東京),   2001年04月, 平成 13 年度日本水産学会春季大会 (シンポジウム講演) (東京)
    概要:著者らが開発した淡水クロレラ給餌によるプランクトンワムシの高密度培養法は日本だけでなく世界に広がりつつあり、 栽培漁業事業の発展を支える大きな原動力となっている。 しかしながら、 ワムシの高密度培養における細菌汚染の状況を詳しく調べた報告は非常に少なく、 その対策を講じる必要性が指摘されている。 そこで、 ワムシ高密度間引き培養における細菌発生数の計測をし優生細菌種の特定を試み、 高密度培養における細菌汚染度について論じた。 また、 抗菌剤による細菌数の低減効果についても調べた。
  • 旧産炭地の河川水から分離した水素酸化細菌の諸特性, 田中 賢二, 牛草智, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都),   2001年03月, 日本農芸化学会 2001 年度大会 (京都)
    概要:遠賀川から水素・酸素・炭酸ガスおよび無機塩だけを栄養源にして生育する化学合成独立栄養細菌を分離した。 この水素酸化細菌の形態学的生理学的検討を行い、 分類同定を試みるとともに培養工学的見地から増殖特性について調べた。 その結果、 本菌は Acinetobacter baumanii と近縁であり、 かつ、 pH 5 から 6 を生育至適とし、 かつ炭酸固定菌でありながら非常に高い速度で増殖する珍しい性質を持つ新種の菌であることが分かった。

MISC

  • バイオテクノロジーお国自慢 旧産炭地で取り組むバイオテクノロジー, 田中 賢二, 生物工学会誌, 80, 4, 163, 164,   2002年04月
    概要:旧産炭地、 筑豊地区でバイオテクノロジーという先端科学技術がどのように取り組まれているか、 その特徴を解説した。 また、 筑豊地区におけるバイオテクノロジー、 環境科学分野の研究・教育拠点の一つとして、 近畿大学九州工学部の紹介を行った。
  • 食の安全・進化と微生物, 田中 賢二,   2009年09月
  • 有用・有害微生物の探索とその実際, 田中 賢二,   2010年03月
  • 研究展示, 田中 賢二,   2010年11月
  • LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物の省エネルギー生産技術の開発, 田中 賢二,   2010年11月
  • LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物の培養の省エネルギー生産技術の開発, 田中 賢二, 三重大学, 長崎大学, 農林水産技術会議委託プロジェクト研究 生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発,   2012年02月

特許

  • 二酸化炭素から生分解性プラスチック製造用バイオポリマーを発酵生造する方法, 平04-004843
  • 動物プランクトンの培養方法およびそれを用いた培養装置, 2000-205744
  • 生分解性プラスチックとその製造方法およびその製造装置, 2002-215064

受賞

  •   2002年, 日本生物工学会, 技術賞, 溶存酸素濃度制御による栽培漁業用餌料ワムシの超高密度培養法の開発と実用化
  •   1996年, 日本生物工学会, 照井賞, 炭酸ガスから化学合成独立栄養的に PHB を生産する安全な培養プロセスの開発

競争的資金

  • 農林水産省, 農林水産技術会議委託研究プロジェクト, 生物の光応答メカニズムの解明と高度利用技術の開発:LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物の培養の省エネルギー生産技術の開発, 田中 賢二
  • 日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C), 資源管理型漁業のための微生物餌料とその利用技術の開発 , 田中 賢二
  • 福岡県飯塚市, 飯塚市研究テーマ探索事業, 遠賀川から分離した二酸化炭素固定化細菌による無公害プラスチック, 田中 賢二
  • 日本学術振興会, 科学研究費 萌芽研究, 一酸化炭素耐性菌を用いた工場排ガスの直接固定化に関する培養工学的研究 , 田中 賢二
  • マイナスイオンの抗菌作用と有害微生物抗菌システムの開発
  • 文部科学省, 科学研究費 奨励研究A, 乳酸球菌においてペントースから高収率でL-乳酸を生成する新規代謝, 田中 賢二
  • 文部科学省, 科学研究費 萌芽的研究, 細胞外に有用物資を分泌する炭酸固定微生物を育種するための細胞融合技術の開発 , 石崎 文彬
  • 文部科学省, 科学研究費 基盤研究(B), 嫌気性菌による有用物質生産のための高度な発酵制御法, 石崎 文彬
  • 文部科学省, 科学研究費 奨励研究(A), エコマテリアル生産の効率化を可能にする培養制御技術の開発 , 田中 賢二
  • 文部科学省, 科学研究費 国際学術研究, 熱帯生物資源から生分解性プラスチックを生産する発酵システムの開発, 石崎 文彬
  • 文部科学省, 科学研究費 奨励研究(A), 乳酸を発酵原料とする新規有用物質の微生物合成に関する研究, 田中 賢二
  • 文部科学省, 科学研究費 試験研究(B), 二酸化炭素からポリβヒドロキシ酪酸を生産するバイオリアクターの開発 , 石崎 文彬
  • 日産科学振興財団, 第20回(平成5年度)日産学術研究助成 症例研究助成, 木材資源廃棄物からエコマテリアルを生産する微生物プロセスに関する研究, 田中 賢二

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 微生物工学実験, 九州大学農学部
  • 単位操作実験, 九州大学農学部
  • 微生物学, 近畿大学産業理工学部
  • 微生物バイオテクノロジー, 近畿大学産業理工学部
  • 栄養化学, 近畿大学産業理工学部
  • 食品衛生化学, 近畿大学産業理工学部
  • 生物資源利用学, 近畿大学産業理工学部
  • 導入ゼミ, 近畿大学産業理工学部
  • 生物化学基礎実験, 近畿大学産業理工学部
  • 生物化学実験, 近畿大学産業理工学部
  • 生物環境化学実験, 近畿大学産業理工学部
  • 生物化学特論, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 微生物工学特論, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 大学院特別研究Ⅰ・Ⅱ, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 大学院セミナーⅠ・Ⅱ, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 微生物工学特殊研究, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 微生物工学特殊研究演習, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 卒業研究, 近畿大学産業理工学部/九州工学部
  • 修士論文研究, 近畿大学大学院産業技術研究科
  • 化学工学Ⅰ, 近畿大学九州工学部
  • 化学工学Ⅱ, 近畿大学九州工学部
  • アカデミック生物化学Ⅰ, 近畿大学九州工学部
  • アカデミック生物化学Ⅱ, 近畿大学九州工学部
  • 基礎生物学Ⅰ, 近畿大学九州工学部
  • 基礎生物学Ⅱ, 近畿大学九州工学部
  • 生物工学実験, 近畿大学九州工学部