KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

甲田 勝康コウダ カツヤス

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門予防医学・疫学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/838-kouda-katsuyasu.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60273182.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    成人期以降に発症する心血管疾患や骨粗鬆症等の生活習慣病は、小児期からの肥満・痩身・運動不足・栄養不良等に由来する。その予防策について研究室内だけでなく地域や学校現場で研究している。

学歴・経歴

経歴

  •   2006年,  - 2017年, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 人類学, 応用人類学
  • 人類学, 応用人類学
  • 生活科学, 食生活学
  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学
  • 建築学, 建築環境・設備
  • 内科系臨床医学, 皮膚科学

研究キーワード

  • 小児, 環境, 体組成, 人類学, 生活習慣, 栄養学, 環境適応, 生理学, 肥満, 人類, 呼吸商, 機能馴化, 成長, 疫学研究, 摂取エネルギー制限, 発達, 体脂肪, 発現制御, 社会医学, 多型, 骨量, 健康指導, エネルギー代謝, 血清脂質, 食事制限, ケルセチン, 都市化, サイトカイン, 機能的潜在性, 自律神経機能

論文

  • Association of social support with gratitude and sense of coherence in Japanese young women: a cross-sectional study, Fujitani T, Ohara K, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Okita Y, Furutani M, Nakamura H, Psychol Res Behav Manag, 10, 195, 200,   2017年06月, 査読有り
  • Increased ratio of trunk-to-appendicular fat and decreased adiponectin: a population-based study of school children in Hamamatsu, Japan, Kouda K, Nakamura H, Ohara K, Fujita Y, Iki M, J Clin Densitom, 20, 1, 66, 72,   2017年03月, 査読有り
  • Relative importance of central and peripheral adiposities on cardiometabolic variables in females: A Japanese population-based study, Kouda K, Dongmei N, Tamaki J, Iki M, Tachiki T, Kajita E, Nakatani Y, Uenishi K, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, J Clin Densitom, 20, 1, 58, 65,   2017年03月, 査読有り
  • Predicting bone mineral acquisition during puberty: data from a 3-year follow-up study in Hamamatsu, Japan, Kouda K, Ohara K, Nakamura H, Fujita Y, Iki M, J Bone Miner Metab, 35, 2, 185, 191,   2017年03月, 査読有り
  • Incident fracture associated with increased risk of mortality even after adjusting for frailty status in elderly Japanese men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study, Osteoporos Int, 28, 3, 871, 880,   2017年03月, 査読有り
  • Worldwide trends in blood pressure from 1975 to 2015: a pooled analysis of 1,479 population-based measurement studies with 19.1 million participants, NCD Risk Factor Collaboration (NCD-RisC) (Kouda K as a collaborator), Lancet, 389, 10064, 37, 55,   2017年01月, 査読有り
  • Effects of inhalation of emissions from cedar timber on psychological and physiological factors in an indoor environment, Azuma K, Kouda K, Nakamura M, Fujita S, Tsujino Y, Uebori M, Inoue S, Kawai S, Environments, 3, 4, 37,   2016年12月, 査読有り
  • Relationship among eating behavior, effortful control, and personality traits in Japanese students: cross-sectional study, Momoi K, Ohara K, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Fujitani T, Okita Y, Murayama R, Nakamura , Br J Med Med Res, 18, 8, 1, 9,   2016年11月, 査読有り
  • Trunk-to-peripheral fat ratio predicts subsequent blood pressure levels in pubertal children with a relatively low body fat: A three-year follow-up study, Kouda K, Ohara K, Fujita Y, Nakamura H, Iki M, Circ J, 80, 8, 1838, 1845,   2016年07月, 査読有り
  • A century of trends in adult human height, NCD Risk Factor Collaboration (NCD-RisC) (Kouda K as a collaborator for country and regional data), Elife,   2016年07月, 査読有り
  • Inverse association between height increase and LDL cholesterol during puberty: A 3-year follow-up study of the Fukuroi City, Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Iki M, Am J Hum Biol, 28, 3, 330, 334,   2016年05月, 査読有り
  • The weight of the world – trends in adult body mass index in 200 countries since 1975: pooled analysis of 1,698 population-based measurement studies with 19.2 million participants, NCD Risk Factor Collaboration (NCD-RisC) (Kouda K as a collaborator for country and regional data), Lancet, 387, 1377, 1396,   2016年04月, 査読有り
  • Comparison between fast Fourier transform and autoregressive model on analysis of autonomic nervous function after food intake in women, Ohara K, Okita Y, Kouda K, Nakamura H, Health, 8, 567, 574,   2016年04月, 査読有り
  • Cardiovascular response to short-term fasting in menstrual phases in young women: an observational study, Ohara K, Okita Y, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Nakamura H, BMC Womens Health, 15, 1, 67,   2015年08月, 査読有り
  • Influences of peers’ and family members’ body shapes on perception of body image and desire for thinness in Japanese female students, Mase T, Ohara K, Miyawaki C, Kouda K, Nakamura H, Int J Womens Health, 7, 625, 633,   2015年06月, 査読有り
  • Trabecular Bone Score may improve FRAX® prediction accuracy for major osteoporotic fractures in elderly Japanese men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study, Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Sato Y, Moon JS, Winzenrieth R, Okamoto N, Kurumatani N, Osteoporos Int, 26, 6, 1841, 1848,   2015年06月, 査読有り
  • Greater milk intake is associated with lower bone turnover, higher bone density, and higher bone microarchitecture index in a population of elderly Japanese men with relatively low dietary calcium intake: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Stu, Osteoporos Int, 26, 5, 1585, 1594,   2015年05月, 査読有り
  • HDL subclasses are heterogeneous in their associations with body fat, as measured by dual-energy X-ray absorptiometry: the Kitakata Kids Health Study, Kouda K, Nakamura H, Fujita Y, Hamada M, Kajita E, Nakatani Y, Sato Y, Uenishi K, Iki M, Clin Chim Acta, 444, 101, 105,   2015年04月, 査読有り
  • Fat mass is positively associated with bone mass in relatively thin adolescents: data from the Kitakata Kids Health Study, Kouda K, Fujita Y, Sato Y, Ohara K, Nakamura H, Uenishi K, Iki M, Bone, 64, 298, 302,   2014年07月, 査読有り
  • Eating behavior and perception of body shape in Japanese university students, Ohara K, Kato K, Mase T, Kouda K, Miyawaki C, Fujita Y, Okita Y, Nakamura H, Eat Weight Disord, 19, 461, 468,   2014年05月, 査読有り
  • Growth-related disappearance of the childhood relationship between height and blood pressure levels, Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Nishio N, Takeuchi H, Iki M, Annals of Human Biology, 41, 1, 91, 93,   2014年01月, 査読有り
  • Vitamin D status and body fat measured by dual-energy X-ray absorptiometry in a general population of Japanese children., Kouda K, Fujita Y,Iki M,Nakamura H,Ohara K, Nutrition, 29, 10, 1204, 1208,   2013年10月
  • Renal function and bone mineral density in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study., Fujita Y,Iki M, Kouda K,Yura A , Tamaki J,Kadowaki E,Sato Y, Jong-Seong Moon,Tomioka K, Okamoto N,Kurumatani N, Bone, 56, 1, 61, 66,   2013年09月
  • Growth-related disappearance of the childhood relationship between height and blood pressure levels., 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, Ann Hum biol, 1, 3,   2013年08月
  • Relationship of a desire of thinness and eating behavior among Japanese underweight female students, Mase T, 甲田 勝康, 藤田 裕規, Miyawaki C Ohara K Nakamura H, Eat Weight Disord, 18, 2, 125, 132,   2013年06月
  • Association of Rapid Weight Gain During Early Childhood With Cardiovascular Risk Factors in Japanese Adolescents, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H, Japanese Adolescents, 23, 2, 103, 108,   2013年03月
  • Increased ratio of trunk to appendicular fat and increased blood pressure: study of a general population of Hamamatsu children, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K, Circ J, 76, 12, 2848, 2854,   2012年12月
  • 農山村地域と都市近郊住民の食事摂取状況の検討, 西尾 信宏, 竹下 達也, 中村 晴信, 西尾 純子, 甲田 勝康, 日本健康医学会雑誌, 日本健康医学会雑誌, 21, 3, 210, 211,   2012年10月05日
  • B-15 農山村地域と都市近郊住民の食事摂取状況の検討(一般演題,メインテーマ「改めて語る-健康医学の意義と課題」,第22回日本健康医学会総会抄録集), 西尾 信宏, 竹下 達也, 中村 晴信, 西尾 純子, 甲田 勝康, 日本健康医学会雑誌, 日本健康医学会雑誌, 21, 3, 210, 211,   2012年10月05日
  • 中学生におけるゲーム・テレビの使用と, 生活習慣, 精神・身体症状および保護者の把握状況との関連, 中村 晴信, 沖田 善光, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 西尾 信宏, 間瀬 知紀, 宮脇 千恵美, 桑原 恵介, 小原 久未子, 小児保健研究, 小児保健研究, 71, 5, 698, 708,   2012年09月30日, 査読有り
  • Relationship between body mass index at age 3 years and body composition at age 11 years among Japanese children: the Shizuoka population-based study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, J Epidemiol, 22, 5, 411, 416,   2012年09月, 査読有り
  • 女子学生における正常体重肥満と食行動との関連性, 間瀬 知紀, 宮脇 千惠美, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 沖田 善光, 小原 久未子, 見正 富美子, 中村 晴信, 日本公衆衛生雑誌, 日本公衆衛生雑誌, 59, 6, 371, 380,   2012年06月15日
  • Combined influence of media use on subjective health in elementary school children in Japan: a population-based study, Harunobu Nakamura, 甲田 勝康, 藤田 裕規, Kumiko Ohara Tomoki Mase1 Chiemi Miyawaki Tetsuya Ishikawa, Yoshimitsu Okita, BMC Public Health, 12, 432,   2012年06月, 査読有り
  • 小学生におけるゲームの使用とゲームに対する意識との関連, 中村 晴信, 沖田 善光, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 西尾 信宏, 間瀬 知紀, 宮脇 千惠美, 桑原 恵介, 小原 久未子, 小児保健研究, 小児保健研究, 71, 3, 405, 413,   2012年05月31日
  • Heart Beat Drum : 未病診断のための心電図聴覚化(コミュニケーション支援及びヒューマンコミュニケーション一般), 柳田 拓人, 沖田 善光, 中村 晴信, 甲田 勝康, 杉浦 敏文, 三村 秀典, 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎, 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎, 112, 45, 43, 46,   2012年05月15日
    概要:近年,先進国では,生活習慣病に代表される慢性疾患が主要な死亡原因となっており,日常生活における健康状況の簡易モニタリングは,疾病予防と健康促進の有効な手段と成り得る.本研究では,著者らが開発してきた心電図等の自動解析および視覚化ソフトウェアに,解析した指標値の聴覚化機能を新たに追加し,長時間に及ぶデータを解析する際のユーザ・インタフェースのマルチ・モーダル化を図った.
  • Response to "Effects of Vitamin K intake on gamma-carboxylated proteins, bone fractures, and vascular calcifications", 藤田 裕規, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 5, 1639, 1640,   2012年05月
  • Serum undercarboxylated osteocalcin levels are inversely associated with glycemic status and insulin resistance in an elderly Japanese male population: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 2, 761, 770,   2012年02月
  • Association between vitamin K intake from fermented soybeans, natto, and bone mineral density in elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 由良 晶子, J. Tamaki E. Kadowaki, Y. Sato, J.-S. Moon, K. Tomioka N. Okamoto N. Kurumatani, Osteoporos Int, 23, 2, 705, 714,   2012年02月
  • 正常高値血圧者に対する大麦の葉から抽出した青汁摂取による長時間自律神経活動のスペクトル推定の試み (発表研究論文(第18回日本未病システム学会学術総会)), 沖田 善光, 筌口 桃江, 甲田 勝康, 日本未病システム学会雑誌, 日本未病システム学会雑誌, 18, 2, 46, 50,   2012年
  • Effects of modern eating patterns on the cardiac autonomic nervous system in young Japanese males, Keisuke Kuwahara, 甲田 勝康, Harunobu Nakamura, Yoshimitsu Okita, J Physiol Anthropol, 30, 6, 223, 231,   2011年11月
  • C-8 和歌山県農山村地域住民の野菜・果実摂取状況(一般演題,第21回日本健康医学会総会抄録集), 西尾 信宏, 竹下 達也, 甲田 勝康, 中村 晴信, 日本健康医学会雑誌, 日本健康医学会雑誌, 20, 3, 202, 203,   2011年10月05日
  • Autopsy cases of lung cancer and liver cancer among Japanese dentists--a review of the annual of the pathological autopsy cases in Japan, Nobuhiro NISHIO, 甲田 勝康, Tatsuya TAKESHITA, Hideo TANAKA, Junko NISHIO, Ind Health, 49, 5, 663, 671,   2011年09月
  • Effect of recovery from obesity on cardiovascular risk factors among Japanese schoolchildren: the Iwata population-based follow-up study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H, Takeuchi H, J Epidemiol, 21, 5, 370, 375,   2011年09月
  • Trends of allergic symptoms in school children: Large-scale long-term consecutive cross-sectional studies in Osaka Prefecture, Japan, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Shimizu T, Pediatr Allergy Immunol, 22, 6, 631, 637,   2011年09月
  • 女子大学生における運動習慣の有無と運動への意識、および過去の運動習慣との関連性, 宮脇 千惠美, 間瀬 知紀, 甲田 勝康, 医学と生物学, 医学と生物学, 155, 8, 469, 476,   2011年08月
  • Alcohol intake and bone status in elderly Japanese men: baseline data from the Fujiwara-kyo osteoporosis risk in men (FORMEN) study, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 由良 晶子, Junko Tamaki Eiko Kadowaki, Yuho Sato, Jong-Seong Moon, Masayuki Morikawa, Kimiko Tomioka Nozomi Okamoto Norio Kurumatani, Bone, 49, 2, 275, 280,   2011年08月
  • Intermittent fasting ameliorates delayed-type hypersensitivity in NC/Nga mice, Hirao Kohno, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Hiroyasu Ishihara Yutaka Sasaki Yoshiaki Sonoda, Nobuhiro Nishio, Harunobu Nakamura, Food and Nutrition Sciences, 2, 4, 287, 293,   2011年06月
  • Cut-off values of body mass index, waist circumference, and waist-to-height ratio to identify excess abdominal fat: population-based screening of Japanese school children, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H, J Epidemiol, 21, 3, 191, 196,   2011年05月
  • Impact of smoking on bone mineral density and bone metabolism in elderly men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, Tamaki J, Iki M, Fujita Y, Kouda K, Yura A, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Osteoporos Int, 22, 1, 133, 141,   2011年04月, 査読有り
  • Height-specific serum cholesterol levels in pubertal children: data from population-based Japanese school screening, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, J Epidemiol, 21, 2, 102, 107,   2011年03月
  • Impact of smoking on bone mineral density and bone Risk in Men (FORMEN) study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇 英子, 佐藤 裕保, 文 鐘聲, 冨岡 公子 岡本 希 車谷 典男, Osteoporos Int, 22, 133, 141,   2011年
  • B-9 歯科医師の肺がんと肝がん : 剖検例の検討(一般演題,第20回日本健康医学会総会抄録集), 西尾 信宏, 竹下 達也, 甲田 勝康, 中村 晴信, 日本健康医学会雑誌, 日本健康医学会雑誌, 19, 3, 138, 139,   2010年10月05日
  • Relationship between height and blood pressure in Japanese schoolchildren, Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Nishio N, Takeuchi H, Iki M, Pediatr Int, 52, 5, 689, 693,   2010年10月, 査読有り
  • Beneficial effects of mild stress (hormetic effects): dietary restriction and health, 甲田 勝康, 伊木 雅之, J Physiol Anthropol, 29, 4, 127, 132,   2010年10月
  • Beneficial effects of mild stress (hormetic effects): dietary restriction and health, 甲田勝康, J Physiol Anthropol, 29, 4, 127, 132,   2010年08月, 査読有り
  • Trends in body mass index, blood pressure, and serum lipids in Japanese children: Iwata population-based annual screening (1993-2008), 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, Hiroichi Takeuchi, J Epidemiol, 20, 3, 212, 218,   2010年05月, 査読有り
  • 温冷交互浴に対する血行動態反応の影響, 中村 晴信, 沖田 善光, 甲田 勝康, 医学と生物学, 医学と生物学, 154, 2, 77, 85,   2010年02月, 査読有り
  • Design and baseline characteristics of a prospective cohort study for determinants of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, Junko Tamaki Eiko Kadowaki , Yuho Sato, Jong-Seong Moon, Nozomi Okamoto Norio Kurumatani, BMC Musculoskelet Disord, 10, 165,   2009年12月, 査読有り
  • B-1 歯科技工士会会員の喫煙を含む生活習慣と健康(一般演題,第19回日本健康医学会総会抄録集), 西尾 信宏, 竹下 達也, 甲田 勝康, 中村 晴信, 日本健康医学会雑誌, 日本健康医学会雑誌, 18, 3, 108, 109,   2009年10月08日
  • 大学生の食物選択要因と食生活の関連-一人暮らしの大学生を対象とした食教育の必要性の検討-, 中村晴信, 甲田 勝康, 石川哲也 桑原恵介, 島井哲志, 学校保健研究, 51, 3, 172, 182,   2009年08月, 査読有り
  • Smoking Prevalence among Dentists in Hyogo,Japan 2003, Nobuhiro NISHIO, 甲田 勝康, Tatsuya TAKESHITA, Junko NISHIO, Harunobu NAKAMURA, Yoshiaki SONODA, Industrial Health, 47, 4, 431, 435,   2009年08月, 査読有り
  • 小学生における保健室への来室の有無と疲労との関連, 中村 晴信, 甲田 勝康, 石川 哲也, 西尾 信宏, 桑原 恵介, 小児保健研究, 小児保健研究, 68, 4, 476, 481,   2009年07月31日, 査読有り
  • 基礎医学から 適度の栄養ストレスによる寿命延長と疾病抑制効果, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 日本医事新報, 日本医事新報, 4440, 37, 40,   2009年05月30日
  • 適度の栄養ストレスによる寿命延長と疾病抑制効果, 甲田勝康,伊木雅之, 日本医事新報, 4440, 37, 40,   2009年05月, 査読有り
  • Effects of Vegetable Containing Gamma-Aminobutyric Acid on the Cardiac Autonomic Nervous System in Healthy Young People, Yoshimitsu Okita, 甲田 勝康, Isao Takahashi, Harunobu Nakamura, Terumi Takaoka, Motohiko Kimura, Toshifumi Sugiura, J Physiol Anthropol, 28, 3, 101, 107,   2009年05月, 査読有り
  • Technetium-99m-GSA clearance in mice under long-term dietary restriction, 甲田 勝康, 伊木 雅之, H. Kohno ・ Y. Sonoda, H. Nakamura, S.K. Ha-Kawa, Ann Nucl Med, 23, 2, 123, 129,   2009年02月
  • 絶食と食餌制限--基礎研究と臨床研究, 甲田 勝康, 中村 晴信, 伊木 雅之, 脂質栄養学, 脂質栄養学, 18, 1, 71, 79,   2009年05月, 査読有り
  • 保健室に来室した小学生児童が訴える疲労に対する保健指導の試み, 中村 晴信, 甲田 勝康, 石川 哲也, 日本未病システム学会雑誌, 日本未病システム学会雑誌, 15, 1, 24, 27,   2009年07月, 査読有り
  • Taste Development from Health Education among Schoolchildren:A Two-Year Intervention Study, Takako Yoshida, 甲田 勝康, Harunobu Nakamura, Nobuhiro Nishio, J Physiol Anthropol, 27, 1, 1, 5,   2008年01月
  • Detection of estrogenic activity in herbal teas by in vitro reporter assays, H. Kohno, 甲田 勝康, R. Tokunaga Y. Sonoda, Eur Food Res Technol, 225, 913, 920,   2007年09月
  • 女子大学生のダイエット行動とその身体的影響, 小楠 和典, 中村 晴信, 甲田 勝康, 浜松大学研究論集, 浜松大学研究論集, 17, 2, 371, 375,   2004年12月
  • Dietary restriction: effects of short-term fasting on protein uptake and cell death/proliferation in the rat liver., Kouda K, Nakamura H, Kohno H, Ha-Kawa SK, Tokunaga R, Sawada S, Mechanisms of ageing and development, 125, 5, 375, 380,   2004年05月, 査読有り
  • Trends in levels of cholesterol in Japanese children from 1993 through 2001., Kouda K, Nakamura H, Tokunaga R, Takeuchi H, Journal of epidemiology, 14, 3, 78, 82,   2004年05月, 査読有り
  • Suppressive effects on delayed type hypersensitivity by fasting and dietary restriction in ICR mice., Nakamura H, Kouda K, Tokunaga R, Takeuchi H, Toxicology letters, 146, 3, 259, 267,   2004年02月, 査読有り
  • Calorie restricted diet and urinary pentosidine in patients with rheumatoid arthritis., Iwashige K, Kouda K, Kouda M, Horiuchi K, Takahashi M, Nagano A, Tanaka T, Takeuchi H, Journal of physiological anthropology and applied human science, 23, 1, 19, 24,   2004年01月, 査読有り
  • Negative relationships between growth in height and levels of cholesterol in puberty: a 3-year follow-up study., Kouda K, Nakamura H, Fan W, Takeuchi H, International journal of epidemiology, 32, 6, 1105, 1110,   2003年12月, 査読有り
  • An adult with atopic dermatitis and repeated short-term fasting., Nakamura H, Shimoji K, Kouda K, Tokunaga R, Takeuchi H, Journal of physiological anthropology and applied human science, 22, 5, 237, 240,   2003年09月, 査読有り
  • Natural medicine, traditional medicine and school health, Takeuchi H, Kouda K, Nakamura H, Japanese Journal of School Health, 44, 122, 123,   2003年03月
  • Cardiovascular risk factors in a tourist town: association with job-related factors., Nakamura H, Kouda K, Fan W, Takeuchi H, Journal of physiological anthropology and applied human science, 21, 5, 223, 227,   2002年09月, 査読有り
  • Nursing, yogo, and school diagnosis, Takeuchi H, Kouda K, Nakamura H, Japanese Journal of School Health, 43, 6, 7,   2002年03月, 査読有り
  • Effects of dietary restriction on spontaneous dermatitis in NC/Nga mice, Fan W, Kouda K, Nakamura H, Takeuchi H, Exp Biol Med, 226, 11, 1045, 1050,   2001年12月, 査読有り
  • Vegetarian diet ameliorates symptoms of atopic dermatitis through reduction of the number of peripheral eosinophils and of PGE2 synthesis by monocytes, Tanaka T, Kouda K, Kotani M, Takeuchi A, Tabei T, Masamoto Y, Nakamura H, Takigawa M, Suemura M, Takeuchi H, Kouda M, J Physiol Anthropol Appl Human Sci, 20, 6, 353, 361,   2001年11月, 査読有り
  • Discriplinary approach and protective approach in school health (report No.1), Takeuchi H, Kouda K, Nakamura H, Japanese Journal of School Health, 42, 8, 10,   2001年07月, 査読有り
  • 児童の遊びの実態,及び性,環境,体格との関連, 中村 晴信, 范 文英, 瀬古 竹子, 甲田 勝康, 竹内 宏一, 学校保健研究, 43, 2, 116, 124,   2001年06月
  • 思春期における身長増加と総コレステロールの推移:3年間の継続的研究, 甲田 勝康, 范 文英, 中村 晴信, 中村 留美子, 竹内 宏一, 学校保健研究, 43, 2, 109, 115,   2001年06月
  • The relationship of oxidative DNA damage marker 8-hydroxydeoxyguanosine and glycoxidative damage marker pentosidine, Kouda K, Nakamura H, Fan W, Horiuchi K, Takeuchi H, Clin Biochem, 34, 3, 247, 250,   2001年05月, 査読有り
  • Suppressive effects on allergic contact dermatitis by short-term fasting, Nakamura H, Kouda K, Fan W, Watanabe T, Takeuchi H, Toxicol Pathol, 29, 2, 200, 207,   2001年04月, 査読有り
  • Reduced oxidative DNA damage by vegetable juice intake: a controlled trial, Fan WY, Ogusu K, Kouda K, Nakamura H, Satoh T, Ochi H, Takeuchi H, J Physiol Anthropol, 19, 6, 287, 289,   2000年11月, 査読有り
  • Low-energy diet in atopic dermatitis patients: clinical findings and DNA damage, Kouda K, Tanaka T, Kouda M, Takeuchi H, Takeuchi A, Nakamura H, Takigawa M, J Physiol Anthropol, 19, 5, 225, 228,   2000年09月, 査読有り
  • 幼児における実践体験型食教育の試行 味覚識別能,食習慣との関連性, 吉田 隆子, 甲田 勝康, 中村 晴信, 竹内 宏一, 小児保健研究, 59, 1, 65, 71,   2000年01月
  • 幼児期の生活習慣の変化についての縦断的研究, 中村 晴信, 甲田 勝康, 中村 留美子, 戸川 可奈子, 金森 雅夫, 竹内 宏一, 小児保健研究, 58, 6, 690, 695,   1999年11月
  • 慢性関節リウマチにおける腸内細菌感作の実験・臨床的研究 とくに腸内細菌叢の変動と断食療法の影響について, 青木 重久, 三井 忠夫, 吉川 和宏, 甲田 勝康, 岩重 健一, 竹内 宏一, 中部リウマチ, 30, 1, 40, 41,   1999年02月
  • 総コレステロールが高値を示す小学5年生の生活及び食習慣 肥満児との比較, 甲田 勝康, 中村 晴信, 宮原 時彦, 中村 留美子, 戸川 可奈子, 岩重 健一, 金森 雅夫, 竹内 宏一, 小児保健研究, 57, 6, 785, 790,   1998年11月
  • 同一質問に対する児童本人と保護者の回答の相違-生活習慣と自覚症状-, 中村留美子,戸川可奈子,甲田勝康,中村晴信,金森雅夫・竹内宏一, 東海学校保健, 22, 1, 7, 11,   1998年09月, 査読有り
  • 3歳児の気管支喘息と食事及び生活状況, 中村 晴信, 甲田 勝康, 宮原 時彦, 岩重 健一, 金森 雅夫, 竹内 宏一, 小児保健研究, 57, 5, 710, 715,   1998年09月
  • ncreased technetium-99m-GSA uptake per hepatocyte in rats with administration of dimethylnitrosamine or hepatocyte growth factor, Kouda K, Ha-Kawa SK, Tanaka Y, J Nucl Med, 39, 8, 1463, 1467,   1998年08月, 査読有り
  • 学校での指導実践を市民運動まで展開させた事例-しぼりタオル健康法を基盤として-, 瀬古竹子,甲田勝康,竹内宏一, 東海学校保健, 22, 1, 17, 19,   1998年08月, 査読有り
  • アシアロ糖蛋白受容体活性と肝細胞増殖因子 TAE後の臨床成績と動物モデルによる検討, 河 相吉, 甲田 勝康, 田中 敬正, 癌と化学療法, 25, 9, 1352, 1354,   1998年07月
  • 8-hydroxydeoxyguanosine in urine as an index of oxidative damage to DNA in the evaluation of atopic dermatitis, Tsuboi H, Kouda K, Takeuchi H, Takigawa M, Masamoto Y, Takeuchi M, Ochi H, Br J Dermatol, 138, 6, 1033, 1035,   1998年06月, 査読有り
  • 学校における生活習慣病予防, 甲田 勝康, 治療, 80, 5, 1784, 1785,   1998年05月
  • Stimulation of asialoglycoprotein uptake by recombinant human hepatocyte growth factor in normal and damaged rat liver, Kouda K, Ha-Kawa SK, Tanaka Y, Scand J Gastroenterol, 32, 12, 1267, 1271,   1997年12月, 査読有り
  • Evaluation of correlation between severity of childhood bronchial asthma and maternal child-rearing attitude by a three month longitudinal study (two case reports), Ogusu K, Miyahara T, Sato T, Kouda K, Takeuchi H, Journal of the Faculty of Administration and Informatics (Tokoha-Gakuen Hamamatsu University), 10, 2, 241, 246,   1997年12月, 査読有り
  • 単身労働者の生活習慣, 戸川 可奈子, 中村 留美子, 甲田 勝康, 労働の科学, 52, 12, 756, 759,   1997年12月
  • アトピー性皮膚炎に対する寒冷皮膚刺激の効果, 甲田勝康,竹内宏一, 健康な子供, 26, 8, 18, 19,   1997年07月, 査読有り
  • 静岡県西部地域における3歳児のアトピー性皮膚炎の実態(第1報) 食習慣と生活習慣に関する検討, 甲田 勝康, 中村 留美子, 戸川 可奈子, 小児保健研究, 56, 4, 592, 596,   1997年07月
  • 中学生の体格は彼らの腋窩温に影響するのか?, 宮原 時彦, 甲田 勝康, 坪井 宏仁, 日本公衆衛生雑誌, 44, 7, 528, 531,   1997年07月
  • 学齢期における肥満度の推移とアポタンパク質の検討, 大掘兼男,甲田勝康,竹内宏一, 学校保健研究, 39, 1, 14, 20,   1997年04月, 査読有り
  • リザーバー血流改変を99mTc-MMA動注シンチグラフィにより確認しえた肝細胞癌の1例, 河相吉,甲田勝康,魚川享資,永田憲司,田中敬正, 核医学症例検討会症例集, 18, 4, 124, 125,   1997年02月, 査読有り
  • Validation of curve-fitting method for blood retention of 99mTc-GSA: comparison with blood sampling method, Ha-Kawa SK, Suga Y, Kouda K, Ikeda K, Tanaka Y, Ann Nucl Med, 11, 1, 15, 20,   1997年02月, 査読有り
  • 99mTc-GSA肝シンチグラフィの視覚的評価の有用性-繊維化マーカー,アンチピリン試験との対応-, 是枝ちづ,佐藤正博,水野孝子,井上恭一,河相吉,甲田勝康,田中敬正, 薬理と治療, 24, 2177, 2182,   1996年10月, 査読有り
  • 放射線肝細胞障害 アシアロ糖タンパク受容体による評価, 河 相吉, 魚川 享資, 甲田 勝康, 薬理と治療, 24, Suppl.12, s2183, s2185,   1996年10月
  • Evaluation of hepatic function using 99mTc-galactosyl human serum albumin (GSA) scintigraphy: comparison with antipyrine plasma clearance, Kouda K, Ha-Kawa SK, Tanaka Y, Koreeda C, Inoue K, International Hepatology Communications, 5, 230, 235,   1996年09月, 査読有り
  • 学年別にみた中学生における腋窩温の1週間の変化, 宮原時彦,坪井宏仁,甲田勝康,中村留美子,戸川可奈子,竹内宏一, 学校保健研究, 38, 3, 301, 304,   1996年08月, 査読有り
  • 性別にみた中学生における腋窩温の1週間の変化, 宮原時彦,坪井宏仁,甲田勝康,中村留美子,戸川可奈子,竹内宏一, 学校保健研究, 38, 3, 296, 300,   1996年08月, 査読有り
  • 皮脂厚法による身体組成評価-運動習慣が大学生の身体組成に及ぼす影響-, 小楠和典,臼井直樹,甲田勝康,竹内宏一, 経営情報学部論集(常葉学園浜松大学), 9, 1, 181, 184,   1996年03月, 査読有り
  • 肥満中学生の体脂肪率測定 皮下脂肪厚法,インピーダンス法,近赤外線法の比較, 甲田 勝康, 小楠 和典, 竹内 宏一, 教育医学, 41, 3, 282, 286,   1996年03月
  • 原発性胆汁性肝硬変黄疸例における99mTc-GSA, 河相吉,甲田勝康,田中敬正,東野裕子,中川泰一,是枝ちづ, 核医学症例検討会症例集, 17, 4, 111, 112,   1996年02月, 査読有り
  • 99mTc-galactosyl-human serum albuminシンチによる肝機能評価 antipyrine plasma clearanceとの対比, 甲田 勝康, 河 相吉, 田中 敬正, 肝臓, 37, 2, 115, 116,   1996年02月
  • 99mTc-GSA肝シンチグラフィの視覚的評価 読影者間変動,読影者内変動の検討, 河 相吉, 甲田 勝康, 西田 卓郎, 核医学, 33, 1, 1, 7,   1996年01月
  • HGFの作用発現指標としての99mTc-GSA血中消失率, 河 相吉, 甲田 勝康, 田中 敬正, 薬理と治療, 24, Suppl.1, 149, 152,   1996年01月
  • 99mTc-GSA SPECTによる肝切除後肝再生の形態と機能評価, 河 相吉, 那須 玲子, 甲田 勝康, 映像情報Medical, 27, 14, 803, 807,   1995年07月
  • 曲線回帰法による99mTc-galactosyl Serum Albuminの血中停滞率測定と肝機能評価, 河 相吉, 山野 玲子, 甲田 勝康, 薬理と治療, 23, Suppl.3, 645, 650,   1995年01月
  • 肝切除前後におけるアシアロ糖蛋白受容体の臨床的検討, 山野 玲子, 河 相吉, 甲田 勝康, 薬理と治療, 23, Suppl.3, 741, 745,   1995年01月
  • 99mTc-Galactosyl Serum Albuminの肝葉別摂取率測定による肝動脈塞栓術後の肝機能変動, 甲田 勝康, 河 相吉, 山野 玲子, 日本医学放射線学会雑誌, 54, 14, 1427, 1429,   1994年12月
  • 学齢期における成人病予防の基礎的検討(第4報)食生活と血清脂質との関係, 丸山規雄,甲田勝康,田中論,吉田隆子,竹内宏一, 学校保健研究, 36, 7, 464, 469,   1994年10月, 査読有り
  • 学齢期における成人病予防の基礎的検討(第3報)主に自覚症状と肥満,血清脂質との関係, 丸山規雄,甲田勝康,田中論,竹内宏一, 学校保健研究, 36, 5, 310, 315,   1994年06月, 査読有り
  • アシアロシンチとICGが乖離を示した肝硬変併存肝細胞癌の一例, 河相吉,甲田勝康,山野玲子,池田耕士,菅豊,田中敬正,是枝ちづ,箕浦俊之, 核医学症例検討会症例集, 16, 2, 61, 62,   1994年05月, 査読有り
  • 99mTc-GSAにて肝機能変動をみたインターフェロン療法の二例, 河相吉,甲田勝康,菅豊,田中敬正,白石友邦,島田智好,中村陽,津田信幸, 核医学症例検討会症例集, 16, 123, 124,   1994年, 査読有り
  • 高速SE(Turbo SE)法のコントラスト 肝臓のT2強調画像(0.5T), 甲田 勝康, 岡 淳寿, 小林 聡, INNERVISION, 8, 8, 67, 70,   1993年08月
  • 学齢期における成人病予防の基礎的検討(第2報)文部省スポーツテスト成績と肥満,血清脂質との関係, 丸山 規雄, 大堀 兼男, 甲田 勝康, 学校保健研究, 35, 7, 352, 360,   1993年07月
  • Congenital Mesoblastic Nephromaの成人例, 甲田 勝康, 宇田 光伸, 寒川 光治, 画像診断, 12, 11, 1357, 1360,   1992年11月
  • TAEにて救命しえた十二指腸憩室からの大量出血の1例, 西田 卓郎, 甲田 勝康, 小林 聡, 臨床放射線, 37, 5, 597, 600,   1992年05月

書籍等出版物

  • 看護学生のための疫学・保健統計, 甲田勝康, 共著, 第6章 疾病登録、第9章 人口統計, 建帛社,   2016年04月
  • 生理人類士入門 第8版, 甲田勝康, 共著, 第2章 生理人類学のキーワード 2.3 進化と適応, 国際文献印刷,   2012年09月
  • 生理人類士入門 第7版, 甲田勝康, 共著, 第2章 生理人類学のキーワード 2.3 進化と適応, 国際文献印刷,   2010年10月
  • からだの百科事典, 生活がもたらす疾病 胃がんと環境, 甲田 勝康, 共著, 丸善株式会社,   2009年09月
  • からだの百科事典, 自己と非自己の仲介 胎盤, 甲田 勝康, 共著,   2009年09月
  • からだの百科事典, 栄養不良を伴わない食の制限 抗老化疾病作用の理由, 甲田 勝康, 共著, 丸善株式会社,   2009年09月
  • からだの百科事典, 再生力 肝臓の潜在機能, 甲田 勝康, 共著, 丸善株式会社,   2009年09月
  • からだの百科事典, 花粉症の増加 アレルギーと衛生仮説, 甲田 勝康, 共著, 丸善株式会社,   2009年09月
  • 医療従事者のための補完・代替医療 改訂2版, 各論9 絶食療法, 甲田 勝康, 共著, 金芳堂,   2009年05月

講演・口頭発表等

  • Association among anthropometry, body composition, and eating behavior in Japanese school children, Nakamura H, Ohara K, Kouda K, Fujita Y, Mase T, Momoi K, Miyawaki C, Fujitani T, Okita Y, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Association between eating behavior and perceived stress in Japanese university students, Ohara K, Mase T, Kouda K, Miyawaki C, Fujita Y, Momoi K, Fujitani T, Okita Y, Nakamura H, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Association of gratitude and sense of coherence in Japanese female students, Fujitani T, Ohara K, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Fujita Y, Okita Y, Nakamura H, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Larger leg fat mass predicts lower blood pressure in relatively underweight girls: a three-year follow-up study in Hamamatsu, Kouda K, Ohara K, Nakamura H, Fujita Y, Iki M, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Pre-pregnancy maternal weight predicts body fat mass of offspring in Japanese children, Fujita Y, Kouda K, Ohara K, Nakamura H, Iki M, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Daily physical activity is associated with smaller decrease in bone mineral density: evaluation using an objective activity measurement with a triaxial accelerometer in Japanese women, Tachiki T, Iki M, Tamaki J, Kitagawa J, Kouda K, Sato Y, Kajita E, Kagamimori S, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Association between brachial-ankle pulse wave velocity and osteoporotic fracture risks in Japanese women over 10 years: the Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, Tamaki J, Iki M, Kajita E, Komatsu M, Kouda K, Sato Y, Jaalkhorol M, Ikehara S, Nitta A, Usuda K, Kagamimori S, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Relationship between natto intake and the risk of osteoporotic fracture in postmenopausal women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort study, Kojima A, Kamiya K, Kajita E, Sato Y, Ikehara S, Kouda K, Tamaki J, Iki M, Kagamimori S, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Hand-grip strength as a predictor of site-specific osteoporotic fracture risk in postmenopausal women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, Kamiya K, Kajita E, Tachiki T, Kouda K, Sato Y, Ikehara S, Tamaki J, Iki M, Kagamimori S, IEA 2017 World Congress of Epidemiology,   2017年08月19日
  • Relative impact of muscle strength and muscle mass on bone mineral density in Japanese adolescents: data from the Kitakata Kids Health Study, Kouda K, Fujita Y, Tachiki T, Yura A, Sato Y, Myadagmaa J, Dongmei N, Ohara K, Nakamura H, Iki M, 8th ICCBH,   2017年06月10日
  • Does DXA-image based hip geometry improve hip fracture, Iki M, DongMei N, Tamaki J, Sato Y, Tachiki T, Kouda K, E. Kajita E, Kagamimori S, ECTS2017,   2017年05月13日
  • 日本人高齢男性において高血糖は低骨密度と独立して骨折リスク上昇に関連した, 伊木雅之,藤田裕規,甲田勝康,由良晶子,立木隆広,佐藤裕保,玉置淳子,梶田悦子,岡本希,車谷典男, 第87回日本衛生学会学術総会,   2017年03月26日
  • 比較的痩せた女子児童において体幹下肢脂肪比は3年後のHbA1cを予測するのか?, 甲田勝康,濱田昌実,藤田裕規,中村晴信,Jaalkhorol Myadamaa,立木隆広,由良晶子,上西一弘,梶田悦子,伊木雅之, 第87回日本衛生学会学術総会,   2017年03月26日
  • 生活習慣と体組成との関連:小学生を対象として横断調査より, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千惠美,桃井克将,藤谷倫子,古谷真樹, 一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会,   2016年11月19日
  • 女子学生における成長期の運動経験と獲得筋量との関連―市販体組成計を用いた分析から―, 間瀬知紀,宮脇千惠美,小原久未子,甲田勝康,桃井克将,藤谷倫子,中村晴信, 一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会,   2016年11月19日
  • 食行動とパーソナリティ、実行注意との関連―大学生における調査より―, 桃井克将,小原久未子,藤谷倫子,甲田勝康,間瀬知紀,宮脇千惠美,古谷真樹,中村晴信, 一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会,   2016年11月19日
  • 女子大学生における感謝・自己実現態度・Sense of Coherenceの関係性について, 藤谷倫子,小原久未子,桃井克将,甲田勝康. 間瀬知紀,宮脇千惠美,古谷真樹,中村晴信, 一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会,   2016年11月19日
  • ストレスと食行動―大学生における調査から―, 小原久未子,間瀬知紀,宮脇千惠美,甲田勝康,桃井克将,藤谷倫子,古谷真樹,中村晴信, 一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会,   2016年11月19日
  • 低骨密度は上腕-足首脈波伝搬速度を速めるか-JPOSコホート研究による縦断的検討, 玉置淳子,小松美砂,梶田悦子,新井清美,Dongmei Namiraa,佐藤裕保,甲田勝康,立木隆広,新田明美,池原賢代,臼田 寛,伊木雅之,鏡森定信,香川芳子,米島秀夫, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 小学生5年生における体組成と生活習慣の関連, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千惠美,桃井克将,藤谷倫子,村山留美子, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 大学生における食行動とエフォートフルコントロールの関連, 桃井克将,小原久未子,藤谷倫子,甲田勝康,宮脇千惠美,村山留美子,中村晴信, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 女子大学生における感謝・SOC・well-beingの関係性, 藤谷倫子,小原久未子,桃井克将,甲田勝康,間瀬知紀,宮脇千惠美,村山留美子,中村晴信, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 若年女性における過去の運動習慣と獲得筋量との関連-運動種目の特性による検討-, 間瀬知紀,宮脇千惠美,小原久未子,甲田勝康,桃井克将,藤谷倫子,中村晴信, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 大学生における食行動・食態度とストレスとの関連について, 小原久未子,間瀬知紀,宮脇千惠美,甲田勝康,藤田裕規,桃井克将,藤谷倫子,村山留美子,中村晴信, 第75回日本公衆衛生学会総会,   2016年10月26日
  • 成長期における体組成と日常生活行動との関連, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,桃井克将,間瀬知紀,宮脇千惠美,藤谷倫子,沖田善光, 日本生理人類学会第74回大会,   2016年10月22日
  • 成長期における食行動・食態度と体組成との関連, 小原久未子,甲田勝康,間瀬知紀,宮脇千惠美,藤田裕規,桃井克将,藤谷倫子,沖田善光,中村晴信, 日本生理人類学会第74回大会,   2016年10月22日
  • 若年女性の食行動と認知機能の関連, 桃井克将,小原久未子,甲田勝康,間瀬知紀,宮脇千惠美,藤谷倫子,沖田善光,中村晴信, 日本生理人類学会第74回大会,   2016年10月22日
  • Eating behaviour and body composition in Japanese school children, Nakamura H, Ohara K, Kouda K, Fujita Y, Momoi K, Fujitani T, Miyawaki C, Mase T, 20th Congress of the European Anthropological Association,   2016年08月24日
  • 上腕-足首脈波伝播速度値は脆弱性骨折リスクと関連する- the Japanese Population-Based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置淳子,伊木雅之,梶田悦子,小松美砂,立木隆広,新田明美,甲田勝康,臼田 寛,由良晶子,佐藤裕保,濱田昌実,池原賢代,鏡森定信,香川芳子,米島秀夫, 第34回日本骨代謝学会学術集会,   2016年07月20日
  • 天然食品(GABA含有)摂取時の血漿GABA濃度と自律神経活動との時間的関係-3名の症例研究から-, 大橋和義,沖田善光,甲田勝康,高橋勲,木村元彦,杉浦敏文,中村晴信, 第70回日本栄養・食糧学会大会,   2016年05月25日
  • Fasting plasma glucose and glycated hemoglobin A1c levels were associated positively with bone density and inversely with trabecular bone score in Japanese elderly men. - Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study -, Iki M, Fujita Y, Kouda K, Yura A, Sato Y, Moon JS, Tamaki J, Winzenrieth R, Okamoto N, Kurumatani N, WCO-IOF-ESCE 2016,   2016年04月14日
  • 地域在住日本人女性における頸動脈内膜中膜複合体厚(IMT)肥厚とアルブミン尿は関連する, 濵田昌実,梶田悦子,立木隆広,臼田寛,新田明美,新井清美,池原賢代,由良晶子,甲田勝康,玉置淳子,伊木雅之, 日本腎臓リハビリテーション学会第6回学術集会,   2016年03月26日
  • 脂肪の分布状態と二次性徴との関連:小学生における二重エネルギーX線吸収法による検討 , 甲田勝康,中村晴信,小原久未子,藤田裕規,伊木雅之, 第26回日本疫学会学術総会,   2016年01月21日
  • 成長期における骨・筋肉量と生活習慣との関連, 中村晴信,小原久美子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千惠美,桃井克将,古谷真樹, 第62回日本学校保健学会学術大会,   2015年11月27日
  • 体組成と食行動との関連について:小・中学生における横断調査より, 小原久未子,甲田勝康,間瀬知紀,藤田裕規,宮脇千惠美,桃井克将,古谷真樹,中村晴信, 第62回日本学校保健学会学術大会,   2015年11月27日
  • 大学生における認知機能と食行動の関連, 桃井克将,小原久美子,甲田勝康,間瀬知紀,宮脇千惠美,中村晴信, 第62回日本学校保健学会学術大会,   2015年11月27日
  • 女子学生における獲得筋量と骨量および体力との関連-市販体組成計を用いた分析から-, 間瀬知紀,宮脇千惠美,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,中村晴信, 第62回日本学校保健学会学術大会,   2015年11月27日
  • 小・中学生における食行動・食態度と体組成との関連について, 小原久未子,甲田勝康,間瀬知紀,藤田裕規,宮脇千恵美,桃井克将,村山留美子,中村晴信, 第74回日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • 中学生における体組成と生活習慣やダイエット経験との関連, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千恵美,桃井克将,村山留美子, 第74回日本公衆衛生学会総会,   2015年11月04日
  • Life Styles and Body Composition in Elementary School Children in Japan, Nakamura H, Ohara K, Kouda K, Fujita Y, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Okita Y, Furutani M, The 12th International Congress of Physiological Anthropology,   2015年10月27日
  • Anti-stress Effects of Short-term Fasting in Japanese Female Students, Ohara K, Okita Y, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Murayama R, Nakamura H, The 12th International Congress of Physiological Anthropology,   2015年10月27日
  • The Association between Cognitive Function and Eating Behaviour in University Students, Momoi K, Ohara K, Okita Y, Kouda K, Mase T, Miyawaki C, Nakamura H, The 12th International Congress of Physiological Anthropology,   2015年10月27日
  • 終末糖化産物ペントシジンは日本人高齢男性の骨折予測因子と成り得る-藤原京スタディ男性骨粗鬆症(FORMEN)研究-, 藤田裕規,伊木雅之,玉置淳子,甲田勝康,由良晶子,佐藤裕保,文鐘聲,岡本希,車谷典男, 第17回日本骨粗鬆症学会,   2015年09月17日
  • 日本人高齢男性では空腹時血糖とヘモグロビンA1cの高値は骨密度と正相関し,海綿骨微細構造指標と逆相関した-藤原京スタディ男性骨粗鬆症(FORMEN)研究-, 伊木雅之,藤田裕規,玉置淳子,甲田勝康,由良晶子,佐藤裕保,Renaud Winzenrieth,文鐘聲,岡本希,車谷典男, 第33回日本骨代謝学会学術集会,   2015年07月23日
  • 日本人高齢男性においてTrabecular bone scoreはFRAX®の骨折予測能を改善する, 伊木雅之,藤田裕規,玉置淳子,佐藤裕保,Renaud Winzenrieth,甲田勝康,由良晶子,文鐘聲,梶田悦子,濱田昌実,新井清美,岡本希,車谷典男, 第35回日本骨形態計測学会,   2015年06月04日
  • The relationship between eating behavior and bone mineral content in Japanese children, Ohara K, Kouda K, Fujita Y, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Okita Y, Nakamura H, ECTS-IBMS 2015,   2015年04月25日
  • The association between life styles and bone mineral content in Japanese children, Nakamura H, Ohara K, Kouda K, Fujita Y, Mase T, Miyawaki C, Momoi K, Okita Y, ECTS-IBMS 2015,   2015年04月25日
  • Vitamin D status and bone health: a population-based study of Japanese school children, Kouda K, Nakamura H, Ohara K, Fujita Y, Iki M, ECTS-IBMS 2015,   2015年04月25日
  • Incident clinical fracture was associated with increased risk of death after adjustment for frailty indices in elderly Japanese men: a cohort study, Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Sato Y, Moon JS, Harano A , Hazaki K, Kajita E, Hamada M, Arai K, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, Fujiwara-kyo Study Group, World congress on osteoporosis, osteoarthritis and musculoskeletal disease,   2015年03月26日
  • Incident osteoporotic fracture increases the risk of death independently of frailty indices in elderly Japanese men, Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Kouda K, Yura A, Sato Y, Moon JS, Harano A , Hazaki K, Hamada M, Arai K, Kajita E, Tomioka K, Okamoto N, Kurumatani N, 第25回日本疫学会学術総会,   2015年01月21日
  • 若年成人における食行動と体型の関連について, 小原久未子,間瀬知紀,奥野紗織,甲田勝康,藤田裕規,宮脇千恵美,中村晴信, 第61回一般社団法人日本学校保健学会学術大会,   2014年11月15日
  • 女子学生における筋量獲得の関連要因-食・運動習慣からの検討-, 間瀬知紀,宮脇千恵美,小原久未子,奥野紗織,甲田勝康,藤田裕規,中村晴信, 第61回一般社団法人日本学校保健学会学術大会,   2014年11月15日
  • 大学生の食事状況と社会的スキルとの関係性, 奥野紗織,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千恵美,古谷真樹,中村晴信, 第61回一般社団法人日本学校保健学会学術大会,   2014年11月15日
  • 生活習慣やダイエット経験と体組成との関連-小学生における調査から-, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,西尾信宏,奥野紗織,間瀬知紀,宮脇千恵美,古谷真樹, 第61回一般社団法人日本学校保健学会学術大会,   2014年11月15日
  • 小学生における体組成と生活習慣やダイエット経験との関連, 中村晴信,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,西尾信宏,奥野紗織,間瀬知紀,宮脇千恵美,村山留美子, 第73回日本公衆衛生学会総会,   2014年11月05日
  • 大学生における社会的スキルと食行動の関連について, 奥野紗織,小原久未子,甲田勝康,藤田裕規,間瀬知紀,宮脇千恵美,村山留美子,中村晴信, 第73回日本公衆衛生学会総会,   2014年11月05日
  • 大学生における食行動とボディイメージの関連について, 小原久未子,間瀬知紀,奥野紗織,甲田勝康,藤田裕規,宮脇千恵美,中村晴信, 第73回日本公衆衛生学会総会,   2014年11月05日
  • 等価所得と骨密度との関連―藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究断面検討―, 文鐘聲,伊木雅之,藤田裕規,甲田勝康,由良晶子,玉置淳子,森川将行,佐藤裕保,冨岡公子,岡本希,車谷典男, 第73回日本公衆衛生学会総会,   2014年11月05日
  • 日本人高齢男性において海綿骨微細構造指標Trabecular Bone Score (TBS)はFRAXの骨折リスク評価能を改善する-藤原京男性骨粗鬆症研究FORMEN Cohort Study, 伊木雅之,藤田裕規,玉置淳子,佐藤裕保,Renaud Winzenrieth,甲田勝康,由良晶子,Jong-Seong Moon,岡本希,車谷典男, 第16回日本骨粗鬆学会,   2014年10月23日
  • Trabecular Bone Score Improves Prediction accuracy of FRAXⓇ for Major Osteoporotic Fractures in Elderly Japanese Men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Cohort Study, Iki M, Fujita Y, Tamaki J, Sato Y, Winzenrieth R, Kouda K, Yura A, Moon JS, Okamoto N, Kurumatani N, The American Society for Bone and Mineral Research 2014 Annual Meeting,   2014年09月12日
  • 培地栄養成分の欠乏によるメタロチオネイン遺伝子の発現誘導, 河野比良夫,甲田勝康,佐々木豊,薗田精昭, 第84回日本衛生学会学術総会,   2014年05月25日
  • 地域住民の食事中生活習慣病危険因子・防御因子の摂取状況, 西尾信宏,竹下達也,北野尚美,中村晴信,甲田勝康, 第24回日本疫学会学術総会,   2014年01月23日
  • 身長の変化がLDLコレステロール値へ及ぼす影響:日本人の成長期の一般地域集団の追跡研究, 藤田裕規,甲田勝康,中村晴信,伊木雅之, 第24回日本疫学会学術総会,   2014年01月23日
  • 内臓脂肪量は皮下脂肪量よりも強くHDLコレステロールと関連する:浜松市小学生における疫学研究, 甲田勝康,中村晴信,小原久未子,藤田裕規,伊木雅之, 第24回日本疫学会学術総会,   2014年01月23日
  • 食事中がん危険因子・防御因子の摂取状況―和歌山県農山村地域調査および同県県民調査の検討―, 西尾信宏,竹下達也,中村晴信,西尾純子,甲田勝康, 第23回日本健康医学会総会,   2013年11月09日
  • 食餌制限によるストレス耐性の増強-アミノ酸の影響-, 河野比良夫,甲田勝康,中村晴信,薗田精昭, 日本生理人類学会第69回大会,   2013年10月26日
  • 第二次性徴による脂肪分布形成の性差:二重エネルギーX線吸収法による検討, 藤田裕規,甲田勝康,小原久未子,伊木雅之, 第72回日本公衆衛生学会総会,   2013年10月23日
  • Serum Pentosidine and its Decoy receptor, endogenous secretory receptor for Advanced Glycation End products, Predict Fragility Fractures in Elderly Men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, Tamaki J, Kouda K, Fujita Y, Iki M, Yura A, Kadowaki E, Miura M, Sato Y, Okamoto N, Kurumatani N, ASBMR 2013 Annual Meeting,   2013年10月04日
  • 男性骨粗鬆症コホート研究5年次追跡による脆弱性骨折のリスク要因の検討-FORMEN Study, 玉置淳子,伊木雅之,藤田裕規,甲田勝康,由良晶子,門脇英子,佐藤裕保,文鐘聲,岡本希,車谷典男, 第72回日本公衆衛生学会総会,   2013年10月
  • Body shape and the related factors in Japanese university students, 甲田 勝康, 藤田 裕規, Nakamura H Ohara K Mase T Miyawaki C Kato Y, Okita Y, 20th European Congress on Obesity,   2013年05月, 20th European Congress on Obesity
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with decreased adiponectin concentrations independently of whole body fat in a general population of japanese children, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K, 20th European Congress on Obesity,   2013年05月, 20th European Congress on Obesity
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with low serum HDL cholesterol levels independently of total adiposity in japanese children, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H Ohara K , 20th European Congress on Obesity,   2013年05月, 20th European Congress on Obesity
  • 無血清培養によるメタロチオネイン遺伝子の発現誘導機構, 河野比良夫, 甲田 勝康, 佐々木豊 薗田精昭, 第83回日本衛生学会学術総会,   2013年03月, 第83回日本衛生学会学術総会
  • 体脂肪分布パターンと糖尿病および心血管疾患のリスク要因との関連:二重エネルギーX線吸収法による検討, 冬梅, 甲田 勝康, 玉置 淳子, 伊木 雅之, , 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第23回日本疫学会学術総会,   2013年01月, 第23回日本疫学会学術総会
  • Effect of Japanese Cedar on Psychological and Physiological Factors Influencing Fatigue Recovery in an Indoor Environment, 萬羽 郁子, 東 賢一, 甲田 勝康, Saeko FUJITA, Yoshio TSUJINO Michiko UEBORI, Akitaka KIMURA, Masashi NAKAMURA, Shuichi KAWAI, ISEE、ISES and ISIAQ,   2013年08月20日, ISEE、ISES and ISIAQ
  • 日本人小学生における体脂肪分布パターンと第二次性徴との関連:二重エネルギーX線吸収法による検討, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信 小原久未子, 第23回日本疫学会学術総会,   2012年12月, 第23回日本疫学会学術総会
  • Incident clinical fracture increases the risk of mortality in community-dwelling elderly men: Fujiwara-Kyo Osteoporosis Risk In Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Harano A, Hazaki K, Okamoto N Kurumatani N , International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-3rd Asia-Pacific Osteoporosis Meeting,   2012年12月, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-3rd Asia-Pacific Osteoporosis Meeting
  • 女子学生における肥満意識と食行動との関連, 間瀬知紀, 甲田 勝康, 藤田 裕規, , 宮脇千恵美 小原久未子 石川哲也 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子 中村晴信, 第59回日本学校保健学,   2012年11月, 第59回日本学校保健学
  • 大学生における運動習慣背景要因 -家族友人の存在と運動への意識-, 宮脇千惠美, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 間瀬知紀 小原久未子 加藤佳子 辻本悟史 川畑徹朗 石川哲也 中村晴信, 第59回日本学校保健学会,   2012年11月, 第59回日本学校保健学会
  • 大学生の食行動と食欲および気分との関連, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 加藤佳子 間瀬知紀 宮脇千惠美 川畑徹朗 辻本悟史 石川哲也 中村晴信, 第59回日本学校保健学会,   2012年11月, 第59回日本学校保健学会
  • 兵庫県におけるスクールヘルスリーダー派遣事業の現状と課題, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 小原久未子 間瀬知紀 宮脇千惠美 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子 石川哲也, 第59回日本学校保健学会,   2012年11月, 第59回日本学校保健学会
  • 農山村地域と都市近郊住民の食事摂取状況の検討, 西尾信宏, 甲田 勝康, 竹下達也, 中村晴信 , 西尾純子, 第22回日本健康医学会総会,   2012年11月, 第22回日本健康医学会総会
  • 高齢男性の新規骨折は生命予後を悪化させる:藤原京スタディ男性骨粗鬆症研究, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 原納明博, 羽崎完, 岡本希 車谷典男, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 野菜摂取前後における短時間の加速度脈波及び脈波伝播速度の影響-被験者内と被験者間の変動について検討-, 沖田善光, 甲田 勝康, 柳田拓人 高橋勲 杉浦敏文, 中村晴信 小原久未子, 第19回日本未病システム学会学術総会,   2012年10月, 第19回日本未病システム学会学術総会
  • 和歌山県農山村地域住民の食事・栄養摂取状況, 西尾信宏, 甲田 勝康, 北野尚美 竹下達也, 坂田清美, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 妊娠期の母親の体重変化が中学生の血圧に及ぼす影響, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 妊娠期の母親の体重変化が中学生の血圧に及ぼす影響, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人小学生における血中25-Hydroxyvitamin D濃度と体組成との関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • 閉経女性における体組成と骨密度の関連-JPOS Study 15年次調査による閉経後年数別検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 由良 晶子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 冬梅, 佐藤裕保, 梶田悦子, 中谷芳美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第71回日本公衆衛生学会総会,   2012年10月, 第71回日本公衆衛生学会総会
  • Influences of eating patterns on the autonomic nervous activity in young Japanese males, Ohara K, 甲田 勝康, Nakamura H, Okita Y , Kusano Y, International Association of Physiological Anthropology (IAPA) Inter-Congress 2012,   2012年09月, International Association of Physiological Anthropology (IAPA) Inter-Congress 2012
  • Perceptions to swine influenza and preventive behaviors, Nakamura H, 甲田 勝康, Ohara K, Kusano Y , Okita Y, International Association of Physiological Anthropology (IAPA) Inter-Congress 2012,   2012年09月, International Association of Physiological Anthropology (IAPA) Inter-Congress 2012
  • 食餌制限のin vitroモデル:ヒトHepatoma細胞を用いた検討, 河野比良夫, 甲田 勝康, 薗田精昭, 第82回日本衛生学会学術総会,   2012年03月, 第82回日本衛生学会学術総会
  • Effects of Japanese cedar on psychological and physiological factors in an indoor environment: The influence of Interior Specifications, 萬羽 郁子, 東 賢一, 甲田 勝康, Masashi NAKAMURA, Saeko FUJITA, Yoshio TSUJINO Michiko UEBORI, Shuici KAWAI, ISIAQ,   2012年, ISIAQ
  • 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究 ―スギ材設置が疲労回復に及ぼす影響の検討―, 萬羽 郁子, 東 賢一, 甲田 勝康, 藤田佐枝子, 辻野喜夫 上堀美知子, 木村彰孝, 仲村匡司, 川井秀一, 室内環境学会,   2012年, 室内環境学会
  • 食事制限によるストレス耐性の増強‐in vitro モデルの構築, 河野比良夫, 甲田 勝康, 石原敬康 薗田精昭, 中村晴信, 日本生理人類学会第65回大会,   2011年11月, 日本生理人類学会第65回大会
  • ケール葉の匂いが心拍変動・脳波活動に及ぼす影響, 沖田善光, 甲田 勝康, 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信 小原久未子 , 小林哲生, 日本生理人類学会第65回大会,   2011年11月, 日本生理人類学会第65回大会
  • 和歌山県農山村地域住民の野菜・果実摂取状況, 西尾信宏, 甲田 勝康, 竹下達也 , 中村晴信, 第21回日本健康医学会総会,   2011年11月, 第21回日本健康医学会総会
  • 摂食障害発症の関連要因に関する文献学的検討, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 中村晴信 間瀬知紀 宮脇千恵美 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子 石川哲也 桑原恵介, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 女子大学生の運動習慣とその背景要因, 宮脇千恵美, 甲田 勝康, 小原久未子 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子 石川哲也 桑原恵介 中村晴信, 間瀬知紀, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 女子学生の体組成と食・運動習慣との関連, 間瀬知紀, 甲田 勝康, , 宮脇千恵美 小原久未子 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子 石川哲也 桑原恵介 中村晴信, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 小面積におけるダニアレルゲン簡易測定の有用性の検討, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 小原久未子 間瀬知紀 宮脇千恵美 桑原恵介 川畑徹朗 辻本悟史 加藤佳子, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 小児期における味覚検知閾値と味覚認知閾値の発達について, 吉田隆子, 甲田 勝康, 第58回日本学校保健学会,   2011年11月, 第58回日本学校保健学会
  • 降圧薬と骨代謝指標の関連-藤原京スタディ男性骨折コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第13回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会,   2011年11月, 第13回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会
  • 社会経済的要因と骨密度との関連-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の断面検討-, 文鐘聲, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 森川将行, 佐藤裕保, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 乳幼児期の急速な体重増加がその後の心血管疾患リスク要因に及ぼす影響, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 女子中学生における理想の体格と体組成の関係, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 佐藤裕保, DongMei Namiraa, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 小学生におけるメディア使用時間と自覚症状との関連, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 西尾信宏 小原久未子 桑原恵介, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人小学生における部位別体脂肪と血清コレステロールとの関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 第70回日本公衆衛生学会総会,   2011年10月, 第70回日本公衆衛生学会総会
  • GFR estimated with serum creatinine may be misleading in association between subclinical decline in renal function and bone mass in community-dwelling elderly men: FORMEN study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, The 3rd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society and the International Bone and Minera,   2011年05月, The 3rd Joint Meeting of the European Calcified Tissue Society and the International Bone and Minera
  • 思春期・青年期の全身骨量と体脂肪量および除脂肪量の関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 冬梅, 佐藤裕保, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • 骨代謝における軽度・中等度腎機能低下の影響 ~藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究~, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • HMG-CoA還元酵素阻害剤は骨量低下を抑制するか-藤原京スタディ男性骨折コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第21回日本疫学会学術総会,   2011年01月, 第21回日本疫学会学術総会
  • 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究―内装仕様の違いが及ぼす影響に関する検討―, 萬羽 郁子, 東 賢一, 甲田 勝康, 仲村匡司 , 藤田佐枝子, 辻野喜夫 上堀美知子, 川井秀一, 室内環境学会,   2011年, 室内環境学会
  • An inverse association between serum undercarboxylated osteocalcin levels and blood glucose and hemoglobin A1c levels in an elderly Japanese male population: Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-1st Asia Pacific Osteoporosis Meeting,   2010年12月, International Osteoporosis Foundation (IOF) Regionals-1st Asia Pacific Osteoporosis Meeting
  • 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究, 東 賢一, 甲田 勝康, 室内環境学会,   2010年12月, 室内環境学会
  • 高密度織物製寝具を用いたダニアレルゲン低減に関する試み, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 川畑徹朗 辻本悟史 桑原恵介 間瀬知己 小原久未子, 第57回日本学校保健学会,   2010年11月, 第57回日本学校保健学会
  • 女子学生の体格および体脂肪に影響を及ぼす生活習慣の検討, 間瀬知紀, 甲田 勝康, 中村晴信 川畑徹朗 辻本悟史 石川哲也 桑原恵介 小原久未子, 第57回日本学校保健学会,   2010年11月, 第57回日本学校保健学会
  • 歯科医師の肺がんと肝がん-剖検例の検討-, 西尾信宏, 甲田 勝康, 竹下達也, 中村晴信, 第20回日本健康医学会総会,   2010年11月, 第20回日本健康医学会総会
  • 青少年期における摂食障害の一次予防, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 中村晴信 川畑徹朗 辻本悟史 石川哲也 間瀬知己 桑原恵介, 第57回日本学校保健学会,   2010年11月, 第57回日本学校保健学会
  • 間欠的短期絶食による遅延型アレルギー性皮膚炎の抑制機構, 河野比良夫, 甲田 勝康, 石原敬康 薗田精昭, 中村晴信, 日本生理人類学会第63回大会,   2010年10月, 日本生理人類学会第63回大会
  • 自動車排ガス汚染緩和の児童の「咳」有訴者率への影響, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 武本優次 松原謙二 伯井俊明, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 和歌山県農山村地域住民の野菜・果実摂取状況の検討, 西尾信宏, 甲田 勝康, 北野尚美 竹下達也, 坂田清美, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 摂食障害の一次予防-発症要因や保護要因からの検討-, 小原久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 中村晴信 櫻井寿美 桑原恵介, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 乳幼児の体重獲得の時期とパターンが思春期の血清脂質に及ぼす影響, 中村晴信, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 小原久未子, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 乳幼児の体重獲得の時期とパターンが思春期の肥満に及ぼす影響, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信 小原久未子, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 習慣的牛乳引用は男性高齢者でも骨密度に関連する-藤原京スタディ男性骨粗鬆症研究-, 佐藤裕保, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 高齢者における慢性腎臓病の有病状況と循環器リスク要因との関連-藤原京スタディ-, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • 糖尿病患者の履物に対する意識調査, 櫻井寿美, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 中村晴信 小原久未子 桑原恵介, 第69回日本公衆衛生学会総会,   2010年10月, 第69回日本公衆衛生学会総会
  • Effect of high carbohydrate meal intake on heart rate variability assessed by power spectral analysis using a fast Fourier transformation and autoregressive model, Kuwahara K, 甲田 勝康, Tsujimoto S Nakamura H Ohara K, Okita Y , 10th International Congress of Physiological Anthropology,   2010年09月, 10th International Congress of Physiological Anthropology
  • 日本人高齢男性では血清オステオカルシン濃度は空腹時血糖値,並びにヘモグロビンA1c値と逆相関する。藤原京スタディ男性骨粗鬆症(FORMEN)研究, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 岡本希 車谷典男, 第28回日本骨代謝学会学術集会,   2010年07月, 第28回日本骨代謝学会学術集会
  • 短期間の大麦若葉青汁摂取の介入研究前後による食事調査の有用性の検討, 筌口桃江, 甲田 勝康, 青塚康幸 , 沖田善光 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信 桑原恵介, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年05月, 第64回日本栄養・食糧学会大会
  • 天然GABAを含むケールの野菜ジュース摂取前後の急性期の事象関連脳電位の影響, 沖田善光, 甲田 勝康, 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信, 高岡照海, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年05月, 第64回日本栄養・食糧学会大会
  • 大麦若葉青汁摂取前後における自律神経機能及び血行動態力学応答の変化について, 青塚康幸, 甲田 勝康, 筌口桃江, 沖田善光 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年05月, 第64回日本栄養・食糧学会大会
  • 食品素材に応用するための簡易型自律神経解析ソフトの開発, 大橋和義, 甲田 勝康, 沖田善光 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 大木昇, 中村晴信, 筌口桃江 青塚康幸, 第64回日本栄養・食糧学会大会,   2010年05月, 第64回日本栄養・食糧学会大会
  • 歯科技工士会会員の生活習慣と健康, 西尾信宏, 甲田 勝康, 竹下達也, 第83回日本産業衛生学会,   2010年05月, 第83回日本産業衛生学会
  • 食餌制限のin vitroモデルにおけるHSP遺伝子群の発現誘導:インスリンの影響, 甲田 勝康, 河野比良夫 薗田精昭, 第80回日本衛生学会学術総会,   2010年05月, 第80回日本衛生学会学術総会
  • Impact of smoking on bone mineral density in elderly men: The Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, Clinical Osteoporosis 2010: An ISCD-NOF Symposium,   2010年03月, Clinical Osteoporosis 2010: An ISCD-NOF Symposium
  • スギ室内空間でのテルペン濃度, 上堀美知子, 東 賢一, 甲田 勝康, , 大阪府環境農林水産総合研究所,   2010年02月, 大阪府環境農林水産総合研究所
  • Validity of the cut-off values for waist circumference and waist-to-height ratio for schoolchildren, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, Nakamura H Kuwahara K, Okamoto T, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Baseline data of a cohort study for determinants of osteoporotic fracture in community-dwelling elderly Japanese men: the Fujiwara-kyo Osteoporosis Risk in Men (FORMEN) Study, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E, Sato Y, Moon JS, Morikawa M, Tomioka K Okamoto N Kurumatani N, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Associations of perceptions related to swine influenza and preventive behaviors against infection, Kuwahara K, 甲田 勝康, 藤田 裕規, Ishikawa T Nakamura H, Shimai S, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • Bone turnover markers predict 10-year risk of developing osteoporosis in postmenopausal Women: The Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) Cohort Study, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 甲田 勝康, Sato Y, Akiba T, Matsumoto T, Nishino H, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region,   2010年01月, The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region
  • 現在の体型に食行動とその関連要因が及ぼす影響-大学生における性差を考慮した検討-, 桑原恵介, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 川畑徹朗 藤宮正規 増山隆太 中村晴信, 島井哲志, 西尾信宏, 第56回日本学校保健学会,   2009年11月, 第56回日本学校保健学会
  • 同一地域に在住する小・中学生のメディア使用の実態,および健康状態との関連, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 川畑徹朗 桑原恵介, 西尾信宏, 第56回日本学校保健学会,   2009年11月, 第56回日本学校保健学会
  • 母子健康手帳からみた小学生・中学生のBMI~大規模ポピュレーション研究~, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信 桑原恵介, 第56回日本学校保健学会,   2009年11月, 第56回日本学校保健学会
  • 歯科技工士会会員の喫煙を含む生活習慣と健康, 西尾信宏, 甲田 勝康, 竹下達也 , 中村晴信, 第19回日本健康医学会総会,   2009年11月, 第19回日本健康医学会総会
  • メディア使用と健康状態との関連-同一地域に在住する小・中学生の調査から-, 中村晴信, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 石川哲也 桑原恵介, 西尾信宏, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 捨て置かれし男性の骨を守ろう! 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の発進, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲 , 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 地域と連携した学生による食育支援プロジェクトの構築と取り組み, 吉田隆子, 甲田 勝康, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 納豆摂取による骨密度低下の予防効果~藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究~, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 児童のぜん息有症率と年次推移の地域差, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 井藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 喫煙年数が長いほど骨密度は低い-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の断面検討, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 適度な飲酒は骨粗鬆症を防ぐ-藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究-, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 由良 晶子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 森川将行, 冨岡公子 岡本希 車谷典男, 第68回日本公衆衛生学会総会,   2009年10月, 第68回日本公衆衛生学会総会
  • 藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究の発進, 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子, 佐藤裕保, 文鐘聲, 岡本希 車谷典男, 第11回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会,   2009年10月, 第11回日本骨粗鬆症学会 骨ドック・健診分科会
  • 人類は何をどの様に食べるのか, 甲田 勝康, 日本生理人類学会第61回大会,   2009年09月, 日本生理人類学会第61回大会
  • Body weight at age 1.5 and 3 years affects bone mass of Japanese adolescents but birth weight dose not: Shiokawa Kids Bone Health Study, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 藤田 裕規, 甲田 勝康, Kadowaki E Ikeda Y, Sato Y, Morita A, Kajita E, 5th International Conference on Children's Bone Health,   2009年06月, 5th International Conference on Children's Bone Health
  • 栄養ストレスによる老化制御と疾病予防, 甲田 勝康, 第4回人類学関連学会協議会合同シンポジウム「飽くなき食への希求をめぐって」,   2009年05月, 第4回人類学関連学会協議会合同シンポジウム「飽くなき食への希求をめぐって」
  • 間欠的短期絶食による遅延型アレルギー性皮膚炎の抑制機構, 石原敬康, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 河野比良夫 薗田精昭 , 西尾信宏, 中村晴信, 第79回日本衛生学会学術総会,   2009年04月, 第79回日本衛生学会学術総会
  • 思春期児童における腹囲/身長比の肥満指標としての意義, 藤田 裕規, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 岡本敏子, 第19回日本疫学会学術総会,   2009年01月, 第19回日本疫学会学術総会
  • ゲームやパソコン・携帯メールと思春期の体格や血清脂質との関係, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 由良 晶子, 伊木 雅之, 中村晴信, 第67回日本公衆衛生学会総会,   2008年11月, 第67回日本公衆衛生学会総会
  • 大規模長期縦断研究による大阪府児童のアレルギー症状の動向, 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 井藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第67回日本公衆衛生学会総会,   2008年11月, 第67回日本公衆衛生学会総会
  • 絶食および高脂肪食摂取前後における自律神経活動の変化, 桑原恵介, 甲田 勝康, 中村晴信, 沖田善光, 日本生理人類学会第59回大会,   2008年10月, 日本生理人類学会第59回大会
  • 絶食-食事制限による寿命延長と疾病予防-, 甲田 勝康, 日本脂質栄養学会 第17回大会,   2008年09月, 日本脂質栄養学会 第17回大会
  • Ten-year change in bone mineral density in a representative sample of Japanese women - JPOS Cohort Study-, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, Kadowaki E Ikeda Y, Sato Y, Morita A, Kagamimori S, Kagawa Y, Yoneshima H, ASBMR 30th Annual Meeting,   2008年09月, ASBMR 30th Annual Meeting
  • Relationships between blood pressure and height among Japanese schoolchildren: population-based followup study, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 伊木 雅之, Nakamura H, Nishio N, Takeuchi H, 9th International Congress of Physiological Anthropology,   2008年08月, 9th International Congress of Physiological Anthropology
  • Effects of short-term energy restriction, Nakamura H, 甲田 勝康, Kuwahara K, Okuda T, Higashine Y, Hisamori K, Kusano Y, 9th International Congress of Physiological Anthropology,   2008年08月, 9th International Congress of Physiological Anthropology
  • Effects of dietary behavior change, Kuwahara K, 甲田 勝康, Nakamura H , Okita Y, Kusano Y, 9th International Congress of Physiological Anthropology,   2008年08月, 9th International Congress of Physiological Anthropology
  • A study on the P300 event-related potential component after the acute intake of vegetable juice, Okita Y, 甲田 勝康, Takahashi I Kimura M Sugiura T, Nakamura H, Takaoka T, Kobayashi T, 10th International Congress of Behavioral Medicine,   2008年08月, 10th International Congress of Behavioral Medicine
  • 食餌制限のin vitroモデル:短期絶食による各種ストレス関連遺伝子の発現誘導, 河野比良夫, 甲田 勝康, 石原敬康 薗田精昭, 第78回日本衛生学会総会,   2008年03月, 第78回日本衛生学会総会
  • 小児の身長と血圧:ポピュレーションベースの追跡研究, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 由良 晶子, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 竹内宏一, 第18回日本疫学会学術総会,   2008年01月, 第18回日本疫学会学術総会
  • 長期の野菜ジュース摂取におけるリン脂質の酸化損傷の変化について, 沖田善光, 甲田 勝康, 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信, 高岡照海, 第14回日本未病システム学会学術総会,   2007年11月, 第14回日本未病システム学会学術総会
  • 抗酸化物質含有飲料の摂取時における事象関連電位P300成分の計測と検討, 沖田善光, 甲田 勝康, 中野雄介 高橋勲 木村元彦 杉浦 敏文, 中村晴信, 高岡照海, 小林哲生, 第37回日本臨床神経生理学会学術大会,   2007年11月, 第37回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 大規模長期縦断研究による大阪府児童のアレルギー症状有症状況の推移(第2報), 由良 晶子, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 清水忠彦, 伊藤尚之 酒井英雄 酒井國男, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 思春期の体格,血清脂質,血圧:ポピュレーションベースの追跡研究, 甲田 勝康, 由良 晶子, 藤田 裕規, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 若年女性での適正体重の獲得は最大骨量を高めるか-JPOS Cohort Study-, 玉置 淳子, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 森田明美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 日本人女性の無作為抽出コホート10年追跡研究で見た骨密度の年齢効果とコホート効果, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 門脇英子 池田行宏, 佐藤裕保, 森田明美, 鏡森定信, 香川芳子, 米島秀夫, 第66回日本公衆衛生学会総会,   2007年10月, 第66回日本公衆衛生学会総会
  • 小学5年生の体格・血圧・血清脂質:1993年から2005年の年次推移, 甲田 勝康, 伊木 雅之, 中村晴信, 西尾信宏, 池田行宏 石原敬康, 竹内宏一, 第17回日本疫学会学術総会,   2007年01月, 第17回日本疫学会学術総会
  • 食餌制限:絶食によるストレス関連遺伝子の発現誘導, 河野比良夫, 甲田 勝康, 石原敬康 薗田精昭, 第77回日本衛生学会総会,   2007年, 第77回日本衛生学会総会
  • 長期の野菜ジュース摂取における酸化ストレスの変化について, 沖田善光, 甲田 勝康, 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信, 高岡照海, 第13回日本未病システム学会学術総会,   2006年12月, 第13回日本未病システム学会学術総会
  • 抗酸化作用をもつ野菜ジュースにおける加速度脈波と心拍変動の変化について, 沖田善光, 甲田 勝康, 中野雄介 高橋勲 木村元彦 杉浦敏文, 中村晴信, 高岡照海, 第5回日本加速度脈波・複雑系研究会,   2006年11月, 第5回日本加速度脈波・複雑系研究会
  • Acute Phase Effect on Cardiovascular and Autonomic Nervous Systems by Vegetable Juice Intake, Okita Y, 甲田 勝康, Nakano Y Takahashi I Kimura M Sugiura T, Nakamura H, Takaoka T, The 8th International Congress of Physiological Antropology,   2006年10月, The 8th International Congress of Physiological Antropology
  • イソシアネ-ト類感作マウスにおける短期絶食によるアレルギー反応の抑制, 西尾信宏, 甲田 勝康, 河野比良夫 石原敬康, 中村晴信 , 竹下達也, 第13回日本免疫毒性学会学術大会,   2006年09月, 第13回日本免疫毒性学会学術大会
  • イソシアネ-ト類感作マウスにおける短期絶食によるアレルギー反応抑制の検討, 西尾信宏, 甲田 勝康, 河野比良夫 石原敬康 薗田精昭, 中村晴信, 竹下達也, 第79回日本産業衛生学会,   2006年05月, 第79回日本産業衛生学会

MISC

  • 食餌制限の in vitro モデル : 短期絶食による各種ストレス関連遺伝子の発現誘導, 河野 比良夫, 石原 敬康, 甲田 勝康, 薗田 精昭, 日本衞生學雜誌, 63, 2,   2008年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024477467
  • 食餌制限 : 絶食によるストレス関連遺伝子の発現誘導, 河野 比良夫, 石原 敬康, 甲田 勝康, 薗田 精昭, 日本衞生學雜誌, 62, 2,   2007年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018566975
  • P3112 イソシアネート類感作マウスにおける短期絶食によるアレルギー反応抑制の検討(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会), 西尾 信宏, 甲田 勝康, 河野 比良夫, 石原 敬康, 中村 晴信, 竹下 達也, 薗田 精昭, 産業衛生学雑誌, 48, 0,   2006年05月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004996177