KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

戒田 高康カイダ タカヤス

プロフィール

所属部署名産業理工学部 情報学科 / 産業理工学・産業技術研究科 / 産業理工学部 学術情報センター
職名准教授
学位博士(情報工学)
専門情報通信、符号理論、高速計算法
ジャンル科学・技術/物理学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/298-kaida-takayasu.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    代数的な手法に基づいた誤り検出訂正符号および擬似乱数系列に関する構成法や評価法の提案やそれらの性質を明らかにすることにより、通信工学分野への応用についての研究をしています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1996年, 九州工業大学, 情報工学研究科, 情報システム専攻
  •  - 1994年, 九州工業大学, 情報工学研究科, 情報システム専攻
  •  - 1992年, 九州工業大学, 情報工学部, 電子情報工学

経歴

  •   2011年04月, 近畿大学 産業理工学部(准教授)
  •   2007年04月,  - 2011年03月, 近畿大学 産業理工学部(講師)
  •   2005年04月,  - 2007年03月, 近畿大学 産業理工学部(特任講師)
  •   1996年04月,  - 2005年03月, 八代工業高等専門学校(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 電気電子工学, 通信・ネットワーク工学
  • 電気電子工学, 通信・ネットワーク工学

研究キーワード

  • 擬似乱数系列, 楕円曲線, Hartmann-Tzeng限界, 線形複雑度, 高速計算法, 代数幾何符号, 標数のべき乗周期, 巡回符号, ストリーム暗号, 誤り系列, shift限界, 周期系列, 鍵系列, 代数曲線, 情報セキュリティ, 誤り訂正符号, 有理点, k誤り線形複雑度, 最小距離, 有限環上の周期系列

論文

  • On the Rank Bounded Distance with Conjugate Elements for Cyclic Codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 98-A, 12, 2476, 2479,   2015年, 査読有り
  • On correlation properties of 4-phase with zero points from constant-weight sequences over GF(5), 戒田 高康, 鄭 俊如, Proc. of the 6th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, 36, 39,   2013年10月
  • On relationship between proposed lower bound and well-known bounds for cyclic codes, 鄭 俊如, 戒田 高康, Proc. of the 6th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, 32, 35,   2013年10月
  • On some algorithms on the proposed lower bound of the designed minimum distance for cyclic codes, 戒田 高康, 鄭 俊如, Proceedings of the 19th Asia-Pacific Conference on Comminications, 526, 530,   2013年08月
  • On correlation properties of 4-phase with zero points from constant-weight sequences over GF(5)., Takayasu Kaida,Junru Zheng, The Sixth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2013, Tokyo, Japan, October 27 - November 1, 2013, 36, 39,   2013年, 査読有り
  • On constant-weight multi-valued sequences from cyclic difference sets, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会英文論文誌, E96-A, 1,   2013年01月, 査読有り
  • On relationship between proposed lower bound and well-known bounds for cyclic codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, The Sixth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA 2013, Tokyo, Japan, October 27 - November 1, 2013, 32, 35,   2013年, 査読有り
  • On Constant-Weight Multi-Valued Sequences from Cyclic Difference Sets., Takayasu Kaida,Junru Zheng, IEICE Transactions, 96-A, 1, 171, 176,   2013年, 査読有り
  • On improved algorithms of the proposed lower bound including well-known bounds for cyclic codes., Takayasu Kaida,Junru Zheng, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and its Applications, ISITA 2012, Honolulu, HI, USA, October 28-31, 2012, 446, 449,   2012年, 査読有り
  • Construction of Independent Set and Its Application for Designed Minimum Distance, 鄭 俊如, 戒田 高康, 電子情報通信学会英文論文誌, E95-A, 12, 2107, 2112,   2012年12月, 査読有り
  • The designed minimum distance of medium lengths for binary cyclic codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and its Applications, ISITA 2012, Honolulu, HI, USA, October 28-31, 2012, 441, 445,   2012年, 査読有り
  • Construction of Independent Set and Its Application for Designed Minimum Distance., Junru Zheng,Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 95-A, 12, 2107, 2112,   2012年, 査読有り
  • The Weber-Fechner Law, TAKAHASHI K, HIRANO G, HASEGAWA T, KANEMITSU S, KAIDA T, TSUKADA H, Siauliai Mathematical Seminar, 6, 14, 85, 91,   2011年11月, 査読有り
  • On Relationship between Proposed Lower Bound and Shift Bound for Cyclic Codes, Junru ZHENG, 戒田 高康, Proceedings of the Fifth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communicati, 13, 16,   2011年10月
  • On q-ary constant weight sequences from cyclic difference sets., Takayasu Kaida,Junru Zheng, Fifth International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications, IWSDA 2011, Guilin, China, October 10-14, 2011, 126, 129,   2011年, 査読有り
  • On q-Ary Constant Weight Sequences from Cyclic Difference Sets, 戒田 高康, Junru ZHENG, Proceedings of the Fifth International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communicati, 126, 129,   2011年10月
  • On relationship between proposed lower bound and shift bound for cyclic codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, Fifth International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications, IWSDA 2011, Guilin, China, October 10-14, 2011, 13, 16,   2011年, 査読有り
  • A note on the shift bound for cyclic codes by the DFT, 鄭 俊如, 戒田 高康, 電子情報通信学会英文論文誌, E93-A, 11, 1918, 1922,   2010年11月, 査読有り
  • An algorithm for New Lower Bound of Minimum Distance by DFT for Cyclic Codes, 戒田 高康, Kyushu Women's University, Proceedings of 2010 International SymposIum on Information and its Applications, 846, 849,   2010年10月
  • Hamming Distance Correlation for q-Ary Constant Weight Codes from Cyclic Difference Sets, 戒田 高康, Kyushu Women's University, Proceedings of 2010 International Symposum on Information Theory and its Applications, 842, 845,   2010年10月
  • An algorithm for new lower bound of minimum distance by DFT for cyclic codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and its Applications, ISITA 2010, 17-20 October 2010, Taichung, Taiwan, 846, 849,   2010年, 査読有り
  • A Set of Sequences over Z_5 with Period 21 including Almost Highest Linear Complexities, 戒田 高康, Kyushu Women's University, Proceedings of 2010 IEEE Information Theory Workshop, 226, 228,   2010年01月
  • Hamming distance correlation for q-ary constant weight codes., Takayasu Kaida,Junru Zheng, Proceedings of the International Symposium on Information Theory and its Applications, ISITA 2010, 17-20 October 2010, Taichung, Taiwan, 842, 845,   2010年, 査読有り
  • A Note on the Shift Bound for Cyclic Codes by the DFT., Junru Zheng,Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 93-A, 11, 1918, 1922,   2010年, 査読有り
  • A Note on Constant Weight Sequences over q-Ary from Cyclic Difference Sets, 戒田 高康, Kyhshu Women's University, Proceedings of Fourth International Workshop on Signal Design and its Applications on Communications, 112, 113,   2009年10月
  • On Boston Bound for Cyclic Codes by DFT with Unknown Elements, 戒田 高康, Kyushu Women'S University, Proceedimgs of Fourth International Workshop on Signal Design and its Application in Communications, 108, 111,   2009年10月
  • On Relationship between the Boston Bound and Well-Known Bounds for Cyclic Codes., Junru Zheng,Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 92-A, 10, 2484, 2486,   2009年, 査読有り
  • On relationship between the Boston bound and well-known bound for cyclic codes, 鄭 俊如, 戒田 高康, 電子情報通信学会英文論文誌, E92-A, 10, 2484, 2486,   2009年10月, 査読有り
  • A Constructing Approach of the Roos Bound for Cyclic Codes, 戒田 高康, Kyushu Kyoritsu University, Proceedings of 2008 Internationl Symposium on Information and its Applications, 395, 399,   2008年12月
  • A Decoding Method up to the Hartmann-Tzeng Bound using the DFT for Cyclic Codes, 戒田 高康, Kyushu Kyoritsu University, Proceedings of 2007 Asia-Pacific Conference on Communications, 409, 412,   2007年10月
  • Equivalence between the BCH Bound and the Schaub* Bound for Cyclic Codes, 戒田 高康, Kyushu Kyoritsu University, Proceedings of 2006 IEEE Information Theory Workshop, 29, 32,   2006年10月
  • On Linear Complexity and Schaub Bound for Cyclic Codes by Defining Sequence with Unknown Elements., Junru Zheng,Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 89-A, 9, 2337, 2340,   2006年, 査読有り
  • On linear complexity and Schaub bound for cyclic codes by defining sequence with unknown elemetns, 鄭 俊如, 戒田 高康, 電子情報通信学会英文論文誌, E89-A, 9, 2337, 2340,   2006年10月, 査読有り
  • A Typical Profile of the k-Error Linear Complexity for Balanced Binary Sequences with Period 2n., Takayasu Kaida, IEICE Transactions, 88-A, 1, 311, 313,   2005年, 査読有り
  • A typical profile of the k-error linear complexity for nalanced binary sequences with period 2^n, 戒田 高康, 電子情報通信学会英文論文誌, E88-A, 1, 311, 313,   2005年01月, 査読有り
  • On the Generalized Lauder-Paterson Algorithm and Profiles of the k-Error Linear Complexity for Exponent Periodic Sequences., Takayasu Kaida, Sequences and Their Applications - SETA 2004, Third International Conference, Seoul, Korea, October 24-28, 2004, Revised Selected Papers, 166, 178,   2004年, 査読有り
  • Linear complexities of periodic sequences obtained form sequences over Z_4 and Z_8 by one-symbol substitution, 森内 勉, 上原 聡, 戒田 高康, 今村 恭己, 電子情報通信学会英文論文誌, E86-A, 5, 1285, 1293,   2003年05月, 査読有り
  • An algorithm for the k-error linear complexity of sequences over GF(p^m) with period p^n, p a prime, KAIDA T, UAHARA S, IMAMURA K, Information and Computation, 151, 134, 147,   1999年05月, 査読有り
  • Computation of the k-Error Linear Complexity of Binary Sequences with Period 2n., Takayasu Kaida,Satoshi Uehara,Kyoki Imamura, Concurrency and Parallelism, Programming, Networking, and Security: Second Asian Computing Science Conference, ASIAN '96, Singapore, December 2-5, 1996, Proceedings, 182, 191,   1996年, 査読有り
  • Value distribution of linear complexity for q-ary periodic sequences with period p^n, p a prime, 上原 聡, 戒田 高康, 今村 恭己, 電子情報通信学会英文論文誌, E80-A, 5, 920, 921,   1997年05月, 査読有り

書籍等出版物

  • 有理関数体におけるNiederreiter等による高次の座を用いた代数幾何符号の構成(共著), 平成11年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集,   1999年
  • 2元符号と巡回符号におけるFeng-Rao設計最小距離に関する考察(共著), 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1999年
  • ある曲線上におけるNiederreiter等による高次の座を用いた代数幾何符号について(共著), 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1999年
  • M系列の1記号挿入系列におけるk誤り線形複雑度について(共著), 2000年暗号と情報セキュリティシンポジウム資料集,   2000年
  • 周期系列のLinear Complexiryの計算公式(共著), 平成'5年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,   1993年
  • 周期系列のLinear Complexityの計算法に関する考察(共著), 第16回情報理論とその応用シンポシウム予稿集,   1993年
  • 周期Pn(P:素数)のPπ周期系列のLinear Complexiryの値の分布(共著), 信学技報,   1994年
  • 最小変更が最大のLinear Complexityを持つ周期系列(共著), 平成'6年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,   1994年
  • 最小変更が最大のLinear Complexityとなる周期系列の構成(共著), 第17回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1994年
  • 高次の座を用いた代数幾何符号に関する考察(共著), 第18回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1995年
  • 周期2nの2元周期系列のk-Error Linear Complexityの計算(共著), 電子情報通信学会技術研究報告[情報セキュリティ],   1996年
  • ある高次の座を用いた代数幾何符号の重み分布について(共著), 第4回電子情報通信学会九州支部学生会講演論文集,   1996年
  • 周期pnのGF(Pm)上系列におけるk-Error Linear Complexityの高速計算法について(共著), 第19回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1996年
  • 高次の座を用いた留数型代数幾何符号に関する考察(共著), 第19回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1996年
  • 2元系列のk-error Linear Complexityを与える誤リベクトルの決定(共著), 1997年暗号と情報セキュリティ・シンポジウム資料集,   1997年
  • k-Error Linear Complexity計算法におけるメモリ量と計算量について(共著), 平成9年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,   1997年
  • ある曲線上における高次の座を用いた代数幾何符号に関する考察(共著), 第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1997年
  • 巡回符号の最小距離の下界に関する考察(共著), 第20回情報理論とその応用シンポシウム予稿集,   1997年
  • Stamp-Martinアルゴリズムの一般化と誤り系列の計算法について (共著), 1998年暗号と情報セキュリティシンポジウム資料集,   1998年
  • k-Error Linear Complexity計算法の計算効率(共著), 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1998年
  • 巡回符号の最小距離の下界に関する考察, 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1998年
  • 標数のべき乗周期をもつ系列におけるk誤り線形複雑度の履歴と零和条件について(共著), 平成12年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,   2000年
  • 高次の座を用いた代数幾何符号の復号法に関する考察(共著), 第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   2000年
  • 標数のべき乗周期系列におけるk-error Linear Complexityの減少点と零和条件について(共著), 2001年暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集,   2001年
  • Sequence Design and Applications for CDMA, The Feng-Rao Designed Minimum Distance for Binary Linear Codes Does Not Have an Odd Number Except One, 戒田 高康, Kyuhsu Institute of Technology, 共著, 南西交通大学出版社,   2001年09月
  • Advanced Signal Processing for Communication Systems, The Feng-Rao Desiged Minimum Distance of Binary Linear Codes and Cyclic Codes, 戒田 高康, Kyushu Institute of Technology, 共著, KLuwer Academic Publishers,   2002年11月

作品

  • "高次の座を用いた代数幾何符号(代数関数論の立場から見た代数幾何符号)"  代数函数論とその応用研究集会、九州工大(招待講演),   1996年01月
  • "高次の座を用いた代数幾何符号の構成"、 代数曲線の数理と暗号・符号への応用ワークショップ、 東京大学駒場,   2001年01月
  • 「系列の複雑度とその計算法について」、 電子情報通信学会技術研究報告 SST(スペクトル拡散研究会)2001-49(2001-12,pp5-12)、 佐賀大学(招待講演),   2001年12月
  • 「高次の座を用いた代数幾何符号の構成と復号法」、多項式環とその周辺研究会、 大阪大学理学研究科数学専攻(招待講演),   2002年02月
  • 戒田高康, "k-誤り線形複雑度とその高速計算法", 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科講演会,   2003年01月
  • 第23回情報理論とその応用シンポジウム実行委員,   2000年
  • 熊本未来国体競技委員・高校軟式野球,   1998年

MISC

  • 巡回差集合より構成される定重み非線形符号に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.13-2P-08,   2015年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502203990452740
  • 巡回符号における共役根を用いたランク限界距離の計算について, 鄭俊如, 戒田高康, 電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.13-2P-09,   2015年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502208357705061
  • Java言語におけるプログラム可読性とT‐複雑度との関係に関する考察, 高橋圭一, 戒田高康, 電子情報通信学会技術研究報告, 114, 34(IT2014 1-10), 11, 16,   2014年05月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402272791814016
    概要:Java言語で記述されたプログラムに対してその可読性の向上およびその評価を目的として,Buseらにより提供された100個のプログラム片に対して,T-複雑度,T-情報量およびT-平均情報量を計算し,Buseらにより報告された人評価との相関係数を示す.また,T-複雑度などを求める前処理として何もしない場合に加えて,識別子を抽出後の符号化に関して2種類の場合を考え,それら各々のT-複雑度などの値およびBuseらによる人評価との相関係数についても議論する.
  • 拡大体上の定重み系列における線形複雑度について~SCIS2015における数値例の訂正を含む~, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 114, 470(IT2014 62-101), 205, 210,   2015年02月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502287387228752
  • 巡回差集合から構成される拡大体上の周期系列における相関特性に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 115, 38(EMM2015 1-16), 31, 34,   2015年05月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502211248469111
  • 巡回差集合から構成される拡大体上の周期系列における相関特性に関する考察 (情報理論), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 115, 37, 31, 34,   2015年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020491272
  • 拡大体上の定重み符号とその性質に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 37th, ROMBUNNO.2.1.3,   2014年12月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502288442435629
  • On the Calculation Method of Rank Bounded Distance with Conjugate Elements for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 37th, ROMBUNNO.2.1.4,   2014年12月02日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502221974879641
  • 巡回符号における行列演算を用いたランク限界について, 鄭俊如, 戒田高康, 電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.02-1A-04,   2014年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402283327630729
  • 多値定重み系列によるゼロ点を加えた複素変調に関する一考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 113, 483(IT2013 54-95), 221, 226,   2014年03月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402291644816059
    概要:著者らが提案した多値定重み系列の各値を送信情報として複素平面における単位円上の点とその原点(ゼロ点)に変換しての送信,あるいは,それらの系列を拡散系列として用いてスペクトル拡散して送信する方式を提案する.また,その具体的な多値系列の例について自己相関特性,相互相関特性を報告することにより,それらの複素変調方式としての性能を議論する.また,提案した多値定重み系列の乱数性に関する観点からその他の性質にも言及する.
  • GF(9)上の定重み符号を用いたゼロ点を含む複素系列について, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.02-1A-03,   2014年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402287098733280
  • 多値定重み符号の複素変調への応用について, 戒田高康, ZHENG Junru, 高橋圭一, 電子情報通信学会技術研究報告, 114, 138(IT2014 11-40), 149, 152,   2014年07月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402270275315647
    概要:著者らは,提案した多値定重み符号の各符号語を送信情報として,複素平面における単位円上の点とその原点(ゼロ点)に各要素を変換しての送信する方式を与えた.本稿では,その具体的な多値符号の例について相関特性や距離特性を報告することにより,それらの複素変調方式としての性能を議論する.
  • 巡回差集合から構成される拡大体上の周期系列における相関特性に関する考察 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 115, 38, 31, 34,   2015年05月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020491573
  • 多値定重み系列によるゼロ点を加えた複素変調に関する一考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム, 113, 485, 221, 226,   2014年03月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009861678
    概要:著者らが提案した多値定重み系列の各値を送信情報として複素平面における単位円上の点とその原点(ゼロ点)に変換しての送信,あるいは,それらの系列を拡散系列として用いてスペクトル拡散して送信する方式を提案する.また,その具体的な多値系列の例について自己相関特性,相互相関特性を報告することにより,それらの複素変調方式としての性能を議論する.また,提案した多値定重み系列の乱数性に関する観点からその他の性質にも言及する.
  • 多値定重み系列によるゼロ点を加えた複素変調に関する一考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 113, 483, 221, 226,   2014年03月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009861943
    概要:著者らが提案した多値定重み系列の各値を送信情報として複素平面における単位円上の点とその原点(ゼロ点)に変換しての送信,あるいは,それらの系列を拡散系列として用いてスペクトル拡散して送信する方式を提案する.また,その具体的な多値系列の例について自己相関特性,相互相関特性を報告することにより,それらの複素変調方式としての性能を議論する.また,提案した多値定重み系列の乱数性に関する観点からその他の性質にも言及する.
  • 拡大体上の定重み系列における線形複雑度について : SCIS2015における数値例の訂正を含む (情報理論), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 470, 205, 210,   2015年03月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020430132
  • 拡大体上の定重み系列における線形複雑度について : SCIS2015における数値例の訂正を含む (情報セキュリティ), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 471, 205, 210,   2015年03月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020430514
  • 拡大体上の定重み系列における線形複雑度について : SCIS2015における数値例の訂正を含む (ワイドバンドシステム), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 472, 205, 210,   2015年03月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020430919
  • Foreword: Special section on signal design and its applications in communications, Shinya Matsufuji, Pingzhi Fan, Tetsuya Kojima, Xiaohu Tang, Kwang Soon Kim, Hiromasa Habuchi, Takayasu Kaida, Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Satoshi Uehara, Kyeongcheol Yang, Udaya Parampalli, Hideki Yoshikawa, Yuta Ida, Shunsuke Araki, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E97A, 2540, 2541,   2014年01月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84924625479&origin=inward
  • On Improvement of Proposed Algorithm using DFT for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 36th, ROMBUNNO.2.1.1,   2013年11月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302217259998615
  • 巡回差集合から構成される定重み符号における符号語間距離に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 36th, ROMBUNNO.2.1.2,   2013年11月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302243598863576
  • On generalized constant-weight codes over GF(q) from a cyclic difference set and their properties, Takayasu Kaida, Junru Zheng, Keiichi Takahashi, Proceedings of 2014 International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2014, 722, 726,   2014年01月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84920517483&origin=inward
    概要:© 2014 IEICE. We recall some constructing methods for constantweight and non-binary codes from cyclic difference sets, and properties of their linear complexities, Hamming and Lee distances. Constant-weight and balanced properties by the authors were introduced and discussed again. In this paper we propose more generalized method of constructing constant-weight codes from the authors' conventional method. Moreover an example of this generalized constant-weight codes over GF(3), and their properties in view of constant-weight and balanced properties are given.
  • Java言語におけるプログラム可読性とその幾つかの複雑度との関係に関する一考察(一般セッション,フレッシュマンセッション,一般), 高橋 圭一, 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 113, 153, 55, 58,   2013年07月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009778274
    概要:Java言語で記述されたプログラムに対してその可読性の向上を目的として、Buseらにより提供された100個のプログラム断片の平均情報量およびデータ圧縮ツール(bzip2)による圧縮率を用いることにより、その複雑度との関係を考察する。特に平均情報量とBuseらにより報告された人評価との相関を示す。
  • 多値定重み系列におけるゼロ点を加えた複素相関に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.02-2P-13,   2013年09月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302299200270185
  • 多値定重み符号の複素変調への応用について (情報理論), 戒田 高康, 鄭 俊如, 高橋 圭一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 138, 149, 152,   2014年07月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020150920
  • 巡回符号におけるShift限界の高速計算法に関する考察(記録素子用符号化,一般), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 113, 58, 19, 22,   2013年05月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009768539
    概要:線形符号において代表的で優れた最小距離の下界(設計最小距離)として良く知られるshift限界は,特に巡回符号においては,その半分の誤りまでの誤りを高速に訂正可能な複号法なども提案されている.一方,定義集合により与えられる巡回符号に対して,そのshift限界を計算するためには大きな計算量を要する.本稿では,著者らが提案した設計距離計算法がshift限界の計算法より高速であり,shift限界の計算に必要な独立集合を具体的に与えることに着目し,その提案計算法の性質や更なる改良をshift限界の高速計算法への適用を意識しながら議論する.
  • 改良アルゴリズムにおける巡回符号の独立集合について, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.02-2P-14,   2013年09月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302290235814776
  • 定重み符号の線形複雑度に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 電子情報通信学会技術研究報告, 112, 460(IT2012 62-111), 175, 179,   2013年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302295020694844
    概要:著者らが提案した巡回差集合から構成される有限集合上の符号(系列)は,ある条件の下で各符号語(系列1周期分)のハミング重みが一定であることが知られている.また,幾つかの数値例で符号を無限長周期系列の1周期とした場合,その殆どの線形複雑度が最大(周期と同じ長さ)となることも示された.本稿では,その線形複雑度を実際に計算することにより,定重み符号における線形複雑度の性質を議論する.
  • 定重み符号の線形複雑度に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 112, 460, 175, 179,   2013年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009712337
    概要:著者らが提案した巡回差集合から構成される有限集合上の符号(系列)は,ある条件の下で各符号語(系列1周期分)のハミング重みが一定であることが知られている.また,幾つかの数値例で符号を無限長周期系列の1周期とした場合,その殆どの線形複雑度が最大(周期と同じ長さ)となることも示された.本稿では,その線形複雑度を実際に計算することにより,定重み符号における線形複雑度の性質を議論する.
  • 定重み符号の線形複雑度に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム, 112, 462, 175, 179,   2013年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009712222
    概要:著者らが提案した巡回差集合から構成される有限集合上の符号(系列)は,ある条件の下で各符号語(系列1周期分)のハミング重みが一定であることが知られている.また,幾つかの数値例で符号を無限長周期系列の1周期とした場合,その殆どの線形複雑度が最大(周期と同じ長さ)となることも示された.本稿では,その線形複雑度を実際に計算することにより,定重み符号における線形複雑度の性質を議論する.
  • On some algorithms on the proposed lower bound of the designed minimum distance for cyclic codes, Takayasu Kaida, Junru Zheng, 2013 19th Asia-Pacific Conference on Communications, APCC 2013, 520, 524,   2013年01月01日, 10.1109/APCC.2013.6766003, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84902326556&origin=inward
    概要:The minimum distance for linear codes is one of the important parameters. The shift bound is a good lower bound of the minimum distance for cyclic codes, Reed-Muller codes and geometric Goppa codes. It is necessary to construct the maximum number of the independent set for the calculation of the shift bound. However, its computational complexity is very large, because the construction of the independent sets is not unique. The authors proposed an algorithm for calculation of the independent set and new lower bound using the discrete Fourier transform in 2010. In this paper we give simple modification and new recurrent algorithms to improve the original algorithm. © 2013 IEEE.
  • Java言語におけるプログラム可読性とその幾つかの複雑度との関係に関する一考察, 高橋 圭一, 戒田 高康, 信学技報, 113, 153, 55, 58,   2013年
  • On Constant-Weight Multi-Valued Sequences from Cyclic Difference Sets, KAIDA Takayasu, ZHENG Junru, IEICE Trans Fundam Electron Commun Comput Sci (Inst Electron Inf Commun Eng), E96-A, 1, 171-176 (J-STAGE),   2013年, 10.1587/transfun.E96.A.171, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302272758293895
  • On Properties of Proposed Algorithm for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 35th, ROMBUNNO.6.1.1,   2012年12月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302218367645474
  • 巡回符号の最小距離に対する提案した下界とHartmann‐Tzeng限界に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 35th, ROMBUNNO.6.1.2,   2012年12月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292334652551
  • On Algorithms of the Proposed and Well-Known Lower Bounds for Cyclic Codes, KAIDA Takayasu, ZHENG Junru, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.05-1P-06,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271984487585
  • Legitimation of the use of fancy tools, 平野 剛, 高橋 圭一, 戒田 高康, 金光 滋, 松崎 隆哲, かやのもり, 16, 8, 14,   2012年07月
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察(一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 111, 455, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009545785
    概要:2008年にN.Liらにより提案された巡回差集合を用いる2元定重み符号(周期系列の集合)の構成法を拡張することにより,同年に著者らはq元の定重み符号を構成する方法を提案した.これまで,著者らはq元定重み符号における幾つかの数値例に関して,それらの集合に亘る平均的な各要素の出現数が実際にゼロ要素を除いてほぼ同じであること,それらの殆どの線形複雑度がその周期と一致しかつ残りもそれに近いこと,また複素数上の自己相関/相互相関およびハミング自己相関/相互相関を実際に与えること等の数々の性質を明らかにした.本論文では,本方法により構成されるq元符号が定重み符号となる条件および構成される定重み符号の符号語における非ゼロ要素の出現頻度および符号語数に関する考察を行う.また,より一般的にそれらの性質に関する議論を行うことで,本方法により構成されるq元定重み符号あるいは擬似乱数系列としての応用が可能性であるかを考察する.
  • 巡回符号における提案アルゴリズムに関する一考察, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD−ROM), 65th, ROMBUNNO.05-1P-07,   2012年09月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202267607718192
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察(一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 111, 454, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009545560
    概要:2008年にN.Liらにより提案された巡回差集合を用いる2元定重み符号(周期系列の集合)の構成法を拡張することにより,同年に著者らはq元の定重み符号を構成する方法を提案した.これまで,著者らはq元定重み符号における幾つかの数値例に関して,それらの集合に亘る平均的な各要素の出現数が実際にゼロ要素を除いてほぼ同じであること,それらの殆どの線形複雑度がその周期と一致しかつ残りもそれに近いこと,また複素数上の自己相関/相互相関およびハミング自己相関/相互相関を実際に与えること等の数々の性質を明らかにした.本論文では,本方法により構成されるq元符号が定重み符号となる条件および構成される定重み符号の符号語における非ゼロ要素の出現頻度および符号語数に関する考察を行う.また,より一般的にそれらの性質に関する議論を行うことで,本方法により構成されるq元定重み符号あるいは擬似乱数系列としての応用が可能性であるかを考察する.
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察 (情報理論 一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 111, 454, 237, 240,   2012年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019225394
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察(一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム, 111, 456, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009545269
    概要:2008年にN.Liらにより提案された巡回差集合を用いる2元定重み符号(周期系列の集合)の構成法を拡張することにより,同年に著者らはq元の定重み符号を構成する方法を提案した.これまで,著者らはq元定重み符号における幾つかの数値例に関して,それらの集合に亘る平均的な各要素の出現数が実際にゼロ要素を除いてほぼ同じであること,それらの殆どの線形複雑度がその周期と一致しかつ残りもそれに近いこと,また複素数上の自己相関/相互相関およびハミング自己相関/相互相関を実際に与えること等の数々の性質を明らかにした.本論文では,本方法により構成されるq元符号が定重み符号となる条件および構成される定重み符号の符号語における非ゼロ要素の出現頻度および符号語数に関する考察を行う.また,より一般的にそれらの性質に関する議論を行うことで,本方法により構成されるq元定重み符号あるいは擬似乱数系列としての応用が可能性であるかを考察する.
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察 (ワイドバンドシステム 一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 111, 456, 237, 240,   2012年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019225041
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 111, 455, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031149568
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察 (情報セキュリティ 一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 111, 455, 237, 240,   2012年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019224699
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 111, 454, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031149127
  • Construction of Independent Set and Its Application for Designed Minimum Distance, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, IEICE Trans Fundam Electron Commun Comput Sci (Inst Electron Inf Commun Eng), E95-A, 12, 2107-2112 (J-STAGE),   2012年, 10.1587/transfun.E95.A.2107, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302290885926170
  • 線形回帰数列とその応用, 高橋 圭一, 平野 剛, 戒田 高康, 金光 滋, 松崎 隆哲, かやのもり, 15, 13, 20,   2011年12月
  • A Note on Relationship between Proposed Lower Bound and Well-Known Lower Bounds for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 34th, ROMBUNNO.6.1.2,   2011年11月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202299086274674
  • Record of the second and third interdisciplinary seminars, 高橋 圭一, 平野 剛, 戒田 高康, 金光 滋, 塚田 春雄, 松崎 隆哲, かやのもり, 14, 64, 72,   2011年07月
  • 巡回符号における定義集合による分割と重み分布計算への応用に関する考察(その2), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 111, 51, 37, 40,   2011年05月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008725649
    概要:巡回符号の定義集合に対する定義集合列の概念を新たに導入することにより,巡回符号の分割を定義する.また,著者らが提案した比較的高速である最小距離に対する下界の計算法と巡回符号の分割の概念を適用することにより,定義集合により与えられる巡回符号の重み分布計算に関して考察する.本稿では,実際の数値例に対してその重み分布(の下界)を与える.
  • 巡回差集合より構成される定重み符号の巡回同値な符号語に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム : IEICE technical report, 111, 456, 237, 240,   2012年02月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031148691
  • 巡回符号における定義集合と符号語の重みに関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD−ROM), 34th, ROMBUNNO.6.1.1,   2011年11月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202283318588979
  • 巡回符号における定義集合による分割と重み分布計算への応用に関する考察(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 110, 443, 65, 68,   2011年02月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008689675
    概要:巡回符号の定義集合に対する定義集合列の概念を新たに導入することにより,巡回符号の分割を定義する.また,著者らが提案した比較的高速である最小距離に対する下界の計算法と巡回符号の分割の概念を適用することにより,定義集合により与えられる巡回符号の重み分布計算に関して考察する.
  • 無歪みネットワークコーディングにおける行列表現に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD−ROM), 64th, ROMBUNNO.09-2A-10,   2011年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102271686071662
  • 巡回符号における定義集合による分割と重み分布計算への応用に関する考察(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 110, 442, 65, 68,   2011年02月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008689019
    概要:巡回符号の定義集合に対する定義集合列の概念を新たに導入することにより,巡回符号の分割を定義する.また,著者らが提案した比較的高速である最小距離に対する下界の計算法と巡回符号の分割の概念を適用することにより,定義集合により与えられる巡回符号の重み分布計算に関して考察する.
  • ある3元巡回符号における独立集合の構成について, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD−ROM), 64th, ROMBUNNO.09-2A-11,   2011年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102270780906593
  • 巡回符号における定義集合による分割と重み分布計算への応用に関する考察(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム, 110, 444, 65, 68,   2011年02月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008688443
    概要:巡回符号の定義集合に対する定義集合列の概念を新たに導入することにより,巡回符号の分割を定義する.また,著者らが提案した比較的高速である最小距離に対する下界の計算法と巡回符号の分割の概念を適用することにより,定義集合により与えられる巡回符号の重み分布計算に関して考察する.
  • Numerical Experiments on Proposed Lower Bound of Minimum Distance for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 33rd, ROMBUNNO.16.2,   2010年11月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102283459373197
  • 巡回差集合により構成される定重み符号の性質に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD−ROM), 33rd, ROMBUNNO.16.1,   2010年11月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102201396639691
  • A Note on the Shift Bound for Cyclic Codes by the DFT, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, IEICE Trans Fundam Electron Commun Comput Sci (Inst Electron Inf Commun Eng), E93-A, 11, 1918, 1922,   2010年11月01日, 10.1587/transfun.E93.A.1918, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002257526227739
  • A set of sequences over Z5 with period 21 including almost highest linear complexities, Takayasu Kaida, Junru Zheng, IEEE Information Theory Workshop 2010, ITW 2010,   2010年07月27日, 10.1109/ITWKSPS.2010.5503132, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=77954830430&origin=inward
    概要:A method of construction for non-binary periodic sequence with constant weight from cyclic difference set is proposed. Two numerical examples are given, and their distribution and some Hamming distance between self-cyclic shift and crosscyclic shift of two sequences are evaluated. For a set of sequences over Z5 with period 21, we show that its elements have almost the highest linear complexities from second numerical example.
  • DFT行列を用いた巡回符号の最小距離評価および複号法に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 110, 43, 31, 34,   2010年05月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008000501
    概要:本稿では,巡回符号における最小距離の下界(BCH限界, Hertmann-Tzeng限界およびshift限界)の別証明を離散フーリエ変換による行列(DFT行列)を用いることにより行う.また,巡回符号に対して,代数的な複号法をDFT行列を用いて行う概要を説明する.
  • 多値系列における複素およびハミング相関特性に関する考察, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD−ROM), 63rd, ROMBUNNO.10-2P-09,   2010年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002296362495147
  • 巡回符号における離散フーリエ変換を用いた最小距離の計算法, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD−ROM), 63rd, ROMBUNNO.10-2P-10,   2010年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002240677226700
  • 巡回差集合より構成される大きな線形複雑度を持つ定重み符号について(一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 109, 445, 409, 412,   2010年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008001847
    概要:2008年にN. Liらにより提案された巡回差集合より構成される2元定重み符号(周期系列)を一般化し,著者らはq元上の定重み符号の構成法を提案した.本稿では,その構成法により構成された符号語の要素分布,ハミング距離による相関特性および線形複雑度を評価する.また,一部の数値例によりそれらの線形複雑度が周期系列としては,最大あるいは最大に近いことを報告する.
  • 巡回差集合より構成される大きな線形複雑度を持つ定重み符号について(一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 109, 444, 409, 412,   2010年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008000485
    概要:2008年にN.Liらにより提案された巡回差集合より構成される2元定重み符号(周期系列)を一般化し,著者らはq元上の定重み符号の構成法を提案した.本稿では,その構成法により構成された符号語の要素分布,ハミング距離による相関特性および線形複雑度を評価する.また,一部の数値例によりそれらの線形複雑度が周期系列としては,最大あるいは最大に近いことを報告する.
  • 巡回差集合より構成される大きな線形複雑度を持つ定重み符号について(一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会), 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム, 109, 446, 409, 412,   2010年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007999462
    概要:2008年にN.Liらにより提案された巡回差集合より構成される2元定重み符号(周期系列)を一般化し,著者らはq元上の定重み符号の構成法を提案した.本稿では,その構成法により構成された符号語の要素分布,ハミング距離による相関特性および線形複雑度を評価する.また,一部の数値例によりそれらの線形複雑度が周期系列としては,最大あるいは最大に近いことを報告する.
  • A New Method for Calculation of Minimum Distance by DFT for Cyclic Codes, ZHENG Junru, KAIDA Takayasu, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2010, ROMBUNNO.MC3-5,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002243014461771
  • 国際会議および実行委員の四方山話 (特集 国際学会での思い出), 戒田 高康, かやのもり, 0, 12, 7, 9,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002470744
  • A note on constant weight sequences over q-ary from cyclic difference sets, Takayasu Kaida, Junru Zheng, Proceedings of the 4th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA'09, 112, 113,   2009年12月01日, 10.1109/IWSDA.2009.5346405, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=74549204420&origin=inward
    概要:A method of construction for non-binary periodic sequences from the cyclic difference set is proposed. Two numerical examples are given, and their value distributions and some Hamming distances between self-cyclic shift and cross-cyclic shift of two sequences are evaluated. ©2009 IEEE.
  • On Boston bound for cyclic codes by DFT with unknown elements, Junru Zheng, Takayasu Kaida, Proceedings of the 4th International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, IWSDA'09, 108, 111,   2009年12月01日, 10.1109/IWSDA.2009.5346404, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=74549198650&origin=inward
    概要:The Boston bound is defined by the subset of defining set for cyclic codes. The authors proposed new simple derivation for the BCH bound, the HT bound and the shift bound, using the discrete Fourier transform (DFT) and the Blahut theorem. In this paper, we consider the Boston bound for cyclic codes by the DFT. ©2009 IEEE.
  • q元定重み符号の性質に関する一考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 32nd, ROMBUNNO.T21-1,   2009年11月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002223691991948
  • 学外との連携を利用したプロジェクト型情報教育への取り組み~飯塚市チャレンジプロジェクト活用の中間的報告~, 戒田高康, 近畿大学産業理工学部研究報告, 0, 11, 31, 33,   2009年11月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268929305811
    概要:[Abstruct] For information education in point of view by the JABEE, the engineering-design is one of most important checking-issues. This repot contains the introduction and some statistic data about the challenge-project by Iizuka City and, our effective results and remaining problems by some applications for this grant.
  • 巡回符号における符号語の重みの計算法に関する考察, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 62nd, 0, ROMBUNNO.10-2P-08, 487,   2009年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250320782374
    概要:定義集合によって定まる巡回符号において,その符号語を用いてDFT行列を定義できる.Blahut定理によれば,DFT行列のランクとその符号語の重みが等しいことが知られている.本稿では,DFT行列の巡回性及び共役性を用いて,その部分行列のランクを計算することにより,符号語の重みを評価する手法について考察する.
  • 巡回差集合により構成されるq元定重み系列の線形複雑度に関する考察, 戒田高康, 鄭俊如, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 62nd, ROMBUNNO.10-2P-07,   2009年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210873288805
  • 巡回符号におけるDFT行列を用いたRoos限界までの復号法に関する考察, 戒田高康, ZHENG Junru, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM), 31st, ROMBUNNO.7.1.5,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902256482414768
  • 巡回差集合によるGF(q)上の定重み符号の構成について, 戒田高康, 鄭俊如, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 61st, ROMBUNNO.06-2P-09,   2008年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902238829925840
  • DFTを用いた2元巡回符号におけるBoston限界の考察, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 61st, ROMBUNNO.06-2P-10,   2008年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223710289736
  • A decoding method up to the Hartmann-Tzeng bound using the DFT for cyclic codes, Takayasu Kaida, Junru Zheng, 2007 Asia-Pacific Conference on Communications, APCC, 409, 412,   2007年12月01日, 10.1109/APCC.2007.4433457, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=50249177030&origin=inward
    概要:We consider a decoding method for cyclic codes up to the Hartmann-Tzeng bound using the discrete Fourier transform. Indeed we propose how to make a submatrix of the circulant matrix from an error vector for this decoding method. Moreover an example of a binary cyclic code, which could not be corrected by BCH decoding but be correctable by proposed decoding, is given. It is expected that this decoding method induces universal understanding for decoding method up to the Roos bound and the shift bound. ©2007 IEEE.
  • On shift bound for cyclic codes by DFT with unknown elements, Junru Zheng, Takayasu Kaida, IWSDA 07 - 3rd International Workshop on Signal Design and Its Applications in Communications, 114, 117,   2007年12月01日, 10.1109/IWSDA.2007.4408337, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=48049113900&origin=inward
    概要:The shift bound is a good lower bound of the minimum distance for cyclic codes, Reed-Muller codes and geometric Goppa codes. In this paper we consider cyclic codes defined by defining sequence and new simple derivation using the discrete Fourier transform with unknown elements and the Blahut theorem is shown. Moreover two examples of binary cyclic codes are given. © 2007 IEEE.
  • E‐系列の奇数シフト自己相関値に関する考察, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 60th, 0, 05-1P-05, 170,   2007年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232342109454
  • Evaluation of a bound by DFT for cyclic codes, 鄭 俊如, 戒田 高康, 九州共立大学総合研究所紀要, 1, 0, 63, 66,   2008年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007144891
    概要:The Schaub bound is one of well-known lower bounds of the minimum distance for a cyclic code, and de-fined from its defining set. In 2003, this bound was improved and an algorithm for this improved bound was given by F.Ponchio and M.Sala. We give some properties of the Schaub bound and its improvements in order to investigate a relationship with the Roos bound and the shift bound by showing many numerical examples for binary and ternary cyclic codes with short length, and search a fast algorithm for the Schaub bound and the improved Schaub bound. We claim one conjecture that the value from ...
  • 巡回符号におけるBoston限界とBCH限界の関係に関する考察, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 60th, 0, 05-1P-06, 171,   2007年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217010583129
  • 巡回符号における同値な符号を利用した復号法に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications, 29, 1, 13, 16,   2006年11月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10022580991
  • 楕円曲線擬似乱数系列に関する一考察, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 59th, 0, 02-1A-15, 15,   2006年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902238907200610
  • 巡回符号におけるShift限界とSchaubPlus限界の関係に関する予想, 鄭俊如, 戒田高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 59th, 0, 02-1A-16, 16,   2006年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209418195060
  • 有限体上の代数曲線における周期系列の構成について, 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 105, 396, 25, 28,   2005年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004020723
    概要:有限体(定義体)上で定義された代数曲線の有理点を用いることによって, 定義体の部分体を要素として持つ周期系列の構成法を与える.提案する構成法は, 代数曲線における有利点の巡回性とトレース関数を用いて実現され, これまでよく知られたシフトレジスタを用いた構成法より長い周期を持つ系列の構成が可能となる.また, 楕円曲線上の有理点を用いて構成した周期系列の数値例を3つ示し, それらに対して, バランス検定を用いて評価する.残念ながら, 本稿における数が限られた小さな数値例からは, バランスが良い周期系列は, 数例しか得られなかった.
  • 巡回符号における定義集合と重み分布の関係に関する考察, 戒田 高康, 鄭 俊如, 今村 恭己, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications, 27, 2, 683, 685,   2005年12月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014281420
  • On the generalized lauder-paterson algorithm and profiles of the k-error linear complexity for exponent periodic sequences, Takayasu Kaida, Lecture Notes in Computer Science, 3486, 166, 178,   2005年09月27日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=24944433886&origin=inward
    概要:The Lauder-Paterson algorithm gives the profile of the k-error linear complexity for a binary sequence with period 2 n. In this paper a generalization of the Lauder-Paterson algorithm into a sequence over GF(p m) with period p n, where p is a prime and m, n are positive integers, is proposed. We discuss memory and computation complexities of proposed algorithm. Moreover numerical examples of profiles for balanced binary and ternary exponent periodic sequences, and proposed algorithm for a sequence over GF(3) with period 9(= 3 2) are given. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2005.
  • 巡回符号における線形複雑度と最小距離の関係に関する考察, 鄭 俊如, 戒田 高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2005, 0, 350, 350,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004608385
  • 有限体上の楕円曲線における周期系列の構成について, 戒田 高康, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2005, 0, 351, 351,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004608386
  • 巡回符号における定義集合と重み分布の関係に関する考察, 戒田高康, ZHENG J, 今村恭己, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 27th, Vol.2, 683, 685,   2004年12月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260815686490
  • Takayasu Kaida, “On the generalized Lauder-Paterson algorithm and profiles of the k-error linear complexity over GF(3) with period 9", 2004年系列とその応用に関する国際会議予稿集, pp.44-48,   2004年10月
  • 有限体上の代数曲線における周期系列の構成について, 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. OIS, オフィスインフォメーションシステム, 105, 398, 25, 28,   2005年11月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004018560
    概要:有限体(定義体)上で定義された代数曲線の有理点を用いることによって, 定義体の部分体を要素として持つ周期系列の構成法を与える.提案する構成法は, 代数曲線における有利点の巡回性とトレース関数を用いて実現され, これまでよく知られたシフトレジスタを用いた構成法より長い周期を持つ系列の構成が可能となる.また, 楕円曲線上の有理点を用いて構成した周期系列の数値例を3つ示し, それらに対して, バランス検定を用いて評価する.残念ながら, 本稿における数が限られた小さな数値例からは, バランスが良い周期系列は, 数例しか得られなかった.
  • Takayasu Kaida, Junru Zheng, “A simple improvement of the Hartmann-Tzeng bound", 2004年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集(CD-ROM), pp812-816,   2004年10月
  • 戒田 高康,鄭俊 如, ”符号長が短い2元巡回符号におけるHartmann-Tzeng限界の改良について”, 平成16年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p.405(07-1P-08),   2004年09月
  • 戒田 高康, “2元べき乗周期系列におけるk誤り線形複雑度の履歴に関する考察”, 2004年暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集, pp.1459-1464,   2004年01月
  • 符号長が短い2元巡回符号におけるHartmann-Tzeng限界の改善について, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2004, 0, 405, 405,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004607480
  • 戒田 高康,鄭 俊如, ”独立集合を用いたHartmann-Tzeng限界の改良について", 第26回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.461-464,   2003年12月
  • k誤り線形複雑度を用いた擬似乱数系列の評価とその高速計算法, 戒田高康, 情報処理学会シンポジウム論文集, 2003, 15, 623, 628,   2003年10月29日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292241761641
  • 独立集合を用いた Hartmann-Tzeng 限界の改善について, 戒田 高康, 鄭 俊如, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications, 26, 2, 461, 464,   2003年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013957763
  • 37. 戒田 高康, “k誤り線形複雑度を用いた擬似乱数系列の評価とその高速計算法”, コンピュータセキュリティシンポジウム2003予稿集, pp.623-628,   2003年10月
  • 36. 戒田 高康, 鄭 俊如, “2元巡回符号のShift限界がHartmann-Tzeng限界を超える場合の独立集合について”, 平成15年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p.08-2A-01,   2003年09月
  • 35. Takayasu Kaida, Junru Zheng, “On independent sets for cyclic codes with the shift bound strictly larger then the Hartmann-Tzeng bound”, 電子情報通信学会 情報理論研究会 技術研究報告, IT2003-49, pp.49-52,   2003年09月
  • Linear Complexities of Periodic Sequences Obtained from Sequences over Z4 and Z8 by One-Symbol Substitution, Tsutomu Moriuchi, Satoshi Uehara, Takayasu Kaida, Kyoki Imamura, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E86-A, 1285, 1293,   2003年05月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0142007181&origin=inward
    概要:In this paper, we will show that some families of periodic sequences over Z4 and Z8 with period multiple of 2r - 1 generated by r-th degree basic primitive polynomials assorted by the root of each polynomial, and give the exact distribution of sequences for each family. We also point out such an instability as an extreme increase of their linear complexities for the periodic sequences by one-symbol substitution, i.e., from the minimum value to the maximum value, for all the substitutions except one.
  • 8. Tsutomu Moriuchi, Satoshi Uehara, Takayasu Kaida and Kyoki Imamura, “Linear complexities of periodic sequences obtained from sequences over Z4 and Z8 by one-symbol substitution", 電子情報通信学会英文論文誌, Vol.E86-A, pp.1285-1293,   2003年05月
  • 戒田高康”一般化Lauder-Paterson法のメモリ量と計算量について”, 2003年暗号と情報セキュリティシンポジウム, 1023-1027,   2003年01月
  • 巡回符号のShift限界がHartmann-Tzeng限界を超える場合の独立集合について, 戒田 高康, 鄭 俊如, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 103, 308, 49, 52,   2003年09月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003202755
    概要:本稿では, まず. BCH限界, Hartmann-Tzeng(HT)限界. Roos限界など既知の巡回符号における最小距離に対する下界の定義を述べ. shift限界の定義を与える. また, 独立集合はshift限界の定義や計算において, 非常に重要な概念なので, これらの構成法について議論する. 巡回符号におけるshift限界はHT限界より大きいか等しいことが, 実際に独立集合を構成することで示されている. しかし, この方法では. shift限界がHT限界よりも真に大きいときでも, そのshift限界を与える独立集合を構成することができない. すなわち, この構成法ではHT限界と同じ値のshift限界を与える独立集合は任意の巡回符号に対して求まるが, HT限界を超える独立集合は構成できない. 本稿では, 幾つかの条件を満たす巡回符号のshift限界がHT限界を超えるとき, HT限界を簡単な方法で改良できることを示す. 最後に, そのshift限界がそのHT限界を超える2元および3元巡回符号の数値例を計算機を用いた計算により求め, それらを与える.
  • Feng‐Rao距離を越えてFeng‐Rao復号可能な巡回符号の例について, 戒田高康, ZHENG J, 今村恭己, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 25th, Vol.2, 483, 486,   2002年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902122434991552
  • Junru Zheng,Takayasu Kaida,Kyoki Imamura,"A note on relation between Newton's identities and designed minimum distance for cyclic codes", 第25回情報理論とその応用シンポジウム, 575-578,   2002年12月
  • 戒田高康、鄭俊如、今村恭己”Feng-Rao距離を越えてFeng-Rao復号可能な巡回符号の例について”, 第25回情報理論とその応用シンポジウム, 483-486,   2002年12月
  • Takayasu Kaida,Junru Zheng and Kyoki Imamura"A note on the Feng-Rao decoding of a (9,2) binary cyclic code beyond the Feng-Rao bound", 2002年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 515-518,   2002年10月
  • 戒田高康”一般化Lauder-Paterson法とその計算量について”, 平成14年度電気関係学会九州支部連合会大会講演論文集, 415,   2002年09月
  • Tutomi Moriuchi, Kyoki Imamura Takayasu Kaida and Satoshi Uehara,"Some properties of sequences over integer residue rings modulo q, q=pm", 八代高専紀要, 24, 37-48,   2002年03月
  • 戒田高康”Lauder-Paterson法の一般化について”, 2002年暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集, 1101-1105,   2002年01月
    概要:2002,1-2
  • Junru Zheng, Takayasu Kaida and Kyoki Imamura"Is Matusmoto's generalization of the Feng-Rao designed minumum distance for binary linear codes effective?", 第6回通信システムのためのデジタル信号処理に関する国際会議予稿集, 84-87,   2002年01月
  • Junru Zheng,Takayasu Kaida and Kyoki Imamura,"The Feng-Rao designed minimum distance of binary linear codes and cyclic codes", Advances Signal Processing for Communication Systemes, 13,   2002年
  • 系列の複雑度とその計算法について, 戒田高康, 電子情報通信学会技術研究報告, 101, 490(SST2001 48-54), 5, 12,   2001年12月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167267821260
  • Some Properties of Sequences over Integer Residue Rings Modulo q,q=pm and p a Prime, 森内 勉, 今村 恭己, 戒田 高康, 八代高専紀要, 0, 24, 37, 48,   2002年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004582674
  • Junru Zheng,Takayasu Kaida and Kyoki Imamura,"Some conjectures for Matsumoto's generalization of the Feng-Rao designed mininum disutance of binary linear codes", 第24回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 191-193,   2001年12月
  • 戒田高康、今村恭己”高次の座を用いた代数幾何符号の復号法に関する考察(その2)”, 第24回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 203-206,   2001年12月
  • 戒田高康”2元べき乗周期系列におけるk誤り線形複雑度の履歴に対する高速計算法について”, 平成13年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 736,   2001年10月
  • 系列の複雑度とその計算法について, 戒田 高康, 電子情報通信学会技術研究報告. SST, スペクトル拡散, 101, 490, 5, 12,   2001年12月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003290632
    概要:擬似乱数系列は、情報通信や計算機科学に分野で重要な要素になっている。本稿では、系列の複雑度として代表的な線形複雑度(LC)、最大次数複雑度(MOC)、κ誤り線形複雑度(κ-LC)に関して議論する。まず、LC, MOC, κ-LCの定義を与え、代表的な擬似乱数系列に対するLCやκ-LCの性質、特にM-系列の最小変更系列に対するLCの性質や零和条件を満たすべき乗周期系列に対するκ-LCの性質を与える。その後、LCやκ-LCのよく知られた高速計算法を記述する。
  • Junru Zheng, Takayasu Kaida and Kyoki Imamura"A note on the Feng-Rao designed minumum distance for cyclic codes", 第3回情報、通信と信号処理に関する国際会議予稿集, 1A1.2(CD-ROM),   2001年10月
  • 高次の座を用いた代数幾何符号の復号法に関する考察(その2), 戒田 高康, 今村 恭己, 情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications, 24, 1, 203, 206,   2001年12月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020377098
  • On the duality of algebraic geometric codes with high degree places, T. Kaida, K. Imamura, IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings, 309,   2001年09月12日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034865321&origin=inward
    概要:Definitions for function type and residue type of algebraic geometric (AG) codes with high degree places, which are generalized constructions of conventional AG codes, are given. We show that the function type AG code is the dual code of the residue type AG code constructed by same divisors.
  • Junru Zheng, Takayasu Kaida and Kyoki Imamura"The Feng-Rao designed minimum destance liner codes not have an odd number except one", 第1回系列設計とCDMAへの応用に関する国際会議,   2001年09月
  • 戒田 高康”ISIT2001報告” , 情報理論とその応用学会ニューズレター, 39,   2001年08月
  • Takayasu Kaida and Kyoki Imamura,"On the duality of algebraic geometric codes with high degree places", 2001 IEEE情報理論に関する国際会議予稿集, 309,   2001年06月
  • Takayasu Kaida,Satoshi Uehara and Kyoki Imamura"On the profile of the k-error linear complexity and the zero sum property for sequences over GF(p) with period pn", 2001年系列とその応用に関する国際会議予稿集, 31-32,   2001年05月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”標数のべき乗周期系列におけるk-error Linear Complexityの減少点と零和条件について”, 2001年暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集,   2001年01月
  • Takayasu Kaida,Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"On the profile for the k-error linear complexity and the zero sum property for sequences over GF(pm) with period pn, Suquences and their Applications-Proceedings of Sequences and Their Applications(SETA2001), 218-227,   2001年
  • Junru Zheng,Takayasu Kaida and Kyoki Imamura,"The Feng-Rao designed minimum distance of binary linear codes does not have an odd number except one", Suquence Design and Applications for CDMA Systems, 146-149,   2001年
  • Satoshi Uehara, Takayasu Kaida, and Kyoki Imamura"Two-symbol cubstitution of periodic sequences obtained by one-symbol insertion from a GF(q) sequences with period qn-1 satisfying the zero sum property", 2000年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 63-65,   2000年11月
  • Takayasu Kaida and Kyoki Imamura"Residue type pf algebraic geometric codes with high degree places", 2000年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 453-456,   2000年11月
  • Junru Zheng,Takayasu Kaida and Kyoki Imamura,"Further note on the Feng-Rao designed mininum disutance for cyclic codes", 第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 659-662,   2000年10月
  • 戒田高康、今村恭己”高次の座を用いた代数幾何符号の復号法に関する考察”, 第23回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 165-168,   2000年10月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”標数のべき乗周期を持つ系列におけるk誤り線形複雑度の履歴と零和条件について”, 平成12年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 832,   2000年09月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”M-系列の1記号挿入系列におけるk誤り線形複雑度について, 2000年暗号と情報セキュリティシンポジウム資料集, SCIS2000-B24,   2000年01月
  • 鄭俊如、戒田高康、今村恭己”2元符号と巡回符号におけるFeng-Rao設計複雑度について”, 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 511-514,   1999年12月
  • 戒田高康、今村恭己”ある曲線上におけるNiederreiterらによる高次の座を用いた代数幾何符号について”, 第22回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 503-506,   1999年12月
  • 戒田高康、今村恭己”有理関数体におけるNiederreiter等による高次の座を用いた代数幾何符号の構成”, 平成11年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 624,   1999年10月
  • 有理関数体におけるNiederreiter等による高次の座を用いた代数幾何符号の構成, 戒田高康, 今村恭己, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 52nd, 624,   1999年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902137938320966
  • Takayasu Kaida,On algorithms for the k-error linear complexity of sequences GF(p) with period pn,   1999年03月
  • Takayasu Kaida,Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"A new algorithm for thek-error linear complexity of sequences over GF(pm) with period pn", Suquences and their Applications-Proceedings of Sequences and Their Applications(SETA'98), 284-296,   1999年
  • Takayasu Kaida,Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"An algorithm for the k-error linear complexity of sequences over GF(pm) with period pn,p a prime", Information and Computation, 151, 134-147,   1999年
  • 鄭俊如、戒田高康、今村恭己”巡回符号の最小距離の下界に関する考察”, 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,   1998年12月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”k-error Linear Complexity計算法の計算効率”, 第21回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 443-445,   1998年12月
  • Takayasu Kaida, Satoshi Uehara and Kyoki Imamura," A new algorithm for k-error linear complexity of sequences over GF(p)with period pn", 1998年系列とその応用に関する国際会議予稿集, 26,   1998年12月
  • Takayasu Kaida, Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"An algorithm for the k-error linear complexity of sequences over GF(p)with period pn", 1998年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 686-689,   1998年10月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”Stamp-Martin アルゴリズムの一般化と誤り系列の計算法について”, 1998年暗号と情報セキュリティシンポジウム資料集, SCIS'98-6.1.B,   1998年01月
  • Value distribution of linear complexity for p-ary periodic sequences with period pn, p a prime, Satoshi Uehara, Kyoki Imamura, Takayasu Kaida, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E80-A, 920, 921,   1997年12月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0031144948&origin=inward
    概要:Firstly we show a useful property of the fast algorithm for computing linear complexities of p-ary periodic sequences with period pn (p: a prime). Secondly the property is successfully applied to obtain the value distribution of the linear complexity for p-ary periodic sequences with period pn.
  • 戒田高康、今村恭己”ある曲線上における高次の座を用いた代数幾何符号に関する考察”, 第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 633-636,   1997年12月
  • 戒田高康、今村恭己”巡回符号の最小距離の下界に関する考察”, 第20回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 629-631,   1997年12月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”k-error Linear Complexity計算法におけるメモリ量と計算量について”, 平成9年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 115,   1997年10月
  • k‐Error Linear Complexity計算法におけるメモリ量と計算量について, 戒田高康, 上原聡, 今村恭己, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 50th, 115,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902140686191948
  • 上原聡、戒田高康、今村恭己”2元系列のk-error Linear Complexityを与える誤りベクトルの決定”, 1997年暗号と情報セキュリティシンポジウム資料集, SCIS'97-32F,   1997年01月
  • Satoshi Uehara,Kyoki Imamura and Takayasu Kaida,"Value distribution of linear complexity for q-ary periodic sequences with period pn, p a prime", 電子情報通信学会英文論文誌A, 80-A, 920-921,   1997年
  • Tutomou Moriuchi,satoshi Uehara,Takayasu Kaida and Kyoki Imamura"Liner complexity for one-symbol subtitution of a periodic sequence over Z4,andZ8", 第19回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 57-60,   1996年12月
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”周期pnGF(Pm)上系列におけるk-error Linear Complexityの高速計算法について”, 第19回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 565-568,   1996年12月
  • 戒田高康、今村恭己、森内勉”高次の座を用いた留数型代数幾何符号に関する考察”, 第19回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 353-356,   1996年12月
  • Takayasu Kaida, Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"Computation of the k-error linear complexity of binary sequences with period2n", 第2回アジア計算機科学国際会議,   1996年12月
  • 戒田高康、松本昭史”ある高次の座を用いた代数幾何符号の重み分布について”, 電子情報通信学会九州支部学生会講演会論文集, 59,   1996年10月
  • 周期2^nの2元周期系列 k-Error Linear Complexityの計算, 戒田 高康, 上原 聡, 今村 恭己, 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 96, 237, 25, 32,   1996年09月06日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003296903
    概要:系列のk-error linear complexity (k-LC) は, 系列のlinear complexity (LC) の自然な拡張であり, LCの不安定性の解消に有効である. しかしk-LCの効率的な計算法は, 周期2^nの2元周期系列についてのStamp-Martinアルゴリズム (1993) が知られているだけであった. 最近著者等は, 周期p^nのp元周期系列 (pは奇素数) k-LCの計算法を提出した (ISITA'96). 本稿では, 著者等の計算法による周期2^nの2元周期系列のk-LCの計算法を先ず与え, 次にこれからStamp-Martin アルゴリズムの導出法を与える. 本稿の計算法では, k-LCの値だけでなく, k-LCの値を与える高々k個の誤り位置の一つを高速に計算することが出来る.
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”周期2nの2元系列のk-error Linear Complexityの計算”, 電子情報通ティん学会情報セキュリテイ研究会技術研究報告, ISEC96-26, 25-32,   1996年09月
  • Tsutomu Moriuchi,Satoshi Uehara,Takayasu Kaida, and Kyoki Imamura,"Some families of sequcences over Z4 and Z8 and their characteristic polynomials", 1996年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 78-91,   1996年09月
  • Takayasu Kaida, Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"An algorithm for the k-error linear complexity of sequences GF(3)with period 3n", 1996年情報理論とその応用に関する国際会議予稿集, 155-158,   1996年09月
  • Takayasu Kaida,Satoshi Uehara and Kyoki Imamura,"Computation of the k-error complexity of binary sequences with period 2n", Lecture Notes in Computer Science, 1179, 182-191,   1996年
  • 高次の座を用いた代数幾何符号, 「代数関数論とその応用」研究会資料,   1996年
  • 戒田高康、今村恭己、森内勉”高次の座を用いた代数幾何符号に関する考察”, 第18回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 231-234,   1995年10月
  • 今村恭己、戒田高康、上原聡”最少変更が最大のLinear Complexityを持つ周期系列の構成”, 第17回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 153-156,   1994年12月
  • 今村恭己、戒田高康、上原聡”最少変更が最大のLinear Complexityを持つ周期系列”, 平成6年電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 14,   1994年10月
  • 最小変更が最大のLinear Complexityを持つ周期系列, 今村恭己, 戒田高康, 上原聡, 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 47th, 14,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154032324818
  • 周期pn(p:素数)のp元周期系列のLinear Complexityの値の分布, 上原聡, 戒田高康, 今村恭己, 電子情報通信学会技術研究報告, 94, 34(IT94 1-8), 7, 10,   1994年05月16日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902137397913497
  • 上原聡、戒田高康、今村恭己”周期pnp:素数)のp元系列のLinear Complexityの値の分布”, 電子情報通信学会情報理論研究会技術研究報告, IT92-2, 7-10,   1994年05月
  • 擬似乱数系列のLinear Complexiryの計算法, 修士論文,   1994年
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”周期系列のLinear Complexityの計算法に関する考察”, 第16回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, 371-374,   1993年10月
  • 同期P^n(P:素数)のP元周期系列のLinear Complexityの値の分布, 上原 聡, 戒田 高康, 今村 恭己, 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 94, 34, 7, 10,   1994年05月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003197419
    概要:擬似乱数系列のLinear Complexity(LC)は、系列に対する予測し難さや解読し難さの評価尺度として良く知られている。特に周期N=p^nのp元系列の場合には、Games-Chanのアルコリズムを一般化したものが在存し、高々N回の加算でLCを計算することができる。本稿では、まずこのアルゴリズムを用いてLCがL,p^n-1>+1【less than or similar】L【less than or similar】p^nとなる周期p^nの系列の総数;(p-1)・p^L-n-1>を与える。その結果、周期をP^nとすることで非常に多くの系列が周期に近いLCを持つことが分った。さらに、最大のLCを持つ系列の割合はp, (p-1)以上となることも示す。
  • 戒田高康、上原聡、今村恭己”周期系列のLiner Complexityの計算法”, 平成5年電気学会九州支部連合大会講演論文集, 49,   1993年10月
  • 高次の座を用いた代数幾何符号の構成

受賞

  •   2007年10月, 最優秀論文賞 (IEEE APCC 2007), A decoding method up to the Hartmann-Tzeng bound usuing the DFT for cyclic codes
  •   1996年, 若手研究者奨励賞(Young researcher award from the committee of the 1996 International Symposium on Information Theory and Its Applications)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 代数曲線を用いた擬似乱数系列および誤り訂正符号の構成とその応用に関する研究, 戒田 高康, 符号理論の分野においては、代数幾何符号などでも用いられている下界であるSchaub限界やSchaub-Plus限界を求める手法である定義集合より求めることで、巡回符号における最小距離の下界としてよく知られているBCH限界、Hartmann-Tzeng限界、Roos限界やshift限界の値と比較しそれらの関係与えた。本研究成果は、巡回符号の復号法に応用することでより性能の良い誤り訂正符号の構成に寄与すると思われる。擬似乱数系列に分野においては、有限体上の2元べき乗周期系列におけるk誤り線形複雑度の履歴に関する高速計算法であるLauder-Paterson法を一般の有限体上のべき乗周期系列へ拡張した。これにより、非2元のべき乗周期系列に対しても、より高速にk誤り線形複雑度の履歴の計算が可能となった。また、2元べき乗周期系列におけるk誤り線形複雑度の履歴のうち、非常に典型的な履歴を持ち1と0の分布が半分であるバランス2元べき乗周期系列に関する個数やそのような擬似乱数系列の構成法を示した。さらに、具体的に楕円曲線上の有理点を用いて、周期も持った2元系列および非2元系列を構成した。特に、2元周期系列に対しては、それらの分布、線形複雑度、自己相関特性などの乱数性の評価も行った。これらの研究成果は、現代の暗号システムで欠かすことの出来ない擬似乱数系列の構成や評価に用いることで、より高速で信...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), h誤り線形複雑度の高速計算法とその応用に関する研究, 戒田 高康, 本研究において、有限体上のべき乗周期系列(系列の周期がその系列を構成する有限体の標数をべき乗した値である周期系列)に対するk誤り線形複雑度の性質やその高速計算法に関して、幾つかの新しい成果を与えた。それ以外に有限環上の周期系列に対しても報告している。k誤り線形複雑度とは、これまでよく知られた擬似乱数系列の評価尺度である線形複雑度を一般化した評価尺度で、周期系列に対して定義される。k誤り線形複雑度は、その系列1周期中の高々k箇所変更した周期系列の線形複雑度の最小値で定義され、これまで報告されている線形複雑度の不安定な性質の解決法の一つとされている。まず、べき乗周期系列に対するk誤り線形複雑度の性質については、固定した周期系列に対してkを増加させた時のk誤り線形複雑度の減少の様子(k誤り線形複雑度の履歴)を明らかにするためk=0(すなわち線形複雑度)から最初にk誤り線形複雑度がちいさくなるkの値(第一減少点)の性質と零和条件(周期系列の1周期分に対するその系列を構成する有限体上での総和がゼロになるかどうかで周期系列を分類する方法)の関係を明らかにした。さらに、べき乗周期系列が2元系列の場合、その周期系列の減少点(k誤り線形複雑度がkのときがk-1のときに比べて減少する場合のkの値)における偶奇性と零和条件との関係を明らかにした。つぎに、2元べき乗周期系列におけるk誤り線形複雑度の...
  • 代数幾何符号に関する研究
  • 系列に関する研究
  • 巡回符号に関する研究