KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

安田 直史ヤスダ タダシ

プロフィール

所属部署名社会連携推進センター
職名教授
学位医学博士、公衆衛生修士
専門国際保健、国際協力
ジャンル国際情勢/国際社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1510-yasuda-tadashi.html
ホームページURL
メールアドレスyasuda0403[at]kindai.ac.jp
Last Updated :2018/08/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    グローバル化する世界での保健問題(特に開発途上国の感染症、HIV、母子保健、災害)の状況と日本との関係・影響。それに対する科学的進歩と国連、各国の対応など。

学歴・経歴

学歴

  • 1999年07月 - 2000年05月, ジョンズホプキンス大学, 公衆衛生大学院
  • 1978年04月 - 1984年03月, 大阪大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   2016年07月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2012年05月,  - 2016年06月, 国連児童基金 タンザニア事務所(保健マネジャー)
  •   2010年09月,  - 2012年06月, 国連児童基金 ベトナム事務所(HIV專門官)
  •   2005年05月,  - 2010年09月, 国連児童基金 ミャンマー事務所(HIV専門家)
  •   2000年07月,  - 2005年04月, 国立国際医療センター(医師)
  •   2001年05月,  - 2003年01月, タイ エイズ予防・包括ケアプロジェクト(JICA)(チーフアドバイザー)
  •   1995年01月,  - 1999年06月, 八尾市立病院(医長)
  •   1993年11月,  - 1994年11月, 国際協力事業団(外傷管理専門家)
  •   1992年07月,  - 1993年10月, 町立内海病院(医長)
  •   1988年07月,  - 1992年06月, 大阪大学
  •   1986年06月,  - 1988年06月, 大阪府立成人病センター(レジデント)
  •   1985年07月,  - 1986年05月, 千里救命救急センター(レジデント)
  •   1984年08月,  - 1985年06月, 大阪大学附属病院(研修医)

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード

  • 保健システム, 予防接種, HIV 対策, 母子保健, 国際保健

論文

  • Demographic, socio-economic, behavioral and clinical factors predicting virologic failure with generic fixed-dose combination antiretroviral therapy before universal health insurance coverage in northern Thailand., Tsuchiya N, Pathipvanich P, Yasuda T, Mukoyama Y, Rojanawiwat A, Matsubayashi T, Saeng-aroon S, Auwanit W, Matsuyama A, Sawanpanyalert P, Ariyoshi K, The Southeast Asian journal of tropical medicine and public health, 40, 1, 71, 82,   2009年01月, 査読有り
  • HIV/AIDS制圧を目指す多角的予防・ケアサポート政策, 湯浅 資之、安田 直史、中原 俊隆, 公衆衛生, 70, 12, 991, 994,   2006年, 査読有り
  • 東アジアにおけるHIV/AIDS流行の現状と課題(第18回日本エイズ学会国際シンポジウムより), 安田直史, 樽井正義, 木原正博, 日本エイズ学会誌, 7, 2, 77, 82,   2005年05月20日
  • 東南アジアにおけるHIV感染症の状況, 有吉紅也、安田直史, 日本医事新報, 4218, 110, 111,   2005年
  • エイズ対策は成功したか 成功したタイのエイズ予防対策, 安田直史, 宮本英樹, 公衆衛生, 67, 12, 914, 919,   2003年12月15日
  • Post-flood--infectious diseases in Mozambique., Kondo H, Seo N, Yasuda T, Hasizume M, Koido Y, Ninomiya N, Yamamoto Y, Prehospital and disaster medicine, 17, 3, 126, 133,   2002年07月, 査読有り
  • Identification of novel pancreas-specific regulatory sequences in the promoter region of human pancreatic secretory trypsin inhibitor gene., Yasuda T, Ogawa M, Murata A, Oka Y, Uda K, Mori T., J Biol Chem., 273, 51, 34413, 34421,   1998年, 査読有り
  • 多彩な分化能を呈したAFP産生胃癌の1例, 江口英利, 矢野外喜治, 安田直史, 田中利一, 野村孝, 奥田博, 日本臨床外科医学会雑誌, 58, 6, 1245, 1249,   1997年06月
  • 低血糖発作を頻発したIGF‐II産生直腸癌の1例, 安田直史, 岡見次郎, 武元浩新, 江口英利, 藤田彰一, 田中利一, 矢野外喜治, 野村孝, 奥田博, 日本消化器病学会雑誌, 94, 3, 210, 214,   1997年03月
  • 阪神大震災における現地在住医師と近郊医療機関の行動と役割 アンケート調査を通じて, 中川英刀, 安田直史, 鵜飼卓, 日本救急医学会雑誌, 7, 12, 749, 754,   1996年12月
  • Specific expression of the pancreatic-secretory-trypsin- inhibitor (PSTI) gene in hepatocellular carcinoma., Ohmachi Y, Murata A, Matsuura N, Yasuda T, Yasuda T, Monden M, Mori T, Ogawa M, Matsubara K., Int J Cancer., 55, 5, 728, 734,   1994年, 査読有り
  • Overexpression of pancreatic secretory trypsin inhibitor in pancreatic cancer. Evaluation of its biological function as a growth factor., Ohmachi Y, Murata A, Matsuura N, Yasuda T, Uda K, Mori T., Int J Pancreatol. , 15, 1, 65, 73,   1994年, 査読有り
  • Enhanced attachment and elastase-releasing capacity of neutrophils after surgery. , Oka Y, Murata A, Nishijima J, Yasuda T, Hiraoka N, Ohmachi Y, Yasuda T, Kitagawa K, Toda H, Tanaka N, et al, Am J Surg., 167, 4, 405, 411,   1994年, 査読有り
  • Expression of the pancreatic secretory trypsin inhibitor gene in the liver infected with hepatitis B virus. , Ohmachi Y, Murata A, Yasuda T, Kitagawa K, Yamamoto S,, J Hepatol., 21, 6, 1012, 1016,   1994年, 査読有り
  • Identification of the IL-6-responsive element in an acute-phase-responsive human pancreatic secretory trypsin inhibitor-encoding gene., Yasuda T, Ogawa M, Murata A, Ohmachi Y, Yasuda T, Mori T, Matsubara K. , Gene, 131, 2, 275, 280,   1993年, 査読有り
  • EGF,EGF‐R,FN‐R陽性を示したヒト腺癌細胞株(GAC‐1)の樹立, 大間知祥孝, 村田厚夫, 松浦成昭, 安田直史, 安田卓司, 高田直樹, 岡義雄, 平岡伸章, 森武貞, Hum Cell, 5, 3, 267, 272,   1992年09月
  • Circulating interleukin 6 as a useful marker for predicting postoperative complications. , Oka Y, Murata A, Nishijima J, Yasuda T, Hiraoka N, Ohmachi Y, Kitagawa K, Yasuda T, Toda H, Tanaka N, et al., Cytokine, 4, 4, 298, 304,   1992年, 査読有り
  • すい癌組織における線維化機序に関する研究 特に線維芽細胞増殖に及ぼす培養すい癌細胞とPSTIの影響について, 大間知祥孝, 村田厚夫, 安田直史, 松浦成昭, 西部俊三, 新居延高宏, 西島準一, 小川道雄, 森武貞, すい臓, 6, 5, 533, 541,   1991年10月
  • Radioisotopic detection of portal hemodynamic changes after liver surgery., Yasuda T, Sasaki Y, Imaoka S, Shibata T, Wada H, Iwanaga T, Hasegawa Y., Eur J Radiol., 13, 2, 118, 121,   1991年, 査読有り
  • Inhibitory effect of pentoxifylline and prostaglandin E1 on the release of neutrophil elastase from FMLP-stimulated neutrophils. , Oka Y, Murata A, Nishijima J, Hiraoka N, Yasuda T, Kitagawa K, Ogawa M, Mori T. , J Med, 22, 6, 371, 382,   1991年, 査読有り
  • Expression of alpha-amylase isozymes in human thyroid tissues. , Doi S, Tomita N, Higasiyama M, Yokouchi H, Horii A, Yasuda T, Kobayashi T, Takai S, Ogawa M, Mori T, Matsubara K., Cancer Res., 51, 13, 3544, 3549,   1991年, 査読有り
  • 重症すい炎の病態と治療 重症すい炎における多臓器障害の発生機序と対策, 岡義雄, 小川道雄, 村田厚夫, 西じま準一, 宮内啓輔, 宇田憲市, 新居延高宏, 安田直史, 森武貞, 月刊消化器科, 13, 3, 330, 333,   1990年09月
  • 侵襲時の血中cytokineの変動と急性相反応物質誘導の機序, 村田厚夫, 小川道雄, 安田直史, 岡義雄, 大間知祥孝, 平岡伸章, 森武貞, 日本外科学会雑誌, 91, 9, 1162, 1165,   1990年09月
  • 肝切除前後における門脈循環動態および肝組織血流量の変動 133Xe門脈シンチグラフィーによる検討, 安田直史, 佐々木洋, 今岡真義, 柴田高, 和田尚, 永野浩昭, 岩永剛, 中野俊一, 長谷川義尚, 日本消化器外科学会雑誌, 23, 7, 1838, 1841,   1990年07月
  • 肝細胞癌の肝静脈内腫よう栓に対するlipiodol併用動注化学塞栓療法の効果 肝切除例2例の検討, 三好康雄, 佐々木洋, 今岡真義, 柴田高, 安田直史, 和田尚, 永野浩昭, 石川治, 岩永剛, 日本消化器外科学会雑誌, 23, 5, 1168, 1172,   1990年05月
  • Serum immunoreactive pancreatic phospholipase A2 in patients with various malignant tumors. , Oka Y, Ogawa M, Matsuda Y, Murata A, Nishijima J, Miyauchi K, Uda K, Yasuda T, Mori T., Enzyme, 43, 2, 80, 88,   1990年, 査読有り
  • Response to IL-6 stimulation of human hepatoblastoma cells: production of pancreatic secretory trypsin inhibitor., Yasuda T, Ogawa M, Murata A, Oka Y, Uda K, Mori T., Biol Chem Hoppe Seyler., 371, s, 95, 100,   1990年, 査読有り
  • Serum interleukin 6, C-reactive protein and pancreatic secretory trypsin inhibitor (PSTI) as acute phase reactants after major thoraco-abdominal surgery., Murata A, Ogawa M, Yasuda T, Nishijima J, Oka Y, Ohmachi Y, Hiraoka N, Niinobu T, Uda K, Mori T., Immunol Invest. , 19, 3, 271, 278,   1990年, 査読有り
  • 胃全摘出後のインスリン併用高カロリー輸液中に発生した抗インスリン抗体と低血糖発作の検討, 安田直史, 石川治, 大東弘明, 古河洋, 今岡真義, 岩永剛, 笹隅富治子, 日本外科学会雑誌, 90, 6, 949, 952,   1989年06月
  • すい疾患とすい酵素 特にすい癌マーカーとしての血中すい酵素について, 小川道雄, 村田厚夫, 宮内啓輔, 宇田憲市, 土居貞幸, 横内秀起, 岡義雄, 安田直史, 森武貞, 臨床科学, 25, 5, 606, 615,   1989年05月
  • ARDSに対する経気道的ウリナスタチン(ミラクリッド)投与の試み, 柴田高, 佐々木洋, 今岡真義, 石川治, 大東弘明, 安田直史, 和田尚, 永野浩昭, 岩永剛, 新薬と臨床, 38, 3, 445, 449,   1989年03月
  • 増殖因子としてのすい分泌性トリプシン・インヒビターの作用機序の解析と悪性腫よう治療への応用, 小川道雄, 安田直史, 新居延高宏, 村田厚夫, 森武貞, がん治療のあゆみ, 9, 63, 70,   1989年
  • 肝細胞癌切除例に対する遠隔成績向上への術前TAEの有効性 主としてリピオドール・シスプラチン・サンドウィッチ療法, 柴田高, 佐々木洋, 今岡真義, 安田直史, 和田尚, 石川治, 大東弘明, 岩永剛, 藤田真, 癌と化学療法, 15, 8 Pt 2, 2514, 2519,   1988年08月
  • 脂防乳剤配合one‐pack高カロリー輸液の使用経験 とくに高TG血症患者における投与方法について, 三好康雄, 安田直史, 小山博記, 今岡真義, 土井修, 岩永剛, JJPEN, 9, 6, 855, 858,   1987年11月
  • 東南アジアにおけるHIV/AIDS流行の現状と課題, 有吉紅也、安田直史, 日本医事新報, 4218, 110, 111,   2005年

書籍等出版物

  • 災害医学, 山本保博、鵜飼卓、杉本勝彦監修, 分担執筆, 3.災害の疫学 pp17-23, 南山堂,   2002年
  • トリアージ(その実際と意義), 山本保博、国際災害研究会編集, 分担執筆, 荘道社,   1999年

講演・口頭発表等

  • 小児保健(特にChild Survival)をめぐる政策、イニシアティブの推移・効果と今後の課題についてー文献レビューとキーインフォーマントインタビューによる考察, 安田直史, 日本国際保健医療学会総会,   2017年11月26日
  • アフリカ諸国における金銭的報奨制度(P4P/PBF)の効果の検討, 安田直史, 日本公衆衛生学会総会,   2017年10月31日
  • 2011 Tsunami Disaster and UNICEF's Emergency Response. , Tadashi Yasuda, Osaka University Forum on “Disaster Prevention, Post-Disaster Reconstruction and International Cooperation”,   2011年, 招待有り
  • PMTCT data for prevalence mapping and monitoring the response- - - Usefulness of PMTCT data in place of surveillance data - - -, Yasuda Tadashi, Ohnmar Aung, Tin Htut, Thaingi Aung, Khin Ohnmar San,, International AIDS conference,   2010年
  • Study on Access to Care, Treatment, and Support for Children and Women with HIV and AIDS among Communities of Ethnic Minority People in Vietnam, Chu Quoc An, Do Huu Thuy, Luu Thi Hong, Duong Hai Ngoc, Nguyen Ngoc Trieu, Tadashi Yasuda, Trinh Huu Vach,, International Congress on AIDS in Asia and the Pacific,   2011年
  • 医師として国際保健医療協力に携わるということ <特別講演>, 安田直史, 第2回大阪大学医学科国際交流セミナー,   2010年, 招待有り
  • タイ国ランパーン県におけるジェネリック抗HIV薬治療失敗に影響する人類学的,社会的,行動学的,臨床的因子の研究, 土屋菜歩, PATHIVANICH Panita, 安田直史, SANWAYANWALERT Pathom, 有吉紅也, 日本エイズ学会誌,   2007年11月20日
  • タイ国ランパーン県におけるHAART療法治療失敗の関連因子とアドヘレンスモニタリング・評価方法に関する研究, 土屋菜歩, PATHIVANICH Panita, 安田直史, 向山由美, SAWANPANYALERT Pathom, 有吉紅也, Trop Med Health,   2006年10月
  • Study of risk factors influencing antiretroviral drug treatment failure among HIV/AIDS patients attending a government hospital in northern Thailand., Panita Pathipvanich, Archawin Rojanawiwat, Siriphan Seangaroon, Jirawan Srisawat, Yumi Mukoyama, Hideki Miyamoto, Tadashi Yasuda, Wattana Auwanit, Koya Ariyoshi, Pathom Sawanpanyalert, International AIDS conference, Bangkok, Thailand,   2004年
  • Extramarital sex among people living in crowded communities in Bangkok., Orratai Rhucaroenpornpanich, Yasuda Tadashi, Chawin Sirinak, Ubonrat Thanarujiwong, , International AIDS conference, Bangkok, Thailand,   2004年
  • HIV/AIDS care services for asymptomatic HIV-infected persons in Northern Thailand. , Tasana Leusaree, Sakchai Dettrairat, Unchalee Pultajuk, Ratana Chaifongsri, Darawadee Nunthakwang, Pimjai Satasit, Chiyoko Mori, Tadashi Yasuda, Ying Ru Lo, International AIDS conference, Bangkok, Thailand,   2004年
  • PLHA involvement in healthcare system for provision of antiretroviral therapy in northern Thailand., Panpanich R, Sornchai P, Tadashi Y, Leuseree T, Khemngern P, Vitsupakorn K, International AIDS conference, Bangkok, Thailand,   2004年
  • HIV/TB perception among dense population in Bangkok, Thailand., O Rhucaroenpornpanich, Y. Tadashi, C Sirinak, W. Lewluck, U Thanarujiwong,, International AIDS conference, Bangkok, Thailand,   2004年
  • HIV Testing Behavior and HIV Voluntary Testing and Counseling Experiences among Dense Populations in Bangkok, Thailand, Yasuda Tadashi, Orratai Rhucharoenpornpanich, Chawin Sirinak, Ubonrat Thanarujiwong,, International Congress on AIDS in Asia and the Pacific,   2005年
  • バンコクの密集居住地におけるHIVテスト受検行動に関する研究, 安田直史, RHUCHAROENPORNPANICH Orratai, 国際保健医療,   2004年10月
  • HIV感染者のケア・ARV治療に関するアジア・アフリカ諸国の現状分析, 若杉なおみ, 西山綾子, 岩永典子, 安田直史, 岡慎一, 国際保健医療,   2004年10月
  • わが国の感染症対策における国際貢献―エイズ対策。ODA 評価セミナー 世界の感染症流行に対する日本の貢献 <基調講演>, 安田直史, ODA 評価セミナー 世界の感染症流行に対する日本の貢献:沖縄感染症対策イニシアティブ(IDI)中間評価と今後の取り組み。,   2004年, 招待有り
  • タイにおけるHIV・AIDSケアの状況の変化, 安田直史, 宮本英樹, 森千代子, 日本熱帯医学会雑誌,   2003年10月10日
  • The progress of HIV/AIDS care system in northern Thailand,, Yasuda Tadashi, Miyamoto Hideki, Mori Chiyoko,, 日本国際保健医療学会,   2003年
  • Development of guiding tool for assessing and monitoring TB program in HIV prevalent area: Facilitating District’s Responses to the Dual Epidemic in Northern Thailand., Suthat Mahawanasri, Petchsri Sirinirund, Chalong Arkarachinores, Masami Fujita, Yutaka Ishida, Chiyoko Mori, and Tadashi Yasuda, International Congress on AIDS in Asia and the Pacific, Melbourne, Australia,   2001年
  • Network development for HIV/AIDS care - Where community care meets the health system -, Yasuda Tadashi, Miyamoto Hideki, Mori Chiyoko,, International Conference on Home and Community based Care for People Living with HIV/AIDS, Chiang Mai, Thailand,   2001年
  • Reducing the burden of motorcycle injury in a rural state of Malaysia., 安田直史, Johns Hopkins symposium, Baltimore, USA,   2000年
  • Pancreatic Secretory Trypsin Inhibitor as a fibroblast growth factor., Yasuda Tadashi, Michio Ogawa., International conference on proteinase and proteinase inhibitor, Ljubljana, Yugoslavia,,   1998年, 招待有り
  • 中心国における保健医療ニーズ, 安田直史、黒木啓文, 国際保健医療学会,   1994年
  • 非膵疾患における血中膵phospholipase A-2(PLA-2)測定の意義, 西島準一、小川道雄、岡義雄、村田厚夫、安田直史、宇田憲一、新居延高宏、松田泰樹、森武貞, 第35回日本消化器外科学会総会,   1990年
  • 重症膵炎に合併する多臓器不全の発生防止に関する実験的検討, 岡義雄、小川道雄、村田厚夫,西島準一、宮内啓輔、宇田憲市、安田直史、大間知祥孝、平岡伸章、森武貞,, 第35回日本消化器外科学会総会,   1990年
  • IL‐6による培養ヒト肝癌細胞からのすい分泌性トリプシンインヒビター(PSTI)の分泌, 安田直史, 小川道雄, 村田厚夫, 岡義雄, 大間知祥孝, 平岡伸章, 宇田憲市, 日本臨床代謝学会記録,   1989年
  • 侵襲・生体反応を知るための新しいマーカーとしての血中PSTIについて, 宇田憲市, 小川道雄, 岡義雄, 安田直史, 西じま準一, 宮内啓輔, 村田厚夫, 森武貞, 日本臨床代謝学会記録,   1989年
  • 悪性腫ようが産生するすい分泌性trypsin inhibitor(PSTI)の生理的作用, 村田厚夫, 小川道雄, 安田直史, 岡義雄, 奥邦彦, 東山聖彦, 宇田憲市, 森武貞, 日本臨床代謝学会記録,   1989年
  • 重症すい炎時の多臓器障害発生における活性化好中球の関与, 岡義雄, 小川道雄, 村田厚夫, 宇田憲市, 安田直史, 奥邦彦, 森武貞, 日本臨床代謝学会記録,   1989年
  • 「世界のいのち」と「日本のいのち」<特別講演>, 安田直史, 緒方洪庵生誕200周年記念公開講座,   2010年, 招待有り
  • 肝切除前後における肝組織血流量の測定とその意義 : 経脾門脈シンチグラフィーによる検討, 安田直史、佐々木洋、今岡真義、柴田高、和田尚、大東弘明、亀山雅男、平塚正弘、石川治、甲利幸、福田一郎、古河洋、岩永剛、長谷川義尚、中野俊一,, 第32回日本消化器外科学会総会,   1988年
  • 肝細胞癌に対するリピオドール併用TAEの検討:軟線写真像と病理所見との比較, 佐々木洋、今岡真義、柴田高、安田直史、大東弘明、亀山雅男、平塚正弘、石川治、甲利幸、福田一郎、古河洋、岩永剛,, 第31回日本消化器外科学会,   1988年
  • 胃全摘出術後のインスリン併用高カロリー輸液中に, 抗インスリンの発生と低血糖症状を示した1例, 安田直史、石川治、大東弘明、亀山雅男、平塚正弘、古河洋、今岡真義、小山博記、岩永剛, 第31回日本消化器外科学会総会,   1987年
  • 北タイの病院における抗レトロウィルス薬治療結果に影響を与える要因の分析, 安田直史, 第18回日本エイズ学会,   2004年

競争的資金

  • 国立国際医療研究センター, 国際医療研究開発, ミャンマーにおけるASEAN域内資格相互認証と保健人材の意欲と定着に与える影響に関する研究, 安田直史

教育活動情報

担当経験のある科目

  • グローバルヘルス概論, 近畿大学医学部
  • 科学的問題解決法, 近畿大学農学部
  • 環境医学実習(国際保健), 大阪大学医学部
  • 医学から見た国際社会と日本, 近畿大学医学部
  • 演習(ゼミナール), 近畿大学総合社会学部
  • 基礎講読, 近畿大学総合社会学部