KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

尾﨑 嘉彦オザキ ヨシヒコ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/食品安全工学科長/学生部長補佐/学生委員会委員長/国際交流委員会委員長/ハラスメント防止委員会委員長
学位博士(農学)
専門食品化学、応用微生物学
ジャンル経営・産業/産業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/132-ozaki-yoshihiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    果物の機能性と機能性を活用する加工技術について研究しています。特にかんきつ類や梅の成分についての機能性の利用法や、酵素剤を用いての高品位一次加工品の製造技術の開発を手がけています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/12/16
     NHK総合「あさイチ」
     ゆずの効果について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1994年10月, 大阪府立大学, 博士(農学)学位取得(乙第789号)
  • 1983年04月 - 1987年03月, 大阪府立大学, 農学部, 農芸化学科

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2011年04月,  - 2012年03月, (独)農研機構果樹研究所(上席研究員)
  •   2010年04月,  - 2011年03月, (独)農研機構果樹研究所(上席研究員)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, (独)農研機構果樹研究所(主任研究員)
  •   2003年04月,  - 2007年03月, 和歌山県工業技術センター(主査研究員)
  •   2000年01月,  - 2003年03月, 和歌山県工業技術センター(副主査研究員)
  •   1996年04月,  - 1999年12月, 和歌山県工業技術センター(研究員)
  •   1989年10月,  - 1990年09月, US. Dept. of Agriculture , Agricultural Research Service(Foreign research associate)
  •   1989年04月,  - 1996年03月, 和歌山アグリバイオ研究センター(研究員)
  •   1987年04月,  - 1989年03月, 社団法人 和歌山県農産物加工研究所(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 生物生産化学・生物有機化学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • 酵素剥皮, 果実加工, 酵素, 食品機能, ペクチン, リモノイド, カンキツ, ウメ, カキ

論文

  • Characterization of Phenolics in the Flesh Tissue of ’Tsuyuakane' a Red Flesh Type of Japanese Apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.) and its Effect on Postprandial Blood Glucose Levels in Rats, HORINISHI Asako, YUKIMOTO Ryo, HIGASHIDE Kohei, KISHIDA Kunihiro MORI Hajime, OZAKI Yoshihiko, Food Preservation Science, 43, 4, 153, 162,   2017年07月, 査読有り
  • Procyanidin Concentrations and H-ORAC of Apples Cultivated in Japan, Mina Obara, Saeko Masumoto, Yuko Ono, Yoshihiko Ozaki, Toshihiko Shoji, Food Science and Technology Research, 22, 4, 563, 568,   2016年09月, 査読有り
  • Recent Progress in Technologies for Enzymatic Peeling of Fruit, Masaki NOGUCHI, Yoshihiko OZAKI & Jun-ichi AZUMA, JARQ : Agricultural Research Quarterly, 49, 4, 313, 318,   2015年10月, 査読有り
  • Suppression of intestinal carcinogenesis in Apc-mutant mice by limonin., Shimizu S, Miyamoto S, Fujii G, Nakanishi R, Onuma W, Ozaki Y, Fujimoto K, Yano T, Mutoh M, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 57, 1, 39, 43,   2015年07月, 査読有り
  • ラット肝臓脂質代謝関連遺伝子発現に与えるカンキツリモノイドの影響, 岸田邦博, 鈴木雅也, 井原勇人, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会誌, 41, 2, 51, 58,   2015年03月, 査読有り
  • MICROBIOLOGICAL AND VISUAL QUALITY OF ENZYMATICALLY PEELED BABY PERSIMMONS STORED IN HIGH CO2 CONTROLLED ATMOSPHERES, H. Izumi, Y. Murakami, M. Ishimaru , Y. Ozaki, ISHS Acta Horticulturae, 1071, 203, 209,   2015年02月, 査読有り
  • Phenolic Extract from Japanese Apricot Fruit (Prunus Mume Sieb et Zucc.) Inhibits Disaccharidase Activity in the Small Intestine and Suppresses the Postprandial Elevation of Glucose Levels in Rats, KISHIDA Kunihiro, SUZUKI Masaya, HEYA Yuichi, YAMAZAKI Yudai, HORINISHI Asako, OZAKI Yoshihiko, 日本食品保蔵科学会誌, 40, 3, 119, 125,   2014年05月, 査読有り
  • 食品系未利用バイオマスの高度利用化の現状と可能性, 阪本龍司, 尾崎嘉彦, 化学と生物, 52, 1, 33, 39,   2014年01月, 査読有り
  • 弱アルカリ水溶液および食品用乳化剤水溶液中での前処理によるカキ果実酵素剥皮工程の改良, 野口真己, 尾崎嘉彦, 東順一, 日本食品科学工学会誌, 60, 10, 582, 588,   2013年10月, 査読有り
  • ウンシュウミカン加工副産物の抽出物から溶媒への溶解性の差を利用してβ‐クリプトキサンチンを精製する方法, 小川一紀, 尾崎嘉彦, 杉浦実, 日本食品科学工学会誌, 60, 9, 498, 508,   2013年09月, 査読有り
  • Phenolics profile of mume, Japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.) fruit., Mitani T, Horinishi A, Kishida K, Kawabata T, Yano F, Mimura H, Inaba N, Yamanishi H, Oe T, Negoro K, Mori H, Miyake Y, Hosoda A, Tanaka Y, Mori M, Ozaki Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 1623, 1627,   2013年, 査読有り
  • Microbiological Quality and Shelf Life of Enzyme-peeled Fresh-cut Persimmon Slices Stored in High CO2 Atmospheres, Yukari Murakami, Yoshihiko Ozaki, and Hidemi Izumi, HORTSCIENCE, 47, 12, 1758, 1763,   2012年12月, 査読有り
  • Mechanical properties of fruit-cuticular membranes isolated from 27 cultivars of Diospyros kaki Thunb., Shuntaro Tsubaki · Yoshihiko Ozaki · Keizo Yonemori · Jun-ichi Azuma ·, Food Chemistry, 132, 4, 2135, 2139,   2012年06月, 査読有り
  • Microbiological and Physicochemical Quality of Enzymatically Peeld Persimmon Fruit for Fresh-cut Slices, Yukari Murakami, Yoshihiko Ozaki, and Hidemi Izumi, HortScience, 47, 3, 382, 385,   2012年03月, 査読有り
  • ウメポリフェノール組成の解析とポリフェノール含量を高める糖抽出果汁の製造方法の開発, 尾崎 嘉彦, 大西 由里子, 我藤 伸樹, 果汁協会報, 果汁協会報, 634, 1, 7,   2011年06月, 査読有り
  • Microwave Heating for Solubilization of Polysaccharide and Polyphenol from Soybean Residue (Okara), TSUBAKI Shuntaro, NAKAUCHI Michiyo, OZAKI Yoshihiko, AZUMA Jun-ichi, Food science and technology research, Food science and technology research, 15, 3, 307, 314,   2009年05月, 査読有り
    概要:Okara, a soybean by-product of tofu production, was treated with microwave irradiation in water for solubilization of its components. The solubilization rate increased with increasing temperature and reached higher than 70% around 200°C with a heating time of 7 min. The main solubilized components were neutral carbohydrates consisting of arabinose and galactose, while the residues were mainly composed of cellulose. LV-SEM images confirmed solubilization of cell wall components. Production of new polyphenolic compounds that have antioxidant activity was observed above 180°C. The heating temp...
  • 身近な野菜・果物--その起源から生産・消費まで(6)ウメ--ウメの加工と機能性研究, 尾崎 嘉彦, 日本食品保蔵科学会誌, 日本食品保蔵科学会誌, 34, 5, 283, 290,   2008年09月, 査読有り
  • 身近な野菜・果物~その起源から生産・消費まで(4)カンキツ(III), 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会誌, 34, 4, 215, 223,   2008年07月, 査読有り
  • 市販野菜の微生物的評価, 泉 秀実, 長野 美緒, 尾崎 嘉彦, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 13, 15, 22,   2004年02月28日
    概要:市販野菜のバクテリアルフローラを調査した。キュウリ,レタス,ホウレンソウおよびニンジンの一般生菌数と大腸菌群数は,それぞれ4.5〜6.5logCFU/gと3.3〜4.3logCFU/gであるのに対して,トマト,タマネギおよびニンニクの細菌数は検出限界値(2.4logCFU/g)以下であった。キュウリ,レタスおよびニンジンでは,外部組織のほうが内部組織よりも対数値で1〜3程度高い細菌数を示したが,ホウレンソウでは両組織間に差は見られなかった。ニンジンとホウレンソウでは,グラム陰性菌が主体をなしたのに対して,キュウリではグラム陽性菌とグラム陰性菌がほぼ同程度検出された。ニンジン,ホウレンソウおよびキュウリから頻繁に検出された細菌は,グラム陽性菌ではCurtobacterium属菌,Staphylococcus属菌およびEnterococcus属菌で,グラム陰性菌ではPseudomonas属菌,Agrobacterium属菌,Stenotrophomonas属菌,Enterobacter属菌,Pantoea属菌およびKlebsiella属菌であった。なお,いずれの野菜からも食性病原細菌は検出されなかった。
  • 本邦産カンキツ果実のリモノイド配糖体含量およびそれに及ぼす発育中の着果位置の影響, 尾崎嘉彦, 宮本久美, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会誌, 29, 3, 135, 140,   2003年05月31日
  • 合成フェルラ酸誘導体の抗菌活性, 中内 道世, 池本 重明, 山西 妃早子, 尾崎 嘉彦, 築野 卓夫, 野村 英作, 細田 朝夫, 谷口 久次, 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science, 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science, 28, 4, 183, 188,   2002年07月31日
  • 市販野菜のバクテリアルフローラについて, 泉 秀実, 矢野 泉, 松本 博子, 尾崎 嘉彦, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 71, 1,   2002年04月03日
  • Syntheses of ferulic acid derivatives and their suppressive effects on cyclooxygenase-2 promoter activity., Hosoda A, Ozaki Y, Kashiwada A, Mutoh M, Wakabayashi K, Mizuno K, Nomura E, Taniguchi H, Bioorganic & medicinal chemistry, 10, 1189, 1196,   2002年04月, 査読有り
  • Hesperetin 7-glucoside の調製を目的としたヘスペリジンの加水分解, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 丸山 和之, 三宅 正起, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 43, 11, 1212, 1218,   1996年11月15日
  • 温州ミカン果実,果汁および加工副産物中のリモノイド配糖体について, 尾崎嘉彦, 三宅正起, 稲葉伸也, 綾野茂, 伊福靖, 長谷川信, 果汁協会報, 443, 28, 34,   1994年11月
  • 酵素利用による温州ミカン搾汁粕からのヘスペリジンの抽出,回収, 稲葉伸也, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 三宅正起, 前田久夫, 伊福靖, 日本食品工業学会誌, 40, 12, 833, 840,   1993年12月
  • カンキツのリモノイドに関する研究 バレンシアオレンジの成長,成熟過程におけるリモノイドおよびその配糖体の挙動, 三宅正起, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 稲葉伸也, 前田久夫, 伊福靖, FONG C H, 長谷川信, 果汁協会報, 419, 19, 25,   1992年11月
  • 超臨界二酸化炭素によるリモノイドの抽出, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 稲葉伸也, 三宅正起, 前田久夫, 伊福靖, 長谷川信, 日本食品工業学会誌, 39, 8, 684, 689,   1992年08月
  • キハダのリモノイド, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 前田 久夫, 伊福 靖, 長谷川 信, 藥學雜誌, 藥學雜誌, 112, 5, 343, 347,   1992年05月25日
    概要:Limonoids and their glucosides in the seeds and barks of Phellondendron amurense (Kihada) were analyzed. The seeds contained limonin (1950 ppm), obakunone (20 ppm), limonin 17-β-D-glucopyranoside (820 ppm) and obakunone 17-β-D-glucopyranoside (1360 ppm). The barks contained limonin (6760 ppm), obakunone (1240 ppm) and nomilin (270 ppm).
  • Limonoid Glucosides in Juices of Satsuma Mandarin (Citrus unshiu Marc.), OZAKI Yoshihiko, AYANO Shigeru, MIYAKE Masaki, MAEDA Hisao, IFUKU Yasushi, HASEGAWA Shin, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 56, 5, 836, 837,   1992年05月23日
  • キハダのリモノイド, 三宅正起, 稲葉伸也, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 前田久夫, 伊福靖, 長谷川信, 薬学雑誌, 112, 5, 343, 347,   1992年05月
  • サワーオレンジ種子のリモノイド, 三宅正起, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 長谷川信, HERMAN Z, 日本農芸化学会誌, 66, 1, 31, 34,   1992年01月
  • カラタチ種子のリモノイド, 三宅正起, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 前田久夫, 伊福靖, HERMAN Z, FONG C H, 長谷川信, 日本農芸化学会誌, 65, 9, 1347, 1349,   1991年09月
  • Limonoid Glucosides in Citrus Seeds(Food & Nutrition), OZAKI Yoshihiko, FONG Chi H., HERMAN Zareb, MAEDA Hisao, MIYAKE Masaki, IFUKU Yasushi, HASEGAWA Shin, Agricultural and Biological Chemistry, Agricultural and Biological Chemistry, 55, 1, 137, 141,   1991年01月23日
    概要:The amounts of limonoid glucosides were measured in the seeds of grapefruit (Citrus paradisi), lemon (C. limon), Valencia orange (C. sinensis), tangerine (C. reticulata), Fukuhara (C. sinensis Osbeck Hort), Hyuganatsu (C. tamurana Hort. ex Tanaka), Shimamikan (C. kinokuni Hort. ex Tanaka) and Sanbokan (C. sulcata Hort. ex Takahashi). All the seeds contained 17-β-_D-glucopyranosides of limonin, nomilin, obacunone, deacetylnomilin, nomilinic acid and deacetylnomilinic acid. The total limonoid glucoside content ranged from 0.31 to 0.87% of the dry weight. The concentration of nomilin glucoside...
  • カンキツ種子からの中性リモノイドの抽出に関する研究, 三宅 正起, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 前田 久夫, 伊福 靖, 長谷川 信, 日本農芸化学会誌, 日本農芸化学会誌, 65, 6, 987, 992,   1991年
    概要:Limonoid caused bitterness in citrus juices is a major problem in the citrus industry. Recently limonoids were found to possess anticarcinogenic and insecticidal activities. In this study, we developed an effective method for extracting neutral limonoids from Natsudaidai seeds. Extraction of neutral limonoids from Natsudaidai seeds depended upon the solvents used, time of extraction and methods of sample preparation prior to extraction. Solvent extraction methods were less effective than the enzyme method. This clearly showed that seeds contain two forms of limonoids, dilactones and monolactones. The enzyme methods was the most effective for extracting neutral limonoids from Natsudaidai seeds. This method extracted both dilactones and monolactones, whereas the solvent methods extracted mainly dilactones. Seeds were ground in O.1M Tris buffer at pH 7.0 and incubated for least 20 hr at room temperature. The mixture was then acidified and extracted with dichloromethane.
  • ハッサク果実のリモノイド配糖体, 前田 久夫, 尾崎 嘉彦, 三宅 正起, 伊福 靖, 長谷川 信, 日本農芸化学会誌, 日本農芸化学会誌, 64, 7, 1231, 1234,   1990年
    概要:Limonin 17-β-D-glucopyranoside, total limonoid glucosides and limonin in the juice, pericarp and endocarp of hassaku (C. hassaku Hort. ex Tanaka) were determined by HPLC and TLC. Hassaku juice contained 314 ppm of total limonoid glucosides, whereas pericarp and endocarp tissues contained 2300 ppm and 3100 ppm, respectively, on dry basis. Limonin 17-β-D-glucopyranoside was the predominant glucoside derivative in the juice (148ppm, 47% of total limonoid glucosides). However, nomilin 17-β-D-glucopyranoside was the predominant glucoside in the pericarp and endocarp tissues. In addition to limonin and nomilin glucosides, the fruit tissues also contained the glucoside derivatives of typical citrus limonoids, such as nomilinic acid, deacetylnomilinic acid and obacunone.
  • Purification, Crystallization, and Characterization of a Novel Protopectinase from Bacillus subtilis(Biological Chemistry), SAKAI Takuo, IKEMOTO Kiyoto, OZAKI Yoshihiko, Agricultural and Biological Chemistry, Agricultural and Biological Chemistry, 53, 5, 1213, 1223,   1989年05月23日
    概要:We found a novel protopectinase that did not catalyze the degradation of polygalacturonic acid in the culture filtrate of Bacillus subtilis IFO 12113. The enzyme was purified by CM-Sephadex C-50 column chromatography, heat treatment at 60℃, and column chromatography on DEAE-Toyopearl 650M and Toyopearl HW-55S. The enzyme was isolated as a homogeneous protein, and was finally isolated as crystals. The molecular weight of the enzyme was estimated to be 30,000 by gel permeation chromatography and by SDS-polyacrylamide gel electrophoresis, and 29,800 by sedimentation analysis. Its isoelectric p...
  • Protopectin Solubilizing Enzyme That Does Not Catalyze the Degradation of Polygalacturonic Acid(Biological Chemistry), SAKAI Takuo, OZAKI Yoshihiko, Agricultural and Biological Chemistry, Agricultural and Biological Chemistry, 52, 4, 1091, 1093,   1988年04月23日

書籍等出版物

  • 食品酵素化学の最新技術と応用〈2〉展開するフードプロテオミクス (バイオテクノロジーシリーズ), 尾崎 嘉彦, 分担執筆, 第22章微生物酵素によるカキ果実剥皮技術の開発, シーエムシー出版,   2011年11月, 4781304834
  • カット野菜品質・衛生管理ハンドブック, 尾崎 嘉彦, 分担執筆, 第6章9節カットフルーツ, サイエンスフォーラム,   2009年02月, 4916164946
  • 食品機能性の科学, 尾崎 嘉彦, 分担執筆, 第3部 第2章 6節3 リモノイド, 産業技術サービスセンター,   2008年04月, 4915957489
  • ナノテクノロジー時代の含浸技術の基礎と応用, 尾崎 嘉彦, 分担執筆, 応用編第17章食材第2節「酵素含浸による梅干製造」, テクノシステム,   2007年04月, 4924728535
  • 地域特産物の生理機能・活用便覧, 尾崎 嘉彦, 分担執筆, 第5章2節Iウメ, サイエンスフォーラム,   2004年09月, 4916164717
  • Citrus Limonoids: Functional Chemicals in Agriculture and Food (ACS Symposium), American Chemical Society,   2000年07月13日, 0841236518
  • Contribution of Low and Nonvolatile Materials to the Flavor of Foods , 尾崎 嘉彦, 分担執筆, Limonin: A Non-volatile Bitter Principle in Citrus Juice, Allured Pub Corp ,   1996年12月, 0931710502
  • Food Phytochemicals for Cancer Prevention I, 尾崎 嘉彦, 分担執筆, Chapter 15 Biochemistry of Citrus Limonoids and Their Anticarcinogenic Activity, American Chemical Society,   1994年02月, 0841227683

講演・口頭発表等

  • 果実由来のポリフェノールが酵素剥皮に及ぼす影響について, 尾崎 嘉彦, 第26回食の機能と安全研究会,   2017年07月26日, 招待有り
  • 変性β‐グルカンを用いたヒドロキシ桂皮酸類の溶解性向上の試み, 堀西朝子, 鈴木利雄, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2017年06月24日
  • ブドウ果実の水溶性フェノール化合物と酵素による剥皮性についての品種間差の検討, 堀西朝子, 児玉祥基, 滝沢潤, 竹内正彦, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2017年03月05日
  • ハッサクおよびスイートスプリング内皮の市販酵素剤による分解物の糖組成, 堀西朝子,鍛治知幸,宇陀明里,生駒吉識,泉秀実,尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会講演要旨集,   2016年08月26日
  • かんきつ果実の酵素剥皮における 内皮剥皮性の品種間差へのアプローチ, 尾崎 嘉彦, 第22回食の機能と安全研究会,   2016年07月13日
  • カキ果実の酵素剥皮過程における果実由来フェノール性化合物による酵素剤中のPolygalacturonase活性の阻害について, 関拓也、堀西朝子、熊本昌平、尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2016年06月26日
  • カキ果実の酵素剥皮過程における果実由来フェノール性化合物による酵素剤中のPolygalacturonase活性の阻害について, 関拓也, 関拓也, 堀西朝子, 熊本昌平, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2016年06月25日
  •  ウメ'南高'果実貯蔵中のフェノール性化合物の成分変化, 堀西 朝子, 安井 理世, 中村 裕一, 尾崎 嘉彦, 日本農芸化学会2016年度大会講演要旨集,   2016年03月29日
  • ウメ′南高′果実貯蔵中のフェノール性化合物の成分変化, 堀西朝子, 安井理世, 中村裕一, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2016年03月05日
  • 果実類の一次加工品製造への酵素剥皮技術の応用, 尾崎 嘉彦, 平成27年度近畿中国四国農業試験研究推進会議作物生産推進部会食品流通問題別研究会,   2015年12月10日, 招待有り
  • 果物が持つ栄養・機能性と健康, 尾崎 嘉彦, 日高地方食育研修会(和歌山県日高振興局),   2015年11月26日, 招待有り
  • 果実の酵素剥皮技術, 尾崎 嘉彦, 第42回食品の物性に関するシンポジウム,   2015年09月14日, 招待有り
  • Quality and Shelf Life of Enzymatically Peeled and Segmented Citrus Fruits in Japan , Hidemi Izumi, Yuji Nakata, Ayano Inoue, Yoshihiko Ozaki , III International Conference on Fresh-cut Produce,   2015年09月13日, 招待有り
  • かんきつ果実の溶液浸漬による外皮への部分的な損傷の誘導を利用した酵素剥皮工程の簡略化の試み, 鍛治知幸, 池田安輝子, 宇陀明里, 麥田隆介, 堀西朝子, 泉秀実, 生駒吉識, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2015年08月27日
  • 酵素剥皮工程の簡略化の試み  -溶液浸漬により誘導される外皮の部分的な損傷はかんきつアルベド層への酵素液導入の経路となり得るか?-, 尾崎 嘉彦, 第18回食の機能と安全研究会,   2015年07月15日, 招待有り
  • 「露茜」を原料とする梅酒の色調改善に関する研究 III~酸化防止剤添加による色素安定性の向上について~, 小原三奈, 雪本亮, 堀西朝子, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 庄司俊彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日
  • 「ウメ赤肉品種‘露茜’のフェノール性化合物の組成とα‐グルコシダーゼに対する阻害作用」, 堀西朝子, 藤岡優美, 東出晃平, 谷佳樹, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日
  • The Effects of Dietary Cinnamic Acid and p-coumaric Acid on Glucose and Lipid Metabolism in Normal Rats Fed a High-Sucrose Diet, Kunihiro Kishida, Ken Takeshima, Yoshihiko Ozaki, Hayato Ihara, Experimental Biology 2015,   2015年03月28日
  • 梅ポリフェノールの経口投与によるマウス腸内細菌叢改善効果, 島田良美, 香川昴雅, 晋家崇史, 堀西朝子, 尾崎嘉彦, 芦田久, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2015年03月05日
  • ウメ‘露茜’果肉のフェノール性化合物の解析, 堀西朝子, 雪本亮, 谷佳樹, 森一, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2015年03月05日
  • 果実加工の情勢と新しい加工技術, 尾崎 嘉彦, (一社)和歌山県農産物加工研究所 平成26年度専門委員会,   2014年12月11日, 招待有り
  • 果物が持つ栄養・機能と健康, 尾崎 嘉彦, わかやま食と健康フェア 2014(和歌山県農林水産部),   2014年10月26日, 招待有り
  • 果実類の酵素剥皮, 尾崎 嘉彦, 平成26年度独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構「 短期集合研修(農林水産試験研究分野の特許出願の基礎)」及び「研究成果を活かす 知的財産に関する研修(知的財産研修)」,   2014年09月09日, 招待有り
  • オレンジジュースを科学する − 色や味とヒトの健康の維持には関係があるのか? -, 尾崎 嘉彦, 和歌山県立海南高等学校スーパーサイエンスハイスクール特別講義,   2014年07月14日
  • 追熟果実を原料とした「露茜」梅酒の色調について, 尾崎 嘉彦, 第14回食の機能と安全研究会,   2014年07月09日, 招待有り
  • 「露茜」を原料とする梅酒の色調改善に関する研究 II~追熟果実を原料とした梅酒の色調について~, 雪本亮, 小原三奈, 堀西朝子, 岸田邦博, 庄司俊彦, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2014年06月28日
  • リンゴのH‐ORAC値とプロシアニジン含量, 小原三奈, 小野祐子, 尾崎嘉彦, 石川(高野)祐子, 庄司俊彦, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2014年05月22日
  • 梅酢由来ポリフェノール調製物(UP)の構成化合物の解明, 堀西朝子, 葛巻里紗, 部屋雄一, 多中良栄, 三宅靖仁, 高垣昌史, 森一, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2014年03月05日
  • 1‐MCP処理後の高CO2CA貯蔵が酵素剥皮カットカキ“ベビーパーシモン”の品質に及ぼす影響, 中田有祉, 村上ゆかり, 尾崎嘉彦, 石丸恵, 泉秀実, 園芸学研究 別冊,   2013年09月20日
  • Inhibitory effects of phenolic extracts derived from japanese apricot fruit (prunus mume) on rat small intestinal disaccharidase activities, K Kishida , Y Heya , Y Yamazaki , A Horinishi , Y Ozaki, IUNS 20th International Congress of Nutrition,   2013年09月15日
  • 果実(カキ,カンキツ,ナシ,ブドウ,モモ,リンゴ)のH‐ORAC値の測定, 庄司俊彦, 小原三奈, 石川(高野) 祐子, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2013年08月29日
  • 酵素剥皮カンキツの品質特性について, 尾崎 嘉彦, 第10回食の機能と安全研究会,   2013年07月01日
  • フィチン酸処理とCA貯蔵の組合せが酵素剥皮カットカキ“ベビーパーシモン”の褐変抑制に及ぼす影響, 中田有祉, 村上ゆかり, 尾崎嘉彦, 石丸恵, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2013年06月15日
  • 特徴ある梅酒を製造するための酵素含浸法によるアプローチ, 尾崎嘉彦, 第10回 果実酒・果実飲料と健康に関する研究会,   2013年03月09日, 招待有り
  • 梅酢ポリフェノールの食後血糖値上昇抑制作用, 岸田邦博, 部屋雄一, 山崎祐大, 堀西朝子, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2013年06月15日
  • 酵素剥皮カットカキ“ベビーパーシモン”の製造からCA貯蔵中の微生物的品質, 村上ゆかり, 田中敦子, 中田有祉, 石丸恵, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2013年06月15日
  • 攻めの農業の時代の果実加工技術の新展開, 尾崎 嘉彦, 和歌山県果樹新品種研究同志会 平成25年度総会,   2013年05月16日, 招待有り
  • カキ果実に含まれるキチナーゼの同定と精製, 國井沙織, 片桐実菜, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 森本康一, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • 四重極・飛行時間型質量分析計を用いたFlavanol類(catechin,epigallocatechin gallte,procyanidin dimer)のラット尿中代謝物のメタボロミクス解析, 庄司俊彦, 三浦富智, 石川(高野)裕子, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2013年03月05日
  • カキの酵素剥皮法の改良 -適用品種の拡大と省力化-, 野口昌己、尾﨑嘉彦、東順一, STAテクノロジー・ショーケース2013,   2013年01月22日
  • 果実加工における酵素利用技術の新展開 ー高品質一次加工品の創製を目指してー, 尾崎 嘉彦, (社)日本青果物輸入安全推進協会 輸入果物セミナー,   2012年11月29日, 招待有り
  • 酵素剥皮技術を用いたベビーパーシモン生産工程中の微生物的品質, 村上ゆかり, 村田雄基, 石丸恵, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 園芸学研究 別冊,   2012年09月22日
  • カンキツ果実におけるUDP‐グルコース:リモノイド糖転移酵素遺伝子LGT発現のeQTL解析, 原田健太郎, 生駒吉識, 喜多正幸, 吉岡照高, 藤井浩, 遠藤朋子, 島田武彦, 清水徳朗, 尾崎嘉彦, 尾崎嘉彦, 長谷川信, 大村三男, 園芸学研究 別冊,   2012年09月22日
  • ‘突核無’酵素剥皮加工果実(ベビーパーシモン)の品質について, 野口真己, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 園芸学研究 別冊,   2012年09月22日
  • 酵素剥皮によるグレープフルーツ果肉の品質改善―1.栄養成分等に与える影響―, 野口真己, 國永史生, 古田久美子, 庵原啓司, 芦田慎也, 庄司俊彦, 尾崎嘉彦, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2012年08月29日
  • 酵素剥皮によるグレープフルーツ果肉の品質改善―2.カップゼリー中果肉の食感および物性に与える影響―, 國永史生, 野口真己, 庄司俊彦, 尾崎嘉彦, 尾崎嘉彦, 古田久美子, 庵原啓司, 芦田慎也, 日本食品科学工学会大会講演集,   2012年08月29日
  • Flavanol類(catechin,epigallocatechin gallte,procyanidin dimer)のラット尿中代謝物のメタボロミクス解析, 庄司俊彦, 三浦富智, 石川(高野)祐子, 葛西宏介, 尾崎嘉彦, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2012年08月29日
  • カキ果実に含まれるキチナーゼの同定と精製, 國井沙織,片桐実菜,尾﨑嘉彦,森本康一, 食品酵素化学研究会第 12 回学術講演会,   2012年08月25日
  • 酵素剥皮されたカットカキのCA/active MAP貯蔵による微生物制御と品質保持, 村上ゆかり, 村田雄基, 石丸恵, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2012年06月21日
  • 酵素剥皮技術を利用したカンキツの新たな加工品の可能性, 尾崎 嘉彦, 第6回食の機能と安全研究会,   2012年06月04日, 招待有り
  • カキ果実に含まれるポリガラクツロン酸分解酵素阻害タンパク質の精製と阻害活性測定, 國井沙織, 片桐実菜, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 森本康一, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • マイクロ波処理を利用した果実クチクラ膜の簡単な調製法の開発, 東順一, 尾崎嘉彦, 米森敬三, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 四重極・飛行時間型質量分析計を用いたプロシアニジン類のラット尿中代謝物の解析, 庄司俊彦, 三浦富智, 石川(高野)祐子, 葛西宏介, 後藤真生, 神田智正, 中島翔平, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • リンゴ果実クチクラ膜の成長に伴う化学的,力学的性質の変化, 松村由貴, 尾崎嘉彦, 坂本正弘, 東順一, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • カキ果実のクチクラ膜のバイオメカニクス特性に関わるワックスの効果, 椿俊太郎, 杉村和紀, 寺本好邦, 尾崎嘉彦, 東順一, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • ニホンナシ果皮の形態観察―赤ナシと青ナシの比較―, 野口真己, 尾崎嘉彦, 東順一, 園芸学研究 別冊,   2011年09月24日
  • カンキツ品種におけるUDP‐グルコース:リモノイド糖転移酵素遺伝子の配列多型の解析, 原田健太郎, 大村三男, 長谷川信, 喜多正幸, 吉岡照高, 遠藤朋子, 藤井浩, 尾崎嘉彦, 生駒吉識, 園芸学研究 別冊,   2011年09月24日
  • カキ果実の樹上成熟に伴うタンパク質発現量の変化と主要タンパク質の同定, 片桐実菜, 森本康一, 國井沙織, 阪井幸宏, 阪井幸宏, 山西妃早子, 藤原真紀, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2011年09月09日
  • カット加工を前提としたカンキツ内皮の酵素剤による分解除去, 尾崎嘉彦, 野口真己, 松本光, 生駒吉識, 日本食品科学工学会大会講演集,   2011年09月09日
  • 酵素剥皮およびナイフ剥皮されたカットカキの微生物叢と品質, 村上ゆかり, 足立卓弥, 石丸恵, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2011年06月18日
  • セイヨウナシ果皮の品種による差異について, 野口真己, 尾崎嘉彦, 東順一, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2011年06月18日
  • 「露茜」を原料とする梅酒の酵素含浸法による色調改善, 尾崎嘉彦, 庄司俊彦, 小原三奈, 三宅英伸, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2011年06月18日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中の抗酸化成分に関する研究(第4報), 堀西朝子, 川端伴顕, 木村好伸, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 矢野史子, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第2報), 川端伴顕, 堀西朝子, 木村好伸, 森めぐみ, 多中良栄, 小畑俊嗣, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 富有柿と平核無柿の果実の生育に伴うクチクラ膜の変化, 東順一, 椿俊太郎, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 米森敬三, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • LC‐MSによる梅酢ポリフェノールの解析, 山西妃早子, 堀西朝子, 川端伴顕, 木村好伸, 矢野史子, 赤木知裕, 多中良栄, 森めぐみ, 稲葉伸也, 大江孝明, 根来圭一, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 和歌山医学,   2010年12月31日
  • 酵素剥皮技術を用いたカットカキ製造中の微生物叢, 村上ゆかり, 三木秀基, 倉角昌文, 尾崎嘉彦, 泉秀実, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集,   2010年09月27日
  • リンゴ果皮クチクラ膜の形態観察, 野口真己, 尾崎嘉彦, 東順一, 園芸学研究 別冊,   2010年09月19日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中の抗酸化成分に関する研究(第3報), 山西妃早子, 赤木知裕, 堀西朝子, 川端伴顕, 矢野史子, 稲葉伸也, 大江孝明, 根来圭一, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 高脂肪食給与マウスの脂質代謝に及ぼす梅酢ポリフェノールの作用, 矢野史子, 河合良美, 津田愛理, 山西妃早子, 赤木知裕, 堀西朝子, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2010年05月01日
  • 高脂肪飼料の長期給与マウスに及ぼす梅酢ポリフェノールの作用, 河合良美, 津田愛里, 矢野史子, 山西妃早子, 赤木知裕, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2010年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質, 堀西朝子, 川端伴顕, 井上達也, 赤木知裕, 山西妃早子, 稲葉伸也, 矢野史子, 大江孝明, 根来圭一, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2010年03月05日
  • カキ果実Polygalacturonase‐inhibiting proteinの精製と阻害活性の解析, 森本康一, 國井沙織, 阪井幸宏, 中内道世, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,   2009年10月30日
  • カンキツ果実のカット加工適性について, 生駒吉識, 松本光, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2009年09月10日
  • 卵巣摘出ラットに及ぼす梅酢ポリフェノール画分の作用, 菱本峻, 矢野史子, 青谷佳緒留, 佐藤夏生, 船本悠以, 三浦千春, 前田千恵子, 山西妃早子, 木村美和子, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • ラットにおける食後血糖値に及ぼす梅酢ポリフェノール画分の作用, 三谷隆彦, 前田千恵子, 新谷沙矢香, 菱本峻, 赤木知裕, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 矢野史子, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • カキ果実(Diospyros kaki Thunb.)に存在するPGIP(Polygalacturonase‐inhibiting protein)の解析, 阪井幸宏, 中内道世, 尾崎嘉彦, 森本康一, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • ウメ(Prunus mume S.)のポリフェノール成分に関する研究(第5報), 末原慎二, 佐藤尚也, 矢野史子, 尾崎嘉彦, 赤木知裕, 山西妃早子, 大江孝明, 林恭平, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • ウメ(Prunus mume S.)のポリフェノール成分に関する研究(第4報), 尾崎嘉彦, 佐藤尚也, 末原慎二, 赤木知裕, 三宅靖仁, 山西妃早子, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画面の調製とその化学的性質, 菱本峻, 佐藤尚也, 矢野史子, 稲葉伸也, 赤木知裕, 山西妃早子, 阪井幸宏, 大江孝明, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2009年03月05日
  • 溶液含浸処理によるポリフェノール高含有ウメ果汁製造技術の開発, 大西由里子, 小谷竜也, 我藤伸樹, 木村美和子, 坂井幸宏, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2007年09月06日
  • 梅酢ポリフェノールの給与が卵巣摘出ラットの脂質代謝に及ぼす効果, 矢野史子, 菱本峻, 綾野茂, 稲葉伸也, 大江孝明, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2007年04月20日
  • ウメ(Prunus mume S.)のポリフェノールに関する研究(第3報), 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 三宅靖仁, 矢野史子, 井澤佐妃子, 藤本寛, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2007年03月05日
  • ウメ(Prunus mume S.)果実中の抗酸化成分に関する研究(第2報), 山西妃早子, 味村妃紗, 尾崎嘉彦, 矢野史子, 浦晴香, 小宮山鷹一, 安友聡, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2006年04月01日
  • ラットにウメ(Prunus mume S.)のポリフェノール画分を投与した時の血中成分の変化, 矢野史子, 味村妃紗, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 安友聡, 小宮山鷹一, 浦晴香, 三谷隆彦, 日本畜産学会大会講演要旨,   2006年03月20日
  • ウメ(Prunus mune S.)のポリフェノール成分に関する研究(第2報), 味村妃紗, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 矢野史子, 浦晴香, 小宮山鷹一, 安友聡, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • ジャバラエキスの各種培養細胞を用いた美容効果検証, 西浦英樹, 木村美和子, 尾崎嘉彦, 安井壽宏, 小池高広, 田中克昌, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2006年03月05日
  • ウメ由来ポリフェノール成分の糖化酵素阻害活性について, 孫楠楠, 府中英孝, 源伸介, 東口伸二, 杉山雅昭, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2005年08月20日
  • マイクロ波加熱による茶飲料残さの可溶化, 木村美和子, 阪井幸宏, 尾崎嘉彦, 金山宏亮, 野上健次, 東順一, 日本食品科学工学会大会講演集,   2005年08月20日
  • 香酸カンキツ“ジャバラ”のフラボノイド組成と加工処理による変動, 九鬼渉, 綾野茂, 稲葉伸也, 神保豊, 尾崎嘉彦, 木村美和子, 北野武範, 野上健次, 日本食品科学工学会大会講演集,   2005年08月20日
  • 微生物酵素を用いたカキ果実剥皮技術の開発, 阪井幸宏, 尾崎嘉彦, 中内道世, 森本康一, 坂井拓夫, 日本食品科学工学会大会講演集,   2005年08月20日
  • 梅酒のポリフェノール組成に及ぼす原料果実品種の影響と熟成に伴う組成変化について, 赤木知裕, 木村美和子, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2005年08月20日
  • ウメ(Prunus mume S.)果実中の抗酸化成分に関する研究, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 後藤瞳, 味村妃紗, 三谷隆彦, 矢野史子, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2005年04月01日
  • ウメ(Prunus mume S.)のポリフェノール成分に関する研究, 味村妃紗, 後藤瞳, 尾崎嘉彦, 山西紀早子, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • マイクロ波加熱による食品加工副産物の再資源化, 木村美和子, 阪井幸宏, 尾崎嘉彦, 中内道世, 東順一, 日本食品科学工学会大会講演集,   2004年09月01日
  • ジャバラの脱か粒抑制作用, 木村美和子, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2003年09月11日
  • カキノキの葉に含まれる脂溶性抗酸化物質について, 山西妃早子, 木村美和子, 高垣昌史, 細田朝夫, 尾崎嘉彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2003年09月11日
  • 梅酒における抗酸化性の評価, 赤木知裕, 長谷川豪宏, 金銅俊二, 尾崎嘉彦, 中内道世, 谷口久次, 日本食品科学工学会大会講演集,   2002年08月29日
  • 市販野菜のバクテリアルフローラについて, 泉秀実, 矢野泉, 松本博子, 尾崎嘉彦, 園芸学会雑誌 別冊,   2002年04月03日
  • 酵素含浸法による新たなウメ加工技術の開発, 尾崎嘉彦, 中内道世, 池本重明, 山西妃早子, 木村美和子, 林行則, 坂井拓夫, 日本食品科学工学会大会講演集,   2001年09月11日
  • フェルラ酸誘導体によるCyclooxygenase‐2転写活性抑制効果, 柏田歩, 尾崎嘉彦, 細田朝夫, 野村英作, 武藤倫弘, 若林敬二, 谷口久次, 生体機能関連化学シンポジウム講演要旨集,   2001年09月
  • 食用及び薬用植物成分の研究 (第15報) マウス肝グルタチオンS―トランスフェラーゼ活性に影響を及ぼすリモノイドについて (2), 和田啓爾, 神永英俊, 佐藤いずみ, 植田尚美, 羽賀正信, 三宅正起, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 日本薬学会年会要旨集,   1996年03月
  • 温州ミカン搾汁粕からのヘスペリジンの回収について, 畠恵司, 稲葉伸也, 三宅正起, 尾崎嘉彦, 綾野茂, 前田久夫, 伊福靖, 日本食品工業学会大会講演集,   1994年
  • 温州ミカン搾汁粕のコンポスト化について, 丸山和之, 稲葉伸也, 三宅正起, 尾崎嘉彦, 綾野茂, 前田久夫, 伊福靖, 藤尾雄策, 日本食品工業学会大会講演集,   1994年
  • 温州ミカン果汁および加工副産物中のリモノイド配糖体について, 尾崎嘉彦, 三宅正起, 綾野茂, 伊福靖, 長谷川信, 日本果汁協会果汁技術研究発表会特別講演要旨・研究発表要旨,   1994年
  • カンキツ搾汁粕からのリモノイドの回収 夏ミカン搾汁粕からの種子の回収, 綾野茂, 稲葉伸也, 尾崎嘉彦, 三宅正起, 前田久夫, 伊福靖, 長谷川信, 日本食品工業学会大会講演集,   1993年
  • 超臨界二酸化炭素によるリモノイドの抽出, 綾野茂, 尾崎嘉彦, 稲葉伸也, 三宅正起, 前田久夫, 伊福靖, 長谷川信, 日本食品工業学会大会講演集,   1992年
  • 温州ミカン果汁のリモノイド配糖体, 尾崎嘉彦, 綾野茂, 稲葉伸也, 三宅正起, 前田久夫, 伊福靖, 長谷川信, 日本食品工業学会大会講演集,   1992年
  • 131 Bacillus subtilisの生産する新しいプロトペクチナーゼについて(2) : 精製、単離とその性質, 坂井 拓夫, 池本 清人, 尾崎 嘉彦, 桂樹 徹, 外村 健三, 日本醗酵工学会大会講演要旨集,   1987年11月02日

MISC

  • 果実類の高品位一次加工品の製造への応用が期待される酵素剥皮技術, 尾崎嘉彦, 果樹, 71, 7, 10‐14,   2017年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702245677699419
  • ブドウ産業の現状と今後の動向 ブドウの果実成分と機能性研究の現状, 尾崎嘉彦, 果実日本, 72, 6, 49‐53,   2017年06月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702258108923265
  • 果実類の酵素剥皮技術の現在とこれから, 尾崎 嘉彦, 農工研通信, 179, 2, 8,   2016年07月
  • リンゴの親水性抗酸化能とプロシアニジン含量の品種間差異, 庄司俊彦, 升本早枝子, 尾崎嘉彦, 食品試験研究成果情報, 28, 42‐43,   2016年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602268313601849
  • 梅ポリフェノールのマウス腸内細菌フローラ改善効果, 島田良美, 香川昴雅, 晋家崇史, 堀西朝子, 尾崎嘉彦, 芦田久, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 37, 1‐10,   2016年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602262123103752
  • 果実類の酵素剥皮技術, 尾崎 嘉彦, 食品加工技術, 35, 4, 149, 153,   2015年12月, 招待有り
  • 教科書から一歩進んだ身近な製品の化学 梅干の化学, 尾崎嘉彦, 化学と教育, 63, 11, 560, 561,   2015年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208697500014
  • 梅ポリフェノールのマウス腸内細菌叢に及ぼす影響, 島田良美, 香川昴雅, 晋家崇史, 尾崎嘉彦, 芦田久, 和歌山医学, 66, 3, 93,   2015年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220436115776
  • 果実加工の情勢と新しい加工技術, 尾崎 嘉彦, 和歌山の果樹, 65, 8, 7, 10,   2014年08月, 招待有り
  • 果実とその加工品の話 第15回 果実・果汁飲料と機能性成分(13)梅・梅飲料の生産および機能性研究の動向, 尾崎嘉彦, 食品と容器, 54, 12, 731, 737,   2013年12月, 招待有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302285483981340
  • 形状や大きさが多様なカキ果実を溶液処理のみで剥皮する方法, 野口真己, 尾崎嘉彦, 東順一, 食品試験研究成果情報, 26, 8, 9,   2014年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402255459947043
  • 特徴ある梅酒を製造するための酵素含浸法によるアプローチ, 尾崎 嘉彦, 和歌山医学, 64, 2, 67, 68,   2013年06月, 招待有り
  • 酵素剥皮技術による果実の高品位一次加工品創製へのアプローチ, 尾崎 嘉彦, 中央果実協会ニュースレター, 13, 9, 11,   2013年05月, 招待有り
  • クチクラ分解酵素生産菌の探索系構築, 藤原真紀, 阪井幸宏, 片桐実菜, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2011, 4, 5,   2013年02月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302255776945032
  • 野菜・果実の品質鮮度保持技術の開発 第2章 品質保持ユニット 5 カンキツ果実のカットフルーツ適性の解明とカット後の鮮度保持技術の開発, 生駒吉識, 尾崎嘉彦, 松本光, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 484, 404, 411,   2013年01月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302229012969467
  • 野菜・果実の品質鮮度保持技術の開発 第2章 品質保持ユニット 5b カットフルーツに適したカンキツ果実の生産・加工プロセスの効率化技術の開発, 尾崎嘉彦, 生駒吉識, 松本光, 野口真己, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 484, 411, 418,   2013年01月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287597907704
  • 果実と健康に関する研究の最前線 ウメの健康機能性の解明とポリフェノールへのアプローチ, 尾崎嘉彦, 農林水産技術研究ジャーナル, 35, 12, 17, 21,   2012年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202237512917671
  • 干し柿の製造に関係する技術開発の動向 (特集 干し柿産業の明日を見る), 尾崎 嘉彦, 果実日本, 66, 10, 34, 38,   2011年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018989853
  • 果実加工を取り巻く内外の最新事情と新たな果実加工品開発へのアプローチ (特集 果実加工), 尾崎 嘉彦, 食品工業, 54, 16, 49, 56,   2011年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018919286
  • 新しい研究 ORAC法による食品の抗酸化能の評価, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 矢野 史子, 農流技研会報, 17, 19,   2010年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017227705
  • 梅副産物を用いた高品質牛肉生産技術の確立, 吉川克郎, 柏木敏孝, 福原順子, 中本和弘, 赤木知裕, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 木村美和子, 池本重明, 和歌山県農林水産総合技術センター研究報告, 11, 67, 77,   2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002220547218291
  • 酵素を用いた青果物剥皮技術の開発, 阪井幸宏, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 木村美和子, 池本重明, 中内道世, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2006, 16,   2007年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291544404209
  • 梅副産物を用いた高品質牛肉生産技術, 柏木敏孝, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 赤木知裕, 和歌山県農林水産総合技術センター研究成果情報, 2005, 75, 76,   2006年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254468927903
  • カキ果実剥皮酵素の阻害因子の制御に関する研究, 阪井幸宏, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 木村美和子, 池本重明, 中内道世, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2004, 16,   2005年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285825521352
  • カンキツ果実の脱か粒抑制作用の探索, 木村美和子, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 実宝智子, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2003, 1, 2,   2005年01月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902234145922774
  • フェルラ酸誘導体のシクロオキシゲナーゼ‐2遺伝子転写阻害活性, 細田朝夫, 尾崎嘉彦, 柏田歩, 中内道世, 池本重明, 山西妃早子, 谷口久次, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2000, 12, 14,   2001年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177347894051
  • フェルラ酸誘導体の抗菌性の評価, 中内道世, 池本重明, 山西妃早子, 尾崎嘉彦, 細田朝夫, 野村英作, 谷口久次, 築野卓夫, 朝日啓介, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2000, 9, 11,   2001年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902195281027678
  • ウメペクチン分解物のヒト前骨髄性白血病細胞由来細胞株HL‐60の増殖に及ぼす影響, 尾崎嘉彦, 中内道世, 山西妃早子, 池本重明, 和歌山県工業技術センター研究報告, 1999, 34,   2000年08月03日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902173264583857
  • マグロエキス調味料の開発に関する研究, 中内道世, 尾崎嘉彦, 山西妃早子, 大井一郎, 外村ベん一郎, 和歌山県工業技術センター研究報告, 1997, 1, 3,   1998年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902172359890580

特許

  • ビワ果実の剥皮方法及び剥皮ビワ果実, 野口 真己, 尾崎 嘉彦, 特願2013-184619, 特開2015-050951
  • バラ科に属する植物の果実の剥皮方法, 野口 真己, 尾崎 嘉彦, 東 順一, 特願2012-148229, 特開2014-008039
  • カキ果実の剥皮方法及び剥皮カキ果実, 野口 真己, 尾崎 嘉彦, 東 順一, 特願2012-119345, 特開2013-243959
  • カロテノイド組成物の製造方法、高濃度カロテノイド組成物の製造方法、高純度遊離型カロテノイド組成物の製造方法、カロテノイド組成物、高濃度カロテノイド組成物、及び高純度遊離型カロテノイド組成物, 小川 一紀, 尾▲崎▼ 嘉彦, 片桐 且元, 特願2010-116988, 特開2011-241197, 特許第5471824号
  • ポリフェノール抽出物の製造方法、骨粗鬆症予防剤、糖質消化酵素阻害剤、これらを用いた機能性組成物、およびこの機能性組成物を含む、食品組成物、特定保健用食品組成物、医薬部外品組成物、医薬組成物, 三谷 隆彦, 矢野 史子, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 阪井 幸宏, 山際 美和子, 大江 孝明, 根来 圭一, 中山 雅史, 綾野 茂, 稲葉 伸也, 特願2008-038748, 特開2009-137929, 特許第5282932号
  • 梅酒の製造方法, 赤木 知裕, 長谷川 豪宏, 金銅 俊二, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 木村 美和子, 阪井 幸宏, 池本 重明, 中内 道世, 三谷 隆彦, 矢野 史子, 特願2007-068604, 特開2008-228578, 特許第4876213号
  • ウメ果汁、ウメ果汁含有食品、およびウメ果汁の製造方法, 大西 由里子, 我藤 伸樹, 小谷 竜也, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 木村 美和子, 阪井 幸宏, 池本 重明, 中内 道世, 特願2007-067700, 特開2008-220338, 特許第4780619号
  • カキ果実の剥皮方法及び剥皮カキ果実, 阪井 幸宏, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 山際 美和子, 中内 道世, 池本 重明, 木本 佳孝, 中西 秀明, 中西 登志明, 特願2006-270563, 特開2008-086258, 特許第4896651号
  • カキ果実の剥皮方法、剥皮果実、および包装剥皮果実, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 木村 美和子, 中内 道世, 特願2003-317057, 特開2004-121242, 特許第3617042号
  • 加工果実の製造方法, 尾崎 嘉彦, 中内 道世, 池本 重明, 山西 妃早子, 坂井 拓夫, 吉栖 肇, 村上 哲男, 特願2001-275361, 特開2002-238490, 特許第4342755号
  • 梅仁の処理方法及び食用梅仁, 中内 道世, 池本 重明, 山西 妃早子, 尾崎 嘉彦, 山根 馨, 特願2000-195634, 特開2002-010759, 特許第3605548号
  • 抗菌性組成物およびその製造方法, 中内 道世, 池本 重明, 尾崎 嘉彦, 山西 妃早子, 高橋 邦夫, 金谷 友成, 木村 哲宗, 西嶋 明彦, 野村 健三, 特願平11-271849, 特開2001-097871, 特許第3978299号
  • ヘスペレチンモノグルコシドの製造方法, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 丸山 和之, 特願平8-086598, 特開平9-278790
  • リモノイド配糖体の製造方法, 伊福 靖, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 丸山 和之, 長谷川 信, 特願平7-268492, 特開平9-110714
  • 柑橘類に含有されるヘスペリジンの抽出方法および回収方法, 伊福 靖, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 畠 恵司, 丸山 和之, 特願平7-002176, 特開平8-188593
  • 農産加工粕の堆肥化方法および堆肥化装置, 伊福 靖, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 畠 恵司, 丸山 和之, 藤尾 雄策, 特願平6-304867, 特開平8-165184
  • 柑橘類に含有されるフラボノイド化合物およびリモノイド化合物の分離回収方法, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 伊福 清, 特願平4-264829, 特開平6-113871
  • オバクノンの製造方法, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 伊福 靖, 長谷川 信, 特願平4-263715, 特開平6-199864
  • 柑橘類果実の搾汁粕からの種子選別方法, 前田 久夫, 三宅 正起, 稲葉 伸也, 綾野 茂, 尾崎 嘉彦, 伊福 靖, 特願平4-255189, 特開平6-100459

受賞

  •   2013年01月, 茨城県科学技術振興財団, つくばサイエンス・アカデミー, 総合得点賞
  •   2012年09月, 社団法人日本果汁協会 , 技術奨励賞, ウメポリフェノール組成の解析とポリフェノー ル含量を高める糖抽出果汁の製造方法の開発

競争的資金

  • かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発
  • 和歌山県, 戦略的研究開発プラン, 微生物酵素を利用する次世代型ウメ加工技術の開発, 尾崎 嘉彦
  • 中小企業庁, 地域活性化連携事業費補助金事業, 構造糖鎖化合物の生理機能とその応用技術の開発, 尾崎 嘉彦

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 日本政策金融公庫 農林水産事業本部 外部専門家, 情報提供,   2010年04月 - 2011年03月