KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宇田 宏ウダ ヒロシ

プロフィール

所属部署名理工学総合研究所 / 総合理工学研究科
職名教授/所長
学位工学博士
専門センサ工学
ジャンル科学・技術/物理学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/278-uda-hiroshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    光起電力素子(ホトダイオード、太陽電池)の開発とセンサ応用機器の開発(物体の検知や防犯システムなど)に取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1971年, 大阪府立大学, 工学研究科, 電子工学
  •  - 1969年, 大阪府立大学, 工学部, 電子工

研究活動情報

研究分野

  • 電気電子工学, 電子デバイス・電子機器

論文

  • ステップ応答から低次元化モデルを直接獲得する同定法, 小坂 学, 宇田 宏, 柴田浩, Proceeding of the Information, Decision and Control Symposium (IDC 2002) (Paper no. 65), 277, 282,   2002年02月
    概要:出力の定常値が得られる応答を用い、 任意次数の対象に適用可能で、 無視した高次項に影響されない低次元化モデルの同定則の従来法に対する優位性を検討。 (英文)
  • モータの周期的回転ムラを抑制する実用的な制御器に関する研究, 小坂 学, 宇田 宏, Proceeding of the 6th International Conference on Motion and Vibration Control(MOVIC 2002), 223, 228,   2002年08月
    概要:従来の繰返し制御よりもチューニング工数が小さい新しい回転ムラ抑制制御手法を提案し、シミュレーションにより効果を検証。(英文)
  • 時間の多項式で表せる目標信号に追従できる制御系設計, 小坂 学, 宇田 宏, 柴田浩, Proceeding of the IEEE Conference on Computer Aided Control System Design 2002(IEEE CCA/CACSD CONFERENCE 2002), 133, 138,   2002年09月
    概要:時間の多項式で表せる目標信号に追従できるサーボ制御系設計法を提案し、本法によりショックレス軌道追従を行えることをシミュレーションにより検証。(英文)
  • 空圧駆動二足ロボットの機構設計, 小坂 学, 大坪 義一, 宇田 宏, 山本 昌彦, 高橋弘通, 中井 庸一, Proceeding of 4th Int. Conf. Machine Automation(ICMA 2002)(583頁~590頁), 583, 590,   2002年09月
    概要:空圧駆動二足ロボットのコンセプト立案、仕様設定と脚部の機構設計を行い、脚を製作し、仕様を満たすことを検証。(英文)
  • 定常値をもつ入出力データを用いる状態空間モデル同定, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 柴田浩, Proceeding of 6th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHA-TRONICS TECHNOLOGY(ICMT 2002), 150, 155,   2002年10月
    概要:定常値をもつ入出力データを用い、任意次数の対象に適用可能で、無視した高次項に影響されない状態空間モデルの新しい同定則を提案し、シミュレーションによりその有効性を検証。(英文)
  • 周期的回転ムラ抑制制御に関する研究, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, Proceeding of 6th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHA-TRONICS TECHNOLOGY(ICMT 2002), 207, 212,   2002年10月
    概要:低精度なロータリーエンコーダを用いても、制振制御器の出力を補間することによりリプルを抑制し、モーターの回転ムラ低減と高効率化を達成する新しい手法を提案し、シミュレーションにより効果を検証。(英文)
  • A study on controller to suppress periodic speed variation, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control, 21, 1, 33, 45,   2003年09月
    概要:モータ等の回転ムラを抑制する新しい制御器を提案。
  • 拡張カルマンフィルタを用いたIPMSM のロータ位置と速度のセンサレスドライブ, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, Proc. of 42nd IEEE Conference on Decision and Control( CDC 2003), (Maui, USA), FrP09.5, 1, 1, 5915, 5920,   2003年12月
    概要:拡張カルマンフィルタを用いた埋め込み磁石同期モータのロータ位置と速度のセンサレスドライブを提案し、その効果をシミュレーションにより検証。
  • Sensorless IPMSM drive with EKF estimation of speed and rotor position, 小坂 学, 宇田 宏, Journal of Low Frequency Noise, Vibration and Active Control, 23, 1, 59, 69,   2004年03月
  • 拡張カルマンフィルタを用いた埋め込み磁石同期モータのセンサレスドライブ, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, システム制御情報学会論文誌, 17, 5, 211, 217,   2004年05月
  • Improved state-space model identification using input and output data with steady state values, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 柴田 浩, Proc. of the 10th IFAC Symposium on Large Scale Systems (LSS 2004),   2004年07月
  • Anti-windup feedfoward controller design for reference input expressed as time polynomial, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, Kouji Tanikake, Kazuhisa Kitanaka, Yasuhisa Sugiyama, Proc. of the 10th IFAC Symposium on Large Scale Systems (LSS 2004),   2004年07月
  • An Identification Method with Direct Acquisition of Reduced Order Model from a Step Like Response, 小坂 学, 宇田 宏, 同志社大学工学部エネルギー機械工学科, ASME Journal of Dynamic Systems, Measurement and Control, 126, 4, 746, 752,   2004年12月
  • Sensorless IPMSM Drive with EKF Estimation of Rotor Position, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, Proc. of Symposium on Nonlinear Control Systems (NOLCOS 2004),   2004年
  • 定常値を持つ入出力信号を用いた状態空間モデルの同定, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 柴田浩, 計測自動制御学会論文集, 41, 3, 242, 249,   2005年03月
  • 2自由度モデルマッチング制御系のスイッチによるアンチワインドアップ化, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 日本機械学会論文集(C編), 71, 703, 995, 1002,   2005年03月
  • Anti-windup feedforward controller design for reference input expressed as a time polynomial, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, ダイトロンテクノロジー株式会社, International Journal of Control and Intelligent Systems, 33, 2, 87, 94,   2005年04月
  • A controller design for reference signal with the N-th power of time, 小坂 学, 宇田 宏, International Transactions on Computer Science and Engineering, 17, 1, 157, 168,   2005年04月
  • Dynamic System Identification using a Step Input, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 柴田 浩,   2005年06月
  • State-space Model Identification Using Input And Output Data with Steady State Values Zeroing Multiple Integrals of Output Error, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一, 柴田 浩, Proc. of the 8th International Symposia on Signal Processing and Its Applications (ISSPA 2005),   2005年08月
  • 2自由度モデルマッチング制御系のアンチワインドアップ化, 小坂 学, 宇田 宏, 馬場 鍈一,   2005年11月
  • State-space model identification using input and output data with steady state values zeroing multiple integrals of output error, 小坂 学, 宇田 宏, 柴田 浩, J. Dyn. Sys., Meas., Control, 128, 3, 746, 749,   2006年09月
  • Anti-windup using switch for SISO system, 小坂 学, 宇田 宏, Journal of Low Frequency Noise Vibration and Active Control, 26, 3, 205, 215,   2007年09月
  • State-space model identification using input and output data with steady state values, 小坂 学, 宇田 宏,   2008年09月
  • Anti-windup for two degree of freedom model matching control system, 小坂 学, 宇田 宏,   2008年09月
  • Parameters identification for Interior Permanent Magnet Synchronous Motor driven by sensorless control, 小坂 学, 宇田 宏, Proc. of CACS International Automatic Control Conference 2009 (CACS 2009), (Taipei, Taiwan), 138, 143,   2009年11月
  • Harmonic control for systems with input saturation using the internal model principle, 小坂 学, 宇田 宏, Proc. of CACS International Automatic Control Conference 2009 (CACS 2009), 127, 132,   2009年11月
  • Parameters identification for Interior Permanent Magnet Synchronous Motor driven by sensorless control, 小坂 学, 宇田 宏, Journal of Low Frequency Noise, Vibration & Active Control, 28, 4, 269, 283,   2009年12月
  • Harmonic control for systems with input saturation using the internal model principle, 小坂 学, 宇田 宏, International Journal of Control Theory and Applications, 2, 2, 169, 179,   2009年12月
  • Generalised disturbance observer for systems with harmonic disturbances and input saturation using the internal model principle, 小坂 学, 宇田 宏, Journal of Low Frequency Noise Vibration and Active Control, 29, 1, 55, 64,   2010年03月

書籍等出版物

  • 最新太陽光発電技術, 槙書店,   1984年

講演・口頭発表等

  • 地下街探査ロボットを用いた神戸市地下街での実証実験, 大坪 義一, 宇田 宏, 高森 年 小林 滋, 日本機械学会関西支部第84期定時総会講演会,   2009年03月, 日本機械学会関西支部第84期定時総会講演会
    概要:地下街探査ロボットを実際に神戸市の地下街で運用実験を行った際の方法について発表した。
  • 探査・作業ロボットを用いた神戸市地下街での実証実験, 大坪 義一, 宇田 宏, 高森 年 小林 滋 , 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会,   2009年05月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会
    概要:神戸市の地下街で実際に探査ロボットを用いて検証実験を行った際の実験方法、手順について発表を行った。
  • 閉鎖空間内探査移動ロボットのための操縦インタフェースの開発, 大坪 義一, 宇田 宏, 高森 年 小林 滋, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会,   2010年06月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会
    概要:閉鎖空間内探査移動ロボットのための操縦インタフェースについて述べた。操縦インタフェースはオペレータに負担を掛けないように設けられた階段・段差半自律昇降機能をロボットに付加した。そして複数の被験者にロボットを操縦してもらい、オペレータに対する負荷を調査した。

MISC

  • 印刷式II-VI族半導体太陽電池, 固体物理, 24, 12,   1989年
  • 焼結形CdS/CdTe薄膜光センサの作製と光電変換特性, 電気学会論文誌E, 117-E, 10, 501, 506,   1997年

競争的資金

  • CdS/CdTe薄膜太陽電池に関する研究