KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

堀田 美保ホッタ ミホ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 心理系専攻 / 総合文化研究科
職名教授
学位Doctor of Philosophy(Psychology)
専門社会心理学
ジャンル医療・健康/メンタルヘルス
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/856-hotta-miho.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    人間関係における不公平感、対等感を研究しています。また、自他尊重・人権思想を土台にしたコミュニケーション ― アサーティブネスを研究し、さまざまな場に出向きトレーニングを行っています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/10/16
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     食べることを止められない女性の心理について。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, カールトン大学大学院, 心理学研究科, 社会心理学
  • 大阪大学, 人間科学研究科, 行動学
  •  - 1985年, 大阪大学, 人間科学部, 行動学

経歴

  •   1987年,  - 1989年, カールトン大学、心理学部 「心理学」講義助手
  •   1989年,  - 1991年, カールトン大学、心理学部 「統計・方法論」講義助手
  •   1991年, カールトン大学、生涯教育部 特別コース講師
  •   1991年, フォルクラム・テクノロジー 「日本語文章検索システム開発」研究顧問
  •   1991年,  - 1992年, カールトン大学、心理学部 「社会心理学演習」講義助手
  •   1991年, カールトン大学、応用言語学センター 「文化間ビジネスコミュニケーション」講師
  •   1992年, カールトン大学、心理学部 研究助手
  •   1993年,  - 2000年, 近畿大学文芸学部 講師
  •   2000年, - 近畿大学文芸学部 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 社会心理学

研究キーワード

  • アサーティブネス, 社会心理学

論文

  • アサーティブ・トレーナーにおける「対等性」のイメージ, 堀田 美保, 近畿大学総合社会学部紀要, 5, 1, 1, 12,   2016年09月, 査読有り
  • アサーティブネス・トレーニングの効果研究では,何が測られているのか, 堀田 美保, 近畿大学総合社会学部紀要, 3, 1, 35, 48,   2013年09月
  • 〈論文〉人権学習会参加は「人権」に対するイメージおよび意見の変容をもたらすか, 堀田 美保, 塩崎 麻里子, 鈴木 光佑, 加治 増夫, 近畿大学総合社会学部紀要, 総社る: Social=近畿大学総合社会学部紀要, 3, 1, 1, 12,   2013年09月
    概要:著者専攻(堀田): 社会心理学, 著者専攻(塩崎): 家族心理学, 塩﨑, 麻里子, 著者専攻(鈴木):文化人類学・政治生態学, 著者専攻(加治):熱・エネルギー工学[Abstract] Each of the second year students in our department participated in a workshop or attended a lecture on human rights. A survey was conducted to the students to measure the changes in their views and images of human rights before and after attending the lecture or workshop. The results revealed that, compared to the students who participated lectures, those who participated in workshops became to have more positive images about human rights, and they become to feel more involved in human rights. However, the effectiveness of the workshops varied depending on the themes, examples, and exercises contained. These results suggested what elements are required for effective human rights education.
  • 人権学習会参加は「人権」に対するイメージおよび意見の変容をもたらすか, 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 鈴木 光佑, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University, 3, 1, 1, 12,   2013年09月
  • アサーティブネス・トレーニング効果研究における問題点, 堀田 美保, 教育心理学研究, 教育心理学研究, 61, 4, 412, 424,   2013年
    概要: 本研究ではアサーティブネス・トレーニング(Assertiveness Training : AT)の効果研究における2つの混乱, (1)ATがアサーティブネス習得そのものに与える効果とアサーティブネスがもたらす波及的効果との混乱と, (2)アサーティブネスと攻撃的コミュニケーションとの混乱を取り上げた。AT実践の場で伝えられている諸概念の位置づけやスキル内容に依拠しつつ,これらを検討し, AT研究が取り組むべき課題を探ることを目的とした。第1に, アサーティブネスの定義が曖昧であるという指摘がある中, アサーティブネスとは「自己尊重」と「他者尊重」の両者を軸とするコミュニケーションとして明確に定義すべきであることを改めて提唱した。第2に, 「他者尊重」を欠く自己主張は攻撃的コミュニケーションであり, アサーティブなコミュニケーションとは排他的類型として明確に区別されるものであることを明らかにした。今後, 「自他尊重」を土台として, 攻撃型を含まない形でのアサーティブネスの測定が必要であり, その上でアサーティブネスが「関係構築」「課題遂行の促進」「社会変革」へ与える効果が検討されることが今後の課題であると提唱した。
  • 「人権」に対する態度およびイメージ変容に関する調査 : ワークショップへの参加がもたらす効果, 堀田 美保, 佐藤 望, 西村 香奈絵, 加治 増夫, ハタノ リリアン テルミ, 近畿大学総合社会学部紀要, 近畿大学総合社会学部紀要, 2, 1, 1, 11,   2012年07月
    概要:著者専攻(堀田 美保): 社会心理, 著者専攻(佐藤, 望): 産業心理学・人間工学, 著者専攻(西村, 香奈絵): 理論言語学, 著者専攻(加治増夫): 熱・エネルギー工学, 著者専攻(ハタノ, リリアン テルミ): 在日外国人研究・多文化共生論[Abstract] Second year students in our department participated in a workshop on human rights. Upon completion of the workshop, a survey was conducted to measure attitude changes in participants' views and images of human rights. The results revealed that, on attending the workshop, students showed an improvement in their understanding of human rights. They learned that the term "human rights" is not just an abstract concept related to philosophical principles such as virtue and justice, and became aware that human rights affect and permeate their daily lives. Finally, students recognized the need to give more importance to the practice of human rights. Based on these results, possible directions for human rights education were discussed.
  • 大学教育におけるアサーティブネス・トレーニングの実践, 堀田 美保, 近畿大学教職教育部 近畿大学教育論叢, 21, 1, 75, 95,   2009年, 査読有り
  • 「対等」という語に対する一般的イメージについての一考察, 堀田 美保, 近畿大学文芸学部論集 文学・芸術・文化, 21, 1, 15, 39,   2009年
  • 若者が抱く世代間格差感・世代イメージと親からの過去についての語りと関連性, 堀田 美保, 社会心理学研究, 社会心理学研究, 17, 2, 83, 96,   2002年01月30日
    概要:This study was conducted to examine the relationships among (1) generation-gaps young people perceive between themselves and their parents' generation, (2) images of their parents' generation, and (3) story-telling by their parents about the past. A survey was conducted on 284 university students. The results showed that respondents experienced story-telling more from their mothers than from their fathers, and more about events in the respondents' childhood than about earlier events. Moreover, those who experienced story-telling from their mothers more frequently rated their parent's generation as having more vitality. A similar tendency was identified regarding the fathers' story-telling among female respondents. On hearing stories, respondents who felt pity tended to have images of toughness and those who felt envy and interest tended to have vitality images about their parents' generation. Finally, those who experienced story-telling from their mothers more frequently perceived smaller generation-gaps regarding some topics. In female respondents, more frequent story-telling from their fathers was related to smaller generationgaps. Possibilities for future research on story
  • 「親世代」と「若者世代」のイメージ-大学生による評定, 日本心理学会第64回大会 : 京都,   2000年
  • 資料 性役割観に関する若者世代意見と親世代意見の分布認知, 堀田 美保, 心理学研究, 心理学研究, 70, 6, 503, 509,   2000年
    概要:This study examined how people perceive the distributions of opinions about sex roles, in particular, how they saw generational differences in the opinions. Undergraduates and their parents were asked to estimate the opinion distributions in young generation as well as in their parents' generation. They were also asked to indicate their own opinions and the degree of their involvement with the issue. Main results were as follows: First, generation gaps were perceived; the respondents estimated that there would be stronger support for relatively liberal opinions in young generation than in their parents' generation, while the generation gaps were perceived in the reverse direction regarding relatively traditional opinions. Second, although this tendency was found for both sexes, it was more pronounced for female respondents. Third, fathers with higher personal involvement with the issue estimated stronger support for liberal opinions, while mothers with higher personal involvement estimated weaker support. This tendency in mothers was more salient in those who themselves supported relatively liberal opinions.
  • 若者世代・親世代の損得に関する社会意見の推定, 堀田 美保, 社会心理学研究, 社会心理学研究, 15, 1, 34, 46,   1999年08月20日
    概要:Copyright (c) 1999 日本社会心理学会 , right: 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである, relation: isVersionOf: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002785328/[Abstract] University students and parents were asked to estimate the distributions of social opinions about the advantage of young generation and parent generation, separately for youth and parent populations. The respondents were also asked to describe their own opinions on the issue. First, no generation-gap was found in the estimates. The respondents estimated that the parent generation is generally considered more disadvantaged than is the young generation. This tendency was more salient in the students' estimates. Second, there were differences between the students and the parents in their own opinions. The parents rated the two generations as equally advantaged. On the other hand, the larger number of the students considered that the parent generation is more disadvantaged than is their own generation. Finally, the different time perspectives were inferred from the descriptions about the generation advantages given by the students and those by the parents. This seemed related to the generation differences in their own opinions as well as in their estimates of the distributions of social opinions.
  • 性役割分担に関する社会における一般的意見の分布 : 大学生による推定, 堀田 美保, 教育心理学研究, 教育心理学研究, 46, 2, 221, 228,   1998年06月30日
    概要:Copyright (c) 2008 日本教育心理学会, 本文データはCiNiiから複写したものであるThree hundred and thirty-eight late-adolescents (undergraduate students) were asked to estimate the distributions of men's and women's opinions about the sex roles -pursuing career and / or doing domestic works. They were also asked to indicate the degree of their satisfaction with being their own sex as well as their future preferences about pursuing career and doing domestic works (how they would want themselves and their partners to do). First, intergroup differences were found in the estimated opinion distributions ; the respondents estimated that the relatively traditional opinions must be supported more by men than by women, while the differences in their estimates showed the reverse direction regarding the relatively liberal opinions. Second, the false-consensus effect was likely to be identified in the female respondents whose future preferences were relatively liberal but in the male respondents whose future preferences were relatively traditional. Third, the female respondents, who had relatively liberal preferences and estimated that higher percentage of men must suppor
  • 「男であること」・「女であること」の有利性に関する内集団・外集団意見分布の推定, 堀田 美保, 社会心理学研究, 社会心理学研究, 12, 2, 77, 85,   1996年12月25日
    概要:Copyright (c) 1996 日本社会心理学会 , right: 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである, relation: isVersionOf: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002785290/[Abstract] Three-hundred and sixty four males and females were asked to estimate the distributions of men's and women's (ingroup and outgroup) opinions about the advantage of being men and women. They were also asked to indicate their own opinions about the advantage of the two sexes as well as their satisfaction with being their own sex. First, intergroup differences were found in the estimated opinion distributions; both male and female respondents estimated that, in their outgroup rather than in their ingroup, there must be more opinions that the respondents' own sex is advantaged, while the perceived intergroup differences showed the reverse directions regarding their opposite sex. Second, the outgroup homogeneity effect were identified in male respondents' estimates. Third, those who considered their own sex more advantaged and estimated higher percentage of the same opinion in their ingroup were more satisfied with being their own sex. Forth, the female respondents were sa

書籍等出版物

  • 第8章 対人関係のプロセス, テキスト心理学 心の理解を求めて ミネルヴァ書房,   2000年
  • 第9章 集団のダイナミックス, テキスト心理学 心の理解を求めて ミネルヴァ書房
  • 求められる「個性的な私」, 現代文化スタディーズ 晃洋書房,   2001年
  • 親から子への語り, 現代文化スタディーズ 晃洋書房,   2001年
  • 病の原因探し-摂食障害を例として, 現代文化スタディーズ 晃洋書房,   2001年

講演・口頭発表等

  • 課題提出のための携帯利用の試み, 堀田 美保, 穂口 大悟, 私学情報教育協会 大学情報化全国大会,   2005年09月, 私学情報教育協会 大学情報化全国大会
    概要:携帯を用いた課題提出システムを試験的に導入した際に行った.そのシステムの紹介ならびに,利用者に対して行われたシステムに関する調査の結果を報告した.

MISC

  • 大学における教員--学生にどう向き合うのか (小特集 大学教育を問う), 堀田 美保, 渾沌, 2, 163, 182,   2005年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006936052
  • 意見分布推定における集団間バイアス-世代カテゴリーをターゲット集団として, 第38回日本社会心理学会,   1997年
  • 意見分布認知に関する一考察-性役割分担についての男女の意見差の認知, 日本心理学会第60回大会,   1996年
  • 男女の有利性に関する意見分布推定, 第36回日本社会心理学会,   1995年
  • 男女の有利性に関する意見分布推定-内集団-外集団バイアスに対する呈示情報の効果, 第37回日本社会心理学会,   1996年
  • 親による過去についての語り-子が抱く世代イメージと世代間格差感との関連性-, 第41回日本社会心理学会 : 大阪,   2000年
  • 第14版 ヒルガードの心理学, 内田一成, 堀田 美保, 839, 884,   2005年11月
  • 社会心理学が描く人間の姿, 堀田 美保,   2005年09月

競争的資金

  • 意見分布認知
  • 社会的資源の分配におけるフェアネス
  • ジェネレーションギャップ
  • 受託研究, 生活道路に関する意識
  • アサーティブネス・トレーニング
  • 世代間関係または親子間での語りに関する研究