KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川村 純一郎カワムラ ジュンイチロウ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位医学博士
専門大腸癌に対する低侵襲手術および集学的治療
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1396-kawamura-jyunichirou.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/90422948.ja.html
メールアドレスkawamuraj[at]surg.med.kindai.ac.jp
Last Updated :2018/09/13

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ・大腸癌に対する腹腔鏡下手術/ロボット手術・直腸癌に対する肛門温存手術(出来るだけ自然肛門を残す手術術式)
    ・大腸癌肝転移に対する集学的治療(手術、肝動注、凝固療法などの併用)

学歴・経歴

経歴

  •   2007年, 京都大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 外科学一般

研究キーワード

  • 大腸癌, 腹腔鏡下手術, 転移性肝癌, , カストリノーマ, マイクロアレイ, 膵消化管内分泌腫瘍, ガストリノーマ

論文

  • Transanal minimally invasive approach for the resection of retrorectal tumour - a video vignette., Kawamura J, Ueda K, Ushijima H, Daito K, Okuno K, Colorectal Dis., 20, 7, 646, 647,   2018年07月, 査読有り
  • Cytotoxic T lymphocyte response to peptide vaccination predicts survival in stage III colorectal cancer., Kawamura J, Sugiura F, Sukegawa Y, Yoshioka Y, Hida JI, Hazama S, Okuno K, Cancer science, 109, 5, 1545, 1551,   2018年05月, 査読有り
  • Multicenter, phase II clinical trial of peptide vaccination with oral chemotherapy following curative resection for stage III colorectal cancer., Kawamura J, Sugiura F, Sukegawa Y, Yoshioka Y, Hida JI, Hazama S, Okuno K, Oncology letters, 15, 4, 4241, 4247,   2018年04月, 査読有り
  • New laparoscopic procedure for left-sided pancreatic cancer-artery-first approach laparoscopic RAMPS using 3D technique., Yamamoto M, Zaima M, Yamamoto H, Harada H, Kawamura J, Yamada M, Yazawa T, Kawasoe J, World journal of surgical oncology, 15, 1, 213,   2017年12月02日, 査読有り
  • A Multicenter Phase 2 Study on the Feasibility and Efficacy of Neoadjuvant Chemotherapy Without Radiotherapy for Locally Advanced Rectal Cancer., Hasegawa S, Goto S, Matsumoto T, Hida K, Kawada K, Matsusue R, Yamaguchi T, Nishitai R, Manaka D, Kato S, Kadokawa Y, Yamanokuchi S, Kawamura J, Zaima M, Kyogoku T, Kanazawa A, Mori Y, Kanai M, Matsumoto S, Sakai Y, Annals of surgical oncology, 24, 12, 3587, 3595,   2017年11月, 査読有り
  • [A Case of Local Resection for Rectal GIST Following Neoadjuvant Imatinib Mesylate Treatment]., Yoshioka Y, Tokoro T, Ushijima H, Daito K, Kawamura J, Ueda K, Hida J, Okuno K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 44, 12, 1997, 1999,   2017年11月, 査読有り
  • [Survival Benefit by Combined Administration of Cyclophosphamide, Lentinula edodes Mycelia Extract(LEM), and Ganoderma lucidum Mycelia Extract(MAK)in S1018B10 Tumor-Bearing Mice]., Sukegawa Y, Kawamura J, Okuno K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 44, 10, 896, 899,   2017年10月, 査読有り
  • Liver necrosis shortly after pancreaticoduodenectomy with resection of the replaced left hepatic artery., Yamamoto M, Zaima M, Yamamoto H, Harada H, Kawamura J, Yamada M, Yazawa T, Kawasoe J, World journal of surgical oncology, 15, 1, 77,   2017年04月, 査読有り
  • Successful laparoscopic treatment of a giant solitary fibrous tumor of the mesorectum: A case report and literature review., Kawamura J, Tani M, Kida Y, Sumida K, Ogawa R, Kawasoe J, Yazawa T, Yamada M, Yamamoto M, Harada H, Yamamoto H, Zaima M, Asian journal of endoscopic surgery, 10, 1, 51, 54,   2017年02月, 査読有り
  • The use of transureteroureterostomy during ureteral reconstruction for advanced primary or recurrent pelvic malignancy in the era of multimodal therapy., Kawamura J, Tani M, Sumida K, Yazawa T, Kawasoe J, Yamamoto M, Harada H, Yamamoto H, Zaima M, International journal of colorectal disease, 32, 1, 135, 138,   2017年01月, 査読有り
  • A Novel Procedure for Single-Incision Laparoscopic Cholecystectomy-The Teres Hanging Technique Combined with Fundus-First, Dome-Down Separation., Yamamoto M, Zaima M, Kida Y, Yamamoto H, Harada H, Kawamura J, Yamada M, Yazawa T, Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A, 26, 12, 1003, 1009,   2016年12月, 査読有り
  • [Diagnosis of and therapy for endocrine tumors of the pancreas]., Komoto I, Shimada Y, Fujimoto K, Itami A, Kawamura J, Doi R, Imamura M, Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 93, 77, 83,   2004年01月, 査読有り
  • Pancreatic endocrine tumor in Japan., Doi R, Komoto I, Nakamura Y, Kawamura J, Fujimoto K, Wada M, Saga T, Imamura M, Pancreas, 28, 247, 252,   2004年04月, 査読有り
  • The prognostic relevance of fascin expression in human gastric carcinoma., Hashimoto Y, Shimada Y, Kawamura J, Yamasaki S, Imamura M, Oncology, 67, 262, 270,   2004年, 査読有り
  • Multiple endocrine neoplasia type 1 gene mutations in sporadic gastrinomas in Japan., Kawamura J, Shimada Y, Komoto I, Okamoto H, Itami A, Doi R, Fujimoto K, Kosugi S, Imamura M, Oncology reports, 14, 47, 52,   2005年07月, 査読有り
  • Clinical significance of osteopontin in esophageal squamous cell carcinoma: comparison with common tumor markers., Shimada Y, Watanabe G, Kawamura J, Soma T, Okabe M, Ito T, Inoue H, Kondo M, Mori Y, Tanaka E, Imamura M, Oncology, 68, 285, 292,   2005年, 査読有り
  • GPR40 gene expression in human pancreas and insulinoma., Tomita T, Masuzaki H, Noguchi M, Iwakura H, Fujikura J, Tanaka T, Ebihara K, Kawamura J, Komoto I, Kawaguchi Y, Fujimoto K, Doi R, Shimada Y, Hosoda K, Imamura M, Nakao K, Biochemical and biophysical research communications, 338, 1788, 1790,   2005年12月, 査読有り
  • Clinicopathological significance of aminopeptidase N/CD13 expression in human gastric carcinoma., Kawamura J, Shimada Y, Kitaichi H, Komoto I, Hashimoto Y, Kaganoi J, Miyake M, Yamasaki S, Kondo K, Imamura M, Hepato-gastroenterology, 54, 73, 36, 40,   2007年01月, 査読有り
  • Medially approached radical lymph node dissection along the surgical trunk for advanced right-sided colon cancers., Hasegawa S, Kawamura J, Nagayama S, Nomura A, Kondo K, Sakai Y, Surgical endoscopy, 21, 9, 1657,   2007年09月, 査読有り
  • Laparoscopic restorative total proctocolectomy with mucosal resection., Hasegawa S, Nomura A, Kawamura J, Nagayama S, Hata H, Yamaguchi T, Kuroyanagi H, Sakai Y, Diseases of the colon and rectum, 50, 8, 1152, 1156,   2007年08月, 査読有り
  • Video. A novel laparoscopic approach for safe and simplified suprapancreatic lymph node dissection of gastric cancer., Satoh S, Okabe H, Kondo K, Tanaka E, Itami A, Kawamura J, Nomura A, Nagayama S, Watanabe G, Sakai Y, Surgical endoscopy, 23, 436, 437,   2009年02月, 査読有り
  • Molecular insights into Peutz-Jeghers syndrome: two probands with a germline mutation of LKB1., Hosogi H, Nagayama S, Kawamura J, Koshiba Y, Nomura A, Itami A, Okabe H, Satoh S, Watanabe G, Sakai Y, Journal of gastroenterology, 43, 6, 492, 497,   2008年, 査読有り
  • Long-term outcomes of peripheral arm ports implanted in patients with colorectal cancer., Kawamura J, Nagayama S, Nomura A, Itami A, Okabe H, Sato S, Watanabe G, Sakai Y, International journal of clinical oncology, 13, 4, 349, 354,   2008年08月, 査読有り
  • VEGF hypersecretion as a plausible mechanism for pseudo-meigs' syndrome in advanced colorectal cancer., Okuchi Y, Nagayama S, Mori Y, Kawamura J, Matsumoto S, Nishimura T, Yoshizawa A, Sakai Y, Japanese journal of clinical oncology, 40, 476, 481,   2010年05月, 査読有り
  • Fixation of intestinal tissue using a novel endoscopic device., Calisto JL, Kawamura J, Trencheva K, Oliveira O, Ho V, Yan J, Lei W, Milsom J, Surgical innovation, 18, 44, 47,   2011年03月, 査読有り
  • Endoscopic fixation of the rectum for rectal prolapse: a feasibility and survival experimental study., Milsom J, Trencheva K, Pavoor R, Dirocco J, Shukla PJ, Kawamura J, Sonoda T, Surgical endoscopy, 25, 3691, 3697,   2011年11月, 査読有り
  • Molecular mechanisms of liver metastasis., Kawada K, Hasegawa S, Murakami T, Itatani Y, Hosogi H, Sonoshita M, Kitamura T, Fujishita T, Iwamoto M, Matsumoto T, Matsusue R, Hida K, Akiyama G, Okoshi K, Yamada M, Kawamura J, Taketo MM, Sakai Y, International journal of clinical oncology, 16, 464, 472,   2011年10月, 査読有り
  • Fluorescence diagnosis of metastatic lymph nodes using 5-aminolevulinic acid (5-ALA) in a mouse model of colon cancer., Kato S, Kawamura J, Kawada K, Hasegawa S, Sakai Y, The Journal of surgical research, 176, 430, 436,   2012年08月, 査読有り
  • Efficacy of transanal drainage for anastomotic leakage after laparoscopic low anterior resection of the rectum., Okoshi K, Masano Y, Hasegawa S, Hida K, Kawada K, Nomura A, Kawamura J, Nagayama S, Yoshimura T, Sakai Y, Asian journal of endoscopic surgery, 6, 90, 95,   2013年05月, 査読有り
  • Feasibility and safety of laparoscopic total proctocolectomy with ileal pouch-anal anastomosis for severe ulcerative colitis., Kawamura J, Hasegawa S, Kawada K, Yamaguchi T, Nagayama S, Matsusue R, Nomura A, Sakai Y, Asian journal of endoscopic surgery, 6, 271, 278,   2013年11月, 査読有り
  • Risk factors for anastomotic leakage after laparoscopic low anterior resection with DST anastomosis., Kawada K, Hasegawa S, Hida K, Hirai K, Okoshi K, Nomura A, Kawamura J, Nagayama S, Sakai Y, Surgical endoscopy, 28, 2988, 2995,   2014年10月, 査読有り
  • A modified overlap method using a linear stapler for intracorporeal esophagojejunostomy after laparoscopic total gastrectomy., Yamamoto M, Zaima M, Yamamoto H, Harada H, Kawamura J, Yamaguchi T, Hepato-gastroenterology, 61, 543, 548,   2014年03月, 査読有り

MISC

  • 【これぞ達人の技!最新の消化器内視鏡外科手術】 結腸・直腸・肛門の鏡視下手術 腹腔鏡下直腸高位前方切除術, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 奥野 清隆, 消化器外科, 41, 5, 650, 658,   2018年04月
  • 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線療法8例の検討, 稲田 正浩, 福田 浩平, 建部 仁志, 石川 一樹, 西川 龍之, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 川村 純一郎, Japanese Journal of Radiology, 36, Suppl., 37, 37,   2018年02月
  • 横行結腸癌に対する郭清・切除範囲決定方法と手術手技, 上田 和毅, 川村 純一郎, 大東 弘治, 牛嶋 北斗, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, 7, SSF01, 02,   2017年12月
  • カラー蛍光内視鏡システムを用いたリンパ流に基づく腹腔鏡下結腸切除術の可能性の検討, 川村 純一郎, 上田 和毅, 牛嶋 北斗, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, 7, SF088, 03,   2017年12月
  • 潰瘍性大腸炎3期手術における残存大腸全摘回腸嚢肛門吻合術の手術成績, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本内視鏡外科学会雑誌, 22, 7, SF093, 04,   2017年12月
  • 直腸GISTに対して術前メシル酸イマチニブ投与により局所切除術を成し得た1例, 吉岡 康多, 所 忠男, 牛嶋 北斗, 大東 弘治, 川村 純一郎, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 癌と化学療法, 44, 12, 1997, 1999,   2017年11月
    概要:症例は67歳、女性。主訴は血便。直腸診で、AV 3cmに表面平滑、弾性硬、径5cm大の腫瘤を触知した。生検結果はgastrointestinal stromal tumor(GIST)で、画像診断では肛門挙筋への浸潤が疑われた。肛門温存の希望が強く、術前補助療法としてメシル酸イマチニブ(IM)400mg/dayを投与した。投与開始23日目には、腫瘍は2cm大に縮小したが、紅斑型薬疹(Grade 3)を認めたためIMの休薬およびステロイド療法を施行した。薬疹消退の後、IMを200mg/日で再開し、36日目に経肛門的局所切除術を施行した。術後1年の時点で無再発生存中であり、ステロイド併用IM投与を継続している。術前IM療法に関する適応や至適投与期間は現時点で明確ではなく、今後も引き続き症例を蓄積する必要があると考えられる。(著者抄録)
  • XELOX療法施行患者のQOL及び副作用に対するシイタケ菌糸体の効果(LEM-OX study), 亀井 敬子, 所 忠男, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 肥田 仁一, 石丸 英三郎, 塚本 義貴, 奥野 清隆, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, O15, 4,   2017年10月
  • 重症潰瘍性大腸炎症例への腹腔鏡下大腸全摘、回腸嚢肛門吻合術の検討, 大東 弘治, 上田 和毅, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 吉岡 康多, 所 忠男, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 抄録号, A78, A78,   2017年09月
  • カラー蛍光内視鏡システムを用いたリンパ流に基づく腹腔鏡下結腸切除術の可能性の検討, 川村 純一郎, 牛嶋 北斗, 上田 和毅, 吉岡 康多, 大東 弘治, 所 忠男, 肥田 仁一, 今本 治彦, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 抄録号, A165, A165,   2017年09月
  • 早期大腸印環細胞癌の1例, 吉岡 康多, 所 忠男, 牛嶋 北斗, 大東 弘治, 川村 純一郎, 上田 和毅, 肥田 仁一, 奥野 清隆, 日本大腸肛門病学会雑誌, 70, 抄録号, A309, A309,   2017年09月
  • A case of familial adenomatous polyposis (FAP) presenting with dyspnea and abdominal distention, NAGAYAMA Satoshi, KAWAMURA Junichiro, NOMURA Akinari, NAKAU Masayuki, MORI Yukiko, ITAM Atsushi, OKABE Hiroshi, SATOH Seiji, WATANABE Go, SAKAI Yoshiharu, 日本癌学会学術総会記事, 66th, 555, 556,   2007年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902215107225909
  • Laparoscopic total mesorectal excision with the understanding of the lap-enhanced surgical anatomy, SAKAI Yoshiharu, NOMURA Akinari, MASUMORI Koji, KAWAMURA Junichiro, NAGAYAMA Satoshi, TANAKA Eiji, OBAMA Kazutaka, ITAMI Atsushi, OKABE Hiroshi, 日本外科学会雑誌, 110, 77,   2009年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902246499110619
  • LAPAROSCOPIC RESTORATIVE PROCTOCOLECTOMY WITH ILEAL POUCH-ANAL ANASTOMOSIS (Lap-IPAA) FOR ULCEATIVE COLITIS, KAWAMURA Junichiro, NAGAYAMA Satoshi, NOMURA Akinari, NAKAU Masayuki, KAWADA Kenji, MORI Yukiko, TANAKA Eiji, OBAMA Kazutaka, ITAMI Atsushi, OKABE Hiroshi, WATANABE Go, SAKAI Yoshiharu, Asian J Endosc Surg (Web), 2, 3, WEB ONLY WWS62-5,   2009年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502215388842810
  • POTENTIAL INCREASE IN RISK OF DEVELOPING PANCREATIC FISTULA AFTER LAPAROSCOPIC GASTRECTOMY WITH RADICAL LYMPH NODE DISSECTION, OBAMA Kazutaka, OKABE Hiroshi, NAKAU Masayuki, TANAKA Eiji, KAWAMURA Junichiro, NOMURA Akinari, NAGAYAMA Satoshi, ITAMI Atsushi, WATANABE Go, SAKAI Yoshiharu, Asian J Endosc Surg (Web), 2, 3, WEB ONLY WP5-2,   2009年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218458248723
  • CLINICAL BENEFIT OF MINIMALLY INVASIVE ESOPHAGECTOMY IN REDUCED MORBIDITY FOR PATIENTS WITH ESOPHAGEAL CANCER, TANAKA Eiji, ITAMI Atsushi, WATANABE Go, NAKAYAMA Shinya, OKABE Hiroshi, OBAMA Kazutaka, KAWAMURA Junichiro, NOMURA Akinari, NAGAYAMA Satoshi, SAKAI Yoshiharu, Asian J Endosc Surg (Web), 2, 3, WEB ONLY WP3-8,   2009年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502238340986100
  • VEGF Hypersecretion as a Plausible Mechanism for Pseudo-Meigs' Syndrome in Advanced Colorectal Cancer, OKUCHI Yoshihisa, NAGAYAMA Satoshi, MORI Yukiko, KAWAMURA Junichiro, MATSUMOTO Shigemi, NISHIMURA Takafumi, YOSHIZAWA Akihiko, SAKAI Yoshiharu, Jpn J Clin Oncol, 40, 5, 476, 481,   2010年05月, 10.1093/jjco/hyq014, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002226190406416
  • 食道癌術後の再建腸管気管支瘻に対し再建腸管離断後に2期的再建を行った1例, 中村 直彦, 川村 純一郎, 原田 英樹, 山本 秀和, 財間 正純, 田中 洋一, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 74, 7, 1827, 1831,   2013年07月25日, 10.3919/jjsa.74.1827, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031203021
  • 肝膵同時切除後の肝動脈狭窄と仮性動脈瘤に対しcovered stent留置が有効であった1例, 中村 直彦, 中川 淳, 矢澤 武史, 川村 純一郎, 原田 英樹, 山本 秀和, 財間 正純, 岡田 正治, 日本消化器外科学会雑誌, 47, 1, 73, 79,   2014年, 10.5833/jjgs.2012.0152, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004560977
    概要: 症例は66歳の女性で,局所進行胆囊癌に対し肝膵同時切除術を行った.術後に膵液瘻,門脈血栓症を認め肝不全の進行を認めた.膵液瘻による腹腔内感染に対しては開腹ドレナージ術を行ったが肝不全の改善はなく,術後48日目には腹部造影CTにて肝動脈狭窄と右肝動脈切離断端に仮性動脈瘤形成を認めた.緊急血管造影にて肝動脈にcovered stentを留置し右肝動脈切離断端からの出血を止血し,肝動脈狭窄を解除し肝動脈血流を増加させることで肝不全の改善を得た.肝動脈の仮性動脈瘤に対する経カテーテル動脈塞栓術は肝膿瘍や肝不全の危険がありcovered stentを使用することで肝動脈血流を遮断することなく治療が可能であった.また,リンパ節郭清などにより引き起こされる肝動脈狭窄により肝動脈血流不足を生じ肝不全に至る可能性があり,これに対してもcovered stentが有効であることが示唆された.
  • 門脈腫瘍栓が疑われた上行結腸癌に対し化学療法と原発巣切除で長期生存を得ている1例, 伊丹 淳, 井口 公太, 長山 聡, 野村 明成, 川村 純一郎, 森 由希子, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 1, 112, 117,   2009年, 10.5833/jjgs.42.112, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004560423
    概要: 症例は52歳の女性で,他院にて2005年5月に右乳癌に対し手術され,術後放射線治療とホルモン療法を受けたが,8月に上腹部不快感が出現.CTの結果,門脈腫瘍栓を指摘された.肝内には他に病変を認めず,CEA,CA19-9がともに高値であったため,消化管の精査を行ったところ,上行結腸癌が見つかり,10月に当科紹介となった.まず,全身化学療法としてイリノテカン/フルオロウラシル/レボホリナート療法を開始.門脈腫瘍栓の縮小と同時に,腫瘍マーカーも減少した.しかし,2006年6月にCEAが再上昇.門脈腫瘍栓の軽度増大と原発巣の増大を認めたため,10月上旬に腹腔鏡補助下結腸右半切除術にて原発巣の切除を行った.術後,オキサリプラチン/フルオロウラシル/レボホリナート療法,TS-1/イリノテカンを投与した.現在はTS-1内服のみであるが,門脈腫瘍栓の増大傾向はなく,他の部位の再発も認めず経過観察中である.
  • 膵頭十二指腸切除術後の遅発性膵瘻に対する膵空腸再吻合術, 中川 淳, 山本 道宏, 川村 純一郎, 原田 英樹, 山本 秀和, 財間 正純, 日本臨床外科学会雑誌, 74, 10, 2669, 2674,   2013年, 10.3919/jjsa.74.2669, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004518468
    概要:膵頭十二指腸切除後の膵瘻はしばしば見られる合併症であるが,まれに遅発性に仮性嚢胞として発症する膵瘻に遭遇することがある.われわれはこのような症例に対しては早期の再吻合術を行う方針としている.今回,過去6年間に経験した遅発性膵瘻に対し再吻合術を行った3例を対象として検討を行った.原疾患は各々,膵管内乳頭粘液腺腫・下部胆管癌・胆嚢癌であり,初回再建術式はいずれもChild変法で膵管チューブ留置する完全膵液外瘻法による膵空腸吻合を行い全例経過良好に退院した.術後158~427日目に吻合部近傍の仮性嚢胞所見を呈し穿刺にて膵液の流出と膵管の造影が確認されたため再吻合術を施行した.確定診断と再吻合術の間隔は6日・4日・3日であった.いずれの症例も経過良好で術後12・21・21日に退院し遠隔期において膵空腸吻合にかかわる合併症を呈することなく経過している.遅発性膵瘻に対する早期の再吻合術は安全で有効な治療法であると考えられる.
  • 腹腔鏡補助下結腸右半切除を施行した十二指腸・上行結腸瘻合併Crohn病の1例, 長谷川 傑, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 片山 宏, 坂井 義治, 日本臨床外科学会雑誌, 68, 9, 2283, 2287,   2007年, 10.3919/jjsa.68.2283, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004516696
    概要:十二指腸・上行結腸瘻を有する小腸・大腸型Crohn病に対して腹腔鏡補助下に瘻孔切断を伴う結腸右半切除術を施行した. 炎症性に肥厚した後腹膜の剥離は困難であったが, 内側アプローチ, 外側アプローチ, 後腹膜アプローチ, さらに頭側からのアプローチなど, 炎症の軽い部分を求めてあらゆる方向から瘻孔部を目指すことにより, 周囲臓器損傷を回避しつつ, 体内にて十二指腸・上行結腸瘻を切断することができた. 炎症性腸疾患の腹腔鏡下の手術では, さまざまなアプローチ法を試みることが重要と考えられた.
  • A Case of Multifocal Microcarcinoids and Rectal Adenocarcinoma in Long-Standing Ulcerative Colitis, 細木 久裕, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 伊丹 淳, 岡部 寛, 長谷川 傑, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 5, 558, 563,   2008年, 10.5833/jjgs.41.558, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004344848
    概要:A 54-year-old man with a 30-year history of ulcerative colitis (UC) involving the entire colon underwent total surveillance colonoscopy, which showed the presence of a dysplasia-associated lesion or mass (DALM) in the rectum. Since the endoscopically resected DALM was found to be well-differentiated adenocarcinoma, the man underwent total laparoscopic proctocolectomy with an ileal pouch and anal anastomosis in 2006. Pathological examinations including chromogranin A staining of the resected specimen showed multifocal proliferation of endocrine cells in the crypts and multifocal microcarcinoids in the rectal mucosa. The literature contains 26 case reports of pathologically documented carcinoid tumors or microcarcinoids in colons of UC patients. These carcinoids are frequently found in total-colon UC (88%) and in long-term UC patients, hose average morbidity is 13.4 years. Of the 26 patients, 10 (38.5%) developed dysplasia or adenocarcinoma of the colon. It is well documented that long-term UC, especially total-colon UC, is complicated by the development of colorectal adenocarcinoma or dysplasia due to field injuries involving pluripotential stem cells of the colorectal lining induced by chronic mucosal inflammation. Although the incidence of carcinoid tumors or microcarcinoids arising in UC-affected colons is relatively low, microcarcinoids may develop due to reactive phenomena induced by persistent chronic mucosal inflammation, a mechanism similar to that seen in colitic cancer development.
  • A Case of Small Bowel Carcinoma with Crohn's Disease, 肥田 侯矢, 川村 純一郎, 長山 聡, 桜井 孝規, 水本 吉則, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 3, 329, 334,   2008年, 10.5833/jjgs.41.329, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004117592
    概要:We report a case of Crohn's disease associated with small bowel carcinoma that developed in a 49-year-old Japanese man. He was diagnosed to have Crohn's disease at the age of 22 years, and the symptoms resolved following treatment with salazosulfapyridine at that time. At the age of 36 years, he had an operation because of small bowel perforation. Since then, he has had repeated episodes of bowel obstruction and balloon dilatation. Because the obstructive symptoms were persistent, he was admitted for a second operation to our hospital. There were many obstructed segments, therefore, small-bowel resection up to the terminal ileum was performed. Pathologic examination of the resected specimen revealed dysplasia spreading over a length of 90mm with focal cancer (T2 N0 M0). In Japan, the number of Crohn's disease patients continues to grow yearly, and reports of small bowel carcinoma in association with Crohn's disease have also been increasing. In cases of Crohn's disease with significant obstruction, the probability of carcinoma should be considered.
  • VF-056-4 直腸癌に対する腹腔鏡下手術における適切な剥離のポイントと合併症防止の試みについて(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会), 川村 純一郎, 本庄 真彦, 尾川 諒太郎, 木田 裕也, 中村 直彦, 中川 淳, 矢澤 武史, 山本 道宏, 原田 英樹, 山本 秀和, 財問 正純, 日本外科学会雑誌, 114, 2,   2013年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009714495
  • 外科的治療・内視鏡的治療 大腸癌治療における腹腔鏡下手術の位置づけ (大腸癌--最新の研究動向) -- (大腸癌の治療戦略), 長谷川 傑, 川村 純一郎, 河田 健二, 日本臨床, 69, 0, 409, 413,   2011年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018805564
  • 腹腔鏡下直腸低位前方切除術におけるこだわりのデバイス : スパチュラ型電気メス,GUT-CLAMPER,エンドステイプラー (特集 こだわりのデバイス), 山田 理大, 川村 純一郎, 大越 香江, 手術, 66, 4, 447, 456,   2012年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019264422
  • 膵消化管ホルモン産生腫瘍に対するソマトスタチン受容体シンチグラフィとオクタレオチド, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 川村 純一郎, 今村 正之, 内分泌外科 = Endocrine surgery, 21, 2, 92, 98,   2004年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013484276
  • 腹腔鏡下手術 直腸切断術 (外科医のための 大腸癌の診断と治療) -- (大腸癌の外科治療), 野村 明成, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 臨床外科, 65, 11, 347, 358,   2010年, 10.11477/mf.1407103292, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017355284
  • 総論 (新しい手術のモダリティ) -- (最新の外科治療総論 : アプローチを中心に), 川村 純一郎, 長谷川 傑, 坂井 義治, がん治療レクチャー : チーム医療のための, 2, 4, 743, 747,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019082703
  • 潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘術における注意すべきトラブル (特集 内視鏡手術におけるトラブルシューティング), 川村 純一郎, 長谷川 傑, 坂井 義治, 手術, 66, 8, 1095, 1102,   2012年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019379886
  • PP241 食道癌細胞株における核内受容体の発現とその意義, 橋本 洋右, 嶋田 裕, 伊丹 淳, 川村 純一郎, 加賀野井 純一, 川部 篤, 前田 賢人, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003943155
  • PP868 膵腫瘍における新規癌転移抑制因子Drg-1の発現とその意義, 伊丹 淳, 嶋田 裕, 橋本 洋右, 川村 純一郎, 前田 賢人, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 102, 0,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003943781
  • PP117014 食道癌, 胃癌における AminopeptidaseN/CD13の発現の検討, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 伊丹 淳, 河本 泉, 橋本 洋右, 前田 賢人, 山崎 誠二, 三宅 正幸, 今村 正之, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7,   2001年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001342168
  • MEN-1型に伴った胃腸膵内分泌腫瘍, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003949519
  • 膵・消化管内分泌腫瘍におけるセクレチンレセプターの発現の検討, 川村 純一郎, 河本 泉, 伊丹 淳, 嶋田 裕, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 103, 0,   2002年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003951484
  • MEN-1型における Enteropancreatic neuroendocrine tumors の臨床病理像, 藤本 康二, 土井 隆一郎, 和田 道彦, 河本 泉, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 今村 正之, ホルモンと臨牀, 50, 173, 178,   2002年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009272595
  • ガストリノーマの新しい治療体系, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 嶋田 裕, 川村 純一郎, 今村 正之, 内分泌外科 = Endocrine surgery, 19, 2, 71, 76,   2002年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013943877
  • PD6-10 分子生物学を考慮した食道癌の治療戦略, 嶋田 裕, 渡辺 剛, 前田 賢人, 加賀野井 純一, 姜 貴嗣, 橋本 洋右, 河本 泉, 川村 純一郎, 永谷 史朗, 今村 正之, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 7,   2002年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001292728
  • その他, 膵内分泌腫瘍, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 今村 正之, 内分泌外科 = Endocrine surgery, 20, 1, 92, 96,   2003年03月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/50000788287
  • 転移機構を考慮した食道癌の治療戦略, 嶋田 裕, 渡辺 剛, 加賀野井 純一, 河本 泉, 姜 貴嗣, 橋本 洋右, 永谷 史朗, 川村 純一郎, 奥村 知之, 伊藤 鉄夫, 岡部 道雄, 相馬 俊也, Ding YongZeng, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 104, 0, 245, 246,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003985892
  • ガストリノーマにおける細胞接着因子の発現の検討, 川村 純一郎, 河本 泉, 嶋田 裕, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 猪野 義典, 坂元 亨字, 広橋 説雄, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003987389
  • 胃癌におけるHer2/neuおよびfascin発現の意義, 橋本 洋右, 嶋田 裕, 川村 純一郎, 井上 立崇, 渡辺 剛, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 104, 0,   2003年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003987563
  • 膵内分泌腺疾患の診断および治療, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 伊丹 淳, 川村 純一郎, 今村 正之, 内分泌外科 = Endocrine surgery, 20, 2, 151, 157,   2003年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013945065
  • MEN-1にともなう腫瘍の周術期管理, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 伊丹 淳, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 今村 正之, 内分泌外科 = Endocrine surgery, 20, 4, 327, 332,   2003年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013945436
  • 膵臓癌 : 4. 膵消化管内分泌腫瘍・治療, 河本 泉, 嶋田 裕, 藤本 康二, 伊丹 淳, 川村 純一郎, 土井 隆一郎, 今村 正之, 日本内科学会雑誌, 93, 1, 77, 83,   2004年01月10日, 10.2169/naika.93.77, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012880054
  • SF-023-3 ガストリノーマにおけるMEN1 gene mutationの検討, 川村 純一郎, 嶋田 裕, 河本 泉, 伊丹 淳, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003961047
  • PS-102-6 食道癌におけるアクチン結合蛋白fascinの発現について, 橋本 洋右, 嶋田 裕, 伊藤 鉄夫, 川村 純一郎, 田中 英治, 奥村 知之, 渡辺 剛, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003962173
  • PS-220-1 肝転移を来たした膵消化管内分泌腫瘍の治療, 河本 泉, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 伊丹 淳, 森 章, 嶋田 裕, 川村 純一郎, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003962890
  • ガストリノーマにおけるPDX-1の発現の検討(第105回日本外科学会定期学術集会), 川村 純一郎, 嶋田 裕, 河本 泉, 川口 義弥, 小泉 将之, 伊丹 淳, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 今村 正之, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004073646
  • 0441 回腸人工肛門周囲瘻孔に対しタクロリムスを使用し著明な改善を認めた潰瘍性大腸炎の1例(大腸良性8(潰瘍性大腸炎),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 川村 純一郎, 長山 聡, 長谷川 傑, 野村 明成, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 嶋田 裕, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7,   2006年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006170866
  • 1275 食道癌Salvage手術の現状と問題点(食道癌手術,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 嶋田 裕, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 佐藤 誠二, 藤本 明久, 川村 純一郎, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7,   2006年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006171692
  • 1345 当院におけるスキルス胃癌に対する治療成績の検討(胃治療1(スキルス胃癌),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 岡部 寛, 野村 明成, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 長山 聡, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 佐藤 誠二, 嶋田 裕, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7,   2006年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006171762
  • 1818 高度進行結腸直腸癌に対する術前化学療法の試み(大腸化学療法7(ネオアジュバント),一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会), 長山 聡, 川村 純一郎, 長谷川 傑, 野村 明成, 岡部 寛, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 佐藤 誠二, 嶋田 裕, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 39, 7,   2006年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006172234
  • オクトレオチドおよびCDDP+5FUによる化学療法が有効であった膵原発ガストリノーマの1例, 平野 美穂, 稲垣 朱実, 三浦 奈穂子, 本美 善英, 近藤 正樹, 垣屋 聡, 板津 武晴, 都築 豊徳, 川村 純一郎, 土井 隆一郎, 藤本 康二, 日本内分泌学会雑誌, 82, 84, 87,   2006年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018812471
  • SY-3-4 臨床現場での安全・確実・習得時間の短い鏡視下消化管手術教育法の確立をめざして(第107回日本外科学会定期学術集会), 坂井 義治, 近藤 正人, 井上 立崇, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 長谷川 傑, 岡部 寛, 伊丹 淳, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006330438
  • WS-8-1 腹膜播種陽性胃癌は「術前化学療法+手術」で治癒可能な病態か?(第107回日本外科学会定期学術集会), 岡部 寛, 佐藤 誠二, 井上 立崇, 近藤 正人, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 長谷川 傑, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006330689
  • SF-014-4 食道癌の放射線治療患者の予後因子から検討したサルベージ手術の適応(第107回日本外科学会定期学術集会), 渡辺 剛, 伊丹 淳, 近藤 正人, 井上 立崇, 川村 純一郎, 野村 明成, 岡部 寛, 長谷川 傑, 佐藤 誠二, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006330818
  • DP-024-4 Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) に対する手術と分子標的療法を中心とした集学的治療の検討(第107回日本外科学会定期学術集会), 大越 香江, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 長谷川 傑, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 大谷 哲之, 小泉 欣也, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006331528
  • DP-065-4 高齢者の消化管外科手術における周術期管理のポイントは何か? : 周術期呼吸管理にスポットをあてて(第107回日本外科学会定期学術集会), 長谷川 傑, 近藤 正人, 井上 立崇, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 岡部 寛, 伊丹 淳, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 陳 和夫, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006331833
  • DP-069-1 消化管外科領域の感染制御戦略(第107回日本外科学会定期学術集会), 井上 立崇, 近藤 正人, 野村 明成, 川村 純一郎, 長山 聡, 長谷川 傑, 岡部 寛, 伊丹 敦, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006331861
  • DP-152-3 鏡視下完全内側アプローチによる結腸脾彎曲部の授動は, 安全かつ合理的である(第107回日本外科学会定期学術集会), 野村 明成, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 長山 聡, 近藤 正人, 井上 立崇, 岡部 寛, 伊丹 淳, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006332491
  • DP-181-3 郭清と温存の両立をめざした胸腔鏡下胸部食道切除術(第107回日本外科学会定期学術集会), 伊丹 淳, 渡辺 剛, 近藤 正人, 井上 立崇, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 長谷川 傑, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006332719
  • DP-198-2 上部消化器癌の術前治療に関する臨床試験の問題点とその対策(第107回日本外科学会定期学術集会), 佐藤 誠二, 長谷川 傑, 岡部 寛, 伊丹 淳, 野村 明成, 長山 聡, 井上 立崇, 川村 純一郎, 近藤 正人, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 108, 2,   2007年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006332847
  • 腹腔鏡補助下に切除した十二指腸浸潤右側結腸癌の2例, 長谷川 傑, 野村 明成, 長山 聡, 川村 純一郎, 坂井 義治, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 68, 4, 938, 942,   2007年04月25日, 10.3919/jjsa.68.938, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019502287
  • SY-4-8 食道癌におけるサルベージ治療の現状と適応(シンポジウム4 食道癌Salvage治療の現状と今後の展望,第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 渡辺 剛, 伊丹 淳, 近藤 正人, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 長谷川 傑, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006430140
  • SP-18 ダブルバルーン内視鏡・カプセル内視鏡が原因不明の消化管出血診断に有用であった1例(特別ポスター3 小腸・出血,第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 井口 公太, 川村 純一郎, 長山 聡, 野村 明成, 長谷川 傑, 岡部 寛, 伊丹 淳, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006430575
  • O-2-108 進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術手技の定型化(大腸癌 腹腔鏡2,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 長山 聡, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 野村 明成, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006430941
  • V-1-47 食道癌に対する内視鏡手術の普及のために(腹腔鏡下手術1,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 伊丹 淳, 近藤 正人, 渡辺 剛, 坂井 義治, 佐藤 誠二, 岡部 寛, 長谷川 傑, 長山 聡, 野村 明成, 川村 純一郎, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006431310
  • V-2-46 腹腔鏡下胃切除普及のための安全かつ確実なD2リンパ節郭清手技の工夫(胃7 ラパロ・郭清,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 井上 立崇, 佐藤 誠二, 岡部 寛, 伊丹 淳, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 渡辺 剛, 野村 明成, 長山 聡, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006431392
  • V-2-68 より安全な腹腔鏡下直腸癌手術の普及のために(大腸4 鏡視下手術4,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 野村 明成, 長谷川 傑, 長山 聡, 川村 純一郎, 近藤 正人, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006431413
  • P-1-465 切除不能高度進行直腸癌に対する新規抗癌剤化学療法を中心とした積極的治療の意義の検証(大腸・肛門 化学療法2,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 川村 純一郎, 長山 聡, 長谷川 傑, 野村 明成, 近藤 正人, 岡部 寛, 伊丹 淳, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006431890
  • P-2-451 多発直腸微小カルチノイドを合併した潰瘍性大腸炎の1例(大腸・肛門 炎症性腸疾患1,一般演題(ポスター),第62回日本消化器外科学会定期学術総会), 岩本 哲好, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 長谷川 傑, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 40, 7,   2007年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006432628
  • 腹腔鏡補助下結腸右半切除を施行した十二指腸・上行結腸瘻合併 Crohn 病の1例, 長谷川 傑, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 片山 宏, 坂井 義治, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 68, 9, 2283, 2287,   2007年09月25日, 10.3919/jjsa.68.2283, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019985379
  • クローン病合併小腸癌の1例, 肥田 侯矢, 川村 純一郎, 長山 聡, 桜井 孝規, 水本 吉則, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 3, 329, 334,   2008年03月01日, 10.5833/jjgs.41.329, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006623698
    概要:クローン病合併小腸癌の1例を報告する.症例は49歳の男性で,22歳時にクローン病を発症し,サラゾピリン治療を受け症状が軽決した.36歳時に消化管穿孔にて手術,以後イレウス症状を繰り返し,内視鏡的拡張術を受けていた.2006年4月(49歳),狭窄症状が改善しないため手術.トライツ靭帯から130cmを超えた部分より複数か所の狭窄部分を認め,回腸末端10cmを温存し,長さ80cmの小腸を切除した.病現組織学的検査にて90mmにわたるdysplasiaの広がりを粘膜内に認め,粘膜下層から固有筋層に至る癌部(T2 N0 M0)も確認された.我が国においてクローン病の罹患者数は年々増加傾向にあり,小腸癌の報告も増加してきている.クローン病の高度狭窄病変に対しては,悪性腫瘍の可能性を念頭においた治療が必要である.
  • SF-016-4 当院における潰瘍性大腸炎に対する手術の現状(第108回日本外科学会定期学術集会), 川村 純一郎, 長山 聡, 野村 明成, 田中 英治, 森 由希子, 中右 雅之, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 畑 啓昭, 山口 高史, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006890943
  • SF-101-4 FOLFOX時代の転移性肝癌に対する治療戦略(第108回日本外科学会定期学術集会), 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 伊丹 淳, 岡部 寛, 久保 肇, 渡辺 剛, 森 由希子, 田中 英治, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006891369
  • VD-016-4 腹腔鏡下胃全摘術における腹腔内食道空腸吻合法の経験(第108回日本外科学会定期学術集会), 田中 英治, 岡部 寛, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006891474
  • DP-102-2 腹腔鏡下直腸癌手術普及のための問題点と解決法(第108回日本外科学会定期学術集会), 野村 明成, 長山 聡, 川村 純一郎, 河田 健二, 森 由希子, 乾 秀和, 田中 英治, 中右 雅之, 伊丹 淳, 岡部 寛, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 109, 2,   2008年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006892293
  • 多発性直腸微小カルチノイドと直腸癌を合併した潰瘍性大腸炎の1例, 細木 久裕, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 伊丹 淳, 岡部 寛, 長谷川 傑, 佐藤 誠二, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 5, 558, 563,   2008年05月01日, 10.5833/jjgs.41.558, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006664558
    概要:症例は54歳の男性で,全大腸炎型の潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis;以下,UC)を約30年間罹患していた.2006年のサーベイランス大腸内視鏡検査にて直腸にdysplasia-associated lesion or mass (DALM)を指摘され,同部位より高分化型線描を認めたため,1期的に腹腔鏡補助下大腸全摘術および回腸嚢肛門吻合術を施行した.切除標本の病理組織学的検査において直腸に多発性の微小カルチノイドを認めた.文献上,UCに大腸カルチノイドを合併した報告26例のうち多くは全大腸炎型であり(88%),平均罹患期間は13.4年で,10症例ではさらに癌またはdysplasiaを合併していた.長期罹患例で全大腸炎型のUCに癌やdysplasiaの発生が多いことは知られているが,UCに合併するカルテノイドの報告は少ない.長期間の粘膜での慢性炎症を背景に微小カルチノイドが発生する可能性も示唆され,文献的考察を加えて報告する.
  • VS-4-2-6 腹腔鏡下IPAA(大腸亜全摘・直腸粘膜抜去・回腸嚢肛門吻合)の標準化を目指して(ビデオシンポジウム4-2 鏡視下手術の新たなる展開と挑戦 : 将来の標準化を目指して 消化管,第63回日本消化器外科学会総会), 川村 純一郎, 長山 聡, 野村 明成, 森 由希子, 河田 健二, 畑 啓昭, 山口 高史, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006830426
  • PD-5-8 腹腔鏡下直腸癌手術 : 神経血管束・Denonvilliers筋膜の同定と剥離を中心に(パネルディスカッション5 解剖学に則った直腸癌手術の在り方,第63回日本消化器外科学会総会), 野村 明成, 長山 聡, 川村 純一郎, 河田 健二, 森 由希子, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006830483
  • RS-33 腹腔鏡下大腸癌手術におけるドレーンの必要性の検討(要望演題3-3 消化器外科手術後のドレーン管理3,第63回日本消化器外科学会総会), 中右 雅之, 川村 純一郎, 河田 健二, 森 由起子, 田中 英治, 小浜 和貴, 野村 明成, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006830741
  • O-1-259 大腸癌肝転移に対する治療戦略 : 全身化学療法後肝切除症例の検討(大腸 転移・再発5,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 森 由希子, 松本 繁巳, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 尾池 文隆, 波多野 悦朗, 猪飼 伊和夫, 上本 伸二, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831396
  • O-1-340 食道癌術後の再発形式別の予後解析と外科切除の意義(食道 再発2,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 渡辺 剛, 伊丹 淳, 田中 英治, 中山 晋哉, 野村 明成, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 長山 聡, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831477
  • O-2-29 再発腫瘍の外科的治療法と集学的治療方針 :直腸癌局所再発に対する治療戦略(大腸 転移・再発7,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 森 由希子, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 久保 肇, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831593
  • O-2-188 当院での潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の実際とその適応(炎症性腸疾患1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 肥田 侯矢, 川村 純一郎, 長山 聡, 野村 明成, 森 由希子, 河田 健二, 畑 啓昭, 山口 高史, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831752
  • O-2-257 腹腔鏡下胃癌手術における膵液瘻・吻合部関連合併症の発生とその防止対策(胃 手術手技3,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 小濱 和貴, 岡部 寛, 中右 雅之, 田中 英二, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831821
  • O-2-376 食道癌根治術における内視鏡下手術の試みとその有用性(食道 低浸襲,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会), 田中 英治, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 中山 晋哉, 岡部 寛, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006831939
  • V-1-48 S-D junction(SDJ)結腸癌に対する下腸間膜動脈温存D3郭清の腹腔鏡下結腸切除術の検討(大腸3,一般演題(ビデオ),第63回日本消化器外科学会総会), 河田 健二, 野村 明成, 川村 純一郎, 長山 聡, 森 由希子, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006832302
  • V-3-29 胸部食道癌における腹腔鏡補助下胃管作成術 : HALSとの比較(食道4,一般演題(ビデオ),第63回日本消化器外科学会総会), 伊丹 淳, 渡辺 剛, 田中 英治, 中山 晋也, 中右 雅之, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006832461
  • P-1-494 直腸癌pseudo-Meigs症候群の1例 : 病態にVEGFの関与が示唆される症例(小腸・大腸 症例2,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会), 奥知 慶久, 長山 聡, 川村 純一郎, 森 由希子, 野村 明成, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006832965
  • P-2-651 pseudo-Meigs症候群にて発症し機能的副腎腺腫を伴った家族性大腸腺腫症の一例(大腸悪性9,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会), 細木 久裕, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 久保 肇, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 41, 7,   2008年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006833823
  • 門脈腫瘍栓が疑われた上行結腸癌に対し化学療法と原発巣切除で長期生存を得ている1例, 伊丹 淳, 井口 公太, 長山 聡, 野村 明成, 川村 純一郎, 森 由希子, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 1, 112, 117,   2009年01月01日, 10.5833/jjgs.42.112, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007024902
    概要:症例は52歳の女性で,他院にて2005年5月に右乳癌に対し手術され,術後放射線治療とホルモン療法を受けたが,8月に上腹部不快感が出現.CTの結果,門脈腫瘍栓を指摘された.肝内には他に病変を認めず,CEA,CA19-9がともに高値であったため,消化管の精査を行ったところ,上行結腸癌が見つかり,10月に当科紹介となった.まず,全身化学療法としてイリノテカン/フルオロウラシル/レボホリナート療法を開始.門脈腫瘍栓の縮小と同時に,腫瘍マーカーも減少した.しかし,2006年6月にCEAが再上昇.門脈腫瘍栓の軽度増大と原発巣の増大を認めたため,10月上旬に腹腔鏡補助下結腸右半切除術にて原発巣の切除を行った.術後,オキサリプラチン/フルオロウラシル/レボホリナート療法,TS-1/イリノテカンを投与した.現在はTS-1内服のみであるが,門脈腫瘍栓の増大傾向はなく,他の部位の再発も認めず経過観察中である.
  • VS-019-2 安全で確実なD3郭清を伴う右側結腸癌手術の定型化をめざして(大腸5,ビデオセッション,第109回日本外科学会定期学術集会), 升森 宏次, 長山 聡, 野村 明成, 川村 純一郎, 森 由希子, 細木 久裕, 田中 栄治, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡邉 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007165690
  • HP-167-2 胸腔鏡下食道亜全摘術 : 腹腔鏡下幽門側胃切除術における学習曲線の検討(外科医教育・卒後臨床研修1,ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 田中 英治, 伊丹 淳, 岡部 寛, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007166190
  • SF-027-1 高度進行胃癌に対する導入化学療法としてのS-1+CDDP併用療法の意義(胃癌(集学的治療1),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 細木 久裕, 岡部 寛, 小濱 和貴, 前川 久継, 森 由希子, 升森 宏次, 田中 英治, 野村 明成, 川村 純一郎, 長山 聡, 伊丹 淳, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007167228
  • VS-005-3 腹腔鏡下胃癌手術における術中臓器損傷・吻合トラブル回避のための工夫(胃1,ビデオセッション,第109回日本外科学会定期学術集会), 小濱 和貴, 岡部 寛, 細木 久裕, 田中 英治, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 伊丹 淳, 森 由紀子, 升森 宏次, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007167410
  • HP-104-3 当院における大腸癌肝転移全身化学療法施行症例の検討 : 肝切除への影響と治療成績(大腸(肝転移1),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 森由 希子, 松本 繁巳, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 升森 宏次, 西村 貴文, 金井 雅史, 細木 久裕, 田中 英治, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 波多野 悦郎, 上本 伸二, 福島 雅典, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007168744
  • HP-029-3 大腸SM癌のリンパ節転移・遠隔転移・再発例の検討(大腸(SM大腸癌治療2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 河田 健二, 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 森 由希子, 肥田 侯矢, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 久保 肇, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007169140
  • SF-036-3 術前未治療食道癌切除組織における5FU代謝関連酵素発現(食道癌(治療),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 渡辺 剛, 田中 英治, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 岡部 寛, 伊丹 淳, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007169427
  • VW-4-4 安全かつ確実な腹腔鏡下直腸癌手術(TME)の確立をめざして : Denonvilliers筋膜を道標とする直腸前方の剥離操作(ここがポイント!安全にできる腹腔鏡下手術-大腸癌,ビデオワークショップ,第109回日本外科学会定期学術集会), 野村 明成, 長山 聡, 川村 純一郎, 升森 宏次, 河田 健二, 森 由希子, 細木 久裕, 田中 英治, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 渡辺 剛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 110, 2,   2009年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007169496
  • VS-2-8 より安全で確実な腹腔鏡下右側結腸癌D3郭清を目指して(ビデオシンポジウム2 右側進行結腸癌におけるD3郭清,第64回日本消化器外科学会総会), 長山 聡, 川村 純一郎, 野村 明成, 森 由希子, 河田 健二, 升森 宏次, 田中 英治, 伊丹 淳, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007717110
  • VS-3-5 教育と普及を念頭においた腹腔鏡下結腸癌手術手技の定型化(ビデオシンポジウム3 内視鏡外科手術の標準化を目指して(結腸),第64回日本消化器外科学会総会), 野村 明成, 長山 聡, 川村 純一郎, 河田 健二, 森 由希子, 小濱 和貴, 田中 英治, 伊丹 淳, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007717117
  • O-2-80 当院における大腸中分化型腺癌40年の変遷と特徴(企画関連口演33 大腸中分化型腺癌2,第64回日本消化器外科学会総会), 肥田 侯矢, 森 由希子, 河田 健二, 野村 明成, 川村 純一郎, 長山 聡, 升森 宏次, 岡部 寛, 伊丹 淳, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007718123
  • P-1-240 大腸mp癌における遠隔転移・再発例の検討(大腸癌転移再発2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会), 河田 健二, 長山 聡, 野村 明成, 川村 純一郎, 森 由希子, 肥田 侯矢, 伊丹 淳, 岡部 寛, 久保 肇, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007718819
  • P-2-225 直腸癌術後の縫合不全から内腸骨静脈血栓性静脈炎をきたし多発肺化膿症を併発した一例(大腸合併症2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会), 松末 亮, 野村 明成, 升森 宏次, 田中 英治, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 長山 聡, 岡部 寛, 伊丹 淳, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007719420
  • P-3-218 Tailgut cystとの鑑別が困難であった直腸原発GISTの1例(大腸症例2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会), 高橋 亮, 長山 聡, 森 由希子, 川村 純一郎, 河田 健二, 田中 英治, 小濱 和貴, 伊丹 淳, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7,   2009年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007720759
  • SP-5-1 持続可能な医療供給体制を求めて : 医師のワークライフバランスの観点から(特別企画(5)女性外科医の勤務継続とキャリアアップのために何が必悪か?,特別企画,第110回日本外科学会定期学術集会), 大越 香江, 草野 千秋, 林 祐司, 高木 秀和, 肥田 侯矢, 姜 貴嗣, 田中 英治, 河田 健二, 小濱 和貴, 川村 純一郎, 野村 明成, 長山 聡, 伊丹 淳, 岡部 寛, 久保 肇, 久本 憲夫, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 111, 2,   2010年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007715035
  • 腹腔鏡下直腸前方切除後の縫合不全に対する経肛門ドレナージ, 政野 裕紀, 長谷川 傑, 内藤 雅人, 古山 裕章, 吉村 玄浩, 野村 明成, 川村 純一郎, 長山 聡, 坂井 義治, 日本消化器外科学会雑誌, 43, 5, 601, 607,   2010年05月01日, 10.5833/jjgs.43.601, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007619524
    概要:腹腔鏡下低位前方切除後に縫合不全による骨盤内膿瘍を発症し,それに対して経肛門的にドレナージを行った8症例を経験したので報告する.注腸造影検査にて縫合不全部を確認し,同部位を示指にて拡張することにより膿瘍腔の内瘻化を図った.8症例中7症例で縫合不全を比較的短期間で治癒しえたが,1症例では回腸ストマ造設が必要となった.本法は,全身状態が良好であり,膿瘍腔が骨盤内に限局し腹腔内への炎症の波及がない症例では,縫合不全の治療のオプションの一つとなりうるものと考える.
  • 直腸癌術後に微小縫合不全が原因と思われる肺化膿症を併発した1例, 松末 亮, 野村 明成, 升森 宏次, 川村 純一郎, 長山 聡, 坂井 義治, 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association, 71, 11, 2840, 2845,   2010年11月25日, 10.3919/jjsa.71.2840, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027750132
  • VW-5-11 肥満患者の直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術のコツとピットフォール(VW5 ビデオワークショップ(5) 肥満患者における腹腔鏡手術の実際,第111回日本外科学会定期学術集会), 河田 健二, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 肥田 侯矢, 山田 理大, 大越 香江, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008683617
  • VF-011-3 Cine MRIを用いた再建胃管の蠕動機能評価(VF-011 ビデオフォーラム(11)食道,第111回日本外科学会定期学術集会), 張谷 素子, 岡田 知久, 田中 英治, 小濱 和貴, 細木 久裕, 肥田 侯矢, 河田 健二, 川村 純一郎, 長谷川 傑, 岡部 寛, 富樫 かおり, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008684287
  • PS-127-1 進行直腸癌に対する術前化学療法の意義(PS-127 ポスターセッション(127)大腸:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会), 松本 卓也, 長谷川 傑, 肥田 侯矢, 大越 香江, 山田 理大, 河田 健二, 川村 純一郎, 森 由希子, 松本 繁巳, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008685188
  • PS-128-3 大腸癌肝転移の治療における化学療法と手術の役割(PS-128 ポスターセッション(128)大腸:集学的治療-2,第111回日本外科学会定期学術集会), 長山 聡, 中村 公治郎, 波多野 悦朗, 長谷川 傑, 野村 明成, 川村 純一郎, 河田 健二, 肥田 侯矢, 田中 英治, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 112, 1,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008685198
  • SV-12-1 腹腔鏡下解剖に基づいた下部直腸癌手術(SV-12 特別ビデオセッション(12)大腸,第112回日本外科学会定期学術集会), 坂井 義治, 長谷川 傑, 川村 純一郎, 河田 健二, 山田 理大, 大越 香江, 松末 亮, 門川 佳央, 角田 茂, 田中 英治, 小濱 和貴, 岡部 寛, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547409
  • SF-051-3 大学病院を中心とした内視鏡大腸手術手技教育の標準化とその効果(SF-051 サージカルフォーラム(51)大腸 鏡視下,第112回日本外科学会定期学術集会), 長谷川 傑, 松末 亮, 大越 香江, 山田 理大, 河田 健二, 川村 純一郎, 野村 明成, 山口 高史, 山之口 賢, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548164
  • SF-051-5 膜解剖に基づいた自律神経温存腹腔鏡下直腸間膜全切除術(LTME) : 性機能評価と手術手技の検証(SF-051 サージカルフォーラム(51)大腸 鏡視下,第112回日本外科学会定期学術集会), 山田 理大, 長谷川 傑, 肥田 侯矢, 川村 純一郎, 松末 亮, 大越 香江, 河田 健二, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548166
  • VD-005-1 内側アプローチにこだわった右側結腸切除 : unidirectional approach(VD-005 ビデオセッション(5)大腸 鏡視下-1,第112回日本外科学会定期学術集会), 松末 亮, 長谷川 傑, 河田 健二, 大越 香江, 山田 理大, 川村 純一郎, 門川 佳央, 角田 茂, 田中 英治, 小濱 和貴, 岡部 寛, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 113, 2,   2012年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009548567
  • PLS-13-4 StageIII大腸癌において, 3群リンパ節転移情報はTNM分類の予後予測能を改善する(PLS-13 プレナリーセッション(13)「大腸」,第114回日本外科学会定期学術集会), 川田 洋憲, 栗田 宣明, 川村 純一郎, 長谷川 傑, 固武 健二郎, 杉原 健一, 福原 俊一, 坂井 義治, 日本外科学会雑誌, 115, 2,   2014年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009868460