KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川畑 篤史カワバタ アツフミ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科 / 薬学総合研究所
職名教授/研究科長
学位博士(薬学)
専門病態薬理学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/564-kawabata-atsufumi.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp/byoutai/
メールアドレス
Last Updated :2018/12/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    神経細胞や癌細胞におけるイオンチャネルや生体内ガスの役割を解析し、新しいタイプの鎮痛薬、神経の再生を促進する薬、癌の副作用を抑える薬などの開発を製薬会社と協力して進めています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/11/29
     TBS系列「Nスタ」
     薬物依存者の再犯率が上がっていることについて
    ●2016/4/27
     日本テレビ系列「newsevery.」
     未成年の男子選手の大麻使用疑いについて
    ●2016/3/21
     産経新聞
     覚醒剤の危険性について
    ●2016/3/17
     TBS系列「NEWS23」
    薬物の危険性や今後の治療法などについて
    ●2016/3/17
    TBS系列「ニュースバード」
    薬物の危険性や今後の治療法などについて
    ●2016/3/16
     産経新聞
     大麻の危険性について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1985年, 近畿大学, 薬学系研究科, 薬学
  •  - 1983年, 近畿大学, 薬学部, 薬学

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 生物系薬学
  • 基礎医学, 薬理学一般
  • 境界医学, 応用薬理学

研究キーワード

  • 受容体, プロテアーゼ, ラジカル

論文

  • Involvement of the cystathionine-γ-lyase/Cav3.2 pathway in substance P-induced bladder pain in the mouse, a model for nonulcerative bladder pain syndrome., Tsubota M, Okawa Y, Irie Y, Maeda M, Ozaki T, Sekiguchi F, Ishikura H, Kawabata A, Neuropharmacology, 133, 254, 263,   2018年05月, 査読有り
  • Paclitaxel-induced HMGB1 release from macrophages and its implication for peripheral neuropathy in mice: Evidence for a neuroimmune crosstalk., Sekiguchi F, Domoto R, Nakashima K, Yamasoba D, Yamanishi H, Tsubota M, Wake H, Nishibori M, Kawabata A, Neuropharmacology, 141, 201, 213,   2018年09月, 査読有り
  • Involvement of NF-κB in the upregulation of cystathionine-γ-lyase, a hydrogen sulfide-forming enzyme, and bladder pain accompanying cystitis in mice., Ozaki T, Tsubota M, Sekiguchi F, Kawabata A, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 45, 4, 355, 361,   2018年04月, 査読有り
  • Blockade of T-type calcium channels by 6-prenylnaringenin, a hop component, alleviates neuropathic and visceral pain in mice., Sekiguchi F, Fujita T, Deguchi T, Yamaoka S, Tomochika K, Tsubota M, Ono S, Horaguchi Y, Ichii M, Ichikawa M, Ueno Y, Koike N, Tanino T, Nguyen HD, Okada T, Nishikawa H, Yoshida S, Ohkubo T, Toyooka N, Murata K, Matsuda H, Kawabata A, Neuropharmacology, 138, 232, 244,   2018年08月, 査読有り
  • Zinc deficiency promotes cystitis-related bladder pain by enhancing function and expression of Cav3.2 in mice., Ozaki T, Matsuoka J, Tsubota M, Tomita S, Sekiguchi F, Minami T, Kawabata A, Toxicology, 393, 102, 112,   2018年01月, 査読有り
  • Design and synthesis of novel anti-hyperalgesic agents based on 6-prenylnaringenin as the T-type calcium channel blockers., Du Nguyen H, Okada T, Kitamura S, Yamaoka S, Horaguchi Y, Kasanami Y, Sekiguchi F, Tsubota M, Yoshida S, Nishikawa H, Kawabata A, Toyooka N, Bioorganic & medicinal chemistry, 26, 15, 4410, 4427,   2018年08月, 査読有り
  • Involvement of Voltage-Gated Calcium Channels in Inflammation and Inflammatory Pain., Sekiguchi F, Tsubota M, Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 41, 8, 1127, 1134,   2018年, 査読有り
  • Human soluble thrombomodulin-induced blockade of peripheral HMGB1-dependent allodynia in mice requires both the lectin-like and EGF-like domains., Hayashi Y, Tsujita R, Tsubota M, Saeki H, Sekiguchi F, Honda G, Kawabata A, Biochemical and biophysical research communications, 495, 1, 634, 638,   2018年01月, 査読有り
  • High glucose induces N-linked glycosylation-mediated functional upregulation and overexpression of Cav3.2 T-type calcium channels in neuroendocrine-like differentiated human prostate cancer cells., Fukami K, Asano E, Ueda M, Sekiguchi F, Yoshida S, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 133, 1, 57, 60,   2017年01月, 査読有り
  • Macrophage-derived HMGB1 as a Pain Mediator in the Early Stage of Acute Pancreatitis in Mice: Targeting RAGE and CXCL12/CXCR4 Axis., Irie Y, Tsubota M, Ishikura H, Sekiguchi F, Terada Y, Tsujiuchi T, Liu K, Nishibori M, Kawabata A, Journal of neuroimmune pharmacology : the official journal of the Society on NeuroImmune Pharmacology, 12, 4, 693, 707,   2017年07月, 査読有り
  • Prostanoid-dependent bladder pain caused by proteinase-activated receptor-2 activation in mice: Involvement of TRPV1 and T-type Ca2+ channels., Tsubota M, Ozaki T, Hayashi Y, Okawa Y, Fujimura A, Sekiguchi F, Nishikawa H, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 136, 1, 46, 49,   2018年01月, 査読有り
  • Role of Thrombin in Soluble Thrombomodulin-Induced Suppression of Peripheral HMGB1-Mediated Allodynia in Mice., Tsujita R, Tsubota M, Hayashi Y, Saeki H, Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of neuroimmune pharmacology : the official journal of the Society on NeuroImmune Pharmacology, 13, 2, 179, 188,   2017年12月, 査読有り
  • Repeated Cold Stress Reduces Cyclophosphamide-Induced Cystitis/Bladder Pain and Macrophage Activity in Mice., Tsubota M, Miyamoto T, Hiruma S, Saeki H, Miyazaki T, Sekiguchi F, Funakami Y, Kawabata A, Pharmacology, 99, 5-6, 286, 290,   2017年, 査読有り
  • Tacrolimus Triggers Transient Receptor Potential Vanilloid-1-Dependent Relapse of Pancreatitis-Related Pain in Mice., Terada Y, Tsubota M, Sugo H, Wakitani K, Sekiguchi F, Wada K, Takada M, Oita A, Kawabata A, Pharmacology, 99, 5-6, 281, 285,   2017年, 査読有り
  • Circadian pharmacokinetics and limited sampling strategy of everolimus in heart transplant patients
., Terada Y, Wada K, Matsuda S, Kuwahara T, Kawabata A, Takada M, Watanabe T, Nakajima S, Sato T, Seguchi O, Yanase M, Fukushima N, Nakatani T, International journal of clinical pharmacology and therapeutics, 55 (2017), 1, 1, 8,   2017年01月, 査読有り
  • Repeated Cold Stress Enhances the Acute Restraint Stress-Induced Hyperthermia in Mice., Miyamoto T, Funakami Y, Kawashita E, Nomura A, Sugimoto N, Saeki H, Tsubota M, Ichida S, Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 40, 1, 11, 16,   2017年, 査読有り
  • Enhanced Hyperthermic Responses to Lipopolysaccharide in Mice Exposed to Repeated Cold Stress., Miyamoto T, Funakami Y, Kawashita E, Tomita S, Nomura A, Sugimoto N, Saeki H, Miyazakia T, Tsubota M, Ichida S, Kawabata A, Pharmacology, 99, 3-4, 172, 178,   2017年, 査読有り
  • Hydrogen Sulfide and T-Type Ca2+ Channels in Pain Processing, Neuronal Differentiation and Neuroendocrine Secretion., Fukami K, Fukami K, Sekiguchi F, Sekiguchi F, Kawabata A, Kawabata A, Pharmacology, 99, 3-4, 196, 203,   2017年, 査読有り
  • Involvement of high mobility group box 1 in the development and maintenance of chemotherapy-induced peripheral neuropathy in rats., Nishida T, Tsubota M, Kawaishi Y, Yamanishi H, Kamitani N, Sekiguchi F, Ishikura H, Liu K, Nishibori M, Kawabata A, Toxicology, 365, 48, 58,   2016年07月, 査読有り
  • Therapeutic potential of RQ-00311651, a novel T-type Ca2+ channel blocker, in distinct rodent models for neuropathic and visceral pain., Sekiguchi F, Kawara Y, Tsubota M, Kawakami E, Ozaki T, Kawaishi Y, Tomita S, Kanaoka D, Yoshida S, Ohkubo T, Kawabata A, Pain, 157, 8, 1655, 1665,   2016年08月, 査読有り
  • The prostaglandin E2/EP4 receptor/cyclic AMP/T-type Ca(2+) channel pathway mediates neuritogenesis in sensory neuron-like ND7/23 cells., Mitani K, Sekiguchi F, Maeda T, Tanaka Y, Yoshida S, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 130, 3, 177, 180,   2016年03月, 査読有り
  • Peripheral HMGB1-induced hyperalgesia in mice: Redox state-dependent distinct roles of RAGE and TLR4., Yamasoba D, Tsubota M, Domoto R, Sekiguchi F, Nishikawa H, Liu K, Nishibori M, Ishikura H, Yamamoto T, Taga A, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 130, 2, 139, 142,   2016年02月, 査読有り
  • Endogenous Hydrogen Sulfide Enhances Cell Proliferation of Human Gastric Cancer AGS Cells., Sekiguchi F, Sekimoto T, Ogura A, Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 5, 887, 890,   2016年, 査読有り
  • Selective sensitization of C-fiber nociceptors by hydrogen sulfide., Aoki Y, Tsubota M, Nishimoto Y, Maeda Y, Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 130, 1, 38, 41,   2016年01月, 査読有り
  • Intravenous Administration of Cilostazol Nanoparticles Ameliorates Acute Ischemic Stroke in a Cerebral Ischemia/Reperfusion-Induced Injury Model., Nagai N, Yoshioka C, Ito Y, Funakami Y, Nishikawa H, Kawabata A, International journal of molecular sciences, 16, 12, 29329, 29344,   2015年12月, 査読有り
  • Functional upregulation of the H2S/Cav3.2 channel pathway accelerates secretory function in neuroendocrine-differentiated human prostate cancer cells., Fukami K, Sekiguchi F, Yasukawa M, Asano E, Kasamatsu R, Ueda M, Yoshida S, Kawabata A, Biochemical pharmacology, 97, 3, 300, 309,   2015年10月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide and neuronal differentiation: focus on Ca2+ channels., Fukami K, Kawabata A, Nitric oxide : biology and chemistry / official journal of the Nitric Oxide Society, 46, 50, 54,   2015年04月, 査読有り
  • Polaprezinc attenuates cyclophosphamide-induced cystitis and related bladder pain in mice., Murakami-Nakayama M, Tsubota M, Hiruma S, Sekiguchi F, Matsuyama K, Kimura T, Moriyama M, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 127, 2, 223, 228,   2015年02月, 査読有り
  • Mechanisms for proteinase-activated receptor 1-triggered prostaglandin E2 generation in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells., Maeda Y, Sekiguchi F, Yamanaka R, Sugimoto R, Yamasoba D, Tomita S, Nishikawa H, Kawabata A, Biological chemistry, 396, 2, 153, 162,   2015年02月, 査読有り
  • Roles of Cav3.2 and TRPA1 channels targeted by hydrogen sulfide in pancreatic nociceptive processing in mice with or without acute pancreatitis., Terada Y, Fujimura M, Nishimura S, Tsubota M, Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of neuroscience research, 93, 2, 361, 369,   2015年02月, 査読有り
  • Ouabain exerts cytoprotection by diminishing the intracellular K(+) concentration increase caused by distinct stimuli in human leukemic cells., Takechi M, Wada T, Yagi H, Masuko T, Kawabata A, The Journal of pharmacy and pharmacology, 67, 1, 126, 132,   2015年01月, 査読有り
  • H2S and Pain: A Novel Aspect for Processing of Somatic, Visceral and Neuropathic Pain Signals., Terada Y, Kawabata A, Handbook of experimental pharmacology, 230, 217, 230,   2015年, 査読有り
  • Bladder pain relief by HMGB1 neutralization and soluble thrombomodulin in mice with cyclophosphamide-induced cystitis., Tanaka J, Yamaguchi K, Ishikura H, Tsubota M, Sekiguchi F, Seki Y, Tsujiuchi T, Murai A, Umemura T, Kawabata A, Neuropharmacology, 79, 112, 118,   2014年04月, 査読有り
  • Endogenous and exogenous hydrogen sulfide facilitates T-type calcium channel currents in Cav3.2-expressing HEK293 cells., Sekiguchi F, Miyamoto Y, Kanaoka D, Ide H, Yoshida S, Ohkubo T, Kawabata A, Biochemical and biophysical research communications, 445, 1, 225, 229,   2014年02月, 査読有り
  • [Role of hydrogen sulfide, a gasotransmitter, in colonic pain and inflammation]., Tsubota M, Kawabata A, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 134, 12, 1245, 1252,   2014年, 査読有り
  • Recombinant human soluble thrombomodulin prevents peripheral HMGB1-dependent hyperalgesia in rats., Tanaka J, Seki Y, Ishikura H, Tsubota M, Sekiguchi F, Yamaguchi K, Murai A, Umemura T, Kawabata A, British journal of pharmacology, 170, 6, 1233, 1241,   2013年11月, 査読有り
  • [Targeting Ca(v)3.2 T-type calcium channels as a therapeutic strategy for chemotherapy-induced neuropathic pain]., Kawabata A, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 141, 2, 81, 84,   2013年02月, 査読有り
  • AKAP-dependent sensitization of CaV3.2 channels via the EP4 receptor/cAMP pathway mediates PGE2-induced mechanical hyperalgesia., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, 西川裕之, British Journal of Pharmacology, 168, 3, 734, 745,   2013年02月, 査読有り
  • Antihyperalgesic effect of buprenorphine involves nociceptin/orphanin FQ peptide-receptor activation in rats with spinal nerve injury-induced neuropathy., Takahashi T, Okubo K, Kojima S, Nishikawa H, Takemura M, Tsubota-Matsunami M, Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 122, 1, 51, 54,   2013年, 査読有り
  • Inhibition by hydrogen sulfide of rabbit platelet aggregation and calcium mobilization., Nishikawa H, Hayashi H, Kubo S, Tsubota-Matsunami M, Sekiguchi F, Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 36, 8, 1278, 1282,   2013年, 査読有り
  • T-type calcium channels: functional regulation and implication in pain signaling., Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 122, 4, 244, 250,   2013年, 査読有り
  • Contribution of TRPA1 as a downstream signal of proteinase-activated receptor-2 to pancreatic pain., Terada Y, Fujimura M, Nishimura S, Tsubota M, Sekiguchi F, Nishikawa H, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 123, 3, 284, 287,   2013年, 査読有り
  • Involvement of the endogenous hydrogen sulfide/Ca(v) 3.2 T-type Ca2+ channel pathway in cystitis-related bladder pain in mice., Matsunami M, Miki T, Nishiura K, Hayashi Y, Okawa Y, Nishikawa H, Sekiguchi F, Kubo L, Ozaki T, Tsujiuchi T, Kawabata A, British journal of pharmacology, 167, 4, 917, 928,   2012年10月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide-induced mechanical hyperalgesia and allodynia require activation of both Cav3.2 and TRPA1 channels in mice., Okubo K, Matsumura M, Kawaishi Y, Aoki Y, Matsunami M, Okawa Y, Sekiguchi F, Kawabata A, British journal of pharmacology, 166, 5, 1738, 1743,   2012年07月, 査読有り
  • Topical application of disodium isostearyl 2-O-L-ascorbyl phosphate, an amphiphilic ascorbic acid derivative, reduces neuropathic hyperalgesia in rats., Okubo K, Nakanishi H, Matsunami M, Shibayama H, Kawabata A, British journal of pharmacology, 166, 3, 1058, 1068,   2012年06月, 査読有り
  • Colonic hydrogen sulfide-induced visceral pain and referred hyperalgesia involve activation of both Ca(v)3.2 and TRPA1 channels in mice., Tsubota-Matsunami M, Noguchi Y, Okawa Y, Sekiguchi F, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 119, 3, 293, 296,   2012年, 査読有り
  • Involvement of ERK in NMDA receptor-independent cortical neurotoxicity of hydrogen sulfide., Kurokawa Y, Sekiguchi F, Kubo S, Yamasaki Y, Matsuda S, Okamoto Y, Sekimoto T, Fukatsu A, Nishikawa H, Kume T, Fukushima N, Akaike A, Kawabata A, Biochemical and biophysical research communications, 414, 4, 727, 732,   2011年11月, 査読有り
  • ONO-8130, a selective prostanoid EP1 receptor antagonist, relieves bladder pain in mice with cyclophosphamide-induced cystitis., Miki T, Matsunami M, Nakamura S, Okada H, Matsuya H, Kawabata A, Pain, 152, 6, 1373, 1381,   2011年06月, 査読有り
  • Delayed production of arachidonic acid contributes to the delay of proteinase-activated receptor-1 (PAR1)-triggered prostaglandin E2 release in rat gastric epithelial RGM1 cells., Sekiguchi F, Ohi A, Maeda Y, Takaoka K, Sekimoto T, Nishikawa H, Kawabata A, Journal of cellular biochemistry, 112, 3, 909, 915,   2011年03月, 査読有り
  • Lipid mediators and pain signaling. Foreword., Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 8, 1153,   2011年, 査読有り
  • Prostaglandin E2 and pain--an update., Kawabata A, Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 8, 1170, 1173,   2011年, 査読有り
  • Inhibition of T-type calcium channels and hydrogen sulfide-forming enzyme reverses paclitaxel-evoked neuropathic hyperalgesia in rats., 吉田 繁, 関口 富美子, 坪田 真帆, 川畑 篤史, Neuroscience, 188, 148, 156,   2011年
  • The proteinase/proteinase-activated receptor-2/transient receptor potential vanilloid-1 cascade impacts pancreatic pain in mice., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 石倉 宏恭, Life sciences, 87, 19-22, 643, 650,   2010年11月, 査読有り
    概要:マウスの急性膵炎モデルを用いて、プロテアーゼ/PAR2/TRPV1 経路が膵得蔵痛に関与することを証明した。
  • Phosphorylation of ERK in the spinal dorsal horn following pancreatic pronociceptive stimuli with proteinase-activated receptor-2 agonists and hydrogen sulfide in rats: Evidence for involvement of distinct mechanisms., 川畑 篤史, 西村 幸容, 松波 真帆, 西川 裕之, 福島 修, 青木 優佳, 石倉宏恭, Journal of neuroscience research, 88, 14, 31998, 3205,   2010年11月, 査読有り
    概要:ラット膵管内へPAR2アゴニストと硫化水素を注入すると脊髄後角におけるERKリン酸化が起こることを証明し、そのメカニズムの相違を証明した。
  • Curcumin Inhibits the proteinase-activated receptor-2-triggered prostaglandin E2 production by suppressing cyclooxygenase-2 upregulation and Akt-dependent activation of nuclear factor-κB in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Journal of pharmacological sciences, 114, 2, 225, 229,   2010年10月, 査読有り
    概要:ヒト肺上皮癌細胞においてクルクミンはCOX-2誘導とAkt依存性NF-κB活性化を抑制することによりPAR2誘起PGE2産生を阻害する
  • Involvement of Src kinase in T-type calcium channel-dependent neuronal differentiation of NG108-15 cells by hydrogen sulfide., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, Journal of neurochemistry, 114, 2, 512, 519,   2010年07月, 査読有り
  • Upregulation of Ca(v)3.2 T-type calcium channels targeted by endogenous hydrogen sulfide contributes to maintenance of neuropathic pain., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Pain, 150, 1, 183, 191,   2010年07月, 査読有り
  • Opposite effects of two thiazolidinediones, ciglitazone and troglitazone, on proteinase-activated receptor-1-triggered prostaglandin E(2) release., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Toxicology, 268, 1-2, 40, 45,   2010年01月, 査読有り
  • Proteinase-activated receptor-2-triggered prostaglandin E(2) release, but not cyclooxygenase-2 upregulation, requires activation of the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt / nuclear factor-kappaB pathway in human alveolar epithelial cells., Moriyuki K, Sekiguchi F, Matsubara K, Nishikawa H, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 111, 3, 269, 275,   2009年11月, 査読有り
  • PAR2-triggered prostaglandin E2 release, but not cyclooxygenase-2 upregulation, requires activation of the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt/NFκB pathway in human alveolar epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, 西川 裕之, Journal of pharmacological sciences, 111, 3, 269, 275,   2009年11月
  • Rhodanese, but not cystathionine-gamma-lyase, is associated with dextran sulfate sodium-evoked colitis in mice: a sign of impaired colonic sulfide detoxification?, Taniguchi E, Matsunami M, Kimura T, Yonezawa D, Ishiki T, Sekiguchi F, Nishikawa H, Maeda Y, Ishikura H, Kawabata A, Toxicology, 264, 1-2, 96, 103,   2009年10月, 査読有り
  • Rhodanese, but not cystathionine-γ-lyase, is associated with dextran sulfate sodium-evoked colitis in mice: a sign of impaired colonic sulfide detoxification?, 川畑 篤史, 松波 真帆, 木村 健, 関口 富美子, 西川 裕之, Toxicology, 264, 1-2, 96, 103,   2009年10月
  • Novel antagonists for proteinase-activated receptor 2: inhibition of cellular and vascular responses in vitro and in vivo., 菅家 徹, 川畑 篤史, British journal of pharmacology, 158, 1, 361, 371,   2009年09月
  • Luminal hydrogen sulfide plays a pronociceptive role in mouse colon., 松波 真帆, 川畑 篤史, 吉田 繁, 竹村元秀, Gut, 58, 6, 751, 761,   2009年06月
  • Hydrogen sulfide as a novel mediator for pancreatic pain in rodents., 西村 幸容, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 辻内 俊文, Gut, 58, 6, 762, 770,   2009年06月
  • 気体メディエーターとしての硫化水素の神経機能, 川畑 篤史, 脳21, 12, 12, 239, 245,   2009年04月
  • Hyperalgesia induced by spinal and peripheral hydrogen sulfide: evidence for involvement of Cav3.2 T-type calcium channels., 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, Pain, 142, 1-2, 127, 132,   2009年03月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide evokes neurite outgrowth and expression of high-voltage-activated Ca2+ currents in NG108-15 cells: involvement of T-type Ca2+ channels., 川畑 篤史, 吉田 繁, 関口 富美子, 松波 真帆, 西川 裕之, Journal of neurochemistry, 108, 3, 676, 684,   2009年02月, 査読有り
  • Basic and translational research on proteinase-activated receptors: Preface., 平野 勝也, 川畑 篤史, Journal of Pharmacological Sciences, 104, 4, 406, 407,   2008年12月, 査読有り
  • PAR2 triggers IL-8 release via MEK/ERK and PI3-kinase/Akt pathways in GI epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Biochemcal and biophysical research communications, 377, 2, 622, 626,   2008年12月, 査読有り
  • Protease-activated receptor シグナル, 関口 富美子, 川畑 篤史, 救急・集中治療, 20, 9-10, 1297, 1303,   2008年11月
  • Evidence that PAR2-triggered prostaglandin E2 (PGE2) formation involves the ERK-cytosolic phospholipase A2-COX-1-microsomal PGE synthase-1 cascade in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Cell Biochemistry and Function, 26, 2, 279, 282,   2008年03月, 査読有り
  • Gastrointestinal roles for proteinase-activated receptors in health and disease., 川畑 篤史, 松波 真帆, 関口 富美子, British Journal of Pharmacology, 153, S230, S240,   2008年03月
  • Signal transduction for formation/release of interleukin-8 caused by a PAR2-activating peptide in human lung epithelial cells., 川畑 篤史, 関口 富美子, Regulatory Peptides, 145, 1-3, 42, 48,   2008年01月10日, 査読有り
  • Novel functions of hydrogen sulfide through T-type calcium channels: its involvement in pain processing, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 47P,   2008年, 査読有り
  • Involvement of endogenous hydrogen sulfide and T-type calcium channels in neuropathic pain, Takahashi Tomoko, Maeda Yumi, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 63P,   2008年, 査読有り
  • Effects of hydrogen sulfide on platelet aggregation and calcium mobilization in rabbits, Hayashi Hitomi, Kubo Satoko, Nishikawa Hiroyuki, Sekiguchi Fumiko, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 95P,   2008年, 査読有り
  • Cell signaling for interleukin-8 release caused by PAR2 stimulation in human colorectal cancer and human gastric adenocarcinoma cells, Tanaka Yusuke, Hong Hao, Sekiguchi Fumiko, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 101P,   2008年, 査読有り
  • Characterization of inhibition of rat platelet aggregation by hydrogen sulfide, an endogenous gas messenger, Kubo Satoko, Hayashi Hitomi, Nishikawa Hiroyuki, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 169P,   2008年, 査読有り
  • Intracellular signaling for delayed prostaglandin E-2 production caused by proteinase-activated receptor-1 stimulation in rat gastric mucosal epithelial cells, Sekiguchi Furniko, Ohi Ai, Takaoka Kaori, Nishikawa Hiroyuki, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 211P,   2008年, 査読有り
  • Thiazolidinediones modulate PAR1-triggered prostaglandin E-2 production via PPAR gamma-independent mechanisms in rat normal gastric mucosal epithelial cells, Takaoka Kaori, Shigi Hidenori, Sekiguchi Fumiko, Kawabata Atsufumi, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 106, 211P,   2008年, 査読有り
  • Proteinase-activated receptors in the gastrointestinal system: a functional linkage to prostanoids., 関口 富美子, 川畑 篤史, Inflammopharmacology, 15, 6, 246, 251,   2007年12月
  • Dual modulation of the tension of isolated gastric artery and gastric mucosal circulation by hydrogen sulfide in rats., 川畑 篤史, Inflammopharmacology, 15, 6, 288, 292,   2007年12月
  • Hydrogen sulfide as a novel nociceptive messenger., 川畑 篤史, 関口 富美子, 吉田 繁, 市田 成志, 和田 哲幸, 西 川 裕 之 , Pain, 132, 1-2, 74, 81,   2007年11月, 査読有り
  • A protective role of hydrogen sulfide against oxidative stress in rat gastric mucosal epithelium., 川畑 篤史, 関口 富美子, Toxicology, 241, 1-2, 11, 18,   2007年11月, 査読有り
  • Hydrogen sulfide inhibits activity of three isoforms of recombinant nitric oxide synthase., 川畑 篤史, 関口 富美子, Toxicology, 241, 1-2, 92, 97,   2007年11月, 査読有り
  • Distinct activity of peptide mimetic intracellular ligands (pepducins) for proteinase-activated receptor-1 in multiple cells/tissues, 川畑 篤史, 関口 富美子, Ann N Y Acad Sci, 1091, 115, 459,   2006年12月, 査読有り
  • H2Sは痛みのメディエータか?, 松波 真帆, 川畑 篤史, 日本薬理学雑誌, 130, 5, 436, 437,   2007年11月
  • Hydrogen sulfide causes relaxation in mouse bronchial smooth muscle., 川畑 篤史, Journal of Pharmacological Sciences, 104, 4, 392, 396,   2007年08月, 査読有り
  • Roles for H2S in Pain Processing: Response to Cunha and Verri., 川畑 篤史, Pain, 130, 3, 302, 303,   2007年08月
  • The proteinase inhibitor camostat mesilate suppresses pancreatic pain in rodents., 川畑 篤史, 関口 富美子, Life Sci., 80, 21, 1999, 2004,   2007年05月, 査読有り
  • Direct inhibition of endothelial nitric oxide synthase by hydrogen sulfide: contribution to dual modulation of vascular tension., 川畑 篤史, 西川 裕之, Toxicology, 232, 1-2, 138, 146,   2007年03月, 査読有り
  • Mechanisms for prostaglandin E2 formation caused by proteinase-activated receptor-1 activation in rat gastric mucosal epithelial cells., 関口 富美子, 川畑 篤史, Biochem Pharmacol., 73, 1, 103, 114,   2007年01月, 査読有り
  • プロテアーゼ活性化受容体, 川畑 篤史, 関口 富美子, 松波 真帆, 日薬理誌, 128, 434, 436,   2006年12月
  • [Proteinase-activated receptors and gastrointestinal functions]., Kawabata A, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 128, 2, 82, 87,   2006年08月, 査読有り
  • PARの消化管機能, 川畑 篤史, 日薬理誌, 128, 82, 87,   2006年08月
  • PAR-2と痛み, 川畑 篤史, 日薬理誌, 127, 3, 133, 136,   2006年08月
  • Antiallodynic effect of etidronate, a bisphosphonate, in rats with adjuvant-induced arthritis: involvement of ATP-sensitive K+ channels, 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 松波 真帆, Neuropharmacology, 51, 2, 182, 190,   2006年08月, 査読有り
  • Colonic hyperalgesia triggered by proteinase-activated receptor-2 in mice: involvement of endogenous bradykinin, 川畑 篤史, 河尾 直之, 益子 高, Neurosci Lett, 402, 1-2, 167, 172,   2006年07月, 査読有り
  • Suppression of pancreatitis-related allodynia/hyperalgesia by proteinase-activated receptor-2 in mice, 川畑 篤史, 河尾 直之, 関口 富美子, 松波 真帆, Br J Pharmacol, 148, 1, 54, 60,   2006年05月, 査読有り
  • [Proteinase-activated receptor-2 and pain]., Kawabata A, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 127, 3, 133, 6, 146,   2006年03月, 査読有り
  • Mechanisms for modulation of mouse gastrointestinal motility by proteinase-activated receptor (PAR)-1 and -2 in vitro., Sekiguchi F, Hasegawa N, Inoshita K, Yonezawa D, Inoi N, Kanke T, Saito N, Kawabata A, Life sciences, 78, 9, 950, 957,   2006年01月, 査読有り
  • Physiology and pathophysiology of proteinase-activated receptors (PARs): PAR-2 as a potential therapeutic target., Kanke T, Takizawa T, Kabeya M, Kawabata A, Journal of pharmacological sciences, 97, 1, 38, 42,   2005年01月, 査読有り
  • 2-Furoyl-LIGRL-NH2, a potent agonist for proteinase-activated receptor-2, as a gastric mucosal cytoprotective agent in mice., Kawabata A, Oono Y, Yonezawa D, Hiramatsu K, Inoi N, Sekiguchi F, Honjo M, Hirofuchi M, Kanke T, Ishiwata H, British journal of pharmacology, 144, 2, 212, 219,   2005年01月, 査読有り
  • The potent inducible nitric oxide synthase inhibitor ONO-1714 inhibits neuronal NOS and exerts antinociception in rats., Sekiguchi F, Mita Y, Kamanaka Y, Kawao N, Matsuya H, Taga C, Kawabata A, Neuroscience letters, 365, 2, 111, 115,   2004年07月, 査読有り
  • [PAR (protease-activated receptor) as a novel target for development of gastric mucosal cytoprotective drugs]., Kawabata A, Kuroda R, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 120, 1, 85P, 87P,   2002年11月, 査読有り
  • Role of N-methyl-D-aspartate receptors and the nitric oxide pathway in nociception/hyperalgesia elicited by protease-activated receptor-2 activation in mice and rats., Kawabata A, Kawao N, Itoh H, Shimada C, Takebe K, Kuroda R, Masuko T, Kataoka K, Ogawa S, Neuroscience letters, 329, 3, 349, 353,   2002年09月, 査読有り
  • Capsazepine partially inhibits neurally mediated gastric mucus secretion following activation of protease-activated receptor 2., Kawabata A, Kinoshita M, Kuroda R, Kakehi K, Clinical and experimental pharmacology & physiology, 29, 4, 360, 361,   2002年04月, 査読有り
  • Protease-activated receptor-2 (PAR-2) in the rat gastric mucosa: immunolocalization and facilitation of pepsin/pepsinogen secretion., Kawao N, Sakaguchi Y, Tagome A, Kuroda R, Nishida S, Irimajiri K, Nishikawa H, Kawai K, Hollenberg MD, Kawabata A, British journal of pharmacology, 135, 5, 1292, 1296,   2002年03月, 査読有り
  • Specific expression of spinal Fos after PAR-2 stimulation in mast cell-depleted rats., Kawabata A, Kawao N, Kuroda R, Itoh H, Nishikawa H, Neuroreport, 13, 4, 511, 514,   2002年03月, 査読有り

書籍等出版物

  • H2S and pain: a novel aspect for processing of somatic, visceral and neuropathic pain signals. In Chemistry, Biochemistry and Pharmacology of Hydrogen Sulfide, edited by Moore, P.K. and Whiteman, M., Terada, Y., Kawabata, A, 共著,   2015年
  • 詳解薬理学, 香月 博志, 成田 年, 川畑 篤史, 廣川書店,   2015年, 9784567495103
  • NOの疼痛制御における役割の多様性, 医学のあゆみ別冊「NOのすべて」,   1996年
  • 痛みの情報伝達・制御とNO, NO研究の最前線(実験医学・増刊号)(羊土社),   1995年
  • NOと痛み, NO(メジカルビュー社),   1995年

講演・口頭発表等

  • PaclitaxelによるマクロファージからのHMGB1放出はニューロン由来ATPによって促進される:化学療法誘起末梢神経障害における神経系−免疫系クロストークの役割, 堂本莉紗、関口富美子、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2018,   2018年08月23日
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおいてATP/HMGB1/RAGE系はCSE/H2S/Cav3.2系の上流シグナルとして膀胱痛の発症に関与する, 平本志於里、鳥山祐希、榮木?彩、坪田真帆、山口 薫、田中潤一、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2018,   2018年08月23日
  • オキサリプラチン誘起末梢神経障害に対するトロンボモジュリンアルファの予防効果に及ぼす抗凝固薬の影響., 林 佑亮、坪田真帆、福田亮太郎、宮崎貴也、西堀正洋、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2018,   2018年08月23日
  • 内臓痛におけるマクロファージ由来 HMGB1の役割と治療標的分子としての可能性, ?川畑篤史, 第40回日本疼痛学会,   2018年06月15日
  • 中分子ヘパリニルフェニルアラニンは化学療法誘起末梢神経障害を抑制する, 西川裕之、上野山桐子、関口富美子、坪田真帆、岡田卓哉、豊岡尚樹、川畑篤史, 第40回日本疼痛学会,   2018年06月15日
  • 急性および慢性術後痛におけるHMGB1の役割, 川端柚希、林愛理沙、坪田真帆、中武ゆい、辻田隆一、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史, 第40回日本疼痛学会,   2018年06月15日
  • RAGEを標的とした化学療法誘起末梢神経障害治療薬の探索: In silicoドラッグ・リプロファイリング/リポジショニングからのアプローチ, 脇谷航平,?関口富美子,?坪田真帆,?中村真也,?仲西功,?川畑篤史, 第40回日本疼痛学会,   2018年06月15日
  • がん化学療法誘起末梢神経障害モデルマウスにおける中分子ヘパリニルフェニルアラニンの抗アロディニア作用, 西川裕之、上野山桐子、関口富美子、坪田真帆、岡田卓哉、豊岡尚樹、川畑篤史, 第133回日本薬理学会近畿部会,   2018年06月01日
  • T型Ca2+チャネル阻害活性を有するホップ成分6-prenylnaringeninは結腸痛を抑制する, 坪田真帆、松井和樹、中野真希、友近拳、関口富美子、川畑篤史, 第133回日本薬理学会近畿部会,   2018年06月01日
  • AzelastineはRAGEが関与する化学療法誘起末梢神経障害の発症を抑制する − ドラッグ・リプロファイリング/リポジショニング研究からの知見, 脇谷航平,?関口富美子,?坪田真帆,?中村真也,?仲西功,?川畑篤史, 第133回日本薬理学会近畿部会,   2018年06月01日
  • 慢性疼痛におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの役割と治療標的分子としての可能性, 川畑篤史, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会,   2018年05月24日
  • HMGB1 による痛みの増強に対するヒト型可溶性トロンボモジュリンの抑制作用に関与する分子メカニズム, 辻田隆一、坪田真帆、林佑亮、佐伯晴香、本田剛一、川畑篤史, 痛み研究会2017(痛みを中心とする有害状況適応の神経戦略バイオロジー),   2017年12月14日
  • T型カルシウムチャネルを標的とする難治性疼痛の治療.ワークショップ「カルシウムシグナル動態制御の分子基盤と疾患治療戦略, 川畑篤史, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017),   2017年12月06日
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおけるH2S/Cav3.2系を介する膀胱痛の発現:NF-κB系の役割と亜鉛による制御, 尾崎友香、松岡順紀、坪田真帆、冨田詩織、関口富美子、南武志、川畑篤史, 第132回日本薬理学会近畿部会,   2017年11月24日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninとその誘導体はカンナビノイドCB1受容体を介して神経前駆NG108-15細胞の神経様突起伸長を誘起する, 関口富美子、野田紗友理、洞口大和、山岡 桜、笠波嘉人、大野 菫、Nguyen Huy Du、豊岡尚樹、村田和也、松田秀秋、吉田 繁、原田成信、伊藤由香里、大久保つや子、川畑篤史, 第132回日本薬理学会近畿部会,   2017年11月24日
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスの知覚神経過敏におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの役割, 坪田真帆、川畑篤史, 第45回日本潰瘍学会,   2017年11月20日
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける亜鉛欠乏による膀胱痛増強メカニズム ―Cav3.2 T型Ca2+チャネルの機能増強と発現増加の関与―, 尾崎友香、松岡順紀、坪田真帆、冨田詩織、関口富美子、南武志、川畑篤史, 第67回日本薬学会近畿支部大会,   2017年10月14日
  • 核内タンパクhigh mobility group box 1はラット胸部大動脈においてiNOS発現誘導を促進することでフェニレフリン収縮を抑制する., 矢倉綾乃、関口富美子、川畑篤史, 第67回日本薬学会近畿支部大会,   2017年10月14日
  • プロテアソーム阻害作用を有する多発性骨髄腫治療薬bortezomibによって誘起されるマウスの神経障害性疼痛には一次知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの発現量増加が関与する., 関口富美子、冨田詩織、出口智代、坪田真帆、吉田繁、川畑篤史., 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会,   2017年09月28日
  • Bortezomib誘起神経障害性疼痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与, 宮崎貴也、坪田真帆、冨田詩織、出口智代、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017,   2017年08月26日
  • マウスにおいてHMGB1足底内投与により誘起される機械的アロディニアにはNF-κBシグナルとマクロファージが関与する, 堂本 莉紗、中島夏奈、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017,   2017年08月26日
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与, 1. 坪田真帆、梶谷梨絵、野中結、石井優子、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017,   2017年08月26日
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸の知覚神経過敏におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの役割., 松井和樹、中野真希、友近拳、坪田真帆、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2017,   2017年08月24日
  • 術後痛におけるHMGB1シグナルの役割と治療標的分子としての可能性., 川端柚希、坪田真帆、辻田隆一、西堀正洋、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2017,   2017年08月24日
  • レドックス状態の異なるHMGB1による機械的アロディニアの発現メカニズムの解析:Toll-like receptor 5、NMDA受容体およびNF-κBの関与とマクロファージの役割., 中島夏奈、堂本莉紗、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2017,   2017年08月24日
  • マウス後根神経節細胞においてthrombomodulin alfaは還元型HMGB1により誘起される神経突起伸長をトロンビン依存的および非依存的に抑制する., 中武ゆい、関口富美子、坪田真帆、辻田隆一、本田剛一、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2017,   2017年08月24日
  • トロンボモジュリンアルファはトロンビン依存的にHMGB1を分解し炎症性疼痛を抑制する., 林 佑亮、佐伯晴香、坪田真帆、辻田隆一、本田剛一、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2017,   2017年08月24日
  • HMGB1 and pain. , Kawabata, A. , 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • Cav3.2 T型カルシウムチャネルを標的とするオキサリプラチン誘起末梢神経障害の治療, 坪田 真帆、福田 亮太郎、宮崎 貴也、川畑 篤史, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • 6-prenylnaringeninは神経前駆様NG108-15細胞においてT型カルシウムチャネル阻害活性とカンナビノイドCB1受容体アゴニスト活性を示す., 関口富美子、野田紗友理、大野 菫、洞口大和、笠波嘉人、Nguyen Huy Du 、豊岡尚樹、村田和也、松田秀秋、原田成信、伊藤由香里、川畑篤史, 第40回日本神経科学大会,   2017年07月20日
  • マウス脊髄後根神経節細胞におけるHMGB1誘起神経突起伸長とそれに対する遺伝子組み換えヒト可溶性thrombomodulinの効果, 中武ゆい、関口富美子、坪田真帆、辻田隆一、本田剛一、川畑篤史, 第131回日本薬理学会近畿部会,   2017年06月30日
  • 末梢組織中のチオール型およびジスルフィド型high mobility group box 1により誘起される痛覚増強へのマクロファージの関与., 中島夏奈、堂本莉紗、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史.,   2017年06月30日
  • マクロファージ由来high mobility group box1はbortezomib誘起神経障害性疼痛に関与する., 宮崎貴也、坪田真帆、冨田詩織、出口智代、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史,   2017年06月30日
  • トロンボモジュリンアルファはトロンビン依存性にHMGB1誘起痛覚過敏を抑制する, 辻田隆一、林佑亮、坪田真帆、本田剛一、川畑篤史, 第39回日本疼痛学会,   2017年06月16日
  • プロテアソーム阻害薬bortezomib誘起神経障害性疼痛には一次知覚神経におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルのタンパク量増加が関与する., 関口富美子、冨田詩織、出口智代、坪田真帆、吉田繁、川畑篤史.プ, 第39回日本疼痛学会,   2017年06月16日
  • シクロホスファミド誘起間質性膀胱炎様マウスモデルにおける膀胱痛はATP/HMGB1/H2Sシグナルを介して発現する., 平本 志於里、山口薫、坪田真帆、田中潤一、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第39回日本疼痛学会,   2017年06月16日
  • オキサリプラチン誘起神経障害性疼痛の発症メカニズムの解析:Cav3.2 T型カルシウムチャネルとHMGB1の関与., 坪田真帆、福田亮太郎、関口富美子、宮崎貴也、堂本莉紗、安井洋樹、山下莉加、上田慎、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第39回日本疼痛学会,   2017年06月16日
  • パクリタキセルによるマクロファージからのHMGB1遊離の分子メカニズム:化学療法誘起末梢神経障害の発症における役割., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • マウスにおけるシクロホスファミド誘起膀胱炎・膀胱痛は反復寒冷ストレスにより軽減される:ストレスによるマクロファージ機能低下の関与について., 宮本朋佳, 坪田真帆, 昼馬佐紀, 川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • 結腸痛発症メカニズムの解析:侵害受容ニューロン発現分子TRPV1、PAR2およびCav3.2の役割., 松井和樹、中野真希、石井優子、寺田侑加、坪田真帆、川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • トロンボモジュリンアルファのHMGB1誘起痛覚過敏に対する抑制効果はトロンビンに依存する., 林佑亮、坪田真帆、辻田隆一、本田剛一、川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • HMGB1は術後痛に関与する., 川端柚希、坪田真帆、辻田隆一、西堀正洋、川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • がん薬ボルテゾミブにより誘起される神経障害性疼痛にはCav3.2 T型カルシムチャネルの発現増加が関与する., 冨田詩織、出口智代、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛におけるHMGB1とその標的分子の役割:マクロファージ非依存的機序の関与について, 坪田真帆、福田亮太郎、関口富美子、宮崎貴也、堂本莉紗、安井洋樹、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第90回日本薬理学会年会,   2017年03月15日
  • Paclitaxel誘起痛覚過敏へのマクロファージ由来high mobility group box 1の関与, 堂本莉紗、山岨大智、山西広樹、関口富美子、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史., み研究会2016「痛みの理解を目指した先端的アプローチ」,   2017年01月30日
  • 抗がん薬オキサリプラチン誘起神経障害性疼痛へのCav3.2 T型Ca2+チャネルとHMGB1の関与について., 坪田真帆、福田亮太郎、関口富美子、宮崎貴也、堂本莉紗、安井洋樹、山下莉加、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史.,   2017年01月30日
  • トロンボモジュリンアルファのHMGB1誘起痛覚過敏に対する抑制作用の分子メカニズムとトロンビン依存性の解析., 林佑亮、坪田真帆、辻田隆一、本田剛一、川畑篤史., 第130回日本薬理学会近畿部会,   2016年11月19日
  • シクロホスファミド誘起膀胱痛の発現メカニズムの解析:マクロファージ由来HMGB1によるRAGE活性化を介するH2S産生酵素の発現誘導の関与., 平本志於里、山口薫、坪田真帆、田中潤一、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第130回日本薬理学会近畿部会,   2016年11月19日
  • ヒト前立腺癌細胞におけるinterleukin-6誘起神経内分泌様分化に伴うCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現増加に関与する細胞シグナルの解析., 上田舞、深海和樹、浅野絵莉茄、関口富美子、吉田繁、川畑篤史., 第130回日本薬理学会近畿部会,   2016年11月19日
  • Bortezomib誘起神経障害性疼痛への核内タンパクhigh mobility group box1の関与., 宮崎貴也、坪田真帆、冨田詩織、出口智代、関口富美子、山岨大智、西堀正洋、川畑篤史., 第130回日本薬理学会近畿部会,   2016年11月19日
  • A role of macrophage-derived HMGB1 in paclitaxel-induced peripheral neuropathy in mice. , Domoto, R., Yamasoba, D., Yamanishi, H., Sekiguchi, F., Tsubota, M., Nishibori, M., Kawabata, A., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • Interleukin-6-induced neuroendocrine-like differentiation of human prostate cancer cells: cell signaling and upregulation of Cav3.2 T-type calcium channels. , Fukami, K., Ueda, M., Asano, E., Sekiguchi, F., Yoshida, S., Kawabata, A., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • Cav3.2 T-type calcium channels as therapeutic targets for the oxaliplatin-induced peripheral neuropathy., Miyazaki, T., Fukuda, R., Tsubota, M., Kawabata, A., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • Molecular mechanisms for the upregulation of Cav3.2 T-type calcium channels in the neuropathic pain., Tomita, S., Sekiguchi, F., Tsubota, M., Kawabata, A., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • Targeting HMGB1 and its downstream molecules for treatment of oxaliplatin-induced peripheral neuropathy., Tsubota, M., Fukuda, R., Miyazaki, T., Domoto, R., Kamitani, N., Nishida, T., Sekiguchi, F., Ishikura, H., Nishibori, M., Kawabata, A., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • 神経前駆様NG108-15細胞において新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninはカンナビノイドCB1受容体を介して神経突起伸長を促進する., 野田紗友理、大野菫、関口富美子、村田和也、松田秀秋、Nguyen, H.D.、豊岡尚樹、川畑篤史., 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2016年10月15日
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬6-prenylnaringeninのイオンチャネル選択性に関する検討:2S体とラセミ体の比較., 洞口大和、山岡 桜、大野 菫、関口富美子、Nguyen, H.D.、藤田友代、村田和也、松田秀秋、吉田 繁、大久保つや子、豊岡尚樹、川畑篤史., 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2016年10月15日
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛覚過敏へのCav3.2 T型Ca2+チャネルの関与., 中野真希、松井和樹、石井優子、坪田真帆、川畑篤史., 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2016年10月15日
  • マウスの坐骨神経部分結紮誘起神経障害性疼痛には知覚神経におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現増加が関与する:転写因子Egr-1および脱ユビキチン化酵素USP5の役割., 式見仕勇、冨田詩織、関口富美子、坪田真帆、岸岡史郎、川畑 篤史, 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2016年10月15日
  • 6-Prenylnaringeninをリード化合物とした新規T型Ca2+チャネル阻害薬の探索:電気生理学的検討., 山岡桜、洞口大和、Nguyen, H.D.、北村 駿、岡田卓哉、大野 菫、関口富美子、西川裕之、吉田 繁、村田和也、松田秀秋、大久保つや子、豊岡尚樹、川畑篤史., 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2016年10月15日
  • Mechanisms of Cav3.2 upregulation in neuropathic pain models. , Tomita, S., 2016 International Calcium channel Meeting,   2016年10月02日
  • Involvement of Cav3.2 T-type Ca2+channels in the oxaliplatin-induced neuropathic pain., Tsubota, M. , 2016 International Calcium channel Meeting,   2016年10月02日
  • Impact of zinc or ascorbic acid deficiency on Cav3.2-dependent pain. , Kawabata, A., 2016 International Calcium channel Meeting,   2016年10月02日
  • Macrophage-derived HMGB1 participates in lipopolysaccharide-induced inflammatory hyperalgesia and paclitaxel-induced neuropathic pain in mice. , Domoto, R., Yamasoba, D., Yamanishi, H., Sekiguchi, F., Tsubota, M., Nishibori, M., Kawabata, A., 16th World Congress on Pain,   2016年09月26日
  • Cav3.2 T-type calcium channels contribute to oxaliplatin-induced neuropathic pain in mice., Miyazaki, T., Fukuda, R., Tsubota, M., Kawabata, A., 16th World Congress on Pain,   2016年09月26日
  • Tacrolimus causes relapse of pancreatic pain through TRPV1 activation during the recovery from cerulein-induced pancreatitis in mice., Terada, Y., Tsubota, M., Sekiguchi, F., Wada, K., Kuwahara, T., Takada, M., Kawabata, A., 16th World Congress on Pain,   2016年09月26日
  • Roles of TLR4 and RAGE targeted by high mobility group box 1 in inflammatory and chemotherapy-induced peripheral neuropathy., Kawabata, A., 16th World Congress on Pain,   2016年09月26日
  • HMGB1研究の新展開 〜免疫系と神経系のクロストークにおける役割〜., 川畑篤史., 第31回日本救命医療学会総会・学術集会,   2016年09月16日
  • トロンボモジュリンアルファの内臓痛治療への応用., 川畑篤史., 第44回日本潰瘍学会,   2016年09月02日
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛へのCav3.2 T型カルシウムチャネルの関与., 坪田真帆、福田亮太郎、宮崎貴也、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2016,   2016年08月25日
  • シクロホスファミド誘起膀胱痛にはマクロファージ由来HMGB1によるRAGEを介するH2S産生酵素の発現誘導が関与する., 平本志於里、山口薫、坪田真帆、田中潤一、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2016,   2016年08月25日
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛の発現メカニズムの解析:HMGB1とその標的分子の関与について., 坪田真帆、福田亮太郎、宮崎貴也、堂本莉紗、上谷夏生、西田武司、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 生体機能と創薬シンポジウム2016,   2016年08月25日
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛へのHMGB1の関与:その由来と標的分子について., 坪田真帆、福田亮太郎、宮崎貴也、川畑篤史., 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2016,   2016年08月24日
  • シクロホスファミド誘起間質性膀胱炎様マウスにおける膀胱痛に関与するHMGB1/RAGE系とH2S/Cav3.2系の相互関係., 平本志於里、山口薫、坪田真帆、田中潤一、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015,   2016年08月24日
  • High mobility group box 1 mediates substance P-induced bladder pain in mice, a model for bladder pain syndrome. , Maeda, M., Irie, Y., Tsubota, M., Kubo, L., Sekiguchi, F., Ishikura, H., Nishibori, M., Kawabata, A. , Physiology 2016,   2016年07月28日
  • Macrophage-derived high mobility group box 1 mediates H2S-dependent bladder pain in mice with cyclophosphamide-induced cystitis., Hiramoto, S., Tsubota, M., Yamguchi, K., Tanaka, J., Sekiguchi, F., Ishikura, H., Nishibori, M., Kawabata, A. , Physiology 2015,   2016年07月28日
  • Involvement of macrophage-derived high mobility group box 1 in paclitaxel-induced neuropathic pain in mice. , Domoto, R., Yamasoba, D., Yamanishi, H., Sekiguchi, F., Tsubota, M., Nishibori, M., Kawabata, A. , Physiology 2014,   2016年07月28日
  • Macrophage-derived high mobility group box 1 enhances neuritogenesis via NMDA receptors in neuron-like NG108-15 cells., Sekiguchi, F., Sugimoto, R., Imanishi, M., Ueda, N., Kawabata, A. , Physiology 2013,   2016年07月28日
  • High mobility group box 1 mediates pancreatic pain in mice. , Kawabata, A., Irie, Y., Tsubota, M., Sekiguchi, F., Ishikura, H., Nishibori, M., Physiology 2012,   2016年07月28日
  • 結腸痛の発症における侵害受容ニューロン発現分子TRPV1、PAR2およびCav3.2の役割について., 松井和樹、中野真希、石井優子、寺田侑加、坪田真帆、川畑篤史., 第129回日本薬理学会近畿部会,   2016年06月24日
  • マウス後根神経節細胞において硫化水素ドナーおよび膜透過性cyclic AMPアナログはT型Ca2+チャネルを介して神経突起伸長を誘起する:細胞サイズによる効果の違いについて., 天羽一騎、大野菫、関口富美子、川畑篤史., 第129回日本薬理学会近畿部会,   2016年06月24日
  • Oxaliplatin誘起神経障害性疼痛にはマクロファージ以外の細胞に由来するHMGB1が関与する., 坪田真帆、福田亮太郎、宮崎貴也、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第129回日本薬理学会近畿部会,   2016年06月24日
  • マクロファージ由来HMGB1はlipopolysaccharide誘起炎症性疼痛とpaclitaxel誘起神経障害性疼痛に関与する., 堂本莉紗、山岨大智、山西広樹、関口富美子、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史., 第38回日本疼痛学会,   2016年06月24日
  • ラットあるいはマウスの神経障害性疼痛に関与する一次知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの発現誘導メカニズム., 34) 冨田詩織,式見志勇,関口富美子,坪田真帆,川畑篤史., 第38回日本疼痛学会,   2016年06月24日
  • T-type calcium channels and neuropathic/visceral pain. Symposium entitled “Ion channels and pain: current research trends” organized by Kawabata, Tanabe and Zamponi,, Kawabata, A., 日本薬学会第136年会,   2016年03月27日
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎・膀胱痛マウスにおける硫化水素/T型Ca2+チャネル系の役割-下部尿路機能障害に対する新たな治療標的分子としての可能性-.院生シンポジウム「次世代若手研究者の挑戦!〜難治性疾患に対する新たな創薬ストレテジー〜」(オーガナイザー:福重・尾崎), 尾崎友香、坪田真帆、川畑篤史., 日本薬学会第136年会,   2016年03月27日
  • 急性膵炎に伴う膵臓痛へのマクロファージ由来HMGB 1の関与:RAGEおよびCXCR4の標的分子としての役割., 入江悠平、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 亜鉛欠乏により誘起されるマウス痛覚過敏:Cav3.2 T型Ca2+チャネルとhigh mobility group box 1の関与., 冨田詩織、式見仕勇、関口富美子、坪田真帆、白井亮洋、西堀正洋、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gと6-prenylnaringeninの薬理作用解析:電気生理学的性質の違いとマウスにおける痛覚過敏抑制作用., 大野 菫、山岡 桜、関口富美子、市井真貴、藤田友代、出口貴浩、坪田真帆、西川裕之、吉田 繁、村田和也、松田秀秋、豊岡尚樹、大久保つや子、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • Substance P誘起間質性膀胱炎/膀胱痛症候群モデルマウスにおけるマクロファージ由来HMGB1の役割., 前田真理子、入江悠平、坪田真帆、久保里紗、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 神経およびマクロファージ由来HMGB1はNMDA受容体を介して神経前駆様NG108-15細胞の神経突起伸張を促進する., 関口富美子、杉本 陵、今西未己、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 末梢組織中においてレドックス状態の異なるHMGB1により誘起される痛覚過敏メカニズムの相違., 坪田真帆、山岨大智、堂本莉紗、関口富美子、西堀正洋、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 亜鉛キレーターはT型Ca2+チャネルの機能増強によりcyclophosphamide誘起膀胱炎に伴う膀胱痛を増強する., 松岡順紀、尾崎友香、坪田真帆、川畑篤史., 第89回日本薬理学会年会,   2016年03月09日
  • 神経障害性疼痛モデル動物の後根神経節におけるCav3.2 T型カルシウムチャネルの発現誘導メカニズムの解析., 冨田詩織,式見志勇,関口富美子,坪田真帆,川畑篤史., 痛み研究会2015 ,   2015年12月17日
  • マクロファージ由来high mobility group box 1はセルレイン誘起急性膵炎およびサブスタンスP誘起間質性膀胱炎/膀胱痛症候群モデルにおける内臓痛に関与する., 入江悠平、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 痛み研究会2015,   2015年12月17日
  • マクロファージ由来high mobility group box 1はマウスにおけるlipopolysaccharide誘起炎症性痛覚過敏及び抗癌剤paclitaxel誘起神経障害性疼痛に関与する., 堂本莉紗、山岨大智、山西広樹、関口富美子、坪田真帆、西堀正洋、川畑篤史., 第128回日本薬理学会近畿部会,   2015年11月20日
  • High mobility group box 1はsubstance P誘起膀胱痛症候群モデルマウスにおける関連痛覚過敏の発現・維持に関与する., 入江悠平、前田真理子、久保理沙、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史., 第128回日本薬理学会近畿部会,   2015年11月20日
  • Cyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける膀胱痛は亜鉛欠乏により増強される:T型Ca2+チャネルの関与について., 尾崎友香、松岡順紀、坪田真帆、冨田詩織、関口富美子、南武志、川畑篤史., 第128回日本薬理学会近畿部会,   2015年11月20日
  • Sophoraflavanone Gとその類縁体6-prenylnaringeninのT型Ca2+チャネル阻害作用の電気生理学的特徴と各種疼痛モデルでの有効性., 大野菫、山岡桜、関口富美子、市井真貴、藤田友代、出口貴浩、坪田真帆、西川浩之、吉田繁、村田和也、松田秀秋、豊岡尚樹、大久保つや子、川畑篤史., 第128回日本薬理学会近畿部会,   2015年11月20日
  • 硫化水素によって惹起された外有毛細胞のTRPV4受容体を介したストア作動性カルシウム流入, 原田成信、伊藤由香里、高嶋一平、王子田彰夫、川畑篤史, 第25回日本耳科学会総会,   2015年10月07日
  • Vitamin C deficiency aggravates hydrogen sulfide-induced pain/hyperalgesia and chemotherapy-induced neuropathy in mice: possible involvement of T-type calcium channels., Kawabata, A, Tsubota, M., Uebo, K., Miki, K., Sekiguchi, F., Fukuda, R., Kondo, Y., Takahashi, K., Masutomi, H., Ishigami, A., 9th Congress of the European Pain Federation EFIC,   2015年09月02日
  • 内臓痛の新しい治療標的分子:T型Ca2+チャネルとHMGB1, 川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2015,   2015年08月02日
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬sophoraflavanone Gおよび6-prenylnaringeninの電気生理学的性質と痛覚過敏抑制効果, 大野 菫、市井真貴、山岡 桜、関口富美子、藤田友代、出口貴浩、坪田真帆、西川裕之、吉田 繁、村田和也、松田秀秋、豊岡尚樹、大久保つや子、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2015,   2015年08月02日
  • ラット第5腰神経切断により誘起される神経障害性疼痛および脊髄後根神経節におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現増加への転写調節因子Egr-1と脱ユビキチン化酵素USP5の関与, 冨田詩織、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2015,   2015年08月02日
  • PAR2と痛み, 川畑篤史, 日本ペインクリニック学会第49回大会,   2015年07月24日
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛覚過敏へのT型Ca2+チャネルおよびHMGB1の関与, 坪田真帆、石井優子、中野真希、梶谷梨絵、西堀正洋、川畑篤史, 第127回日本薬理学会近畿部会,   2015年06月26日
  • Cerulein誘起マウス急性膵炎モデルにおける膵臓痛の発現・維持にはマクロファージ由来high mobility group box 1によるRAGEおよびCXCR4の活性化が関与する, 入江悠平、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第127回日本薬理学会近畿部会,   2015年06月26日
  • 急性膵炎・膵臓痛動物モデルを用いた病態解析:T型?Ca2+チャネルおよびTRPチャネルの役割, 寺田侑加、坪田真帆、関口富美子、和田恭一、?原健、高田充隆、川畑篤史, 日本薬学会第135年会,   2015年03月26日
  • マウス後根神経節細胞において硫化水素ドナーNa2SはT型Ca2+チャネルを介して神経突起伸長を促進する:細胞の大きさによる効果の違いについて, 天羽一騎、大野 菫、関口富美子、川畑篤史, 日本薬学会第135年会,   2015年03月26日
  • HMGB1はoxaliplatin誘起神経障害性疼痛の発現および維持に関与する, 福田亮太郎、山西広樹、坪田真帆、関口富美子、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 日本薬学会第135年会,   2015年03月26日
  • 高グルコース条件下で培養した神経内分泌様分化ヒト前立腺癌LNCaP細胞におけるCav3.2 T型Ca2+チャネルの糖鎖修飾による機能増強と分泌機能亢進, 浅野絵莉茄,深海和樹,関口富美子,泰川未来、笠松隆二、吉田繁、川畑篤史, 日本薬学会第135年会,   2015年03月26日
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおけるポラプレジンクの予防・治療効果, 村上(中山)雅裕、昼馬佐紀、坪田真帆、関口富美子、松山賢治3、木村健4、森山雅弘2、川畑篤史, 日本薬学会第135年会,   2015年03月26日
  • HMGB1を標的とする内臓痛治療, 坪田真帆、川畑篤史, 第88回日本薬理学会年会,   2015年03月18日
  • 神経内分泌様分化した前立腺癌LNCaP細胞において高グルコース条件下でのCav3.2 T型カルシウムチャネルのN-結合型グリコシル化により分泌機能が亢進する, 深海和樹、浅野絵莉茄、関口富美子、泰川未来、笠松隆二、吉田繁、川畑篤史, 第88回日本薬理学会年会,   2015年03月18日
  • マクロファージ由来HMGB1はNF-kB系を介して炎症性痛覚過敏に寄与する, 山岨大智、関由加里、山西広樹、坪田真帆、関口富美子、八木秀樹、益子 高、西堀正洋、川畑篤史, 第88回日本薬理学会年会,   2015年03月18日
  • 神経障害性疼痛ラットの知覚神経におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現誘導には転写因子Egr-1および脱ユビキチン化酵素USP5が関与する, 冨田詩織、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 第88回日本薬理学会年会,   2015年03月18日
  • 亜鉛含有製剤ポラプレジンクのcyclophosphamide誘起膀胱炎・膀胱痛に対する予防および治療効果, 昼馬佐紀、村上(中山)雅裕、坪田真帆、関口富美子、松山賢治、木村健、森山雅弘、川畑篤史, 第88回日本薬理学会年会,   2015年03月18日
  • Calcineurin阻害薬tacrolimusはcapsaicin誘起結腸痛およびcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する, 寺田侑加、松井和樹、坪田真帆、関口富美子、和田恭一、?原 健、?田充隆、川畑篤史, 第126回日本薬理学会近畿部会,   2014年10月24日
  • 第5腰神経切断神経障害性疼痛ラットにおけるCav3.2 T型Ca2+チャネル発現増加機序の解析:転写調節因子Egr-1と脱ユビキチン化酵素USP5の挙動について, 冨田詩織、関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 第126回日本薬理学会近畿部会,   2014年10月24日
  • マクロファージ由来HMGB1の炎症性痛覚過敏への関与と分子作用メカニズムの解析, 山岨大智、関由加里、山西広樹、坪田真帆、関口富美子、八木秀樹、益子 高、西堀正洋、 川畑篤史, 第126回日本薬理学会近畿部会,   2014年10月24日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651の電気生理学的性質および神経障害性疼痛に対する抑制効果, 冨田詩織、瓦侑馬、関口富美子、川石雄大、坪田真帆、吉田 繁、大久保つや子、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014,   2014年08月30日
  • Histone deacetylase阻害薬は内因性high mobility group box 1遊離を介して神経前駆細胞株NG108-15細胞の神経突起伸長を誘起する, 杉本陵、上田菜生、関口富美子、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014,   2014年08月30日
  • Capsaicin誘起結腸痛に対するcalcineurin阻害薬FK506の増強効果, 松井和樹、寺田侑加、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014,   2014年08月30日
  • Exploration of novel T-type Ca2+ channel inhibitors for treatment of intractable pain, Sekiguchi, F., Kawabata, A, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • ヒト可溶性トロンボモジュリンを用いた痛みの治療:HMGB1吸着・分解促進作用の関与, 坪田真帆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • Calcineurin阻害薬tacrolimusはTRPV1を介してcerulein誘起急性膵炎関連痛を増強する, 寺田侑加、坪田真帆、関口富美子、和田恭一、桑原 健、髙田充隆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • ポラプレジンクはcyclophosphamide誘起膀胱炎マウスにおける炎症症状および膀胱痛を抑制する, 昼馬佐紀、中山雅裕、坪田真帆、関口富美子、松山賢治、木村健、森山雅弘、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • ポラプレジンクを使用した含嗽液の安定性と放射線性口腔粘膜炎に対する臨床評価, 中山雅裕、中村豪志、東 剛史、松山賢治、森山雅弘、木村 健、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • ナノ化技術を用いた新規注射用製剤の開発とその有用性評価 −シロスタゾール静脈内投与による脳梗塞治療−, 田辺 航, 松下 翔子, 西本 夏海, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 西川 裕之, 川畑 篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2014,   2014年08月28日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gの薬理学的特徴と痛覚過敏抑制効果, 関口富美子、川畑篤史, 第36回日本疼痛学会,   2014年06月20日
  • 可溶性トロンボモジュリンおよび抗HMGB1中和抗体はlipopolysaccharideあるいはsubstance P膀胱内注入により誘起される膀胱痛を抑制する, 久保里紗、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第125回日本薬理学会近畿部会,   2014年06月20日
  • Cyclophosphamide誘起マウス膀胱炎モデルにおける膀胱痛発症メカニズムの解析:核内蛋白HMGB1と内因性H2Sの役割, 山口薫、田中潤一、坪田真帆、関口富美子、関由加里、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第125回日本薬理学会近畿部会,   2014年06月20日
  • Cav3.2 T型Ca2+チャネルを阻害するascorbic acidの欠乏は硫化水素による体性痛・内臓痛およびpaclitaxel誘起神経障害性疼痛を増強する, 上坊健太、三木好輝、坪田真帆、関口富美子、近藤嘉高、高橋経太、増富裕文、石神昭人、川畑篤史, 第125回日本薬理学会近畿部会,   2014年06月20日
  • ヒト胃癌由来AGS細胞における内因性硫化水素の細胞増殖への関与とその下流シグナルの解析, 小椋彩加、関本晃己、関口富美子、川畑篤史, 第125回日本薬理学会近畿部会,   2014年06月20日
  • 結腸の疼痛および炎症におけるガス状情報伝達物質硫化水素の役割, 坪田真帆、川畑篤史, 日本薬学会第134年会,   2014年03月27日
  • Roles of Cav3.2 T-type Ca2+ channels in prostate cancer cells: impact on an androgen-independent stage, Kawabata, A, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • ビンクリスチン誘起神経障害性疼痛ラットにおける抗HMGB1中和抗体と遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンの予防・治療効果, 西田武司、川石雄大、山西広樹、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • 苦参由来sophoraflavanone Gおよびその類縁体のT型カルシウムチャネル阻害活性と痛覚過敏抑制効果, 関口富美子, 藤田友代, 出口貴浩, 市井真貴, 西川裕之, 吉田 繁, 村田和也, 松田秀秋,大久保つや子, 川畑篤史, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • カルシニューリン阻害薬タクロリムスはカプサイシン誘起結腸痛を増強する, 寺田侑加, 坪田真帆, 関口富美子, 和田恭一, ?原 健, ?田充隆, 川畑篤史, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • 新規認知機能改善薬ST101により誘起されるNG108-15細胞における神経突起伸長促進作用とマウスにおける痛覚過敏へのT型Ca2+チャネルの関与, 大野 菫、金岡大樹、井手洋樹、関口富美子、吉田 繁、福永浩司、川畑篤史, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • 中和抗体と遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンによるHMGB1不活化はラットおよびマウスにおけるパクリタキセル誘起神経障害性疼痛を抑制する, 川石雄大、山西広樹、坪田真帆、関口富美子、西田武司、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 第87回日本薬理学会年会,   2014年03月19日
  • Cav3.2 T型Ca2+チャネル発現HEK293細胞において内因性および外因性硫化水素はチャネル機能を増強する, 関口富美子, 宮本陽介, 金岡大樹, 井手洋樹, 吉田 繁, 大久保つや子,川畑篤史, 第124回日本薬理学会近畿部会,   2013年11月01日
  • マウスにおいてprostaglandin E2により誘起されるT型Ca2+チャネルを介する機械的痛覚過敏の特徴:EP2/PKA経路における足場タンパクAKAP150の重要性とEP1/PKC経路の関与について, 竹中秀、中村早織、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 第124回日本薬理学会近畿部会,   2013年11月01日
  • TRPA1はPAR2の下流シグナル分子としてTRPV1とともに膵炎関連痛覚過敏の発症・維持に寄与する, 寺田侑加、藤村茉由子、西村幸容、坪田真帆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • 膵臓痛発現におけるH2S下流シグナル分子としてのCav3.2およびTRPA1の役割:健常時と急性膵炎発症時の違い, 寺田侑加、藤村茉由子、西村幸容、坪田真帆、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • マウスにおけるCav3.2 T型Ca2+チャネルを介する硫化水素の痛み促進効果はアスコルビン酸欠乏により増大する:SMP30/GNLノックアウトマウスを用いた検討, 上坊健太、三木好輝、坪田真帆、関口富美子、近藤嘉高、高橋経太、増富裕文、石神昭人、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • Lipopolysaccharide膀胱内注入により誘起されるマウス膀胱炎・膀胱痛に対する可溶性トロンボモジュリンの効果:投与量による違い, 久保里紗、坪田真帆、関口富美子、石倉宏恭、西堀正洋、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • NG108-15細胞におけるdibutyryl cyclic AMP誘起神経分化への内因性硫化水素とCav3.2 T型Ca2+チャネルの関与, 竹田優希、金岡大樹、関口富美子、吉田繁、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • ヒト可溶性トロンボモジュリンはHMGB1シグナルを抑制することで炎症性疼痛を抑制する, 関由加里、田中潤一、山口薫、石倉宏恭、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおけるヒト可溶性トロンボモジュリンの膀胱痛抑制効果:HMGB1吸着・不活化作用の関与, 山口薫、田中潤一、関由加里、石倉宏恭、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • 新規認知機能改善薬ST101はT型Ca2+チャネルを介してNG108-15細胞における神経突起伸長とマウスにおける痛覚過敏を誘起する, 大野 菫、金岡大樹、井手洋樹、関口富美子、吉田 繁大野 菫、金岡大樹、井手洋樹、関口富美子、吉田 繁、福永浩司、川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム2013,   2013年08月29日
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンの炎症性疼痛および癌化学療法誘起神経障害性疼痛に対する予防・治療効果:HMGB1吸着・不活化作用の関与について, 川畑篤史、坪田真帆、関口富美子, 第35回日本疼痛学会,   2013年07月12日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651の電気生理学的特徴と体性痛・内臓痛モデルにおける鎮痛効力, 関口富美子、坪田真帆、川畑篤史, 第35回日本疼痛学会,   2013年07月12日
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはHMGB1シグナルを抑制することでパクリタキセル誘起神経障害性疼痛モデルにおいて予防および治療効果を示す, 川石雄大、山西広樹、坪田真帆、西堀正洋、石倉宏恭、川畑篤史, 第123回日本薬理学会近畿部会,   2013年07月12日
  • ヒト前立腺癌由来LNCaP細胞におけるcyclic AMP誘起神経内分泌様分化に伴うH2S/Cav3.2系の機能増強とその分子メカニズム, 泰川未来、深海和樹、笠松隆二、関口富美子、吉田 繁、川畑篤史, 第123回日本薬理学会近畿部会,   2013年07月12日
  • 苦参由来T型Ca2+チャネル阻害物質の検索:ヒトCav3.2発現HEK293細胞における電気生理学的検討とマウスにおける硫化水素誘起痛覚過敏に対する抑制効果の評価, 藤田友代、関口富美子、出口貴浩、吉田 繁、村田和也、松田秀秋、大久保つや子、川畑篤史, 第123回日本薬理学会近畿部会,   2013年07月12日
  • シクロホスファミド誘起膀胱炎・膀胱痛に対するNK1受容体拮抗薬およびcurcuminの効果:硫化水素 / T型カルシウムチャネル系の上流シグナルの解析, 尾崎友香、坪田真帆、西浦佳那恵、川畑篤史, 第123回日本薬理学会近畿部会,   2013年07月12日
  • 硫化水素の生理機能と病態への関与:特に内臓痛および内臓炎症における役割, 坪田真帆、川畑篤史, 第90回日本生理学会大会,   2013年03月27日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651のチャネル阻害効果の特徴および体性痛覚過敏に対する抑制効果, 関口富美子, 瓦 侑馬, 金岡大樹, 川石雄大, 坪田真帆, 吉田 繁, 大久保つや子, 山澤美緒, 我謝徳一, 大城博行, 井上 義, 川畑篤史., 第122回日本薬理学会近畿部会,   2012年11月16日
  • 新規T型Ca2+チャネル阻害薬RQ-00311651は各種内臓痛を抑制する, 坪田真帆、川上絵理、尾崎友香、関口富美子、井上 義、奥村貴子、川畑篤史, 第122回日本薬理学会近畿部会,   2012年11月16日
  • 遺伝子組み換え可溶性ヒト・トロンボモジュリンのマウス間質性膀胱炎モデルにおける膀胱痛抑制効果, 田中潤一、山口 薫、関由加里、石倉宏恭、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 第122回日本薬理学会近畿部会,   2012年11月16日
  • NG108-15細胞とラット後根神経節細胞におけるCav3.2 T型Ca2+チャネル機能のcyclic AMP依存性増強メカニズムの解析, 金岡大樹、山中瑠美、関口富美子、吉田 繁、川畑篤史, 第122回日本薬理学会近畿部会,   2012年11月16日
  • 知覚神経細胞におけるcyclic AMP誘起神経突起伸長に対するT型Ca2+チャネルおよびK+チャネルの関与, 前田貴史、山縣亮介、三谷健治、田中友香里、関口富美子、川畑篤史, 第122回日本薬理学会近畿部会,   2012年11月16日
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはシクロホスファミド誘起膀胱炎マウスにおける膀胱痛を抑制する, 山口薫、田中潤一、関由加里、石倉宏恭、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 第86回日本薬理学会年会
  • 遺伝子組換えヒト可溶性トロンボモジュリンはラットにおいてHMGB1依存炎症性疼痛を抑制する, 関由加里、田中潤一、山口薫、石倉宏恭、坪田真帆、関口富美子、川畑篤史, 第86回日本薬理学会年会
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬RQ-00311651の各種内臓痛に対する治療効果, 川上絵理、坪田真帆、尾崎友香、関口富美子、井上義、奥村貴子、川畑篤史, 第86回日本薬理学会年会
  • 新規T型カルシウムチャネル阻害薬RQ-00311651:膜電流およびカルシウム流入に対する抑制効果と鎮痛効力, 瓦 侑馬, 関口富美子 , 金岡大樹, 川石雄大, 坪田真帆, 吉田 繁, 大久保つや子, 山澤美緒, 我謝徳一, 大城博行, 井上 義, 川畑篤史, 第86回日本薬理学会年会

MISC

  • AzelastineはRAGEが関与する化学療法誘起末梢神経障害の発症を抑制する―ドラッグ・リプロファイリング/リポジショニング研究からの知見, 脇谷航平, 関口富美子, 坪田真帆, 中村真也, 仲西功, 川畑篤史, 日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 133rd, 44,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802250128640323
  • T型Ca2+チャネル阻害活性を有するホップ成分6‐prenylnaringeninは結腸痛を抑制する, 坪田真帆, 松井和樹, 中野真希, 友近拳, 関口富美子, 川畑篤史, 日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 133rd, 34,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802257910940137
  • がん化学療法誘起末梢神経障害モデルマウスにおける中分子ヘパリニルフェニルアラニンの抗アロディニア作用, 西川裕之, 西川裕之, 上野山桐子, 関口富美子, 坪田真帆, 岡田卓哉, 豊岡尚樹, 豊岡尚樹, 川畑篤史, 日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 133rd, 33,   2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802264948184448
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスの知覚神経過敏におけるCa v3.2 T型Ca2+チャネルの役割, 坪田真帆, 川畑篤史, 日本潰瘍学会プログラム・抄録集, 45th, 101,   2017年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802233395721741
  • マウスにおいてHMGB1足底内投与により誘起される機械的アロディニアにはNF‐κBシグナルとマクロファージが関与する, 堂本莉紗, 中島夏奈, 関口富美子, 坪田真帆, 川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウムプログラム・要旨集, 2017, 57,   2017年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702234832286886
  • Butyrate誘起過敏性腸症候群モデルマウスにおける結腸痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与, 坪田真帆, 梶谷梨絵, 野中結, 石井優子, 関口富美子, 西堀正洋, 川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウムプログラム・要旨集, 2017, 46,   2017年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702242670072548
  • Bortezomib誘起神経障害性疼痛へのマクロファージ由来HMGB1の関与, 宮崎貴也, 坪田真帆, 冨田詩織, 出口智代, 関口富美子, 西堀正洋, 川畑篤史, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウムプログラム・要旨集, 2017, 63,   2017年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278169871275
  • オキサリプラチン誘起神経障害性疼痛の発症メカニズムの解析:Cav3.2 T型カルシウムチャネルとHMGB1の関与, 坪田真帆, 福田亮太郎, 関口富美子, 宮崎貴也, 堂本莉紗, 安井洋樹, 山下莉加, 上田慎, 西田武司, 西田武司, 石倉宏恭, 西堀正洋, 川畑篤史, Pain Research, 32, 2, 131,   2017年06月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702276801996364
  • トロンボモジュリンアルファはトロンビン依存性にHMGB1誘起痛覚過敏を抑制する, 辻田隆一, 辻田隆一, 林佑亮, 坪田真帆, 本田剛一, 川畑篤史, Pain Research, 32, 2, 154,   2017年06月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278643432421
  • プロテアソーム阻害薬bortezomib誘起神経障害性疼痛には一次知覚神経のCav3.2T型カルシウムチャネルタンパク量増加が関与する, 関口富美子, 冨田詩織, 出口智代, 坪田真帆, 吉田繁, 川畑篤史, Pain Research, 32, 2, 154,   2017年06月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286774040419
  • 序文, 川畑 篤史, 大石 了三, 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica, 141, 2,   2013年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031147607
  • P-15.げっ歯類の気道および消化管平滑筋の緊張性におよぼす硫化水素の影響(ポスター発表,一般演題,第51回日本平滑筋学会総会), 関口 富美子, 久保 聡子, 黒河 祐子, 岡本 由佳梨, 土江位 知子, 川畑 篤史, 日本平滑筋学会雑誌, 13, 1, "J, 30",   2009年06月19日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007331961
  • H2Sと痛み (生体機能と創薬シンポジウム2007--創薬研究のルネサンスをめざして 講演要旨集) -- (シンポジウム 気体メディエーターと創薬), 川畑 篤史, 薬学雑誌, 127, 0, 93, 97,   2007年09月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015637284
  • 痛みの克服に向けて, 鍋島 俊隆, 伊藤 誠二, 井上 和秀, 植田 弘師, 川畑 篤史, 倉石 泰, 田邊 勉, 砥出 勝雄, 富永 真琴, 仲田 義啓, 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA, 127, 2, 63, 70,   2006年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017495170
  • 消化器疾患治療における新しい創薬標的分子としての protease-activated receptors (PARs), 川畑 篤史, 関口 富美子, 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA, 124, 89P, 90P,   2004年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018622093
  • ラット上腸間膜動脈の血管運動調節におけるプロテアーゼ活性化受容体(PAR)-1およびPAR-2の役割の相違, 川畑 篤史, 久保 聡子, 中屋.裕美子, 薬学総合研究所紀要, 12, 4, 41, 57,   2004年03月05日, 10.1016/j.cardiores.2003.11.030, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001179745
  • プロテアーゼ受容体PAR-2内因性アゴニストトリプシンによる循環制御の特徴, 川畑 篤史, 中屋 裕美子, 脇坂 真理子, 薬学総合研究所紀要, 11, 51, 55,   2003年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000966531
  • PAR-2による疼痛行動および痛覚過敏におけるNMDA-NO回路の役割, 黒田 良太郎, 川畑 篤史, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 41, 2, 132, 133,   2002年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405621
  • Protease-activated receptor-2 (PAR-2 ) : 神経系, 消化器系および血管系における役割, 川畑 篤史, 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis, 13, 6, 467, 476,   2002年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000106379
  • 抹消PAR-2活性化はラットにおいて熱痛覚過敏および疼痛関連行動を惹起する, 川畑 篤史, 河尾 直之, 黒田 良太郎[他], 薬学総合研究所紀要, 10, 23, 32,   2002年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560597
  • プロテアーゼ活性化受容体PAR-2による痛み修飾, 黒田 良太郎, 種子田 護, 川畑 篤史, 河尾 直之, 伊藤 秀樹, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 2, 86, 87,   2001年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405366
  • S-II電気刺激とnNOS阻害薬による鎮痛効果, 黒田 良太郎, 川畑 篤史, 中野 直樹, 内山 卓也, 種子田 護, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 40, 1, 17, 21,   2001年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013405198
  • S-II電気刺激とnNOS阻害薬による鎮痛効果, 黒田 良太郎, 川畑 篤史, 中野 直樹, 内山 卓也, 種子田 護, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 39, 2, 92, 93,   2000年12月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136725
  • G蛋白共役型プロテアーゼ受容体PARと痛み : PAR-2アゴニスト末梢局所投与による脊髄後角c-fos発現, 河尾 直之, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌, 15, 3,   2000年12月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013819918
  • 大脳皮質第二次体性感覚領野 (S-II) 電気刺激による鎮痛効果 : 一臨床例とラットホルマリン疼痛法での検討, 河尾 直之, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌, 14, 3,   1999年12月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008730937
  • 病院薬剤師の臨床活動と仕事に対する満足度の関係についての 疫学研究 : 世代による違い, 村上 悦子, 川畑 篤史, 小田 泰雄[他], 薬学総合研究所紀要, 7, 97, 107,   1998年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560697
  • 関西地区の病院に勤務する薬剤師の職業意識調査, 村上 悦子, 川畑 篤史, 岩城 正宏, 小木曽 太郎, 鈴木 茂生, 小田 泰雄, 黒田 良太郎, 掛樋 一晃, 三島 正彦, 高田 充隆, 薬学総合研究所紀要, 6, 93, 103,   1997年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560682
  • NOと痛み (第29回脳のシンポジウム) -- (脳と1酸化窒素(NO)), 川畑 篤史, 高木 博司, 神経研究の進歩, 38, 6, p940, 947,   1994年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001886029
  • 老年者用鎮痛薬の開発 : 鎮痛活性アミノ酸に関する研究, 高木 博司, 川畑 篤史, 真鍋 佐知子, Sachiko, 薬学総合研究所紀要, 3, 3, 43, 48,   1994年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560634
  • NOと痛み, 神経研究の進歩, 38, 6, 940, 947,   1994年, 10.11477/mf.1431900594
  • 創薬の新たな標的分子としてのG蛋白共役型プロテアーゼ受容体PAR(protease-activated receptor)., 川畑篤史, ヤクガク ザッシ, 121, 1, 1, 7,   2001年01月01日, 10.1248/yakushi.121.1, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009556751
    概要:The protease-activated receptor (PAR) is the family of G protein-coupled, seven transmembrane domain receptors, currently consisting of four members, PARs 1-4. The activation of PARs occurs by proteolytic unmasking of the N-terminal cryptic receptor-activating tethered ligand. In the past decade since the cloning of PAR-1, physiological roles that PARs play have been gradually understood and are now considered extremely extensive and important. This review describes physiological and/or pathophysiological roles of PARs in the circulatory, digestive, respiratory and central nervous systems, on the basis of our works and of those achieved by other research groups. The future perspective of studies on PARs is also discussed, focusing on the possibility of clinical application of PAR-targeted drugs.
  • NOS発現部位からみたNOの役割-3.脳幹-内因性鎮痛物質とNO., 16, 775, 777,   1998年
  • Lipopolysaccharide-induced subsensitivity of protease-activated receptor-2 in the mouse salivary glands in vivo., Naunyu-Schmiedeberg's Arch. Pharmacol., 364, 281-284,   2001年, 10.1007/s002100100449
  • In vivo evidence that protease-activated receptors 1 and 2 modulate gastrointestinal transit in the mouse., Br. J. Pharmacol., 133, 1213-1218,   2001年, 10.1038/sj.bjp.0704211
  • Specific distribution of sialic acids in animal tissues as examined by LC-ESI-MS after derivatization with 1, 2-diamino-4, t-methylenedioxybenzene., Anal. Chem., 73, 5422-5428,   2001年, 10.1021/ac0104328
  • Capsazepine partially inhibits the neurally mediated gastric mucus secretion following activation of protease-activated receptor-2., Clin. Exp. Pharmacol. Physiol., 29, 360-361,   2002年, 10.1046/j.1440-1681.2002.03641.x
  • Specific expression of spinal Fos following PAR-2 stimulation in mast cell-depleted rats., NeuroReport, 13, 511-514,   2002年
  • Protease-activated receptor-2 in the rat gastric mucosa: immunolocalization and facilitation of pepsin/pepsinogen secretion., Br. J. Pharmacol., 135, 1292-1296,   2002年, 10.1038/sj.bjp.0704562
  • Effects of somatosensory cortical stimulation on expression of c-Fos in rat medullary dorsal horn in response to formalin-induced noxious stimulation., J. Neurosci. Res., 68, 479-488,   2002年, 10.1002/jnr.10227
  • プロテアーゼ受容体PAR-2(protease-activated receptor-2)の生理機能., 川畑篤史, 日薬理誌, 121, 6, 411, 420,   2003年06月01日, 10.1254/fpj.121.411, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000086006
    概要:Protease-activated receptor(PAR)は特定のプロテアーゼによって特異的に活性化される三量体Gタンパクと共役した7回膜貫通型受容体である.現在までにクローニングされている4つのPARファミリーメンバーのうち,トリプシン,トリプターゼ,血液凝固第VIIa,Xa因子などによって活性化されるPAR-2(protease-activated receptor-2)は生体内に広く分布し,種々の機能の制御に関与している.消化器系では,PAR-2は胃粘膜保護,平滑筋運動制御,唾液腺および膵外分泌,腸におけるイオン輸送などに関与している.循環器系では,PAR-2は血管内皮に存在し,その活性化によりNOあるいは血管内皮由来過分極因子を介する弛緩反応を誘起し,血圧を低下させる.呼吸器系では,PAR-2は抗炎症的な面と炎症促進的な面を併せ持つようである.神経系では,PAR-2は特にカプサイシン感受性一次知覚神経に存在し痛みの情報伝達に関与している.このようにPAR-2は生体内において非常に多様な機能を有しており,創薬研究のための標的分子として注目されている.
  • Capsazepine inhibits thermal hyperalgesia but not nociception triggered by protease-activated receptor-2 in rats. , Jpn. J. Pharmacol. , 89, 184-187,   2002年, 10.1254/jjp.89.184
  • The PAR-1-activating peptide attenuates carrageenan-induced hyperalgesia in rats., Peptides, 23, 1171-1175,   2002年
  • 痛み情報伝達経路-抹消から大脳皮質まで., 黒田 良太郎, 川畑 篤史, Yakugaku Zasshi, 123, 7, 533, 546,   2003年07月01日, 10.1248/yakushi.123.533, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003614901
    概要:痛みにはつねつたときのように瞬時に消える急性の痛みから,炎症や切り傷のように数時間から数日遷延する亜急性の痛み,末梢神経や中枢神経内の損傷などによる一生持続する神経因性の痛み,又は慢性炎症などによる年余に及ぶ痛みなどさまざまな痛みがある.これらの痛みを和らげ,除去することは医療における永遠のテーマである.痛みの研究の歴史は非常に長く,数多くの業績が積み重ねられてきたが,痛みの病態生理的解明,理想的な除痛法の完成には到っていない.中枢神経内における痛み上行路の最終点に関して,最近のPositron Emission Tomogram(PET)による局所脳血流イメージ検索は,ヒトにおける痛みに関連する大脳皮質が第1次体性感覚野(SI),第2次体性感覚野(SII),前帯状回皮質(24野)であることを明らかにした.かつてはヒトの幻肢痛,視床痛に対する大脳後中心回(Sl)切除による経験から,痛み認知の中枢は視床レベルと考えられており,その根拠としてSI皮質切除では除痛効果が得られないこと,SI皮質の術中電気刺激で位置感覚や異常感覚は再現できるが,痛み感覚の再現は見られなかったことなどより,痛み認知に大脳関与はないという考えが支配的であった.しかしPETにより,末梢における痛み刺激の結果としてSI,SII,24野など大脳皮質の活性化が見出されたことは画期的な神経科学的発見である.したがって,痛み(痛覚,侵害情報)伝導路はこれら大脳領野への経路解明ということになるが,上行路の各中継点。シナプスにおいてはそれぞれ侵害情報の制御が行われ,その解明は鎮痛のための治療的介入手段開発のためなお重要である.大脳皮質に入力された痛み信号もその層間で,また,他の皮質野との間で連合線維による痛み信号の制御が行われ,痛みの感覚・識別的な面(sensory-discriminative aspect)がSI,SII皮質で,情動・認知的な面(emotional-cognitive aspect)が前帯状回24野で最終的に認知されることが明らかになった.ただ,ヒトにおける非侵襲的検査であるPET検索では脊髄,脳幹,視床,大脳皮質下など侵害情報上行路の血流の変化が空間識別能の限界から検出されず,今後のPETの精度向上に待たねばならない.これらにおける上行路解明は従来の神経解剖学的,神経生理学的,神経薬理学的検索が現在でもなお必須である,ここでは末梢の侵害情報の受容から,中枢神経系への伝達,いわゆる痛み(侵害情報)の上行路について,及び最近見出されたプロテアーゼ受容体(protease-activated receptor;PAR)の痛みに関する私どもの研究も交えて概説したい.
  • Suppression by protease-activated receptor-2 activation of gastric acid secretion in rats., Eur. J. Pharmacol., 447, 87-90,   2002年, 10.1016/S0014-2999(02)01892-7
  • Role of N-methyl-D-aspartate receptors and the NO pathway in nociception/hyperlgesia elicited by PAR-2 activation in mice and rats. , Neurosci. Lett. , 329, 349-353,   2002年, 10.1016/S0304-3940(02)00702-4
  • Protease-activated receptor-2 (PAR-2) in the pancreas and parotid gland: immunolocalization and involvement of nitric oxide in the evoked amylase secretion. , Life Sci., 71, 2435-2446,   2002年, 10.1016/S0024-3205(02)02044-1
  • PAR (protease-activated receptor)., 生体の科学, 53, 345,   2002年
  • Protesse-activated receptor-2(PAR-2):神経系、消化器系および血管系における役割., 日本血栓止血学会誌, 13, 467, 476,   2002年, 10.2491/jjsth.13.467
  • トウガラシ, Kampo Eyes, 6, 16, 17,   2003年
  • Protease-activated receptorsと炎症, Bio Clinica, 18, 551, 555,   2003年
  • Multiple roles for protease-activated receptor-2 in gastric mucosa., Inflammopharmacology, 10, 343, 349,   2003年
  • Modulation of gastric functions by PARs, Drug Dev. Res., 60, 9, 13,   2003年, 10.1002/ddr.10313
  • Gastrointestinal functions of proteinase-activated receptors., Life Sci., 74, 247, 254,   2003年, 10.1016/j.lfs.2003.09.011
  • Involvement of EDHF in the hypotension and increased gastric mucosal blood flow caused by PAR-2 activation in rats, Br. J. Pharmacol., 140, 247, 254,   2003年, 10.1038/sj.bjp.0705433
  • Effect of a potent iNOS inhibitor (ONO-1714) on acetaminophen-induced hepatotoxicity in the rat., Life Sci., 74, 793-802,   2003年, 10.1016/j.lfs.2003.09.036
  • The PAR-1-activating peptide facilitates pepsinogen secretion in rats, Peptides, 24, 1449-1451,   2003年, 10.1016/j.peptides.2003.08.010
  • A protective role of protease-activated receptor-1 in rat gastric mucosa, Gastroenterology, 126, 208-219,   2004年, 10.1053/j.gastro.2003.10.071
  • Distinct roles for protease-activated receptors 1 and 2 in vasomotor modulation in rat superior mesenteric artery, Cardiovasc. Res., 61, 683-692,   2004年, 10.1016/j.cardiores.2003.11.030
  • Modulation of capsaicin-evoked visceral pain and referred hyperalgesia by protease-activated receptors 1 and 2, J. Pharmacol. Sci., 94, 277-285,   2004年, 10.1254/jphs.94.277
  • The protease-activated receptor-2 agonist induces gastric mucus secretion and mucosal cytoprotection, J. Clin. Invest., 107, 1443-1450,   2001年
  • Potent and metabolically stable agonists for protease-activated receptor-2: Evaluation of activity in multiple assay systems in vitro and in vivo, J. Pharmacol. Exp. Ther., 309, 1098-1107,   2004年, 10.1124/jpet.103.061010
  • The potent iNOS inhibitor ONO-1714 inhibits nNOS and exerts antinociception in rats, Neurosci. Lett., 365, 111-115,   2004年, 10.1016/j.neulet.2004.04.069
  • Activation of trigeminal nociceptive neurons by parotid PAR-2 activation in rats, NeuroReport, 15, 1617-1621,   2004年, 10.1097/01.wnr.0000134991.97051.6b
  • Proteinase-activated receptor-2-mediated relaxation in mouse tracheal and bronchial smooth muscle: Signal transduction mechanisms and distinct agonist sensitivity, J. Pharmacol. Exp. Ther., 311, 402-410,   2004年, 10.1124/jpet.104.068387
  • PAR (protease-activated receptor), 生体の科学, 55, 520-521,   2004年, 10.11477/mf.2425100632
  • Protease-activated receptors (PARs) as therapeutic targets: development of agonists/antagonists and modulation of gastrointestinal functions, Drug Design Reviews, 1, 287-296,   2004年
  • Receptor-activating peptides for PAR-1 and PAR-2 relax rat gastric artery via multiple mechanisms, Life Sci., 75, 2689-2702,   2004年, 10.1016/j.lfs.2004.07.006
  • Protease-activated receptor-2 (PAR-2)-related peptides induce tear secretion in rats: involvement of PAR-2 and non-PAR-2 mechanisms, J. Pharmacol. Exp. Ther., 312, 324-331,   2004年, 10.1124/jpet.104.072074
  • Impact of a pharmacist-implemented anemia management in outpatients with end-stage renal disease in Japan, Biol. Pharm. Bull., 27, 1831-1833,   2004年, 10.1248/bpb.27.1831
  • Physiology and pathophysiology of proteinase-activated receptors (PARs): Proteinase-activated receptor-2 (PAR-2) as a potential therapeutic target, J. Pharmacol. Sci.,   2005年
  • Physiology and pathophysiology of proteinase-activated receptors (PARs): PARs in the respiratory system: cellular signaling and physiological/pathological roles, J. Pharmacol. Sci., 97, 20-24,   2005年, 10.1254/jphs.FMJ04005X4
  • 2-furoyl-LIGRL-NH2, a potent agonist for proteinase-activated receptor-2, as a gastric mucosal cytoprotective agent, Br. J. Pharmacol., 144, 212-219,   2005年, 10.1038/sj.bjp.0706059
  • Binding of a highly potent protease-activated receptor-2 (PAR2) activating peptide, [3H]-2-furoyl-LIGRL-NH2, to human PAR2, Br. J. Pharmacol., 145, 255-263,   2005年, 10.1038/sj.bjp.0706189
  • 消化器系におけるPARの役割, Surgery Frontier, 12, 135-143,   2005年
  • 知覚神経・TRPV1の急性膵炎発症への関与, G. I. Research, 13, 387-392,   2005年
  • Mechanisms for modulation of mouse gastrointestinal motility by proteinase-activated receptor (PAR)-1 and -2 in vitro, Life Sci., in press,   2005年, 10.1016/j.lfs.2005.06.035
  • PAR-2 as a target for gastric mucosal protection, Drugs of Future, in press,   2005年, 10.1358/dof.2005.030.08.933192
  • Signal transduction for proteinase-activated receptor-2-triggered prostaglandin E2 formation in human lung epithelial cells, J. Pharmacol. Exp. Ther., 315, 576-589,   2005年, 10.1124/jpet.105.089490
  • 高齢者に発症し易い慢性疼痛に対する治療薬に関する薬理学的研究 (第2報), 高木 博司, 川畑 篤史, 梅田 菜穂子, 薬学総合研究所紀要, 2, 61, 65,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560615
  • 高齢者に発症し易い慢性疼痛に対する治療薬に関する薬理学的研究, 高木 博司, 川畑 篤史, 笠松 和代, 薬学総合研究所紀要, 1, 1, 100, 103,   1992年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000560592
  • II-E-22 SARTストレス動物の逃避・回避学習行動(基礎II(精神薬理・神経化学)), 秦 多恵子, 西村 芳卓, 伊藤 栄次, 川畑 篤史, 喜多 富太郎, 心身医学, 29, 0,   1989年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001109462
  • 自律神経失調症SARTストレス動物における血小板数減少について : 他のストレスとの比較, 秦 多恵子, 川畑 篤史, 伊藤 栄次, 喜多 富太郎, 心身医学, 29, 7, 651, 658,   1989年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001125861
    概要:自律神経失調症の1モデル動物であるSARTストレスマウスでは, 血小板数減少, 骨髄巨核球数増加および出血時間の延長が既に報告されている。今回はこれらの現象について, SARTストレスとは異なったタイプのストレスを負荷した動物との比較の観点から, さらに詳細な検討を行った。1)ラットにおいても, マウスの場合と同様, SARTストレスによる血小板数減少は認められた。2)2日間の寒冷ストレス負荷によって血小板数の増加がみられたが, 1時間負荷および5日間の負荷では無変化であった。急性の拘束水浸ストレスマウスでは血小板数減少が認められた。電気ショックおよび拘束ストレスを急性的に負荷すると血小板数の増加が認められたが, 慢性的に負荷すると急性時の変化は消失していた。3)骨髄巨核数はSARTストレス以外のストレスによっては変化しなかった。4)拘束水浸ストレスによる血小板数の減少はストレス負荷中止3時間後には完全に回復していたが, SARTストレスによるそれは中止後5日経過してもなお認められた。5)SARTストレスにより出血時間は2倍以上に延長したが, 拘束水浸ストレスによっては約35%の延長が認められたのみであった。6-Hydroxydopamineにより体表面血流量の増加を来したマウスでは, 約50%の出血時間延長が認められた。以上の成績より, 自律神経失調症を伴ったSARTストレス動物における血小板数減少は, このストレスの1つの特徴であると考えられる。また, SARTストレスによる出血時間の延長には血小板数減少のほか, 血流量の増加も関与している可能性が示唆される。
  • I-B-8 SART ストレスマウスにおける血小板数変化について(1.精神生理), 奏 多恵子, 川畑 篤史, 喜多 富太郎, 伊藤 栄次, 心身医学, 27, 0,   1987年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108617
  • 副交感または交感型ストレスマウスの組織血流量に及ぼす人参20S-persapogeninの影響(基礎・精神生理ほか(2)), 喜多 富太郎, 秦 多恵子, 川畑 篤史, 伊藤 栄次, 心身医学, 25, 0, 63, 64,   1985年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108436

特許

  • 神経障害性疼痛抑制薬, 柴山 裕治, 川畑 篤史, 特願2010-034766, 特開2011-168549
  • 神経障害性疼痛抑制薬, 柴山 裕治, 川畑 篤史, 特願2010-034766, 特開2011-168549, 特許第4879332号
  • ペプチド誘導体およびそれを含む涙液分泌促進組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 河合 健蔵, JP2009060873, WO2009-154169
  • ペプチド誘導体およびそれを含む涙液分泌促進組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 河合 健蔵, 特願2010-517906, 特許第5421910号
  • 硫化水素および/または硫化水素塩を含有する神経細胞分化促進剤およびその方法, 川畑 篤史, 西川 裕之, 特願2006-285195, 特開2008-100948
  • 鎮痛用組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 特願2005-304690, 特開2007-112735
  • 鎮痛用組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 特願2005-304690, 特開2007-112735, 特許第4812394号
  • 硫化水素塩を含有する消化器系疾患の予防/治療用組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 特願2005-249603, 特開2007-063167
  • 硫化水素塩を含有する消化器系疾患の予防/治療用組成物, 川畑 篤史, 西川 裕之, 特願2005-249603, 特開2007-063167, 特許第5063878号
  • 消化器系疾患の予防、治療用組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 掛樋 一晃, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願2005-188527, 特開2005-298522
  • 涙液分泌促進組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願2005-059166, 特開2005-187482
  • PAR−1を介する消化器系疾患の予防および/または治療用組成物, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 荒木 宏昌, 田中 修一, 河合 健蔵, 田中 誠, 西田 稔, 大谷 裕也, 西川 裕之, 特願2002-302990, 特開2004-137195
  • PAR−1を介する消化器系疾患の予防および/または治療用組成物, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 荒木 宏昌, 田中 修一, 河合 健蔵, 田中 誠, 西田 稔, 大谷 裕也, 西川 裕之, 特願2002-302990, 特開2004-137195, 特許第4249970号
  • 消化器系疾患の予防、治療用組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 掛樋 一晃, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願2000-047515, 特開2001-233790
  • 消化器系疾患の予防、治療用組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 掛樋 一晃, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願2000-047515, 特開2001-233790, 特許第4065642号
  • 涙液分泌促進組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願平11-369996, 特開2001-181208
  • 涙液分泌促進組成物, 荒木 宏昌, 川畑 篤史, 田中 修一, 河合 健蔵, 西村 幸容, 西川 裕之, 特願平11-369996, 特開2001-181208, 特許第3677421号
  • 唾液分泌促進組成物, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 荒木 宏昌, 河合 健蔵, 西川 裕之, 特願平11-241394, 特開2001-064203
  • 唾液分泌促進組成物, 川畑 篤史, 黒田 良太郎, 荒木 宏昌, 河合 健蔵, 西川 裕之, 特願平11-241394, 特開2001-064203, 特許第4515560号

受賞

  •   2000年, 日本薬学会近畿支部奨励賞
  •   1998年, Annual Award 1998 of The Pharmacological Society of Canada

競争的資金

  • 疼痛制御メカニズムに関する研究
  • プロテアーゼ受容体に関する研究