KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

久米 裕昭クメ ヒロアキ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門呼吸器内科学、アレルギー病学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/626-kume-hiroaki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息の診療。両疾患の診断・治療の臨床研究。βアドレナリン受容体刺激薬の基礎、臨床研究。地域医療促進のため、一般医・専門医・薬剤師の医療連携の構築。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1990年, 名古屋大学, 医学研究科, 内科学第2講座
  •  - 1982年, 富山医科薬科大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 生理学一般
  • 内科系臨床医学, 内科学一般(含心身医学)
  • 内科系臨床医学, 呼吸器内科学

研究キーワード

  • 難治性喘息, COPDなどを克服するため, 気道閉塞, 気道過敏性, β受容体の耐性化, 細胞増殖, 細胞浸潤, 細胞遊走など気道構成細胞をリモデリングに導くこれらの病態に共通する原因分子をあらゆる角度から探求し, 分子標的療法の確立を目指している。この研究で検索しえた分子は肺癌や間質性肺炎などの病態にも寄与する可能性が十分にあり難治性の呼吸器疾患の治療を発展させるために有用と思われる。喘息, COPDは炎症性疾患のため臨床症状, 肺機能検査では気道炎症が正確に検出できるか, 誘発喀痰検査を用いてその相関性を検討し, 気道炎症

書籍等出版物

  • 気管支喘息:病態治療から手術管理まで, JSAリフレッシャーコース 2002-2004、日本麻酔科学会教育委員会・安全委員編。メディカル・サイエンス・インターナショナル,   2006年
  • 気道過敏症, 予防医学事典。松島綱治ら編集。朝倉書店,   2005年
  • 臨床症状が安定した喘息患者さんに潜む気道炎症を見逃さないために, 呼吸器診療のコツと落とし穴。工藤翔二編集。中山書店,   2005年
  • 気管支拡張薬 インフォームドコンセントのための図説シリーズ, 足立 満編集 医薬ジャーナル社,   2004年
  • 気道過敏症, アレルギー病学。山本一彦編集。朝倉書店,   2002年
  • Mechanisms underlying beta-adrenoceptor-mediated relaxation in guinea-pig tracheal smooth muscle., beta-Adrenoceptor agonists and airways. London, Roy. Soc. Press. etited by R. S. Small & M. Johnson.,   1994年
  • Electrophysiology of potassium channels in airway smooth muscle, Airway Smooth Muscle : Development and Regulation of Contractility. Birkhauser Verlag edited by D. Reaburn and M. A. Giembycz,   1994年

講演・口頭発表等

  • 咳嗽で外来受診した症例の病態の検討, 中島 宏和, 中島 重徳, 澤口 博千代, 冨田 桂公, 久米 裕昭, 東田 有智, 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会,   2010年11月, 第60回日本アレルギー学会秋季学術大会
    概要:【目的】咳嗽の原因として喘息およびマイコプラズマ;以下マイコ、クラミジア・ニューモニエ;以下クラミジア、百日咳の関与を検討した。 【方法】咳嗽で初診した症例20人(乾性咳嗽は全体の60%)(男性35%、年齢46.6±19.4歳)に、マイコ抗体(PA法)(単血清で320x以上または対血清で4x以上上昇で陽性とす)、クラミジアIgM抗体(単血清で3.0以上上昇で陽性とす)、百日咳抗体(凝集法;山口株/東浜株比4x以上、対血清4x以上、または一部百日咳毒素抗体100EU/ml以上上昇で陽性とす)を評価した。画像上明らかな肺炎症例は除外した。 【結果】喘息は全体の60%を占め、初診までの咳嗽持続期間は11.1±16.3週間、マイコ抗体上昇例なし、クラミジアIgM上昇例15%、百日咳;山口株/東浜株比4倍以上30%、対血清4x以上上昇10%、百日咳毒素抗体100EU/ml以上上昇なしであった。喘息合併は、百日咳感染症例で対血清陽性例2人中1人、山口株/東浜株比4倍以上陽性例6人中3人、
  • 外来受診した咳嗽症例の検討, 中島 宏和, 中島 重徳, 澤口 博千代, 田村 光信, 久米 裕昭, 東田 有智, 第51回日本呼吸器学会学術講演会,   2011年04月, 第51回日本呼吸器学会学術講演会
    概要:【目的】咳嗽の原因として喘息およびマイコプラズマ;以下マイコ、クラミジア・ニューモニエ;以下クラミジア、百日咳の関与を検討した。 【方法】咳嗽で受診した40人(乾性咳嗽48%)(男性45%、年齢51.0±17.4歳)に、マイコ抗体(PA法)(単血清で320x以上または対血清で4x以上上昇で陽性)、クラミジアIgM抗体(単血清で3.0以上上昇で陽性)、百日咳抗体(凝集法;山口株/東浜株比4x以上、対血清4x以上上昇で陽性)を評価した。画像上明らかな肺炎症例は除外した。 【結果】喘息は全体の57.5%(そのうち咳喘息は65.2%)、初診までの咳嗽持続期間は11.4±16.9週間、マイコ抗体上昇例なし、クラミジアIgM上昇例10%、対血清4x以上上昇9.1%、百日咳;山口株/東浜株比4倍以上17.5%であった。喘息例で、百日咳対血清陽性例4.5%、山口株/東浜株比4倍以上陽性例18.2%、クラミジアIgM上昇例9.1%であった。 【結語】咳嗽を主訴に初診受診した喘息症例にクラミジアや百日咳感染
  • 咳嗽で外来受診した症例の検討, 中島 宏和, 中島 重徳, 冨田 桂公, 久米 裕昭, 東田 有智, 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2011年05月, 第23回日本アレルギー学会春季臨床大会
    概要:【目的】咳嗽の原因として咳喘息・喘息およびマイコプラズマ;以下マイコ、クラミジア ニューモニエ;以下クラミジア、百日咳の関与を検討した。 【方法】咳嗽で受診した45人に、マイコ抗体(PA法)(単血清で320x以上または対血清4x以上上昇で陽性)、クラミジア(IgM index;単血清2.0以上または対血清4x以上上昇、またはIgG indexが単血清3.0以上、対血清1.3以上上昇で陽性)、百日咳抗体(凝集法;山口株/東浜株比4x以上、山口株1280x以上、または対血清4x以上上昇で陽性)を評価した。 【結果】マイコ抗体上昇例なし、クラミジアIgM上昇例20%、IgG対血清上昇例2.5%、百日咳;山口株/東浜株比4倍以上18%、山口株1280x以上18%、対血清4x以上上昇5%であった。咳喘息群で、クラミジア、百日咳陽性例はそれぞれ31%、喘息群でクラミジア陽性例10%、百日咳陽性例40%であった。 【結語】咳嗽を主訴に受診した咳喘息・喘息症例にクラミジアや百日咳感染合併例があり、治療に

作品

  • 粘膜上皮の重炭酸イオン・炭酸ガス輸送の障害による疾病の分子病態と治療法の研究,   2007年 - 2008年
  • 気道リモデリングの予防における標的細胞と分子薬理療法,   2007年 - 2008年
  • 動植物細胞における炭酸ガス/重炭酸イオンの輸送系,   2005年 - 2005年
  • 低分子量G蛋白を用いた気管支喘息の分子標的治療,   2005年 - 2006年
  • 酸化ストレスによる慢性閉塞性肺疾患発症の機序に関する研究,   2005年 - 2005年
  • 気管支喘息の難治化の機序におけるRhoの役割,   2003年 - 2004年
  • 気道平滑筋収縮におけるCa2+動員に機序について,   2002年 - 2006年
  • 気道平滑筋のβアドレナリン受容体の耐性化におけるCa2+動態の関与,   2001年 - 2001年
  • 日本アレルギー協会 国際交流助成金,   1997年 - 1997年
  • 喘息治療薬における気管支平滑筋細胞Ca2+依存性K+チャネルの意義,   1997年 - 1998年

MISC

  • RhoA/Rho-kinase as a therapeutic target in asthma, Curr Med Chem, 15, 27, 2876, 2885,   2008年
  • Role of Ca2+ mobilization in desensitization of beta-adrenoceptors by platelet-derived growth factor in airway smooth muscle, Eur J Pharmacol, 591, 1-3, 259, 265,   2008年
  • Mast cell tryptase causes homologous desensitization of beta-adrenoceptors by Ca2+ sensitization in tracheal smooth muscle, Clin Exp Allergy, 38, 1, 135, 144,   2008年
  • A novel Ca2+ influx pathway activated by mechanical stretch in human airway smooth muscle cells., ITO Satoru, KUME Hiroaki, NARUSE Keiji, NARUSE Keiji, KONDO Masashi, TAKEDA Naoya, IWATA Susumu, HASEGAWA Yoshinori, SOKABE Masahiro, SOKABE Masahiro, SOKABE Masahiro, Am J Respir Cell Mol Biol, 38, 4, 407, 413,   2008年, 10.1165/rcmb.2007-0259OC
  • Role of P2X receprors and Ca2+ sensitization in extracellular adonosine triphosphate-induced hyperresponsiveness in airway smooth muscle, Clin Exp Allergy, 37, 6, 893, 900,   2007年
  • Effects of Rho-kinase inactivation on eosinophilia and hyper-reactivity in murine airways by allergen challenges, Clin Exp Allergy, 37, 4, 599, 607,   2007年
  • Sphingosine 1-phosphate causes airway hyper-reactivity by Rho mediated myosin phosphatase inactivation, J Pharmacol Exp Ther, 320, 2, 766, 773,   2007年
  • Direct effects of hydrogen peroxide on airway smooth muscle tone: roles of Ca2+ influx and Rho-kinase, Eur J Pharmacol, 556, 1-3, 151, 156,   2007年
  • Essential role of GATA trabscriptional factors in the activation of mast cells, J Immunol, 178, 1, 360, 368,   2007年
  • Role of RhoA inactivation in reduced cell proliferation of human airway smooth muscle, TAKEDA Naoya, KONDO Masashi, ITO Satoru, ITO Yasushi, SHIMOKATA Kaoru, KUME Hiroaki, Am J Respir Cell Mol Biol, 35, 6, 722, 729,   2006年, 10.1165/rcmb.2006-0034OC
  • Roles of stretch-activated cation channel and Rho-kinase in the spontaneous contraction od airway smooth muscle, Eur J Pharmacol, 552, 1-3, 135, 142,   2006年
  • Comparison of the effects of tulobuterol patch and salmeterol in moderate to severe asthma, Clin Exp Pharmacol Physiol, 33, 11, 1016, 1021,   2006年
  • Paradoxical effects of hydrogen peroxide on human airway anion secretion, J Pharmacol Exp Ther, 318, 1, 296, 303,   2006年
  • Viscoelastic and dynamic nonlinear properties of airway smooth muscle tissue: roles of mechanical force and the cytoskeleton, Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol, 290, 6, L1227-1237,   2006年
  • Phase I/II trial of docetaxel and carboplatin as a first-line therapy in patients with stage IV non-small-cell lung cancer, Lung, 184, 3, 133, 139,   2006年
  • Interstitial lung disease associated with gefitinib, Respir Med, 100, 4, 698, 704,   2006年
  • Involvement of reduced sensitivity to Ca2+ in beta-adrenergic action on airway smooth muscle, Clin Exp Allergy, 36, 2, 183, 191,   2006年
  • Mutation of epidermal growth factor of non-small cell lung cancer were associated with sensitivity to gefitinib in recurrence after surgery, Lung Cancer, 50, 3, 385, 391,   2005年
  • Ion transport regulated by protease-activated receptor 2 in human airway Calu-3 epithelia., Br J Pharmacol, 146, 3, 397, 407,   2005年
  • Clinical use of beta2-adrenergic receptor agonists based on their intrinsic efficacy, KUME Hiroaki, Allergology Int., 54, 1, 89, 97,   2005年, 10.2332/allergolint.54.89
  • Soluble Fas and Fas ligand provide new information on metastasis and response to chemotherapy., Cancer Detect Prev, 29, 2, 175, 180,   2005年
  • Regulation of airway anion secretion via CFTR in sphingomyelin pathway., ITO Y, SATO S, OHASHI T, NAKAYAMA S, SHIMOKATA K, KUME H, Biochem Biophys Res Commun, 324, 2, 901, 908,   2004年, 10.1016/j.bbrc.2004.09.134
  • The interaction between GATA proteins and activator protein-1 promotes the transcription of IL-13 in mast cells, J Immunol, 173, 9, 5564, 5573,   2004年
  • Role of lysophosphatidylcholine in eosinophil infiltration and resistance in airways., Clin Exp Pharmacol Physiol, 31, 3, 179, 184,   2004年
  • ATP release triggered by activation of Ca2+-activated K+ channel in human airway Calu-3 cells., Am J Respir Cell Mol Biol, 30, 3, 388, 395,   2004年
  • Apical and basolateral ATP-induced anion secretion in polaried human airway epithelia., Am J Respir Cell Mol Biol, 30, 3, 411, 419,   2004年
  • Effects of fluoranthene, a polycyclic aromatic hydrocarbon, on cAMP-dependent anion secretio0n in human airway epithelia., J Pharmacol Exp Ther, 308, 2, 651, 657,   2004年
  • ML-9, a myosin light chain kinase inhibitor, reduces intracellular Ca2+ concentration in guinea pig trachealis., Eur J Pharmacol, 486, 3, 325, 333,   2004年
  • Involvement of Ca2+ mobilization in tachyphylaxis to beta-adrenergic receptors in trachealis., Am J Respir Cell Mol Biol, 29, 3, 359, 366,   2003年
  • Inhibitory effects of interferon-gannma on the heterologous desensitization of beta-adrenoceptors by transforming growth factor-beta 1 in tracheal smooth muscle., Clin Exp Allergy, 33, 6, 808, 815,   2003年
  • Asthma health status: influence of disease severity categorized by peak expiratory flow, J Asthma, 40, 3, 281, 287,   2003年
  • Effects of direct and indirect activation of G protein of adenylyl cyclase on the subsequent response to beta-adrenergic receptor agonists in human trachealis, Arzneimittelforschung, 52, 11, 803, 812,   2002年
  • Effects of sustained-release tulobuterol on asthma control and beta-adrenoceptor function., Clin Exp Phrmacol Physiol, 29, 12, 1076, 1083,   2002年
  • Regulation of capacitative and noncapacitative receptor-operated Ca2+ entry by Rho-kinase in tracheal smooth muscle, Am J Respir Cell Mol Biol, 26, 4, 491, 498,   2002年
  • Bioelectric toxity caused by chlorpromazine in human lung epithelial cells, Toxicol Appl Pharmacol, 183, 3, 198, 206,   2002年
  • Different effects of beta-adrenergic desensitization on inhibitory actions in guinea-pig trachealis, Clin Exp Pharmacol Physiol, 29, 8, 646, 654,   2002年
  • Bisphenol A inhibits Cl- secretion by inhibition of Basolateral K+ conduction in human airway epithelial cells, J Pharmacol Exp Ther, 320, 1, 80, 87,   2002年
  • Role of lysophosphatidylcholine in the desensitization of the beta-adrenergic receptors by Ca2+ sensitization in tracheal smooth muscle, Am J Respir Cell Mol Biol, 25, 3, 291, 298,   2001年
  • Differential effect of phosphodiesterase inhibitors on IL-13 release from peripheral blood mononuclear cells, Clin Exp Immunol, 126, 3, 384, 389,   2001年
  • Protection by tetracyclines against ion transport distruption caused by nystatin in human airway epithelial cells, ITO Y, NAKAYAMA S, SON M, KUME H, YAMAKI K, Toxicol Appl Pharmacol, 177, 3, 232, 237,   2001年, 10.1006/taap.2001.9313
  • A seroepidemiological study of the risks of Q fever infection in Japanese veterinarians, Eur J Epidemiol, 17, 11, 1029, 1032,   2001年
  • Novel effects of minocycline on Ca2+-dependent Cl- secretion in human airway epithelial Calu-3 cells, ITO Y, SON M, KUME H, YAMAKI K, Toxicol Appl Pharmacol, 176, 2, 101, 109,   2001年, 10.1006/taap.2001.9261
  • Adorenomedulin and proadrenomedulin N-terminal 20 peptide induce histamine release from rat peritoneal mast cell, Regul Pept, 101, 1-3, 163, 168,   2001年
  • [(Dihydroindeny)oxy]alkonic acid inhibts the cystic fibrosis transmembrane conductance regulator, ITO Y, AOYAMA M, YAMADA N, MIZUNO Y, KUME H, YAMAKI K, Eur J Pharmacol, 426, 3, 175, 178,   2001年, 10.1016/S0014-2999(01)01106-2
  • Effect of prolonged low-dose methylprednisolone therapy in acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis, Respir Care, 46, 7, 698, 701,   2001年
  • Possible involvement of Rho kinase in Ca2+ sensitization and mobilization by MCh in tracheal smooth muscle, Am J Physiol, 280, 6, L1218-1224,   2001年
  • Inhibition of β-adrenergic desensitization by Kca channels in human trachealis, Am J Respir Crit Care Med, 159, 2, 452,   1999年
  • Theophylline induces apoptosis of the IL-3 activated epsonophils of patients with bronchial asthma, Apoptosis, 4, 6, 461, 468,   1999年
  • Inhibitory effects of Gs on desensitization of β-adrenergic receptors in tracheal smooth muscle., Am J Physiol, 273, 3, L556-564,   1997年
  • Effects of JTV-506, a new K+ channel activator, on airway smooth muscle contraction and systemic blood pressure., Clin Exp Allergy, 27, 6, 705, 713,   1997年
  • Role of G poteins and Kca channels in muscarinic and β-adrenergic regulation of airway smooth muscle., Am J Physiol, 268, 2, L221-229,   1995年
  • β-Adrenergic agonists regulate Kca channels in airway smooth muscle by cAMP-dependent and-independent mechanisms., J Clin Invest, 93, 1, 371, 379,   1994年
  • Role of calcium-activated potassium channels in the relaxation of tracheal smooth muscle, HIRAMATSU T, KUME H, KOTLIKOFF M I, TAKAGI K, Clin Exp Pharmacol Physiol, 21, 5, 367, 375,   1994年, 10.1111/j.1440-1681.1994.tb02529.x
  • Stimulatory and inhibitory regulation of calcium-activated potassium channels by guanine nucleotide-binding proteins., KUME H, GRAZIANO M P, KOTLIKOFF M I, Proc Natl Acad Sci U S A, 89, 22, 11051, 11055,   1992年, 10.1073/pnas.89.22.11051
  • Muscarinic inhibition of single Kca channels in smooth muscle cells by a pertussis-sensitive G protein., Am J Physiol, 261, 6, 1204, 1209,   1991年
  • Effects of intracellular pH on calcium-activated potassium channels in rabbit tracheal smooth muscle., J Physiol, 424, 445, 457,   1990年
  • Regulation of Ca2+-dependent K+-channel activity in tracheal myocytes by phosphorylation., KUME H, TAKAI A, TOKUNO H, TOMITA T, Nature, 341, 6238, 152, 154,   1989年, 10.1038/341152a0
  • 損息における末梢気道病変の治療 β2刺激薬, アレルギー・免疫, 12, 11, 48, 54,   2005年
  • 喀痰検査による気道炎症の部位の推定, アレルギーの臨床, 25, 9, 708, 712,   2005年
  • Rho-kinaseと気道平滑筋, 呼吸, 24, 8,   2005年
  • 肥満細胞と気道平滑筋, 喘息, 18, 3,   2005年
  • COPDにおける末梢気道炎症の重要性, Progress in Medicine, 25, 4,   2005年
  • 肺機能および誘発喀痰検査からみた末梢気道炎症とHFA-134a-BDPの治療効果, アレルギー・免疫, 12, 3,   2005年
  • 固有活性に基づくβ2刺激薬の分類と臨床的位置づけ, アレルギー・免疫, 11, 12,   2004年
  • 長時間作用性β2刺激薬投与後のアドレナリン受容体機能についてー臨床および基礎医学の両面からの検討, Propress in Medicine, 24, 8, 2073, 2075,   2004年
  • 喘息治療における吸入ステロイド薬長期管理の意義, メディカル朝日別冊, 33, 8, 1, 8,   2004年
  • アレルギー薬の上手な使い方 β2刺激薬, medicina, 41, 3, 381, 384,   2004年
  • β2刺激薬の基礎, アレルギーの臨床, 23, 11, 837, 842,   2003年
  • β刺激薬治療におけるG蛋白持続活性化の意義, アレルギー科, 16, 4, 333, 341,   2003年
  • 気管支拡張薬の使い方, 呼吸, 22, 5, 461, 466,   2003年
  • 気道過敏性と気道平滑筋, 喘息, 16, 1,   2003年

競争的資金

  • 気道平滑筋の収縮,弛緩に関与するイオンチャネルと細胞内情報伝達系
  • リン脂質が及ぼす気道過敏性亢進、β受容体耐性化への影響
  • 固有活性に基づくβアドレナリン受容体刺激薬の特性
  • 酸化ストレスが及ぼす気道への影響とその機序
  • 抗原刺激による好酸球性気道炎症の機序
  • 気道炎症がおよぼす気道平滑筋細胞の増殖、遊走のメカニズム
  • 喘息、COPDにおける末梢気道炎症の病態
  • 吸入ステロイド薬の粒子径が及ぼす気道炎症抑制効果への影響