KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森山 達哉モリヤマ タツヤ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授/研究科長
学位博士(農学)
専門食品分子機能学
ジャンルくらし/食生活
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1060-moriyama-tatsuya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    大豆や果物、野菜などの農作物の抗メタボなどの健康機能性とアレルゲン性について研究しています。特に、花粉症と関連する農作物による食物アレルギーやアレルゲンについて詳しいです。

学歴・経歴

学歴

  • 1987年04月 - 1991年05月, 京都大学大学院, 農学研究科, 食品工学専攻 (修士・博士課程)
  • 1983年04月 - 1987年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学農学部(教授)
  •   2008年04月,  - 2014年03月, 近畿大学農学部(准教授)
  •   2005年04月,  - 2008年03月, 近畿大学農学部(講師)
  •   2001年04月,  - 2005年03月, 京都大学大学院(助教(助手))
  •   1996年03月,  - 1997年02月, スタンフォード大学(客員研究員 (留学))
  •   1991年06月,  - 2001年03月, 京都大学 (助手)
  •   1991年04月,  - 1991年05月, 日本学術振興会特別研究員(D.C)

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 細胞生物学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • food allergy, 食物アレルギー, 食品分子機能学, 細胞生物学, 食品機能学

論文

  • Immediate allergy due to raw garlic (Allium sativum L.)., Yagami A, Suzuki K, Sano A, Iwata Y, Arima M, Moriyama T, Matsunaga K, The Journal of dermatology, 42, 10, 1026, 1027,   2015年10月, 査読有り
  • カビ被害による農作物汎アレルゲン(PR-10,PR-5,プロフィリン)の変動解析, 三口志穂、矢野えりか、末森祐輔、財満信宏、森山達哉, アレルギーの臨床, 35, 9, 876, 879,   2015年09月, 査読有り
  • Diversity of Food Allergy., Moriyama T, Journal of nutritional science and vitaminology, 61 Suppl, S106, 8,   2015年, 査読有り
  • Imaging Mass Spectrometry Reveals a Unique Distribution of Triglycerides in the Abdominal Aortic Aneurysmal Wall., Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Sano M, Saito T, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N, Journal of vascular research, 52, 2, 127, 135,   2015年, 査読有り
  • Hypoperfusion of the Adventitial Vasa Vasorum Develops an Abdominal Aortic Aneurysm., Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Sano M, Yamamoto N, Saito T, Inuzuka K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sugiura Y, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N, PloS one, 10, 8, e0134386,   2015年, 査読有り
  • Distribution of lysophosphatidylcholine in the endosperm of Oryza sativa rice., Zaima N, Yoshimura Y, Kawamura Y, Moriyama T, Rapid communications in mass spectrometry : RCM, 28, 13, 1515, 1520,   2014年07月, 査読有り
  • Enhanced specificity for phosphatidylcholine analysis by positive ion mode matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry., Zaima N, Yoshioka S, Sato Y, Shinano S, Ikeda Y, Moriyama T, Rapid communications in mass spectrometry : RCM, 28, 13, 1453, 1458,   2014年07月, 査読有り
  • Identification of peamaclein as a marker allergen related to systemic reactions in peach allergy., Inomata N, Okazaki F, Moriyama T, Nomura Y, Yamaguchi Y, Honjoh T, Kawamura Y, Narita H, Aihara M, Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology, 112, 2, 175, 177.e3,   2014年02月, 査読有り
  • Matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry: new technology for vascular pathology., Zaima N, Goto-Inoue N, Moriyama T, Journal of vascular research, 51, 2, 144, 148,   2014年, 査読有り
  • Ellagic acid improves hepatic steatosis and serum lipid composition through reduction of serum resistin levels and transcriptional activation of hepatic ppara in obese, diabetic KK-A(y) mice., Yoshimura Y, Nishii S, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Biochemical and biophysical research communications, 434, 3, 486, 491,   2013年05月, 査読有り
  • Hypoallergenicity of various miso pastes manufactured in Japan., Moriyama T, Yano E, Suemori Y, Nakano K, Zaima N, Kawamura Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 59, 5, 462, 469,   2013年, 査読有り
  • Effect of gamma irradiation on soybean allergen levels., Moriyama T, Yano E, Kitta K, Kawamoto S, Kawamura Y, Todoriki S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 12, 2371, 2377,   2013年, 査読有り
  • Hypoallergenicity and immunological characterization of enzyme-treated royal jelly from Apis mellifera., Moriyama T, Yanagihara M, Yano E, Kimura G, Seishima M, Tani H, Kanno T, Nakamura-Hirota T, Hashimoto K, Tatefuji T, Ogawa T, Kawamura Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 4, 789, 795,   2013年, 査読有り
  • Visualization of anthocyanin species in rabbiteye blueberry Vaccinium ashei by matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry., Yoshimura Y, Enomoto H, Moriyama T, Kawamura Y, Setou M, Zaima N, Analytical and bioanalytical chemistry, 403, 7, 1885, 1895,   2012年06月, 査読有り
  • Ellagic acid in pomegranate suppresses resistin secretion by a novel regulatory mechanism involving the degradation of intracellular resistin protein in adipocytes., Makino-Wakagi Y, Yoshimura Y, Uzawa Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Biochemical and biophysical research communications, 417, 2, 880, 885,   2012年01月, 査読有り
  • Catechins and Caffeine Inhibit Fat Accumulation in Mice through the Improvement of Hepatic Lipid Metabolism., Sugiura C, Nishimatsu S, Moriyama T, Ozasa S, Kawada T, Sayama K, Journal of obesity, 2012, 520510,   2012年, 査読有り
  • Puerarin exerted anti-osteoporotic action independent of estrogen receptor-mediated pathway., Michihara S, Tanaka T, Uzawa Y, Moriyama T, Kawamura Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 58, 3, 202, 209,   2012年, 査読有り
  • Different localization patterns of anthocyanin species in the pericarp of black rice revealed by imaging mass spectrometry., Yoshimura Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, PloS one, 7, 2, e31285,   2012年, 査読有り
  • Kudzu (Pueraria lobata) vine ethanol extracts improve ovariectomy-induced bone loss in female mice., Tanaka T, Tang H, Yu F, Michihara S, Uzawa Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Journal of agricultural and food chemistry, 59, 24, 13230, 13237,   2011年12月, 査読有り
  • Major royal jelly protein 3 as a possible allergen in royal jelly-induced anaphylaxis., Mizutani Y, Shibuya Y, Takahashi T, Tsunoda T, Moriyama T, Seishima M, The Journal of dermatology, 38, 11, 1079, 1081,   2011年11月, 査読有り
  • Activation of peroxisome proliferator-activated receptor-alfa (PPARalfa) suppresses postprandial lipidemia through fatty acid oxidation in enterocyte, 木村 梨乃, 室田 佳恵子, 森山 達哉, 高橋 信之 後藤 剛 河田 照雄, Biochem Biophys Res Commun, 410, 1, 1, 6,   2011年06月
  • Activation of peroxisome proliferator-activated receptor-α (PPARα) suppresses postprandial lipidemia through fatty acid oxidation in enterocytes., Kimura R, Takahashi N, Murota K, Yamada Y, Niiya S, Kanzaki N, Murakami Y, Moriyama T, Goto T, Kawada T, Biochemical and biophysical research communications, 410, 1, 1, 6,   2011年06月, 査読有り
  • 牛蒡アレルゲンの同定, 森山 達哉, 山形県立中央病院皮膚科 湊高台皮膚科, 山形県立中央病院皮膚科, 山形市立病院済生館 皮膚科, 日本皮膚科学会雑誌, 120, 11, 2219, 2222,   2010年10月
    概要:2種類の牛蒡アレルゲンを同定した。1つはペルオキシダーゼ、もう一つはSODであった。
  • 大豆アレルギーの多様性とそのリスク低減化戦略-低アレルゲン大豆加工食品の開発と流通システムの構築の試み, 森山 達哉, 関西福祉科学大学, 食品工業, 53, 6, 75, 87,   2010年06月
    概要:大豆アレルギーの多様性とそのリスク低減化戦略について解説した。特に低アレルゲン大豆加工食品の開発と流通システムの構築の試みに重点を置いて解説した。
  • Food-dependent anaphylaxis with serum IgE immunoreactive to dairy products containing high-molecular-weight proteins., Abe S, Kabashima K, Moriyama T, Tokura Y, Journal of dermatological science, 57, 2, 137, 140,   2010年02月, 査読有り
  • Changes in lipid metabolism by soy beta-conglycinin-derived peptides in HepG2 cells., 森山 達哉, 京都大学大学院農学研究科, 不二製油(株), 不二製油(株), 不二製油(株), 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, J Agric Food Chem., 57, 4, 1473, 1480,   2009年02月, 査読有り
    概要:ヒト肝臓由来培養細胞であるHepG2において、ダイズβ-コングリシニン由来のペプチドが脂質代謝調節能を有することを明らかにした。(英文)
  • 病害虫被害による農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制-リンゴとダイズを例に, 森山 達哉, 今月の農業, 52, 10(9), 46, 52,   2008年09月
    概要:リンゴとダイズを例に、病害虫被害によって増加する感染特異的タンパク質関連の農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制についてデータを含めて解説した。
  • Reliable enzyme-linked immunosorbent assay for the determination of soybean proteins in processed foods., Morishita N, Kamiya K, Matsumoto T, Sakai S, Teshima R, Urisu A, Moriyama T, Ogawa T, Akiyama H, Morimatsu F, Journal of agricultural and food chemistry, 56, 16, 6818, 6824,   2008年08月, 査読有り
  • Human XTP3-B forms an endoplasmic reticulum quality control scaffold with the HRD1-SEL1L ubiquitin ligase complex and BiP., Hosokawa N, Wada I, Nagasawa K, Moriyama T, Okawa K, Nagata K, The Journal of biological chemistry, 283, 30, 20914, 20924,   2008年07月, 査読有り
  • 即時型アレルギーの抗原解析(in vitro)-イムノブロッティング法を中心に, 森山 達哉, ビジュアル・ダーマトロジー Visual Dermatology, 7, 3, 320, 327,   2008年03月
    概要:即時型アレルギーの原因となるアレルゲンの検出、抗原解析(in vitro)について、イムノブロッティング法を中心に解説した。
  • 食物アレルゲンタンパク質の近赤外蛍光標識プローブによる検出, 森山 達哉, 河村 幸雄, 農研機構 食品総合研究所, 農研機構 食品総合研究所, 農研機構 食品総合研究所, 国立医薬品食品衛生研究所, 藤田保健衛生大学, 農研機構 作物研究所, 農研機構 作物研究所, 関西福祉科学大学, 日本食品科学工学会誌, 54, 11, 468, 476,   2007年11月
    概要:食物アレルゲンを近赤外蛍光標識プローブ(抗体)を用いて検出、定量することを試みた。また、化学発光法や一般的な蛍光標識抗体との感度や特異性の比較を行った。その結果、感度や特異性、低バックグランド、定量性などの点で本法は優位性があることが明らかとなった。
  • Specific detection of soybean residues in processed foods by the polymerase chain reaction., Yamakawa H, Akiyama H, Endo Y, Miyatake K, Sakata K, Sakai S, Moriyama T, Urisu A, Maitani T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, 1, 269, 272,   2007年01月, 査読有り
  • ローヤルゼリーのコレステロール低下作用に関連する肝臓の遺伝子発現変化, 森山 達哉, 富山県立大学, 富山県立大学, J. Pharm. Pharmacol., 58, 12, 1683, 1689,   2006年12月, 査読有り
    概要:ローヤルゼリーのコレステロール低下作用に関連する肝臓の遺伝子発現変化をマウスを用いて解析した。(英文)
  • Sodium cromoglycate inhibits absorption of the major soybean allergen, Gly m Bd 30K, in mice and human intestinal Caco-2 cells., Weangsripanaval T, Murota K, Murakami Y, Kominami M, Kusudo T, Moriyama T, Ogawa T, Kawada T, The Journal of nutrition, 136, 11, 2874, 2880,   2006年11月, 査読有り
  • Reduction of allergenic proteins by the effect of the ripening inhibitor (rin) mutant gene in an F1 hybrid of the rin mutant tomato., Kitagawa M, Moriyama T, Ito H, Ozasa S, Adachi A, Yasuda J, Ookura T, Inakuma T, Kasumi T, Ishiguro Y, Ito Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 70, 5, 1227, 1233,   2006年05月, 査読有り
  • Detection of low molecular weight allergens resolved on two-dimensional electrophoresis with acid-urea polyacrylamide gel, 森山 達哉, 食品総合研究所, 食品総合研究所, 関西福祉科学大学, 食品総合研究所, Anal. Biochemistry,, 351, 2, 290, 297,   2006年04月, 査読有り
    概要:低分子アレルゲン検出のための酸ウレアポリアクリルアミドゲルを用いた2次元電気泳動系を構築した。
  • VLDL分泌抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索, 森山 達哉, ジャパン フードサイエンス, 44, 12, 38, 43,   2005年12月
    概要:ヒト肝臓由来培養細胞からのVLDL分泌評価系を構築し、この抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索について解説した。
  • Phytol directly activates peroxisome proliferator-activated receptor alpha (PPARalpha) and regulates gene expression involved in lipid metabolism in PPARalpha-expressing HepG2 hepatocytes., Goto T, Takahashi N, Kato S, Egawa K, Ebisu S, Moriyama T, Fushiki T, Kawada T, Biochemical and biophysical research communications, 337, 2, 440, 445,   2005年11月, 査読有り
  • Dietary fat and an exogenous emulsifier increase the gastrointestinal absorption of a major soybean allergen, Gly m Bd 30K, in mice., Weangsripanaval T, Moriyama T, Kageura T, Ogawa T, Kawada T, The Journal of nutrition, 135, 7, 1738, 1744,   2005年07月, 査読有り
  • Influence of royal jelly on mouse hepatic gene expression and safety assessment with a DNA microarray., Kamakura M, Maebuchi M, Ozasa S, Komori M, Ogawa T, Sakaki T, Moriyama T, Journal of nutritional science and vitaminology, 51, 3, 148, 155,   2005年06月, 査読有り
  • [The structures and functions of peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs)]., Takahashi N, Goto T, Kusudo T, Moriyama T, Kawada T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63, 4, 557, 564,   2005年04月, 査読有り
  • A Novel Enzyme-Linked Immunosorbent Assay for Quantification of Soybean beta-Conglycinin, a Major Soybean Storage Protein, in Soybean and Soybean Food Products, 森山 達哉, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 作物研究所, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, Journal of nutritional science and vitaminology, 51, 1, 34, 39,   2005年02月, 査読有り
    概要:ダイズ主要貯蔵タンパク質であるベータ-コングリシン(7Sグロブリン)の定量のためのELISA系を構築し、加工食品や品種間での存在量の差異を明らかにした。(英文)
  • ER-60 domains responsible for interaction with calnexin and calreticulin., Urade R, Okudo H, Kato H, Moriyama T, Arakaki Y, Biochemistry, 43, 27, 8858, 8868,   2004年07月, 査読有り
  • Soybean beta-conglycinin diet suppresses serum triglyceride levels in normal and genetically obese mice by induction of beta-oxidation, downregulation of fatty acid synthase, and inhibition of triglyceride absorption., Moriyama T, Kishimoto K, Nagai K, Urade R, Ogawa T, Utsumi S, Maruyama N, Maebuchi M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 68, 2, 352, 359,   2004年02月, 査読有り
  • Molecular and structural analysis of electrophoretic variants of soybean seed storage proteins., Maruyama N, Fukuda T, Saka S, Inui N, Kotoh J, Miyagawa M, Hayashi M, Sawada M, Moriyama T, Utsumi S, Phytochemistry, 64, 3, 701, 708,   2003年10月, 査読有り
  • Low resistin levels in adipose tissues and serum in high-fat fed mice and genetically obese mice: development of an ELISA system for quantification of resistin., Maebuchi M, Machidori M, Urade R, Ogawa T, Moriyama T, Archives of biochemistry and biophysics, 416, 2, 164, 170,   2003年08月, 査読有り
  • Identification of suberization-associated anionic peroxidase as a possible allergenic protein from tomato., Weangsripanaval T, Nomura N, Moriyama T, Ohta N, Ogawa T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 6, 1299, 1304,   2003年06月, 査読有り
  • Transglutaminase activity of human ER-60., Okudo H, Kito M, Moriyama T, Ogawa T, Urade R, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 66, 6, 1423, 1426,   2002年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • 食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発 = The actual condition of food allergy and development of the risk-reducing food materials, 森山 達哉, 穐山 浩, シーエムシー出版,   2015年, 9784781310572
  • バイオ実験で失敗しない!タンパク質精製と取扱いのコツ : 抽出・精製・組換えタンパク質発現・抗体作製の実践的ノウハウと,最適な試薬・機器の選択&活用法, 森山 達哉, 羊土社,   2007年, 9784758101684
  • バイオ実験で失敗しない!検出と定量のコツ : 核酸からタンパク質, 脂質まで, 確実なデータを出す実践的ノウハウと最適なキット・機器の活用法, 森山 達哉, 羊土社,   2005年, 9784897064833
  • 新生化学実験講座4 脂質(]G0002[) リン脂質 「アラキドン酸放出反応」, 東京化学同人,   1991年

講演・口頭発表等

  • メタボリックシンドロームに関わる核内転写因子LRH-1(Liver Receptor Homolog-1)の活性化評価系の構築と変動解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】LRH-1は、ApoA-IやCYP7A1、アディポネクチンなどの脂質代謝やメタボリックシンドローム関連遺伝子の転写を促進する核内転写因子であり、メタボリックシンドローム改善の標的分子の一つと考えられる。本研究では、LRH-1の活性化の調節機構や食品成分による活性化への影響などを解明するため、本転写因子の活性化評価系の構築およびその変動解析を検討した。 【方法】まず始めにヒト肝臓cDNAライブラリーをテンプレートにしてLRH-1 cDNAのPCRクローニング、大腸菌での部分長の発現と精製および特異抗体の作製を行った。また、活性化評価のために、近赤外蛍光標識のオリゴDNAプローブを用いたnon-RIでのEMSAの構築を試みた。 【結果】作製した抗体を用いたWestern blottingによって、ヒト肝臓由来培養細胞HepG2の核抽出物中の本分子を検出することができた。また、核抽出物を用いたEMSAによって、本分子の活性化型レベルを相対定量することが可能であった。これらの系を用いて細
  • 糖代謝と脂質代謝のクロストークに関わる核内転写因子ChREBPの活性化評価系の構築 , 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】ChREBP(炭水化物応答配列結合タンパク質)は、糖摂取のシグナルを受容し、解糖系や脂肪酸合成系に関わる酵素遺伝子の転写促進を司る転写因子である。飽食条件下では、この活性化を抑制することで脂肪酸合成系を抑えることができるため、メタボリックシンドローム改善のターゲット分子の一つと考えられる。そこで本研究ではヒト肝臓由来のHepG2細胞を用いて、ChREBPの量的変動解析及び活性化評価系の構築を行った。 【方法】量的変動解析では、培地中のグルコース濃度を変えてHepG2細胞を培養し、ChREBPタンパク質レベルをWestern blottingにて定量した。また、活性化評価のためには、近赤外蛍光標識のオリゴDNAプローブを用いたnon-RIでのEMSAにより解析した。 【結果】グルコース濃度の変化に応じて、細胞中の全ChREBPタンパク質レベルは変化し、特にグルコース枯渇条件下ではChREBP分子そのものが著しく減少することが判明した。 またEMSAによる活性化評価でも、グルコ
  • 豆乳摂取によるメタボリックシンドローム改善効果, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】大豆には様々な健康機能性成分が含まれている。個々の成分は、脂質代謝改善効果・抗肥満効果などの生活習慣病改善効果を有することはよく知られているが、大豆をほぼ丸ごと含む豆乳の食品としての機能性については十分には検証されていない。そこで、本研究ではマウスに豆乳を摂取させ、メタボリックシンドローム(MS)関連のパラメータを解析し、MSに対する豆乳の効果を検証することを目的とした。 【方法】AIG-93Gに準拠した基本飼料粉末を混合し、これに水を使って練った飼料を対照飼料とした。水の代わりに豆乳を使って練った飼料を豆乳飼料とした。添加された豆乳中の栄養素に関しては該当分を基本飼料から減らし、両飼料のカロリー及び主要栄養素含量を等しく揃えた。マウス(C57BL6J、雄性)を2群に分け、これらの飼料をそれぞれ自由摂取させた。約1ヶ月の飼育ののちに採血・解剖し、種々の解析に供した。 【結果】摂餌量、体重、内臓脂肪量、肝臓
  • 大豆中の花粉症関連アレルゲン(Glym3, Glym4)のクローニングと特性解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】花粉症に罹患した患者が、植物性食品を摂取した際に口腔内に発症するアレルギー症状(口腔内アレルギー症候群:OAS)が問題となっている。これは花粉抗原と交差反応を示す植物性食品中のアレルゲンによって惹起される。原因食材としては、果実や野菜などが多いが大豆においても発生することを見出した。そこで本研究では、大豆食品のアレルゲンリスク評価に資すため、主要な原因抗原と推察される大豆Glym3(プロフィリン)及びGlym4(Betv1ホモログ)のクローニング、抗体作製及び特性解析を試みた。 【方法】Glym4に関しては大豆葉cDNAよりPCRにて本遺伝子をT/Aクローニングしたのち、pET系発現ベクターにサブクローニングし、Hisタグタンパク質として可溶性状態にて発現させた。キレートカラムなどを用いて精製した標品を抗原としてウサギ抗血清(2種類)とマウス抗血清(4種類)を作製した。Glym3に関しても同様に実験を進めている。またGlym3に関しては長鎖合成ペプチド
  • リンゴのアレルゲンレベルの品種間差違の検討:低含有品種の探索, 森山 達哉, 河村 幸雄, 長野県 長野農業改良普及センター, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】多くの農作物には、一部のアレルギー患者が反応するアレルゲンが含まれている。特に、野菜・果物のなかには、花粉症やラテックスアレルギーと交差反応するアレルゲンが含まれているものがある。このような農作物のアレルゲンレベルには品種間差違が存在することが示唆されている。そこで、本研究では、一般に消費の多い果物の代表としてリンゴに焦点をあて、より安全なリンゴを探索する目的でさまざまなリンゴのアレルゲンレベルを検証した。 【方法】市販リンゴまたは長野県産のリンゴから抽出液を得て電気泳動(SDS-PAGE)、ウエスタンブロッティングによってリンゴの主要アレルゲン(Mald1)レベルを相対比較した。Mald1に対する抗体は大豆でのホモログ分子であるGlym4に対して作製した抗体を用いた。また、リンゴに反応するアレルギー患者血清を用いてIgE結合性を評価した。 【結果】電気泳動後のCBB染色や蛍光染色によって検出された総タンパク質のパタ
  • イオン液体を反応溶媒に用いたカフェ酸誘導体の酵素合成と腫瘍細胞増殖阻害活性, 北村 友紀, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 森山 達哉, 河村 幸雄, 竹本 慎太郎 赤井 嘉明 丸山 裕平 西村 倫栄 山本 寛子 鵜澤 有希 , 岩井 和也, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 食品成分によるアポAVの発現・分泌の変動解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:ヒトAPO-AⅤを大腸菌にて発現させ、アフィニティー精製した。 発現タンパク質から作製したモルモット抗ヒトAPO-AV抗体は、マウスの肝臓ホモジネート、ヒトHepG2細胞ホモジネート中の内因性の本分子を感度良く検出できた。 作製抗体と市販抗体を組み合わせたサンドイッチELISA系によってHepG2細胞から経時的に分泌されるAPO-AⅤを半定量することが出来た。 フラボノイドなどの食品成分を添加した場合、イプリフラボンやイコール、ガレート型カテキン類などがAPO-AVの分泌を抑制することが示唆された。これらの食品成分が、APO-AVの分泌制御を介して中性脂肪代謝に影響を与える可能性が示唆された。
  • 大豆中の花粉症関連アレルゲン(Glym3, Glym4)のクローニングと特性解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:大豆によるクラス2食物アレルギーの主要な原因抗原と考えられる大豆アレルゲンGlym3、Glym4のクローニング、発現・精製、抗体作製を行った。 得られた抗体を用いて、市販豆乳や大豆加工食品におけるGlym3、Glym4の同時検出を行った。豆乳飲料ではGlym3が豆乳に比べて少ない傾向が見られた。 OAS発症リスクに相関する可溶性のアレルゲンレベルでは、豆乳以外の加工食品ではGlym3がほとんど検出できず、本アレルゲンによるOAS患者では豆乳以外の加工食品ではリスクが少ないと考えられた。また、納豆や醤油などの発酵食品や水煮大豆、きなこ、豆乳ヨーグルトでは可溶性のGlym3、Glym4ともに検出されず、OAS発症リスクは少ないと考えられた。 これらの結果から、様々な大豆加工食品においてGlym3、Glym4の存在パターンや存在量、存在形態に多様性が認められた。
  • アポB含有リポタンパク質分泌抑制を指標にした抗肥満効果を有する植物エキスの探索, 森山 達哉, 河村 幸雄, (株)ファンケル 総合研究所, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:ヒト培養肝細胞HepG2へアグリモニー及びアスナロエキスを添加することにより、アポB含有リポタンパク質(VLDL)分泌が抑制されることを見出した。 マウスを用いた動物実験においても、飼料中への0.5%(w/w)のアグリモニーエキス添加では内臓脂肪レベルが有意に低値を示した。 0.3%(w/w)のアスナロエキス添加では体重、内臓脂肪、いくつかの血中パラメータ(TG、レプチン、インシュリン)が有意に低値を示し、肥満や高脂血症に対して予防改善効果があることが示唆された。培養肝細胞からのアポB含有リポタンパク質の分泌抑制を指標にしたスクリーニングが、抗肥満物質の探索に有効である可能性が示唆された。
  • ザクロ抽出物によるアディポサイトカイン分泌制御について, 森山 達哉, 河村 幸雄, (株)食品バイオ研究センター, (株)食品バイオ研究センター, 第49回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2010年10月, 第49回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:ザクロは、肥満および糖尿病を予防・改善することが報告されている。そこで、我々はザクロ抽出物が脂肪細胞においてアディポサイトカイン、特にレジスチンおよびアディポネクチンの発現変動に影響を及ぼすか検討した。 【方法】ザクロ果汁は市販濃縮果汁(Wonderful種、全果搾汁)を用いた。分化10日目のマウス由来3T3-L1脂肪細胞にザクロ果汁(10、50、100 ?g/ml)を添加し、経時的に培地および細胞の全タンパク質を回収した。アディポサイトカイン量はELISA法およびWestern blotting法により測定、検出定量を行った。 【結果と考察】ザクロ果汁は、培地中へのレジスチンの分泌量を添加3時間後から濃度依存的に顕著に低下させた。一方、アディポネクチンは変化がみられなかった。細胞中のレジスチンタンパク質の存在レベルは12時間後より低下がみられた。以上の結果から、ザクロ果汁はレジスチンのタンパク質合成を抑制、もしくは分解を促進することによって、レジスチンの分泌を

作品

  • 食品成分による脂質代謝の調節に関する研究,   1999年

MISC

  • P-018 リンゴにおけるPru p 7様アレルゲンの同定(アレルゲンコンポーネント,口演3,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会), 成田 宏史, 岡崎 史子, 山口 友貴絵, 森山 達哉, 足立 厚子, アレルギー, 63, 3,   2014年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009848180
  • クルミによる口腔アレルギー症候群の3例 : クルミ抗原蛋白の検出, 飯島 茂子, 角田 孝彦, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology, 8, 2, 95, 102,   2014年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020095827
  • O7-2 新規モモアレルゲンPur p7 : 特異抗体による定量とリコンビナント抗原の作製(O7 食物アレルギー1,口演,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会), 成田 宏史, 岡崎 史子, 猪又 直子, 森山 達哉, 山口 友貴絵, 安達 玲子, アレルギー, 62, 9,   2013年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009797892
  • 症例 モヤシ摂取によりアナフィラキシー症状をきたしたPollen-food Allergy Syndromeの1例, 原田 晋, 森山 達哉, 有津 崇, 皮膚科の臨床, 55, 8, 1013, 1017,   2013年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019786108
  • P/O-147 新規モモアレルゲンSnakinの同定 : 本邦モモアレルギーの重症マーカーか?(食物アレルギーの発症メカニズム1,一般演題,第25回日本アレルギー学会春季臨床大会), 猪又 直子, 岡崎 史子, 森山 達哉, 野村 有希, 成田 宏史, 相原 道子, アレルギー, 62, 3,   2013年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009627962
  • P/O-151 ソーマチンライクプロテインがアレルゲン候補分子と疑われたゴボウアレルギーの1例(食物アレルギーの発症メカニズム1,ポスター発表,一般演題), 指宿 千恵子, 井上 友介, 福田 佳奈子, 白井 成鏑, 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 62, 3,   2013年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009627966
  • イカ摂取により発症したと考えたアニサキスアレルギーの1例 : Ani s 1, 2および12ならびにトロポニンCの陽性例, 飯島 茂子, 森山 達哉, 市川 秀隆, 小林 征洋, 塩見 一雄, アレルギー, 61, 8, 1104, 1110,   2012年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009495642
    概要:症例は62歳男性.過去に3回,サンマ,カツオ,イワシにてアレルギー症状を起こしたことがある.今回,イカ摂取により発症したと考えたアニサキスアレルギーの1例を報告する.イクラとサーモンの和え物,サバの焼き魚を摂取して1時間後にマグロ,イカの刺身を摂取したところ,直後に,膨疹,意識消失,血圧低下が出現した.種々の海産物等でのImmunoCAP(特異的IgE測定)およびプリックテストはすべて陰性であったが,アニサキス特異的IgEはクラス3,アニサキス粗抗原を用いたプリックテストは3+であった.アニサキス粗抗原を用いたイムノブロットでは,18kDa, 17kDaに強く,35kDaにやや強く,28kDa, 26kDaに弱くバンドが形成された.11種のアニサキスアレルゲン(Ani s 1〜6, 8, 9, 11, 12,トロポニンC)を用いたELISAでは,Ani s 1, Ani s 12に強い反応,Ani s 2,トロポニンCに弱い反応が認められた.イムノブロットによる17kDaおよび18kDaのバンドはそれぞれAni s 1およびトロポニンCのいずれかであり,35kDaはAni s 12と推定した.
  • モモのアレルギーはどこまでわかっているか (特集 桃), 森山 達哉, 食生活, 106, 7, 41, 45,   2012年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019349415
  • 大豆アレルギーにおけるGly m4, Gly m5, Gly m6特異IgEの重要性およびGly m5, Gly m6サブユニット特異IgEについて, 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 堀川 達弥, 田中 昭, SJOLANDER Sigrid, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 6, 2, 60, 66,   2012年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030755895
  • S9-3 リコンビナント・アレルゲン及び抗アレルゲン抗体を用いた抗原解析(S9 口腔アレルギー症候群と食物依存性運動誘発アナフィラキシー,シンポジウム9,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482597
  • S9-4 口腔アレルギー症候群(S9 口腔アレルギー症候群と食物依存性運動誘発アナフィラキシー,シンポジウム9,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 堀川 達弥, 仲田 かおり, 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482598
  • MS13-12 モヤシ摂取によりアナフィラキシー症状をきたしたpollen-food allergy syndromeの1例(MS13 食物アレルギー3,ミニシンポジウム,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 有津 崇, 中山 哲, 田中 昭, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482834
  • P092 多種類の野菜に反応したアナフィラキシーの1例(食物アレルギー,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 仲田 かおり, 五木田 麻里, 高橋 阿起子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482961
  • 味噌の低アレルゲン性と健康機能性の実証, 森山 達哉, 中央味噌研究所研究報告, 33, 197, 201,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019238665
  • 大豆アレルギーの多様性と発酵大豆食品の低アレルゲン性, 森山 達哉, 温古知新, 49, 68, 76,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019410630
  • 豆乳アレルギーにおける Gly m4, Gly m3 特異IgEの重要性について, 足立 厚子, 森山 達哉, 原田 晋, 福永 淳, 堀川 達弥, 田中 昭, SJORANDER Sigrid, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 5, 5, 431, 438,   2011年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030440852
  • クラス1およびクラス2の両方が関与したと考えた豆乳によるアナフィラキシーの1例, 飯島 茂子, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 5, 5, 439, 449,   2011年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030440872
  • 大豆アレルギーの多様性と味噌の低アレルゲン性の検証, 森山 達哉, 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan, 106, 10, 645, 655,   2011年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029837536
  • 初回摂取時に症状が発現したローヤルゼリーアレルギーの2例, 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, アレルギー, 60, 6, 708, 713,   2011年06月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008673093
    概要:症例1,28歳女性.液状のローヤルゼリーを初めて一口試食した直後より,頸部の紅潮・気分不良・腹痛・下痢が出現.症例2,21歳女性.ローヤルゼリーグミを初めて食べた数時間後より鼻閉・両側眼周囲の腫脹が,さらに10日後に同じグミを摂取した4時間後より鼻閉・呼吸困難・全身の紅潮〜膨疹が出現.プリックテストで両者共にローヤルゼリー自体で陽性であったため,ローヤルゼリーアレルギーと診断した.初回摂取時に発症した理由としては,過去に知らず知らずの間にローヤルゼリーに対して既感作であったとの機序を考えたが,症例2ではヨモギの特異的IgEおよびプリックテストが共に陽性であり,ヨモギアレルギーとの交叉反応によって発症した可能性も疑われた.ローヤルゼリーは本来クラス1アレルゲンと考えられているが,過去にも初回摂取後の発症の報告例が多く認められており,花粉類などとの交叉反応により発症に至るクラス2アレルギーの可能性も考慮した上で検索を行う必要があると考えた.
  • MS10-2 大豆アレルギーでのGly m4, Gly m5, Gly m6特異IgEの重要性と,Gly m5, Gly m6サブユニット特異IgE測定(MS10 食物アレルギー5,ミニシンポジウム,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 堀川 達弥, 田中 昭, Sigrid Sjorander, アレルギー, 60, 3,   2011年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008594398
  • P1-21-2 カモミールティーによるアナフィラキシーの1例(P1-21 植物・昆虫アレルギー,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会), 仲田 かおり, 鷲尾 健, 高橋 阿起子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 60, 3,   2011年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008594571
  • 特集 食物アレルギーの現況 最新の食物アレルギー事情とその多様性--新規な食物アレルギーを中心に, 森山 達哉, 食品と科学, 53, 3, 65, 71,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018728395
  • 症例 オオアワガエリとの交叉反応が疑われたライチ,ピスタチオアレルギーの1例, 原田 晋, 三好 麻里, 森山 達哉, 皮膚科の臨床, 53, 3, 421, 425,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018749624
  • 味噌の低アレルゲン性と健康機能性の実証, 森山 達哉, 中央味噌研究所研究報告, 32, 59, 63,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018808113
  • 症例 通常の豆腐では異常なく,おぼろ豆腐や湯葉摂取時のみ症状を認めた1例--豆腐と豆乳の抗原性に関する考察とともに, 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, 皮膚科の臨床, 52, 8, 1109, 1113,   2010年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017258364
  • P5-3-6 初回摂取時に症状発現を認めたローヤルゼリーアレルギーの2例(P5-3食物アレルギー1,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 柳原 美弥子, 田中 昭, アレルギー, 59, 3,   2010年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008015652
  • P5-4-8 大豆アレルギーにおける大豆プロフィリンGly m 3の関与について(P5-4食物アレルギー2,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 井上 友介, 金澤 典子, 松尾 正文, 佐々木 祥人, 森山 達哉, アレルギー, 59, 3,   2010年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008015663
  • 食物アレルギーの現状と対策--大豆アレルゲン除去食品の創出と流通機構の構築, 小川 正, 森山 達哉, 生活衛生, 54, 2, 93, 105,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017118468
  • MS3-8 おぼろ豆腐や湯葉摂取時のみ症状を認めた豆腐アレルギーの1例 : 豆腐と豆乳の抗原性に関する考察と共に(MS3 アレルギー性疾患に関する症例報告等(救急医療も含む),ミニシンポジウム3,第21回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, アレルギー, 58, 3,   2009年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007455227
  • コメ貯蔵時の害虫防除処理および貯穀害虫の摂食がアレルゲンタンパク質に及ぼす影響, 大羽 美香, 宮ノ下 明大, 森山 達哉, 川本 伸一, 橘田 和美, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 56, 4, 249, 253,   2009年04月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024855422
    概要:食物アレルギー患者数は増加傾向にあり,特に先進国の消費者にとって大きな問題となっている.日本人の主食であるコメに対するアレルギーも報告されている.アナフィラキシーショック等の症状を示すことは非常にまれであるが,アトピー性皮膚炎の原因食物の一つとして考えられている.貯穀害虫防除を目的とした臭化メチル代替殺虫技術として開発された高圧二酸化炭素処理を玄米に対し施し,コメのアレルゲンタンパク質にどのような影響を及ぼすかについて検討した.また,従来使用されてきた,臭化メチルおよびリン化水素によるくん蒸処理も行った.さらに,貯穀害虫であるノシメマダラメイガ(Plodia interpunctella)の幼虫を玄米に投入し,摂食後のコメアレルゲンタンパク質への影響も検討した.その結果,これらの害虫防除処理,および貯穀害虫の摂食によるアレルゲンタンパク質への影響は認められなかった.
  • モモのImmunoCAPが陰性であった,モモによるアナフィラキシーの2例 : rPru p 1,3,4を含めた抗原解析, 前田 修子, 猪又 直子, 守田 亜希子, 桐野 実緒, 森山 達哉, 池澤 善郎, アレルギー, 58, 2, 140, 147,   2009年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007161209
    概要:【症例1】35歳男性.30歳時,モモ1個を摂取後に口腔内〓痒と蕁麻疹が出現した.嘔吐,呼吸困難,血圧低下,意識低下も伴った.血液検査所見では血清総IgE値は436IU/ml,モモの特異的IgE測定(CAP)は陰性であった.プリックテスト(SPT)では,モモは生と缶詰共に陽性で,ハンノキ花粉は陰性であった.【症例2】33歳女性.27歳時,白桃のケーキを摂取後に手掌の〓痒から始まり,眼瞼浮腫,咽喉頭刺激感,蕁麻疹,鼻汁,嘔気,腹痛,下痢が出現した.血液検査所見では血清総IgE値が85IU/ml,モモのCAPは陰性であった.SPTで桃缶詰は陽性であったが,ハンノキ花粉は陰性であった.原因抗原検索では,2例共にrPru p 1,3,4のCAPは陰性であったが,IgEイムノブロットで約10kDaにバンドを検出した.モモによるアレルギーでは,CAPが陰性となっても重篤なアナフィラキシーを呈することがあり,またリンゴ抗原,アプリコット抗原,及びプラム抗原といったバラ科果物抗原と交叉抗原性を有しているとの報告があるので注意が必要である.
  • モモアレルギー原因抗原の検討 : モモによるアナフィラキシーショック例とモモを含む多種の果物に対する口腔アレルギー症候群例との比較, 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 藤原 規広, 佐々木 祥人, 薄木 晶子, 日下部 圭吾, 田中 昭, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 3, 1, 23, 31,   2009年01月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024942898
  • 病害虫被害による農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制--リンゴとダイズを例に (食料自給率の向上に向けて--農薬の役割を問う), 森山 達哉, 今月の農業, 52, 10, 46, 52,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016228681
  • MS3-2 モモアレルギー20例における臨床的特徴と原因抗原の検索 : Pru p1,3,4の感作率(食物アレルギー抗原・病態,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 猪又 直子, 前田 修子, 繁平 有希, 桐野 実緒, 森山 達哉, 池澤 善郎, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006893980
  • MS5-6 食物依存性運動誘発アナフィラキシー様の臨床形態を呈したセリ科スパイスアレルギーの1例(食物アレルギー症例,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006893995
  • P206 モモ単独ショック3例と多種の果物にも反応するモモ口腔アレルギー症候群7例との原因抗原の比較検討(第2報)(食物アレルギー4,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 佐々木 祥人, 田中 昭, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006894263
  • P208 ヒマワリの種による即時型アレルギーの1例(食物アレルギー4,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 角田 孝彦, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006894265
  • C201 病害・虫害被害を受けた農作物におけるアレルゲンの増大, 森山 達哉, 中島 加菜子, 大羽 美香, 橘田 和美, 川本 伸一, 小南 優, 河田 照雄, 小川 正, 松中 謙次郎, 河村 幸雄, 講演要旨集, 33,   2008年03月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006858204
  • 大人気の有機野菜がアレルギーを引き起こす!? (ワイド 日本を襲う"ファディズム"(エコ 健康 安全)を疑え!), 森山 達哉, 週刊朝日, 113, 6, 37, 38,   2008年02月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015814649
  • ローヤルゼリーによる即時型食物アレルギー2例の免疫ブロット所見, 高橋 隼也, 奥野 公成, 角田 孝彦, 森山 達哉, 日本皮膚科学会雑誌, 118, 1, 43, 46,   2008年01月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024430744
  • 食物アレルゲンの多様性とその検出法及び変動解析, 森山 達哉, 食品加工技術, 28, 4, 152, 162,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016490399
  • セリ科スパイスアレルギーの2例, 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 正木 太朗, 森山 達哉, アレルギー, 56, 12, 1515, 1521,   2007年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006547232
    概要:【目的】スパイスアレルギーは特に北欧諸国からは多数の報告が認められるが,本邦での報告は稀である.今回,当科で経験した2症例に対して諸検査を施行し,本症の発症機序に関する考察を加えた.【方法と対象】臨床経過からセリ科スパイスアレルギーと考えられた2症例に対して,花粉類・食物類の特異的IgEの測定,スパイス類・セリ科野菜類のプリックテスト・Immunoblotを施行した.但し,症例1 32歳男性では花粉症の既往はなく,症例2 46歳女性は春夏秋を通して花粉症症状を有していた.【結果】症例1では花粉類の特異的IgEは弱陽性のみ.Immunoblotは10〜12kDaおよび60kDaの部位で陽性.症例2では多数の花粉類の特異的IgEが陽性.Immunoblotは14kDaおよび60kDaの部位で陽性.プリックテストは2症例共にセリ科のスパイス類で強陽性を示し,セリ科のスパイスアレルギーと診断した.【結論】以上の結果より,症例1はスパイス自体の感作によるクラス1アレルギーを,症例2は花粉類との交叉反応により発症したクラス2アレルギーを疑った.本症には,このように複数の発症機序が存在するのではないかと推測される.本邦においても,今後スパイスアレルギーの発症が増加する可能性も考えられ,注目すべきアレルゲンである.
  • 豆乳アレルギーの多様性 : 花粉との交叉性について(追加発言,ここまでわかったアレルゲンの交叉反応性,シンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482224
  • EVS7-3 クラス1およびクラス2大豆アレルギーの抗原分析(食物アレルゲンのNew Wave;抗原分析その臨床応用,イブニングシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 堀川 達弥, 足立 厚子, 森山 達哉, 小川 正, 錦織 千佳子, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482304
  • MS12-4 豆乳によるアレルギーの3例(食物アレルギーII,ミニシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 飯島 茂子, 井上 知宏, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482439
  • MS12-5 大豆アレルギー患者での市販豆乳と7S不完全・完全欠損大豆由来豆乳の皮膚テスト・ヒスタミン遊離試験の比較(食物アレルギーII,ミニシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 福永 淳, 羽鹿 牧太, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482440
  • 148 甘草(武田漢方便秘薬 : 大黄甘草湯)によるアナフィラキシー(薬物アレルギー2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 佐々木 祥人, 堀川 達弥, 東田 由香, 錦織 千佳子, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482593
  • 228 モモ単独のアレルギーと多種の果物アレルギー合併例との比較(食物アレルギー2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 佐々木 祥人, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482673
  • 成熟変異遺伝子の利用によるアレルゲン低含有トマト育種の可能性, 伊藤 康博, 北川 麻美子, 森山 達哉, 農業および園芸, 82, 8, 861, 866,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015585066
  • 食物アレルゲンの多様性とその検出法--大豆アレルギーを例に (特集 食物アレルギーの現況と対策), 森山 達哉, ジャパンフ-ドサイエンス, 46, 8, 34, 39,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015594896
  • 大豆による口腔アレルギー症候群 : カバノキアレルギーとの関連と交差反応性抗原の解析, 福田 恭子, 落合 豊子, 相川 美和, 東郷 香奈, 富田 康之, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 1, 2, 124, 130,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024293333
  • 豆乳アレルギーの3例, 原田 晋, 中村 晶子, 松永 亜紀子, 飯島 麻耶, 吉崎 仁胤, 斎藤 研二, 足立 厚子, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 1, 1, 31, 38,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024293132
  • S9-1 新しいアレルゲン, 注意すべき病態(オフィスでのアレルギー診療, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 堀川 達弥, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394587
  • MS1-8 免疫ブロットおよび既知の抗原と大豆抽出液分画に対するマイクロアレイアッセイを用いた大豆IgE抗原の検討(食物アレルギー, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 田中 昭, 堀川 達弥, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394660
  • P138 0AS患者に合併したマンゴ・ピスタチオなどのウルシ科食物によるアナフィラキシーショックの一例(食物アレルギー・他(1)-1, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 皿山 泰子, 清水 秀樹, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394870
  • P261 スパイスアレルギーの2例(食物アレルギー・他(2)-2, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 正木 太朗, 森山 達哉, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394993
  • 主要穀類中のクラス2食物アレルゲンの探索と低減化に関する研究, 森山 達哉, 年報, 2007, 43, 47,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016792110
  • カレースパイスおよびライチによる口腔アレルギー症候群からアナフィラキシーショックに至った1例, 足立 厚子, 森山 達哉, 下浦 真一, 佐々木 祥人, 清水 秀樹, 井口 佳代, 福永 淳, 堀川 達弥, 日本皮膚科学会雑誌, 116, 13, 2212, 2217,   2006年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027062189
  • MS9-8 多くの生果物・生野菜と共に,加熱人参・馬鈴薯・セロリで症状が誘発された口腔アレルギー症候群(OAS)(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869467
  • MS9-9 カレースパイス・ライチによる口腔アレルギー症候群(OAS)からアナフィラキシーショックに至った1例(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 佐々木 祥人, 福永 淳, 堀川 達弥, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869468
  • MS9-10 大豆アレルギーの臨床症状と免疫ブロット法・Gly m4 IgE (CAP-RAST)値との対比について(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 清水 秀樹, 田中 昭, 森山 達哉, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869469
  • 特別寄稿・第97回米国油化学会での講演より 新しいタンパク質素材である米糠タンパク質のコレステロール低下効果, 森山 達哉, 築野 卓夫, 油脂, 59, 8, 83, 90,   2006年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007408946
  • P204 アスピリンおよび運動負荷で誘発できた冷凍スパゲティによる食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(食物アレルギー4,ポスターセッション,一般演題,第18回日本アレルギー学会春季臨床大会), 津田 毅彦, 二藤部 弘暁, 飯島 茂子, 松尾 裕彰, 森山 達哉, アレルギー, 55, 3,   2006年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869141
  • フキノトウによる口腔アレルギー症候群の2例, 加賀谷 早織, 角田 孝彦, 森山 達哉, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 116, 3, 331, 334,   2006年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018200759
  • VLDL分泌抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索 (特集:肥満予防における食品の機能性因子), 森山 達哉, ジャパンフ-ドサイエンス, 44, 12, 38, 43,   2005年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007050016
  • ripeninig inhibitor (rin) 変異遺伝子をヘテロに持つトマトの成熟果実におけるアレルゲンタンパク質の減少, 伊藤 康博, 北川 麻美子, 森山 達哉, 伊藤 博孝, 足立 厚子, 安田 淳一, 稲熊 隆博, 石黒 幸雄, 春見 隆文, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 74, 2,   2005年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019589353
  • 12 豆腐と豆乳間のペプシン消化耐性の違いとFDEIA発症機序との関連性について, 清水 秀樹, 足立 厚子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 54, 3,   2005年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002436039
  • 19 大豆のクラス2アレルギー:豆腐は摂取可能な豆乳による口腔アレルギー症候群(OAS)の3例, 足立 厚子, 清水 秀樹, 堀川 達弥), 森山 達哉, アレルギー, 54, 3,   2005年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002436046
  • 組換え農作物の安全性評価のための食品成分データベースの作成, 橘田 和美, 海老原 光湖, 日野 明寛, 一色 賢司, 飯塚 太由, 吉川 礼次, 斉藤 和夫, 牛尾 房雄, 荻野 周三, 井口 正雄, 島村 保洋, 金谷 建一郎, 小川 正, 森山 達哉, 川本 伸一, 日本食品化学学会誌, 12, 1, 1, 9,   2005年04月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007367305
    概要:Genetically modified (GM) crops have been increasingly entering into the market in recent years. The most common genetic modifications in crops confer an herbicide or an insect resistance to the plant, and some genetically modified plants anticipated with altered nutrient composition, functionality, and medicinal properties. In Japan, 58 GM crops have already been authorized and considered marketable. However, many concerns about incoming GM crops have been expressed by consumers, and the concerns are mainly focused on the safety assessment of GM crops intended for human consumption. While the most important factor taken into account in the safety assessment is the primary effect derived from newly introduced protein, possible unintended effects attributed to the insertion of defined DNA sequences have to be carefully examined in parallel. However, food is complex mixtures of compounds characterized by wide variation in composition and nutritional values. The food constituents are significantly affected by cultivars and environmental factors and thus very difficult to detect any potential adverse effects. A comparative approach focusing on the determination of differences between the GM food and its conventional counterpart will elicit potential safety issues and is considered the most appropriate strategy for the safety assessment of GM foods. For the efficient safety assessment of GM foods, accumulation of food composition data with wide variation under usual cultivation conditions and standardized validated methodologies in conventional foods is indispensable. To achieve this, we developed an internet-accessible food compound database comprising macro-, micro-nutrients, antinutrients, endogenous toxicants, and physiologically active substances of staple crops, such as rice and soybean.
  • 肥満の分子メカニズムとその制御, 森山 達哉, 河田 照雄, 科学と工業, 79, 4, 153, 162,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006714125
  • ゲノム創薬の視点からみた脂肪細胞分化と肥満 (特集 肥満とゲノム), 楠堂 達也, 森山 達哉, 高橋 信之, ゲノム医学, 4, 6, 629, 636,   2004年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006603911
  • レジスチントランスジェニックマウスはインスリン抵抗性を示さない, 森山 達哉, 小笹 清香, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 前渕 元宏, 脂質生化学研究, 46, 176, 179,   2004年06月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024571002
  • 脂質の蛍光検出とそのアプリケーション, 森山 達哉, オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society, 4, 4, 157, 166,   2004年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012704759
  • 小麦由来の生理機能性物質の研究--初期生体防御賦活作用の証明と実用化, 河村 幸雄, 森山 達哉, 年報, 2004, 260, 265,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015267385
  • 大豆を中心とする植物性食品素材のアレルゲン性はストレス負荷に依存するか (〔不二たん白質研究振興財団〕第6回研究報告会記録), 小川 正, 森山 達哉, 野村 紀子, 大豆たん白質研究, 6, 24, 22, 28,   2003年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016346944
  • ヒト脳アストロサイト細胞におけるマイクロソーマルトリグリセリド転移タンパク質(MTP)の存在, 小森 将史, 前渕 元宏, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 45, 217, 220,   2003年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570747
  • レジスチンのELISA系の確立とアディポネクチンとの相関を含めたインスリン抵抗性との関連解析, 前渕 元宏, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 45, 232, 235,   2003年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570760
  • 生化学・栄養 低アレルゲン化大豆加工食品提供患者の正確なスクリーニング法の構築, 小川 正, 森山 達哉, 太田 展生, 大豆たん白質研究, 5, 23, 68, 72,   2002年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005576069
  • 蛍光スキャナによるTLC上の脂質の検出・定量, 前渕 元宏, 内山 元子, 岸本 恵子, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 44, 121, 124,   2002年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570362
  • 食品化学・食品加工技術 大豆たん白質糖鎖特異的IgE抗体の存在と植物性食品の交叉反応性, 小川 正, 森山 達哉, 藤田 千鶴子, 大豆たん白質研究, 4, 22, 45, 51,   2001年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005221982
  • 脂質性情報伝達物質の生体内産生にかかわる新規リパーゼに関する研究, 森山 達哉, 日本農芸化学会誌, 75, 6, 707, 708,   2001年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006300095
  • コレステロール生合成律速酵素HMG-CoAレダクターゼのステロールによる小胞体膜から細胞質への逆輸送及び調節的分解促進, 森山 達哉, 和田 光生, 裏出 令子, 岸本 恵子, 小川 正, 鬼頭 誠, 前渕 元宏, SIMONI Robert D., 脂質生化学研究, 43, 274, 277,   2001年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013379353
  • シリンゴライド(大豆特異的感染病原体産生エリシター)結合たん白質としてのGly m Bd 30Kの未知機能の解明とアレルゲン性の関係について (生化学・栄養), 小川 正, 森山 達哉, 藤田 千鶴子, 大豆たん白質研究, 3, 21, 67, 72,   2000年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005221962
  • 血清中性脂質レベルを調節する食品成分の開発, 森山 達哉, 食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成研究紀要, 16, 15, 20,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016013441
  • 情報伝達系におけるジアシルグリセロールリパーゼの多彩な役割 内因性マリファナ様物質2-アラキドノイルグリセロール生成の鍵酵素か?, 森山 達哉, 化学と生物, 37, 9, 564, 566,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004846253
  • ヒト血小板のイノシト-ルリン脂質特異的ホスホリパ-ゼC(集談会要旨), 森山 達哉, 鬼頭 誠, 京都大学食糧科学研究所報告, 55, p20, 22,   1992年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000744280
  • イノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼCと情報伝達, 森山 達哉, 鬼頭 誠, 化学と生物, 30, 11, 714, 722,   1992年, 10.1271/kagakutoseibutsu1962.30.714
  • ヒト血小板のイノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼC, 京都大学食糧科学研究所報告, 55,   1992年
  • 情報伝達系におけるジアシルグリセロールリパーゼの多彩な役割.一内因性マリファナ様物質2-アラキドノイルグリセロール生成の鍵酵素か?, 化学と生物, 37, 9, 564,   1999年
  • 小胞体におけるHMG-CoAレダクターゼの調節的分解, 京都大学食糧科学研究所報告, 62, 17,   1999年
  • バイオ実験で失敗しない! 検出と定量のコツ, 森山 達哉,   2005年07月
    概要:バイオ実験で失敗しない検出と定量のコツをまとめた。
  • バイオ実験で失敗しない!タンパク質精製と取扱いのコツ, 森山 達哉,   2007年10月
    概要:バイオ実験で失敗しないタンパク質精製と取扱いのコツをまとめた。
  • ヒト血小板活性化時におけるTXA_2の役割(動物-糖, 脂質-)(受賞講演), 高村 仁知, 成田 宏史, 森山 達哉, 田中 賢一, 松浦 尚雄, 鬼頭 誠, 日本農藝化學會誌, 62, 3,   1988年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002793073

特許

  • 肥満、高脂血症および動脈硬化性疾患の治療・予防剤, 吉積 一真, 森山 達哉, 小笹 清香, 河田 照雄, 特願2011-164892, 特開2011-236241
  • 骨粗鬆症の予防又は治療用剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 平田 香菜, 中西 万紀子, 吉積 一真, 特願2009-086797, 特開2010-235534
  • アンジオテンシン変換酵素阻害剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 富樫 由美子, 吉積 一真, 特願2009-086795, 特開2010-235532
  • 骨粗鬆症の予防又は治療用剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 平田 香菜, 中西 万紀子, 吉積 一真, 特願2009-086796, 特開2010-235533
  • ローヤルゼリーアレルゲンタンパク質のエピトープ、その検出用キット、該アレルゲンフリーのローヤルゼリーとその製法, 森山 達哉, 山田 英生, 橋本 健, 沖原 清司, 菅野 智子, 柳原 美弥子, 雪吉 晃子, 立藤 智基, 中山 洋輔, 特願2006-327057, 特開2008-137968
  • 脂肪酸輸送タンパク−3の発現促進剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329589, 特開2007-137776
  • PLTP発現抑制剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329592, 特開2007-137779
  • 脂肪肝形成予防用の食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329590, 特開2007-137777
  • 低密度リポタンパク受容体の発現促進剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329591, 特開2007-137778
  • 肥満、高脂血症および動脈硬化性疾患の治療・予防剤, 吉積 一真, 森山 達哉, 小笹 清香, 河田 照雄, 特願2005-039425, 特開2006-225297

受賞

  •   2005年, 日本栄養・食糧学会 奨励賞
  •   2008年, 日本食品科学工学会 論文賞
  • 平成23年度日本皮膚アレルギ-学会誌年間最優秀論文賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 経皮感作しうる食品タンパク質のアレルゲン性評価, 森山 達哉, 本研究では、食品タンパク質抗原の経皮感作について、どのような食品タンパク質が経皮感作しやすいのかという点や、経皮感作のメカニズムなどをマウスや細胞を用いて明らかにすることを目的とする。食品タンパク質としては、石けんや化粧品などに配合されることが多い植物性食品由来のタンパク質に焦点を当てている。なかでも、実際に化粧品などに配合されている大豆や米、トマト、果物などを主たる研究対象とする。今年度は、マウスを用いて経皮感作と経口感作によってどのようなタンパク質に対するIgEが産生されるのかという点を大豆を用いて明らかにした。マウスに豆乳由来の大豆タンパク質を全タンパク質(カゼイン)のうちの約4分の1を置き換え経口的に摂取させた。対照はカゼインのみをタンパク質源として与えた。その結果、大豆(豆乳)結合するIgE値やIgG値は、対照の場合は高い個体はほとんど存在しなかったが、豆乳群では数匹の高値を示す個体が見られた。これらの個体のIgEやIgGは大豆中の50や25,20,18kDa付近の大豆タンパク質を認識した。一方、大豆タンパク質を皮膚に塗布し、感作を試みた場合、大豆タンパク質とSDSを同時に添加した場合の方がより多くのマウスでIgEやIgGが高くなり、また多くのマウスで37kDa付近のタンパク質に対する抗体が産生された。以上のことから、大豆タンパク質をモデルとして経皮感作と経口感作を比較したところ、感作されるタンパク質が異なり、経皮感作の場合はとくに37kDaのタンパク質が特徴的であり、これが経皮感作されやすい大豆タンパク質であると推察された。また、感作における食品側の要因として、加工法などによってアレルゲンの存在量がどの程度異なるのかという点を大豆とその発酵食品である味噌とで比較し、味噌では多くの大豆アレルゲンが低減化し、種類によって残存レベルに差異があることなどを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 花粉症と関連する主要農作物中のクラス2食物アレルゲンの変動解析, 森山 達哉, 花粉症に関連するクラス2食物アレルゲンとして、Betv1ホモログ、プロフィリン、ソーマチンライクプロテインをクローニングし、発現タンパク質から汎用性の高い抗体を作成した。これらを用いて、大豆や野菜、果物などの主要な農作物における品種間、栽培方法、加工法、調理法などの違いによるアレルゲン性の変化・変動を解析した。これらの条件によってアレルゲンレベルは大きく変動することが明らかとなった。また、農作物による食物アレルギーの原因抗原の探索も行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脂肪細胞が分泌するレジスチンの生理機能解析とその作用発現を調節する食品成分の探索, 森山 達哉, 近年、生活習慣病が増えており、深刻な社会問題となっている。「インスリン抵抗性」を改善することが生活習慣病の予防・改善にとって大きな意義を持つ。このインスリン抵抗性に関わる分子としていくつかのホルモン様分子が発見されている。それらのうち、レジスチンと呼ばれる脂肪細胞が分泌する分子はこのインスリン抵抗性を引き起こす責任分子として数年前に報告された。そこで、本研究では、このレジスチンの生理作用やレジスチンの発現量,循環量に影響を与える食品成分の探索を行う。また、アディポネクチンに関しても同様に検討した。まずはじめに、レジスチンの特異抗体を作製し、この抗体を用いてサンドイッチELISA系を構築した。つぎに、培養脂肪細胞である3T3-L1細胞を十分に分化させるための培地の検討を行い、この細胞から実際にレジスチンタンパク質が培地へ分泌されることをサンドイッチELISA系を用いて明らかにした。アディポネクチンに関しても同様に分泌が確認された。そこで、これらの重要なアディポサイトカインの分泌に対して食品成分が影響を与えるかどうか検討した結果,ティーフラボン類などにレジスチンの分泌を抑制する効果があることが始めて明らかとなった。その他にもいくつかの食品成分に、これらのアディポサイトカインの分泌を調節する活性が見られた。レジスチンの分泌を調節しうる食品成分が明らかになったことについては重要な知見であると言える。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), リピドーム解析とプロテオーム解析を応用した新規脂質代謝酵素の同定と生理機能解析, 森山 達哉, 申請者は脂質性メディエーターの産生機構の解明や脂質代謝、リポタンパク質代謝に関わる酵素類及びその機能を調節しうる食品成分に関して研究を進めている。これまでに、新規な脂質性メディエーターである2-AG(2-アラキドノイルグリセロール)の産生に関わると推定されるDGリパーゼの精製や候補遺伝子である新規リパーゼ様遺伝子のクローニングに成功した。また、クローニングした新規脂質代謝関連遺伝子産物が生体内でどのような脂質分子を基質として、どのような触媒反応を担当するのかという点に関して、遺伝子を導入した細胞の脂質プロファイルの解析(リピドーム解析:生体中の脂質成分を一括定量比較解析する手法)を用いて解析した。さらに、遺伝子導入細胞または共存培養細胞(ターゲット細胞)のタンパク質リン酸化のプロファイルを抗リン酸化タンパク質抗体を用いたプロテオーム解析によって解析する基盤技術が確立できた。さらに、本研究を発展させ、以下の2つの研究も行った。(1)脂肪細胞が分泌する代謝調節性ホルモンと推定されるレジスチンに関して、その生体内での役割を解明することをめざし、レジスチンの生理機能をトランスクリプトーム解析によって詳細に検討した。(2)肝細胞からのリポタンパク質分泌をモニターするELISAシステムを構築し、リポタンパク質(VLDL)分泌に影響を与える食品成分の探索に成功した。現在は、リピドーム解析とプロテオーム解析、トランスクリプトーム解析を駆使して、VLDL分泌抑制のメカニズムを解明することを試みている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 脂質性情報伝達物質の生体内産生に関わる新規リパーゼの構造と機能, 森山 達哉, 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)は最近発見された機能性脂質分子であり、カンナビノイドレセプターに対する内因性のリガンドである。2-AGは記憶や免疫作用に関わる可能性が示唆されているが、その生理的意義は未だ明確ではない。ジアシルグリセロール(DG)リパーゼは生体内における2-AG産生酵素の有力な候補である。そこで、カビのDGリパーゼとホモロジーを有するヒト胎児脳由来のESTクローンを基に、5'-RACE法によってヒト脳由来cDNAライブラリーより完全長cDNAを得た。推定されるアミノ酸配列を解析したところ、本クローンはリパーゼの活性中心コンセンサス配列を有する672アミノ酸からなるタンパク質をコードし、N末端側に4つの膜貫通ドメインを有している膜結合型タンパク質であるとが示唆された。この遺伝子は脳や肝臓、胎盤、免疫細胞などの多くの組織で発現していた。本遺伝子をCOS1細胞に発現させたところ、本タンパク質は膜画分に発現した。そのホモジネートを用いてDGリパーゼ活性を測定したところ、コントロールに比べて約2〜4倍の活性上昇が認められ、この活性はDGリパーゼの特異的な阻害剤によって完全に阻害された。以上より、ヒト膜結合型DGリパーゼのクローニングに成功したと考えられる。さらに、本分子のアイソザイムをデータベースにて検索したところ、ホモログと考えられるクローン(KIAA0659)を見いだした。このクローンは完全長でなかったので、キャップサイトハンティング法によって5'-上流部を得た。こうしてこのホモログに関しても完全長の塩基配列を取得した。このクローンもリパーゼの活性中心コンセンサス配列を有し、N末端側に4つの膜貫通ドメインを有している膜結合型タンパク質であることが示唆された。分子サイズは115kDaであった。発現組織を解析したところ、脳に特に多いことが特徴的であった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 電気泳動法による膜タンパク質の新規な精製法の開発と応用, 森山 達哉, 申請者は、成人病に関与する脂質性の食品成分の分子レベルでの役割と作用機構の解明を目指している。一般に、脂質成分の関与する反応の多くは生体膜周辺に存在するタンパク質(酵素)によって達成されるので、これらの研究にとって膜タンパク質の構造と機能の解析は不可欠である。しかしながら、可溶性タンパク質に比べ、膜タンパク質では精製や機能解析の技術はまだまだ困難である。本研究では、膜タンパク質の機能解析法と電気泳動法を用いた精製法の開発と応用を目的とした。昨年度は、電気泳動法、メンブランブロット法及び活性測定を組み合わせた膜タンパク質の活性同定法(Blot-Assay)を開発し、小胞体膜上に存在する膜タンパク質であるHMG-CoAレダクターゼの調節的分解のメカニズムや関与する膜結合プロテアーゼのキャラクタライゼイションを行った。本年度はNative PAGE、等電点電気泳動、SDS-PAGEの3つの電気泳動法を連続的に行うことによって可溶化した膜タンパク質(膜酵素)を同定・精製する方法を開発し、その方法を用いてこれまで精製の不可能であった膜酵素であるジアシルグリセロールリパーゼをヒト血小板膜画分から精製することに成功した。精製した本酵素の分子サイズは33kDaで、等電点は6.0であった。本酵素の諸性質を調べたところ、至適pHは7-8、活性はカルシウム非依存的で、セリン残基阻害剤やシステイン残基阻害剤によって活性は阻害された。したがって、活性発現にこれらの残基の存在が重要な役割を担っていることが示唆された。さらに、興味深いことには、本活性は細胞質型ホスホリパーゼA2に対する阻害剤で効果的に阻害され、これら2つの脂質加水分解酵素の構造や触媒機構の類似性が示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), イノシトールリン脂質代謝回転とアラキドン酸遊離反応とのクロストークに関する研究, 森山 達哉, 申請者らはヒト血小板において、イノシトールリン脂質代謝回転が、アラキドン酸遊離反応とクロストークし、密接に関わりあっていることを示唆してきた。本研究では、そのクロストークの分子機構の解明、およびその中心となる酵素反応系の性格づけと酵素分子の単離精製を試みることを目的とした。ヒト血小板をコラーゲンで刺激したとき、刺激初期の低Ca^<2+>条件下ではイノシトールリン脂質のみが分解され、アラキドン酸が遊離することを明らかにしている。この遊離経路を同定するために^<32>Pでラベルした血小板のリン脂質代謝を解析した。その結果、この条件下では、イノシトールリン脂質からホスホリパーゼC、ジアシルグリセロール(DG)リパーゼ、モノアシルグリセロール(MG)リパーゼによってアラキドン酸が遊離されることが明らかになった。さらに、膜画分からDGリパーゼおよびMGリパーゼを可溶化することに成功し、これらの酵素活性のCa^<2+>依存性について検討したところ、共に細胞内基底Ca^<2+>濃度条件下でほぼ最大活性が得られることが判明し、この酵素系が刺激初期の低Ca^<2+>濃度条件下で作動しうることを確認した。つぎに、刺激後期の細胞内Ca^<2+>濃度が上昇した条件下でのアラキドン酸遊離機構について検討した。その結果、刺激後期には、コラーゲンレセプターからの情報と細胞内Ca^<2+>濃度の上昇という2つのシグナルによって協調的に活性化されるホスホリパーゼA_2によって大量のアラキドン酸が遊離されることが明らかとなった。また、コラーゲン刺激の終期には、アラキドン酸代謝物であるトロンボキサンA_2が静止血小板へと働きかけるが、その場合はイノシトールリン脂質代謝回転は引き起こすが、アラキドン酸遊離反応は引き起こさないことを明らかにした。このようにして、イノシトールリン脂質代謝回転とアラキドン酸遊離反応のクロストークの経路、機構およびその多様性を明らかにすることができた。
  • 脂質代謝を調節する食品成分に関する研究
  • 食品成分による生理機能調節
  • 食物アレルギーとアレルゲンに関する研究, 食物アレルゲンの探索、同定、検出定量法の開発、低減化の検討
  • 細胞内脂質代謝の調節機構に関する研究, 細胞内における脂質代謝の調節機構を解明する

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 分子栄養学, 近畿大学農学部
  • 食品化学, 近畿大学農学部
  • 分子細胞生物学, 近畿大学農学部
  • 生命工学, 近畿大学農学部
  • 栄養化学, 近畿大学農学部