KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森山 達哉モリヤマ タツヤ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授/研究科長
学位博士(農学)
専門食品分子機能学
ジャンルくらし/食生活
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1060-moriyama-tatsuya.html
ホームページURLhttp://www.nara.kindai.ac.jp/laboratory/cell-biology/top.html
メールアドレス
Last Updated :2018/05/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    大豆や果物、野菜などの農作物の抗メタボなどの健康機能性とアレルゲン性について研究しています。特に、花粉症と関連する農作物による食物アレルギーやアレルゲンについて詳しいです。

学歴・経歴

学歴

  • 1987年04月 - 1991年05月, 京都大学大学院, 農学研究科, 食品工学専攻 (修士・博士課程)
  • 1983年04月 - 1987年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学農学部(教授)
  •   2008年04月,  - 2014年03月, 近畿大学農学部(准教授)
  •   2005年04月,  - 2008年03月, 近畿大学農学部(講師)
  •   2001年04月,  - 2005年03月, 京都大学大学院(助教(助手))
  •   1996年03月,  - 1997年02月, スタンフォード大学(客員研究員 (留学))
  •   1991年06月,  - 2001年03月, 京都大学 (助手)
  •   1991年04月,  - 1991年05月, 日本学術振興会特別研究員(D.C)

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 細胞生物学
  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • food allergy, 食物アレルギー, 食品分子機能学, 細胞生物学, 食品機能学

論文

  • Worm wounding increases levels of pollen-related food allergens in soybean (Glycine max), Kayo Hanafusa, Hiroki Murakami, Takuya Ueda, Erika Yano, Nobuhiro Zaima, Tatsuya Moriyama, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 1, 9,   2018年04月, 査読有り
  • Effect of a High-sucrose Diet on Abdominal Aortic Aneurysm Development in a Hypoperfusion-induced Animal Model., Miyamoto C, Kugo H, Hashimoto K, Sawaragi A, Zaima N, Moriyama T, Journal of oleo science,   2018年04月, 査読有り
  • フキノトウアレルギー 11例の検討, 矢口 順子, 角田 孝彦, 森山 達哉, 鈴木 民夫, 皮膚病診療, 39, 10, 1040, 1043,   2017年10月
    概要:2002年〜2014年にフキノトウアレルギー患者11例を対象に、検討した。診断はフキノトウ摂取後に蕁麻疹や口腔アレルギー症候群(OAS)などの症状を呈し、フキノトウによるプリックテスト(PT)陽性の場合とした。一部の患者では雄株・雌株それぞれの茎、小花の部位で分けテストを行った。PT判定は15分後、膨疹の大きさ「(最長径+その中点に垂直な径)/2)」を測定し、陽性コントロール(10mg/mlの二塩酸ヒスタミン水溶液)の2倍以上を4、同等以上を3、1/2以上を2+、1/2より小さく陰性コントロール(生理食塩水)より大きいものを1+、陰性コントロールと同等を-とし、3mm以上の膨疹で、2+以上を陽性とした。健常者2名で同様にPTを行い陰性を確認した。患者年齢は21〜58歳、平均39歳、男女比は男性3名、女性8名、全例で蕁麻疹を認め、OASが次いで多く、5例でアナフィラキシー症状を認めた。検討した11例において、臨床症状、花粉待機的IgE抗体、ウエスタンブロットで検出されたIgEバンドの分子量に関連性は見いだせなかった。
  • Suppressive effects of dietary EPA-rich fish oil on the degradation of elastin fibers in the aortic wall in nicotine-administered mice, Kugo H, Zaima N, Onozato M, Miyamoto C, Hashimoto K, Yanagimoto K, Moriyama T., Food and Function, 8, 8, 2829, 2835,   2017年08月, 査読有り
  • Visualization of the distribution of anthocyanin species in mice eyeball by matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry imaging., Yamada S, Zaima N, Yoshimura Y, Inaba S, Fujimori T, Sogon T, Moriyama T, Rapid communications in mass spectrometry : RCM, 32, 5, 380, 384,   2018年03月, 査読有り
  • Identification of the 7S and 11S globulins as percutaneously sensitizing soybean allergens as demonstrated through epidermal application of crude soybean extract, Murakami H, Ogawa T, Takafuta A, Yano E, Zaima N, Moriyama T, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 1, 9,   2018年04月, 査読有り
  • Adipocytes and abdominal aortic aneurysm: Putative potential role of adipocytes in the process of AAA development., Kugo H, Moriyama T, Zaima N, Current drug targets,   2018年01月, 査読有り
  • Pathological analysis of the ruptured vascular wall of hypoperfusion-induced abdominal aortic aneurysm animal model, Kugo H, Zaima N, Tanaka H, Hashimoto K, Miyamoto C, Sawaragi A, Urano T, Unno N, Moriyama T., Journal of Oleo Science, 66, 5, 499, 506,   2017年05月, 査読有り
  • The Effect of a High-Fat Diet on the Development of Abdominal Aortic Aneurysm in a Vascular Hypoperfusion-Induced Animal Model., Hashimoto K, Kugo H, Tanaka H, Iwamoto K, Miyamoto C, Urano T, Unno N, Hayamizu K, Zaima N, Moriyama T, Journal of vascular research, 55, 2, 63, 74,   2018年01月, 査読有り
  • Hyperglycemia suppresses RANKL-induced osteoclast differentiation through LXRβ expression in RAW264.7 cells, Tanaka T, Takei Y, Zaima N, Moriyama T, Yamanouchi D., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 63, 1, 28, 34,   2017年, 査読有り
  • The effects of nicotine administration on the pathophysiology of rat aortic wall, Kugo H, Zaima N, Tanaka H, Urano T, Unno N, Moriyama T., Biotechnic and Histochemistry, 92, 2, 141, 148,   2017年, 査読有り
  • Hyperglycemia Suppresses RANKL-Induced Osteoclast Differentiation through LXR beta Expression in RAW264.7 Cells, Tanaka Teruyoshi, Takei Yuichiro, Zaima Nobuhiro, Moriyama Tatsuya, Yamanouchi Dai, JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 63, 1, 28, 34,   2017年02月, 査読有り
  • Antiosteoporotic activity of a syringic acid diet in ovariectomized mice, Tanaka T, Kawaguchi N, Zaima N, Moriyama T, Fukuta Y, Shirasaka N., Journal of Natural Medicines, 71, 4, 1, 10,   2017年10月, 査読有り
  • 各種大豆加工食品における花粉症関連大豆アレルゲンGly m 3(プロフィリン)の検出, 植田啄也、花房佳世、矢野えりか、岩本和子、財満信宏、森山達哉, アレルギーの臨床, 37, 1, 58, 61,   2017年01月, 査読有り
  • Significant advancement of mass spectrometry imaging for food chemistry, Yoshimura Yukihiro, Goto-Inoue Naoko, Moriyama Tatsuya, Zaima Nobuhiro, FOOD CHEMISTRY, 210, 200, 211,   2016年11月01日, 査読有り
  • The anti-obesity effect of Taheebo (Tabebuia avellanedae Lorentz ex Griseb) extract in ovariectomized mice and the identification of a potential anti-obesity compound., Iwamoto K, Fukuda Y, Tokikura C, Noda M, Yamamoto A, Yamamoto M, Yamashita M, Zaima N, Iida A, Moriyama T, Biochemical and biophysical research communications, 478, 3, 1136, 1140,   2016年09月, 査読有り
  • The preventive effect of fish oil on abdominal aortic aneurysm development, Hirona Kugo, Nobuhiro Zaima, Youhei Mouri, Hiroki Tanaka, Kenichi Yanagimoto, Tetsumei Urano, Naoki Unno, Tatsuya Moriyama, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 80, 1186, 1191,   2016年01月01日
    概要:� 2016 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry. Abdominal aortic aneurysm (AAA) is a vascular disease involving gradual dilation of the abdominal aorta and high rupture-related mortality rates. AAA is histologically characterized by oxidative stress, chronic inflammation, and extracellular matrix degradation in the vascular wall. We previously demonstrated that aortic hypoperfusion could cause the vascular inflammation and AAA formation. However, the preventive method for hypoperfusion-induced AAA remains unknown. In this study, we evaluated the effect of fish oil on AAA development using a hypoperfusion-induced AAA animal model. Dilation of the abdominal aorta in the fish oil administration group was smaller than in the control group. Collagen destruction and oxidative stress were suppressed in the fish oil administration group than in the control group. These results suggested that fish oil could prevent the development of AAA induced by hypoperfusion.
  • Puerarin suppresses macrophage activation via antioxidant mechanisms in a CaPO4-induced mouse model of aneurysm, Tanaka T, Moriyama T, Kawamura Y, Yamanouchi D., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 62, 6, 425, 431,   2016年, 査読有り
  • Anti-hyperglycemic effect of a kudzu (Pueraria lobata) vine extract in ovariectomized mice, Tanaka T, Yokota Y, Tang H, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y., Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 62, 5, 349, 349,   2016年10月, 査読有り
  • 競合ELISA法による大豆アレルゲンGly m 4の定量の試み, 花房佳世、植田啄也、矢野えりか、財満信宏、森山達哉, アレルギーの臨床, 36, 9, 64, 68,   2016年08月, 査読有り
  • Effect of dietary fish oil on mouse testosterone level and the distribution of eicosapentaenoic acid-containing phosphatidylcholine in testicular interstitium, Zaima N, Kinoshita S, Hieda N, Kugo H, Narisawa K, Yamamoto A, Yanagimoto K, Moriyama T., Biochemistry and Biophysics Reports, 7, 259, 265,   2016年, 査読有り
  • Inhibitory activities of essential oil obtained from turmeric and its constituents against β-secretase, Matsumura S, Murata K, Zaima N, Yoshioka Y, Morimoto M, Kugo H, Yamamoto A, Moriyama T, Matsuda H., Natural Product Communications, 11, 12, 1785, 1788,   2016年, 査読有り
  • Adipocyte in vascular wall can induce the rupture of abdominal aortic aneurysm, Kugo H, Zaima N, Tanaka H, Mouri Y, Yanagimoto K, Hayamizu K, Hashimoto K, Sasaki T, Sano M, Yata T, Urano T, Setou M, Unno N, Moriyama T., Scientific Reports, 6,   2016年, 査読有り
  • Immediate allergy due to raw garlic (Allium sativum L.)., Yagami A, Suzuki K, Sano A, Iwata Y, Arima M, Moriyama T, Matsunaga K, The Journal of dermatology, 42, 10, 1026, 1027,   2015年10月, 査読有り
  • カビ被害による農作物汎アレルゲン(PR-10,PR-5,プロフィリン)の変動解析, 三口志穂、矢野えりか、末森祐輔、財満信宏、森山達哉, アレルギーの臨床, 35, 9, 876, 879,   2015年09月, 査読有り
  • 炎症・アレルギーに関わるレジスチンの変動解析, 山本美里、何 陽、財満信宏、森山達哉, アレルギーの臨床, 35, 14, 58, 61,   2015年, 査読有り
  • Diversity of Food Allergy., Moriyama T, Journal of nutritional science and vitaminology, 61, Supplement, 106, 108,   2015年, 査読有り
  • Imaging Mass Spectrometry Reveals a Unique Distribution of Triglycerides in the Abdominal Aortic Aneurysmal Wall., Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Yamamoto N, Inuzuka K, Sano M, Saito T, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N, Journal of vascular research, 127, 135,   2015年, 査読有り
  • Hypoperfusion of the Adventitial Vasa Vasorum Develops an Abdominal Aortic Aneurysm., Tanaka H, Zaima N, Sasaki T, Sano M, Yamamoto N, Saito T, Inuzuka K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Sugiura Y, Sato K, Kugo H, Moriyama T, Konno H, Setou M, Unno N, PloS one, 10, 8,   2015年, 査読有り
  • Distribution of lysophosphatidylcholine in the endosperm of Oryza sativa rice., Zaima N, Yoshimura Y, Kawamura Y, Moriyama T, Rapid communications in mass spectrometry : RCM, 28, 13, 1515, 1520,   2014年07月15日, 査読有り
  • Enhanced specificity for phosphatidylcholine analysis by positive ion mode matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry., Zaima N, Yoshioka S, Sato Y, Shinano S, Ikeda Y, Moriyama T, Rapid communications in mass spectrometry : RCM, 28, 13, 1453, 1458,   2014年07月15日, 査読有り
  • Identification of peamaclein as a marker allergen related to systemic reactions in peach allergy., Inomata N, Okazaki F, Moriyama T, Nomura Y, Yamaguchi Y, Honjoh T, Kawamura Y, Narita H, Aihara M, Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology, 112, 2, 175, 177,   2014年02月, 査読有り
  • Molecular cloning and expression profiling of procollagen α1 (I) of cultured Pacific bluefin tuna, Teruyoshi Tanaka, Teruyoshi Tanaka, Kenji Takahashi, Kohsuke Adachi, Haruki Ohta, Yukihiro Yoshimura, Yasuo Agawa, Yoshifumi Sawada, Osamu Takaoka, Amal Kumar Biswas, Kenji Takii, Nobuhiro Zaima, Tatsuya Moriyama, Yukio Kawamura, Yukio Kawamura, Fisheries Science, 80, 603, 612,   2014年01月01日
    概要:Type I collagen is widely distributed in most organs in teleosts. It plays a role not only in intercellular adhesion, but also in molecular signaling. In this study, Pacific bluefin tuna (PBT) procollagen α1 (I) cDNA was cloned and characterized. The nine fragments of a procollagen α1 (I) chain cDNA clone were prepared and spliced together to create the complete coding region. The resulting amino acid sequence was homologous with that of other teleosts. The mRNA expression profile of PBT procollagen α1 (I) in various tissues and the phylogenetic analysis with other vertebrate procollagen α1 (I) chains suggest that PBT procollagen α1 (I) could be a precursor form of the PBT type I collagen α1 chain. In addition, its level of expression in PBT larvae and early juveniles gradually increased with somatic growth. This increase was related to the standard length, wet body weight, and protein content of each individual fish. Therefore, the expression profile of procollagen α1 (I) may be a useful indicator for somatic growth in fish larvae and juveniles. © 2014 The Japanese Society of Fisheries Science.
  • Matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry: new technology for vascular pathology., Zaima N, Goto-Inoue N, Moriyama T, Journal of vascular research, 51, 2, 144, 148,   2014年, 査読有り
  • Ellagic acid improves hepatic steatosis and serum lipid composition through reduction of serum resistin levels and transcriptional activation of hepatic ppara in obese, diabetic KK-A(y) mice., Yoshimura Y, Nishii S, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Biochemical and biophysical research communications, 434, 3, 486, 491,   2013年05月, 査読有り
  • Hypoallergenicity of various miso pastes manufactured in Japan., Moriyama T, Yano E, Suemori Y, Nakano K, Zaima N, Kawamura Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 59, 5, 462, 469,   2013年, 査読有り
  • Effect of gamma irradiation on soybean allergen levels., Moriyama T, Yano E, Kitta K, Kawamoto S, Kawamura Y, Todoriki S, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 12, 2371, 2377,   2013年, 査読有り
  • Hypoallergenicity and immunological characterization of enzyme-treated royal jelly from Apis mellifera., Moriyama T, Yanagihara M, Yano E, Kimura G, Seishima M, Tani H, Kanno T, Nakamura-Hirota T, Hashimoto K, Tatefuji T, Ogawa T, Kawamura Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 4, 789, 795,   2013年, 査読有り
  • A case of an allergic reaction due to Anisakis simplex possibly after the ingestion of squid - Successful detection of four A. simplex allergens, Ani s 1, Ani s 2, Ani s 12 and troponin C-like protein, Shigeruko Iijima, Tatsuya Moriyama, Hidetaka Ichikawa, Yukihiro Kobayashi, Kazuo Shiomi, Japanese Journal of Allergology, 61, 1104, 1110,   2012年10月09日
    概要:A 62-year-old man ingested dressed salmon and its roe (ikura) and grilled mackerel and one hour later further ingested raw tuna and squid as an evening meal at a bar. Soon after the ingestion of raw seafood, he showed wheals, loss of consciousness and low blood pressure. Specific serum IgE to the nematode Anisakis simplex was positive but those to some seafoods were negative. Moreover, a skin prick test using the crude extract was positive for A. simplex but negative for the seafoods, which he ingested on the day of the above episode. When the A. simplex extract was analyzed by IgE-binding immunoblot analysis using the patient serum, two highly intense protein bands were recognized at 18 and 17kDa, one intense band at 35kDa and two weak bands at 28 and 26kDa. ELISA with 11 natural or recombinant A. simplex allergens (Ani s 1-6, 8, 9, 11 and 12 and troponin C-like protein) showed that the patient serum strongly reacted to Ani s 1 and Ani s 12 and weakly to Ani s 2 and troponin C-like protein. Based on these results, he was diagnosed as IgE-mediated A. simplex allergy due to four allergens (Ani s 1, Ani s 2, Ani s 12 and troponin C-like protein), possibly infested in the raw squid which he had ingested just before manifestation of allergic reactions. ©2012 Japanese Society of Allergology.
  • Hepatoprotective action of dietary bluefin tuna skin proteins on CCl4-intoxicated mice, Teruyoshi Tanaka, Kenji Takahashi, Naoki Iwamoto, Yasuo Agawa, Yoshifumi Sawada, Yukihiro Yoshimura, Nobuhiro Zaima, Tatsuya Moriyama, Yukio Kawamura, Fisheries Science, 78, 911, 921,   2012年07月01日
    概要:We have shown that dietary bluefin tuna skin (TUS) protects against carbon tetrachloride (CCl 4 )-induced hepatic damage in mice. The CCl 4 -induced necrotic area was decreased in mice fed a TUS-containing diet. Consistent with the decreased necrotic area, dietary TUS markedly lowered the elevated serum aspartate aminotransferase (AST) and alanine aminotransferase (ALT) activities and the thiobarbituric acid-reactive substance (TBARS) formation induced by CCl 4 injection. TUS diets also decreased phosphorylation of inhibitory kappa B-α and blocked the translocation of nuclear factor-kappa B to the nucleus. TUS is composed mainly (80.7 %) of type I collagen, and our results revealed that dietary tuna collagen peptides (TUCP) attenuated the increased hepatic necrotic area, serum AST and ALT activities, and liver TBARS levels induced by CCl 4 , similar to TUS, thus enabling us to attribute the hepatoprotective action of TUS in CCl 4 -intoxicated mice to tuna collagen. Therefore, TUS and TUCP may be potential food resources that are capable of alleviating hepatitis symptoms. © 2012 The Japanese Society of Fisheries Science.
  • Visualization of anthocyanin species in rabbiteye blueberry Vaccinium ashei by matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry., Yoshimura Y, Enomoto H, Moriyama T, Kawamura Y, Setou M, Zaima N, Analytical and bioanalytical chemistry, 403, 7, 1885, 1895,   2012年06月, 査読有り
  • 大豆アレルギーにおけるGly m4, Gly m5, Gly m6特異IgEの重要性およびGly m5, Gly m6サブユニット特異IgEについて, 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 堀川 達弥, 田中 昭, SJOLANDER Sigrid, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 6, 2, 60, 66,   2012年04月30日
  • Ellagic acid in pomegranate suppresses resistin secretion by a novel regulatory mechanism involving the degradation of intracellular resistin protein in adipocytes., Makino-Wakagi Y, Yoshimura Y, Uzawa Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Biochemical and biophysical research communications, 417, 2, 880, 885,   2012年01月, 査読有り
  • Puerarin exerted anti-osteoporotic action independent of estrogen receptor-mediated pathway., Michihara S, Tanaka T, Uzawa Y, Moriyama T, Kawamura Y, Journal of nutritional science and vitaminology, 58, 3, 202, 209,   2012年06月, 査読有り
  • Catechins and Caffeine Inhibit Fat Accumulation in Mice through the Improvement of Hepatic Lipid Metabolism., Sugiura C, Nishimatsu S, Moriyama T, Ozasa S, Kawada T, Sayama K, Journal of obesity, 2012,   2012年, 査読有り
  • Kudzu (Pueraria lobata) vine ethanol extracts improve ovariectomy-induced bone loss in female mice., Tanaka T, Tang H, Yu F, Michihara S, Uzawa Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, Journal of agricultural and food chemistry, 59, 24, 13230, 13237,   2011年12月28日, 査読有り
  • Different localization patterns of anthocyanin species in the pericarp of black rice revealed by imaging mass spectrometry., Yoshimura Y, Zaima N, Moriyama T, Kawamura Y, PloS one, 7, 2,   2012年02月17日, 査読有り
  • Immunoblotting Analysis of nsLTP1 in Cereal Grains with Antiserum Raised against Recombinant Rice nsLTP1, Gang Hua Lang, Yukari Kagiya, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Shinichi Kawamoto, Tatsuya Moriyama, Kazumi Kitta, Food Science and Technology Research, 17, 499, 504,   2011年12月01日
    概要:Nonspecific lipid transfer protein 1 (nsLTP1) is widely distributed in plants and has been recognized as a widely cross-reacting plant pan-allergen. In the present study, a recombinant protein of rice nsLTP1 was prepared with an Escherichia coli expression system, and polyclonal antiserum was raised by immunizing rabbits with this recombinant nsLTP1. The antiserum specifically immunoreacted with rice nsLTP1 and homologous nsLTP1 proteins of other kinds of cereal grains. Moreover, the antiserum was applied to compare nsLTP1 content among rice cultivars and among rice fractions separated by grain-milling. Variation of nsLTP1 contents were observed among rice cultivars, and rice nsLTP1 was proved to be mainly located in the outer layer of rice grains, providing evidence for decreasing nsLTP1 content by grain-milling.
  • Major royal jelly protein 3 as a possible allergen in royal jelly-induced anaphylaxis., Mizutani Y, Shibuya Y, Takahashi T, Tsunoda T, Moriyama T, Seishima M, The Journal of dermatology, 38, 11, 1079, 1081,   2011年11月, 査読有り
  • 豆乳アレルギーにおける Gly m4, Gly m3 特異IgEの重要性について, 足立 厚子, 森山 達哉, 原田 晋, 福永 淳, 堀川 達弥, 田中 昭, SJORANDER Sigrid, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 5, 5, 431, 438,   2011年10月31日
  • Two cases of royal jelly allergy provoked the symptoms at the time of their first intake, Susumu Harada, Tatsuya Moriyama, Akira Tanaka, Japanese Journal of Allergology, 60, 708, 713,   2011年08月01日
    概要:Two young women were suffered from several symptoms after the intake of royal jelly at their first time. According to the positive skin prick test reactions of raw royal jelly, royal jelly allergy was diagnosed. As the reasons why the symptoms appeared at the time of their first intake, we guessed the possibility that 1) they had been sensitized for royal jelly formerly, or 2) their symptoms were induced by the cross-reactivity between royal jelly and other allergens such as bee, honey and pollens. As to our cases, no related allergens were found in one case, but in another case co-existance of mugwort allergy was suspected from the results of both skin prick test and specific IgE titers. Originally royal jelly allergy has been regarded as class 1 allergic reaction developed by the sensitization of itself. But we speculated the possibility that there can also be cases of class 2 royal jelly allergy by the mechanism of cross-reaction with pollens. ©2011 Japanese Society of Allergology.
  • Activation of peroxisome proliferator-activated receptor-alfa (PPARalfa) suppresses postprandial lipidemia through fatty acid oxidation in enterocyte, 木村 梨乃, 室田 佳恵子, 森山 達哉, 高橋 信之 後藤 剛 河田 照雄, Biochem Biophys Res Commun, 410, 1, 1, 6,   2011年06月24日, 査読有り
  • Immunological characterization of polyclonal antisera prepared against recombinant rice RAG2 and its application in detection of 14-16 kDa α-amylase/trypsin inhibitors from processed foods, Gang Hua Lang, Mika Ohba, Shinichi Kawamoto, Koichi Yoza, Tatsuya Moriyama, Kazumi Kitta, Food Science and Technology Research, 16, 599, 606,   2010年11月01日
    概要:RAG2 is a member of the rice 14-16 kDa α-amylase/trypsin inhibitors, which are the main allergens in rice grains. Recombinant RAG2 protein was expressed in Escherichia coli, and polyclonal antisera were prepared against the protein. The polyclonal antisera specifically bound with 14-16 kDa a-amylase/ trypsin inhibitors from husked brown, red and black rice. No cross-reaction was observed between the polyclonal antisera and saline-soluble proteins from other tested cereal grains. By immunoblotting with the polyclonal antisera, 14-16 kDa α-amylase/trypsin inhibitors were found to be distributed throughout the endosperm of brown rice and their contents were estimated. Moreover, 14-16 kDa a-amylase/trypsin inhibitors were also detected in processed foods. Thus, the polyclonal antisera prepared against recombinant RAG2 protein could be used to compare the content of 14-16 kDa a-amylase/trypsin inhibitors in rice samples and probe the presence of the allergen in processed foods.
  • 牛蒡アレルゲンの同定, 森山 達哉, 山形県立中央病院皮膚科 湊高台皮膚科, 山形県立中央病院皮膚科, 山形市立病院済生館 皮膚科, 日本皮膚科学会雑誌, 120, 11, 2219, 2222,   2010年10月
    概要:2種類の牛蒡アレルゲンを同定した。1つはペルオキシダーゼ、もう一つはSODであった。
  • 大豆アレルギーの多様性とそのリスク低減化戦略-低アレルゲン大豆加工食品の開発と流通システムの構築の試み, 森山 達哉, 関西福祉科学大学, 食品工業, 53, 6, 75, 87,   2010年06月
    概要:大豆アレルギーの多様性とそのリスク低減化戦略について解説した。特に低アレルゲン大豆加工食品の開発と流通システムの構築の試みに重点を置いて解説した。
  • Food-dependent anaphylaxis with serum IgE immunoreactive to dairy products containing high-molecular-weight proteins., Abe S, Kabashima K, Moriyama T, Tokura Y, Journal of dermatological science, 57, 2, 137, 140,   2010年02月, 査読有り
  • Effect of gamma-irradiation on the survival of Listeria monocytogenes and allergenicity of cherry tomatoes, Todoriki Setsuko, Bari Latiful, Kitta Kazumi, Ohba Mika, Ito Yasuhiro, Tsujimoto Yuka, Kanamori Norihito, Yano Erika, Moriyama Tatsuya, Kawamura Yukio, Kawamoto Shinichi, RADIATION PHYSICS AND CHEMISTRY, 78, 7-8, 619, 621,   2009年07月, 査読有り
  • Anaphylaxis due to peach with negative ImmunoCAP result to peach allergens, including rPru p 1, rPru p 3 and rPru p 4: A report of two cases, Nobuko Maeda, Naoko Inomata, Akiko Morita, Mio Kirino, Tatsuya Moriyama, Zenro Ikezawa, Japanese Journal of Allergology, 58, 140, 147,   2009年04月24日
    概要:We report two cases of anaphylactic reactions to peach with negative result of ImmunoCAP to peach. Case 1 is a 35-year-old man, who felt an itch in his oral cavity immediately after ingesting a whole fresh peach. He rapidly developed generalized urticaria, dyspnea, vomiting, and loss of consciousness. He recovered after treatment at a local hospital, thereafter he was referred to our hospital because ImmunoCAP conducted for screening allergens revealed a negative test result to peach and the cause of anaphylaxis remained unclear. He had a history of pollinosis. He reported that he previously felt an itch on his oral cavity after ingesting melon, watermelon, apple, and strawberry. Serum total IgE was 436IU/ml. CAP-RAST revealed negative results to peach, strawberry and kiwi. Skin prick tests (SPTs) with raw peach pulp, canned peach pulp, strawberry and kiwi were positive. Case 2 is a 30-year-old woman who felt an itch on her oral cavity accompanied by blepharedema, rhinorrhea, generalized urticaria, nausea, abdominal pain and diarrhea after eating peach. She had a history of pollinosis. She reported that she previously developed urticaria after ingesting an apple. Serum total IgE was 85IU/ ml. ImmunoCAP revealed negative results to peach and apple. SPTs with canned yellow peach, strawberry and apple were positive. Consequently, the two patients were diagnosed with anaphylaxis due to peach, and allergic symptoms have never recurred since they avoided ingesting peach. Furthermore, in two patients ImmunoCAP to rPru p 1, rPru p 3, and rPru p 4 were negative. However, in IgE-immunoblotting of peach, serum IgE antibodies of two patients were bound to approximately 10kDa proteins. Meanwhile, the cross-reactivity between Rosaceae fruits, such as peach, apple, apricot, and plum, has been reported. These results suggest that in patients, who are suspected of having peach anaphylaxis and show a negative ImmunoCAP result to peach, the additional testing, such as SPT with peach, should be performed for diagnosis. © 2009 Japanese Society of Allergology.
  • コメ貯蔵時の害虫防除処理および貯穀害虫の摂食がアレルゲンタンパク質に及ぼす影響, 大羽 美香, 宮ノ下 明大, 森山 達哉, 川本 伸一, 橘田 和美, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 56, 4, 249, 253,   2009年04月15日
    概要:食物アレルギー患者数は増加傾向にあり,特に先進国の消費者にとって大きな問題となっている.日本人の主食であるコメに対するアレルギーも報告されている.アナフィラキシーショック等の症状を示すことは非常にまれであるが,アトピー性皮膚炎の原因食物の一つとして考えられている.貯穀害虫防除を目的とした臭化メチル代替殺虫技術として開発された高圧二酸化炭素処理を玄米に対し施し,コメのアレルゲンタンパク質にどのような影響を及ぼすかについて検討した.また,従来使用されてきた,臭化メチルおよびリン化水素によるくん蒸処理も行った.さらに,貯穀害虫であるノシメマダラメイガ(Plodia interpunctella)の幼虫を玄米に投入し,摂食後のコメアレルゲンタンパク質への影響も検討した.その結果,これらの害虫防除処理,および貯穀害虫の摂食によるアレルゲンタンパク質への影響は認められなかった.
  • Changes in lipid metabolism by soy beta-conglycinin-derived peptides in HepG2 cells., 森山 達哉, 京都大学大学院農学研究科, 不二製油(株), 不二製油(株), 不二製油(株), 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, J Agric Food Chem., 57, 4, 1473, 1480,   2009年02月, 査読有り
    概要:ヒト肝臓由来培養細胞であるHepG2において、ダイズβ-コングリシニン由来のペプチドが脂質代謝調節能を有することを明らかにした。(英文)
  • Soybean β-conglycinin as the main allergen in a patient with food-dependent exercise-induced anaphylaxis by tofu: Food processing alters pepsin resistance, A. Adachi, A. Adachi, T. Horikawa, H. Shimizu, Y. Sarayama, T. Ogawa, S. Sjolander, A. Tanaka, T. Moriyama, Clinical and Experimental Allergy, 39, 167, 173,   2009年01月01日
    概要:Background: Food-dependent exercise-induced anaphylaxis (FDEIA) due to soybeans is a rare disorder. The allergen responsible for FDEIA due to soybeans has not yet been determined. Objective: We characterized the clinical features of a patient with FDEIA due to tofu, who was well tolerant to drinking soy milk. We then sought to identify the responsible soybean allergen(s) in that patient. We further studied whether different stabilities of the allergen(s) to pepsin digestion between two soybean products are related to their clinical allergenicity. Methods: Skin prick tests and provocation tests using soybean products were performed to detect the responsible food and other factors that induced the allergic symptoms. Specific IgE to various soybean allergens were examined by ImmunoCAP®, ELISA and protein microarray assays. Immunoblotting for soybeans and soybean products using the patient's serum was also performed. Soybean products were serially digested by pepsin to disclose the stability of the allergens. Results: Provocation with ingestion of tofu and exercise induced the allergic symptoms, while ingestion of soy milk and exercis e did not. Immunoblot analysis, ELISA and protein microarray assay revealed that β-conglycinin mainly reacts with IgE antibodies in the patient's serum. By immunoblot analysis, β-conglycinin in soy milk completely disappeared after pepsin digestion within 20 min, whereas β-conglycinin in tofu was almost intact after more than 120 min of pepsin digestion. Conclusion: We identified β-conglycinin as the causative allergen in a patient with FDEIA induced by tofu. The difference in resistance to pepsin digestion between tofu and soy milk suggests that the presence of undigested allergens in the digestive tract is a prerequisite for the development of FDEIA. © 2008 The Authors.
  • 病害虫被害による農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制-リンゴとダイズを例に, 森山 達哉, 今月の農業, 52, 10(9), 46, 52,   2008年09月
    概要:リンゴとダイズを例に、病害虫被害によって増加する感染特異的タンパク質関連の農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制についてデータを含めて解説した。
  • Reliable enzyme-linked immunosorbent assay for the determination of soybean proteins in processed foods., Morishita N, Kamiya K, Matsumoto T, Sakai S, Teshima R, Urisu A, Moriyama T, Ogawa T, Akiyama H, Morimatsu F, Journal of agricultural and food chemistry, 56, 16, 6818, 6824,   2008年08月, 査読有り
  • Human XTP3-B forms an endoplasmic reticulum quality control scaffold with the HRD1-SEL1L ubiquitin ligase complex and BiP., Hosokawa N, Wada I, Nagasawa K, Moriyama T, Okawa K, Nagata K, The Journal of biological chemistry, 283, 30, 20914, 20924,   2008年07月, 査読有り
  • 即時型アレルギーの抗原解析(in vitro)-イムノブロッティング法を中心に, 森山 達哉, ビジュアル・ダーマトロジー Visual Dermatology, 7, 3, 320, 327,   2008年03月
    概要:即時型アレルギーの原因となるアレルゲンの検出、抗原解析(in vitro)について、イムノブロッティング法を中心に解説した。
  • Two cases of apiaceae spice allergy, Susumu Harada, Akiko Matsunaga, Rieko Miyachi, Taro Masaki, Tatsuya Moriyama, Japanese Journal of Allergology, 56, 1515, 1521,   2007年12月01日
    概要:Background: Many cases of spice allergy have been reported especially from Scandinavian countries, but in contrast there are few reports in Japan. This time we experienced two cases of apiaceae spice allergy and practiced some kinds of examinations. We report here these two cases with the consideration concerning mechanizm of spice allergy. Methods and Subjects: We practiced 1) specific IgE of pollens and foods, 2) prick tests of spices and apiaceae vesitables, 3) immunoblot of spices, against two cases suspected spice allergy from their clinical courses. Clinically Case 1 32 y.o. male had been no history of pollinosis, in contrast Case 2 46 y.o. female had been suffered from pollinosis during spring and autumn seasons. Results: In Case 1 the scores of specific IgE of pollens were almost negative and immunoblot examination of spices revealed positive reaction at the site of 10∼12kDa and 60kDa. In Case 2 the scores of specific IgE of pollens were positive in many species and immunoblot examination of spices reacted positively at the site of 14kDa and 60kDa. Both of them showed positive reactions against many kinds of apiaceae spices in prick tests, so we diagnosed them as apiaceae spice allergy. Conclusion: According to these results we suspected Case 1 as class 1 allergy induced by the sensitization of spices themselvs and Case 2 as class 2 allergy caused by the cross reactions with pollinosis. So there may be some different mechanizms in the occurrence of spice allergy. In the future the occurrence of spice allergy will be supposed to increase and it will be necessary for us to pay much more attention to spice allergy even in Japan.
  • 食物アレルゲンタンパク質の近赤外蛍光標識プローブによる検出, 森山 達哉, 河村 幸雄, 農研機構 食品総合研究所, 農研機構 食品総合研究所, 農研機構 食品総合研究所, 国立医薬品食品衛生研究所, 藤田保健衛生大学, 農研機構 作物研究所, 農研機構 作物研究所, 関西福祉科学大学, 日本食品科学工学会誌, 54, 11, 468, 476,   2007年11月
    概要:食物アレルゲンを近赤外蛍光標識プローブ(抗体)を用いて検出、定量することを試みた。また、化学発光法や一般的な蛍光標識抗体との感度や特異性の比較を行った。その結果、感度や特異性、低バックグランド、定量性などの点で本法は優位性があることが明らかとなった。
  • Specific detection of soybean residues in processed foods by the polymerase chain reaction., Yamakawa H, Akiyama H, Endo Y, Miyatake K, Sakata K, Sakai S, Moriyama T, Urisu A, Maitani T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, 1, 269, 272,   2007年01月, 査読有り
  • ローヤルゼリーのコレステロール低下作用に関連する肝臓の遺伝子発現変化, 森山 達哉, 富山県立大学, 富山県立大学, J. Pharm. Pharmacol., 58, 12, 1683, 1689,   2006年12月, 査読有り
    概要:ローヤルゼリーのコレステロール低下作用に関連する肝臓の遺伝子発現変化をマウスを用いて解析した。(英文)
  • Sodium cromoglycate inhibits absorption of the major soybean allergen, Gly m Bd 30K, in mice and human intestinal Caco-2 cells., Weangsripanaval T, Murota K, Murakami Y, Kominami M, Kusudo T, Moriyama T, Ogawa T, Kawada T, The Journal of nutrition, 136, 11, 2874, 2880,   2006年11月, 査読有り
  • Reduction of allergenic proteins by the effect of the ripening inhibitor (rin) mutant gene in an F1 hybrid of the rin mutant tomato., Kitagawa M, Moriyama T, Ito H, Ozasa S, Adachi A, Yasuda J, Ookura T, Inakuma T, Kasumi T, Ishiguro Y, Ito Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 70, 5, 1227, 1233,   2006年05月, 査読有り
  • Detection of low molecular weight allergens resolved on two-dimensional electrophoresis with acid-urea polyacrylamide gel, 森山 達哉, 食品総合研究所, 食品総合研究所, 関西福祉科学大学, 食品総合研究所, Anal. Biochemistry,, 351, 2, 290, 297,   2006年04月, 査読有り
    概要:低分子アレルゲン検出のための酸ウレアポリアクリルアミドゲルを用いた2次元電気泳動系を構築した。
  • VLDL分泌抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索, 森山 達哉, ジャパン フードサイエンス, 44, 12, 38, 43,   2005年12月
    概要:ヒト肝臓由来培養細胞からのVLDL分泌評価系を構築し、この抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索について解説した。
  • Phytol directly activates peroxisome proliferator-activated receptor alpha (PPARalpha) and regulates gene expression involved in lipid metabolism in PPARalpha-expressing HepG2 hepatocytes., Goto T, Takahashi N, Kato S, Egawa K, Ebisu S, Moriyama T, Fushiki T, Kawada T, Biochemical and biophysical research communications, 337, 2, 440, 445,   2005年11月, 査読有り
  • Dietary fat and an exogenous emulsifier increase the gastrointestinal absorption of a major soybean allergen, Gly m Bd 30K, in mice., Weangsripanaval T, Moriyama T, Kageura T, Ogawa T, Kawada T, The Journal of nutrition, 135, 7, 1738, 1744,   2005年07月, 査読有り
  • Influence of royal jelly on mouse hepatic gene expression and safety assessment with a DNA microarray., Kamakura M, Maebuchi M, Ozasa S, Komori M, Ogawa T, Sakaki T, Moriyama T, Journal of nutritional science and vitaminology, 51, 3, 148, 155,   2005年06月, 査読有り
  • [The structures and functions of peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs)]., Takahashi N, Goto T, Kusudo T, Moriyama T, Kawada T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63, 4, 557, 564,   2005年04月, 査読有り
  • A Novel Enzyme-Linked Immunosorbent Assay for Quantification of Soybean beta-Conglycinin, a Major Soybean Storage Protein, in Soybean and Soybean Food Products, 森山 達哉, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, 作物研究所, 京都大学大学院農学研究科, 京都大学大学院農学研究科, Journal of nutritional science and vitaminology, 51, 1, 34, 39,   2005年02月, 査読有り
    概要:ダイズ主要貯蔵タンパク質であるベータ-コングリシン(7Sグロブリン)の定量のためのELISA系を構築し、加工食品や品種間での存在量の差異を明らかにした。(英文)
  • ER-60 domains responsible for interaction with calnexin and calreticulin., Urade R, Okudo H, Kato H, Moriyama T, Arakaki Y, Biochemistry, 43, 27, 8858, 8868,   2004年07月, 査読有り
  • Soybean beta-conglycinin diet suppresses serum triglyceride levels in normal and genetically obese mice by induction of beta-oxidation, downregulation of fatty acid synthase, and inhibition of triglyceride absorption., Moriyama T, Kishimoto K, Nagai K, Urade R, Ogawa T, Utsumi S, Maruyama N, Maebuchi M, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 68, 2, 352, 359,   2004年02月, 査読有り
  • Molecular and structural analysis of electrophoretic variants of soybean seed storage proteins., Maruyama N, Fukuda T, Saka S, Inui N, Kotoh J, Miyagawa M, Hayashi M, Sawada M, Moriyama T, Utsumi S, Phytochemistry, 64, 3, 701, 708,   2003年10月, 査読有り
  • Low resistin levels in adipose tissues and serum in high-fat fed mice and genetically obese mice: development of an ELISA system for quantification of resistin., Maebuchi M, Machidori M, Urade R, Ogawa T, Moriyama T, Archives of biochemistry and biophysics, 416, 2, 164, 170,   2003年08月, 査読有り
  • Identification of suberization-associated anionic peroxidase as a possible allergenic protein from tomato., Weangsripanaval T, Nomura N, Moriyama T, Ohta N, Ogawa T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 6, 1299, 1304,   2003年06月, 査読有り
  • Functions of soy phosphatidylcholine in dough and bread supplemented with soy protein, Reiko Urade, S. Okamoto, T. Yagi, T. Moriyama, T. Ogawa, M. Kito, Journal of Food Science, 68, 1276, 1282,   2003年01月01日
    概要:The loaf volume decreased on the addition of soybean protein isolate (SPI) to bread. When phosphatidylcholine was added to the ingredients, including SPI, the adverse effect of SPI on the loaf volume could be counteracted. The addition of phosphatidylcholine showed little effect on the rheological properties of dough. It was shown by confocal microscopy that phosphatidylcholine was associated with gluten in the dough. The function of phosphatidylcholine could not be replaced by phosphatidylethanolamine, phospatidic acid, or lysophospatidylcholine. Phosphatidylcholine showed different effects depending on the phosphatidylcholine molecular species.
  • Transglutaminase activity of human ER-60., Okudo H, Kito M, Moriyama T, Ogawa T, Urade R, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 66, 6, 1423, 1426,   2002年06月, 査読有り
  • Identification of cyclophilin as an IgE-binding protein from carrots, Chizuko Fujita, Tatsuya Moriyama, Tadashi Ogawa, Tadashi Ogawa, International Archives of Allergy and Immunology, 125, 44, 50,   2001年06月18日
    概要:Background: Plant food allergies have been associated with pollenosis, although most of the causative allergens are as yet undefined. It is important to elucidate the properties of plant food allergens in order to minimize a patient's risks in food selection. The purpose of the present study was to examine and characterize the IgE-binding proteins in carrots as possible allergens by using patients' sera. Method: IgE-binding proteins in carrot extract were screened by an immunoblot technique using sera of patients with atopic dermatitis (selected based upon a case history of food allergies). An allergenic protein was purified from carrot extract by chromatographic procedures. The N-terminal amino acid sequence of allergenic protein was determined and subjected to a computer homology search. Cross-reactivity between carrot and birch allergens was examined by immunoblotting. Results and Conclusion: A unique, approximately 20-kDa allergenic protein that reacted with about 14% of patients' sera was isolated and characterized. The N-terminal amino acid sequence of the purified protein was found to be homologous with those of plant cyclophilins. This allergen exhibited a peptidyl-prolyl cis-transisomerase activity, which was inhibited by the conjugation of cyclosporin A. These properties of the allergenic protein isolated from carrot identified it as a cyclophilin, a possible plant food allergen. No cross-reactivity between this 20-kDa carrot allergen and Bet v 7, a birch pollen cylcophilin, was observed. Copyright © 2001 S. Karger AG, Basel.
  • 3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme a reductase is sterol-dependently cleaved by cathepsin L-type cysteine protease in the isolated endoplasmic reticulum, Tatsuya Moriyama, Mitsuo Wada, Reiko Urade, Makoto Kito, Nobuhiko Katunuma, Tadashi Ogawa, Robert D. Simoni, Archives of Biochemistry and Biophysics, 386, 2, 205, 212,   2001年02月15日
    概要:We have recently shown that 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A (HMG-CoA) reductase, an endoplasmic reticulum (ER) membrane protein, is degraded in ER membranes prepared from sterol pretreated cells and that such degradation is catalyzed by a cysteine protease within the reductase membrane domain. The use of various protease inhibitors suggested that degradation of HMG-CoA reductase in vitro is catalyzed by a cathepsin L-type cysteine protease. Purified ER contains E-64-sensitive cathepsin L activity whose inhibitor sensitivity was well matched to that of HMG-CoA reductase degradation in vitro. CLIK-148 (cathepsin L inhibitor) inhibited degradation of HMG-CoA reductase in vitro. Purified cathepsin L also efficiently cleaved HMG-CoA reductase in isolated ER preparations. To determine whether a cathepsin L-type cysteine protease is involved in sterol-regulated degradation of HMG-CoA reductase in vivo, we examined the effect of E-64d, a membrane-permeable cysteine protease inhibitor, in living cells. While lactacystin, a proteasome-specific inhibitor, inhibited sterol-dependent degradation of HMG-CoA reductase, E-64d failed to do so. In contrast, degradation of HMG-CoA reductase in sonicated cells was inhibited by E-64d, CLIK-148, and leupeptin but not by lactacystin. Our results indicate that HMG-CoA reductase is degraded by the proteasome under normal conditions in living cells and that it is cleaved by cathepsin L leaked from lysosomes during preparation of the ER, thus clarifying the apparently paradoxical in vivo and in vitro results. Cathepsin L-dependent proteolysis was observed to occur preferentially in sterol-pretreated cells, suggesting that sterol treatment results in conformational changes in HMG-CoA reducta se that make it more susceptible to such cleavage. © 2001 Academic Press.
  • Nondestructive quantification of neutral lipids by thin-layer chromatography and laser-fluorescent scanning: Suitable methods for "lipidome" analysis, Keiko Kishimoto, Reiko Urade, Tadashi Ogawa, Tatsuya Moriyama, Biochemical and Biophysical Research Communications, 281, 3, 657, 662,   2001年01月01日
    概要:A simple method for separation and quantification of neutral lipids was developed using thin-layer chromatography (TLC) and high-performance fluorescent scanning. Neutral lipid classes were separated using the double-developing TLC method and detected by rhodamine 6G and a laser-excited fluorescent scanner. The amount of lipids applied correlated with scanned intensity volume in a dose-dependent manner. The mass of each neutral lipid band was determined by comparing band intensities of unknown samples to dilution curves of authentic standards. After scanning the dye-sprayed TLC, acyl chain species of triglyceride (TG) extracted from TLC could be determined by gas chromatography. Using this method, we quantified the amounts of TG in mouse liver and found that the measured total mass of TG correlated with that obtained by enzymatic methods. Our method should provide the basic technique for "lipidome" analysis, designed to determine and compare total lipid classes and mass present in biological samples. © 2001 Academic Press.
  • Accumulation and degradation in the endoplasmic reticulum of a truncated ER-60 devoid of C-terminal amino acid residues, Reiko Urade, Masahiko Kusunose, Tatsuya Moriyama, Takahiko Higasa, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 127, 211, 220,   2000年03月18日
    概要:The accumulation and degradation in the endoplasmic reticulum (ER) of a truncated ER-60 protease, from which the C-terminal 89 amino acid residues have been deleted (K 417 ochre), was examined. K 417 ochre overexpressed in COS-1 cells is not secreted into the medium, but accumulates as insoluble aggregates in non-ionic detergent without degradation in unusual clump membrane structures. K 417 ochre, stably expressed, forms soluble aggregates in non-ionic detergent and is distributed in the reticular structures of ER. Under these conditions, K 417 ochre is not secreted into the medium but is degraded with a half-life time of more than 8 h. Since K 417 ochre/C all S, in which all the Cys residues of K 417 ochre are replaced by Ser, also forms aggregates, an inter-disulfide bond appears unnecessary for aggregation. In both types of aggregates, Ig heavy chain binding protein, calnexin, glucose regulated protein 94, calreticulin, ERp72, and protein disulfide isomerase are scarcely found. Since degradation of the stably expressed K 417 ochre was not inhibited by lactacystin, leupeptin, NH 4 Cl, or cytocharasin B, but was inhibited by N-acetyl-leucyl-leucyl-norleucinal, the self-aggregated abnormal protein in the lumen of ER is assumed to be degraded by an unknown protease system other than proteasome, lysosome or autophagy.
  • Catalytic cysteine residues of ER-60 protease, Hirokazu Okudo, Reiko Urade, Tatsuya Moriyama, Makoto Kito, FEBS Letters, 465, 2/3, 145, 147,   2000年01月14日
    概要:ER-60 protease contains two CGHC motifs that appear to include an active site cysteine residue(s). Its proteolytic activity was lost with a double mutation of the C-terminal cysteines of the two motifs to alanine, but not with a single mutation of the C-terminal cysteine of either of the motifs to alanine. This suggests that these C-terminal cysteines independently constitute the catalytic active site. A mutation of both histidine residues in the two CGHC motifs to serine did not abolish the proteolytic activity, suggesting these histidine residues in the CGHC motifs do not constitute the catalytic dyad of ER-60 protease. Copyright (C) 2000 Federation of European Biochemical Societies.
  • Purification and characterization of diacylglycerol lipase from human platelets, Tatsuya Moriyama, Reiko Urade, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 125, 1077, 1085,   1999年01月01日
    概要:Diacylglycerol lipase (DGL) was solubilized from human platelet microsomes with heptyl-β-D-thioglucoside, and purified to homogeneity on SDS-PAGE using a combination of chromatographic and electrophoretic methods. The molecular mass of the purified DGL was estimated to be 33 kDa. Its apparent pI was pH 6.0, as determined by Immobiline isoelectrofocusing. The enzymatic activity of the partially purified DGL was investigated in the presence of a variety of inhibitors and reagents, as well as its pH and calcium dependence. Thiol reagents such as p-chloromercurubenzoic acid (pCMB), N-ethylmaleimide (NEM), and HgCl 2 , inhibited the activity, while dithiothreitol (DTT) and reduced glutathione (GSH) enhanced it. In addition, the enzymatic activity was inhibited by two serine blockers, phenylmethylsulfonyl fluoride (PMSF) and diisopropyl fluorophosphate (DFP), and by a histidine modifying reagent, p-bromophenacyl bromide (pBPB). These results suggest that cysteine, serine and histidine residues are required for the enzymatic activity of DGL. DGL was optimally active in the pH range of 7-8 and its activity did not change significantly in the presence of various calcium concentrations, even in the presence of 2 mM EGTA. This indicates that DGL can hydrolyze substrates with a basaI cytosolic free Ca 2+ level in the physiological pH range. A DGL inhibitor, RHC-80267, inhibited DGL activity in a dose-dependent manner with an IC 50 (the concentration required for 50% inhibition) of about 5 μM. Unexpectedly, several phospholipase A 2 (PLA 2 ) inhibitors were potent inhibitors of DGL activity (IC 50 , < 5 μM), suggesting that the catalytic mechanisms of DGL and PLA 2 may be similar. Finally, we show that DGL activity was inhibited by 2-monoacylglycerols (2-MGs), the reaction products of this enzyme. Among the three 2-MGs tested (2-arachidonoyl glyceroI, 2-stearoyl glycerol, and 2-oleoyl glycerol), 2-arachidonoyl glycerol was the most potent inhibitor.
  • Autodegradation of protein disulfide isomerase, Reiko Urade, Ayako Yasunishi, Hirokazu Okudo, Tatsuya Moriyama, Makoto Kito, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 63, 3, 610, 613,   1999年01月01日
    概要:Protein disulfide isomerase (PDI) and its degradation products were found in HepG2, COS-1, and CHO-K1 cells. Whether or not the products were formed through autodegradation of PDI was examined, since PDI contains the CGHC motif, which is the active center of proteolytic activity in ER-60 protease. Commercial bovine PDI was autodegraded to produce a trimmed PDI. In addition, human recombinant PDI also had autodegradation activity. Mutant recombinant PDIs with CGHC motifs of which cysteine residues were replaced with serine or alanine residues were prepared. However, they were not autodegraded, suggesting the cysteine residues of motifs are necessary for autodegradation. © 1999, Taylor & Francis Group, LLC. All rights reserved.
  • Degradation of HMG-CoA reductase in vitro: Cleavage in the membrane domain by a membrane-bound cysteine protease, Tatsuya Moriyama, Tatsuya Moriyama, Susan K. Sather, Todd P. McGee, Robert D. Simoni, Journal of Biological Chemistry, 273, 34, 22037, 22043,   1998年08月21日
    概要:We have recently shown that the endoplasmic reticulum (ER) membrane protein, 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A (HMG-CoA) reductase, is cleaved in isolated membrane fractions enriched for endoplasmic reticulum. Importantly, the cleavage rate is accelerated when the membranes are prepared from cells that have been pretreated with mevalonate or sterols, physiological regulators of the degradation process in vivo (Mc-Gee, T. P., Cheng, H. H., Kumagai, H., Omura, S., and Simoni, R. D. (1996) J. Biol. Chem. 271, 25630-25638). In the current study, we further characterize this in vitro cleavage of HMG-CoA reductase. E64, a specific inhibitor of cysteine- proteases, inhibits HMG-CoA reductase cleavage in vitro. In contrast, lactacystin, an inhibitor of the proteasome, inhibits HMG-CoA reductase degradation in vivo but does not inhibit the in vitro cleavage. Purified ER fractions contain lactacystin-sensitive and E64-insensitive proteasome activity as measured by succinyl-Leu-Leu-Val-Tyr-7-amino-4-methylcoumarin hydrolysis. We removed the proteasome from purified ER fractions by solubilization with heptylthioglucoside and observed that the detergent extracted, proteasome-depleted membrane fractions retain regulated cleavage of HMG-CoA reductase. This indicates that ER-associated proteasome is not involved in degradation of HMG-CoA reductase in vitro. In order to determine the site(s) of proteolysis of HMG-CoA reductase in vitro, four antisera were prepared against peptide sequences representing various domains of HMG-CoA reductase and used for detection of proteolytic intermediates. The sizes and antibody reactivity of the intermediates suggest that HMG-CoA reductase is cleaved in the in vitro degradation system near the span 8 membrane region, which links the N-terminal membrane domain to the C-terminal catalytic domain of the protein. We conclude that HMG-CoA reductase can be cleaved in the membrane-span 8 region by a cysteine protease(s) tightly associated with ER membranes.
  • Functions of characteristic Cys-Gly-His-Cys (CGHC) and Gln-Glu-Asp-Leu (QEDL) motifs of microsomal ER-60 protease, Reiko Urade, Tsuneyuki Oda, Hiroshi Ito, Tatsuya Moriyama, Shigeru Utsumi, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 122, 834, 842,   1997年01月01日
    概要:The human ER-60 protease cDNA was expressed in Escherichia coli BL21 (DE3) cells using the pET-20b (+) T7 promoter. The recombinant ER-60 protease was obtained in a water-soluble form and purified through four sequential chromatographies. The ER-60 protease contains two CGHC motifs. When an alanine residue was substituted for the N-terminal cysteine residue in both motifs, the protease activity was not lost. However, when the C-terminal cysteine residue in both motifs was replaced by a serine residue, the cysteine protease activity, which was inhibited by p-chloromercuribenzoic acid (pCMB) but not by diisopropyl fluorophosphate (DFP), changed to serine protease activity, which was inhibited by DFP but not by pCMB. These results indicate that the C-terminal cysteine resldue(s) of the CGHC motifs may constitute the active site(s) of ER-60 protease. The ER-60 protease has a C-terminal QEDL sequence, which was proved to serve as an ER-retention signal by deletion of the QEDL sequence. However, because QEDL could not serve as the ER-retention signal for protein disulfide isomerase or ERp72, it is suggested that amino acid residue(s) of ER-60 protease, other than the QEDL sequence itself, is complimentarily responsible for the ER retention of this protein.
  • The mechanism of arachidonic acid release in collagen-activated human platelets, Tatsuya Moriyama, Kazuteru Wada, Manabu Oki, Manabu Oki, Takao Matsuura, Takao Matsuura, Makoto Kito, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 58, 93, 98,   1994年01月01日
    概要:The mechanism of arachidonic acid (AA) release in collagen-activated human platelets was studied. An arachidonic acid metabolite, thromboxane B 2 (TXB 2 ), was formed in parallel with the formation of phosphatidic acid (PA) without formation of lysophosphatidic acid (lysoPA) or lysophosphatidylinositol (lysoPI) in the absence of extracellular Ca 2+ , suggesting that AA was released from PI via a Pi-specific phospholipase C (PI-PLC)/diacylglycerol (DG) lipase/monoacylglycerol (MG) lipase pathway under the cytosolic low Ca 2+ concentrations. Moreover, solubilized DG lipase and MG lipase could hydrolyze the substrates at basal cytosolic free Ca 2+ concentrations. Subsequently, the relationship of cytosolic free Ca 2+ concentrations and formation of AA metabolites was analyzed using Ca 2+ ionophore, A23187. Collagen was able to induce a release of small amounts of AA under basal cytosolic Ca 2+ conditions. However, a release of large amounts of AA was induced by phospholipase A 2 activated by both collagen-receptor occupancy and elevated Ca 2+ levels. A TXA 2 mimetic agonist, STA 2 induced all the responses except for AA release. From these results, the mechanism of AA release and signal transduction in collagen-activated human platelets is discussed. © 1994 Taylor & Francis Group LLC.
  • Changes in Plasma Lipid Levels in Young Healthy Volunteers by Adding an Extruder-cooked Soy Protein to Conventional Meals, Makoto Kito, Tatsuya Moriyama, Yuuko Kimura, Hirofumi Kambara, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 57, 2, 354, 355,   1993年01月01日
  • Protein degradation by the phosphoinositide-specific phospholipase C-α family from rat liver endoplasmic reticulum, R. Urade, M. Nasu, T. Moriyama, K. Wada, M. Kito, Journal of Biological Chemistry, 267, 21, 15152, 15159,   1992年01月01日
    概要:A 60-kDa protein homologous to phosphoinositide-specific phospholipase C- α was purified to apparent homogeneity on sodium dodecyl sulfate- polyacrylamide gel electrophoresis from the rough endoplasmic reticulum of rat liver through three sequential chromatographies on DEAE Toyopearl 650, AF-heparin Toyopearl 650M, and TSK gel G3000SW. The purified protein was monomeric, with an M(r) of 60,000. Eight types of protein were further separated from the 60-kDa protein and named ER60A-ER60H according to the order of their elution from a TSK gel DEAE-5PW column. They were essentially identical in terms of immunochemical properties and the NH 2 -terminal amino acid sequence. The partial amino acid sequence of ER60F showed homology to that of phosphoinositide-specific phospholipase C-α. ER60A-ER60H showed no phosphoinositide-specific phospholipase C activity. However, ER60A-ER60H catalyzed cleavage of themselves and the endoplasmic reticulum proteins protein disulfide-isomerase and calreticulin. Proteolytic degradation was inhibited by p-chloromercuribenzoate. These results indicate that ER60A-ER60H comprise a group of endoplasmic reticulum resident proteins and show thiol group-related proteolytic activity.
  • Purification of polymeric phospholipase Cs from human platelets, Tatsuya Moriyama, Hiroshi Narita, Manabu Oki, Takao Matsuura, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 108, 3, 414, 419,   1990年09月01日
    概要:Two types of cytosolic phospholipase C specific for phosphoinositides were purified from human platelets. The molecular masses of the purified enzymes were 440 and 290 kDa. These enzymes were concluded to be respectively a trimer and a dimer of homologous 146 kDa polypeptides. The 146 kDa polypeptide may be an immunologically novel isozyme among the 140-150 kDa PLC isozymes. Both enzymes hydrolyzed phosphatidylinositol and phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate in a Ca 2+ -dependent manner. © 1990 Copyright, 1990 by the Journal of Biochemistry.
  • Dihydropyridine-sensitive and insensitive Ca2+channels in human platelets, Tatsuya Moriyama, Hitoshi Takamura, Hiroshi Narita, Ken ichi Tanaka, Takao Matsuura, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 104, 6, 875, 877,   1988年12月01日
    概要:The Ca 2+ channel blocker, nifedipine, a dihydropyridine derivative, inhibited the Ca 2+ influx and release from internal stores caused by collagen or a low concentration of the thromboxane A 2 (TXA 2 analogue, 9,11-epithio-11,12-methano-TXA 2 (STA 2 (10 nM), but did not inhibit those caused by thrombin or a high concentration of STA 2 (100 nM). These results indicate the presence of two distinct, dihydropyridine-sensitive and insensitive, Ca 2+ channels dependent on the concentrations and classes of agonists in human platelets. © 1988 COPYRIGHT 1988 BY The Journal of Biochemistry.
  • Elevation of cytosolic free Ca2+is directly evoked by thromboxane A2in human platelets during activation with collagen, Tatsuya Moriyama, Hitoshi Takamura, Hiroshi Narita, Ken ichi Tanaka, Takao Matsuura, Makoto Kito, Journal of Biochemistry, 103, 901, 902,   1988年06月01日
    概要:The thromboxane A 2 antagonist, ONO-3708, completely inhibited the increase in cytosolic free Ca 2+ in human platelets during activation with collagen. Half-maximal Ca 2+ release and influx required about 3 and 4 nM STA 2 , a stable thromboxane A 2 mimetic, respectively. However, half maximal activation of phospholipase C required about 18 nM STA 2 . This suggests that thromboxane A 2 directly causes Ca 2+ mobilization without further activation of phospholipase C during activation of human platelets with collagen. © 1988 BY The Journal of Biochemistry.

書籍等出版物

  • 食物アレルギーの現状とリスク低減化食品素材の開発 = The actual condition of food allergy and development of the risk-reducing food materials, 森山 達哉, 穐山 浩, シーエムシー出版,   2015年, 9784781310572
  • バイオ実験で失敗しない!タンパク質精製と取扱いのコツ : 抽出・精製・組換えタンパク質発現・抗体作製の実践的ノウハウと,最適な試薬・機器の選択&活用法, 森山 達哉, 羊土社,   2007年, 9784758101684
  • バイオ実験で失敗しない!検出と定量のコツ : 核酸からタンパク質, 脂質まで, 確実なデータを出す実践的ノウハウと最適なキット・機器の活用法, 森山 達哉, 羊土社,   2005年, 9784897064833
  • 新生化学実験講座4 脂質(]G0002[) リン脂質 「アラキドン酸放出反応」, 東京化学同人,   1991年

講演・口頭発表等

  • メタボリックシンドロームに関わる核内転写因子LRH-1(Liver Receptor Homolog-1)の活性化評価系の構築と変動解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】LRH-1は、ApoA-IやCYP7A1、アディポネクチンなどの脂質代謝やメタボリックシンドローム関連遺伝子の転写を促進する核内転写因子であり、メタボリックシンドローム改善の標的分子の一つと考えられる。本研究では、LRH-1の活性化の調節機構や食品成分による活性化への影響などを解明するため、本転写因子の活性化評価系の構築およびその変動解析を検討した。 【方法】まず始めにヒト肝臓cDNAライブラリーをテンプレートにしてLRH-1 cDNAのPCRクローニング、大腸菌での部分長の発現と精製および特異抗体の作製を行った。また、活性化評価のために、近赤外蛍光標識のオリゴDNAプローブを用いたnon-RIでのEMSAの構築を試みた。 【結果】作製した抗体を用いたWestern blottingによって、ヒト肝臓由来培養細胞HepG2の核抽出物中の本分子を検出することができた。また、核抽出物を用いたEMSAによって、本分子の活性化型レベルを相対定量することが可能であった。これらの系を用いて細
  • 糖代謝と脂質代謝のクロストークに関わる核内転写因子ChREBPの活性化評価系の構築 , 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】ChREBP(炭水化物応答配列結合タンパク質)は、糖摂取のシグナルを受容し、解糖系や脂肪酸合成系に関わる酵素遺伝子の転写促進を司る転写因子である。飽食条件下では、この活性化を抑制することで脂肪酸合成系を抑えることができるため、メタボリックシンドローム改善のターゲット分子の一つと考えられる。そこで本研究ではヒト肝臓由来のHepG2細胞を用いて、ChREBPの量的変動解析及び活性化評価系の構築を行った。 【方法】量的変動解析では、培地中のグルコース濃度を変えてHepG2細胞を培養し、ChREBPタンパク質レベルをWestern blottingにて定量した。また、活性化評価のためには、近赤外蛍光標識のオリゴDNAプローブを用いたnon-RIでのEMSAにより解析した。 【結果】グルコース濃度の変化に応じて、細胞中の全ChREBPタンパク質レベルは変化し、特にグルコース枯渇条件下ではChREBP分子そのものが著しく減少することが判明した。 またEMSAによる活性化評価でも、グルコ
  • 豆乳摂取によるメタボリックシンドローム改善効果, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】大豆には様々な健康機能性成分が含まれている。個々の成分は、脂質代謝改善効果・抗肥満効果などの生活習慣病改善効果を有することはよく知られているが、大豆をほぼ丸ごと含む豆乳の食品としての機能性については十分には検証されていない。そこで、本研究ではマウスに豆乳を摂取させ、メタボリックシンドローム(MS)関連のパラメータを解析し、MSに対する豆乳の効果を検証することを目的とした。 【方法】AIG-93Gに準拠した基本飼料粉末を混合し、これに水を使って練った飼料を対照飼料とした。水の代わりに豆乳を使って練った飼料を豆乳飼料とした。添加された豆乳中の栄養素に関しては該当分を基本飼料から減らし、両飼料のカロリー及び主要栄養素含量を等しく揃えた。マウス(C57BL6J、雄性)を2群に分け、これらの飼料をそれぞれ自由摂取させた。約1ヶ月の飼育ののちに採血・解剖し、種々の解析に供した。 【結果】摂餌量、体重、内臓脂肪量、肝臓
  • 大豆中の花粉症関連アレルゲン(Glym3, Glym4)のクローニングと特性解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】花粉症に罹患した患者が、植物性食品を摂取した際に口腔内に発症するアレルギー症状(口腔内アレルギー症候群:OAS)が問題となっている。これは花粉抗原と交差反応を示す植物性食品中のアレルゲンによって惹起される。原因食材としては、果実や野菜などが多いが大豆においても発生することを見出した。そこで本研究では、大豆食品のアレルゲンリスク評価に資すため、主要な原因抗原と推察される大豆Glym3(プロフィリン)及びGlym4(Betv1ホモログ)のクローニング、抗体作製及び特性解析を試みた。 【方法】Glym4に関しては大豆葉cDNAよりPCRにて本遺伝子をT/Aクローニングしたのち、pET系発現ベクターにサブクローニングし、Hisタグタンパク質として可溶性状態にて発現させた。キレートカラムなどを用いて精製した標品を抗原としてウサギ抗血清(2種類)とマウス抗血清(4種類)を作製した。Glym3に関しても同様に実験を進めている。またGlym3に関しては長鎖合成ペプチド
  • リンゴのアレルゲンレベルの品種間差違の検討:低含有品種の探索, 森山 達哉, 河村 幸雄, 長野県 長野農業改良普及センター, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2009年10月, 第48回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:【目的】多くの農作物には、一部のアレルギー患者が反応するアレルゲンが含まれている。特に、野菜・果物のなかには、花粉症やラテックスアレルギーと交差反応するアレルゲンが含まれているものがある。このような農作物のアレルゲンレベルには品種間差違が存在することが示唆されている。そこで、本研究では、一般に消費の多い果物の代表としてリンゴに焦点をあて、より安全なリンゴを探索する目的でさまざまなリンゴのアレルゲンレベルを検証した。 【方法】市販リンゴまたは長野県産のリンゴから抽出液を得て電気泳動(SDS-PAGE)、ウエスタンブロッティングによってリンゴの主要アレルゲン(Mald1)レベルを相対比較した。Mald1に対する抗体は大豆でのホモログ分子であるGlym4に対して作製した抗体を用いた。また、リンゴに反応するアレルギー患者血清を用いてIgE結合性を評価した。 【結果】電気泳動後のCBB染色や蛍光染色によって検出された総タンパク質のパタ
  • イオン液体を反応溶媒に用いたカフェ酸誘導体の酵素合成と腫瘍細胞増殖阻害活性, 北村 友紀, 倉田 淳志, 岸本 憲明, 森山 達哉, 河村 幸雄, 竹本 慎太郎 赤井 嘉明 丸山 裕平 西村 倫栄 山本 寛子 鵜澤 有希 , 岩井 和也, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
  • 食品成分によるアポAVの発現・分泌の変動解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:ヒトAPO-AⅤを大腸菌にて発現させ、アフィニティー精製した。 発現タンパク質から作製したモルモット抗ヒトAPO-AV抗体は、マウスの肝臓ホモジネート、ヒトHepG2細胞ホモジネート中の内因性の本分子を感度良く検出できた。 作製抗体と市販抗体を組み合わせたサンドイッチELISA系によってHepG2細胞から経時的に分泌されるAPO-AⅤを半定量することが出来た。 フラボノイドなどの食品成分を添加した場合、イプリフラボンやイコール、ガレート型カテキン類などがAPO-AVの分泌を抑制することが示唆された。これらの食品成分が、APO-AVの分泌制御を介して中性脂肪代謝に影響を与える可能性が示唆された。
  • 大豆中の花粉症関連アレルゲン(Glym3, Glym4)のクローニングと特性解析, 森山 達哉, 河村 幸雄, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:大豆によるクラス2食物アレルギーの主要な原因抗原と考えられる大豆アレルゲンGlym3、Glym4のクローニング、発現・精製、抗体作製を行った。 得られた抗体を用いて、市販豆乳や大豆加工食品におけるGlym3、Glym4の同時検出を行った。豆乳飲料ではGlym3が豆乳に比べて少ない傾向が見られた。 OAS発症リスクに相関する可溶性のアレルゲンレベルでは、豆乳以外の加工食品ではGlym3がほとんど検出できず、本アレルゲンによるOAS患者では豆乳以外の加工食品ではリスクが少ないと考えられた。また、納豆や醤油などの発酵食品や水煮大豆、きなこ、豆乳ヨーグルトでは可溶性のGlym3、Glym4ともに検出されず、OAS発症リスクは少ないと考えられた。 これらの結果から、様々な大豆加工食品においてGlym3、Glym4の存在パターンや存在量、存在形態に多様性が認められた。
  • アポB含有リポタンパク質分泌抑制を指標にした抗肥満効果を有する植物エキスの探索, 森山 達哉, 河村 幸雄, (株)ファンケル 総合研究所, 日本農芸化学会 大会,   2010年03月, 日本農芸化学会 大会
    概要:ヒト培養肝細胞HepG2へアグリモニー及びアスナロエキスを添加することにより、アポB含有リポタンパク質(VLDL)分泌が抑制されることを見出した。 マウスを用いた動物実験においても、飼料中への0.5%(w/w)のアグリモニーエキス添加では内臓脂肪レベルが有意に低値を示した。 0.3%(w/w)のアスナロエキス添加では体重、内臓脂肪、いくつかの血中パラメータ(TG、レプチン、インシュリン)が有意に低値を示し、肥満や高脂血症に対して予防改善効果があることが示唆された。培養肝細胞からのアポB含有リポタンパク質の分泌抑制を指標にしたスクリーニングが、抗肥満物質の探索に有効である可能性が示唆された。
  • ザクロ抽出物によるアディポサイトカイン分泌制御について, 森山 達哉, 河村 幸雄, (株)食品バイオ研究センター, (株)食品バイオ研究センター, 第49回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会,   2010年10月, 第49回 日本栄養・食糧学会 近畿支部大会
    概要:ザクロは、肥満および糖尿病を予防・改善することが報告されている。そこで、我々はザクロ抽出物が脂肪細胞においてアディポサイトカイン、特にレジスチンおよびアディポネクチンの発現変動に影響を及ぼすか検討した。 【方法】ザクロ果汁は市販濃縮果汁(Wonderful種、全果搾汁)を用いた。分化10日目のマウス由来3T3-L1脂肪細胞にザクロ果汁(10、50、100 ?g/ml)を添加し、経時的に培地および細胞の全タンパク質を回収した。アディポサイトカイン量はELISA法およびWestern blotting法により測定、検出定量を行った。 【結果と考察】ザクロ果汁は、培地中へのレジスチンの分泌量を添加3時間後から濃度依存的に顕著に低下させた。一方、アディポネクチンは変化がみられなかった。細胞中のレジスチンタンパク質の存在レベルは12時間後より低下がみられた。以上の結果から、ザクロ果汁はレジスチンのタンパク質合成を抑制、もしくは分解を促進することによって、レジスチンの分泌を

作品

  • 食品成分による脂質代謝の調節に関する研究,   1999年

MISC

  • 「花粉‐食物アレルギー症候群の病態と治療」に寄せる 各種食用豆類における花粉症関連食物アレルゲンの検出, 松尾綾人, 徳舛直樹, 矢野えりか, 財満信宏, 森山達哉, 月刊アレルギーの臨床, 511, 264‐267,   2018年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802256491624346
  • 「アレルギーの臨床」に寄せる―905―マウスモデル系を用いた卵白の経皮感作, 小川昂志, 高葢秋穂, 村上浩規, 岩本和子, 矢野えりか, 財満信宏, 森山達哉, 月刊アレルギーの臨床, 508, 1389‐1393,   2017年12月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702231579587052
  • 大豆プロテイン飲料摂取後にアナフィラキシー症状を発症したクラス2大豆アレルギーの男性例, 原田晋, 森山達哉, 田中裕, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 11, 5, 464, 464,   2017年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702267572933812
  • 「アレルギーの臨床」に寄せる マウスモデル系を用いた卵白の経皮感作, 小川 昂志, 高葢 秋穂, 村上 浩規, 岩本 和子, 矢野 えりか, 財満 信宏, 森山 達哉, アレルギーの臨床, 37, 14, 1389, 1393,   2017年12月
    概要:経皮的に抗原が侵入し、アレルギーを引き起こす「経皮感作」が近年注目されている。鶏卵の卵白に含まれるOVA(オボアルブミン)を用いた経皮感作実験はいくつか報告されているが、卵白中のOVA以外のタンパク質が経皮感作されるかどうかは不明である。そこで本研究では、卵白をマウス皮膚に塗布し、どのようなタンパク質が経皮感作しうるか、また、共存する界面活性剤の濃度によって感作の度合いが変化するかどうか検討した。その結果、塗布サンプルのSDS濃度が0.5%よりも5%の方がより早くIgE抗体が産生され、OVAと思われる抗原を含め複数のタンパク質が経皮感作しうることが明らかになった。(著者抄録)
  • 【食物アレルギー】 食物アレルギーの現状と多様性, 村上 浩規, 財満 信宏, 森山 達哉, 栄養, 2, 4, 203, 213,   2017年12月
    概要:食物アレルギー(FA)の定義、症状の多様性、感作源や感作経路の多様性などを中心に、下記について概説した。1)FAの定義と臨床型分類・多様性、2)発症機序によるFAの分類、3)花粉症に関連するFA(大豆アレルギーを例に)、4)食品が関係する特殊なFA、5)健康食品やサプリメントによるFAの可能性、6)年齢別で見たFA原因食品、7)経皮感作、8)経皮感作の機序、9)経口免疫寛容、10)経口免疫寛容の機序、11)FAの診断と対策、について述べた。
  • ピーナッツアレルギー,クルミアレルギーとの交差反応の可能性も疑われたゴマによるアナフィラキシーの1例, 原田晋, 森山達哉, 太田國隆, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 11, 5, 464, 464,   2017年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702288989634692
  • ニンジンとタマネギによるアナフィラキシーの1例, 服部有希, 周円, 加納宏行, 森山達哉, 清島真理子, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 11, 5, 465, 465,   2017年11月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702298095236562
  • 【食物アレルギー】 食物アレルギーの現状と多様性, 村上 浩規, 財満 信宏, 森山 達哉, 栄養, 2, 4, 203, 213,   2017年12月
    概要:食物アレルギー(FA)の定義、症状の多様性、感作源や感作経路の多様性などを中心に、下記について概説した。1)FAの定義と臨床型分類・多様性、2)発症機序によるFAの分類、3)花粉症に関連するFA(大豆アレルギーを例に)、4)食品が関係する特殊なFA、5)健康食品やサプリメントによるFAの可能性、6)年齢別で見たFA原因食品、7)経皮感作、8)経皮感作の機序、9)経口免疫寛容、10)経口免疫寛容の機序、11)FAの診断と対策、について述べた。
  • 魚油摂取がニコチン投与マウスの血管壁に及ぼす影響の評価, 星野健斗, 久後裕菜, 小野里恵, 宮本智絵, 橋本佳祐, 柳本賢一, 財満信宏, 森山達哉, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 56th, 42,   2017年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702244716416846
  • 高シュークロース食の摂取が腹部大動脈瘤の進展・破裂に及ぼす影響の病理学的評価, 宮本智絵, 橋本佳祐, 久後裕菜, 財満信宏, 森山達哉, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 56th, 49,   2017年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702248981200109
  • マウスモデル系を用いた卵白中の経皮感作抗原の同定と反応性比較, 小川昂志, 高葢秋穂, 村上浩規, 岩本和子, 矢野えりか, 財満信宏, 森山達哉, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 56th, 50,   2017年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702256257049047
  • 乳酸発酵と酵素消化によるアレルゲン低減化大豆食品の開発と評価, 植田啄也, 矢野えりか, 立垣愛郎, 財満信宏, 森山達哉, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 56th, 29,   2017年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702287933875135
  • 花粉症関連大豆アレルゲンGly m4のELISA定量系の構築と検証, 花房佳世, 村上浩規, 岩本和子, 矢野えりか, 財満信宏, 森山達哉, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 56th, 29,   2017年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702258975112492
  • 春ウコンの経口摂取により発症したアナフィラキシーの1例, 原田 晋, 森山 達哉, 谷口 雅輝, 森岡 芳雄, 皮膚科の臨床, 59, 8, 1283, 1288,   2017年07月
    概要:64歳女性。健康食品として春ウコン粉末を初めて服用した直後より、アナフィラキシー症状が出現した。近医でステロイド剤点滴および内服による加療後、原因検索目的で当科へ紹介となった。臨床経過およびプリックテストの結果から、本症例を春ウコンによるアレルギーと診断した。反面、ターメリック、クルクミン、秋ウコンの健康ドリンクのプリックテストは陰性であったことから、秋ウコンに対する感作は生じていないと考えられた。また、花粉類に対するアレルギーの既往もなく、花粉類、果物類、サバの特異的IgEおよび果物類のプリックテストはすべて陰性であったため、これらの因子に対する感作は否定的と考えられた。
  • 腹部大動脈瘤の破裂機構の解明と破裂予防法の検討, 財満 信宏, 久後 裕菜, 田中 宏樹, 柳本 賢一, 佐々木 健, 浦野 哲盟, 海野 直樹, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 59, 43, 43,   2017年06月
  • ヤーコンによるアナフィラキシーの1例, 伊藤 路子, 藤本 和久, 新井 悠江, 佐伯 秀久, 森山 達哉, アレルギー, 66, 4-5, 681, 681,   2017年05月
  • 食物アレルギー アナフィラキシー、交差反応 他のキノコ類との交差反応を認めなかったマツタケによるアナフィラキシーの1例, 原田 晋, 森山 達哉, 中村 順子, アレルギー, 66, 4-5, 597, 597,   2017年05月
  • アントシアニンの体内動態解析, 財満 信宏, 稲葉 栞里, 藤森 隆道, 荘厳 哲哉, 小林 沙織, 森山 達哉, JSBMS Letters, 40, Suppl., 98, 98,   2015年08月
  • P-018 リンゴにおけるPru p 7様アレルゲンの同定(アレルゲンコンポーネント,口演3,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会), 成田 宏史, 岡崎 史子, 山口 友貴絵, 森山 達哉, 足立 厚子, アレルギー, 63, 3,   2014年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009848180
  • 症例 交差抗原を同定し得なかったイチジクによるアナフィラキシーの1例, 原田 晋, 森山 達哉, 谷口 万紀子, 皮膚科の臨床, 58, 7, 1147, 1151,   2016年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020879929
  • クルミによる口腔アレルギー症候群の3例 : クルミ抗原蛋白の検出, 飯島 茂子, 角田 孝彦, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology, 8, 2, 95, 102,   2014年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020095827
  • 食品素材のアレルゲンリスク (特集 食物アレルギーへの対応), 森山 達哉, 食品の包装 = Packaging of foodstuff, 46, 1, 32, 38,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020192842
  • 症例 染毛剤ヘナによる職業性接触蕁麻疹発症後,多種の野菜による即時型アレルギーを併発した1例, 舟木 聡子, 加藤 敦子, 森山 達哉, 皮膚科の臨床, 55, 11, 1401, 1404,   2013年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019873093
  • O7-2 新規モモアレルゲンPur p7 : 特異抗体による定量とリコンビナント抗原の作製(O7 食物アレルギー1,口演,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会), 成田 宏史, 岡崎 史子, 猪又 直子, 森山 達哉, 山口 友貴絵, 安達 玲子, アレルギー, 62, 9,   2013年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009797892
  • 症例 モヤシ摂取によりアナフィラキシー症状をきたしたPollen-food Allergy Syndromeの1例, 原田 晋, 森山 達哉, 有津 崇, 皮膚科の臨床, 55, 8, 1013, 1017,   2013年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019786108
  • P-022 成人における大豆アレルギー追加報告14例のまとめ(アレルゲンコンポーネント,口演3,第26回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 63, 3,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009848184
  • P/O-147 新規モモアレルゲンSnakinの同定 : 本邦モモアレルギーの重症マーカーか?(食物アレルギーの発症メカニズム1,一般演題,第25回日本アレルギー学会春季臨床大会), 猪又 直子, 岡崎 史子, 森山 達哉, 野村 有希, 成田 宏史, 相原 道子, アレルギー, 62, 3,   2013年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009627962
  • P/O-151 ソーマチンライクプロテインがアレルゲン候補分子と疑われたゴボウアレルギーの1例(食物アレルギーの発症メカニズム1,ポスター発表,一般演題), 指宿 千恵子, 井上 友介, 福田 佳奈子, 白井 成鏑, 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 62, 3,   2013年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009627966
  • 味噌の低アレルゲン性と健康機能性の実証, 森山 達哉, 中央味噌研究所研究報告, 34, 75, 80,   2013年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019727895
  • P-172 ひまわりの種によるアナフィラキシーの1例(食物アレルギーの発症メカニズム2,ポスター発表,一般演題), 三上 千花, 益田 浩司, 森山 達哉, 加藤 則人, アレルギー, 62, 3,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009627987
  • 新技術と研究紹介 植物性食品素材による新たな食物アレルギーリスク, 森山 達哉, 明日の食品産業 = Food industry for tomorrow, 2012, 11, 36, 42,   2012年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019484131
  • イカ摂取により発症したと考えたアニサキスアレルギーの1例 : Ani s 1, 2および12ならびにトロポニンCの陽性例, 飯島 茂子, 森山 達哉, 市川 秀隆, 小林 征洋, 塩見 一雄, アレルギー, 61, 8, 1104, 1110,   2012年08月30日, 10.15036/arerugi.61.1104, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009495642
    概要:症例は62歳男性.過去に3回,サンマ,カツオ,イワシにてアレルギー症状を起こしたことがある.今回,イカ摂取により発症したと考えたアニサキスアレルギーの1例を報告する.イクラとサーモンの和え物,サバの焼き魚を摂取して1時間後にマグロ,イカの刺身を摂取したところ,直後に,膨疹,意識消失,血圧低下が出現した.種々の海産物等でのImmunoCAP(特異的IgE測定)およびプリックテストはすべて陰性であったが,アニサキス特異的IgEはクラス3,アニサキス粗抗原を用いたプリックテストは3+であった.アニサキス粗抗原を用いたイムノブロットでは,18kDa, 17kDaに強く,35kDaにやや強く,28kDa, 26kDaに弱くバンドが形成された.11種のアニサキスアレルゲン(Ani s 1〜6, 8, 9, 11, 12,トロポニンC)を用いたELISAでは,Ani s 1, Ani s 12に強い反応,Ani s 2,トロポニンCに弱い反応が認められた.イムノブロットによる17kDaおよび18kDaのバンドはそれぞれAni s 1およびトロポニンCのいずれかであり,35kDaはAni s 12と推定した.
  • モモのアレルギーはどこまでわかっているか (特集 桃), 森山 達哉, 食生活, 106, 7, 41, 45,   2012年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019349415
  • S9-3 リコンビナント・アレルゲン及び抗アレルゲン抗体を用いた抗原解析(S9 口腔アレルギー症候群と食物依存性運動誘発アナフィラキシー,シンポジウム9,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482597
  • S9-4 口腔アレルギー症候群(S9 口腔アレルギー症候群と食物依存性運動誘発アナフィラキシー,シンポジウム9,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 堀川 達弥, 仲田 かおり, 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482598
  • MS13-12 モヤシ摂取によりアナフィラキシー症状をきたしたpollen-food allergy syndromeの1例(MS13 食物アレルギー3,ミニシンポジウム,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 有津 崇, 中山 哲, 田中 昭, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482834
  • P092 多種類の野菜に反応したアナフィラキシーの1例(食物アレルギー,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会), 仲田 かおり, 五木田 麻里, 高橋 阿起子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 61, 3,   2012年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482961
  • 味噌の低アレルゲン性と健康機能性の実証, 森山 達哉, 中央味噌研究所研究報告, 33, 197, 201,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019238665
  • 大豆アレルギーの多様性と発酵大豆食品の低アレルゲン性, 森山 達哉, 温古知新, 49, 68, 76,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019410630
  • クラス1およびクラス2の両方が関与したと考えた豆乳によるアナフィラキシーの1例, 飯島 茂子, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 5, 5, 439, 449,   2011年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030440872
  • 大豆アレルギーの多様性と味噌の低アレルゲン性の検証, 森山 達哉, 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan, 106, 10, 645, 655,   2011年10月15日, 10.6013/jbrewsocjapan.106.645, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029837536
    概要: 近年,花粉症,アトピー性皮膚炎等のアレルギー症や食物アレルギーが増加し,その治療法のために原因究明の研究が精力的に行われている。中でも大豆アレルギー等の食物アレルギーについて抗原蛋白質が同定されるなど研究が進んでいる。近年の研究によってアレルギー発症機構からクラス1,クラス2の食物アレルギーが存在することがわかってきた。味噌,醤油,納豆等のわが国の伝統発酵食品と大豆アレルギーとの関連性が注目されているが,アレルゲン蛋白質の消長に関する研究が進んでいる。本解説では,食物アレルギー研究をご専門とする著者に,最新の研究成果の一端を紹介していただくとともに食物アレルギーの多様性と味噌のアレルゲン蛋白質の低減化について分かり易く解説していただいた。
  • 初回摂取時に症状が発現したローヤルゼリーアレルギーの2例, 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, アレルギー, 60, 6, 708, 713,   2011年06月30日, 10.15036/arerugi.60.708, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008673093
    概要:症例1,28歳女性.液状のローヤルゼリーを初めて一口試食した直後より,頸部の紅潮・気分不良・腹痛・下痢が出現.症例2,21歳女性.ローヤルゼリーグミを初めて食べた数時間後より鼻閉・両側眼周囲の腫脹が,さらに10日後に同じグミを摂取した4時間後より鼻閉・呼吸困難・全身の紅潮〜膨疹が出現.プリックテストで両者共にローヤルゼリー自体で陽性であったため,ローヤルゼリーアレルギーと診断した.初回摂取時に発症した理由としては,過去に知らず知らずの間にローヤルゼリーに対して既感作であったとの機序を考えたが,症例2ではヨモギの特異的IgEおよびプリックテストが共に陽性であり,ヨモギアレルギーとの交叉反応によって発症した可能性も疑われた.ローヤルゼリーは本来クラス1アレルゲンと考えられているが,過去にも初回摂取後の発症の報告例が多く認められており,花粉類などとの交叉反応により発症に至るクラス2アレルギーの可能性も考慮した上で検索を行う必要があると考えた.
  • MS10-2 大豆アレルギーでのGly m4, Gly m5, Gly m6特異IgEの重要性と,Gly m5, Gly m6サブユニット特異IgE測定(MS10 食物アレルギー5,ミニシンポジウム,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 堀川 達弥, 田中 昭, Sigrid Sjorander, アレルギー, 60, 3,   2011年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008594398
  • P1-21-2 カモミールティーによるアナフィラキシーの1例(P1-21 植物・昆虫アレルギー,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会), 仲田 かおり, 鷲尾 健, 高橋 阿起子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 60, 3,   2011年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008594571
  • 特集 食物アレルギーの現況 最新の食物アレルギー事情とその多様性--新規な食物アレルギーを中心に, 森山 達哉, 食品と科学, 53, 3, 65, 71,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018728395
  • 症例 オオアワガエリとの交叉反応が疑われたライチ,ピスタチオアレルギーの1例, 原田 晋, 三好 麻里, 森山 達哉, 皮膚科の臨床, 53, 3, 421, 425,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018749624
  • 味噌の低アレルゲン性と健康機能性の実証, 森山 達哉, 中央味噌研究所研究報告, 32, 59, 63,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018808113
  • P1-18-3 豆腐による口腔アレルギー症候群の1例(P1-18 食物アレルギー1,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会), 加納 宏行, 森山 達哉, 守屋 智枝, 坂 義経, 清島 真理子, アレルギー, 60, 3,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008594555
  • 食物アレルギーの現状と対策, 小川 正, 森山 達哉, 生活衛生, 54, 2, 93, 105,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004449000
    概要:The increase in allergy patients in the developed countries, including Japan, has become a serious social problem. Of the many foods that elicit adverse reactions, soybean and soybean products, at the same time as representing an important protein source, are known as one of the major allergenic foodstuffs for the Japanese. However, no effective cure for allergic patients has been established. The strict elimination of the offending foods from the diet is therefore generally adopted as a prophylactic method in the treatment of food allergies, but may, if nutritional-fundamental foods are withdrawn for extended periods, lead to malnutrition in young patients. Accordingly, there is an urgent demand for food scientists to identify the proteins responsible for the allergic manifestation following ingestion of the foodstuff and to reduce allergenicity to enable the healthy use of soybean products. The present paper reviews recent information on the major allergens in soybean and the development of hypoallergenic soybean products. Further information on soybean allergens, sensitization to soybean allergens, persistence and symptoms of soybean allergy, and diagnostic features are available in a database at the Internet Symposium on Food Allergens: http://www.food-allergens.de.
  • MS7-6 花粉症患者における交叉反応性野菜・果物特異的IgEの検出 : 花粉症からOAS発症までの経過を追う(MS7 蕁麻疹,ミニシンポジウム,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会), 松井 佐起, 北場 俊, 荒瀬 則子, 室田 浩之, 片山 一朗, 森山 達哉, アレルギー, 60, 9,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008912199
  • 症例 通常の豆腐では異常なく,おぼろ豆腐や湯葉摂取時のみ症状を認めた1例--豆腐と豆乳の抗原性に関する考察とともに, 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, 皮膚科の臨床, 52, 8, 1109, 1113,   2010年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017258364
  • P5-3-6 初回摂取時に症状発現を認めたローヤルゼリーアレルギーの2例(P5-3食物アレルギー1,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 柳原 美弥子, 田中 昭, アレルギー, 59, 3,   2010年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008015652
  • P5-4-8 大豆アレルギーにおける大豆プロフィリンGly m 3の関与について(P5-4食物アレルギー2,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 井上 友介, 金澤 典子, 松尾 正文, 佐々木 祥人, 森山 達哉, アレルギー, 59, 3,   2010年04月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008015663
  • 食物アレルギーの現状と対策--大豆アレルゲン除去食品の創出と流通機構の構築, 小川 正, 森山 達哉, 生活衛生, 54, 2, 93, 105,   2010年, 10.11468/seikatsueisei.54.93, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017118468
  • ケールがアルコール代謝に及ぼす効果について : フラッシャーを対象とした臨床研究およびマイクロアレイを用いた探索的基礎研究, 石井 有理, 萬治 愛子, 速水 耕介, 大野 智弘, 塚本 昭次郎, 磯部 英二, 古瀬 充宏, 森山 達哉, 日本臨床栄養学会雑誌, 30, 4, 321, 329,   2009年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026439259
  • MS3-8 おぼろ豆腐や湯葉摂取時のみ症状を認めた豆腐アレルギーの1例 : 豆腐と豆乳の抗原性に関する考察と共に(MS3 アレルギー性疾患に関する症例報告等(救急医療も含む),ミニシンポジウム3,第21回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 森山 達哉, 田中 昭, アレルギー, 58, 3,   2009年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007455227
  • モモのImmunoCAPが陰性であった,モモによるアナフィラキシーの2例 : rPru p 1,3,4を含めた抗原解析, 前田 修子, 猪又 直子, 守田 亜希子, 桐野 実緒, 森山 達哉, 池澤 善郎, アレルギー, 58, 2, 140, 147,   2009年02月28日, 10.15036/arerugi.58.140, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007161209
    概要:【症例1】35歳男性.30歳時,モモ1個を摂取後に口腔内〓痒と蕁麻疹が出現した.嘔吐,呼吸困難,血圧低下,意識低下も伴った.血液検査所見では血清総IgE値は436IU/ml,モモの特異的IgE測定(CAP)は陰性であった.プリックテスト(SPT)では,モモは生と缶詰共に陽性で,ハンノキ花粉は陰性であった.【症例2】33歳女性.27歳時,白桃のケーキを摂取後に手掌の〓痒から始まり,眼瞼浮腫,咽喉頭刺激感,蕁麻疹,鼻汁,嘔気,腹痛,下痢が出現した.血液検査所見では血清総IgE値が85IU/ml,モモのCAPは陰性であった.SPTで桃缶詰は陽性であったが,ハンノキ花粉は陰性であった.原因抗原検索では,2例共にrPru p 1,3,4のCAPは陰性であったが,IgEイムノブロットで約10kDaにバンドを検出した.モモによるアレルギーでは,CAPが陰性となっても重篤なアナフィラキシーを呈することがあり,またリンゴ抗原,アプリコット抗原,及びプラム抗原といったバラ科果物抗原と交叉抗原性を有しているとの報告があるので注意が必要である.
  • モモアレルギー原因抗原の検討 : モモによるアナフィラキシーショック例とモモを含む多種の果物に対する口腔アレルギー症候群例との比較, 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 藤原 規広, 佐々木 祥人, 薄木 晶子, 日下部 圭吾, 田中 昭, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 3, 1, 23, 31,   2009年01月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024942898
  • 病害虫被害による農作物アレルゲンの増加と農薬防除による抑制--リンゴとダイズを例に (食料自給率の向上に向けて--農薬の役割を問う), 森山 達哉, 今月の農業, 52, 10, 46, 52,   2008年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016228681
  • MS3-2 モモアレルギー20例における臨床的特徴と原因抗原の検索 : Pru p1,3,4の感作率(食物アレルギー抗原・病態,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 猪又 直子, 前田 修子, 繁平 有希, 桐野 実緒, 森山 達哉, 池澤 善郎, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006893980
  • MS5-6 食物依存性運動誘発アナフィラキシー様の臨床形態を呈したセリ科スパイスアレルギーの1例(食物アレルギー症例,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006893995
  • P206 モモ単独ショック3例と多種の果物にも反応するモモ口腔アレルギー症候群7例との原因抗原の比較検討(第2報)(食物アレルギー4,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 佐々木 祥人, 田中 昭, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006894263
  • P208 ヒマワリの種による即時型アレルギーの1例(食物アレルギー4,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会), 角田 孝彦, 森山 達哉, アレルギー, 57, 3,   2008年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006894265
  • C201 病害・虫害被害を受けた農作物におけるアレルゲンの増大, 森山 達哉, 中島 加菜子, 大羽 美香, 橘田 和美, 川本 伸一, 小南 優, 河田 照雄, 小川 正, 松中 謙次郎, 河村 幸雄, 講演要旨集, 33, 33,   2008年03月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006858204
  • 大人気の有機野菜がアレルギーを引き起こす!? (ワイド 日本を襲う"ファディズム"(エコ 健康 安全)を疑え!), 森山 達哉, 週刊朝日, 113, 6, 37, 38,   2008年02月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015814649
  • ローヤルゼリーによる即時型食物アレルギー2例の免疫ブロット所見, 高橋 隼也, 奥野 公成, 角田 孝彦, 森山 達哉, 日本皮膚科学会雑誌, 118, 1, 43, 46,   2008年01月20日, 10.14924/dermatol.118.43, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024430744
  • 食物アレルゲンの多様性とその検出法及び変動解析, 森山 達哉, 食品加工技術, 28, 4, 152, 162,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016490399
  • セリ科スパイスアレルギーの2例, 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 正木 太朗, 森山 達哉, アレルギー, 56, 12, 1515, 1521,   2007年12月30日, 10.15036/arerugi.56.1515, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006547232
    概要:【目的】スパイスアレルギーは特に北欧諸国からは多数の報告が認められるが,本邦での報告は稀である.今回,当科で経験した2症例に対して諸検査を施行し,本症の発症機序に関する考察を加えた.【方法と対象】臨床経過からセリ科スパイスアレルギーと考えられた2症例に対して,花粉類・食物類の特異的IgEの測定,スパイス類・セリ科野菜類のプリックテスト・Immunoblotを施行した.但し,症例1 32歳男性では花粉症の既往はなく,症例2 46歳女性は春夏秋を通して花粉症症状を有していた.【結果】症例1では花粉類の特異的IgEは弱陽性のみ.Immunoblotは10〜12kDaおよび60kDaの部位で陽性.症例2では多数の花粉類の特異的IgEが陽性.Immunoblotは14kDaおよび60kDaの部位で陽性.プリックテストは2症例共にセリ科のスパイス類で強陽性を示し,セリ科のスパイスアレルギーと診断した.【結論】以上の結果より,症例1はスパイス自体の感作によるクラス1アレルギーを,症例2は花粉類との交叉反応により発症したクラス2アレルギーを疑った.本症には,このように複数の発症機序が存在するのではないかと推測される.本邦においても,今後スパイスアレルギーの発症が増加する可能性も考えられ,注目すべきアレルゲンである.
  • 豆乳アレルギーの多様性 : 花粉との交叉性について(追加発言,ここまでわかったアレルゲンの交叉反応性,シンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482224
  • EVS7-3 クラス1およびクラス2大豆アレルギーの抗原分析(食物アレルゲンのNew Wave;抗原分析その臨床応用,イブニングシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 堀川 達弥, 足立 厚子, 森山 達哉, 小川 正, 錦織 千佳子, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482304
  • MS12-4 豆乳によるアレルギーの3例(食物アレルギーII,ミニシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 飯島 茂子, 井上 知宏, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482439
  • MS12-5 大豆アレルギー患者での市販豆乳と7S不完全・完全欠損大豆由来豆乳の皮膚テスト・ヒスタミン遊離試験の比較(食物アレルギーII,ミニシンポジウム,第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 福永 淳, 羽鹿 牧太, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482440
  • 148 甘草(武田漢方便秘薬 : 大黄甘草湯)によるアナフィラキシー(薬物アレルギー2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 佐々木 祥人, 堀川 達弥, 東田 由香, 錦織 千佳子, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482593
  • 228 モモ単独のアレルギーと多種の果物アレルギー合併例との比較(食物アレルギー2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会), 福本 毅, 足立 厚子, 上野 充彦, 西谷 奈生, 佐々木 祥人, 森山 達哉, アレルギー, 56, 8,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006482673
  • 成熟変異遺伝子の利用によるアレルゲン低含有トマト育種の可能性, 伊藤 康博, 北川 麻美子, 森山 達哉, 農業および園芸, 82, 8, 861, 866,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015585066
  • 食物アレルゲンの多様性とその検出法--大豆アレルギーを例に (特集 食物アレルギーの現況と対策), 森山 達哉, ジャパンフ-ドサイエンス, 46, 8, 34, 39,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015594896
  • 大豆による口腔アレルギー症候群 : カバノキアレルギーとの関連と交差反応性抗原の解析, 福田 恭子, 落合 豊子, 相川 美和, 東郷 香奈, 富田 康之, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 1, 2, 124, 130,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024293333
  • 豆乳アレルギーの3例, 原田 晋, 中村 晶子, 松永 亜紀子, 飯島 麻耶, 吉崎 仁胤, 斎藤 研二, 足立 厚子, 森山 達哉, Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis, 1, 1, 31, 38,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024293132
  • S9-1 新しいアレルゲン, 注意すべき病態(オフィスでのアレルギー診療, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 堀川 達弥, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394587
  • MS1-8 免疫ブロットおよび既知の抗原と大豆抽出液分画に対するマイクロアレイアッセイを用いた大豆IgE抗原の検討(食物アレルギー, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 田中 昭, 堀川 達弥, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394660
  • P138 0AS患者に合併したマンゴ・ピスタチオなどのウルシ科食物によるアナフィラキシーショックの一例(食物アレルギー・他(1)-1, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 皿山 泰子, 清水 秀樹, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394870
  • P261 スパイスアレルギーの2例(食物アレルギー・他(2)-2, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会), 原田 晋, 松永 亜紀子, 宮地 里江子, 正木 太朗, 森山 達哉, アレルギー, 56, 3,   2007年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006394993
  • 主要穀類中のクラス2食物アレルゲンの探索と低減化に関する研究, 森山 達哉, 年報, 2007, 43, 47,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016792110
  • カレースパイスおよびライチによる口腔アレルギー症候群からアナフィラキシーショックに至った1例, 足立 厚子, 森山 達哉, 下浦 真一, 佐々木 祥人, 清水 秀樹, 井口 佳代, 福永 淳, 堀川 達弥, 日本皮膚科学会雑誌, 116, 13, 2212, 2217,   2006年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027062189
  • MS9-8 多くの生果物・生野菜と共に,加熱人参・馬鈴薯・セロリで症状が誘発された口腔アレルギー症候群(OAS)(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 佐々木 祥人, 足立 厚子, 森山 達哉, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869467
  • MS9-9 カレースパイス・ライチによる口腔アレルギー症候群(OAS)からアナフィラキシーショックに至った1例(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 森山 達哉, 清水 秀樹, 佐々木 祥人, 福永 淳, 堀川 達弥, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869468
  • MS9-10 大豆アレルギーの臨床症状と免疫ブロット法・Gly m4 IgE (CAP-RAST)値との対比について(食物アレルギー2,ミニシンポジウム9,一般演題,第56回日本アレルギー学会秋季学術大会), 足立 厚子, 堀川 達弥, 清水 秀樹, 田中 昭, 森山 達哉, アレルギー, 55, 8,   2006年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869469
  • 特別寄稿・第97回米国油化学会での講演より 新しいタンパク質素材である米糠タンパク質のコレステロール低下効果, 森山 達哉, 築野 卓夫, 油脂, 59, 8, 83, 90,   2006年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007408946
  • P204 アスピリンおよび運動負荷で誘発できた冷凍スパゲティによる食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(食物アレルギー4,ポスターセッション,一般演題,第18回日本アレルギー学会春季臨床大会), 津田 毅彦, 二藤部 弘暁, 飯島 茂子, 松尾 裕彰, 森山 達哉, アレルギー, 55, 3,   2006年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004869141
  • フキノトウによる口腔アレルギー症候群の2例, 加賀谷 早織, 角田 孝彦, 森山 達哉, 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY, 116, 3, 331, 334,   2006年03月20日, 10.14924/dermatol.116.331, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018200759
  • VLDL分泌抑制作用からみた食品由来の脂質代謝調節因子の探索 (特集:肥満予防における食品の機能性因子), 森山 達哉, ジャパンフ-ドサイエンス, 44, 12, 38, 43,   2005年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007050016
  • ripeninig inhibitor (rin) 変異遺伝子をヘテロに持つトマトの成熟果実におけるアレルゲンタンパク質の減少, 伊藤 康博, 北川 麻美子, 森山 達哉, 伊藤 博孝, 足立 厚子, 安田 淳一, 稲熊 隆博, 石黒 幸雄, 春見 隆文, 園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表, 74, 2,   2005年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019589353
  • 12 豆腐と豆乳間のペプシン消化耐性の違いとFDEIA発症機序との関連性について, 清水 秀樹, 足立 厚子, 堀川 達弥, 森山 達哉, アレルギー, 54, 3,   2005年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002436039
  • 19 大豆のクラス2アレルギー:豆腐は摂取可能な豆乳による口腔アレルギー症候群(OAS)の3例, 足立 厚子, 清水 秀樹, 堀川 達弥), 森山 達哉, アレルギー, 54, 3,   2005年04月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002436046
  • 組換え農作物の安全性評価のための食品成分データベースの作成, 橘田 和美, 海老原 光湖, 日野 明寛, 一色 賢司, 飯塚 太由, 吉川 礼次, 斉藤 和夫, 牛尾 房雄, 荻野 周三, 井口 正雄, 島村 保洋, 金谷 建一郎, 小川 正, 森山 達哉, 川本 伸一, 日本食品化学学会誌, 12, 1, 1, 9,   2005年04月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007367305
    概要:Genetically modified (GM) crops have been increasingly entering into the market in recent years. The most common genetic modifications in crops confer an herbicide or an insect resistance to the plant, and some genetically modified plants anticipated with altered nutrient composition, functionality, and medicinal properties. In Japan, 58 GM crops have already been authorized and considered marketable. However, many concerns about incoming GM crops have been expressed by consumers, and the concerns are mainly focused on the safety assessment of GM crops intended for human consumption. While the most important factor taken into account in the safety assessment is the primary effect derived from newly introduced protein, possible unintended effects attributed to the insertion of defined DNA sequences have to be carefully examined in parallel. However, food is complex mixtures of compounds characterized by wide variation in composition and nutritional values. The food constituents are significantly affected by cultivars and environmental factors and thus very difficult to detect any potential adverse effects. A comparative approach focusing on the determination of differences between the GM food and its conventional counterpart will elicit potential safety issues and is considered the most appropriate strategy for the safety assessment of GM foods. For the efficient safety assessment of GM foods, accumulation of food composition data with wide variation under usual cultivation conditions and standardized validated methodologies in conventional foods is indispensable. To achieve this, we developed an internet-accessible food compound database comprising macro-, micro-nutrients, antinutrients, endogenous toxicants, and physiologically active substances of staple crops, such as rice and soybean.
  • 肥満の分子メカニズムとその制御, 森山 達哉, 河田 照雄, 科学と工業, 79, 4, 153, 162,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006714125
  • ゲノム創薬の視点からみた脂肪細胞分化と肥満 (特集 肥満とゲノム), 楠堂 達也, 森山 達哉, 高橋 信之, ゲノム医学, 4, 6, 629, 636,   2004年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006603911
  • レジスチントランスジェニックマウスはインスリン抵抗性を示さない, 森山 達哉, 小笹 清香, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 前渕 元宏, 脂質生化学研究, 46, 176, 179,   2004年06月18日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024571002
  • 脂質の蛍光検出とそのアプリケーション, 森山 達哉, オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society, 4, 4, 157, 166,   2004年04月01日, 10.5650/oleoscience.4.157, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012704759
  • 脂質の蛍光検出とそのアプリケーション, 森山 達哉, オレオサイエンス, 4, 4, 157, 166,146,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004650755
    概要:近年, 様々な新しい蛍光試薬が開発されてきている。これらは核酸やタンパク質などの染色や標識に多用されている。また, これらの新しい蛍光試薬の検出のための高感度蛍光検出装置の発展もめざましい。とくに, 蛍光スキャナや蛍光イメージャーはその汎用性などから近年広く普及してきた。これらの装置は, TLCなどで分離された脂質種を蛍光試薬で染色し, 定量することにも用いられる。中性脂質やリン脂質をTLCにて分離した後, ローダミン, ジクロロフルオレセイン, プリムリンなどの蛍光試薬にて染色し, レーザー蛍光スキャナにて検出・定量した。また, 最近では多くの種類の蛍光標識脂質が開発されており, さまざまな実験に用いられている。これらの脂質の蛍光検出を用いた実験手法は, ポストゲノム時代の脂質研究に有益に適用できるものと考えられる。
  • 小麦由来の生理機能性物質の研究--初期生体防御賦活作用の証明と実用化, 河村 幸雄, 森山 達哉, 年報, 2004, 260, 265,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015267385
  • 大豆を中心とする植物性食品素材のアレルゲン性はストレス負荷に依存するか (〔不二たん白質研究振興財団〕第6回研究報告会記録), 小川 正, 森山 達哉, 野村 紀子, 大豆たん白質研究, 6, 24, 22, 28,   2003年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016346944
  • ヒト脳アストロサイト細胞におけるマイクロソーマルトリグリセリド転移タンパク質(MTP)の存在, 小森 将史, 前渕 元宏, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 45, 217, 220,   2003年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570747
  • レジスチンのELISA系の確立とアディポネクチンとの相関を含めたインスリン抵抗性との関連解析, 前渕 元宏, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 45, 232, 235,   2003年06月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570760
  • 生化学・栄養 低アレルゲン化大豆加工食品提供患者の正確なスクリーニング法の構築, 小川 正, 森山 達哉, 太田 展生, 大豆たん白質研究, 5, 23, 68, 72,   2002年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005576069
  • 蛍光スキャナによるTLC上の脂質の検出・定量, 前渕 元宏, 内山 元子, 岸本 恵子, 待鳥 美佳, 裏出 令子, 小川 正, 森山 達哉, 脂質生化学研究, 44, 121, 124,   2002年06月14日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024570362
  • 食品化学・食品加工技術 大豆たん白質糖鎖特異的IgE抗体の存在と植物性食品の交叉反応性, 小川 正, 森山 達哉, 藤田 千鶴子, 大豆たん白質研究, 4, 22, 45, 51,   2001年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005221982
  • 脂質性情報伝達物質の生体内産生にかかわる新規リパーゼに関する研究, 森山 達哉, 日本農芸化学会誌, 75, 6, 707, 708,   2001年06月01日, 10.1271/nogeikagaku1924.75.707, http://ci.nii.ac.jp/naid/10006300095
  • コレステロール生合成律速酵素HMG-CoAレダクターゼのステロールによる小胞体膜から細胞質への逆輸送及び調節的分解促進, 森山 達哉, 和田 光生, 裏出 令子, 岸本 恵子, 小川 正, 鬼頭 誠, 前渕 元宏, SIMONI Robert D., 脂質生化学研究, 43, 274, 277,   2001年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013379353
  • シリンゴライド(大豆特異的感染病原体産生エリシター)結合たん白質としてのGly m Bd 30Kの未知機能の解明とアレルゲン性の関係について (生化学・栄養), 小川 正, 森山 達哉, 藤田 千鶴子, 大豆たん白質研究, 3, 21, 67, 72,   2000年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005221962
  • 血清中性脂質レベルを調節する食品成分の開発, 森山 達哉, 食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成研究紀要, 16, 15, 20,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016013441
  • 情報伝達系におけるジアシルグリセロールリパーゼの多彩な役割 内因性マリファナ様物質2-アラキドノイルグリセロール生成の鍵酵素か?, 森山 達哉, 化学と生物, 37, 9, 564, 566,   1999年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004846253
  • ヒト血小板のイノシト-ルリン脂質特異的ホスホリパ-ゼC(集談会要旨), 森山 達哉, 鬼頭 誠, 京都大学食糧科学研究所報告, 55, p20, 22,   1992年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000744280
  • イノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼCと情報伝達, 森山 達哉, 鬼頭 誠, 化学と生物, 30, 11, 714, 722,   1992年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003633507
  • イノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼCと情報伝達, 森山 達哉, 鬼頭 誠, 化学と生物, 30, 11, 714, 722,   1992年, 10.1271/kagakutoseibutsu1962.30.714
  • ヒト血小板のイノシトールリン脂質特異的ホスホリパーゼC, 京都大学食糧科学研究所報告, 55,   1992年
  • 情報伝達系におけるジアシルグリセロールリパーゼの多彩な役割.一内因性マリファナ様物質2-アラキドノイルグリセロール生成の鍵酵素か?, 化学と生物, 37, 9, 564,   1999年
  • 小胞体におけるHMG-CoAレダクターゼの調節的分解, 京都大学食糧科学研究所報告, 62, 17,   1999年
  • ヒト血小板活性化時におけるTXA_2の役割(動物-糖, 脂質-)(受賞講演), 高村 仁知, 成田 宏史, 森山 達哉, 田中 賢一, 松浦 尚雄, 鬼頭 誠, 日本農藝化學會誌, 62, 3,   1988年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002793073
  • バイオ実験で失敗しない! 検出と定量のコツ, 森山 達哉,   2005年07月
    概要:バイオ実験で失敗しない検出と定量のコツをまとめた。
  • バイオ実験で失敗しない!タンパク質精製と取扱いのコツ, 森山 達哉,   2007年10月
    概要:バイオ実験で失敗しないタンパク質精製と取扱いのコツをまとめた。

特許

  • 肥満、高脂血症および動脈硬化性疾患の治療・予防剤, 吉積 一真, 森山 達哉, 小笹 清香, 河田 照雄, 特願2011-164892, 特開2011-236241
  • 骨粗鬆症の予防又は治療用剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 平田 香菜, 中西 万紀子, 吉積 一真, 特願2009-086797, 特開2010-235534
  • アンジオテンシン変換酵素阻害剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 富樫 由美子, 吉積 一真, 特願2009-086795, 特開2010-235532
  • 骨粗鬆症の予防又は治療用剤, 河村 幸雄, 森山 達哉, 平田 香菜, 中西 万紀子, 吉積 一真, 特願2009-086796, 特開2010-235533
  • ローヤルゼリーアレルゲンタンパク質のエピトープ、その検出用キット、該アレルゲンフリーのローヤルゼリーとその製法, 森山 達哉, 山田 英生, 橋本 健, 沖原 清司, 菅野 智子, 柳原 美弥子, 雪吉 晃子, 立藤 智基, 中山 洋輔, 特願2006-327057, 特開2008-137968
  • 脂肪酸輸送タンパク−3の発現促進剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329589, 特開2007-137776
  • PLTP発現抑制剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329592, 特開2007-137779
  • 脂肪肝形成予防用の食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329590, 特開2007-137777
  • 低密度リポタンパク受容体の発現促進剤及びそれを含有する食品, 鎌倉 昌樹, 森山 達哉, 磯 敏明, 松本 剛, 特願2005-329591, 特開2007-137778
  • 肥満、高脂血症および動脈硬化性疾患の治療・予防剤, 吉積 一真, 森山 達哉, 小笹 清香, 河田 照雄, 特願2005-039425, 特開2006-225297

受賞

  •   2005年, 日本栄養・食糧学会 奨励賞
  •   2008年, 日本食品科学工学会 論文賞
  •   2011年, 平成23年度日本皮膚アレルギ-学会誌年間最優秀論文賞
  •   2013年, 平成25年度日本皮膚アレルギ-学会誌年間最優秀論文賞(連名)

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 経皮感作しうる食品タンパク質のアレルゲン性評価, 森山 達哉, 本研究では、食品タンパク質抗原の経皮感作について、どのような食品タンパク質が経皮感作しやすいのかという点や、経皮感作のメカニズムなどをマウスや細胞を用いて明らかにすることを目的とする。食品タンパク質としては、石けんや化粧品などに配合されることが多い植物性食品由来のタンパク質に焦点を当てている。なかでも、実際に化粧品などに配合されている大豆や米、トマト、果物などを主たる研究対象とする。今年度は、マウスを用いて経皮感作と経口感作によってどのようなタンパク質に対するIgEが産生されるのかという点を大豆を用いて明らかにした。マウスに豆乳由来の大豆タンパク質を全タンパク質(カゼイン)のうちの約4分の1を置き換え経口的に摂取させた。対照はカゼインのみをタンパク質源として与えた。その結果、大豆(豆乳)結合するIgE値やIgG値は、対照の場合は高い個体はほとんど存在しなかったが、豆乳群では数匹の高値を示す個体が見られた。これらの個体のIgEやIgGは大豆中の50や25,20,18kDa付近の大豆タンパク質を認識した。一方、大豆タンパク質を皮膚に塗布し、感作を試みた場合、大豆タンパク質とSDSを同時に添加した場合の方がより多くのマウスでIgEやIgGが高くなり、また多くのマウスで37kDa付近のタンパク質に対する抗体が産生された。以上のことから、大豆タンパク質をモデルとして経皮感作と経口感作を比較したところ、感作されるタンパク質が異なり、経皮感作の場合はとくに37kDaのタンパク質が特徴的であり、これが経皮感作されやすい大豆タンパク質であると推察された。また、感作における食品側の要因として、加工法などによってアレルゲンの存在量がどの程度異なるのかという点を大豆とその発酵食品である味噌とで比較し、味噌では多くの大豆アレルゲンが低減化し、種類によって残存レベルに差異があることなどを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 花粉症と関連する主要農作物中のクラス2食物アレルゲンの変動解析, 森山 達哉, 花粉症に関連するクラス2食物アレルゲンとして、Betv1ホモログ、プロフィリン、ソーマチンライクプロテインをクローニングし、発現タンパク質から汎用性の高い抗体を作成した。これらを用いて、大豆や野菜、果物などの主要な農作物における品種間、栽培方法、加工法、調理法などの違いによるアレルゲン性の変化・変動を解析した。これらの条件によってアレルゲンレベルは大きく変動することが明らかとなった。また、農作物による食物アレルギーの原因抗原の探索も行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脂肪細胞が分泌するレジスチンの生理機能解析とその作用発現を調節する食品成分の探索, 森山 達哉, 近年、生活習慣病が増えており、深刻な社会問題となっている。「インスリン抵抗性」を改善することが生活習慣病の予防・改善にとって大きな意義を持つ。このインスリン抵抗性に関わる分子としていくつかのホルモン様分子が発見されている。それらのうち、レジスチンと呼ばれる脂肪細胞が分泌する分子はこのインスリン抵抗性を引き起こす責任分子として数年前に報告された。そこで、本研究では、このレジスチンの生理作用やレジスチンの発現量,循環量に影響を与える食品成分の探索を行う。また、アディポネクチンに関しても同様に検討した。まずはじめに、レジスチンの特異抗体を作製し、この抗体を用いてサンドイッチELISA系を構築した。つぎに、培養脂肪細胞である3T3-L1細胞を十分に分化させるための培地の検討を行い、この細胞から実際にレジスチンタンパク質が培地へ分泌されることをサンドイッチELISA系を用いて明らかにした。アディポネクチンに関しても同様に分泌が確認された。そこで、これらの重要なアディポサイトカインの分泌に対して食品成分が影響を与えるかどうか検討した結果,ティーフラボン類などにレジスチンの分泌を抑制する効果があることが始めて明らかとなった。その他にもいくつかの食品成分に、これらのアディポサイトカインの分泌を調節する活性が見られた。レジスチンの分泌を調節しうる食品成分が明らかになったことについては重要な知見であると言える。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), リピドーム解析とプロテオーム解析を応用した新規脂質代謝酵素の同定と生理機能解析, 森山 達哉, 申請者は脂質性メディエーターの産生機構の解明や脂質代謝、リポタンパク質代謝に関わる酵素類及びその機能を調節しうる食品成分に関して研究を進めている。これまでに、新規な脂質性メディエーターである2-AG(2-アラキドノイルグリセロール)の産生に関わると推定されるDGリパーゼの精製や候補遺伝子である新規リパーゼ様遺伝子のクローニングに成功した。また、クローニングした新規脂質代謝関連遺伝子産物が生体内でどのような脂質分子を基質として、どのような触媒反応を担当するのかという点に関して、遺伝子を導入した細胞の脂質プロファイルの解析(リピドーム解析:生体中の脂質成分を一括定量比較解析する手法)を用いて解析した。さらに、遺伝子導入細胞または共存培養細胞(ターゲット細胞)のタンパク質リン酸化のプロファイルを抗リン酸化タンパク質抗体を用いたプロテオーム解析によって解析する基盤技術が確立できた。さらに、本研究を発展させ、以下の2つの研究も行った。(1)脂肪細胞が分泌する代謝調節性ホルモンと推定されるレジスチンに関して、その生体内での役割を解明することをめざし、レジスチンの生理機能をトランスクリプトーム解析によって詳細に検討した。(2)肝細胞からのリポタンパク質分泌をモニターするELISAシステムを構築し、リポタンパク質(VLDL)分泌に影響を与える食品成分の探索に成功した。現在は、リピドーム解析とプロテオーム解析、トランスクリプトーム解析を駆使して、VLDL分泌抑制のメカニズムを解明することを試みている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 脂質性情報伝達物質の生体内産生に関わる新規リパーゼの構造と機能, 森山 達哉, 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)は最近発見された機能性脂質分子であり、カンナビノイドレセプターに対する内因性のリガンドである。2-AGは記憶や免疫作用に関わる可能性が示唆されているが、その生理的意義は未だ明確ではない。ジアシルグリセロール(DG)リパーゼは生体内における2-AG産生酵素の有力な候補である。そこで、カビのDGリパーゼとホモロジーを有するヒト胎児脳由来のESTクローンを基に、5'-RACE法によってヒト脳由来cDNAライブラリーより完全長cDNAを得た。推定されるアミノ酸配列を解析したところ、本クローンはリパーゼの活性中心コンセンサス配列を有する672アミノ酸からなるタンパク質をコードし、N末端側に4つの膜貫通ドメインを有している膜結合型タンパク質であるとが示唆された。この遺伝子は脳や肝臓、胎盤、免疫細胞などの多くの組織で発現していた。本遺伝子をCOS1細胞に発現させたところ、本タンパク質は膜画分に発現した。そのホモジネートを用いてDGリパーゼ活性を測定したところ、コントロールに比べて約2〜4倍の活性上昇が認められ、この活性はDGリパーゼの特異的な阻害剤によって完全に阻害された。以上より、ヒト膜結合型DGリパーゼのクローニングに成功したと考えられる。さらに、本分子のアイソザイムをデータベースにて検索したところ、ホモログと考えられるクローン(KIAA0659)を見いだした。このクローンは完全長でなかったので、キャップサイトハンティング法によって5'-上流部を得た。こうしてこのホモログに関しても完全長の塩基配列を取得した。このクローンもリパーゼの活性中心コンセンサス配列を有し、N末端側に4つの膜貫通ドメインを有している膜結合型タンパク質であることが示唆された。分子サイズは115kDaであった。発現組織を解析したところ、脳に特に多いことが特徴的であった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 電気泳動法による膜タンパク質の新規な精製法の開発と応用, 森山 達哉, 申請者は、成人病に関与する脂質性の食品成分の分子レベルでの役割と作用機構の解明を目指している。一般に、脂質成分の関与する反応の多くは生体膜周辺に存在するタンパク質(酵素)によって達成されるので、これらの研究にとって膜タンパク質の構造と機能の解析は不可欠である。しかしながら、可溶性タンパク質に比べ、膜タンパク質では精製や機能解析の技術はまだまだ困難である。本研究では、膜タンパク質の機能解析法と電気泳動法を用いた精製法の開発と応用を目的とした。昨年度は、電気泳動法、メンブランブロット法及び活性測定を組み合わせた膜タンパク質の活性同定法(Blot-Assay)を開発し、小胞体膜上に存在する膜タンパク質であるHMG-CoAレダクターゼの調節的分解のメカニズムや関与する膜結合プロテアーゼのキャラクタライゼイションを行った。本年度はNative PAGE、等電点電気泳動、SDS-PAGEの3つの電気泳動法を連続的に行うことによって可溶化した膜タンパク質(膜酵素)を同定・精製する方法を開発し、その方法を用いてこれまで精製の不可能であった膜酵素であるジアシルグリセロールリパーゼをヒト血小板膜画分から精製することに成功した。精製した本酵素の分子サイズは33kDaで、等電点は6.0であった。本酵素の諸性質を調べたところ、至適pHは7-8、活性はカルシウム非依存的で、セリン残基阻害剤やシステイン残基阻害剤によって活性は阻害された。したがって、活性発現にこれらの残基の存在が重要な役割を担っていることが示唆された。さらに、興味深いことには、本活性は細胞質型ホスホリパーゼA2に対する阻害剤で効果的に阻害され、これら2つの脂質加水分解酵素の構造や触媒機構の類似性が示唆された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), イノシトールリン脂質代謝回転とアラキドン酸遊離反応とのクロストークに関する研究, 森山 達哉, 申請者らはヒト血小板において、イノシトールリン脂質代謝回転が、アラキドン酸遊離反応とクロストークし、密接に関わりあっていることを示唆してきた。本研究では、そのクロストークの分子機構の解明、およびその中心となる酵素反応系の性格づけと酵素分子の単離精製を試みることを目的とした。ヒト血小板をコラーゲンで刺激したとき、刺激初期の低Ca^<2+>条件下ではイノシトールリン脂質のみが分解され、アラキドン酸が遊離することを明らかにしている。この遊離経路を同定するために^<32>Pでラベルした血小板のリン脂質代謝を解析した。その結果、この条件下では、イノシトールリン脂質からホスホリパーゼC、ジアシルグリセロール(DG)リパーゼ、モノアシルグリセロール(MG)リパーゼによってアラキドン酸が遊離されることが明らかになった。さらに、膜画分からDGリパーゼおよびMGリパーゼを可溶化することに成功し、これらの酵素活性のCa^<2+>依存性について検討したところ、共に細胞内基底Ca^<2+>濃度条件下でほぼ最大活性が得られることが判明し、この酵素系が刺激初期の低Ca^<2+>濃度条件下で作動しうることを確認した。つぎに、刺激後期の細胞内Ca^<2+>濃度が上昇した条件下でのアラキドン酸遊離機構について検討した。その結果、刺激後期には、コラーゲンレセプターからの情報と細胞内Ca^<2+>濃度の上昇という2つのシグナルによって協調的に活性化されるホスホリパーゼA_2によって大量のアラキドン酸が遊離されることが明らかとなった。また、コラーゲン刺激の終期には、アラキドン酸代謝物であるトロンボキサンA_2が静止血小板へと働きかけるが、その場合はイノシトールリン脂質代謝回転は引き起こすが、アラキドン酸遊離反応は引き起こさないことを明らかにした。このようにして、イノシトールリン脂質代謝回転とアラキドン酸遊離反応のクロストークの経路、機構およびその多様性を明らかにすることができた。
  • 生研機構, 脂質代謝を調節する食品成分に関する研究, 森山達哉
  • 食品成分による生理機能調節
  • 食物アレルギーとアレルゲンに関する研究, 食物アレルゲンの探索、同定、検出定量法の開発、低減化の検討
  • 細胞内脂質代謝の調節機構に関する研究, 細胞内における脂質代謝の調節機構を解明する

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 分子栄養学, 近畿大学農学部
  • 食品化学, 近畿大学農学部
  • 分子細胞生物学, 近畿大学農学部
  • 生命工学, 近畿大学農学部
  • 栄養化学, 近畿大学農学部