KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

西田 直生志ニシダ ナオシ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門消化器内科学、肝臓病学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/653-nishida-naoshi.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/shoukaki/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ウィルス感染や環境因子がDNAに与える影響と、消化器癌の発癌予防に関する研究をしています。特にゲノムやエピゲノムの変化と、肝発癌との関わりを解析しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1993年, 京都大学, 医科学研究科, 内科系
  •  - 1985年, 大阪医科大学, 医学部, 医学科

経歴

  • 近畿大学医学部(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 消化器内科学

研究キーワード

  • 分子生物学, 肝臓病学, 消化器内科, エピジェネティクス, 肝細胞癌, 癌抑制遺伝子, 染色体

論文

  • Contribution of C1485T mutation in the HBx gene to human and murine hepatocarcinogenesis., Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Komeda Y, Sakurai T, Watanabe T, Kudo M, Scientific reports, 7, 1, 10440,   2017年09月05日, 査読有り
  • Gankyrin induces STAT3 activation in tumor microenvironment and sorafenib resistance in hepatocellular carcinoma., Sakurai T, Yada N, Hagiwara S, Arizumi T, Minaga K, Kamata K, Takenaka M, Minami Y, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Cancer science,   2017年08月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of localized gallbladder lesions., Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Nishida N, Kashida H, Chikugo T, Chiba Y, Nakai T, Takeyama Y, Lisotti A, Fusaroli P, Kudo M, Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society,   2017年06月, 査読有り
  • Impact of avascular areas, as measured by contrast-enhanced harmonic EUS, on the accuracy of fine-needle aspiration for pancreatic adenocarcinoma., Kamata K, Takenaka M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M, Gastrointestinal endoscopy,   2017年06月, 査読有り
  • The Overall Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma Correlates with the Newly Defined Time to Progression after Transarterial Chemoembolization., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 6, 3, 227, 235,   2017年06月, 査読有り
  • Chronic Fibro-Inflammatory Responses in Autoimmune Pancreatitis Depend on IFN-α and IL-33 Produced by Plasmacytoid Dendritic Cells., Watanabe T, Yamashita K, Arai Y, Minaga K, Kamata K, Nagai T, Komeda Y, Takenaka M, Hagiwara S, Ida H, Sakurai T, Nishida N, Strober W, Kudo M, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 198, 10, 3886, 3896,   2017年05月15日, 査読有り
  • The oncoprotein gankyrin promotes the development of colitis-associated cancer through activation of STAT3., Sakurai T, Higashitsuji H, Kashida H, Watanabe T, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Kitano M, Nishida N, Abe T, Kiyonari H, Itoh K, Fujita J, Kudo M, Oncotarget, 8, 15, 24762, 24776,   2017年04月11日, 査読有り
  • Rescue EUS-guided intrahepatic biliary drainage for malignant hilar biliary stricture after failed transpapillary re-intervention., Minaga K, Takenaka M, Kitano M, Chiba Y, Imai H, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Surgical endoscopy,   2017年04月, 査読有り
  • Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of submucosal tumors of the upper gastrointestinal tract., Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Imamoto H, Yasuda T, Lisotti A, Fusaroli P, Kudo M, Journal of gastroenterology and hepatology,   2017年02月, 査読有り
  • MicroRNAs for the Prediction of Early Response to Sorafenib Treatment in Human Hepatocellular Carcinoma., Nishida N, Arizumi T, Hagiwara S, Ida H, Sakurai T, Kudo M, Liver cancer, 6, 2, 113, 125,   2017年02月, 査読有り
  • Endoscopic ultrasound-guided gallbladder drainage for acute cholecystitis: Long-term outcomes after removal of a self-expandable metal stent., Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, World journal of gastroenterology, 23, 4, 661, 667,   2017年01月28日, 査読有り
  • Stress Response Protein RBM3 Promotes the Development of Colitis-associated Cancer., Sakurai T, Kashida H, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Watanabe T, Kitano M, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Inflammatory bowel diseases, 23, 1, 66, 74,   2017年01月, 査読有り
  • Stress Response Protein RBM3 Promotes the Development of Colitis-associated Cancer., Sakurai T, Kashida H, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Watanabe T, Kitano M, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Inflammatory bowel diseases, 23, 1, 57, 65,   2017年01月, 査読有り
  • Outcome of Combination Therapy with Sofosbuvir and Ledipasvir for Chronic Type C Liver Disease., Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 3, 9,   2017年, 査読有り
  • Malignant Transformation of Hepatocellular Adenoma., Kwok WY, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Enoki E, Nakai T, Kumabe T, Nakashima O, Kondo F, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 16, 28,   2017年, 査読有り
  • Immunological Microenvironment of Hepatocellular Carcinoma and Its Clinical Implication., Nishida N, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 40, 49,   2017年, 査読有り
  • Influence of Liver Inflammation on Liver Stiffness Measurement in Patients with Autoimmune Hepatitis Evaluation by Combinational Elastography., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 10, 15,   2017年, 査読有り
  • Contrast-Enhanced Tissue Harmonic Imaging versus Phase Inversion Harmonic Sonographic Imaging for the Delineation of Hepatocellular Carcinomas., Kono M, Minami Y, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Komeda Y, Sakurai T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 29, 34,   2017年, 査読有り
  • Unique features associated with hepatic oxidative DNA damage and DNA methylation in non-alcoholic fatty liver disease., Nishida N, Yada N, Hagiwara S, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Journal of gastroenterology and hepatology, 31, 9, 1646, 1653,   2016年09月, 査読有り
  • Evaluation of anti-migration properties of biliary covered self-expandable metal stents., Minaga K, Kitano M, Imai H, Harwani Y, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Kadosaka K, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, World journal of gastroenterology, 22, 30, 6917, 6924,   2016年08月14日, 査読有り
  • Survival Benefit of Locoregional Treatment for Hepatocellular Carcinoma with Advanced Liver Cirrhosis., Kitai S, Kudo M, Nishida N, Izumi N, Sakamoto M, Matsuyama Y, Ichida T, Nakashima O, Matsui O, Ku Y, Kokudo N, Makuuchi M, Liver Cancer Study Group of Japan., Liver cancer, 5, 3, 175, 189,   2016年07月, 査読有り
  • Predictors of pain response in patients undergoing endoscopic ultrasound-guided neurolysis for abdominal pain caused by pancreatic cancer., Minaga K, Kitano M, Sakamoto H, Miyata T, Imai H, Yamao K, Kamata K, Omoto S, Kadosaka K, Sakurai T, Nishida N, Chiba Y, Kudo M, Therapeutic advances in gastroenterology, 9, 4, 483, 494,   2016年07月, 査読有り
  • Reply., Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 64, 1, 306,   2016年07月, 査読有り
  • Epigenetic regulation and development of hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 113, 5, 775, 784,   2016年05月, 査読有り
  • Reply., Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 63, 5, 1744, 1745,   2016年05月, 査読有り
  • Cases with Refractory Ascites and a Delayed Response to Tolvaptan., Hagiwara S, Nishida N, Chishina H, Ida H, Sakurai T, Komeda Y, Kitano M, Kudo M, Internal medicine (Tokyo, Japan), 55, 22, 3273, 3277,   2016年, 査読有り
  • Validation of Kinki Criteria, a Modified Substaging System, in Patients with Intermediate Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 671, 678,   2016年, 査読有り
  • Clinical Significance of Epigenetic Alterations in Human Hepatocellular Carcinoma and Its Association with Genetic Mutations., Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 708, 713,   2016年, 査読有り
  • US-US Fusion Imaging in Radiofrequency Ablation for Liver Metastases., Minami Y, Minami T, Chishina H, Kono M, Arizumi T, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 687, 691,   2016年, 査読有り
  • Monoethanolamine Oleate Sclerotherapy for Polycystic Liver Disease., Takita M, Iwanishi M, Minami T, Kono M, Chishina H, Arizumi T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Naoshi N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 654, 658,   2016年, 査読有り
  • Outcome of Asunaprevir/Daclatasvir Combination Therapy for Chronic Liver Disease Type C., Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 620, 626,   2016年, 査読有り
  • Clinical Factors Predicting the Effect of Tolvaptan for Refractory Ascites in Patients with Decompensated Liver Cirrhosis., Chishina H, Hagiwara S, Nishida N, Ueshima K, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Kono M, Minami T, Iwanishi M, Umehara Y, Watanabe T, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 659, 664,   2016年, 査読有り
  • Prospective Risk Analysis of Hepatocellular Carcinoma in Patients with Chronic Hepatitis C by Ultrasound Strain Elastography., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 650, 653,   2016年, 査読有り
  • Impact of Tight Junction Protein ZO-1 and TWIST Expression on Postoperative Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma., Nagai T, Arao T, Nishio K, Matsumoto K, Hagiwara S, Sakurai T, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Sakai K, Saijo N, Kudo K, Kaneda H, Tamura D, Aomatsu K, Kimura H, Fujita Y, Haji S, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 702, 707,   2016年, 査読有り
  • Safety, Tolerability, and Efficacy of Sofosbuvir Plus Ribavirin in Elderly Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 2., Nishida N, Kono M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 632, 639,   2016年, 査読有り
  • Effectiveness of Sorafenib in Patients with Transcatheter Arterial Chemoembolization (TACE) Refractory and Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Minami T, Kono M, Chishina H, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 4, 4, 253, 262,   2015年12月, 査読有り
  • Impaired expression of ATP-binding cassette transporter G2 and liver damage in erythropoietic protoporphyria., Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Sakurai T, Kawada A, Kudo M, Hepatology (Baltimore, Md.), 62, 5, 1638, 1639,   2015年11月, 査読有り
  • Real-Life Clinical Practice with Sorafenib in Advanced Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience Second Analysis., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 728, 734,   2015年10月, 査読有り
  • Hepatic DNA Methylation Is Affected by Hepatocellular Carcinoma Risk in Patients with and without Hepatitis Virus., Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 745, 750,   2015年10月, 査読有り
  • Cone-Beam CT Angiography for Hepatocellular Carcinoma: Current Status., Minami Y, Murakami T, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 759, 764,   2015年10月, 査読有り
  • Antiviral therapy for chronic hepatitis B: Combination of nucleoside analogs and interferon., Hagiwara S, Nishida N, Kudo M, World journal of hepatology, 7, 23, 2427, 2431,   2015年10月, 査読有り
  • Subclassification of BCLC B Stage Hepatocellular Carcinoma and Treatment Strategies: Proposal of Modified Bolondi's Subclassification (Kinki Criteria)., Kudo M, Arizumi T, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 751, 758,   2015年10月, 査読有り
  • Early Viral Response Predicts the Efficacy of Antiviral Triple Therapy with Simeprevir, Peg-Interferon and Ribavirin in Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 1., Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 708, 714,   2015年10月, 査読有り
  • General Rules for the Clinical and Pathological Study of Primary Liver Cancer, Nationwide Follow-Up Survey and Clinical Practice Guidelines: The Outstanding Achievements of the Liver Cancer Study Group of Japan., Kudo M, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 765, 770,   2015年10月, 査読有り
  • Molecular Mechanism and Prediction of Sorafenib Chemoresistance in Human Hepatocellular Carcinoma., Nishida N, Kitano M, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 771, 779,   2015年10月, 査読有り
  • Challenges of Clinical Research on Hepatocellular Carcinoma., Kudo M, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 780, 790,   2015年10月, 査読有り
  • Classification of tumors based on the integrated profile of genetic and epigenetic alterations and the biological behavior of human hepatocellular carcinoma, Nishida Naoshi, Kaido Toshimi, Kudo Masatoshi, HEPATOLOGY, 62, 1151A, 1152A,   2015年10月, 査読有り
  • Serum miR-21, miR-29a, and miR-125b Are Promising Biomarkers for the Early Detection of Colorectal Neoplasia., Yamada A, Horimatsu T, Okugawa Y, Nishida N, Honjo H, Ida H, Kou T, Kusaka T, Sasaki Y, Yagi M, Higurashi T, Yukawa N, Amanuma Y, Kikuchi O, Muto M, Ueno Y, Nakajima A, Chiba T, Boland CR, Goel A, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 21, 18, 4234, 4242,   2015年09月15日, 査読有り
  • Genetic and epigenetic alterations of netrin-1 receptors in gastric cancer with chromosomal instability., Toda K, Nagasaka T, Umeda Y, Tanaka T, Kawai T, Fuji T, Taniguchi F, Yasui K, Kubota N, Takehara Y, Tazawa H, Kagawa S, Sun DS, Nishida N, Goel A, Fujiwara T, Clinical epigenetics, 7, 73,   2015年07月23日, 査読有り
  • Heat shock protein A4 controls cell migration and gastric ulcer healing., Sakurai T, Kashida H, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Fujita J, Kudo M, Digestive diseases and sciences, 60, 4, 850, 857,   2015年04月, 査読有り
  • Cold-inducible RNA-binding protein promotes the development of liver cancer., Sakurai T, Yada N, Watanabe T, Arizumi T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Cancer science, 106, 4, 352, 358,   2015年04月, 査読有り
  • Stress Response Links Inflammation and Tumorigenesis in Inflammatory Bowel Disease, Sakurai Toshiharu, Okazaki Yoshihisa, Komeda Yoriaki, Adachi Teppei, Hagiwara Satoru, Matsui Shigenaga, Nishida Naoshi, Kashida Hiroshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 148, 4, S141,   2015年04月, 査読有り
  • A bridge between multi-omics data and the management of hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Annals of translational medicine, 3, 1, 1,   2015年01月, 査読有り
  • Involvement of heat shock protein a4/apg-2 in refractory inflammatory bowel disease., Adachi T, Sakurai T, Kashida H, Mine H, Hagiwara S, Matsui S, Yoshida K, Nishida N, Watanabe T, Itoh K, Fujita J, Kudo M, Inflammatory bowel diseases, 21, 1, 31, 39,   2015年01月, 査読有り
  • Evaluation of ART Scores for Repeated Transarterial Chemoembolization in Japanese Patients with Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 4, 10,   2015年, 査読有り
  • A Newly Developed Shear Wave Elastography Modality: With a Unique Reliability Index., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ueshima K, Ida H, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 53, 59,   2015年, 査読有り
  • Validation of a Modified Substaging System (Kinki Criteria) for Patients with Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 47, 52,   2015年, 査読有り
  • Balloon-Occluded Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience., Minami Y, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 27, 32,   2015年, 査読有り
  • Comparison of systems for assessment of post-therapeutic response to sorafenib for hepatocellular carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Takeda H, Osaki Y, Takita M, Inoue T, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Journal of gastroenterology, 49, 12, 1578, 1587,   2014年12月, 査読有り
  • Stress response protein cirp links inflammation and tumorigenesis in colitis-associated cancer., Sakurai T, Kashida H, Watanabe T, Hagiwara S, Mizushima T, Iijima H, Nishida N, Higashitsuji H, Fujita J, Kudo M, Cancer research, 74, 21, 6119, 6128,   2014年11月01日, 査読有り
  • Serum microRNAs as diagnostic biomarkers for early colorectal neoplasms, Yamada Atsushi, Horimatsu Takahiro, Okugawa Yoshinaga, Nishida Naoshi, Kou Tadayuki, Kusaka Toshihiro, Honjo Hajime, Amanuma Yusuke, Kikuchi Osamu, Muto Manabu, Goel Ajay, Boland C. Richard, CANCER RESEARCH, 74, 19,   2014年10月01日, 査読有り
  • Alteration of Epigenetic Profile in Human Hepatocellular Carcinoma and Its Clinical Implications., Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 3, 3-4, 417, 427,   2014年10月, 査読有り
  • Therapeutic response assessment of RFA for HCC: contrast-enhanced US, CT and MRI., Minami Y, Nishida N, Kudo M, World journal of gastroenterology, 20, 15, 4160, 4166,   2014年04月21日, 査読有り
  • Relevance of the Core 70 and IL-28B polymorphism and response-guided therapy of peginterferon alfa-2a ± ribavirin for chronic hepatitis C of Genotype 1b: a multicenter randomized trial, ReGIT-J study., Nishiguchi S, Enomoto H, Aizawa N, Nishikawa H, Osaki Y, Tsuda Y, Higuchi K, Okazaki K, Seki T, Kim SR, Hongo Y, Jyomura H, Nishida N, Kudo M, Journal of gastroenterology, 49, 3, 492, 501,   2014年03月, 査読有り
  • Combination guidance of contrast-enhanced US and fusion imaging in radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma with poor conspicuity on contrast-enhanced US/fusion imaging., Minami T, Minami Y, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 55, 62,   2014年, 査読有り
  • Ultrasound elastography correlates treatment response by antiviral therapy in patients with chronic hepatitis C., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 118, 123,   2014年, 査読有り
  • Validation of the criteria of transcatheter arterial chemoembolization failure or refractoriness in patients with advanced hepatocellular carcinoma proposed by the LCSGJ., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 32, 36,   2014年, 査読有り
  • Clinical features of vascular disorders associated with chronic hepatitis virus infection., Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 786, 790,   2014年, 査読有り
  • Duration of stable disease is associated with overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 705, 710,   2014年, 査読有り
  • Identification of epigenetically inactivated genes in human hepatocellular carcinoma by integrative analyses of methylation profiling and pharmacological unmasking., Nishida N, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 740, 746,   2014年, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma measuring 2 cm or smaller: results and risk factors for local recurrence., Kono M, Inoue T, Kudo M, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 670, 677,   2014年, 査読有り
  • Genome-wide profiling of DNA methylation and tumor progression in human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Nishimura T, Nakai T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 658, 663,   2014年, 査読有り
  • Decreased blood flow after sorafenib administration is an imaging biomarker to predict overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 733, 739,   2014年, 査読有り
  • Pathological feature, oxidative DNA damage and epigenetic alteration of tumor suppressor genes in non-alcoholic fatty liver disease, Nishida Naoshi, Yada Norihisa, Chishina Hirokazu, Arizumi Tadaaki, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Inoue Tatsuo, Hagiwara Satoru, Minami Yasunori, Ueshima Kazuomi, Sakurai Toshiharu, Kudo Masatoshi, HEPATOLOGY, 60, 758A,   2014年, 査読有り
  • Advanced hepatocellular carcinoma with lymph node metastases showing epithelial to mesenchymal transition effectively treated with systemic chemotherapy: Report of a case., Sadamori H, Yagi T, Shigeyasu K, Umeda Y, Sugihara M, Yokomichi N, Ohara T, Nishida N, Nagasaka T, Goel A, Fujiwara T, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 43, 12, 1368, 1373,   2013年12月, 査読有り
  • Reactive oxygen species induce epigenetic instability through the formation of 8-hydroxydeoxyguanosine in human hepatocarcinogenesis, 西田 直生志, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, Digest Dis, 31, 5-6, 459, 466,   2013年10月, 査読有り
  • Oxidative stress and epigenetic instability in human hepatocarcinogenesis, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digest Dis, 31, 5-6, 447, 453,   2013年10月, 査読有り
  • Clinical and histological features of different types of Budd-Chiari syndrome: A Comparison of 4 cases, 西田 直生志, 萩原 智, 鍵岡 賛典, 南 康範, 工藤 正俊, Hiroshi Ida Yoji Maetani Kyo Itoh, Shinichi Iwamura, Digest Dis, 31, 5-6, 408, 414,   2013年10月, 査読有り
  • Hypothermia Protects against Fulminant Hepatitis in Mice by Reducing Reactive Oxygen Species Production, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, Tomohiro Watanabe, Katsuhiko Itoh Hiroaki Higashitsuji Jun Fujita, Manabu Fukumoto, Digest Dis, 31, 5-6, 440, 446,   2013年10月, 査読有り
  • Role of oxidative stress and epigenetic alteration on chronic hepatitis C-related human hepatocarcinogenesis, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, Arizumi Tadaaki, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Yada Norihisa, Inoue Tatsuo, Hagiwara Satoru, Minami Yasunori, Sakurai Toshiharu, Ueshima Kazuomi, Nagasaka Takeshi, Goel Ajay, HEPATOLOGY, 58, 1065A, 1066A,   2013年10月, 査読有り
  • Unique association between global DNA hypomethylation and chromosomal alterations in human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Nishimura T, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Yokomichi N, Nagasaka T, Goel A, PloS one, 8, 9, e72312,   2013年09月02日, 査読有り
  • Association of gankyrin and stemness factor expression in human colorectal cancer, 峯 宏昌, 櫻井 俊治, 樫田 博史, 松井 繁長, 西田 直生志, 永井 知行, 萩原 智, 工藤 正俊, Tomohiro Watanabe, Dig Dis Sci, 58, 8, 2337, 2344,   2013年08月, 査読有り
  • ソラフェニブ治療におけるJNK活性の重要性-CD133との関連も含めて, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 永井 知行, 西田 直生志, 工藤 正俊, The Liver Cancer Journal The Liver Cancer Journal, 5, 58, 59,   2013年06月
  • Impact of peginterferon alpha-2b and entecavir hydrate combination therapy on persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B., Hagiwara S, Kudo M, Osaki Y, Matsuo H, Inuzuka T, Matsumoto A, Tanaka E, Sakurai T, Ueshima K, Inoue T, Yada N, Nishida N, Journal of medical virology, 85, 6, 987, 995,   2013年06月, 査読有り
  • Loss at long arm of chromosome 4 as a predictive factor for recurrence of human hepatocellular carcinoma after orthotopic living-donor liver transplantation., Nishimura Takafumi, Mori Yukiko, Uemoto Shinji, Nishida Naoshi, JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 31, 15,   2013年05月20日, 査読有り
  • Fecal DNA Methylation Assay for the Identification of a Multiple Gastrointestinal Cancers Including Pancreatic Caner, Morikawa Tatsuya, Nagasaka Takeshi, Yoshida Kazuhiro, Mori Yoshiko, Kubota Nobuhito, Takehara Yuko, Yokomichi Naosuke, Nishida Naoshi, Takehara Kiyoto, Shigeyasu Kunitoshi, Nyuya Akihiro, Shiwaku Rikiya, Suno Manabu, Fujiwara Toshiyoshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S601, S602,   2013年05月, 査読有り
  • MGMT Methylation As a Novel Biomarker for the Identification of Stage III Colorectal Cancers At High-Risk of Disease Recurrence Following Curative Surgery, Mori Yoshiko, Nagasaka Takeshi, Tazawa Hiroshi, Umeda Yuzo, Morikawa Tatsuya, Kubota Nobuhito, Yoshida Kazuhiro, Takehara Yuko, Yokomichi Naosuke, Takehara Kiyoto, Shigeyasu Kunitoshi, Nyuya Akihiro, Shiwaku Rikiya, Suno Manabu, Nishida Naoshi, Fujiwara Toshiyoshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S85,   2013年05月, 査読有り
  • Genetic and Epigenetic Alterations in the Netrin-1 Receptors, UNC5c and DCC, Constitutes a Previously Unrecognized Pathway in Gastric Cancer Progression, Kubota Nobuhito, Nagasaka Takeshi, Toda Keisuke, Mori Yoshiko, Morikawa Tatsuya, Umeda Yuzo, Yokomichi Naosuke, Yoshida Kazuhiro, Takehara Yuko, Takehara Kiyoto, Nyuya Akihiro, Shiwaku Rikiya, Shigeyasu Kunitoshi, Suno Manabu, Nishida Naoshi, Fujiwara Toshiyoshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S527,   2013年05月, 査読有り
  • Heat Shock Protein 27 Expression Is Inversely Correlated With Intraepithelial Neoplasia and Positively Correlated With Poor Differentiation of Gastric Cancer, Nagata Yoshiaki, Sakurai Toshiharu, Takayama Masaki, Nagai Tomoyuki, Kawasaki Masanori, Asakuma Yutaka, Hagiwara Satoru, Nishida Naoshi, Matsui Shigenaga, Kashida Hiroshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S883,   2013年05月, 査読有り
  • Cytokeratin 19 Staining Is a Novel, Predictive Biomarker for Extra-Hepatic Metastasis in Hepatocellular Carcinoma, Yokomichi Naosuke, Nagasaka Takeshi, Nishida Naoshi, Umeda Yuzo, Mori Yoshiko, Morikawa Tatsuya, Kubota Nobuhito, Yoshida Kazuhiro, Takehara Yuko, Takehara Kiyoto, Shigeyasu Kunitoshi, Nyuya Akihiro, Shiwaku Rikiya, Suno Manabu, Fujiwara Toshiyoshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S719, S720,   2013年05月, 査読有り
  • Noninvasive Assessment of Liver Fibrosis by Measurement of Lf Index in Patients With Chronic Viral Hepatitis, Yada Norihisa, Hagiwara Satoru, Arizumi Tadaaki, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Inoue Tatsuo, Minami Yasunori, Ueshima Kazuomi, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S1041,   2013年05月, 査読有り
  • Accumulation of Epigenetic Alteration Could Predict Malignant Formation in Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm (IPMN), Yoshida Kazuhiro, Nagasaka Takeshi, Umeda Yuzo, Yokomichi Naosuke, Mori Yoshiko, Kubota Nobuhito, Morikawa Tatsuya, Takehara Yuko, Takehara Kiyoto, Shigeyasu Kunitoshi, Nyuya Akihiro, Shiwaku Rikiya, Suno Manabu, Nishida Naoshi, Fujiwara Toshiyoshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 144, 5, S98,   2013年05月, 査読有り
  • Recent Advancements in Comprehensive Genetic Analyses for Human Hepatocellular Carcinoma, 西田 直生志, 工藤 正俊, Oncology, 84, 93, 97,   2013年02月, 査読有り
  • The Prognostic Value of Vascular Endothelial Growth Factor in Hepatocellular Carcinoma for Predicting Metastasis after Curative Resection, Mutsuko Minata, 工藤 正俊, 西田 直生志, Kouji H. Harada, Iwao Ikai, Oncology, 84, Suppl. 1, 75, 81,   2013年02月, 査読有り
  • Expression of E-Cadherin and Vascular Endothelial Growth Factor in Noncancerous Liver Is Associated with Recurrence of Hepatocellular Carcinoma after Curative Resection, 工藤 正俊, 西田 直生志, Mutsuko Minata, Kouji Harada, Iwao Ikai, Oncology, 84, Suppl. 1, 88, 92,   2013年02月, 査読有り
  • Quantification of Tumor DNA in Serum and Vascular Invasion of Human Hepatocellular Carcinoma, 西田 直生志, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 永井 知行, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, Hiroshi Ida, Oncology, 84, 82, 87,   2013年02月, 査読有り
  • Impact of peginterferon Alpha-2b and entecavir hydrate combination therapy on persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B, 萩原 智, 工藤 正俊, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 井上 達夫, 矢田 典久, 西田 直生志, Osaki Y Matsuo H Inuzuka T, Matsumoto A Tanaka E, J Med Virol, 85, 987, 995,   2013年01月
  • Heat shock protein 27 expression is inversely correlated with atrophic gastritis and intraepithelial neoplasia., 永田 嘉昭, 工藤 正俊, 永井 知行, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 萩原 智, 西田 直生志, 松井 繁長, 樫田 博史, 櫻井 俊治, Watanabe T, Digest Dis Sci, 58, 381, 388,   2013年
  • Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate the post treatment responses of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma; comparison with dynamic CT, 井上 達夫, 工藤 正俊, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, Oncology, 84, 51, 57,   2013年, 査読有り
  • The retrospective study of novel anticancer agent, miriplatin in TACE and TAI for unresectable hepatocellular carcinoma in Japan, Nagai Tomoyuki, Kazuomi Ueshima, Hayaishi Sosuke, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Yada Norihisa, Inoue Tatsuo, Hagiwara Satoru, Minami Yasunori, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27, 225,   2012年12月, 査読有り
  • Risk of Hepatocellular Carcinoma Development in Cases of Hepatitis C Treated by Long-Term, Low-Dose PEG-IFN -2a, 萩原 智, 櫻井 俊治, 田北 雅弘, 上嶋 一臣, 南 康範, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 永井 知行, 早石 宗右, 有住 忠晃, 西田 直生志, 工藤 正俊, Dig Dis, 30, 561, 567,   2012年11月
  • Gender differences in the livers of patients with hepatocellular carcinoma and chronic hepatitis C infection., 西田 直生志, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 猪飼 伊和夫, Digest Dis, 30, 30, 547, 553,   2012年11月, 査読有り
  • Characteristic pattern of reactivation of hepatitis B virus during chemotherapy for solid cancers., 萩原 智, 櫻井 俊治, 仁科 慎一, 田中 薫, 上嶋 一臣, 南 康範, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 田北 雅弘, 永井 知行, 早石 宗右, 有住 忠晃, Ah-Mee Park, 宗像 浩, 西田 直生志, 工藤 正俊, 池田公史, Digest Dis, 30, 30, 541, 546,   2012年11月, 査読有り
  • 当院における肝細胞癌分子標的治療の現状, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会 記録 SORAFENIB PRACTICE BOOK: Sorafenib治療の実践!!多数症例の使用経験を踏まえた治療の実践と問題点の解決を示す, 25, 30,   2012年10月
  • Characteristic patterns of altered DNA methylation predict emergence of human hepatocellular carcinoma, 西田 直生志, 工藤 正俊, Nagasaka T, Ikai I, Goel A, Hepatology, 56, 3, 994, 1003,   2012年09月, 査読有り
  • Heat Shock Protein 27 Expression is Inversely Correlated with Atrophic Gastritis and Intraepithelial Neoplasia., Nagata Y, Kudo M, Nagai T, Watanabe T, Kawasaki M, Asakuma Y, Hagiwara S, Nishida N, Matsui S, Kashida H, Sakurai T, Digestive diseases and sciences, 58, 2, 381, 388,   2012年08月, 査読有り
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与例におけるSDの持続期間と生存期間の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 6, 348, 350,   2012年06月
  • 進行肝細胞患者に対する分子標的薬(ソラフェニブ)投与における治療効果判定基準の比較, 有住忠晃, 上嶋 一臣, 萩原 智, 井上 達夫, 北井 聡, 矢田 典久, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 竹田治彦, 大﨑往夫, 肝臓, 53, 6, 344, 347,   2012年06月
  • Activation of JNK in the Non-Cancerous Liver Tissue Predicts a High Risk of Recurrence After Hepatic Resection for Hepatocellular Carcinoma, Sakurai Toshiharu, Hagiwara Satoru, Inoue Tatsuo, Ueshima Kazuomi, Matsui Shigenaga, Nishida Naoshi, Kashida Hiroshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 142, 5, S452,   2012年05月, 査読有り
  • Novel Association Between Global DNA Hypomethylation and Chromosomal Instability Phenotype in Human Hepatocellular Carcinoma, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, Arizumi Tadaaki, Hayaishi Sosuke, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Yada Norihisa, Inoue Tatsuo, Hagiwara Satoru, Minami Yasunori, Ueshima Kazuomi, Sakurai Toshiharu, Nagasaka Takeshi, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 142, 5, S910, S911,   2012年05月, 査読有り
  • Usefullness of Contrast-Enhanced Ultrasonography to Evaluate a Post Treatment Effect of Radiofrequentry Ablation About Hepatocellular Carcinoma; Comparion With Contrast-Enhanced CT, Inoue Tatsuo, Arizumi Tadaaki, Kitai Satoshi, Yada Norihisa, Hagiwara Satoru, Minami Yasunori, Sakurai Toshiharu, Ueshima Kazuomi, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 142, 5, S1002,   2012年05月, 査読有り
  • The Gross Classification of Hepatocellular Carcinoma: Usefulness of Contrast-Enhanced Sonography Using Perfluorocarbon Microbubbles (Sonazoid), Minami Yasunori, Hatanaka Kinuyo, Arizumi Tadaaki, Hayaishi Sosuke, Takita Masahiro, Kitai Satoshi, Yada Norihisa, Inoue Tatsuo, Hagiwara Satoru, Ueshima Kazuomi, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, GASTROENTEROLOGY, 142, 5, S1002,   2012年05月, 査読有り
  • Comprehensive DNA methylation profiling of human hepatocellular carcinoma, Nishimura Takafumi, Nishida Naoshi, CANCER RESEARCH, 72,   2012年04月15日, 査読有り
  • Activation of JNK and high expression level of CD133 predict a poor response to Sorafenib in hepatocellular carcinoma., 萩原 智, 永井 知行, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 渡邊 智裕, Brit J Cancer, 106, 1997, 2003,   2012年
  • Regression of Hodgkin lymphoma in response to antiviral therapy for hepatitis C virus infection., Takahashi K, Nishida N, Kawabata H, Haga H, Chiba T, Internal medicine (Tokyo, Japan), 51, 19, 2745, 2747,   2012年, 査読有り
  • Risk of hepatocellular carcinoma development in cases of hepatitis C treated by long-term, low-dose PEG-IFNα-2a., Hagiwara S, Sakurai T, Takita M, Ueshima K, Minami Y, Inoue T, Yada N, Kitai S, Nagai T, Hayaishi S, Arizumi T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 561, 567,   2012年, 査読有り
  • IMPACT ON ABERRANT METHYLATION OF AN UNIQUE SUBSET OF TUMOR SUPPRESSOR GENES ON THE INITIAL STEPS OF HUMAN HEPATOCARCINOGENESIS, Nishida Naoshi, Kudo Masatoshi, Nagasaka Takeshi, Goel Ajay, HEPATOLOGY, 54, 462A,   2011年10月, 査読有り
  • Characterization of Step-Wise Accumulation of DNA Methylation Alterations During Human Hepatocarcinogenesis, Nishida Naoshi, Nagasaka Takeshi, Boland C. Richard, Chiba Tsutomu, Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 140, 5, S971,   2011年05月, 査読有り
  • Genetic and epigenetic signatures in human hepatocellular carcinoma: a systematic review., Nishida N, Goel A, Current genomics, 12, 2, 130, 137,   2011年04月, 査読有り
  • Impact of hepatitis virus and aging on DNA methylation in human hepatocarcinogenesis., Nishida N, Histology and histopathology, 25, 5, 647, 654,   2010年05月, 査読有り
  • Possible involvement of T helper type 2 responses to Toll-like receptor ligands in IgG4-related sclerosing disease., Akitake R, Watanabe T, Zaima C, Uza N, Ida H, Tada S, Nishida N, Chiba T, Gut, 59, 4, 542, 545,   2010年04月, 査読有り
  • Analysis of fecal DNA methylation to detect gastrointestinal neoplasia., Nagasaka T, Tanaka N, Cullings HM, Sun DS, Sasamoto H, Uchida T, Koi M, Nishida N, Naomoto Y, Boland CR, Matsubara N, Goel A, Journal of the National Cancer Institute, 101, 18, 1244, 1258,   2009年09月16日, 査読有り
  • Methylation pattern of the O6-methylguanine-DNA methyltransferase gene in colon during progressive colorectal tumorigenesis., Nagasaka T, Goel A, Notohara K, Takahata T, Sasamoto H, Uchida T, Nishida N, Tanaka N, Boland CR, Matsubara N, International journal of cancer. Journal international du cancer, 122, 11, 2429, 2436,   2008年06月01日, 査読有り
  • Mutations in both KRAS and BRAF may contribute to the methylator phenotype in colon cancer., Nagasaka T, Koi M, Kloor M, Gebert J, Vilkin A, Nishida N, Shin SK, Sasamoto H, Tanaka N, Matsubara N, Boland CR, Goel A, Gastroenterology, 134, 7, 1950, 60, 1960.e1,   2008年06月, 査読有り
  • Sequential progression of aberrant methylation in cancer-related genes in various stages of human hepatocarcinogenesis, Nishida Naoshi, Nagasaka Takeshi, Boland C. R., Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 134, 4, A752, A753,   2008年04月, 査読有り
  • Detection of colorectal neoplasia, through analysis of fecal DNA methylation, Nagasaka Takeshi, Sasamoto Hirorm, Sun Dong Sheng, Oka Tetsuhiro, Toda Keisuke, Taniguchi Nobumasa, Koi Minoru, Nishida Naoshi, Boland C. R., Goel Ajay, Matsubara Nagalude, GASTROENTEROLOGY, 134, 4, A183,   2008年04月, 査読有り
  • Mutations in both KRAS and BRAF contribute to the methylator phenotype in colon cancer, Nagasaka Takeshi, Koi Minoru, Nishida Naoshi, Shin Sung Kwan, Matsubara Nagahide, Boland C. R., Goel Ajay, GASTROENTEROLOGY, 134, 4, A615,   2008年04月, 査読有り
  • Aberrant methylation of multiple tumor suppressor genes in aging liver, chronic hepatitis, and hepatocellular carcinoma., Nishida N, Nagasaka T, Nishimura T, Ikai I, Boland CR, Goel A, Hepatology (Baltimore, Md.), 47, 3, 908, 918,   2008年03月, 査読有り
  • Extensive methylation is associated with beta-catenin mutations in hepatocellular carcinoma: evidence for two distinct pathways of human hepatocarcinogenesis., Nishida N, Nishimura T, Nagasaka T, Ikai I, Goel A, Boland CR, Cancer research, 67, 10, 4586, 4594,   2007年05月15日, 査読有り
  • Genetic instability and epigeneitc instability in human hepatocarcinogenesis, Nishida Naoshi, Nishimura Takafumi, Nagasaka Takeshi, Ikai Iwao, Goel Ajay, Boland C. richard, GASTROENTEROLOGY, 132, 4, A730, A731,   2007年04月, 査読有り
  • High copy amplification of the Aurora-A gene is associated with chromosomal instability phenotype in human colorectal cancers., Nishida N, Nagasaka T, Kashiwagi K, Boland CR, Goel A, Cancer biology & therapy, 6, 4, 525, 533,   2007年04月, 査読有り
  • Transcatheter arterial embolization for tumor seeding in the chest wall after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma., Shibata T, Shibata T, Maetani Y, Kubo T, Nishida N, Itoh K, Cardiovascular and interventional radiology, 29, 3, 479, 481,   2006年05月, 査読有り
  • Genome-wide semiquantitative microsatellite analysis of human hepatocellular carcinoma: discrete mapping of smallest region of overlap of recurrent chromosomal gains and losses., Nishimura T, Nishida N, Komeda T, Fukuda Y, Ikai I, Yamaoka Y, Nakao K, Cancer genetics and cytogenetics, 167, 1, 57, 65,   2006年05月, 査読有り
  • Interferon-alpha improves bone resorption and osteopenia in patients with chronic hepatitis C., Nishida N, Komatsu Y, Komeda T, Fukuda Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 34, 4, 222, 227,   2006年04月, 査読有り
  • Genome-wide microsatellite analysis of focal nodular hyperplasia: a strong tool for the differential diagnosis of non-neoplastic liver nodule from hepatocellular carcinoma., Nakayama S, Kanbara Y, Nishimura T, Nishida N, Hanioka K, Morita M, Fujita M, Sakurai K, Hayashi Y, Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery, 13, 5, 416, 420,   2006年, 査読有り
  • Genotype stability and clonal evolution of hepatocellular carcinoma assessed by autopsy-based genome-wide microsatellite analysis., Nishimura T, Nishida N, Komeda T, Fukuda Y, Nakao K, Cancer genetics and cytogenetics, 161, 2, 164, 169,   2005年09月, 査読有り
  • Discrete breakpoint mapping and shortest region of overlap of chromosome arm 1q gain and 1p loss in human hepatocellular carcinoma detected by semiquantitative microsatellite analysis., Nishimura T, Nishida N, Itoh T, Komeda T, Fukuda Y, Ikai I, Yamaoka Y, Nakao K, Genes, chromosomes & cancer, 42, 1, 34, 43,   2005年01月, 査読有り
  • [Natriuretic peptides in liver cirrhosis and their clinical implication]., Nishida N, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 9, 131, 134,   2004年09月, 査読有り
  • Alteration of the p14(ARF) gene and p53 status in human hepatocellular carcinomas., Ito T, Nishida N, Fukuda Y, Nishimura T, Komeda T, Nakao K, Journal of gastroenterology, 39, 4, 355, 361,   2004年, 査読有り
  • Chromosomal instability and human hepatocarcinogenesis, Histol. Histopathol, vol 18, p897-909,   2003年
  • Comprehensive allelotyping of well-differentiated human hepatocellular carcinoma with semiquantitative determination of chromosomal gain or loss., Nishimura T, Nishida N, Itoh T, Kuno M, Minata M, Komeda T, Fukuda Y, Ikai I, Yamaoka Y, Nakao K, Genes, chromosomes & cancer, 35, 329, 339,   2002年12月, 査読有り
  • Benign hepatic nodules in Budd-Chiari syndrome: radiologic-pathologic correlation with emphasis on the central scar., Maetani Y, Itoh K, Egawa H, Haga H, Sakurai T, Nishida N, Ametani F, Shibata T, Kubo T, Tanaka K, Konishi J, AJR. American journal of roentgenology, 178, 4, 869, 875,   2002年04月, 査読有り
  • Prognostic Impact of Multiple Allelic losses for metastatic recurrence in hepatocellular carcinoma after Curative Resection, Oncology, vol 62, p141-148,   2002年
  • Prognostic impact of multiple allelic losses on metastatic recurrence in hepatocellular carcinoma after curative resection., Nishida N, Fukuda Y, Komeda T, Ito T, Nishimura T, Minata M, Kuno M, Katsuma H, Ikai I, Yamaoka Y, Nakao K, Oncology, 62, 2, 141, 148,   2002年, 査読有り
  • Treatment of ruptured hepatocellular carcinoma., Tanaka A, Takeda R, Mukaihara S, Hayakawa K, Shibata T, Itoh K, Nishida N, Nakao K, Fukuda Y, Chiba T, Yamaoka Y, International journal of clinical oncology, 6, 6, 291, 295,   2001年12月, 査読有り
  • [Tumor suppressor RB gene and its related molecules in hepatocellular carcinoma]., Nishida N, Fukuda Y, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 59 Suppl 6, 134, 137,   2001年10月, 査読有り
  • Postoperative detection of alpha-fetoprotein mRNA in blood as a predictor for metastatic recurrence of hepatocellular carcinoma., Minata M, Nishida N, Komeda T, Azechi H, Katsuma H, Nishimura T, Kuno M, Ito T, Yamamoto Y, Ikai I, Yamaoka Y, Fukuda Y, Nakao K, Journal of gastroenterology and hepatology, 16, 4, 445, 451,   2001年04月, 査読有り
  • Disruption of the RB pathway in the majority of human hepatocellular carcinomas, Oncology, vol 60, p346-354,   2001年
  • Disruption of the p16/cyclin D1/retinoblastoma protein pathway in the majority of human hepatocellular carcinomas., Azechi H, Nishida N, Fukuda Y, Nishimura T, Minata M, Katsuma H, Kuno M, Ito T, Komeda T, Kita R, Takahashi R, Nakao K, Oncology, 60, 4, 346, 354,   2001年, 査読有り
  • Incidence and characteristics of thyroid dysfunction following interferon therapy in patients with chronic hepatitis C., Amenomori M, Mori T, Fukuda Y, Sugawa H, Nishida N, Furukawa M, Kita R, Sando T, Komeda T, Nakao K, Internal medicine (Tokyo, Japan), 37, 3, 246, 252,   1998年03月, 査読有り
  • Alteration of cell cycle-related genes in hepatocarcinogenesis., Nishida N, Fukuda Y, Ishizaki K, Nakao K, Histology and histopathology, 12, 4, 1019, 1025,   1997年10月, 査読有り
  • Alterations of c-fos gene methylation in the processes of aging and tumorigenesis in human liver., Choi EK, Uyeno S, Nishida N, Okumoto T, Fujimura S, Aoki Y, Nata M, Sagisaka K, Fukuda Y, Nakao K, Yoshimoto T, Kim YS, Ono T, Mutation research, 354, 1, 123, 128,   1996年07月, 査読有り
  • Infrequent alterations of the p16INK4A gene in liver cancer., Kita R, Nishida N, Fukuda Y, Azechi H, Matsuoka Y, Komeda T, Sando T, Nakao K, Ishizaki K, International journal of cancer, 67, 2, 176, 180,   1996年07月, 査読有り
  • Sensitive detection of circulating hepatocellular carcinoma cells in peripheral venous blood., Komeda T, Fukuda Y, Sando T, Kita R, Furukawa M, Nishida N, Amenomori M, Nakao K, Cancer, 75, 9, 2214, 2219,   1995年05月, 査読有り
  • Molecular aspects of hepatocarcinogenesis and their clinical implications - review., Nishida N, Fukuda Y, Ishizaki K, International journal of oncology, 4, 3, 615, 622,   1994年03月, 査読有り
  • Amplification and overexpression of the cyclin D1 gene in aggressive human hepatocellular carcinoma, Cancer Res., vol54: p3107-3110,   1994年
  • Role and mutational heterogeneity of the p53 gene in hepatocellular carcinoma., Nishida N, Fukuda Y, Kokuryu H, Toguchida J, Yandell DW, Ikenega M, Imura H, Ishizaki K, Cancer research, 53, 2, 368, 372,   1993年01月, 査読有り
  • Role and mutational heterogeneity of the p53 gene in hepatocellular carcinoma. Cancer Res., Cancer Res., vol53:p 368-372,   1993年
  • Accumulation of allelic loss on arms of chromosomes 13q, 16q and 17p in the advanced stages of human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Fukuda Y, Kokuryu H, Sadamoto T, Isowa G, Honda K, Yamaoka Y, Ikenaga M, Imura H, Ishizaki K, International journal of cancer, 51, 6, 862, 868,   1992年07月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • US-US overlay image fusionを用いたラジオ波焼灼術の有用性 従来法との比較, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2017年04月
  • DAA投与におけるSVR後のAFP及びALT異常値と関連する臨床背景の検討, 河野 匡志, 西田 直生志, 南 知宏, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 依田 広, 矢田 典久, 南 康範, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 肝臓,   2017年04月
  • 肝画像診断の進歩 US-US image fusionを用いた肝細胞癌へのラジオ波焼灼術の有用性, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2017年03月
  • 肝発癌メカニズムのパラダイムシフトとこれからの展望 PD-L1陽性肝癌の臨床病理学的特徴と遺伝子変異プロファイル, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2017年03月
  • B型肝炎治療のアップデート エンテカビルとPEG-IFNα2a/2b 48週併用療法の効果および治療効果予測因子の検討, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2016年09月
  • HCCに対するDEB-TACE時に発生したVascular lakeの検討, 沼本 勲男, 鶴崎 正勝, 渡口 真史, 日高 正二朗, 山川 美帆, 任 誠雲, 柳生 行伸, 村上 卓道, 田北 雅弘, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 朝戸 信行, IVR: Interventional Radiology,   2016年04月
  • NASH関連肝発癌における線維化進展と遺伝子変化, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2016年04月
  • ダクラタスビル/アスナプレビル併用療法の治療効果と安全性, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年11月
  • 転移性肝癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2015年09月
  • 肝細胞癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年09月
  • 肝発癌研究と臨床への展開 分子生物学的特徴に基づいた肝癌のマネージメント, 西田 直生志, 海道 利実, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年04月
  • intermediate stageの肝細胞癌に対してTACE不応後のTACE継続とソラフェニブの検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 南 知宏, 千品 寛和, 河野 匡志, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年04月
  • 転移性肝癌に対してUS-US fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年04月
  • 肝病態を反映する新たなバイオマーカーの探索 変異型HBx遺伝子の肝発癌促進における分子機序の解明, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年04月
  • 肝細胞癌の亜分類と個別化医療 血清中マイクロRNAプロファイルとソラフェニブに対する肝細胞癌の反応性予測, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2015年04月
  • トルバプタンの治療効果における予測因子の検討, 千品 寛和, 井上 達夫, 南 知宏, 河野 匡志, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2015年03月
  • Navigationに基づいた肝細胞癌IVR治療の最前線 肝細胞癌に対してUS-US Fusionを用いたラジオ波焼灼術, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2015年03月
  • 炎症からの大腸発癌におけるストレス応答蛋白Cirpの役割(Stress response protein Cirp links inflammation and tumorigenesis in colitis-associated cancer), 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 西田 直生志, 藤田 潤, 樫田 博史, 日本癌学会総会記事,   2014年09月
  • B-modeで描出困難な肝癌に対するFusion imaging+造影USガイドでのラジオ波焼灼術, 南 知宏, 南 康範, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2014年09月
  • NBNC肝がんの諸問題 NBNC肝癌の背景肝におけるメチル化プロファイルと加齢および糖尿病の影響, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2014年09月
  • TACE不応の進行肝細胞癌患者に対するソラフェニブの開始時期の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, The Liver Cancer Journal,   2014年06月
  • 高齢者Genotype 1b高ウイルス量のC型慢性肝炎患者における治療効果と安全性 ReGIT-J試験の層別解析, 西川 浩樹, 榎本 平之, 斎藤 正紀, 会澤 信弘, 津田 泰宏, 樋口 和秀, 岡崎 和一, 関 寿人, 金 守良, 本合 泰, 城村 尚登, 西田 直生志, 工藤 正俊, 大崎 往夫, 西口 修平, 肝臓,   2014年04月
  • 肝外再発例の肝癌DNAメチル化プロファイルを用いた治癒切除後の早期再発予測, 西田 直生志, 中居 卓也, 工藤 正俊, 肝臓,   2014年04月
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測, 南 康範, 南 知宏, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 柳生 行伸, 村上 卓道, 日本消化器病学会雑誌,   2014年03月
  • NAFLD/NASHにおける新知見と治療法の進歩 NASH/NAFLDモデルマウスの発癌過程におけるDNA酸化損傷とエピゲノム変異の誘導, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2014年03月
  • サイトケラチン19は肝細胞癌の新規予後予測マーカーである(Cytokeratin 19 Staining is a Nobel Prognostic Biomarker for Hepatocellular Carcinoma), 横道 直佑, 永坂 岳司, 西田 直生志, 楳田 祐三, 森川 達也, 久保田 暢人, 吉田 一博, 竹原 裕子, 母里 淑子, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊儀, Ajay Goel, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • がんリスクの評価と予防 便中メチル化CpG検出による消化器癌診断, 永坂 岳司, 吉田 一博, 森川 達也, 母里 淑子, 横道 直祐, 久保田 暢人, 竹原 祐子, 稲田 涼, 楳田 祐三, 西崎 正彦, 香川 俊輔, 西田 直生志, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義, 日本癌治療学会誌,   2013年09月
  • 肝のう胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 有住 忠晃, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2013年09月
  • サイトケラチン19は肝細胞癌の肝外転移や術後再発を予測する, 横道 直佑, 永坂 岳司, 西田 直生志, 楳田 祐三, 母里 淑子, 森川 達也, 吉田 一博, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 南 康範, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 超音波医学,   2013年04月
  • 超音波を施行した0歳児の嘔吐症例の検討, 前野 知子, 横川 美加, 辻 裕美子, 塩見 香織, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 西田 直生志, 八木 誠, 工藤 正俊, 超音波医学,   2013年04月
  • PEG-IFNα2a少量長期療法における発癌リスク因子の検討 IL28B遺伝子多型との関連も含めて, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 南 康範, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 田北 雅弘, 永井 知行, 有住 忠晃, 田中 梨絵, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2013年04月
  • 乏血性進行肝細胞癌患者に対してソラフェニブ治療の成績, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2013年04月
  • ヒト肝癌に認められるゲノムワイドな脱メチル化と染色体不安定性の関連, 西田 直生志, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 肝臓,   2013年04月
  • 良性肝細胞性結節の諸問題 肝細胞腺腫、限局性結節性過形成を含む過形成結節の基礎と臨床 非定型的な様相を呈する限局性結節性過形成についての検討, 喜多 竜一, 西田 直生志, 那須 章弘, 西島 規浩, 若狭 朋子, 佐々木 素子, 木村 達, 大崎 征夫, 中島 収, 工藤 正俊, 中沼 安二, 肝臓,   2013年04月
  • サイトケラチン19発現は肝細胞癌の上皮間葉移行と肝外転移を予測する, 横道 直佑, 永坂 岳司, 西田 直生志, 楳田 祐三, 母里 淑子, 森川 達也, 久保田 暢人, 吉田 一博, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2013年02月
  • 転移性肝癌に対する肝動脈塞栓術とラジオ波焼灼術の併用療法の有用性, 南 康範, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2012年09月
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定における造影超音波検査の有用性の検討 造影CTとの比較, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2012年09月
  • 肝嚢胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2012年09月
  • 消化器疾患と性差 肝癌の遺伝子変化および背景肝組織の男女差に関する検討, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2012年09月
  • 消化器癌と酸化ストレス 肝発癌における酸化ストレスとエピゲノム変異, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2012年09月
  • サイトケラチン19発現はEMT変化と肝細胞癌の肝外転移を予測する(Cytokeratin 19 predicts extrahepatic metastasis for hepatocellular carcinoma with epithelial-mesenchymal transition), 横道 直佑, 永坂 岳司, 西田 直生志, 久保田 暢人, 森川 達也, 母里 淑子, 楳田 祐三, 貞森 裕, 八木 孝仁, 藤原 俊義, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • BeadChip450Kを用いた肝細胞癌のゲノムワイドメチル化解析(Genome-wide methylation profiling of human hepatocellular carcinoma by using BeadChip 450K), 西村 貴文, 西田 直生志, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • C型慢性肝炎組織におけるDNAメチル化の出現と肝発癌におけるインパクト(Impact of DNA methylation alterations in chronic hepatitis C on emergence of human hepatocellular carcinoma), 西田 直生志, 永坂 岳司, 西村 貴文, 工藤 正俊, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • IL28BとPEG-IFN/RBV併用療法をうけたHCVジェノタイプ1型高ウイルス量患者の効果との関連について, 田北 雅弘, 萩原 智, 有住 忠晃, 早石 宗右, 上田 泰輔, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓,   2012年04月
  • 非上皮性肝悪性腫瘍の3例, 足立 哲平, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌,   2012年03月
  • Impact on aberrant methylation of an unique subset of tumor suppressor genes on the initial steps of human hepatocarcinogenesis., 西田 直生志, 工藤 正俊, Takeshi Nagasaka Ajay Goel, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2011年11月, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 超音波エラストグラフィーは、肝生検の代替になりうるか., 矢田 典久, 萩原 智, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第53回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2011年11月, 第53回大阪肝穿刺生検治療研究会
  • 造影エコーによる肝癌肉眼分類の有用性について., 早石 宗右, 南 康範, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第96回例会,   2012年01月, 日本消化器病学会近畿支部第96回例会
  • 造影エコーによる肝癌肉眼分類の有用性について., 早石 宗右, 南 康範, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月, 第18回肝血流動態イメージ研究会
  • 進行肝細胞癌患者に対する分子標的薬(ソラフェニブ)投与における治療効果判定基準の比較., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 竹田 治彦 大﨑 往夫, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月, 第18回肝血流動態イメージ研究会
  • 非上皮性肝悪性腫瘍の3例., 足立 哲平, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第98回日本消化器病学会総会,   2012年04月, 第98回日本消化器病学会総会
  • Novel association between global DNA hypomethylation and chromosomal instability phenotype in human hepatocellular carcinoma, 西田 直生志, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • Activation of JNK in the Non-cancerous liver tissue predicts a high risk of recurrence after hepatic resection for hepatocellular carcinoma, 櫻井 俊治, 萩原 智, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 松井 繁長, 西田 直生志, 樫田 博史, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • The gross classification of hepatocellular carcinoma: usefulness of contrast-enhanced sonography using perfluorocarbon microbubbles (sonazoid), 南 康範, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate a post treatment effect of radiofrequentry ablation about hepatocellular carcinoma: comparison with contrast-enhanced CT, 井上 達夫, 有住 忠晃, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • 当院における肝細胞癌分子標的治療の現状. パネルディスカッション「ソラフェニブ治療の実践-多数症例の使用経験を踏まえた治療の実践と問題点の解決を示す―」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会,   2012年06月, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会
  • IL28BとPEG-IFN/RBV併用療法をうけたHCVジェノタイプ1型高ウイルス量患者の効果との関連について, 田北 雅弘, 萩原 智, 有住 忠晃, 早石 宗右, 上田 泰輔, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第48回日本肝臓学会総会,   2012年06月, 第48回日本肝臓学会総会
  • 多発性の限局性結節性過形成(FNH)およびFNH様結節に関する検討. ワークショップ2「肝癌類似病変診断の新しい展開: 肝細胞腺腫とFNHを中心に」, 喜多 竜一, 工藤 正俊, 西田 直生志, 那須 章洋 木村 達 大﨑 往夫, 依田 広 恵荘 裕嗣 千葉 勉, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定における造影超音波検査の有用性~造影CTとの比較~, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与における投与後の腫瘍濃染の低下の有無と生存期間の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 転移性肝癌に対する肝動脈塞栓術とラジオ波焼灼術の併用療法の有用性, 南 康範, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 肝発癌における酸化ストレスとエピゲノム変異. パネルディスカッション5「消化器癌と酸化ストレス」, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012(第16回日本肝臓学会大会・第54回日本消化器病学会大会・第84回日本消化器内視鏡学会総会・第10回日本消化器外科学会大会・第50回日本消化器がん検診学会,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012(第16回日本肝臓学会大会・第54回日本消化器病学会大会・第84回日本消化器内視鏡学会総会・第10回日本消化器外科学会大会・第50回日本消化器がん検診学会
  • 肝癌の遺伝子変化および背景肝組織の男女差に関する検討. ワークショップ7「消化器疾患と性差」, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012(第16回日本肝臓学会大会・第54回日本消化器病学会大会・第84回日本消化器内視鏡学会総会・第10回日本消化器外科学会大会・第50回日本消化器がん検診学会,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012(第16回日本肝臓学会大会・第54回日本消化器病学会大会・第84回日本消化器内視鏡学会総会・第10回日本消化器外科学会大会・第50回日本消化器がん検診学会
  • 肝嚢胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定における造影超音波検査の有用性の検討~造影CTとの比較~, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012
  • The retrospective study of novel anticancer agent, miriplatin in TACE and TAI for unresectable hepatocellular carcinoma in Japan., 永井 知行, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2012,   2012年12月, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2012
  • 腫瘍内出血を呈した肉腫様肝癌の1例, 千品 寛和, 井上 達夫, 田中 梨絵, 山田 光成, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会,   2013年02月, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第99回日本消化器病学会総会,   2013年03月, 第99回日本消化器病学会総会
  • Noninvasive assessment of liver fibrosis by measurement of LF index in patients with chronic viral hepatitis., 矢田 典久, 萩原 智, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2013,   2013年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2013
  • Heat shock protein 27 expression is inversely correlated with intraepithelial neoplasia and positively correlated with poor differentiation of gastris cancer., 永田 嘉昭, 櫻井 俊治, 高山 政樹, 永井 知行, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 萩原 智, 西田 直生志, 松井 繁長, 樫田 博史, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2013,   2013年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2013
  • 超音波を施行した0歳児の嘔吐症例の検討, 前野 知子, 横川 美加, 辻 裕美子, 塩見香織, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 西田 直生志, 八木 誠, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第86回学術集会,   2013年05月, 日本超音波医学会第86回学術集会
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 南 康範, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第86回学術集会,   2013年05月, 日本超音波医学会第86回学術集会
  • 進行肝細胞癌のソラフェニブ治療における腫瘍血流と治療効果との関連. ワークショップ1「分子標的薬の効果予後予測因子から治療法対象を考える」, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第8回日本肝がん分子標的治療研究会,   2013年06月, 第8回日本肝がん分子標的治療研究会
  • エピゲノム変異からみたヒト肝発癌における喫煙の影響とGST遺伝子多型に関する研究, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第28回喫煙科学研究財団助成研究発表会,   2013年07月, 第28回喫煙科学研究財団助成研究発表会
  • 経皮的ラジオ波焼灼術後の穿刺経路焼灼は必要か?: 後出血予防の検討, 南 康範, 早石 宗右, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第49回日本肝癌研究会,   2013年07月, 第49回日本肝癌研究会
  • Unique association between global dna hypomethylation and chromosomal alterations in human hepatocellular carcinoma., 西田 直生志, 工藤 正俊, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, Yokomichi N Nagasaka T, Goel A, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Asso-ciation(ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Asso-ciation(ILCA)
  • 急性発症型自己免疫性肝炎の一例, 岩西 美奈, 萩原 智, 鍵岡 賛典, 南 知宏, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • 慢性C型肝炎に対するテラプレビル3剤併用療法中に結核性リンパ節炎を発症した1例, 千品 寛和, 井上 達夫, 南 知宏, 岡元 寿樹, 山田 光成, 田中 梨絵, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • The factors related to the vascularization of border line lesions detected as low intensity on hepatobiliary phase image of GD-EOB-DTPA MRI, 井上 達夫, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)
  • Sorafenib treatment for non-hypervascular hepatocellular carcinoma, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)
  • 肝のう胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 有住 忠晃, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第17回日本肝臓学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月, 第17回日本肝臓学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013)
  • Role of oxidative stress and epigenetic alteration on chronic hepatitis C-related human hepatocarcinogenesis, 西田 直生志, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, Takeshi Nagasaka, Ajay Goel, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD),   2013年11月, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD)
  • HBs抗原消失を目指したエンテカビルとPEG-IFN48週併用療法の効果について, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第15回葵肝臓研究会,   2013年11月, 第15回葵肝臓研究会
  • TACE不応の進行肝細胞癌に対するソラフェニブ開始時期の検討., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第9回日本肝がん分子標的治療研究会,   2014年01月, 第9回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 肝細胞がんに対する生体肝移植後の転移再発予測因子探索のための統合的ゲノム・エピゲノム解析(Genetic and epigenetic analysis for the prediction of recurrent hepatocellular carcinoma after liver transplantation), 西村 タカフミ, 西田 直生志, 上本 伸二, 福田 善弘, 日本癌学会総会記事,   2011年09月
  • エピジェネティクスと消化器癌 C型慢性肝炎組織における癌抑制遺伝子メチル化と肝発癌, 西田 直生志, 肝臓,   2011年09月
  • HCVの自然排除群の関連遺伝子の検討 IL 28B遺伝子とHLA抗原の多型性の検索を中心に, 井本 勉, 金 守良, 田中 靖人, 金 啓二, 谷口 美幸, 福田 善弘, 西田 直生志, 国立 裕之, 畦地 英全, 米田 俊貴, 勝島 慎二, 竹内 孝男, 山東 剛裕, 河原 啓, 菅野 雅彦, 肝臓,   2011年04月
  • ウイルス肝炎・肝癌制圧の分子基盤 C型肝炎関連発癌の初期段階における癌抑制遺伝子の異常メチル化の役割, 西田 直生志, 福田 善弘, 千葉 勉, 肝臓,   2011年04月
  • 短期間の内に増大傾向を示した多発性肝限局性結節性過形成の一例, 荒澤 壮一, 西田 直生志, 依田 広, 秦 浩一郎, 影山 詔一, 福山 宏樹, 村田 充子, 磯田 裕義, 波多野 悦朗, 千葉 勉, 超音波医学,   2011年03月
  • 肝細胞癌に対する新たな診断・治療マーカーの確立(基礎から臨床へ) 血清中の肝癌由来DNAの定量化と治療マーカーへの応用, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2010年09月
  • 肝がんのメカニズムと治療戦略 ヒト肝発癌過程におけるゲノム、エピゲノム変化の包括的解析, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2010年09月
  • 肝細胞癌に対する生体肝移植治療後の転移再発予測因子としての遺伝子メチル化の検討(Impact of gene silencing on the recurrence of hepatocellular carcinoma after living-donor liver transplantation), 西村 貴文, 西田 直生志, 上本 伸二, 福田 善弘, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 肝癌症例における血清中メチル化DNAの量的変化を用いた腫瘍ダイナミクスの推定, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2010年04月
  • 消化器癌におけるエピジェネティクス 肝発癌過程における遺伝子メチル化の変化, 西田 直生志, 福田 善弘, 千葉 勉, 肝臓,   2009年09月
  • 肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元 肝発癌過程における遺伝子メチル化の変化と肝癌診断への応用, 西田 直生志, 千葉 勉, 福田 善弘, 肝臓,   2009年04月
  • DNAメチル化検出による糞便からの消化器腫瘍の診断(Analysis of fecal DNA methylation for detecting gastrointestinal neoplasia), 永坂 岳司, 松原 長秀, 西田 直生志, 田中 紀章, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • HCV関連肝癌の発癌過程における癌関連遺伝子の異常メチル化の進展(Progression of aberrant methylation in multiple cancer-related genes in HCV-related hepatocarcinogenesis), 西田 直生志, 西村 貴文, 千葉 勉, 福田 善弘, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 肝移植治療を受けた多発性肝細胞癌症例におけるクローン関連性の検討(Clonal relationship of multi-nodular hepatocellular carcinoma in patients undergoing living-donor liver transplantation), 西村 貴文, 西田 直生志, 出口 法子, 木下 絵理, 上田 幹子, 高田 泰次, 上本 伸二, 福田 善弘, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • C型肝炎からの発癌における遺伝子メチル化の不安定性, 西田 直生志, 福田 善弘, 千葉 勉, 肝臓,   2008年04月
  • 消化器領域におけるゲノム解析の現状と展望 肝疾患に認められる遺伝子メチル化の進行とHCVの関与, 西田 直生志, 福田 善弘, 千葉 勉, 日本消化器病学会雑誌,   2008年03月
  • 大腸癌におけるCDC4-サイクリンE経路の破綻と染色体不安定性, 西田 直生志, 永坂 岳司, 柏木 一宏, Goel Ajay, 福田 善弘, 千葉 勉, 日本消化器病学会雑誌,   2007年09月
  • ヒト肝細胞癌における染色体不安定性、メチル化不安定性と癌関連遺伝子変異の相関(Chromosomal instability, Epigenetic instability and mutations of cancer-related gene in human hepaticellular carcinoma), 西田 直生志, 西村 貴文, 永坂 岳司, 福田 善弘, 千葉 勉, 日本癌学会総会記事,   2007年08月
  • 肝発癌における染色体不安定性とメチル化不安定性, 西田 直生志, 西村 貴文, 福田 善弘, 肝臓,   2007年04月
  • 包括的マイクロサテライト解析を用いた肝細胞癌のクローン不均一性の検討, 西村 貴文, 米田 俊貴, 福田 善弘, 西田 直生志, 中尾 一和, 日本癌学会総会記事,   2005年09月
  • 抗セントロメア抗体が単独陽性で他の染色型の抗核抗体が陰性のI型自己免疫性肝炎例の検討, 井本 勉, 金 守良, 福田 善弘, 西田 直生志, 大曲 勝久, 二宮 俊明, 前川 陽子, 金 啓二, 肝臓,   2004年04月
  • 難治性C型肝炎に対するBDD(Biphenyl Dimethyl Dicarboxylate)の有効性の検証, 福田 善弘, 西田 直生志, 米田 俊貴, 日本消化器病学会雑誌,   2004年03月
  • 抗GAD抗体陽性の糖尿病を伴ったヘモクロマトーシスの一例, 田中 智洋, 安立 英矢, 井上 元, 益崎 裕章, 海老原 健, 中所 英樹, 米田 俊貴, 林 達也, 西田 直生志, 細田 公則, 福田 善弘, 中尾 一和, 日本内分泌学会雑誌,   2003年12月
  • 原発性胆汁性肝硬変の母娘例, 米田 俊貴, 伊藤 照明, 久野 雅人, 西村 貴文, 西田 直生志, 中尾 一和, 池原 幸辰, 足立 正彦, 与芝 真彰, 福田 善弘, 肝臓,   2003年10月
  • IVRが奏効したBudd-Chiari症候群の3症例, 西田 直生志, 岩村 伸一, 米田 俊貴, 西村 貴文, 伊藤 照明, 前谷 洋爾, 伊藤 亨, 中尾 一和, 千葉 勉, 福田 善弘, 肝臓,   2003年10月
  • 酸化ストレスと肝障害 肝発癌過程における酸化ストレスの役割 チオレドキシンの面から, 皆田 睦子, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2003年10月
  • 慢性C型肝炎のインターフェロン治療に伴う骨吸収の改善効果と骨量増加, 西田 直生志, 米田 俊貴, 西村 貴文, 伊藤 照明, 久野 雅人, 小松 弥郷, 中尾 一和, 福田 善弘, 肝臓,   2003年09月
  • 半定量マイクロサテライト解析を用いた肝細胞癌の包括的染色体解析, 西村 貴文, 西田 直生志, 米田 俊貴, 猪飼 伊和夫, 福田 善弘, 中尾 一和, 日本癌学会総会記事,   2003年08月
  • 半定量マイクロサテライト解析を用いた肝細胞癌における第1染色体長腕重複領域の検討, 西村 貴文, 西田 直生志, 伊藤 照明, 米田 俊貴, 福田 善弘, 山岡 義生, 中尾 一和, 肝臓,   2003年04月
  • マイクロサテライトを用いた肝細胞癌における第1染色体長腕重複領域の決定, 西村 貴文, 西田 直生志, 福田 善弘, 中尾 一和, 日本癌学会総会記事,   2002年10月
  • ヒト肝細胞癌におけるKiSS-1及びhOT7T175発現の検討, 伊藤 照明, 西田 直生志, 久野 雅人, 西村 貴文, 米田 俊貴, 福田 善弘, 中尾 一和, 肝臓,   2002年05月
  • B型肝硬変症例に対するラミブジンの投与戦略, 米田 俊貴, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2002年05月
  • 乳癌術後5-FU及びTamoxifen内服中に肝障害を認めた2例, 伊藤 照明, 西田 直生志, 久野 雅人, 西村 貴文, 米田 俊貴, 中尾 一和, 児玉 宏, 福田 善弘, 肝臓,   2001年11月
  • 近未来医療 移植から再生医療 京滋地区医療施設における肝移植に関するアンケート調査, 米田 俊貴, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   2001年11月
  • 肝細胞癌の発癌予防と治療の最前線 当科において生体肝移植を検討した,肝細胞癌合併ウイルス性肝硬変の2症例, 米田 俊貴, 伊藤 照明, 久野 雅人, 西村 貴文, 西田 直生志, 中尾 一和, 福田 善弘, 上本 伸二, 田中 紘一, 肝臓,   2001年11月
  • 関節痛,関節炎を初発症状としたB型急性肝炎例でのHBV genotype,分子系統樹解析, 福田 善弘, 菅内 文中, 溝上 雅史, 伊藤 照明, 久野 雅人, 西村 貴文, 米田 俊貴, 西田 直生志, 中尾 一和, 肝臓,   2001年11月
  • マイクロサテライト解析における染色体欠失と重複の判定, 西村 貴文, 西田 直生志, 米田 俊貴, 福田 善弘, 中尾 一和, 日本癌学会総会記事,   2001年09月
  • 切除肝細胞癌における転移再発・予後予測因子としてのVEGF,Cyclin D1,E-cadherinの検討, 皆田 睦子, 伊藤 照明, 久野 雅人, 西村 貴文, 米田 俊貴, 西田 直生志, 中尾 一和, 猪飼 伊和夫, 山岡 義生, 福田 善弘, 肝臓,   2001年09月
  • ヒト肝細胞癌におけるp14ARF異常の解析及びp53異常との関連, 伊藤 照明, 西田 直生志, 畦地 英全, 久野 雅人, 西村 貴文, 米田 俊貴, 福田 善弘, 中尾 一和, 肝臓,   2001年09月
  • 高分化肝細胞癌における包括的アレロタイプ解析, 西村 貴文, 西田 直生志, 福田 善弘, 皆田 睦子, 米田 俊貴, 猪飼 伊和夫, 中尾 一和, 日本癌学会総会記事,   2000年09月
  • 肝細胞癌の遺伝子異常とその臨床的意義, 西田 直生志, 畦地 英全, 西村 貴文, 皆田 睦子, 久野 雅人, 猪飼 伊和夫, 山岡 義生, 中尾 一和, 福田 善弘, 日本消化器病学会雑誌,   2000年03月
  • 特発性細菌性腹膜炎症例における腹水中VEGFの検討, 皆田 睦子, 久野 雅人, 西村 貴文, 畦地 英全, 松岡 陽子, 西田 直生志, 中尾 一和, 福田 善弘, 米田 俊貴, 日本内科学会雑誌,   2000年02月
  • 特発性細菌性腹膜炎症例における腹水中VEGFの検討, 皆田 睦子, 西村 貴文, 勝間 寛和, 井上 基, 畦地 英全, 松岡 陽子, 西田 直生志, 中尾 一和, 米田 俊貴, 福田 善弘, 肝臓,   1999年10月
  • 脂肪肝を基盤に発生した肝細胞癌の3症例, 西村 貴文, 勝間 寛和, 井上 基, 畦地 英全, 皆田 睦子, 松岡 陽子, 西田 直生志, 中尾 一和, 米田 俊貴, 伊藤 亨, 肝臓,   1999年10月
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロンβ,α併用療法, 勝間 寛和, 西村 貴文, 畦地 英全, 井上 基, 皆田 睦子, 松岡 陽子, 西田 直生志, 中尾 一和, 米田 俊貴, 福田 善弘, 肝臓,   1999年10月
  • 肝細胞癌におけるp16INK4A遺伝子プロモーター領域のメチル化とp16,RBタンパク発現の検討, 畦地 英全, 西田 直生志, 西村 貴文, 勝間 寛和, 皆田 睦子, 松岡 陽子, 中尾 一和, 福田 善弘, 肝臓,   1999年09月
  • ヒト肝細胞癌におけるRB経路分子異常と臨床像, 西田 直生志, 畦地 英全, 高橋 玲, 西村 貴文, 中尾 一和, 福田 善弘, 日本癌学会総会記事,   1999年08月
  • 肝細胞癌におけるp15INK4B,p16INK4A遺伝子プロモーター領域のメチル化の検討, 畦地 英全, 西田 直生志, 西村 貴文, 勝間 寛和, 井上 基, 皆田 睦子, 松岡 陽子, 中尾 一和, 福田 善弘, 肝臓,   1999年05月
  • 肝癌と遺伝子 遺伝子治療を含めて 肝細胞癌の遺伝子異常, 西田 直生志, 福田 善弘, 肝臓,   1998年07月
  • 慢性肝疾患における癌遺伝子の低メチル化, 西田 直生志, 日本内科学会雑誌,   1998年02月
  • 肝細胞癌の遺伝子異常, 西田 直生志, 肝臓,   1997年09月
  • 肝細胞癌における細胞周期制御遺伝子異常の相互関係, 西田 直生志, 肝臓,   1997年03月
  • 肝細胞癌の進展と細胞周期関連遺伝子の異常, 西田 直生志, 日本癌学会総会記事,   1995年09月
  • 肝発癌における細胞周期関連遺伝子変化の意義, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1995年09月
  • ヒト肝細胞癌におけるサイクリンD1遺伝子の増幅と過剰発現, 西田 直生志, 肝臓,   1994年06月
  • ヒト肝細胞癌の遺伝子異常と臨床像, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1994年03月
  • ヒト肝細胞癌の癌遺伝子異常 悪性度,予後推定における遺伝子診断の可能性の検討, 西田 直生志, 日本内科学会雑誌,   1994年02月
  • 肝細胞癌におけるp53遺伝子の異常, 西田 直生志, 日本癌学会総会記事,   1993年10月
  • 肝細胞癌におけるp53遺伝子の異常, 西田 直生志, 肝臓,   1993年06月
  • 肝細胞癌のヘテロ接合性の消失と癌抑制遺伝子の異常, 西田 直生志, 日本癌学会総会記事,   1992年09月
  • 肝細胞癌の進展における癌抑制遺伝子の異常, 西田 直生志, 肝臓,   1992年05月
  • 肝細胞癌におけるp53遺伝子突然変異と17p染色体欠失の解析, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1992年02月
  • 肝細胞癌のRFLPによる染色体欠失の解析, 西田 直生志, 肝臓,   1991年09月
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療の経験, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1991年08月
  • 肝細胞癌のRFLPによる染色体欠失の解析, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1991年02月
  • 慢性肝疾患における血中ヒトインスリン様成長因子およびIGF結合蛋白の検討, 西田 直生志, 日本消化器病学会雑誌,   1990年02月
  • 高コレステロール血症を呈しLp-TAEにより改善をみた肝細胞癌の1症例, 西田 直生志, 肝臓,   1987年07月

MISC

  • 肝細胞癌治療における免疫チェックポイント阻害剤, 西田 直生志, Medical Science Digest, 43, 7, 328, 330,   2017年06月
    概要:進行肝細胞癌(肝癌)治療においては、新たな分子標的薬の登場により、治療の選択肢が増えている。しかし、肝癌は単一腫瘍の中でも遺伝子変異プロファイルに多様性があり、分子標的療法に対する耐性獲得は避けられない。一方、近年、癌治療に登場した免疫チェックポイント阻害剤は、分子標的療法に対する耐性獲得を獲得した肝癌にも強力なポテンシャルを持つ。現在、免疫チェックポイント阻害剤による肝癌治療の臨床試験が行われており、また、他の治療との併用による治療効果の増強が模索されている。(著者抄録)
  • 【肝硬変を理解する-分子機構から実臨床に至るまで-】 疫学 肝細胞癌における成因の経年的変化 世界の状勢と本邦の動向, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝・胆・膵, 73, 6, 865, 872,   2016年12月
  • 【肝細胞癌の分子解析と悪性度診断】 肝細胞癌の発生とエピゲノム制御, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会雑誌, 113, 5, 775, 784,   2016年05月
    概要:細胞形質の多様性はゲノムのみならずエピゲノム情報によっても規定され、後者はゲノム情報読み取りの制御機構といえる。肝細胞癌において、エピゲノム変異を示す遺伝子はゲノム変異よりも遥かに多様である。またエピゲノム制御機構の破綻は、癌の発生のみならず幹細胞様形質の獲得にも重要であると想定される。近年の高速シークエンス技術の発達により、肝細胞癌でもエピゲノム情報の維持に関わる種々の遺伝子の変異が明らかとなり、さらに環境因子のエピゲノム情報に及ぼす影響やその機序も解明されつつある。今後は、肝細胞癌のマネージメントにおいて、ゲノム・エピゲノム変異の包括的な情報が重要になると予想される。(著者抄録)
  • 【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肝癌の分子生物学 分子生物学 癌遺伝子と癌抑制遺伝子, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本臨床, 73, 増刊1 最新肝癌学, 164, 169,   2015年01月
  • 【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 臨床応用を目指した基礎研究 バイオマーカー 発癌予測バイオマーカーとしてのエピゲノム変化, 萩原 智, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本臨床, 73, 増刊1 最新肝癌学, 403, 407,   2015年01月
  • 【肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス】 腫瘍の性質と分子プロファイリング 肝癌におけるDNAメチル化プロファイリングの現状と意義, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝・胆・膵, 68, 3, 353, 363,   2014年03月
  • 【血管炎の診断と治療-新分類CHCC2012に沿って】 誘因の明らかな続発性血管炎 肝炎ウイルス関連性血管炎, 西田 直生志, 医学のあゆみ, 246, 1, 127, 130,   2013年07月
    概要:B型肝炎ウイルス(HBV)やC型肝炎ウイルス(HCV)は持続感染から肝硬変や肝癌の原因となることが知られているが、同時に宿主の免疫応答や肝炎ウイルスの肝細胞以外への感染を介して血管炎を含む多彩な肝外症状を引き起こす。とくに、HBVは結節性多発動脈炎、HCVはクリオグロブリン血症の誘因となり、これらはときにコントロール困難な血管炎となりうる。一方、肝炎ウイルスは腎障害との関連性が強いが、ウイルス間で腎障害のスペクトラムが異なり、HBVでは膜性腎症、HCVでは膜性増殖性糸球体腎炎の頻度が高い。肝炎ウイルス関連性血管炎の治療では抗ウイルス療法による肝炎ウイルスの排除やウイルス量の低下が重要であり、重症例では血管炎の病勢コントロールのためにステロイド、免疫抑制剤や血漿交換が併用される。近年のウイルス性肝炎の治療の進歩に伴い、肝炎ウイルス関連性血管炎の予後は改善しつつあり、またその頻度も減少している。(著者抄録)
  • エピゲノム異常に基づいた肝発癌予測システムの開発, 西田 直生志, 癌と人, 40, 36, 37,   2013年05月
  • 【血管炎症候群-新しい分類と名称-】 病因の判明している血管炎 HBVまたはHCV関連性血管炎(Vasculitis associated with probable etiology Vasculitis Related to HBV or HCV), 南 康範, 西田 直生志, 最新医学, 68, 2, 259, 263,   2013年02月
    概要:肝炎ウイルスは免疫複合体が関連する小型血管炎の原因として知られており,この関連性は血管炎分類に関するChapel Hill Consensus Conference(CHCC)2でも取り上げられている.ウイルス性肝炎に合併する腎炎は以前より知られているが,B型肝炎には膜性腎症,C型肝炎には膜性増殖性腎炎と,成因や病態が必ずしも同じではない.しかしながら両疾患とも,肝炎治療が奏効した場合には供給抗原の減少から腎炎が軽快するという特徴を持つ.そのため,ネフローゼ患者における肝炎ウイルスの検索が望ましい.また,そのほかにも肝炎ウイルスとクリオグロブリン血症や結節性多発動脈炎との関連性も知られている.(著者抄録)
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与における投与後の腫瘍濃染の低下の有無と生存期間の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, The Liver Cancer Journal, 4, 2, 138, 139,   2012年06月
  • 進行肝細胞癌患者に対する分子標的薬(ソラフェニブ)投与における治療効果判定基準の比較, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 竹田 治彦, 大崎 往夫, 萩原 智, 井上 達夫, 北井 聡, 矢田 典久, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 肝臓, 53, 6, 344, 347,   2012年06月
    概要:分子標的薬ソラフェニブを投与した進行肝細胞癌患者176例(男性132例、女性44例、平均71.5歳)を対象に、3種の治療効果判定基準(RECIST1.1、mRECIST、RECICL)で効果判定を行い、生存率を比較した。画像評価できた142例で解析し、30日以上内服できた128例の効果判定(CR/PR/SD/PD)は、RECIST1.1で1例/10例/62例/55例、奏効率(RR:CR+PRの割合)8.6%、病勢制御率(DCR:CR+PR+SDの割合)57.0%、mRECISTで2例/22例/54例/50例、RR:18.8%、DCR:60.9%、RECICLで2例/21例/52例/53例、RR:18.0%、DCR:58.6%であった。生存曲線ではmRECISTとRECICLで層別化され、RECICLで有意差が認められた。同様に60日以上内服できた97例の効果判定は、RECIST1.1では1例/9例/49例/38例、RR:10.3%、DCR:60.8%、mRECISTでは2例/18例/42例/35例、RR:20.6%、DCR:63.9%、RECICLでは2例/18例/41例/36例、RR:20.6%、DCR:62.9%であった。生存曲線はRECICLでのみ有意差が認められた。
  • 肥満症(第2版) 基礎・臨床研究の進歩 肥満症の疫学・病態・診断学の進歩 肥満に起因・関連する病態・疾患 成立機序、病態生理、管理・治療 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH), 西田 直生志, 日本臨床, 68, 増刊2 肥満症, 372, 377,   2010年02月
  • 肝発癌における染色体不安定性とメチル化不安定性の関わり, 西田 直生志, 肝臓フォーラム記録集, 2009, 196, 210,   2010年02月
  • 【消化器発癌におけるDNAメチル化の役割を探る!】 慢性肝炎におけるDNAメチル化は発癌の分子マーカーになるか?, 西田 直生志, G.I.Research, 17, 4, 312, 319,   2009年08月
    概要:慢性肝炎は高発癌母地であり、そこでは種々の癌抑制遺伝子プロモーターの異常メチル化が出現している。興味深いことに、発癌リスクが高いと推定される肝組織ほど異常メチル化の出現頻度が高く、加えてそれらはdysplastic noduleやadenomaなどの前癌病変でも認められており、肝発癌早期のイベントと考えられている。さらに自己免疫性肝炎などの発癌リスクの低い慢性肝疾患では異常メチル化が認められず、肝炎ウイルス感染の有無や炎症様式の違いが異常メチル化の頻度の違いに反映されている可能性がある。B型肝炎とC型肝炎におけるDNAメチル化誘導機構については、前者がウイルス由来蛋白がメチル化不安定性にかかわる可能性が指摘されているのに対して、後者は慢性炎症により引き起こされる酸化ストレスに対する反応が介在している可能性が考えられる。しかしながら、異常メチル化誘導のメカニズムには不明な点が多く、今後の検討が待たれる。(著者抄録)
  • 【肝癌 基礎・臨床研究のアップデート】 肝癌の発生・進展機序 遺伝子異常と肝発癌 肝発癌における遺伝子異常 癌抑制遺伝子異常, 西田 直生志, 福田 善弘, 日本臨床, 67, 増刊3 肝癌, 176, 180,   2009年05月
  • 染色体解析が予後の予測に有用であった多発性筋炎/皮膚筋炎合併B型慢性肝炎に発症した肝癌切除例, 出口 法子, 西村 貴文, 西田 直生志, 柳田 敦子, 波多野 悦郎, 羽賀 博典, 福田 善弘, 健康科学: 京都大学医学部保健学科紀要, 4, 19, 23,   2008年03月
    概要:症例は33歳男性で、15歳時に筋力低下を生じ多発性筋炎/皮膚筋炎と診断されステロイド治療が行われていた。1996年(33歳)時にプレドニゾロン増量、その後の減量中に肝障害が見られ、精査のため肝臓外来を受診した。AST,ALT,γ-GTPが高値でHBVマーカーはHBs抗原(+)、HBe抗原(+)、HBVDNA-ポリメラーゼも高値であった。筋炎は比較的落ち着いていた。超音波エコー、CT,MRIで外側区に30mmの肝血管腫を認めた。プレドニゾロン7.5mg/日で経過観察とした。2003年1月に持続的にAFPの上昇がみられ、CTにて血管腫以外に肝右葉前区域(S5)に20mm強の肝癌を認めた。4月に肝S4,S5部分切除術を施行した。病理診断は低分化肝癌で、染色体解析を行い多くの染色体で重複、欠失などの異常を認めた。術後2ヵ月に肝内再発があり、肝動脈塞栓術、抗癌剤持続肝動脈注入療法等を繰り返し行ったが、1年後に死亡した。
  • 【臨床分子内分泌学 心血管内分泌代謝系】 ナトリウム利尿ペプチド 病態と疾患からみたナトリウム利尿ペプチド 肝硬変, 西田 直生志, 日本臨床, 62, 増刊9 臨床分子内分泌学(1), 131, 134,   2004年09月
  • インターフェロン投与による骨代謝,骨量への影響の検討, 小松 弥郷, 西田 直生志, 八十田 明宏, 佐久間 陽子, 小笹 亜美, 中津留 有子, 米田 俊貴, 西村 貴文, 伊藤 照明, 荒井 宏司, 中尾 一和, 福田 善弘, Osteoporosis Japan, 12, 3, 375, 378,   2004年08月
    概要:C型慢性肝炎に対してIFN-αを6ヵ月以上投与された43症例を対象に,尿中デオキシピリジノリン(DPD)の推移を検討した.その結果,投与開始後2ヵ月目,6ヵ月目では尿中DPDの有意な低下が認められた.IFNによる骨吸収改善,骨量増加は,C型慢性肝炎に対するIFNの反応性やIFNの種類とは無関係に認められた.IFNはHCV消失や肝炎の鎮静化とは無関係に骨吸収抑制,骨量増加を引き起こすと考えられた
  • ヒト肝発癌におけるRB経路分子異常の意義に関する研究, 姫野 泰雄, 畦地 英全, 西田 直生志, 福田 善弘, 逓信医学, 53, 6, 373, 375,   2001年12月
    概要:ヒト肝発癌における網膜芽細胞腫(RB)遺伝子およびその制御分子異常の意義について検討した.各ステージおよび各分化度の47例の肝癌組織で,RB経路の分子としてRB,p16,サイクリンD1の異常を解析した.RB,p16の異常を分化度別でみた場合,いずれも高分化肝癌の時期から認められ,中分化,低分化肝癌との間に異常頻度の差違はなかったが,RB,p16不活化は逆相関を示した.サイクリンD1の分化度別異常では,頻度が少ないものの中分化〜低分化肝癌に頻度が高い傾向が認められた.以上より,RB経路分子異常は比較的早期の肝癌より認められ,ヒト肝発癌ではRB経路の破綻にp53及びサイクリンD1の異常が加わり,より進展した腫瘍になると考えられた
  • 【肝癌の診断と治療 最新の研究動向】 肝癌の発癌機構 肝発癌における遺伝子異常 癌抑制遺伝子RB及びその関連分子, 西田 直生志, 福田 善弘, 日本臨床, 59, 増刊6 肝癌の診断と治療, 134, 137,   2001年10月
  • 【肝・胆・膵の分子医学】 基礎 肝発癌・進展機序の分子医学細胞遺伝子変異, 福田 善弘, 西村 貴文, 畦地 英全, 西田 直生志, 現代医療, 33, 9, 2339, 2346,   2001年09月
  • 肝性脳症患者に対するラグノスゼリーの使用経験 服用性に関する患者アンケート調査, 福田 善弘, 西田 直生志, 医薬ジャーナル, 36, 8, 2300, 2303,   2000年08月
    概要:ラクツロースのシロップ剤を投与していた肝性脳症患者5例に対して,甘味を抑えたスティックタイプの内服用ゼリー剤(ラグノスゼリー)を投与し,臨床評価及び服用性に関するアンケート調査を実施した.臨床効果(精神神経症状,血中アンモニア濃度)については良好にコントロールされた.一方,患者アンケートにおいて,ラグノスゼリーは服用しやすく,4例の患者が本剤の継続服用を希望する結果を得た
  • 【高度医療研究】 C型肝炎による肝発癌機構の解明,及び遺伝子診断への応用に関する研究, 姫野 泰雄, 畦地 英全, 西田 直生志, 福田 善弘, 逓信医学, 52, 1, 19, 22,   2000年01月
    概要:p53異常を分化度別,ステージ別に見るとDNA上の突然変異及び免疫組織染色いずれも,高分化に比べ,中分化〜低分化肝癌で異常の頻度が高くなり,高分化から中分化肝癌に移行する過程で,p53に異常が生じると考えられた.RB,p16INK4Aの異常を分化度に検討した結果,いずれも高分化肝癌の時期から認められ,中分化,低分化肝癌との間に異常頻度の差違はなかった.即ち,これらの分子異常はp53異常と比べ肝発癌のより早い時期に関わる可能性が考えられた.サイクリンD1の異常を分化度検討した結果では,異常の頻度が少ないものの,中分化〜低分化肝癌に頻度が高い傾向が認められた.なおこれらの分子異常と各肝炎ウイルスマーカーの間に相関は認められず,B型,C型肝炎ウイルス由来の肝癌に特徴的な変化は認められなかった
  • ウイルス肝炎からの肝発癌機構 肝発癌に伴う遺伝子異常, 勝間 寛和, 西田 直生志, 福田 善弘, 治療学, 33, 3, 263, 267,   1999年03月
  • 【症候・病態の分子メカニズム】 消化器 主要疾患・症候群 肝癌, 福田 善弘, 西田 直生志, Molecular Medicine, 35, 臨増, 169, 171,   1998年12月
  • 【消化器がん 遺伝子異常と診断・治療への展開】 肝がんの遺伝子診断, 西田 直生志, 最新医学, 53, 8, 1857, 1862,   1998年08月
  • 肝硬変・肝癌・トピックス 肝癌の遺伝子異常, 西田 直生志, Medical Practice, 15, 7, 1206, 1207,   1998年07月
  • 肝癌-診断と治療の進歩 肝癌発生の病態 肝癌に蓄積する遺伝子異常, 西田 直生志, 畦地 英全, 勝間 寛和, 内科, 80, 4, 628, 632,   1997年10月
  • 消化器病の臨床1997 肝がんの分子生物学的側面, 喜多 竜一, 西田 直生志, 福田 善弘, 最新医学, 52, 増刊, 515, 522,   1997年03月
  • 肝癌の分子遺伝学的解析, 福田 善弘, 喜多 竜一, 西田 直生志, 臨床医, 22, 4, 497, 500,   1996年04月
  • 消化器癌の悪性度評価 消化器癌と増殖因子, 西田 直生志, 福田 善弘, 臨床消化器内科, 10, 12, 1759, 1764,   1995年10月
  • 肝癌をめぐる最新の研究 肝癌の遺伝子異常, 西田 直生志, 福田 善弘, 医学のあゆみ, 171, 14, 1115, 1120,   1994年12月
  • 肝癌発生の分子生物学 分子病理学的見地から, 西田 直生志, 喜多 竜一, 福田 善弘, 肝・胆・膵, 29, 2, 227, 234,   1994年08月
  • 内科医のための分子生物学的アプローチ 肝癌, 西田 直生志, 福田 善弘, 姫野 泰雄, Modern Physician, 12, 8, 1173, 1177,   1992年08月
  • HBV-HCVの重感染, 福田 善弘, 西田 直生志, 国立 裕之, 消化器科, 14, 5, 393, 401,   1991年05月
  • OK-432腫瘍内局所注射が著効を示した進行胃癌患者の1例, 佐竹 弘, 西田 真弓, 西田 直生志, Progress in Medicine, 10, 3, 639, 649,   1990年03月
    概要:85歳男のBorrmann 1型進行胃癌に対し隆起成分をポリペクトミーした後,残存癌に対し週1回(計8回),OK-432, 10KEを腫瘍内局所注射し,その後無水エタノール局注を追加した.1)腫瘍残存部位は,OK-432の局注回数が増すにつれ肉眼的に縮小し,初回局注より27週目には,生検組織所見でも悪性像はみられず,OK-432の胃癌内局注は有効であった.2) OK-432の腫瘍内局注により,癌巣は次第に異型度が低下し,最終的に癌と判定するのが困難となった.また,同一腫瘍内では未分化癌細胞が初期に変化を受け,分化型癌の細胞群はより多く残存した.これらの事実は,OK-432の効果がより未分化な癌に作用しやすいためと推論した.3)同一胃内に偶然存在した微小癌巣には,局注を行なわず経過観察したが,この病変は主病変とは逆に次第に病巣が増大した.これにより,OK-432の抗腫瘍作用は局所作用,すなわちOK-432の直接腫瘍への接触が必要と思われた
  • 肝疾患に伴う"こむら返り"に対する塩酸エペリゾンの臨床評価, 清水 一良, 西田 直生志, 直木 正雄, 臨牀と研究, 66, 12, 4027, 4032,   1989年12月
  • OK-432によるB型慢性肝炎の治療, 清水 一良, 西田 直生志, 直木 正雄, Therapeutic Research, 10, 7, 2794, 2801,   1989年07月
  • 1cm以下の大腸癌6症例の臨床的検討, 佐竹 弘, 西田 直生志, 直木 正雄, 医療, 43, 4, 456, 461,   1989年04月
  • 胃5点生検法から見た高齢者十二指腸潰瘍の胃炎について, 西田 直生志, Geriatric Medicine, 26, 11, 1736, 1736,   1988年11月
  • 胃5点生検からみた高齢者十二指腸潰瘍の胃炎について, 西田 直生志, 医療, 42, 増刊1, 192, 192,   1988年10月

受賞

  •   2009年09月, 日本肝臓学会総会 会長奨励賞
  •   2008年10月, 日本肝臓学会冠アワード (CHUGAI Award)
  •   1993年07月, 日本肝臓学会研究奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 包括的エピゲノム解析に基づいた脂肪性肝疾患からの肝発癌予測因子の同定, 西田直生志
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ナトリウム利尿ペプチド系活性化による新規の肥満・脂肪肝炎治療法開発の基盤研究, 田村尚久, 前年度の研究で、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)が膜型グアニル酸シクラーゼ(GC)-Aを介して脂肪肝・肝臓線維化抑制作用を有することを示したが、今年度は、種々の臓器において線維化抑制作用が知られているC型ナトリウム利尿ペプチド(CNP)/GC-B系の意義を検討した。CNPノックアウト(KO)マウスは内軟骨性骨化の障害により低身長を示すが、II型コラーゲンα1鎖プロモーター制御下に軟骨特異的にCNPを発現させることで低身長を改善したCNP-KOを作成し実験に用いた。骨格を正常化したCNP-KOでは、代謝ケージを用いた検討にてエネルギー消費亢進が認められるとともに、体脂肪の減少が認められた。尿中ノルアドレナリン排泄量が亢進し、褐色脂肪組織においてPGC-1α、UCP-1などの脂肪酸燃焼と熱産生に関連する遺伝子群の発現が亢進していたが、β遮断薬プロプラノロール投与でこの遺伝子発現亢進は消失した。CNPの受容体であるGC-Bの遺伝子発現は、熱産生調節の中枢である視床下部と褐色脂肪組織の双方で認められたが、CNPの遺伝子発現は視床下部においてのみ認められた。以上より、BNP/GC-A系が末梢組織での脂肪酸燃焼促進により体脂肪減少をもたらすのに対して、CNP/GC-B系は中枢性にエネルギー消費を抑制し体脂肪蓄積を促進することが示唆された。このCNP-KOマウスの肝臓組織像を野生型マウ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 肝細胞癌における血清中のメチル化遺伝子を用いた腫瘍ダイナミクスの推定と臨床応用, 西田直生志, 我々は、作年度に肝細胞癌(肝癌)において、腫瘍ダイナミクスを早期に反映する新規マーカーとして、血清中より癌特異的なAPC, CDKN2A, GATP1, RASSF1のメチル化DNAの検出、定量が有用である可能性を見いだした。本年度は、APC遺伝子のメチル化DNAと非メチル化DNAの割合(Me/NMe DNA比)を、血清中の遊離DNAから高感度に検出、判定するため、APCプロモーターのCpG islandに、Bisulfite処理後のDNAがメチル化の状態に関わらず増幅されるPCRプライマーを設定し、さらにその内部にメチル化、非メチル化DNAをそれぞれ特異的に増幅、検出するhemi-nested TaqManプライマー,プローブを設定することにより、1 stepで高感度にMe/NMe DNA比の定量的解析が可能な系を開発した。肝癌組織DNAを希釈し、このアッセイ系でMe/NMe DNA比を求めたところ、希釈前のDNAを用いたCOBRA法の結果とよく一致した。次に、肝癌症例および正常者の血清100μ1よりDNAを抽出、Bisulfite処理し、上記の方法でMe/NMe DNA比を求めたところ、肝癌症例の血清では全例で検出が可能であり、一方、正常者では血清中にMe-DNAは検出されなかった。また肝癌症例でのMe/NMe DNA比と腫瘍の脈管浸潤との間には有意な相関が観察された。こ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 肝細胞癌における肝移植治療後の予後因子としての遺伝子メチル化の研究, 福田善弘, 西村貴文, 生体肝移植は肝細胞癌の根治治療の一つであるが、本研究はがん抑制遺伝子のプロモーターメチル化による不活性化が再発予測に有用であるか否かを検討することを目的として行われた。50例の癌および非癌肝硬変組織よりDNAを抽出し、combined bisulfite restriction analysis法によりAPC,CDKN2A,HIC1,RASSF1A,GSTP1,RUNX3,PRDM2,SOCS1のプロモーター領域を解析したところ、これらの領域のメチル化は非癌部に比べて明らかに癌部で高頻度に認められたが、肝細胞癌の再発との正の相関は認められなかった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 肝疾患における遺伝子プロモーターのメチル化不安定性の解析とその臨床応用, 西田直生志, ヒト肝癌で異常メチル化が報告されている19種類の遺伝子座位に関して、正常肝、各種の慢性肝炎組織、肝癌の前癌病変、肝癌組織のメチル化レベルを定量し、肝発癌の初期に重要と思われる7種類の遺伝子座位を選び出した。これらの遺伝子座位のメチル化は前癌病変で肝癌と同程度のレベルのメチル化が認められ、また高発癌母地であるウイルス性肝炎組織でも低レベルながらメチル化が認められたが、発癌リスクの少ないPBCの組織ではメチル化が認められなかった。またインターフェロン治療による肝炎ウイルスの消失後、数年の経過でそのメチル化も改善(消失)していた。従って、これらの遺伝子メチル化は肝発癌の初期に重要であり、その消失は発癌リスクの低下につながると考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 肝細胞癌における肝移植後の転移再発予測システムの確立, 福田善弘, 肝細胞癌に対する肝移植療法は、生体内の癌病巣とともに発癌の母地である肝硬変までも除去するという点で肝細胞癌の根本的な治療法となり得ると考えられるが、病期の進行した症例では移植後においても転移再発が認められる。一方、肝細胞癌においては特定の染色体領域の欠失や重複が高頻度に認められ、これらが癌の悪性化の主要な原因と考えられている。このことから、肝細胞癌の染色体異常に基づいた肝移植治療後の転移再発の予測式を確立することを目的として本研究を開始した。当院移植外科で肝移植治療を受ける肝細胞癌症例に対し、文書によりインフォームドコンセントを得た後、病理部に提出された肝組織の癌部及び非癌部を採取した。PCRプライマーは22の常染色体およびX染色体を網羅する400のマイクロサテライトに対応する市販のプライマーを用いた。アレリックインバランスの判定には癌細胞の2つのバンドのピーク面積比を非癌肝組織のピーク面積比で補正し0.70をカットオフ値とした。アレリックインバランスが認められたマイクロサテライトは更に正常型を示すマイクロサテライトを内部基準とした比較二重PCRを行い、染色体の欠失または重複を判定した。11例の検体を採取したが、うち4検体はDNA抽出が不良であり、さらに3検体はアレリックインバラスが検出されず腫瘍細胞が十分採取されていないと考えられた。残る4例については以下のような染色体異常...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ヒト消化器癌のp53依存性アポトーシス関連分子異常の解析及びその治療応用, 西田直生志, ヒト肝細胞癌(肝癌)44症例及びそれらの非癌部組織を用いp53経路関連分子であるp14遺伝子の突然変異、欠失、プロモーターのメチル化異常を、それぞれPCR-SSCP、直接塩基配列決定法、multiplex-PCR、メチル化特異的PCRを用いて検討し、さらにその遺伝子発現をReal-Time PCRを用いて解析した。また、同一症例におけるp53異常を免疫組織染色法を用いて検討し、さらに肝癌の染色体不安定性を我々が改良した判定量マイクロサテライト解析を用いて検討した。その結果、2症例の肝癌組織にp14遺伝子エクソン2の突然変異が、また1症例の肝癌組織にp14遺伝子エクソン2の欠失が認められた。一方、p14遺伝子プロモーターのメチル化が認められた症例はなく、さらにReal-Time PCRを用いてp14遺伝子の発現を検討するとエクソン2の欠失が認められた肝癌では、発現は認められなかったが、その他の症例では非癌部に比べ、癌部では発現が亢進していたことより、肝癌においてp14遺伝子の転写調節機構には異常はないと考えられた。p14遺伝子の癌部での発現亢進は腫瘍の分化度と相関し、腫瘍の増殖能を反映する可能性が示唆された。一方、12症例の肝癌症例ではp53蛋白の免疫組織染色で異常が認められた。p53異常が認められた12症例中、高分化肝癌は1症例であったが、p14遺伝子異常が認められた3症例は...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), RB経路に関わる分子のヒト肝細胞癌における異常の解析及びその臨床応用, 西田直生志, 癌抑制遺伝子産物RBおよびその関連分子は細胞周期制御に重要な経路に関わり、その異常は多種類の腫瘍の発生に関わることが報告されている。本研究では肝発癌におけるRB経路の破綻の意義を検討するため、各分化度のヒト肝癌を用いてRB経路分子の異常を包括的に解析し、さらにp53経路分子の異常の解析を加え、RB、p53経路異常の関連性も検討した。解析法は、RB蛋白発現には免疫染色、サイクリンD1遺伝子異常・発現にサザンブロッティングおよび免疫染色、p16遺伝子異常・発現異常にはメチル化特異的PCR、PCR-SSCP、PCRを用いた欠失の解析、ウエスタンブロッティングを施行した。また同一症例において、p53遺伝子異常・発現異常をPCR-SSCP、免疫組織化学染色を用い、またARF遺伝子異常をメチル化特異的PCR、PCR-SSCP、PCRを用いた欠失の解析、発現をTaq-Man PCRを用いて解析した。サイクリンD1発現は高〜中分化肝癌に移行する過程で頻度が増える傾向が認められたが、RB、p16発現異常の頻度と分化度には関連は認められなかった。さらにRB経路分子のいずれかに発現異常が認められる症例は高分化肝癌にも高頻度であった。一方、p53遺伝子・発現異常は、高〜中分化肝癌に移行する過程で頻度が増加した。ARF遺伝子点突然変異及び発現消失・欠失は7%に認められたがメチル化異常は認められなかった...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), TGF-βシグナル伝達に関わる分子の消化器癌における異常の解析及び癌治療への応用, 西田直生志, 1) ヒト肝細胞癌(肝癌)における第4染色体欠失の意義を検討するため、76症例の肝癌組織及びその非癌部を用い、第4染色体上のSmad1遺伝子の突然変異の有無をRT-PCR-SSCP法にて解析した。Smad1遺伝子(CDNA)のMH2ドメインに3組のPCRPrimerを設定しSSCP法を施行したが、肝癌症例でSmad1遺伝子に異常が認められた例はなかった。次にRNAの得られた36症例の肝癌において、Smad1遺伝子の発現を半定量的PCRを用いて検討した。半定量的PCRはβ-アクチンの発現をコントロールとして用い、26サイクルのPCRを行い判定した。その結果、非癌部に比し癌部で発現量の低下が認められた症例はなかった。一方これらの症例における第4染色体欠失の頻度はFGA座位で27%(PCR-RFLP法)、FABP座位で16%(PCR-RFLP法)、D4S125座位で12%(サザンブロット法)、D4S1537座位で20%であった。上記より肝癌の約2割に第4染色体欠失が認められるが、Smad1遺伝子の異常は認められなかった。2) 同様にSmad2、Smad4、TGF-βタイフIIレセプターの突然変異をRT-PCR-SSCP法にて解析したが、異常の認められた例はなかった。3) 上記の肝癌症例において、TGF-βシグナル伝達に関わる分子であるp15^遺伝子の異常の有無を解析し...
  • 共同研究, 肝発癌の分子機構の解明と臨床応用
  • ヒト消化器癌の分子標的治療の探索