KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

西尾 和人ニシオ カズト

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位博士(医学)
専門腫瘍生物学 腫瘍生化学 分子標的治療
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/757-nishio-kazuto.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10208134.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    がんの新規遺伝子発見に関する臨床応用への可能性について。がん薬物治療、特に分子標的薬、がんトランスレーショナル研究、バイオマーカー、個別化医療。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/3/22
     毎日新聞
     薬への耐性と攻防について

学歴・経歴

経歴

  •   2006年,  - 2013年, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 呼吸器内科学
  • 腫瘍学, 臨床腫瘍学
  • 境界医学, 応用薬理学
  • 薬学, 生物系薬学
  • 外科系臨床医学, 脳神経外科学
  • 内科系臨床医学, 消化器内科学
  • 外科系臨床医学, 産婦人科学
  • 外科系臨床医学, 整形外科学
  • 基礎医学, 病態医化学

研究キーワード

  • 抗がん剤, チロシンキナーゼ阻害剤, 分子標的薬, アポトーシス, バイオマーカー, 肺癌, 抗癌剤, 遺伝子発現解析, マイクロアレイ, CD133, 化学療法, ゲフィチニブ, 遺伝子増幅, 細胞周期制御薬, ナチュラル・キラー, TZT-1027, ファルネシルトランスフェラーゼ, がん抑制遺伝子, CD117, 抗腫瘍効果, EGFR, アニーリング, 遺伝子移入, FGFRシグナル, ファーマコゲノミックス, VEGFR-2, 血管, minor gloove binder, ホスホリパーゼC, Duocarmycin

論文

  • Elevated plasma levels of procoagulant microparticles are a novel risk factor for thrombosis in patients with myeloproliferative neoplasms., Taniguchi Y, Tanaka H, Luis EJ, Sakai K, Kumode T, Sano K, Serizawa K, Rai S, Morita Y, Hanamoto H, Tsubaki K, Nishio K, Matsumura I, International journal of hematology,   2017年08月, 査読有り
  • Clonal composition of human ovarian cancer based on copy number analysis reveals a reciprocal relation with oncogenic mutation status., Sakai K, Ukita M, Schmidt J, Wu L, De Velasco MA, Roter A, Jevons L, Nishio K, Mandai M, Cancer letters, 405, 22, 28,   2017年07月, 査読有り
  • DS-8201a, a new HER2-targeting antibody-drug conjugate incorporating a novel DNA topoisomerase I inhibitor, overcomes HER2-positive gastric cancer T-DM1 resistance., Takegawa N, Nonagase Y, Yonesaka K, Sakai K, Maenishi O, Ogitani Y, Tamura T, Nishio K, Nakagawa K, Tsurutani J, International journal of cancer,   2017年07月, 査読有り
  • Clinical significance of Akt2 in advanced pancreatic cancer treated with erlotinib., Banno E, Togashi Y, de Velasco MA, Mizukami T, Nakamura Y, Terashima M, Sakai K, Fujita Y, Kamata K, Kitano M, Kudo M, Nishio K, International journal of oncology, 50, 6, 2049, 2058,   2017年06月, 査読有り
  • A Randomized Phase II Study Comparing Nivolumab With Carboplatin-Pemetrexed for Patients With EGFR Mutation-Positive Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer Who Acquire Resistance to Tyrosine Kinase Inhibitors Not Due to a Secondary T790M Mutation: Rationa, Hayashi H, Chiba Y, Sakai K, Fujita T, Yoshioka H, Sakai D, Kitagawa C, Naito T, Takeda K, Okamoto I, Mitsudomi T, Kawakami Y, Nishio K, Nakamura S, Yamamoto N, Nakagawa K, Clinical lung cancer,   2017年05月, 査読有り
  • Efficacy of irreversible EGFR-TKIs for the uncommon secondary resistant EGFR mutations L747S, D761Y, and T854A., Chiba M, Togashi Y, Bannno E, Kobayashi Y, Nakamura Y, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, BMC cancer, 17, 1, 281,   2017年04月, 査読有り
  • Incidence of carnitine deficiency in patients with cancer pain: A pilot study., Sakai K, Matsuoka H, Ohtake Y, Makimura C, Izumi H, Fujita Y, Otsuka M, Tsurutani J, Nishio K, Nakagawa K, Koyama A, Molecular and clinical oncology, 6, 3, 331, 333,   2017年03月, 査読有り
  • Contributions of MET activation to BCR-ABL1 tyrosine kinase inhibitor resistance in chronic myeloid leukemia cells., Tsubaki M, Takeda T, Kino T, Sakai K, Itoh T, Imano M, Nakayama T, Nishio K, Satou T, Nishida S, Oncotarget, 8, 24, 38717, 38730,   2017年06月, 査読有り
  • Expectation of a Decrease in Pain Affects the Prognosis of Pain in Cancer Patients: a Prospective Cohort Study of Response to Morphine., Matsuoka H, Yoshiuchi K, Koyama A, Makimura C, Fujita Y, Tsurutani J, Sakai K, Sakamoto R, Nishio K, Nakagawa K, International journal of behavioral medicine, 24, 4, 535, 541,   2017年03月, 査読有り
  • Phylloid hypomelanosis associated with a mosaic trisomy 13 in the 13q31.3-qter region: atypical phylloid distribution and typical hypomelanosis., Oiso N, Sakai K, Nishio K, Kawada A, Pigment cell & melanoma research, 30, 2, 269, 272,   2017年05月, 査読有り
  • Characterization of EGFR T790M, L792F, and C797S Mutations as Mechanisms of Acquired Resistance to Afatinib in Lung Cancer., Kobayashi Y, Azuma K, Nagai H, Kim YH, Togashi Y, Sesumi Y, Chiba M, Shimoji M, Sato K, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T, Molecular cancer therapeutics, 16, 2, 357, 364,   2017年02月, 査読有り
  • Significance of FGF9 gene in resistance to anti-EGFR therapies targeting colorectal cancer: a subset of colorectal cancer patients with FGF9 upregulation may be resistant to anti-EGFR therapies., Mizukami T, Togashi Y, Naruki S, Banno E, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Yoneshige A, Hayashi H, Fujita Y, Tomida S, Nakajima TE, Fujino T, Boku N, Ito A, Nakagawa K, Nishio K, Molecular Carcinogenesis, 56, 1, 106, 117,   2017年01月, 査読有り
  • Clinical Response to Everolimus of EGFR-Mutation-Positive NSCLC With Primary Resistance to EGFR TKIs., Matsuoka H, Kaneda H, Sakai K, Koyama A, Nishio K, Nakagawa K, Clinical lung cancer, 18, 1, e85, e87,   2017年01月, 査読有り
  • The H3K27 demethylase, Utx, regulates adipogenesis in a differentiation stage-dependent manner., Ota K, Tong KI, Goto K, Tomida S, Komuro A, Wang Z, Nishio K, Okada H, PloS one, 12, 3, e0173713,   2017年05月, 査読有り
  • A Randomized Study of FOLFIRI plus either Panitumumab or Bevacizumab for Wild-Type KRAS Colorectal Cancer-WJOG 6210G., Cancer Sci, 107, 12, 1843, 1850,   2016年12月, 査読有り
  • MEK inhibitors against MET-amplified non-small cell lung cancer., Chiba M, Togashi Y, Tomida S, Mizuuchi H, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, Int J Oncol, 49, 6, 2236, 2244,   2016年12月, 査読有り
  • Randomized study of FOLFIRI plus either panitumumab or bevacizumab for wild-type KRAS colorectal cancer-WJOG 6210G., Shitara K, Yonesaka K, Denda T, Yamazaki K, Moriwaki T, Tsuda M, Takano T, Okuda H, Nishina T, Sakai K, Nishio K, Tokunaga S, Yamanaka T, Boku N, Hyodo I, Muro K, Cancer science, 107, 12, 1843, 1850,   2016年12月, 査読有り
  • Association of EGFR Exon 19 Deletion and EGFR-TKI Treatment Duration with Frequency of T790M Mutation in EGFR-Mutant Lung Cancer Patients., Matsuo N, Azuma K, Sakai K, Hattori S, Kawahara A, Ishii H, Tokito T, Kinoshita T, Yamada K, Nishio K, Hoshino T, Scientific reports, 6, 36458,   2016年11月, 査読有り
  • Tumor volume determines the feasibility of cell-free DNA sequencing for mutation detection in non–small cell lung cancer., Ohira T, Sakai K, Matsubayashi J, Kajiwara N, Kakihana M, Hagiwara M, Hibi M, Yoshida K, Maeda J, Ohtani K, Nagao T, Nishio K, Ikeda N, Cancer Sci, 107, 11, 1660, 1666,   2016年11月, 査読有り
  • Case report: Durable response to afatinib in a patient with lung cancer harboring two uncommon mutations of EGFR and a KRAS mutation., Tanizaki J, Banno E, Togashi Y, Hayashi H, Sakai K, Takeda M, Kaneda H, Nishio K, Nakagawa K, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 101, 11, 15,   2016年11月, 査読有り
  • FGFR gene alterations in lung squamous cell carcinoma are potential targets for the multikinase inhibitor nintedanib., Hibi M, Kaneda H, Tanizaki J, Sakai K, Togashi Y, Terashima M, De Velasco MA, Fujita Y, Banno E, Nakamura Y, Takeda M, Ito A, Mitsudomi T, Nakagawa K, Okamoto I, Nishio K, Cancer Sci, 107, 11, 1667, 1676,   2016年11月, 査読有り
  • Detection of the T790M mutation of EGFR in plasma of advanced non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to tyrosine kinase inhibitors (West Japan oncology group 8014LTR study)., Takahama T, Sakai K, Takeda M, Azuma K, Hida T, Hirabayashi M, Oguri T, Tanaka H, Ebi N, Sawa T, Bessho A, Tachihara M, Akamatsu H, Bandoh S, Himeji D, Ohira T, Shimokawa M, Nakanishi Y, Nakagawa K, Nishio K, Oncotarget, 7, 36, 58492, 58499,   2016年09月, 査読有り
  • Afatinib against esophageal or head-and-neck cell squamous carcinoma: significance of activating oncogenic HER4 mutations in HNSCC., Mol Cancer Ther, 15, 8, 1988, 1997,   2016年08月, 査読有り
  • Sensitivities to various EGFR-TKIs of uncommon EGFR mutations L861Q and S768I: what is the optimal EGFR-TKI?, Cancer Sci, 107, 8, 1134, 1140,   2016年08月, 査読有り
  • Increased FGF19 copy number is frequently detected in hepatocellular carcinoma with a complete response after sorafenib treatment., Kaibori M, Sakai K, Ishizaki M, Matsushima H, De Velasco MA, Matsui K, Iida H, Kitade H, Kwon AH, Nagano H, Wada H, Haji S, Tsukamoto T, Kanazawa A, Takeda Y, Takemura S, Kubo S, Nishio K, Oncotarget, 7, 31, 49091, 49098,   2016年08月, 査読有り
  • Sensitivities to various epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors of uncommon epidermal growth factor receptor mutations L861Q and S768I: What is the optimal epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor?, Banno E, Togashi Y, Nakamura Y, Chiba M, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Mitsudomi T, Nishio K, Cancer science, 107, 8, 1134, 1140,   2016年08月, 査読有り
  • Afatinib against Esophageal or Head-and-Neck Squamous Cell Carcinoma: Significance of Activating Oncogenic HER4 Mutations in HNSCC., Nakamura Y, Togashi Y, Nakahara H, Tomida S, Banno E, Terashima M, Hayashi H, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Okegawa T, Nutahara K, Hamada S, Nishio K, Molecular cancer therapeutics, 15, 8, 1988, 1997,   2016年08月, 査読有り
  • Functional analyses of mutations in receptor tyrosine kinase genes in non-small cell lung cancer: double-edged sword of DDR2., Terashima M, Togashi Y, Sato K, Mizuuchi H, Sakai K, Suda K, Nakamura Y, Banno E, Hayashi H, De Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K, Clin Cancer Res, 22, 14, 3663, 3671,   2016年07月, 査読有り
  • "Phase II study of erlotinib plus tivantinib (ARQ 197) in patients with locally advanced or metastatic EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer just after progression on EGFR-TKI, gefitinib or erlotinib., Azuma K, Hirashima T, Yamamoto N, Okamoto I, Takahashi T, Nishio M, Hirata T, Kubota K, Kasahara K, Hida T, Yoshioka H, Nakanishi K, Akinaga S, Nishio K, Mitsudomi T, Nakagawa K, ESMO Open, 1, 4, e000063,   2016年07月, 査読有り
  • Characterization of the cytotoxic activity of [2]rotaxane (TRO-A0001), a novel supramolecular compound, in cancer cells., Fujita Y, Kimura M, Sato H, Takata T, Ono N, Nishio K, Archives of pharmacal research, 39, 6, 825, 832,   2016年06月, 査読有り
  • Successful human epidermal growth receptor 2-targeted therapy beyond disease progression for extramammary Paget's disease., Watanabe S, Takeda M, Takahama T, Iwasa T, Tsurutani J, Tanizaki J, Shimizu T, Sakai K, Wada Y, Isogai N, Nishio K, Nakagawa K, Invest New Drugs, 34, 3, 396, 404,   2016年06月, 査読有り
  • Genome sequencing for non-small cell lung cancer identifies a basis for nintedanib sensitivity., Ann Oncol, 27, 4, 748, 750,   2016年04月, 査読有り
  • Oncogene swap as a novel mechanism of acquired resistance to EGFR-tyrosine kinase inhibitor in lung cancer., Cancer Sci, 107, 4, 461, 468,   2016年04月, 査読有り
  • Clinical, Pathological, and Molecular Features of Lung Adenocarcinomas with AXL Expression., Sato K, Suda K, Shimizu S, Sakai K, Mizuuchi H, Tomizawa K, Takemoto T, Nishio K, Mitsudomi T, PLoS One, 11, 4, e0154186,   2016年04月, 査読有り
  • Oncogene swap as a novel mechanism of acquired resistance to epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor in lung cancer., Mizuuchi H, Suda K, Murakami I, Sakai K, Sato K, Kobayashi Y, Shimoji M, Chiba M, Sesumi Y, Tomizawa K, Takemoto T, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T, Cancer science, 107, 4, 461, 468,   2016年04月, 査読有り
  • Epidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentation with noncicatricial alopecia: Identification of a recurrent p.P25L mutation in KRT5 in four affected family members., Br J Dermatol. , 174, 3, 633, 635,   2016年03月, 査読有り
  • Efficacy of targeted AKT inhibition in genetically engineered mouse models of PTEN-deficient prostate cancer., De Velasco MA, Kura Y, Yoshikawa K, Nishio K, Davies BR, Uemura H, Oncotarget, 7, 13, 15959, 15976,   2016年03月, 査読有り
  • Anti-HER3 monoclonal antibody patritumab sensitizes refractory non-small cell lung cancer to the epidermal growth factor receptor inhibitor erlotinib., Oncogene, 35, 7, 878, 886,   2016年02月, 査読有り
  • Characterization of the cytotoxic activity of [2]rotaxane (TRO-A0001), a novel supramolecular compound, in cancer cells., Arch Pharm Res., 39, 6, 825, 832,   2016年01月, 査読有り
  • Overexpression of CD55 from Barrett's esophagus is associated with esophageal adenocarcinoma risk., Murao T, Shiotani A, Fujita Y, Yamanaka Y, Kamada T, Manabe N, Hata J, Nishio K, Haruma K, J Gastroenterol Hepatol, 31, 1, 99, 106,   2016年01月, 査読有り
  • HER2 genomic amplification in circulating tumor DNA from patients with cetuximab-resistant colorectal cancer., Takegawa N, Yonesaka K, Sakai K, Ueda H, Watanabe S, Nonagase Y, Okuno T, Takeda M, Maenishi O, Tsurutani J, Satoh T, Okamoto I, Nishio K, Tamura T, Nakagawa K, Oncotarget, 73, 3, 3453, 3460,   2016年01月, 査読有り
  • Heterogeneity in resistance mechanisms causes shorter duration of epidermal growth factor receptor kinase inhibitor treatment in lung cancer., Suda K, Murakami I, Sakai K, Tomizawa K, Mizuuchi H, Sato K, Nishio K, Mitsudomi T, Lung Cancer, 91, 36, 40,   2016年01月, 査読有り
  • Impact of Tight Junction Protein ZO-1 and TWIST Expression on Postoperative Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma.ellular Carcinoma., Dig Dis, 34, 6, 702, 707,   2016年, 査読有り
  • Impact of Tight Junction Protein ZO-1 and TWIST Expression on Postoperative Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma., Nagai T, Arao T, Nishio K, Matsumoto K, Hagiwara S, Sakurai T, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Sakai K, Saijo N, Kudo K, Kaneda H, Tamura D, Aomatsu K, Kimura H, Fujita Y, Haji S, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 702, 707,   2016年, 査読有り
  • Clinicopathological and genetic differences between low-grade and high-grade colorectal mucinous adenocarcinoma., Cancer , 121, 24, 4359, 4368,   2015年12月, 査読有り
  • Clinical application of amplicon-based next-generation sequencing to therapeutic decision-making in lung cancer., Ann Oncol, 26, 12, 2477, 2482,   2015年12月, 査読有り
  • EGFR Exon 18 Mutations in Lung Cancer: Molecular Predictors of Augmented Sensitivity to Afatinib or Neratinib as Compared with First- or Third-Generation TKIs., Kobayashi Y, Togashi Y, Yatabe Y, Mizuuchi H, Jangchul P, Kondo C, Shimoji M, Sato K, Suda K, Tomizawa K, Takemoto T, Hida T, Nishio K, Mitsudomi T, Clin Cancer Res, 21, 23, 5305, 5313,   2015年12月, 査読有り
  • Randomized phase II study of adjuvant chemotherapy with long-term S-1 versus cisplatin+S-1 in completely resected stage II-IIIA non-small cell lung cancer., Iwamoto Y, Mitsudomi T, Sakai K, Yamanaka T, Yoshioka H, Takahama M, Yoshimura M, Yoshino I, Takeda M, Sugawara S, Kawaguchi T, Takahashi T, Ohta M, Ichinose Y, Atagi S, Okada M, Saka H, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K, Clin Cancer Res, 21, 23, 5245, 5252,   2015年12月, 査読有り
  • MET gene exon 14 deletion created using the CRISPR/Cas9 system enhances cellular growth and sensitivity to a MET inhibitor., Togashi Y, Mizuuchi H, Tomida S, Terashima M, Hayashi H, Nishio K, Mitsudomi T, Lung Cancer, 90, 3, 590, 597,   2015年12月, 査読有り
  • Discovery of a Good Responder Subtype of Esophageal Squamous Cell Carcinoma with Cytotoxic T-Lymphocyte Signatures Activated by Chemoradiotherapy., Tanaka Y, Aoyagi K, Minashi K, Komatsuzaki R, Komatsu M, Chiwaki F, Tamaoki M, Nishimura T, Takahashi N, Oda I, Tachimori Y, Arao T, Nishio K, Kitano S, Narumi K, Aoki K, Fujii S, Ochiai A, Yoshida T, Muto M, Yamada Y, Sasaki H, PLoS One, 10, 12, e0143804,   2015年12月, 査読有り
  • Clinicopathological and genetic differences between low-grade and high-grade colorectal mucinous adenocarcinomas., Yoshioka Y, Togashi Y, Chikugo T, Kogita A, Taguri M, Terashima M, Mizukami T, Hayashi H, Sakai K, de Velasco MA, Tomida S, Fujita Y, Tokoro T, Ito A, Okuno K, Nishio K, Cancer, 121, 24, 4359, 4368,   2015年12月, 査読有り
  • Combined Analysis of Plasma Amphiregulin and Heregulin Predicts Response to Cetuximab in Metastatic Colorectal Cancer., Yonesaka K, Takegawa N, Satoh T, Ueda H, Yoshida T, Takeda M, Shimizu T, Chiba Y, Okamoto I, Nishio K, Tamura T, Nakagawa K, PLoS One, 10, 11, e0143132,   2015年11月, 査読有り
  • The pan-HER family tyrosine kinase inhibitor afatinib overcomes HER3 ligand heregulin-mediated resistance to EGFR inhibitors in non-small cell lung cancer., Yonesaka K, Kudo K, Nishida S, Takahama T, Iwasa T, Yoshida T, Tanaka K, Takeda M, Kaneda H, Okamoto I, Nishio K, Nakagawa K, Oncotarget, 6, 32, 33602, 33611,   2015年10月, 査読有り
  • Digital PCR analysis of plasma cell-free DNA for non-invasive detection of drug resistance mechanisms in EGFR mutant NSCLC: Correlation with paired tumor samples., Ishii H, Azuma K, Sakai K, Kawahara A, Yamada K, Tokito T, Okamoto I, Nishio K, Hoshino T, Oncotarget, 6, 31, 30850, 30858,   2015年10月, 査読有り
  • Randomized phase II trial of nimotuzumab plus irinotecan versus irinotecan alone as second-line therapy for patients with advanced gastric cancer., Satoh T, Lee KH, Rha SY, Sasaki Y, Park SH, Komatsu Y, Yasui H, Kim TY, Yamaguchi K, Fuse N, Yamada Y, Ura T, Kim SY, Munakata M, Saitoh S, Nishio K, Morita S, Yamamoto E, Zhang Q, Kim JM, Kim YH, Sakata Y, Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association, 18, 4, 824, 832,   2015年10月, 査読有り
  • Small cell lung cancer transformation and T790M mutation: complimentary roles in acquired resistance to kinase inhibitors in lung cancer., Suda K, Murakami I, Sakai K, Mizuuchi H, Shimizu S, Sato K, Tomizawa K, Tomida S, Yatabe Y, Nishio K, Mitsudomi T., Sci Rep., 5, 14447,   2015年09月, 査読有り
  • An activating ALK gene mutation in ALK IHC-positive/FISH-negative non-small cell lung cancer., Togashi Y, Mizuuchi H, Kobayashi Y, Hayashi H, Terashima M, Sakai K, Bannno E, Mizukami T, Nakamura Y, de Velasco MA, Fujita Y, Tomida S, Mitsudomi T, Nishio K., Ann Oncol, 26, 8, 1800, 1801,   2015年08月, 査読有り
  • Utilization of arsenic trioxide as a treatment of cisplatin-resistant non-small cell lung cancer PC-9/CDDP and PC-14/CDDP cells, Suzuki T, Ishibashi K, Yumoto A, Nishio K, Ogasawara Y, Oncology Letters, 10, 2, 805, 809,   2015年08月, 査読有り
  • [Kinase inhibitors and their resistance]., Togashi Y, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73, 8, 1323, 1329,   2015年08月, 査読有り
  • Targeted DNA and RNA sequencing of fine-needle biopsy FFPE specimens in patients with unresectable hepatocellular carcinoma treated with sorafenib., Sakai K, Takeda H, Nakajima N, Orito E, Joko K, Uchida Y, Izumi N, Nishio K, Osaki Y., Oncotarget, 6, 25, 21636, 21644,   2015年08月, 査読有り
  • [PI3K and mTOR pathway and molecular targeted agents]., Nishio K, Sakai K, Togashi Y, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73, 8, 1315, 1322,   2015年08月, 査読有り
  • "EGFR and HER2 signals play a salvage role in MEK1-mutated gastric cancer after MEK inhibition", Mizukami T, Togashi Y, Sogabe S, Banno E, Terashima M, Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Eguchi-Nakajima T, Boku N, Nishio K., Int J Oncol, 47, 2, 499, 505,   2015年08月, 査読有り
  • Randomized phase II/III clinical trial of elpamotide for patients with advanced pancreatic cancer: PEGASUS-PC Study., Yamaue H, Tsunoda T, Tani M, Miyazawa M, Yamao K, Mizuno N, Okusaka T, Ueno H, Boku N, Fukutomi A, Ishii H, Ohkawa S, Furukawa M, Maguchi H, Ikeda M, Togashi Y, Nishio K, Ohashi Y., Cancer Sci, 106, 7, 883, 890,   2015年07月, 査読有り
  • Circulating hepatocyte growth factor is correlated with resistance to cetuximab in metastatic colorectal cancer., Yonesaka K, Satoh T, Ueda S, Yoshida T, Takeda M, Shimizu T, Okamoto I, Nishio K, Tamura T, Nakagawa K., Anticancer Res, 35, 1683, 1689,   2015年05月, 査読有り
  • Evaluation of in vivo responses of sorafenib therapy in a preclinical mouse model of PTEN-deficient of prostate cancer., Yamamoto Y, De Velasco MA, Kura Y, Nozawa M, Hatanaka Y, Oki T, Ozeki T, Shimizu N, Minami T, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., J Transl Med, 13, 1, 150,   2015年05月, 査読有り
  • Extended RAS and BRAF Mutation Analysis Using Next-Generation Sequencing., Sakai K, Tsurutani J, Yamanaka T, Yoneshige A, Ito A, Togashi Y, De Velasco MA, Terashima M, Fujita Y, Tomida S, Tamura T, Nakagawa K, Nishio K., PLoS One, 10, 5, e0121891,   2015年05月, 査読有り
  • Afatinib is especially effective against non-small cell lung cancer carrying an EGFR exon 19 deletion, Banno, E, Togashi Y, Kobayashi Y, Hayashi H, Mitsudomi T, Nishio K, Anticancer Res, 35, 4, 2005, 2008,   2015年04月, 査読有り
  • Expression of BAF57 in ovarian cancer cells and drug sensitivity., Yamaguchi T, Kurita T, Nishio K, Tsukada J, Hachisuga T, Morimoto Y, Iwai Y, Izumi H., Cancer Sci, 106, 4, 359, 366,   2015年04月, 査読有り
  • Chronic nicotine exposure mediates resistance to EGFR-TKI in EGFR-mutated lung cancer via an EGFR signal., Togashi Y, Hayashi H, Okamoto K, Fumita S, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Nakagawa K, Nishio K., Lung Cancer, 88, 1, 16, 23,   2015年04月, 査読有り
  • Collateral chemoresistance to anti-microtubule agents in a lung cancer cell line with acquired resistance to erlotinib., Mizuuchi H, Suda K, Sato K, Tomida S, Fujita Y, Kobayashi Y, Maehara Y, Sekido Y, Nishio K, Mitsudomi T., PLoS One, 10, 4, e0123901,   2015年04月, 査読有り
  • A phase I dose-escalation study of eribulin and S-1 for metastatic breast cancer., Sakiyama T, Tsurutani J, Iwasa T, Kawakami H, Nonagase Y, Yoshida T, Tanaka K, Fujisaka Y, Kurata T, Komoike Y, Nishio K, Nakagawa K., Br J Cancer. , 112, 5, 819, 824,   2015年03月, 査読有り
  • Activated MET acts as a salvage signal after treatment with alectinib, a selective ALK inhibitor, in ALK-positive non-small cell lung cancer., Kogita A, Togashi Y, Hayashi H, Banno E, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Takeyama Y, Okuno K, Nakagawa K, Nishio K., Int J Oncol, 46, 3, 1025, 1030,   2015年03月, 査読有り
  • Circulating hepatocyte growth factor is correlated with resistance to cetuximab in metastatic colorectal cancer., Yonesaka K, Satoh T, Ueda S, Yoshida T, Takeda M, Shimizu T, Okamoto I, Nishio K, Tamura T, Nakagawa K, Anticancer research, 35, 3, 1683, 1689,   2015年03月, 査読有り
  • Inter- and intra-tumor profiling of multi-regional colon cancer and metastasis., Kogita A, Yoshioka Y, Sakai K, Togashi Y, Sogabe S, Nakai T, Okuno K, Nishio K., Biochem Biophys Res Commun., 458, 1, 52, 56,   2015年02月, 査読有り
  • Hypoxia induces resistance to ALK inhibitors in the H3122 non-small cell lung cancer cell line with an ALK rearrangement via epithelial-mesenchymal transition., Kogita A, Togashi Y, Hayashi H, Sogabe S, Terashima M, Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Takeyama Y, Okuno K, Nakagawa K, Nishio K., Int J Oncol, 45, 4, 1430, 1436,   2015年01月, 査読有り
  • Transcriptional CCND1 expression as a predictor of poor response to neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab in HER2-positive/ER-positive breast cancer., Tanioka M, Sakai K, Sudo T, Sakuma T, Kajimoto K, Hirokaga K, Takao S, Negoro S, Minami H, Nakagawa K, Nishio K., Breast Cancer Res Treat, 147, 3, 513, 525,   2015年01月, 査読有り
  • Chemoradiation provides a physiological selective pressure that increases the expansion of aberrant TP53 tumor variants in residual rectal cancerous regions., Sakai K, Kazama S, Nagai Y, Muruno K, Tanaka T, Ishihara S, Sunami E, Tomida S, Nishio K, Watanabe T., Oncotarget, 5, 20, 9641, 9649,   2015年01月, 査読有り
  • Randomized phase II trial of nimotuzumab plus irinotecan versus irinotecan alone as second-line therapy for patients with advanced gastric cancer., Satoh T, Lee KH, Rha SY, Sasaki Y, Park SH, Komatsu Y, Yasui H, Kim TY, Yamaguchi K, Fuse N, Yamada Y, Ura T, Kim SY, Munakata M, Saitoh S, Nishio K, Morita S, Yamamoto E, Zhang Q, Kim JM, Kim YH, Sakata Y., Gastric Cancer, 18, 4, 824, 832,   2015年01月, 査読有り
  • Digital PCR analysis of plasma cell-free DNA for non-invasive detection of drug resistance mechanisms in EGFR mutant NSCLC: Correlation with paired tumor samples., Ishii H, Azuma K, Sakai K, Kawahara A, Yamada K, Tokito T, Okamoto I, Nishio K, Hoshino T., Oncotarget, 6, 31, 30850, 30858,   2015年01月, 査読有り
  • The pan-HER family tyrosine kinase inhibitor afatinib overcomes HER3 ligand heregulin-mediated resistance to EGFR inhibitors in non-small cell lung cancer., Yonesaka K, Kudo K, Nishida S, Takahama T, Iwasa T, Yoshida T, Tanaka K, Takeda M, Kaneda H, Okamoto I, Nishio K, Nakagawa K., Oncotarget, 6, 32, 33602, 33611,   2015年01月, 査読有り
  • Multiple regulatory mechanisms of hepatocyte growth factor expression in malignant cells with a short poly(dA) sequence in the HGF gene promoter., Sakai K, Takeda M, Okamoto I, Nagakawa K, Nishio K., Oncology Letter, 9, 1, 405, 410,   2015年01月, 査読有り
  • Inhibition of β-catenin enhances the anticancer effect of irreversible EGFR-TKI in EGFR-mutated non-small cell lung cancer with a T790M mutation., Togashi Y, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Nakagawa K, Nishio K., J Thorac Oncol, 10, 1, 93, 101,   2015年01月, 査読有り
  • Performance of a novel KRAS mutation assay for formalin-fixed paraffin embedded tissues of colorectal cancer., Sakai K, Yoneshige A, Ito A, Ueda Y, Kondo S, Nobumasa H, Fujita Y, Togashi Y, Terashima M, De Velasco MA, Tomida S, Nishio K., Springerplus, 4, 7,   2015年01月, 査読有り
  • Activin signal promotes cancer progression and is involved in cachexia in a subset of pancreatic cancer., Togashi Y, Kogita A, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Kitano M, Okuno K, Kudo M, Nishio K., Cancer Lett, 356, 2 Pt B, 819, 827,   2015年01月, 査読有り
  • Low-Dose Aspirin-Associated Upper and Mid Gastrointestinal Tract Damage and Gene Polymorphism., Shiotani A, Fujita Y, Nishio K, Current pharmaceutical design, 21, 35, 5066, 5072,   2015年, 査読有り
  • Conditional PTEN-deficient Mice as a Prostate Cancer Chemoprevention Model., Koike H, Nozawa M, De Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., Asian Pac J Cancer Prev, 16, 5, 1827, 1831,   2015年, 査読有り
  • MEK inhibitor for gastric cancer with MEK1 gene mutations., Sogabe S, Togashi Y, Kato H, Kogita A, Mizukami T, Sakamoto Y, Banno E, Terashima M, Hayashi H, Develasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Yasuda T, Takeyama Y, Okuno K, Nishio K., Mol Cancer Ther, 13, 12, 3098, 3106,   2014年12月, 査読有り
  • The anti-HER3 antibody patritumab abrogates cetuximab resistance mediated by heregulin in colorectal cancer cells., Kawakami H, Okamoto I, Yonesaka K, Okamoto K, Shibata K, Shinkai Y, Sakamoto H, Kitano M, Tamura T, Nishio K, Nakagawa K., Oncotarget, 5, 23, 11847, 11856,   2014年12月, 査読有り
  • Single nucleotide polymorphism markers for low-dose aspirin-associated peptic ulcer and ulcer bleeding., Shiotani A1, Murao T, Fujita Y, Fujimura Y, Sakakibara T, Nishio K, Haruma K., J Gastroenterol Hepatol, 4, 47, 52,   2014年12月, 査読有り
  • Chemoradiation provides a physiological selective pressure that increases the expansion of aberrant TP53 tumor variants in residual rectal cancerous regions., Sakai K, Kazama S, Nagai Y, Murono K, Tanaka T, Ishihara S, Sunami E, Tomida S, Nishio K, Watanabe T, Oncotarget, 5, 20, 9641, 9649,   2014年10月, 査読有り
  • Hypoxia induces resistance to ALK inhibitors in the H3122 non-small cell lung cancer cell line with an ALK rearrangement via epithelial-mesenchymal transition., Kogita A, Togashi Y, Hayashi H, Sogabe S, Terashima M, De Velasco MA, Sakai K, Fujita Y, Tomida S, Takeyama Y, Okuno K, Nakagawa K, Nishio K, International journal of oncology, 45, 4, 1430, 1436,   2014年10月, 査読有り
  • Androgen Deprivation Induces Phenotypic Plasticity and Promotes Resistance to Molecular Targeted Therapy in a PTEN-deficient Mouse Model of Prostate Cancer., De Velasco MA, Tanaka M, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Koike H, Nishio K, Yoshikawa K, Uemura H., Carcinogenesis, 35, 9, 2142, 2153,   2014年09月, 査読有り
  • KIAA1199 interacts with glycogen phosphorylase kinase b-subunit (PHKB) to promote glycogen breakdown and cancer cell survival. , Terashima M, Fujita Y, Togashi Y, Sakai K, Velasco MA, Tomida S, Nishio K., Oncotarget, 5, 16, 7040, 7050,   2014年08月, 査読有り
  • Development of On-Chip Multi-Imaging Flow Cytometry for Identification of Imaging Biomarkers of Clustered Circulating Tumor Cells. , Kim H, Terazono H, Nakamura Y, Sakai K, Hattori A, Odaka M, Girault MA, Arao T, Nishio K, Miyagi K, Yasuda K., PLOS ONE, 9, 8, e104372,   2014年08月, 査読有り
  • ., Terashima M, Sakai K, Togashi Y, Hayashi H, De Velasco MA, Tsurutani J, Nishio K., Springerplus, 3, 417,   2014年08月, 査読有り
  • KIAA1199 interacts with glycogen phosphorylase kinase β-subunit (PHKB) to promote glycogen breakdown and cancer cell survival., Terashima M, Fujita Y, Togashi Y, Sakai K, De Velasco MA, Tomida S, Nishio K, Oncotarget, 5, 16, 7040, 7050,   2014年08月, 査読有り
  • Tocilizumab, a proposed therapy for the cachexia of interleukin6-expressing lung cancer., Ando K, Takahashi F, Kato M, Kaneko N, Doi T, Ohe Y, Koizumi F, Nishio K, Takahashi K., PLOS ONE, 9, 7, e102436,   2014年07月, 査読有り
  • Targeting MET Amplification as a New Oncogenic Driver., Kawakami H, Okamoto I, Okamoto W, Tanizaki J, Nakagawa K, Nishio K., Cancers, 6, 3, 1540, 1542,   2014年07月, 査読有り
  • Clinical utility of erlotinib for the treatment of non-small-cell lung cancer in Japanese patients: current evidence., Togashi Y, Hayashi H,Nakagawa, K, Nishio K., Drug Des Devel Ther., 8, 1037, 1046,   2014年07月, 査読有り
  • Pharmacodynamic change in plasma angiogenic proteins: a dose-escalation phase 1 study of the multi-kinase inhibitor lenvatinib., Koyama N, Saito K, Nishioka Y, Yusa W, Yamamoto N, Yamada Y, Nokihara H, Koizumi F, Nishio K, Tamura T., BMC Cancer, 14, 530,   2014年07月, 査読有り
  • Guidance for peptide vaccines for the treatment of cancer., Yamaguchi Y1, Yamaue H, Okusaka T, Okuno K, Suzuki H, Fujioka T, Otsu A, Ohashi Y, Shimazawa R, Nishio K, Furuse J, Minami H, Tsunoda T, Hayashi Y, Nakamura Y, Cancer Sci, 105, 7, 924, 931,   2014年07月, 査読有り
  • Homozygous deletion of the activin A receptor, type IB gene is associated with an aggressive cancer phenotype in pancreatic cancer.phenotype in pancreatic cancer, Togashi Y, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Fujita Y, Kodera Y, Sakai K, Tomida S, Kitano M, Ito A, Kudo M, Nishio K.M, Ito A, Kudo M, Nishio K., Molecular Cancer, 13, 126,   2014年05月, 査読有り
  • Biomarkers of reactive resistance and early disease progression during chemotherapy plus bevacizumab treatment for colorectal carcinoma., Hayashi H, Arao T, Matsumoto K, Kimura H, Togashi Y, Hirashima Y, Horita Y, Iwasa S, Okita NT, Honma Y, Takashima A, Kato K, Hamaguchi T, Shimada Y, Nakagawa K, Nishio K, Yamada Y., Oncotarget, 5, 9, 2588, 2595,   2014年05月, 査読有り
  • Frequent amplification of ORAOV1 gene in esophageal squamous cell cancer promotes an aggressive phenotype via proline metabolism and ROS production., Togashi Y, Arao T, Kato H, Matsumoto K, Terashima M, Hayashi H, de Velasco MA, Fujita Y, Kimura H, Yasuda T, Shiozaki H, Nishio K., Oncotarget, 5, 10, 2962, 2973,   2014年05月, 査読有り
  • Homozygous deletion of the activin A receptor, type IB gene is associated with an aggressive cancer phenotype in pancreatic cancer., Togashi Y, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, de Velasco MA, Fujita Y, Kodera Y, Sakai K, Tomida S, Kitano M, Ito A, Kudo M, Nishio K, Molecular cancer, 13, 126,   2014年05月, 査読有り
  • Melanoma transition is frequently accompanied by a loss of cytoglobin expression in melanocytes: a novel expression site of cytoglobin., Fujita Y, Koinuma S, Develasco MA, Bolz J, Togashi Y, Terashima M, Hayashi H, Matsuo T, Nishio K., PLOS ONE, 9, 4, e97772,   2014年04月, 査読有り
  • Potential Anti-angiogenesis Effects of p-Terphenyl Compounds from Polyozellus multiplex., Nagasawa I, Kaneko A, Suzuki T, Nishio K, Kinoshita K, Shiro M, Koyama K., J Nat Prod, 77, 4, 963, 968,   2014年04月, 査読有り
  • Multiplex genomic profiling of non–small cell lung cancers from the LETS phase III trial of first-line S-1/carboplatin versus paclitaxel/carboplatin: results of a West Japan Oncology Group study, Okamoto I, Sakai K, Morita S, Yoshioka H, Kaneda H, Takeda K, Hirashima T, Kogure Y, Kimura T, Takahashi T, Atagi S, Seto T, Sawa T, Yamamoto M, Satouchi M, Okuno M, Nagase S, Takayama K, Tomii K, Maeda T, Oizumi S, Fujii S, Akashi Y, Nishino K, Ebi N, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K., Oncotarget, 5, 8, 2293, 2304,   2014年04月, 査読有り
  • Analytical performance of the cobas EGFR mutation assay for Japanese non-small-cell lung cancer., Kimura H, Ohira T, Uchida O, Matsubayashi J, Shimizu S, Nagao T, Ikeda N, Nishio K., Lung Cancer, 83, 3, 329, 333,   2014年03月, 査読有り
  • A Supramolecular Substance, [2] Rotaxane, Induces Apoptosis in Human Molt-3 Acute Lymphoblastic Leukemia Cells., Kimura M, Makio K, Hara K, Hiruma W, Fujita Y, Takata T, Nishio K, Ono N., Drug Res, 65, 11, 614, 616,   2014年, 査読有り
  • The novel VEGF receptor/MET-targeted kinase inhibitor, TAS-115, has marked in vivo anti-tumor properties and a favorable tolerability profile., Fujita H, Miyadera K, Kato M, Fujioka Y, Ochiiwa H, Huang J, Ito K, Aoyagi Y, Takenaka T, Suzuki T, Ito S, Hashimoto A, Suefuji T, Egami K, Kazuno H, Suda Y, Nishio K, Yonekura K., Mol Cancer Ter., 12, 12, 2685, 2696,   2013年12月, 査読有り
  • Novel single nucleotide polymorphism markers for low dose aspirin-associated small bowel bleeding., Shiotani A, Fujita Y, Fujimura Y, Sakakibara T, Nishio K, Haruma K., PLOS ONE, 8, 12, e84244,   2013年12月, 査読有り
  • Human papillomavirus DNA and p16 expression in Japanese patients with oropharyngeal squamous cell carcinoma., Kawakami H, Okamoto I, Terao K, Sakai K, Suzuki M, Ueda S, Tanaka K, Kuwata K, Morita Y, Ono K, Nishio K, Nishimura Y, Doi K, Nakagawa K., Cancer Med., 2, 6, 933, 941,   2013年12月, 査読有り
  • The OCT4 pseudogene POU5F1B is amplified and promotes an aggressive phenotype in gastric cancer., Hayashi H, Arao T, Togashi Y, Kato H, Fujita Y, Develasco MA, Kimura H, Matsumoto K, Tanaka K, Okamoto I, Ito A, Yamada Y, Nakagawa K, Nishio K., Oncogene, 34, 2, 199, 208,   2013年11月, 査読有り
  • EGFR T790M Mutation as a Possible Target for Immunotherapy; Identification of HLA-A*0201-Restricted T Cell Epitopes Derived from the EGFR T790M Mutation., Yamada T, Azuma K, Muta E, Kim J, Sugawara S, Zhang GL, Matsueda S, Kasama-Kawaguchi Y, Yamashita Y, Yamashita T, Nishio K, Itoh K, Hoshino T, Sasada T., PLOS ONE, 8, 11, e78389,   2013年11月, 査読有り
  • A phase I, pharmacokinetic and pharmacodynamic study of nimotuzumab in Japanese patients with advanced solid tumors., Okamoto W, Yoshino T, Takahashi T, Okamoto I, Ueda S, Tsuya A, Boku N, Nishio K, Fukuoka M, Yamamoto N, Nakagawa K, Cancer chemotherapy and pharmacology, 72, 5, 1063, 1071,   2013年11月, 査読有り
  • LUZ-Lung 4: A phase II traial of afatinib in patients with advanced, non-small cell lung cancer who progressed on prior treatment with erlotinib, gefitinib, or both., Nobuyuki Katakami, 西尾 和人, Shinji Atagi, Koichi Goto, Toyoaki Hida, Takeshi Horai, Akira Inoue, Yukito Ichinose, Kunihiko Kobayashi, Koji Takeda, Katsuyuki Kiura, Yoko Seki Ryuichi Ebisawa Mehdi Shahidi, Nobuyuki Yamanoto, J Clin Oncol, 31, 27, 3335, 3341,   2013年09月
  • Detection of EGFR T790M mutation in plasma DNA from patients refractory to EGFR tyrosine kinase inhibitor., 坂井 和子, 藤田 至彦, 西尾 和人, Atsushi Horiike Azusa Tanimoto Toshio Sakatani Ryota Saito Kyohei Kaburaki Noriko Yanagitani Fumiyoshi Ohyanagi Makoto Nishio, Darryl L. Irwin, Cancer Sci, 104, 9, 1198, 1204,   2013年09月
  • Overexpression of heparan sulfate 6-O-sulfotransferase-2 in colorectal cancer., Hatabe S, Kimura H, Arao T, Kato H, Hayashi H, Nagai T, Matsumoto K, DE Velasco M, Fujita Y, Yamanouchi G, Fukushima M, Yamada Y, Ito A, Okuno K, Nishio K, Molecular and clinical oncology, 1, 5, 845, 850,   2013年09月, 査読有り
  • LUX-Lung 4: a phase II trial of afatinib in patients with advanced non-small-cell lung cancer who progressed during prior treatment with erlotinib, gefitinib, or both., Katakami N, Atagi S, Goto K, Hida T, Horai T, Inoue A, Ichinose Y, Koboyashi K, Takeda K, Kiura K, Nishio K, Seki Y, Ebisawa R, Shahidi M, Yamamoto N, Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology, 31, 27, 3335, 3341,   2013年09月, 査読有り
  • Detection of epidermal growth factor receptor T790M mutation in plasma DNA from patients refractory to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor., Sakai K, Horiike A, Irwin DL, Kudo K, Fujita Y, Tanimoto A, Sakatani T, Saito R, Kaburaki K, Yanagitani N, Ohyanagi F, Nishio M, Nishio K, Cancer science, 104, 9, 1198, 1204,   2013年09月, 査読有り
  • Phase 1 study of lenvatinib combined with carboplatin and paclitaxel in patients with non-small-cell lung cancer., Nishio M, 西尾 和人, Horiike A , Nokihara H Yamamoto N Koizumi F Tamura T , Takahashi T Murakami H Yamamoto N, Yusa W Koyama N, Br J Cancer, 109, 3, 538, 544,   2013年08月
  • Influence of novel supramolecular substance, [2] rotaxane, on the caspase signaling pathway in melanoma and colon cancer cells in vitro., Kazuki Hara, 西尾 和人, 藤田 至彦, Tatsuya Beppu Masahiko Kimura Nobufumi Ono, Toshikazu Tanaka, J Pharmacol Sci, 22, 2, 153, 157,   2013年06月, 査読有り
  • SOX4 is a direct target gene of FRA-2 and induces expression of HDAC8 in adult T-cell leukemia/lymphoma., 樋口 智紀, 中山 隆志, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 義江 修, Blood, 121, 18, 3640, 3649,   2013年05月, 査読有り
    概要:Previously, we have shown that FRA-2 is constitutively expressed in ATL and, together with JUND, upregulates CCR4 and promotes ATL cell growth. Among the potential downstream genes of FRA-2/JUND was SOX4. Here, we examined the expression and function of SOX4 in ATL. SOX4 was consistently expressed in primary ATL. FRA-2/JUND efficiently activated the SOX4 promoter via an AP-1 site. SOX4 knockdown strongly suppressed ATL cell growth. Microarray analyses revealed that SOX4 knockdown reduced the expression of genes such as GCKR, NAP1, and HDAC8. We confirmed their expression in primary ATL. We also showed direct activation of the HDAC8 promoter by SOX4. Furthermore, siRNA knockdown of GCKR, NAP1, and HDAC8 suppressed ATL cell growth. Collectively, we have revealed an important oncogenic cascade involving FRA-2/JUND and SOX4 in ATL, which leads to expression of genes such as GCKR, NAP1, and HDAC8.
  • FGF3/FGF4 amplification and multiple lung metastases in responders to sorafenib in hepatocellular carcinoma., 荒尾 徳三, 上嶋 一臣, 松本 和子, 永井 知行, 木村 英晴, 萩原 智, 櫻井 俊治, 西尾 和人, 工藤 正俊, Akishige Kanazawa, Hisashi Hidaka, Yukihiro Iso keiichi Kubota, Mitsuo Shimada Tohru Utsunomiya, Masashi Hirooka Yoichi Hiasa , Yoshikazu Toyoki Kenichi Hakamada, Kohichiroh Yasui, Takashi Kumada Hidenori Toyoda, Shuichi Sato, Hiroyuki Hisai, Teiji Kuzuya Kaoru Tsuchiya Namiki Izumi, Shigeki Arii, Hepatology, 57, 4, 1407, 1415,   2013年04月, 査読有り
  • Slug increases sensitivity to tubulin-binding agents via the downregulation of βIII and βIVa-tubulin in lung cancer cells., 田村 大介, 荒尾 徳三, 永井 知行, 金田 裕靖, 青松 圭一, 藤田 至彦, 松本 和子, デベラスコ マルコ アントニオ, 加藤 寛章, 林 秀敏, 吉田 修平, 木村 英晴, 西尾 和人, Yoshimasa Maniwa Wataru Nishio Yasuhiro Sakai Chiho Ohbayashi Yoshikazu Kotani Yoshihiro Nishimura, Cancer Med, 2, 2, 144, 154,   2013年04月, 査読有り
  • Gene amplification of EGFR, HER2, FGFR2 and MET in esophageal squamous cell carcinoma., 加藤 寛章, 荒尾 徳三, 藤田 至彦, 木村 英晴, 林 秀敏, 錦 耕平, 岩間 密, 白石 治, 安田 篤, 新海 政幸, 今野 元博, 今本 治彦, 安田 卓司, 奥野 清隆, 塩﨑 均, 西尾 和人, Int J Oncol, 42, 4, 1151, 1158,   2013年04月, 査読有り
  • Gene amplification of ribosomal protein s6 kinase-1 and -2 in gastric cancer., 吉田 修平, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Hirokazu Taniguchi Isao Goto Yasuhide Yamada, Toshiaki Hanafusa, Anticancer Res, 33, 2, 469, 475,   2013年02月, 査読有り
  • MET amplification as a potential therapeutic target in gastric cancer., Kawakami H, Okamoto I, Arao T, Okamoto W, Matsumoto K, Taniguchi H, Kuwata K, Yamaguchi H, Nishio K, Nakagawa K, Yamada Y, Oncotarget, 4, 1, 9, 17,   2013年01月, 査読有り
  • Phase I trial of OTS11101, an anti-angiogenic vaccine targeting vascular endothelial growth factor receptor 1 in solid tumor., Hayashi H, Kurata T, Fujisaka Y, Kawakami H, Tanaka K, Okabe T, Takeda M, Satoh T, Yoshida K, Tsunoda T, Arao T, Nishio K, Nakagawa K, Cancer science, 104, 1, 98, 104,   2013年01月, 査読有り
  • A microarray-based gene expression analysis to identify diagnostic biomarkers for unknown primary cancer., Issei Kurahashi, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 倉田 宝保, 坂井 和子, 中川 和彦, 西尾 和人, Yasuhiro Koh Nobuyuki Yamamoto, Koji Matsumoto Maki Tanioka, Koji Takeda Asuka Tsuya, Yuichi Takiguchi, Nobuaki Matsubara Hirofumi Mukai , Hironobu Minami Naoko Chayahara, Yasuhiro Yamanaka , Keisuke Miwa, Shin Takahashi, Shunji Takahashi, PLoS One, 8, 5, 63249,   2013年, 査読有り
  • Clinical phase I study of elpamotide, a peptide vaccine for vascular endothelial growth factor receptor 2, in patients with advanced solid tumors., Okamoto I, Arao T, Miyazaki M, Satoh T, Okamoto K, Tsunoda T, Nishio K, Nakagawa K, Cancer science, 103, 12, 2135, 2138,   2012年12月, 査読有り
  • Highly sensitive detection of EGFR T790M mutation using colony hybridization predicts favorable prognosis of patients with lung cancer harboring activating EGFR mutation.harboring activating egfr mutation., 藤田 至彦, 木村 英晴, 松本 和子, 荒尾 徳三, 永井 知行, 西尾 和人, Kenichi Suda Yasushi Yatabe Tetsuya Mitsudomi, J Thorac Oncol, 7, 11, 1640, 1644,   2012年11月
  • An evaluation study of EGFR mutation tests utilized for non-small-cell lung cancer in the diagnostic An evaluation study of EGFR mutation tests utilized for non-small-cell lung cancer in the diagnostic setting., Goto K, Ishii G., 西尾 和人, , Satouchi M., Hagiwara K., Mitsudomi T., Whiteley J, Donald E, McCormak R, Todo T., Ann Oncol, 23, 11, 2931, 2936,   2012年11月
  • Hypoxia induces gefitinib resistance in non-small-cell lung cancer with both mutant and wild-type epidermal growth factor receptors., Kunihiko Minakata, 西尾 和人, Fumiyuki Takahashi Takeshi Nara Muneaki Hashimoto Ken Tajima Akiko Murakami Fariz Nurwidya Suzu Yae Kasuhisa Takahashi, Fumiaki Koizumi, Cancer Sci, 103, 11, 1946, 1954,   2012年11月, 査読有り
  • [HER2 (human epidermal growth factor receptor type 2), EGFR (epidermal growth factor receptor)]., Arao T, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 8, 27, 30,   2012年11月, 査読有り
  • [Progress of molecular targeted therapies]., Hayashi H, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 8, 7, 11,   2012年11月, 査読有り
  • Highly sensitive detection of EGFR T790M mutation using colony hybridization predicts favorable prognosis of patients with lung cancer harboring activating EGFR mutation., Fujita Y, Suda K, Kimura H, Matsumoto K, Arao T, Nagai T, Saijo N, Yatabe Y, Mitsudomi T, Nishio K, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 11, 1640, 1644,   2012年11月, 査読有り
  • Activation of HER family signaling as a mechanism of acquired resistance to ALK inhibitors in EML4-ALK-positive non-small cell lung cancer., Tanizaki J, Okamoto I, Okabe T, Sakai K, Tanaka K, Hayashi H, Kaneda H, Takezawa K, Kuwata K, Yamaguchi H, Hatashita E, Nishio K, Nakagawa K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 18, 22, 6219, 6226,   2012年11月, 査読有り
  • Clinical outcomes of thoracic radiotherapy for locally advanced NSCLC with EGFR mutations or EML4-ALK rearrangement., Hayashi H, Okamoto I, Kimura H, Sakai K, Nishimura Y, Nishio K, Nakagawa K, Anticancer research, 32, 10, 4533, 4537,   2012年10月, 査読有り
  • Aza-derivatives of resveratrol are potent macrophage migration inhibitory factor inhibitors., Fujita Y, Islam R, Sakai K, Kaneda H, Kudo K, Tamura D, Aomatsu K, Nagai T, Kimura H, Matsumoto K, de Velasco MA, Arao T, Okawara T, Nishio K, Investigational new drugs, 30, 5, 1878, 1886,   2012年10月, 査読有り
  • Marked response to both S-1 and pemetrexed in a patient with echinoderm microtubule-associated protein-like 4-anaplastic lymphoma kinase-positive lung adenocarcinoma., Kaneda H, Okamoto I, Sakai K, Tanizaki J, Takeda M, Nishio K, Nakagawa K, Acta oncologica (Stockholm, Sweden), 51, 7, 942, 944,   2012年09月, 査読有り
  • N-myc downstream regulated gene 1 (NDRG1) promotes metastasis of human scirrhous gastric cancer cells through epithelial mesenchymal transition.mesenchymal transition., Hiroki Ureshino, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Youichi Murakami Kosuke Watari Michihiko Kuwano Mayumi Ono , Hiroto Izumi , Akihiko Kawahara Masayoshi Kage Hisafumi Kinoshita, Kazuyoshi Yanagihara , PLoS One, 7, 7, e4131,   2012年07月
  • Antitumor action of the MET tyrosine kinase inhibitor crizotinib (PF-02341066) in gastric cancer positive for MET amplification., Okamoto W, Okamoto I, Arao T, Kuwata K, Hatashita E, Yamaguchi H, Sakai K, Yanagihara K, Nishio K, Nakagawa K, Molecular cancer therapeutics, 11, 7, 1557, 1564,   2012年07月, 査読有り
  • An in vivo highly antitumor-active tetrazolato-bridged dinuclear platinum(II) complex largely circumvents in vitro cisplatin resistance: two linkage isomers yield the same product upon reaction with 9-ethylguanine but exhibit different cytotoxic profiles., Uemura M, Suzuki T, Nishio K, Chikuma M, Komeda S, Metallomics : integrated biometal science, 4, 7, 686, 692,   2012年07月, 査読有り
  • Loss of genomic DNA copy numbers in the p18, p16, p27 and RB loci in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm., 大磯 直毅, 川田 暁, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 頼 晋也, 木村 雅友, 西尾 和人, 松村 到, Shigeo Nakamura, Tomoo Itoh,, Eur J Dermatol 2012,, 22, 3, 393, 394,   2012年05月, 査読有り
  • A novel mass spectrometry-based assay for diagnosis of EML4-ALK-positive non-small cell lung cancer., 坂井 和子, 岡本 勇, 竹澤 健, Hirashima, T., 金田 裕靖, 武田 真幸, 松本 和子, 木村 英晴, 藤田 至彦, 中川 和彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, J Thorac Oncol, 7, 5, 913, 918,   2012年05月, 査読有り
  • [Biomarker research for a clinical setting]., Kimura H, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70, 5, 730, 736,   2012年05月, 査読有り
  • Expression changes in arrestin β 1 and genetic variation in catechol-O-methyltransferase are biomarkers for the response to morphine treatment in cancer patients., Matsuoka H, Arao T, Makimura C, Takeda M, Kiyota H, Tsurutani J, Fujita Y, Matsumoto K, Kimura H, Otsuka M, Koyama A, Imamura CK, Tanigawara Y, Yamanaka T, Tanaka K, Nishio K, Nakagawa K, Oncology reports, 27, 5, 1393, 1399,   2012年05月, 査読有り
  • Phase I study of continuous afativib (BIBW2992) in patients with advanced non-small cell lung cancer after prior chemotherapy/erlotinib/gefitinib (LUX-Lung 4)., Murakami, H., Takahashi, T., Naito, T., Nakamura, Y., Yamamoto, N., 西尾 和人, Tamura, T., Nokihara, H., Seki, Y., Sarashina, A., Shahidi, M., Cancer Chemother Pharmacol, 69, 4, 891, 9,   2012年04月
  • Three-gene predictor of clinical outcome for gastric cancer patients treated with chemotherapy., Kim, HK., Oshima, A., Michalowski, A., Green, JE., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Choi, IJ., Kim, CG., Kim, HS., Yamada, Y., The Pharmacogenomics J, 12, 2, 119, 27,   2012年04月
  • EGRI and FOSB gene expressions in cancer stroma are independent prognostic indicators for epithelial ovarian cancer receiving standard therapy., Kataoka F, Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Tanaka H, Nomura H, Chiyoda T, Hirasawa A, Akahane T, Nishio H, Nishio K, Aoki D, Genes, chromosomes & cancer, 51, 3, 300, 312,   2012年03月, 査読有り
  • Successful long-term treatment with pemetrexed of NSCLC associated with EML4-ALK and low thymidylate synthase expression., Takeda M, Okamoto I, Sakai K, Tanaka K, Terashima M, Nishio K, Nakagawa K, Clinical lung cancer, 13, 2, 157, 159,   2012年03月, 査読有り
  • Slug is upregulated during would healing and regulates cellular phenotypes in corneal epithelial cells., 青松 圭一, 荒尾 徳三, 阿部 考助, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 林 秀敏, 永井 知行, 下村 嘉一, 西尾 和人, Invest Ophthalmol Vis Sci, 53, 2, 751, 756,   2012年02月
  • FGFR2 gene amplification and clinicopathological features in gastric cancer., 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Hamaguchi, T., Shimada, Y., Kato, K., Oda, I., Taniguchi, H., Koizumi, F., Sasaki, H., Yamada, Y., Yanagihara, K., Br J Cancer, 106, 4, 727, 732,   2012年02月
  • Plasma concerntrations of angiogenesis-related molecules in patients with pancreatic cancer., 坂本 洋城, 木村 英晴, 松本 和子, 荒尾 徳三, 筑後 孝章, 北野 雅之, 伊藤 彰彦, 竹山 宜典, 工藤 正俊, 西尾 和人, 関島 勝, 山田 康秀 , Jpn J Clin Oncol, 42, 2, 105, 12,   2012年02月
  • Plasma concentrations of angiogenesis-related molecules in patients with pancreatic cancer., 坂本 洋城, 木村 英晴, 松本 和子, 荒尾 徳三, 筑後 孝章, 北野 雅之, 伊藤 彰彦, 竹山 宜典, 工藤 正俊, 西尾 和人, Yasuhide Yamada, Jpn J Clin Oncol, 42, 2, 105, 112,   2012年02月, 査読有り
  • Integrated analysis of whole genome exon array and array-cpmparative genomic hybridization in gastric and colorectal cancer cells., 古田 一行, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 木村 英晴, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 西尾 和人, 山田 康秀, 柳原 五吉, 関島 勝, Cancer Sci, 103, 2, 221, 7,   2012年02月
  • 転写因子slug は角膜上皮創傷治癒で発現し細胞形質を制御する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 阿部 考助, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 林 秀敏, 永井 知行, 下村 嘉一, 西尾 和人, Invest Ophthalmol Vis Sci., 53, 2, 751, 756,   2012年02月, 査読有り
    概要:上皮間葉移行(EMT, epithelial-mesenchymal transition)が生体組織の創傷治癒に関連した現象であるとの報告は多いが、角膜上皮の創傷治癒との関連について検討した報告はあまりなく詳細は不明な点が多い。今回の報告では角膜創傷治癒過程においてEMT 誘導転写因子であるslugの発現を確認し、同因子が角膜上皮細胞に与える影響について検討を行った。In vivo実験にはマウス角膜創傷治癒モデルを用いた。 実験の結果、角膜組織では上皮の創傷治癒過程でslug 分子の発現が基底層有意に確認された。snail,slug 強制発現株ではEMT の特徴の一つであるspindle-shaped な細胞形態学的変化およびcadherin switching が観察され、EMT が誘導されていると考えられた。また細胞増殖能の検討では強制発現株において細胞増殖能が抑制されていた。Realtime PCR 法では強制発現株でABCG2,TP63,KRT19 分子等のstemness マーカーの発現低下を認め、分化マーカーについてはCX43,Nestin の発現を増加させITGB4,ITGA2,Involucrin の発現は減少さ
  • Integrated analysis of whole genome exon array and array-comparative genomic hybridization in gastric and colorectal cancer cells., Furuta K, Arao T, Sakai K, Kimura H, Nagai T, Tamura D, Aomatsu K, Kudo K, Kaneda H, Fujita Y, Matsumoto K, Yamada Y, Yanagihara K, Sekijima M, Nishio K, Cancer science, 103, 2, 221, 227,   2012年02月, 査読有り
  • SRPX2 is a novel chondroitin sulfate proteoglycan that is overexpressed in fastrointestinal cancer., 田中 薫, 荒尾 徳三, 田村 大介, 青松 圭一, 古田 一行, 松本 和子, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 木村 英晴, 中川 和彦, 岡本 勇, 西尾 和人, Yanagihara, K., Yamada, Y., Plos One, 7, 1, 27922,   2012年01月
  • Epidermal growth factor receptor mutation status in circulating free DNA in serum: from IPASS, a phase III study of gefitinib or carboplatin/paclitaxel in non-small cell lung cancer., Goto K, Ichinose Y, Ohe Y, Yamamoto N, Negoro S, Nishio K, Itoh Y, Jiang H, Duffield E, McCormack R, Saijo N, Mok T, Fukuoka M, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 7, 1, 115, 121,   2012年01月, 査読有り
  • N-myc downstream regulated gene 1 (NDRG1) promotes metastasis of human scirrhous gastric cancer cells through epithelial mesenchymal transition., Ureshino H, Murakami Y, Watari K, Izumi H, Kawahara A, Kage M, Arao T, Nishio K, Yanagihara K, Kinoshita H, Kuwano M, Ono M, PloS one, 7, 7, e41312,   2012年, 査読有り
  • Loss of activating EGFR mutant gene contributes to acquired resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors in lung cancer cells., Tabara K, Kanda R, Sonoda K, Kubo T, Murakami Y, Kawahara A, Azuma K, Abe H, Kage M, Yoshinaga A, Tahira T, Hayashi K, Arao T, Nishio K, Rosell R, Kuwano M, Ono M, PloS one, 7, 7, e41017,   2012年, 査読有り
  • SRPX2 is a novel chondroitin sulfate proteoglycan that is overexpressed in gastrointestinal cancer., Tanaka K, Arao T, Tamura D, Aomatsu K, Furuta K, Matsumoto K, Kaneda H, Kudo K, Fujita Y, Kimura H, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K, PloS one, 7, 1, e27922,   2012年, 査読有り
  • Prospective study evaluating the plasma concentrations of twenty-six cytokines and response to morphine treatment in cancer patients., Makimura C, Arao T, Matsuoka H, Takeda M, Kiyota H, Tsurutani J, Fujita Y, Matsumoto K, Kimura H, Otsuka M, Koyama A, Imamura CK, Yamanaka T, Tanaka K, Nishio K, Nakagawa K, Anticancer research, 31, 12, 4561, 4568,   2011年12月, 査読有り
  • An early event of EGFR mutation in pleomorphic carcinoma of the lung., Saitoh M, Niijima M, Takiguchi Y, Hiroshima K, Fujita Y, Nishio K, Tatsumi K, International journal of clinical oncology, 16, 6, 770, 773,   2011年12月, 査読有り
  • Serum heparan sulfate concertration is correlated with the failure of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor treatment in patients with lung adenocarcinoma., Makoto Nishio, 松本 和子, 木村 英晴, 坂井 和子, 西條 長宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Atsushi Horiike, Takeharu Yamanaka, Takashi Sone Kazuo Kasahara, Fumiaki Koizumi, Tatsuo Ohira Norihiko Ikeda, J Thorac Oncol, 6, 11, 1889, 1894,   2011年11月
  • Serum Heparan Sulfate Concentration is Correlated with the Failure of Epidermal Growth Factor Receptor Tyrosine Kinase Inhibitor Treatment in Patients with Lung Adenocarcinoma., 西尾 誠人 , 西條 長宏, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 他11名, Journal of Thoracic Oncology., 6, 11, 1889, 1894,   2011年11月, 査読有り
  • Activation of ERBB2 signaling causes resistance to the EGFR-directed therapeutic antibody cetuximab., Yonesaka K, Zejnullahu K, Okamoto I, Satoh T, Cappuzzo F, Souglakos J, Ercan D, Rogers A, Roncalli M, Takeda M, Fujisaka Y, Philips J, Shimizu T, Maenishi O, Cho Y, Sun J, Destro A, Taira K, Takeda K, Okabe T, Swanson J, Itoh H, Takada M, Lifshits E, Okuno K, Engelman JA, Shivdasani RA, Nishio K, Fukuoka M, Varella-Garcia M, Nakagawa K, Jänne PA, Science translational medicine, 3, 99, 99ra86,   2011年09月, 査読有り
  • Acquired drug resistance to vascular endothelial growth factor receptor 2 tyrosine kinase inhibitor in human vascular endothelial cells., Arao T, Matsumoto K, Furuta K, Kudo K, Kaneda H, Nagai T, Sakai K, Fujita Y, Tamura D, Aomatsu K, Koizumi F, Nishio K, Anticancer research, 31, 9, 2787, 2796,   2011年09月, 査読有り
  • Chemical constituents of a marine fungus, Arthrinium sacchari., Tsukada M, Fukai M, Miki K, Shiraishi T, Suzuki T, Nishio K, Sugita T, Ishino M, Kinoshita K, Takahashi K, Shiro M, Koyama K, Journal of natural products, 74, 7, 1645, 1649,   2011年07月, 査読有り
  • Sunitinib inhibits lymphatic endothelial cell functions and lymph node metastasis in a breast cancer model through inhibition of vascular endothelial growth factor receptor 3., Kodera Y, Katanasaka Y, Kitamura Y, Tsuda H, Nishio K, Tamura T, Koizumi F, Breast cancer research : BCR, 13, 3, R66,   2011年06月, 査読有り
  • Phase I dose escalation study and biomarker analysis of E7080 in patients with advanced solid tumors., Kazuhiko Yamada, 西尾 和人, Noboru Yamamoto Yasuhide Yamada Hiroshi NOkihara Yutaka Fujiwara Kaizo Hirata Fumiaki Koizumi Tomohide Tamura, Noriyuki Koyama, Clin Cancer Res, 17, 8, 2528, 37,   2011年05月
  • Developments for a growing Japanese patient population: Fcilitating new technologies for future health care., Harubumi Kato, 西條 長宏, 西尾 和人, Toshihide Nishimura Norihiko Ikeda Masaharu Nomura Gyorgy Marko-Varga, Tesshi Yamada Tadashi Kondo, Junichiro Fujimoto, Yoshiya Oda, Jiro Maniwa Michiaki Unno, Hitoshi Hibino, Toshinori Ito Yoshiki Sawa Hiromasa Tajo , Shin Egawa , Goutham Edula, Mary Lopez Murray Wigmore , Naohiko Inase, Yasuyuki Yoshizawa Fumio Nomura, J Proteomics, 74, 6, 759, 764,   2011年05月
  • Developments for a growing Japanese patient population: facilitating new technologies for future health care., Kato H, Nishimura T, Ikeda N, Yamada T, Kondo T, Saijo N, Nishio K, Fujimoto J, Nomura M, Oda Y, Lindmark B, Maniwa J, Hibino H, Unno M, Ito T, Sawa Y, Tojo H, Egawa S, Edula G, Lopez M, Wigmore M, Inase N, Yoshizawa Y, Nomura F, Marko-Varga G, Journal of proteomics, 74, 6, 759, 764,   2011年05月, 査読有り
  • TGF-β induces sustained up-regulation of SNAI1 and SNAI2 through Smad and non-Smad pathways in a human corneal epithelial cell line, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 松本 和子, 田村 大介, 工藤 佳苗, 金田 裕靖, 田中 薫, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人, Invest Ophthalmol Vis Sci, 52, 5, 2437, 2443,   2011年04月, 査読有り
  • Role of ERK-BIM and STAT3-survivin signaling pathways in ALK inhibitor-induced apoptosis in EML4-ALK-positive lung cancer., Takezawa K, Okamoto I, Nishio K, Jänne PA, Nakagawa K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, 8, 2140, 2148,   2011年04月, 査読有り
  • Switching addictions between HER2 and FGFR2 in HER2-positive breast tumor cells: FGFR2 as a potential target for salvage after lapatinib failure., Azuma K, Tsurutani J, Sakai K, Kaneda H, Fujisaka Y, Takeda M, Watatani M, Arao T, Satoh T, Okamoto I, Kurata T, Nishio K, Nakagawa K, Biochemical and biophysical research communications, 407, 1, 219, 224,   2011年04月, 査読有り
  • Phase I dose-escalation study and biomarker analysis of E7080 in patients with advanced solid tumors., Yamada K, Yamamoto N, Yamada Y, Nokihara H, Fujiwara Y, Hirata T, Koizumi F, Nishio K, Koyama N, Tamura T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, 8, 2528, 2537,   2011年04月, 査読有り
  • Overexpression of cofilin 1 can predict progression-free survival in patients with epithelial ovarian cancer receiving standard therapy., Nishimura S, Tsuda H, Kataoka F, Arao T, Nomura H, Chiyoda T, Susumu N, Nishio K, Aoki D, Human pathology, 42, 4, 516, 521,   2011年04月, 査読有り
  • Activin a inhibits vascular endothelial cell growth and suppresses tumor angiogensis in gastric cancer., Yasuo Kodera, 西尾 和人, Yasufumi Katanasaka Yuka Kitamura Hitoshi Tsuda Tomohide Tamura Fumiaki Koizumi , Breast Cancer Res, 13, 3, R66,   2011年03月
  • Antitumor activity of BIBF 1120, a Triple Angiokinase Inhibitor, and Use of VEGFR2+pTyr+ Peripheral Blood Leukocytes as a Pharmacodynamic Biomarker., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 永井 知行, 古田 一行, 坂井 和子, 金田 裕靖, 松本 和子, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコ マルコ アントニオ, 藤田 至彦, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, Clin Cancer Res, 17, 6, 1373, 1381,   2011年03月
  • Antitumor activity of BIBF 1120, a triple angiokinase inhibitor, and use of VEGFR2+pTyr+ peripheral blood leukocytes as a pharmacodynamic biomarker in vivo., Kudo K, Arao T, Tanaka K, Nagai T, Furuta K, Sakai K, Kaneda H, Matsumoto K, Tamura D, Aomatsu K, De Velasco MA, Fujita Y, Saijo N, Kudo M, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, 6, 1373, 1381,   2011年03月, 査読有り
  • The cancer stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+pegylated interferon α-2b therapy against advanced hepatocellular carcinoma., 萩原 智, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 山口 真未, 田北 雅弘, 土師 誠二, 木村 雅友, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Ah-Mee Park, 宗像 浩, J Gastroenterol, 46, 2, 212, 221,   2011年02月, 査読有り
  • Enhanced expression of nuclear factor I/B in oxaliplatin-resistant human cancer cell lines., Eiji Kashiwagi, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Hiroto Izumi Yoshihiro Yasuniwa Ryoko Baba Yoshiaki Doi Akihiko Kidani Kimitoshi Kohno, Seiji Naito, Cancer Sci, 102, 2, 382, 386,   2011年02月, 査読有り
  • FcγR 2A and 3A polymorphisms predict clinical outcome of trastuzumab in both neoadjuvant and metastatic settings in patients with HER2 positive breast cancer., Tamura K, 西尾 和人, Shimizu C Hojo T Akashi-Tanaka S Kinoshita T Yonemori K Kouno T Katsumata N Ando M Aogi K Koizumi F Fujiwara Y, Ann Oncol., 22, 6, 1302, 1307,   2011年01月
  • Sorafenib inhibits the hepatocyte growth factor-mediated epithelial mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma, 永井 知行, 荒尾 徳三, 古田 一行, 坂井 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 木村 英晴, 藤田 至彦, 松本 和子, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, Mol Cancer Ther, 10, 1, 169, 177,   2011年01月, 査読有り
  • Activin a inhibits vascular endothelial cell growth and suppresses tumor angiogensis in gastric cancer., 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 松本 和子, デベラスコ マルコ アントニオ, 田村 大介, 青松 圭一, 工藤 可苗, 坂井 和子, 永井 知行, 藤田 至彦, 田中 薫, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, Kazuyoshi Yanagihara, Yasuhide Yamada, Br J Cancer, 105, 8, 1210, 1217,   2011年
  • Antitumor activity of BIBF 1120, a vascular endothelial growth factor-2 inhibitor and use of VEGR2+pTYR+leucocyte as a pharmacodynamic biomarker., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 永井 知行, 古田 一行, 坂井 和子, 金田 裕靖, 松本 和子, 田村 大介, 青松 圭一, Marco A. De Velasco, 藤田 至彦, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, Clin Cancer Res, 17, 1373, 1381,   2011年
  • What can and cannot be done using a microarray analysis? Treatment stratification and clinical applications in oncology., Arao T, Matsumoto K, Maegawa M, Nishio K, Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 12, 1789, 1793,   2011年, 査読有り
  • Role of ZNF143 in tumor growth through transcriptional regulation of DNA replication and cell cycle-associaed genes., Hiroto Izumi, 西尾 和人, 荒尾 徳三, Tetsuro Wakasugi Shohei Shimajiri Yasuyuki Sasaguri Eiji Kashiwagi Yoshihiro Yasuniwa Masaki Akiyama Bin Han Ying Wu Kimitoshi Kohno , Akihide Tanimoto, Takeshi Uchiumi, Ryuta Yamazaki, Cancer Sci, 101, 12, 2538, 2545,   2010年12月
  • Role of survivin in EGFR inhibitor-induced apoptosis in non-small cell lung cancers positive for EGFR mutations., Okamoto K, Okamoto I, Okamoto W, Tanaka K, Takezawa K, Kuwata K, Yamaguchi H, Nishio K, Nakagawa K, Cancer research, 70, 24, 10402, 10410,   2010年12月, 査読有り
  • Role of ZNF143 in tumor growth through transcriptional regulation of DNA replication and cell-cycle-associated genes., Izumi H, Wakasugi T, Shimajiri S, Tanimoto A, Sasaguri Y, Kashiwagi E, Yasuniwa Y, Akiyama M, Han B, Wu Y, Uchiumi T, Arao T, Nishio K, Yamazaki R, Kohno K, Cancer science, 101, 12, 2538, 2545,   2010年12月, 査読有り
  • Phase I Safety, Pharmacokinetic, and Biomarker Study of BIBF 1120, an Oral Triple Tyrosine Kinase Inhibitor in Patients with Advanced Solid Tumors., 岡本 勇, 金田 裕靖, 佐藤 太郎, 岡本 渉, 宮﨑 昌樹, 森永 亮太郎, 上田 眞也, 寺嶋 応顕, 津谷 あす香, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, Akiko Sarashina Koichi Konishi, Rolf Kaiser, Molecular Cancer Therapeutics, 9, 10, 2825, 2833,   2010年10月, 査読有り
  • TAK-701, a humanized monoclonal antibody to hepatocyte growth factor, reverses gefitinib resistance induced by tumor-derived HGF in non-small cell lung cancer with an EGFR mutation., Okamoto W, Okamoto I, Tanaka K, Hatashita E, Yamada Y, Kuwata K, Yamaguchi H, Arao T, Nishio K, Fukuoka M, Jänne PA, Nakagawa K, Molecular cancer therapeutics, 9, 10, 2785, 2792,   2010年10月, 査読有り
  • Impact of serum HGF on treatment response to EGFR tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small-cell lung adenocarcinoma., Kazuo Kasahara, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 松本 和子, 木村 英晴, 西條 長宏, 西尾 和人, Asao Sakai Takashi Sone, Atsushi Horiike Makoto Nishio, Tatsuo Ohira Norihiko Ikeda, Takeharu Yamanaka, Clin Cancer Res, 16, 18, 4616, 24,   2010年09月
  • Impact of serum hepatocyte growth factor on treatment response to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small cell lung adenocarcinoma., Kasahara K, Arao T, Sakai K, Matsumoto K, Sakai A, Kimura H, Sone T, Horiike A, Nishio M, Ohira T, Ikeda N, Yamanaka T, Saijo N, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 16, 18, 4616, 4624,   2010年09月, 査読有り
  • Plasma concentrations of VCAM-1 and PAI-1: A predictive biomarker for post-operative recurrence in colorectal cancer., Yasuhide Yamada, 荒尾 徳三, 松本 和子, 西尾 和人, Takako E. Nakajima Yasuhiro Shimada Tetsuya Hamaguchi Ken Kato Hirokazu Tniguchi Yutaka Saito Takahisa Matsuda Yoshihiro Moriya Takayuki Akasu Shin Fujita Seiichiro Yamamoto, Vinita Gupta Woei Tan Joe Fedynysyn, Cancer Sci, 101, 8, 1886, 90,   2010年08月, 査読有り
  • Amplification of GNAS may be an independent, qualitative, and reproducible biomarker to predict progression-free survival in epithelial ovarian cancer., Tominaga E, Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Takano M, Kataoka F, Nomura H, Hirasawa A, Aoki D, Nishio K, Gynecologic oncology, 118, 2, 160, 166,   2010年08月, 査読有り
  • Bortezomib potentially inhibits cellular growth of vascular endothelial cells through suppression of G2/M transition., 田村 大介, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 松本 和子, 工藤 可苗, 青松 圭一, 藤田 至彦, 西條 長宏, 西尾 和人, Yoshikazu Kotani Yoshihiro Nishimura, Cancer Sci, 101, 6, 1403, 8,   2010年06月, 査読有り
  • [Molecular targeted therapies]., Kimura H, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68, 6, 1047, 1053,   2010年06月, 査読有り
  • Enhanced anticancer effect of the combination of BIBW2992 and thymidylate synthase-targeted agents in non-small cell lung cancer with the T790M mutation of epidermal growth factor receptor., Takezawa K, Okamoto I, Tanizaki J, Kuwata K, Yamaguchi H, Fukuoka M, Nishio K, Nakagawa K, Molecular cancer therapeutics, 9, 6, 1647, 1656,   2010年06月, 査読有り
  • KDR kinase inhibitor isolated from the mushroom boletopsis leucomelas., Akira Kaneko, 西尾 和人, Mariko Tsukada Miyuki Fukai Toshihiro Suzuki Kazuhiko Miki Kaoru Kinoshita Kunio Takahashi Kiyotaka Koyama, J Nat Prod, 73, 5, 1002, 4,   2010年05月, 査読有り
  • Identification of c-Src as a potential therapeutic target for gastric cancer and of MET activation as a cause of resistance to c-Src inhibition., Okamoto W, Okamoto I, Yoshida T, Okamoto K, Takezawa K, Hatashita E, Yamada Y, Kuwata K, Arao T, Yanagihara K, Fukuoka M, Nishio K, Nakagawa K, Molecular cancer therapeutics, 9, 5, 1188, 1197,   2010年05月, 査読有り
  • Antiangiogenic metabolites from a marine-derived fungus, hypocreavinosa., Yuu Ohkawa, 西尾 和人, Kzuhiko Miki Toshihiro Suzuki Takashi Sugita Kaoru Kinoshita Kunio Takahashi Kiyotaka Koyama, J Nat Prod, 73, 4, 579, 82,   2010年04月, 査読有り
  • De novo resistance to epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in EGFR mutation-positive patients with non-small cell lung cancer., Takeda M, Okamoto I, Fujita Y, Arao T, Ito H, Fukuoka M, Nishio K, Nakagawa K, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 5, 3, 399, 400,   2010年03月, 査読有り
  • FOXQ1 is overexpressed in colorectal cancer and enhances tumorigenicity and tumor growth., Kaneda H, Arao T, Tanaka K, Tamura D, Aomatsu K, Kudo K, Sakai K, De Velasco MA, Matsumoto K, Fujita Y, Yamada Y, Tsurutani J, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K, Cancer research, 70, 5, 2053, 2063,   2010年03月, 査読有り
  • Effects of Src inhibitors on cell growth and epidermal growth factor receptor and MET signaling in gefitinib-resistant non-small cell lung cancer cells with acquired MET amplification., Yoshida T, Okamoto I, Okamoto W, Hatashita E, Yamada Y, Kuwata K, Nishio K, Fukuoka M, Jänne PA, Nakagawa K, Cancer science, 101, 1, 167, 172,   2010年01月, 査読有り
  • Amplification of GNAS may be an independent, qualitative, and reproducible, Ei-ichiro Tominaga, 西尾 和人, 荒尾 徳三, Hiroshi Tsuda Sadako Nishimura Masashi Takano Fumio Kataoka Hiroyuki Nomura Akira Hirasawa Daisuke Aoki , Gynecol Oncol, 118, 2, 160, 6,   2010年
  • Identification of prognostic biomarkers in gastric cancer using endoscopic biopsy samples., Yasuhide Yamada, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Takuji Gotoba Hirokazu Taniguchi Ichiro Oda Kuniaki Shirao Yasuhiro Shimada 他, Cancer Sci, 99, 11, 2193, 2199,   2010年
  • mTOR signal and hypoxia-inducible factor-1 alpha regulate CD133 expression in cancer cells., 松本 和子, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 田村 大介, 青松 圭一, 西條 長宏, 西尾 和人, Yasuhide Yamada, Cancer Res, 69, 18, 7160, 7164,   2009年09月, 査読有り
  • N-myc downstream regulated gene 1/Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis of pancreatic cancer through attenuation of inhibitor of kB kinase β expression., Fumihito Hosoi, 西尾 和人, Yuichi Murakami Michihiko Kuwano Mayumi Ono, Akihiko Kawahara Hisafumi Kinoshita Masayoshi Kage , Kimitoshi Kohno, Cancer Res, 69, 129, 4983, 4991,   2009年06月
  • Osteopontin modulates malignant pleural mesothelioma cell functions in vitro., Rina Ohashi, 西尾 和人, Fumiyuki Takahashi Ri Cui Tao Gu Kazue Shimizu Kazuhisa Takahashi , Kazuya Fukuoka Takashi Nakano, Anticancer Res, 29, 6, 2205, 2214,   2009年06月, 査読有り
  • Synergistic interactions between the synthetic retinoid tamibarotene and glucocorticoids in human myeloma cells., Tomoya Fukui, 西尾 和人, Yasuo Kodera Tomohide Tamura Fumiaki Koizumi, Noriyuki Masuda, Cancer Sci, 100, 6, 1137, 1143,   2009年06月, 査読有り
  • [Molecular diagnostic methods designed for clinical approach to cancer of unknown origin]., Fujita Y, Nishio K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, 6, 923, 926,   2009年06月, 査読有り
  • N-myc downstream regulated gene 1/Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis of pancreatic cancer through attenuation of inhibitor of kappaB kinase beta expression., Hosoi F, Izumi H, Kawahara A, Murakami Y, Kinoshita H, Kage M, Nishio K, Kohno K, Kuwano M, Ono M, Cancer research, 69, 12, 4983, 4991,   2009年06月, 査読有り
  • EGFR mutation up-regulates EGFR1 expression through the ERK pathway., 前川 麻里, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 松本 和子, 工藤 可苗, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 西尾 和人, Fumiaki Ito, Anticancer Res, 29, 4, 1111, 1117,   2009年04月
  • A literature review of molecular markers predictive response to cytotoxicchemotherapy in patients with breast cancer., Ikuo Sekine, 西尾 和人, Chikako Shimizu Nagahiro Saijo Tomohide Tamura, Int J Clin Oncol, 14, 2, 112, 119,   2009年04月
  • EGFR mutation up-regulates EGR1 expression through the ERK pathway., Maegawa M, Arao T, Yokote H, Matsumoto K, Kudo K, Tanaka K, Kaneda H, Fujita Y, Ito F, Nishio K, Anticancer research, 29, 4, 1111, 1117,   2009年04月, 査読有り
  • A literature review of molecular markers predictive of clinical response to cytotoxic chemotherapy in patients with breast cancer., Sekine I, Shimizu C, Nishio K, Saijo N, Tamura T, International journal of clinical oncology, 14, 2, 112, 119,   2009年04月, 査読有り
  • Epidermal growth factor receptor lacking C-terminal autophosphorylation sites retains signal transduction and high sensitivity to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor., 前川 麻里, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 松本 和子, 工藤 可苗, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 西尾 和人, Fumiaki Ito, Cancer Sci, 100, 3, 552, 557,   2009年03月, 査読有り
  • Mitogen-activated protein kinase phosphatase-1 modulated JNK activation is critical for apoptosis induced by inhibitor of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase., Takeuchi K, Shin-ya T, Nishio K, Ito F, The FEBS journal, 276, 5, 1255, 1265,   2009年03月, 査読有り
  • SRPX2 is overexpressed in gastric cancer and promotes cellular migration and adhesion., Tanaka K, Arao T, Maegawa M, Matsumoto K, Kaneda H, Kudo K, Fujita Y, Yokote H, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K, International journal of cancer, 124, 5, 1072, 1080,   2009年03月, 査読有り
  • Circulating endothelial cells in non-small cell lung cancer patients treated with carboplatin and paclitaxel., Makoto Kawaishi, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Yutaka Fujiwara Tomoya Fukui Terufumi Kato Kazuhiko Yamada Yuichiro Ohe Hideo Kunitoh Ikuo Sekine Noboru Yamamoto Hiroshi Nokihara Tomohide Tamura Fumiaki Koizumi , Takeshi Watabe Yuji Shimoda, J Thorac Oncol, 4, 2, 208, 13,   2009年02月, 査読有り
  • Identification of predictive biomarkers for response to Trastuzumab using plasma FUCA activity and N-Glycan identified by MALDI-TOF-MS., 松本 和子, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 西尾 和人, Chikako Shimizu Masashi Andoh Noriyuki Katsumata Tsutomu Kohno Kan Yonemori Kenji Tamura Yasuhiro Fujiwara Fumiaki Koizumi , Kenjiro Aogi, J Proteome Res, 8, 2, 457, 462,   2009年02月, 査読有り
  • Addition of S-1 to the epidermal growth factor receptor inhibitor gefitinib overcomes gefitinib resistance in non-small cell lung cancer cell lines with MET amplification., Okabe T, Okamoto I, Tsukioka S, Uchida J, Hatashita E, Yamada Y, Yoshida T, Nishio K, Fukuoka M, Jänne PA, Nakagawa K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 15, 3, 907, 913,   2009年02月, 査読有り
  • Mitogen-activated protein kinase phophatase-1 modulated JNK activation is critical for apoptosis induced by inhibitor of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase., Kenji Takeuchi, 西尾 和人, Tomohiro Shin-ya Fumiaki Ito, FEBS J, 276, 5, 1255, 1265,   2009年01月
  • Role of multidrug resistance-associated protein 1 in the pathogenesis of allergic airway inflammation., Yoshioka M, Sagara H, Takahashi F, Harada N, Nishio K, Mori A, Ushio H, Shimizu K, Okada T, Ota M, Ito YM, Nagashima O, Atsuta R, Suzuki T, Fukuda T, Fukuchi Y, Takahashi K, American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology, 296, 1, L30, 6,   2009年01月, 査読有り
  • Role of multidrug resistance-associated protein 1 in the pathogenesis of allergic airway inglammation., Masakata Yoshioka, 西尾 和人, Hironori Sagara Fumiyuki Takahashi Norihiko Harada Akio Mori Hiroko Ushio Kazue Shimizu Takenori Okada Mayumi Ota Yoichi M Ito 他, Am J Physol-Lung C, 296, 1, L30, L36,   2009年
  • Emerging ethnic differences in lung cancer therapy., Sekine I, 西尾 和人, Yamamoto N Saijo N, Br J Cancer, 99, 11, 1757, 1762,   2008年12月
  • Association of epidermal growth factor receptor (EGFR) gene mutations with EGFR amplification in advanced non-small cell lung cancer., Morinaga R, Okamoto I, Fujita Y, Arao T, Sekijima M, Nishio K, Ito H, Fukuoka M, Kadota J, Nakagawa K, Cancer science, 99, 12, 2455, 2460,   2008年12月, 査読有り
  • Identification of prognostic biomarkers in gastric cancer using endoscopic biopsy samples., Yamada Y, Arao T, Gotoda T, Taniguchi H, Oda I, Shirao K, Shimada Y, Hamaguchi T, Kato K, Hamano T, Koizumi F, Tamura T, Saito D, Shimoda T, Saka M, Fukagawa T, Katai H, Sano T, Sasako M, Nishio K, Cancer science, 99, 11, 2193, 2199,   2008年11月, 査読有り
  • RPN2 gene congers docetaxel resistance in breast cancer., Kimi Honma, 西尾 和人, Kyoko Iwao-Koizumi Fumitaka Takeshita Yusuke Yamamoto Teruhiko Yoshida Kikuya Kato Takahiro Ochiya, Shunji Nagahara, Nature Med, 14, 9, 939, 948,   2008年10月
  • Anti-tumor activity of cetuximab against malignant glioma cells overexpressing EGFR deletion mutant variatn III., Junya Fukai, 西尾 和人, Toru Itakur, Fumiaki Koizumi, Cancer Sci, 99, 10, 2062, 9,   2008年10月
  • Antitumor activity of cetuximab against malignant glioma cells overexpressing EGFR deletion mutant variant III., Fukai J, Nishio K, Itakura T, Koizumi F, Cancer science, 99, 10, 2062, 2069,   2008年10月, 査読有り
  • EphA4 promotes cell proliferation and migration through a novel EphA4-FGFR1 signaling pathway in the human glioma U251 cell line., Junya Fukai, 西尾 和人, 横手 秀行, 荒尾 徳三, Toru Itakura, Ryuya Yamanaka, Mol Cancer Ther, 7, 9, 2768, 78,   2008年09月, 査読有り
  • Establishment and molecular profiling of a novel human pancreatic cancer panel for 5-FU., Kazuyoshi Yanagihara, 西尾 和人, 荒尾 徳三, Misato Takigahira Hiromi Tanaka Yasuyuki Aoyagi Tatsuya Oda  Atsushi Ochiai, Cancer Sci, 99, 9, 1859, 64,   2008年09月, 査読有り
  • RPN2 gene confers docetaxel resistance in breast cancer., Honma K, Iwao-Koizumi K, Takeshita F, Yamamoto Y, Yoshida T, Nishio K, Nagahara S, Kato K, Ochiya T, Nature medicine, 14, 9, 939, 948,   2008年09月, 査読有り
  • GFP image analysis in the mouse orthotopic bladder cancer model., De Velasco MA, Tanaka M, Anai S, Tomioka A, Nishio K, Uemura H, Oncology reports, 20, 3, 543, 547,   2008年09月, 査読有り
  • N-Glycan fucosylation of EGFR modulates receptor activity and sensitivity to EGFR tyrosine kinase inhibitors., 松本 和子, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 藤田 至彦, 西尾 和人, Mari Maegawa, Toshiaki Hanafusa, Chikako Shimizu Yasuhiro Fujiwara, Cancer Sci, 99, 8, 1611, 7,   2008年08月
  • N-Glycan fucosylation of epidermal growth factor receptor modulates receptor activity and sensitivity to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor., Matsumoto K, Yokote H, Arao T, Maegawa M, Tanaka K, Fujita Y, Shimizu C, Hanafusa T, Fujiwara Y, Nishio K, Cancer science, 99, 8, 1611, 1617,   2008年08月, 査読有り
  • Aberrant expression of Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia, 中山 隆志, 稗島 州雄, 長久保 大輔, 義江 修, 白川 愛子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 大磯 直毅, 川田 暁, Z Jin, Y Yamada, M Fujii, Oncogene, 27, 23, 3221, 3232,   2008年05月
  • A randomized, double-blind, phase IIa dose-finding study of Vandetanib (ZD6474) in Japanese patients with non-small cell lung cancer., Kiura K, Nakagawa K, Shinkai T, Eguchi K, Ohe Y, Yamamoto N, Tsuboi M, Yokota S, Seto T, Jiang H, Nishio K, Saijo N, Fukuoka M, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 3, 4, 386, 393,   2008年04月, 査読有り
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling by Akt or Erk., Yoshida T, Okamoto I, Okabe T, Iwasa T, Satoh T, Nishio K, Fukuoka M, Nakagawa K, International journal of cancer, 122, 7, 1530, 1538,   2008年04月, 査読有り
  • Expression of HER2 and estrogen receptor alpha depends upon nuclear localization of Y-box binding protein-1 in human breast cancers., Fujii T, Kawahara A, Basaki Y, Hattori S, Nakashima K, Nakano K, Shirouzu K, Kohno K, Yanagawa T, Yamana H, Nishio K, Ono M, Kuwano M, Kage M, Cancer research, 68, 5, 1504, 1512,   2008年03月, 査読有り
  • Expression of HER2 and estrogen receptor alpha depends upon nuclear localization of Y-box binding protein-1 in human breast cancers., Teruhiko Fujii, 西尾 和人, Akihiko Kawahara Satoshi Hattori Kenji Nakano Kazuo Shirouzu Takashi Yanagawa Hideaki Yamana Masayoshi Kage , Yuji Basaki Kazutaka Nakashima Kimitoshi Kohno Mayumi Ono Michihiko Kuwano , Cancer Res, 68, 5, 1504, 1512,   2008年01月
  • Sequential occurrence of non-small cell and small cell lung cancer with the same EGFR mutation., Morinaga R, Okamoto I, Furuta K, Kawano Y, Sekijima M, Dote K, Satou T, Nishio K, Fukuoka M, Nakagawa K, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 58, 3, 411, 413,   2007年12月, 査読有り
  • A possible relationship between the anti-cancer potency of photodynamic therapy using the novel photosensitizer ATX-s10-Na(II) and expression of the vascular endothelial growth factor in vivo., Okunaka T, 西尾 和人, Tsunoda Y Kuroiwa Y Tsutsui H , Usuda J Hirata H Ohtani K Maehara S Inoue T Imai K Kubota M Kato H , Furukawa K, Oncol Rep, 18, 3, 679, 83,   2007年09月
  • Evaluation of epidermal growth factor receptor mutation status in serum DNA as a predictor of response to gefitinib (IRESSA)., Kimura H, 西尾 和人, Suminoe M Kasahara K Sone T Araya T  Tamori S Miyamoto K Fujimura M Nakao S , Koizumi F, Br J Cancer, 97, 6, 778, 784,   2007年09月
  • Abrogation of the interaction between osteopontin and αvβ3 integrin reduces tumor growth of human lung cancer cells in mice., Ri Cui, 西尾 和人, Fumiyuki Takahashi Rina Ohashi Tao Gu Masakata Yoshioka Shigeru Tominaga Yumiko Takagi Shinichi Sasaki Yoshinosuke Fukuchi Kazuhisa Takahashi , Yuichiro Ohe, Lung Cancer, 57, 3, 302, 310,   2007年09月
  • Pertuzumab, a novel HER dimerization inhibitor, inhibits the growth of human lung cancer cells mediated by the HER3 signaling pathway., 坂井 和子, 横手 秀行, 西尾 和人, Kimiko Murakami-Murofushi Tomohide Tamura Nagahiro Saijo, Cancer Sci, 98, 9, 1498, 1503,   2007年09月, 査読有り
  • Abrogation of the interaction between osteopontin and alphavbeta3 integrin reduces tumor growth of human lung cancer cells in mice., Cui R, Takahashi F, Ohashi R, Gu T, Yoshioka M, Nishio K, Ohe Y, Tominaga S, Takagi Y, Sasaki S, Fukuchi Y, Takahashi K, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 57, 3, 302, 310,   2007年09月, 査読有り
  • Antibody-dependent cellular cytotoxicity of cetuximab against tumor cells with wild-type of mutant epidermal growth factor receptor., 木村 英晴, 坂井 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Tatsu Shimoyama Tomohide Tamura , Cancer Sci, 98, 8, 1275, 1280,   2007年08月
  • ZNF143 interacts with p73 and is involoved in cisplatin resistance., Wakasugi, T., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Izumi, H. Uchiumi, T. Suzuki, H. Kohno, K., Oncogene, 26, 36, 5194, 5203,   2007年08月
  • Personalized medicine and proteomics: lessons from non-small cell lung cancer., Marko-Varga G, Ogiwara A, Nishimura T, Kawamura T, Fujii K, Kawakami T, Kyono Y, Tu HK, Anyoji H, Kanazawa M, Akimoto S, Hirano T, Tsuboi M, Nishio K, Hada S, Jiang H, Fukuoka M, Nakata K, Nishiwaki Y, Kunito H, Peers IS, Harbron CG, South MC, Higenbottam T, Nyberg F, Kudoh S, Kato H, Journal of proteome research, 6, 8, 2925, 2935,   2007年08月, 査読有り
  • Antibody-dependent cellular cytotoxicity of cetuximab against tumor cells with wild-type or mutant epidermal growth factor receptor., Kimura H, Sakai K, Arao T, Shimoyama T, Tamura T, Nishio K, Cancer science, 98, 8, 1275, 1280,   2007年08月, 査読有り
  • Clock and ATF4 transcription system regulates drug resistance in human cancer cell lines., Igarashi, T., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Izumi, H. Uchiumi, T. Tanabe, M. Uramoto, H. Sugio, K. Yasumoto, K. Sasaguri, Y. Wang, KY. Otsuji, Y. Kohno, K. , Oncogene, 26, 33, 4749, 4760,   2007年07月
  • Prognostic implications of the nuclear localization of Y-box binding protein-1 and CXCR4 expression in ovarian cancer: Their correlation with activated Akt, LRP/MVP and P-glycoprotein expression., Yoshinao Oda, 西尾 和人, Yoshihiro Ohnishi Yuji Basaki Hiroaki Kobasyashi Toshio Hirakawa Norio Wake Mayumi Ono Michihiko Kuwano Masazumi Tsuneyoshi, Cancer Sci, 98, 7, 1020, 1026,   2007年07月, 査読有り
  • Interaction between CD44 and hyaluronate induces chemoresistance in non-small cell lung cancer cell., Ohashi R, Takahashi F, Cui R, Yoshioka M, Gu T, Sasaki S, Tominaga S, Nishio K, Tanabe KK, Takahashi K, Cancer letters, 252, 2, 225, 234,   2007年07月, 査読有り
  • Detection of epidermal growth factor receptor mutation in transbronchial needle aspirates of non-small cell lung cancer., Atsushi Horiike, 西尾 和人, Fumiyoshi Ohyanagi Yukitoshi Satoh Yuichi Ishikawa Ken Nakagawa Makoto Nishio , Hideharu Kimura, Chest, 131, 6, 1628, 1634,   2007年06月, 査読有り
  • AZD2171 shows potent antitumor activity against gastric cncer over-expressing FGFR2/KGFR, Masayuki Takeda, 西尾 和人, 荒尾 徳三, Hideyuki Yokote Teruo Komatsu Kazuyoshi Yanagihara Hiroki Sasaki Yasuhide Yamada Tomohide Tamura Nagahiro Saijo , Hiroshi Kimura, Kazuya Fukuoka, Clin Cancer Res, 13, 10, 3051, 3057,   2007年05月
  • Genes regulating the sensitivity of solid tumor cell lines to gytotoxic agents: a literature review., Ikuo Sekine, 西尾 和人, John D, Minna Nagahiro Saijo Tomohide Tamura, Jpn J Clin Oncol, 37, 5, 329, 336,   2007年05月
  • Genes regulating the sensitivity of solid tumor cell lines to cytotoxic agents: a literature review., Sekine I, Minna JD, Nishio K, Saijo N, Tamura T, Japanese journal of clinical oncology, 37, 5, 329, 336,   2007年05月, 査読有り
  • AZD2171 shows potent antitumor activity against gastric cancer over-expressing fibroblast growth factor receptor 2/keratinocyte growth factor receptor., Takeda M, Arao T, Yokote H, Komatsu T, Yanagihara K, Sasaki H, Yamada Y, Tamura T, Fukuoka K, Kimura H, Saijo N, Nishio K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 13, 10, 3051, 3057,   2007年05月, 査読有り
  • Comparative analysis of epidermal growth factor receptor mutations and gene amplification as predictors of gefitinib efficacy in Japanese patients with nonsmall cell lung cancer., Sone T, Kasahara K, Kimura H, Nishio K, Mizuguchi M, Nakatsumi Y, Shibata K, Waseda Y, Fujimura M, Nakao S, Cancer, 109, 9, 1836, 1844,   2007年05月, 査読有り
  • Growth stimulation of non-small cell lung cancer cell lines by antibody against epidermal growth factor receptor promoting formation of ErbBs-ErbB3 geteriduners., Mari Maegawa, 西尾 和人, Kenji Takeuchi Eishi Funakoshi Katsumi Kawasaki Nobuyoshi Shimizu Fumiaki Ito, Mol Cancer Res, 5, 4, 393, 401,   2007年04月
  • Akt-dependent nuclear localization of malignant characterlistics by ovarian cancer cells., Basaki, Y., 西尾 和人, Hosoi, F. Oda, Y. Fotovati, A. Maruyama, Y. Oie, S. Ono, M. Izumi, H. Kohno, K. Kuwano, M., Sakai, K. Shimoyama, T., Oncogene, 26, 19, 2736, 46,   2007年04月
  • Growth stimulation of non-small cell lung cancer cell lines by antibody against epidermal growth factor receptor promoting formation of ErbB2/ErbB3 heterodimers., Maegawa M, Takeuchi K, Funakoshi E, Kawasaki K, Nishio K, Shimizu N, Ito F, Molecular cancer research : MCR, 5, 4, 393, 401,   2007年04月, 査読有り
  • Comparative aalysis of epithelial growth factor receptor mutations and gene amplification as predictors of gefitinib efficacy in Japanese patients with non-small-cell lung cancer., Takashi Sone, 西尾 和人, Kazuo Kasahara Hideharu Kimura Masayuki Mizuguchi Yasuto Nakatsumi Kazuhiro Shibata Yuko Waseda Masaki Fujimura Shinji Nakao, Cancer, 109, 9, 1836, 1844,   2007年03月
  • Interaction between CD44 and hyaluronate induces chemoresistance in non-small cell lung cancer cell., Rina Ohashi, 西尾 和人, Fumiyuki Takahashi Ri Cui Masakata Yoshioka Tao Gu Shinichi Sasaki Shigeru Tominaga Kenneth K Tanabe Kazuhisa Tnakahashi , Cancer Lett, 252, 2, 225, 234,   2007年02月
  • Development and characterization of an antibody specifically recognizing a mutant EGFR (L858R) protein expressed frequently in non-snall cell lung cancer., Makoto Kawaishi, 横手 秀行, 西尾 和人, Hideharu Kimura Kazuo Kasahara , Acta Medica Kinki University, 31, 2, 67, 74,   2006年12月
  • Progress in the field of molecular biology and application of biotechnology to medical oncology., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Acta Medica Kinki University, 31, 2, 57, 62,   2006年12月
  • EGFR mutation in various tissues., 西尾 和人, 荒尾 徳三, 横手 秀行, Terufumi Kato, Cancer Chemoter Pharmacol., 58, 17, 39, 41,   2006年11月
  • Clinical aspects of epidermal growth factor receptor inhibitors: Benefit and risk., Terufumi Kato, 西尾 和人, Respirology, 11, 6, 693, 698,   2006年11月, 査読有り
  • [Problems associated with molecular targeted drugs for cancer]., Kawaishi M, Koizum F, Nishio K, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 33, 10, 1373, 1379,   2006年10月, 査読有り
  • Gefitinib efficacy associated with multiple expression of HER family in non-small cell lung cancer., Makoto Nishio, 西尾 和人, Fumiko Taguchi Fumiyoshi Ohyanagi Horiike Atsushi Yuichi Ishikawa Yukitoshi Satoh Sakae Okumura Ken Nakagawa Takeshi Horai, Anticancer Res., 26, 5B, 3761, 3765,   2006年09月, 査読有り
  • In-frame deletion in the EGF receptor alters kinase inhibition by gefitinib., Sakai K, Murakami-Murofushi K, Tamura T, Saijo N., 横手 秀行, 西尾 和人, Biochem J., 397, 3, 537, 543,   2006年08月, 査読有り
  • A photon counting technique for quantitatively evaluating progression of peritoneal tumor dissemination., Kazuyoshi Yanagihara, 西尾 和人, Masato Takigahira Fumitaka Takeshita Teruo Komatsu Fumio Hasegawa Takahiro Ochiya, Cancer Res., 66, 15, 7532, 7539,   2006年08月, 査読有り
  • High sensitivity detection of epidermal growth factor receptor mutations in the pleural effusion of non-small cell lung cancer patients., Kimura H, 西尾 和人, Sone T Kasahara K, Fujiwara Y Kunitoh H Tamura T , Cancer Sci., 97, 7, 642, 648,   2006年07月, 査読有り
  • Detection of epidermal growth factor receptor mutations in serum as a predictor of the response to gefitinib in patients with non-small cell lung cancer., Hideharu Kimura, 西尾 和人, Kazuo Kasahara, Makoto Kawaishi Hideo Kunitoh Tomohide Tamura, Brian Holloway, Clin Cancer Res., 12, 13, 3915, 3921,   2006年07月, 査読有り
  • EGFR mutation of tumor and serum in gefitinib-treated patients with chemotherapy-naive non-small cell lung cancer., Kimura H, Kasahara K, Shibata K, Sone T, Yoshimoto A, Kita T, Ichikawa Y, Waseda Y, Watanabe K, Shiarasaki H, Ishiura Y, Mizuguchi M, Nakatsumi Y, Kashii T, Kobayashi M, Kunitoh H, Tamura T, Nishio K, Fujimura M, Nakao S, Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer, 1, 3, 260, 267,   2006年03月, 査読有り
  • Dimerization and the signal transduction pathway of a small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor., Sakai,K., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Shimoyama,T. Tamura,T. Saijo,N., Murofushi,K., Sekijima,M. Kaji,N., FASEB J., 20, 2, 311, 313,   2006年02月, 査読有り
    概要:Sakai K, Arao T, Shimoyama T, Murofushi K, Sekijima M, Kaji N, Tamura T, Saijo N, Nishio K. Dimerization and the signal transduction pathway of a small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor. FASEB J. 2006 (2):311-3.
  • EGFR mutation of tumor and serum in the gefitinib treated patients with chemotherapy-naive non-small cell lung cancer., Kimura,H., 西尾 和人, Kunitoh,H. Tamura,T. Fujimura,M., Kasahara,K. Shibata,K. Sone,T. Yoshimoto,A. Kita,T. Ichikawa,Y. Waseda,Y. Watanabe,K. Shirasaki,H. Ishiura,Y. Mizuguchi,M. Nakatsumi,Y. Kobayashi,M. Nakao, S., Kashii,T., Int. Thoracic Oncol., 1, 260, 267,   2006年02月
  • ZD6474 inhibits tumor growth and intraperitoneal dissemination in a highly metastatic orthotopic gastric cancer model., 荒尾 徳三, 西尾 和人, Yanagihara,K. Takigahira,M. Takeda,M. Koizumi,F., Shiratori,Y., Int. J. Cancer,, 118, 2, 483, 489,   2006年01月, 査読有り
    概要:Arao T, Yanagihara K, Takigahira M, Takeda M, Koizumi F, Shiratori Y, Nishio K. ZD6474 inhibits tumor growth and intraperitoneal dissemination in a highly metastatic orthotopic gastric cancer model. Int J Cancer. 2006 118(2):483-9.  
  • A literature review of molecular markers predictive of clinical response to cytotoxic chemotherapy in patients with lung cancer., Sekine,I., 西尾 和人, Tamura,T. Saijo,N., Minna, J.D., Int. Thoracic Oncol., 1, 1, 31, 37,   2006年01月, 査読有り
  • Analysis of cisplatin behavior in a non-small cell lung cancer (NSNLC) cell line., Masaki Takashi, 西尾 和人, Toshihiro Suzuki Atsushi Yumoto Tadayasu Togawa Shinzo Tanabe , Hiromitsu Haba Shuichi Enomoto, Biomed Res Trace Elements, 17, 3, 332, 334,   2006年
  • EGFR mutation status in tumor-derived DNA from pleural effusion fluid is a practical basis for predicting response to gefitinib., Kimura H, 西尾 和人, Sone T Kasahara K , Fujiwara Y Kunitoh H Tamura T , British Journal of Cancer, 95, 10, 1390, 1395,   2006年
  • Gene expression profiling of ATP binding cassette (ABC) transporters as a predictor of the pathologic response to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer patients., Park S, 西尾 和人, Shimizu C Shimoyama T Takeda M Kinoshita T Katsumata N Kang YK Fujiwara Y , Kohno T, Breast Cancer Res. Treat., 99, 1, 9, 17,   2006年09月, 査読有り
  • Effects of different combinations of gefitinib and irinotecan in lung cancer cell lines expressing wild or deletional EGFR., Shimoyama T, 西尾 和人, Koizumi F Fukumoto H Kiura K Tanimoto M Saijo N, Lung Cancer, 53, 1, 13, 21,   2006年07月, 査読有り
  • Reference profiling of the genomic response induced by an anti-microtubule agent, TZT-1027(Soblidotin), in vitro., Shimoyama T, 西尾 和人, Hamano T Natusme T Koizumi F Tanimoto M, Pharmacogenomics J., 6, 6, 388, 396,   2006年
  • Plasma MIP-1β levels and skin toxicity in Japanese non-small cell lung cacner patients treated with the EGFR-targeted tyrosine kinase inhibitor, gefitinib., Hideharu Kimura, 西尾 和人, Kazuo Kasahara, Masaru Sekijima, Tomohide Tamura, Lung Cancer, 50, 393, 399,   2006年
  • Identification of expressed genes characterizing long-term survival in malignant glioma patients., Yamanaka R, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Yajima N Tsuchiya N Homma J Tanaka R Sano M , Oide A Sekijima M, Oncogene,   2006年
    概要:Yamanaka R, Arao T, Yajima N, Tsuchiya N, Homma J, Tanaka R, Sano M, Oide A, Sekijima M, Nishio K. Identification of expressed genes characterizing long-term survival in malignant glioma patients. Oncogene. 2006 (in press)
  • Plasma MIP-1beta levels and skin toxicity in Japanese non-small cell lung cancer patients treated with the EGFR-targeted tyrosine kinase inhibitor, gefitinib., Kimura H, Kasahara K, Sekijima M, Tamura T, Nishio K, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 50, 3, 393, 399,   2005年12月, 査読有り
  • Enhancement of sensitivity to tumor necrosis factor alpha in non-small cell lung cancer cells with acquired resistance to gefitinib., Ando K, Ohmori T, Inoue F, Kadofuku T, Hosaka T, Ishida H, Shirai T, Okuda K, Hirose T, Horichi N, Nishio K, Saijo N, Adachi M, Kuroki T, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 11, 24 Pt 1, 8872, 8879,   2005年12月, 査読有り
  • [Analysis of gene expression profiles in malignant brain tumors with respect to sensitivity to therapies]., Yamanaka R, Morii K, Takahashi H, Tanaka R, Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63 Suppl 9, 49, 54,   2005年09月, 査読有り
  • Randomized pharmacokinetic and pharmacodynamic study of docetaxel: dosing based on body-surface area compared with individualized dosing based on cytochrome p450 activity estimated using a urinary metabolite of exogenous cortisol., Yamamoto,N., 西尾 和人, Tamura,T. Murakami,H. Shimoyama,T. Nokihara,H. Ueda,Y. Sekine,I. Kunitoh,H. Ohe,Y. Kodama,T. Shimizu,M. Ishizuka,N. Saijo,N. , J. Clin. Oncol., 23, 6, 1061, 1069,   2005年02月, 査読有り
  • Translational studies for target-based drugs., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Shimoyama T, Fujiwara Y, Tamura T, Saijo N. , Cancer Chemother Pharmacol., 56, 1, 90, 93,   2005年11月, 査読有り
    概要:Nishio K, Arao T, Shimoyama T, Fujiwara Y, Tamura T, Saijo N. Translational studies for target-based drugs. Cancer Chemother Pharmacol. 2005, 56 1:90-3. Review.
  • Establishment of a human non-small cell lung cancer cell line resistant to gefitinib., Koizumi,F., 西尾 和人, Shimoyama,T. Taguchi,F. Saijo,N., Int. J. Cancer, 116, 1, 36, 44,   2005年08月, 査読有り
  • Gefitinib treatment affects androgen levels in non-small-cell lung cancer patients., Nishio,M., 西尾 和人, Ohyanagi,F. Horiike,A. Ishikawa,Y. Satoh,Y. Okumura,S. Nakagawa,K. Horai,T., Br. J. Cancer, 92, 1877, 1880,   2005年
  • Development and biological analysis of peritoneal metastasis mouse models for human scirrhous stomach cancer., Yanagihara,K., 西尾 和人, Takigahira,M. Komatsu,T. Fukumoto,H. Koizumi,F. Ochiya,T. Tanaka,H. Ino,Y. Hirohashi,S. , Cancer Sci, 96, 6, 323, 332,   2005年06月, 査読有り
  • Element array by scanning X-ray fluorescence microscopy after cis-diamminedichloro-platinum(II) treatment., Shimura,M., 西尾 和人, Sakuma,T. Ishizawa,Y. , Saito,A. Yabashi,M. Tamasaku,K. Nishino,Y. Ishikawa,T., Matsuyama,S. Terui,Y. Ueno,K. Yumoto,H. Yamauchi,K. Yamamura,K. Mimura,H. Sano,Y. Endo,K. Mori,Y., Hatake,K. , Cancer Res., 65, 12, 4998, 5002,   2005年06月, 査読有り
  • The role of DNA-microarray in translational cancer research., Korfee, S., 西尾 和人, Fujiwara,Y., Eberhardt, W., Curr. Pharmacogenomics, 3, 201, 216,   2005年
  • Plasma MIP-1β levels and skin toxicity in Japanese non-small cell lung cancer patients treated with the EGFR-targeted tyrosine kinase inhibitor, gefitinib., Kimura,H., 西尾 和人, Tamura,T., Kasahara,K., Sekijima,M., Lung Cancer, 50, 393, 399,   2005年
  • Enhancement of sensitivity to tumor necrosis factor α in non-small cell lung cancer cells with acquired resistance to gefitinib., Ando,K., 西尾 和人, Ohmori,T. Inoue,F. Kadofuku,T. Hosaka,T. Ishida,H. Shirai,T. Okuda,K. Hirose,T. Horichi,N. Adachi,M., Saijo,N., Kuroki,T., Clin. Cancer Res., 11, 8872, 8879,   2005年
  • [Resistance to target-based therapy and its circumvention]., Nishio K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62, 7, 1343, 1347,   2004年07月, 査読有り
  • Synergistic interaction between the EGFR tyrosine kinase inhibitor gefitinib (‘Iressa’) and the DNA topoisomerase I inhibitor CPT-11 (Irinotecan) in human colorectal cancer cells., Koizumi, F., 西尾 和人, Kanzawa, F. Ueda, Y. Koh, Y. Tsukiyama, S. Taguchi, F. Tamura, T. Saijo, N., Int. J. Cancer, 108, 3, 464, 472,   2004年01月, 査読有り
  • Small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor as a target for ZD6474, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Fukumoto H, Takeda M, Tamura T, Saijo N.   , Cancer Res., 64, 24, 9101, 9104,   2004年12月, 査読有り
    概要:Arao T, Fukumoto H, Takeda M, Tamura T, Saijo N, Nishio K. Small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor as a target for ZD6474. Cancer Res. 2004 64(24):9101-4.  
  • hnRNP L enhances sensitivity of the cells to KW-2189., Taguchi, F., 西尾 和人, Kusaba, H. Iwamoto, Y Saijo, N., Asai, A. Yano, K. Nakano, H. Mizukami, T., Kato, H., Int. J. Cancer, 108, 5, 679, 685,   2004年02月, 査読有り
  • Synergistic interaction between gefitinib (Iressa, ZD1839) and paclitaxel against human gastric carcinoma cells., Park, J.K., 西尾 和人, Lee,S.H. Kang,J.H. Kuh,H.J. , Saijo,N., Anticancer Drugs, 15, 8, 809, 818,   2004年09月, 査読有り
  • Antitumor activity of TZT-1027 (Soblidotin) against vascular endothelial growth factor-secreting human lung cancer in vivo., Natsume T, Watanabe J, Koh Y, Fujio N, Ohe Y, Horiuchi T, Saijo N, Nishio K, Kobayashi M, Cancer science, 94, 9, 826, 833,   2003年09月, 査読有り
  • Selection of surrogate marker genes in primary central nervous system lymphomas for radio-chemotherapy by DNA array analysis of gene expression profiles., Yamanaka, R., 西尾 和人, Yajima, N. Tsuchiya, N. Uzuka, T. Morii, K. Takahashi, H. Tanaka, R. , Akutagawa, S. Taguchi, F. Saijo, N., Int. J. Oncol., 23, 4, 913, 923,   2003年10月, 査読有り
  • Anticancer effects of ZD6474, a VEGF receptor tyrosine kinase inhibitor, in gefitinib (“Iressa”)-sensitive and resistant xenograft models., Taguchi,F., 西尾 和人, Koh,Y. Koizumi,F. Tamura,T. Saijo,N., Cancer Sci., 95, 12, 984, 989,   2004年12月, 査読有り
  • Strategy for the development of novel anticancer drugs., Saijo, N., 西尾 和人, Tamura,T., Cancer Chemother. Pharmacol., 52, s97, s101,   2003年07月, 査読有り
  • Antitumor activity of TZT-1027 (Soblidotin) against VEGF-secreting human lung cancer in vivo., Natsume, T., 西尾 和人, Watanabe, J. Koh, Y. Fujio, N. Ohe, Y. Horiuchi, T. Saijo, N., Kobayashi, M., Cancer Sci., 94, 826, 833,   2003年
  • Osteopontin overproduced by tumor cells acts as a potent angiogenic factor contributing to tumor growth., Hirama, M., 西尾 和人, Takahashi, F. Takahashi, K. Shimizu, K. Soma, S. Shimanuki, Y. Fukuchi, Y., Akutagawa, S., Cancer Lett., 198, 1, 107, 117,   2003年07月, 査読有り
  • Differential gene expression profile between PC-14 cells treated with free cisplatin and cisplatin-incorporated polymeric micelles., Nishiyama, N., 西尾 和人, Okazaki, S. Kataoka, K., Koizumi, F. Matsumura, Y., Bioconjug. Chem., 14, 2, 449, 457,   2003年03月, 査読有り
  • In vitro effects of combinations of cis-amminedichloro (2-methylpyridine) platinum (II) (ZD0473) with other movel anticancer drugs on the growth of SBC-3, a human small cell lung cancer cell line., Kanzawa, F., 西尾 和人, Akiyama, Y. Saijo, N., Lung Cancer, 40, 325, 332,   2003年
  • Translational and clinical studies of target-based cancer therapy., Saijo, N., 西尾 和人, Tamura, T., Int. J. Clin. Oncol., 8, 4, 187, 192,   2003年08月, 査読有り
  • Restoration of p53 gene function in 12-O-tetradecanoylphorbor 13-acetate-resistant human leukemia K562/TPA cells., Usuda, J., 西尾 和人, Inomata, M. Fukumoto, H. Iwamoto, Y. Suzuki, T. Kuh, H.J. Fukuoka, K. Saijo, N., Kato, H., Int. J. Oncol., 22, 1, 81, 86,   2003年01月, 査読有り
  • Differential gene expression profiles and identification of the genes relevant to clinicopathologic factors in colorectal cancer selected by cDNA array method in combination with principal component analysis., Tsunoda, T., 西尾 和人, , Koh, Y. Koizumi, F. Tsukiyama, S. Ueda, H. Taguchi, F. Saijo, N., Int. J. Oncol., 23, 1, 49, 59,   2003年07月, 査読有り
  • MRP5b/SMRP mRNA is highly expressed in metallothionein- deficient mouse liver., Suzuki, T., 西尾 和人, Agui, M. Togawa, T. Naganuma, A. Tanabe,S., J. Health Sci., 49, 524, 526,   2003年
  • Decreased expression of alpha2,8 sialyltransferase and increased expression of beta1,4 N-acetylgalactosaminyltransferase in gastrointestinal cancers., Koh, Y., 西尾 和人, Nakamura, T. Tatsumi, Y. Shimizu, M. Fukumoto, H. Saijo, N., Tsunoda, T. Iwahashi, M. Yamaue, H. Ishimoto, K. Tanimura, H. , Exp. Biol. Med., 227, 3, 196, 200,   2002年03月, 査読有り
  • Antitumor Activity of Oxaliplatin, 5-FU and Paclitaxel Given Alone or in Combination with ZD1839 in Human Gastric Carcinoma Cells in vitro., Jang JH, Lee SH, Kang JH, Sun HS, Nishio K, Saijo N, Kuh HJ, Cancer research and treatment : official journal of Korean Cancer Association, 34, 5, 372, 381,   2002年10月, 査読有り
  • Antitumor activity of the selective epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI) Iressa (ZD1839) in an EGFR-expressing multidrug-resistant cell line in vitro and in vivo., Naruse I, Ohmori T, Ao Y, Fukumoto H, Kuroki T, Mori M, Saijo N, Nishio K, International journal of cancer, 98, 2, 310, 315,   2002年03月, 査読有り
  • Up-regulated gene expression of angiogenesis factors in post-chemotherapeutic lung cancer tissues determined by cDNA macroarray., Ohira, T., 西尾 和人, Usuda, J. Nakamura, T. Hirano, T. Tsuboi, M. Taguchi, F. Ikeda, N. Nakamura, H. Konaka, C. Kato, H., Akutagawa, S. Saijo, N., Oncology Rep., 9, 4, 723, 728,   2002年07月, 査読有り
  • Novel cisplatin-incorporated polymeric micelles can eradicate solid tumors in mice., Nishiyama, N., 西尾 和人, Okazaki, S. Cabral, H. Miyamoto, M. Kato, Y. Sugiyama, Y. Kataoka, K., Cancer Res., 63, 24, 8977, 8983,   2003年12月, 査読有り
  • Enhanced antitumor activities of TZT-1027 against TNF-alpha or IL-6 secreting Lewis lung carcinoma in vivo., Natsume, T., 西尾 和人, Koh, Y. Fukumoto, H. Takahashi, F. Nakamura, T. Ohe, Y. Saijo, N., Kobayashi, M., Cancer Chemother. Pharmacol., 49, 1, 35, 47,   2002年01月, 査読有り
  • Antitumor activity of the selective epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI) Iressa (ZD1839) in a EGFR-expressing multidrug resistant cell line in vitro and in vivo., Naruse, I., 西尾 和人, Fukumoto, H. Saijo, N., Ohmori, T. Ao, Y. Kuroki, T., Mori, M., Int. J. Cancer, 98, 310, 315,   2002年
  • Osteopontin induces angiogenesis of murine neuroblastoma cells in mice., Takahashi, F., 西尾 和人, Akutagawa, S. Fukumoto, H. Tsukiyama, S. Ohe, Y. Saijo, N., Takahashi, K. Fukuchi, Y., Int. J. Cancer, 98, 5, 707, 712,   2002年04月, 査読有り
  • Mechanism of vinorelbine-induced radiosensitization of human small cell lung cancer cells., Fukuoka, K., 西尾 和人, Arioka, H. Iwamoto, Y. Fukumoto, H. Kurokawa, H. Ishida, T. Tomonari, A. Suzuki, T. Usuda, J. Kanzawa, F. Saijo, N., Kimura, H., Cancer Chemother. Pharmacol., 49, 5, 385, 390,   2002年05月, 査読有り
  • Enhanced anti-tumor effect of trastuzumab in combination with cisplatin., Naruse, I., 西尾 和人, Fukumoto, H. Saijo, N., Jpn. J. Cancer Res., 93, 5, 574, 581,   2002年05月, 査読有り
  • Non-cross resistance of ZD0473 in acquired cisplatin-resistant lung cancer cell lines., Kawamura-Akiyama, Y., 西尾 和人, Kusaba, H. Kanzawa, F. Tamura, T. Saijo, N., Lung Cancer, 38, 1, 43, 50,   2002年10月, 査読有り
  • Mechanisms of action of the novel sulfonamide anticancer agent E7070 on cell cycle progression in human non-small cell lung cancer cells., Fukuoka, K., 西尾 和人, Usuda, J. Iwamoto, Y. Fukumoto, H. Nakamura, T. Saijo, N., Yoneda, T. Narita, N., Invest New Drugs, 19, 219, 227,   2001年
  • The MRP family and anticancer drug metabolism current drug., Suzuki, T., 西尾 和人, Tanabe, S., Curr. Drug Met., 2, 367, 377,   2001年
  • Oncoprotein 18 overexpression increases the sensitivity to vindesine in the human lung carcinoma cells., 西尾 和人, Nakamura, T. Koh, Y. Kanzawa, F. Tamura, T. Saijo, N., Cancer, 91, 1499, 2001,   2001年
  • CPT-11 alters the circadian rhythm of dihydropyrimidine dehydrogenase mRNA in mouse liver., Shimizu, M., 西尾 和人, Tamura, T. Yamada, Y. Akiyama, Y. Saijo, N., Jpn. J. Cancer Res., 92, 554, 561,   2001年
  • Upregulated expression of angiogenesis genes and down regulation of cell cycle genes in human colorectal cancer tissue determined by cDNA macroarray., Tsunoda, T., 西尾 和人, Ishimoto, K. Yamaue, H. Tanimura, H., Nakamura, T. Saijo, N., Anticancer Res., 21, 137, 144,   2001年
  • In vitro synergistic interactions between the cisplatin analogue nedaplatin and the DNA topoisomerase I inhibitor irinotecan and the mechanism of this interaction., Kanzawa, F., 西尾 和人, Koizumi, F. Koh, Y. Nakamura, T. Tatsumi, Y. Fukumoto, H. Saijo, N. Yoshioka, T., Clin. Cancer Res., 7, 202, 209,   2001年
  • Reversal of cisplatin resistance by the 1,4-benzothiazepine derivative, JTV-519., Nakamura, T., 西尾 和人, Koizumi, F. Kaneko, N. Tamura, T. Chiwaki, F. Koh, Y. Akutagawa, S. Saijo, N., Jpn. J. Cancer Res., 92, 597, 602,   2001年
  • Gene expression profiling of exposure to TZT-1027, a novel microtubule-interfering agent,in non-small cell lung cancer PC-14 cells and astrocytes. I, Natsume, T., 西尾 和人, Nakamura, T. Koh, Y. Kobayashi, M. Saijo, N., Invest. New Drugs, 19, 293, 302,   2001年
  • Increased cytotoxic effects of photodynamic therapy in IL-6 gene transfected cells via enhanced apoptosis., Usuda, J., 西尾 和人, Okunaka, T. Furukawa, K. Tsuchida, T. Kuroiwa, Y. Konaka, C. Kato, H., Ohe, Y. Saijo, N, Int. J. Cancer, 93, 475, 480,   2001年
  • Enhancement of in vivo antitumor activity of a novel antimitotic 1-phenylpropenone derivative, AM-132, by tumor necrosis factor-α or interleukin-6., Tatsumi, Y., 西尾 和人, Arioka, H. Ikeda, S. Fukumoto, H. Fukuoka, K. Ohe, Y. Saijo, N., Miyamoto, K., Jpn. J. Cancer Res., 92, 768, 777,   2001年
  • Mechanism of the radiosensitization induced by vinorelbine in human non-small cell lung cancer cells., Fukuoka, K., 西尾 和人, Arioka, H. Iwamoto, Y. Fukumoto, H. Kurokawa, H. Ishida, T. Tomonari, A. Suzuki, T. Usuda, J. Kanzawa, F. Saijo, N., Lung Cancer, 34, 451, 460,   2001年
  • Induction of MRP5 and SMRP mRNA by adriamycin-exposure and its overexpression in human lung cancer cells resistant to adriamycin., 吉田 誠, 西尾 和人, 小宮 武文, 中川 和彦, 福岡 正博, 畑下恵理奈, Hatashita, E, Suzuki, T., Int. J. Cancer, 34, 451, 460,   2001年
  • New strategies for cancer therapy in the 21st century., Saijo, N., 西尾 和人, Tamura, T. Yamamoto, N., Cancer Chemother. Pharmacol., 48, S102, S106,   2001年
  • Differential osteopontin expression in lung cancer., Zhang, J., 西尾 和人, Takahashi, K. Takahashi, F. Shimizu, K. Kameda, Y. Fukuchi,Y., Oshita, F., Cancer Lett., 171, 215, 222,   2001年
  • Antitumor action of the PKC activator gnidimacrin through cdk2 inhibition., Yoshida, M., 西尾 和人, Feng, W. Takahashi, M. Heike, Y. Saijo, N. Wakasugi, H. Ikekawa, T., Int. J. Cancer, 94, 348, 352,   2001年
  • A detailed structural analysis on both human MRP5 and mouse mrp5 transcripts., Suzuki, T., 西尾 和人, Sasaki, H. Kuh, H.J. Agui, M. Tatsumi, Y. Terada, M. Saijo, N., Tanabe, S., Genes, 242, 167, 173,   2000年
  • Increased expression of the MRP5 gene is associated with exposure to platinum drugs in lung cancer., Oguri, T., 西尾 和人, Isobe, T. Fujiwara, Y. Katoh, O. Yamakido, M., Suzuki, T., Int. J. Cancer, 86, 95, 100,   2000年
  • Ectopic p16INK4 expression enhances CPT-11-induced apoptosis through the increased delay in S phase progression in human non-small cell lung cancer cells. I, Fukuoka, K, 西尾 和人, Fukumoto, H. Arioka, H. Kurokawa, H. Ishida, T. Iwamoto, Y. Tomonari, A. Suzuki, T. Usuda, J. Saijo, N., Narita, N., Int. J. Cancer, 86, 197, 203,   2000年
  • Increased expression levels of cyclin-dependent kinase inhibitor p27correlate with good responses to platinum-based chemotherapy in non-small cell lung cancer., Oshita, F., 西尾 和人, Kameda, Y. Tanaka, G. Yamada, K. Nomura, I. Nakayama, H. Noda, K., Oncology Rep, 7, 491, 495,   2000年
  • Increased expression levels of p53 correlate with good response to cisplatin-based chemotherapy in non-small cell lung cancer., Oshita, F, 西尾 和人, Kameda, Y. Mitsuda, A. Ikehara, M. Tanaka, G. Yamada, K. Nomura, I. Noda, K. Arai, H. Ito, H. Nakayama, H., Oncology Reports, 7, 1225, 1228,   2000年
  • Problems in the development of target-based drugs., Saijo, N., 西尾 和人, Tamura, T., Cancer Chemother. Pharmacol., 46, S43, S45,   2000年
  • Mechanism of action of aragusterol a (YTA0040), a potent anti-tumor marine steroid targeting the G(1) phase of the cell cycle., Fukuoka, K., 西尾 和人, Saijo, N., Yamagishi, T. Ichihara, T. Nakaike, S. Iguchi, K. Yamada, Y. Fukumoto, H. Yoneda, T. Hirayama, N., Narita, N., Int. J. Cancer, 88, 810, 819,   2000年
  • A computational model for quantitative analysis of cell cycle arrest and its contribution to overall growth inhibition by anticancer agents., Kuh, H.J., 西尾 和人, Nakagawa, S. Usuda, J. Yamaoka, K. Saijo, N., Jpn. J. Cancer Res., 91, 1303, 1313,   2000年
  • Molecular determinants of UCN-01 induced growth inhibition in human lung cancer cells., Usuda, J., 西尾 和人, Saijo, N. Fukuoka, K. Fukumoto, H. Kuh, H.J. Nakamura, T. Koh, Y. Suzuki, T. Koizumi, F. Tamura, T. Kato, H., Int. J. Cancer, 85, 275, 280,   2000年
  • Enhancement of cisplatin sensitivity in high mobility group 2 cDNA-transfected human lung cancer., Arioka H, Ishida T, fukumoto H, Fukuoka K, Nomoto T, Kurokawa H, Abe S, Saijo N., 横手 秀行, 西尾 和人, Jpn J Cancer Res., 90, 1, 108, 115,   1999年01月
  • The C-terminal domain of p53 catalyzes DNA-renaturation and strand exchange toward annealing between intact ssDNAs and toward eliminating damaged ssDNA from deplex formation through preferential recognition of damaged DNA by a duocarmycin., 横手 秀行, 西尾 和人, Arioka H, Kurokawa H, Fukuoka K, Fukumoto H, Ishida T. Saijo N., Terada T, Itakura T., Mutat Res., 409, 3, 147, 162,   1998年12月

書籍等出版物

  • 日本臨牀75(7)1022-1026, 西尾和人, 単著, 肺癌のゲノム異常と遺伝子診断, 日本臨牀社,   2017年07月
  • 日本遺伝カウンセリング学会誌 38(2)35-, 西尾和人, 共著, 教育講演Ⅰ「がんゲノム医療の実装と遺伝性疾患の責任遺伝子探索・創薬から予防までのトータルケ, 日本遺伝カウンセリング学会,   2017年05月
  • がん分子標的治療 15(1):35-7, 西尾和人, 共著, 実地医療としてのがんクリニカルシーケンス, メディカルレビュー社,   2017年03月
  • 肝胆膵 74(2): 163-8, 西尾和人、坂井和子, 共著, 遺伝子診断に基づく肝癌のソラフェニブ感受性予測, アークメディア,   2017年02月
  • 近畿大学医学雑誌42(1-2)25-31, 西尾和人, 共著, 全ゲノム解析で発見される偶発的/二次的所見の報告に関する米国遺伝医学会の勧告の概要を知る, 近畿大学医学部,   2017年
  • がん分子標的治療 14(3): 66-8, 西尾和人, 共著, マルチ診断薬の臨床開発, メディカルレビュー社,   2016年09月
  • 呼吸器内科 30(1): 70-3, 西尾和人, 共著, コンパニオン診断薬, 科学評論社,   2016年07月
  • がん分子標的治療 14(2): 73-9, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, 世代別(第1、2、3)EGFR-TKIの耐性化機構, メディカルレビュー社,   2016年07月
  • 呼吸器内科29(3): 185-90, 西尾和人, 共著, 肺癌におけるクリニカルシーケンシング, 科学評論社,   2016年03月
  • 肺癌56(1): 48-54, 西尾和人, 共著, マルチ診断薬による肺癌最適化医療に向けての取り組み, ㈱杏林社,   2016年02月
  • 実験医学 34(18): 3074-80, 坂井和子、西尾和人, 共著, cfDNAによる遺伝子変異検出の臨床応用に向けたデジタルPCR技術, 羊土社,   2016年01月
  • 腫瘍内科16(6): 608-12, 西尾和人, 共著, リキッド・バイオプシー, 科学評論社,   2016年01月
  • 産科と婦人科83(1): 55-61, 西尾和人, 共著, 次世代シーケンサーを用いたコンパニオン診断、クリニカルシーケンシング, 診断と治療社,   2016年01月
  • 血液内科72(1): 155-160, 西尾和人、坂井和子, 共著, Liquid biopsyによる分子標的薬の治療感受性の予測, 科学評論社,   2015年12月
  • がん分子標的治療 13(3)65-70, 水上拓郎、西尾和人, 共著, FGFR阻害薬のバイオマーカー, メディカルレビュー社,   2015年09月
  • 日本臨床 73(8)1315-22, 西尾和人、坂井和子、冨樫庸介, 共著, PI3K/mTORシグナル系と分子標的治療, 日本臨床社,   2015年08月
  • 日本臨床 73(8)1323-9, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, キナーゼ阻害剤とその耐性化機構, 日本臨床社,   2015年08月
  • 細胞 47(9)18-21, 西尾和人, 共著, 消化器がんのバイオマーカー, ニューサイエンス社,   2015年08月
  • 細胞 46(14)15-8, 西尾和人, 共著, 肺がんにおけるマルチプレックス診断薬開発,   2014年12月
  • 薬局 65(12)41-5, 西尾和人, 共著, マルチプレックス遺伝子診断により肺癌薬物治療の新展開, 南山堂,   2014年11月
  • THE LUNG 22(4) 401-7, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, ゲノム解析技術と呼吸器, メディカルレビュー社,   2014年11月
  • 腫瘍内科 14(4)343-7, 西尾和人、坂井和子, 共著, 肺がんにおけるマルチプレックス診断薬開発, 科学評論社,   2014年10月
  • 呼吸器内科 26(2)141-146, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, 次世代シークエンサーによるがんゲノム解析, 科学評論社,   2014年08月
  • 実験医学増刊 32(12) 167-70, 坂井和子、西尾和人, 共著, がんの個性に応じた診断を可能にするクリニカルシークエンシング, 羊土社,   2014年07月
  • がん分子標的治療 12(1)76-9, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, 免疫チェックポイント阻害療法のバイオマーカー, メディカルレビュー社,   2014年03月
  • 実験医学増刊 32(5)101-5, 冨田秀太、西尾和人, 共著, 皮膚細菌叢のバイオロジー, 羊土社,   2014年03月
  • 肝胆膵 68(3)415-9, 小寺康夫、西尾和人, 共著, 肝腫瘍の分子標的治療とバイオマーカー, アークメディア,   2014年03月
  • 臨床病理レビュー 特集第153号 コンパニオン診断の進展2014-2015 -個別化医療を進めるために- 153:23-7, 西尾和人、坂井和子、冨樫庸介, 共著, 個別化医療の実現に向けて 1.分子標的治療の実用化とコンパニオン診断, 臨床病理刊行会,   2014年
  • SORAFENIB PRACTICE BOOK 3:128-32, 西尾和人, 共著, 肝癌分子標的薬のバイオマーカー, アークメディア,   2014年
  • 最新医学 68(12)61-66, 寺嶋雅人、西尾和人, 共著, 血管新生阻害薬のバイオマーカー, 最新医学社,   2013年12月
  • PharmaMedica 31(11)15-18, 坂井和子、西尾和人, 共著, 肺がんにおけるBRAF変異の重要性, メディカルレビュー社,   2013年11月
  • 実験医学 31(15)2527-32, 冨田秀太、西尾和人, 共著, 皮膚のマイクロバイオーム研究最前線, 羊土社,   2013年09月
  • コンセンサス癌治療 12(3)120-3, 小寺康夫、西尾和人, 共著, 分子標的治療薬:総論, へるす出版,   2013年08月
  • メディカル・サイエンス・ダイジェスト 39(6)248-251, 小寺康夫、西尾和人, 共著, 大腸癌における化学療法・分子標的治療のバイオマーカー:個別化医療に向けて, ニューサイエンス社,   2013年06月
  • 腫瘍内科 11(5) 617-619, 西尾和人, 共著, Multiplex診断薬, 科学評論社,   2013年05月
  • Cefiro 2013 No.17:12-17, 冨樫庸介、西尾和人, 共著, 肺がんの発症機構と診断・治療戦略, 保険科学グループ,   2013年04月
  • Medical Practice 29(6)9002-7, 木村英晴、西尾和人, 共著, 肺癌の個別化治療とバイオマーカーの使い方, 文光堂,   2012年06月
  • 日本臨床 70(5) 730-6, 木村英晴、西尾和人, 共著, バイオマーカーの基礎と臨床への応用, 日本臨床社,   2012年05月
  • 医学のあゆみ 肺癌UPDATE 240(13)1072-7, 林秀敏、西尾和人, 共著, 分子標的治療のバイオマーカー, 医歯薬出版㈱,   2012年03月
  • 分子消化器病 9(1)7-11, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 消化器癌における分子標的治療法の現状はどのようで、どのように展開されていくか, 先端医学社,   2012年03月
  • 血管医学 13(1) 11-7, 林秀敏、西尾和人, 共著, 抗血管新生薬の開発, メディカルレビュー社,   2012年02月
  • 腫瘍内科 9(1)1-5, 木村英晴、西尾和人, 共著, 個別化治療の展望について-個別化治療実現のためのバイオマーカーについて-, 科学評論社,   2012年01月
  • 最新医学 66(9) 24-8, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 薬力学的バイオマーカーとPOC研究, 最新医学社,   2011年09月
  • 最新医学 66(9) 7-16, 山田康秀、岡本勇、西尾和人, 共著, バイオマーカー研究の現状と将来, 最新医学社,   2011年09月
  • 最新医学 66(9) 5-6, 西尾和人, 共著, 特集:がん薬物療法のバイオマーカー 序論, 最新医学社,   2011年09月
  • 最新医学 66(8) 95-100, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 肝細胞がんに対する分子標的治療のバイオマーカーの探索, 最新医学社,   2011年08月
  • がん分子標的治療 9(3)6-14, 田村友秀、西尾和人、井上謙吾、朴成和, 共著, 新たな新薬開発戦略:フェーズ・ゼロ試験, メディカルレビュー社,   2011年07月
  • がん分子標的治療 9(2)45-8, 木村英晴、西尾和人, 共著, がん研究における組織バンキング, メディカルレビュー社,   2011年04月
  • がん分子標的治療 9(1)61-4, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, EMT研究, メディカルレビュー社,   2011年02月
  • がん分子標的治療 9(1)22-5, 松本和子、西尾和人, 共著, がん幹細胞マーカーCD133とHIF, メディカルレビュー社,   2011年02月
  • 医学のあゆみ 237(7)701-5, 坂井和子、西尾和人, 共著, 分子標的薬におけるバイオマーカー, 医歯薬出版㈱,   2011年02月
  • 呼吸器内科 18(6)549-54, 木村英晴、西尾和人, 共著, 呼吸器疾患の診断技術の進歩 EGFR, 科学評論社,   2010年12月
  • 腫瘍内科 6(6) 582-5, 木村英晴、西尾和人, 共著, 原発不明がんの臨床 原発不明がんの遺伝子検査, 科学評論社,   2010年12月
  • 消化器外科 33(12)1873-9, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 分子標的治療, へるす出版,   2010年11月
  • 日本臨床 68増刊号1:505-8, 西尾和人, 共著, 分子標的治療薬, 日本臨床社,   2010年10月
  • 医薬ジャーナル 46(10) 85-8, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, Cancer stem cell, Circulating Endothelial Progenitor, がん分子標的治療薬, 医薬ジャーナル社,   2010年10月
  • 医薬ジャーナル 46(10) 73-7, 松本和子、西尾和人, 共著, mTOR阻害薬などのシグナル伝達と阻害薬の開発動向, 医薬ジャーナル社,   2010年10月
  • Medical Practice 27(7)1174-6, 木村英晴、西尾和人, 共著, 新たな肺癌分子マーカーの探索と展望, 文光堂,   2010年07月
  • 呼吸器内科 17(3)276-82, 木村英晴、西尾和人, 共著, EGFR-TK阻害薬の耐性機序, 日本臨床薬理学会,   2010年05月
  • 日本臨床 68(6) 1047-53, 木村英晴、西尾和人, 共著, 治療の新たな取り組み 薬物療法 分子標的薬とは, 日本臨床社,   2010年05月
  • 最新医学 65(3) 335-9, 西尾和人, 共著, 非小細胞肺癌個別化治療に向けたバイオマーカー開発, 最新医学社,   2010年03月
  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ~抗悪性腫瘍薬 分子標的治療薬~, 西條 長宏, 岡本 勇, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 畠 清彦, 小椋 美知則, 國頭 英夫, 古瀬 純司, 石岡 千加史, 大江 裕一郎 他 20名, 医薬ジャーナル社,   2010年
  • がんの分子標的と治療薬事典, 西條 長宏, 西尾 和人, 共著, 羊土社,   2010年
  • 癌と化学療法(Jpn J Cancer Chemother), Liver, Pancreas, Biliary Tract Cancer 肝・胆・膵癌 肝癌分子標的治療の基礎と臨床 肝癌分子標的治療におけるバイオマーカーの探索., 荒尾 徳三, 工藤 正俊, 西尾 和人,   2010年
  • 最新医学 64(9月増刊号)177-82, 西尾和人, 共著, がん治療薬選定とファーマコゲノミクス, 最新医学社,   2009年09月
  • THE LUNG 17(3)15-8, 藤田至彦、西尾和人, 共著, 疾患遺伝子の変異と分子標的薬, メディカルレビュー社,   2009年07月
  • がん分子標的治療 7(3)39-43, 松本和子、西尾和人, 共著, 糖鎖解析とがん治療, メディカルレビュー社,   2009年07月
  • がん分子標的治療 7(3)20-5, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 原発不明がん同定のための分子生物学的な手法、研究, メディカルレビュー社,   2009年07月
  • がん分子標的治療 7(3)14-9, 倉橋一成、中川和彦、西尾和人、伊藤陽一、大橋靖雄, 共著, 原発巣同定のアルゴリズム, メディカルレビュー社,   2009年07月
  • がん分子標的治療 7(3)6-13, 中川和彦、倉田宝保、西尾和人, 共著, 原発不明がんに関する最近の話題, メディカルレビュー社,   2009年07月
  • 日本胸部臨床 68(7) 581-92, 金田裕靖、荒尾徳三、西尾和人, 共著, ゲノミクスとウロテオミクス, 克誠堂出版㈱,   2009年07月
  • 癌と化学療法 36(6)923-6, 藤田至彦、西尾和人, 共著, 原発不明癌の分子診断の現状と課題, 癌と化学療法社,   2009年06月
  • 日本医師会雑誌 第138巻・特別号(1)s117-8 がん診療update, 西尾和人, 共著, がんの診断 遺伝子診断, 日本医師会,   2009年06月
  • Medical Science Digest 35(5)6-9, 西尾和人, 共著, 基礎研究からみた今後の癌分子標的治療開発研究, ニューサイエンス社,   2009年05月
  • Mebio 26(5)84-90, 松本和子、西尾和人, 共著, mTORシグナル伝達, メジカルビュー社,   2009年05月
  • Mebio 26(5)50-55, 荒尾徳三、山田康秀、西尾和人, 共著, 血管新生のバイオロジーと血管新生阻害薬のバイオマーカー, メジカルビュー社,   2009年05月
  • Mebio 26(5)33-41, 古田一行、関島勝、荒尾徳三、  西尾和人, 共著, がんの体細胞変異の最近の治験, メジカルビュー社,   2009年05月
  • がん分子標的治療 7(2)6-13, 西尾和人、矢野聖二、吉野孝之, 共著, Round Table Meeting HGF/c-Met, メディカルレビュー社,   2009年04月
  • Biotherapy 23(2)79-86, 西尾和人, 共著, バイオマーカー概論, 癌と化学療法社,   2009年03月
  • 大腸癌FRONTIER 2(1)28-31, 西尾和人, 共著, バイオマーカーを利用したがん分子標的薬の臨床研究, メディカルレビュー社,   2009年03月
  • 医学のあゆみ 228(3)1231-5, 松本和子、西尾和人, 共著, 他のがん腫におけるEGFR-RASシグナル, 医歯薬出版㈱,   2009年03月
  • Mebio Oncology 6(1) 82-87, 西尾和人、倉田宝保、中川和彦, 共著, マイクロアレイによる原発不明がんの個別化治療へのアプローチ, メディカルレビュー社,   2009年02月
  • 内科 103(2)223-6, 西尾和人, 共著, 肺癌における個別化治療, 南江堂,   2009年02月
  • 分子呼吸器病 13(1)95-98, 西尾和人, 共著, 肺癌に関連する遺伝子異常, 先端医学社,   2009年01月
  • がん化学療法:分子標的治療Update, がん化学療法:分子標的治療Update, 西條 長宏, 西尾 和人, 岡本 勇, 藤阪 保仁, 矢野聖二, 中面哲也, 弦間昭彦 , 田村研治, 石岡千加史, 佐伯俊昭, 大江裕一郎, 平家勇司, 藤原俊義, 杉山治夫, 國頭英夫, 田村友秀, 福岡正博, 益田典幸, 笹子三津留 他 約100名, 共著, 中外医学社,   2009年
  • 日本臨牀(増刊号)がん薬物療法学 基礎・臨床開発のアップデート, 分子標的治療薬(コンセプト・分類), 西條 長宏, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 加藤 治文, 小椋 美知則, 山本 信之, 平家 勇司 分田 貴子, 杉山 治夫 他 約70名, 共著, 日本臨牀社,   2009年
    概要:癌の病因・病態、癌分子診断のための手法、作用機序からみた抗悪性腫瘍薬の分類、抗悪性腫瘍薬の薬理学・薬力学・薬理遺伝学、抗悪性腫瘍の合併療法・臨床試験・副作用対策、サイコオントロジー・緩和医療、臨床腫瘍学の教育、各臓器癌に対する薬物療法 等
  • 入門腫瘍内科学, 西條 長宏, 中川 和彦, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 石岡 千加史, 田村 和夫, 南 博信, 古瀬 純司, 赤座 英之, 中西 洋一, 木浦 勝行 他 約70名, 共著, 篠原出版新社,   2009年
  • 展望 2:13-9, 西尾和人, 共著, バイオマーカー研究と分子標的治療, 有限責任中間法人小林がん学術振興会,   2008年11月
  • Mebio Oncology 5(1)10-7, 松本和子、荒尾徳三、西尾和人, 共著, 選択的治療を可能にする方法論 バイオマーカー研究の側面から, メディカルレビュー社,   2008年11月
  • 大腸癌FRONTIER 1(3)17-22, 田村大介、西尾和人, 共著, トランスレーショナル研究と分子標的治療薬の根拠, メディカルレビュー社,   2008年09月
  • Oncology Nursing 2(4)15-16, 田中薫、西尾和人, 共著, 分子標的治療薬とは, 先端医学社,   2008年09月
  • Cancer Frontier 10:90-96, 西尾和人, 共著, 分子医薬開発の動向, 医薬ジャーナル社,   2008年09月
  •  日本臨床 肺癌-基礎・臨床研究のアップデート- 66(増刊号6)135-138, 西尾和人, 共著, 肺癌の生物学的特性と臨床応用, 日本臨床社,   2008年08月
  •  日本臨床 肺癌-基礎・臨床研究のアップデート- 66(増刊号6)113-117, 荒尾徳三、金田裕靖、西尾和人, 共著, 肺癌の血管新生, 日本臨床社,   2008年08月
  • medicina 45(8) 1385-8, 西尾和人, 共著, 分子標的薬を理解するための腫瘍の特徴, 医学書院,   2008年08月
  • 成人病と生活習慣病 38(6) 654-8, 西尾和人, 共著, バイオマーカーとその臨床応用, 東京医学社,   2008年07月
  • 分子呼吸器病 12(2)53-56, 鈴木俊宏、西尾和人, 共著, mrpノックアウトマウス, 先端医学社,   2008年04月
  • ヒューマンサイエンス 19(2)4-11, 西尾和人、戸井雅和、塩津行正、鶴雄隆(司会), 共著, がんバイオマーカー研究の現状と展望, (財)ヒューマンサイエンス振興財団,   2008年03月
  • ファルマシア 44(3)209-212, 西尾和人, 共著, がん分子標的治療薬の最近の動向, 社団法人日本薬学会,   2008年03月
  • Frontiers in Gastroenterology 13(4)58-63, 工藤可苗、荒尾徳三、西尾和人, 共著, 癌の分子標的治療薬とバイオマーカー研究, メディカルレビュー社,   2008年01月
  • がん分子標的治療 6(1)72-3, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 第11回がん分子標的治療研究会総会, メディカルレビュー社,   2008年01月
  • 最新医学 63(1) 64-68, 西尾和人, 共著, 肺癌分子標的治療のバイオマーカー, ㈱最新医学社,   2008年01月
  • がん分子標的治療 4(3)98-99, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, がん細胞のゲノムにおける体細胞性遺伝子変異のパターン, メディカルレビュー社,   2007年12月
  • あいみっく 28(4) 2-4, 西尾和人, 共著, 分子標的治療の最前線, (財)国際医学情報センター,   2007年12月
  • がん分子標的治療 5(4)31-36 , 阿部譲、塩津行正、荒尾徳三、 西尾和人, 共著, 創薬とファーマコゲノミクスによるバイオマーカーの同定, メディカルレビュー社,   2007年11月
  • がん分子標的治療 5(4)8-15, 西尾和人、山本精一郎、山田康秀, 共著, バイオマーカー研究の現状と展開, メディカルレビュー社,   2007年11月
  • ゲノム医学 7(3) 29-34, 西尾和人, 共著, 癌治療の選択のためのバイオマーカーとファーマコゲノミクスによるその同定, メディカルレビュー社,   2007年10月
  • 腫瘍内科 1(5)411-416, 西尾和人、荒尾徳三, 共著, 遺伝子発現解析, 科学評論社,   2007年10月
  • 分子消化器病 9月号 4(3) 190-195, 荒尾徳三、山田康秀、西尾和人, 共著, DNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析 -薬剤感受性遺伝子の同定-, 先端医学社,   2007年09月
  • 新薬と臨床 56(8)別冊 56-65, 国頭英夫、西尾和人、久保田馨、坪井正博、田村研治, 共著, 座談会 肺癌の分子標的治療をめぐる最新情報-ASCO2007から-, 医薬情報研究所,   2007年08月
  • JAPAN MEDICAL SOCIETY 7月号44-47, 垣添忠生、藤原康弘、西尾和人、豊島聰, 共著, がん化学療法の世界標準 -なぜ日本と外国ではがん治療法が違うのか-, ㈱ジャパン・メディカル・ソサイエティ,   2007年07月
  • 肺癌の臨床 MOOK 2007~2008 ,27-31, 田中薫、西尾和人, 共著, EGFR変異の高感度検出方, 篠原出版新社,   2007年04月
  • 日本統計学会誌 36(2)147-163, 倉橋一成、伊藤陽一、松山裕、大橋靖雄、西尾和人, 共著, cDNAマイクロアレイデータ解析における正規化手法の性能評価, 日本統計学会,   2007年03月
  • がん分子標的治療 5(2)58-66, 木村英晴、住ノ江美佳、西尾和人, 共著, Scorpion ARMS法を用いた遺伝子変異検出-腫瘍代替サンプルを用いたバイオマーカー研究-, メディカルレビュー社,   2007年03月
  • 細胞工学 26(9) 1031-1033, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, 癌の分子標的治療薬とバイオマーカー, ㈱秀潤社,   2007年
  • Mebio Oncology 4(1)96-97, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, DNAメチル化をゲノムワイドに検索する新しい手法の紹介, メジカルビュー社,   2007年
  • がん分子標的治療 5(1) 28-33, 荒尾徳三、横手秀行、西尾和人, 共著, HER familyをターゲットとした分子標的治療 Circulating endothelial cells, メディカルレビュー社,   2007年
  • がん分子標的治療 4(3)8-16, 田村友秀、西尾和人、中川和彦, 共著, 肺がん分子標的治療の課題と展望, メディカルレビュー社,   2006年
  • 最新医学 61(11)7-13, 西尾和人、荒尾徳三, 共著, 分子生物学の進歩と肺癌治療, ㈱最新医学社,   2006年
  • 癌と化学療法 33(10) 1373-1379, 河石真、小泉史明、西尾和人, 共著, 分子標的治療薬の問題点, 癌と化学療法社,   2006年
  • Mebio Oncology 3(3) 108-109, 荒尾徳三、西尾和人, 共著, VEGFに誘導される血管新生メカニズムには、骨髄細胞由来のSDF1-CXCR4システムの関与が必要であることを初めて示した論文, メジカルビュー社,   2006年
  • Mebio Oncology 3(3) 110-113, 松本和子、西尾和人, 共著, ベバシズマブの単剤使用または細胞傷害性薬剤との併用使用における薬理学・薬力学的評価を述べた論文, メジカルビュー社,   2006年
  • Mebio Oncology 3(3) 57-60, 松本和子、西尾和人, 共著, 抗体治療のバイオマーカー研究, メジカルビュー社,   2006年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, VEGFに誘導される血管新生メカニズムには、骨髄細胞由来のSDF1-CXCR4システムの関与が必要であることを初めて示した論文 (解説), 荒尾 徳三, 西尾 和人,   2006年
  • 最新医学, 分子生物学の進歩と肺癌治療, 西尾 和人, 荒尾 徳三,   2006年
  • 癌と化学療法, 分子標的治療薬の問題点, 河石真,小泉史明, 西尾 和人,   2006年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, ベバシズマブの単剤使用または細胞傷害性薬剤との併用使用における薬理学・薬力学評価を述べた論文(解説), 松本和子, 西尾 和人,   2006年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, 抗体治療のバイオカーカー研究, 松本和子, 西尾 和人,   2006年
  • 分子呼吸器病, 基礎医学から呼吸器へのメッセージ 臨床検体を用いたバイオマーカー探索研究 がん治療臨床試験付随研究の進め方, 加藤晃史, 西尾 和人,   2006年
  • 病理と臨床, 【分子標的治療と病理】分子標的の基礎, 福井朋也, 西尾 和人, 共著,   2006年
  • 肺癌, シグナル伝達系と薬剤感受性, 西尾 和人, 共著,   2006年
  • 化学と生物, EGFRを標的とした癌治療薬-発癌過程における変異型EGFRの機能の関わり-, 西尾 和人, 横手 秀行,   2006年
  • 医学と薬学, 分子標的薬とその分子標的-上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor EGFR) とそのチロシンキナーゼ阻害剤、ゲフィチニブを中心に- がん化学療法の新しい潮流(1), 木村英晴, 西尾 和人,   2006年
  • Drug Delivery System Drug Delivery System, ゲフィチニブ(イレッサ)の動向 特集 がんの分子標的治療, 武田真幸, 西尾 和人,   2006年
  • 呼吸器科, がん化学療法の薬剤耐性における新知見, 下山 達, 西尾 和人, 科学評論社,   2006年
  • Surgery Frontier  Surgery Frontier , EGFR-TK阻害剤―非小細胞肺癌を中心にー  , 木村 英晴, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2006年
  • 化学と生物 44(7)435-438, 西尾和人、横手秀行, 共著, EGFRを標的とした癌治療薬-発癌過程における変異型DGFRの機能の関わり-, ㈱学会出版センター,   2006年
  • 肺癌 46(3):241-244, 西尾和人, 単著, シグナル伝達系と薬剤感受性, 日本肺癌学会(㈱杏林舎),   2006年
  • 病理と臨床 24(6)578-585, 福井朋也、西尾和人, 共著, 【分子標的治療と病理】分子標的の基礎, 文光堂医学・看護学書出版,   2006年
  • 癌治療と宿主, 最近における薬剤耐性の研究の進歩 特集にあたって, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2005年
  • 癌治療と宿主, 癌化学療法の薬剤耐性―臨床研究からの新知見―, 武田 真幸, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2005年
  • 分子呼吸器病, 肺腺癌に見いだされたgain of function変異―人種差としての変異集積― , 小泉 史明, 西尾 和人, 先端医学社,   2005年
  • 分子呼吸器病, 肺腺癌に見いだされたgain of function変異―EGFR catalytic domain 変異の生理的意義:親和性増強とsurvivalシグナル―, 坂井 和子, 西尾 和人, 先端医学社,   2005年
  • Highlights of the Central European 9th Lung Cancer Conference Highlights of the Central European 9th Lung Cancer Conference, 肺癌に対するトランスレーショナル研究, 西尾 和人,   2005年
  • 血液・腫瘍科, IressaのOSへの有効性, 木村 英晴, 西尾 和人, 科学評論社,   2005年
  • Molecular Medicine Molecular Medicine, ゲフィチニブup to date, 西尾 和人, 木村 英晴, 中山書房,   2005年
  • Oncology Pharmacist Oncology Pharmacist, がん化学療法の基本①-がん細胞の特徴―, 西尾 和人, 医科学出版社,   2005年
  • 癌化学療法update, 増殖シグナル伝達, 坂井 和子, 西尾 和人, 中外医学社,   2005年
  • 医学のあゆみ, がんの化学療法―最新治療コンセンサス 蛋白キナーゼと小分子抑制剤―キナーゼ阻害剤による分子標的治療, 坂井 和子, 西尾 和人, 医歯薬出版株式会社,   2005年
  • 医学のあゆみ, 蛋白キナーゼと小分子抑制剤―キナーゼ阻害剤による分子標的治療, 坂井 和子, 西尾 和人, 医歯薬出版株式会社,   2005年
  • Lung Cancer Today Lung Cancer Today, 肺癌分子標的治療の現状と将来―EGFRを標的とするチロシンキナーゼ阻害剤の感受性と耐性, 西尾 和人,   2005年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, 化学放射線療法―VEGFR-2阻害薬であるZD6474が、抗血管新生活性の代用マーカーである末梢血中血管内皮前駆細胞と成熟血管内皮細胞に対して異なった効果を及ぼすことを示した論文, 河石 真, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2005年
  • 呼吸, 肺癌研究の動向2004―分子標的薬の薬効と耐性機序―EGFR変異とゲフィチニブを中心にー, 西尾 和人, 端山 直樹,   2004年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, 分子標的治療の理解へむけて, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2004年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, Targetを癌細胞に絞り込む分子標的治療―4ゲフィチニブ(イレッサ)の基礎研究の動向 , 西尾 和人, 小泉 史明 端山 直樹, メディカルレビュー社,   2004年
  • Cytometry Reseach Cytometry Reseach, フローサイトメトリーの分子標的治療への応用, 西尾 和人, 福本 久郎,   2004年
  • BIO Clinica BIO Clinica, 抗がん剤の耐性機序 , 西尾 和人,   2004年
  • 日本臨床, 分子標的薬剤性とその克服, 西尾 和人, 日本臨床社,   2004年
  • Mebio Oncology Mebio Oncology, EGFR変異とゲフィチニブ, 西尾 和人, メディカルレビュー社,   2004年
  • 現代医療, 肺癌細胞におけるEGFシグナルとゲフィチニブ耐性化, 西尾 和人, 現代医療社,   2004年
  • Biotherapy Biotherapy, 新しい癌の分子標的薬の動向, 西尾 和人, 癌と化学療法社,   2004年
  • 血液・腫瘍科, ゲノム情報と分子標的療法:感受性と耐性, 西尾 和人, 科学評論社,   2004年
  • 第45回日本肺癌学会総会ハイライト, 分子標的治療薬の基礎と臨床, 西尾 和人, 株式会社インフロント,   2004年
  • がん分子標的治療 1(4):308, 2003., DNAアレイの臨床応用, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小泉史明,   2003年
  • 臨床放射線, 分子標的治療とトランスレーショナルリサーチ, 西尾 和人,   2003年
  • 肺癌の臨床, シグナル伝達機構と細胞周期, 西尾 和人, 南江堂,   2003年
  • 分子細胞治療, 分子標的治療と耐性, 西尾 和人, 小泉 史朗,   2003年
  • 肺癌の臨床, 微小管作用薬の個別化治療, 西尾 和人, 西尾 誠人,   2003年
  • 日本病院薬剤師会雑誌 , ゲフィチニブ(イレッサ), 西尾 和人, 小泉 史明,   2003年
  • 安科研ニュース, 分子標的薬臨床試験におけるproof of principleのための遺伝子発現解析, 西尾 和人,   2003年
  • がん分子標的治療, DNAアレイの臨床応用, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小泉 史朗,   2003年
  • Biotherapy  Biotherapy , 抗VEGF抗体療法, 下山 達, 西尾 和人,   2003年
  • 臨床放射線, 治療談話会記録 分子標的薬の動向-ZD1839 を中心として-, 西尾 和人,   2003年
  • 血液・免疫・腫瘍, 癌ゲノム薬理学 分子標的治療におけるトランスレーショナルpharmacogenomics, 塩見 和, 西尾 和人,   2003年
  • 癌の臨床, トランスレーショナルスタディ Molecular Correlative Study, 西尾 和人,   2003年
  • 現代医療, 分子標的薬剤ゲフィチニブの作用・耐性機序, 副作用 シグナル伝達の基礎と臨床応用 , 西尾 和人, 現代医療社,   2003年
  • 西條長宏、加藤治文編 インフォームドコンセントキット―肺がんの治療 , 分子標的治療―分子標的治療薬の作用機序, 西尾 和人, 医薬ジャーナル社,   2003年
  • 国立がんセンター中央病院 がん医療サポートチーム編 がん医療の現在(いま)2000-9―第14回がんについての市民公開講演会記録, がんの分子標的治療―新しいがん治療の開発動向―, 西尾 和人, 医事出版社,   2003年
  • Annual Review 2003―疫学・発見・診断・治療, 分子標的治療に必要なトランスレーショナルリサーチ, 端山 直樹, 西尾 和人, 篠原出版社,   2003年
  • 有吉寛、上田龍三、西條長宏、峠哲哉、福岡正博編 臨床腫瘍学―CLINICAL ONCOLOGY, 微小管に作用する抗がん剤, 西尾 和人, 癌と化学療法社,   2003年
  • 分子呼吸器病, 肺癌治療基礎研究の新展開―分子標的治療薬の耐性発現機構, 端山 直樹, 西尾 和人, 小泉 史明,   2003年
  • 診療と新薬, がんの分子標的治療―新しいがん治療の開発動向 , 西尾 和人,   2003年
  • 肺癌診療ガイド, 細胞周期, 西尾 和人,   2002年
  • 血液・免疫・腫瘍, 抗癌剤感受性テスト(臨床試験), 西尾 和人,   2002年
  • カレントテラピー, 肺癌の標準治療, 上田 裕, 西尾 和人, 田村 友秀,   2002年
  • Surgery Frontier Surgery Frontier, 細胞周期・アポトーシス関連因子P53,P73 , 洪 泰浩, 西尾 和人,   2002年
  • 日本胸部臨床, オーダーメイド治療, 築山 正嗣, 西尾 和人,   2002年
  • 臨床病理レビュー, フローサイトメトリーの耐性診断への応用, 西尾 和人, 小泉 史明,   2002年
  • 呼吸器科, オーダーメイド化学療法, 西尾 和人, 小泉 史明 築山 正嗣,   2002年
  • Cancer Frontier Cancer Frontier, 一塩基多型(SNPs)およびDNAマイクロアレイを用いたpharmacogenomic study , 小泉 史朗, 西尾 和人,   2002年
  • Cancer Frontier Cancer Frontier, 腫瘍血管新生因子を標的とした抗体療法 FGF, VEGF , 田口 史子, 西尾 和人,   2002年
  • 分子呼吸器病, 肺癌の分子標的治療の基礎知見―最近の進歩― 肺癌の分子標的とpharmacogenomics , 西尾 和人,   2002年
  • 治療学, 癌の分子標的治療6―標的の検索―, 西尾 和人,   2002年
  • がん用語解説集, 大江 裕一郎, 西尾 和人, 小泉 史朗, 松村 保広, 共著, エルゼビア・サイエンス社,   2002年
  • 呼吸と循環, 肺癌の分子標的療法 , 西尾 和人,   2002年
  • Neuro-Oncology Neuro-Oncology, 抗癌剤耐性-up to date-, 西尾 和人,   2002年
  • 肺癌の臨床, 肺がんの分子生物学・バイオセラピーの現状と将来 ZD1839耐性 , 小泉 史朗, 西尾 和人,   2002年
  • Medico Medico, シグナル伝達と分子標的治療, 西尾 和人,   2001年
  • 日本臨床, Cyclin dependent kinase (CDK) 阻害剤 胃がんの診断と治療, 西尾 和人,   2001年
  • 血液・腫瘍科, 微小管作用薬 特集:抗癌剤の作用機序と効果, 西尾 和人, 科学評論社,   2001年
  • Surgery Frontier Surgery Frontier, 抗癌剤分子標的 DHFR (dihydrofolate reductase), 清水 美貴子, 西尾 和人,   2001年
  • 分子呼吸器病, マイクロアレイ Trends in Molecular Biotechnology, 西尾 和人, 小泉 史朗, 芥川 茂, 洪 泰浩,   2001年
  • 肺癌の臨床Jpn. J. Lung Cancer Clin., 分子標的薬剤による抗がん剤の作用増強, 西尾 和人,   2001年
  • 医学のあゆみ, MRPと肺癌の薬剤耐性, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 兎川 忠靖, 田辺 信三, 医歯薬出版株式会社,   2001年
  • 第16回日本肺癌学会ワークショップ講演集 肺癌治療におけるあたらしいアプローチ , 新しい分子標的薬剤による治療, 西尾 和人, 小泉 史朗, 芥川 茂る, 洪 泰浩,   2001年
  • 抗癌剤感受性・耐性の分子機序, 西尾 和人, 中村 貴, 篠原出版,   2000年
  • 肺癌の基礎研究の最近の動向, 西尾 和人, リノ・メディカル社,   2000年
  • 治療手帖, 癌化学療法とchronopharmacology, 清水 美貴子, 西尾 和人,   2000年
  • ファインケミカル, 白金錯体系抗癌剤, 秋山 桂子, 西尾 和人,   2000年
  • Surgery Frontier Surgery Frontier, 抗癌剤排出機構 GS-Xポンプ, 西尾 和人, 鈴木 俊宏 中村 貴 巽 康彰,   2000年
  • 現代医療, 最新国際学会情報 第91回米国癌学会総会, 西尾 和人,   2000年
  • 日本臨床, 肺癌の耐性克服にむけて, 西尾 和人, 中村 貴,   2000年
  • 呼吸, 微小管に作用する抗がん剤, 西尾 和人,   2000年
  • 西條長宏、加藤治文編 インフォームドコンセントキット―肺がんの治療, 分子標的治療―分子標的治療薬の作用機序, 西尾 和人, 医療ジャーナル社,   2000年

講演・口頭発表等

  • 躍動するがんのクリニカルシーケンス, 西尾和人, 第28回日本臨床化学会第36回日本臨床検査医学会 東海・北陸支部例会,   2017年08月05日
  • バイオマーカー研究の最前線, 西尾和人, 第32回日本肺癌学会ワークショップ,   2017年07月01日
  • 肝がん次世代治療とプレシジョンメディスンに向けて, 西尾和人, 第16回日本肝がん分子標的治療研究会,   2017年06月24日
  • リキッドバイオプシー2017, 西尾和人, 第21回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2017年06月16日
  • がん免疫療法のバイオマーカーについて, 西尾和人, 第38回癌免疫外科研究会,   2017年05月26日
  • FGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるニボルマブの有効性と効果予測因子の解析, 西尾和人, 第105回日本肺癌学会関西支部学術集会,   2017年02月25日
  • コンパニオン診断薬とNGS解析の現状と展望, 西尾和人, 第10回日本海肺癌化学療法研究会,   2017年02月04日, 招待有り
  • 乳癌等を対象としたLiquid Biopsyの臨床的有用性と課題, 西尾和人、坂井和子, 第1回Liquid Biopsy研究会,   2017年01月21日, 招待有り
  • Afatinib投与によって、原発巣にpathological CRが得られたEGFR遺伝子変異陽性(del.19)肺腺癌の1例, 岡田あすか、福岡和也、西尾和人、高橋輝一、片山公実子、小口展生、村上伸介、竹中英昭、長澄人、鈴木啓史、西村元宏, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田真幸、坂井和子、林秀敏、田中薫、吉田健史、岩朝勤、高濱隆幸、野長瀬祥兼、西尾和人、中川和彦, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • 血漿遊離DNAからT790M遺伝子変異陽性の確認された患者に対する第三世代EGFRTKIを用いた第2相試験の計画, 高濱隆幸、坂井和子、山本信之、西尾和人、中川和彦, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • アファチニブ獲得耐性機序としてのEGFR二次変異T790M,L792F,C797Sの特徴, 小林祥久、東公一、永井宏樹、金永学、冨樫庸介、瀬角裕一、西野将矢、西平守道、佐藤克明、千葉眞人、下治正樹、富沢健二、武本智樹、西尾和人、光冨徹哉, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • 抗B7-H3抗体治療薬による抗PD-L1抗体への増感治療について, 米阪仁雄、前西修、廣谷賢志、金田裕靖、西尾和人、中川和彦, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • 稀なEGFR遺伝子の耐性二次変異(L747S,L762Y,T854A)における各種EGFR-TKIの感受性, 千葉眞人、冨樫庸介、光冨徹哉、西尾和人, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • EGFR-TKI耐性獲得後のT790M変異出現に対する影響因子の検討, 松尾規和、東公一、石井秀宣、時任高章、木下隆、山田一彦、坂井和子、西尾和人、星野友昭, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • 肺癌手術患者に対するリキッドバイオプシーの有用性と限界, 大平達夫、坂井和子、前原幸夫、前田純一、吉田浩一、萩原優、垣花昌俊、岡野哲也、松林純、梶原直央、長尾俊孝、西尾和人、池田徳彦, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日
  • Clinical Application of Liquid Biopsy, 西尾和人, 第57回日本肺癌学会学術集会,   2016年12月19日, 招待有り
  • A randomized phase II trial of trastuzumab + capecitabine versus lapatinib + capecitabine in patients with HER2-positive metastatic breaset cancer previously treated with trastuzumab and taxanes: WJOG6110B/ELTOP., SAN ANTONIO BREAST CANCER SYMPOSIUM,   2016年12月06日
  • 消化器癌に対する分子標的治療の効果予測マーカーの探索とクリニカルシーケンシング, 西尾和人, 第58回日本消化器病学会大会,   2016年11月05日, 招待有り
  • Next-Generation Sequencing in Oncology Practice, The 9th Annual Autumn Meeting of Korean Association for Clinical Oncology (KACO),   2016年11月04日, 招待有り
  • Novel target molecules for treatment of cancer of unknown primary., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • FGFR gene alterations in lung squamous cell carcinoma are potential targets for the multikinase inhibitor nintedanib., The 12th International Conference on Protein Phosphatase,   2016年10月27日
  • DDR2 E665K変異タンパク質はユビキチン-プロテアソーム系による分解を受け機能が喪失する, 寺嶋雅人、冨樫庸介、坂井和子、中村雄、坂野恵里、デベラスコマルコ、藤田至彦、西尾和人, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 遺伝子改変と前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森康範、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、沖貴士、杉本公一、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 活性化EGFR発現低下とSFK/FAK活性化は肺癌におけるアファチニブ耐性に関与する, 村上雄一、渡公佑、東公一、河原明彦、桑野信彦、坂井和子、西尾和人、小野眞弓, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 腫瘍内クローン数定量化プログラムによる卵巣がんのクローン数と遺伝子変異の関連解析, 坂井和子、浮田真沙世、高矢寿光、藤田至彦、寺嶋雅人、デベラスコマルコ、万代昌紀、西尾和人, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるクロロキン経口による治療効果, 杉本公一、デベラスコマルコ、倉由吏恵、森康範、畑中祐二、沖貴士、野澤昌弘、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 原発不明癌の治療のための標的分子の探索, 藤田至彦、坂井和子、倉田宝保、寺嶋雅人、林秀敏、中川和彦、西尾和人, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • EGFR-TKI大成ヒト非小細胞肺がんに対する新規IGFリガンド抗体BI836845とafatinibの併用効果, 大森亨、山岡利光、荒田悟、大場基、村田泰規、岸野康成、楠本壮二郎、廣瀬敬、大西司、西尾和人, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 頭頚部または食道扁平上皮癌に対するアファチニブの効果:頭頚部扁平上皮癌における活性型発癌性HER4遺伝子変異, 中村雄、冨樫庸介、寺嶋雅人、デベラスコマルコ、坂井和子、藤田至彦、桶川隆嗣、濱田傑、西尾和人, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • PTENノックアウト前立腺癌モデルにおけるJAK1/2阻害による腫瘍増殖及び転移抑制効果の検討, 植村天受、倉由吏恵、森康範、畑中祐二、沖貴士、杉本公一、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコマルコ, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田真幸、坂井和子、林秀敏、田中薫、高濱隆幸、吉田健史、岩朝勤、光冨徹哉、伊藤彰彦、西尾和人、中川和彦, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけて選択的なスプライシングは頻繁に認められる, デベラスコマルコ、倉由吏恵、坂井和子、藤田至彦、冨樫庸介、寺嶋雅人、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • Gene expression and mutantion profiling to determine the site of origin in carcinoma of unknown primary site using NGS. 次世代シーケンサーを用いた原発巣推定, 林秀敏、冨田秀太、藤田至彦、寺嶋雅人、冨樫庸介、坂井和子、西尾和人、中川和彦, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけるノンコーディングRNAの検討, 倉由吏恵、デベラスコマルコ、坂井和子、藤田至彦、冨樫庸介、寺嶋雅人、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日
  • 固形がんにおけるコンパニオン診断及びモニタリングツールとしてのcfDNA, 西尾和人、坂井和子, 第75回日本癌学会学術総会,   2016年10月06日, 招待有り
  • Biomarkers of molecular targeted therapy for HCC., The 12th JSH Single Topic Conference in Kanazawa,   2016年09月22日, 招待有り
  • Long-term treatment with nintedanib of NSCLC associated with CCDC6-RET rearrangemen., 武田真幸、坂井和子、岡本邦男、林秀敏、田中薫、清水俊雄、西尾和人、中川和彦, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Phase I investigator initiated trial of YM155 in combination with elrotinib inpatients with EGFR-mutant advanced NSCLC., 清水俊雄、西尾和人、坂井和子、林秀敏、岡本邦男、武田真幸、岩朝勤、田中薫、青山幸司、森下麻依子、中川和彦, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Anti-B7-H3 antibody sensitized cancer cell to immune-checkpoint inhibitor. 抗B7-H3抗体治療薬による免疫チェックポイント阻害剤への増感治療について, 米阪仁雄、前西修、坂井和子、廣谷賢志、西尾和子、中川和彦, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Evolution of HER2 positive breast cancer via loss of HER2 amplification and persistence of PIK3CA mutation: WJOG6110BTR. , 高橋將人、鶴谷純司、坂井和子、高野利美、木村英晴、川端英孝、伊藤良則、高尾信太郎、中西洋一、佐伯俊昭、西尾和人, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Anticancer activities of various EGFR-TKIs against uncommon EGFR-mutation non-small cell lung cacer., 冨樫庸介、千葉真人、坂野恵里、小林祥久、林秀敏、光冨徹哉、西尾和人, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Clinical application of amplicon-based next-generation sequencing to therapeutic decision-making in lung cancer., 武田真幸、坂井和子、林秀敏、田中薫、岩朝勤、西郷和真、伊藤彰彦、光冨徹哉、西尾和人、中川和彦, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日
  • Let's learn knowledge of tha basics in genetic testing. 一般臨床で必要な分子生物学の知識, 西尾和人, 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2016年07月28日, 招待有り
  • A randomized multicenter phase II study of FOLFIRI plus either panitumumab (Pmab) or bevacizumab (Bmab) as seconde-line treatment for wild-type KRAS exon 2 metastatic colorectal cancer (mCRC) with exploratory biomarker analysis by liquid biopsy: WJOG6210G, American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2016,   2016年06月03日
  • Phase I study of YM155, selective survivin suppressant in combination with elrotinib in patients with EGFR-mutant advanced non-small cell lung cancer., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2016,   2016年06月03日
  • 比較的早期の肺がん患者由来cell free DNAの体細胞遺伝子変異検出率の臨床病理学的規定因子の検討, 坂井和子、藤田至彦、西尾和人, 第20回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2016年05月30日
  • Sequentila EGFR-TKI strategy to overcome acquired resistance to afatinib: novel secondary mutations L792F and C797S in addition ro T790M., IASLC Asia Pacific Lung Cacer Conferecen 2016,   2016年05月13日
  • The Jak1/2 inhibitor AZD1480 suppresses tumor growth and metastasis in genetically engineered mouse models of PTEN-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • Effects of oral chloroquine administration on a preclinical mouse model of PTEN/p53-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • Effects of increased dietary fat consumption on prostate cancer progresssion in genetically engineered mice., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • The effect of kinase signaling for miR-205 regulation in gefitinib-resistant lung cancer cell lines., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • Alternative splicing is a frequent in mouse PTEN-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • Analysis of noncoding RNA expression in a mouse model of PTEN-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 106th Annual Meeting 2016,   2016年04月16日
  • 肺癌診療におけるクリニカルシーケンス, 西尾和人、武田真幸、坂井和子、中川和彦, 第56回日本呼吸器学会学術講演会,   2016年04月08日, 招待有り
  • EGFR-TKI耐性機序と細胞・遺伝子解析技術, 西尾和人, AstraZeneca Scientific Exchange Meeting in Fukushima,   2016年02月19日, 招待有り
  • EGFR遺伝子変異陽性進行肺腺癌に対するアファチニブ治療におけるバイオマーカー研究, 原田大二郎、岩間映二、坂井和子、東公一、野崎要、堀田勝幸、大柳文義、倉田宝保、赤松弘朗、後藤功一、福原達朗、中西洋一、西尾和人、岡本勇, 第56回日本肺癌学会学術集会,   2015年11月26日
  • 血中cfDNAを用いたEGFR遺伝子変異の検出とafatinibの臨床効果, 北園聡、坂井和子、高野夏希、川嶋庸介、小栗知世、丹保裕一、柳谷典子、堀池篤、大柳文義、宝来威、西尾和人、西尾誠人, 第56回日本肺癌学会学術集会,   2015年11月26日
  • EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対する血漿中cell free DNAを用いたT790M変異検出の臨床的有用性試験WJOG8014LTR, 高濱隆幸、坂井和子、東公一、樋田豊明、平野勝也、新実彰男、田中洋史、海老規之、澤祥幸、別所明宏、立原素子、下川元嗣、中川和彦、中西洋一、西尾和人, 第56回日本肺癌学会学術集会,   2015年11月26日
  • EGFR exon18変異肺癌の頻度と各世代EGFR-TKIに対する奏効率の違い, 小林祥久、冨樫庸介、谷田部恭、水内寛、朴将哲、近藤千晶、下治正樹、佐藤克明、須田健一、富沢健二、武本智樹、樋田豊明、西尾和人光冨徹哉, 第56回日本肺癌学会学術集会,   2015年11月26日
  • 非小細胞肺癌における受容体チロシンキナーゼ遺伝子変異の探索と機能解析・問題点, 冨樫庸介、水内寛、林秀敏、小林祥久、中川和彦、光冨徹哉、西尾和人, 第56回日本肺癌学会学術集会,   2015年11月26日, 招待有り
  • がん分子標的薬のバイオマーカーと最適化医療, 西尾和人, 第4回化学療法カンファレンス,   2015年11月18日, 招待有り
  • 腫瘍生物学とがん治療, 西尾和人, 第53回日本癌治療学会学術集会 第21回日本癌治療学会教育セミナー,   2015年10月29日, 招待有り
  • 次世代シーケンサーのマルチ診断薬承認に向けての諸課題, 西尾和人, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • マウス前立腺癌モデルを用いたAKT阻害薬AZD5356の抗腫瘍効果, 植村天受、倉由吏恵、清水信孝、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコマルコ, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するPim-1キナーゼ阻害薬AZD1208の治療効果, 倉由吏恵、デベラスコマルコ、沖貴士、山本豊、畑中祐二、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • PTEN欠損前立腺癌マウスモデルにおけるオートファジー阻害薬CQによる長期治療効果について, 杉本公一、デベラスコマルコ、倉由吏恵、山本豊、畑中祐二、沖貴士、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • miR-205発現制御におけるErbB37リン酸化の影響, 鈴木俊宏、永澤生久子、山岡利光、大森亨、西尾和人、小山清隆、小笠原裕樹, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • EGFR exon18変異肺癌の治療戦略: afatinibとneratinibに対する高感受性, 小林祥久、冨樫庸介、谷田部恭、水内寛、朴将哲、近藤千晶、須田健一、富沢健二、樋田豊明、西尾和人、光冨徹哉, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • 非小細胞肺がんにおけるDDR2変異の機能解析, 寺嶋雅人、冨樫庸介、坂井和子、佐藤克明、須田健一、水上拓郎、坂野恵里、中村雄、デベラスコマルコ、藤田至彦、冨田秀太、光冨徹哉、西尾和人, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • 前立腺癌におけるAkt/P13およびMAPK経路阻害の治療相乗効果について, 山本豊、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、沖貴士、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、吉村一宏、西尾和人、植村天受, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • 前立腺癌に対するオートファジー阻害薬CQと分子標的薬の併用療法について, 畑中祐二、デベラスコマルコ、倉由吏恵、山本豊、沖貴士、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • アンドロゲン受容体に対する次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドを用いた前立腺癌治療, デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本豊、吉川和宏、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、西尾和人、植村天受, 第74回日本癌学会学術総会,   2015年10月08日
  • "Verification of an Ion AmpliSeq™ RNA Fusion Lung Cancer Research Panel, workflow, and analysis solution: an OncoNetwork collaborative research study", The American Society of Human Genetics 2015,   2015年10月06日
  • Receptor tyrosine kinase mutations in non-small cell lung cancer., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • Clinicopathological and genetic differences between low-grade and high-grade colorectal mucinous adenocarcinoma., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • Predictive biomarker analysis of early tumor shrinkage induced by FOLFIRI+Bev for patients with metastatic colorectal cancer in WJOG4407G study., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • Exploratory analysis of predictive biomarkers of oxaliplatin versus irinotecan in combination with bevacizumab for patients with metastatic colorectal cancer in WJOG4407G study., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • Fibroblast growth factor 9 gene amplification can induce resistance to anti-EGFR therapy in colorectal cancer., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • CDH2 negative esophageal squamous cell carcinoma with cytotoxic T-lymphocyte signatures is a good responder subtype to definitive chemoradiotherapy., The European Cancer Congress 2015,   2015年09月25日
  • Biomarkers for efficacy in JO25567 study evalating erlotinib plus bevacizumab versus erlotinib in advanced NSCLC with EGFR mutaion., 16th World Conference on Lung Cancer,   2015年09月06日
  • Overview of Tumor Microenvironment and Signal Transduction., Boehringer Ingelheim Oncology Symposium on Tumora Microenvironment and Signal Transduction in Lung Cancer - From Bench to Bedside,   2015年08月29日, 招待有り
  • Multi-biomarker for lung cancer patients., 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2015年07月16日
  • Let's learn knowledge of the basics in genetic testing. 一般臨床で必要なゲノム生物学の知識, 西尾和人, 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2015年07月16日
  • An activating ALK gene mutation in ALK IHC-positive/FISH-negative non-small cell lung cancer., 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2015年07月16日
  • Activin signal in pancreatic cnacer. 膵がんにおけるアクチビンシグナルの役割, 冨樫庸介、坂本洋城、小北晃弘、デベラスコマルコ、坂井和子、藤田至彦、冨田秀太、北野雅之、工藤正俊、西尾和人, 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2015年07月16日
  • マルチ診断薬による肺癌最適化医療に向けての取り組み, 西尾和人, 第30回日本肺癌学会ワークショップ,   2015年06月20日, 招待有り
  • ソラフェニブ著効例の新しいマーカー候補FGF19コピー数異常についての検討, 海堀昌樹、坂井和子、石崎守彦、北出浩章、土師誠二、塚本忠司、金沢景繁、武田裕、和田浩志、永野浩昭、竹村茂一、久保正二、西尾和人, 第12回日本肝がん分子標的治療研究会,   2015年06月06日
  • HCC Fine-needle biopsyサンプルを対象としたRNAヒーケンシングの実施可能性とソラフェニブ効果予測マーカーの探索, 西尾和人、竹田治彦、西島規浩、折戸悦朗、上甲康二、内田靖、泉並木、坂井和子、大﨑往夫, 第12回日本肝がん分子標的治療研究会,   2015年06月06日
  • HCC Fine-needle biopsyサンプルを対象としたDNAヒーケンシングの実施可能性とソラフェニブ効果予測マーカーの探索, 坂井和子、竹田治彦、西島規浩、折戸悦朗、上甲康二、内田靖、泉並木、西尾和人、大﨑往夫, 第12回日本肝がん分子標的治療研究会,   2015年06月06日
  • Predictive biomarker analysis of early tumor shirinkage induced by FOLFIRI+Bev for patients with metastatic colorectal cancer in WJOG4407G study., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2015,   2015年05月29日
  • マルチ診断薬によるがん個別化医療を目指したアプローチ, 西尾和人、坂井和子、寺嶋雅人, 第11回日本臨床プロテオーム研究会,   2015年05月23日, 招待有り
  • Comprehensive genetic profiling of choromosomal translocations in lung cancer tumors: development and validation of a next-generation sequencing panel in an international multicenter study., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Melanoma transition is frequently accompanied by a loss of cytoglobin, a putative tumor suppressor, in melanocytes., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • FGF9 gene amplification can induce resistance to anti-EGFR therapy in colorectal cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Preclinical activity of the AKT inhibitor AZD5363 in PTEN-deficient mouse models of prostate cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Inhibition of mouse PTEN-deficient prostate cancer with next generation antisense oligonucleotide targeting the androgen receptor., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Activin signal promotes cancer progression and is involved in cachexia in an subset of pancreatic cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Effects of long-term chloroquine chemotherapy in a preclinical model of PTEN-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Preclinical effects of dual AKT/MAPK inhibition in PTEN-deficient prostate cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • Choloroquine demonstrates limited effectiveness in an autochthonous preclinical moderl of prostate cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • 臨床試験グループによるバイオバンクとゲオンム解析の構築, 西尾和人, 第34回肝炎ウイルスセミナー,   2015年04月16日, 招待有り
  • Evaluation of Pim-1 kinase inhibition in a preclinical model of mouse prostate cancer., American Association for Cancer Research 105th Annual Meeting 2015,   2015年04月18日
  • AXL陽性肺腺癌の臨床的・病理学的・分子生物学的特徴と予後 , 佐藤克明、須田健一、清水重喜、坂井和子、水内寛、小林祥久、下治正樹、富沢健二、武本智樹、岩崎拓也、阪口全宏、西尾和人、光冨徹哉, 第115回日本外科学会,   2015年04月
  • LASLC/ATS/ERS新国際分類に基づく肺腺癌組織亜型における遺伝子変異の探索的検討, 須田健一、佐藤克明、清水重喜、坂井和子、水内寛、富沢健二、武本智樹、岩崎拓也、阪口全宏、西尾和人、光冨徹哉, 第115回日本外科学会,   2015年04月
  • ソラフェニブ著効例のバイオマーカーその後, 西尾和人, 第11回日本肝がん分子標的治療研究会,   2015年01月31日, 招待有り
  • がんコンパニオン診断におけるNGSを用いたマルチマーカー測定の意義と課題/NGS-driven companion diagnosis for precision medicine of cancer patients., 西尾和人, 日本遺伝子診療学会第21回大会,   2014年11月19日, 招待有り
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田真幸、清水俊雄、田中薫、吉田健史、岩朝勤、高濱隆幸、野長瀬祥兼、岡部崇記、林秀敏、岡本邦男、坂井和子、西尾和人、中川和彦, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月14日
  • EGFR-TKI耐性のEGFR変異陽性NSCLCを対象としたtivantinib(ARQ197) とエルロチニブ併用の第2相試験, 金田裕靖、東公一、平島智徳、山本信之、高橋利明、西尾誠人、平田泰三、久保田馨、笠原寿郎、樋田豊明、吉岡弘鎮、鈴木康平、秋永士朗、西尾和人、光冨徹哉、中川和彦, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月14日
  • 喫煙によるニコチン曝露はEGFR遺伝子変異陽性肺がんにおいてEGFR-TKIの耐性因子である, 林秀敏、冨樫庸介、岡本邦男、田中妙、文田壮一、新谷亮多、清水寛文、坂本洋一、寺嶋雅人、デベラスコマルコ、坂井和子、藤田至彦、冨田秀太、加藤元一、中川和彦、西尾和人, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月
  • 低酸素はALK融合遺伝子を有するH3122肺癌細胞株のALK阻害剤に対する耐性化を誘導する, 冨樫庸介、林秀敏、寺嶋雅人、坂井和子、藤田至彦、冨田秀太、中川和彦、西尾和人, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月
  • 新規ALK阻害剤であるアレクチニブはMET阻害剤との併用で効果が高まる, 冨樫庸介、林秀敏、寺嶋雅人、坂井和子、藤田至彦、冨田秀太、中川和彦、西尾和人, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月
  • 原発性肺癌における受容体型チロシンキナーゼAxlの発現と病理組織学的因子の検討, 佐藤克明、清水重喜、須田健一、水内寛、小林祥久、下治正樹、富沢健二、武本智樹、岩崎拓也、阪口全宏、坂井和子、冨田秀太、西尾和人光冨徹哉, 第55回日本肺癌学会学術集会,   2014年11月
  • Verification of an Ion AmpliSeq™RNA Fusion Lung Cancer Research Panel, workflow, and analysis solution: an OncoNetwork collaborative research study., Cienfuegos J, Nishio K, et al., The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics,   2014年09月26日
  • New insights for sequencing data in lung cancer., 西尾和人, The ESMO 2014 Congress,   2014年09月26日, 招待有り
  • ゲフィチニブ耐性細胞におけるキナーゼシグナルとmiR-205の関係, 鈴木俊宏、永澤生久子、山岡利光、大森亨、西尾和人、小山清隆、小笠原裕樹, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • PTEN欠損マウス前立腺がん由来細胞株の樹立, 吉川和宏、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • メラノサイトからメラノーマへの移行は、しばしがん抑制因子であるサイトグロビンの発現低下を伴う, 藤田至彦、鯉沼聡、デベラスコマルコ、ボルツヤン、冨樫庸介、寺嶋雅人、林秀敏、松尾拓哉、西尾和人, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • 去勢抵抗性前立腺癌においてアンドロゲン受容体およびmTORの抑制によって、抗腫瘍効果は増強する, 倉由吏恵、デベラスコマルコ、、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • MEK遺伝子変異を有する胃がんに対するMEK阻害剤の有効性, 冨樫庸介、加藤寛章、林秀敏、寺嶋雅人、デベラスコマルコ、坂井和子、藤田至彦、冨田秀太、安田卓司、西尾和人, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • KIAA1199はグリコーゲンホスホリラーゼキナーゼβサブユニットと結合してグリコーゲンの分解さらには細胞生存を亢進する, 寺嶋雅人、藤田至彦、冨樫庸介、坂井和子、冨田秀太、西尾和人, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるPI3K-mTORシグナル阻害の効果, 山本豊、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、清水信貴、南高文、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • 前立腺癌自然発生マウスモデルPTEN KO マウスより、PTEN/p53ダブルKOマウスを確立し、その有用性について報告する, 植村天受、倉由吏恵、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコマルコ, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • オートファジーと前立腺癌発生―進展にかんする関係について、PTEN/Atr-7ダブルKO前立腺癌マウスを作成し、検討した。, デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • ヒト前立腺癌におけるLumicanの発現についての検討, 沖貴士、デベラスコマルコ、畑中祐二、倉由吏恵、山本豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和弘、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • HOXA10の発現異常が前立腺全摘出術後の再発を予測する可能性の検討, 畑中祐二、マルコデベラスコ、沖貴士、倉由吏恵、山本豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • EGFR-TKI獲得耐性の分子生物学的・病理学的進展 -T790M変異と小細胞肺癌形質転換, 須田健一、村上功、佐藤克明、冨田秀太、水内寛、坂井和子、清水重喜、富沢健二、武本智樹、阪口全宏、西尾和人、谷田部恭、光冨徹哉, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • 上皮間葉転換したEGFR-TKI耐性HCC4006におけるABCB1過剰発現は微小管作用薬の交差耐性を誘導する, 水内寛、須田健一、冨田秀太、佐藤克明、小林祥久、下治正樹、富沢健二、武本智樹、岩崎拓也、阪口全宏、西尾和人、光冨徹哉, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日
  • NGSを用いたMultiplex診断薬への可能性, 西尾和人, 第73回日本癌学会学術総会,   2014年09月25日, 招待有り
  • がん分子標的薬による最適化医療のための細胞・遺伝子解析技術, 西尾和人, 第32回日本ヒト細胞学会,   2014年08月30日, 招待有り
  • 循環腫瘍ゲノムの同定と臨床応用, 西尾和人,  第52回日本癌治療学会学術集会,   2014年08月28日, 招待有り
  • 日本におけるTR推進体制の整備について, 西尾和人, 第22回日本乳癌学会学術総会,   2014年07月10日
  • ゲフィチニブ耐性細胞におけるmiR-205の調節機構の解析, 鈴木俊宏、永澤生久子、山岡利光、大森亨、西尾和人、小山清隆、小笠原裕樹, 第18回日本がん分子標的治療学会 学術集会,   2014年06月25日
  • マイクロアレイをもちいた原発不明がんの診断バイオマーカーの探索, 藤田至彦、倉田宝保、坂井和子、中川和彦、西尾和人, 第18回日本がん分子標的治療学会 学術集会,   2014年06月25日
  • 肝がん分子標的薬のバイオマーカー, 西尾和人, 第10回日本肝がん分子標的治療研究会,   2014年06月18日
  • がんの分子標的薬と最適化医療, 西尾和人, 第51回薬剤学懇談会研究討論会,   2014年06月18日
  • Predictive Biomarker of Molecular Targeted Agents and Precision Medicine for HCC., 西尾和人, 4th International Kyoto Liver Cancer Symposium,   2014年06月07日
  • 肝がん分子標的治療のバイオマーカー, 西尾和人, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • Phase II study of erlotinib plus tivantinib in patients with EGFR-mutation-positive NSCLC who failed in immediately previous EGFR-TKI therapy., Hirashima T, Azuma K, Yamamoto N, Takahashi T, Nishio M, Hirata T, Kubota K, Kasahara K, Hida T, Yoshioka H, Suzuki K, Akinaga S, Nishio K, Mitsudomi T, Nakagawa K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2014,   2014年05月30日
  • Transcriptional expression of Bcl-2 as predictive of response to neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab in HER2-positive ER-positive breast cancer patients., Tanioka M, Sakai K, Sudo T, Sakuma T, Hirokaga K, Takao S, Minami H, Negoro S, Nakagawa K, Nishio K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2014,   2014年05月30日
  • Multiplex genomic profiling of non-small cell lung cancer patients enrolled in the LETS phase III trial of first-line S-1/carboplatin versus paclitaxel/carboplatin (WJOG6611LTR)., Yoshioka H, Okamoto I, Sakai K, Morita S, Kaneda H, Takeda K, Hirashima T, Kogure Y, Kimura T, Takahashi T, Atagi S, Seto S, Sawa T, Yamamoto M, Satouchi M, Okuno M, Nagase S, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2014,   2014年05月30日
  • The expression level of HER3 ligand heregulin mRNA as a predictive biomarker for anti-HER3 antibody patritumab combined with erlotinib in non-small cell lung cancer., Yonesaka K, Kawakami H, Kaneda H, Okamoto I, Hirotani K, Nishio K, Nakagawa K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2014,   2014年05月30日
  • Serum biomarker analysis of WJOG4107: A randomized phase II trial of adjuvant chemotherapy with S-1 versus CDDP+S-1 for resected stage Ii-IIIA non-small cell lung cancer (NSCLC)., Mitsudomi T, Iwamoto Y, Tomida S, Sakai K, Yamanaka T, Tada H, Yoshioka H, Uchino K, Yoshino I, Sugawara S, Mitsuoka S, Takahashi T, Ohta M, Seto T, Atagi S, Okada M, Saka H, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nishio K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2014,   2014年05月30日
  • スキンマイクロバイオームのオミックス解析, 冨田秀太、Huiying Li、出来尾格、西尾和人, 第10回日本臨床プロテオーム研究会,   2014年05月10日
  • Early phase trials in the future-Basic resaercher's perspective., 西尾和人, 3rd Japan Taiwan Oncoloy PhaseI Trial Conference (JTOPIC),   2014年04月19日, 招待有り
  • Homozygous deletion of the activin A receptor, type IB gene is associated with an aggressive cancer phenotype in pancreatic cancer., Togashi Y, Sakamoto H, Hayashi H, Terashima M, Velasco MA, Fujita Y, Kodera Y, Sakai K, Tomida S, Kitano M, Kudo M, Nishio K., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • A microarray-based gene expression analysis identified diagnostic biomarkers for unknown primary cancer., Fujita Y, Kurahashi I, Kurata T, Koh Y, Sakai K, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • The role of autophagy in prostate tumorigenesis and its therapeutic implications., Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Expression of lumican is negatively associated with the risk of biochemical recurrence in human prostate cancer., Velasco MA, Hatanaka Y, Oki T, Kura Y, Yamamoto Y, Yoshimura K, Shimizu N, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Novel HER3 neutralizing antibody, patritumab abrogates cetuximab resistance mediated by a heregulin-antocrine loop in colorectal cancer., Kawakami H, Okamoto I, Yonesaka K, Okamoto K, Kuwata K, Morita Y, Yamaguchi H, Nishio K, Nakagawa K., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Contribution of miR-205 in gefitinib-resistant lung cancer cell lines., Shimizu T, Nagasawa I, Yamaoka T, Ohmori T, Nishio K, Koyama K, Ogasawara Y., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Establishment and characterization of cell lines derived from a murine model of PTEN-deficient prostate cancer., Yoshikawa K, Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Noninvasive analysis of acquired resistance to EGFR-TKI., Kimura H, Nishio M, Daito T, Nishio K., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Functionla evaluation of synchronous inactivation of PTEN and P53 in a murine model of prostate cancer., Uemura H, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Velasco MA., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Combining PI3K and 5alpha-reductase inhibitors improvese the treatment response in mouse model of PTEN-deficient prostate cancer., Kura Y, Velasco MA, Ando N, Fukushima E, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Shimizu N, Nozawa M, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • Co-targeting the PI3K and androgen receptor signal pathways in castration resistant prostate cancer., Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 104th Annual Meeting 2014,   2014年04月05日
  • 非小細胞肺癌術後化学療法におけるTS1vsCDDP+TS1の無作為化第2相臨床試験(WJOG4107)のバイオマーカー研究, 内野和哉、岩本康男、西尾和人、 山中竹春、光冨徹哉、吉岡弘鎮、 多田弘人、吉村雅裕、中川和彦、 中西洋一, 第54回日本肺癌学会総会,   2013年11月21日
  • 日本版「Methods in Clinical Cancer Research」虎の穴による若手肺癌研究医の教育, 澤祥幸、中西洋一、坂英雄、   山本信之、里内美弥子、倉田宝保、瀬戸貴司、坪井正博、浦田佳子、 宿谷威仁、山中竹春、光冨徹哉、 西村恭昌、西尾和人、高田實、  中村慎一郎、中川和彦、西條長宏、福岡正博, 第54回日本肺癌学会総会,   2013年11月21日
  • EGFR遺伝子変異を有する肺癌におけてβカテニンを阻害することでEGFR-TKIの効果が増強する, 冨樫庸介、林秀敏、寺嶋雅人、藤田至彦、坂井和子、冨田秀太、   中川和彦、西尾和人, 第54回日本肺癌学会総会,   2013年10月31日
  • EGFR遺伝子変異もしくはALK転座陽性、局所進行非小細胞肺癌における放射線治療の治療成績, 林秀敏、岡本勇、木村英晴、西村恭昌、西尾和人、中川和彦, 第54回日本肺癌学会総会,   2013年10月31日
  • Multipleの診断薬の承認に向けて, 西尾和人, 第60回日本臨床検査医学会学術集会,   2013年10月31日
  • Multiplex assay for personalized medicine of lung cancer., 西尾和人, 第51回日本肺癌学会総会貝日本癌治療学会学術集会,   2013年10月24日
  • 最適化医療のためのmultiple診断薬, 西尾和人, 第51回日本肺癌学会総会貝日本癌治療学会学術集会,   2013年10月24日
  • NGSによる極微量検体を用いたmultiplex mutation analysisの最適化, 冨田秀太、坂井和子、藤田至彦、寺嶋雅人、冨樫庸介、デベラスコマルコ、光冨徹哉、中川和彦、西尾和人, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • 肝癌外科術後の再発進行症例に対するソラフェニブ投与奏功症例の他施設共同検討, 海堀昌樹、長野浩昭、久保正二、塚本忠司、武田裕、土師誠二、吉川健治、金沢景繁、和田浩志、北出浩章、權雅憲、坂井和子、西尾和人, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • キノコ由来テルフェニル化合物の血管新生阻害活性に関する評価, 永澤生久子、鈴木俊宏、西尾和人、小山清隆, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常について, 畑中祐二、デベラスコマルコ、倉由吏恵、清水信貴、山本豊、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • オートファジーと前立腺癌, デベラスコマルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • STAT3転写活性の抑制による前立腺癌治療, 倉由吏恵、デベラスコマルコ、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスにおけるMAPKシグナル抑制と抗腫瘍効果, 山本豊、デベラスコマルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • 前立腺癌のPTEN・P53ダブルノックアウトによる相乗効果, 植村天受、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコマルコ, 第72回日本癌学会学術総会,   2013年10月03日
  • 三次元培養における抗がん剤の評価系の構築, 寺嶋雅人、坂井和子、藤田至彦、西尾和人、マルコ・デベラスコ, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • Biomarker analysis of WJOG4107 (A randmized phase II trial of adjuvant chemotherapy with S-1 vs CDDP+S-1 in NSCLC), 武田真幸、光冨徹哉、西尾和人、岩本康男、山中竹春、吉岡弘鎮、塚本修一、小池輝明、中川和彦、中西陽一, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • 食道扁平上皮癌で高頻度に増殖しているORAOV1遺伝子は腫瘍増大と低分化な組織型に関与している, 冨樫庸介、荒尾徳三、加藤寛章、松本和子、寺嶋雅人、林秀敏、藤田至彦、安田卓司、塩﨑均、西尾和人, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • EGFR-TKI耐性症例の血しょう中DNAにおけるT790M遺伝子変異の検出, 坂井和子、堀池篤、アーウィン・ダリル、工藤慶太、藤田至彦、大柳文義、西尾誠人、西尾和人, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • MET amplification as a potential therapeutic target in gastric cancer., 川上尚人、岡本勇、荒尾徳三、岡本渉、松本和子、谷口浩和、西尾和人、中川和彦、山田康秀, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • COMT genotype and patients' recognition of pain reduction are predictive markers for the response to morphine treatment., 松岡弘道、荒尾徳三、牧村ちひろ、松本和子、木村英晴、今村ちよ、谷川原祐介、西尾和人、中川和彦, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • フルゲノムシーケンスがもたらす次世代のがん医療, 西尾和人, 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • Molecular networks for comprehensive understanding of promising cancer treatment., Kawakami H, Okamoto I, Terao K, Sakai K, Suzuki M, Ono K, Nishio K, Nishimura Y, Doi K, Nakagawa K., 第11回日本臨腫瘍学会学術集会,   2013年08月29日
  • 分子標的薬とコンパニオン診断の動向, 西尾和人, 第19回日本遺伝子治療学会年次学術集会,   2013年07月04日
  • ペプチド療法の臨床試験におけるバイオマーカーの探索, 西尾和人、冨樫庸介、中川和彦、 山上裕機、大橋靖雄, 第7回日本がん免疫学会総会 ,   2013年07月03日, 招待有り
  • 原発不明がんの診断バイオマーカー同定のためのマイクロアレイ発現解析, 藤田至彦、倉橋一成、倉田宝保、洪泰浩、坂井和子、中川和彦、西尾和人, 第9回日本臨床プロテオーム研究会,   2013年06月29日
  • 新規がん関連遺伝子KIAA1199の結合タンパク室の探索, 寺嶋雅人、藤田至彦、冨樫庸介、坂井和子、冨田秀太、西尾和人,   2013年06月29日
  • 食道扁平上皮癌で高頻度に増殖しているORAOV1遺伝子の機能解析, 冨樫庸介、荒尾徳三、加藤寛章、松本和子、寺嶋雅人、林秀敏、藤田至彦、安田卓司、塩﨑均、西尾和人, 第9回日本臨床プロテオーム研究会,   2013年06月29日
  • 天然物からのKDRチロシンキナゼー阻害活性を指標とした血管新生阻害物質の探索, 永澤生久子、鈴木俊宏、西尾和人、小山清隆, 第17回日本がん分子標的治療学会,   2013年06月12日
  • 個別化multiplexの対外診断薬承認に向けて, 坂井和子、冨田秀太、光冨徹哉、中川和彦、西尾和人, 第17回日本がん分子標的治療学会,   2013年06月12日
  • Biomarker analysis of WJOG4107, arandomized phase II traial of adjuvant chemotherapy with S-1 versys CDDP+S-1 for resected stage II-IIIA non-small cell lung cancer (NSCLC)., Mitsudomi T, Iwamoto Y, Nishio K, Yamanaka T, Yoshioka H, Tada H, Yoshimura M, Yoshino I, Okamoto I, Sugawara S, Kudoh S, Yamamoto N, Ohta M, Ichinose Y, Atagi S, Okada M, Saka H, Katakami N, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nakanishi Y., Mitsudomi T, Iwamoto Y, Nishio K, Yamanaka T, Yoshioka H, Tada H, Yoshimura M, Yoshino I, Okamoto I, Sugawara S, Kudoh S, Yamamoto N, Ohta M, Ichinose Y, Atagi S, Okada M, Saka H, Katakami N, Nakagawa K, Nakanishi Y, Nakanishi Y.,   2013年05月31日
  • 体細胞変異検査, 西尾和人, 第54回日本臨床細胞学会総会(春期大会),   2013年05月31日, 招待有り
  • 体細胞変異検査, 西尾和人, 第54回日本臨床細胞学会総会(春期大会),   2013年04月31日
  • Therapeutic potential of JAK/STAT signal inhibition in prostate cancer by the JAK inhibitor AZD1480., Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Nozawa M, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • Preclinical responses of the MEK inhibitor AZD6244 in a genetically modified mouse model of prostate cancer., Uemura H, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Nozawa M, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Velasco MA. , American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • MET amplification as a potential therapeutic target in gastric cancer., Kawakami H, Okamoto I, Arao T, Okamoto W, Matsumoto K, Taniguchi H, Kuwata K, Yamaguchi H, Nishio K, Nakagawa K., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • Leptin contributes to prostate cancer progression., Velasco MA, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Nozawa M, Shimizu N, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • Autophagy si required prostate cancer progression., Velasco MA, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Hatanaka Y, Yamamoto Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • Activation of HER Family signaling as a mechanism of acquired to ALK Inhibitors in EML4-ALK-posotive Non-Small Cell Lung Cancer., Tanizaki J, Okamoto I, Okabe T, Sakai K, Tanaka K, Hayashi H, Kaneda H, Takezawa K, Nishio K, Nakagwa K., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • A role for lumican as a biomarker of disease progression in human prostate adenocarcinoma., Velasco MA, Hatanaka Y, Kura Y, Ando N, Fukushima E, Yamamoto Y, Shimizu N, Nozawa M, Yoshimura K, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年04月06日
  • 分子標的薬の基礎から臨床へ, 西尾和人, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会 2013,   2013年03月16日
  • Interleukin-6 (IL-6) as a therapeutic target in prostate cancer., Kura Y, Velasco MA, Kobayashi Y, Ando N, Fukushima E, Yamamoto Y, Hatanaka Y, Shimizu N, Yoshimura K, Nozawa M, Yoshikawa K, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 103rd Annual Meeting 2013,   2013年03月06日
  • MassARRAY platformを用いた非小細胞肺がん患者血清からのEML4-ALK融合遺伝子の検出, 工藤慶太、西尾誠人、坂井和子、谷本梓、酒谷俊雄、西澤弘成、市川敦央、中富克己、柳谷典子、大柳文義、堀池篤、西尾和人, 第53回日本肺癌学会総会,   2012年11月08日
  • EML4-ALK陽性進行非小細胞肺癌における、初回白金併用化学療法の治療効果の検討, 武田真幸、岡本勇、坂井和子、川上尚人、西尾和人、中川和彦, 第53回日本肺癌学会総会,   2012年11月08日
  • ゲノム解析による体質の把握とがん医療への応用, 西尾和人, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月03日
  • ゲノム薬理学とコンパニオン開発の在り方, 西尾和人, 第50回日本癌治療学会学術集会,   2012年10月25日
  • バイオマーカーの探索から臨床応用に向けて, 西尾和人, 第50回日本癌治療学会学術集会,   2012年10月25日
  • 医薬品とバイオマーカーの一体化開発, 西尾和人, 第50回日本癌治療学会学術集会,   2012年10月25日
  • ヒト前立腺癌の進展におけるHOXA10の発現異常について, 畑中祐二、デベラスコマルコ、倉由吏恵、山本豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 胃がんにおけるFGFR2遺伝子増幅の検討, 松本和子、荒尾徳三、浜口哲弥、島田安博、加藤健、小田一郎、谷口浩和、小泉史明、柳原五吉、佐々木博己、西尾和人、山田康秀, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • MET遺伝子増幅を有する胃癌に対するクリゾチニブの抗腫瘍効果, 岡本渉、岡本勇、荒尾徳三、坂井和子、岡本邦男、川上尚人、金田裕靖、仁科慎一、鶴谷純司、倉田宝保、柳原五吉、西尾和人、中川和彦, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 前立腺癌マウスモデルに対する分子標的治療薬の抗腫瘍効果の検討, 山本豊、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスにおけるSTAT3の転写活性に関する検討, 小林泰之、デベラスコマルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • Diet-induced leptin contributes to prostate cancer progression., Develasco, MA., Hatanaka, Y., Yamamoto, Y., Yoshimura, K., Shimizu, N., Nozawa, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 血中がん細胞解析を目指したオンチップ・イメージングフローサイトメトリー技術の開発, 安田賢二、金賢徹、寺薗英之、荒尾徳三、大津敬、中村圭靖、宮城洋平、西尾和人, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • ゲフィチニブ耐性肺癌細胞におけるmiRNAによるErbB3の発現抑制, 鈴木俊宏、入澤愛、西尾和人、大森亨、兎川忠靖、櫻庭均, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 食道扁平上皮癌におけるEGFR、HER2、FGFR2、METの遺伝子増幅, 加藤寛章、荒尾徳三、林秀敏、吉田修平、永井知行、松本和子、藤田至彦、木村英晴、安田卓司、奥野清隆、塩﨑均、西尾和人, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 大腸がんにおけるHS6ST2発現とその臨床的意義, 木村英晴、波多邉繁、荒尾徳三、林秀敏、永井知行、松本和子、藤田至彦、伊藤彰彦、奥野清隆、西尾和人, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 消化器がんに対する分子標的薬の効果を予測するバイオマーカー, 西尾和人, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • ヒト前立腺癌におけるルミカンの発現について, 吉村一宏、デベラスコマルコ、畑中祐ニ、倉由吏恵、山本豊、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受, 第71回日本癌学会学術総会,   2012年09月19日
  • 大腸癌におけるHS6ST2発現, 木村英晴、波多邉繁、荒尾徳三、林秀敏、松本和子、永井知行、加藤寛章、奥野清隆、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • 食道扁平上皮癌におけるEGFR-familyの遺伝子増幅とEGFR遺伝子変異, 加藤寛章、荒尾徳三、松本和子、藤田至彦、木村英晴、安田卓司、奥野清隆、塩﨑均、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • Activin AはTGF-βシグナルを介して血管内皮細胞増殖を抑制する, 金田裕靖、荒尾徳三、田中薫、松本和子、木村英晴、永井知行、藤田至彦、マルコデベラスコ、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • Snailに誘導される上皮間葉移行とチュブリン作用系抗癌剤の感受性, 吉田修平、田村大介、荒尾徳三、松本和子、木村英晴、藤田至彦、林秀敏、永井知行、金田裕靖、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • FGFR阻害剤によるCD133の発現制御機構の解析, 松本和子、荒尾徳三、吉田修平、林秀敏、藤田至彦、加藤寛章、永井知行、木村英晴、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • 消化器癌で高発現する遺伝子SRPX2は新規コンドロイチン硫酸プロテオグリカンである, 田中薫、荒尾徳三、田村大介、青松圭一、古田一行、松本和子、金田裕靖、工藤可苗、藤田至彦、木村英晴、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • ソラフェニブの上皮間葉移行阻害効果, 永井知行、木村英晴、荒尾徳三、松本和子、藤田至彦、吉田修平、林秀敏、工藤正俊、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • MassARRAYによるEML4-ALK検出系の構築, 坂井和子、岡本勇、竹澤健、平島智徳、金田裕靖、武田真幸、松本和子、木村英晴、藤田至彦、中川和彦、荒尾徳三、西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • MET遺伝子増幅陽性胃癌に対するMETチロシンキナーゼ阻害剤クリゾチニブの抗腫瘍効果, 岡本渉、岡本勇、荒尾徳三、仁科慎一、上田眞也、川上尚人、柳原五吉、倉田宝保、西尾和人、中川和彦, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • バイオマーカー:バイオマーカーの探索, 西尾和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月26日
  • OCT4偽遺伝子であるPOU5F1Bの胃がんでの増幅, 林秀敏、荒尾徳三、松本和子、吉田修平、藤田至彦、加藤寛章、永井知行、木村英晴、山田康秀、中川和彦、西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • 肺癌における微量EGFR-TKI耐性遺伝子変異の検出, 藤田至彦、須田健一、木村英晴、松本和子、荒尾徳三、西條長宏、谷田部恭、光冨徹哉、西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • 大腸癌におけるHS6ST2発現とその臨床的特徴, 木村英晴、波多邉繁、林秀敏、松本和子、永井知行、藤田至彦、奥野清隆、西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • FGFR2増幅胃癌の解析, 松本和子、荒尾徳三、林秀敏、吉田修平、藤田至彦、加藤寛章、永井知行、木村英晴、山田康秀、西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • 食道扁平上皮癌におけるEGFR-familyの遺伝子増幅とEGFR遺伝子変異, 加藤寛章、荒尾徳三、林秀敏、吉田修平、永井知行、松本和子、藤田至彦、木村英晴、安田卓司、奥野清隆、塩﨑均、西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • EMT関連遺伝子発現と肝細胞癌術後予後の解析, 永井知行、荒尾徳三、土師誠二、松本和子、木村英晴、藤田至彦、吉田修平、加藤寛章、林秀敏、萩原智、櫻井俊治、上嶋一臣、工藤正俊、 西尾和人, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • EML4-ALK陽性肺癌におけるALK阻害剤とMEK阻害剤の併用効果の検討, 谷崎潤子、岡本勇、竹澤健、東公一、西尾和人、中川和彦, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • ヒト肝細胞癌の悪性進展への上皮間葉系転換(EMT)の関与と新しい治療標的分子の探索, 野田正樹、渡公佑、村上雄一、和泉弘人、荒尾徳三、西尾和人、桑野信彦、小野眞弓, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • Micro RNAによるゲフィチニブ耐性関連因子の調整, 鈴木俊宏、入澤愛、西尾和人、大森亨、兎川忠靖、櫻庭均, 第16回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2012年06月27日
  • WJOG6110B(ELTOP): Randomized phase II trial comparing trastuzumab plus capecitabine (HX) and lapatinib plus capecitabine (LX) in HER2-positive metastatic breast cancer patients previously treated with trastuzumab and taxanes., Takano, T., Kimura, H., Nishio, K., Yamanaka, T., Ito, Y., Fukuoka, J., Tsurutani, J., Shigeoka, Y., Uehara, M., Sato, K., Nakamura, S., Nakanishi, Y., Saeki, T., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2011,   2012年06月01日
  • Detection of EML4-ALK in serum RNA from lung cancer patients using MassARRAY platform., Kudo, K., Nishio, M., Sakai, K., Tanimoto, A., Sakatani, T., Saito, R., Kaburaki, K., Yanagitani, N., Horiike, A., Ohyanagi, F., Nishio, K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2011,   2012年06月01日
  • がん薬物療法におけるバイオマーカーに関しての最近の治験, 西尾和人, 第19回HAB研究機構学術年会,   2012年05月18日
  • 膵臓癌患者の血漿中血管新生の関連分子の検討, 木村英晴、坂本洋城、荒尾徳三、松本和子、藤田至彦、永井知行、北野雅之、工藤正俊、西尾和人, 第8回日本臨床プロテオーム研究会,   2012年05月12日
  • Evaluation of lumican expression profiles in prostate cancer., Yoshimura, K., DeVelasco, MA., Hatanaka, Y., Yamamoto, Y., Kodama, M., Tanaka, M., Shimizu, N., Nozawa, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Activation of ERBB2 signaling causes resistance to the EGFR-directed therapeutics antibody cetuximab., Yonesaka, K., Okamoto, I., Satoh, T., Zejnullahu, K., Nishio, K., Fukuoka, M., Pasi, AJ., Nakagawa, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Characteristics of HS6ST2 expression in colorectal caner., Kimura, H., Hatabe, S., Arao, T., Hayashi, H., Nagai, T., Matsumoto, K., Fujita, Y., Fukushima, M., Ito, A., Okuno, K., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Role of Stat3 transcriptional activation in a preclinical mouse model of prostate cancer and potential as a therapeutic target., DeVelasco, MA., Tanaka, M., Fujimoto-Ouchi, K., Moriya, Y., Kobayashi, Y., Yamamoto, Y., Hatanaka, Y., Kato, H., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • HOXA10 espression profiles in prostate cancer., Hatanaka, Y., DeVelasco, MA., Kura, Y., Yamamoto, Y., Kodama, M., Nozawa, M., Shimizu, N., Yoshimura, K., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Development of new circulating tumor cell detection and isolation assay based on automated on-chip imaging flow cytometry technology., Miyagi, Y., Kim, H., Arao, T., Terazono, H., Hayashi, M., Otsu, T., Nishio, K., Yasuda, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Impact of TJP-1 and TWIST expression on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma., Nagai, T., Arao, T., Matsumoto, K., Sakai, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Kimura, H., Fujita, Y., Hagiwara, S., Sakurai, T., Ueshima, S., Kudo, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Enhanced anti-tumor effects using a combinatorial targeted treatment strategy in a preclinical model of prostate cancer., Yamamoto, Y., DeVelasco, MA., Hatanaka, Y., Shimizu, N., Yoshimura, K., Nozawa, M., Kodama, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • A preclinical model to evaluate tha risk of increased dietary fat consumption and prostate cancer progression., Kobayashi, Y., DeVelaso, MA., Hatanaka, Y., Yamamoto, Y., Tanaka, M., Nozawa, M., Shimizu, N., Yoshimura, K., Kodama, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Amplification of OCT4-pseudogene POU5F1B is a poor prognostic factor in gastric cancer., Hayashi, H., Arao, T., Matsumoto, K., Nagai, T., Kimura, H., DeVelasco, MA., Fujita, Y., Yamada, Y., Okamoto, I., Nakagawa, K., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Frequency of FGFR2 gene amplification in gastric cancer., Matsumoto, K., Arao, T., Hamaguchi, T., Shimada, Y., Kato, K., Oda, I., Taniguchi, H., Koizumi, F., Yanagihara, K., Sasaki, H., Yamada, Y., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • Gene amplification of EGFR, HER2, HER3 and HER4 in esophageal cell carcinoma., Kato, H., Aaro, T., Matsumoto, K., Fujita, Y., Kimura, H., Nishiki, K., Shiraishi, O., Yasuda, A., Peng, YF., Shinkai, M., Imano, M., Imamoto, H., Yasuda, T., Okuno, K., Shiozaki, H., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • がん薬物療法のバイオマーカーの探索と活用, 西尾和人, 日本薬物動態学会第26回年会,   2011年11月16日
  • EGFR-TKI治療後の肺癌患者に対するafatinib(BIBW 2992)の国内第2相臨床試験(LUX-Lung4), 樋田豊明、片上信之、安宅信二、後藤功一、坂英雄、田村友秀、岡本勇、野上尚之、森永亮太郎、西尾和人、山本信之, 第52回日本肺癌学会総会,   2011年11月03日
  • バイオンク, 西尾和人, 第52回日本肺癌学会総会,   2011年11月03日
  • 胃癌のEMT関連遺伝子発現と化学療法治療予後, 荒尾徳三、山田康秀、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • 非小細胞肺がんにおけるEGFR T790の変異の新規検出法, 藤田至彦、須田健一、木村英晴、松本和子、荒尾徳三、西條長宏、谷田部恭、光冨徹哉、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • 肝細胞癌におけるTJP-1とTwist発現の肝癌切除後の予後への影響, 永井知行、荒尾徳三、松本和子、工藤可苗、木村英晴、藤田至彦、萩原智、櫻井俊治、上嶋一臣、土師誠二、工藤正俊、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • ゲフィチニブ耐性細胞株におけるmicroRNAの発現解析, 入澤愛、鈴木俊宏、西尾和人、大森亨、兎川忠靖、櫻庭均, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • ヒト化抗HGFモノクローナル抗体TAK-701は、EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌のHGFによるゲフィチニブ耐性を克服する, 岡本渉、岡本勇、田中薫、荒尾徳三、西尾和人、福岡正博、中川和彦, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • EGFR阻害剤におけるサバイビンの役割, 岡本邦男、岡本勇、岡本渉、田中薫、桑田季代子、山口永、西尾和人、中川和彦, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • HER2陽性乳癌においてラパチニブで惹起されるアポトーシスとBIM、サバイビンの関係性の検討, 谷崎潤子、岡本勇、文田荘一、岡本渉、西尾和人、中川和彦, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • 大腸がんにおけるHS6ST2発現とその臨床的特徴, 木村英晴、波多邉繁、荒尾徳三、林秀敏、永井知行、松本和子、工藤可苗、藤田至彦、伊藤彰彦、奥野清隆、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いた前立腺癌におけるChemopreventionおよびInterventionに関する研究, 植村天受、田中基幹、小池浩之、山本豊、畑中祐ニ、王一、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、西尾和人、デベラスコマルコ, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • A preclinical model to evaluate tha risk of increased dietary fat consumption and prostate cancer progression., 吉村一宏、デベラスコマルコ、畑中祐ニ、田中基幹、山本豊、王一、清水信貴、野澤昌弘、荒尾徳三、西尾和人、植村天受, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • Ptenノックアウト前立腺癌モデルにおけるsorafenibの治療効果, 山本豊、デベラスコマルコ、王一、畑中祐ニ、田中基幹、清水信貴、児玉光正、吉川和宏、荒尾徳三、西尾和人、植村天受, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスモデルを用いた新規バイオマーカーの同定, デベラスコマルコ、田中基幹、畑中祐ニ、山本豊、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、荒尾徳三、植村天受、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • Lumican expression in prostate cancer., 王一、デベラスコマルコ、畑中祐ニ、山本豊、田中基幹、清水信貴、児玉光正、吉川和宏、荒尾徳三、西尾和人、植村天受, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • 血清ヘパラン硫酸濃度とEGRチロシンキナーゼ阻害薬耐性, 松本和子、西尾誠人、山中竹春、荒尾徳三、木村英晴、坂井和子、小泉史明、笠原寿郎、大平達夫、池田徳彦、西條長宏、西尾和人, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月03日
  • がんの診断と個別化医療の為のバイオマーカー, 西尾和人, 第16回日本外科病理学会学術集会,   2011年09月29日
  • 肺癌診療における個別化医療とgene signature研究, 西尾和人, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月21日
  • 血管新生阻害薬のバイオマーカーの現状と問題点について, 木村英晴、西尾和人, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月21日
  • mTOR阻害剤のトランスレーショナルリサーチ, 松本和子、西尾和人, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月21日
  • 血管新生阻害薬とバイオマーカー, 荒尾徳三、西尾和人, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月21日
  • 早期開発試験におけるbiomarker確立:後期開発試験開始前に解決すべき点, 西尾和人, 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2011年07月21日
  • 肺癌個別化医療にむけたバイオマーカー, 西尾和人, 第26回日本肺癌学会ワークショップ,   2011年07月16日
  • 分子標的治療とバイオマーカー研究, 西尾和人, 第10回日本婦人科がん分子標的研究会 学術集会,   2011年07月02日
  • Biomarker research in targeted thrapy for HCC., 西尾和人, The 2nd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2011年07月01日
  • 膵臓癌の血漿中血管新生関連分子の検討, 木村英晴、荒尾徳三、松本和子、古田一行、工藤可苗、永井知行、坂本洋城、北野雅之、工藤正俊、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の治療効果と血中ヘパラン硫酸濃度の検討, 松本和子、西尾誠人、坂井和子、木村英晴、荒尾徳三、小泉史明、池田徳彦、笠原寿郎、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • ソラフェニブは肝細胞癌株のHGF誘導性上皮間葉移行を阻害する, 永井知行、荒尾徳三、古田一行、金田裕靖、工藤可苗、青松圭一、田村大介、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、工藤正俊、西條長宏、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • サバイビンがEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌においてEGFR-TKIによるアポトーシスに果たす役割, 岡本邦男、岡本勇、岡本渉、田中薫、竹澤健、西尾和人、中川和彦, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • ヒト化抗HGFモノクローナル抗体TAK-701はEGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌のHGFによるゲフィチニブ耐性を克服する, 岡本渉、岡本勇、田中薫、荒尾徳三、西尾和人、福岡正博、中川和彦, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • HER2遺伝子増幅乳癌におけるラパチニブのアポトーシス誘導効果とBIM、サバイビンの関与の検討, 谷崎潤子、岡本勇、文田荘一、岡本渉、西尾和人、中川和彦, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • SlugはclassIIIおよびIvaベータチュブリンの転写活性抑制を介してチュブリン作用薬の薬剤感受性を増強する, 田村大介、荒尾徳三、青松圭一、金田裕靖、古田一行、松本和子、工藤可苗、坂井和子、永井知行、木村英晴、藤田至彦、小谷義一、西村善博、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • レスベラトロールのアザ誘導体はマクロファージ遊走阻止因子(MIF)の阻害作用をもつ, 藤田至彦、田村大介、青松圭一、金田裕靖、古田一行、工藤可苗、坂井和子、永井知行、松本和子、木村英晴、荒尾徳三、大川原正、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • HGF promoter領域short polyA配列はHGF高発現に関与する, 坂井和子、荒尾徳三、松本和子、木村英晴、藤田至彦、古田一行、金田裕靖、田村大介、青松圭一、工藤可苗、永井知行、デヴェラスコマルコ、武田真幸、岡本勇、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • EMTとバイオマーカー, 荒尾徳三、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第15回学術集会,   2011年06月22日
  • がん臨床試験におけるPGx研究の現状と課題, 西尾和人, 遺伝医学合同学術集会2011,   2011年06月11日
  • An analysis of serum heparan sulfate concentration and EGFR tyrosine kinase inhibitor treatment in patients with non-small cell lung adenocarcinoma., Nishio, M., Yamanaka, T., Matsumoto, K., Kimura, H., Sakai, K., Sone, T., Horiike, A., Koizumi, F., Kasahara, K., Ohira, T., Ikeda, N., Saijo, N., Arao, T., Nishio, K., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2011,   2011年06月03日
  • A phase II trial of afatinib (BIBW 2992) in patinets (pts) with advanced non-small cell lung cancer previously treated with erkitubub (E) or gefitinib (G). , Yamamoto, N., Katakami, N., Atagi, S., Hida, T., Goto, K., Horai, T., Inoue, A., Ichinose, Y., Kobayashi, K., Takada, K., Kimura, K., Saka, H., Tamura, T., Okamoto, I., Nogami, N., Morinaga, R., Nishio, K., Seki, Y., Lorence, RM., Shahidi, M., American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2011,   2011年06月03日
  • Sorafenib inhibits hepatocyte growth factor-induced epithelial mesenchymal transition in hepatocllular carcinoma., Nagai, T., Arao, T., Furuta, K., Sakai, K., Kudo, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Fujita, Y., Matsumoto, K., Saijo, N., Kudo, M., Nishio, K., The Joint International Meeting Sponsored by The Japanese Society for Interferon and Cytokine Research The Japanese Scociety for Macrophage Molecular and Cell Biology,   2011年05月25日
  • Impact of sermu HGF on treatment response to EGFR tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small-cell lung adenocarcinoma., Kimura, H., Arao, T., Matsutmoto, K., Kasakara, K., Nishio, M., Ikeda, N., Yamanaka, T., Nishio, K., The Joint International Meeting Sponsored by The Japanese Society for Interferon and Cytokine Research The Japanese Scociety for Macrophage Molecular and Cell Biology,   2011年05月25日
  • オミックス技術のがん領域での臨床応用に向けての探索的アプローチと検証的研究, 西尾和人、荒尾徳三, 第61回日本電気泳動学会シンポジウム 第7回日本臨床プロテオーム研究会 2011連合大会,   2011年05月09日
  • Slug is upregulated during wound healing and downregulates TP63 in corneal epithelial cell., Aomatsu, K., Arao, T., Abe, K., Sugioka, K., Kodama, A., Nishio, K., Shimomura, Y., ARVO 2011 Vision Genomics,   2011年05月01日
  • FGFR inhibitor regulates CD133 expression in FGFR2-amplified gastric cancer cells., Matsutmoto, K., Arao, T., Furuta, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Sakai, K., Fujita, Y., Kimura, H., Yamada, Y., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Serum concentrations of angiogenesis-related molecules in patients with pancreatic cancer., Kimura, H., Sakamoto, H., Nagai, T., Kudo, K., Fututa, K., Arao, T., Kitano, M., Kudo, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Sorafenib inhibits tumor development and growth in transgenic mouse model of prostate cancer., Uemura, H., Hatanaka, Y., Izumi, A., Okazaki, E., Doi, M., Tanaka, M., Yamamoto, Y., Shimizu, N., Yoshimura, K., Nozawa, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Develasco, MA., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Slug-mediated epithelial mesenchymal transition in lugn cancer cells., Tamura, D., Arao, T., Nagai, T., Furuta, K., Sakai, K., Kudo, K., Kaneda, H., Aomatsu, K., Fujita, Y., Matsutmoto, K., Kotani, Y., Nishimura, Y., Saijo, N., Nishiok K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Expression levels of EMT-related genes in hepatocellular carcinoma., Nagai, T., Arao, T., Matsumoto, K., Kudo, K., Hagiwara, S., Sakurai, T., Ueshima, K., Haji, S., Kudo, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Somatic mutation profiling to tumor samples using OncoCarta Panel., Furuta, K., Arao, T., Yanagihara, K., Sekijima, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Identification of aberrant expression of HOXA10 in prostate cancer., Develasc, MA., Okazaki, E., Wang, Y., Izumi, A., Hatanaka, Y., Tanaka, M., Rosser, C., Goodison, S., Shimizu, N., Yoshimura, K., Nozawa, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • TAK-701, a humanized monoclonal antibody to HGF, reverses gefitinib resistance induced by tumor-derived HGF in non-small cell lung cancer with an EGFR mutation. , Okamoto, W., Okamoto, I., Tanaka, K., Arao, T., Nishio, K., Fukuoka, M., Janee, P., Nakagawa, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Aza-derivatives of resveratrol are inhibitors of macrophage migration inhibitory factor (MIF). , Fujita, Y., Kimura, H., Matsumoto, K., Furuta, K., Nagai, K., Kudo, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Arao, T., Okawara, T., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Short poly a sequence in HGF promoter region is involved in overexpression of HGF in cancer cells., Sakai, K., Arao, T., Matsumoto, K., Kimura, H., Fujita, Y., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Kudo, K., Nagai, T., Develasco, MA., Okamoto, I., Nakagawa, K., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Increased consumption of dietary fat contributes to increased prostate cancer-specific mortality in a transgenic mouse model of prostate cancer., Hatanaka, Y., Develasco, MA., Tanaka, M., Doi, M., Okazaki, E., Izumi, A., Yamamoto, Y., Shimizu, N., Yoshimura, K., Nozawa, M., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Altered expression of lumican in prostate cancer is identified by microarray analysis., Wang, Y., Develasco, MA., Okazaki, E., Izumi, A., Tanaka, M., Yamamoto, Y., Hatanaka, Y., Yoshimura, K., Nozawa, M., Rosser, C., Goodison, S., Yoshikawa, K., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2011,   2011年04月02日
  • Detection of EGFR T790M mutation in non-small-cell lung cancer patients using colony hybridization assay., Fujita, Y., Suda, K., Kimura, H., Matsumoto, K., Arao, T., Nagai, T., Hayashi, H., Furuta, K., Kato, H., Saijo, N., Yatabe, Y., Mitsudomi, T., Nishio, K., American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting 2012,   2012年03月31日
  • がん薬物療法のバイオマーカー, 西尾和人, 第23回北海道癌治療研究会学術講演会,   2011年03月19日
  • 新しいバイオマーカーの開発, 西尾和人、荒尾徳三, 第83回日本胃癌学会総会,   2011年03月06日, 招待有り
  • 新しいバイオマーカーの開発, 西尾和人, 第38回日本集中治療医学会学術集会,   2011年02月24日
  • がん分子標的治療の最近の話題, 西尾和人, 婦人科分子標的講演会,   2010年12月18日
  • 臨床試験におけるバイオマーカーの現状と将来, 西尾和人, 日本バイオセラピイ学会,   2010年12月10日
  • 肺癌における遺伝子変異:臨床応用を目指して, 西尾和人, 日本臨床細胞学会,   2010年11月21日
  • ドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における新規Eg5阻害剤の有効性についての検討, 芹澤昌邦、小郷尚久、浅井章良、鈴木淳子、西尾和人、山本信之、洪泰浩, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • 進行性非小細胞肺癌患者を対象としたBIBW2992の第I相試験, 軒原浩、田村友秀、高橋利明、村上晴泰、内藤立暁、中村有希子、西尾和人、山本信之, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • 合成DNA検体及びホルマリン固定パラフィン包埋組織検体によるEGFR遺伝子変異検査法のValidation sduty, 後藤功一、石井源一郎、藤堂卓也、西尾和人、萩原弘一、光冨徹哉、里内美弥子, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • 気管支鏡による擦過洗浄細胞診検体及び胸水を用いたEGFR遺伝子変異検査法のValidation study, 里内美弥子、石井源一郎、藤堂卓也、西尾和人、萩原弘一、光冨徹哉、後藤功一, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • EGFR-TKIs投与症例におけるバイオマーカーの探索, 大柳文義、笠原寿郎、酒井麻夫、曽根崇、荒尾徳三、坂井和子、松本和子、木村英晴、西尾誠人、大平達夫、池田徳彦、山中竹春、西尾和人, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • EGFR-TKI獲得耐性肺癌に対するBIBW2992とTS標的薬剤の併用効果の検討, 竹澤健、岡本勇、谷崎潤子、西尾和人、福岡正博、中川和彦, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • 肺癌におけるゲノム異常と薬剤感受性, 西尾和人、荒尾徳三、岡本勇、中川和彦, 第51回日本肺癌学会総会,   2010年11月03日
  • PNA-LNAPCR clamp法およびPCR-invader法によるEGFR遺伝子変異解析のvalidation試験, 北村和宏、岡野哲也、河野あゆみ、武内進、宮永晃彦、小齊平聖治、峯岸裕司、清家正博、吉村明修、西尾和人、萩原弘一、弦間昭彦, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月28日
  • 肺がん遺伝子異常データバンク, 西尾和人、中川和彦、岡本勇, 第48回日本癌治療学会学術集会,   2010年10月28日
  • Validation study of EGFR mutation tests using bronchofibrescopic brushing cytology samples and pleural effusion from non-small-cell lung cancer (NSCLC) patients in the diagnostic setting., Satouchi, M., Ishii, G., Todo, T., Whiteley, J., Donald, M., McCormack, R., Nishio, K., Hagiwara, K., Mitsudomi, T., Goto, K., ESMO 2010,   2010年10月08日
  • Validation study of EGFR mutation tests using DNA from control admixture samples and formalin-fixed paraffin-embedded (FFPE) samples from non-small-cell lung cancer (NSCLC) patients in the diagnostic setting., Goto, K., Ishii, G., Todo, T., Whiteley, J., Donald, M., McCormack, R., Nishio, K., Hagiwara, K., Mitsudomi, T., Satouchi, M., ESMO 2010,   2010年10月08日
  • TRAIL 受容体からEGFRへのcrosstalk signalingの分子機構, 大森亨、鹿目知子、門福強樹、山岡利光、中嶌賢尚、奥田健太郎、大西司、廣瀬敬、西尾和人、西條長宏、足立満, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 腫瘍細胞増殖におけるMIF-CD74シグナル経路の関与, 藤田至彦、古田一行、工藤可苗、坂井和子、永井知行、金田裕靖、田村大介、青松圭一、木村英晴、松本和子、荒尾徳三、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 膵臓癌の血漿中血管新生関連分子の検討, 坂本洋城、荒尾徳三、永井知行、工藤可苗、古田一行、北野雅之、工藤正俊、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • Anti-tumor effects of everolimus and chlormadinone acetate against prostate cancer in a pre-clinical mouse model. , Velasco, MA., Koike, H., Shimada, K., Yoshikawa, K., Konishi, N., Arao, T., Nishio, K., Uemura, H., 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • EGFR-TKIによる急性肺障害への遺伝子多型の関与の検討, 岩佐悟、神田慎太郎、鈴木玄樹、大出明、中山麻里、大塚綾香、合田雪絵、後藤功一、国頭英夫、関島勝、西尾和人、田村友秀、小泉史明, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • ラパティニブ耐性乳がん細胞株におけるFGFR2の発現, 東公一、鶴谷純司、倉田宝保、荒尾徳三、西尾和人、中川和彦, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 前立腺特異的PTENコンディショナルノックアウトマウスモデルによるヒト前立腺癌への応用, デベラスコマルコ、小池浩之、吉川和宏、荒尾徳三、西尾和人、植村天受, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 転写因子snail、slugは角膜上皮細胞においてEMTを誘導しTP63発現レベルを減少させる, 青松圭一、荒尾徳三、古田一行、松本和子、金田裕靖、工藤可苗、田村大介、永井知行、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、下村嘉一、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 大腸癌高発現遺伝子FOXQ1の機能解析, 金田裕靖、荒尾徳三、松本和子、田中薫、田村大介、青松圭一、デヴェラスコマルコ、山田康秀、西條長宏、鶴谷純司、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • OncoCartaによる癌遺伝子変異プロファイリング, 古田一行、木村英晴、荒尾徳三、関島勝、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • オキサリプラチン耐性細胞株の樹立とその解析, 柏木英志、和泉弘人、荒尾徳三、西尾和人、安庭義浩、ウィン、韓斌、秋山正樹、平野元、内藤誠二、河野公俊, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • SNAI2に惹起されてEMTは肺癌においてチュブリン作用薬に対する感受性を亢進する, 田村大介、荒尾徳三、永井知行、古田一行、坂井和子、工藤可苗、金田裕靖、青松圭一、藤田至彦、松本和子、西村善博、西條長宏、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • ソラフェニブは肝細胞癌株において、HGF起因の上皮間葉移行(Epithelial mesenchymal transition)を阻害する, 永井知行、荒尾徳三、坂井和子、工藤可苗、金田裕靖、田村大介、青松圭一、木村英晴、藤田至彦、松本和子、西條長宏、工藤正俊、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 血管内皮細胞におけるVEGFR2チロシンキナーゼ素材薬の耐性機構, 松本和子、荒尾徳三、工藤可苗、古田一行、坂井和子、永井知行、金田裕靖、田村大介、青松圭一、藤田至彦、木村英晴、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 血清HGF濃度はEGFRチロシンキナーゼ阻害薬の効果予測因子である, 荒尾徳三、笠原寿郎、坂井和子、酒井麻夫、木村英晴、曽根崇、松本和子、堀池篤、西尾誠人、大平達夫、池田徳彦、山中千春、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 間質におけるVimentin陽性となる紡錘形細胞のEGR-1発現は、上皮性卵巣癌の予後規定因子である, 片岡史夫、津田浩史、荒尾徳三、田中英雄、西村貞子、野村弘行、千代田達幸、平沢晃、鈴木淳、進伸幸、西尾和人、青木大輔, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • Pre-clinical chemopreventive efficacy of chlormadinone acetate against prostate cancer., Koike, H., Velasco, MA., Shimada, K., Yoshikawa, K., Arao, T., Nishio, K., Konishi, N., Uemura, H., 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • Gefinitib耐性株を用いた耐性機序の探索, 坂井和子、荒尾徳三、古田一行、永井知行、工藤可苗、金田裕靖、田村大介、青松圭一、藤田至彦、松本和子、小泉史明、西尾和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • ドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における新規Eg5阻害剤の効果の検討, 芹澤昌邦、小郷尚久、浅井章良、鈴木淳子、西尾和人、山本信之、洪泰浩, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 転写因子ZNF143によるDNA複製および細胞周期関連因子の発現制御と腫瘍増殖, 秋山正樹、和泉弘人、柏木英志、安庭義浩、Bin Han、Ying Wu、内海健、荒尾徳三、西尾和人、河野公俊, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • EGFR-TKI耐性T790M肺癌に対するBIBW2992とTS標的薬剤の併用効果, 竹澤健、岡本勇、谷崎潤子、福岡正博、西尾和人、中川和彦, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • 胃癌における治療標的としてのc-Srcとその耐性に関する検討, 岡本渉、岡本勇、吉田健史、岡本邦男、竹澤健、荒尾徳三、柳原五吉、福岡正博、西尾和人、中川和彦, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月22日
  • マルチリガンド・ヘパラン硫酸の分子標的効果予測因子としての意義, 西尾和人, 日本ヒトプロテオーム機構第8回大会 第6回日本臨床プロテオーム研究会 連合大会,   2010年07月26日
  • Molecular correlative study for molecular target drugs., 西尾和人, The 7th Japan-Korea Liver Symposium,   2010年07月18日, 招待有り
  • Snailに誘導される上皮間葉移行は肺癌の微小管作用薬の感受性を規定する, 田村大介、荒尾徳三、永井知行、青松圭一、金田裕靖、松本和子、工藤可苗、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、古田一行、小谷義一、西村義博、西條長宏、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • EMTと薬剤感受性, 荒尾徳三、青松圭一、古田一行、松本和子、金田裕靖、工藤可苗、田村大介、永井知行、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、山田康秀、西條長宏、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 血管内皮細胞におけるVEGFR2チロシンキナーゼ阻害薬耐性メカニズムの検討, 松本和子、荒尾徳三、古田一行、工藤可苗、金田裕靖、青松圭一、田村大介、永井知行、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、西條長宏、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 血清中HGFはEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の効果予測因子である, 坂井和子、荒尾徳三、笠原寿郎、松本和子、酒井麻夫、木村英晴、曽根崇、堀池篤、西尾誠人、大平達夫、池田徳彦、山中竹春、西條長宏、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 胃癌における治療標的としてのc-Srcとその耐性に関する検討, 岡本渉、岡本勇、岡本邦男、吉田健史、竹澤健、荒尾徳三、柳原五吉、福岡正博、西尾和人、中川和彦, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 転写因子ZNF143によるDNA複製および細胞集金関連因子の発現制御と腫瘍増殖, 和泉弘人、柏木英志、安庭義浩、秋山正樹、Han Bin、Wu Ying、内海健、荒尾徳三、西尾和人、河野公俊, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 大腸がん高発現遺伝子FOXQ1はがんの腫瘍形成能および腫瘍増殖能を亢進させる, 金田裕靖、荒尾徳三、古田一行、松本和子、工藤可苗、田村大介、青松圭一、永井知行、坂井和子、木村英晴、藤田至彦、山田康秀、西條長宏、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • 血管新生阻害剤の耐性メカニズム, 西尾和人, 日本がん分子標的治療学会 第14回学術集会,   2010年07月06日
  • Sorafenibは肝細胞がんの上皮間葉移行を阻害する, 永井知行、荒尾徳三、工藤可苗、工藤正俊、西尾和人, 第2回日本刊がん分子標的治療研究会,   2010年06月19日
  • 分子標的薬によるがん幹細胞マーカーCD133の発現制御, 荒尾徳三、松本和子、工藤可苗、永井知行、工藤正俊、西尾和人, 第2回日本刊がん分子標的治療研究会,   2010年06月19日
  • Heregulin as a novel cetuximab-resistance factor in colorectal cancer., Yonesaka, K., Okamoto, I., Satoh, T., Takeda, M., Nishio, K., Fukuoka, M., Saijo, N., Janne, PA., Nakagawa, K., 2010 ASCO Annual Meeting ,   2010年06月05日
  • Predictive value of serum HGF for treatment response to EGFR tyrosine kinase inhibitor in patients with lung adenocarcinoma., Kasahara, K., Arao, T., Sakai, K., Sakai, A., Sone, T., Nishio, M., Ohira, T., Ikeda, N., Yamanaka, T., Nishio, K., 2010 ASCO Annual Meeting ,   2010年06月05日
  • 臨床試験におけるバイオマーカーの現状と将来現状と将来, 西尾和人, 第31回癌免疫外科研究会,   2010年05月20日
  • Tgf-ß induces epithelial mesenchymal transition with Snai1 and Snai2 up-regulation in human corneal epithelial cells., Aomatsu K, Arao T, Sugioka K, Matsumoto K, Tamura D, Kudo K, Kaneda H, Sakai K, Nishio K, Shimomura Y., ARVO(Association of Research on Vision and Ophthalmology)'s 2010 Annual Meeting.,   2010年05月02日
  • Snail and slug-mediated epithelial mesenchymal transition in lung cancer cells., Daisuke, T., Arao, T., Nagai, T., Aomatsu, K., Sakai, K., Kudo, K., Kaneda, H., Matsumoto, K., Furuta, K., Fujita, Y., Kotani, Y., Nishimura, Y., Saijo, N., Nishio, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Use of near infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice., Yoshikawa, K., Velasco, MA., Tanaka, M., Miyazaki, Y., Ushida, H., Asahi, C., Nishio, K., Uemura, H., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Integration of whole genome exon array and arrya CGH analysis in gastric anc clolorectal cancer cell lines., Furuta, K., Arao, T., Sakai, K., Nagai, T., Tamura, D., Aomatsu, K., Kudo, K., Kaneda, H., Fujita, Y., Matsumoto, K., Yamada, Y., Yanagihara, K., Sekijima, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Expression levels of EGFR-ligands are up-regulated in EGFR tyrosint kinase inhibitor-resistant cell line., Sakai, K., Arao, T., Furuta, K., Nagai, T., Kudo, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Fujita, Y., Matsumoto, K., Koizumi, F., Nishio, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Targeting prostate cancer chemoprevention via the androgen receptor in a preclinical mouse model., Koike, H., Velasco, MA., Miyazaki, Y., Asahi, C., Ushida, H., Shimada, K., Yoshikawa, K., Nishio, K., Konishi, N., Uemura, H., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Analysis of miRNA mediated Cisplatin resistant mechanisms., Suzuki, T., Nishio, K., Togawa, T., Sugawara, K., Sakuraba, H., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Everolimus reduces androgen dependent and independent postate cancer in the prostate specific PTEN conditional gene targeting mouse model., Develasco, MA., Asahi, C., Miyazaki, Y., Ushida, H., Shimada, K., Yoshikawa, K., Nishio, K., Konishi, N., Uemura, H., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Identification of c-Src as a potential therapeutic target for gastric cancer and of MET activation as a cause of resistance to c-Src inhibition., Okamoto, W., Okamoto, I., Yoshida, T., Hatashita, E., Kuwata, K., Arao, T., Yanagihara, K., Nishio, K., Fukuoka, M., Nakagawa, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Sorafenib inhibits hepatocyte growth factor-induced epithelial mesenchymal transition in hepatocllular carcinoma., Nagai, T., Arao, T., Furuta, K., Sakai, K., Kudo, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Fujita, Y., Matsumoto, K., Saijo, N., Kudo, M., Nishio, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Characterization of human umbilical vein endothelial cell clones resistant to VEGFR2 tyrosine kinase inhibitor., Matsumoto, K., Arao, T., Furuta, K., Sakai, K., Nagai, T., Kudo, K., Kaneda, H., Tamura, D., Aomatsu, K., Fujita, Y., Nishio, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Heregulin as a novel resistant factor for cetuximab., Yonesaka, K., Okamoto, I., Satoh, T., Takeda, K., Takada, M., Nishio, K., Fukuoka, M., Janne, PA., Nakagawa, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • Overexpression of FOXQ1 is important factor in tumorigenicity and tumor growth., Kaneda, H., Arao, T., Tanaka, K., Tamura, D., Aomatsu, K., Kudo, K., Sakai, K., Develasco, MA., Matsumoto, K., Fujita, Y., Yamada, Y., Tsurutani, J., Okamoto, I., Nakagawa, K., Nishio, K., Nagai, T., Furuta, K., American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010,   2010年04月17日
  • EGFR遺伝子変異研究の新展開, 西尾和人、松本和子、木村英晴、 金田裕靖, 第50回日本呼吸器学会学術講演会,   2010年03月24日
  • 消化器癌に対する分子標的治療の現状, 西尾和人, 第96回日本消化器病学会総会,   2010年03月23日
  • 腫瘍-間質相互作用の側面からの表層上皮性卵巣癌の予後関連遺伝子の探索, 津田浩史、荒尾徳三、西尾和人、野村弘行、青木大輔, 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2010年03月18日
  • 末梢血単核球を用いた遺伝子発現プロファイルによる、転移性乳がん又は術前化学療法におけるトラスツズマブの治療効果の予測, 田村研治、清水千佳子、小泉史明、木下貴之、青儀健二郎、西尾和人、茂櫛薫、田中博、江口真透、藤原康弘, 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2010年03月18日
  • 患者試料からのバイオマーカー検索(実際面を中心に), 西尾和人, 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2010年03月18日
  • がん分子標的治療のバイオマーカー, 西尾和人, 第30回日本臨床薬理学会年会,   2009年12月03日
  • 臨床試験におけるバイオマーカーの現状と将来, 西尾和人、荒尾徳三、中川和彦、角田卓也, 第22回日本バイオセラピィ学会学術集会総会,   2009年11月26日
  • がん分子標的薬とバイオマーカー, 西尾和人, 第19回日本医療薬学会年会,   2009年10月24日
  • 原発不明がん同定のための分子生物学的な手法、研究, 西尾和人、荒尾徳三, 第47回日本癌治療学会学術集会,   2009年10月22日
  • 分子標的薬治療応答(効果)予測マーカー, 西尾和人、荒尾徳三, 第47回日本癌治療学会学術集会,   2009年10月22日
  • 腫瘍-間質相互作用の観点からの表層上皮性卵巣癌の予後関連遺伝子の探索, 津田浩史、片岡史夫、荒尾徳三、西村貞子、野村弘行、千代田達幸、冨永英一郎、鈴木淳、進伸幸、西尾和人、青木大輔, 第47回日本癌治療学会学術集会,   2009年10月22日
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性, 工藤可苗、荒尾徳三、坂井和子、永井知行、田村大介、青松圭一、デベラスコマルコ、金田裕靖、藤田至彦、松本和子、工藤正俊、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブは血管内皮細胞に対して直接的な増殖抑制効果を示す, 田村大介、荒尾徳三、青松圭一、田中薫、金田裕靖、松本和子、工藤可苗、藤田至彦、渡辺隆、小谷義一、西村善博、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • シスプラチン耐性肺がん細胞株におけるmiRNA発現プロファイル, 鈴木俊宏、西尾和人、兎川忠靖、櫻庭均, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • Use of near infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice., Uemura H, Yoshikawa K, Tanaka M, Nishio K, Velasco MA., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 上皮性乱造癌におけるCoflin 1の過剰発現は予後規定因子となりうる, 西村貞子、津田浩史、荒尾徳三、野村弘行、進伸幸、川村直樹、西尾和人、青木大輔, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-betaシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松圭一、荒尾徳三、坂井和子、永井知行、田村大介、工藤可苗、金田裕靖、藤田至彦、松本和子、下村嘉一、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • N-myc downstream regulated gene 1(NDRG)/Cap43による膵癌の血管新生抑制におけるNF-kBシグナルの関与, 細井文仁、和泉弘人、河原明彦、村上雄一、渡公佑、鹿毛政義、西尾和人、河野公俊、小野眞弓, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 進行上皮性卵巣癌における腫瘍-間質相互作用の臨床的意義の検討, 片岡史夫、津田浩史、荒尾徳三、冨永英一郎、西村貞子、野村弘行、千代田達幸、鈴木淳、進伸幸、西尾和人、青木大輔, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • mTORシグナルとHIF-1alphaは癌細胞のCD133の発現を制御する, 松本和子、荒尾徳三、坂井和子、永井知行、田村大介、青松圭一、工藤可苗、デベラスコマルコ、金田裕靖、藤田至彦、山田康秀、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2は胃癌細胞の遊走・接着を誘導する, 荒尾徳三、田中薫、青松圭一、田村大介、工藤可苗、金田裕靖、藤田至彦、松本和子、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • MET遺伝子増幅を伴うゲフィチニブ獲得耐性非小細胞肺癌におけるSrc阻害剤の効果, 岡本勇、吉田健史、福岡正博、西尾和人、中川和彦, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • Use of human tumor explants for the determination of anti-tumor drug efficacy in a personalized medicine mouse model., Yoshimura K, Velasco MA, Tanaka M, Nishio K, Uemura H., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • HER2陽性の転移性乳がん患者におけるトラスツズマブの治療効果とFUT8の酵素活性・SNPsの相関について, 小野麻紀子、田村研治、清水千佳子、小泉史明、勝俣範之、安藤正志、河野勤、米盛勧、西尾和人、藤原康弘, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • エクソンアレイとSNPアレイによるがん細胞株のエクソン異常の探索, 古田一行、荒尾徳三、坂井和子、永井知行、田村大介、青松圭一、工藤可苗、デベラスコマルコ、金田裕靖、藤田至彦、松本和子、関島勝、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 新規HER2抗体Pertuzumabは非小細胞肺癌株のHER3シグナルを阻害する, 坂井和子、小泉史明、荒尾徳三、松本和子、前川麻里、田村友秀、西條長宏、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 野生型EGFRを有する癌におけるgefitinibあるいはcetuximab治療の効果予測因子としてのamphiregulinについて, 米阪仁雄、岡本勇、Kreshnik Zejnullahu、Pasi Janne、西尾和人、中川和彦, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • Meloxicam inhibits prostate tumor growth and pregression in prostate specific-PTEN conditional gene knockout mice. , Velasco MA, Tanaka M, Shimada K, Nishio K, Uemura H., 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 最近のバイオマーカー研究の動向, 西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • サスペンジョンビーズアレイによる大腸癌術後再発予測バイオマーカーの探索, 永井知行、山田康秀、荒尾徳三、島田安博、斎藤豊、松田尚久、森谷宜皓、赤須孝之、藤田伸、山本精一郎、上原圭介、Joe Fedycyshyn、 西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • Activin AはSmadシグナルを介してヒト血管内皮細胞の増殖を抑制する, 金田裕靖、荒尾徳三、田中薫、永井知行、工藤可苗、田村大介、青松圭一、松本和子、藤田至彦、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月01日
  • 分子標的治療と遺伝子解析, 西尾和人, 大阪泌尿器腫瘍研究会学術講演会,   2009年07月17日, 招待有り
  • 抗EGFR抗体のバイオマーカー, 西尾和人, 第74回インターフェロン・サイトカイン学会学術集会,   2009年06月27日, 招待有り
  • オキサリプラチン耐性細胞の樹立とその解析, 柏木英志、和泉弘人、荒尾徳三、西尾和人、守田真基子、平野元、安庭義浩、内藤誠二、河野公俊, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松圭一、荒尾徳三、松本和子、金田裕靖、田中薫、前川麻里、工藤可苗、田村大介、永井知行、藤田至彦、下村嘉一、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • プロテアソーム阻害剤ポルテゾミブは血管内皮細胞に対して直接的な増殖抑制効果を示す, 田村大介、荒尾徳三、青松圭一、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、前川麻里、松本和子、藤田至彦、渡辺隆、小谷義一、西村善博、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の幹細胞癌に対する有用性, 工藤可苗、荒尾徳三、田村大介、青松圭一、田中薫、金田裕靖、前川麻里、松本和子、デベラスコ マルコ、藤田至彦、工藤正俊、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • Activin Aはヒト血管内皮細胞の細胞増殖を抑制する, 金田裕靖、荒尾徳三、田中薫、前川麻里、松本和子、工藤可苗、田村大介、青松圭一、永井知行、藤田至彦、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • HIF-1αはがん幹細胞マーカーCD133の発現を抑制する, 松本和子、荒尾徳三、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、青松圭一、田村大介、永井知行、藤田至彦、山田康秀、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2は細胞の遊走・接着機能を誘導する, 田中薫、荒尾徳三、永井知行、前川麻里、青松圭一、田村大介、松本和子、工藤可苗、金田裕靖、藤田至彦、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • エクソンアレイとSNPアレイを用いたがん細胞株のエクソン異常の探索, 古田一行、荒尾徳三、関島勝、西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • N-myc downstream regulated gene 1 (NDRG1)/ Cap43 による膵癌の血管新生抑制におけるNF-kBシグナルの関与, 細井文仁、和泉弘人、河原明彦、西尾和人、河野公俊、小野眞弓, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • 固形腫瘍の分子標的治療とバイオマーカー, 西尾和人, 第13回がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月24日
  • 大腸癌のバイオマーカー, 西尾和人, 大阪がん患者データベース研究会・第21回研究集会,   2009年06月20日
  • 血中薬物濃度に代わって臨床応用可能な薬効バイオマーカーに関する最近の話題, 西尾和人, 第26回日本TDM学会・学術大会,   2009年06月13日
  • 創薬におけるBiomarker利用の有用性(癌領域), 西尾和人, 第11回臨床薬理試験研究会,   2009年06月06日
  • 血管新生阻害薬のバイオマーカー研究, 荒尾徳三、工藤正俊、西尾和人, 第45回日本肝臓学会総会 ,   2009年06月04日
  • 癌の増殖機構と分子標的薬治療, 西尾和人, 第45回日本肝臓学会総会 ,   2009年06月04日, 招待有り
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2は新規コンドロイチン硫酸プロテオグリカンである, 荒尾徳三、田中薫、松本和子、山田康秀、西尾和人, 第5回日本臨床プロテオーム研究会,   2009年05月10日
  • Bortezomib directly inhibits cellular growth of vascular endothelial cells via VEGF independent pathway., Tamura D, Arao T, Tanaka K, Kaneda H, Matsumoto K, Kudo K, Aomatsu K, Maegawa M, Fujita Y, Watanabe T, Kotani Y, Nishimura Y, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • Activin-A directly inhibits vascular endothelial cell growth via TGF-β dependent signal pathway., Kaneda H, Arao T, Tanaka K, Maegawa M, Matsumoto K, Kudo K, Tamura D, Aomatsu K, Fujita Y, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • N-myc downstream regulated gene 1 (NDRG1)/ Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis of pancreatic cancer through attenuation of NF-kB signaling., Ono M, Hosoi F, Izumi H, Nishio K, Kohno K, Kuwano M., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • Antitumor activity and mode of action of pentacyclic oxindole al-kaloids from Uncaria tomentosa., Fujita Y, Matsumoto K, Tanaka K, Kaneda H, Maegawa M, Tamura D, Aomatsu K, Develasco MA, Arao T, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • Multiplex analysis of serum biomarkers in colorectal cancer patients using Bio-Plex., Gupta V, Yamada Y, Arao T, Nishio K, Tan W, Fedynysyn JP., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • Tumor explant animal model: Moving towards tailor-made therapy of renal cell carcinoma., Develsco M, Tanaka M, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • SRPX2 is a novel a chondroitin sulfate proteglycan. , Tanaka K, Arao T, Maegawa M, Matsumoto K, Tamura D, Aomatsu K, Kudo K, Kaneda H, Fujita Y, Honda E, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • CD133 expressino is affected by rapamycin in cancer cells., Matsumoto K, Arao T, Tanaka K, Kaneda H, Kudo K, Maegawa M, Tamura D, Aomatsu K, Fujita Y, Yamada Y, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 for hepatocellular carcinoma and a new pharamacodynamic biomarker in blood samples., Kudo K, Arao T, Tanaka K, Kaneda H, Maegawa M, Matsumoto K, Tamura D, Aomatsu K, Fujita Y, Kudo M, Nishio K., American Association for Cancer Research 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月18日
  • 分子標的治療薬のバイオマーカー, 西尾和人, 第2回消化器がん先進治療研究会(SAT-DC),   2009年04月10日, 招待有り
  • Surrogate Tissue Anlysis for Molecular Target Therapy., 西尾和人, The 24th Nagoya International Cancer Treatment Symposium,   2009年02月14日, 招待有り
  • EGFR遺伝子検査の実際, 西尾和人, Chugai Lung Cancer Symposium 2009,   2009年01月31日, 招待有り
  • 乳癌における分子標的薬のバイオマーカー研究, 西尾和人, 乳癌Translational Research 研究会 第6回講演会,   2008年12月06日, 招待有り
  • がん分子標的薬のバイオマーカー研究と創薬, 西尾和人, 第55回日本臨床検査医学会学術集会,   2008年11月27日, 招待有り
  • がん領域におけるバイオマーカーの応用, 西尾和人, 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究推進事業 第11回ヒューマンサイエンス総合研究ワークショップ,   2008年11月05日, 招待有り
  • 分子標的治療薬のバイオマーカー, 西尾和人, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年10月30日, 招待有り
  • 基礎から臨床への要望-バイオマーカー研究の推進のために, 西尾和人、荒尾徳三, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年10月30日, 招待有り
  • Relationship between MET-overexpression and ErbB family receptors in a reversible gefitinib-resistant NSCLC., 鹿目知子、門福強樹、楠本壮二郎、山岡利光、廣瀬敬、大西司、西尾和人、足立満、西條長宏、大森亨, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Expression profile of epithelial ovarian cancer patients receiving standard therapy., 冨永英一郎、荒尾徳三、津田浩史、山上亘、野村弘行、平沢晃、鈴木淳、進伸幸、西村貞子、青木大輔、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • IMP-3 overexpresion promotes cellular proliferation activity in gastric cancer., 田中薫、荒尾徳三、前川麻里、松本和子、工藤可苗、金田裕靖、藤田至彦、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Rotaxane, a unique interlocked molecule, as a potential antitumor agent., 藤田至彦、小野信文、高田十志和、バトララジャシュリー、デベラスコマルコ、横手秀行、荒尾徳三、松本和子、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Inhibition of phospho-tyrosine in VEGFR2+CD45dim population as a biomarker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors., 工藤可苗、荒尾徳三、松本和子、田中薫、前川麻里、金田裕靖、藤田至彦、工藤正俊、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Acquired drug-resistance to inhibitores of EGF receptor (EGFR) tyrosine kinase in non-small cell lung cancer., 新屋智寛、前川麻里、西尾和人、清水信義、伊藤文昭, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Mass spectrometric analysis of plasma N-glycan in pancreas cancer., 坂本洋城、荒尾徳三、松本和子、北野雅之、工藤正俊、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Identification of predictive biomarkers for response to Trastuzumab using glycobiological analysis., 松本和子、荒尾徳三、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、藤田至彦、小泉史明、清水千佳子、田村研治、藤原康弘、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Phase I dose escalation study and biomarker analysis of E7080 in patients with advanced solid tumors., 後藤悌、山田一彦、山本昇、山田康秀、藤原豊、軒原浩、平田泰三、小泉史明、西尾和人、小山則行、田村友秀, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • FOXQ1 is a novel p21 regulator in colorectal cancer cells. , 金田裕靖、荒尾徳三、田中薫、前川麻里、松本和子、工藤可苗、藤田至彦、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • NDRG1/Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis through modulation of tumor microenvironment in pancreatc cancer., 西細井文仁、和泉弘人、河原明彦、村上雄一、渡公佑、鹿毛政義、西尾和人、河野公俊、桑野信彦、小野眞弓, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Microarray analysis for wild type and delE746_A750 type of EGFR introduced cells., 前川麻里、荒尾徳三、松本和子、工藤可苗、田中薫、金田裕靖、藤田至彦、伊藤文昭、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Tumor explant animal model: Aiming towards tailor-made therapy of renal cell carcinoma., デベラスコマルコ、田中基幹、吉川元清、穴井智、西尾和人、植村天受, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Nuclear localization of YB-1 is requisite for expression of HER2, ER alpha, and CXCR4 in human breast cancer cells., 馬崎雄二、樫原正樹、西尾和人、和泉弘人、河野公俊、小野眞弓、桑野信彦, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日
  • Microarray analysis for gastrointestinal cacner, 山田康秀、荒尾徳三、西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日, 招待有り
  • Biomarker Research in Clinical Study, 西尾和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月28日, 招待有り
  • バイオマーカーによる個別化, 西尾和人, 平成20年度厚生労働省がん研究助成金によるシンポジウムと市民公開講座 がん薬物療法,   2008年10月18日, 招待有り
  • 分子標的治療の動向 -肺がん治療薬を中心に-, 西尾和人, 第5回Sagamihara LungCancerセミナー,   2008年10月17日, 招待有り
  • バイオマーカー研究, 西尾和人, 第7回かずさアカデミア呼吸器フォーラム/第6回千葉国際肺癌ワークショップ,   2008年09月20日, 招待有り
  • Predictive biomarker for molecular target drugs -proteomic and glycobiological approach., 西尾和人, JST-ETH Zurich workshop on Medical Research,   2008年09月15日, 招待有り
  • 治療効果を予測するバイオマーカー研究, 西尾和人, 肺癌学術講演会,   2008年08月08日, 招待有り
  • Biomarker strategies in patient selection for molecular targeted therapy., 西尾和人, 2nd Asian Pacific conference perspectives in Lung Cancer,   2008年08月01日, 招待有り
  • 分子標的薬の効果および副作用のバイオマーカー:プロテオーム、糖鎖解析によるアプローチ, 西尾和人, 日本ヒトプロテオーム機構第6回大会,   2008年07月29日, 招待有り
  • 分子標的治療薬の最前線, 西尾和人, 2008年度朝日・中外がん専門薬剤師セミナー,   2008年06月29日, 招待有り
  • ヒト膵臓のNDRG1/Cap43による血管新生の制御機序, 細井文仁、和泉弘人、河原明彦、中嶋一貴、渡公佑、西尾和人、木下壽文、鹿毛政義、河野公俊、桑野信彦、小野眞弓, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 新規連結分子ロタキサンの抗腫瘍活性, 藤田至彦、小野信文、高田十志和、ラジャシュリー パトラ、デベラスコ マルコ、荒尾徳三、横手秀行、松本和子、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 乳癌におけるY-ボックス結合蛋白-1(YB-1)による増殖因子とホルモン受容体遺伝子の発現制御, 馬崎雄二、中嶋一貴、樫原正樹、河原明彦、鹿毛政義、小野眞弓、西尾和人、和泉弘人、河野公俊、桑野信彦, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 糖鎖解析によるTrastuzumab治療効果予測, 松本和子、荒尾徳三、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、藤田至彦、小泉史明、清水千佳子、田村研治、藤原康弘、西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 15塩基欠失型EGFRに対するマイクロアレイ発現解析, 前川麻里、荒尾徳三、松本和子、金田裕靖、田中薫、工藤可苗、藤田至彦、伊藤文昭、西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 胃癌高発現遺伝子IMP-3の機能解析, 田中薫、荒尾徳三、前川麻里、松本和子、工藤可苗、金田裕靖、藤田至彦、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 新規癌関連遺伝子FOXQ1は細胞周期制御因子p21waf1/Clip1を制御する, 金田裕靖、荒尾徳三、田中薫、前川麻里、松本和子、工藤可苗、藤田至彦、山田康秀、岡本勇、中川和彦、西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • がんのバイオマーカーとしてのY-ボックス結合蛋白-1(YB-1)の核内局在, 桑野信彦、馬崎雄二、河原明彦、鹿毛政義、西尾和人、和泉弘人、河野公俊、小野眞弓, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 血管新生阻害剤研究アップデート, 西尾和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月26日
  • 個別化治療・オーダーメード治療へのアプローチ~基礎の立場から~, 西尾和人, 第2回肺癌科学療法研究会,   2008年06月21日, 招待有り
  • Biomarkers for predictive and prognostic factors., Nishio K, Fukai J, Yokote H, Yamanaka R, Arao T., The 17th International Conference on Brain Tumor Researchi and Therapy,   2008年06月09日, 招待有り
  • 分子標的治療薬を中心とした癌化学療法剤の副作用とBiomarker研究, 西尾和人, 栃木腎細胞癌セミナー,   2008年05月22日, 招待有り
  • 非小細胞肺癌細胞株におけるシズプラチン耐性因子の探索, 鈴木俊宏、湯本敦、兎川忠靖、西尾和人、櫻庭均, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月10日
  • 血漿糖鎖解析によるトラスツズマブの効果予測, 松本和子、荒尾徳三、前川麻里、田中薫、金田裕靖、工藤可苗、藤田至彦、小泉史明、清水千佳子、田村研治、藤原康弘、西尾和人, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月10日
  • ゲフィチニブによる皮膚障害の発現を予測する因子としての血漿中サイトカイン測定の有用性, 木村英晴、笠原寿郎、西尾和人, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月10日
  • 血漿糖鎖解析による膵臓癌の診断, 金田裕靖、荒尾徳三、松本和子、前川麻里、田中薫、工藤可苗、藤田至彦、坂本洋城、北野雅之、西尾和人, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月10日
  • Bioplex-Abgionelは大腸癌の進展・悪性度診断に有用である, 田中薫、荒尾徳三、山田康秀、松本和子、前川麻里、金田裕靖、工藤可苗、藤田至彦、西尾和人, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月10日
  • Antitumor activity and mode of action of a unique interlocked modecule rotaxane., Fujita Y, Ono N, Takata T, Patra R, Velasco M, Yokote H, Arao T, Matsumoto K, Maegawa M, Tanaka K, Kaneda H, Kudo K, Abe Y, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Suppression of CD133 expression by siRNA modulated the expression of the genes associated with differentiation in cancer cells. , Matsumoto K, Arao T, Tanaka K, Kaneda Y, Kudo K, Maegawa M, Fujita Y, Yamada Y, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • IMP-3 promotes cellular proliferation activity in gastric cancer., Tanaka K, Arao T, Maegawa M, Matsumoto K, Kudo K, Kaneda H, Fujita Y, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Microarray analysis for EGFR tyrosine kinase inhibitor resistant cell line., Arao T, Koizumi F, Kaneda H, Tanaka K, Maegawa M, Matsumoto K, Kudo K, Fujita Y, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Tumor explant animal model: Aiming towards tailor-made therapy of RCC., Velasco M, Tanaka M, Saito K, Anai S, Nishio K, Uemura H., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Synergistic interactions between the synthetic retinoid Tamibarotene(TM411) and Corticosteroids in human myeloma cells., Fukui T, Kodera Y, Taguchi F, Kato T, Watanabe T, Masuda N, Nishio K, Koizumi F., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling by akt or erk., Yoshida T, Okamoto I, Okabe T, Iwasa T, Satoh T, Nishio K, Fukuoka M, Nakagawa K. , American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Cells expressing EGFR lacing C-terminal are still hypersnsitive to EGFR tyrosine kinase inhibitor., Maegawa M, Arao T, Matsumoto K, Kudo K, Tanaka K, Kaneda H, Fujita Y, Ito F, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • FOXQ1 is a novel p21 regulator in colorectal cancer cells. , Kaneda H, Arao T, Tanaka K, Maegawa M, Matsumoto K, Kudo K, Fujita Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • バイオマーカーを利用したがん分子標的薬の臨床研究, 西尾和人, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2008年03月20日, 招待有り
  • 分子標的薬の現状とトランスレーショナルリサーチ, 西尾和人, 16th Tokyo Cancer Chemotherapy Symposium ,   2008年03月01日, 招待有り
  • バイオマーカー研究の臨床応用, 西尾和人, 日本海肺癌化学療法研究会,   2008年02月23日, 招待有り
  • 血管新生阻害薬のバイオマーカー, 西尾和人, 第33回日本微小循環学会総会,   2008年02月21日, 招待有り
  • 消化器癌の分子標的薬とそのバイオマーカー研究, 西尾和人, 第14回滋賀消化器分子生物学懇話会 学術講演会,   2007年12月06日, 招待有り
  • バイオマーカーによる前層別の行方, 西尾和人, 第28回日本臨床薬理学会年会,   2007年11月28日, 招待有り
  • 肺癌分子標的治療法の動向, 西尾和人, 第24回がん治療セミナー,   2007年11月22日, 招待有り
  • 癌の分子標的薬治療の開発と将来展望, 西尾和人, 第93回 北海道癌談話会,   2007年11月10日, 招待有り
  • 分子標的薬剤とバイオマーカー, 西尾和人, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月24日, 招待有り
  • 大腸がん治療におけるバイオマーカー研究, 西尾和人, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月24日, 招待有り
  • 分子標的治療の動向, 西尾和人, 第4回Sagamihara Lung Cancer セミナー,   2007年10月12日, 招待有り
  • 固形癌領域のバイオマーカー研究の動向, 西尾和人, 第69回日本血液学会 第49回日本臨床血液学会 合同総会,   2007年10月10日, 招待有り
  • バイオマーカー研究の臨床応用への課題, 西尾和人, Chugai Lung Cancer Symposium 2007,   2007年10月06日, 招待有り
  • Biomarkers for tyrosine kinase inhibitors and antimodies., Nishio K, Arao T., New Trend of Molecular and Biological Basis for Clinical Oncology,   2007年10月06日, 招待有り
  • Association of nuclear YB-1 localization with HER2, ER alpha and CXCR4 expression in human breast cancer., Basaki Y, Fujii T, Nakano K, Sirouzu K, Yamada H, Nishio K, Kohno K, Ono M, Kuwano M., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Search for angiogenesis inhibitors from marine fungi., Ohkawa Y, Koyama K, Suzuki T, Togawa T, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Insulin-induced resistance of non-small cell lung cancer to EGFR tyrosine kinase inhibitor., Ito F, Nishio K, Takeuchi K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Drug accumulation and efflux do not contribute to acquired gefitinib resistance., Kusumoto S, Sugiyama T, Nakashima M, Yamaoka T, Hirose T, Ohnishi T, Horichi N, Nishio K, Saijo N, Adachi M, Ohmori T., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Difference of EGFR-binding proteins between wild type EGFR and mutant EGFR., Kadofuku T, Kanome T, Kusumoto S, Ando K, Hosaka T, Ishida H, Hirose T, Horichi N, Nishio K, Saijo N, Adachi M, Kuroki T, Ohmori T., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Synergistic interactions between the synthetic retinoid TM411 (Tamibarotene) and Glucocorticoids in human myeloma cells. , Fukui T, Masuda N, Nishio K, Taguchi F, Kato T, Kawaishi M, Fukai J, Kodera Y, Yoshida T, Sakamoto H, Watanabe T, Koizumi F., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Regulation of EGFR activity through N-glycan fucosylation and effect on the sensitivity of EGFR-TKⅠ, Matsumoto K, Yokote H, Maegawa M, Tanaka K, Kaneda Y, Develasco M, Fujita Y, Arao T, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • A novel signaling pathway of deletional mutant EGFR., Maegawa M, Yokote H, Matsumoto K, Tanaka K, Kaneda Y, Fujita Y, Develasco M, Arao T, Koizumi F, Ito F, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Suppression of SRPX2 mRNA expression inhibits cellular growth and adhesion in gastric cancer cells. , Tanaka K, Arao T, Maegawa M, Matsumoto K, Kaneda Y, Abe Y, Fujita Y, Yokote H, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Biomarker study for gastrointestinal cancer using microarray analysis., Arao T, Yamada Y, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日, 招待有り
  • Molecular mechanism(s) of diminished activity between 15 bp deletion mutant EGFR and c-Cbl ubiquitin ligase., Ando K, Kusumoto S, Nakashima M, Yamaoka T, Hirose T, Horichi N, Kanome T, Kadofuku T, Nishio K, Saijo N, Adachi M, Kuroki T, Ohmori T., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling. , Yoshida T, Okamoto I, Okabe T, Iwasa T, Satoh T, Nishio K, Fukuoka M, Nakagawa K. , 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Inhibition of RPN2 restores drug sensibility in cisplatin-resisted lung cancer cell line., Kawamata M, Yamamoto Y, Namatame N, Honma K, Takeshita F, Nishio K, Ochiya T., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Study of cisplatin resistant factor in arsenic-resistant cell lines. , Katsuno M, Suzuki T, Togawa T, Sakuraba H, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Anti-tumor activity of cetuximab in malignant glioma cells overexpressing EGFR deletion mutant variant Ⅲ, Fukai J, Kodera Y, Fukui T, Kawaishi M, Kato T, Taguchi F, Yokote H, Nishio K, Koizumi F., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • The regulation of STAT activity by ErbB family members., Kawaishi M, Yokote H, Fukai J, Fukui T, Kato T, Nishio K, Koizumi F., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • RPN2 gene confers docetxel resistance in breast cancer., Honma K, Takeshita F, Yamamoto Y, Yoshida T, Nishio K, Kato K, Ochiya T., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • PhaseⅠ trial of vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SAHA) in Japanese pts with non-Hodgkin lymphoma (NHL)., Watanabe T, Kobayashi Y, Yamasaki S, Morita-Hoshi Y, Yokoyama H, Kato H, Morishima Y, Nishio K, Arao T, Frankel SR, Otsuki T, Tobinai K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Antitumor activity and mode of action of a unique interlocked molecule rotaxane., Fujita Y, Ono N, Takata T, Develasco M, Yokote H, Arao T, Matsumoto K, Maegawa M, Tanaka K, Kaneda H, Abe Y, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Microdissection and extraction of RNA from cancer and stromal tissues in epithelial ovarian cancer. , Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Kawamura N, Nishio K., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Contribution of NDRG1/Cap43 to angiogenesis and macrophage infiltration in human pancreatic cancer cells., Hosoi F, Izumi H, Maruyama Y, Watari K, Basaki Y, Abbas F, Nishio K, Kohno K, Kuwano M, Ono M., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • Use of image analysis of treatment response in mouse orthotopic bladder cancer model., Develsco M, Tanaka M, Anai S, Tomioka A, Sugiyama I, Sudzuka Y, Nishio K, Uemura H., 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月03日
  • 血管新生阻害剤のBio marker, 西尾和人, 第2回肺癌分子病態研究会,   2007年09月23日, 招待有り
  • 分子標的治療薬の基礎, 西尾和人, 第4回兵庫分子標的セミナー,   2007年09月08日, 招待有り
  • 分子標的薬とバイオマーカー, 西尾和人, 第38回国立病院機構肺がん研究会 総会・研究会,   2007年08月31日, 招待有り
  • 分子標的治療薬の理論と実際、今後薬剤師に期待されること, 西尾和人, 日本病院薬剤師会 関東ブロック第37回学術大会,   2007年08月26日, 招待有り
  • 臨床研究から見えてきたPGxの可能性, 西尾和人, 第1回JMCoEネットワーク学術フォーラム,   2007年08月25日, 招待有り
  • 遺伝子研究から得るがんのバイオマーカーについて, 西尾和人, 第12回ヒトがん遺伝子研究会,   2007年07月20日, 招待有り
  • 分子標的のバイオマーカー 人種差を説明しえるか?Second Wave, 西尾和人, 第9回大阪がん学術セミナー,   2007年07月07日, 招待有り
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2の生物学的検討, 田中薫、荒尾徳三、前川麻里、松本和子、藤田至彦、横手秀行、柳原五吉、山田康秀、岡本勇、中川和彦、福岡正博、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • Trastuzumab投与患者における血清内糖鎖修飾酵素活性の検討, 松本和子、横手秀行、前川麻里、田中薫、藤田至彦、荒尾徳三、小泉史明、藤原康弘、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 血清DNAを用いた上皮成長因子受容体遺伝子変異の検出, 木村英晴、笠原寿郎、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 転移抑制遺伝子Cap43/NDRG1によるヒト膵臓の間質応答と血管新生の制御, 細井文仁、丸山祐一郎、小野眞弓、西尾和人、和泉弘人、木下壽文、河野公俊、桑野信彦, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 骨髄腫細胞株における合成レチノイドTM-411(Tamibarotene)の抗腫瘍効果と糖質コルチコイド併用時の相乗効果の検討, 福井朋也、河石真、深井順也、加藤晃史、西尾和人、小泉史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 活性型EGFR変異体(L858R)特異的抗体の開発, 横手秀行、河石真、木村英晴、前川麻里、田中薫、藤田至彦、荒尾徳三、小泉史明、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 変異型上皮成長因子受容体発現悪性グリオーマ細胞株におけるセツキシマブの抗腫瘍効果の検討, 深井順也、小泉史明、横手秀行、 西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 変異型EGFR(del A745-E750)とgefitinib感受性亢進機序に関する新しい知見, 前川麻里、横手秀行、松本和子、田中薫、藤田至彦、荒尾徳三、小泉史明、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • ErbBファミリーによるSTAT活性の調節, 河石真、横手秀行、深井順也、福井朋也、加藤晃史、西尾和人、小泉史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 胃癌高発現遺伝子KIAA1199の生物学的検討, 荒尾徳三、金田裕靖、山田康秀、田中薫、松本和子、前川麻里、藤田至彦、横手秀行、西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • EGFR抗体療法によるEGFR活性化と下流シグナル阻害, 吉田健史、岡本勇、岡部崇記、岩朝勤、佐藤太郎、西尾和人、福岡正博、中川和彦, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • 血管新生阻害剤のバイオマーカー研究, 小泉史明、河石真、福井朋也、加藤晃史、藤原豊、軒原浩、荒尾徳三、西尾和人、田村友秀, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日
  • バイオマーカー研究の現状と展望 基礎研究者からみたバイオマーカー研究, 西尾和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月05日, 招待有り
  • 臨床検体を用いたバイオマーカー研究-がんの予後、治療効果予測のために, 西尾和人, 第15回静岡Cancer Therapy Conference,   2007年06月22日, 招待有り
  • Identification of prognostic biomarkers for gastric cancer by gene expression analysis., Yamada Y, Arao T, Nishio K, Koizumi F, Saito D, Gotoba T, Shimoda T, Taniguchi H, Shirao K, Saijo N, Sasako M., American Society of Clinical Oncology 43rd Annual Meeting 2007,   2007年06月01日
  • A phase Ⅰ and pharmacokinetic/pharmacodynamic study of vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SAHA) in Japanese patients with solid tumor., Fujiwara Y, Yamamoto N, Yamada K, Yamada Y, Shimoyama T, Koizumi F, Nishio K, Otuski T, Frankel SR, Tamura T., American Society of Clinical Oncology 43rd Annual Meeting 2007,   2007年06月01日
  • PhaseⅠ dose escalation study of E7080, a novel anti-angiogenic multikinase inhibitor, in Japanese patients with advanced solid tumors., Yamada K, Fujiwara Y, Yamamoto N, Yamada Y, Suzuki S, Kobayashi N, Koizumi F, Nishio K, Tamura T., American Society of Clinical Oncology 43rd Annual Meeting 2007,   2007年06月01日
  • 分子標的治療薬とトランスレーショナルリサーチ, 西尾和人, 特定非栄里活動法人 西日本胸部腫瘍臨床研究機構 臨床試験セミナー,   2007年05月26日, 招待有り
  • 非小細胞肺癌に対する個別化治療の可能性, 西尾和人, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年05月10日, 招待有り
  • Anti-tumor activity of cetuximab in malignant glioma cells overexpressing deletion mutant EGFR variant Ⅲ., Fukai J, Sakai K, Kimura H, Kuroda J, Fukui T, Kawaishi M, Kato T, Taguchi F, Yokote H, Itakura T, Koizumi F, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • KIAA1199 is a novel therapeutic target for gastric cancer., Arao T, Yamada Y, Tanaka K, Matsumoto K, Maegawa M, Fujita Y, Yokote H, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • SRPX2 in a novel therapeutic target for gastric cancer., Tanaka K, Arao T, Maegawa M, Matsumoto K, Fujita Y, Yokote H, Yanagihara K, Yamada Y, Okamoto I, Nakagawa K, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • EphA4-RYK interaction stimulates Wnt signaling and promotes glioma cell proliferation and migration., Maegawa M, Yokote H, Matsumoto K, Tanaka K, Arao T, Fujita Y, Fukuoka K, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • Regulation of EGFR activity through N-glycan fucosylation and effect on the sensitivity of EGFR-TKⅠ., Matsumoto K, Yokote H, Tanaka K, Maegawa M, Arao T, Fujita Y, Nishi K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • Identification of expressed genes characterizing long-term survival in malignant glioma patients., Yamanaka R, Arao T, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • The regulation of STAT activity by ErbB family members., Kawaishi M, Yokote H, Fukai J, Fukui T, Kato T, Nishio K, Koizumi F., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • Epidermal growth factor receptor mutation status in serum DNA is useful as a predictive marker of gefitinib (IRESSA) treatment., Kimura H, Kasahara K, Suminoe M, Sone T, Araya T, Tamori S, Fujimura M, Miyamoto K, Nishio K., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007,   2007年04月14日
  • がん化学療法の世界基準 -なぜ日本と外国ではがん治療法が違うのか-, 垣添忠生、藤原康弘、西尾和人、豊島聰、小林ケン, 第27回日本医学会総会,   2007年04月06日, 招待有り
  • 分子標的治療のバイオマーカー研究, 西尾和人、荒尾徳三, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月23日, 招待有り
  • Biomarkers in clinical studies for target based drugs in Japan., 西尾和人, First JCA-AACR Special Joint Conference,   2007年03月12日, 招待有り
  • 分子標的薬のバイオマーカー研究, 西尾和人, 久留米大学COE ニューロオンコロジーフォーラム 2007,   2007年03月09日, 招待有り
  • 腫瘍生物学の基礎と臨床への応用, 西尾和人, 第85回日本肺癌学会    関西支部会,   2007年01月26日, 招待有り
  • Correlation between Catalytic activity and genetic polymorphism of p450 enzyme and PK in Lung Cancer Chemotherapy., Nishio, M., 西尾 和人, Horai, T. Nakagawa, K. , Tamura, T. Saijo, N., IASLC Workshop,   2001年02月, IASLC Workshop
  • Detoxification related enzymes for drug resistance in lung cancer., Oguri, T., 西尾 和人, Takahashi, T. Isobe, T. Kohno, N., IASLC Workshop,   2001年02月, IASLC Workshop
  • Marked induction of caspase and MAP kinase families by TZT-1027 and dolastatin 10 among the antimitotic agents in a human lung cancer cell line., Koh, Y., 西尾 和人, Natsume, T. Akutagawa, S. Koizumi, F. Saijo, N. , Kobayashi, M. , AACR Annual Meeting,   2001年03月, AACR Annual Meeting
  • Validation of cDNA expression array using amplified cDNA from limited amount of tissue samples., Koizumi, F., 西尾 和人, Akutagawa, S. Koh, Y. Chiwaki, F. Nakamura, T. Tamura, T. Saijo, N., AACR Annual Meeting,   2001年03月, AACR Annual Meeting
  • Induction of MRP5/SMRP m RNA by adriamycin exposure and its overexpression in human lung cancer cells resistant to adriamycin., 鶴谷 純也, 西尾 和人, 吉田 誠, 畑下恵理奈, 小宮 武文, 中川 和彦, 福岡 正博, Akutagawa, S. Koh, Y. Saijo, N., Suzuki, T. , AACR Annual Meeting,   2001年03月, AACR Annual Meeting
  • ZD1839(iressa) enhances TNF-?-induced apoptotic cell death in human non-small cell lung cancer PC-9 cells., Ohmori, T., 西尾 和人, Ao, Y. Yamaoka, T. Adachi, M., Saijo, N. , Arteaga, L.C. , Kuroki, T., AACR Annual Meeting,   2001年03月, AACR Annual Meeting
  • Overcoming of cisplatin-resistance by ZD0473 in human lung cancer cells., Akiyama, Y., 西尾 和人, Kusaba, H. Kanzawa, F. Tamura, T. Saijo, N., Second International Lung Cancer Congress,   2001年07月, Second International Lung Cancer Congress
  • In vitro effects of the combination of ZD0473 and gemcitabine in human lung cancer cells., Kanzawa, F., 西尾 和人, Akiyama, Y. Saijo, N., Second International Lung Cancer Congress,   2001年07月, Second International Lung Cancer Congress
  • A phase I, pharmacokinetic (PK) and pharmacodynamic (PD) study of the farnesyl transferase inhibitor (FTI) R115777 in Japanese patients with advanced non-hematological malignancies., 中川 和彦, 西尾 和人, 山本信之, 福岡 正博, Ohashi, Y., End, D. Bol, K. Ito, H. , 2001 American Society Clinical Oncology meeting A317, 2001.,   2001年, 2001 American Society Clinical Oncology meeting A317, 2001.
  • In vitro effects of the combination of ZD0473 and gemcitabine in human lung cancer cells., Kanzawa, F., 西尾 和人, Koizumi, F. Akiyama, Y. Saijo, N., AACR-NCI-EORTC International Conference, 2001,   2001年, AACR-NCI-EORTC International Conference, 2001
  • ZD1839(Iressa) enhances TNFalpha-induced apoptotic cell death by inhibition of the Akt/NF-beta B pathway in human non-small-cell lung cancer PC-9 cells., Ohmori, T., 西尾 和人, Yamaoka, T. Adachi, M., Arteaga, C.L., Saijo, N., Kuroki, T, American Association for Cancer Research 93rd Annual Meeting,   2002年04月, American Association for Cancer Research 93rd Annual Meeting
  • Characteristics and resistance mechanism(s) of human non-small-cell lung cancer cell lines with acquired resistance to an epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor., Yamaoka, T., 西尾 和人, Ohmori, T. Kadofuku, T. Noda, M. Tsukiyama, M. Kawaguchi, T. Adachi, M. , Koizumi, F. Saijo, N. , Kuroki, T., American Association for Cancer Research 93rd Annual Meeting,   2002年04月, American Association for Cancer Research 93rd Annual Meeting
  • Selection of target molecules for anticancer agents based on gene expression profiling and reliability of assay techniques., 西尾 和人, Drug Information Association 9th Annual Workshop in Japan for BIOSTATISTICS,   2002年08月, Drug Information Association 9th Annual Workshop in Japan for BIOSTATISTICS
  • Activity of ZD6474, a vascular endothelial growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor (VEGFR [KDR]-TKI), in a model of ZD1839 (`Iressa') resistance., Taguchi, F., 西尾 和人, Koh, Y. Koizumi, F. Ueda, Y. Tsukiyama, S. Tamura, T. Saijo, N., 14th NCI-EORTC-AACR Symposium on "Molecular Targets and Cancer Therapeutics" Eur. J. Cancer,   2002年11月, 14th NCI-EORTC-AACR Symposium on "Molecular Targets and Cancer Therapeutics" Eur. J. Cancer
  • Gene expression monitoring with cDNA array revealed the major biological targets of farnesyl transferase (FT) inhibitor, R115777 (ZarnestraTM), in a phase I, pharmacokinetic (PK) and pharmacodynamic (PD) study., 中川 和彦, 西尾 和人, 福岡 正博, Yamamoto N, Koizumi F, Ohashi Y, End D. W, Ito H, Kobayashi G,, American Society of Clinical Oncology,   2002年, American Society of Clinical Oncology
  • Differential gene expression profiles and identification of the genes relevant to clinicopathologic factors in colorectal cancer selected by cDNA array method in combination with principal component analysis., Tsunoda, T., 西尾 和人, Koh, Y., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • Activity of ZD6474, a vascular endothelial growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor (VEGFR (KDR)-TKI), in a model of ZD1839 (Iressa) resistance., Taguchi, F., 西尾 和人, Koh, Y. Koizumi, F. Shimoyama, T. Saijo, N., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • EGFR-degradation activity contributed to ZD1839 (Iressa)-resistant mechanism in human non-small cell lung cancer cell lines., Ohmori, T., 西尾 和人, Inoue, F. Yamaoka, T. Hirose, T. Horichi, N. Adachi, M., Saijo, N., Arteaga, C.L., Kuroki, T., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • Synergistic interaction between the EGFR tyrosine kinase inhibitor ZD1839 (Iressa) and the DNA topoisomerase I inhibitor CPT-11 (irinotecan) in human colorectal cancer cells., Shimoyama, T., 西尾 和人, Koizumi, F. Saijo, N., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • Synergistic combined effect of vinorelbine and ZD1839 (Iressa) in NSCLC cell lines which overexpress the phosphorylated EGFR and ErbB2., Sugiyama, K., 西尾 和人, Yamashita, K. Akinaga, S. Kanazawa, J., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • ZD1839 potentiates the antiproliferative activity of paclitaxel and oxaliplatin against human gastric carcinoma cells in vitro., Jang, J.H., 西尾 和人, Lee, S.H. Kang J.H. Kuh, H.J., Saijo, N., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • Mechanism of resistance to epidermal growth factor receptor inhibitor zd1839: A role for inhibiting phosphorylation of EGFR at Tyr1068., Koizumi, F., 西尾 和人, Taguchi, F. Shimoyama, T. Saijo, N., American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting,   2003年07月, American Association for Cancer Research 94th Annual Meeting
  • 分子標的薬の臨床研究としてのファマコジェノミクス., 西尾 和人, 荒尾 徳三, 小泉史明,福本久郎,下山 達,端山直樹,Sonke Korfee: , 第41回癌治療学会 ,   2003年, 第41回癌治療学会 
  • 肺癌の分子標的治療薬のトランスレーショナルリサーチ’04, 西尾 和人, 第79回日本肺癌学会関西支部会 ,   2004年02月, 第79回日本肺癌学会関西支部会 
  • 分子標的薬とトランスレーショナルスタディー, 西尾 和人, 第30回北陸呼吸器シンポジウム,   2004年02月, 第30回北陸呼吸器シンポジウム
  • 肺癌の個別化治療, 西尾 和人, 第44回日本呼吸器学会学術講演会,   2004年03月, 第44回日本呼吸器学会学術講演会
  • Effect of transcriptional downregulation of EGFR on downstream signaling in human cancer cells., Fukumoto, H., 西尾 和人, Arao, T. Watanabe, T. Shiomi, K. Korfee, S. Hayama, N. Shimoyama, T. Koizumi, F. Saijo, N., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • Cloning of candidate genes related to gefitinib (‘Iressa’, ZD1839) resistance., Hayama, N., 西尾 和人, 荒尾 徳三, Fukumoto, H. Suzuki, T. Tanabe, S. Koizumi, F. Korfee, S. Shiomi, K. Shimoyama, T. Saijo, N., Eguchi, K., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • Schedule dependent interactions between the EGFR tyrosine kinase inhibitor gefitinib (‘Iressa’, ZD1839) and the DNA topoisomerase I inhibitor SN-38 in human lung cancer cells., Shimoyama, T., 西尾 和人, Koizumi, F. Korfee, S. Tamura, T. Saijo, N., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • Combination effect of gefitinib (‘Iressa’, ZD1839) with other anticancer agents on non-small-cell lung cancer cells., Matsuda, M., 西尾 和人, Ohmori, T. Inoue, F. Ando, K. Hirose, T. Horichi, N. Adachi, M., Saijo, N., Arteaga, C.L., Kuroki, T., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • Antitumor effect of ZD6474 in a VEGF-producing primary gastic cancer model., 荒尾 徳三, 西尾 和人, Yanagihara, K. Takigahara, M. Fukumoto, H. Koizumi, F., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • Elucidation of the gefitinib (‘Iressa’, ZD1839)-resistant mechanisms in acquired gefitinib-resistant human non-small-cell lung cancer cell lines., Inoue, F., 西尾 和人, Ohmori, T. Ando, K. Yamaoka, T. Matsuda, M. Hirose, T. Horichi, N. Adachi, M. , Saijo, N., Arteaga, C.L., Kuroki, T., American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年03月, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • マイクロアレイによる遺伝子による遺伝子解析とその応用, 西尾 和人, 第51回日本生化学会近畿支部例会,   2004年05月, 第51回日本生化学会近畿支部例会
  • 耐性因子・感受性因子, 西尾 和人, 第8回がん分子標的治療研究会総会 ,   2004年05月, 第8回がん分子標的治療研究会総会 
  • 老化促進モデルマウスにおけるDNA修復遺伝子XRCC1の発現低下, 西尾 和人, 第46回日本老年医学会学術集会,   2004年06月, 第46回日本老年医学会学術集会
  • 肺癌の分子生物学的特性と分子標的治療法, 西尾 和人, 第27回日本呼吸器学会総会,   2004年06月, 第27回日本呼吸器学会総会
  • 基礎の立場からEGFr Mutationの検索に関する問題点, 西尾 和人, 第1回WJTOG大討論会,   2004年07月, 第1回WJTOG大討論会
  • シグナル伝達機構―トランスレーショナルスタディ, 西尾 和人, 第13回日本アポトーシス研究会学術集会,   2004年07月, 第13回日本アポトーシス研究会学術集会
  • 非小細胞肺癌における分子標的治療薬イレッサのトランスレーショナル研究の将来, 西尾 和人, 第1回サイエンスフォーラム ,   2004年07月, 第1回サイエンスフォーラム 
  • 遺伝子発現解析によるがん臨床試験における有害事象、効果の評価, 西尾 和人, 第31回日本トキシコロジー学会学術年会 ,   2004年07月, 第31回日本トキシコロジー学会学術年会 
  • 分子標的薬剤の今後の方向性, 西尾 和人, アジア肺がんカンファレンス,   2004年08月, アジア肺がんカンファレンス
  • 肺癌の治療における分子標的と遺伝子の展望について, 西尾 和人, 第1回Sagamihara Lung Cancer Seminar,   2004年09月, 第1回Sagamihara Lung Cancer Seminar
  • Translational research for lung cancer-An update., 西尾 和人, Korfee, S. Eberhardt, W. Saijo, N. Tamura, T., 9th Central European Lung Cancer Conference.,   2004年09月, 9th Central European Lung Cancer Conference.
  • EGFR変異肺がんとチロシンキナーゼ阻害剤及びそのトランスレーショナル研究, 西尾 和人, 第4回金沢大学がん研究所 分子標的薬剤開発センター公開シンポジウム ,   2004年11月, 第4回金沢大学がん研究所 分子標的薬剤開発センター公開シンポジウム 
  • 上皮増殖因子受容体のダウンレギュレーションとゲフィチニブ感受性, 前川 真里, 西尾 和人, 瀧野 純一 高柳 淳 伊藤 文昭, 清水 信義, 第27回日本分子生物学会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会
  • 上皮増殖因子受容体からの増殖・生存シグナルとゲフィチニブ感受性, 瀧野 純一, 西尾 和人, 前川 麻里 高柳 淳 伊藤 文昭, 清水 信義, 第27回日本分子生物学会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会
  • Targeted Drugs, 西尾 和人, 7th Essen Thoracic Oncology Expert Meeting.,   2004年12月, 7th Essen Thoracic Oncology Expert Meeting.
  • ZD6474の同所性移植胃癌腹膜播種モデルにおける抗腫瘍効果, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 柳原五吉,小泉史明,福本久郎, 第63回日本癌学会学術総会 ,   2004年, 第63回日本癌学会学術総会 
  • ZD6474に対する感受性規定因子としてのEGFR遺伝子変異, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎,武田真幸,田村友秀,西條長宏, 第45回日本肺癌学会総会 ,   2004年, 第45回日本肺癌学会総会 
  • EGFRに対するsiRNAのシグナル伝達に与える効果, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 武田真幸,下山達,端山直樹,福本久郎,小泉史明,西條長宏, 第45回日本肺癌学会総会,   2004年, 第45回日本肺癌学会総会
  • 上皮増殖因子受容体に対するsiRNAは、MAPKシグナル経路を活性化する, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎,端山直樹,渡辺隆,西條長宏, 第8回がん分子標的治療研究会総会,   2004年, 第8回がん分子標的治療研究会総会
  • Effect of transcriptional downregulation of EGFR on downstream signaling in human cancer cells., Fukumoto H, Watanabe T, Shiomi K, Korfee S, Hayama N, Shimoyama T, Koizumi F, Saijo N., 荒尾 徳三, 西尾 和人, , American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.,   2004年, American Association for Cancer Research 95th Annual Meeting.
  • EGFRに対するsiRNAのシグナル伝達に与える効果」, 武田真幸, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 渡辺隆, 塩見和, Sonke Korfee, 端山直樹, 下山達, 小泉史明, 福本久郎, 西條長宏, 第63回日本癌学会学術総会 ,   2004年, 第63回日本癌学会学術総会 
  • チロシンキナーゼ阻害剤感受性因子の同定, 福本久郎, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 端山直樹 , 第63回日本癌学会学術総会,   2004年, 第63回日本癌学会学術総会
  • ゲフィチニブ耐性遺伝子の検索, 端山直樹, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎 鈴木俊宏 兎川忠靖 田邉信三 荒尾徳三 下山達 木村英晴 大塚弘毅 武田真幸 小泉史明 西尾和人 , 第45回日本肺癌学会総会 ,   2004年, 第45回日本肺癌学会総会 
  • 15塩基欠失EGFR発現細胞のチロシンキナーゼ阻害剤に対する感受性獲得, 福本久郎, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 端山直樹 下山達, 木村英晴 大塚弘毅 武田真幸 田村友秀 西條長宏 , 第45回日本肺癌学会総会 ,   2004年, 第45回日本肺癌学会総会 
  • Vascular Targeting Agent ZD6126の血管内非細胞の微小管結合能と抗腫瘍効果, 大塚弘毅, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎 端山直樹 下山達 木村英晴 武田真幸 田村友秀 西條長宏 , 第45回日本肺癌学会総会,   2004年, 第45回日本肺癌学会総会
  • ゲフィチニブ耐性遺伝子の検索, 端山直樹, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 他 , 第8回がん分子標的治療研究会総会 ,   2004年, 第8回がん分子標的治療研究会総会 
  • 肺癌の分子標的治療, 西尾 和人, 九州大学第一内科最新医学セミナー ,   2005年02月, 九州大学第一内科最新医学セミナー 
  • 肺癌の分子標的治療, 西尾 和人, 第10回九州肺癌カンファレンス,   2005年02月, 第10回九州肺癌カンファレンス
  • Preclinical And Molecular Correlative Study For EGFR-Specific Tyrosine Kinase Inhibitors In Japan, 西尾 和人, 第20回BMS名古屋癌治療国際シンポジウム,   2005年03月, 第20回BMS名古屋癌治療国際シンポジウム
  • Preclinical and molecular correlative study for EGFR-specific tyrosine kinase inhibitors in Japan., 西尾 和人, The 20th Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium & Meet the Expert.,   2005年03月, The 20th Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium & Meet the Expert.
  • 抗がん剤感受性試験の臨床応用, 西尾 和人, 第57回日本産科婦人科学会,   2005年04月, 第57回日本産科婦人科学会
  • Enhancement of TNF-α-sensitivity in gefitinib-acquired resistant non-small cell lung cancer cell lines., Ando, K., 西尾 和人, Ohmori, T. Hosaka, T. Ishida, H. Shirai, T. Okuda, K. Hirose, T. Ohnishi, T. Horichi, N. Saijo, N. Adachi, M. Arteaga, C.L. Kuroki, T., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • Characterization of Gefitinib sensitive human lung cancer cell lines., Ohira, T., 西尾 和人, Tsuboi, M. Hirano, T. Usuda, J. Miyajima, K. Suga, Y. Honda, H. Nakajima, N. Kataba, H. Ikeda N. Saijo, N. Kato H., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting
  • Active mutant epidermal growth factor receptor undergoes less protein degradation due to diminished binding to c-Cbl ubiquitin ligase., Hosaka, T., 西尾 和人, Ohmori, T. Inoue, F. Kadofuku, T. Ando, K. Ishida, H. Shirai, T. Okuda, K. Hirose, T. Onishi, T. Horichi, N. Fukumoto, H. Saijo, N. Adachi, M. Nakadate, T. Arteaga, C.L. Kuroki, T., Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • Long term exposure of gefitinib (IRESSA) may induce alternation of activating signaling on MAPK signaling pathway and may cause gefitinib-resistance., Ishida, H., 西尾 和人, Ohmori, T. Inoue, F. Kadofuku, T. Ando, K. Hosaka, T. Shirai, T. Okuda, K. Hirose, T. Ohnishi, T. Horichi, N. Saijo, N. Adachi, M. Arteaga, C.L. Kuroki, T., Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • A small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor increases the cellular sensitivity to ZD6474., 荒尾 徳三, 西尾 和人, Fukumoto, H. Sakai, K. Park, S. Takeda, M. Kimura, H. Shimoyama, T. Hayama, N. Saijo, N., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • Gene expression analysis to identify the pharmacodynamic effects of docetaxel on the Rho signal pathway in human lung cancer patients., Shimoyama, T., 西尾 和人, Yamamoto, N. Hamano, T. Tamura, T., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • Deletional mutant EGFR detected in circulating tumor-derived DNA from lung cancer patients treated with gefitinib., Kimura, H., 西尾 和人, Fukumoto, H. Park, S. Kunito, H. Tamura, T. Kasahara, K., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • A new biomarker for skin rash in Japanese NSCLC patients treated with first line monotherapy of gefitinib., Sone, T., 西尾 和人, Kimura, H. Yoshimoto, A. Sekijima, M. Tamura, T. Kasahara, K., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • Molecular determinants for transfection efficiency of siRNA lipofection., Takeda, M., 西尾 和人, Arao, T. Kimura, H. Shimoyama, T. Hayama, N. Sakai, K. Park, S. Fukumoto, H. Fukuoka, K. Kimura, H., American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年04月, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • A phase Ⅱ study of gefitinib monotherapy for chemotherapy-na?ve patients with non-small cell lung cancer., Kasahara, K., 西尾 和人, Kimura, H. Yoshimoto, A. Sone, T. Shibata, K. Ishiura, Y. Kunitoh, H. Tamura, T. Fujimura, M. Nakao, S., American Society Clinical Oncology meeting.,   2005年05月, American Society Clinical Oncology meeting.
  • Gene expression analysis to identify the pharmacodynamic effects of docetaxel on the Rho signal pathway in human lung cancer patients., Shimoyama, T., 西尾 和人, Yamamoto, N. Hamano, T. Tamura, T., American Society Clinical Oncology meeting.,   2005年05月, American Society Clinical Oncology meeting.
  • Lung Cancer: From Bench to Clinic., 西尾 和人, Saijo, N., 24th International Congress of Chemotherapy.,   2005年06月, 24th International Congress of Chemotherapy.
  • 分子標的薬のトランスレーショナルリサーチ, 西尾 和人, 第27回王子クリニカルカンファレンス,   2005年07月, 第27回王子クリニカルカンファレンス
  • シグナル伝達系と薬剤感受性, 西尾 和人, 第20回日本肺癌学会ワークショップ,   2005年07月, 第20回日本肺癌学会ワークショップ
  • 固形癌に対する放射線治療と分子標的薬の併用, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 下山 達 坂井 和子 小泉 史明 福岡 和也, 第35回放射線による制癌シンポジウム,   2005年07月, 第35回放射線による制癌シンポジウム
  • GeneChipシステムを活用したバイオマーカモニタリング, 西尾 和人, Gene Chip FORUM 2005,   2005年08月, Gene Chip FORUM 2005
  • 国際的視野からみた癌治療(英語), 西尾 和人, 第4回抗がん剤に関する東京フォーラム,   2005年08月, 第4回抗がん剤に関する東京フォーラム
  • ゲフィチニブと新規チロシンキナーゼ阻害剤のNewバイオマーカー, 西尾 和人, 第70回最新医学セミナー,   2005年09月, 第70回最新医学セミナー
  • 消化器癌に対する分子標的薬の効果と展望- チロシンキナーゼ阻害剤, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 白鳥康史, 第47回日本消化器病学会大会 ,   2005年10月, 第47回日本消化器病学会大会 
  • ワークショップ12「肺癌の分子標的治療 個別化医療への道」座長, 西尾 和人, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
  • 肺癌治療に対する分子標的薬剤, 西尾 和人, 肺癌治療勉強会 ,   2005年11月, 肺癌治療勉強会 
  • ゲフィチニブなどTKIの薬効に関するバイオマーカー, 西尾 和人, ゲノム創薬フォーラム第8回シンポジウム,   2005年11月, ゲノム創薬フォーラム第8回シンポジウム
  • Molecular Factors Which Influence the Sensitivity to EGFR-TKI., 西尾 和人, 2nd ISC International Conference on Cancer Therapeutics.,   2005年11月, 2nd ISC International Conference on Cancer Therapeutics.
  • I dentification of prediction marker for drug response in gene expression analysis combined with the pharmacodynamic profile in breast cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy., Shimizu, C., 西尾 和人, Shimoyama, T. Takeda, M. Hasegawa, T. Ando, M. Katsumata, N. Kono, T. Fujiwara, Y., The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.,   2005年12月, The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.
  • Identification pharmacogenomic markers for predicting paclitaxel-related toxicity in breast cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy., Fujiwara, Y., 西尾 和人, Shimizu, C. Shimoyama, T. Takeda, M. Hasegawa, T. Ando, M. Katsumata, N. Kono, T., The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.,   2005年12月, The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.
  • Gene expression profile of ATP binding cassette (ABC) transporter in breast cancer patient in relation to the response to neoadjuvant chemotherapy., Park, S., 西尾 和人, Shimizu, C. Shimoyama, T. Takeda, M. Fukumoto, H.,, The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.,   2005年12月, The 28th Annual San Antonio Breast Cancer Symposium.
  • 抗EGF受容体モノクローナル抗体のヒト非小細胞肺癌株のシグナル伝達と増殖に与える影響, 前川麻里, 西尾 和人, 清水信義 伊藤文昭, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
  • EGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤によるヒト非小細胞肺癌株のアポトーシス誘導機構, 瀧野純一, 西尾 和人, 清水信義 伊藤文昭, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
  • A small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor increases the cellular sensitivity to ZD6474., 荒尾 徳三, 西尾 和人, Fukumoto H, Sakai K, Park S, Takeda M, Kimura H, Shimoyama T, Hayama N, Saijo N. , American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
    概要:Arao T, Fukumoto H, Sakai K, Park S, Takeda M, Kimura H, Shimoyama T, Hayama N, Saijo N, Nishio K. A small in-frame deletion in the epidermal growth factor receptor increases the cellular sensitivity to ZD6474. American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting. 2005.4.15-22. Anaheim California.
  • 消化器癌に対する分子標的薬の効果と展望- チロシンキナーゼ阻害剤, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 白鳥康史, 第47回日本消化器病学会大会 ,   2005年, 第47回日本消化器病学会大会 
  • ZD6474の感受性規程因子の一部は15塩基決失型EGFR遺伝子変異である, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎,坂井和子,パークサラ,武田真幸,木村英晴,下山達,田村友秀, 第64回日本癌学会学術総会 ,   2005年, 第64回日本癌学会学術総会 
  • 15塩基欠損型EGFR遺伝子変異はZD6474の感受性規定因子である, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎,坂井和子,Sarah Park,武田真幸,木村英晴,下山達,端山直樹, 第9回がん分子標的治療研究会総会 ,   2005年, 第9回がん分子標的治療研究会総会 
  • Molecular determinants for transfection efficiency of siRNA lipofection., Takeda M, Kimura H, Shimoyama T, Hayama N, Sakai K, Park S, Fukumoto H, Fukuoka K, Kimura H., 荒尾 徳三, 西尾 和人, , American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.,   2005年, American Association for Cancer Research 96th Annual Meeting.
  • 固形癌に対する放射線治療と分子標的薬の併用, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 下山達,坂井和子,小泉史明, 福岡和也, 第35回放射線による制癌シンポジウムー基礎と臨床との対話ー ,   2005年, 第35回放射線による制癌シンポジウムー基礎と臨床との対話ー 
  • ジーンデリバリーシステムにおける取り込み効率関連遺伝子の検討, 武田真幸,下山達,木村英晴,坂井和子,Park Sarah, 荒尾 徳三, 西尾 和人, , 第64回日本癌学会学術総会 ,   2005年, 第64回日本癌学会学術総会 
  • ケミカルプロテオミクスを基盤とする薬物標的分子の探索, 坂井和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 他 , 第1回臨床プロテオーム研究会 ,   2005年, 第1回臨床プロテオーム研究会 
  • 15塩基欠損型EGFRのシグナル伝達経路, 坂井和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎 下山達 田村友秀 西條長宏, 第9回がん分子標的治療研究会総会 ,   2005年, 第9回がん分子標的治療研究会総会 
  • ジーンデリバリーシステムにおけるsiRNA取り込み効率関連遺伝子の検討, 武田真幸, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福本久郎 木村英晴 坂井和子 Sarah Park 下山達 端山直樹 , 第9回がん分子標的治療研究会総会 ,   2005年, 第9回がん分子標的治療研究会総会 
  • EGFR Targeting in Various Malignancies., 西尾 和人, The 21st Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium.,   2006年02月, The 21st Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium.
  • EGFR targeting in various malignancies., 西尾 和人, The 21st Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Teratment Symposium,   2006年02月, The 21st Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Teratment Symposium
  • 胸水検体を用いたEGFR遺伝子変異検出の試み, 木村英晴, 西尾 和人, 藤原豊 河石真 田村友秀, 第4回日本臨床腫瘍学会総会,   2006年03月, 第4回日本臨床腫瘍学会総会
  • 新規HER2抗体Pertuzumabは非小細胞肺癌株のHER3シグナルを阻害する, 坂井和子, 西尾 和人, 横手秀行 田村友秀 西條長宏, 第4回日本臨床腫瘍学会総会,   2006年03月, 第4回日本臨床腫瘍学会総会
  • 薬剤耐性・感受性ディスカッサント, 西尾 和人, 第4回日本臨床腫瘍学会総会(ポスターディスカッションⅠ),   2006年03月, 第4回日本臨床腫瘍学会総会(ポスターディスカッションⅠ)
  • Surrogate Tissue Analysis., 西尾和人, Tsukuba Oncology Symposium,   2007年03月17日, 招待有り
  • Detection of epidermal growth factor receptor mutations in pleural effusion from non-small cell lung cancer patients., Kimura H, 西尾 和人, Fujiwara Y, Kawaishi M, Tamura T., American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting,   2006年04月, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting
  • Pertuzumab, a novel HER dimelization inhibitor, inhibits the growth of human lung cancer cells mediated by the HER3 signaling pathway., Sakai K, 横手 秀行, 西尾 和人, Tamura T, Saijo N., American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting,   2006年04月, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting
  • Growth-stimulatory effect of anti-EGF receptor antibody upon two non-small cell lung cancer cell lines., Ito F, 西尾 和人, Maegawa M., Shimizu N., 第20回IUBMB,   2006年06月, 第20回IUBMB
  • 分子標的薬開発の10年と将来展望について, 西尾 和人, 第10回がん分子標的治療研究会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会
  • 末梢血単核球を用いたVEGE/VEGFRシグナルの遺伝子発現解析, 下山達, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 西尾 和人, 山本昇 河石真 深井順也 加藤晃文 坂井和子 武田真幸 木村英晴 山田康秀 田村友秀, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 胃癌細胞の一部は幹細胞マーカー「CD133」を発現している, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 西尾 和人, 山田 康秀 河石 真 加藤 晃史 深井 順也 坂井 和子 武田 真幸 木村 英晴 下山 達 , 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 胸水中DNAを用いたEGFR遺伝子変異の検出, 木村 英晴, 西尾 和人, 曽根 崇 笠原 寿郎, 藤原 豊 田村 友秀, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 悪性グリオーマにおけるEphA4レセプターの発現と機能解析, 深井 順也, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 山中 龍也, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 核移行型PTENの遺伝子導入による殺細胞効果の増強, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 武田 真幸, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • 微小管作用薬TZT-1027の薬力学的作用遺伝子の同定, 加藤 晃史, 西尾 和人, 下山 達 , 夏目 紹隆, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • mutant EGFRにおけるgefitinib感受性分子機構の検討のgefitinib感受性増強機構-mutant EGFRの代謝分子機構の検討-, 大森 亨, 西尾 和人, 保坂 隆道 安藤 浩一 石田 博雄 白井 崇生 中嶌 賢尚 奥田 健太郎 廣瀬 敬 大西 司 堀地 直也 足立 満, 西條 長宏, 黒木 登志夫, 第10回がん分子標的研究会総会,   2006年06月, 第10回がん分子標的研究会総会
  • 分子標的薬剤の薬効評価とバイオマーカー, 西尾 和人, 第23回日本TDM学会・学術大会,   2006年07月, 第23回日本TDM学会・学術大会
  • Surrogate Tissue Analysis of EGFR mutation., 西尾 和人, 第1回肺癌分子病態研究会,   2006年07月, 第1回肺癌分子病態研究会
  • AZD217はK-sam/FGFR2を発現する胃癌に対し抗腫瘍効果を示す, 武田真幸, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 西尾 和人, 坂井和子 木村英晴 佐々木博巳 柳原五吉 田村友秀 西條長宏, 第10回がん分子標的治療研究会総会,   2006年07月, 第10回がん分子標的治療研究会総会
  • EGFR遺伝子変異解析 抗癌剤耐性・感受性, 西尾 和人,   2006年08月
  • 婦人科悪性腫瘍に対する分子標的治療法の開発と臨床応用, 西尾 和人, 第5回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会,   2006年08月, 第5回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会
  • 腫瘍生物学Ⅱ:分子標的とがん治療, 西尾 和人, 日本臨床腫瘍学会第7回教育セミナーAセッション,   2006年08月, 日本臨床腫瘍学会第7回教育セミナーAセッション
  • ファーマコゲノミクス研究-方法論の新たな展開-, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 山田康秀,下山達,田村友秀, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 分子標的治療薬におけるBiomarkaerの位置付けと重要性, 西尾 和人, 2nd Gastrointestinal Oncology Forum,   2006年09月, 2nd Gastrointestinal Oncology Forum
  • 日本における胃癌化学療法の将来展望, 瀧内比呂也, 西尾 和人, 兵頭一之, 市川度, 大津敦 笹子三津留, 2nd Gastrointestinal Oncology Forum (パネルディスカッション),   2006年09月, 2nd Gastrointestinal Oncology Forum (パネルディスカッション)
  • 分子情的薬のビーズアレイを用いたバイオマーカーモニタリング, 西尾 和人, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 遺伝子発現解析による薬剤感受性バイオマーカーから予後予測、治療への展望, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 山田康秀 齋藤大三 下田忠和, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 塩基欠損型EGF受容体の酵素学的解析, 坂井 和子, 横手 秀行, 西尾 和人, 田村 友秀 西條 長宏, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 悪性グリオーマーにおけるEphA4レセプターの発現と機能解析, 深井 順也, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, , 山中 龍也, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 卵巣癌におけるYB-1の核内移行機序と関連遺伝子群の発現, 馬崎 雄二, 西尾 和人, 小野 眞弓 細井 文仁 小田 義直 垣吉 正澄 桑野 信彦, フォトバティ アバス, 坂井 和子 下山 達, 河野 公俊 , 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • ヒト膵臓癌由来培養細胞株の樹立と生物学特性の解析, 柳原 五吉, 西尾 和人, 落合 淳志, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • Cap43/NDRG1によるヒト膵臓の間質応答修飾の分子機序, 細井 文仁, 西尾 和人, 丸山 祐一郎 小野 眞弓 馬崎 雄二 桑野 信彦, フォトバティ アバス 木下 壽文, 下山 達, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 抗EGF受容体抗体のヒト非小細胞肺がん株の増殖とシグナル伝達に与える影響, 伊藤 文昭, 西尾 和人, 前川 麻里, 清水 信義, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 非小細胞肺がん患の胸水中DNAを用いたEGFR遺伝子変異の検出, 木村 英晴, 西尾 和人, 曽根 崇 笠原 寿郎, 藤原 豊 田村 友秀, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • アテロコラーゲンsiRNA導入技術による薬剤耐性関連遺伝子の機能解析, 本間 紀美, 西尾 和人, 小泉 恭子 加藤 菊也, 竹下 文隆 落合 孝広, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 活性型EGFR変異体(L858R)特異的抗体の開発, 河石 真, 横手 秀行, 西尾 和人, 木村 英晴, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 核移行型PTENの遺伝子導入による殺細胞効果の増強, 横手 秀行, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 第65回日本癌学会学術総会,   2006年09月, 第65回日本癌学会学術総会
  • 臨床試験におけるバイオマーカーモニタリング, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 山田康秀,田村友秀, 第44回日本癌治療学会総会,   2006年10月, 第44回日本癌治療学会総会
  • がん分子標的薬のバイオマーカー探索, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 藤田 至彦, 横手 秀行, 松本和子, 前川麻里, 「オミックス医療が拓く未来2006」セミナー,   2006年10月, 「オミックス医療が拓く未来2006」セミナー
  • 腫瘍生物学の基礎と治療への応用, 西尾 和人, 第3回Sagamihara Lung Cancerセミナー,   2006年10月, 第3回Sagamihara Lung Cancerセミナー
  • チロシンキナーゼ阻害剤の副作用発症予測因子としての疫学的指標:人種差を説明しえるチロシンキナーゼ阻害剤のバイオマーカー, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 第12回日本薬剤疫学会学術総会,   2006年11月, 第12回日本薬剤疫学会学術総会
  • 分子標的治療薬の最近の知見, 西尾 和人, 第45回日本臨床細胞学会総会秋季大会学術総会,   2006年11月, 第45回日本臨床細胞学会総会秋季大会学術総会
  • 分子標的のバイオマーカー 人種差を説明しえるか?, 西尾 和人, 日本癌病態治療研究会秋季学術講演会,   2006年11月, 日本癌病態治療研究会秋季学術講演会
  • 抗癌剤のPK・PD 抗癌剤のファーマコゲノミクス, 西尾 和人, オンコロジーファーマシスト研究会,   2006年11月, オンコロジーファーマシスト研究会
  • Pharmacogenomic study for moleculer target therapy of cancer., 西尾 和人, 荒尾 徳三, The 36th Annual Meeting and International Conference of the Korean Society of Pharmaceutical Science,   2006年11月, The 36th Annual Meeting and International Conference of the Korean Society of Pharmaceutical Science
  • Pharmacogenomic study for molecular targeting therapy of cancer in Japan., 西尾 和人, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • がん臨床研修におけるバイオマーカーモニタリング, 西尾 和人, 第34回和歌山悪性腫瘍研究会,   2006年12月, 第34回和歌山悪性腫瘍研究会
  • EGFR遺伝子変異の臨床への応用-Surrogate Tissue Analysis-, 西尾 和人, 第47回日本肺癌学会総会,   2006年12月, 第47回日本肺癌学会総会
  • Expression or EphA4 receptor in human maliganant glioma and its functional role (1), Junya Fukai, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Toru Itakura, Ryuya Yamanaka, Fumiaki Koizumi, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Expression or EphA4 receptor in human malignant glioma and its functional role (2), Junya Fukai, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Toru Itakura, Ryuya Yamanaka, Fumiaki Koizumi, 第3階国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3階国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Direct interaction of EphA4 with FRS2α, a docking molecule of FEFR., 横手 秀行, 荒尾 徳三, 藤田 至彦, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, デベラスコ マルコ, 西尾 和人, Junya Fukai Makoto Kawaishi Tomoya Fukui Kazuko Sakai Terufumi Kato Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • The Y-box binding protein-1 (YB-1) may lind expression of HER2, P-Akt and estrogen receptor to clinicopathological characteristics in breast cancer., Teruhiko Fujii, 西尾 和人, Akihiko Kawahara Kazutaka Nakashima Masayoshi Kage Michihiko Kuwano, Yuji Basaki Kazuo Shirouzu Mayumi Ono, Tatsu Shimoyama , 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • A literature review of genes regulating the sensitivity of solid tumor cell lines to cytotoxic agents., Ikuo Sekine, 西尾 和人, Nagahiro Saijo Tomohide Tamura, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Detection of epidermal growth factor receptor mutations in serum of patients with non-small cell lung cancer., Hideharu Kimura, 西尾 和人, Kazuo Kasahara Takashi Sone Syunichi Tamori Tomoyuki Araya, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Effect of EGFR targeting siRNA in human cancer cells., 荒尾 徳三, 田中 薫, 松本 和子, 前川 麻里, 藤田 至彦, 横手 秀行, 西尾 和人, Tomoya Fukui Makoto Kawaishi Terufumi Kato Junya Fukai Kazuko Sakai Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • A small in-flame deletion in the growth factor receptor increases the cellular sensitivyty to ZD6474., Kaoru Tanaka, 荒尾 徳三, 藤田 至彦, 横手 秀行, 西尾 和人, Kazuko Matsumoto Mari Maegawa, Tomoya Fukui Makoto Kawaishi Terufumi Kato Junya Fukai Kazuko Sakai Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • In flame deletion in the EGF receptor alters kinase inhibition by fgefitinib., kazuko Sakai, 横手 秀行, 西尾 和人, Fumiaki Koizumi Tomohide Tamura Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Development and characterization of a recombinant anitibody against active EGFR mutant, L858R., 横手 秀行, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, デベラスコ マルコ, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Makoto Kawaishi Kazuko Sakai Junya Fukai Terufumi Kato Tomoya Fukui Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo,   2006年12月
  • Pertuzumab, a novel HER demerization inhibitor, inhibits the growth of human lung cancer cells medeated by the HER3 signaling pathway., Kazuko Sakai, 横手 秀行, 西尾 和人, Fumiaki Koizumi Tomohide Tamura Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • AZD2171 shows potent anti-tumor activity against gastric cancer expressing variant K-SAM/FGFR2., 荒尾 徳三, 田中 薫, 松本 和子, 前川 麻里, 藤田 至彦, 横手 秀行, 西尾 和人, Masayuki Takeda Makoto Kawaishi Tomoya Fukui Terufumi Kato Junya Fukai Kazuko Sakai Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo , 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • ZD6474 shows anti-tumor activity for gastric cancer., 田中 薫, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 藤田 至彦, 横手 秀行, 西尾 和人, Kazuyoshi Yanagihara Misato Takigahira Tomoya Fukui Makoto Kawaishi Terufumi Kato Junya Fukai Kazuko Sakai Fumiaki Koizumi Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • CD133/prominin-1 is expressed in gastric cancer., 松本 和子, 荒尾 徳三, 田中 薫, 前川 麻里, 藤田 至彦, 横手 秀行, 西尾 和人, Makoto Kawaishi Tomoya Fukui Terufumi Kato Junya Fukai Kazuko Sakai Fumiaki Koizumi Yasuhide Yamada Nagahiro Saijo, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回国際癌化学療法シンポジウム
  • Correlation between EGFR genes status and clinical outcome of gefitinib in patients with non-small-cell lung cancerl, Kazuo Kasahara, 西尾 和人, Takashi Sone Hideharu Kimufa Akihiro Yoshimoto Sunichi Tamoriq Yuichi Tanbo Masaki Fujimura Shinji Nakao, Tomohide Tamura , Masayuki Mizuguchi , 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回癌化学療法シンポジウム,   2006年12月, 第3回国際化学療法学会癌治療総会 第11回癌化学療法シンポジウム
  • Stem cell marker CD133/prominin-1 is expressed in gastric cancer., 荒尾 徳三, 西尾 和人, 横手 秀行, Yamada Y Taniguchi H Kawaishi M Kato T Fukai J Sakai K Takeda M Kimura H Shimoyama T , American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.,   2006年, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.
    概要:Arao T, Yamada Y, Taniguchi H, Kawaishi M, Kato T, Fukai J, Sakai K, Takeda M, Kimura H, Shimoyama T, Yokote H,  Nishio K. Stem cell marker CD133/prominin-1 is expressed in gastric cancer. American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting. 2006.4.1-5. Washington DC USA.
  • AZD2171 shows potent anti-tumor activity against gastric cancer expressing variant K-SAM/FGFR2., Takeda M, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 横手 秀行, Sakai K Yanagihara K Kimura H Sasaki H Tamura T Saijo N , American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.,   2006年, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.
  • Antibody-dependent cellular cytotoxicity of cetuximab against tumor cells with wild- and mutant-EGFR., Kimura H, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Sakai K Shimoyama T Kasahara K , American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.,   2006年, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.
  • EphA4 promotes cell proliferation and migration through a novel EphA4/FGFR1 signaling pathway in human glioma U251 cell line., Fukai J, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 横手 秀行, 他3名, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.,   2006年, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting.
  • 腫瘍生物学Ⅱ抗がん剤開発と分子生物学, 西尾 和人, 日本臨床腫瘍学会 第6回教育セミナーBセッション,   2006年, 日本臨床腫瘍学会 第6回教育セミナーBセッション
  • クリティカルパスリサーチの実際, 西尾 和人, 第3回Cancer Science Forum in Osaka,   2007年01月, 第3回Cancer Science Forum in Osaka
  • Biomarkers in clinical studies for target based drugs in Japan., 西尾 和人, 1st JCA-AACR Special Joint Conference.,   2007年03月, 1st JCA-AACR Special Joint Conference.
  • 分子標的治療のバイオマーカー研究, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 第5階日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月, 第5階日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 非小細胞肺癌に対する個別化治療の可能性, 西尾 和人, 第47回日本呼吸器学会学術講演会,   2007年04月, 第47回日本呼吸器学会学術講演会
  • Search for angiogenesis inhibitors from marine fungi., Yuu Ohkawa, 西尾 和人, Kiyotaka Koyama Toshihiro Suzuki Tadayasu Togawa , 第66回日本癌学会学術総会,   2007年04月, 第66回日本癌学会学術総会
  • バイオマーカー研究の現状と展望 基礎研究者からみたバイオマーカー研究, 西尾 和人, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 血管新生阻害剤のバイオマーカー研究, 小泉 史明, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 河石 真 福井 朋也 加藤 晃史 藤原 豊 軒原 浩 田村 友秀, 第11回がん分子標的治療研究会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会
  • ErbBファミリーによるSTAT活性の調整, 河石 真, 横手 秀行, 西尾 和人, 深井 順也 福井 朋也 加藤 晃史 小泉 史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 変異型EGFR(del A745-E750) とgefitinib感受性亢進機序に関する新しい知見, 前川 麻里, 横手 秀行, 松本 和子, 田中 薫, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小泉 史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 変異型上皮成長因子受容体発現悪性グリオーマ細胞株におけるセツキシマブの抗腫瘍効果の検討, 深井 順也, 横手 秀行, 西尾 和人, 小泉 史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 活性型EGFR変異体(L858R)特異的抗体の開発, 横手 秀行, 前川 麻里, 田中 薫, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 木村 英晴, 小泉 史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 骨髄腫細胞株における合成レチノイドTM-411(Tamibarotene)の抗腫瘍効果と糖質コルチコイド併用時の相乗効果の検討, 福井 朋也, 西尾 和人, 河石 真 深井 順也 加藤 晃史 小泉 史明, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 転移抑制遺伝子Cap43/NDRG1によるヒト膵臓の間質応答と血管新生の制御, 細井 文仁, 西尾 和人, 丸山 祐一郎 小野 眞弓 和泉 弘人 木下 壽文 桑野 信彦, 河野 公俊, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • 血清DNAを用いた上皮市長因子受容体遺伝子変異の検出, 木村 英晴, 西尾 和人, 笠原 寿郎, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • Trastuzumab投与患者における血清内糖鎖修飾酵素活性の検討, 松本 和子, 横手 秀行, 前川 麻里, 田中 薫, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小泉 史明 藤原 康弘, 第11回がん分子標的治療研究会総会,   2007年07月, 第11回がん分子標的治療研究会総会
  • Contribution of NDRG1/Cap43 to angiogenesis and macrophage infiltration in human pancreatic cancer cells., Fumihito Hosoi, 西尾 和人, Yuichiro Maruyama Kousuke Watari Yuji Basaki Fotobati Abbas Michihiko Kuwano Mayumi Ono, Hiroto Izumi Kimitoshi Kohno, 第66回日本癌学会が医術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会が医術総会
  • Microdissection and extraction of RNA from cancer and stromal tissues in epithelial ovarian cancer., Hiroshi Tsuda, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Sadako Nishimura Naoki Kawamura, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Phase I trial of vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SAHA) in Japanese pts with non-Hodgkin lymphoma (NHL)., Takashi Watanabe, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Yukio Kobayashi Satoshi Yamasaki Yuriko Morita-Hoshi Hiroki Yokoyama Harumi Kato Kensei Tobinai , Yasuo Morishima , 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • RPN2 gene congers docetaxel resistance in breast cancer., Kimi Honma, 西尾 和人, Fumitaka Takeshita Yusuke Yamamoto Teruhiko Yoshida Takahiro Ochiya, Kikuya Kato, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • The regulation of STAT activity by ErbB family members., Makoto Kawaishi, 横手 秀行, 西尾 和人, Junya Fukai Tomoya Fukui Terufumi Kato Fumiaki Koizumi, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Anti-tumor activity of cetuximab in malignant glioma cells overexpressing EGFR deletion mutant variant III., Junya Fukai, 横手 秀行, 西尾 和人, Yasuo Kodera Tomoya FUkui Makoto Kawaishi Terufumi Kato Fumiko Taguchi Fumiaki Koizumi, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Study of cisplatin resistant factor in arsenic-resistant cell lines., Michitaka Katsuno, 西尾 和人, Toshihiro Suzuki Tadayasu Togawa Hitoshi Sakuraba, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Inhibition of RPN2 restores drug sensibility in cisplatin-resisted lung cancer cell line., Masaki Kawamata, 西尾 和人, Yusuke Yamamoto Nachi Namatame Kimi Honma Fumitaka Takeshita Takahiro Ochiya, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling., Koichi Ando, 西尾 和人, Masanao Nakashima Toshimitsu Yamaoka Takashi Hirose Naoya Horichi TOmoko Kanome Tsuyoki Kadofuku Mitsuru Adachi Tohru Ohmori , Nagahiro Saijo , Toshio Kuroki, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • A novel signaling pathway of deletional mutant EGFR., 前川 麻里, 横手 秀行, 松本 和子, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, デベラスコ マルコ アントニオ, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Fumiaki Koizumi, Fumiaki Ito, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Regulation of EGFR activity through N-glycan fucosylation and effect on the sensitivity of EGFR-TK I., 松本 和子, 横手 秀行, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, デベラスコ マルコ アントニオ, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Synergistic interactions between the synthetic retinoid TM411(Tamibarotene) and Glucocorticoids in human myeloma cells., Tomoya Fukui, 西尾 和人, Fumiko Taguchi Terufumi Kato Makoto Kawaishi Jyunya Fukai Yasuo Kodera Teruhiko Yoshida Hiromi Sakamoto Takashi Watanabe Fumiaki Koizumi , Noriyuki Masuda, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Difference of EGFR-binding proteins between wild type EGFR and mutant EGFR., Tsuyoki Kadofuku, 西尾 和人, Tomoko Kanome Sojiro Kusumoto Koichi Ando Takamichi Hosaka Tohru Ohmori Mitsuru Adachi Hiroo Ishida Takashi Hirose Naoya Horichi , Nagahiro Saijo , Toshio Kuroki, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Drug accumulation and efflux do not contribute to acquired gefitinib resistance., Sojiro Kusumoto, 西尾 和人, Tomohide Sugiyama Masanao Nakashima Toshimitsu Yamaoka Takashi Hirose Tsukasa Ohnishi Naoya Horichi Mitsuru Adachi Tohru Ohmori , Nagahiro Saijo, Toshio Kuroki, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Insulin-induced resistance of non-small cell lung cancer to EGFR tyrosine kinase inhibitor., Fumiaki Ito, 西尾 和人, Kenji Takeuchi, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • Association of nuclear YB-1 localization with HER2, ER alpha and CXCR4 expression in human breast cancer., Yuuji Basaki, 西尾 和人, Mayumi Ono , Teruhiko Fujii Kenji Nakano Kazuo Shirouzu Hideaki Yamana Michihiko Kuwano , Kimitoshi Kohno, 第66回日本癌学会学術総会,   2007年10月, 第66回日本癌学会学術総会
  • 固形癌領域のバイオマーカー研究の動向, 西尾 和人, 第69回日本血液学会 第49回日本臨床血液学会 合同総会,   2007年10月, 第69回日本血液学会 第49回日本臨床血液学会 合同総会
  • 大腸がん治療におけるバイオマーカー研究, 西尾 和人, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • 分子標的薬剤とバイオマーカー, 西尾 和人, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
  • バイオマーカーによる前層別の行方, 西尾 和人, 第28回日本臨床薬理学会年会,   2007年11月, 第28回日本臨床薬理学会年会
  • バイオマーカーを利用したがん分子標的薬の臨床研究, 西尾 和人, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2008年03月, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Cells expressing EGFR lacking C-terminal are still hypersensitive to EGFR tyrosine kinase inhibitor., 前川 麻里, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 西尾 和人, Fumiaki Ito, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008
  • Synergistic interactions between the synthetic retinoid Tmibarotene (TM411) and Corticosteroids in human myeloma cells., Tomoya Fukui, 西尾 和人, Yasuo Kodera Fumiko Taguchi Terufumi Kato Takashi Watanabe Fumiaki Koizumi, Noriyuki Masuda, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008
  • Relationship between MET and EGFR expressions in acquired gefitinib-resistant non-small cell lung cancer., Kanome T, Kadofuku T, Inoue F, Ohba M, Yamaoka T, Ando K, Kusumoto S, Nakashima M, Hirose T, Horichi N, Nishio K, Saijo N, Adachi N, Kuroki T, Ohmori T., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Suppression of CD133 expression by siRNA modulated the ecpressio of the genes association with differentiation in cancer cells., 松本 和子, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 前川 麻里, 藤田 至彦, 西尾 和人, Yasuhide Yamada, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008
  • Bioplex-Angiopanelは大腸癌の進展・悪性度診断に有用である, 田中 薫, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 西尾 和人, 山田 康秀, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月, 第4回日本臨床プロテオーム研究会
  • 血漿糖鎖解析による膵臓癌の診断, 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 坂本 洋城, 北野 雅之, 西尾 和人, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月, 第4回日本臨床プロテオーム研究会
  • ゲフィチニブによる皮膚障害の発現を予測する因子としての血漿中サイトカイン測定の有用性, 木村 英晴, 西尾 和人, 笠原 寿郎, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月, 第4回日本臨床プロテオーム研究会
  • 血漿糖鎖解析によるトラスツズマブの効果予測, 松本 和子, 荒尾 徳三, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 西尾 和人, 小泉 史明 清水 千佳子 田村 研治 藤原 康弘, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月, 第4回日本臨床プロテオーム研究会
  • 非小細胞肺癌細胞株におけるシスプラチン耐性因子の探索, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 湯本 敦 兎川 忠靖 櫻庭 均, 第4回日本臨床プロテオーム研究会,   2008年05月, 第4回日本臨床プロテオーム研究会
  • Phase I dose escalation study and biomarker analysis of E7080 in patients with advanced solid tumors., Yamada K, Hirata T, Fujiwara Y, Nokihara H, Yamamoto N, Yamada Y, Koizumi F, Nishio K, Koyana N, Tamura T., 2008 ASCO 44th Annual Meeting ,   2008年05月30日
  • Aberrantly expressed Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia., 大磯 直毅, 中山 隆志, 稗島 州雄, 荒尾 徳三, 川原 繁, 西尾 和人, 義江 修, 川田 暁, International Investigative Dermatology,   2008年05月, International Investigative Dermatology
    概要:成人T細胞性白血病において、Fra-2の過剰発現がCCR4と細胞増殖を引き起こすことを報告した。
  • VEGFR2阻害剤に対する耐性株とCEC及びCEPの検討., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 田中 篤, 前川 麻里, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第12回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第12回がん分子標的治療研究会総会
  • Biomarkaers for redictive and prognostic factors., 西尾 和人, 横手 秀行, 荒尾 徳三, Junya Fukai , Ryuya Yamanaka, The 17th International Conference on Brain Tumor Research and Therapy,   2008年06月, The 17th International Conference on Brain Tumor Research and Therapy
  • がんのバイオマーカーとしてのY-ボックス結合蛋白-1(YB-1)の核内局在, 桑野 信彦, 西尾 和人, 馬崎 雄ニ 河原 明彦 鹿毛 政義 小野 眞弓, 和泉 弘人 河野 公俊 , 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • 15塩基欠失型EGFRに対するマイクロアレイ発現解析, 前川 麻里, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 田中 薫, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • 糖鎖解析によるTrastuzumab治療効果予測, 松本 和子, 荒尾 徳三, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 西尾 和人, 小泉 史明 清水 千佳子 田村 研治 藤原 康弘, 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • 乳癌におけるY-ボックス結合蛋白-1(YB-1)による増殖因子とホルモン受容体遺伝子の発現制御, 馬崎 雄ニ, 西尾 和人, 中嶋 一貴 河原 明彦 鹿毛 政義 小野 眞弓 桑野 信彦, 和泉 弘人 河野 公俊, 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • 新規連結分子ロタキサンの抗腫瘍活性, 藤田 至彦, ラジャシュリー パトラ, デベラスコ マルコ アントニオ, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 西尾 和人, 小野 信文, 高田 十志和, 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • ヒト膵臓のNDRG1/Cap43による血管新生の制御機序, 細井 文仁, 西尾 和人, 河原 明彦 木下 壽文 鹿毛 政義, 和泉 弘人 河野 公俊 , 中嶋 一貴 渡 公佑 桑野 信彦 小野 眞弓 , 第13回がん分子標的治療研究会総会,   2008年06月, 第13回がん分子標的治療研究会総会
  • Value of computed tomography for evaluating the injection site in., 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • Mass spectrometric analysis of plasma N-glycan in pancreas cancer., 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 松本 和子, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association,   2008年10月, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association
  • Inhibitation of phospho-tyrosine in VEGFR2+D45dim population as a biomaker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 松本 和子, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association,   2008年10月, The 67th Annual Meeting of the Japanese Cnacer Association
  • Inhibition of phospho-tyrosine in VEGFR2+CD45dim population as a biomarker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 松本 和子, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第67回日本癌学会学術総会,   2008年10月, 第67回日本癌学会学術総会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行関連分子の発現変化, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第113回日本眼科学会総会,   2009年04月, 第113回日本眼科学会総会
  • Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 for hepatocellular carcinoma and a new pharmacodynamic biomarker in blood samples., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 金田 裕靖, 前川 麻里, 松本 和子, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコ マルコ アントニオ, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 100th Annual Meeting 2009,   2009年04月, AACR 100th Annual Meeting 2009
  • Phase I Clinical and Biomarker Study of BIBF1120, 岡本 勇, 金田 裕靖, 佐藤 太郎, 岡本 渉, 寺嶋 応顕, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, K. Konishi R. Kaiser, 45th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology,   2009年06月, 45th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology
  • 血管新生阻害薬のバイオマーカー研究., 荒尾 徳三, 工藤 正俊, 西尾 和人, ワークショップ「肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元」第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, ワークショップ「肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元」第45回日本肝臓学会総会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 田中 薫, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人, 第13回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月, 第13回日本がん分子標的治療学会学術集会
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田村 大介, 青松 圭一, 金田 裕靖, 田中 薫, 前川 麻里, 松本 和子, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第13回日本がん分子標的治療学会,   2009年06月, 第13回日本がん分子標的治療学会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 阿部 考助, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 三島 弘, 下村 嘉一, 第14回眼創傷治癒研究会,   2009年08月, 第14回眼創傷治癒研究会
  • Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 for hepatocellular carcinoma and a new pharamacodynamic biomaker in blood samples., 工藤 正俊, 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 西尾 和人, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD),   2009年10月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD)
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 下村 嘉一, 西尾 和人, 第68回日本癌学会学術集会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術集会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行関連分子の発現変化, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第63回日本臨床眼科学会,   2009年10月, 第63回日本臨床眼科学会
  • MET遺伝子増幅を伴うゲフィチニブ獲得耐性非小細胞肺癌におけるSrc阻害剤の効果, 岡本 勇, 吉田 健史, 福岡 正博, 西尾 和人, 中川 和彦, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • 新規HER2抗体Pertuzumabは非小細胞肺癌株のHER3シグナルを阻害する, 坂井 和子, 荒尾 徳三, 松本 和子, 藤田 至彦, 西條 長宏, 西尾 和人, 国立がんセンター中央病院, 国立がんセンター中央病院, 日本癌学会,   2009年10月, 日本癌学会
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコマルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • Expression levels of EGFR-ligands are up-regulated in EGFR tyrosine kinase inhibitor-resistant cell line., 坂井 和子, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 青松 圭一, 藤田 至彦, 西尾 和人, 三菱化学メディエンス株式会社, 国立がん研究センター中央病院, AACR,   2010年04月, AACR
  • Use of nesr infrared fluorescence imaging to determine tumor burden in genetically engineered mice, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 西尾 和人, 愛知医科大学臨床試験センター, 中外製薬, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research,   2010年04月, 101th Annunal Meeting of the American for Cancer Research
  • TGF-βは転写因子SNAI1 SNAI2発現を介して角膜上皮細胞に上皮間葉移行を誘導する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 松本 和子, 金田 裕靖, 坂井 和子, 西尾 和人, 下村 嘉一, The Association for Research in Vision and Ophthalmology,   2010年05月, The Association for Research in Vision and Ophthalmology
    概要:上皮間葉移行(EMT, epithelial-mesenchymal transition)は胎生期の原腸形成や癌細胞の浸潤・転移において重要な現象である。培養ヒト角膜上皮細胞(HCEC)に対して、TGF-βにより誘導される細胞形質の変化とEMT関連分子の発現変化について検討を行った。  TGF-β刺激は、HCECに対して細胞増殖を有意に抑制し、アポトーシスを誘導した。また、濃度・時間依存的にリン酸化smad2 の亢進を認めた。Realtime RT-PCR法ではEMT関連分子の内、VIM, FN1, SNAI1, SNAI2の有意な発現上昇を認めた(p<0.05)。またHCEC は、EGF刺激による細胞形態変化は弱いのに対して、TGF-β刺激により一部の細胞が細胞形態的にEMT特徴的な変化を示した。以上の結果からヒト角膜上皮細胞においてTGF-βシグナル経路はEMT関連遺伝子の発現変化を制御し、EMTを誘導することを示した。
  • 分子標的薬によるがん幹細胞マーカーCD133の発現制御., 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 永井 知行, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会,   2010年06月, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会
  • Sorafenibは肝細胞がんの上皮間葉移行を阻害する., 永井 知行, 荒尾 徳三, 工藤 可苗, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会,   2010年06月, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 血清中HGFはEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の効果予測因子である, 坂井 和子, 荒尾 徳三, 木村 英晴, 松本 和子, 西條 長宏, 西尾 和人, 金沢大学医学部附属病院, 金沢大学医学部附属病院, 金沢大学医学部附属病院, 癌研究会有明病院・呼吸器内科, 癌研究会有明病院・呼吸器内科, 東京医科大学外科学第一講座, 東京医科大学外科学第一講座, 国立病院機構九州がんセンター・臨床研究部腫瘍統計学研究室, 分子標的治療学会,   2010年06月, 分子標的治療学会
  • 転写因子snail,slugは角膜上皮細胞においてEMTを誘導しTP63発現レベルを減少させる, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 坂井 和子, 木村 英晴, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人,   2010年09月
  • Sorafenib inhibits the hepatocyte growth factor-mediated epithelial mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma. ソラフェニブは肝細胞癌株において、HGF起因の上皮間葉移行(Epithelial mesenchymal transition)を阻害する., 永井 知行, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 木村 英晴, 藤田 至彦, 松本 和子, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • 血管内皮細胞における血管新生阻害剤薬剤耐性メカニズムの検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 西尾 和人, 下村 嘉一,   2010年11月
  • Serum concentrations of Angiogenesis-related molecules in Patients with Pancreatic Cancer., 木村 英晴, 坂本 洋城, 永井 知行, 工藤 可苗, 古田 一行, 荒尾 徳三, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 102th Annual Meeting 2011,   2011年04月, AACR 102th Annual Meeting 2011
  • Expression levels of EMT-related genes in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 102th Annual Meeting 2011,   2011年04月, AACR 102th Annual Meeting 2011
  • Sorafenib inhibits tumor development and growth in a transgenic mouse model of prostate cancer, 植村 天受, 畑中 祐二, 泉 あやか, 岡崎 絵莉奈, 土井 万貴子, 田中 基幹, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 102nd Auual Meeting AACR,   2011年04月, 102nd Auual Meeting AACR
  • ソラフェニブは肝細胞癌株のHGF誘導性上皮間葉移行を阻害する., 永井 知行, 荒尾 徳三, 古田 一行, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 青松 圭一, 田村 大介, 坂井 和子, 木村 英晴, 藤田 至彦, 松本 和子, 工藤 正俊, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本がん分子標的治療学会第15回学術集会,   2011年06月, 日本がん分子標的治療学会第15回学術集会
  • 膵臓癌の血漿中血管新生関連分子の検討., 木村 英晴, 荒尾 徳三, 松本 和子, 古田 一行, 工藤 可苗, 永井 知行, 坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本がん分子標的治療学会第15回学術集会,   2011年06月, 日本がん分子標的治療学会第15回学術集会
  • Impact of TJP-1 and TWIST expression on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2011年10月, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • Lumican expression prostate cancer, 植村 天受, デベラスコ マルコ アントニオ, 畑中 祐二, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 医学部泌尿器科学教室, 愛知医科大学, 第70回日本癌学会学術総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会学術総会
  • Use of prostate-specific PTEN conditional knockout mice in prostate cancer prevention and intervention research, 植村 天受, 田中 基幹, 小池 浩之, 山本 豊, 畑中 祐二, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, デベラスコ マルコ アントニオ, 愛知医科大学, 第70回日本癌学会総会,   2011年10月, 第70回日本癌学会総会
  • Prognostic impact of EMT-related genes on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 藤田 至彦, 林 秀敏, 木村 英晴, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 103rd Annual Meeting 2011,   2012年03月, AACR 103rd Annual Meeting 2011
  • 転写因子slug は角膜上皮細胞においてEMT を誘導し創傷治癒に関与する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 児玉 彩, 阿部 考助, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第116回日本眼科学会総会,   2012年04月, 第116回日本眼科学会総会
  • ソラフェニブの上皮間葉移行阻害効果, 永井 知行, 木村 英晴, 荒尾 徳三, 松本 和子, 藤田 至彦, 吉田 修平, 林 秀敏, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 転写因子slugは角膜組織においてEMTを誘導し創傷治癒に関与する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 阿部 考助, 三島 弘, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第16回 眼創傷治癒研究会,   2012年08月, 第16回 眼創傷治癒研究会
  • Surrogate Tissue Analysis., 西尾和人, Tsukuba Oncology Symposium,   2007年03月17日, 招待有り
  • Relationship between MET and EGFR expressions in acquired gefitinib-resistant non-small cell lung cancer., Kanome T, Kadofuku T, Inoue F, Ohba M, Yamaoka T, Ando K, Kusumoto S, Nakashima M, Hirose T, Horichi N, Nishio K, Saijo N, Adachi N, Kuroki T, Ohmori T., American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008,   2008年04月12日
  • Phase I dose escalation study and biomarker analysis of E7080 in patients with advanced solid tumors., Yamada K, Hirata T, Fujiwara Y, Nokihara H, Yamamoto N, Yamada Y, Koizumi F, Nishio K, Koyana N, Tamura T., 2008 ASCO 44th Annual Meeting ,   2008年05月30日

MISC

  • 【肺癌治療の進歩-最新の基礎と臨床研究状況-】 最新の基礎研究 肺癌のゲノム異常と遺伝子診断, 西尾 和人, 日本臨床, 75, 7, 1022, 1026,   2017年07月
  • がんゲノム医療の実装と遺伝性疾患の責任遺伝子探索・創薬から予防までのトータルケアー, 西尾 和人, 田村 和朗, 西郷 和真, 杉浦 麗子, 中山 隆志, 奥野 清隆, 菰池 佳史, 万代 昌紀, 竹村 司, 伊藤 彰彦, 大磯 直毅, 浮田 真沙世, 坂井 和子, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 38, 2, 35, 36,   2017年05月
  • 【肝胆膵外科診療の最前線】 肝細胞癌に対する分子標的治療とバイオマーカー, 西尾 和人, 消化器外科, 40, 6, 919, 923,   2017年05月
  • 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 沖 貴士, 杉本 公一, 畑中 祐二, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 10,   2017年04月
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるAutophagy阻害薬クロロキンの治療効果について, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 清水 信貴, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, PP16, 07,   2017年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスを用いたJak1/2阻害薬であるAZD1480による抗腫瘍効果および転移抑制についての検討, 倉 由吏恵, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 105回, OP42, 6,   2017年04月
  • NGS analysis of pulmonary large cell carcinoma(和訳中), 今岡 由紀, 有働 恵美子, 古里 文吾, 坂井 和子, 田中 伴典, 土谷 智史, 山崎 直哉, 永安 武, 西尾 和人, 福岡 順也, 日本病理学会会誌, 106, 1, 410, 410,   2017年03月
  • Discovering the driver mutations in ciliated muconodular papillary tumors of the Lung(和訳中), 有働 恵美子, 古里 文吾, 坂井 和子, 今岡 由紀, 田中 伴典, 土谷 智史, 山崎 直哉, 永安 武, 西尾 和人, 福岡 順也, 日本病理学会会誌, 106, 1, 410, 410,   2017年03月
  • 【今日から役立つ肝胆膵疾患の遺伝子診断学】 臨床応用中の遺伝子診断 遺伝子診断に基づく肝癌のソラフェニブ感受性予測, 西尾 和人, 坂井 和子, 肝・胆・膵, 74, 2, 163, 168,   2017年02月
  • 非小細胞肺がんにおける受容体型チロシンキナーゼ遺伝子変異の機能解析, 寺嶋 雅人, 冨樫 庸介, 佐藤 克明, 水内 寛, 坂井 和子, 須田 健一, 中村 雄, 坂野 恵里, 林 秀敏, デベラス・マルコ, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 近畿大学医学雑誌, 41, 3-4, 20A, 20A,   2016年12月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 吉田 健史, 岩朝 勤, 高濱 隆幸, 野長瀬 祥兼, 西尾 和人, 中川 和彦, 近畿大学医学雑誌, 41, 3-4, 19A, 19A,   2016年12月
  • Afatinib投与によって、原発巣にpathological CRが得られたEGFR遺伝子変異陽性(del.19)肺腺癌の1例, 岡田 あすか, 福岡 和也, 西尾 和人, 高橋 慶一, 片山 公実子, 小口 展生, 村上 伸介, 竹中 英昭, 長 澄人, 鈴木 啓史, 西村 元宏, 肺癌, 56, 6, 856, 856,   2016年11月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 吉田 健史, 岩朝 勤, 高濱 隆幸, 野長瀬 祥兼, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 56, 6, 637, 637,   2016年11月
  • 血漿遊離DNAからT790M遺伝子変異陽性の確認された患者に対する第三世代EGFRTKIを用いた第II相試験の計画, 高濱 隆幸, 坂井 和子, 山本 信之, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 56, 6, 555, 555,   2016年11月
  • アファチニブ獲得耐性機序としてのEGFR二次変異T790M、L792F、C797Sの特徴, 小林 祥久, 東 公一, 永井 宏樹, 金 永学, 冨樫 庸介, 瀬角 裕一, 西野 将矢, 西平 守道, 佐藤 克明, 千葉 眞人, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 肺癌, 56, 6, 532, 532,   2016年11月
  • 抗B7-H3抗体治療薬による抗PD-L1抗体への増感治療について, 米阪 仁雄, 前西 修, 廣谷 賢志, 金田 裕靖, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 56, 6, 530, 530,   2016年11月
  • 稀なEGFR遺伝子の耐性二次変異(L747S、D761Y、T854A)における各種EGFR-TKIの感受性, 千葉 眞人, 冨樫 庸介, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 肺癌, 56, 6, 514, 514,   2016年11月
  • EGFR-TKI耐性獲得後のT790M変異出現に対する影響因子の検討, 松尾 規和, 東 公一, 石井 秀宣, 時任 高章, 木下 隆, 山田 一彦, 坂井 和子, 西尾 和人, 星野 友昭, 肺癌, 56, 6, 509, 509,   2016年11月
  • Liquid Biopsy 効率的な遺伝子診断を目指して 肺癌手術患者に対するリキッドバイオプシーの有用性と限界, 大平 達夫, 坂井 和子, 前原 幸夫, 前田 純一, 吉田 浩一, 萩原 優, 垣花 昌俊, 岡野 哲也, 松林 純, 梶原 直央, 長尾 俊孝, 西尾 和人, 池田 徳彦, 肺癌, 56, 6, 435, 435,   2016年11月
  • Liquid Biopsy 効率的な遺伝子診断を目指して Liquid biopsyの臨床応用(Clinical Application of Liquid Biopsy), 西尾 和人, 肺癌, 56, 6, 434, 434,   2016年11月
  • いま、がんのクリニカルシークエンスがおもしろい!腫瘍由来循環DNAの超微量・超低頻度変異解析はがん診断を変えるか(第8回) cfDNAによる遺伝子変異検出の臨床応用へ向けたデジタルPCR技術, 坂井 和子, 西尾 和人, 実験医学, 34, 18, 3074, 3080,   2016年11月
  • 遺伝子改変と前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について, 森 康範, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 沖 貴士, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 3348,   2016年10月
  • 活性化EGFR発現低下とSFK/FAK活性化は肺癌におけるアファチニブ耐性に関与する, 村上 雄一, 渡 公佑, 東 公一, 河原 明彦, 桑野 信彦, 坂井 和子, 西尾 和人, 小野 眞弓, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 3263,   2016年10月
  • 腫瘍内クローン数定量化プログラムによる卵巣がんのクローン数と遺伝子変異の関連解析, 坂井 和子, 浮田 真沙世, 高矢 寿光, 藤田 至彦, 寺嶋 雅人, デベラスコ・マルコ, 万代 昌紀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 3191,   2016年10月
  • DDR2 E655K変異タンパク質はユビキチン-プロテアソーム系による分解を受け機能が喪失する, 寺嶋 雅人, 冨樫 庸介, 坂井 和子, 中村 雄, 坂野 恵里, デベラスコ・マルコ, 藤田 至彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 3047,   2016年10月
  • EGFR-TKI耐性ヒト非小細胞肺がんに対する新規IGFリガンド抗体BI836845とafatinibの併用効果, 大森 亨, 山岡 利光, 荒田 悟, 大場 基, 村田 泰規, 岸野 康成, 楠本 壮二郎, 廣瀬 敬, 大西 司, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 2349,   2016年10月
  • 頭頸部または食道扁平上皮癌に対するアファチニブの効果 頭頸部扁平上皮癌における活性型発癌性HER4遺伝子変異, 中村 雄, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, デベラスコ・マルコ, 坂井 和子, 藤田 至彦, 桶川 隆嗣, 濱田 傑, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 2296,   2016年10月
  • 原発不明癌の治療のための標的分子の探索, 藤田 至彦, 坂井 和子, 倉田 宝保, 寺嶋 雅人, 林 秀敏, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 75回, P, 2111,   2016年10月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 高濱 隆幸, 吉田 健史, 岩朝 勤, 光冨 徹哉, 伊藤 彰彦, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 75回, J, 1063,   2016年10月
  • PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるクロロキン経口による治療効果, 杉本 公一, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 森 康範, 畑中 祐二, 沖 貴士, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 3065,   2016年10月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるJAK1/2阻害による腫瘍増殖及び転移抑制効果の検討, 植村 天受, 倉 由吏恵, 森 康範, 畑中 祐二, 沖 貴士, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 2085,   2016年10月
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌において選択的スプライシングは頻繁に認められる, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 1073,   2016年10月
  • PTENノックアウトマウス前立腺癌におけるノンコーディングRNAの検討, 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 75回, E, 1029,   2016年10月
  • 固形がんにおけるコンパニオン診断及びモニタリングツールとしてのcfDNA, 西尾 和人, 坂井 和子, 日本癌学会総会記事, 75回, IS7, 2,   2016年10月
  • マルチ診断薬の臨床開発, 西尾 和人, がん分子標的治療, 14, 3, 334, 336,   2016年10月
    概要:次世代シーケンサー(NGS)などを用いたがんの体細胞遺伝子変異検査によるクリニカルシーケンスの実用化に向かって、体制が整えられている。マルチプレックス体細胞変異診断薬(マルチ診断薬)の臨床開発においても、臨床性能試験、臨床的意義を示す臨床研究が重要である。同時に、マルチ診断薬で解析される多数の遺伝子解析データから、適切に個々の患者の治療方針に寄与する情報を選択し、適切に医療現場に還元するには、エキスパートパネルにおいてmolecular oncologistが中心的な役割を果たす必要がある。(著者抄録)
  • 消化器癌におけるバイオマーカーの開発と応用 消化器癌に対する分子標的薬の効果予測マーカーの探索とクリニカルシーケンシング, 西尾 和人, 日本消化器病学会雑誌, 113, 臨増大会, A646, A646,   2016年09月
  • 消化器癌におけるバイオマーカーの開発と応用 消化器癌に対する分子標的薬の効果予測マーカーの探索とクリニカルシーケンシング, 西尾 和人, 日本消化器がん検診学会雑誌, 54, Suppl., 1032, 1032,   2016年09月
  • コンパニオン診断薬, 西尾 和人, 呼吸器内科, 30, 1, 70, 73,   2016年07月
  • 世代別(第1、2、3)EGFR-TKIの耐性化機構, 冨樫 庸介, 西尾 和人, がん分子標的治療, 14, 2, 237, 243,   2016年07月
    概要:上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子の活性型変異(exon 19欠失変異もしくはexon 21 L858R変異など)を有する非小細胞肺がん(NSCLC)ではEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)が著効する。しかしながら、大多数はいずれ耐性化してしまい、その機序としては2次変異としてゲートキーパー変異であるexon 20のT790M変異が50%程度関与する。そこで、T790M変異を有する場合でも阻害できる第2・3世代EGFR-TKIが開発されてきた。第2世代EGFR-TKIは、T790M変異を有する場合の臨床効果は限定的であるが、ほかのヒト上皮成長因子受容体(HER)ファミリーを阻害できる効果や稀な変異(exon 18変異、S768I変異、L861Q変異)への効果が期待されている。第3世代EGFR-TKIは、T790M変異を有する場合でも有効性が証明されているが、新たな耐性変異であるC797S変異がすでに報告されている。それぞれのEGFR-TKIの特徴を理解することで、より効果的な使い分け、すなわち「EGFR遺伝子変異肺がんの個別化医療」が可能となるであろう。(著者抄録)
  • 患者自身の疼痛改善への期待は、疼痛予後を改善する, 松岡 弘道, 牧村 ちひろ, 小山 敦子, 酒井 清裕, 和泉 宏昌, 大塚 正友, 藤田 至彦, 鶴谷 純司, 吉田 健史, 西尾 和人, 中川 和彦, Palliative Care Research, 11, Suppl., S355, S355,   2016年06月
  • がん疼痛とカルニチン欠乏症との関連性についての探索的研究, 酒井 清裕, 松岡 弘道, 大武 陽一, 牧村 ちひろ, 和泉 宏昌, 大塚 正友, 藤田 至彦, 鶴谷 純司, 西尾 和人, 中川 和彦, 小山 敦子, Palliative Care Research, 11, Suppl., S311, S311,   2016年06月
  • 去勢抵抗性前立腺癌におけるPim-1キナーゼ阻害薬AZD1208の治療効果, 杉本 公一, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 266,   2016年04月
  • 前立腺癌におけるAKT/PI3KおよびMAPK経路阻害による治療相互作用について, 山本 豊, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, PP3, 265,   2016年04月
  • 前立腺癌マウスモデルを用いたAKT阻害薬AZD5363の抗腫瘍効果の検討, 植村 天受, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 南 高文, 杉本 公一, 倉 由吏恵, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 104回, OP, 228,   2016年04月
  • 大腸粘液癌の分化度による臨床病理学的・分子生物学的な相違, 吉岡 康多, 冨樫 庸介, 筑後 孝章, 小北 晃弘, 寺嶋 雅人, 水上 拓郎, 坂井 和子, 所 忠男, 肥田 仁一, 西尾 和人, 奥野 清隆, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回, OP, 086,   2016年04月
  • がんのバイオマーカーと分子標的治療 肝癌外科術後再発進行症例に対するソラフェニブ投与奏効例のバイオマーカーFGF19検討, 海堀 昌樹, 坂井 和子, 石崎 守彦, 松井 康輔, 北出 浩章, 權 雅憲, 土師 誠二, 竹村 茂一, 塚本 忠司, 金沢 景繁, 武田 裕, 和田 浩志, 永野 浩昭, 久保 正二, 西尾 和人, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回, PD, 10,   2016年04月
  • わが国においても肺癌に対する包括的戦略を用いたPrecision Medicineを展開することは可能か? 肺癌診療におけるクリニカルシーケンス, 西尾 和人, 武田 真幸, 坂井 和子, 中川 和彦, 日本呼吸器学会誌, 5, 増刊, 18, 18,   2016年03月
  • 【肺癌診断・治療の最前線】 肺癌におけるクリニカルシーケンシング, 西尾 和人, 呼吸器内科, 29, 3, 185, 190,   2016年03月
  • マルチ診断薬による肺癌最適化医療に向けての取り組み, 西尾 和人, 肺癌, 56, 1, 48, 54,   2016年02月
    概要:背景・目的. 肺癌薬物療法において、遺伝子異常を特定し治療選択を行う最適化医療が進んでいる。たとえばALK融合遺伝子の検出などの診断キットは、ALK阻害剤の適否に必須であり、コンパニオン診断薬と呼ばれる。今後複数のドライバー遺伝子の検出を行う必要があり、マルチ診断技術を用いたクリニカルシーケンスの実施が重要である。我々は、クリニカルシーケンシングの実施可能性、臨床的有用性を検討した。近畿大学医学部およびゲノムセンターにおいて、次世代シーケンサーを用い、マルチ診断薬のプラットフォームを構築し、その非臨床性能試験の後、臨床的な実施可能性を探るため、同附属病院受診の患者のうち、同意を得た患者のホルマリン固定パラフィン包埋腫瘍薄切を用いて、抽出した核酸を用い、各種ターゲットリーシーケンスを実施、標的となり得るドライバー遺伝子が陽性の患者は適応となる分子標的薬治療を受けた。結果. クリニカルシーケンシングによりドライバー遺伝子陽性で、対応する分子標的薬の治療を受けた患者は、そうでない患者に比し生存率が良好であった。結論. 非小細胞肺癌患者において、ホルマリン固定パラフィン包埋腫瘍薄切を用いたクリニカルシーケンシングの有用性が示された。(著者抄録)
  • Liquid biopsyによる分子標的薬の治療感受性の予測, 西尾 和人, 坂井 和子, 血液内科, 72, 1, 155, 160,   2016年01月
  • 【婦人科がん治療の新機軸】 次世代シーケンサーを用いたコンパニオン診断、クリニカルシーケンシング, 西尾 和人, 産科と婦人科, 83, 1, 55, 61,   2016年01月
    概要:次世代シーケンサーの登場によりゲノム解析技術が格段に進歩し、がんの遺伝子異常を基に治療法の選択を行うクリニカルシーケンシングが開始されている。ホルマリン固定標本の微小生検サンプルや循環血液中腫瘍由来核酸を用いての遺伝子解析も可能となった。婦人科がんにおいても遺伝子プロフィールに基づく治療選択とともにクリニカルシーケンシングによるコンパニオン診断薬の開発が期待される。(著者抄録)
  • HCC fine-needle biopsyサンプルを対象としたDNAシーケンシングの実施可能性とソラフェニブ効果予測マーカーの探索, 坂井 和子, 竹田 治彦, 西島 規浩, 折戸 悦朗, 上甲 康二, 内田 靖, 泉 並木, 西尾 和人, 大崎 往夫, The Liver Cancer Journal, 7, 4, 302, 303,   2015年12月
  • リキッド・バイオプシー, 西尾 和人, 腫瘍内科, 16, 6, 608, 612,   2015年12月
  • アンドロゲン受容体に対する次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドを用いた前立腺癌治療, De Velasco Marco A., 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉川 和宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 3355,   2015年10月
  • 前立腺癌に対するオートファジー阻害薬CQと分子標的薬の併用療法について, 畑中 祐二, De Velasco Marco A., 倉 由吏恵, 山本 豊, 沖 貴士, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1341,   2015年10月
  • 前立腺癌におけるAkt/P13KおよびMAPK経路阻害の治療相乗効果について, 山本 豊, De Velasco Marco A., 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 沖 貴士, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 吉村 一宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1340,   2015年10月
  • 非小細胞肺がんにおけるDDR2変異の機能解析, 寺嶋 雅人, 冨樫 庸介, 坂井 和子, 佐藤 克明, 須田 健一, 水上 拓郎, 坂野 恵里, 中村 雄, De Velasco Marco, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 2223,   2015年10月
  • EGFR exon18変異肺癌の治療戦略 afatinibとneratinibに対する高感受性, 小林 祥久, 冨樫 庸介, 谷田部 恭, 水内 寛, 朴 将哲, 近藤 千晶, 須田 健一, 富沢 健二, 樋田 豊明, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1176,   2015年10月
  • miR-205発現制御におけるErbB3リン酸化の影響, 鈴木 俊宏, 永澤 生久子, 山岡 利光, 大森 亨, 西尾 和人, 小山 清隆, 小笠原 裕樹, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 1399,   2015年10月
  • PTEN欠損前立腺癌マウスモデルにおけるオートファジー阻害薬CQによる長期治療効果について, 杉本 公一, De Velasco Marco A., 倉 由吏恵, 山本 豊, 畑中 祐二, 沖 貴士, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 74回, P, 1039,   2015年10月
  • コンパニオン診断の問題点と展望 次世代シーケンサーのマルチ診断薬承認に向けての諸課題, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 74回, S6, 4,   2015年10月
  • 去勢抵抗性前立腺癌に対するPim-1キナーゼ阻害薬AZD1208の治療効果, 倉 由吏恵, De Velasco Marco A., 沖 貴士, 山本 豊, 畑中 祐二, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1100,   2015年10月
  • マウス前立腺癌モデルを用いたAKT阻害薬AZD5356の抗腫瘍効果, 植村 天受, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, De Velasco Marco A., 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1099,   2015年10月
  • EGFR遺伝子変異陽性進行肺腺癌に対するアファチニブ治療におけるバイオマーカー研究, 原田 大二郎, 岩間 映二, 坂井 和子, 東 公一, 野崎 要, 堀田 勝幸, 大柳 文義, 倉田 宝保, 赤松 弘朗, 後藤 功一, 福原 達朗, 中西 洋一, 西尾 和人, 岡本 勇, 肺癌, 55, 5, 582, 582,   2015年10月
  • 血中cfDNAを用いたEGFR遺伝子変異の検出とafatinibの臨床効果, 北園 聡, 坂井 和子, 高野 夏希, 川嶋 庸介, 小栗 知世, 丹保 裕一, 柳谷 典子, 堀池 篤, 大柳 文義, 宝来 威, 西尾 和人, 西尾 誠人, 肺癌, 55, 5, 581, 581,   2015年10月
  • EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対する血漿中cell free DNAを用いたT790M変異検出の臨床的有用性試験WJOG8014LTR, 高濱 隆幸, 坂井 和子, 東 公一, 樋田 豊明, 平野 勝也, 新実 彰男, 田中 洋史, 海老 規之, 澤 祥幸, 別所 昭宏, 立原 素子, 下川 元嗣, 中川 和彦, 中西 洋一, 西尾 和人, 肺癌, 55, 5, 468, 468,   2015年10月
  • EGFR exon18変異肺癌の頻度と各世代EGFR-TKIに対する奏効率の違い, 小林 祥久, 冨樫 庸介, 谷田部 恭, 水内 寛, 朴 将哲, 近藤 千晶, 下治 正樹, 佐藤 克明, 須田 健一, 富沢 健二, 武本 智樹, 樋田 豊明, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 肺癌, 55, 5, 454, 454,   2015年10月
  • Kinases and lung cacer 非小細胞肺癌における受容体チロシンキナーゼ遺伝子変異の探索と機能解析・問題点, 冨樫 庸介, 水内 寛, 林 秀敏, 小林 祥久, 中川 和彦, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 肺癌, 55, 5, 367, 367,   2015年10月
  • FGFR阻害薬のバイオマーカー, 水上 拓郎, 西尾 和人, がん分子標的治療, 13, 3, 371, 376,   2015年10月
    概要:線維芽細胞増殖因子(FGF)は、がんにおいて幹細胞性、増殖・浸潤、抗アポトーシス、血管新生や薬剤耐性に関与する。本稿では、FGF-FGF受容体(FGFR)シグナル伝達経路、FGFR阻害薬のゲノムバイオマーカーとなりうる遺伝子異常およびFGFR阻害薬の開発状況について、これまでの臨床試験の結果などをふまえて概説する。(著者抄録)
  • 病理業務におけるコンパニオン診断 CoDxの新しい潮流, 西尾 和人, 坂井 和子, 武田 真幸, 中川 和彦, 日本病理学会会誌, 104, 2, 41, 41,   2015年09月
  • がん治療に求められる基盤的知識 腫瘍生物学とがん治療, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 50, 2, 481, 484,   2015年09月
  • 肺癌における次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 谷崎 潤子, 武田 真幸, 清水 俊雄, 金田 裕靖, 田中 薫, 岩朝 勤, 吉田 健史, 高濱 隆幸, 中川 和彦, 坂井 和子, 西尾 和人, 肺癌, 55, 4, 311, 311,   2015年08月
  • KRAS遺伝子変異陽性肺癌の臨床的特徴, 林 秀敏, 武田 真幸, 金田 裕靖, 鶴谷 純司, 中川 和彦, 寺嶋 雅人, 坂井 和子, 西尾 和人, 肺癌, 55, 4, 311, 311,   2015年08月
  • 活性型ALK遺伝子変異を有するALK免疫染色陽性/FISH陰性のまれな肺腫瘍, 冨樫 庸介, 寺嶋 雅人, 坂井 和子, 林 秀敏, 西尾 和人, 水内 寛, 小林 祥久, 光冨 徹哉, 肺癌, 55, 4, 304, 304,   2015年08月
  • 【消化器癌の分子標的治療】 消化器がんのバイオマーカー, 西尾 和人, 細胞, 47, 9, 442, 445,   2015年08月
    概要:最適化医療に向かってバイオマーカーは消化器がん領域においても重要と考えられている。種々のバイオマーカーの探索研究がなされているが、臨床的有用性が示されたknown validバイオマーカーは少ない。しかし、抗EGFR抗体に対するRAS遺伝子検査など確実に進んでいる。一方、血中バイオマーカーなど連続値によるバイオマーカーの臨床応用には、カットオフ値の標準化などの課題が残されている。(著者抄録)
  • 【固形がんの分子標的薬-基礎研究から創薬・開発・臨床まで-】 がん分子標的治療の臨床 キナーゼ阻害剤とその耐性化機構, 冨樫 庸介, 西尾 和人, 日本臨床, 73, 8, 1323, 1329,   2015年08月
  • 【固形がんの分子標的薬-基礎研究から創薬・開発・臨床まで-】 がん分子標的治療の臨床 PI3K/mTORシグナル系と分子標的治療, 西尾 和人, 坂井 和子, 冨樫 庸介, 日本臨床, 73, 8, 1315, 1322,   2015年08月
  • EGFRキナーゼ阻害剤獲得耐性における分子異常のheterogeneityの検討とその克服, 須田 健一, 水内 寛, 村上 功, 坂井 和子, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, CR, 2,   2015年04月
  • 呼吸器 IASLC/ATS/ERS新国際分類に基づく肺腺癌組織亜型における遺伝子変異の探索的検討, 須田 健一, 佐藤 克明, 清水 重喜, 坂井 和子, 水内 寛, 富沢 健二, 武本 智樹, 岩崎 拓也, 阪口 全宏, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, OP, 199,   2015年04月
  • 呼吸器 AXL陽性肺腺癌の臨床的・病理学的・分子生物学的特徴と予後, 佐藤 克明, 須田 健一, 清水 重喜, 坂井 和子, 水内 寛, 小林 祥久, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 岩崎 拓也, 阪口 全宏, 西尾 和人, 光冨 徹也, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, OP, 199,   2015年04月
  • 肺腺がんにおける遺伝子異常とその病理形態学的特徴, 須田 健一, 佐藤 克明, 清水 重喜, 坂井 和子, 水内 寛, 小林 祥久, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 岩崎 拓也, 阪口 全宏, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本呼吸器外科学会雑誌, 29, 3, RO4, 7,   2015年04月
  • PTEN欠損前立腺癌発症マウスモデルによるcell lineの確立と特性, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 沖 貴士, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 山本 豊, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 710, 710,   2015年04月
  • 去勢抵抗性前立腺癌におけるPI3K-AktとARシグナル伝達経路をターゲットにした治療戦略について, 沖 貴士, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 小池 浩之, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 103回, 710, 710,   2015年04月
  • バイオマーカー探索におけるbioinformaticsの役割, 冨田 秀太, 坂井 和子, 西尾 和人, がん分子標的治療, 13, 1, 113, 118,   2015年04月
    概要:本邦でも急速に普及している次世代シーケンサー(NGS)は、一塩基置換や挿入・欠失といった塩基配列解析のみならず、エクソンレベルの発現解析やバリアントの有無、それらを統合したコピー数解析やリアレンジメントの解析、さらにはエピゲノム解析までを同一プラットフォームで解析することを可能としている。その網羅性・汎用性の高さから、バイオマーカー探索としての利用が進む一方で、蓄積されるデータをいかに解析するかというデータ解析系(ドライ)の問題が最重要課題として認識されつつある。本稿では、今後増加が予想されるNGSを用いたバイオマーカー探索におけるbioinformaticsの役割、特にネットワーク解析について概説する。(著者抄録)
  • 非小細胞肺癌 基礎研究 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 坂井 和子, 田中 薫, 吉田 健史, 岩朝 勤, 高濱 隆幸, 野長瀬 祥兼, 岡部 崇記, 林 秀敏, 岡本 邦男, 金田 裕靖, 清水 俊雄, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本呼吸器学会誌, 4, 増刊, 146, 146,   2015年03月
  • 用語解説 circulating DNA, 西尾 和人, Cancer Board of the Breast, 1, 1, 67, 67,   2015年03月
  • 卵巣がん 新規治療法の探索 Copy number assayによるsorafenibの卵巣癌への有効性の探索, 山上 亘, 片岡 史夫, 坂井 健良, 真壁 健, 二宮 委美, 和田 美智子, 野村 弘行, 進 伸幸, 津田 浩史, 西尾 和人, 田中 守, 青木 大輔, 日本産科婦人科学会雑誌, 67, 2, 499, 499,   2015年02月
  • がん疼痛治療におけるバイオマーカー探察, 松岡 弘道, 牧村 ちひろ, 大塚 正友, 酒井 清裕, 阪本 亮, 小山 敦子, 西尾 和人, 中川 和彦, 藤田 至彦, 鶴谷 純司, 日本内科学会雑誌, 104, Suppl., 237, 237,   2015年02月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 清水 俊雄, 金田 裕靖, 田中 薫, 岩朝 勤, 吉田 健史, 高濱 隆幸, 坂井 和子, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本内科学会雑誌, 104, Suppl., 236, 236,   2015年02月
  • 診断の進歩 シークエンス技術の発展と肺癌のdriver oncogene, 冨樫 庸介, 西尾 和人, Annual Review呼吸器, 2015, 133, 140,   2015年01月
    概要:肺癌は全癌の中で世界的に最も頻度の高い死亡原因である.従来進行肺癌は非常に予後不良であったが,driver oncogeneであるepidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子変異やanaplastic lymphoma kinase(ALK)融合遺伝子が発見され,それぞれEGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI),ALK阻害剤といった分子標的薬の登場により予後も改善しつつある.またシークエンス技術の発展,次世代シークエンサーが登場したことで,がんの全ゲノム解読が実現可能となり,これまで明らかにされていなかった新しいがん関連遺伝子の発見が急激な勢いで進んでいる.肺癌領域でもROS1,RET,NTRK1遺伝子といった新たなdriver oncogeneが治療標的分子として次々と発見され,今後はさらに治療標的に基づく個別化治療が進んでいくと考えられる.(著者抄録)
  • 【ゲノム解析に基づく新しい分子標的治療】 次世代型コンパニオン診断薬の創出を目指したゲノム解析, 冨田 秀太, 坂井 和子, 西尾 和人, がん分子標的治療, 12, 4, 382, 387,   2015年01月
    概要:今日、分子標的薬の開発において、コンパニオン診断薬の同時開発はきわめて重要な課題である。本稿では、(1)FFPEサンプルを対象とした網羅的かつ探索的ながん関連遺伝子変異解析、(2)極微量のサンプルを対象とした既知の遺伝子変異パネルの解析、(3)血液サンプルを対象とした遺伝子変異の(時系列)モニタリング解析に関して概説する。いずれも実用化(臨床応用)された、もしくは実用化間近の解析技術である。これらの解析技術を用いた最新の報告や論文と併せて、次世代型コンパニオン診断薬の創出を目指した最近の動向を概説する。(著者抄録)
  • コンパニオン診断は有用か? Multipleの診断薬の承認に向けて, 西尾 和人, 臨床病理, 62, 12, 1266, 1266,   2014年12月
  • 【個別化医療の新たな展開】 肺がんにおけるマルチプレックス診断薬開発, 西尾 和人, 細胞, 46, 14, 683, 686,   2014年12月
    概要:肺癌においては、EGFR遺伝子変異、ALK融合遺伝子等、ドライバー遺伝子の発見が相次ぎ、それらに対する分子標的薬が、既に承認されている。さらに稀なドライバー遺伝子変異産物とした分子標的薬の臨床試験がコンパニオン診断薬開発と同時に多数進行しており、個別化医療が本格化している。その中で、遺伝子検査の診断薬化は、必須となりつつあり、さらに、コスト、検体量、時間の軽減のためにマルチプレックス診断薬が求められている。我が国においても、マルチプレックス診断薬の開発に遅れを取らないよう勧めていかなくてはならない。(著者抄録)
  • 【コンパニオン診断の進展2014-2015-個別化医療を進めるために-】 個別化医療の実現に向けて 分子標的治療の実用化とコンパニオン診断, 西尾 和人, 坂井 和子, 富樫 庸介, 臨床病理レビュー, 153, 23, 27,   2014年11月
    概要:次世代シークエンサーを用いた遺伝子解析の臨床応用が進んでいる。全ゲノム、エクソーム解析により、新規標的分子が同定され、発見された標的分子に対する治療法の開発も行われている。一方、ターゲッテドシークエンシングの診断薬としての応用がすすめられている。本技術をマルチ診断薬として開発することは、がん治療、特に、分子標的薬のコンパニオン診断の実用化にとり重要であり、個別化医療に直結する。(著者抄録)
  • 【肺癌の分子標的治療 個別化薬物治療の新たな展開】 個別化薬物治療のための遺伝子診断を徹底理解! マルチプレックス遺伝子診断による肺癌薬物治療の新展開, 西尾 和人, 薬局, 65, 12, 2895, 2899,   2014年11月
    概要:<Key Points>体細胞変異、融合遺伝子を有する肺癌に対する分子標的治療が進められており、コンパニオン診断薬の開発が進んでいる。多数の遺伝子異常を一度に解析するマルチプレックス診断薬の開発が、時間的、経済的、検体量の関係から、必要であると考えられている。ガイドラインの策定など、承認に向けた取り組みも重要である。デスクトップ型の次世代シークエンサー技術によるamplicon sequencingはマルチプレックス診断薬の開発を可能にすると期待されている。クリニカルシークエンシングを用いて、がんの分子生物学的特徴を把握し、治療方針の決定に供することがわが国においても始まっている。(著者抄録)
  • 【新技術の呼吸器への応用を考える】 ゲノム解析技術と呼吸器, 冨樫 庸介, 西尾 和人, THE LUNG-perspectives, 22, 4, 401, 407,   2014年11月
    概要:ゲノム解析技術は「速く大量に」を目標に技術革新が進み、今日の次世代シークエンサー(NGS)が発展してきた。NGSの配列決定速度の向上は目覚ましく、低価格化も進み、さまざまな分野で革新的な成果を収めつつある。呼吸器分野においては、特に腫瘍分野で肺癌の新たな治療標的となりうる変異や融合遺伝子が次々に発見されている。呼吸器に関わる感染症分野、さらにはマイクロバイオームの分野でもその利用が進んでいる。また、クリニカルシークエンスというNGSの臨床現場への応用が始まりつつあり、今後は臨床現場での新たな検査のツールとなることが期待されている。(著者抄録)
  • 喫煙によるニコチン曝露はEGFR遺伝子変異陽性肺がんにおいてEGFR-TKIの耐性因子である, 林 秀敏, 冨樫 庸介, 岡本 邦男, 田中 妙, 文田 壮一, 新谷 亮多, 清川 寛文, 坂本 洋一, 寺嶋 雅人, de Velasco Marco A., 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 加藤 元一, 中川 和彦, 西尾 和人, 肺癌, 54, 5, 626, 626,   2014年10月
  • 低酸素はALK融合遺伝子を有するH3122肺癌細胞株のALK阻害剤に対する耐性化を誘導する, 冨樫 庸介, 林 秀敏, 寺嶋 雅人, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 中川 和彦, 西尾 和人, 肺癌, 54, 5, 470, 470,   2014年10月
  • 新規ALK阻害剤であるアレクチニブはMET阻害剤との併用で効果が高まる, 冨樫 庸介, 林 秀敏, 寺嶋 雅人, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 中川 和彦, 西尾 和人, 肺癌, 54, 5, 403, 403,   2014年10月
  • 原発性肺癌における受容体型チロシンキナーゼAxlの発現と病理組織学的因子の検討, 佐藤 克明, 清水 重喜, 須田 健一, 水内 寛, 小林 祥久, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 岩崎 拓也, 阪口 全宏, 坂井 和子, 冨田 秀太, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 肺癌, 54, 5, 389, 389,   2014年10月
  • 肺癌に於ける次世代シーケンサーを用いた変異解析に基づく分子標的薬適応決定, 武田 真幸, 清水 俊雄, 田中 薫, 吉田 健史, 岩朝 勤, 高濱 隆幸, 野長瀬 祥兼, 岡部 崇記, 林 秀敏, 岡本 邦男, 坂井 和子, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 54, 5, 364, 364,   2014年10月
  • EGFR-TKI耐性のEGFR変異陽性NSCLCを対象としたtivantinib(ARQ197)とエルロチニブ併用の第2相試験, 金田 裕靖, 東 公一, 平島 智徳, 山本 信之, 高橋 利明, 西尾 誠人, 平田 泰三, 久保田 馨, 笠原 寿郎, 樋田 豊明, 吉岡 弘鎮, 鈴木 康平, 秋永 士朗, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 中川 和彦, 肺癌, 54, 5, 353, 353,   2014年10月
  • 【次世代シークエンス(NGS)を含むゲノム解析技術の導入による新しい個別化治療の展開】 肺がんにおけるマルチプレックス診断薬開発, 西尾 和人, 坂井 和子, 腫瘍内科, 14, 4, 343, 347,   2014年10月
  • ゲフィチニブ耐性細胞におけるキナーゼシグナルとmiR-205の関係(The effect of kinase signaling for miR-205 regulation in gefitinib-resistant lung cancer cell lines), 鈴木 俊宏, 永澤 生久子, 山岡 利光, 大森 亨, 西尾 和人, 小山 清隆, 小笠原 裕樹, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3399,   2014年09月
  • MEK遺伝子変異を有する胃がんに対するMEK阻害剤の有効性(MEK inhibitor for gastric cancer with MEK1 gene mutations), 冨樫 庸介, 加藤 寛章, 林 秀敏, 寺嶋 雅人, デベラスコ・マルコ, 坂井 和子, 藤田 至彦, 冨田 秀太, 安田 卓司, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 2349,   2014年09月
  • ヒト前立腺癌におけるLumicanの発現についての検討(Expression of Lumican in Human Prostate Cancer), 沖 貴士, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 倉 由吏恵, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 1313,   2014年09月
  • HOXA10の発現異常が前立腺全摘出術後の再発を予測する可能性の検討(Aberrantly Expressed HOXA10 Could Possibly Predict Recurrence after Radical Prostatectomy), 畑中 祐二, マルコ・デベラスコ, 沖 貴士, 倉 由吏恵, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 1303,   2014年09月
  • PTEN欠損マウス前立腺がん由来細胞株の樹立(Establishment and characterization of cell lines derived from mouse PTEN-deficient prostate cancer), 吉川 和宏, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3172,   2014年09月
  • KIAA1199はグリコーゲンホスホリラーゼキナーゼβサブユニットと結合してグリコーゲンの分解さらには細胞生存を亢進する(KIAA1199 interacts with PHKB and promotes glycogen breakdown and cancer cell survival), 寺嶋 雅人, 藤田 至彦, 冨樫 庸介, 坂井 和子, 冨田 秀太, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 2211,   2014年09月
  • メラノサイトからメラノーマへの移行は、しばしばがん抑制因子であるサイトグロビンの発現低下を伴う(Cytoglobin, a putative tumor suppressor, is frequently lost in melanocyte during melanoma transition), 藤田 至彦, 鯉沼 聡, デベラスコ・マルコ, ボルツ・ヤン, 富樫 庸介, 寺嶋 雅人, 林 秀敏, 松尾 拓哉, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 3066,   2014年09月
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるPI3K/mTORシグナル阻害の効果(Dual targeting of the PI3K/mTOR and AR pathways in a mouse model of PTEN-deficient prostate cancer), 山本 豊, ベデラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 清水 信貴, 南 高文, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 2117,   2014年09月
  • 前立腺癌自然発生マウスモデルPTEN KOマウスより、PTEN/p53ダブルKOマウスを確立し、その有用性について報告する(Development of a Lethal Genetically Engineered Mouse Model of Prostate Cancer for Survival Studies and End-stage Cancer), 植村 天受, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本癌学会総会記事, 73回, P, 2023,   2014年09月
  • 去勢抵抗性前立腺癌においてアンドロゲン受容体およびmTORの抑制によって、抗腫瘍効果は増強する(Improved antitumor effects of androgen receptor and mTOR inhibition in castration resistant prostate cancer), 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, E, 3064,   2014年09月
  • EGFR-TKI獲得耐性の分子生物学的・病理学的進展 T790M変異と小細胞肺癌形質転換(Molecular and pathological evolution in acquisition of resistance to EGFR-TKI-T790M mutation and SCLC transformation), 須田 健一, 村上 功, 佐藤 克明, 冨田 秀太, 水内 寛, 坂井 和子, 清水 重喜, 富沢 健二, 武本 智樹, 阪口 全宏, 西尾 和人, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 日本癌学会総会記事, 73回, E, 1108,   2014年09月
  • 上皮間葉転換したEGFR-TKI耐性HCC4006におけるABCB1過剰発現は微小管作用薬の交差耐性を誘導する(ABCB1 overexpression in EGFR-TKI resistant HCC4006 cells with EMT feature causes cross-resistant to anti-tubulin agents), 水内 寛, 須田 健一, 冨田 秀太, 佐藤 克明, 小林 祥久, 下治 正樹, 富沢 健二, 武本 智樹, 岩崎 拓也, 阪口 全宏, 西尾 和人, 光冨 徹哉, 日本癌学会総会記事, 73回, E, 1107,   2014年09月
  • オートファジーと前立腺癌発生-進展に関する関係について、PTEN/Atg-7ダブルKO前立腺癌マウスを作製し、検討した(Autophagy in Prostate Tumorigenesis and Its Clinical Implications), デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 73回, J, 2002,   2014年09月
  • バイオマーカーとコンパニオン診断薬開発 肺癌における、次世代シーケンサーを用いた分子標的薬適応決定のための変異解析(Development of companion diagnosis Clinical applications of next generation sequencing on therapeutic decision-making in lung cancer), 武田 真幸, 坂井 和子, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 73回, S14, 5,   2014年09月
  • 次世代シークエンサーによるがんゲノム解析, 冨樫 庸介, 西尾 和人, 呼吸器内科, 26, 2, 141, 146,   2014年08月
  • 【個別化医療を拓く がんゲノム研究-解き明かされるがんの本質と分子診断・治療応用への展開】 (第2章)がん分子標的・個別化治療の最前線 個別化医療の実現に向けた臨床研究基盤 がんの個性に応じた診断を可能にするクリニカルシークエンシング, 西尾 和人, 坂井 和子, 実験医学, 32, 12, 1993, 1996,   2014年08月
    概要:がん分子標的薬による治療においては、バイオマーカーによる適応の可否を決定する個別化医療が進んでおり、分子標的薬の適応を決める診断薬はコンパニオン診断薬とよばれる。現在は、臨床検体の量が限られていることや時間・費用の面から、複数の遺伝子異常を一度に検出するマルチプレックス診断薬の開発が望まれており、次世代シークエンサーを用いた診断薬開発が国内外で精力的に進められている。シークエンス技術の臨床での応用、すなわちクリニカルシークエンスの実用化に向けて直面する問題の解決の先には、個々のゲノムに応じた個別化医療がみえてくる。クリニカルシークエンシングにおけるプレスクリーニングシステムは、治験の効率化などの面から開発が重要であり、わが国においても取り組みが進められている。(著者抄録)
  • 日本におけるTR推進体制の整備について, 西尾 和人, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 22回, 233, 233,   2014年07月
  • 日本における早期探索臨床試験の推進について 海外ベンチャー製薬企業主導型新薬第I相試験実施に関する新しいシステム構築, 清水 俊雄, 曾田 秀巳, 橋井 千晶, 西尾 和人, 野村 守弘, 森田 哲也, 小林 和子, 大西 理都子, 良谷 佳美, 中川 和彦, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 22回, 233, 233,   2014年07月
  • 検査UPDATE リキッド・バイオプシー 血中遊離DNAを中心に, 西尾 和人, SRL宝函, 35, 2, 4, 11,   2014年07月
    概要:血中遊離DNA(cell-freeDNA:cfDNA)は、癌の遺伝子異常を検出する手段として、非侵襲的でありモニタリング可能な方法として注目されている。特に分子標的薬に対して耐性となった場合に、cfDNAでモニタリングすることにより、耐性克服を目指すアプローチが進められている。最近では次世代シーケンサー、デジタルPCRなどの高感度、マルチプレックスのアッセイ系がcfDNA解析に導入され、臨床試験が進んでいる。cfDNAは腫瘍組織のサロゲートとしての位置づけから、cfDNA解析からもたらされる情報が、腫瘍組織の解析のみでは得られない臨床的意義を有すると考えられるようになっている。(著者抄録)
  • バイオマーカー研究の最前線 循環腫瘍ゲノムの同定と臨床応用, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 49, 2, 433, 434,   2014年06月
  • 新規モータープロテイン阻害剤のドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における増殖抑制効果の検討, 洪 泰浩, 西尾 和人, 中川 和彦, 近畿大学医学雑誌, 39, 1-2, 27, 37,   2014年06月
    概要:ドセタキセルは進行非小細胞肺がん治療におけるキードラッグのひとつであり、白金製剤との併用もしくは単剤にて用いられている。しかしながら、薬剤耐性の獲得は必至であり、ドセタキセル耐性非小細胞肺がんに対する有効な薬剤の開発が必要である。我々は、細胞分裂時の紡錘体形成において重要な役割を担うモータープロテインの一つであるEg5を標的とした、新規S-trityl-L-cystein誘導体Compound3の、ドセタキセル耐性非小細胞肺がんにおける有効性について基礎的検討を行った。MTTアッセイによりその細胞増殖抑制効果が、非小細胞肺がん細胞株である、PC-14細胞およびドセタキセル耐性PC-14/TXT細胞において同等であることを確認した。また、その作用機序は、G2/M期における細胞周期の停止およびアポトーシスの誘導であることが示唆された。Eg5阻害剤処理時に観察される典型的なmonoastral spindle formationの誘導についても免疫染色にて、耐性細胞において親株と同様に観察された。アポトーシスの誘導について、耐性株において親株と同等であることをウェスタンブロット及びAPO-BRDUアッセイにより確認した。新規Eg5阻害剤であるCompound3はドセタキセル耐性非小細胞肺がんにおいて有効であることが示唆された。(著者抄録)
  • 胃がんに対する分子標的薬開発の成否からの教訓, 朴 成和, 清水 俊雄, 西尾 和人, 設楽 紘平, がん分子標的治療, 12, 2, 166, 174,   2014年06月
    概要:胃がんに対する分子標的薬はこれまでに数多く開発されてきたが、有効性が示されたのは抗HER2抗体薬のトラスツズマブ(ToGA試験)、抗VEGFR2抗体薬のramucirumab(RAINBOW試験とREGARD試験)のみである。一方、トラスツズマブと同様にHER2を標的とするラパチニブの有効性を検討したTRIO-013/LOGiC試験はネガティブな結果となり、抗VEGF抗体薬ベバシズマブの効果を検討したAVAGAST試験でも有効性は示されなかった。臨床試験の成否を分けた要因として、トラスツズマブは抗体薬だが、ラパチニブは小分子化合物である点、あるいはramucirumabはレセプター、ベバシズマブはリガンドを標的としている点、さらに試験の治療ラインや登録患者の地域、化学療法の投与期間、組織型の違いなどが考えられている。それらの違いをふまえ、heterogeneityが高く、oncogene addictionが少ない胃がんに対する分子標的薬の開発は、標的による個別化が必要であると同時に、複数の標的を抑えるための併用療法も検討していくべきである。その際、毒性をどうコントロールしていくかが重要であり、投与量だけでなく、投与スケジュールという点から毒性の管理を考える必要がある。(著者抄録)
  • 前立腺癌におけるLumicanの発現についての検討, 沖 貴士, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 倉 由吏恵, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 江左 篤宣, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 666, 666,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常についての検討, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 山本 豊, 沖 貴士, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 662, 662,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるオートファジーの生物学的意義, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • 前立腺癌マウスモデルにおけるがん抑制遺伝子PTENおよびp53の相互作用の検討, 植村 天受, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • 前立腺癌におけるSTAT3転写活性抑制効果の検討, 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 566, 566,   2014年04月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルにおけるMEK阻害剤の抗腫瘍効果の検討, 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 清水 信貴, 野沢 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会総会, 102回, 514, 514,   2014年04月
  • 免疫チェックポイント阻害療法のバイオマーカー, 冨樫 庸介, 西尾 和人, がん分子標的治療, 12, 1, 76, 79,   2014年04月
    概要:T細胞における免疫チェックポイント分子は、自己に対する免疫反応を調整する重要なメカニズムである。腫瘍組織がこのメカニズムを利用することで、免疫監視機構から逃避している特性が明らかになってきた。そのような分子を標的とした治療法が免疫チェックポイント阻害療法であるが、特に近年CTLA-4分子やPD-1分子に対する抗体治療の有効性が報告されている。これらの治療は過剰な免疫反応による有害事象を高頻度で誘発する一方で、長期生存する症例も報告されているため、そのような患者を選択するためのバイオマーカーが求められている。(著者抄録)
  • エストロゲン受容体関連遺伝子発現に基づいてHER2陽性乳癌に対して化学療法個別化治療を目指す基盤構築, 谷岡 真樹, 坂井 和子, 須藤 保, 佐久間 淑子, 根来 俊一, 広利 浩一, 高尾 信太郎, 南 博信, 中川 和彦, 西尾 和人, 大和証券ヘルス財団研究業績集, 37, 119, 126,   2014年03月
  • 【常在細菌叢が操るヒトの健康と疾患】 (第2章)健康を制御する常在細菌叢の新たなバイオロジー 皮膚細菌叢のバイオロジー, 冨田 秀太, 西尾 和人, Li Huiying, 実験医学, 32, 5, 739, 743,   2014年03月
    概要:体の表面を覆っている皮膚は最大の臓器であり、頭皮から足の裏まできわめて多様で特徴的な組織を有している。その結果、皮膚の細菌叢(スキンマイクロバイオーム)もそれぞれのニッチに適合した、きわめてユニークなコミュニティーを形成していることが、近年のシーケンス技術の飛躍とともに明らかとなってきた。さらに、皮膚の細菌叢とホスト(宿主)間の相互作用メカニズムが徐々に解明され始めており、今後の展開と新しいメカニズムに基づく治療の可能性が注目を集めている。(著者抄録)
  • 【消化器疾患の病態生理】 低用量アスピリン内服患者における小腸出血と遺伝子多型の検討, 塩谷 昭子, 村尾 高久, 藤田 穣, 藤村 宜憲, 榊原 敬, 藤田 至彦, 西尾 和人, 春間 賢, Progress in Medicine, 34, 3, 416, 419,   2014年03月
    概要:低用量アスピリン内服患者における小腸出血と遺伝子多型について検討した。消化管内視鏡を予定している低用量アスピリン内服患者、および内服中に消化管出血をきたした患者で、小腸出血37例(網羅酌遺伝子多型解析17例を含む)と対照群400例(網羅的遺伝子多型解析18例を含む)を対象とした。臨床背景の比較では、喫煙者が小腸出血群で有意に多かった。併用薬剤の検討では、小腸出血群でワルファリン内服およびNSAIDs内服で有意に多かったが、PPI内服率は両群で差を認めなかった。DMET解析により、小腸出血と関連性を認めた23遺伝子27SNPsを検出した。437例に対する特定された遺伝子多型解析の結果、4遺伝子5SNPsが小腸出血と有意に関連した。多変量解析で、喫煙、心臓以外の動脈硬化性疾患、ワルファリン併用、CYP2D6-2178 rs28360521GGホモは有意に小腸出血と関連した。
  • 【肝胆膵腫瘍のバイオインフォマティクス】 診断・治療におけるバイオマーカーと治療標的分子 難治性腫瘍の早期診断マーカー 肝腫瘍の分子標的治療とバイオマーカー, 小寺 康夫, 西尾 和人, 肝・胆・膵, 68, 3, 415, 419,   2014年03月
  • 【最新がん薬物療法学-がん薬物療法の最新知見-】 個別化治療のためのバイオマーカー, 冨樫 庸介, 西尾 和人, 日本臨床, 72, 増刊2 最新がん薬物療法学, 697, 700,   2014年02月
  • 診断の進歩 次世代シーケンスと肺癌治療, 坂井 和子, 西尾 和人, Annual Review呼吸器, 2014, 134, 137,   2014年01月
    概要:近年の次世代シーケンサー技術の進歩は,ゲノム配列の解読速度と取得データ量の飛躍的な発展をもたらした.さらに,汎用型のベンチトップマシンの登場により臨床現場でのクリニカルシーケンスが可能となりつつある.肺癌分野においては,多くのdriver mutationが見つかっており,対応する分子標的薬の開発も進んでいるため,次世代シーケンサーを用いてのクリニカルシーケンス導入によるメリットが大きいと考えられる.このような状況下において,次世代シーケンサーによるマルチプレックス診断は,これまでの診断手法を大きく変える可能性を秘めており,本稿では,次世代シーケンスを用いたクリニカルシーケンスの試みについて概説したい.(著者抄録)
  • 【血管新生阻害薬の展開】 トランスレーショナル研究 血管新生阻害薬のバイオマーカー, 寺嶋 雅人, 西尾 和人, 最新医学, 68, 12, 2647, 2652,   2013年12月
    概要:腫瘍血管の新生を妨げて腫瘍の増殖や転移を抑制し抗腫瘍効果を示す血管新生阻害薬は,臨床での有用性が多く報告されているが,バイオマーカー研究により患者の絞り込みが可能となれば,その治療効果がより明確にされると期待される.ベバシズマブの臨床試験ではshort VEGF-A,VEGFR-1,NRP-1の値と治療効果の関連性が認められ,2012年から初めての前向き臨床試験として,short VEGF-A値で層別化を行うMERiDiAN試験が実施されている.(著者抄録)
  • 【プロメテウス 婦人科がん最新医療】 がん治療におけるバイオマーカー, 小寺 康夫, 西尾 和人, 産婦人科の実際, 62, 12, 1597, 1601,   2013年11月
  • 【最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肺癌の新規診断・治療を目指した基礎研究 肺癌のTRとバイオバンクの活用, 坂井 和子, 西尾 和人, 日本臨床, 71, 増刊6 最新肺癌学, 221, 224,   2013年11月
  • 【最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肺癌の分子生物学と発癌機序 発癌の分子機序 上皮成長因子受容体遺伝子異常と肺発癌, 藤田 至彦, 西尾 和人, 日本臨床, 71, 増刊6 最新肺癌学, 135, 139,   2013年11月
  • 【がんの分子標的治療:進歩と課題】 肺がんにおけるBRAF変異の重要性, 坂井 和子, 西尾 和人, Pharma Medica, 31, 11, 15, 18,   2013年11月
  • NGSによる極微量検体を用いたmultiplex mutation analysisの最適化(Optimization of multiplex mutation analysis based on minimum amount of lung cancer specimen), 冨田 秀太, 坂井 和子, 藤田 至彦, 寺嶋 雅人, 富樫 庸介, デベラスコ・マルコ, 光冨 徹哉, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 72回, 458, 458,   2013年10月
  • 肝癌外科術後の再発進行症例に対するソラフェニブ投与奏効症例の多施設共同検討(A multicenter study of Sorafenib responders in patients with postoperative advanced/recurrent hepatocellular carcinoma), 海堀 昌樹, 永野 浩昭, 久保 正二, 塚本 忠司, 武田 裕, 土師 誠二, 吉川 健治, 金沢 景繁, 和田 浩志, 北出 浩章, 權 雅憲, 坂井 和子, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 72回, 446, 446,   2013年10月
  • キノコ由来テルフェニル化合物の血管新生阻害活性に関する評価(The potentials of antiangiogenesis effects about p-terphenyl compounds from mushroom), 永澤 生久子, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 小山 清隆, 日本癌学会総会記事, 72回, 315, 315,   2013年10月
  • 前立腺癌におけるHOXA10の発現異常について(HOXA10 is aberrantly expressed in prostate cancer), 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 清水 信貴, 山本 豊, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 72回, 308, 308,   2013年10月
  • 前立腺癌のPTEN・P53ダブルノックアウトによる相乗効果(Synchronous inactivation of PTEN and P53 accelerates prostate cancer), 植村 天受, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本癌学会総会記事, 72回, 232, 232,   2013年10月
  • オートファジーと前立腺癌(Autophagy and prostate cancer), デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 72回, 227, 227,   2013年10月
  • STAT3転写活性の抑制による前立腺癌治療(Targeting Prostate Cancer Through Inhibition of STAT3 Transcriptional Activation), 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 吉村 一宏, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 72回, 197, 197,   2013年10月
  • PTENノックアウト前立腺癌マウスにおけるMAPKシグナル抑制と抗腫瘍効果(Tumor responses to MAPK signal inhibition in a preclinical model of PTEN deficient prostate cancer), 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 安藤 直美, 福島 恵美子, 畑中 祐二, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 72回, 197, 197,   2013年10月
  • マルチ診断による肺癌の最適化治療へ向けたアプローチ(Personalized medicine of lung cancer patients by multiple diagnosis technologies), 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 72回, 23, 23,   2013年10月
  • コンパニオン診断の現状と今後の課題, 畑中 豊, 西尾 和人, 松野 吉宏, 日本臨床細胞学会雑誌, 52, Suppl.2, 451, 451,   2013年10月
  • 非小細胞肺癌術後化学療法におけるTS1vsCDDP+TS1の無作為化第2相臨床試験(WJOG4107)のバイオマーカー研究, 内野 和哉, 岩本 康男, 西尾 和人, 山中 竹春, 光冨 徹哉, 吉岡 弘鎮, 多田 弘人, 吉村 雅裕, 中川 和彦, 中西 洋一, 肺癌, 53, 5, 455, 455,   2013年10月
  • 若手肺癌医の教育(知識・技術向上のために知っておくべきこと) 日本版「Methods in Clinical Cancer Research」 虎の穴による若手肺癌研究医の教育, 澤 祥幸, 中西 洋一, 坂 英雄, 山本 信之, 里内 美弥子, 倉田 宝保, 瀬戸 貴司, 坪井 正博, 浦田 佳子, 宿谷 威仁, 山中 竹春, 光冨 徹哉, 西村 恭昌, 西尾 和人, 高田 實, 中村 慎一郎, 中川 和彦, 西條 長宏, 福岡 正博, 西日本がん研究機構虎の穴委員会, 肺癌, 53, 5, 399, 399,   2013年10月
  • 肺癌生物像に基づいた、新しい肺癌治療の戦略 EGFR遺伝子変異を有する肺癌においてβカテニンを阻害することでEGFR-TKIの効果が増強する, 冨樫 庸介, 林 秀敏, 寺嶋 雅人, 藤田 至彦, 坂井 和子, 冨田 秀太, 中川 和彦, 西尾 和人, 肺癌, 53, 5, 397, 397,   2013年10月
  • cIII期N2非小細胞肺癌の診断と治療戦略 EGFR遺伝子変異もしくはALK転座陽性、局所進行非小細胞肺癌における放射線治療の治療成績, 林 秀敏, 岡本 勇, 木村 英晴, 西村 恭昌, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 53, 5, 388, 388,   2013年10月
  • 【乳がん】 研究編 乳がんのバイオマーカー, 冨樫 庸介, 西尾 和人, クリニシアン, 60, 10, 889, 894,   2013年10月
  • 皮膚のマイクロバイオーム研究最前線, 冨田 秀太, 西尾 和人, Huiying Li, 実験医学, 31, 15, 215, 220,   2013年09月
    概要:体の表面を覆っている皮膚は適切な細菌との相互作用を利用する事により、そのバリアとしての機能を維持している器官である。サンプルから直接ゲノムDNAを抽出するメタゲノム解析手法と近年の塩基配列解析技術の著しい向上があいまって、皮膚の細菌叢(スキンマイクロバイオーム)の解明とその機能解析が可能となりつつある。本稿ではアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health;NIH)によるHuman Microbiome Project (HMP)に参加した筆者らの体験を踏まえて、最新のスキンマイクロバイオームの研究を中心に、その現状と今後の展開を紹介する。
  • 非小細胞肺癌術後化学療法(TS-1 vs CDDP+TS-1:WJOG4107)のバイオマーカー解析結果, 高橋 利明, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 岩本 康男, 山中 竹春, 吉岡 弘鎮, 多田 弘人, 吉村 雅裕, 吉野 一郎, 菅原 俊一, 工藤 新三, 太田 三徳, 中川 和彦, 中西 洋一, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 1158, 1158,   2013年09月
  • 肺がん治療の最前線 肺がん治療個別化の展開と新たな問題 最適化医療のためのmultiple診断薬, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 48, 3, 670, 670,   2013年09月
  • コンパニオン診断は有用か? Multipleの診断薬の承認に向けて, 西尾 和人, 臨床病理, 61, 補冊, 74, 74,   2013年09月
  • 【ゲノム医学・生命科学研究 総集編 ポストゲノムの10年は何をもたらしたか】 (第4章)腸内細菌叢を中心とするマイクロバイオーム 皮膚のマイクロバイオーム研究最前線, 富田 秀太, 西尾 和人, Li Huiying, 実験医学, 31, 15, 2527, 2532,   2013年09月
    概要:体の表面を覆っている皮膚は適切な細菌との相互作用を利用することにより、そのバリアとしての機能を維持している器官である。サンプルから直接ゲノムDNAを抽出するメタゲノム解析手法と近年の塩基配列解析技術の著しい向上があいまって、皮膚の細菌叢(スキンマイクロバイオーム)の解明とその機能解析が可能となりつつある。本稿では米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)によるHuman Microbiome Project(HMP)に参加したわれわれの体験を踏まえて、最新のスキンマイクロバイオームの研究を中心に、その現状と今後の展開を紹介する。(著者抄録)
  • 【分子標的治療薬の使用手引き2013】 分子標的治療薬 総論, 小寺 康夫, 西尾 和人, コンセンサス癌治療, 12, 3, 120, 123,   2013年08月
  • ペプチド療法の臨床試験におけるバイオマーカーの探索, 西尾 和人, 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集, 17回, 37, 37,   2013年07月
  • ゲノム解析による体質の把握とがん医療への応用, 西尾 和人, 日本体質医学会雑誌, 75, 2, 136, 136,   2013年06月
  • がん克服戦略における皮膚科学の可能性を追求する Circulating Tumor Cellの検出と分離、画像型セルソーターのテクノロジー, 安田 賢二, 金 賢徹, 寺園 英之, 荒尾 徳三, 大津 敬, 中村 圭靖, 宮城 洋平, 西尾 和人, 西日本皮膚科, 75, 3, 248, 249,   2013年06月
  • 【大腸癌化学療法の最前線】 大腸癌における化学療法・分子標的治療のバイオマーカー 個別化医療に向けて, 小寺 康夫, 西尾 和人, Medical Science Digest, 39, 6, 248, 251,   2013年06月
    概要:新規薬剤が導入されつつある大腸癌化学療法においては、数多くの治療レジメンが存在するが、実際の臨床ではどの様に使い分け、個別化医療を実現するかが重要な課題となっている。そのキーの一つとなるのはバイオマーカーであり、基礎と臨床で研究が進められている。抗EGFR抗体の治療では、KRAS遺伝子変異が治療効果の抵抗性因子として確立されているが、EGFRシグナル経路に関わるその他の因子や免疫系を介した効果に関わるFc gamma receptorのSNPの研究も進められている。抗VEGF抗体のbevacizumabには有効なバイオマーカーは確立されていないが、新たなVEGF/VEGFR経路阻害剤を含めて研究が進んでいくと思われる。(著者抄録)
  • 体細胞変異検査, 西尾 和人, 日本臨床細胞学会雑誌, 52, Suppl.1, 151, 151,   2013年05月
  • Multiplex診断薬, 西尾 和人, 腫瘍内科, 11, 5, 617, 619,   2013年05月
  • 内視鏡を用いた分子病理学的診断 内視鏡サンプルを用いた分子生物学的解析と個別化医療, 西尾 和人, Gastroenterological Endoscopy, 55, Suppl.1, 940, 940,   2013年04月
  • 臨床試験とバイオマーカー, 西尾 和人, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 28, 9, 10,   2013年03月
  • ゲフィチニブ耐性細胞株におけるmiRNA阻害によるErbBファミリーの発現解析, 山本 蒼, 関口 真行, 寺内 香保里, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 大森 亨, 櫻庭 均, 日本薬学会年会要旨集, 133年会, 3, 199, 199,   2013年03月
  • レプチンは前立腺がんの進行に寄与する(Leptin contributes to drive prostate cancer progression), 吉村 一宏, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 416, 416,   2013年03月
  • ヒト前立腺がんにおけるルミカンの発現(Expression of lumican in human prostate adenocarcinoma), 倉 由吏恵, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉村 一弘, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和弘, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 416, 416,   2013年03月
  • 前立腺がんに対するStat3を標的とした阻害の治療の有効性(The potential of targeted Stat3 inhibition for prostate cancer), デ・ベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 小林 泰之, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 412, 412,   2013年03月
  • 前立腺癌のバイオマーカーを発見するためのマウスモデルの作製, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 清水 信貴, 山本 豊, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 410, 410,   2013年03月
  • 前立腺特異的PTENノックアウト前立腺癌マウスを用いた抗腫瘍メカニズムの検討, 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 小林 泰之, 清水 信貴, 南 高文, 林 泰司, 辻 秀憲, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 石井 徳味, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, 2, 221, 221,   2013年03月
  • EML4-ALK陽性進行非小細胞肺癌における、初回白金併用化学療法の治療効果の検討, 武田 真幸, 岡本 勇, 坂井 和子, 川上 尚人, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本内科学会雑誌, 102, Suppl., 198, 198,   2013年02月
  • JNKを介するFOXOの発現誘導はBIMの発現やアポトーシスに重要な役割を果たす(JNK-mediated FOXO expression plays a critical role in EGFR tyrosine kinase inhibitor-induced BIM expression and apoptosis), 竹内 健治, Ho Viet Anh, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 85回, 2P, 523,   2012年12月
  • 【新世代のがん分子標的治療】 ポストゲノム時代の個別化治療を目指した新しい取り組み 肺がんでの個別化治療への試み, 岡本 勇, 坂井 和子, 中川 和彦, 西尾 和人, 最新医学, 67, 12, 2799, 2805,   2012年12月
    概要:EGFR遺伝子変異非小細胞肺がん症例やEML4-ALK陽性症例におけるチロシンキナーゼ阻害薬の劇的な臨床効果を経験し,悪性形質の維持に大きく寄与している分子異常(driver oncogene)をとらえ,これらを標的とする分子標的治療薬を臨床開発していくことが予後不良の本疾患の治療開発戦略の重要な方向性であることが示されている.本稿では,進行非小細胞肺がんの個別化治療開発に向けた,西日本がん研究機構(WJOG)における取り組みを紹介する.(著者抄録)
  • 【コンパニオン診断】 コンパニオン診断と病理, 畑中 豊, 西尾 和人, 松野 吉宏, 病理と臨床, 30, 12, 1300, 1308,   2012年12月
  • 【分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして-】 基礎研究 分子標的薬の作用機序・薬理作用 がん関連標的分子・標的経路 HER2(human epidermal growth factor receptor type 2)、EGFR(epidermal growth factor receptor), 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本臨床, 70, 増刊8 分子標的薬, 27, 30,   2012年11月
  • 【分子標的薬-がんから他疾患までの治癒をめざして-】 総論 分子標的治療薬とは, 林 秀敏, 西尾 和人, 日本臨床, 70, 増刊8 分子標的薬, 7, 11,   2012年11月
  • 個別化医療のための最新技術と臨床応用 進行非小細胞肺癌におけるDriver oncogeneを標的とした個別化治療開発における課題と新たな試み, 岡本 勇, 坂井 和子, 西尾 和人, 中川 和彦, 臨床薬理, 43, Suppl., S134, S134,   2012年10月
  • EML4-ALK陽性進行非小細胞肺癌における、初回白金併用化学療法の治療効果の検討, 武田 真幸, 岡本 勇, 坂井 和子, 川上 尚人, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 1272, 1272,   2012年10月
  • グローバルスタディの現状と未来 ゲノム薬理学とコンパニオン開発の在り方, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 752, 752,   2012年10月
  • 大腸がん治療の過去と未来 バイオマーカーの探索から臨床応用へ向けて, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 687, 687,   2012年10月
  • トランスレーショナルリサーチ 近未来に向けて 医薬品とバイオマーカーの一体化開発, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 659, 659,   2012年10月
  • MassARRAY platformを用いた非小細胞肺がん患者血清からのEML4-ALK融合遺伝子の検出, 工藤 慶太, 西尾 誠人, 坂井 和子, 谷本 梓, 酒谷 俊雄, 西澤 弘成, 市川 敦央, 中富 克己, 柳谷 典子, 大柳 文義, 堀池 篤, 西尾 和人, 肺癌, 52, 5, 683, 683,   2012年10月
  • ALK融合遺伝子陽性肺癌に対する治療戦略 EML4-ALK陽性進行非小細胞肺癌における、初回白金併用化学療法の治療効果の検討, 武田 真幸, 岡本 勇, 坂井 和子, 川上 尚人, 西尾 和人, 中川 和彦, 肺癌, 52, 5, 510, 510,   2012年10月
  • ゲノム解析による体質の把握とがん医療への応用, 西尾 和人, 日本体質医学会雑誌, 74, 3, 133, 133,   2012年10月
  • 【コンパニオン・ダイアグノーシス】, 西尾 和人, 中谷 中, 田澤 義明, 森 和彦, がん分子標的治療, 10, 4, 242, 249,   2012年10月
    概要:分子標的薬の進展に伴い、現在では高い効果の得られる特定の患者集団を選択するため、あるいは副作用リスクを予測するためのバイオマーカーの探索が重要視されている。バイオマーカーの測定にはコンパニオン診断薬が必要であるが、アカデミアや医療機関では独自に開発したHome-Brew検査が実施されることが多く、特に遺伝子検査においては日本を含め海外でもHome-Brew検査が中心となっている。しかしHome-Brew検査は臨床検査と違い、分析的妥当性や臨床的有用性が検証されていないという問題がある。またコンパニオン診断薬の開発にあたり、先進医療から保険医療に移行するアプローチがとられることがあるが、先進医療では施設基準があるにもかかわらず、保険医療に移行すると施設基準はなくなる。より精度の高い検査を行うためには、精度管理が不可欠であるため、検査施設全体のシステムを評価して施設認定していくことも検討されつつある。コンパニオン診断薬は医薬品との同時承認が望ましいが、医薬品が承認された後にバイオマーカーの有効性が明らかになり、後づけで開発されるケースが今後増えてくると予想される。しかし治療の最適化のためには、市販後もバイオマーカーを検索し、診断キットを開発することが必要である。コンパニオン診断薬の円滑な開発と上市、さらには患者へのよりよい医療提供のため、これからもアカデミア、診断薬企業、製薬企業、規制当局が相互に協力して進めることが重要である。(著者抄録)
  • 臨床試験とバイオマーカー, 西尾 和人, 日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録, 32回, 26, 27,   2012年09月
  • ヒト前立腺癌の進展におけるHOXA10の発現異常について(Deregulation of HOXA10 is Associated with Progression of Human Prostate Cancer), 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 71回, 519, 519,   2012年08月
  • 胃がんにおけるFGFR2遺伝子増幅の検討(Frequency of FGFR2 Gene Amplification in Gastric Cancer), 松本 和子, 荒尾 徳三, 浜口 哲弥, 島田 安博, 加藤 健, 小田 一郎, 谷口 浩和, 小泉 史明, 柳原 五吉, 佐々木 博己, 西尾 和人, 山田 康秀, 日本癌学会総会記事, 71回, 474, 474,   2012年08月
  • MET遺伝子増幅を有する胃癌に対するクリゾチニブの抗腫瘍効果(Antitumor action of the MET tyrosine kinase inhibitor crizotinib in gastric cancer positive for MET amplification), 岡本 渉, 岡本 勇, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 岡本 邦男, 川上 尚人, 金田 裕靖, 仁科 慎一, 鶴谷 純司, 倉田 宝保, 柳原 五吉, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 71回, 466, 466,   2012年08月
  • 前立腺癌マウスモデルに対する分子標的治療薬の抗腫瘍効果の検討(Preclinical evaluation of combined targeted therapy for the treatment of prostate cancer), 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 71回, 437, 437,   2012年08月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスにおけるSTAT3の転写活性に関する検討(Stat3 Transcriptional Activation in a Pten-mutant Mouse Model of Prostate Cancer), 小林 泰之, デベラスコ・マルコ, 倉 由吏恵, 畑中 祐二, 山本 豊, 吉村 一宏, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 71回, 437, 437,   2012年08月
  • バイオマーカーによるがん個別化治療 血中がん細胞解析を目指したオンチップ・イメージングフローサイトメトリー技術の開発(Personalized cancer medicine and biomarker Development of on-chip imaging flow cytometry technology for circulating tumor cell analysis), 安田 賢二, 金 賢徹, 寺薗 英之, 荒尾 徳三, 大津 敬, 中村 圭靖, 宮城 洋平, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 71回, 413, 413,   2012年08月
  • ゲフィチニブ耐性肺癌細胞におけるmiRNAによるErbB3の発現抑制(ErbB3 was down regulated by miRNA in Gefitinib resistant tang cancer cell lines), 鈴木 俊宏, 入澤 愛, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本癌学会総会記事, 71回, 393, 393,   2012年08月
  • 食道扁平上皮癌におけるEGFR、HER2、FGFR2、METの遺伝子増幅(Gene amplification of EGFR, HER2, FGFR2, and MET in esophageal squamous cell carcinoma), 加藤 寛章, 荒尾 徳三, 林 秀敏, 吉田 修平, 永井 知行, 松本 和子, 藤田 至彦, 木村 英晴, 安田 卓司, 奥野 清隆, 塩崎 均, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 71回, 369, 369,   2012年08月
  • 大腸がんにおけるHS6ST2発現とその臨床的意義(Characteristics of HS6ST2 expression in colorectal cancer), 木村 英晴, 波多邉 繁, 荒尾 徳三, 林 秀敏, 永井 知行, 松本 和子, 藤田 至彦, 伊藤 彰彦, 奥野 清隆, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 71回, 348, 348,   2012年08月
  • ヒト前立腺癌におけるルミカンの発現について(Expression of Lumican in Human Prostate Adenocarcinoma), 吉村 一宏, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 倉 由吏恵, 山本 豊, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 71回, 293, 293,   2012年08月
  • 消化器がん 消化器がんに対する分子標的薬の効果を予測するバイオマーカー(Topics of gastrointestinal cancer Biomarkers for prediction of GI cancer treatment), 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 71回, 228, 228,   2012年08月
  • OCT4偽遺伝子であるPOU5F1Bの増殖は胃がんにおいて予後不良因子である(Amplification of OCT4-pseudogene POU5F1B is a poor prognostic factor in gastric cancer), 林 秀敏, 荒尾 徳三, 松本 和子, 永井 知行, 木村 英晴, デベラスコ・マルコ, 藤田 至彦, 山田 康秀, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 71回, 186, 186,   2012年08月
  • 【肺がん分子標的薬の個別化医療-基礎と臨床】 新たな肺癌の治療標的分子, 冨樫 庸介, 西尾 和人, Medical Science Digest, 38, 9, 384, 387,   2012年08月
    概要:肺癌は全癌の中で世界的に最も頻度の高い死亡原因である。従来進行肺癌は非常に予後不良であったが、近年ではEGFR-TKIといった分子標的薬の登場により予後も改善しつつある。さらにALKやROS1、RET遺伝子といった有望な新たな治療標的分子も発見され、今後はさらに治療標的に基づく個別化治療が進んでいくと考えられる。本稿では肺癌の新たな治療標的分子・分子標的薬をまとめるとともに、米国での腫瘍組織バンキングや次世代シークエンサーも含めた今後の展望についても言及した。(著者抄録)
  • 食道扁平上皮癌におけるEGFR-family(EGFR/HER2/HER3/HER4)の遺伝子異常, 加藤 寛章, 荒尾 徳三, 安田 卓司, 松本 和子, 木村 英晴, 白石 治, 新海 政幸, 奥野 清隆, 西尾 和人, 塩崎 均, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 66回, 250, 250,   2012年06月
  • 【がん薬物治療を考える】 バイオマーカーと薬剤 個別化医療へのアプローチ, 西尾 和人, クリニシアン, 59, 6, 480, 483,   2012年06月
  • 【分子標的治療薬の服薬指導のポイント】 分子標的治療薬とは, 林 秀敏, 西尾 和人, 調剤と情報, 18, 6, 819, 822,   2012年06月
  • 【肺癌 実地医家に不可欠の最新の臨床知識とその活用】 肺癌へのアプローチ(その3) 実地医家が知っておくべき最新の進歩 肺癌の個別化治療とバイオマーカーの使いかた, 木村 英晴, 西尾 和人, Medical Practice, 29, 6, 902, 907,   2012年06月
  • 【最新の疾患バイオマーカー研究-より適切な診療を目指して-】 バイオマーカーの基礎と臨床への応用, 木村 英晴, 西尾 和人, 日本臨床, 70, 5, 730, 736,   2012年05月
  • miRNAによるゲフィチニブ耐性調節機構の解明, 入澤 愛, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 286, 286,   2012年03月
  • ゲフィチニブ感受性非小細胞肺がん細胞における上皮増殖因子受容体の細胞内輸送経路, 伊藤 文昭, 塩田 真一朗, 北浦 由理, 山口 泰典, 西尾 和人, 清水 信義, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 3, 134, 134,   2012年03月
  • 転写因子slugは角膜上皮細胞においてEMTを誘導し創傷治癒に関与する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 児玉 彩, 阿部 考助, 西尾 和人, 下村 嘉一, 日本眼科学会雑誌, 116, 臨増, 362, 362,   2012年03月
  • 前立腺癌におけるHOXA-10の発現意義, 畑中 祐二, De Velasco Marco, 山本 豊, 清水 信貴, 小林 泰之, 野澤 昌弘, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 462, 462,   2012年03月
  • Ptenノックアウト前立腺癌モデルにおけるsorafenibの治療効果, 山本 豊, De Velasco Marco, 南 高文, 畑中 祐二, 小池 浩之, 田中 基幹, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 児玉 光正, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 103, 2, 372, 372,   2012年03月
  • 【消化器癌治療における新しい分子標的】 消化器癌における分子標的治療法の現状はどのようで、どのように展開されていくか, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 分子消化器病, 9, 1, 7, 11,   2012年03月
    概要:分子標的治療法についてはこの10年間で臨床的・基礎的研究の知見が急速に集積され、他癌種でのエビデンスに学ぶこと、層別化バイオマーカーが有効なことが理解されてきた。分子標的治療法については、遺伝子変異などで層別化した特定の集団へ特異的な薬剤を検討するスタイルの臨床開発が主流になってきている。血管新生阻害薬については、層別化および耐性のバイオマーカーの特定が望まれている。現在消化器癌へ臨床応用されている上皮増殖因子受容体(EGFR)、HER2、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、VEGF受容体(VEGFR)を標的とする分子標的治療法の現状および消化器癌領域における今後の展開について概説した。(著者抄録)
  • がん分子標的治療の進歩 がん分子標的治療の効果とバイオマーカー探索, 西尾 和人, 日本医師会雑誌, 140, 12, 2609, 2610,   2012年03月
  • 【肺癌UPDATE】 肺癌の分子生物学 分子標的治療のバイオマーカー, 林 秀敏, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 240, 13, 1072, 1077,   2012年03月
    概要:がんにおける分子標的薬治療の臨床応用の進歩はめざましく、実臨床においてもバイオマーカーとリンクした分子標的薬使用の機会が増加している。非小細胞肺癌の分野ではEGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR-TKIによる治療はすでに確立されており、さらにはEML4-ALK融合遺伝子を有する肺癌に対して行われるALK阻害剤による治療も非小細胞肺癌のあらたな治療戦略として注目されている。血管新生阻害薬に関するバイオマーカーではいまだ確立されたものはないものの、さまざまな候補が研究されている。将来的にはバイオマーカーを利用した個別化医療を進めるためにもバイオバンクの確立は必要である。今後はがん医療においてバイオマーカーはますます重要性が高まることが予想される。(著者抄録)
  • モルヒネ治療効果と血清中サイトカイン濃度との相関, 牧村 ちひろ, 松岡 弘道, 荒尾 徳三, 清田 秀美, 武田 真幸, 鶴谷 純司, 大塚 正友, 小山 敦子, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本内科学会雑誌, 101, Suppl., 308, 308,   2012年02月
  • 【癌の抗血管新生療法】 抗血管新生薬の開発, 林 秀敏, 西尾 和人, 血管医学, 13, 1, 11, 17,   2012年02月
    概要:腫瘍血管は正常の血管と病態生理学的に大きく異なる。血管新生の異常が悪性腫瘍において重要であることが近年の基礎的研究より知られてきており、VEGF-VEGFRなどのさまざまな血管新生のシグナルの異常が研究されている。さらには実際の臨床面においても、ベバシズマブをはじめとした抗血管新生薬の進歩は著しく、大腸癌や肺癌、腎細胞癌、肝細胞癌など多種の癌種において臨床試験における有効性が証明されており、わが国においても保険承認され使用されている。今後は未知の血管新生シグナルに対する薬剤の開発、腫瘍血管の血管新生阻害薬耐性時のシグナル変化や抗血管新生薬における治療効果などを予測するバイオマーカーの開発が求められる。(著者抄録)
  • 【標準治療となった個別化治療】 個別化治療の展望について 個別化治療実現のためのバイオマーカーについて, 木村 英晴, 西尾 和人, 腫瘍内科, 9, 1, 1, 5,   2012年01月
  • 知っておきたいCancer Stem Cell(第6回) EMTとがん幹細胞, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Mebio, 29, 1, 15, 20,   2012年01月
  • 診断の進歩 肺がん診断とCirculating tumor cells(CTC), 木村 英晴, 西尾 和人, Annual Review呼吸器, 2012, 142, 149,   2012年01月
    概要:予後や分子標的薬剤の効果を予測するためのバイオマーカーとしてcirculating tumor cells(CTC)は注目されている.これまでにCTCの濃縮方法として密度勾配遠心分離法や濾過法,免疫磁気ビーズ法が,CTC検出方法としてRT-PCR法や免疫細胞化学法が用いられており,それらを組み合わせてCTC研究が行われてきた.さらに様々なテクノロジーによる細胞分離技術を用いたCTC検出方法が開発されつつある.肺がん領域では,CTCと予後やCTCを用いた遺伝子変異解析などの研究が少しずつ報告されているが,標準化され臨床応用に結びつくものはまだない.血液からがん患者の診断や治療方針に関わる重要な情報が得られるようになる方法が確立することは大変魅力的であり,肺がん領域におけるCTC研究の進歩が期待される.(著者抄録)
  • Epithelial-mesenchymal transition(EMT) 上皮間葉移行とは, 永井 知行, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 腫瘍内科, 8, 5, 529, 534,   2011年11月
  • CTC計測装置技術の現状と次世代CTC装置技術の展望, 林 真人, 金 賢徹, 寺薗 英之, 服部 明弘, 安田 賢二, 大津 敬, 宮城 洋平, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Cytometry research : 日本サイトメトリー学会機関誌, 21, 2, 1, 6,   2011年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029807419
  • がんのトランスレーショナルリサーチ ゲノム情報を生かした抗がん薬の使用法, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本医学会総会会誌, 28回, I, 127, 127,   2011年10月
  • EGFR-TKI治療後の肺癌患者に対するafatinib(BIBW 2992)の国内第2相臨床試験(LUX-Lung4), 樋田 豊明, 片上 信之, 安宅 信二, 後藤 功一, 坂 英雄, 田村 友秀, 岡本 勇, 野上 尚之, 森永 亮太郎, 西尾 和人, 山本 信之, 肺癌, 51, 5, 438, 438,   2011年10月
  • 次世代肺がん治療 基礎医学と新規薬剤 バイオバンク, 西尾 和人, 肺癌, 51, 5, 351, 351,   2011年10月
  • 【サイトメトリーシステムの未来を考える:がん検査】 CTC計測装置技術の現状と次世代CTC装置技術の展望, 林 真人, 金 賢徹, 寺薗 英之, 服部 明弘, 安田 賢二, 大津 敬, 宮城 洋平, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Cytometry Research, 21, 2, 1, 6,   2011年10月
    概要:転移性がんの治療方針の策定や転移メカニズムの解明の為には、CTCを採血サンプル中から出来るだけ損傷を与えずに取りこぼし無く回収し、回収したCTCの生理学的性質や遺伝子変異を迅速に計測する技術が必要となる。本稿では非侵襲的で高感度なCTC分離精製法開発の取り組みについて概観した後、我々が開発を進めている画像認識型セルソーターシステムと超高速PCRのCTC分離精製、遺伝子解析への応用可能性について論じた。(著者抄録)
  • ゲフィチニブ耐性に関わるmicroRNAの探索, 入澤 愛, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 84回, 4P, 0420,   2011年09月
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤によるアポトーシス誘導へのBcl-2ファミリータンパク質Bimの関与, 竹内 健治, Ho Viet Anh, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 84回, 2P, 0397,   2011年09月
  • HOXA10 expression in prostate cancer(HOXA10 is aberrantly expressed in prostate cancer), 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 王 一, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 70回, 439, 439,   2011年09月
  • 胃癌のEMT関連遺伝子発現と化学療法治療予後(Expression of EMT-related genes and treatment prognosis in gastric cancer), 荒尾 徳三, 山田 康秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 405, 406,   2011年09月
  • 非小細胞肺がん患者におけるEGFR T790変異の新規検出法(Sensitive detection of EGFR T790M mutation in non-small-cell lung cancer patients), 藤田 至彦, 須田 健一, 木村 英晴, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西條 長宏, 谷田部 恭, 光冨 徹哉, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 374, 374,   2011年09月
  • 肝細胞癌におけるTJP-1とTwist発現の肝癌切除後の予後への影響(Impact of TJP-1 and TWIST expression on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma), 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 368, 368,   2011年09月
  • ゲフィチニブ耐性細胞株におけるmicroRNAの発現解析(Expression study of microRNA in Gefitinib resistant cell lines), 入澤 愛, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本癌学会総会記事, 70回, 313, 314,   2011年09月
  • ヒト化抗HGFモノクローナル抗体TAK-701は、EGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌のHGFによるゲフィチニブ耐性を克服する(TAK-701, humanized monoclonal antibody to HGF, reverses gefitinib resistance induced by HGF in NSCLC with EGFR mutation), 岡本 渉, 岡本 勇, 田中 薫, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 福岡 正博, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 70回, 275, 275,   2011年09月
  • EGFR阻害剤におけるサバイビンの役割(Role of survivin in EGFR inhibitor-induced apoptosis in non-small cell lung cancers positive for EGFR mutations), 岡本 邦男, 岡本 勇, 岡本 渉, 田中 薫, 桑田 季代子, 山口 永, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 70回, 273, 273,   2011年09月
  • HER2陽性乳癌においてラパチニブで惹起されるアポトーシスとBIM、サバイビンの関係性の検討(Roles of BIM induction and survivin down-regulation in lapatinib-inducedapoptosis in HER2-amplified breast cancer cells), 谷崎 潤子, 岡本 勇, 文田 壮一, 岡本 渉, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 70回, 273, 273,   2011年09月
  • 大腸がんにおけるHS6ST2発現とその臨床的特徴(Characteristics of HS6ST2 Expression in Colorectal Cancer), 木村 英晴, 波多邉 繁, 荒尾 徳三, 林 秀敏, 永井 知行, 松本 和子, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 伊藤 彰彦, 奥野 清隆, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 235, 235,   2011年09月
  • 前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルを用いた前立腺癌におけるChemopreventionおよびInterventionに関する研究(Use of prostate-specific PTEN conditional knockout mice in prostate cancer prevention and intervention research), 植村 天受, 田中 基幹, 小池 浩之, 山本 豊, 畑中 祐二, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 西尾 和人, デベラスコ・マルコ, 日本癌学会総会記事, 70回, 161, 161,   2011年09月
  • 高脂肪食摂取量の増大と前立腺癌の進行の関係に関するリスク評価のための臨床前モデル(A preclinical model to evaluate the risk of increased dietary fat consumption and prostate cancer progression), 吉村 一宏, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 田中 基幹, 山本 豊, 王 一, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 70回, 101, 101,   2011年09月
  • Ptenノックアウト前立腺癌モデルにおけるsorafenibの治療効果(Pre-clinical efficacy of sorafenib on a Pten knockout mouse prostate cancer model), 山本 豊, デベラスコ・マルコ, 王 一, 畑中 祐二, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 70回, 70, 70,   2011年09月
  • PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスモデルを用いた新規バイオマーカの同定(Use of the prostate-specific PTEN conditional knockout mouse model to Identify prognostic biomarkers in prostate cancer), デベラスコ・マルコ, 田中 基幹, 畑中 祐二, 山本 豊, 清水 信貴, 野澤 昌弘, 吉村 一宏, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 植村 天受, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 69, 70,   2011年09月
  • 前立腺癌におけるルミカン発現(Lumican expression in prostate cancer), 王 一, デベラスコ・マルコ, 畑中 祐二, 山本 豊, 田中 基幹, 清水 信貴, 児玉 光正, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 70回, 69, 69,   2011年09月
  • 血清ヘパラン硫酸濃度とEGFRチロシンキナーゼ阻害薬耐性(Serum Heparan Sulfate Concentration Is Correlated With the Failure of EGFR-TKI Treatment in Lung Adenocarcinoma), 松本 和子, 西尾 誠人, 山中 竹春, 荒尾 徳三, 木村 英晴, 坂井 和子, 小泉 史明, 笠原 寿郎, 大平 達夫, 池田 徳彦, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 70回, 57, 57,   2011年09月
  • 臨床試験で守るべきルール ヒトゲノム・遺伝子解析・ヒト材料を用いた研究のあり方, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 46, 3, 1506, 1507,   2011年09月
  • 【がん薬物療法のバイオマーカー】 半網羅的体細胞変異解析と個別化医療, 古田 一行, 西尾 和人, 最新医学, 66, 9, 1987, 1993,   2011年09月
    概要:分子標的治療が臨床導入されるに伴い,バイオマーカーに基づく個別化医療が推進されてきている.体細胞変異は定性的で普遍性を持つマーカーであり,適応症例の層別化を考えるうえで非常に有望なパラメーターである.体細胞変異に関する知見が蓄積するに伴い,その測定法・検査法も,単一遺伝子/変異へのアプローチから複数遺伝子/変異への半網羅的アプローチへ,さらには全ゲノムアプローチへと進展していくであろう.(著者抄録)
  • 【がん薬物療法のバイオマーカー】 薬力学的バイオマーカーとPOC研究, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 最新医学, 66, 9, 1904, 1908,   2011年09月
    概要:分子標的薬治療の臨床開発が飛躍的に増加するのに伴い,早期臨床試験においてPOC研究および薬力学的バイオマーカー研究の重要性が明らかになってきた.特に,初めてヒトに投与するようなメカニズムの分子標的薬の場合に有用と考えられる.薬力学的バイオマーカーとPOC研究は,薬剤がヒト体内で標的分子に作用している科学的根拠を与え,効果をモニターすることおよび投与量・スケジュール決定などに寄与できる可能性がある.(著者抄録)
  • 【がん薬物療法のバイオマーカー】 バイオマーカー研究の現状と将来, 山田 康秀, 岡本 勇, 西尾 和人, 最新医学, 66, 9, 1887, 1896,   2011年09月
  • 【肝細胞がん診療の進歩:Up-To-Date】 分子標的治療 肝細胞がんに対する分子標的治療のバイオマーカーの探索, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 最新医学, 66, 8, 1817, 1822,   2011年08月
    概要:肝細胞がんに対する分子標的治療のバイオマーカーとして,血管新生阻害薬としての見地とがん細胞側の見地の両方から,現在までに報告されているソラフェニブのバイオマーカーのレビューおよび我々の取り組みなどを示した.血管新生阻害薬の薬力学的バイオマーカーは検証が進んでいるものの,効果予測バイオマーカーは依然特定されていない.ソラフェニブのがん細胞側の効果規定遺伝子は,候補遺伝子を特定し検証を進めている.(著者抄録)
  • 消化器外科周術期における栄養療法の進歩 肝細胞癌外科治療における術前分岐鎖アミノ酸経口投与の意義と癌細胞シグナル伝達制御, 土師 誠二, 中多 靖幸, 石川 原, 安田 武生, 竹山 宜典, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 工藤 正俊, 大柳 治正, 日本消化器外科学会総会, 66回, 265, 265,   2011年07月
  • 【分子標的薬のフェーズ・ゼロ試験】 新たな新薬開発戦略 フェーズ・ゼロ試験, 田村 友秀, 西尾 和人, 井上 謙吾, 朴 成和, がん分子標的治療, 9, 3, 162, 170,   2011年07月
    概要:早期探索的臨床試験の新たな手法として、フェーズ・ゼロ試験が注目されている。フェーズ・ゼロ試験は準薬効用量をヒトに投与してPK/PDを調べ、薬物としての将来的な有効性を予測する試験である。成功すれば、その後は開発ラインへ直結することから、創薬に伴うコストおよび時間において大きなメリットとなることが予想される。特に、分子標的薬の開発候補化合物の絞り込みにおいて、フェーズ・ゼロ試験の効果が期待される。実際に、欧米では2006年にPARP阻害剤であるABT-888の開発でフェーズ・ゼロ試験が初めて実施され、その後試験件数は急増している。わが国においても、厚生労働省が早期探索的臨床試験のガイドラインの整備を進めており、フェーズ・ゼロ試験を実施できる環境が整いつつある。しかし、実現にあたっては、開発候補化合物に対する適切なアッセイ系の確立の難しさや、フェーズ・ゼロ試験が治療目的でないことに対する倫理的な問題などが指摘されている。このうち倫理的側面での懸念については、検査や手術を要する患者にフェーズ・ゼロ試験を組み込むといった手法も提唱されている。フェーズ・ゼロ試験の役割や有用性に対する評価は定まっておらず、国内での試行が待たれる。創薬に対して厳格な基準をもつわが国において、初回のフェーズ・ゼロ試験は難航も予想されるが、すでに開発された薬剤を用いた、モデル例としての実施も検討する必要がある。(著者抄録)
  • 新規血管新生阻害薬BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性評価と薬力学的バイオマーカーの開発, 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 永井 知行, 工藤 正俊, 西尾 和人, The Liver Cancer Journal, 3, 2, 154, 155,   2011年06月
  • ファーマコゲノミクスの臨床応用とその展開 がん臨床試験におけるPGx研究の現状と課題, 西尾 和人, 家族性腫瘍, 11, 2, A22, A22,   2011年05月
  • ファーマコゲノミクスの臨床応用とその展開 がん臨床試験におけるPGx研究の現状と課題, 西尾 和人, 日本遺伝カウンセリング学会誌, 32, 2, 22, 22,   2011年05月
  • がん研究における組織バンキング, 木村 英晴, 西尾 和人, がん分子標的治療, 9, 2, 125, 128,   2011年04月
    概要:組織バンキングとは、将来の分子生物学的な解析に備えて腫瘍組織や血液などの検体を系統的に集積し、保管することである。それらの検体を利用して治療効果や毒性、予後を予測するための新たなバイオマーカーを探索することや、基礎研究にて見出されたバイオマーカー候補の臨床的な意義を確認することができる。近年、分子標的薬が多く開発されるようになり、それと同時に治療効果や予後を予測するバイオマーカー研究が盛んに行われている。バンキングはそれらの研究を順調に早く進めるうえで必要なシステムである。(著者抄録)
  • PP-807 高脂肪食摂取増加は前立腺癌発生トランスジェニックマウスモデルにおいて腫瘍増悪因子の一つになる(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 畑中 祐二, デベラスコ マルコ, 清水 信貴, 山本 豊, 田中 基幹, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 冨岡 厚志, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008613180
  • PP-515 PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスを用いたエベロリムス・酢酸クロルマジノンの治療効果(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), デベラスコ マルコ, 田中 基幹, 島田 健二, 小池 浩之, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612888
  • PP-514 PTEN遺伝子改変マウスを用いた酢酸クロルマジノンによる前立腺癌発癌抑制効果(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 小池 浩之, デベラスコ マルコ, 山本 豊, 畑中 祐二, ワン イー, 島田 啓司, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小西 登, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612887
  • PP-041 マウス膀胱癌、腎癌に対しての温熱療法の抗腫瘍効果(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会), 山本 豊, マルコ デ ベラスコ, 宮崎 友香, 朝日 千織, 牛田 博, 吉川 和宏, 酒井 和子, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科學會雜誌, 102, 2,   2011年03月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008612415
  • 非小細胞肺がん細胞株におけるmiRNAのプロファイリング, 鈴木 俊宏, 入澤 愛, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 3, 165, 165,   2011年03月
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤によるアポトーシス促進型Bcl-2ファミリータンパク質Bimの転写レベルでの制御, 竹内 健治, Ho Viet Anh, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本薬学会年会要旨集, 131年会, 3, 139, 139,   2011年03月
  • 胃癌におけるバイオマーカー, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本胃癌学会総会記事, 83回, 105, 105,   2011年03月
  • 右頬部皮下硬結で初発したblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 大山 雄一, 木村 雅友, 中村 栄男, 西尾 和人, 松村 到, 東 禹彦, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌, 121, 3, 614, 614,   2011年03月
  • 高脂肪食摂取増加は前立腺癌発生トランスジェニックマウスモデルにおいて腫瘍増悪因子の一つになる, 畑中 祐二, デベラスコ・マルコ, 清水 信貴, 山本 豊, 田中 基幹, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 冨岡 厚志, 吉川 和宏, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 539, 539,   2011年03月
  • PTENコンディショナルノックアウト前立腺癌マウスを用いたエベロリムス・酢酸クロルマジノンの治療効果, デベラスコ・マルコ, 田中 基幹, 島田 健二, 小池 浩之, 宮崎 友佳, 朝日 千織, 牛田 博, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 489, 489,   2011年03月
  • PTEN遺伝子改変マウスを用いた酢酸クロルマジノンによる前立腺癌発癌抑制効果, 小池 浩之, デベラスコ・マルコ, 山本 豊, 畑中 祐二, ワン・イー, 島田 啓司, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 小西 登, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 489, 489,   2011年03月
  • マウス膀胱癌、腎癌に対しての温熱療法の抗腫瘍効果, 山本 豊, マルコ・デ・ベラスコ, 宮崎 友香, 朝日 千織, 牛田 博, 吉川 和宏, 酒井 和子, 西尾 和人, 植村 天受, 日本泌尿器科学会雑誌, 102, 2, 409, 409,   2011年03月
  • 【個別化治療に向けた化学療法のこれから】 バイオマーカーと薬剤 個別化治療へのアプローチ, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 臨床腫瘍プラクティス, 7, 1, 11, 14,   2011年02月
    概要:<View Points!>▲がん薬物治療の分野で近年大きなエポックとなっている分子標的治療薬のバイオマーカー開発は、個別化治療に直結することからその有用性が広く理解されるようになった。▲薬力学的バイオマーカーの主目的は、推奨用量の決定あるいは投与スケジュール決定の科学的根拠となる情報を得ること。▲効果予測バイオマーカーは、治療薬が有効と予測される患者の層別化と、効果が期待できない患者に有害な治療を避けさせることに有用で、分子標的治療薬ではEGFRチロシンキナーゼ阻害薬に対するEGFR遺伝子変異のように、強力な効果予測バイオマーカーが既に実用化されている。▲未だ有用なバイオマーカーが特定されていない血管新生阻害薬についても、その特定によってがんの治療戦略を大きく塗り替え、より選択的・効率的な治療法の実現が期待できる。(著者抄録)
  • 【肝癌の分子標的治療】 分子標的薬におけるバイオマーカー, 坂井 和子, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 236, 7, 701, 705,   2011年02月
    概要:癌の生物学的特性が明らかになるにつれ、癌細胞に特有の分子を標的にした抗癌剤(分子標的薬)の開発が進められ、現在では数多くの分子標的薬が開発されている。バイオマーカーは分子標的薬の有効性や副作用の有無を見積もるための指標であり、今日の分子標的薬の開発においては、臨床試験段階からバイオマーカーとの組合せによる開発が進められているものも数多くある。また、分子標的薬が広まるにつれて、これまでの癌種ごとでの治療体系から、癌細胞における分子発現に基づいた癌種横断的な薬物療法の可能性もみえつつある。薬物療法におけるバイオマーカーの重要性は広く認知されているが、実際の臨床現場に使用可能なvalidateされたバイオマーカーはいまだ少ない。本稿では、分子標的薬におけるバイオマーカーの意義について概説する。(著者抄録)
  • ゲノム生物学を応用した冠動脈バイパス術低侵襲化へのトランスレーショナルリサーチ, 鷹羽 浄顕, 荒尾 徳三, 湯上 晋太郎, 西野 貴子, 藤井 公輔, 井村 正人, 川崎 寛, 金田 敏夫, 中本 進, 北山 仁士, 西尾 和人, 佐賀 俊彦, 日本心臓血管外科学会雑誌, 40, Suppl., 233, 233,   2011年01月
  • 新しいバイオマーカーの開発, 西尾 和人, 日本集中治療医学会雑誌, 18, Suppl., 173, 173,   2011年01月
  • EMT研究, 荒尾 徳三, 西尾 和人, がん分子標的治療, 9, 1, 61, 64,   2011年01月
  • 【Cancer Stem Cellを標的とした新しいがん分子標的の動向】 がん幹細胞マーカーCD133とHIF, 松本 和子, 西尾 和人, がん分子標的治療, 9, 1, 22, 25,   2011年01月
    概要:近年、腫瘍において、がん幹細胞(cancer stem cell)と呼ばれる細胞集団が存在することが多くの研究で示されている。それらの細胞は自己複製能をもつとされ、がん幹細胞は、腫瘍形成能、転移、治療抵抗性に関与すると考えられている。そのため、それらの細胞はがんを治療する標的となると考えられ治療薬の臨床開発が進められている。がん幹細胞の分子生物学的特徴や、がん幹細胞を分離するためのマーカーの研究は重要となってきている。(著者抄録)
  • 肺癌化学療法感受性に関わるmiRNAの探索, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 大森 亨, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 2P, 0838,   2010年12月
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤によるアポトーシス促進型Bcl-2ファミリータンパク質Bimの発現誘導機構, 竹内 健治, Ho Viet Anh, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 83回・33回, 2P, 0076,   2010年12月
  • 【呼吸器疾患の診断技術の進歩】 EGFR, 木村 英晴, 西尾 和人, 呼吸器内科, 18, 6, 549, 554,   2010年12月
  • 【稀少がん、原発不明がんの臨床】 原発不明がんの臨床 原発不明がんの遺伝子検査, 木村 英晴, 西尾 和人, 腫瘍内科, 6, 6, 582, 585,   2010年12月
  • ハイリスク症例に対する人工心肺下CABGの工夫 Minimized Extracorporeal Circulation(MECC)を用いたハイリスク症例に対するOn-pump CABG低侵襲化の試み, 鷹羽 浄顕, 荒尾 徳三, 湯上 晋太郎, 西野 貴子, 藤井 公輔, 井村 正人, 川崎 寛, 金田 敏夫, 中本 進, 北山 仁士, 西尾 和人, 佐賀 俊彦, 日本冠疾患学会雑誌, 16, 4, 295, 295,   2010年11月
  • 【膵癌の治療戦略】 臨床研究のトピックス 分子標的治療, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 消化器外科, 33, 12, 1873, 1879,   2010年11月
  • P2-526 臨床研究の審査管理体制の構築に向けて(一般演題 ポスター発表,治験・臨床試験,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 野村 守弘, 山添 譲, 森山 健三, 渡部 洋, 楠 進, 西尾 和人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20,   2010年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008109524
  • ドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における新規Eg5阻害剤の有効性についての検討, 芹澤 昌邦, 小郷 尚久, 浅井 章良, 鈴木 淳子, 西尾 和人, 山本 信之, 洪 泰浩, 肺癌, 50, 5, 680, 680,   2010年10月
  • 進行性非小細胞肺癌患者を対象としたBIBW 2992の第I相試験, 軒原 浩, 田村 友秀, 高橋 利明, 村上 晴泰, 内藤 立暁, 中村 有希子, 西尾 和人, 山本 信之, 肺癌, 50, 5, 542, 542,   2010年10月
  • 合成DNA検体及びホルマリン固定パラフィン包埋組織検体によるEGFR遺伝子変異検査法のValidation study, 後藤 功一, 石井 源一郎, 藤堂 卓也, 西尾 和人, 萩原 弘一, 光冨 徹哉, 里内 美弥子, 肺癌, 50, 5, 520, 520,   2010年10月
  • 気管支鏡による擦過洗浄細胞診検体及び胸水を用いたEGFR遺伝子変異検査法のValidation study, 里内 美弥子, 石井 源一郎, 藤堂 卓也, 西尾 和人, 萩原 弘一, 光冨 徹哉, 後藤 功一, 肺癌, 50, 5, 519, 519,   2010年10月
  • EGFR-TKIs投与症例におけるバイオマーカーの探索, 大柳 文義, 笠原 寿郎, 酒井 麻夫, 曽根 崇, 荒尾 徳三, 酒井 和子, 松本 和子, 木村 英晴, 西尾 誠人, 大平 達夫, 池田 徳彦, 山中 竹春, 西尾 和人, 肺癌, 50, 5, 510, 510,   2010年10月
  • EGFR-TKI獲得耐性肺癌に対するBIBW 2992とTS標的薬剤の併用効果の検討, 竹澤 健, 岡本 勇, 谷崎 潤子, 西尾 和人, 福岡 正博, 中川 和彦, 肺癌, 50, 5, 503, 503,   2010年10月
  • 肺癌の分子生物学的研究 基礎から臨床へ 肺癌におけるゲノム異常と薬剤感受性, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 岡本 勇, 中川 和彦, 肺癌, 50, 5, 453, 453,   2010年10月
  • Liver、Pancreas、Biliary Tract Cancer肝・胆・膵癌 肝癌分子標的治療の基礎と臨床 肝癌分子標的治療におけるバイオマーカーの探索, 荒尾 徳三, 工藤 正俊, 西尾 和人, 癌と化学療法, 37, 10, 1879, 1882,   2010年10月
  • 【分子標的治療薬で変わるがん治療】 Cancer stem cell、Circulating Endothelial Progenitor、がん分子標的治療薬, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 医薬ジャーナル, 46, 10, 2473, 2476,   2010年10月
    概要:近年、Cancer stem cell(CSC)の特徴が分子レベルで明らかになってきた。CSCを標的とした新しいアプローチは有望と考えられており、早速さまざまながん分子標的治療薬の臨床試験が進行している。一方、循環血液中血管内皮前駆細胞(CEP)は血管新生阻害薬に対する、非侵襲的・定量的・繰り返し測定できる早期臨床試験に有効な薬力学的バイオマーカーとして期待されている。本稿では、CSCとがん治療、CEPとがん分子標的治療薬について概説する。(著者抄録)
  • 【分子標的治療薬で変わるがん治療】 最新の分子標的治療 mTOR阻害薬などのシグナル伝達と阻害薬の開発動向, 松本 和子, 西尾 和人, 医薬ジャーナル, 46, 10, 2461, 2465,   2010年10月
    概要:mammalian target of rapamycin(mTOR)は、290kDaのセリン/スレオニンキナーゼであり、増殖因子、栄養分、低酸素などの細胞ストレスに反応して、細胞の増殖や細胞周期を制御するため、がんの治療において重要な標的分子とされている。最初にmTOR阻害薬として同定されたラパマイシン(sirolimus)やラパマイシン誘導体であるeverolimusやtemsirolimus、ridaforolimusは抗腫瘍薬として現在、臨床開発されている。今後、さらにがん治療においてmTOR阻害薬を最適化するには、用量、スケジュール、患者選択、新しい薬剤との併用を決定するためにさらなる研究が必要である。(著者抄録)
  • PNA-LNA PCR clamp法およびPCR-invader法によるEGFR遺伝子変異解析のvalidation試験, 北村 和広, 岡野 哲也, 河野 あゆみ, 武内 進, 宮永 晃彦, 小齊平 聖治, 峯岸 裕司, 清家 正博, 吉村 明修, 西尾 和人, 萩原 弘一, 弦間 昭彦, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 1023, 1023,   2010年09月
  • 肺がんの分子標的治療 肺がん遺伝子異常データバンク, 西尾 和人, 中川 和彦, 岡本 勇, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 324, 324,   2010年09月
  • 肺癌における組織像・細胞像と遺伝子変化 診断に有用な分子生物学 肺癌における遺伝子変異 臨床応用を目指して, 西尾 和人, 日本臨床細胞学会雑誌, 49, Suppl.2, 477, 477,   2010年09月
  • TRAIL受容体からEGFRへのcrosstalk signalingの分子機構(The molecular mechanism of crosstalk signaling from TRAIL receptor to EGFR), 大森 亨, 鹿目 知子, 門福 強樹, 山岡 利光, 中嶌 賢尚, 奥田 健太郎, 大西 司, 廣瀬 敬, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 日本癌学会総会記事, 69回, 527, 527,   2010年08月
  • 腫瘍細胞増殖におけるMIF-CD74シグナル経路の関与(Implication of MIF-CD74 signal pathway in tumorigenesis), 藤田 至彦, 古田 一行, 工藤 可苗, 坂井 和子, 永井 知行, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 木村 英晴, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 527, 527,   2010年08月
  • 膵臓癌の血漿中血管新生関連分子の検討(Plasma concentrations of angiogenic factors in patients with pancreas cancer), 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 永井 知行, 工藤 可苗, 古田 一行, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 451, 451,   2010年08月
  • EGFR-TKIによる急性肺障害への遺伝子多型の関与の検討(Association of single nucleotide polymorphism with EGFR-TKI-induced severe interstitial lung disease in NSCLC patients), 岩佐 悟, 神田 慎太郎, 鈴木 玄樹, 大出 明, 中山 麻里, 大塚 綾香, 會田 雪絵, 後藤 功一, 国頭 英夫, 関島 勝, 西尾 和人, 田村 友秀, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 69回, 370, 370,   2010年08月
  • ラパティニブ耐性乳がん細胞株におけるFGFR2の発現(A novel mechanism of resistance to lapatinib in human breast cancer cell lines), 東 公一, 鶴谷 純司, 倉田 宝保, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 69回, 370, 370,   2010年08月
  • 前立腺がんの基礎・臨床研究の最前線 前立腺特異的PTENコンディショナルノックアウトマウスモデルによるヒト前立腺癌への応用(Front line of basic and clinical researches of prostate cancer The prostate-specific PTEN conditional knockout mouse as a model for human prostate cancer), デベラスコ・マルコ, 小池 浩之, 吉川 和宏, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 69回, 363, 363,   2010年08月
  • 転写因子snail、slugは角膜上皮細胞においてEMTを誘導しTP63発現レベルを減少させる(Snail and Slug transcription factors induce EMT and down-regulate TP63 mRNA expression in corneal epithelial cells), 青松 圭一, 荒尾 徳三, 古田 一行, 松本 和子, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 田村 大介, 永井 知行, 坂井 和子, 木村 英晴, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 318, 318,   2010年08月
  • 大腸がん高発現遺伝子FOXQ1の機能解析(FOXQ1 is overexpressed in colorectal cancer and enhances tumorigenicity and tumor growth), 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 松本 和子, 田中 薫, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコ・マルコ, 山田 康秀, 西條 長宏, 鶴谷 純司, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 314, 315,   2010年08月
  • OncoCartaによる癌遺伝子変異プロファイリング(Evaluation of high-throughput key oncogene mutation profiling approach using OncoCarta), 古田 一行, 木村 英晴, 荒尾 徳三, 関島 勝, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 309, 309,   2010年08月
  • オキサリプラチン耐性細胞株の樹立とその解析(Characterization of oxaliplatin resistant colon cancer cell lines), 柏木 英志, 和泉 弘人, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 安庭 義浩, ウ・イン, 韓 斌, 秋山 正樹, 平野 元, 内藤 誠二, 河野 公俊, 日本癌学会総会記事, 69回, 281, 281,   2010年08月
  • SNAI2に惹起されるEMTは肺癌においてチュブリン作用薬に対する感受性を亢進する(SNAI2-mediated epithelial mesenchymal transition increases the drug sensitivity to tubulin binding agents in lung cancer), 田村 大介, 荒尾 徳三, 永井 知行, 古田 一行, 坂井 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 青松 圭一, 藤田 至彦, 松本 和子, 西村 善博, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 280, 280,   2010年08月
  • 分子標的治療 ソラフェニブは肝細胞癌株において、HGF起因の上皮間葉移行(Epithelial mesenchymal transition)を阻害する(Molecular target therapy Sorafenib inhibits the hepatocyte growth factor-mediated epithelial mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma), 永井 知行, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 木村 英春, 藤田 至彦, 松本 和子, 西條 長宏, 工藤 雅俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 273, 273,   2010年08月
  • 血管内皮細胞におけるVEGFR2チロシンキナーゼ阻害薬の耐性機構(Drug resistance to vascular endothelial growth factor receptor 2 tyrosine kinase inhibitor in vascular endothelial cells), 松本 和子, 荒尾 徳三, 工藤 可苗, 古田 一行, 坂井 和子, 永井 知行, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 藤田 至彦, 木村 英晴, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 272, 272,   2010年08月
  • 血清HGF濃度はEGFRチロシンキナーゼ阻害薬の効果予測因子である(Serum HGF on treatment response to EGFR tyrosine kinase inhibitors in patients with non-small-cell lung adenocarcinoma), 荒尾 徳三, 笠原 寿郎, 坂井 和子, 酒井 麻夫, 木村 英晴, 曽根 崇, 松本 和子, 堀池 篤, 西尾 誠人, 大平 達夫, 池田 徳彦, 山中 千春, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 271, 271,   2010年08月
  • 間質におけるVimentin陽性となる紡錘形細胞のEGR-1発現は、上皮性卵巣癌の予後規定因子である(EGR-1 expression of vimentin-positive spindle-shaped cells in stroma is a prognostic indicator of ovarian cancer), 片岡 史夫, 津田 浩史, 荒尾 徳三, 田中 英雄, 西村 貞子, 野村 弘行, 千代田 達幸, 平沢 晃, 鈴木 淳, 進 伸幸, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本癌学会総会記事, 69回, 261, 261,   2010年08月
  • Gefitinib耐性株を用いた耐性機序の探索(Expression levels of EGFR-ligands are up-regnlated in EGFR tyrosine kinase inhibitor-resistant cell line), 坂井 和子, 荒尾 徳三, 古田 一行, 永井 知行, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 藤田 至彦, 松本 和子, 小泉 史明, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 69回, 195, 195,   2010年08月
  • ドセタキセル耐性非小細胞肺がん細胞株における新規Eg5阻害剤の効果の検討(Efficacy of a novel mitotic kinesin Eg5 inhibitor in docetaxel-resistant non-small cell lung cancer cells), 芹澤 昌邦, 小郷 尚久, 浅井 章良, 鈴木 淳子, 西尾 和人, 山本 信之, 洪 泰浩, 日本癌学会総会記事, 69回, 191, 192,   2010年08月
  • 転写因子ZNF143によるDNA複製および細胞周期関連因子の発現制御と腫瘍増殖(Role of ZNF143 in tumor growth through transcriptional regulation of DNA replication and cell cycle associated genes), 秋山 正樹, 和泉 弘人, 柏木 英志, 安庭 義浩, Han Bin, Wu Ying, 内海 健, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 河野 公俊, 日本癌学会総会記事, 69回, 173, 173,   2010年08月
  • 臓器がん、その他 EGFR-TKI耐性T790M肺癌に対するBIBW2992とTS標的薬剤の併用効果(Human cancer, others Enhanced anticancer effect of the combination of BIBW2992 and TS targeted agents in NSCLC with T790M), 竹澤 健, 岡本 勇, 谷崎 潤子, 福岡 正博, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 69回, 107, 107,   2010年08月
  • シグナル伝達 胃癌における治療標的としてのc-Srcとその耐性に関する検討(Signal transduction Identification of c-Src as a therapeutic target for gastric cancer and MET as a cause of resistance to c-Src inhibition), 岡本 渉, 岡本 勇, 吉田 健史, 岡本 邦男, 竹澤 健, 荒尾 徳三, 柳原 五吉, 福岡 正博, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 69回, 105, 105,   2010年08月
  • 【肺癌 急速な変貌を遂げている肺癌診療の最新知識とその活用】 トピックス 新たな肺癌分子マーカーの探索と展望, 木村 英晴, 西尾 和人, Medical Practice, 27, 7, 1174, 1176,   2010年07月
  • 予後因子・予測因子としてのgene signature, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 腫瘍内科, 5, 6, 665, 669,   2010年06月
  • 【固形癌の最新治療 癌治療への新たな取り組み】 治療の新たな取り組み 薬物療法 分子標的薬とは, 木村 英晴, 西尾 和人, 日本臨床, 68, 6, 1047, 1053,   2010年06月
  • がん分子標的治療のバイオマーカー, 西尾 和人, 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology, 41, 3, 95, 100,   2010年05月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029432412
  • 【臨床試験とバイオマーカー】 がん分子標的治療のバイオマーカー, 西尾 和人, 臨床薬理, 41, 3, 95, 100,   2010年05月
  • miRNAを介したシスプラチン耐性獲得機構の解析, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 兎川 忠靖, 菅原 佳奈子, 櫻庭 均, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 4, 318, 318,   2010年03月
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤によるアポトーシス促進型Bcl-2ファミリータンパク質Bimの発現誘導を介したアポトーシス誘導機構, 竹内 健治, Ho Viet Anh, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本薬学会年会要旨集, 130年会, 3, 147, 147,   2010年03月
  • 肺癌の分子標的治療の現状と新展開 EGFR遺伝子変異研究の新展開, 西尾 和人, 松本 和子, 木村 英晴, 金田 裕靖, 日本呼吸器学会雑誌, 48, 増刊, 24, 24,   2010年03月
  • 【肺癌の分子生物学と分子標的治療の最先端】 EGFR-TK阻害薬の耐性機序, 木村 英晴, 西尾 和人, 呼吸器内科, 17, 3, 276, 282,   2010年03月
  • 消化器癌に対する分子標的治療の現状, 西尾 和人, 日本消化器病学会雑誌, 107, 臨増総会, A92, A92,   2010年03月
  • 【肺癌の分子標的治療薬の新展開と個別化治療の可能性】 非小細胞肺癌個別化治療に向けたバイオマーカー開発, 西尾 和人, 最新医学, 65, 3, 335, 339,   2010年03月
    概要:EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR特異的チロシンキナーゼの有効性が臨床試験で証明され,EGFR遺伝子変異検査を用いた個別化治療が一般化されつつある.EGFR遺伝子変異検査については,さまざまな実地上の問題も議論され克服されつつある.二次的変異による耐性とその克服に向けたアプローチ,EML4-ALK,K-RASなどの肺癌体細胞変異による個別化が始まっている.より包括的に体細胞変異を解析し,治療アルゴリズムを確立するアプローチ,1塩基多型解析などによる血管新生阻害薬の個別化への探索的なアプローチが始まっている.(著者抄録)
  • 標準治療を受けた進行上皮性卵巣癌の予後を規定する遺伝子の網羅的検索, 冨永 英一郎, 津田 浩史, 荒尾 徳三, 西村 貞子, 片岡 史夫, 野村 弘行, 千代田 達幸, 進 伸幸, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 25, 61, 62,   2010年02月
  • 【広範囲 血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】 生化学的検査 薬物分析検査 抗癌剤 分子標的治療薬, 西尾 和人, 日本臨床, 68, 増刊1 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(2), 505, 508,   2010年01月
  • がんの分子標的と治療薬事典, 西條 長宏, 西尾 和人,   2010年
  • サスペンションアレイによるバイオマーカーの探索, 荒尾 徳三, 西尾 和人, ぶんせき, 420, 663, 666,   2009年12月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026786153
  • バイオマーカー研究の最前線, 畠 清彦, 西尾 和人, 田村 友秀, カレントテラピー, 27, 12, 1158, 1167,   2009年12月
  • 臨床試験とバイオマーカー がん分子標的治療のバイオマーカー, 西尾 和人, 臨床薬理, 40, Suppl., S153, S153,   2009年11月
  • バイオセラピィのPOC(Proof of Concept)・バイオマーカー 臨床試験におけるバイオマーカーの現状と将来, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 中川 和彦, 角田 卓也, Biotherapy, 23, Suppl.I, 50, 50,   2009年11月
  • 化学療法の効果予測はどこまですすんでいるか, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 臨床腫瘍プラクティス, 5, 4, 418, 419,   2009年11月
  • がん分子標的薬とバイオマーカー(医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合), 西尾 和人, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19,   2009年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007484303
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤によるFasリガンド発現を介したアポトーシス誘導機構, 竹内 健治, 永井 絢子, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 4P, 211,   2009年09月
  • シスプラチン耐性肺癌細胞株におけるmiRNAの発現解析, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 兎川 忠靖, 菅原 佳奈子, 櫻庭 均, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 82回, 3P, 669,   2009年09月
  • 大腸癌高発現の新規癌関連遺伝子FOXQ1の機能解析, 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 中川 和彦, 近畿大学医学雑誌, 34, 3, 13A, 13A,   2009年09月
  • トラスツズマブ投与患者における治療効果予測の新規バイオマーカーの探索, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 近畿大学医学雑誌, 34, 3, 13A, 13A,   2009年09月
  • がん分子標的療法の新展開 バイオマーカーを用いた分子標的薬の個別化治療の進展と諸問題, 西尾 和人, 臨床血液, 50, 9, 855, 855,   2009年09月
  • 【臨床遺伝子学'09 がんの遺伝子学】 ゲノムと薬物療法 がん治療薬選定とファーマコゲノミクス, 西尾 和人, 最新医学, 64, 9月増刊, 2067, 2072,   2009年09月
    概要:バイオマーカーによる治療法の選定は,がん分子標的治療を中心に進んでおり,個別化治療に直結する.多種のバイオマーカーのうち,がん組織における体細胞変異による治療法の選択による治療効果の結果が,大規模比較臨床試験で示されている.日常臨床で用いる場合に注意するべき点も整理されつつある.(著者抄録)
  • 原発不明癌 診断と治療 原発不明がん同定のための分子生物学的な手法、研究, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 344, 344,   2009年09月
  • がんのバイオマーカーと分子標的薬 分子標的薬治療応答(効果)予測マーカー, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 301, 301,   2009年09月
  • 卵巣癌治療の新たな展開 10年後を見据えて 腫瘍-間質相互作用の観点からの表層上皮性卵巣癌の予後関連遺伝子の探索, 津田 浩史, 片岡 史夫, 荒尾 徳三, 西村 貞子, 野村 弘行, 千代田 達幸, 冨永 英一郎, 鈴木 淳, 進 伸幸, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本癌治療学会誌, 44, 2, 295, 295,   2009年09月
  • 標準治療を受けた進行上皮性卵巣癌の予後を規定する遺伝子の網羅的検索, 冨永 英一郎, 津田 浩史, 荒尾 徳三, 西村 貞子, 片岡 史夫, 野村 弘行, 千代田 達幸, 進 伸幸, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録, 29回, 78, 79,   2009年09月
  • 血液標本における新規薬物動態バイオマーカーの血管新生阻害剤BIBF1120の抗腫瘍活性(Antitumor activity of a novel angiogenesis inhibitor BIBF1120 a new pharamacodynamic biomarker in blood samples), 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコ・マルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 484, 484,   2009年08月
  • プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブは血管内皮細胞に対して直接的な増殖抑制効果を示す(Bortezomib directly inhibits cellular growth of vascular endothelial cells via VEGF independent pathway), 田村 大介, 荒尾 徳三, 青松 圭一, 田中 薫, 金田 裕靖, 松本 和子, 工藤 可苗, 藤田 到彦, 渡辺 隆, 小谷 義一, 西村 善博, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 478, 478,   2009年08月
  • オキサリプラチン耐性結腸直腸癌細胞株の樹立とその解析(Establishment and characterization of oxaliplatin resistant colorectal cancer cell lines), 柏木 英志, 和泉 弘人, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 平野 元, 益淵 大輔, 守田 真基子, 安庭 義浩, 内藤 誠二, 河野 公俊, 日本癌学会総会記事, 68回, 470, 470,   2009年08月
  • シスプラチン耐性肺がん細胞株におけるmiRNA発現プロファイル(Micro RNA expression pro filing in Cisplatin resistant lung cancer cell lines), 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 日本癌学会総会記事, 68回, 470, 470,   2009年08月
  • 上皮性卵巣癌におけるCofilin 1の過剰発現は予後規定因子となりうる(Overexpression of Cofilin 1 can predict the progression free survival on epithelial ovarian cancer), 西村 貞子, 津田 浩史, 荒尾 徳三, 野村 弘行, 進 伸幸, 川村 直樹, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本癌学会総会記事, 68回, 456, 457,   2009年08月
  • TGF-βはヒト角膜上皮細胞の増殖とEMT関連遺伝子発現を調節する(TGF-beta regulates proliferation and EMT-related gene expression of human corneal epithelial cell), 青松 圭一, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 下村 嘉一, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 446, 446,   2009年08月
  • N-myc downstream regulated gene 1(NDRG1)/Cap43による膵癌の腫瘍増大と血管新生抑制におけるNF-κBシグナルの関与(NDRG1/Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis through attenuation of NF-kappaB pathway in human pancreatic cancer), 細井 文仁, 和泉 弘人, 河原 明彦, 村上 雄一, 渡 公佑, 鹿毛 政義, 西尾 和人, 河野 公俊, 小野 眞弓, 日本癌学会総会記事, 68回, 435, 435,   2009年08月
  • 進行上皮性卵巣癌における腫瘍-間質相互作用の臨床的意義の検討(Genetic expression involving the cancer-stroma interaction and its clinical significance in advanced ovarian cancer), 片岡 史夫, 津田 浩史, 荒尾 徳三, 冨永 英一郎, 西村 貞子, 野村 弘行, 千代田 達幸, 鈴木 淳, 進 伸幸, 西尾 和人, 青木 大輔, 日本癌学会総会記事, 68回, 328, 328,   2009年08月
  • mTORシグナルとHIF-1 alphaは癌細胞のCD133の発現を制御する(mTOR signal and HIF-1 alpha regulate CD133 expression in cancer cells), 松本 和子, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, 工藤 可苗, デベラスコ・マルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 山田 康秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 276, 276,   2009年08月
  • 胃癌高発現遺伝子SRPX2は胃癌細胞の遊走・接着を誘導する(SRPX2 is overexpressed in gastric cancer and promotes cellular migration and adhesion), 荒尾 徳三, 田中 薫, 青松 圭一, 田村 大介, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 柳原 五吉, 山田 康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 252, 252,   2009年08月
  • MET遺伝子増幅を伴うゲフィチニブ獲得耐性非小細胞肺癌におけるSrc阻害剤の効果(Src inhibitors in gefltinib-resistant non small cell lung cancer cells with acquired MET amplification), 岡本 勇, 吉田 健史, 福岡 正博, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 68回, 204, 205,   2009年08月
  • HER2陽性の転移性乳がん患者におけるトラスツズマブの治療効果とFUT8の酵素活性・SNPsの相関について(Analysis for SNPs and activities of FUT8 and clinical efficacy of trastuzumab in patients with HER2+ breast cancer), 小野 麻紀子, 田村 研治, 清水 千佳子, 小泉 史明, 勝俣 範之, 安藤 正志, 河野 勤, 米盛 勧, 西尾 和人, 藤原 康弘, 日本癌学会総会記事, 68回, 185, 185,   2009年08月
  • エクソンアレイとSNPアレイによるがん細胞株のエクソン異常の探索(Whole genome exon array and SNP array detected alternative splicing in gastrointestinal cancer cell lines), 古田 一行, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, 工藤 可苗, デベラスコ・マルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 関島 勝, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 165, 165,   2009年08月
  • 新規HER二量化阻害剤pertuzumabはHER3シグナルを介してヒトNSCLC細胞の増殖を抑制する(Pertuzumab, a novel HER dimerization inhibitor, inhibits the growth of human NSCLC cells mediated by the HER3 signals), 坂井 和子, 小泉 史明, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 79, 79,   2009年08月
  • 野生型EGFRを有する癌におけるgefitinibあるいはcetuximab治療の効果予測因子としてのamphiregulinについて(Autocrine production of amphiregulin predicts sensitivity to both gefitinib and cetuximab in EGFR wild type cancers), 米阪 仁雄, 岡本 勇, Zejnullahu Kreshnik, Jaenne Pasi, 西尾 和人, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 68回, 78, 78,   2009年08月
  • ゲノム薬理学と創薬 最近のバイオマーカー研究の動向(Pharmacogenomics and drug discovery The Latest Move in the Biomarker Research), 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 65, 65,   2009年08月
  • サスペンジョンビーズアレイによる大腸癌術後再発予測バイオマーカーの探索(Antibody Suspension Bead Arrays to Identify Predictive Biomarkers for Post-operative Recurrence in Colorectal Cancer), 永井 知行, 山田 康秀, 荒尾 徳三, 島田 安博, 斎藤 豊, 松田 尚久, 森谷 宜皓, 赤須 孝之, 藤田 伸, 山本 精一郎, 上原 圭介, Fedynyshyn Joe, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 62, 62,   2009年08月
  • アクチビン-AはTGFβ依存性シグナルを介して血管内皮細胞の増殖を直接抑制する(Activin-A directly inhibits vascular endothelial cell growth via TGF-beta dependent signal pathway), 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 田中 薫, 永井 智行, 工藤 可苗, 田村 大介, 青松 圭一, 松本 和子, 藤田 至彦, 山田 康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 68回, 49, 49,   2009年08月
  • オステオポンチンは悪性胸膜中皮腫の細胞機能に影響を与える, 大橋 里奈, 田島 健, 崔 日, 顧 涛, 樋野 興夫, 塩見 和, 宮元 秀昭, 西尾 和人, 高橋 和久, 肺癌, 49, 4, 368, 375,   2009年08月, 10.2482/haigan.49.368, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000122999
    概要:目的.オステオポンチン(OPN)はインテグリンαvβ3を介して癌の進展や血管新生などに関与する接着分子であり,アスベストに曝露された悪性胸膜中皮腫患者の血清マーカーとして有用であることが報告された.本研究では悪性胸膜中皮腫細胞株におけるOPNの発現,接着,増殖,アポトーシスにおける役割について検討する.方法.各種の中皮腫細胞株を用いOPNの発現,細胞表面上の各種インテグリンの発現を評価した.固相化したOPNと細胞株との接着,増殖試験を抗αvβ3抗体もしくはArginine-Glycine-Aspartic acid(RGD)ペプチドの添加·非添加の条件下で行った.同様にOPN上でのアポトーシスと遊走能の評価と固相化OPN上におけるfocal adhesion kinase(FAK)のリン酸化を検討した.結果.Reverse transcriptase-polymerase chain reaction(RT-PCR)の結果,肉腫型胸膜中皮腫細胞株でOPNの発現を認めた.同様にFACScanTMではαvとβ3の発現とOPNに対しての接着,増殖の増強を認めたが,抗αvβ3抗体もしくはRGDペプチドの添加により阻害された.またOPN上で抗アポトーシス作用と,FAKのリン酸化の増強が認められた.結論.肉腫型中皮腫細胞株においてOPNに対する接着,増殖の増強,抗アポトーシス,FAKのリン酸化の増強が認められた.この機序にインテグリンαvβ3を介するシグナルが寄与している可能性が示唆された.
  • 今後期待される抗癌剤 肺癌を中心に, 田村 大介, 西尾 和人, 呼吸, 28, 8, 788, 794,   2009年08月
    概要:肺癌は現在悪性腫瘍の死因の第1位を占める疾患であり、いまだ治療は困難を極めている。近年エビデンスに基づいた治療は確立されているが、これらの標準治療の内容を変化させる可能性をもつ薬剤が開発されつつある。こうした新しい治療薬のなかで分子標的薬と呼ばれる治療薬の担う役割は大きい。特に肺癌の分野においてはゲフィチニブなどのEGFR-TKI、セツキシマブなどのEGFRに対する抗体、ベバシズマブなどのVEGFに対する抗体、ソラフェニブといったVEGFR-TKIなどの研究が進んでいる。またそれら以外の分子を標的とした新薬の開発も期待されている。分子標的薬以外ではペメトレキセートなども先頃肺癌治療の承認を受け期待されている。我々の課題はこういった新薬の研究とともにそれらを使用するうえでの適切なバイオマーカーを探索すること、またとりもなおさず現在の標準治療についても熟知する必要があることはいうまでもない。(著者抄録)
  • 【呼吸器における薬剤の現状と開発】 疾患遺伝子の変異と分子標的薬, 藤田 至彦, 西尾 和人, THE LUNG-perspectives, 17, 3, 237, 240,   2009年07月
    概要:ゲノム解析技術の発展に伴い、がんをはじめとする発生・進展に関与する遺伝子の発見がますます加速されつつある。さらに、そこから導き出される遺伝子産物(タンパク)の立体構造の情報をもとにデザインされる物質は、分子標的薬として新たな治療法開発への道を切り開く可能性がある。(著者抄録)
  • 糖鎖解析とがん治療, 松本 和子, 西尾 和人, がん分子標的治療, 7, 3, 185, 189,   2009年07月
    概要:蛋白の糖鎖修飾の状態が細胞の形質を変化させることは古くから知られている。糖鎖修飾と腫瘍細胞の生物学的機能については、腫瘍マーカーなど密接な関連があるが、未知の領域も多いと考えられている。現在、糖鎖研究は糖鎖に関する情報のデータベースの構築と質量分析を組み合わせることで飛躍的に進歩しつつある。今後がんの領域においても、糖鎖のもつ生物学的機能を明らかにすることによって、さらにバイオマーカーの確立や創薬への応用が可能になると期待されている。(著者抄録)
  • 【原発不明がん】 Interface on Cancer Therapy 原発不明がん同定のための分子生物学的な手法、研究, 荒尾 徳三, 西尾 和人, がん分子標的治療, 7, 3, 166, 171,   2009年07月
    概要:原発不明がんに対する原発腫瘍の推定は、治療予後を改善しうる点から臨床的に重要である。マイクロアレイ遺伝子発現解析などの新しい分子生物学的手法は、原発腫瘍の推定に有用な未知の遺伝子の提示、あるいは遺伝子発現プロファイルを用いての推定モデルの構築を可能にした。原発不明がん推定研究の一番の問題点は、その名のとおり真の原発腫瘍が不明で正答が不明なため、診断既知の腫瘍サンプルで構築したモデルを用いての検証あるいは予測作業が困難な点である。そのため、構築したモデルで層別化し治療予後が改善することなどの代替エンドポイントの設定などの工夫が必要となってくる。従来の臨床像からの推定と免疫組織学的推定方法での推定に対して、マイクロアレイ遺伝子発現解析あるいはPCRベースの診断手技は、今後分子生物学的見地から大きく貢献できると期待されている。(著者抄録)
  • 【原発不明がん】 Interface on Cancer Therapy 原発巣同定のアルゴリズム, 倉橋 一成, 中川 和彦, 西尾 和人, 伊藤 陽一, 大橋 靖雄, がん分子標的治療, 7, 3, 160, 165,   2009年07月
    概要:がん治療を行うときに遺伝子情報を測定してサブグループを特定することで効率的な治療戦略をとることが、近年注目されている。治療が難しいとされている原発不明がんも、マイクロアレイによって遺伝子発現を測定することで遺伝子プロファイルが似ているがん種を同定し、そのがん種の治療を行うという戦略が計画されている。それに伴って、原発巣を同定するアルゴリズムを紹介する。(著者抄録)
  • 【原発不明がん】 原発不明がんに関する最近の話題, 中川 和彦, 倉田 宝保, 西尾 和人, がん分子標的治療, 7, 3, 152, 159,   2009年07月
  • 【ゲノムとプロテオミクス ベンチからベッドサイドへ】 ゲノミクスとプロテオミクス, 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本胸部臨床, 68, 7, 581, 592,   2009年07月
    概要:癌治療領域においては、分子標的薬をはじめとする有効な治療法の出現とともに、治療効果をさらに向上させるために効果予測因子、予後因子の同定、重篤な副作用の発現予測などのバイオマーカー研究の必要性が広く理解されてきた。その中でゲノミクス、プロテオミクスは新しいツールとして重要な役割を果たしてきている。本稿では、ゲノミクス領域のDNAマイクロアレイの現状、プロテオミクス領域のトピックスなどを紹介する。(著者抄録)
  • 肺癌患者におけるEGFR遺伝子変異検査の解説, 光冨 徹哉, 谷田部 恭, 萩原 弘一, 弦間 昭彦, 西尾 和人, 秋田 弘俊, 中川 和彦, 肺癌, 49, 3, i, xix,   2009年06月
  • 抗がん剤のTDMを考える 血中薬物濃度に代わって臨床応用可能な薬効バイオマーカーに関する最近の話題, 西尾 和人, TDM研究, 26, 3, s74, s74,   2009年06月
  • 【がん診療update】 がんの診断 遺伝子診断, 西尾 和人, 日本医師会雑誌, 138, 特別1, S117, S118,   2009年06月
  • 【原発不明癌の臨床】 原発不明癌の分子診断の現状と課題, 藤田 至彦, 西尾 和人, 癌と化学療法, 36, 6, 923, 926,   2009年06月
    概要:癌の遺伝子発現のパターンは細胞株、癌検体ともに原発巣ごとに類似性をもつ。このことから、遺伝子発現解析は原発巣不明癌をいくつかの癌種に分類し、原発巣を決定する新たなテクノロジーを提供するだろう。14種の原発巣からなる229の癌生検に対してcDNAマイクロアレイを行い、それらのデータを用いて開発したSVM分類予測モデルに従うと、89%の正解率で原発巣(13癌種)を予測可能であることがクロスバリデーションによって確認された。このSVMを13例の原発不明癌症例に使用したところ、うち11例で患者の原発巣が推定され、臨床経過の包括的なレビューによってその推定の正しさが裏付けられた。さらに正解率の高い予測をめざして、マイクロアレイと定量的PCRのデータからクロスプラットフォームなSVMの開発が望まれる。(著者抄録)
  • 【癌の分子標的治療】 基盤研究からみた今後の癌分子標的治療開発研究, 西尾 和人, Medical Science Digest, 35, 5, 174, 177,   2009年05月
    概要:がん分子標的治療は標準的治療の一角を占めるようになった。次世代の分子標的の開発には、新たな分子の探索、proof of concept、ファーマコゲノミクス、バイオマーカーの有効利用等のアプローチが進められている。これには臨床的な基盤研究による新たな知見が有用である。現在では、腫瘍を標的とする分子や多標的分子標的薬のみならず、微小環境、免疫療法を標的とする新しい分子標的、また1世代分子標的治療に対する耐性を克服するアプローチなどがすすんでいる。(著者抄録)
  • 【がん細胞のどこを狙うか、なぜそこを狙うのか 分子標的治療薬を識るために】 mTORシグナル伝達, 松本 和子, 西尾 和人, Mebio, 26, 5, 84, 90,   2009年05月
  • 【がん細胞のどこを狙うか、なぜそこを狙うのか 分子標的治療薬を識るために】 血管新生のバイオロジーと血管新生阻害薬のバイオマーカー, 荒尾 徳三, 山田 康秀, 西尾 和人, Mebio, 26, 5, 50, 55,   2009年05月
  • 【がん細胞のどこを狙うか、なぜそこを狙うのか 分子標的治療薬を識るために】 がんの体細胞変異の最近の知見, 古田 一行, 関島 勝, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Mebio, 26, 5, 33, 41,   2009年05月
  • 【がん細胞のどこを狙うか、なぜそこを狙うのか 分子標的治療薬を識るために】 バイオマーカーとは、何故必要か, 西尾 和人, Mebio, 26, 5, 20, 27,   2009年05月
  • 肝癌発生・進展の分子機構と臨床への還元 血管新生阻害薬のバイオマーカー研究, 荒尾 徳三, 工藤 正俊, 西尾 和人, 肝臓, 50, Suppl.1, A96, A96,   2009年04月
  • 癌の増殖機構と分子標的薬治療, 西尾 和人, 肝臓, 50, Suppl.1, A6, A6,   2009年04月
  • 【HGF/c-Met】 HGF/c-Met, 西尾 和人, 矢野 聖二, 吉野 孝之, がん分子標的治療, 7, 2, 84, 91,   2009年04月
    概要:ゲフィチニブ投与例における獲得耐性に関し、そのメカニズムが明らかになりつつある。耐性を示した患者のおよそ半分にEGFR遺伝子の二次的なT790M変異がみられ、また約20%にはc-Met遺伝子の増幅が認められる。さらに、矢野聖二先生(金沢大学がん研究所分子標的がん医療研究開発センター腫瘍内科教授)らの研究により、HGFの過剰発現が獲得耐性に関係していることが明らかになってきた。そこで、本座談会では「HGF/c-Met」をテーマに、西尾和人先生(近畿大学医学部ゲノム生物学教室教授)の司会のもと、矢野聖二先生と吉野孝之先生(国立がんセンター東病院消化器内科)に、最近の動向と今後の課題について議論していただいた。HGFはがん細胞のc-Metと結合し、PI3-K/Aktなどのシグナル伝達経路を活性化する。HGFのアンタゴニストであるNK4は、HGFの活性を阻害するほか、c-MetやHGFとは非依存性に血管新生阻害作用を示すことから、NK4による抗腫瘍効果が期待されている。また、c-Met阻害剤の臨床試験も数多く進められ、その効果が報告されつつあるが、臨床応用に向け、c-Met遺伝子の増幅やHGFの過剰発現などをバイオマーカーとした患者選択が重要になってきた。耐性克服には、c-Met阻害剤とEGFR-TKIあるいは抗がん剤との併用療法に期待が寄せられるが、副作用を十分に考慮した組み合わせが検討されるべきである。(著者抄録)
  • エポックメイキングな薬学を目指して 基礎と臨床の架橋となる生命科学 超分子[2]Rotaxaneによる抗腫瘍効果と特徴ある作用様式, 牧尾 圭悟, 原 一樹, 木村 公彦, 牛島 逸子, 新矢 時寛, 高田 十志和, 藤田 至彦, 西尾 和人, 小野 信文, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 1, 261, 261,   2009年03月
  • 耐性細胞を用いたシスプラチン耐性因子の探索, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 菅原 佳奈子, 西尾 和人, 姫野 誠一朗, 櫻庭 均, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 3, 181, 181,   2009年03月
  • EGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤に対する非小細胞肺がんの耐性獲得機構解析, 新屋 智寛, 井本 智大, 濱宮 由理, 竹内 健治, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本薬学会年会要旨集, 129年会, 3, 136, 136,   2009年03月
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行関連分子の発現変化, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 下村 嘉一, 日本眼科学会雑誌, 113, 臨増, 281, 281,   2009年03月
  • 【新しい分子標的薬の開発】 MEK阻害剤(ARRY-142886、CI-1040), 田村 大介, 西尾 和人, 腫瘍内科, 3, 3, 275, 279,   2009年03月
  • 【次世代のパーソナライズド・セラピーに向けて】 バイオマーカーを利用したがん分子標的薬の臨床研究, 西尾 和人, 大腸癌Frontier, 2, 1, 28, 31,   2009年03月
    概要:がん分子標的薬は大腸癌においても標準的治療の一角を占めるようになった。分子標的薬の使用においてはバイオマーカーを用いた薬剤選択が可能で個別化治療(パーソナライズド・セラピー)に直結する。抗EGFRモノクローナル抗体に対するKRAS遺伝子検査などが検討されている。臨床の場での実施には、検査自身の特性などを把握することが必要である。遺伝子検査などのバイオマーカーが完成している場合の臨床試験のデザインは従来のデザインとは異なり、バイオマーカーが効果予測因子であるのか、予後因子であるのかを区別する臨床試験が必要である。(著者抄録)
  • 【癌治療とバイオマーカー】 バイオマーカー概論, 西尾 和人, Biotherapy, 23, 2, 79, 86,   2009年03月
    概要:バイオマーカーは、正常な生物学的過程、発病の過程、もしくは治療介入による薬理学的反応を反映する測定および評価可能な特性と定義される。がん治療におけるバイオマーカーの重要性は高まっている。主に毒性の回避、治療選択などの個別化治療、proof of conceptなどの目的でバイオマーカーの有効利用が重要である。バイオマーカーの臨床応用のためには、診断と治療の融合のコンセプトの下、検証研究、臨床試験デザイン、診断法としての精度管理が重要である。(著者抄録)
  • 【大腸癌KRAS遺伝子変異ガイダンス 抗EGFR抗体医薬の適正使用に向けて】 大腸がん患者におけるKRAS遺伝子変異の測定に関するガイダンス 第1版 2008年11月, 畠 清彦, 吉野 孝之, 西尾 和人, 落合 淳志, 渡邉 聡明, 篠崎 英司, 山田 康秀, 室 圭, 日本臨床腫瘍学会KRAS遺伝子変異検討小委員会, 医学のあゆみ, 228, 13, 1242, 1247,   2009年03月
  • 【大腸癌KRAS遺伝子変異ガイダンス 抗EGFR抗体医薬の適正使用に向けて】 他のがん腫におけるEGFR-RASシグナル, 松本 和子, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 228, 13, 1231, 1235,   2009年03月
    概要:分子スイッチであるRAS蛋白はがんのシグナル伝達において重要な分子であり、明らかながん遺伝子として知られている。RAS遺伝子変異は膵癌、肺癌、大腸癌をはじめとする多くのがん腫において変異が認められている。一番頻度の多いKRAS遺伝子変異以外にも、膀胱癌のHRAS変異や、リンパ性の悪性腫瘍や悪性黒色腫のNRAS変異が知られている。RAS蛋白は生物学的活性を獲得するために、プレニル化、蛋白質分解、カルボキシルメチル化、パルミチル化などいくつかの翻訳後修飾を必要とし、これらを標的とした薬剤の開発がはじまっている。(著者抄録)
  • 【肺癌生存期間延長の謎 今何が起こっている?】 肺癌における個別化治療, 西尾 和人, 内科, 103, 2, 223, 226,   2009年02月
    概要:肺癌において、近年分子生物学的な特徴が網罹的に把握されてきている。EGFR遺伝子変異検査による、EGFR-TKIの個別化治療が進んでいる。プラチナ化合物等の細胞障害性薬剤の個別化に向けた、バイオマーカー研究が進んでいる。実地臨床での個別化には、検証された遺伝子検査法の確立が必要である。(著者抄録)
  • 【非選択的治療から選択的治療へのパラダイムシフト】 マイクロアレイによる原発不明がんの個別化治療へのアプローチ, 西尾 和人, 倉田 宝保, 中川 和彦, Mebio Oncology, 6, 1, 82, 87,   2009年02月
  • 呼吸器疾患関連遺伝子異常 肺癌に関連する遺伝子異常, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 13, 1, 95, 98,   2009年01月
  • 【がん薬物療法学 基礎・臨床研究のアップデート】 抗悪性腫瘍薬の薬理学・薬力学・薬理遺伝学 分子薬理学, 西尾 和人, 日本臨床, 67, 増刊1 がん薬物療法学, 329, 331,   2009年01月
  • 【がん薬物療法学 基礎・臨床研究のアップデート】 癌の病因・病態 細胞癌化とシグナル伝達 増殖因子と受容体, 金田 裕靖, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本臨床, 67, 増刊1 がん薬物療法学, 60, 65,   2009年01月
  • 表皮成長因子受容体-チロシンキナーゼ阻害剤誘発性アポトーシスにおけるJNK活性化の重要性(JNK activation is critical for epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor-induced apoptosis), 竹内 健治, 新屋 智寛, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 81回・31回, 1T10, 6,   2008年11月
  • 【非選択的治療から選択的治療へのパラダイムシフト】 選択的治療を可能にする方法論 バイオマーカー研究の側面から, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Mebio Oncology, 5, 1, 10, 17,   2008年11月
  • S1-2 抗がん剤の感受性・耐性(遺伝子情報と肺癌,第49回日本肺癌学会総会号), 西尾 和人, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986013
  • 探索医療の基礎から臨床へ がん分子標的薬のバイオマーカー研究と創薬, 西尾 和人, 臨床病理, 56, 補冊, 53, 53,   2008年10月
  • 包括的遺伝子発現情報を基にした悪性神経膠腫患者の予後を予測する遺伝子の探索, 山中 龍也, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 843, 843,   2008年10月
  • 進行再発大腸がん化学療法の新たな治療戦略・分子標的治療薬 抗EGFR抗体の臨床導入を機に 分子標的治療薬のバイオマーカー, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 323, 323,   2008年10月
  • バイオマーカー研究 臨床から基礎への要望、基礎から臨床への要望 基礎から臨床への要望 バイオマーカー研究の推進のために, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 254, 254,   2008年10月
  • 進行非小細胞肺癌(NSCLC)における遺伝子多型と生存の検討, 山本 昇, 佐藤 泰憲, 田村 友秀, 軒原 浩, 関根 郁夫, 國頭 英夫, 大江 裕一郎, 香取 典子, 斎藤 嘉朗, 澤田 純一, 関根 章博, 中村 祐輔, 西尾 和人, 吉田 輝彦, 西條 長宏, 肺癌, 48, 5, 459, 459,   2008年10月
  • 遺伝子情報と肺癌 抗がん剤の感受性・耐性, 西尾 和人, 肺癌, 48, 5, 402, 402,   2008年10月
  • 分子標的治療 癌の分子標的治療とバイオマーカー研究, 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Frontiers in Gastroenterology, 13, 4, 328, 333,   2008年10月
  • 標準治療を施行した進行上皮性卵巣癌の予後因子の網羅的探索(Expression profile of epithelial ovarian cancer patients receiving standard therapy), 冨永 英一郎, 荒尾 徳三, 津田 浩史, 山上 亘, 野村 弘行, 平沢 晃, 鈴木 淳, 進 伸幸, 西村 貞子, 青木 大輔, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 487, 487,   2008年09月
  • 胃癌細胞におけるIMP-3遺伝子の機能解析(IMP-3 overexpression promotes cellular proliferation activity in gastric cancer), 田中 薫, 荒尾 徳三, 前川 麻里, 松本 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 柳原 五吉, 山田 康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 404, 404,   2008年09月
  • ユニークなインターロック分子 ロタキサンの抗がん物質としての有用性(Rotaxane, a unique interlocked molecule, as a potential antitumor agent), 藤田 至彦, 小野 信文, 高田 十志和, パトラ・ラジャシュリー, デベラスコ・マルコ, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 391, 391,   2008年09月
  • VEGFR2チロシンキナーゼ阻害剤のフローサイトメトリーによるチロシンリン酸化阻害剤の検討(Inhibition of phospho-tyrosine in VEGFR2+CD45dim population as a biomarker for VEGFR2 tyrosine kinase inhibitors), 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 松本 和子, 田中 薫, 前川 麻里, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 365, 365,   2008年09月
  • EGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤に対する耐性獲得機構(Acquired drug-resistance to inhibitors of EGF receptor (EGFR) tyrosine kinase in non-small cell lung cancer), 新屋 智寛, 前川 麻里, 西尾 和人, 清水 信義, 伊藤 文昭, 日本癌学会総会記事, 67回, 362, 362,   2008年09月
  • 血漿糖鎖解析による膵臓癌の診断(Mass spectrometric analysis of plasma N-glycan in pancreas cancer), 坂本 洋城, 荒尾 徳三, 松本 和子, 北野 雅之, 工藤 正俊, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 342, 342,   2008年09月
  • トラスツズマブ療法における新規バイオマーカーの探索的研究(Identification of predictive biomarkers for response to Trastuzumab using glycobiological analysis), 松本 和子, 荒尾 徳三, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 小泉 史明, 清水 千佳子, 田村 研治, 藤原 康弘, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 336, 336,   2008年09月
  • 進行固形腫瘍患者におけるE7080の第一相試験ならびにバイオマーカー解析(Phase I Dose Escalation Study and Biomarker Analysis of E7080 in Patients with Advanced Solid Tumors), 後藤 悌, 山田 一彦, 山本 昇, 山田 康秀, 藤原 豊, 軒原 浩, 平田 泰三, 小泉 史明, 西尾 和人, 小山 則行, 田村 友秀, 日本癌学会総会記事, 67回, 306, 306,   2008年09月
  • 新規癌関連遺伝子FOXQ1は大腸癌細胞株において細胞周期制御因子p21waf1/Cip1を制御する(FOXQ1 is a novel p21 regulator in colorectal cancer cells), 金田 裕靖, 荒 徳三, 田中 薫, 前川 麻里, 松本 和子, 工藤 可苗, 藤田 至彦, 山田 康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 299, 300,   2008年09月
  • NDRG1/Cap43のヒト膵癌における血管新生の制御(NDRG1/Cap43 suppresses tumor growth and angiogenesis through modulation of tumor microenvironment in pancreatic cancer), 細井 文仁, 和泉 弘人, 河原 明彦, 村上 雄一, 渡 公佑, 鹿毛 政義, 西尾 和人, 河野 公俊, 桑野 信彦, 小野 眞弓, 日本癌学会総会記事, 67回, 297, 298,   2008年09月
  • 可逆的gefitinib耐性化機構におけるMET過剰発現とErbB受容体の関与(Relationship between MET-overexpression and ErbB family receptors in a reversible gefitinib-resistant NSCLC), 鹿目 知子, 門福 強樹, 楠本 壮二郎, 山岡 利光, 廣瀬 敬, 大西 司, 西尾 和人, 足立 満, 西條 長宏, 大森 亨, 日本癌学会総会記事, 67回, 263, 263,   2008年09月
  • 野生型と15塩基欠失型EGFRに対するマイクロアレイ発現解析(Microarray analysis for wild type and delE746_A750 type of EGFR introduced cells), 前川 麻里, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 伊藤 文昭, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 195, 195,   2008年09月
  • 腎細胞癌における、テーラーメイド医療に向けた動物モデル(Tumor explant animal model: aiming towards tailor-made therapy of renal cell carcinoma), デベラスコ・マルコ, 田中 基幹, 吉川 元清, 穴井 智, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 67回, 183, 183,   2008年09月
  • 乳がんにおけるYB-1によるHER2、ER alpha及びCXCR-4の発現制御(Nuclear localization of YB-1 is requisite for expression of HER2, ER alpha, and CXCR4 in human breast cancer cells), 馬崎 雄二, 樫原 正樹, 西尾 和人, 和泉 弘人, 河野 公俊, 小野 眞弓, 桑野 信彦, 日本癌学会総会記事, 67回, 144, 145,   2008年09月
  • 消化管癌に対するDNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析(Microarray analysis for gastrointestinal cancer), 山田 康秀, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 75, 75,   2008年09月
  • バイオマーカー研究最前線 がん臨床試験におけるバイオマーカー研究(The Forefront of Biomarkers Research in Molecular Diagnosis & Drug Discovery Biomarker Research in Clinical Study), 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 67回, 40, 40,   2008年09月
  • 【切除不能進行・再発大腸癌の治療〜分子標的薬と最新癌化学療法を中心に】 トランスレーショナル研究と分子標的治療薬の根拠, 田村 大介, 西尾 和人, 大腸癌Frontier, 1, 3, 185, 190,   2008年09月
    概要:大腸癌をはじめとして、種々のがん種において分子標的治療薬が標準的治療の一翼を担うようになってきている。これら分子標的治療薬はその根拠となるさまざまな基礎研究の結果に基づいている。そして臨床で使用される中では、その副作用の問題、コストの問題など新しい問題も起こってきている。これらの問題を解決するためには、臨床試験のデータと基礎研究のデータのさらなる集積が必要である。今後の分子標的治療薬のさらなる進歩には、トランスレーショナル研究が担う役割が大きい。(著者抄録)
  • 分子医薬開発の動向, 西尾 和人, Cancer Frontier, 10, 1, 90, 96,   2008年08月
    概要:がん分子標的薬は、標準的治療の一翼を担っている。Critical path research opportunityとして、バイオマーカーを用いた、創薬、個別化医療がすすめられている。臨床応用に向けて、アッセイの方法、臨床試験などに確からしさがもとめられている。分子標的薬のバイオマーカーとしては、腫瘍を標的とする薬剤は、腫瘍の遺伝子の変化などoncogen addictionを捕らえる方法が有効である。血管新生阻害剤のバイオマーカーや耐性を判断するバイオマーカーなどの研究が精力的にすすめられている。(著者抄録)
  • 【肺癌 基礎・臨床研究のアップデート】 疫学・基礎研究 病態 肺癌の生物学的特性と臨床応用, 西尾 和人, 日本臨床, 66, 増刊6 肺癌, 135, 138,   2008年08月
  • 【肺癌 基礎・臨床研究のアップデート】 疫学・基礎研究 病態 肺癌の血管新生, 荒尾 徳三, 金田 裕靖, 西尾 和人, 日本臨床, 66, 増刊6 肺癌, 113, 117,   2008年08月
  • 【内科医のためのがん診療Update】 がんの特徴 分子標的薬を理解するための腫瘍の特徴, 西尾 和人, Medicina, 45, 8, 1385, 1388,   2008年08月
    概要:<ポイント>●がんは遺伝子異常の積み重なりにより生じる疾患であり,遺伝子腫瘍を除くがんは後天的に獲得される複数の遺伝子の体細胞変異によって多段階的に生じる.●がんの増殖などの形質は1つあるいは少数の遺伝子の異常に依存する(oncogene addiction).●がん遺伝子の変異,増幅,転移等は分子標的治療の標的であり,効果予測マーカーである.(著者抄録)
  • バイオマーカーによる前層別の行方, 西尾 和人, 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology, 39, 4,   2008年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026156945
  • ゲノム薬理学の時代における、がん薬物療法 バイオマーカーによる前層別の行方, 西尾 和人, 臨床薬理, 39, 4, 97S, 97S,   2008年07月
  • 【分子標的治療薬の基礎と臨床】 バイオマーカーとその臨床応用, 西尾 和人, 成人病と生活習慣病, 38, 6, 654, 658,   2008年06月
    概要:バイオマーカーを臨床応用することは、創薬、個別化医療にとって重要であり、分子標的治療のバイオマーカーがその中心となっている。臨床応用に向けて、アッセイの方法、臨床試験などに確からしさが求められている。分子標的治療薬のバイオマーカーとしては、腫瘍を標的とする薬剤は、腫瘍の遺伝子の変化などoncogen addictionを捕らえる方法が有効である。血管新生阻害薬のバイオマーカーや耐性を判断するバイオマーカーなどの研究が精力的に進められている。(著者抄録)
  • 肺癌細胞株におけるErbBファミリーによる転写活性のシグナル伝達因子及びアクチベータの調節(The regulation of signal transducer and activator of transcription activity by ErbB family members in lung cancer cell line), 河石 真, 横手 秀行, 福井 朋也, 加藤 晃史, 西尾 和人, 小泉 史明, 日本呼吸器学会雑誌, 46, 増刊, 327, 327,   2008年05月
  • mrp1ノックアウトマウス, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 12, 2, 165, 168,   2008年04月
  • がん分子標的治療薬の最近の動向, 西尾 和人, ファルマシア, 44, 3, 209, 212,   2008年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027113401
  • EGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤に対する耐性獲得機構の解析, 新屋 智寛, 前川 麻里, 西尾 和人, 伊藤 文昭, 日本薬学会年会要旨集, 128年会, 3, 85, 85,   2008年03月
  • 若手薬理研究者が展開する病態解明と薬効評価による創薬へのアプローチ 領域を超えた交流から広がる創薬への道 超分子化合物[2]Rotaxaneによる抗腫瘍メカニズムの解明, 原 一樹, 牧尾 圭悟, 中西 愛, 岸本 典子, 木村 公彦, 木村 恵, 牛島 逸子, 伊賀 紫結, 新矢 時寛, 高田 十志和, 西尾 和人, 小野 信文, 日本薬学会年会要旨集, 128年会, 1, 250, 250,   2008年03月
  • 消化管腫瘍の分子生物学的診断と治療 内視鏡生検組織を用いた遺伝子発現解析による胃癌予後因子の検出, 山田 康秀, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本消化器病学会雑誌, 105, 臨増総会, A136, A136,   2008年03月
  • 遺伝子研究から得るがんのバイオマーカー, 西尾 和人, 近畿大学医学雑誌, 33, 1, 7A, 7A,   2008年03月
  • 【肺がんの分子標的治療 最新の基礎と臨床】 シグナル伝達系とEGFR-TK阻害剤の感受性, 木村 英晴, 西尾 和人, 呼吸器科, 13, 3, 257, 262,   2008年03月
  • 最前線 がん分子標的治療薬の最近の動向, 西尾 和人, ファルマシア, 44, 3, 209, 212,   2008年03月
  • がんバイオマーカー研究の現状と展望, 西尾 和人, 戸井 雅和, 塩津 行正, 鶴尾 隆, HUMAN SCIENCE, 19, 2, 4, 11,   2008年03月
  • 【肺癌分子標的療法 最近の展開】 肺癌分子標的治療のバイオマーカー, 西尾 和人, 最新医学, 63, 1, 64, 68,   2008年01月
    概要:バイオマーカー研究は,特に分子標的治療において重要である.肺癌領域においても,現在開発が進行しているEGFR-TKI,抗EGFR抗体,血管新生阻害薬などに関するバイオマーカー研究が盛んになっている.物の薬力学的作用を証明する目的と効果予測ひいては薬物選択のために,バイオマーカー研究は進められる.有害事象のハイリスクを予見するバイオマーカー研究も重要と考えられる.これらを通じて,分子標的薬による個別化医療が進展すると期待される.(著者抄録)
  • がん化学療法の世界標準 なぜ日本と外国ではがん治療法が違うのか 抗がん剤の感受性に民族差はあるのか?, 西尾 和人, 笠原 寿郎, 荒尾 徳三, 加藤 晃史, 木村 英晴, 加藤 治文, 日本医学会総会会誌, 27回, 学術講演要旨, 209, 209,   2007年12月
  • ErbBファミリーによるSTAT活性調節, 河石 真, 横手 秀行, 西尾 和人, 小泉 史明, 東京慈恵会医科大学雑誌, 122, 6, 259, 259,   2007年11月
  • ゲノム薬理学の時代における、がん薬物療法 バイオマーカーによる前層別の行方, 西尾 和人, 臨床薬理, 38, Suppl., S124, S124,   2007年11月
  • がん 分子標的治療の最前線, 西尾 和人, あいみっく, 28, 4, 2, 4,   2007年11月
  • P-8 The regulation of STAT activity by ErbB family members in non-small cell lung cancer cell line, 河石 真, 横手 秀行, 福井 朋也, 加藤 晃史, 西尾 和人, 小泉 史明, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480398
  • S5-2 オステオポンチンは悪性胸膜中皮腫の細胞機能に影響を与える(シンポジウム 悪性中皮腫の克服に向けて,第48回日本肺癌学会総会号), 大橋 里奈, 崔 日, 顧 涛, 田島 健, 樋野 興夫, 塩見 和, 宮元 秀昭, 西尾 和人, 高橋 和久, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480122
  • 【トランスレーショナルリサーチ】 遺伝子発現解析, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 腫瘍内科, 1, 5, 411, 416,   2007年10月
  • 創薬とファーマコゲノミクスによるバイオマーカーの同定, 阿部 譲, 塩津 行正, 荒尾 徳三, 西尾 和人, がん分子標的治療, 5, 4, 275, 280,   2007年10月
    概要:近年、巨額の資金が投入されているにもかかわらず、承認される新薬の数が減少してきている。このような状況下、FDAは2004年に発表した白書のなかで、新薬開発のクリティカル・パスにおける諸問題を科学的に指摘した。また、2006年に発表した白書において、問題解決の鍵の1つは、臨床における、より優れた評価手段(新しいバイオマーカー)の開発であるとし、具体的にはファーマコゲノミクスに注力した。その後、FDAは関連ガイダンスの作成、コンソーシアムの設立など、矢継ぎ早に施策を打ち出している。そのなかでも抗がん剤は、副作用および臨床効果の面から個別の効果予測(オーダーメイド医療)の必要性が特に大きい。本稿では、ファーマコゲノミクスによる抗がん剤の効果予測バイオマーカーの探索例について紹介する。(著者抄録)
  • 【バイオマーカー研究の現状と展開】, 西尾 和人, 山本 精一郎, 山田 康秀, がん分子標的治療, 5, 4, 252, 259,   2007年10月
    概要:分子標的治療薬の臨床試験が上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor;EGFR)-チロシンキナーゼ阻害剤(tyrosine kinase inhibitor;TKI)を中心に、国内外で積極的に行われている。2004年にEGFR遺伝子変異が発見され、EGFR遺伝子変異がEGFR-TKIであるゲフィチニブやerlotinibの奏効率と関連性の強いことが示された。それ以来、EGFR遺伝子変異をはじめとする、治療薬への感受性および疾患の予後を予測するバイオマーカー研究への関心が高まっている。そこで、本座談会では「バイオマーカー研究の現状と展開」をテーマに、近畿大学医学部ゲノム生物学教室教授の西尾和人先生の司会のもと、国立がんセンター研究所がん情報・統計部室長の山本精一郎先生と国立がんセンター中央病院消化器内科医長の山田康秀先生に、それぞれのご専門の立場から、分子標的治療薬におけるバイオマーカー研究の現状と今後の方向性についてお話をうかがった。近年、遺伝子変異などのバイオマーカーを活用して患者に関する情報を取り入れた臨床試験では、有効な結果を得られやすいことが示されている。臨床試験を実施する際にはバイオマーカーを用いて患者を選択することが重要であり、かつベバシズマブなどの血管新生阻害剤の使用において生命に関わる有害事象を回避するためにも、バイオマーカーの活用が望まれる。今後、効果予測因子の解明をさらに進めるとともに、予後因子と副作用マーカーとの関連性など、バイオマーカー研究の発展が期待される。(著者抄録)
  • 【ファーマコゲノミクス】 癌治療の選択のためのバイオマーカーとファーマコゲノミクスによるその同定, 阿部 譲, 塩津 行正, 荒尾 徳三, 西尾 和人, ゲノム医学, 7, 3, 193, 198,   2007年10月
  • 非小細胞肺癌細胞株におけるErbBファミリーによるSTAT活性調節(The regulation of STAT activity by ErbB family members in non-small cell lung cancer cell line), 河石 真, 横手 秀行, 福井 朋也, 加藤 晃史, 西尾 和人, 小泉 史明, 肺癌, 47, 5, 526, 526,   2007年10月
  • ゲフィチニブ獲得耐性と薬剤蓄積および排出の関与, 楠本 壮二郎, 杉山 智英, 中嶌 賢尚, 山岡 利光, 廣瀬 敬, 大西 司, 堀地 直也, 足立 満, 西尾 和人, 西條 長宏, 黒木 登志夫, 大森 亨, 肺癌, 47, 5, 481, 481,   2007年10月
  • 悪性中皮腫の克服に向けて オステオポンチンは悪性胸膜中皮腫の細胞機能に影響を与える, 大橋 里奈, 崔 日, 顧 涛, 田島 健, 樋野 興夫, 塩見 和, 宮元 秀昭, 西尾 和人, 高橋 和久, 肺癌, 47, 5, 448, 448,   2007年10月
  • 【ここまできた分子標的治療】 分子標的治療の将来展望, 前川 麻里, 西尾 和人, 臨床婦人科産科, 61, 10, 1289, 1293,   2007年10月
  • 大腸癌に対する治療戦略 大腸がん治療におけるバイオマーカー研究, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 235, 235,   2007年09月
  • 【遺伝子・蛋白の網羅的解析から消化器疾患に迫る】 DNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析 薬剤感受性遺伝子の同定, 荒尾 徳三, 山田 康秀, 西尾 和人, 分子消化器病, 4, 3, 190, 195,   2007年09月
    概要:現在マイクロアレイは、搭載プローブ数や再現性の問題が大幅に改善され、比較的日常的に使用されるようになってきている。仮説なしで全ゲノム的に関連遺伝子を特定する手法は、いまだマイクロアレイ以外には実用化されていない。臨床現場への応用も秒読みになってきている。黎明期のマイクロアレイに関する技術的な問題は、ほぼクリアされたと認識すべきである。すでに現在は使い方を問われる時代になっている。本稿では、マイクロアレイ測定法に対する、信頼性の問題、臨床研究のスタイルの問題から、胃癌のマイクロアレイ研究の現在までの成果と今後の展望について紹介する。(著者抄録)
  • ヒト乳癌におけるHER2,ERα、CXCR4発現と核YB-1局在との関連(Association of nuclear YB-1 localization with HER2, ER alpha and CXCR4 expression in human breast cancer), 馬崎 雄二, 藤井 輝彦, 中野 健二, 白水 和雄, 山名 秀明, 西尾 和人, 河野 公俊, 小野 眞弓, 桑野 信彦, 日本癌学会総会記事, 66回, 539, 539,   2007年08月
  • 海生菌類由来の血管形成阻害剤の検討(Search for angiogenesis inhibitors from marine fungi), 大河 優, 小山 清隆, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 522, 522,   2007年08月
  • インスリンによるEGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤耐性獲得機構の解析(Insulin-induced resistance of non-small cell lung cancer to EGFR tyrosine kinase inhibitor), 伊藤 文昭, 西尾 和人, 竹内 健治, 日本癌学会総会記事, 66回, 521, 521,   2007年08月
  • ゲフィチニブ獲得耐性と薬剤蓄積および排出の関与(Drug accumulation and efflux do not contribute to acquired gefitinib resistance), 楠本 壮二郎, 杉山 智英, 中嶌 賢尚, 山岡 利光, 廣瀬 敬, 大西 司, 堀地 直也, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 大森 亨, 日本癌学会総会記事, 66回, 520, 520,   2007年08月
  • 野生型と変異型上皮成長因子受容体結合蛋白質の差異の検討(Difference of EGFR-binding proteins between wild type EGFR and mutant EGFR), 門福 強樹, 鹿目 知子, 楠本 壮二郎, 安藤 浩一, 保坂 隆道, 石田 博雄, 廣瀬 敬, 堀地 直哉, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 大森 亨, 日本癌学会総会記事, 66回, 520, 520,   2007年08月
  • ヒト骨髄細胞における合成レチノイドTM411(Tamibarotene)とグルココルチコイドの相乗作用(Synergistic interactions between the synthetic retinoid TM411 (Tamibarotene) and Glucocorticoids in human myeloma cells), 福井 朋也, 益田 典幸, 西尾 和人, 田口 史子, 加藤 晃史, 河石 真, 深井 順也, 小寺 康夫, 吉田 輝彦, 坂本 裕美, 渡辺 隆, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 66回, 504, 504,   2007年08月
  • フコシル化によるEGFレセプター活性化の制御とEGFR-TKIの感受性の検討(Regulation of EGFR activity through N-glycan fucosylation and effect on the sensitivity of EGFR-TKI), 松本 和子, 横手 秀行, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, デベラスコ・マルコ, 藤田 至彦, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 501, 501,   2007年08月
  • 変異型EGFRのシグナル伝達経路(A novel signaling pathway of deletional mutant EGFR), 前川 麻里, 横手 秀行, 松本 和子, 田中 薫, 金田 裕靖, 藤田 至彦, デベラスコ・マルコ, 荒尾 徳三, 小泉 史明, 伊藤 文昭, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 501, 501,   2007年08月
  • SPRX2 mRNA発現の抑制は胃癌細胞の増殖と接着を阻害する(Suppression of SRPX2 mRIMA expression inhibits cellular growth and adhesion in gastric cancer cells), 田中 薫, 荒尾 徳三, 前川 麻里, 松本 和子, 金田 裕靖, 阿部 譲, 藤田 至彦, 横手 秀行, 柳原 五吉, 山田 康秀, 岡本 勇, 中川 和彦, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 475, 475,   2007年08月
  • マイクロアレイを用いた消化器がんのバイオマーカー研究(Basic and Clinical Frontier in Gastroenterological Cancer Biomarker study for gastrointestinal cancer using microarray analysis), 荒尾 徳三, 山田 康秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 438, 438,   2007年08月
  • mutant EGFRにおけるc-Cblユビキチンリガーゼ結合活性減弱の分子機構(Molecular targeting drugs (Gefitinib) Molecular mechanism(s) of diminished binding activity between 15 bp deletion mutant EGFR and c-Cbl ubiquitin ligase), 安藤 浩一, 楠本 壮二郎, 中嶌 賢尚, 山岡 利光, 廣瀬 敬, 堀地 直哉, 鹿目 知子, 門福 強樹, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 大森 亨, 日本癌学会総会記事, 66回, 412, 412,   2007年08月
  • 分子標的としてのEGF受容体 Matuzumabとcetuximabは表皮成長因子受容体を活性化するが下流シグナル伝達を誘発しない(EGF Receptor as a Molecular Target Matuzumab and cetuximab activate the epidermal growth factor receptor but fail to trigger downstream signaling), 吉田 健史, 岡本 勇, 岡部 崇記, 岩朝 勤, 佐藤 太郎, 西尾 和人, 福岡 正博, 中川 和彦, 日本癌学会総会記事, 66回, 411, 411,   2007年08月
  • シスプラチン耐性肺癌細胞株における薬物感受性のRPN2阻害による回復(Inhibition of RPN2 restores drug sensibility in cisplatin-resisted lung cancercell line), 川又 理樹, 山本 雄介, 生田目 奈知, 本間 紀美, 竹下 文隆, 西尾 和人, 落谷 孝広, 日本癌学会総会記事, 66回, 367, 367,   2007年08月
  • ヒ素耐性細胞におけるシスプラチン耐性因子の探索(Study of cisplatin resistant factor in arsenic-resistant cell lines), 勝野 道隆, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 361, 361,   2007年08月
  • EGFR欠失変異体IIIを過剰発現する悪性神経膠腫細胞におけるセツキシマブの抗腫瘍活性(Anti-tumor activity of cetuximab in malignant glioma cells overexpressing EGFR deletion mutant variant III), 深井 順也, 小寺 康夫, 福井 朋也, 河石 真, 加藤 晃史, 田口 史子, 横手 秀行, 西尾 和人, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 66回, 340, 340,   2007年08月
  • ErbB受容体ファミリーによるSTAT活性の調節(The regulation of STAT activity by ErbB family members), 河石 真, 横手 秀行, 深井 順也, 福井 朋也, 加藤 晃史, 西尾 和人, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 66回, 306, 307,   2007年08月
  • 抗癌剤耐性 乳癌におけるドセタキセル耐性のRPN2遺伝子による付与(Anticancer Drug Resistance RPN2 gene confers docetaxel resistance in breast cancer), 本間 紀美, 竹下 文隆, 山本 雄介, 吉田 輝彦, 西尾 和人, 加藤 菊也, 落合 孝広, 日本癌学会総会記事, 66回, 228, 228,   2007年08月
  • 新しい抗癌剤の臨床研究 非Hodgkinリンパ腫(NHL)の日本人患者に対するvorinostat(suberoylanilide hydroxamic acid,SAHA)の第I相試験(Clinical Studies of New Anticancer Drugs Phase I trial of vorinostat (suberoylanilide hydroxamic acid, SANA) in Japanese pts with non-Hodgkin lymphoma (NHL)), 渡辺 隆, 小林 幸夫, 山崎 聡, 星 百合子[森田], 横山 洋紀, 加藤 春美, 森島 泰雄, 西尾 和人, 荒尾 徳二, Frankel Stanley R., 大月 哲也, 飛内 賢正, 日本癌学会総会記事, 66回, 227, 227,   2007年08月
  • 新規連結分子ロタキサンの抗腫瘍活性と作用様式(Antitumor activitiy and mode of action of a unique interlocked molecule rotaxane), 藤田 至彦, 小野 信文, 高田 十志和, デベラスコ・マルコ, 横手 秀行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 前川 麻里, 田中 薫, 金田 裕靖, 阿部 譲, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 205, 205,   2007年08月
  • 上皮性卵巣癌におけるmicrodissectionによるRNA抽出 癌実質および間質の比較(Microdissection and extraction of RNA from cancer and stromal tissues in epithelial ovarian cancer), 津田 浩史, 荒尾 徳三, 西村 貞子, 川村 直樹, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 66回, 174, 174,   2007年08月
  • ヒト膵癌細胞における血管形成とマクロファージ浸潤へのNDRG1/Cap43の関与(Contribution of NDRG1/ Cap43 to angiogenesis and macrophage infiltration in human pancreatic cancer cells), 細井 文仁, 和泉 弘人, 丸山 祐一郎, 渡 公祐, 馬崎 雄二, アバス・フォトバディ, 西尾 和人, 河野 公俊, 桑野 信彦, 小野 眞弓, 日本癌学会総会記事, 66回, 138, 138,   2007年08月
  • マウス同所性膀胱癌モデルにおける画像解析を用いた評価法(Use of Image Analysis of Treatment Response in Mouse Orthotopic Bladder Cancer Model), デベラスコ・マルコ, 田中 基幹, 穴井 智, 冨岡 厚志, 杉山 育美, 佐塚 泰之, 西尾 和人, 植村 天受, 日本癌学会総会記事, 66回, 121, 121,   2007年08月
  • 肺癌の分子標的治療をめぐる最新情報 ASCO2007から, 國頭 英夫, 西尾 和人, 久保田 馨, 坪井 正博, 田村 研治, 新薬と臨牀, 56, 8, 1244, 1253,   2007年08月
  • 【バイオマーカーが医療・創薬戦略を変える】 癌の分子標的治療薬とバイオマーカー, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 細胞工学, 26, 9, 1031, 1033,   2007年08月
  • 膵癌の基礎と臨床 膵癌に対する遺伝子情報に基づいたオーダーメード治療の可能性, 上野 秀樹, 奥坂 拓志, 西條 長宏, 古瀬 純司, 石井 浩, 斎藤 嘉朗, 鹿庭 なほ子, 澤田 純一, 吉田 輝彦, 佐藤 泰憲, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 膵臓, 22, 3, 235, 235,   2007年05月
  • 胃癌腹膜播種動物モデルの開発とin vivoイメージングによる抗がん物質の定量的評価, 柳原 五吉, 瀧ヶ平 美里, 田中 裕美, 落合 孝広, 西尾 和人, 日本疾患モデル学会記録, 23, 14, 21,   2007年04月
  • 進行期非小細胞肺癌の治療戦略 非小細胞肺癌に対する個別化治療の可能性, 西尾 和人, 日本呼吸器学会雑誌, 45, 増刊, 50, 50,   2007年04月
  • Scorpion ARMS法を用いた遺伝子変異検出 腫瘍代替サンプルを用いたバイオマーカー研究, 木村 英晴, 住ノ江 美佳, 西尾 和人, がん分子標的治療, 5, 2, 146, 154,   2007年04月
  • cDNAマクロアレイデータ解析における正規化手法の性能評価(<特集1>医薬品の有効性・安全性), 倉橋 一成, 伊藤 陽一, 松山 裕, 大橋 靖雄, 西尾 和人, 日本統計学会誌. シリーズJ, 36, 2, 147, 163,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006250252
  • シスプラチンの細胞内挙動と代謝物の解析, 高橋 雅樹, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 西尾 和人, 田邉 信三, 日本薬学会年会要旨集, 127年会, 3, 153, 153,   2007年03月
  • 病理・分子生物学 EGFR変異の高感度検出法, 田中 薫, 西尾 和人, MOOK肺癌の臨床, 2007-2008, 27, 31,   2007年03月
  • 切除不能膵癌に対する化学療法の開発, 奥坂 拓志, 上野 秀樹, 池田 公史, 森実 千種, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society, 22, 1, 48, 51,   2007年02月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024366249
  • 【膵癌化学療法の最前線】 切除不能膵癌に対する化学療法の開発, 奥坂 拓志, 上野 秀樹, 池田 公史, 森実 千種, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 膵臓, 22, 1, 48, 51,   2007年02月
    概要:塩酸ゲムシタビン(GEM)の登場は膵癌化学療法に大きな変化をもたらしたが、膵癌患者の予後はいまだ不良である。より有効な治療法の確立を目指し様々な試みが進められている。新規抗癌剤については我が国においてもいくつかの臨床試験が実施されているが、中でもテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(S-1)は初回治療例、GEM耐性例にもある程度の奏効を示し、期待できる薬剤である。さらにGEMとS-1の併用療法も多施設共同での第I相、第II相試験が実施され、GEM単独治療をしのぐ可能性のある治療法として注目されている。個別化治療確立も重要な治療開発戦略の一つであり、DNAマイクロアレイを用いて化学療法の成績に関わる遺伝子の発現解析を進めている。これまでに末梢血単核球の遺伝子発現解析による腫瘍縮小効果予測の実現可能性が示唆されている。(著者抄録)
  • 【HER familyをターゲットとした分子標的治療】 Interface on Cancer Therapy Circulating endothelial cells, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 西尾 和人, がん分子標的治療, 5, 1, 28, 33,   2007年01月
    概要:血管新生阻害剤に対するバイオマーカーのなかで現在最も現実的なものはCEC(circulating endothelial cells)あるいはCEP(circulating endothelial progenitors)と考えられている。CECとCEPの違いは、CECは血管損傷や血管の炎症などによって末梢血に入った局所の血管内皮細胞が多いのに対して、CEPは骨髄由来であることや、増殖能・分化能の有無である。この分野は近年飛躍的に基礎研究結果が蓄積され、またこれらの臨床応用も現実化しつつある。本稿では、簡便性・定量性に優れるバイオマーカーであるCECとCEPについて紹介する。(著者抄録)
  • 悪性胸膜中皮腫細胞株におけるオステオポンチンとCD44発現の検討, 大橋 里奈, 高橋 史行, 崔 日, 顧 涛, 瀬山 邦明, 西尾 和人, 高橋 和久, 肺癌, 46, 5, 589, 589,   2006年11月
  • 【肺がん分子標的治療の課題と展望】, 田村 友秀, 西尾 和人, 中川 和彦, がん分子標的治療, 4, 3, 172, 180,   2006年11月
  • 【肺癌治療 新たな治療体系確立への展開】 分子生物学の進歩と肺癌治療, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 最新医学, 61, 11, 2225, 2231,   2006年11月
    概要:分子生物学の進展により肺癌治療における個別化に向けて,ファーマコゲノミクス研究の体制が整えられつつある.臨床試験におけるバイオマーカーを用いた研究が重要となってきた.今後実施する臨床試験のデザインから実施,解析,検証に至る過程で,注意深く実施する必要がある.(著者抄録)
  • チロシンキナーゼ阻害剤と薬剤性肺障害 チロシンキナーゼ阻害剤の副作用発症予測因子としての疫学的指標 人種差を説明しえるチロシンキナーゼ阻害剤のバイオマーカー, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 横手 秀行, 薬剤疫学, 11, Suppl., S30, S31,   2006年10月
  • 分子標的治療薬の問題点, 河石 真, 小泉 史明, 西尾 和人, 癌と化学療法, 33, 10, 1373, 1379,   2006年10月
    概要:癌分子標的治療薬の開発が急速に進み、現在までに一部の癌腫ではその標準治療の一翼を担うようになった。これらの薬剤は当初予想されたものとは異なる臨床効果、副作用、耐性化が明らかとなり、分子標的の検証や至適投与方法の決定などが臨床的な問題となっている。これらの問題点を解決する手段として、臨床検体によるpharmacodynamics,pharmacogenomicsの手法を用いたPOP(proof of principle)研究が必須となり、同時に新規のバイオマーカーの探索が行われている。一方、高額な開発費、医療費が新たな問題として議論されている。(著者抄録)
  • 核移行型PTENの遺伝子導入による殺細胞効果の増強, 横手 秀行, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 日本癌学会総会記事, 65回, 510, 510,   2006年09月
  • 活性型EGFR変異体(L858R)特異的抗体の開発, 河石 真, 横手 秀行, 西尾 和人, 木村 英晴, 日本癌学会総会記事, 65回, 455, 455,   2006年09月
  • アテロコラーゲンsiRNA導入技術による薬剤耐性関連遺伝子の機能解析, 本間 紀美, 小泉 恭子, 竹下 文隆, 西尾 和人, 加藤 菊也, 落谷 孝広, 日本癌学会総会記事, 65回, 418, 419,   2006年09月
  • 非小細胞肺がん患者の胸水中DNAを用いたEGFR遺伝子変異の検出, 木村 英晴, 藤原 豊, 曽根 崇, 笠原 寿郎, 田村 友秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 65回, 384, 384,   2006年09月
  • 抗EGF受容体抗体のヒト非小細胞肺がん株の増殖とシグナル伝達に与える影響, 伊藤 文昭, 前川 麻里, 西尾 和人, 清水 信義, 日本癌学会総会記事, 65回, 336, 336,   2006年09月
  • Cap43/NDRG1によるヒト膵癌の間質応答修飾の分子機序, 細井 文仁, 丸山 祐一郎, 小野 眞弓, 馬崎 雄二, フォトバティ・アバス, 木下 壽文, 下山 達, 西尾 和人, 桑野 信彦, 日本癌学会総会記事, 65回, 299, 299,   2006年09月
  • 臨床試験が切り拓くがん研究 基礎から臨床へ・臨床から基礎へ ファーマコゲノミクス研究 方法論の新たな展開, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 山田 康秀, 横手 秀行, 下山 達, 田村 友秀, 日本癌学会総会記事, 65回, 252, 252,   2006年09月
  • ヒト膵臓癌由来培養細胞株の樹立と生物学的特性の解析, 柳原 五吉, 西尾 和人, 落合 淳志, 日本癌学会総会記事, 65回, 211, 211,   2006年09月
  • 卵巣癌におけるYB-1の核内移行機序と関連遺伝子群の発現, 馬崎 雄二, 小野 眞弓, 細井 文仁, Abbas Fotobati, 小田 義直, 坂井 和子, 下山 達, 西尾 和人, 恒吉 正澄, 河野 公俊, 桑野 信彦, 日本癌学会総会記事, 65回, 165, 165,   2006年09月
  • 悪性グリオーマにおけるEphA4レセプターの発現と機能解析, 深井 順也, 横手 秀行, 山中 龍也, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 65回, 82, 82,   2006年09月
  • 15塩基欠損型EGF受容体の酵素学的解析(In-frame deletion in the EGF receptor alters kinase inhibition by gefitinib), 坂井 和子, 横手 秀行, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 65回, 34, 35,   2006年09月
  • バイオマーカー研究の新たな展開・診断と治療の融合 遺伝子発現解析による薬剤感受性バイオマーカーから予後予測、治療への展望, 荒尾 徳三, 山田 康秀, 齋藤 大三, 下田 忠和, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 65回, 30, 30,   2006年09月
  • 癌の個別化治療の現状 臨床試験におけるバイオマーカーモニタリング, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 山田 康秀, 田村 友秀, 日本癌治療学会誌, 41, 2, 267, 267,   2006年09月
  • 血管新生阻害薬のエビデンスレビュー 基礎から臨床まで, 西尾 和人, 畠 清彦, 瀧内 比呂也, 倉田 宝保, Mebio Oncology, 3, 3, 86, 97,   2006年09月
  • 【分子標的薬のSecond Wave】 解明が進んだ予測因子 抗体治療のバイオマーカー研究, 松本 和子, 西尾 和人, Mebio Oncology, 3, 3, 57, 60,   2006年09月
  • EGFRを標的とした癌治療薬 : 発癌過程における変異型EGFRの機能の関わり, 西尾 和人, 横手 秀行, 化学と生物, 44, 7, 435, 438,   2006年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017994624
  • 非小細胞肺がん細胞株中におけるシスプラチンの挙動解析, 高橋 雅樹, 鈴木 俊宏, 湯本 敦, 兎川 忠靖, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 西尾 和人, 田邉 信三, Biomedical Research on Trace Elements, 17, 2, 177, 177,   2006年07月
  • 抗がん剤のPK/PD 分子標的薬剤の薬効評価とバイオマーカー, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 横手 秀行, TDM研究, 23, 3, s54, s55,   2006年07月
  • 基礎医学から呼吸器へのメッセージ 臨床検体を用いたバイオマーカー探索研究 がん治療臨床試験付随研究の進め方, 加藤 晃史, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 10, 4, 299, 301,   2006年07月
    概要:臨床試験では治療効果評価に加えて効果や副作用予測因子を探索する付随研究がおこなわれている.臨床検体としては腫瘍組織と血液が用いられ,簡便に採取できる血液材料から腫瘍の代替となるマーカーの探索がすすめられている(著者抄録)
  • シグナル伝達系と薬剤感受性(セッションII,第20回日本肺癌学会肺癌ワークショップ), 西尾 和人, 肺癌, 46, 3, 241, 244,   2006年06月20日, 10.2482/haigan.46.241, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004741220
    概要:肺癌特異的に検出される変異型EGFRはgain of functionであり,下流シグナルの活性化により,発癌に寄与すると推察される.EGFRに対する高い親和性がTKIに対する高い感受性をもたらすと推測されているが,詳細は不明である.EGFR変異の頻度は,アッセイ系,サンプルに大きく依存するが,EGFR遺伝子変異と,EGFR-TKIの効果,とくに生存率との関連性は明らかでない.正常型EGFRを発現する肺癌症例におけるEGFR-TKIの効果を明らかにすることも今後重要である.
  • 膵癌化学療法の最前線 切除不能膵癌に対する化学療法の開発, 奥坂 拓志, 上野 秀樹, 池田 公史, 森実 千種, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 膵臓, 21, 3, 176, 176,   2006年06月
  • 【分子標的治療と病理】 分子標的の基礎, 福井 朋也, 西尾 和人, 病理と臨床, 24, 6, 578, 585,   2006年06月
  • シグナル伝達系と薬剤感受性, 西尾 和人, 肺癌, 46, 3, 241, 244,   2006年06月
    概要:肺癌特異的に検出される変異型EGFRはgain of functionであり,下流シグナルの活性化により,発癌に寄与すると推察される.EGFRに対する高い親和性がTKIに対する高い感受性をもたらすと推測されているが,詳細は不明である.EGFR変異の頻度は,アッセイ系,サンプルに大きく依存するが,EGFR遺伝子変異と,EGFR-TKIの効果,とくに生存率との関連性は明らかでない.正常型EGFRを発現する肺癌症例におけるEGFR-TKIの効果を明らかにすることも今後重要である(著者抄録)
  • 術前CEFに引き続くpaclitaxel療法と治療前後検体を用いた効果予測マーカーの研究, 清水 千佳子, 下山 達, 木下 貴之, 安藤 正志, 西尾 和人, 藤原 康弘, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 14回, 221, 221,   2006年05月
  • 【がん化学療法の新しい潮流】 分子標的薬とその分子標的 上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor,EGFR)とそのチロシンキナーゼ阻害剤,ゲフィチニブを中心に, 木村 英晴, 西尾 和人, 医学と薬学, 55, 4, 507, 514,   2006年04月
  • マルチトレーサー法を用いたシスプラチン耐性細胞における金属輸送の解析, 高橋 雅樹, 鈴木 俊宏, 湯本 敦, 兎川 忠靖, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 西尾 和人, 田邉 信三, 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 2, 111, 111,   2006年03月
  • 抗EGF受容体抗体のヒト非小細胞肺がん株のシグナル伝達と増殖に与える影響, 伊藤 文昭, 前川 麻里, 西尾 和人, 清水 信義, 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 2, 100, 100,   2006年03月
  • 分子標的治療剤臨床応用の最前線 EGFR-TK阻害剤 非小細胞肺癌を中心に, 木村 英晴, 西尾 和人, Surgery Frontier, 13, 1, 52, 55,   2006年03月
  • がん化学療法の薬剤耐性における新知見, 下山 達, 西尾 和人, 呼吸器科, 9, 2, 139, 144,   2006年02月
  • 【がんの分子標的治療】 ゲフィチニブ(イレッサ)の動向, 武田 真幸, 西尾 和人, Drug Delivery System, 21, 1, 58, 63,   2006年01月
    概要:ゲフィチニブは選択的チロシンキナーゼ阻害剤であり,EGFRシグナルを遮断し抗腫瘍効果を発揮する.いくつかの第III相臨床試験では治療延命効果を示すことが出来なかったが,EGFR遺伝子変異はゲフィチニブ奏効率と関連していた(著者抄録)
  • TBLBサンプルからのEGFR遺伝子変異の高感度検出の試み, 木村 英晴, 笠原 寿郎, 曽根 崇, 河石 真, 田村 友秀, 西尾 和人, 肺癌, 45, 5, 633, 633,   2005年11月
  • ゲフィチニブによる皮膚障害の新しいバイオマーカーの解析, 笠原 寿郎, 木村 英晴, 西尾 和人, 田村 友秀, 藤村 政樹, 中尾 眞二, 肺癌, 45, 5, 631, 631,   2005年11月
  • 分子標的治療の新しい展開 胸水検体を用いたEGFR遺伝子変異検出の試み, 河石 真, 木村 英晴, 藤原 豊, 下山 達, 加藤 晃史, 軒原 浩, 山本 昇, 関根 郁夫, 國頭 英夫, 大江 裕一郎, 田村 友秀, 西尾 和人, 肺癌, 45, 5, 481, 481,   2005年11月
  • 分子標的治療の新しい展開 経気管支鏡下穿刺吸引細胞診検体を用いたEGFR遺伝子変異の検討, 堀池 篤, 木村 英晴, 西尾 誠人, 大柳 文義, 稲垣 智也, 稲垣 卓也, 松井 哲夫, 平松 美也子, 佐藤 之俊, 奥村 栄, 西尾 和人, 笠原 寿郎, 石川 雄一, 中川 健, 宝来 威, 肺癌, 45, 5, 480, 480,   2005年11月
  • 【がんの化学療法 最新治療コンセンサス】 薬剤基本情報 小分子蛋白キナーゼ抑制剤 蛋白キナーゼと小分子抑制剤 キナーゼ阻害剤による分子標的治療, 坂井 和子, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 215, 5, 390, 394,   2005年10月
    概要:細胞機能を制御する蛋白キナーゼ群は抗がん剤開発における主要な標的分子として,日々研究が進められている.現在,国内外において認可を受けた蛋白キナーゼ阻害剤は,BCR-ABLを標的としたimatinib,上皮性増殖因子受容体(EGFR)を標的としたerlotinib,gefitinibの3薬剤のみであるが,Raf阻害剤であるsorafenib(BAY43-9006)やVEGFR阻害剤であるsutent(SU11248)が第III相試験を終了し承認申請中である.キナーゼ阻害剤はがんだけでなくさまざまな疾病に対する薬物療法の大きな柱となっており,化合物スクリーニングの段階から臨床試験まで数多くのキナーゼ阻害剤の開発が進められている.基礎においてはハイスループットスクリーニングを用いたキナーゼ阻害剤と標的との相互作用が研究され,個々のキナーゼ阻害剤の多様な性質が明らかになってきており,今後の薬剤開発のあらたな戦略として期待される(著者抄録)
  • 消化器癌の治療における分子生物学の寄与 消化器癌に対する分子標的薬の効果と展望-チロシンキナーゼ阻害剤, 荒尾 徳三, 白鳥 康史, 西尾 和人, 日本消化器病学会雑誌, 102, 臨増大会, A409, A409,   2005年09月
  • ジーンデリバリーシステムにおける取り込み効率関連遺伝子の検討, 武田 真幸, 荒尾 徳三, 下山 達, 木村 英晴, 坂井 和子, Sarah Park, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 64回, 506, 506,   2005年09月
  • 分子標的治療の将来展望 分子標的薬のバイオマーカーモニタリング, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 64回, 416, 416,   2005年09月
  • Gefitinib投与を受けた非小細胞肺癌患者の血清DNAから検出されたEGFR遺伝子変異の検討, 木村 英晴, 笠原 寿郎, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 64回, 392, 392,   2005年09月
  • Gefitinib獲得耐性ヒト非小細胞肺がん株におけるTNF-α獲得感受性分子機構の検討(Enhancement of sensitivity to TNF-alfa in gefitinib-acquired-resistant non-small cell lung cancer cells), 石田 博雄, 大森 亨, 安藤 浩一, 保坂 隆道, 楠本 壮二郎, 白井 崇生, 奥田 健太郎, 廣瀬 敬, 大西 司, 堀地 直也, 西尾 和人, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 64回, 133, 133,   2005年09月
  • 同所性移植モデルを用いたヒトスキルス胃がんの腹膜播種進展過程の解析, 柳原 五吉, 落谷 孝広, 西尾 和人, 廣橋 説雄, 日本癌学会総会記事, 64回, 116, 116,   2005年09月
  • 肺がん患者末梢血単核球を用いた,マイクロアレイによるドセタキセルの薬力学的作用の証明研究, 下山 達, 山本 昇, 濱野 鉄太郎, 田村 友秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 64回, 90, 90,   2005年09月
  • 【脳腫瘍の診断と治療 最新の研究動向】 脳腫瘍の生物学 遺伝子解析 治療感受性遺伝子, 山中 龍也, 森井 研, 高橋 英明, 田中 隆一, 西尾 和人, 日本臨床, 63, 増刊9 脳腫瘍の診断と治療, 49, 54,   2005年09月
  • Active mutant EGFRにおけるgefitinib感受性分子機構の検討-mutant EGFRのcatabolism, 大森 亨, 保坂 隆道, 安藤 浩一, 石田 博雄, 白井 崇生, 奥田 健太郎, 廣瀬 敬, 堀地 直也, 福本 久郎, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 64回, 40, 40,   2005年09月
  • ZD6474の感受性規定因子の一部は15塩基欠失型EGFR遺伝子変異である, 荒尾 徳三, 福本 久郎, 坂井 和子, サラ・パーク, 武田 真幸, 木村 秀晴, 下山 達, 田村 友秀, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 64回, 40, 40,   2005年09月
  • 【個別化医療の実現を目指して】 ゲフィチニブup to date, 西尾 和人, 木村 英晴, Molecular Medicine, 42, 8, 858, 865,   2005年07月
  • 分子標的治療とその付随的研究 婦人科腫瘍への展開, 西尾 和人, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 23, 3, 313, 313,   2005年06月
  • IressaのOSへの有効性, 木村 英晴, 西尾 和人, 血液・腫瘍科, 50, 6, 599, 604,   2005年06月
  • 原発性乳癌に対する術前化学療法のcDNA microarrayによる効果予測, 清水 千佳子, 西尾 和人, 長谷川 匡, 勝俣 範之, 安藤 正志, 木下 貴之, 藤原 康弘, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 13回, 185, 185,   2005年05月
  • 非小細胞肺癌患者のゲフィチニブ治療前後のサイトカインの測定, 曽根 崇, 笠原 寿郎, 新屋 智之, 田森 俊一, 良元 章宏, 藤村 政樹, 中尾 眞二, 木村 英晴, 西尾 和人, 肺癌, 45, 2, 196, 197,   2005年04月
  • 【最近における薬剤耐性の研究の進歩】 癌化学療法の薬剤耐性 臨床研究からの新知見, 武田 真幸, 西尾 和人, 癌治療と宿主, 17, 2, 139, 144,   2005年04月
  • 生体分析科学の新展開 モデル生物を用いた生命現象解明へのアプローチ マルチトレーサー法を利用した生体微量元素の測定, 兎川 忠靖, 鈴木 俊宏, 石橋 健一, 大畑 茂樹, 湯本 敦, 西尾 和人, 蛭沼 利江子, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 125年会, 1, 160, 160,   2005年03月
  • 海生菌Hypocrea vinosaの代謝するチロシンキナーゼ阻害活性物質, 小山 清隆, 清道 信人, 木下 薫, 高橋 邦夫, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 田辺 信三, 杉田 隆, 西尾 和人, 日本薬学会年会要旨集, 125年会, 4, 150, 150,   2005年03月
  • 抗がん剤ゲフィチニブ高感受性および低感受性非小細胞肺がん株に対する抗EGF受容体抗体の作用, 伊藤 文昭, 前川 麻里, 瀧野 純一, 藩守 一朗, 西尾 和人, 大坪 正史, 清水 信義, 日本薬学会年会要旨集, 125年会, 2, 89, 89,   2005年03月
  • 【肺の上皮とEGFシグナルの基礎と臨床 肺腺癌-EGFR変異-分子標的治療薬】 肺腺癌に見いだされたgain of function変異 人種差としての変異集積, 小泉 史明, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 9, 2, 133, 136,   2005年03月
  • 【肺の上皮とEGFシグナルの基礎と臨床 肺腺癌-EGFR変異-分子標的治療薬】 肺腺癌に見いだされたgain of function変異 EGFR catalytic domain変異の生理的意義 親和性増強とsurvivalシグナル, 坂井 和子, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 9, 2, 117, 120,   2005年03月
  • 癌化学療法における感受性試験の臨床応用の可能性, 磯野 可一, 小泉 史明, 西尾 和人, Pharma Medica, 23, 2, 75, 83,   2005年02月
  • 癌分子標的治療の転機?, 西尾 和人, 治療学, 39, 2, 149, 149,   2005年02月
  • 【癌分子標的治療の現状と今後の展望 ゲフィチニブプロスペクティブ調査(特別調査)で何が変わるか】 ゲフィチニブの基礎研究の動向, 西尾 和人, 医薬ジャーナル, 41, 2, 804, 807,   2005年02月
    概要:ゲフィチニブに関する肺障害,EGFR(上皮成長因子受容体)変異,シグナル伝達機構,併用療法に関する基礎研究の動向の私見を述べた.臨床の知見を科学的に説明する,いわゆる"リバーストランスレーショナル研究"の重要性が再認識される.肺癌におけるEGFR遺伝子変異による適応患者の選択について,より現実的なものとして考える状況になってきた(著者抄録)
  • 【ゲノム情報とがん薬物療法】 ゲノム情報と分子標的療法 感受性と耐性, 西尾 和人, 血液・腫瘍科, 49, 6, 559, 564,   2004年12月
  • マイクロアレイによる遺伝子解析とその応用, 西尾 和人, 生化学, 76, 11, 1487, 1487,   2004年11月
  • 【新しい癌の分子標的療法】 新しい癌の分子標的薬の動向, 西尾 和人, Biotherapy, 18, 6, 489, 496,   2004年11月
    概要:多くの癌の分子標的治療が臨床で検討され,実地臨床で使用可能な分子標的治療法が増えてきている.そのなかで,現在は多標的チロシンキナーゼ阻害剤の有効性の検討が検討されている.EGFR特異的チロシンキナーゼ阻害剤に注目すると,erlotinib単剤での非小細胞肺癌患者に対する有効性が示された臨床試験の結果が注目される.一方,化学療法との同時併用において有効性が示されなかったことから,特定のポピュレーションに注目した臨床試験が論議されており,proof of conceptのためのcorrelative studyをどのような臨床試験デザインで組み入れていくかが,さらなる分子標的薬の発展に必須となっている(著者抄録)
  • 【肺癌研究の動向2004】 分子標的薬の薬効と耐性機序 EGFR変異とゲフィチニブを中心に, 西尾 和人, 端山 直樹, 呼吸, 23, 10, 810, 814,   2004年10月
    概要:EGFRの遺伝子変異がゲフィチニブ(イレッサ),エルロチニブなどEGFR特異的チロシンキナーゼ阻害薬の効果に関連することが示された.臨床における感受性の予測マーカとして十分なインパクトを持っているが患者の選択特にnegative selectionを行ってよいか否かについては,なお慎重であるべきだと考えている.一方,ゲフィチニブやトラスツズマブ(ハーセプチン),イマチニブ(グリベック)などの臨床における使用がはじまり,耐性の問題は治療成績の向上を目指した場合に大きな障害になり得ると認識されている.分子標的薬のトランスレーショナルスタディをいかにすすめるかが重要な時期にきている
  • Vascular Targeting Agent ZD6126の血管内皮細胞の微小管結合能と抗腫瘍効果, 大塚 弘毅, 福本 久郎, 荒尾 徳三, 端山 直樹, 下山 達, 木村 英晴, 武田 真幸, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 656, 656,   2004年10月
  • EGFRに対するsiRNAのシグナル伝達に与える効果, 荒尾 徳三, 武田 真幸, 下山 達, 端山 直樹, 福本 久郎, 小泉 史明, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 653, 653,   2004年10月
  • ゲフィチニブ抵抗性非小細胞肺癌における塩酸イリノテカンとゲフィチニブの投与スケジュール依存的併用効果, 下山 達, 木村 英晴, 小泉 史明, 福本 久郎, Korfee Sonke, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 651, 651,   2004年10月
  • ZD6474の同所性高転移性腹膜播種モデルにおける抗腫瘍効果, 武田 真幸, 荒尾 徳三, 柳原 五吉, 小泉 史明, 福本 久郎, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 358, 358,   2004年10月
  • ZD6474に対する感受性規定因子としてのEGFR遺伝子変異, 荒尾 徳三, 福本 久郎, 武田 真幸, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 357, 357,   2004年10月
  • gefitinib抵抗細胞系におけるTNF-αへの感度の増強(Enhancement of sensitivity to TNF-α in a gefitinib-resistant cell line), 安藤 浩一, 大森 亨, 井上 史子, 保坂 隆道, 石田 博雄, 白井 崇生, 奥田 健太郎, 廣瀬 敬, 大西 司, 堀地 直也, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 肺癌, 44, 5, 357, 357,   2004年10月
  • 15塩基欠失EGFR発現細胞のチロシンキナーゼ阻害剤に対する感受性獲得, 福本 久郎, 荒尾 徳三, 端山 直樹, 下山 達, 木村 英晴, 大塚 弘毅, 武田 真幸, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 346, 346,   2004年10月
  • ゲフィチニブ耐性遺伝子の検索, 端山 直樹, 福本 久郎, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 田邉 信三, 荒尾 徳三, 下山 達, 木村 英晴, 大塚 弘毅, 武田 真幸, 小泉 史明, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 346, 346,   2004年10月
  • 非小細胞肺癌細胞系におけるgefitinib-acquired抵抗機構の説明(Elucidation of gefitinib-acquired-resistant mechanism in non-small cell lung cancer cell line), 大森 亨, 井上 史子, 門福 強樹, 安藤 浩一, 石田 博雄, 保坂 隆道, 廣瀬 敬, 堀地 直哉, 西尾 和人, 西條 長宏, Arteaga Carlos L., 黒木 登志夫, 肺癌, 44, 5, 345, 345,   2004年10月
  • 分子標的治療薬の臨床開発における問題点 基礎側から, 西尾 和人, 肺癌, 44, 5, 318, 318,   2004年10月
  • 【肺癌-基礎と臨床】 基礎 ゲノム・プロテオーム情報と肺癌基礎研究 肺癌細胞におけるEGFシグナルとゲフィチニブ耐性化, 西尾 和人, 現代医療, 36, 10, 2039, 2043,   2004年10月
  • ZD6474の同所性移植胃癌腹膜播種モデルにおける抗腫瘍効果, 荒尾 徳三, 柳原 五吉, 小泉 史明, 福本 久郎, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 63回, 495, 495,   2004年09月
  • チロシンキナーゼ阻害剤感受性因子の同定, 福本 久郎, 端山 直樹, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 63回, 491, 492,   2004年09月
  • マウス転移モデルを用いたヒトスキルス胃がんの腹膜播種形成機序の解析, 柳原 五吉, 落谷 孝広, 西尾 和人, 広橋 説雄, 日本癌学会総会記事, 63回, 286, 286,   2004年09月
  • 耐性がん克服の新しい戦略と実践 チロシンキナーゼ阻害剤の耐性とその克服, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 63回, 204, 204,   2004年09月
  • ゲフィチニブ抵抗性非小細胞肺癌における,塩酸イリノテカンとゲフィチニブの投与スケジュール依存的併用効果, 下山 達, 小泉 史明, Sonke Korfee, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 63回, 424, 424,   2004年09月
  • Gefitinib獲得耐性機構におけるEGFR,MAPKシグナル経路の解離, 井上 史子, 大森 亨, 門福 強樹, 安藤 浩一, 石田 博雄, 保坂 高道, 廣瀬 敬, 堀地 直也, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, Arteaga Carlos L., 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 63回, 424, 424,   2004年09月
  • EGFRに対するsiRNAのシグナル伝達に与える効果, 武田 真幸, 荒尾 徳三, 渡辺 隆, 塩見 和, Sonke Korfee, 端山 直樹, 下山 達, 小泉 史明, 福本 久郎, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 63回, 68, 68,   2004年09月
  • EGFR変異とゲフィチニブ, 西尾 和人, Mebio Oncology, 1, 2, 4, 7,   2004年08月
  • 【癌の分子標的治療 最新の治療戦略】 治療法の進歩 分子標的薬耐性とその克服, 西尾 和人, 日本臨床, 62, 7, 1343, 1347,   2004年07月
  • 【腫瘍の化学療法 最近の話題】 抗がん剤の耐性機序, 西尾 和人, BIO Clinica, 19, 8, 625, 630,   2004年07月
  • フローサイトメトリーの分子標的治療への応用, 西尾 和人, 福本 久郎, Cytometry Research, 14, 1, 7, 15,   2004年06月
  • シスプラチン耐性株の金属輸送の解析, 鈴木 俊宏, 石橋 健一, 兎川 忠靖, 蛭沼 利江子, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 西尾 和人, 田辺 信三, Biomedical Research on Trace Elements, 15, 2, 194, 194,   2004年06月
  • 【Targetを癌細胞に絞り込む 分子標的治療】 ゲフィチニブ(イレッサ)の基礎研究の動向, 小泉 史明, 端山 直樹, 西尾 和人, Mebio Oncology, 1, 1, 23, 27,   2004年05月
  • 【Targetを癌細胞に絞り込む 分子標的治療】 分子標的治療の理解へむけて, 西尾 和人, Mebio Oncology, 1, 1, 12, 15,   2004年05月
  • 悪性脳腫瘍の治療感受性を規定する遺伝子発現プロファイル解析, 山中 龍也, 矢島 直樹, 土屋 尚人, 本間 順平, 高橋 英明, 田中 隆一, 西尾 和人, Brain Tumor Pathology, 21, Suppl., 75, 75,   2004年05月
  • 次世代ゲノム創薬における分子標的 研究の現状と問題点を理解し,将来展望を語り合おう Gefitinib(イレッサ)の分子機構, 西尾 和人, HUMAN SCIENCE, 15, 2, 32, 32,   2004年03月
  • 癌と体質 体質はがんにも遺伝する? 遺伝子発現解析から, 西尾 和人, 日本体質医学会雑誌, 66, 1〜2, 22, 22,   2004年03月
  • MRP5過剰発現細胞におけるカドミウム耐性機構の解明, 大畑 茂樹, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 西尾 和人, 蛭沼 利江子, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 124年会, 3, 179, 179,   2004年03月
  • シスプラチン耐性細胞を用いた金属感受性とその機構解析, 石橋 健一, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 蛭沼 利江子, 羽場 宏光, 榎本 秀一, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 124年会, 3, 177, 177,   2004年03月
  • 肺癌の個別化治療 ファーマコゲノミクス, 西尾 和人, 日本呼吸器学会雑誌, 42, 増刊, 27, 27,   2004年03月
  • Signal Japan, 西尾 和人, Signal Japan, 4, 3,   2004年
  • 【シグナル伝達の基礎と臨床応用】 臨床応用 分子標的薬剤ゲフィチニブの作用・耐性機序,副作用, 西尾 和人, 現代医療, 35, 12, 2913, 2918,   2003年12月
  • 国立がんセンターにおける研究活動 がんの薬効評価法・トランスレーショナルリサーチ 分子標的薬の付随的探索的臨床研究の実際, 西尾 和人, HUMAN SCIENCE, 14, 6, 32, 32,   2003年11月
  • 【肺癌治療基礎研究の新展開】 分子標的治療薬の耐性発現機構, 端山 直樹, 小泉 史明, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 7, 6, 507, 513,   2003年11月
    概要:分子標的治療薬の耐性機序の研究も行われているが,複数の耐性機序が存在する可能性がある.分子標的治療薬の耐性機序の解明は急務である.ゲフィチニブを中心とした分子標的治療薬の有効性,耐性機序について述べた.分子標的治療薬は,癌細胞の増殖抑制であるため,抗腫瘍効果を判定するのに長時間を要する.正常細胞に対して直接的傷害が少なく,副作用が少ないとされる.しかし,実際の臨床試験で,従来の化学療法と異なるものの,皮膚炎,下痢,肝障害などが認められた
  • 【肺癌 診断・治療の最前線】 トランスレーショナルスタディ Molecular Correlative Study, 西尾 和人, 癌の臨床, 49, 10, 1119, 1126,   2003年11月
  • 【Annual Review 2003 治療】 生物学・分子標的治療 分子標的治療に必要なトランスレーショナルリサーチ, 端山 直樹, 西尾 和人, MOOK肺癌の臨床, 2003, 247, 254,   2003年10月
  • 【癌ゲノム薬理学】 分子標的治療におけるトランスレーショナルpharmacogenomics, 塩見 和, 西尾 和人, 血液・免疫・腫瘍, 8, 4, 393, 397,   2003年10月
    概要:現在,分子標的治療薬に関するPharmacogenomic studyを臨床試験の付随研究として行うことの重要性が増してきている.こうした中,Pharmacogenomicsとは,SNP(single nucleotide polymorphism)などの遺伝子多型情報に加え,副作用の発現などを予測しようとする研究概念である.そこで,著者等が分子標的薬の付随研究として行った発現解析について述べた
  • がんの分子標的治療 新しいがん治療の開発動向, 西尾 和人, 診療と新薬, 40, 10, 897, 912,   2003年10月
  • Pharmacogenomics for Cancer Therapy DNAアレイの臨床応用, 荒尾 徳三, 小泉 史明, 西尾 和人, がん分子標的治療, 1, 4, 308, 312,   2003年10月
    概要:近年の分子生物学の進歩はDNAアレイ技術を生み出し,腫瘍学においても従来のひとまとめにされた疾患の多様性を,個々の症例における細胞レベルの遺伝子発現の違いから科学的に定量化することを可能にした.そこで,現在までの臨床応用例と問題点,そしてファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤臨床試験に付随した著者等のDNAアレイを用いた研究成果について紹介した
  • 【癌の抗体療法】 抗VEGF抗体療法, 下山 達, 西尾 和人, Biotherapy, 17, 5, 422, 429,   2003年09月
    概要:近年,分子標的治療薬の開発は,その臨床効果が認められるに従い,非常に活発化してきている.しかし,血管新生阻害をターゲットとした薬剤の開発は,臨床効果が認められず,停滞している感がある.そのなかで,今年のASCOで報告されたVEGF中和抗体である,bevacizumab(Avastin)は血管新生阻害剤として,初めて臨床第III相試験で有効性が認められた.この結果を受け,今後,血管新生阻害剤の開発に拍車がかかるものと期待される.そこで,その標的であるVEGFとそのレセプターの解説を行い,あわせて抗VEGF抗体治療の現状を紹介した
  • 癌の増殖進展におけるオステオポンチンの役割, 高橋 史行, 平間 未知大, 高橋 和久, 平島 奈緒子, 清水 一枝, 福地 義之助, 西尾 和人, 順天堂医学, 49, 3, 360, 360,   2003年09月
  • Gefitinib獲得耐性ヒト非小細胞肺がん株における抗がん剤交差感受性機構とgefitinib併用化学療法の検討, 大森 亨, 井上 史子, 松田 正典, 安藤 浩一, 廣瀬 敬, 堀地 直也, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 265, 265,   2003年09月
  • 分子標的薬の臨床研究としてのファーマコゲノミクス, 西尾 和人, 荒尾 徳三, 小泉 史明, 福本 久郎, 下山 達, 端山 直樹, Sonke Korfee, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 197, 197,   2003年09月
  • サブトラクション法によるシスプラチン耐性因子の探索, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本癌学会総会記事, 62回, 319, 319,   2003年08月
  • ヒト非小細胞肺癌に対するgefitinibを用いた新規併用化学療法の検討, 松田 正典, 大森 亨, 井上 史子, 安藤 浩一, 廣瀬 敬, 堀地 直也, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 62回, 152, 152,   2003年08月
  • 分子標的治療 標的探索から臨床試験まで シグナル伝達系阻害薬の開発と問題 固形腫瘍, 西尾 和人, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 62回, 52, 52,   2003年08月
  • シスプラチン耐性細胞の金属感受性とその機構, 石橋 健一, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 西尾 和人, 田辺 信三, Biomedical Research on Trace Elements, 14, 2, 138, 138,   2003年06月
  • サイトメトリーの分子標的治療への応用, 西尾 和人, 福本 久郎, 小泉 史明, Cytometry Research, 13, Suppl., 23, 23,   2003年06月
  • 【肺癌治療の個別化】 微小管作用薬の個別化治療, 西尾 和人, 西尾 誠人, 肺癌の臨床, 5, 3, 271, 278,   2003年05月
  • 新しい作用機序の薬 ゲフィチニブ(イレッサ), 西尾 和人, 小泉 史明, 日本病院薬剤師会雑誌, 39, 4, 461, 464,   2003年04月
  • シスプラチン耐性細胞における重金属感受性とその機構解析, 石橋 健一, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 3, 181, 181,   2003年03月
  • シスプラチンのグルタチオン複合体の性質と解析, 須藤 洋行, 兎川 忠靖, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 3, 145, 145,   2003年03月
  • ファルネシールトランスフェレース阻害剤,R115777のトランスレーショナル・スタディ-臨床第I相試験における遺伝子発現プロファイル解析結果, 秋山 慶太, 中川 和彦, 山本 信之, 小宮 武文, 植島 久雄, 浅井 暁, 鶴谷 純司, 森山 あづさ, 児玉 圭司, 築山 正嗣, 米阪 仁雄, 宮崎 昌樹, 金田 裕靖, 倉田 宝保, 田村 研治, 西尾 和人, 大橋 靖雄, 伊藤 陽一, End W David, 伊藤 博夫, 小林 豪太, 福岡 正博, 日本呼吸器学会雑誌, 41, 増刊, 81, 81,   2003年03月
  • 生物学的研究に基づいた肺癌の新規治療 肺癌治療におけるトランスレーショナルリサーチ, 西尾 和人, 小泉 史明, 田村 友秀, 西條 長宏, 日本呼吸器学会雑誌, 41, 増刊, 9, 9,   2003年03月
  • 【肺がんの分子生物学・バイオセラピーの現状と将来】 ZD1839耐性, 小泉 史明, 西尾 和人, 肺癌の臨床, 5, 2, 203, 209,   2003年01月
  • <原著>新規血管新生阻害剤VGA1155における血管新生阻害効果と細胞増殖抑制効果についての検討, 築山 正嗣, 西尾 和人, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 27, 3, 215, 221,   2002年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000587897
    概要:癌における血管新生はその増殖,転移に関し重要な働きを担っている.血管内皮増殖因子(VEGF)は癌における血管新生を促進すると共に,腫瘍の進展にも深くかかわっている.よってVEGFおよびその受容体であるVEGFRを標的とした薬剤の開発は癌治療において重要な治療戦略となりうる.我々はVEGFR阻害剤として新規に開発されたVGA1155における血管新生抑制効果および細胞増殖抑制効果について検討を行った. VGA1155は,ヒト臍帯静脈内皮細胞におけるチミジン取り込み試験において5μMの濃度にて有意にDNA合成を阻害し,tube formation assayにおいて同濃度で有意に管腔形成を阻害した.またDorsal air sac法において有意に血管新生阻害を示した.さらに,ヒト小細胞肺癌株SBC3およびそのVEGF遺伝子導入株SBC3/VEGFに対してMTT assayを行った結果,VGA1155は親株SBC3に増殖抑制効果を認めたのに対し,SBC3/VEGFにおいては増殖抑制効果を認めなかった.以上よりVEGFR阻害剤としてスクリーニングされたVGA1155が,腫瘍の血管新生阻害作用を有することがin vitro およびin vivo で確かめられ,ヒト小細胞肺癌株においてはVEGFが細胞増殖に関わる因子であることが確かめられた. VGA1155は血管新生により誘起される浸潤,転移を抑える可能性があると考えられた.
  • シスプラチンのグルタチオン複合体生成機構の解析, 須藤 洋行, 兎川 忠靖, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 田辺 信三, Biomedical Research on Trace Elements, 13, 4, 314, 315,   2002年12月
    概要:HPLCを用いたグルタチオン-シスプラチン複合体(GS-Pt)測定法を確立し,シスプラチン暴露後に生成する細胞内GS-Pt量の測定,GS-Pt生成に及ぼすGlutathione S-transferase(GST)の影響を検討した.in vitroでの反応生成物をHPLCで解析すると,時間と共にシスプラチンと保持時間が異なる新たな複数のピークの生成を確認し,PtとGSHの比が1対2のGS-Ptであることが判明した.又,これらのGS-PtのうちGST添加によって生成が促進されるGS-Ptの存在が明らかとなった.又,PO-14株にシスプラチンを暴露した時,細胞内に取り込まれたPtの約10%がGS-Ptとして存在した
  • 新規血管新生阻害剤VGA1155における血管新生阻害効果と細胞増殖抑制効果についての検討, 築山 正嗣, 西尾 和人, 田村 研治, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 27, 3〜4, 215, 221,   2002年12月
    概要:血管内皮増殖因子(VEGF)阻害剤として開発されたVGA1155における血管新生抑制効果及び細胞増殖抑制効果について検討を行った.VEGFR阻害剤としてスクリーニングされたVGA1155は,in vitro,in vivoにおいて腫瘍の血管新生阻害作用を有することが示唆された.ヒト小細胞肺癌株においてはVEGFが細胞増殖に関わる因子であった.VGAll55は血管新生により誘起される浸潤,転移を抑える可能性があると考えられた
  • 肺癌の分子標的療法, 西尾 和人, 呼吸と循環, 50, 12, 1243, 1247,   2002年12月
  • 遺伝子発現の検索に基づく癌の個別化治療の可能性と問題点, 西尾 和人, Cancer Frontier, 4, 1, 75, 80,   2002年11月
  • 1. マイクロダイゼクション法,遺伝子増幅法,cDNAマクロアレイ解析法の併用による極微量臨床検体からの遺伝子発現解析(第76回 日本肺癌学会関西支部会)(関西支部)(支部活動), 田村 研治, 洪 泰浩, 畑下 恵理奈, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 西尾 和人, 肺癌, 42, 6,   2002年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138072
  • マイクロダイゼクション法,遺伝子増幅法,cDNAマクロアレイ解析法の併用による極微量臨床検体からの遺伝子発現解析, 田村 研治, 洪 泰浩, 畑下 恵理奈, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 中川 和彦, 福岡 正博, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 西尾 和人, 肺癌, 42, 6, 657, 657,   2002年10月
  • 癌の増殖進展におけるオステオポンチンの役割, 平間 未知大, 高橋 史行, 高橋 和久, 平島 奈緒子, 清水 一枝, 芥川 茂, 西尾 和人, 福地 義之助, 肺癌, 42, 5, 510, 510,   2002年10月
  • 【抗癌薬 分子標的治療への期待】 癌の分子標的治療 標的の検索, 西尾 和人, 治療学, 36, 10, 1073, 1076,   2002年10月
  • マイクロダイゼクション法,遺伝子増幅法,cDNAマクロアレイ解析法併用による極微量臨床検体からの遺伝子発現解析, 田村 研治, 洪 泰浩, 畑下 恵理奈, 植島 久雄, 野上 壽二, 倉田 宝保, 西尾 和人, 中川 和彦, 竹森 久美子, 伊藤 浩行, 福岡 正博, 日本癌学会総会記事, 61回, 439, 439,   2002年10月
  • 悪性脳腫瘍の治療感受性を規定する遺伝子発現プロファイル解析, 山中 龍也, 芥川 茂, 田口 文子, 国中 隆一, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 61回, 439, 439,   2002年10月
  • ZD1839獲得耐性ヒト非小細胞肺癌株におけるTNF-α交差感受性機構の検討, 相馬 慎也, 大森 亨, 井上 史子, 山岡 利光, 小澤 哲二, 松田 正典, 野田 宗秀, 大西 司, 西尾 和人, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 61回, 426, 426,   2002年10月
  • ZD1839('Iressa')耐性モデルにおけるVEGFレセプター特異的チロシンキナーゼ阻害剤ZD6474の抗腫瘍活性(Activity of ZD6474, a VEGF receptor tyrosine kinase inhibitor, in a model of ZD1839('Iressa') resistance), 田口 史子, 洪 泰浩, 小泉 史明, 上田 裕, 築山 正嗣, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 61回, 426, 426,   2002年10月
  • リポ化アデノウイルスDNA-TPC投与による腫瘍内遺伝子発現変化の検討, 上田 裕, 小泉 史明, 築山 正嗣, 洪 泰浩, 田口 史子, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 61回, 185, 185,   2002年10月
  • ヒト大腸がん細胞におけるEGFRチロシンキナーゼ阻害剤ZD1839('Iressa')とDNAトポイソメラーゼI阻害剤CPT-11の併用効果の検討(Synergistic interaction between EGFR tyrosine kinase inhibitor ZD1839('lressa') and DNA topoisomerase I inhibitor CPT-11 in human colorectal cancer cells), 小泉 史明, 官澤 文彦, 上田 裕, 洪 泰浩, 築山 正嗣, 田口 史子, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 61回, 160, 160,   2002年10月
  • ZD1839(Iressa)獲得耐性機構におけるEGFR蛋白質分解系の関与, 大森 亨, 山岡 利光, 井上 史子, 相馬 慎也, 松田 正典, 廣瀬 敬, 堀地 直也, 小泉 史明, 西尾 和人, Arteaga C.L., 足立 満, 西條 長宏, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 61回, 160, 160,   2002年10月
  • ヒト非小細胞肺癌株PC-9におけるZD1839(Iressa)獲得耐性機構の解析, 井上 史子, 山岡 利光, 大森 亨, 相馬 慎也, 野田 宗秀, 上田 裕, 小泉 史明, 西尾 和人, 門福 強樹, 山元 俊憲, 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 61回, 160, 160,   2002年10月
  • 分子標的治療の基礎と臨床 抗がん剤耐性からみた分子標的治療(Resistance to target based therapy), 西尾 和人, 田口 史子, 小泉 史明, 日本癌学会総会記事, 61回, 40, 40,   2002年10月
  • 分子標的薬のトランスレーショナルスタディーと耐性, 西尾 和人, 小泉 史明, 田口 史子, 上田 裕, 築山 正嗣, 田村 友秀, 西條 長宏, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 178, 178,   2002年09月
  • 【肺癌の分子標的治療の基礎知見 最近の進歩】 肺癌の分子標的とpharmacogenomics, 西尾 和人, 分子呼吸器病, 6, 5, 377, 385,   2002年09月
  • 【癌の抗体療法】 腫瘍血管新生因子を標的とした抗体療法 FGF,VEGF, 田口 史子, 西尾 和人, Surgery Frontier, 9, 3, 199, 203,   2002年09月
  • 【緩和キュアとケア】 緩和的化学療法の現在 肺がんにおける緩和的化学療法, 小泉 史明, 西尾 和人, がん看護, 7, 3, 200, 203,   2002年05月
  • 遺伝子診断の新展開 至適化学療法を目指した大腸癌に対するcDNA macroarrayによる遺伝子解析, 角田 卓也, 洪 泰浩, 山上 裕機, 梅本 善哉, 西尾 和人, 日本外科系連合学会誌, 27, 3, 383, 383,   2002年05月
  • 悪性脳腫瘍の治療感受性を規定する遺伝子発現プロファイル解析, 山中 龍也, 芥川 茂, 田口 文子, 矢島 直樹, 土屋 尚人, 森井 研, 高橋 英明, 田中 隆一, 西條 長宏, 西尾 和人, Brain Tumor Pathology, 19, Suppl., 43, 43,   2002年05月
  • オーダーメイド化学療法, 西尾 和人, 小泉 史明, 築山 正嗣, 呼吸器科, 1, 4, 332, 336,   2002年04月
  • 【がんの薬剤耐性診断の新展開 CGHとマイクロアレイ技術の耐性診断への応用】 注目される耐性機構とその検出 フローサイトメトリーの耐性診断への応用, 西尾 和人, 小泉 史明, 臨床病理レビュー, 119, 52, 59,   2002年04月
    概要:フローサイトメトリーを用いた耐性研究の方法には,1)DNAヒストグラムを用いた細胞周期解析と耐性機序の解析,2)薬物の細胞内取り込み研究,3)表面に発現する分子の解析,4)アポトーシスの検討,5)免疫研究におけるソーティング実験などである.これらを用いることにより,耐性診断に有用な情報を得ることができる.特に分子標的薬に対する耐性も重要な臨床課題となると考えられることから,フローサイトメトリーを用いた方法は有力な情報をもたらすと期待される
  • 【肺癌化学療法の新しい動向】 オーダーメイド治療, 築山 正嗣, 西尾 和人, 日本胸部臨床, 61, 4, 299, 305,   2002年04月
    概要:分子細胞生物学,分子遺伝子学の進歩は様々なことをもたらした.その中で最も影響を受けているものの一つが医療分野である.ゲノム解析の進展により,各種疾患における発生機序の解明や,新たな診断規準の確立,またそれに応じた治療が可能となってきている.また遺伝子レベルでの患者の個別化が可能となってきている今,各患者における薬剤の使い分けなど個人間の差を考慮したオーダーメイド治療が可能になると思われる
  • 抗癌剤耐性因子 細胞周期・アポトーシス関連因子 p53,p73, 洪 泰浩, 西尾 和人, Surgery Frontier, 9, 1, 68, 71,   2002年03月
  • 肺癌治療の進歩 肺がんの分子標的治療の将来, 西尾 和人, 日本呼吸器学会雑誌, 40, 増刊, 69, 69,   2002年03月
  • 【癌治療の最前線 標準治療編】 肺癌の標準治療, 上田 裕, 田村 友秀, 西尾 和人, カレントテラピー, 20, 2, 142, 147,   2002年01月
    概要:肺癌は生物学的特性により小細胞癌と非小細胞癌に分けられ,各々病期により治療法が選択される.現在,小細胞癌の限局型は放射線化学療法,進展型は化学療法が行われ,非小細胞癌の早期は手術療法,進行期は化学療法又は放射線化学療法が行われている.しかしながら,いまだ標準治療の定まっていないところも多い.確かに肺癌の治療成績は向上してきたが,決して満足する状況とはいえない.肺癌が癌死亡のトップになり,今後更に高齢化が進行して肺癌が増加することを考えると,治療成績を今以上に改善する必要がある
  • ディベート・コーナーPro&Con 抗癌剤感受性テスト(臨床試験) Con, 西尾 和人, 血液・免疫・腫瘍, 7, 1, 99, 101,   2002年01月
  • 【新しい予後因子と薬剤耐性規定因子】 MRPと肺癌の薬剤耐性, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 兎川 忠靖, 田辺 信三, 医学のあゆみ, 199, 9, 655, 658,   2001年12月
    概要:近年,分子生物学の進歩により,多剤耐性蛋白質(MRP)の分子種が続々と単離された.現在のところMRPには1〜7のファミリーが報告されており,抗癌剤との関連が研究されている.又,シスプラチン耐性の原因の一つにATP依存的グルタチオン複合体排出ポンプ(GS-X pump)の関与が示され,MRP1がその機能を有することが明らかになった.著者等もシスプラチン耐性肺癌細胞株よりMRP5/SMRPをクローニングし,グルタチオン合成の律速酵素であるγ-グルタミルシステイン合成酵素と発現が協調することから,GS-X pumpのメンバーである可能性を示した
  • 悪性脳腫瘍症例の遺伝子発現プロファイル解析, 山中 龍也, 宇塚 岳夫, 森井 研, 高橋 英明, 田中 隆一, 芥川 茂, 西尾 和人, 新潟医学会雑誌, 115, 10, 547, 547,   2001年10月
  • 新しい分子標的薬剤による治療, 西尾 和人, 肺癌, 41, 6, 730, 731,   2001年10月
  • W6-4 Farnesyl Transferase Inhhibitor(FTI)R115777の臨床第I相試験 (分子標的と肺癌治療), 中川 和彦, 山本 信之, 西尾 和人, 小泉 史明, 大橋 靖雄, 伊東 博夫, 福岡 正博, 肺癌, 41, 5,   2001年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003117542
  • 各種肺癌におけるtransformation-related protein-オステオポンチン(OPN)の発現に関する検討, 高橋 和久, 張 錦, 高橋 史行, 清水 一枝, 前田 佳代, 尾下 文浩, 亀田 陽一, 西尾 和人, 福地 義之助, 肺癌, 41, 5, 479, 479,   2001年09月
  • 分子標的と肺癌治療 Farnesyl Transferase Inhibitor(FTI)R115777の臨床第1相試験, 中川 和彦, 山本 信之, 西尾 和人, 小泉 史明, 大橋 靖雄, 伊藤 博夫, 福岡 正博, 肺癌, 41, 5, 414, 414,   2001年09月
  • 非小細胞肺癌に対するビノレルビンの放射線増感効果の基礎的検討と臨床応用, 福岡 和也, 本津 茂人, 木村 弘, 西尾 和人, 西條 長宏, 肺癌, 41, 5, 531, 531,   2001年09月
  • 分子標的と肺癌治療 非小細胞肺癌組織のβ-tubulinの遺伝子変異の有無の検討, 西尾 誠人, 西尾 和人, 大柳 文義, 唐渡 敦也, 佐藤 之俊, 奥村 栄, 石川 雄一, 中川 健, 西條 長宏, 宝来 威, 肺癌, 41, 5, 415, 415,   2001年09月
  • 分子標的と肺癌治療 ZD1839(イレッサTM)のヒト非小細胞肺癌株PC-9及びPC-14の遺伝子発現に及ぼす影響の検討, 築山 正嗣, 小泉 史明, 洪 泰浩, 芥川 茂, 田口 史子, 秋山 佳子, 官澤 文彦, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 41, 5, 413, 413,   2001年09月
  • HnRNPL(heterogeneous nuclear ribonucleoproteinL)の機能と抗癌剤・放射線感受性規定因子としての役割, 田口 史子, 草場 仁志, 芥川 茂, 秋山 佳子, 小泉 史明, 洪 泰浩, 官澤 文彦, 西條 長宏, 西尾 和人, 加藤 治文, 肺癌, 41, 5, 531, 531,   2001年09月
  • オステオポンチンは血管新生を誘導する, 芥川 茂, 高橋 史行, 大江 裕一郎, 高橋 和久, 福地 義之助, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 41, 5, 517, 517,   2001年09月
  • 微小管作用薬TZT-1027のヒト肺癌細胞株におけるアポトーシス誘導因子のcDNAアレイを用いての検討, 洪 泰浩, 夏目 紹隆, 小泉 史明, 西條 長宏, 小林 基博, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 230, 230,   2001年09月
  • ヒト非小細胞肺がんPC-9細胞におけるZD1839('Iressa')のTNF-α誘導アポトーシス増強機構, 大森 亨, 山岡 利光, 青 暢子, 西尾 和人, Arteaga Carlos L., 西條 長宏, 足立 満, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 60回, 215, 215,   2001年09月
  • 悪性脳腫瘍の遺伝子発現プロファイル解析, 山中 龍也, 芥川 茂, 田中 隆一, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 224, 224,   2001年09月
  • ヒト小細胞肺癌株SBC-3細胞におけるZD-0473-gemcitabine(GEM)のin vitro併用効果, 官澤 文彦, 秋山 佳子, 草場 仁志, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 593, 593,   2001年09月
  • オステオポンチンは血管新生を誘導する, 芥川 茂, 高橋 史行, 福本 久郎, 大江 裕一郎, 高橋 和久, 福地 義之助, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 457, 457,   2001年09月
  • VEGF産生腫瘍細胞に対するTZT-1027の抗腫瘍効果の検討, 夏目 紹隆, 渡辺 順一, 藤尾 奈美, 堀内 敏, 小林 基博, 洪 泰浩, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 229, 229,   2001年09月
  • HnRNPL(heterogeneous nuclear ribonucleoproteinL)の機能と抗癌剤・放射線感受性規定因子としての役割, 田口 史子, 草場 仁志, 芥川 茂, 秋山 佳子, 小泉 史明, 洪 泰浩, 清水 美貴子, 宮澤 文彦, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 60回, 568, 568,   2001年09月
  • 増幅RNAを用いたcDNAアレイの妥当性の評価, 西尾 和人, 小泉 史明, 洪 泰浩, 芥川 茂, 清水 美貴子, 田口 史子, 秋山 佳子, 草場 仁志, 田村 友秀, 西條 長宏, 日本癌学会総会記事, 60回, 576, 576,   2001年09月
  • 【集学的治療の進歩】 分子標的薬剤による抗がん剤の作用増強, 西尾 和人, 肺癌の臨床, 4, 1, 7, 12,   2001年08月
    概要:分子標的薬の開発が進んできた.既存抗がん剤との併用についても臨床的に調べられているが,その原理の解釈が必要である.前臨床研究は併用による相乗効果,薬間の相互作用,相乗効果の機能解析,スケジュールの決定などが目的である.これらの情報をもとに適切な分子標的薬と既存抗がん剤の併用の臨床試験を進めていくことにより分子標的薬の有用性が示されることが望まれる
  • cDNAマクロアレイを用いた,分子標的薬のサロゲートマーカーの選択, 西尾 和人, 小泉 史明, 芥川 茂, 洪 泰浩, 臨床化学, 30, Suppl.2, 169b, 169b,   2001年08月
  • 遺伝子を標的とした癌治療の現況と将来 分子標的治療の臨床評価におけるtranslational researchの役割, 西尾 和人, 西條 長宏, Human Cell, 14, 2, P28, P28,   2001年07月
  • 一塩基多型(SNPs)及びDNAマイクロアレイを用いたpharmacogenomic study, 小泉 史明, 西尾 和人, Cancer Frontier, 3, 1, 74, 80,   2001年07月
    概要:近年遺伝子解析技術が飛躍的に進歩し,世界的な取り組みでヒトゲノムプロジェクトが進んでいる.このような背景の中,疾患や薬物応答性の個人差を説明する遺伝的背景が徐々に理解され,薬理ゲノミクスの概念が生まれ進展してきた.SNPによる遺伝子多型解析及びcDNAアレイを用いた遺伝子発現解析は,共に薬理ゲノミクスを推進し,オーダーメイド治療を実現するための強力なツールであり,癌の分野においては特に重要であると考えられる.今後これらの研究が発展・進歩し,どのように臨床に応用されていくかについて概説した
  • cDNAマクロアレイを用いた,分子標的薬のサロゲートマーカーの選択, 西尾 和人, 小泉 史明, 芥川 茂, 洪 泰浩, 臨床病理, 49, 補冊, 323, 323,   2001年07月
  • 大腸癌に対するオーダーメイド化学療法のためのcDNA macroarrayによる遺伝子解析, 角田 卓也, 洪 泰浩, 中村 貴, 石本 喜和男, 山上 裕機, 谷村 弘, 西尾 和人, 日本消化器外科学会雑誌, 34, 7, 843, 843,   2001年07月
  • Molecular Biotechnology マクロアレイ, 西尾 和人, 小泉 史明, 芥川 茂, 洪 泰浩, 分子呼吸器病, 5, 4, 354, 358,   2001年07月
  • 【安全衛生管理】 大阪市消防局における安全衛生対策, 西尾 和人, プレホスピタル・ケア, 14, 3, 26, 30,   2001年06月
  • 抗癌剤耐性因子 抗癌剤分子標的 DHFR(dihydrofolate reductase), 清水 美貴子, 西尾 和人, Surgery Frontier, 8, 2, 211, 216,   2001年06月
    概要:悪性腫瘍の治療に用いられる葉酸拮抗剤メトトレキサート(MTX)に対する耐性機構の解明は,癌の耐性化の診断及びその克服といった点で,臨床上大変重要な課題である.MTXは,ジヒドロ葉酸レダクターゼ(DHFR)に結合して酸化型(不活性型)から還元型(活性型)葉酸への変換作用を阻害する.現在迄の種々の研究で,MTX耐性株の一部では,DHFRの酵素活性及びタンパク量の増加や,MTX結合能が著しく低下した変異DHFRの増幅が観察されており,DHFRは薬剤耐性因子の一つとして重要な役割を担っていると考えられる.葉酸拮抗剤耐性機構及び耐性克服のアプローチをDHFRを中心に紹介した
  • 【抗癌剤の作用機序と効果】 微小管作用薬, 西尾 和人, 血液・腫瘍科, 42, 5, 435, 442,   2001年05月
  • <原著>肺癌細胞における各種抗癌剤によるトランスポーター遺伝子の発現誘導, 吉田 誠, 西尾 和人, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 26, 1, 9, 21,   2001年04月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061708
    概要:癌細胞が抗癌剤に暴露された時に引き起こされる薬剤耐性関連遺伝子発現の増加は重要な生体防御機構の一つと考えられる.抗癌剤の排出ポンプ機能を持つと推測されるABCトランスポーター遺伝子と抗癌剤耐性との関係を明らかにするために, ヒト肺癌細胞株PC-14とそのシスプラチン耐性株PC-14/CDDPにおける各種抗癌剤によるトランスポーター遺伝子発現誘導能をTaqMan real-time RT-PCR法を用いて検討した.アドリアマイシン暴露48時間後, MDR-1およびMRP5/SMRP遺伝子発現はPC-14及びPC-14/CDDPのいずれの細胞株においても濃度依存的に増加した.アドリアマイシン耐性株であるSBC-3/ADM, K562/ADM, 及びAdrRMCF7細胞におけるMRP5/SMRP遺伝子発現をNorthern blot analysis, 及びRNase protection assayを用いて検索した結果, いずれのアドリアマイシン耐性株においてもMRP5/SMRP遺伝子発現の増加を認めた.短期及び長期アドリアマイシン暴露によるMRP5/SMRP遺伝子の発現誘導が確認されたことから, MRP5/SMRP遺伝子はMDR1遺伝子とともにアドリアマイシンの獲得耐性機構に関与していることが示唆された.
  • 肺癌細胞における各種抗癌剤によるトランスポーター遺伝子の発現誘導, 吉田 誠, 西尾 和人, 中川 和彦, 福岡 正博, 近畿大学医学雑誌, 26, 1, 9, 21,   2001年04月
    概要:アドリアマイシンは固形癌の標準的治療剤として使用されている.癌細胞に対するアドリアマイシン耐性は,固形癌の治療成績を左右する重要な因子と考えられるが,各種アビジン・ジオンジン複合体(ABC)トランスポーター遺伝子と肺癌細胞における各種抗癌剤に対する耐性の関連性については,明らかでない.ABCトランスポーター遺伝子と抗癌剤耐性との関係を検討した.いずれのアドリアマイシン耐性株(SBC-3/ADM,K562/ADM,およびAdrR MCF7細胞)においても,MRP5/SMRP遺伝子発現の増加を認めた.また,短期および長期アドリアマイシン暴露によるMRP5/SMRP遺伝子の発現誘導を確認した.MRP5/SMRP遺伝子は,MDR-1遺伝子とともに,アドリアマイシンの獲得耐性機構に関与している事が示唆された
  • 【胃癌の治療 進行・再発胃癌の治療 新しい機序による治療】 Cyclin dependent kinase(CDK)阻害剤, 西尾 和人, 日本臨床, 59, 増刊4 胃癌の診断と治療, 427, 430,   2001年04月
  • メタロチオネインノックアウトマウス由来細胞におけるmrp familyの発現解析, 安居院 美香, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 向日 良夫, 三浦 伸彦, 永沼 章, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本薬学会年会要旨集, 121年会, 3, 81, 81,   2001年03月
  • 【がんの化学療法】 Molecular markerによるオーダーメイド化学療法, 西尾 和人, 小泉 史明, 芥川 茂, 洪 泰浩, 西條 長宏, 最新医学, 56, 3月増刊, 537, 547,   2001年03月
    概要:cDNAアレイを用いたがん治療へのアプローチが始まっている.cDNAアレイは大量の遺伝子機能解析を行う技術として発展し,発現プロファイル及び遺伝子変異を効率よく検索できる.個々の遺伝情報から個人個人に最適な治療を提供することが可能であると考えられている.即ち分子マーカーによるオーダーメード化学療法である
  • 【がんの分子標的療法】 cDNAアレイ臨床応用, 小泉 史明, 西尾 和人, 西條 長宏, 最新医学, 56, 3, 440, 448,   2001年03月
    概要:cDNAアレイを用いたがん治療へのアプローチが始まっている.cDNAアレイは大量の遺伝子機能解析を行う技術として発展し,発現プロファイル及び遺伝子変異を効率よく検索できることから,がんの個性診断,薬剤の感受性,耐性予測等に応用可能と考える.個人個人に最適な治療を提供するため,ヒトゲノム情報,遺伝子情報を活用することは重要な課題であり,この方面における応用が期待される
  • 非小細胞性肺癌の新しい幕開け がん化学療法の分子標的, 西尾 和人, 西條 長宏, 日本呼吸器学会雑誌, 39, 増刊, 80, 80,   2001年03月
  • 各種抗癌剤による薬剤耐性遺伝子発現誘導, 築山 正嗣, 吉田 誠, 中川 和彦, 小宮 武文, 畑下 恵理奈, 森山 あづさ, 鶴谷 純司, 植島 久雄, 山本 信之, 西尾 和人, 日本呼吸器学会雑誌, 39, 増刊, 260, 260,   2001年03月
  • 【新規抗癌剤をめぐって】 medico color シグナル伝達と分子標的治療, 西尾 和人, MEDICO, 32, 2, 66, 72,   2001年02月
  • I-10 各種抗癌剤による薬剤耐性遺伝子発現誘導, 吉田 誠, 中川 和彦, 小宮 武文, 畑下 恵理奈, 森山 あづさ, 鶴谷 純司, 植島 久雄, 山本 信之, 西尾 和人, 福岡 正博, 肺癌, 40, 5,   2000年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003112366
  • 抗癌剤耐性因子 抗癌剤排出機構 GS-Xポンプ, 西尾 和人, 鈴木 俊宏, 中村 貴, 巽 康彰, Surgery Frontier, 7, 3, 328, 333,   2000年09月
    概要:GS-Xポンプは細胞膜に存在するATP依存性の排出ポンプであり,グルタチオン抱合体を排出する機能を有する分子の総称である.内因性のグルタチオン抱合体であるロイコトリエンC4は同ポンプにより排出される.シスプラチンは細胞内でグルタチオン抱合体を形成するが,同物質がロイコトリエンC4と競合的にGS-Xポンプにより排出されることからシスプラチンを排出し,シスプラチン耐性の要因となると考えられている.多剤耐性蛋白質1(MRP1)がロイコトリエンC4を運搬することからGS-Xポンプの一つと同定されたが,同ファミリーのcMOATなどがGS-Xポンプファミリーと考えられている
  • 非小細胞肺癌切除組織におけるp53の発現と化学療法効果及び生存との関連, 伊藤 宏之, 尾下 文浩, 亀田 陽一, 西尾 和人, 池原 瑞樹, 田中 学, 山田 耕三, 野村 郁男, 野田 和正, 藤田 敦, 肺癌, 40, 5, 439, 439,   2000年09月
  • 肺癌におけるMRP5遺伝子発現とプラチナ製剤曝露との関連, 小栗 鉄也, 礒部 威, 鈴木 俊宏, 西尾 和人, 石川 暢久, 藤高 一慶, 横崎 典哉, 石岡 伸一, 加藤 修, 山木戸 道郎, 日本癌学会総会記事, 59回, 193, 193,   2000年09月
  • 小細胞肺癌におけるintegrinの発現と化学療法効果及び生存との関連, 尾下 文浩, 亀田 陽一, 西尾 和人, 池原 瑞樹, 田中 学, 山田 耕三, 野村 郁男, 野田 和正, 肺癌, 40, 5, 438, 438,   2000年09月
  • ヒトUCN-01耐性小細胞肺癌細胞における遺伝子発現について (cDNAマクロアレイ法を用いて), 芥川 茂, 中村 貴, 臼田 実男, 福本 久郎, 洪 泰浩, 田村 友秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 59回, 110, 110,   2000年09月
  • 各種抗癌剤による薬剤耐性遺伝子発現誘導, 吉田 誠, 中川 和彦, 小宮 武文, 畑下 恵理奈, 森山 あづさ, 鶴谷 純司, 植島 久雄, 山本 信之, 西尾 和人, 福岡 正博, 肺癌, 40, 5, 528, 528,   2000年09月
  • 悪性腫瘍の遺伝子診断 DNAアレイを用いたファーマコジェノミクス, 西尾 和人, 和歌山医学, 51, 3, 359, 359,   2000年09月
  • in vivo実験におけるネダプラチン(NDP) イリノテカン(CPT-11)の併用効果, 官澤 文彦, 小泉 史明, 洪 泰浩, 中村 貴, 福本 久郎, 巽 泰彰, 西絛 長宏, 吉岡 貴幸, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 59回, 392, 392,   2000年09月
  • cDNA arrayを用いた胃癌卵巣転移(Krukenberg腫瘍)における遺伝子発現の解析, 岩橋 誠, 谷村 弘, 中村 貴, 中森 幹人, 上田 健太郎, 中村 公紀, 松浦 一郎, 山上 裕機, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 59回, 360, 360,   2000年09月
  • 新規抗がん剤ZD1839(Iressa)の抗腫瘍活性における細胞死機構の基礎的検討, 大森 亨, 青 暢子, 西尾 和人, 西條 長宏, 黒木 登志夫, 日本癌学会総会記事, 59回, 231, 231,   2000年09月
  • CPT-11はマウス肝臓のdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)のchronopharmacologyに影響を与える, 清水 美貴子, 田村 友秀, 山田 康秀, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 59回, 576, 576,   2000年09月
  • メタロチオネインノックアウトマウスにおけるmrp5の発現解析, 安居院 美香, 鈴木 俊宏, 兎川 忠靖, 向日 良夫, 三浦 伸彦, 永沼 章, 西尾 和人, 田辺 信三, 生化学, 72, 8, 958, 958,   2000年08月
  • 肺癌 新しい機序を有する抗癌剤開発の現況シリーズ 微小管に作用する抗がん剤, 西尾 和人, 呼吸, 19, 7, 723, 729,   2000年07月
  • cDNAチップによる遺伝子診断, 西尾 和人, Cancer Frontier, 2, 1, 109, 114,   2000年07月
    概要:ポストゲノムプロジェクトとして,cDNAアレイを用いた技術を駆使したプロジェクトが始まっている.cDNAチップ・アレイがハイスループット技術として中心的に用いられる.発現プロファイル及び遺伝子変異を効率良く検索できることから,新薬の標的遺伝子の探索の方法,個々の患者に対するテーラーメード治療への応用が期待され,ファーマコゲノミクスと総称される.臨床医がまもなく直面すると思われるファーマコゲノミクスの臨床研究分野について概説した
  • 【肺癌 分子生物学研究を基礎とした最新の診断と治療学】 基礎研究の進歩と最新動向 肺癌の耐性克服にむけて, 西尾 和人, 中村 貴, 日本臨床, 58, 5, 1041, 1047,   2000年05月
  • 【肺癌の分子生物学・バイオセラピーの現状と将来】 抗癌剤感受性・耐性の分子機序, 西尾 和人, 中村 貴, 肺癌の臨床, 2, 4, 457, 463,   1999年11月
  • cDNAマクロアレイによる抗がん剤の遺伝子制御の検討, 中村 貴, 洪 泰浩, 福本 久郎, 臼田 実男, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 377, 377,   1999年10月
  • ヒト組み換え抗HER-2抗体MKC-454とシスプラチン併用の細胞毒性増強機構の検討, 洪 泰浩, 福本 久郎, 中村 貴, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 315, 315,   1999年10月
  • ドセタキセルを含む併用肺癌化学療法施行時の末梢血リンパ球細胞周期の解析, 岩佐 桂一, 笠原 寿郎, 白崎 浩樹, 安田 詩子, 柴田 和彦, 新谷 博元, 西 耕一, 藤村 政樹, 福本 久郎, 西尾 和人, 肺癌, 39, 5, 571, 571,   1999年09月
  • 肺がん治療の分子標的研究の現状と展望, 西尾 和人, 洪 泰浩, 中村 貴, 西條 長宏, 肺癌, 39, 5, 523, 523,   1999年09月
  • 非小細胞肺癌におけるcyclin-dependent kinase inhibitor p27の発現と化学療法効果及び生存との関連, 尾下 文浩, 亀田 陽一, 西尾 和人, 山田 耕三, 野村 郁男, 野田 和正, 肺癌, 39, 5, 599, 599,   1999年09月
  • 【抗癌剤耐性に関する最近の進歩】 チュブリンに作用する薬物に対する耐性, 夏目 紹隆, 西尾 和人, 組織培養工学, 25, 10, 400, 403,   1999年09月
  • 【薬剤耐性の基礎と臨床】 細胞骨格と抗がん薬感受性, 洪 泰浩, 西尾 和人, 最新医学, 54, 9, 2052, 2058,   1999年09月
  • Nedaplatin-Irinotecan併用の三次元解析3-D法を用いた至適投与スケジュールの検討, 官澤 文彦, 小泉 史明, 中村 貴, 西條 長宏, 吉岡 貴幸, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 58回, 708, 708,   1999年08月
  • 新制癌剤グニディマクリンのcdc25A発現抑制によるcdk2活性阻害, 吉田 光二, 西尾 和人, 池川 哲郎, 西條 長宏, 日本癌学会総会記事, 58回, 677, 677,   1999年08月
  • 新規スルホンアミド系抗癌剤E7070の作用機序の検討, 福岡 和也, 臼田 実男, 福本 久郎, 中村 貴, 西條 長宏, 成田 亘啓, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 58回, 680, 680,   1999年08月
  • ドセタキセルを含む併用肺癌化学療法施行時の末梢血リンパ球細胞周期の解析, 笠原 寿郎, 白崎 浩樹, 福本 久郎, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 58回, 297, 297,   1999年08月
  • ヒトMRP5及びマウスmrp5の構造と発現解析, 鈴木 俊宏, 佐々木 博己, 安居院 美香, 中村 貴, 巽 康彰, 西條 長宏, 西尾 和人, 田辺 信三, 日本癌学会総会記事, 58回, 291, 291,   1999年08月
  • リポ化ターミナルプロテイン付属アデノウイルス遺伝子全身投与による遺伝子デリバリー, 福本 久郎, 小泉 史明, 官澤 文彦, 中村 貴, 洪 泰浩, 夏目 紹隆, 巽 康彰, 清水 美貴子, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 58回, 318, 318,   1999年08月
  • 5FU系抗癌剤HCFU(ミフロール)及びMS-2917によるDNA障害,修復に関わる遺伝子発現制御機構, 小泉 史明, 官澤 文彦, 中村 貴, 福本 久郎, 洪 泰浩, 夏目 紹隆, 鈴木 俊宏, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 58回, 283, 283,   1999年08月
  • 肺がん化学療法の感受性規定因子, 西尾 和人, 和歌山医学, 50, 2, 217, 217,   1999年06月
  • UCN-01によるヒト末梢血リンパ球のFas発現を介したアポトーシス誘導作用, 福本 久郎, 西條 長宏, 臼田 実男, 鈴木 俊宏, 須波 敏彦, 具 孝庭, 神谷 悦功, 田村 友秀, 西尾 和人, Biotherapy, 13, 5, 640, 640,   1999年05月
  • ヒト及びマウスMRP5のcDNAクローニング, 鈴木 俊宏, 田辺 信三, 佐々木 博己, 具 孝庭, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本薬学会年会要旨集, 119年会, 4, 29, 29,   1999年03月
  • 新規カンプトテシン誘導体DX-8951f耐性細胞におけるグルクロン酸抱合酵素活性, 臼田 実男, 西尾 和人, 河手 典彦, 小中 千守, 加藤 治文, 西條 長宏, 日本外科学会雑誌, 100, 臨増, 509, 509,   1999年02月
  • 【癌の分子標的治療 新しい化学療法の戦略】 細胞周期を標的にした癌治療, 西尾 和人, Molecular Medicine, 35, 11, 1324, 1332,   1998年10月
  • UCN-01によるヒト末梢血リンパ球のFas発現を介したアポトーシス誘導作用, 須波 敏彦, 西尾 和人, 福岡 和也, 岩本 康男, 臼田 実男, 成瀬 一郎, 田村 友秀, 西條 長宏, 肺癌, 38, 5, 567, 567,   1998年09月
  • 新規抗腫瘍性ステロイド化合物アラグステロールA(YTA0040)の肺癌細胞に対する抗腫瘍効果の検討, 福岡 和也, 臼田 実男, 岩本 康男, 成田 亘啓, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 38, 5, 564, 564,   1998年09月
  • 細胞周期制御因子に対する新規抗がん剤の感受性耐性要因, 臼田 実男, 福岡 和也, 岩本 康男, 須波 敏彦, 加藤 治文, 西條 長宏, 西尾 和人, 肺癌, 38, 5, 443, 443,   1998年09月
  • 新規ATP Binding Cassette(ABC)トランスポーターSMRP/MRP5のクローニングとその機能の解析, 西尾 和人, 鈴木 俊宏, 須波 俊彦, 臼田 実男, 福岡 和也, 岩本 康男, 成 清一郎, 西條 長宏, 肺癌, 38, 5, 442, 442,   1998年09月
  • マウスsmrp/mrp5のcDNAクローニング, 鈴木 俊宏, 佐々木 博己, 落谷 孝広, Kuh Hyo-Jeong, 安居院 美香, 田辺 信三, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 57回, 221, 221,   1998年08月
  • サイトカイン分泌腫瘍におけるプロペノン誘導体AM132の抗腫瘍効果増強, 福本 久郎, 西條 長宏, 池田 俊一, 臼田 実男, 鈴木 俊宏, 須波 敏彦, Kuh Hyo-Jeong, 大江 裕一郎, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 57回, 219, 219,   1998年08月
  • 細胞周期に基づく抗癌剤のがん細胞増殖抑制効果の評価モデルとUCN-01への応用, Kuh Hyo-Jeong, 中川 晋一, 臼田 実男, 山口 直人, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 57回, 662, 662,   1998年08月
  • 新規抗腫瘍性ステロイド化合物アラグステロールA(YTA0040)の作用機序の検討, 福岡 和也, 臼田 実男, 山岸 武弘, 市原 智子, 中池 司郎, 井口 和男, 山田 泰司, 成田 亘啓, 西條 長宏, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 57回, 643, 643,   1998年08月
  • 白金錯体NedaplatinとトポI阻害剤Irinotecanの併用による相乗作用, 官澤 文彦, 須波 敏彦, 西條 長宏, 吉岡 貴幸, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 57回, 652, 652,   1998年08月
  • Gnidimacrinの制癌作用におけるPKCβIIの関与, 吉田 光二, 平家 勇司, 西尾 和人, 大野 茂男, 池川 哲郎, 西條 長宏, 日本癌学会総会記事, 57回, 644, 644,   1998年08月
  • 細胞骨格と薬剤感受性, 西尾 和人, 西條 長宏, 岩本 康男, Kuh Hyo-Jeong, 臼田 実男, 須波 俊彦, 鈴木 俊宏, 福本 久郎, 日本癌学会総会記事, 57回, 24, 24,   1998年08月
  • 新抗癌剤の評価と展望 UCN-01の感受性を規定する細胞内因子, 臼田 実男, 西尾 和人, 福岡 和也, 福本 久郎, 岩本 康男, 鈴木 俊宏, 加藤 治文, 西條 長宏, 日本癌治療学会誌, 33, 3, 93, 93,   1998年08月
  • 【小細胞肺癌の診断と治療】 小細胞肺癌の分子生物学的特性と薬剤耐性, 西尾 和人, 肺癌の臨床, 1, 2, 189, 200,   1998年05月
  • 新規ATP binding cassette(ABC)トランスポーターのクローニング, 西尾 和人, 日本化学療法学会雑誌, 46, Suppl.A, 120, 120,   1998年05月
  • 【最新の癌治療】 分子標的療法 シグナル伝達, 西尾 和人, 化学療法の領域, 14, 増刊, 41, 46,   1998年04月
  • 肺がんの診断治療に対する分子生物学的アプローチ 抗がん剤耐性 基礎から臨床へ, 西尾 和人, 日本呼吸器学会雑誌, 36, 増刊, 21, 21,   1998年03月
  • 肺癌の治療とアポトーシス, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 184, 9, 726, 727,   1998年02月
  • 肺癌の新しい生物学的治療の進歩 抗がん剤の薬剤耐性のメカニズム, 須波 敏彦, 西尾 和人, 西條 長宏, 日本胸部疾患学会雑誌, 35, 増刊, 67, 71,   1997年12月
  • 【癌治療における新しい分子標的】 チュブリンとそのシグナル, 西尾 和人, 癌と化学療法, 24, 15, 2213, 2218,   1997年12月
  • 微小管の脱重合を促進するがん関連蛋白質オンコプロテイン18の肺がん細胞における発現と抗がん剤感受性, 西尾 和人, 肺癌, 37, 5, 691, 691,   1997年10月
  • アポトーシスと炎症性疾患 アポトーシスの発現と制御, 西尾 和人, 西條 長宏, 分子呼吸器病, 1, 5, 311, 319,   1997年09月
  • オンコプロテイン18のヒト肺癌細胞株における発現と微小管作用薬に対する感受性, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 56回, 629, 629,   1997年08月
  • 分子遺伝子学からみた肺癌の分子機構 分子標的からみた化学療法の作用機序, 西尾 和人, 西條 長宏, 分子呼吸器病, 1, 3, 165, 170,   1997年05月
  • 肺癌とアポトーシス, 西尾 和人, 日本胸部疾患学会雑誌, 35, 増刊, 61, 61,   1997年03月
  • 癌治療と癌生物学の新しい展開 γ-グルタミルシステイン合成酵素と抗がん剤感受性, 西尾 和人, 黒川 博一, 石田 智之, 癌と化学療法, 24, 4, 418, 423,   1997年02月
    概要:γ-グルタミルシステイン合成酵素(γ-GCS)のcDNAを導入した細胞株において,細胞内グルタチオン(GSH)の増加,ロイコトリエンC4を基質とするGSX-ポンプ活性の増加,細胞内cisplatin濃度の減少,cisplatinに対する感受性の低下を認めた.又,γ-GCS遺伝子導入細胞はmitomycin C(MMC)に対しても耐性を示し,GSHとの抱合体形成の増加によりDNA-MMC adductの形成量の低下が耐性を誘導したと考えられた.KW-2149はチオール基により活性化されるようデザインされたMMC誘導体であるが,γ-GCS導入細胞に対し親細胞と同等の効果を示し,DNA-KW-2149 adductも親細胞と同等に形成された.各種獲得耐性株に対しても耐性度の低下を示すことから,GSHの関与する薬剤耐性を克服する薬剤である可能性が示唆された
  • 抗癌剤とアパトーシス アポトーシスと抗癌剤感受性, 西尾 和人, 有岡 仁, 西條 長宏, 癌と化学療法, 24, 2, 216, 221,   1997年01月
  • ERK1アンチセンスオリゴヌクレオチドによる肺癌細胞の増殖抑制効果及びパクリタキセルの抗腫瘍作用増強効果, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 55回, 642, 642,   1996年09月
  • アポトーシスと抗癌剤感受性, 西尾 和人, 西條 長宏, Surgery Frontier, 3, 3, 254, 258,   1996年09月
  • 抗癌剤と細胞周期, 西尾 和人, 西條 長宏, 血液・免疫・腫瘍, 1, 2, 192, 199,   1996年04月
  • 薬剤耐性遺伝子 Apo遺伝子耐性, 西尾 和人, BIO Clinica, 10, 11, 817, 821,   1995年10月
  • 抗癌剤による細胞周期の調節, 野本 泰介, 西尾 和人, 西條 長宏, 癌と化学療法, 22, 12, 1719, 1723,   1995年10月
  • 新しい癌治療薬の標的 制癌標的としてのシグナル伝達と細胞周期, 西尾 和人, 西條 長宏, 癌治療と宿主, 7, 4, 309, 316,   1995年10月
  • KW-2189およびCPT-11のカルボキシルエステラーゼによる細胞内代謝と感受性の検討, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 54回, 582, 582,   1995年09月
  • Bcl-2関連遺伝子導入による抗がん剤感受性の変化, 西尾 和人, 肺癌, 35, 5, 535, 535,   1995年09月
  • パクリタクセルの微小管と微小管関連蛋白質のクロスリンクに対する効果, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 53回, 595, 595,   1994年10月
  • 細胞周期調節因子に対する抗癌剤の作用の検討, 西尾 和人, 西条 長宏, 癌と化学療法, 21, 3, 289, 294,   1994年02月
    概要:cisplatinの細胞周期制御因子に対する影響を検討した。同調したヒト肺癌細胞(PC-9)においてcdc2キナーゼ活性は後期G2/M期付近で最大となり,M期移行後は活性が低下した。G1期のPC-9細胞をcisplatinと3時間接触させるとG2期後期に停止する。その際,cdc2キナーゼ活性の活性化および脱リン酸化はcisplatin接触により抑制された。サイクリンBの分解およびユビキチン化にcisplatinの接触は影響を与えなかった。オカダ酸によるホスホチロシンの脱リン酸化をcisplatinは阻害した。cisplatinによるcdc2キナーゼの脱リン酸化抑制により細胞のG2/M期への集積を来すと考えられた
  • シスプラチンの細胞周期制御因子に対する作用(第2報), 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 52回, 578, 578,   1993年10月
  • cdc2キナーゼ阻害剤の肺癌細胞に対する抗腫瘍活性の検討, 西尾 和人, 肺癌, 33, 5, 753, 753,   1993年10月
  • 抗癌剤の感受性・耐性を規定する因子の分子生物学とその臨床応用, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 28, 9, 1169, 1169,   1993年09月
  • 肺癌細胞における細胞周期調節機構と抗癌剤による修飾, 西尾 和人, 日本胸部疾患学会雑誌, 31, 増刊, 162, 162,   1993年03月
  • 癌化学療法 癌細胞における細胞周期調節機構と抗癌剤による修飾, 西尾 和人, 西条 長宏, 化学療法の領域, 9, 2, 285, 291,   1993年01月
  • 抗癌剤の併用薬 作用増強・副作用軽減をめざしてcAMP誘導体によるシスプラチン耐性克服のアプローチ, 西尾 和人, 西条 長宏, 医学のあゆみ, 164, 5, 268, 272,   1993年01月
  • 癌化学療法の新しい標的 シグナル伝達機構, 西尾 和人, 肺癌, 32, 5, 614, 614,   1992年10月
  • シスプラチン耐性細胞株におけるサイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ2型調節サブユニットの過剰発現と8-Cl-cAMPによるシスプラチン耐性の克服に付いての検討, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 51回, 377, 377,   1992年09月
  • 8-Cl-cAMPによるシスプラチン耐性の克服と機序の検討, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 27, 8, 1276, 1276,   1992年08月
  • シスプラチンを用いた肺癌細胞のジアシルグリセロール(DAG)産生経路の検討, 西尾 和人, 日本胸部疾患学会雑誌, 30, 増刊, 400, 400,   1992年04月
  • 抗癌剤耐性細胞におけるリン酸化・脱リン酸化機構, 西尾 和人, 西条 長宏, 消化器癌, 1, 5, 625, 628,   1991年12月
    概要:アドリアマイシン(ADR)抵抗性細胞であるK562/ADMではその親株である感受性K562と比べて,蛋白キナーゼC (PKC)活性も全蛋白フォスファターゼ活性も差が認められない.またオカダ酸(OA)に対する感受性にも差は認められない.全細胞あるいはTCA不溶性画分の燐酸化量にも差はみられないが,核蛋白ではK562/ADMで20KD蛋白の燐酸化が著明に増加していた.この分子量域では蛋白量そのものの増量は認められない.この結果からある特定の核蛋白の燐酸化の増加がADR耐性に関与していると考えられる
  • 肺癌細胞のホスファチジルコリン特異的ホスホリパーゼCはシスプラチンにより活性化される, 西尾 和人, 肺癌, 31, 5, 741, 741,   1991年10月
  • シスプラチンのシグナル伝達機構における作用機序の検討, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 26, 9, 1984, 1984,   1991年09月
  • Adriamycin,Cisplatin耐性細胞に共通する耐性機構:Tumor promotorを用いた検討, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 26, 7, 1454, 1454,   1991年07月
  • 癌化学療法up dateシグナル伝達 機構と薬剤感受性, 西尾 和人, 西条 長宏, 臨床医, 17, 6, 1466, 1475,   1991年06月
  • ヒト非小細胞肺癌シスプラチン耐性細胞特異的にみられる32kD核蛋白質のリン酸化亢進とリン酸化機構, 西尾 和人, 肺癌, 30, 5, 714, 714,   1990年10月
  • 抗癌剤耐性機構としてのリン酸化機構の検討, 西尾 和人, 日本癌治療学会誌, 25, 9-2, 2033, 2033,   1990年09月
  • Tumor promoterのアドリアマイシン及びシスプラチン耐性細胞に対する交差耐性, 西尾 和人, 日本癌学会総会記事, 49回, 384, 384,   1990年07月
  • 当院における肺結核の診療状況(第2報) PZAを含む3剤併用療法, 小林 尚, 東本 有司, 西尾 和人, 和歌山医学, 41, 2, 225, 229,   1990年05月
  • Tumor promoterの細胞障害能からみた抗癌剤耐性機構, 西尾 和人, 日本内科学会雑誌, 79, 臨増, 191, 191,   1990年02月
  • 肺癌における抗癌剤感受性試験, 西尾 和人, 西条 長宏, 日本胸部疾患学会雑誌, 28, 2, 225, 231,   1990年02月
    概要:肺癌における感受性試験の意義は3つあげられる.1)個々の症例に対し有効な抗癌剤を選択する感受性試験として,in vivo, in vitroの両面から様々な方法が試みられている.しかし現行のin vivo, in vitroにおける各種感受性試験には,理論的,技術的問題があり臨床効果を再現性をもって予測する事は不可能である.2)新抗癌剤のscreeningとして培養細胞株を用いたdisease oriented screening (DOS)が導入されており,それによる有効な新抗癌剤の選択が期待されている.3)抗癌剤の作用機序,耐性機構の解明の研究は急速に進歩しつつある.これらの研究の基本的手段として感受性試験は用いられている.一方この分野の研究の進歩によって感受性試験の生化学的,分子生物学的ターゲットが明らかとなりつつある
  • シスプラチンを含む肺癌化学療法による腎機能障害及び腎ナトリウム喪失の検討, 久保 晃子, 西尾 和人, 小林 尚, 和歌山医学, 40, 4, 729, 735,   1989年11月
    概要:CDDP, VDS, IFX併用化学療法時の腎機能障害はほとんどが一過性であるが,1例が腎不全により死亡した.本例は化学療法開始前のクレアチニンクリアランスは82.4 l/dayで,血清クレアチニンは全症例中最も高値を示していたものの1.5 mg/dlで,entryの基準を満たした.尿中NAGは,クレアチニン,BUNに比べて腎機能障害進行の指標とはならなかったので本療法中は頻繁な血清クレアチニンの測定を重視し,その上昇傾向の著しい例では直ちに化学療法剤の中止を行う.低ナトリウム血症は93%の症例で見られたが,一過性であり治療上の障害とはならない
  • Tumor promoterと抗癌剤耐性, 西尾 和人, 肺癌, 29, 5, 492, 492,   1989年10月
  • 非小細胞肺癌に対する化学療法中に生じた気胸の二例, 西尾 和人, 肺癌, 29, 4, 418, 418,   1989年08月
  • 肺癌化学療法施行時の好中球減少患者に対するempiric antibiotic therapyの検討, 西尾 和人, 和歌山医学, 40, 2, 356, 356,   1989年05月
  • 非小細胞肺癌に対するシスプラチン,ビンデシン,アイフォスファマイド3剤併用化学療法の検討, 西尾 和人, 和歌山医学, 39, 4, 642, 642,   1988年11月
  • 進行非小細胞肺癌に対するCisplatin,Vindesine,Ifosfamide 3剤併用化学療法 Pilot Phase 2Study, 小林 尚, 西尾 和人, 駿田 直俊, 基礎と臨床, 22, 9, 2651, 2657,   1988年06月
  • 加齢と赤血球ソルビトール, 船迫 真人, 寒川 明宣, 西尾 和人, 日本老年医学会雑誌, 24, 5, 476, 477,   1987年09月
    概要:1) FBS(空腹時血糖)が150〜300 mg/dlの糖尿病患者と年齢をマッチさせた正常人のRBC-Sorb(赤血球のソルビトール)を比較した.糖尿病患者では18.8±9.69 nmol/g Hb(平均値±標準偏差,n=14)正常人では9.5±2.18 nmol/g Hb (n=14)であり,p<0.01で糖尿病患者の方が有意に高値を示した.2)糖尿病のない男性30名,女性51名計81名について,RBC-Sorbと年齢の関係を求めた.男性ではRBC-Sorbと加齢は有意の正の相関を示したが女性においては相関は有意ではなかった
  • STZ糖尿病ラットにおける赤血球ソルビトール, 船迫 真人, 寒川 明宣, 西尾 和人, 医学のあゆみ, 142, 12, 901, 902,   1987年09月
  • 結核菌常時排菌者におけるオフロキサシン(OFLX)の使用経験, 西尾 和人, 和歌山医学, 37, 4, 452, 453,   1986年11月

特許

  • 悪性神経膠腫に高発現する遺伝子の同定 , 西尾 和人, 2005-272764
  • 悪性腫瘍マーカー遺伝子およびその用途, 西尾 和人, 2005-272764
  • 脳腫瘍患者の予後を予測するための脳腫瘍マーカーおよびその用途, 西尾 和人, 2005-287168
  • 中枢神経系原発悪性リンパ腫マーカーおよびその用途, 西尾 和人, 2005-004893
  • Integrin β1、Laminin α3は中枢神経系原発悪性リンパ腫のマーカーである, 西尾 和人, 2006-004893
  • チロシンキナーゼ阻害剤の固形癌に対する感受性を検査する方法及び検査キット, 西尾 和人, 2006-046779

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • がんのゲノム医療・遺伝子検査に基づく個別化治療の実相, 講師, 近畿大学医学部付属病院がんセンター,   2017年03月04日