KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

中谷 勝哉ナカタニ カツヤ

プロフィール

所属部署名総合社会学部 心理系専攻 / 総合文化研究科
職名教授
学位博士(人間科学)
専門行動発達学・基礎心理学
ジャンルくらし/育児
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1048-nakatani-katsuya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    赤ちゃんがなぜかわいいか。青年期の育児経験。行動誌(行動の進化・発達・現実発生)。様々な錯覚。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1986年, 大阪大学, 人間科学研究科, 行動学比較行動論
  •  - 1979年, 大阪大学, 人間科学部, 人間科学科行動学専攻

経歴

  •   1994年,  - 1995年, Lund University(客員研究員)
  •   2008年, University of Toronto(客員研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 教育心理学
  • 心理学, 実験心理学

研究キーワード

  • 順応, 残効, 子育て

論文

  • 動物の子育てから教わることII -繁殖の進化と遺伝的プログラムの役割ー, 中谷 勝哉, 近畿大学総合社会学部紀要, 2, 1, 47, 71,   2012年07月, 査読有り
  • 動物の子育てから教わること Ⅰ ― 動物の子育てはどこまで本能か ―, 中谷 勝哉, 近畿大学総合社会学部紀要, 1, 2, 69, 92,   2012年03月, 査読有り
  • Magnitude estimation for the method of limits., Nakatani, K., S. Mori et.al. (eds.) Fechner Day 2007. Proceedings of the 23rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics. The International Society for Psychophysics., 407, 410,   2007年
  • 質問紙調査の歪みから育児経験の重さを読み取る, 中谷 勝哉, 文学・芸術・文化 : 近畿大学文芸学部論集, 文学・芸術・文化 : 近畿大学文芸学部論集, 17, 2, 24, 12,   2006年02月25日
    概要:本文データはCiNiiから複製したものである
  • Time error in repeated trials and a new aftereffect., Nakatani, K., D.E. Kombrot et.al. (eds.) Fechner Day 2006. Proceedings of the 22nd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics. Hertfordshire University Press., 233, 238,   2006年
  • 育児関連ストレスと妊娠前の母親の経験・知識, 中谷勝哉・山本クニ子, 発達研究, 19, 151-164.,   2005年
  • 創造性と知覚の可変性 : Creative Functioning と順応/残効実験との相関から, 中谷 勝哉, 文学・芸術・文化 : 近畿大学文芸学部論集, 文学・芸術・文化 : 近畿大学文芸学部論集, 14, 1, 156, 170,   2002年12月31日
  • Figural aftereffect persisted longer., Nakatani, K., Smmerfeld et.al. (eds.) Fechner Day 2001. Proceedings of the Seventeenth Annual Meeting of the International Society for Psychophysics. Pabst Science Publishers., 547, 552,   2001年
  • 行動誌における総合の構想, 中谷 勝哉, 近畿大学教養部紀要, 近畿大学教養部紀要, 31, 3, 17, 33,   2000年03月15日
  • 行動誌における発生の概念, 中谷勝哉, 発達人間学論叢, 3, 45, 53,   2000年
  • 知覚の現実発生にみられる発達差, 中谷 勝哉, 近畿大学教養部紀要, 近畿大学教養部紀要, 29, 2, 25, 51,   1997年12月15日
  • 線分の長さ知覚における現実発生と構え, 中谷 勝哉, 近畿大学教養部紀要, 近畿大学教養部紀要, 28, 1, 1, 25,   1996年07月30日
  • 固定構え法における知覚の可変性と発達, 中谷勝哉, 大阪大学博士学位論文,   1996年
  • Contrast and assimilation in microgenesis of length perception., Nakatani, K., S.C. Masin (ed.) Fechner Day 96; Proceedings of the Twelfth Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, Padua University., 351, 356,   1996年
  • Changes in the length perception of paired lines during prolonged exposure., Nakatani, K., Psychological Research Bulletin, Lund University., 35, 1, 1, 13,   1995年
  • Microgenesis of the length perception of paired lines., Nakatani, K. , Psychological Research, 57, 75, 82,   1995年
  • Eye movement in figure reproduction task of schizophrenics., Nakatani, k., Okada, A., & Kaku, R., Motoaki et al (Eds. )Social, educational & clinical psychology Lawrence Erlbaum Associates. ,   1992年
  • Perceptual characteristics of electrocutaneous pain estimated by the 30-word list and visual analog scale (共著), Satow, A., Nakatani, K., Taniguchi, S., & Higashiyama, A., Japanese Psychological Research, 32, 4, 155, 164,   1990年
  • 固定構え法による対比効果の検討, 中谷 勝哉, 近畿大学教養部研究紀要, 近畿大学教養部研究紀要, 22, 2, p27, 57,   1990年
  • Fixed set in the perception of size in relation to lightness., Nakatani, K., Perceptual & Motor Skills, 68, 415, 422,   1989年
  • 慢性分裂病者の眼球運動の特徴(その再現性について), 岡田章・田添裕康・郭麗月・中谷勝哉, 精神神経学雑誌, 19, 12, 1068,   1989年
  • 大学生の心理に関する研究(1)−EPI,STAI,YG,自我同一性尺度に見られる大学生の性格特徴− , 岸本陽一・中谷勝哉・加藤豊比古・津田忠雄・山田久喜, 近畿大学教養部研究紀要, 21, 1, 1, 14,   1989年
  • Analysis of perceptual characteristics of pain describing in words caused by occupational cervicobrachial disorder and similar disease., Satow, A., Nakatani, K. & Taniguchi, S., Japanese Psychological Research, 30, 3, 132, 143,   1988年
  • 構え錯覚量の測定(II)(研究発表 A-I,VII. 第4回大会プログラム及び発表要旨), 中谷 勝哉, 基礎心理学研究, 基礎心理学研究, 4, 1,   1985年10月31日
  • Application of the method of fixed set to the size-weight illusion., Nakatani, K., Psychological Research, 47, 223, 233,   1985年

書籍等出版物

  • 否定と肯定の文脈, 中谷 勝哉, 分担執筆, 乳児の泣きのややこしさ, 風媒社,   2013年03月
  • 子育ての理由 -かわいい赤ちゃん/面倒な赤ちゃん-, 中谷 勝哉, 単著, 丸善プラネット,   2012年05月
  • 新・心理学の基礎知識, 分担執筆, 中島義明他編 (分担執筆) 二次的要求とその獲得 264-265. 要求不満への対処 274. 有斐閣,   2005年
  • 東大阪市における就学前障害児の発達支援, 平成16年度東大阪市地域研究助成金研究成果報告書,   2005年
  • 立体視における事態の制約と加齢・疾患, 科学研究費研究成果報告書 (課題番号13610101),   2003年
  • 知覚は変化する, 分担執筆, サルとヒトのエソロジー 培風館,   1998年
  • 行動誌入門, 単著, ナカニシヤ出版,   1997年
  • こどもの個性の由来について   , 分担執筆, 行動の発達を科学する 荘厳舜哉 ・根ケ山光一編著 福村出版,   1990年
  • はじめて学ぶ行動学  , 共著, 学術図書出版,   1988年
  • Set toward perception of successive contrast of two circles., 分担執筆, I. Kawaguchi (ed.) Size comparison from the stand point of the psychology of set. Osaka University.,   1984年
    概要:1984.

講演・口頭発表等

  • 乳児との接触経験が乳児に対する認知評価を高める, 中谷勝哉・中川知宏・須藤康正, 日本心理学会第76回大会,   2012年09月13日
  • 長さの差の少ない二線分の比較における順応と残効, 須藤康正・中谷勝哉・遠藤信貴, 日本心理学会第76回大会,   2012年09月11日
  • The serial effect in the method of limits is the effect of adaptation and aftereffect., 中谷 勝哉, 34th European Conference on Visual Perception,   2011年
  • 高校生が赤ちゃんを抱っこしてみたら, 中谷 勝哉, 日本心理学会第74回大会,   2010年
  • Baby care experiences and set for baby care., 中谷 勝哉, 29th International Congress of Psychology.,   2008年
  • Magnitude estimation in the method of limits, 中谷 勝哉, Fechner Day 2007. Twenty-third Annual Meeting of the International Society for Psychophysics.,   2007年
  • 極限法の系列効果における順応と残効, 中谷 勝哉, 日本基礎心理学会第27回大会,   2007年
  • 育児の困難さと妊娠前の母親の経験・知識, 中谷 勝哉, 日本発達心理学会第17回大会,   2006年
  • 比較過程における2つの問題について, 中谷 勝哉, 日本心理学会第70回大会,   2006年
  • Time error in repeated trials and a new aftereffect., 中谷 勝哉, Fechner Day 2006: Twenty-second Annual Meeting of the International Society for Psychophysics,   2006年
  • 長さの残効に及ぼす提示と評定の繰り返しの効果, 中谷 勝哉, 日本心理学会第66回大会,   2002年
  • Figural aftereffect persisted longer., 中谷 勝哉, Fechner Day 2001: Seventeenth Annual Meeting of the International Society for Psychophysics.,   2001年
  • やはり持ちこたえた残効は単純か?, 中谷 勝哉, 第33回知覚コロキウム,   2000年
  • Creative Functioning Test and perceptual variability., 中谷 勝哉, 27th International Congress of Psychology.,   2000年
  • 錯覚の可変性と発達, 中谷 勝哉, 日本心理学会第61回大会,   1997年
  • 知覚の microgenesis における対比と同化, 中谷 勝哉, 第29回知覚コロキウム,   1996年
  • Microgenesis of length perception., 中谷 勝哉, 26th International Congress of Psychology.,   1996年
  • Contrast and assimilation in microgenesis of length perception., 中谷 勝哉, Fechner Day 96; Twelfth Annual Meeting of International Society for Psychophysics,   1996年
  • Eye movement reproduction task for children, 中谷 勝哉, 13th Biennial Meetings of International Society for the Study of Behavioral Development.,   1994年
  • 眼球運動の再生課題における加齢の効果, 中谷 勝哉, 日本発達心理学会第4回大会,   1993年
  • 線分の長さ比較における現実発生, 中谷 勝哉, 日本心理学会第57回大会,   1993年

MISC

  • 極限法の系列効果における順応と残効(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨), 中谷 勝哉, 基礎心理学研究, 27, 2,   2009年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007228082
  • 長さの残効に及ぼす提示と評定の繰り返しの効果, 中谷勝哉, 日本心理学会大会発表論文集, 66th, 452,   2002年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902152315145127
  • Eye movement reproduction task for children (共著), K. Nakatani, A. Okada & R. Kaku, 13th Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioral Development,   1994年
  • The characteristics of childrens eye movements - from the viewpoint of cognitive development (共著), Okada, A., Kaku, R., & Nakatani, K. , International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions 12th International Congress,   1990年
  • 大きさ比のマグニチュード推定に及ぼす構えの効果(A-3.認知1,A.口頭発表,VI.第7回大会発表要旨), 米谷 淳, 中谷 勝哉, 基礎心理学研究, 7, 1,   1988年10月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004855724
  • 912 慢性分裂病者における眼球運動の特徴(分裂病,臨床2,臨床), 中谷 勝哉, 岡田 章, 郭 麗月, 日本教育心理学会総会発表論文集, 0, 30, 938, 939,   1988年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008131598
  • 613 幼児の分類課題における構え(1)(カテゴリー学習,学習2), 中谷 勝哉, 日本教育心理学会総会発表論文集, 0, 28, 592, 593,   1986年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008130891
  • 297 幼児のsize weight illusion(発達11,発達), 中谷 勝哉, 日本教育心理学会総会発表論文集, 0, 27, 214, 215,   1985年08月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008130228
  • Figural aftereffect persisted longer, 中谷 勝哉, Fechner Day 2001, 547, 552,   2001年
    概要:順応とテストの間の時間を変化させて、 線分の長さの残効を測定したところ、 12 分を経ても残効は残留した。 順応における間欠提示の効果と評定課題の効果も考察した。 (英文)
  • 東大阪市における就学前発達障害児の発達支援, 中谷 勝哉, 平成16年度東大阪市地域研究助成金 研究成果報告書,   2005年04月
    概要: 東大阪市で就学前発達障害児の発達支援に携わる諸機関の担当者に集まってもらい、以下のようなシンポジウムとワークショップを開催した。  シンポジウムⅠ 子どもと家庭に必要な発達支援  シンポジウムⅡ 社会における発達支援の課題  ワークショップA 発達障害の理解  ワークショップB 子どもと家庭  ワークショップC 行政・制度・事業体・地域と発達支援  
  • Magnitude estimation in the method of limits., 中谷 勝哉, Proceedings of the 23rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics., 407, 410,   2007年10月
    概要:線分の長さの弁別において、極限法の反応をマグニチュード評定で得た。上昇系列、下降系列のいずれにおいても、早い段階から順応がみられた。これが、上昇系列における比較刺激の過大視、下降系列における過小視という系列効果をもたらす原因であると結論づけられた。また、極限法の後で残効を測定することによって、この結論が支持された。(英文)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 心理学, 近畿大学, 大阪大学
  • 心理学史, 近畿大学
  • 行動発達学, 近畿大学
  • 心理学実験, 近畿大学
  • 心理学測定, 大阪大学
  • 比較行動学, 近畿大学
  • 生命現象論, 近畿大学
  • 社会心理学, 桃山学院大学
  • 発達人間学特論, 大阪教育大学
  • 行動発達学研究, 近畿大学大学院