KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大磯 直毅オオイソ ナオキ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門皮膚科学、安全管理学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/634-ooiso-naoki.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10419814.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    皮膚科学、特に色素異常症、遺伝性皮膚疾患、免疫性皮膚疾患を研究しています。尋常性白斑、眼皮膚白皮症、接触皮膚炎、脱毛症などです。2年間コロラド大学人類医学遺伝学講座に留学しました。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2014/11/23
     テレビ東京「話題の医学」
     白斑治療について。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年05月 - 2003年05月, コロラド大学, 人類医学遺伝学
  • 1997年04月 - 2001年03月, 大阪市立大学大学院, 医学研究科
  • 1988年04月 - 1994年03月, 大阪市立大学, 医学部
  • 1984年04月 - 1987年03月, 大阪府立茨木高校

経歴

  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2005年07月,  - 2012年03月, 近畿大学(講師)
  •   2004年04月,  - 2005年06月, 済生会富田林病院(医長)
  •   2003年06月,  - 2004年04月, 済生会富田林病院(副医長)
  •   2001年04月,  - 2001年04月, 大阪市立大学(前期研究医)
  •   1996年05月,  - 1997年03月, 池田回生病院(医員)
  •   1994年05月,  - 1996年04月, 大阪市立大学(研修医)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 皮膚科学

研究キーワード

  • 色素異常症, 免疫学, 皮膚病理学, 遺伝学, 皮膚科学

論文

  • Allergic contact dermatitis caused by arbutin and dipotassium glycyrrhizate in skin-lightening products, Oiso N, Tatebayashi M, Hoshiyama Y, Kawada A, Contact dermatitis, 77, 1, 51, 53,   2017年07月, 査読有り
  • Paraneoplastic pemphigus associated with Castleman disease: progression from mucous to mucocutaneous lesions with epitope-spreading phenomena, Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Miyake M, Uchida S, Matsuda H, Kitano M, Hida J, Kawai S, Sano A, Hashimoto T, Kawada A, The British journal of dermatology, 176, 5, 1406, 1409,   2017年05月, 査読有り
  • Angioedema associated with excessive sweating and sweat allergy., Miyake M, Oiso N, Ishii K, Hide M, Kawada A, The Journal of dermatology, 44, 4, e58, e59,   2017年04月, 査読有り
  • Adjuvant alternative treatment with chemical peeling and subsequent iontophoresis for postinflammatory hyperpigmentation, erosion with inflamed red papules and non-inflamed atrophic scars in acne vulgaris., Kurokawa I, Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 44, 4, 401, 405,   2017年04月, 査読有り
  • A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan., Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K, Contact dermatitis, 77, 1, 42, 48,   2017年07月, 査読有り
  • Phylloid hypomelanosis associated with a mosaic trisomy 13 in the 13q31.3-qter region: atypical phylloid distribution and typical hypomelanosis., Oiso N, Sakai K, Nishio K, Kawada A, Pigment cell & melanoma research, 30, 2, 269, 272,   2017年03月, 査読有り
  • Hypomelanosis of Ito (pigmentary mosaicism of the hypopigmented type) with endoplasmic reticulum stress in melanocytes., Oiso N, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 31, 2, e77, e79,   2017年02月, 査読有り
  • Imiquimod-induced vitiligo-like depigmentation over multiple solar keratosis in a patient with vitiligo., Oiso N, Narita T, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 27, 1, 77, 78,   2017年02月, 査読有り
  • Common phenotype and different non-HLA genes in Graves' disease and alopecia areata., Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H, Human immunology, 78, 2, 185, 189,   2017年02月, 査読有り
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 眼皮膚白皮症診療ガイドライン 補遺, 深井 和吉, 大磯 直毅, 川口 雅一, 佐藤 美保, 堀田 喜裕, 種村 篤, 金田 眞理, 川上 民裕, 西村 栄美, 林 思音, 山下 英俊, 錦織 千佳子, 佐野 栄紀, 片山 一朗, 鈴木 民夫, 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 127, 2, 133, 135,   2017年02月
  • 【外国語で表現されやすい皮膚病】 <臨床例> orofacial granulomatosis, 三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 39, 2, 167, 170,   2017年02月
    概要:<症例のポイント>歯根嚢胞に対する歯科治療後に症状が改善したorofacial granulomatosis(以下、OFG)の1例を報告した。OFGの病因は不明であり、本邦報告例も少ない。自験例では歯根嚢胞の治療後に治癒したことから、歯原性の慢性炎症が契機となった可能性が考えられた。本症は全身症状を伴わない顔面の特発性肉芽腫性疾患であり、肉芽腫性口唇炎はOFGに含まれると考えられている。(著者抄録)
  • Pityriasis Rubra Pilaris Type V as an Autoinflammatory Disease by CARD14 Mutations., Takeichi T, Sugiura K, Nomura T, Sakamoto T, Ogawa Y, Oiso N, Futei Y, Fujisaki A, Koizumi A, Aoyama Y, Nakajima K, Hatano Y, Hayashi K, Ishida-Yamamoto A, Fujiwara S, Sano S, Iwatsuki K, Kawada A, Suga Y, Shimizu H, McGrath JA, Akiyama M, JAMA dermatology, 153, 1, 66, 70,   2017年01月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis caused by efinaconazole: positive patch test reactions up to 0.1% pet., Oiso N, Tatebayashi M, Kawada A, Contact dermatitis, 76, 1, 53, 54,   2017年01月, 査読有り
  • Scalp nevus depigmentosus with dermoscopy-detectable diverse hair colour., Oiso N, Wakamatsu K, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 26, 6, 622, 623,   2016年12月, 査読有り
  • Superimposed segmental vitiligo (mixed vitiligo) with non-segmental vitiligo and segmental vitiligo along the narrow Blaschko lines (type 1a)., Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 43, 11, 1388, 1389,   2016年11月, 査読有り
  • 【天疱瘡とその周辺】 <臨床例>大量γグロブリン静注療法により好中球減少症をきたした尋常性天疱瘡, 山内 康平, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 38, 11, 1085, 1088,   2016年11月
    概要:<症例のポイント>難治性尋常性天疱瘡に対する大量γグロブリン静注療法(intravenous immunoglobulin;IVIg療法)により好中球減少が生じた1例を報告した。本邦ではIVIg療法による好中球減少症が自験例を含め6例の報告されている。そのうちの2例が尋常性天疱瘡の治療中に生じていた。IVIgによる好中球減少症の病態はいまだ明らかでないが、注意すべき副作用の1つと考え報告した。(著者抄録)
  • 【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 雀卵斑(そばかす), 大磯 直毅, 日本医師会雑誌, 145, 特別2, S172, S172,   2016年10月
  • 【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 Vogt-小柳-原田病, 大磯 直毅, 日本医師会雑誌, 145, 特別2, S171, S171,   2016年10月
  • 【皮膚疾患ペディア】 色素異常症 肝斑(しみ), 大磯 直毅, 日本医師会雑誌, 145, 特別2, S170, S170,   2016年10月
  • CCR4 is critically involved in effective antitumor immunity in mice bearing intradermal B16 melanoma., Matsuo K, Itoh T, Koyama A, Imamura R, Kawai S, Nishiwaki K, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Nakayama T, Cancer letters, 378, 1, 16, 22,   2016年08月, 査読有り
  • Ultrastructural analysis of pigmentary mosaicism: reduced melanosome granules within melanocytes., Kishimoto I, Ueda-Hayakawa I, Oiso N, Kawada A, Okamoto H, European journal of dermatology : EJD, 26, 4, 388, 389,   2016年08月, 査読有り
  • Linear epidermolytic ichthyosis: detection of granular degeneration with shrinking nuclei showing focal parakeratosis., Oiso N, Kawada A, International journal of dermatology, 55, 6, e366, 8,   2016年06月, 査読有り
  • 免疫グロブリン大量療法反復投与が有用であった尋常性天疱瘡の1例, 森田 玲子, 内田 修輔, 高田 文香, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学, 15, 3, 119, 124,   2016年06月
    概要:60歳代,女性。3ヵ月前から口腔内にびらんが生じ,体幹にも紅斑が出現した。初診時,口唇,口腔粘膜,舌にびらん,背部に紅斑を認めた。血清抗デスモグレイン1抗体と抗デスモグレイン3抗体陽性,病理組織で基底層直上での水疱形成と水疱内棘融解細胞,蛍光抗体直接法で表皮角化細胞間にIgGの沈着を認め尋常性天疱瘡と診断した。ステロイド全身療法に抵抗性で,シクロスポリン全身投与と免疫グロブリン大量療法(intravenous immunoglobulin;IVIG)を併用して寛解した。経過中にステロイド性糖尿病,白内障,ミオパシーが発症し,切除困難な膵腫瘍が確認された。IVIGを反復投与し,ステロイドとシクロスポリン全身投与をできるだけ減量した。多臓器不全で死亡するまでの3年間に17クールのIVIG療法を施行し,おおむね良好な寛解状態を維持できた。合併症や併発疾患のためにステロイドやシクロスポリンの減量を図りたい尋常性天疱瘡症例に対し,IVIG反復投与が有用である可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 免疫チェックポイント阻害剤と免疫関連性有害事象, 大磯 直毅, Skin Surgery, 25, 2, 89, 93,   2016年06月
    概要:免疫チェックポイント阻害剤と分子標的薬が根治切除不能な悪性紅色腫治療に劇的なパラダイムシフトをもたらした。PD-1/PD-L1共抑制シグナルはおもに末梢でT細胞機能を制御する。腫瘍細胞はしばしばPD-L1を発現し、生体からの腫瘍免疫を回避する。PD-1ブロッカーであるニボルマブとペンブロリズマブはT細胞活性化と腫瘍免疫亢進に関与するが、免疫関連性有害事象を誘発しうる。グレード分類に基づく早期診断と早期治療が重篤な後遺障害を発症しうる疾患に求められる。しかし、白斑など免疫関連性有害事象発症例は予後良好となる可能性が示されている。本邦診療ガイドラインの作成が期待される。(著者抄録)
  • Cryoglobulinaemia (IgG-κ-type and IgM-γ-type) with Occluding Leukocytoclastic Vasculitis in a Patient with Vitiligo and Demyelinating Polyneuropathy., Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 96, 4, 568, 569,   2016年05月, 査読有り
  • Malignant Melanoma on a Thermal Burn Scar with an Interval of More Than 70 Years., Uchida S, Oiso N, Shiga K, Narita T, Kawada A, Case reports in dermatology, 8, 2, 207, 209,   2016年05月, 査読有り
  • Pseudoxanthoma elasticum with peculiar acne scar of the neck: Dermoscopic features of tissue bridges as intact skin between crater-like acne scars., Oiso N, Okubo Y, Utani A, Kawada A, The Journal of dermatology, 43, 4, 454, 456,   2016年04月, 査読有り
  • 乳癌に対する乳房温存術と放射線照射後に生じた血管肉腫の1例, 三宅 早苗, 松田 洋昌, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学, 15, 2, 80, 84,   2016年04月
    概要:70歳代,女性。7年前に右乳癌と診断され,乳房温存術と術後放射線照射療法を施行された。1年前に右乳房に紫紅色局面が出現し,徐々に増大したため紹介受診となった。右乳房下部に境界不明瞭な濃淡のある紫紅色局面と直径2cm大の黒色結節を認めた。自覚症状はなく,皮下出血と浸潤を伴っていた。病理組織学的に血管肉腫と診断した。Weeklyパクリタキセル療法を施行し,その後胸筋温存乳房切除術を施行したが,初診の2年後多発転移により死亡した。近年乳癌に対する乳房温存術と術後放射線照射が普及しており,今後放射線照射後の血管肉腫が増加すると推測される。乳癌術後に放射線照射を施行された患者に対しては血管肉腫の発症を念頭に置いた慎重な経過観察を行うことが必要と考えられた。(著者抄録)
  • Folliculotropic mycosis fungoidesの1例, 森田 玲子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学, 15, 2, 68, 74,   2016年04月
    概要:70歳代,男性。初診の1年半前に,頸部に結節が出現し,その後体幹にも皮疹が出現した。頸部の結節は近医でのステロイド剤局所注射療法で縮小した。その後,顔面に腫脹,びらんが出現し,近医でベタメタゾン内服,クロベタゾールプロピオン酸エステル外用療法を受けたが改善なく,精査加療目的で当科を紹介された。初診時,顔面に軽度そう痒を伴う浸潤を触れる紅色から紅褐色の紅斑と局面が多発し,その多くは融合していた。体幹・四肢は紅色から紅褐色の紅斑が多発し,融合傾向を示していた。当科での1回目の生検では毛包内と毛包周囲にリンパ球の浸潤とムチンの沈着が認められ,毛包性ムチン沈着症と診断した。ソラレン内服後の内服PUVA療法を開始したが,一時的に効果を認めただけで皮疹は悪化傾向を示した。初診3ヵ月後の当科での3回目の生検の結果,毛包内と毛包周囲に異型リンパ球の浸潤が見られfolliculotropic mycosis fungoides(FMF)と診断した。Pirarubicin,cyclophosphamide,vincristine,prednisoloneによるTHP-COP療法を開始するも著効せず,脳への転移が考えられる所見が認められ,その1ヵ月後に永眠された。調べ得た限りではFMFで脳転移がみられた報告例はなかった。FMFはmycosis fungoides(MF)と臨床症状が異なり,病理組織所見も多彩なため確定診断までに時間を要することがある。しかしMFと比較して病期進行が早く予後が悪いため,できる限り早期に診断し治療開始する必要があると考えられた。(著者抄録)
  • Epidermolysis bullosa simplex with mottled pigmentation with noncicatricial alopecia: identification of a recurrent p.P25L mutation in KRT5 in four affected family members., Nagai H, Oiso N, Tomida S, Sakai K, Fujiwara S, Nakamachi Y, Kawano S, Kawada A, Nishio K, Nishigori C, The British journal of dermatology, 174, 3, 633, 635,   2016年03月, 査読有り
  • Microsporum canisによる小児の体部白癬の1例, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎, 日本小児皮膚科学会雑誌, 35, 1, 47, 50,   2016年03月
    概要:12歳、女児。アトピー性皮膚炎の既往がある。初診の数年前よりネコを飼育していた。1ヵ月前から頸部と胸部にそう痒を伴う紅斑が出現し、ベタメタゾン吉草酸エステル含有軟膏を外用するも改善しないため当科を受診した。胸部に薄い鱗屑を伴う淡い環状の紅斑を認めた。直接検鏡で隔壁を有する菌糸、真菌培養で辺縁淡黄色絨毛状のコロニー、スライド培養で細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子と菌糸に側生する棍棒状の小分生子を認めた。リボゾームDNAのinternal transcribed spacer 1(ITS1)領域の遺伝子配列はMicrosporum canisと100%の相同性を確認した。以上の臨床像、真菌培養、遺伝子解析結果より、自験例をMicrosporum canisによる体部白癬と診断した。感染源がペットのネコであると推測されたことから、家族に再感染予防対策を指導したところ、皮疹消退1年を経ても再感染はみられなかった。自験例のような小児例では診断を早期に確定し、かつその後の再感染を防ぐ患者指導が重要であると思われる。(著者抄録)
  • Serological aggravation of autoimmune thyroid disease in two cases receiving nivolumab., Narita T, Oiso N, Taketomo Y, Okahashi K, Yamauchi K, Sato M, Uchida S, Matsuda H, Kawada A, The Journal of dermatology, 43, 2, 210, 214,   2016年02月, 査読有り
  • Vitiligo and remarkable freckles in chronic graft-versus-host disease., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 26, 1, 91, 92,   2016年01月, 査読有り
  • Blaschkolinear lichen nitidus., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 26, 1, 100, 101,   2016年01月, 査読有り
  • 【白斑治療の最前線】 小児白斑の臨床と治療, 大磯 直毅, Derma., 239, 53, 57,   2016年01月
    概要:白斑患者の半数以上が20歳までに発症する。非分節型白斑は思春期前発症(12歳未満)と思春期後発症(12歳以降)で臨床症状が異なる傾向にある。思春期前発症の白斑は、体幹四肢に生じやすいこと、治療により色素再生しやすいこと、ケブネル現象が生じやすいこと、サットン白斑を併発しやすいこと、白斑の家族歴があること、の特徴を有する。また、小児では分節型白斑にも罹患しやすい。小児白斑の治療は、本邦尋常性白斑診療ガイドラインに標準治療アルゴリズムが提示されている。近年、白斑の病態解明と新規治療法開発が積極的に進められている。長期的な安全性担保の観点に基づいた小児白斑治療の開発が望まれる。(著者抄録)
  • Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel missense mutation in the SOX10 gene., Okamura K, Oiso N, Tamiya G, Makino S, Tsujioka D, Abe Y, Kawaguchi M, Hozumi Y, Shimomura Y, Suzuki T, The Journal of dermatology, 42, 12, 1211, 1212,   2015年12月, 査読有り
  • 非ステロイド性抗炎症外用薬の皮膚バリア機能へおよぼす影響に関する検討, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学, 14, 6, 403, 410,   2015年12月
    概要:非ステロイド性抗炎症薬含有テープ剤などの貼付剤は皮膚と密着し,主剤の皮膚への浸透性を高めて効果を発揮するが,各種成分へのアレルギー感作が成立し,アレルギー性接触皮膚炎や光アレルギー性接触皮膚炎が生じうる。貼付により皮膚バリア機能が低下すると,アレルゲンの皮膚内への浸透性が高まり,感作がより生じやすくなる。しかしながら,貼付剤による皮膚バリア機能におよぼす影響はほとんど評価されていない。20歳以上の本研究に同意が得られた健常人ボランティア20例を対象にロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤とケトプロフェン2%貼付剤を7日間連続貼付し,貼付終了直後および貼付終了7日後における皮膚バリア機能に及ぼす影響を検討した。評価項目として経皮水分蒸散量(TEWL:transepidermal water loss)と角質水分量(capacitance)を測定した。角質水分量に貼付剤間の差は認められなかった。ケトプロフェン2%貼付剤群では,貼付終了直後と貼付終了7日後の経皮水分蒸散量が優位に高値を示した。テープ剤の各種成分の選択と構成比の最適化を図り,皮膚バリア機能が低下しない,もしくは低下しにくい貼付剤の開発と普及が望まれる。(著者抄録)
  • ロドデノール誘発性脱色素斑症例における三次全国疫学調査結果, 伊藤 明子, 青山 裕美, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 錦織 千佳子, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 伊藤 祥輔, 大磯 直毅, 深井 和吉, 船坂 陽子, 山下 利春, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 125, 13, 2401, 2414,   2015年12月
    概要:メラニン生成抑制物質である4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(商品名:ロドデノール)誘発性脱色素斑症例に対し、一次、二次調査に続いて三次全国疫学調査を行い981票について集計した。脱色素斑の経過は82%が軽快以上、16%は不変または悪化と回答。紫外線治療の効果について51%が有効と回答。同時に施行した紫外線治療アンケート調査で、顔と頸部については週1回の定期照射が有効であることが示唆された。患者アンケートでも紫外線治療を受けた患者の63%が、その治療効果について有効と回答した。(著者抄録)
  • 子どもの皮膚 子どもの白斑, 大磯 直毅, 日本小児皮膚科学会雑誌, 34, 3, 232, 232,   2015年12月
  • 眼皮膚白皮症, 大磯 直毅, 日本小児皮膚科学会雑誌, 34, 3, 191, 199,   2015年12月
    概要:眼皮膚白皮症(Oculocutaneous albinism(OCA))は虹彩・皮膚・毛髪の色調が、属する人種の色調より淡い常染色体劣性遺伝性疾患である。OCAには非症候性で狭義のOCAと症候性で広義のHermansky-Pudlak syndrome、Chediak-Higashi syndrome、Griscelli syndromeがある。メラノサイト内のメラノソームでメラニン色素が産生される。メラノソームはリソソーム関連細胞内小器官(lysosome-related organelles(LROs))の一つである。OCAはLROsの異常による疾患群と認識されるようになってきた。非症候型はメラノソームのみの異常、症候性はメラノソームを含む複数のLROsの異常で生じる。本稿では病態と臨床症状、検査、生活指導と予後についてまとめた。(著者抄録)
  • 【痒みのない皮膚病】 <臨床例> 形質細胞性口唇炎, 志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 37, 12, 1155, 1158,   2015年12月
    概要:<症例のポイント>形質細胞性口唇炎の1例を報告した。左下口唇に10mm大の境界明瞭で出血・痂疲を伴うびらんを認め、有棘細胞癌や疣状癌などとの鑑別を要した。生検後に自然消褪したが、半年後に再発した。クロベタゾン酢酸エステル軟膏外用で略治した。(著者抄録)
  • 【手の皮膚病】 <臨床例> メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 37, 11, 1057, 1060,   2015年11月
    概要:<症例のポイント>メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例を報告した。自験例では左第III指基部、下腹部、腰部に紅斑を、口腔内に水疱を認めた。メシル酸ガレノキサシン水和物は2007年に保険収載されたレスピラトリーキノロン系経口抗菌薬であり、固定薬疹の報告が多いので注意が必要である。(著者抄録)
  • 【見てわかる小児の皮膚疾患】 母斑・血管腫・遺伝性皮膚疾患 脱色素性母斑、伊藤白斑, 大磯 直毅, 小児科診療, 78, 11, 1555, 1558,   2015年11月
    概要:脱色素性母斑と伊藤白斑はお互いに鑑別すべきであるが、一部はオーバーラップし得る。脱色素性母斑と伊藤白斑は限局性の脱色素斑である尋常性白斑、単純性粃糠疹、Sutton母斑、小柳-Vogt-原田病、まだら症、白色瘢風、葉状白斑(結節性硬化症)と鑑別する。脱色素性母斑と尋常性白斑との鑑別に、問診、視診、ダーモスコピー検査、Wood灯検査、病理組織検査を用いる。眼皮膚白皮症は全身性の脱色素斑であることから鑑別される。(著者抄録)
  • 【再発する皮膚病】 臨床例 骨髄異形成症候群に生じたSweet病, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 37, 9, 853, 856,   2015年09月
    概要:<症例のポイント>骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome、以下、MDS)に合併し、再発を繰り返したSweet病を経験した。顔面、四肢に痛みを伴う大小の紅色結節が多発し、一部で排膿を認めた。既往に結核性肝膿瘍があり、皮膚結核とも鑑別を要した。自験例はtrisomy 8の染色体異常があり、再発を繰り返した原因と考えられた。(著者抄録)
  • Aleukemic solitary cutaneous myeloid sarcoma., Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A, The Journal of dermatology, 42, 8, 844, 845,   2015年08月, 査読有り
  • Lamotrigineにより薬剤性過敏症症候群を呈した統合失調感情障害の1例, 安達 融, 切目 栄司, 廣瀬 智之, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻井 農亜, 白川 治, 精神科治療学, 30, 8, 1111, 1116,   2015年08月
    概要:薬剤性過敏症症候群(DIHS)は抗てんかん薬など特定の薬剤により発症する、全身症状と臓器障害を伴う重症薬疹の一型である。今回我々は統合失調感情障害の治療中、lamotrigineによりDIHSを呈した1例を経験したので報告する。患者は遅発性の発症と原因薬剤中止後の遷延化、免疫グロブリン減少などのDIHSとして特徴的な所見を認め、ウイルス学的検査ではヒトヘルペスウイルス6型の再活性化も確認された。Lamotrigineによる重症薬疹としては、Stevens-Johnson症候群や中毒性表皮壊死症がよく知られているが、DIHSも主要な病型の1つとして精神科領域でのより幅広い認知が必要と考えられた。(著者抄録)
  • Tick Attachment Cement with a Feeding Cavity in the Deep Dermis of the Penis., Okahashi K, Oiso N, Yano Y, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 95, 6, 741, 742,   2015年07月, 査読有り
  • Bullous pemphigoid associated with psoriasis: A possible example of an inverse intramolecular epitope-spreading phenomenon., Okahashi K, Oiso N, Ishii N, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A, The Journal of dermatology, 42, 7, 758, 759,   2015年07月, 査読有り
  • 白斑の病態解明におけるパラダイムシフト, 大磯 直毅, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 9, 3, 145, 150,   2015年07月
    概要:白斑(vitiligo)は後天性完全脱色素斑を呈する難治性皮膚疾患である。メラノサイトに対する臓器特異的な自己免疫疾患と考えられている。白斑の病態解明には、遺伝的素因、環境因子、全身の免疫応答、局所の免疫応答、色素再生過程を解析していく必要がある。近年、さまざまな免疫応答が白斑発症に関与することが示されている。自己免疫機序、小胞体ストレスとその応答、オートファジー、インフラマゾーム、microRNAs、酸化ストレスなど、白斑研究のテーマにパラダイムシフトが生じている。本稿では臨床診断と治療効果判定、遺伝的素因、環境因子、さまざまな免疫応答に関する最新のトピックについて概説する。(著者抄録)
  • Case of burn-associated bullous pemphigoid caused by anti-BP230 immunoglobulin G autoantibodies., Morita R, Oiso N, Ishii N, Tatebayashi M, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A, The Journal of dermatology, 42, 6, 657, 658,   2015年06月, 査読有り
  • 【呼吸器と皮膚】 臨床例 皮膚腺病, 森田 玲子, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 37, 6, 553, 556,   2015年06月
    概要:<症例のポイント>頸部に生じた皮膚腺病の1例を報告した。自験例は当初、他院で感染性疾患を疑われ、切開や抗菌薬内服で経過をみられていた。改善がみられず、膿汁から培養された抗酸菌のDNA-DNAハイブリダイゼーション法でMycobacterium tuberculosis complexが同定されたため当科を紹介受診された。皮膚結核はいまだ年間100例ほどの報告がされており、依然注意が必要な疾患である。(著者抄録)
  • Bullous Pemphigoid in Infancy Showing Epitope-spreading Phenomenon: Recovery with Topical Therapy., Matsuda H, Oiso N, Ishii N, Sato M, Tatebayashi M, Hashimoto T, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 95, 5, 610, 611,   2015年05月, 査読有り
  • Developing core outcome set for vitiligo clinical trials: international e-Delphi consensus., Eleftheriadou V, Thomas K, van Geel N, Hamzavi I, Lim H, Suzuki T, Katayama I, Anbar T, Abdallah M, Benzekri L, Gauthier Y, Harris J, Silva de Castro CC, Pandya A, Goh BK, Lan CC, Oiso N, Al Issa A, Esmat S, Le Poole C, Lee AY, Parsad D, Taieb A, Picardo M, Ezzedine K, Vitiligo Global Issues Consensus Group., Pigment cell & melanoma research, 28, 3, 363, 369,   2015年05月, 査読有り
  • Major association of vitiligo with HLA-A*02:01 in Japanese., Jin Y, Hayashi M, Fain PR, Suzuki T, Fukai K, Oiso N, Tanemura A, Holcomb CL, Rastrou M, Erlich HA, Spritz RA, Pigment cell & melanoma research, 28, 3, 360, 362,   2015年05月, 査読有り
  • Organ specificity in autoimmune diseases: thyroid and islet autoimmunity in alopecia areata., Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H, The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 100, 5, 1976, 1983,   2015年05月, 査読有り
  • Mucous membrane pemphigoid with IgG autoantibodies to the 120-kDa ectodomain of type XVII collagen (BP180/linear IgA dermatosis antigen) in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura., Hirakawa Y, Oiso N, Ishii N, Koga H, Tatebayashi M, Uchida S, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 95, 4, 493, 494,   2015年04月, 査読有り
  • Epidermal nevi with aberrant epidermal structure in keratinocytes and melanocytes., Oiso N, Sugawara K, Yonamine A, Tsuruta D, Kawada A, The Journal of dermatology, 42, 4, 408, 410,   2015年04月, 査読有り
  • Human papilloma virus-infected genital warts in a girl with Costello syndrome., Oiso N, Okamoto N, Akiduki-Yachi M, Tatebayashi M, Itoh T, Satou T, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 25, 2, 184, 185,   2015年04月, 査読有り
  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率 2010年〜2012年の推移, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 池澤 優子, 伊藤 明子, 乾 重樹, 上津 直子, 海老原 全, 大磯 直毅, 大迫 順子, 加藤 敦子, 河合 敬一, 関東 裕美, 佐々木 和実, 杉浦 伸一, 杉浦 真理子, 高山 かおる, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 堀川 達弥, 宮澤 仁, 吉井 恵子, 鷲崎 久美子, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 9, 2, 101, 109,   2015年04月
    概要:背景:ジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズは1994年に設定され、以後その陽性率を報告してきている。目的:今回は2010年から2012年の陽性率を報告し、これまでの陽性率との推移を検討する。方法:研究協力施設におけるジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズパッチテスト結果を集計した。結果:2010年度は75施設1,927例、2011年度84施設2,314例、2012年度96施設2,586例を集計した。金属アレルゲンでは硫酸ニッケルの陽性率が徐々に高くなってきている。ゴム加硫促進剤のチウラムミックスは2010年、2011年と陽性率が増加したが、2012年は再び低下した。合成樹脂のp-t-ブチルフェノールホルムアルデヒドレジンの陽性率は、2012年にそれまでの2%前後から0.9%に低下した。防腐剤のケーソンCGの陽性率が2010年から徐々に高くなってきている。結論:ケーソンCGの陽性率の増加については今後も注意が必要である。(著者抄録)
  • Dermoscopy for malignant melanoma of the nipple and the areola., Shiga K, Oiso N, Narita T, Kimura M, Kawada A, The Journal of dermatology, 42, 3, 339, 341,   2015年03月, 査読有り
  • Guide for medical professionals (i.e., dermatologists) for the management of Rhododenol-induced leukoderma., Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K, The Journal of dermatology, 42, 2, 113, 128,   2015年02月, 査読有り
  • 近畿大学皮膚科で経験した頭部血管肉腫の15例, 志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, Skin Cancer, 29, 3, 298, 302,   2015年02月
    概要:2004年1月から2013年12月までの10年間に当科で経験した頭部血管肉腫15例をまとめ臨床的に検討した。性別はすべて男性で、初診時平均年齢は74.1歳であった。症状発現から受診までの平均期間は2.4ヵ月であり、2例に外傷の既往があった。詳細な経過が不明の2例を除いた12例で局所再発や転移を認めた。2003年度北里大学皮膚科治療方針によるステージングではステージIaが7例、Ibが7例、IIIが1例であった。全15症例のうち転院などで転機不明な5例を除いた10例では、死亡例は7例、生存例は3例で、5年生存率は10%であった。治療は全例で、骨膜を含め腫瘍の切除を施行した。術後放射線療法を施行した症例は12例、免疫療法施行例は10例で、特記すべき副作用はなかった。化学療法としてはパクリタキセルの投与を3例、ドセタキセルの投与を2例施行した。当教室での5年生存率は10%であり、本邦他施設の統計と比較するとほぼ同様であった。長期生存した4例を検討すると、局所再発は予後に関係なく、初診時のステージがIaであること、遠隔転移がないまたは転移が骨やリンパ節であった場合に長期生存が期待できると考えられた。(著者抄録)
  • Microsporum canisによる小児のケルスス禿瘡の1例, 志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎, 皮膚の科学, 13, 6, 431, 434,   2014年12月
    概要:10歳,女児。初診の2ヵ月前より頭部に脱毛が出現し,近医数ヶ所にて円形脱毛症の診断でステロイド外用の治療を開始された。その後脱毛が拡大し,びらん・膿疱・結節を認めたため当科を初診。患部の毛髪の直接検鏡にて菌糸と胞子を確認した。巨大培養で放射状に拡大したクリーム色コロニーを確認し,さらにスライドカルチャーにて細胞壁の肥厚した紡錘形の大分生子を認めた。RibosomalDNAのinternal transcribed spacer 1領域の遺伝子配列をpolymerase chain reactionで増幅し,ダイレクトシークエンスで解析した。Microsporum canis,Arthroderma otae系統株の遺伝子配列と100%の相同性を認めた。以上の臨床像・真菌培養同定・真菌の遺伝子解析結果からMicrosporumcanisによるケルスス禿瘡と診断した。イトラコナゾールのパルス療法(5mg/kg/日を7日間)を3クール施行し皮疹は略治した。小児の頭部白癬における内服抗真菌剤の投与量や投与期間については,本邦では明確な指針がなく,その効果や安全性については今後の症例の集積が望まれる。(著者抄録)
  • 乳房外Paget病を併発した弾性線維性仮性黄色腫の1例, 山内 康平, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁, 皮膚の科学, 13, 6, 421, 425,   2014年12月
    概要:71歳,男性。数年前より陰部に紅斑・びらんが出現し,徐々に拡大した。初診時,下腹部から両大腿,陰部に自覚症状のない紅色局面を認めた。生検で表皮内にPaget細胞の増殖を認め乳房外Paget病と診断した。真皮中層から下層に膠原線維の走行の不明瞭化,弾性線維の糸くず状の変性,Elastica van Gieson染色で弾性線維の変性,Kossa染色でカルシウム沈着を認めた。病理所見を評価した後に,頸部,鼠径部,大腿部を診察したところ,1.3mm大の黄色の丘疹が多数集簇していた。頸部病変からも病理組織学的に同様の所見を確認した。乳房外Paget病を併発した弾性線維性仮性黄色腫と診断した。高齢でも弾性線維性仮性黄色腫と診断されていない症例が存在しうることに留意すべきであると考えた。(著者抄録)
  • ロドデノール誘発性脱色素斑症例における二次全国疫学調査結果, 鈴木 加余子, 青山 裕美, 伊藤 明子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 錦織 千佳子, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 大磯 直毅, 深井 和吉, 船坂 陽子, 山下 利春, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 124, 14, 3125, 3142,   2014年12月
    概要:メラニン生成抑制物質である4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(商品名;ロドデノール)によって誘発された脱色素斑症例に対して、一次調査に引き続き、その経過を把握するために二次調査を行い、1,445例を集計した。総合評価ではやや軽快以上が全体の72%で、脱色素斑面積が1/2以下になったのは全体の34%であった。全体の42%で経過中に色素増強を認めたが、このうち1/3は色素増強は一時的で軽快していた。治療の有無について回答のあった1,341例中治療を受けている症例は763例(56.9%)であり、その内容は内服薬306例、外用薬651例、紫外線療法74例(重複あり)であった。紫外線治療については、施行した60%以上に有効であり、今後難治症例に対して試みる治療法と考えられる。当該化粧品の使用中止から2年を経て色素再生を認めている症例もあり、色素再生に長期間を要する場合があることが示唆された。(著者抄録)
  • Pigmentary mosaicism of the hypopigmented type (hypomelanosis of Ito): hypopigmented lesions with serrated and irregular borders., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 24, 6, 690, 691,   2014年11月, 査読有り
  • Antitumor necrosis factor alpha inhibitor-induced dermatomyositis and interstitial lung disease with anti-PL12 autoantibody: signs of antisynthetase syndrome., Kato M, Oiso N, Nozaki Y, Inoue A, Hosono Y, Funauchi M, Mimori T, Matsumura I, Kawada A, The Journal of dermatology, 41, 11, 1034, 1036,   2014年11月, 査読有り
  • Refractory bullous pemphigoid leaving numerous milia during recovery., Uchida S, Oiso N, Koga H, Ishii N, Okahashi K, Matsuda H, Hashimoto T, Kawada A, The Journal of dermatology, 41, 11, 1003, 1005,   2014年11月, 査読有り
  • Follicular mucinous nevus: a possible new variant of mucinous nevus., Oiso N, Kimura M, Kawada A, Journal of the American Academy of Dermatology, 71, 4, e141, 2,   2014年10月, 査読有り
  • 【理路整然 体系化ダーモスコピー】 総論 血管のみかた, 大磯 直毅, Derma., 223, 33, 38,   2014年10月
    概要:2段階診断法は第1段階で系統的に母斑や皮膚腫瘍を鑑別し、第2段階で良性・悪性の鑑別を行う。改訂2段階診断法が2010年に提唱された。ダーモスコピーにおける血管所見の重要性が認識され、改訂版が提唱された。レベル4として血管系病変、レベル5として上皮系(非メラノサイト系)病変の血管所見、レベル6としてメラノサイト系病変の血管所見を観察する。近年提唱された血管所見パターン、分布様式パターンを理解する必要がある。メラノサイト系病変、上皮系病変ならびに血管系病変それぞれの疾患で生じやすい血管所見がある。血管所見パターン、分布様式パターンの組み合わせによりどのような疾患かが推測されうる。この分野は発展途上であり、皮膚科専門医によるさらなる解析結果の集積が期待されている。(著者抄録)
  • IL36RN mutations underlie impetigo herpetiformis., Sugiura K, Oiso N, Iinuma S, Matsuda H, Minami-Hori M, Ishida-Yamamoto A, Kawada A, Iizuka H, Akiyama M, The Journal of investigative dermatology, 134, 9, 2472, 2474,   2014年09月, 査読有り
  • Fibroelastolytic papulosis in an elderly woman with a 30-year history: overlapping between pseudoxanthoma elasticum-like papillary dermal elastolysis and white fibrous papulosis of the neck., Oiso N, Kato M, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 24, 5, 617, 618,   2014年09月, 査読有り
  • Cutaneous angiosarcoma at an interval of thirty-six years from radiation for a testicular germ cell tumor., Kato M, Oiso N, Nishimoto M, Mori Y, Katoh Y, Uemura H, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 24, 5, 622, 623,   2014年09月, 査読有り
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 眼皮膚白皮症診療ガイドライン, 深井 和吉, 大磯 直毅, 川口 雅一, 佐藤 美保, 堀田 喜裕, 種村 篤, 金田 眞理, 川上 民裕, 西村 栄美, 河野 通浩, 林 思音, 山下 英俊, 錦織 千佳子, 佐野 栄紀, 片山 一朗, 鈴木 民夫, 眼皮膚白皮症診療ガイドライン作成委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 124, 10, 1897, 1911,   2014年09月
  • 【皮膚科の「医療の質」を考える-QIを知っていますか?】 (QI 20a)尋常性白斑 尋常性白斑診療における医療の質, 大磯 直毅, Visual Dermatology, 13, 10, 1186, 1189,   2014年09月
  • 術前CTとMRIが有用であった毛巣洞の1例, 藤田 美幸, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学, 13, 4, 285, 289,   2014年08月
    概要:29歳男性の毛巣洞再発例について報告した。術前にコンピュータ断層撮影と核磁気共鳴画像法で仙骨部に再発した病変を検討し,瘻孔の大きさ,先天奇形がないこと,筋膜や骨に浸潤がないことを確認した。瘻孔部にクリスタルバイオレットを注入し,周囲正常組織を含め病変の残存がないように切除した。病理組織像で表皮と連続し多数の毛髪を含む瘻孔の形成と,その周囲に好中球,リンパ球,形質細胞などの炎症細胞浸潤を確認した。術後には肥満の解消,長時間の座位の回避などの生活指導を実施した。毛巣洞では,術前の画像評価,肉芽組織を含めた瘻孔の完全な切除,術後の生活指導が重要であると考えられた。(著者抄録)
  • Mucosal dominant-type pemphigus vulgaris associated with gastrointestinal stromal tumor., Sato M, Oiso N, Koga H, Ishii N, Matsuda H, Hayamizu K, Saitou K, Doi K, Hashimoto T, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 24, 4, 494, 495,   2014年07月, 査読有り
  • Possible allergic contact dermatitis with reticulate postinflammatory pigmentation caused by hydroquinone., Tatebayashi M, Oiso N, Wada T, Suzuki K, Matsunaga K, Kawada A, The Journal of dermatology, 41, 7, 669, 670,   2014年07月, 査読有り
  • Biopsy-proven pigmented poroma with no vascular structure in dermoscopy., Oiso N, Matsuda H, Kawada A, International journal of dermatology, 53, 6, e334, 5,   2014年06月, 査読有り
  • 尋常性狼瘡の1例, 加藤 麻衣子, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁, 露口 一成, 皮膚の科学, 13, 3, 172, 175,   2014年06月
    概要:82歳,女性。数年前より右頬部に軽度そう痒を伴う皮疹が出現し,徐々に拡大してきた。初診時,右頬部に鱗屑と痂皮が付着する直径6×4cm大の境界比較的明瞭な紅斑局面を認めた。生検標本の病理組織検査で,乾酪壊死はなかったがリンパ球浸潤を伴った類上皮細胞肉芽腫を認めた。クオンティフェロンTBゴールドは陽性を示した。病理組織のZiehl-Neelsen染色で抗酸菌を認めなかった。生検皮膚からの結核菌DNAのPCRは陰性であった。しかし生検皮膚からMycobacterium tuberculosisが分離培養され,尋常性狼瘡と診断した。喀痰培養,胸部CTを施行したが活動性の肺病変はなかった。臨床症状や病理所見より尋常性狼瘡の可能性を考えた際には,さまざまな検査法を用いて抗酸菌の存在を証明する必要があると考えた。(著者抄録)
  • Nevus depigmentosus with pale skin, yellow-brown hair and a light brown iris, Oiso N, Nomi N, Fukai K, Tanemura A, Suzuki T, Katayama I, Wakamatsu K, Muto M, Kawada A, Eur J Dermatol, 24, 3, 406, 407,   2014年05月, 査読有り
  • Late-onset Brooke-Spiegler syndrome with family histories of various cancers., Matsuda M, Ohata C, Hamada T, Oiso N, Tsuruta D, Furumura M, Hashimoto T, The Journal of dermatology, 41, 5, 454, 456,   2014年05月, 査読有り
  • Necrobiosis lipoidica with infiltration of Th17 cells into vascular lesions., Kato M, Oiso N, Itoh T, Sato M, Matsuo K, Nakayama T, Satou T, Kawada A, The Journal of dermatology, 41, 5, 459, 461,   2014年05月, 査読有り
  • Variants in melanogenesis-related genes associate with skin cancer risk among Japanese populations., Yoshizawa J, Abe Y, Oiso N, Fukai K, Hozumi Y, Nakamura T, Narita T, Motokawa T, Wakamatsu K, Ito S, Kawada A, Tamiya G, Suzuki T, The Journal of dermatology, 41, 4, 296, 302,   2014年04月, 査読有り
  • Immunohistochemical Analysis of Interleukin-17 Producing T Helper Cells and Regulatory T Cells Infiltration in Annular Erythema Associated with Sjögren's Syndrome., Itoi S, Tanemura A, Tani M, Kitaba S, Terao M, Murota H, Oiso N, Katayama I, Annals of dermatology, 26, 2, 203, 208,   2014年04月, 査読有り
  • ロドデノール誘発性脱色素斑医療者(皮膚科医)向けの診療の手引き, 錦織 千佳子, 青山 裕美, 伊藤 明子, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 大磯 直毅, 篭橋 雄二, 杉浦 伸一, 深井 和吉, 船坂 陽子, 山下 利春, 松永 佳世子, 日本皮膚科学会ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会, 日本皮膚科学会雑誌, 124, 3, 285, 303,   2014年03月
  • Cutaneous lymphangioma circumscriptum with marked blood presence: histopathologic evaluation of the endothelial cells., Oiso N, Itoh T, Miyake M, Satou T, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 24, 1, 127, 128,   2014年01月, 査読有り
  • Blue nevus with a dermoscopic appearance of peripheral streaks with branches., Sakamoto S, Oiso N, Narita T, Kawada A, Case reports in dermatology, 6, 1, 66, 68,   2014年01月, 査読有り
  • Patch test reaction to p-phenylenediamine can persist for more than 1 month., Uchida S, Oiso N, Matsunaga K, Kawada A, Contact dermatitis, 69, 6, 382, 383,   2013年12月, 査読有り
  • 円形脱毛症に併存する甲状腺および膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 38, 3-4, 107, 114,   2013年12月
    概要:目的:円形脱毛症患者における甲状腺自己免疫および膵島自己免疫の臨床的・遺伝的実態を明らかにする。方法:円形脱毛症患者110例について臨床的特徴および自己免疫疾患の合併率を検討し、血清学的に抗サイログロブリン(Tg)抗体、抗甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)抗体、甲状腺刺激ホルモン受容体抗体(TRAb)、抗glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体、抗insulinoma-associated antigen 2(IA-2抗体)、インスリン自己抗体(IAA)を測定した。またHLA-DRB1、-DQB1、-A、-B、-C遺伝子型を決定した。結果:円形脱毛症患者は健常対象者に比し、抗Tg抗体、抗IA-2抗体、IAA、抗GAD抗体陽性率は同等であったが、抗TPO抗体(29.1%vs.11.6%、P<0.001)、TRAb(42.7%vs.1.2%、P<0.001)の陽性率は有意に高値を示した。膵島関連自己抗体価の比較では抗GAD抗体、抗IA-2抗体、IAAはいずれも健常対照者との間に差を認めず、自己免疫性甲状腺疾患患者に比し有意に低値であった。遺伝子解析において円形脱毛症患者は健常対照者に比し、A*33:03が有意に低頻度であり(3.2%vs.9.7%、Pc=0.036)、DRB1*04:05-DQB1*04:01は低頻度の傾向、DRB1*15:01-DQB1*06:02は高頻度の傾向を示した。結語:円形脱毛症には甲状腺自己免疫を高率に合併するが、膵島自己免疫・1型糖尿病の合併は稀であること、遺伝子解析でも円形脱毛症では1型糖尿病の疾患感受性ハプロタイプが低頻度、疾患抵抗性ハプロタイプが高頻度であるという今回の結果から、円形脱毛症が自己免疫性甲状腺疾患とは共通性を有するのに対し、1型糖尿病とは臨床的にも遺伝的にも異質性を有することが示唆された。(著者抄録)
  • わかりやすい色素異常症 尋常性白斑研究と臨床的意義, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 123, 13, 2494, 2496,   2013年12月
  • 臨床医にとっての研究 基礎研究的手法を用いた色素異常症の病態解析, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 123, 13, 2444, 2446,   2013年12月
  • 【クイズ!接触皮膚炎】 右膝のそう痒性紅斑・紅色丘疹・小水疱・びらんと、線状のそう痒性紅斑, 大磯 直毅, 川田 暁, Visual Dermatology, 13, 1, 61, 62,   2013年12月
  • 【クイズ!接触皮膚炎】 腰部から臀部にかけての長方形のそう痒性紅斑と全身のそう痒性紅斑, 大磯 直毅, 川田 暁, Visual Dermatology, 13, 1, 49, 50,   2013年12月
  • Role of macrophage infiltration in successful repigmentation in a new periphery-spreading vitiligo lesion in a male Japanese patient., Oiso N, Tanemura A, Kotobuki Y, Kimura M, Katayama I, Kawada A, The Journal of dermatology, 40, 11, 915, 918,   2013年11月, 査読有り
  • Idiopathic eruptive macular pigmentation following a Christmas tree pattern., Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 40, 11, 934, 935,   2013年11月, 査読有り
  • Acral melanocytic nevus of the sole with the parallel ridge pattern., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 23, 6, 902, 903,   2013年11月, 査読有り
  • 【皮膚科日常診療レベルアップエッセンス】 (II章)治療 疾患 尋常性白斑, 大磯 直毅, 皮膚科の臨床, 55, 12, 1717, 1722,   2013年11月
  • Efficacy and safety of targeted narrowband ultraviolet B therapy using a flat-type fluorescent lamp for the treatment of palmoplantar pustulosis., Kawada A, Matsuda H, Oiso N, The Journal of dermatology, 40, 9, 754, 755,   2013年09月, 査読有り
  • Vitiligo after combination therapy of pegylated interferon-α-2a, ribavirin and vitamin D in a patient with chronic hepatitis C., Oiso N, Sato M, Kawada A, The Journal of dermatology, 40, 9, 772, 773,   2013年09月, 査読有り
  • Localised giant haematoma and subsequent widespread purpura as a sign of acquired haemophilia A., Oiso N, Hirase C, Morita Y, Hirao A, Uchida S, Sasakawa A, Toyomasu M, Tatsumi Y, Matsumura I, Kawada A, The Australasian journal of dermatology, 54, 3, e67, 9,   2013年08月, 査読有り
  • 新・皮膚科セミナリウム 色素異常症の診断と治療 尋常性白斑, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 123, 9, 1765, 1772,   2013年08月
    概要:尋常性白斑は後天性の脱色素斑を呈する難治性皮膚疾患である。ゲノムワイド関連解析による疾患関連遺伝子群の同定や、分子生物学的解析により、発症機構が急速に解明されてきている。ナローバンドUVBなどの光線療法やビタミンD3製剤外用、パンチグラフトなどの治療法が一般化し、治療の有効率が向上してきている。本邦尋常性白斑診療ガイドラインが提唱された。さらなる発症機構の解明と根拠に基づく治療法の展開が期待されている。(著者抄録)
  • Porokeratotic eccrine ostial and dermal duct naevus and aberrantly regulated keratinization., Oiso N, Kurokawa I, Kimura M, Tsubura A, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 93, 4, 489, 490,   2013年07月, 査読有り
  • CD1a-positive familial cutaneous mastocytosis without germ-line or somatic mutations in c-kit., Arase N, Wataya-Kaneda M, Oiso N, Arase H, Katayama I, The British journal of dermatology, 169, 1, 201, 204,   2013年07月, 査読有り
  • Diagnostic usefulness of ultrasonography for plantar angioleiomyoma., Oiso N, Narita T, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 23, 4, 568, 570,   2013年07月, 査読有り
  • Successful treatment of psoriasis with interrupted adalimumab use: a case report., Sakamoto S, Kawada A, Oiso N, The Journal of dermatology, 40, 6, 477, 478,   2013年06月, 査読有り
  • Cutis tricolor of pure cutaneous trait as leukoderma and nevus spilus., Oiso N, Matsuda H, Kawada A, The Journal of dermatology, 40, 6, 490, 491,   2013年06月, 査読有り
  • Piebaldism., Oiso N, Fukai K, Kawada A, Suzuki T, The Journal of dermatology, 40, 5, 330, 335,   2013年05月, 査読有り
  • Guidelines for the diagnosis and treatment of vitiligo in Japan., Oiso N, Suzuki T, Wataya-Kaneda M, Tanemura A, Tanioka M, Fujimoto T, Fukai K, Kawakami T, Tsukamoto K, Yamaguchi Y, Sano S, Mitsuhashi Y, Nishigori C, Morita A, Nakagawa H, Mizoguchi M, Katayama I, The Journal of dermatology, 40, 5, 344, 354,   2013年05月, 査読有り
  • Eruptive vellus hair cysts of the labia majora: detection of openings of the cysts to the epidermis by dermoscopy., Oiso N, Matsuda H, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 23, 3, 417, 418,   2013年05月, 査読有り
  • Repigmentation of the epidermis around the acrosyringium in piebald skin: an ultrastructural examination., Makino T, Yanagihara M, Oiso N, Mizawa M, Shimizu T, The British journal of dermatology, 168, 4, 910, 912,   2013年04月, 査読有り
  • Various colour gradations as a dermatoscopic feature of cutaneous angiosarcoma of the scalp., Oiso N, Matsuda H, Kawada A, The Australasian journal of dermatology, 54, 1, 36, 38,   2013年02月, 査読有り
  • Erythema dyschronicum perstans with both a macular lesion and a linear lesion following the lines of Blaschko., Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 40, 2, 127, 128,   2013年02月, 査読有り
  • Ulcerated hidradenoma papilliferum., Hama M, Oiso N, Kawada A, International journal of dermatology, 52, 2, 198, 199,   2013年02月, 査読有り
  • Fixed drug eruption due to garenoxacin mesilate hydrate., Miyake M, Oiso N, Yoshinaga E, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 23, 1, 111, 112,   2013年01月, 査読有り
  • Alopecia areata: infiltration of Th17 cells in the dermis, particularly around hair follicles., Tanemura A, Oiso N, Nakano M, Itoi S, Kawada A, Katayama I, Dermatology (Basel, Switzerland), 226, 4, 333, 336,   2013年, 査読有り
  • Dermoscopic assessment for a brushing treatment for a patient pelted with metal fragments in an industrial explosion., Oiso N, Morotomi T, Tanabe F, Isogai N, Tatsumi Y, Kawada A, The Journal of dermatology, 39, 12, 1104, 1105,   2012年12月, 査読有り
  • Variant of linear atrophoderma of Moulin: hyper- and hypopigmented linear atrophoderma with aberrant area cutanea and lentiginosis following the lines of Blaschko., Oiso N, Kimura M, Itoh T, Kawada A, The Journal of dermatology, 39, 12, 1097, 1099,   2012年12月, 査読有り
  • ダーモスコピー アドバンストコース 血管病変のみかた, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 122, 13, 3511, 3513,   2012年12月
  • 色素異常症の診断と治療 尋常性白斑研究最前線, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 122, 13, 3147, 3149,   2012年12月
  • Blaschkitis-like eruptions with hypodontia and low IκB kinase gamma expression., Oiso N, Kimura M, Tanemura A, Tsuruta D, Itou T, Suzuki T, Katayama I, Kawada A, The Journal of dermatology, 39, 11, 941, 943,   2012年11月, 査読有り
  • Erythema dyschronicum perstans showing an ash-colored hyperpigmented lesion and an adjacent incompletely hypopigmented lesion surrounded by an erythematous border: a boundary spectrum to annular lichenoid dermatitis of youth?, Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 22, 6, 793, 794,   2012年11月, 査読有り
  • Freckling promoted by topical tacalcitol in a Japanese boy with left eyelid vitiligo., Oiso N, Kawada A, Pediatric dermatology, 29, 5, 671, 672,   2012年09月, 査読有り
  • Erythema dyschromicum perstans in a Japanese child., Oiso N, Tsuruta D, Imanishi H, Kobayashi H, Kawada A, Pediatric dermatology, 29, 5, 637, 640,   2012年09月, 査読有り
  • House cat scratch-induced linear vitiligo as Köbner phenomena., Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 39, 9, 798, 799,   2012年09月, 査読有り
  • Clinical impact of switching to a second EGFR-TKI after a severe AE related to a first EGFR-TKI in EGFR-mutated NSCLC., Takeda M, Okamoto I, Tsurutani J, Oiso N, Kawada A, Nakagawa K, Japanese journal of clinical oncology, 42, 6, 528, 533,   2012年06月, 査読有り
  • 日本皮膚科学会ガイドライン 尋常性白斑診療ガイドライン, 鈴木 民夫, 金田 眞理, 種村 篤, 谷岡 未樹, 藤本 智子, 深井 和吉, 大磯 直毅, 川上 民裕, 塚本 克彦, 山口 裕史, 佐野 栄紀, 三橋 善比古, 錦織 千佳子, 森田 明理, 中川 秀巳, 溝口 昌子, 片山 一朗, 日本皮膚科学会雑誌, 122, 7, 1725, 1740,   2012年06月
  • 【疣贅治療now】 活性型ビタミンD3軟膏を用いた疣贅治療, 大磯 直毅, Derma., 193, 47, 51,   2012年06月
    概要:ヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus;HPV)は、尋常性疣贅、扁平疣贅、尖圭コンジローマ(condylomata acuminate or anogenital wart)など多彩なウイルス性皮膚疾患発症に関与する。HPVに対する特異的抗ウイルス剤はなく、臨床症状に応じて適切と考えられる治療法が選択される。本邦では掌蹠の難治性・再発性疣贅などに対し活性型ビタミンD3軟膏閉鎖密閉療法もしくはその併用療法が試みられ、その有用性が示唆されている。最近筆者らは、小児の尖圭コンジローマに用いて有効であった例を経験した。本稿では、疣贅に対する活性型ビタミンD3軟膏療法の既報告例を分析するとともに、同療法の尖圭コンジローマ治療への応用の可能性やその意義および作用メカニズムについて考察した。知見のさらなる蓄積が望まれる。(著者抄録)
  • Loss of genomic DNA copy numbers in the p18, p16, p27 and RB loci in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm., Oiso N, Tatsumi Y, Arao T, Rai S, Kimura M, Nakamura S, Itoh T, Nishio K, Matsumura I, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 22, 3, 393, 394,   2012年05月, 査読有り
  • Revised classification/nomenclature of vitiligo and related issues: the Vitiligo Global Issues Consensus Conference., Ezzedine K, Lim HW, Suzuki T, Katayama I, Hamzavi I, Lan CC, Goh BK, Anbar T, Silva de Castro C, Lee AY, Parsad D, van Geel N, Le Poole IC, Oiso N, Benzekri L, Spritz R, Gauthier Y, Hann SK, Picardo M, Taieb A, Vitiligo Global Issue Consensus Conference Panelists., Pigment cell & melanoma research, 25, 3, E1, 13,   2012年05月, 査読有り
  • Cervical auricles in a family., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 22, 3, 395, 396,   2012年05月, 査読有り
  • Expression and function of FRA2/JUND in cutaneous T-cell lymphomas., Nakayama T, Higuchi T, Oiso N, Kawada A, Yoshie O, Anticancer research, 32, 4, 1367, 1373,   2012年04月, 査読有り
  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(1994)の2005年度〜2007年度陽性率とジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の2009年度陽性率, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, 矢上 晶子, 足立 厚子, 伊藤 正俊, 乾 重樹, 宇宿 一成, 海老原 全, 大磯 直毅, 岡 惠子, 河合 敬一, 鹿庭 正昭, 関東 裕美, 佐々木 和実, 杉浦 真理子, 杉山 真理子, 大迫 順子, 高山 かおる, 角田 孝彦, 尾藤 利憲, 中田 土起丈, 西岡 和恵, 堀川 達弥, 横関 博雄, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology, 6, 2, 67, 84,   2012年04月
    概要:背景:われわれは1994年からジャパニーズスタンダードアレルゲン(1994)陽性率を報告してきている。ジャパニーズスタンダードアレルゲン(1994)を見直し、ethylene diamine 2HCL、bisphenol Aを削除し、gold sodium thiosulfate、sesquiterpene lactone mix、epoxy resinを追加しジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)とした。目的:今回は2005〜2007年の3年間のジャパニーズスタンダードアレルゲン(1994)陽性率と、2009年のジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率を検討する。方法:研究協力施設におけるパッチテスト結果を集計した。結果:2005〜2007年は21施設から1,669例を集計し、2009年は78施設から2,093例を集計した。2008年から新たにスタンダードアレルゲンに加えたgold sodium thiosulfate、sesquiterpene lactone mix、epoxy resinの陽性率はそれぞれ3.5%、1.5%、0.9%であった。金属アレルゲンは陽性率が低下しているが、以前とは異なる製造元のアレルゲンを貼布しており感作例が少なくなっているかどうかについては今後の検討が必要である。(著者抄録)
  • Renbök phenomenon in a patient with alopecia areata universalis and psoriasis., Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 39, 3, 288, 289,   2012年03月, 査読有り
  • 【白斑を知る】 脱色素性母斑とpigmentary mosaicismの病態, 大磯 直毅, Aesthetic Dermatology, 22, 1, 18, 24,   2012年03月
    概要:脱色素性母斑は色素脱失を生じる代表的な母斑性疾患である。Pigmentary mosaicismは染色体異常と関連する色素異常症である。脱色素性母斑とpigmentary mosaicismは色素産生に関連する遺伝子の障害で発症すると推測されている。これらの疾患の疾患概念、鑑別診断、病態について概説した。(著者抄録)
  • Efficacy and safety of a low-energy double-pass 1450-nm diode laser for the treatment of acne scars., Wada T, Kawada A, Hirao A, Sasaya H, Oiso N, Photomedicine and laser surgery, 30, 2, 107, 111,   2012年02月, 査読有り
  • Clinical effectiveness of once-daily levofloxacin for inflammatory acne with high concentrations in the lesions., Kawada A, Wada T, Oiso N, The Journal of dermatology, 39, 1, 94, 96,   2012年01月, 査読有り
  • Coexisting pustular and ulcerative pyoderma gangrenosum., Nakano S, Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 22, 1, 153, 154,   2012年01月, 査読有り
  • Unusual exophytic inclusion warts as a cutaneous horn on the dorsum of the hand., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 22, 1, 152, 153,   2012年01月, 査読有り
  • Cellulitis with leukocytopenia as an initial sign of acute promyelocytic leukemia., Sakamoto S, Oiso N, Emoto M, Uchida S, Hirao A, Tatsumi Y, Matsumura I, Kawada A, Case reports in dermatology, 4, 1, 47, 49,   2012年01月, 査読有り
  • 線状IgA水疱症の1例, 石橋 淳子, 鈴木 高子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 橋本 隆, 皮膚科の臨床, 54, 1, 91, 94,   2012年01月
    概要:症例は81歳女性で、体幹・四肢の紅斑と水疱を主訴とした。体幹・四肢に多発する大小の環状紅斑を認め、両手掌には緊満性水疱が多発し痒みを伴っていた。病理組織学的所見で表皮下水疱と真皮上層・中層の細胞浸潤を認め、水疱内と真皮上層の血管周囲性に好中球、好酸球の浸潤を認めた。蛍光抗体直接法では表皮基底膜部にIgAが線状に沈着し、IgGも軽度沈着していた。蛍光抗体間接法ではIgAのみが真皮側に陽性であった。免疫ブロット法ではIgAは陰性であったが、IgGが水疱性類天疱瘡(BP)180抗原に弱く反応した。以上よりsublamina densa型の線状IgA水疱症と診断した。プレドニゾロンとジアミノジフェニルスルホンの内服投与を開始したところ、1週間で皮疹の新生が止まり、その後徐々に皮疹が軽快した。一時肝機能障害を認めたが、薬剤を減量し、軽快した。現在皮疹の再燃は認めなかった。
  • Nail isthmus: a distinct region of the nail apparatus., Oiso N, Kurokawa I, Kawada A, Dermatology research and practice, 2012, 925023,   2012年, 査読有り
  • Generalized vitiligo and associated autoimmune diseases in Japanese patients and their families., Narita T, Oiso N, Fukai K, Kabashima K, Kawada A, Suzuki T, Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology, 60, 4, 505, 508,   2011年12月, 査読有り
  • The histopathological feature of the nail isthmus in an ectopic nail., Oiso N, Kurokawa I, Tsuruta D, Narita T, Chikugo T, Tsubura A, Kimura M, Baran R, Kawada A, The American Journal of dermatopathology, 33, 8, 841, 844,   2011年12月, 査読有り
  • 白斑の基礎と臨床 白斑の基礎と臨床, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 121, 13, 3084, 3085,   2011年12月
  • Repigmentation of leukoderma in a piebald patient associated with a novel c-KIT gene mutation, G592E, of the tyrosine kinase domain., Arase N, Wataya-Kaneda M, Oiso N, Tanemura A, Kawada A, Suzuki T, Katayama I, Journal of dermatological science, 64, 2, 147, 149,   2011年11月, 査読有り
  • Clinical effectiveness of intense pulsed light therapy for solar lentigines of the hands., Sasaya H, Kawada A, Wada T, Hirao A, Oiso N, Dermatologic therapy, 24, 6, 584, 586,   2011年11月, 査読有り
  • A dermoscopic figure of polymorphous atypical vessels with colour gradation. Metastatic cutaneous carcinoma into the lymphatic vessels., Oiso N, Kimura M, Kawada A, Acta dermato-venereologica, 91, 6, 737, 738,   2011年10月, 査読有り
  • Consequences of two different amino-acid substitutions at the same codon in KRT14 indicate definitive roles of structural distortion in epidermolysis bullosa simplex pathogenesis., Natsuga K, Nishie W, Smith BJ, Shinkuma S, Smith TA, Parry DA, Oiso N, Kawada A, Yoneda K, Akiyama M, Shimizu H, The Journal of investigative dermatology, 131, 9, 1869, 1876,   2011年09月, 査読有り
  • The dermoscopic features in infantile hemangioma., Oiso N, Kawada A, Pediatric dermatology, 28, 5, 591, 593,   2011年09月, 査読有り
  • Superimposed linear graft-versus-host disease and secondary cutaneous involvement of anaplastic large cell lymphoma., Oiso N, Tatsumi Y, Rai S, Matsumura I, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 21, 4, 636, 638,   2011年07月, 査読有り
  • The diagnostic usefulness of dermoscopy for nevus depigmentosus., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 21, 4, 639, 640,   2011年07月, 査読有り
  • Hyperpigmented spots within and partly around a hypopigmented macule., Oiso N, Amatsu A, Kawada A, International journal of dermatology, 50, 7, 795, 797,   2011年07月, 査読有り
  • Disseminated superficial actinic porokeratosis in a patient undergoing treatment with long-term narrowband ultraviolet B for psoriasis., Kawara S, Oiso N, Kawada A, The Journal of dermatology, 38, 6, 585, 587,   2011年06月, 査読有り
  • Dermoscopy of pyogenic granuloma on the lip: the differing appearances of vascular structures with and without pressure., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 21, 3, 441,   2011年05月, 査読有り
  • Dermoscopic features in disseminated superficial actinic porokeratosis., Oiso N, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 21, 3, 439, 440,   2011年05月, 査読有り
  • Two children with a mild or moderate piebaldism phenotype and a father without leukoderma in a family with the same recurrent missense mutation in the kinase domain of KIT., Narita T, Oiso N, Fukai K, Motokawa T, Hayashi M, Yokoyama K, Hozumi Y, Kawada A, Suzuki T, European journal of dermatology : EJD, 21, 3, 446, 447,   2011年05月, 査読有り
  • Preoperative Assessment Using Magnetic Resonance Imaging for Subungual Exostosis beneath the Proximal Region of the Nail Plate., Higuchi K, Oiso N, Yoshida M, Kawada A, Case reports in dermatology, 3, 2, 155, 157,   2011年05月, 査読有り
  • Melanocytic nevi in nevus depigmentosus in a region of the body exposed to sunlight., Oiso N, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 25, 4, 491, 492,   2011年04月, 査読有り
  • Dermoscopy for tick bite: reconfirmation of the usefulness for the initial diagnosis., Matsuda M, Oiso N, Yano Y, Kawada A, Case reports in dermatology, 3, 1, 94, 97,   2011年04月, 査読有り
  • 【爪および爪周辺の疾患】 臨床例 爪峡部領域の爪甲形成異常 腹側翼状爪, 大磯 直毅, 成田 智彦, 鶴田 大輔, 川田 暁, 皮膚病診療, 33, 3, 229, 232,   2011年03月
    概要:<症例のポイント>・2007年に爪峡部が提唱された。・爪峡部は爪床遠位端と爪下皮の間に存在する移行領域である。・爪峡部は正常爪では観察困難であるが、腹側翼状爪などの疾患で観察できる。・爪峡部は爪床から爪下皮へ移行するケラチン発現パターンを呈する。・核が残存するcorneocytesは爪峡部に由来し、爪甲下面を裏打ちするように末端まで付着して移行する。・爪峡部はセミハードケラチンを産生する。・自験例では縦方向に皮膚生検を実施した。爪峡部領域の爪甲形成異常が腹側翼状爪発症に関与することを明らかにした。(著者抄録)
  • Transient effectiveness of an oral 5-Fluorouracil derivative, s-1, for epirubicin, cyclophosphamide and Paclitaxel refractory skin metastases from possible occult breast cancer in a male., Hirao A, Oiso N, Tsurutani J, Kimura M, Watatani M, Nakagawa K, Kawada A, Case reports in dermatology, 3, 1, 42, 48,   2011年02月, 査読有り
  • Netherton症候群と考えられた1例, 石橋 淳子, 吉永 英司, 平尾 文香, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 竹村 豊, 竹村 司, 日本小児皮膚科学会雑誌, 30, 1, 37, 40,   2011年02月
    概要:症例は1ヵ月男児で、妊娠33週2日胎児心拍数低下で帝王切開にて出生(1612g)、全身に紅斑と隣屑を認め、難治性下痢で近医にて抗生剤投与、皮膚にワセリン、ステロイド軟膏の外用で改善なく紹介入院した。顔面を含むほぼ全身に紅斑と小葉状隣屑を認め、頭髪は細く容易に切れる傾向で、毛の数ヶ所に結節状となったbamboo hairを認めた。検査で白血球、好酸球の著明高値、細菌培養で皮膚・鼻腔・咽頭・便からMRSAが検出され、NICU入院の上抗生剤点滴と水分管理を行い、低体重・低アルブミン血症に経腸栄養や経静脈栄養、アルブミナー投与を行うも体重は標準-2SD以下であった。皮膚症状は白色ワセリン外用で次第に軽快した。生後6ヵ月CRP上昇を認め、尿からEnterobacter cloacae、血液からMRSA検出で抗生剤全身投与を行い、DIC徴候で免疫グロブリン、新鮮凍結血漿を投与したが呼吸不全となり、ステロイドパルスやエラスポール投与するも生後7ヵ月に永眠された。
  • Clinical, dermoscopic, and histopathologic features in a case of infantile hemangioma without proliferation., Oiso N, Kimura M, Kawara S, Kawada A, Pediatric dermatology, 28, 1, 66, 68,   2011年01月, 査読有り
  • Review of allergic and photoallergic contact dermatitis from an ingredient in a medicament vehicle consisting of a compress, poultice, plaster, and tape., Oiso N, Kawada A, Journal of allergy, 2011, 169432,   2011年, 査読有り
  • Nonsegmental vitiligo and autoimmune mechanism., Oiso N, Suzuki T, Fukai K, Katayama I, Kawada A, Dermatology research and practice, 2011, 518090,   2011年, 査読有り
  • Eotaxin-3/CC chemokine ligand 26 is a functional ligand for CX3CR1., Nakayama T, Watanabe Y, Oiso N, Higuchi T, Shigeta A, Mizuguchi N, Katou F, Hashimoto K, Kawada A, Yoshie O, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 185, 11, 6472, 6479,   2010年12月, 査読有り
  • The diagnostic usefulness of dermoscopy for identifying six-legged larval ticks., Oiso N, Nakano A, Yano Y, Kawada A, Ticks and tick-borne diseases, 1, 4, 197, 198,   2010年12月, 査読有り
  • 皮膚浸潤を生じた悪性胸膜中皮腫の1例, 成田 智彦, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学, 9, 6, 536, 540,   2010年12月
    概要:55歳,男性。2005年4月に胸水の原因精査のため胸腔鏡検査を受けドレーンを挿入した。同年8月経皮的胸膜生検にて悪性胸膜中皮腫と診断され,当院腫瘍内科で治療を開始した。2006年2月右側胸部の皮下硬結を自覚し,徐々に増大し疼痛を伴ったため,同年8月受診した。切除標本の病理組織所見で悪性胸膜中皮腫の皮膚浸潤と診断し,局所麻酔下に拡大切除した。胸腔鏡検査の刺入部近傍に腫瘍細胞が浸潤・増殖していたことから,同検査で腫瘍細胞が播種された可能性が考えられた。(著者抄録)
  • 新しい検査(エコー、発汗検査を含む) 新しい遺伝子検査と診断への応用, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌, 120, 13, 2985, 2987,   2010年12月
  • Regulatory T cells in atopic dermatitis., Oiso N, Recent patents on inflammation & allergy drug discovery, 4, 3, 244, 248,   2010年11月, 査読有り
  • 脱色素性母斑 最近の知見, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本小児皮膚科学会雑誌, 29, 2, 85,1, 89,1,   2010年11月
    概要:脱色素性母斑は、出生時もしくは出生後まもなくして生じる不完全脱色素斑である。発症に男女差や人種差はみられず、発症頻度は0.4%程度と推測される。色素細胞数は正常とほぼ変わらないか減少しいる。色素細胞内のメラノームは減少し、構造異常に伴う機能異常がある。成長に伴って生じる稀な症状には、色素性母斑、単純黒子がある。鑑別疾患には、尋常性白斑、まだら症などが挙げられる。現在のところ、有効な治療法はない。
  • 【癌皮膚転移】 腎細胞癌の皮膚転移の1例, 東森 倫子, 松田 洋昌, 栗本 貴弘, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚科の臨床, 52, 10, 1372, 1373,   2010年10月
    概要:69歳女。3年前に健診の腹部超音波で左腎腫瘍を指摘され、左腎摘出術を受け病理所見よりrenal cell carcinomaと診断された。術後インターフェロンαによる治療を受けたが、多発性肺転移、左側頭葉の脳転移を生じ、今回、項部の結節に気付き受診した。項部に自覚症状のない7mm大、表面淡紅色の皮内〜皮下結節を認め、弾性硬で、下床と癒着していた。項部結節を全摘出し、病理組織所見で真皮下層から皮下脂肪織内に境界明瞭な充実性の腫瘍細胞塊を認めた。腫瘍細胞は大型で明るい胞体を持ち、核の異型性は軽度であった。一部の細胞はすりガラス様の胞体を有し、間質には毛細血管が豊富にみられた。免疫染色ではPAS、ビメンチン陽性、EMA、ケラチン、S-100陰性であった。以上より、腎細胞癌の皮膚転移と診断した。その後、臀部、額部にも皮下腫瘤が出現し、切除術を行い同様の組織所見を認めた。以降皮疹新生はなく、項部結節出現後8ヵ月に呼吸不全のため死亡した。
  • Therapeutic hotline. The effectiveness of intense pulsed light for possible Riehl's melanosis., Oiso N, Tsuruta D, Imanishi H, Hirao A, Wada T, Sasaya H, Kobayashi H, Kawada A, Dermatologic therapy, 23, 5, 561, 563,   2010年09月, 査読有り
  • 【白い皮膚病】 臨床例 特異な臨床像を呈したParry-Romberg症候群, 鶴田 大輔, 今西 久幹, 大磯 直毅, 小林 裕美, 石井 正光, 皮膚病診療, 32, 9, 967, 970,   2010年09月
    概要:<症例のポイント>Parry-Romberg症候群(Parry-Romberg syndrome、以下、PRS)はまれな疾患であり、緩徐に進行する皮膚、軟部組織の萎縮を伴う後天性疾患である。PRSの経過としてはまず顔面片側に色素斑が生じ、次第に皮膚および軟部組織の萎縮へと進行する。色素斑内部に白斑を伴うことはあるが、脱色素斑と皮膚萎縮が完全にオーバーラップした報告はない。今回、21歳女性に生じたPRSの症例を報告する。患者の皮疹は1)下顎の白斑に完全に一致して陥凹していた、2)上背部、腰部にびまん性の茶褐色斑が存在したが、その内部に陥凹病変を伴う白斑が複数個存在していた点で特異的であった。病理組織学的には膠原線維の軽度の均質化、弾性線維の減少が皮疹部で認められた。(著者抄録)
  • A Case of Multiple Pilosebaceous Cysts., Yoshida M, Oiso N, Kurokawa I, Tsubura A, Kimura M, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 2, 116, 119,   2010年07月, 査読有り
  • Mutation analyses of patients with dyschromatosis symmetrica hereditaria: five novel mutations of the ADAR1 gene., Murata I, Hayashi M, Hozumi Y, Fujii K, Mitsuhashi Y, Oiso N, Fukai K, Kuroki N, Mori Y, Utani A, Tomita Y, Fujita Y, Suzuki T, Journal of dermatological science, 58, 3, 218, 220,   2010年06月, 査読有り
  • Hyperkeratosis and Frictional Dermatitis from Practicing Kendo., Yoshida M, Oiso N, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 2, 65, 68,   2010年05月, 査読有り
  • 【lichen】臨床例 NB-UVB療法が奏効した肥大性扁平苔癬, 市橋 淳子, 吉永 英司, 成田 佳香, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚病診療, 32, 5, 539, 542,   2010年05月
    概要:<症例のポイント>肥大性扁平苔癬(hypertrophic lichen planus)は、扁平苔癬の特殊型で、慢性に経過し、強い痒みを伴う。臨床的には下腿に好発する疣贅状隆起性病変を特徴とする。NB-UVB療法は種々の皮膚疾患に有効な治療方法であり、扁平苔癬にも有効であるという報告がある。われわれは、NB-UVB療法が奏効した肥大性扁平苔癬の症例を報告した。NB-UVB療法が難治で痒みの強い肥大性扁平苔癬の治療の選択肢の1つになりうることが示唆された。(著者抄録)
  • Photoallergic Contact Dermatitis due to Ketoprofen and Hydrogenated Rosin Glycerol Ester., Rindo T, Oiso N, Yamadori Y, Hirao A, Kawara S, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 1, 36, 39,   2010年04月, 査読有り
  • Successful Treatment of Anogenital Wart with a Topical Vitamin D(3) Derivative in an Infant., Rind T, Oiso N, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 1, 46, 49,   2010年04月, 査読有り
  • Allergic Contact Dermatitis with Diffuse Erythematous Reaction from Diisopropanolamine in a Compress., Rind T, Oiso N, Hirao A, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 1, 50, 54,   2010年04月, 査読有り
  • Diagnostic effectiveness of dermoscopy for tick bite., Oiso N, Kawara S, Yano Y, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 24, 2, 231, 232,   2010年02月, 査読有り
  • Genital Infection as a First Sign of Acute Myeloid Leukemia., Oiso N, Rai S, Kawara S, Tatsumi Y, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 1, 18, 21,   2010年02月, 査読有り
  • Phylloid hypermelanosis and melanocytic nevi with aggregated and disfigured melanosomes: causal relationship between phylloid pigment distribution and chromosome 13 abnormalities., Oiso N, Tsuruta D, Imanishi H, Sayasa H, Narita T, Kobayashi H, Ikegami H, Kawada A, Dermatology (Basel, Switzerland), 220, 2, 169, 172,   2010年, 査読有り
  • Adult T-cell leukemia-lymphoma associated with follicular mucinosis., Wada T, Yoshinaga E, Oiso N, Kawara S, Kawada A, Kozuka T, The Journal of dermatology, 36, 12, 638, 642,   2009年12月, 査読有り
  • Successful treatment of lichen amyloidosus associated with atopic dermatitis using a combination of narrowband ultraviolet B phototherapy, topical corticosteroids and an antihistamine., Oiso N, Yudate T, Kawara S, Kawada A, Clinical and experimental dermatology, 34, 8, e833, 6,   2009年12月, 査読有り
  • Evaluation of anti-wrinkle effects of a novel cosmetic containing retinol using the guideline of the Japan Cosmetic Industry Association., Kawada A, Konishi N, Momma T, Oiso N, Kawara S, The Journal of dermatology, 36, 11, 583, 586,   2009年11月, 査読有り
  • 【接触皮膚炎 2009】 臨床例 紫雲膏による接触皮膚炎, 成田 佳香, 大磯 直毅, 東森 倫子, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚病診療, 31, 11, 1301, 1302,   2009年11月
    概要:51歳女。患者は近医で6年前から掌蹠膿胞症として加療中で、2006年6月から紫雲膏とリンデロンVG軟膏を4:1で配合した混合軟膏を外用していた。しかし、9月から手掌・足底にそう痒性の皮疹が出現し、徐々に四肢に拡大、右下腿に熱感と疼痛を伴った発赤・腫脹もみられた。そこで、著者らの施設へ受診となり、掌蹠膿疱症、混合軟膏による掌蹠のアレルギー性接触皮膚炎、四肢の自家感作性皮膚炎、右下腿丹毒と考えられた。治療として混合軟膏を中止して掌蹠はプロピオン酸クロベタゾール0.05%含有軟膏、四肢はジフルプレドナート0.05%含有軟膏外用で治療を開始した結果、約2週間で接触皮膚炎と自家感作性皮膚炎と思われる皮疹は略治し、右下腿丹毒はセファゾリンナトリウム2g/日10日間の点滴加療で改善した。尚、パッチテストでは紫雲膏とその成分であるゴマ油に陽性反応が認められ、外用期間中にゴマ油によるアレルギー感作が成立したものと考えられた。
  • Acquired melanocytic naevus in naevus depigmentosus., Oiso N, Kawara S, Kawada A, Clinical and experimental dermatology, 34, 7, e311, 2,   2009年10月, 査読有り
  • Pterygium inversum unguis: aberrantly regulated keratinization in the nail isthmus., Oiso N, Narita T, Tsuruta D, Kawara S, Kawada A, Clinical and experimental dermatology, 34, 7, e514, 5,   2009年10月, 査読有り
  • Comparison of prevalence of atopic dermatitis in Japanese elementary schoolchildren between 2001/2002 and 2007/2008., Saeki H, Oiso N, Honma M, Odajima H, Iizuka H, Kawada A, Tamaki K, The Journal of dermatology, 36, 9, 512, 514,   2009年09月, 査読有り
  • A Japanese piebald patient with auburn hair colour associated with a novel mutation p.P832L in the KIT gene and a homozygous variant p.I120T in the MC1R gene., Oiso N, Kishida K, Fukai K, Motokawa T, Hosomi N, Suzuki T, Mitsuhashi Y, Tsuboi R, Kawada A, The British journal of dermatology, 161, 2, 468, 469,   2009年08月, 査読有り
  • Prevalence of atopic dermatitis in Japanese adults and community validation of the U.K. diagnostic criteria., Saeki H, Oiso N, Honma M, Iizuka H, Kawada A, Tamaki K, Journal of dermatological science, 55, 2, 140, 141,   2009年08月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis from dibucaine hydrochloride, chlorpheniramine maleate, and naphazoline hydrochloride in an over-the-counter topical antiseptic., Yamadori Y, Oiso N, Hirao A, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 61, 1, 52, 53,   2009年07月, 査読有り
  • Focal palmoplantar keratoderma with epidermolytic degeneration., Oiso N, Kawara S, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 23, 5, 570, 571,   2009年05月, 査読有り
  • 皮膚γδT細胞リンパ腫と考えられた1例, 平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, Skin Cancer, 24, 1, 71, 75,   2009年05月
    概要:59歳、女性。2007年11月末から39度台の発熱を伴って体幹に皮下結節が出現した。初診時、左頸部および体幹に径3cmまでの皮下硬結が計8個みられ、一部は潰瘍化していた。生検組織像は、主に皮下脂肪組織内に異型リンパ球の稠密な浸潤があり、一部ではlace-like patternがみられた。真皮内にも異型リンパ球の浸潤がみられた。異型リンパ球の表面マーカーはCD3陽性、CD4陰性、CD8陰性、CD20陰性、CD56陽性であり、TCRβ鎖の遺伝子再構成は認められなかった。血液内科でCHOP-E療法を開始し腫瘍は消退したが、3クール終了後、皮下結節が出現し、骨髄検査では血球貪食像が認められた。種々の化学療法を施行したが効果なく2008年7月末に永眠された。腫瘍細胞におけるγδ型リンパ球の形質については検索できなかったが、他の所見から皮膚γδ型T細胞リンパ腫が考えられた。(著者抄録)
  • 【リンフォーマ】 臨床例 毛包性ムチン沈着症 成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)に合併した例, 和田 珠恵, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 小塚 雄民, 皮膚病診療, 31, 5, 553, 556,   2009年05月
  • Pigmentary mosaicism with hyperpigmented streaks on the palmoplantar lesion associated with balanced X; autosome translocations t(X; 9)(p11.21; q34.1)., Oiso N, Amatsu A, Kawara S, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 23, 3, 359, 361,   2009年03月, 査読有り
  • 【遺伝性皮膚疾患(色素異常症、母斑症)】 臨床例 まだら症, 岸田 功典, 大磯 直毅, 鈴木 民夫, 伊藤 友章, 坪井 良治, 三橋 善比古, 皮膚病診療, 31, 3, 305, 308,   2009年03月
    概要:1歳女児。出生時より、前頭部に白毛および脱色素斑、全身に脱色素斑があった。受診時、前頭部、前額部に白毛と脱色素斑、いわゆるwhite forelockを認め、頭頂部に白毛、背部に褐色斑が散在していた。体幹中央および両上肢にかけて、また、両大腿近位部から下腿の広範囲に左右対称性の脱色素斑がみられ、褐色斑も散在していた。毛髪は赤みがかった茶褐色を呈していた。背部の褐色斑部から生検を行い、基底層のメラニン顆粒の増加、有棘層下層へのメラニン顆粒の蓄積を認めた。まだら症を疑い、c-kit遺伝子の解析を行ったところ、832番プロリンのロイシンへのミスセンス変異(p.Pro832Leu)を認めた。これは新規ミスセンス突然変異であった。以上より、まだら症と診断したが、積極的治療は行わず、頭髪は黒く染めて経過観察中である。全身の白斑および褐色斑に変化はみられていない
  • Burn caused by isopentane and liquefied petroleum gas in an insecticide., Oiso N, Kawara S, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 23, 2, 170, 171,   2009年02月, 査読有り
  • 炎症性皮疹をともなう尋常性ざ瘡に対するfaropenem(FRPM)の臨床研究 尋常性ざ瘡患者由来Propionibacterium acnesおよびStaphylococcus epidermidisに対する各種抗菌薬の抗菌活性, 遠藤 英樹, 和田 珠恵, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 化学療法の領域, 25, 3, 479, 486,   2009年02月
    概要:経口ペネム系抗菌薬faropenem(FRPM)の炎症性皮疹をともなう尋常性ざ瘡に対する臨床効果および尋常性ざ瘡患者由来の臨床分離株に対する各種抗菌薬の抗菌活性を検討した。炎症性皮疹を有する尋常性ざ瘡患者26名を対象に、FRPM 200mgを1日3回(600mg/day)、14日間経口投与した。その結果、炎症性皮疹数は、開始日26.9±15.1個から14日後18.1±13.9個と有意に減少した(p<0.01)。全般改善度としては18/20名(90%)が改善以上と判定された。安全性については、いずれの患者にも有害事象は認められなかった。ざ瘡病変部よりPropionibacterium acnes(P.acnes)は24/26名(92%)、Staphylococcus epidermidis(S.epidermidis)は22/26名(85%)から分離された。FRPMはP.acnesに対して優れた抗菌活性を示し、MIC(最小発育阻止濃度)は全株で0.06μg/mL以下であった。他の抗菌薬のMIC90は、minocycline(MINO)とroxithromycin(RXM)では0.12μg/mL、levofloxacin(LVFX)とclindamycin(CLDM)では0.5μg/mLであった。また、S.epidermidisに対してもFRPMは優れた抗菌活性を示し、MIC90は0.25μg/mLであった。他の抗菌薬のMIC90は、MINOでは0.5μg/mL、RXMとLVFXとCLDMでは128μg/mL以上であった。以上より、FRPMは炎症性皮疹をともなう尋常性ざ瘡の治療薬として有用であると思われた。(著者抄録)
  • Pigmented spots as a sign of mammary Paget's disease., Oiso N, Kawara S, Inui H, Kawada A, Clinical and experimental dermatology, 34, 1, 36, 38,   2009年01月, 査読有り
  • An Adolescent Patient with Scabies Mimicking Gottron Papules., Yoshinaga E, Oiso N, Kawara S, Kawada A, Case reports in dermatology, 2, 1, 8, 12,   2009年01月, 査読有り
  • Pityriasis rubra pilaris with preceding cytomegalovirus infection., Kawara S, Miyake M, Oiso N, Kawada A, Dermatology (Basel, Switzerland), 219, 4, 350, 352,   2009年, 査読有り
  • タイル洗浄作業で生じた低濃度フッ化水素酸による化学熱傷, 石名 航, 中川 浩一, 大磯 直毅, 田嶋 敏彦, 石井 正光, 臨床皮膚科, 62, 12, 884, 887,   2008年11月
    概要:34歳,男性.タイル洗浄中にフッ化水素酸(濃度5〜10%)が左母指に付着し,疼痛と腫脹が出現した.近医で外用処置を受けたが,症状が改善しないため,当院を受診した.フッ化水素による化学熱傷と診断し,酢酸ジフロラゾン軟膏の塗布,デブリードマン,アルギン酸被覆材による湿潤療法を行った.2ヵ月後に略治したが,爪の変形を残した.フッ化水素酸化学熱傷は過去5年間で倍増しており,特に清掃作業で使用されるフッ化水素酸系洗剤による受傷が急増している.フッ化水素酸系洗剤による化学熱傷は今後も増加する傾向にあり,注意が必要である.(著者抄録)
  • Evaluation of anti-wrinkle effects of a novel cosmetic containing niacinamide., Kawada A, Konishi N, Oiso N, Kawara S, Date A, The Journal of dermatology, 35, 10, 637, 642,   2008年10月, 査読有り
  • Occupational allergic contact dermatitis due to cashew nut oil., Hirao A, Oiso N, Matsuda H, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 59, 2, 131, 132,   2008年08月, 査読有り
  • The effectiveness of narrowband ultraviolet B on hypertrophic scar in a patient having an isomorphic phenomenon and vitiligo., Oiso N, Kawara S, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 22, 8, 1003, 1004,   2008年08月, 査読有り
  • Spotted hyperpigmentation: disfigured melanosomes in melanocytes and keratinocytes., Oiso N, Tsuruta D, Imanishi H, Amatsu A, Kobayashi H, Kawara S, Kawada A, Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV, 22, 7, 876, 878,   2008年07月, 査読有り
  • 【糖尿病と皮膚】 臨床例 フルニエ壊疽, 黄 昌弘, 成田 智彦, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚病診療, 30, 6, 675, 678,   2008年06月
    概要:85歳男性。患者は既往歴として糖尿病と慢性腎不全があった。今回、陰嚢の疼痛を伴う腫脹を主訴とし、精査加療目的に著者らの施設へ入院となった。所見では陰茎は紅色〜紫紅色を呈し、一部にびらんを伴っていた。その後、陰嚢は約9cm大に著しく腫脹し、発赤、びらんおよび一部に壊死を認め、X線CT検査よりフルニエ壊疽と診断された。治療として壊死部を含めて陰茎と陰嚢の広範囲切除後単純縫合術を行ったが、術後に敗血症を合併し、患者は最終的に死亡となった。
  • Aberrant expression of Fra-2 promotes CCR4 expression and cell proliferation in adult T-cell leukemia., Nakayama T, Hieshima K, Arao T, Jin Z, Nagakubo D, Shirakawa AK, Yamada Y, Fujii M, Oiso N, Kawada A, Nishio K, Yoshie O, Oncogene, 27, 23, 3221, 3232,   2008年05月, 査読有り
  • An evaluation of whitening effect of an intense pulsed light source using computer analysis of the video-captured digital image., Kawada A, Kawara S, Oiso N, Endo H, Yoshinaga E, Konishi N, Kurimoto T, Momma T, Archives of dermatological research, 300 Suppl 1, S39, 41,   2008年04月, 査読有り
  • Clinical effectiveness of a novel intense pulsed light source on facial pigmentary lesions., Konishi N, Kawada A, Kawara S, Oiso N, Endo H, Yoshinaga E, Momma T, Archives of dermatological research, 300 Suppl 1, S65, 7,   2008年04月, 査読有り
  • Narrow band ultraviolet Bにより誘発された汎発性膿疱性乾癬の1例, 平尾 文香, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学, 7, 2, 156, 160,   2008年04月
    概要:71歳,男性。約2週間前から体幹・四肢にそう痒を伴う紅斑が生じ,急速に拡大し,紅皮症状態で受診した。生検組織像より乾癬性紅皮症と診断し,ステロイド外用により軽快したが,narrow band ultraviolet B(NB-UVB)照射療法を併用した後,発熱と全身倦怠感を伴って全身に紅斑と膿疱が出現した。自験例ではNB-UVB照射療法が膿疱性乾癬の誘発因子と推測された。(著者抄録)
  • 悪性青色母斑が疑われた1例, 笹屋 晴代, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, Skin Cancer, 22, 3, 282, 285,   2008年03月
    概要:症例は65歳男性。2005年7月左背部と左腋窩に皮下結節が出現した。近医で悪性黒色腫を疑われ当科を紹介された。左背部結節の生検では、真皮下層から皮下にかけてメラニン顆粒を含む異型細胞の増殖像がみられ、悪性黒色腫の皮下転移が考えられた。さらに、その周囲に真皮メラノサイトの増殖像がみられ、悪性青色母斑が疑われた。皮下腫瘍および左腋窩リンパ節摘出後、DAV-Feron療法を計5クール施行した。2006年5月初旬、左腋窩周辺に黒色の結節が多数出現し、組織学的に再発と診断した。PET-CTにて肺および肝臓に転移巣がみられたため、同年6月からDAC-Tam療法を行い、一部の転移巣は縮小傾向を示した。現在も経過観察中である。(著者抄録)
  • Allergic contact dermatitis caused by sesame oil in a topical Chinese medicine, shi-un-ko., Oiso N, Yamadori Y, Higashimori N, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 58, 2, 109,   2008年02月, 査読有り
  • 【アトピー性皮膚炎と光】 「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法」に関するアンケートの集計結果報告, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学, 6, Suppl.9, 38, 42,   2007年12月
    概要:アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法のコンセンサスの基盤を提供する目的で,全国の医学部および医科大学附属病院に「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法に関するアンケート」を実施した。国内医学部および医科大学附属病院88施設のうち,63施設からアンケートを回収した(回収率71.2%)。本稿ではアンケート集計結果を報告するとともに,アトピー性皮膚炎患者に対する紫外線療法の現在の状況,将来にわたって疫学調査すべき項目,将来の推定される状況を推測した。(著者抄録)
  • Pustular psoriasis and vitiligo in a patient with Turner syndrome., Oiso N, Ota T, Kawara S, Kawada A, The Journal of dermatology, 34, 10, 727, 729,   2007年10月, 査読有り
  • Community validation of the U.K. diagnostic criteria for atopic dermatitis in Japanese elementary schoolchildren., Saeki H, Iizuka H, Mori Y, Akasaka T, Takagi H, Kitajima Y, Oiso N, Kawada A, Tezuka T, Tanaka T, Hide M, Yamamoto S, Hirose Y, Kodama H, Urabe K, Furue M, Kasagi F, Morita E, Tsunemi Y, Tamaki K, Journal of dermatological science, 47, 3, 227, 231,   2007年09月, 査読有り
  • バイクハンドルグリップラバーに含まれたメルカプトベンゾチアゾールによるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 太田 知子, 鈴木 高子, 橋本 佳子, 磯貝 理恵子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚科の臨床, 49, 9, 1102, 1103,   2007年09月
    概要:22歳男。患者は両手の痒みを伴った紅斑が出現し、軽快しなかった。週3回バイクに乗車していたが、両手掌のバイクグリップが接触する部位に一致して鱗屑を伴った紅斑、丘疹があり、一部には痂皮を付着していた。症状は右側に顕著であった。ゴム製品による接触皮膚炎を疑い、貼付試験を行ったところ、製造メーカーから提供されたゴム加硫化促進剤に対して陽性であり、更にゴム加硫化促進剤の成分別貼付試験を行なった結果、メルカプトベンゾチアゾール(MBT)に対して+陽性であった。以上より、本症例はバイクのゴムグリップに加硫化促進剤として添加されているMBTによるアレルギー性接触皮膚炎と診断された。治療としてジフルプレドナート軟膏塗布とバイク乗車時手袋を装着することで、皮疹は著明に改善した。
  • 紅皮症を呈した落葉状天疱瘡の1例, 太田 知子, 磯貝 理恵子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 深尾 真希子, 臨床皮膚科, 61, 10, 796, 798,   2007年09月
    概要:77歳、男。55歳時に脳炎を発症して寝たきり状態であった。背部に紅斑、びらんが出現し、全身に拡大傾向を認めた。近医でプレドニゾロン内服を開始したが軽快しなかった。顔面には厚い痂皮と鱗屑が付着し、一部にびらんを伴った。体幹・四肢には鱗屑痂皮を伴ってびまん性潮紅を認めた。皮膚細菌検査でMRSAが3+、緑膿菌が1+であった。胸部紅斑の生検を施行し、病理組織像では表皮の不規則な肥厚と血管周囲性に小円形細胞の浸潤を認め、角層は一定レベルで剥離していた。蛍光抗体直接法では表皮細胞間にIgGの沈着がみられた。ELISA法では抗デスモグレイン1抗体は150以上、抗デスモグレイン3抗体は12であった。落葉状天疱瘡連続性紅皮症と診断した。皮膚局所の連日洗浄、コハク酸プレドニゾロンナトリウムの点滴を行ったが、湿潤部の紅斑は消退しなかったためDDSを追加した。紅斑は徐々に軽快し、その後退院した。
  • New approach to the evaluation of skin color of pigmentary lesions using Skin Tone Color Scale., Konishi N, Kawada A, Morimoto Y, Watake A, Matsuda H, Oiso N, Kawara S, The Journal of dermatology, 34, 7, 441, 446,   2007年07月, 査読有り
  • office dermatology グリチルレチン酸とアレルギー性接触皮膚炎, 太田 知子, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚病診療, 29, 6, 717, 720,   2007年06月
  • Airborne contact dermatitis from cigarettes., Sasaya H, Oiso N, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 56, 3, 173, 174,   2007年03月, 査読有り
  • Halo phenomenon in neurofibromas and generalized vitiligo in a patient with neurofibromatosis type 1., Oiso N, Iba Y, Kawara S, Kawada A, Clinical and experimental dermatology, 32, 2, 207, 208,   2007年03月, 査読有り
  • Acne phototherapy with a 1450-nm diode laser: an open study., Konishi N, Endo H, Oiso N, Kawara S, Kawada A, Therapeutics and clinical risk management, 3, 1, 205, 209,   2007年03月, 査読有り
  • NF-YとSp1/Sp3はヒト角化細胞におけるpeptidylarginine deiminase type III遺伝子(PADI3)の転写制御に関与する, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, Dong Sijun, 高原 英成, 角化症研究会記録集, 21, 29, 32,   2007年03月
    概要:Peptidylarginine deiminase type III(PAD3)遺伝子の発現機構に関する研究成果を報告した。本遺伝子の5'-flanking領域のルシフェラーゼレポーター遺伝子と融合させ、ルシフェラーゼ活性を解析したところ、転写開始点から上流-276bp以内に基本転写制御領域があることが判明した。更なる解析を行なった結果、PAD3遺伝子は転写開始点から約20bp上流にTATA-boxを有し、その上流に2つタンデムにつながるCCAAT-boxとGC-boxが機能的cis領域であることが明らかとなった。これらの領域にTFIID、NF-Y、Sp1/Sp3の基本転写因子が結合することを、ゲルシフト、転写因子特異抗体を用いたスーパーゲルシフトアッセイで確認した。これらの転写因子の核内での結合を明らかにするためクロマチン免疫沈降アッセイを行い、加えてこれら転写因子の働きをsmall interfering RNA assayの培養細胞への導入実験で解析した。その結果、PAD3遺伝子の発現調節機構は、Sp1/Sp3比とNF-Y結合量により発現量が規定されることが明らかとなった。
  • Bilateral segmental neurofibromatosis with gastric carcinoma., Kajimoto A, Oiso N, Fukai K, Ishii M, Clinical and experimental dermatology, 32, 1, 43, 44,   2007年01月, 査読有り
  • Deletion of distal promoter of VCXA in a patient with X-linked ichthyosis associated with borderline mental retardation., Hosomi N, Oiso N, Fukai K, Hanada K, Fujita H, Ishii M, Journal of dermatological science, 45, 1, 31, 36,   2007年01月, 査読有り
  • Concomitant development of photoallergic contact dermatitis from ketoprofen and allergic contact dermatitis from menthol and rosin (colophony) in a compress., Ota T, Oiso N, Iba Y, Narita T, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 56, 1, 47, 48,   2007年01月, 査読有り
  • Spotted and rippled reticulate hypermelanosis: a possible variant of Dowling-Degos disease., Oiso N, Tsuruta D, Ota T, Kobayashi H, Kawada A, The British journal of dermatology, 156, 1, 196, 198,   2007年01月, 査読有り
  • Granulocyte colony-stimulating factor-induced Sweet syndrome in a healthy donor., Oiso N, Watanabe K, Kawada A, British journal of haematology, 135, 2, 148,   2006年10月, 査読有り
  • 壊疽性膿皮症の1例, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 近畿大学医学雑誌, 31, 3, 153, 156,   2006年10月
    概要:潰瘍性大腸炎の経過中に、壊疽性膿皮症を合併した症例を経験した。壊疽性膿皮症は、病理組織学的に血管炎を伴わないとされているが、一部には血管炎が存在し、直接蛍光抗体法にて補体や免疫グロブリンが沈着したとする報告例もある。自験例は、組織学的に血管炎を伴っていたが、直接蛍光抗体法では補体や免疫グロブリンの沈着は認められなかった。壊疽性膿皮症における血管炎の存在は、その病因解明に関連している可能性もあり今後の検討が必要である。(著者抄録)
  • 後天性掌蹠角化症に対するマキサカルシトール(オキサロール)25μg/g軟膏の臨床効果, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 黒田 啓, 多島 新吾, 皮膚の科学, 5, 5, 360, 366,   2006年10月
    概要:後天性掌蹠角化症患者30例を対象として,活性型ビタミンD3外用薬であるマキサカルシトール(オキサロール)25μg/g軟膏を1日2回8週間外用し,有効性と安全性を検討した。(1)皮膚症状の紅斑,角化・鱗屑,亀裂について4週後と8週後に投与前に比して有意な改善が認められた(p<0.05)。(2)中等度改善以上の有効率は4週後73.1(19/26)%,8週後74.1(20/27)%であった。(3)局所刺激を含む有害事象は認められなかった。(4)患者印象の好ましい以上は4週後80.8(21/26)%,8週後85.2(23/27)%であった。(5)有用度の有用以上は76.7(23/30)%であった。以上の点より活性型ビタミンD3外用薬であるマキサカルシトール25μg/g軟膏は後天性掌蹠角化症に対して有用性の高い薬剤である事が示唆された。(著者抄録)
  • 【皮膚疾患をおこす化学物質・金属類-2006】 対策シリーズ パラベンにアレルギーがあるときの対応 およびパラベンを含む医薬品・市販品・食品について, 大磯 直毅, 皮膚病診療, 28, Suppl., 108, 113,   2006年10月
  • Allergic contact dermatitis due to diethyl sebacate in a hand cream., Narita T, Oiso N, Ota T, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 55, 2, 117,   2006年08月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis from iodine in a topical ointment., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 54, 6, 347, 348,   2006年06月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis mimicking atopic dermatitis due to enoxolone in a topical medicament., Oiso N, Ota T, Yoshinaga E, Endo H, Kawara S, Kawada A, Contact dermatitis, 54, 6, 351,   2006年06月, 査読有り
  • Hermansky-Pudlak Syndromeの最新の知見 Hermansky-Pudlak Syndrome関連蛋白質群 膜輸送とメラノソーム生合成に関して, 大磯 直毅, 西日本皮膚科, 68, 2, 129, 137,   2006年04月
  • X連鎖性魚鱗癬の4家系における酵素診断とFISH法による解析, 深井 和吉, 細見 尚子, 石井 正光, 大磯 直毅, 田中 あけみ, 山野 恒一, 藤田 弘子, 角化症研究会記録集, 20, 52, 57,   2006年03月
    概要:FISH法を用いた診断を行ったX連鎖性魚鱗癬を呈示し,さらにmental retardationを示した症例について遺伝子欠損の範囲を決定した.X連鎖性魚鱗癬の診断は,steroid sulfatase(STS)活性測定によって行われるが,保因者の診断においては健常女性コントロールが必要となる.しかし,症例4の母のようにコントロールに比べ,約80%の活性がみられることもあり,保因者であるか否か決定しにくい場合がある.STS遺伝子異常はその90%がSTS遺伝子の完全欠失で,STS遺伝子の全領域をプローブとしたFISH法はX連鎖性魚鱗癬の患者とその保因者の診断に有用であることが示唆された
  • ヒト角化細胞におけるPAD II遺伝子の発現制御, 大磯 直毅, 川田 暁, 高原 英成, 角化症研究会記録集, 20, 30, 33,   2006年03月
    概要:ルシフェラーゼアッセイとゲルシフトアッセイを用いて,表皮におけるPeptidylarginine deiminase(PAD)12の発現制御を検討した.細胞株として,正常ヒト表皮角化細胞(NHEK),HaCaT(角化細胞株),HeLaを用いた.表皮角化細胞においてPAD12転写活性が-132/+80のプロモーター領域に位置する4ヶ所のSp1結合領域にSp1とSp3が結合することで発現が促進されていた.ルシフェラーゼアッセイでSp1結合領域が多いほどルシフェラーゼ活性が高いことから,Sp1とSp3はプロモーター領域に結合してPAD12の転写を促進していることが示唆された.Sp1は表皮角化最終過程において,いくつかの角化蛋白と同調的にPAD12 mRNA発現の制御に関与していると考えた
  • 成人に初発した伝染性紅斑の3例, 梶本 敦子, 大磯 直毅, 中川 浩一, 皮膚の科学, 5, 1, 57, 61,   2006年02月
    概要:症例1:患者,45歳女性.初診,2004年8月27日.初診の約20日前に感冒症状を呈していた.初診の2日前より顔面,上肢に無症候性皮疹が出現し,翌日より下肢にも同様の皮疹が出現してきたため当科受診した.症例2:患者,53歳女性.初診,2004年8月30日.初診の5日前より発熱および頭痛を認めていた.体幹,四肢に無症候性皮疹が出現してきたため当科受診した.症例3:患者,45歳女性.初診,2004年9月9日.初診の1週間前より発熱を伴う感冒症状を呈していた.初診の2日前より体幹,四肢にそう痒性皮疹が出現してきたため当科受診した.いずれもHPV-B19 IgM抗体が上昇しており,伝染性紅斑の初感染と診断した(著者抄録)
  • Hermansky-Pudlak Syndromeの最新の知見 Hermansky-Pudlak Syndromeの遺伝子群 ヒトと動物モデルの比較による新たな展開, 大磯 直毅, 西日本皮膚科, 68, 1, 3, 10,   2006年02月
  • A case of acquired smooth muscle hamartoma of the scrotum., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Hayashi T, Uda H, Imanishi M, Clinical and experimental dermatology, 30, 5, 523, 524,   2005年09月, 査読有り
  • パラベンによるアレルギー性接触皮膚炎とパラベンパラドックス, 大磯 直毅, 皮膚病診療, 27, 9, 1011, 1014,   2005年09月
  • Jellyfish dermatitis caused by Porpita pacifica, a sign of global warming?, Oiso N, Fukai K, Ishii M, Ohgushi T, Kubota S, Contact dermatitis, 52, 4, 232, 233,   2005年04月, 査読有り
  • No association between atopic dermatitis and the SLC9A3R1-NAT9 RUNX1 binding site polymorphism in Japanese patients., Hosomi N, Fukai K, Oiso N, Kato A, Fukui M, Ishii M, Clinical and experimental dermatology, 30, 2, 192, 193,   2005年03月, 査読有り
  • Analysis of KIT, SCF, and initial screening of SLUG in patients with piebaldism., Murakami T, Hosomi N, Oiso N, Giovannucci-Uzielli ML, Aquaron R, Mizoguchi M, Kato A, Ishii M, Bitner-Glindzicz M, Barnicoat A, Wilson L, Tsukamoto K, Ueda H, Mancini AJ, Suzuki T, Riley J, Miertus J, Camargo M, Santoro-Zea A, Atkin J, Fukai K, The Journal of investigative dermatology, 124, 3, 670, 672,   2005年03月, 査読有り
  • Irritant contact dermatitis from benzalkonium chloride in shampoo., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 52, 1, 54,   2005年01月, 査読有り
  • Mild phenotype of familial cylindromatosis associated with an R758X nonsense mutation in the CYLD tumour suppressor gene., Oiso N, Mizuno N, Fukai K, Nakagawa K, Ishii M, The British journal of dermatology, 151, 5, 1084, 1086,   2004年11月, 査読有り
  • Systemic reaction associated with Iramo scyphopolyp, Stephanoscyphus racemosum Komai., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Okita K, Kubota S, Clinical and experimental dermatology, 29, 6, 681, 682,   2004年11月, 査読有り
  • Metal allergy to implanted orthopaedic prosthesis after postoperative Staphylococcus aureus infection., Oiso N, Komeda T, Fukai K, Ishii M, Hirai T, Kugai A, Contact dermatitis, 51, 3, 151, 153,   2004年09月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis due to methyl salicylate in a compress., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 51, 1, 34, 35,   2004年07月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis due to 1,3-butylene glycol in medicaments., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 51, 1, 40, 41,   2004年07月, 査読有り
  • New KIT mutations in patients with piebaldism., Murakami T, Fukai K, Oiso N, Hosomi N, Kato A, Garganta C, Barnicoat A, Poppelaars F, Aquaron R, Paller AS, Ishii M, Journal of dermatological science, 35, 1, 29, 33,   2004年06月, 査読有り
  • Proximal promoter polymorphisms of the interleukin-4 receptor alpha are associated with psoriasis in Japan: inverse association pattern compared with atopic dermatitis., Fukai K, Hosomi N, Oiso N, Kato A, Ishii M, Kunimoto H, Nakajima K, Journal of dermatological science, 35, 1, 78, 80,   2004年06月, 査読有り
  • Allergic contact dermatitis caused by parabens in a compress., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 50, 5, 317,   2004年05月, 査読有り
  • The rat Ruby ( R) locus is Rab38: identical mutations in Fawn-hooded and Tester-Moriyama rats derived from an ancestral Long Evans rat sub-strain., Oiso N, Riddle SR, Serikawa T, Kuramoto T, Spritz RA, Mammalian genome : official journal of the International Mammalian Genome Society, 15, 4, 307, 314,   2004年04月, 査読有り
  • Polymorphisms in the promoter of the interleukin-4 receptor alpha chain gene are associated with atopic dermatitis in Japan., Hosomi N, Fukai K, Oiso N, Kato A, Ishii M, Kunimoto H, Nakajima K, The Journal of investigative dermatology, 122, 3, 843, 845,   2004年03月, 査読有り
  • Triple allergic contact sensitivities due to ferbinac, crotamiton and diisopropanolamine., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 49, 5, 261, 263,   2003年11月, 査読有り
  • Concomitant allergic reaction to cetyl alcohol and crotamiton., Oiso N, Fukai K, Ishii M, Contact dermatitis, 49, 5, 261,   2003年11月, 査読有り
  • Hermansky-Pudlak syndrome type 7 (HPS-7) results from mutant dysbindin, a member of the biogenesis of lysosome-related organelles complex 1 (BLOC-1)., Li W, Zhang Q, Oiso N, Novak EK, Gautam R, O'Brien EP, Tinsley CL, Blake DJ, Spritz RA, Copeland NG, Jenkins NA, Amato D, Roe BA, Starcevic M, Dell'Angelica EC, Elliott RW, Mishra V, Kingsmore SF, Paylor RE, Swank RT, Nature genetics, 35, 1, 84, 89,   2003年09月, 査読有り
  • Guttate morphoea in human T-cell lymphoma/lymphotrophic virus type-1 (HTLV-1) infection., Oiso N, Fukai K, Hosomi N, Ishii M, Clinical and experimental dermatology, 28, 4, 380, 382,   2003年07月, 査読有り
  • Human and mouse disorders of pigmentation., Spritz RA, Chiang PW, Oiso N, Alkhateeb A, Current opinion in genetics & development, 13, 3, 284, 289,   2003年06月, 査読有り
  • The Hermansky-Pudlak syndrome 1 (HPS1) and HPS4 proteins are components of two complexes, BLOC-3 and BLOC-4, involved in the biogenesis of lysosome-related organelles., Chiang PW, Oiso N, Gautam R, Suzuki T, Swank RT, Spritz RA, The Journal of biological chemistry, 278, 22, 20332, 20337,   2003年05月, 査読有り
  • A novel P gene missense mutation in a Japanese patient with oculocutaneous albinism type II (OCA2)., Kato A, Fukai K, Oiso N, Hosomi N, Saitoh S, Wada T, Shimizu H, Ishii M, Journal of dermatological science, 31, 3, 189, 192,   2003年05月, 査読有り
  • Association of SPINK5 gene polymorphisms with atopic dermatitis in the Japanese population., Kato A, Fukai K, Oiso N, Hosomi N, Murakami T, Ishii M, The British journal of dermatology, 148, 4, 665, 669,   2003年04月, 査読有り
  • The mouse organellar biogenesis mutant buff results from a mutation in Vps33a, a homologue of yeast vps33 and Drosophila carnation., Suzuki T, Oiso N, Gautam R, Novak EK, Panthier JJ, Suprabha PG, Vida T, Swank RT, Spritz RA, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 100, 3, 1146, 1150,   2003年02月, 査読有り
  • Ru2 and Ru encode mouse orthologs of the genes mutated in human Hermansky-Pudlak syndrome types 5 and 6., Zhang Q, Zhao B, Li W, Oiso N, Novak EK, Rusiniak ME, Gautam R, Chintala S, O'Brien EP, Zhang Y, Roe BA, Elliott RW, Eicher EM, Liang P, Kratz C, Legius E, Spritz RA, O'Sullivan TN, Copeland NG, Jenkins NA, Swank RT, Nature genetics, 33, 2, 145, 153,   2003年02月, 査読有り
  • Interferon regulatory factor2は乾癬遺伝子か, 深井 和吉, 大磯 直毅, 細見 尚子, 加藤 敦, 石井 正光, 角化症研究会記録集, 17, 116, 118,   2003年02月
  • IgG/IgA pemphigus with IgG and IgA antidesmoglein 1 antibodies detected by enzyme-linked immunosorbent assay., Oiso N, Yamashita C, Yoshioka K, Amagai M, Komai A, Nagata Y, Hashimoto T, Ishii M, The British journal of dermatology, 147, 5, 1012, 1017,   2002年11月, 査読有り
  • Local erythematous dermatitis after intravenous docetaxel., Hirai K, Ishiko O, Nakajima S, Kanaoka Y, Nakamura Y, Oiso N, Ishii M, Ogita S, Gynecologic and obstetric investigation, 53, 2, 118, 120,   2002年, 査読有り
  • Virus-associated hemophagocytic syndrome due to rubella virus and varicella-zoster virus dual infection in patient with adult idiopathic thrombocytopenic purpura., Takeoka Y, Hino M, Oiso N, Nishi S, Koh KR, Yamane T, Ohta K, Nakamae H, Aoyama Y, Hirose A, Fujino H, Takubo T, Inoue T, Tatsumi N, Annals of hematology, 80, 6, 361, 364,   2001年06月, 査読有り
  • A novel KIT mutation results in piebaldism with progressive depigmentation., Richards KA, Fukai K, Oiso N, Paller AS, Journal of the American Academy of Dermatology, 44, 2, 288, 292,   2001年02月, 査読有り
  • Identification of the familial cylindromatosis tumour-suppressor gene, Bignell GR, Warren W, Seal S, Takahashi M, Rapley E, Barfoot R, Green H, Brown C, Biggs PJ, Lakhani SR, Jones C, Hansen J, Blair E, Hofmann B, Siebert R, Turner G, Evans DG, Schrander-Stumpel C, Beemer FA, van den Ouweland A, Halley D, Delpech B, Cleveland MG, Leigh I, Leisti J, Rasmussen S, Wallace MR, Fenske C, Banerjee P, Oiso N, Chaggar R, Merrett S, Leonard N, Huber M, Hohl D, Chapman P, Burn J, Swift S, Smith A, Ashworth A, Stratton MR, Nat Genet, 25, 2, 160, 165,   2000年06月, 査読有り
  • Interleukin 4 receptor alpha chain polymorphism Gln551Arg is associated with adult atopic dermatitis in Japan., Oiso N, Fukai K, Ishii M, The British journal of dermatology, 142, 5, 1003, 1006,   2000年05月, 査読有り
  • Oculocutaneous albinism type 2 with a P gene missense mutation in a patient with Angelman syndrome., Saitoh S, Oiso N, Wada T, Narazaki O, Fukai K, Journal of medical genetics, 37, 5, 392, 394,   2000年05月, 査読有り
  • 乾癬に対する低用量シクロスポリンの長期療法とQOLの検討, 谷口 彰治, 幸野 健, 格谷 敦子, 武林 亮子, 中西 健史, 深井 和吉, 小林 裕美, 石井 正光, 大磯 直毅, 永尾 淳, 安永 千尋, 須貝 哲郎, 金友 仁成, 安倍 佳子, 吉岡 啓子, 赤井 育子, 井上 明子, 庄司 昭伸, 鈴木 伸典, 國行 秀一, 上田 清隆, 東 禹彦, 北島 淳一, 竹村 宏代, 馬場 尭, 西日本皮膚科, 61, 6, 801, 812,   1999年12月
    概要:重症乾癬患者48例を対象に,シクロスポリン3〜5mg/kg/day投与による最長12週間の緩解導入後,シクロスポリン2.5mg/kg/day或いはステロイド外用剤による24週間の維持療法を行った.緩解導入療法でのPASI(psoriasis area and severity index)スコアは,開始時26.7から終了時3.6と有意な低下を示した.又,PASIスコア85%以上の改善(緩解)は平均9.5週目に認められた.緩解導入療法終了時(割付時)の患者QOLは,psoriasis disability indexでみると,アンケート調査の15項目を5群に分けて検討した結果,全ての項目で有意な改善を認めた.緩解維持療法においては,シクロスポリンの緩解導入療法から,そのままシクロスポリンの低用量2.5mg/kg/dayに移行した例におけるPASIスコアは,割付時2.1より終了時6.2に,又,ステロイド外用剤が投与された例のそれは,2.2から14.5となった.緩解導入後に,シクロスポリンの低用量継続投与の方が,ステロイド外用剤で維持していくよりは再燃が少なく改善率の維持が容易であった
  • 糖尿病患者に生じたnon-annular typeのgeneralized granuloma annulare, 村上 智子, 大磯 直毅, 水野 信之, 石井 正光, 皮膚, 40, 5, 468, 471,   1998年10月
  • 歯科材料とアレルギー 皮膚科学的分野における歯科材料の臨床的関連性 医科臨床の立場から, 須貝 哲郎, 大磯 直毅, DE, 120, 6, 9,   1997年01月
  • 溶接業従事者の手背に見られたpoikilodermaに生じたBowen病の1例, 大磯 直毅, 福田 道夫, 竹村 宏代, 皮膚, 38, 1, 64, 68,   1996年02月
  • スパルフロキサシンおよびメフェナム酸の両者に感作された薬疹の1例, 大磯 直毅, 谷口 彰治, 後藤 靖, 皮膚, 37, 3, 321, 327,   1995年06月
    概要:62歳女.スパルフロキサシン(SPFX),メフェナム酸,PL顆粒の内服後露光部及び背部に紅斑性丘疹が出現した.貼布試験は全て陰性で,光貼布試験はSPFX,レボフロキサシン(LFLX)で陽性反応が得られ,内服誘発試験でSPFX,メフェナム酸で陽性であった.SPFX内服誘発試験で咳嗽が出現し,遮光を実施したが露光部に皮疹の再燃を生じた.内服7日後でも健常時に比べて,UVA, UVBのMED低下が示唆された

講演・口頭発表等

  • キャッスルマン病に伴う腫瘍随伴性天疱瘡の1例, 岡橋 一憲, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 肥田 仁一, 河合 滋, 佐野 安希子, 石井 文人, 橋本 隆, 日本皮膚科学会雑誌,   2017年02月
  • Trichophyton tonsuransによる体部白癬の1例, 渡辺 圭子, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎, 皮膚の科学,   2016年12月
  • 乳癌皮膚転移の2例, 柳原 緑, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2016年10月
  • 結節性類天疱瘡の1例, 山内 康平, 渡辺 圭子, 三宅 雅子, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2016年08月
  • 光治療器によるシミ・タルミ治療の経験, 成田 智彦, 山内 康平, 山本 晴代, 大磯 直毅, 川田 暁, Aesthetic Dermatology,   2016年08月
  • Orofacial granulomatosisの1例, 三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 泉谷 敦子, 山本 俊幸, 皮膚の科学,   2016年06月
  • 切除組織に口器を認めたマダニ刺症と思われた1例, 岡橋 一憲, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 西日本皮膚科,   2016年06月
  • バセドウ病と円形脱毛症における遺伝素因の共通性に関する検討, 武友 保憲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 貫戸 幸星, 鈴木 民男, 大磯 直毅, 川田 暁, 川畑 由美子, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌,   2016年06月
  • 形質細胞性白血病に伴った続発性皮膚形質細胞腫の1例, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 金井 良高, 平瀬 主税, 松村 到, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年06月
  • L-カルボシステインによる紫斑型薬疹の1例, 遠藤 英樹, 柳原 緑, 大磯 直毅, 川田 暁, アレルギー,   2016年05月
  • ワールデンブルグ症候群2E型(WS2E)の日本人症例, 鈴木 民夫, 岡村 賢, 穂積 豊, 阿部 優子, 川口 雅一, 大磯 直毅, 下村 嘉一, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月
  • Necrobiotic xanthogranuloma of extremitiesの1例, 柳原 緑, 三宅 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 山本 俊幸, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月
  • Post-herpes zoster sarcoidosisの1例, 山内 康平, 大磯 直毅, 川田 暁, 辰巳 陽一, 松村 到, 岩永 賢司, 東田 有智, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月
  • 皮弁と舌弁によって再建した下口唇部有棘細胞癌の1例, 岡橋 一憲, 三宅 雅子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月
  • 色が濃くなる疾患, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月
  • 環状扁平苔癬の1例, 渡辺 圭子, 大磯 直毅, 川田 暁, 南 幸, 鶴田 大輔, 皮膚の科学,   2016年04月
  • Blaschkolinear lichen nitidusの1例, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2016年02月
  • ダーモスコピーが有用であった多発性マダニ刺症の1例, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 飯田 泰久, 矢野 泰弘, 皮膚の科学,   2016年02月
  • 孤発性皮膚myeloid sarcomaの1例, 齋藤 花往里, 頼 晋也, 岩田 吉生, 田中 宏和, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 柳原 緑, 大磯 直毅, 川田 暁, 臨床血液,   2016年02月
  • 色素増強症と色が濃くなる母斑, 大磯 直毅, Skin Surgery,   2016年02月
  • Aleukemic solitary cutaneous myeloid sarcomaの1例, 柳原 緑, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 岩田 吉生, 田中 宏和, 松村 到, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年01月
  • 晩発性皮膚ポルフィリン症の1例, 佐藤 雅子, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年01月
  • Microsporum canisによるケルズス禿瘡の1例, 三宅 早苗, 大磯 直毅, 川田 暁, 比留間 政太郎, 皮膚の科学,   2015年12月
  • アセトアミノフェンによる多発性固定薬疹の1例, 山内 康平, 大磯 直毅, 川田 暁, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2015年11月
  • 水痘肺炎と考えられた水痘再発の1例, 柳原 緑, 佐藤 雅子, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2015年10月
  • 髄膜炎を合併した顔面帯状疱疹の1例, 渡辺 圭子, 佐藤 雅子, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 吉川 恵輔, 河合 繁, 鈴木 秀和, 皮膚の科学,   2015年08月
  • Double extramammary Paget's diseaseの1例, 岡橋 一憲, 成田 智彦, 山内 康平, 志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集,   2015年07月
  • 形質細胞性口唇炎の1例, 志賀 久里子, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2015年06月
  • 熱傷後瘢痕上に生じた悪性黒色腫の1例, 志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 西日本皮膚科,   2015年06月
  • バセドウ病と円形脱毛症における遺伝素因の共通性に関する検討, 武友 保憲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 貫戸 幸星, 鈴木 民男, 大磯 直毅, 川田 暁, 川畑 由美子, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌,   2015年06月
  • クリオグロブリン血症性紫斑の1例, 森田 玲子, 大磯 直毅, 川田 暁, 有馬 秀二, 皮膚の科学,   2015年04月
  • Cutis tricolorの1例, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年04月
  • IL36RNに遺伝子変異を認めた疱疹状膿痂疹, 佐藤 雅子, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 辻 勲, 万代 昌紀, 杉浦 一充, 秋山 真志, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年04月
  • ウイルス性髄膜炎を合併した帯状疱疹の1例, 岡橋 一憲, 内田 修輔, 松田 浩昌, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 河合 滋, 桑原 基, 皮膚の科学,   2015年02月
  • BCG接種後の皮膚腺病の1例, 立林 めぐ美, 佐藤 雅子, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年02月
  • Elsberg症候群の1例, 藤田 美幸, 平川 結賀, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年02月
  • 辺縁鋸歯状な不完全脱色素斑を呈したpigmentary mosaicism(伊藤白斑)の1例, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年02月
  • 奥が深い子供の色素異常の診断のしかた, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2015年02月
  • 苺状血管腫に対するロングパルス色素レーザーの治療効果の検討, 立林 めぐ美, 三宅 宗晴, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本レーザー医学会誌,   2015年01月
  • IVIgに伴い好中球減少をきたした尋常性天疱瘡の1例, 山内 康平, 前田 麻衣子, 内田 修輔, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年12月
  • ハイドロキノンによる色素沈着型接触皮膚炎と考えられた1例, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 和田 珠恵, 鈴木 加余子, 松永 佳世子, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2014年11月
  • 尋常性白斑の最前線 白斑の病態(その2) 世界の研究の流れ, 大磯 直毅, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2014年11月
  • 右腋窩リンパ節転移をきたした粘液線維肉腫の1例, 内田 修輔, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年10月
  • 重大事例対策の不十分な遵守率とその対策, 実原 恵美子, 山田 明子, 保田 知生, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月
  • より良い鎮痛・鎮静管理を目指して, 宮本 アキ, 山田 明子, 大磯 直毅, 保田 知生, 辰巳 陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月
  • 十二指腸潰瘍を合併したアナフィラクトイド紫斑の1例, 佐藤 雅子, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年08月
  • 骨髄異形成症候群(MDS)に生じたSweet病の1例, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年08月
  • 小児の白斑・白皮症 新たな病因論と鑑別診断, 大磯 直毅, 神奈川医学会雑誌,   2014年07月
  • 近畿大学病院皮膚科で経験した頭部血管肉腫の15例, 志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集,   2014年07月
  • 生検標本で口下片の残存が考えられたマダニ刺症の1例, 岡橋 一憲, 大磯 直毅, 川田 暁, 矢野 泰弘, 皮膚の科学,   2014年06月
  • アダリムマブ投与後に発症した抗PL-12抗体陽性皮膚筋炎の1例, 加藤 麻衣子, 大磯 直毅, 川田 暁, 井上 明日圭, 野崎 祐史, 船内 正憲, 日本皮膚科学会雑誌,   2014年04月
  • Fabry病の1例, 立林 めぐ美, 大磯 直毅, 川田 暁, 西郷 和真, 楠 進, 皮膚の科学,   2014年04月
  • 頸部に生じた軟骨母斑の1例, 平川 結賀, 立林 めぐ美, 志賀 久里子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年04月
  • 皮膚T細胞性リンパ腫との鑑別を要したLichen aureusの1例, 中野 英司, 永井 宏, 錦織 千佳子, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2014年04月
  • 尋常性白斑におけるQuality Indicator, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2014年04月
  • 乳房外Paget病の生検標本より診断しえた弾性線維性仮性黄色腫の1例, 山内 康平, 前田 麻衣子, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2014年02月
  • 消化管間質腫瘍を合併した尋常性天疱瘡の1例, 佐藤 雅子, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 古賀 浩嗣, 橋本 隆, 皮膚の科学,   2014年02月
  • 当科で最近経験したマダニ刺症の5例, 岡橋 一憲, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁, 矢野 泰弘, 皮膚の科学,   2013年12月
  • ブリーフィング導入によるメンタルモデルの共有 内視鏡光学治療センターの取り組み, 山田 明子, 保田 知生, 大磯 直毅, 樫田 博史, 辰巳 陽一, 池上 博司, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月
  • 学生から病院長まで! とことんTeamSTEPPS導入の効果と今後, 辰巳 陽一, 山田 明子, 大磯 直毅, 保田 知生, 宮本 アキ, 岩本 理恵, 西隈 菜穂子, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月
  • 中心静脈カテーテルに関連した静脈血栓塞栓症のリスクマネジメント, 保田 知生, 岩間 密, 安田 卓司, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 山田 明子, 田中 俊夫, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 池上 博司, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月
  • 学生から病院長まで、とことんTeamSTEPPS導入の試み, 辰巳 陽一, 山田 明子, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生, 日本医療マネジメント学会雑誌,   2013年06月
  • メシル酸ガレノキサシン水和物による固定薬疹の1例, 佐藤 雅子, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2013年04月
  • 尋常性白斑研究と臨床的意義, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2013年04月
  • 基礎研究的手法を用いた色素異常症の病態解析, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2013年04月
  • Linear and whorled nevoid hypermelanosisの1例, 上野 麻衣, 太田 馨, 水野 可魚, 岡本 祐之, 大磯 直毅, 川田 暁, 上津 直子, 日本皮膚科学会雑誌,   2013年04月
  • 皮膚症状により耐糖能異常が同定された糖尿病性浮腫性硬化症の1例, 坂本 幸子, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本臨床皮膚科医会雑誌,   2013年04月
  • 持久性隆起性紅斑に伴った周辺部角膜潰瘍、強膜壊死の1例, 坂本 万寿夫, 福田 昌彦, 渡邊 敬三, 沼田 卓也, 下村 嘉一, 大磯 直毅, 川田 暁, 眼科臨床紀要,   2013年02月
  • フルニエ壊疽の1例, 内田 修輔, 大磯 直毅, 三宅 早苗, 平尾 文香, 松田 洋昌, 三宅 宗晴, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 川田 暁, 皮膚の科学,   2012年12月
  • ランダム皮膚生検にて診断しえた血管内リンパ腫の1例, 樋口 久里子, 栗本 貴弘, 三宅 宗晴, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2012年10月
  • EGFR遺伝子変異肺癌における1st EGFR-TKIによる有害事象後の2nd EGFR-TKIの意義, 武田 真幸, 岡本 勇, 鶴谷 純司, 大磯 直毅, 川田 暁, 中川 和彦, 日本癌治療学会誌,   2012年10月
  • セバシン酸ジエチルによる接触皮膚炎の2例, 大磯 直毅, 川田 暁, アレルギー,   2012年10月
  • アレルギー疾患の遺伝子解析 アトピー性皮膚炎以外のアレルギー性・自己免疫性皮膚疾患, 大磯 直毅, アレルギー,   2012年10月
  • EGFR遺伝子変異肺癌における1st EGFR-TKIによる有害事象後の2nd EGFR-TKIの意義, 武田 真幸, 岡本 勇, 鶴谷 純司, 大磯 直毅, 川田 暁, 中川 和彦, 肺癌,   2012年10月
  • 多職種による院内パトロールの取り組み 栄養部の改善報告, 山田 明子, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月
  • NPPV療法におけるマスクの安全使用への取り組み, 堂本 勝子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月
  • 電子カルテにおけるカルテの質向上の試み, 辰巳 陽一, 大磯 直毅, 保田 知生, 西隈 菜穂子, 山田 明子, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月
  • モニター及び送信機の中央管理化による効率運用と安全性向上の取り組み, 高田 裕, 西隈 菜穂子, 山田 明子, 保田 知生, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月
  • 当院における多職種参加による中心静脈穿刺手技講習の取り組み, 保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 岡田 満, 三井 良之, 西隈 菜穂子, 松林 輝代子, 田尻 ゆかり, 大磯 直毅, 工藤 正俊, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月
  • 自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌,   2012年06月
  • Blaschkitisは表皮角化細胞のIKK gamma発現低下と関連するか?, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川田 暁, 皮膚の科学,   2012年06月
  • Hypomelanosis of Itoの1例, 岸本 泉, 植田 郁子, 岡本 祐之, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2012年04月
  • 自己免疫疾患の臓器特異性 円形脱毛症と自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の臨床的・遺伝的比較, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 糖尿病,   2012年04月
  • ダーモスコピー アドバンストコース 血管病変のみかた, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2012年04月
  • 尋常性白斑研究最前線, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2012年04月
  • 手背に生じた異所性ミルメシア疣贅, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本臨床皮膚科医会雑誌,   2012年04月
  • チーム医療の基づいたCV穿刺手技講習の取り組みとその効果, 保田 知生, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 岡田 満, 三井 良之, 西隈 菜穂子, 松林 輝代子, 田尻 ゆかり, 田中 俊夫, 中岡 麻江, 大磯 直毅, 日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集,   2012年03月
  • 臓器特異的自己免疫疾患の共通性と異質性 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 日本内科学会雑誌,   2012年02月
  • PDAシステムを用いた誤配薬予防システムの効果, 西隈 菜穂子, 辰巳 陽一, 大磯 直毅, 保田 知生, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2011年10月
  • 周術期肺血栓塞栓症予防対策と予防に伴う合併症の検討, 保田 知生, 梅本 雅彦, 谷口 貢, 柳生 行伸, 竹山 宜典, 奥野 清隆, 高田 裕, 西隈 菜穗子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 医療の質・安全学会誌,   2011年10月
  • 自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討 円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌,   2011年09月
  • 関節リウマチに伴った難治性下腿潰瘍の1例, 成田 佳香, 笹屋 晴代, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 西日本皮膚科,   2011年06月
  • 色素の出現を認めたまだら症女児の1例, 荒瀬 規子, 金田 眞理, 種村 篤, 片山 一朗, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年05月
  • 円形脱毛症患者における甲状腺および膵島自己免疫疾患合併例の検討, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 錦野 真理子, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 日本内分泌学会雑誌,   2011年04月
  • リール黒皮症様色素沈着に対してIntense pulsed light照射が有用であった1例, 笹屋 晴代, 大磯 直毅, 和田 珠恵, 平尾 文香, 川原 繁, 川田 暁, 鶴田 大輔, 今西 久幹, 小林 裕美, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年04月
  • 尋常性白斑の疾患感受性遺伝子と治療, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年04月
  • 右頬部皮下硬結で初発したblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 大山 雄一, 木村 雅友, 中村 栄男, 西尾 和人, 松村 到, 東 禹彦, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年03月
  • 白斑の基礎と臨床, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年03月
  • Microsporum canisによる頭部浅在性白癬の兄弟発症例, 東森 倫子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 濱 和子, 比留間 政太郎, 皮膚の科学,   2011年02月
  • 近畿大学医学部附属病院における血栓対策チームによる周術期肺塞栓症の予防, 保田 知生, 柳生 行伸, 谷口 貢, 石丸 英三郎, 塩川 泰啓, 田中 俊夫, 西隈 菜穗子, 大磯 直毅, 辰巳 陽一, 奥野 清隆, 日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会プログラム・抄録集,   2011年02月
  • 多数のタカサゴキララマダニ幼虫によるマダニ刺咬症の1例, 中野 早苗, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 矢野 泰弘, 中野 敦, 皮膚の科学,   2010年12月
  • 当院における中心静脈穿刺手技における安全管理と卒後教育の取り組みについて, 保田 知生, 梶川 竜治, 辰巳 陽一, 西隈 菜穗子, 柳生 行伸, 高田 裕, 大磯 直毅, 山元 秀明, 田中 俊夫, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2010年11月
  • PDAシステムを用いた、投薬事故防止システムの開発のその効果, 辰巳 陽一, 西隈 菜穂子, 大磯 直毅, 保田 知生, 加戸 聖美, 酒井 美恵, 赤尾 幸恵, 奥野 清隆, 医療の質・安全学会誌,   2010年11月
  • 疱疹状天疱瘡の1例, 東森 倫子, 坂本 幸子, 笹屋 晴代, 松田 洋昌, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2010年10月
  • 男性潜在性乳癌の皮膚転移と考えられた1例, 平尾 文香, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 鶴谷 純司, 中川 和彦, 綿谷 正弘, 皮膚の科学,   2010年08月
  • 皮膚T細胞リンパ腫によると思われた後天性魚鱗癬の1例, 吉永 英司, 平尾 文香, 成田 智彦, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2010年04月
  • 近畿大学皮膚科におけるマダニ刺症 過去5年間の集計, 市橋 淳子, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 矢野 泰弘, 日本臨床皮膚科医会雑誌,   2010年04月
  • 爪峡部領域に爪甲形成異常を認めた2例, 大磯 直毅, 黒川 一郎, 鶴田 大輔, 成田 智彦, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2010年03月
  • まだら症患者における色素再生部の電顕的検討, 牧野 輝彦, 柳原 誠, 大磯 直毅, 古市 恵, 松井 恒太郎, 川田 暁, 清水 忠道, 日本皮膚科学会雑誌,   2010年03月
  • 新しい検査(エコー、発汗検査を含む) 新しい遺伝子検査と診断への応用, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   2010年03月
  • マダニ刺傷に対するダーモスコープの診断学的有用性, 松田 洋昌, 大磯 直毅, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2010年02月
  • 顆粒変性をともなったfocal palmoplantar keratoderma, 大磯 直毅, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2010年02月
  • Netherton症候群と考えられた1例, 市橋 淳子, 吉永 英司, 平尾 文香, 三宅 宗晴, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 竹村 豊, 和田 紀久, 竹村 司, 皮膚の科学,   2009年08月
  • 紫雲膏による接触皮膚炎の1例, 山鳥 佳香, 大磯 直毅, 平尾 文香, 東森 倫子, 吉永 英治, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2009年06月
  • 難治性下腿潰瘍を伴った抗リン脂質抗体症候群の1例, 山鳥 佳香, 平尾 文香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2009年04月
  • 診断に苦慮した蕁麻疹様血管炎の1例, 安藤 淳, 上田 悟史, 井上 徳浩, 大磯 直毅, 成田 智彦, 川田 暁, 竹村 司, 大阪小児科学会誌,   2009年04月
  • 炎症性皮疹を伴う尋常性ざ瘡に対するfaropenem(FRPM)の臨床研究, 遠藤 英樹, 和田 珠恵, 成田 智彦, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2009年03月
  • 新規KIT遺伝子変異とMC1R遺伝子多型により赤茶色頭髪を生じた日本人まだら症, 大磯 直毅, 岸田 功典, 深井 和吉, 本川 智紀, 細見 尚子, 鈴木 民夫, 三橋 善比古, 坪井 良治, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2009年03月
  • 胃噴門部癌の皮膚転移の1例, 三宅 宗晴, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2009年02月
  • ナローバンドUVB療法が奏功した肥大性扁平苔癬の1例, 市橋 淳子, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2008年12月
  • 皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like T cell lymphoma)の1例, 平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 前田 裕弘, 金丸 昭久, Skin Cancer,   2008年11月
  • カシューナッツオイルによる職業性接触皮膚炎の1例, 平尾 文香, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 倉田 珠恵, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2008年10月
  • 骨髄性プロトポルフィリン症の親子例 フェロケラターゼ遺伝子のエクソン7に変異が見出された例, 川原 繁, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 中野 創, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年07月
  • 当教室で経験した壊死性筋膜炎の7例, 栗本 貴弘, 東森 倫子, 松田 洋昌, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年07月
  • 「アトピー性皮膚炎に対する紫外線療法」に関するアンケートの集計結果報告, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年07月
  • 皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like T cell lymphoma)の1例, 平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集,   2008年07月
  • 膿疱を伴った落葉状天疱瘡, 山鳥 佳香, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2008年06月
  • TS-1によるLE型薬疹の1例, 成田 智彦, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 岡本 渉, 中川 和彦, 西日本皮膚科,   2008年06月
  • 広範囲にカフェ・オ・レ斑がみられたまだら症の1例, 岸田 功典, 伊藤 友章, 坪井 良治, 三橋 善比古, 大磯 直毅, 川田 暁, 深井 和吉, 細見 尚子, 鈴木 民夫, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年03月
  • 指趾に難治性潰瘍を生じた全身性硬化症と閉塞性動脈硬化症の合併例, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年03月
  • 弾性線維性仮性黄色腫の2例, 平尾 文香, 大磯 直毅, 遠藤 英樹, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2008年02月
  • 尋常性白斑に一致して膿疱性乾癬を生じたターナー症候群の1例, 太田 知子, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2008年01月
  • 老人性色素斑患者に対するQスイッチアレキサンドライトレーザーの治療効果とキトサン誘導体配合製品の術後使用評価, 遠藤 英樹, 笹屋 晴代, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本レーザー医学会誌,   2008年01月
  • 糖尿病患者に生じたフルニエ壊疽の1例, 黄 昌弘, 成田 智彦, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年12月
  • ケトプロフェンとロジンによる光接触皮膚炎の1例, 大磯 直毅, 山鳥 佳香, 平尾 文香, 倉田 珠恵, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2007年12月
  • アトピー性皮膚炎診断のための質問票(U.K.diagnostic criteria)の日本の学童における有用性の検討, 佐伯 秀久, 占部 和敬, 古江 増隆, 大磯 直毅, 川田 暁, 手塚 正, 飯塚 一, 赤坂 俊英, 北島 康雄, 秀 道広, 山本 昇壯, 小玉 肇, 玉置 邦彦, Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology,   2007年12月
  • 糖尿病患者に生じた限局性強皮症の1例, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年10月
  • Stevens-Johnson症候群進展型と考えられたTEN型薬疹の1例, 遠藤 英樹, 門脇 麻衣子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, アレルギー,   2007年09月
  • 壊死性筋膜炎の発症を契機に発見された2型糖尿病の1例, 東森 倫子, 吉永 英司, 太田 知子, 鈴木 高子, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 山片 里美, 七部 史, 皮膚の科学,   2007年08月
  • 特異な臨床像を呈したアナフィラクトイド紫斑病の1例, 東森 倫子, 大磯 直毅, 松田 洋昌, 栗本 貴弘, 吉永 英司, 磯貝 理恵子, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年06月
  • 口腔アレルギー症候群の1例, 南 幸, 弓立 達夫, 大磯 直毅, 吉永 英司, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年06月
  • 後天性掌蹠角化症に対するマキサカルシトール軟膏の治療効果の検討, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 黒田 啓, 多島 新吾, 西日本皮膚科,   2007年06月
  • Angioedema associated with eosinophiliaの1例, 鈴木 高子, 磯貝 理恵子, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年04月
  • 腹部正中部に線状に列序する色素沈着斑:Dowling-Degos diseaseの亜型か?, 大磯 直毅, 鶴田 大輔, 今西 久幹, 小林 裕美, 天津 朗典, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 石井 正光, 川田 暁, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2007年04月
  • Interferon regulatory factor 2(IRF2)プロモーター多型は若年発症の尋常性乾癬と相関する, 細見 尚子, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2007年04月
  • VCXA遺伝子プロモーター上流領域の欠損はX連鎖性魚鱗癬に伴う境界域精神発達遅滞に相関する, 細見 尚子, 大磯 直毅, 深井 和吉, 花田 一志, 藤田 弘子, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   2007年03月
  • 特異な組織所見を呈した基底細胞癌の1例, 松田 洋昌, 磯貝 理恵子, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2007年02月
  • 悪性青色母斑と思われた1例, 笹屋 晴代, 鈴木 高子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年12月
  • 腎細胞癌の皮膚転移の1例, 東森 倫子, 松田 洋昌, 栗本 貴弘, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年12月
  • TEN型薬疹の1例, 門脇 麻衣子, 成田 智彦, 鈴木 高子, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 清水 祐希, 小阪 博, 皮膚の科学,   2006年12月
  • Live cell imagingを用いた表皮角化細胞におけるHemidesmosomesとFocal contactsの相互作用の検討, 小澤 俊幸, 鶴田 大輔, 小林 裕美, 原田 輝一, 石井 正光, 大磯 直毅, 川田 暁, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集,   2006年12月
  • Napkin psoriasisの1例, 深尾 真希子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 日本小児皮膚科学会雑誌,   2006年11月
  • 乾癬性紅皮症から膿疱性乾癬に移行した1例, 平尾 文香, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年10月
  • 壊疽性膿皮症の1例, 山鳥 佳香, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 土居 敏明, 皮膚の科学,   2006年10月
  • 血管肉腫の2例, 南 幸, 吉永 英司, 大磯 直毅, 遠藤 英樹, 磯貝 理恵子, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年08月
  • アトピー性皮膚炎様皮疹を呈したグリチルリチン酸によるアレルギー性接触皮膚炎の1例, 太田 知子, 大磯 直毅, 吉永 英司, 遠藤 英樹, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚アレルギー学会総会・日本接触皮膚炎学会総会合同学術大会プログラム・抄録集,   2006年07月
  • 尋常性乾癬に水疱症が合併した1例, 成田 智彦, 吉永 英司, 太田 知子, 井庭 慶典, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年06月
  • 「スキントーンカラースケール」による顔面色素性病変の評価, 小西 奈津子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年06月
  • 顔面に限局した電撃性ざ瘡の一例, 山中 一星, 鶴田 大輔, 後藤 仁志, 大磯 直毅, 梶本 敦子, 小林 裕美, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   2006年05月
  • 神経線維腫にサットン現象を呈し尋常性白斑を合併した神経線維腫症1型, 大磯 直毅, 井庭 慶典, 川原 繁, 川田 暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2006年05月
  • 後天性掌蹠角化症に対するマキサカルシトール軟膏の臨床効果, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 黒田 啓, 多島 新吾, 日本皮膚科学会雑誌,   2006年05月
  • 硫酸イセパマイシンによる薬疹, 遠藤 英樹, 南 幸, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, アレルギー,   2006年04月
  • 露光部皮膚におけるリゾチームの局在, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 秋山 酉, 多島 新吾, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2006年04月
  • 細胞-細胞外マトリックス結合(ヘミデスモゾーム,接着斑)のダイナミックスについて, 鶴田 大輔, 小澤 俊幸, 小林 裕美, 原田 輝一, 池田 一雄, 大磯 直毅, 川田 暁, Hopkinson Susan, Jones Jonathan, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2006年04月
  • 紅皮症を呈した落葉状天疱瘡の1例, 太田 知子, 磯貝 理恵子, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年04月
  • 表皮角化細胞における細胞 細胞外マトリックス結合(ヘミデスモゾーム,接着斑)のダイナミックスについて, 小澤 俊幸, 鶴田 大輔, 小林 裕美, 原田 輝一, 石井 正光, 池田 一雄, 大磯 直毅, 川田 暁, Hopkinson Susan B., Jones Jonathan C.R, マトリックス研究会大会,   2006年03月
  • 肺小細胞癌の皮膚転移の1例, 多田 倫子, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2006年02月
  • ロボスキン・アナライザーによる光老化皮膚の色素性病変の評価, 小西 奈津子, 大磯 直毅, 川田 暁, 門間 智之, 皮膚の科学,   2005年12月
  • 後天性掌蹠角化症に対するマキサカルシトール軟膏の臨床効果, 遠藤 英樹, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2005年12月
  • Eruptive syringomaの1例, 井庭 慶典, 小西 奈津子, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川田 暁, 皮膚の科学,   2005年12月
  • 中年期に初発した伝染性紅斑の3例, 梶本 敦子, 大磯 直毅, 皮膚の科学,   2005年08月
  • 初発症状が鮮紅色紅斑を呈した急性骨髄性白血病の1例, 黒岡 定浩, 大磯 直毅, 窪田 剛, 皮膚の科学,   2005年06月
  • まだら症患者におけるKIT,SCFおよびSLUG遺伝子の解析, 村上 智子, 深井 和吉, 細見 尚子, 大磯 直毅, 加藤 敦, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2005年04月
  • Long-Evans strain由来のHermansky-Pudlak syndromeラットモデル群はRab38の変異で生じる, 大磯 直毅, Riddle Suzette R., 深井 和吉, 石井 正光, 庫本 高志, 芹川 忠夫, Spritz Richard A., 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2005年04月
  • X連鎖性魚鱗癬の4家系における酵素診断とFISH法による解析, 細見 尚子, 深井 和吉, 石井 正光, 大磯 直毅, 田中 あけみ, 山野 恒一, 林 久美子, 藤田 弘子, 日本皮膚科学会雑誌,   2005年03月
  • 塩酸メキシレチンによる軽症型drug-induced hypersensitivity syndromeの1例, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, 刀禰 英郎, 日本皮膚科学会雑誌,   2005年03月
  • パラベンパラドックスを呈した湿布剤による接触皮膚炎の1例, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, 皮膚の科学,   2004年12月
  • セチルアルコールとクロタミトンによる接触皮膚炎の1例, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, 皮膚の科学,   2004年06月
  • Hermansky-Pudlak syndrome type 5と6の産物はリソソーム関連小器官のbiogenesisに関与するBLOC-2の構成成分である, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, Zhang Qing, Zhao Baohui, Li Wei, Swank Richard T., Spritz Richard A., 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2004年04月
  • Hermansky-Pudlak syndrome type 7はdysbindinの変異で生じる, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, Li Wei, Zhang Qing, Swank Richard T, Spritz Richard A, 日本皮膚科学会雑誌,   2004年03月
  • 両鼠径部に多発したhibernomaの1例, 村上 智子, 中川 浩一, 前川 直輝, 大磯 直毅, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   2003年02月
  • インターロイキン4レセプター遺伝子多型とアトピー性皮膚炎, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 石井 正光, 中嶋 弘一, 西日本皮膚科,   2002年10月
  • 洗濯機に繁殖する暗色のカビの問題, 深井 和吉, 大磯 直毅, 石井 正光, 濱田 信夫, 安枝 浩, 日本医真菌学会雑誌,   2002年09月
  • 日本における成人アトピー性皮膚炎患者でのSPINK5遺伝子のpolymorphismの検討, 加藤 敦, 深井 和吉, 大磯 直毅, 細見 尚子, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2002年08月
  • インターロイキン4レセプタープロモーター多型はアトピー性皮膚炎の発症に相関する, 細見 尚子, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2002年08月
  • アトピー性皮膚炎患者におけるSPINK5遺伝子のpolymorphismの検討, 加藤 敦, 大磯 直毅, 細見 尚子, 村上 智子, 深井 和吉, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   2002年05月
  • まだら症におけるc-KIT遺伝子変異解析, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 細見 尚子, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2001年09月
  • インターロイキン4レセプタープロモーター多型の解析, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 細見 尚子, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2001年09月
  • Acquired fibrokeratomaの1例, 石名 航, 中川 浩一, 前川 直輝, 大磯 直毅, 石井 正光, 皮膚,   2001年04月
  • 新しい腫瘍抑制遺伝子,CYLDのポジショナルクローニング, 大磯 直毅, 深井 和吉, 水野 信之, 加藤 敦, 中川 浩一, 石井 正光, Stratton Michael R., 日本皮膚科学会雑誌,   2001年02月
  • イヤリングラバーパットによる接触皮膚炎の1例, 平田 央, 大磯 直毅, 東 奈津子, 石井 正光, Environmental Dermatology,   2000年11月
  • インターロイキン4レセプタープロモーター領域の多型はアトピー性皮膚炎の発症に関与する, 大磯 直毅, 深井 和吉, 加藤 敦, 石井 正光, 中嶋 弘一, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   2000年09月
  • 17番染色体にマップされたEpidermodysplasia Verruciformisの1家系, 加藤 敦, 深井 和吉, 大磯 直毅, 幸野 健, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   2000年04月
  • まだら症の遺伝子診断 3つの新しいKIT遺伝子変異の同定, 深井 和吉, 大磯 直毅, 加藤 敦, 石井 正光, Paller AS, Garganta C, Barnicoat A, 日本皮膚科学会雑誌,   2000年04月
  • OCA2(oculocutaneous albinism type 2) 日本人2症例の遺伝子診断, 大磯 直毅, 深井 和吉, 加藤 敦, 石井 正光, 斉藤 伸治, 楢崎 修, 日本皮膚科学会雑誌,   2000年04月
  • フルタミド(オダイン)による光線過敏型薬疹, 東 奈津子, 大磯 直毅, 石井 正光, Environmental Dermatology,   1999年12月
  • インターロイキン4レセプター多型Q551Rはアトピー性皮膚炎の発症と相関する, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   1999年06月
  • P遺伝子の変異はAngelman症候群における白皮症の原因である, 深井 和吉, 大磯 直毅, 石井 正光, 斉藤 伸治, 和田 敬仁, 楢崎 修, 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,   1999年06月
  • アトピー性皮膚炎におけるIL4受容体のコドン576多型性, 大磯 直毅, 深井 和吉, 石井 正光, 日本皮膚科学会雑誌,   1999年03月
  • イソジンによる皮膚潰瘍, 中西 健史, 下峠 紀子, 中川 浩一, 山本 敦子, 大磯 直毅, 石井 正光, Environmental Dermatology,   1998年12月
  • 色素性痒疹の1例, 安永 千尋, 須貝 哲郎, 大磯 直毅, 田水 智子, 皮膚科紀要,   1998年11月
  • 糖尿病患者に生じたnon-annular typeのgeneralized granuloma annulare, 村上 智子, 大磯 直毅, 水野 信之, 石井 正光, 皮膚,   1998年10月
  • 多発性筋膜ヘルニアの1例, 大磯 直毅, 皮膚,   1997年08月
  • たばこの煙が増悪因子の一つであったと思われるアトピー性皮膚炎の1例, 大磯 直毅, 西日本皮膚科,   1997年06月
  • 爪母爪床に生じた青色母斑の2例, 大磯 直毅, 日本皮膚科学会雑誌,   1997年02月
  • 円柱腫の1例, 大磯 直毅, 皮膚科紀要,   1997年02月
  • 腔腸動物との接触で生じた皮膚傷害の2例, 大磯 直毅, 皮膚,   1996年12月
  • 歯科金属除去により根治した接触皮膚炎の4例, 大磯 直毅, Environmental Dermatology,   1996年11月
  • 溶接業従事者の手背にみられたPoikilodermaに生じたBowen病の1例, 大磯 直毅, 皮膚科紀要,   1996年05月
  • 眼及び耳下腺に病変を伴った局面型皮膚サルコイドーシスの1例, 大磯 直毅, 皮膚,   1995年12月
  • スパルフロキサシン(SPFX)およびメフェナム酸による薬疹の1例, 大磯 直毅, 皮膚,   1995年02月

受賞

  •   2017年09月, Publons, Publons Peer Review Awards 2017 as one of top 1 per cent of peer reviewers in Medicine
  •   2017年09月, Publons, Rublons Peer Review Awards 2017 for being the 2nd most prolific contributing peer reviewer on Publons for International Journal of Dermatology
  •   2017年07月, 近畿大学医学会, 平成29年度近畿大学医学会賞
  •   2016年07月, The Journal of Dermatology, Most Cited Paper 2015 Impact Factor Period The Journal of Dermatology JD Award
  •   2015年07月, 近畿大学医学会, 平成27年度近畿大学医学会賞
  •   2015年04月, International Journal of Dermatology, Editorial Board Reviewer of the Year
  •   2010年11月, 日本色素細胞学会学会, 第2回日本色素細胞学会 学会奨励賞