KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

相馬 利行ソウマ トシユキ

プロフィール

所属部署名経済学部 経済学科 / 経済学研究科
職名教授/経済学科長
学位博士(経済学)
専門金融論
ジャンル経済/金融
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/218-souma-toshiyuki.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    金融機関の競争度についての研究をしております。

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 金融・ファイナンス

論文

  • 破綻時に備えて保険会社が支払う保険料率について, 相馬利行, 平成28年度 貯蓄・金融・経済 研究論文集 1-8 2017年3月, 1, 8,   2017年03月

書籍等出版物

  • 晃洋書房, 日本のデフレと金融, 相馬 利行, 森田洋二, 中島清貴, 秦劼, 共著,   2007年03月

講演・口頭発表等

  • Silent Large Shareholders and Entrenched Bank Management: Evidence from the Banking Crisis in Japan, 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, The Asian FA/TFA/FMA Conference,   2004年07月, The Asian FA/TFA/FMA Conference
  • Silent Large Shareholders and Entrenched Bank Management: Evidence from the Banking Crisis in Japan, 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, The Asian FA/TFA/FMA Conference,   2004年07月, The Asian FA/TFA/FMA Conference
  • Do Large Shareholders Monitor or Collude with Banks in Japan?", 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, Jung Wook Shim, Autumn Workshop ”Good Governance and Market Discipline as Determinants of Corporate Competitiveness”,   2004年10月, Autumn Workshop ”Good Governance and Market Discipline as Determinants of Corporate Competitiveness”
  • Do Large Shareholders Monitor or Collude with Banks in Japan?, 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, Jung Wook Shim, 同志社大学セミナー,   2005年01月, 同志社大学セミナー
  • Recent Competition in Japanese Life Insurance Industry, 相馬 利行, 筒井義郎, 富山大学経済学セミナー,   2005年11月, 富山大学経済学セミナー
  • Do Large Shareholders Monitor or Collude with Banks in Japan?, 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, Jung Wook Shim, 日本経済学会,   2006年06月, 日本経済学会
  • Do Family-controlled Banks Prevail after the East Asian Financial Crisis? Evidence from Thailand, 相馬 利行, Chaiyasit Anuchitworawonga, Yupana Wiwattanakantang, 木曜研究会,   2007年, 木曜研究会
  • タイの金融機関:アジア金融危機後に家族所有は残るのか?, 相馬 利行, アタチットウォラウォン・チャイヤシット, ウィワッタナカンタン・ユパナ, 東アジアと日本のコーポレート・ガバナンス,   2007年, 東アジアと日本のコーポレート・ガバナンス

MISC

  • 銀行-企業間の取引期間を測る指標についての考察 (吉町昭彦先生追悼号), 相馬 利行, 同志社商学, 66, 1, 73, 89,   2014年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009837136
    概要:本稿の目的は,銀行-企業間において貸し出しという取引関係が存在するとき,その取引期間を計測する方法について考察した。特に,銀行同士の合併が存在するときに,「被合併行の借り手の情報を合併行が継続すること」の定義に関して議論した。具体的には,(1)貸し出しに空白期があるケース,(2)合併前に合併行と被合併行が同じ企業に貸し出しをしているケース,(3)銀行の合併が複数回存在するケース,(4)取引の価値が陳腐化するケース,(5)合併時に情報の一部を引き継ぐケースを分析し,より現実的な状況に際して,取引期間を計測できるように試みた。
  • 借り手企業の情報は誰に引き継がれているのか? : メガバンクの所有構造とデータの構築について, 相馬 利行, 生駒経済論叢, 11, 2, 213, 232,   2013年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005368773
    概要:[注記] Souma, Toshiyuki[概要] メガバンクの誕生含め, 数多くの銀行が合併を含む経営統合を経験した。銀行は情報生産機能を有する存在として考えられているが, その「生産された情報」は, 経営統合などによって, どこに継続されているのであろうか? もしくは, 継続されないのであろうか? 本稿の目的は, 「どの銀行がどの時点でどの銀行の借り手の情報を共有しているのか?」に関するデータを構築する際に直面する問題点とその解決策を提示することである。 [Abstract] Banks in Japan went through a number of mergers of banks including large-scale bank merger. Bank is considered to have an information production function. When bank goes through management integration like a merger, who takes over the information that bank produced ? This paper aims to propose a way to provide who takes over the information that bank produced through management integration.
  • 銀行破綻の影響と政策対応の効果 : サーベイ, 相馬 利行, 生駒経済論叢, 10, 2, 173, 197,   2012年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005174577
    概要:Souma, Toshiyuki[要旨] 本稿の目的は, 日本における銀行の破綻に際して政府がどのような政策を採ってきたのかを詳述し, 銀行の破綻が及ぼす影響と, 銀行破綻に際して採られた政府の対応の効果に関してのサーベイを行うことである。銀行の破綻の影響としては市場の反応ならびに実体経済への影響を中心に, また, 政策対応としては近年欧米でも行われた銀行への公的資金注入を中心に見ていくこととする。銀行の破綻の影響は, 概ね, 他の銀行や借り手にも大きな負の影響を与える。また, 公的資金注入の効果に関しては, 市場の反応は概ね好意的であるが, 実体経済への効果は必ずしも有効ではないことがわかった。 [Abstract] We begin by outlining the Japanese government's response to banking crisis. We then review the effects of bank failure and the response to it on the markets and the real economy. It was found that on average the main bank failure adversely affected its borrowers. Furthermore, we cannot conclude that public capital injections made a significant contribution to the real economy in Japan.
  • 自社株買いに関する展望, 畠田 敬, 相馬 利行, 神戸大学経営学研究科 Discussion paper, 2009,   2009年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120001269444
  • 瑕疵担保条項に関する一考察, 相馬 利行, 生駒経済論叢, 5, 3, 187, 202,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007014469
    概要:本論文は,国有化銀行を所有する政府とそれを買収しようとする民間企業との交渉において,資産の買収価格と瑕疵担保条項がどのような値に決まるのかという問題を解こうとする試みである。そして部分ゲーム完全均衡として,瑕疵担保条項が存在しない場合と瑕疵担保条項が存在する場合の両方ともが起こり得ることが示される。
  • 日本の銀行のリスク行動に関する展望--コーポレート・ガバナンスの観点から (現代日本の金融システム--金融リテールの経済分析) -- (金融システムのミクロ分析), 相馬 利行, 現代日本の金融システム, 11, 161, 178,   2005年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007216054
  • Degree of Competition in the Life Insurance Industry with Competitive Fringe Firms: A Theoretical Approach, 相馬 利行, 京都学園大学経済学部論集, 13, 1, 105, 112,   2003年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005975189
  • Efficient Lending and a New Aspect of Government Deposit Insurance Agency, 相馬 利行, 大阪大学経済学, 50, 4, 13, 25,   2001年03月
  • タイの金融機関:アジア金融危機後に家族所有は残るのか?, 相馬 利行, アタチットウォラウォン・チャイヤシット, ウィワッタナカンタン・ユパナ, 『コーポレート・ガバナンスの経済分析 :変革期の日本と金融危機後の東アジア』 第15章,   2003年09月
  • Degree of Competition in the Life Insurance Industry with Competitive Fringe Firms: A Theoretical Approach, 相馬 利行, 京都学園大学経済学部論集, 13, 1, 105, 112,   2003年10月
  • Silent Large Shareholders and Entrenched Bank Management: Evidence from the Banking Crisis in Japan, 相馬 利行, Masaharu Hanazaki, Yupana Wiwattanakantang, 1, 35,   2004年01月
  • Banking in Japan:Will “Too Big To Fail” Prevail?, 相馬 利行, Adrian van Rixtel, Yupana Wiwattanakantang, Kazunori Suzuki, Too-Big-To Fail: Policies and Practices in Government Bailouts, chapter 12, 253, 283,   2004年02月
  • A Conjectural User-Revenue Model of Financial Firms Under Dynamic Uncertainty: A Theoretical Approach, 相馬 利行, Tetsushi Homma, 『金融経済研究』, 22, 95, 110,   2005年06月
  • Recent Competition in Japanese Life Insurance Industry, 相馬 利行, Yoshiro Tsusui, ISER Discussion Paper No. 637, 1, 35,   2005年06月
  • 金融危機を生んだ構造:銀行の所有構造にみるガバナンスの欠如, 相馬 利行, 花崎正晴, ウィワッタナカンタン・ユパナ, 『「失われた10年」を超えて』 第1巻第2章,   2005年12月
  • Competition in the Japanese Life Insurance Industry, 相馬 利行, 筒井 義郎, 金融経済研究, 31, 1, 19,   2010年10月
    概要:This paper examines the change that has taken place in the level of competition in the Japanese life insurance industry over the period of 1986-2002. In order to obtain the degree of noncompetition and collusion, we estimated the first-order condition for profit-maximizing insurance oligopolies. The estimation results suggested the following: (1) Not only stock companies but also mutual companies maximize their own profits rather than pay out dividends to policyholders; (2) competition has increased since 1995; (3) competition was promoted by the revision of the Insurance Business Law and the failures of the insurance companies; and (4) in the recent years, competition has been more lax than in the prewar period. The results suggest that it is preferable to further promote this deregulation in order to increase the benefits of increased competition.