KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤澤 雅夫フジサワ マサオ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名教授
学位理学博士
専門生物物理化学
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/894-fujisawa-masao.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生命現象において重要な、分子認識(分子が相手分子を見分ける)機構を対象として、創薬にもつながる分子設計を研究しています。 超高速コンピュータを用いる計算科学が、主な研究手段です。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1990年, 近畿大学大学院博士後期課程, 化学研究科, 化学専攻
  •  - 1985年, 立命館大学, 理工学部, 化学

研究活動情報

研究分野

  • プロセス・化学工学, 化工物性・移動操作・単位操作, 分子化学工学
  • 複合化学, 機能物性化学
  • 基礎化学, 物理化学
  • 生物科学, 生物物理学

研究キーワード

  • 電子状態, 分子間相互作用, 物理化学, 生物物理学

論文

  • Drug-tea polyphenol interaction (II) complexation of piperazine derivatives with green tea polyphenol, 藤澤 雅夫, Thermochimica Acta, 653, 1, 7,   2017年06月, 査読有り
  • Enthalpies of binary mixtures containing limonene + aliphatic alcohols at 298.15 K, 藤澤 雅夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 129, 3, 1741, 1750,   2017年04月, 査読有り
  • Prediction of Thermodynamic Functions of Solvation by Dispersion-Corrected Density Functional Theory Calculations, 藤澤 雅夫, Journal of Chemical and Pharmaceutical Research, 8, 9, 124, 129,   2016年09月, 査読有り
  • Improving water solubility of nateglinide by complexation of β-cyclodextrin, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 123, 3, 1847, 1850,   2016年03月, 査読有り
  • 水溶液および有機混合溶媒の熱力学量 ― ミクロ熱測定と計算化学 ―, 藤澤 雅夫, 熱測定, 42, 3, 97, 103,   2015年, 査読有り
  • Drug–tea polyphenol interaction, Hirohito Ikeda, Erika Tsuji, Tomonori Matsubara, Miho Yukawa, Masao Fujisawa, Eiji Yukawa, Hatsumi Aki, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry,, 113, 3, 1135, 1138,   2013年01月, 査読有り
  • Excess enthalpies of binary mixtures of butylamines + propanols at 298.15 K, Takayoshi Kimura, Tasunori Suzuki, Keisuke Takata, Akina Soga, Yutsa Nomoto, Tadashi Kamiyama, Yousuke Nakai, Hideo Matsui, Masao Fujisawa, journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 113, 3, 1467, 1474,   2013年01月, 査読有り
  • Interaction energy analysis for drug-cyclodextrin inclusion complexes in aqueous solutions, Masao Fujisawa, Takanobu Yasukuni, Hirohito Ikeda, Miho Yukaw, Hatsumi Aki, Takayoshi Kimura, Journal of Applied Solution Chemistry and Modeling, 1, 2, 132, 138,   2012年12月, 査読有り
  • Incompatibility between Propericiazine Oral Solution and Tea based Drink, Hirohito Ikeda, Erika Tsuji, Tomonori Matsubara, Miho Yukawa, Masao Fujisawa, Eiji Yukawa, Hatsumi Aki, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 60, 9, 1207, 1211,   2012年09月, 査読有り
  • Thermodynamic properties of inclusion complexes of α-cyclodextrin + aliphatic nitriles (H(CH2) n CN: n = 1–8) in aqueous solution, Takayoshi Kimura, Takashi Yukiyama, Masao Fujisawa, Takayoshi Journal of Thermal Analysis and Calorimetry,, 108, 2, 695, 704,   2012年05月, 査読有り
  • On the Relationship of the Enthalpies of Inclusion by Cyclodextrins and the Interaction Energies, Masao Fujisawa, Hirotaka Tsutsumi, Hirohito Ikeda, Miho Yukawa, Hatsumi Aki, Takayoshi Kimura, Netsu Sokutei, W39, 9, 13,   2012年01月, 査読有り
    概要:シクロデキストリンによる包接系において、密度汎関数法を用いて相互作用エネルギー を算出した。さらに、相互作用における分散力の寄与を見積もった。ホスト分子-ゲスト分子の接触表面積が大きく、分散力が大きい系ほど、ミクロ熱測定で決定した包接化エンタルピーが大きな負の値を示した(英文)。
  • Enthalpic discrimination of R- and S-limonenes in nonpolar solvents at 298.15 K, Takayoshi Kimura, Satoko Kido, Tadashi Kamiyama, Masao Fujisawa, Chirality, 23, 1E, E98, E104,   2011年10月, 査読有り
  • Enthalpy and entropy changes on molecular inclusion of pentane derivatives into α-cyclodextrin cavities in aqueous solutions, Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 70, 3-4, 269, 278,   2011年08月, 査読有り
  • Prediction of solubility of practically insoluble drugs in water/ethanol solvents using non-empirical methods, Masao Fujisawa, Hirotaka Tsutsumi, Takayoshi Kimura, Journal of Chemical and Pharmaceutical Research, 3, 3, 750, 758,   2011年05月, 査読有り
    概要:エタノール水溶液中における薬剤の溶解度をCOSMO-RS法とUNIFAC法で推算した。 経験的数値をほとんど使わないCOSMO-RS法で、実験値を非常に良く再現した。 また、薬剤のエタノール中および水中における分極率を非経験的分子軌道法 により推算した。これらの値と薬剤のエタノール中および水中における溶解度 とは非常に良い相関関係が得られた(英文)。
  • Thermodynamic properties of chiral fenchones in some solutions at T = 298.15 K, 木村 隆良, Hongli LIU, 木戸覚子, 藤澤 雅夫, 神山 匡, Journal oc chemical thermodynamics, 43, 4, 627, 634,   2011年04月, 査読有り
    概要:(S-フェンコン+エタノール/ベンゼン/シクロヘキサン/四塩化炭素)の二成分系用の過剰エンタルピーを298.15 Kの全濃度範囲で測定した。 実験結果は、UNIFAC、COSMO-RSおよび正則溶液理論から得られた値と比較した。 R-フェンコンおよびS-フェンコンのエタノール、ベンゼンおよびシクロヘキサン中での過剰エンタルピーを線濃度範囲で測定した。異なる溶液でフェンコンの濃度の減少により、キラル系の過剰エンタルピーは濃度の増加とともに減少し、零近くになった。結果はエタノール+リモネン系の既報の結果と比較した。 これらの相互作用エネルギーを評価した結果を詳述した。(英語)
  • Excess enthalpies of binary mixtures of ortho-, meta-, para-structural isomers containing aliphatic group, 藤澤 雅夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 102, 35, 1123, 1133,   2010年12月, 査読有り
  • Excess enthalpies for binary mixtures of o-xylene +o-disubstituted isomers, 木村 隆良, 劉 紅麗, 木戸覚子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 南中大学, 熱測定, 37, 3, 96, 103,   2010年09月, 査読有り
    概要:o-キシレンと12個のo-異性体(エチルトルエン,メトキシトルエン,フルオロトルエン, クロロトルエン, ブロモトルエン,ヨードトルエン,トリルアセトニトリル, フルオロイオドベンゼン,ブロモフルオロベンゼン,クロロフルオロベンゼン,フルオロニトロベンゼン,アミノフルオロベンゼン)系について全濃度範囲の過剰エンタルピーを決定した。比較的大きな吸熱を示したフルオロニトロトルエン系およびアミノフルオロトルエン系を除いて小さなエンタルピー変化を示した。 UNIFAC、密度汎関数COSMO-RS、正則溶液論による推算値と比較した結果、UNFACの結果は実測値から大きく正に外れたが密度汎関数COSMO-RSが最もよく一致した。Keesom-Israelachvili 式によって過剰エンタルピーと双極子相互作用の効果を検討した(英語)
  • 脂肪族官能基を含むオルト、メタ、パラ異性体系の過剰エンタルピー, 木村 隆良, 劉 紅麗, 木戸覚子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 102, 1123, 1133,   2010年07月
    概要:メトキシメチルベンゼン、エチルメチルベンゼン、ジエチルベンゼン、クロロメチルベンゼン、トルニトリル、フルオロベンゾニトリル、トリルアセトニトリルの(o + m), (o + p), (m + p)-異性体系の過剰エンタルピーを測定し、他の構造異性多系の結果と比較した。また超分子法による非経験分子軌道計算から相互作用エネルギーを決定し、実測値と比較検討した。(英語)
  • Ab initio and DFT calculations of three-body interactions in chiral mixtures, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry , 99, 1, 71, 73,   2010年01月, 査読有り
    概要:キラル混合物において、非経験的分子軌道法と密度汎関数を用いて、3体間相互作用を吟味した。ホモキラル相互作用とヘテロキラル相互作用に差がある系と、両者がほぼ一致する系があることを明らかにし、これらの差と過剰エンタルピーとの相関も確認した(英文)。
  • Excess enthalpies of binary mixtures of ortho-, meta-, and para-structural isomers, 藤澤 雅夫, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 99, 1, 95, 103,   2010年01月, 査読有り
  • Calorimetric and theoretical studies on the system of {(R)-(+)-limonene+(S)-(-)-limonene}, 藤澤 雅夫, 木戸 覚子, 木村 隆良, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 92, 2, 395, 398,   2008年05月, 査読有り
    概要:(R)-(+)-limonene+(S)-(-)-limonene 系の熱容量測定を行い、R体がrichな濃度領域では溶液内にnon-randomが生じ、過剰熱容量の濃度依存性ピークがS型を示した。さらに非経験的分子軌道計算を実施することによって、ホモキラル間の相互作用とヘテロキラル間の相互作用の差を算出し、濃度ゆらぎを説明した(英文)。
  • Calorimetric study on inclusion of some alcohols into  -cyclodextrin cavities. Molecular mechanical calculation of hydration Gibbs energies., Kimura, T.; Fujisawa, M.; Nakano, Y.; Kamiyama, T.; Otsu, T.; Maeda, M.; Takagi, S., Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 90, 2, 581,   2007年11月, 査読有り
  • Enthalpies of mixing of o- and m-isomers at 298.15 K, 木村 隆良, 高橋由加里, 神山 匡, 藤澤 雅夫, J Thermal. Anal. & Calori., 88, 587, 595,   2007年05月
  • Excess enthalpies of binary mixtures of some propylamines + some propanols at 298.15 K, 木村 隆良, 北井良子, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Thermochimica Acta, 450, 1-2, 91, 95,   2006年11月, 査読有り
    概要:1,2-,1,3-propanediamine+1-,2-propanolおよび1,2-,1,3-propanediol+1-or2-propaneamine系の部分モルエンタルピーを全濃度範囲で決定した。アミン+アルコール間の水素結合生成の熱力学量を決定し、1級アルコールならびに2級アルコールの相違を明らかにした。またentropy-enthalpy相殺則について明らかにした。(英文)
  • Studies on molecular interactions of beta-cyclodextrin and antiulcer agent., Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 85, 3, 589, 591,   2006年09月, 査読有り
  • Excess enthalpies of water+1,4-dioxane at 278.15, 298.15, 318.15 and 338.15 K., Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 85, 3, 545, 550,   2006年09月, 査読有り
  • Enthalpic changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of benzyl-(1-phenyl-ethyl)-amine, 1-phenylethylamine, 1-phenyl-ethanol, butyric acid oxiranylmethyl ester, 4-methyl-[1,3]dioxolan-2-one, 2-chloro-methyloxirane and 3-hydroxyisobutyric acid・・・, Journal of Chemical Thermodynamics, 38, 8, 1042, 1048,   2006年08月, 査読有り
    概要:Enthalpic changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of benzyl-(1-phenyl-ethyl)-amine, 1-phenylethylamine, 1-phenyl-ethanol, butyric acid oxiranylmethyl ester, 4-methyl-[1,3]dioxolan-2-one, 2-chloro-methyloxirane and 3-hydroxyisobutyric acid methyl ester at T =298.15K.
  • Thermodynamic Properties of D- and L-Tartaric Acid in Aqueous and Ethanol Solution at 298.15 K., Journal of Chemical & Engineering Data , 51, 3, 909, 913,   2006年04月, 査読有り
  • Excess molar heat capacities of (L-glutamine aqueous solution + D-glutamine aqueous solution) at temperatures between 293.15 and 303.15 K, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry springer, 82巻  319頁 - 321頁,   2005年
  • EXCESS MOLAR HEAT CAPACITIES OF ((R)-(+)-α-PINENE+(S)-(-)-α-PINENE) AT TEMPERATURES BETWEEN 293.15 - 308.15 K, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry  springer, 81巻 137頁〜139頁,   2005年
  • Excess enthalpies of {CH3(CH2)nOH, n=3–12}+methyl methylthiomethyl sulfoxide or dimethyl sulfoxide at 298.15 K, Thermochimica Acta, 424, 1-2, 83, 90,   2004年12月, 査読有り
  • Thermodynamic functions of 1,2-alkanediols in dilute aqueous solutions, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 77, 1, 225, 231,   2004年07月, 査読有り
  • Enthalpy and Entropy on Molecular Inclvsion of I- Heptanol in to alpha and beta-Cyclodextrin Cavities in Agveous Soltions, Thermochimica Acta, 416 , 1-2, 51, 54,   2004年06月
  • Enthalpy changes on mixing two couples of S- and R-enantiomers of heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloro-propane-1,2-diol, 2-methyl-1,4-butanediol at 298.15 K, 木村 隆良, 松下隆宣, 植田佳奈, 松田哲雄, 神山 匡, 藤澤 雅夫, Farida AKTAR, Thermochimica Acta, 405, 129, 139,   2004年05月, 査読有り
    概要:Enthalpies of mixing of (R)- and (S)-enantiomers of liquid chiral compounds such as heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloropropane-1,2-diol and 2-methyl-1,4-butanediol have been measured over a range of mole fractions at 298.15 K, albeit very small values. Mixingof heterochiral liquids of heptane-2-ol, octane-2-ol, nonane-2-ol, 3-chloro-propane-1,2-diol, realized enthalpic destabilization over the wholerange of mole fractions, whereas that of 2-methyl-1,4-butanediol realized enthalpic stabilization over entire compositions. The maximum values of enthalpies of mixing and the intermolecular interaction of cohesive energy density and entropy of vaporization showed a linearcorrelation except for the compounds having two chiral centers and others.
  • High pressure NMR study of dihydrofolate reductase from a deep-sea bacterium Moritella profunda., Cellular and Molecular Biology, 50, 4, 311,   2004年
  • Enthalpies of dilution of mono-, di- and poly-alcohols in dilute aqueous solutions at 298.15 K, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 69, 3, 841, 848,   2002年05月, 査読有り
  • シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値と1価アルコールの分子表面積との相関, J. Chem. Software,, 8, 1, 1, 6,   2002年03月, 査読有り
  • Thermodynamic Functions of Molecular Inclusion of Some Isomers of Butanediol in Gas Phase Into α- and β-cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions at 298.15 K, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 64, 1, 149, 155,   2001年05月, 査読有り
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of 1, 4-Butanediol into α-and β-Cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, FUJISAWA M, KIMURA T, TAKAGI S, ELSEVIER, Thermochimica Acta, 352-353, 121, 126,   2000年05月, 査読有り
  • The enthalpic stabilization on molecular inclusion of butanediol isomers into cyclodextrin cavities, FUJISAWA M, KIMURA T, TAKAGI S, FLUID PHASE EQUILIBRIA, 136, 1/2, 197, 205,   1997年, 査読有り
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of 1-Butanol into α-and β-Cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, Netsu Sokutei, 18, 71,   1991年11月, 査読有り
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of 1,3-Butanediol into α-and β-Cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, Thermochim. Acta, 183, 289, 297,   1991年07月, 査読有り
  • Tight Inclusion-Complex Formation with Negative Entropy Change by 1-Hexanol Molecules into α-Cyclodextrin Cavities in Aqueous Solution, Chemistry Express, 6, 93,   1991年, 査読有り

書籍等出版物

  • CYCLODEXTRINS(Thermodynamic Functions of Molecular Recognition), POLYMERIC MATERIALS ENCYCLOPEDIA(CRC Press),   1996年

講演・口頭発表等

  • ガレート型カテキンの立体配置がβ-シクロデキストリンによる包接複合体形成に与える影響, 藤澤 雅夫, 第34回シクロデキストリンシンポジウム,   2017年08月
  • 分散力に着目した環境汚染物質のオクタノール/水分配比率の推算評価, 藤澤 雅夫, 日本化学会第97春季年会,   2017年03月
  • Evaluation of the Adsorption Adaptability of Activated Carbon Using Dispersion Force, 藤澤 雅夫, world academy of science engineering and technology,   2016年11月
  • 抗精神病薬アリピプラゾールとポリフェノールに含まれた紅茶飲料間の物理的不適合, 藤澤 雅夫, International Confederation for Thermal Analysis and Calorimetry Congress 2016,   2016年08月
  • Elucidation of Physical Incompatibility between Antipsychotic Aripiprazole and Polyphenol Contained Tea-based Beverage, 藤澤 雅夫, International Confederation for Thermal Analysis and Calorimetry Congress 2016,   2016年08月
  • Prediction of Thermodynamic Functions of Solvation by Dispersion-corrected Density Functional Theory Calculations, 藤澤 雅夫, International Confederation for Thermal Analysis and Calorimetry Congress 2016,   2016年08月
  • 分散力及び水和熱力学量による医薬品及び有機化合物の活性炭吸着の評価, 藤澤 雅夫, 日本薬学会第136年会,   2016年03月
  • ガレート型および非ガレート型カテキンとβ-シクロデキストリンとの複合体形成メカニズムの差異, 藤澤 雅夫, 日本薬学会第136年会,   2016年03月
  • アリピプラゾールとエピガロカテキンガレートとの相互作用に対するシクロデキストリン類の添加効果, 藤澤 雅夫, 日本薬学会第136年会,   2016年03月
  • 溶液中の分散力評価による熱力学量の推算, 藤澤 雅夫, 第51回熱測定討論会,   2015年10月
  • アリピプラゾールとエピガロカテキンガレートの相互作用メカニズム解明, 藤澤 雅夫, 日本薬学会第135年会,   2015年03月
  • アリピプラゾール内用液を緑茶飲料で希釈した場合に起こる含量低下の要因, 藤澤 雅夫, 第24回医療薬学会年会,   2014年09月
  • 溶媒和の熱力学量の推算と他の物性値の相関, 藤澤 雅夫, 第50回記念熱測定討論会,   2014年09月
  • シクロデキストリンとの複合体形成によるナテグリニドの溶解度改善, 藤澤 雅夫,   2014年08月
  • Incompatibility of tea-based drink for oral solution of antipsychotics, 藤澤 雅夫,   2014年08月
  • 水和の熱力学量による吸着率の推算, 藤澤 雅夫, Gordon Research Conference: Green Chemistry,   2014年07月
  • アリピプラゾールの溶解性向上に対するβ-シクロデキストリンの添加効果, 藤澤 雅夫, 日本薬学会第134回年会,   2014年03月
  • くすりとお茶の相互作用, 藤澤 雅夫, 第49回熱測定討論会,   2013年11月
  • ピペラジン骨格を有する薬物と緑茶ポリフェノールとの相互作用におけるシクロデキストリン類の添加効果, 川原光喜・池田浩人・湯川美穂・藤澤雅夫・湯川栄二・安藝初美 p.25 2A1420, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年11月
  • くすりとお茶の相互作用,  川原光喜・湯川美穂・藤澤雅夫・湯川栄二・安藝初美 2A0900, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年
  • 水溶液中でのα-シクロデキストリン+ブタン化合物の包接化機構,  辻川哲史・藤江智之・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 3B1300, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年
  • ピペラジン骨格を有する薬物と緑茶ポリフェノールとの相互作用におけるシクロデキストリン類の添加効果, 川原光喜・池田浩人・湯川美穂・藤澤雅夫・湯川栄二・安藝初美 p.25 2A1420, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞へのニトリルの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 辻川哲史・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 4G7- 29, 日本化学会、日本化学会第93春季年会、草津市、立命館大学びわこ・くさつキャンパス,   2013年
  • ブタノール溶媒中での光学活性リモネンのエンタルピー認識, 小菅友理・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 4G7- 30, 日本化学会、日本化学会第93春季年会、草津市、立命館大学びわこ・くさつキャンパス,   2013年
  • FAMSO + プロパノール系における熱力学的性質, 高橋雅・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 4G7- 31, 日本化学会、日本化学会第93春季年会、草津市、立命館大学びわこ・くさつキャンパス,   2013年
  • ブタノール異性体中での光学活性リモネンのエンタルピー認識, 小菅友理・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 PP21, モレキュラーキラリティ2013、吹田市、大阪大学吹田キャンパス,   2013年
  • シクロヘキサン中のキラルフェンコンの相互作用について, 富樫平・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 PP22, モレキュラーキラリティ2013、吹田市、大阪大学吹田キャンパス,   2013年
  • Chiral interaction between limonens and BtOH, Yuri Kosuge, Tadashi kamiayama, Masao Fujisawa, Takayoshi Kimura (講演要旨集) pp.208, The 33rd international con- ference on solution chemistry、京都市、京都テルサ,   2013年
  • Solvation structures of FAMSO + Water, + Methanol, Takahashi, Takahiko Sato, Tadashi Kamiyama, Masao Fujisawa, Akihiko Wakisaka, Takayoshi Kimura (講演要旨集) pp.293, The 33rd international con- ference on solution chemistry、京都市、京都テルサ,   2013年
  • Energy aspects for beta-lactum antibiotic + cycloxtrin inclusioncomplex in aqueous solutions, Masao Fujisawa, Satoshi Tsujikawa, Takanobu Yasukuni, Hirohito Ikeda, Takayoshi Kimura (講演要旨集) pp.301, The 33rd international con- ference on solution chemistry、京都市、京都テルサ,   2013年
  • Enthalpic Descrimination of Chiral Fechones in Cyclic Compounds, Hitoshi Togashi, Tadasi kamiyama, Masao Fujisawa, Takayoshi Kimura (講演要旨集) pp.299, The 33rd international con- ference on solution chemistry、京都市、京都テルサ,   2013年
  • Inhibition of dimerization of beta-lactam antibiotic by use of cyclodextrin, Masao Fujisawa, Takanobu Yasukuni, Hirohito Ikeda, Hatsumi Aki, Takayoshi Kimura (講演要旨集) pp.270, IUPAC、ISNA-15、中華民国 台北市、福華国際文会教館,   2013年
  • シクロデキストリン包接複合体における多面的相互作用エネルギー解析,  藤澤雅夫・安國孝信・池田浩人・安藝初美・木村隆良 O-07, 第30回シクロデキストリンシンポジウム、 熊本市、くまもと県民交流館パレア,   2013年
  • 水溶液中におけるブタノール異性体系の包接化に関する熱力学的研究,  辻川哲史・藤江智之・神山 匡・藤澤雅夫・木村隆良 P2-08, 第30回シクロデキストリンシンポジウム、 熊本市、くまもと県民交流館パレア,   2013年
  • 様々な溶媒中におけるキラルフェンコンの相互作用について, 冨樫平・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良(講演要旨集) pp.55, 第36回溶液化学シンポジウム、札幌市、北海道大学学術交流会館,   2013年
  • リモネン+アルコールの2成分系における熱力学的性質, 小菅友理・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 (講演要旨集) pp.63, 第36回溶液化学シンポジウム、札幌市、北海道大学学術交流会館,   2013年
  • シクロデキストリン-薬剤包接化合物におけるエネルギー解析, 第29回シクロデキストリンシンポジウム、 東京都、星薬科大学,   2012年
  • FAMSO+アルコール系における熱力学的研究, 高橋雅・山口淳・神山匡・藤澤雅夫・脇坂昭弘・木村隆良 (講演要旨集) pp.64, 第36回溶液化学シンポジウム、札幌市、北海道大学学術交流会館,   2013年
  • ブチルアミン+ブタノール系の混合エンタルピー,  小菅友理・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良 p16, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年
  • Drug-Tea Polyphenol Interaction : (II) Incompatibility between Oral Solution of Antipsychotic Propericiazine and Tea-based Drink, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • 構造異性体中における光学活性リモネンのキラル認識,  小菅友理・神山匡・藤澤雅夫・木村隆良3B1320 p.69, 第49回熱測定討論会、習志野市、千葉工業大学,   2013年
  • ペンタノール溶液中での光学活性リモネンの混合エンタルピー, 日本化学会、日本化学会第92春季年会、横浜市、慶応大学日吉キャンパス,   2012年
  • イソアミン+アルコール系の相互作用, 日本化学会、日本化学会第92春季年会、横浜市、慶応大学日吉キャンパス,   2012年
  • 医薬品の溶解度と熱力学量との相関関係, 日本化学会、日本化学会第92春季年会、横浜市、慶応大学日吉キャンパス,   2012年
  • Piperidine環骨格を有する薬物と(-)-epigallocatechin gallateとの相互作用, 日本、日本化学会第92春季年会、横浜市、慶応大学日吉キャンパス,   2012年
  • キラルリモネンの脂肪族アルコール中での分子識別, MCASIA、モレキュラーキラリティ2012、福岡市、九州大学医学部百年講堂,   2012年
  • プロペリシアジンと茶系飲料中ポリフェノールとの相互作用, 日本薬学科医療薬科学部会、医療薬学フォーラム2012、福岡市、福岡国際会議場,   2012年
  • Thermodynamic study on inclusion compounds of propane derivatives into α-cyclodextrin cavity in aqueous solutions, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • Excess enthalpies of butylamines+butylalcohols, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • Enthalpic recognitions of chiral limonenes in aliphatic alcohols, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • Energy Decomposition for Inclusion Phenomena of Various Guest Molecules by Cyclodextrins, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • Drug-Tea Polyphenol Interaction : (I) Complexation of Piperazine Derivatives with Green Tea Polyphenol, ICTAC、ICTAC-2012、東大阪市、近畿大学,   2012年
  • Enthalpic interactions of chiral limonenes in some aliphatic alcohols, EMLG/JMLG Annual Meeting 2012, Eger, Hungary,   2012年
  • 水溶液中でのa-シクロデキストリン空洞へのブタン誘導体の包接に伴うエンタルピー及びエントロピー変化, 第29回シクロデキストリンシンポジウム、 東京都、星薬科大学,   2012年
  • リゾチーム分子中のアミロド性ぺプチド, 第50回日本生物物理学会年会、名古屋市、名古屋大学,   2012年
  • ブチルアミン+ブタノール系の混合エンタルピー, 溶液化学研究会、第35回溶液化学シンポジウム、東京都、早稲田大学,   2012年
  • 薬剤包接化合物におけるエネルギー解析, 溶液化学研究会、第35回溶液化学シンポジウム、東京都、早稲田大学,   2012年
  • FAMSO+アルコール系の熱力学的性質, 溶液化学研究会、第35回溶液化学シンポジウム、東京都、早稲田大学,   2012年
  • 光学活性フェンコンの環状溶媒中での相互作用, 溶液化学研究会、第35回溶液化学シンポジウム、東京都、早稲田大学,   2012年
  • 脂肪族ニトリル水溶液系の部分モルエンタルピー, 溶液化学研究会、第34回溶液化学シンポジウム、 名古屋市、名古屋大学 ES総合館ESホール,   2011年
  • COSMO-RS法とグループ寄与法を用いた混合溶媒に対する医薬品の溶解度の推算, 日本化学会、日本化学会第91春季年会、横浜市、神奈川大学,   2011年
  • 嵩高いアミン+アルコール系の相互作用, 日本化学会、日本化学会第91春季年会、横浜市、神奈川大学,   2011年
  • Thermodynamic study on inclusion compounds of aliphatic nitrils into cyclodextrin cavity in aqueous solutions, medicta 2011, Porto, Portugal,   2011年
  • Thermal behaviors of Inclusion Compounds of Deoxycholic Acid + hexanol isomers, cats2011、八王子市、首都大学東京,   2011年
  • Enthanlpic discrimination of chiral limonenes in butanol and hexanol, cats2011、八王子市、首都大学東京,   2011年
  • Excess enthalpies of binary mixtures of butylamines+propanols at 298.15 K, cats2011、八王子市、首都大学東京,   2011年
  • Enthalpy and entropy changes on molecular inclusion of propane derivatives into α-cyclodextrin cavity, cats2011、八王子市、首都大学東京,   2011年
  • On the relationship of the enthalpy of inclusion by cyclodextrins and the interaction energy, cats2011、八王子市、首都大学東京,   2011年
  • 水溶液中でのα-シクロデキストリン空洞へのハロゲン誘導体の包接に伴うエンタルピー及びエントロピー変化, シクロデキストリン学会、第28回シクロデキストリンシンポジウム、秋田市、秋田ビューホテル,   2011年
  • シクロデキストリンの包接複合体形成における相互作用エネルギーの熱力学的および理論化学的解析, 日本熱測定学会、第47回熱測定討論会、桐生市、桐生市市民文化会館,   2011年
  • FAMSO+水およびアルコール系の蒸気圧測定, 日本熱測定学会、第47回熱測定討論会、桐生市、桐生市市民文化会館,   2011年
  • 嵩高いアミン+アルコール系の相互作用について, 日本熱測定学会、第47回熱測定討論会、桐生市、桐生市市民文化会館,   2011年
  • 極性溶媒中での光学活性リモネンのエンタルピー識別, 溶液化学研究会、第34回溶液化学シンポジウム、 名古屋市、名古屋大学 ES総合館ESホール,   2011年
  • 医薬品の溶解度と各種物性値との相関関係, 溶液化学研究会、第34回溶液化学シンポジウム、 名古屋市、名古屋大学 ES総合館ESホール,   2011年
  • o-,m-およびp-構造異性体2成分溶液の熱力学的性質, 日本化学会、日本化学会第90春季年会、東大阪市、近畿大学本部キャンパス,   2010年
  • ブタノール溶液中での光学活性リモネンの混合エンタルピー, 日本化学会、日本化学会第90春季年会、東大阪市、近畿大学本部キャンパス,   2010年
  • 薬剤の水/有機溶媒混合溶液に対する溶解度の予測, 日本化学会、日本化学会第90春季年会、東大阪市、近畿大学本部キャンパス,   2010年
  • Enthalpy and entrophy changes on molecular inclusion of butane and pentane derivatives into α?cyclodextrin cavity in aqueous solutions, 15th International Cyclodextrin SymposiumVienna, Austria,   2010年
  • Prediction of Solubility of Drugs in Mixed Liquid Solvents Using COSMO-RS and Group Contribution Methods, IUPAC, ICCT2010 つくば市、エポカルつくば,   2010年
  • (120)Thermodynamic properties of o-, m- and p-structure isomers, IUPAC, ICCT2010 つくば市、エポカルつくば,   2010年
  • Calorimetric and Molecular Dynamics Studies on Inclusion of Mono- and Di-Alcohols into β-cyclodextrin, IUPAC, ICCT2010 つくば市、エポカルつくば,   2010年
  • (139) 脂肪族ニトリル水溶液系の部分モルエンタルピー, 溶液化学研究会、第34回溶液化学シンポジウム、 名古屋市、名古屋大学 ES総合館ESホール,   2011年
  • Partial molar enthalpies of aliphatic alcohols in dilute aqueous solution, Dutch Society for Thermal Anaysis andCalorimetry, ESTAC-10, Rotterdam,   2010年
  • 極性および無極性溶媒中での光学活性フェンコンのエンタルピー識別, 溶液化学研究会、第33回溶液化学シンポジウム,   2010年
  • Enthalpic discrimination of chiral limonene in solutions, 2010 International Chemical Congress of Pacific, honolulu, convension center,   2010年
  • Prediction of solubility of drugs in organic-water binary solutions by COSMO-RS and by UNIFAC, 2010 International Chemical Congress of Pacific, honolulu, convension center,   2010年
  • エタノール溶液中での光学活性fenchoneのエンタルピー識別, モレキュラーキラリティ2009、吹田市、大阪大学吹田キャンパス,   2009年
  • 極性および無極性溶媒中での光学活性リモネンの識別, モレキュラーキラリティ2009、吹田市、大阪大学吹田キャンパス,   2009年
  • Enthanlpic discrimination of enantiomers in solution, IUPAC,31st Inter-national Conference on Solution Chemistry Innsbruck, Austria,   2009年
  • 水溶液中での a-シクロデキストリン空洞へのハロゲン化ブタンおよびペンタンの包接に伴うエンタルピー及びエントロピー変化, 26回シクロデキストリンシンポジウム、宇都宮市、栃木県総合文化センター,   2009年
  • 連続誘電体モデルによるシクロデキストリン+薬剤複合体の解明, 26回シクロデキストリンシンポジウム、宇都宮市、栃木県総合文化センター,   2009年
  • 構造異性体2成分溶液の熱力学的性質 III, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • 極性溶媒中での光学活性リモネンの混合エンタルピー, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • 両親媒性化合物の希薄水溶液に関するエネルギー的考察, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • スルフォキサイド+二級アルキルアルコール系の混合エンタルピーIII, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • ブタノール+ブチルアミン系の会合, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • ブタノールおよびペンタノール異性体希薄水溶液の部分モルエンタルピー, 日本熱測定学会、第45回熱測定討論会、八王子市、首都大学東京,   2009年
  • 高分子の熱分析, 日本熱測定学会、第61回熱測定講習会、豊中市、阪大,   2008年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞によるブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 日本化学会、日本化学会第88春季年会、東京都、立教大学池袋キャンパス,   2008年
  • バルビツール薬剤と溶剤の分子間相互作用に関する計算科学的研究, 日本化学会、日本化学会第88春季年会、東京都、立教大学池袋キャンパス,   2008年
  • Contribution of substituents for butane and pentane on inclusion mechanism of a-CD, 14th International Cyclodextrin Sympo- sium 京都市、同志社大学今出川キャンパス,   2008年
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of Pentanenitril and Hexanenitril with Beta-Cyclodextrin in Aqueous Solutions, 14th International Cyclodextrin Sympo- sium 京都市、同志社大学今出川キャンパス,   2008年
  • Studies on Molecular Interactions of Barbiturates and Model Compounds of Polyethylene Glycol, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • Calorimetric and Molecular Dynamics Studies on Inclusion of Some Alcohols into b-cyclodextrin Cavities, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • Enthalpies of mixing of structural isomers of o- + p-isomers, and m- + p-isomers, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • Enthalpic discrimination of chiral limonenes in ethanol and cyclohexane solutions, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • Thermodynamic properties of inclusion compounds of a-CD +butane, +pentane and +hexane derivatives in aqueous solution, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • Excess enthalpies of binary mixture of propanol+propylamine at 298.15 K, CATS 2008, Dalian, China, Bayshore Hotel Dalian,,   2008年
  • 水溶液中でのa-シクロデキストリン空洞へのハロゲン化ブタンの包接に伴うエンタルピー及びエントロピー変化, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • EXCESS ENTHALPIES OF BINARY MIXTURES OF PROPYLAMINES + BUTANOLS AT 298.15 K, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • Excess molar enthalpies for S- and R- fenchone in ethanol solutions, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • キラル溶液における多体間相互作用, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • スルフォキサイド+二級アルキルアルコール系の混合エンタルピー?, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • ブタノール+プチルアミン系の会合状態について, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • キラル溶液における三体間相互作用, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • Thermodynamic study on o-, m-, and p-isomers at 298.15 K, 日本熱測定学会、第44回熱測定討論会、つくば市、エポカルつくば,   2008年
  • キラル混合溶液における三体間相互作用, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム プレシンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • FAMSO+水系の計算化学結果と熱力学量, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • 長鎖アルコール構造異性体+DMSOとの相互作用, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • 水溶液中でのa-CD空洞へのハロゲン化ペンタンの包接に伴うエンタルピー及びエントロピー変化, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • Excess enthalpies of mixing of R- and S-fenchone in some solutions, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • 無極性溶媒中での光学活性リモネンのエンタルピー認識, 溶液化学研究会、第31回溶液化学シンポジウム、東大阪市、近畿大学,   2008年
  • Three-body Interactions in Ciral MIxtures, The Fourth Inter-national Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials, 横浜市, 横浜情報文化センター,   2008年
  • Enthalpic behavious of ethanol solution of chiral limonenes at 298.15 K, The Fourth Inter-national Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials, 横浜市, 横浜情報文化センター,   2008年
  • Study for substituted group's effect on the thermodynamic properties for stucture isomers, The Fourth Inter-national Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials, 横浜市, 横浜情報文化センター,   2008年
  • Quantum Chemical Studies on Inclusion of Cyclodextrin and Hormones, 4th Asian Cyclodextrin Conference 京都市 同志社大学,   2007年
  • 水溶液中におけるα-CD+ペンタン誘導体の熱力学的性質, 日本化学会、日本化学会第87春季年会 吹田市 関西大学,   2007年
  • Calorimetric and theoretical studies on the system of {(R)-(+)-LIMONENE + (S)-(-)-LIMONENE}}, CALORIMETRY CONFERENCE Calcon2007         honolull USA,   2007年
  • 薬剤包接複合体の分子間相互作用に関する量子化学的研究, 日本化学会、日本化学会第87春季年会 吹田市 関西大学,   2007年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞へのペンタンニトリルの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 第25回シクロデキストリンシンポジウム 鳥取,   2007年
  • シクロデキストリンとホルモン類の相互作用に関する計算科学的研究, 第25回シクロデキストリンシンポジウム 鳥取,   2007年
  • 有機キラル溶液の過剰熱容量, 日本熱測定学会 第43回熱測定討論会,   2007年
  • Enthalpic Discrimination of Cyclic Chiral Compounds in Ethanol Solution, Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 福岡市 福岡大学,   2007年
  • 包接化合物の溶媒和に関する計算科学的研究, 藤澤 雅夫, 近藤健人, 広鰭竜良, 森本真一, 木村 隆良, 第24回シクロデキストリンシンポジウム,   2006年10月, 第24回シクロデキストリンシンポジウム
  • Enthalpies of mixing of o- and m-isomers at 298.15 K, "9th ESTACKrakow Poland",   2006年
  • 糖水様液の過剰熱容量の温度依存性, 日本熱測定学会、第42回熱測定討論会 京都市 京都大学,   2006年
  • シクロデキストリン薬剤包接化合物の溶媒和に関する計算科学的研究, シクロデキストリン学会、第24 回シクロデキストリンシンポジウム 東京都 東京大学,   2006年
  • D -, L - アミノ酸水溶液の過剰熱容量の温度依存性II, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第41回熱測定討論会,   2005年10月, 第41回熱測定討論会
  • Studies on molecular interactions of cyclodextrin and antiulcer agent, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 4th International and 6th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis,   2005年10月, 4th International and 6th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis
    概要:シクロデキストリンに包接せれることにより、溶解度の改善、バイオアベイラビリティーの向上などが期待される抗潰瘍剤クロラムブシルと、シクロデキストリンの相互作用を計算科学的手法で明らかにした(英文)。
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞への高級ニトリルの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, シクロデキストリン学会、第23回シクロデキストリンシンポジウム 尼崎市 武庫川女子大学,   2005年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞への1,2-ブタンジオールの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, シクロデキストリン学会、第23回シクロデキストリンシンポジウム 尼崎市 武庫川女子大学,   2005年
  • シクロデキストリンと抗潰瘍剤との相互作用に関する計算科学的研究, シクロデキストリン学会、第23回シクロデキストリンシンポジウム 尼崎市 武庫川女子大学,   2005年
  • Excess enthalpies of binary mixtures of heterochiral liquids at 298.15 K, CATS-2005、 福岡市 九州大学,   2005年
  • アミノ酸水溶液の過剰熱容量の温度依存性II, 日本熱測定学会 第41回熱測定討論会 福岡市 九州大学,   2005年
  • オリゴ糖の水和に関するエネルギー的解析, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials,   2004年11月, The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials
    概要:オリゴ糖の水和に関する熱力学量を半経験的分子軌道法によって算出し、水和自由エネルギーと動的水和数との相関について議論した。
  • D -, L - アミノ酸水溶液の過剰熱容量の温度依存性, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 第40回記念熱測定討論会,   2004年10月, 第40回記念熱測定討論会
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞へのニトリルの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 木村 隆良, 雪山 聖, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 第22回シクロデキストリンシンポジウム,   2004年09月, 第22回シクロデキストリンシンポジウム
  • TEMPERATURE DEPENDENCE OF THE EXCESS HEAT CAPACITIES OF {x (+)-a-PINENE + (1-x) (-)-a-PINENE }, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 18th IUPAC Conference on Chemical Thermodynamics,   2004年08月, 18th IUPAC Conference on Chemical Thermodynamics
  • 近紫外線照射による蛋白質の損傷:にわとりリゾチーム, 藤澤 雅夫, 赤坂 一之, 岡田 孝弘, 北原亮, 鎌足 雄司, 第51回日本生化学会近畿支部例会,   2004年05月, 第51回日本生化学会近畿支部例会
    概要:近紫外線照射によりリゾチームが損傷する様子をNMRスペクトル、蛍光スペクトルから明らかにした。
  • 原子間力顕微鏡で観測したSS結合欠損リゾチームのアミロイドプロトフィブリルの構造特性, 河野良平,竹内 亮,藤澤雅夫,橘秀樹,赤坂一之, 日本生物理学会第42回年会,   2004年10月
  • 水溶液中でのα‐シクロデキストリン+ブタンジオール包接化合物の熱力学的性質, 木村 隆良, 神山 匡, 藤澤 雅夫, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
  • オリゴ糖の溶媒和, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 日本化学会第84春季年会,   2004年03月, 日本化学会第84春季年会
    概要:α-シクロデキストリンがエントロピー主導による水和が起こり、β-CDの水和における原動力がエントロピー項とエンタルピーがほぼ等価あること、その他のオリゴ糖の水和の原動力がエンタルピーであることを明らかにした。
  • 蛋白質内空隙(Cavity):検出方法の検討と応用, 第51回日本生化学会近畿支部例会    和歌山市 和歌山県立医大,   2004年
  • 低温条件下におけるにわとりリゾチームの構造安定性, 第51回日本生化学会近畿支部例会    和歌山市 和歌山県立医大,   2004年
  • 深海生物の蛋白質DHFRの高圧・低温下での構造安定性, 第51回日本生化学会近畿支部例会    和歌山市 和歌山県立医大,   2004年
  • アミロイド病原性蛋白質 Transthyretinの低温安定性, 第51回日本生化学会近畿支部例会    和歌山市 和歌山県立医大,   2004年
  • 低温高圧下におけるにわとりリゾチームの立体構造解析, 第45回高圧討論会,   2004年
  • EXCESS ENTHALPIES OF BINARY MIXTURES OF AMINES + PROPANOLS AT 298.15 K, IUPAC, ICCT2004 Beijin China,   2004年
  • 高圧NMR・高圧蛍光による深海生物DHFRの構造特性, 第45回高圧討論会,   2004年
  • d,l-アミノ酸の過剰熱力学量の温度依存性, 日本熱測定学会 第40回熱測定討論会 東京都 大妻女子大,   2004年
  • 近紫外線照射によるタンパク質の損傷・にわとりリゾチーム, 第51回日本生化学会近畿支部例会    和歌山市 和歌山県立医大,   2004年
  • ENERGETIC ANALYSIS FOR SOLVATION OF OLIGO- SACCHARIDES, The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials つくば市 筑波大学,   2004年
  • シクロデキストリンの溶媒和に関するエネルギー的考察, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第21 回シクロデキストリンシンポジウム(札幌),   2003年09月, 第21 回シクロデキストリンシンポジウム(札幌)
    概要:半経験的ハミルトニアンを使って、α .、β .、γ . シクロデキストリン、単糖類の水和自由エネルギーを算出した。水和自由エネルギーは溶媒接触表面積よりもむしろ水和数と良い相関が得られた。
  • シクロデキストリンの分子包接に関与する相互作用とQSAR値, 藤澤 雅夫, 松下隆宣, 木村 隆良, 日本薬学会年会第123年会(長崎),   2003年03月, 日本薬学会年会第123年会(長崎)
    概要:ゲスト分子の分散力等を算出し、シクロデキストリンの分子包接に関与する相互作用との相関を議論した。
  • (47) シクロデキストリンの溶媒和に関するエネルギー的考察, 第21回シクロデキストリンシンポジウム 札幌市 札幌コンベンションセンター ,   2003年
  • 水溶液中におけるシクロデキストリンとグリコール包接複合体の挙動, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第20回シクロデキストリンシンポジウム(千葉),   2002年09月, 第20回シクロデキストリンシンポジウム(千葉)
    概要:水溶液中でのシクロデキストリン プロピレングリコール包接複合体の分子動力学計算を行った。シクロデキストリン空洞内でプロピレングリコールは初期構造から変化し、200ps付近ではトランスから±60°回転した構造を示す確率が大きいことが明らかになった。
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of 1-Heptanol into α- and β-cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 3rd International and 5th China-Japan joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis(中国),   2002年08月, 3rd International and 5th China-Japan joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis(中国)
    概要:1?ヘプタノールがα?およびβ?シクロデキストリンに包接される際の熱力変化量をミクロ熱測定により決定した。アルキル基が短い直鎖一価アルコールのβ?シクロデキストリンへの包接ではエンタルピー変化量が正の値であったのに対して、1?ヘプタノールでは発熱を示した。分子表面と空洞内壁との接触が密になったためと考えられる。(英文)
  • 希薄水溶液中における アルカンジオールの熱力学関数, 藤澤 雅夫, 赤坂 一之, 松井裕矢, 木村 隆良, 松下隆宣, 日本化学会第 81 春季年会 (東京),   2002年03月, 日本化学会第 81 春季年会 (東京)
    概要:希薄水溶液中における、 1, 2 エタンジオール、 1, 2 プロパンジオール等、 アルカンジオールの熱容量を測定した。 炭素数が 3 以上のアルカンジオールに関しては温度の上昇と共に、 熱容量が減少したが、 1, 2 エタンジオールの熱容量は温度の上昇と共に、 熱容量が増加した。 1, 2 エタンジオールの周囲に存在する水の様子が、 他のアルカンジオールのまわりに存在する水と明らかに異なっていることが明白になった。
  • Enthalpy and entropy changes on molecular inclusion of 1-heptanol onto a- and b-cyclodextrin in aqueous solution, 第5回日中及び第3回国際 熱測定シンポジウム        Lanzhuo China,   2002年
  • 水溶液中でのα-シクロデキストリン空洞へのブタンジオールの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 第21回シクロデキストリンシンポジウム 札幌市 札幌コンベンションセンター,   2002年
  • Enthalpies of dilution of mono , di and poly alcohols in dilute aqueous solutions, 藤澤 雅夫, 前田宗, 高木定夫, 木村 隆良, The Second International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials (横浜),   2001年11月, The Second International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials (横浜)
    概要:アルコール希薄水溶液の希釈エンタルピーを、 溶液の統計熱力学理論で整理することによって、 二体間、 三体間相互作用係数を算出した。 (英文)
  • シクロデキストリンによるエチレングリコールの包接挙動の計算化学的研究, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 第 19 回シクロデキストリンシンポジウム (京都),   2001年09月, 第 19 回シクロデキストリンシンポジウム (京都)
    概要:シクロデキストリン+エチレングリコール+水系の分子動力学計算を実施することによって、 水中でエチレングリコールがシクロデキストリン空洞内壁と水素結合を形成する確率が低いことを明らかにした。
  • シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値とゲスト分子の分子表面積との相関, 藤澤 雅夫, 木村 隆良, 高木定夫, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸),   2001年03月, 日本化学会第 79 春季年会 (神戸)
    概要:ゲスト分子の分子表面積を評価し、 シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数値と分子識別との相関について検討した。
  • シクロデキストリンによる分子包接の熱力学関数とゲスト分子の分子表面積との関係, 日本化学会第79春季年会 神戸市 甲南大学,   2001年
  • 水溶液中でのα-シクロデキストリン空洞へのポリエチレングリコールの包接に伴うエンタルピーおよびエントロピー変化, 第19回シクロデキストリンシンポジウム 京都市 同志社大学今出川キャンパ,   2001年
  • ENTHAPIES OF DILTION OF MONO-, DI- AND POLY-ALCHOLS INDILUTE AQUEOUS SOLUTIONS, The second inter-national symposium on the new Frontiers of thermal studies of materials 横浜市 東工大長津田,   2001年
  • 2-プロパノール、シクロヘキのノールの水中でのa-およびb-シクロデキストリンへの包接と分子識別, 第18回シクロデキストリンシンポジウム 厚木市 厚木市文化会館,   2000年
  • ENTHALPY AND ENTROPY CHANGES ON MOLECULAR INCLUSION OF ISOMERS OF BUTANDIOLS IN GAS PHASE INTO a- AND b-CYCLODEXTRIN CAVITIES IN AQUEOUS SOLUTIONS, 12th ICTAC Copenhagen,   2000年
  • ENTHALPY AND ENTROPY CHANGES ON MOLECLULAR INCLUSION OF 1,4-BUTANEDIOL INTO a- AND b-CYCLO-DEXTRIN CAVITIES IN AQUEOUS SOLUTIONS, 第4回日中及び第2回国際 熱測定シンポジウム つくば市        通産省工業技術院共用講堂,   1999年
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of hexanol into b-cyclodextrin Cavities in Aqueous Solutions, 26th International Conference on Solution Chemistry,  福岡市 アクロス,   1999年
  • シクロデキストリン結晶の脱水過程, 第17回シクロデキストリンシンポジウム 豊中市 大阪大学,   1999年
  • シクロデキストリン水溶液における溶質-溶媒間相互作用, 第17回シクロデキストリンシンポジウム 豊中市 大阪大学,   1999年
  • 1,1'-ビ-2-ナフトールの熱分析, 日本化学会、日本化学会第74春季年会、京都市、同志社大学,   1998年
  • ブタンジオール異性体蒸気のシクロデキストリンによる包接の熱力学, 第16回シクロデキストリンシンポジウム秋田市 三井アーバンホテル,   1998年
  • ポリフマル酸ジアルキルのエンタルピー緩和と分子内回転運動, 高分子学会、第46回高分子学会年次大会 横浜市 パシフィコ横浜,   1997年
  • 2-プロパノール、シクロヘキサナオールの水中でのa-およびb-シクロデキストリンへの包接と分子識別, 第18回シクロデキストリンシンポジウム 厚木市 厚木市文化会館,   2000年
  • The Enthalpic Stabilisation on Molecular Inclusion of Butanediol Isomers into Cyclodextrin Cavities, 14th Iupac Conference on Chemical Thermodynamics 豊中市 千里ライフサイエンスセンター,   1996年
  • 水溶液におけるシクロデキストリンによる包接挙動の分子シミュレーションI, 第13回シクロデキストリンシンポジウム 東大阪市、近畿大学,   1995年
  • 包接化合物結晶からのゲスト分子の昇温脱離機構, 科学研究費 重点領域研究「有機結晶環境」 大阪市 郵便貯金会館,   1994年
  • α -シクロデキストリン水和物結晶の熱分析, 日本化学会、日本化学会第63春季年会 東大阪市 近畿大学,   1993年
  • 水溶液中でのb -シクロデキストリンによるn-オクタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 第12回シクロデキストリンシンポジウムム 西宮市 武庫川市女子大,   1993年
  • 水溶液中でのa-シクロデキストリンによる1-ヘプタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 第11回機能性液状ポリマー材料研究会  和歌山市 しおなみホール,   1993年
  • Dehydration behavior of crystalline cyclohexaamilose hexahydrate, the (H2O)2 inclusion complex of alpha-cyclodextrin, Journees Mediterraneennes de Calori,   1993年
  • 水溶液中でのb -シクロデキストリンによる1-ヘプタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 日本生物物理学会、第31回日本生物物理学会、名古屋市、名古屋大,   1993年
  • 水溶液中でのa-シクロデキストリンによる1-ヘプタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 日本化学会第63春季年会 東大阪市 近畿大学,   1992年
  • 水溶液中でのb -シクロデキストリンによる1-ヘプタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 第11回シクロデキストリンシンポジウム 松江市 松江総合福祉センター,   1992年
  • 水溶液中におけるシクロデキストリンの分子包接挙動, 藤澤雅夫 (講演要旨集) pp.5-8                   , 立命館大学物理化学セミナー,   1991年
  • 水溶液中でのb -シクロデキストリン空洞による2,3-ブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) p. 128            , 日本化学会第61春季年会 横浜市 神奈川大学 ,   1991年
  • Preferential inclusion in aqueous solution of cyclodextrin and alcohols, Sadao Takagi, Masao Fujisawa, Takayohsi Kimura (講演要旨集) pp.60  , 16th International Symposium on Macrocyclic Chemistry Scheffield UK,   1991年
  • 水溶液中でのa- およびb -シクロデキストリン空洞によるアルコール包接化自由エネルギーの炭素原子数依存性, 第10回シクロデキストリンシンポジウム 東京都,   1991年
  • 水溶液中でのb - シクロデキストリン空洞による1ーヘキサノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫(講演要旨集) pp.669  , 日本化学会第58春季年会 横浜市 神奈川大学,   1990年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞によるブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, Masao Fujisawa, Takayoshi Kimura, Sadao Takagi (講演要旨集) pp.121, Sino-Japanese Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis 東大阪市 近畿大学,   1990年
  • Thermodynamic Study on Molecular Recognition in Aqueous Solution of Alcohol + Cyclodextrin, Sadao Takagi, Masao Fujisawa, Takayohsi Kimura (講演要旨集) pp.68  , 11th IUPAC Inter-national Con-ference on Chemical Thermo-dynamics, Como, Italy,   1990年
  • 水溶液中でのa-シクロデキストリン空洞による2,3-ブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫(講演要旨集) pp.34-35  , 第9回シクロデキストリンシンポジウム 筑波市、筑波大学,   1990年
  • 水溶液中でのb - シクロデキストリン空洞による1,3-ブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.128            , 日本化学会第51秋季年会、京田辺市、同志社大学,   1989年
  • 水溶液中でのシクロデキストリンによる1-ヘキサノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.34-35, 第8回シクロデキストリンシンポジウム、熊本市、熊本大学,   1989年
  • Important Role of the Increase in Entropy on Molecular Recognition in Aqueous Cyclodextrin Solutions, Sadao Takagi,Takayoshi Kimura,Mune Maeda, Masao Fujisawa  (講演要旨集)pp.H4 , 5th Intern. Symp. On Inclusion Phenom. And Mol. Recognition, abstract、 Orange Beach、Alabama,   1988年
  • 水溶液中でのシクロデキストリン空洞によるブタンジオールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.14-15, 第7回シクロデキストリンシンポジウム東京都、東京工業大学,   1988年
  • 水溶液中でのにおける a-シクロデキストリンによる1,4-ブタンジールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.160, 日本化学会、日本化学会第54春季年会、東京都、日本大学,   1987年
  • Thermodynamic Aspects of Molecular Recognition in Aqueous Cyclodextrin-Alcohol Solutions, Sadao Takagi, Takayoshi Kimura, Masao Fujisawa(講演要旨集) pp.89, International Sympoium on Bio-organic and Bio-inorganic Chemistry、京都市、京都大学,   1987年
  • 水溶液中でのにおけるa-シクロデキストリンによる1,3-ブタンジールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫(講演要旨集) pp.89, 日本化学会、日本化学会第55春季年会 福岡市 九州大学,   1987年
  • 水溶液中でのシクロヘプタアミロース水溶液中への1-ブタノールの包接に伴うエンタルピーとエントロピーの変化, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.262, 日本化学会、日本化学会第52春季年会、京都市、同志社大学,   1986年
  • Enthalpy and Entropy Changes on Molecular Inclusion of Ethanol into β-Cyclodextrin in Aqueous Solution, Sadao Takagi, Takayoshi Kimura, Masao Fujisawa (講演要旨集) pp.70, Sino-Japanese Joint Symposium on Calolimetry and Thermal Analysis、Hangzhou,   1986年
  • 水溶液中におけるアルコール-シクロデキストリン包接化合物形成の熱力学的研究, 藤澤雅夫、木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.6, 第5回シクロデキストリンシンポジウム、京都市、京都大学,   1986年
  • 水溶液中よりシクロヘキサアミロース水溶液中への1-ブタノールの移行エンタルピー並びに包接化エントロピー, 藤澤雅夫・木村隆良・高木定夫 (講演要旨集) pp.58, 日本化学会、日本化学会第51秋季年会、金沢市、金沢大学,   1985年

MISC

  • Molecular Simulation Inclusion Phenomena of Cyclodextrin in Aqueous Solution I, Journal of the Faculty of Science and Technology, 32号 p.15-17,   1996年
  • 希薄水溶性中でのα-およびβ-シクロデキストリンによる包接挙動のミクロ熱測定による研究, 近畿大学 薬学総合研究所紀要, 4,   1995年

競争的資金

  • 分子認識の熱力学的観点に関する研究
  • 生体関連分子の水和に関する基礎的研究
  • 分子軌道法による分子間相互作用の解明

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生物物理学, 近畿大学生物理工学部