KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

村上 卓道ムラカミ タカミチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門放射線診断学・医用画像応用低侵襲性治療
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/614-murakami-takamichi.html
ホームページURLhttp://radiol.med.kindai.ac.jp/
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    体外から針を刺して組織を採取(生検)しないと測定できなかった肝臓に蓄積した脂肪や鉄分、線維化を、CT装置を用いて無侵襲に測定するシステム(バーチャルCT生検)を研究している。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2016/7/21
     日本テレビ系列「情報ライブ ミヤネ屋」
    (大橋巨泉さんがお亡くなりになったことを受けて)
     がん検診(PET-CT検査)について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 大阪大学, 医学研究科, 内科系放射線医学
  •  - 1986年, 神戸大学, 医学部, 医学

経歴

  •   2006年01月,  - 現在, 近畿大学医学部(教授)
  •   2005年04月,  - 2005年12月, 大阪大学医学部(助教授)
  •   2005年03月,  - 2005年03月, 成均館大学医学部(客員教授)
  •   2003年02月,  - 2005年02月, 大阪大学医学部(助教授)
  •   2002年04月,  - 2003年01月, 医誠会病院兼画像応用低侵襲治療センター(副院長兼所長)
  •   1998年10月,  - 2002年03月, 大阪大学医学部(講師)
  •   1998年04月,  - 1998年09月, 大阪大学医学部(助手)
  •   1997年06月,  - 1998年03月, 市立豊中病院(医長)
  •   1995年06月,  - 1997年05月, 大阪大学医学部(助手)
  •   1994年10月,  - 1995年05月, 米国ピッツバーグ大学メディカルセンター(客員講師)
  •   1993年03月,  - 1994年09月, 大阪大学医学部(助手)
  •   1986年04月,  - 1993年02月, 大阪大学医学部

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 放射線科学

研究キーワード

  • 放射線科学, 肝腫瘍治療, 造影剤, MRI, CT, dynamic CT/MR study, 腹部, 4D CT and MR imaging, Dual energy CT, MRガイド下集束超音波治療, 肝機能診断, 腹部領域のdynamic CT/MR study

論文

  • 特集 肝癌診療A to Z:2.肝癌画像診断のアップデート:CT,MRI, 鶴﨑正勝,祖父江慶太郎,村上卓道, 肝癌クリニカルアップデート, 3, 2, 115,   2017年10月, 査読有り
  • Enlargement of the infraorbital canal following Caldwell-Luc surgery., Fukui H, Kashiwagi N, Murakami T, Watanabe Y, Hyodo T, Ishii K, Yamakawa M, Takahashi H, Tomiyama N., Jpn J Radiol, 35, 9, 532,   2017年09月, 査読有り
  • 画像診断のイノベーションー診断・治療のアプローチをどう変えたか, 村上卓道, CLINICIAN, 64, 9, 82, 89,   2017年09月, 査読有り
  • Comparison of lesion enhancement between BB Cube and 3D SPGR images for brain tumors with 1.5 T magnetic resonance imaging., Hasegawa H, Ashikaga R, Okajima K, Wakayama T, Miyoshi M, Nishimura Y, Murakami T., Jpn J Radiol, 35, 8, 463, 471,   2017年08月, 査読有り
  • Identification of elemental weight fraction and mass density of humanoid tissue-equivalent materials using dual energy computed tomography., Shimomura K, Araki F, Kono Y, Asai Y, Murakami T, Hyodo T, Okumura M, Matsumoto K, Monzen H, Nishimura Y., Physica Medica: European Journal of Medical Physics, 39, 7, 59, 66,   2017年07月, 査読有り
  • Enlargement of the infraorbital canal following Caldwell-Luc surgery., Fukui H, Kashiwagi N, Murakami T, Watanabe Y, Hyodo T, Ishii K, Yamakawa M, Tomiyama N., Jpn J Radiol (in press),   2017年06月, 査読有り
  • Magnetic resonance elastography in the assessment of hepatic fibrosis: a study comparing transient elastography and histological data in the same patients., Toguchi M, Tsurusaki M, Yada N, Sofue K, Hyodo T, Onoda M, Numoto I, Matsuki M, Imaoka I, Kudo M, Murakami T., Abdom Radiol , 42, 6, 1659, 1666,   2017年06月, 査読有り
  • X線の性質を応用した新しい検査手法:医療用デュアルエネルギーX線CTの最近の技術, 村上卓道, 非破壊検査, 66, 5, 217, 221,   2017年05月, 査読有り
  • Prospective Comparison of Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI with Dynamic CT for Detecting Recurrence of HCC after Radiofrequency Ablation., Imai Y, Katayama K, Hori M, Yakushijin T, Fujimoto K, Itoh T, Igura T, Sakakibara M, Takamura M, Tsurusaki M, Takahashi H, Nakanishi K, Usuki N, Tsuji K, Ohashi H, Kim T, Takehara T, Murakami T., Liver Cancer, 6, 4, 349,   2017年04月, 査読有り
  • Comparison of gadoxetic acid-enhanced dynamic MR imaging and contrast-enhanced computed tomography for preoperative evaluation of colorectal liver metastases., Asato N, Tsurusaki M, Sofue K, Hieda Y, Katsube T, Kitajima K, Murakami T., Jpn J Radiol , 35, 4, 197, 205,   2017年04月, 査読有り
  • Utility of Amplatzer vascular plug with preoperative common hepatic artery embolization for distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection. , Toguchi M, Tsurusaki M, Numoto I, Hidaka S, Yamakawa M, Asato N, Im SW, Yagyu Y, Matsuki M, Takeyama Y, Murakami T., Cardiovasc Interv Radiol, 40, 3, 445, 449,   2017年03月, 査読有り
  • Multimaterial Decomposition Algorithm for the Quantification of Liver Fat Content by Using Fast-Kilovolt-Peak Switching Dual-Energy CT: Experimental Validation. , Hyodo T, Hori M, Lamb P, Sasaki K, Wakayama T, Chiba Y, Mochizuki T, Murakami T. , Radiology, 282, 2, 381, 389,   2017年02月, 査読有り
  • 18F-FDG PET/CT Features of Chronic Sclerosing Sialadenitis Presenting as Localized IgG4-Related Disease., Kashiwagi N, Enoki E, Hosokawa C, Sakaguchi K, Murakami T. , Clin Nucl Med , 42, 2, 131, 132,   2017年02月, 査読有り
  • Clinical application of apparent diffusion coefficient mapping in voxel-based morphometry in the diagnosis of Alzheimer's disease., Takahashi H, Ishii K, Kashiwagi N, Watanabe Y, Tanaka H, Murakami T, Tomiyama N., Clin Radiol, 72, 2, 108, 115,   2017年02月, 査読有り
  • Multimaterial Decomposition Algorithm for the Quantification of Liver Fat Content Using Fast-Kilovolt-Peak Switching Dual-Energy CT: Clinical Evaluation., Hyodo T, Yada N, Hori M, Maenishi O, Lamb P, Sasaki K, Onoda M, Kudo M, Mochizuki T,Murakami T. , Radiology, 283, 1, 108, 118,   2017年01月, 査読有り
  • Comparison of gadoxetic acid-enhanced dynamic MR imaging and contrast-enhanced computed tomography for preoperative evaluation of colorectal liver metastases., Asato N, Tsurusaki M, Sofue K, Hieda Y, Katsube T, Kitajima K, Murakami T., Jpn J Radiol, 35, 4, 197, 205,   2017年01月, 査読有り
  • Aerosol deposition of inhaled corticosteroids/long-acting Ɓ2-agonists in the peripheral airways of patients with asthma using functional respiratory imaging, a novel imaging technolog., Iwanaga T, Kozuka T, Nakanishi J, Yamada K, Nishiyama O, Sano H, Murakami T, Tohda Y., Pulm Ther (in press),   2017年, 査読有り
  • Metastases to the parotid nodes: CT and MR imaging findings., Kashiwagi N, Murakami T, Toguchi M, Nakanishi K, Hidaka S, Fukui H, Kimura M, Kitano M, Tomiyama N., Dentomaxillofacial Radiology (in press),   2016年10月, 査読有り
  • The correlation between FDG uptake and biological molecularmarkers in pancreatic cancer patients., Kaida H, Azuma K, Kawahara A, Yasunaga M, Kitasato Y, Hattori S, Taira T, Ureshino H, Kage M, Ishii K, Murakami T, Ishibashi M, Eur J Radiol, 85, 10, 1804, 1810,   2016年10月, 査読有り
  • Current evidence for the diagnostic value of gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging for liver metastasis., Tsurusaki M, Sofue K, Murakami T, Hepatol Res, 46, 9, 853, 861,   2016年09月, 査読有り
  • Imaging of metastases from breast cancer to uncommon sites: a pictorial review., Toguchi M, Matsuki M, Numoto I, Tsurusaki M, Imaoka I, Ishii K, Yamashita R, Inada Y, Monzawa S, Kobayashi H, Murakami T, Jpn J Radiol, 34, 6, 400, 408,   2016年06月, 査読有り
  • Accurate Quantification of Glandularity and Its Applications with Regard to Breast Radiation Doses and Missed Lesion Rates During Individualized Screening Mammography., Yamamuro M, Yamada K, Asai Y, Yamada K, Ozaki Y, Matsumoto M, Murakami T, Breast Imaging, 6, 377, 384,   2016年06月, 査読有り
  • Feasibility of Extracted-Overlay Fusion Imaging for Intraoperative Treatment Evaluation of Radiofrequency Ablation for Hepatocellular Carcinoma., Makino Y, Imai Y, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Iwamoto T, Okabe J, Takamura M, Fujita N, Hori M, Takehara T, Kudo M, Murakami T, Liver Cancer, 5, 4, 269, 279,   2016年04月, 査読有り
  • Biochemical and Clinical Predictive Approach and Time Point Analysis of Hepatobiliary Phase Liver Enhancement on Gd-EOB-DTPA–enhanced MR Images., Okada M, Murakami T, Kuwatsuru R, Nakamura Y, Isoda H, Goshima S,Hanaoka R, Haradome H, Shinagawa Y, Kitao A, Fujinaga Y, Marugami N, Yuki M, Ichikawa T, Higaki A, Hori M, Fujii S, Matsui O, Radiology, 281, 2, 474, 483,   2016年02月, 査読有り
  • Safe use of iodinated and gadolinium-based contrast media in current practice in Japan: a questionnaire survey., Tsushima Y, Ishiguchi T, Murakami T, Hayashi H, Hayakawa K, Fukuda K, Korogi Y, Sugimoto H, Takehara Y, Narumi Y, Arai Y, Kuwatsuru R, Yoshimitsu K, Awai K, Kanematsu M, Takagi R, Jpn J Radiol, 34, 2, 130, 139,   2016年02月, 査読有り
  • Kupffer phase image of Sonazoid-enhanced US is useful in predicting a hypervascularization of non-hypervascular hypointense hepatic lesions detected on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI: a multicenter retrospective study. , Inoue T, Hyodo T, Korenaga K, Murakami T, Imai Y, Higaki A, Suda T, Takano T, Miyoshi K, Koda M, Tanaka H, Iijima H, Ochi H, Hirooka M, Numata K, Kudo M, J Gastroenterol , 51, 2, 144, 152,   2016年02月, 査読有り
  • The essence of the Japan Radiological Society/Japanese College of Radiology Imaging Guideline. , Yamashita Y, Murayama S, Okada M, Watanabe Y, Kataoka M, Kaji Y, Imamura K, Takehara Y, Hayashi H, Ohno K, Awai K, Hirai T, Kojima K, Sakai S, Matsunaga N, Murakami T, Yoshimitsu K, Gabata T, Matsuzaki K, Tohno E, Kawahara Y, Nakayama T, Monzawa S, Takahashi S, Jpn J Radiol , 34, 1, 43, 79,   2016年01月, 査読有り
  • Comparison of gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging and contrast-enhanced computed tomography with histopathological examinations for the identification of hepatocellular carcinoma: a multicenter phase III study., Tsurusaki M, Sofue K, Isoda H, Okada M, Kitajima K, Murakami T, J Gastroenterol, 51, 1, 71, 79,   2016年01月, 査読有り
  • Normal thymus in adults:appearance on CT and associations with age, sex, BMI and smoking., Araki T, Nishino M, Wei G, Josee D, Gary M H, Murakami T, George R W, George T O, Hatabu H, Eur Radiol, 26, 1, 15, 24,   2016年01月, 査読有り
  • Semi-quantitative Prediction of Early Response of Conventional Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma using Postprocedural Plain Cone-beam CT. , Minami Y, Takita M, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Murakami T, Kudo M. , Hepatol Res (in press),   2016年, 査読有り
  • Estimation of activity of administered 18Ffluorodeoxyglucose by measurement of the dose equivalent rate on the right temporal region of the head. , Sakaguchi K, Hosono M, Imamura T, Takahara N, Hayashi M, Yakushiji Y, Ishii K, Murakami T. , EJNMMI Physics (in press),   2016年, 査読有り
  • 診断のための基本知識:画像診断:, 今岡いずみ,福井秀行,村上卓道, 癌診療指針のための病理診断プラクティス 婦人科腫瘍, 10, 18,   2015年12月, 査読有り
  • Performance of 11C-PiB PET binding potential images in the equivocal static images in the detection of amyloid deposits., Hosokawa C, Ishii K, Kimura Y, Hyodo T, Hosono M, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Yamazoe Y, Murakami T, J Nucl Med, 56, 12, 1910, 1915,   2015年12月, 査読有り
  • Contrast enhancement of intracranial lesions at 1.5 T: comparison among 2D spin echo, Black-Blood (BB) Cube, and BB Cube FLAIR sequences., Im S, Ashikaga R, Yagyu Y, Wakayama T, Miyoshi M, Hyodo T, Imaoka I, Kumano S, Ishii K, Murakami T, Eur Radiol Eur Radiol, 25, 11, 3175, 3186,   2015年11月, 査読有り
  • Use of vessel patterns on contrast-enhanced ultrasonography using a perflubutane-based contrast agent for the differential diagnosis of regenerative nodules from early hepatocellular carcinoma or high-grade dysplastic nodules in patients with chronicn liv, Numata K, Fukuda H, Nihonmatsu H, Kondo M, Nozaki A, Chuma M, Morimoto M, Oshima T, Okada M, Murakami T, Takebayashi S, Maeda S, Inayama Y, Nakano M, Tanaka K, Abdom Imaging Abdom Imaging, 40, 7, 2372, 2383,   2015年07月, 査読有り
  • Cone-Beam CT Angiography for Hepatocellular Carcinoma: Current Status., Minami Y, Murakami T, Kitano M, Sakurai T, Nishida N, Kudo M., Dig Dis, 33, 6, 759, 764,   2015年06月, 査読有り
  • 肝細胞癌の診断・治療の最前線 ダイナミックCT・MRI診断, 村上卓道,朝戸信行,熊野正士,鶴﨑正勝, 消化器外科, 38, 6, 877, 886,   2015年06月, 査読有り
  • Novel Imaging Diagnosis for Hepatocellular Carcinoma:Consensus from the 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting(APPLE 2014), Chen B, Murakami T, Shih T, Sakamoto M, Matsui O, Choi B, Kim M, Lee J, Yang R, Zeng M, Chen R, Liang J, Liver Cancer, 4, 4, 215, 227,   2015年04月, 査読有り
  • Dual energy CTの現状と展望-次世代の標準的CTに向けて-肝・胆・膵, 鶴崎正勝,村上卓道, 臨床画像, 31, 4, 483, 489,   2015年04月, 査読有り
  • Superselective intra-arterial chemotherapy with concurrent radiotherapy for advanced parotid squamous cell carcinoma; a case report., Kashiwagi N, Fujii T, Nishiyama K, Nakanishi K, Tomiyama N, Yagyu Y, Tsurusaki M, Kitano M, Murakami T, Japanese journal of clinical oncology, 45, 4, 378, 380,   2015年04月, 査読有り
  • 肝癌治療効果判定基準(2015年改訂版), 工藤正俊,上嶋一臣,久保正二,坂元亨宇,田中正俊,猪飼伊和夫,古瀬純司,村上卓道,角谷眞澄,國土典宏, 肝臓, 56, 3, 116, 121,   2015年03月, 査読有り
  • 膵頭十二指腸切除後膵液瘻に対する予測因子としての内臓脂肪量測定の有用性, 荒木麻利子,松本正孝,中多靖幸,亀井敬子,石川 原,中居卓也,村上卓道,竹山宣典, 近畿大学医学雑誌, 39, 3, 125, 132,   2015年03月
  • Optimizing signal intensity correction during evaluation of hepatic parenchymal enhancement on gadoxetate disodium-enhanced MRI: Comparison of three methods., Onoda M, Hyodo T, Murakami T, Okada M, Uto T, Miyati T, Eur J Radiol , 84, 3, 339, 345,   2015年03月, 査読有り
  • Surgical and Locoregional Therapy of HCC:TACE., Tsurusaki M, Murakami T, Liver Cancer, 4, 3, 165, 175,   2015年03月, 査読有り
  • Balloon-Occluded Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience., Minami Y, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Kudo M, Oncology, 89, Suppl2, 27, 32,   2015年02月, 査読有り
  • Consensus Development from the 5th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE 2014)., Hsu C, Chen BB, Chen CH, Ho MC, Cheng JC, Kokudo N, Murakami T, Yeo W, Seong J, Jia JD, Han KH, Cheng AL, Liver Cancer, 4, 2, 96, 105,   2015年02月, 査読有り
  • Evidence-based Clinical Practice Guidelines for Hepatocellular Carcinoma: The Japan Society of Hepatology 2013 update (3rd JSH-HCC Guidelines)., Kokudo N, Hasegawa K, Akahane M, Igaki H, Izumi N, Ichida T, Uemoto S, Kaneko S, Kawasaki S, Ku Y, Kudo M, Kubo S, Takayama T, Tateishi R, Fukuda T, Matsui O, Matsuyama Y, Murakami T, Arii S, Okazaki M, Makuuchi M, Hepatology Research, 45, 2, 123, 127,   2015年02月, 査読有り
  • Gd-EOB-DTPA造影剤を用いたMRIによる肝機能評価の試み, 勝部 敬,北垣 一,村上卓道, G.I.Research , 23, 2, 58, 64,   2015年02月, 査読有り
  • Comparison between T1 Relaxation time of Gd-EOB-DTPA enhanced MRI and liver stiffness measurement of US elastography in the evaluation on cirrhotic liver., Okada M, Murakami T, Yada N, Numata K, Onoda M, Hyodo T, Inoue T, Ishii K, Kudo M, J Magn Reson Imaging, 41, 2, 329, 338,   2015年02月, 査読有り
  • Investigation of 11C-PiB equivocal PET findings., Hosokawa C, Ishii K, Hyodo T, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Yamazoe Y, Hosono M, Hanada K, Ueda M, Murakami T, Ann Nual Med , 29, 2, 164, 169,   2015年02月, 査読有り
  • 画像診断 CT:Dual energy CT, 鶴﨑正勝,村上卓道, 日本臨床 最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-, 73, 1, 513, 518,   2015年01月, 査読有り
  • Flight Plan for Liverを用いたTACE, 柳生行伸,鶴﨑正勝,南 康範,工藤正俊,村上卓道, 肝胆膵, 70, 1, 15, 23,   2015年01月, 査読有り
  • Comparative evaluation of three-dimensional Gd-EOB-DTP-enhanced MR fusion imaging with CT fusion imaging in the assessment of treatment effect of radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma., Makino Y, Imai Y, Igura T, Hori M, Fukuda K, Sawai Y, Kogita S, Fujita N, Takehara T, Murakami T, Abdom Imaging, 40, 1, 102, 111,   2015年01月, 査読有り
  • Regional glucose metabolic reduction in dementia with Lewy bodies is independent of amyloid deposition., Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Hosono M, Yamazoe Y, Murakami T, Ann Nucl Med, 29, 1, 78, 83,   2015年01月, 査読有り
  • Anterior Mediastinal Masses in the Framingham Heart Study: Prevalence and CT Image Characteristics., Araki T, Nishino M, Gao W, Dupuis J, Washko GR, Hunninghake GM, Murakami T, O'Connor GT, Hatabu H, European J Radiol Open, 2, 26, 31,   2015年, 査読有り
  • Does Gadoxetic acid-enhanced 3.0T MRI in addition to 64-detector-row contrast-enhanced CT provide better diagnostic performance and change the therapeutic strategy for the preoperative evaluation of colorectal liver metastases? , Sofue K, Tsurusaki M, Murakami T, Onoe S, Tokue H, Shibamoto K, Arai Y, Sugimura K, Eur Radiol, 24, 10, 2532, 2539,   2014年10月, 査読有り
  • 腹部のCT, 松木 充,村上卓道, 消化器病診療(第2版), 290, 292,   2014年10月, 査読有り
  • 鑑別を要する多血性病変:画像診断のポイント, 鶴﨑正勝,村上卓道, Hepatology Practice5 肝癌の診療を極める-基本から最前線まで-, 107, 113,   2014年09月
  • 多施設共同研究による肝細胞癌診断のためのBolus Trackingを使用したCT検査における動脈優位相撮影の造影方法および設定値の検討, 吉川秀司,岡田真広,近藤浩史,曺 博信,村上卓道,兼松雅之,市川智章,早川晶子,塩境一仁,栗井和夫,吉満研吾,山下康行, 日本放射線技術学会雑誌, 70, 8, 805, 813,   2014年08月, 査読有り
  • 肝動脈化学塞栓療法, 鶴﨑正勝,村上卓道, 外科, 76, 8, 864, 869,   2014年08月, 査読有り
  • Feasible and technical aspects of transcatheter arterial chemoembolization for non-resectable hepatocellular carcinoma using a 3.5-French catheter system., Yagyu Y, Tsurusaki M, Kamiyama K, Kitagaki H, Murakami T, Abdom Imaging, 39, 6, 1304, 1308,   2014年06月, 査読有り
  • Images of Sonazoid-enhanced ultrasonography in multistep hepatocarcinogenesis: comparison with Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI., Ohama H, Imai Y, Nakashima O, Kogita S, Takamura M, Hori M, Seki Y, Sawai Y, Murakami T, J Gastroenterology, 49, 6, 1081, 1093,   2014年06月, 査読有り
  • 頭蓋底の画像診断, 柏木伸夫,村上卓道, 臨床放射線, 59, 5, 657, 677,   2014年05月, 査読有り
  • Clinical application of 3D arterial spin-labeled brain perfusion imaging for Alzheimer disease: Comparison with brain perfusion SPECT., Takahashi H, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Kashiwagi N, Matsuki M, Ashikaga R, Murakami T, AJNR, 35, 5, 906, 911,   2014年05月, 査読有り
  • Can low-dose CT with iterative reconstruction reduce both the radiation dose and the amount of iodine contrast medium in a dynamic CT study of the liver?, Takahashi H, Okada M, Hyodo T, Hidaka S, Kagawa Y, Matsuki M, Tsurusaki M, Murakami T, European journal of radiology, 83, 4, 684, 691,   2014年04月, 査読有り
  • Optimal flip angle of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI in patients with hepatocellular carcinoma and liver metastasis., Okada M, Wakayama T, Yada N, Hyodo T, Numata K, Kagawa Y, Nishiyama D, Miyakoshi K, Murakami T, Abdominal imaging, 39, 4, 694, 701,   2014年04月, 査読有り
  • 画像診断ガイドライン-知っておきたいポイント- 消化器-肝癌-, 村上 卓道, 臨床放射線, 59, 3, 413, 421,   2014年03月, 査読有り
  • Hypervascular Benign and Malignant Liver Tumors That Require Differentiation from Hepatocellular Carcinoma: Key Points of Imaging Diagnosis., Murakami T, Tsurusaki M, Liver Cancer, 3, 2, 85, 96,   2014年02月, 査読有り
  • Tracking Nacigation Imaging of Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma Using Three-Dimensional Cone-Beam CT Angiography. , Minami Y, Yagyu Y, Murakami T, Kudo M, Liver Cancer, 3, 1, 53, 61,   2014年01月, 査読有り
  • MR imaging of hydrogel scleral buckle as a late complication after retinal detachment surgery, Ashikaga R, Im S, Yagyu Y, Abe K, Ono Y, Matsumoto C, Murakami T, Acta Med Kinki Univ, 38, 2, 111, 113,   2014年01月
  • Clinical application of 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography for assessment and evaluation after therapy for malignant hepatic tumor, Tsurusaka M, Okada M, Kuroda H, Matsuki M, Ishii K, Murakami T, J Gastroenterol, 49, 46, 56,   2014年01月, 査読有り
  • Squamous cell carcinoma originating in the parotid gland: MR imaging features with pathological correlations, Takahashi H, Kashiwagi N, Chikugo T, Nakanishi K, Tomita Y, Murakami T, Clinical Radiology , 69, 1, 41, 44,   2014年01月
  • Value of EUS in early detection of pancreatic ductal adenocarcinomas in patients with intraductal papillary mucinous neoplasms., Kamata K, Kitano M, Kudo M, Sakamoto H, Kadosaka K, Miyata T, Imai H, Maekawa K, Chikugo T, Kumano M, Hyodo T, Murakami T, Chiba Y, Takeyama Y, Endoscopy, 46, 22, 29,   2014年01月, 査読有り
  • Clinical utility of imaging for evaluation of hepatocellular carcinoma., Murakami T, Tsurusaki M, Hyodo T, Imai Y, Journal of Hepatocellular Carcinoma, 1, 101, 108,   2014年, 査読有り
  • Intravertebral pneumatocysts of the cervical spine, Matsukubo Y, Kashiwagi N, Uemura M, Tatsumi S, Takahashi H, Hyodo T, Tomiyama N, Ashikaga R, Ishii K, Murakamai T, Neuroradiology, 55, 11, 1341, 1344,   2013年11月, 査読有り
  • 画像をめぐるコミュニケーションの問題, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 臨床画像, 29, 11, 1336, 1339,   2013年11月, 査読有り
  • 黄疸, 鶴﨑正勝,村上卓道, 臨床画像, 29, 10, 160, 167,   2013年10月, 査読有り
  • Impact of adaptive iterative dose reduction (AIDR) 3D on low-dose abdominal CT: comparison with routine-dose CT using filtered back projection., Matsuki M, Murakami T, Juri H, Yoshikawa S, Narumi Y, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 54, 869, 875,   2013年10月, 査読有り
  • Optimal scan timing of hepatic arterial-phase imaging of hypervascular hepatocellular carcinoma determined by multiphasic fast CT imaging technique., Kagawa Y, Okada M, Yagyu Y, Kumano S, Kanematsu M, Kudo M, Murakami T, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 54, 843, 850,   2013年10月, 査読有り
  • Recommended iodine dose for multiphasic contrast-enhanced mutidetector-row computed tomography imaging of liver for assessing hypervascular hepatocellular carcinoma: multicenter prospective study in 77 general hospitals in Japan., Ichikawa T, Okada M, Kondo H, Sou H, Murakami T, Kanematsu M, Yoshikawa S, Shiosakai K, Hayakawa A, Awai K, Yoshimitsu K, Yamashita Y, Academic radiology, 20, 1130, 1136,   2013年09月, 査読有り
  • Utility of computed tomography fusion imaging for the evaluation of the ablative margin of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma and the correlation to local tumor progression., Makino Y, Imai Y, Igura T, Hori M, Fukuda K, Sawai Y, Kogita S, Ohama H, Matsumoto Y, Nakahara M, Zushi S, Kurokawa M, Isotani K, Takamura M, Fujita N, Murakami T, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 43, 950, 958,   2013年09月, 査読有り
  • Endometrial cancer: preoperative staging using three-dimensional T2-weighted turbo spin-echo and diffusion-weighted MR imaging at 3.0 T: a prospective comparative study., Hori M, Kim T, Onishi H, Imaoka I, Kagawa Y, Murakami T, Nakamoto A, Ueguchi T, Tatsumi M, Enomoto T, Kimura T, Tomiyama N, European radiology, 23, 2296, 2305,   2013年08月, 査読有り
  • Consensus report of the Fifth International Forum for Liver MRI., Zech CJ, Bartolozzi C, Bioulac-Sage P, Chow PK, Forner A, Grazioli L, Huppertz A, Laumonier H, Min Lee J, Murakami T, Ricke J, Sirlin CB, AJR. American journal of roentgenology, 201, 97, 107,   2013年07月, 査読有り
  • Conventional MRI findings for predicting submandibular pleomorphic adenoma., Kashiwagi N, Murakami T, Nakanishi K, Maenishi O, Okajima K, Takahashi H, Sakai M, Tomita Y, Terao K, Tomiyama N, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 54, 5, 511, 515,   2013年05月, 査読有り
  • 自然縮小を来した頸部デスモイド腫瘍の1例, 松久保 祐子, 村上 卓道, 柏木 伸夫, 佐藤 隆夫, 足利 竜一朗, 細野 眞, 森 一功, 土井 勝美, 臨床放射線, 58, 3, 459, 462,   2013年03月, 査読有り
  • 肝癌の早期発見 CT,MRI検査, 今井 康陽, 村上 卓道, 金 東石, 永野 浩昭, 臨牀と研究, 90, 2, 64, 69,   2013年02月, 査読有り
  • Hypovascular nodules in patients with chronic liver disease: risk factors for development of hypervascular hepatocellular carcinoma., Hyodo T, Murakami T, Imai Y, Okada M, Hori M, Kagawa Y, Kogita S, Kumano S, Kudo M, Mochizuki T, Radiology, 266, 480, 490,   2013年02月, 査読有り
  • The efficacy of contrast protocol in hepatic dynamic computed tomography: multicenter prospective study in community hospitals., Okada M, Kondo H, Sou H, Murakami T, Kanematsu M, Ichikawa T, Yoshikawa S, Shiosakai K, Hayakawa A, Awai K, Yoshimitsu K, Yamashita Y, SpringerPlus, 31, 2, 367, 378,   2013年02月, 査読有り
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる転移性肝腫瘍の検出と鑑別, 鶴﨑正勝,兵頭朋子,任 誠雲,岡田真広,松木 充,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 日獨医報, 58, 2, 66, 74,   2013年02月
  • 肝腫瘍のDual Energy Imaging, 河野雄輝, 村上 卓道, 上村正信, 宇都辰郎, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 鶴﨑 正勝, 松木 充, 映像情報Medical, 45, 1, 20, 25,   2013年01月, 査読有り
  • 血管侵襲の診断:血管造影を施行しない場合, 柳生行伸,村上卓道, 診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点, 41, 43,   2013年, 査読有り
  • V診断法・画像診断, 柏木伸夫,村上卓道, 肩こりの臨床, 136, 143,   2013年, 査読有り
  • EOB-MRIの早期肝癌と異型結節(DN)の識別診断能:EOB-MRIによる早期肝癌の診断能:生検標本との対比:, 今井康陽,村上卓道, EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, 131, 137,   2013年, 査読有り
  • EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, 岡田真広,村上卓道, EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, 59, 65,   2013年, 査読有り
  • EOB-MRIの基本的知識:最適な撮像法:Philips, 村上卓道,岡田真広, EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, 37, 45,   2013年, 査読有り
  • MRI応用自在:MRガイド下集束超音波療法(MR-GUIDED FUS), 村上 卓道, Medical View, 225, 226,   2013年
  • Usefulness of the extracted-overlay function in CT/MR-ultrasonography fusion imaging for radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma., Makino Y, Imai Y, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Hori M, Kudo M, Murakami T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 485, 489,   2013年, 査読有り
  • Hypovascular hepatic nodules showing hypointense on the hepatobiliary-phase image of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI to develop a hypervascular hepatocellular carcinoma: a nationwide retrospective study on their natural course and risk factors., Inoue T, Hyodo T, Murakami T, Takayama Y, Nishie A, Higaki A, Korenaga K, Sakamoto A, Osaki Y, Aikata H, Chayama K, Suda T, Takano T, Miyoshi K, Koda M, Numata K, Tanaka H, Iijima H, Ochi H, Hirooka M, Imai Y, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 31, 472, 479,   2013年, 査読有り
  • Ultrasonography fusion imaging system increases the chance of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma with poor conspicuity on conventional ultrasonography., Makino Y, Imai Y, Ohama H, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Takamura M, Ohashi H, Murakami T, Oncology, 84 Suppl 1, 44, 50,   2013年, 査読有り
  • 消化救急疾患の画像診断 消化管閉塞-3. 絞扼性腸閉塞-, 松木 充,日高正二朗,任 誠雲,兵頭朋子,山田 穣,柳生行伸,鶴崎正勝,岡田真広,細川知紗,小塚健倫,今岡いずみ,村上卓道, 画像診断, 32, 14, 1417, 1418,   2012年12月, 査読有り
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIにおけるLook-Lockerシーケンスを用いたMR relaxometry, 小野田 農, 村上 卓道, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 松木 充, 石井 一成, 宇都 辰郎, 臨床画像, 28, 12, 1444, 1451,   2012年12月, 査読有り
  • ダイナミックマルチスライスCTにおける多血性肝細胞癌検出に最適な造影剤量の検討, 藤谷 哲也, 熊野 正士, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 37, 3,4, 155, 162,   2012年11月
  • CT診断, 岡田 真広, 村上 卓道, 放射線医学消化器画像診断・IVR, 84, 97,   2012年11月
  • MRI診断, 岡田 真広, 村上 卓道, 放射線医学消化器画像診断・IVR, 98, 109,   2012年11月
  • The Usefullness of Conventional MR imaging in Establishing the Daiagnosis of Submandibular Pleomorphic Adenoma., 柏木 伸夫, 高橋 洋人, 前西 修, 岡嶋 馨, 村上 卓道, 石井 一成, 中西 克之,   2012年11月
  • Optimal dose of contrast medium for depiction of hypervascular HCC on dynamic MDCT., Fujigai T, Kumano S, Okada M, Hyodo T, Imaoka I, Yagyu Y, Ashikaga R, Ishii K, Murakami T, European journal of radiology, 81, 2978, 2983,   2012年11月, 査読有り
  • T-staging of gastric cancer of air-filling multidetector-row CT: comparison with hydro-multidetector-row CT., Kumano S, Okada M, Shimono T, Kuwabara M, Yagyu Y, Imaoka I, Ashikaga R, Ishii K, Murakami T, European journal of radiology, 81, 2953, 2960,   2012年11月, 査読有り
  • Assessment of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection sensitivity versus MDCT., Inoue T, Kudo M, Komuta M, Hayaishi S, Ueda T, Takita M, Kitai S, Hatanaka K, Yada N, Hagiwara S, Chung H, Sakurai T, Ueshima K, Sakamoto M, Maenishi O, Hyodo T, Okada M, Kumano S, Murakami T, Journal of gastroenterology, 47, 1036, 1047,   2012年09月, 査読有り
  • Estimation of liver function using T2* mapping on gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic acid enhanced magnetic resonance imaging., Katsube T, Okada M, Kumano S, Imaoka I, Kagawa Y, Hori M, Ishii K, Tanigawa N, Imai Y, Kudo M, Murakami T, European journal of radiology, 81, 7, 1460, 1464,   2012年07月, 査読有り
  • 進行肝癌の診断:画像診断, 鶴﨑 正勝, 村上 卓道, 肝胆膵, 65, 6, 1085, 1092,   2012年06月, 査読有り
  • MR imaging findings of mucoepidermois carcinoma of the parotid gland; correlation with pathological feature, Kashiwagi N, Dote K, Kawano K, Tomita Y, Murakami T, Nakanishi K, Araki Y, Mori K, Tomiyama N, Britishi Journal of Radiology, 85, 709, 713,   2012年06月, 査読有り
  • Can the biliary enhancement of Gd-EOB-DTPA predict the degree of liver function?, Okada M, Ishii K, Numata K, Hyodo T, Kumano S, Kitano M, Kudo M, Murakami T, Hepatobiliary & pancreatic diseases international : HBPD INT, 11, 3, 307, 313,   2012年06月, 査読有り
  • MR relaxometryによる慢性肝障害診断-EOB造影とSPIO造影MRIを用いた肝機能評価の有用性, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 村上 卓道, Innervison Innervison, 27, 5, 22, 25,   2012年05月
  • T2* relaxometry mapping of the uterine zones., Imaoka I, Nakatsuka T, Araki T, Katsube T, Okada M, Kumano S, Ishii K, Ashikaga R, Okuaki T, Van Cauteren M, Murakami T, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 53, 473, 477,   2012年05月, 査読有り
  • TACEにおけるインターベンション支援アプリケーションの臨床的有用性, 栁生 行伸, 村上 卓道, Innervison, 27, 5, 66, 70,   2012年05月
  • 近畿大学におけるEOB-MRIの肝細胞相で検出される乏血性結節の自然経過-多血化の危険因子, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,今井康陽,望月輝一,工藤正俊,村上卓道, 肝胆膵画像, 14, 4, 365, 368,   2012年04月, 査読有り
  • Primary adenomyoma of the fallopian tube mimicking tubal malignant tumor., Etoh T, Watanabe Y, Imaoka I, Murakami T, Hoshiai H, The journal of obstetrics and gynaecology research, 38, 721, 723,   2012年04月, 査読有り
  • Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the parotid gland., Kashiwagi N, Murakami T, Chikugo T, Tomita Y, Kawano K, Nakanishi K, Mori K, Tomiyama N, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 53, 303, 306,   2012年04月, 査読有り
  • Quantitative myocardial perfusion analysis using multi-row detector CT in acute myocardial infarction., Nakauchi Y, Iwanaga Y, Ikuta S, Kudo M, Kobuke K, Murakami T, Miyazaki S, Heart (British Cardiac Society), 98, 566, 572,   2012年04月, 査読有り
  • Impact of CT attenuation correction by SPECT/CT in brain perfusion images., Ishii K, Hanaoka K, Okada M, Kumano S, Komeya Y, Tsuchiya N, Hosono M, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 26, 241, 247,   2012年04月, 査読有り
  • Hypervascular hepatocellular carcinomas: detection with gadoxetate disodium-enhanced MR imaging and multiphasic multidetector CT., Onishi H, Kim T, Imai Y, Hori M, Nagano H, Nakaya Y, Tsuboyama T, Nakamoto A, Tatsumi M, Kumano S, Okada M, Takamura M, Wakasa K, Tomiyama N, Murakami T, European radiology, 22, 845, 854,   2012年04月, 査読有り
  • EOB-MRI:CTAP,SPIO-MRIとの比較, 今井 康陽, 村上 卓道, 岡田 真広, 小来田 幸世, 高村 学, 大西裕満 金 東石, 肝胆膵画像, 14, 4, 330, 338,   2012年04月, 査読有り
  • Xenon-inhalation computed tomography for noninvasive quantitative measurement of tissue blood flow in pancreatic tumor., Kubota M, Murakami T, Nagano H, Eguchi H, Marubashi S, Kobayashi S, Wada H, Tanemura M, Dono K, Nakamori S, Sakon M, Monden M, Mori M, Doki Y, Digestive diseases and sciences, 57, 801, 805,   2012年03月, 査読有り
  • Characterization of small solid tumors in the pancreas: the value of contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography., Kitano M, Kudo M, Yamao K, Takagi T, Sakamoto H, Komaki T, Kamata K, Imai H, Chiba Y, Okada M, Murakami T, Takeyama Y, The American journal of gastroenterology, 107, 303, 310,   2012年02月, 査読有り
  • X-rayイメージングのNext Innovation-Dual Energy CTの臨床, 兵頭 朋子, 村上 卓道, 日獨医放, 57, 2, 177, 191,   2012年02月
  • Carcinomatous meningitis during systematic chemotherapy in a patient with advanced small-cell neuroendocrine carcinoma of the uterine cervix., Watanabe Y, Nakai H, Imaoka I, Murakami T, Hoshiai H, The journal of obstetrics and gynaecology research, 38, 336, 339,   2012年01月, 査読有り
  • CT and MR cholangiography: Advantages and pitfalls in perioperative evaluation of biliary tree, Hyodo T, Kumano S, Kushihata F, Okada M, Hirata M, Tsuda T, Takada Y, Mochizuki T, Murakami T, The British Journal of Radiology, 85, 1015, 887, 896,   2012年, 査読有り
  • Usefulness of the multimodality fusion imaging for the diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma., Makino Y, Imai Y, Igura T, Ohama H, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Ohashi H, Murakami T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 580, 587,   2012年, 査読有り
  • CT versus MR imaging of hepatocellular carcinoma: toward improved treatment decisions., Murakami T, Okada M, Hyodo T, Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 11, 75, 81,   2012年, 査読有り
  • In vivo diagnostic imaging using micro-CT: sequential and comparative evaluation of rodent models for hepatic/brain ischemia and stroke., Hayasaka N, Nagai N, Kawao N, Niwa A, Yoshioka Y, Mori Y, Shigeta H, Kashiwagi N, Miyazawa M, Satou T, Higashino H, Matsuo O, Murakami T, PloS one, 7, e32342,   2012年, 査読有り
  • Abdominal multi-detector row CT: effectiveness of determining contrast medium dose on basis of body surface area., Onishi H, Murakami T, Kim T, Hori M, Osuga K, Tatsumi M, Higashihara H, Maeda N, Tsuboyama T, Nakamoto A, Tomoda K, Tomiyama N, European journal of radiology, 80, 643, 647,   2011年12月, 査読有り
  • 肝-肝組織特異性MR造影剤を用いた肝機能MR診断を中心に, 村上 卓道, 岡田 真広, Innervison, 26, 9, 11, 14,   2011年09月
  • Innova4100の最新IVR支援機能の使用経験と将来展望-マルチモダリティイメージングのIVRへの応用, 村上 卓道, Innervison, 26, 7, 90, 92,   2011年07月
  • MRIでPeritoneal inclusion cystの長期経過を追った1例, 加藤里枝子,香川祐毅,今岡いずみ,村上卓道, 臨床放射線, 55, 7, 919, 923,   2011年07月
  • Unenhanced fat fraction ratios obtained by MR and enhanced T2* values with liver-specific MR contrast agents for diagnosis of non-alcoholic steatohepatitis in rats., Okada M, Katsube T, Kumano S, Kagawa Y, Araki T, Tsuda N, Okuaki T, Imaoka I, Tanigawa N, Ishii K, Murakami T, Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987), 52, 6, 658, 664,   2011年06月, 査読有り
  • 肝細胞癌の画像診断の進歩, 今井康陽,小来田幸世,井倉 技,澤井良之,大濱日出子,福田和人,関 康,高村 学,岡田真広,村上卓道, 日本消化器病学会雑誌, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 108, 6, 916, 927,   2011年06月
    概要:近年,multidetector-row CT(MDCT),MRIの撮像高速化などの各種画像機器の技術開発は著しく,加えて超音波造影剤ペルフルブタン・Sonazoid®,MRI造影剤Gd-EOB-DTPAの新しい肝特異性造影剤の登場により,形態,血流面からだけでなく,肝網内系や肝細胞機能からも診断が可能となり,肝細胞癌の非侵襲的な画像診断法は飛躍的に進歩した.また,Volume navigation®,Real time virtual sonography®などのmultimodality fusion imagingも肝細胞癌の診断,治療支援に有用性が高い.このように多様化した各診断法の特性を理解し,相補的に組み合わせて肝細胞癌の診断を行うことが重要である.
  • Hepatocellular nodules in liver cirrhosis: state of the art CT evaluation (perfusion CT/volume helical shuttle scan/dual-energy CT, etc.), Okada M, Kim T, Murakami T, Abdom Imaging, 36, 273, 281,   2011年06月, 査読有り
  • 肝癌に対するCT・MRI診断-CTAPは必要か?-, 村上 卓道, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 今井 康陽, 外科治療, 105, 5, 443, 452,   2011年05月, 査読有り
  • Optimal scanning protocol of arterial dominant phase for hypervascular hepatocellular carcinoma with gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid-enhanced MR., Kagawa Y, Okada M, Kumano S, Katsube T, Imaoka I, Tanigawa N, Ishii K, Kudo M, Murakami T, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 33, 4, 864, 872,   2011年04月, 査読有り
  • Estimation of liver function using T1 mapping on Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging., Katsube T, Okada M, Kumano S, Hori M, Imaoka I, Ishii K, Kudo M, Kitagaki H, Murakami T, Investigative radiology, 46, 4, 277, 283,   2011年04月, 査読有り
  • Attenuated food anticipatory activity and abnormal circadian locomotor rhythms in Rgs16 knockdown mice., Hayasaka N, Aoki K, Kinoshita S, Yamaguchi S, Wakefield JK, Tsuji-Kawahara S, Horikawa K, Ikegami H, Wakana S, Murakami T, Ramabhadran R, Miyazawa M, Shibata S, PloS one, 6, e17655, 1, 7,   2011年03月, 査読有り
  • Brain Alterations and Mini-Mental State Examination in Patients with Progressive Supranuclear Palsy: Voxel-Based Investigations Using 18F-Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography and Magnetic Resonance Imaging, Takahashi R, Ishii K, Kakigi T, Yokoyama K, Mori E, Murakami T, Dement Geriatr Cogn Disord Extra , 1, 381, 392,   2011年01月, 査読有り
  • 卵巣漿液性腺癌と成熟嚢胞性奇形腫のcollision tumorの1例, 加藤 里枝子, 今岡 いずみ, 岡田 真広, 村上 卓道, 栗生 明博, 臨床放射線, 56, 1833, 1836,   2011年, 査読有り
  • 消化器疾患の画像診断の進歩Perfusion CT 消化器疾患の最新医療, 村上 卓道, 岡田 真広, 先端医療シリーズ, 42, 295, 298,   2011年, 査読有り
  • 各種造影剤の種類と用法(X線検査,CT,MRI,US), 村上 卓道, 岡田 真広, 放射線医学 放射線医学総論, 1, 82, 91,   2011年, 査読有り
  • MR imaging findings of carcinoma ex pleomorphic adenoma in the parotid gland, 柏木 伸夫, 村上 卓道, 筑後 孝章, ACTA Radiol,   2011年
  • Iterative reconstruction CT, 村上 卓道, 岡田 真広, 今岡 いずみ, 工藤 正幸, 映像情報Medical, 43, 1, 28, 31,   2011年01月
  • 転移性肝腫瘍診断における有用性, 朝戸信行,岡田真弘,熊野正士,藤谷哲也,柳生行伸,柏木伸夫,小塚健倫,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 臨床画像, 27, 3, 342, 347,   2011年03月, 査読有り
  • Clinical Challenge, 香川 祐毅, 岡田 真広, 村上 卓道, 肝胆膵画像, 13, 1, 6, 7,   2011年01月, 査読有り
  • マルチスライスCTによる肝画像診断の進歩 高速化・高分解能化の動向, 岡田真広,香川祐毅,熊野正士,柳生行伸,任誠雲,今岡いずみ.,足利竜一朗,石井一成,山田浩司,工藤正幸,工藤正俊,村上卓道, 肝胆膵画像, 13, 1, 37, 44,   2011年01月, 査読有り
  • 肝特異性造影剤と多段階発癌, 今井 康陽, 村上 卓道,, The LIVER CANCER JOURNAL, 3, 1, 6, 14,   2011年01月
  • 高速多相撮像を用いた多血性肝細胞癌の最適な撮像時間の検討, 香川 祐毅, 岡田 真広, 村上 卓道, 近大医学雑誌, 36, 1, 19, 24,   2011年01月
  • 分子標的治療薬導入後の肝細胞癌治療戦略-放射線科医の立場から-, 松井 修,荒井保明,村上卓道,宮山士朗,稲葉吉隆,池田公史, 新薬と臨床, 60, 11, 27,   2011年, 査読有り
  • 肝臓画像診断の進歩, 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽 , Annual Review 2011消化器, 189, 194,   2011年
  • Ultrasonography, computed tomography and magnetic resonance imaging of hepatocellular carcinoma: toward improved treatment decisions., Murakami T, Imai Y, Okada M, Hyodo T, Lee WJ, Kim MJ, Kim T, Choi BI, Oncology, 81 Suppl 1, 86, 99,   2011年, 査読有り
  • Usefulness of combination of imaging modalities in the diagnosis of hepatocellular carcinoma using Sonazoid®-enhanced ultrasound, gadolinium diethylene-triamine-pentaacetic acid-enhanced magnetic resonance imaging, and contrast-enhanced computed tomograph, Alaboudy A, Inoue T, Hatanaka K, Chung H, Hyodo T, Kumano S, Murakami T, Moustafa EF, Kudo M, Oncology, 81 , Suppl 1, 66, 72,   2011年, 査読有り
  • 肝細胞癌に対する最近のMDCT診断, 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 工藤正幸, Pharma Medica Pharma Medica, 28, 10, 19, 22,   2010年10月
  • 早期肝細胞癌と異型結節の鑑別におけるEOB造影MRIの有用性, 今井康陽, 村上 卓道, 岡田 真広, , 大西裕満, Pharma Medica Pharma Medica, 28, 10, 23, 27,   2010年10月
  • Comparison of enhancement patterns of histologically confirmed hepatocellular carcinoma between gadoxetate- and ferucarbotran-enhanced magnetic resonance imaging., Okada M, Imai Y, Kim T, Kogita S, Takamura M, Kumano S, Onishi H, Hori M, Fukuda K, Hayashi N, Wakasa K, Sakamoto M, Murakami T, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 32, 903, 913,   2010年10月, 査読有り
  • Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance images of hepatocellular carcinoma: correlation with histological grading and portal blood flow., Kogita S, Imai Y, Okada M, Kim T, Onishi H, Takamura M, Fukuda K, Igura T, Sawai Y, Morimoto O, Hori M, Nagano H, Wakasa K, Hayashi N, Murakami T, European radiology, 20, 2405, 2413,   2010年10月, 査読有り
  • FDG PET/CT versus CT, MR imaging, and 67Ga scintigraphy in the posttherapy evaluation of malignant lymphoma., Okada M, Sato N, Ishii K, Matsumura K, Hosono M, Murakami T, Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc, 30, 939, 957,   2010年07月, 査読有り
  • FDG PET/CT versus CT, MR Imaging, and 67Ga Scintigraphy in the Post¬therapy Evaluation of Malignant Lymphoma1., 岡田 真広, 石井 一成, 村上 卓道, 佐藤 範英, Radiographics, 30, 939, 957,   2010年06月
  • 肝癌の診断 肝癌スクリーニングにおける画像診断 -Gd-EOB-DTPA 造影MRIを中心に, 今井 康陽, 村上 卓道, 岡田 真広, 臨床消化器内科, 25, 4, 423, 436,   2010年05月
  • Serine- and mannose-modified liposomal contrast agent for computed tomography: evaluation of the enhancement in rabbit liver VX-2 tumor model., Okada M, Isoda T, Kumano S, Kagawa Y, Araki T, Onishi H, Hori M, Kim T, Motokui Y, Wada T, Murakami T, Contrast media & molecular imaging, 5, 140, 146,   2010年05月, 査読有り
  • [Progress of multimodality abdominal imaging]., Murakami T, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 107, 693, 702,   2010年05月, 査読有り
  • Detection and characterization of focal liver lesions: a Japanese phase III, multicenter comparison between gadoxetic acid disodium-enhanced magnetic resonance imaging and contrast-enhanced computed tomography predominantly in patients with hepatocellular, Ichikawa T, Saito K, Yoshioka N, Tanimoto A, Gokan T, Takehara Y, Kamura T, Gabata T, Murakami T, Ito K, Hirohashi S, Nishie A, Saito Y, Onaya H, Kuwatsuru R, Morimoto A, Ueda K, Kurauchi M, Breuer J, Investigative radiology, 45, 133, 141,   2010年03月, 査読有り
  • Fourth ventricular mixed germ cell tumor demonstrating adipose tissue in a young adult., Kuriu A, Shimono T, Kuwabara M, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Japanese journal of radiology, 28, 166, 168,   2010年02月, 査読有り
  • New proposal for the staging of nonalcoholic steatohepatitis: evaluation of liver fibrosis on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI., Tsuda N, Okada M, Murakami T, European journal of radiology, 73, 137, 142,   2010年01月, 査読有り
  • Differential diagnosis between metastatic tumors and nonsolid benign lesions of the liver using ferucarbotran-enhanced MR imaging., Higashihara H, Murakami T, Kim T, Hori M, Onishi H, Nakata S, Osuga K, Tomoda K, Nakamura H, European journal of radiology, 73, 125, 130,   2010年01月, 査読有り
  • 肝胆膵の転移性腫瘍-画像診断, 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 肝胆膵画像, 12, 5, 585, 591,   2010年
  • New proposal for the staging of nonalcoholic steatohepatitis: Evaluation of liver fibrosis on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI, 津田, 岡田 真広, 村上 卓道, EJR, 73, 137, 142,   2010年
  • Fourth ventricular mixed germ cell tumor demonstrating adipose tissue in a young adult, 栗生 明博, 足利 竜一朗, 細野 眞, 村上 卓道, Jpn J Radiol, 28, 116, 168,   2010年
  • Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance images of hepatocellular carcinoma:correlation with histological grading and portal blood flow, 小来田 幸世, 岡田 真広, 村上 卓道, , Eur Radiol, 20, 2405, 2413,   2010年
  • Comparison of enhancement patterns of histologically confirmed hepatocellular carcinoma between gadoxetate- and ferucarbotran-enhanced magnetic resonance imaging, 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽 , J Magn Reson Imag, 32, 903, 913,   2010年
  • 肝画像診断におけるCT PerfusionとVolume Helical Shuttleの有用性, 岡田 真広, 香川 祐毅, 村上 卓道, 工藤 正幸, 映像情報Medical, 42, 266, 271,   2010年
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIの臨床的インパクト, 岡田 真広, 村上 卓道, 今井康陽, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 30, 3, 100, 109,   2010年
  • 64列多列化CTを用いた新しい定量的心筋灌流イメージング法, 中内祥文, 岩永 善高, 生田 新一郎, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 35, 3,4,   2010年
  • 三次元CT画像を用いた冠動脈の起始異常および開口部起始位置の解剖学的調査, 工藤 正幸, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 35, 3,4, 177, 184,   2010年
  • 早期肝細胞癌と異型結節の鑑別におけるEOB造影MRIの有用性, 今井 康陽, 岡田 真広, 村上 卓道, 関 康, Pharma Medica Pharma Medica, 28, 10, 23, 27,   2010年
  • 肝がん(肝細胞がん)の診断・治療におけるアルゴリズム-ソナゾイド造影USとEOB造影MRIを中心に, 今井 康陽, 岡田 真広, 村上 卓道, , 関 康, INNERVISION INNERVISION, 25, 5, 9, 12,   2010年
  • Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance images of hepatocellular carcinoma:correlation with histological grading and portal blood flow., 小来田幸世 , 村上 卓道, 岡田 真広, 今井康陽, Eur Radiol, 20, 2405, 2413,   2010年
  • Differential diagnosis between metastatic tumors and nonsolid benign lesions of the liver using ferucarbotran-enhanced MR imaging., 東原 大樹, 村上 卓道, EJR, 73, 125, 130,   2010年
  • Detection and Characterization of Focal Liver Lesions.A Japanese Phase Ⅲ,Multicenter Comparison Between Gadoxetic Acid Disodium-Enhanced Magnatic Resonance Imaging and Contrast-Enhanced Computes Tomography predominantly in Patients With Hepatocellular Car, 市川 智章, 村上 卓道, Invest Radiol, 45, 3, 133, 141,   2010年
  • MR cholangiopancreatography at 3.0 T: Intra-individual comparative study with MR cholangiopancreatography at 1.5 T for clinical patients., 大西裕満, 村上 卓道, 金 東石, Invest Radiol, 44, 559, 565,   2010年
  • Fourth ventricular mixed germ cell tumor demonstrating adipose tissue in a young adult., 栗生明博, 下野太郎, 村上 卓道, Jpn J Radiol, 28, 116, 168,   2010年
  • Serine- and Mannose-modified Liposomal Contrast Agent for Computed Tomography: Evaluation of the Enhancement in rabbit liver VX-2 tumor model., 岡田 真広, 村上 卓道, 磯田 武寿, Contrast Media Mol Imaging , 25, 140, 146,   2010年
  • 肝画像診断におけるCT PerfusionとVolume Helical Shuttleの有用性, 岡田 真広, 香川祐毅, 村上 卓道, 工藤正幸, 映像情報Medical, 42, 266, 271,   2010年
  • マルチモダリティによるAbdominai Imaging, 村上 卓道, INNERVISION INNERVISION, 25, 4, 2, 6,   2010年
  • 肝癌の診断 肝癌スクリーニングにおける画像診断:Gd-EOB-DTPA造影MRIを中心に, 今井康陽, 村上 卓道, 岡田 真広, 臨床消化器内科, 25, 4, 423, 436,   2010年
  • 消化器疾患画像診断の進歩-マルチモダリティーによるAbdominal Imaging -, 村上 卓道, 日本消化器病学会雑誌, 107, 5, 693, 702,   2010年
  • 拡散強調像において広範な大脳高信号を呈したShaken baby syndromeの2例, 朝戸信行, 香川祐毅, 村上 卓道, 臨床放射線, 55, 4, 553, 557,   2010年
  • MRIでPeritoneal inclusion cystの長期経過を追った1例 , 加藤里枝子, 香川祐毅, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 臨床放射線, 55, 7, 919, 923,   2010年
  • Consensus report of the 2nd International Forum for Liver MRI., 谷本 伸弘, 村上 卓道, 工藤 正俊, Eur Radiol Suppl, 19, 5, S975, S989,   2009年10月
  • Consensus report of the 2nd International Forum for Liver MRI., Tanimoto A, Lee JM, Murakami T, Huppertz A, Kudo M, Grazioli L, European radiology, 19 Suppl 5, S975, 89,   2009年10月, 査読有り
  • MR imaging of endometrial carcinoma for preoperative staging at 3.0 T: comparison with imaging at 1.5 T., Hori M, Kim T, Murakami T, Imaoka I, Onishi H, Nakamoto A, Nakaya Y, Tomoda K, Tsutsui T, Enomoto T, Kimura T, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 30, 621, 630,   2009年09月, 査読有り
  • MR cholangiopancreatography at 3.0 T: intraindividual comparative study with MR cholangiopancreatography at 1.5 T for clinical patients., Onishi H, Kim T, Hori M, Murakami T, Tatsumi M, Nakaya Y, Nakamoto A, Osuga K, Tomoda K, Nakamura H, Investigative radiology, 44, 559, 565,   2009年09月, 査読有り
  • Efficacy of double arterial phase dynamic magnetic resonance imaging with the sensitivity encoding technique versus dynamic maultidetector-row helical computed tomography for detecting hypervascular hepatocellular carcinoma., 熊野 正士, 村上 卓道, Jpn J Radiol., 27, 229, 236,   2009年08月
  • Efficacy of double arterial phase dynamic magnetic resonance imaging with the sensitivity encoding technique versus dynamic multidetector-row helical computed tomography for detecting hypervascular hepatocellular carcinoma., Kumano S, Uemura M, Haraikawa T, Hirata M, Kikuchi K, Kim T, Okada M, Mochizuki T, Murakami T, Japanese journal of radiology, 27, 229, 236,   2009年07月, 査読有り
  • Computed radiography-based mammography with 50-microm pixel size: intra-individual comparison with film-screen mammography for diagnosis of breast cancers., Onishi H, Masuda N, Takechi K, Nakayama T, Tatsuta M, Mihara N, Takamura M, Inoue Y, Kuriyama K, Kotsuma Y, Furukawa H, Murakami T, Nakamura H, Academic radiology, 16, 836, 841,   2009年07月, 査読有り
  • Adrenal masses: the value of additional fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography (FDG-PET/CT) in differentiating between benign and malignant lesions., Okada M, Shimono T, Komeya Y, Ando R, Kagawa Y, Katsube T, Kuwabara M, Yagyu Y, Kumano S, Imaoka I, Tsuchiya N, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 23, 349, 354,   2009年06月, 査読有り
  • Uterine cervical carcinoma: preoperative staging with 3.0-T MR imaging--comparison with 1.5-T MR imaging., Hori M, Kim T, Murakami T, Imaoka I, Onishi H, Tomoda K, Tsutsui T, Enomoto T, Kimura T, Nakamura H, Radiology, 251, 96, 104,   2009年04月, 査読有り
  • リング状側脳室結節の検討., 下野 太郎, 細野 眞, 村上 卓道, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年03月
    概要:偶然発見するリング状側脳室結節の検討をした。
  • Effect of superparamagnetic iron oxide on tumor-to-liver contrast at T2*-weighted gradient-echo MRI: comparison between 3.0T and 1.5T MR systems., Kim T, Murakami T, Hori M, Onishi H, Tomoda K, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 29, 595, 600,   2009年03月, 査読有り
  • Ring-shaped lateral ventricular nodules: an incidental finding on brain magnetic resonance imaging., Shimono T, Hosono M, Ashikaga R, Kumano S, Imaoka I, Yagyu Y, Okada M, Kuwabara M, Murakami T, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年03月, 査読有り
  • 小脳萎縮を呈したNeuroacanthocytosis。, 勝部敬, 下野 太郎, 村上 卓道, AJNR Am J Neuroradiol, 30, 386, 388,   2009年02月
    概要:小脳萎縮を呈したNeuroacanthocytosisの兄弟例を報告した。
  • Integrated FDG-PET/CT compared with intravenous contrast-enhanced CT for evaluation of metastatic regional lymph nodes in patients with resectable early stage esophageal cancer., Okada M, Murakami T, Kumano S, Kuwabara M, Shimono T, Hosono M, Shiozaki H, Annals of nuclear medicine, 23, 73, 80,   2009年01月, 査読有り
  • Safety of ferucarbotran in MR imaging of the liver: a pre- and postexamination questionnaire-based multicenter investigation., Onishi H, Murakami T, Kim T, Hori M, Hirohashi S, Matsuki M, Narumi Y, Imai Y, Sakurai K, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 29, 106, 111,   2009年01月, 査読有り
  • 多段階発癌・早期肝細胞癌の画像診断と病理・病態-c.MRI・SPIP造影MRI-, 熊野 正士, 村上 卓道, 今井 康陽, 画像診断, 29, 6, 584, 590,   2009年
  • Gd-EOB-DTPAの登場による肝画像診断におけるMRIの役割と可能性, 岡田 真広, 熊野 正士, 香川祐毅, 勝部 敬, 今岡 いずみ, 工藤 正俊, 村上 卓道, 今井 康陽, 日獨医報, 54, 80, 93,   2009年
  • 肝細胞胆道系MRI造影剤で肝画像診断のone-stop shoppingは可能か?, 村上 卓道, 岡田 真広, 熊野 正士, 中塚 隆之, 香川祐毅, 勝部 敬, 今岡 いずみ, 工藤 正俊, 今井 康陽, 肝胆膵画像, 11, 539, 551,   2009年
  • RFA治療後の肝細胞癌再発症例, 村上 卓道, 岡田 真広, 中居 卓也, 工藤 正俊, EOB-PrimovistR Enhanced MRI Practical Report EOB-PrimovistR Enhanced MRI Practical Report, 1, 1, 4,   2009年
  • Three-dimensional CT image analysis of a tracheal bronchus in a patient undergoing cardiac surgery with one-lung ventilation., 岩元 辰篤, 村上 卓道, J Anesth, 23, 260, 265,   2009年
  • Demonstration of cerebellar atrophy in neuroacanthocytosis of 2 siblings., 勝部 敬, 下野 太郎, 村上 卓道, AJNR Am J Neuroradiol, 30, 386, 388,   2009年
  • Ring-shaped lateral ventricular nodules: an incidental finding on brain magnetic resonance imaging., 下野 太郎, 細野 眞, 村上 卓道, Neuroradiology, 51, 145, 150,   2009年
  • Computed radiography-based mammography with 50-mum pxel size intra-individual comparison with film-screen mammography for diagnosis of breast cancers., 大西裕満, 村上 卓道, Acad Radiol, 16, 836, 841,   2009年
  • Non-invasive magnetic resonance-guided focused ultrasound treatment of uterine fibroids in a large Japanese population:impact of the learning curve on patient outcome., 岡田 真広, 森田敬裕, 村上 卓道, Ultrasound Obstet Gynecol., 34, 579, 583,   2009年
  • MDCTとMRIでCTHA/CTAPは代用可能か?, 熊野 正士, 柳生行伸, 村上 卓道, 肝胆膵画像, 11, 63, 68,   2009年
  • MRI T2強調像にて低信号を呈した卵巣粘液嚢胞腺癌の1例, 桑原雅知, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 画像診断アトラス, 14, 72, 73,   2009年
  • 肝細胞胆道系MRI造影剤で肝画像診断のone-stop shoppingは可能か?, 村上 卓道, 岡田 真広, 熊野 正士, 肝胆膵画像, 11, 5, 539, 551,   2009年
  • 新しい早期肝細胞がんの診断法-Gd-EOB-DTPA造影MRI, 今井康陽, 岡田 真広, 村上 卓道, 日本医師会雑誌, 138, 6, 1106,   2009年
  • 肝癌の診断 肝臓perfusion CT., 南 康範, 工藤 正俊, 村上 卓道, 日本臨床, 67, 342, 345,   2009年
  • Consensus report of the 2nd international forum for liver MRI., 谷本 伸弘, 村上 卓道, 工藤 正俊, Jeong Min Lee, Alexander Huppertz, Luigi Grazioli, Eur Radiol, 19, 975, 989,   2009年
  • MR Imaging of Endometrial Carcinoma for Preoperative Staging at 3.0 T: Comparison with Imaging at 1.5 T., 堀雅敏, 村上 卓道, 金東石, J Magn Reson Imaging., 30, 621, 630,   2009年
  • MDCTは肝癌の診断に有用か?, 熊野 正士, 村上 卓道, 現場の疑問に答える 肝臓病診療Q&A, 202, 205,   2009年
  • Effect of superparamagnetic iron oxide on tumor-to-liver contrast at T2*-weighted gradient-echo MRI: comparison between 3.0T and 1.5T MR systems., 金 東石, 村上 卓道, , J Magn Reson Imaging., 29, 595, 600,   2009年
  • Uterine cervical carcinoma: preoperative staging with 3.0-T MR imaging-comparison with 1.5-T MR imaging., 堀 雅敏, 村上 卓道, 今岡 いずみ, 金 東石, Radiology., 251, 96, 104,   2009年
  • Adrenal masses: The value of additional FDG-PET/CT* in differentiating between benign and malignant lesions, 岡田 真広, 下野 太郎, 村上 卓道, Annals of Nuclear Medicine (in press) ,   2009年
  • Integrated FDG-PET/CT compared with intravenous contrast enhanced CT for evaluation of metastatic regional lymph nodes in patients with resectable early stage esophageal cancer., 岡田 真広, 村上 卓道, 熊野 正士, Ann Nucl Med., 23, 73, 80,   2009年
  • 肝臓:肝臓の画像診断, 岡田 真広, 村上 卓道, 沼田和司, Annual Review 消化器,   2009年
  • Safety of Ferucarbotran in MR Imaging of the Liver:A Pre-and Postexamination Questionnaire-Based Multicenter Investigation., 大西裕満, 村上 卓道, 金東石, JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING(in press).,   2009年
  • Three-dimensional CT image analysis of a tracheal bronchus in a patient undergoing cardiac surgery with one-lung ventilation., Iwamoto T, Takasugi Y, Hiramatsu K, Koga Y, Konishi T, Kozuka K, Murakami T, Journal of anesthesia, 23, 260, 265,   2009年, 査読有り
  • "Prominent ear sign" on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., Kuwabara M, Shimono T, Toyomasu M, Shioyama M, Mitsui Y, Yoshinaga E, Kawada A, Hosono M, Murakami T, Kusunoki S, Radiation medicine, 26, 438, 441,   2008年08月, 査読有り
  • Quantitative evaluation of norcholesterol scintigraphy, CT attenuation value, and chemical-shift MR imaging for characterizing adrenal adenomas., Yoh T, Hosono M, Komeya Y, Im SW, Ashikaga R, Shimono T, Tsuchiya N, Okada M, Hanada K, Yagyu Y, Nishimura Y, Murakami T, Annals of nuclear medicine, 22, 513, 519,   2008年07月, 査読有り
  • 無水エタノールによる腎動脈塞栓術が著効した低形成腎による腎性高血圧の1女児例, 田端 信忠, 伊豆 亜加音, 井上 智弘, 岡田 満, 篠原 徹, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 栁生 行伸, 村上 卓道, 竹村 司, 小児高血圧研究会誌, 5, 1,   2008年06月
    概要:腎低形成による腎性高血圧に対して、腎機能廃絶を目的とした無水エタノールによる腎動脈塞栓術を実施したが、開腹することなく低侵襲的であり、腎摘除術に比する効果が得られた。症例の適応条件を充分に考慮することで、腎摘除術に代わる治療法であると考えられた。
  • T2*-sensitized high-resolution magnetic resonance venography using 3D-PRESTO technique., 坪山尚寛, 今岡 いずみ, 村上 卓道, Magn Reson Med Sci., 7, 73, 77,   2008年06月
  • Comparison between one-route and two-route injection for liver and aortic enhancement using MDCT., Okada M, Murakami T, Kumano S, Imaoka I, Shimono T, Ashikaga R, Hosono M, AJR. American journal of roentgenology, 190, W323, 6,   2008年06月, 査読有り
  • Effectiveness of real-time virtual sonography-guided radiofrequency ablation treatment for patients with hepatocellular carcinomas., Kitada T, Murakami T, Kuzushita N, Minamitani K, Nakajo K, Osuga K, Miyoshi E, Nakamura H, Kishino B, Tamura S, Hayashi N, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 38, 565, 571,   2008年06月, 査読有り
  • 第7章 治療効果の評価と追加治療:CTによる治療効果評価:, 岡田 真広, 村上 卓道, 大﨑住夫編 肝癌ラジオ波凝固療法の実践テクニック, 220, 228,   2008年05月
  • 第6章 RFAの新しい展開:HIFU臨床開発の現況, 村上 卓道, 大﨑住夫編 肝癌ラジオ波凝固療法の実践テクニック, 203,   2008年05月
  • Magnetic resonance imaging-guided focused ultrasound ablation of uterine fibroids: early clinical experience., Mikami K, Murakami T, Okada A, Osuga K, Tomoda K, Nakamura H, Radiation medicine, 26, 198, 205,   2008年05月, 査読有り
  • Discordance of motion artifacts on magnetic resonance imaging in Creutzfeldt-Jakob disease: comparison of diffusion-weighted and conventional imaging sequences., Shimono T, Tsuboyama T, Kuwabara M, Im SW, Yagyu Y, Imaoka I, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, Radiation medicine, 26, 151, 155,   2008年04月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma treated with radio frequency ablation: An early evaluation with magnetic resonance imaging., Khankan AA, 村上 卓道, J Magn Reson Imaging., 27, 546, 551,   2008年03月
  • Hepatocellular carcinoma treated with radio frequency ablation: an early evaluation with magnetic resonance imaging., Khankan AA, Murakami T, Onishi H, Matsushita M, Iannaccone R, Aoki Y, Tono T, Kim T, Hori M, Osuga K, Passariello R, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 27, 546, 551,   2008年03月, 査読有り
  • 転移性肝がんの診断【近畿大学医学部附属病院】, 岡田 真広, 熊野 正士, 畑中 絹世, 工藤 正俊, 村上 卓道, INNEVISION INNEVISION, 23, 6, 11,   2008年
  • Hepatocellular carcinoma treated with radio frequency ablation: An early evaluation with magnetic resonance imaging., Khankan AA, 村上 卓道, J Magn Reson Imaging., 27, 546, 551,   2008年
  • 腎癌摘出後14年目に生じた膵転移に対してPET-CTとDynamic CTを施行した1例 腎癌の遠隔転移におけるPET-CTの役割, 松久保祐子, 岡田 真広, 村上 卓道, 核医学症例検討会症例集 , 29, 15, 16,   2008年
  • "Prominent ear sign" on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., 楠 進, 桑原 雅知, 下野 太郎, 豊増 麻美, 塩山 実章, 三井 良之, 吉永 英司, 川田 暁, 細野 眞, 村上 卓道, Radiat Med, 26, 438, 441,   2008年
  • Hypervascular hepatocellular carcinoma:Combined dynamic MDCT and SPIO-enhanced MRI versus combined CTHA and CTAP., 今井康陽, 村上 卓道, 桑原 雅知, Hepatol Res., 38, 147, 158,   2008年
  • Comparison between one-route and two-route injection for liver and enhancement using MDCT., 岡田 真広, 村上 卓道, 熊野 正士, Am J Roentgenol, 190, 323, 326,   2008年
  • Quantitative evaluation of norcholesteral scintigraphy, CT attenuation value, and chemical-shift MR imaging for characterizing adrenal adenomas., 葉 輝明, 細野 眞, 村上 卓道, Ann Nucl Med, 22, 513, 519,   2008年
  • 肝脂肪沈着のCT診断, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 肝胆膵画像, 10, 25, 33,   2008年
  • びまん性肝疾患・脾, 金 東石, 村上 卓道, 腹部のMRI, 5, 44,   2008年
  • 腎癌の遠隔転移におけるPET-CTの役割, 松久保祐子, 岡田 真広, 村上 卓道, 核医学症例検討会症例集, 29, 15, 16,   2008年
  • 診断に苦慮した上衣腫の2例, 荒木哲朗, 下野 太郎, 村上 卓道, 臨床放射線, 53, 1141, 1145,   2008年
  • “Prominent ear sign”on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., 桑原 雅知, 下野 太郎, 村上 卓道, Radiat Med, 26, 438, 441,   2008年
  • 肝臓ダイナミックCTにおけるイオメプロール350mgl/mLの投与方法および投与量に関する検討(臨床第Ⅱ/Ⅲ相試験)-体重比用量群と固定用量群との多施設共同ランダム化比較試験-, 粟井和夫, 村上 卓道, 山下康行, 臨床医薬, 24, 575, 597,   2008年
  • Effectiveness of real-time virtual sonography-guided radiofrequency ablation treatment for patients with hepatocellular carcinomas., Kitada T, 村上 卓道, Hepatol Res., 38, 565, 571,   2008年
  • Magnetic resonance imaging-guided focused ultrasound ablation of uterine fibroid: Early clinical experience., Mikami K, 村上 卓道, Okada A, Radiat Med., 26, 198, 205,   2008年
  • 転移性肝がんの診断, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, Innervison Innervison, 23, 5, 6, 11,   2008年
  • Discordance of motion artifacts on magnetic resonance imaging in Creutzfeldt-Jakob disease:comparison of diffusion-weighted and conventional imaging sequences, 下野 太郎, 桑原 雅知, 村上 卓道, Radiat Med., 26, 151, 155,   2008年
  • 無水エタノールによる腎動脈塞栓術が著効した低形成腎による腎性高血圧の1女児例, 田端 信忠, 伊豆 亜加音, 井上 智弘, 岡田 満, 篠原 徹, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 栁生 行伸, 村上 卓道, 竹村 司, 小児高血圧研究会誌, 5, 1,   2008年
  • Effectiveness of real-time virtual sonography-guided radiofrequency ablation treatment for patients with hepatocellular carcinomas., Kitada T, 村上 卓道, Hepatol Res.,   2008年
  • T2*-sensitized high-resolution magnetic resonance venography using 3D-PRESTO technique., Tsuboyama T, Imaoka I, Shimono T, Nakatsuka T, Ashikaga R, Okuaki T, Koyama N, Murakami T, Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 7, 73, 77,   2008年, 査読有り
  • Hypervascular hepatocellular carcinoma: Combined dynamic MDCT and SPIO-enhanced MRI versus combined CTHA and CTAP., Imai Y, Murakami T, Hori M, Fukuda K, Kim T, Marukawa T, Abe H, Kuwabara M, Onishi H, Tsuda K, Sawai Y, Kurokawa M, Hayashi N, Monden M, Nakamura H, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 38, 147, 158,   2008年, 査読有り
  • New chemotherapy for patients with advanced hepatocellular carcinoma: Pilot study of beta-interferon and doxorubicin one-shot intra-arterial chemotherapy., Uyama H, 村上 卓道, Nagano H,, Hepatol Res.,   2007年12月
  • Electrocardiography-triggered high-resolution CT for reducing cardiac motion artifact: evaluation of the extent of ground-glass attenuation in patients with idiopathic pulmonary fibrosis., Nishiura M, Johkoh T, Yamamoto S, Honda O, Kozuka T, Koyama M, Tomiyama N, Hamada S, Murakami T, Matsumoto T, Narumi Y, Nakamura H, Radiation medicine, 25, 523, 528,   2007年12月, 査読有り
  • New chemotherapy for patients with advanced hepatocellular carcinoma: Pilot study of beta-interferon and doxorubicin one-shot intra-arterial chemotherapy., Uyama H, Nagano H, Nakamura H, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Hayashi N, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 37, 1018, 1025,   2007年12月, 査読有り
  • [Advancement of the imaging for hepatic malignancies]., Kumano S, Okada M, Imaoka I, Shimono T, Hosono M, Murakami T, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 34, 1357, 1360,   2007年09月, 査読有り
  • Hepatocellular Carcinoma in Patients with Nonalcoholic Fatty Liver Disease: Helical CT and MR Imaging Findings with Clinical-Pathologic Comparison., Iannnaccone R, 村上 卓道, Radiology, 243, 422, 430,   2007年05月
  • Hepatocellular carcinoma in patients with nonalcoholic fatty liver disease: helical CT and MR imaging findings with clinical-pathologic comparison., Iannaccone R, Piacentini F, Murakami T, Paradis V, Belghiti J, Hori M, Kim T, Durand F, Wakasa K, Monden M, Nakamura H, Passariello R, Vilgrain V, Radiology, 243, 422, 430,   2007年05月, 査読有り
  • Focal nodular hyperplasia: intraindividual comparison of dynamic gadobenate dimeglumine- and ferucarbotran-enhanced magnetic resonance imaging., Marin D, 村上 卓道, Iannaccone R,, J Magn Reson Imaging.,   2007年04月
  • Technical optimization of four-channel multidetector-row helical computed tomography for depicting arterial stenosis: a phantom study., 高橋 哲, 村上 卓道, Acta Radiol., 48, 173, 179,   2007年04月
  • 肝がんと闘う. 世界に冠たる日本の診療., 工藤 正俊, 村上 卓道, INNERVISION INNERVISION, 22, 4, 1, 2,   2007年04月
    概要: 22: 1
  • Potential of gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA) for differential diagnosis of nonalcoholic steatohepatitis and fatty liver in rats using magnetic resonance imaging., Tsuda N, Okada M, Murakami T, Investigative radiology, 42, 242, 247,   2007年04月, 査読有り
  • Focal nodular hyperplasia: intraindividual comparison of dynamic gadobenate dimeglumine- and ferucarbotran-enhanced magnetic resonance imaging., Marin D, Iannaccone R, Laghi A, Catalano C, Murakami T, Hori M, Kim T, Passariello R, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 25, 775, 782,   2007年04月, 査読有り
  • Quantitative tissue blood flow measurement of the liver parenchyma: comparison between xenon CT and perfusion CT., Hashimoto K, Murakami T, Dono K, Hori M, Kim T, Kudo M, Marubashi S, Miyamoto A, Takeda Y, Nagano H, Umeshita K, Nakamura H, Monden M, Digestive diseases and sciences, 52, 943, 949,   2007年04月, 査読有り
  • Quantitative tissue blood flow measurement of the liver parenchyma: Comparison between xenon CT and perfusion CT., Hashimoto K, 村上 卓道, Dig Dis and Sci, 52, 943, 949,   2007年02月
  • Preoperative evaluation of perigastric vascular anatomy by 3-dimensional computed tomographic angiography using 16-channel multidetector-row computed tomography for laparoscopic gastrectomy in patients with early gastric cancer., 熊野 正士, 村上 卓道, 望月輝一, J Comput Assist Tomogr, 31, 93, 97,   2007年02月
  • Hypervascular hepatocellular carcinoma: Combined dynamic MDCT and SPIO-enhanced MRI versus combined CTHA and CTAP., Imai Y, 村上 卓道, Hepatol Res., 38, 147, 158,   2007年01月
  • Potential of gadolinium-ethoxybenzyl -diethylenetriamine pentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA) for differential diagnosis of nonalcoholic steatohepatitis and fatty liver in rats using magnetic resonance imaging., Tsuda N, 村上 卓道, 岡田 真広, Invest Radiol., 42, 242, 247,   2007年01月
  • Preoperative evaluation of perigastric vascular anatomy by 3-dimensional computed tomographic angiography using 16-channel multidetector-row computed tomography for laparoscopic gastrectomy in patients with early gastric cancer., Kumano S, Tsuda T, Tanaka H, Hirata M, Kim T, Murakami T, Sugihara E, Abe H, Yamashita H, Kobayashi N, Mochizuki T, Journal of computer assisted tomography, 31, 93, 97,   2007年01月, 査読有り
  • Whole-body MRI for detecting metastatic bone tumor:Diagnostic value of diffiusion-weighted images., 中西 克之, 村上 卓道, 桑原 雅知, 小林美登利, Magn Reson Med Sci, 6, 147, 155,   2007年
  • Contrast harmonic sonography-guided radiofrequency ablation therapyversus B-mode sonography in hepatocellular carcinoma:prospectiverandomized controlled trial., 南 康範, 工藤 正俊, 村上 卓道, Am J Roentgenol, 188, 489, 494,   2007年
  • MR撮像法の臨床応用脂肪抑制法の原理, 中塚 隆之, 西松 和彦, 村上 卓道, 日独医報, 52, 371, 388,   2007年
  • TAGEにおける抗癌剤:併用する抗癌剤よその効果, 前田 登, 村上 卓道, 大須賀慶悟, 肝胆膵, 55, 5, 805, 812,   2007年
  • 卵巣腫瘍と鑑別が困難であった限局性腹膜偽粘液腫の一例, 清水利栄, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 葉輝明, 任 誠雲, 坪山尚寛, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 臨床放射線, 52, 700, 703,   2007年
  • Electrocardiography-triggered high-resolution CT for reducing cardiac motion artifact: evaluation of the extent of ground-glass attenuation in patients with idiopathic pulmonary fibrosis., Nishiura M, 村上 卓道, , Radiat Med., 25, 523, 528,   2007年
  • Whole-body MRI for detecting metastatic bone tumor: diagnostic value of diffusion-weighted images., Nakanishi K, Kobayashi M, Nakaguchi K, Kyakuno M, Hashimoto N, Onishi H, Maeda N, Nakata S, Kuwabara M, Murakami T, Nakamura H, Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 6, 147, 155,   2007年, 査読有り
  • Isotropic diffusion-weighted imaging with tetrahedral gradients in the upper abdomen., 堀 雅敏, 村上 卓道, 坪山 尚寛, Magn Reson Med Sci, 5, 201, 206,   2006年12月
  • Evaluation of renal arteries in living renal domors: Comparison between MDCT angiography and gadplinium-enhanced 3D MR angiography., Kim T, 村上 卓道, Radiat Med, 24, 617, 624,   2006年12月
  • Isotropic diffusion-weighted MR imaging with tetrahedral gradients in the upper abdomen., Hori M, Kim T, Murakami T, Onishi H, Tsuboyama N, Osuga K, Tomoda K, Nakamura H, Hirano M, Nozaki A, Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 5, 201, 206,   2006年12月, 査読有り
  • Single-photon emission computed tomography in the screening for postoperative pulmonary embolism., Hata T, 村上 卓道, Ikeda M,, Dig Dis Sci., 51, 11, 2073, 2080,   2006年11月
  • A case of hepatocellular carcinoma treated by MR-guided focused ultrasound ablation with respiratory gating., Okada A, 村上 卓道, Magn Reson Med Sci., 5, 167, 171,   2006年11月
  • Evaluation of renal arteries in living renal donors: comparison between MDCT angiography and gadolinium-enhanced 3D MR angiography., Kim T, Murakami T, Takahashi S, Hori M, Takahara S, Ichimaru N, Okuyama A, Narumi Y, Nakamura H, Radiation medicine, 24, 617, 624,   2006年11月, 査読有り
  • Single-photon emission computed tomography in the screening for postoperative pulmonary embolism., Hata T, Ikeda M, Nakamori S, Suzuki R, Kim T, Yasui M, Takemasa I, Ikenaga M, Yamamoto H, Ohue M, Murakami T, Sekimoto M, Sakon M, Monden M, Digestive diseases and sciences, 51, 2073, 2080,   2006年11月, 査読有り
  • A case of hepatocellular carcinoma treated by MR-guided focused ultrasound ablation with respiratory gating., Okada A, Murakami T, Mikami K, Onishi H, Tanigawa N, Marukawa T, Nakamura H, Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine, 5, 167, 171,   2006年10月, 査読有り
  • Assessment of the severity of liver disease and fibrotic change: the usefulness of hepatic CT perfusion imaging., Hashimoto K, Murakami T, Dono K, Hori M, Kim T, Kudo M, Marubashi S, Miyamoto A, Takeda Y, Nagano H, Umeshita K, Nakamura H, Monden M, Oncology reports, 16, 677, 683,   2006年10月, 査読有り
  • Fat in the liver: diagnosis and characterization., Valls C, Iannacconne R, Alba E, Murakami T, Hori M, Passariello R, Vilgrain V, European radiology, 16, 2292, 2308,   2006年10月, 査読有り
  • Assessment of the severity of liver disease and fibrotic change: The usefulness of hepatic CT perfusion imaging., 橋本和彦, 村上 卓道, Oncology Reports, 16, 677, 683,   2006年08月
  • Principles and techniques of transcatheter embolotherapy for peripheral vascular lesions., Osuga K, Mikami K, Higashihara H, Maeda N, Tsuboyama T, Kuwabara M, Onishi H, Hori M, Kim T, Tomoda K, Murakami T, Nakamura H, Radiation medicine, 24, 309, 314,   2006年05月, 査読有り
  • Noninvasive method using multidetector CT for calculating the relative blood supply ratio of duplicated renal arteries in renal donors., Kuwabara M, Narumi Y, Takahashi S, Sato Y, Kim T, Murakami T, Nakamura H, Radiation medicine, 24, 195, 201,   2006年04月, 査読有り
  • Hemodynamic characterization of focal hepatic lesions: role of ferucarbotran-enhanced dynamic MR imaging using T2-weighted multishot spin-echo echo-planar sequence., Hori M, Murakami T, Kim T, Iannaccone R, Abe H, Onishi H, Tomoda K, Catalano C, Passariello R, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 23, 509, 519,   2006年04月, 査読有り
  • Percutaneous vertebroplasty: relationship between vertebral body bone marrow edema pattern on MR images and initial clinical response., Tanigawa N, Komemushi A, Kariya S, Kojima H, Shomura Y, Ikeda K, Omura N, Murakami T, Sawada S, Radiology, 239, 195, 200,   2006年04月, 査読有り
  • Hepatic metastases: detection with multi-detector row CT, SPIO-enhanced MR imaging, and both techniques combined., Onishi H, Murakami T, Kim T, Hori M, Iannaccone R, Kuwabara M, Abe H, Nakata S, Osuga K, Tomoda K, Passariello R, Nakamura H, Radiology, 239, 131, 138,   2006年04月, 査読有り
  • 主腫瘍の存在診断が困難であった肉眼的門脈内腫瘍栓を伴う細小肝細胞癌の一例, 太田英夫, 村上 卓道, 肝臓, 47, 152, 160,   2006年03月
  • Determining the optimal timing for early arterial phase hepatic CT imaging by measuring abdominal aortic enhancement in variable contrast injection protocols., Murakami T, Onishi H, Mikami K, Iannaccone R, Federle MP, Kim T, Hori M, Okada A, Marukawa T, Higashihara H, Passariello R, Nakamura H, Journal of computer assisted tomography, 30, 206, 211,   2006年03月, 査読有り
  • Assessment of two 3D MDCT colonography protocols for observation of colorectal polyps., Yasumoto T, Murakami T, Yamamoto H, Hori M, Iannaccone R, Kim T, Abe H, Kuwabara M, Yamasaki K, Kikkawa N, Arimoto H, Passariello R, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 186, 85, 89,   2006年01月, 査読有り
  • Fat in the liver: diagnosis and characterization, Valls C, 村上 卓道, Eur Radiol., 16, 2292, 2308,   2006年
  • Percutaneous vertebroplasty: Relationship between vertebral body bone marrow edema pattern on MR images and initial clinical response., Tanigawa N, 村上 卓道, Radiology,   2006年
  • Hepatic Metastases: Detection with Multi-Detector Row CT, SPIO-enhanced MR Imaging, and Both Techniques Combined., 大西裕満, 村上 卓道, Radiology, 239, 131, 138,   2006年
  • Determining the optimal timing for early arterial phase hepatic CT imaging by measuring abdominal aortic enhancement in variable contrast injection protocols., 村上 卓道, J Comput Assist Tomogr, 30, 206, 211,   2006年
  • Noninvasive method using multidetector CT for calculating the relative blood supply ratio of duplicated renal arteries in renal donor., 桑原雅知, 村上 卓道, Radiat Med, 24, 195, 201,   2006年
  • Hemodynamic characterization of focal hepatic lesions: Role of ferucarbotran-enhanced dynamic MR imaging using T2-weighted multishot spin-echo echo-planar sequence., 堀 雅敏, 村上 卓道, J Magn Reson Imaging, 23, 509, 519,   2006年
  • Assessment of two 3D MDCT colonography prptocol for observation of colorectal polyps, Yasumoto T, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 186, 85, 89,   2006年
  • T staging of gastric cancer: Role of multi-detector CT., 熊野正士, 村上 卓道, Radiology, 37, 961, 966,   2006年
  • Colorectal polyps: detection with low-dose multi-detector row helical CT colonography versus two sequential colonoscopies., Iannaccone R, Catalano C, Mangiapane F, Murakami T, Lamazza A, Fiori E, Schillaci A, Marin D, Nofroni I, Hori M, Passariello R, Radiology, 237, 927, 937,   2005年12月, 査読有り
  • T staging of gastric cancer: role of multi-detector row CT., Kumano S, Murakami T, Kim T, Hori M, Iannaccone R, Nakata S, Onishi H, Osuga K, Tomoda K, Catalano C, Nakamura H, Radiology, 237, 961, 966,   2005年12月, 査読有り
  • Prospective respiratory-triggered multidetector row CT (MDCT) for abdominal examinations: initial experience with a prototype., Fahrni M, Murakami T, Hori M, Kim T, Matsumura T, Kudo M, Sase S, Tomoda K, Nakamura H, Radiation medicine, 23, 528, 531,   2005年11月, 査読有り
  • New measurement of hepatic blood flow by xenon CT system: an animal study with PGE1., Hayashi S, Dono K, Shimizu J, Murakami T, Takamura M, Kim T, Hori M, Lu Z, Nagano H, Nakamori S, Sakon M, Nakamura H, Monden M, The Journal of surgical research, 129, 24, 30,   2005年11月, 査読有り
  • [Successful treatment of combined intraarterial (5-fluorouracil and adriamycin and cisplatin) infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma with multiple intrahepatic metastases and/or portal vein thrombosis--two case reports]., Kato H, Nagano H, Ota H, Nakamura M, Wada H, Yoshioka S, Noda T, Bazarragchaa D, Marubashi S, Miyamoto A, Takeda Y, Umeshita K, Dono K, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 32, 1842, 1845,   2005年10月, 査読有り
  • [Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma and liver metastases]., Yasumoto T, Murakami T, Katsumoto Y, Hashimoto T, Noda S, Murata K, Kinuta M, Nakamura H, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 32, 1596, 1599,   2005年10月, 査読有り
  • Quantitative tissue blood flow evaluation of pancreatic tumor: comparison between xenon CT technique and perfusion CT technique based on deconvolution analysis., Abe H, Murakami T, Kubota M, Kim T, Hori M, Kudo M, Hashimoto K, Nakamori S, Dono K, Tomoda K, Monden M, Nakamura H, Radiation medicine, 23, 364, 370,   2005年08月, 査読有り
  • Double phase CT during hepatic arteriography for diagnosis of hepatocellular carcinoma., Murakami T, Takamura M, Kim T, Hori M, Federle MP, Onishi H, Tomoda K, Nakamura H, European journal of radiology, 54, 246, 252,   2005年05月, 査読有り
  • Hepatocellular carcinoma: role of unenhanced and delayed phase multi-detector row helical CT in patients with cirrhosis., Iannaccone R, Laghi A, Catalano C, Rossi P, Mangiapane F, Murakami T, Hori M, Piacentini F, Nofroni I, Passariello R, Radiology, 234, 460, 467,   2005年02月, 査読有り
  • 5-FU, CDDP, Adriamucin (FAP)による肝動注化学療法が著効した進行肝細胞癌の2例, 加藤 仁, 村上 卓道, 癌と化学療法, 32, 1842, 1845,   2005年
  • GDAコイル法におけるマイクロネスター・コイルの有用性, 大須賀 慶悟, 村上 卓道, IVR会誌, 20, 406, 410,   2005年
  • 血管塞栓用マイクロネスター・コイルの使用経験, 大須賀 慶悟, 村上 卓道, IVR会誌, 20, 285, 288,   2005年
  • Prospective Respiratory-tiggered Multidetector Row CT (MDCT) for Abdominal Examinations: Initial Experience with a Prototype., Fahrni M, 村上 卓道, Radiat Med, 23, 528, 531,   2005年
  • Colorectal polyps: Detection with low-dose multi-detector row helical CT colonography versus two sequential colonoscopies, Iannaccone R, 村上 卓道, Radiology, 237, 927, 937,   2005年
  • New measurement of hepatic blood flowby xenon CT: An animal study with PGE1., Hayashi S, 村上 卓道, J Surg Res, 129, 24, 30,   2005年
  • Quantitative tissue blood flow evaluation of pancreastic tumor: Comparison between xenon CT technique and perfusion CT technique based on deconvolution analysis., Abe H, 村上 卓道, Radiat Med, 23, 364, 370,   2005年
  • Double phase CT during hepatic arteriography for diagnosis of hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, Eur J Radiol, 54, 246, 252,   2005年
  • Hepatocellular carcinoma: Role of unenhanced and delayed phase multi-detector row helical CT in patients with cirrhosis., Iannaccone R, 村上 卓道, Radiology, 234, 460, 467,   2005年
  • Correspondence to CT colonography without catharsis: Ultimate study or useful additional option?, Iannaccone, 村上 卓道, Gastroenterology, 128, 521, 523,   2005年
  • [Hepatic arterial infusion chemotherapy (HAIC)--hepatocellular carcinoma]., Osuga K, Murakami T, Nakata S, Tomoda K, Nagano H, Monden M, Nakamura H, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 31, 2114, 2117,   2004年12月, 査読有り
  • Embolic effects of superabsorbent polymer microspheres in rabbit renal model: comparison with tris-acryl gelatin microspheres and polyvinyl alcohol., Khankan AA, Osuga K, Hori S, Morii E, Murakami T, Nakamura H, Radiation medicine, 22, 384, 390,   2004年11月, 査読有り
  • Computed tomographic colonography without cathartic preparation for the detection of colorectal polyps., Iannaccone R, Laghi A, Catalano C, Mangiapane F, Lamazza A, Schillaci A, Sinibaldi G, Murakami T, Sammartino P, Hori M, Piacentini F, Nofroni I, Stipa V, Passariello R, Gastroenterology, 127, 1300, 1311,   2004年11月, 査読有り
  • Hepatic nodular lesions associated with abnormal development of the portal vein., Kim T, Murakami T, Sugihara E, Hori M, Wakasa K, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 183, 1333, 1338,   2004年11月, 査読有り
  • MR appearances of radiofrequency thermal ablation region: histopathologic correlation with dog liver models and an autopsy case., Onishi H, Matsushita M, Murakami T, Tono T, Okamoto S, Aoki Y, Iannaccone R, Hori M, Kim T, Osuga K, Tomoda K, Passariello R, Nakamura H, Academic radiology, 11, 1180, 1189,   2004年10月, 査読有り
  • Detection of malignant hepatic tumors with ferumoxide-enhanced MR imaging: usefulness of multishot and single-shot fast spin echo sequences., Goshima S, Kanematsu M, Matsuo M, Murakami T, Hori M, Takamura M, Kondo H, Kako N, Moriyama N, Nakamura H, Hoshi H, Magnetic resonance imaging, 22, 379, 388,   2004年04月, 査読有り
  • Xenon-inhalation computed tomography for noninvasive quantitative measurement of tissue blood flow in hepatocellular carcinoma., Murakami T, Hori M, Kim T, Hashimoto K, Dono K, Hayashi S, Sugihara E, Nagano H, Sase S, Sakon M, Monden M, Nakamura H, Investigative radiology, 39, 210, 215,   2004年04月, 査読有り
  • Efficacy of multi-slice helical CT venography for the diagnosis of deep venous thrombosis: comparison with venous sonography., Kim T, Murakami T, Hori M, Kumano S, Sakon M, Nakamura H, Radiation medicine, 22, 77, 81,   2004年03月, 査読有り
  • In vivo real-time microangiography of the liver in mice using synchrotron radiation., Kobayashi S, Hori M, Dono K, Nagano H, Umeshita K, Nakamori S, Sakon M, Osuga K, Umetani K, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Journal of hepatology, 40, 405, 408,   2004年03月, 査読有り
  • Is half-dose contrast-enhanced three-dimensional MR angiography sufficient for the abdominal aorta and pelvis?, Takahashi S, Murakami T, Takamura M, Kim T, Hori M, Narumi Y, Nakamura H, Journal of magnetic resonance imaging : JMRI, 19, 194, 201,   2004年02月, 査読有り
  • Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration performed in a pediatric patient with isolated gastric fundal varices., Sasaki T, Hasegawa T, Kimura T, Okada A, Murakami T, Sugiura T, Ohsuga K, Journal of pediatric surgery, 39, 130, 132,   2004年01月, 査読有り
  • Detection of malignant hepatic tumors with ferumoxides-enhanced MRI: comparison of five gradient-recalled echo sequences with different TEs., Matsuo M, Kanematsu M, Itoh K, Murakami T, Maetani Y, Kondo H, Goshima S, Kako N, Hoshi H, Konishi J, Moriyama N, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 182, 235, 242,   2004年01月, 査読有り
  • 肝細胞癌切除後両葉多発再発に対して1回のTAEにより長期無再発生存を得た1例, 中村将人, 村上 卓道, 肝臓, 45, 320, 328,   2004年
  • シスプラチン動注化学療法が奏効した進行肝細胞癌の1例, 井上 隆弘, 村上 卓道, 肝臓, 45, 9, 499, 504,   2004年
  • MRI造影剤Gd-EOB-DTPA/SH L 569Bシリンジ製剤の有用性に関する評価, 村上 卓道, 中村仁信, 新薬と臨床, 53, 1162, 1172,   2004年
  • Embolic effects of superabsorbent polymer microspheres in rabbit renal model: comparison with tris-acryl gelatin microspheres and polyvinyl alcohol., Khankan AA, 村上 卓道, Radiat Med, 2, 384, 390,   2004年
  • Hepatic nodular lesions associated with abdominal development of the portal vein., 金 東石, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 183, 1333, 1338,   2004年
  • MR appearances of radiofrequency thermal ablation region: Histopathologic correlation with dog liver models and an autopsy case., 大西裕満, 村上 卓道, Acad Radiol, 11, 1180, 1189,   2004年
  • Multidetector computed tomographic colonography without cathartic bowel preparation: Prospective blinded comparison with optical colonoscopy for the detection of colorectal polyps., Iannaccone R, 村上 卓道, Gastroenterology, 127, 1300, 1311,   2004年
  • Xenon-inhalation computed tomography for noninvasive quantitative measurement of tissue blood flow in hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, Invest Radiol, 39, 210, 215,   2004年
  • Efficacy of multi-slice helical CT venography for the diagnosis of deep venous thrombosis. Comparison with venous sonography., 金 東石, 村上 卓道, Radiat Med, 22, 77, 81,   2004年
  • In vivo real-time microangiography of the liver in mice using synchrotron radiation., Kobayashi S, 村上 卓道, J Hepatol., 40, 405, 408,   2004年
  • Detection of malignant hepatic tumors with ferumoxide-enhanced MR imaging: usefulness of multishot and single-shot fast spin echo sequences., Goshima S, 村上 卓道, Magn Reson Imaging, 22, 379, 388,   2004年
  • Is half-dose contrast-enhanced three-dimensional MR angiography sufficient for the abdominal aorta and pelvis, 高橋 悟, 村上 卓道, J Magn Reson Imaging, 19, 194, 201,   2004年
  • Laparoscopic lymph node dissection for gastric cancer with intraoperative navigation using three-dimensional angio computed tomography images reconstructed as laparoscopic view., Takiguchi S, 村上 卓道, Surg Endosc., 18, 106, 110,   2004年
  • Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration performed in a pediatric patient with isolated gastric fundal varices., Sasaki T, 村上 卓道, J Pediatr Surg, 39, 130, 132,   2004年
  • Detection of malignant hepatic tumors with ferumoxides-enhanced MRI: Comparison of five gradient-recalled echo sequences with different TEs., Matsuo M, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 182, 235, 242,   2004年
  • Multidetector row CT and MR imaging in diagnosing hepatocellular carcinoma., Murakami T, Hori M, Kim T, Kawata S, Abe H, Nakamura H, Intervirology, 47, 209, 226,   2004年, 査読有り
  • CT Scan and MRI in the Differentiation of Liver Tumors., Hori M, Murakami T, Kim T, Tomoda K, Nakamura H, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 22, 39, 55,   2004年, 査読有り
  • Double arterial phase multi-detector row helical CT for detection of hypervascular hepatocellular carcinoma., Murakami T, Kim T, Hori M, Federle MP, Radiology, 229, 931, 932,   2003年12月, 査読有り
  • A similarity measure for nonrigid volume registration using known joint distribution of targeted tissue: application to dynamic CT data of the liver., Masumoto J, Sato Y, Hori M, Murakami T, Johkoh T, Nakamura H, Tamura S, Medical image analysis, 7, 553, 564,   2003年12月, 査読有り
  • [Dose investigation of superparamagnetic iron oxide (SPIO) SH U 555 A in liver MR imaging]., Hirohashi S, Ichikawa T, Tanimoto A, Isobe Y, Hachiya J, Saito K, Isoda H, Nishimura H, Kuwatsuru R, Gokan T, Murakami T, Nakano S, Seriu T, Nihon Igaku Hoshasen Gakkai zasshi. Nippon acta radiologica, 63, 539, 550,   2003年11月, 査読有り
  • Using superparamagnetic iron oxide-enhanced MRI to differentiate metastatic hepatic tumors and nonsolid benign lesions., Kumano S, Murakami T, Kim T, Hori M, Okada A, Sugiura T, Noguchi Y, Kawata S, Tomoda K, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 181, 1335, 1339,   2003年11月, 査読有り
  • [A case of successful treatment of advanced hepatocellular carcinoma with tumor thrombi in the major portal branches and inferior vena cava with combined intraarterial 5-fluorouracil, adriamycin and cisplatin therapy]., Ota H, Nagano H, Sakon M, Yamamoto T, Nakamura M, Marubashi S, Miyamoto A, Dono K, Umeshita K, Nakamori S, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 30, 1673, 1677,   2003年10月, 査読有り
  • [Abdominal applications of multislice CT]., Kim T, Murakami T, Nakamura H, Nihon Igaku Hoshasen Gakkai zasshi. Nippon acta radiologica, 63, 369, 377,   2003年09月, 査読有り
  • Noninvasive quantitative measurement of tissue blood flow in hepatocellular carcinoma using xenon-enhanced computed tomography., Shimizu J, Oka H, Dono K, Sakon M, Takamura M, Murakami T, Hayashi S, Nagano H, Nakamori S, Umeshita K, Sase S, Gotoh M, Wakasa K, Nakamura H, Monden M, Digestive diseases and sciences, 48, 1510, 1516,   2003年08月, 査読有り
  • Evaluation of optimal timing of arterial phase imaging for the detection of hypervascular hepatocellular carcinoma by using triple arterial phase imaging with multidetector-row helical computed tomography., Murakami T, Kim T, Kawata S, Kanematsu M, Federle MP, Hori M, Okada A, Kumano S, Sugihara E, Tomoda K, Nakamura H, Investigative radiology, 38, 497, 503,   2003年08月, 査読有り
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma with dynamic magnetic resonance imaging with simultaneously obtained in-phase and opposed-phase echo images., Sugihara E, Murakami T, Kim T, Hori M, Takamura M, Kawata S, Okada A, Khankan AA, Tomoda K, Nakamura H, Journal of computer assisted tomography, 27, 110, 116,   2003年03月, 査読有り
  • Post-kidney transplantation iliac artery stenosis due to iatrogenic injury: case report., Khankan AA, Maeda M, Osuga K, Murakami T, Nakamura H, Cardiovascular and interventional radiology, 26, 186, 188,   2003年03月, 査読有り
  • Esophageal varices: diagnosis with gadolinium-enhanced MR imaging of the liver for patients with chronic liver damage., Matsuo M, Kanematsu M, Kim T, Hori M, Takamura M, Murakami T, Kondo H, Moriyama N, Nakamura H, Hoshi H, AJR. American journal of roentgenology, 180, 461, 466,   2003年02月, 査読有り
  • Detection of hepatocellular carcinoma: comparison of dynamic MR imaging with dynamic double arterial phase helical CT., Noguchi Y, Murakami T, Kim T, Hori M, Osuga K, Kawata S, Kumano S, Okada A, Sugiura T, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 180, 455, 460,   2003年02月, 査読有り
  • 非剛体レジストレーションを適用した多時相腹部造影CT画像からの肝臓領域自動抽出法, 桝本潤, 村上 卓道, コンピュータ支援画像診断学会論文誌, 7, 1, 10,   2003年
  • 5-FU,CDDP,Adriamycinの3剤併用動注療法によりCRが得られた進行肝細胞癌(Vp4,Vv3,IM3)の1例, 太田英夫, 村上 卓道, 癌と化学療法, 30, 1673, 1677,   2003年
  • 超常磁性体酸化鉄製剤SH U 555AのMRI肝臓造影における用量検討, 廣橋伸治, 村上 卓道, 日本医放会誌, 63, 539, 550,   2003年
  • Double arterial phase multi-detector rwo helical CT for detection of hypervascular hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, Radiology, 229, 931, 932,   2003年
  • Using superparamagnetic iron oxide?enhanced MRI to differentiate metastatic hepatic tumors and nonsolid benign lesions., 熊野正士, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 181, 1335, 1339,   2003年
  • A similarity measure for nonrigid volume registration using known joint distribution of targeted tissue: Application to dynamic CT data of the liver, Masumoto J, 村上 卓道, Med Image Anal, 7, 553, 564,   2003年
  • Noninvasive quantitative measurement of tissue blood flow in hepatocellular carcinoma using xenon-enhanced computed tomography., 清水潤三, 村上 卓道, Dig Dis Sci., 48, 1510, 1516,   2003年
  • Post-kidney transplantation iliac artery stenosis due to iatrogenic injury., Khankan AA, 村上 卓道, Cardiovasc Intervent Radiol, 26, 186, 188,   2003年
  • Evaluation of optimal timing of arterial phase imaging for the detection of hypervascular hepatocellular carcinoma by using triple arterial phase imaging with multidetector-row helical tomography, 村上 卓道, Invest Radiol, 38, 497, 503,   2003年
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma with dynamic magnetic resonance imaging with simultaneously obtained in-phase and opposed-phase echo images., Sugihara E, 村上 卓道, J Comput Assist Tomogr, 27, 110, 116,   2003年
  • Esophageal varices: Diagnosis with gadolinium-enhanced MR imaging of the liver for patients with chronic liver damage, Matsuo M, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 180, 461, 466,   2003年
  • Detection of hepatocellular carcinoma: Comparison of dynamic MR imaging with dynamic double arterial phase helical CT, 野口由美, 村上 卓道, AAJR Am J Roentgenol, 180, 455, 460,   2003年
  • A similarity measure for nonrigid volume registration using known joint distribution of targeted tissue: Application to dynamic CT data of the liver., Jun Masumoto,Yoshinobu Sato,Masatoshi Hori,Takamichi Murakami,Takeshi Johkoh,Hironobu Nakamura,Shinichi Tamura, Medical Image Analysis, 7, 4, 553, 564,   2003年, 査読有り
  • Automated liver segmentation using multislice CT images., Jun Masumoto,Masatoshi Hori,Yoshinobu Sato,Takamichi Murakami,Takeshi Johkoh,Hironobu Nakamura,Shinichi Tamura, Systems and Computers in Japan, 34, 8, 71, 82,   2003年, 査読有り
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma by dynamic magnetic resonance imaging with double-echo chemical shift in-phase and opposed-phase gradient echo technique: comparison with dynamic helical computed tomography imaging with double arterial , Noguchi Y, Murakami T, Kim T, Hori M, Osuga K, Kawata S, Okada A, Sugiura T, Tomoda K, Narumi Y, Nakamura H, Journal of computer assisted tomography, 26, 981, 987,   2002年11月, 査読有り
  • [A case of postoperative multiple hepatic metastasis from gastric cancer successfully treated by percutaneous microwave coagulation therapy and hepatic arterial infusion chemotherapy]., Yamamoto T, Nagano H, Sakon M, Yasuda T, Takemoto H, Tsujino T, Ota H, Dono K, Umeshita K, Nakamori S, Yano M, Osuga K, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 29, 2429, 2432,   2002年11月, 査読有り
  • Embolization of high flow arteriovenous malformations: experience with use of superabsorbent polymer microspheres., Osuga K, Hori S, Kitayoshi H, Khankan AA, Okada A, Sugiura T, Murakami T, Hosokawa K, Nakamura H, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 13, 1125, 1133,   2002年11月, 査読有り
  • Diagnosis of hepatic neoplasms using CT arterial portography and CT hepatic arteriography., Hori M, Murakami T, Kim T, Nakamura H, Techniques in vascular and interventional radiology, 5, 164, 169,   2002年09月, 査読有り
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma: comparison of SPIO-enhanced MRI with dynamic helical CT., Hori M, Murakami T, Kim T, Tsuda K, Takahashi S, Okada A, Takamura M, Nakamura H, Journal of computer assisted tomography, 26, 701, 710,   2002年09月, 査読有り
  • Transarterial embolization for large hepatocellular carcinoma with use of superabsorbent polymer microspheres: initial experience., Osuga K, Khankan AA, Hori S, Okada A, Sugiura T, Maeda M, Nagano H, Yamada A, Murakami T, Nakamura H, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 13, 929, 934,   2002年09月, 査読有り
  • Multidetector CT: diagnostic impact of slice thickness on detection of hypervascular hepatocellular carcinoma., Kawata S, Murakami T, Kim T, Hori M, Federle MP, Kumano S, Sugihara E, Makino S, Nakamura H, Kudo M, AJR. American journal of roentgenology, 179, 61, 66,   2002年07月, 査読有り
  • Small hypervascular hepatocellular carcinoma revealed by double arterial phase CT performed with single breath-hold scanning and automatic bolus tracking., Kim T, Murakami T, Hori M, Takamura M, Takahashi S, Okada A, Kawata S, Cruz M, Federle MP, Nakamura H, AJR. American journal of roentgenology, 178, 899, 904,   2002年04月, 査読有り
  • Percutaneous microwave tumor coagulation for hepatocellular carcinomas with interruption of segmental hepatic blood flow., Ishida T, Murakami T, Shibata T, Inoue Y, Takamura M, Niinobu T, Sato T, Nakamura H, Journal of vascular and interventional radiology : JVIR, 13, 185, 191,   2002年02月, 査読有り
  • High dose rate endovascular brachytherapy in aorto-iliac lesion for the prevention of restenosis., Yamazaki H, Tomoda K, Shiomi H, Maeda M, Kawata S, Okada A, Murakami T, Nakamura H, Tanaka E, Inoue T, Inoue T, Radiation medicine, 20, 25, 32,   2002年01月, 査読有り
  • Intrahepatic recurrences of hepatocellular carcinoma after hepatectomy: analysis based on tumor hemodynamics., Sakon M, Nagano H, Nakamori S, Dono K, Umeshita K, Murakami T, Nakamura H, Monden M, Archives of surgery (Chicago, Ill. : 1960), 137, 94, 99,   2002年01月, 査読有り
  • Multi-detector row helical CT angiography of hepatic vessels: depiction with dual-arterial phase acquisition during single breath hold., Takahashi S, Murakami T, Takamura M, Kim T, Hori M, Narumi Y, Nakamura H, Kudo M, Radiology, 222, 81, 88,   2002年01月, 査読有り
  • 経皮的マイクロターゼ凝固療法および5-FU, Adriamycin, Cisplatin肝動注化学療法が奏効した胃癌術後肝転移の1例, 山本為義, 村上 卓道, 癌と化学療法, 29, 2439, 2432,   2002年
  • マルチスライスCTによる腹部領域における低濃度製剤の有用性:240mgI/ml製剤によるCT angiography, 河田修治, 村上 卓道, 映像情報, 34, 900, 904,   2002年
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma by dynamic magnetic resonance imaging with double-echo chemical shift in-phase and opposed-phase gradient echo technique: Comparison with dynamic helical computed tomography imaging with double arterial , 野口由美, 村上 卓道, J Comput Assist Tomogr, 26, 981, 987,   2002年
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma: Comparison of SPIO-enhanced MRI with dynamic helical CT, 堀 雅敏, 村上 卓道, J Comput Assist Tomogr, 26, 701, 710,   2002年
  • Embolization of high flow arteriovenous malformations: Experience with use of superabsorbent polymer microspheres., 大須賀慶悟, 村上 卓道, J Vasc Interv Radiol, 13, 1125, 1133,   2002年
  • Intrahepatic recurrences of hepatocellular carcinoma after hepatectomy, Sakon M, 村上 卓道, Arch Surg, 137, 94, 99,   2002年
  • Transarterial embolization for large hepatocellular carcinoma with use of superabsorbent polymer microspheres: Initial experience, 大須賀慶悟, 村上 卓道, J Vasc Interv Radiol, 13, 929, 934,   2002年
  • Percutaneous microwave tumor coagulation for hepatocellular carcinoma with interruption of segmental hepatic blood flow, 石田 毅, 村上 卓道, J Vasc Interv Radiol, 13, 185, 191,   2002年
  • Angiomyolipoma of the liver with least amount of fat component: Imaging features of CT, MR, and angiography., Yoshimura H, 村上 卓道, Abdom Imaging, 27, 184, 187,   2002年
  • Liver abscess formation after microwave coagulation therapy applied for hepatic metastases from surgically excised bile duct cancer:, Morimoto O, 村上 卓道, Report of a case. Surg Today, 32, 454, 457,   2002年
  • Multidetector CT: Diagnostic impact of slice thickness on detection of hypervascular hepatocellular carcinoma, 河田修治, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 179, 61, 66,   2002年
  • Small hypervascular hepatocellular carcinoma revealed by double arterial phase CT performed with single breath-hold scanning and automatic bolus tracking, 金 東石, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 178, 899, 904,   2002年
  • High dose rate endovascular brachytherapy in aorto-iliac lesion for the prevention of restenosis, Yamazaki H, 村上 卓道, Radiat Med, 20, 25, 32,   2002年
  • Multi-detector row helical CT angiography of hepatic vessels: Depiction with dual-arterial phase acquisition during single breath hold, 高橋 哲, 村上 卓道, Radiology, 222, 81, 88,   2002年
  • Liver abscess formation after microwave coagulation therapy applied for hepatic metastases from surgically excised bile duct cancer: report of a case., Morimoto O, Nagano H, Sakon M, Eguchi H, Miyamoto A, Kondo M, Arai I, Yamamoto T, Dono K, Umeshita K, Takamura M, Murakami T, Nakamori S, Nakamura H, Monden M, Surgery today, 32, 454, 457,   2002年, 査読有り
  • A New Similarity Measure for Nonrigid Volume Registration Using Known Joint Distribution of Target Tissue: Application to Dynamic CT Data of the Liver., Jun Masumoto,Yoshinobu Sato,Masatoshi Hori,Takamichi Murakami,Takeshi Johkoh,Hironobu Nakamura,Shinichi Tamura, Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention - MICCAI 2002, 5th International Conference, Tokyo, Japan, September 25-28, 2002, Proceedings, Part II, 493, 500,   2002年, 査読有り
  • 門脈内腫瘍 (Vp3)を伴う肝細胞癌に対しTAEを施行し3年以上の長期生存を得た1例, 山本為義, 村上 卓道, 癌と化学療法, 28, 1718, 1723,   2001年
  • マルチスライスCT画像からの肝臓領域自動抽出, 桝本 潤, 村上 卓道, 信学論, 9, 2150, 2161,   2001年
  • Comparison of gadobenate dimeglumine with gadopentetate dimeglumine for magnetic resonance imaging of liver tumors, 桑鶴良平, 村上 卓道, Invest Radiol, 36, 632, 641,   2001年
  • Pancreastic mass due to chronic pancreatitis: Correlation of CT and MR imaging features with pathologic findings, 金 東石, 村上 卓道, AJR - Am J Roentgenol, 177, 367, 371,   2001年
  • MR Cholangiography with volume rendering: Receiver operating characteristic curve analysis in patients with choledolithiasis, 近藤浩志, 村上 卓道, AJR Am J Roentgenol, 176, 5, 1183, 1189,   2001年
  • Microwave coagulation therapy with interruption of hepatic blood in-or outflow: An experimental study, 高村 学, 村上 卓道, J Vasc Interv Radiol, 12, 619, 622,   2001年
  • Evaluation of Regional Liver Damage by Magnetic Resonance Imaging with Superparamagnetic Iron Oxide in Rat Liver, 村上 卓道, Dig Dis Sci, 46, 148, 155,   2001年
  • Hypervascular Hepatocellular Carcinoma: Detection with Double Arterial Phase Multidetector Row Helical CT, 村上 卓道, Radiology, 218, 763, 767,   2001年
  • Myxoid leiomyoma of the uterus: CT and MRI features, Cruz M, 村上 卓道, Abdom Imaging, 26, 98, 101,   2001年

書籍等出版物

  • 放射線治療学改訂6版, 村上卓道, 分担執筆, 24展望:新しい画像診断と放射線治療, 南山堂,   2017年07月, 978-4-525-27096-4
  • 画像診断ガイドライン 2016年版, 村上 卓道, 共編者, 金原出版,   2016年09月, 4307071050
  • Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 肝臓編, 村上卓道, 監修, メジカルビュー社,   2016年04月22日, 4758315914
  • Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 胆膵脾編, 村上卓道, 監修, メジカルビュー社,   2016年03月30日, 4758315922
  • 肝胆膵脾のCT・MRI診断, 村上 卓道, 岡田 真広, 共著, 金芳堂,   2013年10月, 4765315819
  • 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン 2013年版, 村上 卓道, 共編者, 金原出版,   2013年10月, 4307203186
  • MRI応用自在, MRガイド下集束超音波療法(MR-GUIDED FUS), 村上 卓道, 共著, メジカルビュー社,   2013年10月
  • 画像診断ガイドライン 2013年版, 村上 卓道, 共編者, 金原出版,   2013年07月, 4307070933
  • EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, EOB-MRIの基本的知識:最適な撮像法, 村上 卓道, 岡田 真広, 共著, 医学書院,   2013年06月
  • EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, EOB-MRIの基本的知識:EOB-MRIによる肝機能評価, 岡田 真広, 村上 卓道, 共著, 医学書院,   2013年06月
  • EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療, EOB-MRIの早期肝癌と異型結節(DN)の識別診断能:EOB-MRIによる早期肝癌の診断能:生検標本との対比, 今井 康陽, 村上 卓道, 共著, 医学書院,   2013年06月
  • 画像診断, 柏木 伸夫, 村上 卓道, 共著, 克誠堂,   2013年05月
  • 診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点, 血管侵襲の診断:血管造影を施行しない場合, 柳生 行伸, 村上 卓道, 共著, 文光堂,   2013年03月
  • 放射線医学 消化器画像診断・IVR, 楢林 勇, 共編者, 金芳堂,   2012年11月, 4765315460
  • 消化器画像診断・IVR, 楢林 勇, 杉村 和朗, 廣田 省三, 村上 卓道, 金芳堂,   2012年11月, 9784765315463
  • 肝癌診療マニュアル 第2版, 肝癌の診断 画像診断 どのようなときにGd-EOB-MRIを行うか., 工藤 正俊, 井上 達夫, 村上 卓道, 共著, 医学書院, 東京,   2010年07月
  • medicina medicina, CT・MRIアトラスupdate 正常解剖と読影のポイント;子宮, 安藤理奈, 藤谷哲也, 村上 卓道, 共著, 医学書院,   2009年11月
  • 腹部画像診断アトラス, Prostatic cystic epithelial stromal tumorとその再発巣の悪性転化の一例, 荒木哲朗, 桑原雅知, 村上 卓道, 共著,   2008年
  • Medico Medico, 腹部MRI画像診断の最近の話題, 熊野 正士, 村上 卓道, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 金 東石, 共著, 千代田開発株式会社,   2007年04月
  • 肝臓病の最新治療, Multidetector-row CT, 村上 卓道, 大西裕満, 共著,   2007年04月
  • Annual Review 2007 消化器, 肝臓:肝癌の画像診断, 岡田 真広, 村上 卓道, 共著, 中外医薬社,   2007年01月
  • 臨床画像, 上腹部消化器系のCT・MRIお勧め撮像法, 村上 卓道, 単著, メジカルビュー社,   2006年09月
  • Knack & Pitfalls 肝臓外科の要点と盲点 第2版, 手術を前提とした総合画像診断 幕内 雅敏,高山 忠利 編, 堀 雅敏, 村上 卓道, 共著, 文光堂,   2006年04月
  • 腹部画像診断の勘ドコロ, 画像診断:第2章肝・脾:CT撮像の考え方と診断学レビュー:高橋雅士監修, 兼松雅之編, 村上 卓道, 大西裕満, 共著, メジカルビュー社,   2006年03月
  • MRIデータブック, FUS, in phase/out of phase, chemical shift artifact, 村上 卓道, 共著, メディカルビュー社,   2006年
  • 肝臓外科の要点と盲点, 肝腫瘍診断のKnack & Pitfalls, 手術を前提とした総合画像診断, 堀 雅敏, 村上 卓道, 共著, 文光堂,   2006年
  • 肝臓病の最新治療, Multidetector-row CT, 村上 卓道, 共著, 先端医療技術研究所,   2006年
  • 肝転移のすべて, MRI, 金 東石, 村上 卓道, 共著, 長井書店,   2005年
  • Medical Radiology, Diagnostic Imaging, Diagnostic Imaging, Multidetector-Row CT Angiography, 村上 卓道, 共著, Springer-Verlag Berlin-Heidelberg-New York,   2004年
  • Managing patient dose in computed tomography, Managing patient dose in computed tomography, 村上 卓道, 共著, The International Commission on Radiological Protection,   2004年
  • 肝疾患 治療 コンセンサス2004, 肝細胞癌 局所療法 Radiological Intervention (肝動脈塞栓療法), 村上 卓道, 共著, アークメディア,   2004年
  • 改訂版応用自在, MRガイド下集束超音波療法, 村上 卓道, 共著, メディカルビュー社,   2004年
  • 肝疾患Review 2004, 肝癌の診断, 治療の進歩:MDCTによる肝細胞癌診断の進歩, 村上 卓道, 共著, 日本メディカルセンター,   2004年
  • CTにおける患者線量の管理, ICRP Publication 87, 村上 卓道, 共著, 日本アイソトープ協会,   2004年
  • 肝の最新MRI, 村上 卓道, 共著, 金原出版,   2004年
  • The Asian-Oceanian Textbook of Radiology, Diseases of the liver and biliary three., 村上 卓道, 共著, Singapore, TTG Asia Media Pte Ltd,   2003年
  • 画像診断, 最近の肝の画像診断, 村上 卓道, 共著, 秀潤社,   2003年
  • IVRの技法, 村上 卓道, 中村仁信, 共編者, 南江堂,   2002年11月, 4524222952
  • Scanographie volumique multicoupe: Principles, applications et perspectives, Etude dynamique du carcinome hepato-cellulaire. Angioscanner des vaisseaux pancreatiques, 村上 卓道, 共著, Masson, Paris,   2002年
  • 婦人科検査マニュアル:データの読み方から評価まで, 画像診断:MRI, 津田 恭, 村上 卓道, 共著, 医学書院,   2002年
  • 胸腹部・骨盤部CT・MRI診断のキーワード160, 土屋 一洋, 村上 卓道, 共著, メジカルビュー社,   2002年, 4895539474
  • 腹部・骨盤部造影検査のキーワード132, 村上 卓道, 共著, メジカルビュー社,   2002年, 4758308063
  • IVR器材と手技・ポイント, 経皮的胆嚢ドレナージ, 岡田篤哉, 村上 卓道, 共著, メジカルビュー社,   2001年
  • Upper放射線医学,画像診断学, 肝、胆、膵、脾, 井上 豊, 村上 卓道, 共著, 南山堂,   2001年
  • 全身性疾患,フィルムリーディング, 肝臓のびまん性病変, 村上 卓道, 共著, 医学書院,   2001年
  • Multidetector Helical CTのすべて, Multidetector CTによる膵疾患の診断, 金 東石, 村上 卓道, 共著, 金原出版,   2001年

講演・口頭発表等

  • 指導者講習, 村上卓道, 第317回日本医学放射線学会関西地方会,   2017年11月11日
  • 皮質病変を認めた非アルコール性ウェルニッケ脳症の一例, 鈴木絢子,松木 充,土居秀平,沼本勲男,小田晃義,藤谷哲也,兵頭朋子,山田 穣,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第317回日本医学放射線学会関西地方会,   2017年11月11日
  • 後腹膜発生動静脈奇形の一例, 土居秀平,松木 充,鈴木絢子,沼本勲男,小田晃義,藤谷哲也,兵頭朋子,山田 穣,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第317回日本医学放射線学会関西地方会,   2017年11月11日
  • 肝癌の最新画像診断と治療への応用, 村上卓道, 肝臓がんの画像診断と治療の最前線,   2017年09月21日
  • 指導者講習2, 村上卓道, 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2017年09月09日
  • Advanced CT and MR Imaging for Improving Diagnosis and Treatment Quality, Murakami T, 7th International Symposium in Computational Medical and Health Technology,   2017年09月03日
  • SAMIの紹介と肝画像診断の進歩, 村上卓道, SAMI2017,   2017年07月23日
  • Dual-Energy CTから得られたヨード密度画像を用いた肝線維化の評価, 祖父江慶太郎,鶴﨑正勝,兵頭朋子,佐々木公祐,矢田典久,工藤正俊,杉村和朗,村上卓道, SAMI2017,   2017年07月22日
  • 新専⾨医制度の解説, 村上卓道, JCRミッドサマーセミナー2017,   2017年07月15日
  • FDG-PET/CTで集積を認めた異所性甲状腺癌の一例, 甲斐田勇人,石井一成,細川知紗,任 雲誠,細野 眞,村上卓道,花岡宏平,乾 浩己, 第50回日本核医学会近畿地方会,   2017年07月08日
  • 肝癌診療ガイドライン第4版公聴会:エビデンスとコンセンサス:第4版改訂のコンセプト, 村上卓道, 第53回日本肝癌研究会,   2017年07月07日
  • 十二指腸ブルンネル腺過誤腫の1例, 小田晃義,松木 充,沼本勲男,福井秀行,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,鶴﨑正勝,今岡いずみ,石井一成,村上卓道, 第31回日本腹部放射線学会,   2017年06月30日
  • TAFRO症候群の1例, 鈴木絢子,沼本勲男,松木 充,小田晃義,山田 穣,兵頭朋子,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,細川知紗,小塚健倫,柏木伸夫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,石井一成,榎木英介,村上卓道, 第31回日本腹部放射線学会,   2017年06月30日
  • 肝細胞癌のIVR治療~HCV・HBVにおいて~, 村上卓道, 第2回東京・神奈川肝疾患研究会,   2017年06月20日
  • Prognostic impact of 18F-FDG PET parameters and molecular markers expression in resected non-small cell lung cancer patients, Kaida H, Azuma K, Kwahara A, Sadashima E, Hattori S, Akiba J, Rominger A, Rakamori S, Fujimoto K, Hosono M, Ishii K, Murakami R, Ishibashi M, SNMMI 2017 Annual Meeting,   2017年06月11日
  • 当院におけるIVR穿刺技術教育の現状や課題, 鶴﨑正勝,土居秀平,鈴木絢子,沼本勲男,小田晃義,柳生行伸,柏木伸夫,村上卓道, 第63回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2017年06月10日
  • 肝臓の画像診断 EOB-MRIによる肝細胞癌診断:ガイドラインにおける位置づけとそのエビデンス, 村上卓道, 平成29年度日本肝臓学会教育講演会,   2017年06月10日
  • Gd-EOB-DTPA-MRIによる肝細胞癌診断overview, 村上卓道, 南大阪肝癌診療セミナー-診断から治療まで-,   2017年06月01日
  • 腎細胞癌術前にNBCAにて腎動脈塞栓術を行った3例の病理学的検討, 沼本勲男,鶴﨑正勝,小田晃義,任 誠雲,柳生行伸,柏木伸夫,筑後孝章,村上卓道, 第46回日本IVR学会総会,   2017年05月20日
  • 無水エタノールを用いた同側穿刺法による術前門脈塞栓術~「シース注入法」の有用性の検討~, 小田晃義,鶴﨑正勝,沼本勲男,任 誠雲,柳生行伸,柏木伸夫,中村友則,竹山宜典,村上卓道, 第46回日本IVR学会総会,   2017年05月19日
  • Estimation of Lobar Liver Function using Gadoxetic Acid-Enhanced MR Imaging: Comparison with 99mTc-GSA SPECT Imaging, Sofue K, Tsurusaki M, Murakami T, Kitajima K, Yamaguchi M, Sugimoto K, Tanaka U, Takahashi S, Sugimura K, 26th International Society for Magnetic Resonance in Medicine,   2017年04月22日
  • Japan perspectives, Murakami T, The 6th Asian Congress of Abdominal Radiology,   2017年04月21日
  • 食道癌切除患者におけるFDG集積の予後検討, 甲斐田勇人,石井一成,細川知紗,柳生行伸,任 誠雲,兵頭朋子,山田 穣,細野 眞,安田卓司,村上卓道, 第76回日本医学放射線学会総会,   2017年04月16日
  • 画像診断アルゴリズムと臨床的対応, 村上卓道, 第76回日本医学放射線学会総会,   2017年04月15日
  • 肝動脈塞栓術後の肝細胞癌局所再発予測:ヨード密度画像によるリピオドール定量, 兵頭朋子,柳生行伸,沼本勲男,鶴﨑正勝,任 誠雲,上嶋一臣,工藤正俊,村上卓道, 第76回日本医学放射線学会総会,   2017年04月14日
  • 指導者講習, 村上卓道, 第76回日本医学放射線学会総会,   2017年04月14日
  • Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance images of hepatocellular carcinoma:correlation with histological grading and portal blood flow, Murakami T, European Congress of Radiology 2017,   2017年03月01日
  • MRスペクトロスコピーによる生体ファントム脂肪定量, 兵頭朋子,河野雄輝,村上卓道, 第36回日本画像医学会,   2017年02月25日
  • 転移性耳下腺腫瘍のCT MRI所見, 柏木伸夫,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,小塚建倫,細川知紗,松木 充,鶴﨑正勝,今岡いずみ,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第315回日本医学放射線学会関西地方会,   2017年02月25日
  • 直接穿刺による硬化療法を施行した腹壁静脈瘤の2例, 沼本勲男,鶴﨑正勝,小田晃義,日高正二朗,柳生行伸,柏木伸夫,村上卓道, 第62回関西Interventional Radiology研究会,   2017年02月18日
  • 肝胆膵:治療に役立つ肝胆膵画像診断:Development of Liver imaging for Diagnosis and Treatment of HCC, 村上卓道, 第30回 JCRミッドウィンターセミナー,   2017年01月28日
  • Algorithm for reference region delineation for amyloid imaging using pattern recognition scheme and kinetics of administered Aβ probe-considering the number of clusters-, Yamada T, Kimura Y, Nagaoka T, Hosokawa C, Murakami T, Ishii K, Human Amyloid Imaging Conference 2017,   2017年01月11日
  • Noise reduction algorithm for amyloid imaging without loss of image resolution, Kimura Y, Fujii K, Yamada T, Hosokawa C, Sakata M, Murakami T, Ishii K., Human Amyloid Imaging Conference 2017,   2017年01月11日
  • Gd-EOB-DTPA-MRIによる肝細胞癌診断overview, 村上卓道, 平成28年度奈良県MR Conference特別講演会,   2016年12月10日
  • Usefulness of Double Frequency MR Elastography for Assessment of the Necroinflammation on Liver Stiffness Measurements, Onoda T, Hyodo T, Murakami T, Tsurusaki M, Sakamoto T, Miyati T, 102th Radiological Society of North America,   2016年11月27日
  • Therapy Evaluation of Hepatocellular Carcinoma after Radio-frequency Ablation and Stereotactic Body Radiotherapy by CT, MR and US: Updated Interpretation, Okada M, Numata K, Takeda A, Tanaka K, Murakami T, Murayama S, 102th Radiological Society of North America,   2016年11月27日
  • 認知症患者における線条体アミロイド沈着の検討, 細川知紗,石井一成,Sauerbeck J,Scheiwein F,甲斐田勇人,兵頭朋子,山田 穣,細野 眞,花岡宏平,村上卓道, 第56回日本核医学会学術総会,   2016年11月03日
  • 非小細胞肺癌のFDG集積とGlut-1, pStat1, pStat3での予後因子の検討, 甲斐田勇人,東 公一,河原明彦,服部 聡,藤本公則,高森信三、藤本公則,高森信三,石井一成,村上卓道,石橋正敏, 第56回日本核医学会学術総会,   2016年11月03日
  • 骨盤鬱滞症候群に対し、卵巣静脈塞栓術が奏功した1例, 小田晃義,鶴﨑正勝,柳生行伸,沼本勲男,日高正二朗,任 誠雲,柏木伸夫,松木 充,村上卓道, 第23回兵庫県IVR懇話会,   2016年10月22日
  • EOB-MRIの最適撮像法-GALIREO study(国内45施設における多施設試験)の結果を含めて-, 村上卓道, 第44回日本磁気共鳴医学会大会,   2016年09月09日
  • 広範な骨盤内浸潤を伴った子宮内膜症の一例, 小田晃義,松木 充,今岡いずみ,沼本勲男,福井秀行,日高正二朗,兵頭朋子,小谷泰史,任 誠雲,柳生行伸,柏木伸夫,小塚健倫,鶴﨑正勝,万代昌紀,村上卓道, JSAWI2016,   2016年09月02日
  • FDG-PET/CTを契機に発見された再発性多発軟骨炎の一例, 甲斐田勇人,石井一成,細川知紗,細野 眞,村上卓道, PETサマーセミナーin熊本,   2016年08月26日
  • 画像診断, 村上卓道, 平成28年度日本肝臓学会教育講演会,   2016年08月07日
  • 新しい専門医制度について, 村上卓道, JCRミッドサマーセミナー2016,   2016年07月16日
  • 11C-PiB PET陽性認知症の線条体集積の有無の検討, 細川知紗,石井一成,Julia Sauerbeck,Franziska Scheiwein,甲斐田勇人,兵頭朋子,山田 穣,細野 眞,花岡宏平,村上卓道, 第49回日本核医学会近畿地方会,   2016年07月09日
  • EOB-MRI肝細胞相で低信号を示す非多血性結節の多血化, 村上卓道, 第52回日本肝癌研究会,   2016年07月02日
  • 体幹部コイル塞栓術におけるPODTM(Penumbra Occlusion Device)の初期経験, 小田晃義,鶴﨑正勝,柳生行伸,沼本勲男,日高正二朗,柏木伸夫,松木 充,村上卓道, 第61回関西Interventional Radiology研究会,   2016年06月25日
  • 十二指腸リンパ節瘻を合併した膵結核の1例, 渡口真史,松木 充,沼本勲男,福井秀行,若林雄一,山川美帆,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,鶴崎正勝,今岡いずみ,石井一成,田中利絵,今井 元,石川 原,竹山宜典,前西 修,村上卓道, 第30回日本腹部放射線学会,   2016年06月25日
  • 副腎結核の1例, 沼本勲男,松木 充、渡口真史,福井秀行,若林雄一,山川美帆,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,鶴﨑正勝,今岡いずみ,石井一成,村上卓道, 第30回日本腹部放射線学会,   2016年06月24日
  • Cerebral glucose metabolic reduction patterns of PiB accumulation positive and negative cognitive disordered subjects, Hosokawa C, Ishii K, Kimura Y, Kaida Y, Wakabayashi Y, Hyodo T, Hosono M, Murakami T, SNMMI 2016 Annual Meeting,   2016年06月11日
  • 孤立性腹部内臓動脈解離のCT所見, 福井秀行,松木 充,小田晃義,沼本勲男,日高正二朗,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,小塚健倫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,石井一成,村上卓道, 第313回公益社団法人日本医学放射線学会関西地方会,   2016年06月11日
  • New development of MDCT liver imaging, Murakami T, Japanese-German Bi-Annual Meeting 2016 Preliminary schedule of the scientific meeting,   2016年06月04日
  • Increased Pittsburgh Compound B accumulation in the white matter of Alzheimer brain, Wakabayashi Y, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Kaida H, Yamada M, Yagyu Y, Tsurusaki M, Sugimura K, Murakamai T, 日本分子イメージング学会 第11回総会・学術集会,   2016年05月29日
  • DP-CAR(腹腔動脈合併尾側膵切除術)前にAmplatzer Vascular Plug を用いて総肝動脈塞栓を行った4症例, 渡口真史,鶴﨑正勝,沼本勲男,日高正二朗,朝戸信行,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,松木 充,竹山宜典,村上卓道, 第45回日本IVR学会総会,   2016年05月27日
  • HCC に対するDEB-TACE 時に発生したVascular lake の検討, 沼本勲男,鶴﨑正勝,渡口真史,日高正二朗,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,村上卓道,田北雅弘,萩原 智,南 康範,上嶋一臣,西田直生志,工藤正俊,朝戸信行, 第45回日本IVR学会総会,   2016年05月27日
  • 膵炎や膵手術に伴う仮性動脈瘤に対するカテーテル的塞栓術, 沼本勲男,鶴﨑正勝,渡口真史,山川美帆,朝戸信行,任 誠雲,柳生行伸,村上卓道, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月17日
  • 転移性耳下腺腫瘍のCT,MRI所見, 柏木伸夫,日高正二朗,福井秀行,柳生行伸,中西克之,小塚健倫,石井一成,沼本勲男,筑後孝章,村上卓道, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月17日
  • Dual-energy CTを用いた肝ダイナミックCTの造影剤量低減, 兵頭朋子,熊野正士,中西順子,矢田典久,鶴﨑正勝,工藤正俊,村上卓道, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月16日
  • 最新の肝癌画像診断, 村上卓道, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月15日
  • 認知障害の11C PiB PETでの線条体集積と脳糖代謝の相関, 細川知紗,石井一成,木村雄一,甲斐田勇人,若林雄一,兵頭朋子,山田 穣,小塚健倫,細野 眞,村上卓道, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月14日
  • Advanced liver imaging: Improved treatment decision, Murakami T, European Congress of Radiology 2016,   2016年03月02日
  • 上顎洞術後変化としての眼窩下管拡大, 福井秀行,柏木伸夫,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,小塚健倫,細川知紗,熊野正士,鶴﨑正勝,松木 充,今岡いずみ,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第35回日本画像医学会,   2016年02月26日
  • MRスペクトロスコピーによる生体ファントム脂肪定量, 兵頭朋子,鶴﨑正勝,村上卓道, 第35回日本画像医学会,   2016年02月26日
  • CT and MR Imaging for Diagnosis and Treatment of HCC, Murakami T, 25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver,   2016年02月20日
  • 神経核内封入体病の1例, 沼本勲男,松木 充,福井秀行,若林雄一,日高正二朗,渡口真史,藤谷哲也,山川美帆,兵頭朋子,山田 穣,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第312回日本医学放射線学会関西地方会,   2016年02月20日
  • USガイド鎖骨下静脈アプローチによる中心静脈ポート留置に伴った胸肩峰動脈分枝損傷に対し動脈塞栓術を施行した1例, 日高正二朗,鶴﨑正勝,沼本勲男,渡口真史,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,村上卓道, 第59回中部IVR研究会・第60回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2016年02月13日
  • DCビーズを用いたDEB-TACE後に腫瘍破裂を来した当院での1例, 沼本勲男,鶴﨑正勝,日高正二朗,渡口真史,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,松木 充,村上卓道,萩原 智,工藤正俊, 第59回中部IVR研究会・第60回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2016年02月13日
  • DP-CAR(腹腔動脈合併尾側膵切除術)術前にAmplatzer Vascular Plugを用いて総肝動脈塞栓を行った3症例, 渡口真史,鶴﨑正勝,沼本勲男,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,松木 充,村上卓道,竹山宜典, 第59回中部IVR研究会・第60回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2016年02月13日
  • 最新の肝画像診断と治療への応用, 村上卓道, 第12回神戸肝臓病研究会,   2016年02月12日
  • 肝線維化診断におけるMR elastographyの有用性の検討:生検検体を用いたTransient elastographyとの比較, 渡口真史,鶴﨑正勝,兵頭朋子,沼本勲男,熊野正士,松木 充,村上卓道,矢田典久,工藤正俊, 第22回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2016年02月06日
  • Bizarre parosteal osteochondromatous proliferation of the sternum, Fukui H, Kashiwagi N, Enoki E, Nakajima Y, Numoto I, Wakabayashi Y, Toguchi M, Asato N, Yamakawa M, Im S, Hyodo T, Yagyu Y, Kumano M, Tsurusaki M, Imaoka I, Matsuki M, Ishii K, Murakami T, 第27回日本骨軟部放射線研究会,   2016年01月29日
  • Iodine Load Reduction at Hepatic Dynamic CT using Virtual Monochromatic Imaging with a Fast kVp Switching Dual-Energy CT, Hyodo T, Kumano M, Nakanishi J, Uemura M, Kudo M, Murakami T, Toguchi M, Fukui H, Yada N, Ishii K, Mochizuki T, 101th Radiological Society of North America- Scientific Poster,   2015年11月29日
  • GDAコイル法による肝動注リザーバー留置後に胆道出血をきたした一例, 沼本勲男,鶴﨑正勝,渡口真史,日高正二朗,山川美帆,任 誠雲,柳生行伸,松木 充,村上卓道, 第40回リザーバー研究会,   2015年11月27日
  • アミロイドイメージングにおける組織放射能時間曲線に対するパターン認識による参照領域設定アルゴリズム, 木村裕一,山田誉大,永岡 隆,細川知紗,石井一成,村上卓道, 第55回日本核医学会学術総会,   2015年11月05日
  • PiB陰性例の18F-FDG PETによる脳代謝分布の検討, 細川知紗,石井一成,若林雄一,兵頭朋子,花田一志,甲斐田隼人,細野 眞,木村裕一,村上卓道, 第55回日本核医学会学術総会,   2015年11月05日
  • 膵癌のFDG集積とmTOR関連マーカーとの相関性に関する分子病理学的検討, 甲斐田勇人,東 公一,河原明彦,安永昌史,服部 聡,倉田精二,廣瀬靖光,鹿毛政義,石井一成,村上卓道,石橋正敏, 第55回日本核医学会学術総会,   2015年11月05日
  • 上顎洞術後変化としての眼窩下管拡大, 福井秀行,柏木伸夫,任 誠雲,甲斐田勇人,柳生行伸,小塚健倫,細川知紗,熊野正士,鶴﨑正勝,松木 充,今岡いずみ,石井一成,細野 眞,村上卓道, 第311回公益社団法人日本医学放射線学会関西地方会,   2015年10月24日
  • ガイドラインからみた肝臓画像診断の進め方, 村上 卓道, 第50回兵庫県放射線医学総会,   2015年10月22日
  • Therapy planning and dose prescription in radioiodine-131 therapy for hyperthyroidism using radioiodine-123 SPECT/CT imaging, Hanaoka K, Hosono M, Otsuka M, Asai Y, Okumura M, Ishii K, Murakami T, EANM’15-Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • Introducing the glucose metabolism to amyloid deposition ratio image, Ishii K, Takahashi R, Wakabayashi Y, Hosokawa C, Kaida H, Murakami T, EANM’15-Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • The correlation between 18F-FDG uptake and Glut-1, Stat-1 and Stat-3 in non-small cell lung cancer patients, Kaida H, Azuma K, Kawahara A, Hattori S, Takamori S, Sadashima E, Fujimoto K, Kage M, Kurata S, Hirose Y, Ishii K, Murakami T, Ishibashi M, EANM’15-Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2015年10月10日
  • 腹部画像診断の進歩, 村上 卓道, 日本消化器病学会近畿支部第49回教育講演,   2015年09月26日
  • アルツハイマー病診断におけるADCmapの臨床有用性の検討, 高橋洋人,石井一成,渡邉嘉之,田中 壽,有澤亜津子,松尾千聡,村上卓道, 第43回日本核磁気共鳴医学会大会,   2015年09月10日
  • ガイドラインから見た肝癌画像診断の進め方, 村上卓道, 2015JCRミッドサマーセミナー,   2015年07月18日
  • PET検診で発見されたFDG集積を伴う解離性大動脈瘤の一例, 甲斐田勇人,石井一成,村上卓道,田原宣広,本多亮博,福本義弘,石橋正敏, 第48回日本核医学会近畿地方会,   2015年07月11日
  • 最新の肝画像診断と治療への応用, 村上卓道, 岩手臨床画像セミナー,   2015年07月11日
  • Multimodality fusion imaging for HCC Toward Improved Treatment Decisions, 村上卓道, 第11回宮崎消化器内科セミナー,   2015年07月10日
  • New Insigths in Imaging:New CT Technology for the Liver Imaging, Murakami T, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2015年07月03日
  • GDAコイル法による肝動注リザーバー留置後に胆道出血をきたした一例, 日高正二朗,鶴﨑正勝,柳生行伸,沼本勲男,渡口真史,山川美帆,任 誠雲,松木 充,村上卓道, 第59回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2015年06月27日
  • 上腸間膜静脈血栓症による急性腸管虚血に対しTIPSを施行した一例, 沼本勲男,鶴﨑正勝,柳生行伸,渡口真史,山川美帆,任 誠雲,松木 充,村上卓道,萩原 智,工藤 正俊,吉藤竹仁,船内正憲, 第59回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2015年06月27日
  • 卵巣提索のうっ滞所見が明瞭であった卵巣線維腫茎捻転の1例, 福井秀行,松木 充,沼本勲男,若林雄一,渡口真史,朝戸信行,山川美帆,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,熊野正士,鶴﨑正勝,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第29回日本腹部放射線学会,   2015年06月19日
  • 肝細胞腺腫から移行したと思われる高分化型肝細胞癌の1例, 渡口真史,松木 充,兵頭朋子,柳生行伸,今岡いずみ,鶴﨑正勝,足利竜一朗,村上卓道,任 誠雲,山川美帆,朝戸信行,若林雄一,福井秀行,沼本勲男,中居卓也,石川 原,竹山宜典,榎木英介, 第29回日本腹部放射線学会,   2015年06月19日
  • 腎周囲腔発生sclerosing variant of PEComaの1例, 山川美帆,松木 充,沼本勲男,福井秀行,若林雄一,渡口真史,朝戸信行,千葉輝明,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,細川知紗,熊野正士,鶴﨑正勝,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,筑後孝章,植村天受,村上卓道, 第29回日本腹部放射線学会,   2015年06月19日
  • 膀胱子宮内膜症の経過を追った2例, 沼本勲男,今岡いずみ,若林雄一,藤谷哲也,山川美帆,兵頭朋子,甲斐田勇人,柳生行伸,熊野正士,鶴﨑正勝,松木 充,石井一成,村上卓道, 第310回日本医学放射線学会関西地方会,   2015年06月13日
  • ANCA関連後縦隔線維症の一例, 日高正二朗,小塚健倫,福井秀行,渡口真史,山田 穣,任 誠雲,柏木伸夫,細川知紗,鶴﨑正勝,今岡いずみ,松木 充,石井一成,村上卓道, 第310回日本医学放射線学会関西地方会,   2015年06月13日
  • Increased Pittsburgh Compound B accumulation in the regional white matters of Alzheimer brain, Wakabayashi Y, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Kozuka T, Murakami T, Sugimura K, 2015 Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging,   2015年06月06日
  • The correlation of dual phase 18F-FDG PET/CT to immunohistochemical prognostic factors in breast cancer patients, Kaida H, Toh U, Kawahara A, Kurata S, Hirose Y, Kage M, Ishii K, Murakamai T, Ishibashi M, 2015 Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging,   2015年06月06日
  • Evaluation of the outcome after occlusive complication of implantable port-catheter system for hepatic arterial infusion chemotherapy, Yamakawa M, Tsurusaki M, Numoto I, Toguchi M, Asato N, Im S, Yagyu Y, Kashiwagi N, Matsuki M, Murakami T, JSIR,ISIR&APCIO,   2015年05月28日
  • Transcatheter embolization for bleeding visceral artery pseudoaneurysm in the patients with pancreatitis or pancreatic surgery, Numoto I, Tsurusaki M, Toguchi M, Yamakawa M, Asato N, Im S, Yagyu Y, Murakami T, JSIR,ISIR&APCIO,   2015年05月28日
  • 肝腫瘍の画像診断:鑑別のポイント, 村上卓道, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 肝画像診断の進歩, 村上卓道, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 肝細胞癌に対するRFA後の再発診断:EOB造影MRIと造影CTの前向き比較試験, 今井康陽,片山和宏,村上卓道, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • 早期肝細胞癌の画像所見と治療戦略, 今井康陽,小来田幸世,村上卓道, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • NAFLDにおけるDual energy CTを用いた肝脂肪変性定量評価の有用, 岡部純弥,澤井良之,福田和人,井倉 技,小来田幸世,今井康陽,磯谷圭介,米澤 稔,藤田典彦,兵頭朋子,辻川華子,阿部時也,橋口明典,坂元亨宇,村上卓道, 第51回日本肝臓学会総会,   2015年05月21日
  • PIB-PETによるAD脳の白質でのアミロイド集積亢進について, 若林雄一,石井一成,細川知紗,兵頭朋子,山田 穣,柳生行伸,鶴﨑正勝,小塚健倫,杉村和朗,村上卓道, 第74回日本医学放射線学会総会,   2015年04月16日
  • Iodine Load Reduction at Hepatic Dynamic CT: Usefulness of the Virtual Monochromatic Imaging using a Fast kVp Switching Dual-Energy CT, Hyodo T, Nakanishi J, Asato N, Tsurusaki M, Matsuki M, Uemura M, Kudo M, Murakami T, The 27th European Congress of Radiology - Scientific Exhibit,   2015年03月04日
  • Recent progress of multimodality imaging for HCC, Murakami T, 22th International Seoul Radiology Symposium,   2015年02月14日
  • Dual energy CTを用いた肝脂肪変性定量評価の有用性~肝生検標本を用いた脂肪変性定量との比較, 岡部純弥,澤井良之,小来田幸世,井倉 技,福田和人,磯谷圭介,藤田典彦,今井康陽,辻井華子,阿部時也,橋口明典,坂元亨宇,村上卓道, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • 当院における肝細胞癌に対するディーシービーズⓇを用いたDEB-TACEの治療成績, 渡口真史,鶴﨑正勝,柳生行伸,沼本勲男,朝戸信行,山川美帆,任 誠雲,松木 充,村上卓道,井上達夫,萩原 智,南 康範,上嶋一臣,工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の早期治療効果予測(第2報), 南 康範,村上卓道,工藤正俊, 第21回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2015年02月07日
  • Imaging of Uncommon Site Metastases from Breast Cancer: A Pictorial Review, Toguchi M, Matsuki M, Hyodo T, Murakami T, Imaoka I, ishii K, Tsurusaki M, Kumano S, 100th Radiological Society of North America- Education Exhibit,   2014年11月30日
  • Noninvasive Assessment of Liver Fibrosis with Iodine Quantification Using Dual-energy CT in Chronic Liver Disease, Asato N, Tsurusaki M, Hyodo T, Matsuki M, Ishii K, Murakami T, 100th Radiological Society of North America- Scientific Poster,   2014年11月30日
  • A Multi-Material Decomposition Algorithm for Liver Fat Quantification in Dual-Energy CT: Reproducibility of the Method, and Comparison with MR Spectroscopy, Hyodo T, Yada N, Maenishi O, Lamb P, Sasaki K, Murakami T, Tsurusaki M, Ishii K, Matsuki M, Kumano M, Mochizuki T, 100th Radiological Society of North America- Scientific Paper,   2014年11月30日
  • Diagnosis of Dementia with Lewy Bodies (DLB) with Neuroimaging Techniques, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Takahashi H, Kashiwagi N, Murakami T, Matsuki M, Ashikaga R, 100th Radiological Society of North America- Education Exhibit,   2014年11月30日
  • CT Imaging of Various Gastric Lesions: A Pictorial Review, Matsuki M, Hyodo T, Kumano S, Tsurusaki M, Ishii K, Murakami T, 100th Radiological Society of North America- Education Exhibit.,   2014年11月30日
  • Non-Surgical Management for Hepatocellular Carcinoma with Vascular Tumor Thrombus, Tsurusaki M, Murakami T, Asato N, Yagyu Y, Kumano S, Matsuki M, 100th Radiological Society of North America- Education Exhibit,   2014年11月30日
  • Liver Dysfunction Imaging on MRI: Are You Working on Quantifying Fat, Fibrosis and Iron of the Liver?, Okada M, Wakayama T, Koga T, Tsuchiya N, Murakami T, Murayama S, 100th Radiological Society of North America- Education Exhibit,   2014年11月30日
  • Advanced Liver Imaging, 村上卓道, 第1回医療と画像診断フォーラム,   2014年11月22日
  • Multimodality fusion imaging for HCC:Toward Improved Treatment Decisions, 村上卓道, 相模原肝細胞癌セミナー,   2014年11月10日
  • Gd-EOB-DTPA-MRIによる肝細胞癌診断overview, 村上卓道, 第3回鹿児島EOBセミナー,   2014年11月07日
  • 軽症アルツハイマー症の18F- FDG PETと11C-PiB PET検査の経時的画像変化の検討, 細川知紗,石井一成,兵頭朋子,坂口健太,宇佐美公男,若林雄一,鶴﨑正勝,松木 充,細野 眞,村上卓道, 第54回日本核医学会学術総会,   2014年11月06日
  • 下肢静脈疾患におけるMR venographyの有用性及び造影CTとのすみわけについて, 朝戸信行,保田知生,柳生行伸,今岡いずみ,鶴﨑正勝,村上卓道, 第55回日本脈管学会総会,   2014年10月30日
  • 当院における胃粘膜下腫瘍に対する18F-FDG PET 検査, 沼本勲男,松木 充,福井秀行,若林雄一,渡口真史,千葉輝明,山田 穣,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,細野 眞,石井一成,村上 卓道, 第308回日本医学放射線学会関西地方会,   2014年10月25日
  • 当院における内視鏡不完全症例に対するCT colonography の活用, 松木 充,朝戸信行,山川美帆,藤谷哲也,任 誠雲,兵頭朋子,柳生行伸,鶴﨑正勝,熊野正士,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第308回日本医学放射線学会関西地方会,   2014年10月25日
  • IgG4 関連疾患によると思われる冠動脈病変の一例, 千葉輝明,松木 充,今岡いずみ,熊野正士,小塚健倫,柏木伸夫,柳生行伸,足利竜一朗,鶴﨑正勝,石井一成,村上卓道,平野 豊,樋野尚一, 第308回日本医学放射線学会関西地方会,   2014年10月25日
  • Regional glucose metabolic reduction in dementia with Lewy bodies is independent of amyloid deposition, Ishii K, Hosokawa C, Hyodo T, Sakaguchi K, Usami K, Shimamoto K, Yamazoe Y, Hosono M, Hanada K, Ueda M, Saigo K, Murakami T, EANM’14-Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2014年10月18日
  • Dual energy CTを用いた肝脂肪変性定量評価の有用性~肝生検標本を用いた脂肪変性定量との比較, 岡部純弥,澤井良之,福田和人,井倉 技,小来田幸世,今井康陽,磯谷圭介,辻井華子,坂元亨宇,村上卓道, 第9回肝癌治療シミュレーション研究会,   2014年09月27日
  • AOCR2014-AOSOR Conjoint Session:Advanced Liver Imaging, Murakami T, Tsurusaki M, Hyodo T, Imai Y, The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology,   2014年09月24日
  • Investigation of 11C-PiB-equivocal PET Findings, Hosokawa C, Ishii K, Hyodo T, Wakabayashi Y, Im S, Tsurusaki M, Imaoka I, Kozuka T, Matsuki M, Ashikaga R, Hosono M, Murakami T, The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology,   2014年09月24日
  • Hypervascular Focal Nodular Hyperplasia-like Nodules in Chronic Alcoholic Liver Disease Mimicking Hepatocellular Carcinoma, Im S, Tsurusaki M, Hidaka S, Asato N, Hyodo T, Matsuki M, Ishii K, Murakami T, The 15th Asian Oceanian Congress of Radiology,   2014年09月24日
  • 嗜銀顆粒性認知症と考えられた1例, 若林雄一,石井一成,河内 崇,細川知紗,山川美帆,兵頭朋子,任 誠雲,鶴﨑正勝,松木 充,細野 眞,北村 登,村上卓道, 第47回日本核医学会近畿地方会,   2014年07月12日
  • Optimizing Imaging Diagnosis, Murakami T, Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2014年07月11日
  • 無水エタノールを用いた経皮経肝門脈塞栓術後に著明な血小板減少を認めた一例, 朝戸信行,柳生行伸,鶴﨑正勝,沼本勲男,渡口真史,山川美帆,任 誠雲,村上卓道, 第57回関西Interventional Radiology研究会,   2014年07月05日
  • TOF完全修復後遠隔期肺動脈弁置換術(PVR)の心機能評価, 千葉輝明,濵田星紀,上野高義,金澤 達,梁川雅弘,本多 修,村上卓道,富山憲幸, 第79回日本心臓血管放射線研究会,   2014年07月05日
  • A case of multifocal nodular steatosis in the liver with chronic hepatitis C, Hyodo T, Matsukubo Y, Matsuki M, Kitai S, Inoue T, Chikugo T, Sato T, Murakami T, 第28回日本腹部放射線学会,   2014年06月27日
  • A case of solid variant serous cystic neoplasm of the pancreas associated with von Hippel-Lindau disease, Numoto I, Asato N, Matsuki M, Fukui H, Fujigai T, Chiba t, Im S, Hyodo T, Yamada M, Yagyu Y, Kashiwagi N. Hosokawa C, Kozuka T, Imaoka I, Tsurusaki M, Ashikaga R, Ishii K, Murakami T, 第28回日本腹部放射線学会,   2014年06月27日
  • Gd-EOB-DTPA-MRIによる肝細胞癌診断overview, 村上卓道, EOB・プリモビストセミナー,   2014年06月17日
  • PET approaches for diagnosis of dementia in Japan, Ishii K, Hosokawa C, Murakami T, 17th Workshops of Japanese-German Radiological Affiliation,   2014年06月06日
  • 肝特異性造影剤を用いた早期肝細胞癌の診断と治療戦略, 小来田幸世,今井康陽,澤井良之,井倉 技,福田和人,関 康,森本修邦,中島 収,坂元亨宇,熊田 卓,村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • Fusion imageを用いた経皮的局所治療のイノベーション, 井倉 技,澤井良之,小来田幸世,福田和人,村上卓道,今井康陽, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • Dual-energy CTを用いた肝脂肪定量, 兵頭朋子,矢田典久,前西 修,工藤正幸,朝戸信行,柳生行伸,鶴﨑正勝,松木 充,足利竜一朗,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • アルコール性肝障害に併発したFNH-like nodule、肝細胞癌の画像、病理学的所見の比較検討, 澤井良之,鶴﨑正勝,福田和人,井倉 技,小来田幸世,大橋寛嗣,大濱日出子,津田和宏,樋口和秀,中島 収,佐々木素子,中沼安二,北尾 梓,松井 修,村上卓道,今井康陽, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 肝細胞癌診断アルゴリズムにおけるEOB-MRIの位置付け, 今井康陽,村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • Tracking Navigation System of Cone-Beam CT Angiography(FlightPlan)支援TACEの有用性, 村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • Interventional radiologyにおける支援画像「FlightPlan」の有用性, 南 康範,南 知宏,千品寛和,有住忠晃,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,萩原 智,井上達夫,上嶋一臣,西田直生志,工藤正俊,柳生行伸,鶴﨑正勝,村上卓道, 第50回日本肝癌研究会,   2014年06月05日
  • 肝疾患におけるIVRの進歩, 村上卓道, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • Dual energy CTを用いた肝脂肪変性定量評価の有用性~肝生検標本を用いた脂肪変性定量との比較, 倉橋知英,澤井良之,福田和人,井倉 技,小来田幸世,今井康陽,磯谷圭介,米澤 稔,藤田典彦,兵頭朋子,辻川華子,阿部時也,橋口明典,坂本亨宇,村上卓道, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測, 南 康範,村上卓道,工藤正俊, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • Fusion image を用いた経皮的局所治療成績向上のための工夫-Extracted-overlay gunctionを用いたRFA治療支援と効果判定に関する検討-, 井倉 技,今井康陽,小来田幸世,澤井良之,福田和人,磯谷圭介,藤田典彦,牧野祐紀,村上卓道, 第50回日本肝臓学会総会,   2014年05月29日
  • Dual-energy CTを用いた肝脂肪定量アルゴリズムの臨床的有用性, 兵頭朋子,矢田典久,前西 修,工藤正幸,朝戸信行,鶴﨑正勝,松木 充,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • 多時相撮影ASL-MR潅流像を用いた脳血流評価によるアルツハイマー病診断, 高橋洋人,石井一成,柏木伸夫,足利竜一朗,松木 充,村上卓道, 第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • Dual energy CTを用いたdynamic CTによる肝線維化の評価, 朝戸信行,鶴﨑正勝,兵頭朋子,松木 充,工藤正幸,石井一成,村上卓道, 第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • Conebeam CTを用いたIVR支援機能, 村上 卓道, 第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • 11C-PIB PET陽性の集積分布パターンとFDG PETの対比, 細川知紗,石井一成,兵頭朋子,山田 穣,柏木伸夫,鶴﨑正勝,今岡いずみ,松木 充,細野 眞,村上卓道, 第73回日本医学放射線学会総会,   2014年04月10日
  • EOB-MRIとSonazoid造影USによる早期肝細胞癌の診断と治療選択, 今井康陽,村上卓道,熊田 卓, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月23日
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測, 南 康範,南 知宏,有住忠晃,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,井上達夫,萩原 智,上嶋一臣,西田直生志,工藤正俊,柳生行伸,村上卓道, 第100回日本消化器病学会総会,   2014年04月23日
  • 当院におけるマイクロバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓療法(B-TACE)導入後の検討, 田北雅弘,千品寛和,有住忠晃,北井 聡,井上達夫,矢田典久,荻原 智,上嶋一臣,西田直生志,朝戸信行,任 誠雲,柳生行伸,鶴﨑正勝,村上卓道,工藤正俊, 第16回関西肝癌局所療法研究会,   2014年03月
  • Extracted-overlay functionを用いたRFA治療支援と効果判定に関する検討, 井倉 技, 村上 卓道, 小来田 幸世, 澤井 良之, 福田 和人, 今井 康陽, 第16回関西肝癌局所療法研究会,   2014年03月
  • plain cone-beam CTによる肝動脈塞栓術の定量的治療効果予測, 南 康範,南 知宏,有住忠晃,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,井上達夫,萩原 智,上嶋一臣,西田直生志,工藤正俊,柳生行伸,村上卓道, 第20回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年02月15日
  • EOB-MRIと造影超音波検査による乏血性結節の多血化因子の検討, 井上達夫,兵頭朋子,千品寛和,有住忠晃,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,萩原 智,上嶋一臣,西田直生志,村上卓道,工藤正俊, 第20回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年02月15日
  • Extracted overlay functionを用いたRFA治療支援と効果判定に関する検討, 井倉 技, 村上 卓道, 牧野 祐紀, 小来田 幸世, 澤井 良之, 福田 和人, 今井 康陽, 第20回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年02月15日
  • Dual energy CTを用いたdynamicCTによる肝線維化の評価, 朝戸 信行, 村上 卓道, 鶴﨑 正勝, 兵頭 朋子, 福井 秀行, 任 誠雲, 栁生 行伸, 岡田 真広, 今岡 いずみ, 松木 充, 足利 竜一朗, 矢田 典久, 前西 修, 工藤 正俊, 工藤 正幸, 第20回肝血流動態・機能イメージ研究会,   2014年02月15日
  • Treatment Planning for Gastric Cancer: The Role of CT Gastrography, Kumano M, Murakami M, Tsuboyama T, Juri H, Yamamoto K, Narumi Y, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Low Tube Voltage CT with Iterative Reconstruction for the Diagnosis of Hepatocellular Carcinoma? HCC?, Okada M, Takahashi H, Kono Y, Hyodo T, Ishii K, Murakami M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Aging Effect on Cerebral Blood Flow Measurements in Brain Perfusion Imaging with 3D Arterial Spin Labeling., Takahashi H, Ishii K, Kashiwagi N, Miyagoshi K, Matsuki M, Murakami M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Cholangiolocellular Carcinoma: Comparison between Hemodynamic Pattern of Dynamic CT and Histopathologic Findings, Tsurusaki M, Sofue K, Hyodo T, Okada M, Matsuki M, Murakami M, Ojima H, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Diagnostic Efficacy of Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging in the Detection of Hepatic Metastasis from Colorectal Carcinoma: Prospective Comparison with Contrast-enhanced CT in the Same Patients, Tsurusaki M, Hieda Y, Sofue K, Hyodo T, Matsuki M, Murakami M, Okada M, Arai Y, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Dual-Energy Computed Tomography for the Evaluation of Hypovascular Hepatic Metastases? Associations of the Optimal Monochromatic Level with Regard to the Metastasis-to-Liver Contrast Noise Ratio to Patient Size?, Matsuki M, Murakami M, Hyodo T, Okada M, Tsurusaki M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Quantitative Correlation between Liver Fat and Biopsy Score Using Multi-material Decomposition and Fast-kV Switching Dual-energy CT., Kudo M, Hyodo T, Murakami M, Lamb P, Mendonça PRS, Uemura M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Comparison of Four Contrast Injection Protocols with a Combination of Fixed Injection Duration and Patients'Body-weight-Tailored Dose of Contrast Material for Multiphasic Hepatic CT: A Prospective Randomized Study, Tsurusaki M, Sofue K, Hyodo T, Yagyu Y, Matsuki M, Murakami M, Okada M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • Applications of the Fast kVp Switching Dual Energy CT for Hepatopancreato-biliary Imaging., Hyodo T, Okada M, Kudo M, Tsurusaki M, Mochizuki T, Ishii K, Murakami M, 99th Radiological Society of North America,   2013年12月
  • 後縦隔に発生したectopic neural tissueの1例, 朝戸信行,松木 充,福井秀行,藤谷哲也,任 誠雲,千葉輝明,高橋洋人,兵頭朋子,山田 穣,柳生行伸,鶴﨑正勝,岡田真広,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第305回日本医学放射線学会関西地方会,   2013年11月
  • Optoease IVC filterが心腔へ逸脱した腎細胞癌下大静脈腫瘍塞栓の一例, 鶴﨑正勝,朝戸信行,福井秀行,任 誠雲,柳生行伸,松木 充,村上卓道, 第20回兵庫県IVR懇話会,   2013年11月, 第20回兵庫県IVR懇話会
  • Role of Multimodality Fusion Imaging in HCC., 村上卓道, 3rd APASL Single Topic Conference HCC IN 3D,   2013年11月
  • ガイドラインから見た肝癌画像診断の進め方, 村上卓道, 第31回熊本肝癌研究会,   2013年11月, 第31回熊本肝癌研究会
  • 画像診断ガイドラインからみた、肝癌画像診断の進め方, 村上卓道, 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2013年10月
  • Dual energy CTによる肝脂肪変性の非侵襲的な定量, 澤井良之,今井康陽,村上卓道, 第55回日本消化器病学会大会,   2013年10月
  • Dual energy CTによる肝脂肪変性の非侵襲的な定量評価, 澤井良之,今井康陽,村上卓道, 第17回日本肝臓学会大会,   2013年10月
  • MRIで診断し得た妊娠中の卵巣捻転の一例, 山田 穣,今岡いずみ,柳生行伸,岡田真広,鶴﨑正勝,松木 充,村上卓道,小谷泰史,万代昌紀, JSAWI2013,   2013年09月
  • 頭部造影MRIにおけるBlack Blood (BB) CUBE, BB CUBE-FLAIR法の有用性:1.5T・MR装置での検討, 任 誠雲,足利竜一朗,日高正二朗,柳生行伸,若山哲也,三好光晴,石井一成,村上卓道, 第41回日本磁気共鳴医学会大会,   2013年09月, 第41回日本磁気共鳴医学会大会
  • ASL-MR潅流画像によるAlzheimer's disease(AD)の診断においてBorderzonesignが与える影響, 高橋洋人,石井一成,柏木伸夫,宮越敬三,足利竜一朗,松木 充,村上卓道, 第41回日本磁気共鳴医学会大会,   2013年09月, 徳島
  • 全肝ダイナミックスタディ , 村上卓道, 第41回日本磁気共鳴医学会大会,   2013年09月, 第41回日本磁気共鳴医学会大会
  • 大腸癌肝転移早期発見における3T-MRIを用いたGd-EOB-DTPA造影MRIの有用性, 鶴﨑正勝,稗田洋子,祖父江慶太郎,村上卓道, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • RFA治療における新しいoverlay機能を用いたシミュレーションの有用性に関する検討, 井倉 技,牧野祐紀,小来田幸世,澤井良之,福田和人,村上卓道,今井康陽, 第8回肝癌治療シミュレーション研究会,   2013年09月, 第8回肝癌治療シミュレーション研究会
  • 肝原発神経内分泌腫瘍の1例, 田中梨絵,井上達夫,千品寛和,有住忠晃,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,荻原 智,南 康範,上嶋一臣,西田直生志,工藤正俊,兵頭朋子,村上卓道, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会,   2013年07月
  • 大腸癌肝転移の術前画像診断:Gd-EOB-DTPA造影MRIの有用性, 鶴﨑正勝,祖父江慶太郎,尾上俊介,兵頭朋子,岡田真広,松木 充,村上卓道, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会,   2013年07月, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会
  • Volume Navigation におけるextracted-overlay functionを用いたRFA治療支援・効果判定, 牧野祐紀,今井康陽,小来田幸世,澤井良之,井倉 技,福田和人,村上卓道, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会,   2013年07月, 第13回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 11C-PIB-PET SUV画像の視覚判定と定量評価, 細川知紗,石井一成,木村裕一,兵頭朋子,細野 眞,坂口健太,宇佐美公男,村上卓道, 第46回日本核医学会近畿地方会,   2013年07月, 第46回日本核医学会近畿地方会
  • EOB造影MRIとSonazoid造影USによる乏血性肝細胞癌の診断, 小来田幸世,今井康陽,中島 収,兵頭朋子,岡田真広,井倉 技,澤井良之,福田和人,関 康,坂元亨宇,工藤正俊,村上卓道, 第49回日本肝癌研究会,   2013年07月, 第49回日本肝癌研究会
  • Volume Navigation systemにおけるextracted-overlay functionを用いたRFA治療支援・効果判定, 牧野祐紀,井倉 技,小来田幸世,澤井良之,福田和人,今井康陽,村上卓道, 第49回日本肝癌研究会,   2013年07月, 第49回日本肝癌研究会
  • 出血を繰り返した腹壁静脈門脈短絡に対して直接穿刺による硬化療法を施行した一例, 朝戸信行,柳生行伸,鶴﨑正勝,日高正二朗,任 誠雲,柏木伸夫,松木 充,足利竜一朗,村上卓道, 日本INTERVENTIONALRADIOLOGY学会第34回関西地方会,   2013年06月
  • ポリドカノールフォームB-RTOにてショックを来した胃静脈瘤の1例, 鶴﨑正勝,朝戸信行,日高正二朗,柳生行伸,松木 充,村上卓道,丸山光也,神山和俊,中村友則, 日本INTERVENTIONALRADIOLOGY学会第34回関西地方会,   2013年06月
  • 後腹膜原発のlipomatous hemangiopericytomaの1例, 朝戸信行,鶴﨑正勝,日高正二朗,松久保祐子,兵頭朋子,柳生行伸,岡田真広,今岡いずみ,松木 充,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第27回日本腹部放射線研究会,   2013年06月
  • 消化管病変を伴ったSchonlein-Henoch紫斑病の3例, 日高正二朗,松木 充,任 誠雲,兵頭朋子,山田 穣,柳生行伸,鶴﨑正勝,岡田真広,柏木伸夫,細川知紗,小塚健倫,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第304回日本医学放射線学会関西地方会,   2013年06月
  • F-18 FDG-PET/CT検査にて経過観察しえた原発性肝神経内分泌腫瘍の1例, 兵頭朋子,松木 充,井上達夫,木村雅友,岡田真広,柳生行伸,鶴﨑正勝,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第27回日本腹部放射線研究会,   2013年06月
  • Quantitative assessment of liver fat with dual energy CT: comparison with MR spectroscopy, Hyodo T, Kudo M, Lamb P, Mendonca PRS, Okada M, Yada N, Maenishi O, Ishii K, Murakami T, Computer Assisted Radiology and Surgery, 27th Intemational Congress and Exhibition,   2013年06月
  • 3D Artlrial spin labelingによるアルツハイマー病の脳潅琉画像:SPECTとの比較, 高橋洋人,石井一成,柏木伸夫,宮越敬三,花岡宏平,村上卓道, 第72回日本医学放射線学会総会,   2013年04月
  • Dual-energy CTによる肝脂肪定量:ファントム実験によるsingle-energy CTおよびMRSとの比較, 兵頭朋子,岡田真広,工藤正幸,鶴﨑正勝,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第72回日本医学放射線学会総会,   2013年04月
  • HCCに対する3Frシステムを用いたTACEはルーチンとなりうるか?, 鶴﨑正勝,神山和俊,安藤慎司,中村 恩,柳生行伸,松木 充,北垣 一,村上卓道, 第72回日本医学放射線学会総会,   2013年04月
  • Cholangiolocellular Carcinomas of the Liver: Multiphasic Helical CT Findings, Tsurusaki M, Hidaka S, Sofue K, Ojima H, Hyodo T, Matsuki M, Murakami T, The 4th Asian Congress of Abdominal Radiology,   2013年03月
  • Advanced MDCT imaging of the liver, Murakami T, The 4th Asian Congress of Abdominal Radiology,   2013年03月
  • Phantom study of liver fat quantification in dual-energy CT: comparison to single-energy CT and MR spectroscopy., Hyodo T, Okada M, Kudo M, Ishii K, Mochizuki T, Murakami T, 25th European Congress of Radiology,   2013年03月
  • Desmoid tumors in the head and neck: MR imaging features., Arisawa A, Kashiwagi N, Murakami T, Nakanishi K, Tomiyama N, 25th European Congress of Radiology,   2013年03月
  • 肝細胞癌におけるGb-EOB-DTPA造影MRI:撮像の最適化と診断機能, 村上卓道, バイエル画像診断WEBカンファレンス ,   2013年02月
  • 頸椎における椎体内ガスと椎間板内ガスの頻度, 松久保祐子,柏木伸夫,上村正信,辰巳幸代,高橋洋人,今岡いずみ,鶴﨑正勝,松木 充,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第42回神経放射線学会,   2013年02月
  • 放射線治療併用選択的動注化学療法にて、長期寛解が得られた耳下腺癌の一例, 柏木伸夫,中西克之,寺尾恭一,村上卓道, 第42回神経放射線学会,   2013年02月
  • アルコール性肝障害に合併した多血性肝過形成結節の検討~画像所見を中心に~, 日高正二朗,鶴﨑正勝,兵頭朋子,任 誠雲,柳生行伸,岡田真広,松木 充,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第19回肝血流動態イメージ研究会,   2013年01月
  • How to Use Liver Imaging Reporting and Data System (LI-RADS) in Patients with Hepatocellular Carcinoma (HCC), Okada M, Murakami T, Numata K, Kudo M, Zech CJ, Nakano M, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • The Usefullness of Conventional MR imaging in Establishing the Daiagnosis of Submandibular Pleomorphic Adenoma, Kashiwagi N, Takahashi H, Maenishi O, Nakanishi K, Okajima K, Murakami T, Ishii K, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Distinguishing Neurodegeneratice Dementia with MRI,FDG-PET,and PiB-PET, Ishii K, Hyodo T, Yamada Y,Takahashi H, Okada M, Murakami T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Can Virtual Monochromatic Image with Dual-Energy CT Correct Beam Hardening Effect and Reduce Contrast Agent? Phantom Experiment., Kudo M, Hyodo T, Yamada K, Sengupta S, Murakami T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Endometrial Cancer:Preoperative Staging Using 3D T2-weighted Turbo Spin-Echo and Diffusion-weighted MR Imaging at 3.0 T, Hori M, Kim T, Onishi H, Imaoka I, Murakami T, Tomiyama N, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Preoperative Evaluation of Hepatocellular Carcinoma Between Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging and Contrast-enhanced CT Compared with Histopathological Examinations:A Multicenter, Phase Ⅲ study, Tsurusaki M, Isoda H, Okada M, Sofue K, Sugimura K, Murakami T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Brain Perfusion Imaging of Alzheimer’s Disease with 3D Arterial Spin Labeling:Comparison with Brain Perfusion SPECT, Takahashi H, Ishii K, Kashiwagi N, Miyakoshi K, Hanada K, Murakami T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Various Techniques of Interventional Repair for the Maintenance of Subcutaneous Autogenous Arteriovenous Fistula for Hemodialysis, Tsurusaki M, Kamiyama K, Ando S, Nakamura M, Kitagaki H, Murakami T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • Quantitative Evaluation of Hepatobiliary Function: A Compartment Model Analysis with Gadoxetic Acid-enhanced MRI, Onoda M, Hyodo T, Okada M, Myati T, Murakami T, Uto T, 98th Radiological Society of North America,   2012年11月
  • 腫瘤形成した慢性顎下腺炎のFDG-PET/CT所見, 細川知紗,柏木伸夫,松久保祐子,山田 穣,任 誠雲,兵頭朋子,高橋洋人,柳生行伸,岡田真広,小塚健倫,今岡いずみ,鶴﨑正勝,松木 充,足利竜一朗,細野 眞,石井一成,村上卓道, 第302回日本医学放射線学会関西地方会,   2012年11月
  • 認知症における脳FDG-PET早期撮像の可能性について, 兵頭朋子,石井一成,坂口健太,花岡宏平,宇佐美公男,島元健次,山添 譲,山田 穣,松木 充,細野 眞,村上卓道, 第52回日本核医学会学術総会,   2012年10月
  • 最近の躯幹部MDCT診断, 村上卓道, 第3回市立川西病院医療連携勉強会,   2012年09月
  • EOB-MRI肝細胞相におけるFlip angle(FA)の変化がコントラスト特性に与える影響, 西山大輔,岡田真広,若山哲也,香川祐毅,宮越敬三,兵頭朋子,高橋洋人,今岡いずみ,松木 充,足利竜一朗,石井一成,村上卓道, 第40回日本磁気共鳴医学会大会,   2012年09月
  • レビー小体型認知症の頭頂側頭連合野の代謝低下はアミロイド沈着によらない, 石井一成,兵頭朋子,坂口健太,花岡宏平,宇佐美公男,島本健次,山添 譲,山田 穣,松木 充,細野 眞,村上卓道, 第45回日本核医学会近畿地方会,   2012年07月
  • 肝血行動態解析によるソラフェニブ治療効果の早期予測-CT perfusionを用いて, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,日高正二朗,任 誠雲 柳生行伸,上嶋一臣,矢田典久,工藤正幸,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月
  • RFA治療効果判定におけるCT fusion imageの有用性, 牧野祐樹,今井康陽,井倉 技,澤井良之,小来田幸世,福田和人,大濱日出子,宇都宮大輔,水本 塁,松本康史,中原征則,厨子慎一郎,黒川正典,磯谷圭介,米澤 稔,高村 学,藤田典彦,堀 雅敏,村上卓道, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月
  • High risk noduleの自然経過と多血化因子, 今井康陽,兵頭朋子,岡田真広,小来田幸世,工藤正俊,村上卓道, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月
  • 多血性肝細胞癌の検出:Gd-EOB-DTPA造影MRIとMDCTの比較, 金 東石,大西裕満,今井康陽,堀 雅敏,長野浩昭,中矢泰裕,坪山尚寛,中本 篤,巽 光朗,熊野正士,岡田真広,高村 学,若狭研一,富山憲幸,村上卓道, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月
  • 肝疾患の最新MDCT診断, 村上卓道, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月
  • Dual energy CTを用いた肝脂肪の定量評価:ファントム実験と初期臨床経験, 兵頭朋子,岡田真広,矢田典久,前西 修,香川祐毅,任 誠雲,柏木伸夫,柳生行伸,今岡いずみ,松木 充,足利竜一朗,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第71回近畿大学医学会学術講演会,   2012年07月
  • 子宮体癌リンパ節術後再発による消化管出血に対してcoveredstent留置およびコイル塞栓術を行った一例, 柳生行伸,任 誠雲,日高正二朗,荒木哲朗,足利竜一朗,村上卓道,中井英勝,飛海孝子, 日本interventional radiology学会 第32回関西地方会,   2012年07月
  • 放射線治療併用選択的動注化学療法にて、長期寛解が得られた耳下腺癌の一例, 柏木伸夫,中西克之,藤井 隆,寺尾恭一,西山謹司,日高正二朗,柳生行伸,村上卓道, 日本interventional radiology学会 第32回関西地方会,   2012年07月
  • CT perfusionによる肝血行動態解析:sorafenib投与による背景肝血流の変化と肝細胞癌治療効果, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,日高正二朗,柳生行伸,上嶋一臣,矢田典久,松木 充,足利竜一朗,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第12回関西肝血流動態イメージ研究会,   2012年06月
  • EOB造影MRIによる多血性肝細胞癌の診断-肝細胞造影相の有用性について, 今井康陽,金 東石,村上卓道, 第48回日本肝臓学会総会,   2012年06月, 第48回日本肝臓学会総会
  • Optimal scan timing of hepatocyte phase with Primocist-MRI using T1 mapping, Murakami T, International Primocist Advisory Board,   2012年05月
  • Asymptomatic ventriculomegaly with features of idiopathic normal pressure hydrocephalus on MRI (AVIM), Ishii K, Murakami M, Okada M, 16th Workshops of Japanese-German Radiological Affiliation,   2012年05月
  • Imaging for liver fibrosis in patients with chronic liver disease: comparison between T1 mapping of Gd-EOB-DTPA enhanced MRI and US elastography, Okada M, Murakami M, Ishii K, 16th Workshops of Japanese-German Radiological Affiliation,   2012年05月
  • 耳下腺原発扁平上皮癌のMRI所見:病理所見との対比と考察, 高橋洋人,柏木伸夫,筑後孝章,中西克之,冨田裕彦,村上卓道, 第71回日本医学放射線学会学術集会,   2012年04月
  • HCCのカテーテル治療の最前線:TACE施行の精度を上げる?:Fligthplan for Liverと3D Roadmap , 村上卓道, 第71回日本医学放射線学術集会,   2012年04月
  • Hypovascular nodules presenting with hypointensity in the hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI in cirrhotic patients: Risk factors for hypervascularization. American Roentgen Ray Society Annual Meeting, Hyodo T, Okada M, Kagawa Y, Kumano S, Imaoka I, Hori M, Ishii K, Imai Y, Mochizuki T, Kudo M, Murakami T, JRS 2011 Annual Meeting award winning scientific electronic exhibits,   2012年04月
  • Dual energy CTを用いた肝脂肪の定量評価:ファントム実験と初期臨床経験, 兵頭朋子,岡田真広,矢田典久,工藤正幸,香川祐毅,熊野正士,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第71回日本医学放射線学会学術集会,   2012年04月
  • 顎下腺多形腫瘍のMR像, 柏木伸夫,筑後孝章,中西克之,岡嶋 馨,友田 要,高橋洋人,森 一功,村上卓道, 第71回日本医学放射線学会総会,   2012年04月
  • MDCTにおける肝臓の最適造影法と新しいCT撮像法, 村上卓道, 浜松放射線フォーラム2012,   2012年03月
  • How to use Gd-EOB-DTPA in liver MRI: Breakthrough for the detection of early hepatocellular carcinoma, Okada M,Christoph J.Zech,Imai Y,Maximilian Reiser,Murakami T, 24th Eeuroopean Congress of Radiology,   2012年03月
  • The efficacy of contrast protocol in liver dynamic CT: multicentre prospective study in community hospitals in Japan. 24th European Congress of Radiology-Scientific Paper, Okada M, Kondo H, Sou H, Murakami T, kanematsu M, Ichikawa T, Awai K, Yoshimitsu K, Yamashita Y, 24th European Congress of Radiology-Scientific Paper,   2012年03月
  • The hepatocellular carcinoma to liver parenchyma contrast on Gd-EOB-DTPA enhanced MRI: Is the measured signal inetensity available for quantitative evaluation, Morita T, Kumano S, Okada T, Hyodo T, Yagyu Y, Imaoka I, Ishii K, Ashikaga R, Murakami T, 24th Eeuroopean Congress of Radiology,   2012年03月
  • 自然消退をきたした頚部デスモイド腫瘍の一例, 松久保祐子,柏木伸夫,柳生行伸,小塚健倫,熊野正士,今岡いずみ,石井一成,足利竜一朗,細野 眞,西川正則,森 一功,佐藤隆夫,村上卓道, 第300回日本医学放射線学会関西地方会,   2012年03月
  • MDCTにおける肝臓の最適造影法, 村上卓道, 南大阪CT MEETING,   2012年02月
  • 頭頸部デスモイド腫瘍のMRI所見, 有澤亜津子,柏木伸夫,酒井美緒,村上卓道,冨田裕彦,中西克之, 第23回骨軟部放射線研究会,   2012年01月
  • EOB造影MRIとSonazoid造影USによる早期肝細胞癌の検出, 小来田幸世,今井康陽,大濱日出子,福田和人,井倉 技,澤井良之,牧野祐紀,関 康,森本修邦,高村 学,中島 収,村上卓道, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月
  • Interventional radiology における新しい支援画像「FightPlan」の初期臨床経験, 南 康範,有住忠晃,早石宗右,田北雅弘,北井 聡,矢田典久,井上達夫,萩原 智,上嶋一臣,工藤正俊,柳生行伸,村上卓道, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月
  • Assessment of hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection ability versus MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 村上 卓道, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2011年11月
  • Primary Squamous Cell Carcinoma of the Parotid Gland: A Pictorial Review , Takahashi H, Kashiwagi N, Nakanishi K, Tomita T, Chikugo T, Murakami T, RSNA – Education Exhibits,   2011年11月
  • Distinguishing Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus from Neurodegenerative Diseases: Diagnostic Criteria, Imaging Characteristics, and Avoidance of Pitfalls., Ishii K, Kashiwagi N ,Tsukabe A, Ashikaga R, Murakami T, RSNA – Education Exhibits,   2011年11月
  • Updated Liver Function Imaging by MRI and CT: Quantification Analysis for Hepatic Steatosis, Fibrosis, and Siderosis., Okada M, Wakayama T, Okuaki T, Kudo M, Kudo M, Murakami T, RSNA - Educational Poster Session,   2011年11月
  • Advanced CT Evaluation for Liver Imaging: Perfusion CT, Ultrafast Arterial Scanning of Whole Liver and Dual-Energy CT., Yamada K, Okada M, Kudo M, Yada N, Kudo M, Murakami T, RSNA - Educational Poster Session,   2011年11月
  • Atypical Imaging of Liver Hemangioma: Pictorial Review by Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI, Dynamic CT and Sonography., Okada M, Numata K, Hyodo T, Kagawa Y, Kudo M, Murakami T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Hepatocellular Carcinoma: Pictorial Review for the Planning of Therapy and the Evaluation after Therapy., Okada M, Numata K, Hyodo T, Kagawa Y, Kudo M, Murakami T, RSNA - Educational Poster Session,   2011年11月
  • Evaluation of Angiogenesis after Antiangiogenic Therapy Using Liver CT Perfusion: Additional Detailed Capillary-level Hemodynamics in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma., Okada M, Yada N, Ueshima K, Kudo M, Kudo M, Murakami T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Evaluation of Degree of Hepatic Fibrosis: Comparison T1 Mapping Technique of Gd-EOB-DTPA Enhanced MRI with US Elastography., Okada M, Yada N, Onoda M, Kumano S, Kudo M, Murakami T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Hypovascular Nodules on the Hepatobiliary Phase of Gd-EOB-DTPA Enhanced MRI in the Cirrhotic Liver: Baseline Patient Characteristics, MRI Findings and Tumor Growth Kinetics for Prediction of Hypervascularization ., Hyodo T, Okada M, Hori M, Imai Y, Kudo M, Murakami T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Low Tube Voltage Technique CT with Iterative Reconstruction Increases Vascular Enhancement and Reduces Both Radiation Dose and the Amount of Iodine Contrast Agent in the Liver Dynamic Study., Takahashi H, Okada M, Hyodo T, Kagawa Y, Kudo M, Murakami T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Evaluation of Hepatic Enhancement of Gd-EOB-DTPA: Comparison of T1 Value and Signal Intensity, Onoda M, Hyodo T, Murakami T, Okada M, Kumano S, Miyati T, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • Preoperative Evaluation of Hepatocellular Carcinoma between Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging and Contrast-enhanced CT Compared with Histopatho logical Examinations A Multicenter, Phase III Study, Tsurusaki M, Isoda H, Okada M, Shioyama Y, Sofue K, Arai Y, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月
  • In Vitro Evaluation of Coronary Artery Stents by 64ch MDCT: Improvement in Luminal Visualization Using High Definition Scan Mode with Adaptive Statistical Iterative Reconstruction Technique., Hyodo T, Nakauchi Y, Yamada K, Kudo M, Mochizuki T, Murakami T, Okada M, Ishi K, RSNA - Scientific Paper session,   2011年11月
  • Indium-111-Zevalin-SPECT/CT and FDG-PET/CT as quantitative evaluation in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin’s lymphoma, Hanaoka K, Hosono M, Yamazoe Y, Tatsumi Y, Komeya Y, Tsuchiya N, Ishii K, Usami K, Murakami T, Uto T, Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine,   2011年10月
  • ストロンチウム-89を2回投与した骨転移症例の検討, 米矢吉宏,細野 眞,土屋典生,熊野正士,山田 譲,任 誠雲,柳生行伸,石井一成,足利竜一朗,西村恭昌,村上卓道, 第51回日本核医学会学術総会,   2011年10月
  • 慢性肝疾患においてEOB-MRI肝細胞相にみられる低信号乏血性結節の多血化と増大速度について, 岡田真広,今井康陽,村上卓道, 第15回日本肝臓学会大会,   2011年10月
  • EOB造影MRIにて肝実質と肝細胞癌との定量的コントラストに用いる信号強度の有用性について, 森田敬裕,熊野正士,岡田真広,兵頭朋子,柳生行伸,柏木伸夫,小塚健倫,今岡いずみ,石井一成,足利竜一朗,村上卓道, 第39回日本磁気共鳴医学大会,   2011年09月
  • Gd-EOB-DTPAの取り込み定量評価法の検討:T1値と信号値の比較, 小野田 農,宮地利明,西松和彦,中塚隆之,福島弘之,上田 傑,宇都辰郎,村上卓道, 第39日本磁気共鳴医学大会,   2011年09月
  • 最新の肝CT診断と治療への応用, 村上卓道, 神戸放射線診断・治療講演会,   2011年09月
  • 慢性肝疾患においてEOB-MRI肝細胞相にみられる低信号乏血性結節の多血化と増大速度について, 岡田真広,今井康陽,村上卓道, 第53回日本消化器病学会,   2011年09月
  • 肝癌2次検診におけるEOB造影MRIの有用性についての検討, 今井康陽,井倉 技,村上卓道, 第53回日本消化器病学会,   2011年09月
  • Assessment of hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection ability versus MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 北井 聡, 有住 忠晃, 南 康範, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 村上 卓道, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011,   2011年09月
  • 肝癌TACEにおける各種navigation imageの有用性 第2回大阪消化器画像・IVR研究会, 柳生行伸,村上卓道, 第2回大阪消化器画像・IVR研究会,   2011年09月
  • Initial Experience and Clinical Trial using GSI (Gemstone Spectrum Imaging) for liver disease., Murakami T, Dual-Energy CT Update: Experience in Severance Hospital,   2011年09月
  • Interventional radiologyにおける新しい支援画像「FlightPlan」の初期臨床経験., 南 康範, 足立 哲平, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 村上 卓道, 柳生 行伸, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月
  • EOB-Primovist MRI of HCC: Toward ImprovedTreatment Decisions, Murakami T, The 2nd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2011年07月
  • ガドキセト酸ナトリウム造影MRI肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の多血化予測, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,熊野正士,任誠雲,柏木伸夫,柳生行伸,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第70回近畿大学医学会学術講演会,   2011年07月
  • 高速多相性CT撮像を用いた動脈相12相による多血性肝細胞癌の濃染パターンの検討, 岡田真広,香川祐毅,兵頭明子,熊野正士,柳生行伸,今井康陽,足利竜一朗,石井一成,工藤正俊,村上卓道, 第47回日本肝癌研究会,   2011年07月
  • F-FDG PET/CT にてsuperscanを呈した腎癌骨転移の1例, 兵頭朋子,石井一成,細野眞,阪本祐一,米矢吉宏,柳生行伸,土屋典生,熊野正士,足利竜一朗,中村一郎,植村天受,村上卓道, 第44回日本核医学会近畿地方会,   2011年07月
  • CT perfusionを用いた肝細胞癌に対するソラフェニブの効果判定の検討, 香川祐毅,岡田真広,兵頭朋子,上嶋一臣,矢田典久,井上達生,日高正二郎,柳生行伸,熊野正士,柏木伸夫,小塚健倫,今岡いずみ,足利竜一朗,石井一成,工藤正幸,北野雅之,工藤正俊,村上卓道, 第11回関西肝血流動態イメージ研究会,   2011年07月
  • Correlation between biliary and liver enhancement on Gd-EOB-DTPA enhanced MR, Okada M, Ishii K, Hyodo T, Kumano S, Kagawa Y, Yada N, Inoue T, Ueshima K, Kitano M, Kudo M, Murakami T, The 2nd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting,   2011年07月
  • Detachable coilのアンラベルに対してgooseneck snareでコイル除去を行った一例, 柳生行伸,任誠雲,朝戸信行,香川祐毅,森田敬裕,日高正二朗,柏木伸夫,足利竜一朗,村上卓道, 日本IVR学会 第30回関西地方会 第51回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会,   2011年06月
  • 外傷性神経腫の1例 , 藤谷哲也,柏木伸夫,前西 修,楠原廣久,磯貝典孝,今岡いずみ,熊野正士,石井一成,足利竜一朗,村上卓道, 第298回日本医学放射線学会関西地方会,   2011年06月
  • 慢性肝疾患においてEOB-MRI肝細胞相で低信号を示す乏血性結節の多血化に関与する因子の検討., 小来田幸世,今井康陽,兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,澤井良之,井倉 技,熊野正士,堀 雅敏,工藤正俊,村上卓道, 第47回日本肝臓学会総会 ,   2011年06月
  • Clinical impact of CT attenuation correction by SPECT/CT in brain perfusion images., Ishii K, Hanaoka K, Okada M, Kumano S, Komeya Y, Tsuchiya N, Hosono M, Murakami T, 2011 Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine,   2011年06月
  • 小腸イレウスをきたした硬化性腸間膜炎の1例, 兵頭朋子,熊野正士,津田孝治,上田和毅,杉浦史哲,前西 修,木村雅友,望月輝一,村上卓道, 第25回日本腹部放射線研究会,   2011年06月
  • 耳下腺粘表皮癌におけるMRI所見と組織学的悪性度との関連性の検討, 柏木 伸夫, 土手 健作, 村上 卓道, 川野 潔, 第70回日本医学放射線学会総会,   2011年05月
  • 耳下腺多形腺腫由来癌のMRI所見, 柏木 伸夫, 筑後 孝章, 村上 卓道, 川野潔, 第70回日本医学放射線学会総会,   2011年05月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で検出された慢性障害肝の乏血性結節:多血化の危険因子, 兵頭 朋子, 岡田 真広, 村上 卓道, 堀 雅敏, 今井康陽, 第70回日本医学放射線学会学術集会,   2011年05月
  • MDCT and MR imaging of Hepatobiliary and Pancreatic disease, Murakami T, The 3rd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR),   2011年05月
  • EOBプリモビストMRIで肝画像診断は決まりか!? 治療前(手術前)評価として「経静脈性造影検査で十分」, 村上卓道, 第1回Advanced MR研究会,   2011年05月
  • Innova 4100 の最新IVR支援機能の使用経験と将来展望, 村上卓道, 第40回日本IVR学会,   2011年05月
  • Gd-EOB-DTPA造影剤MRIにおけるHCCのT1値の経時的変化について-T1 mappingを用いた定量的な検討, 森田敬裕, 熊野 正士, 村上 卓道, 第70回日本医学放射線学会学術集会,   2011年05月
  • SSFSE像におけるHCCに対するEOB造影の経時的影響:1.5Tと3.0Tの比較, 荒木哲朗,岡田真広,熊野正士,柳生行伸,柏木伸夫,小塚健倫,今岡いずみ,石井一成,足利竜一朗,村上卓道, 第70回日本医学放射線学会学術集会,   2011年05月
  • 慢性肝疾患においてEOB-MRI肝細胞相で低信号を示す乏血性結節の多血化に関する因子の検討, 小来田幸世,今井康陽,兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,澤井良之,井倉 技,熊野正士,堀 雅敏,工藤正俊,村上卓道, 第47回日本肝臓学会総会,   2011年06月
  • Hypovascular nodules presented with hypointensity on the hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA enhanced MRI in the cirrhotic liver: Implications for developing hypervascular hepatocellular carcinoma., Hyodo T, Okada M, Kagawa Y, Kogita S, Kumano S, Imaoka I, Hori MI, K., Imai Y, Mochizuki T, Kudo M, Murakami T, The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 19th Annual Meeting.,   2011年05月
  • Reproducibility of Apparent Diffusion Coefficients in the Normal Uterus During the Menstrual Cycle at 3T MR Imaging., Tsukabe A, Imaoka I, Araki T, Nishimatsu K, Okada M, Kumano S, Ishii K, Ashikaga R, Cauteren MV, Murakami T, The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 19th Annual Meeting.,   2011年05月
  • Evaluation of the Effectiveness of Slice Selective Gradient Reversal Technique in Diffusion Weighted Imaging of the Female Pelvis at 3T MR Imaging., Tsukabe A, Imaoka I, Araki T, Nishimatsu K, Okada M, Kumano S, Ishii K, Ashikaga R, Cauteren MV, Murakami T, The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 19th Annual Meeting.,   2011年05月
  • 膵Perfusion検査におけるパラメーター正常値の検討;Milesらの論文との比較, 岡田真広,香川祐毅,兵頭朋子,熊野正士,工藤正幸,北野雅之,工藤正俊,竹山宣典,村上卓道, 第2回膵Perfusion CT画像研究会,   2011年05月
  • Optimal parameter setting for hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA enhanced liver MRI, Okada M, Ishii K, Kagawa Y, Hyodo T, Wakayama T, Kumano S, Murakami T, The 3rd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR),,   2011年05月
  • 肝臓内脂肪蓄積量の定量評価と2型糖尿病における病態解析, 村田佳織,川畑由美子,山内孝哲,能宗伸輔,原田剛史,馬場谷 成,廣峰義久,伊藤裕進,森口将典,山片里美,東本貴弘,朴 忠勇,武友保憲,塚部明大,岡田真広,村上卓道,池上博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月
  • Assessment of hepatobilliary phase Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI for HCC and borderline lesions and comparison of detection ability versus MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 岡田 真広, 村上 卓道, 小無田 美菜 坂元 亨宇, Digestive Disease Week (DDW) 2011,   2011年05月
  • Hypovascular nodules presented with hypointensity on the hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA enhanced MRI in the cirrhotic liver: Clinical implications, Hyodo T, Okada M, Kagawa Y, Kogita S, Kumano S, Hori M, Mochizuki T, Kudo M, Murakami T, The 23rd European Congress of Radiology - Scientific Paper,   2011年03月
  • Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the parotid gland: MR imaging findings with pathologic correlation, Kashiwagi N, Yamada D, Chikugo H, Tomita Y, Nakanishi K, Kawano T, Murakami T, The 23rd European Congress of Radiology-Scientific Paper,   2011年03月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の多血化について, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,小来田幸世,熊野正士,今岡いずみ,堀 雅俊,石井一成, 今井 康陽,望月 輝一,工藤正俊,村上 卓道, 日本消化器学会近畿支部第94回例会,   2011年02月
  • 大腿四頭筋血腫の経過で隣接骨の皮質過形成をきたした一例, 森田敬裕,柏木伸夫,柳生行伸,小塚健倫,熊野正士,今岡いずみ,石井一成,足利竜一朗,村上卓道, 第297回日本医学放射線学会関西地方会,   2011年02月
  • 肝癌のCT・MRI診断~抽出から機能まで, 村上卓道, 第17回南阪神肝疾患病診連携セミナー,   2011年02月
  • EOB-MRI肝細胞相のみ同定し得た乏血性高分化型肝細胞癌 ? Volume Navigaionを用いた診断及び穿刺治療, 大濱日出子,井倉 技,今井康陽,福田和人,澤井良之,小来田 幸世,土本 雄亮,牧野祐紀,水本 塁,宇都宮大輔,岩崎哲也,中松 大,松本康史,中原征則,厨子 慎一郎,黒川正典,関 康,高村 学,竹内 真,村上 卓道, 第17回肝血流動態イメージ研究会,   2011年01月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相にて低信号を呈する乏血性結節:多血化予測は可能か, 兵頭朋子,岡田真広,香川祐毅,小来田 幸世,熊野正士,今岡いずみ,堀 雅俊,石井一成,今井康陽,望月輝一,工藤正俊,村上卓道, 第17回肝血流動態イメージ研究会,   2011年01月
  • Update of Dose Reduction Strategies Using 64-Detector Cardiac CT Imaging, 工藤 正幸, 岡田 真広, 村上 卓道, RSNA - Scientific Poster Session,   2010年11月
  • RI標識モノクローナル抗体療法におけるIn-Zevalin, FDGの腫瘍集積と奏功について, 花岡宏平, 細野 眞, 村上 卓道, 第50回日本核医学会学術総会,   2010年11月
  • Incidence and Risk Factors of Developing Hypervascular Hepatocellular Carcinoma from Hypo-intense Nodules at Hepatobiliary Phase of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI in Patients with Chronic Liver Disease, 岡田 真広, 香川 祐毅, 村上 卓道, 堀 雅敏, RSNA - Scientific Poster Session,   2010年11月
  • CT Perfusion Imaging in Abdomen Made Easy, 荒木 哲朗, 岡田 真広, 村上 卓道, 工藤 正幸, RSNA - Scientific Poster Session,   2010年11月
  • Optimal Imaging Delay of Dynamic CT for Hypervascular Hepatocellular Carcinomas: Investigation by Continuous Ultrafast Arterial Scanning of Whole Liver, 香川 祐毅, 岡田 真広, 村上 卓道, RSNA - Scientific Poster Session,   2010年11月
  • Primovist MR Imaging of Liver Tumor ? Towards Improved Treatment Decision., 村上 卓道, 2nd Asia Pacfic Bayer Scharing Expert Syposium on Targeted Therapy 2010.,   2010年10月
  • Definition of target volumes by PET/CT for radiation therapy planning using moving phantom., 花岡 宏平, 村上 卓道, European Association of Nuclear Medicine,   2010年10月
  • Can Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI discriminate between dysplastic nodules and early-to- well-differentiated HCC?, 井上 達夫, 工藤 正俊, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 坂元 亨宇, 18th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2010,   2010年10月
  • 肝臓EOB造影MRI診断, 村上 卓道, INNOVATIVE AZE 2010 TOKYO,   2010年09月
  • 乳幼児心臓CTA検査における造影剤濃希釈法の検討, 河野 雄輝, 山田 浩司, 村上 卓道, 第27回日本放射線技術総合学術大会,   2010年09月
  • 3T MRIを用いた正常子宮T1値、T2*値の測定, 荒木哲朗, 塚部明大, 村上 卓道, 第38回日本磁気共鳴医学会大会,   2010年09月
  • 3T MRIを用いた月経周期における正常子宮のADC値評価, 塚部明大, 荒木哲朗, 村上 卓道, 第38回日本磁気共鳴医学会大会,   2010年09月
  • Publication of Academic Journal: Situation in Japan, 村上 卓道, Asian Radiology Round Table Symposia.,   2010年08月
  • 各種画像診断の基礎と医療裁判における画像診断の不確実性, 村上 卓道, 「医師と語る」,   2010年07月
  • EOB造影MRI, 村上 卓道, 第56回千駄木肝カンファレンス,   2010年07月
  • 進行型肝細胞癌に対するSorafenib治療効果判定における肝CT Perfusion検査 , 岡田 真広, 村上 卓道, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会,   2010年07月
  • 肝細胞癌におけるEOB造影MRIの造影パターンの多様性についての検討 , 小来田 幸世, 村上 卓道, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会 ,   2010年07月
  • MDCTが術前に有用であった仮性胸部大動脈瘤の1例 , 中内 祥文, 村上 卓道, 第71回心臓血管放射線研究会 ,   2010年07月
  • 高速多相撮像を用いた多血性肝細胞癌の最適撮像時間の検討., 香川 祐毅, 村上 卓道, 第295回日本医学放射線学会関西地方会,   2010年07月
  • 呼吸同期装置を用いない呼吸同期SPECT法の検討., 坂口健太, 村上 卓道, 第43回 日本核医学会近畿地方会 ,   2010年07月
  • ストロンチウム-89を2回投与した骨転移症例の検討. , 米矢 吉宏, 村上 卓道, 第43回 日本核医学会近畿地方会,   2010年07月
  • 肝・胆・膵のMRI MRCP診断, 村上 卓道, 第4回神鋼病診連携消化器病懇話会 ,   2010年07月
  • MDCTでの腹部領域における最新技術および最新情報~4D Imaging を中心に~, 村上 卓道, 第26回三重総合画像研究会,   2010年06月
  • 進行型肝細胞癌症例に対するSorafenib治療前後の肝CT Perfusion検査, 岡田 真広, 村上 卓道, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会,   2010年06月
  • 卵巣漿液性腺癌と成熟嚢胞性奇形腫のcollision tumorの1例 , 加藤里枝子, 村上 卓道, 第24回腹部放射線研究会,   2010年06月
  • 残胎盤による出血に対して子宮動脈塞栓術で子宮温存治療ができた1例, 朝戸 信行, 村上 卓道, 日本IVR学会第28会関西地方会,   2010年06月
  • EOB造影MRIによる多血性肝細胞癌診断におけるsubtraction画像の有用性, 土本 雄亮, 香川 祐毅, 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽, 第46回日本肝臓学会総会,   2010年05月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる多血性肝細胞癌および乏血性肝細胞癌の抽出能の検討, 井倉 技, 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽, 第46回日本肝臓学会総会,   2010年05月
  • 肝細胞癌におけるEOB造影MRI肝細胞相の造影効果-組織分化度および門脈血流との対比, 小来田 幸世, 岡田 真広, 村上 卓道, 第46回日本肝臓学会総会,   2010年05月
  • Conebeam CTを用いた血管系IVR, 村上 卓道, 第39回日本IVR学会総会,   2010年05月
  • 油性造影剤マイオジールの頭蓋内MRI所見についての検討 , 下野 太郎, 村上 卓道, 第69回日本医学放射線学会学術集会,   2010年04月
  • Gd‐EOB‐DTPA造影MRIと肝機能評価:T1 Mapping法を用いて , 勝部 敬, 村上 卓道, 第69回日本医学放射線学会学術集会,   2010年04月
  • 3T MRI高分解能画像による正常子宮の蠕動評価 , 安藤理奈, 村上 卓道, 第69回日本医学放射線学会学術集会 ,   2010年04月
  • MRIおよびCTを用いた画像的肝機能評価 , 岡田 真広, 村上 卓道, 第69回日本医学放射線学会学術集会,   2010年04月
  • SPECT/CTによる脳血流SPECTの減弱補正効果  , 栗生 明博, 村上 卓道, 第69回日本医学放射線学会学術集会,   2010年04月
  • 肝癌画像診断と肝動脈塞栓療法の最新の動向 , 村上 卓道, 肝癌診療の最前線~ミリプラ新発売記念講演会~,   2010年04月
  • CT/MRIを用いた肝機能診断 , 村上 卓道, 第1回膵 Perfusion CT画像研究会,   2010年04月
  • 造影MRIによる多血性肝細胞癌におけるsubtraction画像の有用性, 土本 雄亮, 村上 卓道, 第96回日本消化器病学会総会,   2010年04月
  • CT/MRIを用いた部分肝機能診断 , 村上 卓道, Perfusion CTを用いた重症急性膵炎予後予測に関する検討会 ,   2010年03月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIでの肝機能評価の試み:T1mappingを用いて, 勝部 敬, 村上 卓道, 第294回日本医学放射線学会関西地方会,   2010年02月
  • 肝細胞癌検出における肝ダイナミックCTの至適造影剤投与量の検討 , 藤谷 哲也, 村上 卓道, 第294回日本医学放射線学会関西地方会 ,   2010年02月
  • 慢性GVHDに伴う舌papillomatosisから発生した舌癌の一例, 加藤里枝子, 村上 卓道, 第294回日本医学放射線学会関西地方会,   2010年02月
  • 消化器領域における画像診断の新展開 肝細胞癌におけるEOB造影MRI肝細胞相の造影効果-組織分化度および門脈血流との対比 , 小来田 幸世, 村上 卓道, 日本消化器病学会近畿支部 第92回例会 ,   2010年02月
  • 肝細胞癌の治療方針決定におけるEOB-MRIの役割 , 村上 卓道, 第29回日本画像医学会 ,   2010年02月
  • Malignancy grading of primary hepatocellular carcinoma by liver-specific contrast agent and hemodynamic alteration, 岡田 真広, 熊野 正士, 工藤 正俊, 村上 卓道, Radiological Society of North America 2009 95th Scientific Assembly and Annual Meeting(RSNA),   2009年12月
  • Hypervascular Hepatocellular Carcinomas: Detection with Gd-EOB-DTPA-enhanced MR Imaging and Contrast-enhanced Dynamic MDCT., 大西 裕満, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年12月
  • Update of Liver Functional Imaging for Diffuse and Focal Liver Disease: Hepatic Perfusion CT and Liver-specific Contrast-enhanced MR., 岡田 真広, 栗生 明博, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • The Updated Imaging Diagnosis of Malignant Lymphoma Based on WHO Classification., 岡田 真広, 香川 祐毅, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • Patterns of Local Recurrence of Hepatocellular Carcinoma and Liver Metastasis after Radiofrequency Ablation and Transcatheter Arterial Chemoembolization: Analysis by Multimodality Imaging., 勝部 敬, 岡田 真広, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • Comparison of Enhancement Patterns of Histologically Confirmed Hepatocellular Carcinoma between Gadolinium Ethoxybenzyl Diethylenetriamine Pentaacetic Acid- and Ferucarbotran- enhanced Magnetic Resonance Imaging., 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽, 95th Radiological Society of North America,   2009年11月
  • Malignancy Grading of Primary Hepatocellular Carcinoma by Liver-specific Contrast Agent and Hemodynamic Alteration., 岡田 真広, 村上 卓道, 今井 康陽, 95th Radiological Society of North America,   2009年11月
  • Preliminary Study for Liver Fat Fraction and T2* Measurement with T2*-weighted MR Imaging in Experimental Rats with Nonalcoholic Steatohepatitis., 岡田 真広, 勝部 敬, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • Correlation of Hepatic Function and Gadolinium Ethoxybenzyl Diethylenetriamine Pentaacetic Acid -enhanced Magnetic Resonance: Analysis by Using T2* Mapping., 勝部 敬, 岡田 真広, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • Optimal Contrast D ose for Depiction of Hypervascular HCC at Dynamic MDCT., 熊野 正士, 村上 卓道, 95th Radiological Society of North America.,   2009年11月
  • 4Dスキャン-Volume Helical Shuttleの開発と臨床応用 , 村上 卓道, GECT Advanced Technology Symposium,   2009年11月
  • 腹部領域の最新画像診断・IVR , 村上 卓道, 草津栗東医師会学術講演会 ,   2009年11月
  • 肝細胞癌のMRI診断CTとの棲み分け , 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会 ,   2009年10月, 第37回日本磁気共鳴医学会大会
  • EOB・プリモビストの肝細胞癌診断アルゴリズムに与えるインパクト , 村上 卓道, JDDW,   2009年10月, JDDW
  • NASHモデルラットにおけるSPIO造影 MRI投与前後のT2*Valueの評価, 岡田 真広, 勝部 敬, 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会,   2009年10月
  • 3D-T2強調像による女性骨盤内血管の抽出の検討, 森田敬裕, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会,   2009年10月
  • 32 channel coil を用いた3T EOB-Primovist-MRI:6 channel coil との比較, 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会,   2009年10月
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIと肝機能評価:T1 Mapping法を用いて, 勝部 敬, 岡田 真広, 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会,   2009年10月
  • 3T32chコイルシムテムによるGd-EOB-DTPA造影剤MRI, 村上 卓道, 第37回日本磁気共鳴医学会大会,   2009年10月
  • recovery coefficient (RC) ?SUV補正を用いた食道癌のリンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第49回日本核医学会学術総会,   2009年10月, 第49回日本核医学会学術総会
  • 腹部領域MDCTの最新動向, 村上 卓道, 第51回日本消化器画像診断研究会,   2009年09月, 第51回日本消化器画像診断研究会
  • EOBあるいはSPIO造影MRI T2*valueの評価:正常肝ラットとNASHラットの対比, 岡田 真広, 村上 卓道, 第4回肝癌治療シミュレーション研究会,   2009年09月, 第4回肝癌治療シミュレーション研究会
  • Nonalcoholic steatohepatitis (NASH)with MR imaging : Usefulness of liver fat fraction and T2* measurement in experimental rats., 岡田 真広, 村上 卓道,   2009年09月
  • 新しい肝特異性造影剤Gd-EOB-DTPAを用いたMRI画像診断の役割と可能性 , 岡田 真広, 村上 卓道, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 第45回日本肝癌研究会
  • Gd-EOB-DTPA-MRIによる早期肝細胞癌の診断-組織分化度および門脈血流との対比 , 小来田幸世, 村上 卓道, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 第45回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌検出におけるGd=EOB-DTPA造影MRIとSonazoid造影超音波との比較, 今井康陽, 村上 卓道, 第45回日本肝癌研究会,   2009年07月, 第45回日本肝癌研究会
  • EOB・プリモビスト造影MRIの動脈相におけるアーテファクトの原因とその対策について , 村上 卓道, 第3回関西EOB・プリモビストセミナー,   2009年07月, 第3回関西EOB・プリモビストセミナー
  • 拡散強調像で大脳白質に広範な高信号を認めたShaken Baby Syndromeの一例, 朝戸信行, 下野 太郎, 村上 卓道, 第292回関西地方会,   2009年07月, 第292回関西地方会
    概要:shaken baby syndromeの1例を解説報告した。
  • 早期肝癌診断におけるGd-EOB-DTPA-MRIの有用性について, 小来田 幸世, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • Estimation of Hepatic Function by T2* Value Mapping with Gadolinium-Ethocybenzyl-Diethylenetriamine Pentaacetic Acid Enhanced Magnetic Resonance Imaging., 勝部 敬, 村上 卓道, The 2nd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR),   2009年06月, The 2nd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR)
  • The optimal scan time of Gd-EOB-DTPA enhanced MR cholangiography and comparison with conventional unenhanced MRCP., 岡田 真広, 村上 卓道, The 2nd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR),   2009年06月, The 2nd Asian Congress of Abdominal Radiology (ACAR)
  • 肝臓.消化器画像診断の最前線;CT・MRIと中心に, 村上 卓道, 日本消化器病学会近畿支部第30回教育講演会,   2009年06月, 日本消化器病学会近畿支部第30回教育講演会
  • 早期肝癌診断におけるGd-EOB-DTPA-MRIの有用性について, 小来田幸世, 村上 卓道, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 右後腹膜気管支原性嚢胞の1例 第23回腹部放射線研究会, 松久保祐子, 村上 卓道, 第23回腹部放射線研究会,   2009年06月, 第23回腹部放射線研究会
  • Measurement of regional cerebral blood flow associated with cilostazol tehrapy in vascular dementia., 花田 一志, 細野 眞, 村上 卓道, ISM 2009 Annual Meeting,   2009年06月, ISM 2009 Annual Meeting
  • Assessment of lymph node metastasis in esophageal cancer with SUV correction based on count recovery on 18F-FDG PET/CT., 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, ISM2009 Annual Meeting,   2009年06月, ISM2009 Annual Meeting
  • 三次元・四次元画像を用いた最新の躯幹部画像診断・IVR, 村上 卓道, 日本歯科放射線学会第50回記念学術大会,   2009年05月, 日本歯科放射線学会第50回記念学術大会
  • ワークショップ:肝胆膵領域の画像診断の進歩 肝細胞癌診断におけるGd-EOB-DTPA-MRIの有用性について, 今井康陽, 村上 卓道, 第95回日本消化器病学会,   2009年05月, 第95回日本消化器病学会
  • コーンビームCTを用いてコイル塞栓術を施行した内臓動脈瘤の2例, 栗生 明博, 村上 卓道, 足利 竜一朗, 第38回日本IVR学会総会,   2009年05月, 第38回日本IVR学会総会
  • マルチモダリティーイメージングによるIVR支援, 村上 卓道, 第38回IVR学会総会,   2009年05月, 第38回IVR学会総会
  • 最新肝画像診断,IVR治療, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年05月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • Signal intensity changes during physiological movement: comparison of uterine myometrium and myocardium., 荒木哲郎, 村上 卓道, International Society for Magnetic Resonance in Medicine.,   2009年04月, International Society for Magnetic Resonance in Medicine.
  • Gd-EOB-DTPAと肝機能との相関:T2*Map-ping法を用いて, 勝部 敬, 岡田 真広, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • Reconery Cofficient(RC)-SUV部分容積効果補正による肺癌リンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • 胃癌原発巣の化学療法効果判定:MDCTを用いた胃癌壁厚測定の有用性, 熊野 正士, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • 医療における放射線防護の国際動向, 細野 眞, 米矢 吉宏, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会学術集会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術集会
  • 下垂体卒中のMRI所見とその所見の成因機序に関する検討, 下野 太郎, 村上 卓道, 第68回日本医学放射線学会総会 ,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会総会 
    概要:下垂体卒中のMRI所見とその所見の成因機序に関する検討した。
  • Optimal Scan Techniques of Dynamic MDCT Imaging for Liver Tumors., 村上 卓道, 17th Annual Diagnostic Imaging Update on Maui.,   2009年03月, 17th Annual Diagnostic Imaging Update on Maui.
  • 多列検出器CTによる三次元臨床画像データを用いた心臓血管解剖講義の試み A trial of a cardiovascular anatomy lecture using three-dimensional clinical imaging by Multi detector-row CT scanner , 工藤正幸, 村上 卓道, 第114回日本解剖学総会・全国学術集会,   2009年03月, 第114回日本解剖学総会・全国学術集会
  • Hepatocellular carcinomas with Gd-EOB-DTPA enhanced MRI: Time-intensity analysis from portal dominant phase to hepatobiliary phase., 岡田 真広, 荒木哲朗, 村上 卓道, European Congress of Radiology,   2009年03月, European Congress of Radiology
  • Gd-EOB-DTPAと肝機能の相関:T2* Mapping法を用いて, 岡田 真広, 村上 卓道, 第20回消化器機能画像研究会,   2009年02月, 第20回消化器機能画像研究会
  • 硬化療法の併用が有用であった重症感染症後腸腰筋膿瘍の1例, 朝戸信行, 村上 卓道, 日本IVR学会第25回関西地方会,   2009年02月, 日本IVR学会第25回関西地方会
  • 転移性肝腫瘍の検出能における2時間遅延像FDG-PETの検討, 荒木哲朗, 村上 卓道, 第291回日本放射線学会関西地方回,   2009年02月, 第291回日本放射線学会関西地方回
  • 診断に苦慮した頚髄pilocytic astrocytomaの1例, 森田敬裕, 下野 太郎, 村上 卓道, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会,   2009年02月, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:頸髄pilocytic astrocytomaの1例を解説報告した
  • 肝細胞特異性造影剤の肝細胞癌診断アルゴリズムに与えるインパクト , 村上 卓道, 第28回日本画像医学会 ,   2009年02月, 第28回日本画像医学会 
  • EOB・プリモビスト造影MRIの最適撮像法と臨床的有用性, 村上 卓道, 第2回広島EOB・プリモビストセミナー ,   2009年02月, 第2回広島EOB・プリモビストセミナー 
  • EOB・プリモビスト注の撮像法と有用性, 村上 卓道, 北海道EOB・プリモビストセミナー ,   2009年02月, 北海道EOB・プリモビストセミナー 
  • 腹部MDCT診断:最適撮像法とボリュームデータを用いた4次元画像の有用性, 村上 卓道, 肝臓ダイナミックCTセミナー ,   2009年02月, 肝臓ダイナミックCTセミナー 
  • Advances in the Diagnosis of HCC: Toward Improved Treatment Decisions., 村上 卓道, 19th Conference of the Asian Pacific Association for the study of the liver.,   2009年02月, 19th Conference of the Asian Pacific Association for the study of the liver.
  • 肝細胞癌診断におけるGd-EOB-DTPA-MRIの有用性についての検討, 村上 卓道, 第15回肝血流動態イメージ研究会,   2009年01月, 第15回肝血流動態イメージ研究会
  • EOB・プリモビスト注の撮像法と肝癌診断におけるインパクト , 村上 卓道, 第2回千葉EOB・プリモビストセミナー ,   2009年01月, 第2回千葉EOB・プリモビストセミナー 
  • Malignant Lymphoma Post Therapy:Usefulness and Pitfalls Using FDG-PET/CT Compared to CT, MRI, and Ga Sxintigraphy., 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • Whole-body MRI with DWI (Diffusion-weighted) for Detecting Metastatic Bone Tumor:Are STIR Images Necessary for Detecting Metastatic Bone Lesions?, 中西 克之, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • How to Use Liver-Spectific Contrast Agents on MRI and Sonography:Enhancement Patterns of Kupffer, Sinusoid, and Hepatocyte Using Superparamagnetic Iron Oxide, Gd-EOB-DTPA, Galactose-Palmitic Acid, and NC100100., 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • Contrast-enhanced MRI and CT for Biliary System:Advantage and Pitfall of Imaging with Gd-EOB-DTPA and lotroxic Acid Meglumine., 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • Emergency CT Examination:Important Issues for the Diagnosis of Gastrointestinal Perforation., 荒木 哲朗, 岡田 真広, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America
  • Is the Use of Lower Tube Voltage (kVp) Useful for Reduction of Patient's Dose for Coronary Artery Calcium Score (CACS) Scanning? Results from Phantom Study., 工藤 正幸, 村上 卓道, 94rd Radiological Society of North America.,   2008年12月, 94rd Radiological Society of North America.
  • EOB・プリモビスト注の肝癌診断におけるインパクト, 村上 卓道, 九州EOB・プリモビスト講演会,   2008年11月, 九州EOB・プリモビスト講演会
  • 最近の肝CT・MRI診断の進歩, 村上 卓道, 第7回山梨Body Imaging 研究会,   2008年11月, 第7回山梨Body Imaging 研究会
  • 肝細胞がんの診断とカテーテル治療:最新の動向, 村上 卓道, 静岡肝がんフォーラム,   2008年11月, 静岡肝がんフォーラム
  • 未来の医療と放射線:腹部画像診断の現状と将来, 村上 卓道, 第19回大阪府放射線技師会学術大会,   2008年11月, 第19回大阪府放射線技師会学術大会
  • 64例 MDCT を用いた胃癌深達度診断:Hydro-CTとair filling-CT との比較, 熊野 正士, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第290回 日本医学放射線学会関西地方会,   2008年11月, 第290回 日本医学放射線学会関西地方会
  • 肝特異性 MRI造影剤 Gd-EOB-DTPA を用いた血流動態解析, 香川祐毅, 岡田 真広, 村上 卓道, 第290回 日本医学放射線学会関西地方会,   2008年11月, 第290回 日本医学放射線学会関西地方会
  • シンポジウム12:肝癌診療ガイドラインと診療最前線 肝癌診療におけるGd-EOB-DTPA 造影MRIの有用性, 小来田幸世, 村上 卓道, 第50回日本消化器病学会大会,   2008年10月, 第50回日本消化器病学会大会
  • 64ch-MDCTによるHelical Scan を用いたWhole Brain CT Perfusion検査の試み , 工藤正幸, 村上 卓道, 第36回日本放射線技術学会秋季学術大会,   2008年10月, 第36回日本放射線技術学会秋季学術大会
  • Delayed enhancement analysis for small hypervascular hepatocellular carcinomas on Gd-EOB-DTPA enhanced MRI:time-intensity analysis of portal dominant phase and hepatobiliary phase., 荒木哲朗, 岡田 真広, 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • Quantitative measurement of whole brain CT perfusion parameters and CT angiography using non-stop detector row CT scanner(MDCT) :initial experience., 工藤 正俊, 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • T-staging of gastric cancer of air-filling multidetector-row CT:comparison with hydro-multidetector-row CT., 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • T staging of stomach cancer:CT and MR imaging., 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • Dynamic MDCT of hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, 12th Asia Oceania Congress of Radiology,   2008年10月, 12th Asia Oceania Congress of Radiology
  • OOKP(歯根部利用人工角膜)手術後のCT像, 桑原 雅知, 下野 太郎, 勝部 敬, 藤谷 哲也, 松久保 祐子, 足利 竜一朗, 福田 昌彦, 濱田 傑, 細野 眞, 村上 卓道, 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2008年10月, 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • Impact of Primovist on current diagnpostic and therapeutic algorithms in HCC., 村上 卓道, The second international Forum for Liver MRI 2008.,   2008年10月, The second international Forum for Liver MRI 2008.
  • Primovist-enhanced MRI of HCC in cirrhotic and non-cirrhotic patients: Optimized protocol conditions and comparison to other modalities., 村上 卓道, The seventh Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.,   2008年10月, The seventh Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.
  • 最新の肝のMDCT・MRI診断, 村上 卓道, 第33回大阪肝臓を語る会,   2008年10月, 第33回大阪肝臓を語る会
  • Primovist-enhanced MRI of HCC in cirrhotic and non-cirrhotic patients: Optimized protocol conditions and comparison to other modalities., 村上 卓道, The seventh Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.,   2008年10月, The seventh Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.
  • Impact of Primovist on current diagnpostic and therapeutic algorithms in HCC., 村上 卓道, The second international Forum for Liver MRI 2008,   2008年10月, The second international Forum for Liver MRI 2008
  • 卵巣内膜症性嚢胞に認めた結節が自然経過にて消失した一例 , 香川祐毅, 村上 卓道,  第9回JSAWI ,   2008年09月,  第9回JSAWI 
  • EOB プリモビスト造影MRIの至適撮像タイミングと臨床的有用性, 村上 卓道, 第1回岐阜肝造影MRIセミナー,   2008年09月, 第1回岐阜肝造影MRIセミナー
  • MR imaging of the liver lesion., 村上 卓道, Visions for the feature of MRI,   2008年09月, Visions for the feature of MRI
  • IRパルス付近3D B-TEF法を用いたEOB・Primovist造影後期相における胆管抽出の検討, 中塚隆之, 西松和彦, 村上 卓道, 第36回日本磁気共鳴医学会大会 2008年9月,   2008年09月, 第36回日本磁気共鳴医学会大会 2008年9月
  • 副所見を含めて考える卵巣癌の組織分類, 安藤理奈, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 第36回日本磁気共鳴医学会大会,   2008年09月, 第36回日本磁気共鳴医学会大会
  • 子宮Junctional zone (JZ) を含めた子宮筋層と心筋収縮の比較, 荒木哲朗, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 第36回日本磁気共鳴医学会大会,   2008年09月, 第36回日本磁気共鳴医学会大会
  • EOB・プリモビスト造影MRIの至適撮像タイミングと臨床的有用性, 村上 卓道, 第36回日本磁気共鳴医学会大会,   2008年09月, 第36回日本磁気共鳴医学会大会
  • GD-EOB-DTPAによる多血性HCC動脈血流解析:Gd-DTPAとの比較も含めて, 岡田 真広, 香川祐毅, 村上 卓道, 第36回日本磁気共鳴医学会大会,   2008年09月, 第36回日本磁気共鳴医学会大会
  • Optimal Scan Technique and New Imaging Technique of MDCT of the Liver Tumor, 村上 卓道, Invited lecture in University of Chicago,   2008年08月, Invited lecture in University of Chicago
  • EOB・プリモビスト造影剤MRIの特徴と期待, 村上 卓道, 第49回日本消化器画像診断研究会,   2008年08月, 第49回日本消化器画像診断研究会
  • 肝癌の診断と治療:画像診断とカテーテル治療, 村上 卓道, 日本肝臓学会平成20年度肝癌撲滅運動市民公開講座,   2008年08月, 日本肝臓学会平成20年度肝癌撲滅運動市民公開講座
  • EOB・プリモビスト造影MRIの特徴と臨床的有用性, 村上 卓道, 第24回放射線技師総合学術大会,   2008年07月, 第24回放射線技師総合学術大会
  • 腹部先端画像診断:CT, PETなど, 村上 卓道, 第3回医療連携ネットワークカンファレンス ,   2008年07月, 第3回医療連携ネットワークカンファレンス 
  • 肝腫瘍診断におけるEOB・プリモビスト造影MRI , 村上 卓道, 第1回関西EOB・プリモビストセミナー ,   2008年06月, 第1回関西EOB・プリモビストセミナー 
  • 婦人科疾患のMRI診断, 村上 卓道, 第100回山形県産婦人科集談会,   2008年06月, 第100回山形県産婦人科集談会
  • EOB・プリモビスト造影MRIの特徴と期待, 村上 卓道, 第5回山口MRI Update,   2008年06月, 第5回山口MRI Update
  • Adrenal masses: The additional value of FDG-PET/CT for cancer patients., 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • Utility of partial volume correction based on count recovery on FDG PET/CT in lymph node metastasis of lung cancer, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • New insight into the pathogenesis of malignant lymphoma by integrated FDG-PET/CT, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • Evaluation of lymph node metastases in esophageal cancer with SUV correction for partial volume effect on FDG PET/CT, 香川祐毅, 細野 眞, 村上 卓道, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine,   2008年06月, 55th annual meeting of Society of Nuclear Medicine
  • 肝癌治療におけるCone beam CTの有用性, 柳生行伸, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会,   2008年06月, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 肝特異性MRI造影剤Gd-EOB-DTPAを用いた多血性HCCの血流動態, 岡田 真広, 香川祐毅, 村上 卓道, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会,   2008年06月, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 婦人科疾患のMRI診断, 村上 卓道, 第100回山形県産婦人科集談会,   2008年06月, 第100回山形県産婦人科集談会
  • 主膵管との交通を有したため術前診断が困難であった膵内分泌腫瘍の一例, 香川祐毅, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第22回腹部放射線研究会,   2008年06月, 第22回腹部放射線研究会
  • MRI T2強調画像にて低信号を呈した卵巣粘液嚢胞腺癌の一例, 桑原 雅知, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 第22回腹部放射線研究会,   2008年06月, 第22回腹部放射線研究会
  • 肝腫瘍診断におけるEOB・プリモビスト造影MRI, 村上 卓道, 第一回関西EOB・プリモビストセミナー ,   2008年06月, 第一回関西EOB・プリモビストセミナー 
  • MDCT,MRI画像診断によるHCCのRFA治療効果判定, 岡田 真広, 熊野 正士, 桑原 雅知, 柳生 行伸, 勝部 敬, 荒木 哲朗, 香川 祐毅, 葉 輝明, 安藤 理奈, 松久保 祐子, 任 誠雲, 米矢 吉宏, 小塚 健倫, 土屋 典生, 下野 太郎, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 細野 眞, 工藤 正俊, 村上 卓道, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • MDCT, MRI画像診断によるHCCのRFA治療効果判定, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • 腹部領域における64列MDCTの有用性, 村上 卓道, 第18回青葉画像研究会,   2008年05月, 第18回青葉画像研究会
  • Clinical utility of 4D volumetric data of MDCT for upper abdominal disease., 村上 卓道, The 10th annual international symposium on multidetector-row CT.,   2008年05月, The 10th annual international symposium on multidetector-row CT.
  • Optimal scan technique of early and late arterial phase MDCT imaging of the liver tumor., 村上 卓道, The 10th annual international symposium on multidetector-row CT.,   2008年05月, The 10th annual international symposium on multidetector-row CT.
  • 64ch-MDCTによるHelical Scanを用いたWhole Brain CT Perfusion検査の試み , 工藤正幸, 村上 卓道, 第64回日本放射線技術学会学術大会,   2008年04月, 第64回日本放射線技術学会学術大会
  • 側脳室内壁付着結節;これ、何ですか? , 下野 太郎, 村上 卓道, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • EOB・プリモビスト造影MRIの特徴と期待, 村上 卓道, 第一回北陸EOB・プリモビストセミナー,   2008年04月, 第一回北陸EOB・プリモビストセミナー
  • Scan timing of EOB-Primovist dynamic MRI of the Liver., 村上 卓道, Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.,   2008年04月, Bayer Schering Pharma AG International Advisory Board Meeting.
  • 3TMRIによる子宮体癌のT2強調像:1.5Tとの比較, 堀 雅敏, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 金 東石, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • EOB・プリモビスト造影MRIの特徴と期待, 村上 卓道, 第一回北陸EOB・プリモビストセミナー ,   2008年04月, 第一回北陸EOB・プリモビストセミナー 
  • 原発性肺癌のリンパ節転移の評価におけるrecovery coefficient(RC)-SUV補正の有用性, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第67回日本医学放射線学学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学学術集会
  • 3TMRIによる子宮体癌のT2強調像:1.5Tとの比較, 堀 雅敏, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 金 東石, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • 側脳室内壁付着結節:これ、何ですか?, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • T2*fitting toolによる子宮筋腫と子宮良性病変の評価, 今岡 いずみ, 柳生行伸, 村上 卓道, 奥秋知幸 小山望, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • リポソーム化造影剤による動物モデルの肝臓腫瘍造影研究, 荒木哲朗, 岡田 真広, 村上 卓道, 大西裕満, 磯田武寿, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • ガドニウム造影多時相ダイナミック検査による肝臓シネMRIの初期検討, 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 奥秋知幸 小山 望, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • アンケート方式による肝特異性造影剤フェルカルボトラン(リゾビスト)の安全調査, 大西裕満, 村上 卓道, 金東石 , 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • 悪性リンパ腫のPET-CTとMRI診断, 岡田 真広, 下野 太郎, 村上 卓道, 佐藤範英, 第67回日本医学放射線学会学術集会,   2008年04月, 第67回日本医学放射線学会学術集会
  • EOB・プリモビストによって肝画像診断はどう変わっていくか?, 村上 卓道, 第27回日本画像医学会,   2008年02月, 第27回日本画像医学会
  • 食道癌リンパ節のPET/CTによる評価, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 第108回核医学症例検討会,   2008年02月, 第108回核医学症例検討会
  • 悪性リンパ腫のPET-CT診断に関するReview, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 第27回日本画像医学会,   2008年02月, 第27回日本画像医学会
  • 子宮頸癌再発による外腸骨動脈?S状結腸瘻の一例, 松久保祐子, 柳生行伸, 村上 卓道, 第24回中部・第23回関西合同地方会(第44回関西IVR研究会),   2008年02月, 第24回中部・第23回関西合同地方会(第44回関西IVR研究会)
  • TACE術前にHelical Shuttle scanを施行した一例, 柳生行伸, 熊野 正士, 村上 卓道, 第19回消化器機能画像研究会,   2008年02月, 第19回消化器機能画像研究会
  • EOB・プリモビストによって肝画像診断はどう変わっていくか?, 村上 卓道, 第27回日本画像医学会,   2008年02月, 第27回日本画像医学会
  • 診断に苦慮したependymomaの2例, 荒木 哲朗, 下野 太郎, 村上 卓道, 第288回 日本医学放射線学会関西地方会,   2008年02月, 第288回 日本医学放射線学会関西地方会
  • Whole Body MRI with Diffeusion-weighted Image for Detecting Skeletal,Lymph Nodal, and Other Incidental Lesions., 中西 克之, 村上 卓道, 小林 美登利, 93rd Radiologocal Society of North America,   2007年12月, 93rd Radiologocal Society of North America
  • 肝臓MRI診断の最前線:新しい肝特異性MR造影剤は画像診断をいかに変えるか, 村上 卓道, 第8回国際造影超音波シンポジウム,   2007年12月, 第8回国際造影超音波シンポジウム
  • 造影後期MRIとFDG-PETで早期診断と治療効果判定を評価した心サルコイドーシスの一例, 武輪光彦, 谷口 貢, 村上 卓道, 第104回日本循環器学会近畿地方会,   2007年12月, 第104回日本循環器学会近畿地方会
  • Development of Dynamic Pitch Helical Reconstruction Algorithm for Continuous Helical Shuttle Scan of 64ch MDCT with Advanced Table Control., 萩原明, 工藤 正俊, 村上 卓道, 柳生行伸, 93rd Radiological Society of North America,   2007年12月, 93rd Radiological Society of North America
  • Recovery Coefficoent(RC)に基づくSUV補正用いた肺癌リンパ節転移の評価, 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 第47回日本核医学会学術総会,   2007年11月, 第47回日本核医学会学術総会
  • 新しい肝特異性MR造影剤, 村上 卓道, RSNA2007後援会,   2007年11月, RSNA2007後援会
  • Wide Spectrum of Malignant Lymphoma:New Insight into the Pathogenesis of Lymphoid Malignancies in PET-CT and MRI., 岡田 真広, 米矢 吉宏, 村上 卓道, 93rd Radiological Society of North America,   2007年11月, 93rd Radiological Society of North America
  • Comparison of integrated FDG-PET/CT with IV-contrast enhanced CT for the evalution of metastatic regional lymph nodes in esophageal cancer patients., 岡田 真広, 桑原 雅知, 村上 卓道, 93rd Radiological Society of North America,   2007年11月, 93rd Radiological Society of North America
  • T-staging og Gastric Cancer of Air-filling Multi-detector Row CT:Vomparison with Hydro-Multidetector Row CT., 熊野 正士, 桑原 雅知, 村上 卓道, 93rd Radiologocal Society of North America,   2007年11月, 93rd Radiologocal Society of North America
  • MR Cholangiopancreatography at 3.0 T:Intraindividual Comparative Studu with MR Cholangiopancreatography at 1.5 T., 大西 裕満, 村上 卓道, , 金 東石, 93rd Radiological Society of North America,   2007年11月, 93rd Radiological Society of North America
  • 腹部の造影MDCT診断:ボリュームデータの有用性, 村上 卓道, 第58回香川画像診断談話会,   2007年11月, 第58回香川画像診断談話会
  • 腹部領域における64列MDCTの有用性, 村上 卓道, 第43回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2007年10月, 第43回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • 消化管奇形を伴ったミュラー管形成異常の画像所見, 香川 祐毅, 今岡 いずみ, 村上 卓道, JSAW,   2007年09月, JSAW
  • 3テスラMRIにおける肝腫瘤性病変のコントラスト:1.5テスラMRIとの比較, 大西 裕満, 村上 卓道, 金 東石, 第35回日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 第35回日本磁気共鳴医学会
  • 3T 1MRIによる子宮癌のT2強調像:1.5Tとの比較, 堀 雅敏, 村上 卓道, 金 東石, 第35回日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 第35回日本磁気共鳴医学会
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIにおけるNASH肝線維化評価:NASH staging, 津田奈津子, 岡田 真広, 村上 卓道, 第35回日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 第35回日本磁気共鳴医学会
  • 拡散強調像を用いた全身MRI, 中西 克之, 村上 卓道, 小林美登利, 第35回日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 第35回日本磁気共鳴医学会
  • 3D-PRESTOを用いた高分解能MR Vnographyの検討, 坪山尚寛, 今岡 いずみ, 中塚隆之, 村上 卓道, 松本光代,奥秋智幸,小山望, 日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 日本磁気共鳴医学会
  • PRESTOを用いた深部脳静脈の描出の検討, 中塚隆之, 坪山尚寛, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 奥秋智幸,小山望,松本光代 , 日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 日本磁気共鳴医学会
  • T2* fitting toolによる子宮筋層評価, 今岡 いずみ, 中塚隆之, 坪山尚寛, 村上 卓道, 松本光代,奥秋智幸,小山望, 日本磁気共鳴医学会,   2007年09月, 日本磁気共鳴医学会
  • 遅延造影MRIとFDG-PETで評価した心サルコイドーシスの一例, 芦澤憲太郎, 武輪光彦, 村上 卓道, 第24回循環器内科・外科フォーラム,   2007年09月, 第24回循環器内科・外科フォーラム
  • 肝癌の画像診断とカテーテル治療, 村上 卓道, 日本肝臓学会平成19年度肝癌撲滅運動市民公開講座,   2007年09月, 日本肝臓学会平成19年度肝癌撲滅運動市民公開講座
  • 腹部の造影MDCTの最適撮像法を中心に, 村上 卓道, 奈良CT conference,   2007年09月, 奈良CT conference
  • 腎癌摘出後14年目に生じた膵転移に対してPET-CTとDynamic CTを施行した一例 腎癌の遠隔転移におけるPET-CTの役割, 松久保祐子, 岡田 真広, 村上 卓道, 第107会核医学会症例検討会,   2007年08月, 第107会核医学会症例検討会
  • 無水エタノールによる腎動脈塞栓術が著効した低形成腎による腎性高血圧の1女児例, 田端 信忠, 伊豆 亜加音, 井上 智弘, 篠原 徹, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 栁生 行伸, 村上 卓道, 竹村 司, 第14回小児高血圧研究会,   2007年08月, 第14回小児高血圧研究会
  • 肝特異性MRI造影GD-EOB-DTPAによるNASHと脂肪肝の鑑別診断の可能性, 岡田 真広, 村上 卓道, 津田奈津子, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 腹部のMRI診断, 村上 卓道, 堺市医師会外科医会学術講演会,   2007年07月, 堺市医師会外科医会学術講演会
  • 消化器疾患の最新のMDCT , 村上 卓道, 伊丹市医師会第4回消化器勉強会,   2007年07月, 伊丹市医師会第4回消化器勉強会
  • 腹部の造影MDCT:最適撮像法とvolume dataの有用性, 村上 卓道, 放射線診療フォーラム,   2007年07月, 放射線診療フォーラム
  • Hepatocellular carcinoma by multimodality imaging:MSCT,US,MRI and PET., 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 18 th annual Meeting ESGAR 2007,   2007年06月, 18 th annual Meeting ESGAR 2007
  • 肝癌に対する画像診断アルゴリズムの構築:多血性および乏血性肝細胞癌の画像診断のアルゴリズム , 小来田幸世, 村上 卓道, 今井康陽, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 肝癌に対する画像診断アルゴリズムの構築:多血性および乏血性肝細, 小来田幸世, 村上 卓道, 第43回日本肝癌研究会 ,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会 
  • 腹部MDCTの最適撮像法とその臨床的有用性, 村上 卓道, 第51回島根画像診断研究会,   2007年06月, 第51回島根画像診断研究会
  • 経過中に間質肉腫への悪性転化が疑われた前立腺 cysticepithelial-stromaltumorの一例, 荒木哲朗, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第289回日本医学放射線学会関西地方会(第358回レントゲンアーベント),   2007年06月, 第289回日本医学放射線学会関西地方会(第358回レントゲンアーベント)
  • 前立腺 cystic epithelial-stromal tumor とその再発巣の悪性転化の一例, 荒木哲朗, 桑原 雅知, 村上 卓道, 第21回腹部放射線研究会,   2007年06月, 第21回腹部放射線研究会
  • Effect of attenuation correction on wall motion quantification in Tl-201 ECG-gated myocardial SPECT. Assessment of lymph node metastasis in lung cancer with SUV correction based on count recovery in FDG PET/CT., 細野 眞, 米矢 吉宏, 村上 卓道, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.,   2007年06月, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.
  • Assessment of lymph node metastasis in lung cancer with SUV correction based on count recovery in FDG PET/CT., 米矢 吉宏, 細野 眞, 村上 卓道, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.,   2007年06月, 54th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine.
  • Optimization of 3D-PRESTO (principles of echo shifting with a train of observations)sequence for T2* sensitized high-resolution MR venography., 中塚隆之, 坪山 尚寛, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 村上 卓道, 蟇目, 福島, 奥秋智幸,小山望,松本光代, ISMRM,   2007年05月, ISMRM
  • Assessment of the Uterine Myometrium Using T2* Relaxometry with a Correction of Magnetic Filed Inhomogeneity, 今岡 いずみ, 中塚隆之, 村上 卓道, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB,   2007年05月, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB
  • MR Cholangiopancreatography at 3.0 T:Intraindividual Comparative Study with MR Cholangiopancreatography at 1.5 T, 大西裕満, 村上 卓道, 金東石, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB,   2007年05月, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB
  • Potential of Gd-EOB-DAPA for Differential Diagnosis of Nonalcoholic Steatohepatitis and Fatty Liver in Rats Using Magnetic Resonance Imaging, 津田奈津子, 村上 卓道, OINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB,   2007年05月, OINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB
  • T2* Sensitized High Resolution MR Venography Using 3D-PRESTO(Principles of Echo Shifting with a Train of Observations), 坪山 尚寛, 今岡 いずみ, 村上 卓道, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB,   2007年05月, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB
  • Calcifications as Clue to Diagnosis in Abdominal Diseases : Effectiveness of CT and MRI, 任誠雲, 岡田 真広, 村上 卓道, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • Utility of MRI,CT and PET for Peritoneal Dissemination and Abdominal Wall Metastasis, 米矢 吉宏, 岡田 真広, 村上 卓道, 松村要,   2007年04月
  • 悪性リンパ腫のPET-CT診断, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 竹内亮, 佐藤範英, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • MRCP用経口消化管陰性造影剤ボースデルの3テスラ環境における至適濃度の検討, 大西裕満, 村上 卓道, 金東石, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • 3テスラ装置におけるMRCPの画質評価:1.5テスラ装置との比較, 大西裕満, 村上 卓道, 金東石, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • 骨盤部の3T MRI:T2強調FSE撮影パラメーターの最適化, 堀雅敏, 村上 卓道, 金東石, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)のMRI診断において詳細な読影をする前に可能性を想起できるか?, 下野 太郎, 坪山 尚寛, 村上 卓道, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • フェルカルボトラン造影MRIにおけるT1強調像撮影タイミングについての検討, 熊野 正士, 村上 卓道, 平田雅昭, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • T2※強調gradient echo MRIにおける肝腫瘍のコントラストに対するSPIOの影響:3.0Tと1.5Tの比較, 金東石, 村上 卓道, 堀雅敏, 第66回日本医学放射線学会学術集会,   2007年04月, 第66回日本医学放射線学会学術集会
  • The New Myocardial Perfusion Imaging using 64-slice Multi Detector Computed Tomography., 中内 祥文, 生田 新一郎, 村上 卓道, 71st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society.,   2007年03月, 71st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society.
  • 腎血管性高血圧患者に対して腎動脈塞栓術が著効した一例 , 任誠雲, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 日本INTERVENTIONAL RADIOLOGY学会 第21回関西地方会(第42回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会),   2007年02月, 日本INTERVENTIONAL RADIOLOGY学会 第21回関西地方会(第42回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会)
  • ヘリカルシャトルスキャンによるボリュームスキャン, 柳生行伸, 村上 卓道, 金東石, 第18回 消化器機能画像研究会,   2007年02月, 第18回 消化器機能画像研究会
  • 肝癌のCT,MRI診断, 村上 卓道, 第40回福井肝癌研究会,   2007年02月, 第40回福井肝癌研究会
  • MDCTによる画像診断, 村上 卓道, 第52回鳥取県東部医師会医学セミナー,   2007年02月, 第52回鳥取県東部医師会医学セミナー
  • 腹部の造影MDCT:最適撮像法とvolume dataの有用性, 村上 卓道, 放射線診療学術講演会,   2007年, 放射線診療学術講演会
  • 肝のMDCT診断, 村上 卓道, 第1回大阪肝臓病ワークショップ,   2007年, 第1回大阪肝臓病ワークショップ
  • T2-Weighted MR Imaging of the Pelvis at 3.0 Tesla:Optimum Routine Fast Spin-Echo Sequencec, 堀雅敏, 村上 卓道, 金東石, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB,   2007年, JOINT ANNUAL MEETING ISMRM-ESMRMB
  • 卵巣腫瘤との鑑別が困難であった限局性腹膜偽粘液腫の一例, 清水利栄, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 桑原 雅知, 小塚 健倫, 葉輝明, 坪山 尚寛, 柳生行伸, 熊野 正士, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 米矢 吉宏, 土屋 典生, 岡田 真広, 細野 眞, 日本医学放射線学会関西地方会,   2006年11月, 日本医学放射線学会関西地方会
  • MR Imaging of the pelvis at 3.0 tesla : How to do it., 堀雅敏, 村上 卓道, 金東石, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • PET first : Malignant Lymphoma., 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 竹内亮, 佐藤範英, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Whole-body MRI with using diffusion-weighted whole-body images with background suppression (DWIBS) for detecting metastatic bone tumor : comparison with bone scintigram (BS)., Nakanishi K, 村上 卓道, Kobayashi M , 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Abdominal calcifications : Pictorial review of liver, spleen, gallbladder, kidney, peritoneum, and vascular structure lesions., 任誠雲, 岡田 真広, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • MR Imaging, CT, and PET in patients with cancer of peritoneum and abdominal wall., 米矢 吉宏, 岡田 真広, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Optimal scanning protocol of 3 tesla MR imaging for the upper abdominal diseases., 大西裕満, 村上 卓道, 金東石, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Multidetector-Row CT of the liver : Optimal imaging protocol., 堀雅敏 , 村上 卓道, , 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Biliary obstruction : Value of imaging for choledocholithiasis, pancreas, and bile duct cancer., 岡田 真広, 任誠雲, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America
  • Hepatocellular carcinoma, cholangiocarcinoma, and liver metastasis by multimodality imaging : MSCT, US, MRI, and PET., 岡田 真広, 柳生行伸, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • MR Imaging of the upper abdomen at 3 tesla: Comparison with imaging at 1.5 tesla., 大西裕満, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Diagnosis of recurrence of gastrointestinal stromal tumor after treatment with imatinib mesylate by using MDCT and FDG-PET., 金東石, 坪山 尚寛, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Assessment of 4D MDCT abdominal angiography by using non-stop continuous helical shuttle scan technique., 工藤 正俊, 村上 卓道, 92nd Radiological Society of North America.,   2006年11月, 92nd Radiological Society of North America.
  • Image-guided Radioltherapy:現状と将来, 肝癌の描出と肝機能診断 ?最新のMDCTとMRI- , 村上 卓道, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会,   2006年11月, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会
  • 16列から64列MDCTにおける腹部疾患の最適撮像法と臨床応用, 村上 卓道, 第10回東部放射線研究会,   2006年11月, 第10回東部放射線研究会
  • Pulmonary hyalinizing granulomaが強く疑われMalignant mesotheliomaを合併した一例:FDG-PET/CTによる良悪性の検討, 岡田 真広, 細野 眞, 村上 卓道, 松村要, 第42回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2006年10月, 第42回日本医学放射線学会秋季臨床大会
  • 腹部の最新MDCT診断, 村上 卓道, 第14回いわき腹部画像研究会,   2006年10月, 第14回いわき腹部画像研究会
  • 肝臓dynamic CTにおける至適造影法, 村上 卓道, 第42回日本医学放射線学会秋季大会,   2006年10月, 第42回日本医学放射線学会秋季大会
  • 64 channel MDCT of upper abdomen: Optimal scan technique and clinical utility., 村上 卓道, Invited lecture in Seoul National University College of Medicine.,   2006年09月, Invited lecture in Seoul National University College of Medicine.
  • CT and MR staging of gastric cancer, 村上 卓道, The 16th International Seoul Radiology Symposium: CT colonography & Update in Gastrointestinal Imagi,   2006年09月, The 16th International Seoul Radiology Symposium: CT colonography & Update in Gastrointestinal Imagi
  • 消化器疾患のMDCT診断, 村上 卓道, 85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • MDCTにおける腹部疾患の3次元画像診断, 村上 卓道, 第48回滋賀肝疾患研究会,   2006年09月, 第48回滋賀肝疾患研究会
  • 腹部領域におけるMDCTの撮像法と臨床応用, 村上 卓道, 第17回徳島CT研究会,   2006年09月, 第17回徳島CT研究会
  • 放射線医学とCT, 村上 卓道, 臨床医工学・情報学スキルアップ講座 高度診断治療コース 医用画像情報学,   2006年08月, 臨床医工学・情報学スキルアップ講座 高度診断治療コース 医用画像情報学
  • 肝門部胆管癌術後に生じた門脈狭窄に対して門脈ステント留置を行った1例, 児玉 彩, 柳生 行伸, 村上 卓道, 第20回関西地方会(第41回関西IVR研究会),   2006年07月, 第20回関西地方会(第41回関西IVR研究会)
  • 進行肝癌に対するIFN併用化学療法の有用性に関する多施設共同研究-厚労科研(肝炎対策研究事業)-, 永野浩明, 村上 卓道, 第42回日本肝癌研究会 ,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会 
  • Real-time Virtual Sonography(RVS)ガイド下ラジオ波焼灼療法の有用性についての検討, 北田学利, 村上 卓道, 葛下典由, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • MDCTにおける腹部疾患の3次元画像診断, 村上 卓道, 第14回東神戸消化器疾患セミナー,   2006年07月, 第14回東神戸消化器疾患セミナー
  • 早期肝癌における血流動態とSPIO造影MRIの造影効果 , 村上 卓道, 今井康陽, 堀 雅敏, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • 64列MDCTにおける腹部領域の最適撮像法と臨床応用, 村上 卓道, 第5回近畿MDCT技術・診断研究会,   2006年07月, 第5回近畿MDCT技術・診断研究会
  • 肝胆膵疾患のインターベンショナルラジオロジー(IVR), 村上 卓道, 第13回南大阪肝胆膵懇話会,   2006年07月, 第13回南大阪肝胆膵懇話会
  • 腹部MDCT診断, 村上 卓道, 平成18年度新緑会学術講演会,   2006年07月, 平成18年度新緑会学術講演会
  • SPIO造影MRIの肝細胞癌診療における役割と留意点, 村上 卓道, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • 大動脈解離後に発症した下腸間膜動脈領域の虚血性腸炎, 任 誠雲, 下野 太郎, 清水 利栄, 葉 輝明, 米矢 吉宏, 坪山 尚寛, 桑原 雅知, 土屋 典生, 岡田 真広, 小塚 健倫, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 細野 眞, 井上 剛裕, 梅原 泰, 土手 健作, 村上 卓道, 第283回日本医学放射線学会関西地方会,   2006年06月, 第283回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例は73歳男性で、主訴は下痢。大動脈解離(DebakeyI型)術後1週間より発症。CTで解離の及んでいた下腸間膜動脈の閉塞を認め、虚血性腸炎と考えた。解離術後に発生する腸管虚血は稀な合併症で、上腸間膜動脈閉塞が原因となることが多く、下腸間膜動脈が原因となることは極めて稀(本邦1985~03年の間で3例)である。虚血性腸炎発症時期は術後数週からという報告が多い。本症例でも術後1週間から発症しており、虚血性腸炎は解離術後から発症までにはタイムラグがあることを知っておくことは重要である。
  • 腹部MDCT診断, 村上 卓道, 第6回南大阪核医学カンファレンス,   2006年06月, 第6回南大阪核医学カンファレンス
  • 肝のダイナミックMDCTの撮像法とその有用性, 村上 卓道, 114回日本医学放射線学会北日本地方会,   2006年06月, 114回日本医学放射線学会北日本地方会
  • 肝腫瘍のMRI診断:3Tを含めて, 村上 卓道, 第17回京都MRI研究会,   2006年06月, 第17回京都MRI研究会
  • Treatment of uterine myoma with MR guided focused ultrasound: Clinical application in Japan., 村上 卓道, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology 2006,,   2006年06月, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology 2006,
  • Feasibility of Diffusion-weighted MR Imaging and ADC map to predict necrosis of uterine fibroids during MR Imaging-guided Focused Ultrasound Surgery., 岡田篤哉, 村上 卓道, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.,   2006年05月, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.
  • Stepping-Table Gadolinium-Enhanced MR Angiography for the Run-Off Study of Lower Extremity Arteries: Two-Injection Techniques Using Combination of TRICKS for the Calf and Two-Step Scanning Technique with Automated Bolus-Detection Algorithm for the Abdomen, 金 東石, 村上 卓道, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.,   2006年05月, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.
  • Isotropic Diffusion Weighted MR Imaging with Tetrahedral Gradients in the Upper Abdomen., 堀 雅敏, 村上 卓道, 桑原 雅知, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.,   2006年05月, 14th International Society for Magnetic Resonance in Medicine.
  • 腹部のMDCT診断:撮像法と臨床応用, 村上 卓道, 第222回Open Film Conference,   2006年05月, 第222回Open Film Conference
  • 腎granular cell carcinomaの一例 , 栁生 行伸, 下野 太郎, 岡田 真広, 任 誠雲, 葉 輝明, 米矢 吉宏, 堀川 重樹, 植村 天受, 筑後 孝章, 細野 眞, 村上 卓道, 第20回腹部放射線研究会,   2006年05月, 第20回腹部放射線研究会
    概要:腹部CTにて左腎腫瘍を指摘されて当院泌尿器科受診。腹部CTでは均一で骨格筋と同程度のCT値であり、内部に小さな石灰化がみられた。脂肪成分は指摘できず。造影CT早期相では均一によく造影されて、後期相では周囲の腎よりも低吸収であったがtime density curve 上は漸増性を示していた。MRI T2強調画像では骨格筋と同程度の低信号であり、chemical shift imageでは微少脂肪成分は指摘できず、in phase, opposed phaseとも腫瘤は腎実質よりも高信号を示していた。Dynamic studyではCT同様均一に造影されている。T2強調画像で腫瘍そのものが低信号を示しており、被膜の同定は不可能であった。脂肪成分が少ない血管筋脂肪腫との鑑別に苦慮したが、clear cell carcinoma以外の悪性腫瘍の可能性も考え、左腎摘出術を施行。Gerota筋膜表面の血管は強く怒張し、易出血性であった。左腎上極の癒着も著しかった。割面は灰白色で均一であった。組織診断はgranurlar cell carcinomaであった。
  • 大腸癌肝転移の診断, 村上 卓道, 日本消化器外科学会教育集会,   2006年02月, 日本消化器外科学会教育集会
  • 肝癌のMDCT診断, 村上 卓道, 第34回北摂肝癌研究会,   2006年01月, 第34回北摂肝癌研究会
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とその臨床応用, 村上 卓道, 日本医学放射線学会・日本放射線専門医会 第19回冬季セミナー,   2006年01月, 日本医学放射線学会・日本放射線専門医会 第19回冬季セミナー
  • 消化器疾患のMDCT診断, 村上 卓道, 85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年, 85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Feasibility of Diffusion-weighted MR Imaging and ADC Map to Predict Necrosis of Uterine Fibroids during MR Imaging-guided Focused Ultrasound Surgery., Okada A, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • The Precision and Effectiveness of Real-time Virtual Sonography on Radiofrequency Ablation for Hepatocellular Carcinoma., 村上 卓道, Kitada T, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Detection of Portal Vein Tumor Thrombosis in Patients with Hepatocellular Carcinoma: Comparison of Multi-phasic, Multi-slice CT, and MR Imaging including Gadolinium-enhanced Multi-phasic Imaging., Kim T, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Optimal Scanning Protocol of 64-channel Multi-detector Row CT for Upper Abdominal Disease., 村上 卓道, Kim T, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Diagnosis of Liver Tumors: Role of Multi-Detector Row CT and MR Imaging., Hori M, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Software-based Image fusion for Whole-body PET/CT and PET/MR., Hori M, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Imaging Findings of Congenital Portosystemic Shunt., Abe H, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Reduction of Patient’s Dose in Cerebral CT Angiography by Axial Scan of 64 Channel multi-Detector Row CT Scanner: Vessel Phantom Study., Kudo M, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • Percutaneously Implanted Port-Catheter System for Hepatic Arterial infusion Chemotherapy of Hepatocellular Carcinoma., Khankan AA, 村上 卓道, 91st Radiological Society of North America,   2005年12月, 91st Radiological Society of North America
  • 腹部のMDCTの撮像法とボリュームデータの臨床利用, 村上 卓道, 山形MDCT研究会,   2005年11月, 山形MDCT研究会
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とその臨床応用, 村上 卓道, 第4回北摂MDCTフォーラム,   2005年11月, 第4回北摂MDCTフォーラム
  • 腹部領域の造影CT診断:肝臓のMDCT診断:最適撮像法とその有用性 , 村上 卓道, 第41回日本医学放射線学会秋季大会,   2005年10月, 第41回日本医学放射線学会秋季大会
  • MR-guided focused ultrasound surgery., 村上 卓道, Okada A, Asia Pacific Cancer Conference,   2005年09月, Asia Pacific Cancer Conference
  • 肝臓の画像診断:CT, MRIを中心に, 村上 卓道, 第2回関空肝臓病研究会,   2005年09月, 第2回関空肝臓病研究会
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とVolume dataの利用法, 村上 卓道, 第3回埼玉MDCT研究会,   2005年09月, 第3回埼玉MDCT研究会
  • MRガイド下Focused Ultrasound治療, 村上 卓道, 第19回超音波ドプラ研究会,   2005年09月, 第19回超音波ドプラ研究会
  • 肝癌のMDCT診断:最適撮像法と有用性, 村上 卓道, 第40回近畿肝癌談話会,   2005年08月, 第40回近畿肝癌談話会
  • 肝臓dynamic CTにおける至適造影法:撮像タイミングを中心に MDCT至適造影法を語る会, 村上 卓道, 第1回学術集会:肝臓dynamic CT,   2005年08月, 第1回学術集会:肝臓dynamic CT
  • 腹部のMDCT診断:最適撮像法とボリュームデータの臨床応用, 村上 卓道, 第12回関西CT技術シンポジウム,   2005年08月, 第12回関西CT技術シンポジウム
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とVolume dataの利用法, 村上 卓道, MDCTシンポジウム,   2005年07月, MDCTシンポジウム
  • 64列MDCTによる肝臓領域の撮像法について, 村上 卓道, 第11回大阪画像診断学術講演会,   2005年07月, 第11回大阪画像診断学術講演会
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とVolume dataの利用法, 村上 卓道, 造影剤とMDCTシンポジウムin Okayama,   2005年06月, 造影剤とMDCTシンポジウムin Okayama
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とVolume dataの利用法, 村上 卓道, 鳥取県西部MDCT講演会,   2005年06月, 鳥取県西部MDCT講演会
  • 腹部のMDCT:最適撮像法とVolume dataの利用法, 村上 卓道, MDCTシンポジウム,   2005年06月, MDCTシンポジウム
  • 肝細胞癌の治療適応決定におけるSPIO-MRIの診断法と有用性, 村上 卓道, 第41回日本肝臓学会総会,   2005年06月, 第41回日本肝臓学会総会
  • Multidetector-row CT of the abdomen disease: Clinical utility of volumetric data., 村上 卓道, Invited lecture in Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine
  • The role of SPIO enhanced MR imaging of the liver., 村上 卓道, Invited lecture in Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine
  • Optimal injection and scanning technique of MDCT of the liver tumor., 村上 卓道, Invited lecture in Severance Hospital of Yonsei University College of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Severance Hospital of Yonsei University College of Medicine
  • MR-guided focused ultrasound. Symposium of High Intensity Focused Ultrasound Therapy., 村上 卓道, In Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine,   2005年05月, In Samsung Medical Center of Sungkyunkwan University School of Medicine
  • MR-guided focused ultrasound, 村上 卓道, Invited lecture in Seoul National University College of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Seoul National University College of Medicine
  • Multidetector-row CT of the abdomen disease: Optimal scanning technique and Clinical utility of volumetric data., 村上 卓道, Invited lecture in Asan Medical Center of University of Ulsan College of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Asan Medical Center of University of Ulsan College of Medicine
  • The role of SPIO enhanced MR imaging of the liver., 村上 卓道, Invited lecture in Asan Medical Center of University of Ulsan College of Medicine,   2005年05月, Invited lecture in Asan Medical Center of University of Ulsan College of Medicine
  • MR-guided focused ultrasound surgery for uterine fibroid., 村上 卓道, Okada A, The 9th International Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging,   2005年05月, The 9th International Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging
  • 腹部のMSCT診断, 村上 卓道, MSCT Forum in Kanazawa,   2005年05月, MSCT Forum in Kanazawa
  • 肝細胞癌の診断におけるSPIO-MRIの有用性と役割, 村上 卓道, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年04月, 第91回日本消化器病学会総会
  • Optimal injection and scanning technique of arterial imaging of liver tumor., 村上 卓道, Abdominal Radiology Course 2005,   2005年03月, Abdominal Radiology Course 2005
  • Development and diagnostic usefulness of PET-MR fusion imaging software for the abdomen., Hori M, 村上 卓道, The 34th Annual Postgraduate Course and the SGR and the 30th Scientific Assembly of the SUR,   2005年03月, The 34th Annual Postgraduate Course and the SGR and the 30th Scientific Assembly of the SUR
  • Diagnosis of Portal Vein Tumor Thrombosis in Patients with Hepatocellular Carcinoma by Means of Multi-phasic Contrast Enhanced Multi-slice CT., Kim T, 村上 卓道, The 34th Annual Postgraduate Course and the SGR and the 30th Scientific Assembly of the SUR,   2005年03月, The 34th Annual Postgraduate Course and the SGR and the 30th Scientific Assembly of the SUR
  • MRガイド下Focused Ultrasound治療, 村上 卓道, 第20回高度先進医療研究会,   2005年02月, 第20回高度先進医療研究会
  • Comparison of the Hepatic Perfusion Parameters in Patients with Normal and Chronic Liver Disease, Kudo M, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Normal Liver Perfusion Value Measurements by Means of Deconvolution Analysis of Serial CT Images for Potential Living Liver Donors: Animal Experimental Study and Human Study, Kudo M, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Evaluation of Arterial Blood Flow Speed by Means of Double Mini-bolus Test Injection Technique at CT, Kim T, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Development and diagnostic usefulness of fusion imaging software for PET/CT without unified scanner, Hori M, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Quantitative assessment of hepatic damage and fibrosis grade by means of CT perfusion imaging, Hashimoto K, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Optimal Scan Timing of Double Arterial Phase Imaging after Arrival of Contrast Medium to the Abdominal Aorta on Dynamic Multi-Detector CT of the Liver., 村上 卓道, Onishi H, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Simultaneous Measurement of Regional Hepatic Tissue Blood Flow by Xenon CT and Perfusion CT: A Validation Study., Hashimoto K, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Comparison MR Imaging-guided Focused Ultrasound Surgery with Uterine Artery Embolization in the Management of Fibroid-related Menorrhagia., Mikami K, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • Evaluation of Optimal Timing of Arterial Phase Imaging for the Detection of Hypervascular Hepatocellular Carcinoma with Multi-Detector Row Helical CT., Takamura M, 村上 卓道, 90th Radiological Society of North America,   2004年12月, 90th Radiological Society of North America
  • The role of SPIO enhanced MR imaging of the liver: The strategy and experience of imaging diagnosis of HCC in Osaka University/Japan, 村上 卓道, 2004 International Symposium of HCC,   2004年11月, 2004 International Symposium of HCC
  • 腹部領域におけるMDCT診断, 村上 卓道, 香川消化器病研究会,   2004年11月, 香川消化器病研究会
  • 放射線医学的治療:IVRと放射線治療, 村上 卓道, 第28回大阪府医師会医学会総会 第36回医療近代化シンポジウム,   2004年11月, 第28回大阪府医師会医学会総会 第36回医療近代化シンポジウム
  • 大腸癌診療における画像診断の進歩:MDCT, MRI, PET, 村上 卓道, 第59回日本大腸肛門病学会総会,   2004年11月, 第59回日本大腸肛門病学会総会
  • ワークショップ:肝細胞癌診断における各種診断法の評価:肝細胞癌の描出:Dynamic MDCT, Dynamic MRI, SPIO造影MRI, CTHA, CTAPの比較検討 , 村上 卓道, 第8回日本肝臓学会大会 第46回日本消化器病学会大会 DDW-JAPAN,   2004年10月, 第8回日本肝臓学会大会 第46回日本消化器病学会大会 DDW-JAPAN
  • 肝胆膵の造影MDCT:最適造影剤注入法と撮像タイミングを中心に, 村上 卓道, 第32回日本放射線技術学会 秋季大会,   2004年10月, 第32回日本放射線技術学会 秋季大会
  • Percutaneous microwave coagulation therapy and radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma with arterial and /or venous blockage of blood flow., Fahrni M, 村上 卓道, Cirse,   2004年09月, Cirse
  • Multidetector-CT of the liver disease, 村上 卓道, MDCT symposium in Korea,   2004年09月, MDCT symposium in Korea
  • 腹部MDCT:最適撮像法と機能診断法, 村上 卓道, 第14回誰にでもわかる画像診断の会,   2004年09月, 第14回誰にでもわかる画像診断の会
  • 消化器系疾患のMDCT診断:2Dから4Dまで, 村上 卓道, 第10回北海道造影画像セミナー,   2004年09月, 第10回北海道造影画像セミナー
  • 子宮筋腫の治療:子宮筋腫に対する集束超音波療法(Focused Ultrasound Surgery), 村上 卓道, The 5th annual symposium Japanese society for the advancement of women’s imaging (JSAWI),   2004年09月, The 5th annual symposium Japanese society for the advancement of women’s imaging (JSAWI)
  • 肝癌の画像診断, 村上 卓道, 臨床研究・教育支援センター 社会人医学教育セミナー,   2004年08月, 臨床研究・教育支援センター 社会人医学教育セミナー
  • CT・MRI時代の超音波:肝腫瘍のCT・MRI, 村上 卓道, 日本超音波学会第28回関西地方会,   2004年08月, 日本超音波学会第28回関西地方会
  • 肝のDynamic MR and MDCT, 村上 卓道, 第7回北海道動態診断セミナー,   2004年06月, 第7回北海道動態診断セミナー
  • 肝癌の診断と治療: MDCTとSPIO造影MRIを用いた肝細胞癌の検出-CTHA, CTAPとの比較検討-, 今井 康陽, 村上 卓道, 第40回肝臓学会総会,   2004年06月, 第40回肝臓学会総会
  • CT and angio CT of HCC, 村上 卓道, 10 th Asia Oceanian Congress of Radiology,   2004年05月, 10 th Asia Oceanian Congress of Radiology
  • 肝腫瘍診断における造影MDCT, 村上 卓道, 第63回日本医学放射線学会,   2004年04月, 第63回日本医学放射線学会
  • Targeted transarterial chemoembolization of hepatic tumors using the unified computed tomography-angiography system, Khankan AA, 村上 卓道, Society of Interventional Radiology,   2004年03月, Society of Interventional Radiology
  • Hepatocellular carcinoma treated with radiofrequency ablation: an early evaluation with magnetic resonance imaging, Khankan AA, 村上 卓道, Society of Interventional Radiology,   2004年03月, Society of Interventional Radiology
  • Invasive pancreatic cancer developed during the follow-up observation of intraductal papillary mucinous tumor, Kim T, 村上 卓道, Abdominal Radiology Course 2004,   2004年03月, Abdominal Radiology Course 2004
  • MR imaging- guided focused ultrasound surgery in the management of symptomatic uterine fibroids: Initial experience and clinical evaluation, Mikami K, 村上 卓道, European Congress of Radiology,   2004年03月, European Congress of Radiology
  • Real Time Navigation Surgery Using 3D CT in Laparoscopic Gastric Surgery, Takiguchi S, 村上 卓道, Ninth World Congress of Endoscopic,   2004年02月, Ninth World Congress of Endoscopic
  • 最適化されたdynamic MDCTとSPIO-MRIによる肝癌の診断, 村上 卓道, 第4回Tokyo contrast enhanced liver MR meeting (TCEL MR meeing),   2004年02月, 第4回Tokyo contrast enhanced liver MR meeting (TCEL MR meeing)
  • 胆膵のMDCT・MRCP, 村上 卓道, 第9回阪神腹部画像診断治療研究会,   2004年02月, 第9回阪神腹部画像診断治療研究会
  • 肝胆膵領域におけるマルチスライスCTの臨床応用, 村上 卓道, 第23回日本画像医学会,   2004年02月, 第23回日本画像医学会
  • 大腸癌画像診断の最近の進歩, 村上 卓道, 第60回大腸癌研究会,   2004年01月, 第60回大腸癌研究会
  • AFROC analysis for diagnosis of elevated lesion of colon at multidetector-row CT colonography: Can two-way observation improve the diagnosis of lesion?, Yasumoto T, 村上 卓道, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Non-rigid volume registration for dynamic CT data of the liver, Masumoto J, 村上 卓道, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Noninvasive method for calculating relative ratio of corresponding blood supplying area in renal donor with duplicated renal arteries using multidetector CT., Kuwabara M, 村上 卓道, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Percutaneous microwave coagulation therapy (PMCT) and radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma (HCC) with interruption of arterial and/or portal venous blood flow: Is portal blood flow interruption effective for PMCT, Fahrni M, 村上 卓道, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Quantitative tissue blood flow evaluation of pancreatic tumor: Comparison between xenon CT and perfusion CT-based on deconvolution analysis, Abe H, 村上 卓道, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Multi-detector row helical CT imaging of hepatocellular carcinoma, 村上 卓道, Kim T, 89th Radiological Society of North America,   2003年12月, 89th Radiological Society of North America
  • Iron and iodized oil emulsion (I-I Emulsion) has a possibility of enhancing an effect of radiofrequency ablation therapy (RFA) of hepatic tumor, Uyama H, 村上 卓道, 11th United European Gastroenterology week,   2003年11月, 11th United European Gastroenterology week
  • Test injection technique of abdominal MDCT, 村上 卓道, Invited lecture. Radiology. Rome University Medical School,   2003年11月, Invited lecture. Radiology. Rome University Medical School
  • MR Imaging of liver tumor: Superparamagnetic iron oxide, 村上 卓道, Invited lecture. Radiology. Rome University Medical School,   2003年11月, Invited lecture. Radiology. Rome University Medical School
  • MDCT imaging of the abdomen with respiratory gating system: Prospective trigerring and retrospective gating., 村上 卓道, 4rd International Workshop on Multislice CT, 3D Imaging, Virtual Endoscopy.,   2003年11月, 4rd International Workshop on Multislice CT, 3D Imaging, Virtual Endoscopy.
  • 腹部腫瘍に対する凍結治療の有用性:他のintervention治療との比較:子宮筋腫に対する集束超音波療法(FUS), 村上 卓道, 第30回日本低温医学会総会 ,   2003年11月, 第30回日本低温医学会総会 
  • 集束超音波治療, 村上 卓道, 第4回つきじ放射線研究会,   2003年10月, 第4回つきじ放射線研究会
  • 胆膵疾患のMDCT診断, 村上 卓道, 第3回阪神胆膵疾患研究会,   2003年10月, 第3回阪神胆膵疾患研究会
  • 肝転移に対する新しいアプローチ:低侵襲・Cost effectiveな肝転移診断 , 村上 卓道, 第45回日本消化器病学会大会,   2003年10月, 第45回日本消化器病学会大会
  • コンセンサスミーティング・治療 肝細胞癌:局所療法-Radiological Intervention, 村上 卓道, 第7回日本肝臓学会大会 第45回日本消化器病学会大会 DDW-JAPAN,   2003年10月, 第7回日本肝臓学会大会 第45回日本消化器病学会大会 DDW-JAPAN
  • 造影剤を用いた肝血流画像・機能画像の進歩, 肝疾患の病態にどこまで肉薄できるか:CT, 村上 卓道, 第39回日本医学放射線学会秋期臨床大会,   2003年10月, 第39回日本医学放射線学会秋期臨床大会
  • 子宮筋腫に対する集束超音波療法, 村上 卓道, 第3回子宮動脈塞栓療法研究会,   2003年09月, 第3回子宮動脈塞栓療法研究会
  • 肝癌の集束超音波法の現状と今後の展望:肝癌治療への可能性, 村上 卓道, 腹腔鏡談話会,   2003年09月, 腹腔鏡談話会
  • 転移性肝癌におけるMDCT、SPIO-MRIの役割, 村上 卓道, 大腸癌治療サマーセミナー,   2003年08月, 大腸癌治療サマーセミナー
  • MRCP with a Combination of Respiratory-triggered 3D Fast Recovery Fast Spin-echo (FRFSE) Sequence and a Parallel Imaging Technique: A comparison with 2D Single-shot Fast Spin-echo (SSFSE) Sequence, Hori M, 村上 卓道, Eleventh International Society for Magnetic Resonance in Medicine,   2003年07月, Eleventh International Society for Magnetic Resonance in Medicine
  • よくある疾患:腹部編, 村上 卓道, 第22回東京MRI研究会,   2003年07月, 第22回東京MRI研究会
  • MDCTおよびSPIO-MRIによる腹部の画像診断, 村上 卓道, 第7回平成外科カンファレンス,   2003年06月, 第7回平成外科カンファレンス
  • 腹部のMDCT診断, 村上 卓道, 第17回Hepato-Gastroenterology Today for the post graduate(H-GPT),   2003年06月, 第17回Hepato-Gastroenterology Today for the post graduate(H-GPT)
  • A newly developed iron and iodized oil emulsion (I-I emulsion) for enhancing an effect of radiofrequency ablation therapy (RFA) of hepatic tumor, Uyama H, 村上 卓道, Digestive Disease Week 2003,   2003年05月, Digestive Disease Week 2003
  • 子宮筋腫・乳腺腫瘍に対するFUS:開発状況の紹介, 三上恒治, 村上 卓道, 第19回日本医工学治療学会,   2003年05月, 第19回日本医工学治療学会
  • 肝細胞癌に対する血流遮断下熱凝固療法と肝切除の比較, 石田 毅, 村上 卓道, 第32回日本血管造影・Interventional Radiology総会,   2003年05月, 第32回日本血管造影・Interventional Radiology総会
  • 治療における腹部MDCTの応用, 村上 卓道, 第4回岡山マルチスライスCTセミナー,   2003年03月, 第4回岡山マルチスライスCTセミナー
  • IVR技術による組織デリバリィ, 村上 卓道, 第2回日本再生医療学会大会,   2003年03月, 第2回日本再生医療学会大会
  • Quantitative evaluation of hepatic tissue perfusion by using deconvolution analysis, 村上 卓道, Hori M, Abdominal Radiology Course 2003,   2003年02月, Abdominal Radiology Course 2003
  • 肝癌治療における腹部MDCTの術前・術後評価, 村上 卓道, 第40回京都肝疾患懇話会,   2003年02月, 第40回京都肝疾患懇話会
  • 肝癌のMDCT・MR診断, 村上 卓道, 第8回筑後肝癌研究会,   2003年02月, 第8回筑後肝癌研究会
  • 子宮筋腫・乳腺腫瘍に対するFUS;開発状況の紹介, 村上 卓道, 第22回日本画像医学会,   2003年02月, 第22回日本画像医学会
  • Quantitative assessent of each histological grade of hepatocellular carcinoma tissue blood flow with xenon-enhanced CT, Sugihara E, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • Evaluation of arterial stenosis of lower extremities with multidetector-row CT angiography (MDCTA): Comparison to conventional digital subtraction angiography, Sugihara E, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • Evaluation of renal arteries in living renal donors: Comparison of the accuracy of contrast-enhanced CT angiography using multidetector-row helical CT and gadolinium-enhanced MR angiographyusing 3D Fourier transformation gradient echo, Kim T, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • Multidetector CT angiography of upper abdominal arteries using an eight-detector row CT scanner, Kawata S, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • Usefulness of newly developed interactive multiplanar reconstruction viewer for large amount of image sets by multidetector-row CT: Evaluation of invasion to surrounding organs b esophageal carcinoma, Johkoh T, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • High spatial resolution hepatic CT microangiography with synchrotron radiation system: Experimental study with rats, Hori M, 村上 卓道, 88th Radiological Society of North America,   2002年12月, 88th Radiological Society of North America
  • 肝腫瘍の治療とMDCT, 村上 卓道, 第一回肝疾患・診療の最前線,   2002年11月, 第一回肝疾患・診療の最前線
  • 腹部のMDCT診断, 村上 卓道, 近畿医療技術専門学校放射線科学友会講演会,   2002年11月, 近畿医療技術専門学校放射線科学友会講演会
  • 腹部のMDCT , 村上 卓道, 西宮MDCT講演会,   2002年11月, 西宮MDCT講演会
  • 肝癌IVR治療効果判定;CT(腫瘍のCTによる治療効果予測, 効果判定), 村上 卓道, 第31回断層映像研究会,   2002年11月, 第31回断層映像研究会
  • 肝組織特異性造影剤の撮像法, 村上 卓道,  第30回日本放射線技術学会秋季学術大会,   2002年10月,  第30回日本放射線技術学会秋季学術大会
  • 新しいMRI用造影剤SPIOの臨床応用:SPIO製剤の基本的撮像方法とその特徴, 村上 卓道, 第38回日本医学放射線学会秋期臨床大会 ,   2002年10月, 第38回日本医学放射線学会秋期臨床大会 
  • 肝腫瘍の造影MDCT, 村上 卓道, 第38回日本医学放射線学会秋期臨床大会,   2002年10月, 第38回日本医学放射線学会秋期臨床大会
  • Multidetector-row CT in liver imaging, 村上 卓道, Asian Pacific Association for the Society of the Liver Meeting,   2002年09月, Asian Pacific Association for the Society of the Liver Meeting
  • 肝細胞癌に対する血流遮断下経皮的ラジオ波凝固法, 石田 毅, 村上 卓道, 日本血管造影・Interventional Radiology学会 第12回関西地方会 ,   2002年09月, 日本血管造影・Interventional Radiology学会 第12回関西地方会 
  • 肝のMDCT・MR診断, 村上 卓道, 第44回腹部画像診断カンファレンス,   2002年08月, 第44回腹部画像診断カンファレンス
  • MSCT Imaging of the Liver Tumor. 3rd International Workshop on Multislice CT, 3D Imaging, 村上 卓道, Virtual Endoscopy,   2002年06月, Virtual Endoscopy
  • MSCT Imaging of Stomach Cancer. 3rd International Workshop on Multislice CT, 3D Imaging, 村上 卓道, Virtual Endoscopy,   2002年06月, Virtual Endoscopy
  • 肝の造影MRI -SPIOを中心として, 村上 卓道, 第10回三重総合画像診断研究会,   2002年06月, 第10回三重総合画像診断研究会
  • Three-dimensional visualization of catheter using stereoscopic MR images, Kumamoto E, 村上 卓道, 10th International Society for Magnetic Resonance in Medicine,   2002年05月, 10th International Society for Magnetic Resonance in Medicine
  • Fusion of SPIO-enhanced MR images and volume data sets obtained with multi-detector row helical CT scanner: Improved ability for hepatic tumor diagnosis, Hori M, 村上 卓道, 10th International Society for Magnetic Resonance in Medicine,   2002年05月, 10th International Society for Magnetic Resonance in Medicine
  • Hepatic tissue specific contrast MR media, 村上 卓道, The 8th International Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging,   2002年05月, The 8th International Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging
  • 大腸癌のCT・MRI診断:局所および肝転移, 村上 卓道, 第1回大腸癌治療フォーラム,   2002年05月, 第1回大腸癌治療フォーラム
  • 肝の造影MRI:超常磁性酸化鉄粒子(SPIO)を中心に, 村上 卓道, 阪神画像診断研究会,   2002年05月, 阪神画像診断研究会
  • 肝疾患のMRI診断, 村上 卓道, 造影MRシンポジウム,   2002年03月, 造影MRシンポジウム
  • 肝の造影CT・MRI, 村上 卓道, 第40回京滋奈良消化器画像医学研究会,   2002年02月, 第40回京滋奈良消化器画像医学研究会
  • 肝細胞癌の画像診断:新しい造影剤と診断機器の進歩:マルチスライス(MDCT)を用いた肝細胞癌の診断:至適撮像法と診断能, 再構成3D画像の臨床応用, 村上 卓道, 第21回日本画像医学会,   2002年02月, 第21回日本画像医学会
  • MRIの肝組織特異性造影剤, 村上 卓道, 第12回近畿MRI講演会,   2002年01月, 第12回近畿MRI講演会
  • 消化器病変のMDCT診断, 村上 卓道, 第5回阪神腹部画像治療研究会,   2002年01月, 第5回阪神腹部画像治療研究会
  • Detection of hypervascular hepatocellular carcinoma with dynamic MR imaging: Which Is best opposed-phase, in-phase, or double-phase gradient-echo MR imaging?, Sugihara E, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America.,   2001年12月, 87th Radiological Society of North America.
  • New technique of embolic coil placement for exclision of the splenic artery aneurysms., Maeda M, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年12月, 87th Radiological Society of North America
  • Newly developed software for interactive multiplanar reconstruction view: Demonstration on note PC, Yamamoto S, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Preoperative evaluation of living renal donors: Comparison of muotidetector-row helical CT angiography and 3D MR angiography, Kim T, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Effect of iodine concentration of contrast material on vascular carcinoma in patients with chronic liver disease, Kim T, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Quantitative assessment of hepatic tumor tissue blood flow with xenon-enhanced CT, 村上 卓道, Shimizu J, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Quantitative assessment of hepatic damage by measuring the hepatic tissue blood flow with xenon-enhanced CT, 村上 卓道, Hayashi S, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Double arterial phase imaging of the liver with use of multidetector-row helical CT and automatic bolus tracking technique, Kim T, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Magnetic compression anastomosis of the vascular system in experimental dog models: Feasibility study., Sugiura T, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America.,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America.
  • Supplementary value of multi-shot and single?shot fast SE imaging in ferumoxide-enhanced MR imaging for detection of malignant hepatic tumors: Observe performance study using McNemar’s test and ROC analysis for clustered data, Matsuo M, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • Breath-hold T2-weighted imaging of hepatic lesions by using fast recovery, fast spin ?echo sequence., Kim T, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America
  • A newly developed xenon CT imaging for separately measurement of the hepatic arterial and portal venous tissue blood flow: An animal study., Hayashi S, 村上 卓道, 87th Radiological Society of North America.,   2001年11月, 87th Radiological Society of North America.
  • 腹部MDCTプロトコール;よりよいダイナミックスタディー・CTアンギオのために, 村上 卓道, 第8回大阪画像診断学術講演会(ODIS),   2001年10月, 第8回大阪画像診断学術講演会(ODIS)
  • 最近の肝MRI, 村上 卓道, 第25回四国MRI研究会,   2001年10月, 第25回四国MRI研究会
  • 食道及び胃癌のらせんCT及びMRI, 村上 卓道, 43回日本消化器病学会大会,   2001年10月, 43回日本消化器病学会大会
  • 胆道疾患の診断-現況と将来:CT・MRI, 村上 卓道, 第90回大阪胆道疾患研究会,   2001年09月, 第90回大阪胆道疾患研究会
  • 腹部領域におけるMDCTの適応:Liver , 村上 卓道, 第一回国際MDCTシンポジウム,   2001年09月, 第一回国際MDCTシンポジウム
  • 肝・胆・膵の画像診断, 村上 卓道, 播淡画像診断研究会,   2001年06月, 播淡画像診断研究会
  • 肝血流遮断下経皮的マイクロ波腫瘍凝固療法, 村上 卓道, 柴田 高, 第23回日本癌局所療法研究会,   2001年06月, 第23回日本癌局所療法研究会
  • 肝の造影マルチスライスCT, 村上 卓道, 第10回放射線と造影剤シンポジウム(CMRS),   2001年05月, 第10回放射線と造影剤シンポジウム(CMRS)
  • 最新の肝のCT、MR診断, 村上 卓道, 第4回兵庫肝臓フォーラム,   2001年04月, 第4回兵庫肝臓フォーラム
  • 肝癌のMDCT・MR診断, 村上 卓道, 第4回東京肝腫瘍診断研究会,   2001年03月, 第4回東京肝腫瘍診断研究会
  • 肝細胞癌の血行動態はどこまでわかったか:キセノンCTによる肝細胞癌血流の定量的評価の試み, 村上 卓道, 第7回肝血流動態イメージ研究会,   2001年02月, 第7回肝血流動態イメージ研究会
  • 肝の造影MRI, 村上 卓道, 第20回日本画像医学会,   2001年01月, 第20回日本画像医学会

作品

  • 造影剤MRIによる、Radio Frequency(RF)治療の肝腫瘍モデルに対する治療効果判定の可能性の検討,   2003年
  • CT/MR装置による機能画像診断システムの構築とその臨床的有用性の検証,   2003年
  • CT/MR装置による腹部領域の機能画像診療ソフトウェアの臨床的有用性の研究及び開発 ,   2005年

MISC

  • 近畿大学医学部放射線医学教室放射線診断学部門主任教授 村上卓道氏インタビュー 更なる高速化と低被ばく化に長足の進歩を遂げた高性能CTは、病院のプレゼンスを高める格好の"武器"です (総特集 高性能CTが約束する病院の"発信力"), 村上 卓道, 月刊新医療, 39, 10, 28, 31,   2012年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019418259
  • 〈原著〉ダイナミックマルチスライスCTにおける多血性肝細胞癌検出に最適な造影剤量の検討, 藤谷 哲也, 熊野 正士, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 37, 3, 155, 162,   2012年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004969541
    概要:[抄録] (目的)64チャンネルマルチスライスCT(MDCT)を用いた肝臓ダイナミックスタディーにおける,肝細胞癌検出のための最適な造影剤量を前向きに検討する. (対象と方法) 対象は肝細胞癌(HCC)が既知又は疑われ,64列MDCTでダイナミックMDCTを施行した128例である.このうち36名が合計56結節の多血性HCCを罹患していた. 63名の患者に525mgヨード/kg(mgI/kg)の造影剤が用いられ(プロトコールA),62名の患者に630mgI/kgの造影剤が用いられた(プロトコールB). 造影剤の注入時間は30秒とした. 動脈相,門脈相,平衡相,各相における腹部大動脈,門脈,肝静脈,肝実質とHCCのCT値を計測した.HCCの計測値から肝実質の計測値を引いた値を腫瘍-肝実質コントラスト(TLC)と定義し,プロトコールA,Bの間で比較した. 統計的分析はMann-Whitney U testを用いた. なお,この研究は,臨床試験審査委員会の承認と患者の同意が得られている. (結果) 大動脈の動脈相,門脈相,平衡相,各相におけるCT値は,プロトコールAでそれぞれ313,153,120HU,プロトコールBでそれぞれ351,166,132HUであり,すべての相において,大動脈の造影効果はプロトコールBの方がAより有意に高かった(P<0.01). 門脈の各相におけるCT値は,プロトコールAでそれぞれ146,167,122HU,プロトコールBで163,190,136HUであり,すべての相において,門脈のCT値はプロトコールBの方がAより高かった(P=0.023,P<0.001,P<0.001).肝静脈の各相におけるCT値は,プロトコールAでそれぞれ124,112,111HU,プロトコールBで126,139,124HUであり,門脈相,平衡相ともに,肝静脈のCT値は有意にプロトコールBの方が高かった(P<0.001). 肝実質の各相におけるCT値は,プロトコールAで77,112,100HU,プロトコールBで82,121,108HUであり,肝実質の造影値は門脈相,平衡相で有意にプロトコールBの方が高かった(P<0.001). TLCの各相における値はプロトコールAで28.0,-9.8,-12.1HU,プロトコールBで37.4,-11.8,-13.6HUであり,TLCは動脈相でプロトコールBの方が有意に高かった(P=0.042). (結論)630mgI/kg量の造影剤投与の方が,525mgI/kgよりも動脈相における多血性HCCの肝臓とのコントラストをより向上させた. また,平衡相において50HU以上の十分な肝実質造影を呈した.
  • 〈原著〉高速多相性CT撮像を用いた多血性肝細胞癌の最適な撮像時間の検討, 香川 祐毅, 岡田 真広, 柳生 行伸, 熊野 正士, 石井 一成, 村上 卓道, 近畿大学医学雑誌, 36, 1, 19, 24,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003002904
    概要:[抄録] 肝細胞癌の画像診断において,肝ダイナミックCTは必須の検査である.肝ダイナミックCT検査では,一般に造影前,動脈相,門脈相,平衡相を撮像することが多く,多血性肝細胞癌の診断のためには,動脈相の早期濃染をとらえることが最も重要である.本検討で我々は,多血性肝細胞癌患者25症例43結節に対して,64列マルチスライスCTを用いた高速多相撮像(volume helical shuttle;VHS)による肝ダイナミック撮像を行い,動脈相の最適なタイミングを調べた.撮像プロトコールは,ヨード系造影剤(600mgl/kg)を注入時間一定(30秒)で静脈内投与し,bolus tracking法を利用して造影剤が肝臓レベルの腹部大動脈に到達してから6秒後より,全肝を2秒撮像で,計12相(6往復)撮像した.得られた12相の動脈相画像の大動脈,門脈,肝実質,肝細胞癌にviewer画面上で関心領域を置き,time density curve(TDC)を作成した.造影剤到達から多血性肝細胞癌と肝実質のコントラストが最も高くなるタイミング,すなわち腫瘍/肝実質コントラスト(tumor-liver contrast;TLC)が最大となる時間とその最大値を計測した.結果であるが,TLCの最大値は35.6Hounsfield unit(HU)で大動脈への造影剤到達から約21秒後に認めた.多血性肝細胞癌を診断する際には,動脈相における早期濃染を最適な条件下で撮像することが重要であり,そのタイミングとして大動脈への造影剤到達後21秒で撮像するのが肝要と考えられた.
  • 〈原著〉64列多列化CTを用いた新しい定量的心筋灌流イメージング法, 中内 祥文, 岩永 善高, 生田 新一郎, 工藤 正幸, 村上 卓道, 宮崎 俊一, 近畿大学医学雑誌, 35, 3, 167, 175,   2010年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002772456
    概要:[抄録] 目的:コンピューター断層撮影(CT)と逆積分解析法を用いた定量的な組織灌流定量的評価法が心筋灌流分析に適用できるかは不明である.今回,我々は64列多列化CTと逆積分法を用いて算出した定量的心筋灌流イメージング法の評価を行った. 方法:正常例10例と急性心筋梗塞(AMI)患者19例で組織血流量(TBF),組織血液量(TBV),平均通過時間(MTT)の3つの灌流指標を逆積分解析によって算出し,single photon emission computed tomography(SPECT)像を含む臨床指標との比較を行った. 結果:正常例における左心室心筋のTBFは,128.44±20.79ml/100g/minであり,従来の報告と近似していた.AMI患者では,梗塞領域のTBFとTBVは非梗塞領域より有意に低値であった(p<0.01).梗塞領域のMTTは,非梗塞領域より延長していた(p<0.01).TBVカラーマップにおける血流低下領域の面積は,血清クレアチンキナーゼピーク値,QRSスコア,SPECT欠損スコアと有意な正の相関を示した(p<0.05).TBFの心外膜側/心内膜側比は,側副血行路が発達した群で乏しい群に比較して有意に高値であった(p<0.01). 結論:AMI患者における心筋灌流異常を,当方法を用いて初めて定量的に検出できた.当方法はAMIの臨床評価に有用であることが示唆された.
  • 〈原著〉三次元CT画像を用いた冠動脈の起始異常および開口部起始位置の解剖学的調査, 工藤 正幸, 村上 卓道, 中内 祥文, 宮崎 俊一, 重吉 康史, 近畿大学医学雑誌, 35, 3, 177, 184,   2010年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002772457
    概要:[抄録]近年,冠動脈病変の評価において,マルチスライスCT(MDCT)による心電図同期再構成法を用いた冠動脈の血管撮影の有用性が確立されてきている.冠動脈の走行状態や起始分岐異常分類に関する研究は多いが,起始位置の幾何学的な形態調査研究は少ない.本研究はMDCTによって得られた三次元画像を用い,邦人の冠動脈起始異常の発現率およびその分岐形態の幾何学的情報についての解剖学的調査研究である.分岐異常を有した症例は1,053例中,高位起始症例が0例,左前下行枝と左回旋枝が分離して起始する症例が8例(0.755%),右冠動脈が左冠尖から分岐する症例が6例(0.570%)の合計14例(1.330%)認められた.正常分岐症例の評価における冠動脈の分岐角度は,左冠動脈に比べ右冠動脈が有意に鈍角で,左右冠動脈間の分離角度は139.9°±17.3離れて分岐しており,男女間では有意差は無かった.Valsalva洞底部から冠動脈起始部までの距離は,左冠動脈(10.84±2.80mm)に比べ右冠動脈(11.94±3.05mm)の方が有意に高い位置で分岐し,男女間では左右冠動脈とも男性の方が高い位置で分岐していた.三次元画像による冠動脈の起始位置の形態評価で,冠動脈の起始の形態は個人差が大きいことが判明し,本邦におけるデータベースを構築できた.これは今後,冠動脈形成術施行時の術前評価や解剖教育などに貢献できる.
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIの臨床的インパクト, 岡田 真広, 今井 康陽, 村上 卓道, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 30, 3, 100, 109,   2010年08月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027851631
  • 消化器疾患画像診断の進歩 : マルチモダリティーによる Abdominal Imaging, 村上 卓道, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 107, 5, 693, 702,   2010年05月05日, 10.11405/nisshoshi.107.693, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026417270
    概要:近年,超音波(US)検査では造影剤を用いた肝腫瘍の検査法が進歩した.マルチスライスCT(MDCT)では空間・時間分解能が向上し,3次元画像に動態情報(時間軸)が加わった4次元画像が登場してきている.MRIは,Gd-EOB-DTPAなどの肝組織特異性造影剤が臨床応用され,肝腫瘍の診断能が向上した.PET-CT検査は,全身CTでとらえた病変の代謝情報から悪性度を評価でき,手術適応の決定や治療効果判定に利用されている.血管造影では,cone-beam CT装置による3次元血管造影が精度の高いIVR治療に貢献している.それぞれの検査法の特徴をよく理解した上で,最適な検査法をうまく組み合わせた総合画像診断(マルチモダリティー)を行うことが重要である.
  • 13 ガドキセト酸ナトリウムを用いた肝ダイナミック撮像におけるタイミングの検討(MR検査 肝臓-Gd-EOB-DTPA,第36回日本放射線技術学会秋季学術大会), 小松 みゆき, 中塚 隆之, 西松 和彦, 上田 傑, 澄田 貢, 香川 祐毅, 村上 卓道, 日本放射線技術學會雜誌, 64, 9,   2008年09月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007069199
  • 93) 造影後期MRIとFDG-PETで早期診断と治療効果判定を評価した心サルコイドーシスの1例(第104回日本循環器学会近畿地方会), 武輪 光彦, 谷口 貢, 岩永 善高, 石瀬 卓郎, 小林 直也, 平野 豊, 宮崎 俊一, 筑後 孝章, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 細野 眞, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 72, 0,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006914680
  • 肝細胞癌の画像診断とIVRによる治療:CTの役割と最新動向., 村上 卓道, Clinician Clinician, 55, 180, 188,   2008年02月
  • MRガイド下集束超音波療法:FUSの理論と実際, 三上恒治, 村上 卓道, 臨床婦人科産科, 62, 48, 51,   2008年01月
  • 肝癌診療の最近の進歩と問題点:CT・MRI診断., 岡田 真広, 村上 卓道, 外科治療, 98, 133, 146,   2008年
  • 腹部の最新MDCT診断., 村上 卓道, 伊丹市医師会誌, 154, 2, 6,   2008年
  • 内分泌臓器の画像診断:膵・副腎・卵巣, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 岡田 真広, 村上 卓道, 総合臨床, 57, 427, 432,   2008年
  • 最新腹部MDCT診断, 村上 卓道, 葉 輝明, 柳生 行伸, 近畿大学医学会雑誌, 33, 3, 7,   2008年
  • 子宮頸癌 MR撮影と読影の基本, 今岡 いずみ, 安藤理奈, 村上 卓道, 画像診断, 28, 7, 613, 621,   2008年
  • 造影CTにおける至適造影剤投与方法を探る 投与量からみた造影剤の使い分け, 熊野 正士, 桑原 雅知, 村上 卓道, 映像情報Medical, 40, 8, 686, 689,   2008年
  • 骨関節画像診断の最前線 新しい撮影法,撮影装置と画像処理 全身MRI, 中西克之, 村上 卓道, , 臨床画像, 24, 11, 1352, 1360,   2008年
  • Perfusion CT., 村上 卓道, Clinician, 55, 1199, 1206,   2008年
  • 救急単純X線診断:胸腹部急性疾患を中心に:肺炎の単純X線所見, 小塚健倫, 村上 卓道, 救急医学, 32, 1763, 1768,   2008年
  • 集束超音波治療のための非侵襲・自己参照型磁気共鳴測温における目標点追尾, 黒田 輝, 国領 大介, 熊本 悦子, ロハス ジョナタン, 岡田 篤哉, 村上 卓道, 日本ハイパーサーミア学会誌 = Japanese journal of hyperthermic oncology, 23, 4, 181, 193,   2007年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029677237
  • 4.Shuttle helical scanによる腹部造影検査 : DSAとの比較(一般演題抄録,第62回近畿大学医学会学術講演会), 香川 祐毅, 柳生 行伸, 村上 卓道, 下野 太郎, 桑原 雅知, 任 誠雲, 坪山 尚寛, 荒木 哲朗, 松久保 祐子, 安藤 理奈, 葉 輝明, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 足利 竜一郎, 米矢 吉宏, 土屋 典生, 岡田 真広, 細野 眞, 近畿大学医学雑誌, 32, 3,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025584
  • 肝細胞癌治療としてのIVR:外科医 が知っておくべきIVRのすべて:肝胆膵領域におけるIVRの適応と限界, 村上 卓道, 柳生行伸, 熊野 正士, 外科治療, 97, 34, 43,   2007年07月
  • 放射線科医に必要な妊娠,胎児,新生児の画像診断:放射線診断から不妊医療へのアプローチ, 今岡 いずみ, 任誠雲, 村上 卓道, 画像診断, 27, 7, 792, 801,   2007年07月
  • 子宮頸癌の治療:現状と展望:子宮頸癌診療における画像診断の意義, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 臨婦産, 61, 801, 805,   2007年06月
  • 64列MDCTの検査と診断Ⅱ 脳神経領域, 足利 竜一朗, 柳生行伸, 村上 卓道, Innervison Innervison, 22, 5, 106, 109,   2007年05月
  • MRIの進歩・普及がCTとの関係に与える変化とは , 村上 卓道, 新医療, 34, 48, 51,   2007年05月
  • 腹部MRI画像診断の最近の話題, 熊野 正士, 村上 卓道, 金東石, Medico Medico, 38, 133, 135,   2007年04月
  • 64列MDCTの検査と診断 Ⅱ 脳神経領域, 足利 竜一朗, 栁生 行伸, 桑原 雅知, 坪山 尚寛, 任 誠雲, 下野 太郎, 小塚 健倫, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 村上 卓道, 米矢 吉宏, 岡田 真広, 土屋 典生, 細野 眞, 山田 浩司, 黒川 敏昭, 霜村 康平, GEメディカルシステム(株), INNERVISION, 22, 5, 106, 109,   2007年
    概要:64列MDCTの臨床画像を供覧し、その実際について述べた。
  • 肝癌の描出と肝機能評価 最新のMDCTとMRI, 村上 卓道, 熊野 正士, 岡田 真広, 柳生 行伸, 下野 太郎, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 臨床放射線, 52, 8, 996, 1005,   2007年
  • びまん性肝疾患におけるCT/MRIの役割肝胆膵, 村上 卓道, 岡田 真広, 熊野 正士, 今岡 いずみ, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 肝胆膵における画像診断の新展開, 55, 4, 607, 617,   2007年
  • 肝悪性腫瘍における画像診断の進歩, 熊野 正士, 岡田 真広, 村上 卓道, 癌と化学療法,   2007年
  • 慢性膵炎:治療:予後改善からみた適応と限界:膵炎後仮性動脈瘤に対する血管内治療, 栁生 行伸, 村上 卓道, 肝胆膵, 53, 567, 571,   2006年12月
  • 胸部領域:胸部領域の造影CTにおけるMPR技術と3D再構成技術の臨床的有用性, 村上 卓道, 小塚 健倫, Innervison Innervison, 21, 11, 58, 62,   2006年11月
  • 上腹部消化器系のCT・MRIお勧め撮像法, 村上 卓道, 臨床画像,   2006年10月
  • Step up MRI 2006 - クリニカル3T MRIの幕開け 領域別3T MRIの臨床的有用性 - 骨盤部における有用性., 堀雅敏, 村上 卓道, Innervision Innervision, 21, 15, 18,   2006年09月
  • 64列MDCTによる肝臓のダイナミックCT撮像法の最適化, 村上 卓道, 映像情報, 38, 749, 755,   2006年08月
  • 胸部領域:PET/CTの有用性, 岡田 真広, 村上 卓道, Innervison Innervison, 21, 55, 59,   2006年08月
  • Perfusion CTでみた肝区域 , 橋本和彦, 村上 卓道, 消化器画像, 8, 313, 320,   2006年05月
  • 肝疾患の画像診断:最近の進歩と将来展望  2.Multidetector‐row CT(MDCT), 村上 卓道, 大西 裕満, 金 東石, 掘 雅敏, 中村 仁信, 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA, 47, 4, 181, 186,   2006年04月25日, 10.2957/kanzo.47.181, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018201045
  • 肝疾患の画像診断:最近の進歩と将来展望:Multidetector-row CT(MDCT), 村上 卓道, 大西裕満, 肝臓, 47, 181, 186,   2006年04月
  • 腫瘍外来の検査:MRI, 大西裕満, 村上 卓道, 臨床婦人科産科, 60, 383, 387,   2006年04月
  • ちょっとハイレベルの日常遭遇する婦人科疾患:腹膜病変:嚢胞性中皮腫, 津田恭, 村上 卓道, 画像診断, 26, 192, 193,   2006年02月
  • Perfusion CTによる肝腫瘍の血流動態診断 , 橋本和彦, 村上 卓道, Radiology Frontier Radiology Frontier, 9, 47, 52,   2006年01月
  • Principle and techniques of transcatheter embotherapy for peripheral vascular lesions, 大須賀 慶悟, 村上 卓道, 坪山 尚寛, 桑原 雅知, Radiat Med, 24, 309, 314,   2006年
  • 症例5 婦人科, 任誠雲, 今岡 いずみ, 村上 卓道, クリニカルプラクティス Clinical Practice, 25, 45, 50,   2006年
  • 女性生殖器の画像診断 卵巣腫瘍, 今岡 いずみ, 清水利栄, 任誠雲, 坪山 尚寛, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 村上 卓道, 日獨医報, 51, 418, 427,   2006年
  • 集束超音波治療, 村上 卓道, 岡田篤哉, 4, 96, 99,   2006年
  • MR image-guided focused ultrasound surgery., Mikami K, 村上 卓道, Jpn J Hyperthermic Oncol, 21, 129, 137,   2005年
  • 肝細胞癌(HCC):TAEの現況:阪大病院におけるTAEの現況, 大須賀慶悟, 村上 卓道, IVR会誌, 20, 52, 53,   2005年
  • 肝良性腫瘍および腫瘍類似病変の画像診断:肝血管筋脂肪腫, 金 東石, 村上 卓道, 画像診断, 25, 291, 296,   2005年
  • 炎症性肝腫瘤:診断・病理と治療選択:偶然発見された原因不明の肝の肉芽腫, 金 東石, 村上 卓道, 消化器画像, 7, 264, 266,   2005年
  • 集束超音波療法, 村上 卓道, 綜合臨床, 54, 1088,   2005年
  • 集束超音波治療装置ExAblate2000を用いた子宮筋腫の治療, 三上恒治, 村上 卓道, Medical Science Digest Medical Science Digest, 31, 223, 226,   2005年
  • 集束超音波治療, 村上 卓道, 岡田篤哉, Cancer Frontier Cancer Frontier, 7, 158, 165,   2005年
  • 64列ボリュームCT:LightSpeed VCT臨床使用経験, 村上 卓道, 金 東石, Innervision Innervision, 20, 115, 118,   2005年
  • 1.5テスラMRI撮影装置Signa Excite HDの初期使用経験:上腹部造影ダイナミック用高速撮像シーケンスLAVAを中心に, 大西裕満, 村上 卓道, Rad Fan Rad Fan, 3, 54, 56,   2005年
  • 肝臓のMDCT:最適撮像法とその有用性, 村上 卓道, Rad Fan Rad Fan, 12, 9, 13,   2005年
  • Signa Excite HD 1.5TによるLAVA sequenceを用いた腹部MR診断:Routine clinical MRI, 金 東石, 村上 卓道, 映像情報Medical, 2006年, 62, 67,   2005年
  • 大腸癌診療における画像診断の進歩 : MDCT, MRI, PET, 村上 卓道, 安富 正幸, 日本大腸肛門病学会雑誌, 57, 9,   2004年09月01日, 10.3862/jcoloproctology.57.487, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013602317
  • 子宮筋腫に対するMR下集束超音波治療 (MR guided focused ultrasound therapy), 村上 卓道, 岡田篤哉, 映像情報, 35, 70, 75,   2004年
  • 腹空鏡下手術における3D CTによるリアルタイムナビゲーションサージェリー, 瀧口修司, 村上 卓道, 外科治療, 90, 1, 21, 27,   2004年
  •  PET画像診断での3D、フュージョンイメージング, 堀 雅敏, 村上 卓道, 新医療, 31, 3, 88, 90,   2004年
  • マルチスライスCT血管造影, 村上 卓道, Clinician Clinician, 51, 329, 335,   2004年
  • 肝・胆・膵腫瘍の診断:マルチスライスCTを中心に , 金 東石, 村上 卓道, 日磁医誌, 24, 16, 23,   2004年
  • TAEと動注化学療法 , 中村仁信, 村上 卓道, Medico, 35, 136, 138,   2004年
  • 転移性肝腫瘍患者におけるフェルカルボトラン造影MRIの使用経験:マルチスライスCTとの比較, 村上 卓道, 堀 雅敏, 日獨医報, 49, 23, 31,   2004年
  • 大腸画像診断の進歩:その他の画像診断:MDCT,MRI,PET,SPIOなど, 村上 卓道, 堀 雅敏, 外科治療, 91, 12, 20,   2004年
  • 肝細胞癌診断におけるDynamic Multidetector CTの撮像法, 村上 卓道, 金 東石, 映像情報Medical, 36, 786, 372,   2004年
  • CT Scan and MRI in the Differentiation of Liver Tumors, Hori M, 村上 卓道, Dig Dis, 22, 39, 55,   2004年
  • Imaging Human Hepatocarcinogenesis: Multidetector row CT and MR imaging in diagnosing Hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, Intervirology, 47, 209, 226,   2004年
  • Real Time Navigation Surgery Using 3D CT in Laparoscopic Gastric Surgery., Takiguchi S, 村上 卓道, Ninth World Congress of Endoscopic Surgery, 69, 76,   2004年
  • MRガイド下集束超音波治療, 村上 卓道, 三上恒治, Medical Science Digest Medical Science Digest, 30, 368, 372,   2004年
  • 肝癌の局所治療:集束超音波療法, 三上恒治, 村上 卓道, 消化器内視鏡, 16, 625, 630,   2004年
  • CTパーフュージョン, 橋本和彦, 村上 卓道, 臨床画像, 20, 1058, 1064,   2004年
  • Step up MRI 2004:領域別MRIの位置づけ:肝臓, 中田早紀, 村上 卓道, Innervision Innervision, 19, 11, 14,   2004年
  • MDCT of the abdomen: 腹部領域におけるMDCTの臨床応用, 村上 卓道, Innervision Innervision, 19, 114, 115,   2004年
  • MRガイド下Focused Ultrasound治療, 村上 卓道, 三上恒治, 映像情報Medical, 36, 1104, 1109,   2004年
  • 新しい子宮筋腫治療とその問題点:子宮筋腫のMR guided Focused Ultrasound治療, 村上 卓道, 三上恒治, 産婦人科の世界, 56, 959, 966,   2004年
  • びまん性肝疾患とその病態診断:肝硬変を含む, 大西裕満, 村上 卓道, 臨床放射線, 49, 1393, 1401,   2004年
  • 肝細胞癌治療の進歩:動注, 大須賀慶悟, 村上 卓道, 癌と化学療法, 31, 2114, 2117,   2004年
  • 肝の絨毛性前腸嚢胞:Ciliated foregut cyst of the liver, 村上 卓道, 中村 仁信, Clinician Clinician, 51, 213, 217,   2003年
  • 肝 マルチスライスCTによる肝疾患の診断, 堀 雅敏, 村上 卓道, Innervision Innervision, 18, 3, 68, 72,   2003年
  • 上腹部・骨盤部領域のマルチスライスCT:上腹部領域での応用, 金 東石, 村上 卓道, 日獨医報, 48, 200, 208,   2003年
  • 腹部のマルチスライスCT(上腹部を中心に), 金 東石, 村上 卓道, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 369, 377,   2003年
  • 肝胆膵のCT angiography, 村上 卓道, 金 東石, 外科治療, 89, 499, 506,   2003年
  • 三次元画像データによる肝臓の体積測定, 堀 雅俊, 村上 卓道, 消化器画像, 5, 816, 823,   2003年
  • 超音波凝固療法:肝細胞癌に対する経皮的MCT, 石田 毅, 村上 卓道, Radiology Frontier Radiology Frontier, 6, 265, 268,   2003年
  • 映像による治療支援のあるべき姿, 中村仁信, 村上 卓道, 映像情報, 34, 434, 437,   2002年
  • 異なる時相間におけるCT腹部肝臓領域の非剛体レジストレーションの検討, 桝本 潤, 村上 卓道, 信学技報, 89, 59, 64,   2002年
  • マルチディテクターCT:撮像, 再構成そして読影:肝臓領域, 金 東石, 村上 卓道, 臨床画像, 18, 534, 542,   2002年
  • 産婦人科領域におけるMRIの有用性, 堀 雅俊, 村上 卓道, 臨床婦人科学, 56, 612, 615,   2002年
  • 腹部領域におけるマルチスライスCT診断 , 村上 卓道, 金 東石, 映像情報Medical, 34, 117, 124,   2002年
  • 腹部領域:肝の造影MRI, 村上 卓道, Innervision Innervision, 17, 20, 25,   2002年
  • MRIの肝組織特異性造影剤, 村上 卓道, Radiology Frontier Radiology Frontier, 5, 271, 274,   2002年
  • 肝・胆・膵の画像診断, 金 東石, 村上 卓道, 総合臨床, 51, 1443, 1447,   2002年
  • 治療に役立つ腹部Multidetector-row helical CT (MDCT)三次元画像, 村上 卓道, 堀 雅敏, Innervision Innervision, 17, 12, 44, 45,   2002年
  • 肝造影CT検査におけるイオパミドールの臨床評価 ?体重比用量群と固定用量群との多施設比較試験-, 山本和宏, 村上 卓道, 日獨医報, 47, 549, 568,   2002年
  • Hepatocellular carcinoma: Multidetector row helical CT, 村上 卓道, Abdom Imaging, 27, 139, 146,   2002年
  • Diagnosis of hepatic neoplasms using CT arterial portography and CT hepatic arteriography., Hori M, 村上 卓道, Techniques in Vascular and Interventional Radiology, 5, 164, 169,   2002年
  • 限局性結節性過形成, 金 東石, 村上 卓道, 消化器画像, 3, 17, 20,   2001年
  • マルチスライスCTの臨床応用:肝臓疾患への応用, 村上 卓道, 金 東石, 臨床画像, 17, 306, 313,   2001年
  • エキスパートによるRSNA最新リポート 1. MRIの最新技術と臨床応用の動向:腹部を中心に, 堀 雅敏, 村上 卓道, Innervision Innervision, 16, 3, 11, 12,   2001年
  • マルチスライスCTとの比較におけるMRIの有用性:肝臓, 野口由美, 村上 卓道, Innervision Innervision, 16, 9, 28, 31,   2001年
  • 腹部造影MDCTの再新動向, 村上 卓道, 中村仁信, 新医療, 322, 102, 105,   2001年
  • 三次元画像診断, CT. 腹部:肝, 胆, 膵, 脾, 門脈, 金 東石, 村上 卓道, 総合臨床, 50, 11, 3096, 3012,   2001年
  • 肝臓の立体データ, 堀 雅敏, 村上 卓道, Medical Technology Medical Technology, 29, 12, 1272, 1274,   2001年
  • CT体積データからの肝臓領域抽出ソフト: Liver CT Analyzer, 堀 雅敏, 村上 卓道, Innervision Innervision, 16, 12, 62, 64,   2001年
  • 肝のMRI(撮像法と造影剤), 村上 卓道, 日磁医誌, 21, 251, 2634,   2001年
  • 新しい塞栓物質SAP-microsphere, 大須賀慶悟, 村上 卓道, 日本臨床, 59, 534, 538,   2001年
  • 肝脾の造影CTでの造影剤注入法, 村上 卓道, 日本医事新報, 4060, 114, 115,   2001年
  • Imaging evaluation of the cirrhotic liver., 村上 卓道, Semin Liver Dis, 21, 213, 224,   2001年
  • Double arterial phase multi-detector row helical CT in diagnosis of hepatocellular carcinoma., 村上 卓道, Medical Imaging International, 11, 14, 16,   2001年
  • 肝特異性MRI用造影剤SH U 555 Aの肝腫瘍性疾患における有効性の検討 : 造影CTとの比較を中心に, 村上 卓道, 中村 仁信, 米虫 節夫, 廣橋 伸治, 尾野 亘, 打田 日出夫, 池田 耕士, 村田 貴史, 黒川 弘晶, 田中 敬正, 藤井 広一, 石田 修, 冨永 了, 中尾 宣夫, 吉川 明輝, 前田 ひろ子, 佐藤 守男, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 19, 2, 113, 131,   1999年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013369926

特許

  • 医療用画像の領域抽出方法, 特許第3486615号

受賞

  •   1991年, 北米放射線学会(Certificate of Merit of RSNA)
  •   1991年, 北米放射線学会(Certificate of Merit of RSNA)
  •   1996年, 腹部CT.MR2学会大賞(Maguma Can Load of SBCT)
  •   1997年, 北米放射線学会(Certificate of Merit of RSNA)
  •   2004年, 御園生賞

競争的資金

  • 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 非侵襲的組織成分診断の為のVirtual CT生検技術の確立, 村上卓道
  • その他の研究制度, 腹部放射線診断学
  • その他の研究制度, 腹部放射線診断支援治療