KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川畑 由美子カワバタ ユミコ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門糖尿病、内分泌代謝
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/640-kawabata-yumiko.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/80423185.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    膵β細胞が破壊されることにより発症する1型糖尿病の成因、特に遺伝因子について研究しています。また、臨床面では専門領域疾患の診療のテーラーメイド化を目指した研究を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2010年,  - 2011年, 近畿大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 代謝学

研究キーワード

  • 1型糖尿病, 緩徐進行1型糖尿病, ゲノム, insulin, NODマウス, 自己免疫, type 1 diabetes, 遺伝子, genetics, 劇症1型糖尿病, モデル動物, HLA, 遣伝子

論文

  • Common phenotype and different non-HLA genes in Graves' disease and alopecia areata, Taketomo Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Kanto K, Niwano F, Oiso N, Kawada A, Kawabata Y, Ikegami H, Human Immunology, 78, 2, 185, 189,   2017年02月, 査読有り
  • Risk factors for sudden death and cardiac arrest at the onset of fulminant type 1 diabetes mellitus, Yamaguchi M, Imagawa A, Iwahashi H, Shimomura I, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T, Diabetology International, 7, 3, 281, 288,   2016年09月, 査読有り
  • 研究報告「尾側膵切除後の膵内分泌機能の評価」, 松本逸平、亀井敬子、松本正孝、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、廣峰義久、庭野史丸、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 胆膵の病態生理, 32, 1, 39, 42,   2016年06月
  • Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan, Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T, Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research, PLoS ONE, 11, 5, 1, 12,   2016年05月
  • Low programmed cell death-1(PD-1) expression in peripheral CD4+ T cells in Japanese patients with autoimmune type 1 diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, Clinical and Experimental Immunology, 180, 3, 452, 457,   2015年06月, 査読有り
  • Organ Specificity in Autoimmune Diseases:Thyroid and Islet Autoimmunity in Alopecia Areata, Noso S, Park C, Babaya N, Hiromine Y, Harada T, Ito H, Taketomo Y, Kanto K, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Kawabata Y, Ikegami H, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 100, 5, 1976, 1983,   2015年05月, 査読有り
  • Diagnostic criteria of acute-onset type 1 diabetes mellitus(2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus, Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T, Journal of Diabetes Investigation, 5, 1, 115, 118,   2015年01月, 査読有り
  • Diagnostic criteria for slowly progressive insulin-dependent (type 1) diabetes mellitus (SPIDDM) (2012): report by the Committee on Slowly Progressive Insulin-Dependent (Type 1) Diabetes Mellitus of the Japan Diabetes Society, Tanaka S, Ohmori M, Awata T, Shimada A, Murao S, Maruyama T, Kamoi K, Kawasaki E, Nakanishi K, Nagata M, Fujii S, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Okubo M, Osawa H, Kajio H, Kawaguchi A, Kawabata Y, Satoh J, Shimizu I, Takahashi K, Makino H, Iwahashi H, Miura J, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T, Committee on Type 1 Diabetes, Diabetology International, 6, 1, 1, 7,   2015年01月, 査読有り
  • 女性糖尿病医をpromoteする委員会報告−女性糖尿病医を支援するための提言−, 田嶼尚子、安孫子亜津子、川浪大治、川畑由美子、成瀬桂子、南昌江、山本弥生、脇裕典、植木浩二郎, 糖尿病, 57, 10, 805, 811,   2014年10月
  • Association Study of MAFA and MAFB, Genes Related to Organ-Specific Autoimmunity, with Susceptibility to Type 1 Diabetes in Japanese and Caucasian Populations, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Kawasaki E, Awata T, Maruyama T, Sunanda B, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Eisenbarth GS, Ikegami H, Journal of Genetic Syndromes & Gene Therapy, 4, 11, 1, 6,   2013年12月21日, 査読有り
  • Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012): Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus, Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Hanafusa T, Diabetology International, 4, 4, 221, 225,   2013年12月, 査読有り
  • 円形脱毛症に併存する甲状腺および膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 38, 3,4, 107, 114,   2013年12月
  • 糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討-血糖自己測定(SMBG)を用いた評価-, 弘世貴久、渡邉隆宏、綿田裕孝、安孫子亜津子、羽田勝計、武部典子、佐藤譲、山口賢、石原寿光、前田朝美、江藤一弘、太田明雄、田中逸、武田貞二、駒津光久、卯木智、前川聡、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、寺前純吾、花房俊昭、富永貴元、井上康、谷澤幸生、松本俊夫、黒田暁生、松久宗英、野見山崇、柳瀬敏彦、小林邦久、近藤龍也、荒木栄一、石井規夫、井形元維、久木留大介、本島寛之、河盛隆造, Therapeutic Research, 34, 12, 1503, 1511,   2013年12月
  • A low-frequency GLIS3 variant associated with resistance to Japanese type 1 diabetes, Awata T, Yamashita H, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Miyashita Y, Katayama S, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Takahashi K, Kawabata Y, Kobayashi T, Nishida N, Mawatari Y, Biochemical and Biophysical Research Communications, 437, 4, 521, 525,   2013年08月
  • 急性発症1型糖尿病の診断基準(2012)の策定―1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告―, 川﨑英二、丸山太郎、今川彰久、粟田卓也、池上博司、内潟安子、大澤春彦、川畑由美子、小林哲郎、島田朗、清水一紀、高橋和眞、永田正男、牧野英一、花房俊昭, 糖尿病, 56, 8, 584, 589,   2013年08月
  • 緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の診断基準(2012)―1型糖尿病調査研究委員会(緩徐進行1型糖尿病分科会)報告―, 田中 昌一郎, 大森 正幸, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川﨑 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 岩橋 博見, 三浦 順之助, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎, 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 糖尿病, 56, 8, 590, 597,   2013年08月
  • 自己免疫性甲状腺疾患に対する主要組織適合遺伝子複合体の関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 板家 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 38, 1,2, 55, 61,   2013年06月
  • 家系内に自己免疫性甲状腺疾患が多発し、多腺性自己免疫症候群Ⅲ-A型に骨髄異形成症候群を合併した1例, 日高周次、川畑由美子、中山俊之、加島尋、光冨公彦、石田健朗、藤富豊、野口仁志、福永淳治、池上博司、吉松博信, 糖尿病, 56, 1, 15, 23,   2013年01月
  • Report of the Committee of the Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus: New Diagnostic Criteria of Fulminant Type 1 Diabetes Mellitus(2012), Imagawa A, Hanafusa T, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Maruyama T, Journal of Diabetes Investigation, 3, 6, 536, 539,   2012年12月
  • Prolonged hyperinsulinemia after subcutaneous injection of 2400 U regular insulin in a suicide attempt: Time course of serum insulin with frequent measurements, Hiromine Y, Kawabata Y, Yamauchi T, Noso S, Babaya N, Harada T, Ito H, Ikegami H, Journal of Diabetes Investigation, 3, 5, 468, 470,   2012年10月
  • 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準(2012), 今川 彰久, 花房 俊昭, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 島田 朗, 清水 一紀, 高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 糖尿病, 糖尿病, 55, 10, 815, 820,   2012年10月
  • 1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告 : 2型糖尿病経過中に劇症1型糖尿病様の発症様式を呈した症例の臨床的特性, 平田 匠, 島田 朗, 今川 彰久, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 清水 一紀, 高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 花房 俊昭, 糖尿病, 糖尿病, 55, 7, 505, 511,   2012年07月
  • Genetics and Pathogenesis of Type 1 Diabetes: Prospects for Prevention and Intervention, Ikegami H, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Journal of Diabetes Investigation, 2, 6, 415, 420,   2011年12月
  • Analysis of the HLA and Non-HLA Susceptibility Loci in Japanese Type 1 Diabetes, Yamashita H, Awata T, Kawasaki E, Ikegami H, Tanaka S, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Takahashi K, Kobayashi T, Kawabata Y, Miyashita Y, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Katayama S, on behalf of The Japanese Study Group of Type 1 Diabetes Genetics, Diabetes Metabolism Research and Reviews, 27, 8, 844, 848,   2011年11月
  • Clinical and Genetic Characteristics of Patients with Autoimmune Thyroid Disease with Anti-islet Autoimmunity, Moriguchi M, Noso S, Kawabata Y, Yamauchi T, Harada T, Komaki K, Babaya N, Hiromine Y, Ito H, Yamagata S, Murata K, Higashimoto T, Park C, Yamamoto A, Ohno Y, Ikegami H, Metabolism, 60, 6, 761, 766,   2011年06月
  • Efficacy and safety of metformin for treatment of type 2 diabetes in elderly Japanese patients, Ito H, Ohno Y, Yamauchi T, Kawabata Y, Ikegami H, Geriantrics & Gerontology International, 11, 1, 55, 62,   2011年01月
  • 緩徐進行1型糖尿病 (slowly progressive insulin-dependent diabetes mellitus :SPIDDM) の臨床的特徴 : 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会緩徐進行1型糖尿病分科会報告(第一報), 田中 昌一郎, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川崎 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 三浦 順之助, 花房 俊昭, 小林 哲郎, 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 糖尿病, 糖尿病, 54, 1, 65, 75,   2011年01月
  • Insulin Transactivator MafA Regulates Intrathymic Expression of Insulin and Affects Susceptibility to Type 1 Diabetes, Noso S, Kataoka K, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Yamaji K, Fujisawa T, Aramata S, Kudo T, Takahashi S, Ikegami H, Diabetes, 59, 10, 2579, 2587,   2010年10月
  • 著明な低Na血症を呈し低血糖を伴った下垂体性副腎皮質機能低下症の1例, 武友 保憲, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 錦野 真理子, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌 Medical Journal of Kinki University, 35, 2, 135, 137,   2010年06月
  • Differential association of HLA with three subtypes of type 1 diabetes:fulminant,slowly-progressive and acute-onset type 1 diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Awata T, Imagawa A, Maruyama T, Kawasaki E, Tanaka S, Shimada A, Osawa H, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Makino H: on behalf of the Committee on Type 1 Diabetes, Japan Diabetes Society, Diabetologia, 52, 12, 2513, 2521,   2009年12月
  • 自己免疫性甲状腺疾患患者における膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究, 守口 将典, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌 Medical Journal of Kinki University, 34, 4, 223, 228,   2009年12月
  • 高齢者糖尿病の1症例, 小竹康仁、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、池上博司, 近畿大学医学雑誌, 34, 3, 211, 213,   2009年09月
  • The Onset of Diabetes in Three out of Four Sisters: A Japanese Family with Type 1 Diabetes. A Case Report, Kishi A, Kawabata Y, Ugi S, Iwai T, Tanaka Y, Yoshizaki T, Uzu T, Nishio Y, Ikegami H, Kashiwagi A, Maegawa H, Endocrine Journal, 56, 6, 767, 772,   2009年09月
  • Genetic association between the interleukin-2 receptor-α gene and mode of onset of type 1 diabetes in the Japanese population, Kawasaki E, Awata T, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Uga M, Kurihara S, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Eguchi K, Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 94, 3, 947, 952,   2009年03月
  • Association of Type 1 Diabetes with Two Loci on 12q13 and 16p13 and the influence coexisting Thyroid Autoimmunity in Japanese, Awata T, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Kobayashi T, Iizuka H, Uga M, Kawabata Y, Kanazawa Y, Kurihara S, Osaki M, Katayama S, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 94, 1, 231, 235,   2009年01月
  • Molecular Scanning of the Gene for Thioredoxin, an Antioxidative andAntiapoptotic Protein, and Genetic Susceptibility to Type 1 Diabetes, Ikegami H, Ono M, Fujisawa T, Hiromine Y, Kawabata Y, Yamato E, Immunology of Diabetes V From Bench to Bedside / Annals of the New York Academy of Sciences, 1150, 103, 105,   2008年12月
  • Congenic Mapping of the MHC-Linked Susceptibility to Type 1 Diabetes in the NOD Mouse: At Least Two Genes Contribute to the Idd16 Effect, Hiromine Y, Fujisawa T, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Ikegami H, Immunology of Diabetes V From Bench to Bedside / Annals of the New York Academy of Sciences, 1150, 90, 92,   2008年12月
  • Genetic Basis of Type 1 Diabetes:Similarities and Differences between East and West, Ikegami H, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Kawabata Y, The Review of Diabetic Studies, 5, 2, 64, 72,   2008年08月
  • Evidence for association between vitamin D receptor BsmI polymorphism and type 1 diabetes in Japanese, Shimada A, Kanazawa Y, Motohashi Y, Yamada S, Maruyama T, Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Nakanishi K, Kawabata Y, Kurihara S, Uga M, Tanaka S, the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Autoimmunity, 30, 4, 207, 211,   2008年06月
  • Genetics of type 1 diabetes in Asian and Caucasian populations, Ikegami H, Kawabata Y, Noso S, Fujisawa T, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 77, 3(Suppl), S116, S121,   2007年09月
  • Present state of diabetes management in the elderly, Japan, Fujisawa T, Ikegami H, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Shindo N, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 77, 3(Suppl), S82, S86,   2007年09月
  • インスリン遺伝子コピー数と耐糖能:インスリン遺伝子KOマウスを用いた検討, 馬場谷成、中山真紀、川畑由美子、George Eisenbarth、池上博司, Diabetes Frontier, 18, 4, 431,   2007年08月
  • Renoprotective effect of N-type Ca channel blockade in diabetic nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Noso S, Hiromine Y, Kawabata Y, Nishino M, Asano K, Ogihara T, Journal of Diabetes and Its Complications, 21, 4, 252, 257,   2007年07月
  • Trinucleotide repeats of programmed cell death-1 gene are associated with susceptibility to type 1 diabetes mellitus, Hiromine Y, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Asano K, Fukai A, Ogihara T, Metabolism, 56, 7, 905, 909,   2007年07月, 査読有り
  • Association of Small Ubiquitin-Like Modifier 4(SUMO4)Variant,Located in IDDM5 Locus,with Type 2 Diabetes in the Japanese Population, Noso S, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Ogihara T, Ikegami H, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 92, 6, 2358, 2362,   2007年06月
  • Molecular scanning of Interleukin-21 Gene and Genetic Susceptibility to Type 1 diabetes, Asano K, Ikegami H, Fujisawa T, Nishino M, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Fukai A, Ogihara T, Humam Immunology, 68, 5, 384, 391,   2007年05月
  • Insulin Gene/IDDM2 Locus in Japanese Type 1 Diabetes:Contribution of Class I Alleles and Influence of Class I Subdivision in Susceptibility to Type 1 Diabetes, Awata T, Kawasaki E, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Iizuka H, Kurihara S, Osaki M, Uga M, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Katayama S, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 92, 5, 1791, 1795,   2007年05月
  • Prevention and Treatment of Obesity,Insulin Resistance,and Diabetes by Bile Acid-Binding Resin, Kobayashi M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Babaya N, Itoi-Babaya M, Yamaji K, Hiromine Y, Shibata M, Ogihara T, Diabetes, 56, 1, 239, 247,   2007年01月
  • 低用量メトホルミンによる血糖コントロール改善効果に関する検討, 伊藤 裕進, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 川畑 由美子, 池上 博司, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 31, 4, 243, 250,   2006年12月
    概要:ビグアナイド薬として繁用されているメトホルミンのわが国における一日投与量は最高750mg迄であり,一般的な一日投与量が2000mg以上の欧米に比して少量である.低用量ビグアナイド薬の有効性と安全性を明らかにするため,多数例を対象とした詳細な検討を行った.対象・方法: 2000年から2006年に,近畿大学医学部附属病院内分泌・代謝・糖尿病内科を外来受診した糖尿病患者4029名中,メトホルミンを処方された患者1508名の診療録をスクリーニングし,解析に必要な経時的臨床経過データの得られた568名を対象とした.投与開始後一年間の血糖コントロール及び各種臨床指標の経時的変化をベースラインの臨床データとの関連で比較解析した.結果: メトホルミン単独投与群では,HbA^<1C>が750mg群で約0.9%, 500mg群で約0.7%低下し,コントロールの改善効果が認められ,その効果は一年にわたり維持された.肥満の有無で比較すると,肥満患者のみならず非肥満患者においても同程度の有効性が認められた.年齢,性別によっても有効性に差は認めなかった.単独投与群と併用群との比較においては,SU薬併用群,インスリン併用群のいずれにおいても,単独投与群と同程度のコントロールの改善効果が認められた.副作用では消化器症状が最も多く,乳酸アシドーシスの発症は認めなかった.結論: 日本人では低用量(500〜750mg)メトホルミンでも十分なコントロール改善効果を認めた.
  • The gene for human IL-21 and genetic susceptibility to type 1 diabetes in the Japanese, Asano K, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 47, 50,   2006年10月
  • Molecular scanning of the gene for programmed cell death-1 (PDCD-1) as a candidate for type 1 diabetes susceptibility, Hiromine Y, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Yamaji K, Asano K, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 285, 288,   2006年10月
  • A second component of HLA-linked susceptibility to type 1 diabetes maps to class I region, Kawabata Y, Ikegami H, Fujisawa T, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 278, 284,   2006年10月
  • Association of SUMO4, as a Candidate Gene for IDDM5, with Susceptibility to Type1 Diadetes in Asian Populations, Noso S, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Sugihara S, Lee I, Kawasaki E, Awata T, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 41, 46,   2006年10月
  • Systematic Search for Single Nucleotide Polymorphisms in a Lymphoid Tyrosine Phosphatase Gene (PTPN22): Association Between a Promoter Polymorphism and Type 1 Diabetes in Asian Populations, Kawasaki E, Awata T, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Uga M, Kurihara S, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Lee I, Eguchi K, Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, American Journal of Medical Genetics Part A, 140A, 6, 586, 593,   2006年03月
  • The association of CTLA4 polymorphism with type 1 diabetes is concentrated in patients complicated with autoimmune thyroid disease: a multi-center collaborative study in Japan, Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Amemiya S, Kawabata Y, Kurihara S, Tanaka S, Kanazawa Y, Mochizuki M, Ogihara T, on behalf of the Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, 91, 3, 1087, 1092,   2006年03月
  • Genetic heterogeneity in association of SUMO4 M55V variant with susceptibility to type 1 diabetes, Noso S, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Asano K, Hiromine Y, Tsurumaru M, Sugihara S, Lee I, Kawasaki E, Awata T, Ogihara T, Diabetes, 54, 12, 3582, 3586,   2005年12月
  • Functional polymorphism in Z-DNA-forming motif of promoter of SLC11A1 gene and type 1 diabetes in Japanese subjects: Association study and meta-analysis, Nishino M, Ikegami H, Fujisawa T, Kawaguchi Y, Kawabata Y, Shintani M, Ono M, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 5, 628, 633,   2005年05月
  • Improvement of liver function parameters in patients with type 2 diabetes treated with thiazolidinediones, Ono M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Nishino M, Taniguchi H, Itoi-Babaya M, Babaya N, Inoue K, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 4, 529, 532,   2005年04月
  • Effect of two alfa-glucosidase inhibitors, voglibose and acarbose, on postprandial hyperglycemia correlates with subjective abdominal symptoms, Fujisawa T, Ikegami H, Inoue K, Kawabata Y, Ogihara T, Metabolism Clinical and Experimental, 54, 3, 387, 390,   2005年03月
  • Combination of half doses of angiotensin type 1 receptor antagonist and angiotensin converting enzyme inhibitor in diabetic nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Ono M, Nishino M, Noso S, Kawabata Y, Ogihara T, American Journal of Hypertension, 18, 1, 13, 17,   2005年01月
  • Common genetic basis between type 1 and type 2 diabetes mellitus indicated by interview-based assessment of family history, Fujisawa T, Ikegami H, Kawaguchi Y, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Noso S, Taniguchi H, Horiki M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Inoue K, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 66, Suppl, S91, S95,   2004年12月
  • Association of Pro12Ala polymorphism of PPARγ gene with insulin resistance and related diseases, Horiki M, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Shimamoto K, Ogihara T, Diabetes Research and Clinical Practice, 66, Suppl, S63, S67,   2004年12月
  • A common polymorphism of uncoupling protein 2 gene is associated with hypertension, Ji Q, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Ohishi M, Katsuya T, Rakugi H, Ogihara T, Journal of Hypertension, 22, 1, 97, 102,   2004年01月
  • Stromal-cell derived factor-1 chemokine gene variant is associated with type 1 diabetes age at onset in Japanese population, Ide A, Kawasaki E, Abiru N, Sun F, Fukushima T, Takahashi R, Kuwahara H, Fujita N, Kita A, Oshima K, Uotani S, Yamasaki H, Yamaguchi Y, Kawabata Y, Fujisawa T, Ikegami H, Eguchi K, Human Immunology, 64, 10, 973, 978,   2003年10月
  • High degree of mitochondrial 3243 mutation in gastric biopsy specimen in a patient with MELAS and diabetes complicated by marked gastrointestinal abnormalities., Inoue K, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Shintani M, Nojima K, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 26, 7, 2219,   2003年07月
  • Less frequent body weight gain in elderly type 2 diabetic patients treated with glimepiride, Inoue K, Ikegami H, Fujisawa T, Shintani M, Kawabata Y, Nojima K, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Babaya N, Ogihara T, Geriatrics and Gerontology International, 3, 1, 56, 59,   2003年03月, 査読有り
  • Asian-specific HLA haplotypes reveal heterogeneity of the contribution of HLA-DR and -DQ haplotypes to susceptibility to type 1 diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Shintani M, Ono M, Nishino M, Uchigata Y, Lee I, Ogihara T, Diabetes, 51, 2, 545, 551,   2002年02月
  • Lack of association between hapetocyte nuclear factor-1b gene and common forms of type 2 diabetes in the Japanese population, Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Itoi-Babaya M, Taniguchi H, Noso S, Horiki M, Yamada K, Kawaguchi Y, Fukuda M, Ogihara T, Diabetes, Nutrition Metabolism, 14, 4, 220, 224,   2001年08月
  • Polymorphism in gene for islet autoantigen, IA-2, and type 1 diabetes in japanese subjects, Nishino M, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Kawabata Y, Shintani M, Ono M, Horiki M, Kawasaki E, Ogihara T, Human Immunology, 62, 5, 518, 522,   2001年05月
  • Sequence analysis of candidate genes for common susceptibility to type 1 and type 2 diabetes in mice, Yamada K, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Itoi M, Babaya N, Shibata M, Makino S, Ogihara T, Endocrine Journal, 48, 2, 241, 247,   2001年04月
  • Age-Related Association of MHC Class I Chain-Related Gene A (MICA) with Type 1 (Insulin-Dependent) Diabetes Mellitus, Kawabata Y, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Ono M, Nishino M, Taniguchi H, Noso S, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Human Immunology, 61, 6, 624, 629,   2000年06月, 査読有り
  • Insulin Receptor Substrate-1 Gene Polymorphism in Type 2 Diabetes Mellitus and Essential Hypertention: Association Study and Meta-analysis, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Research, 35, 2, 77, 86,   2000年03月, 査読有り
  • Association of plasma fibrinogen level and blood pressure with diabetic retinopathy, and renal complications associated with proliferative diabetic retinopathy, in Type 2 diabetes mellitus, Fujisawa T, Ikegami H, Yamato E, Kawaguchi Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino T, Noso S, Yamada K, Babaya N, Okamoto N, Ohguro N, Fukuda M, Ogihara T, Diabetic Medicine, 16, 6, 522, 526,   1999年06月, 査読有り
  • Renal Tubular Function Affects Glycosuria-Related Urinary Excretion of 1,5-Anhydroglucitol, Fujisawa T, Ikegami H, Tsutsui T, Kawaguchi Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Nishino M, Noso S, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 22, 5, 863, 864,   1999年05月, 査読有り
  • Hepatocyte nuclear factor-1α gene and non-insulin-dependent diabetes mellitus in the Japanese population, Babaya N, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Nakagawa Y, Hamada Y, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Ono M, Yamada K, Shen GQ, Fukuda M, Ogihara T, Acta Diabetologica, 35, 3, 150, 153,   1998年10月, 査読有り
  • Asp905Tyr Polymorphism of the Gene for the Skeletal Muscle-Specific Glycogen-Targeting Subunit of Protein Phosphatase 1 in NIDDM, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Yamada K, Babaya N, Ogihara T, Diabetes Care, 21, 7, 1086, 1089,   1998年07月, 査読有り
  • Association Studies on Human Chromosome 1p22 and Insulin-dependent Diabetes Mellitus, Shen GQ, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Babaya N, Fu J, Hotta M, Yamato E, Ogihara T, Diabetes Research, 33, 3, 107, 113,   1998年05月, 査読有り
  • Association of distal chromosome 2q with IDDM in Japanese subjects, Fu J, Ikegami H, Kawaguchi Y, Fujisawa T, Kawabata Y, Hamada Y, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Babaya N, Shen QJ, Uchigata Y, Urakami T, Omori Y, Shima K, Ogihara T, Diabetologia, 41, 2, 228, 232,   1998年01月, 査読有り
  • Bone mineral density in a rat model of non-insulin dependent diabetes mellitus, Fujisawa T, Ikegami H, Hashimoto J, Yamato E, Kawaguchi Y, Hamada Y, Hotta M, Ueda H, Shintani M, Nojima K, Kawabata Y, Babaya N, Fukuda M, Ogihara T, Diabetes, Nutrition Metabolism, 10, 4, 180, 184,   1997年08月, 査読有り

書籍等出版物

  • 糖尿病と循環器病 「一歩進んだ糖尿病循環器学-Diabetes Cardiology-」, 川畑由美子、池上博司, 共著, 7章 循環器薬, 10. レジン(陰イオン交換樹脂)および小腸コレステロールトランスポーター阻害薬, 医薬ジャーナル社,   2017年03月
  • 今日の治療指針 2017年版〔ポケット版〕, 川畑由美子, 分担執筆, 11 代謝疾患, 高齢者の糖尿病, 医学書院,   2017年01月
  • 内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第4版, 川畑由美子、池上博司, 共著, 第12章 代謝疾患, 2 1型糖尿病, 診断と治療社,   2016年04月30日
  • 糖尿病治療のニューパラダイム 第3巻「薬物療法の実践〜インスリンを中心に〜」, 川畑由美子、池上博司, 共著, 【各論】2章 インスリン治療に伴う緊急症対応 1.シックデイの対応, 医薬ジャーナル社,   2015年03月
  • 予防とつきあい方シリーズ「老年病・予防とつきあい方シリーズ[改訂版] 「老年病・認知症~長寿の秘訣~」, 川畑由美子, 分担執筆, 老年病2:高齢者に多い症状(老年症候群), 9 手足のしびれ, 10 神経痛, メディカルレビュー社,   2013年06月
  • 内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第3版, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第10章 代謝疾患, 2.1型糖尿病, 診断と治療社,   2012年11月
  • ヴィジュアル 糖尿病臨床のすべて 「小児・思春期糖尿病の対応マニュアル」, 川畑由美子、池上博司, 共著, 3章 小児・思春期糖尿病の成因と病態 「1型糖尿病の遺伝素因―小児と成人の違い」, 中山書店,   2012年08月
  • カラー版 内科学, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 4章 遺伝学と疾患の分子メカニズム, 10.1型糖尿病, 西村書店,   2012年07月
  • 最新臨床糖尿病学(上)-糖尿病学の最新動向-, 川畑由美子、池上博司, 共著, Ⅴ:糖尿病の検査・診断法, 1.糖尿病診断法, 1)1型糖尿病診断法:概論, 日本臨牀社,   2012年05月
  • 予防とつきあい方シリーズ「脂質異常症・肥満-動脈硬化-」, 川畑由美子, 分担執筆, 脂質異常症-予防と治療, 21 脂質異常症の薬物療法, メディカルレビュー社,   2011年08月
  • 糖尿病ナビゲーター[第2版], 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第2章 分類・診断, 3.1型疾患感受性遺伝子(HLA), メディカルレビュー社,   2010年09月
  • 糖尿病学2010, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 展開研究, 18.HLAからみた1型糖尿病サブタイプの成因, 診断と治療社,   2010年05月
  • 糖尿病最新の治療2010-2012, 川畑由美子、池上博司, 共著, XV.糖尿病療養指導, 2.シックデイの対応, 南江堂,   2010年01月
  • 予防とつきあい方シリーズ[改訂版]「高血圧・糖尿病-生活習慣病-」, 川畑由美子, 分担執筆, 糖尿病, 4 糖尿病の病態, 2.糖尿病の合併症, (2)主な合併症について, ③神経障害, メディカルレビュー社,   2009年10月
  • 糖尿病学2008, 川畑 由美子, 小林 美里, 池上 博司, 共著, 展開研究, 14.胆汁酸抱合レジンによる肥満・インスリン抵抗性・糖代謝改善作用, 診断と治療社,   2008年05月
  • 糖尿病関連注射薬の新展開-インスリン・GLP-1・グルカゴン-, Injection Therapy for Diabetes - Insulin, GLP-1, Glucagon -, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, Ⅱ.インスリン製剤の進歩と応用, 4.インスリン処方の実際(症例を中心に), A.1型糖尿病, フジメディカル出版,   2007年11月
  • 新しい糖尿病学と透析医療, 川畑 由美子, 池上 博司, 共著, 第2章 糖尿病の治療, 7.糖尿病性昏睡(ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧昏睡、低血糖), 日本メディカルセンター,   2007年06月
  • 「医学を学ぶための生物学」, 生活習慣病(成人病), 川畑 由美子, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 南江堂,   2004年
  • 「KEY WORD 糖尿病(第2版)」, 主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスⅡ遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 荻原 俊男, 共著, 先端医学社,   2004年

講演・口頭発表等

  • 糖尿病患者の体組成におよぼす加齢の影響, 幕谷由佳子、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、末吉功治、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第59回日本老年医学会学術集会,   2017年06月16日
  • 膵切除後糖尿病に関する研究:膵内分泌および糖代謝指標の術後変化(6ヶ月までの経過), 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、物部圭介、池田守、蓑原達郎、幕谷由佳子、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月20日
  • シンポジウム7<1型糖尿病 update 2017> 「2型糖尿病の経過中にGAD抗体の陽転化をみた症例の臨床像-日本人1型糖尿病の成因,診断,病態,治療に関する調査研究委員会報告」, 及川洋一、島田朗、粟田卓也、福井智康、池上博司、今川彰久、梶尾裕、川畑由美子、川﨑英二、三浦順之助、大澤春彦、高橋和眞、田中昌一郎、内潟安子、安田尚史、安田和基、花房俊昭、小林哲郎, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • シンポジウム7<1型糖尿病 update 2017> 「1型糖尿病の遺伝素因 update」, 能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月19日
  • 糖尿病とサルコペニアに関する研究:1型糖尿病と2型糖尿病の体組成比較, 幕谷由佳子、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、庭野史丸、安武紗良、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • 健診受診者および臓器特異的自己免疫疾患患者におけるGAD抗体価の検討-RIA法とELISA法の比較-, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、山本明伸、川畑由美子、池上博司, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • <座長>一般演題:ポスター 「1型糖尿病1」, 川畑由美子, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会,   2017年05月18日
  • リング状石灰化を伴う副腎腫瘤2症例の検討, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、庭野史丸、池田守、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第90回日本内分泌学会学術総会,   2017年04月20日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する臨床指標と遺伝因子の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第114回日本内科学会総会・講演会,   2017年04月15日
  • Identification of Genetic Variants co-segregated with Islet Autoimmunity in Multiplex Families of Type 1 Diabetes by Genome-wide Exome Analysis, Noso S, Hosomichi K, Babaya N, Hiromine Y,Ito H, Taketomo Y, Kawabata Y, Ikegami H, Immunology of Diabetes Society, 15th International Congress,   2017年01月20日
  • 1型糖尿病のインスリン必要量・投与パターンに及ぼす内因性インスリンの影響, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第16回日本先進糖尿病治療研究会,   2016年11月26日
  • PETにて強い異常集積を認めた両側副腎腫瘤の1症例, 伊藤裕進、物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、末吉功治、庭野史丸、安武紗良、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第26回臨床内分泌代謝Update,   2016年11月19日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病(4)」, 川畑由美子、火伏俊之, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • ニボルマブ投与後に劇症1型糖尿病を発症した悪性黒色腫の1例, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、石川一志、藤原作平、波多野豊、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • SU薬による血糖降下作用の遷延に関与する因子の検討, 物部圭介、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • GLP-1受容体作動薬にSGLT2阻害薬併用が著効したインスリン抗体陽性患者の一例, 池田守、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第53回日本糖尿病学会近畿地方会,   2016年11月12日
  • 局在不明の異所性ACTH産生腫瘍に対して副腎皮質ステロイドホルモン合成阻害薬治療で改善を認めた1症例, 池田守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • 副甲状腺全摘後の低Ca血症治療に大量長期間のCa補充を要した一例, 幕谷由佳子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第27回日本老年医学会近畿地方会,   2016年10月22日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する臨床指標ならびに体質の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第66回日本体質医学会総会,   2016年09月04日
  • 膵内分泌および糖代謝指標の術直後変化, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、吉田左和、安武紗良、物部圭介、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第33回日本胆膵病態・生理研究会,   2016年06月11日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量の規定因子:加齢による影響, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第58回日本老年医学会学術集会,   2016年06月10日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病2」, 川畑由美子, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:膵性糖尿病と1型糖尿病の糖質インスリン比に関する検討, 安武紗良、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、丸山康典、庭野史丸、今藤寿彦、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 膵手術後糖尿病に関する研究:膵内分泌および糖代謝指標の術直後変化, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、丸山康典、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、池田守、蓑原達郎、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 糖尿病患者における尿糖排泄量を規定する因子の解明, 物部圭介、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • 1型糖尿病が濃厚集積した1家系:HLAとの関連の検討, 伊奈雄二郎、平田由紀、田中和子、市野功、関口直孝、真弓武仁、川畑由美子、池上博司、井口登與志, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月20日
  • シンポジウム3:1型糖尿病の成因と治療「1型糖尿病の遺伝因子:濃厚集積家系の解析」, 池上博司、能宗伸輔、川畑由美子, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会,   2016年05月19日
  • 全エクソーム解析を用いた1型糖尿病濃厚発症家系における原因遺伝子変異の探索, 川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、細道一善、前川聡、池上博司, 第89回日本内分泌学会学術総会,   2016年04月22日
  • IgG4関連疾患に対するステロイド漸減中に中枢性尿崩症を発症した3例, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、池田守、川畑由美子、池上博司, 第89回日本内分泌学会学術総会,   2016年04月21日
  • 自己免疫性1型糖尿病のβ細胞機能廃絶に関わる臨床指標と遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、吉田左和、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会,   2016年04月17日
  • 自己免疫性膵炎にIgG4関連下垂体炎を合併した1症例, 池田守、伊藤裕進、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京,   2016年04月16日
  • 背部痛を契機に発見されたリング状石灰化を伴う副腎腫瘤の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第113回日本内科学会総会・講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京,   2016年04月16日
  • 膵切除後糖尿病の実態・病態解明を目指した前向き研究の取り組み, 松本逸平、亀井敬子、松本正孝、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、庭野史丸、廣峰義久、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 第116回日本外科学会定期学術集会,   2016年04月15日
  • <座長>一般演題「内分泌・代謝1」, 川畑由美子, 第210回日本内科学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • リング状石灰化副腎腫瘤の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第25回臨床内分泌代謝Update,   2015年11月28日
  • 腎動脈近傍から発生したパラガングリオーマの1例, 蓑原達郎、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第210回日本内科学会近畿地方会,   2015年11月28日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病①」, 川畑由美子, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 1型糖尿病と膵性糖尿病の比較:糖質インスリン比に関する検討, 安武紗良、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 膵切除後糖尿病の病態と治療:膵切除術前後での比較検討, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 糖尿病患者における血糖と尿糖の関連に関する検討, 今藤寿彦、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 糖尿病患者における外来糖尿病教室への参加回数と血糖改善効果との関連, 小池和紀、渡辺紗弥佳、長嶋ちづる、長井洋子、二宮好美、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司、西村町子, 第52回日本糖尿病学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • 高齢で発症したIgG4関連下垂体炎にともなう尿崩症の1例, 池田守、伊藤裕進、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第26回日本老年医学会近畿地方会,   2015年11月14日
  • シンポジウム2:1型糖尿病の遺伝子研究の展望「1型糖尿病の遺伝解析:遺伝子と機能」, 池上博司、能宗伸輔、川畑由美子, 第13回1型糖尿病研究会,   2015年11月01日
  • 同胞および母に1型糖尿病を発症した1家系, 伊奈雄二郎、平田由起、田中和子、市野功、真弓武仁、川畑由美子、池上博司、関口直孝, 第13回1型糖尿病研究会,   2015年10月31日
  • 背部痛を契機に発見された原発性アルドステロン症の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第16回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2015年10月17日
  • 自己免疫性膵炎に中枢性尿崩症を合併した1例, 池田守、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第209回日本内科学会近畿地方会,   2015年09月12日
  • バセドウ病と円形脱毛症における遺伝素因の共通性に関する検討, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、鈴木民男、大磯直毅、川田暁、川畑由美子、池上博司, 第65回日本体質医学会総会,   2015年07月05日
  • 両側副腎腫大を伴った副腎皮質機能低下症の1例, 安武紗良、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、今藤寿彦、川畑由美子、池上博司, 第208回日本内科学会近畿地方会,   2015年06月27日
  • 尾側膵切除後の膵内分泌機能の評価, 松本逸平、亀井敬子、村瀬貴昭、中多靖幸、里井俊平、石川原、廣峰義久、庭野史丸、川畑由美子、中居卓也、池上博司、竹山宜典, 第32回日本胆膵病態・生理研究会,   2015年06月14日
  • 2型糖尿病患者のαGI治療に及ぼす加齢の影響:アカルボースとミグリトールの比較解析, 吉田左和、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第57回日本老年医学会学術集会,   2015年06月13日
  • シンポジウム21:はばたけ女性糖尿病医「専門医としての臨床と研究−続けることの大切さ−」, 川畑由美子, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • シンポジウム26:1型糖尿病のすべて「1型糖尿病の遺伝:common variantからrare variantまで」, 川畑由美子、能宗伸輔、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:インスリンデグルデクへの切替え, 末吉功治、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月23日
  • 自己免疫性1型糖尿病における内因性インスリン分泌能を規定する臨床指標および遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、庭野史丸、安武紗良、川畑由美子、池上博司, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会,   2015年05月22日
  • 自己免疫性1型糖尿病の遺伝子解析:β細胞機能廃絶に関わる遺伝素因の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第88回日本内分泌学会学術総会,   2015年04月24日
  • Identification of genetic loci linked to type 1 diabetes susceptibility by linkage analysis with whole exome sequencing in clustered family, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Hosomichi K, Ikegami H, Immunology of Diabetes Society, 14th International Congress,   2015年04月13日
  • 多発性脊椎圧迫骨折を伴った妊娠および授乳関連骨粗鬆症の1例, 物部圭介、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第207回日本内科学会近畿地方会,   2015年03月07日
  • NODマウスにおける膵島特異的リンパ球浸潤と1型糖尿病発症に及ぼすMafa遺伝子の役割, 能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 第29回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2015年02月14日
  • 発症時より著明な低K血症を来した糖尿病性ケトアシドーシスの1例, 物部圭介、武友保憲、馬場谷成、能宗伸輔、廣峰義久、伊藤裕進、貫戸幸星、末吉功治、川畑由美子、池上博司, 第206回日本内科学会近畿地方会,   2014年12月06日
  • サブクリニカルクッシング症候群を合併した褐色細胞腫の一例, 吉田左和、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、庭野史丸、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、川畑由美子、笹野公伸、池上博司, 第24回臨床内分泌代謝Update,   2014年11月28日
  • <座長>一般演題「糖代謝」, 川畑由美子, 第15回日本内分泌学会近畿支部学術集会 ,   2014年11月08日
  • 甲状腺クリーゼの治療経過中に劇症肝炎を併発したバセドウ病の1例, 庭野史丸、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、吉田左和、安武紗良、今藤寿彦、物部圭介、川畑由美子、池上博司, 第15回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2014年11月08日
  • <座長>一般演題 Session5 「病態 遺伝子」, 川畑由美子, 第12回1型糖尿病研究会,   2014年11月02日
  • 1型糖尿病の遺伝子解析:インスリン分泌能を規定する遺伝素因の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第12回1型糖尿病研究会,   2014年11月02日
  • <座長>一般演題「経口治療薬(1)」, 西村治男、川畑由美子, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • シンポジウム1:糖尿病の遺伝素因「1型糖尿病の遺伝素因」, 能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:アカルボースとミグリトールの比較解析, 吉田左和、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、末吉功治、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 強化インスリン療法における基礎インスリンの検討:インスリンデグルデクへの切替え, 末吉功治、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、武友保憲、貫戸幸星、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • 糖尿病患者における栄養指導の理解度に及ぼす糖尿病教室の効果, 渡辺紗弥佳、久城恵理、須美舞香、福江好永、谷内麻寿美、北井見和、坂口智世、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司、西村町子, 第51回日本糖尿病学会近畿地方会,   2014年10月25日
  • <座長>一般演題「糖尿病・内分泌2」, 川畑由美子, 第25回日本老年医学会近畿地方会,   2014年10月11日
  • 認知機能低下が先行した高齢者粘液水腫性昏睡の一例, 安武紗良、貫戸幸星、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、武友保憲、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第25回日本老年医学会近畿地方会,   2014年10月11日
  • <座長>一般演題「内分泌・代謝4」, 川畑由美子, 第205回日本内科学会近畿地方会,   2014年09月20日
  • レボチロキシンNaとリオチロニンNa併用療法が有効であった粘液水腫性昏睡の1例, 安武紗良、貫戸幸星、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、武友保憲、吉田左和、川畑由美子、池上博司, 第205回日本内科学会近畿地方会,   2014年09月20日
  • A case of mixed cortical-medullary tumor accompanied with unilateral multiple micronodules producing aldosterone, Ito H, Kawabata Y, Yosida S, Kanto K, Taketomo Y, Hiromine Y, Babaya N, Noso S, Sasano H, Ikegami H, International Symposium on Pheochromocytoma and Paraganglioma 2014,   2014年09月19日
  • 自己免疫性1型糖尿病(1A型)におけるインスリン分泌能を規定する遺伝因子の解明, 武友保憲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、原田剛史、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第64回日本体質医学会総会,   2014年09月07日
  • 膵全摘術の適応と術後血糖管理について, 亀井敬子、中多靖幸、石川原、中居卓也、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、竹山宜典, 第69回日本消化器外科学会総会,   2014年07月17日
  • 膵性糖尿病の血糖管理について;膵全摘術後の病態解析から, 亀井敬子、中多靖幸、石川原、中居卓也、廣峰義久、川畑由美子、池上博司、竹山宜典, 第31回日本胆膵病態・生理研究会,   2014年06月14日
  • 1型糖尿病のインスリン必要量に及ぼす加齢の影響:CSIIを用いた検討, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、村田佳織、武友保憲、川畑由美子、池上博司, 第56回日本老年医学会学術集会,   2014年06月14日
  • サブクリニカルクッシング症候群を合併した褐色細胞腫の1例, 吉田左和、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, 第204回日本内科学会近畿地方会,   2014年06月14日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病4」, 川畑由美子, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月24日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:膵全摘後糖尿病と1型糖尿病における病態ならびに治療の比較解析, 庭野史丸、廣峰義久、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、伊藤裕進、村田佳織、武友保憲、貫戸幸星、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、川畑由美子、亀井敬子、中多靖幸、竹山宜典、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月24日
  • 自己免疫性1型糖尿病患者末梢血CD4陽性Tリンパ球におけるPD-1の低発現とPD-1遺伝子多型に関する検討(第2報), 藤澤玲子、長谷田文孝、堤千春、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、寺前純吾、池上博司、今川彰久、花房俊昭, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月22日
  • 糖尿病透析予防外来における療養指導の介入とその成果, 冨森洋子、大仲將美、長井洋子、長嶋ちづる、久城恵理、須美舞香、谷内麻寿美、二宮好美、西村町子、能宗伸輔、川畑由美子、池上博司, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,   2014年05月22日
  • 前縦隔腫瘍とバセドウ病:治療に伴う腫瘍サイズ変化と合併率に関する検討, 貫戸幸星、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、村田佳織、武友保憲、當間純子、末吉功治、吉田左和、安武紗良、庭野史丸、川畑由美子、池上博司, 第87回日本内分泌学会学術総会,   2014年04月24日
  • 糖尿病治療における高用量メトホルミンの有効性と安全性:用量と用法のテーラーメイド化に関する検討, 貫戸幸星、伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 第111回日本内科学会総会・講演会,   2014年04月11日
  • <座長>【シンポジウム:糖尿病の基礎・臨床における女性医師のキャリア形成】日本糖尿病学会、女性糖尿病医をpromoteする委員会報告・日本医師会共催, 川畑由美子、成瀬桂子, 第48回糖尿病学の進歩,   2014年03月08日
  • 糖尿病治療にインスリン抵抗性改善薬が有効であった球脊髄性筋萎縮症の1例, 吉田左和、馬場谷成、伊藤裕進、能宗伸輔、廣峰義久、貫戸幸星、宮本勝一、楠進、川畑由美子、池上博司, 第203回日本内科学会近畿地方会,   2014年03月01日
  • 自然発症2型糖尿病モデルNSYマウスにおける糖尿病発症率の性差と血中アディポサイトカイン濃度との関連, 上田裕紀、馬場谷成、能宗伸輔、大石(久永)裕子、上田(西脇)由美子、若菜茂晴、川畑由美子、池上博司, 第28回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会,   2014年02月15日
  • 放射線療法後20年以上寛解状態を維持しているクッシング病の一例, 安武 紗良, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第23回臨床内分泌代謝Update,   2014年01月24日
  • 横紋筋融解症を契機に発見された褐色細胞腫の1例, 庭野 史丸, 伊藤 裕進, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 原田 剛史, 村田 佳織, 武友 保憲, 川畑 由美子, 池上 博司, 第202回日本内科学会近畿地方会,   2013年12月14日
  • Low expression level of Peripheral CD4+PD-1+T-cells in Japanese Patients with Type 1A Diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, 13th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2013年12月08日
  • A search for susceptibility genes contributing to islet-specific autoimmunity in type 1 diabetes by association studies with multiple autoimmune diseases, Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Moriguchi M, Murata K, Park C, Taketomo Y, Ikegami H, 13th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2013年12月08日
  • 膵全摘症例におけるCSII治療:1型糖尿病との比較, 庭野 史丸, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • 糖尿病透析予防外来における療養指導の有効性に関する検討, 大仲 將美, 冨森 洋子, 須美 舞香, 久城 恵理, 長井 洋子, 長嶋 ちづる, 谷内 麻寿美, 二宮 好美, 西村 町子, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 池上 博司, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病①」, 今川 彰久, 川畑 由美子, 第50回日本糖尿病学会近畿地方会,   2013年11月23日
  • 左腰背部痛にて発症し急性壊疽性無石胆嚢炎の診断に至った高齢糖尿病患者の一例, 吉田 左和, 伊藤 裕進, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 村瀬 貴昭, 亀井 敬子, 竹山 宜典, 川畑 由美子, 池上 博司, 第24回日本老年医学会近畿地方会,   2013年11月16日
  • <座長>一般演題「糖尿病」, 川畑 由美子, 第24回日本老年医学会近畿地方会,   2013年11月16日
  • 抗甲状腺薬治療に伴う前縦隔腫瘍の縮小経過を追跡し得たバセドウ病の2例, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 安武 紗良, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本甲状腺学会,   2013年11月15日
  • モーニングシンポジウム:1型糖尿病の成因update「1型糖尿病の遺伝因子:免疫寛容の破綻と膵β細胞へのターゲティング」, 池上 博司, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 第11回1型糖尿病研究会,   2013年10月27日
  • 1型糖尿病濃厚発症家系におけるrare variantの探索, 川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、貴志明生、前川聡、池上博司, 第11回1型糖尿病研究会,   2013年10月26日
  • 長期にわたるビスフォスフォネート製剤投与後に下顎骨壊死を発症し敗血症に至るも救命し得た骨粗鬆症の1例, 安武 紗良, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 庭野 史丸, 川畑 由美子, 池上 博司, 第14回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2013年10月19日
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺の遺伝子解析:KCNJ18遺伝子の関与, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第63回日本体質医学会総会,   2013年10月06日
  • 特別講演 「糖尿病の病態と治療」, 川畑由美子, 大阪府病院薬剤師会第15支部(堺・狭山市)学術講演会,   2013年10月03日
  • Mafa knockout NOD mice are protected from type 1 diabetes despite accelerated infiltration of lymphocytes into islets, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Kawabata Y, Ikegami H, 49th European Association for the Study of Diabetes Annual Meeting,   2013年09月25日
  • 抗甲状腺薬治療にともなう前縦隔腫瘍の縮小経過を追跡し得たバセドウ病の1例, 吉田 左和, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 貫戸 幸星, 川畑 由美子, 池上 博司, 第201回日本内科学会近畿地方会,   2013年09月07日
  • Low Expression of PD-1 in Peripheral CD4+ T-Cells in Japanese Patients with Type 1A Diabetes, Fujisawa R, Haseda F, Tsutsumi C, Hiromine Y, Noso S, Kawabata Y, Mitsui S, Terasaki J, Ikegami H, Imagawa A, Hanafusa T, 73rd Scientific Sessions of America Diabetes Association,   2013年06月23日
  • 甲状腺クリーゼ治療開始時にチアマゾールによる顆粒球減少を来し、早期の甲状腺全摘術にて対応した1例, 末吉 功治, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 川畑 由美子, 池上 博司, 第200回日本内科学会近畿地方会,   2013年06月08日
  • 高齢者におけるメトホルミンの用量及び投与回数に関する検討, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 武友 保憲, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, 第55回日本老年医学会学術集会,   2013年06月05日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:高用量メトホルミンの用量ならびに投与回数に関する検討, 貫戸 幸星, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 山内 孝哲, 原田 剛史, 武友 保憲, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:GLP-1受容体作動薬の長期効果決定因子に関する検討, 武友 保憲, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 山内 孝哲, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 貫戸 幸星, 當間 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 特別シンポジウム4:糖尿病関連遺伝子研究の進化「1型糖尿病関連遺伝子研究の進歩」, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 池上 博司, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月17日
  • 1型糖尿病患者末梢血のCD4陽性Tリンパ球におけるPD-1の発現, 藤澤玲子、長谷田文孝、堤千春、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、寺前純吾、池上博司、今川彰久、花房俊昭, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月16日
  • 日本人1型糖尿病におけるPD-1の遺伝子多型の検討(第2報), 堤千春、今川彰久、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、長谷田文孝、寺前純吾、池上博司、花房俊昭, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会,   2013年05月16日
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺患者におけるKCNJ18遺伝子の分子遺伝学的解析, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 當間 純子, 川畑 由美子, 池上 博司, 第86回日本内分泌学会学術総会,   2013年04月25日
  • Graves病の遺伝解析:HLAクラスⅡとクラスⅠの関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 武友 保憲, 池上 博司, 第110回日本内科学会総会・講演会,   2013年04月13日
  • 前縦隔腫瘍が抗甲状腺薬投与により消失したバセドウ病の1例, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 板家 純子, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第22回臨床内分泌代謝Update,   2013年01月18日
  • 長期にわたり治療を自己中断し、甲状腺クリーゼを発症したバセドウ病の1例, 物部 圭介, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 貫戸 幸星, 吉田 左和, 池上 博司, 第199回日本内科学会近畿地方会,   2012年12月08日
  • <座長>一般演題「内分泌代謝1」, 川畑由美子, 第199回日本内科学会近畿地方会,   2012年12月08日
  • 抗B型肝炎ウイルス薬治療にともない骨軟化症をきたした高齢者の1症例, 末吉功治、廣峰義久、伊藤裕進、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、川畑由美子、梶博史、池上博司, 第23回日本老年医学会近畿地方会,   2012年11月24日
  • <座長>一般演題「2型糖尿病Ⅲ」, 大星隆司、川畑由美子, 第49回日本糖尿病学会近畿地方会,   2012年11月17日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:メトホルミン投与法最適化に関する検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 武友 保憲, 末吉 功治, 吉田 左和, 川畑 由美子, 池上 博司, 第49回日本糖尿病学会近畿地方会,   2012年11月17日
  • GLP-1受容体作動薬の長期効果決定因子に関する検討, 武友 保憲, 廣峰 義久, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 池上 博司, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月04日
  • 若手研究奨励賞審査講演1「Graves病の遺伝子解析:HLA Class Ⅰの関与」, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 池上 博司, 第62回日本体質医学会総会,   2012年11月03日
  • <座長>一般演題「副腎疾患1」, 川畑 由美子, 安田 哲行, 第13回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2012年10月20日
  • 貧血の原因鑑別に苦慮したシーハン症候群の一例, 武友 保憲, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 池上 博司, 第13回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2012年10月20日
  • 大量出血の40年後に診断されたシーハン症候群の1例, 友渕彰人、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、武友保憲、池上博司, 第198回日本内科学会近畿地方会,   2012年09月08日
  • 甲状腺ホルモン薬の製剤比較:有効性・安全性に及ぼす加齢の影響, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 第54回日本老年医学会学術集会,   2012年06月29日
  • GLP-1受容体作動薬治療における食欲・食行動の定量評価:加齢の影響の検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 村田 佳織, 池上 博司, 第54回日本老年医学会学術集会,   2012年06月28日
  • Association of PDCD-1 (programmed cell death-1) polymorphisms in Japanese Patients with Fulminant and Type 1A diabetes., Tsutsumi C, Hiromine Y, Imagawa A, Mitsui S, Noso S, Kawabata Y, Terasaki J, Ikegami H, Hanafusa T, 12th International Conference on the Immunology of Diabetes,   2012年06月18日
  • Association of a functional polymorphism MAFA Gly346Cys with susceptibility to type 1 diabetes., Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Kawasaki E, Awata T, Maruyama T, Babu S, Eisenbarth GS, Ikegami H, 12th International Conference on the Immunology of Diabetes,   2012年06月18日
  • 体重管理と血糖管理に難渋した頭蓋咽頭腫術後発症糖尿病にGLP1受容体作動薬が著効した1症例, 末吉 功治, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第197回日本内科学会近畿地方会,   2012年06月09日
  • 急性発症1型糖尿病の発症年齢とHLAクラスIIハプロタイプとの関連:日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会による多施設共同研究, 川畑由美子、池上博司、粟田卓也、川﨑英二、今川彰久、内潟安子、大久保実、大澤春彦、梶尾裕、鴨井久司、川口章夫、佐藤譲、島田朗、清水一紀、高橋和眞、田中昌一郎、永田正男、中西幸二、藤井寿美枝、牧野英一、丸山太郎、三浦順之助、村尾敏、安田和基、小林哲郎、花房俊昭, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 日本人1型糖尿病におけるPD-1遺伝子多型の検討, 堤千春、廣峰義久、今川彰久、能宗伸輔、川畑由美子、三井しのぶ、長谷田文孝、佐野寛行、三柴裕子、寺前純吾、池上博司、花房俊昭, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性:円形脱毛症と自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の臨床的・遺伝的比較, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • <座長>一般演題「糖尿病の遺伝要因2」, 川畑 由美子, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月18日
  • 糖尿病治療のテーラーメイド化に関する研究:インスリンからGLP-1受容体作動薬への切替え最適化に関する検討, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 朴 忠勇, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 錦野 真理子, 池上 博司, 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,   2012年05月17日
  • インクレチン関連薬の多面的効果に関する検討:GLP-1受容体作動薬の心血管系に及ぼす影響, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第1回臨床高血圧フォーラム,   2012年05月13日
  • 高血圧治療開始後17年目に診断された巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の一例, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 第1回臨床高血圧フォーラム,   2012年05月13日
  • 自己免疫性甲状腺疾患の遺伝子解析:HLA Class I の関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 朴 忠勇, 大野 恭裕, 池上 博司, 第85回日本内分泌学会学術総会,   2012年04月20日
  • 臓器特異的自己免疫疾患の共通性と異質性:円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第109回日本内科学会総会・講演会,   2012年04月15日
  • 化膿性脊椎炎を契機に診断された副腎腫瘤合併クッシング病の1例, 守口 将典, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 山片 里美, 武友 保憲, 貫戸 幸星, 村田 佳織, 朴 忠勇, 池上 博司, 第21回臨床内分泌代謝Update,   2012年01月27日
  • 胸部異常陰影を契機に診断された巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の1例, 末吉功治、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、守口将典、安積達也、池上博司, 第196回日本内科学会近畿地方会,   2011年12月17日
  • 甲状腺中毒性周期性四肢麻痺患者におけるKCNJ18遺伝子の新規多型検索, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 原田 剛史, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 大野 恭裕, 池上 博司, 第54回日本甲状腺学会,   2011年11月22日
  • CSIIを使用したインスリン頻回注射法における至適単位数の検討, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 朴 忠勇, 池上 博司, 第108回日本内科学会総会・講演会,   2011年11月13日
  • <座長>一般演題「代謝・内分泌1」, 川畑由美子, 第22回日本老年医学会近畿地方会,   2011年11月05日
  • 血糖コントロール悪化を契機に膵癌を診断され膵頭十二指腸切除術を施行された超高齢糖尿病の一例, 西地晴彦、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、伊藤裕進、池上博司, 第22回日本老年医学会近畿地方会,   2011年11月05日
  • 門脈ガス血症を併った上腸管膜動脈分枝閉塞症を発症した高齢者糖尿病の一例, 福武嶺一、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、松島知秀、池上博司, 第22回日本老年医学会近畿地方会,   2011年11月05日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性:円形脱毛症における膵島自己免疫の実態と遺伝解析―甲状腺自己免疫との比較―, 朴 忠勇, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 武友 保憲, 大野 恭裕, 大磯 直毅, 川田 暁, 池上 博司, 第9回1型糖尿病研究会,   2011年10月30日
  • <座長>一般演題「1型糖尿病3」, 永田正男、川畑由美子, 第48回日本糖尿病学会近畿地方会,   2011年10月29日
  • GLP-1受容体作動薬の食欲に対する影響:食欲の定量化指標を用いた検討, 貫戸 幸星, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 原田 剛史, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 池上 博司, 第48回日本糖尿病学会近畿地方会,   2011年10月29日
  • 巨大副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の一例, 河野匡志、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、原田剛史、廣峰義久、守口将典、池上博司, 第12回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2011年10月22日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性を規定する体質に関する検討:円形脱毛症に合併する甲状腺および膵島自己免疫の実態と遺伝解析, 朴忠勇、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、武友保憲、大野恭裕、大磯直毅、川田暁、池上博司, 第61回日本体質医学会総会,   2011年10月09日
  • 病因特定に苦慮した不明熱を伴う汎下垂体機能低下症の1例, 吉田左和、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、口分田貴裕、辰巳陽一、大野恭裕、池上博司, 第195回日本内科学会近畿地方会,   2011年09月10日
  • 副腎不全を伴った両側副腎原発巨大悪性リンパ腫の1例, 田中梨絵、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、上田和毅、川西一信、池上博司, 第194回日本内科学会近畿地方会,   2011年06月11日
  • Basal-bolus療法における夜間血糖コントロールの至適化:持続血糖モニタリング(CGM)による持効型インスリンの作用特性比較, 武友 保憲, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 池上 博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月21日
  • 肝臓内脂肪蓄積量の定量評価と2型糖尿病における病態解析, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 東本 貴弘, 朴 忠勇, 武友 保憲, 塚部 明大, 岡田 真広, 村上 卓道, 池上 博司, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月20日
  • シンポジウム6:1型糖尿病の成因と予防:新しい展開と洞察「1型糖尿病の遺伝解析:GWAS研究から見えること」, 池上博司、能宗伸輔、川畑由美子, 第54回日本糖尿病学会年次学術集会,   2011年05月20日
  • 円形脱毛症患者における甲状腺および膵島自己免疫疾患合併例の検討, 朴忠勇、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、武友保憲、大野恭裕、大磯直毅、川田暁、池上博司, 第84回日本内分泌学会学術集会,   2011年04月23日
  • 倦怠感・意欲の減退にて発症し無症候性壊死性胆嚢炎の診断に至った高齢糖尿病患者の1例, 武友保憲、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、小牧孝充、安田武生、武本昌子、竹山宜典、池上博司, 第193回日本内科学会近畿地方会,   2010年12月04日
  • <座長>近畿大学医学会奨励賞記念講演「自己免疫性甲状腺疾患患者における膵島自己免疫に関する臨床的・遺伝的研究」守口将典, 川畑由美子, 第69回近畿大学医学会学術講演会,   2010年12月04日
  • <座長>一般演題「患者教育2」, 吉田俊秀、川畑由美子, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • DPP-4阻害薬の併用が奏功した血糖コントロール不良インスリンアレルギー患者の2症例, 錦野 真理子, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 山片 里美, 大野 恭裕, 池上 博司, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • Basal-bolus療法における眠前基礎インスリンとしてのGlargineとDetemirの比較, 武友 保憲, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 池上 博司, 第47回日本糖尿病学会近畿地方会,   2010年11月13日
  • Genetic Basis for Strong Familial Clustering of Type 1 Diabetes in a Rare Japanese Multiplex Family, Kawabata Y, Kishi A, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Maegawa H, Ikegami H, The 11th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2010年11月
  • 研究奨励賞審査講演3「インスリン転写調節因子MafAは胸腺におけるインスリン発現と1型糖尿病疾患感受性に関与する」, 能宗伸輔、片岡浩介、川畑由美子、馬場谷成、廣峰義久、藤澤智巳、池上博司, 第60回日本体質医学会総会,   2010年10月16日
  • 1型糖尿病の遺伝解析:濃厚発症家系におけるrare variantの探索, 川畑由美子、貴志明生、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、錦野真理子、山内孝哲、大野恭裕、前川聡、池上博司, 第8回1型糖尿病研究会,   2010年10月10日
  • シンポジウム:1型糖尿病診療・研究の新知見 「1型糖尿病の遺伝解析:モデル動物とヒトの相互比較アプローチ」, 池上 博司, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 川畑 由美子, 第8回1型糖尿病研究会,   2010年10月10日
  • MafA is a key regulator of insulin expression in the thymus, Noso S, Kataoka K, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Yamaji K, Fujisawa T, Ikegami H, 46th EASD Annual Meeting,   2010年09月21日
  • 著明な低K血症を呈した甲状腺中毒性周期性四肢麻痺の1例, 貫戸幸星、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、山片里美、大野恭裕、池上博司, 第192回日本内科学会近畿地方会,   2010年09月11日
  • 無症候性壊死性胆嚢炎の早期診断にガリウムシンチが有用であった高齢者糖尿病患者の1例, 武友保憲、廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、馬場谷成、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、安田武生、武本昌子、竹山宜典、池上博司, 第68回近畿大学医学会学術講演会,   2010年07月03日
  • 多発骨折を契機に確定診断に至ったクッシング症候群の2例, 朴忠勇、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、大野恭裕、池上博司, 第191回日本内科学会近畿地方会,   2010年06月12日
  • インターフェロン治療後に発症した1型糖尿病患者の臨床的特徴:1型糖尿病調査研究委員会による全国調査成績, 中村寛、川﨑英二、粟田卓也、池上博司、今川彰久、内潟安子、大澤春彦、川畑由美子、小林哲郎、島田朗、清水一紀、高橋和眞、中西幸二、永田正男、牧野英一、丸山太郎、花房俊昭、日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月29日
  • ステロイド投与時の血糖制御:正常耐糖能者、耐糖能異常者、糖尿病患者における検討, 山片里美、馬場谷成、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、廣峰義久、伊藤裕進、東本貴弘、守口将典、村田佳織、朴忠勇、錦野真理子、大野恭裕、池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月28日
  • 1型糖尿病濃厚発症家系における疾患感受性遺伝子解析―rare variantの探索―, 川畑由美子、貴志明生、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、原田剛史、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、錦野真理子、山内孝哲、大野恭裕、前川聡、池上博司, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,   2010年05月27日
  • インスリン投与タイミングの最適化:インスリン治療のテーラーメイド化にむけて, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、伊藤裕進、大野恭裕、池上博司, 第107回日本内科学会総会・講演会,   2010年04月11日
  • A Case of Huge Bleeding Thyroid Cyst Successfully Treated with Ethanol Injection Therapy, Itoh H, Ohno Y, Yamauchi T, Park C, Higashimoto T, Murata K, Yamagata S, Moriguchi M, Hiromine Y, Harada T,i Komaki K, Noso S, Kawabata Y, Ikegami H, 14th International Congress of Endocrinology,   2010年03月30日
  • 妊娠中の多発椎体骨折を契機に診断されたクッシング症候群の1例, 守口将典、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山片里美、村田佳織、東本貴弘、朴忠勇、大野恭裕、池上博司, 第83回日本内分泌学会学術総会,   2010年03月26日
  • 速効型インスリン大量皮下投与後のインスリン血中動態:自殺目的にて2400単位皮下注射した症例における検討, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、村田佳織、山片里美、大野恭裕、植嶋利文、藤田周作、池上博司, 第190回日本内科学会近畿地方会,   2009年12月19日
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病との関連解析, 能宗伸輔、川畑由美子、小瀬綾、藤澤智巳、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、錦野真理子、守口将典、村田佳織、山片里美、東本貴弘、朴忠勇、山内孝哲、大野恭裕、池上博司, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • 2型糖尿病経過中に劇症1型糖尿病を発症した症例の臨床的特性, 平田匠、島田朗、今川彰久、粟田卓也、池上博司、内潟安子、大澤春彦、川崎英二、川畑由美子、小林哲郎、清水一紀、高橋和眞、永田正男、牧野英一、丸山太郎、花房俊昭, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • IL7R、IFIH1、CD226の非同義SNPと日本人1型糖尿病との関連の検討, 大崎昌孝、粟田卓也、宮下由美、飯塚裕幸、川崎英二、池上博司、田中昌一郎、小林哲郎、丸山太郎、島田朗、中西幸二、高橋和眞、宇賀美帆、川畑由美子、金澤寧彦、山下富都、大久保智子、栗原進、片山茂裕, 第7回1型糖尿病研究会,   2009年11月07日
  • PEITが有効であった出血性甲状腺嚢胞の1例, 伊藤裕進、山内孝哲、守口将典、川畑由美子、大野恭裕、池上博司, 第52回日本甲状腺学会,   2009年11月05日
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)患者における膵島自己免疫―臨床的病態および遺伝的背景に関する検討―, 守口将典、能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、大野恭裕、池上博司, 第52回日本甲状腺学会,   2009年11月04日
  • ミトコンドリア遺伝子変異を伴いネフローゼ症候群を併発した若年発症糖尿病の一例, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 山内 孝哲, 大野 恭裕, 池上 博司, 第46回日本糖尿病学会近畿地方会,   2009年11月03日
  • 糖尿病患者におけるステロイド投与時のインスリン用量調整の検討, 山片里美、川畑由美子、能宗伸輔、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山内孝哲、大野恭裕、池上博司, 第46回日本糖尿病学会近畿地方会,   2009年11月03日
  • Basal supported oral therapyから強化インスリン療法への変更により眠前中間型インスリン投与量38単位を8単位にまで減量しえた一例, 村田佳織、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、山片里美、東本貴弘、守口将典、朴忠勇、錦野真理子、大野恭裕、池上博司, 第10回日本内分泌学会近畿支部学術集会,   2009年10月24日
  • ミトコンドリア遺伝子変異を有し若年発症糖尿病とネフローゼ症候群を主病態とする1例, 朴 忠勇, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 山内 孝哲, 大野 恭裕, 池上 博司, 第189回日本内科学会近畿地方会,   2009年09月26日
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conferenceの効果, 前田裕弘、川畑由美子、大野恭裕、北野雅之、宮本勝一、西郷和真、三井良之、鶴谷純司、佐藤太郎、岡本勇、中川和彦、佐野博幸、船内正憲、辰巳陽一、松尾理, 第41回日本医学教育学会総会および大会,   2009年07月24日
  • <座長>内分泌・代謝5, 川畑由美子, 第188回日本内科学会近畿地方会,   2009年06月13日
  • MacroadenomaによるCushing病の1例, 墳本一郎、伊藤裕進、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、山片里美、大野恭裕、池上博司, 第188回日本内科学会近畿地方会,   2009年06月13日
  • 1型糖尿病のおけるTCF7L2遺伝子多型の検討, 田中昌一郎、粟田卓也、川?英二、池上博司、丸山太郎、島田朗、中西幸二、高橋和眞、川畑由美子、小林哲郎, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月24日
  • シンポジウム1:1型糖尿病の発症機序はどこまで解明されたか「遺伝素因からみた1型糖尿病発症機序:欧米と日本の対比」, 川畑由美子, 第52回日本糖尿病学会年次学術総会,   2009年05月22日
  • インスリン製剤と投与タイミングの最適化:インスリン治療のテーラーメイド化へむけて, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • 強化インスリン療法における夜間血糖コントロール:眠前SU薬とインスリンの長期追跡調査, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月22日
  • ポスター「IL2, CD226, IL7Rの各多型と日本人1型糖尿病との関連の検討」, 大崎昌孝、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、中西幸二、池上博司、小林哲郎、川﨑英二、金澤寧彦、川畑由美子、田中昌一郎、宇賀美帆、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会,   2009年05月21日
  • High-density SNP Analysis of extended HLA Region in Susceptible DR-DQ Haplotypes in Japanese Population, Kawabata Y, Noso S, Babaya N, Hiromine Y, Ramon Bilbao JR, Ikegami H, 10th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2009年05月
  • Association Study of FCRL3, a Susceptibility Gene to Multiple Autoimmune Diseases, with Type 1 Diabetes., Noso S, Oze-Fukai A, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Fujisawa T, Ohno Y, Ikegami H, 10th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2009年05月
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)患者における膵島自己免疫の実態及び臨床的・遺伝的背景の検討, 守口将典、大野恭裕、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、東本貴弘、池上博司, 第82回日本内分泌学会学術総会,   2009年04月23日
    概要:【目的】AITDにおける膵島自己免疫の実態やその臨床的・遺伝的背景を明らかにする。【方法】当科通院中のAITD患者 816例について病態、臨床背景、GAD抗体価、HLA遺伝子型(DRB1、DQB1)を比較検討した。【結果】AITD患者のGAD抗体陽性率は5.6%と高率であった。GAD抗体陽性AITD患者の糖尿病発症率は、GAD抗体陰性AITD患者に比し有意に高頻度であった。糖尿病合併AITD患者において、GAD抗体陽性者は陰性者に比し糖尿病発症年齢が有意に若く(、AITD発症年齢も有意に若齢であり、BMIが有意に低かった。非糖尿病AITD患者にける同様の比較では有意差を認めなかった。HLA解析ではDRB1*0405-DQB1*0401ハプロタイプが、GAD抗体陽性バセドウ病患者において、抗体陰性者及び健常対照者に比し有意に高頻度であった。GAD抗体陰性AITD患者では健常対象者に比し、DRB1*0803-DQB1*0601ハプロタイプ頻度が高頻度であった。【総括】AITD患者、特にバセドウ病ではGAD抗体陽性率が高く、糖尿病発症との関連が認められた。GAD抗
  • 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)と糖尿病との関連-膵島関連自己抗体と遺伝子解析による検討-, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 池上 博司, 第106回日本内科学会総会・講演会,   2009年04月12日
  • 同一疾患感受性HLAを有し、同胞3人に1型糖尿病を発症した1家系, 貴志明生、川畑由美子、卯木智、泉谷環、田中裕紀、橋本哲也、吉崎健、西尾善彦、前川聡、池上博司、柏木厚典, 第19回臨床内分泌代謝Update,   2009年03月13日
  • <座長>内分泌代謝4, 川畑由美子, 第187回日本内科学会近畿地方会,   2008年11月29日
  • オランザピン内服により高血糖を来した3症例, 伊藤裕進、川畑由美子、守口将典、山片里美、山内孝哲、能宗伸輔、馬場谷成、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第187回日本内科学会近畿地方会,   2008年11月29日
  • 食後血糖制御におけるインスリン製剤と投与タイミングの最適化, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 東本 貴弘, 大野 恭裕, 池上 博司, 第45回日本糖尿病学会近畿地方会,   2008年11月22日
  • <座長>インスリン治療4, 川畑由美子, 第45回日本糖尿病学会近畿地方会,   2008年11月22日
  • 4姉妹中、同胞3人に1型糖尿病を発症した1家系, 貴志明生、卯木智、川畑由美子、泉谷環、田中裕紀、橋本哲也、吉﨑健、西尾善彦、前川聡、池上博司、柏木厚典, 第6回1型糖尿病研究会,   2008年10月18日
  • IL2、CD226、IL7Rの各多型と日本人1型糖尿病との関連の検討, 大崎昌孝、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、中西幸二、池上博司、小林哲郎、川﨑英二、金澤寧彦、川畑由美子、田中昌一郎、宇賀美帆、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第6回1型糖尿病研究会,   2008年10月18日
  • 著明な高ナトリウム血症を呈した尿崩症の1例, 山片里美、伊藤裕進、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、能宗伸輔、廣峰義久、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第186回日本内科学会近畿地方会,   2008年09月06日
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病との関連解析, 能宗伸輔、川畑由美子、山内孝哲、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、守口将典、小瀬綾、大野恭裕、池上博司, 第45回臨床分子医学会学術集会,   2008年07月25日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫・糖尿病発症とHLAの関連, 守口将典、大野恭裕、川畑由美子、山内孝哲、能宗伸輔、小牧克守、原田剛史、馬場谷成、廣峰義久、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、東本貴弘、池上博司, 第64回近畿大学医学会学術講演会,   2008年07月05日
  • 胃切除術8年後に食後反応性低血糖にて発症したインスリノーマの1例, 東本 貴弘, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 左海 真介, 大野 恭裕, 池上 博司, 第185回日本内科学会近畿地方会,   2008年06月07日
  • 2型糖尿病患者におけるBMI・ウエスト周囲径・脂肪面積の相互関係:断面調査の縦断研究, 廣峰義久、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、山片里美、西田紀子、大野恭裕、池上博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • ERBB3遺伝子と日本人1型糖尿病との関連, 飯塚裕幸、粟田卓也、川﨑英二、小林哲郎、池上博司、島田朗、丸山太郎、中西幸二、宇賀美帆、田中昌一郎、川畑由美子、金澤寧彦、栗原進、片山茂裕, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月24日
  • 強化インスリン療法における夜間・空腹時血糖ならびに代謝制御に及ぼす眠前NPHインスリンとSU薬の比較検討, 村田 佳織, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 大野 恭裕, 池上 博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫・糖尿病発症とHLAの関連, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • KIAA0350遺伝子と日本人1型糖尿病との関連, 大崎昌孝、粟田卓也、川﨑英二、小林哲郎、池上博司、島田朗、丸山太郎、中西幸二、宇賀美帆、田中昌一郎、川畑由美子、金澤寧彦、飯塚裕幸、栗原進、片山茂裕, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • 1型糖尿病におけるIL2受容体α遺伝子多型の検討, 川﨑英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、宇賀美帆、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月23日
  • HLA領域の1型糖尿病感受性への関与の病型別解析:日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、池上博司、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、川﨑英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、小林哲郎、花房俊昭、牧野英一、徳永勝士, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会,   2008年05月22日
  • アナフィラクトイド紫斑病を合併した橋本病の高齢男性例, 伊藤 裕進, 大野 恭裕, 村田 佳織, 山片 里美, 守口 将典, 廣峰 義久, 馬場谷 成, 能宗 伸輔, 小牧 克守, 原田 剛史, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 池上 博司, 第81回日本内分泌学会学術総会,   2008年05月18日
  • インスリン治療のテーラメイド化へ向けての検討:速効型と超速効型インスリンの比較, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 池上 博司, 第105回日本内科学会総会・講演会,   2008年04月13日
  • 糖尿病性腎症との鑑別を要し、ステロイドパルス療法が有効であったMPO-ANCA型急速進行性糸球体腎炎の1例, 小牧克守、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、能宗伸輔、馬場谷成、伊藤裕進、池上博司, 第184回日本内科学会近畿地方会,   2007年12月01日
  • <座長>教育シンポジウム 「各科におけるクリニカル・クラークシップ(クリクラ)の現状」, 川畑由美子, 第63回近畿大学医学会学術講演会,   2007年12月01日
  • 強化インスリン療法における夜間血糖コントロールに関する検討, 村田 佳織, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 山片 里美, 池上 博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • 2型糖尿病患者におけるBMIと腹囲の関係, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 伊藤 裕進, 守口 将典, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第44回日本糖尿病学会近畿地方会,   2007年11月03日
  • Congenic Mapping of the MHC-Linked Susceptibility to Type 1 Diabetes in the NOD Mouse: at Least Two Genes Contribute to the Idd16 Effect, Hiromine Y, Fujisawa T, Noso S, Babaya N, Kawabata Y, Ikegami H, 9th International Congress of the Immunology of Diabetes Society and American Diabetes Association Research Symposium,   2007年11月
  • Molecular Scanning of the Gene for Thioredoxin, an Antiapoptotic Protein, and Genetic Susceptibility to Type 1 Diabetes, Ikegami H, Ono M, Fujisawa T, Kawabata Y,, 9th International Congress of the Immunology of Diabetes Society,   2007年11月
  • イブニングシンポジウム-1型糖尿病の遺伝:日本から世界へ- 「Human Leukocyte Antigen (HLA)」, 川畑由美子, 第5回1型糖尿病研究会,   2007年10月13日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の特徴及び糖尿病発症に関する検討, 守口 将典, 大野 恭裕, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 原田 剛史, 小牧 克守, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 村田 佳織, 山片 里美, 池上 博司, 第5回1型糖尿病研究会,   2007年10月13日
  • 甲状腺濾胞腺癌術後に低カリウム血症および横紋筋融解症を呈したシェーグレン症候群の一例, 原田剛史、大野恭裕、山内孝哲、山片里美、村田佳織、守口将典、伊藤裕進、野口周也、馬場谷成、小牧克守、川畑由美子、池上博司, 第80回 日本内分泌学会学術総会,   2007年06月15日
  • Prevention and treatment of obesity and diabetes by bile acid-binding resin, Ikegami H, Kobayashi M, Fujisawa T, Kawabata Y, Wakayama Forum on Type 2 Diabetes,   2007年06月06日
  • 1型糖尿病疾患感受性遺伝子の病型別解析:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、小林哲郎、花房俊昭、川﨑英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、佐藤讓、高橋和眞、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、下川耕太郎、池上博司、牧野英一、徳永勝士, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 同一施設567例におけるメトホルミンの有効性と安全性に関する検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、守口将典、村田佳織、山片里美、池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • IL-21-IL-21受容体システムと1型糖尿病の遺伝的疾患感受性, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、西野正紀、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、新堂修康、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 1型糖尿病および自己免疫性甲状腺疾患におけるPTPN22遺伝子多型の検討, 川﨑英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月26日
  • 糖尿病の病型別にみた膵島関連自己抗体:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会の委員施設における中間成績, 田中昌一郎、粟田卓也、島田朗、丸山太郎、村尾敏、鴨井久司、中西幸二、藤井寿美枝、永田正男、川崎英二、池上博司、川畑由美子、中山秀隆、佐藤讓、高橋和眞、内潟安子、金塚東、花房俊昭、今川彰久、清水一紀、大澤春彦、岩橋博見、梶尾裕、下川耕太郎、小林哲郎、牧野英一, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • 自己免疫疾患の臓器特異性に関する研究:自己免疫性甲状腺疾患における膵島自己免疫の病態ならびに背景因子, 守口将典、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、伊藤裕進、村田佳織、山片里美、池上博司, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • 2型糖尿病の遺伝解析:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子SUMO4は2型糖尿病の疾患感受性とも関連する, 能宗伸輔、池上博司、藤澤智巳、川畑由美子、浅野克明、廣峰義久、深井綾、新堂修康、荻原俊男, 第50回日本糖尿病学会年次学術集会,   2007年05月25日
  • メトホルミンの有効性と安全性:同一施設における567例の検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、原田剛史、小牧克守、馬場谷成、野口周也、池上博司, 第104回日本内科学会総会・講演会,   2007年04月04日
  • インスリン遺伝子コピー数と耐糖能:インスリン遺伝子KOマウスを用いた検討, 馬場谷成、中山真紀、川畑由美子、George Eisenbarth、池上博司, 第21回日本糖尿病動物研究会年次学術集会,   2007年02月10日
  • 低容量メトフォルミンによる血糖コントロール改善効果に関する検討, 伊藤裕進、大野恭裕、山内孝哲、川畑由美子、池上博司, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • Programmed cell death-1遺伝子と1型糖尿病:多型スクリーニングと関連解析, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、新堂修康、小林美里、荻原俊男, 第43回日本糖尿病学会近畿地方会,   2006年11月18日
  • N-type Calcium Channel Blockade in Diabetic Nephropathy, Fujisawa T, Ikegami H, Noso S, Hiromine Y, Kawabata Y, Asano K, Nojima K, Fukai A, Shindo N, Ogihara T, The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,   2006年10月16日
  • 1型糖尿病候補遺伝子の網羅的解析:日本糖尿病学会緩徐進行1型糖尿病調査委員会における多施設共同研究(中間報告), 川畑由美子、粟田卓也、丸山太郎、島田朗、小林哲郎、花房俊昭、川?英二、永田正男、中西幸二、鴨井久司、藤井寿美枝、金塚東、中山秀隆、高橋和眞、佐藤譲、内潟安子、今川彰久、田中昌一郎、岩橋博見、清水一紀、村尾敏、大澤春彦、梶尾裕、下川耕太郎、池上博司、牧野英一, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • 2型糖尿病の加療中にインスリン分泌の低下と自己抗体の陽性化を認め1型と診断された一例, 山片里美、川畑由美子、山内孝哲、原田剛史、小牧克守、野口周也、伊藤裕進、守口将典、村田佳織、大野恭裕、池上博司, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • MHC領域の1型糖尿病疾患感受性遺伝子座(Idd16)のコンジェニック解析, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、新堂修康、小林美里、荻原俊男, 第4回1型糖尿病研究会,   2006年10月07日
  • IL-21-IL-21受容体システムと1型糖尿病の遺伝的疾患感受性, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、西野正紀、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、新堂修康、荻原俊男, 第43回日本臨床分子医学会学術集会,   2006年07月20日
  • 高齢者1型糖尿病の治療:インスリンアナログの導入によるインスリン皮下持続注入療法からの離脱の可能性の検討, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、浅野克明、荻原俊男, 第48回日本老年医学会学術集会,   2006年06月07日
  • Bile-Acid Binding Resin Ameliorates Glycemic Control in Patients with Type 2 Diabetes, Kawabata Y, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Noso S, Asano K, Hiromine Y, Fukai A, Kobayashi M, Ogihara T, 66th Scientific Sessions of American Diabetes Associations,   2006年06月
  • Prevention of Obesity,Insullin Resistance and Type2 Diabetes by a Bile-Acid Binding Resin, Kobayashi M, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Kawabata Y, Noso S, Hiromine Y, Ohihara T, 66th Scientific Sessions of American Diabetes Associations,   2006年06月
  • 1型糖尿病患者における基礎インスリン分泌の重要性:基礎注入量可変持続皮下注入ポンプを用いた夜間血糖コントロールの検討, 深井綾、池上博司、藤澤智巳、川畑由美子、廣峰義久、野嶋孝次、能宗伸輔、浅野克明、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 連鎖不平衡法によるIDDM1領域の微細マッピング:多重ロジスティック回帰分析を用いた検討, 川畑由美子、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、能宗伸輔、浅野克明、廣峰義久、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • PTPN22遺伝子多型の同定と日本人1型糖尿病における解析, 川崎英二、粟田卓也、池上博司、小林哲郎、丸山太郎、中西幸二、島田朗、栗原進、川畑由美子、田中昌一郎、金澤寧彦、江口勝美, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • 1型糖尿病の遺伝解析:SUMO4遺伝子Met55Val多型はアジア人1型糖尿病と関連する, 能宗伸輔、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、浅野克明、廣峰義久、深井綾、小林美里、杉原茂孝、川崎英二、粟田卓也、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • Programmed cell death-1 遺伝子と1型糖尿病との関連, 廣峰義久、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、浅野克明、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • IL-21 遺伝子の多型検索および1型糖尿病との関連解析, 浅野克明、池上博司、藤澤智巳、野嶋孝次、川畑由美子、能宗伸輔、廣峰義久、深井綾、小林美里、荻原俊男, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会,   2006年05月26日
  • L型N型カルシウム拮抗薬の糖尿病腎症に対する臨床効果, 藤澤智巳、池上博司、川畑由美子、野嶋孝次、西野正紀、能宗伸輔、浅野克明、廣峰義久、深井綾、荻原俊男, 第103回日本内科学会総会・講演会,   2006年04月15日

MISC

  • 糖尿病の遺伝素因:多因子疾患「1型糖尿病」, 川畑由美子, 月刊糖尿病, 9, 7, 45, 56,   2017年07月
  • 第19回研究報告書(平成25年度)「甲状腺中毒性周期性四肢麻痺における遺伝素因の解明」, 伊藤裕進、能宗伸輔、馬場谷成、廣峰義久、川畑由美子、池上博司, 大阪難病研究財団研究報告集(平成25年度~平成26年度), 11, 14,   2017年03月
  • Immune checkpoint therapy and type 1 diabetes, Ikegami H, Kawabata Y, Noso S, Diabetology International, 7, 3, 221, 227,   2016年09月
  • 分担研究報告書「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成」, 伊藤鉄英、李倫學、河邉顕、五十嵐久人、池上博司、川畑由美子、丹藤雄介、阪上順一、正宗淳、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「難治性膵疾患に関する調査研究」平成27年度 総括・分担研究報告書, 136, 139,   2016年03月
  • 分担研究報告書「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成:膵切除後糖尿病の病態と治療」, 池上博司、川畑由美子、廣峰義久、伊藤鉄英、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「難治性膵疾患に関する調査研究」平成27年度 総括・分担研究報告書, 140, 142,   2016年03月
  • MafA遺伝子改変動物を用いた膵島特異的免疫寛容誘導と1型糖尿病発症阻止, 能宗伸輔、池上博司、川畑由美子、馬場谷成, ノボノルディスクファーマ インスリン研究助成2014報告書集, 15,   2016年02月
  • インスリン依存という体質:1型糖尿病と膵全摘の対比, 池上博司、廣峰義久、能宗伸輔、川畑由美子, 日本体質医学会雑誌, 78, 1, 7, 12,   2016年02月
  • 経口糖尿病治療薬は何種類まで併用可能か, 川畑由美子, 糖尿病診療マスター, 13, 6, 469, 473,   2015年06月
  • 分担研究報告書 「膵性糖尿病の実態調査と治療指針の作成:膵切除後糖尿病の病態と治療」, 池上博司、伊藤鉄英、廣峰義久、川畑由美子、亀井敬子、松本逸平、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 「難治性膵疾患に関する調査研究」 平成26年度総括・分担研究報告書, 102, 103,   2015年03月
  • 分担研究報告書 「膵性糖尿病の全国疫学調査および治療指針の作成」, 伊藤鉄英、池上博司、川畑由美子、李倫學、丹藤雄介、阪上順一、正宗淳、竹山宜典, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 「難治性膵疾患に関する調査研究」 平成26年度総括・分担研究報告書, 99, 101,   2015年03月
  • 糖尿病患者の「手足が重い」、ここがキケン!→脳血管障害, 貫戸幸星、川畑由美子、池上博司, Expert Nurse, 31, 1, 86, 89,   2014年12月
  • 1型糖尿病(典型例vs緩徐・劇症,残存例vs廃絶例), 川畑 由美子, 月刊糖尿病, 5, 7, 99, 110,   2013年07月
  • Graves病の遺伝子解析:HLA ClassⅠの関与, 村田 佳織, 川畑 由美子, 能宗 伸輔, 山内 孝哲, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 伊藤 裕進, 朴 忠勇, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 75, 1, 74, 78,   2013年02月
  • 1型糖尿病の概念~日本と欧米の共通点・相違点~, 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Frontier, 23, 3, 260, 266,   2012年06月
  • エビデンスからみた合併症の予後:DCCTとmetabolic memory, 川畑 由美子, 月刊糖尿病, 3, 12, 14, 22,   2011年11月
  • <海外文献紹介>治療「心筋梗塞既往および非既往2型糖尿病におけるインスリン分泌促進薬に関連した死亡ならびに心血管系リスクのメトホルミン治療との比較:全国規模研究」, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Ftontier, 22, 5, 570, 571,   2011年10月
  • 臨床に役立つQ&A 1.高齢者糖尿病患者にビグアナイド薬をいかに使うか, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, Geriatric Medicine<老年医学>, 49, 8, 903, 905,   2011年08月
  • 複数の自己免疫疾患に対する疾患感受性遺伝子FCRL3と1型糖尿病の関連解析, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 池上 博司, 大阪難病研究財団研究報告集(平成19年度~平成21年度), 274, 278,   2011年08月
  • 1型糖尿病の成因の分子遺伝学的研究, 川畑 由美子, 大阪難病研究財団研究報告書(平成19年度~平成21年度), 19, 22,   2011年08月
  • Journal Club「日本人高齢2型糖尿病患者におけるメトホルミンの効果と安全性の検討」, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病の最新治療, 2, 2, 90, 91,   2011年02月
  • インスリン転写調節因子MafAは胸腺におけるインスリン発現と1型糖尿病疾患感受性に関与する, 能宗 伸輔, 片岡 浩介, 川畑 由美子, 馬場谷 成, 廣峰 義久, 藤澤 智巳, 池上 博司, 日本体質医学会雑誌, 73, 1, 18, 23,   2011年02月
  • <糖尿病診断基準2010-臨床での応用と実際->1型糖尿病関連診断基準に関する項目「急性発症自己免疫性1型糖尿病」, 川畑由美子、池上博司, 糖尿病レクチャー, 1, 3, 561, 566,   2011年01月
  • チアゾリジン系薬/ビグアナイド薬の配合剤, 村田 佳織, 川畑 由美子, 池上 博司, PROGRESS IN MEDICINE, 31, 1, 69, 73,   2011年01月
  • 糖尿病の早期治療:病態に応じた治療方針の立て方「インスリン依存状態」, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病診療2010, 139, 特別(2), 122, 125,   2010年10月
  • 質疑応答「ビグアナイドの高齢者への投与禁忌」, 川畑 由美子, 池上 博司, 日本医事新報, 4502, 78, 79,   2010年08月
  • 母親が緩徐進行1型糖尿病, 息子が急性発症1型糖尿病を発症した1親子例 : 日本における家族内発症1型糖尿病の臨床像についての検討, 加島 尋, 日高 周次, 近藤 誠哉, 明石 光伸, 吉村 充弘, 川畑 由美子, 池上 博司, 吉松 博信, 糖尿病, 53, 6, 406, 418,   2010年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026604453
  • HLAと疾患-最新トピックス「1型糖尿病とHLA―サブタイプでの相違」, 川畑 由美子, 池上 博司, 医学のあゆみ, 233, 13, 1202, 1206,   2010年06月
  • 1型糖尿病関連遺伝子の現状, 伊藤 裕進, 川畑 由美子, 池上 博司, 医学のあゆみ, 232, 12, 1179, 1183,   2010年03月
  • 1型糖尿病の体質, 池上 博司, 能宗 伸輔, 川畑 由美子, 日本体質医学会雑誌, 72, 1, 18, 25,   2010年02月
  • 1型糖尿病治療のエビデンス, 川畑 由美子, 池上 博司, 治療学, 44, 1, 14, 19,   2010年01月
  • 糖尿病合併例におけるレジンの位置づけ, 川畑 由美子, 池上 博司, 見直されたレジン(陰イオン交換樹脂)―その位置づけと使い方―, 1, 1, 64, 71,   2010年01月
  • 1型糖尿病の成因:遺伝因子HLA , 川畑 由美子, 月刊糖尿病, 1, 6, 16, 23,   2009年11月
  • 1型糖尿病関連遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病, 52, 8, 665, 667,   2009年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025606518
  • 1型糖尿病, 馬場谷 成, 川畑 由美子, 池上 博司, 小児科, 50, 7, 1158, 1164,   2009年06月
  • 1型糖尿病の発症予防, 川畑 由美子, 池上 博司, からだの科学, 261, 178, 183,   2009年05月
  • 胸腺におけるインスリン発現調節機構の解明と1型糖尿病治療への展開, 池上博司、川畑由美子、能宗伸輔、馬場谷成, ノボノルディスクファーマ インスリン研究助成2007報告書集, 15,   2009年02月
  • 1型糖尿病と遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, メディカルバイオ, 5, 6, 36, 42,   2008年11月
  • 1型糖尿病疾患感受性遺伝子, 川畑 由美子, 池上 博司, 新時代の糖尿病学(2)-病因・診断・治療研究の進歩-(日本臨牀), 66, 増刊4, 158, 163,   2008年06月
  • 1型糖尿病の成因:遺伝因子(HLA), 川畑 由美子, 池上 博司, Diabetes Frontier, 19, 2, 169, 173,   2008年04月
  • 代謝内科からみたメタボリックシンドローム(研修医のための教育講座), 川畑 由美子, 近畿大学医学雑誌, 32, 3, 175, 178,   2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025574
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conference (CPC)の効果(医学教育シリーズ), 前田 裕弘, 林 孝浩, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 北野 雅之, 宮本 勝一, 西郷 和真, 三井 良之, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 佐野 博幸, 船内 正憲, 辰巳 陽一, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 57, 63,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025541
  • 1型糖尿病予防の現状, 川畑 由美子, 池上 博司, ホルモンと臨牀, 54, 12, 1075, 1079,   2006年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020295955
  • Genetics of type 1 diabetes: similarities and differences between Asian and Caucasian populations, Ikegami H, Fujisawa T, Kawabata Y, Noso S, Ogihara T, Immunology of Diabetes IV: Progress in Our Understanding / Annals of the New York Academy of Sciences, 1079, 51, 59,   2006年10月, 10.1196/annals.1375.008
  • 1型糖尿病における代謝管理と細小血管障害, 川畑 由美子, 池上 博司, 糖尿病診療マスター, 4, 6, 691, 694,   2006年09月
  • ヒト疾患における遺伝要因のゲノム的解析と分子病態の解明(略称:ゲノム医科学) 「1型糖尿病遺伝子の機能解析に基づくテーラーメイド医療の構築」, 池上博司、藤澤智巳、川畑由美子, 2000年度~2004年度科学研究費補助金 特定領域研究研究成果報告書, 276, 278,   2006年03月
  • SLC11A1 遺伝子 Z-DNA多型の1型糖尿病感受性への関与, 西野 正紀, 池上 博司, 川畑 由美子, 藤澤 智巳 小野 雅也 荻原 俊男, 日本臨床分子医学会記録, 40, 58,   2004年03月
  • アジア系ハプロタイプ解析により見いだされたIDDM1の遺伝特性, 川畑 由美子, 池上 博司, 川口 義彦 藤澤 智巳 新谷 真紀 小野 雅也 西野 正紀 荻原 俊男, 日本臨床分子医学会記録, 39, 62,   2002年09月

競争的資金

  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C), 1型糖尿病濃厚発症家系を用いた1型糖尿病疾患感受性遺伝子の同定と機能解析, 川畑由美子
  • 文部科学省(日本学術振興会), 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C), 主要組織適合遺伝子複合体領域の1型糖尿病遺伝子の同定と機能解析, 川畑由美子