KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

荻原 昭夫オギハラ アキオ

プロフィール

所属部署名工学部 情報学科 / システム工学研究科
職名教授/学生部長補佐
学位博士(工学)
専門メディア情報処理
ジャンル情報・メディア/メディアと社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/247-ogihara-akio.html
ホームページURLhttp://www.hiro.kindai.ac.jp/faculty/facultyguide/infosystem/laboratory/lab-07.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ディジタル化された音楽コンテンツ(CDやダウンロードなど)を対象とした情報処理技術を研究しています。特に、インターネット上で横行している音楽や映画の海賊版を防ぐ技術についてです。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, 大阪府立大学, 工学研究科, 電気工学専攻
  •  - 1989年, 大阪府立大学, 工学研究科, 電気工学専攻
  •  - 1987年, 大阪府立大学, 工学部, 電気工学科

経歴

  •   1992年04月,  - 1995年03月, 大阪府立大学(助手)
  •   1995年04月,  - 1999年03月, 大阪府立大学(講師)
  •   1999年04月,  - 2007年03月, 大阪府立大学(助教授)
  •   2007年04月,  - 2012年03月, 大阪府立大学(准教授)
  •   2012年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 知能情報学
  • 情報学, 知覚情報処理・知能ロボティクス
  • 情報学, 感性情報学・ソフトコンピューティング
  • 電気電子工学, 電子デバイス・電子機器

研究キーワード

  • 音楽情報処理, 音声情報処理, 音楽電子透かし, マルチメディア, 画像処理, 視聴覚融合, 情報セキュリティ, 生体情報, 個人認証, 音響信号処理, 電子回路

論文

  • A study of audio watermarking method using non-negative matrix factorization, Harumi Murata, Akio Ogihara, IEEE International Symposium on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting, BMSB, 2016-July,   2016年07月25日
    概要:© 2016 IEEE.In this paper, we propose an audio watermarking method using non-negative matrix factorization (NMF). The amplitude spectrogram of the host signal is decomposed the basis matrix and the activation matrix by NMF. These matrices are non-negative matrices and we use the activation matrix for embedding watermarks. Onset time and offset time are estimated from the coefficients of activation matrix and this interval is defined as note duration. The estimated notes are regarded as root notes and watermark are embedded by operating the activation coefficients of mediant or dominant note corresponding to root note.
  • Digital watermark for real musical instrument sounds using non-negative matrix factorization, Harumi Murata, Akio Ogihara, Proc. 2016 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 677, 680,   2016年07月, 査読有り
  • A study of audio watermarking method using nonharmonic note as watermark signal, Harumi Murata, Akio Ogihara, 2015 15th International Symposium on Communications and Information Technologies, ISCIT 2015, 117, 120,   2016年04月22日
    概要:© 2015 IEEE.A digital watermark is a technique to embed another digital data into digital contents such as music, image and movie. For audio signals, it is required that the sound quality of stego signal is not deteriorated. In existing methods, the high sound quality means that the difference between host signal and stego signal is small. On the other hand, in this paper, there is no problem even if a different sound from host signal is perceived as long as stego signal is maintained as music. Accordingly, we make a countermelody based on counterpoint and we propose a watermarking method that the countermelody is added to host signal as watermark signal. In this paper, we introduce not only chord tone but also nonharmonic note as an effective musical accent to watermark signal. Moreover, multiple notes can be arranged in one note of host signal, and it is expected to increase the embedding capacity of watermarks.
  • An Audio Watermarking Method Using Tones of Diatonic Chord, Harumi Murata, Akio Ogihara, Proceedings - 2015 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, IIH-MSP 2015, 156, 159,   2016年02月19日
    概要:© 2015 IEEE.For audio signals, the sound quality of the stego signal should not deteriorate as much as host signal. With current methods, high sound quality means that the difference between the host and stego signals is small. We proposed a method with which high sound quality means that the sound quality of the stego signal is maintained as music even if another sound, except for host signal, is perceived. Accordingly, we focused on the counterpoint of music theory. A watermark signal is added in consonance to the tones of the host signal based on counterpoint. For this study, we used a diatonic chord as consonance. We also used a sound with an instrumental timbre as the watermark signal. The sound quality of the stego signal does not produce an unpleasant feeling to the listener even if the watermark signal is perceived.
  • Experimental use of learning environment by posing problem for learning disability, Sho Yamamoto, Tsukasa Hirashima, Akio Ogihara, Studies in Computational Intelligence, 619, 101, 112,   2016年01月01日
    概要:© Springer International Publishing Switzerland 2016.In this paper, we described about a design of learning environment based on information structure and a realization of problem posing for learning disability. We design and developed software by modeling information structure of subject that is operated on software. In this research, we aimed at the domain of education and developed a learning environment for posing arithmetic word problem. Problem posing is well-known as effective learning. But students who have learning disability are impossible to learn by this exercise because they cannot pose the problem from scratch and cannot read complex sentence. However, learner is able to pose a word problem by selecting three cards in our software. So we assumed that these learners are able to learn by problem posing by using our learning environment. Experimental use is also reported.
  • Sound quality evaluation for audio watermarking based on phase shift keying using BCH code, Harumi Murata, Akio Ogihara, Masaki Uesaka, IEICE Transactions on Information and Systems, E98D, 89, 94,   2015年01月01日
    概要:Copyright © 2015 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. Yajima et al. proposed a method based on amplitude and phase coding of audio signals. This method has relatively high sound quality because human auditory property is considered for embedding. However, in this method, the tolerance to attacks tends to be weak. Hence, we propose a high-tolerance watermarking method using BCH code which is one of error correcting code. This paper evaluates whether our method preserves the sound quality while ensuring high tolerance.
  • An audio watermarking method using pitch-transformed sound of original music, Harumi Murata, Akio Ogihara, Proceedings - 2014 10th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, IIH-MSP 2014, 268, 271,   2014年01月01日
    概要:© 2014 IEEE. In this paper, we propose an audio watermarking method using processed sound of music. For audio signals, watermarks are embedded in time domain or Fourier domain. In existing methods, it is required that noises are not perceived in stego signal. On the other hand, in the proposed method, there is no problem even if a different sound from host signal is perceived when stego signal is maintained as music. Accordingly, we use watermark signal which has same timbre as host signal by processing original music data itself. In this paper, we use pitch-transformed sound as processed sound of original music data and we intend to improve the subjective sound quality of stego signal.
  • An audio watermarking method for music having sparse representation, Harumi Murata, Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi, ISPACS 2013 - 2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, 51, 54,   2013年12月01日
    概要:In this paper, we propose a new watermarking method based on modification of sound pressure level between microphones. We focus on two characteristics of sound source. One is location of a dominant sound source will be maintained even if signal processing like MP3 compression is performed. Two is deterioration of sound quality is imperceptible even if location of a dominant sound source is modified slightly. By using these characteristics, it is confirmed that we can embed the watermark information with high sound quality and high robustness to MP3 compression. Moreover, we confirm the validity of proposed method using music data having sparse representation. © 2013 IEEE.
  • Blind audio watermarking based on multiplicative patchwork method with extension of embedding region, Harumi Murata, Akio Ogihara, Masaru Yamamoto, Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 653, 656,   2013年07月, 査読有り
  • Application of synchronization code to multiple audio watermarking method based on average of absolute amplitude, Akio Ogihara, Harumi Murata, Natsumi Kishimoto, Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 657, 660,   2013年07月, 査読有り
  • An audio watermarking method based on modification of sound pressure level between microphones, Harumi Murata, Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi, Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 669, 672,   2013年07月, 査読有り
  • 単一楽器演奏曲を対象とするサンプリング音を用いた音楽電子透かし法, 村田 晴美, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽, 電子情報通信学会論文誌(D), J96-D, 4, 941, 951,   2013年04月01日, 査読有り
  • An audio watermarking method using sampled sound for polyphonic music, Harumi Murata, Akio Ogihara, Motoi Iwata, Michifumi Yoshioka, Proc. 12th International Symposium on Communications and Information Technologies, 104, 109,   2012年10月, 査読有り
  • Sound quality improvement by converting an embedding domain for blind audio watermarking based on multiplicative patchwork method, Harumi Murata, Masaru Yamamoto, Akio Ogihara, Takeyuki Funabashi, Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2012年07月, 査読有り
    概要:論文番号 D-W1-05
  • Relationship between GOS length and tolerance to MP3 in multiple audio watermarking method based on average of absolute amplitude and variance of amplitude, Akio Ogihara, Natsumi Kishimoto, Harumi Murata, Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2012年07月, 査読有り
    概要:論文番号 F-W1-05
  • An audio watermarking method based on musical instrument identification, Harumi Murata, Akio Ogihara, Motoi Iwata, Michifumi Yoshioka, Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2012年07月, 査読有り
    概要:論文番号 F-W2-01
  • An application of blind source separation to audio watermarking, Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi, Harumi Murata, Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2012年07月, 査読有り
    概要:論文番号 F-W2-03
  • A sound quality improve method for phase shift keying based audio watermarking considering masking curve, Akio Ogihara, Masaki Uesaka, Shigetoshi Hayashi, Harumi Murata, Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2012年07月, 査読有り
    概要:論文番号 F-W2-02

書籍等出版物

  • コンピュータ通信とネットワーク(第2版), 共立出版株式会社,   1995年
  • コンピュータ通信とネットワーク(第3版), 共立出版株式会社,   1998年
  • コンピュータ通信とネットワーク(第4版), 共立出版株式会社,   2000年
  • コンピュータ通信とネットワーク(第5版), 共立出版株式会社,   2002年
  • コンピュータネットワークの基礎, 共立出版株式会社,   2005年

講演・口頭発表等

  • ARを利用した道路交通標識の意味理解支援システムの試験的評価, 宮原豪希, 山元翔, 荻原昭夫, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年10月17日
  • 音楽電子透かしを用いたユーザ位置推定法の検討, 荻原昭夫, 安原尚吾, 村田晴美, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2016年10月17日
  • ホスト信号と透かし信号の基底を分離した非負値行列因子分解による音楽電子透かし法, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年09月08日
  • 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かしの埋め込み方法の考察, 村田晴美, 荻原昭夫, 情報科学技術フォーラム講演論文集,   2016年08月23日
  • 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かし法の埋め込み容量の改善, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年05月12日
  • 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かし法の埋め込み容量の改善, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年05月12日
  • 脳波信号による音質評価法の検討(第2報), 荻原昭夫, 村田晴美, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM),   2016年03月01日
  • 非負値行列因子分解による実演奏音に対する電子透かし法, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年02月24日
  • 楽曲の調判定と非負値行列因子分解を利用した音楽電子透かし法の検討, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年01月11日
  • 同時発音に関する制約を用いたNMFによるエレキベースの音高・発音時刻推定, 山本清高, 村田晴美, 荻原昭夫, 目加田慶人, 電子情報通信学会技術研究報告,   2015年12月04日
  • 非負値行列因子分解を利用した音楽電子透かし法の検討, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2015年11月05日
  • 変化率を用いた楽曲聴取時の脳波のパワースペクトルの特徴抽出, 藤木祥平, 荻原昭夫, 村田晴美, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年10月10日
  • 空間分割法を適用したサラウンド音楽電子透かしに関する研究, 番匠真, 荻原昭夫, 村田晴美, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年10月10日
  • AR技術による運転行動の安全性向上に関する研究, 宮原豪希, 山元翔, 荻原昭夫, 電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年10月10日
  • 振幅および位相特性に基づく音楽電子透かし法における位相領域の細分化による埋め込み容量の増大, 鈴木啓太, 村田晴美, 荻原昭夫, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年09月18日
  • 発音時刻の直交性を考慮したNMFによるエレキベースの音高・発音時刻推定, 山本清高, 村田晴美, 荻原昭夫, 目加田慶人, 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM),   2015年09月18日
  • 特別支援におけるタブレットを用いた学習支援システムの実践利用, 山元翔, 平嶋宗, 荻原昭夫, 情報科学技術フォーラム講演論文集,   2015年08月24日
  • コード進行を利用した音楽電子透かし法, 村田晴美, 荻原昭夫, 情報科学技術フォーラム講演論文集,   2015年08月24日
  • 非和声音を透かし信号として利用した音楽電子透かし法の検討, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2015年03月05日
  • 脳波信号による音質評価法の検討, 荻原昭夫, 村田晴美, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM),   2015年02月24日
  • 音楽電子透かし法における楽曲の調判定を用いた音質の改善, 村田晴美, 荻原昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   2015年01月21日
  • 対位法を利用した音楽電子透かし法の検討 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 村田 晴美, 荻原 昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,   2014年11月20日
  • A-15-21 脳波信号による食品の嗜好性評価の検討(A-15.ヒューマン情報処理,一般セッション), 荻原 昭夫, 村田 晴美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • D-21-8 モニターの設置位置によるドライバーの反応時間への影響(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,一般セッション), 荻原 昭夫, 中原 大二朗, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • BCH符号を用いた位相変調に基づく音楽電子透かしの音質評価 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 村田 晴美, 荻原 昭夫, 上阪 昌毅, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,   2014年01月27日
  • 情報ハイディングへの音楽理論の応用(異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般), 荻原 昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告. EMM, マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,   2013年11月07日
    概要:情報ハイディング技術は「ステガノグラフィ」と「電子透かし」に大別される.ステガノグラフィにおいてはステゴデータに不自然さが認められることは回避したい.電子透かしにおいても,透かしの埋め込み処理の影響をステゴデータから知覚されることは回避したい.換言するならば,情報ハイディング技術を適用したステゴデータから不自然さや違和感を感じないことが重要であるといえる.技術的にはカバーデータとの比較によりステゴデータの品質の良否が議論されることが多い.具体的な客観的評価指標としては,音響信号においてはSNRやODG,画像・映像信号においてはPSNRやSSIMが用いられる場合が多い.一方,情報ハイディング技術を応用したシステムを実際に運用する場合には,カバーデータがユーザに提示されるとは限らず,むしろ提示されない場合が多いと考えられる.そこで本稿では,カバーデータとの差異に捉われることなく,聴覚的あるいは音楽的に自然なステゴデータを得ることを目的として,音楽理論を情報ハイディングへ応用した音楽電子透かし手法について述べる.
  • 音源分離技術を用いた音楽電子透かし法(異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般), 村田 晴美, 荻原 昭夫, 電子情報通信学会技術研究報告. EMM, マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,   2013年11月07日
    概要:音楽電子透かしでは,透かしを埋め込んだ後でも音質が良くなければならないことが求められる.透かしを埋め込んだ後であっても音質を良くするために,本稿では単なる信号処理ではなく音楽理論の観点から楽曲を取り扱う.その一つとして,楽曲に含まれている音色と同じ音をある条件下で加えたとき,違和感が生じない場合があり得ると考えられる.しかし,加えた音が音楽として成立していなければ,音色が同じというだけでは違和感が生じてしまう.そこで本稿では,音楽理論のうち協和音に着目し,演奏音と協和音の関係になるように信号を加えることで,透かしを埋め込んだ後でも音質の良い楽曲を得る手法を提案する.
  • K-021 乗法的パッチワーク法に基づく音楽電子透かしにおける埋め込み領域の拡張(K分野:教育工学・福祉工学・マルチメディア応用,一般論文), 村田 晴美, 荻原 昭夫, 情報科学技術フォーラム講演論文集,   2013年08月20日
  • D-21-4 2次元表示画像と3次元表示画像の距離知覚性能比較(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 荻原 昭夫, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2013年03月05日
  • 第1回音響電子透かしコンテスト実施結果とその講評(異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般), 西村 明, 荻原 昭夫, 鵜木 祐史, 近藤 和弘, 電子情報通信学会技術研究報告. EMM, マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,   2012年11月09日
    概要:情報ハイディング及びその評価基準(IHC)研究会において定めた評価基準に従い,著作権管理を目的とする強耐性音響電子透かし技術を評価するコンテストを実施した.基準を満たさない技術および締切を過ぎた応募も,評価基準認定の対象外ではあるが受け付け,全体で6件の応募があった.その結果,コンテスト応募期間内に評価基準をクリアした技術は無かったが,締切後に応募された技術のなかからは,評価基準をクリアした技術が2つ得られた.応募された報告書に記載された評価結果および技術内容を概観することにより,音響電子透かし技術の現状と課題を明らかにした.今後もこのような統一評価基準に基づくコンテストを繰り返すことにより,情報ハイディング技術のさらなる向上が見込めるであろう.
  • 位相変調に基づく音楽電子透かしにおける評価実験, 上阪 昌毅, 荻原 昭夫, 林 繁利 村田 晴美 , 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,   2012年10月, 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会
  • 乗法的パッチワーク法に基づくブラインド型音楽電子透かしにおける耐性実験, 山本 優, 荻原 昭夫, 村田 晴美, 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,   2012年10月, 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会
  • ブラインド音源分離を利用した音楽電子透かし, 荻原 昭夫, 林 繁利 , 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会,   2012年10月, 平成24年度(第63回)電気・情報関連学会中国支部連合大会
  • 音響電子透かし技術の評価基準と評価コンテスト, 西村 明, 荻原 昭夫, 鵜木 祐史, 近藤 和弘, 薗田 光太郎, 岩村 惠市, 立花 隆輝,   2012年03月
  • 音響信号に対する情報ハイディングの評価基準, 西村 明, 荻原 昭夫, 鵜木 祐史, 近藤 和弘, 薗田 光太郎, 岩村 惠市, 立花 隆輝,   2012年03月
    概要:論文番号3-1-24
  • 音源同定に基づく音楽電子透かし法における攻撃耐性評価, 村田 晴美, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2012年03月
  • 音響信号に対する情報ハイディング技術の評価基準, 西村 明, 荻原 昭夫, 鵜木 祐史, 近藤 和弘, 薗田 光太郎, 岩村 惠市, 立花 隆輝,   2012年02月
    概要:論文番号3F1-4
  • 表色系変換と同時に透かしを埋め込む電子透かし法, 池本 貴雄, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2012年02月
    概要:論文番号3F2-2
  • 印刷取り込みによる幾何歪みや色変化に対する耐性を向上させた電子透かし法, 山本 和也, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2012年02月
    概要:論文番号3F2-1
  • 音響信号に対する情報ハイディング及びその評価基準の検討, 西村 明, 荻原 昭夫, 鵜木 祐史, 近藤 和弘, 薗田 光太郎, 岩村 惠市, 立花 隆輝,   2011年12月
    概要:論文番号EMM2011-61
  • 複数楽器演奏曲を対象とする音源同定を用いた音楽電子透かし法, 村田 晴美, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2011年12月
    概要:論文番号EA2011-100
  • 時間-周波数マスキングを考慮した音楽電子透かし, 林 繁利, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2011年10月
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしと振幅の分散の増減に基づく音楽電子透かしの併用, 木作 かおり, 荻原 昭夫, 岸本なつみ 岩田 基 汐崎 陽,   2011年10月
  • 振幅の分散を用いた音楽電子透かしの埋め込みの多重化, 岸本 なつみ, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽,   2011年10月
  • 人間の心理聴覚特性を利用した音楽電子透かしにおける音質の改善, 上阪 昌毅, 荻原 昭夫, 林 繁利 岩田 基 汐崎 陽,   2011年10月
  • ケプストラム領域における乗法的パッチワーク法に基づいた音楽電子透かし, 山本 優, 荻原 昭夫, 村田 晴美 岩田 基 汐崎 陽,   2011年10月
  • Improvement of multiplicative patchwork audio watermarking by modifying both subsets, 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2011年
  • An audio watermarking method by using sampling sound source, 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2011年
  • An audio watermarking method based on variance of amplitude modification, 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2011年
  • A phase shift keying based audio watermarking method in consideration of masking curve, 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2011年
  • 音高推定結果を考慮した単一楽器音に対する音楽電子透かし法, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2010年
  • 電子透かし法における適切な色変換方法の検証, 2010年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2010年
  • 透かし入り画像の画質劣化の形式や下限を規定可能な電子透かし法, 2010年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2010年
  • 自動採譜結果を利用したオーディオ信号への電子透かし, 2010年 電子情報通信学会総合大会,   2010年
  • 演奏楽器と類似した音色をもつ信号を用いた音楽電子透かし法, 2010年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2010年
  • 振幅の分散の増減に基づく音楽電子透かしにおける埋め込みの多重化, 2010年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2010年
  • 印刷画像へのフラクタル符号化に基づく電子透かし法, 2010年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2010年
  • 乗法的パッチワーク法に基づく音楽電子透かしにおける音質の向上, 2010年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2010年
  • Digital watermarking method for tamper detection and recovery of JPEG images, 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010),   2010年
  • An audio watermarking method by using automatic music transcription information, 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010),   2010年
  • A watermarking method for audio signals played with single musical instrument based on music transcription information, 2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2010),   2010年
  • 音質改善のための直流成分を用いた音楽電子透かし法, 電子情報通信学会応用音響研究会,   2009年
  • 隣接した局所領域間における色差成分の分散を利用した電子透かし法, 2009年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2009),   2009年
  • 振幅の増減に基づく音声電子透かしにおけるReed-Solomon 符号を用いた音質改善法, 2009年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2009),   2009年
  • 多チャンネル型音楽電子透かしにおける主観的音質評価の改善, 2009年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2009年
  • 多チャンネル型音楽電子透かしとWSS距離を考慮した音質改善, 2009年 電子情報通信学会総合大会,   2009年
  • Sound quality improvement for multichannel audio watermarking, 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2009年
  • Multi-layer audio watermarking based on amplitude modification, 2009 Fifth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP 2009),   2009年
  • Digital watermarking method using variance of chrominance in the pairs of adjoining blocks, 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2009年
  • 色差成分の分散を用いた微小な幾何学的改変に耐性のある電子透かし法, 2008年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2008),   2008年
  • 移動物体を考慮した色ヒストグラムによる動画像からのジェスチャ領域抽出, 2008年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2008),   2008年
  • 画像の自己相似性に基づく代表ベクトルを利用した電子透かし法, 2008年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2008),   2008年
  • 改ざん箇所の検出が可能な電子文書のデータ構造, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム,   2008年
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおける埋め込みの多重化, 2008年 電子情報通信学会総合大会,   2008年
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおけるラウドネスレベルを考慮した音質改善法, 2008年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2008),   2008年
  • 幾何学的改変と結託攻撃に耐性をもたせた電子透かし法, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム,   2008年
  • 多チャンネル型音楽電子透かしとクリック雑音の低減法, 2008年 電子情報通信学会ソサイエティ大会,   2008年
  • Watermarking method resistant to geometrical slight distortion using variance of color difference and wavelet transform, 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2008年
  • Sound quality improvement by embedding position grouping for audio watermarking method using smearing transformation, 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2008年
  • Sound quality improvement by eliminating high frequency component from signature impulse for audio watermarking method using smearing transformation, 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2008年
  • Multiple embedding for time-domain audio watermarking based on low-frequency amplitude modification, 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2008年
  • Multichannel audio watermarking method by multiple embedding, 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008),   2008年
  • JPEG 画像を対象とした改ざん箇所の復元可能な電子透かし法, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム,   2008年
  • A method of increasing watermark information capacity with five sections for audio watermarking method based on amplitude modification, 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2008年
  • A method of capacity increase for time-domain audio watermarking based on low-frequency amplitude modification, AES (Audio Engineering Society) 125th convention,   2008年
  • 音楽電子透かしにおける同期符号検出の改善法, 2007年 電子情報通信学会総合大会,   2007年
  • 秘密分散の原理を用いた動画像用電子透かし法, 2007年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007),   2007年
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおける音質改善, 平成19年 電気学会電子・情報・システム部門大会,   2007年
  • 安全性を考慮した電子透かしによるJPEG画像の改ざん検出・修復法, 2007年 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007),   2007年
  • ロケーションマップの圧縮効率を高めた可逆電子透かし法, コンピューターセキュリティシンポジウム2007,   2007年
  • スミア変換による音声電子透かしの透かし信号の最適化による音質改善, 平成19年 電気学会電子・情報・システム部門大会,   2007年
  • Sound quality improvement of audio watermarking method using smearing transformation, 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2007年
  • Reduction of synchronization code length for audio watermarking method based on amplitude modification, 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2007年
  • Hand gesture region extraction using skin-color histogram, 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2007年
  • A music watermark in consideration of global gain and scalefactor in MP3 compression, 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2007年
  • 幾何学的改変によって移動した埋め込み領域を重心を利用して同定する電子透かし法, 2006年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2006年
  • ヒステリシス署名を利用したデジタル画像の長期保証に関する一考察, 第5回情報科学技術フォーラム,   2006年
  • Video watermark for detecting alteration on spatial domain and temporal domain, 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications,   2006年
  • Video watermark for detecting alteration on spatial domain, 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2006年
  • User verification method by biometric feature in keystroke motion and key press timing, 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications,   2006年
  • JPEG圧縮に耐性のあるデジタル画像の改ざん検出・修復可能な電子透かし, 第5回情報科学技術フォーラム,   2006年
  • Hand region extraction by background subtraction with renewable background for hand gesture recognition, 2006 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006),   2006年
  • Biometric verification using keystroke motion and key press timing for ATM user authentication, 2006 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006),   2006年
  • Application of background subtraction with renewable background to gesture region extraction, 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications,   2006年
  • ATM user verification by biometric feature in keystroke motion, 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2006年
  • A study of music watermark suitable for mp3 compression, 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2006年
  • A music watermark in consideration of MP3 compression, 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications,   2006年
  • A background subtraction algorithm with renewable background, 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2006年
  • 音声付き動画像用相関型電子透かし, 電子情報通信学会2005年総合大会,   2005年
  • 音声付き動画を対象とした改ざん検出手法, 第4回情報科学技術フォーラム,   2005年
  • 独立成分分析を利用した多値ロゴマーク用の電子透かし, 2005年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2005年
  • 時間軸方向の周波数成分を用いた動画像用電子透かし, 2005年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2005年
  • 手形状の抽出と面積時系列を用いた本人認証, 2005年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2005年
  • フレーム間の類似性を利用した動画像用相関型電子透かしの時系列攻撃への対処法, 2005年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2005年
  • カメラ付き携帯電話機で撮影した画像から透かしを抽出できる電子透かし法, 映像情報メディア学会2005年冬季大会,   2005年
  • User verification in ATM operation by square measure sequence of hand shape, 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2005年
  • DTCブロック毎の複雑さを考慮したJPEG圧縮画像に対するステガノグラフィ, 2005年暗号と情報セキュリティシンポジウム,   2005年
  • A stock trading method utilizing the trading signal selected by GA, 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2005年
  • A method of embedding watermark into movie with sound data, 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2005年
  • A method of embedding watermark into audio data in consideration of MP3 compression, 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2005年
  • 手形状の面積時系列を用いた本人認証, 第3回情報科学技術フォーラム講演論文集,   2004年
  • ピッチ周波数に着目した合成音声詐称への対処法, 2004年暗号と情報セキュリティシンポジウム予稿集,   2004年
  • ピッチの時間変化パターンを用いた合成音声判別法, 第3回情報科学技術フォーラム,   2004年
  • Selection of trading signal in stock chart for stock market, 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2004年
  • Discrimination method of synthetic speech using pitch pattern, 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communication,   2004年
  • DP法を用いた株式銘柄選別法, 電子情報通信学会2004年総合大会講演論文集,   2004年
  • Clustering by cross-correlation function and dynamic programming, and its application to arbitrage in stock market, 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2004年
  • Biometric verification method using square measure sequence of hand shape, 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2004年
  • 話者照合に対する合成音声詐称を防止するための合成音声検出法, 情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム2003,   2003年
  • 音声合成による詐称に対する話者照合システム, 平成14年電気関係学会関西支部連合大会,   2002年
  • 顔画像を用いた個人認証システムにおける顔の静的特徴を用いた判定手法, 平成13年電気関係学会関西支部連合大会,   2001年
  • 周期性に着目した株式売買手法, 平成13年電気関係学会関西支部連合大会,   2001年
  • 音声対話システムにおける感性情報処理, 1999年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会,   1999年
  • Speech recognition method by fusion of auditory and visual information using Dempster-Shafer's theorem, 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1999年
  • Dempster-Shafer確率理論を用いた視聴覚融合音声認識, 1999年電子情報通信学会総合大会,   1999年
  • 視聴覚融合音声認識に適した唇形状抽出, 電子情報通信学会技術研究報告,   1998年
  • 母音連鎖を利用した放送ニュースの話題セグメンテーション, 1998年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会,   1998年
  • 母音連鎖の類似性に着目した放送ニュースの話題セグメンテーション, 平成10年電気関係学会関西支部連合大会,   1998年
  • 唇形状抽出における雑音除去処理, 平成10年電気関係学会関西支部連合大会,   1998年
  • 共起ヒストグラムを用いた視聴覚融合音声認識, 1998年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会,   1998年
  • 共起ヒストグラムと一次結合を併用した視聴覚融合音声認識, 平成10年電気関係学会関西支部連合大会,   1998年
  • ピッチ情報を考慮した音声対話システム, 1998年電子情報通信学会総合大会,   1998年
  • ピッチ情報を用いた肯定・疑問の判定に関する検討, 平成10年電気関係学会関西支部連合大会,   1998年
  • カラー情報を用いた唇形状の抽出, 1998年電子情報通信学会総合大会,   1998年
  • 量子化コードと音素ラベルとの統計的対応に基づく音声処理手法, 第12回ディジタル信号処理シンポジウム,   1997年
  • 自由発話音声中の冗長語に対処した音声処理手法, 電子情報通信学会技術研究報告,   1997年
  • 時間遅れニューラルネットワークを用いた視聴覚融合音声認識, 1997年電子情報通信学会総合大会,   1997年
  • ガーベジHMMを用いた音声スイッチ, 1997年電子情報通信学会総合大会,   1997年
  • TDNNによる視聴覚融合音声認識手法の検討, 第12回ディジタル信号処理シンポジウム,   1997年
  • 計算機情報を用いた自由発話音声認識システム ~音声によるオペレーション~, 第11回ディジタル信号処理シンポジウム,   1996年
  • フルフレーム・フルカラー画像を用いた視聴覚融合音声認識, 第11回ディジタル信号処理シンポジウム,   1996年
  • フルフレーム・カラー画像を用いた視聴覚融合音声認識, 1996年電子情報通信学会総合大会,   1996年
  • カラー情報を用いた顔全体画像からの唇輪郭の抽出 -視聴覚融合による音声認識-, 1996年電子情報通信学会総合大会,   1996年
  • 音声信号と動画像信号の視聴覚融合による音声認識手法, 電子情報通信学会第8回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1995年
  • 視聴覚融合による音声認識に適した口形特徴量の検討, 1995年電子情報通信学会総合大会,   1995年
  • 自由発話音声中の無音区間に着目した冗長語除去手法, 1995年電子情報通信学会総合大会,   1995年
  • カオスニューラルネットワークの最小値探索能力, 電子情報通信学会技術研究報告,   1995年
  • カオスニューラルネットワークの最小値探索原理に関する線形代数的解析, 電子情報通信学会第8回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1995年
  • カオスニューラルネットの最小値探索原理についての考察, 1995年電子情報通信学会総合大会,   1995年
  • カオスニューラルネットのダイナミクスと最小値探索, 電気学会研究会資料(情報処理研究会),   1995年
  • Speech recognition method using fusion of auditory and visual information, 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1995年
  • An eliminating method of filled pauses with silent part included in spontaneous speech, 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1995年
  • A study on the mechanism of the minimum searching by the chaotic neural network, IEEE International Conference on Neural Networks,   1995年
  • A study of an attractor of chaotic neural networks and objective function of minimum searching problem, 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1995年
  • 非対称結合を有するネットワークを用いたナップザック問題の解法, 電子情報通信学会第7回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1994年
  • 負の自己結合を有する離散値型ニューラルネットワークとその応用, 電子情報通信学会技術研究報告,   1994年
  • 視聴覚融合によるHMM音声認識, 1994年電子情報通信学会春季大会,   1994年
  • 一次結合を用いた視聴覚融合によるHMM音声認識手法, 平成6年電気関係学会関西支部連合大会,   1994年
  • ヒューリスティックスを導入した連続 Viterbi アルゴリズムによるキーワードスポッティング, 平成6年電気関係学会関西支部連合大会,   1994年
  • カオスニューラルネットワークにおける最小値探索に関する考察, 平成6年電気関係学会関西支部連合大会,   1994年
  • Keyword spotting using continuous Viterbi algorithm with heuristics for island-driven A* search, 1994 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1994年
  • Isolated digit recognition based on HMM using simultaneous generative histogram, 1994 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1994年
  • HMM音声認識における視聴覚融合手法, 電子情報通信学会技術研究報告,   1994年
  • 部分巡路への収束を抑制するニューロンを用いたTSPの解法, 1993年電子情報通信学会秋季大会,   1993年
  • 自己相関型連想記憶に有効な自己結合荷重の設定法, 1993年電子情報通信学会秋季大会,   1993年
  • 巡回セールスマン問題における目的関数の一構成法, 1993年電子情報通信学会春季大会,   1993年
  • ニューラルネットワークによる時間的な連続性を考慮したピッチ抽出法, 1993年電子情報通信学会秋季大会,   1993年
  • ニューラルネットのダイナミクスを考慮したTSPの目的関数の一構成法, 電子情報通信学会第6回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1993年
  • シンボル共起ヒストグラムを用いたHMMによる孤立単語音声認識, 1993年電子情報通信学会秋季大会,   1993年
  • Neural networks with negative self-feedback and its application to TSP, 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1993年
  • Island-driven型のA*探索を用いた連続音声認識, 1993年電子情報通信学会春季大会,   1993年
  • Island-driven A* search suitable for a finite stack and its application to continuous speech recognition, 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1993年
  • Improvement of the pseudoinverse rule for associative neural network, 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1993年
  • A method for selecting the most suitable pitch with neural network, 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1993年
  • 組合せ的最適化問題の一解法:主軸移動法, 電子情報通信学会第5回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1992年
  • シンボル同時生起ヒストグラムを用いたHMM訓練法, 1992年電子情報通信学会春季大会,   1992年
  • PDNを用いた連想記憶ニューラルネットワーク, 電子情報通信学会第5回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1992年
  • 波形分析による電力系統の事故原因診断システム, 平成3年電気関係学会関西支部連合大会,   1991年
  • 文章間の主題遷移を考慮した連続音声認識モデル, 1991年電子情報通信学会春季全国大会,   1991年
  • A switched capacitor pitch extraction circuit using the autocorrelation function and its application to spectral analysis, 1991 International Conference on Circuit and Systems,   1991年
  • A pitch synchronous switched capacitor discrete Fourier transform circuit, IEEE International Symposium on Circuits and Systems,   1991年
  • プログラマブル・キャパシタアレイを用いたSCピッチ抽出回路, 平成2年電気関係学会関西支部連合大会,   1990年
  • SCニューラルネットワークとその文字認識への応用, 電子情報通信学会第3回回路とシステム軽井沢ワークショップ,   1990年
  • SCエネルギー算出回路とその音素セグメンテーションへの応用, 1990年電子情報通信学会春季全国大会,   1990年
  • Fuzzy matrix quantization and its application to speaker-independent isolated word recognition, 1990 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   1990年
  • 音声分析用スイッチト・キャパシタピッチ検出回路, 1989年電子情報通信学会春季全国大会,   1989年
  • スイッチト・キャパシタ回路による実時間音声分析用ピッチ検出回路, 電子情報通信学会技術研究報告,   1989年
  • A switched-capacitor 64 points DFT-IDFT system and its application to real time processing of vowel recognition, 1989 International Conference on Circuit and Systems,   1989年
  • スイッチト・キャパシタを用いた64ポイントDFT回路, 昭和63年電子情報通信学会春季全国大会,   1988年
  • スイッチト・キャパシタ離散フーリエ変換-逆変換回路の拡張・設計・支援シミュレーション, 電子情報通信学会技術研究報告,   1987年
  • SC・DFT-IDFT回路の実現とそのPCによるシミュレーション, 昭和62年電子情報通信学会創立70周年記念総合全国大会,   1987年

作品

  • 送電線の故障診断に関する研究,   1990年 - 1992年
  • 離散HMMによる連続音声認識に関する研究,   1997年
  • 日経産業新聞「先端技術 電子透かし技術 進む開発」,   2005年
  • 朝日放送(TV) 「セキュリティシステムの解説」,   2008年
  • 大阪府立大学大学院工学研究科主催,技術紹介フェア,「株式市場における資産運用手法」,   2001年
  • 関西IT共同体主催,IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,「音声付き動画を対象とした改ざん検出技術」,   2006年
  • 大阪府立大学産官学共同研究会主催,第63回テクノラボツアー,「電子透かしによるデジタルコンテンツへの情報ハイディング」,   2010年

MISC

  • An audio watermarking method by using sampling sound source, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 922, 925,   2011年
  • A phase shift keying based audio watermarking method in consideration of masking curve, A.Ogihara, S.Hayashi, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 934, 937,   2011年
  • An audio watermarking method based on variance of amplitude modification, A.Ogihara, N.Kishimoto, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 926, 929,   2011年
  • Improvement of multiplicative patchwork audio watermarking by modifying both subsets, A.Ogihara, M.Yamamoto, H.Murata, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 938, 941,   2011年
  • 音楽電子透かしにおける埋込多重化に対する直流成分を用いた音質改善, 村田晴美, 荻原昭夫, 岩田基, 汐崎陽, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J93-A, no.3, 171, 180,   2010年
  • Digital watermarking method warranting the lower limit of image quality of watermarked images, M.Iwata, T.Kanaya, A.Shiozaki, A.Ogihara, EURASIP Journal on Advances in Signal Processing, vol.2010, Article ID 426085,   2010年
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおけるReed-Solomon符号を用いた音質改善法, 荻原昭夫, 井上尚也, 岩田基, 汐崎陽, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J93-A, no.12, 835, 839,   2010年
  • Digital watermarking method for tamper detection and recovery of JPEG images, M.Iwata, T.Hori, A.Shiozaki, A.Ogihara, Proc. 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010), 309, 314,   2010年
  • An audio watermarking method by using automatic music transcription information, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010), 303, 308,   2010年
  • A watermarking method for audio signals played with single musical instrument based on music transcription information, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2010), 486, 491,   2010年
  • 色差成分の分散を用いて微小な幾何学的改変に耐性を持たせた電子透かし法, 崎山圭, 岩田基, 荻原昭夫, 汐崎陽, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.92-A, no.3, 189, 192,   2009年
  • Sound quality improvement for multichannel audio watermarking, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1483, 1486,   2009年
  • Digital watermarking method using variance of chrominance in the pairs of adjoining blocks, K.Sakiyama, M.Iwata, A.Ogihara, A.Shiozaki, Proc. 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1250, 1253,   2009年
  • Multi-layer audio watermarking based on amplitude modification, A.Ogihara, H.Murata, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2009 Fifth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP 2009), 68, 71,   2009年
  • ロケーションマップの圧縮効率を高めた可逆電子透かし法, 関屋宏光, 岩田基, 荻原昭夫, 汐崎陽, 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J91-D, no.6, 1679, 1683,   2008年
  • Reversible watermarking method for JPEG images, A.Shiozaki, M.Iwata, A.Ogihara, IEICE Transactions on Information and Systems, E91-D, 7, 2068, 2071,   2008年, 10.1093/ietisy/e91-d.7.2068
  • 振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおける埋込の多重化による埋込容量の増大法, 村田晴美, 荻原昭夫, 岩田基, 汐崎陽, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J91-A, no.12, 1240, 1243,   2008年
  • Multiple embedding for time-domain audio watermarking based on low-frequency amplitude modification, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1461, 1464,   2008年
  • A method of increasing watermark information capacity with five sections for audio watermarking method based on amplitude modification, A.Ogihara, N.Inoue, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1041, 1044,   2008年
  • Sound quality improvement by embedding position grouping for audio watermarking method using smearing transformation, A.Ogihara, T.Iwamoto, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1045, 1048,   2008年
  • Sound quality improvement by eliminating high frequency component from signature impulse for audio watermarking method using smearing transformation, A.Ogihara, R.Sawada, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 1465, 1468,   2008年
  • Watermarking method resistant to geometrical slight distortion using variance of color difference and wavelet transform, K.Sakiyama, M.Iwata, A.Ogihara, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 9, 12,   2008年
  • A method of capacity increase for time-domain audio watermarking based on low-frequency amplitude modification, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. AES (Audio Engineering Society) 125th convention, paper number 7640,   2008年
  • Multichannel audio watermarking method by multiple embedding, H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008), 859, 864,   2008年
  • Reduction of synchronization code length for audio watermarking method based on amplitude modification, A.Ogihara, N.Inoue, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 131, 132,   2007年
  • Sound quality improvement of audio watermarking method using smearing transformation, A.Ogihara, T.Iwamoto, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 43, 44,   2007年
  • A music watermark in consideration of global gain and scalefactor in MP3 compression, A.Ogihara, N.Maeda, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 41, 42,   2007年
  • Hand gesture region extraction using skin-color histogram, A.Ogihara, H.Matsumoto, A.Shiozaki, Proc. 2007 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.3, 1065, 1066,   2007年
  • Correlation-based video watermarking method using inter-frame similarity, M.Yamamoto, A.Shiozaki, M.Iwata, A.Ogihara, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E89-A, 1, 186, 193,   2006年, 10.1093/ietfec/e89-a.1.186
  • A study of music watermark suitable for mp3 compression, A.Ogihara, N.Maeda, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.3, 69, 72,   2006年
  • A background subtraction algorithm with renewable background, A.Ogihara, H.Matsumoto, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.2, 101, 104,   2006年
  • ATM user verification by biometric feature in keystroke motion, A.Ogihara, H.Matsumura, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.2, 461, 464,   2006年
  • Video watermark for detecting alteration on spatial domain, A.Ogihara, K.Tanaka, H.Toguchi, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.3, 73, 76,   2006年
  • A music watermark in consideration of MP3 compression, A.Ogihara, N.Maeda, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications, 29, 34,   2006年
  • Application of background subtraction with renewable background to gesture region extraction, A.Ogihara, H.Matsumoto, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications, 830, 835,   2006年
  • User verification method by biometric feature in keystroke motion and key press timing, A.Ogihara, H.Matsumura, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications, 897, 902,   2006年
  • Video watermark for detecting alteration on spatial domain and temporal domain, A.Ogihara, H.Toguchi, K.Tanaka, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2006 International Symposium on Information Theory and its Applications, 35, 40,   2006年
  • Hand region extraction by background subtraction with renewable background for hand gesture recognition, A.Ogihara, H.Matsumoto, A.Shiozaki, Proc. 2006 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 227, 230,   2006年
  • Biometric verification using keystroke motion and key press timing for ATM user authentication, A.Ogihara, H.Matsumura, A.Shiozaki, Proc. 2006 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006), 223, 226,   2006年
  • Information hiding using operation of modulo 3 in JPEG coded domain, T.Koga, A.Shiozaki, M.Iwata, A.Ogihara, Electronics Letters, 41, 17, 957, 958,   2005年, 10.1049/el:20051798
  • Discrimination method of synthetic speech using pitch frequency against synthetic speech falsification, A.Ogihara, H.Unno, A.Shiozaki, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E88-A, 1, 280, 286,   2005年, 10.1093/ietfec/E88-A.1.280
  • A method of embedding watermark into audio data in consideration of MP3 compression, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 393, 394,   2005年
  • A stock trading method utilizing the trading signal selected by GA, A.Ogihara, S.Kameoka, A.Shiozaki, Proc. 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 39, 40,   2005年
  • User verification in ATM operation by square measure sequence of hand shape, A.Ogihara, H.Matsumura, A.Shiozaki, Proc. 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.4, 1487, 1488,   2005年
  • A method of embedding watermark into movie with sound data, A.Ogihara, K.Tanaka, M.Iwata, A.Shiozaki, Proc. 2005 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.1, 389, 390,   2005年
  • Selection of trading signal in stock chart for stock market, A.Ogihara, S.Kameoka, A.Shiozaki, Proc. 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.(7D1L-6-1)-(7D1L-6-4),   2004年
  • Clustering by cross-correlation function and dynamic programming, and its application to arbitrage in stock market, A.Ogihara, H.Matsumoto, A.Shiozaki, Proc. 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.(6D2L-2-1)-(6D2L-2-4),   2004年
  • Biometric verification method using square measure sequence of hand shape, A.Ogihara, H.Matsumura, A.Shiozaki, Proc. 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.(6D3L-2-1)-(6D3L-2-4),   2004年
  • Discrimination method of synthetic speech using pitch pattern, A.Ogihara, H.Unno, A.Shiozaki, Proc. 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.(6D3L-1-1)-(6D3L-1-4),   2004年
  • 不特定話者に対する唇形状抽出法, 浅野英輔, 荻原昭夫, 柴田浩, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J85-A, no.3, 398, 402,   2002年
  • 周波数非線形伸縮を用いた対数パワースペクトル包絡のモーフィングによる声質変換, 東晃弘, 荻原昭夫, 柴田浩, 電子情報通信学会論文誌A, vol.J84-A, no.2, 238, 242,   2001年
  • Method of embedding robust watermarks into digital images, A.Shiozaki, K.Hashida, A.Ogihara, Systems and Computers in Japan, vol.30, no.14, 100, 107,   1999年
  • Speech recognition method by fusion of auditory and visual information using Dempster-Shafer's theorem, A.Ogihara, N.Ishihara, E.Asano, H.Shibata, Proc. 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 386, 389,   1999年
  • 画像変換に強い電子透かしの埋め込み法, 汐崎陽, 橋田賢一, 荻原昭夫, 電子情報通信学会論文誌(D), vol.J81-D-II, no.11, 2617, 2623,   1998年
  • An isolated word speech recognition based on fusion of visual and auditory information using 30-frame/s and 24-bit color image, A.Ogihara, S.Asao, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E80-A, no.8, 1417, 1422,   1997年
  • An analysis on minimum searching principle of chaotic neural network, M.Ohta, K.Matsumiya, A.Ogihara, S.Takamatsu, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E79-A, no.3, 363, 369,   1996年
  • An isolated word speech recognition using fusion of auditory and visual information, A.Shintani, A.Ogihara, N.Doi, S.Takamatsu, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E79-A, no.6, 777, 782,   1996年
  • Speech recognition based on fusion of visual and auditory information using full-frame color image, S.Igawa, A.Ogihara, A.Shintani, S.Takamatsu, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E79-A, no.11, 1836, 1840,   1996年
  • Asymmetric neural network and its application to knapsack problem, A.Yamamoto, M.Ohta, H.Ueda, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E78-A, no.3, 300, 305,   1995年
  • A study on mouth shape features suitable for HMM speech recognition using fusion of visual and auditory information, N.Doi, A.Shintani, Y.Hayashi, A.Ogihara, S.Takamatsu, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E78-A, no.11, 1548, 1552,   1995年
  • 視聴覚融合を用いたHMM音声認識, 荻原昭夫, 新谷輝, 土居直史, 福永邦雄, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), vol.115-C, no.11, 1317, 1324,   1995年
  • An eliminating method of filled pauses with silent part included in spontaneous speech, A.Ogihara, Y.Hasegawa, S.Takamatsu, Proc. 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 53, 56,   1995年
  • A study of an attractor of chaotic neural networks and objective function of minimum searching problem, M.Ohta, A.Ogihara, S.Takamatsu, K.Fukunaga, Proc. 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 719, 722,   1995年
  • Speech recognition method using fusion of auditory and visual information, A.Shintani, A.Ogihara, N.Doi, S.Takamatsu, Proc. 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 61, 64,   1995年
  • A study on the mechanism of the minimum searching by the chaotic neural network, M.Ohta, A.Ogihara, S.Takamatsu, K.Fukunaga, Proc. IEEE International Conference on Neural Networks - Conference Proceedings, vol.3, 1517, 1520,   1995年
  • Binary neural network with negative self-feedback and its application to N-Queens problem, M.Ohta, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E77-D, no.4, 459, 465,   1994年
  • A correcting method for pitch extraction using neural networks, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E77-A, no.6, 1015, 1022,   1994年
  • An improvement of the pseudoinverse rule with diagonal elements, H.Ueda, M.Ohta, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E77-A, no.6, 1007, 1014,   1994年
  • Speech recognition using HMM based on fusion of visual and auditory information, A.Shintani, A.Ogihara, Y.Yamaguchi, Y.Hayashi, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E77-A, no.11, 1875, 1878,   1994年
  • Isolated digit recognition based on HMM using simultaneous generative histogram, Y.Hayashi, A.Ogihara, K.Fukunaga, Proc. 1994 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.2, 780, 785,   1994年
  • Keyword spotting using continuous Viterbi algorithm with heuristics for island-driven A* search, Y.Yamaguchi, A.Ogihara, K.Fukunaga, Proc. 1994 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.2, 769, 774,   1994年
  • A theoretical analysis of neural networks with nonzero diagonal elements, M.Ohta, Y.Anzai, S.Yoneda, A.Ogihara, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.3, 284, 291,   1993年
  • Associative neural network models based on a measure of Manhattan length, H.Ueda, Y.Anzai, M.Ohta, S.Yoneda, A.Ogihara, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.3, 277, 282,   1993年
  • 時間遅れニューラルネットワークを用いた電力ケーブルの故障原因診断システム, 野波成, 荻原昭夫, 米田正次郎, 稲垣純, 小林茂樹, 福永邦雄, 電子情報通信学会論文誌, vol.J76-A, no.5, 795, 797,   1993年
  • A continuous speech recognition algorithm utilizing island-driven A* search, Y.Yamaguchi, A.Ogihara, Y.Hayashi, N.Takasu, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.7, 1184, 1186,   1993年
  • Speech recognition of isolated digits using simultaneous generative histogram, Y.Hayashi, A.Ogihara, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.12, 2052, 2054,   1993年
  • An autocorrelation associative neural network with self-feedbacks, H.Ueda, M.Ohta, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.12, 2072, 2075,   1993年
  • A neural network with a function of inhibiting subtours on TSP, A.Yamamoto, M.Ohta, H.Ueda, A.Ogihara, K.Fukunaga, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E76-A, no.12, 2068, 2071,   1993年
  • A method for selecting the most suitable pitch with neural network, A.Ogihara, K.Fukunaga, Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 149, 154,   1993年
  • Island-driven A* search suitable for a finite stack and its application to continuous speech recognition, A.Ogihara, Y.Yamaguchi, K.Fukunaga, Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 155, 160,   1993年
  • Neural networks with negative self-feedback and its application to TSP, M.Ohta, A.Ogihara, K.Fukunaga, Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 108, 113,   1993年
  • Improvement of the pseudoinverse rule for associative neural network, H.Ueda, M.Ohta, A.Ogihara, K.Fukunaga, Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, 807, 812,   1993年
  • A method for selecting the most suitable pitch from some candidates utilizing its time continuation, A.Ogihara, S.Yoneda, Electronics and Communications in Japan, Part 3, vol.75, no.2, 1, 12,   1992年
  • SC pitch extraction for real-time and continuous processing, S.Yamashita, A.Ogihara, S.Yoneda, Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science, vol.75, no.3, 76, 83,   1992年
  • An SVQ-HMM training method using simultaneous generative histogram, Y.Hayashi, S.Kondo, N.Takasu, A.Ogihara, S.Yoneda, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol.E75-A, no.7, 905, 907,   1992年
  • Switched-capacitor realization of two-dimensional discrete Fourier transform circuits, Y.Abe, K.Matsumoto, A.Ogihara, S.Yoneda, International Journal of Electronics, 70, 5, 875, 889,   1991年, 10.1080/00207219108921335
  • A continuous speech recognition model utilizing subject transition in sentences, N.Takasu, A.Ogihara, S.Kondo, S.Yoneda, IEICE Transactions on Communications Electronics Information and Systems, vol.E74, no.5, 1031, 1033,   1991年
  • 時間的な連続性を考慮したピッチ候補の選択法, 荻原昭夫, 米田正次郎, 電子情報通信学会論文誌, vol.J74-A, no.7, 948, 956,   1991年
  • Recognition of isolated digits using fuzzy matrix quantization, S.Kondo, A.Ogihara, S.Yoneda, IEICE Transactions on Communications Electronics Information and Systems, vol.E74, no.10, 3034, 3040,   1991年
  • 実時間かつ連続抽出が可能なSCピッチ抽出装置, 山下慎介, 荻原昭夫, 米田正次郎, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J74-A, no.10, 1499, 1505,   1991年
  • A pitch synchronous switched capacitor discrete Fourier transform circuit, A.Ogihara, S.Yamashita, S.Yoneda, Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems, vol.3, 1693, 1696,   1991年
  • A switched capacitor pitch extraction circuit using the autocorrelation function and its application to spectral analysis, A.Ogihara, S.Yamashita, S.Yoneda, Proc. 1991 International Conference on Circuit and Systems, vol.1, 216, 219,   1991年
  • 高速逆変換が可能な64ポイントスイッチトキャパシタ離散フーリエ変換回路, 荻原昭夫, 米田正次郎, 電子情報通信学会論文誌(A), vol.J73-A, no.1, 35, 43,   1990年
  • Switched-capacitor delay system suitable for cascaded multi-stages, A.Ogihara, H.Hamano, S.Yoneda, International Journal of Electronics, 68, 3, 413, 421,   1990年, 10.1080/00207219008921184
  • A 64-points switched-capacitor discrete Fourier transform circuit for high-speed inverse discrete Fourier transform circuit, A. Ogihara, S. Yoneda, Electronics and Communications in Japan, Part III: Fundamental Electronic Science, vol.73, no.11, 21, 30,   1990年
  • Switched-capacitor neural networks and their application to character recognition, Y.Anzai, K.Matsumoto, S.Yoneda, A.Ogihara, The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, vol.E73, no.12, 1932, 1939,   1990年
  • Fuzzy matrix quantization and its application to speaker-independent isolated word recognition, S.Kondo, A.Ogihara, S.Yoneda, Proc. 1990 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.(A1-4-1)-(A1-4-5),   1990年
  • Switched-capacitor DFT and IDFT circuit, S.Yoneda, I.Nakanishi, I.Saski, A.Ogihara, International Journal of Electronics, 67, 6, 839, 851,   1989年, 10.1080/00207218908921134
  • A switched-capacitor 64 points DFT-IDFT system and its application to real time processing of vowel recognition, A.Ogihara, S.Yoneda, T.Kasai, Proc. 1989 International Conference on Circuit and Systems, 587, 590,   1989年

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 多層型音楽電子透かしにおける階層数による音質制御法, 荻原 昭夫
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 埋込容量の増大が可能な多層型音楽電子透かしの音質改善手法, 荻原 昭夫, 我々が提案している多層型音楽電子透かし手法は、透かし情報の埋め込み処理を多層化することにより埋め込み容量の増大が実現可能である。しかしながら、多層化に応じて埋め込み処理による音質劣化が知覚されやすくなるという課題があった。そこで本研究では、“整合窓関数の最適化”および“誤り訂正符号を利用した音質改善手法”を多層型音楽電子透かし手法へ導入することで埋め込み処理に起因する音質劣化の軽減を可能とし、埋め込み容量と音質との両立を実現した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), マルチメディアコンピュータによるモバイル視聴覚融合音声認識システム, 荻原 昭夫, 本課題では、様々な環境下における音声による対話(マン-マシンインターフェイス)の実現を目的とし、視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった。具体的には,「人間の目の役割を演ずるテレビカメラ」と「耳の役割を演ずるマイクロホン」から得られた情報を対象としてモバイルコンピュータ上で統合認識処理を行なうことにより、柔軟性のあるマン-マシンインターフェイスの実現を試みている。本研究の目的である「モバイル視聴覚融合音声認識システム」は,3つの処理(「1.視聴覚情報のデータ収集」,「2.融合および認識手法の開発」,「3.モバイルコンピュータへの実装」)から構築される。平成10年度は,「3.モバイルコンピュータへの実装」に関する研究を行なった。また同時に、昨年度までの成果に改良を加えることにより認識精度の改善を行なった。・モバイルコンピュータへの実装昨年度までの研究成果である視聴覚融合音声認識システムをモバイル型マルチメディアコンピュータ上に実装し、室外などの様々な騒音環境下を想定して音声認識実験を行なった。その結果、各種実験により高騒音環境における認識率改善の点で、提案手法が有効であることを確認できた。・融合手法の改善昨年度までの研究成果である視聴覚融合音声認識システムにおける視聴覚融合手法に改善を加えた。具体的には、HMMの出力確率の計算を行なう際にDempster-Shafer確率理論を導入することで、背景騒音などの認識環境により適合した融合を行なうことが可能となり、結果として認識精度の向上を実現した。なお,上述の実験に用いたモバイル型マルチメディアコンピュータは、本科学研究費補助金研究により購入した設備備品である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), マルチメディアコンピュータによる視聴覚融合音声認識システム, 荻原 昭夫, 本課題では,動画像を使用した視聴覚融合による人間と計算機との対話システムの実現を目的とし,視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった.特に,近年,急速に普及しつつあるマルチメディアコンピュータ(「動画像の表示」や「音響信号の録音・再生」などの機能を有するコンピュータ)上に視聴覚融合音声認識手法を実装することで,特殊な装置を一切用いることなく音声認識システムを実現することを試みた.本研究で構築を行なった「マルチメディアコンピュータによる視聴覚融合音声認識システム」では,マルチメディアコンピュータが有している“音声同期型動画像入力機能"を用いてフルフレーム(30fps, 1秒間当たり30フレーム)・フルカラー(24 bit color)の動画像をディジタル形式のデータとして撮影する.その後,この動画像を対象として,特徴抽出処理,視聴覚融合処理,音声認識処理の各処理をマルチメディアコンピュータ上で行なう.なお,視聴覚融合処理については,「1次結合によるHMM(隠れマルコフモデル)視聴覚融合手法」と「TDNN(時間遅れニューラルネットワーク)による視聴覚融合手法」の2種類の手法により実現している.本システム用いて音声認識実験を行なった結果,・唇の動きが速いために認識が困難であった子音に対する効果・マルチメディアコンピュータ上への視聴覚融合音声認識システムの実装可能性を確認した.さらに,認識率を改善する方策として,口唇形状をより反映する視覚特徴量の抽出法について検討を進めている.なお,上述のシステムの構築,および,実験評価の実施に際して,本科学研究費補助金研究により購入した設備備品を使用した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 動画像を用いた視聴覚融合音声認識システム, 荻原 昭夫, 本課題では,動画像を使用した視聴覚融合による人間と計算機との対話システムの実現への第一段階として,比較的発話時間の短い文章(人間から計算機への一方通行)を対象とした視聴覚融合による音声認識システムを実現する事を目的とし,動画像を用いた視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった.本研究で構築を行なった「フルフレーム画像を対象とした視聴覚融合音声認識システム」では,視聴覚情報の入力手段として “音声同期型動画像入力機能を有しているマルチメディアパソコン" を用いて,フルフレーム(30fps,1秒間当たり30フレーム)の動画像をディジタル形式のデータとして撮影する.その後,この動画像を対象として,HMM(隠れマルコフモデル)に多次元ベクトル量子化を組み合わせた認識モデル上で,特徴抽出処理,視聴覚融合処理,音声認識処理の各処理を行なう.なお,本システムでは,「視覚情報用(動画像用)HMMにより算出された対数尤度」と「聴覚情報用(音声用)HMMにより算出された対数尤度」とを1次結合するというシンプルかつ効果的な手法により視聴覚融合処理を実現している.本システム用いて音声認識実験を行なった結果,・母音発声時の音声認識精度の向上・唇の動きが速いために動画像による認識が困難であった子音に対する効果を確認した.さらに,ニューラルネットワークを利用した視聴覚融合処理方式についても検討を進めており,今後は音声認識システムへの実装を試みる予定である.なお,上述のシステムの構築,および,実験評価の実施に際して,本科学研究費補助金研究により購入した設備備品を使用した.
  • 音楽情報処理,音声情報処理
  • 音楽電子透かし(音楽・音声・音響データへのデジタル情報の埋め込み)
  • バイオメトリクスを利用した個人認証
  • 音響信号を対象とした信号処理回路
  • 株式市場における資産運用モデル