KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小枝 壮太コエダ ソウタ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門野菜園芸学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1360-koeda-sota.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    野菜に関する研究をしています。ナス科作物,特にトウガラシ,ピーマン,トマトなどの品種の特徴などを遺伝子レベルで調べることで,品種育成や効率の良い管理法の考案に取り組んでいます。

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2011年12月,  - 2015年03月, 京都大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 生産環境農学, 園芸科学

研究キーワード

  • ジェミニウイルス, カプサイシノイド, ベゴモウイルス, トマト, トウガラシ, ナス科

論文

  • Highly efficient agroinoculation method for tomato plants with Tomato yellow leaf curl Kanchanaburi virus, Sota Koeda*, Kanami Homma, Yuri Tanaka, Elly Kesumawati, Sabaruddin Zakaria, Shinya Kanzaki, The Horticulture Journal,   2017年, 査読有り
  • アンスリウム切り花の収穫本数予測モデルの構築, 松田 大・榊原 俊雄・桂 圭佑・小枝 壮太, 園芸学研究, 15, 425, 431,   2016年, 査読有り
  • Cell wall related gene expression during secondary physiological fruit drop in ponkan (Citrus reticulata Blanco) and hyuganatsu (C. tamurana hort. ex Tanaka), Xi Li, Akira Kitajima*, Keisuke Katsura, Hiroki Saito, Sota Koeda, Rihito Takisawa, Takashi Kawai, Tetsuya Nakazaki, Tokurou Shimizu, Acta Horticulturae, 1135,   2016年, 査読有り
  • Fine mapping and identification of candidate genes for the sy-2 locus in a temperature-sensitive chili pepper (Capsicum chinense), Li Liu, Jelli Venkatesh, Yeong Deuk Jo, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Jin-Ho Kang, Sandra Goritschnig, Byoung-Cheorl Kang, Theoretical and Applied Genetics, 129, 1541, 1556,   2016年, 査読有り
  • Digestion of chrysanthemum stunt viroid by leaf extracts of Capsicum chinense indicates strong RNA-digesting activity, Boubourakas Iraklis, Hiroko Kanda, Tomoyuki Nabeshima, Mayu Onda, Nao Ota, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Plant Cell Reports, 35, 1617, 1628,   2016年, 査読有り
  • Mixed infection of begomoviruses on pepper plants at northern Sumatra, Indonesia., Sota Koeda, Elly Kesumawati, Yuri Tanaka, Munetaka Hosokawa, Motoaki Doi, Akira Kitajima., Tropical Agriculture and Development, 60, 59, 64,   2016年, 査読有り
  • A Comt1 loss of function mutation is insufficient for loss of pungency in Capsicum., Sota Koeda, Kosuke Sato, Yuri Tanaka, Rihito Takisawa, Akira Kitajima., American Journal of Plant Sciences,   2015年, 査読有り
  • Production of Tomato yellow leaf curl virus-free Parthenocarpic Tomato Plants by Leaf Primordia-free Shoot Apical Meristem Culture combined with in vitro Grafting., Sota Koeda, Rihito Takisawa, Tomoyuki Nabeshima, Yuri Tanaka, Akira Kitajima., The Horticulture Journal,   2015年, 査読有り
  • Inheritance of the non-pungency in ‘No.3341’ (Capsicum chinense)., Sota Koeda, Kosuke Sato, Rihito Takisawa, Akira Kitajima.,   2015年, 査読有り
  • Analysis of Non-pungency, Aroma, and Origin of a Capsicum chinense Cultivar from a Caribbean Island., Sota Koeda, Kosuke Sato, Kenichi Tomi, Yoshiyuki Tanaka, Rihito Takisawa, Munetaka Hosokawa, Motoaki Doi, Tetsuya Nakazaki, Akira Kitajima., Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 83, 244, 251,   2014年, 査読有り
  • 恒温性地域に潜む園芸作物の温度反応性形質, 小枝 壮太, 京大農場報告, 22, 1, 5,   2013年, 査読有り
  • Dramatic changes in leaf development of the native Capsicum chinense from the Seychelles at temperatures below 24°C, S. Koeda; M. Hosokawa; B.-C. Kang; S. Yazawa, Journal of Plant Research, 122, 6, 623, 631,   2009年11月, 査読有り
  • 24℃以下で生じるセーシェル在来トウガラシ(Capsicum chinense)の生育異常, 小枝壮太・竹﨑あかね・磯村由紀・矢澤 進, 京大農場報告, 19, 15, 20,   2010年12月, 査読有り
  • Characterization and genetic analysis of a low-temperature-sensitive mutant, sy-2, in Capsicum chinense, S.-J. An; D. Pandeya; S.-W. Park; J. Li; J.-K. Kwon; S. Koeda; M. Hosokawa; N.-C. Paek; D. Choi; B.-C. Kang, Theoretical and Applied Genetics, 122, 3, 459, 470,   2011年02月, 査読有り
  • 恒温性地域における植物の温度反応性形質の潜在化, 小枝壮太, 農業および園芸, 86, 12, 1172, 1176,   2011年12月01日
  • Defense response of a pepper cultivar cv. Sy-2 is induced at temperatures below 24°C, S. Koeda; M. Hosokawa; B.-C. Kang; C. Tanaka; D. Choi; S. Sano; T. Shiina; M. Doi; S. Yazawa, Journal of Plant Research, 125, 1, 137, 145,   2012年01月, 査読有り
  • 恒温性地域におけるトウガラシの栽培および利用―Capsicum chinenseおよびC. frutescensを中心として―, 小枝壮太, 農業および園芸, 87, 1, 29, 33,   2012年01月
  • Phosphorus starvation induces post-transcriptional CHS gene silencing in Petunia corolla, M. Hosokawa; T. Yamauchi; M. Takahama; M. Goto; S. Mikano; Y. Yamaguchi; Y. Tanaka; S. Ohno; S. Koeda; M. Doi; S. Yazawa, Plant Cell Reports, 32, 5, 601, 609,   2013年05月, 査読有り
  • Temperature-sensitive phenotype caused by natural mutation in Capsicum latescent in two tropical regions, S. Koeda; M. Hosokawa; H. Saito; M. Doi, Journal of Plant Research, 126, 5, 675, 684,   2013年09月, 査読有り
  • Multiple loss-of-function putative aminotransferase alleles contribute to low pungency and capsinoid biosynthesis in Capsicum chinense., Yoshiyuki Tanaka, Tomomi Sonoyama, Yuji Muraga, Sota Koeda, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Kenichiro Yasuba., Molecular Breeding, 査読有り

講演・口頭発表等

  • トウガラシにおける感染性クローンおよび接木によるベゴモウイルス抵抗性評価系の確率, 本間鹿波・鬼﨑大樹・Kesumawati Elly・Sabaruddin Zakaria・神崎真哉・小枝壮太, 園芸学研究 16(別2):246.,   2017年09月
  • TYLCKaVはトマトのTYLCV抵抗性遺伝子Ty-3aを打破する, 藤原郁也・永野智美・本間鹿波・Kesumawati Elly・Sabaruddin Zakaria・神崎真哉・小枝壮太, 園芸学研究 16(別2):247.,   2017年09月
  • マンゴーの果皮着色に関わる転写制御因子の解析, 一樋明日香・神川汐里・志水恒介・小枝壮太・神崎真哉, 園芸学研究 16(別2):137.,   2017年09月
  • ナス科植物におけるDNA簡易抽出法 -ウイルス検定・同定への応用-, 藤原郁也・小枝壮太, 園芸学研究 16(別1):135.,   2017年03月
  • トウガラシにおける感染性クローンを用いたPepYLCIVの接種, 本間鹿波・田中友理・Kesumawati Elly・Sabaruddin Zakaria・神崎真哉・小枝壮太, 園芸学研究 16(別1):134.,   2017年03月
  • インドネシアで検出された組換え型DNA βはAYVVによる病徴を緩和させる, 本間鹿波・巻田恭輔・田中三菜美・田中友理・Kesumawati Elly・神崎真哉・小枝壮太, 熱帯農業研究 10(別1):1-2.,   2017年03月
  • Production and conservation of Tomato yellow leaf curl virus-free parthenocarpic tomato plants using tissue culture, Sota Koeda, Rihito Takisawa, Tomoyuki Nabeshima, Yuri Tanaka, Akira Kitajima, Shotaro Matsumoto, Yuki Matsumoto, Shinya Kanzaki, 8th IGS & 6th ssDNA CVW, PD01.,   2016年10月
  • Agroinoculation of Tomato yellow leaf curl Kanchanaburi virus into Solanaceous plants, Kanami Homma, Yuri Tanaka, Elly Kesumawati, Shinya Kanzaki, Sota Koeda, 8th IGS & 6th ssDNA CVW, PA02.,   2016年10月
  • アグロイノキュレーションによるタバコへのAgeratum yellow vein virus接種法の開発, 本間鹿波・田中三菜美・田中友理・Kesumawati Elly・神崎真哉・小枝壮太, 熱帯農業研究 9(別2):1-2.,   2016年10月
  • インドネシアのトウガラシ生産圃場におけるベゴモウイルスの感染状況, 小枝壮太・田中友理・本間鹿波・Kesumawati Elly・Sabaruddin Zakaria, 熱帯農業研究 9(別2):17-18.,   2016年10月
  • マンゴー‘Irwin’における花成誘導因子MiFTの発現に関する諸要因の検討, 神崎真哉・志水恒介・小枝壮太・中田昌希・河村征・山本拓実・木下直哉・宇都宮直樹, 熱帯農業研究 9(別2):61-62.,   2016年10月
  • トマトにおける感染性クローンを用いた高確率でのTYLCKaV 接種法の開発, 本間鹿波・Kesumawati Elly・神崎真哉・小枝壮太, 園芸学研究 15(別2):214.,   2016年09月
  • マンゴー‘Irwin’果皮における UFGT 様遺伝子の単離とその発現解析, 神川汐里・一樋明日香・野口成美・小枝壮太・志水恒介・神崎真哉, 園芸学研究 15(別2):324.,   2016年09月
  • マンゴーにおけるモノテルペン合成関連遺伝子の単離, 梅津貴子・白石沙織・矢森貴之・小枝壮太・志水恒介・神崎真哉, 園芸学研究 15(別2):325.,   2016年09月
  • 栄養繁殖性トマトの簡易的な培養株維持方法の確立, 小枝 壮太・松本翔太郎・松本湧樹・滝澤 理仁・片岡圭子, 園芸学会近畿支部会,   2016年08月
  • 感染性クローンを用いたTYLCKaVのナス科植物への接種, 本間 鹿波・田中 友理・Kesumawati Elly・神崎 真哉・小枝 壮太, 園芸学研究 15(別1):181.,   2016年03月
  • 感染性クローンを用いたPepYLCIVのナス科植物への接種, 小枝 壮太・田中 友理・Kesumawati Elly・中崎 鉄也・ 北島 宣・神崎 真哉, 園芸学研究 14(別2):151.,   2015年09月
  • 単為結果性トマト‘ルネッサンス’の種子形成阻害とPat-2 遺伝子型との関係, 滝澤 理仁・林井 章・布目 司・福岡 浩之・小枝 壮太・中﨑 鉄也・北島 宣, 園芸学研究 14(別2):382.,   2015年09月
  • アンスリウム切り花の収穫本数予測モデルの構築, 松田 大・榊原 俊雄・桂 圭佑・小枝 壮太, 園芸学会近畿支部会,   2015年08月
  • インドネシアで生じるトウガラシを宿主とするベゴモウイルス間での組換え, 小枝 壮太・田中 友理・Kesumawati Elly・細川 宗孝・土井 元章・北島 宣, 園芸学研究 14(別1):146.,   2015年03月
  • 超微小茎頂分裂組織培養法とin vitro接木による単為結果性トマトのTYLCVフリー苗作出, 小枝 壮太・滝澤 理仁・鍋島 朋之・田中 友理・北島 宣, 園芸学研究 14(別1):137.,   2015年03月
  • 低辛味トウガラシ(Capsicum chinense)におけるp-amt機能欠損アリルの系統解析, 田中 義行・園山 知美・村賀 湧次・小枝壮太・後藤 丹十朗・吉田 裕一・安場 健一郎, 園芸学研究 14(別1):145.,   2015年03月
  • インドネシアにおけるトウガラシのジェミニウイルス複合感染, 小枝 壮太・Kesumawati Elly・田中 友理・細川 宗孝・土井元章・北島 宣, 園芸学研究 13(別2):208.,   2014年09月
  • トウガラシ果実における発散香気成分とカプサイシノイドおよびカプシノイド含量との関係解析, 土井 元章・久保田 瑞季・小枝 壮太・大野 翔・細川 宗孝, 園芸学研究 13(別2):207.,   2014年09月
  • 低辛味トウガラシ(Capsicum chinense)におけるp-amt機能欠損アリルの分類, 田中 義行・園山 知美・小枝 壮太・安場健一郎・後藤 丹十朗・吉田 裕一, 園芸学研究 13(別2):172.,   2014年09月
  • 単為結果性トマト‘京てまり’の単為結果性に関する遺伝学的解析, 滝澤 理仁・丸山 高幸・布目 司・福岡 浩之・小枝 壮太・片岡 圭子・中崎 鉄也・北島 宣, 園芸学研究 13(別2):169.,   2014年09月
  • 単為結果性トマトにおけるトマト黄化葉巻ウイルスによる被害, 小枝 壮太・田中 友理・滝澤 理仁・西川 浩次・北島 宣, 園芸学会近畿支部会,   2014年08月
  • アンスリウム苞葉の収穫本数,品質に及ぼす気温の影響, 松田 大・榊原 俊雄・小枝 壮太, 園芸学会近畿支部会,   2014年08月
  • カリブ海在来トウガラシ‘No.80’(Capsicum chinense)における非辛味性、香りおよび来歴の解析, 小枝 壮太・佐藤 恒亮・富 研一・田中 義行・滝澤 理仁・細川 宗孝・土井 元章・中崎 鉄也・北島 宣, 園芸学研究 13(別1):121.,   2014年03月
  • ‘No.3341’(Capsicum chinense)の非辛味性とComtの欠損変異との関係性, 小枝 壮太・佐藤 恒亮・滝澤 理仁・細川 宗孝・土井 元章・北島 宣, 園芸学研究 13(別1):122.,   2014年03月
  • トウガラシにおけるComt1およびComt2のクローニング、発現解析および変異系統の探索, 小枝 壮太・田中 友理・佐藤 恒亮・滝澤 理仁・北島 宣, 園芸学研究 13(別1):123.,   2014年03月
  • トウガラシ2種間における葉抽出液のRNase活性の違い, 細川 宗孝・神田 紘子・恩田 麻由・小枝 壮太・鍋島 朋之・土井 元章, 園芸学研究 13(別1):312.,   2014年03月
  • Study on fruit abscission mechanism during physiological fruit drop in Citrus, Xi Li, Akira Kitajima, Keisuke Katsura, Hiroki Saito, Sota Koeda, RihitoTakisawa, Takashi Kawai, Tetsuya Nakazaki, Tokurou Shimizu, The 3rd International Symposium on Citrus Biotechnology, A12.,   2014年
  • Investigation of phylogeny and species differentiation in Citrus by chloroplast DNA Analysis, Akira Kitajima, Masashi Yamamoto, Atsu Yamasaki, Michiharu Nakano,Tokurou Shimizu, Sota Koeda, Tsuyoshi Habu, Takashi Fudano, Sayuri Inafuku, Junko Kaneyoshi, Masahiko Fumuro, Keisuke Katsura, Hiroki Saito,Rihito Takisawa, Takashi Kawai, Yoshiki Abe, Xi Li, Li Yue, Xialing Yang,Guangyan Zhong, Xuehu Yang, Donghong Zhuang, Tungchuan Hsiung,Hcinfu Yen, Hoa Tran Thi, Chinawat Yapwattanaphun, Nasril Nasir, Keizo Yonemori, Tetsuya Nakazaki., The 3rd International Symposium on Citrus Biotechnology, P07.,   2014年
  • インドネシアにおけるトウガラシのジェミニウイルス被害, 小枝 壮太・Kesumawati Elly・細川 宗孝・土井 元章・北島 宣, 園芸学研究 12(別2):143,   2013年09月
  • 非辛味トウガラシNo.3341(Capsicum chinense)におけるcaffeic acid O-methyltransferase(Comt)の変異, 小枝 壮太・佐藤 恒亮・榊原 俊雄・北島 宣, 園芸学研究 12(別1):125.,   2013年03月
  • シシトウ果実におけるカプサイシン合成関連遺伝子の発現解析, 土井 元章・松原 幸子・小枝 壮太., 園芸学研究 12(別1):321.,   2013年03月
  • Map-Based Cloning Approach for Identification of a Low Temperature Sensitive Gene sy-2 in Chilli pepper (Capsicum chinense), Li Liu, Yeong-Deuk Jo, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Doil Choi, Byoung Cheorl Kang, SOL2013, Paper170.,   2013年
  • Capsicum chinenseからの非辛味系統の探索および遺伝子変異の調査, 小枝 壮太・佐藤 恒亮・細川 宗孝・土井 元章・北島 宣, 園芸学研究 11(別2):154.,   2012年09月
  • 自然変異によるトウガラシの生育適温域での温度反応性形質は恒温性地域において潜在化する, 小枝 壮太・細川 宗孝・土井 元章, 園芸学研究 11(別1):91.,   2012年03月
  • トウガラシ’Sy-2’の防御応答は生育温度が24ºCを下回ると誘導される, 小枝 壮太・細川 宗孝・Byoung-Cheorl Kang・田中 千尋・Doil Choi・佐野 智・椎名 隆・土井 元章・矢澤 進, 日本植物学会研究発表記録 132.,   2011年09月
  • Gene expression during dramatic developmental changes of a Capsicum chinense cultivar native to the Seychelles at temperatures below 24ºC, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Byoung-Cheorl Kang, Doil Choi, Motoaki Doi, Susumu Yazawa, 28th International Horticultural Congress: 619.,   2010年
  • 生育適温下で生じるセーシェル産トウガラシの生育障害に関与する遺伝子の探索, 小枝 壮太・細川 宗孝・矢澤 進, 園芸学研究 7(別1):384.,   2008年09月
  • ramatic developmental change of the native Capsicum chinense from Seychelles in relative warm temperature around 24ºC, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Byoung Cheorl Kang, Doil Choi, Susumu Yazawa, 1st Asian Horticultural Congress:13.,   2008年
  • Characterization and mapping of a temperature-sensitive mutant sy-2., Song Ji An, Jinjie Li, Heung-Ryul Lee, Hyoun-Joung Kim, Byoung-Cheorl Kang, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, 1st Asian Horticultural Congress:116.,   2008年
  • 25℃付近で生じるセーシェル産トウガラシの縮葉発現–温度に反応し,縮葉になる葉の生育ステージの特定, 小枝 壮太・細川 宗孝・矢澤 進, 園芸学研究 6(別2):250.,   2007年03月

MISC

  • Dramatic developmental change of the native Capsicum chinense from Seychelles in relative warm temperature around 24 °C, Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Byoung Cheorl Kang, Doil Choi, Susumu Yazawa, Asian Horticultural Congress,   2008年
  • Characterization and mapping of a temperature-sensitive mutant sy-2, Song Ji An, Jinjie Li, Heung-Ryul Lee, Hyoun-Joung Kim, Byoung-Cheorl Kang, Sota Koeda, Hosokawa Munetaka, Asian Horticultural Congress,   2008年

受賞

  •   2016年03月, 園芸学会, 平成28年 The Horticulture Journal 年間優秀論文賞, Production of Tomato yellow leaf curl virus-free Parthenocarpic Tomato Plants by Leaf Primordia-free Shoot Apical Meristem Culture combined with in vitro Grafting
  •   2015年03月, 園芸学会, JJSHS年間優秀論文賞, Analysis of Non-pungency, Aroma, and Origin of a Capsicum chinense Cultivar from a Caribbean Island.

競争的資金

  • 日本学術振興会, 基盤研究(C), トウガラシが辛味を喪失する新規メカニズムおよび原因遺伝子の同定, 小枝 壮太
  • 日本学術振興会, 二国間交流事業, ベゴモウイルス感染トウガラシに見られる無病徴化現 象の解明, 小枝 壮太
  • 日本学術振興会, 若手研究(B), トウガラシが辛味を喪失する新規メカニズムの解明およびその一般化, 小枝 壮太
  • 日本学術振興会, 基盤研究(B), 海のカンキツロードの解明, 北島 宣
  • 日本学術振興会, 基盤研究(B), 25℃遺伝子スイッチ:微小温度差を環境応答に利用する熱帯地域在来ナス科植物の探索, 細川 宗孝
  • 日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 生育適温域に発見した‘生育変曲点’で機能する植物の温度依存的遺伝子スイッチの同定, 小枝 壮太